仮面ライダーゼロワン 第37.5話 ワタシの居場所はドコにある?

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 22:38:45.65 ID:6xP22XL70
結構前に思いついたやつをやっと完成させました
題名のとおりゼロワン37話と38話らへんの話なので刃さんは病院にいるし飛電製作所があるし迅inアークです
細かい時系列とかは見逃してもらえるとありがたいです
ガバガバ設定&訳わからん展開&駄文ですがよかったら見てやってください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1614087525
2 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 22:56:42.01 ID:6xP22XL70
〜飛電製作所〜

或人「今日も疲れたなぁ」

イズ「お疲れ様です。社長」

不破「……ん?おい社長、あのテレビに映ってるヒューマギアを見てくれ」

或人「えっ?」

アナウンサー「今回はなんとグルメなヒューマギアにきていただきました!その名も『わたべるくん』です!」

或人「へぇ〜。グルメなヒューマギアか」

わたべるくん「ん〜〜これは絶品!食材のハーモニーが」ウンタラカンタラ

或人「おぉ、食リポもちゃんとできてる」

或人(いい笑顔だなぁ。まるで人間みたいだ)

不破「なあ社長、ヒューマギアも食い物を食べられるのか?」

或人「えっ?言われてみれば……イズ、どうなの?」

イズ「そのような機能はヒューマギアには搭載してありません。ヒューマギアは機械ですから」

或人「なんだって?」

不破「……どういうことだ」
3 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 22:59:33.03 ID:6xP22XL70
〜街中〜

福添「久しぶりに休みができたぞ。何せ今までは日曜日に当然のように出勤してたからなぁ」

福添「ん?なんだ……なぜかあっちに視線がいってしまう」

わたべるくん「……」モグモグ

福添「なんだかいつも見てるような顔のヒューマギアだな。不思議だ」

わたべるくん「あっ、そこのあなた」

福添「はっ、はい?」

わたべるくん「いや、なんだか不思議な感じがしたんですよ。まるでいつも見ている顔のような気がして」

福添「奇遇ですな。私もですよ。なんだか最近は顔が見れていない気もしますが」

わたべるくん「そうですか。私はグルメヒューマギアの『わたべるくん』です」

福添「ああ、私は飛電インテリジェンス代表取締役副社長の、福添准と言います」

わたべるくん「福添さんですね。あっ、呼び止めて申し訳ありません。それでは」

福添「それでは……」

福添(おかしいな、あのヒューマギア。なんかおかしい)
4 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:02:07.07 ID:6xP22XL70
〜病院〜

コンコン

刃「どうぞ」

迅「バルキリー」

刃「なんだ迅か、何しに来たんだ?」

迅「ああ。実は、最近どこか別の世界からこの世界に紛れ込んだヒューマギアがいるんだ」

刃「なんだと?……ああ、で?わざわざそれを伝えに来たのか」

迅「いや。そいつをもとの世界に返してほしいんだよ」

刃「なぜ私に?」

迅「他に知ってる人間より頭よさそうだしさ。いいアイデアがあるかと」

刃「…………ああ、そういう」

迅「それと」ゴォッ

刃「ッ!?」

刃「お前は、アーク!」

アーク「すでに迅は乗っ取った。貴様にはもう味方はいない、そう告げに来た」

アーク「貴様に自分一人で戦う覚悟はあるか?フフフ……」

刃「味方がいない、だと?」

アーク「……なんだ?」

刃「私の味方が迅だけだと思っていたのか?」

アーク「ほざけ。貴様がZAIAにいたときの悪事をあの人間どもが許すと思うか?そんなわけがない。立場が上のものに屈し、人間やヒューマギアを傷つけた貴様をな」

刃「違うな……こんな私にも、友達を渡してくれたやつがいた」

刃「何回も私に裏切られたくせに、何回もボロボロにされたくせに、何回も傷つけられたくせに、そんなの気にしてねえとでも言うように笑ってる味方が……底知れない馬鹿が」

アーク「…………いずれ貴様は孤独になる。この私のラーニングデータがそう物語っている」

刃「お前のラーニングデータ、ちょっと偏り過ぎてるんじゃないのか?世の中にいるのはそんな人間だけじゃないぞ」

アーク「……フン。せいぜい首を洗って待っていろ」ギュインッ
5 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:05:13.73 ID:6xP22XL70
刃「消えた……」

刃「……はぁ」

アイちゃん「ねぇねぇ、今言ってた『味方』って、不破さんのこと?」

刃「なっ……ど、どうでもいいだろうそんなこと」

アイちゃん「ふーん、不破さんのこと味方って思ってたんだぁ」

刃「……あいつには言うなよ」

アイちゃん「まぁ、覚えてたらね」
6 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:09:16.77 ID:6xP22XL70
〜飛電製作所〜

