曜「水飛沫が光って」 梨子「月の光が輝いて」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:46:15.42 ID:nt2VNmRNO
https://youtu.be/DPgMjXhqmfw



ブーン…


キキーッ


曜「…っと」



「あ、来られたんじゃないですか?」


「…ほんとだ、来ましたね」


「取材お疲れ様でした、桜内さん」


「はい、また明日…」



〜♪


曜「……」トントン


曜「…Darling open your eyes…♪」



トテテ


コンコンコン



曜「ん」


ウィーン


「すいません、乗せてもらっていいですか?」


曜「…えー、どうしよっかなーん」


梨子「乗せてくれないと、10円でドア引っ掻くよ」チャリーン


曜「それはマジで勘弁っ、どうぞ」ガチャッ


梨子「ふふ、お邪魔しまーす♪」


バタンッ




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1668847575
2 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:46:36.76 ID:nt2VNmRNO
梨子「はい、そこの自販機で買ってきたコーヒー。ブラックで良かったっけ?」


曜「ありがたやであります、大丈夫だよ」カシュッ


ゴクッ


曜「んぁ〜…染みるね」


梨子「良かったっ」


曜「…さて、お腹は?」


梨子「結構空いたかも」


曜「食べたいものとかは…」


梨子「んー、特に無いかな」


曜「ん、じゃあ良いとこあるから行こっか」


梨子「うんっ」


ブルゥン!


ブーン…!!


ーーーーーー
ーーーー
ーー
3 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:47:49.87 ID:nt2VNmRNO
曜「…って意気揚々と出発して早々信号って捕まるもんだよね」


梨子「ふふ、そんなものなの?」


曜「カッコつけって基本上手くいく事無くない?」


梨子「あー、成程」


曜「思うとこあり?」


梨子「たまに取材でね、そういうカッコつける男の人とかいるのよ」


曜「……へー」


梨子「私も桜内さんみたいな人とお付き合いしたいですとか言ってくるのよ?本当に最悪ったらありゃしない」


梨子「この前も演奏先で「今彼氏いるんですか?いないならご飯行きません?」とかばっか…」


曜「……」トントントントン


梨子「ま?このビューティフルりこちゃんパワーの前には何事も無意味だけdんむっ!?」グイッ


チュッ



梨子「ん…っ!!///」



曜「…」



梨子「…っ、よう、ひゃ…っ!?///」



曜「…んっ」スッ


梨子「っはぁ…///な、何急に…っ!?///」


曜「…梨子ちゃんさぁ、いい加減覚えてよ」


梨子「ぅえ…?///」


曜「私の前でそういう話したら、怒るって言ってんじゃんか」


梨子「そ、それは…///」


曜「……あれ?もしかして、梨子ちゃんさ」スッ


グイッ


梨子「っ!?」




曜「…わざとやってる?」ボソッ


梨子「…ち、違うわよ…っ///」
4 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:48:25.49 ID:nt2VNmRNO


プップー


曜「…おっと、青だ。行かなきゃ」


梨子「…///」


曜「…」



<〜♪Let me show you the light
You may never find a love that's right…



梨子「……綺麗な目してるよね、曜ちゃん」


曜「そっちこそ、梨子ちゃん」


ブーン…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:49:00.38 ID:nt2VNmRNO
ービストロ 表参道ー



キキーッ


曜「っと……とーちゃくであります」ガコッ


梨子「わあ…凄いお洒落な所ね」


曜「見た目は入りにくいけどね、店としてはすごいカジュアルでさ。1人でも行けるくらい」


梨子「1人で来た事あるの?」ガチャッ


曜「いんや、仕事の人と来たりしたけど、まだ1人は無いなぁ」ガチャッ


バタンッ


曜「ちゃんと閉めてねー、梨子ちゃん力弱いし」ピピッ


梨子「うっさいわよ、合ってるけど…」


曜「はははっ」



カランカラン…



「いらっしゃいませ、2名様ですか?」


曜「はい」


「かしこまりました、こちらへどうぞ」


ーーーーーーー
ーーーーー
ーーー
6 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:49:59.64 ID:aAKxel3fO
https://youtu.be/4XeVM8EalC8



「ご注文お決まりになりましたら、お呼び下さい」


梨子「はいっ」


「失礼致します」


梨子「ほんとにキレイなお店ね」


曜「でしょ、梨子ちゃんと来たかったんだー」


梨子「連れて来てくれてありがとう」


曜「どーいたしましてっ。さてと、何食べよっかな」パラッ


梨子「ワインも結構あるわね…いや、いっか」パラ…


曜「あれ、飲まないの?」


梨子「曜ちゃん車で飲めないのに、私だけ飲んでもね」


梨子「明日も仕事だし、今回は良いよ。ごめんね」


曜「そっか…いや、謝る事じゃないよ。そしたら取り敢えずグレープジュースにしよ?ワイン感味わいたいじゃん」


梨子「ふふ、それもそうね。すいませーん」


「お待たせ致しました、お決まりですか?」


梨子「あ、このグレープジュースを下さい。グラスは2つで」


曜「あと『枝豆とじゃがいものパルミジャーノ』と、『フリッタータ トマトソースかけ』をお願いします」


「かしこまりました、以上で宜しいでしょうか」


曜「はい、以上で」


「かしこまりました、失礼致します」


梨子「…流石、手馴れてるじゃない」


曜「そお?」


梨子「というか、フリッタータってなぁに?」


曜「キッシュに似たイタリアンオムレツだよ。これがちびちび食べるのに最高なんだ」


梨子「へえ、オムレツなのね」


7 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:50:18.50 ID:SX24lDUjO

「失礼致します、グレープジュースをお持ち致しました」


コトッ…


曜「あ、ありがとうございます」


「ごゆっくりどうぞ、失礼致します」


梨子「ありがとうございます」


曜「…では、今日もお疲れ様」スッ


梨子「うん、曜ちゃんも」スッ


ようりこ「「乾杯!」」


キン…
8 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:51:06.15 ID:SX24lDUjO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


梨子「…おいし、これ」


曜「じゃがいもにチーズは分かるけど、枝豆にチーズってあんまり見ないよね」


梨子「しかも簡単よね、家でも作れそう」


曜「桜内さん、料理出来ましたっけ?」ゴクッ


梨子「桜内さん料理出来るわよ!……た、多少は…」


曜「ぷふっ」


梨子「何笑ってんのよ…もう」ゴクッ


曜「いやいや、ついね」モグッ


梨子「…ジムはどう?一国一城の主として…」


曜「うん、順調だよ。最近一気に暑くなって来たじゃん?」


梨子「ええ、もう真夏日ね」パクッ


曜「プール利用者めっちゃ増えてさ、これが結構忙しいんだよー」


梨子「良い事よ、曜ちゃんなんて特に好きな事を仕事に出来てるから」


曜「それ言うなら梨子ちゃんもでしょ〜?次の演奏会は?」


梨子「えーと来月ね、何と静岡よ」


曜「おおう、栄光の凱旋でありますな?」


梨子「もう何回か行ってるわよ、向こうの運営の方が気に入って下さってて…」


曜「梨子ちゃんの才能が広〜く知れ渡ってるんだなァ〜って思うよ」


梨子「月ちゃんみたいに言わないの」


曜「はは…」ゴクッ


梨子「Aqoursの皆とは会えてる?」


曜「1番最近会ったのは果南ちゃんだね。わざわざウチのジム使いに来てくれたよ」


梨子「流石ね、果南ちゃん…」


曜「初めて来たって訳でも無いし、6回目か7回目か…ま、割と来てくれてるよ」
9 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:51:47.60 ID:SX24lDUjO

梨子「…ぶっちゃけ、旅費の方が高くつくんじゃ…」


曜「絶対そうだけど来てくれてるからわざわざ言えないよね。こっちとしても嬉しいからさ…」


梨子「まあでも、果南ちゃんもいい大人だものね。お金勘定位はしてるでしょうし」


曜「別に浪費癖とかも無いしねぇ。あでも突発的に旅行とか行っておじいちゃんびっくりさせてるらしいけど」パクッ


梨子「あははっ、どういう癖よそれっ、ふふふっ」


曜「ね、訳わかんないよね」


梨子「果南ちゃんたら…」ゴクッ


曜「……」


梨子「…?」


曜「知ってる?梨子ちゃん」パクッ


梨子「何が?」


曜「ダイヤさんと聖良さん、付き合ってるの」モグモグ


梨子「うえぇっ!?そうなの!?」
10 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:52:17.21 ID:SX24lDUjO

曜「やっぱり知らなかったか…そりゃそうだよね」


梨子「んえっ、ごほっ、いつから?!」


曜「卒業してかららしいよ、たまったま同じ大学だったから、仲が深まって…って」


梨子「へ、へぇ〜あの二人が…分からないものね…同じ姉として何か通ずる所あるのかしら…?」


曜「…」


梨子「驚きだわ…」


曜「どう思う?」


梨子「……付き合ってるって事?」


曜「…うん、世間的にもさ」


梨子「少なくとも、私は絶対否定しないよ」


曜「…」ゴクッ


梨子「女の子同士だからとか…Aqoursだったからとか関係無い」


梨子「色んな愛があっていいじゃない」


曜「…そっか、そうだよね」


梨子「……曜ちゃんは嫌なの?」


曜「全く。梨子ちゃんとおんなじ考えだよ、周りなんて関係無いよね?2人が幸せならさ」


梨子「…そう、良かった」


曜「…」


梨子「……いつからだっけね、"私達"」
11 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:53:15.94 ID:SX24lDUjO

曜「…ぶっちゃけさ…私達って"付き合ってる"って言えるのかな?色々と有耶無耶だよね、何というか」


梨子「…」


曜「3年生が卒業してからか…こういう関係は」


梨子「って言っても、それらしいイベントとか何もしてないけど」


曜「うーーーーん、まぁね……こういうのは?」


梨子「女の子同士でご飯とかは普通じゃない?」


曜「あーーーそりゃそうだよねぇ…」


梨子「……曜ちゃん」


曜「いやさ…私が無理だ、これ以上は」


梨子「…」


曜「私、縛るとかほんと嫌いでさ…梨子ちゃんもピアノ奏者としてめちゃめちゃ期待されてるじゃん」


梨子「…有難い事にね」ゴクッ


曜「でしょ。それで急に出てきて私の彼女で〜すとか、言えないよ」


梨子「でもキスはしてくるじゃない」


曜「……それは、1種のスキンシップというk」


梨子「舌まで入れるスキンシップってあるの?」モグモグ


曜「…///」


梨子「…私はいいのよ?曜ちゃん」


曜「な、何が…?」


梨子「曜ちゃんと、"そういう"関係になっても」


曜「…………でも」


梨子「私、曜ちゃん好きだもん」

12 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:53:53.73 ID:SX24lDUjO

曜「……〜〜〜っかぁ〜〜〜〜〜っ…………///」ノケゾリ


梨子「何でそこで照れるの?さっき車で…」


曜「いやあれは弾みというか…」


梨子「縛りたくないとか言う割に、私が言い寄られたりしたって話したら、曜ちゃん嫉妬するじゃない♪」


曜「そりゃそうだよ!好きだもん!!」


梨子「…」パクッ


曜「…梨子ちゃん顔赤いよ」


梨子「赤くありませーん…///」
13 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:54:39.10 ID:SX24lDUjO

