このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

プリキュア作るぞ part2【安価有】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/22(火) 23:48:32.81 ID:tyKkK0c4o
前スレ
プリキュア作るぞ【安価有】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1686741984/


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1692715712
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/22(火) 23:50:03.34 ID:HQlYXy0Ho
建て乙
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 01:03:00.04 ID:GRsDXAr2o
建て乙
クリア
インクブラインド
マントからタコさんイカさんが出てきて墨を吐く
タコさんの墨は煙幕のよう広がって、イカさんの墨はドロッとした粘り気があり一か所にまとまった状態で残りこの墨が人間と同じ大きさでゆらゆら揺れるので敵からするとまるで分身に見える
(なおこの技は1日1回が限度)
4 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 16:51:48.51 ID:wUxEt27co
【登場人物】

プリキュア組

名前:岸波 桜野(きしなみ さくの) / キュアサクラ
性別:女
学年:中学2年生
容姿:茶色のロング。特徴がなくてクラスで3番目4番目くらいの顔面偏差値
色:ピンク
性格:困ってる人をほっとけない!頼られちゃったら断れない!天下無双のお人好し!敵への殺意がちょー高い!



名前:弓知夏 透(ゆみちか とおる) / キュアクリア
性別:女
学年:中学2年生
容姿:ボーイッシュな感じ。無っぱい
色:青
性格:不器用で人付き合いが下手くそ。時に狂犬、時にわんこ。気を許した相手にはふにゃふにゃになる。特に桜野への依存度が高い。自分の胸があまりにも可愛すぎることを気にしている。本当に気にしている。ゴキブリが苦手。飛んだら泣く。
備考:転校生。過去に妖精の国シーズンランドに召喚され、プリキュアとしてカラミティ帝国と戦うも敗北。生き残った妖精とともに元の世界で抵抗を続けるが次第に追い込まれていき、限界が近づいていたある日、桜野と出会う。



名前:秋葉 朱(しゅうよう あかね) / キュアブーケ
性別:女
学年:中学3年生
容姿:少しギャルっぽい綺麗系の美少女
色:オレンジ
性格:同年代より大人っぽい。とは世を忍ぶ仮の姿である。実際は稀代のポンコツ。愛らしい少女と見るや暴走する。頼れるお姉さん枠のはずが気づけばおもしろお姉さんに。どうしてこうなった。
備考:モデルをやっており男子の間で人気。最近は女の子からもモテ始めたらしい。趣味はお花を育てること。学校の花壇の一角を借りている。



名前:久木 雪菜(ひさき ゆきな) / キュアクリスタル
性別:女
学年:中学1年生
容姿:身長145cm。ボブカットの黒髪。可愛い系の顔立ち。小柄で顔立ちも幼いが、それとは裏腹に早熟な体付きなロリ巨乳。
色:白
性格:心優しいが恐がりで引っ込み思案。鋭い洞察力を持つが、この性格で持ち腐れ気味。でも最近、妹のおかげでほんのちよっぴり勇気が出せるようになった。可愛いものが大好き。直近でいちばん可愛かったのは透らしい。
備考:静かに読書するのが趣味で休日はよく図書館にいる。両親と妹の4人家族。
5 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 16:56:35.50 ID:wUxEt27co

妖精組

妖精の国 シーズンランド
春の国、夏の国、秋の国、冬の国の四大国を中心にした世界



名前:シキ
性別:女
出身:シーズンランド
容姿:手のひらサイズで葉っぱを羽にして飛んでいる以外は普通の女の子
性格:おしゃべりで子供っぽくて好奇心旺盛騒がしい
備考:桜野と一緒に暮らしてる。闇の気配とプリキュアの素質を感じ取れる。



名前:シア
性別:女
出身:シーズンランド
容姿:海っぽい。形は体積の範囲内で自由自在。いつの間にか俺の脳内でブルンゲルの親戚みたいな見た目になっている。
性格:おおらかで世話焼き。透のことが心配で心配でたまらない。
備考:透とずっと一緒にいる。闇の気配とプリキュアの素質を感じ取れる。
6 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 17:03:59.38 ID:wUxEt27co
敵組織
カラミティ帝国
ウィッシュスターのエネルギーを集めるため人々を襲っている。



ボス

名前:サイカ
性別:不明
年齢:不詳
目的:不明。ウィッシュスターの力で何かしようとしている。
備考:桜野に過去の自分を重ねているらしい。



幹部

名前:ライガ
性別:男
容姿:肌が黒い。20〜30代の見た目。
性格:クールな2枚目。皮肉屋でキザ。
備考:雷を纏っての徒手空拳で戦う。なんだか中間管理職的不遇感が滲み出ている気がする。妖精キル数No.1。



名前:ツナミ
性別:女
容姿:一見清楚でおしとやか
性格:表面上礼儀正しいが腹黒い。最近は隠せてない。
備考:水を使った質量攻撃が得意。巧みに操り防御などにも転用する。



名前:カサイ
性別:男
容姿:筋肉ダルマ
性格:暑苦しい。うざい熱血系。非常に好戦的。
備考:炎を纏った物理攻撃が得意なパワータイプ。強いやつは怖いらしい。



怪物

名前:ヤクサイン
備考:なにかに憑依することで実体化する。倒されるとヤクサインが起こした事象はリセットされる。でもすべて完璧に元通りとはいかないらしい。
7 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 17:10:48.68 ID:wUxEt27co
その他



名前:久木 霰(ひさき あられ) / 雪菜の妹
性別:女
年齢:11さい
容姿:姉の顔をもっと活発にした感じ。142cmくらい。胸は同年代と比べても小さい。
性格:姉とはいろいろ正反対な人懐っこい活発元気っ子。幼い頃から姉を守ってきて、その過程で優しい人達は絶対に守るという勇敢かつ高潔な信念を持った。
備考:メンタル面だけなら作中最強ぶっちぎり。



名前:桜井 コスモス(さくらい こすもす)
性別:女
学年:中学2年生
容姿:身長は低めだが胸が大きい。Eカップ。
性格:桜野をさらにやかましくした感じの元気で明るい女の子。
備考:数年前、桜野に迷子のところを助けられた。久しぶりに再会し運命感じちゃう。桜野に対しての矢印がでかくて濃い。そのせいか時折ぶっ飛んだ行動をする。公衆の面前で指フェラしたり手首をかみかみちゅーちゅーしたり……。最近両親が亡くなったため、現在は一人暮らしで自主休校。
8 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 17:15:29.30 ID:wUxEt27co
【アイテム】



スピリットピース
プリキュアに変身するためのアイテム。通常時はパズルの欠片だが、使用者の心を映した形に変容する。



ウィッシュスター
シーズンランドに伝わる秘宝。誰かが何かを願う時、そこには大きな力が生まれる。ウィッシュスターはその力をエネルギーとして蓄えることができ、エネルギーがいっぱいになるとどんな願いでもひとつだけ叶えられる。現在はカラミティ帝国が所持。エネルギーが溜まり切るまでもう少しらしい。



壊れたロケット
壊れて蓋が開かなくなったロケットペンダント。桜野がシキたちと初めて会った時に襲ってきたヤクサインが憑依していた。ヤクサイン消滅後、桜野が拾い持ち主を探していた。中に写真などが入っていると思われるため、現在アクセサリーショップで修理中。
9 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 17:17:42.03 ID:wUxEt27co
ありがとうございます おかげさまで2スレ目です
引き続きよろしくお願いします

ご質問やご意見、技案については常に受け付けておりますのでお気軽にどうぞ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 18:03:30.19 ID:cBiOPsEOo
所々児童向けアニメに似つかわしくない物騒なワードが
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 18:18:01.11 ID:KQ65WdX+0
透ちゃんいきなり異世界に召喚されて元の世界に帰ってきた時ご家族にどう説明したんだ?
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 18:27:53.91 ID:bkeuraBXo
紹介おつおつ
土曜深夜とニチアサを行ったり来たりすき
霰カサカプのファンアート増殖してそう
13 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 22:04:32.43 ID:wUxEt27co
>>11
説明とかしてないですね 帰宅時の透ちゃんは仲間友達目の前で殺されまくった挙句自分もズタボロボロ雑巾にされて敗走した直後なんで説明とかできる精神状態じゃありません なんなら喋ることすら出来なかったんじゃないかな
この辺の話はあとでちょっと書こうかなとは思ってます
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 22:06:38.96 ID:4tbKKp7bo
何日も行方不明になった娘が心身ボロボロで帰ってきたって親泣くぞ…
15 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 22:15:35.91 ID:wUxEt27co
ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」ギャオオ

サクラ「いっくよぉおおっ!!!」ググッ

ギュンッ

サクラ「うぅぅりゃああっ!!!」ドゴォッ!

ヤクサイン「ヤグゥ…!」

サクラ「っと……!」シュタッ

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」ドゴンッバゴンツ!

サクラ「げ、めっちゃ怒ってる……」

ヤクサイン「ヤクゥゥゥッ…!」ギュルルッ

クリスタル「私が! 冷波刀・細雪!」シュラッ

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!!!」バシュウウウッ!

ヒュパパパッ
パキィィィンッ!!!

ヤクサイン「ヤッ!?」

クリスタル「ふー……」

クリア「たぁぁぁっ!!!」ダダダダッ

ヤクサイン「クゥッ!!」バシュッ

クリア「!」

ブーケ「はぁっ!!」バキッ

クリア「ブーケ!」

ブーケ「クリア! まっすぐ!」ドカバキッ

クリア「うん!」ダッ

ヤクサイン「ヤァァ!」ググッ

クリア「はぁっ!!!」バキィ!

ヤクサイン「グッ…ヤクゥゥゥ!!!」グォォッ



安価下コンマ
ヤクサインの標的
01〜33 クリア
34〜66 ブーケ
67〜99 クリスタル
00   サクラ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 22:17:13.08 ID:4tbKKp7bo
えい
17 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 22:28:08.55 ID:wUxEt27co
ヤクサイン「グゥゥゥッ!」ギロッ

クリア「!」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」ブォンッ

クリア「プリキュア・スクランブルアヴォイド!」バササッ

ドゴォンッ!
ヒラッ
ヒラヒラ…

ヤクサイン「ヤ-?」

パッ

クリア「はっ!」

ヤクサイン「ヤッ!?」

クリア「はぁぁぁっ!!」ドゴッ!

ヤクサイン「グッ…!」グラッ

クリア「ブーケ! クリスタル!」

ババッ!

ヤクサイン「!??」

ブーケ・クリスタル「「たぁぁぁっ!!!」」ギュオッ!

ドゴォォォンッ!!!

ヤクサイン「ヤ、クッ…!」ガラガラ

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」

クリスタル「ほんとにタフですね……!」

サクラ「わたしが!」ギュンッ

ブーケ「サクラ!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 22:30:24.05 ID:2qedvxNBo
死にかけだと思ったら全然倒れる気配ないぜ
19 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 22:36:58.61 ID:wUxEt27co
サクラ「だぁぁぁっ!!!」ダダッ

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」ドゴォンバゴォンッ

クリア「!」バサッヒュオッ

サクラ「ちぃっ……!」

クリア「サクラ! 目の前のマントに!」

サクラ「うんっ!」ダッ

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」バシュッ

クリア「プリキュア・ロケーションムーブ!」バッ

シュンッ

ヤクサイン「ヤクゥ!??」

パッ

サクラ「ほっ?」

ヤクサイン「サァッ!!?」

サクラ「お! いいとこ……にぃ!!!」ドゴォンッ!

ヤクサイン「ヤッ…!」グラッ

ヤクサイン「クゥ」グリンッ

ヤクサイン「サァァァ…!」ガパッ

サクラ「うわっ、ちょ……!」

ブーケ「クリスタル!」

クリスタル「はい!」

ブーケ「アースビーンズ!」パシュシュッ

クリスタル「冷波導!」ヒュオッ

ヤクサイン「サァァァイ!!!」ボシュウウウッ!

ブーケ・クリスタル「「プリキュア・冷波蔦壁!!」」

バギャァァァンッ!!!

ヤクサイン「ヤクウッ!??」



安価下2まで
サクラとクリスタルの合体技募集
前スレ>>738込みでよさげなの選びます
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 22:43:51.22 ID:4tbKKp7bo
氷花弁(ひょうかべん)
凍らせた桜の花びらをショットガンみたいに浴びせる
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 22:56:20.30 ID:oTwSD6yb0
蹴撃・冷波手裏剣(しゅうげきれいはしゅりけん)
投擲された冷波手裏剣をサクラがラ○ダーキックして加速させつつ強引にヤクサインに押し込む
22 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 23:14:44.71 ID:wUxEt27co
霰「お姉……!」ヨタヨタ



クリスタル「はぁぁぁっ!!!」



霰「お姉! がんばれっ!!!」



クリスタル「!」

クリスタル「霰……」ニコッ

クリスタル「サクラ!」

サクラ「おっけー!」

サクラ・クリスタル「「プリキュア!!」」

サクラ「はぁぁぁ……!」ググッ!

クリスタル「ふっ……!」キィィィンッ!

クリスタル「はぁっ!!!」バシュウウウッ!

サクラ「だぁ!!!」ギュンッ!

ヤクサイン「ヤクッ!?」

ヒュンヒュンヒュンッ!!!

サクラ「はぁぁぁっ!!!」ガッ

ギュイイインッ!!!!!

サクラ・クリスタル「「蹴撃・冷波手裏剣!!!!!」」

ヤクサイン「ヤクサッ!?」

ズガッ!
ズガガガガッ!!!
ギィィィィンッ!!!

サクラ「どぉぉぉぉりゃああああああっ!!!!!」

クリスタル「いっけええええ!!!」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」

バッギャァァァァァンッ!!!!!

ヤクサイン「ヤァァァァ!!!」サラサラ…



霰「やった!」

霰「ぁ……?」クラッ

霰「あ、あれ……なんか急に……」フラフラ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 23:16:35.90 ID:OValOomzo
疲れてるのによく歩くロリだ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 23:22:02.97 ID:4tbKKp7bo
人相手だとグロテスクなことになりそうな技
25 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 23:25:05.15 ID:wUxEt27co
透「ふぅぅ……やっと倒したぁ……」グ

桜野「みんなおつかれさまぁ……」ッ

朱「さすがに疲れたわねぇ……」タ

雪菜「ですねぇ……」リ

霰「お、ねえ……」フラフラ

雪菜「霰っ!」タタッ

桜野「霰ちゃん、無事でよかった……」

透「近くに来てたんだ……」

霰「おねえ……」ギュッ

雪菜「霰、どうしたの!? どこか痛いの!?」

霰「んぇ……?」ウトウト

朱「なんか……おねむ?」

雪菜「え、眠いの?」

霰「う……?」

透「多分リセットの影響だと思う」

霰「りせえ……?」ウツラウツラ

透「ヤクサインが消えてリセットが起きてる。その子も影響を受けてるから、今は記憶が混濁してるんだと思う」

雪菜「大丈夫なんですか?」

透「これから少し眠ると思う。でも起きるころには元気になってるはず」

雪菜「そうですか」ホッ

霰「……?」
26 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 23:31:48.56 ID:wUxEt27co
雪菜「霰……」ナデナデ

霰「……ふへっ、へっ……おねえ……」ギュ-

雪菜「ありがとね」

霰「……うー?」

雪菜「私、怖かったんだ。みんないなくなっちゃうって思って」

霰「……いななぅ?」

雪菜「桜野さんも透さんも朱さんも、霰も。大切なもの全部失くしちゃうって、そればっかり考えて、戦う意味まで分からなくなって」

霰「……なくしゅぅ?」ポヤポヤ

雪菜「でも霰がいたから勇気が出せた。お姉ちゃんね、霰に助けられたんだよ」ギュッ

霰「……?」ギュ-

雪菜「ありがとう、霰」

霰「……??」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 23:35:08.48 ID:f283c4VM0
こ、こんな無防備な姿を見せたらロリコンのお姉さんに誘拐される!!!
28 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 23:38:36.27 ID:wUxEt27co
霰「……おねえ?」

雪菜「なぁに?」

霰「……なにかなくしちゃったの?」

雪菜「あ、えっとね……」

霰「……わたしがいっしょにさがしてあげゅ」

雪菜「……ん、ありがとう」

霰「……なにぉなくしちゃったの?」

雪菜「え……?」

霰「……わかんないとさがせないよ?」

雪菜「そっか、私……」

霰「おねえ……?」

雪菜「ううん、もう大丈夫」

霰「んぇぅ……?」

雪菜「見つけたよ。ここにあった」

霰「……う?」

霰「……んー」

霰「……そかぁ」ニコッ

雪菜「ふふっ……」ギュッ
29 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 23:46:41.35 ID:wUxEt27co
霰「ん……」スヤスヤ

雪菜「眠っちゃった」

朱「かわいいっ……寝顔か゛わ゛い゛い゛っ……!!!」

透「朱、今はやめて」

雪菜「あのみなさん、私謝らなきゃいけないことが……」

桜野「どしたの?」

雪菜「霰にプリキュアになるところを見せてしまって……」

桜野「あー……」

シア「仕方ありませんわ。どうしてもという時もあります」

雪菜「シアさん……」

シア「ですがその子の記憶、中途半端に残るかもしれませんわね」

雪菜「え……?」

透「見られたのってカサイと戦ってる時だよね?」

雪菜「は、はい……」

透「となるとやっぱり……」

シア「今回倒せたのはヤクサインだけですし、そもそもプリキュアはリセットの影響を受けませんからね……」

雪菜「そう、ですか……」

シア「記憶がどの程度残るか分かりませんが、その子を守りたいならもう二度と巻き込んではいけませんわ」

雪菜「はいっ……!」ギュッ

霰「んにゃ……」スヤスヤ
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 23:51:38.41 ID:f283c4VM0
プリキュアのことはやっぱSNSでも記録残っちゃってるのかねえ
31 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 23:55:10.08 ID:wUxEt27co
桜野「あ、そうだ! わたし行かなきゃいけないとこが!!」

透「あ、そういえばそんなこと……」

朱「そうなのね……あ、じゃあせっかくだし、みんなでついてっていい?」

桜野「そんなに面白くはないと思いますけど……」

雪菜「いいじゃないですか。せっかくですし」

桜野「そんなに言うなら……うん」

透「結局なんだっけ? 修理がなんとかって」

桜野「うん、初めて透ちゃんが戦うとこ見た日のヤクサインが憑依してたロケットなんだけど……」

透「あの時の……」

雪菜「んしょ……」

朱「大丈夫? 代わる?」

雪菜「いえいえ、これでもお姉ちゃん歴長いので……ほっ」

霰「んゅ……」

朱「ちっちゃい子がちっちゃい子おんぶしてるのってなんかすっごい可愛くないっ!!?」

透「なんでそんなに元気なの……」

雪菜「わ、私そんなにちっちゃくないですし……」

桜野「準備いい? それじゃあさっそくみんなでれつご!」
32 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/23(水) 23:55:54.46 ID:wUxEt27co
ここまで
霰ちゃん編いったんおしまい
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/23(水) 23:57:10.74 ID:4tbKKp7bo

朱さん仕事場でジュニアモデル見かけたときどうしてるんだろう…
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 00:01:15.84 ID:Cw0IrjNs0

一歩間違えたらロリモデルに枕営業持ちかけてきそう
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 00:08:52.80 ID:6eRuwVaGo

クリスタル
冷分身
氷で作った分身を作る
分身は戦闘力を持たない
体力を全開の半分くらい失うイメージ
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 01:23:46.34 ID:lqwBMdhs0
ブーケ
ヴァインウィップ
素早く自在に動き長く伸びる蔓のムチ
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 06:52:07.04 ID:GDM08lgq0
クリア クリスタル
ライトニングスノウアロー→ブロークンスカルプチャー

ライトニングフィッシュアロー×細雪・舞雪風
二人で弓を持つ→冷波刀・細雪を矢にして発射→刀が細かい氷の結晶を纏いながら飛んでいく→命中した瞬間刀を爆発させる
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 07:05:36.50 ID:atAx6OqB0
クリア ブーケ
クレイジーアクシデント
クリアがブーケを誘惑→ブーケが凄い勢いで飛び付いてくる→2つに分けたマントのうちの1つにブーケを入れる→出口となるもう1つのマントの敵の目の前に配置→マントから勢いよく出てきたブーケと激突して敵は吹っ飛ぶ→クリアは涼しい顔してる
39 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 21:52:21.51 ID:CBHZzePBo
商店街

朱「ねぇねぇ、ほっぺ触っちゃダメ? ダメ??」

雪菜「お、起こさないなら……」

朱「ぷにぷにだぁ〜」プニプニ

霰「うにゅ……」

朱「こっちもぷにぷにだぁ〜」プニプニ

雪菜「なじぇわらひまれっ」

桜野「おーまたせー」トタトタ

透「あ、おかえり」

朱「おかえり〜」プニプニ

雪菜「おかえぃなふぁ」

桜野「おや、朱くんやってるね」

朱「あら会長、いらしてたんですね」

雪菜「かいひょー?」

桜野「どうだね、今年の出来は」

朱「なかなか粒ぞろいですわ。会長もぜひ」

透「前フリもなく始めないで。混乱するから」

桜野「お言葉に甘えて少し試そうか」

朱「この子なんてオススメですわよ」ズイッ

透「えっ、私っ!?」

桜野「どれどれ」

透「えちょ……」

プニッ

桜野「ほぁ……」

透「……///」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 21:54:58.28 ID:4KqIgdBeo
モデルじゃなくて女優だった
41 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 22:01:01.65 ID:CBHZzePBo
透「じゃなくて!」ブンブンッ

桜野「あぅっ」

透「ロケットは? どうだったの?」

桜野「うん。完璧には直らなかったけど、蓋は開くようにしてもらえたよ」

透「そっか。じゃあ持ち主見つけられるかもだ」

桜野「うん!」

雪菜「それで中身はどんなでした?」

桜野「まだ見てない。今から今から」

朱「なんかちょっとワクワクするわね」

桜野「へへへ、そうですね」

桜野「勿体つけてもしょうがないんで開けますよー」

桜野「パカッとな……」パカッ

桜野「………………え?」
42 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 22:17:35.61 ID:CBHZzePBo
透「桜野?」



ドックン

桜野「………………え…………え?」

ドックンドックン

桜野「………………ぁ、え?」

ドックンドックンドックン

桜野「ぇ、え……ぇあっ……はぁっ……はっはっ……!」

ドクンドクンドクンドクンッ!

桜野「…………はぁはぁ……んくっ、はぁっはぁっ……!!!」

ドクドクドクドクッ!!!

桜野「はぁ、はぁっ……!!! はぁはぁっ、はーっ!! はーっ!!」

ドッドッドッドッ!!!!!

桜野「……こんっ、なっ!! はっはっ、はーっ……!!! そんなのっ……!!!」

バクバクバクバクバクバクバクバクッ!!!!!!!

桜野「……なん、でっ……なんっ……!!!」

プツンッ

桜野「ぁ」

フラッ

桜野(突然、視界が真っ暗になった。得体の知れない浮遊感。世界が遠ざかっていく)



透「え……」



桜野(最後にわたしが見たものは、ロケットの中身)

桜野(そこには1枚の写真が収められていた。家族の写真だ。中睦まじそうな3人家族)

桜野(左側には母親らしき女性。右にはパパ。そして真ん中には……)



透「え……?」



桜野(今よりもほんの少しだけ幼いコスモスがいた)



ドサッ



透「………………さ、くの……?」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 22:21:50.72 ID:2umDb+soo
空気変わっちゃった
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 22:24:07.16 ID:C/EFQtAIo
パパおい

おい
45 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 22:27:11.02 ID:CBHZzePBo
「桜野ちゃん!? 桜野ちゃん!!」

「桜野さんっ!!!」

「しっかりするです桜野!!!」

「なに……どうなっ……やだ、桜野……やだ……やだっ……!!!」

「っ! 透っ!!!」

「いやあああっ!! 桜野っ桜野っ!!! あああっやだやだやだやだっ! やだっ桜野っ!!! やだあああああああっ!!!!!」

「と、透っ……!」

「シアさん!」

「朱、桜野を頼みます! ワタクシは透を!」

「は、はいっ! と、とにかくどこか落ち着いて横になれる場所に!」

「わ、私探します!!」

「はあっはあっ!! ああああああああっっさくのっ! いやだっ!! やだっはっはひゅ……かふっ……!!」

「透! ちゃんと息吸うです!!!」

「シキ手伝って! かなり危険な状態ですわ! もしかしたら桜野よりも!」

「う、うんっ!」

「やっ、げほっ! やらっ、あ゛っ!! ひゅっかひゅっ……さくっ、の……!!!」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 22:32:41.64 ID:lxvcJfLq0
ロケット1つで大惨事!
47 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 22:34:56.22 ID:CBHZzePBo
桜野「……ぅ?」パチッ

桜野「……」ポケ-

桜野「……」チラッ

透「うっ、うぅっ……!」ギュウウウ

桜野「……透ちゃん」

透「!!!」バッ

朱「桜野ちゃん!」

雪菜「桜野さん!」

シキ「桜野ぉ!!!」

桜野「……そんなに強くにぎったら痛いよ?」ニヘッ

透「さっ、うっ……ひぐっ、うあ゛っ、あ゛あ゛あ゛っ……!!!」ボロボロ

桜野「もう……しょうがないなぁ」ムクッ

雪菜「まだ動いたら!」

桜野「……大丈夫。ほら透ちゃん、おいで」

透「うあっ、あ゛あ゛っ……ひぅぁぁああっ!! うっ、げほっ、うううぅぅぅ!!!」ガバッ

桜野「……よしよし」ナデナデ
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 22:38:38.16 ID:6eRuwVaGo
不穏だった要素いっきにでたな
49 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 22:42:57.98 ID:CBHZzePBo
桜野「……みんな、ごめんね」

雪菜「ほんとに大丈夫なんですか……?」

桜野「……うん、平気」

シキ「ほんとのほんとに大丈夫です? どこも痛くないです?」

桜野「うん、ほんとのほんとに大丈夫。それよりここ……公園?」

朱「うん、とにかく横になれる場所と思って」

雪菜「救急車呼ぼうとも思ったんですけど……」

シア「闇の力の影響だった場合、病院だと手出しできなくなってしまいますからね……」

朱「それに案外落ち着いてたから……」

桜野「……そうです……わぷっ、こらこら透ちゃん」ナデナデ

透「ひっくひっく……うぅぅあっ……!!!」ギュ-

シア「はっきり言って透の方が危険でしたわ。錯乱してしまって……」

桜野「……透ちゃん、ごめんね?」ナデナデ

透「ひくっ、ひぅっ、ぅ……!」ギュ-
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 22:44:29.45 ID:geKBRNGFo
闇と言えば闇なのかな…
51 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 22:49:31.59 ID:CBHZzePBo
桜野「……落ち着いた?」

透「……まだ」スンスン

桜野「……じゃあもうちょっとだけね」

透「……うんっ」ギュッ

桜野「……シアさん、シキも……大丈夫でしたか? その、人に見られちゃったりとか……」

シア「幸い人通りはほとんどありませんでしたけど……」

シキ「やっぱりちょっと見られちゃったかもしれないのです……」

桜野「そうですか……すみません、私のせいで……」

シキ「桜野は悪くないのです」

シア「ワタクシも同意見ですわ。しかし……」

桜野「……」

朱「……桜野ちゃん」

桜野「……はい」

朱「……なにがあったの?」

桜野「……」



安価下コンマ
1桁目が 1 で桜野にはぐらかされる
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 22:54:49.79 ID:6eRuwVaGo
闇が深い案件?
53 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 22:56:06.98 ID:CBHZzePBo
朱「あたしたちもロケットの中身見ちゃったんだけど、これって桜井コスモスさんよね?」

桜野「……はい」



安価下コンマ
1桁目が 1, 3 で桜野にはぐらかされる
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 22:58:08.94 ID:NFvF8zXSo
ATフィールドが厚い
55 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 22:59:23.44 ID:CBHZzePBo
朱「それでここに写ってるのがご両親。闇の力で亡くなられたっていう……」

桜野「……はい」



安価下コンマ
1桁目が 1 , 3 , 5 で桜野にはぐらかされる
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 23:00:11.71 ID:N9bi0oVh0
だんだん難易度が!
57 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 23:05:09.89 ID:CBHZzePBo
朱「それにこのロケット、ヤクサインに憑依されていたのよね?」

桜野「……」

朱「桜野ちゃん?」

桜野「………………コスモスはコスモスだよね」ボソッ

朱「え?」

桜野「心配しないでください」

朱「桜野ちゃ……」

桜野「まさかコスモスのものだとは思ってなくてびっくりしちゃっただけですよ。倒れちゃったのは……ほら、今日の戦いはハードでしたから疲れが出ちゃったんです」

朱「……」

桜野「……」

朱「……そう」

桜野「……はい」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 23:07:11.14 ID:N9bi0oVh0
ここまできてそれで誤魔化せるとでも…
59 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 23:12:39.44 ID:CBHZzePBo
桜野「……わたし、今日は帰りますね」

透「えっ……!」

桜野「ごめんね透ちゃん。今日はおしまい」ナデナデ

透「ぁ……ぅ……」

透「……」

透「……ん」ショボ…

桜野「それじゃ失礼しますね。シキ、行くよ」

シキ「う、うん」

朱「桜野ちゃん!」

桜野「……?」

朱「みんなあなたの味方だからね!」

雪菜「そ、そうですっ!」

桜野「……」ニコッ

桜野「……」クルットタトタ

雪菜「桜野さん……」

朱「……」
60 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 23:21:25.49 ID:CBHZzePBo
雪菜「桜野さん……どうしちゃったんでしょ……」

朱「分からない。けど……心配ね」

雪菜「なにかに気づいてるみたいでしたよね」

朱「うん、でもそれが何かまでは……」

雪菜「無理やり聞き出していいものかも分からないですしね……」

朱「そうね……」

透「桜野……」

霰「んっ、んぅ……んぅ?」ムクッ

雪菜「あ、霰、おはよ」

霰「? おぁよ……」ポケポケ

雪菜「あ、そうだ。えー、ちょっと確認なんだけど……今日のことどれくらい覚えてる?」

霰「う? うー……おねえおむかえにいって……それでぇ……なんだっけ……?」

雪菜「覚えてない?」

霰「……わすれたー」

雪菜「そ、そう。ならいいの」ホッ
61 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 23:22:34.37 ID:CBHZzePBo
ほんとに都合よく忘れてるか、空気読んで忘れたフリしてるかは霰ちゃんのみぞ知る
忘れたフリくらいならしれっとやりそうではある
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 23:23:28.71 ID:6eRuwVaGo
そもそもあんだけ大騒ぎしてたのに本当に寝てたのか…?
63 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 23:33:05.01 ID:CBHZzePBo
霰「あー、朱ちゃんだー。なんでー?」

朱「霰ちゃん、おはよ。昨日ぶりね」

霰「ぶりー♪」

朱「ふふっ」

霰「朱ちゃん、今日のお洋服かわいーねー」

朱「あ、そうでしょ? これ新作……あ」

透「ん?」

朱「……や、やばい……まじやばい……」ダラダラ

雪菜「え、どうしたんです?」

朱「お仕事抜け出してきたの忘れてたぁ!!!」

雪菜「ええぇぇぇ!」

朱「ちょっ、スマっ……げっ、死ぬほど連絡来てるっ!」

透「あー」

朱「あたっ、あたしっ! 行かなきゃだからっ!!!」

雪菜「はいっ! なんていうか頑張ってくださいっ!」

霰「がんばえー!」

朱「うんっ!」

透「私たちも今日は帰ろっか」

雪菜「ですね。霰も起きたし」

霰「おきたー」

朱「あ、みんな!」

透「?」

雪菜「はい?」

朱「桜野ちゃんはきっと大丈夫!」

透「!」

雪菜「……ですね。あの桜野さんですもんね!」

朱「そうそう!」

透「……そっか……桜野、だもんね」

透「……うん」

透「桜野はきっと大丈夫」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 23:38:57.94 ID:GdKnyKuBo
被害とかほぼなかったことになるから敵倒したら即仕事か
65 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 23:45:35.52 ID:CBHZzePBo
ここではないどこか

ツナミ「派手にやられましたね」

カサイ「うるせェ」

ライガ「お前が勝手するからだ」

カサイ「だーもーうるせェうるせェ!」

ライガ「お前の我儘を聞くのはこれきりだ。分かっているな?」

カサイ「わァーってるよ。もう少しでウィッシュスターが完成すっからちゃんと働けってんだろ?」

ライガ「そういうことだが、それだけじゃない」

ツナミ「カサイさんも手合わせしたんですよね、アレと」

カサイ「……まァな」

ライガ「では分かったはずだ。やつは、キュアサクラは……」

「「「本気を出していない」」」

カサイ「あの殺気でパワーがあんなもんなわけねェからな」

ツナミ「それでも恐ろしく強いですが……本気出したらどれくらいですかね」

ライガ「セーブしてあれだからな。完全に未知数だ」

カサイ「しっかしなんで抑えてんだろうな」

ツナミ「そもそも力を抑えていること、本人が気づいているかも怪しいですね」

ライガ「理由は分からない。しかしこちらにとっては千載一遇のチャンスとも言える」

ツナミ「アレが本気出したら邪魔どころではなさそうですしね」

ライガ「だからこそ、ここから勝手な行動は慎むべきだ」チラッ

カサイ「な、なんだよ……」

ツナミ「貴方が1番勝手ですからね」

ライガ「これからは指示通り動けよ」

カサイ「チッ……」

ライガ「しかしこちらも疲弊しているのは事実。ツナミもこの前の傷が完全には癒えていないだろ?」

ツナミ「まぁ」

ライガ「急いては事を仕損ずる。しばらくは様子見だな」

カサイ「なんでオレばっかり……オレより勝手してるやつだっていんだろうがよォ……大体オレぁウィッシュスターなんか興味ねェってのに……」ブツクサ
66 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/24(木) 23:47:25.84 ID:CBHZzePBo
ここまで
今日は大事なところでした
ここの反応が後の構成にダイレクトに影響を与えるはずなので、感想いただけるととても嬉しいです
ぜひご協力お願いいたします
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 23:49:01.95 ID:E4ZSTvygo

幹部さんたちちゃんとダメージあるのね
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 23:53:58.58 ID:UCaKvVZG0
「パパ」なる謎のキャラ…
そう歳は変わらない桜野とコスモスのパパだとしたらプリキュアに出しちゃいけないクソ野郎なんじゃ
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/24(木) 23:59:28.57 ID:6eRuwVaGo

サクラが未だにステゴロばっかなのまだ全力出してないからか
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 00:13:49.29 ID:NrcCADxSo
おつー
透ちゃん脆い……脆くない?
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 00:35:45.58 ID:f49uZnkT0
うーむ
倒れた原因が不透明で戦いの最中に倒れて足引っ張るかもしれないから危険だよねえ…
もっかいスピリットピース没収するか!
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 00:42:53.64 ID:mZT5VYM+o
桜野ちゃん自分から他人の心開かせようとグイグイ行くくせに自分は他人に心開かないんだね…
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 09:11:55.21 ID:GKlOC/6Qo
プリキュアの方がだいぶダメージ受けてそうなのに敵の方がダメージ残るんだ
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 13:39:13.83 ID:/f0VVb4uo
過去に闇ありそうなのが桜野透
闇なさそうなのが雪菜朱か
後者2人にも特別サービスで闇ましましもりもりされるかな?
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 19:41:23.70 ID:Q6HfHa3Q0
プリキュアは若いから疲れがすぐ取れるけどライガ達は若くないから疲れが中々取れない?
76 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 22:03:53.00 ID:C4pw46Puo
ご協力感謝感激雨霰ちゃん!
ありがたく参考にさせていただきます
77 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 22:13:28.82 ID:C4pw46Puo
桜野「……」クルクル

桜野「……」クイクイ

桜野「……」イジイジ

桜野「んー……」

桜野「……どう思う?」

シキ「かわいーのです」

桜野「ほんとに?」

シキ「シキが保証するです」

桜野「それなら安心かな?」

シキ「ですです」

桜野「じゃあ準備おっけー。早くしないとコスモス待たせちゃう。シキも……」

『次会うときは2人きりね』

桜野「……!」

シキ「桜野?」

桜野「シキ……」

シキ「……?」



安価下3まで多数決
シキを……
@ つれてく
A おいてく
78 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 22:14:22.49 ID:C4pw46Puo
ごめんやっぱり安価なし!
選択肢とかないわここ 逆いくと破綻する
79 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 22:22:49.52 ID:C4pw46Puo
シキ「桜野? どしたです?」

桜野「……ごめん、シキ。今日は……ひとりで……」

シキ「……!」

桜野「……」

シキ「……ん、わかったのです」

桜野「……ごめんね」

シキ「車とかちゃんと気をつけるです」

桜野「うん。シキも気をつけてね。誰にも見つからないように」

シキ「もちろんなのです」

桜野「じゃあ……いってきます」

シキ「いってらっしゃいなのです」ニコッ



シキ「……」

シキ「……」

シキ「……桜野」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 22:27:45.83 ID:GKlOC/6Qo
妖精がいないとなれないタイプのプリキュアだと置いてきたせいでプリキュアになりたいのになれないってシチュエーション必ずあったな
81 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 22:38:59.41 ID:C4pw46Puo
桜野「すー……はー……」

桜野「ふぅ……ふぅ……」トントン

桜野「よしっ」

ピンポ-ン
トタタッドタッタタタタッ
ガチャッ

コスモス「桜野っ!」パァッ

桜野「おはよ」

コスモス「待ってたよ! すっごい待ってた!」

桜野「おっきい音したけど大丈夫だった?」

コスモス「こけた!」

桜野「あらら、どこかぶつけちゃったり?」

コスモス「ここ! さすれ!」グリグリ

桜野「撫でられたいだけでわ……?」ナデェ

コスモス「そうともゆー!」グリグリグリィ

桜野「もう、しょうがないなぁ……」ナデナデ

コスモス「うっへへぇ♪」

桜野「ふふっ……」ナデナデ

コスモス「んねね、こんなとこだとあれだし、続きはお部屋でしよ?」

桜野「……うん」

コスモス「では遠慮なく上がって上がって。狭い家ですがどうぞごゆっく……」

桜野「……コスモス」

コスモス「なぁに?」

桜野「会いたかったよ。すごく」

コスモス「……!」

コスモス「わたっ、わたしもっ! だよっ!」

桜野「……ん」ニコッ

コスモス「う、んぅぅぅっ……!」キュゥゥゥン

コスモス「ふへっ、うへへへっ……ぐへっ」ニマニマ

コスモス「ふひっ……あ、どぞどぞ上がってくだせぇ」ニマニマ

桜野「うん、おじゃまします」

コスモス「先にお部屋行っててね。コスモスちゃん特製あまあまジュース持ってく……」

桜野「コスモス」グイッ

コスモス「へ?」

桜野「ジュースはあとでにしよっか」

コスモス「……!」

コスモス「……ぇ……ぁ……」

コスモス「……///」コクッ
82 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 22:39:36.32 ID:C4pw46Puo
(さすがにやりすぎたかもしれない)
83 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 22:51:24.12 ID:C4pw46Puo
「……ねぇコスモス」

「なぁに?」

「……わたしもね、親いないんだ」

「……そっか」

「……うん」

「じゃあわたしたち、いっしょだね」

「……いっしょ?」

「わたしたちきっとね、おんなじところが痛くて、おんなじところが苦しいの。だからいっしょ」

「……そっか。いっしょか」

「うん。だから全部わかるよ。桜野のほしいもの、したいこと」

「ほんとに? じゃあ今わたしが……ん」

「こーゆーの」

「……あたり」

「やたやたっ、ごほーび?」

「……こーゆーの?」

「……ん、やっぱりいっしょだ」

「……うん、いっしょ」

「ふへへっ、うれし」

「……そうだ。ねぇコスモス」

「なぁに?」

「……誕生日いつ?」

「え、誕生日? えーっとね……」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 22:55:23.75 ID:J+jY8Fps0
ニチアサタイムにお見せできないことを…
85 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 23:00:49.74 ID:C4pw46Puo
コスモス「桜野ー髪留めお忘れー」

桜野「あ、ほんとだ。ごめん」

コスモス「ねぇ、ほんとに帰っちゃうの? ほんとのほんとに泊まってかない?」

桜野「うん……ほら、ウチ厳しいから」

コスモス「そっかぁ……」

桜野「また来るから」

コスモス「絶対だよ?」

桜野「うん、絶対。じゃあ……」

コスモス「ん、ばいばい……」

桜野「……」

コスモス「桜野?」

桜野「……コスモス」

コスモス「なぁに?」

桜野「……」

コスモス「え、なになに呼んだだけ? できたてカップルごっこ?」

桜野「あ、ち、違くて……」

コスモス「じゃあ……?」
86 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 23:11:15.78 ID:C4pw46Puo
桜野「あの、ね……」

コスモス「うん……」

桜野「……」

コスモス「……」

桜野「………………幸せにする」ボソッ

コスモス「え……?」

桜野「コスモス」ガシッ

コスモス「ふぇ!?」ビクッ

桜野「あなたはわたしが幸せにする。絶対」

コスモス「……」パチクリ

桜野「……」ジッ

コスモス「え、あ、うん。ありが……」

コスモス「わ///」ポシュッ

コスモス「へ、ぁ……うぁっ、ぁ……ぅ……きゅぅぅぅぅ〜……///」ヘナヘナヘナ

桜野「えっ? だ、だいじょぶっ!?」

コスモス「だめかもぉ……///」ポヒュポヒュ

桜野「え、えっと……」

コスモス「カップルごっこかと思ったらプロポーズだったぁ……///」シュウウウ///

桜野「プロポっ!? いやっ、いやいや今のはっ!」

コスモス「……ちがうの?」ウルッ

桜野「うっ……!」キュンッ

コスモス「桜野……?」ウルウル

桜野「ち、ちがっ、く、は……ない……かも?」

コスモス「ふへっ♪」フニャ

桜野「ふぬぉぉ……」キュゥゥゥ
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 23:13:45.28 ID:GKlOC/6Qo
アクセル踏んでんなあ
88 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 23:19:07.13 ID:C4pw46Puo
桜野「ほ、ほんとに帰るからね?」

コスモス「はーい」

桜野「じゃあ……」

コスモス「さーくのっ!」ダキッ

桜野「うぇ!?」

コスモス「……」ギュゥゥ

桜野「コスモス……?」

コスモス「……また遊ぼうね」

桜野「……うん」

コスモス「それじゃ、ばいばい」フリフリ

桜野「ん、ばいばい」フリフリ

ガチャ
キィィィ
パタンッ

コスモス「……」フリフリ

コスモス「……」フリ

コスモス「ふへ」ニマッ

コスモス「ふふっ、うっへっへっ……♪」トッタタ-

コスモス「とぉっ!」バフッ

コスモス「うひっ、へへへっ……幸せにする、かぁ〜♪」ニマニマ

コスモス「くひひっ、ふくっ……どぅへへへっ♪」パタパタ

コスモス「ふんふんふ〜んっ♪」ゴロンゴロン

「ずいぶんと機嫌が良さそうだな」

コスモス「……?」ムクッ

コスモス「あ」

コスモス「おじさん!」

ライガ「おじさんはやめて」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 23:23:38.77 ID:1RKE99Pho
あっ…そういうパターン…
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 23:24:53.99 ID:CWbquGT10
透ちゃんがだいぶボロボロな目に遭ってる以上みんな公平にしないとな
91 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 23:27:36.63 ID:C4pw46Puo
コスモス「おじさんこそ、女の子の部屋に勝手に入るなんて非常識だよ?」

ライガ「え、ごめん」

コスモス「何しに来たの? わたし今とーってもご機嫌だからあんまり邪魔されたくないんだけど」

ライガ「分かっているだろう? キュアサクラとずいぶん親しげだったが……」

コスモス「見てたんだ」

ライガ「少しな。しかし、まさか裏切るつもりじゃないだろうな? いくら新入りとはいえ……」

コスモス「そんなことするわけないじゃん。楽しみがなくなっちゃうもん」

ライガ「楽しみ?」

コスモス「わたしがこっち側だって知ったら、桜野どう思うかな? 怒るかな? 悲しむかな?」

ライガ「さぁな。憎まれるかもしれないぞ?」

コスモス「ふふっ。あのね、どんな感情でもいいの。桜野の全部がわたしに向いてくれるならそれで」

ライガ「…………また殺すのか?」

コスモス「はぁぁあ? なんで今の話の流れでそうなるの? おじさんほんっとーーーにわなってない!」

ライガ「え、ごめん」

コスモス「あ、でも桜野にだったら殺されてもいいかも」

ライガ「えぇ……」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 23:33:24.18 ID:GKlOC/6Qo
カサイが言ってたオレより勝手してるやつってこの子かあ…
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 23:39:20.53 ID:CWbquGT10
おじさんはなんとなくCV.諏訪部順一っぽい
94 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 23:43:42.46 ID:C4pw46Puo
コスモス「どんな風に殺されるのが1番かなぁ。悩んじゃうなぁ……」

ライガ「どんな悩みだ……」

コスモス「おじさんだったらどんなんがいい?」

ライガ「ここで振るのか!?」

コスモス「うん。おじさんだったら、好きな人にどんな風に殺されたい?」

ライガ「わからん。考えたこともない」

コスモス「ほんとに? 好きな人に殺されるなら、だよ? 誰でも1回は考えると思うけどなぁ。おじさん変わってるね」

ライガ「人間って変わってるなぁ……」

コスモス「んーでもやっぱりあれかな? 首絞めがいいかな?」

ライガ「お、おう……」

コスモス「こうね、桜野がわたしに馬乗りになって首に手をかけてね、一生懸命体重かけるの」

ライガ「あ、解説してくれるんだ……」

コスモス「きっとね、ほんとすっごく一生懸命になってくれる。そうしている間は、わたしのことしか見えなくなるくらい」

コスモス「でも人間そう簡単には死ねなくてね、時間かかっちゃうんだ。その間はずぅっとわたしだけを見て、わたしのことだけ考えてくれるの」

コスモス「あ、それに桜野女の子だし栄養失調だしで握力へなちょこだからね。輪をかけて時間かかっちゃうなぁ」

ライガ「へなちょこ? あれで? あ、いや、変身してなければそんなもんなのか……?」

コスモス「だからね、ゆーっくり死んでくの。きゅーって首が絞まって、だんだん酸素が薄くなって、頭がぽやぽやしてきて、何も考えられなくなって、目の前のものしか見えなくなって。目の前には桜野がいて、桜野もわたししか見えなくて、2人だけの世界になって、いっぱい見つめ合って、ゆっくりたっぷり時間をかけて、好きな人に見つめられながら、好きな人の手の中で……死ぬの」

ライガ「うわぁ……」ヒキッ

コスモス「それにきっとね、桜野も一生忘れられなくなると思うの。わたしの命がゆっくり消えてくのを、桜野自身の手で直接感じ取るんだよ? きっと忘れられないよね。例えば日常生活でね、何かを持ったり掴んだりする度にわたしのことが頭に浮かぶの。それでモノを取り落とすようになっちゃったりして。ふふっ、桜野がわたしの首以外掴めなくなっちゃったらどうしよっ、ふふふっ。ほらね、素敵でしょ?」

ライガ「い、いやぁ……」ドンビキッ
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 23:46:22.02 ID:pHdIUMgWo
いや〜後輩も同期も上司も一癖二癖ある中間管理職は大変っすねライガさん
96 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 23:54:42.48 ID:C4pw46Puo
ライガ「つまりお前はキュアサクラに殺されたいと……」

コスモス「はぁぁぁぁぁ〜……」クソデカタメイキ

ライガ「な、なにか違うか?」

コスモス「ぜんっぜんこれっぽっちもかすりもしない。確かに桜野になら殺されてもいいかなって思うよ? でも大事なのはそこじゃないの。わたしはただ、桜野といっしょがいいだけ」

ライガ「お、おう……?」

コスモス「わかんないかなぁ」

ライガ「ま、まぁ、裏切りの意思がないならそれでいいんだ」

コスモス「むしろそろそろ遊ぼっかなって思ってるのに」

ライガ「サイカ様からも、お前はある程度自由にさせておけと仰せつかっている。好きにしろ」

コスモス「あっそ」

ライガ「確認したいことも確認できた。そういうわけだから私は失礼す……」

コスモス「待っておじさん」

ライガ「なんだ……え、はい。なんですか」

コスモス「もしまた2人きりの時間覗き見したらボコボコにするから」

ライガ「え、ごめん」
97 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/25(金) 23:57:05.34 ID:C4pw46Puo
ここまで
明日は多分ない
ここから純粋クレイジーコスモスを書かねばならんのです 皆様なんだコイツはってなってると思いますが私もなってるのです
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/25(金) 23:57:55.22 ID:pHdIUMgWo

この子メスガキだったのか…
身も心もわからせてやらねば
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/26(土) 00:00:58.12 ID:A7fkLeono

コスモスちゃん無敵の人過ぎて精神的にマウントとる攻略法ねえぞ
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/26(土) 00:08:37.43 ID:DXGtggZ80

作戦とか思惑とかを戦う前に事前に説明しちゃうのは失敗フラグによくなるけど果たして
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/26(土) 00:31:42.62 ID:3IIzDd08o
おつ
闇どころじゃなかった……
コスモス攻め薄い本が厚くなるな(現実逃避)
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/26(土) 01:21:38.43 ID:EUhmqi+P0
あまりにも都合が良すぎたコスモスとの「運命の再会」は仕組まれたものだった?
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/26(土) 08:37:12.79 ID:SpZArucq0
こんな子が桜野とパパが同じで実質姉妹なんてすごく面白そうな情報を桜野に真っ先に明かさない
これにも実は何かあるのか
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/26(土) 15:26:52.09 ID:ZC45J2vio
ブーケ
シードマシンガン
手から種をマシンガンのように発射
威力はそこそこ 出が早く弾速も速い
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/26(土) 16:29:41.94 ID:A7fkLeono
クリア
ディメンジョンカッティング
対象の一部をマントの中に入れ出入り口を閉じるとその部分は切断される
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/26(土) 22:04:33.47 ID:o0zevCLZ0
クリスタル
結界冷波陣(けっかいれいはじん)
超極細の糸状にした氷で繋いだ超極小の冷波手裏剣を縦横無尽に張り巡らせ、対象が糸に僅かでも触れると振動が伝わって周囲の冷波手裏剣は空気を取り込んで大きくなり、触れた部分に自動的に集中砲火する「結界」を作る技
糸も冷波手裏剣も視認は困難なほど小さい
107 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/27(日) 22:05:14.03 ID:e1DoDaiVo
本編中にうまく落とし込めるかわかんないのでここで話しちゃいますが
コスモスさんはわりと無知です無知無知です 桜野の過去等についても桜野に教えてもらったこと以外は基本的に知りません



コスモスさんがあまりにも何言ってんだこいつ過ぎるので今日はまったりバトルパート バトルパートの方がまったりしちゃうの意味わからんけどしゃーないんだ
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 22:08:52.03 ID:i4bABwRto
コスモスさん私が一番桜野のこと理解してますけど?面しといて結局そこまで理解できてないのか
桜野さんのATフィールドぶ厚すぎない?最強の拒絶タイプ
109 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/27(日) 22:14:29.81 ID:e1DoDaiVo
朱(桜野ちゃんが倒れたあの日……)

朱(帰り際、あたしはみんなに『桜野ちゃんはきっと大丈夫』って言った)

朱(みんなを安心させたかった。特に透ちゃんは悩みすぎてしまうだろうから、口先だけでも大丈夫ってことにしなきゃいけなかった)

朱(週明けに学校で会った桜野ちゃんは、嘘みたいにいつも通りだった。本当に何も無かったみたいに)

朱(おかげで透ちゃんはかなり安定してる。雪菜ちゃんも気負わずいられるみたい)

朱(でも、あんなことがあって本当に大丈夫なわけがない。桜野ちゃんは何かを隠している)

朱(いったい何を……)

クリア「ブーケ!」

ブーケ「っ!」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!」

ドゴォォォンッ!

ブーケ「んっ、けふっ……!」ズザザッ

クリア「大丈夫!?」

ブーケ「えぇ!」

クリア「悩みごと?」

ブーケ「ちょっとね!」

クリア「今は集中。こいつ強いよ!」

ブーケ「分かってる!」
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 22:15:18.03 ID:9HABt3tjo
コナン君の町並みの頻度で事件起こるなあ
111 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/27(日) 22:26:20.98 ID:e1DoDaiVo
ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」

サクラ「クリスタル!」ダッ

クリスタル「はい!」ダンッ

サクラ・クリスタル「「はぁぁぁっ!!」」ギュンッ

ヤクサイン「ヤッ!」ヒラッ

スカッ

サクラ「あ」

クリスタル「うわわっ!」

ドゴォンッ!

サクラ「んだぱっ!」ガバッ

クリスタル「いたた……あのひらひらするの厄介ですね……」

サクラ「ぺらっぺらで攻撃当たんない!」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!」

クリスタル「どうします……?」

サクラ「んー……」



安価下3まででコンマ最大
どうする?
こういう技使ってこうする等
サクラは機能制限中なので技なしで
既出技案から使う場合レス番書いてもらえると非常に助かります
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 22:29:53.80 ID:i3cr/jWmo
>>3を面攻撃と着弾粘着方面で使う感じ
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 22:31:01.19 ID:i4bABwRto
みんなで思いっきり回転してミニ台風起こしてヤクサインを吸い込む
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 22:35:49.94 ID:/7+KmTtD0
普通に攻撃してきたら掴んで引きちぎる
115 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/27(日) 22:42:16.76 ID:e1DoDaiVo
>>114
桜野さんの書き込みかな!?
いやあの、さすがに殺意が高すぎると言いますか……まったりバトルパートが一瞬で終わっちまいそうなので、本当に本当に本当に申し訳ないのですが次点の>>112を採用させてください。どうかご勘弁を……慈悲を……
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 22:52:02.50 ID:i4bABwRto
桜野「ぶーぶー、雪菜ちゃんは筋肉ダルマを斬殺しようとしても許されるのに〜」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 22:55:28.10 ID:h6sfRwSw0
サクラは殺意高めなだけでキルスコアは意外と稼げてないな
118 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/27(日) 22:57:34.17 ID:e1DoDaiVo
クリア「私にまかせて!」

クリスタル「もしかして秘策が!?」

クリア「ある」フフン

クリスタル「おおー!」パチパチ

クリア「今こそ新しい技を見せる時!」

クリスタル「やっちゃってください!」

クリア「プリキュア・インクブラインド!」バサッ

ポコポコッ
タコッ
イカッ

クリスタル「え、タコ? イカ?」

クリア「墨を使った攻撃。この技には2つの効果がある」

クリスタル「2つ……?」

クリア「まずはタコさん」

クリスタル「タコ"さん"!??」

クリア「なに?」

クリスタル「めちゃかわ……いえなんでも」

クリア「続けるよ? まずタコさんは、墨で煙幕攻撃ができる」

タコ-ッ!
ボフッ!
モワモワッ

ヤクサイン「ヤクッ!?」ブォンブォンッ

クリスタル「おおー効いてます」

クリア「次にイカさん」

クリスタル「イカ"さん"!??」

クリア「さっきからなに?」

クリスタル「ちょーかわ……いえなんでも。続けてください」

クリア「イカさんの墨はドロドロネバネバで、人くらいの大きさになってユラユラ揺れる」

ユラユラ

クリスタル「ということは!」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」バコンバコンッ

クリスタル「囮作戦ですね!」

クリア「そして……いけっ! タコさんイカさん!」バッ

タコ-ッ
イカ-ッ
ドッカァァァンッ!

ヤクサイン「ヤグゥゥゥッ!?」ドシ-ン

クリア「そのままぶつけて攻撃もできる」

クリスタル「あぁ、タコさんとイカさんが特攻を……」
119 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/27(日) 22:58:24.72 ID:e1DoDaiVo
クリスタル「で、でもすごい技ですね!」

クリア「一応この技にも弱点がある」

クリスタル「弱点? なんですか?」

クリア「すごく疲れる……」ヘナッ

クリスタル「あーもーこの人はあああ!」

クリア「あとはまかせた……」グデ-ン

クリスタル「昔の鋭さはいったいどこへ……!」

サクラ「ぷっ、くくくっ……!」

クリスタル「笑ってないで!」

サクラ「ごめんごめん。でも隙ができた。一気に畳み掛けるよ!」



安価下3まででコンマ最大
どうする?
こういう技使ってこうする等
サクラは機能制限中なので技なしで
クリアはへばりました
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 23:04:40.67 ID:cVuUy/Yc0
サクラがブーケとクリスタルをジャイアントスイングで投げ飛ばして勢いつけた二人のドロップキック
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 23:06:29.27 ID:MyZ5y94+0
サクラとブーケがヤクサイン捕まえて動けないヤクサインに向かってクリスタルの手裏剣
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 23:10:08.50 ID:lireU5Sfo
ブーケとクリスタルはガーデンシュートと手裏剣
サクラはライダーキック
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 23:10:20.66 ID:UwcAqcb4o
ブーケとクリスタルが両端を掴んで引っ張る
限界まで伸びたところにサクラキックで風穴を開ける
124 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/27(日) 23:12:35.92 ID:e1DoDaiVo
>>120把握
>>112の内容>>3使うこと以外無視した気がするごめんなさい
125 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/27(日) 23:24:19.18 ID:e1DoDaiVo
ヤクサイン「ヤ、クゥ…!」ズズッ

サクラ「それじゃあ……ブーケこっちに! クリスタルも」

クリスタル「はい……?」

ブーケ「なにするの?」タタッ

サクラ「2人同時に行けるかな……」ズルッガシッ

クリスタル「え、え?」

ブーケ「ちょ、サクラ!?」

サクラ「いっくよぉぉおおお!」グイッ

ブーケ「うぁっ!?」

サクラ「舌噛まないようにねぇぇえええ!」グイングインッ!

クリスタル「こ、これまさかっ……!?」

サクラ「いっけぇぇええええ!!!」ブオンッ

ブーケ・クリスタル「「きゃああああああああ!!!!」」ギュ-ンッ

クリア「うわぁ……へばっててよかったぁ……」グデ-ン

ブーケ「ぬっ、ぐっ……クリスタルっ!」ググッ

クリスタル「は、はいっ……!」バッ

ヤクサイン「ヤクッ!?」

ブーケ・クリスタル「「うおりゃぁぁぁああああ!!!!」」ギュインッ

ドガァァァンッ!!!!

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!?」バタ-ン

クリスタル「へぶっ……!」ドテッ

ブーケ「うぉっと……」スタッ

クリスタル「酷い目にあいました……」

ブーケ「さすがに二度とごめんね……」

サクラ「2人ともナイス! トドメいくよー!」



安価下3まででコンマ最大
トドメの必殺技
トドメまでの過程で他の技での補助とかもあり
サクラは機能制限中なので技なしで 合体技はあり
クリアもちょっとくらいは頑張ってくれると思います
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 23:27:09.12 ID:i4bABwRto
サクラ ブーケ クリスタルのライダーキック ガーデンシュート 冷波手裏剣
正面から来ると思わせてクリアのロケーションムーブで背後から攻撃
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 23:31:03.39 ID:m4w64l2Wo
クリスタルの細雪を巨大化させて4人みんなで剣持って振る
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 23:37:28.70 ID:doQPNseP0
蹴撃・冷波手裏剣(しゅうげきれいはしゅりけん)の蹴る役をサクラブーケクリアにして攻撃
129 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/27(日) 23:52:48.10 ID:e1DoDaiVo
サクラ「クリスタル!」

クリスタル「はい、この前のですね!」

サクラ「3人で蹴るからでっかいのお願い!」

クリスタル「3人でですか!?」

ブーケ「クリア、いけそう?」

クリア「へぅ? あ! うん、いける」

クリスタル「ふー……よし! それじゃいきますよ!」バッ

ヒュオヒュオヒュオ
ビュオオオオオッ!!!!
キィィィィンッ!!!!

