受付「安価で魔王討伐します」側近「安価で世界征服します」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/26(金) 19:35:58.37 ID:XLGCR6wZ0
受付「こんにちは、わたくし冒険者ギルドの受付嬢です」

受付「昨今は魔王軍の侵略が激しく、どこも厳しい状況が続いています」

受付「そんな中、我がギルドに王からのお達しがきました」


『魔王軍の侵略に抵抗できるメンバーを紹介してください(要約)』


受付「まあ、我がギルドにはそれはそれは精鋭が集っているので、頼みたいのはむしろこちら側」

受付「魔王討伐の中心となる【勇者】、王の方こそそれはそれはな勇者を用意していただきたいものです」

カラーン

受付「おや…噂をすれば、来ましたね」


勇者のプロフィール

性別:
性格:
特技:
特徴:
その他詳細があれば

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1661510158
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/08/26(金) 19:47:58.87 ID:ZsRHYmpn0
性別:女性
性格:気弱で引っ込み思案
特技:魔物と会話できる
特徴:白いロングストレートで小柄で華奢な少女
その他詳細があれば
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/26(金) 20:14:20.44 ID:XLGCR6wZ0
勇者「こ…こんにちは」

受付「こんにちは、わたくし冒険者ギルドの受付嬢です」

勇者「王様に言われて、魔王をその…倒すことに…」

受付「勇者さまですね、お話は伺っております。我がギルド、是非ともお役立ちいたしますよ」

勇者「う…」

受付「さあ、だれもかれも精鋭なのでお気に召した方にお声かけください。こちらにリストもございます」

勇者「(みんな見てる…本当にこの人たちと一緒に行かないとダメなんだ…)」


メンバーのプロフィール↓1〜3

性別:
性格:
特技:
特徴:
詳細:
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/08/26(金) 20:20:51.42 ID:A5tOvafBo
性別:男
性格:二枚目ぶるけど三枚目キャラ
特技:基本的に型の無い徒手空拳で殆どの武器もそれなりに使いこなす
特徴:20代前半で顔は悪くないけどモテない感がある見た目
詳細:町から町を渡り歩く風来坊で荒事には慣れてて戦闘経験豊富
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/08/26(金) 20:22:59.42 ID:ATveVbUW0

性別:男性
性格:手に負えないほど活発で元気 
特技:力技
特徴:ウホウホウホ
詳細:太古の人類である原始人 
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/08/26(金) 20:23:42.58 ID:L6rtJPDp0
性別:女
性格:豪快な姉御肌
特技:剣術と格闘
特徴:高身長と割れてる腹筋、スタイル抜群でHカップはある、ビキニアーマー装着
詳細:魔法は使えないが剣と格闘を得意とする女戦士でみんなを引っ張るリーダー気質

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/26(金) 21:28:55.98 ID:XLGCR6wZ0
三枚目「よお、お嬢ちゃん」

勇者「!は…はいっ」

三枚目「こんなカワイコちゃんに魔王退治の旅をさせようなんて、王様も酷だなもんだ」

受付「あら三枚目さんですか。勇者さま、こちらの方なら戦闘にも旅にも慣れていて武器も適当に見繕えば勝手にどうにかやってくれますよ」

勇者「ぇ…そのぉ…」

三枚目「三枚目さんじゃなくて二枚目さんね。安心しな嬢ちゃん、俺が仲間になるからにはどんな危険からもグェッ…」ガシッ

原始人「ウホ」ドンッ

勇者「!…ゴリラさん…?」

受付「ゴリラさんではなく、こちら原始人さんです。大昔の人類の方なんですよ」

原始人「ウッホホオオオオオオイ!!!」ブンブン

三枚目「あれれれれれれれれれ」グルグル

受付「御覧の通り、力と活発さが尋常じゃありません」

勇者「わあ…」

女戦士「お供はその二人でいいのかい?勇者さん」

勇者「!えっと…」

女戦士「そんなに怯えんなって、何も悪いようにはしないよ。あたしもそいつらもね」

勇者「(ど、どうしよう…)」

受付「そちらは女戦士さん、剣術格闘スタイル抜群な」

勇者「ごめんなさいっ!私…私やっぱりっ」

ガシッ

原始人「ウホッ!」ヒョイッ

勇者「へ?」

受付「あっ!原始人さん!三枚目さんはともかく勇者さまを持ち上げては」

原始人「ウホオオオオオオオオオオッッッッ!!!!」ダッッ

勇者「きゃあああああっ!」

三枚目「あれれれれれれれれれ」

女戦士「あっ!!お前どこに連れてく気だっ!!」ダッッ

カラーン

受付「行ってしまいましたね、まあ健闘を祈りましょう」


受付「…でも前衛っぽい人しかいないですけど大丈夫でしょうか?」

受付「まあ、勇者さまなら魔法の一つや二つ使えますよね」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/26(金) 21:35:02.57 ID:XLGCR6wZ0
側近「こんにちは、わたくし魔王軍の最高幹部です」

