男「小説家を殺ろう」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:22:34.46 ID:BdylDeZQ0
男(今日は≪フレッシュ小説大賞≫の発表日……)

男(頼む……俺の名前あってくれ! 頼むっ!)

男「……」

男「……」

男「ない……!」

男「ちくしょぉぉぉぉぉぉぉっ!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1621336954
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:24:05.49 ID:BdylDeZQ0
男(思いきって出版社に持ち込んでみたこともあった――)



編集者「ん〜……」ポリポリ

男「いかがでしょう?」

編集者「うん、文章はね。うん、文章は悪くないよ。技術はある。でもね……なーんか足りないんだよね」

編集者「プロになるには、あと一歩二歩三歩がさ……」

男「何が足りないんですか!?」

編集者「なんだろう、上手くいえないけど……とにかく君はアマチュアレベルなんだよ」

男(わけの分からないアドバイスを……)

男(プロとアマの差……いったい何だってんだ!)
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:25:43.27 ID:BdylDeZQ0
男(書店に寄ると……)

『作家○×の新作登場!』

男(あいつ、また新作出すのか……絶好調だな)



男(“あいつ”はかつて俺の親友でありライバルだった)

男(一緒に小説を書き、お互い読み合って感想を言い合ったり、賞に応募したりした)

男(結局あいつは見事プロ作家となり、俺は今でもこのザマだが)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:27:08.73 ID:BdylDeZQ0
男「……」ペラペラ



男(あいつの小説を買って読んでみた)

男(面白い。だが、俺の目から見ても粗はあるし、文章力や構成力が俺より上とも思えない)

男(だけど、たしかに……“差”は感じる)

男(あいつにはあって、俺にはないものは確実に存在する)

男(それがなんなのか分からないから、俺はいつまでも足踏みしてるわけだが)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:29:06.43 ID:BdylDeZQ0
男(あいつが憎い。妬ましい)

男(俺を置き去りに、プロの作家として花咲いたあいつを許せない)

男(俺の中にある決して発散されることのない黒い情念は、時間と共に蓄積され、熟成されていく)

男(やがて――)



男「あいつを……殺してやろうか」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:30:44.38 ID:BdylDeZQ0
男「そうだ……あいつを殺そう」

男「俺にはそうするだけの権利がある」

男「だって、能力はほぼ同等な俺とあいつが、ここまで差がついてしまうのは余りに理不尽で不公平じゃないか」

男「それに……」

男「実際に“殺人”なんてやったら、それはきっと大きな経験値になる!」

男「小説にも生かせるはずだ!」

男「あいつを踏み台にして、俺は傑作を書くんだッ!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:32:40.42 ID:BdylDeZQ0
男(そうと決まれば、どうやって殺るか考えないとな)

男(刃物で刺す……俺は刃物の扱いに慣れてないし、武器を奪われたら返り討ちになりそうだ)

男(首を絞める……長い紐さえあればできるが、力比べになったら面倒かもしれない)

男(頭を殴る……一発で死ぬか気絶してくれればいいけど、もしできなかったら……)

男(どこかから突き落とす……高いところまでうまく誘導できるかどうか)

……

……

男(他にも色々考えたが、結局“毒殺”が一番いいんじゃないかという結論に至った)

男(毒の入手こそ大変だが、そこをクリアしちゃえば後は毒を盛るだけでいいんだからな)
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:34:31.87 ID:BdylDeZQ0
……

……

男(苦心して毒を入手した……)

男(この小さな瓶に入った液体を少しでも飲ますことができれば、あいつは死ぬ)

男(さて、いよいよだ)

男「……」ポチポチ

メッセージ『久しぶりに会えないか?』
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:36:04.03 ID:BdylDeZQ0
駅前――

作家「よぉ〜、久しぶり!」

男「久しぶり! 悪いな、呼び出しちゃって」

作家「どうしたんだよ、急に会いたいだなんて」

男「この年になるとさ、昔の友達がふと恋しくなったりするんだよ」

作家「分かる分かる、俺もお前に会いたかったし」

男「マジか。超奇遇じゃねえか!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:38:02.03 ID:BdylDeZQ0
自宅に招待する。

男「それにしても、親友がプロの作家になって俺も嬉しいよ」

作家「ありがとう」

男「今度の新作も読んだよ、絶好調じゃん」

作家「いやー、はっきりいってスランプだよ。絶賛お悩み中」

男「え、なんで?」

作家「俺みたいな駆け出しはとにかく数書かなきゃ話にならないから、もう次の作品に取りかかってるんだけど」

作家「これがなかなか難産で……」

男「ふうん」

男(数書いても賞すら取れない俺にとっちゃ、悩みどころか自慢にしか聞こえねえよ)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:40:21.93 ID:BdylDeZQ0
作家「お前はまだ書いてるの?」

