ココア「正確反転薬?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/03/06(土) 02:06:57.26 ID:oDaSzYt0o
シャロ「そう、これをチノちゃんに飲ませてみない?」

ココア「チノちゃんの性格が反転…」

チノ『ココアさん!遊びましょう!一緒に寝ましょう!一緒にお風呂入りましょう!一緒にお出かけしましょう!』

ココア「うふふ……!これさえあれば積極的なチノちゃんに…!いいね!飲ませよう!」

シャロ「じゃあこれ上げる、怪しまれないように飲み物に入れたりしてね、あ、あと入れ過ぎは気をつけなさいよ?」

ココア「わかってるわかってる♪」



ココア「よーし…これに…ってあれ?どれくらい入れたらいいんだろ?入れ過ぎはだめって言ってたよね?…うーん?これくらい?」ジョボジョボジョボ




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1614964017
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/03/06(土) 02:09:43.99 ID:oDaSzYt0o
チノ「何してるんですか?」

ココア「ひゃぅ!?チノちゃん!?」

チノ「驚き好きですよ」

ココア「えっとね!チノちゃんにコーヒー作ってたんだよ!」

チノ「本当ですか?それは嬉しいですね」

ココア「う、うん、飲んでみて?」

チノ「では……ゴクゴクッ…」

ココア「どう?…かな?」

チノ「そうですね、とても美味しいです」

ココア「そ、そっか!よかった!」

チノ「ただもう少し私は濃いほうが好きですけど」

ココア「う、うん」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/03/06(土) 02:14:41.65 ID:oDaSzYt0o
ココア「あ、あの?チノちゃん?」

チノ「はい?」

ココア「体なんともない?」

チノ「?別に普通ですが」

ココア「そ、そっか…」



ココア「シャロちゃんの嘘つき!なんとも起きないじゃん!」プンスカッ

ココア「やっぱ量が少なかったのかな?…」

ココアは効いてるのか効いていないのかわからず、なんども飲みものや食べ物に薬を入れた、そしてついに

ココア「も、もう空っぽだ…全部使ったのになにも変わらない…シャロちゃんに聞いてみよう」
ピポパッ

シャロ「ココア?何?」

ココア「何じゃないよ!カクカクシカジカでー!…」

シャロ「え!?全部入れちゃったの!?馬鹿!」

ココア「だ、だって効いてないんだもん!」

シャロ「効き目が出るのは一週間後って言ったじゃない!」

ココア「ええっ!?聞いてないよ!?」

シャロ「言ったわよ!!」

シャロ(……言ったよね?)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/03/06(土) 02:19:33.05 ID:oDaSzYt0o
ココア「うぅわかったよ、あと数日待ってる…じゃあね」
ピッ

ココア「あー、はやくかまってちゃん全快のめちゃめちゃ可愛いチノちゃんにならないかなぁ」

…そして数日後

キロ…

ココア「…」Zzz…

おきろー!!!

どごっっ!!

ココア「ッブッッ!!」

ココア「な、なに!?ゴホコホッ!」

チノ「やっと起きたましたか?w」

ココア「う、うん…おはよう?」

チノ「プッwまた寝ぼけてるんですか?目覚ましてほしいみたいですね?」グイッ!

ココア「痛っ!?髪の毛引っ張らないでっ!!」

チノ「もう目が冷めましたか?じゃあ早く下に降りてきてください!朝湖畔早く作ってください できたら呼んてくださいねw」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/03/06(土) 02:24:44.69 ID:oDaSzYt0o
ガチャッバタン

ココア「いつつっ…あれがチノちゃん…?嘘でしょ?……」ブルブルッ…

ココア「え、まだ朝の6時!?なんでこんな時間に…あっ…」

ココア「そういえば朝ごはん作れって……うぅ…めんどくさい…二度寝したい…でも二度寝したら…」

‥数十分後

ココア「できた…呼ばないと」

コンコン

ココア「チノちゃん?できたよ?…」

チノ「遅い!何分かかってるんですか?!全く!」

ココア「え、えっと…」

チノ「早くどいてください!邪魔です!」ドガッ!

ココア「キャッ!!」ドサッ!

ココア(チノちゃんに蹴られた…グスッ…)

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/03/06(土) 02:29:20.46 ID:oDaSzYt0o
ココア「いただきます」

チノ「……」ムシャムシャ…

ココア「こ、こら!いただきますをちゃんと言わないとだm チノ「ちっ…」

ココア「ぅう…な、なんでもない…」

チノ「あー…全然うまくない…パンしかまともに作れないですか?ココアさんってw…まあパンも市販のにくらべたらまずいですけどwww」

ココア(…だったら食わなければいいのに)

チノ「なんですか?その顔?殴られたいんですか?殴られたいんですね?」ボコッ!

ココア「痛っ!…や、やめて…!」

チノ「うるさい、居候のくせに」

ココア「も、もういい!学校行ってくる!」ダッ!

チノ「ちょっ!皿をあらってかr……

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/03/06(土) 02:34:03.59 ID:oDaSzYt0o
どんどんどんっ!!

ココア「はぁはぁ‥シャロちゃん!シャロちゃん!」

どんどんどんっ!!