曜「…」


梨子「…」


曜「……梨子ちゃん、明日暇?」


梨子「…仕事って言ったでしょ………明後日からは、2連休だけど」


曜「……ふーん、明日会おうよ」


梨子「何時に終わるか……まだ分かんないわよ」


曜「そか…」


梨子「曜ちゃんこそ、お仕事は?」


曜「今、ジムの入ってるビルが改修工事中でさ、明日は臨時休業なんだよね」


梨子「あら、それじゃあ商売上がったりね」


曜「いやぁ、言う程だよ。お陰様で普段食べるには不自由しない位は儲かってます」


梨子「…ふふ、そっか」



<♪一緒にSailing、Beginners Sailing…



梨子「あ、ごめんなさい、電話だ」スッ


曜「…う、うん」


ピッ
14 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:55:08.50 ID:SX24lDUjO

梨子「はい、桜内です…お疲れ様です」


曜「……しれっと私の曲だし……」パクッ


梨子「はい、はい……えっ、そうなんですか?」チラッ


曜「?」モグモグ


梨子「…へ、へぇ…まあ、仕方ない、ですよね…」ニヘラ


曜「え、何こわっ」


梨子「っ!!」フルフル


梨子「はい、わっ、かりました…はい、じゃあまた来週…ですかね」


曜「…!」ピタッ


梨子「了解です。お疲れ様です、はい失礼しまーす…」


ピッ


梨子「…………」


曜「…えーと、どうしたの?何かあったの?」




梨子「……明日、仕事無くなったって」


曜「……っ!!」


梨子「……」
15 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:55:42.96 ID:SX24lDUjO

曜「へ、へー……よ、良かった…ね?」


梨子「そうね。これで、三連休になるわね」


曜「そ、そっか……っ」


梨子「…」


曜「……」


梨子「…明日から、暇になっちゃうなぁ」ボソッ


曜「…!!っ、はぁーーー……っ」ノビー


梨子「どっか、行こっかなぁ」


曜「…り、梨子ちゃん」ニヤッ


梨子「なぁに…?曜ちゃん」ニヤニヤ


曜「も、もし良かったら…さ…」


梨子「…ええ、遊びましょ」ニコッ


曜「よっしゃ!」


梨子「という事で、すいませーん」


曜「えっ凄い急に」


タタッ


「ご注文でしょうか?」


梨子「カニとトマトのクリームパスタを1つお願いします」


曜「ちょ、急だねぇ梨子ちゃん」


梨子「腹ごしらえしたくなったの、曜ちゃんは?」


曜「そだな…じゃあ、パンチェッタとミートボールのマルゲリータピザを。あとグレープジュースのおかわりを下さい、ボトルで」


「かしこまりました、以上で宜しいでしょうか」


曜「はいっ」


「かしこまりました、失礼致します」


梨子「…楽しみね」


曜「…うん」
16 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:56:11.79 ID:SX24lDUjO

「失礼致します、グレープジュースでございます」


コトッ


梨子「ありがとうございます」


「失礼致します、ごゆっくりどうぞ」


曜「ん、梨子ちゃん」


梨子「ありがと」トクトクトク…


梨子「はい、曜ちゃんも」


曜「ありがとう」トクトクトク…


梨子「じゃあ2回目の乾杯を…」


曜「梨子ちゃん」


梨子「うん?」


曜「明日からさ…」


梨子「うん」


曜「普通の"こういう"関係だったらやってたであろう事……


曜「明日から、梨子ちゃんと沢山したいな」


梨子「……ええ、私も」


曜「…へへ、楽しみだ」スッ


梨子「うん、私も…っ 」スッ


キン…
17 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:57:02.07 ID:SX24lDUjO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ブーン…


ポチッ


〜♪


<ハーイ、DJ ELIよ。今日も『Late Night Lovers』のお時間がやって参りました


<時刻は0時を回ったわ、深夜と呼ぶに相応しい時間になった所よ


<仕事帰りの人もいれば、これから夜が始まる人もいると思うわ



曜「…」トントン…


梨子「曜ちゃん、もしかして我慢してる?」


曜「へ?な、何が?」


梨子「たーばーこ。私がいるからって遠慮しないでよ」


曜「そうは言ってもさ…」


梨子「いーの、曜ちゃんの電子タバコの匂い、私は好きだから」


曜「…そっか、じゃ、お言葉に甘えよっかな」


梨子「やったげようか?」


曜「お願いします」スッ


カチッ


ジジジ…



<そんなあなた達に、この曲を送るわ


<仕事終わりの人達はお疲れ様。これを聞いてゆっくり休んで頂戴ね?


<これから遊ぶ人達は楽しんで。たまには静かに楽しむのもかっこいい大人への1歩…なんてね


<私はコーヒーでも飲んで、ゆっくり楽しむとするわ……


〜♪
https://youtu.be/vRB1MLGEHSc
18 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:58:03.86 ID:SX24lDUjO

ブブブッ


梨子「…これでおっけいかな、はい」スッ


曜「おっけいであります、ありがと」


ス-…


フー…


梨子「…」


曜「すぅ…ん、どしたの梨子ちゃん」フー


梨子「…」スッ


パシャッ


曜「んえっ!?///何で急に撮るの!?///」


梨子「…すっごいカッコよかったからかな」


曜「理由になってないよ!?///」


梨子「待ち受けにしよっかな…」


曜「辞めて貰えます!?」


梨子「ちゃんと前見て曜ちゃーん」


曜「あっ、写真アプリ開いてる!!設定する気満々じゃんて!!」チラッチラッ


梨子「危ないよー」


曜「そう思うなら辞めてよぉっ…///」


ーーーーーー
ーーーー
ーー
19 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:58:49.22 ID:SX24lDUjO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー梨子宅前ー



キキーッ


曜「…到着っと」


梨子「ありがとう、いつも送って貰っちゃって」


曜「そんなの今更言わないでよーそろ」


梨子「ふふ…うん、そうね」


曜「……明日の事、後でLINEするよ」


梨子「お風呂入ったらすぐ寝ちゃうかもな〜♪」


曜「行き当たりばったりで明日会うのも良いけど時間位は決めとこ?ね?」


梨子「ふふ、うそうそ」


曜「もう…それじゃまた」


スッ



曜「っえ」


チュッ


曜「……っ…///」


ガチャッ


梨子「また明日、おやすみ♪」


バタンッ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
20 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 17:59:26.73 ID:SX24lDUjO
曜「…………っ、はぁ〜〜〜〜っ…///」カチッ


ジジジ…


ブブッ


曜「………」スゥ-…


曜「…いくらなんでも、可愛過ぎるっての…」フー…


曜「……手離したくないぃ……」スゥー…


曜「でもこっちが重いのは嫌だぁ…」フー…



<〜♪Can't you see You're my delight…

21 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:00:10.19 ID:SX24lDUjO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー梨子宅 リビングー



梨子「はぁ、さっぱりした…」フキフキ


梨子「……来てる来てる」


ーよーちゃんから通知 1件ー


梨子「…」スッ


タプタプ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


よーちゃん:ちゃんと起きてる?


Riko:一応ね


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
22 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:01:01.09 ID:SX24lDUjO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー曜宅 寝室ー


カシュッ


曜「んぐ…ぷっはぁっ、このみかんサワー味変わったな…」


ピロンッ


曜「んっ」ゴクゴク


ーりこから通知 1件ー


曜「…」


タプタプ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


You:ちゃんと起きてる?


りこ:一応ね


You:なら良かった


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
23 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:01:53.54 ID:SX24lDUjO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


You:どうしよっかね


りこ:前々から決まってたら温泉とか行けたね


You:さすがにね


りこ:よーちゃん行きたいとことか


You:うーん難しい、沼津とか?


りこ:里帰りかと


You:うそうそ


りこ:(怒ってるトマトスタンプ)


You:逆にりこちゃんは?


りこ:うーん、朝からは辛いよね


りこ:今結構いい時間だし


You:それはある


りこ:あ、後楽園とかは?


You:お、いいねそれ


りこ:中にご飯屋さんとかもあるし、色々遊べるしね


You:ホントだったら平日だから、人もそんなだろうし


You:その案採用してあげましょう


りこ:ありがたき幸せ


You:時間どうしよっか、お昼とかに迎え行こうか


りこ:流石に二日連続お迎えは申し訳ないから、電車にしよ


You:別にいいのに


りこ:そしたらお酒も飲めるでしょ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


梨子「ていうか、どうせ、今も飲んでるでしょ……っと」ポチポチ


Riko:ていうかどうせ今も飲んでるでしょ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
24 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:02:53.91 ID:SX24lDUjO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


曜「なんでバレた…ふふ」ポチポチ


You:なんでバレたし


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Riko:勘です


よーちゃん:さすがっす


よーちゃん:じゃ、水道橋駅合流でおけ?


Riko:おけです。


よーちゃん:ほんじゃ、12時位に


Riko:(OKマークをするトマトスタンプ)


よーちゃん:(宜しくお願いしますと言う船のスタンプ)


Riko:変なスタンプ


よーちゃん:わかる


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
25 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:03:52.56 ID:SX24lDUjO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


曜「…12時か、今は…」


ー00:30ー


曜「…もう一缶飲んで寝よっと」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


梨子「12時ね…11時半前位に出れば間に合うな」


梨子「………〜〜〜っ」ジタバタ


梨子「…楽しみだな…」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
26 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:04:38.44 ID:SX24lDUjO

ー水道橋駅ー



梨子「…」


タタタッ


梨子「…あ」


曜「はぁ、はぁ…ごめん、遅れたっ」


梨子「スマホ見たら電車止まったって書いてあったから、分かってたよ」


曜「何か非常ボタン押されたとかでさ…いや、焦ったぁ」


梨子「ふふ、そんなに息せき切って…楽しみだった?」


曜「当たり前でしょ」


梨子「…私も」


曜「はは…じゃ、行こっか」


梨子「うんっ」


https://youtu.be/-ZbPG5zRd20


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
27 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:05:28.31 ID:SX24lDUjO

ー東京ドームシティー



曜「いやあ、いつ来ても東京のど真ん中にこんなとこあるの凄いよね」


梨子「確かに、郊外とかならね?ネズミさんのとことかあるけど」


曜「久しくあそこも行ってないな…明日はあっち行こっか」


梨子「2日連続遊園地は辛過ぎるよ」


曜「あははっ!」


梨子「もう…じゃあどうする?まずご飯?」


曜「そだね。アトラクションもそこまで混んでないから大丈夫そうだ」
28 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:06:14.69 ID:SX24lDUjO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーおぼん de ごはんー



曜「昨日はイタリアンだったし、今日は和食かなぁ」


梨子「結構あるね、どれにしようかな」


「しっつれいしまーす!お決まりですかっ?」


曜「じゃー、私は『那須高原豚の生姜焼き定食』で」


梨子「私は…『びんちょうまぐろのレアカツ おろしぽん酢定食』で、五穀ひじきごはんに変更でお願いします」


「かしこまりました!お飲み物はどうされますかっ?」


曜「あ、ウーロン茶2つ下さい」


「はいっ、かしこまりました!お待ち下さい!」


トテテ…


梨子「元気な人♪」


曜「ほんとだね」


ーーーーーー
ーーーー
ーー
29 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:07:24.40 ID:SX24lDUjO
「お待たせしました!那須高原豚の生姜焼き定食と、びんちょうまぐろのレアカツ おろしポン酢定食ですっ!」


曜「おおう、ありがとうございます」


梨子「うっはー…美味しそっ」


「お後こちらウーロン茶ですね!ご注文お揃いですか?」


曜「大丈夫です!」


「かしこまりましたっ!ごゆっくりどうぞ!」


曜「いやぁこれは…中々でありますな」


梨子「はぁ〜っ、すっごい美味しそう…」パシャッ


曜「おお、今どきの子ムーブ」


梨子「今は誰でも写真くらい撮るよ、じゃあいただきます!」


曜「いっただきまーす」


梨子「まずはそのまま…」スッ


サクッ


梨子「ん〜っ!さくさくだよ…!」


もぐっ


曜「……うん、中々柔らかくて…肉汁すごっ」


梨子「副菜のポテトサラダが嬉しいな、ミニトマト乗ってるし」


ズズ…


曜「…っああ…味噌汁しか勝たないね」
30 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:08:24.04 ID:SX24lDUjO