不破「ハックシュンッ!!」

或人「うわっ。大丈夫?」

不破「誰かうわさしてんな、ちくしょう」

イズ「くしゃみとうわさの間にどんな関係があるのでしょうか?」

或人「ああイズ、それはね……」

福添「或人君。ちょっといいか」ガチャ

或人「あっ、福添さん。どうしたんですか」

福添「いや、少し気になる事があってな。たしか、グルメヒューマギアのわたべるくんとかいう奴」

或人「えっ、わたべるくん?それって」

福添「どうかしたのか?」

或人「いや、続けてください」

福添「そいつがな、どうもいつも見てるような顔してる――――じゃなくて、あんなヒューマギア、見たことも聞いたこともないんだ」

不破「あ?どういうことだ」

福添「つまり、あんなヒューマギア知らないんだよ。飛電インテリジェンス副社長の私が」

或人「でも、たまたま知らなかっただけじゃ……」

福添「いや、シェスタに飛電インテリジェンスのメモリーを調べてみてもらったんだが、あんなヒューマギア作った記録がないんだよ」

不破「なんだと?」

イズ「……」キュキュキュイーーキュキューン

イズ「そのようです。グルメヒューマギア『わたべるくん』の検索結果はゼロでした」

或人「なんだって……」
7 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:12:46.95 ID:6xP22XL70
不破「ん?」ピッ

不破(刃からメールだ。珍しい)

不破「……!?おいちょっと社長、これを見てくれ」

或人「えっ、なになに?刃さんからのメール?」

或人「えーっと、『こっちにアークが来た』……なんだって!?」

不破「いや、まだ先があるんだ。読んでくれ」

或人「『アークが言うには【どこか別の世界からこの世界に紛れ込んだヒューマギア】なるものがいて、そいつを元の世界に戻せ、らしい。調べてみてくれ』かぁ。うーん」

不破「しかし、なんでアークが直接刃の所に来るんだ」

或人「それは分からないけど……別の世界から紛れ込んだヒューマギア?なんだかまた難しそうなことだなぁ」

不破(『追伸:アイちゃんが何か変なことを口走っても気にしないでくれ』……なんだこれ)

不破(まあとりあえず返信しとくか。『わたべるくん』の事も書いておこう)

福添「…………ゴホンッ!」

或人「あっ、すみません福添さん。つい忘れてました」

福添「……うん、まあとにかくその件について調べてみてくれ」

或人「はい。何かわかったら連絡しますね」

福添「よろしく頼むよ。それじゃ」ガチャ

イズ「それにしても、『わたべるくん』はいったい何者なのでしょうか」

或人「それを今から調べるんだよ、イズ」

不破「調べるって……どうするんだよ、社長」

或人「『わたべるくん』の所に行く!……とか?」

不破「どこにいるかも分からねえのにどうやって行くんだよ」

イズ「現在地が特定できない以上、不可能かと」

或人「ですよねぇ〜〜……」

テレビ「Z市M町と生中継が繋がっています!現場の『わたべるくん』さ〜ん!」

或人「……」

イズ「……」

不破「……」

或人「マジで?」
8 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:14:39.95 ID:6xP22XL70
〜Z市M町某所〜

或人「ふぅ、着いた」

スタッフ「はい、それじゃ解散。お疲れさまでしたー」

わたべるくん「お疲れさまでした」スタスタ

或人「あっ、わたべるくん!ちょっと待っ…・・・」

雷「行かせねェよ」ドン

亡「ここから先には通しません」バン

或人「あっ、雷に亡!」

FORCE RISER!

不破「亡がドライバーを!?」

DO‐DO!

JAPANESE WOLF!

雷「変身」ガシィン

亡「変身」ガシィン

BREAK DOWN……

或人「くっ……不破さん!」ゼロワンドライバー

不破「ああ!」ショットライザー

HYPER JUMP!

ASSAULT BULLET!

不破「んっ、はぁっ!」ベキャァ

OVER RISE!

或人「変身!」ハイブリッドライズ

不破「変身!」ショットライズ

SHINING……ASSAULT HOPPER!!

READY GO! ASSAULT WOLF!

或人「はあああ!」

不破「うおおお!」
9 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:17:19.72 ID:6xP22XL70
〜病院〜

刃「……」パソコンカタカタ

刃「……!?……なるほど、そういうことだったのか」

刃「しかし、こんなことができるのか……」
10 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:19:28.24 ID:6xP22XL70
〜バルカンVS雷〜

雷「この間の借りは返さしてもらうぞッ、狼野郎ォ!」ジャキッ

バルカン「何度でもぶっ潰してやるよッ、雷野郎ォ!」バンバンバンバンバン

雷「ふん!」ガガガガガ

バルカン「くそっ」バンバンバン

雷「……」ガガガッ

バルカン(あのデカい剣をなんとかしないとこっちの攻撃が全部防がれちまう……)

バルカン「だったら!」オーソライズバスター

POWER!

