悟空「そうか……オラジレンに負けちまったんか……」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 02:33:19.09 ID:Wi005hc10
ジレン「うおおおおおおおおおおお!」

悟空「ぐっ!!」

フリーザ「私を投げ飛ばしなさい!!!!!」
悟空「!……わかった!」


クリリン「まさか…フリーザのやつ!自分ごとジレンを落とすつもりか……!」


フリーザ「ぐおおおおお!!」
悟空「はああああああああ!」

17号「決めろ!!!」

みんな「いっけーーーー!!!!」

ジレン「これが……信頼……第7宇宙の力……!」


ジレン「だが……!!!!」

悟空「!?!?」
フリーザ「なにぃ……!」

ヒュンッ
ドサッ

大神官「孫悟空さん、フリーザさん脱落。」

ジレン「あとはお前だけだ……」

17号「くっ……」

ジレン「終わりだ。」



大神官「17号さん脱落により。第7宇宙、消滅でございます。」

カツーン…



???「空さん……悟空さん」

悟空「…くっ……はっ」ガバッ

悟空「ここは……」

ウイス「消滅したあとの何もない、無……とでもいいましょうか。」

悟空「無…!?」

ウイス「はい。あの後第11宇宙ジレンさんの願いに失望した全王様がすべての宇宙を消してしまったのです。」

悟空「そうか……オラジレンに……」

ウイス「そうです。」

悟空「って、消滅したのになんでオラがここにいんだ…?」

ウイス「それはすべての宇宙が消滅するギリギリで私が時を戻したのですよ、すんご〜〜く昔に。」

悟空「い!?どういうことだ!?」

ウイス「長話する余裕はないので単刀直入にいいますよ。」

ウイス「悟空さん、あなたを今からあなたの兄のサイヤ人がやってくる日まで戻します。」

ウイス「でもこれは本当の本当に禁じ手。そんなことをしたと全王様にバレようものならす〜ぐに第7宇宙はまた無になってしまうでしょう。」

ウイス「なので、あなただけが、過去に戻ります。ベジータさんも、ビルス様も、もちろん私もあなたのことを覚えてはいません。」

ウイス「1からもう1度自身を、そして仲間を鍛え次こそジレンさんに勝利してください。」

悟空「そうか……よくわかんねぇけど、オラもっかいジレンと闘えんだな!」

ウイス「ほっほ、そういうことです。では、私ももう一度地球のおいし〜いごちそうが食べられるのを楽しみにしていますよ。」

コンッコンッ
ウイス「すごぉ〜〜く昔に、戻しましょ〜〜う」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1632504798
2 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 02:40:43.60 ID:Wi005hc10
???「さん……ねぇ、お父さんってば、ねぇ〜〜」ユサユサ

悟空「ん……ふぁ〜〜ぁ……」

悟空「いぃい!?!?悟飯!?!?おめぇなにこんなちっこくなってんだ!?!?!?」

悟飯「……?お父さんどうしたの……?」

悟空「あっ……ハッハハ!わりぃな悟飯、父ちゃん寝ぼけてたみてぇだ…たは…たはは…」

悟空(そうか……オラ本当に昔に戻ってきたみてぇだな……)

悟空「悟飯、帰ろう。今日は亀仙人のじっちゃん家にいく日だしな!」

悟飯「うんっ」



戦闘力5のおっさん「ふぅ、あともう一息だ」



ギュゥウーーーー……ン

ドゴォオォオ

戦闘力5のおっさん「な、なんだ!?隕石か!?UFOか!?」

スタッ

ラディッツ「戦闘力たったの5か……ゴミめ……」

戦闘力5のおっさん「ち、近づくんじゃねぇ!撃つぞ!!」ドギュン

ラディッツ「」パシッピンッ!

戦闘力5のおっさん「」

ラディッツ「大きなパワーをもったやつがいる……距離4880……」

ラデイッツ「カカロットか!!?」ギュンッ
3 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 03:02:05.51 ID:Wi005hc10



ピッコロとラディッツ原作まんま

ラディッツ「もうひとつ大きなパワーがある…!」ピピ

ラディッツ「あっちだ…!距離12909…今度こそカカロットだ!」ヒュー…ン

ピッコロ「ば…ばかな…!!このオレがふるえて…動けなかった……!」



ラディッツ「全宇宙一の強戦士サイヤ人の誇りを見失ったのか!!!!カカロットよ!!!!」



悟空「じゃ、チチ。オラちょっと亀仙人のじっちゃんとこいってくっかんな!」

チチ「あぁ、気を付けていくだよ。悟飯ちゃんもちゃぁんと武天老師さまに挨拶するだぞ〜」

悟飯「はいっ!お母さん!」

悟空「え〜〜っと、じっちゃんの気じっちゃんの気〜〜っと……」シュンッ

チチ「!??!!??悟、悟空さ!? 悟空さーー!?」



ラディッツ「!?!?!?!? パ、パワーの位置が一瞬にして移動を……カカロットのやつめ、のがさんぞ……!!」ピピ

悟空「やっほー!」

クリリン「悟空っ!あれ、お前子守のバイトでもはじめたのか?」

悟空「はは、オラの子だ!」

え〜〜!だの四星球のくだり

悟空(きたっ……)

悟空「みんな!何かがくる!急いで亀ハウスに入ってくれ!」

ギューーーン

ダッ

ラディッツ「ふっふっふっ…成長したなカカロット。父親にそっくりだ。」

悟空(よ、よし。こっから兄ちゃんにはまずオラのことを色々話してもらおう…)

ラディッツ「この星のありさまはなんだ?いったいなにを遊んでいた。」

クリリン「? もう〜〜昼間っから酔っぱらってちゃダメだってば。帰った帰った!」

ラディッツ「」尻尾グンッ

バチッ!

クリリン「あ…あわわ…」

悟空「いきなりあぶねぇだろ。」ガシッ

ラディッツ「……ふ、ふふ…兄は嬉しいぞカカロット。やはり貴様もサイヤ人だったようだな。」

悟空「」パッ

悟空「え、えぇ〜っと……」ボソッ

悟空「あっ!あ〜〜オラそのカカなんとかって名前じゃねぇ!いったいオラが何者か知ってるみてぇだな!あっ!そうだ!尻尾があるじゃねぇか!おめぇが誰だかオラさっぱりわかんねぇぞ!!!!」(完璧だ〜〜!!!)

ラディッツ「なんということだ……まさか以前に頭に強いショックを受けたのか……」

悟空「ある!あるぞ!」

〜〜〜亀仙人の悟空の過去話〜〜〜

4 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 03:08:07.10 ID:Wi005hc10

悟空(さぁどうすっかな……ジレンに勝つためにはラディッツやナッパの力借りた方がいい気がするぞ……フリーザも早めに修業始めてほしいし……セルはさすがに…いや、セルならむしろサイヤ人の細胞があるから手ぇかしてくれんじゃねぇかな……よし、先のことよりまずはピッコロだ!ピッコロは悟飯と過ごさせねぇと……ん〜〜〜)

ラディッツ「カカロット!オイ!きいてるのか!」

悟空「な、なんだ!」

ラディッツ「目を覚ませカカロット!サイヤ人の血がさわがんか!?」

悟空「オラつえぇ奴と闘うのは好きだ。でもな、わりぃことは嫌いだ!」

ラディッツ「ふ、なるほどな。その尻尾の生えたガキ、あれはお前の息子ではないのか?」

悟空「そうだ!」

ラディッツ「お前の聞き分けがわるいんでな。ちょっと貸してもらうとするか。」フッ
ズッ!
悟空「!?!?」ザンッ

悟空「ど、どういうことだ……」
悟空(み、みえてんのに体は動かなかったし……それにいてぇぞ……)

悟飯「お、おとうさああん!」

悟空(大分なまっちまって……じゃねぇか、過去に戻ってるから肉体はそんままなんだ……)



ラディッツ「きこえたな、あしたを楽しみにまってるぞ」

悟空「う…ぐ…」

クリリン「ひきょうだぞ!!子供を利用するなんて!」

ラディッツ「ふっふっふっこの星の奴らなどわれわれサイヤ人3人にかかれば1か月で絶滅できるだろう。」

ラディッツ「いい返事を期待しているぞ。きさまのためにもな。」すーー

悟飯「わーー!!!おとうさあああん!!」

悟空「くっ、悟飯!!!すぐ行くからな!!!」

ラディッツ「ふははははは!!!」ギュゥゥウン

クリリン「大丈夫か悟空!?」

亀仙人「すまぬ……わしらには手も足も出なかった……」

悟空「い、いや……いいんだ……」チラッ

悟空「そこにいるんだよな?ピッコロ」

ピッコロ「!?」ザッ

ピッコロ「ほう、思っていたよりも落ち着いているな孫悟空。」

悟空「ここにいるってことは、もうあいつと会ってたみてぇだな。」

ピッコロ「そういうことだ。」

ピッコロ「そこにいる雑魚どもと一緒にあいつのもとに向かってもやつは倒せん。」

ピッコロ「このオレがいっしょに行ってやる」

悟空「へへ、助かるぜピッコロ。」

ピッコロ「やけに素直だな。きさまと組みやつと奴の仲間をかたづけたら、もちろんそのあとはきさまをぶち倒してこんどこそ世界をこの手にいただくつもりだぞ?」

悟空「そうはさせねぇ、けどふたりが組むっていうのはサイコーだぜ」

ピッコロ「けっ、なれなれしくしやがって。貴様とオレさまは敵同士だってしっかり理解しているんだろうな。」

悟空「」ニッ

悟空「いくぞ!」

ピッコロ「やつの場所はわかっているのか!?」

悟空「あぁ!」ギューーン

ピッコロ「へっ、やつめちゃんとトレーニングをしていたみたいだな。武空術の精度が段違いだ。」ギューーン



亀仙人「ブッブルマ!レーダーは持っておるな!わしらもいくんじゃ!!!!」
5 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 03:53:19.11 ID:Wi005hc10

ラディッツ「」ピッ

ラディッツ「反応がふたつ!戦闘力322と334!!きやがった!」

ばっ タッ タッ
ザンッ

ラディッツ「なるほど、もう一匹のほうはきさまだったか。」

ラディッツ「きさまら、いったいここへなにしにきた?」

悟空「きまってるだろ。オラの子を取り返しにきたんだ。」

ラディッツ「兄に逆らうつもりなんだな?」

悟空「ちょっと強さが勝ってるからってあんまし余裕出さねぇ方がいいぞ。」

ピッコロ「ごちゃごちゃ言い合うのはそれぐらいにしておくんだな。」ばっ ドスッ

悟空(そっか、オラもそういや着てたなこういうの)ぬぎっ バッ

ラディッツ「む!? 戦闘力408、416」

ラディッツ「ふはははははは!カカロットよ、貴様を仲間にするのはもうやめだ。」

ラディッツ「我が一族の恥だ!!!!死んでしまえ!!!!」

ガガッ バキッ バッ ババッ

ズババババッ
バッババッ

シャッ

ヒュッ

ラディッツ「うしろだ!」バキッ

ダンッ

バッ フワッ

ラディッツ「ダブルサンデー!」ズァオ!

ドッゴォォオン

ラディッツ「ここだ」

悟空「わかってっさ。」ガシッ

ラディッツ「なにっ!?」

悟空「」ビリビリ……

悟空「だぁっ!!!!」

ラディッツ「ぬぐっ!?」ヒュゥウウウン バッ クルクル スタッ

ラディッツ(や、やつめ…パワーでは確実に俺がまさっているはず……なのにあの余裕と今の技…)

悟空「ピッコロ!無事か!」

ピッコロ「ぐぅ……安心しろ…片腕ぐらいなくても……な、なんとか戦えるぜ……」

ラディッツ「いよいよきさまたちの死が近づいたようだな!!!」

悟空「ピッコロ……片腕で使える便利な新必殺技とかあったりすっか?」

ピッコロ「へっ、気色悪い質問しやがって。丁度貴様を殺すために新開発した新技がある。」

ピッコロ「だがこの技は気を貯めるのにやたら時間がかかる。」

悟空「わかった、食い止めてみっか……!」
6 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 03:54:31.94 ID:Wi005hc10
ドンッ!

ピッコロ「魔貫光殺法……!」バッ

ガッ ガガッ

サッ サッ サササササッ

ラディッツ「なにっ!??!!?!?」

悟空「技が大振りすぎるぞ。戦闘力に頼り過ぎだ。パワーの強さだけが戦いの勝敗をきめるわけじゃねぇ。」

ラディッツ「き、利いた風な口を!!!」

ドガッ

悟空「ぐっ……!(やっぱこの体じゃ思い通りに動かせねぇ…!)」

パッ ぐるっ

悟空「見てろよ……! か…め…は…め…!」

ラディッツ「ばかなッッ!戦闘力がオレに並んでやがる……!?いやさらに上がって」

ラディッツ「ならばオレもプレゼントしてやる!!!!」ビッ

悟空「波ァァ!!!」ズアッ

ドゴォ……

ラディッツ「オ、オレの技と相打ちだと…!?」ピピピッ

ラディッツ「なっ!?」

ピッコロ「うけてみろーーッ!!!!」ズビッ

カッ

ピッコロ「よ…よけやがった…」

ラディッツ「まともにくらったらアウトだったぜ…」

ラディッツ「もうお遊びはここまでだ……!!!」

ギュッ!!!

ラディッツ「なっ……」ガクッ…

悟空「ピッコロ!!!いまだ!!!!」

ピッコロ「でかしたぞ悟空!!」さっ

ラディッツがピッコロの技に気を取られた隙に悟空はラディッツの尻尾をつかんだ。
そこでラディッツは助かるために必死の命乞いをする。

2週目悟空はもちろん罠とわかっていたがラディッツの尻尾を離し、ラディッツの反撃をうけたのだった。
悟飯の底力をピッコロに見せ、悟飯をピッコロのもとで修業させるために。
7 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 03:56:26.84 ID:Wi005hc10
悟飯「お父さんをいじめるなあああああああああああああ!!!!!うわああああああああ!!!!」バギッ

ラディッツ「こ……このガキ……感情とともに戦闘力を操作しやがるのか……!」

ラディッツ「!?!?!?」

悟空「」ガシッ
ラディッツ「きっきさままだそんな力が……!」

悟空「やれ!!!!!ピッコロ!!!!」

ピッコロ「そうくるだろうと準備していたぞ!!!」

ラディッツ「はなせカカロット!!馬鹿め!くっついていては貴様もただではすまんぞ…!」

悟空「へへ……オラも一緒に死んでやるぜ……」

悟空「やれーーーっ!!!」ラディッツ「まっまてーー!」

ピッコロ「魔貫光殺法!!!!!」ズォビッ

ここから原作まま



ナッパ「ラディッツめ。死んだぞ。」

ベジータ「おもしろいことをいってたな。ドラゴンボールとか。」

ベジータ「オレたちの永遠の命をってのはどうだ?」

ナッパ「そりゃぁいいぜ!」

2人のサイヤ人は地球を目指して出発した!
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/25(土) 08:47:09.10 ID:pMvFu01Y0
クソスレ立て逃げやめーや
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/25(土) 11:43:50.81 ID:flVm3JKDO
DB超の悟空はここまで考えたり出来なさそう
10 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 14:05:05.79 ID:Wi005hc10
神様「と、いうわけで修業をさせたく生身のままうかがったわけです。」

閻魔「なるほど……」

ラディッツ「はなせ!!!!貴様ら!!!!」

悟空「あ!!!!兄ちゃん!!!!」

神様「に、兄ちゃん!? こいつはさっきのサイヤ人ではないか!」

悟空「あ〜〜えっと……閻魔のおっちゃん!!!界王様のとこにラディッツもつれてっていいかな!?」

閻魔「なっ、い、いかんぞ!イカンイカン!!!界王様のもとにこんな悪いやつを連れて行くなんぞ!!!」

悟空「地獄にこんな悪いやつがいったら地獄のオニたちが大変だろ!?だからオラが責任もって界王様のとこで修業つけっからさぁ!」

ラディッツ「なっ! カカロット!貴様何勝手に話を」

悟空「」ぐいっ

悟空「兄ちゃん、地獄ってすっげぇ〜〜〜〜こえぇとこなんだ……」

ラディッツ「なに……」

悟空「でもよ、オラと一緒に界王様んとこくればうめぇもんも食い放題、修業もし放題、もしかしたら生き返れるかもしんねぇんだぞ……!」

ラディッツ「ふっ、その口車にはのらん……!それに貴様なんぞに生き返らせてもらわずともベジータがオレを生き返らせてくれるにきまっている」

悟空「っか〜〜〜おめぇ(今の)ベジータのことしらねぇな〜〜〜?ベジータがオラたちに負けた兄ちゃんをわざわざ生き返らせると思うか〜?」

ラディッツ「……」



ナッパ「おいおい、弱虫ラデイッツがまぁた足ひっぱってやがる」

ベジータ「ふんっ。この働きぶりじゃぁお前の飯は今日もこれだな。」ぽいっ

ラデイッツ「なっ……そ、そりゃないぜベジータ……」

ベジータ「わかっているな?動けないサイヤ人等必要ない、腹が減ったからと言ってサボるようではこの先ももっと飯が減るだけだ。」

ラディッツ「くっ……」

ナッパ「お、そうだ。お前たしか弟いたよな。カカロットとかいう。」

ラディッツ「あ、あぁ……そういえばガキの頃おふくろからそんな通信が……」

ナッパ「そいつにもお前の分手伝わせろよ。ま、でも弱虫ラデイッツの弟じゃクソの役にもたたねぇだろうがな」

ラディッツ「……わかった、この任務が終わり次第地球へ向かう。」



ラディッツ「……」

悟空「気に入らなかったらすぐ引き返していいからさ、ちょっとだけオラについてきてくれよ」

ラディッツ「貴様は憎んでないのか…?このオレを……」

ラディッツ「突然やってきて息子を人質にとられたんだぞ……本当は恨んでいて騙すつもりなんじゃないだろうな!」

悟空「別に悟飯になんともなかったしなぁ、オラも生き返れるし、別に気にしてねぇぞ」

神様「おい!悟空!閻魔大王様の前で長話がすぎるぞ…!」

悟空「あ、あぁ〜〜!わりぃ!な!閻魔のおっちゃん!兄弟としてちゃんと面倒みっからさ!頼むよ、ぜってぇ迷惑かけねぇから!」

閻魔大王「ふぅむ……ま、今までのお主の功績に免じて特別に許してやろう。」

閻魔大王「ただし、蛇の道から落ちてもわしはしらんからな」

神様「サイヤ人にはサイヤ人をぶつける、というわけか……ではがんばるのだぞ。この1年が勝負じゃ。」

悟空「あぁ!ありがとう!ミスターポポにもよろしくな!」
11 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 14:15:50.20 ID:Wi005hc10
青鬼「蛇の道は大変つろうございますよ。おカラダのほう、お元気でいらっしゃいますか?」

悟空「いやあ…オラ死んじゃったからあんまし元気じゃねぇんじゃねぇかな…」

ラディッツ(なんだこのゆるい会話は……)

ラディッツ「なっ……こ、これが蛇の道!?!?」

悟空「あ、鬼の兄ちゃん!占いババに伝言頼んでいいか?」

青鬼「はい、どうぞ」

悟空「亀仙人のじっちゃんに1年後にオラとラディッツ……あっ!ピッコロに殺された人を全員生き返らせてくれって言っといてくれ!」

青鬼「かしこまりました」

悟空「さ、兄ちゃん。急いでいくぞ!1年間で少しでも体ァきたえねぇといけねぇからな!」

地球組は大体原作ままなのでスルー

1か月後くらい

ラディッツ「はぁっ…はぁっ…カ、カカロット、この先に本当に界王星があるんだろうな!


