佐久間まゆ「歌鈴ちゃんとお餅つき…ですか?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:40:28.67 ID:QmHmuD6s0
※ご注意です※
キャラ崩壊気味です



---ある日、事務所



ガチャッ

まゆ「おはようございます」

歌鈴「あっ! まゆちゃん、おはようございますっ!」

まゆ「おはようございます、歌鈴ちゃん」



歌鈴「まゆちゃんも、プロデューサーさんに呼ばれたんですか?」

まゆ「はい♪ ということは、歌鈴ちゃんも?」

歌鈴「はい! 新しいお仕事ってプロデューサーさんに! もしかしたら、まゆちゃんと一緒にお仕事できるのかな…」

まゆ「そうだったら、楽しみですね♪」

歌鈴「はい! 私、『Home Sweet Home』のお仕事以来、まゆちゃんの事、すっごくそんけーしてるんです!」

まゆ「そ、そうですかぁ? まゆ、お化けが怖くて歌鈴ちゃんにお祓いして貰ってたぐらいだし、尊敬されるようなことは…」

歌鈴「いいえ! そんなことないです!」ふんす

まゆ「か、歌鈴ちゃんがいつになく強気です…」

歌鈴「お化けが怖い中でもあの演技! 苦手をものとしない、まさにプロフェッショナルでかっこよかったです!!」

まゆ「て、てれますよぉ」///

歌鈴「まゆちゃんとまた一緒にお仕事できたらいいなぁ…!」キラキラ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1642351228
2 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:42:39.17 ID:QmHmuD6s0
ガチャッ

モバP(以下P)「そんな歌鈴に朗報だぞ」

まゆ「あっ、プロデューサーさん、おはようございます」

歌鈴「おはようございましゅ! ……うう、噛んじゃった」

P「おはよう、二人とも。二人に新しいお仕事だ。都内の大きい神社のイベントにゲスト出演させてくれるそうだ」

まゆ「神社のイベント…歌鈴ちゃんにピッタリですね♪」

歌鈴「は、はい! 気合が入ります…!」

まゆ「何のイベントなんですか?」

P「ん?」

まゆ「えっと、神社で何をするのでしょうか? 巫女さん…とかですか?」

P「巫女ではないなぁ」

歌鈴「ということは、お祓いとかでもないんですねぇ…」

P「えっとね、二人にやってもらうのは」






P「餅つき。」
3 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:43:35.13 ID:QmHmuD6s0
まゆ「」



P「その神社では毎年餅つき大会があってね。今回は他の事務所からもアイドルを呼んで、アイドル餅つき大会にしようって」

歌鈴「わぁ、結構大きい規模なんですね!」

まゆ「ま、まゆ達はお餅の受け渡し役とかですよね?」

P「いや?」

まゆ「えっ」

P「歌鈴が杵で餅をつく役で、まゆが餅を返す役だよ」

まゆ「」



歌鈴「私、お餅つきって"初めてやる"ので、楽しみです!」



まゆ「」
4 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:44:40.77 ID:QmHmuD6s0
P「ついたお餅は、他の事務所のアイドルにも振る舞って皆で食べるそうだ」

歌鈴「責任重大です…!」

まゆ「お、おもちつき……ですか……?」

P「うん。餅つきって分かる? こう、でっかいハンマーみたいなので餅をペッタン! ってついて、相方がこう、水をつけて餅と返すっていう…」

まゆ「あ、いや、その、お餅つきについては知ってると言うか、小学生の頃に近所のイベントでやったことあるんですが…」

P「おお! 経験者だったのか! じゃあもう安心だな!」

歌鈴「頼もしいです! まゆちゃん!」

まゆ「ちょ、ちょっと待って貰っていいですかぁ…?」

P「どうした?」

まゆ「歌鈴ちゃん、ちょっとプロデューサーさんと二人でお話がありますので、ちょっと待っててくださいねぇ」

歌鈴「? は、はい…」



まゆ「本気ですか?」コソコソ

P「本気だよ?」コソコソ

まゆ「なんかこう、いい感じの編集でお餅つきしてるように見せかけるとかですかぁ?」コソコソ

P「いや、マジの餅つきだよ?」コソコソ

まゆ「本気ですか????????」

P「本気だよ?」
5 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:45:16.06 ID:QmHmuD6s0
まゆ「あの、歌鈴ちゃんと一緒のお仕事は本当に、本当に楽しみなんですけど」