バルカン「はっ!」


バスター

   ダスト


雷「ぐっ……」ズザザザザ

雷「フン!」ギィン

バルカン「何っ!?前はこの技で仕留められたはずなのに!」

雷「どうした?来ないのか?来ねえなら……こっちから行くぞ!」ダッ

バルカン「はっ!し、しまった!」

雷「はぁっ!」ザン

バルカン「ぐはぁっ!」

バルカン「くそっ、近づいて銃をぶっ放してやる」ダダダッ

バルカン「はっ!」ババババババ

雷「その手には乗らねえッ!」ガガガガガ

バルカン「なんだと……」

雷「俺がおネンネから目覚めてなんの研究もしないでお前らに挑むとでも思ったのか?てめーらの戦闘データは全部ラーニング済みだッ!」ザンッザンッ

バルカン「ぐはぁぁっ!!」バタッ
11 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:21:10.47 ID:6xP22XL70
雷「そろそろ決着のときか?へっ……」

バルカン「だったら、ラーニングデータにない攻撃をしてやるよ!」アタッシュショットガン

BULLET!

WEAR WOLF’S ABILITY!

雷「あ?その攻撃もラーニング済みだ」

バルカン「まだ終わりじゃねえんだよ!」

ASSAULT CHARGE!

バルカン「はああああああああ!!」


 シ         マグネティック
 ュ カバン ショット      ス 
 |            ブ ト
 テ            ラ | 
 ィ            ス ム
 ン            ト
 グ       


雷「くっ……おおおおお!!!」ズザザザザ

雷「防ぎきれねえ!?ぐあああああああ!!」ドゴォォォン

バルカン「こいつでトドメだ!」

ASSAULT CHARGE!

雷「くっ……負けるか!」ガシィンガシィン


      煉
      
  雷       剛

獄    
      


バルカン「おおおおお!!!」

雷「はあああああああ!!!」
         

   マグネティック ストーム ブ
               ラ
              フス
    ゼツメツ      ィト
   ディストピア     | 
              バ
              |   
               
                            

バルカン&雷「うおおおおおおおおお!」

ドゴォォォォン!!
12 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:29:13.99 ID:6xP22XL70
すいません、技名表示ずれました


雷「そろそろ決着のときか?へっ……」

バルカン「だったら、ラーニングデータにない攻撃をしてやるよ!」アタッシュショットガン

BULLET!

WEAR WOLF’S ABILITY!

雷「あ?その攻撃もラーニング済みだ」

バルカン「まだ終わりじゃねえんだよ!」

ASSAULT CHARGE!

バルカン「はああああああああ!!」

シ        マグネティック
ュ カバンショット      ス
|            ブ ト
テ ラ │
ィ            ス ム
ン            ト


雷「くっ……おおおおお!!!」ズザザザザ

雷「防ぎきれねえ!?ぐあああああああ!!」ドゴォォォン

バルカン「こいつでトドメだ!」

ASSAULT CHARGE!

雷「くっ……負けるか!」ガシィンガシィン


      煉
      
  雷       剛

獄    
      


バルカン「おおおおお!!!」

雷「はあああああああ!!!」


   マグネティック ストーム


            フ ラ
ゼツメツ ィ ス
ディストピア      | ト           
            バ
            |


バルカン&雷「うおおおおおおおおお!」

ドゴォォォォン!!
13 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:31:51.87 ID:6xP22XL70
……すいません、不慣れなもので。
とりあえず脳内補完して先に進んでください。
多分これからもこんなんなりますけどよろしくお願いします。
AA職人さんってすごいですね……
14 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:33:20.08 ID:6xP22XL70
〜ゼロワンVS亡〜

ゼロワン「はっ」シュバッ

亡「フッ!」シュババッ

ゼロワン「あっ!どこ行った……」

亡「ハッ!」ザンッ

ゼロワン「ぐっ!」

亡「……」

ゼロワン「亡!ここを通してくれ!」

亡「そうはいきません」ザンッ

ゼロワン「うっ、なんで!」

亡「それが」シュバッ

ゼロワン「ッ!?消えた!」

亡「アークの意志だからです」ザンザンザンザンザンッ

ゼロワン「ぐあああっ!」バタッ
15 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:35:36.99 ID:6xP22XL70
亡の必殺技前カットはオリです
今回はずれてないことを祈る……


亡「……」

ゼロワン「くそっ、そういうわけなら……こっちだって退いてもらわなきゃいけないんだ!」

ゼロワン「はっ!」アサルトグリップハズスー

SHINING JUMP!

AUTHORIZE!

ゼロワン「変身!」プログライズ!

SHINING HOPPER!!

亡「無駄です」シュバッ

ゼロワン「よしっ!」シュババッ

亡「!?」

ゼロワン「はぁっ!」アタッシュカリバー

JUMP!

GRASSHOPPERS ABILITY!






