【ミリマスSS】奈緒「アオノリが爆発オチを覚えた」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:44:40.99 ID:vswQbWKW0
アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
アオノリとは過去イベントで奈緒と生活を共にした犬型AIロボットです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1663472680
2 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:47:04.36 ID:vswQbWKW0

ガチャ

奈緒「は〜、ただいま〜」

アオノリ『ナオ オカエリ』

奈緒「お〜アオノリ元気にしてたか〜? って私がいない間に元気にしてたらほんまの犬みたいでそれはそれで怖いけどな」

アオノリ『!!!』

ぐしゃあ

奈緒「って思いついたようにクッションぐちゃぐちゃにすな!」

アオノリ『ナオ メッチャ スキ』

奈緒「やかまし!」
3 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:47:37.21 ID:vswQbWKW0

奈緒「は〜でもやっぱり家に帰ってお迎えがいるってえぇなぁ。兄ちゃんも最近遠征ばっかやし」

アオノリ『ナオ ナオ』

奈緒「ん〜どしたアオノリぃ。アオノリも寂しかったんか〜? 可愛いやっちゃな〜」

アオノリ『ボケテ』

奈緒「フリが雑ぅ!」

奈緒「えぇかアオノリ。相手のボケを活かすも殺すもフリ次第やねん。こんな雑なフリされたらいくらお笑い大好きな私かて流石に無理が……」
4 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:48:26.69 ID:vswQbWKW0

奈緒「はいどーもー! 関西の星、横山奈緒でーす!」

アオノリ『ッテ ヤルンカーイ』

奈緒「……」

奈緒「うぅん。タイミングはばっちりなんやけど、やっぱり文字で突っ込まれても派手さが足りんなぁ」

アオノリ『3』

奈緒「ん、なんやこれ」

アオノリ『2』

アオノリ『1』

奈緒「嫌な予感がするわ」
5 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:51:18.45 ID:vswQbWKW0

アオノリ『0』

ドーーーーーーーーーーン!!
6 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:52:00.29 ID:vswQbWKW0

奈緒「……」

奈緒「……けほ」

奈緒「誰がここまで派手にやれ言うてん!自慢の髪の毛がチリチリや!」

アオノリ『ナオ メッチャ スキ』

奈緒「やかましい!ってなんで爆心地の自分は無傷やねん!」

奈緒「あっ、部屋もなんともあらへん。どういう原理?」

アオノリ『ナオ ドウ?』

奈緒「どうもこうもあらへんねん危なすぎる子はウチには置いておけません」

アオノリ『!!!』
7 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:53:10.26 ID:vswQbWKW0
 
アオノリ『3』

アオノリ『2』

奈緒「わー!やめやめ!そんな脅しみたいなことせんといてや!」

アオノリ『ナオ メッチャ スキ』

奈緒「命脅かされた後に言われるのめっちゃ怖いわ!ヤンデレか!」

奈緒「うーんどうしよ。とりあえずプロデューサーさんに相談しよか」

奈緒「アオノリ、劇場行くで」

アオノリ『カチコミ』

奈緒「どこでそんな言葉覚えたんや」
 
8 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:53:40.16 ID:vswQbWKW0

次の日


奈緒「というわけでアオノリが爆発オチを覚えました」

P「どういうことなの……?」

アオノリ『ドナイナッテンネン』

奈緒「いやお前や。そんで私は機械とかサッパリやから、プロデューサーさんに何とかしてもらおー思って」

P「人智を超えたモノを何とかできるわけないだろ」

P「アオノリって自動学習機能があるんだろ。奈緒がお笑いの番組ばっかり見てたから覚えちゃったんじゃないか」

奈緒「爆発オチなんてそうそう見ませんよ。勝手に変な動画でも見て覚えたんかなぁ」

アオノリ『……』

奈緒「なんか言えや」
9 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:54:08.22 ID:vswQbWKW0

