凛「ちっちゃくなっちゃった」加蓮「全裸なれるかな」奈緒「なんでアタシまで……」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/23(火) 23:00:41.70 ID:MMaLlrg+0
事務所

凛「さて、どうしたものか……」チョコーン

奈緒「どうしたものか、じゃないだろ!なんだこれ!アタシたち、豆粒みたいな小ささじゃねえか!!」チョコーン

加蓮「ほんとだ、何でだろうね?」チョコーン

奈緒「いや、能天気すぎだろ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1661263241
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/23(火) 23:01:52.56 ID:MMaLlrg+0
凛「うーん、それが不思議なんだよねー。たまたまプロデューサーの机の上にあったドリンク飲んだら、何でかこうなっちゃったんだよね?」

加蓮「喉乾いてたし、もらっちゃえ〜って凛が言って、みんなで飲んだらこうなったんだよね」



凛『ねえねえ、机のこれ飲んじゃおうよ。プロデューサーと間接キ……じゃなくて、普通に喉乾いちゃったから』

奈緒『いや、今本音ダダ漏れだったぞ!?』

凛『あ、せっかくだしみんなで飲もうよ。そうすれば共犯……じゃなくて、もっと絆を分かち合えると思うんだ』

奈緒『どんだけ嘘下手なんだよ!!』

加蓮『いいね、賛成賛成〜』

奈緒『ええっ!?か、加蓮!?』

凛『うん、じゃあ私口つけちゃうから、二人はラッパ飲みでよろしく……』
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/23(火) 23:02:55.16 ID:MMaLlrg+0
奈緒「なんか、アタシただ巻き込まれた感が……」

凛「てかさ、なんかしようよ。こんなに現実離れした状況、活かさないともったいないじゃん?」

奈緒「すげえポジティブだな」

加蓮「ちっちゃいと人目も気にしなくていいからね。大胆なことイロイロと出来そうじゃない?」

凛「三人全裸で事務所一周とかやる?」

奈緒「やるわけねえだろ!!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/23(火) 23:04:26.50 ID:MMaLlrg+0
凛「とりあえず廊下まで出よ……っと、流石にちょっと遠いね、ドア」

加蓮「まあ身体ちっちゃいからね。多分こっから2000キロくらいあんじゃない?」

凛「いやざっと3メーターくらいでしょ、いけるいける」

加蓮「なわけないじゃん。普段学校で何教わってんの?」

凛「ん?じゅぎょー」

加蓮「真面目に聞いてる?」

凛「真面目に〜、不真面目〜って感じかな〜」

加蓮「ふーん、1足す1は?」

凛「たんぼのたぁ〜」


凛「ぎゃははははっ!!」
加蓮「あっはははっ!!」


奈緒「話の中身がなさすぎる……」

凛「ちょ、まじ、やばいんですけどぉ〜、ちっちゃくなっちゃった奈緒バリかわ〜」

加蓮「あの髪ホットサンドでプレスして、アイロンかけてみたい〜、マヨネってキューティクル守りたい〜」

奈緒「この雰囲気、嫌すぎる……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/23(火) 23:12:59.67 ID:MMaLlrg+0
凛「ま、というわけでこの部屋で何かしよう」ケロッ

加蓮「うん、そうだね」ケロッ

奈緒「ってええ!?急に戻るのやめてくれよ!」

凛「え?奈緒はああいうJKが好きなの?イマドキいないよあんなの」

加蓮「あんなに空っぽなのは、流石に私もちょっと嫌かな〜」

奈緒「いや、お前らが自分でやりだしたんだろうが!」

凛「はいはーい、提案提案。やりたいこと三つあるんだけど、言ってくね?」

加蓮「お、どんな感じのやつ?」

奈緒「み、三つも?このちっちゃさを活かしたやつなんて、どんな……」



凛「一つ目、パンツ隠れんぼ」



奈緒「……ん、ん?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/23(火) 23:13:45.39 ID:MMaLlrg+0
凛「二つ目、正々堂々野球拳。三つ……」

奈緒「おいおい待て待て。ひょっとして、普遍的に碌なもの出すつもりない?」

凛「ふっ……そんなの、当たり前でしょ?」キラン

奈緒「全然カッコよくねえよ!?」

凛「はぁ……残念だけど、私、社会には縛られない、自由な蒼風だからさ」フッ...

奈緒「なんでそこまで自信持てるんだよ……」

加蓮「羨ましいの?」

奈緒「違うわ!!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/23(火) 23:15:59.57 ID:MMaLlrg+0
凛「まあ、まず一個目からやってこうか。まずパンツ隠れんぼだけど」

奈緒「恥ずかしげもなく、よくもまあ……」

凛「えい」ズルッ

奈緒「……へ?」

凛「まず、奈緒のパンツを脱がします。次に……」ピラピラ

奈緒「うおおおおおおおおおおい!!!?!!????!!!??」ガバッ

加蓮「おわっ、どうしたの?急に暴れて」

奈緒「いや!!?!?ちょ、あ、だっ、て、あれ、そう、そっ、な、っ、え、な、っ!????????」グルグルグルグルグルグル
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/23(火) 23:30:51.63 ID:MMaLlrg+0
凛「……というわけで、ここに私、加蓮、奈緒の3枚のパンツが揃いましたよっと」スースー

加蓮「うん。それで、それをみんながそれぞれこの部屋のどこかに隠して、探し当てた人がそのパンツを奪えるんだよね」スースー

奈緒「っ……は、早く、やろ……」スースー

加蓮「はは、なーんだ、やる気満々じゃん。そんなに私たちのパンツが欲しいの?」

奈緒「当たり前だ……!!!こんなに恥ずかしい思いさせた分、絶対にアタシ、勝つからな!!!!お前らのパンツ引っ剥がして、めっちゃ恥ずかしめて、外歩けなくしてやるから、覚悟しとけ!!!」ドンドン!!

凛「奈緒、スカートめくれてる」

奈緒「え……い、いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!!!!!」ガバッ

加蓮「あちゃー、こりゃあれも結果も丸見えだねー」ジロジロ

奈緒「み、見るなぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/23(火) 23:32:31.95 ID:MMaLlrg+0
 奈緒は、激怒した。必ず、かの邪智暴虐のパンツを除かなければならないと決意した。

 必死になって探している内に、奈緒は、部屋の様子を怪しく思った。しつこくスカートを捲ってくる者をつかまえて、どこにパンツがあるかと質問した。

「パンツは、椅子にかかっているプロデューサーのYシャツの胸ポケットにございます」
「なぜそこにあるのだ」
「下心が故でございます」
「呆れたパンツだ、生かしては置けぬ」

 奈緒は、単純な者だった。豆粒がそんな高くに登れるはずがないと知りながら、そこに何としてでも辿り着こうと断崖絶壁を渡っていった。

 登れ!奈緒。

 長い時をかけ、頂に辿り着いた時、目にしたのは、地面で自身のパンツを振り回している女達の姿だった。
「うぇぇぇぇぇぇい」
どっと女達の間に、ウェイ声が起こった。

 頭を抱え、奈緒は、ひどく赤面した。
6.29 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)