【モバマス】調理実習大作戦!【フリルドスクエア】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:01:36.26 ID:gHzkRE5/0

―工藤忍ハウス―

工藤忍(もくもく…)

綾瀬穂乃香(サラサラ…)

忍「…うーん穂乃香ちゃんちょっと良い?」

穂乃香「はい。これはですね…」

忍「あっなるほど…ありがと穂乃香ちゃん」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1668520894
2 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:03:47.73 ID:gHzkRE5/0

バーン!

桃井あずき「調理実習大作戦!はじめるよー!!」

喜多見柚「ややっ穂乃香チャンも一緒かー」

穂乃香「柚ちゃん、あずきちゃん。ちゃんと呼び鈴を鳴らさないとダメですよ?」

忍「そういう問題じゃないよ穂乃香ちゃん」

あずき「穂乃香ちゃんも一緒ならちょうどよかった!」

柚「ちょっと聞いてくれないかなー?」

忍「そもそもどうやって入ったの?」

柚「ふふふっ…聞いて驚け!」

あずき「大家さんにお願いしたらあっさり合鍵貸してくれたよ!」

忍「なんで!?」
3 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:04:30.39 ID:gHzkRE5/0

柚「ほらほら、柚たちもう何回も遊びに来てるし?」

あずき「常連大作戦は着々と進んでいたんだぁ!」

穂乃香「それなら、私も貸してもらえそうですね」

忍「穂乃香ちゃん!?」

あずき「たぶん大丈夫だよー」

忍「もう!大家さんには勝手に合鍵を貸さないよう言っとかないと」

柚「えー?」

忍「何で不思議そうなの?」

穂乃香「…忍ちゃん、私もですか?」

忍「…穂乃香ちゃんは…大丈夫」

あずき「穂乃香ちゃんには何もかも甘いよ」

柚「この扱いの差、知りたい!」

忍「まったくもう…。で、2人とも今日は何があったの?」
4 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:04:56.50 ID:gHzkRE5/0

穂乃香「調理実習大作戦?ですか?」

あずき「うんうん!これにはね!ふかーーーい訳があるんだ!」

柚「アレは遡ること今日のホームルームで…」

―柚回想開始―

先生「明日の調理実習、普段サボリ気味の奴が率先してやるように。特に喜多見」

―柚回想終了―

柚「なんてことがあったのだ!柚チャンピーンチ!」

忍「一行じゃん」
5 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:05:26.37 ID:gHzkRE5/0

柚「それで放課後にあずきチャンと合流して、忍チャンたちは今日お休みだって言うから」

あずき「忍ちゃんちで練習させてもらうことにしようって!猛特訓大作戦だよ!」

忍「何で?理由が限りなく浅いよ!」

穂乃香「寮のお台所は借りれなかったんですか?」

あずき「それがねー今日は晩ご飯の後に水場の点検があるんだって」

柚「悩みに悩んだ柚たちは考えた!忍チャンの家に行こうと!」
6 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:05:54.27 ID:gHzkRE5/0

忍「素直に柚ちゃんのお家でやればいいんじゃない?」

穂乃香「忍ちゃん…柚ちゃん達が困ってるんですよ?」

忍「穂乃香ちゃん!?」

柚「そーだそーだー!」(チラッ)

あずき「あずきたちがこんなに困ってるのに…」(ヨヨヨ)
7 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:06:25.34 ID:gHzkRE5/0

穂乃香「2人が私たちを頼ってるんですから、ここは年上として力になってあげたい…」

忍「穂乃香ちゃん…」

柚(やった!)