悟空「あ、あぁ。どうした兄ちゃんもう疲れちまったんか?」

ラディッツ「当たり前だろうが!雲を食うだけで1週間走り続けているんだぞ!!」

悟空「まぁそういうなって……」

ラディッツ「弟のくせに兄を宥めやがって……」

悟空「あっちゃ〜しょうがねぇな。兄ちゃんは1回目だからちゃんとここ通っていったほうがいいかなって思ったんだけどしかたねぇ、さ、オラにつかまってくれ」

ラディッツ「なに?」

悟空「いいから、ほれ」スッ

ラディッツ「貴様と握手しただけで疲れでもとぶっていうのか?」

悟空「んもう、じれってぇな!」ガシッ シュンッ



界王「ほ〜〜〜れバブルスくん、今日はワシのおしっこのほうがよくとんどるぞ〜〜〜」

悟空「オッス!界王さま! ってうわっ!きたねっ!!!」

ラディッツ「なっ……こいつが……?」

界王「な、なんだおまえたちは……」



界王「ほ〜〜ここで修業をな。」

悟空「あぁ、界王様んとこで鍛えてさせてもらっていいか?」

ラディッツ「ふっ、こんな変な青白いおっさんが界王だと?笑わせる。」

悟空「ったく、兄ちゃん気がよめねぇからそんなこと言えんだ……」

界王「ふ〜〜むまさかサイヤ人と地球人がここにそろってくるとはな…」

悟空「あ、界王さま、オラもサイヤ人だ。オラは孫悟空、そっちはラディッツ。」

界王「!? なにしに来たんじゃお前ら…ここは地上げしても仕方ないぞ」

悟空「いやぁあのさ」かくかくしかじか
12 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 14:34:16.66 ID:Wi005hc10
界王「なるほど、1年後にくるサイヤ人との衝突に備えたいわけじゃな」

界王「じゃ、まずは二人まとめてかかってきてみろ。どれほどのウデかみてやろう」

ラディッツ「ふんっ、こんなチビ親父オレさま1人で十分だ。カカロットは手を出すな。」ザッ

悟空「あ〜〜 わかった、界王さま、1人ずつで頼む!」

界王「サイヤニズムじゃのう、まぁいいじゃろう」

ガガッ バッ ズバババ

ラディッツ「はっはっは!地球で育ったカカロットにはこの重力は応えるだろうが俺の故郷はここと同じ重力だ!」

界王「にしても隙が多いの〜〜〜ほれ!」ズガッ

ラディッツ「なに!?」ヒューーン バッ サッ

界王「もうそっちにはおらん」ドズッ

ラディッツ「ぬおお……」膝ガクッ

界王「悟空〜次はお前のばんじゃ」

ラデイッツ「くっ、オレはまだ負けてない!」

界王「十分じゃ、いいからちょっと座っておれ」

悟空「おっし、ちょっと体はおもてぇけど……いくぞ!」ドシュッ

ガッ ガッ ガッ 

界王「おまえほんとに地球からきたのか?」ギリギリ

悟空「あぁ、オラ地球育ちのサイヤ人だ!」パッ ザザッ

界王(10倍の重力でここまで動けるとは……こいつはたのしみなやつがきたぞい…!)
13 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 14:36:47.76 ID:Wi005hc10
界王「よし、やめじゃ。」

悟空「ふぅ、なぁ界王さま、サイヤ人が地球にくるまでどんくらいかかりそうだ?」

界王「どれ」ピッ

界王「あと350日はあるな」

ラデイッツ「なにっ、そんなことまでわかるのか!?」

界王「はっきりいってサイヤ人たちの強さはワシ以上じゃ。」

界王「だ〜〜が〜〜〜わしが1年近くお前たちをきたえてやれば数千年分の修業の価値があるじゃろう」

界王「ラデイッツ、お前はワシと武術の稽古をする。力にものを言わせすぎて基本がなっとらん!」

ラデイッツ「銭湯民族サイヤ人に小手先の技など…!」

悟空「ほかのサイヤ人たちがオラと仲良く修業してるなんてしったら兄ちゃんひでぇめにあうんじゃねぇかな〜〜〜でも修業しとけばあっと言わせられると思うんだけどな〜〜〜」

ラデイッツ「……っちぃ、界王、貴様より強くなるまでは黙ってトレーニングしてやる……」

界王(こいつ弟に完全に丸め込まれとるな……)

界王「悟空、お前は」

悟空「重力の克服だよな?」

界王「そうじゃ!このバブルスくんを捕まえてもらうぞ!」

界王「では……まずお茶にするか」

悟空「界王さま〜〜オラ飯先にくいてぇなぁ〜〜」

界王「お前ちょっと慣れ慣れしすぎるぞ!ワシは界王!敬え!」

悟空「そうかてぇこというなって!」

ラデイッツ「ゆ、緩すぎる……こんなことでベジータたちと闘えるようになるのか……?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/25(土) 15:01:49.23 ID:37IQj/SY0
面白い
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/25(土) 17:22:32.98 ID:GEUswpGT0
強くてニューゲームじゃなくて記憶だけ引き継いでニューゲームか
でも戦闘技術や習得したスキルは今まで通り使えるんだな
瞬間移動が使えるなら全部使えるわけだし超サイヤ人にはなれるのかどうか
後は仙豆を大量に確保して仲間全員に界王拳を習得させたらいいな
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/25(土) 17:35:06.61 ID:GEUswpGT0
バリアも習得させたいあれ便利だし
太陽拳と気円斬だけで再生できない敵は倒せる
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/25(土) 17:54:10.42 ID:flVm3JKDO
この悟空は間違いなく原作悟空
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2021/09/25(土) 18:11:59.26 ID:+mgPJ/9Q0
銭湯民族サイヤ人は平和そう
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/25(土) 19:06:18.29 ID:PnyF9oC3O
>>16
悟空はそういう戦い方は絶対しないけどな
20 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 19:49:34.53 ID:Wi005hc10
数か月後……

悟空「だだだだだっ!」ガガッ ガッ

ラディッツ「くっ……づぁら!」ドゴッ バッ ガッ

悟空「くっ、界王拳!!!」ギュゥゥウン

ラディッツ「なっ!汚いぞカカロット!」

悟空「いっ!?」ピタッ

ラディッツ「そ、そのように戦闘力を倍増させる技なんぞ男の技じゃないぞカカロット」

悟空「あ、あのなぁ兄ちゃん……」

界王「よせ悟空……ラディッツは不器用なのだ……気の運用が、いやラディッツが不器用というより……お主が器用すぎるぞ悟空〜〜〜」

悟空「たはは……んじゃぁ仕方ねぇ……兄ちゃん、超サイヤ人ってしってるか?」

界王&ラディッツ「!?!?? 超サイヤ人…!?」

ラディッツ「ははっ、カカロット!それはサイヤ人の中の御伽噺だ。」

悟空「そんなこたぁねぇさ。見てろ」カッ ゴゴゴゴ……

ラディッツ「……いやまさか……だがこいつのこの余裕……」ゴクリ

悟空「はあああああああ……」ざわっ……

悟空「あああああああああああああ」ゴゴゴゴゴゴ

ラディッツ「こ、この戦闘力のうねり……!いままで感じたこともないパワーだ……!」

界王「うわ、うわわ〜〜〜」スコシコロガリ

悟空「あ……あり?」

2人「……」

悟空「た、たはは、わり、まだなれねぇや!」ポリポリ

2人「だぁ」ズッコケ

悟空「それより久しぶりに思いっきりリキ入れて腹ぁ減っちまった!飯にしようぜ界王さま!」

ラディッツ「ったく……」

ラディッツ(にしても先ほどのカカロット。本当に親父にソックリだった。)ハッ



???『ラデイッツ、今ね……カカロットを地球って星に送ったんだ。』

ラディッツ「カカロット?オレの弟の名前か?」

???『あぁ、バーダックが変に神妙な顔しちまってさ…ポッドを盗んできたんだよ』

ラディッツ「ふぅん、オヤジ戦いすぎて頭でもおかしくなったのかなぁ」

???『ラデイッツ、もしカカロットにあったら優しくしてあげるんだよ。アンタはお兄ちゃんなんだから」



ラディッツ「……オレは……」

悟空「どうしたんだよ兄ちゃん!メシ全部オラがくっちまうぞ!」

ラディッツ「いや……ふっ、お前のその能天気さはおふくろに似たのかもしれんな。」
21 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 20:00:55.41 ID:Wi005hc10
ラディッツと悟空が海王星にきて早くも8か月ほどが経過していた。

悟空「はぁっ……!はぁっ……!」グンッ ババッ シュババババ

界王「む、無茶じゃ悟空……その両手足の重りは一つ300kgはあるんじゃぞ……」

悟空「いやぁ……オラもっともっと強くならねぇと……」

界王(あいつは修業になると人が変わるな……)

ラディッツ「完全において行かれてしまった」バババッ

界王「いや、お前さんも相当強くなっておる、さすがはサイヤ人じゃな。もう二人ともワシよりも強いぞ。」

ラディッツ「カカロット!スパーリングの時間だ!重りをはずせ!」

悟空「よぉし、いくぜ兄ちゃん!」グッ

ドガッ ドガガガッ

悟空「へへ、兄ちゃんすげぇ強くなってんな〜〜」バッ シュババ

ラディッツ「ふっ、兄をおだてるな。」バババ

悟空「ほんとさ、今ならほかのサイヤ人にだって負けねぇはずだ!」ガッ

ラディッツ「ナッパにはもう負けんだろうな、だがベジータ……あいつは別格。サイヤ人の頂点にたつエリート中のエリートだ……俺でも勝てるかどうか……」パシッ 

悟空「弱気なんて兄ちゃんらしくねぇぞ!」

悟空「しっかりしろ、ラディッツ!」

ラディッツ「なっ!くっ、親父のマネはやめろ!」バキッ

悟空「あいて!たはは、似てたか?」

ラディッツ「ふっ、瓜二つだ。」

悟空「なぁ、また母ちゃんと父ちゃんの話おしえてくれよな!」

ラディッツ「そのうちな、といってもサイヤ人は銭湯民族だから……」

悟空「家族の思い出はねぇって話だよな。まぁオラも1年死んじまってるから悟飯とチチに申し訳ねぇからやっぱオラもサイヤ人だな」

界王「お〜〜〜いメシじゃぞ〜〜〜」

悟空「おっ!メシだメシ!!!」


悟空の戦闘力:素で25000
ラディッツの戦闘力:素で9000(界王拳、元気玉は教わったけどできない)
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/25(土) 20:08:15.13 ID:3MXvl/d+0
戦闘民族を銭湯民族と書いてるのはなんで?
23 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 20:17:11.93 ID:Wi005hc10
永く、そして短い時が過ぎ
いよいよふたりのサイヤ人は地球の間近まで迫ってきていた……!

界王「最終テストじゃ!」

ラディッツ「俺は見学だな……」

悟空「」ヒオォ……

悟空「よし、いつでもいいぞ界王さま!」

界王「うむ、ではこのレンガの超スピードをみごととらえてみろ!」

界王「そりゃ!」ブンッ ギャウゥウン…

界王「はっ!!!!!超スピード!!!!」キーーーン

悟空「やっ!」ズァドォオオン……

界王「実はもう一つ!」

悟空「へっへーん!」ぐいっ ズドォオオ……

界王「おお……ひっかかりもせんか……」

界王「みごとだ孫悟空。もはやワシよりも見事に元気玉を使いこなしておる。」

界王「さあていよいよ決戦の日が近づいてきたぞ。」

界王「サイヤ人たちはあす地球におりたつ。なぁに、今から生き返れば瞬間移動で帰れるじゃろう」

悟空「よし、じゃぁ亀仙人のじっちゃんにお願いするか!」

ラディッツ「つ、伝えるといってもどうするんだ?」

界王「わしの背中に片腕をつけて心の中で伝えるだけじゃ」

ラディッツ「そんな便利なことが……」
24 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 20:18:18.12 ID:Wi005hc10
悟空「じっちゃーん!亀仙人のじっちゃん!オラだ!悟空だよ!」

亀仙人「ごっ 悟空!? 悟空かっ! どこじゃ!」

悟空「あの世さ、とおいとこから心の中で話してるんだ」

悟空「サイヤ人たちがもう明日地球にきちゃうんだ。」

亀仙人「あ、明日!?わしらが思ったより1か月ははやいぞ…」

悟空「あぁ、すぐそっちに向かうから、オラとラディッツ……あの日ピッコロに殺された人間を生き返らせてくれってお願いしてくれ!」

亀仙人「なに!?!?サイヤ人も一緒か!?」

悟空「驚くのは無理はねぇけどさ、オラからしたらたった一人の兄ちゃんなんだ。頼むよじっちゃん!」

亀仙人「ま、まぁ……結果的に奴はなにもしておらんしの……悟空がいうなら間違いないじゃろうて……」

亀仙人「よ、よし。わかったぞ、して悟空どうじゃ?あの世の修業の成果のほどは……」

悟空「うん!バッチリだ!」



ウーロン「お、おい大丈夫か……?亀仙人のおっさんトイレでブツブツいってるぞ…」

ブルマ「ボケちゃったのかしら……」

亀仙人「おいっ!いますぐドラゴンボールを用意するんじゃ!」



界王「ほれっ」ピッ

悟空「あ〜〜!やったー!これこれ!」

界王「そっちもじゃ」ピッ

ラディッツ「むっ!戦闘服がまっさらに……不思議な技だ……感謝する。」

界王「ふふ、悟空は背中、ラディッツは胸のワンポイントがオシャレポイントだぞ」



悟空「いろいろありがとう、界王さま!また会いに来るよ!」

ラディッツ「」ペコ

界王(悟空はともかくラディッツは随分丸くなったの〜〜〜まぁ相当無理しておったから仕方もない話か)

悟空「さ、つかまれ兄ちゃん!」

ラディッツ「あぁ。」ガシ

悟空「え〜〜っと、閻魔のおっちゃん閻魔のおっちゃん……」シュンッ

25 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 20:18:49.18 ID:Wi005hc10
銭湯のくだりは完全に変換ミススマソ
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/25(土) 20:28:31.90 ID:ib19mc4E0
ブルマの姉のタイツがラディッツの結婚相手か?
27 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 20:30:33.32 ID:Wi005hc10
閻魔大王「うおあ!? お、お前界王さまのもとで修業しとったんじゃぁ……」

悟空「あぁ!バッチリさ!」

閻魔大王「お前の兄も一緒か、どうやら諸々うまくいったようだな。」

悟空「へっへ〜〜」



神様「!!!!はやいな悟空!」

ポポ「おぉっ、悟空、帰ってきたか?」



界王「瞬間移動、ワシもおしえてもらっとけばよかったかなぁ〜〜」



神様「修業は終わったようだな、悟空」

悟空「あぁ!」

神様「そちらのラディッツも、いい顔つきになった。」

ラディッツ「……」

神様「さぁつかまれ、地球に戻ろう。」ビュッ

閻魔大王「ふぅむあのこぞう……本当に界王さまのもとからかえってきおった……」



パッ

悟空「オッス!みんな!」

クリリン「あ!!!悟空!!!」

天津飯「ふ、すさまじい気が神殿にきたからな。やはりお前か。」

ヤムチャ「おいおい〜〜こんなんじゃ俺たちの出番がないぜ……」

餃子「」ニコ

ラディッツ「……」ザッ

クリリン「あ……あ……サイヤ人!!!!」グッ

天津飯「なにっ、こいつが!?」ザッ

悟空「あ〜〜!タンマタンマ!!!ラディッツは味方だって!な!」

クリリン「え? あ、あははそっか、そりゃそうだよな、一緒にきてんだし……」

悟空「神様〜〜なんで最初に言っててくんなかったんだよ」

神様「……完全に忘れとった」

ラディッツ「ラディッツだ。」

ラディッツ「……明日は俺もできる限りお前たちに助力する。カカロットの友人だからな……」

ヤムチャ「な、なぁんだ……いいお兄さんじゃないか、悟空!よかったな!家族の方見つかって!」

クリリン「ヤムチャさんは明るいんだから〜〜」

みんな「はっはっはっ」

その夜、悟飯とピッコロを除いた神殿のメンバーは大いに盛り上がった

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/25(土) 20:53:15.69 ID:WepJ9kFz0
支援
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2021/09/25(土) 20:53:56.79 ID:+mgPJ/9Q0
亀仙人「ま、まぁ……結果的に奴はなにもしておらんしの……悟空がいうなら間違いないじゃろうて……」

いや銭湯力5のおっさん殺してんだけど
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/25(土) 20:55:07.72 ID:37IQj/SY0
まあ亀仙人は知らないから…
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/25(土) 21:03:14.87 ID:WepJ9kFz0
でも銃で撃たれたから反撃しただけだし
32 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 21:03:49.06 ID:Wi005hc10
ギュァアア……ッ

ド〜〜〜〜…ン

「あ、あの丸いのが落ちてきたんだ……」

ギィ…

ベジータ「ふうっ」



ピッコロ「と、とうとうきやがった……!」

悟飯「ものすごい気だね…」



ベジータ「地球っていったな。まぁまぁの星じゃないか……」

ナッパ「ピーピーうるさいヒヨコたちにあいさつしてやろうかな。」

シュンッ

ナッパ「なっ」

ベジータ「ほう……」

悟空「よ!」

一般人たち「」ざわざわ ざわざわ

悟空「お前たちオラたちと戦いにきたんだろ?」

ナッパ「てめぇ、いきなり表れて何しきってやがる!」ブンッ

サッ

ベジータ(はやい…!)

悟空「だったらこんなとこじゃなくて、誰にも迷惑のかかんねぇとこにいこうぜ。」タッチ タッチ シュンッ

クリリン「うおっ!」

ピッコロ「本当にきやがった。」

悟飯「……!」ゴクリ

ラディッツ「……」

ザッ
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/25(土) 21:07:45.61 ID:WepJ9kFz0
ボコボコにしてしまえ仙豆で回復パワーアップすればベジータにも勝てるぞ
34 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 21:07:48.88 ID:Wi005hc10
ベジータナッパ、悟空から離れる

ベジータ(なんだ今の技は……)

キョロ…

ナッパ「へっ……お強そうなのが8匹。」

ベジータ「どうやらオレたちのこどはよーーく ご存じだったらしいぜ……」

ナッパ「それに、弱虫ラディッツさんじゃねぇか。てめぇ!!寝返りやがって!!」

ラディッツ「……」タラ

ラディッツ「」スゥ…

ラディッツ「何が寝返っただ!散々見下しやがって!!!今日は泡吹かせてやるから覚悟するんだな!!」

悟空「ヒュ〜〜、言うじゃねぇか兄ちゃん」

ベジータ「ハーッハッハ!あのラディッツが喧嘩うってやがる。」

ナッパ「カカロットさんによほど優しくしてもらったみてぇだな。弱虫ラディッツが吠えやがって」

ベジータ「地球人、サイヤ人、ナメック星人。よく群れてやがる」

ピッコロ「ナメック星人……?」

クリリン「お前も宇宙人だったのか……?どうりで」

悟飯「そうなの…?ピッコロさん……」

ベジータ「ドラゴンボールを作ったのはきさまだな。」

ナッパ「ドラゴンボールがオレたちの目的だ、下級戦士とナメック星人が束になったとこでオレたちにはハエみたいなもんなんだぜ。」

ピッコロ「へっ、残念だったな。ドラゴンボールをつくったのはオレさまじゃぁない。」

ラデイッツ「ハエみたいなもんかためしてみやがれ……!」

ベジータ「まぁまて。おいナッパ、あんだけラデイッツに喧嘩を売られたんだ。買ってやれ、一番の戦闘力をもつラデイッツがボロ雑巾のようにやられればきっと素直になる。」

ナッパ「へっ、そうだな。おいラデイッツ、トレーニングの成果をみせてくれよ」ピッ

ラデイッツ「」グッ ゴゴゴゴ

全員「!?」

悟空「」ニヤ

ラデイッツ「後悔することになるぞ、ナッパよ…」ニヤ…

ピピピピピ……

ナッパ「せ、戦闘力6000……7000……8000」

ベジータ「9000……あの喧嘩腰も虚勢ではないようだな……」ピピッ

ベジータ(カカロットは3000……いや、こんなもの無意味か……)カポッ カランッ…

ベジータ「ナッパ、油断するな。全力でやれ。」

ナッパ「ベ、ベジータ……こりゃなんかの間違いだ……スカウターの故障だぜ……」

悟空「1体1でやってくれるみてぇだ、オラたちは下がっておこうぜ。」

ヤムチャ「あ、あぁ。なんだかサイヤ人同士の戦争って感じだな……」

ピッコロ「けっ、オレたちが1年鍛えた意味がないぜ……」

悟飯「す、すごい……」ブルブル

ラデイッツ「」キッ

ラデイッツ「どうしたナッパさんよ……いつもの余裕ヅラが台無しだぜ……」

ナッパ「て、てめえ!!!」グアア!

ズンッ ズダッ

ベジータ(なにっ)

ナッパ「い、いつのまにうしろへ……」

ラデイッツ「今ならわかるぞ……最初にカカロットが言っていた意味が……」
35 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/25(土) 21:09:37.84 ID:Wi005hc10
ラデイッツ「相手をなめ過ぎだぞナッパ。動きが止まって見える。」

ベジータ(妙だ……今までのラデイッツとはまるで戦闘力が違う……)

ナッパ「と、とまってみえるだと……!」

ナッパ「ふ……ふひひひ……」プツンッ グアアア

ブオオオ

ナッパ「あっ当たらねぇ……!」

ラデイッツ「づあ!!!」ズンッ

ナッパ「ぐっ……おごご…ぐおおお!」ブンッ

ラデイッツ「おそい!」バキッ

ピッコロ「な、なんだあのうごきは……!」

天津飯「あれだけでわかる……レベルが違いすぎる……」

クリリン「……でもあのちっさいほうのサイヤ人の落ち着き具合も気になるぜ……」

ベジータ(カカロットとラディッツ……どうやってこの短期間でこうも力を……)
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/25(土) 21:53:33.19 ID:PnyF9oC3O
ラディッツが下剋上するのすき
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/25(土) 22:26:04.12 ID:bo3paIyp0
ベジータが家族大好き人間になれたんだしラディッツとナッパもいい奴になれるかな
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/25(土) 23:22:35.72 ID:bo3paIyp0
支援
39 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 05:07:32.48 ID:7KK8edT80
ナッパ「くたばれぇ!!!!」カパッ

ラディッツ「ダブルサンデー!!!」ズオッ

ドォオ……ン…

ラディッツ「ぐっ……」ガクッ

ナッパ「へっ、弱虫ラディッツめ……まぁだ尻尾を鍛えていなかったか……」

悟空「あちゃー……」

ラディッツ「」ニヤ…

ブチッ

ラディッツ「づあ!!!!」ドガッ

ナッパ「」ヒューーーー…ン ドザッドザザザ……

ラディッツ「モロだな、もう立てまい。ピンチになったときお前なら必ずそうすると思っていたぞナッパ。」

ナッパ「あ…うぅ…」

クリリン「やったー!!悟空の兄貴のやつ、あのデカブツやっちまいやがった!!!」

ヤムチャ「お、おーし! おい!そこのチビもとっとと自分の星にかえったほうがいいぜ!」

ベジータ「」ギロ

ヤムチャ「」サッ

天津飯「無駄に煽るな……」

ベジータ「」たったった

ナッパ「べ、ベジータ……助けてくれ……」

ベジータ「」ガッ

ナッパ「す…すまねぇな…ベジータ…」

ベジータ「なあに」グッ ブアッ

ナッパ「わあああーーー!なっなにを!!!ベジータ!」

ベジータ「動けないサイヤ人など必要ない!!!!」ブゥウゥン

ベジータ「死ね!!!」ドッ

悟空「」シュンッ パシッ スタッ

ナッパ「カ……カカロット……」

悟空「そりゃないぜベジータ。オラたちは生き残った数少ないサイヤ人だぜ。」

ベジータ「さっきから妙な技ばかりつかいやがる。まぁいい、このオレさえいれば貴様らを宇宙のチリにできるんだからな。」

ラディッツ「な、なにぃ……」
40 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 05:10:55.47 ID:7KK8edT80
フラッ… ガシッ