梨子「お味噌汁とご飯はおかわり無料だって♪」


曜「それは強過ぎる!もうこの時点で1杯じゃ足りない事確定してるよ」


梨子「私も!」


曜「そのひじきご飯、いいね」モグモグ


梨子「普通のお米だと、ちょっとカロリーが心配で…」サクサク


曜「はは、梨子ちゃんらしいや」


梨子「笑わないのっ、曜ちゃんと違って痩せやすくないのよ」


曜「太った事ないからなぁ」


梨子「喧嘩売ってる?」


曜「ごめんであります」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
31 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:09:13.12 ID:SX24lDUjO

「ぅありがとうございましたー!またお越し下さいませっ!」


曜「ご馳走様でしたー」


梨子「いやあ…美味しかった…」


曜「中々ガッツリ食べたねぇ」


梨子「この後は…運動かな、うん」


曜「じゃあアトラクションの方行こっか」


梨子「そういえば……後楽園って、確か入場は無料だけど、各アトラクションで料金がかかるのよね?沢山は行けないかもね…」


曜「…」ヒラヒラ


梨子「んえ?何それ」


曜「こちらワンデイパスポートでーす」ヒラヒラ


梨子「…ぅえぇぇぇっ!?ちょ、いつの間に買ったの!?」


曜「さっきトイレ行くって言った時でーす」


梨子「そ、そうなんだ…いやというかお金!!払うわよ流石に!!」


曜「お金払うならあげませーん」


梨子「なんでぇ!?」


曜「……ほんと、お金とかいいからさ…ただ一緒に遊んでくれれば」スッ


梨子「…曜ちゃん」


曜「さ、行こっ?」


梨子「…うん、ありがとう。曜ちゃん」ピラッ

32 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:10:37.63 ID:SX24lDUjO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー怨霊屋敷ー



<きゃ〜っ♪こわいや〜ん♪


<ちょ待って待って逃げないでよ暗いとこ無理なのよぉっ!!



梨子「……」


曜「さ、全速前進!!よーそr」


梨子「待てい」ガシッ


曜「え?」


梨子「何よここ」


曜「お化け屋敷」


梨子「無理なんだけど」


曜「あちゃあ、折角デイパスあげたのになぁ…じゃあ仕方ない、私1人で」


梨子「っだああもう!流石にそれはずるいわよ!?貰った側が行かないなんて言えないじゃないっ!!」


曜「そう来なくちゃ!」

33 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:12:21.65 ID:SX24lDUjO

ーーーーーー
ーーーー
ーー


『あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛……』


梨子「耳元で喋らないでぇっ!!」


曜「ヘッドホンからすごい聞こえるねぇ…」



『白粉を塗ってぇ……』



梨子「きゃああああああっ!!!」


曜「ほら、塗ってあげなよ梨子ちゃん」


梨子「ふぇ…あたし…?やだぁ…っ」


曜「…」ゾク…


ポフポフ


梨子「え〜んこれでいいのぉ…?じゃあもう早く進みま」



<ガタァン!!



梨子「んぃっ…………!!!」ガタガタ


ギュッ


曜(これを待ってたんだよーそろなぁ)


梨子「は、はや、早く行きましょ、よーちゃん…っ!!」ガタガタ


曜「あいあーい…」ニヤニヤ



ーー
ーーーー
ーーーーーー
34 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:13:18.70 ID:SX24lDUjO

ーピクシーカップー



梨子「…」ジーッ


曜「り、梨子ちゃん目怖いよ…」


梨子「曜ちゃん」


曜「はい」


梨子「完全に楽しんでたよね」


曜「…まあ、はい、ソウスネ…」


梨子「私怖いの苦手って知ってて…」


曜「…」ガクブル


梨子「随分楽しんでたよね」ガシッ


曜「……梨子ちゃん、何でハンドルを」


ギュイィン!!


曜「わあああああああ何でそんな回すのおおおおおおっ!?!?」グルングルン


梨子「………」グルングルン


曜「私への復讐はさておき梨子ちゃんにもダメージ行くよねこれえええええええええっ!!!」グルングルン


梨子「……おえ」


曜「ほらあああああああっ!?!?」


ピタッ


梨子「……ごめん曜ちゃん、慣れないことする物じゃないね…うぷ」


曜「こ、こちらこそごめんね…おえ」

35 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:13:48.95 ID:XHtPS+x2O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーガンガンバトラーズー



梨子「はあ、やっと落ち着いた…それで、今度はなぁに?」


曜「何か、3Dメガネをかけて敵を撃つ奴らしいよ」


梨子「…」ジーッ


曜「今度は怖くない筈だよ!?パンフとかもまだ可愛い感じだから!!ほら!」


梨子「…まあ大丈夫そうね、とりあえずまた酔わない事を祈るわ…」


曜「まあそれはそうだね、3D酔いってのはあるから…」


ーーーーーー
ーーーー
ーー
36 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:14:32.76 ID:7y4kCBmTO

ドォンドォン!!


梨子「よ、曜ちゃんこれ椅子すっごい揺れるんだけどっ!?!?」ガタガタ


曜「あっはははは!!」パァンパァン!!


『グワァッ!!』『ギャアッ!!』


梨子「当て過ぎじゃない!?曜ちゃんそんな才能あったの!?」


曜「前世は軍人だったのかもね!!梨子ちゃんそっち!!」


梨子「危なぁっ!?…あ、当たった!!」パァン!!


曜「やるじゃん梨子ちゃんもぉ!!」


梨子「…ん!?」


曜「次はどこかなぁん!?全部撃っちゃうよぉっ!?」スッ


梨子「………立ち上がってるぅ!?曜ちゃん立ち上がっちゃダメだよ!!後ろの人もいるんだから!!」


曜「えぇ!?どこに敵が立ってるってぇ!?突っ立ってたら撃たれるだけだよォッ!!!」パァン!!


梨子「だから突っ立ってるのはそっちだってぇ………っ!!!」



ーー
ーーーー
ーーーーーー
37 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:15:07.00 ID:KYQNFtlUO

梨子「あー恥ずかしかった…後ろの人に申し訳ない事したわ…」


曜「ごめんごめん、凄いエキサイトしちゃって…」


梨子「ぶっちゃけ立ち上がっても邪魔にはならない程度のお客さんだったから良かったけど…勘弁してよ」


曜「それはほんとごめんであります…」



https://youtu.be/p3j2NYZ8FKs

38 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:16:18.69 ID:KYQNFtlUO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー パワータワー ー



梨子「うわ…何これ」


曜「何か自分でロープ引っ張って、上に上がっていくアトラクションだって」


「最大で7.5mまで上がりますよ!」


梨子「へえ、結構上がるんですね」


曜「やってみる?」


梨子「良いよ、曜ちゃん頼んだ」グッ


曜「完全に私頼りなんだね…」
39 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:17:11.85 ID:KYQNFtlUO
ーーーーーー
ーーーー
ーー



曜「ふんっ!!」グイッ


ズォッ!!


梨子「1回でそんな上がれるものなのこれ!?」


曜「そんな力入れてないよ、子供にも出来る様にアトラクション側で操作してるんだと思う…よっと!!」グイッ


ズァァッ!!


梨子「ほんとかしら!?え、係員さんも口ポカーン開けてこっち見てるわよ!?」


曜「何でだろうね?」


梨子「多分女の子にしては想定外過ぎるパワーだからじゃないかしら…?!」


曜「そうかなぁ」


スルスル……


梨子「あ、降りる時はゆっくりなのね」


曜「正直、ここから急降下だったらやばかったかも」


梨子「私もよ…某落下式アトラクションじゃないんだから」



ーー
ーーーー
ーーーーーー
40 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:17:51.62 ID:KYQNFtlUO

「お、お疲れ様でした!」


曜「どうも、楽しかったです」


「…な、何かスポーツとかされてたんですか?」


曜「昔は色々してましたけど、今は特にやってませんよ?ジムは運営してますけど……」


梨子「それは特にやってないに入らないよ、曜ちゃん」


「え、ジムやられてるんです?良かったら、私もお伺いしていいですかぁ…?」


曜「いつでもどうぞ、今週は休みなんで来週からでも。あ、これ名刺です」スッ


「頂戴しまぁす?」


梨子「ちゃ、ちゃっかりしてる……」

41 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:18:17.62 ID:KYQNFtlUO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


曜「いやぁご新規さん獲得出来るとは思ってなかったよ」


梨子「流石天然人たらし……」


曜「照れるであります」


梨子「褒めてないって」


曜「あ、ここでショッピングなんてどうかな?」


ーラクーアー


梨子「あ、いいわねそれ。新しい服とか見たいな」


曜「よし、行こ行こ」


ーーーーーー
ーーーー
ーー
42 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:18:49.86 ID:KYQNFtlUO

梨子「どう、このスカート」


曜「おお、似合いますなぁ」


梨子「ちょっと私には派手かなって思うかも」


曜「そう思って……こっちはどう?」


梨子「わ、いい感じに落ち着いてて……でもシックではある…」


梨子「良いの見つけるね、曜ちゃん」


曜「ただ梨子ちゃんに似合うなーって思ったから見っけといた」


梨子「……ふふ、ありがとっ」


曜「どーいたしまして。あっ、Zoffあるじゃん。メガネ変えよかな」


梨子「新しいメガネ?視力そんなに悪いの?」


曜「いやいや、落ちてもないし上がってもないけど……メガネはもうお洒落の1部だからね」


梨子「そう言われると確かに。なら、私も伊達メガネ買っちゃおっかな」


曜「お揃いにする?これとか」チャッ


梨子「あら、似合うわよそれ。でも完全にお揃いっていうのもちょっと気恥しいわね」


曜「色違いで、細かい意匠がおそろってのもオシャレじゃない?」


梨子「となると……これとか」チャッ


曜「梨子ちゃんが水色にするの?」


梨子「うん、曜ちゃんカラー」


曜「…そういう事しれっとするんだもんね」


梨子「いいでしょ♪」


曜「じゃ、私このラベンダーピンクの奴」


梨子「それ、度付きに出来るか聞いてみないとね」


曜「それもそうだ、すいませーん……」



ーー
ーーーー
ーーーーーー
43 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:19:37.63 ID:KYQNFtlUO

曜「……どうかな」クイッ


梨子「曜ちゃんホントメガネ似合うんだから、普段から掛けとけばいいのに」


曜「普段はコンタクトだもん。メガネ外せる時は外しとかないと、視力悪くなる一方だからねぇ」


梨子「……」スッ


曜「その視力悪い人がいつもやられる『これ何本?』は飽き飽きだからね?3本でしょ?」


梨子「はっ、正解よ。流石曜ちゃん」


曜「急にボケるなっての!」ギュー


梨子「きゃーっ?」


曜「もう……あれ、ここって温泉もあるんだ」


梨子「スパラクーアね、カフェとかもあってとてもゆっくり出来るわよ」


曜「来た事あるんだ?」


梨子「ふっふっふ……」スッ


曜「え、なにそれ」


梨子「こちら、スパラクーアの回数券です。ひかえおろー」


曜「ええええっ!?何で持ってるの梨子ちゃん!?」


梨子「前に取材のお礼で頂いたの、1回だけしか使ってないけど……」


梨子「ここに来るなら、使うかと思って…デイパスのお礼♪」


曜「…最高じゃん」

44 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:25:31.32 ID:KYQNFtlUO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ースパラクーアー