シャロ「なによぉ…うるさいわね」

ガチャ

シャロ「ココア?」

ココア「シャロちゃん!!今すぐチノちゃんをもとに戻して!!」

シャロ「え、なに?どゆこと?」



シャロ「なるほど…そういうこと…チノちゃんの正確反転は暴力的になるってことだったのね」

ココア「そんなの嫌だよ!もとのチノちゃんに直して!」

シャロ「む、むりよそんなの、治す薬なんてない」

ココア「じゃ、じゃあもう一度同じ薬を飲ませたら…」

シャロ「薬はあれで最後なのよ…」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/03/06(土) 02:41:21.81 ID:oDaSzYt0o
ココア「そ、そんな…!」

シャロ「で、でも時間が立つに連れ薬の効力もなくなっていくと思うから!それまで耐えなさい」

ココア「うう…わかったよ」

そして……

ココア「た、ただいま…」

チノ「…」バチンッ!!

ココア「っ!!」ヒリヒリ

チノ「今朝皿を洗わないで出ていきましたよね?それの罰です」

ココア「じ、自分の分は自分で洗ってよ!」

チノ「は?それ本気で言ってるんですか?…はぁ……居候のくせに、更に罰が必要なようですね 」

ココア「も、もう痛いのはやめて!」

チノ「だから…私に指図するな!」ドガッ!!!

ココア「がっ……!…」ボタッボタッ…

チノは近くにあったバットで頭を殴り飛ばした

ココア「いっっだぁ゛……ぃ!…」ジワッ…

チノ「皿はそのままですから洗い終わったら私の部屋に来い これは命令ですw」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/03/06(土) 02:48:34.95 ID:oDaSzYt0o
ココア(そ、それどころじゃ…ないのに…)ポロポロ…

ココア「頭から血が…うぅ……」

ココア(でもまたせたら何されるかわからない…あ、洗わないと…)

ココアは痛みを抑えつつ、皿を洗い終えた

コンコン…

ココア「終わったよ…」

チノ「遅い!」イライラ

ココア「ひっ…!ご、ごめんなさい!」

チノ「ぷっ…wココアさんビビりすぎww …ねぇココアさんちょっとそこにしゃがんでくださいよ」

ココア「う、うん…」

ココア(はぁ…何されるんだろ…)

チノ「んっ…よいしょ…足舐めてください」

ココア(え‥なにをいって…)

チノ「ほらはやく」

ココア「そ、そんなのいやだよ…」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/03/06(土) 02:55:07.39 ID:oDaSzYt0o
チノ「嫌だ??嫌だって言ったんですか?ならおしおき決定ですね、お腹と顔どっちけられたいですか?」

ココア「ひっ!ぼ、暴力はやめて!」

チノ「じゃあ早くなめてくださいw」

ココア「うぅ…もうや、やだぁ…」ポロポロ…

チノ「…じれったいですね…!もういいです!私が無理やり入れますから」

ココア「んっ!?んーー?!」

チノ「口を開けろ!」ドガッ!!

ココア「痛っーー!?!!!!」

バットで殴られたところを蹴られあまりの痛みにもだえ苦しんでしまう…

ココア「ぁああぁあああぁあ!!痛い痛いぃ!!!」ポロポロ…

チノ「う、う…うるさいです…!だまれ!」

ココア「もうやだぁぁあああ!!ヒックッ…グスッ!…」ポロポロ

チノ「あーもう!誰かに聞こえたらどうするんですか!」ガバッ!

ココア「んっーーー!!んーーー!」

チノ「もういっそのこの、このまま絞め殺してあげましょうか?w永遠に静かになっていいと思いません?w」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/03/06(土) 03:00:11.38 ID:oDaSzYt0o
ココア(もういい……こんなことなら死んだほうがいい…)

リゼ「おーい!ふたりともー!きょうは仕事の日だぞー?」

チノ「……ちっ…」バッ!

ココア(はぁはぁ…はぁはぁ…)

チノ「落ち着いたら下にこい…」

…ココアはそのまま気絶した…ラピッドハウスの仕事には参加できなかった

チノ「いつまで寝てるんですか!!夕ご飯!はやく作れ!」

びしゃ!!

ココア「冷たっ!…ち、チノちゃ…」フルフル…

チノ「ふふ…何怯えてるんですか?私まだ何もしてませんよ?w」

ココア「ご、ごめんなさい!…」フルフル…

チノ「ちっ!…はやく夕ご飯作れ!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/03/06(土) 03:07:47.21 ID:oDaSzYt0o
ココアは脱走した

ココア「チヤちゃん…!」ポロポロ

ココアは優しさを求めていた、友達の中で一番優しいチヤちゃんに助けを求めにはしった



ココア「うぅぅ…」ポロポロ…

チヤ「そう‥そんなことがあったのね…」

ココア「うん…次号時なのはわかってるよ…でもこんなことになるなんて…」

チヤ「大丈夫よ、ココアちゃん!私が守ってあげる!」

ココア「ほ、ほんと?…」ウルウル

チヤ「ええ!任さなさい!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/03/06(土) 03:12:38.44 ID:oDaSzYt0o
チヤ「よーし、じゃあ早速チノちゃんを叱りに行きましょ?♪」