クリスタル「はぁぁぁっ!!!!」バシュウウウウッ!!!!

サクラ「だっ!」ダ

ブーケ「はっ!」ダ

クリア「ふっ!」ダンッ

ヤクサイン「ヤ、ク…!」

ヒュンヒュンヒュンッ!!!

サクラ・クリア・ブーケ「「「はぁぁぁっ!!」」」ガガガッ!!!

ギュイイイインッ!!!

クリスタル「プリキュア!!!!」

サクラ・クリア・ブーケ・クリスタル「「「「蹴撃・冷波手裏剣!!!!」」」」

ズガァンッ!!!

ヤクサイン「ヤクッ、サァァァ!!!」

ズガガガガッ
ギィィィィンッ!!!
ギャリリリリリッ!!!!!

サクラ・クリア・ブーケ「「「はぁぁあああああああっ!!!!!!!」」」

クリスタル「いっけええええ!!!」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」

バッギャァァァァァンッ!!!!!

ヤクサイン「ヤァァァァ!!!」サラサラ…

クリア「やった!」グッ

サクラ「クリスタルー! うまくいったねー!」タタタッ

クリスタル「はーい!」

ブーケ「ふー……」
130 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/27(日) 23:57:39.17 ID:e1DoDaiVo
ブーケ「はぁはぁ……」

朱「ちょっと疲れた……」シュパァァン

朱「ふー……ん?」

ヒラヒラッ

朱「紙きれ……?」

朱「あ、これ……ヤクサインが憑依してたやつね。ぼろぼろに……」ピラッ

朱「!」



透「んんっ……へなぅ、つかれたぁ……」ヘナッ

桜野「お疲れ透ちゃん」

透「うん、桜野も」

雪菜「今日はヤクサインだけなんでしょうか」

透「そうみたい」

桜野「この前ギッタンギッタンにしたからかな?」

透「かもね」



朱「桜野ちゃん!!!」



桜野「? はーい?」トタタッ

透「なんだろ?」

雪菜「私たちも行ってみましょ!」
131 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/27(日) 23:59:26.96 ID:e1DoDaiVo
ここまで
なんか今日のバトルパート楽しかったわ これから全部このパターンでいいような気がするけど全部ギャグパートになりそうな気もする 虫の息のギャグパートが生き残る唯一の道か?
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/27(日) 23:59:28.94 ID:i4bABwRto
朱さんちゃんと年長者っぽい振る舞いできるんだ
ロリコンなだけの人じゃなかったんだな
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 00:03:18.55 ID:Njbal2C9o

朱さんちゃんとよく考えれる人だったんだな
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 00:10:34.94 ID:qL5ygqms0
今回は幹部の人誰も同行してないんだな
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 00:31:20.22 ID:kyv9qAah0
クリア
ダズリングウェイブ
マントの中にいる発光するタイプの生き物が一斉に光って、その光を浴びせて相手は目を開けていられなくなる
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 00:36:19.96 ID:ZvrEyoNqo
おつー
ギャグパートちゃんは朱さん年長者ムーブと切れたナイフクリアと共に生き残れ生き残れ…
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 08:16:21.53 ID:m2v/+O6Ro
透ちゃんだって戦いの経験だけなら一番上だし頑張れば「あなた達と馴れ合うつもりはないわ」系クール美女になれるはずなんだ
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 14:47:42.86 ID:TSjUtwmF0
ブーケ
セントリーカクタス
敵に向かって自動でトゲを撃ちまくるサボテンを召喚
ただし多くの水が必要で近場に大きな水場がないと使えない
139 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 22:09:17.87 ID:TduEVPbLo
朱さんの評価辛辣すぎワロタ
せっかくだからもう少しの間ポンコツは控えてもらおうと思ってます
なんなら株あげるチャンスを……

というわけで
23:30までについたレスのコンマ
ゾロ目出たら朱さんが頑張ってくれる
著しい連投でもない限り同IDでも判定対象
本編は普通に進めます
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 22:12:07.74 ID:Njbal2C9o
朱さんだって綺麗で妖艶なお姉さんムーブ頑張れば出来るはずなんだ
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 22:14:08.62 ID:VEz0TxOVO
ファンが多いんだ。さすがにゾロも出るだろう。出なかったら笑うしかないな
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 22:14:28.51 ID:FCB11l130
大丈夫?
そこら辺のロリに骨抜きにならない?
143 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 22:19:25.69 ID:TduEVPbLo
桜野「どうしたんですか?」

朱「桜野ちゃん、これ……」ピラッ

桜野「? なんです……」

桜野「…………え?」

桜野「朱さんこれどこで!?」

朱「さっきのヤクサインが……」

桜野「!!!」

桜野「そ、そんな……なんで……」

雪菜「あ、それ、ヤクサインが憑依してたやつです?」ヒョコッ

透「ペラペラだったし、やっぱり紙系?」ヒョコッ

朱「そう、なんだけど……」

透「ボロボロでよく分かんないけど、普通の紙ではなさそう?」

雪菜「なんかフィルム? みたいな……」

桜野「………………プリクラ」

雪菜「あ、言われてみれば確かに。でもよく分かりましたね」

桜野「……2人で撮ったの」

雪菜「え……?」

透「もしかして……!」

桜野「コスモスと再会した日に2人で撮ったプリクラなの!」
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 22:20:56.59 ID:FCB11l13o
仮にも親友との思い出の品を兵器にするのか…
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 22:31:37.68 ID:zaC5ztC2o
クリアとみんな

ヘビープレッシャー

1人だった頃は出来なくて「みんな」が必要な必殺技
1人では動かせないほど重くなったマントをみんなでハンマー投げの要領でぶん投げる(但し全員がただMAXのパワーを出すだけでなく呼吸を完璧に合わせて全く同じタイミングでMAXのパワーを出さないと1ミリたりとも動かない)
ぶん投げられたマントから超巨大なクジラらしき生き物が出てきて凄い勢いで相手に激突する
146 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 22:33:03.99 ID:TduEVPbLo
桜野「2人で半分こしたの……!」ガサガサッ

雪菜「じゃあこれ写ってるのって……!」

透「ほ、ほんとだ……よく見ると桜野と桜井さん……」

桜野「やっぱり……おんなじ……」ピラッ

雪菜「でもこれってどういう……?」

朱「ご両親の件、ロケットの件、それにこれ。桜井コスモスって子、いくらなんでも巻き込まれすぎてる……」

朱(普通ではありえないくらい闇との距離が近い……もしかして……)

桜野「も、もしかして、やつらに狙われてるんじゃ……!?」

透「カラミティ帝国に? でもなんで……」

桜野「分かんないよ! 分かんないけどだってこんな!」

雪菜「お、落ち着いてください……!」

桜野「と、とにかくこれは間違いなくコスモスのものでっ……!」

朱「ってことは、桜井さんは近くにいるんじゃ……」

桜野「そ、そうだよ探さなきゃ! コスモス、今どこに……!」アタフタ



コスモス「ここだよ」



朱「!」

桜野「コスモス!!!」パァッ

コスモス「桜野っ」ニコッ

桜野「よかった! 心配したん……」タタッ



シキ「近づいちゃダメなのですっ!!!」



桜野「え……?」

コスモス「んー?」

朱(シキちゃん……じゃあやっぱり……)
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 22:33:40.86 ID:GuERkN7z0
作者自ら出したぞ
99を
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 22:35:09.53 ID:Njbal2C9o
出したな
作者が
149 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 22:48:08.93 ID:TduEVPbLo
桜野「なに、シキ……なんで……」

シキ「その子から闇の気配を感じるです……!」

朱(やっぱりそうなんだ……! じゃあ桜野ちゃんはあの日、それに気づいて……)

桜野「え……え、え? ど、どういう、こと……?」

朱(……違う?)

コスモス「あ、妖精か。さすが。でも遅かったね。初めて会った時に気づいてれば、こうはならなかったかもしれないのに。あ、もしかしてあの時はいなかった?」クスッ

桜野「なに……なに言ってるの……コスモス……?」

シキ「桜井コスモス……君はカラミティ帝国の……」

コスモス「うん、そうだよ」

桜野「!!!」

コスモス「わたしはカラミティ帝国のー……んー……ふふっ、新入りちゃん?」

桜野「……うそ……うそだよ……そんなの……そんなの嘘に決まってる……」

コスモス「嘘じゃないよ。今、桜野たちが倒したヤクサインだってわたしが作ったんだよ?」

桜野「……やだ……そんなの信じられない……!」フルフル

コスモス「そのプリクラ、証拠にならない? 覚えてるよね? 再会した日に2人で撮った思い出のプリクラ」

桜野「覚えてるよ……! でもっ、だからっ……!」

コスモス「2人の思い出の……初めての出会いが1ページ目だとすると、再会は2ページ目? ふふっ、そんな大事な思い出で作ったの。気持ちがいっぱい伝わったらいいなって」

桜野「うそだ……そんなのっ、うそっ! そんなことあるわけっ……!」

朱(あの反応、桜野ちゃん本当に知らなかったんだ。でも、それなら一体何を隠して……)

コスモス「んー、信じてもらえないかぁ……じゃあ……」スッ

透「!」

コスモス「ひとりくらい殺してみる?」ポウッ 

桜野「っ!?」

朱「透ちゃん!」

雪菜「透さん!」

桜野「やめてっ!!!」

コスモス「……ふふっ」スッ

透「……っ!」ジリッ
150 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 22:50:48.73 ID:TduEVPbLo
うぉえまじじゃん 99出てんじゃん
いやでもさすがにノーカンでは……?
ノーカンだよね?



……コンマ合計1000超えたらありにしよっかぁ
ただし">>1以外の"な!
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 22:52:46.99 ID:Njbal2C9o
00が10回出なきゃちょい厳しい確率だな
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 22:55:00.56 ID:GuERkN7z0
コスモスが敵でした!って衝撃の事実でも気絶はしなかったから桜野の中の序列決まったな
パパ>越えられない壁>コスモス
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 22:59:59.70 ID:MKS8xFWMo
クリア条件追加された瞬間過去のクリア条件でミッションクリア!
しかも安価コンマスレによっちゃクリティカルな99
154 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 23:03:08.51 ID:TduEVPbLo
桜野「はぁっ、はぁっ……!」

コスモス「信じてくれた?」

桜野「……なん、で……なんでよっ……!」

コスモス「なんで、かぁ……」

コスモス「んー……初めはね、退屈しのぎになればそれでいいかなって思ってたんだ。なんの期待もしてなかった」

コスモス「でも、それもきっと運命だった。だって桜野に会えたんだもん」

桜野「わた、し……?」

コスモス「誘いを断ってたらわたし、桜野に再会できずに死んじゃってたかもしれないからね」

コスモス「桜野と再会できたのは、ほんとのほんとに偶然だったんだよ。それに迷子のわたしを助けてくれた女の子が桜野だったのも偶然。そして桜野がプリキュアだったのも偶然」

コスモス「わたしたちね、こんなにたくさんの偶然が重なって再会できたんだよ? これってやっぱり運命だよね?」

桜野「っ……!」

コスモス「桜野、今なに考えてる? わたしのこと? わたしのことだよね? わたしのことで頭いっぱいだよね? そうだよね?」

コスモス「桜野がわたしのことだけ見てくれる。わたしのことだけ必死に考えてくれる。理由なんてそれで十分。そう思わない?」

コスモス「だからわたしはここにいるの。だから……ほら、いっしょに遊ぼ?」

桜野「あそ、ぶ……?」

コスモス「傷つけあうんだよ。わたしのものって証を刻み込んだり、痛みを共有したりするの」

桜野「そんな……!」

コスモス「約束したよね、また遊ぼって」

桜野「そんな……わたしはそんな……!」

コスモス「わたしは桜野といっしょがいいの。楽しいことも苦しいこともぜんぶいっしょがいい」

コスモス「桜野のこと、もっと知りたいの」

コスモス「だから教えて。桜野の痛いの、ぜんぶ」

桜野「……っ!」
155 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 23:04:27.69 ID:TduEVPbLo
また99とな すげえな
おかげさまで朱さんが頑張ってくれることになりました ご協力感謝!
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 23:07:42.80 ID:TNteTk+V0
妙だな…
こんなに偶然とか運命とか連呼して「パパ」には一切触れないだと…
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 23:08:04.02 ID:ZvrEyoNqo
うわああぁ!サイコ・レズ!
158 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 23:10:56.65 ID:TduEVPbLo
桜野「…………だ、め」

コスモス「どうして?」

桜野「……」

コスモス「どうしても?」

桜野「……」

コスモス「……ねぇ、桜野」スッ

桜野「……!」ビクッ

朱「やめっ……!」

コスモス「動くな」

朱「っ!!」ゾクッ

コスモス「わたしは今、桜野と大事な大事なだぁーいじなおはなしをしてるの」チラッ

透「……!」ゾクゾク

雪菜「……っ!」ゾワゾワ

コスモス「少しでも首突っ込んだら……その首、吹っ飛ばすから」ギロッ

朱「くっ……!」
159 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 23:22:09.42 ID:TduEVPbLo
コスモス「桜野、続き」スッ

桜野「コス、モス……!」

コスモス「わたし、見えるよ……桜野の1番おっきな傷」ギュッ

桜野「っ!」

コスモス「……」グイ

桜野「ま……って……!」

コスモス「ここ」スッ

桜野「ぁ……ぁ……!」

コスモス「あたり?」

桜野「……っ」カタカタ

コスモス「ほら桜野……力、入れて?」

桜野「っ……!」フルフル

コスモス「遠慮しないで思いっきり締めて? そしたらわたし息できなくなるよ? いっぱい苦しくなるよ? そうすれば、いっしょになれる」

桜野「い、や……!」フルフル

コスモス「できない?」

桜野「できるわけないよ! だって……だって痛いよ! 苦しいよ! そんなの……コスモスだって嫌でしょ……?」

コスモス「ううん、嫌じゃないよ。桜野がしてくれるなら嫌じゃない」

コスモス「いっぱい傷つけてほしい。ただの傷じゃない。愛情いっぱいこもった傷痕だもん」

コスモス「重さも形も無い愛情もね、痛みとか苦しみとか、ちゃんと確かめられる形で受け取れると、それだけで安心するの」

コスモス「カラダに残った痕をなぞると、愛されてるなぁって感じるの」

コスモス「だから痛いのいっぱいほしい。いっぱい苦しめてほしい。桜野の愛情でわたしをいっぱいにしてほしい」

コスモス「もしかしたら受け止めきれずに壊れちゃうかもしれない」

コスモス「でもね、それでもいいの。それがわたしの幸せだから」

コスモス「桜野、わたしのこと……幸せにして?」ニコッ
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 23:24:24.06 ID:G2spj12Qo
こんだけされてもまだ意識はある
161 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 23:30:28.55 ID:TduEVPbLo
桜野「わたっ……はあっはあっ……っ……わ、たしっ……!」

桜野「ふーっ、ふーっ……っ!」フルフル

桜野「でき、ないっ……やっぱりできないよっ……!」

コスモス「……」

コスモス「なんで?」

コスモス「ねぇなんで? なんでなんでなんでなんで?」

コスモス「ちゃんと愛してるって教えてよ。教えてくれなきゃ分かんなくなっちゃうよ? 不安になっちゃうよ?」

コスモス「ねぇ桜野、わたしがこっち側だって知ってどう思った? 怒った? 悲しんだ? それとも憎んでる?」

コスモス「きっといっぱい傷つけちゃったよね? そうだよね?」

コスモス「だから今度は桜野の番だよ? わたしのことも傷つけてよ。それでおあいこ、でしょ?」

コスモス「わたしの気持ちだけ一方通行なんて嫌だよ。わたしも桜野の気持ちがほしいよ。わたしの気持ちに応えてよ」

コスモス「ねぇ」

桜野「わたっ、わたしは……!」

桜野「…………わたしはっ!」

桜野「わたし、は……!」

桜野「……!」ギュッ
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 23:38:55.27 ID:+IjPtKhco
親はどういう教育したんだ
163 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 23:40:51.85 ID:TduEVPbLo
桜野「……」ギュゥ

コスモス「これだけお願いしてもダメなの?」

桜野「……」

コスモス「……そっか」

コスモス「そうなんだ」ス-

コスモス「!」ピタッ

桜野「コスモス……?」

シャッ

コスモス「……無粋」

ブーケ「はぁぁぁっ!!!」

ドガァンッ!

桜野「うっ、けふっ……けほけほっ……」

ブーケ「桜野ちゃん!」バッ

桜野「うぁ……!」

コスモス「あぁ、もう……首突っ込まないでって言ったよね?」スッ

ブーケ「……っ!」キッ

桜野「やめっ……!」

コスモス「……」

コスモス「まぁいいや」

コスモス「桜野が遊んでくれないんじゃ意味ないもんね」

桜野「コスモス……」

ブーケ「ふぅ、ふぅ……!」ギュッ

コスモス「でも……うん。遊んでくれないなら、遊びたくなるようにしてあげる」

桜野「遊びたく……?」

ブーケ「なにするつもり……!」

コスモス「楽しく遊べるおもちゃ持ってくるから待ってて」

ブーケ「おもちゃ……?」

桜野「っ!」ダッ

ブーケ「桜野ちゃ……!」

コスモス「じゃね、桜野。次こそ遊ぼうね」フリフリ

シュンッ

桜野「待って!!!」

ブーケ「桜野ちゃんっ!」ガシッ

桜野「……待って、待ってよ……行かないでっ……コスモスっ!!!」

ブーケ「桜野ちゃん……!」ギュッ
164 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/28(月) 23:42:18.85 ID:TduEVPbLo
ここまで
コンマご協力感謝
朱さんのおかげで桜野が無傷です(体は)
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 23:46:14.86 ID:+IjPtKhco

うーむ桜野にならたとえ殺されても実質勝ちなコスモス相手に完全勝利する手段はあるのか
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 23:50:15.68 ID:Njbal2C9o

桜野ちゃんが探し求めてた「迷子の女の子」が「桜井コスモス」というこんなクレイジーサイコなんて…
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/28(月) 23:56:37.37 ID:3FvyrrVF0

親を亡くして悲しんでる姿もただの演技かな
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 00:05:49.57 ID:Hd5CWReB0
色んな秘密について推理する役できるの朱さんになるかな
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 08:32:25.95 ID:lT/htU4y0
クリスタル
鏡花水月
複数の冷波手裏剣を周囲に浮かべて鏡に見立てて光の乱反射で複数の虚像を作り出す
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 09:30:33.78 ID:DhDV0fW3o
クリア
シアロッド
マントを杖術(じょうじゅつ)に使いそうな棒状に変形させシアをムチ状に変形させて合体させる
杖術としてもムチとしても使える上に釣竿としても使えて1人だった頃はよくこれで釣りしてた
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 14:02:53.40 ID:7YLRjI2H0
クリスタル

縦連曲性(じゅうれんきょくせい)・冷波手裏剣
野球のピッチャーみたいな投げ方して(野球の投げ方は霰と遊んでる時に教わった)Wのような軌道を描いて連続で縦にジグザグに曲がる

横連曲性(おうれんきょくせい)・冷波手裏剣
下からアンダースローで投げることで(野球の投げ方は霰と遊んでる時に教わった)、縦連曲性冷波手裏剣の変化を横向きにした

蹴地反動(しゅうちはんどう)・冷波手裏剣
冷波手裏剣を地面においてサッカーボールみたいに蹴る
蹴る直前に地面を蹴りつけ(サッカーの蹴り方は霰と遊んでる時に教わった)、その反動を利用して強烈な破壊力を生み低い弾道から浮き上がる
172 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/29(火) 22:10:13.15 ID:5CKltD7io
数日後 昼休み 屋上

桜野「……」

桜野「……コスモス」

桜野「はぁ……」ズ-ン

透「桜野、元気ない……」

雪菜「無理もないです」

朱「そうね」

朱(あれから桜野ちゃんはずっと元気がないままだ)

朱(幸い、あれ以来カラミティ帝国からの接触は無い。桜井コスモスも姿を見せていない)

朱(でもこのままというわけにもいかない。少しでも元気づけられればいいんだけど……)

雪菜「朱さん……」

雪菜「……」

雪菜「……よしっ」スクッ

透「雪菜?」

雪菜「皆さん! 放課後なにか用事ありますか!?」

透「? 私は特に」

朱「あたしもないけど……どうしたの突然?」

雪菜「桜野さんは!?」

桜野「……わたしも……今日はなにも……」

雪菜「じゃあみんなで遊びに行きませんか?」

朱「遊びに?」

透「こんな時なのに?」

雪菜「こんな時だからです!」

シア「そうですわね。少し気分転換した方が良さそうですわ」

シキ「シキも遊び行きたいです」

雪菜「それじゃあ決まり! 放課後、校門前に集合です。遅れちゃダメですよ?」

透「ん」

朱「わかった」

桜野「……」

雪菜「桜野さん、行きたい場所とかありますか?」

桜野「行きたい場所?」

桜野「行きたい……場所……」

桜野「……」
173 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/29(火) 22:22:35.93 ID:5CKltD7io
放課後

朱「ここ?」

桜野「……」コク

雪菜「ここが桜野さんの来たかった場所ですか……」

透「でもここ……」

シア「ただの道、ですわよね?」

透「特にお店があるわけでもない……」

朱「桜野ちゃん、どうしてここに?」

桜野「ここは……」

桜野「……」

桜野「ここは、コスモスと初めて会った場所なんです」

朱「ここが……」

桜野「3、4年前、10歳くらいのころ、前にも話した通り、この場所で迷子の女の子を見つけました。それがコスモスでした」

桜野「このあたりにうずくまって泣いていて、偶然持ってた最後の1個の飴をあげたら泣き止んでくれて」

桜野「2人でおしゃべりしたり、しりとりとかじゃんけんをしながら、迎えを待ちました」

桜野「お母さんが迎えに来た時、コスモスすごく喜んでた。ほんとに、ほんとのほんとに嬉しそうだった」

桜野「なのに……なんで……」

桜野「大切な家族を殺されているはずなのになんで……!」ギュッ

シア「今となってはそれすら本当のことか……」

桜野「……っ! そんなっ! そんなはずないですっ!!!」

透「桜野……」

桜野「だったらなんでコスモスは今ひとりぼっちなんですか!?」

雪菜「さ、桜野さん……!」

桜野「コスモスはひとりぼっちなんです……きっとその寂しさに付け込まれたんです……!」

桜野「コスモスにはまだ、わたしがロケットを持ってることを話してないんです……」チャリッ

桜野「きっとこれを見せれば分かってくれるはずです。大切なものを思い出してくれるはずなんです……!」

桜野「だからっ……!」

朱「桜野ちゃん……」
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 22:29:57.33 ID:sPDRL4Yro
さあコスモスの正体はどういうパターンか
175 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/29(火) 22:33:25.23 ID:5CKltD7io
シキ「桜野」

桜野「……シキ」

シキ「シキはね、あの子はまだ助けられるって思うのです」

桜野「ほんとっ!?」

シキ「うん」

シア「なぜそう思うんですの?」

シキ「あの子の闇は、他のやつらとは何かが違うです。シアも感じたはずです」

シキ「そもそもあれだけ近くにいて、その上闇の気配を感じていながら敵と断定できなかったのは、あの不思議な感じのせいなのです」

シキ「もしかしたらそこに、あの子を救うヒントがあるかもしれない」

桜野「救うヒント……!」

シキ「そしてそれが出来るとすれば、それは桜野だけなのです」

桜野「……!」

シキ「良くも悪くもあの子の世界には桜野しかいないのです。だから、あの子を助けられるとしたら、それはきっと桜野だけ」

桜野「わたし……だけ……!」

桜野「……うん」

桜野「やっぱりわたし、コスモスのこと助けたい」

桜野「だからみんなお願い……お願いします。もう一度、コスモスと話すチャンスをくださいっ……!」ペコッ
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 22:36:02.44 ID:Wo38FssO0
救うといってもあの子パッと見今が幸せそうだけどなあ…
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 22:39:57.30 ID:lZjEONT6o
闇そんなになくてアレが素なんじゃ…
178 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/29(火) 22:40:06.35 ID:5CKltD7io
桜野「……っ」ギュゥ

透「……桜野」

桜野「透ちゃん……」

透「私は桜野を信じてる。桜野が桜井さんを信じるなら、私も信じる」

桜野「……!」

透「桜野は私のことを助けてくれたんだもん。桜井さんのことも、きっと助けられるよ」

桜野「透ちゃん……!」

雪菜「私もお手伝いします!」

桜野「雪菜ちゃん……!」

雪菜「いざとなったら私が桜野さんのこと守りますから!」

桜野「ありがとう、雪菜ちゃん……!」

朱「……」
179 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/29(火) 22:47:28.51 ID:5CKltD7io
桜野「あ、あの……」オズッ

朱「……ふふっ、そんな不安そうな顔しないで。思わずウチまで連れ去りたくなっちゃう」

桜野「えっ」

朱「いやほんとに」

桜野「えっ」

朱「まぁ連れ去るのはあとにして」

桜野「あとで連れ去られるんですか……」

朱「あたしもできる限り協力する」

桜野「ほんとですか……!」

朱「でもひとつだけ聞かせて」

桜野「……なんですか?」

朱「ロケットの中身を見た日、なにかに気づいたんでしょ?」

桜野「……!」

朱「桜野ちゃん、一体なにを隠してるの?」

桜野「それ、は……」
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 22:48:28.88 ID:9p8rupm0o
ロリコン安定してんなあ
181 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/29(火) 23:00:31.06 ID:5CKltD7io
桜野「……」

朱「……」

桜野「……コスモスと初めて会った日」

朱「……」

桜野「お母さんに会えたコスモスはとっても嬉しそうでした」

桜野「あの時の笑顔、今でも覚えてます。花が咲いたみたいな明るい笑顔」

桜野「その笑顔に、わたしも救われたんです」

朱「救われた……?」

桜野「はい」

桜野「あの日からコスモスは……あの子は……」

ズルッ…

桜野「あの子は……わたしの……」

ズルルッ…

桜野「……生きる意味そのものなんです」

ベチャッ…

桜野「え?」クルッ

桜野「……え?」

桜野「…………え?」

桜野「………………え?」



桜野「………………コスモス?」



コスモス「……あ゛」グチャッ
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 23:07:13.52 ID:tfw9ymQeo
桜野さんが語る人物像と何もかも違うんですけどー!
183 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/29(火) 23:11:32.30 ID:5CKltD7io
コスモス「……う゛……ぁ……」

桜野「…………コス、モス……?」

朱「なに、あれ……!」ゾワッ

桜野「……コスモス……?」

雪菜「うそっ……!」ガタガタ

桜野「コスモスっ!!!」ダッ

透「桜野待って!」

桜野「コスモス! コスモス!!!」ダキッ

コスモス「う゛ぅ……」

桜野「うそ、うそっ……こんなっ……ひどいっ……こんな怪我……!」

コスモス「はぁー……あ゛っ……」

桜野「やだ……そんなっ……め、目が……!」

コスモス「あ゛っ……ざぐっ……」

桜野「!」

コスモス「……さぐっ、の……?」

桜野「そう、そうだよ! わたしだよ桜野だよ!!」

コスモス「は、ぁ゛……あ゛……」ダキッ

桜野「うんっ、わたしっ……だよっ……!」ギュッ

コスモス「ぅ゛……あ゛……」ギュ-

桜野「ひどいっ、ひどいよっ……なんで……誰がこんなっ……!」

ガブッ

桜野「っっっ!?!??」
184 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/29(火) 23:20:33.31 ID:5CKltD7io
コスモス「う゛う゛う゛っ……!」ギギギッ

桜野「いづっ! あぁっ!? やめっ、コスモスっ……やめっ、てっ!!!」ドンッ

ブチッ

桜野「うぐっ、ぁっ……つっ……!!!」

コスモス「う゛だっ……」ドチャッ

桜野「っ! ご、ごめ、コスモ……」

コスモス「あはははははははははははははははっ!!!!!!!!!!」

桜野「!」ビクッ

コスモス「この声この匂いこの温度この味ぃ……! 桜野だぁ、ほんとのほんとに桜野だぁ!」

桜野「コス、モス……?」

コスモス「あ゛、あは、は♪ せっかく桜野に会えたんだもん。こんなかわいくないカッコ、いつまでも見せらんない……」

シキ「っ! やばいのですっ!」ゾクッ

シア「みんな離れてっ!」ゾワッ

コスモス「……ちゃあんとおめかししなきゃ」ニタッ

ブワッ!!!!!

シキ「!」

シア「これはっ……!」

雪菜「きゃっ!」

朱「なにっ、これっ……!」

透「闇、なのっ……!?」

シア「ですわ! しかしこれは……眩しいほどに輝くこの闇は……!」

透「眩しいって……!?」

シキ「……同じだ」

透「シキ……!?」

シキ「あの時と……!」ガタガタ

シキ「サイカの闇とおんなじだ!」

透「!!!」
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 23:27:37.71 ID:ixlIPcYw0
まだ戦闘すらしてないのにコスモス無双といっても過言じゃない暴れっぷり
186 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/29(火) 23:31:56.64 ID:5CKltD7io
ビュオオオオオッ!!!!!

透「どういうことっ!?」

シア「透を喚ぶより前のこと! カラミティ帝国の侵攻が始まった時に1度だけ、ワタクシたちはこの闇を感じたことがあります!」

透「じゃあこれがっ!?」

シア「間違いありません! カラミティ帝国皇帝サイカの闇と同質!」

透「じゃああの子、サイカの!?」

シア「あくまで同質というだけで根本は別物ですわ! しかし逆に言えば、あの子は独力でサイカと同じ領域まで辿り着いたということ!」

透「そんなっ……!」

シア「生身で触れ続けるのは危険かもしれません! 早く変身を!」

透「う、うん!」

シア「朱、雪菜! あなたたちも!」

朱「ええ!」

雪菜「はい!」

「「「プリキュア・カミングシーズン!!!」」」

シキ「桜野もはやくっ!」

桜野「……っ」

シキ「桜野!」
187 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/29(火) 23:41:20.66 ID:5CKltD7io
ビュオオオオオッ!!!!!

クリア「くっ……!」

ブーケ「なんて力……!」

クリスタル「うぅっ……!」

ギュオオオオオッ!!!!!

桜野「っ……」

ギュルルルルルッ!!!!!
キュインッ!!!
フワッ…

コスモス「……」

コスモス「すぅぅ……」

コスモス「はぁぁ……」

コスモス「……潰れた足も、千切れた腕も、抉れてどっかいっちゃった両眼だって」

コスモス「闇で補えば、ほら……」スッ

コスモス「桜野の顔、ちゃんと見えるよ」ニコッ

桜野「コスモス……!」
188 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/29(火) 23:41:53.20 ID:5CKltD7io
ここまで
EカップJC2(不登校)の闇堕ちエロ衣装はお前らの想像にまかせた!
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 23:45:18.07 ID:ixlIPcYwo

これは負けイベかな
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 23:50:44.04 ID:sPDRL4Yro

わざわざ自分でボロボロになったのか
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 23:53:20.76 ID:SDJf6CBao

困った、明らかに出るの早すぎのボスキャラだ
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/29(火) 23:58:40.47 ID:rlq06SSJo
おつ
ぜってー親御さんびっくりのムチムチすけべコスチュームだよ闇キュアコスモス!
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 00:02:49.84 ID:Gz8BjZy2o
もうダメだぁ…おしまいだぁ…
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 01:22:40.27 ID:qldgRDUt0
クリア
エスケープウィンドウ
その場にいるプリキュア全員のエネルギーを強制的に使ってマントを超巨大化させプリキュアと妖精だけを吸い込みマントと共にプリキュアはどこかへ消える
全員の変身は強制解除されてしばらく変身できなくなる
吸い込まれて消えた後どこに出てしまうのかどれだけ遠くになるのかクリアもシアも全く検討がつかずかなり危険
本当にどうしようもなくなった時だけ使うようにしなければならない緊急避難技
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 09:38:13.78 ID:66ZEEP/Y0
主人公が未だに技習得してない段階で終盤に出てきそうな強さの敵出やがって
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 13:55:21.00 ID:YU9HAy7So
クリスタルメインの全員技

冷波刀・豪雪(ごうせつ)
全員で天にも届きそうな巨大な氷の刀を作り出す

雪雪崩(ゆきなだれ)
全員で刀を振り下ろすと相手を飲み込むほどの雪雪崩が起きて、雪雪崩で飲み込むと同時に刀で叩き切る
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 19:13:43.46 ID:7nCkpsEKO
病みキュアのコスチュームはやっぱり黒が基調のドレスかな。
胸元が大胆に開いていたりスカート部分の丈が太ももが見えるほどの短さだったりするんやろなあ。
あとストッキングにガーターベルトとか下着も大人向けデザインだけどTV放送時は不思議な光やアングルで絶妙に見えない仕様とか。
イッチも衣装の想像は任せたと言っているし色々な案が見たいな(燃料投下)
198 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 22:08:38.53 ID:IQJeaONOo
コスモス「会いたかったよ、桜野」

桜野「……わたしも……会いたかった」

コスモス「ほんとに!? 嬉しいなぁ!」ニコニコ

桜野「……」

コスモス「じゃあさじゃあさ! 遊んでくれる気になった???」

桜野「……」フルフル

コスモス「……違う、の? なんで? ねぇなんで? わたしに会いたかったんでしょ? なのに違うの? じゃあなんで?」

桜野「助けるため」

コスモス「助ける? なにから? 誰を?」

桜野「闇から、あなたを」

コスモス「……?」

コスモス「……なに言ってるのかぜんぜん分かんない」

コスモス「わたし、桜野に会いに来たんだよ? 桜野に会いたくて、桜野と遊びたくて、そのために来たんだよ??」

コスモス「それなのに何? 助けるとかそんなんどうでもいいよ……それより大事なことあるでしょ……?」ズズズ

桜野「っ!」ゾクッ

コスモス「ねぇ桜野、桜野? お願い、聞いて……?」

チカッ…

コスモス「聞いて、聞いてよ……ねぇ! ねぇ!!!」

チカチカッ…!

コスモス「ほんとにわたしを想ってるなら!」

チカチカチカッ!

コスモス「わたしの気持ちに応えてよぉっ!!!」

チカチカチカチカッ!
ピカピカピカカッ!!!
ビッガアアアアアッ!!!!!

桜野「っ!??」

クリア「え……」

ブーケ「なにっ……!」

クリスタル「光っ……!?」

シキ「うそ……」

シア「この光、まさかっ……!」
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 22:12:56.03 ID:Gz8BjZy2o
色んな意味でもうダメだコスモス
200 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 22:17:43.89 ID:IQJeaONOo
桜野「うくっ……!」

コスモス「お? そうだ、そうだった……」

桜野「それっ……いったい……!」

コスモス「これ? ふっふっふー、見たい?」ガサゴソ

コスモス「言ったでしょ、おもちゃ持ってくるって。忘れちゃった?」

コスモス「いっぱい遊べると思って……持ってきちゃった」スッ

ブワッ!!!!!

桜野「うっ……!」

シキ「そ、それ、は……!」

シア「まさか……そんな……!」

クリア「シア……あれ、もしかして……!」

シア「ええ……あの輝き、間違いありませんわ! シーズンランドに伝わる秘宝! あれこそまさしく……!」

シキ「ウィッシュスター!!!」

クリア「!!!」

ブーケ「え!?」

クリスタル「あれが!?」

桜野「ウィッシュ……スター……」

コスモス「あは♪」
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 22:23:05.75 ID:VciXttSVo
追加戦士もまだでそれどころか主人公がまだ完全に力発揮出来てないというビギナー段階で急に難易度ナイトメアの敵が
202 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 22:29:15.51 ID:IQJeaONOo
コスモス「びっくりした? ねぇ、びっくりしたよね? あははっ」

クリスタル「ウィッシュスター……? あれが……!?」

シア「しかもこの輝き、間違いなくエネルギーが溜まりきってますわ! おそらく今の桜井コスモスの願いで!」

ブーケ「っ!? じゃあ今のウィッシュスターには……!」

クリア「どんな願いもひとつだけ叶える力がある!」

コスモス「ふふっ、これねぇ、持ってくるの結構大変だったんだよ」

コスモス「こっそり借りてこようと思ったら見つかっちゃってさ。みんなすんごい怒って追いかけてくるの」

コスモス「おじさん2人もツナちゃんもさぁ、ほんと酷いよねぇ」

桜野「っ……」

コスモス「ねぇ桜野」ズイッ

桜野「!」ビクッ

コスモス「これが欲しいんでしょ? だったらわたしと遊んで?」

桜野「そ、れは……!」

コスモス「今エネルギーいっぱいなんでしょ? 遊んでくれなきゃ使っちゃうよ、これ」

桜野「だめっ!」

コスモス「じゃあ遊んでよ。そのために大変な思いして持ってきたんだから」

桜野「っ……!」

桜野「……っ」

桜野「やっぱりだめ……っ!」

コスモス「……どうして?」

桜野「わたしはあなたを助けるためにここにいるの!」

コスモス「………………そう、これでもダメなんだ……」クルッ
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 22:31:32.97 ID:Gz8BjZy2o
あれ?もう詰んでる状況?
204 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 22:40:33.86 ID:IQJeaONOo
桜野「コスモス……?」

コスモス「これはね、正直あんまりやりたくなかったんだけど……」スッ

桜野「何する……つもり……?」

コスモス「遊んでくれないならしょうがないよね?」ポウッ

桜野「っ!」

クリア「まずいっ!」ダッ

桜野「だめっ……!」

コスモス「あは♪」バシュッ

シュイイイイイッ!
ドッガァァァァァンッ!!!!!
モクモクモク…

桜野「……う、そ…………」カタカタ

コスモス「あはははっ! 今ので何人死んだかな? 100人かな? 1000人かな?」

クリア「くっ……!」ギリッ

桜野「そんな……うそ……」カタカタ

コスモス「さーくのっ!」グルッ

桜野「っ!」ビクッ

コスモス「わたしを殺せば、今死んだ人たちみーんな生き返るんでしょ? そうなんだよね?」

桜野「はぁっはぁっ……!」

コスモス「桜野はプリキュアだもんね? やらなきゃいけないことあるよね?? これでわたしと遊んでくれるよね???」

桜野「ぅ……はっ、はっ……!」
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 22:43:08.00 ID:+QGI/PMT0
ライガ「やれ!お願い!やれー!!!」
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 22:44:05.12 ID:Gz8BjZy2o
ドラゴンボールモドキを敵味方誰も得しない願いで消費しやがった
207 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 22:51:42.28 ID:IQJeaONOo
桜野「ふーっ……ぅぅぅ……!」

コスモス「あははっ、悩んでる? 迷ってる? かわいいなぁ桜野は」

コスモス「でも早く決めなきゃ……」スッ

コスモス「人間いなくなっちゃうかも?」ポウッ

クリア「っ!」ギュインッ

ガッ!

コスモス「お?」バシュッ

ヒュルルルッ
ドッパァァァンッ!

コスモス「うぉぉ……きたねえ花火だ」

クリア「はぁはぁ……!」ジリッ

コスモス「でも邪魔されるのはご機嫌ななめかも」スッ

クリア「っ……!」

コスモス「ばいばい弓知夏ちゃん」ポウッ

クリスタル「クリア!」バッ

ブーケ「うぁぁああっ!!!」ガッ

コスモス「おお?」ガクンッ

キュインッ…
ドガァァァンッ!

コスモス「あらら、あさっての方向に……」

クリスタル「クリア、大丈夫ですか!」

クリア「う、うん……!」

ブーケ「……っ」キッ

コスモス「邪魔しないでよ。わたしが遊びたいのは桜野なの。あなたたちじゃない」

クリア「これ以上……あなたの好きには……!」

コスモス「……バカな子」スッ
208 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 22:53:55.01 ID:IQJeaONOo
あ、ウィッシュスターの願いまだ生きてます
コスモスにとってなんでも願いを叶えられる状況は、桜野がこっち向いてくれる材料なのでそう簡単に手放しません
大量殺戮ボンバーは本人のパワー
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 23:04:03.59 ID:RznFSg32o
一生懸命貯めたパワー勝手に使われた挙げ句人間を大量に減らされたらパワーチャージ効率悪くなってライガおじさん達ぶちギレかと思ったけど
これなら許してくれるな!
210 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 23:04:55.50 ID:IQJeaONOo
ズガガガッ
ドゴォォォンッ!

コスモス「邪魔」バシュッ

クリア「くっ……!」ダッ

ドガァァァンッ!

クリア「うぐっ! ぅぅ……!」フラッ



桜野「っ……」



コスモス「……」スッ

クリア「くぅっ……!」ガクッ

クリスタル「はぁぁぁっ!!!」シャッ

コスモス「鬱陶しいってば」サッ

クリスタル「!?」

コスモス「ばいばい」キュオッ

クリスタル「!!!」

ドガガガッ!
バゴォンッ!

クリスタル「が、ふっ……!」ドサッ

雪菜「うっ……!」シュパァァンッ



桜野「やめてっ……」



ブーケ「クリスタル!」

コスモス「あなたも」ストッ

ブーケ「!?」ブンッ

コスモス「ばいばいだよ」バシッ

キュオオッ!

ブーケ「く、ぁっ……!」

ドパァァァンッ!
211 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 23:05:43.92 ID:IQJeaONOo
ブーケ「ぅ……」ドシャッ

朱「ぁ……っ……」シュパァァンッ



桜野「コスモスっ……!」



クリア「はぁはぁ……!」フラフラ

コスモス「立ってるのがやっとだろうに、まだ向かってくるんだ」

雪菜「うくっ……!」

朱「ぅ……」

クリア「っ……!」ギリッ

コスモス「そんなに死にたいなら……」スッ



桜野「コスモスっ!!!」



コスモス「なぁに!」クルッ
212 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 23:16:55.93 ID:IQJeaONOo
桜野「……!」バッ

コスモス「んー?」

桜野「はぁはぁ……!」

コスモス「んー……あ、それ……!」

桜野「このロケット! 覚えてるでしょ!?」

コスモス「覚えてるも何も! 桜野が持ってたんだ、わたしのロケット!」

桜野「ここに写ってるコスモスも! ご両親も! みんな幸せそうに笑ってる!」

コスモス「うん!」

桜野「ここにはあなたとあなたの家族の大切な思い出が詰まってる!」

コスモス「うん、だからね……」

桜野「これは!」

コスモス「初めてヤクサイン作るときに使ったんだぁ」

桜野「…………え?」

コスモス「そんなに驚くことじゃないよ。プリクラとおんなじ。思い出ぱわー☆」

桜野「は、はじ、めてって……そんな、じゃああの時……あの時のヤクサイン……」

コスモス「あの時って……え、もしかしていたの!? すごいすごい! やっぱり運命感じちゃうなぁ!」

桜野「で、でも……でも、なんで……! だってこれ……コスモスの家族……両親……ヤクサインに殺されたって……!」

コスモス「あぁそれ、嘘なんだ」

桜野「……!!!」

桜野「……う……う、そ? うそ?」

コスモス「ごめんね、桜野の気を引きたかっただけなの。許してね」

桜野「そん、な……うそ……って……じゃあ、生きて……?」

コスモス「違う違う。嘘なのは、ヤクサインにーってとこ。ちゃんと死んでるよ」

桜野「っ……!」ゾクッ

コスモス「いや死んでるっていうか……」

桜野「…………ぃ、ゃ」ゾワゾワッ

コスモス「あのね、お父さんとお母さんはね……」



桜野「………………………………ぁ」



コスモス「わたしが殺したの」ニコッ
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 23:24:46.69 ID:RznFSg32o
パパ殺された…
214 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 23:28:11.66 ID:IQJeaONOo
コスモス「わたしね、昔から恵まれてたんだ」

コスモス「優しいお父さんとお母さんがいた。家族仲がすっごく良かった」

コスモス「いっぱい愛情注いでもらった。愛されて育った自信がある」

コスモス「すごい裕福ってわけじゃなかったけど、不便するほど貧乏でもなかった」

コスモス「欲しいものがあったら買ってもらえた。あんまり高いものは買ってもらえなかった」

コスモス「いいことをしたら褒められた。悪いことをしたら叱られた」

コスモス「当たり前の幸せがあった。わたしはずっと、誰よりも幸せだった」

コスモス「ほんとのほんとに幸せで、幸せで幸せで幸せでそれで……」

コスモス「からっぽだったんだぁ」

桜野「か、からっぽ……?」

コスモス「幸せなだけの人生なんて虚しいと思わない?」

コスモス「からっぽで薄っぺらくて、幸せだけがそこにある。そんなのきっと偽物だよね」

コスモス「痛みも苦しみも、小さな痕すら残らない愛情なんて、そんなのきっと偽物だよね」

コスモス「だから壊したの」

桜野「なに……それ……!」

コスモス「そしたら桜野に会えた。わたしはついに本物を見つけた!」

桜野「ほんもの……?」

コスモス「うん、本物」

コスモス「からっぽの偽物じゃない。本物の幸せをくれる。本物の愛情をくれる」

コスモス「桜野だけが、わたしの本物」ニコッ

桜野「……!」
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 23:33:03.49 ID:RznFSg32o
コスモスのお父さんが桜野の「パパ」だとしたら…
コスモスの口ぶりだと再婚してるわけでもなくてずっとお父さんだったっぽいしどうなってるんだ…
216 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 23:40:06.12 ID:IQJeaONOo
コスモス「だからね、そのためならわたし、なんだってしちゃうんだぁ」クルッ

クリア「うっ……くっ……!」フラフラ

コスモス「ごめんね弓知夏ちゃん。死ーんでっ?」キュオオッ

クリア「うぅっ……!」ググッ



シキ「このままじゃみんなが……!」

桜野「……」

シキ「桜野、どうしようっ……!」

桜野「……」

シキ「桜野……!」

桜野「…………」

シキ「ねぇ……! 桜野っ……!!」

桜野「……………………」

シキ「桜野ってばぁ……!!」ギリッ

桜野「………………………………」

シキ「桜野っ!!!」

サクラ「っ!!!」ギンッ!!!

サクラ「だっ!!!」バギュンッ!

コスモス「へ?」

ドゴォッ!!!!!

コスモス「ぉ、ぐっ……!?!??」

メキメキミシミシ…

コスモス「あ゛……」

サクラ「っっっらぁぁあああっ!!!!!」バゴォンッ!!!

ヒュンッ!
ズガガガガッ!!!
ドガァァァァァンッ!!!!!

コスモス「うっ……かふっ!」

コスモス「げほっ、ごほっ……う゛あ゛っ……!」

コスモス「はぁはぁ……うぐっ……!」ゴロンッ

コスモス「うっ、ぐぁぅ……くっ……!」グググッ

コスモス「は、ぁ……ぇう……!」ヨロヨロ

コスモス「さ、さく……」

サクラ「…………コスモス」ユラッ

コスモス「!」ゾクッ

サクラ「……遊ぼっか」ギロッ

コスモス「うんっ♪」ニコッ
217 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 23:40:40.47 ID:IQJeaONOo
ここまで
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 23:44:43.91 ID:Gz8BjZy2o

もう救うの諦めたか
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 23:45:58.90 ID:RznFSg32o

殺意の波動がまた
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 23:49:30.95 ID:Gz8BjZy20

キュアサクラさん1人で戦う率高いな
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 23:50:33.10 ID:UQZPfGss0

ようやく敵認定してくれたか
222 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/30(水) 23:50:39.95 ID:IQJeaONOo
余談! 「コスモスさんとツナミさん」

>>202でコスモスさんがツナミさんのことを「ツナちゃん」と呼んでいますが、これは幹部組が男2女1なこともあり女同士割と仲良いのでは?というところから来てます

実はそれ以外にも、>>149でコスモスが自分を「新入りちゃん」と呼びますが、これもツナミさんにそう呼ばれたから(ツナミさんは他にも成り損ないちゃん、小動物ちゃんなどちゃん付け使いがち)

細かいところだと、ツナミさん初登場時から「お?」というセリフを気に入って、ちょっとした口癖感覚で使ってもらってました 他のキャラには被らないようにできる限り使わせてないのですが、コスモスさんだけは使ってもらってます これは口癖移ってたら可愛くね?みたいな発想だったりします



さらに余談ですが
コスモスさんの、カサイさんの呼び方を「まるまるまっちょくん」とする案がありました ボツりました
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/30(水) 23:55:09.20 ID:i+Sg3Z870
男組は女組のことをあんま気に入ってなさそうなイメージ
「ろくでもねえ女」的に見てそう
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 00:53:07.92 ID:80wmxTHIo
コスモスさんが普段は家で暮らしてるならライガさん達も普段はそこら辺の家で暮らしてる?
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 01:07:57.90 ID:80wmxTHIo
ブーケ
メディカルポーレン
癒しの力を持つ花を生やして花粉を浴びせて傷を癒す
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 01:14:08.53 ID:80wmxTHIo
ブーケ
ラフレシアストーム
手に持ったラフレシアみたいな花を相手に向けて悶えるほど強烈な臭い匂いをぶつける
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 05:42:31.29 ID:dCKuORJr0
桜野ちゃんは修学旅行のグループ分け決める時透ちゃん以外のあてあるのかしら?
228 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 21:53:15.44 ID:Alqxkydto
ライガさんたちは敵の本拠地的なとこで暮らしてますね多分

仮に桜野が修学旅行に行くなら
基本誰とでもそれなりに仲が良く、かといって真っ先に班を組むほど仲の良い友だちはいなさそうので、人数足りない班に入るでしょうね
透ちゃんがいる現在だとペア確定なのでそうはいかないかもしれませんが
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 21:56:47.53 ID:jqrz9/Hq0
透ちゃんは転校生補正が切れて桜野が教室にいない時はボッチしてそう
230 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 22:02:17.34 ID:Alqxkydto
クリア「はぁはぁ……」

透「うっ……!」シュパァァンッ

透「変身が……」

シア「透、よく頑張りましたわ。少し休んで」

透「……うん」

雪菜「透さん……シアさん……!」フラフラ

朱「みんな……大丈夫……?」ヨロヨロ

透「朱! 雪菜!」

シア「2人とも大丈夫ですの!?」

雪菜「え、へへ……一応……」

朱「なんとかね……」

雪菜「桜野さんは……?」

透「桜野は今……」

ボゴォォォンッ!

雪菜「!」

ヒュンッ

サクラ「っ……!」ザンッ

朱「あ! さくっ……!」

サクラ「離れてて!」ダンッ

ビュオッ!

雪菜「わぷっ……!」

朱「桜野ちゃんっ!!!」
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 22:05:55.50 ID:zzJ8MG+no
もう戦力はズタボロで逃げる手段はなくて時間かけたら増援来るかもしれない
速攻で殺らないと詰むぞキュアサクラー!がんばえー!
232 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 22:11:52.68 ID:Alqxkydto
シュガガガガッ!
ドカンッ! ズガンッ!
ガガガッ!!!

コスモス「やったやったやっと!」

サクラ「はぁぁぁっ!!!」

コスモス「応えてくれたぁ!」ズオッ

ドガッッッ!!!

サクラ「うぅぅっ……!!!」ビリビリ

コスモス「んんんぅ!!!」ビリビリ

ドパァァァンッ!

コスモス「うだっぷ!」ドシャッ

サクラ「うぐっ……!」トガッ

サクラ「くっ……!」ガガガッ

サクラ「うぁぁっ!」ググッ

ダンッ

コスモス「お?」

サクラ「はっ!」ギュオッ

コスモス「ふふっ」ポウッ

サクラ「っ! だぁぁぁっ!!!」

ドッバァァァンッ!!!

サクラ「んっ……げほげほっ……はぁはぁ……!」シュウウウ…

コスモス「けぽっ……けほけほっ……あは♪」プスプス

サクラ「ふー……!」ギリッ
233 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 22:20:51.73 ID:Alqxkydto
ドガガガガッ!

サクラ「はぁぁぁっ!!!」ガガッ

コスモス「おぶっ! へぐっ……!」

サクラ「たぁっ!」

バヂィンッ!!!

コスモス「あだっ!」ドテッ

サクラ「ふーっ! ふーっ!」ザザッ

シキ「さ、桜野……」

サクラ「ううぅっ……!」グググッ

シキ「少し落ち着い……」

サクラ「……」

ガシッ

シキ「へ?」

ググッ

シキ「待っ……ちょ、ちょちょちょっと待つです! ほんとに待っ……!」

ブンッ!

シキ「ひぃぃぃぃにゃぁぁぁあああああ!!!!!」ヒュ-ン

透「ん……?」

シキ「うぅぅぅけとめてぇぇぇえええええ!!!!!」

透「え」



安価下1
@ よける
A ぶつかる
B 受け止める
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 22:22:19.38 ID:sF/q1Ak5o
1
235 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 22:30:46.01 ID:Alqxkydto
透「!」サッ

シキ「へ?」ヒュンッ

ズゴォンッ!

シキ「う、な……」ピクッピクッ

透「あ、ごめんつい……」

シキ「ひ、ひどい……ひどいのです……いくらなんでもあんまりなのです……」シクシク

透「ご、ごめん……」

シキ「はっ! 桜野は!?」ガバッ



コスモス「桜野ぉ! もっとぉ!!!」

サクラ「ふーっ……うくっ……!」ボロッ



朱「桜野ちゃん……あんなボロボロに……」

雪菜「攻撃、ぜんぶ受けてます……!」

透「でもどうして? 桜野なら躱したり受け流したりできるはずなのに……」

朱「これ以上、街に被害が出ないためかも……」

雪菜「そんな……!」

シキ「それもあるです。でも……」

透「でも?」

シキ「桜野は、あの子のすべてを受け止めるつもりなんだと思う……」

朱「そんな……!」

雪菜「無茶ですよ!」

透「危険すぎる……私も……!」

シア「もう変身する力も残っていないでしょう!? 行ってはいけませんわ!!!」

透「止めないで!」

シア「死にますわよ!」

透「っ!!」

シア「例え変身できたとしても……はっきり言って、あなたたちの力ではもう……」

朱「……っ」ギュッ

雪菜「あぅ……」

透「桜野……」
236 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 22:40:39.84 ID:Alqxkydto
ガガガッ!
ドゴォッ!!!
ズザザザッ!

サクラ「ぷっ……」グイッ

コスモス「桜野ぉ!!!」キュオオオッ

サクラ「っ!」

コスモス「あーげるっ!」バシュシュシュゥッ!

サクラ「くぅぅ……!」グッ

ズダダダダダダッ!!!

サクラ「う、ぐ……!」ボロッ

コスモス「わぁぁ、全身傷だらけ! ぜんぶわたしが上書きしちゃう! 桜野のカラダ、わたしの愛で埋まってく! 素敵っ、素敵ぃ!!!」バシュシュシュッ!!!

ドガガガガンッ!!!!!

サクラ「くっ……! あぐっ!」ガクッ

コスモス「ほらほら桜野も! わたしのことも満たしてよぉ!!!」

サクラ「ふーっ……!」ググッ

ダンッ

コスモス「お?」

ドヒュンッ!

サクラ「だっ!!!」シャッ

コスモス「ほぁ……?」

ドガァッ!!!

コスモス「うぶっ!?」

サクラ「うぁぁあっ!!」ガガガッ

コスモス「あぐっ、だばっ! んがっ、ぁ……!」

サクラ「はっ!!!」ドゴォッ!!!

コスモス「うだっ! あぼっ……!」ゴッゴッ

コスモス「へぶぶぶぶぅ……!」ズシャァ

コスモス「あへ、あひひっ……いたぁい……♪」ニマァ
237 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 22:47:50.97 ID:Alqxkydto
シキ「……」

透「桜野……」

シキ「…………やっと分かったのです」

透「なにが……?」

シキ「あの子にあれだけ近づいていながら、闇の気配に気づいていながら、シキもシアもあの子を敵だと判断できなかった理由」

雪菜「そういえば……」

シキ「あれだけの闇、普通なら気づかないはずないのです。それすら眩むほどの強い光でもない限り」

朱「強い……光……?」

シキ「深み闇と、それに匹敵するくらい強い光。両方持ってるから、すぐには気づけなかった」

透「まさか……!」

シキ「あの子……プリキュアの素質を持ってる」

透「!」

朱「!」

雪菜「!」

シア「それも、桜野に勝るとも劣らないほど大きく強い力ですわね」

透「そんな……あの子が……プリキュアの素質を……?」

シキ「持ってた、って言う方が正しいかもしれないのです」

透「じゃあ……」

シキ「今はもう、闇以外なにも感じない」
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 22:49:46.71 ID:rgMYM7+So
肉親殺しという罪を犯してしまったからにはね…
239 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 22:57:01.91 ID:Alqxkydto
コスモス「うひっ、ひひひっ……ねぇ桜野ぉ!!!」ポポポポッ

サクラ「うっ……!」ゾワッ

コスモス「てやっ!」バシュシュシュッ!

サクラ「うぐっ、くっ……!」ガガガガッ

コスモス「空飛びたくない?」シャッ

サクラ「っ……!?」

コスモス「ふっとべー!」キュオオッ

サクラ「うぐっ……!」

ドバァァァンッ!

サクラ「あ、ぐっ……!」ビュオオ

コスモス「ふふっ、気持ちいっぱい込めないと……」ググッ

コスモス「インパクトハート……」シュビッ

フッ

サクラ「!!」

コスモス「♪」ニコッ

コスモス「フラップ!」タタンッ

サクラ「ぁ……」

コスモス「ショック!!!」バッ

ドックン

サクラ「ごふっ!!?」ブシュッ

サクラ「……ぅ……あ゛……」ヒュンッ

ドガァンッ!!!
モクモクモク…

サクラ「がっ……! がふっ、げふっ……!」

コスモス「へははっ……血ぃ♪」ペロッ
240 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 22:58:41.59 ID:Alqxkydto
コスモスさんにも技ほしくなって急遽作ったやつ「インパクトハート・フラップショック」
相手の胸元を手の甲でリズム良く叩いたあと、今度は両手を広げてかざすことで発動する。内臓破裂系。相手は死ぬ。えぐい。
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 23:06:24.54 ID:s0ZXtm8M0
このサイコメスガキは分からせてやる方法果たしてあるのか
242 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 23:07:21.53 ID:Alqxkydto
モクモク…

サクラ「うっ……ぁ……」ググッガクッ

サクラ「ぜぇぜぇ……」

サクラ「ふぅぅぅ……」

コスモス「あれー? 桜野ー? もうおしまいー?」

サクラ「……」

コスモス「もっといっぱいしようよー!」

サクラ「……」グッ

コスモス「さく……」

ユラッ

コスモス「!」ゾクッ

コスモス「ふへへ、へへへっへへっ……」ニマニマ

コスモス「そうこなくっちゃ!」ポウッ

ポシュンッ

コスモス「お?」

コスモス「あ、あれ?」ポシュポシュ

ドヒュンッ

コスモス「!」

サクラ「はぁぁぁっ!!!」ズオオッ!