悟空「自分で尻尾をちぎったんだ、しばらくはまともに動けねぇぞ。」

ラディッツ「カ、カカロット……」

悟空「みんな!手をださねぇでくれ。ベジータとはオラがやる!」

ベジータ「ふっ、ラディッツにも満たない戦闘力ではこのベジータ様には勝てんぞ」

悟空「」ニッ

悟空「場所を変えようぜ。」ビッ

ベジータ「スキにしろ。おなじことだ」ビッ




クリリン「俺たち……どうする?」

悟飯「ぼ、ボクお父さんを助けたい!きっとできることはあると思います!」

ラディッツ「あぁ、オレも少し休めば足手まといにはならんはずだ。」

ピッコロ「なぜ貴様が仲良くしてるかわからんが、オレも同意見だ。このままじゃなんのためにこの1年を過ごしたのかわからん!」

ヤムチャ「お、オレどうしようかなぁ、っていうか……このサイヤ人はどうするんだ?」

天津飯「悟空はあぁ言っていたが、生かしておいていいやつなのか?」



ナッパ「ぢ…ぢくしょう……ベジータのやつ……オレを殺そうとしやがった……」

ナッパ「いや…下級戦士に負けたオレが悪いのか……」

ラディッツ「……」



ラディッツ「みんな、頼む。こいつを生かしてやってほしい。」

ラディッツ「オレたちサイヤ人はやり方を変える時が来たのだと思う。」

ラディッツ「本能のせいにしていつの間にか大事なことを忘れていた。」

ラディッツ「本当の目的が、オレたちが生き続け、戦い続ける理由があったはずなのに……」

クリリン「ま、まぁ……悟空とラディッツさんがなんとかしてくれるってんならオレはなにもいえないっすよ……」

ピッコロ「フン、相変わらず甘いやつだ。いくぞ悟飯。」ギューーン

悟飯「は、はい!」ギューーン

ヤムチャ「じゃ、じゃぁオレはこいつが起きて悪いことしないか見ておくぜ!」

天津飯「ま、まぁそういう役割も必要かもしれんな。」ギューン

餃子「まって天さん!」ギューン

クリリン「あ、ヤムチャさん、仙豆ってあります?」

ヤムチャ「いや、悟空たちと一緒にすぐここに移動したからないな……」

クリリン「じゃ、じゃぁオレすぐに天界いって仙豆もらってきますよ!悟空はなんか余裕だったけど……オレ胸騒ぎがするんで……」ギューン

ヤムチャ「お、おう……」

ラディッツ「ではヤムチャ……すまんがそいつが死なない程度に見ておいてやってくれ。」フワッ……シューー

ヤムチャ「おいおい〜〜二人きりかよ〜〜……」ボソッ
41 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 05:30:33.70 ID:7KK8edT80
シュ

トッ

ベジータ「なるほど、ここをきさまの墓場に選んだわけか…くっくっくっ…」

ベジータ「ヘラヘラしやがって、なにを笑っていやがる!」

悟空「え?あ……いや、サイヤ人の生き残りが一同に会したんだ、喜びもするさ」

ベジータ「ふっ、よほど余裕があるみたいだな。カカロットさんよ。」

ベジータ「サイヤ人は産まれてすぐに戦士の素質を検査される。」
ベジータ「そのときに数値が低いクズ野郎がきさまのように大した敵のいない星へ送り込まれるのだ」

悟空「いや、ちげぇさ。」

ベジータ「なに?」

悟空「オラの父ちゃんと母ちゃんはオラを守るためにオラを地球に送ってくれたんだ。」

悟空「それによ、数値なんて関係ねぇ。そうだろ?オラたちサイヤ人は。」ゴゴゴ

ベジータ「くっくっく、惑星ベジータで過ごしたこともない下級戦士がいっちょ前にサイヤ人気どりか。」

ベジータ「では、実力で見せてやろう。どうやっても超えられん壁をな……」ゴゴゴゴ

すっ ザ…

ビッ ブブブ

ベジータ(なっ! 早すぎる!)ゴッ

ベジータ「ちぃ!」バッババ

ビビッ

バチンッ!

悟空(くっ、さすがベジータだ……気はオラのほうが上のはずなのに一瞬で相打ちに…!)
ベジータ(こ、この落ちこぼれとオレの戦闘力に差がないだと……!?)

シュパッ

シュンッブンッスッ!

悟空「どうしたベジータ!でかい口きいてたわりには大したことねぇじゃねぇか!」ドガッ

ベジータ「舐めるなぁ!」ガシッ ぐるん ブォン!

ベジータ「はぁ……はぁ……」

悟空「……」スッ

ベジータ(ま、まさかこのオレが先に息を切らすだと……)

ベジータ「くっ……くそったれが!!!!!」

ベジータ「はーーーーーっ!!!!!」ブゥゥン

ズゴゴゴゴゴゴゴ……
42 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 05:31:55.41 ID:7KK8edT80
悟空「待てよ、ベジータ。」

ベジータ「……」ゴゴゴゴ

悟空「オラと組めばフリーザを倒せるぞ。」

ベジータ「はーーーっ!!!」ブアッ

ベジータ「ハッキリいってやる。オレは下級戦士や雑魚どもと手を組むくらいなら、死んだほうがマシだ。」

悟空「か〜〜〜やっぱおめぇはそういうと思ったぜ。」

ベジータ「おわりだ……カカロット……!!!!」ギャウッ

ガッ! ヒューーーーン

悟空「くっ、なんてリキだ……!押し込まれる……!」ヒューーン

ベジータ「だだだだだだだ!!!!」ボボボボボボ

悟空「くっ……!」シュンッ

ベジータ「見えてるぞ!」ポーヒー

バシンッ! ヒュルル……ズドォォオ……

悟空「は、はは、さすがベジータだ……」

悟空「じゃぁオラも少し本気でいくぜ」

ベジータ「……!?」

悟空「界王拳……!!!!」ギャウッ!



ヤジロベー(近くまできやがったからようすを見に来たらなんだよ…どちらも強すぎてまるで悪い夢を見てるみてぇだぜ……)
43 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 05:32:35.00 ID:7KK8edT80
シュウゥゥウウウ……

ベジータ「な……なんというパワー……まるでギニュー特戦隊レベルの圧力……!」

悟空「いくぞベジータ!」キッ ボッ!

バゴォ!

ベジータ「」ギュォォオオン バゴォ! ヒュゥウ……ドザッ

ベジータ「こ……このオレが一撃のこのダメージ……がふっ……」



悟飯「あ……あわわ……」

ピッコロ「な……なんだあのとんでもないパワーは……あれが孫悟空だというのか……」

天津飯「……」

餃子「す、すごい……」

ラディッツ「カ、カカロットのやつベジータを……完全に超えてやがる……!」



悟空「ふぅ……ベジータ、大丈夫か?」スッ スタッ

ベジータ「こ……こんあことがあってたまるか……」

ベジータ「あってたまるかーーー!!!!」ギューーーン



クリリン「に、にげた!?!?」
44 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 05:40:52.07 ID:7KK8edT80
一方その頃

ナッパ「ぐぅうぅ……」

ヤムチャ「ど、どうした?どこか痛むのか?」

ナッパ「な、なんだてめぇ……殺されてぇのか……」

ヤムチャ「い、いやぁ、俺はだな……ただ君を心配してだな……」

ナッパ「たった今さっき仲間に殺されそうになったこのオレの気持ちがわかるってのか!?!?!」

ナッパ「えぇ!? ガキのころから使えてきたってのにボロクズのように消されそうになった気持ちがお前にわかるのかよ!!」

ナッパ「ちくしょう……!ぢくしょう……!こうなったら今度はオレが殺してやる……!」

ゴッ

ナッパ「なっ……」

ヤムチャ「なにメソメソウジウジしてるんだ、男らしくない!あんたは今生きてるじゃないか!!!」

ヤムチャ「オレだって過去に悟空……あんたらでいうカカロットを殺そうとしたことがある!一緒にいた三つ目の男、天津飯に殺されそうになったことだってある!」

ヤムチャ「だが、オレたちは全員仲間だ、それは生きてるからだ。生きてるなら何度だってやり直せる、あのベジータのことだって悟空は殺さないだろう、裏切られたから、殺されそうになったから今までのことをナシにして殺そうだなんて間違ってるんだよ!!!」

ナッパ「あ……あ……オレは……」

ヤムチャ「やつだって若いんだ、間違うこともある。それなのに年長者のアンタが同じレベルになってどうするんだ。」

ナッパ「そうだ……ベ、ベジータ……」

ナッパ「あ、あんた名前は……」

ヤムチャ「ヤムチャ。荒野のナイスガイさ。」キラリ

ナッパ「あ、あんたのおかげで目が覚めたぜ……オレはあんたの星を滅ぼそうとしたのに…」

ヤムチャ「いいんだ、今オレたちは生きてるんだから。」

ガシッ
45 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 05:48:00.62 ID:7KK8edT80
>>43 クリリン「にっ にげた!?」 は天津飯で(クリリンその場にいなかった)
46 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 06:41:00.91 ID:7KK8edT80
ベジータ「こ、こうなったら醜くてイヤだが大猿に変身してぶっつぶしてやる……!」

ベジータ「このベジータ様がカカロットを倒すために変身することになるとは……アタマにくるぜ…!」

ベジータ「……? 妙だな……とっくに月が見えてもいい時間のはず……」

ベジータ「な、ないっ!!!月がどこにもない!!!どういうことだ!!!」

ベジータ「とオレさまが驚くと思ったか……戦闘力は多少弱まるが仕方ない……」

ベジータ「驚きあわてるヤツのツラが見ものだぞ……!はーっははっは!!!」ギュンッ

スタッ

ベジータ「月を消してしてやったり!ってとこだろうがそうはいかんぞ!!!」



クリリン「月!?」

ピッコロ「!!! 孫悟空!!!油断するな!!!今のうちにやつの尻尾をちぎれ!!!!」



ベジータ「もう遅い!!!はじけてまざれ!!!!」ギャウッッ カッ!!!

悟空「そ、そういえば大猿の化け物になってたな……完全に忘れてたぞ……」

カッッ

ベジータ「ラデイッツ、カカロット、そしてカカロットのガキ……シッポをなくしてしまったことを後悔しやがれ…!!!」ドグンッ ドグンッ

悟空「み、みんな!!離れろ!!!ここからすぐ離れるんだ!!!」

悟空(し、しまった〜〜〜!!!今のオラでどこまでやれるか……くそっ超サイヤ人にさえなれれば……!)

大猿ベジータ「ぐははは!どうだカカロット!これで貴様はもうおわりだっ!」

悟空「それはどうかな……!界王拳3倍だ!!!」ギュゥゥウン

グアァ!

悟空「くっ!」

バチッ

47 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 06:43:58.16 ID:7KK8edT80
悟空「ぐああっ」ドッ パッ くるくる



ピッコロ「ちぃ、なんとかヤツの尻尾をきるぞ!!!」

天津飯「し、しかしどうやって……」

悟飯「おとうさああああん!!」



ラディッツ「ダブル……サンデー!!!!」ドウッ

ズズゥウン…

大猿ベジータ「ラディッツ、貴様はあとで遊んでやる!」ガパッ ドウッッ

ラディッツ「!?」ギュウウウ――ン

悟空「にっ、兄ちゃん!」

悟空「ちくしょう……!見通しがあまかった……!こうなったら……」

悟空「体もってくれよ……6倍界王拳!!!!!!」ギャオオオオオ

ビキビキッ

悟空「こ、これが今のオラ限界だ……!」ギュゥウウン

大猿ベジータ「なっ…」

ドズゥ! 

大猿ベジータ「あ、あぉお……」

悟空「つかんだぁ!!!」ガシッ

ぐるんぐるんぐるん

悟空「このまま……ちぎれろ!!!」ビキビキ

悟空「ぐぎゃあああああ」パッ

大猿ベジータ「うおおおおお」ヒューーー……ン ズッズン……
48 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 06:46:56.47 ID:7KK8edT80
悟飯「おとうさん!!!」だっ

悟空「ご、悟飯……みんなも…わりぃな……オラの見通しが悪かった……」

ピッコロ「奴がまさか自分でバケモノになれるなんてな……」

ラディッツ「ぐっ……だがやつも今のでかなり答えたはず……なんとか尻尾を切れば…」

天津飯「だがどうやって……」

ピッコロ「うだうだしていても仕方がない、俺とキサマでベジータの気を引く。」

ラディッツ「う、うむ。」

ピッコロ「お前は孫と悟飯を連れてクリリンと合流しろ、今天界からこっちに向かっているはずだ。」

天津飯「わかった。」

悟飯「ぼ、ぼくも戦える!ピッコロおじさんに鍛えてもらったんだ!僕だって!!」

ピッコロ「……悟飯、お前の力ではどうしようもない。」

悟飯「そんな……」

悟空「へへ、ピッコロ、サンキューな……」

ピッコロ「フンッ」

ギュンッ!

全員「「!?!?」」

ピッコロ「う、動きが早すぎる……!」

大猿ベジータ「作戦会議は終わったか?今の作戦は失敗だ。この一撃でな!!」ガパッ

ラディッツ「うおおお!サタデークラッシュ!!!」ズオッ

天津飯「きっ気功砲!!!」

ピッコロ「爆力魔波!!!」

ズドォォオ……

悟空「ぐっ……みんな散り散りに吹き飛んじまった……」

天津飯「」

ラディッツ「」

ピッコロ「くっ……バケモノめ……」

悟飯「」

大猿ベジータ「かろうじて全員生きてるようだが……命運つきたな。」

????「ぐおおおおおおおおおお!」

ドゴォ

大猿ベジータ「!?!?!?」グルングルン

大猿ベジータ「ナッパ……貴様ァ……」

大猿ナッパ「ベジータ、オレたちはきっとどっかで間違えてたんだ……オレたちの目的は星を壊したり、自分より戦闘力の低いやつをいたぶることじゃねぇ……」

大猿ナッパ「フリーザのクソ野郎をぶち殺すことだろう!!」

大猿ベジータ「絆されやがって……いいだろう、お前から殺してやる!!!」グオッ


ドゴォ…… ズズゥン…… 

49 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 06:47:58.36 ID:7KK8edT80
クリリン「悟空!!みんな!!!」ギューン

ヤムチャ「無事か!」ヒューン
スタッ

悟空「ク、クリリン……」

クリリン「仙豆、2粒しかなかったんだ。急いで悟空のとこに届けようと思ったんだけど、途中でヤムチャさんに頼まれてさ……あと1粒、さ、飲んでくれ悟空!」

ヤムチャ「あのナッパってやつ、悪いやつかと思ったけど全然話せるやつだったぜ。サイヤ人ってのも案外悪いやつらじゃないじゃないか。」

悟空「クリリン……助かったぞ…」

悟空「ヤムチャ……へへっ、オラもそう思う。」コリッ ゴクンッ

カッ!



ぶちぃ!

ナッパ「」

大猿ベジータ「はぁ……はぁ……はぁ……カカロットにとどめを刺したらすぐにこの星ごと殺してやるからな……」

大猿ベジータ「!?」

大猿ベジータ「カ、カカロット……貴様なぜ」

悟空「ケリつけるぞ。オラ完全に油断しちまってた。」

悟空「へっ、前だってみんなで力を合わせてやっと勝ったってのによ。」ゴゴゴ

悟空「ベジータ」

悟空「いくらおめぇでも仲間を傷つけるやつは……」

悟空「許さねぇぞ!!!!!!!!!」カッ シュインシュインシュインシュイン

大猿ベジータ「!?」
ラディッツ「あ、あの変化は……」

ヤムチャ「お、おいおい……」

クリリン「ち、地球が震えてる…」

悟空「まだ壁は超えれそうにねぇか……」

悟空「超サイヤ人にも慣れてない感じだぜ……」

悟空「手加減できなくてもうらむんじゃねぇぞ、ベジータ。」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/26(日) 11:43:09.48 ID:1CsdawcU0
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/26(日) 12:18:10.35 ID:qgRx/eSQ0
思ったんだけど天津飯の4人になる技で4人に増えた状態で修行すれば修行効率が4倍になるんじゃね?
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/09/26(日) 12:18:12.80 ID:ExsqWn16o
せなかをぞわわってやればSSになれるぞ
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/26(日) 12:22:55.40 ID:qgRx/eSQ0
天津飯に4人になる技教えてもらわなきゃ
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/26(日) 13:15:45.02 ID:L+F4HEIf0
ジレンが勝ったとなるとその後全宇宙消滅した訳か。
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/26(日) 13:38:28.01 ID:CMI2fw+DO
敵もあっさり改心させるなんてさすがヤムチャさまですね!
56 :『ふにんがす』S字結腸攻め縦割アナルファッカー :2021/09/26(日) 17:16:24.94 ID:fV70ZCQ50
純粋な日本の企業ではないのではという声は残念ながら削除されてしまいました
意見は複数あって当然なのに悲しいことです
そんな皆さんに朗報です

「東北きりたんあるいは紲星あかりのあっさり解説」
>>sm39369913


この動画はニコニコDaily Topicsに選出され、ニコニコの公式Twitterで取り上げられました

特徴はユーザーとの距離が近いことです
この動画投稿者はユーザーの声を親身になって受け入れることで人気コンテンツへと発展しました
皆さんと二人三脚でさらなる成長を目指したいという意志の現れです

なにより「グノーシア」のコンテンツを用いた動画が一切ないことが嬉しいことですよね
この動画では自由に発言できますので、駆け込み寺としてご視聴ください
反響が大きければ取り上げてくれるかも?

(本垢) https://www.nicovideo.jp/user/63606574/
(サブ垢)https://www.nicovideo.jp/user/121056577
マイリストフォローすれば新作の通知もマイページで確認できますし、「いいね」を押すとオマケもあります
削除という憂き目にあった皆さんもどうぞよろしくおねがいします
57 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 19:56:43.55 ID:7KK8edT80
大猿ベジータ「うっうるさい!!!」

シュンッ ドゴッ!

大猿ベジータ「ぐおぉ」

悟空「」ブゥン……ザンッ

大猿ベジータ「お……オレの……シッポが……」

ベジータ「はぁ……はぁ……」

悟空「……」ザッザッザ

悟空「」ジッ

ベジータ「オ、オレを……見下した目でみてるんじゃねぇ!!」ガッ

悟空「ベジータ、これがおめぇの目指していた姿。」

悟空「超サイヤ人だ!!!」ゴスッ

ベジータ「ぐあああああ」ヒューン ドゴッ ドゴッ ドゴッ……

ベジータ「あ……う……」フラ

悟空「」ザッザッ

ナッパ「まっ……まってくれ……!」ガシ

ナッパ「ベジータを殺さねぇでくれ……虫がいい話なのはわかってる……」

ナッパ「でも……」

悟空「」フッ

悟空「あぁ、殺さねぇよ。オラたちはサイヤ人の数すくねぇ生き残りなんだからな。」

ベジータ「ぐっ……」ピッピピ

ベジータ「こ……このオレが……こんな……無様だ……」

ギィィイイイン

ドズンッ!

ナッパ「カカロット、感謝する。」ピピピッ

ギィィイイイン

ドズンッ!

悟空「はは、戻ってからベジータに殺されねぇか?」

ナッパ「……そうなったらそうなった時さ。」

ベジータ「……よく覚えておけよカカロット……オレは忘れんからな……」

ドシューーー…ン……

悟空「っふぅ……くたびれたぞ……」

ピッコロ「結局全部終わらせやがって」フッ

悟空「ピッコロ……生きててよかったぜ。」ニッ

ピッコロ「舐めるな、キサマより先に死んでたまるか!」

悟空「ま、まぁオラ先に死んじまってるけどな。」

58 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/26(日) 19:59:33.25 ID:7KK8edT80
フワ

悟空「もう行くんか?」

ピッコロ「当たり前だ。サイヤ人がいなくなった今、鍛えなおしてキサマを殺し、世界征服を行うのだからな。」

悟飯「」フラ

悟飯「ピ、ピッコロさん……いっちゃうの?」

ピッコロ「フンッ、こんなピーピーうるせぇガキ、キサマが一人でサイヤ人を片付けるとわかってたら連れて行かなかったんだ。」

悟飯「ピッコロさん……」

ピッコロ「……悟飯。貴様と過ごした数か月悪くなかったぜ。」ギューーーン

悟飯「ピッコロさあああああん!」

悟空「はは、でぇじょうぶ。またすぐ会えるさ。」ナデ

クリリン「ははっ、ピッコロのやつすっげぇ懐かれてんだな。」

ヤムチャ「ナッパのおっさん、帰ってからベジータに殺されないといいけどなぁ」

悟空「きっとでぇじょうぶさ。さ、オラたちも帰ろうぜ!」

ブルマ「おおお〜〜〜〜い!」

グオオォオオン

チチ「悟飯ちゃああああああん!」ダダッ

悟飯「お母さん……」

チチ「悟飯ちゃん……」

チチ「悟空さ……!」キッ

悟空「あ……た、たはは久しぶりだなチチ……」

チチ「1年間も勝手にいなくなって!悟飯ちゃんまでいなくして!!」

チチ「オラ……さみしかったべ…!」

悟空「わ、わりぃ……ほんとに……」




クリリン「は〜〜〜やっぱチチさんが一番強いな…よっと…」

ラディッツ「ぐっ……すまん……」

クリリン「い、いやいや、お疲れ様っすよ。」



天津飯「では、オレたちも行く。またなにかあったら教えてくれ。」

餃子「また!」

ブルマ「ヤムチャ…いきててよかった。」

ヤムチャ「このオレが死ぬわけないじゃないか。」

こうして、Z戦士たちはしばしの間地球の平和を享受するのだった。
ラディッツはしばらくはパオズ山にて自給自足生活を行っていた。

悟空は自分とラディッツの宇宙船をブリーフのもとへ運び、100倍の重量でトレーニングができるスペースがある宇宙船を依頼。

完成までの1か月間、悟空は特にZ戦士たちに事情を話すわけでもなくただのんびりと過ごすつもりだったが、地球にはまた別の危機が迫っていたのであった……

???「ほう……あの星なら神精樹の実がたっぷり実りそうだ……」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/26(日) 20:10:29.34 ID:Io/8jEA60
映画のキャラも出るのか、超サイヤ人になれないキャラは界王拳を覚えさせたい
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/26(日) 20:28:29.67 ID:/TrB14nJO
ああ、そういやブルマとヤムチャって付き合ってたんだっけ。
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/26(日) 20:30:47.13 ID:CMI2fw+DO
ナメック星に行かないと色々なフラグが立たない
どうなるんだろう…
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/26(日) 20:31:39.74 ID:Io/8jEA60
ゴッドに必要な人数が揃うか、ベジータは修行でゴッドになったみたいだけど
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/26(日) 20:33:24.65 ID:Io/8jEA60
悟空なら瞬間移動でナメック星に行けるんだけどね
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/26(日) 20:37:45.87 ID:Io/8jEA60
ブルマが仙豆を大量生産する機械とか成分を解析して大量に作れないかな
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/26(日) 20:41:58.98 ID:CMI2fw+DO
今の悟空の超サイヤ人は原作よりは弱そう
66 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/27(月) 01:29:44.32 ID:Tp4o1s++0
一応になる現在の戦闘力
悟空:50000
ラディッツ:15000
ピッコロ:3500
悟飯:2000
クリリン:2500
天津飯:3000
ヤムチャ:2000
餃子:1500

アモンド「ターレス様。地球に生命反応があります。」

ターレス「まさか……地球はたしかカカロットが送られた星のはず……」

アモンド「ふふ、ターレス様……地球の土壌は神精樹の実を作るのにやはり適してますぜ……」

ターレス「さっそく向かうか。ついでに生き残りのサイヤ人であるカカロットにも挨拶としよう。」



ヤムチャ「はっはっは〜〜プーアル、どうだ?乗り心地は」ブゥウン

プーアル「最高です!」

ヤムチャ「そうだろ〜〜〜15年ローンで買ったからな」

プーアル「よく審査通りましたね……」

ヤムチャ「お、オレも天下一武道家委で一躍有名になったからな!こいつで行けばみんな驚くぞ〜〜」ザワッ

ヤムチャ「!? なんだ……この気は……」



ピッコロ「少し前から…不吉な気を感じる。」



ラデイッツ「むっ……この気は……サイヤ人!?」



アモンド「ずあっ!」ボンッ

ヤムチャ「なっ!?!?」ヒュウルルウ ボンッ

ダイーズ「がっしり根付けよ。」

レズン「はやく身を付けるんだぞ〜〜〜!」

ポイッ



ムクッ……ムクムクムク……



ターレス「くっくっく……これもカカロットがこの星を無傷で残しておいてくれたおかげだ……」



悟空たちが気づかない間に、神精樹の実は地球でめきめきと成長を遂げていく……
67 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/27(月) 01:38:08.35 ID:Tp4o1s++0
悟空宅にて、Z戦士終結

悟空「そりゃひでぇめにあったな、ヤムチャ」

ヤムチャ「あぁ…ローンが15年も……」

ブルマ「!? なんであんな高いモン買ったのよ!!!」

亀仙人「す、すみませんの〜チチさん。大勢でやっかいをかけてしまって」

チチ「とんでもねぇだ、オラ悟飯の勉強の邪魔さえしてもらわなけりゃいつまでいてくれてもかまわねぇだよ」

ヤムチャ「あ、あ〜〜チチさん!よかったらオレが勉強おしえてやりますよ!ね!」

チチ「それが一番しんぺぇだ…!」

全員「「あはははは」」

界王『悟空〜〜〜悟空よ〜〜!』

悟空「界王さま!」

界王『悟空、大変なことになったぞ。神精樹というやっかいな木が地球に根付いてしまった……神精樹は一度根付くとその星の栄養をすべて吸い尽くす恐ろしい木なんじゃ……』

悟空「くっ、なんだって!?」

悟空(そんな出来事まえんときはなかったぞ……!)

