【モバマス】P「藍子はどこまでなら言うことを聞いてくれるのか」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/07(金) 18:24:08.87 ID:ez+bq+sk0
キャラ崩壊注意



P「藍子ー、ちょっとそこの書類取ってくれ」

藍子「はーい」スッ

P「藍子ー、ちょっとお茶淹れてくれないか?」

藍子「はーい」スッ

P「……」ズズッ

藍子「美味しいですか?」

P「うん、心が休まるよ」

藍子「それはよかったです♪おかわりが欲しい時は言ってくださいね♪」ニコッ

P「あぁ」

未央「……ちょっとプロデューサー?少しあーちゃんに甘え過ぎじゃない?」

P「えっ」

P(確かに……藍子がなんでもかんでも言うこと聞いてくれるもんだからつい甘えてしまっていた……)

P「あいやすまんかった。これからはちゃんと自分のことは自分で……」

藍子「ダ、ダメです!」

P「えっ」

藍子「プロデューサーさんのお手伝いは、私が好きでやってるんですから。むしろ頼られなくなっちゃったら……私、寂しいです」

P「そ、そーお?じゃあこれからも甘えちゃおうかな……」

未央「まぁ、あーちゃんがいいならいっか……」

藍子「はいっ♪これからもして欲しいことは『なんでも』私に言ってくださいね♪」

P「『なんでも』!?」ガタッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1620379448
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/07(金) 18:25:10.35 ID:ez+bq+sk0
P「藍子?その『なんでも』って、具体的にはどれくらい……」

藍子「? なんでもはなんでもですよ?」

P「んんっ、藍子……女の子があんまり『なんでも』なんて言うんじゃありません」

藍子「でも私、プロデューサーさんのためなら本当に『なんでも』できちゃいますよ?苦手な水着なお仕事だって、プロデューサーさんに見られていると思うと頑張れました!」キリッ

P「うーん……俺が言ってるのはそういうことじゃなくて……」

P(藍子らしい、素晴らしき自己奉仕の精神。それ自体はとってもいいことなんだが……悪い男にそこを付け込まれないか心配だな……)

P(ここは一つ、『藍子はどこまでなら言うことを聞いてくれるのか』検証してみるか……もしこのラインがガバガバだった場合はちょっと注意せにゃならん)
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/07(金) 18:25:38.11 ID:ez+bq+sk0
次の日


P「藍子ー、ちょっと頭撫でさせてくれ」

藍子「はい、どうぞ♪」スッ

P(頭撫でるのはセーフと……)ナデナデ

藍子「……♪」

P(これが懐いてくれる証拠だったら嬉しいんだが……藍子は頭くらいなら誰にでも撫でさせそうだしな……)

P(アイドルであることを考えたら個人的にはこれくらいキッパリ断ってくれた方が安心だが、まぁ頭撫でさせるくらいなら……いい……かな?)

藍子「どうですか?私の頭の撫で心地は」

P「あ、あぁ……すごくいいよ。髪がゆるふわで、可愛くて……ずっと撫でていたくなるような……」ナデナデ

藍子「それはよかったです♪私も、プロデューサーさんになでなでしてもらえて幸せです♪」ニコッ

P「……」ナデナデ

藍子「……♪」

P「……」ナデナデ

藍子「……♪」

P「……」ナデナデ

藍子「……♪」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/07(金) 18:26:06.37 ID:ez+bq+sk0
次の日


P(藍子の撫で心地が良すぎてあれから次の日の朝まで撫で続けてしまった……おかげで仕事が丸一日分滞った)

藍子「私も途中で言いだそうかと思ったんですけど……女の子は大好きな人に体をなでなでされると、心と体がぽかぽかふわふわして、抵抗できなくなってしまうので……♡」

P(また何か不穏なことを……)

P「気にしなくていい、昨日のは俺のせいだから……さて」


P「藍子ー、ちょっと抱きしめさせてくれ」

藍子「はい、どうぞ♪」ムギュッ

P(これも即答か……)ムギュー

藍子「えへへぇ……」♪

P(確かにハグぐらいならギリギリいやらしい感じしないし、許してしまう気持ちも分からんでもないが……流石にここまで異性と体を密着させるのは、断って欲しい所だった)

藍子「どうですか?私の抱き心地は」

P「あ、あぁ……すごくいいよ。体がゆるふわで、可愛くて……ずっと抱きしめていたくなるような……」ムギュー

藍子「それはよかったです♪私も、プロデューサーさんにぎゅってしてもらえて幸せです♪」ニコッ

P「……」ムギュー

藍子「……♪」ムギュー

P「……」ムギュー

藍子「……♪」ムギュー

P「……」ムギュー

藍子「……♪」ムギュー
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/07(金) 18:26:32.28 ID:ez+bq+sk0
次の日


P(溜まった仕事が二日分になった……だが検証は今日で終わるはず)

P「藍子ー、ちょっとお腹撫でさせてくれ」

藍子「お、お腹ですか?」

P(どうだ!頭とは違いいやらしフェチズムを感じざるをえないお腹なでなでだ!さすがの藍子もこれには苦々しい表情で断るはず!)

藍子「いいですよ♪」

P「えっ?」

藍子「お腹撫でやすいように、お膝の上、失礼しますね?」ポフッ

P(逆にノリ気だと……ッ!?)

藍子「では、どうぞ♪」ペロンッ

P(しかも生お腹だと……ッ!?)