まゆ「人には向き不向きと言いますか…それが歌鈴ちゃんの可愛らしさでもあるんですけど」

まゆ「やっぱり万が一! ってありえるじゃないですかぁ…?」

P「万が一???」

まゆ「ああもう、何でこういう時だけ察しが悪いんですかぁ! このぽんこつプロデューサー!」

P「おお、まゆにぽんこつって言われたのは初めてかもしれんな、ワハハ」

まゆ「何笑ってるんですかぁ!!」
6 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:46:07.12 ID:QmHmuD6s0
歌鈴「まゆちゃん…」

まゆ「は、はい?」

歌鈴「や、やっぱり、こんなドジなやつと一緒のお仕事は……ふあん…ですか…?」

まゆ「そ、そんなこと! まっっっっっっったく無いですよぉ!!」

まゆ「歌鈴ちゃんとのお仕事が楽しみすぎて、当日のお餅の料理方法をプロデューサーさんと話してたぐらいです!」

まゆ「そしたら、きなこが無いって! まったくプロデューサーさんはぽんこつですよぉ!」

P「すまんすまん、きな粉も用意しておくから任せとけ!」b

歌鈴「そ、そうですか? まゆちゃんも楽しみにしててくれて、嬉しいです!」

P「よしよし、雨降って地固まるだな!」

まゆ(杵振って手砕けるの間違いですよぉ…)



P「んじゃ、俺は打ち合わせに言ってくるから、企画書に目を通しておいてくれると助かる。またな」

歌鈴「はい! プロデューサーさんも頑張ってください!」

まゆ「が、頑張ってくださいねぇ…」

ガチャッ バタン



歌鈴「頑張りましょうね! まゆちゃん!」ペカー

まゆ「え、ええ……頑張りましょう。本当に…」
7 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:46:42.58 ID:QmHmuD6s0
---その日の夜、女子寮、森久保の部屋



乃々「ふぅ…おふろはいってさっぱり…」

乃々「今日もつかれましたし…ちょっと早いけどもう寝ようかな…」



コンコン

乃々「…? こんな時間に誰でしょう…」

乃々「はい…どちらさまですか…?」

インターホン『乃々ちゃぁぁん……』

乃々「ひぃっ!? おばけ!!」

インターホン『お化けだなんてひどいですよぉ…』

乃々「その声は…まゆさん? どうしたんですかこんな時間に…」

インターホン『フヒ……私もいるぞ……』

乃々「キノコさんまで……」
8 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:47:18.88 ID:QmHmuD6s0
まゆ「おじゃまします」

輝子「おじゃまします…フヒ」

乃々「それで、どうしたんですかまゆさん、何やら一大事とのことですけど…」

まゆ「まゆは…自分の手にさよならバイバイしなければならないかもしれません…」

乃々「そんなマサラタウン感覚で言われても…事態が読めないんですけど…」

まゆ「つまり、まゆのお手々の危機なんです」

乃々「だから! 毎度毎度何もつまってないんですけど!」

輝子「まゆさん、吉良吉影にでも狙われたのか…」

まゆ「それが、かくかくしかじかで」

乃々「もりもりくぼくぼって事ですか…」



まゆ「確かに、まゆは人のことを言えないくらい、天然なところがあるかもしれません」

まゆ「事務所のぽんこつクイーンこと凛ちゃんの、3分の1くらいはぽんこつかもしれません」

輝子(まゆさんって凛さんのことだけは遠慮なくディスるよな……)

乃々(というか…二人のぽんこつ度合いはEVENだと思いますけど…)
9 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:49:11.34 ID:QmHmuD6s0
まゆ「けど、同じくらいドジっ子として名を馳せているのが歌鈴ちゃんです」