「回数券を拝見致します、2名様ですね」


梨子「お願いします」


「…確認致しました。こちらの引き換え札をお持ちの上、あちらのカウンターにて館内着、タオルをお引き換え下さい」


曜「ほう、館内着ですか……大したものですね」


梨子「何言ってるの?」


「こちらのリストバンドの数字がロッカーの番号になっており、リーダーにかざしますと解錠、施錠が出来ます。紛失にはお気を付け下さいね」


梨子「わかりました、はい曜ちゃん」


曜「ん、ありがと」


「ごゆっくりお過ごし下さい」


曜「いってきまーす!」


梨子「あ、曜ちゃん館内着!あっちよ」


曜「あそっか、楽しみだな…」


梨子「館内着が?なんで?」


曜「普段着る事の無い服でしか得られない栄養ってのは……あるよね?」


梨子「はい???」


「いらっしゃいませ、館内着とお引き換え致します」


梨子「ありがとうございます」


曜「あ、色が選べるんですか?」


「女性用ですと赤、黄、青がございます」


曜「ここは赤と言いたいところだけど……ズボンの方がいいから青で」


梨子「ふふ、私は赤でお願いします」


「かしこまりました。ロッカールームはあちら側にございます、ごゆっくりお過ごし下さいませ」


曜「ありがとうございます、梨子ちゃん行こ!」


梨子「はいはい、走らないの」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
45 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:26:46.62 ID:MmJkQeV1O

ー温泉内ー



カポーン……


曜「広いっ!!素晴らしいね!!」


梨子「ほら、先に洗うわよ」


曜「手ぶらでいいってのはホント助かるねぇ」シャー


梨子「銭湯とかとは違うもの」


曜「…あっ、すっごいい良い香りだこれ」


梨子「ほんと?……わ、良いわねこれ……」


曜「下のショップに売ってたよ、同じやつ」


梨子「買っちゃおうかしら…あ、肌触りもいい……」シャー


曜「んね、私も買おーっと」ワシャワシャ


梨子「……♪」フンフン


曜「…よし、じゃあ湯船行ってくるね!!」バシャー


梨子「はっや!!カラスの行水過ぎないかしら!?トリートメントは?!」


曜「してないけど、ちゃんと洗ったよ?ほら」


梨子「……あれで、この髪質って……」


曜「照れるであります」


梨子「褒めてっ……いや褒めてあげるわ、いい髪ね」


曜「てへ」


梨子「もう少し待ってよ、今行くから……」


曜「あーい」


ーーーーーー
ーーーー
ーー
46 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:27:36.95 ID:MmJkQeV1O

「見てこれ梨子ちゃん、シルキーバスだって」


「なになに?保湿効果を高める……いいわね」


「よっと……ああ……全然普通のお湯と違うねこれは」ザブン


「すっべすべね、ちょっと入っただけでも分かる……」


「あぁ……癒されるぅ……」


「曜ちゃん、おじいちゃんみたいね」


「いやあ今だけはおじさん化するよぉ……」


「ふふ、ぶっちゃけいつもとあんまり変わってないけど」


「うっそぉ……あ、露天風呂もあるじゃん。行ってみようよ」


「ええ、行きましょ」


ーーーーーー
ーーーー
ーー
47 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:28:06.13 ID:MmJkQeV1O

「……こっちが普通で、こっちがあつ湯だって」


「43℃か……普通ね」ザブン


「……あっつ!!」チャプ


「え、曜ちゃん熱いの苦手なの?」


「いやそんな事は……」チャプ


「……熱いな……」


「何か意外かも、熱いお風呂もドンと来いって感じなのに」


「そう言われると、入らなきゃって感じになるよっ」ザブン


「ちょ、無理しないでいいのよ?」


「……いや、最初だけだね。慣れれば全然だ」


「……ま、真っ赤だけど…」


「気の所為であります」シュー…


「……」


「……ごめん、そっちのミルキーソーダに逃げる」ザバッ


「あははっ!やっぱり熱いんじゃない!」


「ああ、檜の湯船は最高であります……」カポーン



ーーー
ーーーーー
ーーーーーーー
48 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:28:36.71 ID:MmJkQeV1O

梨子「はぁ……さっぱりした」


ガラッ


曜「いやぁ、すっきりしたな」


梨子「ちゃんと体吹いた?」


曜「子供じゃないんだから」


梨子「凄い髪濡れてるけど?」


曜「あ、あれ?」


梨子「はい座って、乾かしたげるから」


曜「お言葉に甘えます…」


ブォー


梨子「……ホント綺麗な髪…」


曜「飛び込みしてた時は酷かったけどね」


梨子「仕方ないわよ、荒れる事してたんだから」


曜「それでここまで持ち直したってのも凄くない?」


梨子「いやほんと、どうしたらここまで戻るのよ…」


曜「えへへー」


梨子「……これでよし、ちゃんとケアしなさいよ?」


曜「了解であります!」


梨子「ふふ……さて、次はどうする?」


曜「フロアマップ見たら、あっちにリラックススペースあったよ。とりあえずそこ行こうか」


梨子「おっけ♪」


https://youtu.be/7w3llIwMU7Y
49 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:30:38.94 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーレディースラウンジー



梨子「っはぁ……落ち着く……」モフッ


曜「……あ、やばい」ギシッ


梨子「え?」


曜「寝れるこれ、私」


梨子「…分かる……」


曜「危ないよ、これ」


梨子「……」


曜「……梨子ちゃん?」


梨子「…すぅ」


曜「……」パシャッ


梨子「っは!…………寝てた?」


曜「寝てた」


梨子「あぁ、落ちちゃってたか……」


曜「ほら」


梨子「んえ?」


(寝顔梨子の写真)


梨子「……消しなさいっ///」パタパタ


曜「いやだもーん、この前の仕返しでーす」


梨子「ぐっ……それに関しては何も言えない……///」
50 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:31:08.82 ID:MmJkQeV1O

曜「ははは……あ、ここデリバリーサービスあるって。何か飲む?」


梨子「また外でご飯食べるんでしょ?あまり飲み過ぎないようにね?」


曜「勿論だよ、この端末かな……」ピピッ




「失礼します、ラムネサワーのお客様?」


曜「あ、私です」


「トマトサワーのお客様は…」


梨子「はいっ♪」


「お後、チーズ&サラミです。ご注文お揃いでしょうか?」


曜「以上ですね。ありがとうございます」


梨子「ありがとうございます!」


「かしこまりました。ごゆっくりどうぞ」


曜「……では、ちょっと早いですが」スッ


梨子「うん、まだ16時ですが」スッ


ようりこ「「かんぱーい!」」


キン…!!
51 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:31:41.29 ID:MmJkQeV1O

梨子「……おいし」ゴクッ


曜「ラムネに夏を感じますな」グイッ


梨子「ラムネのお酒って、飲んだ事ないかも」


曜「ん」カランッ


梨子「んっ…」ゴクッ


曜「どう?」


梨子「…何だか……罪な味」


曜「ふふふっ、どういう事?」


梨子「子供の頃飲んでた飲み物から、お酒の味がするって……何かこう、心に来るものがあるの」


曜「そういう事ね、言いたいこと分かるよ」


梨子「お祭りの屋台で、皆と飲んだラムネと全然味が違うのよ」


曜「ただ甘くて炭酸きつくて、ビー玉綺麗だなーとしか思ってなかったけど。お酒と混ぜると何とも言えない美味さがあるね」


梨子「……何だか変わったね、私達」


曜「……そうかな」ゴクッ


梨子「変わったわよ。あのへたれ曜ちゃんが私とこんなに楽しく遊んでくれてるんだから」


曜「……否定はしなーい」


梨子「……あと、2日もあるのね」


曜「最高じゃん、ホントに……最高だよ」


梨子「ええ、やっと曜ちゃんとの時間が進められる」


曜「…それはまだ、待ってて」


梨子「……もう」


カラン……


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
52 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:32:20.48 ID:MmJkQeV1O

曜「ん〜〜〜〜っ!!すっきりしたなぁ……っ!!」ノビー


梨子「やっぱりお風呂っていいね」


曜「全くだねぇ」


梨子「……17時半か、綺麗な夕焼けだね」


曜「…じゃあその夕焼け、もっと近くで見ようよ」


梨子「え……?」

53 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:34:34.16 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー ビッグ・オー ー



曜「梨子ちゃん、手」


梨子「ん、ありがとう」


「それでは、行ってらっしゃい!」


ガチャンッ


ウィーン……


曜「おおう、動き出した」


梨子「見て曜ちゃん、小さい子が手振ってるよ」


曜「どれ……ほんとだ、おーい」フリフリ


梨子「ふふ、可愛いな……」フリフリ


曜「……よっと、おお……結構上がってきたよ」


梨子「わあ……都会と夕焼け、凄い綺麗ね……」


曜「……ほんと」


梨子「……」


スッ


曜「え?」


ストン


梨子「……」


曜「…何で、わざわざ隣に来るの?」


梨子「……曜ちゃんの席の方が、景色が綺麗な気がしたの」


曜「変わんないよ、絶対」


梨子「変わるわよ」


ギュッ


曜「……」


梨子「…これじゃ景色見えないんだけどな」


曜「ちょっとくらい見えなくても良いじゃん」


梨子「…かもね」
54 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:35:05.65 ID:MmJkQeV1O

曜「……」スッ


梨子「…」


チュッ


梨子「んっ……」


曜「……」


スッ


梨子「……今日は、短いんだね」


曜「これ以上したら、止まれないからさ」


梨子「…それもそっか」


曜「……あ」


梨子「てっぺんだ……」


曜「東京ドーム、こんなに小さかったっけ」


梨子「ね、そう見える」


曜「梨子ちゃん、あれ、月かな?」


梨子「多分そうだね、まんまるだ」


曜「……」


梨子「…」


曜「綺麗だね、月が」


梨子「……ほんとね」


ウィーン……

55 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:35:53.77 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「お足元にお気を付けてお降り下さい!」


梨子「曜ちゃん、ほら」


曜「ん、ありがと」


梨子「最高の景色だったね」


曜「ほんとだよ、東京も捨てたもんじゃないね」


梨子「ふふ、でしょう?」


曜「そういえば、梨子ちゃんの出身はこっちだったねぇ」


梨子「静岡にだって素晴らしい所はあるけど、東京にだって沢山あるのよっ」


曜「よ〜く身に染みましたっ!」


梨子「ふふ……さ、曜ちゃんお腹空いた?」


曜「正直言うと、まだそこまで空いてないんだよね……梨子ちゃんは?」


梨子「実は私も……」


曜「ん、そしたら軽くお酒飲めてさ、お腹空いたらちょっと食べれる所にしよっか」


梨子「そうだね、調べてみよっか?」


曜「目星つけてもう調べてあるであります」


梨子「て、手際が良過ぎるわね……」


曜「褒めて」スッ


梨子「……」


ナデナデ


曜「……」ニコー


梨子「何してんのよ……早く行きましょ」


曜「アイアイ!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
56 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:36:34.15 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー割烹 矢澤ー



カランカラン……


「いらっしゃい、2人?」


曜「はい!」


「そっちの小上がりにどうぞ」


梨子「失礼します」


「はいメニュー。今日のオススメは小タイの煮付けと、アジのお刺身よ」


曜「ありがとうございます」


「決まったら、また呼んでちょうだい」


梨子「はーい!」


曜「小タイの煮付けか……いいね」


梨子「そういえば曜ちゃん、お刺身苦手だったね?」


曜「それが最近気づいたんだけど、ちゃんとした所のお高い刺身だったら食べれたんだよね」


梨子「イヤな舌……」


曜「我ながらそう思います……」


梨子「それで、何飲むの?」


曜「うーん、梨子ちゃん苦手なお酒とかある?」


梨子「ウイスキーとかテキーラかな、クセがあるのが苦手かも」


曜「それなら…日本酒を2人で飲むってのはどう?苦手だったら私飲むからさ」


梨子「あ、ほんと?いいわね、それ」


曜「よし、すいません!」


トテテ


「はいはい、飲み物決まった?」
57 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:37:09.63 ID:MmJkQeV1O