コスモス「っ! うあっ、んぐっ……!!」ガガガッ

サクラ「だぁっ!!!」ギュオッ

コスモス「桜野ぉ!」ググッ

カクンッ

コスモス「へぉ? へぶっ!??」

サクラ「ふっ!」ガッ

コスモス「うだ……」クラッ

サクラ「らぁっ!!!」

ドゴンッ!!!

コスモス「おごっ……!!」

サクラ「ぅぅぅうあ……!!!」グイッ

コスモス「うにゅ……?」グラッ

サクラ「だぁぁぁぁぁらぁぁぁあああああっっっ!!!!!」ギュオオオッ!!!!!

コスモス「………………へは♪」

ドパァンッ!!!!!

コスモス「……ぅ……あ゛あ゛……」

コスモス「………………」フラッ

コスモス「」ドシャッ
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 23:12:17.80 ID:HInNb5HLo
ガス欠まで持ち堪えたか
244 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 23:15:10.51 ID:Alqxkydto
サクラ「……はぁっ、はぁっ」ジンジン

コスモス「へぅっ……あ゛っ……」

サクラ「……っ」ギュウウ…

コスモス「さ、くの……」ググッ

コスモス「うぁっ」ドシャッ

コスモス「あれ……へへっ、あ、れぇ……?」ピクピク

サクラ「……」テクテク

コスモス「は、はは……ごめっ……桜野……」

サクラ「……」

コスモス「からだ……うごかないや……」

サクラ「……」

ノシッ

コスモス「……?」

サクラ「……」

コスモス「さく……あぎゅっ!?!??」ビクンッ

サクラ「っ……!」ギギギギッ

コスモス「あ゛……がっ、かひゅっ……ひゅっひゅぅ……!」ジタバタッ

サクラ「はぁっ!! はぁっ!!」ギュウウウッ

コスモス「あ゛、はぁ♪ ぐれるんだ、あがっ……ざ、ぐの……の、ぜんぶっ……!」ゾクゾクゾクッ

サクラ「ふーっ!!! ふーっ!!!」ギリギリッ

コスモス「ぐるじっ……よっ……ごれっ……ほんど、死んじゃあ゛……♪」ビクッビクッ
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 23:18:42.12 ID:s0ZXtm8M0
この期に及んでまだ悦べるのね
246 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 23:25:13.37 ID:Alqxkydto
サクラ「うっ、うぅぅぅぅ……!!!」ググググッ

コスモス「がっ、あ゛っ……かひっ、え゛ぅ……!」ビクビク

『これはもう偶然を通り越して運命だよ!』

『えぇー、もうちょっと付き合ってよー』

『もうちょっとだけ一緒にいたいよ……』

サクラ「っ……!!!」ギギギギッ

コスモス「……い゛っ……ぎゅぅ……!!」ビクビクッ

『それにもしまた迷子になっても、きっと岸波ちゃんが見つけてくれる! くれる?』

『死んじゃった』

『桜野はわたしのものだー♪』

サクラ「……っっ…………っ!!」ギュウウウッ

コスモス「かひゅっ……ひゅーっ……ひゅーっ……!」ビクッビクッ

『……また、寂しくなっちゃったかも』

『わたし、何かダメだった……?』

『ほら恋人つなぎー♪』

サクラ「……っ……っ!」ギギギッ

コスモス「っえ゛……ぅぇあ゛……あ゛……!」ビクンッビクンッ

『次会うときは2人きりね?』

『じゃあわたしたち、いっしょだね』

『カップルごっこかと思ったらプロポーズだったぁ……』

サクラ「…………っ」ギギギギッ

コスモス「がひゅっ、あ゛は……へ、へっ……あはぁ……♪」ショワアアア

『わたしのこと……幸せにして?』

『わたしが殺したの』

『からっぽだったんだぁ』

サクラ「………………」グググッ

コスモス「……っか……ひっ、しゃ……ざぐっ……!」

『桜野だけが、わたしの本物』

サクラ「………………ぁぁ」
247 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 23:30:58.18 ID:Alqxkydto
サクラ「………………ぁぁあ」ギュッ

コスモス「ざ、あ゛……さくっ……の……っ!」

サクラ「………………ぁぁあああ!」ギリッ

『桜野ー!』

『桜野っ』

『桜野?』

『桜野ぉ……』

『桜野!』

『桜野っ!!』

コスモス「さくの」ニコッ

サクラ「うあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああ!!!!!!!!!!」



コスモス「だぁい好き♡」


 
248 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 23:31:30.77 ID:Alqxkydto







ぼきっ






 
249 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/08/31(木) 23:32:02.89 ID:Alqxkydto
ここまで
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 23:32:29.09 ID:HInNb5HLo
殺れちゃうんだ…
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 23:34:40.01 ID:s0ZXtm8M0

もうこうするしかなかったとはいえ後味が最悪な味なんですけどぉ…
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 23:37:46.44 ID:+eMp0d3L0

こんなのどうしようもねえ…
桜野はどこで選択間違えてたのかどう足掻いても変えられない運命なのか
コスモスはどっかで狂ったのか初めから狂ってたのか
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/08/31(木) 23:51:14.46 ID:LQeh9lTK0
コスモス色んな意味で強すぎるからまあ退場してもらうしかないよね
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 00:04:35.37 ID:zT0Bdpjmo
コスモスが殺したんなら両親も生き返るのかなる
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 00:08:54.34 ID:l/Btz0Ef0
クリア
ライトニングスパイラルフィッシュアロー
世界一泳ぐのが速いと称されるバショウカジキのような魚を矢にして回転させて発射する
威力も射程もスピードも貫通力もライトニングフィッシュアローとは桁違いだけど発射にかなり時間がかかる
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 08:06:54.79 ID:i9UKHEXO0
虫の息だったギャグパート完全に死んだか?
サイヤ人の如く死の淵から甦ってパワーアップするか?
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 09:33:04.36 ID:xWcdX/X/o
クリスタル
冷波手甲鉤
冷波刀の手甲鉤バージョン

必殺技 暴風雪(ぼうふうせつ)
手甲鉤を相手に向けて突き出し錐揉み回転してドリルみたいに相手に突っ込む
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 11:03:57.51 ID:7PAs5QsPo
コスモスの両親が土砂崩れで亡くなった話も嘘なら透ちゃんはちゃんと誰も巻き込まずに戦えてたわけだ
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 14:55:36.30 ID:WaL83rDQo
コスモスさん短い出番で他のキャラみんな食われそうな強烈なお人だった…
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 15:42:46.56 ID:eGizF/Rx0
土砂崩れがあり得る場所でも戦ったことがある1人だった頃のキュアクリアさん行動範囲広いな
普段の戦場は市街地っぽいのに
261 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/01(金) 22:07:30.51 ID:SCqyDKx7o
通学路

透「……」トボトボ

透「はぁ……」

透「……」トボトボ

雪菜「透さーん!」

透「!」

朱「透ちゃんおはよー!」

透「朱! 雪菜!」タタッ

雪菜「おはようございます」

透「おはよ、2人とも」

朱「うん」

透「……」

朱「……」

雪菜「……」

透「ねぇ……」

朱「……」

雪菜「……」

透「あれから桜野となにか話した?」

雪菜「……」フルフル

朱「あたしも……」

透「そっか……」

雪菜「……」

朱「……」

雪菜「が、学校、行きましょっか……!」

朱「そうね……」

透「うん……」
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 22:09:54.06 ID:dnDRK1F9o
ライガ達の増援も来てないってことはウィッシュスター取り返せちゃったのか?
263 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/01(金) 22:19:49.67 ID:SCqyDKx7o
透(あの日……)

透(桜野は、桜井さんを……)

透(ううん……桜野は、世界を救った)

透(桜井さんの体は、小さな闇の粒子になって消えた。跡形もなく。骨の髄まで闇に染った証明だった)

透(その後すぐリセットが起きて、桜井さんが起こした破壊はすべて無かったことになった)

透(今日も世界は平和。学校だってある。覚えているのは私たちだけ。私たち以外は誰も、何も知らない)

透「……」ギュッ

透(ううん、きっと私も)

透(私の手には何の感覚もない。桜井さんの想いの残滓にすら触れることのなかったこの手には)

透(知っているのは桜野だけだ)

透(本当はみんなで背負わなきゃいけなかった。大きな傷だからこそ、みんなで分かち合わなきゃいけなかった)

透(なのに、桜野ひとりに背負わせてしまった)

雪菜「桜野さん……きっとすごく傷ついてますよね……」

透「うん……」

朱「1番辛いのは桜野ちゃんだもんね。みんなで支えなきゃね」

透「朱……」

雪菜「そうですね。楽しいことだけじゃなくて、辛いことも分け合わなきゃ。仲間なんですから」

透「雪菜も……」

朱「こんな時だからこそ、あたしたちがくよくよしちゃダメ」

雪菜「そうです。今、桜野さんを支えられるのは私たちだけなんですから」

透「うんっ……!」
264 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/01(金) 22:30:08.19 ID:SCqyDKx7o
教室

雪菜「桜野さん、来てますかね……」

透「いつもならこの時間に来てるはず……」

朱「さっき決めた通り、桜野ちゃんがどんな状態でも、あたしたちはできる限りいつも通りね」

雪菜「で、できる気がしないんですけど……」

朱「正直あたしも……で、でもそこは気合いよ!」

雪菜「お、おー……!」

透「開けるよ……!」

ガララッ

透「……!」

桜野「……」ボ-

透「桜野っ!」

桜野「うひっ!?」ビクッ

桜野「ってなんだ透ちゃんかぁ……」

桜野「今日はいつになく早いねぇ。2番乗りだよ。珍しい」

朱「桜野ちゃん!」

雪菜「桜野さん!」

桜野「あれ? 朱さんに雪菜ちゃんも。どうしたの? 教室間違えちゃった?」

朱「どうしたのじゃないでしょ! 大丈夫なの!?」

桜野「え、なにがです……?」

雪菜「なにが、って……まさか忘れちゃったなんてこと……!」

桜野「コスモスのこと?」

透「!」
265 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/01(金) 22:41:31.79 ID:SCqyDKx7o
桜野「もちろん覚えてるよ。忘れるわけない」

桜野「ちゃんと、ぜんぶ、覚えてる……」スリスリ

桜野「なにもかも、ぜんぶ……」ギュッ

透「桜野……」

桜野「でも大丈夫だから、心配しないで!」ニコッ

朱「だ、大丈夫って! あれだけのことがあったのに!?」

雪菜「私たち、桜野さんがすごく傷ついてるんじゃないかって心配してたんですよ!?」

桜野「うん。そりゃ傷ついてはいるよ。悩みもした。でもそれでどうなるわけじゃない」

桜野「だからね、前に進むことにした。もうコスモスみたいな子を出さないためにも」

透「本当に大丈夫……?」

桜野「ほんとのほんとに大丈夫。心配かけちゃってごめんね?」ニヘッ

透「……!」

透「っっっ……!」ウルッ

透「よがっ……たぁ……!」ポロポロ

桜野「もー、なんで透ちゃんが泣くのー?」ナデナデ

透「だっでっ、元気無いと思っててっ……ちゃんと元気づけてあげれるかなってっ……不安でっ……っ!」

桜野「いっぱい心配かけさせちゃったね。ごめんね」ナデナデ

透「ひぅ、ううっ……!」コクコク

桜野「はやく泣き止まないとクラスの子に見られちゃうよー?」ナデナデ

透「や、らぁっ……!」

朱「……」

雪菜「……」
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 22:43:25.10 ID:UPURuvP9o
なんだこの子のメンタル…
267 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/01(金) 22:53:12.44 ID:SCqyDKx7o
桜野「あ、そうだ。そんなことより……」

朱「そんなこと……?」

桜野「うおっほん。皆さん、本日のお昼休みにプリキュア緊急会議を招集します」

雪菜「緊急会議?」

桜野「そうです。とっても大事なおはなしがあります。必ず参加するように」

透「大事なおはなし?」

桜野「ここではできません。誰かに聞かれているやもしれませんので。お昼休みね」

透「ん、わかった」

桜野「朱さんと雪菜ちゃんも大丈夫ですか?」

朱「ええ……」

雪菜「はい」

桜野「ではそういうわけで。そろそろ他の子も登校してくる頃合なので、いったん解散です」

朱「……そうね。またお昼に」

雪菜「失礼します」ペコリ

透「またね」フリフリ
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 22:56:38.88 ID:+Y6yTr7N0
コスモス「───そんなこと?」ハイライトオフ
269 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/01(金) 23:02:13.01 ID:SCqyDKx7o
朱「……」テクテク

雪菜「……」トテトテ

朱「……」

雪菜「朱さん……」

朱「……桜野ちゃんのことね」

雪菜「はい……朱さんはどう思いました……?」

朱「正直分からない」

朱「あれだけのことがあって、そう簡単に乗り越えられるなんて思えないの」

朱「でも同時に、桜野ちゃんならもしかしたらって気持ちもある」

雪菜「私もおんなじです……」

朱「……桜野ちゃんが倒れた理由も、ちゃんと理解できたわけじゃないのよね」

雪菜「そういえば……桜井コスモスさんを、生きる意味そのものだって言ってましたよね」

朱「あれってどういうことなのかしら……」

雪菜「仲が良かったからってだけじゃなさそうでしたよね」

朱「仲良くなったのは再会してからのはずだしね。桜野ちゃんは、迷子の桜井さんを助けた日からって言ってた」

雪菜「んんぅ、なんだか難しいです」

朱「ちょっと様子見ね。桜野ちゃんに何かおかしいことがあれば、その時はみんなで支えましょ?」

雪菜「はい」
270 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/01(金) 23:11:45.24 ID:SCqyDKx7o
透「そうだ、桜野」

桜野「なにー?」

透「あのね、私ね……」

桜野「うん」

透「あの……」

桜野「言いにくいんだったら無理には……」

透「う、ううん! あの、私ね……桜井さんの家に行ってみようと思う」

桜野「……どうして?」

透「桜井さんが、その……あの…………み、みんな元に戻ったから、だから桜井さんのご両親も生き返ってるんじゃないかって……思って……」

桜野「そっか……うん、ちょっと待ってね。えーっと……」カキカキ

透「え、う、うん……?」

桜野「はいこれ」ペラッ

透「なにこれ?」

桜野「住所。コスモスの家の」

透「あ、ありがと……ん? 桜野は?」

桜野「わたしは行かない」

透「なんで……?」

桜野「……意味ないから」

透「……?」
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 23:13:41.66 ID:1x9GiyBO0
ピンポン鳴らしたらライガおじさんがはーい!って出てきそうで怖いなあ
272 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/01(金) 23:14:01.94 ID:SCqyDKx7o
今日はここまでだもうダメだ
コスモス退場は登場時点でほぼほぼ確定してたけど いざ退場してみたら普通にショック ちゃんと落ち込んでる なぜ死んだコスモス……

次回はおそらくみんなの予想通りウィッシュスターのおはなしします
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 23:18:26.43 ID:1x9GiyBO0

敵の方は戦力減った上にウィッシュスター取られても想定の範囲と涼しい顔してるのかめんどうごと増えて急に仕事増えた社畜のごとく発狂してるのか
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 23:20:48.70 ID:1Z5uDQjgo

ここからみんなで遠足とか夏のお祭りとか海とかその他諸々楽しいイベントやれるメンタルになれるんだろうか?
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 23:22:25.77 ID:lm53inZbo
コスモスのことはわすれろ
そうすればおまえはつよくなる
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/01(金) 23:32:06.76 ID:zT0Bdpjmo

これ以上メンタルブレイクされるような展開はもう起きないはず…
桜野ちゃん透ちゃんに苦難困難降りかかりすぎでは
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 00:29:54.61 ID:rRvo4vMm0
キュアサクラ
桜唇(おうしん)
口から桜吹雪で作った含み針を無音且つノーモーションで素早く飛ばす
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 08:06:03.46 ID:vvPFuBmT0
キュアサクラ
花衣(はなごろも)
身体に桜吹雪を纏う肉体強化系技
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 16:36:52.00 ID:N+ISNrg80
シアが毎日スピリットピースをお吸い物にして食べてたあの頃みたいなテンションは果たして甦るのか
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 20:08:50.01 ID:9Qbx2v3Lo
コスモスが途中加入キュアになればワンチャン……
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 20:11:07.58 ID:mMky3mXg0
妖精が目の前で死んで父親と妹を手にかけたゆりさんだって笑ってられるんだからコスモスを何人手にかけたってギャグ空気はいつでも復活できるさ
282 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/02(土) 21:54:31.45 ID:vJPvAyp8o
>>279
毎日は食べてないからね!? いや一回も食べてないからね!?

とはいえギャグパに関しては、桜野が思いのほか元気(少なくとも表面上は)なので緩めのならいける気がする 需要あればだけど
どんなにメンブレしても月光に冴える一輪の花さんには遠く及ばないだろうし

でも海はねぇ……
桜野が色気ゼロの全身隠れる水着着て
透ちゃんが胸囲の格差社会に絶望し
朱さんが持ち前のプロポーションを遺憾なく発揮し
ゆきにゃが何故かなに着てもちょっとエロくなる
うん、ギャグ回だな それも朱さん大暴走で大勝利のギャグ回だな そこまではできないかもな

海は難しいかもしれませんが、みんなでどこか遊び行くのはやりたいですね
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 21:57:17.83 ID:OtqVFzRMo
お吸い物じゃなくて味噌汁の具にしたんだな
284 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/02(土) 22:04:56.81 ID:vJPvAyp8o
昼休み 屋上

桜野「それでは! プリキュア緊急会議を始めます!」

シキ「初めてなのです!」

朱「それで大事なおはなしって……」

透「朱、発言する時は挙手」

朱「え、ごめんなさい」

桜野「よくわかっていらっしゃる」

透「ふふん」

雪菜「はい」

桜野「はい雪菜ちゃん!」

雪菜「大事なおはなしってなんですか?」

桜野「よくぞ聞いてくれました!」

朱「い、一応あたしが先に聞いたのに……」

透「挙手しないから」

シア「まぁ話の内容は大方予想がつきますけれど……」

桜野「勿体つけてもしょうがないのでさっそく……」ガサゴソ

パァァァッ!

雪菜「あ、これっ……!」

朱「そっか、回収してたのね……!」

透「ウィッシュスター……!」

桜野「今日はこれの処遇を決めます」
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 22:07:02.37 ID:HQbsfJv90
今時屋上開いてる学校あるんだな…
286 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/02(土) 22:15:23.43 ID:vJPvAyp8o
透「願いの力はまだ残ってるんだよね?」

シア「間違いありませんわね。どんな願いでもひとつだけ叶えられますわ」

朱「カラミティ帝国もそれは分かってるはず。すぐにでも取り返しに来るわよね」

桜野「だから今すぐ取り扱いを決める必要があるんです。まず願いを叶えるかどうか。そして叶えるならどんな願いを叶えるか」

雪菜「奪われる可能性があるなら、願いを使っちゃった方が安全なんじゃ……」

朱「それは賛成。でもそうなると、何に使うかが重要よね」

桜野「簡単な願いで使うだけ使っちゃうって方法もあるけど、それは……」

透「ウィッシュスターがここにあるのは、シーズンランドのみんなが必死に戦ったから。その想いを大事にしたい」

桜野「だよね」

透「わがまま言ってごめん」

桜野「わがままなんかじゃないよ」

雪菜「でもそれならシーズンランドを復興させればいいんじゃ……」

透「それはダメ」

シキ「なのです!」

雪菜「え、な、なんで……?」

シア「今はまだダメと言った方がいいですわね」

雪菜「今は?」

シア「願いの叶え方によっては、ウィッシュスターもシーズンランドに戻ります。そうなればまたカラミティ帝国に狙われることになりますわ」

雪菜「あ……」

シア「カラミティ帝国が存在する以上、シーズンランドは滅亡の危機と隣り合わせです。なので復興は、やつらを倒した後でなくては」

シキ「それにそれに! カラミティ帝国を倒せば、その時のリセットでほとんど元通りになるはずなのです!」

透「良くも悪くも、闇が直接影響した部分は大きい。特に妖精たちは、カラミティ帝国を倒しさえすればみんな戻ってくると思う」

シア「そして皆が戻ってきさえすれば、建物や国はなんとでもなりますわ」

雪菜「な、なるほど……」
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 22:17:04.62 ID:OtqVFzRMo
ドラゴンボールの願い会議みたいだ
288 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/02(土) 22:25:50.14 ID:vJPvAyp8o
雪菜「となると……」

透「うん、やっぱり……」

桜野「……この力でカラミティ帝国を、サイカを消す?」

朱「……」

透「……そうなるよね」

雪菜「で、できるんでしょうかそんなこと……」

シキ「どんな願いでも叶えられるはずなのです。きっとできるのです」

桜野「サイカが消えればシーズンランドも元に戻る。闇も晴れる」

透「地球だけじゃない。すべての世界を救うのに、一番の近道だと思う」

雪菜「それが最善、なんですかね……」

朱「待って」

透「朱……?」

朱「標は?」

透「!」

朱「今まであたしたちがリセットの影響を免れたのって、プリキュアの力で敵を倒してきたからでしょ?」

朱「いろんなものを傷つけて、いろんな痛みが残ってる。それが標になったから、何も忘れず戦い続けることができた」

朱「でもウィッシュスターの力で闇を消したら標が残らない。それってあたしたちもリセットの対象になるってことなんじゃ……」

雪菜「じゃ、じゃあ私たち……忘れちゃうってことですか……?」

シア「可能性はありますわね……」

桜野「でも全部は消えないんじゃないですか? 今までの標は残ってますし……」

シア「サイカほどの強大な闇では、そもそもリセットの規模が未知数ですわ。もしかしたらあなたたちがプリキュアであることすらリセットされてしまうかも……」

桜野「そんな……」

雪菜「プリキュアのことまでって……じゃあみんなのことも忘れちゃうんですか……?」

雪菜「せっかく友達になれたことも? 楽しかったこともぜんぶ?」

雪菜「もうこうして屋上でおしゃべりできないんですか……? 学校ですれ違っても知らない人みたいに通り過ぎるんですか……?」

雪菜「そんなの……そんなの嫌です……」

桜野「雪菜ちゃん……」
289 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/02(土) 22:36:55.73 ID:vJPvAyp8o
朱「……」

雪菜「……」

透「……」

桜野「みんな……」

桜野「………………」

桜野「……それでも、戦いを終わらせる最短ルートなのは間違いない」

透「……!」

雪菜「桜野さん……! 忘れちゃってもいいんですかっ……!?」

桜野「よくないよ、全然よくない……でもそれで戦いが終わるなら……」

朱「桜野ちゃん……」

桜野「きっとまた友だちになれるよ……記憶が消えても、また必ず会える……」

雪菜「っ……」

桜野「それにほら、同じ学校に通ってるんだし案外すぐ会えるかも。だから……」

透「私は……?」

桜野「え?」

透「私かこの学校に転校してきたのは、カラミティ帝国と戦うため……!」

桜野「あ……」

透「もし仮にぜんぶ無かったことになったらっ……! 私がここにいる理由もっ!」

シア「透、落ち着いて。今ここにいる人間が消えるようなリセットは起こらないはずですわ! そういう部分は世界が無理やり辻褄を合わせます。なんらかの理由でここにいられます。だから……」

透「でもサイカのリセットは未知数なんでしょ!? 絶対だって言えるのっ!?」

シア「そ、それは……」

透「桜野、桜野っ……!」ギュッ

桜野「と、透ちゃ……!」

透「私いやだよっ……もうなにも失いたくないよっ……!」

透「せっかくみんなと会えたのに……友だちになれたのに……無かったことになんてしたくないっ……!!」

透「桜野と離れ離れになんてなりたくないっ……桜野がいない人生なんてっ、私にはもう考えられないっ……!!!」

桜野「透ちゃん……」

雪菜「うぅ……!」

朱「桜野ちゃん……どうする……?」

桜野「……」



23:00まで多数決
@ サイカを消す(BadEnd√)
A いったん願いを保留する
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 22:41:40.94 ID:OtqVFzRMo
バッドエンド確定とまで言われたらなあ
2
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 22:44:24.97 ID:ESyXqq1O0
2
透ちゃんどうやって親説得して転校したんだ…
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 22:47:19.76 ID:Koi375Joo
2
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 22:52:41.99 ID:rt7xoQZRO
バッドエンドの場合の展開も気になるな
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 22:58:00.86 ID:OtqVFzRMo
Fateならタイガー道場送りにされそうな選択肢だ
295 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/02(土) 23:00:54.28 ID:vJPvAyp8o
ご協力感謝
BadEnd確定って書いといた方が気になって選ぶ人いるかな?って思ったけどそうでもないか
296 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/02(土) 23:08:12.36 ID:vJPvAyp8o
桜野「……願いは保留にしましょう」

透「!!! ほんとっ!?」

雪菜「そ、ですか……そうですか……!」ホッ

朱「うん、あたしも賛成。よく考えたら、全部リセットされた場合、シキちゃんとシアさんとの出会いも無くなっちゃうもんね」

シキ「た、たしかにそうなのです……ぜんぶリセットされた状態でみんなとまた会うのはとっても難しそうなのです……」

透「桜野っ、さくのぉ……!」ギュ-

桜野「ごめんね、不安にさせちゃったね……」ナデナデ

透「よかっだっ……はなればなれにならなぐでっ……!」ギュウウウッ

桜野「ずっとそばにいるって約束だもんね」ナデナデ

透「う゛んっ……!」

桜野「……」ナデナデ

シキ「……そうと決まればもうひとつ、大事なことを決めなきゃいけないのです」

桜野「そうだね」

雪菜「?」

桜野「決めなきゃいけないのは……これからウィッシュスターを誰が持つか」

雪菜「せ、責任重大ですね……」

朱「持ってる人が一番危険よね」

桜野「誰が持っててもわたしが守るけど……」

シキ「それでもやっぱり危険なのです」

シア「慎重に決めなくてはいけませんわ」

桜野「んー、誰が適任かな……?」



安価
これからウィッシュスターを誰が持つか
先に2票入った人
@ 桜野
A 透
B 朱
C 雪菜
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 23:10:22.75 ID:04wrQP1oo
2
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 23:14:22.43 ID:UfPd4igO0
2
ウィッシュスターに一番詳しいだろうし
299 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/02(土) 23:29:10.86 ID:vJPvAyp8o
シキ「シキは! 桜野がいいと思うのです!」

桜野「わたし? んー、いや。透ちゃんがいいんじゃないかな?」

透「私……?」

雪菜「私も賛成です! 透さんなら安心です!」

朱「うん、あたしも」

桜野「シアさんにも見てもらえるしね」

シア「任せてください」

シキ「あぅ……」

透「で、でも私……」

桜野「大丈夫。わたしが守るから」

透「…………ほ、本当に私でいいの?」

桜野「ウィッシュスターには、シーズンランドのみんなの想いも詰まってるでしょ? だから透ちゃんに持っててほしいの」

シキ「桜野……」

透「みんなの……」

桜野「ここにいるみんなの想いもね」

雪菜「ん、ん!」コクコク

朱「うん」ニコッ

シア「そうですわよ」

透「で、でもシキは桜野がいいって思うんでしょ? 私も桜野の方が……」

シキ「……んん、透にだったら任せられるのです」

透「私……自信ないよ……」

シキ「透ならだいじょぶなのです。シキからもお願い、それは大事に持っておいて。そしていつか、透が本当に守りたいもののために」

透「シキ……」

透「………………」

透「………………わかった」

透「ウィッシュスター、私が必ず守り抜く。カラミティ帝国には指一本触れさせない」

透「そして世界が平和になったら……その時はみんなで、どんな願いを叶えるか相談しよう!」

桜野「うんっ!」
300 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/02(土) 23:38:20.49 ID:vJPvAyp8o
シキ「桜野……シキはね……」

「ほら透、いい加減桜野にひっつくのはおやめなさい」

「……やだ」

「透!」

シキ「本当は、シキはどうしても、ウィッシュスターを桜野に持っててほしかった」

「わ、わたしは大丈夫ですから……」

「……ずびっ」

「で、でも鼻水は拭いた方がいいんじゃないでしょうか……」

「あたしティッシュ持ってるわよ。ほら透ちゃん、ちーんして」

「じ、自分でできる……」

シキ「もしかしたらこんなこと思っちゃいけないのかもしれないけど、シキは世界よりも桜野が救われたらいいなって思うのです」

「わたしがやったげよっか?」

「こら桜野、あんまり甘やかさないでくださいまし!」

「いいじゃないですかこれくらいー」

「いけませんわ。ただでさえ最近は桜野桜野とそればかりなんですから」

「ばかりじゃないし……」

シキ「本当は今すぐにでもウィッシュスターの力を桜野のために使いたい。でもそれじゃ桜野は納得してくれないと思うから」

「もしかして、おうちとかでもです?」

「それはもう」

「聞き捨てならないわね。シアさんシアさん、あたしのことも話してたりしない?」

「桜野の話が一番多いですが、朱と雪菜の話もたくさんしますわよ」

「ちょっ……!?」

シキ「いつかウィッシュスターの力を使う時が来たら、その時は桜野の願いが叶ったらいいなって思うのです」

「この子ったら本当にみんなのことが大好きで……」

「ほぅ……その話詳しく」

「私も! 私も聞きたいです!」

「シア! 余計なこと言わない!」

シキ「だから……」

桜野「シキー!」

シキ「!」

桜野「シキもおいでよー!」

シキ「……うんっ!」パタパタ
301 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/02(土) 23:40:34.61 ID:vJPvAyp8o
ここまで
以上で第2部「まいごのおんなのこ」終了です

BadEnd√なんですが多分2,3レスくらいで終われるんじゃないかなって感じなので、次回は小休止がてらBadEnd√やってその次から第3部入る感じにしようかなと

お疲れ様でした
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 23:41:11.44 ID:UfPd4igO0
未だに分からないことだらけの主人公
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 23:44:25.60 ID:4aS/JQd4o

40個あるバッドエンドを全て閲覧して道場送りにされまくってスタンプコンプリートすれば番外編が始まるんだな
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 23:48:14.45 ID:OtqVFzRMo

家庭事情開かされてるの未だに雪菜だけ…
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/02(土) 23:54:37.69 ID:B3hI5X8Y0
透「ウィッシュスターなんだけどね」
透「実は昨日のお夕飯に食べちゃったんだ」
透「シアが」
透「お吸い物に浮かべてすすってたの」
透「気づいた時にはもう遅かったの。ごめんなさい」
ってバッドエンド√も実はあるんだな?
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/03(日) 00:14:19.26 ID:STk+8vHEo

桜野が平気そうに見えるのはコスモスの件より辛い思いを日常的にしているからか?

クリア
エアースイム
マントからマンタっぽいの出して背中に合体させて飛行出来るようになる
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/03(日) 16:44:31.96 ID:Q01Yku93o
桜野ちゃんも透ちゃんも朱さんも霰ちゃんみたいな妹がずっと側にいればメンタルに異常をきたさなかったかもしれない
一家に一台霰ちゃん
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/03(日) 17:08:28.06 ID:nEmTEDFko
霰ちゃんメンタル作中最強(>>1公言)だから……
309 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/03(日) 22:15:43.81 ID:vwEvQ/5Uo
朱さんの家庭事情に関しては完全に書くタイミングを見失いました 後で気づいたけど1部の最後で朱さん家行った時が最初で最後のチャンスだったっぽい 描写できないけどあったけえ家庭なんです……

ともかく本日は予告通り>>289から派生のBadEnd√です 多分すごく短いです
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/03(日) 22:17:18.05 ID:Mb+iMl0Qo
でも朱さん可愛い子見るとすぐ誘拐しようとするくらいメンタルに異常が!
311 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/03(日) 22:26:27.88 ID:vwEvQ/5Uo
>>289で@を選択

桜野「……サイカを消そう」

透「えっ……」

雪菜「あ、ぅ……」

朱「……」

シア「……それが世界を救う最も確実な方法ですわね」

桜野「……はい」

透「さくっ、さくのっ!! やだっ、だめだよっ! だって忘れちゃうかもしれないんだよっ!? ぜんぶ無かったことになっちゃうかもしれないんだよっ!? ほんとにそれでっ……!」

桜野「わたしが全部覚えてるよ」ニコッ

透「!」

雪菜「!」

朱「桜野ちゃん……」

透「む、むりだよっ……! そんなことできるわけないっ!!!」

桜野「ううん、忘れない」

透「でもっ……!」

桜野「みんなが忘れても、わたしが全部覚えてる。それで、必ずみんなを迎えに行くよ」

桜野「絶対みんな見つけるよ。それでまた、初めましてからやり直そう?」

桜野「わたしは絶対忘れない。約束する。だから怖がらなくていいんだよ?」

透「で、も……」

桜野「わたしが約束破ったことあった?」

透「……っ」フルフル

桜野「透ちゃん……」ギュッ

透「さく、のぉ……!」ギュッ

桜野「わたしを信じて」

透「っ……ひっく、ぐすっ……!」

透「っ……」

透「………………ん」コクッ
312 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/03(日) 22:27:08.46 ID:vwEvQ/5Uo
>>310
信じられないかもしれないけどそれ正常なんだ!
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/03(日) 22:27:48.29 ID:Q01Yku93o
朱さんって中学の職場体験学習で小学校か幼稚園保育園選んで何人か良い感じの子供持ち帰りそう
314 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/03(日) 22:35:51.67 ID:vwEvQ/5Uo
桜野「それじゃあみんな……」

朱「うん……」

雪菜「はい……」

シキ「うん……」

シア「ええ……」

透「……ん」

桜野「いくよっ……!」

「「「「「「カラミティ帝国を消してください」」」」」」

チカチカチカッ
ブワアアアアアッ!!!!!

雪菜「この光っ……!」

朱「始まったのね……!」

桜野「……みんな……今までありがとう」

透「桜野……!」

桜野「さよならじゃないよ。これはもう一度会うための約束……」

朱「うん、約束……!」

雪菜「絶対ですからね……!」

桜野「みんな……」

透「っ……!」



「またね」


 
315 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/03(日) 22:44:28.85 ID:vwEvQ/5Uo
─────
───




『──。─────』

『───次のニュースです』

『今日午後3時ごろ、○○市内の森林で作業中だった管理団体の職員が、若い女性のものと見られる遺体を発見しました』

『遺体には複数の外傷があり何者かに殺害された可能性が高いとみて、警察では死因の特定や身元の確認が進められています』

『また先月○日から、近くに住む中学生の岸波桜野さん(14)が行方不明となっており、遺体との関連を───』
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/03(日) 22:45:12.49 ID:KnkN/YlYo
どういうことだってばよ…
317 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/03(日) 22:46:17.61 ID:vwEvQ/5Uo
以上BadEnd√でした

実は選択肢出てないだけでバッドエンド分岐する場所はかなり多いです というかどこからでも分岐できる
最序盤だと桜野がシキと出会わなかったらバッドエンドだし、透ちゃんがスピリットピース奪わなかったらバッドエンドです
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/03(日) 22:48:22.60 ID:HS9G48Bh0
衛宮士郎さん並みに死ぬ運命が多すぎる…
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/03(日) 22:49:53.84 ID:Eu5Wh2yq0
桜野の運命の人は透だった?
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/03(日) 22:53:53.65 ID:Q01Yku93o
どんだけ綱渡りの人生なんだ桜野ちゃん
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/03(日) 22:59:31.68 ID:ylP8Xxjgo
その願いは私の力を越えているとか神龍みたいなケチなことは言わないのねウィッシュスターさん
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/03(日) 23:05:37.53 ID:ycUu1d6H0
プリキュアがないと桜野に未来は存在しないのか…
未来といえばこの子たちはちゃんと勉強してんのかな?
特に高校受験迫ってる朱さん
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 01:04:00.17 ID:zzp/eG8uo
ブーケ
ヴィーナスダークトラップ
ハエトリグサ(Venus Flytrap)の対闇バージョン
こっそり地面に仕込んでおいて闇の者がそこを踏むと地面からでかいハエトリグサが出てきて閉じ込める
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 08:49:43.02 ID:lgsMFdRLo
敵を消したら急にコナン君が飛び込んできそうな事件に
325 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 22:02:59.54 ID:F9FJySkHo
朱さんはロリコンだなんだと散々言われてますが暴走さえしなければみんなが憧れるハイスペックな女の子のはずなんです……! お勉強だって器用にこなしているはずなんです……!
ゆきにゃは読書家で真面目なのでお勉強は得意そうです
桜野は中の中だと思います
なんなら一番ヤバイのは行方不明になってみたり精神ぶっ壊れてみたりしてる透ちゃんでわ……?



ともあれ第3部開始です
本作の主人公最強なんで実質なろうです
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 22:09:36.94 ID:9J2nUTw8o
桜野はいったい何をプリキュアとしてのパワーに代えているのか
327 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 22:10:23.87 ID:F9FJySkHo
月曜日 朝

透「」テクテク

ガララッ

クラスメイト「そんでさぁ……あ、弓知夏さんおはよー」

クラスメイト「はよー」

透「ん、おはよ」

クラスメイト「弓知夏さん今日はちょっと寂しくなるねぇ」

透「え、なんで?」

クラスメイト「あれ知らない? だって今日……」チラッ

透「え……」ズルッドサッ

クラスメイト「ああ、カバン落っこっちゃって……」

透「ぇ、ぁ……」カタカタ

クラスメイト「弓知夏さん?」

透「っ!」タタッ

クラスメイト「えちょ!? 弓知夏さんっ!?」
328 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 22:23:07.93 ID:F9FJySkHo
3年教室前

クラスメイト「ねぇねぇ朱」

朱「なに?」

クラスメイト「撮影する時のポーズって自分で決められたりすんの?」

朱「んー、ポーズ指示されることもあるけど、結構自由かも」

クラスメイト「じゃあさじゃあさ! こういうのもあり!?」シュバッ

朱「なにそれ?」

クラスメイト「空我!」

朱「……??」



透「朱ーっ!」タタタタッ



朱「!」

クラスメイト「ん? んー? あの子……2年生? 知り合い?」

朱「う、うん……」

クラスメイト「もしかしてついに彼女!? 最近は女の子にもモテるもんねー」

朱「それはまだなんだけど……」

クラスメイト「まだ?」

透「朱っ!!」ガシッ

朱「と、透ちゃん? そんなに慌てていったい……!」

透「あっ、はぁっはぁっ……あかっ、朱! たいへんなのっ!」グイグイ

朱「お、落ち着いて……何があったの……!?」

透「桜野がっ! 桜野がぁ!!!」
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 22:29:41.29 ID:KhWOcPQqo
彼氏でも彼女でもなく弟と妹募集中なんだな
330 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 22:31:06.16 ID:F9FJySkHo
昼休み 屋上

雪菜「お休み、ですか」

朱「そうなの。風邪ひいちゃったみたいで」

雪菜「なるほどそれで……」

透「うっ……ひぐっ……!」ギュウウウッ

雪菜「こんなことに……」

朱「そうなのよねぇ」ナデナデ

雪菜「すっごい抱きつかれてますね……」

朱「そうなのよねぇ」ナデナデ

雪菜「苦しくないです?」

朱「むしろご褒美よ」キリッ

雪菜「はあ……」ジトッ
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 22:33:20.44 ID:zzp/eG8uo
このままお持ち帰りされそう
332 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 22:43:42.73 ID:F9FJySkHo
透「さくのぉ……!」

朱「だ、大丈夫だから、ね? 風邪で休むことくらい誰だってあるから……」

透「ううう……!」

シア「朱の言う通りですわ。大丈夫ですからそろそろ泣き止んで?」

透「だってっ……桜野休んだこと一回もっ……!」

シア「もう……2人からも言ってあげてくださいまし。この子ったら落ち込んじゃって、お昼もろくに食べてないんですのよ」

朱「それはよくないわね。透ちゃん、ごはんはちゃんと食べなきゃダメよ?」

雪菜「そうですよ。ちゃんと食べなきゃ元気がなくなっちゃいます。せっかく桜野さんが元気になっても、今度は透さんがお休みになっちゃいますよ」

透「ひくっ……だってぇ……」

シア「透、2人の言う通り、食事はしっかりとらなくてはいけませんわよ?」

透「うぅ……ひく……」

透「ごはんたべたら桜野にあえる……?」ウルッ

朱「」キュンッ

雪菜「」キュンッ

朱「う、うん! 会えるわよ! だからごはん食べよ?」

雪菜「ちゃんと食べて、元気な顔で桜野さんに会いましょうね!」

透「……ん、わかぁた」

雪菜「……」

朱「……」

雪菜「な、なんといいますか……」

朱「不謹慎なのはわかってるんだけど……」

透「うゅ……」ギュッ

朱・雪菜「「かわいい……」」
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 22:45:30.27 ID:j9o+dU7G0
昔の「あなた達と馴れ合う気はないわ」系女子だった頃の面影が欠片もない…
334 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 22:52:43.30 ID:F9FJySkHo
金曜日 昼休み 屋上

朱「結局……」

透「ひくっ……ひっく……」ギュウウウッ

朱「今週は一度も来なかったわね、桜野ちゃん」

雪菜「はい……」ナデナデ

朱「そして今日は雪菜ちゃんに抱きつくのね」

雪菜「はい……」ナデナデ

朱「今日はあたしが担当の日じゃない?」

雪菜「はい?」

朱「月曜日のあたしから始まり、雪菜ちゃんあたし雪菜ちゃんときて、今日はあたし」

雪菜「はあ……」

朱「だから代わってあげ……」

雪菜「結構です」キッパリ

朱「雪菜ちゃんからこんなにも明確な拒否を受け取る日が来るなんて……!」
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 22:57:19.41 ID:j9o+dU7G0
一週間風邪はさすがに心配なるわな
336 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 23:04:08.44 ID:F9FJySkHo
透「さくの……なんでぇ……」

朱「桜野ちゃん、やっぱり風邪?」

雪菜「はい。担任の先生からは風邪をこじらせてしまったって聞いたみたいです」

朱「そっか……」

雪菜「本当に風邪なんでしょうか……もしかしたら桜井さんのことでまだ……」

朱「どちらにせよ、これだけ長引くとさすがに心配ね」

雪菜「カラミティ帝国からの攻撃がないのは幸いですけど……」

朱「それもおかしいのよね。ウィッシュスターがこちらにあるのは分かっているはずだし、すぐにでも仕掛けてくると思ったけど……」

雪菜「なにか攻撃できない事情でもあるんでしょうか。それとも準備中とか?」

朱「現状迎撃しかできないのが不安ね……」

雪菜「でも向こうの目的は分かってますし、そこを対策できれば」

朱「そうね。透ちゃん、ウィッシュスターは……あ」

雪菜「? どうしたんで……あ」

透「すぅすぅ……」スヤスヤ

雪菜「寝ちゃってます」

朱「かわいいっ……! 寝顔がっ……すっごくっ……か゛わ゛い゛い゛っ……!!!」

雪菜「いきなりフルスロットルにならないでください……」
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 23:07:30.82 ID:zzp/eG8uo
誰も親しい子いない教室では透ちゃんどうしてるのか
338 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 23:13:35.19 ID:F9FJySkHo
透「んぅ……」スヤスヤ

朱「よく眠ってるわねぇ」ニマニマ

雪菜「泣き疲れちゃったんでしょうか」

シア「無理もありませんわ」

雪菜「シアさん……」

シア「ここ最近、きちんとした睡眠がとれなくなってしまってますの。食事もままなりませんし……」

雪菜「そうだったんですか……」

シア「これでは昔に逆戻り……いいえ、もしかしたらもっと悪いかもしれませんわね」

シア「以前に比べれば元気になったように見えますけれど、心の傷が完治したわけではないんですのよね」

シア「これまでは桜野に寄りかかることでなんとか立っていましたが、その支えが無くなった途端にこれですわ」

朱「そりゃあ簡単に乗り越えられるものじゃないわよね……」プニプニ

シア「しかしこのままではいけませんわ。これからの戦いだけでなく、その先の人生にまで影響が出てしまう」

雪菜「でも今すぐってわけにはいきませんよね……桜野さんがお休みで不安なのは私も同じですし……」

シア「ええ……」

透「んにゅ………………さく……の……」スヤスヤ

朱「あ、さっき聞きそびれちゃったんだけどウィッシュスターは?」プニプニ

シア「ちゃんとここにありますわ」

雪菜「おかしなところとかないです?」

シア「ええ、願いの力も残ったままです」

朱「となると……桜野ちゃんがカラミティ帝国に何かされた可能性は?」プニプニ

シア「無いとは言いきれませんが可能性は低いと思います。ここ何日かは、やつらの気配を感じませんの」

朱「そうですか……」プニプニ

シア「ところで朱」

朱「なんですか?」プニプニ

シア「いつまでほっぺたつついてますの?」

朱「だっでっ!!!」
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 23:18:31.61 ID:4pTO/Uhvo
あのマントの中にウィッシュスター入れたらどうなるかな
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 23:23:43.76 ID:fw/tVZ3Lo
ウィッシュスターに桜野の健康を祈ったりはしない辺りまだ理性は健在だな
341 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 23:24:25.01 ID:F9FJySkHo
雪菜「やっぱり風邪なんですかね……」

朱「んー」

透「すぅすぅ……」

朱「ん」

雪菜「朱さん?」

朱「……透ちゃん、透ちゃん」ユサユサ

透「うっ……」

朱「ごめんね透ちゃん、ちょっと起きて? 相談したいことがあるの」

透「うー……?」

雪菜「なんですか相談って?」

朱「放課後、桜野ちゃんのお見舞いに行こっか」

透「う……? おみまい……おみまい? しゃくの、の……」

透「!」ガバッ

透「おみまいっ! さくのにあえるっ!?」

朱「うん、会えるよ」

透「ほんとっ!?」ダキッ

雪菜「あ」

朱「おわっとと……!」ギュッ

透「やったあ……!」ギュ-

朱「やっっっっったぁっっっ……!」ギュウウウッ

雪菜「あの……」ジト-
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 23:26:27.24 ID:Ql8TF6H/0
朱さんはもう親に弟か妹量産してくださいと頭下げろ
343 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 23:34:52.65 ID:F9FJySkHo
朱「そうと決まれば放課後ね」

透「うんっ!」

雪菜「はい」

朱「透ちゃん、桜野ちゃんのお家の場所教えてね」

透「え?」

朱「え?」

雪菜「え?」

朱「まさか……」

透「私……桜野の家……知らないっ……!」

雪菜「えぇぇぇええ!? 毎日一緒に帰ってるものだと!」

透「わ、私も一緒に帰りたいよ……何度も誘ってるし……」

透「でもね、桜野いつも誰かに頼まれ事したとか用事があるとかで帰り遅くて……」

透「私も手伝うとか、終わるまで待ってるって言うんだけど、結局いつも……遠慮、されちゃって……」

透「あ、あれ……もしかして私……桜野に迷惑がられてる……?」ポロッ

雪菜「っ! そそそ! そんなことないですよっ! 桜野さんに限ってそんなこと絶対ありえませんっ!!!」

朱「そ、そうよ! 桜野ちゃんが遠慮してるのも透ちゃんのためを思ってのことよ! 決して迷惑がったりしてないわっ!!!」

透「ほんとぉ……?」ウルウル

雪菜「本当です絶対です! 私が保証します! 私だけで足りなかったら朱さんとシアさんも保証してくれます!!!」

朱「なんだったら今日聞きに行きましょう! 絶対大丈夫だから! ね!!?」

透「でもおうちの場所わかんないよ……?」

朱・雪菜「「あ」」

雪菜「先生って生徒の住所教えてくれるんでしょうか……?」

朱「個人情報だものね……ダメもとで聞いてみましょうか……」



安価下3まで
コンマ合計100以上で教えてもらえた
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 23:36:08.60 ID:Ji7+wiqko
クラスメイトもみんな桜野の住所知らないんだろうな
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 23:37:05.83 ID:fJ8SUfw+0
先生!岸波さんに一週間分の授業のノート届けなきゃいけないのでどうか!
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 23:40:33.31 ID:zzp/eG8uo
こういう時みんなスマホ持ってれば簡単に連絡取れるのにねえ
347 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 23:47:44.96 ID:F9FJySkHo
雪菜「かなり渋ってましたけど、なんとか教えてもらえましたね!」

朱「透ちゃんにあそこまで必死に頼み込まれて無下にできる人類なんて存在しないわ」

透「お、大げさ……」

雪菜「でもよかったです。久しぶりに桜野さんに会えます」

朱「そうね」

透「久しぶり……前の金曜日からだから……1週間ぶりの桜野……」

透「やっと桜野に……桜野……あ、さく、の……さ……」

透「ほぁぁぁ……」

雪菜「え、透さん? 急にどうしたんです!?」

朱「これはッ! ファントムほぁぁ!!!」

雪菜「知っているんですか朱さん!?」

朱「説明しよう! ファントムほぁぁとは、ほぁぁ依存患者が極限状態に陥った時に見る幻によって引き起こされる現象である! ほぁぁ欠乏症末期に見る幻によりほぁぁすることでほぁぁを摂取したと脳が錯覚し一時的にトリップ状態へとおちいりゅ! 噛んだ! しかしこの幻はその場しのぎに過ぎず、すぐに危険な状態へと移行するため速やかに本物のほぁぁを摂取する必要がある!」

雪菜「詳しい解説ありがとうございます! さすが朱さん!」

朱「あたしも今考えたにしては上出来だと思う!」

雪菜「なんにしても早く桜野さんに会わせてあげなきゃってことですよね!」

朱「その通り! よって放課後は速やかに校門前に集合し桜野ちゃん家に向かうわよ!」

雪菜「はい!」

透「ふぁい……」
348 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/04(月) 23:48:23.45 ID:F9FJySkHo
ここまで!
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 23:51:00.70 ID:zzp/eG8uo

朱さんのこんな姿見たらかっこいいモデルの朱さんしか知らない全国のファン泣いちゃう
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 23:51:32.98 ID:JPPfH2T10

ついに闇が深そうな家に突入だ
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/04(月) 23:56:07.29 ID:zuOkno6Uo

透はプリキュアに変身してでも全速力で行きそう
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 00:19:15.16 ID:B0xn5dvH0
クリア
センシングクリーチャー
感知系の技
マントからちっちゃいサメとイルカを出して肩に乗せる
サメは電流を感知するロレンチーニ器官を用いて、イルカは音を感知するメロン器官を用いて、潜んでる敵を感知したり探したい対象生物を感知したらクリアに教えてくれる
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 19:41:17.94 ID:u6O8hpUL0
これで後行ってないのは透ちゃんの家だけか
354 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 22:04:17.41 ID:S8gL9NKAo
放課後

朱「みんな準備いい?」

雪菜「はい!」

透「ん!」

朱「それじゃさっそく桜野ちゃん家へ……と言いたいところだけど」

透「?」

朱「せっかくだし差し入れ買いに行きましょうか」

透「!」

雪菜「あ、いいですね。スポーツドリンクとかゼリーとか買いましょう!」

朱「透ちゃんもいい?」

透「あの、寄り道するなら私も行きたいところが……」

雪菜「行きたいところ?」

透「ここなんだけど……」ピラッ

朱「住所? これどこの?」

透「……桜井コスモスの家」

朱「!」

雪菜「!」

透「桜野に教えてもらったの」

朱「そう、だったの……」

雪菜「でもなんで……」

透「桜井さんが消えてリセットが起きた。だから桜井さんのご両親も生き返ってるんじゃないかって思って」

雪菜「なるほど……」

透「確認して桜野に教えてあげたいの。どうかな?」

朱「そうね……」



安価下3まで多数決
@ 行ってみる
A 行かない
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 22:07:15.68 ID:C+HCRfiQo
1
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 22:07:56.25 ID:eJtnXk3W0
1
357 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 22:10:36.12 ID:S8gL9NKAo
朱「行ってみましょうか。あたしも気になるし」

透「うん」

朱「この住所だと……先に桜井さんの家に行った方がよさそうね」

雪菜「それからお買い物して桜野さんのおうちですね」

透「わかった」

朱「じゃあしゅっぱーつ」

雪菜「ぱーつ」

透「ぱつ」
358 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 22:20:09.42 ID:S8gL9NKAo
コスモス宅

透「ここが桜井さんの……」

雪菜「い、いますかね……?」

朱「どうだろ……留守の可能性もあるけど……」

透「インターホン押してみる」

雪菜「は、はい」

ピンポ-ン

透「……」ドキドキ

朱「……」ドキドキ

雪菜「……」ドキドキ

シ-ン

雪菜「は、反応ないですね……」

朱「やっぱり留守なのかしら……」

透「も、もう一回……」スッ



男性「君たち」



雪菜「ひっ!」ビクッ

男性「あぁごめんね。びっくりさせてしまって」

雪菜「い、いえ……」ドキドキ

朱「あ、もしかして桜井さんの……」

男性「ん? あぁ、僕は隣に住んでるんだ」

朱「隣……そうですか……お隣さん……」

男性「見たところ、君たちは桜井さんの娘さんのお友だちかな?」

朱「友だち……まあ……はい……」

男性「行方不明になってからもう随分経つ。早く見つかるといいね」

雪菜「行方不明……?」

透「その話詳しく聞かせてください!」
359 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 22:30:37.29 ID:S8gL9NKAo
透「……」トボトボ

朱「……」トボトボ

雪菜「……」トボトボ

朱「結局ご両親いなかったわね……」

雪菜「一家丸ごと行方不明ってことになってましたね……」

朱「しかもその時期が透ちゃんが転校してくる直前……」

雪菜「あの頃のうわさが本当になった形ですね……」

朱「でもなんでリセットされなかったのかしら……?」

雪菜「他の出来事はみんなリセットされてるんですけどね……」

透「……闇の影響が無かったから」

朱「え……」

透「リセットされなかったってことはつまり、桜井さんがご両親を殺したのは闇に堕ちる前だったってこと……」

雪菜「そんな……!」

透「桜野わかってたんだ……意味ないからってこういうことだったんだ……!」

朱「……どうする? 桜野ちゃんに話す?」

透「……いつかは。でも今は……」

朱「そうね……」

雪菜「と、とにかく今はお買い物行きましょう? 桜野さんのとこ行かなきゃなんですから……」
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 22:33:20.57 ID:oHidYkxq0
闇の力もなしにどうやって両親殺して誰にもバレないという完全犯罪を成し遂げたんだ…
361 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 22:39:37.39 ID:S8gL9NKAo
スーパー

朱「えーっと……」テクテク

朱「スポーツドリンクはおっけー。あとはゼリーね」

朱「2人が選んでくれてるはずなんだけど……」テクテク

朱「あ、いた。おー……ん?」



透「ぶどう!」

雪菜「ももです!」

朱「なにやってるの……」

透「あ、聞いてよ朱! 雪菜がゼリーといえばももだって言うの! 普通ぶどうでしょ!?」

雪菜「いいえももです! 風邪といえばもも! ゼリーといえばもも! 果物といえばももです! 女子は全員もも好きです!」

透「ぶーどーうー!」

雪菜「もーもー!」

朱「ほほえまぁ……」ニコニコ

雪菜「朱さん!」

透「朱!」

朱「ごめんごめん。でもケンカすることないわよ」

朱「だってゼリーといえば……」ガサッ

朱「みかんでしょ?」ニコッ

透「……」

雪菜「……」

朱「……」

「「「じゃんけんっ……!」」」



安価
下1コンマ 透ぶどう
下2コンマ 朱みかん
下3コンマ 雪菜もも
いちばん大きいやつ買う
最大値と最小値の差が20以下ならなんやかんやでぜんぶ買う
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 22:47:19.25 ID:C+HCRfiQo
こだわりがみんな強い
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 22:47:51.41 ID:oHidYkxq0
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 22:48:55.20 ID:GQ/HpbNEo
365 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 22:53:25.33 ID:S8gL9NKAo
シア「……」

朱「ふんふ〜ん♪」

透「むぅ……」ムスッ

雪菜「も〜も〜……」ショボ…

シア「フルーツミックスにすれば……」

「「「邪道っ!!!」」」

シア「も、申し訳ありません……」

朱「さて、桜野ちゃん家があるのはこの辺のはずよね?」

雪菜「はい。もう少し先を右に……」

透「もうちょっとで桜野に会えるっ!」ワクワク
366 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 23:02:08.24 ID:S8gL9NKAo
桜野宅

朱「んー……ここ?」

雪菜「はい! ここが……」

透「桜野のおうちっ!」キラキラ

シア「少し落ち着きなさい。桜野は体調崩してるんですのよ?」

透「わかってる」スッ

シア「インターホン連打もダメですわよ」

透「わ、わかってる」

雪菜「出てもらえますかね」

朱「この時間だと、まだおうちの人いないかもしれないわね」

シア「シキが入れてくれるかもしれませんわよ」

透「押すよ……」



女性「うちに何かご用ですか?」



雪菜「っ!?」ビクッ

透「なんかデジャヴ……」

朱「あ、もしかして桜野ちゃ……桜野さんのおうちの方ですか?」

女性「? そうですけど……あ、桜野のお友だち?」

透「はいっ!」

朱「桜野さんが風邪だと聞いて……」

女性「お見舞いに来てくれたの?」

朱「はい」

女性「そう。ありがとうね」ニコッ
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 23:07:43.50 ID:8ZzkSSGZo
感じ良さそうなお母さんだ
家庭の心配はない!ヨシ!
368 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 23:13:35.21 ID:S8gL9NKAo
女性「でも今あの子、風邪こじらせちゃっててね。うつすといけないから、上がってもらうわけにもいかないの」

朱「あ……そうですか……」

透「そ、そこをなんとかお願いできませんか……!」

女性「ごめんね。来週には学校行けると思うから……」

透「……!」

透「……っ」ギュッ

透「お願い……します……!」ペコッ

朱「と、透ちゃん……!」

女性「……」

透「私今日……桜野に会いたくて来ました……!」

女性「……」

透「少しでいいんです……顔を一目見るだけでいいんです……それで大人しく帰りますから……!」

女性「……」

透「だから……お願いします……!」

女性「……」

朱「透ちゃん、迷惑よ……頭を上げて……」

透「っ……!」

女性「……あなた、名前は?」

透「……と、透です。弓知夏透……」

女性「桜野と仲がいいのね」

透「桜野が……仲良くしてくれて……」

女性「そう……」スッ

透「……?」

女性「そういうことなら……」ガチャッ

透「!」

キィィ…

女性「上がってく?」
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 23:15:52.44 ID:C+HCRfiQo
未開の地へ遂に足を踏み入れた探検隊
鬼が出るか蛇が出るか
370 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 23:22:53.08 ID:S8gL9NKAo
透「いいの……?」

女性「ええ」ニコッ

透「じゃ、じゃあ……」チラッ

朱「そうね、お言葉に甘えて……」

グイッ

透「っ!!」

朱「っ!!」

女性「どうしたの?」

朱「あ、え、えぇっと……」

透「私たち……その……」

女性「……?」

朱「や、やっぱり失礼しますっ! 風邪うつるといけないしっ!」

女性「でも……」

透「あのっ、桜野には来週学校でって伝えてくださいっ!」

女性「なんで急に……」

朱「あこっ、これ差し入れです! 飲み物とゼリー入ってます! 桜野ちゃんによろしくお伝えください!」

女性「……」ガサッ

透「それじゃあ!」

朱「失礼しますっ!」

タタタッ

女性「……」

女性「」クルッ

キィィ…
バタン
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 23:23:58.03 ID:8ZzkSSGZo
おい何を見た
372 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 23:25:06.18 ID:S8gL9NKAo
タタタタッ

透「はぁっはぁっ!」タタタッ

朱「はっはっ!」タッタッ

透「なんなのっ……一体なんだっていうのっ……!」

透「なんで止めたのっ……!」

透「雪菜っ!!!」

雪菜「っ……!」タタタッ
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 23:27:43.69 ID:8ZzkSSGZo
ニュータイプ並みの勘で何かを察知したか
374 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 23:34:34.73 ID:S8gL9NKAo
公園

雪菜「はぁっ……はぁっ……!」

透「ふー……ふー……!」

朱「はぁはぁ……雪菜ちゃん……なんで……?」

雪菜「わかん……ない……」

透「なにそれ……わかんないってどういう……!」

雪菜「わかんないものはわかんないですよっ!!!」

透「っ……!」

雪菜「うっ……うぅ……!」カタカタ

朱「雪菜ちゃん……」

雪菜「私……怖いものいっぱいあります……」

雪菜「プリキュアになってからもっとたくさん増えました……しかもそれは、きっと本当に恐ろしいものばかりです……」

雪菜「でもっ……それでもっ……!」

雪菜「今までの人生で……いちばん怖かったっ……!!」カタカタ

朱「怖かったってさっきの……桜野ちゃんのお母さん?」

雪菜「たぶんっ……」カタカタ

透「……シア、やつらの気配は?」

シア「全くありません。少なくともカラミティ帝国絡みではありませんわね」

透「そう……」
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 23:35:54.17 ID:GwGKlqEe0
一番の敵は帝国じゃなくて人間…
376 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 23:43:31.39 ID:S8gL9NKAo
朱「雪菜ちゃん前に言ってたわよね、桜野ちゃんが何かを怖がってるって」

透「桜野が……?」

朱「もしかしてそれって……」

雪菜「わかんないです……なんにも……!」フルフル

朱「……ごめん」

透「……」

雪菜「っ……っ……!」カタカタ

朱「ここで考えてても埒が明かないわね。いったん今日は帰りましょう」

雪菜「っ……」コクッ

朱「桜野ちゃんのお母さんの言葉を信じるならだけど、来週には学校に来るはず。今はそれを待ちましょう?」

雪菜「はいっ……」

朱「透ちゃんもそれでいい?」

透「うん……」

朱「雪菜ちゃん、家まで送るわ」

透「私も行く」

雪菜「すみません……すみませんっ……!」
377 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/05(火) 23:44:03.80 ID:S8gL9NKAo
ここまで
ゆきにゃは本当にいい仕事してくれる
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 23:46:41.58 ID:4dO2PHea0

そのうちプリキュアの技使ってでも部屋にこっそり侵入しなきゃならん事態になったりして
桜野さんなんか死ぬ運命多そうだし
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 23:47:23.38 ID:C+HCRfiQo

中々プリキュアになれなかった主人公今度は中々出番こねえ…
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/05(火) 23:58:13.44 ID:WQvbPT2x0

桜野さんにとってはコスモスの件は日常生活に比べれば上位には至らない怖さだった…?
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/06(水) 01:05:24.38 ID:mg6CEXbYo
「今までの人生で……いちばん怖かったっ……!!」
ライバルだと思ってたキュアクリスタルに人生の中で格下の怖さ扱いされたカサイさん…
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/06(水) 01:45:07.93 ID:mLuYIzT9o
キュアクリスタル
二刀流 冷波刀・細雪 風車ノ型
二刀の細雪を構えて回転して斬りかかる
左右どちらに回転するか、一刀目で仕留めに来るか、一刀目は囮で二刀目が本命か、直前で急ブレーキをかけて強引に逆回転にする等色んなパターンがある
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/06(水) 08:40:38.04 ID:58ICSjmR0
洗いざらい説明しろシキ
言うこと聞かなかったらお吸い物にして食うぞシアが
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/06(水) 21:51:50.50 ID:Rj+A7hM6o
真の恐怖を見せつけたのは闇でも暴力でもサイコレズでも見せかけの筋肉でもなくそこら辺にいたお母さんらしき人
385 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/06(水) 21:56:40.16 ID:lCf4FqSUO
今日はおやすみ
風邪から復帰した桜野に会った時の朱さんの反応がわからんため
こういうとこでへんにこだわるから安価出せんのかもなぁ
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/06(水) 22:00:03.33 ID:ezLAGq7Mo
桜野には普段通り接して気になることはシキに問い詰めるとか
387 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/06(水) 22:38:51.16 ID:lCf4FqSUO
>>386
そこはめっちゃそうなんだけど悩んでるのはそこじゃないというかもっと短いスパンというか桜野が視界に入った瞬間というか
びっくりするのかほっとするのか、声は震えるのか震えないのか、走るのか歩くのか、笑うのか泣くのか、一瞬でも不安を忘れるのか忘れないのか、桜野がそこにいるという事実だけ認識するのか桜野そのものを見ようとするのか……
ここまで書いてれば嫌でもキャラは出来上がってるはず、だったら言動に選択肢はないはず、考えればわかるはずなんです……

うんやっぱりこだわり過ぎだな もっとテキトーでいいのかもしれん
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/06(水) 22:43:58.64 ID:Q5wHwX3D0
じゃあいつものロリコンムーブ発揮してギュースリスリクンカクンカペロペロとか?
389 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/06(水) 23:22:10.22 ID:+riXmT2eo
>>388
もうそれでいいか
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/06(水) 23:44:06.15 ID:kRoR/9hBo
ok
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 00:01:40.18 ID:o/j2g44Ao
そして朱さんは警察に連行されました
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 01:34:48.81 ID:HHIe4z3W0
クリア
リモートコネクト
原理はロケーションムーブと同じ
自分の近くのマントに手や足を入れると相手の近くのマントから手や足が出てくる
ロケーションムーブを移動に使わずその場で遠方の相手に攻撃したり掴んだり声とか物送ったりとか干技できる技
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 20:15:20.20 ID:k4/Ny54t0
桜野ちゃん関連の話はホラーとかサスペンスみたいな空気になる
394 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/07(木) 22:11:39.28 ID:PRYew+Pgo
月曜日 朝 校門前

朱「さすがに早く着きすぎちゃったかな」

朱(結局、あの日は桜野ちゃんに会えなかった)

朱(雪菜ちゃんを家に送ったあと、解散の前にみんなでひとつ約束をした)

朱(場所がわかっているからといって、1人で桜野ちゃん家に行かないこと)

朱(いちばん不安な透ちゃんも、シアさんが見てくれている。雪菜ちゃんは、霰ちゃんがそばにいてくれるから大丈夫)

朱「来てるかな……」テクテク

朱(桜野ちゃんは先週丸々学校を休んだ。風邪ということになってるけど、本当に風邪だったのだろうか)

朱(雪菜ちゃんは桜野ちゃんのお母さんに怯えていた。それとなにか関係あるのだろうか)

朱(桜野ちゃんはロケットの中身を見たときに倒れた。それとなにか関係あるのだろうか)

朱(分からないことばかり増えていく。桜野ちゃんがときおり見せる危うさが、不安や心配になって募っていく)

朱(今日こそ学校に来るだろうか。顔を見れば少しは安心できるだろうか)

朱(いつも通りなら、もう登校しているはず)

朱(もし来ているなら、ここから教室の窓際で花の世話をしている桜野ちゃんの姿が……)

フワッ

朱「!」

朱「っ……!」タタッ
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 22:18:48.28 ID:rj2kHWEoo
岸波家はいつでも入れるけどレベル足りないと即死するダンジョンかよ
396 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/07(木) 22:27:24.76 ID:PRYew+Pgo
朱「はぁっはぁっ!」タタタッ

朱(ついこの間も、こんなことがあった)

朱(桜井さんの件のすぐ後、桜野ちゃんが心配でみんなで教室に押しかけた)

朱(あの時の桜野ちゃんは怖いくらいにいつも通りで、本当になんともないのか痩せ我慢なのか、あたしには判断つかなかった)

朱(ただあの時のことを思い返すたび、なにか大事なものを見落としてるんじゃないかって気分になる)

朱(今度こそ、それを見つけられるかもしれない)

ガララッ!

