魔王「俺も勇者パーティ的なの作るか」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/17(月) 01:41:46.46 ID:qMpIqN95O
────魔王城 居館

魔王「という訳で側近、人型で勇者に引けを取らないくらい強い奴を連れてこい」

側近「という訳でじゃないですよ、一体どういう事ですか?」

魔王「いやさ、人間側には勇者って奴がいるじゃん」

側近「あぁ、いますね」

魔王「んで勇者が仲間とかを作って、魔物を倒しながら俺の所に来るって言うのが定石だろ?」

側近「まぁ、そうですが」

魔王「それで俺は思ったわけよ」

魔王「俺も勇者パーティ的なの作って、王様を狙わせたらいいんじゃないかなって」

側近「なるほど、ー理ありますね」

魔王「だろ? だからという訳で側近、人型で勇者達に引けを取らないくらい強い魔物を連れてこいウスノロ」

側近「なんで?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1621183306
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/17(月) 01:42:58.70 ID:qMpIqN95O
側近「魔王様、連れて来ました。ほら、来い」

黒騎士「ど、どうも……お初にお目にかかります、魔王様。黒騎士と申します」

側近「彼は様々な攻撃系、回復系、補助系呪文に長けており、剣の腕も一流です」

側近「そして、得意な呪文がドルマ系ということもあり、勇者とは対になるような存在かと」

魔王「ほう、なるほど……そなた、黒騎士と言ったな?」

黒騎士「は、はい」

魔王「よし、そなたを魔王軍の勇者に任命する」

黒騎士「えぇ……お、俺がですか?」

魔王「不服か?」

黒騎士「……いえ、そんな事は」

側近「それで、魔王様。勇者パーティは普通、勇者、戦士、魔法使い、僧侶の4人が定石ですが、残りの三人はどうしますか?」

魔王「ふむ、それなら、黒騎士に選ばせよう」

黒騎士「ええ!? 俺がですか!?」

魔王「不服か?」

黒騎士「…………いえ、そんな事は」

魔王「よし、それでは選んでくるがよい。他の魔物達にはこの事を伝えておく」

魔王「集まったら、再び我の所へ戻ってこい」

黒騎士「……把握いたしました、それでは」スタスタ

魔王「……」

側近「不服か? って言葉、ハマってるんですか?」

魔王「これ言っときゃ全員言うこと聞くからな」

側近「人生イージーモードですね」

魔王「そうでもないさ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/17(月) 01:43:34.45 ID:qMpIqN95O
────魔王城 廊下

黒騎士「はぁ……まさかこんな厄介事に巻き込まれるとは」

黒騎士「自分でパーティを選べって言われてもな……俺人見知りなんだよな……」

黒騎士「てか不服か? ってなんだよ、断れるわけねーだろ……」

黒騎士「まぁ、こんなこと言ってもしょうがないか。確か、戦士、魔法使い、僧侶だっけ?」

黒騎士「魔法使いと戦士にはアテがあるけど、僧侶か……」

黒騎士「まぁ、とりあえず行こう」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/17(月) 01:44:02.67 ID:qMpIqN95O
────魔王城 修練場

黒騎士「まずは戦士役の人からだな……」

黒騎士「あの人なら四六時中ここにいるはずなんだけど……」

バガァァァァァン!

黒騎士「うお……」

ドゴォォォォン!

黒騎士「うへー、やってんなぁ」

狂戦士「オラオラァ! どんどん行くぜぇぇぇ!」ブンッ

ドッシャァァァァァン!

黒騎士「あのぉ……狂戦士さん」

狂戦士「まだま……おぉ、黒騎士じゃないか、とうしたんだ?」

黒騎士「あ、いや……」

狂戦士「もしかして、お前も鍛錬しに来たのか? 良かったら、一緒にやろうぜ!」

黒騎士「(この人、非戦闘時は滅茶苦茶爽やかな青年なんだよなぁ……)」

黒騎士「(剣を持つと……おぉ怖)」

黒騎士「えとですね、一旦、座りません? スポーツドリンク奢りますよ」

狂戦士「お、本当か? 助かるよ!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/17(月) 01:44:29.38 ID:qMpIqN95O
狂戦士「それで、どうした? 俺に何か用事か?」

黒騎士「えとですね、折り入って相談があるんですけど……」

狂戦士「おいおい、俺達の仲だろ? 堅苦しいのは無しだ!」

黒騎士「狂戦士さん……実は、狂戦士の力を貸して欲しいんです」

黒騎士「魔王様から話は聞いてますよね?」

狂戦士「あぁ、あの……パーティとかなんとかだったか?」

黒騎士「はい、それでですね。狂戦士さんを戦士役としてパーティに入ってほしいのですが」

狂戦士「なんだ、そんな事か! 全然良いぜ! むしろ大歓迎だ!」

黒騎士「ほ、本当ですか?」

狂戦士「最近この鍛錬にも飽き飽きしていた所なんだ、ぜひとも参加させてくれ!」

黒騎士「ありがとうございます!」

狂戦士「よし、それじゃあいっちょ模擬戦でもするか!」

黒騎士「いや、それはお断りしておきます」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/17(月) 01:44:55.07 ID:qMpIqN95O
黒騎士「よし、とりあえず戦士役はクリアだな」