悟空「オラたちの地球は!!」

界王『残念ながら手遅れじゃ…』

悟空「オラそんなこと信じられねぇ!」




アモンド「もう少しで身が熟れますぜ…」

ダイーズ「これだけ栄養を吸ったあの実をくえば……またオレたちのパワーもアップするというわけだ。」

レズン「宇宙一のターレス軍団は向かうとこ敵なしだぜぇ」
ラカセイ「げっへっへ……あのフリーザだってちょろいもんよ、ターレス様が大宇宙の帝王ということだ。」

アモンド「みんな神精樹の実のおかげですぜ……」

ターレス「いや、間抜けなカカロットのおかげだ。」
68 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/27(月) 02:48:32.24 ID:Tp4o1s++0
ブルマ「木も全部かれちゃうわけ!?

ヤムチャ「水もなくなっちまうのか?」

悟空「オラにはわかんねぇ……」

ウーロン「でも一度根付いたらおしまいって…」

悟空「オラたちが力を合わせればそんな木根っこから吹き飛ばせるはずさ!」

クリリン「おう!そのとおりさ!」

天津飯「いくぜ!」

全員「「おう!」」

悟飯「」ソー…

悟飯「へへ」パシ

チチ「悟飯」

チチ「お前はダメだぞ。」

悟飯「えっ……そんなぁ…」



ヤムチャ「とんでもない木だな……」

悟空「みんないくぞ!」

全員「「波ァ!!!!」」ドウッ

ズドド……ォ…

餃子「あ……だ、だめだ……」

クリリン「もう一回やろう!」

ヤムチャ「いや……だめだ……地球をコナゴナにしない限りこの根っこはなくなりそうもない……!」

悟空「!!」

ターレス軍団「「げっへっへっへ……」」

アモンド「神精樹の木は誰にも破壊することはできない……」

天津飯「も、ものすごい気を感じる……!」

悟空「おめぇたちか!この木を植えたのは!」

ダイーズ「オレたちの邪魔をするやつは命を落とすことになるぜ?」

ヤムチャ「あの爆発もお前たちだな!!」

クリリン「こ、こいつらサイヤ人じゃないみたいだけど……いやな予感がするな……」



悟飯「」コソコソ……

69 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/27(月) 02:50:24.80 ID:Tp4o1s++0
ヤムチャ「ローンの借りは返すぜ!!!」

悟空「みんな!行くぞ!!」



天津飯、餃子VSレズン、ラカセイ

ガッ ガガッ

餃子「うわああ!」
天津飯「くっ!!」ヒューン

レズン「レズン!」
ラカセイ「ラカセイ!」
「「オレたち双子の兄弟さ!!!」」

天津飯「こ、こいつら……できる……!」

レズン「双子のコンビネーションを味わえ!!!」

ラカセイ「げっへっへ……!」

ドガッ ドガガガッ バキッ

餃子「天さん…!僕の超能力がきかない…!」

「ダブルサンデー!!!!!」

「「タ!!ターレスさまぁ……!」」ジュッ

天津飯「ラ、ラデイッツ!!」

ラデイッツ「間に合ったか、無事だな?」

餃子「う、うん……」

天津飯「たすかった……感謝する。」



クリリンVSアモンド

クリリン「気円斬!!!」ザンッ

アモンド「勝ちたかったらこいするんですぜ!!!」ザァン!

バチィ!

クリリン「クソォ…!」

ドガッ ガガッ バキッ!

クリリン「か、完全にパワー負けだ……!」

アモンド「お遊びにもならんかな?」



ヤムチャVSカカオ

ヤムチャ「操気弾!!!」クイッ

カカオ「オォオ!」ギュンッ

ヤムチャ「は、はやい!!!」

ドゴォ!

ヤムチャ「ぐああああ!」

70 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/27(月) 02:51:35.50 ID:Tp4o1s++0
悟空VSダイーズ

悟空「ヤムチャ!!!!」

ダイーズ「お前の相手はオレだぜ!!!」ババッ

パシッ

ダイーズ「なっ……!」

悟空「オラたちの地球にめちゃくちゃしやがって…!」ドゴッ

ダイーズ「ぐおっ…!」ヒューン ドガッ

悟空「ヤムチャ!」シュンッ

バギィ!

カカオ「グォオ!!?」ギューーン ドゴッドゴッドガッ

ダイーズ「ぐえっ!」

悟空「わりぃがおめぇたちと遊んでる暇はねぇ!!」

悟空「ヤムチャ!いけるか!」

ヤムチャ「あぁ!」

悟空&ヤムチャ「かめはめ……波ァ!」

カカオ&ダイーズ「ぐおお……!」ジュッ

ヤムチャ「た、たすかったぜ悟空……」

悟空「むこうで兄ちゃんが別のやつをやってくれたみてぇだ……!」

悟空「オラクリリンとこに向かう!ヤムチャは兄ちゃんたちと合流してくれ!」

ヤムチャ「あぁ!」



71 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/27(月) 02:52:19.29 ID:Tp4o1s++0
悟飯「」コソコソ

悟飯「お父さんたちが戦ってるところは……」

ターレス「」スッ

悟飯「? お父さん…?」

ターレス「ふっふっふ……そうか、お前がカカロットの息子か…」

悟飯「!! お父さんなんかじゃない!!」

ガシッ

ターレス「クックック…オレとカカロットが似ているのも無理はない。」ピッピ

ターレス「戦闘力2000か……下級戦士にしては上出来だ……」

悟飯「お、おまえは……サイヤ人……!」

ターレス「そう、オレの名はターレス。小僧、オレとくるきはないか?」

ターレス「宇宙をきままにさすらって好きな星をぶっ壊し、うまいモノを食いうまい酒に酔う。こんな楽しい生活はないぜ……!」

悟飯「誰がお前なんかと…」バキッ

ターレス「」パシッ

ターレス「おいおい、そう邪険にするなよ。オレたちは生き残ったサイヤ人のわずかな仲間……仲良くしようや!!!」グッ

悟飯「ぐああああ!!」

ターレス「戦闘力3500……」ピピピピピ

ターレス「なんだキサマ……」

ピッコロ「悟飯から手を放せ。」

ホイッ ガシッ

ピッコロ「悟飯!」ガシッ

悟飯「ピッコロさん!」

ピッコロ「無事か!」

ターレス「その尻尾に恥じない生き方をしろ!!!!」ポーヒー

ピッコロ「ぐおぉお!」

ピッコロ「ご、悟飯!!」

ターレス「はじけて混ざれ!!!!!!」カッ

ターレス「小僧……サイヤ人の力を見せてみろ……!」

悟飯「ぐああああああああ」



72 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/27(月) 02:53:38.30 ID:Tp4o1s++0
悟空「!!!この気…!悟飯!!」

悟空「そうか、ベジータたちの時に再生していた尻尾だ!!!」

アモンド「よそ見はだめでっせ!!!」

悟空「邪魔だ……!どけ!!!」ボッ

アモンド「」ジュ



ターレス「ふっふっふ……オレまで猿になってしまうからな…さらに弾けろ!!」バンッ

悟空「悟飯!!!!!!!!」

ターレス「カカロットか!貴様の相手はオレだ!」バギッ

悟空「くっ!お、おめぇ!?サイヤ人!?」

ドガガッガッ 

ターレス「戦闘力25000!なんというパワー!どうだ?息子共々俺の仲間にならんか?」

悟空「なるわけねぇだろ……!おめぇは心の底から悪いサイヤ人みてぇだな……!」

ターレス「悪いサイヤ人?寝言をほざくな……!」ポーヒー



大猿悟飯「ぐぎゃぁっぉおお!!」

ラデイッツ「くっ……さすがはカカロットの息子……!大猿化すればカカロットを除いた全員よりパワーがうえじゃないか……!」

ピッコロ「尻尾だ!なんとか尻尾を切るぞ!!!」

クリリンヤムチャ天津飯餃子「「おう!」」



ターレス「ほう、もう一人サイヤ人……さぁショータイムだカカロット!!!理性を失ったサイヤ人が仲間を殺す、これがサイヤ人のあるべき姿よ……!」

悟空「おめぇ……!もう許せねぇぞ!!」ざわっ シュインシュイン

超サイヤ人悟空「おめぇだけは許さねぇ。地球をめちゃくちゃにしやがって……」

ターレス「……!?なんだその変化は……!」ピピッボガンッ!

ターレス「スカウターが……戦闘力10万以上は確実……!」

超サイヤ人悟空悟空「だりゃぁ!!!!」ドガァ

ターレス「うおおおおお!?」ギューーーー……ン 



ターレス「す、すさまじいパワー……サイヤ人は大猿にしかなれないのでは……!」

ターレス「だが……誤算だカカロット……」パシッ ガブリッ


73 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/27(月) 03:13:56.44 ID:Tp4o1s++0
ザッ……ザッ…

超サイヤ人悟空悟空「……覚悟するんだな。」

ターレス「ふっ、カカロット。サイヤ人の面汚しめ…!」ギャウッ!

超サイヤ人悟空悟空「なにっ……!」

ドガッ!

超サイヤ人悟空悟空「こ、こいつ…さっきまでとはまるで別人だ…!」

ガッ ガッ ドゴッ バキッ

超サイヤ人悟空悟空「オレと同じくらいのパワーを……!」

ターレス「腹が膨れるほどの神精樹の実をたべたこのオレに……勝てると思うか?」

超サイヤ人悟空悟空「オレから言わせてもらえば、そんな実を食い続けなけりゃまともに戦えない貴様のほうがよほどサイヤ人の面汚しだ。」

ターレス「ほざけ!!!」ギュゥウウン ドウッ

超サイヤ人悟空悟空「波ァ!!!」ドウッ

ドゴォ……

超サイヤ人悟空悟空「だぁぁあ!だだだだ!!!だりゃぁ!!!」

ターレス「な、なぜだ……!神精樹の実を食べてもいないカカロットになぜ……!」

超サイヤ人悟空悟空「終わりだ……ターレス。」



ピッコロ「ふぅ……手こずらせやがって……」

悟飯「ピ……ピッコロさん……」

クリリン「やっぱお前も悟空の息子だよ、悟飯…ふぅ〜〜」

ヤムチャ「あとは悟空に任せようぜ」

天津飯「あぁ、あの悟空が本気を出してかなう相手なんていないさ。」



ターレス「くっ……ふっ……ふっふっふっ…トドメをさすのが遅かったなカカロット!」バッ ガブッ!

ターレス「」ぐんっ! ムキッドグンッ!

ターレス「ぐおおおおお……!!!!」

74 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/27(月) 03:23:19.10 ID:Tp4o1s++0
ドゴッ!

超サイヤ人悟空悟空「ぐあああああ!」ヒュー…ン

ターレス「ぐっ……神精樹の実を短期間に食しすぎたか……!だがカカロット……!
キサマだけは殺す!殺してやる!!」

界王『ご、悟空!神精樹の実を枯らす方法があったぞ!!』

超サイヤ人悟空悟空(界王さま…!いったいどうすれば…!)

界王『元気玉じゃ!!神精樹の実から元気を分けてもらう元気玉で神精樹の木を枯らすのだ〜〜〜』

超サイヤ人悟空悟空「も、もう少しはやくいってくれればよかったのによ……界王さま……!」

ラディッツ「弱音か?カカロット。」スッ

超サイヤ人悟空悟空「ラディッツ……!」

ラディッツ「時間稼ぎが必要なんだろう?」ゴォッ!

超サイヤ人悟空悟空「……3分。3分でいい。」

ラディッツ「任せておけ。」

ターレス「オレ以外のサイヤ人などもう必要ない!貴様達を葬ったあとは…惑星フリーザに向かい、ベジータ王子とフリーザも殺し、オレが宇宙の帝王になってやろう……!」

ラディッツ「ぬかせェ!!」ドウッ

超サイヤ人悟空悟空「……」スッ フッ

神精樹の木と神精樹の実「」キラキラ

悟空(すげぇ……あったけぇ気を感じる……)

ターレス「ふははは!!!!跪いて命乞いをしろ!!!」

ラディッツ「む、むちゃくちゃなパワーだ……」ゴフッ…

ターレス「ふふふ……では…死ね!!!!」

クリリン「太陽拳!!!!」

ターレス「なっ!!!!」

ピッコロ「魔貫光殺法!!!」

悟飯「魔閃光!!!!」

天津飯&餃子「どどん波!」

クリリン&ヤムチャ「かめはめ波ァ!!!!」

ドドドドド……ズアッ!!!

モクモク……

ターレス「少しは効いたぜ……!」



75 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/27(月) 03:25:38.26 ID:Tp4o1s++0
ターレス「改めて……死ね!!!」ギュゥウウン ドウッ

悟空「くらえターレス!!!これが……地球と神精樹のパワーがつまった……元気玉だ!!!!!」ドウッ!!

ターレス「なっ……!!!!!」

ギャンッ!!! バギィ!!!

クリリン「タ、ターレスが神精樹の木に!!!!」

バキバキバキバキバキ

ターレス「ぐああああああああああああああああああ」

ドッーーー……ン……パラパラ……

天津飯「やったな……」

ヤムチャ「あぁ……」

ラディッツ「こ、これは……」

悟空「傷が癒えていく……」

界王『神精樹の木が吸い取ったパワーを孫悟空に分けてやったからこそ、あの元気玉もできたのだ。そしてその栄養の塊がシャワーのように降り注ぐことにより、生きとし生けるものすべてにパワーを分け与えた……』

悟空「よくわかんねぇけど……これでもう地球は大丈夫なんだよな!界王様!」

界王「うむ。」

悟飯「でも……根っこのせいで地球がぼろぼろに……」

ヤムチャ「ドラゴンボールは悟空とラディッツを生き返らせたから1年間は使えないしなぁ」

悟空「それなら考えがあるんだ。みんな、ナメック星のドラゴンボールを借りて地球をもとに戻してもらいにいくってのはどうだ?」

ピッコロ「な、ナメック星。俺の故郷か……」

クリリン「で、でもよ悟空……そんなのどうやって」

悟空「オラたちがのってきた宇宙船を今ブルマの父ちゃんに改造してもらってんだ!」

悟空(それに、フリーザたちが来た時には瞬間移動もあるしな…)

悟空「それにすげぇ修業ができる機械もつけてもらってるからさ、それが完成し次第ブルマんちでみんな集合!んじゃ、かえってメシにしようぜ!」


76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2021/09/27(月) 10:50:36.28 ID:C4RoUd4M0
ターレスは仲間にならないのか
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/27(月) 17:04:57.38 ID:4+EJZIjT0
ブロリーは仲間になってほしい
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/27(月) 17:06:57.61 ID:dhyczhJFo
仲間増えすぎると力の大会サイヤ人ばっかになっちまう…
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/27(月) 17:10:14.34 ID:wFYAva+7o
面白いな
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/27(月) 17:33:46.76 ID:4+EJZIjT0
悟空ベジータ悟飯
ラディッツナッパ
ラピスラズリ
ブロリーセルブウ

この10人かな、17号と18号の本名がラピスとラズリらしい
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/27(月) 17:34:28.83 ID:yGrCiuvgo
ネタ潰しになりかねないから展開予想止めなさい
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/27(月) 17:38:52.70 ID:4+EJZIjT0
ピッコロが界王拳習得してどれぐらい強くなるかでメンバー変わる可能性あるな
83 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/28(火) 04:51:41.48 ID:sdEmx4kX0
ちょっと今朝の更新が厳しいかもなのでまた昼間あたりにでなおしま
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/28(火) 16:40:45.24 ID:L7dTYhu20
楽しみにしてます
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/28(火) 17:34:27.22 ID:aIIB6w3DO
改心しない奴はしないってちゃんとメリハリあるのもいいなあ
86 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/28(火) 19:16:44.34 ID:sdEmx4kX0
ターレスの襲来から1週間後

神様「ほう……お前から頼み事とは珍しいな悟空。」

神様「精神と時の部屋か…」

悟空「あぁ、人数制限をなんとか解除してもらえねぇかな?できれば2日っていう制限もなくしてほしいんだけど……」

神様「い、いやぁ〜〜それはな……精神と時の部屋は元より悪人が心を無にして改心するための場所なのだ……反省部屋のようなもの、それを無限に使えるというのは…」

悟空「オラたちが鍛えねぇと神様の故郷が大変になっちまうかもしんねぇんだぞ」

神様「なに、ナメック星がか……?」

悟空「あぁ、頼む、少しでも効率よくオラたち全員が強くなんねぇとだめなんだ……」

神様「むむ……2日の制限は無理だ。だが人数制限はなんとかなるだろう……4人までだがな……」

悟空「あぁ、それでいい!サンキュー神様!」
87 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/28(火) 19:17:54.35 ID:sdEmx4kX0



数日後、Z戦士たち天界にて

クリリン「精神と時の部屋?」

悟空「あぁ、すっげぇ過酷な環境だ。重力は10倍、気温は最大50度〜最低マイナス40度、酸素もすげぇ薄い。」

ヤムチャ「へ、へぇ〜〜」

ラデイッツ「惑星ベジータと重力はかわらんな。」

悟空「兄ちゃん、ピッコロ、天津飯、餃子」
悟空「オラ、悟飯、クリリン、ヤムチャ」

悟空「オラと兄ちゃんは界王様んとこで鍛えたみたいにみんなを鍛える。」

悟空「大体半年くらいかな、でもここじゃぁ半日しかたたないんだぜ。」

ヤムチャ「で、でもさ悟空、悟空とラデイッツ、ピッコロもいるんだぜ?」

ヤムチャ「オレとかそんな鍛えてもあんま意味ないかなぁって…ハハ」

悟空「そんなことねぇさ、ターレスのときだってみんながターレス軍団を相手してくれたから勝てたんだ。」

悟空「あと、ナメック星にオラたちが言ってる間、クリリン、ヤムチャ、天津飯、餃子、おめぇたちは地球を守っててほしいんだ。」

クリリン「地球を守る?」

悟空「あぁ、またいつターレスみたいなのがくるかわかんねぇからな。」

天津飯「ターレスか……」

餃子「悟空、ボク怖い……」

悟空「なぁに、みんなの気が乱れたらいざとなりゃオラが瞬間移動で帰ってくるさ!」

クリリン「そ、そっか!そうだよな。でも、オレたちだって武道家なんだ!」

クリリン「悟空やピッコロばっかに頼れないし、なにより」

クリリン「親友に先を走られてばっかじゃかっこつかないからな!」ハハ

悟空「」ニッ
88 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/28(火) 19:18:44.19 ID:sdEmx4kX0
ラデイッツ「ふっ、いい根性だ。」

ラデイッツ「ヤムチャ、お前はまだトレーニングはいらないと思うか?」

ヤムチャ「……っだー!クリリン!お前があんましかっこ良いこというからオレがかっこ悪いみたいじゃないか!」

天津飯「みたいじゃないだろ」

全員「「はははは」」

悟空「じゃ、兄ちゃん。さっそく先に精神と時の部屋にはいってくれ。」

ラデイッツ「う、うむ……」



そして半日後……

ラデイッツ「ふぅ……」

悟空「っひゃぁ〜〜兄ちゃん!すげぇ気を上げたな!ピッコロ、天津飯餃子も、頼もしいぜ」

ピッコロ「ふん、超サイヤ人だなんだとキサマにいつまでも先をいかれてては地球が征服できんからな……利用できるものは利用させてもらう。」

ラデイッツ「ナメック星人も戦闘タイプはすさまじいものだな、オレもいい修業になった。」

悟空「よし、悟飯、クリリン、ヤムチャ!次はオラたちの番だ!」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/28(火) 19:27:02.94 ID:9hbFF+X80
悟空はZ特有の頭のいい変人感出てるし、ラディッツやヤムチャも活躍してるし、滅茶苦茶面白い
楽しみにしてます
90 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/28(火) 19:31:03.76 ID:sdEmx4kX0
クリリン「どっひぇ〜〜……」