朱「さくっ……!」

朱「!」



桜野「……」



朱(桜野ちゃんがいた)

朱(窓際で静かに植木鉢を見つめるその背中に、得体の知れない大きな影を見つけた気がした)

朱(いつだってのん気でおめでたい顔して笑う、あたしたちの太陽)

朱(そこに見つけた影を、絶対に見失っちゃいけないって思った)

朱「っ……!」

朱(声をかけるかで迷った)

朱(声をかけなきゃ、どこか遠くへ行ってしまう気がした)

朱(声をかけたら、ずっと深くへ隠れてしまう気がした)

桜野「」ピクッ

朱(でも迷ってるうちに影は薄くなって……)

桜野「……あ、朱さん」クルッ

朱(そして……)

桜野「おはようございます」ニコッ

朱(太陽が咲った)
397 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/07(木) 22:27:57.15 ID:PRYew+Pgo
こうなりました
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 22:29:31.65 ID:GnEpLm4b0
中学生の癖にえらい詩人というかポエマーだな朱さん
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 22:31:05.26 ID:rj2kHWEoo
猥褻行為するかと思った
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 22:32:26.92 ID:avkEOBe9o
朱さんはモデルかと思ったら舞台とか演劇とかミュージカルとかの類いの人だった?
401 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/07(木) 22:37:08.34 ID:PRYew+Pgo
桜野「朱さん?」

朱「あ……桜野……ちゃ……」

桜野「はい。おはようございます」

朱「桜野、ちゃん……桜野ちゃん……だい、じょぶ……? なの……?」

桜野「はい。ご心配おかけしました。でももう大丈夫です! 元気いっぱいですよ!」

朱「か、風邪って……」

桜野「あはは、お恥ずかしい限りです。体調管理はちゃんとしなきゃダメですね」

朱「ほんとに……」

桜野「はい。これで完全復活。いつも通りです!」

朱「いつも……どおり……」

桜野「はいっ!」ニコッ

朱「……っ」

朱「……」

朱「……そう……そっかぁ」ニヘッ
402 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/07(木) 22:49:06.34 ID:PRYew+Pgo
朱「……」

朱(いつも通り……)

朱「……桜野ちゃん」

桜野「はい」

朱「みんな本当に心配したのよ?」

桜野「ご、ごめんなさい……へへ……」

朱「……」

朱(もう影は見えない)

朱(本当にいつも通り。いつもの、困り眉の申し訳なさそうな笑顔までかわいい桜野ちゃん)

朱(残念だけど、見失ってしまった)

朱「……」

桜野「あ、朱さん? なんでそんなにじーっと見つめ……は! も、もしかして誘拐の計画を……!」

朱「実行のタイミングを見計らってるのよ」

桜野「計画は出来上がってるんですか!?」

朱「ふふふっ、冗談よ」

桜野「で、ですよね……」

朱「今は」

桜野「いつかはやるんですか!?」

朱「ところで……」

桜野「このタイミングで話そらされるの不安なんですけど……なんですか?」

朱「さっき見てた花って……」

桜野「……これですか?」スッ

朱「!」

桜野「はい、萎れちゃいました。わたしがお世話しなかったせいで」
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 22:52:04.58 ID:fFN3U+IEo
好感度高めに見えて攻略難易度超高いタイプのヒロインだ桜野ちゃん
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 22:59:27.10 ID:fggfpLlTo
他人に踏み込みはしても自分には決して踏み込ませないタイプか
405 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/07(木) 23:00:19.82 ID:PRYew+Pgo
朱「でも……でもこの花って、前に言ってた……」

桜野「はい。『もうちょっとで咲きそう』になった花です。残念ながら咲かせられませんでしたけど」

朱「で、でもこれクラスで育ててるんでしょ? 桜野ちゃんひとりが休んだくらいで……」

桜野「このクラスが始まって、わたしが学級委員長になって、その時決めたんです。花を育てようって。みんなで品種決めたりなんかして」

桜野「その時の流れでわたしがお世話係代表みたいな感じになりました。わたし、学級委員長ですからね。嬉しかったなぁ、みんなが任せてくれて」

桜野「……でもちゃんと面倒見切れませんでした」

朱「それにしたって他の子は……あ、と、透ちゃんは? 同じクラスでしょ?」

桜野「透ちゃん……わたしがいない間どんな感じでした?」

朱「えっと……」

桜野「きっとすごく落ち込んでたと思います。もしかしたら精神的に不安定になってたかもしれません」

朱「う、うん……」

桜野「今の透ちゃんは、自分のことでいっぱいいっぱいです。咲いてもいない花を気にかける余裕なんて無いんです」

朱「そうかも、しれないけど……」

桜野「そもそもわたしが花のお世話をしていること知らないんじゃないかな? 話したことも見せたこともないですし」

朱「そ、そう……」

桜野「だから透ちゃんを責めないであげてください」

桜野「ううん、透ちゃんだけじゃなくて。わたしが、わたしだけが悪いんです」

桜野「わたしがちゃんとお世話できなかったのが……」

朱「!」

朱(まだだ……まだ完全に見失ったわけじゃない……)
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 23:02:24.92 ID:rj2kHWEoo
奴のATフィールドは堅い!好機を逃すな!
407 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/07(木) 23:13:25.72 ID:PRYew+Pgo
朱「桜野ちゃん!」ガシッ

桜野「うぇっ!? ついに実行ですかっ!?」

朱「ごめん違う!」

桜野「謝らないでください! あんまり残念じゃないので!」

朱「あのね桜野ちゃん!」

桜野「はいっ!」

朱「その花、もう一度育ててみませんか?」

桜野「……え?」

朱「確かに萎れちゃってるけど、まだ完全に枯れたわけじゃない。ちゃんとお世話すればきっと咲く」

桜野「え、と……」

朱「お願い桜野ちゃん。あたしも見たいの、その花が咲いているところ」

桜野「!」

朱「あたしも手伝う。だからもう一度がんばってみない?」

桜野「……」

朱「……」

桜野「………………咲かせる意味なんてあるのかな」ボソッ

朱「え……?」

朱(今なんて……)

桜野「朱さん」

朱「あ、うん……?」

桜野「わたし、もう一度がんばってみようと思います」

朱「!」

朱(気のせい……?)

桜野「朱さんにお願いされたら断れないですしね」

朱「う、うん……」

桜野「朱さんも手伝ってくださいね?」 

朱「うん、もちろん。自分で言ったことだもん」

桜野「ふふっ、ではナイショのおはな組結成です! 2人だけの秘密ですよ? 特に透ちゃんには」

朱「透ちゃんに? どうして?」

桜野「あんまり負担かけたくないんです」

朱「負担? んー、むしろ花を育てる中で回復が見込めることもあると……」

ドサッ

桜野「!」

朱「!」

透「さく、の……?」
408 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/07(木) 23:28:48.64 ID:PRYew+Pgo
透「さくの……さくのっ……さくのぉっ……」ポロポロ

桜野「あ、透ちゃんおはよ」ニコッ

透「さくのぉっ!!!」ダッ

桜野「心配かけちゃ……ふでゃっ!??」

バタ-ン

桜野「うぐぉぉ……な、なかなか強烈……!」

朱「大丈夫?」

桜野「なんとか……」

透「さくっ、のっ……ひくっ、ひぅぅ……さくのぉ……!!」ギュウウウッ

桜野「もう……あんまり強くしたら苦しいよ?」ナデナデ

透「うううっ……!」

桜野「……透ちゃん」

透「さくっ……さくのっ……!」

桜野「透ちゃん……ごめんね……」ギュッ

朱「ん……?」

透「う……うぅ……さくの……!」

桜野「ごめんね、透ちゃんごめんね……ほんとにごめん、ごめんねっ……!」ギュウウウッ

透「さくの……! ひくっ……うんっ……!」ギュッ

桜野「……っ」ギュウウウッ

朱「……?」
409 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/07(木) 23:29:53.44 ID:PRYew+Pgo
ここまで
透ちゃんむっちゃ泣くんだけど
桜野さんが気絶したり記憶消滅チラつかせたり1週間学校休んだりで透ちゃんにストレスかけすぎなんだけど
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 23:31:03.48 ID:xBBCZEwpo

透ちゃんの涙でお魚さんが泳げるプール出来ちゃうぜ
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 23:34:01.09 ID:rj2kHWEoo

一見ただの再会パートだった今回でも実は桜野ちゃんデッドエンドルート直行になる選択肢が隠れてたりして
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/07(木) 23:58:54.57 ID:I94AeRT90
この光景人に見られてたら噂になりそう
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/08(金) 08:41:37.18 ID:qEEYWUqdo
桜野さんはもう日常が常にデッドエンドの分岐点なんだろうけど他の子達にもデッドエンドの分岐点いくつかあったのかな?
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/08(金) 17:48:20.48 ID:lzg87ZJq0
クリア
インターセプト
仲間への攻撃をマントから発射された盾みたいなものが横入りする形で守る
その正体は亀
415 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/08(金) 22:20:38.63 ID:D06K66tho
昼休み 屋上

雪菜「えぇっと……」

透「」ギュウウウッ

桜野「あはは……」

雪菜「すっごい抱きつかれてますね……」

桜野「そりゃあもう。今日はずっとこんな感じなの」

桜野「休み時間も移動教室のときもくっついてたし、授業中も席が隣ってことにかこつけてずっと手握ってたし」

桜野「あ、でもさすがにお昼ご飯中の自由は勝ち取りました」ブイ

雪菜「た、大変でしたね」

桜野「ちょっとね。周りからの視線がやたら多かった気もするし」フワッ

透「んぅ……」

桜野「でもこうなっちゃったのはわたしのせいだから」ナデナデ

透「ん……」ウトウト

雪菜「また寝ちゃいそうです」

桜野「安心したのか泣き疲れちゃったのか……」

シア「どちらもですわね」

桜野「やっぱり眠れなくなっちゃってました?」

シア「ええ」

桜野「すみません、突然休んで」

シア「いえ、そもそも桜野に縋りすぎているのが問題ですもの。少しづつでも桜野離れしなくてはいけませんわね」

桜野「それは……ちょっと寂しいかも?」ナデナデ

シア「そうも言っていられませんわよ」

桜野「……わたしが突然いなくなったら大変ですもんね」

シア「縁起でもないこと言わないでくださいまし」

桜野「……すみません」

朱「……」
416 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/08(金) 22:31:08.52 ID:D06K66tho
朱「……シキちゃん」

シキ「なんです?」

朱「ちょっと……」クイッ

シキ「なな?」



朱「……」

シキ「朱? どうしたです?」

朱「……なにが……あったの?」

シキ「え……?」

朱「桜野ちゃんが休んだのって、本当にただの風邪?」

シキ「!」

朱「桜野ちゃんのお母さん、なにか関係あるの?」

シキ「っ! そっ、か……お見舞い来たんだもんね……」

朱「なにか知ってるなら教えてほしいの」

シキ「……」

朱「シキちゃんっ……!」

シキ「……っ」

シキ「…………」

シキ「………………ごめん、話せないのです」

朱「……話せないようなことがあるのね」

シキ「……」

朱「わかった。今はそれでいい。でもいつか教えて」

シキ「……うん」

朱「それからもうひとつ……」
417 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/08(金) 22:42:21.24 ID:D06K66tho
雪菜「桜野さん、本当になんともないです?」

桜野「うん。心配かけてごめんね?」

雪菜「なら……よかったです」

桜野「うん」

雪菜「あ、そうだ。先週の金曜日、みんなでお見舞い行ったんですよ」

桜野「お見舞い……」

雪菜「……」

桜野「あ、そうだったそうだった。ごめんね、追い返すみたいになっちゃって」

雪菜「……いえ、私たちから遠慮したんです。誰かにうつっちゃったら、それこそ桜野さんに悪いと思って」

桜野「そっか……うん、そうだね」

雪菜「差し入れも持って行ったんですよ?」

桜野「あ、うん。いただきました。ありがとね」

雪菜「おいしかったですか? 下1のゼリー」



安価下1
@ ぶどう
A みかん
B もも
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/08(金) 22:45:35.31 ID:caU394SL0
3
419 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/08(金) 22:51:18.54 ID:D06K66tho
雪菜「おいしかったですか? もものゼリー」

桜野「え……?」

雪菜「……」

桜野「みかんじゃなくて?」

雪菜「!」

桜野「雪菜ちゃん?」

雪菜「い、いえ! そうでしたみかんでした! 何味にするかじゃんけんで決めたんです! やっぱり私じゃんけん弱いですねっ!」

桜野「そうだったんだ」ニコッ

雪菜「……」

桜野「雪菜ちゃんどうしたの? なんか様子が……」

雪菜「……なんでもないです。きっとなんでもない、勘違いです……きっと大丈夫です……」

桜野「……?」

桜野「あそーだ、朱さんにもお礼しなきゃ。朱さーん」
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/08(金) 22:51:26.21 ID:M3FaDYDso
1
421 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/08(金) 23:03:41.99 ID:D06K66tho
朱「もうひとつ聞きたいんだけどね」

シキ「う、うん」

朱「今朝、桜野ちゃんがね、透ちゃんにいっぱい謝ってた。シキちゃんも見てたでしょ?」

シキ「……うん」

朱「あの時の桜野ちゃん、どこか様子がおかしかった」

シキ「……そんなこと……ないのです」

朱「ううん、あの時の桜野ちゃん、必死で謝ってるみたいだった」

シキ「……気のせいなのですっ」

朱「慰める感じじゃなくて、本当になにか悪いことをしてしまって、それを謝るみたいに」

シキ「……っ」

朱「これも休んだことと関係あるの? でも透ちゃんが桜野ちゃん家に行ったのはお見舞いの時が初めてのはずだし……」

シキ「……めて」

朱「ねぇシキちゃん、なにか心当たり……っ!?」

シキ「………………やめ、て……もうやめてっ……!」ポロポロ

朱「シキ……ちゃん……?」

シキ「シキは約束したのですっ……それを守ることが桜野のためになるってっ、思ってっ……!」ポロポロ

朱「シキちゃん……」

シキ「ひっ……うっ……」

朱「……シキちゃん……ごめん」

シキ「っ……」フルフル

朱「……どうしても話せない?」

シキ「話せばきっと……桜野がいなくなっちゃうっ……」

朱「……いなく……なる」
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/08(金) 23:05:38.78 ID:Zi0bg8qe0
雪菜&朱の二面口撃でもまだ真相に手が届かない
まだピースが足りないのか
423 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/08(金) 23:11:05.95 ID:D06K66tho
シキ「朱……これはシキの独り言なのです……」

朱「……うん」

シキ「シキはもうどしたらいいか分からないのです……だからお願い……桜野をっ、桜野のことっ……!」



桜野「朱さーん」



シキ「!」

朱「!」



桜野「朱さーん?」



シキ「……忘れてほしいのです」

朱「……忘れないよ」



桜野「お見舞いの件のお礼がしたいんですけどー」



朱「はーい」タタッ

シキ「……朱」



桜野「シキとなに話してたんですか?」

朱「桜野ちゃんを誘拐するならシキちゃんの協力が必要不可欠だと思って」

桜野「計画がどんどん洗練されてく……」



シキ「……ありがと」
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/08(金) 23:12:27.33 ID:qEEYWUqdo
誘拐した方がまだマシな状況だ絶対
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/08(金) 23:18:43.13 ID:TJpUS6oZ0
いっそのことみんなでお泊まりして枕営業
426 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/08(金) 23:20:18.82 ID:D06K66tho
朱(シキちゃんに話を聞いて、解決に近づくどころか不安要素が増えてしまった)

朱(でもそれは今まで見えていなかったものが見えるようになっただけ。突然増えたわけじゃない)

朱(正直言って出来ることは少ない。これ以上シキちゃんになにか聞くわけにはいかないし、桜野ちゃんに聞いてもはぐらかされてしまうだろう)

朱(何も分からないまま闇雲に動いてシキちゃんが恐れているような事態になれば、それこそ最悪だ)

朱(だからあたしは、あたしに出来ることをやるしかない。今のあたしが桜野ちゃんのためにできること、それは……)

桜野「朱さん、こんな感じですか?」

朱「うん、いい感じ」

朱(桜野ちゃんのクラスのお花)

朱(一度は萎れた花だけど、もう一度がんばってみるって桜野ちゃんが決心してくれた)

朱(あの日見失いかけた桜野ちゃんの大きな影が、そこにある気がする)

朱(この花だけは、このまま枯らしちゃいけない。枯らしてしまえば、本当にもう二度と見つけられなくなる。そんな気がした)
427 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/08(金) 23:29:49.41 ID:D06K66tho
桜野「朱さん、それは?」

朱「ネームプレート。普通は品種名とかを書くんだけど、桜野ちゃんの名前を書いたらどうかなって」

桜野「わたしの?」

朱「私が育てました、みたいな感じで桜野ちゃんの名前。あとはクラスの名前とか」

桜野「クラスの名前だけでいいんじゃ……」

朱「お世話係代表なんでしょ? じゃあいいじゃない。1番がんばってるんだし」

桜野「そ、そうですか……?」

朱「うんうん」

桜野「じゃあじゃあ……朱さんの名前も……」

朱「あたしの?」

桜野「だって朱さんも一緒に育ててますし……」

朱「他のクラスどころか、学年まで違う人の名前あったら変じゃない?」

桜野「そんなことないです」

朱「んー……」

桜野「ダメ、ですか……?」

朱「……そうね。うん、わかった」

桜野「ほ、ほんとに……? じゃあ……2年……えと……さ、く……」カキカキ

朱「……」

朱(この花は桜野ちゃんの花。桜野ちゃんの大切なものだ。あたしにとってあの花が、名前も知らないオレンジ色のあの花がそうだったように)

朱(あの花が咲くところは、ついに見ることができなかった。あんな思いは桜野ちゃんにしてほしくない。この花だけはなんとしても咲かそう。そう心に決めた)

朱(それがきっと桜野ちゃんのためになる。きっとなにかを変えてくれる。そう信じた)

朱(そして……)
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/08(金) 23:35:52.87 ID:FAL0kI72o
推理物なら桜野さんは分かりやすい部分への追求全部テンプレ回答用意してるタイプの強敵犯人枠だ
こういうのを突き崩すには追求する本人ですら何に繋がるのか分かってないくらいの細かい気になることをウザいくらい追求してくしかない
429 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/08(金) 23:40:12.79 ID:D06K66tho
早朝

朱「桜野ちゃん……これ……」

桜野「……咲きました……咲きましたっ!」

朱「やったわね!」

桜野「はいっ!」

朱「きれいねー」

桜野「はいー」

朱「きっとクラスの子も喜んでくれるわ」

桜野「!」

桜野「そ、そうですか? ほんとのほんとに喜んでくれると思いますか??」

朱「もちろんよ」

桜野「そっか……そっかぁ……!」

朱「……」ニコッ

朱「……じゃあ仕上げね」

桜野「仕上げ?」

朱「えぇっと……」

桜野「? それなんです? シール?」

朱「うん」

桜野「何に使うんですか?」

朱「こうするの」

ペタッ

桜野「あ……」

朱「やっぱりあたしの名前があるの変だから」

桜野「で、でも朱さんが手伝ってくれたから……」

朱「ううん、これでいいの」

朱「だってこれは桜野ちゃんの花、桜野ちゃんのクラスの花、あなたが咲かせたあなたの花だもん」

朱「だからこれでいいの」

桜野「わたしの……」

朱「咲いたところを見れたんだもの、あたしはそれで満足よ」ニコッ

桜野「………………」

桜野「……はい」ニコッ

朱(花が咲いた。咲かせることができた)

朱(本当のことを言えば、クラスの名前すらシールで覆ってしまいたいくらいだ)

朱(だってこれは紛れもなく桜野ちゃんの花。桜野ちゃんが育てた桜野ちゃんの花なんだから。一度萎れても、めげずにもう一度育てようって決めたのは、他でもない桜野ちゃんなんだから)

朱(不安が全部なくなったわけじゃない。でも桜野ちゃんの大切な花を咲かせることができたんだ。桜野ちゃんも喜んでくれたんだ)

朱(これから桜野ちゃんに何かいい変化があるんじゃないかって思う。あとはそれをゆっくり見定めていけばいい)

朱(桜野ちゃんは大丈夫。きっときっと大丈夫)
430 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/08(金) 23:51:01.67 ID:D06K66tho
教室

桜野「……」



ワイワイガヤガヤ



桜野「……」



ワイワイガヤガヤ



桜野「……」

桜野「…………」

桜野「………………」

桜野「…………ほら……誰も気づかない」



ワイワイガヤガヤ



桜野「……」

桜野「……やっぱり」

桜野「意味なんてなかった」



ワイワイガヤガヤ



透「桜野ー? どうしたの?」

桜野「ううん、なんでもない。なんでもないよ」ニコッ
431 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/08(金) 23:51:34.67 ID:D06K66tho
ここまで
第3部は言ってしまえば桜野さん編だけどメイン視点は桜野さん以外
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/08(金) 23:51:52.52 ID:stBzSvB4o
小学校ならともかく中学で動物植物育てる係って聞いたことないからな…
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/08(金) 23:55:44.41 ID:qEEYWUqdo

普通の学生って園芸部が何の植物育ててるかすら知らないもんだから一生徒が育ててる花なんて知らないよな
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 00:10:49.85 ID:S6ImSUzT0

朱さんでもやはりだめかー
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 00:21:52.28 ID:SFikTBULo
主人公のことが好きな幼馴染みの男子ポジションがいなくて良かったな
こんな難易度ナイトメアな女の子絶対攻略できねえ
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 08:19:58.78 ID:u9OXx9Mdo
花なんて誰も興味なくて桜野自身も花そのものが大切なわけではなかったことに気付けなかったのが朱さんの敗因か
437 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/09(土) 22:09:56.24 ID:q/NTcqr6o
校庭

クラスメイト「どうして人は走るのだろう……」タッタッ

朱「体育の授業だからじゃない?」タッタッ

クラスメイト「うだあああ……もだめぇ……」ヘナヘナ

朱「もうちょっとだからがんばろ?」

クラスメイト「力が出ない……朱パンマン、顔かじらせて……」

朱「え、やだ……」

クラスメイト「うへへええええ……ひもじいよぉ……」

朱「これ終わったらお昼だから」

クラスメイト「うぅぅ……ん?」

朱「どうしたの?」

クラスメイト「なんかきれいな人いる」

朱「どこ……?」キョロキョロ

クラスメイト「あそこ……」

朱「んー……」ジ-

朱「………………え」

クラスメイト「お客さんかな?」

朱「………………なんで」

クラスメイト「え?」

朱「離れてて!」ダッ

クラスメイト「えちょ!? 朱っ!?」
438 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/09(土) 22:21:13.79 ID:q/NTcqr6o
ツナミ「えーっと……」

ツナミ「お?」

ズザザッ

朱「はぁっはぁっ!」

ツナミ「おや、キュアブーケさん」

朱「ツナミっ!」

ツナミ「お久しぶりですね」

朱「ウィッシュスターを取り返しにきたのね……! わかってるとは思うけど、渡すつもりない!」

ツナミ「返していただけるならありがたいですが……構いませんよ、今日は別件で来たので」

朱「別件?」

ツナミ「ここにきて少々計画に変更がありまして」

朱「変更って……」

ツナミ「……」ジ-

朱「なに……見てるの……」

ツナミ「……きれいな花ですね」

朱「っ!」

ツナミ「ふふっ」ニヤッ

朱「やらせない……それだけは絶対にっ!!!」バッ

ツナミ「ふむ……いいんですか?」

朱「プリキュア!」

ツナミ「お友達が見てますよ?」

朱「っ!?」



クラスメイト「あ、朱……?」



朱「なんで来てっ……!?」

ツナミ「貴方はいつも……」スッ

朱「っ!!」

ツナミ「迷ってばかりですね」バシュッ

朱「だめっ!!!」

ブワッ

朱「あ……ぁ……」

モコモコモコ
ググッ…

ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!!!」ボガァンッ!
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 22:25:44.32 ID:SFikTBULo
色んな意味でろくなこと起きないな学校の花
440 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/09(土) 22:32:00.33 ID:q/NTcqr6o
朱「そんな……桜野ちゃ……」

クラスメイト「なに……なにこれ……」カタカタ

朱「!」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!」

クラスメイト「ひっ……!」ビクッ

朱「はやく逃げて!」

クラスメイト「あ、え……朱は……?」

朱「いいからはやくっ!!」

クラスメイト「っ!」ビクッ

クラスメイト「う、うんっ……!」タタタッ

朱「できるだけ遠くに……」

ツナミ「邪魔者を追い払えてよかったですね」

朱「……っ!」キッ

ツナミ「ふふ、どこかの誰かに比べたら可愛いものです。いやあれが異常なだけ……」

朱「その花はね……!」

ツナミ「お?」

朱「それは桜野ちゃんが育てた桜野ちゃんの大切なもの……!」

ツナミ「みたいですね」

朱「今日こそあなたを倒す! それで絶対取り戻す!!」バッ

朱「プリキュア・カミングシーズン!!!」

ビュオオオッ!
フワッ

ブーケ「美しい花よ! あたしに力を貸して! キュアブーケ!」



安価下3まででコンマ最大
どうする?
こういう技使ってこうする等
ヤクサインに直接ダメージ与える系は下
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 22:37:36.57 ID:i2cnPxfco
ぶちギレながらガーデンシュートでツナミとヤクサインに攻撃───と思わせてアースビーンズで拘束
全員の避難完了と仲間が来るまで時間稼ぎ
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 22:40:41.36 ID:wlS5VBBZ0
今よキュアサクラ!!!と叫んで驚いた隙をついてツナミに思いっきりしがみつく
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 22:48:16.58 ID:QsmdQ3nr0
あっ!ゴキブリ!とハッタリで隙をついてツナミを羽交い締め
ヤクサインに対しての盾にする
444 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/09(土) 23:02:55.81 ID:q/NTcqr6o
ツナミ「どれだけ意気込んでも、貴方はこのヤクサインを攻撃できないでしょう?」

ブーケ「どうかしらね……」キッ

ツナミ「……?」

ブーケ「いくわよ……!」ググッ

ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!」

ツナミ「なにをするつもりか知りませんが……」

ブーケ「あっ! ゴキブリっ!」

ツナミ「えっ?」キョロキョロッ

ブーケ「……っ」シャッ

ブーケ「たっ……!」バッ

ツナミ「って……そんな手に引っかかるわけないでしょ?」ザババッ!

ブーケ「うぁぶっ!?」

バシャァンッ!

ブーケ「けほっ、失敗……!」ズザッ

ツナミ「本当に成功すると?」

ブーケ「結構自信あったんだけど……」

ツナミ「はぁ……なんでこんなのと……」

ブーケ「……っ」ジリッ

ツナミ「しかし、私を狙ってきましたか」

ブーケ「あなたを倒せばヤクサインの憑依は消える。そうじゃなくても、あなたさえ抑えてしまえば……」

ツナミ「まぁそうなりますよね」
445 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/09(土) 23:12:01.26 ID:q/NTcqr6o
ツナミ「ヤクサイン! 肩乗せてください!」

ヤクサイン「ヤッ?」

ツナミ「え……貴方、肩どこです?」

ヤクサイン「ヤ」

ツナミ「それはなんというか……すっごいなで肩ですね……」

ヤクサイン「ヤ-」テレテレ

ツナミ「いや褒めてないですから」

ヤクサイン「ヤクヤク」

ツナミ「いえもういいです。植木鉢のふちのとこ座るんで」

ヤクサイン「ヤ-」

ツナミ「っと。これでそう簡単に攻撃できないでしょう。さあヤクサイン、好きに暴れてください!」

ヤクサイン「ヤクゥゥッ!!」ドカンバコンッ

ブーケ「うぁっ!? うっ……!」

ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!!!」ブオンッ

ブーケ「くぅっ……!」

「プリキュア・インターセプト!」

ヒュンッ
ドガァァァンッ!

ヤクサイン「ヤクッ…!?」

ブーケ「けふっ……な、なに……?」

カメ-ッ

ブーケ「亀……?」

クリア「ブーケ大丈夫!?」シュタッ

ブーケ「クリア!」

クリスタル「私もいますよ!」シュタッ

ブーケ「クリスタルも!」
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 23:14:15.11 ID:m6vHxDDFo
今回は集合早い
447 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/09(土) 23:20:27.60 ID:q/NTcqr6o
ブーケ「2人ともありがとう!」

クリア「間に合ってよかった!」

クリスタル「ツナミですか……」

ブーケ「ええ。それに……」

クリスタル「……細雪」ヒュパッチャキッ

ブーケ「!」

クリア「いくよ……!」ググッ

ブーケ「待って!」

クリスタル「!?」

クリア「どうして!?」

ブーケ「ヤクサインが憑依してるのは桜野ちゃんの花なの!」

クリア「!」

クリスタル「!」

ブーケ「桜野ちゃんの大切な……そうだ、桜野ちゃん! 桜野ちゃんは一緒じゃないの!?」

クリア「闇の気配が2つあった! 桜野はもうひとつの方に……!」

ブーケ「2つ……!?」

クリア「もうひとつの気配は……」
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 23:23:52.69 ID:qpMRGmKc0
二面作戦はもはや十八番か
449 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/09(土) 23:31:08.36 ID:q/NTcqr6o
桜野「ライガ……!」

ライガ「よお、キュアサクラ。運良くお前だけ釣れたな」

桜野「わたしに用……?」

ライガ「まあな」

桜野「ウィッシュスターを渡すつもりはない」

ライガ「そりゃ残念だ。まぁいい。とりあえず、お前に感謝しないとなぁ」

桜野「感謝?」

ライガ「桜井コスモスを殺してくれてありがとう」

桜野「っ!」ピクッ

ライガ「あれはな……ウィッシュスターを勝手に使う可能性こそ低かったが、それでも裏切り者は裏切り者だしなぁ」

桜野「じゃあやっぱりあの怪我……お前たちがっ……!!」

ライガ「あぁ、殺し損ねてな。始末する手間が省けたよ」

桜野「」ピキッ

桜野「プリキュア・カミングシーズンっ!!!」

サクラ「だっ!!」ギュンッ

ライガ「いっ!?」バチチッ

ドゴォンッ!

ライガ「お、おいおい! トドメ刺したのはお前だろっ!?」ズザッ

サクラ「だまれっ!!!」ギュオッ

ライガ「ちぃっ! この役回り命懸けだなぁ!!!」バリリッ
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 23:34:45.15 ID:G46JhHqW0
そら勝手に大事なもの持ち出されたらねえ
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 23:35:40.52 ID:tc/CroHUo
戦闘スタイル似てるからかいつもマッチアップするなあこのお二人
452 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/09(土) 23:40:32.78 ID:q/NTcqr6o
ツナミ「まあ、手分けするならキュアサクラさんは向こうですよね」

クリア「ツナミ……なぜヤクサインを……! ウィッシュスターがこっちにあることも、力が溜まりきっていることも分かってるんでしょ!?」

ツナミ「ええ、まあ」

クリア「だったら人々を襲う理由はもうないはず! なのになんで!」

ブーケ「ウィッシュスターが目的じゃないみたいなの! 計画が変更になったって」

クリスタル「ウィッシュスターが目的じゃない!? どういうことですかっ!?」

ツナミ「最善を考えた結果です。ウィッシュスターは殺して奪えばいいですからね。最悪、エネルギーが空になってもまた集めればいいですし」

クリア「その前に私たちがウィッシュスターに願って、あなたたちを消す可能性だってあるはず!」

ツナミ「そういう使い方はしない、いえ出来ないだろうというのがサイカ様の予想ですね。まんまと的中です。ここに私が在ることがその証明」

クリア「っ……!」

ツナミ「まぁ、貴方たちには記憶が消えてなくなるような願いは使えませんよね」

クリスタル「それは……!」

ツナミ「おしゃべりはもう結構。ヤクサイン」

ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!!!」

ブーケ「結局なにが目的なのっ……!」

ツナミ「考えれば分かるんじゃないですか? それとも……無理やり聞き出してみます?」

ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!!!」ドガンッバゴンッ

クリア「うぐっ……!」

クリスタル「ど、どうしたらっ……!」

ブーケ「持ちこたえるのっ! 桜野ちゃんが来るまでっ……!」

クリア「う、うんっ……!」



安価下3まででコンマ最大
どうする?
こういう技使ってこうする等
ヤクサインに直接ダメージ与える系は下
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 23:45:55.40 ID:WSgIvaI70
地面を冷波導で凍らせてヤクサインを転ばす
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 23:50:39.87 ID:SFikTBULo
むしろこっちから桜野ちゃんとこに出向く
苦戦してるふりしながらサクラとライガが戦ってる地点まで誘導
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/09(土) 23:55:51.51 ID:VU9+TaV+0
こっそりロケーションムーヴでシアをツナミの顔面付近にワープさせてまとわりつかせる窒息狙い
456 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/09(土) 23:57:30.13 ID:q/NTcqr6o
>>454
すいません これ無理そうなんでもうひとつ
貴重な必殺技チャンスなのでそのへんも是非

なお本日ここまで
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 00:02:57.53 ID:+ortfm2Ro
アースビーンズでヤクサインの動きを止め
ライトニングフィッシュアローをツナミに撃ち、躱された時のために予め投げといた曲性冷波手裏剣をツナミの背中へ
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 00:11:33.50 ID:b4fvoi64O
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 00:44:53.47 ID:Qd5WyWSSo
クリア ブーケ クリスタル
退邪転光(たいじゃてんこう)
いわゆる浄化技
アースビーンズがヤクサインの動きを止めると同時に身体に蔦を突き刺して闇を吸い取る
吸い取った闇を放出し冷波導で凍らせる
凍らせた闇をクリアのマントの中に放り込む
マントから氷出してライトニングフィッシュアローのように矢にして発射
闇氷は綺麗な光の粒になる

桜井コスモスがプリキュアになれるほどの光を闇に換えれたのだとしたら闇を光に換えることも出来るかもしれないという思い付きで生まれた技
闇をプリキュアが作った蔦を経由させ、プリキュアの力で氷に変換し、プリキュアの一部であるマントの中に浸すというプロセスにより闇の力を少しずつプリキュアの光に変換していき無害なレベルになったら自然に還す
460 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 09:59:17.87 ID:C+q88Rmjo
本作における浄化技について
先に言っとけよみたいな話なんですが 本作の浄化技は他作品における時間操作や因果律操作等の所謂チート技に相当します
戦闘面でもレギュレーション違反ですが、それ以上にストーリーへの影響が強く、タイミングによっては存在チラつかせるだけでバッドエンド直行します
そもそも文脈で使う技であり、将来的に使える可能性があるキャラも現状ではひとりだけ
非常にデリケートな扱いを要求されるので簡単には使えません
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 10:39:33.36 ID:Qd5WyWSSo
浄化技ダメで基本は普通の攻撃だけか仕方ない

クリア×誰でも
ライトニングバリスタ
マントがライトニングフィッシュアローより大きい弓になる
プリキュアの誰かを矢にする
クリアが思いっきり引っ張って発射
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 16:23:02.82 ID:cghZLX4L0
クリア
シザースカリバー
カニ様が自らの巨大なハサミを引っこ抜いてマントから射出しクリアが腕に装着
分離させて双剣にも出来る
カニ様の命に関わるからハサミを借りてられる時間に制限時間がある
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 18:11:46.47 ID:OlV6bATt0
ブーケ
スプラッシュネクター
大量の花の蜜を放射
被るとすごいネトネトして動きにくくなるし足元が滑るししばらくすると蜂が大量に寄ってくる
そしてすごく美味しい
464 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 21:54:35.58 ID:C+q88Rmjo
透ちゃんのマントの中身がどんどん水族館に……
そのうち水生生物てんこ盛りのなんちゃらアクアリウムみたいな技出しそう
465 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 22:05:09.84 ID:C+q88Rmjo
ブーケ「あたしが動きを止める!」

クリア「じゃあ私は……」バサッシュルルルッ

クリスタル「クリア、なにをっ!?」

クリア「ツナミを狙う!」バシッ

ブーケ「ツナミはヤクサインのすぐそばにいるのよ!? ヤクサインにも当たっちゃう!」

クリア「私ならツナミだけ狙える! ブーケはヤクサインの動きを止めて! クリスタルはバックアップ!」

クリスタル「は、はい!」タタッ

ブーケ「わかった!」

ツナミ「作戦会議はおしまいですか?」

ブーケ「おかげさまで!」

ツナミ「さっきみたいなしょうもないやつじゃありませんよね?」

ブーケ「あれは味方の方がダメージ受けそうだから封印よ!」

ツナミ「そうですか。ではどうします?」

ブーケ「こうする……のっ!」パシュシュシュッ

ツナミ「お?」

ブーケ「プリキュア・アースビーンズ!」

バシュルルルッ!

ツナミ「!」

シュルルルッ
ギチチッ!

ヤクサイン「ヤクゥッ!?」ググッ

ツナミ「拘束ですか。私を倒すと意気込んでた割に随分と消極的……」

ブーケ「クリア!」

クリア「プリキュア・ライトニングフィッシュアロー!!!」バシュッ!!!

ツナミ「!?」

ギュルルルルルッ!!!

安価下コンマ
30以下でヤクサインが……
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 22:05:39.85 ID:Qd5WyWSSo
467 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 22:13:11.75 ID:C+q88Rmjo
ギュルルルルルッ!!!

クリア「いけ……」

ツナミ「その程度! 受け流せないとでも!!」ザパッ

ザバババッ!

クリア(そう、あの水を操る能力が厄介で、守りに徹したツナミに攻撃を当てるのは難しい……!)

クリア「いけっ……!」

クリア(でも!)

クリア「クリスタルっ!」

フッ
キィィィィィンッ!!!

ツナミ「なっ!?」

クリスタル「曲性・冷波手裏剣!」ピッ

ギュイイイッ!!!

ツナミ「くっ!」ダッ

バギャァァァンッ!!!

クリスタル「避けられた!?」

ブーケ「ヤクサインには当たってないから大丈夫! それに……!」

クリア「ツナミをヤクサインから引き離せた!」

ツナミ「ちっ……」

ブーケ「今よ!」



安価下3まででコンマ最大
追撃とか
こういう技使ってこうする等
ヤクサインに直接ダメージ与える系は下
貴重な必殺技チャンスなのでそのへんも是非
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 22:30:13.89 ID:Zar4KUi9o
クリスタルが>>257クリアが>>462で「正面」から突っ込む
こういうときツナミは津波攻撃で一網打尽にしてくると読んでロケーションムーブで>>138を目の前に出現させる(マントの切れ端をブーケに渡しておいた)
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 22:40:29.46 ID:ENtU2BEd0
クリアが>>392でマントから腕出してツナミを捕まえる
捕まえたツナミにブーケが前スレで募集技「アレルギーシャワー」浴びせる
クリスタルがツナミに舞雪風
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 22:42:15.25 ID:GEl1IIa4o
冷波蔦壁(れいはちょうへき)をツナミとヤクサインの間に隔てて完全に分断
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 22:48:59.41 ID:2vzJZfg50
プリキュア・カレイドアクアリウム
クリスタルが作った万華鏡のような氷牢に敵を閉じ込め、そこにクリアがマントの中身を次々投入して翻弄しつつ波状攻撃
みたいな?
472 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 22:54:19.57 ID:C+q88Rmjo
「「プリキュア!!」」

クリスタル「冷波手甲鉤!」シャキッ

クリア「カニ様!」バサッ

クリスタル「カニ様!?」

カニ-ッ
スポッ
バシュンッ!

クリア「シザースカリバー!」ガッシィンッ!

クリスタル「わ、お揃いです!」

クリア「いいから行くよ!」

クリスタル「はい!」

ツナミ「ちぃっ!」ザパッ

クリスタル「プリキュア・暴風雪!」ギュイイイッ!

クリア「はああああっ!!!」ダッ

ツナミ「正面から突っ込んでくるとは舐められたものですねっ!」ザババババッ!

ブーケ「クリア!」バシュッ!

クリア「ロケーションムーブ!」バサッ

ツナミ「なに!?」

パッ
パシュンッ

ブーケ「その水、利用させてもらうわ! プリキュア・セントリーカクタス!」

ムクムクムクッ!

ツナミ「さ、サボテン!?」

ブーケ「発射!」

ググッ
バシュシュシュシュッ!!!

ツナミ「くぅっ……!」



安価下コンマ
80以下でヤクサインが……
ブーケが攻撃参加のため拘束が弱まりヤクサインが行動しやすくなっています
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 22:56:16.31 ID:d/Fn28Nk0
えい
474 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 23:07:45.37 ID:C+q88Rmjo
ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!!!」ブチブチッ!

ブーケ「っ! しまっ……!」

ヤクサイン「ヤクッ!」バシュルルッ!!!

ツナミ「お?」

クリスタル「っ! このままじゃヤクサインに!」

クリア「亀さんっ!!!」バッ

カメ-ッ
ヒュンッ
カキキキンッ!

ツナミ「守ってくれたんですか。貴方、意外と気が利きますね」

ヤクサイン「ヤクゥ…?」

ツナミ「いえ、今回は褒めてますよ」

ヤクサイン「ヤクッ!」

カメェ…

クリア「ありがとう亀さん……!」

クリスタル「あ、危なかったです……」

ブーケ「みんな……ごめん……!」

ツナミ「難儀ですね、まともに攻撃できないっていうのは」

クリア「卑怯者……!」

ツナミ「卑怯で結構です。さあヤクサイン、プリキュアは貴方に攻撃できません。存分に暴れてください」

ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!!!」ドガガンッ!!!

クリスタル「ま、まずいです! こっちが攻撃できないのをいいことに滅茶苦茶してます……!」

クリア「なんとか足止めしなきゃ……!」

ブーケ「早く来て……桜野ちゃん……!」
475 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 23:08:51.72 ID:C+q88Rmjo
>>471
合体技でやんのえぐいねぇ



それと話の流れで低弾速になってしまったサボテンさんごめんなさい
476 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 23:15:45.34 ID:C+q88Rmjo
シュガガガッ!

サクラ「はあああっ!!」

ライガ「っ!」バチチッ

ドガァンッ!!!

ライガ「私は……うわっ!? 今日は戦いに来たんじゃっ! 話があってっ……!」

サクラ「わたしはないっ!!!」ブォンッ!

ライガ「くっ……!」

シキ「さ、桜野っ!」ヒョコッ

ライガ「!」

シキ「少し落ち着い……」

ライガ「そこにいたか妖精!」グアッ

シキ「え……?」

サクラ「っ!!」ガシッ

ライガ「ぬぅっ……!?」

サクラ「はっ!」ドゴォッ!

ライガ「うぐぁっ!?」ズザザザッ

サクラ「シキ、大丈夫?」

シキ「うん……」

ライガ「ちぃっ……」ムクッ

サクラ「シキが狙いか……?」

ライガ「さぁどうかな……」

サクラ「シキ、巻き込まれないところまで離れてて」

シキ「う、うんっ!」パタパタ

ライガ「はっ!」バヂッ

シキ「わわっ!」

サクラ「あなたの相手はわたし!」ガッ

ライガ「うくっ!」
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 23:18:20.60 ID:UO5KNe/b0
クリア
コンバインウェイブ
スプラッシュウェイブの魚達がスイミーフォーメーションの掛け声と共に特撮みたいなノリで合体して巨大な魚になる
478 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 23:27:38.24 ID:C+q88Rmjo
サクラ「シキをどうするつもり!?」

ライガ「どうもしないさ。お前が1人になりさえすればなっ!」ググッ

バヂィンッ!
ズザザザッ

サクラ「わたしが……?」

ライガ「お前にだけ話したいことがあってな。あの妖精が邪魔だった」

サクラ「どういう……」

ライガ「10日後夜明け前、町はずれの森に1人で来い。ウィッシュスターを持ってな」

サクラ「っ!? なにをっ!」

ライガ「分からないか? すべて終わらせてやると言っているんだ」

サクラ「!」

サクラ「すべ、て……?」

ライガ「決着をつけさせてやる」

サクラ「どういうつもり……?」

ライガ「なんてことはない。我らの計画における最大の障害はお前だからな。それを取り除こうというわけだ」

サクラ「言う通りにするとでも?」

ライガ「するさ。お前にとっても、それが最良なのだから」

サクラ「お前……何を知っている……?」

ライガ「私は何も知らないさ」

サクラ「どういう……!」

ライガ「それだけだ。確かに伝えたからな」シュンッ

サクラ「待っ……!」

サクラ「………………」

サクラ「すべて……終わらせる……? わたしひとりで……?」

サクラ「戦いが終わる……もう誰も傷つかなくて済む……」

サクラ「それに……もう……」ギュッ

シキ「桜野ー!」パタパタ

サクラ「シキ!」

シキ「大丈夫です? なにか言われたです!?」

サクラ「……意味わかんないこと言ってた。わたしのこと惑わそうと出まかせ言ってたんだと思う……」

シキ「本当に大丈夫です? シキは桜野が……」

サクラ「それよりみんなのところへ! まだ戦ってるんでしょ?」

シキ「う、うん!」
479 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 23:36:30.83 ID:C+q88Rmjo
ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!」

クリア「うぐっ……」

クリスタル「んっ……ぅ……!」

ブーケ「はぁ……はぁ……」ガクッ

クリスタル「足止め……これ以上はもう……」

クリア「さすがに限界……!」

ブーケ「で、でも……でもあれだけはっ……!」

ツナミ「倒してしまえばいいじゃないですか。今までだってそうしてきたでしょう?」

ブーケ「それを決めるのはあたしたちじゃないっ!」

ツナミ「はぁ?」

ブーケ「例え倒さなきゃいけないとしても、それを決めるのは桜野ちゃんじゃなきゃいけないのっ……!」ヨロヨロ

ブーケ「あたしはこれまで……大切なものを何度も傷つけてきた……そうしなきゃいけなかった……そうしなきゃ、他のものを守れなかった……!」

ブーケ「辛かったよ、心が痛かったよ……! でもその痛みは、絶対あたしのものじゃなきゃいけないっ! 他の誰かに肩代わりなんてさせちゃいけないのっ! あたしの大切なものだもん、あたしがやらなかったらきっと死ぬほど後悔してたっ……!」

ブーケ「その花は桜野ちゃんの大切なもの! 傷つけなきゃいけないなら、その痛みは他でもない桜野ちゃんのもの! だからせめて桜野ちゃんが来るまではっ……!」ググッ

ブーケ「桜野ちゃんの選択が……覚悟が! どんなものだったとしてもっ! それまではっ!! あたしが絶対守りきるっ!!!」

ブーケ「例え他の何を傷つけたとしてもっ!!!」ギンッ!

ツナミ「……ヤクサイン」クイッ

ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!!!」バシュウウウッ!!!

クリア「ブーケ!」

クリスタル「ブーケっ!!」

ブーケ「っ……!」ギュッ

ヒュンッ

ドガァァァンッ!!!

ブーケ「……っ」

ブーケ「……?」

ブーケ「あ……」

サクラ「遅れてごめん! みんな大丈夫!?」
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 23:40:19.14 ID:+noZKYdK0
桜野にとって花そのものはどこまで価値があるのか
481 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 23:42:25.18 ID:C+q88Rmjo
ブーケ「サクラ……!」

サクラ「ツナミ……よくも……!」ギロッ

ツナミ「うっ……やっぱり格が……」ゾッ

ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!!!」

サクラ「すぐにやっつけるから……!」ググッ

ブーケ「待って!」グイッ

サクラ「ブーケ!?」

ブーケ「あのヤクサインはあなたの花なの!」

サクラ「花?」

ブーケ「一度は萎れたけどもう一度がんばって、ついに咲かせることができたあの花っ!!!」

サクラ「あれが……」

ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!!!」

ブーケ「だからっ……!」

サクラ「そうですか」シュンッ

ブーケ「……え?」



サクラ「はぁっ!!!」

バキャアッ!!!



ヤクサイン「ヤグサッ!??」ドシィンッ! 

サクラ「っと……」ストッ

ブーケ「………………え?」
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/10(日) 23:45:17.32 ID:Ifs1qs49o
やっぱり花そのものに思い入れあるの朱さんだけだった
483 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 23:52:08.42 ID:C+q88Rmjo
ヤクサイン「ヤ、ク、サァァァイッ!!!」ダァンッ!

サクラ「だあああっ!!」ドカバキッ

ツナミ「予想はしてましたが、まさか一瞬の逡巡すらないとは……!」



ブーケ「な、なん……なん……で……?」

クリア「サクラ……?」

クリスタル「ど、どうなって……」

サクラ「みんな! なにやってるのっ!!!」

クリア「!」ビクッ

クリスタル「!」ビクッ

サクラ「はやくこいつを倒さなきゃ!!」

クリア「う、うんっ……!」ダッ

クリスタル「いいんですね……!」タタッ

ブーケ「待っ……て……」

ブーケ(どうして……?)

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!」

ブーケ「それ……それはあなたの……大切な……」

ブーケ(それがあなたの選択なの……? それがあなたの覚悟なの……?)

サクラ「はっ! たぁっ!!」ドガッバコッ!

ブーケ「あんなにがんばってたじゃない……! あんなに喜んでたじゃない……!」

ブーケ(ううん、違う……そんなんじゃない……だってあなたは……!)

サクラ「はぁぁぁっ!!!」バキャッ!!!

ブーケ「なんで……なんでよ……」

ブーケ(あなたは今、なにを傷つけてるの?)

ブーケ(あなたは今、痛みを感じてる?)

サクラ「ブーケ!!!」

ブーケ「っ!」ビクッ

ブーケ「………………わかん……ないよ」ギリッ

ブーケ「わかんないわかんないわかんないっ!!! もうなんにもわかんないっ!!!!!」

ブーケ「プリキュア!!! ガーデンシュートッ!!!!!」バッ

ブワワワワッ!!!!!

ヤクサイン「ヤッ!?」

ブーケ「うぅぅわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああっっっ!!!!!」バシュッ!

ヒュヒュヒュヒュンッ!!!
ズダダダダダダダダッ!!!!!

ヤクサイン「ヤ、グッ…!!?」

ドッパァァァンッ!!!

ヤクサイン「ヤァァァァ!!!」サラサラ…
484 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/10(日) 23:59:35.28 ID:C+q88Rmjo
朱「はぁっ……はぁっ……!」

朱「っ……」ソッ

朱(桜野ちゃんの大切な花……そのはずだった花……)

朱「……」パラパラ…

朱(こんなにボロボロになってしまった……)

朱「……っ!」ギュッ

朱(どうしてっ……!)