曜「日本酒って、何がありますか?」


「いつもお店にあるのは越乃景虎、出羽桜に獺祭ね。今日は静岡の良いのが入ってきたのよ」


曜「え、静岡の?」


「ええ、『日本刀』と『花の舞』ね」


梨子「花の舞……名前がいいね」


曜「じゃあ、花の舞2合徳利で貰えますか?お猪口2つで」


「ん、分かったわ」トテテ


梨子「……直感?」


曜「うん、梨子ちゃんが気に入ったのなら美味しいと思うから」


梨子「あら、信じてくれてありがと」


「はいお待たせ、花の舞2合」


タプーン


曜「な、並々……」


「あらごめんなさい、多かったかしら?」


梨子「い、いえ、少し驚いただけです!」


「ウチはいつもこうでね、あとこれ」コトッ


曜「えっ」


梨子「これは…?」


「お酒を頼んだ人には必ず1品サービスする事にしてるの、2人分で2品ね」


曜「有難いですっ!でも良いんですか……?」


「ウチはご飯屋としての側面の方が強くてね、ぶっちゃけあんまりお酒捌けないのよ」


「ま、要はタダのサービスよ…『白だし葱やっこ』と『ナスのそぼろ煮』だけど、食べられる?」


梨子「はい、頂きます!」


曜「そしたら、小タイの煮付けと、湯葉刺しをお願いします!」


「ん、分かったわ。ごゆっくりどうぞ」


トテテ
58 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:37:42.27 ID:MmJkQeV1O

曜「……久しぶりに大当たりの店引いたかも」


梨子「女将さん、可愛いのにかっこいいね」


曜「分かる……はい」スッ


梨子「ありがと……おとと」トクトク


梨子「曜ちゃんも」


曜「ありがとうであります」トクトク


曜「……遊園地、楽しかった?」スッ


梨子「もちろん、お風呂もね!」スッ


キン…!!


「……あ、音楽忘れてたわ。やーね最近忘れっぽくて…」


カチッ



https://youtu.be/OKizrDxp54c

59 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:38:10.13 ID:MmJkQeV1O

曜「んぐ……ぷはぁっ!美味いっ!」


梨子「うん、すごい飲みやすくて……これ好きだな」


曜「まさか静岡に、こんな美味しいお酒が隠れてたなんてね」


梨子「卒業と同時にこっち来たから、知らないのもしょうがないよ」


曜「それもそうだ」グイッ


梨子「はい、曜ちゃん」スッ


曜「あやや、ありがたいであります」


梨子「……お豆腐おいし」


曜「醤油じゃなくて白だしってのが乙だねぇ」


梨子「お陰で日本酒に合うったら…」ゴクッ


曜「……さてと、明日はどうする?」


梨子「そうね……何しよっか」


曜「行きたいとことかは」


梨子「うーーーーん……」


曜「悩むって事は、ぶっちゃけ無いね?」


梨子「うん、そうなの……何かごめんなさい」


曜「いやいや、無理に考える事じゃないよ」





梨子「……あっ」


曜「え?何か思いついた?」
60 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:38:43.71 ID:MmJkQeV1O

梨子「いや、流石にちょっとダメね」グイッ


曜「何さ何さ、そこまで言っといて教えないは無しだよ」モグモグ


梨子「……完全ノープランで、その辺を流す……とか」


曜「おお、面白そうじゃん!何でダメなのさ」



ガラッ


<やっほ、やってる?


<ズドラーストヴィチェ!かしこいかわいい?


<あら、2人揃って珍しいわね


<言ってよ!!



梨子「いや、曜ちゃんの車ありきで考えちゃって……」


曜「そんなの良いよ!梨子ちゃんが楽しんでくれるんならいつでもどこでも飛んでくよ?」


梨子「その優しさに甘え過ぎちゃうの、私」


曜「甘えてよ」


梨子「……うん」


曜「良かった♪」パクッ


曜「ナス美味っ」


梨子「……曜ちゃんも」
61 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:39:25.15 ID:MmJkQeV1O

曜「え?」


梨子「私に甘えてよ」スッ


ニギッ


曜「……っ!」


梨子「私は、曜ちゃんとだったら"そういう"関係になってもいい……なりたいの」


曜「……」


梨子「いいよ、縛ってよ、曜ちゃんの物にしてよ」


曜「物になんて……しない」ギュッ…


梨子「…」


曜「……っ、はぁ……」


梨子「曜ちゃん」


曜「…………明日」


梨子「うん?」


曜「明日まで待ってて、色々」


梨子「……分かった」


曜「お願いね」


梨子「こっちこそ……せっついてごめん」
62 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:40:13.52 ID:MmJkQeV1O

<ちょ、何してるのよ


<…違う曲にしたくなったん


カチッ


https://youtu.be/m0czn7c80Es



「あいつ何で勝手に変えてんのよ……はいお待たせ、小タイの煮付けと湯葉刺し。サービスで漬物盛り合わせ」


曜「わ、ありがとうございます」


梨子「こ、こんなに漬物良いんですか?」


「ちょっと作り過ぎちゃったのよね、よく漬かってるから日本酒のアテになると思うわ」


「じゃ、ごゆっくりどうぞー」トテテ


曜「……サービス精神旺盛というか、ね」


梨子「あそこまでのサービス精神……見習わなきゃね」


曜「Aqoursの時に見習いたかったよ」


梨子「きっと、負けてなかったわよ」


曜「……絶対そうだね!よし、いっただきまーす!」パクッ


梨子「あぁ、このお漬物最高ね…これは日本酒だ」ゴクッ



<あんた、何で曲勝手に変えたの?


<うーん、何となくやん♪


<訳が分からないわよ…


63 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:41:48.37 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー電車内ー



曜「梨子ちゃん、座りなよ」


梨子「ん、ありがと」


曜「原宿まで寝てたら?どうせ私は代々木だし」


梨子「んーん、別に眠くないわよ」


曜「そっか、まあどうせ送るから」


梨子「え、送ってくれるの?」


曜「当然でしょ」


梨子「電車、大丈夫?」


曜「余裕の曜ちゃんだよ、仮に無くなっても1駅くらい歩くよ」


梨子「そう、流石元気な曜ちゃんね。ありがとう」


曜「ふふ、どーいたしまして」


<次は、渋谷ー、渋谷です……

64 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:42:47.75 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー梨子宅近くー



梨子「……よく飲むね、曜ちゃん」


カシュッ


曜「んぐ……え?」


梨子「よく飲むねって言ってるの!さっき2合飲んで、その後また2合飲んで……よく飲めるね」


曜「楽しくなるとつい飲んじゃうんだよねぇ」ゴクゴク


梨子「少しは控えなさいよ?」


曜「やーだ」


梨子「わがまま」


曜「知ってる」


梨子「全く……もうすぐ着くわよ」


曜「えー」


梨子「えーって何よえーって」


曜「もっといたいんだよね、梨子ちゃんと」


梨子「……私だって」


曜「…そか」


テクテク


https://youtu.be/U24FTSHdY04


ーーーーーー
ーーーー
ーー
65 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:43:24.10 ID:MmJkQeV1O

曜「…着いちゃったね」


梨子「着いて欲しくなかった?」


曜「うん」


梨子「そこまで言えて、私とそういう関係になるのは怖いの?」


曜「……怖い」


梨子「……はぁ…「でも」


曜「明日は……明日からは、違うから」


梨子「…そっか」


曜「……」


スッ


チュッ


梨子「んう…ようひゃ…///」


曜「っ…」カミッ


梨子「ん゛うっ……!?///」


曜「りこ、ひゃん……」ギュッ


梨子「…………〜〜〜〜〜〜っ!!///も、もう終わりっ!!///」グイッ


曜「……むう」


梨子「むうじゃないっ!///最長記録更新ですおめでとうございますっ!!///」


曜「あれ、そんなシてた?」


梨子「シてた!!///ああびっくりした……」


曜「ごめんごめん、ほら」


フキフキ


梨子「んう……別に、良いけど……」


曜「ついつい……」ゴクッ


梨子「……」


パシャッ
66 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:43:50.60 ID:MmJkQeV1O

曜「……また撮った……///」


梨子「缶チューハイ片手の、メガネ天然パーマ女の子と月……どう、これ」スッ


曜「……ちょっといいかも」


梨子「でしょ」


曜「ふふ…じゃあまた明日、適当に迎えに来るよ」


梨子「ありがとう、待ってるね」


トテテ


<また明日ね!


曜「うん、また明日」フリフリ


ガチャッ

バタン…


曜「…」カチッ


ジジジ…

ブブッ


曜「……」スゥ-…


曜「フー……」


曜「……明日、から」

67 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:44:35.56 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


りこ:今日、楽しかったね


You:とっても


りこ:明日、ありがとね


You:いーの


りこ:月、綺麗だよ


ーYouから着信ー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
68 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:45:10.42 ID:MmJkQeV1O

「なぁに、曜ちゃん」


「いや、ホントに綺麗だなって」


「あんまり暑くないね」


「うん、過ごしやすいね」


ゴクッ


「まだ飲んでる」


「バレた?」


「大丈夫なの?」


「余裕だよ」


「梨子ちゃんと飲んでる気がするから」


「……」


「ね?」


「…解決になってないけど」


「うん、屁理屈だし」


「分かってるなら控えなさい、多少は」


「控える控える、多少は」


「はあ……」


「……」ゴクッ


「明日、来る前に連絡してね」


「急に行こうかな」


「何も用意してない状態で急に来たら怒る」


「ははは」


「……また明日ね」


「うん」


「今日はありがとう」


「こっちこそ」


「また明日」


「また明日」


プーッ、プーッ……
69 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:45:58.48 ID:MmJkQeV1O

曜「……」スゥ-…


曜「ふー……」


ゴクッ


曜「……ほんとに、綺麗な月」

70 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:47:07.20 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー次の日ー



梨子「……」


梨子「んぅ……」


梨子「何時……?」



ー12時30分ー



梨子「…寝すぎた……休みで良かった」


梨子「LINEは……まだ来てないか」


梨子「取り敢えず、色々準備しとこ」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



曜「すぅ……」


<ねぇ、出会いって魔法?会えなかったら……♪


曜「ん…」


ピッ


曜「……朝か」ムクッ



ー13時ー



曜「……昼じゃん、寝過ぎた」


曜「……」ポチポチ


ーりこから一通のメッセージー


曜「……『いつでも大丈夫です』……か」


曜「……」ポチポチ


『りょ、すぐ行く』


曜「…っ、よっと」


曜「準備しよ……」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
71 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:48:42.43 ID:MmJkQeV1O

ー梨子宅前ー



梨子「……もうそろそろかな」



ブーン……



梨子「……あ」



キキッ


ウィーン



曜「…梨子ちゃん、久しぶり」チャキッ


梨子「うわ、厳ついサングラスの人が来た……昨日会ってるでしょ」


曜「乗ってく?梨子ちゃんが1番"華"があったから……あなたでもいいよ」ビシッ


梨子「…誰のセリフよ…うーん、どうしよっかなー?」


曜「今乗ってくれたら、めっちゃ美味しいコーヒーついてくるよ」


梨子「えっ」


曜「えっ」


梨子「……」ガサッ


曜「………考える事は、一緒ってことだ」


梨子「ま、コーヒーだらけの昼下がりってのも、いいじゃない……ね?」


曜「言い聞かせてる…」ガチャッ



バタンッ


ーーーーーー
ーーーー
ーー
72 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:49:55.82 ID:MmJkQeV1O