男「え、なにを?」

作家「小説」

男「いやー、もう書いてないや。仕事の方が順調だし。もっぱら読む専だよ」

作家「そっかー、残念だな。お前の小説好きだったのに」

男「またまたー……」

男(ホントはまだ書いてて賞に落ちまくってるなんて、みじめすぎていえるわけない)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:41:46.03 ID:BdylDeZQ0
作家「二人で有名作家の家に飛び込みで行ったことあったよなー」

男「あったあった」

作家「結局会ってすらもらえず、門前払いだったけど」

男「サインぐらいくれてもいいじゃんかって愚痴りながら帰ったよな」

作家「で、ファミレスで食いまくったっけ!」

男「そうそう! ドリンクバーおかわりしまくってさー」

アハハハハ…

男「……と、飲み物ぐらい出さないとな」

作家「いいよ、おかまいなく」

男「遠慮すんなって。ちょっとコーヒー入れてくるわ」

男(いよいよだ……)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:43:35.21 ID:BdylDeZQ0
男(あいつのカップにだけ……毒を入れる!)タラーッ…

男「ほら、コーヒー」

作家「サンキュー」

男(後はこのコーヒーを飲めば……こいつは死ぬ!)

男(大丈夫、どうやって死体を処理するかもちゃんとシミュレートしてあるし)

男(もし死体が発見されちゃっても、警察は身近な人間関係を洗うだろうが)

男(古い友人の俺にまでたどり着くことはないさ……)

男(大丈夫、大丈夫……)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:45:05.54 ID:BdylDeZQ0
作家「あ、悪いんだけど」

男「え」

作家「ミルクもう一つくれない?」

男「ああ、いいとも」スタスタ

男「ほら」

作家「悪いな。いつもミルクは二つ入れる主義でさ」タラー…

男(ミルクを二つ入れたところで毒の効力が薄れることはない……お前は死ぬんだよ)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:46:38.85 ID:BdylDeZQ0
男「……」グビッ

作家「……」マゼマゼ

男(もうまもなく、こいつはコーヒーを飲む……)

男(そしたら、苦しんで死ぬ)

男(だけど、本当にそれでいいのか?)

男(今日は昔話してなんだかんだ楽しかったし、こいつは俺の小説を“好きだった”っていってくれた)

男(こんないい奴を、下らない嫉妬で殺して本当にいいのか――?)

男(こんなことして傑作なんか書けるのか――?)

作家「お、いい色になった。じゃあ俺も飲むか」

男「!」

男(ダメだ! それを飲んだら――)
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:48:10.77 ID:BdylDeZQ0
男「うわあああああっ!!!」バッ

バシャアッ!

作家「あっちい!」

作家「いきなりなんだよ! なにするんだよ!」

男「すまん……すまん……!」

作家「おいおい、そんな涙目で謝らなくても……」

男「いや……俺はとんでもないことをするところだったんだ……!」

作家「へ?」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:50:58.52 ID:BdylDeZQ0
男(俺は洗いざらい話した)

男(まだ小説を書いてること、賞にことごとく落選してること、プロになった親友に嫉妬してること)

男(そして……毒を盛ったことも)



男「すまん……!」

作家「いや、構わないさ。俺だってお前の立場だったら、どうしてたか分からない」

男「そんなことは……」

作家「俺だってお前が思うほどクリーンな人間じゃないんだ」

作家「プロになるために、いい小説を書くために、結構ひどいこともしてる」

男「そうなのか……」

作家「それにしても、今回は危うく相討ちになるところだったな」

男「え?」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:51:51.21 ID:BdylDeZQ0
男「う!」ドクンッ

作家「……毒が効いてきたようだな」

男「は……? 毒……? いったい、いつ……?」

作家「ミルクの追加頼んだろ。あの時だ。あのスキに、お前のカップに毒薬を入れた」

男「あ……!」

男(あの時か……!)
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:54:37.00 ID:BdylDeZQ0
男「なん、で……? 俺、なんかを……?」

作家「実は今執筆してる作品で、主人公が古くからの友達を殺す場面があってさ」

作家「そこがどうしても書けなくて、難産になってたんだよね」

作家「そしたら、お前から連絡来てさ。これは渡りに船だと、毒を用意したわけ」

作家「なるほど、古い友人を殺すってのはこういう気分になるのか」

作家「こりゃ今度の作品は傑作になりそうだ」

男「う、うう……」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:56:02.33 ID:BdylDeZQ0
男「こんな、ことし、て……」

作家「ん?」

男「警、察に……つかま、る……ぞ……」

作家「捕まらないよ」

作家「この後どうすればいいか、俺には完璧なプランがあるんだから」

作家「なにしろ俺……これが“初めて”じゃないんでね」

男「……!」

作家「ついに声も出なくなったか。せめて安らかに旅立ってくれよな」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/05/18(火) 20:57:19.23 ID:BdylDeZQ0
男(薄れゆく意識の中……俺はどこか納得していた……)

男(俺は躊躇したが……こいつは……自分の作品のために、手段と努力を、惜しまなかった……)

男(これが……“プロとアマの差”か……)









22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/05/22(土) 18:00:57.16 ID:oCKrhelD0
これが俺と青山剛○との差だったのか
10.54 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)