朱「うぁぁっ……!」



桜野「みんな大丈夫? 遅れてごめんね。雪菜ちゃん怪我ない?」

雪菜「はい……」

桜野「よかった」

雪菜「あの!」

桜野「なあに?」ニコッ

雪菜「……なんでも」

桜野「そう? あ、透ちゃんは大丈夫?」

透「うん……ツナミ、逃げられちゃったね」

桜野「みんな守れたから十分だよ」

透「うん。あ、ライガは?」

桜野「追い返した!」グッ

透「さすが」

桜野「えへへっ。あ、朱さーん!」タタッ



朱「…………」

桜野「遅れちゃってすいません。怪我ないですか?」

朱「…………ええ」

桜野「朱さん、最後すごかったですね! 鬼気迫るって感じで……」

朱「…………桜野ちゃん」

桜野「ほぇ? なんですか?」

朱「…………ひとつだけ聞かせて」

桜野「はい……?」

朱「…………あの花、なんでもう一度育てようと思ったの?」

桜野「なんでって……」

朱「…………」



桜野「そんなの決まってるじゃないですか」



朱「!」

朱(あぁ……あたしは……)



桜野「朱さんのお願いですもん!」ニコッ



朱(なんて勘違いをしてしまったんだろう)
485 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/11(月) 00:00:03.11 ID:vWBMgniZo
ここまで

またちょっと忙しくなり始めるので更新まちまちになるかもしれません申し訳ない
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/11(月) 00:01:47.25 ID:3acZ1TAto
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/11(月) 00:07:12.38 ID:v7Cm47vEo
かなしいなあ
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/11(月) 00:10:12.51 ID:wALPYKypo


クリア
ヒプノダンス
マントからペンギンがいっぱい出てきてコウテイペンギンこと皇帝Pの指揮でクリアとペンギン達がみんなでお手々繋いでダンスする
ダンスの動きが催眠になっていて見てしまうと金縛りに遇う
なので味方には事前に見ちゃダメと言っておく必要がある
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/11(月) 00:38:17.06 ID:aKhx74tm0


クリスタル
冷波滑走
地面凍らせて細雪を足にくっ付けてスケート靴のブレード代わりにして滑る
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/11(月) 08:33:57.68 ID:O77khzwW0
クリア
ファインライン
思いっきり身体を後ろに逸らして紙一重で攻撃をかわすいわゆるマトリックス避けとかイナバウアーみたいな体制
バランスの問題や凹凸があるとそこに攻撃当たる危険性がある等で胸があるものには使いこなせず胸が可愛すぎるものにしか使いこなせない技
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/11(月) 10:55:56.03 ID:QFy0uaqAo
今回カサイ出なかったな
3幹部は出勤日シフト性で必ず1人は休暇取れる仕組みか
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/12(火) 08:27:36.70 ID:HDMopWvm0
ブーケ
グラストラップ
足元に草を絡み付かせて転ばせる
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/12(火) 10:57:15.51 ID:eVZDneUF0
ブーケ
タイタンアラム・スカイドロップ
足元の地面から巨大なショクダイオオコンニャクの花が凄い勢いで生えてきてブーケを一瞬で空の彼方へと運ぶ
空で何かがキランッと光ったと思ったら凄い勢いでブーケが落下してきてかかと落とし
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/12(火) 19:10:40.49 ID:j3bciVOt0
クリア
スナウトフルーレ
メカジキ様が自らの頭を引っこ抜いてマントから射出しクリアが腕に装着
吻で叩いたり突き刺したりフェンシングのフルーレのように扱う
メカジキ様の命に関わるから頭を借りてられる時間に制限時間がある
※メカジキ様達はマグロ扱いされるとキレるので要注意
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/13(水) 01:23:04.60 ID:g4DnGXcFo
クリスタル
氷煙玉(ひょうえんだま)
氷の玉を地面に叩きつけて煙を出して身を隠す
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/13(水) 10:20:06.22 ID:MSNwXVOa0
クリスタル
冷波苦無(れいはくない)
冷波手裏剣のクナイバージョン
連鎖性・冷波苦無
クナイを敢えて明後日の方向に飛ばし、そのクナイに次のクナイを投げて弾き飛ばして軌道を変えて相手の死角に命中させる
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/13(水) 18:18:03.64 ID:4tVhFeURo
クリスタル
冷波分銅鎖
冷波刀の分銅鎖バージョン
使い方は忍者の分銅鎖と大体同じ

蛇ノ道(じゃのみち)
相手が避けようが逃げようが獲物を逃さない蛇の如くどこまでも追尾する
498 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/14(木) 00:22:53.77 ID:26rkjvYwo
3年教室

雪菜「遊びに行きませんかっ!!!」ズイッ

朱「え、えっとぉ……」

女子生徒「あー朱が後輩連れ込んでるー!」

雪菜「!」ビクッ

女子生徒「ほんとだー! 1年生?」

雪菜「あうあうわわ……!」ササッ

朱「あらら?」

女子生徒「あ、隠れちゃった。かわいー!」

女子生徒「おうおう朱さんよー。そのちんまいのとどういう関係だー?」

朱「この子? 雪菜ちゃんはね……」

雪菜「あわわわわ!」グルグル

朱「妹よ」ニコッ

雪菜「ナチュラルに嘘つかないでください!」

女子生徒「となるとほんとはどーゆーかんけー?」

雪菜「あ、えとっ、わたっ、私っ……!」

女子生徒「朱のファンの子なんじゃない?」

雪菜「そ、それはっ、そうなんですけどっ、あのっ……!」

女子生徒「あ、もしかして告白とか!? 朱モテモテじゃーん」

雪菜「あ、それは前にやりました」スンッ

女子生徒「え、なんで急に虚無……?」

雪菜「フッ……」トオイメ-

女子生徒「感情が失くなってしもうた……」
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/14(木) 00:24:49.57 ID:uTt/IOIGo
雪菜ちゃんを妹にすれば自動的に霰ちゃんも妹になる
なんて冷静で的確な判断力なんだ!
500 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/14(木) 00:40:34.08 ID:26rkjvYwo
女子生徒「邪魔しちゃってごめんねー」

雪菜「い、いえっ……!」ペコペコ

女子生徒「その子、あとで紹介してねー」

朱「ダメです! うちの子は誰にも渡しません!」

雪菜「朱さんちの子じゃないです……」

朱「まだね!」

雪菜「ずっとです……」



雪菜「じゃなくて!」

朱「あ、うん。なんだっけ?」

雪菜「週末、どこか遊びに行きませんか?」

朱「遊びに……」

雪菜「はい。桜野さんと透さんも誘ってみんなで」

朱「あ……桜野、ちゃん……」

雪菜「朱さん……?」

朱「ううん、ごめんね。なんでも……」

雪菜「この前のお花のことですよね……?」

朱「!」

朱「……あ、あれは……あたしが1人で空回っちゃっただけだから……」

雪菜「……でも私も、最近桜野さんの様子がどこかおかしい気がします。どこってわけじゃないけどどこか……」

朱「……うん」

雪菜「私考えたんですけど……桜野さん、疲れちゃってるだけじゃないかって」

朱「疲れてる?」

雪菜「桜井さんのことがあって、この前のお休みのことがあって、心が疲れちゃったんだと思うんです。悪いことがいっぱい重なっちゃって」

朱「うん……」

雪菜「だからなにか楽しいこととか、リラックスできることがあれば心の休養になるかなって。そしたらいつも通りに戻れるかなって思って。どうですか?」

朱「………………」

朱「桜野ちゃん、顔には出さないけど、もしかしたらすごく落ち込んでるかもしれないもんね」

雪菜「はい」

朱「それだけのことが……あったもんね……」

雪菜「……はい」

朱「……うん、わかった。あたしも桜野ちゃんに元気になってほしい。みんなで遊びに行きましょうか」

雪菜「はいっ!」

朱「場所は決まってるの?」

雪菜「一応目星は……えーっと……」



安価下1
遊びに行く場所
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/14(木) 00:42:28.62 ID:uTt/IOIGo
遊園地

今季節いつなんだろう?
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/14(木) 08:46:58.32 ID:gXzpEQ6q0
霰ちゃんもくっついてきたら朱さん的には正に鴨が葱背負ってやってきた光景に
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/14(木) 19:48:22.67 ID:HuhXgfer0
クリア
ウォーターバレット
マントからテッポウウオくんが2匹出てきて変形したマントと合体して2丁の水鉄砲になる
一見豆鉄砲に見える水の玉を発射するが分厚い鉄板を容易に貫通する威力があり下手にガードすると風穴を空けられる
504 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/15(金) 00:19:13.17 ID:9lzKrGuQo
季節感はあえてあんまり出さないようにしてきました これからもそのつもりなので季節系のイベントはありません というかもう畳みはじめてます 終活です
それでも季節というなら、夏だとおいしいけどメタ的には冬って感じです
505 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/15(金) 00:28:32.22 ID:9lzKrGuQo
雪菜「遊園地とかどうかなって思ってます」

朱「うん、いいわね。みんな楽しめそう」

雪菜「朱さんも遊園地好きです?」

朱「ええ」ニコッ

雪菜「よかったです」ニコッ

朱「桜野ちゃんと透ちゃんにはまだ?」

雪菜「はい。これから行ってこようと思います」

朱「2年生の教室よね?」

雪菜「は、はい……知らない人いっぱいで怖いです……」

朱「それなら……」

雪菜「でも! 思い立ったが吉日です! もたもたしてたら休み時間も終わってしまいます!」

朱「だ、だったらおひる……」

雪菜「というわけで行ってまいりますぅぅぅ!」パヒュ-ン

朱「やすみにすれば…………行っちゃった」

朱「もう……」クスッ

朱「……」

朱「あたしも元気出さなきゃ」グッ
506 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/15(金) 00:39:46.98 ID:9lzKrGuQo
廊下

雪菜「」タタタッ

雪菜「あ!」

雪菜「透さーん!」タタタッ

透「ん? 雪菜?」

雪菜「はぁはぁ……透さん!」

透「そんなに急いでどうしたの?」

雪菜「遊びに行きませんか!」

透「今から? 雪菜悪い子?」

雪菜「ち、違います違います週末です! 桜野さんを元気づけるんです!」

透「桜野? 結構元気だと思うけど……でもまあそういうことなら、うん。桜野が行くなら行く」

雪菜「ほんとですか!」

透「桜野にはもう声かけた?」

雪菜「今からです!」

透「そか。ちなみにどこに?」

雪菜「遊園地とかどうかなって思ってるんですけど、透さんは行きたいところとかありますか?」

透「遊園地、いいと思う」

雪菜「透さんも遊園地好きです?」

透「とても」

雪菜「じゃああとは桜野さんですね」

透「教室にいるはず」

雪菜「ありがとうございます! 行ってきます!」パヒュ-ン

透「うん、いってらっしゃい」フリフリ

透「……」フリ

透「んー……」

透「桜野、元気ない……?」
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/15(金) 00:43:06.66 ID:oPrM7zWSo
透ちゃん牙が抜けてからは日常ではポヤーっとしてる天然不思議ちゃんだ
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/15(金) 00:48:42.95 ID:Zg7KX/FQo
透き通るような純粋な子
509 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/15(金) 00:56:01.51 ID:9lzKrGuQo
2年教室前

雪菜「えっと……桜野さんどこかな……」ヒョコッ

雪菜「あ、いた。桜野さー……ん?」



桜野「─────」

男子生徒「─────」



雪菜(誰かとおはなし中です。今行ったらお邪魔になっちゃう……)



男子生徒「そーゆーわけで試合近いからさ、掃除当番代わってくんね?」

桜野「いーよ、まかせて」

男子生徒「マジ? サンキュー」



雪菜(また頼まれごとしてる。二つ返事で引き受けちゃうところは、さすが桜野さんって感じ……)



男子生徒「んじゃ頼むわー」テクテク

桜野「はーい」フリフリ



雪菜(おっとこっちに……)ササッ

男子生徒「おーぅどうだったー?」

雪菜「!」ビクッ

雪菜(び、びっくりした……別の人……お友だち?)

男子生徒「代わってくれたわー」

男子生徒「だろーな。断ってるとこ見たことねーもん」

雪菜(さ、桜野さん……いくらなんでも限度ってものが……)

男子生徒「んじゃ放課後ソッコーゲーセンな」

雪菜(え……?)

男子生徒「おう。今日こそ負けねえから」

男子生徒「はぁ? 目にもの見せてやるよ」

雪菜「さっき試合って……」ボソッ

男子生徒「あ?」ジロッ

雪菜「ひっ!?」ビクッ

男子生徒「なにこいつ。知り合い?」

男子生徒「いや知らね。1年か?」

雪菜「……っ」ビクビク

男子生徒「おい」

雪菜「ひゃいっ!?」ビクッ

男子生徒「お前なんか文句あんの?」

雪菜「ぁ……っ……!」オドオド

男子生徒「聞いてんの?」

雪菜「えあっ……ぁ、の……!」ビクビク


安価下3まで多数決
@ なんでもないですごめんなさい
A なんで嘘ついたんですか
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/15(金) 01:00:49.60 ID:Zg7KX/FQo
2
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/15(金) 01:01:31.71 ID:oPrM7zWSo
2
512 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/15(金) 01:11:40.31 ID:9lzKrGuQo
雪菜「ぁ、の……わたっ……!」オドオド

男子生徒「文句あんのかって聞いてんだけど?」

雪菜「ひっ……! うぅ……!」ビクビク

雪菜「ふぅっ……ふぅっ……!」

雪菜「……な……なん、で……」

男子生徒「あ?」

雪菜「………………なんで……嘘ついたんですか……?」

男子生徒「はあ?」ギロッ

雪菜「っ!?」ビクッ

雪菜「あのっ……ぁ、の……ご、ごめんなさ……!」ビクビク

男子生徒「言いたいことあんならはっきり言えよ」

雪菜「……わ、わたっ、しっ……さっきっ、聞いててっ……! 桜野さんにっ……掃除、当番……試合近いからって……!」

男子生徒「それがなに?」

雪菜「だ、だっていまっ……! 遊びに行くって……!」

男子生徒「お前に関係ないだろ」

雪菜「な、なくないですっ……! そんなうそっ、ひ、ひどいですっ……桜野さんかわいそうですっ……!」

男子生徒「別にいいだろ。やってくれるって言ってんだし」

雪菜「そ、そんなっ……優しさにつけ込むみたいなことっ……!」

男子生徒「は? うるっせえなぁ! あんま調子乗んじゃ……!」ズイッ

雪菜「ひぅっ!!?」ガクガク



桜野「どしたのー?」



雪菜「!」

男子生徒「チッ……」
513 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/15(金) 01:22:23.48 ID:9lzKrGuQo
桜野「なんかあった……あれ、雪菜ちゃん? どうし……」

雪菜「さ、さくのさ……!」ポロポロ

桜野「!」タタッギュッ

雪菜「あ、ぅ……!」ギュッ

桜野「雪菜ちゃん……?」

雪菜「はっ、ひぅっ……ぐすっ……!」ポロポロ

桜野「だいじょぶ?」ナデナデ

雪菜「は、ぃっ……!」ギュウウウッ

桜野「……」パチクリ

桜野「……」

桜野「……いじめた?」グリンッ

男子生徒「……っ!」ビクッ

桜野「ねぇこの子になにしたの? ねぇ?」

男子生徒「い、いや……」

桜野「かわいいかわいい後輩なの。優しくしてあげてほしいなぁ」

男子生徒「……っ」

桜野「わたしも怒るときは怒るからね?」ニコッ

男子生徒「……こ、後輩の教育くらいちゃんとやっとけ」

桜野「うん、ごめんね?」

男子生徒「……いこーぜ」

男子生徒「お、おう……」
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/15(金) 01:24:22.35 ID:cJJLigD/o
ホラー映画やサスペンスみたいな動きでグリンッとしてそう
515 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/15(金) 01:28:56.00 ID:9lzKrGuQo
桜野「大丈夫、雪菜ちゃん?」ナデナデ

雪菜「ずびば、すびばせん……ちょっとびっくりしちゃっただけでず……」スンスン

桜野「あとできつーく言っておくからね?」

雪菜「は、はい……」

桜野「それでどしたの? わたしに何かおはなし?」

雪菜「あ、あの……遊びに行きたいなって……みんなで……週末……遊園地……透さんと朱さんは……いいよって……」

桜野「遊園地……」

雪菜「あ、よ、予定あるなら……」

桜野「……ううん、行こっか」ニコッ

雪菜「ほ、ほんとですか……?」

桜野「うん」ニコニコ

雪菜「みんなよろこびます……!」
516 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/15(金) 01:39:23.57 ID:9lzKrGuQo
桜野「でもそっかぁ……遊園地かぁ……」

雪菜「……」

桜野「うわさには聞いて……」

雪菜「桜野さん……」

桜野「なあに?」

雪菜「あの……」

桜野「うん……?」

雪菜「…………さっきの人たち、嘘ついてました」

桜野「うそ?」

雪菜「……私、聞いてたんです。掃除当番代わるって話。あの人たち試合が近いって言ってたのに、それは嘘で遊びに行こうとしてたんです……」

桜野「あー、そっか」

雪菜「そっか、って……いいんですか……!?」

桜野「なにが?」

雪菜「なにがじゃないです! だって掃除当番やらなきゃいけないんですよ!?」

桜野「それくらいで大げさだって。それに引き受けちゃったものはしょうがないし」

雪菜「でもあの人たち、嘘ついて桜野さんに押し付けたんですよ!?」

桜野「んー、でもまあめんどくさいし? 誰だってそういう時はあるよ」

雪菜「そんな……でもっ、そんなのひどいじゃないですか! 自分が遊びたいからなんて理由で……!」

桜野「別にいいんだよ」

雪菜「!」

桜野「理由なんか、なんでも」

雪菜「さ、桜野さ……」

桜野「……」

雪菜「ぁ……」

雪菜「………………」

雪菜「……私もお掃除手伝います」

桜野「いいっていいって。大丈夫だよ。わたしが引き受けちゃったんだし今日は1人じゃなさそ……」

雪菜「でもっ……!」

桜野「いいの、ほんとに。後輩に手伝わせたらそれこそだもん」

雪菜「で、でも……」

桜野「雪菜ちゃんが責任感じることないよ」

雪菜「う、ぅ……」

桜野「ありがとね、雪菜ちゃん」

雪菜「…………はい」
517 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/15(金) 01:40:43.83 ID:9lzKrGuQo
次回、楽しい楽しい遊園地編
というわけで遊園地で発生するイベントを3つほど募集します 足りなそうなら追加募集するかも
ここまで
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/15(金) 01:40:55.22 ID:+ob1fUPe0
行ったことないんだ遊園地…
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/15(金) 01:47:02.50 ID:oPrM7zWSo


可愛い女の子が4人揃ってるので当然結構ナンパされた
透ちゃんだけ男の子に間違われて女性にもナンパされた
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/15(金) 01:51:32.59 ID:2VwPYTvl0

たまたま近くの小学校が遠足に来ていた
朱さんがヤバくなった
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/15(金) 02:12:18.72 ID:stAWN74vo

迷子の子供と出会ってみんなで迷子センターまで送ってあげる
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/15(金) 08:05:56.96 ID:3fsMl/fao
シューティング系のアトラクション何故か透ちゃんがめっちゃ得意だった
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/15(金) 08:21:13.14 ID:xwek9Mnn0
ひょんなことから特撮ショーのスーツアクターやることになった
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/16(土) 08:19:41.73 ID:9PUimlkT0
ジェットコースターに乗ったと思ったらズブ濡れになるタイプのやつだった
服乾くまで仮装の衣装貸してもらう
525 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/16(土) 22:19:57.08 ID:sSzjs3ago
週末

桜野「こ、ここが……!」

遊園地

桜野「遊園地ぃぃぃ……!!!」キラキラ

透「え、初めて?」

桜野「うんっ!」

透「時々すっごい俗世に疎いよね……」

雪菜「遊園地が初めてはほんとに珍しいですね」

朱「小学校の遠足とかで来なかった?」

桜野「昔から学校行事はほとんど参加できなかったので!」

透「へぇ、どうして?」

桜野「あっ……」

雪菜「……?」

透「昔は体弱かったとか?」

桜野「あ、うんっ……そんな感じ!」

透「今は平気?」

桜野「うん!」

透「じゃあ今日はいっぱい遊ぼ」

桜野「うんっ!」
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/16(土) 22:28:31.52 ID:iqIBfYsLo
桜野さんだんだん誤魔化しが効かなくなっとる
527 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/16(土) 22:30:05.37 ID:sSzjs3ago
透「乗りたいのある?」

桜野「ぜんぜん分かんないから、とりあえずみんなについてこっかな」

透「気になるのあったら言って」

桜野「うん!」ニコッ



雪菜「……朱さん朱さん」

朱「立場がいつもと逆転していりゅぅ……お姉ちゃんぶる透ちゃんくぁわいぃ……」ニヘニヘ

雪菜「あの……」ジトッ

朱「おっと……どうしたの?」キリッ

雪菜「桜野さんのことなんですけど……」

朱「!」

朱「…………うん」

雪菜「桜野さんのおうち……やっぱりなにか……」

朱「……かもね。でも……」

『話せばきっと……桜野がいなくなっちゃうっ……』

朱「……今のあたしたちには何もできない」

雪菜「っ……」

朱「もう、そんな顔しないで元気出して?」

雪菜「はい……」

朱「桜野ちゃんを元気づけるために来たんだもの。あたしたちが落ち込んでたら、かえって不安にさせちゃうわ」

雪菜「そう、ですよね……」

朱「気持ちは分かるわ。でもほら、桜野ちゃんは今ここにいて、こうして笑ってる。あたしたちに出来るのは、今を失わないことよ」

雪菜「今を……失わない……」

朱「だからあたしたちも一所懸命楽しみましょ?」

雪菜「…………はいっ!」
528 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/16(土) 22:39:13.76 ID:sSzjs3ago
雪菜「ところで朱さん!」

朱「どうしたの?」キリッ

雪菜「怪しいです!」

朱「なっ!?」(E:でっかい帽子サングラスマスク)

透「パッと見不審者」

朱「と、透ちゃんまで……」

桜野「最初見たときちょっとびっくりしちゃいました」

雪菜「日焼け対策……にしてはちょっと過剰なような……?」

朱「こ、これは変装というかなんというか……」

透「そういえば人気モデル」

朱「あ、あたしだってそんなに見つかるとは思ってないわよ? でも万が一ってこともあるし……何より今日は! 今日だけは絶対誰にも邪魔されたくなかったのよぉ!」

雪菜「逆に目立ってます」

朱「そんなっ!」

桜野「少し外した方がいいかもですねぇ」

朱「わかったぁ……帽子だけにするぅ……」

透「うん、そっちの方がいい」

朱「……ふむ」ジロジロ

透「な、なに……?」

朱「ちょっとこのサングラスかけてみて?」

透「え、う、うん……どお?」スチャ

朱「……」

透「かけさせといて無反応は……」

朱「」パシャパシャパシャシャシャ!!!

透「撮らないで!?」

朱「ポーズとって!」

透「とらない!!」
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/16(土) 22:41:12.76 ID:8aAjjiGno
朱さんが狂ってる
平常運転だ
530 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/16(土) 22:50:41.91 ID:sSzjs3ago
雪菜「でもほんとに似合ってます!」

桜野「透ちゃんかっこいいよー!」

透「そ、そお?」テレッ

朱「1日貸すから使って?」

透「ん、ありがと」

雪菜「それじゃさっそく行きましょー!」

桜野「おー!」

透「おー」

朱「ちょっと待ったぁ!」

桜野「?? なんですか?」

朱「これから1番大事なことを話します」

透「なんか仰々しい」

朱「それはズバリ!」

雪菜「ずばり?」

朱「ナンパに注意すること!」

透「ナンパ……」

桜野「ナンパー?」

雪菜「そんなに心配しなくてもいいと思いますけど……」

朱「あっまーい! この際だから言っておきますけどね! みんなすっごくすっごく可愛いのよ!? あたしが言うんだから間違いない!!」

桜野「なんという説得力……」

朱「こんなに可愛い子が集まってるんだもの、たくさん声をかけられるはず! ううん、絶対かけられる!」

透「何を根拠に?」

朱「あたしだったらかけます! かけまくります!! なんなら隙見ておうちに連れて帰ります!!!」

雪菜「やめてください」

朱「そんなことを考えている危険な人がいるかもしれません!」

透「朱以外にも?」

朱「なのでちゃんと警戒を……!」



桜野「あ、道ですか? それなら……」

ナンパ「ウェ-イ」



朱「言ったそばからあああああ!!!!!」ダダダッ!
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/16(土) 22:53:01.05 ID:ieUxyLKqo
(;0w0)<オンドゥルルラギッタンディスカー!! ウェーイ
532 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/16(土) 23:01:12.70 ID:sSzjs3ago
桜野「あの人困ってたみたいです」

朱「あれはナンパの常套句ですぅ!」

桜野「なんと」

朱「そもそも桜野ちゃんここ初めてでしょ!? 道聞かれても分からないじゃない!」

桜野「確かに分かりませんけど……でもそれは困ってる人を放っておいていい理由にはなりません! 分からないなら一緒に探してあげることだってできるはずです!」

朱「高潔で大変よろしい! あなたのそういうところ好きよ! でもさっきの人はぜんぜん困ってなかったの!!!」

桜野「なんとまあ」

朱「ほいほいついて行っちゃダメよ? ほんとに危ないんだからね?」

桜野「はあい」

朱「分かってくれたならいいわ。桜野ちゃんだけじゃなく、2人も気をつけて……」クルッ



ナンパ「お兄さん今ひとりですかぁ?」

透「おにーさん?」

ナンパ「私達と遊びませんかぁ?」

透「??」ポケ-



朱「ちょおおおっとまったあああああ!!!!!」ダダダッ
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/16(土) 23:04:00.97 ID:iqIBfYsLo
これは頼れる保護者朱さん
534 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/16(土) 23:08:16.82 ID:sSzjs3ago
ナンパ「一緒に行きましょーよー」グイ-

透「どこに?」

ナンパ「お兄さんが行きたいところならどこでもー」グイ-

透「行きたいとこ? 桜野ーどこがいいー?」

ナンパ「え、桜野? 名前的に女の人だよね……?」ヒソヒソ

ナンパ「恋人と来てるパターン? まずったか……?」ヒソヒソ

透「こいびっ!? ちがっ! 桜野とはそういうんじゃ!///」アタフタ

ナンパ「え、きゃわ……」

ナンパ「推せる……」

透「さ、桜野ぉ……!///」

朱「うちの子になにか御用ですかぁ???」ゴゴゴゴ

ナンパ「うひゃっ!?」ビクッ

ナンパ「こ、この人が恋人……!?」

透「あ、違います」バッサリ
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/16(土) 23:13:27.27 ID:kKPlmxw20
ナンパ女子視点だとハーレム築いてるお兄さん透
536 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/16(土) 23:17:53.50 ID:sSzjs3ago
透「男の人と間違えられた?」

朱「透ちゃんボーイッシュな感じだし、今日の服装は中性的ですっきりしてるし……」

雪菜「た、確かにイケメンオーラがすごいです……!」

透「そう言ってもらえるのは嬉しいけど、なんで私だけ……」チラッ

雪菜「サングラスのせいだったりしません?」

朱「外したら外したで破壊力抜群なのよねぇ……」

透「!」ハッ

透「……っ!」ペタッ

透「……」スト-ン

透「!???!?!??!!?」

透「アア……」ガクッ

桜野「透ちゃん!?」ガシッ

透「さ、く……?」

桜野「大変、熱中症かな!? なにか飲み物でも……」

透「……」ジ-ッ

桜野「え、あの……透ちゃんどこ見て……?」

透「アアアアア……」パタッ

桜野「透ちゃーん!!!」

透「ウラギリモノウラギリモノ……」シクシク
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/16(土) 23:21:50.27 ID:iqIBfYsL0
長年の戦いで鍛えられた立派な胸板
538 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/16(土) 23:27:04.34 ID:sSzjs3ago
朱「まずいわね、このままだと透ちゃんが女の人に誘拐されてしまう。そうなる前にいっそあたしが……」

桜野「だめです」

朱「でも本当に笑っていられる状況じゃないわ……」

朱「桜野ちゃんはなにか頼まれたらふらふらついて行っちゃうし」

朱「透ちゃんは意外とボケボケで女の人に連れていかれそうだし」

朱「この2人ちょっと危うい……危うすぎる……!」

朱「そ、そうよ雪菜ちゃんなら! 雪菜ちゃんは警戒心が強いし、ナンパにも怖がって近づかないはず……!」

朱「雪菜ちゃ……! あれ、雪菜ちゃんは?」



雪菜「え、写真撮ってくれるんですか?」

ナンパ「ウェ-イ」



朱「スタァァァップ!!!!!」ダダダダッ
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/16(土) 23:29:19.35 ID:kKPlmxw20
美味しそうな上に警戒心ゼロで肉食動物にとっちゃ格好の獲物だぜ
540 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/16(土) 23:40:38.60 ID:sSzjs3ago
朱「どうして……どうしてなのっ……! いつもの警戒心はどこ行っちゃったの……! 観光地だからなの……!? 財布の紐みたいな感じなの……!?」

雪菜「だって写真撮ってくれるって言うから……」

朱「それもナンパの常套句なの!」

雪菜「なんとまあ」

朱「だ、ダメだ……最後の砦だった雪菜ちゃんまであてにできないなんて……! あたしひとりでみんなを守れるの……?」

朱「ううん、へこたれちゃダメよ秋葉朱! みんながこんな感じだからこそ、あたしがしっかりしなきゃ……!」

透「あ、小学生」

朱「っ!!?」バッ!!!

雪菜「ほんとだ。遠足でしょうか」

桜野「遠足! あんな感じかぁ……!」

朱「疾ッ!!!」ダッ!

雪菜「ストップです朱さん!」ガシッ

朱「ハナッ……ハナシテッ……!」グイ-

透「ち、力つよっ……!?」グイグイ

朱「シャシン……シャシンダケ……!!!」

雪菜「盗撮は犯罪です!」グイ-

朱「カワイイ……ホシイ……!!!」

透「写真くらい撮らせてあげるから!」

朱「っ!!?」ババッ!!!

透「雪菜が!」

雪菜「ちょっ!?」

透「今なら霰もセット!」

雪菜「妹巻き込まないでください!?」

透「だってこうしないと何かに変身しそうなんだもん!」

雪菜「否定できないっ!」

朱「ユキナチャ……アラレチャ……!!!」

桜野「ねぇシキ、朱さんから闇の気配とかしないよね?」ヒソヒソ

シキ「信じられないですが何も感じないのです。シアにも聞いてみるです」ヒソヒソ

桜野「どうですシアさん?」ヒソヒソ

シア「ええ、微塵も感じませんわね。ですが……」ヒソヒソ

朱「カワイイ……カワイイ……!!!」

シア「目の前にこれがいて何も感じとれないのは、ちょっと自信なくなりますわね……」

桜野「あはは……」

シキ「笑いごとじゃないのです……」
541 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/16(土) 23:41:11.13 ID:sSzjs3ago
ここまで

朱さんがヤバくなった、の加減がわからなかった
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/16(土) 23:45:55.38 ID:iqIBfYsLo

朱さんはヤバいのが通常だしな
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/16(土) 23:49:17.97 ID:kKPlmxw20

変装してて良かった
週刊誌に撮られてたら言い訳できないスキャンダルだ
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/16(土) 23:54:51.09 ID:bBlXOOaZo

桜野さん遠足すら知らない…
学校行事休みまくってよく近所や学校側に怪しまれなかったな
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/17(日) 00:54:43.42 ID:pWBymS6lo
朱さんだって(女の子に)ナンパされたら断れないじゃないですかー
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/17(日) 10:03:11.43 ID:2AtF8cetO

朱さんがヤバいのは(表面上だとしても)平和な証拠だな
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/17(日) 16:34:29.82 ID:8/uugVVp0
ブーケ
フィクションチルドレン
ブーケの周りにオルキス・イタリカのような花が咲いて小さな子供に似た姿になる
子供の姿をした花に囲まれたブーケは身も心もふにゃふにゃにしてあらゆる攻撃をふにゃふにゃして避けることができる
548 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 00:46:51.43 ID:w6q2Nk8vo
モンスターシューティング

スタッフ「モンスターシューティングへようこそー! 皆さまは今から……」

ワイワイガヤガヤ

桜野「これは……?」

雪菜「シューティング系のアトラクションですね。ゴンドラでコースを進みながら、出てくるモンスターを光線銃で撃つんです」

桜野「光線銃?」

朱「これ見本のやつね」

桜野「なるほど。こ、こんな感じ……?」スチャ

朱「うんうん、結構さまになってるわよ」

桜野「そ、そうですか? へへへ……」

透「へぇ」カタッ

透「……」クルクルパシッ

透「うん、取り回しいいかも」スチャ

桜野「おおー!」パチパチ

朱「かなりさまになってるわね」

雪菜「透さん、こういうの得意です?」

透「そこそこ」

朱「最後にスコアが出るから、みんなで競走しましょっか」

雪菜「きょ、競走ですか……がんばろ!」グッ

桜野「わたしもがんばろ!」グッ

透「あんまり力まないほうがいい」

スタッフ「次のお客様どうぞー」

雪菜「あ、私たちの番です」

桜野「よおし! どっからでもかかってこーい!」



安価 桜野のウデマエ
先に2票入ったやつ
@ 超絶脳筋0ヒット
A 平々凡々こんなもん
B 百発百中スナイパー
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 00:48:05.76 ID:IhuIbsiMo
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 00:50:35.77 ID:k0nyeBrbo
1
551 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 00:56:04.50 ID:w6q2Nk8vo
透「……」ビビッビビビッ

朱「意外とっ! 難しいかもっ……とっ!」ビビッ

雪菜「わわっ、あっちも!」ビビビッ

桜野「み、みんなすごい……わたしも……! てやっ」ビビッ

スカッ

桜野「あれぇ?」

桜野「ま、まだまだ!」

桜野「ていっ! とあっ!」ビビビビッ

スカカカッ

桜野「あれれぇ?」

透「的をよく見て、両手でまっすぐ構えて」ビビビッ

桜野「うぇ? えと、えっと……!」モタモタ

透「桜野、右」

桜野「わかってるけどぉ〜!」ビビッ

スカッ

桜野「当たんない〜!」



安価下コンマ
最終結果
偶数 2位朱、3位雪菜
奇数 2位雪菜、3位朱
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 00:57:50.00 ID:tj98WUqKo
えい
553 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 01:03:51.53 ID:w6q2Nk8vo
>>552
えげつねえコンマ出たのであとで桜野にいいものあげることにします
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 01:09:10.35 ID:1WhBlBKMo
良いもの(コスモス級の曇らせ思い出)
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 01:10:25.63 ID:IhuIbsiMo
良いもの(見ただけで気絶するパパが写ってるペンダント並みに衝撃的なもの)
556 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 01:17:13.09 ID:w6q2Nk8vo
スタッフ「お疲れ様でしたー!」

朱「結構難しかったわねー!」

雪菜「でも楽しかったですー!」

透「ん」

朱「それで結果が……」

透「いちばん」←1位

朱「けっこう僅差だったわね」←2位

雪菜「もうちょっとだったんですけど、惜しかったです」←3位

桜野「うぐぉぉぉ……!」←4位

雪菜「透さんすっごい上手でしたね!」

透「ああいう武器、結構いいかも。やってみよっかな」

雪菜「こ、こんなところにも新技のヒントが……!」

朱「桜野ちゃんは……その……」

桜野「まさか1発も当たらないとわぁぁぁ……!」ガクッ

雪菜「桜野さんのバトルスタイルってなんていうか……」

透「真っすぐいってぶっとばす」

雪菜「って感じですよね。銃とは相性悪いのかも……」

桜野「ふぬおおおおお……!」

朱「げ、元気だして……!」

透「大丈夫だよ桜野」ポンッ

桜野「と、透ちゃ……」

透「これからも遠距離攻撃は私たちにまかせて」ニコッ

桜野「わたしに遠距離は無理ってことですかあああ……!!!」ガクガクッ

朱「透ちゃん逆効果……」

透「あれ?」

雪菜「そういえば透さん、さっきスタッフさんから何か貰ってませんでした?」

透「うん、なんかハイスコアの景品らしい」ピラッ

朱「併設されてる飲食店の割引券ね」

雪菜「あ、じゃあちょっと早いですけどお昼にしますか?」

透「うん、賛成」

朱「桜野ちゃーんそろそろ復活してー?」

桜野「ぬぐううううう……!」
557 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 01:18:12.24 ID:w6q2Nk8vo
ここまで

ちゃんと誰が見てもいいものあげるよ……
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 01:20:50.63 ID:aOYJDQ2Ho

極限まで断ロリして禁断症状で苦しんでる朱さんを入れた箱とか?
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 01:23:03.09 ID:IhuIbsiMo

人に尽くしてばっかの桜野さんでもちゃんともらって嬉しいものあるんだな
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 08:21:49.44 ID:0yGgzlZ0o
桜野はお仕事して給料もらえなくてもありがとうだけで満足しそうなワタミに向いてる人材
https://i.imgur.com/q7PRDII.jpg
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 14:19:19.55 ID:OeWJfahs0
透ちゃんは生身なら一番身体能力高そう
逆に桜野ちゃんは一番虚弱そう
雪菜ちゃんは胸の重りが運動するとき辛そう
朱さんは体型維持のためにあんまりお腹いっぱい食べられなくて身体鍛えられなさそう
562 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 22:09:47.02 ID:w6q2Nk8vo
>>558
それ貰って嬉しいか?
563 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 22:19:16.60 ID:w6q2Nk8vo
カフェ・ラヴィール

雪菜「パスタとラーメンが同居してます……」

透「なんでもあって選び放題」

朱「逆に迷うわね……」

雪菜「オススメとかあれば助かるんですけど……」



桜野「……わかっちゃいたけど観光地価格だなぁ」

桜野「……」

桜野「………………ちょっと無理かぁ」ボソッ



朱「透ちゃんの割引券って何が割引されるんだっけ?」

透「んーと……期間限定メニューを一品、が5枚綴り」

雪菜「けっこう太っ腹ですね」

透「みんなで使お」

朱「あら、あたしたちもいいの?」

透「うん、よければ」

雪菜「ありがとうございます! 使わせていただきます!」

朱「とはいえ期間限定だけでも結構あるわね」

雪菜「やっぱり迷っちゃいますねー」

透「桜野は?」

桜野「え?」

透「何にするか決まった?」

桜野「わたしは……ど、ドリンクだけでいいかな!」

透「え、なんで……?」

桜野「いやちょっとおなかいっぱいと言いますか……」

透「桜野が? お昼はいつもお米粒ひとつ残さずきれいに食べる桜野が? おなかいっぱい?」

桜野「ああいや……はは……」

透「大丈夫? 体調悪い? おなか痛い?」

桜野「おなかは痛くないけど……あ、あれかな、初めてがいっぱいでいろいろ圧倒されちゃったのかな」

透「ほんとに大丈夫? 無理に食べろとは言わないけど……辛かったら言ってね?」

桜野「うん、心配かけちゃってごめんね」

シキ「……」
564 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 22:26:55.72 ID:w6q2Nk8vo
朱「みんな決まった?」

透「2人は?」

朱「あたしはホットサンド」

雪菜「私はオムライスにしようかなと」

朱「透ちゃんは?」

透「うどん」

朱「うどん……」

透「あったかいのか冷たいのかで悩んでる」

桜野「どっちも美味しそうだもんねぇ」

透「桜野はどっちがいいと思う?」

桜野「わたし? んー」



安価下
@ あったかいの
A 冷たいの
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 22:27:53.86 ID:2tZyJsHXo
1
566 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 22:37:47.91 ID:w6q2Nk8vo
桜野「あったかいのかな」

透「じゃあそっちにする」

シア「こら透、自分の食べるものくらい自分で決めなさい」

透「む……こんな人の多いところで話しかけてこないで」グイッ

シア「ちょっと透っ……えぷっ!」

桜野「シアさんぺちゃんこになっちゃう……」

透「シアならこのくらい平気だもん」

桜野「これもまた信頼か……でもほんとにわたしが選んだ方でいいの?」

透「うん、そっちの方がおいしそう」

桜野「透ちゃんがいいならいいんだけど」

透「桜野は本当に何もいらない? 割引券まだあるよ?」

桜野「ううん、大丈夫」

シキ「じゃあシキが食べるのですー!」バッ

桜野「っ!? こ、こら!」ガバッ

シキ「えぶぶぶぶっ!」ワタワタ

桜野「見つかっちゃうから大人しくしててぇ!」

シキ「ぷあえっ! 大丈夫なのです! ここは夢の国! 妖精がいてもおかしくないのです!」

桜野「本物はさすがにキャパオーバー!」
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 22:41:37.22 ID:R0DaP3+Vo
雪菜ちゃん朱さんも妖精さん欲しいなと思ったりしてるのかな?
568 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 22:50:39.39 ID:w6q2Nk8vo
シキ「シキもなにかたーべーるーのーでーすー!!!」ワタワタ

桜野「ご、ごはんならあとであげるから……!」

シキ「いーまー!」

桜野「そもそも食べきれないでしょー!」

シキ「でーもー!」

透「ちょ、ちょっとシキさすがに……」

シキ「透!」ピシッ

透「え?」

シキ「シキにごはんを食べさせるのです」

透「で、でもここだと……」

シキ「たーべーるー!」チラチラッ

シア「?」ピクッ

シア「な、なんだかわかりませんけど……」

シア「透、いいじゃありませんか」

透「シアまで!?」

シア「シキのわがままなんて久しぶりですわよ?」

透「そ、それは確かに……」

シキ「むー」ジ-

透「わかったわかったから。何か買うから大人しくして」

桜野「透ちゃんいいから! 買うならわたしが!」

透「ううん私が。本来シキの世話は私がしなきゃいけないのに桜野に預けちゃってる。だからたまには」

桜野「でもっ」

シキ「透っ、はやくっ」グイ

桜野「あっ……」

透「わかったから。それで何が食べたいの?」

シキ「んー……桜野、何がいいです?」

桜野「へ? わたし?」

シキ「早く選ぶです」

桜野「じゃ、じゃあ季節のカレーとか……?」

シキ「それにするです。透」

透「うん」

桜野「ごめんね透ちゃん……」

透「ううん、シキのことは私にも責任あるから」

桜野「……ごめん」
569 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 23:02:58.51 ID:w6q2Nk8vo
雪菜「みんな来ましたね。それじゃあ」

「「「いただきまあーす!!!」」」

朱「あ、おいしい」モグモグ

雪菜「オムライスもおいしいです!」モグモグ

透「あったかいので正解」モグモグ

桜野「シキ、窮屈かもしれないけど、わたしの体で隠れるように食べてね?」

シキ「わかってるのです」

桜野「はい。熱いと思うから火傷しないように」

シキ「いただきますなのですー。あむっ」パクッ

シキ「へひゃっ!」

桜野「あ、やっぱり熱かった?」

シキ「あちゅいのれす……あとかりゃい……」

桜野「そりゃカレーだし……」

シキ「でも食べられないほどじゃないのでしゅ」パクパク

桜野「よく噛んで食べるんだよー」

シキ「むぐむぐけぷっ……もうおなかいっぱいなのです」

桜野「え、スプーン一杯分も食べてないじゃん……」

シキ「よく考えるのです。シキの背丈の半分もあるスプーンなのです。持つとこまで入れたらシキよりのっぽさんなのです。そんなの食べきれるわけがないのです」

桜野「だから食べきれないでしょって言ったじゃあん……どうするの……」

シキ「桜野にあげるのです」

桜野「え……」

シキ「遠慮せず食べるのです」

桜野「でも……」

桜野「」ゴクッ
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 23:05:15.23 ID:KtEMFqRko
気遣いの塊だなシキ
571 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 23:14:50.19 ID:w6q2Nk8vo
桜野「で、でも透ちゃんが買ったやつだし透ちゃんが……」

透「ううん、桜野食べていいよ」

桜野「え……でも……」

透「自分のあるから、そんなに食べきれない」

桜野「で、も……」

透「捨てちゃうのももったいないしよかったら食べて? あ、でも体調悪いなら無理には……」

桜野「…………お金、あとで払うね」

透「ううん、いいよそれくらい。割引券も使えて大した金額じゃないし、それに……」

シキ「これはシキが買ってもらったからシキのものなのです! それをどうしようとシキの勝手なのです!」エヘン

透「そういうこと。日頃のお礼もかねてってことでご馳走させて?」

桜野「ぁ……わた、し……」

シキ「桜野」

桜野「……!」

シキ「シキの代わりに食べて? お願いなのです」

桜野「……っ」

桜野「……」

桜野「……じゃあ………………いただきます」

シキ「うん」ニコッ

桜野「……」カチャ

桜野「……」ゴクッ

桜野「っ」パクッ

透「どお?」

桜野「……」モグ…モグ…

桜野「……っ!」ギュウウッ

透「あ、やっぱり辛かった? 桜野辛いのダメなんだっけ?」

シキ「ううん、桜野ね、シキと初めて会ったとき言ってたのです」

『好きな食べ物は食べられるもの全部です』

シキ「だから……」

桜野「っ」ゴクンッ

桜野「ぁ……」カチャパクッ

桜野「っ……っ……!」パクパク

桜野「んん……!」モグモグ

ガツガツモグモグ

透「なんだ、やっぱりおなか空いてたんだ」ニコッ

シキ「…………よかった……食べてくれた……」ホッ
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 23:17:29.01 ID:4jiS5Riz0
朱さん雪菜ちゃんでも破れなかったATフィールドを破れそうだ
573 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 23:25:43.47 ID:w6q2Nk8vo
朱「……」ジ-

桜野「あむっ……っ……!」ガツガツ

朱「桜野ちゃん」

桜野「ほぇ? なんれふか?」

朱「あーん」

桜野「うぇ!?」

朱「ほらほらおくち開けてー」

桜野「い、いやでもそれ朱さんのっ……!」

朱「あたしは桜野ちゃんにあーんしたいだけなの」

桜野「え……」

朱「間違えた。あたしは美味しいものをシェアしたいだけなの」

桜野「は、はあ……?」

朱「すっごく美味しいから桜野ちゃんにもぜひ食べてほしいの」ニコッ

桜野「でも……」

朱「じゃあそっちのカレーもちょっと頂戴? 交換ならいいでしょ?」

桜野「えっと……」

朱「はいあーん」ズイッ

桜野「もごっ!?」

朱「ふっふっふっ」ニコニコ

桜野「むぐむぐ」

朱「おいしい?」

桜野「ぷまいです」モグモグ

雪菜「……」ジ-

朱「よかった。じゃあもう一口」スッ

桜野「ぷぇ!? そんなにもらえましぇんよ!?」

朱「いいの食べて! モデルは体型維持が大変なのよ!」

桜野「えぁっ、あのっ!」

雪菜「待ってください! 次は私があーんする番です!」ズイッ

桜野「えっ!?」

透「桜野、あったかいの食べる?」ズイッ

桜野「ええっ!?」

透「さあ」

朱「さあ!」

雪菜「さあ!!」

桜野「えええ〜!!!」グルグル
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 23:30:28.40 ID:8MkV/eeB0
レシピッピがいっぱい出てきそうな光景だ
575 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 23:33:17.62 ID:w6q2Nk8vo
店員「ありがとうございましたー!」

桜野「けぷっ」

朱「さ、さすがにちょっとやりすぎちゃったわね……」

雪菜「すみません調子乗りすぎました……」

透「大丈夫?」

桜野「う、うん……でもなんか変な感じ……」

透「あれだけ食べればね」

桜野「うん……」

桜野「……」ポンポン

桜野「………………おなかいっぱいって初めてかもなぁ」ボソッ

透「……?」

朱「あ、次あれ乗りましょ!」

雪菜「どれですかー?」タタッ

桜野「行こっか」

透「あ、うん!」
576 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/18(月) 23:34:34.17 ID:w6q2Nk8vo
ここまで

というわけで正解は、良いもの(おなかいっぱい)でした
正解した人にはもれなく>>558をプレゼント
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 23:39:36.07 ID:IhuIbsiMo

お腹いっぱいは初めてなんてデリシャスマイルする女の子が聞いたら信じられなくて涙流しちゃう…
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 23:44:26.16 ID:Jc2cbdtj0

桜野さんはおいしーなタウンに行ってこい
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/18(月) 23:51:04.42 ID:cXSHR5/y0

透ちゃんはなんにも考えてないのに桜野ちゃんの隠してるものを少しずつ表に出せてるな
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/19(火) 08:17:52.51 ID:XBXR1I8ho
今のところ平和だなあ
某探偵漫画なら遊園地行ったら確実に事件起こるけど
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/19(火) 13:38:06.40 ID:njB80qWC0
一見楽しい遊園地パートですら選択肢に出てこないだけで行動次第でDEADENDの可能性はそこら中にあったりして
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/20(水) 11:50:06.26 ID:OX4rrAOn0
クリスタル
大雪断(だいせつだん)
手を凍らせて手刀で攻撃
傷を付けるとそこから身体の内側を凍らせていく
凍傷で最悪手が壊死する危険性があるので手を凍らせていられるのは短時間尚且つ何度も使えない
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/22(金) 13:50:06.62 ID:ytboajw9o
コスモス曰く栄養失調な桜野さん
身体ガリガリ過ぎてプールの授業出れなそう
584 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/23(土) 13:03:14.22 ID:XIRD0ISzO
>>524やりたいんだけど雪菜がジェットコースター乗ってくれなさすぎるし怖がる雪菜を無理やり乗せようとする人もいないどうしよう
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/23(土) 13:17:21.24 ID:CIv1znrpo
脳内で霰ちゃんに「ジェットコースターに乗るカッコいいおねぇが見たい」と言ってもらう
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/23(土) 14:18:30.92 ID:n0BgsB6Xo
イマジナリー霰…
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/23(土) 14:50:08.40 ID:NcyODCso0
前スレラストみたいに(霰がくれた勇気があるから…!)ってめちゃくちゃ一大決心してマジ顔でジェットコースターに乗る雪菜面白かわいい
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/23(土) 14:51:35.29 ID:SRy2vMeT0
いつもジェットコースター以上のスピードで戦ってるんだからジェットコースターくらい案外平気かもしれない
と高を括って乗ってしまったとか
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/23(土) 16:42:48.50 ID:K6brl7TDo
イマジナリーカサイが腹立つ笑みでジェットコースターにも乗れねえのかよwって煽ってくるとか
590 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/23(土) 23:15:12.13 ID:kYD+fn0Io
イマジナリー霰ちゃんでいきますね
591 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/23(土) 23:24:04.15 ID:kYD+fn0Io
朱「次は……あれ行ってみる?」

桜野「あれ……? おー、あれこそ音に聞く」

透「定番」

雪菜「うっ、ジェットコースターですか……」

朱「やっぱり苦手?」

雪菜「は、はい、すみません……想像するだけで震えが……」ブルッ

透「昔になにか?」

雪菜「あ、いえ、実は乗ったことが……」

透「ないの?」

雪菜「はい……霰が絶叫系好きで誘ってくれたりもするんですけど、こればかりはどうも……」

朱「確かに好きそうね霰ちゃん」

桜野「そんなに怖いものなの?」

透「そっか、桜野もはじめて」

桜野「うん。でもわたしはそんなに怖いとは」

雪菜「見た感じが怖くないです? だってあんなに高くまで……」

桜野「変身して戦ってるときはもっと高いよ?」

雪菜「あ……」

桜野「?」

雪菜「で、でもあんなスピード出ちゃってますし!」

桜野「戦ってるときはもっと速いよ?」

雪菜「……」

桜野「??」

雪菜「あ、あ、あんな縦横無尽に動き回って……!」

桜野「戦ってるときはもっと動き回ってるよ?」

雪菜「…………」

桜野「???」

雪菜「あれ、もしかしていける……?」ハッ
592 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/23(土) 23:38:00.32 ID:kYD+fn0Io
桜野「無理にとは言わないけど、案外いけそうじゃない?」

雪菜「で、ですかね……」

朱「ふふふっ、せっかくだし初めての挑戦しちゃう?」

雪菜「やっぱりちょっと怖いですけど……」

透「今乗っておけば、次霰に誘われたとき一緒に乗れる」

雪菜「た、たしかに……!」

雪菜「そう……確かにそうだ……!」

雪菜「私がジェットコースターに乗れるようになれば、霰の誘いを断って申し訳ない気持ちでいっぱいになることも、残念そうな顔で列に並ぶ霰を見ることもなくなる……!」

雪菜「それに桜野さんが言った通り、ジェットコースターよりも変身して戦うときの方がずっと激しい……!」

雪菜「こういう言い方はどうかと思うけどMAXスピードは多分私の方が上……!」

雪菜「なんならいっそ変身して……!」

シキ「ぜってーダメなのです」

雪菜「いける……今の私なら……乗れるッ……!!!」

雪菜「見ていてね霰……! 私、ジェットコースター乗るからね……!」

霰(イマジナリー)「お姉がジェットコースターなんて、なんだか感慨深いなぁ」

雪菜「あ、霰!」

霰(イマジナリー)「大丈夫? 怖くない?」

雪菜「やっぱり少し怖いよ。でもがんばる!」

霰(イマジナリー)「うん。私もジェットコースターに乗るかっこいいお姉見たい。それ何より、私もお姉と一緒にジェットコースター乗りたいし」

雪菜「霰ぇ……!」

霰(イマジナリー)「次は私と乗ろうね? 約束だよ?」

雪菜「うんっ! 約束!」

霰(イマジナリー)「じゃあがんばってね、お姉」ニコッ

雪菜「ありがとう霰! お姉ちゃんがんばるからね!」グッ



透「なにあれ……」

朱「霰ちゃんと会話しているだと……!?」

桜野「イマジナリー霰ちゃん……」

朱「なにそれあたしもほしい」

透「姉妹特権」

朱「くっ、一人っ子のあたしにはどう足掻いても……! 待って、姉妹がいないなら今から作ればいいんじゃない?」

透「捕まるようなことしないでよ?」

桜野「ほどほどにしてくださいね?」

朱「あたしそんなに信用ない……?」

雪菜「さあみなさん、いざジェットコースターです! 行きますよ!」

透「あ、雪菜覚醒?」

桜野「元気になったねぇ」

朱「ほんとに大丈夫?」

雪菜「はい、もう大丈夫です。ちっとも怖くありません」

雪菜「だって私には……」

雪菜「霰がくれた勇気があるから」
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/23(土) 23:41:11.62 ID:D9IsnmMr0
お姉が狂った…
594 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/23(土) 23:46:03.05 ID:kYD+fn0Io
ジェットコースター?

雪菜「ひいいいぃぃぃぃぃいいいいいにゃあああぁぁぁぁぁああああああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!!!!!」

雪菜「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛があああうああああああああああ!!!!!!!!」

雪菜「いやあああああああああああああああ!!!!!!!!!!」

朱「雪菜っ、ちゃっ!? おちついっ……!」

雪菜「むりむりむりむりむりむりしぬひうじぬしにゅしいいいぃぃぃぃぃいいいいいいいい゛い゛い゛い゛い゛!!!!!」

桜野「た、楽しみ方あれであってるの!?」

透「方向性は!」

桜野「程度は!?」

朱「ふ、2人ともあんまりしゃべると舌噛んじゃう!!」

桜野「なんてぇ!?」

雪菜「だあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛じゅげであられえええええぇぇぇゑゑぇぇぇぇぇぇええあえええええあえ!!!!!!!!」

朱「ま、まあ初めてだし! いい思い出ってことに……え」

透「ちょっと待ってあれって……!」

桜野「なにっ!? なになになに!?」

透「前!」

桜野「ほぇ?」

朱「これもしかしてうぉーた……」

雪菜「うでゃあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!!!!!」

ゴオオオオッ!!!

桜野「あ……」

ザッバァァァァァンッ!!!!!
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/23(土) 23:48:03.04 ID:Lh1DOeUjo
ずぶ濡れスケスケで下着見えちゃう
596 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/23(土) 23:55:17.01 ID:kYD+fn0Io
朱「……」ビチョビチョ

桜野「……」ビショビショ

朱「……濡れたわね」

桜野「……濡れましたね」

朱「まさか最後にあんなのが待ち構えているなんて……」

桜野「びっくりするほど水ばしゃーんしましたね……」

朱「ついでに思い出したくない顔まで思い出しちゃったわ……」

桜野「トラウマものですもんね……」

朱「そしてそれは……」

桜野「わたしたちだけじゃないと……」

雪菜「ミズコワイミズコワイミズコワイ……」ギュウウウッ

透「ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ……」ギュウウウッ

朱「ごめんね……あたしがジェットコースターなんて提案するから……」ナデナデ

桜野「いえ、これに関しては誰も悪くないです……」ナデナデ

雪菜「ミズコワイミズコワ……ヘクチッ」

透「ゴメンナサイゴメンナサ……クシュンッ」

桜野「大変。このままだと風邪ひいちゃいます」

朱「いつまでも濡れたままじゃいられないわね。タオルとか着替えとか借りられないか聞いてみるわね。2人をお願い」タタッ

桜野「はい」

朱「あ、すいませーん」
597 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/24(日) 00:09:23.73 ID:f3mMV8iMo
朱「着替え借りられてよかったわね」

雪菜「服も乾かしてもらえることになって助かりました」

朱「すぐ乾くって言ってたし、せっかくだからいつもと違う格好でちょっと楽しみましょっか」

雪菜「ですね」

透「ねぇ」

朱「どうしたの?」

透「なんでこんな格好?」(E:赤いヒーロースーツ)

朱「渡されたのがこれだったのよ」(E:黄色いヒーロースーツ)

雪菜「これスフィアフォースですね」(E:青いヒーロースーツ)

透「すふぃ?」

雪菜「特撮ヒーロー番組です。霰が好きなんですよ」

朱「でもなんでそれのコスプレ? なのかしら?」

透「顔まで隠れる」メットオン!

朱「本格的よね」

雪菜「そういえば今日ここでヒーローショーがあるって……」

朱「もしかしていい宣伝になってる?」

雪菜「かもしれませんね。霰に羨ましがれちゃうなぁ」

透「でもなんで私がレッド? こういうのってなんとなくだけど桜野がレッドのイメージ」

雪菜「言われてみれば……というか桜野さんは?」

朱「それなんだけど……」



桜野「おまたせー」



透「さくっ! の?」

雪菜「あ、それ……」

桜野「どお? 似合う?」(E:悪役スーツ)

朱「こんな感じなのよね……」
598 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/24(日) 00:18:01.60 ID:f3mMV8iMo
桜野「フッフッフッ、おれの名は、名は……おれは誰だ?」

透「記憶喪失?」

雪菜「『エイズサークル "メルボルゼ"』です。敵組織の幹部です。あと一人称は我です」

桜野「我はめるぼー!」バッ

雪菜「もうそれでいいです」

透「けっこう似合ってる」

桜野「ほんと?」クルクル

雪菜「似合ってるも何も顔まで隠れちゃってるじゃないですか……」

朱「とにかく服乾くまでこのまま……」



スタッフ「やーっと見つけた!」



朱「え?」

スタッフ「どこ行ってたんだよ! 本番始まっちゃうよ早くして!」グイグイ

透「な、なにっ? 桜野っ?」

桜野「わかんなっ……!」

雪菜「あ、あぇああえ?!??」アタフタ

朱「な、なにか勘違いを……!」

スタッフ「いいからはやく!!!」グイッ

雪菜「ま、まってくださぁぁぁああ!!」ズル-
599 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/24(日) 00:19:25.05 ID:f3mMV8iMo
ここまで
次回ヒーローショー

おかげさまでゆきにゃがジェットコースター乗ってくれました 感謝感激雨霰ちゃん

濡れ透けはバッドエンド分岐あったので意図的に避けました
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/24(日) 00:20:17.11 ID:PiqIGgTfo
ある意味間違ってはいまい
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/24(日) 00:21:00.09 ID:EGIX8Pw3o

みんなモノホンのヒーローだからスタッフさんの眼は正しい
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/24(日) 00:22:26.97 ID:wp0VBAjm0

朱さんが悪役スーツ着てたらショーの台本を口実に観客の子供全力でさらってた
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/24(日) 00:24:45.26 ID:ED8148OfO
乙。
濡れ透けでどんなバッドエンドが……?
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/24(日) 00:50:48.41 ID:aXWeio5Ro
おつおつ
スーツアクター(本物)
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/24(日) 12:36:46.37 ID:5U8Cl3x0o
クリア・クリスタル
乱舞二重奏
マントからラッコさんが出てきてクリアに貝で作ったカスタネット、クリスタルに貝で作った太鼓を貸してくれる
クリアはカスタネット、クリスタルは冷波刀をバチにして太鼓をリズム良く叩いて音を鳴らして衝撃波を放つ
606 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/24(日) 23:28:16.16 ID:f3mMV8iMo
ヒーローショー会場

ワイワイガヤガヤ

MCのお姉さん「みんなぁー! こーんにーちわー!!!」

「「「こーんにーちわああああ!!!」」」



舞台裏

朱「うわ、すっごい人来てる……」

透「満員だ」

雪菜「なななななななんでこんなことに!」ガクガク

朱「本物のアクターさんはどこ行っちゃったのかしら……」

透「探す?」

雪菜「そそそそそそそうですよ今からでも探して……!」

裏方スタッフ「おめーら準備できてんなー?」

雪菜「ひゃいっ!?」ビクッ

裏方スタッフ「んな緊張すんなよ。リハ通りにやりゃあいいんだから」

雪菜(やってないんですってばぁ!)