まゆ「歌鈴ちゃんのドジは可愛らしいもので、魅力の一つでもありますが」

まゆ「武器を持つとなると話は別ですよぉ…」



輝子「つまり、スモウハンマーみたいな杵で重心を崩した歌鈴さんが」

乃々「まゆさんのおててをオーンスタインみたいに粉砕しないか不安、と」

まゆ「けど、歌鈴ちゃんとのお仕事は本当に楽しみだし、やる気まんまんの歌鈴ちゃんから杵役を取り上げるのも悪いし…」

まゆ「まゆは…どうすれば…」

乃々「大丈夫です、まゆさん」

まゆ「乃々ちゃん! なにか良い策があるんですか!?」

乃々「最近は、義手も高性能らしいですから」

まゆ「」

乃々「握力が1950kgぐらい出るらしいですよ」

まゆ「粉砕されること前提じゃないですかぁ! しかもそれシュトロハイムの義手ですよね!?」

輝子「まゆさん、握手」ぎゅっ

乃々「あ、もりくぼも…」ぎゅっ

まゆ「えっ? は、はい…どうして急に?」

輝子「フヒ…最後かもしれないだろ」

乃々「だから、全部話しておきたいんですけど…」

まゆ「縁起でも無いこと言わないでくださいよぉ!!」ヒーン
10 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:50:22.46 ID:QmHmuD6s0
---------

------

---
11 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:51:11.35 ID:QmHmuD6s0
---餅つき大会当日、神社境内



まゆ「はぁ……」

まゆ(久しぶりにお仕事で緊張して眠れませんでした…)

まゆ(こうなったら自衛手段を考えるしかありません…!)

まゆ(お餅に手を入れる時、なるべくお餅の下になるように手を入れれば、お餅がクッションになってダメージは少ないはず…)



まゆ「杵は重たいから振りかぶる必要がある…歌鈴ちゃんが振りかぶった瞬間にバックステップすれば…」ぶつぶつ

P「おはようまゆ、何をブツブツ言ってるんだい」

まゆ「あっ…ぷ、プロデューサーさん…おはようございます」

P「今日は頑張ろうな。まゆと歌鈴の餅つき、楽しみにしてるぞ」

まゆ「ほ、本当に本当にやるんですかぁ……?」

P「ああ、撮影開始まであとちょっとだよ」

まゆ「ひぃん……」



心配で見学に来た輝子「ま、まゆさん、きっと大丈夫だ…」

同じく乃々「歌鈴さんを信じましょう……」

まゆ「うぅ…こうなったらもう覚悟を決めます…!」
12 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:53:29.35 ID:QmHmuD6s0
乃々(それにしても…)

輝子(親友も歌鈴さんのドジっ子属性は理解してるはずなのに…何でこんな役割分担を…)

乃々(なにか違和感が……)



乃々(おや? 誰か来ました…)

輝子(あれは……)



??「ワハハ! 間に合ったようだな!」

P「おっ、来たな」

まゆ「あ、あなたは…!」



晶葉「やあ! おはようまゆ!」

まゆ「あ、あきえもん!!」
13 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:54:13.10 ID:QmHmuD6s0
晶葉「誰が猫型ロボットだ! ふむ、随分目の下のクマが酷いな! 思考回路はショート寸前といったところか」

まゆ「晶葉ちゃんも、餅つき大会に参加するんですか?」

晶葉「今日の主役はまゆと歌鈴だろう? 私は裏方だ」

まゆ「裏方…?」

晶葉「あのドジっ子クイーン歌鈴のことだ」

晶葉「普通の杵と臼で餅つきをすれば、万が一の事故に発展しかねん」



晶葉「そこでこの『絶対安全餅つき杵』の登場というわけだ!」テッテレー
14 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:54:41.31 ID:QmHmuD6s0
晶葉「この杵は外見は木製の杵そのものだが、中身は私の叡智が詰まっている!」

晶葉「通常の杵よりも遥かに軽量で非力なアイドルにも扱いやすく、かつ餅をつくのに十分なパワーが出るよう設計」

晶葉「そして何より、自動車の安全運転システムを応用し、振り下ろした先に人体の存在を検知すると安全装置が作動」

晶葉「物体に衝突する直前に静止するようにプログラムされている!」

晶葉「これで万が一、手を餅に入れている時に振り下ろしたとしても絶対に怪我しない、ということだ!」

晶葉「さあ、これで安心安全に餅つきをしてくれたまえ!」



まゆ「…………」

晶葉「おや、まだ不安かな?」

まゆ「あ、いえ、餅つきに関しての不安は、びっくりするほど払拭されました。ただ……」
15 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:56:01.30 ID:QmHmuD6s0
まゆ「…プロデューサーさぁん?」ジトー