グ カバンストラッシュ


ゼロワン「はぁぁぁっ!」

亡「うぐっ」ズザザザザ

ゼロワン「やっぱり……シャイニングホッパーならこの速さに勝てる!」

亡「……」ゴォッ

ゼロワン「何っ!?」

亡「ハッ!」ザン

ゼロワン「ぐっ!なんだと……」

亡「あれが出力100%だと思われては心外です」シュバババッ

ゼロワン「くっ!」シュババッ

亡「……フッ!」ザンッ

ゼロワン「ぐはっ!」

亡「……」ガシィン

    煉
    
亡       破

    獄

ゼロワン「ッ!?」


  スティング
 ディストピア

亡「はっ!!」ドガガガガガガ

ドゴォォン!

ゼロワン「ぐわあああああああ!!!!」
16 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:37:42.12 ID:6xP22XL70
雷「残念だったな、狼野郎」

不破「くそっ……」

雷「俺は戦闘データをラーニングしただけじゃない。アークにキーも強化してもらったんだよ」

不破「何だと……」

雷「さて、このキーはもらってくぜ」カチャ

不破「あっ、ランペイジを!テメェ、何をする気だ!」

雷「ははは……」

亡「……」

或人「教えてくれ!『わたべるくん』は一体何者なんだ!」

亡「教える必要はありません」カチャ

或人「メタルクラスタホッパー!やめろ、それは危険なキーなんだ!」

雷「はっ。行こうぜ、亡」スタスタ

亡「はい」スタスタ

不破「待てっ!うぐっ、はぁはぁ」

或人「その傷じゃ無茶だ!一旦引こう」

不破「……亡」
17 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:39:37.99 ID:6xP22XL70
〜飛電製作所〜

或人「痛っ!痛い!ちょっそこ痛いよイズ!痛い!」

イズ「我慢してください。怪我の手当てですので」

不破「しかしあいつら、なんなんだ一体」

或人「分からない。けど、アークも絡んでるってことはそう簡単な話じゃないってことかもなぁ」

不破「ああ……ん?」ピッ

不破「おい社長、刃からのメールだ」

或人「あっ、見せて!えっと、『お前がメールに書いていた【わたべるくん】とやらについて少し分かった。奴がアークの言っていた【別の世界から来たヒューマギア】らしい』……えっ?そうだったのか」

或人「『それと、そいつは元の世界では人間だったみたいだ』……人間がヒューマギアになるだって!?」

不破「そんなことできんのかよ……」

或人「『そいつについては後で話す。飛電の副社長さんも連れてこい』か。これで終わり?」

不破「なんであのおっさんも連れて行かなきゃならねえんだ?」

或人「不破さん、おっさんじゃなくて福添さん!本人の前で絶対言わないでよ」

不破「…………分かってるよ」

不破(俺そんな失礼な奴に見えてたのか?ちょっとショックだ……)

或人「いっ痛い!そこ痛い!」
18 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:41:27.84 ID:6xP22XL70
〜病院〜

刃「来たか」

福添「なんで私まで……」

不破「仕方ねえだろ。こいつが連れてこいって言ったんだからよ、おっさ――副社長さん」

福添「ちょっと待って今なんて言っ」

刃「……始めていいか?」

イズ「はい」

刃「まずあいつ……『わたべるくん』は、メールに書いた通りどこか別の世界から来たヒューマギアで、元の世界では人間だった。これは推測だが、人間からヒューマギアになった為に人間の遺伝子がほんの少し残っていて物を食べたりできるのだろうな」

福添「別の世界!?私それ聞いてないぞ!?」

或人「まぁまぁまぁまぁ、ね?まずは話を聞きましょうよ」

刃(……コントでもやってんのかこいつらは)

刃「それで、あいつは元の世界では……副社長さん。あんたとコンビを組んで芸人をやっていた」

或人「!?」

不破「!?」

福添「!?!?!?!?!?」

刃「副社長さん。一応言っておくが、それはパラレルワールドみたいなもので……」

不破「?」

刃「失礼、不破にはこんな言い方してもわからないか」

不破「あぁ!?」

刃「要するに別の世界だ。この世界とは違う、どこかで分岐した世界」

不破「……???」

イズ「……」キュキュキュイーーキュキューン

イズ「検索結果。パラレルワールドとは、ある世界から分岐し、それに並行して存在する別の世界を指す。並行世界、並行宇宙、並行時空とも」

不破「もういいやめてくれ!全然わかんねえ!」

福添「いやしかし、そうだったのか。パラレルワールドの私は、芸人を」

或人「へぇ〜。すごいじゃないですか福添さん!きっと皆を笑わせていたんだろうなあ」

刃「いや、実はそうでもないんだ」

或人「えっ?」
19 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:43:23.60 ID:cxIX3qM+0
刃「確かにこのコンビはテレビにも出まくり、お笑いで成功した部類に入る」