裏方スタッフ「ったく向こうは落ち着いてんのに……」

朱「向こうって……」ヒソヒソ

透「桜野?」ヒソヒソ

裏方スタッフ「じきに出番だ。調子整えとけよ」スタスタ

雪菜「そ、そんな……」

朱「とにかくもうやるしかないわね」

雪菜「うまくいくわけないですよぉ……」

透「腹くくるしかない」

雪菜「うぅ……」

朱「台本は最低限いれられた。基本的に音声に合わせて動くだけだから、想定外のアドリブみたいなことにはならないはず。各種ポーズは雪菜ちゃんが教えてくれた通りに」

透「雪菜、よくこんなに覚えてたね」

雪菜「霰に覚えさせられたのがこんなところで役立つとは……」



ドババ-ン

スピーカー『ふはははは! これだけの人間が集まっているとは好都合だなぁ!』

MCのお姉さん「あ、あなたたちは……インフェルノ!?」



朱「あ、桜野ちゃんの出番よ」

透「どんな感じかな?」ワクワク

雪菜「だ、大丈夫でしょうか……!」ハラハラ
607 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/24(日) 23:36:35.81 ID:f3mMV8iMo
スピーカー『はーはっはっはっ!』

桜野「ばっさぁー!」ダダッ

桜野「ここでっ……ターンっ!」クルッ

桜野「そしてポーズ!」シャキ-ン

スピーカー『我こそは!』

桜野「めるぼー!」

MCのお姉さん「大変! メルボルゼが襲ってきた!!」



雪菜「あの人なんであんなにノリノリなんですか!?」

透「さすが桜野」ウンウン

朱「あたしたちもあれくらいやらないとね……」

雪菜「む、無理ですよぉ……!」



MCのお姉さん「そんな小さい声じゃ聞こえないよー! みんなぁ、もう一度大きな声でぇー! せーのっ!」

「「「スフィアフォースうううう!!!!」」」



朱「ほら出番よ!」

透「行くしかない」

雪菜「もうヤケだー!!!」
608 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/24(日) 23:47:26.99 ID:f3mMV8iMo
スピーカー『俺たちを呼んだか!』

MCのお姉さん「あ、この声は!」

朱(立ち位置立ち位置……!)タタッ

透(桜野、さまになってるなぁ)タタッ

雪菜(すっごい人ぉ〜!)グルグル

スピーカー『貴様ら!』

桜野「おどろくポーズ!」

スピーカー『天球戦隊スフィアフォース!!!』

朱(ポーズは……こう!)バッ ←あってるけどキレが足りない

透(こう?)ババッ ←ちょっと間違ってる

雪菜(逃げたい……)シュババッ ←完璧

スピーカー『出たなスフィアフォース! 今日こそ鉛の外套を誂えてやる!!』

桜野「挑発のポーズ!」バッ

朱(セリフの意味がわかんないぃ!)

スピーカー『往けモーフども! スフィアフォースを倒し、人間を恐怖のどん底へと突き落としてやるのだ!』

桜野「やるのだ!」ババッ

透(ほんとにノリノリ)

MCのお姉さん「お願いスフィアフォース! インフェルノと戦って!!」

スピーカー『任せとけ! 行くぜみんな!』

雪菜(こ、ここから戦闘です……!)

朱(あたしと雪菜ちゃんはいっぱいいるやつと戦って……!)

透(レッドの私は桜野と!)ダッ

スピーカー『スフィアレッド! 今日こそ決着をつけてやる!』

桜野「いっくよー!」スッタタ-
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/24(日) 23:50:19.60 ID:PiqIGgTfo
霰ちゃんに自慢できる思い出だ
610 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/24(日) 23:56:15.71 ID:f3mMV8iMo
MCのお姉さん「みんな! スフィアフォースを応援してあげて! がんばれー!」

「「「がんばれえええええ!!!!」」」

桜野「てい! とああ!」ブンブン

透「おっと……んっ……!」ササッ

透(やっぱり桜野、変身してないと弱い)

透「はっ」バッ

桜野「ぐはっ!」

透(体力ないし体育の授業もほとんど休んでるし、あんまり激しく動いて怪我したら大変)

透「よっ」

桜野「くっ……!」

透(とはいえあくまで戦ってるフリ。本当に当てるわけじゃないからだいじょ……)

桜野「うぅっ!」キッ!

透「っ!」ゾクッ

透「うわぁ!!」ブンッ

バチィッ!

透(あ……)

透「しまっ……!」ハッ

桜野「あうっ!」ドサッ

透「桜野!」タッ

裏方スタッフ「おいなにやってる! 近寄んな戻れ!」サッサッ

透「くっ……!」ズザッ

透「桜野……ごめん……!」

桜野「……」シ-ン

透「さ、桜野……?」
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/24(日) 23:57:44.59 ID:dw8WHvUEo
ヒーローショー名物ガチアクシデント!
612 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/25(月) 00:07:05.95 ID:chql2Rzho
「お、おい……今のアクション、なんかすごくなかったか……?」

「本当にぶっ飛んでるみたいだったな……」



雪菜(さ、桜野さん倒れたっきり動かないです……!)ドキドキ

朱(大丈夫かしら……!)ハラハラ

MCのお姉さん「さ、さすがスフィアレッド! メルボルゼをやっつけてくれるなんて!」

スピーカー『俺の力はこんなもんじゃないぜ!』

透(そ、そうだこれは台本通り! レッドが敵を倒して色々しゃべって、それに反応した敵がパワーアップする流れ。桜野が動かないのはそのせい……!)

スピーカー『魔王の言いなりになってるようなやつに俺たちは負けない! 地球の平和は! みんなは! 俺たちが守る!』

MCのお姉さん「ありがとうスフィアフォース!!!」

「「「ありがとおおおお!!!!!」」」

透(ここ! このタイミングで起きるはず!)

朱(桜野ちゃん!)

雪菜(桜野さん!)

桜野「……」シ-ン

透「あ、れ……桜野……?」

裏方スタッフ「おい! なにやってんだ早く起きろ!」ワタワタ

透(なん、で……? なんで起きないの……?)

裏方スタッフ「起きるまでなんとかつなげ!」

MCのお姉さん「は、はいっ!」
613 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/25(月) 00:17:18.24 ID:chql2Rzho
「おいおい大丈夫か?」

「なにかトラブル……?」



透(ど、どうしよう……! なんで起きてくれないの……!)

雪菜(こ、これまずいんじゃ……!)

MCのお姉さん「えっと……さすがスフィアフォース! みんなを守るため、メルボルゼを倒してくれました!」

透(演技? 当たりどころが悪かった? 衣装のせいで熱中症? わかんない……わかんないよぉ……!)

朱(やばい……このままだとステージも……!)

MCのお姉さん「この先も戦いは続きます! それでもスフィアフォースは絶対に負けません!」

透(お願い桜野……! 起きて……!)

MCのお姉さん「スフィアレッドが言ってくれたように、魔王の言いなりになっているような……」



「言いなり?」



透「!」ゾ

朱「!」ク

雪菜「!」ッ

MCのお姉さん「…………へ?」



桜野「……」ユラァ



ザワッ!

「お、おい……なんだ……!」ゾクゾク

「すげえ……迫力……!」ビリビリ

「ぱ、パパぁ……!」ビクビク



透「さ、桜野……?」
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/25(月) 00:18:31.39 ID:S5I4i0v3o
SNSで子供泣いちゃうくらいクオリティ高いショーと話題になってしまう
615 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/25(月) 00:30:20.05 ID:chql2Rzho
透(今の……桜野……!?)

スピーカー『言いなりだと? 違う。我が魔王ダンフェリオ様は……』

透「!」

透(じゃない、スピーカーからだ。でも……!)

スピーカー『いや、我が友ダンは……魔王となってからも我を友と呼んでくれた……』

桜野「……」ズズズ…



ザワザワザワッ!

「ままっ……こわいっ……!」ギュウウウッ

「う、うんっ……!」ゾクゾク

「やっば……なんだよこれ……!」ゾワゾワ



スピーカー『我がここに在るのは忠義ではなく、友との絆を守るため……』

桜野「……」ゴゴゴゴ

MCのお姉さん「み、みん、な……おう……えん……」カタカタ

スピーカー『それを貴様らなんぞに壊せるものか……!』

桜野「……」ブワッ!

MCのお姉さん「ひあぅっ!?」ビクゥッ!

裏方スタッフ「や、やるじゃねぇかあいつ……!」ゾクゾク

スピーカー『ここからが最終決戦だ……!』

桜野「……!」ギンッ!

朱「っ!?」ビクッ

雪菜「うっ!?」ゾワッ

朱「ゆ、雪菜ちゃん……これ……!」

雪菜「私たちも本気でやらないと……!」

朱・雪菜「「やられる!?」」

スピーカー『スフィアフォースよ!!』

桜野「さあ……」バッ

透「うくっ……!」ゾクッ

スピーカー『どこからでもかかってこいっ!!!」桜野



─────
───

その後は概ね台本通りに進み 大きなトラブルなくショーは終了した
しかしこの公演は悪役が異常なまでに恐ろしく
「子どもがガチ泣きした」「大人でも失禁した」「映像越しでも冷や汗が止まらない」「本物がいた」
などの評価で騒然となった
そんな子ども向けを大きく逸脱したショーを一目見ようと客が殺到したが 結局ここまでの迫力は二度とお目にかかれず
この公演は奇跡の神回として伝説になったという
616 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/25(月) 00:31:06.73 ID:chql2Rzho
ここまで
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/25(月) 00:31:50.75 ID:S5I4i0v3o

うーん都市伝説
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/25(月) 00:33:16.55 ID:7YngaaiV0

桜野さんあらゆるところに何らかのフラグが多すぎる
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/25(月) 08:37:49.80 ID:hoPG4tbGo
桜野の人生は一歩でも足踏み外したら即死する綱渡り人生
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/25(月) 09:09:52.47 ID:09WxmBRc0
お化けより怖いの見ちゃったからお化け屋敷行ってももう楽しくなさそう
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/25(月) 10:12:24.06 ID:YChq6vOiO

うーんこの闇しか感じないフラグの山…
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/26(火) 01:10:40.27 ID:+OUoFsJL0
ブーケ シア
ライドカクタス
セントリーカクタスの中にシアが侵入して自分の身体をセントリーカクタスの隅々まで同化させ操縦する
セントリーカクタスに手足生えてきて軽やかに動けるようになる
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/26(火) 07:31:04.80 ID:h48iLuxAo
全員
プリキュアハリケーン
シキが丸まってシアが包み込んでクリスタルが凍らせてボール完成
四人でパス回しして最後にクリアがキャッチしたボールをサクラが蹴り飛ばして敵にぶつける
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/29(金) 11:10:50.13 ID:cJ18Dm0Bo
最近来ないな
今度はどこで悩んでるのか
625 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 22:27:27.58 ID:ksOkvMSvo
まあ見てくれよ
多分今回次回あたりは迷い悩みが顕著に出るわ
626 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 22:35:31.51 ID:ksOkvMSvo
朱「な、なんとか抜け出せたわね……」

雪菜「さすがにもうこりごりですぅ……」

透「桜野大丈夫?」

桜野「お、おぉー……」ヘロヘロ

透「ごめん。やりすぎた」

桜野「い、いやいやなんのこれしき……」

透「怪我とかない? 私、勢い余ってぶっ飛ばしちゃった……」

桜野「ああ、あれねぇ……」

透「ほ、本当にごめんね? 大丈夫だった? ちょっとの間動かなかったからすごく心配で……」オロオロ

桜野「だいじょぶだいじょぶ、かすっただけだから。あの時はちょっとびっくりしちゃっただけだよ」

透「本当に大丈夫? 頭ぶつけたりとかしなかった?」

桜野「大丈夫だって。ほら元気! だからもう心配しないで?」ニコッ

透「……うん……よかった」ホッ

朱「にしても、あの後の桜野ちゃん凄かったわよね……」

雪菜「お客さんもびっくりしてましたね……」

透「さすがの気迫だった」

桜野「いやぁ、なんか力入っちゃって……」

雪菜「ていうか変身しなくても気迫はそのままなんですね……」

朱「いろんな意味で桜野ちゃんとは戦いたくないなぁって思ったわ……」

桜野「あはは……」
627 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 22:45:52.93 ID:ksOkvMSvo
雪菜「さてじゃあ次はどこ行きましょうか」

朱「そうねぇ」

透「桜野はどこ行きたい?」

桜野「みんなに任せるよ」

透「そう? んー、困った」

朱「遠慮しなくてもいいのよ?」

桜野「遠慮なんてしてないですよ。みんなの行きたい場所がわたしの行きたい場所です」ニコッ

朱「……そう」

雪菜「で、でもせっかくですし、桜野さんが行きたい場所にも……」

桜野「そうは言っても、そもそも何があるのか全然わかんないし」

雪菜「……そう、ですね」

桜野「透ちゃんはどこ行きたい?」

透「私は……どこ行ったら楽しいと思う?」

桜野「それをわたしに聞いちゃうんですか……」

透「桜野に決めてほしい」

桜野「さっきも言った通り全然わかんないから、あんまり楽しくないとこ連れてっちゃうかもよ?」

透「桜野が選んだとこならきっと楽しいよ」

桜野「ぷ、プレッシャー……!」

透「桜野、お願い」

桜野「! そ、そこまで言われたら無下にできませんな! よぉし! ここは一発張り切っちゃお!」

朱「うん。あたしも桜野ちゃんがどこ行きたいのか……ん?」

雪菜「? どうしたんですか?」
628 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 22:55:07.70 ID:ksOkvMSvo
朱「見てあの子……」

透「あの子?」



女の子「っ……っ……!」キョロキョロ



桜野「あの女の子がどうかしましたか?」

朱「あの子……」

桜野「はい」

朱「すっごくかわいいっ……!」

雪菜「あの……」ジト-

桜野「朱さん……」ジト-

朱「間違えました。あの子、なんだか様子が変じゃない?」

透「へん?」

朱「だってほら……」



女の子「っ……!」ウルウル



透「もしかして迷子?」

桜野「!」

朱「やっぱりそう見えるわよね」

雪菜「さっき見た遠足の小学生でしょうか……?」

朱「危ない目に遭う前になんとかしなきゃ!」ダッ

透「朱がいちばん危ない気がする!」タタッ

雪菜「ちょ、2人ともっ……! さ、桜野さん、私たちもっ……!」

桜野「……」ブツブツ

雪菜「桜野さん……?」
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/29(金) 22:56:33.22 ID:cJ18Dm0Bo
もしもしポリスメン?
630 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 23:00:33.34 ID:ksOkvMSvo
桜野「……」ボソボソ

雪菜「桜野さーん?」

桜野「…………まいご……まいごの……おんなのこ……」

雪菜「だいじょぶです……?」

桜野「…………助けなきゃ……絶対……だよね?」

雪菜「桜野さんってば……」

桜野「…………うん、うん……わかってるよ……」

雪菜「……?」

桜野「………………コスモス」

雪菜「!」

桜野「」タタッ

雪菜「桜野さっ……!」
631 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 23:01:31.19 ID:ksOkvMSvo
こちらはイマジナリー霰ちゃんとかいうキラーパスの結果爆誕したイマジナリーコスモスさんですご査収ください
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/29(金) 23:03:31.42 ID:qCOEKnH4o
この子メンタルがもう…
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/29(金) 23:11:12.05 ID:vvlFufRbo
本当に存在イマジナリーなやつ…
634 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 23:14:21.31 ID:ksOkvMSvo
朱「お嬢ちゃあん……どこから来たのぉ……?」

女の子「ひっ!」ビクッ

透「朱怪しい。すっごくすっごく怪しい」グイッ

朱「そんなっ!」

女の子「あうあうあ……!!」ビクビク

透「ごめんね。怖いお姉ちゃんはほっといて、優しいお姉ちゃんのとこ行こ?」

女の子「優しい……お姉ちゃん……?」

桜野「透ちゃーん!」タタッ

透「桜野!」

女の子「あの人?」

透「うん。とっても優しいよ」

女の子「ほんと……?」

桜野「透ちゃん、その子? やっぱり迷子?」

透「かな?」

女の子「……」ジ-

桜野「はじめまして。岸波桜野です」

女の子「さくの……お姉ちゃん?」

桜野「うん、大丈夫だから落ち着いて聞いてね。今日はお父さんかお母さんと一緒に来たの?」

女の子「あの……あのね、パパとママと3人で来たの。でもね、いなくなっちゃった……」

桜野「はぐれちゃったの」

女の子「うん……」

桜野「そっか。うーん……あ、迷子になったら見せるように言われたものとかある?」

女の子「んん」ブンブン

桜野「そっかそっか。うーん……」

女の子「パパ……ママ……もう会えなかったらどうしよ……!」ウルウル

桜野「大丈夫、大丈夫だよ」ナデ

女の子「ぅ……」

桜野「パパもママも、今必死であなたのことを探してる。すぐ見つかるからがんばろ?」ナデナデ

女の子「……うんっ」

桜野「よし、いい子。それじゃあ迷子センターとか探して……」

朱「もう見つけたわよ。歩いて5分もかからないと思う」

桜野「ほんとですか!? よし、じゃあお姉ちゃんたちと迷子センター行こっか」

女の子「迷子センター?」

桜野「うん。そこでパパとママを待つの。すぐ迎えに来てくれるからね」

女の子「うん」

桜野「手つないでく?」

女の子「うん!」
635 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 23:23:52.56 ID:ksOkvMSvo
雪菜「……」テクテク



桜野「パパとママどんな人? 優しい?」トタトタ

女の子「うん! 大好きなの! お姉ちゃんも?」トテトテ

桜野「うん。お姉ちゃんも大好きだったよ」



朱「……」ジ-

透「危ない目してる」

朱「あたしも手つなぎたい!」ズイッ

透「自重して」ガシッ

朱「だってあんなにちっちゃいおててなのよ!? なにかご利益ありそうじゃない!?」

透「知らないし、多分ない」

朱「透ちゃんはつなぎたくないの!?」

透「私はどっちかって言うと……」



女の子「お姉ちゃんのおててあったかいね」

桜野「そうかな?」



透「桜野、私とも手……」フラッ

朱「さすがにルール違反よそれは!」ガシッ

透「むぅ……」

朱「抜け駆けは許しません」

透「待って。私は桜野、朱はあの子と手を繋ぎたいんだから、ライバルにはならないんじゃ……」

朱「はっ!」ハッ!

透「朱、ここは……!」スッ

朱「協定ね……!」スッ

ガシッ☆

女の子「あ、あっちのお姉ちゃんたちもおててつないでる」

桜野「仲いいねー」ニコニコ

女の子「ねー」ニコニコ

朱「仲良し認定。ふふっ、悪くない気分。ね、透ちゃ……」

透「さ、桜野!? ちがうからっ、全然そんなんじゃ……!」

朱「透ちゃん? あたしだって傷つくのよ?」
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/29(金) 23:26:21.73 ID:T7rUUYd5o
朱さんは守備範囲広いなあ
637 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 23:29:47.18 ID:ksOkvMSvo
桜野「今日はいい天気だねぇ」トタトタ

女の子「うん。ん……んぅ? ねぇお姉ちゃん」クイクイ

桜野「なあに?」

女の子「手首どうしたの?」

桜野「!」

女の子「赤くなってるよ?」

桜野「あ、ああ、これね……ちょっとね……」

透「あれ? それって前に虫に刺されたって言ってたとこ?」

桜野「まあ……うん……」

透「けっこう前だと思うけど、まだ治ってなかったんだ」

桜野「う、うん。そうなの」

女の子「早く治るといいね!」

桜野「あ……」

桜野「……」

桜野「……どうかなぁ」

女の子「んぇ……?」

桜野「これはもう治らないかもなぁ……」

透「……?」
638 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 23:30:31.87 ID:ksOkvMSvo
虫刺され(のようなもの):前スレ>>885
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/29(金) 23:33:51.20 ID:WHj9xlBv0
どんな服でも例えプリキュアを纏っても隠せない傷らしきもの
640 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 23:43:54.75 ID:ksOkvMSvo
雪菜「……桜野さん」ボソッ

朱「雪菜ちゃん」

雪菜「あ……」

朱「桜野ちゃんとなにかあった?」

雪菜「……」

朱「……」

雪菜「……桜野さんって優しいですよね」

朱「……そうね」

雪菜「……桜野さんって強いですよね」

朱「……そうね」

雪菜「……桜野さんっていつも誰かのために頑張ってますよね」

朱「……そうね」

雪菜「……」ギュッ

朱「……」

雪菜「朱さん私っ……!」

朱「焦っちゃダメよ」

雪菜「……!」

朱「あのね雪菜ちゃん、あたしはね……あたしはもう、桜野ちゃんが分からなくなってしまったの。いいえ、もしかしたら初めから何もわかってなかったのかもしれない」

雪菜「……」

朱「今のままだといずれ取り返しのつかないことになってしまう気がする。でも何が桜野ちゃんのためになるのかわからない。良かれと思ってやったことが、桜野ちゃんを追い詰めてしまうかもしれない」

雪菜「……」

朱「臆病風に吹かれてるだけかもしれない。それでもいちばん怖いのは、桜野ちゃんがいなくなること。でしょ?」

雪菜「……はい」

朱「だから今は」

雪菜「……」

朱「……それでも何か、桜野ちゃんのために出来ることが見つかったのならあたしも手伝う」

雪菜「……はい」

朱「焦っちゃダメよ」

雪菜「はい」
641 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/29(金) 23:45:33.22 ID:ksOkvMSvo
ここまで
なんか今日のレスぜんぶで伏線なりフラグなりを置くか拾うかした気がする
なんなら今いる場所がバッドエンド√な気さえしてくる
助けてコスモスえもん
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/29(金) 23:45:53.98 ID:SMYrnJ6j0
朱さん急にまともなこと言い出した…
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/29(金) 23:48:24.65 ID:JOQFm8cPo

色となんか色々出してくるとこだけならクリアは○○えもんなのになあ
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/29(金) 23:51:20.28 ID:cJ18Dm0Bo

透ちゃんが(暫定)一番キッツイ過去持ちなのに一番純粋無垢な心でいられてる…
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/30(土) 07:31:16.29 ID:lZ5GHkbH0

なんかもうずっと闇闇闇の闇ばかりのひたすら陰鬱な状況が続きすぎてて
ギャグすらさらなる闇の伏線に見えるから弛緩0のままで、これ鬱SSじゃなくてプリキュアSSだよね?ってなってる
早く抜けてくれ…
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/30(土) 19:34:51.56 ID:tQNpy+BV0
朱さん実は2、3回くらい家に子供連れ込んでそう
647 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/30(土) 22:34:49.58 ID:CHpGyZiLo
迷子センター

朱「それじゃあお願いします」ペコリ

スタッフ「はい」



朱「園内放送してくれるって。きっとすぐに見つかるわ」

桜野「だって。よかったね」

女の子「うん!」

桜野「パパとママ、すぐ迎えに来るからね。いい子で待ってるんだよ」

女の子「うん!」

朱「さて、あとは係の人に任せましょうか」

女の子「え……」

桜野「そうですね。それじゃあ……」

女の子「行っちゃうの……?」

桜野「!」

女の子「ぅ……」ショボ

桜野「……さびしい、よね」

女の子「うん……」

桜野「パパとママ、早く会いたい?」

女の子「うん……」

桜野「そうだよね。会いたいよね……」

女の子「うん……」

桜野「……よし」スクッ

女の子「?」

桜野「お姉ちゃん、ちょっと探してくるよ」

女の子「え!」

雪菜「!」

桜野「まかせて。すぐに見つけて戻ってくるから」

女の子「ほんとに!?」

桜野「うん。約束」

女の子「お姉ちゃん……! ありがとう!」

桜野「うん」ニコッ
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/30(土) 22:37:19.48 ID:Jf2uG3YDo
それ自分が迷子になるパターン…
649 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/30(土) 22:44:26.81 ID:CHpGyZiLo
桜野「それじゃあわたし、ちょっと行ってきます。みんなはこの子と一緒にいてあげて」

朱「待って桜野ちゃん。園内放送に気づいて、すぐに来てくれるかもしれないわよ? 入れ違いになるかも……」

桜野「そうかもですけど……すみません。わたし居ても立っても居られないみたいです」

朱「そう……」

透「桜野桜野、私も一緒に……」

桜野「え、透ちゃんも……」

雪菜「私が行きます!」

朱「!」

桜野「雪菜ちゃん?」

雪菜「透さんは朱さんと一緒にその子のそばにいてあげてください」

透「え、でも……」

朱「透ちゃん、ここは雪菜ちゃんに任せましょ?」

透「……んぅ、わかった」

桜野「透ちゃんもいい子にお留守番ね」

透「はぁい」

朱「どれだけ見つからなくても1時間後にはここに戻ってきて。それと……」チラッ

雪菜「わかってます」

朱「……うん」

桜野「それじゃあ行ってくるね」

女の子「うん!」
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/30(土) 22:51:19.85 ID:Jf2uG3YDo
ゆきにゃがいった!ゆきにゃがいった!
651 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/30(土) 22:55:21.21 ID:CHpGyZiLo
桜野「んー」テクテク

雪菜「……」トボトボ

桜野「んーー?」キョロキョロ

雪菜「……」トボトボ

桜野「そう簡単には見つかんないなぁ……」

雪菜「……」

『…………うん、うん……わかってるよ……』

雪菜(桜野さん……あの時たしかに……)

『………………コスモス』

雪菜(桜井さんの名前を呼んだ)

雪菜「……」

雪菜(桜井さんの一件のすぐ後、私たちの心配とは裏腹に桜野さんは大丈夫だと言って笑った)

雪菜(いつもと同じ笑顔だった。少なくともそう見えてしまった。でもそれはきっと、本当の笑顔じゃなかったんだ)

雪菜(もしかしたら私は、桜野さんの本当の笑顔をただの一度も見たことがないのかもしれない。だから気づけなかった)

雪菜(本当は乗り越えてなんかいなかった。大丈夫なわけなかったんだ)

雪菜(桜野さんは桜井さんを本当に大切に思っていた。生きる意味そのものだって言っていた)

雪菜(そんな人を……自分の手で……)

雪菜(もし私だったら? もし私が、自分の大切な人を自分の手で殺めてしまったら?)

雪菜(一日や二日で立ち直って元気に明るく過ごすなんて、そんなこと本当にできるだろうか)

雪菜(できるわけない。平気なわけない。大丈夫なわけない。もし本当に何ともないんだとしたら、本気でそう言っているんだとしたら……)

雪菜(そんなのもう…………壊れてる……)

桜野「雪菜ちゃん?」

雪菜「は、はい!?」ビクッ

桜野「ぼーっとしてたけど大丈夫?」

雪菜「あ……えっと……」

桜野「ちょっと休憩しよっか」ニコッ

雪菜「はい……」
652 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/30(土) 23:07:16.95 ID:CHpGyZiLo
休憩所

桜野「今日はほんとに暑いねぇ。雨とかよりはずっといいけど」

雪菜「……はい」

桜野「ちゃんと水分補給してね?」

雪菜「……はい」

桜野「ふぃぃ……」

雪菜「……桜野さん」

桜野「ん? なあに?」

雪菜「今日……楽しいですか?」

桜野「うん、とっても」ニコッ

雪菜「……」

桜野「雪菜ちゃん?」ズイッ

雪菜「!」

桜野「大丈夫? なにか困ったことでもあった? わたしでよければ相談乗るよ?」

雪菜「いえ、あの……!」

雪菜「その……」

雪菜「…………桜野さんはどうなんですか」

桜野「わたし? わたしは特に何も。すこぶる快調ですぞよ?」

雪菜「本当ですか? 本当になにもないですか? 私だって相談乗ります……!」

桜野「ありがと。でもほんとに大丈夫だよ」

雪菜「……!」

桜野「なんか心配かけちゃったかな? ごめんね」

雪菜「……」

雪菜「……やっぱり」

雪菜「………………やっぱり……何も言ってくれないんですか……!」

桜野「え……?」

雪菜「桜野さんいつもそうです……!」

雪菜「私やみんなが苦しいときは一緒にいてくれて話を聞いてくれて優しくしてくれて……! なのに自分が苦しいときはなんにも言ってくれなくて……!」

雪菜「それじゃあ恩返しもできないじゃないですか……!」

桜野「そんなことないって。恩返しならいっぱいしてもらってるよ。今日だって遊園地連れてきてもらっちゃったし」

雪菜「そういうことじゃなくてっ!」

桜野「いいんだよ、わたしのことは。みんながよければわたしはそれでいいの」ニコッ

雪菜「っ!」

雪菜「……」

雪菜「…………っ」ギュッ

雪菜(朱さん……ごめんなさい……)
653 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/30(土) 23:20:58.06 ID:CHpGyZiLo
桜野「んー!」ノビ-

雪菜「……桜野さん」

桜野「なあに?」

雪菜「……これ」スッ

桜野「ペットボトル? あ、空っぽだ」

雪菜「……捨てといてください」

桜野「うん、まかせて」

雪菜「……喉乾いたので何か買ってください」 

桜野「うん。なに飲みたい?」

雪菜「……桃のジュースがいいです」

桜野「桃、桃ぉ……?」ウロウロ

雪菜「……」

桜野「んー……ここの自販機、桃売ってないや。なにか別のでもいい?」

雪菜「……嫌です。桃がいいです」

桜野「そうは言っても……困ったなぁ……」

雪菜「……入口の方の自販機にあった気がします。買ってきてください」

桜野「ほんとに!?」

雪菜「!」

桜野「おっけーまかせて! すぐ行ってくるね!」タッ

雪菜「待ってくださいっ!」

桜野「おぁ? なになに?」

雪菜「…………なんで、ですか……!」

桜野「なにがですか?」

雪菜「なんで……いつも……! いつもいつもいっつもそうやって……!」

桜野「雪菜ちゃ……?」

雪菜「桜野さんっ!!!」

桜野「はいっ!?」

雪菜「私っ、私今すっごく酷いこと言ってます! 桜野さんの優しさにつけ込んで身勝手なお願いしてます!! 分かってますよね!?」

雪菜「それなのになんで全部言われた通りにしちゃうんですか!! こんな使い走りみたいなことっ、なんであっさり引き受けちゃうんですか!!」

雪菜「この前だってそうです! 桜野さんのクラスの男の子、掃除当番を押し付けたのは明らかだったじゃないですか!! 断られたことないって言ってました! いつも押し付けられてるってことですよね!?」

雪菜「桜野さんの帰りが遅いのだってそうやって誰かに押し付けられた面倒ごとを律儀にこなしてるからじゃないんですか!? 押し付けられてるって桜野さんも気づいてるんですよね!?」

雪菜「なんで嫌な顔ひとつしないでぜんぶ受け入れちゃうんですか!! どうして嫌なことを嫌ってちゃんと言わないんですか!!」

雪菜「それだけじゃないです!! 本当は辛いこと苦しいこといっぱいあるんですよね!? いっぱいいっぱいあるんですよね!?」

雪菜「なんで1人で抱え込むんですか!! 辛いなら辛いでいいじゃないですか! 苦しいなら苦しいでいいじゃないですか!!」

雪菜「なんで何も言ってくれないんですか!! いつもいつだってみんなみんなってそればっかりで! みんなじゃなくて桜野さんはどうなんですか!!!」

雪菜「桜井さんのことだって本当は……!!」



桜野「どうでもいいんだよ」



雪菜「…………ぇ」

桜野「わたしはね、わたしのことなんかどうでもいいの」ニコッ
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/30(土) 23:22:23.90 ID:hzfbDIqmo
強行策に出たな
655 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/30(土) 23:33:19.58 ID:CHpGyZiLo
雪菜「……え、ぇ……?」

雪菜「ど、でも……って……?」

雪菜「なに、をっ……」

桜野「わたし、お願いされるの嫌じゃないよ。それどころかすっごく嬉しい」

雪菜「え……ぁえ……?」

桜野「だってみんながわたしを頼ってくれるんだもん。嫌がる理由なんかひとつもないよ。でしょ?」

雪菜「ぁ……さく……っ……」

桜野「頼られて嬉しい。みんなのお願いをひとつでも叶えられて嬉しい。みんな喜んでくれる。ありがとうって言ってくれる」

雪菜「さくのさ……!」

桜野「そのためならわたし、なんだってできちゃう」

雪菜「な、に……」

桜野「だって、だってね?」ズイッ

雪菜「っ!」ビクッ

桜野「なんの役にも立たないわたしに生きてる価値なんてないもん」ニコッ

雪菜「っ……!」ゾワッ

雪菜「な……」

雪菜「なに……いっ、て……!」

桜野「だからね雪菜ちゃん」

雪菜「っ」ビクッ

桜野「桃のジュース、おごらせてね?」ニコッ

雪菜「ひっ……!」ゾクッ

桜野「じゃあわたし行ってくるから!」ニコニコ

雪菜「へ……っ……待っ……!」カタカタ

桜野「ここで待っててね。すぐ戻ってくるから!」タタタッ

雪菜「あ……ぁ……!」

雪菜「ま……まっ、て……おねが……まってぇ……!」ガクガク

雪菜「ごめ、なさっ……ちがっ、ちがうんです……うそなんです……!」ジワッ

雪菜「桃のジュースなんてないんです……ごめんなさい……!」ボロボロ

雪菜「だから……いかないでっ……!」
656 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/09/30(土) 23:33:50.77 ID:CHpGyZiLo
ここまでだよ
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/30(土) 23:37:36.77 ID:hzfbDIqmo

シキ✕
朱✕
雪菜✕

もうだめだぁ…おしまいだぁ…
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/30(土) 23:39:22.33 ID:7RQydSoBo
む…無理だ…
この子達の能力で
この規格外のモンスターに勝つのは…
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/09/30(土) 23:47:18.01 ID:aUF6YrV00

透ちゃんがファンタジー染みた悲劇なら桜野ちゃんはリアルな生々しい悲劇を現在進行形で…
660 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/01(日) 23:26:55.75 ID:dgEEBuOPo
迷子センター

女の子「見て見て、この星のやつかわいい」

透「え、それヒトデじゃないの?」

女の子「えーお星さまだよー」

透「ヒトデでしょ。ねえ朱?」

朱「……」

透「朱?」

朱「あ、ごめんなさい。なんだっけ?」

透「……心配?」

朱「少しね……」

透「桜野が一緒だから大丈夫だよ」

朱「だといいけど……」

ガタカダ

男性「すいませんっ……!」

朱「?」

女性「迷子の放送を聞いてきたんですけど……!」

透「あ」

女の子「パパ! ママ!」タタッ

女性「あっ! もう……心配したのよ!」ダキッ

男性「よかった……1人にしてごめんな……!」ナデナデ

女の子「ううん!」ギュ-

透「ふふっ、見つかってよかった」

朱「ええ」
661 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/01(日) 23:34:39.86 ID:dgEEBuOPo
男性「あぁすいません。面倒を見てもらったみたいで」

女性「ご迷惑をおかけしてしまって!」ペコペコ

朱「いえ、とってもいい子だったので迷惑なんて……」

男性「ほら、お姉ちゃんたちにちゃんとお礼言って」ポン

女の子「さくのお姉ちゃんたちは?」

男性「え?」

朱「あ、友人が2人、おふたりを探しに出ていて。もうすぐ帰ってくる頃だと思うんですけど……」

男性「そうだったんですか。重ね重ね申し訳ない」

女性「すぐ戻ってくるなら少し待たせてもらいましょうよ。お礼もしたいし」

男性「そうだな」

女の子「ほんとに? じゃあもうちょっとお姉ちゃんたちと遊ぶー!」

透「うん。桜野たちがもどっ……」

ガサッ

透「っ!」ビクッ

女の子「ん? お姉ちゃ……?」

透「朱っ!!!」

女の子「っ!」ビクッ

朱「えっ!?」

透「っ……!」

朱「まさかっ……!」

女性「な、なに……!? 急にどうしたの……!?」

朱「は、早く逃げてくださいっ!」

透「朱はやくっ!」ダダッ

男性「に、逃げるってどこに!?」

朱「ここじゃないとこ!」ダダッ
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/01(日) 23:36:18.33 ID:suXhBMSZ0
いつも分断されてるときに!
663 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/01(日) 23:40:02.38 ID:dgEEBuOPo
入口方面

シキ「桜野っ!!!」バッ

桜野「ちょ、シキ!? 本物はキャパオーバーだって……!」



ドガァァァンッ!



桜野「!」

「な、なんだ今の音……!」

「なんかのイベントじゃねー?」

「あっち……煙上がってる……!」

桜野「……」ギリッ

シキ「桜野……!」

桜野「…………邪魔しないでよ」ボソッ

シキ「っ!」ゾッ

桜野「行くよシキ」タタッ

シキ「う、うんっ!」
664 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/01(日) 23:48:05.49 ID:dgEEBuOPo
休憩所

雪菜「ふぅ……ふぅ……!」カタカタ

雪菜「なにも……できなかった……」

雪菜「私……私……どうしたらよかったの……!」

雪菜「わかんないよぉ……!」



ドガァァァンッ!



雪菜「!」ビクッ

雪菜「え……なに……!?」



ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」



雪菜「あれは……ヤクサイン……!」

雪菜「こんな……ときに……!」

雪菜「ふぅふぅ、ふぅー……」

雪菜「行かなきゃ……戦わなきゃ……!」

雪菜「今は……戦わなきゃ……!」タタタッ
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/01(日) 23:48:59.24 ID:WX9YDCIDo
この子いつもメンタル弱くなるな
666 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/01(日) 23:56:34.86 ID:dgEEBuOPo
雪菜「はぁっはぁっ……!」トタタタッ

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!」

ボゴォンッ!

雪菜「うあっ!」

ヒュンッ

ブーケ「くっ……!」ザンッ

雪菜「あっ!」

ブーケ「雪菜ちゃん!」

雪菜「お、遅くなってすみません!」

ブーケ「ううん! それより桜野ちゃんは!? 一緒じゃないの!?」

雪菜「ぁ……」

ブーケ「…………とにかく今はあいつを倒すわよ」

雪菜「は、はい……プリキュア・カミングシーズン!」

ビュオオオッ!
フワッ

クリスタル「儚く脆い心でも何度だって奮い立たせる! キュアクリスタル!」

ブーケ「気をつけて! ポップコーン飛ばしてくるわよ!」

クリスタル「え、ポップコーン?」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!」ポップコ-ン!

クリスタル「ほんとに飛ばしてきた!」サッ

ボガァンッ!

ブーケ「しかも爆発する……」

クリスタル「また厄介な……」

ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!!!」
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/02(月) 00:05:01.44 ID:xIcDU/Rro
今日の担当幹部はだーれだ?
668 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/02(月) 00:07:55.78 ID:7FVwucDCo
クリスタル「そういえば透さんは!?」

ブーケ「ライガと戦ってる!」

クリスタル「じゃあこのヤクサインはライガが……」

ブーケ「いいえ違うの。こいつは……」スッ

クリスタル「ん?」

カサイ「」コソコソ

クリスタル「え、あれって……カサイ?」

カサイ「うっ」ギクッ

クリスタル「なにしてるの……」

カサイ「お、おう……久しぶりだな小動物……おう……」

クリスタル「なんだか様子が……?」

カサイ「お、お前……あー、あれは? ちっさい方の小動物は?」

クリスタル「ここにはいません。妹はもう巻き込まないって決めたんです」

カサイ「妹? あれお前の妹なのか。そうか……」ポリポリ

クリスタル「ブーケブーケ。あの人さっきからなんか変です。なにか狙いがあるんでしょうか……」ヒソヒソ

ブーケ「わからない。けどあたしが戦ってる時から、ずっとあなたのことを気にしていたみたいなの……」ヒソヒソ

クリスタル「私を狙っているってことなんですかね……」ヒソヒソ

ブーケ「うーん……直接聞いてみる?」ヒソヒソ

クリスタル「ですね……」ヒソヒソ

クリスタル「カサイ!」

カサイ「おう!?」

クリスタル「さっきからこそこそと……何が目的なの!」

カサイ「うぐぬぬ……いやほらお前、あれ覚えてるか? この前の去り際、オレ言ったよなァ……次こそ決着つけるって……」

クリスタル「そういえば」

カサイ「でもよォ、今日はダメでよォ。いろいろあってダメなんだ……でもよォ、でもよォ! それってなんかダサくねェ!?」

クリスタル「いや知らないですけど」

カサイ「ぬぐぅっ!!」

クリスタル「なんなんですかあの人」ヒソヒソ

ブーケ「大見得切った手前恥ずかしいってことじゃない?」ヒソヒソ

クリスタル「なるほど」ヒソヒソ

カサイ「聞こえてんだよォ! だーもーいい!! ヤクサインやっちまえ!!!」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」

ブーケ「来るわよ!」

クリスタル「はい!」



安価下3まででコンマ最大
どうする?
こういう技使ってこうする等
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/02(月) 00:13:04.77 ID:xIcDU/Rro
クリスタルが>>497で発射されてるポップコーン全部破壊してる間に
ブーケが>>493を叩き込む
670 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/02(月) 00:15:11.62 ID:7FVwucDCo
いったんここまでで

なんだか敵側の方が空気がやわらかい気がします
st
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/02(月) 00:15:14.85 ID:cD+OQO5Io
ブーケが>>104でポップコーン撃ち落としてクリスタルが曲性や>>171の変化球手裏剣連射
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/02(月) 00:21:03.93 ID:K+quOQiv0
クリスタルが前スレ>>752冷波光(れいはこう)で目潰ししてる間にブーケが前スレ>>996のスウィートパウダーで骨抜きにしてからボコボコにする
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/02(月) 00:22:10.23 ID:K+quOQiv0
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/02(月) 00:25:42.97 ID:xIcDU/Rro
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/02(月) 18:18:23.78 ID:ZmqhalBR0
こういうのコンマに任せるよりは作者がやりやすそうなの選ぶ感じでも良いんじゃないか?
676 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/03(火) 22:15:06.48 ID:H13XAVzEo
本当に無理そうなのはズラすからだいじょぶ
そもそもわたくしどうやら我が強すぎるみたいでストーリー部分で安価出すの下手くそなので 安価コンマでできるところはできる限り任せたい
更新頻度がアレなのはすべて>>1ってやつの仕業なんだまじごめん
677 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/03(火) 22:27:47.62 ID:H13XAVzEo
ヤクサイン「ヤクサァァァイ!」ポップコ-ンッ!

ヒュヒュヒュンッ!

ブーケ「くっ、なかなか近づかせてくれないわね……!」タタタタッ

ボガガガァンッ!

クリスタル「う、くっ……うあっ!?」ヨロッ

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!」ポップコ-ンッ!!

ブーケ「クリスタル!!」ダッ

ボッガァァァンッ!

ブーケ「あぶなぁ……!」ズザッ

クリスタル「けふっけふっ!」

ブーケ「大丈夫!?」

クリスタル「は、はい、すみません……いつもならあれくらい……」

ブーケ「今だけは戦いに集中よ。じゃないととっても危ないわ」

クリスタル「はい……」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!」グォォ

ブーケ「まずはあいつの動きを止める。その後一気に畳み掛けるわよ」

クリスタル「はいっ……!」ググッ

ブーケ「行くわよ!」ダダッ

クリスタル「はいっ! プリキュア!」パキキッ

カサイ「んあ? なんだァ?」

クリスタル「冷波光!」ビカッ

カサイ「うおっまぶしっ!」

ヤクサイン「ヤクッ!」グラッ

ブーケ「今よ! プリキュア!」バッ

ヤクサイン「ヤッ!?」

ブーケ「スウィートパウダー!」フワァ

カサイ「ん? ンだよこの甘ったるいニオイ……ぶえっくしっ!」

ヤクサイン「ヤク…ヤクサ…」フラフラ

カサイ「うお!? お、おいヤクサイン!?」

ヤクサイン「ヤクサァ…」ドッシ-ン

カサイ「ヤクサインー!!?」

ブーケ「クリスタル!」

クリスタル「はいっ!」



安価下3まででコンマ最大
ボコボコにするのもせっかくなので募集
こういう技使ってこうする等
クリスタルは冷波光に使った手裏剣持ってます
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 22:34:58.65 ID:qSGZLkf2o
クリスタルはそのまま目潰し続けてブーケは前スレ>>753のバラ投げをヤクサインが持ってるポップコーンに刺して全部爆発させる
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 22:38:38.81 ID:JFv+tnnbo
クリスタルは片手で冷波光用の手裏剣持ったまま空いてる方の片手で>>496をポップコーンに投げてグサリ
ブーケはアースビーンズで絞め潰す
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 22:40:44.09 ID:Js8percS0
クリスタルは目潰し継続
ブーケは>>493でトドメをさす
681 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/03(火) 22:54:53.30 ID:H13XAVzEo
クリスタル「冷波苦無!」ヒュオッパシッ!

カサイ「ヤクサイン! おいしっかりしろ!」バシバシ

ヤクサイン「ヤクサァ…」クラクラ

クリスタル「はっ!」シュピッ!

ヒュンッ!

カサイ「ん?」

グサッ

カサイ「うおっ!? 刺さった!?」

ピキ-ンッ

カサイ「凍った!?」

ヤクサイン「ヤグッ…」

カサイ「おいヤクサイン! このままだとお前のポップコーン、飛ばす前にぜんぶやられんぞ!」

クリスタル「まだまだ!」バララッ

カサイ「うげ!?」

クリスタル「連鎖性・冷波苦無!」シュシュシュンッ!

カサイ「は? どこ投げて……」

キキキキィンッ!

カサイ「うおあ!?」バッ

カカカカッ!
ピキピキピキ

カサイ「オレまで狙ってきやがった……ヤクサイン、まじで起きないと……!」

ウネウネッ

カサイ「は?」

ブーケ「プリキュア・アースビーンズ!」

ギチィッ!

ヤクサイン「ヤグゥゥゥ…!」

カサイ「今度は絞め殺しにきやがったァ!?」

ブーケ「クリスタル! こいつさっさと倒してクリアの応援行くわよ!」

クリスタル「はいっ!」

カサイ「おいおいおい! あんまりあっさりやられっと後でライガのバカにドヤされんぞ! オレが!」ブチブチッ

ヤクサイン「ヤクサァ…」
682 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/03(火) 23:01:25.99 ID:H13XAVzEo
バチィィッ!!!

クリア「うぐっ……!」ガクガク

ライガ「ははっ」シュタッ

クリア「はぁっはぁっ……!」ヨロッ

ライガ「この程度か。いやガッカリはしていないさ。おおむね予想通りだからな」

クリア「うぅっ……!」プルプル

ライガ「ほぅ、まだ立つか」

クリア「あたり、まえでしょ……!」

ライガ「……」

クリア「みんな……必死で戦ってる……! だから!」

ライガ「……お前」

クリア「ここは私が食い止める!」キッ

ライガ「……変わったな」

クリア「だあああっ!」ダッ



安価下3まででコンマ最大
どうする?
こういう技使ってこうする等
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 23:04:40.90 ID:pAo8Z2f60
ロケーションムーブで逃げた
と見せかけて遊園地の施設の陰に隠れながらひたすら射撃技で引き撃ち
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 23:08:47.99 ID:iKf0/aVPo
前スレ>>754のセパレートマントをそこら辺の物陰に潜ませ多方向から不意打ち
その間に遊園地の高所に移動してライニングフィッシュアロー狙撃
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 23:13:23.33 ID:2JwLM18fo
>>306で飛行して遠距離技を引き撃ち連射
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 23:14:43.44 ID:qSGZLkf2o
クリティカルやトリプルゾロ目出てる場合はどうすんだろう
687 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/03(火) 23:17:46.11 ID:H13XAVzEo
採用はコンマだけ判定して>>684にしますが
せっかく強そうなコンマ出てるけどできそうなことがぱっと思いつかない なにか案があれば募集ということで
なんもなければ桜野にいいもの()をあげよう
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 23:26:49.04 ID:Tz2NKkvOo
クリア関係で出たコンマだし
いつか強化形態プレゼントされますとか?
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 23:33:46.37 ID:qSGZLkf2o
何らかの要因でクリア強くなる的な
690 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/03(火) 23:35:57.64 ID:H13XAVzEo
クリア「プリキュア・セパレートマント!」タタタッ

ライガ「ん? 何をする気だ?」

クリア「……セパレート!」バララッ

ライガ「うぐっ! 目くらましのつもりか!?」ブンッ!

パラパラ…

ライガ「………………」

ライガ「……どこへ行った?」



クリア「はぁはぁ……!」

クリア「プリキュア・スプラッシュ……ウェイヴレット!」ババッ



ライガ「ん?」

バシュッ!

ライガ「ぐぁ!?」

ライガ「ぬぐ……マントの切れ端ぃ……?」

ライガ「チッ、猪口才な……!」

バシュッ!

ライガ「くっ! 小賢しい!」

ライガ「どこだ! キュアクリア!」



クリア「はぁはぁ……ここからなら……!」

クリア「プリキュア・ライトニングフィッシュアロー!」ギリギリギリッ

クリア「いっけぇ!」バシュッ!

バシュウウウッ!
ギュルルルッ!!!
ドバァンッ!!!

クリア「よしっ……!」

モクモクモク
ブワッ!

クリア「!?」

ライガ「……」ギロッ

クリア「そんな……避けられ、た……?」

ライガ「……そこか」
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 23:36:39.72 ID:27xxriYW0
なんやかんやで桜野ちゃんが透ちゃん家にお泊まり的な
692 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/03(火) 23:41:00.11 ID:H13XAVzEo
>>691
個人的にはこれめちゃくちゃ採用したい
前にちょろっと出てきた透ちゃん親フラも回収できるしストーリーの流れ的にもベストタイミングすぎる
自分のレスかと思うくらい完璧なのだが
693 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/03(火) 23:43:37.12 ID:H13XAVzEo
あ、余談ですが
スプラッシュウェイヴレットのウェイヴレットは「wavelet」です
waveが波、letが小さいという意味で、ウェーブレット変換等数学やってるとけっこう出てきます セパレートマントもらった時からあっためてました
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 23:47:42.30 ID:Ynxk3Ssso
桜野&透お泊まりイベントなんて興奮で死んじゃうよ朱さんが
695 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/03(火) 23:52:47.11 ID:H13XAVzEo
ライガ「ずいぶんと……」バヂッ!

シュンッ!

クリア「!?」

ライガ「腑抜けた攻撃だな!」ドゴッ!

クリア「あぐっ!」

ドガガッ!

クリア「う、ぐっ……げほっげほっ……!」

ライガ「それで本当に私を倒すつもりか?」

クリア「うっ、くっ……!」フラフラ

ライガ「いや違うな。お前は時間稼ぎをしているだけだ」

クリア「……!」

ライガ「かつてのお前なら勝ちに来ていた。どれだけ勝ち目が薄かろうと、絶対に負けてはならないという意志で、たった独りでも戦い抜こうとしただろう」

クリア「……」

ライガ「それがどうだ。今の戦いぶりはまるで、自分が勝たなくてもいいと言っているようだ。なにかを、誰かを待っているようだ」

クリア「……」

ライガ「ついに気づいたか、自分の弱さに! 独りではなにもできないことに!!」

クリア「……」

クリア「……」

クリア「……別にいいんだ」

ライガ「……!」

クリア「そうだ……いいんだよ……」

クリア「独りじゃなにもできなくたって……独りじゃなにも決められなくたって……」

クリア「だって」

クリア「だって!」

クリア「だって……」

クリア「答えはぜんぶ桜野がくれるもん」ニコッ
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/03(火) 23:56:06.20 ID:Ynxk3Ssso
敵の弱点なんて改善されず放置されたままの方がありがたいだろうにライガさんは指摘しちゃうんだ
697 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/04(水) 00:01:18.60 ID:RjyNMEkWo
ライガ「……ぷっ」

ライガ「くはっ、はははっ……!」

ライガ「ははっははははっ! そうかそうか! お前はそういうやつだったなぁ!」

ライガ「孤独に怯えては妖精どもに縋り! それを喪えば今度は力に縋り! そして次に見つけたのがキュアサクラか!」

ライガ「ああ悪かった、悪かったよ! 私が間違っていた! お前は何も変わっちゃいないなぁ!!」

クリア「ううん、変わった。私、変われた。みんなの、桜野のおかげで変わることができた。仲間や友だちを信じられるようになった。私はもう独りじゃない」

ライガ「それで私に勝てるのか?」

クリア「私じゃ勝てない」フルフル

ライガ「そうか。なら……」バチバチッ

クリア「でもいいの」

ライガ「お前もここで終わりだな!」バヂンッ!

クリア「だって今も、この瞬間も」

ライガ「はあっ!」バチチッ!

クリア「私は桜野を信じてるから」

キュインッ!
ドガッ!!!

ライガ「あがっ!?!!」

バキィッ!
ドガッガガガッ!
ドッガァァァンッ!!!

ライガ「うっ……がふっ!」

シュタッ

サクラ「ごめん遅れた!」

クリア「ううん」ニコッ
698 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/04(水) 00:04:48.32 ID:RjyNMEkWo
ここまで
鬱ssとか言われたからプリキュアっぽい要素盛ろうと思って「信じる心」みたいなテーマを書いてみたぞ!これで紛うことなきプリキュアだ!

遊園地編終わったら透ちゃん家お泊まり編をやろうと思います 流れ的にみんなでお泊まりになると思います 透ちゃんの誘い文句は安価で決めようかな
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/04(水) 00:09:07.27 ID:qG+ySw7go

ライガさんクリアについてずいぶん勉強したな…
まるでクリア博士だ
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/04(水) 00:10:57.61 ID:l4IBrvqlo

いよいよ朱さんがご両親に挨拶するのね
娘さんを私にくださいと
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/04(水) 00:15:47.13 ID:18Jw5o0V0

ライガおじさんクリアに対してはましましもりもりでやたら饒舌になるのは気のせいか
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/04(水) 00:37:05.80 ID:dTmfmaOa0
強さだけならキュアサクラさんは誰も必要としてないな
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/04(水) 01:05:03.55 ID:bNJ2u6s3o
ライクリ捗る〜〜〜
おつ
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/04(水) 01:18:14.43 ID:WAwj2hbD0
クリア
ミミックトリック
ミミックオクトパスに似た生物がクリアにお願いされた物に擬態する
生き物だろうが物だろうが何にでも姿形は完璧に変身できるけど能力までは完全に再現できない
例えばプリキュアに変身しても普通の人間くらいに喋ったり動くくらい
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/04(水) 08:26:03.77 ID:P/LLV16J0

いやこれ「信じる」なんて前向きな状態というよりは、桜野にガチ依存してて(他人に尽くすだけの桜野の状態も含めれば半分共依存?)
むしろ危ない状態なのでは…?
なでなでほあぁして笑ってたあの頃が遠い昔のようだ
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/04(水) 12:23:25.00 ID:KQE4yGuso
クリスタル
冷装突(れいそうとつ)
走り出す→ジャンプ→前方一回転→敵に足を向けた瞬間円錐状の氷が放たれ敵をロックオン&拘束→その円錐状の氷に飛び込むようにライ○ーキック→円錐情の氷と一体化して相手の身体を貫き通り抜ける
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/04(水) 14:13:59.80 ID:aJ5iJVYgo
ライガ「クレイジーサイコレズとはいえ仲間だった女の子も敵とはいえ数少ないまともな女の子も寝取られた!!」的な
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/04(水) 18:16:56.73 ID:sP0dFuZDo
クリア
スピニングディスチャージ
カニさんイカさん達の触手がマントからいっぱい出てきて独楽に巻き付ける紐みたいにクリアに巻き付く
続いてマントからカニ様が出てきてクリアを投げ飛ばす
カニさんイカさん達は独楽を投げるみたいな感じでクリアを回転させて放つ
独楽みたいに超高速回転したクリアが敵に回し蹴りをぶちこむ
709 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/05(木) 01:12:37.19 ID:qDMDVIS4o
サクラ「クリア、怪我は?」

クリア「平気」

ライガ「くっ……はぁはぁ……」ヨロッ

サクラ「……いける?」パキパキ

クリア「うんっ……!」グッ

ライガ「はははっ……ピンチかな……?」

サクラ「今日こそ倒すよ!」

クリア「うんっ!」ダンッ

ライガ「くっ!」ザッ

クリア「はぁぁ!」ガッ

ライガ「うぐっ! う、ぉああっ!」ドガァッ!

クリア「あくっ……!」ググッ

ライガ「でぇぇやぁっ!」バキィッ!

クリア「うぁあっ!」ドゴッズザザッ

サクラ「クリアっ!?」

クリア「だ、大丈夫……!」フラッ

サクラ「……よくもっ!」ギュンッ

ライガ「!」バヂッ

サクラ「らぁぁあっ!」ズガガガッ

ライガ「うぉぉお!」ガガガッ

ガギンッ

ライガ「はぁはぁ……ははっ、ずいぶん気が立っているな……!」グググッ

サクラ「もう手を出してこないと思ってた……!」ググッ

ライガ「はあ?」

『10日後夜明け前、町はずれの森に1人で来い』

サクラ「まだあと7日ある。なのに……!」

ライガ「ああ、少し確かめたいことがある……」

サクラ「確かめたいこと……?」

ライガ「それとっ……!」グイッ

サクラ「っ!」

ライガ「迷っているだろうお前の背中を押してやろうと思ってな!」バチチッ!