ココア「へ…?」



チヤ「ってなわけでチノちゃん!暴力はだめ!だぞ★」

チノ「……」

ココア「え…」

チヤ「ほら、仲直り!」

ギュッ…
強制的にチヤな握手をさせられた

チヤ「それじゃあね!おやすみー」




ココア(えっ…チヤちゃん…私のこの怪我みて異常事態だってわからなかったの?……)

チノ「チヤさんのところに行ったんですね そしてバラしたんてすねこのこと」チャキッ…

ココア「ひっ…」ガタガタッ…
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/03/06(土) 03:16:16.11 ID:oDaSzYt0o
バヂバヂッ!!

ココア「…あっ!…」ふらふら…

どさっ…

ココアはスタンガンで気絶した…

そして夜中…

チノ「はぁ…はぁ…よし…wこのナイフで……」

サクッ…

ココア「ァァァ…!痛い…!…」

チノ「我慢してください、文字をほってるんですから」

ココア「やめ…て……!本当に痛いっ!!…」ポロポロ…

チノ「はいはい痛いの我慢してねー高校生なんですからねー」

ココア「ァア゛ア゛ァアアアア…!本当に痛いのぉ!!…」ポロポロ

チノ「よし、後少し…」

ザクッサクッザクッ…

チノ「できました!!私はチノ様の奴隷です って!」

ココア「……」ビクッビクッ…
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/03/06(土) 03:23:11.06 ID:oDaSzYt0o
チノ「はぁ…いいですか?次私を裏切ったら今度はこのナイフでココアさんの心臓に 突き刺しちゃいますから」ペロッ

ココア「…いっ゛…」

チノ「ふふ…血がたれてきてますよ…レロッ…」

ココア「やめ…で…」ビグビクッ…

このあと、チノにソフトにいじめられ夜明けを迎えた

ココアは毎日朝と夜のご飯を作らされ
学校の途中までかばんをもたされ
夜はストレス発散でサンドバッグになり 毎日虐められた

そして…数週間後

ピポパッ

ココア「……お姉ちゃん…たすけて…」ポロポロ…

モカ「ココア?!…ココア!?どうしたの!」

モカ(このココアの感じ…普通じゃない!助けに行かなきゃ!)

モカ「まっててね!今すぐ行くから!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/03/06(土) 03:26:24.22 ID:oDaSzYt0o


モカ「ついた!」

ココア「お、おねえちゃ…」ポロポロ

モカ「ココアぁ!!」ギュッ!!!

ココア「わだっ…!わだっし…グスッ…もう帰りたい…!…」ポロポロ…

モカ「ど、どうしたの?!何があったの? と、とりあえず落ち着いて?ね?」

ココア「うん……あっ…」ドサッ…

モカ「ココア!?」

ココアは耐力の消耗でつかれはて倒れ込んだ…

モカ「う…そ…何この傷だらけのからだ…誰がこんなこと!…と、とりあえず近くのホテルに…」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/03/06(土) 03:32:38.15 ID:oDaSzYt0o
チノ視点

チノ「今日はココアさんをどうやっていじめようかなぁ、腹パン?ビンタ?クビ締め?ココアさんすぐ泣くから楽しいんですよねぇ」

ガチャッ

チノ「こーこーあーさーん♪遊びm…
… ……‥いない…??……また…」

サッ…

チノ「ここ…どこですか…?」

チノはココアの携帯にGPSを仕込んでいた

チノ「…これはまたお仕置きが必要なようですね」ニヤッ…

チノ「逃げられないように脚切断?いいですね…あはは、そしたらどこにもいけないからずっと私のおもちゃになる、あ、それと口を縫い付けてしまいましょうか、そしたら叫ばれる心配もなし! 」

チノ(いっそ殺すのもありですね…w…殺す……殺す?…ああそっか …めんどくさいからもう殺してしまいましょうか そして私も死のう)
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/03/06(土) 03:36:57.20 ID:oDaSzYt0o
ココア視点 ホテル

ココアはモカにされたことすべてを話した

バットで殴られる
蹴られ殴られ…
髪の毛を引っ張られ
首を絞められ
お風呂の中に顔を突っ込まれ窒息させられ
背中に一生消えることはない傷をいれられ…

ありとあらやることをされたことを…

モカ「許さない…絶対に許さない!!」

ココア「で、でも…私が飲ませたのが悪かったのかなって…」

モカ「ばかっ!そんなくすりあるわけ無いでしょ!!」

ココア「うぅ…」

モカ「ちょっとその薬をくれたっていう友達教えて!誰なの!?」

ココア「しゃ、しゃろちゃん…あの金髪の…」

モカ「電話するわよ!」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/06(土) 03:39:09.94 ID:1U+LCrhS0
お姉ちゃんにまっかせなさーい(物理)
20 : :2021/03/22(月) 14:53:28.71 ID:mnvxN6US0
日本茶を飲んだマブシーナ姫(チノと声が同じ)とは異なるベクトルの変ぼうぶり・・・
14.03 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)