あずき(泣き落し大作戦、上手くいったね♪)

忍「もうっ!今回だけだよ!」

あずき「わぁ!ありがとー♪」

柚「忍チャン頼りになる〜」
8 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:06:57.38 ID:gHzkRE5/0

穂乃香「ところで、その調理実習の課題はなんですか?」

あずき「お味噌汁だって!」

忍「お味噌汁?」

柚「お味噌汁だよ?」

穂乃香「柚ちゃん、お味噌汁の調理経験は」

柚「てへぺろ」

忍「そっかー(諦)」
9 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:07:38.73 ID:gHzkRE5/0

あずき「ちなみにあずきは作れるよ♪」

忍「あずきちゃんが教えてあげればいいのに」

あずき「えー!みんなと一緒のほうが楽しいもん!」

穂乃香「そうですね。みんなと一緒のほうが楽しいです」

柚「ちなみに、穂乃香チャンのお料理経験は?」

穂乃香「お菓子はいくつかあるんですが、お味噌汁となると…」

忍「それじゃ、みんなで一緒に作ってみようか」
10 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:08:08.61 ID:gHzkRE5/0

あずき「さんせーい♪」

穂乃香「…最初から作るのは初めてなので…。がんばります」

柚「みんな、ヨロシクー♪」

忍「柚ちゃんも作るんだからね?」

柚「分かってるヨー?」

忍「そもそも柚ちゃんの明日の実習のためだからね」

柚「そうだった!」
11 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:08:34.46 ID:gHzkRE5/0

―工藤忍キッチン―

忍「大家さんに頼んでお鍋とカセットコンロを借りてきたよ」

あずき「材料はこれで良かったかな?」

忍「うん。あずきちゃん準備がいいね」

あずき「えへへ♪」

穂乃香「お出汁は煮干しから取るんですか?」

忍「うーん。柚ちゃん、課題のレシピ見せて」

柚「はいはーい」
12 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:09:00.47 ID:gHzkRE5/0

忍「うんうん。やっぱりお出汁は調味料を使うみたいだね」

あずき「煮干しからだと時間かかっちゃうもんね」

柚「ほほーそーなんだね♪」

忍「授業でやるんだしね。時間がかからない方法にもなるよ」

穂乃香「では、まずは玉ねぎを刻みましょう」

忍「待って!穂乃香ちゃん!」

穂乃香「え?」
13 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:09:27.48 ID:gHzkRE5/0

忍「ヒソヒソ…」(包丁、使わせる?)

あずき「ヒソヒソ…」(柚ちゃんは仕方ないけど、穂乃香ちゃんは実習じゃないしね…)

柚「玉ねぎ、目に染みるんだよねー」

穂乃香「でも、刻まないとお味噌汁に入れられませんよ?」

忍(仕方ないかな?)

あずき(何事もチャレンジ大作戦だよ!)
14 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:10:09.47 ID:gHzkRE5/0

忍「4人分ならちょうど玉ねぎ一玉で丁度いいしね」

あずき「柚ちゃん!まずは皮を剥こう♪」

柚「はいはーい♪」(ペリペリ)

忍「それで穂乃香ちゃん、包丁で真っ二つにして…」

穂乃香「はい…」(ザクッ)

あずき「端っこから刻んでいこー♪」

柚「えーっと…うわっ」(トントン…)

穂乃香「やっぱり目に染みますね…」(ウルッ)
15 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:10:39.61 ID:gHzkRE5/0

忍「目に染みない方法はあるけれど、アイドルがやることじゃないしね…」

柚「どんな方法なの?」

あずき「お箸をこんなふーにふひにふはえうお」

柚「あはは♪それは無理だよね―」(ウルッ)

穂乃香「我慢するしかないんですね…」(ウルウル)
16 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:11:16.50 ID:gHzkRE5/0

忍「…うん。玉ねぎは大丈夫みたいだね」

柚「これくらいならお手伝いしたことあるしね―」

あずき「それじゃ、お豆腐を切ってみよー」

穂乃香(真剣な眼差し)

あずき「こうやって手に乗せて―。ささっと」(サクサク)

柚「おーっ」(パチパチ)
17 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:11:48.88 ID:gHzkRE5/0

穂乃香「あずきちゃん?大丈夫なんですか?」

あずき「へーきへーき♪」

忍「あずきちゃん、それアタシも無理だよ?」

柚「初心者に優しくしてほしーなー」

あずき「えへへ♪じゃあ普通にまな板で…」

穂乃香「こうやって手に乗せて…」(ブツブツ)