刃「しかし、『わたべるくん』はヘマをやらかした」

或人「ヘマ?どんな?」

刃「そこまでは詳しく分からない。が、それは一気に人の地位を引きずり下ろすには十分なものだったみたいだ」

刃「当然テレビにも出られない。人気は下がる。インターネットでは批判の嵐。そのうち彼はこう思ったんだ」

刃「『居場所がない』とな」

或人「居場所……」

刃「そこからは詳しく分からないが、その思いが積もっていき何らかの手段でこちらの世界に来たのだろう」

不破「…………よく分かんねぇけど、そいつを元の世界に返さなきゃいけないってメールに書いてあっただろ?それはどうすりゃいいんだよ」

刃「それは、ターニングポイントに連れて行けばいい」

不破「????」

イズ「ターニングポイントとは、転機、変わり目、分岐点の意味をもつ英語。この場合は人生における重大な転換期という意味です」

不破「……」

刃「要は、あいつがこっちに来てしまった理由がある地点だ。で、こいつの場合それは……」

福添「それは?」

或人「それは?」

不破「それは?」

刃「多目的トイレ…………らしい」

或人&不破&福添「はぁ?」

不破「…………要するに、あいつを多目的トイレに連れて行けばいいんだな?」

刃「うんいやまあ、そうだ」

或人「じゃあ早く行かないと!」

刃「ちょっと待て。こいつには一つ不可解な点がある」

或人「不可解な点?」

刃「いったい誰がどうやってこいつを異世界から連れてきたのか。その点だ」

或人「そっか……言われてみれば」

不破「そんなもん考えてたって分かんねぇよ!行こうぜ社長」

或人「あっ、ちょっと待ってよ不破さん!」

イズ「それでは、私たちはこれで」

福添「えっ……じゃあ私も」

刃「……全く、騒がしいやつらだった」

アイちゃん「その割には寂しそうだけど?」

刃「はっ!?そ、そんなわけがないだろう」

アイちゃん「心拍数上昇。やっぱり本当なんだ」

刃「……くっ」

アイちゃん「ねぇ、刃さんってもしかしてアレ?『ツンデレ』ってやつ?」

刃「はぁっ!?なっ、なにを言ってるんだ本当にっ!?」
20 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:44:47.70 ID:6xP22XL70
〜街中〜

わたべるくん「今日はどの店に行こうかな」テクテク

迅(アーク)「……」スッ

わたべるくん「おや、なんですか貴方は」

迅「『アンジャッシュ』」

わたべるくん「……?」

迅「『渡部』」

わたべるくん「っ!?」

迅「『児島』」

わたべるくん「頭がっ……痛いッ……うああああ!!」

迅「『多目的トイレ』『不倫』」

わたべるくん「うああああっ!!」

迅「……」

わたべるくん「……」

迅「達したか……シンギュラリティに」キュキュキュイーン

わたべるくん「……滅亡迅雷.netに接続」
21 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:45:58.90 ID:6xP22XL70
〜病院の外〜

不破「しまった、そういえばあいつの居る場所が分からないんだった」

イズ「その点は心配いりません」キュキューキュイーン

或人「ん?なにこれ」ピッ

不破「まさか」ピッ

イズ「GPSです。『わたべるくん』にあの時発信機をつけておきました」

不破「マジか……」

或人「さすがイズ!発信機を『つけてくれたりー』するなんてすごい『セクレタリー』だ!はいっ!!アルトじゃーーーーないと!!!!」

不破「ブッ!!!!」

或人「えっ!?今笑っ」

不破「笑ってねえ!!!!」

イズ「今のは、『つけてくれたり』という言葉と『秘書』という意味の英語である『セクレタリー』という言葉をかけたとても面白いギャグで」

或人「ああああああギャグを説明しないでええええええ!!!!」

不破(不意打ち過ぎるだろ!!くそっ笑いが止まらねえ!)

不破「はあ、はあ」

或人「じゃ、行こうか!『わたべるくん』の所へ!」
22 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:47:50.09 ID:6xP22XL70
〜滅亡迅雷.netアジト〜

わたべるくん「……」

迅「……」キュキュキュイーン

迅「奴等が動きだしたか。よし、行くぞ」

亡「失礼ですが、このヒューマギアはもうアークに接続したのではなかったのですか?もう邪魔する必要は……」

迅「そうだ。だから奴等を邪魔しに行くわけではない、この特別なヒューマギアと共に迎え撃つのだ。別の世界から呼び寄せたこのヒューマギアとな」

亡「そういうことでしたか」

雷「フッ、とうとうあいつらが滅びる時ってことか」

迅「そうだ」

滅「……アークの意志のままに」

〜デイブレイクタウンの前の橋〜

或人「え、本当にここ?」

イズ「はい。GPSの座標はこの先です」

不破「この先、って……滅亡迅雷のアジトじゃねえか」

或人「やっぱり、滅亡迅雷が絡んでるってことか」

滅「その通りだ」

不破「なっ、滅ッ!?」

迅「待っていたぞ」

或人「お前は……アーク!」

亡「……」スッ

わたべるくん「……」

或人「あっ、わたべるくん!どうしてそいつらと一緒にいるんだ!」

わたべるくん「……アークの意志のままに」

COMBINE DRIVER!