サクラ「くっ……! お気遣いどうもっ……!!」ガッ

クリア「サクラ!」タタタッ



安価下3まででコンマ最大
サクラ&クリア vs ライガ
どうする?
こういう技使ってこうする等
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/05(木) 01:26:33.07 ID:ODukFSlyo
サクラのステゴロ攻撃の合間合間にクリアがサクラの少し後ろから>>170でライガへの嫌がらせのごとくアシスト攻撃
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/05(木) 01:30:16.94 ID:qXngE/BL0
サクラの打撃とクリアのウォーターバレット+2人のロケーションムーブによる全方位コンビネーション攻撃
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/05(木) 01:34:31.50 ID:d49qxOHZo
ロケーションムーブで2人とも消える→>>306のエアースイムで飛んでるクリアが抱えてるサクラをライガの頭上に投下
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/05(木) 11:28:54.68 ID:J6a0CoPMo
クリア ブーケ
フルタックル
クリアがマントからウミヒルモ取り出してブーケに品種改良で美味しく且つたくさん増やしてもらう
それを食べてお腹いっぱいになったジュゴンがオーラ纏って相手にタックル
714 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/05(木) 23:18:46.21 ID:qDMDVIS4o
クリア「はっ!」バサッ

サクラ「!」ドガッ

ライガ「うぐっ!?」

クリア「いくよテッポウウオくん!」テッポ-ッ!

サクラ「……とっ」タタンッズザッ

ライガ「なにを……!」

クリア「プリキュア・ウォーターバレット!」ジャキッ

ライガ「!」

パパァンッ!

ライガ「そんな豆鉄砲ごときで……っ!!?」バヂッ

ダダァンッ!
シュウウウ…

ライガ「チッ……当たるのはまずいな……」ズザッ

サクラ「よそ見もまずいんじゃない!」

シュンッ

ライガ「っ!?」

クリア「ロケーションムーブ……!」

サクラ「だあっ!」バキッ

ライガ「ぐはっ!」グラッ

クリア「くらえ!」パパパッ!

ライガ「うっ、くっ……! でやぁっ!」ブンッ

シュンッ

ライガ「なっ!?」スカッ

クリア「たっ!」ズガンッ!

ライガ「くっ……!」バリッズザザッ

シュンッ

ライガ「っ!!」

サクラ「もらった!」バキッ

ライガ「うぐあっ!!」ドサッ

サクラ「まだまだいくよ!」ダッ

クリア「はぁはぁ……うんっ……!」タタッ
715 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/05(木) 23:28:43.97 ID:qDMDVIS4o
ライガ「うぐっ、くっ……!」

クリア「はぁっはぁっ……」

サクラ「クリア大丈夫!?」

クリア「うんっ……ちょっと疲れたけど……!」

サクラ「じゃあさっさとやっつけちゃおっか!」グッ

クリア「うん!」

ライガ「ははっ、まずそうだな……! ならば!」バヂヂヂッ!

サクラ「!」ザッ

バヂィッ!

クリア「え……」

サクラ「クリア!?」

ライガ「手早く用事を済ませるとしようっ!!」グアッ

ドガァッ!!!

サクラ「うぐっ、あっ……!」ミシミシ

クリア「サクラっ……!」

ライガ「くっ、うおおっ!」ググッ

サクラ「うぅっ!!」ガシッ

ライガ「なっ!?」グラッ

サクラ「らぁっ!!!」ブォンッ!

ドゴォッ!

ライガ「がはっ……!」

サクラ「はぁっ……あぐっ……!」ガクッ

クリア「サクラっ!」

サクラ「だ、だいじょぶ……! それより……」

ライガ「ふぅぅ……!」ガラガラ

サクラ「確かめたいことってクリアのこと……?」

ライガ「予想が正しければな……」

クリア「予想……?」

ライガ「……キュアクリア」

クリア「……っ」キッ

ライガ「……ウィッシュスターを持っているのはお前だろう?」

クリア「!!!」
716 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/05(木) 23:38:42.50 ID:qDMDVIS4o
ライガ「くくっ、ははは! その反応だけで十分だ。妖精どちらかの近くにあるだろうとは思っていたからなぁ!」

クリア「くっ……!」

サクラ「それを知ってどうするつもり……!」

ライガ「我々としても確実にウィッシュスターを奪還する方法を模索していてね」

クリア「確実な……方法……?」

ライガ「1番弱いやつが持っていてくれて好都合だよ。そいつからなら簡単に奪えそうだからなぁ」

クリア「!!」

サクラ「クリアは弱くなんかない……!」

ライガ「いいや弱いさ。そいつでは守りきれんよ」

クリア「……っ!」

サクラ「大丈夫だよクリア……クリアのことはわたしが守る……!」

クリア「う、うん……」

ライガ「本当にできるか?」

サクラ「……」キッ

ライガ「はっきり言おうか、キュアサクラ。私はお前が来るまでに、キュアクリアを殺せていたぞ?」

クリア「……!」

サクラ「……ハッタリだ。本当にできるなら、なんでそうしなかった?」

ライガ「言ったろ、確実な方法を探しているって。そいつを殺せば、今度は私が殺されてしまうだろうからな。ウィッシュスターの奪還どころではなくなる。それだけの話だ」

クリア「そんな……!」

サクラ「…………勘違いしてない?」

クリア「!」ゾクッ

サクラ「わたしは……!」ザッ

クリア「さくっ……」

サクラ「今もっ……!!」ギロッ

ライガ「……」

サクラ「お前を殺すつもりだっ!!!」ブワッ
717 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/05(木) 23:46:45.13 ID:qDMDVIS4o
ライガ「だろうな。だが……」

ドガガガッ

クリア「……?」

ライガ「時間切れだ」

ドッガァァァンッ!!!

サクラ「!」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ…!!」ドシ-ンッ

クリア「ヤクサイン!?」

クリスタル「はっ」シュタッ

ブーケ「よっと……」タンッ

クリア「ブーケ! クリスタル!」

ブーケ「あ、2人とも!」

クリア「よかった! 無事だったんだ!」



カサイ「っつー……」ポリポリ

ライガ「カサイ、いいタイミングだ」

カサイ「んお? そうか?」

ライガ「あと3秒遅ければ殺されていた」

カサイ「そいつァベストタイミングだ。もういいのか?」

ライガ「ああ、帰るぞ」

カサイ「ウィッシュスターはどうした? 奪えそうなら奪ってくるって言ってたろ?」

ライガ「ん」クイッ

カサイ「……いいのかよ」

ライガ「待っていれば向こうから持ってくるさ」

カサイ「本当だろうなァ……」

ライガ「……キュアサクラ!!」

サクラ「!」

ライガ「分かっているな?」

サクラ「……」キッ

ライガ「いくぞ」シュンッ

カサイ「あァ」シュンッ
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/05(木) 23:51:33.94 ID:rZxfWv3fo
キュアサクラ加入してからはヤクサインはどうしてもサクラがいるところじゃないと殺せなくなってるなあ
719 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/05(木) 23:54:54.83 ID:qDMDVIS4o
サクラ「……」

クリア「サクラ、大丈夫……?」

サクラ「あ、うん。それよりみんなは?」

ブーケ「あたしは平気よ」

サクラ「よかったです。クリスタルは?」

クリスタル「え、あ……」

サクラ「どうしたの?」キョトン

クリスタル「だ、大丈夫! 大丈夫です!」

サクラ「よかった。それじゃあ……」

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!」

サクラ「さっさとあいつ倒そっか!」

クリア「うん!」

ブーケ「ポップコーン飛ばしてくるから気をつけてね!」

サクラ「ポップコーンですか!?」

ブーケ「しかも爆発するわよ!」

クリア「なんで……」

サクラ「とにかくいくよ!」ダッ

クリア「うん!」タタッ

ブーケ「ええ!」タタッ

サクラ「クリスタル!」

クリスタル「は、はいっ!」

クリスタル「今は……集中……!」タタタッ
720 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/05(木) 23:56:05.11 ID:qDMDVIS4o
安価出し忘れました

安価下3まででコンマ最大
久しぶりの全員戦闘
どうする?
こういう技使ってこうする等



なお本日ここまで
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/05(木) 23:56:25.77 ID:rZxfWv3f0
ブーケとクリスタルだけではヤクサイン倒せないのか
昔はクリア1人で倒せるくらいだったのに…
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/06(金) 00:02:21.49 ID:kXeM6X0Yo

クリアは疲れてるから後方で>>255の準備

サクラは食べ物を粗末にするわけにはいかないから全力で爆発したポップコーンの破片を地面に落ちる前に口の中に入れる

ブーケは>>225でクリア回復

クリスタルは>>497振り回して発射されるポップコーンはたきおとす
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/06(金) 00:17:03.56 ID:UlefjUUZ0
サクラは初めてのポップコーンの匂いが美味しそうだから飛び付いて食おうとする
ブーケとクリアは全力でヤクサインを押さえつける
クリアはライトニングスパイラルフィッシュアロー
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/06(金) 00:20:29.13 ID:kIbus57b0
クリアのロケーションムーブでヤクサインがポップコーン蓄えてるとこにブーケを送ってブーケの力で(元々は植物な)ポップコーンを品種改良
クリスタルはヤクサインの足凍らせてサクラは力づくでヤクサインを押さえる
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/06(金) 10:29:41.52 ID:oYsoJSWp0
クリア
カワウソルジャーズ
ニホンカワウソらしき生き物がいっぱい出てきて物投げたり二足歩行で格闘したり噛みついたり等々かなり賢く戦う

ブーケ
エキサイトシード
シルフィウムの種を(適量)食べて興奮状態となり一定時間パワーアップ
また発芽寸前のシルフィウムの種を相手にたくさんぶちこんで過剰摂取させることでまともな思考能力を奪って混乱させることも出来る
726 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/06(金) 22:29:53.13 ID:QtykIiHzo
クリア「私が貫く! 準備に時間かかるから、その間はお願い!」バサッギリギリッ

ブーケ「任せて! 動きを止めるわ!」

クリスタル「きます!」

ヤクサイン「ヤァァクゥゥ…!」ポポポポッ

サクラ「あれがっ……!」

ヤクサイン「サァァァイ!!!」ポップコ-ンッ!

ブーケ「撃ち落とすわよ!」

クリスタル「はい!」

サクラ「いい……」

ブーケ「え……?」

サクラ「いい……匂い!!!」ビョンッ!

ブーケ「サクラ!?」

クリア「待って! それポップコーンなのは見た目だけで……!」

サクラ「いただきまぁす!!!」ンガッ

ボガァァァンッ!!!

ボヒュンッ

サクラ「へぶっ!!!」ズゴンッ!

クリア「闇のエネルギーの……かたまり……」

ブーケ「と、とにかくクリアは準備を続けて。クリスタル、行くわよ!」

クリスタル「は、はい……」
727 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/06(金) 22:45:01.41 ID:QtykIiHzo
ヤクサイン「ヤクサァァァイ!」ポポポポップコ-ンッ!

クリスタル「冷波分銅鎖!」ジャラッ

ヒュヒュヒュンッ!

クリスタル「蛇ノ道!」ジャララッ!

ボガガガァンッ!

ヤクサイン「ヤクッ!?」

ブーケ「プリキュア・アースビーンズ!」バシュルルッ!

ヤクサイン「ヤッ…!」ギチギチ

クリスタル「私も鎖で!」ジャラララッ!

ヤクサイン「ヤクゥゥ…!」ギチチッ

ブーケ「クリア!」

クリア「2人ともありがとう! いくよカジキさん!」ギギギギッ

バショ-ッ!

クリア「プリキュア・ライトニングスパイラルフィッシュアロー!!!」バシュウウウッ!!!

バショ-ッ!
ギュルルルルルッ!!!!!

ヤクサイン「ヤ…ク…サァァァイ!!!」ポポポップコ-ンッ!

クリスタル「くっ……この体勢からでも……!?」ギギッ

クリア「その程度じゃ止まらない! 貫け!」

ボガガガッ
ギュルルルルルッ!!!!!

ヤクサイン「!?」

ズジュウウウウウッ!!!!!

ヤクサイン「ヤクサァァァイッ!?」

ブーケ「やった!?」

クリスタル「ま、まだ倒せてません!」

クリア「はぁはぁ……爆発でちょっと逸らされた……!」

サクラ「でも大ダメージだね!」ガバッ

クリア「あ、大丈夫?」

サクラ「おいしくなかった!」

クリア「でしょーね!」



安価下3まででコンマ最大
どうする?
こういう技使ってこうする等
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/06(金) 22:49:28.81 ID:YViHuyECo
>>461でクリアがみんなを連続発射
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/06(金) 22:53:14.84 ID:W9vLcwxg0
お疲れで可愛くなってるクリアさんが>>38でブーケを突撃させる
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/06(金) 22:55:27.81 ID:TPaBRnYk0
遠距離技連打でポップコーン誘爆させる
731 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/06(金) 23:13:15.32 ID:QtykIiHzo
クリア「はぁはぁ……」

サクラ「大丈夫?」

クリア「疲れちゃって……」

サクラ「じゃあちょっと休憩して……」

クリア「うん……ごめん……」

サクラ「……」ジ-

クリア「サクラ?」

サクラ「クリア、ちょっと耳貸し」

クリア「んぅ?」



ブーケ「んぬぬ……!」ギギギッ…

ヤクサイン「ヤ、ク…!」

サクラ「ブーケー!」ブンブン

ブーケ「なにー!」

サクラ「クリアが言いたいことあるってー!」

ブーケ「クリア? どしたのー!」

サクラ「ほらクリア! しなを作るのです!」

クリア「う、うん……ブーケ!」シナッ

ブーケ「え……?」

クリア「ちょっと疲れちゃった……介抱して欲しいなぁ……」

ブーケ「な……な……!」キュゥゥゥン

クリスタル「ちょっ!? 今ですか!?」

クリア「お願い、ブーケ」キュルン

ブーケ「しゅるううううううっ!!!!」ダダダダッ

クリスタル「ブーケ! うあっ!?」グラッ

サクラ「釣れた! クリア!」

クリア「うん!」

ブーケ「いーまーいーくーねー!」ドドドドッ

クリア「ロケーションムーブ」バサッ

シュンッ

ブーケ「クリアー!」バッ

ヤクサイン「ヤ?」

ズドッガァァァンッ!!!!!

クリスタル「ええ……」

クリア「うまく決まった」スンッ

サクラ「名付けてプリキュア・クレイジーアクシデント!」

クリスタル「すっごい威力……」

ブーケ「ひろい……ひりょいわぁ……」グタッ
732 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/06(金) 23:25:24.57 ID:QtykIiHzo
クリスタル「で、でも隙が……」

ヤクサイン「ヤグゥゥ! ヤクサァァァイッ!!!」ドゴドゴンッ!

クリスタル「うっ!? あぁっ!」ドサッ

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!!!」ポップコ-ンッ!

クリスタル「うっ……!」ギュッ

サクラ「クリスタル!」ザッ

ボガァンッ!!

クリスタル「……!」

サクラ「うあっちちぃ……! 大丈夫!?」シュウウウ…

クリスタル「……は、はい……ありがとございます……」

サクラ「よかった!」ニコッ

クリスタル「……あ……ぅ」

サクラ「さて……」パキパキッ

ヤクサイン「ヤッ…!?」

サクラ「目の前で食べ物が爆散するのもそろそろ気分悪いんだよね……」パンッ

ヤクサイン「ヤクゥゥ…!」

サクラ「覚悟しろ……!!!」ギロッ



安価下3まででコンマ最大
とどめ
どうする?
こういう技使ってこうする等
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/06(金) 23:27:32.56 ID:yvSZpi/v0
ライトニングバリスタでサクラ発射
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/06(金) 23:30:29.94 ID:Z91hil17o
>>623でトドメ
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/06(金) 23:36:10.05 ID:8lvXa2vRo
ポップコーン集まってるとこに一斉攻撃してヤクサインを誘爆爆散
736 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/06(金) 23:50:42.21 ID:QtykIiHzo
サクラ「シキ、シアさん! 力を貸して! プリキュアハリケーンだ!」

シキ「お、おっけー……!」クルッ

シア「いきますわよ!」バッ

クリスタル「つ、冷たくないです……?」ピキピキ

シキ「なんとか……!」

クリスタル「おっけーです!」ザッ

ブーケ「」ザッ

クリア「」ザッ

サクラ「みんないくよ! プリキュアハリケーン! アイスボール!!」ザッ

ヤクサイン「ヤクサァァァイ!」

サクラ「アタック!」ダッ

クリスタル「ブーケ!」パス

ブーケ「クリア!」パス

クリア「はっ!」ジャンプキャッチ

シュタッ

クリア「サクラ! クラウディングトライ!」

サクラ「おっけー!」タタッ

サクラ「といやっ!」バクテンッ!

サクラ「えんどぼー!!!」バシュウウウッ

ヤクサイン「ヤ、ヤクッ!? ヤクゥッ!?」ワタワタ

バシュウウウッ!!!

ヤクサイン「ヤ…」

ドッガァァァァァンッ!!!
ピキピキピキッ
パリィィィンッ!!!

ヤクサイン「ヤァァァァ!!!」サラサラ…
737 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/06(金) 23:51:13.20 ID:QtykIiHzo
YouTubeとwikiで履修しました
どこまでやっていいか分からなくなりました
738 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/07(土) 00:00:37.77 ID:jfDJ/n+Go
桜野「ふぃぃ……なんとか倒せたねぇ。シキ、シアさん、無理させちゃってごめんなさい」

シア「構いませんわこれくらい」

桜野「シキもごめんね。寒くなかった?」

シキ「ちょっとだけなのです」

桜野「透ちゃんは大丈夫? かなり疲れてたみたいだけど」

透「……」

桜野「透ちゃん?」

透「……ねぇ桜野」

桜野「ん?」

透「……やっぱりあとでにする」

桜野「そう? 話したい時でいいからね」

透「うん。今はとりあえず、勝ててよかった」ニコッ

桜野「うん!」ニコッ

桜野「あ、そういえばあの子のご両親! 探さなきゃ!」

朱「それなら大丈夫よ。ちゃんと迎えに来てくれたわ」

桜野「ほんとですか!? よかったぁ」

朱「ところでそれ……」

桜野「あ、そうだ」ガラガラ

雪菜「ふぅー……」

桜野「雪菜ちゃーん!」タタッ

雪菜「っ!」ビクッ

雪菜「は、はい……なんですか……?」

桜野「これ!」ガラガラ

雪菜「なんです……? 袋いっぱい……」

桜野「桃のジュース!」ニパッ

雪菜「えっ……」
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 00:01:26.12 ID:/CZQxncmo
ヒエッ…
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 00:06:26.88 ID:U7hMp/c4o
加減しろ……
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 00:08:20.48 ID:fCZm15gB0
普通1個だよぅ…
742 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/07(土) 00:11:26.80 ID:jfDJ/n+Go
雪菜「な……え……? なん……?」

桜野「いやぁわたしね、お恥ずかしながら入口の自販機で見つけられなくてさ。でもご安心、売店にあったからそこで買ってきたの!」

雪菜「あ、そ、そうだったんですか……で、でも……なんでこんなに……?」

桜野「それがさ、見つけたはいいんだけど種類がいっぱいあって。どれが好きか分かんなかったからぜんぶ買ってきちゃった!」ニコッ

雪菜「! え、あ……あ、ありっ……ありがとっ……ございます……」

桜野「さあさあ好きなの選んでね! どれがいい? ぜんぶ?」

雪菜「いいいいっぽんで! 1本でいいです……から……これで……」

桜野「そう? これにする? じゃあどーぞ!」

雪菜「……あ、ありがと、ござ、ま………………あ」ツルッ

ガシャガシャンッ!

雪菜「あ……!」

桜野「あらら、落ちちゃった」

雪菜「ごっ、ごめんっなさっ!! ごめんなさいっ!!!」

桜野「もう、そんなに謝らないでよ。ほら」

雪菜「すみませっ……」

桜野「あ、でも落としちゃったの嫌だよね。新しいの買ってこよっか」

雪菜「っ! いいです!!!」ブンブン

桜野「そうなの? ほんとに?」

雪菜「……いい、です……本当にいいです……それで……いいですから……!」

桜野「そか。じゃあ今度はしっかり持ってね」ニコッ

雪菜「……は、ぃ」ギュウウッ

桜野「2人も飲むー?」

透「いいの?」トテトテ

桜野「もちろん。余っちゃったらもったいないし」

透「ありがと。あ、そうだ、これから本物ポップコーン食べに行く?」

桜野「今度のはおいしいかな?」ハイコレ

透「さっきのよりは確実に」アリガト

朱「……」

桜野「朱さんもどうですかー?」

朱「……ええ」

朱「……」

雪菜「……っ」カタカタ

朱「雪菜ちゃん……」
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 00:12:54.62 ID:mSMHYCCHo
いやーやっぱ中学生にも携帯必要ですねー
744 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/07(土) 00:16:08.67 ID:jfDJ/n+Go
ここまで

そんなこんなで楽しい楽しい遊園地編これにて了です



次から透ちゃん家お泊まり編やるつもりだけど少しお時間いただくと思います 決めなきゃいけないことが多いんだなこれが
透ちゃんの誘い文句とかお泊まりイベントとか募集したい けどイベントは採用条件も枠も厳しくなりそうなんだよなぁどーしよ
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 00:17:33.09 ID:/CZQxncmo
募集は今かな?また今度かな?
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 00:18:48.19 ID:mSMHYCCHo

募集するだけして良いのあったら取っていってダメなやつは切り捨てればいいのでは
747 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/07(土) 00:29:10.20 ID:jfDJ/n+Go
じゃあそういう感じにしますか

@ 透ちゃんがお泊まり誘う時の文句
A お泊まりイベント

以上2つを募集します どちらかでもおk

@は桜野にだけ先に話してはあとは桜野に手伝ってもらうお子ちゃまムーブ前提とかでもおk

Aに関しては、多分夜系のイベントほど採用厳しくなると思います 枕投げとかはできなさそう
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 00:38:31.93 ID:/CZQxncmo
@ 透ちゃんが自分に親指向けるサムズアップポーズで「みんなで私に夜這いしにこない?」(良い笑顔で)
(お泊まりして人の家で寝ることを夜這いだと意味を勘違いしている)
Aみんなでお料理
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 02:30:08.64 ID:UrAT2Q900
@1人ずつ壁ドンしていって「私の家に来て…今夜は寝かさないから…」と耳元で囁いて誘っていく
勿論本人はなんの他意もなくただのみんなでお泊まりのつもりで言っているのでみんなには2人っきりであんなことやこんなことやとかなんか色々誤解させたまま

A透が親とご飯作ってる時透が親に「お願い」される光景が桜野には自分がされる「お願い」とは何故か違って見えた
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 02:43:07.21 ID:MGf0B7lvo
A朱さんが「ご両親に娘さんをくださいって挨拶しに行くか」と意気込んだら透に「出会った頃の眼ぇ」で睨まれた
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 08:37:32.99 ID:KWgetdWFo
@透「逢い引きしよ♪」
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 08:46:04.26 ID:XC4QgZrY0
@今度私ん家のお布団でマグロになりなよ
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 09:03:39.90 ID:JK1gtOIjo
@今度私を寝取りにきなよ
お泊まり→透の寝具を使う→寝取る
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 09:15:18.49 ID:WAofT29ro
@ 私のカキタレになって
(透ちゃんにとっての意味)お泊まりする関係のこと
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 09:16:39.62 ID:iVloSuemO
@私と枕営業しよっ?(本人は枕投げって言ってるつもり)
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 09:42:09.02 ID:QLQNktvw0
A透ちゃんの部屋なんにもない!?と思ったらお掃除するために全部マントの中に入れててそのままになってただけだった
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 09:55:02.68 ID:LjbeppVl0
A衝撃の事実 家の近くと学校の近くにマントマーキングしておいてワープすることで登下校楽してた
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 10:45:34.92 ID:/UvjT4Rgo
@今夜家に誰もいないの……
A皆でお夕飯作り(料理コンマ)
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 11:32:21.23 ID:0/sYvfXmo
A透の親が娘をここまで元気にしてくれたことを涙流して感謝してこれからも仲良くして欲しいと「お願い」された
この人達の感謝と願いも桜野にとって今までの「お願い」と何も違いはないのか的なイベントどっかで起きる
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 11:55:18.74 ID:/xQ+a/Vm0
@パパ活ママ活しない?(意味:お父さんお母さんに会ってかない?)
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 12:24:50.17 ID:NcfGsyhH0
A釣り行く事になってみんなに釣竿貸すとき
透「これで私達は竿姉妹だね」
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 13:13:42.21 ID:TIgso95Jo
A朱さんがSNSで透ちゃんに男っぽい格好させて腕組んでる画像挙げて「彼氏とお泊まりデートナウ!」
直後にちゃんと女の子の格好してる透ちゃんと腕組んでる画像挙げて「かっこいい男の子だと思った?残念!女の子でした!」
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/07(土) 16:44:57.83 ID:MiK+djkMo
A透の無自覚天然誘惑に理性が蕩けそうになるが桜野と雪菜は(朱さんと同類になるわけにはいかない)(外道に堕ちるわけにはいかない)と歯を食い縛りながら必死に堪えた
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/08(日) 00:39:09.62 ID:b0UhrhFH0
@一緒に逢瀬…しよ…?
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/08(日) 02:05:54.32 ID:x4pdJ5Og0
@家に泊まりがけでデリヘルしない?
※デリヘルとは女の子が家に来ることである
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/08(日) 14:27:29.41 ID:vaah8bCOo
A透ちゃんの服が動きやすさ重視したせいで男女どちらにも見えるような服ばっかになってしまっていた
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/08(日) 19:36:53.32 ID:OJy1zX4i0
A結構色んなものがあって透ちゃんは意外と多趣味多芸だった
768 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/10(火) 00:33:07.59 ID:DeAgc5BGo
Aはともかく@が完全に大喜利大会でワロタ ここから選ぶのか
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/10(火) 00:40:05.45 ID:V4NFFD5y0
果たして朱さんの理性は何秒で崩壊するのか
770 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/10(火) 00:49:09.27 ID:DeAgc5BGo
桜野「……」

『10日後夜明け前、町はずれの森に1人で来い』

桜野(……あと4日)

桜野(あの日からずっと、わたしは迷っている)

桜野(みんなに話すべきか話さぬべきか。ここまできてなお、答えは出ないままだ)

桜野(ああいう言い方をしてきた以上、罠なのは確実。だったらこっちも戦力は多い方がいい、んだけど……)

桜野「……」

『私はお前が来るまでに、キュアクリアを殺せていたぞ?』

桜野(みんなを巻き込んで、わたしひとりで守りきれるだろうか)

桜野(守りきれなかったらどうする?)

桜野(あの時だって、もしかしたら透ちゃんが……)

桜野「……」

桜野(ひとりで決着をつけられるならそれに越したことはない。でも本当にひとりでやりきれるだろうか)

桜野(失敗したらどうなる?)

桜野(言われた通りウィッシュスターを持って行って、それで負けたら……そうなれば完全に詰みだ。うまくいきませんでしたじゃすまない)

桜野(それにわたしは死なずに帰ってこなきゃいけない)

桜野(透ちゃんと約束したから。約束は守らなきゃいけないから)

桜野(もはやその約束もいつまで守れるか分からないけれど……)

桜野(そう考えるとやっぱり難しい)

桜野(誰にも話さないなら……ライガにツナミにカサイ、それに未だ正体不明の皇帝サイカ。それをひとりで相手にしなきゃいけない)

桜野(話すってことはみんなで戦うことになるだろう。これまで以上に苦しい戦いになると思う。そこにみんなを巻き込まなきないけない。もし守りきれなかったら……)

桜野「……わたし……どうしたらいいだろう」



安価下
@ みんなに話そう
A 隠しておこう
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/10(火) 00:54:14.82 ID:tfqQbOFJ0
1
不正解ならバッドエンドかな?
772 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/10(火) 00:59:56.83 ID:DeAgc5BGo
>>771
桜野さんは一所懸命考えてるけど神視点では多数決とるまでもないような取るに足らない些末な問題ということを安価スレの特性を活かして表現しようとした結果こうなった。のである。
ほぼ変わらんけど個人的に@√の方が面白いと思います

今週ちょっと忙しめなのでまた少し空きます
その間一応>>747の募集は継続ということで
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/10(火) 01:01:53.86 ID:fBQ5NafMo
おつおつ
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/10(火) 08:58:40.93 ID:PjdbQlB1o
@みんなで私ん家に一晩中強姦しない?
意味:強い女が集まる
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/10(火) 09:22:12.30 ID:n3m7X0gN0
Aなんで私達以外プリキュアいないの?なんで初めは透ちゃんしか選ばれなかったの?って誰かが疑問投げかけた
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/10(火) 10:46:03.83 ID:E3R6yprm0
@は透ちゃんがみんなの教室に突撃して1人ずつ別々の口説き文句で誘惑してくことにすれば3つまで選べるのではないか?
777 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/10(火) 11:00:06.00 ID:L/a9InJNo
A透ちゃんのちっちゃい頃のアルバムみんなで見る
色んな女の子のお友達と腕組まれてたり抱きつかれてたり(透ちゃんはキョトン?としてたりポヤーとしてる表情ばっかり)
劇の写真全部王子様役だったり
昔は「透ちゃんのお嫁さんになる〜!」と言われてたことがよくあったり(本人は急におままごと始まったのかと思ってた)
男の子だと思われてた疑惑が生まれる
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/10(火) 16:14:28.85 ID:q/lpi8E10
Gが出たのでプリキュアに変身して倒そうとしたらクリアのマントの中に入ってきた
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/10(火) 23:48:51.10 ID:6TUehs8Yo
A透ちゃんの家に自分も行きたかった霰ちゃんがこっそり後をつけてきた
という名目で姉の面目を保つために忘れ物をこっそり誰にも姉本人にさえ気づかれないように鞄に入れにきた
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/11(水) 02:31:52.16 ID:v08xusDgo
Aシアさんが本当にスピリットピースお吸い物にしてすすってた
と思ったら具をスピリットピースの形に切って透が作ってくれたお吸い物だった
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/12(木) 01:23:06.40 ID:xigk1KG5o
@私と初夜過ごさない?
A透ちゃんああ見えて実は家事スキル高かったこと発覚(親がそういうことはちゃんと教えてくれた)
が効率化のため身体の一部を変身させてプリキュアの力使ってセコいことたまにやる(リモートコネクト使って届かない隙間掃除したり邪魔なもの全部マントのなかにいれたりロケーションムーブ使って全てのスーパーの特売ゲットしたり大量の荷物マントの中入れたり料理しながらリモートコネクト使って冷蔵庫とか遠くから物取ったり等々)
782 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/13(金) 06:30:24.47 ID:/Pml3to4o
>>776
採☆用
783 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/13(金) 06:39:51.48 ID:/Pml3to4o
桜野「……」

桜野(…………話そう)

桜野(やつらがどういうつもりなのかは分からないけれど、わたしはここで戦いを終わらせたい)

桜野(絶対負けられないけど、それだけじゃない。ここで勝たなきゃいけない)

桜野(きっと最後のチャンスになる。だから確実に倒し切りたい。そのためにはみんなの力も借りなきゃいけない)

桜野(タイミングを見つけて、ちゃんと話さなきゃ……)

桜野「……」

桜野(……わたしにはもうあまり時間がない)

透「桜野ってばー」

桜野「!」ビクッ

透「やっと反応した」

桜野「えあ、あ、透ちゃん……」

透「無視は傷つく」ムスッ

桜野「ご、ごめ……」

透「大丈夫? なにかあった?」

桜野「……ううん、なんでもない。透ちゃんこそどうしたの? なにかおはなし?」

透「あ、うん。あのね……」



安価下1
誘い文句
募集した中から1つ選択
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/13(金) 07:24:13.36 ID:rcAJBjv7o
>>752
785 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/15(日) 00:16:10.53 ID:OEHoJt71o
透「今度私ん家のお布団でマグロになりなよ」

桜野「………………は?」

透「?」

桜野「い、今なんと……?」

透「だからうちのお布団でマグ……」

桜野「OK分かったもういいぜ……まさか聞き間違いじゃないとはな……」

透「変な桜野」

桜野「いやいや変なのは……」

ザワザワ

桜野「はっ……!」

透「?」



「ねえねえ今の聞いた……?」コソコソ

「仲いいなとは思ってたけどまさかそこまで……」ヒソヒソ

「マグロってー?」

「あんたは知らんでよろしい」

「……おれぁやっと居場所を見つけたわけだが」

「……どうやら死にてぇらしいな」



透「あれ? なんかざわざわ?」

桜野「透ちゃーんちょっとあっちでおはなししよーねー?」ニコ-

透「?……??」



「うわ呼び出した……!」

「2人きり!? ってことわてことわ……!」

「でも待って……なんでマグロ……?」

「シミ数えてるだけでいいって意味なんじゃ……」

「シミってー?」

「あんたはそのまま大きくなりなさい」

「……退いちゃあくれねぇかい」

「……そいつぁ聞けねぇ相談だなぁ」



桜野「はやくおいでー」グイ-

透「おおおー?」サレルガママ-
786 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/15(日) 00:28:08.36 ID:OEHoJt71o
桜野「お泊まり?」

透「うん」

桜野「お泊まりのお誘い?」

透「うん」

桜野「お泊まりのお誘いだったのあれ……」

透「? うん」キョトン

桜野「そかそか……」

透「うんうん」

桜野「……いつ?」

透「今週末。どうしても今週末がいい」

桜野「今週末か……」

桜野(ドンピシャだな……それに泊まりってなると……)

桜野「……」ギュ

透「……だ、だめ?」オズオズ

桜野「……!」

桜野(……いや、チャンスか……ライガに言われたこと、みんなに話すチャンス)

桜野「………………」

桜野(それに……)

桜野「…………うん、わかった。しよっか、お泊まり」

透「ほんとに!?」パアッ

桜野「うん」ニコッ
787 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/15(日) 00:39:10.12 ID:OEHoJt71o
透「へへ、やった……!」

桜野「あ、ところで」

透「んぅ?」

桜野「誘ってくれた時なんて言ってましたっけ?」

透「今度私ん家のお布団でマグロになりなよ」

桜野「なんでそうなった……」

透「変だった?」

桜野「変というかなんというか……誤解が……」

透「うちのお布団で寝ていいよって意味じゃないの?」

桜野「だったらそう言ってくれれば……」

透「だってなんかあれだし……恥ずかしいし……」

桜野「え、恥ずかしい……?」

透「う、うん……」

桜野「……するってえとなにかい? 照れ隠しだったってことかい?」

透「むぅ……ちょっとイジワル」

桜野「いやイジワルっていうか……そういうこと、わたし以外に言ったらダメだからね?」

透「え、ダメなの? 朱と雪菜も誘おうと思ってたのに……」

桜野「あ、そういう意味じゃ……」

透「ま、まあでも……桜野が2人きりがいいって言うなら私は……」

桜野「いやいやみんなも誘おう! 大勢の方がきっと楽しいよ!」

透「桜野がそう言うなら」コクコク

桜野「それじゃあさっそくれつご!」

透「れつごー」
788 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/15(日) 00:50:20.00 ID:OEHoJt71o
3年教室

ガヤガヤ

クラスメイト「それでさー」

朱「はっ!」ピクッ

クラスメイト「え、なに急に……こわ……」

朱「かわいいの気配……!」

クラスメイト「は?」

朱「来るッ……!」



透「朱ぇ……?」ヒョコッ



朱「透ちゃあーん!!!」バッ

クラスメイト「うわ」ビクッ

透「あ、いたいた」トテトテ

朱「どしたのこんなとこまでー!」

透「ちょっと」

クラスメイト「ああ、いつかのまだ彼女じゃない子」

透「まだ?」

朱「気にしないで気にしないで。それよりなあに? 会いに来てくれたの?」

透「ちょっと聞いてほしいことが」

朱「うんうん、なんでも言って!」

透「あのね……」



安価下1
誘い文句
募集した中から1つ選択
789 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/15(日) 00:52:40.15 ID:Ue65NP3Uo
>>748
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/17(火) 10:20:18.64 ID:W0RvnzFCo
仕事忙しいのか
どっかで悩んでるのか
791 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/18(水) 22:13:30.67 ID:+gfMEwJio
イソガシイヨ-
792 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/18(水) 22:24:08.04 ID:+gfMEwJio
桜野「さてさて、透ちゃんうまくやってるかな……」ソロ-

透「今度私に夜這いしにこない?」クイッ

桜野「ぶふぉっ!?」

朱「ぶふぉっ!?!!?」

クラスメイト「朱あんた……」

朱「ちがっ、誤解よ! まだなにもしてないわ!」

クラスメイト「まだ?」

朱「言葉の綾!」

透「ふんふん!」ドヤドヤ

朱「と、透ちゃん……なにか勘違いとかしてない……?」

透「勘違い?」

朱「その……夜這いとかって……」

透「一緒に寝るってことじゃないの?」

朱「勘違いじゃない!?」

透「だめ?」コテン

朱「うぐっ……!! だ、ダメよ! だってあたしたちまだ……!」

透「どうしてもダメなの?」

朱「き、きっと親御さんがびっくりするわよ……!」

透「そこは大丈夫。ちゃんと許可とった」

朱「親公認!?」

透「朱も一緒がいいな……」

朱「うううっ、そんな目で見ないで……すっごく魅力的だけど…………ん? も? も、ってことは……?」

透「桜野はいいよって」

朱「いきなり複数!?」

透「私は2人でもいいかなって思ったんだけど、大勢の方が楽しいって桜野が」

朱「桜野ちゃんの希望なの!?」

透「私も賛成」

朱「透ちゃんも!?」

朱「え、え、なに……じゃあなに……それはあれ? あれなの? つまりその……挟まっていいってこと? あいだに? 公認で?」ブツブツ

朱「な、なんていうことなの……千載一遇? それとも罠? あたしそんなに徳積んだっけ……?」

朱「お、おおお落ち着くのよ秋葉朱……冷静に……ああ、ああ……透ちゃんも桜野ちゃんも……あたしの知らないうちになんて遠いところに……」

桜野「ふふくくくっ……ぷくっくくくっ……!」クスクス

朱「あ」
793 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/18(水) 22:41:51.29 ID:+gfMEwJio
桜野「いやぁ、面白くてつい」

朱「ついじゃないわよもう……」

透「で、で? 来れる?」キラキラ

朱「そんな目で見られて断る選択肢なんてあるだろうか。いやない。週末ね?」

透「うん!」パァッ

クラスメイト「朱、そっちの子岸波さん?」

朱「あれ、知ってるの?」

クラスメイト「なんか走り回ってるのを見かける」

朱「あー」

桜野「改めまして岸波桜野です。お困り事があればご贔屓に」ペコリ

クラスメイト「万事屋?」

桜野「ボランティ屋で」

クラスメイト「なるほどそれで……いやでも近くで見るとかわいいな……2人はどういう関係?」

朱「桜野ちゃんとは……」チラッ

桜野「?」ニコッ

クラスメイト「え、なにそのいい仲の2人が交わすアイコンタクトみたいなやつ……出来上がっちゃってる感じ?」

朱「ゆくゆくは……!」

桜野「永久未完です」

朱「そんなぁ……」

透「永久みかん? みかんいっぱい?」

桜野「またベタな勘違いを……違うよ透ちゃん」

透「1個だけ?」

桜野「ではなく」

透「?」

朱「勘違いといえばさっきの。聞いてたんなら止めてよ……」

桜野「あはは、透ちゃん1人の方が朱さん喜ぶかなって」

朱「バカね。2人なら2倍嬉しいわよ。いえもっとかしら……?」

桜野「ほんとですか?」

朱「忘れたのかしら? あたしはね、桜野ちゃんを誘拐するために日夜計画を練っているのよ?」

クラスメイト「なにやってんの?」

桜野「まだ諦めてなかったんですか……」

朱「そのうち攫いに行くからね!」

桜野「……期待しないで待ってます」

朱「え……ゴーサイン……?」

クラスメイト「いや冗談だよ」

透「だめ。桜野は渡さない」キュ

クラスメイト「あれ冗談だよね?」
794 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/18(水) 22:48:30.26 ID:+gfMEwJio
桜野「それじゃあわたしたちは雪菜ちゃんを誘いに行くので!」

透「いってきます」

朱「はーい」フリフリ



クラスメイト「……本当に誘拐とかしないよね?」

朱「うーん……ちょっと本気かも?」

クラスメイト「警察屋さんに追いかけられるようなことやめてよね?」

朱「そうなったら逃げるわよ。走って逃げる」

クラスメイト「今のうちに練習しとこうかな……朱さんはとても優しい子でした」ウルウル

朱「でもきっと……それじゃダメなのよね……」

クラスメイト「……?」

朱「……」

クラスメイト「……ところで朱」

朱「……なあに?」

ザワザワ

クラスメイト「さっきまでの話めちゃめちゃ聞かれてるけど」

朱「oh...」
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/18(水) 22:50:09.20 ID:jY9E/nDRo
クラスメイト先輩もキャラ濃いな
796 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/18(水) 22:55:24.08 ID:+gfMEwJio
2年教室

クラスメイト「雪菜ちゃーお客さー」

雪菜「はーい。誰かな……?」

クラスメイト「せんぱーい」

雪菜「先輩ってことは……」

クラスメイト「ちょーかっこいー」

雪菜「え……か、かっこいい……? おおお男の人っ……!??」

クラスメイト「おー? 告白かー?」

クラスメイト「大人しそうに見えて意外と隅に置けんなー」ニヤニヤ

雪菜「ちがっ! そんなんじゃ……!」

クラスメイト「女の人つれてるー」

クラスメイト「サンカクカンケー?」

クラスメイト「修羅場か!」

雪菜「だ、だから違うってっ……!」ワタワタ

透「雪菜ー?」ヒョコッ

雪菜「あ、あれ? 透さん……?」

桜野「わたしもいます!」ヒョコッ

雪菜「あ……桜野さん……」
797 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/18(水) 23:03:06.39 ID:+gfMEwJio
雪菜「びっくりしましたよ。かっこいい先輩っていうから何事かと……」

透「かっこいい?」

雪菜「クラスの子が言ってたんです」

透「私かっこいいの?」

桜野「イカすぜ!」

透「イカ?」

雪菜「かわいい先輩って言われたら気づけたと思うんですけど」

透「私かわいいの?」

桜野「それはもう」

雪菜「とてつもなく」

透「ふ、ふーん……」フイッ

桜野「かわいい……」

雪菜「かわいい……」

透「そ、それより! 話があって来たの!」

雪菜「あ、そうですよね。なんですか?」

透「あのね……」



安価下1
誘い文句
募集した中から1つ選択
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/18(水) 23:03:39.90 ID:j8UA3dQcO
>>774
799 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/18(水) 23:10:32.12 ID:+gfMEwJio
透「みんなで私ん家に一晩中強姦しない?」ニコッ

雪菜「……」パチクリ

透「……」

雪菜「…………?」

透「…………?」

雪菜「……強姦?」

透「強姦」

雪菜「……」

透「……」

雪菜「?」

透「?」

桜野「?」
800 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/18(水) 23:20:47.05 ID:+gfMEwJio
雪菜「お泊まりならお泊まりってちゃんと言ってくださいよぉぉぉ……!」ガクッ

透「間違ってた?」

雪菜「大いに……!」

桜野「なぜ強姦……」

透「あの漢字、強いに女がいっぱいでしょ? みんなで集まって私たちさいきょーみたいな感じじゃないの?」

雪菜「じゃないです……!」

桜野「勘違いでもそこそこ物騒だねぇ」

透「それでそれで、どう? 来れる?」

雪菜「あ、えと、あー……あの、桜野さんも……来ますか?」

桜野「うん」

雪菜「そう、ですか……うん、なら私も行きます」

透「ほんと?」パァッ

雪菜「おはなし、したいので……もっとたくさん……そうしなきゃいけないと思うので……」

透「?」

雪菜「今週末ですよね?」

透「うん。どうしてもそこがいい」

雪菜「じゃあ霰にバレないように準備しなきゃです」

透「霰ちゃん? 一緒でもいいよ。ね?」

桜野「うんうん」コクコク

雪菜「ダメです。せっかくのお泊まりなのに、皆さんに妹の面倒を見てもらうなんてできません。特に朱さんにはたくさん迷惑かけちゃいそうですし」

桜野「むしろ喜ぶんじゃない?」

雪菜「……と、とにかく霰はお留守番です!」

透「喜びすぎて壊れてもめんどくさいか」

雪菜「はい、めんどくさいです」

桜野「辛辣ぅ……」
801 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/18(水) 23:26:12.63 ID:+gfMEwJio
透「♪」トテトテ

桜野「……」テクテク

透「2人とも来てくれるって」ニコニコ

桜野「よかったねぇ」

透「うん! 張り切って準備しなくちゃ!」

桜野「うん」テクテク

透「桜野桜野」

桜野「……なあに?」

透「楽しみだね!」ニコッ

桜野「……うん」ニコッ
802 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/18(水) 23:27:02.37 ID:+gfMEwJio
ここまで
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/18(水) 23:28:38.67 ID:mGni8yUn0

女子中学生達は割と耳年増
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/18(水) 23:28:41.92 ID:P0BpYb6Go
おつおつ
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/18(水) 23:53:00.24 ID:+QchJE7To
久しぶりの乙
806 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/20(金) 00:48:34.43 ID:/eqOIwGXo
週末 透宅

「「「お世話になります!!!」」」

透母「遠慮せずにくつろいでいってね」

朱「お義母さまお若い!」

透「なにか違和感……?」

透母「あら、ありがと。朱ちゃんにそう言ってもらえるなんてうれしいわ」

朱「え、あたしのこと……」

透母「もちろん知ってるわよ。でもまさかモデルの子が透と仲良くしてくれるなんてね」

朱「もっと仲良くしたいと考えております!」

透「私はおなかいっぱい」

朱「そんなぁ……」

透母「あなたが雪菜ちゃんね」

雪菜「あ、は、はい、はじめまして。透さんにはいつも仲良くしていただいて……」ペコ

透母「丁寧にありがとね。これからも仲良くしてもらえたらうれしいわ」

雪菜「こちらこそ、です」

透母「それであなたが……」

桜野「あ、岸波桜野です」ペコ

透母「あなたが桜野ちゃんね。あなたとは一度ちゃんとおはなししたいと思っていたの」

桜野「ほぇ? おはなし?」

透母「ええ、透がいろいろ話してくれるから気になることがいっぱいあって」

桜野「そなの?」

透「そ、そんなにいっぱいは話してない……」

透母「毎日すごく楽しそうに話してくれるの。特に『今日の桜野ちゃん』は我が家の食卓の人気コーナーよ」

桜野「人気コーナー!?」

透「お母さんっ!」

透母「ふふふっ」
807 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/20(金) 00:59:29.83 ID:/eqOIwGXo
桜野「あ、そういえばお父さんは?」

雪菜「そうですね。お世話になりますし、いらっしゃるならご挨拶を……」

朱「お義父さまに挨拶!? それはちょっと心の準備が……」

透「お父さん、か……」

雪菜「……?」

透「お父さん……いないんだ……」

桜野「!」

朱「え……?」

透母「ちょっと透、それじゃお父さん死んじゃったみたいでしょ。たまたま居ないだけだから」

雪菜「な、なんだ……びっくりしました……」ホッ

透母「ごめんなさいね。いつもなら今日はお休みなんだけど偶然出張で。帰りは夜遅くに……ううん、朝になるかな」

朱「偶然……透ちゃんまさか……」

雪菜「どうしても今日がいいって言ってたのって……」

透「うん、お父さんいないから」

桜野「?? なんでお父さんいない日が良かったの?」

透「だってなんか……お父さん見せたくない」

桜野「え?」

朱「ああ、うん……ちょっとわかる……」

桜野「え??」

透「せめて友だちがお父さんと同じ屋根の下で寝ることだけは避けたい」

桜野「え???」

雪菜「ごめんねお父さん……気持ち分かっちゃう……」

桜野「お、お父さん嫌いなの……?」

透「嫌いとまでは言わないけど」

桜野「えぇぇ……ならなぜ……」

透母「年頃だし仕方ないのかもね」

桜野「そ、そういうものですか……」

透母「でも桜野ちゃんは嫌がらないのね。親子仲がいいのかしら?」

桜野「……!」

桜野「…………はい、とっても」ニコッ
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/20(金) 01:06:43.42 ID:kca27qBp0
お父さん達…(´;ω;`)
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/20(金) 12:15:50.88 ID:+2JNseLe0
何気ない日常会話ですら桜野さんにキラーパスが飛んでくる
810 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/20(金) 13:34:05.20 ID:1yXFzn8i0
もういい加減解決してくれ…こういう不穏なの一体何度目で、いつまで引っ張り続けるんだ
何やってても不穏さ不快さだけは常にふりまき続けて、そのくせ周りもいつも何もできず落ち込むばかりで全く進展しないし暗くなる一方
いっそ桜野が消えた方がもっとプリキュアらしく全体的に明るくなりそうとか思っちゃう始末だわ
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/20(金) 13:58:10.17 ID:ieeQnSU8o
プリキュアって初代から今まで大抵けっこう重くてドロドロしてたような…
男女関係とかも濃かったり明確な解決方法がない悩みは大体とにかく頑張ろうだったり
812 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/21(土) 00:03:22.77 ID:ieevBYqbo
亀更新なのもあいまって確かにかなりくどいですね すいません調整します でもどうしてもそうなっちゃう部分はあるといいますか……
いつまで続くかとと言われると最後までになっちゃうんですよね…… 前にバッドエンド√で示した通り、このお話は敵倒したらゴールじゃないので 桜野の問題が解決する時はお話が完結するときなので
ぼちぼち桜野が置かれている環境の話もしていきますが、それをするためにはあとほんの少し足りないパーツがあります それを回収するためのお泊まりパートです もう少々お待ちを
余談ですが、上手くやって桜野が今いる環境を変える√はあります ただしその場合、桜野自身の問題が解決しないため強制バッドエンド√に入ります
813 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 00:04:49.96 ID:WI4MxM4oo
やはり誘拐は良くないか
814 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/21(土) 00:16:15.08 ID:ieevBYqbo
透の部屋

朱「こ、ここが……透ちゃんのお部屋……!」キラキラ

雪菜「なんとなくものが少ないイメージでしたけど色々あります……! 意外と多趣味さんです……!」

透「お母さんは出てって」

透母「えー」

透「いいから」グイ-

桜野「……」

桜野(例の件、どこかのタイミングで話さなきゃ。明日の夜明け前だし出来るだけ早く……でもなんて切り出せば……)

シキ「桜野」ヒョコッ

桜野「……ううん」

雪菜「透さん透さん! これ釣り竿です!?」

透「あ、うん」

朱「釣りもするのね」

透「お父さんの影響で。最近はあんまりやってないけど」

朱「そうなの? ちょっともったいないわね」

透「前はよくやってた。シアに手伝ってもらって」

桜野「シアさんに?」

シア「ワタクシが細長くなって釣り竿と合体するんですのよ」

透「シアがいい感じに動いてくれる。入れ食い爆釣」

雪菜「な、なんかちょっとずるい気がしますけど……」

朱「待つのも釣りの醍醐味なんじゃ……」

透「なんにもない時間が続くとね……いろいろ考えちゃって体調悪くなるんだ……」トオイメ-

朱「あー……ごめん」

透「ううん……」トオイメ-

雪菜「で、でも今なら! みんなでやれば待ってる時間もきっと楽しいです!」

透「ふふっ、そうかも。じゃあ今度みんなで釣りしに行こっか」

雪菜「はい!」

朱「いいわね」

透「桜野もね」

桜野「……うん」ニコッ
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 00:18:20.51 ID:RIuUWMAUo
\ルゥナァ!/\メェタァル!/
816 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/21(土) 00:24:48.23 ID:ieevBYqbo
朱「ねぇねぇ透ちゃん、これ……」

透「これ? アコギだけど?」

朱「弾けるの!?」

透「ちょっとだけ」

桜野「ほんとに多趣味だねぇ」

透「ギターもまあ、お父さんの影響かな」

雪菜「と、透さんのヴィジュアルでギターって……!」

朱「やばかっこいい……!」

透「弾く?」

朱「いいの!?」

透「声出るかな……あ、あー」トントン

雪菜「もしかして弾き語りですか!?」

透「そういうもんじゃない?」

雪菜「透さんのおうた……もともと声がきれいだからきっと素敵です……」

桜野「透ちゃんのおうたねぇ、すごいんだよ」

朱「聴いたことあるの?」ズイッ

雪菜「すごいってどれくらいすごいんですか?」ズイッ

桜野「音楽の授業がソロライブになります」

透「ならないから」

朱「やっぱりそうなのね……噂では聞いてたけど……」

雪菜「え、噂にまでなってるんですか……?」

朱「界隈ではちょっと有名よ」

透「どこの界隈なの……準備できたよ」

朱「雪菜ちゃん!」

雪菜「はいさ!」●REC

透「撮らなくていいから」
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 00:28:22.96 ID:RIuUWMAUo
そういや普段の授業風景とかあまり語られなかったな
818 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/21(土) 00:32:49.60 ID:ieevBYqbo
透「♪♪♪」ジャカジャカ

雪菜「すてき……すてきですぅ……」

桜野「ねー……」

朱「ちょっと失礼……」パシャ

雪菜「でも初めて聞く歌です」

朱「そうね。どこの歌なのかしら」

シキ「シキたちの故郷の歌なのです」

桜野「え、シキたちの?」

シア「一所懸命覚えて、みんなと一緒に歌ってくれたんですのよ」

透「♪♪♪」ジャカジャカ

桜野「そうだったんだ……」

透「ふぃ……おしまい」ジャ-ン

桜野「……っ」パチパチパチパチ

雪菜「とってもとってもすてきでずぅぅぅ……!!!」パチパチ

透「ちょっと照れる……」ポリポリ

朱「メジャーデビューも夢じゃないわね!」

透「飛躍しすぎ」

ピコピコピコピコンッ!

桜野「え、なんかすごい鳴ってる……朱さんのスマホ?」

朱「気にしないで」ニコッ

桜野「?」
819 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/21(土) 00:39:31.55 ID:ieevBYqbo
透「久しぶりに弾いた」

雪菜「こうして見ると、透さん本当にかっこいいです。クラスの子が言ってたのも納得です」

朱「透ちゃん人気だものね。王子様みたいで」

透「そんなんじゃ……」

桜野「あ、知ってる? 透ちゃんね、秘密のファンクラブがあるんだって」

朱「」ギクッ

透「なにそれ、初耳なんだけど」

朱「……」フイ-

雪菜「すごいじゃないですかファンクラブなんて!」

朱「……」ヨソヨソ

桜野「そういえば朱さんもありますよね、ファンクラブ」

朱「え、あ、ああ……そうね……」

雪菜「どうしたんです?」

朱「い、いやあ……」

桜野「朱さん知ってました? 透ちゃんの秘密ファンクラブ」

朱「ぜ、全然知らなかったわぁ……」

桜野「あはは、ですよね。知ってたら入ってそうですもんね」

朱「……!」ギクッ

雪菜「それどころか会長さんだったりして」

朱「……!!」ギククッ

朱「そ、そんなわけないじゃない……」ダラダラ

透「そうだよね。そんなわけないよね」

朱「……」メソラシ-

透「朱?」
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 00:42:32.33 ID:KrvnMlWC0
学園のマドンナの姿かこれが…
821 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/21(土) 00:45:25.57 ID:ieevBYqbo
朱「そ! それより! それより、あー……あ、クローゼット! 見てもいい!?」

透「え、なんで……」

桜野「まさか下着を……」

雪菜「さすがにどうかと思います……」

朱「ちょっと待ってあたしのことなんだと思ってるの?」

透「聞きたい?」

朱「やっぱりいいわ。再起不能になりそう」

桜野「なんでクローゼットです?」

朱「透ちゃんの私服って中性的なのが多いじゃない? だからクローゼットはどんな感じかなって」

桜野「言われてみれば」

雪菜「モデルさんの本領発揮ですね!」

透「そういえば人気モデルだったっけ」

朱「そう何度も忘れないで……」

透「だって普段の朱がその……あまりにも……」

朱「わかったから言わないで……」
822 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/21(土) 00:52:25.47 ID:ieevBYqbo
朱「うーんやっぱり中性的なのが多いわね」

雪菜「似合うしいいんじゃないですか?」

朱「透ちゃんならもっと冒険してもいいと思うのよ」

桜野「透ちゃんこういう服が好きなの?」

透「好きっていうか動きやすいから」

雪菜「だ、男子小学生みたいな理由です……」

朱「むしろそれをナチュラルに着こなせる透ちゃんのスペックがすごいわね……」

桜野「おー透ちゃんすごーい」パチパチ

シキ「すごいのですー」パチパチ

透「え、ありがと?」

朱「でも! それじゃもったいないわ!! というわけで!!!」ダンッ

桜野「でっかい荷物?」

朱「いろいろ用意してみました!!!」ガバッ

雪菜「ふああ! すごいです!! かわいいお洋服いっぱいです!!」

朱「お仕事の関係でもらったものなんだけど、あたしと透ちゃんなら背丈も同じくらいだし着られると思うの!」

透「うーん」

朱「着て! みないっ!?」ズイズイ

透「近い怖い」

雪菜「私からもお願いします! いっそ私が着たいくらいなんですから!」

透「さ、桜野……」

桜野「着てみたら? きっと似合うよ」ニコッ

透「う……」
823 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 00:54:24.81 ID:WNiY42P80
透ちゃんの部屋って広そう
824 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/21(土) 01:00:29.94 ID:L3KxCFTuO
朱「せっかくだからがっつり振り切ってみたんだけど……」

雪菜「こ、これは……」

透「……///」モジモジ←がっつり甘めのふりふりガーリー

桜野「ほぁ……」

朱「か゛わ゛い゛い゛!!!!!」

透「う、うるさい……///」

雪菜「ほんとにほんとにすっごくかわいいです!」

透「ううう……制服以外じゃスカートはかないから変な感じするぅ……///」

シア「変身してる時の方がふりふりしてますわよ」

透「これは違うもん……///」

シキ「とってもかわいーのです。ね、桜野」

桜野「う、うん……えっと……」

透「さ、桜野……///」

桜野「うん……」

透「私その……かわいい?///」コテン

桜野「」ッタ-ン

朱「」ッタ-ン

雪菜「」ッタ-ン

透「ぇあ!? え!?」ワタワタ

シキ「これは仕方ないのです……」

透「ど、どうしよ……」

シア「大丈夫。幸せそうですわ」

透「えぇ……」
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 01:06:39.84 ID:y9TO5Uxko
霰ちゃんも生で見たかったろうなあ
826 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/21(土) 01:07:10.93 ID:ieevBYqbo
朱「危ない危ない。三途の川が見えたわ、まだ1着目だというのに」

透「ま、まだ着せる気!?」

雪菜「せっかくいっぱいあるんですから他のも試してみましょうよ。ね?」

透「もういい……脱ぐ……」

朱「待って待って、写真撮らせて!」

透「……1枚だけだから」

朱「っしゃあ!」

シア「あら、もう少し嫌がるかと……」

透「ごねられる方が面倒」

シア「ああ……」

朱「」パシャパシャパシャパシャ

透「撮りすぎ!」

雪菜「見てください、こんなのもありますよ」ガサガサ

桜野「ほんとだかわいいねぇ」

シキ「ほー……う? あっちのバッグはなにが入ってるです?」フヨフヨ-

桜野「どれー?」

朱「へっへっへ、これで……ん? あ、それは!」

桜野「メイドチャイナナーススク水……これは……」ガサガサ

朱「あー……」

透「朱ぇ……?」ゴゴゴゴ

朱「……なし?」

透「絶対なし!」

朱「ふぇぇ……」
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 01:11:04.90 ID:37CMs2W4o
イヤらしいお店かな?
828 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/21(土) 01:17:01.64 ID:ieevBYqbo
ピコピコピコピコンッ!!!