ヤムチャ「さ、酸素が薄すぎるぞ……」

悟空「あぁ、あまりのつらさに子供の頃のオラは耐えられなかったからな……」

悟飯「こんなとこで半年も……」

悟空「じゃ、まずは指針からだ。悟飯、おめぇは基礎体力と組手で経験アップだ。オラたち3人とどんどん組手してもらうぞ。」

悟空「クリリン、ヤムチャ、おめぇたちには界王拳を覚えてもらいてぇ。」

クリリン「界王拳?」

悟空「あぁ、みてろ……界王拳……!」ギュォオオオ

ヤムチャ「!? す、すげぇパワーだ!」

クリリン「あぁ、悟空の気が膨れ上がったのを感じる……!」

悟空「これは界王拳、自分の気を何倍にもする技だ。」

悟飯「お父さん、ぼくは?」

悟空「この技は気のコントロールがすげぇ難しくてな、まだ悟飯には難しいぞ」

悟空「これがみんなの最終目標、まずは……」

悟空「なにもしねぇ。この環境に慣れることだけを考えるぞ!」



4か月後

悟飯「だーっ!!だだだだだ!!!」

悟空「くっ!だらっでりゃぁ!」

バッ ガガガッ ドッ シュンッ ババ

クリリン「むむむ……」

ヤムチャ「くっ……!」

悟飯「うわあああ!」ドサッ

悟空「ふぅ、悟飯!いい動きになってきたな!」

悟飯「でもボクお父さんに全然勝てないや……やっぱお父さんはすごいなぁ…」

悟空「クリリン!ヤムチャ!そっちはどうだ?」

ヤムチャ「だ〜〜めだ……まったくコントロールできん!!悟空〜〜お前こんなのどうやって覚えたんだよ〜〜」

悟空「お……」

悟空「」ニッ

クリリン「」カッ

クリリン「界王拳……!」ゴゴゴゴゴ

ヤムチャ「え、えぇ〜〜〜……」

悟飯「ク、クリリンさんすごい!!!」

悟空「よし、クリリン!そのままオラと勝負だ!」

クリリン「う、うぎぎ、いくぞ!!!」ゴッ


91 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/28(火) 19:32:11.28 ID:sdEmx4kX0
さらに1か月後

ヤムチャ「狼牙風風拳!!!」アオォオン

悟飯「くっ!すごいスピードだ……!」

ヤムチャ「足元がお留守だぜ!」バシッ

悟飯「うわぁ!」ドサッ



悟空「いいか、クリリン、オラが送ってる気を一点に留めるんだ……!」

クリリン「あぁ……」

悟空「精神と時の部屋じゃなかったら地球から気をあつめるんだけどなぁ」

クリリン「っふぅ……」ボッ

クリリン「でっ、出た!!!」

悟空「さっすがだぜクリリン!オラより全然はええや!」

クリリン「っへへ……」

悟空「あとはそれをオラに気弾にぶつけてもらうからな!」ポッ 

ギュゥウン

悟空「いくぞ!!!超スピードだ!!!!」

ブゥ……ン……

クリリン「!!!! 見えた!!!」バッ

ボー……ン……

悟空「やったぁ!!やったぞクリリン!!」

クリリン「あぁ……ッハハ、なんか嬉しいな。」

悟空「?」

クリリン「いや、まだまだだけど少しはお前の背中が見えたかなって」

悟空「あぁ、見違えるみてぇだぞ!クリリン!」

ヤムチャ「クリリーン!やったじゃないか!」

悟空「お、そっちもおわったみてぇだな」

悟飯「やっぱりクリリンさんもヤムチャさんもすごいです、ボクこの半年で全然かなわなかった……」

クリリン「悟飯は優しすぎるからな〜もっと思いっきりやったらオレたちなんてすぐさ」

ヤムチャ「はは、それにまだまだ悟空の息子には負けられないぜ!」

悟空(パワーじゃまけてねぇんだけどまだまだ経験不足だなぁ、悟飯は……)

悟空「お、それにしても悟飯。髪が伸びたな!むこうで切ってやるぞ、クリリン、ヤムチャ、休憩にしようぜ!」



そして厳しくもどこか穏やかな半年間が終わった。
92 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/28(火) 20:10:58.74 ID:sdEmx4kX0
そして精神と時の部屋での修行からさらに数日後

パンティ婦人「あらぁ、悟空ちゃん!」

悟空「オッス!ブルマの母ちゃん!」

悟空「どうかな?頼んでた宇宙船の改造できてっかな?」

パンティ婦人「どうかしら、まだ改造してたみたいだけどぉ……中庭よ、いらっしゃぁい」

悟空「あぁ」



悟空「うひゃ〜〜〜久しぶりにみたぞ〜〜〜」

ブリーフ博士「おぉ、悟空。待たせてるのう…あとちょっとなんじゃがのう〜〜」

悟空「あ〜〜……もしかしてスピーカーの位置か?」

ブリーフ博士「!? すごいの〜〜悟空くん、宇宙船がそのままだったからここまです〜ぐに完成させたが反射とかを考えるとそれだけが決まらんでなぁ〜〜」

悟空「じゃ、じゃぁ修業も宇宙船の稼働ももうできるんだよな!?」

ブリーフ博士「あぁ、この重量装置はおまえさんの注文通り最大100Gまで重量が発生させられるが……60gの体重が6tだよ!?死ぬよ、普通じゃァ」

悟空「でぇじょうぶさ!サンキュー、助かるぜ!」

ブリーフ博士「ナメック星への位置もインプットしとるからこのボタンを押せば」

悟空「1週間くれぇでナメック星につくんだよな!」

ブリーフ博士「話がはやいの〜〜〜優秀じゃ、ワシの助手にでもなるか悟空」

悟空「い、いやぁ、はは、考えとくよ!」
93 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/28(火) 20:12:12.72 ID:sdEmx4kX0


翌日

ラデイッツ「こ、これがオレたちの宇宙船か……」

クリリン「これですぐナメック星にいくのか?悟空」

悟空「いや、まずは1週間地球で修業する。」

悟空「あとはこれにのってもう1週間ってとこだな!」

ヤムチャ「なんか最近ずっとみんなで居る感じがするぜ」

ピッコロ「ナメック星か……」

悟飯「ピッコロさんの故郷、ボク楽しみです!」ニコッ

悟空「じゃ、さっそくやっていこうぜ!まずは20Gからだ!」

その日の夜

シュンッ

悟空「オッス!かりん様!」

かりん様「うむ、そろそろくると思っておったぞ悟空。」

ヤジロベー「おう、孫。」

悟空「よっ!」

かりん様「仙豆じゃろう、1年分(7粒)じゃ、ほれっ」

悟空「」パシッ

悟空「助かるぜ!」

ヤジロベー「これももってけ!」ポイッポイッ

悟空「さんきゅ!」

かりん様「あ“〜〜〜!おまえどうするんじゃ今日の分じゃないか!」

ヤジロベー「かてぇこというない!また下からなんか捕ってくりゃええでしょーが!」

悟空「は、はは。あまったら返すぜ」シュンッ

94 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/28(火) 20:15:39.45 ID:sdEmx4kX0



悟空「よし……」ピピ
50G
悟空「ぐっ……さ、さすがにこたえるな…!」ボッ シュインシュインシュイン

超サイヤ人悟空「楽ちん楽ちん!」

バッ バババッ サッ サササッ

超悟空「かめはめ……」

超悟空「波ッ!」ボボボボ

ドゴォ! ドガガガガ……

超悟空「が……」ドサッ ピピッ
0G
悟空「くっ……これでっと……」カリッ

悟空「どっひゃ〜〜〜〜〜!効く〜〜〜!」ムンッ

悟空「つぎはっと〜〜」

ラデイッツ「カカロット」

悟空「い“!? 兄ちゃんじゃねぇか、帰ってなかったんか?」

ラデイッツ「ふっ、弟が精を出しているのにサボっているわけにはいかんだろう。」

ラデイッツ「オレもはやくその超サイヤ人になりたいからな。」

悟空「さすがだな……じゃ、50倍の重力で修業といこうぜ!」ピピッ
50G
ラデイッツ「お、おう、望むところだ……!」

ラデイッツ「ぐぅぉおお……」ズズンッ

悟空「よ、よし……このまま基礎トレーニングと……いこうぜ…!」

ラデイッツ「の、望むところだ!!」



悟空「1228……!1229……!」

ラデイッツ「1300ゥウ…!」



95 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/28(火) 20:16:33.47 ID:sdEmx4kX0
そのころ、惑星フリーザNo79

ピッピッピッピ……

ベジータ「……」コポコポ

ナッパ「……」コポコポ

ベジータ(カカロット……!)

雑魚兵「よし…」ピ

キュゥウン

ベジータ「」パチ

ナッパ「」パチ

雑魚兵「大丈夫ですか?ベジータさま、ナッパさま。残念ながら尻尾の再生はできませんでした…」

ベジータ「かまわん。そのうち生える。」

ナッパ「……」

雑魚兵「いったい地球でなにがあったのですか?」

ベジータ「っちぃ…!」

ナッパ「フリーザさまはおいでか?」

雑魚兵「い、いえ。」

ベジータ「もうこの星に飽きやがったのか……」タッタ

雑魚兵「あっ、ベジータさまスカウターをお忘れで……」

ベジータ「いらん!きさまにくれてやる!」

ナッパ(ベジータのやつ、なにかつかんだんだな……)カポ



キュイ「おいおいおい、誰かと思えばサイヤ人のお二方じゃねぇか、ひどいめにあったらしいなぁ?へっへっへ……」

キュイ「無敵なはずのサイヤ人を傷つけたのはどこのどいつで?」

ベジータ「消えろ、キュイ。」

キュイ「おいおい、フリーザさまはお前たちの勝手な行動にお怒りだぜェ?」

ベジータ「ここにいないんじゃ意味もない。さっさと消えろ。」

キュイ「はっ、だがフリーザさまは寛大なお方だ。許してくださるそうだぜ。」

キュイ「お喜びだったぜぇ、永遠の若さと命が手に入るってな。」

ナッパ「なにぃ!?」

ベジータ「ま、まさかフリーザさまは」

キュイ「ナメック星だ。お前も狙ってたそうだが諦めるんだな。」

ベジータ「あの野郎……!」

ナッパ「お、おいベジータ!」



ベジータ「よこせ!」スカウターカポ

雑魚兵「!?」

ベジータ「ナッパ、ナメック星にすぐに向かうぞ!!」

ナッパ「お、おう」


96 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/28(火) 20:17:30.39 ID:sdEmx4kX0
ナメック星出発前の地球

悟空「よし、1週間でみんな50Gの修業はなれたな!」

ピッコロ「ふん、キサマだけ夜中に100倍の重力で修業してやがったくせによくいうぜ。」

ラデイッツ「なぁに、あとの1週間で追いつけばいい話だ。」

悟飯「はいっ!」

悟空「じゃ、クリリン、ヤムチャ、天津飯、餃子、地球は頼むぞ!」

クリリン「あぁ、ブリーフ博士が重力室をもう一つ作ってくれてるからオレたちはのんびり修業するよ!」

天津飯「悟空、悟飯、ピッコロ、ラデイッツ、4人とも気を付けるんだぞ。」

餃子「地球はボクたちにまかせて!」

チチ「悟飯ちゃん!しっかり宇宙船でも勉強するだぞ!ナメック星の方にあったらちゃぁんとあいさつするだぞ!それからそれから……」

ブルマ「だ、大丈夫よチチさん。いざとなれば孫くんの瞬間移動でもどれるんだし」

ブリーフ「スピーカーの位置もバッチリ、最高音質になって満足満足」

ウーロン「お土産楽しみにしてるぜ悟空!」

悟空「じゃ、みんな!いってくる!」

ピッ バシュッ


97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 18:46:08.18 ID:K/8XPOkZ0
地球では誰かが襲撃してくるのか
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 18:59:02.36 ID:iZR2zHeKo
瞬間移動みんなに教えないんだな
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 19:20:32.32 ID:ZKluFtSe0
スラッグが来るかも
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 19:26:31.93 ID:Ruova4at0
地球は何回危機にあう!?
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 19:32:09.71 ID:FvQHVNSDO
映画敵もターレスからだったけど強さも原作とは違うかな
それ以前の敵ももしかしたら…?
102 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/29(水) 20:50:10.99 ID:P5PYydAU0
一日出かけてて更新滞ってて申し訳ない、構成もふくめフリーザ編→悟空たちが戦ってるときの地球編、投稿しだしたら全部
パパッと更新するつもりなのでもうしばしおまちを
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 21:25:20.55 ID:FvQHVNSDO
お疲れ様です
のんびり待ってます
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 21:28:54.77 ID:6ETQpvfn0
せっかくのニューゲームなんだしもっと無双してほしい
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 21:39:09.84 ID:aWpJR/pjo
死ぬほどギリギリの戦闘の経験積んどかないと強くなれないだろうし
106 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/29(水) 22:26:55.59 ID:P5PYydAU0
ナメック星到着まであと7日
仙豆:あと8粒
ナメック星終わりくらいまで記載する予定の戦闘力目安
悟空:150000(超サイヤ人で7500000)
ラディッツ:50000
悟飯:35000
ピッコロ:40000

ベジータ:40000
ナッパ:20000

悟空「さ、ナメック星到着まではあと7日、それまでに100倍の重力になれるぞ!」

ラデイッツ「カカロット……お前は甘いやつだと思っていたがトレーニングはスパルタなところがあるな……」

悟空「もちろん無理にとは言わねぇさ」

ピッコロ「ふん、オレはやるぞ。」

悟空「悟飯も無理はするんじゃねぇぞ、キツかったらちゃんと休憩すること!」

悟飯「はいっ!でもボクもピッコロさんとラデイッツおじさんと頑張りたいです!」

悟空「じゃぁまずは60Gだ!」



キュイ『も、申し訳ありません!フリーザ様……』

フリーザ「誤ってすめば銀河パトロールはいりませんよキュイさん……」イライラ

ドドリア「おい、ザーボン……フリーザ様はどうしたんだ?」ヒソ

ザーボン「キュイのバカがベジータもナメック星にドラゴンボールを狙いにきたとスカウターで報告してきたんだ。」ヒソヒソ

ドドリア「いいことなんじゃねぇか?」ヒソヒソ

ザーボン「オープン回線で飛ばしたんだ。」ヒソヒソ

ドドリア「げっ……それじゃぁ……」ヒソヒソ

ザーボン「あぁ、クウラ様の管轄にも届いているだろう。」ヒソヒソ

フリーザ「キュイさん、あなたはギニュー特戦隊に連絡を。急いでナメック星にくるように、とね。もちろん貴方もくるんですよキュイさん……」ゴゴゴ

キュイ『ひゃい……』

フリーザ「ちぃ……兄さんは殺してでもドラゴンボールをこの手に収めてみせますよ……!」

107 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/29(水) 22:28:40.26 ID:P5PYydAU0
ベジータ「聞いたか、ナッパ。」

ナッパ「あぁ、キュイの野郎へましやがって。へっへっへ、ありゃ大目玉じゃすまねぇぜ」

ベジータ「クウラとフリーザが争っている間にドラゴンボールはいただく。」

ナッパ「お、おう。ところでようベジータ」

ベジータ「回線は切るぞ。」

ナッパ「お、おう…」



ピーピー ナメック星到着マデ ノコリ 2分

悟飯「わぁ〜〜!みてお父さん!すごくきれいだよ!」

悟空「そうだなぁ悟飯」

ピッコロ「これがオレの故郷か……」

ラデイッツ「き、筋肉痛で体が動かん……カ、カカロット、仙豆をもらっていいか……」

悟空「はは、兄ちゃん最後まですげぇ頑張ってたもんな、ホレッ」ポイッ

ラデイッツ「」カリッ ゴクッ

ラデイッツ「ふぅ、せっかくここまできてトレーニング疲れでリタイアじゃ笑えなかったぜ」

悟空(袋の仙豆は残り3粒か、こんだけありゃなんとかなりそうだぜ。)

ドドド…シュゥウウウ

到着!ナメック星ニ到着シマシタ!ウィィイン

プシュー

悟飯「うわ〜〜綺麗な星!なんだかここ、ピッコロさんに修業をしてもらったとこに似てますね!」

ピッコロ「む、言われてみればそうかもしれんな」ニコ

悟空「オラたちが最初に戦ったとこににてんな」

ラデイッツ「腹が痛くなる思い出だ」

悟空(あり?フリーザの気を感じねぇ……早く到着しすぎたかな……)

悟空「ま、とりあえずドラゴンボール探すとすっか!」

悟空「え〜っとドラゴンレーダー、ドラゴンレーダーっと……」

悟空「……」

悟空「わ、わりぃ……ブルマからドラゴンレーダー借り忘れちまった…!」

ラデイッツ「なっ!?」

ピッコロ「なぁに、瞬間移動とやらで戻れば……」

悟空「あっそっかー!!!ピッコロさすがだぜ!」ムムム

悟空「だ、ダメだ……みんな気をだしてねぇから遠すぎてわかんねぇ……」

ピッコロ「……」

ラデイッツ「……」

悟空「た、たは……たはは……そ、そうだ!!この辺で一番気が強いやつの場所に向かってドラゴンボールの探し方をおしえてもらえばいいじゃねぇか!な!」

悟飯「お父さん……」

悟空「そ、そうと決まればしゅっぱ〜〜〜つ!」ギュンッ

ラデイッツ「に、逃げるなカカロット!」ギュンッ

ピッコロ「あいつは頼りになるのかならんのかわからん……」ギュンッ

悟飯「ま、まってよお父さん!!」シュバッ
108 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/29(水) 22:31:01.11 ID:P5PYydAU0
悟空「ふぅ、随分高いとこだな、すげぇ目立つからわかりやすかったぞ。」

ラデイッツ「はぁっはぁっ、思い切りとばしやがってカカロット!」

悟空「わ、わりぃわりぃ」

ネイル「なんの用だ?」

悟空「あ……!?ピッコロ!?」

ラデイッツ「なわけないだろう、ナメック星人だ。」

ギュー……ン

ピッコロ「孫!貴様思い切りとばしすぎだ!」

悟飯「はぁ……はぁ……」

ピッコロ「む!」

ネイル「同胞のものか……」

最長老(ネイル、そちらの方々をお通しください。邪悪なものではありません。)

ネイル「」ピクッ

ネイル「お前たち、最長老様がおよびだ。中へ、最長老様がお会いになる。」

悟空「なんもいってねぇのに話が早ぇなぁ」



最長老「ようこそ。あなた方は地球からいらっしゃったのですね……」

悟空「オッス!オラ悟空!」

ネイル「最長老様に失礼な口をきくな……!」

ラデイッツ「ラ、ラディッツだ。」

悟飯「孫悟飯です。よろしくお願いします。」フカブカ

ピッコロ「ピッコロだ。」

最長老「おぉ……カタッツの息子ですね……面影がある……」

最長老「しかし龍族の力を持っていない……」

最長老「ピッコロといいましたね。」

ピッコロ「あ、あぁ……(な、なぜだ?こいつを前にすると不思議な感覚になる……)」

最長老「少し、あなたの過去をさぐらせてくだされ。」サワ

最長老「なるほど……過去の悪の姿があなたなのですね……せっかくの生まれ持った力を半減させなければもっとあなたは強くなれる。」

ピッコロ「せっかくの言い分申し訳ないが、オレはオレだ。あいつともう一度一つになるつもりはない。」

最長老「年寄りの世迷言とでもおもってもらえればいい。だが……残念だ、一つであったなら私が眠っている力も起こせたものを……」

ピッコロ「なにっ!?」

最長老「ふふ、また1つになった時に私が生きていれば、お会いしましょう」

最長老「2人はサイヤ人、そうですね。」

悟空「あぁ」

最長老「そちらの方は……」

悟空「地球人とサイヤ人のハーフなんだ」

最長老「これはこれは……他種族が手を結ぶ、素晴らしいことです。こちらにきていただけますか?」

109 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/29(水) 22:32:45.42 ID:P5PYydAU0
悟飯「は、はいっ」

最長老「」ズオッ

悟飯「!!!!!」

悟飯「あ……あ…!?」

悟空「うっひゃぁ〜〜〜悟飯!すっげぇ気が噴き出てきてるぞ!!!」

ラデイッツ「さ、最長老とやら、オレにも潜在能力があるのか!?」

最長老「はは、どうぞこちらへ。」

最長老「」ズオッ

ラデイッツ「ぐっぐおおおお!この湧き上がるパワーは!!!」

最長老「では、そちらのかたもどうぞ。」

悟空「あぁ」

最長老「!」

最長老(不思議な運命をお持ちのようだ。)

悟空(あ、色々見えちまった?)