黒騎士「次は魔法使いか……」

黒騎士「これに関してはもう、完璧な合ってる人がいるからな」

黒騎士「行くか」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/17(月) 01:45:25.82 ID:qMpIqN95O
────魔王城 研究室

黒騎士「入るぞー」

???「はーい」

黒騎士「いきなり押しかけて来てすまんな」

黒騎士「実は────」

???「メラガイアーッッッ!!!」ボウッ

黒騎士「ッ!? マホカン────」

ズガァァァァァァァン

黒騎士「ぐ……う……ちょっと……」

???「あら、中々タフじゃない、黒騎士?」

黒騎士「ふざけんなよ……魔女……」

魔女「ごめんなさいね? 最近攻撃呪文を使ってなかったから、腕鳴らしに使わせてもらったわ」

黒騎士「はぁ……それで、話があるんだが」

魔女「パーティの件よね?」

黒騎士「……話が早いな、来てくれるのか?」

魔女「行くに決まってるじゃない!」

魔女「人間領には魔王領にはない上質な魔道具がたくさん揃ってるんだから!」

魔女「まず杖を新調して、MPを上げるアクセサリーも欲しいわね……それと……」ブツブツ

黒騎士「(完全に自分の世界に入ってんな……)」

黒騎士「あ、そうだ、魔女」

魔女「他にも……はっ! 何かしら」

黒騎士「もう1人、僧侶役を探してるんだが……誰か知り合いにいないか??」

魔女「僧侶役ね……ひとり、いるわよ」

黒騎士「お、本当か!」

魔女「闇司祭って言うんだけど……その、かなり特殊な子だから」

黒騎士「なるほど、魔女が言うってことは、相当だな」

魔女「間接的に私のことディスってない?」

黒騎士「あんたみたいな特殊な奴が言うからには、さぞ奇っ怪なひとなのでしょうね!」

魔女「直接的にディスるな」

黒騎士「それじゃあ、案内してくれ」

魔女「任された、バジルーラ!」

黒騎士「うぇっ!?」ゴンッ

魔女「あれ、室内じゃ駄目なんだっけ」

黒騎士「ぐ……っ、バジルーラの時点で確信犯だろ……はよ連れてけ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/17(月) 01:45:51.43 ID:qMpIqN95O
────魔王城 礼拝堂

黒騎士「おぉ……なんか、凄いとこだ……」

魔女「あまり刺激しないでね……」

闇司祭「…………」ジッ

黒騎士「……なんかめっちゃ見てるけど」

魔女「……闇祭司ちゃん、ちょっと、こっちへ」タタタ

闇祭司「……」コクン

黒騎士「……ん? なんだ……?」

闇祭司「ちょ、ちょっと……? あの男誰よ……!?」コソコソ

魔女「えと……魔王様から、パーティの話は聞いてるわよね?」コソコソ

闇祭司「聞いてるけど……! なんで私が!」

魔女「本当にごめん! けど、僧侶役が貴女しかいなくて……!」

闇祭司「うう……でも、私初対面の人とか無理だし……!!!」

黒騎士「おーい、何の話だ?」スタスタ

魔女「ええと、とりあえず魔王様の命だから! ね!」

闇祭司「もう……!! 無理だってばぁ……」

黒騎士「それで……ええと、闇祭司さんだっけ」

黒騎士「その……よろしくな!」

闇祭司「……」コクン

黒騎士「……?」ニコ

闇祭司「…………」

黒騎士「……おい、魔女、これはパーティに入ってくれるってことで良いのか?」

魔女「ええ、その、彼女、恥ずかしがり屋なの」

黒騎士「……なるほど?」

魔女「それで、結局パーティは誰に?」

黒騎士「俺と、狂戦士さんと魔女と闇祭司さんだな」

魔女「へぇ、狂戦士も」

黒騎士「あぁ、それじゃ、狂戦士も連れて魔王様の所へ行くか」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/17(月) 01:46:22.20 ID:qMpIqN95O
────魔王城 居館