不破「ベルト!?」

INFERNO WING!

RAMPAGE BULLET!

HIDEN METALS ABILITY!

KAMEN RIDER!

或人「あれは、父さんのキー!?」

わたべるくん「……変身」

COMBINE RISE!

INFERNO! ASSAULT! CLUSTER! ROCKING!

This is the strongest rider that combines the four.
23 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:49:08.09 ID:6xP22XL70
仮面ライダーフォース「はぁぁぁ……」

或人「変身した……」

不破「ひるんでんじゃねえ!俺たちも行くぞ!」ショットライザー

或人「……そうだな!」ゼロワンドライバー

ASSAULT BULLET!

HYPER JUMP!

不破「変身!」ショットライズ

或人「変身!」ハイブリッドライズ

ASSAULT HOPPER!

READY GO! ASSAULT WOLF!

雷「俺たちも行くか」

滅「ああ」

亡「はい」

FORCE RISER!

POISON!

DO-DO!

JAPANESE WOLF!

「「「変身」」」

BREAK DOWN……

迅「……変身」

ARC RISE!

ALL ZERO……

ゼロワン「…………うおおおおおお!!!!!」

バルカン「…………はああああああ!!!!!」
24 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:50:15.69 ID:6xP22XL70
〜ゼロワンVSフォース&滅〜

ゼロワン「ふっ!」オーソライズバスター

フォース「……」

ゼロワン「はあああ!!!」ドガァン

フォース「……」

ゼロワン「効いてない!くそっ、それなら!」ゼロワンオーソライズ!


ゼロワン

  ダスト


ゼロワン「はぁっ!」ドガァァァァァァン

フォース「……ふぅぅぅ…………」

ゼロワン「っ、何!?固すぎだろ!」

フォース「はっ!」

METAL CLUSTER!

フォース「はああ!!!」

ゼロワン「あれは、飛電メタル!?くっ、うわあああ!!!!」ドゴォォォン

フォース「どうした……もう、終わりか?」

ゼロワン「頼む、正気に戻ってくれ!お前はお前の世界でみんなを笑顔にしていたはずだ!お前は凄いやつなんだよ!」

フォース「っ……笑顔……?私が……」

ゼロワン「そうだ!もうこんなことやめてくれ!お前はここにいるべきじゃないんだ!」

フォース「……私は…………私の世界は…………」
25 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:51:45.90 ID:6xP22XL70
またずれてるでしょうか、大丈夫でしょうか


滅「はぁっ!」ドスッ

フォース「うっ!」

ゼロワン「あっ、わたべるくん!」

滅「アークの命令は絶対だ……余計な思考をするな」キュキュキュイーーン

フォース「ああああああああ!!!…………滅亡迅雷.netに、再接続」

ゼロワン「わたべるくぅぅぅん!!」

滅「はっ!」アタッシュアロー

ゼロワン「ぐっ、滅!何故なんだ!何故こんな善良なヒューマギアを!」

滅「……それがアークの意志だからだ」ズガァン

ゼロワン「ぐああっ!」

フォース「……滅びろ」

FINISH RISE!

BURNING FALCON!


  インフェルノ バ
         |
         ニ
         ン
レボリューション グ


ゼロワン「うわあああああ!!!!!」

ドゴォォォォォォォン
26 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:54:11.07 ID:6xP22XL70
>>25 ずれましたね……多分これもずれちゃいます

〜バルカンVSアークゼロ&雷&亡〜

バルカン「っらああ!!」ズガガガガ

アークゼロ「……ふん」

バルカン「チッ、余裕かましやがって。これでも喰らいやがれ!」ドォン

ASSAULT CHARGE!

バルカン「はああああ!!!!」

    マグネティック
         
         ス
         ト ブ
         | ラ
         ム ス
           ト


アークゼロ「雷、亡」

亡「了解」ガシィン

雷「了解」ガシィン

    塵

雷       剛

    芥 


    塵

亡       破

    芥

雷「オラァァ!!」

亡「はぁぁっ!」


ゼツメツ
ディストピア


バルカン「っ、うおおおお!!!」

ドゴォォォォォォォン
27 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:56:27.50 ID:6xP22XL70
バルカン「くっ、はぁはぁ」

アークゼロ「……」オーソライズバスター

POWER!

アークゼロ「喰らえ」


バスター


  ダスト


バルカン「俺の技だと!?くそ、それなら」アタッシュショットガン

POWER!