最長老(えぇ、年甲斐もなくワクワクするような冒険譚が見えましたよ。)

最長老(経験に見合う肉体の強ささえ身に着ければ、あなたは過去のあなたを超えられるでしょう……)

最長老「」パッ ニコッ

悟空「」ニッ

悟飯「あれ、お父さんは?」

最長老「その方の潜在能力は私には引き出せません。」

最長老「私が起こせるのは“眠っている力“のみなのです。」

最長老「みなさんがなぜドラゴンボールを求めているのか、それになぜここにきたのか、大体わかりました。」

最長老「孫悟空さん。お願いがあります。」

最長老「もうすぐこの星に恐ろしい悪党たちが現れてしまう……」

最長老「犯人どもからこのナメック星をお守りいただけないでしょうか。」

悟空「あぁ、任せてくれ。」

ラデイッツ「その悪党どもっていうのはもしや……!」

悟空「あぁ、ドラゴンボールに目を付けたフリーザだ!」

最長老「敵の強さは未知数です。悪党どもを撃退していただければ、喜んでドラゴンボールは差し上げます。」

最長老「ネイル、この方たちとともにこのナメック星を守ってくれますか…?」

ナイル「最長老様のご命令とあらば、喜んでお受けします。」

ラデイッツ「!!!!」

ピッコロ「!?!?」

悟飯「あっ…あぁ…!」ガクガク

悟空「きやがったな……」

ラデイッツ「フ……フリーザ……!」

ピッコロ「こ、この邪悪な気がフリーザ……」

悟空「みんな、気を引き締めてくれ。オラたちが負けちまえばこのナメック星がむちゃくちゃになっちまう。」

最長老「異星の方に星の命運を任せてしまうのは心苦しいですが、あなたがたのみが頼りです……どうかお願いします。」ゴホッゴホッ

ネイル「最長老様!」

最長老「」ニコ
最長老「大丈夫です。あと数日はもつでしょう。」
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 22:33:09.14 ID:L12/ohPqo
潜在能力解放能力あったな
111 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/29(水) 22:34:47.23 ID:P5PYydAU0


ザーボン「フリーザ様、調べたところクウラ様が到着するまであと30分ほどになります!」

フリーザ「さすがに早いですね……それまでにドラゴンボールを集めますよ!」

ザーボン「はっ!」

ザーボン「それと、ベジータとナッパも数十分でこちらに到着します。」

フリーザ「ふっふっふ、たかが猿の1匹や2匹、放っておうてもいいでしょう。」

フリーザ「いざとなれば兄さんが到着するまえにザーボンさんとドドリアさんで片付けてしまいなさい。」

フリーザ「まずは情報収集からはじめましょう。ここから近い場所に直接赴きます。」

ドンッ ドンッ ドンッ ドンッ ドンッ
プシュー……

ギニュー特戦隊「「リクーム!!!バータ!!!ジース!!!
グルド!!!ギニュー!!!
みんなそろってギニュー特戦隊!!!!」」

パンパカパーーン!!!

ギニュー「フリーザ様!我々はいかがなさいましょう!!!」

フリーザ「す、素晴らしく早い到着ですね、ギニューさん。」

ギニュー「えぇ!キュイのバカ者の通信をきいて呼ばれる前にナメック星に目的地を変更したのです!」

ギニュー「あのクウラ機甲戦隊と決着をつけられる絶好の機会に我々の血もたぎっております!」

ギニュー「そうだフリーザ様!我々の出撃のダンスなど、いかがでしょう!!!」

フリーザ「え、えぇ、でももう時間がありませんので…それはまた次の機会にとっておきましょう……」

フリーザ「ドラゴンボールの情報は直接、と思っていましたが……近隣にはギニュー特戦隊のみなさんで向かってもらいましょう。」

フリーザ「では、ギニュー特戦隊のみなさん。吉報をまっていますよ。」

ギニュー「はっ!よぉしお前ら!いくぞ!」

「「おー!!!」」ギューーン



ギニュー「たのも〜〜〜う!!」

ギニュー「たのも〜〜〜〜〜う!!!」

ムーリ「……なんだ、異星のものよ。」

ギニュー「ご老人。ドラゴンボールをしっているか?」

ムーリ「しらん。」

ジース「」ビッ ボー…ン…

ムーリ「なっなにを……!」

ジース「とっとと吐いた方がみのためだぜ」

ギニュー「やめないかジース!!!」

112 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/29(水) 22:37:12.30 ID:P5PYydAU0
ギニュー「驚かせてしまって済まない、うちのやつらは気が短いんでな。」

ギニュー「なにも無理やり奪いたいわけではないのだ。」

ギニュー「ただドラゴンボールについてお尋ねしたい。」

リクーム「やっぱ隊長はやさしいぜー!!!」

グルド「最高だぜ!!」

ギニュー「だが、口を開かないのであればこちらも武力行使しかない。」

ムーリ「ドラゴンボールの情報さえ聞けば、村のものに手は出さないと誓うか?」

ギニュー「ギニュー特戦隊の名において、誓おう」

ムーリ「……ドラゴンボールは7つ集めないと意味がない。」

ムーリ「それはそれぞれの村長が村の奥に大切に保管し、試練をクリアした知恵と勇気をもっている勇者にのみ願いをかなえることを許可している……!」

ムーリ「決してお前たちのような悪しき存在に渡すものではない……!」

バータ「おいおっさん、あんま偉そうな口きいてると……」

ギニュー「いいのだバータ、オレはフリーザ様に今のことを言伝する。」ピピッ



リクーム「なぁ、ナメック星人のオッサン、おとなしくドラゴンボールを出す気はないか?」

ジース「隊長は優しいからあぁいってるが、きっとフリーザ様に伝われば全員殺してでも奪えと命令される……」

バータ「そうなっちまえばギニュー隊長も優しくはしてくれねぇぜ……」

グルド「あぁ、今のうちに出しちまった方がいい」

ギニュー「フリーザ様より、殺してでも奪えとのお達しだ。すまないなご老人。」

ムーリ「なっ!!!約束が違うぞ!!!」

ギニュー「約束よりもフリーザ様の命令優先だ。さぁ、最後にもう一度聞こう。」

ギニュー「ドラゴンボールを渡せ!」

ムーリ「おまえたちのようなやつに、死んでもドラゴンボールは渡さん!!!」

ギニュー「なら仕方あるまい……やるぞ、お前たち!」ピピピ

ジース「お、なかなかの戦闘力反応ですよ隊長!」

グォオオ

ムーリ「おぉ!!!きてくれたか!」

若者A「」キッ

リクーム「お強そうないナメック星人じゃなぁい、どれ、戦闘力は……」ピピッ

リクーム「なぁんだ、1000程度かよ。」

ギニュー「片付けろ」

リクーム「はぁ〜〜い」

ジース「おいまてよリクーム!」

バータ「そうだぜ、1人でやっちまうつもりだろ!」

リクーム「いいだろ、今度パフェ奢ってやるからよ」

バータ「ちぇ、いっつもそうやっておいしいとことってくんだよなぁ」

ジース「おいしいとこ、と言ってもパフェの話じゃないぜ!」



113 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/29(水) 22:37:55.74 ID:P5PYydAU0
リクーム「さて、お命ちょうだい!とうっ!」ビシッ

若者A「なめるなよぉ!!!」

リクーム「」ピピッ

リクーム「いいじゃなぁい!戦闘力をコントロールできちゃうの、なかなかいいじゃなぁい!」

ゴッ バキッ ゴスッ

リクーム「ふっふ〜〜ん、相手にならねぇな」

若者「おごご……」ピクッピクッ

ムーリ「くっ……」

ギニュー「まだ口が硬いようだな。」

バータ「隊長、家の中にガキが隠れてましたよ」

ムーリ「カルゴ!!デンデ!!」

ギニュー「若者だけでなく子供まで殺されたくないだろう?」

ギニュー「オレもガキを殺すのは気が引ける。」

ムーリ「わ、わかった……ドラゴンボールをわたす……!」

ジース「最初からそうすればよかったんだよなぁ」



ギニュー「では、残りのドラゴンボールがある村の場所もおしえてもらおうか」

ムーリ「なっ、なにを!!!約束がちがう!さっさとここから去れ!!」

ギニュー「リクーム、ここらをさら地にしてしまえ。」

リクーム「はぁ〜〜い隊長」

リクーム「リクーム!!!ウルトラ!!!ファイティング!!!!」

ムーリ「や、やめろ……やめてくれ……!」
114 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/29(水) 22:41:10.82 ID:P5PYydAU0
リクース「スペ!!!!!」

シュンッ シュバッ

ドゴッ

リクーム「ス、スペ……スペペ……」

悟空「バカでかい気をだしてくれたおかげでわかりやすかったぜ。」

ラデイッツ「ダブルサンデー!!!」ビッ

ギニュー特戦隊「!?!??!?」ババッ

ラデイッツ「ちっ、外したか。」

ネイル「ゆ、許さんぞ……!」ゴゴゴ

ピッコロ「ふざけた真似しやがって。宇宙のゴミどもめ。」コキッ

悟飯「みなさん!いまのうちに逃げてください!」

悟空「悟飯!おめぇは倒れてる人たちを安全な場所に運んでやるんだ!」

悟飯「はいっ!」

ギニュー「リ、リクームはフリーザ軍でも1、2を争うフィジカルをもっている……」

ギニュー「それを一撃で……あいつなにものだ……」

悟空「おめぇたち!それ以上この星の人たちを傷つけるのは許さねぇぞ!」

ジース「くっ、バータ!あいつの戦闘力は!」

バータ「……5000程度だ……」ピピッ

グルド「う、うそだろ?」

ギニュー「バカもの!!!さきほどのナメック星人と同じだ、スカウターの数字に騙されるな!」

ギニュー「ポーズ!!!!!」

ギニュー特戦隊「「バータ!!!ジース!!!
グルド!!!ギニュー!!!
みんなそろってギニュー特戦隊!!!!」」

ギニュー「くっ……リクームがいないからポーズがきまらんではないか……!!!」

ギニュー「許さんぞ!!!貴様!!!」



115 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/09/29(水) 22:46:27.09 ID:P5PYydAU0
いったんここまで
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 22:47:38.47 ID:+AGPu0ZEO
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 23:07:37.53 ID:FvQHVNSDO
同じやられ方するリクームで草
特戦隊は割と話が通じるんだなあ…
まあ仲間にする意味は無いだろうけど
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/29(水) 23:33:21.95 ID:12bYlpUK0
ボディチェンジが怖すぎるからギニューだけは何としてでも無力化しないと
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/09/30(木) 03:38:53.28 ID:lcW/PzAro
オランジーナにしかみえんわスレタイ
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/09/30(木) 09:59:17.96 ID:PitG5ej/O
地球にはドクターウィローがいるか?
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/30(木) 12:12:20.37 ID:v7EZ7wgtO
ドクターウィローは界王拳使えるクリリンなら普通に倒せるはず
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/30(木) 16:41:12.95 ID:q/kl60OOO
アニオリ展開だけどナメック星〜悟空帰還までにガーリックJr出るよな
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/30(木) 16:41:14.78 ID:J+ag92hm0
バリアならチェンジ防げそうだな
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/30(木) 17:49:47.81 ID:J+ag92hm0
原作で誰もやらなかった太陽拳と気円斬のコンボ見たい
悟空は瞬間移動かめはめ波とか瞬間移動気円斬とかやってるけどな
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/30(木) 20:50:00.81 ID:DNDn0N4DO
神コロ様止まりだったのを最長老パワーアップの可能性を示したのは考えたなあ…
126 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 02:19:17.61 ID:Rn2yQe9y0
プシュー ザッザッ

ナッパ「ふぅ、どうやらカカロットと特戦隊のやつらがぶつかってるみてぇですぜ。」

ベジータ「あぁ。それにどうやらお客さんのようだな。」

ギュゥウゥウン

キュイ「ベジータ〜〜〜!!!」

ベジータ「これはこれは、おまぬけキュイさんじゃねぇか。」

ナッパ「このあとフリーザに殺される覚悟はできてるか?」

キュイ「うっうるさい!!!お前たちの首をもってフリーザ様に献上してやる!!」バッ

ベジータ「できるもんならやってみろ。ナッパ、遊んでやれ。」

ナッパ「あぁ。」コキッコキッ

キュイ「」にや…

キュイ「なんだお前ら、地球で死にかけて戦闘力が落ちてるじゃねぇか……」ピピッ

ナッパ「いつまでもそんなモンにたよってるからお前はダメなんだよ。」

キュイ「なにぃ!?」

ナッパ「エリートサイヤ人の吸収力ってやつを見せてやるよ……」ゴゴゴゴ

キュイ「!??」

キュイ「バ…バカな……お前はもともと戦闘力5000も満たなかったはず……!」

ベジータ「マヌケめ、オレたちはたえず実戦で戦っていたんだ。」

ベジータ「ナッパはラディッツとオレに殺されかけ、さらに戦闘力を上げている。」

ナッパ「フリーザのところでぬくぬくとしてたてめぇのそのツラ、最高に笑えるぜ」

キュイ「せ…戦闘力20000……!」

ドウッ

キュイ「はっはやい!!!」

ドズッ

キュイ「お“っ……」
127 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 02:20:18.38 ID:Rn2yQe9y0



ピピピ!

ドドリア「どうしたザーボン!」

ザーボン「ベジータだろう、戦闘力が20000を記録している。」

ドドリア「地球でなんかつかんだみてぇだな。」

フリーザ「おどろくことはないでしょう。あなたたち二人で戦えば十分に勝てる数値じゃありませんか。」

フリーザ「ベジータ、ナッパ、ラデイッツ……このわたしに表立って反逆しはじめるとは……」

フリーザ「ザーボンさん、ドドリアさん。ベジータとナッパをつれてきなさい。」

ドドリア「はっ!」

ザーボン「かしこまりました。」

ギューン

フリーザ「さて、わたしはギニュー特戦隊のみなさんのもとにでも行きましょうか。」

フリーザ「どうやら手こずっているみたいですからね!」フワ ギューン
128 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 02:21:05.22 ID:Rn2yQe9y0



キュイ「ま“……まってぐれ……」ゼェゼェ

キュイ「そ、そうだ、オレも仲間にしてくれよ!な?オレもフリーザは前から気に入らなかったんだよ!」

ベジータ「やれ、ナッパ。」

キュイ「ぐ、ぐぬぬ……あっ!!!フリーザさま!」

ベジータ&ナッパ「「なにっ!」」

キュイ「うががーーーー!!!!」ドドドドドドド

モクモク……

ナッパ「ふぅ、驚かせやがって。」

ナッパ「」カパッ

キュイ「フッ…フリーザさまーーーッ!!」ジュッ

ベジータ「これでオレたちの場所はフリーザにバレただろう。」

ナッパ「これからどうするんで?」

ベジータ「なんとかカカロットたちを出し抜いて、フリーザ、クウラを共倒れにさせ、オレたちでドラゴンボールを確保する。」

ナッパ(ノープランだろうな。)

ベジータ「フリーザどもの天下はこれまでだぜ……!」

スタッ スタッ
129 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 02:22:16.21 ID:Rn2yQe9y0
ナッパ「お」

ベジータ「くっくっくっ、これはこれは」

ザーボン「調子になるのはそこまでだ、ベジータ。」

ドドリア「フリーザさまがおよびだぜ、こい。」

ベジータ「どう引きはがそうかと思っていたが、まさかそっちから出向いてくれるとはな。」

ナッパ「ギニューたちと戦ってるカカロットさんに感謝しねぇとな。」

ドドリア「へっへっへ、随分余裕じゃねぇか、戦闘力2万程度で自信をつけやがって。」

ナッパ「2万程度で悪かったな」

ザーボン「なに……?」

ベジータ「さっきのはナッパだ。オレじゃぁない。」

ベジータ「そのスカウターでよく見ていやがれ、サイヤ人の王子の実力を……!」ゴゴゴゴ

ザーボン「20000……!21000……!」ピピーボンッ

ドドリア「29000……!?35000……」ピピッ

ザーボン「ベ、ベジータの戦闘力は……?」

ドドリア「4万だ…・・・」

ザーボン「!?!???」

ベジータ「で?どっちがオレさまの相手をしてくれるんだ?」

ザーボン「……」バッ ギューン

ベジータ「逃がすか! ナッパ!貴様はドドリアと遊んでいろ!!!」

ナッパ「おう!」ギュンッ

ガッ

130 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 02:23:17.55 ID:Rn2yQe9y0
ドドリア「このオレをみくびるなよ!!!!」

ナッパ「へっへっへ、なにを焦ってるんだ?」



ザーボン「」キュッ

ベジータ「む? おいかけっこはおしまいか?」

ザーボン「逃げていたのではない。」

ザーボン「変身した姿を多数に見られたくなかっただけだ……!」

ベジータ「変身…?」

ザーボン「きさまは長年眠らせていたわたしの真の力を目覚めさせてしまった…」

ベジータ「はーっはっは!!!おもしろいジョーダンだ!!!」

ベジータ「くっくっく、みせてみろよ。」

ザーボン「いわれなくとも見せてやる……」ドンッ ドンッ バッ ギャウッ

ぶんっ

ベジータ「」サッ

グアッ ドンッ

ザーボン「ふははっ!にげられると思うのか…!」

ドゴッ 
バシィッ

ベジータ「ふっ、自信満々にとびかかってくるからどんなもんかと思えば、こんなものか?」ギュゥゥウウ

ザーボン「なにっ う、うごぉぉお……拳が!!!」ギリギリ

ベジータ「痛いか?話してやろう。」パッ

シャッ

ベジータ「ずあああっ!!!」バギッッ

ベジータ「でやあああああ!」ドガッ

ザーボン「」ギーーーン ズッボーー…ン

ザーボン「お…おのれ…よくも……〜〜!!」

ベジータ「ザーボンさんよ、アンタの死はもう近いようだ。」

ザーボン「ぐっ……残念ながら戦闘力で完全に負けている……」スッ

ザーボン「殺せ。最後は美しい姿のまま死にたい。」

ベジータ「ふんっ、かっこつけやがって。」スッ

ベジータ「ビックバン・アタック!」ドウッ

ザーボン「フッフリーザさま!!!」ズガーン……パラパラ



131 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 02:24:15.12 ID:Rn2yQe9y0
ドドリア「ぜぇっ……ぜぇっ……」

ナッパ「はぁ……はぁ……」

ドガッ ボゴッ バギッ

ドドリア「サ、サイヤ人が……!」

スーーー スタッ

ベジータ「なんだナッパ。まだ遊んでるのか。」

ドドリア「ザ、ザーボンは……!」

ベジータ「オレが無傷でここにいることが何よりの証明だろ?」

ドドリア「ぐ、ぐぅ……」

ドドリア「そ、そうだ!!このオレをこのまま見逃してくれたらある秘密を教えてやる!
惑星ベジータのことだ!!」

ベジータ「惑星ベジータ……?」

ドドリア「お、おまえたちサイヤ人の惑星ベジータは巨大隕石の衝突で消失したのではない……」

ナッパ「な、なんだと!!!」

ドドリア「数多くのサイヤ人が団結しだせば……やっかいになるとフリーザ様は踏んだ……」

ドドリア「お前たちのようにとびぬけた戦士が妙に力をもてばいつまでも従順ではない……」

ドドリア「そう考えたフリーザさまはサイヤ人もろとも惑星を消し去ったのだ……!」

ナッパ「くっ……やっぱりそうか…!あの野郎……!」

ドドリア「はっはは!!さすがにショックが大きかったようだな!!!」

ベジータ「かんちがいするなドドリア。」

ベジータ「オレには仲間、親、星のことなどどうでもいい。だが……」ニヤ

ベジータ「そうとはしらずガキの頃からいいように使われてた自分にムカっ腹が立っただけだ……!」

ドドリア「ひっ……」

ベジータ「でぇや!!」ビッ

ドドリア「」ボンッ

ベジータ「へっ、きたねぇ花火だ。」

ナッパ「ベ、ベジータ……ほんとによかったのか?星は……ベジータ王は……」

ベジータ「……ふんっ、フリーザにペコペコしているサイヤ人など死んだほうがマシだ。」
132 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 02:26:08.95 ID:Rn2yQe9y0
ベジータ「それに、フリーザが恐れたとおりになっている。」

ベジータ「オレたちサイヤ人がフリーザを倒す。」

ベジータ「それにはナッパ。キサマの力も……必要だ。」

ナッパ「ベ、ベジータ……」

ベジータ「勘違いするなよ。別に地球のことでどうこう思ったわけではない。」

ベジータ「いつまでもウジウジしてる大男を見ているのが気色悪かっただけだ。」

ナッパ「お、おう!オレたちサイヤ人の力をあいつらに見せつけてやろうぜ!!!」

???「へぇ、誰に何を見せつけてくれるって?」タッ

タッ タッ

ドーレ「ドーレ!」

ネイズ「ネイズ!」

サウザー「サウザー!」

クウラ機甲戦隊「クウラ機甲戦隊!!!」

ナッパ「な……」

ベジータ「ちぃ、もう到着してやがった……!」

サウザー「ふん、戦闘力5万も満たないザコどもめ。」ピッ

ドーレ「へっへっへ……」ボキッボキッ

ベジータ「ちぃ……」
133 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 02:29:14.00 ID:Rn2yQe9y0



ギニュー「許さんぞ!!!貴様!!!」

ギニュー「あの山吹の胴着のやつをねらえ!!」

ギニュー「ギニュー特戦隊、スペシャルアターック!!!」

グルド「キエェェエエ!」ピッ

悟空「くっ!?」ピタッ

ジース「はあああああああ」
バータ「うおおおおお」
「「パープルコメットアターック!!!!」」ドウッ グルグルグル ズドー……ン

ギニュー「ミルキーキャノン!!!」チュドッ

ボガー……ン

ラデイッツ「カ、カカロットーーー!!!!」

モクモク……

ギニュー「やったか!!」

モクモク……ボッ 

グルド「ぎゃっ」ドサ ブスブス



バータ「いっいない!!!」

ジース「グ、グルド!?」

「いまだ!!!!!!!!」


ラデイッツ「つえァ!!!」

ギニュー「むっ!」

ラデイッツ「お前の相手はオレがしてやる!」

ギニュー「キサマも中々すさまじいパワーだ!!」


ピッコロ「お前はオレだ。」

バータ「宇宙一のスピードをもつオレさまにかなうかな、ナメック星人…!」


ネイル「同胞の痛みを思い知らせてやる!」

ジース「ぐっ、この……!」



ベジータ「グ…グハッ……」ドサ

クウラ「フリーザめ。部下の躾がなっていないようだな。」

サウザー「それにしても、この程度の戦闘力で反旗を翻すとは……」

クウラ「猿は猿、というわけだな。」

ナッパ「ベ……ベジータ……」

ドーレ「おっと、まだ遊べるのか?」ギリギリ

ナッパ「ぐあああああああああああ」

サウザー「」ブゥン

サウザー「トドメだ、サイヤ人」

ベジータ「く、くそったれ……!」

134 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 02:46:09.47 ID:Rn2yQe9y0
シュンッ バキッ

悟空「だぁりゃ!!!!」

サウザー「!?!?!!?!」ギューー……ン ドゴッ

クウラ「なにっ、キサマ今どこから……!」

悟空「」キッ!