魔王「よし、集まったか」

黒騎士「はっ」

魔王「そなたらの目的はあくまでも国王のみの抹殺」

魔王「他の者に……特に、勇者達には勘づかれるな」

狂戦士「……つまり、戦っては行けないという事ですか?」

魔王「そういう事だ」

黒騎士「かしこまりました」

魔王「それでは、そなたらに旅の資金を渡そう」

黒騎士「ありがたき幸せ……」

魔王「100ゴールドだ」

黒騎士「…………」

魔王「ほら、早く受け取るがよい」

黒騎士「……はっ、あっ、え、100」

魔女「あのぉ、魔王様? 流石に100ゴールドは少なすぎじゃあ……」

魔王「人間の王も、勇者が旅立つ時にこれと同じ額のゴールドを渡したらしい」

魔王「つまり、それがしきたりという事だ」

魔王「……不服か?」

魔女「……いえ、ありがたき幸せ」チャリン

魔王「それでは、勇者……さしずめ、黒騎士パーティと言ったところか」

魔王「国王討伐に全力を尽くすがよい!」

黒騎士・狂戦士・魔女・闇祭司「はっ!!!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/17(月) 01:47:34.78 ID:qMpIqN95O
初めての長編魔王勇者SSです、頑張ります
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/17(月) 01:48:01.91 ID:qMpIqN95O
あ、今回はここまで
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/17(月) 04:21:53.80 ID:i0yyA35pO
期待
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/17(月) 07:35:36.97 ID:IvvtkJ5do
おつ
きたい
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2021/05/17(月) 11:48:55.77 ID:zLr6qHSXO
スレタイで「面白そう!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/17(月) 19:14:22.99 ID:0VbsLxHM0
見た目はものすごく黒いパーティなんだろうな
狂戦士の暴れっぷりに期待
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/17(月) 23:30:09.85 ID:bvXfppIiO
闇司祭なのか闇祭司なのか
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/18(火) 02:16:03.17 ID:uE9yQkFCO
>>16
闇司祭です、すいません


────魔王領 魔王城近郊

黒騎士「という訳で、まず俺達は魔王城から東にあるバーラメルの町に向かいます」

魔女「バーラメル……聞いたことあるわね」

黒騎士「まぁ、魔王城から1番近い人間の住む町だからな」

狂戦士「それで、大体どのくらいの道のりなんだ?」

黒騎士「えーと、地図によると……大体80キロくららいですね」

闇司祭「はちじゅっ……!」

黒騎士「(喋った)」

狂戦士「80キロか……中々だな! いい訓練になりそうだ!」

魔女「ちょっと、本気で言ってるの?」

黒騎士「まぁ、休憩せずに行ったら18時間くらいでつくだろ」

黒騎士「それじゃあ、行きましょうか」

狂戦士「競走でもするか?」

魔女「死ぬわ!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/18(火) 02:16:31.52 ID:uE9yQkFCO
────7時間後

魔女「ふぅ、はぁ…」

闇司祭「ぜぇ、ぜぇ……」

狂戦士「……」ルンルン

黒騎士「(歩き始めて約7時間……)」

黒騎士「(順調に進んではいるんだろうけど……)」

黒騎士「(話題がねぇ……気まずい)」

黒騎士「えと……魔女と闇司祭さんって、仲良いんですか?」

魔女「え……」

闇司祭「……」チラッ

黒騎士「礼拝堂の時も、なんか、一緒に喋ってましたし」

魔女「まぁ、結構長い付き合いだし……ね」

闇司祭「……」コクン

魔女「結構……3年? くらいだっけ」

闇司祭「……4」ボソッ

魔女「…………4年か」

黒騎士「(俺より長いな……まぁ当然か)」

黒騎士「……さっきから思ってたんですけど」

黒騎士「……闇司祭さんって、人見知り……なんですか?」

魔女「……! ちょっと…!」

闇司祭「……悪い?」ジロ

黒騎士「あぁ、いや……ごめん」

黒騎士「……」

闇司祭「……」

魔女「スーッ……」

狂戦士「ええと……競争する?」

黒騎士「……」

闇司祭「……」

魔女「スーッ…………」

狂戦士「しない……でおくか……」

黒騎士「(気まずいぃぃぃぃぃぃぃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!)」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/18(火) 02:16:57.04 ID:uE9yQkFCO
─────9時間後

黒騎士「あぁ……やっとバーラメルの街だ……」

闇司祭「つ、かれた……」

魔女「辺りも真っ暗ね……」

狂戦士「いいトレーニングだった!」

黒騎士「はぁ、今日はもう寝よう……」

魔女「……そうね」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/18(火) 02:17:24.08 ID:uE9yQkFCO
────バーラメルの町 宿屋

宿屋の主人「おっ、いらっしゃい」

黒騎士「すいません、2部屋空いてますか?」

主人「おう、空いてるよ。1泊1部屋20ゴールドだ」

闇司祭「にじゅう……」

黒騎士「(結構するな)」

黒騎士「これで」チャリン

主人「まいど! うちの温泉は最高だ! ぜひ入ってくれよな」

魔女「へぇ、温泉」

黒騎士「だいぶ汗もかいてるしな、入るか」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/18(火) 02:24:42.23 ID:uE9yQkFCO
────バーラメルの町 宿屋 温泉