ブーン…


<やっほー、DJ ZORMINの「HIGH NOON GROOVE」の時間やで


<昨日は懐かしい友達と久しぶりに遊んだんよ。折角の土曜やから、もしかしたら今日も会うかも


〜♪

https://youtu.be/hvCwuOer5oQ


<そんな昼下がりに相応しい曲を1曲、もし今日が休日なら、皆も楽しんでな〜




曜「お昼は?」


梨子「軽く食べてきたよ」


曜「じゃ、コーヒーブレイクだ」


梨子「曜ちゃんは?」


曜「特に食べてないよ、お腹空いてないし」


梨子「コーヒーとタバコで、お昼の代わりー?」


曜「うーん、そんなとこ」


梨子「体調崩すよ?」


曜「だいじょぶだいじょぶー」


梨子「もう……はい、曜ちゃん」


曜「ありがと、梨子ちゃんも良かったらこれ飲んで」


梨子「ありがとっ」クピ


73 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:50:55.17 ID:MmJkQeV1O
曜「…わ、これバックスの奴じゃん」ゴク


梨子「あのコーヒーショップの事バックスって言う?」


曜「言う言う、千歌ちゃんと果南ちゃんはそう言うよ」


梨子「言いそー…」


曜「へへ……さて、どうしよっか。取り敢えず適当に流してるけど」


梨子「実はもう結構楽しいんだよねー」


曜「ただ流してるだけだけどねぇ」


梨子「それが良いんじゃん。高校の同級生が車でどこかに連れてってくれるなんて」


曜「はは、何か照れるなぁ」


梨子「ふふ、ちょっとした遠足だね」


曜「…そうだ、取り敢えずお台場の方でも行ってみよっか」


梨子「良いね、あんまり行ったこと無いから気になるかも」


曜「そうと決まれば、全速前進であります」


梨子「おー♪」



ブーン……!
74 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:52:08.69 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーお台場ー



梨子「おおー、あれが……ガンダムだっけ」


曜「だね、何ガンダムかは知らないけど。ユニコーンだっけかな」


梨子「全っ然分かんないけどかっこいいね」


曜「……あ、動いた」


梨子「動くの!?え、発進するの!?」


〜♪(U.C.)


曜「おお、角が…ちょっと変形した」


梨子「わぁ……こんなのがあるなら日本も安心だね」


曜「……何か、同じ様なのが横浜、福岡、上海にもあるらしいよ」スマホ


梨子「はー…凄いな……」


曜「へー…都庁も変形してロボットになるんだってさ」


梨子「それは嘘」


曜「稲中でも言ってるよ。いざって時はガンダム達の横に都庁が参戦するんだねぇ」


梨子「見た目の差よ……」


曜「ね、ちょっと歩いてみよっか」


梨子「うん、そうだね」


テクテク


75 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:52:51.49 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「あ、あの球体……例のテレビ局だ」


「ちょっと前に取材で行ったなぁ」


「おお、さすが新進気鋭のピアノ奏者」


「慣れないお仕事だったな……特にテレビはね」


「梨子ちゃんの美貌が全国区に……」


「うっさい」


「いつか役者デビューかな?」


「無い無い」


「あ、梨子ちゃん照れてる」


「照れてない!///」


ーーーーーーー
ーーーーー
ーーー
76 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:53:47.19 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「あ、あの球体……例のテレビ局だ」


「ちょっと前に取材で行ったなぁ」


「おお、さすが新進気鋭のピアノ奏者」


「慣れないお仕事だったな……特にテレビはね」


「梨子ちゃんの美貌が全国区に……」


「うっさい」


「いつか役者デビューかな?」


「無い無い」


「あ、梨子ちゃん照れてる」


「照れてない!///」


ーーーーーーー
ーーーーー
ーーー
77 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:54:27.78 ID:MmJkQeV1O

「見て曜ちゃん、自由の女神!」


「ひゃー、でっかいなぁ」


「本物じゃないんだろうけど、見た目は一緒だしね。本当にアメリカに来た気分」


「いや、あれ本物らしいよ」


「え、どういう事?」


「元々期間限定で本物がここにいてフランスに返還する予定だったけど、もうお台場の名物になってたからフランス政府が自由の女神の型を取らせてあげて、それで造られた"レプリカ"なんだって」スマホ


「てことは、本物の自由の女神の型から造られたレプリカだから……あれも本物って事?」


「だって♪」


「優しいね、フランス」


「あとアメリカもね……梨子ちゃん」チョイチョイ


「なぁに?」


ギュッ


「え、何!?///」


パシャッ


「記念記念」


「急にやめてよ……」


「ははは…はい、もう1枚」ピース


「ん♪」ピース


パシャッ


https://youtu.be/Pd8LjWcHY6g

78 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:54:56.77 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ブーン…



梨子「大きな像が多いんだね、お台場って」


曜「確かにね、流石観光名所」


梨子「東京に住んでて、わざわざお台場行く事無かったからなぁ……なんか新鮮だったよ」


曜「私も。特にそっちに用無いからなぁ」


梨子「海に面してるから、景色がいちいち綺麗だったのも良かったね」


曜「カメラフォルダが久しぶりに潤ったよ」


梨子「あんまり写真撮らないんだ?」


曜「わざわざ撮ること無いね、飲んだお酒が分かるアプリはあるけど」


梨子「え、何それ」


曜「えーとこれこれ、バーコード読み取ると今まで飲んだ缶が分かるんだよ」スッ


梨子「……だとしたら、飲みすぎじゃない?画面の半分が埋まってるんだけど」


梨子「え、これ1週間分とか?」


曜「これは……2日分だね」


梨子「量馬鹿じゃない???」
79 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:55:45.87 ID:MmJkQeV1O

曜「ついねー」


梨子「控えなさい」


曜「いやーでも「マジで」


梨子「控えて」


曜「……ハイ」


梨子「いくら何でも飲みすぎよ、これ」


曜「すいません……」


梨子「こんなに飲んでたら絶対その内体調崩s」


曜「あーっ梨子ちゃん!!海岸行かない!?海岸!!」


梨子「……話そらした」


曜「それはごめん事実だけど、行かない!?」


梨子「良いけど……そんなとこあるの?この時期だし、人いっぱいじゃない?」


曜「いんや、これから行く所は……」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
80 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:56:40.18 ID:MmJkQeV1O

ー城南島海浜公園ー



梨子「海水浴は出来なくて、潮干狩りとかで遊べるタイプのとこなんだね」


曜「そーそ。まあ海水浴してもいいけど、また今度ね」


梨子「流石に準備してないからね。でも良いな、この感じ……」サーッ


曜「海に来るのは結構久しぶりかも」


梨子「あの曜ちゃんがそう言うってことは、相当だね」


曜「まあね……こっち来て仕事してたから、行く暇も相手もいなかったし」


梨子「ふーん……そっか」


曜「でも今は、梨子ちゃんがいるけどね」


梨子「私?」


曜「今年の夏、海に行こうよ」


梨子「ええ、もちろん」


曜「それから、花火大会行ったりしようよ。プールとか、お祭りも行こう」


梨子「……うん…!」


曜「……えー、それから……」


梨子「ん……?」


曜「……あ、そこの売店行こうよ」


梨子「……はいはい」



「いらっしゃい」


梨子「あ、サンドイッチ」


曜「これ、2個ください」


「あいよ、お茶とかはいるかい?」


梨子「一本ください」


曜「あ、缶コーヒーで」


「ん、まいどあり」




曜「……メンチカツサンドイッチなんて豪快な」モグモグ


梨子「卵サンドイッチが1番だよ」モグモグ
81 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:58:01.05 ID:MmJkQeV1O

ガーッ…


<す、すいませぇん……!!


ピタッ


曜「んっ、何事?」コロコロ


梨子「スケボーだ……というか、難なく止めたね」


「すいません!!風で飛んでちゃって……!!」ペコッ


曜「いやいや、大丈夫ですよ」カッ


梨子「!?」


クルンッ


曜「はいどうぞ」


「あ、ありがとう…ございます……!?」


梨子「ちょちょ、曜ちゃん?」


曜「んえ?」


梨子「曜ちゃんスケボー出来るの!?」


曜「あー、うん、ちょっとだけ」


「お姉さん、今普通につま先でピックアップしてキャッチしてましたよね?!」


曜「え?普通にボード渡そうと思ってやったんだけど……」


梨子「分かってないの!?」


曜「ジムのお客さんでスケボーやってる子がいてさ、かっこよかったからちょびっと教えて貰ったんだよ」


「……あの、もし良かったら軽く滑って貰えませんか?そこのパークに坂とかあるので……」


曜「別にいいけど……」チラッ


梨子「わ、私見てるよ!気になるし!」


曜「そんなに……?」


「私のボード貸すので!白米号!やってみて下さい!!」


曜「……名前何?」


ーーーーーー
ーーーー
ーー

82 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:58:55.66 ID:MmJkQeV1O

ガーッ…!!



梨子「わあ、間近で見るの初めてだな」


「最近流行ってますよね。まあ私もその流行りと友達に便乗しただけなんですが……」


曜「じゃあ……お邪魔します」キィ


「あ、プロテクター……!」


曜「あそっか、頭のは良いよ」カチッ


「え」


曜「……よし。じゃちょっと行ってくる」


ガーッ


梨子「え、大丈夫なの?」


「あんまり大丈夫では無いですっ!待ってお姉さ」


ズアァッ!!


梨子「わっ!?」



曜「……よっ」ガーッ


<な、何だあのスケーター!?


クルンッ


<当たり前の様にフェイキーオーリー決めてるわね、初心者って訳じゃないのかしら


曜「ふぇいきー?何それ」ガッ


<エンドオーバーだ!
83 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 18:59:51.63 ID:MmJkQeV1O

曜「Aqoursの頃のダンス練習を思い出すなー」クルクル


<あなた、よく練習してるの?その身のこなしは……


曜「いや?Lチューブとかで動画見るくらい」ピョンッ


クルン


<オールドキックフリップ!!


<は?!動画見ただけで出来るっていうの?!


曜「いやー久しぶりだなー…あ、坂あるじゃん。よっと」ガーッ


<キャスパーだ!!


曜「技名とかも特に知らないしなぁ、凛ちゃんの"見てた"だけだし」


ガーッ……



「……あれ?もしかして私、とんでもない逸材見つけちゃいましたか?これ、お姉さん知ってましたか?」


梨子「ごめんなさい、あんな曜ちゃんは初めて見たわ」



<?ぇええぇぇぇぇ!?今レールから一回転したわよ……!?



ーーー
ーーーーー
ーーーーーーー
84 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:00:21.18 ID:MmJkQeV1O

曜「はあ、いい運動になった」キィ


「ま、また!また来て下さい!!是非とも!!」


曜「じゃあ次は、そのスケーターの友達を連れてくるよ」


梨子「……素人目じゃ分からないけど、かなり凄いんじゃないの?」


曜「いやあ、凛ちゃん…ジムのお客さんの方が凄かったよ?」



<ち、ちょっと誰が連れてきたのよ!!オリンピックレベルじゃないの!?


<私です…さ、才能って怖いよね……ていうかあのお姉さん、凛ちゃんって言ってなかった……!?


