【ウマ娘】アルコルはミザルに連れられて【SS】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:45:45.68 ID:8icxnpNz0

アヤベさん卒業後にトレーナーと結婚してしばらく位の話
アヤベさんの話だけど視点はトレーナー

アヤベさん可愛いよアヤベさん


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1667040345
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:46:58.62 ID:8icxnpNz0

久々の休み、車を走らせつつ、横目で助手席のアヤベを見る。
首を傾け、静かに景色を眺め続けている。
ともすれば冷たい印象を与えるが、時折耳は揺れ、窓に映った瞳は優しい眼差しを湛えている。
今日という日を自分が思っていたより心待ちにしてくれていたのではないかと、そう少しくらい自惚れても、ばちは当たらないだろう。

アヤベ「……」

この静かな時間が、俺は好きだ。


〜〜〜
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:47:47.74 ID:8icxnpNz0


木々に囲まれた道を行くことしばらく、小高い山の中腹にあるキャンプ場に辿り着く。
学園時代のアヤベが、休日に星を見に訪れていた場所の一つらしい。
リュックを背負った彼女は辺りをゆっくり見渡し、懐かしむかのように僅かに目を細めた。

アヤベ「……行きましょうか」

歩き出したアヤベの後を追う。気持ちいつもより揺れる尻尾が、手招きしてる様に感じられた。

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:48:23.00 ID:8icxnpNz0

管理棟で手続きをした後、アヤベに誘われ森を行く。なんでも、彼女のお気に入りの設営場所があるとのこと。
迷わぬよう整備されているとは言え、森の道は独特な雰囲気を纏っており、心が浮き足立つのを感じた。

アヤベ「……」

そのせいだろうか。数歩先を行くアヤベがふと何処かへ消えてしまうんじゃないか、そんな下らない想像が頭を過ぎった。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:49:13.12 ID:8icxnpNz0

アヤトレ「……なぁアヤベさん。手を、繋がないか?」

頭ではなく、心が紡がせた言葉だった。
ただの想像にこれだけ揺さぶられる、自分は随分小心だったのかと、内心で自嘲する。

アヤベ「……こんな所で手を繋いでたら、万が一転んだ時危ないわよ」

歩調を落とし、隣に並んだアヤベが言う。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:49:48.31 ID:8icxnpNz0

アヤトレ「ははっ。そうだな、すまん。忘れてくれ」

正論で諌められる。幾つも年下のアヤベの方が大人じゃないかと、思わず今度こそ自嘲の笑みを顔に浮かべてしまう。

アヤベ「……ん」

すると唐突に差し出される右手。

アヤベ「別に嫌ではないから。……繋がないの?」

アヤトレ「アヤベさん……。いや、是非」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:50:56.96 ID:8icxnpNz0

そこは、森の中のぽつりと開けた空間だった。近くには小川も流れ、確かに静かでこれは落ち着けそうな良い場所だと感嘆した。

手慣れたアヤベの指示のもとにテントを貼り、軽い夕食も済ませた頃には日も沈んでいた。
2人分の珈琲を淹れ、アウトドアチェアを並べて座る。
アヤベの趣味であり、生き甲斐。
今日の目的である星見の時間である。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:51:25.67 ID:8icxnpNz0

例え妹さんが消えてしまったとしても、アヤベが星を想い、星に願った時間は無駄でも嘘でもない。だからこそ2人で大事にしていきたい。
初めてアヤベに想いを伝えた日、彼女にそう約束した。

ふと、ある星の並びを見つけた。


アヤトレ「あれは……北斗七星か」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:52:44.61 ID:8icxnpNz0
銀河に浮かぶ大戦車(グランシャリオ)。そしておおぐま座の尻尾である、北斗七星。
アヤベに倣って星を学んだお陰で、昔よりは知識を得て、星も見つけられるようになったと自負している。
そんな知識の中から、おおぐま座に関する星の名を思い出す。




アヤベが『ミザル』なら、俺は『アルコル』が良い。
横目でアヤベの横顔を見ながら、そう思った。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:53:26.29 ID:8icxnpNz0

アヤベ「……ねえ」

アヤベが徐に、優しい声色で問う。

アヤトレ「ん?」

顔は星を見上げたまま、しかし口元に微笑を浮かべて、至って短く、言葉を投げる。





アヤベ「……好きよ。愛してる」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:54:05.30 ID:8icxnpNz0


まるで俺の意思が伝わったかのように、今1番望む言葉を告げられた。


アヤトレ「……ん。俺もだよ、愛してる」

アヤベ「……そう。……ふふっ」






これからも、その輝きを1番近くて見たいと、思わずにはいられなかった。


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/29(土) 19:54:52.28 ID:8icxnpNz0
おわりです
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/29(土) 20:38:05.43 ID:zbqUbMKZo
おつおつー
4.87 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)