黒騎士「あぁぁぁぁぁ……癒される……」カポーン

黒騎士「この時間帯だから他に客もいないし……」

狂戦士「だな! しかもこの湯は魔翌力を含んでいるから、魔族の俺達にとってはヒーリング効果があるらしいぞ」

黒騎士「なんで知ってんですかそんなこと」

狂戦士「ほら、ゆっくりと温泉の波に心を委ねてみるんだ」

狂戦士「魔翌力を感じないか?」

黒騎士「んー……」

黒騎士「…………」

黒騎士「(女湯の方どーなってんのかなぁ……)」

狂戦士「ほら、何か体の芯から湧き上がるようなものを感じないか?」

黒騎士「(魔女って結構ナイスバディだし、闇司祭さんも……)」

狂戦士「この湯、飲んだら回復するんじゃないか?」

黒騎士「(いや、闇司祭さんは貧しかったな……服の上からしか見てないけど)」

狂戦士「おーい、聞いてるか?」

黒騎士「(そういえば大体こういう場面では覗いたりするのがセオリーらしいが、俺はそんな事はしない。何故かわかるか?)」

黒騎士「(それは俺が騎士であると同時に、紳士でもあるからだ)」

狂戦士「おーい、無視するなよー」

黒騎士「(下品な奴らは、今ここで覗くという行動をとるのかもしれないが)」

黒騎士「(紳士は行動には移さないのだ)」

黒騎士「(いや考えはするんかーい!)」

黒騎士「はっはっはっはっは!!!」

狂戦士「なにわろとんねん」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/18(火) 02:25:11.21 ID:uE9yQkFCO
黒騎士「ふぅ、さっぱりしたぁ……」

狂戦士「たまにはこういうのも悪くないな!」

魔女「お、出てきたわね」

闇司祭「遅い」

黒騎士「よし、それじゃあ寝る……んだが、ちょっとだけ、俺と狂戦士の部屋に集まってほしい」

魔女「ん? なんで?」

黒騎士「王を暗[ピーーー]るためのプランニングだよ、お前達に教えておこうと思って」

黒騎士「ちょうど思いついたからさ」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/18(火) 02:25:39.45 ID:uE9yQkFCO
黒騎士「よし、それじゃあ説明していくぞ」

黒騎士「まず、俺達は今魔王城から東に向かってバーラメルの町へ来た」

黒騎士「そして、俺達はそのまま東に向かって4つの町を経由する」

黒騎士「その先に王都があるから、もう後は分かるな?」

黒騎士「王都の騎士なんか俺達にとっては雑魚も同然、遠慮なくぶっ潰して、王を殺せばいい」

魔女「なるほど……えらく適当ね」

狂戦士「俺は嫌いじゃないけどな」

黒騎士「闇司祭は何か、異論はあるか?」

闇司祭「……ない」

黒騎士「そうか、なら明日からはそのつもりで」

黒騎士「解散!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/18(火) 02:26:05.24 ID:uE9yQkFCO
黒騎士「それじゃあ、おやすみ。狂戦士」

狂戦士「ああ、おやすみ」

黒騎士「……ふぅ」

黒騎士「…………」ソワソワ

狂戦士「……眠れないか?」

黒騎士「……正直、眠れない」

黒騎士「こんな重大な役、初めて任されたんだ」

黒騎士「ずっと魔王城周辺の見回りしかしてこなかったから……緊張してる」

狂戦士「だろうな、まぁ、なるようになるさ」

狂戦士「よろしく頼むぜ、リーダー」

黒騎士「……リーダーはやめてくれ」

黒騎士「(この任務が成功すれば、勇者達に一矢報いることが出来るんだ)」

黒騎士「(勇者に侵略され、魔王領のほとんどが奪われてしまった)」

黒騎士「(だがそれを、取り返せるかもしれないんだ)」

黒騎士「(頑張れよ、俺)」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/05/18(火) 02:27:53.90 ID:uE9yQkFCO
今回はここまで
次の投稿でようやく最初の戦闘が始まるので今回よりは面白くなるはずです
ぶっちゃけもう既に書き直したい
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/18(火) 12:32:54.29 ID:b6t9g1X0O
おつおつ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2021/05/18(火) 15:07:48.26 ID:/z6JLGG40
saga入れなよと思った
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/18(火) 21:53:37.80 ID:NIrDJ8jUo
あんまり面白くない
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/26(水) 01:30:02.54 ID:igjRjK7to
一週間音沙汰無しか…エタかな
17.49 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)