85 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:00:51.86 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


https://youtu.be/fdF_lx-1SQc



スゥ-……


フー……


曜「……」チラッ



ー16:30ー



曜「16時半か…」


トテテ


梨子「ごめん、お待たせ」


曜「ん、混んでなかった?トイレ」


梨子「うん、全然」


曜「そか、ではどうぞ」ガチャッ


梨子「失礼しまーす」


バタンッ
86 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:01:25.40 ID:MmJkQeV1O

曜「……さて、どうする?お腹は空いてない?」


梨子「……そうそう、実は1個行きたい所があって」


曜「お、遂にあの梨子ちゃんから行きたい所が出るんでありますな?」スゥ-…


梨子「…うん」


曜「よーちゃんのカブリオレにお任せです、どちらへ向かいますか?」フー…




梨子「……曜ちゃんの、家」


曜「っ!!」
87 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:01:54.13 ID:MmJkQeV1O

梨子「どこかで、お酒とか買って……宅飲みなんて……どうかな」


曜「……宅飲み、って……それ」


梨子「……」


曜「……っ」ヘタッ


梨子「曜、ちゃん?」


曜「………帰り、送れないよ」


梨子「……大丈夫、だって明日も休みだもん」


曜「っ……ふぅ……」ノビー


カチッ


ブルゥン!


曜「……なら、とりあえずウチの近くのコンビニ行こうか」


梨子「うん……お願いします」


曜「……おっけ」


ブーン……!!

88 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:02:45.07 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー曜宅 駐車場ー



キキーッ


曜「到着……です」


梨子「車は置いていくんだね」


曜「うん、どうせ近くだからさ」


ガチャッ


バタンッ


梨子「よいしょっと」


曜「鍵閉めるよ、忘れ物とか無い?まあ別に後から取れるけど」


梨子「ん、大丈夫」


曜「はーい」ピピッ


梨子「……」


曜「……どしたの?」


梨子「いや……私、曜ちゃんのジム、初めて来たから」


曜「そう言えばそっか、わざわざ来ないもんね」


梨子「こうやって理由でも無いと、行かないかな……」


曜「ま、梨子ちゃんは鍛える必要ないから大丈夫大丈夫」


梨子「た、多少はあると思うけど……」


ーーーーーー
ーーーー
ーー

89 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:03:12.89 ID:MmJkQeV1O

<アリアトヤシター


曜「持つよ、梨子ちゃん」


梨子「食べ物系は持っておくよ、お酒お願い」


曜「ん」ガサッ


梨子「……曜ちゃん?」


曜「待ちきれないからさ……」カシュッ


梨子「もう殆どアルコール中毒の気があるんじゃ……」


曜「それは無い、大丈夫……多分」ゴクッ


梨子「はぁ……ちょっと」


曜「んえ、梨子ちゃん?」


ガサッ


梨子「……」カシュッ


曜「…」


梨子「1人で、先に飲まないでよ」ゴクッ


曜「……ごめんごめん」

90 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:03:41.49 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー曜宅ー



曜「どうぞ、散らかってますが」


梨子「え、逆に塵一つ無いけど……」


曜「ほんと?来ると思ってなかったから掃除機とかもかけてないよ」


梨子「……その代わりに、テーブルの上の空き缶が凄く気になるかな」


曜「あー……これは」


梨子「何でこう、テーブルの右と左に分けて置いてあるの?」ガサッ


曜「真ん中は作業空間の為に空けてて…右は一昨日の、左は昨日のでまだアプリ読み取ってないからさ…」ガサッ


梨子「」


曜「り、梨子ちゃん?」


梨子「ツッコミどころが多過ぎて止まってたわ……読み取るなら読み取るでさっさと読み取りなさい!!そしたら捨てなさい!!!」


曜「は、はいっ!!」


梨子「もうちょっと、自分を大事にしなさいよ…!」


曜「す、捨てます!!……一昨日のは」カラン


梨子「全部捨て終わるまでこの買ってきたお酒とおつまみはお預けよ!」


曜「それは勘弁!!」スタコラ


ーーーーーー
ーーーー
ーー
91 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:04:07.87 ID:MmJkQeV1O

梨子「…はい、お疲れ様」


曜「はぁ、中々多かったね」


梨子「自分のごみでしょ、ちゃんと管理しなさいな」


曜「面目無いっす」


梨子「……で、どれにする?」


曜「取り敢えず……ビールかな」


梨子「ん、これね。私は……トマトハイにしよっと」


曜「柿ピー開けとくね」


梨子「ありがと」


曜「では今日も一日、楽しかった?」スッ


梨子「ええ、勿論……でも、これからでしょ?」スッ


曜「…それもそうだねっ」


ようりこ「「かんぱーい!」」


カコン…


https://youtu.be/oaY9sMGtWmg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
92 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:05:01.49 ID:MmJkQeV1O

曜「ぷはぁ……今日も麦が美味いっ」


梨子「ビール、好きなの?」クピ


曜「好きかも、苦手だったけど付き合いで飲んでたら好きになったな」


梨子「私ら苦手なのよね……苦いんだもん」


曜「そういう人多いよね、私も果南ちゃんくらいしかビール好き知らないかも」


梨子「確かに果南ちゃんは、ビールとか焼酎とか好きそう」


曜「麦焼酎が好きだってさ、ダイヤさんは芋焼酎」グイッ


梨子「あー……あそこの姉妹、お芋好きだもんね」


曜「ダイヤさん、ルビィちゃんに勧められて芋焼酎ハマったんだって」


梨子「意外過ぎるわよ!?でもお芋好きのルビィちゃんから勧められるのは順当…?でも普通逆では……?!」


曜「ルビィちゃんお酒好きだもん、ダイヤさんより強いらしいし」


梨子「ちょ……っと想像つかないわね、何が好きとかあるの?」


曜「善子ちゃんから聞いた話だと、テキーラだってさ。いやあとことん梨子ちゃんとはお酒の趣味合わないねぇ」ゴクッ


梨子「る、ルビィちゃんがテキーラ!?ダイヤさんにハンバーグ位合わないわよ?!」


曜「善子ちゃんと興味本位で飲んだらハマったんだってー」


梨子「はーっ、分からないものね、あのルビィちゃんが……」ゴクッ


曜「あそうそう、そう言えば前に鞠莉ちゃんからお酒貰ったんだよね」スッ


梨子「へえ?何かしら」
93 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:05:46.37 ID:MmJkQeV1O

曜「えーと……あこれこれ、『アマレット』ってやつ」


梨子「聞いたことあるかも、杏のお酒だっけ?」


曜「そうそう杏のやーつ、飲んでみる?」


梨子「うん、良かったら」


曜「おけー、何かお好みの割り方とかは」


梨子「それは飲んだ事ないから、とりあえずストレートで」


曜「お、梨子ちゃん良いねぇ」トクトク…


梨子「…見た目はウイスキーみたいね、でもいい香り」


曜「お酒買い忘れた時はこれ飲むんだ、だからちょっと減ってるけど」


梨子「この減りを見るに忘れる事は殆ど無いって事が分かるわね」ジーッ


曜「…ほ、ほぼ毎日3缶は買うからね……」


梨子「はぁ……いただきます」


ゴクッ


曜「どう?」


梨子「……好き!美味しい、これ!!」


曜「そっかそっか、私もこれ好きなんだよねぇ」
94 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:06:54.26 ID:MmJkQeV1O

梨子「甘くて飲みやすくて……スイスイ行けるね。アイスとかにかけてもいいかも」


曜「……調べたら牛乳割りとかも良いらしいよ、やってみる?」スマホ


梨子「ほんと?じゃあバーテンダー曜ちゃんにお願いしようかな」


曜「お任せでありますっ」


カランッ


曜「アマレットに牛乳入れて……」


トクトク…


曜「で、混ぜれば……」


コトッ


曜「うん、混ぜるだけだから簡単だね、はいどーぞ」


梨子「頂きまーす♪」


ゴクッ


梨子「……」


曜「どう?」


梨子「ん、飲んでみて」


曜「ん」ゴクッ


梨子「…」


曜「……」




ようりこ「「…杏仁豆腐ね(だ)」」
95 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:07:48.71 ID:MmJkQeV1O

梨子「これは完全に飲む杏仁豆腐よ、もちろん美味しいけど」


曜「何か昔コンビニとかで、こんなん流行ったよね。飲むプリンとかチョコとか」


梨子「飲んだ飲んだ、そういうのわりと好きだったかも」


曜「ほんじゃ、私もカクテル作ろっと」


梨子「何作るの?」


曜「こちらのウイスキーとアマレットを混ぜて……」カラカラ


梨子「さも当然の様にウイスキー混ぜだしたわね」


曜「……ほい、『ゴッドファーザー』完成」


梨子「名前かっこいい」


曜「……うま」ゴクッ


梨子「ひとくちちょーだい」


曜「ウイスキーだよ」


梨子「いいのっ」


曜「ん」スッ


梨子「……」ゴクッ


曜「…どうよ」


梨子「……大丈夫」


曜「大丈夫って何だよぉ笑」
96 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:08:21.50 ID:MmJkQeV1O

梨子「私の苦手なウイスキーの癖をアマレットが相殺してくれて、結構普通に飲めるよ」


曜「ほんと?じゃ梨子ちゃん用にウイスキー薄目で作ってみよっか」


梨子「お願……待って、買ってきたお酒忘れてた」


曜「あそっか、よっと」ガサッ


梨子「柿ピーおいし」サクサク


曜「次どうする?私はー…ストロングにしよっと」


梨子「じゃあ、イチゴハイで」


曜「ん、これか」コトッ


梨子「ありがと」カシュッ


曜「……意外と梨子ちゃんて飲めるよね」カシュッ


梨子「自分では自覚無いけど…」


曜「多分知らず知らずの内に自制してるんだよ。いい事いい事」ゴクッ


梨子「その点千歌ちゃんは凄いわよ、止まらない止まらない」


曜「あれ、千歌ちゃんてそんなに飲めたっけ」


梨子「飲めないのよ!花丸ちゃんも飲めないのに飲むのよ!!」
97 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:08:57.34 ID:MmJkQeV1O

曜「ああ……いるいる」


梨子「自分の許容量分かってないのよあの二人!まだ飲めるって言って頼んで、もう無理って……」


曜「こう、うぇーっとかなったり?」


梨子「不幸中の幸いというか、それは無いのよ。2人とも寝ちゃうだけ」


曜「じゃあ、根本的に弱くはないんだね?」ゴクッ


梨子「ええ、2合徳利を1人で2本空けてたわよ」


曜「うわ……」


梨子「…曜ちゃんも結構な物だけどね」クピ


曜「私は自制して飲んでるもーん」


梨子「自制してる人は2日で10本飲まないと思うよ」


曜「あはは……」


梨子「昨日だってあの後どれだけ飲んだのよ、さっき捨てたあの缶的には…」


曜「えーと、3本かな」


梨子「……アル中」


曜「違うよっ」


梨子「ほぼそうよ!」


曜「楽しい時だけだよ、後は人に誘われたりしない限り飲まないよ?」


梨子「じゃあ、ほぼ毎日楽しいの?」


曜「……たの、しいね?」


梨子「……曜ちゃん、悩みあったら聞くよ」


曜「あ、そうなるでありますか!?そういうのは全然無いから大丈夫ですよ!?」
98 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:09:52.61 ID:MmJkQeV1O

梨子「……いや、ある筈よ。1つ」


曜「え?」


梨子「……私との、関係」


曜「っ……」


梨子「…」ゴクッ


曜「……」クピ…


梨子「…昨日、言ってたね。曜ちゃん」


曜「…ん」


梨子「答えは、明日まで待ってって」


曜「……」


梨子「私、そこまで気が長い方じゃないのよね」


曜「…知ってる、千歌ちゃんの作詞とか」


梨子「あれは千歌ちゃんのせい」ゴクッ


曜「はは」


梨子「……」


曜「……」ゴクッ


梨子「…曜ちゃ」


グイッ


梨子「んえっ?!///」
99 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:10:31.98 ID:MmJkQeV1O