藍子「……♪」ワクワク

P(これは……説教!!!!)
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/07(金) 18:26:58.88 ID:ez+bq+sk0
P「コラーッ!!!!」ペチーッ

藍子「はわーっ!?!?」ビクーッ

P「こんなにっ、簡単にっ、おへそ見せちゃダメでしょうが!!!!」ペチッペチッペチッ

藍子(なんで!?お腹をなでなでしてもらえるはずだったのに!ぺちぺちされてる!)アワワ

P「そんなんだとやらしい女の子だって勘違いされちゃうぞ!人懐っこいのはいいが、ちゃんと相手は選ばないと……」

藍子「……プロデューサーさんは、私が誰にでもお腹を撫でさせると思ってるんですか?」

P「えっ?」

藍子「酷いです、プロデューサーさん……私こんなこと、大好きな人にしか……プロデューサーさんにしか許しませんっ!」

P「えっ!?」

P(じゃあ……別にいい……のか……?)

藍子「プロデューサーさんは私のこと、そんな軽い女の子だと思ってたんですね……」プイッ

P「ご、ごめんなさい!」

藍子「しょうがないですねぇ……じゃあ、ちゃんとお腹もなでなでしてくれたら許してあげます♪」

P「よしきた!」ナデナデ

藍子「ん……♡」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/07(金) 18:27:27.48 ID:ez+bq+sk0
藍子「どうですか?私のお腹の撫で心地は」

P「あ、あぁ……すごくいいよ。お腹がゆるふわで、可愛くて……ずっと撫でていたくなるような……」ナデナデ

藍子「それはよかったです♡私も、プロデューサーさんになでなでしてもらえて幸せです♡」ニコッ

P「……」ナデナデ

藍子「……♪」

P「……」ナデナデ

藍子「……♪」

P「……ってヤバい!」ガバッ

藍子「!?」

P「仕事が二日分溜まってるんだった……すまん、なでなでは仕事が片付いてからで……」

藍子「えいっ」ヴゥン

P「!? 外の景色が止まった……?」

藍子「正確には無量大数分の一のスピードまで遅くなっただけですけどね♪こうしてる間はお仕事なんて気にしなくて大丈夫ですよ♪」

P「一昨日も昨日もそれやってくれたらよかったのに……それじゃあ」ナデナデ

藍子「ん……♡」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/07(金) 18:27:55.07 ID:ez+bq+sk0
未央「今日はあーちゃん何されてるかなぁ……」テクテク

茜「ハグの次ですから……タックルでしょうか!?」

未央「あかねちんの中でハグの次はタックルなんだね……」ガチャッ

茜「おはようございます!!」

未央「おはよーございま……」

藍子(76)「あ……二人共、おはよう……」ヨボヨボ

未央「うおおおお!?!?」

茜「お、おば……あなたはもしかして藍子ちゃんですか!?」

藍子(76)「はい……ちょっと時を止めすぎて、気付いたらこんな歳に……」

P(??)「まさか60年撫でても飽きんとは……藍子恐るべし」

茜「途中でやめようとは思わなかったんですか!?」

藍子(76)「何度か思いましたが……女の子は大好きな人に体をなでなでされると、心と体がぽかぽかふわふわして、抵抗できなくなってしまうので……」

未央「途中から女の子って齢でもないでしょ!」


晶葉の若返り装置でなんとかなった。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/07(金) 18:28:22.22 ID:ez+bq+sk0
藍子(16)「歳も元に戻ってこれで全部解決ですね」

P「あぁ、そうだ……じゃない!二日分の仕事が!二日もサボったのバレたらちひろさんにシメられる……!」ガタガタ

藍子「それなら……えいっ」ヴゥン

P「藍子、また時を……?」

藍子「二日ほど時を止めておくので、その間にお仕事頑張ってください♪」

P「あぁ、助かるよ藍子……」ピタッ

藍子「……? プロデューサーさん?」

P「藍子……後一日、いや一週間追加で時を止めといてくれないか?それから……一週間、また藍子を撫でさせてくれ」フラッ

藍子「えぇっ?だ、ダメですよ……晶葉ちゃんにあんまり時は止めるなって言われてるんですから……」

P「……」ムギュッナデナデ

藍子「あっ♡ダメです♡それされたら♡抵抗できなくなっちゃいますぅ……♡」


検証結果:藍子は頭撫でさせてくれるし抱きしめさせてくれるしお腹も撫でさせてくれるし時も止めてくれる。おしまい
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/07(金) 18:28:47.77 ID:ez+bq+sk0
以上になります。

若返り装置はエネルギー保存の法則を打ち破るものではなく、誰かを若返させるためにはその代償として誰かを老いさせなければならず、今回は菜々さんに肩代わりしてもらったという裏設定があります。入れる所がなかったので入れませんでした。

ありがとうございました。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/07(金) 19:19:47.95 ID:EIpaFKZso
おつおつ
>>10

若返り装置はエネルギー保存の法則を打ち破るものではなく、誰かを若返させるためにはその代償として誰かを老いさせなければならず、今回は菜々さんに肩代わりしてもらったという裏設定があります。

どうして…?
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/07(金) 19:55:14.50 ID:POaqtVK2o
唐突な老化が菜々さんの腰を襲う!
おつー
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/09(日) 00:15:42.47 ID:GDr1sRzW0
数万歳なら数十年の加齢も誤差で済むもんね(笑)
個人的に、菜々さんはMIB日本支部のエージェントMと思ってるけど
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/15(土) 17:22:02.05 ID:SiEWqR+V0
おつ
10.15 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)