忍「穂乃香ちゃん!ストーップ!」

穂乃香「え?」

忍「危ない危ない!いきなりマネは無理!」

穂乃香「そ、そうなんですね…。あずきちゃんがとても楽しそうだったもので…」

あずき「さ、最初は普通にやろうね!」
18 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:12:18.38 ID:gHzkRE5/0

―数分後―

柚「えーっと、忍チャン、こんな感じ?」

忍「うん。もうちょっと形が揃うと見た目が良くなるけどね」

穂乃香「ここを…こう等分して…」(ジーッ)

あずき「穂乃香ちゃーん…そこまで綺麗にしなくても…」

穂乃香「いえ、やはり綺麗に整っている方が…」

あずき「忍ちゃん、何とか言って〜」

忍「もう、穂乃香ちゃんらしいなぁ…」(ニコニコ)

柚「ダメっぽい」

あずき「ダメッっぽいね」
19 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:12:53.61 ID:gHzkRE5/0

―さらに数分後―

忍「具材の準備はできたね」

あずき「思ったより時間かかったよぉ」

穂乃香「すみません…ついお豆腐を賽の目に刻むのにこだわってしまって…」

柚「穂乃香チャンのお豆腐、びっくりするくらい同じ形だー♪」

忍「次はお湯に出汁の素と玉ねぎを加えて火を通すよ」

あずき「柔らかくしなきゃだね」
20 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:13:21.02 ID:gHzkRE5/0

忍「その前に、ちょっとこれを食べてみて」

穂乃香「このお味噌汁は忍ちゃんが作ったものですか?」

忍「今朝作ってた残り物なんだ。晩ご飯にしようと思ってたんだけど」

柚「ここでお手本の登場だね♪」

忍「そんな大したものじゃないよ。でも参考にしてね」

あずき「わぁっお味見大作戦だ♪」

穂乃香「では少し失礼しますね…うん、美味しいです♪」

あずき「家庭の味って感だよね♪」

柚「あー…美味しいけど、ちょっとしょっぱい気が…」
21 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:13:47.71 ID:gHzkRE5/0

忍「そうかな?」

あずき「あずきも少しだけ塩分が濃いかなって」

穂乃香「ひょっとしたら、東北は寒さが厳しいので塩分が強めなのでしょうか?」

柚「なるほどー。埼玉は東北ほどじゃないもんねー」

あずき「へー。お味噌汁にも土地柄が出るんだね♪」

穂乃香「私は大丈夫だったんですが…。忍ちゃん、お互い塩分には注意しましょう」

忍「そうだね。青森では当たり前だけど、東京だとそうじゃないもんね。気をつけなきゃ」
22 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:14:15.68 ID:gHzkRE5/0

あずき「それじゃ、あずきが忍ちゃんのお味噌汁にひと味加えちゃう♪」

忍「任せたよあずきちゃん」

穂乃香「それは…卵ですか?」

あずき「うん♪こうやって溶き卵にして…お味噌汁を沸かし直して…」

柚「おーっ♪あずきちゃん上手だね♪」

あずき「えっへん!みんな、一掬いずつどうぞ♪」

穂乃香「とっても美味しいです♪」

忍「溶き卵とお味噌汁も合うよね」

柚「あずきチャン!こんなスペシャルテクニックをみせつけてくるとわー」

あずき「えへへ♪どういたしまして♪」
23 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:14:50.39 ID:gHzkRE5/0

穂乃香「つまり、今日はここがゴールラインなんですね」

あずき「違うよ?2人はまず普通のお味噌汁を作ろ?」

穂乃香「はい…まずは普通のお味噌汁ですね」

忍「工夫をこらすのは今度にしようね?穂乃香ちゃん」

柚「よーし♪お鍋にお水をどーん!そして玉ねぎをバーン♪」

あずき「そこに出汁の小さじ一杯分加えてね♪」
24 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:15:17.32 ID:gHzkRE5/0

