圭一「圭魅…?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆GwyTDuorp. [sage]:2021/09/19(日) 16:01:50.06 ID:4qPBQ414o
※キャラ崩壊注意


魅音「皆ちゅうもーく!!」

圭一「朝っぱらから学校に集めやがって!部活だな!?」

魅音「そのとぉーり!!」

魅音「今日の部活は……!!」

魅音「流しそうめんだぁぁぁあ!!!」

圭一「うぉぉぉぉおおおおお!!!!」

圭一「…って、とりあえず叫んだものの」

圭一「流しそうめんでどう戦うんだよ?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1632034909
2 : ◆GwyTDuorp. [sage]:2021/09/19(日) 16:02:59.16 ID:4qPBQ414o
魅音「へっへーん!ルールは簡単!」

魅音「まず、圭ちゃんが竹を用意します」

圭一「ほうほう?」

魅音「そんで、圭ちゃんが竹を割って、流しそうめん装置を作ります」

圭一「…ん?」

魅音「そして、そうめんを茹でて」

魅音「圭ちゃんが流します」

魅音「皆で美味しくたくさん食べた人の勝ちです」

圭一「何かアホルールだな……」

魅音「あるぇ〜?もしかして、圭ちゃんできないの〜?」

魅音「都会っ子だもんね〜?ん〜?」

圭一「…ぐ、ぐっぉおおおおおお!!」

圭一「やってやるぜぇぇぇぇ!!!!」

魅音「それでこそ圭ちゃん!力仕事は任せたよ〜」

圭一「ちっくしょおおおおぉぉ………」

3 : ◆GwyTDuorp. [sage]:2021/09/19(日) 16:03:47.68 ID:4qPBQ414o
魅音「というわけで、圭ちゃん」

魅音「学校の裏に、竹が生い茂っちゃっててさー」

魅音「刈るの手伝ってよー」

圭一「…そっちが本命か」

魅音「たはは…。まぁ、お手伝いも兼ねて毎年こんな感じで遊ばせてもらってるんだ」

圭一「毎年流しそうめんかよ!?流石田舎…」

魅音「も〜。そんなわけないでしょー」

魅音「今年は偶々。圭ちゃんがいるから、レクにもなるかなーって。」

魅音「それに、2、3本刈ったところで済まない量なんだから」

圭一「そりゃそうか。装置自体は、数本で済むだろうしな」

魅音「流しそうめんって言ったけど、実際は竹で遊ぶのがメインだね」

圭一「そもそも、1日で終わらんよな」

魅音「まぁね〜」
4 : ◆GwyTDuorp. [sage]:2021/09/19(日) 16:04:31.16 ID:4qPBQ414o
魅音「結構色々遊んで処分できるからね。水鉄砲作ったり、短冊吊るしたり、ご飯炊くなんてのもありだねー」

圭一「なら、他にも文字通り『爆竹』にしたりとかか?」

圭一「なんつってな!!ははは!!」

魅音「毎年何故か沙都子は持って帰るんだよねー」

圭一「よりによって言うことがそれかよ!?」

魅音「タケノコは梨花ちゃんが持って帰るんだけどねー」

魅音「沙都子は竹が良いっていうんだよねー」

圭一「も、もういい。聞かなかったことにしよう…」

魅音「知らぬが仏。知らないと仏になるんだよ、圭ちゃん?」

圭一「知らぬが仏はそう言う意味じゃない」
5 : ◆GwyTDuorp. [sage]:2021/09/19(日) 16:05:06.87 ID:4qPBQ414o
圭一「と言うか、刈るだけならレナが適任なんじゃないのか?」

魅音「もちろん。レナは毎年すごいんだから!」

圭一「竹すらかわいいとか、流石レナだぜ」

レナ「はぅ〜。あいたたー。レナ、腰があいたたたーだよー」

レナ「レナ、鉈振れないよー。あいたたー。」

圭一「…」

レナ「レナはムリだなー。はぅー」

圭一「…」

レナ「というわけで、圭一くんと魅ぃちゃんで頑張って☆」

圭一「お、おう…」
6 : ◆GwyTDuorp. [sage]:2021/09/19(日) 16:05:42.04 ID:4qPBQ414o
魅音「れ、レナ!?こ、腰がって…大丈夫なの!?」

レナ「えぇ!?」

圭一「レナが驚いてどうするんだよ」

魅音「きゅ、救急…」

レナ「だ、大丈夫!ほら!もう元気!!はぅ!はぅ!」

魅音「よ、良かった〜」

圭一「魅音の目、節穴すぎやしないか?」

レナ「元気!はぅ!はぅ!は…」グキッ

レナ「は、ぅ…」ドサッ

圭一「れ、レナぁぁぁぁぁああ!!!!!」

レナ「前原、圭一ッ……!」ガクッ

圭一「なんでだよぉぉ!!?!俺関係ないだろ!!?」
7 : ◆GwyTDuorp. [sage]:2021/09/19(日) 16:06:22.88 ID:4qPBQ414o
圭一「無駄な犠牲だった…」

圭一「沙都子が保健室でレナを見ててくれるらしい」

圭一「梨花ちゃんはちょうちょ追いかけてどっかにいった」

魅音「うぅ…レナ…。どうして…」

圭一「どうしてだろうな…」

圭一「と言うか話が進まねぇ…」

圭一「なるべく竹刈って、学校の裏に積んで、今日はおしまいにしようぜ?な?」

魅音「うん…」

―――
――


8 : ◆GwyTDuorp. [sage]:2021/09/19(日) 16:07:07.64 ID:4qPBQ414o
梨花「あ、ちょうちょなのですよー」

梨花「待ってくださいなのです〜」

エウア「あんまり走ると転ぶぞえ」

梨花「あいたぁーーなのです」ズサァ-

エウア「ほれ、言わんことのない。…手を貸してやろうぞ」

梨花「ありがとうなのですー」

エウア「なに、気にするでない」

エウア「ではまたの」

梨花「なんか羽入にしては何かでかかったのですー」

梨花「あ、ちょうちょさん待って〜」

―――
――

9 : ◆GwyTDuorp. [sage]:2021/09/19(日) 16:11:01.93 ID:4qPBQ414o
沙都子「はぁ…レナさんにしては、おマヌケでしたわね」

レナ「はぅ…ありがとね。沙都子ちゃん」

沙都子「いえいえ、構いませんのことよ」

レナ「どうしても圭魅が見たくて…」

沙都子「あら、私は圭レナも興奮しましてよ」

レナ「レナもだよー。別に圭レナが嫌いってことじゃないよぉ」

エウア「ほう。では何ゆえ?」

レナ「いざ自分が当事者になると何か違うっていうか…」

沙都子「何目線なんですのその発言…」

エウア「繰り返しはメタ的な認識を授けるのであるな」

沙都子「劇中劇、中の劇…訳がわかりませんわ」

エウア「すべてそなたのせいであるぞえ」

10 : ◆GwyTDuorp. [sage]:2021/09/19(日) 16:12:15.28 ID:4qPBQ414o
今回はここまで。無計画発進。繰り返しすぎて全員ポンコツのカケラです。
無事、流しそうめんができるのか?
5.86 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)