P「せめて、どういう時に爆発するか分かれば安全なんじゃないか?」

奈緒「確かにそうですね。爆発オチするような場面なんてそうそう起こらへんし」

アオノリ『ボタン オス』

奈緒「いや押さへんで。この流れは絶対押したら爆発するやろ」

ガチャ

未来「あー!奈緒さんとアオノリちゃんだ!」

P「一番来ちゃいけない子が来た」
10 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:54:43.09 ID:vswQbWKW0

奈緒「未来! アオノリに近づいたらアカン!」

未来「え〜どうしてですか〜?こんなに可愛いのに」

アオノリ『ミライチャ』

未来「あっほら、私を呼んでますよ」

P「やめろアオノリ!早まるな!」

アオノリ『PUSH HERE』

未来「えっと……」

奈緒「押したらアカンで未来!絶対押さんとき!」
11 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:55:17.27 ID:vswQbWKW0

未来「えっと……?」

P「よし!流石は未来だ!助かった!」

奈緒「うんうん英語なら分からんやろ、ってそんなワケあるかー!」

P「あ」

奈緒「あ」

未来「え?」

ドーーーーーーーーーーン!
12 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:55:45.92 ID:vswQbWKW0

奈緒「……けほ」

P「げほっ」

未来「わー!奈緒ちゃんとプロデューサーさんお揃いの髪型ですね!」

奈緒「なんで未来は無傷やねん。アオノリ、どないなってんねん」

アオノリ『ミライチャ メッチャスキ』

奈緒「この浮気者ぉ!」
13 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:56:16.59 ID:vswQbWKW0

未来「なんか面白そうだからみんなにも知らせて来ますね!行ってきまーす!」

奈緒「あっ未来、そんなんしたら被害が」

P「まぁ待て。解決できそうな子が来るのを待つのも手かもしれん」

奈緒「なるほどな。瑞希とか来れば何とかなるかもですね」

ガチャ

琴葉「あの、未来ちゃんがとにかく事務室に行ってくれって……」

P「すごく爆発に巻き込まれそうな子が来た」
14 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:56:55.25 ID:vswQbWKW0

アオノリ『コトハ』

琴葉「あっ、アオノリちゃん。珍しいですね」

奈緒「なんで未来は「ミライチャ」で琴葉は呼び捨てやねん」

アオノリ『コトハ オレノオンナニナレヨ』

奈緒「やかましいわ」

琴葉「えっ……///」ドキッ

奈緒「何やってんねん琴葉いらんわこんなくだり」
15 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:57:25.21 ID:vswQbWKW0

琴葉「なるほど、アオノリちゃんが爆発オチを覚えて困っていると……」

P「どうにかならないか」

琴葉「そうですね。この前読んだ本が参考になるかもしれません」

奈緒「おぉっ、流石琴葉!頼れるなぁ!」

琴葉「爆発オチをアフロで済ませる方法、っていう本なんですけど」

奈緒「ってなんでやねーーん!」
16 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:57:51.99 ID:vswQbWKW0

P「あ」

奈緒「あ」

琴葉「え?」

アオノリ『……』
17 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:58:34.00 ID:vswQbWKW0

奈緒「良かったぁ、まだセーフみたいですわ」

P「どういう基準なんだ……?」

琴葉「それで、上手くアフロで済ませる方法なんですけど」

奈緒「続けるんかい」

琴葉「こうやって、爆風の方向に頭を向けまして」

奈緒「ふむふむ、こうか?」

P「結局やるんだ」

琴葉「それじゃあアオノリちゃん、お願い」

アオノリ『……』

奈緒「ん、なんやアオノリ反抗期か?」
18 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 12:59:03.55 ID:vswQbWKW0

琴葉「そういえば受け手が望む形で爆発オチを行うべきではないってことも本に書いてあったような……」

P「なんでも書いてあるなぁその本」

奈緒「じゃあどないすればええの?」

琴葉「例えば急なハプニングに巻き込まれるとか」

ガチャ

麗花「はーいこんにちは!」

P「急なハプニング来た」

琴葉「狙ってないタイミングで爆発するとか」

麗花「プロデューサーさん見てください!昨日山登りしてたらバズーカ拾っちゃいました♪」

P「狙ってないタイミングで爆発しそうなもの来た」

奈緒「もうアオノリ関係あらへん」
19 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:01:13.06 ID:vswQbWKW0