P「どうしたの?」

まゆ「どうしてちゃんと対策してること、言ってくれなかったんですかぁ……?」

P「あれ? 言ってなかったっけ? ついちゃっかりしてたかも。ごめんねまゆ」

まゆ「そうですか、ついちゃっかり…」

まゆ「……ちゃっかり?」



まゆ「ぜったいわざとじゃないですかぁ!!」

P「あ、バレた?」

まゆ「まゆのリアクションを見てからかってたんでしょう! もう! 酷いですよぉ!」

輝子「フヒ…親友…確信犯だな…」

乃々「その使い方は誤用なんですけど…」

P「いや、その使い方であってるな」

まゆ「ならなおさらタチが悪いですよぉ!!」

P「いやあまゆのリアクションが可愛くてつい。ごめんねまゆ」

まゆ「もう! あんまりひどいと、ちひろさんに言いつけちゃいますよぉ!」

P「それだけはご勘弁を」
16 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:56:47.95 ID:QmHmuD6s0
---本番前



歌鈴「それじゃあ、頑張りましょうね、まゆちゃん!」

まゆ「えぇ。頑張りますよぉ」

歌鈴「…? まゆちゃん、疲れてませんか?」

まゆ「えっ? ああいや、大丈夫です!」



カメラマン「じゃあ本番始まりまーす! 3,2,1…」

カメラマン「スタート!」



まゆ「…はい! 皆さんこんにちは、佐久間まゆです♪」

歌鈴「はわわ…皆さんこんにちは、道明寺歌鈴でしゅ!」

まゆ「歌鈴ちゃん、落ち着いて」

歌鈴「す、すみません。緊張しちゃって…」

まゆ「まゆ達は今、神社で開催されている、餅つき大会に来ています」

歌鈴「まゆちゃんと二人で、お餅をついて、皆さんに振る舞います!」

他アイドル「「「まゆちゃん、歌鈴ちゃん、がんばってー!」」」

まゆ「はい! がんばりますよぉ!」
17 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:58:29.94 ID:QmHmuD6s0
神職「お二人とも、本日は宜しくお願いします」

まゆ+歌鈴「「宜しくお願いします」」

神職「今日は、たくさんの方が大会に参加してくださいました。お二人のお餅を皆さんが楽しみにされています」

歌鈴「はわわわ……きんちょうしてきまひちゃ…!」

まゆ「うふ、歌鈴ちゃん、大丈夫ですよぉ」

神職「こちらが、杵と臼です。臼にはもうお餅が入っていますので、ここからはお二人にお願いします」

まゆ「はい。わかりました」



歌鈴「そ、それでは…いきましゅ!」

まゆ「どんとこいですよぉ!」

歌鈴「はわわわわわわわ……えい!」ぺったん

まゆ「はいっ!」ぺちっ
18 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 01:59:42.53 ID:QmHmuD6s0
歌鈴「よいしょ!」ペタン

まゆ「はい!」ペチッ

歌鈴「よいしょ!」ペタン

まゆ「は歌鈴「よいしょ!」ピタッ



まゆ「……はい!」ペチッ

歌鈴「よいしょ!」ペタン

まゆ「はい!」ペチッ

歌鈴「よいしょ!」ペタン

まゆ「歌鈴「よいしょ!」ピタッ

まゆ「…はい!」ペチッ



乃々「…3回に1回くらいのペースで、まゆさんが手を入れた瞬間に振り下ろしてますけど…」

輝子「歌鈴さん、テンパってて自分が手に振り下ろしてるの、気付いてないな…」

乃々「まゆさんも引っ込みつかなくなって、手に振り下ろされても何事も無いように続けてますね…」



他アイドル「「「……………」」」ドンビキ

乃々「他の事務所のアイドルさん、顔面蒼白なんですけど…」

輝子「そりゃ、目の前で何度も手に振り下ろされてるようにしか見えないからな…」

晶葉「事情を知らないと地獄絵図だな」

乃々「これ…放送事故なのでは…」
19 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 02:00:12.32 ID:QmHmuD6s0
---しばらくして