側近「昨今の侵略は目覚ましい成果がでており、どこも魔族の手中です」

側近「そんな中、なにやら勇者なるものが現れました」


『お前らを殺す(要約)』


側近「まあ、我が軍はそれはそれは精鋭を送り出したので、やれるもんならやってみろ」

側近「たとえ配下どもを打ち倒したとしても、全ての魔族を統べる【魔王】様には絶対に敵いません」

ギイィ

側近「おや…噂をすれば、お見えになりました」


魔王のプロフィール↓1

性別:
性格:
特技:
特徴:
詳細:
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/08/26(金) 21:59:19.18 ID:n++TjoODO
性別 不明
性格 その時々によって変わる
特技 自由に姿を変えられ、その姿に最適化された身体能力や魔法を発揮する
特徴 普段は黒い靄のような存在
詳細 記憶が混濁しており、本来の姿や性格は不明
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/26(金) 22:26:07.91 ID:XLGCR6wZ0
魔王「ギイィ」

側近「魔王様、ご機嫌麗しゅう」

魔王「ギッ」

側近「さて、件の勇者についてですが…」

魔王「イギギ」

側近「なるほど、人間のこわっぱなど脅威に値しない…ですか」

魔王「ギーギ」

側近「それよりも近況はどうなっているか?はい、それはそれは上々です」

側近「特に、あそこが凄いです」

魔王「ギギッ」

側近「あそことはどこか?それはあそこですよ」

魔王「ギッギ」

側近「あそこと言ったらあそこです!あのあいつを送り込んだとこです!」

魔王「ギギギ」

側近「ですから、あそこのことですよ」

魔王「ギギーッ」


魔王の配下↓1

性別:
性格:
特技:
特徴:
詳細:
送り込まれた場所:
送り込まれた理由:
侵略方法:
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/08/26(金) 22:34:41.05 ID:L6rtJPDp0
性別:男
性格:卑劣で外道で策略家
特技:魔法
特徴:800歳のヨボヨボな老人でローブを羽織っていて、魔法の杖を持っている
詳細:魔王の部下で一番壮大な魔翌力を持っており、自分以外を見下している、魔王すらも見下しておりいつか寝首を掻くつもり
送り込まれた場所:勇者が行く二番目の街
送り込まれた理由:シンプルに侵略
侵略方法:王に取り入って内部から破壊
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/26(金) 23:48:55.62 ID:XLGCR6wZ0
魔王「それならそうと早く言わんか」

側近「私も察してあげてたんですから察してくださいよ」

魔王「しかし奴…【老魔】か」

側近「はい、なんでも元老院になったとか」

魔王「そうか…」

側近「これで人間の王、ひいては全ての人間は自滅の道をたどるかと」

魔王「…」

魔王「(奴め、過ぎたことを考えてはいまいな)」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


原始人「ウホッ!ウホッ!」ドコドコ

勇者「やっと止まった…?」

女戦士「おーい!どこまで行ってんだい!」

女戦士「って…ここ、闘技場と温泉があるところか。あたしここ好きなんだ」

三枚目「おいおい原始人、ここは勇者が二番目に行く街だぜ?まずは一番目のところに行かせなきゃ」クタッ

勇者「いや、その…もう」

女戦士「?」

三枚目「どうしたんだい?話してごらん」

原始人「ウホウホウホ」

勇者「あ…な、なんでもない…です」

女戦士「……せっかくだから今日はここで泊まることにしよう!」

勇者「えぇっ?」

女戦士「それであたしたちを連れてくか考えてくんなよ!」

三枚目「なるほど、他の奴らには悪いけど抜け駆けで売り込んじゃおうってことか」

女戦士「そのくらいはいいだろう?」

勇者「う…は、はい」

女戦士「決まり!」

原始人「ウホ」


どこへいく↓1

1:闘技場
2:温泉
3:貴族の館
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/08/26(金) 23:53:03.22 ID:A5tOvafBo
3
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/27(土) 01:08:06.62 ID:NjGJzim80
女戦士「あれ?なんか広いとこに出たな、なんだここ?」

三枚目「ここはあそこだな」

女戦士「あそこってどこよ」

三枚目「あそこはあそこだろ」

勇者「…?」

三枚目「あいつが住んでるところだ」

女戦士「はあ?わけわかんないねえ!」

三枚目「俺もわかんねえ!」

原始人「ウホホ」

貴族「おや?そこのお方、失礼」

女戦士「ん…どうも、なんか用かい?」

貴族「そちらのお嬢さん、ひょっとしてそれは勇者の証ですかな?」

勇者「えっ!?私!?」

女戦士「あんたしかいないよ!胸張りなって!」

勇者「…は、はい」

貴族「これはこれは!まさかもうこの街に来ていたとは!」

三枚目「そうなんだ、一番目を飛ばして来たんだ」

原始人「ホーッホーッ!」

貴族「…ふむふむなるほど、よくぞおいでくださいました勇者様とそのお供の方々。歓迎いたします、是非とも我が屋敷に…」

三枚目「そうだ!思い出した!ここはこの街の貴族の領地だ!」

女戦士「はーん…あたしは闘技場か温泉に行きたかったんだけどねえ」

勇者「うぇぇ?」

貴族「でしたら勇者様だけでも」

勇者「えええっ!」

女戦士「……はーん?口だけでも歓迎されてるならあたしらも行くよ」

勇者「!ほっ…」

貴族「……それでは皆さまご案内します」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/08/27(土) 01:16:32.23 ID:NjGJzim80
ここら辺で切り上げ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/08/30(火) 03:45:59.90 ID:OMGX9seZ0
スパイクタンパク単体で心臓やその他臓器に悪影響を及ぼすことがわかっています

何故一旦停止しないのですか

何故CDCが接種による若い人の心筋炎を認めているのに情報発信がないのですか
20代はたった1ヶ月で接種後死亡がコロナ死と同等になってます
因果関係の調査は?
10.30 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)