曜「…」ギュー…



梨子「……なあに、急に」



曜「…離したくない」



梨子「…」



曜「ずっとこのままがいい」



梨子「……だから…?」



曜「だから……」



スッ



梨子「…?」



曜「……ジム来て!!」




梨子「……はぁっ!?!?」



https://youtu.be/WWpGX7hY9rY


100 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:11:10.33 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー「YOUr GYM」内ー



梨子「な、何よ急に!?」


曜「はい梨子ちゃん、5kg」ズシッ


梨子「ふぬっ!?…お、重い…っ」プルプル


曜「…筋力に問題あり…と」


梨子「何急に分析しだしてるの?!私のパーソナルトレーナーか何か!?」プルプル


曜「はい、次だよっ!!」


梨子「今度は何よっ!」


曜「…まずは歩きからだね」ピピッ


梨子「ランニングマシン……私よく歩くよ」


曜「日常で歩いてても、"運動"として歩く人は少ないよ」


梨子「ああ……言われてみれば、そう意識した事は無いかも」テクテク
101 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:11:43.35 ID:MmJkQeV1O

ピピッ


梨子「…」テクテク


ピピッ


梨子「…」トットッ


ピピッ


梨子「…曜ちゃん」タッタッタッ


曜「んー?」ピピッ


梨子「早くしてるよね」タタタタタッ


曜「次で最後だよー」ピピッ


梨子「ちょっ、ちょっと待ってっ、早いって!!」ダダダッ


曜「昔取った杵柄として、割と脚力は残ってるだろうけど持久力は全然だろうし…今のこれが多分、梨子ちゃんの限界だと思う」


梨子「そ、その通りですっ!!まあまあ早いよこれっ!!」ダダダッ


ピーッ
102 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:15:40.58 ID:MmJkQeV1O

梨子「はっ、はっ、はっ……」ハァハァ


曜「お疲れー、持久力は意外と残ってそう…と」


梨子「何の…分析よっ…!!」ハァハァ


曜「…」ジーッ


梨子「はぁ…ちょっと、落ち着いてきた…」


梨子「…曜ちゃん?」


曜「……今が1番綺麗だね」


梨子「はぁ…??」


曜「……こっち、来て」


ーーーーーー
ーーーー
ーー
103 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:25:00.63 ID:MmJkQeV1O

ープールー



チャプ…



梨子「…ここは」



曜「…そ、ウチのプール」



梨子「遂に、自分だけのプールを作っちゃったんだね」



曜「うん…やっとね」



梨子「いいね…」



ピチョンッ…



曜「……ねえ、梨子ちゃん」



梨子「ん…?」



ギュッ



梨子「わっ…」



曜「…私と」



グラッ



梨子「えっ、ちょっ!?」



曜「……どこまでも、落ちてよ」



バッシャーン…!!
104 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:25:58.49 ID:MmJkQeV1O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ザバッ



「っぷはあっ!?ちょ、曜ちゃん…っ!?」


「…」



グイッ



「んえっ!?///」



チュッ



「んっ、曜ひゃ、今は…っ///」



「…私、こういう人間だよ」チュッ



「んえ…?んっ…///」



「梨子ちゃんを私だけの物にしたいし」



「梨子ちゃんのその表情をずっと見てたいし」



「梨子ちゃんを……私無しで生きていけなくさせたい」ペロッ



「〜〜〜〜〜っっ………!!///」



「…梨子ちゃん……っ」



「曜、ちゃ……んっ!///」



ピタッ



「…曜ちゃん?」


105 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:26:13.75 ID:S6Mv3B3mO

「…否定してよ……っ」



「…!」



「こんな最低な私を…っ!」



「突き放してよ…梨子ちゃんっ!!」



「…いやよ」



「…っ!!」



ピチョンッ



「曜ちゃんがやっとの思いで伝えてくれた気持ちを、無視出来る程私は馬鹿じゃないの」



「梨子、ちゃ」



ギュッ



「絶対離さない」



「私も絶対に離さないから…」



「…曜ちゃんも、私の事離さないで」



「梨子…ちゃん……っ!!」



チャプ…



「…ねえ」


「ん…?」


「私たち、折角"こういう"関係になったんだから…」


「うん…?」


「こうするのは、どうかしら…?」


「え……?」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
106 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:26:40.39 ID:WjyG+tOHO

ーとある日ー



果南「ほえー、また器材増やしたの?」


曜「まあねー。色んな人に来て欲しいからさ」


果南「そ。じゃあ早速ベンチプレス30kg行こっかなん」ストンッ


曜「初っ端から飛ばすねぇ、じゃあ私はパワーラック25kgだ」


プルルル


果南「……ようー?電話鳴ってるよー」ガション


曜「あ、ありがとう」スッ


ピッ


曜「もしもし?」



果南「…よっ、ほっ…」ガコンッ!!



曜「……ああ、"梨子"」



果南「!」ガショ…
107 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:27:25.89 ID:WjyG+tOHO

曜「うん、明日?…ああそっか、早く終わりそうなんだっけ?」


果南「…」スッ


曜「おけ、17時位でいいかなん?…はいよ、じゃあまた…」


果南「…」



曜「あ待って梨子!ご飯は?……了解、あそこね…2時間後くらいかなぁ」


曜「…うん、うん…おっけー、じゃあまた後で…はーい」


ピッ


曜「…あと2時間か」


チラッ


果南「…」ジーッ


曜「えっ、どうしたの果南ちゃん…?」


果南「…"梨子"、ねぇ……?」ニヤニヤ


曜「……………〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっっ!?!?!?!?///」


108 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:28:00.51 ID:WjyG+tOHO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「…と、こんな所でしょうか」


梨子「はい、宜しかったですか?」


「そうですね、ウチの雑誌としてお聞きしたいことはこれで…」


梨子「そうですか、良かったです」


「では、本日は貴重なお時間をありがとうございました」スッ


梨子「いえこちらこそ、楽しい取材でした」


「それでは、私はこれで」


ガシッ


梨子「…良かったら、コーヒーでも如何ですか……"善子ちゃん"?」



善子「…こ、この後は社で原稿を書かないとなので〜…」


梨子「私全然知らなかったんだけど!?善子ちゃんがライターになってたなんて!!」


善子「そりゃ誰にも言ってないもの、わざわざ言うことでもないでしょ!?」


梨子「それはそうだけど!!いつも通りの取材だと思って待ってて、来た人が善子ちゃんだった時の私の衝撃が分かる!?」


善子「フフフ…ヨハネの堕天サプライズ、成功のようね…」ギランッ


梨子「お陰様で大成功よっ!!」


プルルル


善子「…どうぞ、電話なってますよ」


梨子「はいはい…もしもし?」ピッ
109 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:28:59.60 ID:WjyG+tOHO

善子「はーぁ、全く驚いたのはこっちったらこっちよ…早く原稿書かないと…締切……」ブツブツ




梨子「あ、"曜"?今から来るの?」


善子「……っ!?」


梨子「分かった、こっちももうすぐ終わるよ」


善子「…よ、う…!?」


梨子「…」ニヤッ


ズイッ


善子「何!?近いわよ!?///」


梨子「…ねぇ、曜?面白い子が来るかもしれないんだけど……いいかな?」

110 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:29:25.61 ID:WjyG+tOHO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「わあ、オシャレな店だねぇ」


「こんな良いお店があったなんてねぇ…じゃなくて!!」


「あ、グレープジュース下さい」


「私も同じので♪」


「あそっか、車だもんね」


「何であんたはそんなに落ち着いてるのよ!?普通もうちょい驚かないかしら!?」


「まあ、今までも予兆はあったし…やっとくっついたかって感じー?


「…面白いものも見れたし」ニヤニヤ


「…///」


「こっちは冷や汗かいたわよ…全く流石の覇気ね、我がリトルデーモンリry」


「ヨハネさーん?その名前を使わないで貰えますー?」


「」


「ははは、起動停止ヨハダム」




「…ね、曜」


「うん…梨子」


「ひゅーひゅーあっついあっつい。すいませーん麦焼酎くださーい」


「ビストロにある訳無いでしょっ!!」


「ございますよ」


「ぅあるんかいっ!!」


「キレッキレだねぇ」

111 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:30:20.01 ID:WjyG+tOHO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーCASTー


渡辺曜


桜内梨子


松浦果南


雑誌社ライター:津島善子


おぼんdeごはん店員:高坂穂乃果


東京ドームシティ係員:南ことり


スパラクーア店員:園田海未


スケーターガール:小泉花陽


スケーターガール:西木野真姫


スケーターガール兼曜の友人:星空凛(友情出演)


割烹 矢澤の店主:矢澤にこ


DJ ELI:絢瀬絵里


DJ ZORMIN:東條希

112 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:30:52.36 ID:WjyG+tOHO

ーMUSICー


https://youtu.be/DPgMjXhqmfw
(Bobby Caldwell - Open Your Eyes)


https://youtu.be/4XeVM8EalC8
(Jazz Fruits Music - Flowing Liquor)


https://youtu.be/vRB1MLGEHSc
(Modjo - Lady(Hear Me Tonight))


https://youtu.be/-ZbPG5zRd20
(Bob & Earl - Harlem Shuffle)


https://youtu.be/p3j2NYZ8FKs
(Pet Shop Boys - West End Girls)


https://youtu.be/7w3llIwMU7Y
(Snoh Aalegra - I Want You Around(Remix))


https://youtu.be/OKizrDxp54c
(村下孝蔵 - 初恋)


https://youtu.be/m0czn7c80Es
(加山雄三 - お嫁においで)


https://youtu.be/U24FTSHdY04
(Kan Sano - Ride On The Back To Back)


https://youtu.be/hvCwuOer5oQ
(降幡愛 - 桃源郷白書)


https://youtu.be/Pd8LjWcHY6g
(NONA REEVES - HARMONY)


https://youtu.be/fdF_lx-1SQc
(Joji - Upgrade)


https://youtu.be/oaY9sMGtWmg
(Feng Suave - Sink Into The Floor)


https://youtu.be/WWpGX7hY9rY
(一十三十一 - DIVE)



ーBased On A Story byー


ラブライブ!

ラブライブ!サンシャイン!!

一十三十一 - DIVE
113 : ◆TR2vneJwo2 :2022/11/19(土) 19:55:37.50 ID:id09l3GQO
終わりデース
過去作抜粋


絵里「雨の日のコーヒー」

穂乃果「第一次音ノ木坂抗争」

絵里 「ゲームセンターに行きましょう!」 にこ 「拒否」 希 「話を聞こう」

絵里 「真夜中に」 にこ 「愚痴を肴に」 希「姦しく」

花陽「都市伝説!」 絵里「対決よ!」

絵里「ノッキン・オン」 にこ「ヘブンズ・ドア」

海未「ふぁ〜あ・・・眠いな・・・」 ことほの「「!?」」

絵里「ただ、ありふれた夜」

聖良「夜も更けて」 ダイヤ「姉会ですわ」

聖良「私達の」 ダイヤ「日常」

絵里「壊れた世界で、ただ1人」

海未「あなたは」 ことり「サマーガール」

希「ライブ?」 真姫「そうよ」

LINEグループ 9人の女神達

ダイヤ「お休みは」 聖良「言わないで」

穂乃果「ここどこ!?」 カイマン「ん?ここは"ホール"だぜ」 ニカイドウ「ギョーザ、食うかい?」

にこ「あなたの目には」絵里「私たちの姿が」

かのん「雨の日のコーヒー」

穂乃果「もう自衛隊入るしかないよ」海未「何を言ってるんですか」

善子「覚えてる?9月の事」梨子「そう、あの夜の事」

恋「ひっぷほっぷを聞きます!」すみれ「良いんじゃない?」
99.52 KB Speed:6.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)