KONG’S ABILITY!

バルカン「行くぞ!」




ン カバンショット






バルカン「っおおおお!!!」

アークゼロ「弱い」

バルカン「何っ!?くっ、ぐああっ!!」ドゴォォォン

アークゼロ「人類は……滅びる」


オール

エクスティンクション


バルカン「ぐはああああ!!!!」ドゴォォォォォォォォン

不破「……ぐっ、はぁ。ランペイジが無いとやっぱりキツいか」

アークゼロ「……」ガシッ

不破「うぐっ……はっ、離せっ!離しやがれっ!」

アークゼロ「……窒息死は、醜く汚い」ギュゥゥゥ

不破「あああああっ!!あっ、うあああっ!!!うううううっ、あああああ!!!」

不破(クソ、変身さえ出来れば……そうだ、変身だ!)

BULLET!

不破(ヤベ、意識が……)

AUTHORIZE!

不破「あああああっ!!!!変身!!!!」

SHOT RISE!

SHOOTING WOLF!

バルカン「うぐっ、っあああ……おいアーク、よくもやってくれやがったな。千倍返しにしてやるよ!」

アークゼロ「笑わせるな。お前に何ができる」

バルカン「うるせえんだよ、鉄クズ野郎!」カチャ

アークゼロ「それは、アサルトウルフ……しかし、亡がいない今のお前に使えるのか」

バルカン「刃に調整させたんだ、黙って見てろ!」バキッ
28 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:57:25.49 ID:6xP22XL70
アークゼロ「アサルトグリップを外した……まさか」

バルカン「刃に聞いたぜ、このキーはこいつを外すとマジでヤバいって。でもその分強くはなれるはずだよなぁ!」

ASSAULT BUSTER!

バルカン「ふっ、はっ!」ベキャァ

OVER RISE!

WARNING! WARNING! WARNING!

バルカン「変身ッ!」

SHOT RISE!

NOT READY! PROTO ASSAULT WOLF!

This is out of control of anyone.

バルカン「……こっからが本番だ」
29 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/23(火) 23:59:57.59 ID:6xP22XL70
ずれてますよねぇ、たぶん


〜ゼロワンVSフォース&滅〜

或人「はぁ……はぁ……」

滅「終わりだ」キリキリキリ

或人(ヤバい、本当にヤバい……ここで俺の人生、終わっちまうのかよ)

或人(ダメだ、そんなんじゃ!俺は、俺はぁっ!!)

或人「俺はまだ……終われないッ!変身!」

HYBRID RISE!

BREAKING MAMMOTH!

ゼロワン「うおおお!!」ガキィン

滅「何っ……どこからそんな気力が」

ゼロワン「俺は、人とヒューマギアが笑い合える世界を見届けるまで、終われないんだ!」

滅「……やはり人間は意味が分からない。論理を超越している」

ゼロワン「論理なんて関係ない。夢は論理を超えるんだ!」

滅「くっ。行け、フォース」

フォース「ああ」

METAL CLUSTER!

フォース「はっ、ふん、ふっ」

ゼロワン「飛電メタルで足場を作ってる……相当使いこなしてるな」

フォース「はっ!」

FINISH RISE!

ROCKING HOPPER!

フォース「はああああ!!!」



   ファースト ロ
         ッ
         キ
         ン
         グ
レボリューション



ゼロワン「よし、一か八か!」プログライズホッパーブレード!

フォース「何っ!?」

ゼロワン「うおおおお!!!!」ズバァァァァァッ

フォース「グオオオオ!!」
30 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/24(水) 00:01:09.39 ID:QPHr1bDu0
これはずれてないと思います


ゼロワン「よし、これでアークとの接続は切られた!わたべるくん、ベルトを外すんだ!」

わたべるくん「あれ……私は…………?」

滅「くっ……なら、何度でも接続させるまでだ」ゴォォォッ

ゼロワン「させるか!」

METAL RISE!

METAL CLUSTER HOPPER!

滅「邪魔を……」

ゼロワン「一回大人しくしててもらうぞ!」


メタル




グ インパクト


滅「ぐっ……」ドゴォォォォォン

或人「わたべるくん!」

渡部「……その名前はもう捨てました。私は渡部、渡部健です」

或人「渡部さん……元の世界に戻りましょう。ここは、あなたの居場所じゃない」

渡部「はい。もう私は逃げません。しっかりと罪と向き合います」
31 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/24(水) 00:03:26.04 ID:QPHr1bDu0
絶対ものすんごいことになってる気がします。読めないくらい