ドーレ「!?」ギューン ゴロンゴロン ドガッ

ベジータ「カ……カカロット……!」

悟空「大丈夫か?ベジータ、ナッパ。」

悟空「ふたりとも、何も言わずこれを食ってくれ。」ポポイ

悟空(これで仙豆は0……兄ちゃん、あと1粒は有効に使ってくれよ……)バサバサ ポイッ

ベジータ「これは……」カリッ

ナッパ「これは地球でヤムチャがくれた……助かる……!」カリッ

悟空(にしても……こいつは……フリーザ……?)

クウラ「……」

サウザー「ぐぅう……よくもやりやがったな……!」

ドーレ「」ガラガラ バキッ パキッ

悟空「ベジータ、ナッパ、こいつらは頼めるか?」

ベジータ「オレに命令するな。」

悟空「ナッパ、ベジータ、こいつらを倒したらすぐに兄ちゃんのもとにむかってくれ。」

ベジータ「命令を ナッパ「わ、わかった。カカロット、勝算はあるのか……?」

ナッパ「オレにはよくわからねぇがあのフリーザににてるやつ……フリーザよりも…!」

悟空「」ニッ たら〜…

クウラ「あの時のガキか……」

クウラ「サイヤ人1人でオレを相手にするつもりか?」

悟空「行くぞ!!!!」バッ

ドゴゴゴゴゴ バッ ドゴッ ガシッ

クウラ「少しはやるようだな……!」

ドボンッ!
135 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 02:48:43.50 ID:Rn2yQe9y0
いったんここまで
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/01(金) 03:07:21.36 ID:MQSyv8KFO
面白い
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/01(金) 09:51:32.00 ID:2QATzIRU0
ナッパはともかく、ベジータが原作より強くなったのは、スーパーサイヤ人を見たから?
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/01(金) 11:40:08.20 ID:OPQMuiwDO
いきなりクウラはキツそうだ
750万でも今の悟空まだそこまで行ってないよね多分
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/01(金) 12:24:02.20 ID:sMyLYXa20
最終フリーザで1億5000万なんだからクウラはもっと上なんだろうな
140 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:03:00.95 ID:Rn2yQe9y0
ネイズ「クウラ様!」

サウザー「いい!たかがサイヤ人1人、クウラ様の相手ではない、それよりも……」

サウザー「おまえたちを先に片付けねばな。」

ベジータ「かぁっっ!!」ドウッ

サウザー「なにっ!?」サッ

ネイズ「うぎゃっ!」プスプス ドサッ

ナッパ「てめぇの相手はオレだ!!!」

ドーレ「ぐっっっ!!!な、なんだこいつ、さっきまでは手を抜いてやがったのか!?」

ベジータ&ナッパ「「サイヤ人は戦闘民族だ!!!!舐めるなよ!!!!」ドウッ
141 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:04:35.94 ID:Rn2yQe9y0



ピッコロ「っぺ。なにが宇宙一のスピードだ。」

バータ「」

ネイル「はぁ……はぁ……」

ジース「く……くそ……このオレがナメック星人なんかに……」ガクガク

ギニュー「バータ!ジース!!」

ギニュー「く、なぜだ……なぜサイヤ人とナメック星人がここまでの戦闘力を……!」

ラデイッツ「フン、まだ絶望し足りんらしいな。そのスカウターでよく見ておけ……オレのパワーを……!」ゴゴゴ

ギニュー「120000……140000……160000……!」

ラデイッツ「これが100倍の重力を克服したオレさまのパワーだ……」

ギニュー「に……210000だと……!?」

ラデイッツ「いっておくがカカロットはオレの数倍も強いぞ。」

ギニュー「あ……悪夢だ…ギニュー特戦隊がこんな……」

ラデイッツ「さぁ、お遊びはここまでだ……一瞬で楽にしてやる!」

ギニュー「くっ……くくくっ……!もらってやるぞキサマの体を……!」ズボッ

ラデイッツ「……」スッ

ギニュー「チェーンジ!!!!!!」ズオッ

スカッ

ギニュー「なに!?!?」

ラデイッツ「ギニュー特戦隊の隊長ともあろうおかたが相当焦っているようだな!!!!」ズドッ

ギニュー「が……」

ラデイッツ「カカロットがお前らの煙幕ショーの合間に教えてくれたんでな……」

ラデイッツ「残像を仕込ませてもらった。」

ギニュー「フ……フリーザさまァ!!!!」

ラデイッツ「サタデークラッシュ!!!!!!!!」ドンッ

ギュー……ン ボンッ パラパラ

142 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:05:34.13 ID:Rn2yQe9y0
ラデイッツ「キサマらにもプレゼントしてやる!」ズドドッ

バータ「」ジュッ

ジース「ぐおおおお!」ボッ

ラデイッツ「100倍の重力での修業と最長老から潜在能力開放……ふははは!ここまで素晴らしいとは……オレも超サイヤ人への覚醒が近いようだ……」

ビッ

ラデイッツ「!?!?」ドサ

ピッコロ「ラデイッツっ……!」

ネイル「なにがっ……」

フリーザ「サイヤ人が1人。ナメック星人が2人……ギニュー特戦隊はこんなのに敗北したんですか……」フゥ

フリーザ「フリーザ軍も地に落ちたものですね……」

ピッコロ「な……なんて気だ……底知れん……」ガクガク

フリーザ「」ピピッ

フリーザ「死にかけの猿、戦闘力120000が1人、42000が1人、すみませんね、私の不意打ちのせいでせっかくの戦力が1人減ってしまったようで。」

フリーザ「でもすばらしいですよ、普通のナメック星人とはちがうようですね。」

フリーザ「参考までに教えておきましょうか。わたしの戦闘力は53万です。」

フリーザ「さ、これから地獄以上の恐怖を味合わせてあげますよ……!」スタッ

ネイル「ほざけーーーーっ!!!」ドウッ
143 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:06:25.93 ID:Rn2yQe9y0
ピッコロ「ちぃ!!!」バッ

ガガガッ ドガッ ドガガガガ!!

フリーザ「いいマッサージですねぇ!」バシンッ

ネイル「がっ……」

フリーザ「お返ししますよ」ブンッ

ネイル「うおおおお」ギューーーン

ドゴッ

ピッコロ「ぐっ」ギューン

ザッ 

ピッコロ「消えた!」

フリーザ「こんにちは。」バキッ

バキッ ドカッ

ネイル「」ドサ

ピッコロ「はぁっ……はぁっ……」

フリーザ「お友達は限界みたいですね、ではそろそろ猿と同じ場所に送ってあげましょうか」ピッ キュゥウウン……

ピッコロ「こ、ここまでか……」

バキッ

144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/01(金) 15:16:07.47 ID:IzDbCcM9o
ラディッツ調子に乗るから…
145 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:20:55.93 ID:Rn2yQe9y0
フリーザ「!?!??」ギューン

ラデイッツ「ちぃっ、完全に油断してたぜ……!」

ピッコロ「ラ、ラディッツ!」

ラデイッツ「カカロットが最後に残しておいてくれた仙豆のおかげだ……もうないがな……」

フリーザ「」ワナワナ

フリーザ「は、初めてですよ。この私をここまでコケにしたおバカさんは……」

フリーザ「絶対に許さんぞムシケラども!!!!!ジワジワとなぶり殺しにしてやる……!!!」

チュドーーー……ン

フリーザ「なっなんだ!!!」

スタッ スタッ

ベジータ「よう、フリーザさんよ。」

ナッパ「へっ、見てたぜラデイッツ。あのフリーザに一撃浴びせるなんてよ、もう弱虫とは言えねぇな。いや、言わねぇよ。」

ラデイッツ「ベジータ……ナッパ……そうか、カカロットが」

ナッパ「あぁ、カカロットはあいつにそっくりのやつと戦ってる……」

ラデイッツ「サイヤ人でフリーザ一族を滅ぼすときがきたってわけだ……」ニヤ

フリーザ「……」ピクピク

フリーザ「いい気になるなよ猿ども……!」
146 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:21:26.74 ID:Rn2yQe9y0
ベジータ「勝てる! オレたちサイヤ人で力を合わせれば勝てるぞ……!」

ナッパ「あぁ、これまでの雪辱を果たしてやるぜ…!」

フリーザ「いちいち癇にさわるヤローどもが!!!!!」ドンッ

バッ バババッ ガッ ドガッ 

ナッパ&ラディッツ「ぜぁ!!!!」ドガッ

フリーザ「!?」ギューン

シュビッ

ベジータ「はああああああああああ!!!!」ゴンッ

フリーザ「なっ……!」ギューーンッ ドガッ キッ
147 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:22:26.61 ID:Rn2yQe9y0



ムーリ「ここまでくればもう安全でしょう……」

悟飯「じゃ、ボクももういかないと……!」

デンデ「まって!」

ムーリ「デ、デンデ!」

デンデ「あ、あの……ネイルさんやもう一人のナメック星人の人も戦っているんでしょう……?」

デンデ「ボ、ボクもつれていってください!絶対に役に立てます……!」

悟飯「で、でも……」

ムーリ「……悟飯さん、デンデをつれていってやってください。」

ムーリ「村の若者たちに特にかわいがってもらっていたのがデンデなのです。」

ムーリ「それにデンデは優秀な龍族、必ず皆さんのお役にたてます……!」

悟飯「……わかりました! いこう!デンデ!」

デンデ「はいっ!」


148 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:23:57.79 ID:Rn2yQe9y0
悟空「ぐっ……」ギリギリ

クウラ「もっと本気をだしていいんだぞ、サイヤ人。」

悟空「へっ、じゃぁそうさせてもらうよ……!」ゴッ シュインシュインシュイン

クウラ「なっ!?」

超悟空「であああああ!」バキッ

ドゴッ

クウラ「ぐっ……!」

超悟空「でぁりゃ!!!!」ブンッ

クウラ「くっ……さすがにやるな……」

クウラ「だが、これからが本当の地獄だ。その地獄を見てお前がどんなに泣き叫ぼうがオレは容赦はしない……」

クウラ「オレたち変身タイプの宇宙人はあふれ出るパワーを抑えるために普段は力を抑えている。」

クウラ「オレはあと1回……ここからさらにパワーアップできるが、お前はどうかな?」ズゴゴゴゴゴ ボゴッ 

超悟空(フ、フリーザ以上のすげぇ気だ……!)

クウラ「さぁ……始めようか……!」シューン ガチッ

クウラ「はっはっは!!!」ガシッ ギュゥウン ドゴッ

超悟空「ぐぁっぁああっ」ガシッ グルンッ バッ

クウラ「さすがサイヤ人……」

ドガッ バババ ガッ ガガッ

クウラ「どうした?超サイヤ人の力はこんなものなのか?」

超悟空「ま、まいったな……ちょっと勝ち目がねぇ……」

クウラ「行くぞ!!!!」ガッ

ボゴッ ズンッ ガガガガガガ……

超悟空「はぁ……はぁ……」

クウラ「はははは!!!!楽しませてもらえるぜ!!!!」

超悟空「くっ……かめはめ……波ァア!!!」

ズォォオオオオオ 

ズン ズン ズン

超悟空「か、かめはめ波を気にせずつめてきやがる……!」

ズドッ

超悟空「がふっ……」ドサ
149 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:24:53.62 ID:Rn2yQe9y0

フリーザ「ふっふふ……いいだろう、見せてやる……!」

フリーザ「このフリーザの変身を……!」

ラデイッツ「へ、変身だと……!?」

ベジータ「おそれるな、ハッタリだ。そこまでは変わらん……」

フリーザ「よーくみておきなさい。めったにみられるものではありませんよ。」ボンッ

ナッパ「な……ジャケットを?」

ベジータ「なにが変身だ……そいつをぬいで身軽になるってのがきさまの変身か?」

ブルブル……

フリーザ「ほああああ……あああ!!!」ドンッ ドンッ

グググ…

ラデイッツ「あ……あぁ……」

ベジータ「こ、こんなことが……」

フリーザ(第2形態)「へ…気をつけろよ、こうなってしまったら前ほどやさしくはないぞ。」

フリーザ「ばっ!!!!!」グアッッ


150 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:25:40.89 ID:Rn2yQe9y0
パラパラ……

ピッコロ「ぐっ……今の衝撃でかなり遠くまで吹き飛ばされてしまったようだ…」

ネイル「」

ピッコロ「おいっ!生きているか!」

ネイル「」ピクッ

ネイル「わ…わたしと同化しろ……」

ピッコロ「なに!?」

ネイル「時間がない……わたしはもうだめだ……」

ネイル「お前の力が……数倍にもなるぞ……」

ピッコロ「うれしい申し出だがゴメンだ…!オレはオレでいたい」

ピッコロ「人格までキサマと同化したくはない…!」

ネイル「し…心配するな、わたしはあくまできっかけにすぎない……」

ネイル「人格はあくまでお前のもの……だ……」

ピッコロ「………いいだろう……」


151 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:30:53.14 ID:Rn2yQe9y0
悟飯「やめろおおおおおおおおお!」ドンッ

バキッ ガウッ ドガッ

悟飯「うわああああああああああああああ!」ドウッ

カッ ドオウゥウオォオオン……

ラデイッツ「ご、悟飯……なんというパワー……あの時のスカウターの数値は故障ではない、やはり悟飯は危険がせまるとすさまじいパワーを……」

悟飯「おじさん!大丈夫!?」

ラデイッツ「あ、あぁ、助かった。」



デンデ「そ、その人も悟飯さんの仲間ですよね…?」

ナッパ「な、なんだお前!」

デンデ「どいてください!すぐになおします……」



ムクッ

悟飯「!!」

フリーザ「あいてが悪かったな……ただ怒りをかっただけだ。」

ゴゴゴゴゴ

悟飯「あ……あ……」

シュビッ

ラデイッツ「悟飯!!!!」

バギッ

ダウッ

悟飯「」ピクピク

フリーザ「ふはは、首の骨が折れてしまったようだな。」

ラデイッツ「」ざわっ

ラデイッツ「オレの甥っ子になにしやがる!!!!!!」ギュオッ

バギッ ドガドガドガ
152 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:34:04.12 ID:Rn2yQe9y0
フリーザ「ちぃ、やはりあのガキサイヤ人か!!!!」

ラデイッツ「うおおおおおお」

フリーザ「やはり星ごと消して正解だった……!サイヤ人は……死ね!!」ドゴッ

ラデイッツ「ぐぅ……」ガクガク

バギッ

ピッコロ「……待たせたな。」

ラデイッツ「ピ…ピッコロ……」フラッ ドサ

フリーザ「さっきのナメック星人か……いや、別人か……?」

ピッコロ「さぁて、宇宙のゴミを片付けるか……」

ピッコロ「ずあ!!!!」バキッ

ドゴッ ズオッ ドォォオウン

フリーザ「お、おのれ……!」

グッ ガオッ ギャンッ

フリーザ「」にや

フリーザ「くっくっく、正直なめていたが、想像以上にできるんで実力をみせてやろう……実力をな」

ピッコロ「」ぺっ

ピッコロ「オレもだ、本気でやろう…」

ベジータ「フリーザ!!!!!!!!!!!」ドガッ

フリーザ「なっ!?!?!?」

ドザァ

フリーザ「なぜだ……ベジータはさっきまで死にかけだったはず……!」





153 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:34:48.60 ID:Rn2yQe9y0
デンデ「ご、悟飯さん……!」タッタッタ

悟飯「」

ラデイッツ「い、いそいでやってくれ……」

デンデ「二人とも、すぐ治します……!」



ナッパ「ベ、ベジータもだがナメック星人のほうもすげぇパワーだぜ……!かてる!かてるぞ!!!」



フリーザ「どうやらこのままでは厳しいようだな……」ムクッ

フリーザ「このフリーザは変身をするたびにパワーがはるかに増す……」

フリーザ「そのあと2回、オレは残している。」

フリーザ「その意味がわかるな?」

フリーザ「だが、お前たちの素晴らしいパワーに免じて一気に見せてやろう。」

フリーザ「光栄に思うがいい……!この変身までみせるのはきさまが初めてだ……!」

フリーザ「おおおおおお……!!」

154 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:35:27.89 ID:Rn2yQe9y0

悟飯「」ムクリ

悟飯「助かったよデンデ…!」

ラデイッツ「ふぅ、危なかったな、悟飯。」

スタッ スタタッ

ピッコロ「す、凄まじいエネルギーだ……」

ナッパ「どうやら本気になるらしいな……フリーザのやろう……」

ラディッツ「悟飯……お前だけでも逃げろ。カカロットたちと乗ってきた宇宙船にのれ。」

悟飯「えっ」

ラディッツ「カカロットは遠くで今のフリーザよりも強い敵と戦っている。」

ラディッツ「おそらく……勝てないだろう……」

ラディッツ「お前だけだ、お前が生き残り、地球を、いや、宇宙を守るんだ……」

悟飯「そ、そんな……でもみんなが……」

ピッコロ「ここはオレの故郷だ。オレは残り、やつと刺し違えてでもこの星を守る……」

ピッコロ「だが悟飯、お前さえ生きていてくれればオレたちが敗北したとしても希望はある。」

悟飯「ピッコロさん……」

ラディッツ「さぁいけ!悟飯!これは純粋なサイヤ人とフリーザ一味の戦いだ!!!」

155 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/01(金) 15:36:57.65 ID:Rn2yQe9y0
いったんここまで
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/01(金) 16:28:55.99 ID:IlZzNsEP0
ラディッツじゃなくてラデイッツなのって理由あるの?
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/01(金) 16:31:07.71 ID:OPQMuiwDO
おつです
原作ナメック星編では超サイヤ人が切り札みたいなものだった
それが通用しないのはキツい
現時点ではデンデの復活パワーアップくらいしかもう…
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/10/01(金) 21:17:54.10 ID:54epmCOP0
原作だとフリーザ戦で悟空の戦闘力300万超サイヤ人で1億5000万
フリーザ最終形態フルパワーが1億2000万
20倍界王拳と最終形態50パーセントが同じ6000万
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/01(金) 21:19:07.07 ID:DMrQaGYRO
悟空の死にかけパワーアップが足りない
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/01(金) 21:52:27.36 ID:OPQMuiwDO
億単位までいくの何か違うってなる
ここでは超サイヤ人悟空750万だからおそらくフリーザは700万くらいでそれより強いクウラは少なくとも800万以上か
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/02(土) 08:26:39.81 ID:hzZOnfzC0
作中の描写的には、超サイヤ伝説ぐらいの戦闘力が結構しっくりくるんだよな
地球人もまったく無駄な訳ではなくなる数値。

まあジレンとかのレベルになったら、いずれにせよ億だの兆だのになるだろうけど
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/02(土) 10:15:59.11 ID:Mg3pHHLs0
超サイヤ伝説だと
最終形態フリーザが300万
最終形態フリーザが本気出して450万
超サイヤ人悟空が500万
超サイヤ人ベジータが600万

だっけ
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/02(土) 10:40:21.37 ID:jYQii5f/O
超サイヤ伝説は界王拳の関係で素の悟空の戦闘力が20万くらいに抑えられたからなあ
当時は超サイヤ人は50倍の戦闘力という設定もなかったし
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/02(土) 13:35:35.98 ID:IVRLSQIo0
いいから回復パワーアップだ!
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/02(土) 14:24:30.90 ID:Mpi4LoSGO
デンデー!
早く来てくれー!
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/10/02(土) 15:34:42.26 ID:Zx/j3dUs0
面白い早く続きが見たい
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/10/02(土) 15:46:49.08 ID:Zx/j3dUs0
戦闘力の差を経験と技術と多彩な技でひっくり返そうぜ、太陽拳とか気円斬とか使ってさ
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/02(土) 16:15:18.55 ID:RhsII8mh0
悟空はそういう相手をコロすだけの戦法はやらないって
ベジータがブウ戦で見てたとき言ってたろ
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/10/03(日) 01:33:04.72 ID:RyAYE+v80
支援
170 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/03(日) 02:25:41.07 ID:h58dt4Wd0
更新遅くなって申し訳ない、これから少し更新します
171 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/03(日) 02:27:13.65 ID:h58dt4Wd0
悟飯「……」

悟飯「いやだ!!! ボクだって、孫悟空の……サイヤ人の息子なんです……!」

悟飯「戦いもせず逃げるなんてお父さんは絶対にしない……!」

ラディッツ「ご、悟飯……」

ナッパ「どうやらおしゃべりはおしまいみたいだな……!」

ブオッ

グゴゴゴゴゴ……

ピッコロ「変身が完了したんだ……!」

ベジータ「」ニヤ…



フリーザ「」す…

ビッ

シュンッ

バシッ

ベジータ「……」

ピッコロ(み、見えていたのか、今の攻撃が……)

フリーザ「へぇ……」

ナッパ「ベ、ベジータ……」

ベジータ「じゃまだ、キサマらはひっこんでよくみておくんだな。」

フリーザ「たいした自信だね、ベジータ。」

ベジータ「いまのうちに余裕ぶっこいていろ、フリーザ!!!」ギャウッ

フッ

ベジータ「見えているぞ!!!」

ビュッ

フリーザ「はっはっは……ちょっと本気でスピードをあげたらついてこれないようだね……」

ベジータ「ば、バカな……」

ラディッツ「ナッパ、オレたちもいくぞ……!」

ナッパ「お、おう!!!」

172 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/03(日) 02:29:09.60 ID:h58dt4Wd0
ガガガガガガガ 
サササササササササ

フリーザ「まぁそうあわてるなよ。」トスッ トスッ

ラディッツ「あ……あ……」ガクッ

ナッパ「ぐぬ……」ガクガク

フリーザ「まずはベジータさ、そのあと君たちをゆっくり拷問してあげるからね。」

ベジータ「くっ……くたばれフリーザ!!!!!!!」ドウッ

フリーザ「きええええ!!」バンッ バガッ!