柚「はーい♪」(サラサラサラ〜)

忍「柚ちゃん!ちょっと入れすぎ!?」

柚「たぶん美味しいからきっと大丈夫だよ〜♪」

忍「悪い影響を受けてるよ!?」

穂乃香「小さじ一杯…小さじ一杯…」(ブツブツ)

あずき「穂乃香ちゃんはもう少し適当でいいよ?」

穂乃香「いえ、このひと匙が重要なんですから…」
25 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:15:52.54 ID:gHzkRE5/0

あずき「玉ねぎが煮え過ぎちゃうよぉっ」

忍「煮えすぎないうちにお豆腐をいれようね」

柚「はーい♪」(ドバドバ)

穂乃香「…」(そぉっ…)

あずき(ここまで正反対になっちゃうんだね…)

忍「それで、次はお味噌大さじ2杯を…」

柚「はいはーい♪」(ざくっ!どば!ざくっ!どば!)

忍「柚ちゃん!それじゃお味噌が溶けないよ?」

柚「え”?」
26 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:16:25.66 ID:gHzkRE5/0

穂乃香「えっと、こうやってお玉に乗せて…少しずつ溶かしていくんですね…」

あずき「そーだよ!お箸で溶かしながら少しずつ広げていくの」

柚「えーっと…忍チャン?」

忍「気長に、かき混ぜようね?」

柚「は、はーいっ」(忍チャン、目が笑ってないよ〜)

忍「それで、ひと煮立ちさせて」

あずき「お椀に入れて、ネギを適量だね♪」
27 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:16:56.93 ID:gHzkRE5/0

穂乃香「?適量?ですか?」

柚「こういうのはテキトーでいいんだよー♪」

穂乃香「て、適当…がんばります…」

忍(穂乃香ちゃん…手伝ってあげたい)

あずき(忍ちゃん、我慢だよー)

忍「うん。できたね」

柚「やったぁ♪」

穂乃香「ついに完成したんですね。私たちのお味噌汁が…!」

あずき「お味噌汁大作戦!大成功だよ!」
28 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:17:23.68 ID:gHzkRE5/0

ピーッピーッ!

忍「ちょうどよくご飯も炊けたみたいだし」

あずき「晩ご飯だー!」

柚「柚チャンもうお腹ペコペコだヨ―」

忍「さて、さっそく味比べだね」

あずき「何となく予想はつくんだけどね♪」

柚「どぞー♪」

穂乃香「……」(真剣な眼差し)
29 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:17:50.08 ID:gHzkRE5/0

忍「まずは穂乃香ちゃんからいただくね」

あずき「お味見大作戦!いくよー!」

忍「…うん!」

あずき「おいし〜♪」

穂乃香(ホッ…)

あずき「さすが穂乃香ちゃん。いつお嫁さんに行っても大丈夫♪」

穂乃香「からかわないでください…」(照)

忍「そうだよあずきちゃん!穂乃香ちゃんをお嫁さんには出さないよ!」

穂乃香「忍ちゃん…」

あずき「あれ?なんかはじまってる?」

柚「いつものやつだよー」

あずき「そっかー」
30 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:18:18.22 ID:gHzkRE5/0

忍「さて、次は柚ちゃんだね」

あずき「いただきます♪」

柚「たんと召し上がれ♪」

忍「…!これは…」

あずき「大味だけどおいしー♪」

柚「やた!さすが柚チャン♪」

穂乃香「レシピ通りでなくても美味しいんですね」

柚「穂乃香ちゃんのもおいしーよ♪」

穂乃香「ありがとうございます♪」
31 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:18:45.81 ID:gHzkRE5/0

(数十分後)