〜バルカンVSアークゼロ&雷&亡〜

バルカン「っおらぁ!!」ズガガガガガガガガ

アークゼロ「っ!?な、何」

バルカン「オラオラどうしたァ!!」オーソライズバスター

雷「亡、行くぞ」ジャキッ

亡「はい」シュバッ

亡「はっ!!」ザシュッ

バルカン「甘い!」ザンッ

亡「なっ!?今までのバルカンとは、違う……」ヒュゥゥン

雷「っらあ!!」ゴォォッ

バルカン「はあああ!!」ズバッ

雷「うっ、ぐあああ!!!」ヒュゥゥン

バルカン「はぁ、はぁ……残るはテメーだけだぜ」

アークゼロ「……頭に乗るな、人間ごときが」

バルカン「はっ、行くぜ!!」


  
マ       ブラスト
グ           フ
ネ           ィ オール
テ           | エクスティンクション
ィ           バ
ッ           |
ク バースト

バルカン「うおおおおおおおおお!!!!!!!」

アークゼロ「っ、何……」ドゴォォォォォォォン

迅「くっ、滅、亡、雷。一旦引くぞ」

滅「……」

亡「はい」

雷「へっ。覚えてろ」

迅「……」ゴォッ

バルカン「はぁ、はぁ、やった……」バタッ

不破「……ッ、うっ、ゴハァッ!!」

或人「…………あっ、不破さん!!きゅ、救急車!」
32 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/24(水) 00:05:07.44 ID:QPHr1bDu0
あれ、>>31ずれませんでしたね。法則が分かりませんわ


〜病院〜

刃「本当に何をやってるんだ、不破……絶対にグリップを外してはならんと言ったはずだぞ」

不破「……でもよ、仕方なかっただろあの状況じゃ」

刃「お前が死んだら元も子もないだろ!アサルトウルフはそのままでもヤバいっていうのに、それを制御してるグリップを外すなんて本当に馬鹿なのか?まったく……少しは自分も人間だと自覚しろ」

アイちゃん「まあ元気出しなよ不破さん、刃さんずっと心配してたんだよ」

不破「は?」

刃「おい!?」

アイちゃん「刃さんがこうして言ってるのも、不破さんのことを大事に思っ」

刃「ああああもう何も言うな!!電源はどこだ!!電源は!!!」

不破(……まあ、それもそうか)

不破「じゃ、これからは善処してやるよ。ムチャクチャな使い方はしねえ」

刃「……わ、分かればいいんだ分かれば……ところで、あのグルメヒューマギアはどうなったんだ」

不破「ああ、あいつは社長がちゃんと元の世界に戻したぜ。社長が言うには、『彼はもう逃げたりしない。大丈夫』だとさ」

刃「そうか」

アイちゃん「あー、露骨に話逸らした〜」

刃「やっぱり電源切るぞ!!!何をラーニングしてこうなったんだ!!」

不破「……俺ちょっと売店行ってくるわ」
33 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/24(水) 00:06:50.11 ID:QPHr1bDu0







「……いやー、ハッピーエンドだ。良かった良かった」

「しかし、彼の大怪我は『正史』からずれちゃうな」

「もしかしたら大きく歴史が変わっちゃうかもなぁ」

「えーと、怪我を治せるのは……」

【マジックショーイングウィザード】

「さて、行くか」

〜病院の廊下〜

不破「くそ、コーラ駄目なのか……コンソメパンチも駄目だし。あーあ、結局茶ぐらいしか買えなかった……」

???「やあ」

不破「……ん?俺、お前と会ったことあったか?」

???「……」

MAGIC!

不破「……ん?それ、プログライズキー!?」

不破「ってあれ?なんか、痛いところがなくなった……体が治った!?」

???「おお、ちゃんと効いたんだ」

不破「おい、お前なんなんだ!ちょっと話を……」

???「それは勘弁だなぁ。じゃ、またね」





















【INVISIBLE】
34 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/24(水) 00:08:21.07 ID:QPHr1bDu0
〜滅亡迅雷.netアジト〜

迅(……それにしてもこのキーは何だったのだろうか)

迅(ある日気づいたら置いてあった。誰に聞いてもこんなもの置いた覚えがないというし、しかもこれには世界の壁を超える凄まじい力がある)

迅(『カメンライディングディケイド』……一体これは?)

???「それを返してもらうよ」ヒュン

迅「……おい貴様。勝手に人様の物を掠め取るとは随分な教育を受けたようだな」

???「ごめんごめん、でもそれは元々僕の物だから」

迅「そうか。だがそれは渡さん。世界を操る力をもったそのキーがあれば一瞬の内に人類など……」

???「人類滅亡、ねぇ。借り物の悪意を得意げに振りかざす君のことはどうも好きになれない」

迅「……何者だ、貴様」

???「僕は……」






「しがない怪盗さ」
35 : ◆pYYJkGKpMM :2021/02/24(水) 00:09:28.15 ID:QPHr1bDu0
おわりです。
いろいろ続けようと思ったけどこれで綺麗にまとまったんでおしまいです。
最後に出てきたあいつは……まあ、恐らく皆さんの予想通りですね。
ではもう寝ます。おやすみなさい。
36.94 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)