歌鈴「よいしょー!」ペッタン

まゆ「…はい、こんなところでしょうか」

歌鈴「お、おつかれさまでした!」

まゆ「歌鈴ちゃん、お疲れ様。重たいもの持って、大変だったでしょう」

歌鈴「い、いえ! この杵、想像以上に軽くて、ぶんぶん振れちゃいました!」

まゆ「そうですね…それはもうブンブン振ってましたよぉ」

歌鈴「私、お餅をつくのに必死であんまり覚えてないんですが…まゆちゃんの手をついてしまったりとかしてないですか…!?」

まゆ「大丈夫ですよぉ。一度もぶつかってませんから…」
20 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 02:01:04.77 ID:QmHmuD6s0
神職「あ、あの…」

まゆ「あら、神主さん。さあ、つきたてのお餅を皆さんに振る舞いましょう♪」

神職「あの、佐久間さん、手は大丈夫なのですか…?」

まゆ「手? 手がどうしたんですかぁ? ほら見てください。傷一つ付いていませんよぉ?」

神職「ほ、本当だ……どうして……」

まゆ「まゆ達のお餅つきがハイスピード過ぎて、うっかり手をついているように見えてしまったのかもしれませんねぇ」

神職「見えてたっていうか、クリティカルヒットというか…」

まゆ「さあ、他のアイドルさんも、さあ、つきたてのお餅ですよぉ。どうぞ♪」

他アイドル「「「あ、ありがとうございます……」」」



乃々「さっきまで丹念につぶされてた手でお餅を差し出されるって……軽くホラーですけど……」

輝子「まったくだ……あ、きな粉、うまい…」モグモグ

乃々「おろし醤油も美味しいです…」モグモグ
21 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 02:01:34.86 ID:QmHmuD6s0
---------

------

---
22 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 02:03:13.80 ID:QmHmuD6s0
---後日、事務所



まゆ「おはようございます」

乃々「おはようございます…」

まゆ「あら、乃々ちゃん、この前の餅つき大会ぶりですね」

乃々「はい……この前のお仕事は大変でしたね…」

まゆ「えぇ。でも、晶葉ちゃんのお陰でなんとか事無きを得て、良かったですよぉ」



りあむ「そうでもないっぽいよ、ママ」

まゆ「あら、りあむちゃん。おはようございます」

りあむ「おはよママ。見てこれ。ネットでママがめちゃくちゃバズってる」

まゆ「えっ」

りあむ「ほら見てこのスレタイ。この前の餅つき大会以降、まゆちゃんの右手が無敵すぎるってネットでバズってる」

まゆ「なになに……『【絶対】佐久間まゆ、何度杵で手を砕かれても無傷【無敵】』」

まゆ「『【検証】佐久間まゆの右手、ミギー説』…なんですかぁこれ!」

りあむ「申し訳ないけど、見かけた時ちょっと草生えちゃった」
23 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 02:04:09.61 ID:QmHmuD6s0
りあむ「ぼくみたいに炎上はしてないっぽいけど、しばらく祭りになりそうだね」

まゆ「そんなぁ…ただでさえぽんこつアイドル枠になりつつあるのに、更に変なキャラ付けが…!」

ガチャッ

P「お、まゆおはよう。この前の餅つきがメチャクチャ反響あってな。今度は別のイベントで高速餅つきのギネス記録に挑戦を…」

まゆ「絶対!! しません!!」






おわり。
24 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2022/01/17(月) 02:04:37.18 ID:QmHmuD6s0
以上になります。



ここまで読んで頂きありがとうございます。
佐久間まゆちゃんがちぎって丸めたお餅が食べたい一心で書きました
実際に餅つき中に手にドスンなんて起きたら撮影中止だろと思われるかと存じますが
そこはフィクションという事でお目溢しください。



後ほどHTML以来を出してきます。
お目汚し失礼致しました。
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/01/17(月) 02:17:54.73 ID:eYCmt0G20
乙でした
紅白の餅が出来るのは昔読んだマンガにあったなw
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/01/17(月) 11:22:53.32 ID:z11aFuxvo
おつおつ
りあむなら心配どころか合成疑われて炎上する(確信)
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/01/17(月) 22:26:26.76 ID:I3m15O7bO
クールポコの座を脅かす新生芸人が・・・!
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/01/17(月) 23:05:46.54 ID:Oayk8r1z0
>>26
歌鈴ちゃんを加害者に仕立てあげるとか夢見最低だな
18.96 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)