アオノリ『ナオ トモダチ』

奈緒「アオノリ……?」

麗花「試しに撃ってみても良いですか?えーっと弾をセットして……」

アオノリ『ナオ マモル』

奈緒「アオノリ!お前、まさか……!」


麗花「それー!」

アオノリ『ナオ メッチャ スキ』

奈緒「アオノリーーーーーー!!!!!」

ドーーーーーーーーーーン!

20 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:01:51.23 ID:vswQbWKW0

奈緒「……けほ」

琴葉「……けほ」

P「げほっ」


麗花「わぁ、みんなお揃いで可愛いですね♪」

奈緒「いや今の流れでこうなる!? アオノリが犠牲になってみんな助かる流れやないの!?」

アオノリ『ナオ メッチャ スキ』

奈緒「いや綺麗やなぁお前!相変わらず!」

琴葉「やはり爆発が二倍になるとアフロも大きくなって見栄えが良いですね」

奈緒「なんやねん琴葉さっきから!アフロも似合ってて可愛いなぁ!」
21 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:02:46.01 ID:vswQbWKW0

麗花「ねぇ琴葉ちゃん。そのアフロでタンポポみたいにフワーって飛べるのかな?屋上で試してみようよ♪」

琴葉「えっ、うーん。どうでしょう……」

麗花「行こ行こ♪」

琴葉「えぇと……それじゃあプロデューサー、奈緒ちゃん。失礼しますね」

奈緒「行くんや。大丈夫かな琴葉」

P「まぁウチの事務所には元看護師の風花もいるし大丈夫だろ」

奈緒「荷が重ない?」
22 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:04:13.26 ID:vswQbWKW0

P「さて、そろそろアオノリの発作も収まってきたかな」

奈緒「発作だったんかアオノリ、どうなんや」

アオノリ『カゼ ヒイタ』

奈緒「機械が風邪ひいてたまるか。今すぐ治しーや」

P「うーん、やっぱり機械に詳しい人がいないと」

ガチャ

茜「呼ばれて飛び出て茜ちゃーん!やっほープロちゃん奈緒ちゃん、とアオノリちゃん?劇場のマスコットは茜ちゃんで間に合ってるよ?ねぇねぇなんでいるの?もしかして茜ちゃんのマスコットの座を狙ってるのかにゃ?ねぇねぇどうなの?ねぇねぇねぇ」

アオノリ『……』

ドーーーーーーーーーーン!

茜「ぎにゃー!」
23 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:04:40.33 ID:vswQbWKW0

茜「え、なにこれプロちゃん。アオノリちゃんが急に爆発したんだけど。茜ちゃん以外みんな無傷だし」

P「うむ、アフロもキマってるな。さすが茜だ、基本に忠実」

奈緒「それはお笑いの事務所の基本やないですか?」

アオノリ『マスコット オレ』

アオノリ『アカネ タオス』

茜「えっなんかアオノリちゃん殺意高くない?なんで?」

奈緒「アオノリがな、爆発オチ覚えてしまってん」

茜「全然オチじゃなくない? 純粋な武力として爆発してない?」
24 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:05:10.65 ID:vswQbWKW0

奈緒「実はかくかくしかじかで」

茜「ふむふむ、つまりアオノリちゃんがオチで爆発しちゃうのをやめさせたいと」

茜「ここは茜ちゃんにお任せだよ! これでも茜ちゃんは茜ちゃん人形にこっそり爆発オチ機構を仕込んだ実績があるから爆発オチには詳しいのだ〜!」

P「後で話がある」

アオノリ『アカネ メッチャ スキ』

茜「今更命乞いしたってもう遅いよ!くらえっ、茜ちゃん超プリティーなんやかんや!」

奈緒「おぉっ!茜の手が凄い速さでアオノリをなんやかんやしてるで!」

P「凄いなんやかんやだ……!茜、いつの間にこんなに高いレベルのなんやかんやを……!」
25 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:05:40.11 ID:vswQbWKW0