あずき「おなかいっぱいだよー♪」

忍「ちょうど4人分なんだけど、何だか不思議な満腹感だね」

柚「みんなで楽しんで作ったもんね」

穂乃香「達成感に勝る調味料はないのかもしれませんね」

忍「柚ちゃんどう?明日は大丈夫そう?」

柚「バッチリだよ♪」

あずき「よかったぁ」

穂乃香「さて、後片付けしましょう」
32 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:19:18.98 ID:gHzkRE5/0

柚「えー柚チャンもう動きたくなーい♪」

忍「後片付けまでが調理実習だよ?」

あずき「忍ちゃん先生みたいだ♪」

忍「もう!大家さんに借りたものを綺麗にして返すんだよ!」

柚・あずき「「はーい♪」」

穂乃香「ふふっ皆さんお疲れさまでした♪」

33 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:21:05.01 ID:gHzkRE5/0

―翌日夕方―

柚「いやー柚チャンのスペシャルお味噌汁!みんなにも見てほしかったなー♪」

忍「どうして思いつきで卵を入れちゃったの?」

あずき「しかも溶かないでまるごといれちゃったよね?」

穂乃香「半熟日の丸お味噌汁ですか…柚ちゃんの発想力、見習いたいです!」

忍「卵を温めようとして長い時間煮込んでるよね?」

あずき「卵が邪魔でお味噌も溶かせてないよね?」

柚「そこは柚チャンの機転でカバーしたのだ♪」
34 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:21:38.95 ID:gHzkRE5/0

穂乃香「お写真、美味しそうですね。どうでしたか?」

柚「ふふふ…聞いて驚け!ビミョーだった!」

忍「そうだよね!そうなっちゃうよね!?」

柚「みんなが期待してたからつい本気出しちゃったー♪」

あずき「本気の方向性を考えて!?」
35 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:22:06.16 ID:gHzkRE5/0

穂乃香「でも写真の皆さん、とても楽しそう…」

柚「そーだよ♪楽しかったー♪」

忍「そっか♪楽しかったんだね!」

あずき「柚ちゃんの調理実習大作戦!どうだった?」

柚「もちろん!大成功!」
36 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:22:39.05 ID:gHzkRE5/0

穂乃香「ふふっ…柚ちゃんの笑顔を見れば分かります♪」

忍「頑張った甲斐があったね」

あずき「今度はもうちょっとあずきたちとの特訓を活かしてね!」

柚「ありがとー♪それじゃ、今度はみんなに柚チャン特製の手作りお菓子を振る舞ってあげよー♪」

あずき「楽しみにしてるね♪」
37 : ◆xMUmPABXRw [sage saga]:2022/11/15(火) 23:23:30.05 ID:gHzkRE5/0

おしまい。
しのほのを挟まざるをえない宿命を背負っています。
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/11/16(水) 01:32:01.39 ID:zZKWdHJZo
おつのー
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/11/16(水) 06:15:34.99 ID:cI/NpMmB0
乙でした
落とし卵の味噌汁も美味しいよね
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/11/16(水) 07:58:05.13 ID:CTeYLTNDO
味噌の色と種類も違う地方の子たちだから、その辺の描写があるともっとよかったかもね
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2022/11/16(水) 15:44:47.42 ID:ilT1lIVK0
>>40
気になったので調べてみた。
忍 …青森→【津軽みそ】津軽3年味噌に見られる長期熟成の赤色辛口味噌。麹歩合は低く、塩分も高めだが塩なれしており、独特のうま味が特徴。
穂乃香…宮城→【仙台みそ】伊達政宗が醸造の専門家を仙台に招聘し、軍糧用としての味噌を造らせた「御塩噌蔵」からの伝統の赤色辛口味噌。
あずき …長野→【信州みそ】生産量が日本一。淡色で辛口の味噌はあまりにも有名である。ほのかに酸味のある芳香を持ちコクのある味わい。
柚 …埼玉→関東地方は、恵まれた気候のために、東北などに比べると日々の生活の中で、味噌への依存度は低い。

参考ウェブサイト
-全国味噌分布図|ヤマク食品株式会社(https://www.yamaku.co.jp/map.html)
17.86 KB Speed:2.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)