ギュゥウウン

ベジータ「あ……あぁ……」

フリーザ「笑わせるよね、サイヤ人がいくら徒党をくもうがアリが恐竜に勝てるわけないのにさ。」

フリーザ「かるぅく遊ぼうか、ベジータ。」

ベジータ「」ガクガク

ベジータ「ま……まけて……たまるか……!」キッ

フリーザ「へぇ、まだ戦意は失ってないんだね。」



173 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/03(日) 02:30:35.68 ID:h58dt4Wd0


ピッコロ「サ、サイヤ人の誇りだ……あいつの心の根源にあるのは誇りだけだ……」

ピッコロ「だが……プライドだけではどうにもならん実力差がある……!」

悟飯「あ……あ……」



フリーザ「」ギャウッ
ガンッ
ベジータ「お……おぉ…」
ギュッ
バチッ

ダウッ

ナッパ「ベ、ベジータ……」

シュルルウ

グイッ

バキッ

ベジータ「ごふっ!!!」

バキッ ドカッ ガッ ボギッ

ベジータ「あぅぅ……」

ラディッツ「ベ、ベジータが死んでしまう……!」

フリーザ「助けたければ、いつでもどうぞ。」

バキッ ドカッ

ナッパ「うおおおおおおおおおおおおお!」ギャウッ

ダンッ

ナッパ「ラディィイイッツ!!!!!」

ラディッツ「ぐっ……お、おう!!!」ガシッ ポイッ

ラディッツ「悟飯!!!」ブゥン!

悟飯「……!はいっ!」ガシッ

悟飯「デンデ!!!」

デンデ「あ……はいっ!!!」

174 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/03(日) 02:31:37.50 ID:h58dt4Wd0


フリーザ「ふっ、見上げた忠誠心だね、先に死にたいだなんて、さっ!」ドズッ

ナッパ「ごばっ……」ガクガク ギンッ

ナッパ「まだだあ“あ”あ“!!!!!」ガシッ

ギュゥゥウウン

フリーザ「無駄だよ。」ドゴッ

ナッパ「ぐああああ」

ドサッ



ベジータ「はっ……」パチ

デンデ「よ、よかった……」

ベジータ「オ、オレはフリーザに……!」

ピッコロ「ナッパだ。」

ベジータ「なに!?」

ラディッツ「あいつが決死の覚悟でフリーザに突進したんだ……」

ベジータ「あ、あの野郎……誰が助けを求めた……!」ギュンッ

ズザッ

フリーザ「おかえりベジータ。死にに戻ってきたのかな?」

フリーザ「もう回復はさせないよ。面倒だからね。」

ナッパ「ベ、ベジータ……」

ナッパ「へへ……わ、わるいな……また動けなくなっちまってよ…」
175 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/03(日) 02:41:35.20 ID:h58dt4Wd0
ナッパ「で、でもわかるぜ……ベジータ、今度こそカカロットを超えてる……サイヤ人……最強だ……」ゴホッ

ナッパ「オレは……お前に殺されそうになったけどよ……それでもオレは……」

ナッパ「ベジータ、お前を家族みてぇなもんだと……おもって」

フリーザ「そろそろ黙ろうか?」ビッ

ナッパ「!」

ナッパ「あとは……任せたぜ……ベ、ベジータ……」スッ

ベジータ「……」がしっ

ナッパ「今度は投げ……飛ばさないでくれよ……」

ベジータ「……あぁ。」

ナッパ「フリーザを倒してくれ……サイヤ人の……手で……」ガクッ

ベジータ「……バカなやろうだ。」

ベジータ「一度たりともキサマを家族なんぞと思ったことはない……」

フリーザ「猿同士のお涙ちょうだいショーはおわったかな?」

ベジータ「ナッパ……」ざわっ

ベジータ「オレはカカロットやラディッツとは違う。」ざわっ……

ベジータ「オレは……」

ベジータ「誇り高きサイヤ人の王子ベジータだ!!!!!」ゴッ シュインシュインシュイン
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/10/03(日) 04:01:04.06 ID:FRZ7LcZl0
ベジータがフリーザを倒して
悟空がクウラを倒すのか
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/10/04(月) 17:50:36.04 ID:jZ6UhK1Y0
支援
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/04(月) 18:19:35.83 ID:pISUCBh0O
別に支援になってないから
作者来てもいないのにageんな
179 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/04(月) 20:12:15.97 ID:3HK/d/f80
遅れて申し訳ない、リアルが忙しいからゆっくりになるけど水曜木曜はガッツリいける予定なのでもうしばしお待ちを…
180 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/06(水) 05:39:19.91 ID:rtsV3VYq0
フリーザ「なっ……」

超ベジータ「キサマにこれ以上好き勝手させん……」シュインシュインシュイン

フリーザ「なんだこの変化は……サイヤ人は大猿にしか変身しないはず……」

超ベジータ「今こそキサマを殺す。サイヤ人の手でな。」

フリーザ「生意気な口を!!!」ビビビッ

パシッパシッ

シュンッ バギッ ギューーン…… バガッ

フリーザ「」ムクリ

シューン トスッ

フリーザ「どうやら見掛け倒しの変身じゃないみたいだね…」ピクピク

超ベジータ「本気を出す前にアッサリやられてくれるなよ、フリーザ」

フリーザ「生意気なんだよ!!!」ギュオッ

ガッ ガッ シュンッ ガガッ バギッ
181 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/06(水) 05:40:54.37 ID:rtsV3VYq0
ラディッツ「す、すさまじい戦闘だ……」

悟飯「ベ、ベジータもなれたんだ……超サイヤ人に……!」

ピッコロ「仲間を殺そうとしたやつが仲間を殺されて覚醒するとは……」

バババババッ ギュンッ ゴッ ゴッ ズオッ ドー……ン…

フリーザ「はぁ……はぁ……な、なんだベジータの変化は…サイヤ人は大猿にしか変わらんはずでは……」

超ベジータ「今のオレがキサマの最も恐れていた超サイヤ人だ……」

フリーザ「こ、このオレが猿ごときを恐れるなんて思うか?」

超ベジータ「恐れたからこそお前は惑星ベジータを破壊したんだ。」

超ベジータ「わざわざ1か所に集めてな……」

フリーザ「ふっ……これだから宇宙を知らん山猿は……」

超ベジータ「今度はオレがキサマを破壊してやる。」

フリーザ「このフリーザを?くっくっく……超サイヤ人になったからと言って」

フリーザ「図に乗るのはそれぐらいにしておくんだな……」

フリーザ「本当に超サイヤ人だとしても、このオレにキサマなんぞが勝てるわけがない……!!」

グイイン ズボォオオ!

ドドドドドドド

ヒュゥウゥ……

フリーザ「な……」

超ベジータ「フリーザ様ともあろうものが、不意打ちとは……相当焦ってるみたいだな、透けて見えるぜ……」パッパ

超ベジータ「次はオレの番だな。」シュンッ ドズッ

フリーザ「お……お……」ガクガク


パッ ガッ ドズッ ドドド 

フリーザ「ふーっ……!ふーっ…!」

フリーザ「ベ、ベジータァ……」

超ベジータ「ベジータ?クックック……違うな、オレはキサマが恐れた超サイヤ人……」

超ベジータ「超ベジータだ……」ニヤァ

フリーザ「ふ……ふっふっふ……」

フリーザ「ちくしょ〜〜〜〜!!!!!こんなフザけたことをぬかすサイヤ人なんぞに……!!!」

超ベジータ「そろそろ終いにしてやる。」

フリーザ「こうなったら見せてやるぞ……100%のパワーを……!」

超ベジータ「ほう?今以上に強くなるというのか?」

フリーザ「当たり前だ……!」ズオゥッ

超ベジータ「!」ギューーン ボジャン バシャッ スー…

フリーザ「いっておくが今のはまだ全力ではないぞ……」

フリーザ「はああああああ……」ゴゴゴゴ



ピッコロ「は、はなれるぞ、悟飯!近づくと巻き込まれる……!」

悟飯「は、はい!」

ラディッツ(それにしてもカカロットのパワーを感じられん……!まさか負けてしまったのか……!?)



182 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/06(水) 05:42:12.08 ID:rtsV3VYq0
フリーザ「これが……100%……!」ドゥン!

フリーザ「随分素直に待ってくれたじゃないか……!」

超ベジータ「はっ、わかっているぞフリーザ。お前は今まで苦戦をしたことがない。」

超ベジータ「そんなヤツがこのタイミングで100%の力を開放する意味。」

超ベジータ「スタミナ切れを恐れてやがるな?」

フリーザ「」ドズッ

フリーザ「余裕をこくな、お前も同じようなものだろう?」

超ベジータ「ぐぅ…」ガシッ グルングルン バッ

超ベジータ「かあああああああ!」

ガッガッ ドゴッ バキッ ドガドガ シュン バッ ドウッ 

超ベジータ「はぁ……はぁ……」

フリーザ「キサマが死ぬ前にひとことほめておいてやろう…すばらしい強さだったぞベジータ……!宇宙で数えても数本の指に入るだろうな……!」

超ベジータ「勝利宣言か?今から死ぬのにあまりでかい口をたたくと恥ずかしいぞ」

フリーザ「でかい口をきくのもそこまでだ!!!!!今すぐだまらせてやるぞ……!!!」

ズガンッ バッ バッ バババッ ドゴッ
183 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/06(水) 05:43:36.29 ID:rtsV3VYq0



ドサ

悟空「へ、へへ……なんてやつだ……」

悟空「しゅ、修業不足か……」

クウラ「やはり猿は猿。」スゥウ

クウラ「オレが宇宙最強だ……!」

悟空「ま、まいったな……ほんとにまいったぞ……」

チクッ

悟空「……?」



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ヤジロベー「これももってけ!」ポイッ ポイッ

悟空「さんきゅ!」

かりん様「あ“〜〜〜!おまえどうするんじゃ今日の分じゃないか!」

ヤジロベー「かてぇこというない!また下からなんか捕ってくりゃええでしょーが!」

悟空「は、はは。あまったら返すぜ」シュンッ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
悟空「よし……」ピピ
50G
悟空「ぐっ……さ、さすがにこたえるな…!」ボッ シュインシュインシュイン

超悟空「楽ちん楽ちん!」

バッ バババッ サッ サササッ

超悟空「かめはめ……」

超悟空「波ッ!」ボボボボ

ドゴォ! ドガガガガ……

超悟空「が……」ドサッ ピピッ
0G
悟空「くっ……これでっと……」カリッ

悟空「どっひゃ〜〜〜〜〜!効く〜〜〜!」ムンッ

悟空「つぎはっと〜〜」

ラデイッツ「カカロット」

悟空「い“!? 兄ちゃんじゃねぇか、帰ってなかったんか?」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

悟空「あ、あの時のまだ残ってた1粒……そういやここにあったか……」



184 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/06(水) 05:44:54.07 ID:rtsV3VYq0
クウラ「ふははは!!!キサマを殺したらすぐにフリーザと合流し今度こそ猿を根絶やしにしてくれる!!!」ピポッ グゥウウウン

悟空「ヤジロベー……助かった……!」カリッ

クウラ「くたばれ!!!!スーパーノヴァ!!!!」ズオッ

悟空「はああああああああああああ!」シュインッ 

超悟空「」ガシッ

クウラ「オレのスーパーノヴァは絶対に受け止められんぞ!!!」

超悟空「はあああああああああああああああああ!!!!」

超悟空「界王拳……!」キュィイン

超界王拳悟空「かめはめ……波ァァア!!!」ドウッ

クウラ「なっ……!!!!」ギュウウウウウウウン

クウラ「こ、こんな……!」

サッ

クウラ「オ、オレのスーパーノヴァを……!!!」

超悟空「ったく……オレが知らないやつがどんどんでてきやがる……」

超悟空「そんなわけわかんねぇ状態だってのに、ワクワクしてきたぜ……」ニッ

クウラ「キ、キサマ……なにものだ…!!!!!」

超悟空「とっくにご存じなんだろ?」

超悟空「オレは地球で育ったサイヤ人。」

超悟空「サイヤ人は戦闘民族、戦うたびに強さを増す……」

超悟空「おめぇのおかげでまた一つ壁を越えられたぜ。」

超悟空「オレの名前は孫悟空、それと……カカロット。」

185 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/06(水) 05:46:34.57 ID:rtsV3VYq0
クウラ「カ、カカロットだと……」



サウザー「クウラさま、撃ち落としますか?」

クウラ「ふん、自分で蒔いた種だ。フリーザにやらせろ。」

クウラ「フリーザもまだまだ甘い。」



クウラ「あ、あの時撃ち落としておけば……!」

超悟空「いくぞ、クウラ……」スッ

クウラ「うおおおおおおおお!」



フリーザ「ちぃ……こうなったらこの星ごと爆発させるか……いやそうすればドラゴンボールが……」

ボシャンッ 

超ベジータ「チッ、カカロットのやろう……」ハァハァ…

フリーザ「はぁ……はぁ……はぁ……」

フリーザ「くたばりぞこないが……!!!」

クイッ スッ

フリーザ「ふっ……肉弾戦か……」

スタッ スタッ

フリーザ「そこまでとことん決めたいか……!」

バギッ ドガッ ゴッ ドガッ


超悟空(ベジータも相当まいってるな、そりゃフリーザのフルパワーだ。)

超悟空「こっちも急がせてもらうぞ。」

超悟空「」ググッ

超悟空「かめはめ……」

クウラ「うおおおおお!」ギュゥウウン

超悟空「波ァアアアアアアア!!!!」ズァオッ!!

クウラ「フリーザだけではなかった……!!!!!甘かったのは…!!!!」ジュッ

悟空「ふう……なんだかオラがしってる歴史とは大分違ってるみてぇだな……」

悟空「っつっても今更か、ま、みんな生きてるしいっか!」シュンッ



悟空「よ!みんな!」

悟飯「お父さん!」

ピッコロ「悟空か、お前はお前で大変だったみたいだな」

ラディッツ「カカロット……!」

悟空「あぁ、フリーザに似てるクウラってやつもきててな、でももう大丈夫だ!」

悟飯「お、お父さん!ベジータが!」

悟空「わかってる。」

悟空「デンデ、オラのことも治してもらっていいか?」

デンデ「あ、は、はい!(なんでボクの名前を……?)」
186 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/06(水) 05:47:45.71 ID:rtsV3VYq0
ベジータ「はぁ……はぁ……」

フリーザ「ふっ……ふふ……」ゼェゼェ

フリーザ「勝……勝ったぞ……!」

ベジータ「ちぃ……」

フリーザ「トドメをさした後にドラゴンボールで永遠の命を手に入れてやる……!」

ベジータ「今の疲れ果てたキサマ程度、この状態で十分だ……」グッ

シュンッ

悟空「よ!ベジータ、とフリーザ。」

フリーザ「なっ……!」

ベジータ「カ、カカロット……」

悟空「クウラってやつを倒すのに手こずっちまってな。遅くなっちまった」

フリーザ「に、兄さんを…!?」

悟空「い!?あれおめぇの兄ちゃんなんか!?」

フリーザ(こ、こいつ……どこかで……)

ベジータ「なにをしに来た、カカロット……」ガクッ

悟空「いやぁ、オラも邪魔するつもりじゃぁなかったんだけどよ。」

悟空「初めての超サイヤ人で相当リキ使っちまってるみてぇだからさ」

ベジータ「ふざけるな……!」

ベジータ「はああああああああ」ゴッシュインッ

超ベジータ「オレはキサマに手を出されるくらいなら死を選ぶぞ」

フリーザ「息を吹き返しやがって……!!!」

フリーザ「こうなったら……」

フリーザ「この星を消す……!!!」ボウッ

超ベジータ「なっ……!」

フリーザ「きええええええええええ!!!」ズアッ

超悟空「つあああああああ!!!!」ガンッ

フリーザ「あ……あ……」

悟空「二人とも邪魔して悪かった。続けてくれ。」

フリーザ「あ、悪夢だ……」



ベジータ王「キサマを倒し、この宇宙はオレが支配する……!」

バーダック「へへっ
これで…全てが変わる
この惑星ベジータの運命…
この…オレの運命!
カカロットの運命、そして…
貴様の運命もっ!!!
これで最後だあーーーっ!!!」



フリーザ「サイヤ人さえ根絶やしにしていればこんなことは……」

フリーザ「一人も生かしておいてはいけなかったんだ……」

フリーザ「こんな……こんなことが……!!」

187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/10/06(水) 06:37:57.30 ID:5gxFCrKhO
age
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/10/08(金) 23:56:22.12 ID:hHIWroTNO
サイヤ人を死滅させていてもビルス様がいずれ破壊しに来るしなあ・・・

未来から来たセルやここだとヒルデガーンとかフリーザ以上の実力もいるし

そういやここのブロリーは善人か邪悪のどっちだ?
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/09(土) 00:39:46.38 ID:es66GDNoo
sageろよ
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/09(土) 16:56:16.04 ID:pOak2rxS0
りゅうけんつかおうぜ
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/10(日) 07:11:29.52 ID:GqmfGxv+0
ひょっとして昔Z終了後の悟空が逆行するSS書いてた人?
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/10(日) 11:22:10.67 ID:NfsS7wUy0
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1366619806/
193 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/12(火) 03:51:17.08 ID:9lBzYbi90
昔書いたSSのURLはってあってワロタ
更新します
194 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/12(火) 04:02:15.80 ID:9lBzYbi90
超ベジータ「ちっ。余計な真似しやがって……」グッ

超ベジータ「フリーザ、終わらせるぞ。」

フリーザ「ふ……ふざけるな……」

フリーザ「オレが負けるかーーーっ!!!!」ズアッ

超ベジータ「ファイナルフラッシュ!!!!!!!!!!!」ボウッ

ドォォオオオン……

ゴゴゴゴ……

超ベジータ「ハーッハッハ……!!!ざまぁ見やがれ……これがサイヤ人の力だ……」

ベジータ「」フッ ドサッ

悟空「」ガシッ

悟空「ふぅ、くたびれた〜〜〜……ターレスにクウラ、どうもオラが知ってる歴史とは全然違うみてぇだな……」

悟空「でもそのおかげでオラまだまだ強くなれそうだぞ……」

悟飯「おとうさーーん!!!!」

ラディッツ「カカロット!!!」

スタッ スタッ

ピッコロ「ベジータはやったみたいだな。」

悟空「あぁ、あとはナメック星のドラゴンボールで地球をもとに戻してもらおう!」
195 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/12(火) 04:02:58.36 ID:9lBzYbi90
デンデ「タッカラプト!ポッポルンガ!プピリットパロ!」

デンデ「まずは地球のドラゴンボールを使用できる状態にしてください!」



神様「フリーザ一味に殺された人々を復活させてほしい!」



ナッパ「」ムクッ

ナッパ「!? な、なんだ?オレは生き返ったのか……?それにあのでかいバケモンは……」



デンデ「地球を1か月前の綺麗な状態に戻してください!」



クリリン「おっ、やったぜ!悟空たちがやってくれたんだ!」



デンデ「戦闘で傷ついたナメック星をもとの状態に戻してください!」

ポルンガ「願いはかなえてやった……さらばだ……!」



196 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/12(火) 04:16:16.32 ID:9lBzYbi90
最長老「わたしの寿命はほとんど残っていない……」

最長老「これからはムーリ、お前が最長老となるのだ……」

最長老「たのんだぞ……ナメック星人に永遠の平和を……」

ムーリ「はい……」

最長老「」フッ

ピッコロ「最長老様……どうか安らかな眠りを……」



ナッパ「へっへっへ、まさかベジータがオレが死んだ怒りでカカロットみてぇに超サイヤ人になれるなんてなぁ……」

ラディッツ「あぁ、すさまじいパワーだった、オレたちも負けてられないな、ナッパ!」

ベジータ「だ、黙れ!貴様が殺されたからとかではない!!」

悟飯「あ!ベジータさん照れてる!」

ベジータ「カカロットのガキ!!殺されたいか!!!」

ハッハッハッハ

悟空「ナッパ、ちょっといいか?」クイクイ

ナッパ「ん?」
197 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/12(火) 04:18:13.70 ID:9lBzYbi90



悟空「おめぇたちこれからどうするんだ?」

ナッパ「そうだな……」

悟空「あてがねぇならこいよ、地球に」

ナッパ「地球か……悪くねぇな……」

ナッパ「でもきっとベジータは嫌がるだろうぜ」

悟空「ナッパ、ここだけの話だ。」

悟空「ベジータ王子の世継ぎ、みたくねぇか?」

ナッパ「!?!?」

悟空「地球にくれば多分、ベジータの子供ができるぞ。」

ナッパ「な、な、なんでそんなことが……」ガタガタ

悟空「オラの勘だ…!あのつっぱってるベジータにぴったりな気の強い女がいるんだよな〜〜〜」

ナッパ「カカロット……信じていいのか……?ベジータの……」

悟空「オラに任せとけって、きっとなんとかする!みてぇだろ〜?ベジータが子供抱いてる姿をよ〜?」

ナッパ「」コクコク



198 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/12(火) 04:21:34.90 ID:9lBzYbi90
悟空「よう、ベジータ」

ベジータ「ふん、カカロットか……」ゴッ シュインシュイン

悟空「い!?」

超ベジータ「なに間抜けやツラしてやがる。」

超ベジータ「オレは貴様に雪辱を果たすため、こうして超サイヤ人になったんだ。」

超ベジータ「超サイヤ人になりさえすればこのベジータ様が宇宙で一番強いにきまっている。」

超ベジータ「キサマを殺すぞ、カカロット!」

ナッパ「お、おい!ベジータ!」

ラディッツ「オレたちサイヤ人の雪辱は果たしたじゃないか!」

超ベジータ「フン、カカロットに絆されやがって。甘いやつらめ。」

超悟空「」シュインッ

超悟空「話しが早ぇや。いいぜ、ベジータ。ナメック星が傷つかないように別の場所でならケリつけてやる。」

悟飯「お、お父さん……」

超悟空「その代わり、オレに負けたらおめぇは地球で暮らしてもらうぞ。」

超ベジータ「?」

超悟空「じゃ、いくか。」シュッ パッ シュンッ



199 : ◆j99EhqLSDk [sage saga]:2021/10/12(火) 04:42:20.79 ID:9lBzYbi90
悟飯「お父さん……ベジータさんも……大丈夫かなぁ」

ピッコロ「悟空ならきっと大丈夫だ」

ナッパ「オレは超サイヤ人になってもカカロットに勝てなかったときのベジータが心配になるぜ……」

ラディッツ「超サイヤ人か……オレもなってやるぞ…」グッ



そして、クウラ、フリーザと戦っていた時の地球へと話はうつる……
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/10/12(火) 16:54:52.21 ID:oxOulf6O0
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
160.90 KB Speed:7.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)