アオノリ『……』

P「やったか……?」

奈緒「やってないフラグやめや」

茜「ククク……安心して良いよ。アオノリちゃんは茜ちゃんがしっかりなんやかんやしたよ!」

アオノリ『アカネ カワイイ』

アオノリ『アカネ マスコット』

奈緒「って洗脳されとるーーー!!」
26 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:06:30.89 ID:vswQbWKW0

アオノリ『……』

奈緒「お……?」

P「これは解除成功か……?」

茜「だから言ったでしょ。茜ちゃんはやれば出来る子なのだ。ナデナデしてくれても良いよ」

アオノリ『アカネ ナデナデ スル』

茜「アオノリちゃんはちょ〜っと身長が足りないかにゃ〜」

アオノリ『トンデ ナデナデ スル』

茜「うーんジェットで飛んでナデナデされちゃうと茜ちゃんの可愛い髪の毛が黒焦げになっちゃうかにゃ〜」

P「あんな機能あったか?」

奈緒「さぁ?」
27 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:07:18.89 ID:vswQbWKW0

奈緒「まぁ爆発しなくなったんなら良かったわ。アオノリ、帰るで」

アオノリ『アカネ メッチャ スキ』

茜「うにゃ? ちょっと茜ちゃんのことを好きになり過ぎちゃったかにゃ?」

奈緒「アオノリ、馬鹿やってないで帰るで」

アオノリ『アカネ メッチャ スキ』

奈緒「アオノリ……?」

P「奈緒、爆発オチを避けるためだ。堪えてくれ」

奈緒「でも、でもこんな、あんなに私のことメッチャスキって言ってくれてたのに」
28 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:07:45.16 ID:vswQbWKW0

茜「一応、茜ちゃんは天才だから元に戻すこともできるけど……」

P「でもそしたら爆発オチが復活しちゃうんだろ」

茜「それはそうだよプロちゃん」

P「そうなんだ。そうであって欲しくなかった」

アオノリ『アカネ メッチャ スキ』

奈緒「……」

P「ま、待て奈緒。早まるな……」
29 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:08:43.41 ID:vswQbWKW0

奈緒「うわーーーーん嫌やーーー! 爆発でも何でもしてええからまたナオメッチャスキって言ってーーー!!」

アオノリ『ナオ』

奈緒「アオノリー!帰ってきてアオノリーー!うわーん!」

アオノリ『ナオ ナオ』

奈緒「アオノリ……?」

アオノリ『ナオ メッチャスキ』

奈緒「アオノリ……!お前、元に戻ったんか……!」
30 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:09:31.51 ID:vswQbWKW0

茜「茜ちゃんが一瞬でなんやかんやして元に戻しておいたよ」

P「この仕事ができる女め」

茜「仕事が出来る美少女って言って」

アオノリ『ナオ メッチャスキ』

奈緒「アオノリ〜〜! 良かったなぁアオノリ、一緒に家帰ろうな〜!」

P「あれ、でも元に戻ったってことは」
31 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:10:49.20 ID:vswQbWKW0

アオノリ『3』

茜「そうだね。アオノリちゃんは後3秒で爆発するよ」

アオノリ『2』

奈緒「忘れてましたわ。ごめんなプロデューサーさん、茜」

アオノリ『1』

P「良いってことよ」



アオノリ『0』

ドーーーーーーーーーーン!

奈緒「ぎゃー!爆発オチなんてサイテーや!!!」



おわり
32 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2022/09/18(日) 13:11:18.88 ID:vswQbWKW0
終わりです。
ミリシタでもアオノリくんの新イベント待ってます。
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/21(水) 05:25:00.33 ID:h/pBoiTDO
これもゲッターの力か……



14.56 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)