桜野「朱さん、またもやスマホが鳴りまくってます」

朱「予想以上ね……」

雪菜「なにしたんです?」

朱「さっき透ちゃんがギター弾いてる時の写真で『彼氏とお泊まりデートなう』したの」

透「は?」

朱「それで今着てる服の写真で『残念女の子でした』したの」

透「朱?」

朱「それがとんでもないことに……」

桜野「なるほどそれで……」

雪菜「どっちの透さんも素敵ですからね……」

透「聞いてないんだけど???」ゴゴゴゴ

朱「ご、ごめんなさい! 顔は映してないから許して!」

透「次からはちゃんと言って」

朱「はい! すみませんでした!」

透「言ってくれたら丁重に断るから」

朱「あ、断るんですね!」

透「もうこれ脱ぐから」

朱「も、もうちょっと……」

透「あ?」ギロッ

桜野「うぉぉ……出会った頃の眼ぇ……!」

朱「お手伝いします!」

透「まったく……」

ガチャ

透母「お飲み物いりませんかー?」

透「あ……」

透母「え……?」

透「あ……///」

透母「あ……!」

透「あああぁぁぁぁぁぁああああああ!!!///」バッ

透母「きゃあああぁぁぁぁあああああ!!!」キュゥゥゥンッ

透「出てって出てって出てってぇぇぇええええ!!!///」グイ-

透母「待って待って待って! 写真! 写真撮らせてお願い!!!」

透「やぁぁぁだああああああ!! 出てけえええええええ!!!///」

透母「お父さん喜ぶからぁ! 死ぬほど喜ぶからぁあああ!!!」

透「絶対いやあああああああああああ!!!!!!!!///」
829 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/21(土) 01:17:34.31 ID:ieevBYqbo
ここまで
もっと!早い時間に!やりたい!
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 01:21:29.80 ID:XBHYtEFc0
乙 え、炎上商法…
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 01:22:34.14 ID:WI4MxM4oo

うーん思春期!
832 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 01:25:07.34 ID:YRTgrd120

これでは透ちゃんが芸能界にスカウトされてしまう
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 02:01:11.48 ID:23riBY2Oo
おつー
透ママも朱さんタイプかwww
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/21(土) 08:08:59.34 ID:Ngo2aInF0

久々にただただ楽しい回だった
そして朱さんその写真お母さんに送った後俺にもください
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/22(日) 22:35:05.62 ID:nh8q05ng0
オトナプリキュア始まるまでに終わらせたいと言ってたがもうとっくにはじまっちゃってるしいっそのことかなりじっくりこってりやってもらっても良い
836 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/23(月) 09:45:37.26 ID:NPdcfMavO
>>835
ありがとうございます じっくりやります
とはいえ間伸びしてもしゃーないんで一応年内の完結を目標に こってりするところは思いっきりドロドロにしていきたい所存

今ちょっと忙しめで書いてるところも難しめなのでちまちま更新になります ご容赦
837 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/23(月) 09:54:11.59 ID:NPdcfMavO
透「やだ……もうやだぁ……」シクシク

雪菜「げ、元気だしてください……」

朱「ぐへへ、写真送ることを口実にお義母さまの連絡先げっと……!」

透母「ほんとにかわいいなぁ。お父さんにも見せてあげなきゃ」ニコニコ

透「やめろぉぉぉ……!」

透母「せっかくだしそのまま着てればよかったのに」

透「やだもん……似合わないもん……」

桜野「そんなことないよ。すっごく似合ってた」

朱「うんうんうんうん」コクコクコクコク

雪菜「首取れますよ」

透「……で、でもやだもん」

透母「残念ねぇ」

透「むぅ……もういいでしょ。ほんと何しに来たの」

透母「あ、そうそう。これ」

桜野「? なんですかこれ?」

透母「透のアルバム」

朱「!?!?!」バッ

透「また余計なことを……!」

雪菜「見てもいいんですか!?」

透母「そのために持ってきたんだもん」

桜野「ちっちゃい頃の透ちゃんかぁ。どんなかなぁ」

透「はぁ、もう好きにして……あ、お母さんは出てって」

透母「えー」

透「出 て っ て」

透母「はーい……」シブシブ
838 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/23(月) 10:06:40.59 ID:NPdcfMavO
透「……」

朱「かわいい……! ちっちゃくてぎゃわいい……!」

雪菜「なんかポヤーっとしてるのとかキョトンってしてるのが多いですね。あ、こっちの表情もかわいいですよ」

桜野「ほんとだぁ。ポヤポヤでかわいいねぇ」

シア「ワタクシたちも初めて見ますわね。本当に可愛らしい……」

シキ「よーちえんです? かわいーのです」

透「かわいいしか言ってない……」

雪菜「だってすっごくかわいいんですもん」

朱「こんなの誘拐されてもおかしくないわよ」

シキ「発想が容疑者なのです」

シア「あら、これはなにかの劇ですわね。透はなんの役かしら」

桜野「見たところ王子様みたいですね」

シア「お姫様ではないんですのね」

雪菜「あ、こっちにも劇の写真ありました……けどこっちでも王子様です」

透「そういえば昔から、なぜか王子様役が多かった」

雪菜「男の子を差し置いてですか」

桜野「かっこいいのも似合ってるもんね」

朱「お姫様も見たかったなぁ。透ちゃんもやりたかったんじゃない?」

透「え、うーん……」

シア「少なくとも写真の表情を見る限り……」

シキ「なぁーんにも考えてないのです」
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/23(月) 10:09:34.82 ID:GiQ4emtro
とおるちゃんこっちだよってよく友達にお手々引っ張られてそう
840 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/25(水) 07:17:10.18 ID:mTknkx8No
朱「ねぇねぇちょっと気になったんだけど」

透「なに?」

朱「なんか女の子と写ってるの多くない?」

桜野「確かに多いですけど……なにかおかしいですか?」

雪菜「お友だちと写ってるだけに見えますけど」

朱「でもよく見て。なんだかやたら距離近くない?」

雪菜「言われてみれば腕組まれたり抱きつかれたりしてるのばっかですね」

桜野「そして透ちゃんは相変わらずのポヤポヤ顔」

シキ「はてなマーク描きたいのです」

シア「透、これ撮った時のこと覚えてます?」

透「ん? んー……あ、そういえば突然おままごとが始まってた」

朱「おままごと?」

透「うん。急にお嫁さんになるって言われて」

朱「お嫁さん、というと……桜野ちゃん」

桜野「がってん。透ちゃん、ちょっとこっち向いて」

透「うん……?」

桜野「すー……はー……よし」

透「なにす……」

桜野「おっきくなったら透ちゃんのお嫁さんになるー!」ニコ-

透「」ッタ-ン

桜野「みたいな?」

朱「カンペキよ」グッ☆

透「」

桜野「あれ透ちゃん?」

透「」ガシッ

桜野「へ?」

透「よく分かんなかったからもう1回!」ズイッ

桜野「へ???」

朱「おっきくなったら透ちゃんのお嫁さんになるー」ニコ-

透「あ、結構です」

朱「がっでむ!」
841 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/25(水) 07:32:36.08 ID:mTknkx8No
雪菜「それにしても王子様役に何度も選ばれたり、女の子にくっつかれたり、お嫁さんになるって言われたり……」

シア「もしかして……」

シキ「透、男の子だと思われてたです?」

透「え、そういうこと?」

朱「この頃から女の子キラーだったのね」

桜野「遊園地でも女の人にナンパされてたもんね」

透「そういえばそうだった。なんでそんな男の子に間違えられ……」

透「!」ハッ

朱「どうしたの?」

雪菜「なにか思い当たる節が?」

透「っ……!」ピピピピッ

朱「?」

雪菜「?」

透「!?」ボンッ

透「ア……」フラッ

透「カテナイ……ゼッタイカテナイ……」ズ-ン

桜野「透ちゃん?」

透「!」バッ

透「っ……!」ピピピピッ

透「………………」

桜野「だいじょぶ?」

透「アアアア……!!!」ガク-

桜野「???」

透「世界はッ! 不平等だッ!!!」

桜野「急にどうしたの!?」

シア「大丈夫ですわ透。そんなに悲観するほどのものではありませんわよ」

透「ほんとに? あまりの断崖絶壁ぶりに思わず飛び降りたくなったりしない? ありもしない罪を自白しそうになったりしない?」

シキ「この話題の時はほんととことん卑屈なのです……」
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/25(水) 08:16:48.59 ID:aBTQT3X+o
ぺったんぺったんつるぺったん
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/25(水) 09:19:13.29 ID:9Q6xbhgHO
そもそも幼稚園なんてみんなぺったんだろっていう
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/25(水) 09:49:49.01 ID:ga2U4heq0
アニメや漫画における男に見える系キャラって例え巨乳でも何故かそこ完璧に隠せて周りから男に見えるんだよね
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/25(水) 19:02:20.58 ID:3sxeC/kHo
朱さんがお嫁さんになってもすぐ可愛い女の子に目移りして浮気しそう
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/25(水) 19:53:46.55 ID:2etu7v2Ro
切れたナイフ人格は過大なストレスの結果生まれてしまったものでさては透ちゃん元来はフシギちゃん系だな?(今更)
847 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/25(水) 22:41:58.68 ID:mTknkx8No
雪菜「ちっちゃい透さんかわいかったですねぇ」

朱「堪能したわぁ」

透「むぅ、私ばっかりでなんか不公平。みんなのちっちゃい頃も教えて」

雪菜「そうですねー、んー……私は絵本ばっかり読んでました」

朱「あたしは昔からお洋服大好きだったわね」

桜野「三つ子の魂って感じだねぇ」

透「桜野は桜野は??」

桜野「わたし? うーん、普通だと思うよ。特に特徴らしい特徴もないような感じ」

透「あれが好きだったとかこういうので遊んでたとかは? なんでもいいから」

桜野「と言われてもよく覚えてないし……」

透「なんにもない?」

桜野「これといって。ごめんね?」

透「うー……」シュン

雪菜「……私も聞きたいです」

桜野「え?」

透「!」パッ

雪菜「桜野さんの昔の話、私も聞きたいです」

桜野「い、いやでも……」

朱「あたしも聞きたいなぁ」

桜野「あ、朱さんもですか……」

朱「話してくれたら嬉しいわ。とっても」

透「!」コクコク

桜野「えー、えっとぉ……」

雪菜「……」ジッ

朱「……」ジッ

透「……!」キラキラワクワク

桜野「そ、そんなに……」

桜野(すっごい見られてる……なんか緊張……)

桜野「あ、の……」

桜野(でも、もしかしたら……チャンスなのかな……)

桜野「ぁ……」

桜野(今なら話せるのかな……例の件も……)

桜野「……」

桜野(それ以外も……)

桜野「…………」

桜野(……話すべきなのかな)

桜野「………………」

桜野(話したら……どうなるのかな……)
848 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/25(水) 22:54:49.84 ID:mTknkx8No
桜野「はぁ……」

桜野(あの後結局、中途半端に誤魔化してしまった。透ちゃんには悪いことしちゃったな)

桜野(それからも話すチャンスはあったのに、いまだ話せずじまいだ)

桜野(もう時間が無い。何はなくとも、例の件だけは早く話さなきゃいけない。それは分かってるんだけど……)

桜野(迷ってしまうのはやっぱり、いざって時にみんなを守れる自信がないからかな)

桜野(決めたはずなのに、話すって。わたし一人じゃ約束守れないのに……)

桜野(迷って、言葉が出なくて、時間ばっかり過ぎて、そして……)

透母「透ーお皿出してー」

透「うん」カチャカチャ

桜野(あっという間にお夕飯の時間に……!)

透母「あら朱ちゃん、お料理も上手なのねぇ。このお鍋は任せちゃっても大丈夫?」

朱「おまかせくださいお義母さま」キリッ

透母「ほんと透にも見習ってほしいわ。あの子ったらお父さんにそっくりだから、将来はお料理できる人見つけないと大変なのよね」

朱「おまかせくださいお義母さま」キリッ

透母「?」

桜野(どちらにしても透ちゃんのお母さんに聞かせるわけにはいかないな……)

雪菜「さ、サラダを盛りつけるくらいなら私にも……!」モサモサ

透「お客さんなんだから座ってていいのに」

雪菜「そういうわけにはいきません!」フンスッ

桜野「透ちゃん、わたしもなにか手伝う」

透「桜野も座ってていいんだよ?」

桜野「そういうわけにはいきません!」フンスッ

透「……じゃあお皿出すの手伝って」

桜野「まかせて」ニコッ
849 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/25(水) 23:08:17.27 ID:mTknkx8No
「「「いただきまぁす!!!」」」

透母「どんどん食べてねー」

桜野「ほぁ……」

雪菜「むぐむぐ、これとってもおいひいれす!」モグモグ

透母「あとでレシピ教えてあげるわね」ニコニコ

桜野「……」

朱「透ちゃんこれ食べてみて! あたしが作ったの!」

透「わかったから……近い……」

桜野「……」

透母「桜野ちゃん、どうかした?」

桜野「あ、いえ、あの……なんかいつもの食事とのギャップが……」

透母「うちだっていつもはこんなに豪勢じゃないわよ。今日はみんなが来てくれたから特別」

桜野「こ、こんなに賑やかなのも……」

透母「それもみんながいるからね」

桜野「みんなが……いる……」

透母「ほら、冷めちゃうから食べて食べて」

桜野「あ、はい。いただきます」パチ

桜野「」ズズッ

桜野「……!」

透母「どお?」

桜野「……っ」フルフル

透母「桜野ちゃん?」

桜野「…………あったかいです……すごく……」

透母「おかわりもあるからいっぱい食べてね」ニコッ

桜野「……はい」
850 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/25(水) 23:21:55.30 ID:mTknkx8No
朱「さぁーてさてさてさてさてさてっ!!!」

透「え、なに……」

雪菜「急にテンション高いです……」

桜野(はやく話さなきゃな……)

朱「ふっふっふ。だってぇ……今からぁ……」ニヤッ

桜野(でもどのタイミングで……)

朱「お待ちかねのお風呂たーいむ!!!」

透「あー」

雪菜「う……」

桜野「……!」

朱「一緒に入るわよね!? お泊まり会だもね!? ね!?」

透「いっしょ……いっしょ? はだか……? つまり……?」カタカタ

雪菜「透さん?」

透「ア」

シキ「透っ! 気をしっかり持つですっ!!!」ペタ-ンッ

雪菜「あ、あの……変なことしませんよね……?」

朱「前向きに検討します!」

桜野(お風呂……)

シア「さて、ワタクシも準備しませんと」

朱「え、シアさんもですか?」

シア「前にぼーっとしてた透が溺れかけてから気が気じゃありませんの」

透「もう大丈夫だって……」

雪菜「ていうか入れるんですか……?」

透「釣りもできるから平気。あと水吸わせると増えて面白い。わかめみたい」

シア「あら、失礼しちゃいますわ」

桜野(一緒にってなると……その後はきっとそれどころじゃ……)ギュ

透「……?」
851 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/25(水) 23:28:33.20 ID:mTknkx8No
透「桜野?」

桜野「……!」ビクッ

透「どうしたの大丈夫? あ、食べ過ぎちゃった?」

桜野(話さなきゃ……話さなきゃ……チャンスはもう、今しかない……)

透「桜野?」

桜野「…………あのねみんな」

透「なになに?」

シア「なんですの?」

桜野「話したいことが……あって……」

朱「話したいこと……」

雪菜「……はい」

桜野「わたし……」

透「???」

朱「……」

雪菜「……」

桜野「わたし……!」

シキ「……」

桜野「……」

桜野「…………」

桜野「………………お風呂、あとで入るね」ニヘッ
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/25(水) 23:32:23.36 ID:3sxeC/kHo
うーむ戦闘のときは暴の化身なのにメンタルが
853 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/25(水) 23:40:06.51 ID:mTknkx8No
ガプッ

シキ「……」

カプカプ

シキ「……」

ガププッ

シキ「……桜野」

桜野「…………なに」

シキ「……手首噛むの、もうやめるです」

桜野「…………やめたら……消えちゃう」カプッ

シキ「っ……! でもあの子はっ……!」

桜野「わかってるよ」

シキ「……っ」

桜野「コスモスを殺したのはわたしだもん」

シキ「……」

桜野「…………はぷ」ガプッ

シキ「……」

桜野「…………んちゅ、ん」ガプガプ

シキ「……桜野」

桜野「…………なに」

シキ「……よかったの?」

桜野「…………なにが」

シキ「……お風呂」

桜野「…………」

シキ「……」

桜野「…………無理だよ。わかってるでしょ」

シキ「……」

桜野「みんなには見せられない。見せられるわけないよ」

シキ「……」

桜野「こんな……」ギュ

シキ「……っ」



桜野「………………痣だらけのカラダ」
854 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/25(水) 23:40:39.49 ID:mTknkx8No
ここまで
こってりします
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/25(水) 23:43:26.48 ID:3sxeC/kHo

リスカどころじゃねえな
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/25(水) 23:57:27.61 ID:D/QcfBUP0

こってりに加えて野菜もアブラもましましで!
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/26(木) 00:04:33.69 ID:VWhfNdK4o
麺半分で……
おつ
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/26(木) 00:08:17.69 ID:lwLA7HKlo

替え玉も一丁!
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/26(木) 20:02:13.31 ID:GS4Bubzuo
───実はあるんだろう?
朱さんが仕掛けた盗撮用の隠しカメラが──
860 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/26(木) 22:35:02.40 ID:h/pand+io
桜野「…………そうでしょ?」

シキ「でもっ……!」

桜野「…………みんなびっくりしちゃうもん」

シキ「それでもシキは……! みんなに話すべきだと思うのですっ……!」

桜野「…………どうして?」

シキ「どうしてって……! だって……!」

桜野「話したからってどうなるの? いたずらにみんなを不安にさせるだけだよ」

シキ「きっとみんな寄り添ってくれるのです……! 桜野の力になってくれるのです……!」

桜野「…………わたしのことなんかどうてもいいんだよ」

シキ「桜野っ……!」

桜野「そんなことより」

シキ「そんなことなんかじゃ……!」

桜野「そんなことより」ズイッ

シキ「……!」ビクッ

桜野「大事なことは別にあるの」

シキ「べつ……?」

桜野「遅かれ早かれだから、シキには先に話しておくね」

シキ「な、なにを……」

桜野「あのね……」



透母「桜野ちゃん?」



桜野「!」ピクッ

シキ「!」サッ

桜野「あ、透ちゃんのお母さん……」

透母「おばさんでいいわよ。お風呂は?」

桜野「あ、わたし……あとでいただきます……」

透母「そう? んー、それじゃあちょっといい?」パタパタ

桜野「?」

透母「おばさんの話、聞いてもらえる?」

桜野「は、はい……?」
861 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/26(木) 22:47:16.39 ID:h/pand+io
透母「……」

桜野「あの、話って……?」

透母「桜野ちゃん」

桜野「はい……?」

透母「ありがとね、透のこと」

桜野「え? えっと……どういう……?」

透母「ねぇ桜野ちゃん、透と初めて会った時どんな感じだったか覚えてる?」

桜野「え、はじめて? えっとぉ……」

透母「感じた通り素直に言ってくれていいわよ。気を悪くしたりしないから」

桜野「じゃあ、えっと……透ちゃんが転校してきた時だから……最初はその、ちょっと怖い人なのかなって思いました。目つきがこう……鋭い感じで」

透母「うん」

桜野「それで、あの……ちょっと厳しい人なのかな、みたいな印象も……」

透母「ふふっ、そうね」

桜野「あ、す、すいません……」

透母「ううん、あの頃は確かにそんな感じだった。鋭くて、近づいたらこっちが怪我しちゃうくらい」

桜野「はい……」

透母「でもね、昔からそうだったわけじゃないのよ」

桜野「あ、あのアルバム見ました」

透母「あ、そうだったそうだった。アルバムは小さい頃のしかないけど、あのまま大きくなったイメージね」

桜野「なんていうか、ポヤポヤな……?」

透母「ふふふっ、そう、ポヤポヤ。天然っていうか、親としてはちょっと危なっかしいかなって感じの子」

桜野「ふふっ、たしかにちょっと不安かもです」

透母「……それと、よく笑う子」

桜野「笑う……」

透母「些細なことでもね、本当に楽しそうに笑う子だったの」

桜野「透ちゃんが……」

透母「それがね……変わってしまった……」

桜野「……」

透母「前にあの子ね、行方不明になったの」

桜野「……!」
862 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/26(木) 23:12:06.31 ID:h/pand+io
桜野「ゆくえ、ふめい……」

桜野(それって……シーズンランドにいた時の……)

透母「うん。まるで消えたみたいに、本当に突然いなくなっちゃってね」

桜野「……」

透母「いろいろ手を尽くして探し回ったけど、小さな手がかりすら見つけられなかった。なにも進展がないまま時間だけが過ぎていって……あの時は本当に、生きた心地がしなかった」

桜野「……」

透母「でもね、もう見つからないんじゃないかって心が折れかけていた時に、あの子帰ってきたの。いなくなったときと同じで突然」

透母「嬉しかったわ。お父さんと2人で泣いて喜んだ。抱きしめて、もう絶対離さないって誓った。だってもう二度と会えないかもしれないって思った娘に会えたんだもん」

透母「でも、それで解決じゃなかった」

桜野「……」

透母「戻ってきたあの子は前みたいに笑わなくなっていた。それどころか、戻ってからしばらくは話すことすら」

透母「ずっとなにかに怯えてるみたいな、ずっとなにかを恨んでるみたいな顔してた。一日中部屋にこもってる日もあれば、いつの間にかいなくなって夜遅くに帰ってくる日もあった。ほとんどなにも食べてくれなかったし、話しかけてもまともな反応はなかった」

透母「行方不明のあいだに何かあったのは間違いない。でも何があったのか、どれだけ聞いても教えてはくれなかった。せっかくあの子が帰ってきて元の日常が戻ってきたって思ったのに、透は日に日にやつれていってずっと苦しそうにしてた」

透母「それなのに私たちはなんにもできなくて。情けない親よね。娘がなんで悩んでいるのか、ほんの少しだって理解してあげられなかった」

桜野「そ、そんなこと……!」

透母「……でもね、お父さんと決めたの、あの子のためならなんでもしようって。きっとまた前みたいに笑えるようになるからって」

透母「だからあの子が転校したいって言い出した時も、すぐに引越しの準備を始めた。理由は聞けなかったけど、それでもよかった。環境が変われば、あの子にもいい変化があるかもしれないって思った」

透母「それになにより、戻ってきてから初めて、あの子がしたいって言ったことなの。そんなお願い、叶えないわけにはいかないもんね」

桜野「……はい」

透母「すぐに転入の手続きをして、お父さんはお仕事の引き継ぎとかあったから先に2人で引っ越してきて……それで転校初日、帰ってきたあの子ね、なんだかすごく落ち込んでるみたいな、怒ってるみたいな、そんな感じだった」

桜野「あ……」

透母「転校なんて初めてだし、上手くいかなかったんじゃないかとか悪いことでもあったんじゃないかとかって不安になって透に聞いたの、学校どうだったって」

透母「そしたらあの子、うるさい、話しかけないで、ひとりにして……って」

桜野「そ、それは……」

透母「チャンスだって思った」

桜野「チャンス……?」

透母「だってそれまで話しかけても心が失くなっちゃったみたいな反応しか返ってこなかったのよ? それがあんなに感情むき出しにして」

桜野「……」

透母「それからは毎日学校のこと聞いた。今日はどうだった今日どうだったって毎日。最初はなんにも話してくれなかったけどね、だんだん我慢できなくなってったみたいで、少しづつ話してくれるようになった」

透母「その時話してくれたのが、桜野ちゃんのことだった」

桜野「わたしの……」
863 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/26(木) 23:31:30.80 ID:h/pand+io
透母「行方不明になってからこっち、なにを聞いても黙って俯いていたあの子がね、あなたの話をするの。口を開けば岸波さんがって」

透母「なんだかとってもイライラしているみたいで、誰かに感情をぶつけなきゃ気が済まないって感じだったなぁ」

桜野「え、あ、ああ……確かにあの頃はすっごい怒らせちゃってて……」

透母「でもね……本人は気づいてなかったと思うけど、あの時の透、なんだか楽しそうだった」

桜野「た、楽しそう……ですか?」

透母「うん。イライラはしてるんだけど、なんていうのかな……やんちゃな友だちの行動に呆れてるみたいな……」

桜野「あー……」

透母「思い当たる節ある?」

桜野「えーっと……へへ……」ポリポリ

透母「ふふっ……ともあれ、それからは毎日あなたのことを聞いた。その度にどこに腹が立ったか教えてくれた」

桜野「あは、は……」

透母「ずっと浮かない顔のあの子だったけど、あなたの話をしている時だけは元気だった。あなたを話をする度に、あの子が元気になっていくみたいだった」

透母「相変わらずイライラしてたみたいだけど、少しづつ口数も増えていってね、朱ちゃんや雪菜ちゃんの話もするようになって、ゆっくりだけど元気になっていって、それで……」

桜野「……」

透母「あの日……あの子、笑った。笑ったの」

桜野「…………はい」

透母「前みたいにひたすらのんきでやわらかい笑顔ってわけじゃなかったけど、それでも確かに笑ったの」

透母「笑って、笑いながら、桜野がねって言うの。嬉しそうにあなたの話をするの」

透母「今日は何があったって、今日の桜野ちゃんはこんなんだったよって。些細な、本当に小さなことを、これでもかってくらい幸せそうに話してくれるの……!」

桜野「……はい」

透母「……」

桜野「……」

透母「…………あなたが助けてくれたのよね」

桜野「え……?」

透母「透がまた笑えるようになったのは、あなたのおかげなのよね。私たちじゃどうしようもなかった傷を癒してくれたのは桜野ちゃんなのよね」

桜野「そ、そんな……わたしまだなにも……」

透母「ううん……桜野ちゃん、改めてお礼を言わせて」

桜野「ぁ……」

透母「娘を、透を助けてくれてありがとう。本当に本当に、本当に……ありがとうっ……!!!」

桜野「……!」
864 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/26(木) 23:39:54.68 ID:h/pand+io
桜野「あたま……あげて、ください……」

透母「……うん。でもこれだけら分かってね、あなたには本当に感謝してるの」

桜野「………………はい」

透母「……ごめんね、長々付き合わせちゃって。おばさんもう行くわね」

桜野「………………」

透母「お風呂、遠慮しないでゆっくり浸かってね。今夜は冷えるから」

桜野「…………」

透母「それから、なにかあったらなんでも言ってね。あなたは透にとっても、私たちにとっても恩人だもん」

桜野「……」

透母「それじゃあ……」

桜野「………………透ちゃんを愛してますか」

透母「え?」

桜野「あ……あ! い、いやあのなんでもなくて……! す、すみませっ……なんでこんなこと聞いて……」

透母「愛してるわよ」

桜野「……!」

透母「当たり前でしょ? 家族だもん!」ニコッ

桜野「!!!」

桜野「……か、ぞく…………」

桜野(………………そ、っか)

桜野「………………」

透母「桜野ちゃん?」

桜野「……大丈夫です」

透母「え?」

桜野「透ちゃんはもう大丈夫です。ずっと大丈夫だったんです」

透母「桜野ちゃん……」

桜野「……」

透母「……ありがとう」

桜野「…………いえ」
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/26(木) 23:43:00.00 ID:3xrLA/BJo
あーいってなんだ♪
866 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/26(木) 23:47:17.35 ID:h/pand+io
桜野「……」

桜野「ふぅぅぅ……」

桜野「……そっか」

シキ「桜野……?」

桜野「ううん」

桜野(わたしは……なにを迷っていたんだろう)

桜野「ん……」ググッ

桜野(本当ははじめから、迷う必要なんてなかった)

桜野「ふぅ……」パッ

桜野(透ちゃんは大丈夫だった。ずっと大丈夫だったんだ)

桜野「………………」

桜野(わたしがいなくても)
867 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/26(木) 23:47:50.32 ID:h/pand+io
ここまで
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/26(木) 23:50:55.21 ID:3xrLA/BJo

愛する我が子のためとはいえなんも事情説明しない娘のために即転校出来るのすごいフットワークの軽さだ
前の学校のお友達は急に透ちゃんいなくなって泣かなかったかな?
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/26(木) 23:53:11.41 ID:iSz8fe36o

悲しいかな…大抵の人類は桜野さんが無理に助けてやらなくても大丈夫なんだ…
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/27(金) 01:09:41.15 ID:J5EJ2b4C0
透母何かを察してるか
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/27(金) 15:08:07.57 ID:qiJpeTMT0
岸波家 弓知夏家のご両親も出たなら秋葉家 久木家のご両親も出るかな?
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/27(金) 15:36:00.15 ID:c88D2ZWl0
いいよ別に出なくても
あのキャラの○○はやったからこのキャラも、とかいちいちやってたらくどくなる一方だし
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/27(金) 15:44:33.23 ID:m4Br13m8o
展開だいぶ駆け足だし掘り下げはくどいくらいがちょうど良い
874 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/27(金) 23:55:53.75 ID:vw1MMxydo
両親関連の掘り下げ予定は現状ありません 余裕がない
駆け足気味なのはお泊まりイベスキップしたからかな?それに関しては、じっくりやっても桜野がひたすらウジウジするだけなのでやらん方がいいかなと思いまして
875 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/27(金) 23:59:50.42 ID:vw1MMxydo


朱「」スヤスヤ

雪菜「」スヤスヤ

桜野「……」

桜野(……心は決まった)

桜野(そうなったらあとはシンプルだ。ひとりで行く。それでぜんぶ終わらせる)

桜野「……」ゴロ

桜野(でもそのために足りないものが……)

桜野「……」

桜野(みんなもう寝たよね……?)

桜野「……」モゾッ

透「桜野、起きてる……?」コソッ

桜野「!」ビクッ

透「……あ、ごめ。起こしちゃった?」ヒソヒソ

桜野「……う、ううん……どうしたの?」ヒソヒソ

透「……ちょっと来て」

桜野「……?」
876 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/28(土) 00:09:02.81 ID:k2mxwA5/o
ベランダ

桜野「ふぅぅ……夜風が気持ちいねぇ」

透「うん。でもちょっと冷えるかも」

桜野「じゃあはやく済ませて戻ろっか」

透「うん」

桜野「それで、話したいことって?」

透「あの……シキは?」

桜野「シキ? 向こうで寝てるけど……連れてくる?」

透「あ、ううん、いい。寝てるならいいの」

桜野「まあ起こすのも悪いもんね」

透「そうだけどそうじゃなくて……」

桜野「?」

透「……」

桜野「透ちゃん?」

透「桜野、お願い……聞いて……」

桜野「いいけど……なにを?」

透「持っててほしいものがあるの……」ガサゴソ

桜野「持ってて……?」

ポワッ

桜野「!」

透「これ……」

桜野「そ、れは……!」

透「うん……」

パァァァ

透「……ウィッシュスター」
877 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/28(土) 00:23:41.07 ID:k2mxwA5/o
桜野「これ……わたしに……?」

透「うん……」

桜野「で、でもっ、なん、で……?」

透「…………私じゃ……守りきれないから……」

桜野「……!」

透「この前の戦いだってすごく危なかった。もしかしたら奪われてたかもしれない。そうなっちゃったのは、これを持ってたのが私だったから……」

桜野「そ、そんなこと……」

透「ううん、あの時、桜野が来る前に私は敗けてた。向こうが本気で奪う気だったら、多分守りきれてなかったと思う」

桜野「それは……」

透「あの時だけじゃない、これまでずっとそうだった。私が弱いせいで、いつも桜野やみんなの足でまといになって……」

桜野「そんなこと……ないよ……!」

透「……桜野」

桜野「違うよ……透ちゃんはなんにも悪くなんかないよ……」

透「桜野」

桜野「……っ」

透「……これはいろんな人の願いがこもった大切なものなの。絶対守りきらなきゃいけないの」

桜野「……うん」

透「それを、弱い私が持ってちゃダメなの」

桜野「……」

透「だから……」

桜野「……」

透「……」

桜野「……みんなに話さなくていいの?」

透「言えないよ。こんなこと桜野にしか話せない」

桜野「……」

透「桜野、お願い……」

桜野「……」

透「みんなの願いを守って」

桜野「……」

桜野「…………」

桜野「………………わかった」

透「……ありがと」

桜野「………………ごめんね」

透「どうして桜野が謝るの」

桜野「………………ううん」
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/28(土) 00:29:41.55 ID:b/acpvi8o
そんな大切なものみすみす敵の前に持っていくのか…
879 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/28(土) 00:37:00.15 ID:k2mxwA5/o
パァァァ

桜野「……」ギュ

透「ねぇ桜野」

桜野「……なあに?」

透「……明日だよね」

桜野「え……?」

透「帰っちゃうの」

桜野「あ、ああ……うん……」

透「楽しかったなぁ」

桜野「うん、楽しかった。ほんとのほんとに楽しかった」

透「でも心残りがある」

桜野「……なに?」

透「枕投げできなかった」

桜野「あ、あー……それはほら、しょうがないよ。ご近所迷惑になっちゃうしホコリ舞っちゃうし……」

透「やってみたかったのになぁ」

桜野「……そうだよね」

透「次は絶対やろう」

桜野「……次?」

透「うん。次はうち以外の誰かのおうちでお泊まり会するの」

桜野「……!」

透「あ、その時こそはお風呂いっしょね? 桜野がいなくて、その……あー、うん……なんていうか、ね……」トオイメ-

桜野「?」

透「そ、そうだ釣りもしよ。みんなでやるって言ったし」

桜野「……釣りか。朝早いんだっけ?」

透「釣り堀だったらあんまり気にしなくても大丈夫」

桜野「……そっか」

透「ニジマスとか釣ってね、大きさ比べっこして、焼いてもらってみんなで食べるの」

桜野「……うん」

透「あ、それならキャンプとかもいいかも。おっきいテント張ってね、バーベキューとかして、美味しいものいっぱい食べるの。あとね、近くの川で遊んだりしてね」

桜野「……うん」

透「夜になったらお待ちかねの枕投げ。テントでもできるよね?」

桜野「…………うん」

透「それで疲れたらね、朱が持ってきてくれたアロマでリラックスしながら星空見るの。雪菜が星にまつわるちょっとロマンチックなおはなしとかしてくれるんだ」

桜野「…………うん」

透「それで、寝ないで朝までおしゃべりしよって意気込むんだけど結局みんな寝ちゃってね、朝になって、いつのまにか寝ちゃったねって笑うの」

桜野「………………うん」

透「どうかな? そういうのも楽しそうじゃない?」

桜野「…………夢みたいだね」

透「叶えようよ」ニコッ

桜野「っ……」
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/28(土) 00:39:31.95 ID:A0hD3jHno
死亡フラグみたいな会話
881 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/28(土) 00:42:01.83 ID:k2mxwA5/o
透「桜野?」

桜野「……っ」

桜野「…………」

桜野「………………ううん、なんでもない」

透「? ほんとに? なにか……くしゅっ」

桜野「あ」

透「へぅ……」

桜野「寒いよね。戻らないと」

透「ん、桜野も」

桜野「あ……」

透「ん?」

桜野「わたしは、その……」

透「?」

桜野「…………もう少し、風を浴びてく」

透「んー……」

桜野「……」

透「……ん、わかった」

桜野「……」

透「あんまり長居して風邪ひかないようにね」

桜野「……うん」

透「じゃあ……」

桜野「透ちゃん」

透「ん?」

桜野「……おやすみ」

透「ん、おやすみ」ニコッ
882 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/28(土) 00:51:23.26 ID:k2mxwA5/o
桜野「……」ボ-

桜野「…………はー」

桜野「……」

桜野「………………いくか」

桜野「……っよ」ピョンッ

桜野「っとと……おぉ、2階でも結構高い……」スタ

桜野「……」

桜野「すぅぅぅ……」

桜野「はぁぁぁ……」

桜野「……」ボ-

桜野「……空が近いや」

桜野「……」

桜野(ウィッシュスターは手に入った)

桜野(時間ももうすぐ)

桜野(迷いは……ない)

桜野「……」

桜野(目標は、ぜんぶやっつけること。もう二度と、誰も戦わなくていいようにすること)

桜野「……」

桜野(できる限り自分の力で戦う。でももし……もしもダメだったらその時は……)

桜野「……」ギュ

桜野(ウィッシュスターの力で無理やり解決する)

桜野「……そうならないのが1番だけど」

桜野(だってこれは、その先にある願いを叶えるためのもの……)

桜野「……」

桜野(……そうだ)

桜野「……」ガサゴソ

チャリッ

桜野(ロケット……つけてこっかな……)チャリリッパチッ

桜野「……よし」チャリッ

桜野「すー……はー……」

桜野「……待っててね、コスモス。ぜんぶ終わらせてくるから」ギュ

桜野「ふー……」

桜野(どうせなら……)

桜野「せーのっ……」ググッ

桜野(くつ、ちゃんと揃えてくればよかったな……)

タンッ
883 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/28(土) 00:51:52.79 ID:k2mxwA5/o
ここまで
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/28(土) 00:54:31.65 ID:A0hD3jHno

ベジータ並みの戦犯にならないことを願う
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/28(土) 01:00:22.79 ID:bu0bQfm30

桜野さんのマインドはここまでやっても変化なくてぶっちゃけ一人の方が強くて
無敵の人かな?
886 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/29(日) 00:41:58.37 ID:P9O2tPu4o
「……て……きて……!」

透「……ん……んぅう……?」

シア「起きて! 透!!!」グイ

透「……んっ、んむぅ……」ムクッ

透「くぁ、ぁぁぁふ……んぇう……?」ボ-

透「……まだよるだよぉ?」ポケポケ

雪菜「透さん! ぼーっとしてないで起きてください! 大変なんです!」ユサユサ

透「う、ぁぁ……なにぃ……? なにがあっ。ふああ……」

朱「桜野ちゃんがいないの!!!」

透「えぅ……さくの……? さくのなら……」

透「……」

透「………………え?」

ガタッ

透「え、いない!? いないってなに!? どういうこと!?」

朱「どうもこうもそのままなの! どこにもいないのよ!!」

透「え、え、でも! なんで!?」

雪菜「わ、分かんないですよ! シキちゃんが気づいた時にはもういなくなっちゃったあとで!」

透「こ、この部屋にいないってだけじゃ!? と、トイレとか!」

シア「ワタクシが感じ取れる範囲に桜野の気配がありません! 少なくとも家の中には……!」

透「こ、コンビニとか行ったんじゃ……!」

シア「こんな時間に!? 断りも書き置きもなく!?」

透「で、でもじゃあなんで! ど、どこに! なにかの間違いなんじゃ……!」

雪菜「わかんないですけど現にどこにもいないんです!」

透「な、なんで……! さくの……!」

朱「お、落ち着いて心当たりを整理しましょ! みんな何かない!?」

透「心当たりなんて……! なんて…………ぁ」

シア「なにかありますの!?」

透「あ、あの、えっと……」

シア「透?」

透「あの……私……」

シキ「……」

透「ウィッシュスター…………桜野に……渡した……」
887 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/29(日) 00:52:46.82 ID:P9O2tPu4o
シキ「……!」

雪菜「……え」

朱「桜野ちゃんに……?」

シア「どうして!?」

透「だ、だって私……私じゃ……!」

シキ「それなのです」

透「え……?」

シキ「……みんな、聞いてほしいのです」

朱「なにかわかるの!?」

シキ「まず最初に、多分シキなら桜野が今どこにいるか見つけられるのです」

透「ほんとに!?」

シア「確かに、ずっと桜野の近くにいたシキなら可能かもしれませんわね」

透「だったら早く探しに行こうよ!」

シキ「……」フルフル

透「え……なん、で……??」

シキ「……」

透「なんでよ! 桜野の居場所わかるんでしょ!? なのになんで!!」

シキ「ただ追いかけるだけじゃ、桜野は戻ってきてくれないのです」

雪菜「……!」

透「え……なに……? どういう……?」

シキ「それで戻ってきてくれるなら、朱も雪菜も苦しい思いをしなくて済んだのです」

朱「……」

透「なに、それ……」

シキ「……順番に話すのです」
888 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/29(日) 01:02:00.68 ID:P9O2tPu4o
シキ「……みんな覚えてるです? 前に学校でツナミが襲ってきた時、桜野はライガと戦ってたのです」

雪菜「そ、そういえばそうです……あの時なにか……」

シキ「桜野、ライガになにか言われてたのです。話の中身までは聞こえなかったけど、なにか……」

透「なにかって……?」

シキ「分からないのです。でもはっきりしてるのは、敵の目的がウィッシュスターだってこと……」

朱「も、もしかしてウィッシュスターを持ってこいって脅されたんじゃ……!」

透「!」

シキ「……かもしれないのです」

シア「しかし桜野に限って言われた通り渡すなんて思えませんわ……」

雪菜「確かにそうです。だとしたら、桜野さんなら……あ、桜野さんもしかして……!」

シキ「……うん」

透「なに、なに!?」

シキ「………………ひとりで戦いに行ったのです」

透「え……」

シア「そ、そんな……!」

透「なんで……? なんでなんで……! だって桜野っ、そんなこと一言も言わなかったっ!!」

シキ「朱と雪菜なら、なんとなく分かると思うのです。桜野の暗い部分に少しでも触れた2人なら」

雪菜「はい……桜野さんならそれが1番って……」

朱「考えるでしょうね……」

透「……!」
889 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/29(日) 01:15:54.35 ID:P9O2tPu4o
透「な、なに…………なんなの……なんで……?」

透「朱も雪菜も……なに言ってるの……?」

透「暗い部分ってなに……! そんな桜野……私知らない……!」

シキ「透……」

透「わ、わたし……? わたしのせい、なの……?」

透「わたしがウィッシュスターあげちゃったから……? だからさくのいなくなっちゃったの……??」

シキ「……ちがうのです」

透「じゃあなんで! なんでよっ! なんで桜野いないのっ!!!」

シキ「……」

透「なんっ、ぅ、けふっ……! なんでっ……はぁっはぁっ……さくのっ、なんで……なんでよぉ……!」ガクガク

シア「透!」バッ

透「んくっ、はっ、はっ……! うぅぅ……!」

透「ふーっ、ふーっ……ちが、うもんっ……!」

透「さくの……いなくならないもん……なんにも言わずにかってにいなくなったりしないもん……!!!」

シキ「……透、聞いて」

透「やだ!」

シキ「ダメなのです。ちゃんと聞いて。桜野にはね……」

透「うぅぅううう……!!!」

シキ「……桜野には……多分もう、戦いしか残ってないのです」

透「………………ぇ」

シア「ど、どういうことですの……?」

雪菜「それって……!」

朱「シキちゃん……」

シキ「うん……」

シキ「話すのです、ぜんぶ。桜野のこと、桜野が話してくれたこと、シキが知ってること、ぜんぶ」

シキ「みんな、透、絶対耳を塞がないで……」
890 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/29(日) 01:16:25.95 ID:P9O2tPu4o
ここまで
ドロドロにします
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/29(日) 01:18:54.11 ID:gBurVn2To

ついに秘密が明かされるか
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/29(日) 02:00:22.05 ID:pKAcGazHo

食後に甘いものもください!
893 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/29(日) 02:15:23.58 ID:X7ux8oMo0

超濃厚ドロドロスープニンニクもりもり…
894 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/30(月) 23:43:58.57 ID:2/GKEhvRo
夜の街

タッタッタッタッ

桜野「……っ」タタタッ

桜野(……いわゆる虐待がはじまったのは、わたしがママの妹夫婦に引き取られたその日からだった。9さいになったばかりだった)

桜野(毎日殴られたし、毎日蹴られた)

桜野(叔父さんは、わたしのおなかを蹴り飛ばすのがお気に入りだった)

桜野(叔母さんは叔父さんほど力がないからか、灰皿で殴ったり、ベルトをムチみたいにしならせて体を叩いた)

桜野(2人ともタバコを吸うから、灰皿代わりにその火を体に押し当てられた)

桜野(全身が痣と火傷とミミズ腫れで埋め尽くされるまで、3日とかからなかった)

桜野(痛みから逃げるように気を失うようになった。それがわたしとっての睡眠だった)
895 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/30(月) 23:56:18.40 ID:2/GKEhvRo
桜野(当たり前だけど、わたしの分の食事が用意されることなんてなかった。だからわたしはいつも腹ぺこだ)

桜野(かといってなにか勝手につまみ食いしようものなら、せっかく薄くなって痛みが引いてきた痣がまた新しくなってしまう)

桜野(わたしはおなかが空かないように、できる限り動かずじっと耐えた)

桜野(それでもやがて限界はやってきて、意識が朦朧としてくる。平衡感覚が無くなって、気づいた時には床に倒れていたなんてことも珍しくなかった)

桜野(時おり叔母さんたちの気まぐれで目の前に残飯がぶちまけられる。手を使わずに食べろと言われた。言われたとおりにした)

桜野(叔母さんたちの機嫌を損ねるとせっかくの食べ物を吐き出すことになってしまうから、汁の一滴すら残さないように丁寧に床を舐めた。叔母さんたちは、そんなわたしの後頭部を踏んづけてゲラゲラ笑った)

桜野(口の中でぐちゃぐちゃの食べ物と床の苦さが混ざって酷い味だった。噛むたびに小さな砂粒が歯をこすった。機嫌を損ねずとも結局蹴られた)

桜野(それでも、なにも食べられないよりはマシだった)

桜野(どうしてこんなことをするんだろう。その答えは聞かずとも教えてくれた)

桜野(わたしが痛みに悶えたり、苦しそうに咳き込んだり嘔吐いたり、空っぽのおなかから胃液を吐き戻す姿が痛快なんだという)

桜野(じゃあしょうがないやって思った)
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/30(月) 23:58:07.66 ID:7D99fAlN0
これでなぜプリキュアになれるほどの光が
897 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/31(火) 00:10:25.44 ID:fERDBuF/o
桜野(幸いだったのは、叔母さんたちがとにかく世間体を気にする人たちだということだった)

桜野(どれだけ痣を作っても、硬い瓶や刃物が振り下ろされても、服で隠せない場所は怪我もなくきれいだった。だから学校には行けた)

桜野(年中長袖しか着れなかったとしても、せっかく終わらせた宿題のノートが登校直前にぐしゃぐしゃになったとしても、学校に行くことはできた)

桜野(わたしは学校が大好きだ)

桜野(だって学校に行けばごはんが食べられる。それに誰もわたしをぶたない)

桜野(できるだけ長く居られるように、毎日誰より早く登校して、誰より遅く下校した)

桜野(わたしはいつも家に入る前に深呼吸をする)

桜野(今日もまた気絶するまで嬲られ続ける、そう考えると体が震えてしまう。わたしが怯えると叔母さんたちはもっと面白がるから、そうならないように呼吸を整える)

桜野(気絶するまで嬲られるからといっても、すぐに眠ってはいけない。早くに気を失うと、殴り足りない叔母さんたちがものすごく痛いところを狙うかもしれないからだ)

桜野(起きている時も狙われるし同じくらい痛いけれど、身構えられる方がずっといい)

桜野(家の中でわたしが自由にできるのは、ゴミ箱の隣に置かれたぺちゃんこのクッションだけだ。そこに座ってぼーっとしたり、宿題をやったり、体を丸めて泣いたりした)

桜野(そんな生活は中学生になっても続いた。毎日が傷だらけで、痛みに怯える日々だった)
898 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/31(火) 00:20:09.90 ID:fERDBuF/o
シキ「……」

雪菜「っ……!」カタカタ

朱「うそ……でしょ……!」

シキ「……ぜんぶ本当のことなのです」

雪菜「そんっ……なのっ……!」カタカタ

シキ「……桜野はそんな状態でも、シキのことを一番に考えてくれたのです」

朱「うぅ……」

シキ「……食べ物を分ける時も、シキにはできるだけきれいなところをくれたのです」

シキ「……きれいなところがない時は、少ないお金でシキの分だけ何か買ってくれたのです」

シキ「遠慮すると、桜野の目が真っ黒になるのです。怖いくらい真っ黒に……」

透「………………」

シキ「みんな覚えてるです? 前に桜野が学校おやすみした時のこと……」

雪菜「……おみっ、お見舞いっ……みんなで行った……」

シキ「風邪ってことになってたけど……あれ本当は全然違う理由だったのです……」

朱「じゃあやっぱり……!」

シキ「あの時ね……」
899 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/31(火) 00:22:17.63 ID:fERDBuF/o
ここまで

実はコスモスさんは「1番幸せな世界線の岸波桜野」です
桜野が出会ったのがたまたまシキだったからプリキュアになってますが、余裕で逆だったかもしれねェです
余談ですが光と闇どちらの勢力も介入しなかった場合、桜野もコスモスもほぼ同時期に自殺します
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/31(火) 00:24:53.65 ID:NSH0ke4ko

ど、どういうことだってばよ…
プリキュアにならなきゃ死んでたしプリキュアになるのが早すぎてもバッドエンドらしいし
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/31(火) 00:32:06.36 ID:yM+MhsDp0

一番弱い透ちゃんは突然何かの力か存在にドラフト指名されて一番強い桜野さんは偶然がなきゃプリキュアになれなかったかもしれないのは何か意味が
902 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/31(火) 00:48:17.77 ID:fERDBuF/o
>>900
早すぎ√は桜野さんが1人で戦い続けて闇落ちする√です この場合透ちゃんと仲良くならないので闇落ちからの救済がない

プリキュアにならなくても初手闇堕ちすると光堕ち→追加キュアで生存√爆誕します
何気にコスモスさん主役、桜野さん追加キュアの並びがポジション的には一番本家感出る ただしコスモスさんの性格に目を瞑る

>>901
そのうち書きます 多分書くと思う 書くんじゃないかな?
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/31(火) 01:18:02.52 ID:q5VoaUzbo
おつおつ
土曜深夜36:30かな?
コスモス主役はチームがバラバラじゃねえか!になるの見える見える
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/31(火) 01:49:59.65 ID:PAyFgtPPo
世間体は気にしてる叔母さんをヤバいやつと見抜けた雪菜ちゃんは洞察力通り越してニュータイプだ
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/31(火) 09:19:50.84 ID:587UR+IB0
おつ
食べ物は気まぐれでしか与えられない割に学校で倒れたりして気づかれたりはしてないみたいだし
身体測定とか夏服・体操服とか色々どうしてたんだ…?
906 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/10/31(火) 09:59:44.22 ID:6D8Hd3fZO
>>905
以下、没台詞です あくまで没台詞です

─────

だから中学校の校長先生と紹介された人がいつもわたしを乱暴に虐めるお客さんだと気づいた時は、もうどこにも逃げ場はないんだなって思った

─────

再三申し上げますが没台詞です
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/31(火) 10:32:43.80 ID:vL44l2cWo
透ちゃんみたいに異世界へ誘拐された方がまだマシそうな
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/31(火) 10:48:13.57 ID:3QSE8O9f0
環境変えても心はもうダメらしいし
おいおい詰んだわ
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/10/31(火) 11:34:12.11 ID:j4OLrcN90
ラストバトル最終回がもうすぐっぽくて悲しい
いつもの50話近くあるプリキュアなら園児時代の透ちゃんの友達が未だに透ちゃんを男子だと思い込んでて恋してるとかみんなの両親出てくるとか季節イベントとかゲストキャラ絡む単発回的な話かありそう
910 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/01(水) 23:36:15.30 ID:REWyui95o
桜野(不定期だが、叔母さんの機嫌がものすごく悪くなる日がある)

桜野(理由はわからない。もしかしたらそんなものないのかもしれない)

桜野(それでもたったひとつ明らかなことがあるとすれば、数時間後には全身の傷痕が真新しくなっているということだけだ)

桜野(帰ってくるなり叔母さんは苛立ちを隠そうともせず、いろんなものに手当たり次第に当たり散らす)

桜野(その中で一番殴り心地が良くて面白い音が出るのがわたしだ。わたしは、叔母さんが鬱憤を晴らすのにうってつけのサンドバッグなのだ)

桜野(気を失うまで殴られ続ける。硬いもの、鋭いもの、いろんなもので殴られる。普段よりも容赦がない)

桜野(どれだけ痛くても、苦しくても、止めてほしくても、少しでも反抗しようものなら火に油を注ぐ結果になる。だからひたすら黙って耐える)

桜野(痛みで思考が鈍化すると、1秒が恐ろしいくらいに長く感じる。永遠に終わらないんじゃないかとさえ思う。そんな思考も、背中に振り下ろされたガラス瓶と一緒にはじけ飛ぶ)

桜野(そして大抵は叔母さんのイライラが収まるよりも先に、わたしの方が力尽きる)

桜野(意識は完全に飛び、目は虚ろになり焦点が合わず、『あ』と『う』以外なにも喋れなくなる)

桜野(そうなってしまえば、わたしにサンドバッグとしての価値は無い。どれだけ痛めつけても、小さなうめき声を上げるのが精一杯な退屈なおもちゃじゃストレス発散にはならない)

桜野(だから標的が移る)

桜野(近くにあって目につくもの、わたしのスクールバッグをひっくり返すのだ)
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/01(水) 23:39:54.21 ID:LV9Gz7jL0
よく生きてんな桜野さん
912 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/01(水) 23:44:29.22 ID:REWyui95o
桜野(そもそもわたしは持ち物が少ない)

桜野(教科書や制服など学校関連のもの以外は、せいぜい着替えが数着あるくらいだ)

桜野(叔母さんたちの目につく場所にあると気まぐれに破られたり汚されたりしてしまうから、視界に入らないように物置のすみっこに押し込めている)

桜野(それでもたまに癇癪を起こした叔母さんが、腹いせに物置をめちゃめちゃにすることがある)

桜野(だからわたしは、本当に大事なものだけはスクールバッグに入れて常に持ち歩いている。例えばそれは、ほんの少しのお金とか食べ物とかだ)

桜野(でも叔母さんの機嫌が悪い日は、そういうものにまで被害が及ぶ)

桜野(取られたり捨てられたりして、ただでさえ少ない持ち物がすっからかんになる。さながらリセットだ)

桜野(運が悪かったと割り切るしかない。今までだってそうしてきた)

桜野(でもあの日は……)
913 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/01(水) 23:58:50.64 ID:REWyui95o
桜野(あの日はたまたまそういう日だった。帰った途端、叔母さんに突き飛ばされた)

桜野(咳き込んでいるところ髪を掴まれ引っ張り上げられて、そのまま何度もおなかを蹴られた)

桜野(迂闊だった。もっと気をつけなければいけなかった。考えるにはもう遅かった。あっという間に意識が飛んだ)

桜野(そして気がついた時、ぼやける視界の先で、叔母さんがスクールバッグをひっくり返していた)

桜野(中身が床に散乱した。教科書、筆記用具、ぺちゃんこのお財布、半分に欠けた飴玉……)

桜野(叔母さんはその中から、ふたつのぬいぐるみを鷲掴みにした)

桜野(ひとつは前に透ちゃんがUFOキャッチャーでとってくれたもの。そしてもうひとつは、シキだった)

桜野(シキにはあらかじめ、見つかってしまったらぬいぐるみのフリをするように言っておいた。そうすれば大丈夫だからと。シキはわたしの言った通りにした)

桜野(叔母さんはぬいぐるみをわたしに突きつけ、どこで盗んできたと怒鳴った。答えなんて何でも良かったんだと思う。ストレス発散ができればそれで)

桜野(わたしはひたすらごめんなさいだけを続けた。下手に言い訳するよりただ謝り続けた方がいいことは、これまでの経験でわかっていた)

桜野(どうにかしてシキを離してもらわなきゃいけない。なんとかチャンスを作ろうと必死だった)

桜野(でもあの日の叔母さんは、本当に機嫌が悪かった)

桜野(叔母さんはハサミを持ち出してきて、透ちゃんがくれたぬいぐるみに刃先を向けた)

桜野(あちこちから綿が飛び出た。腕も足も、目玉も千切れた)

桜野(あの日からずっと肌身離さず持っていたもの。大切にするって透ちゃんに約束したもの。わたしの宝物)

桜野(それはあまりにもあっけなく、無惨な姿に成り果てた)

桜野(次はシキの番だった)

桜野(わたしはその日、人生で初めて、叔母さんに反抗した)
914 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/02(木) 00:01:47.16 ID:8djY/Coyo
おいおいまさか
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/02(木) 10:34:16.53 ID:TVbcBb5L0
なぜこの子がプリキュアになれたのか
なぜ今まで隠し通せていたのか
なぜ生きていられたのか ←NEW!

桜野さんの謎は深まるばかりだな…
916 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/03(金) 19:57:59.10 ID:Oo0q9vcPo
生まれた瞬間から人生詰んでるかのような人生
917 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/03(金) 23:05:45.21 ID:HsgaOwuKo
桜野(それからのことはあまり覚えていない)

桜野(ただ、叔母さんがすごく驚いてて、すごく怒ってて……それから今までで一番痛かったのは覚えてる)

桜野(気絶するまで殴れたし、気絶してからも殴られた。もはやどこが痛いのかすらわからなかった)

桜野(痛みで気を失い、痛みで目が覚める。何度も繰り返した)

桜野(気づいた時には、いつも使っているクッションが胃液や血を吸って酷い臭いになっていた。それでも体は動かなかった)

桜野(力の入れ方すら分からなかったし、世界がなに色ともつかない変な色をしていた)

桜野(それなのにいやに頭がスッキリしていて、こういう風に終わるのかなぁって思った。その感覚に体を預けて、少し眠ろうと思った)

桜野(でも、シキがいた)

桜野(今眠ったら、シキとの約束が果たせなくなる)

桜野(それはダメだ。約束は守らなきゃだめなんだ。絶対)

桜野(シキだけじゃない。透ちゃんとの約束も守れなくなってしまう)

桜野(わたしはもう少し頑張らなきゃいけない)

桜野(約束も守れないわたしに生きる価値なんてない)

桜野(頼まれたら最後までやり遂げなきゃいけない)

桜野(役に立たなきゃ)

桜野(またいらない子になっちゃう)

桜野(役に立たなきゃ)

桜野(それだけがわたしの存在理由なんだから)

桜野(役に立たなきゃ)

桜野(わたしにあるのはそれだけだった)
918 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/03(金) 23:08:07.97 ID:Lkkf6SKMo
プリキュアの力で遂にやっちまったかと思った…
ここまでされても命に別状はない生命力…
919 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/03(金) 23:20:43.73 ID:HsgaOwuKo
シキ「……桜野はシキを必死で守ってくれたのです。シキを抱きしめて、体を丸めて、何をされても絶対動かなかったのです」

シキ「シキが今ここにいられるのは、間違いなく桜野のおかげなのです。でもそのせいで桜野が……」

シキ「……酷かったのです、本当に」

シキ「ずっとうめき声を上げていたのです。気を失ったままずっと。殴られるのが終わってからもずっと」

シキ「一瞬意識が戻って、痛みから逃げるみたいに体が跳ねたかと思うと、すぐに糸が切れたみたいに倒れるのです。またそれを繰り返すのです」

シキ「何度も繰り返すうち、ついにピクリとも動かなくなったのです」

シキ「声をかけてもゆすっても、なんの反応も無かったのです」

シキ「叔父さんも叔母さんも気絶してる桜野にはあんまり興味を示さなかったのです。でも学校の日が近づくと、無理やり叩き起こそうとするのです」

シキ「蹴っ飛ばされた桜野が気絶したままもどして、汚いってまた蹴られたのです」

シキ「結局その週はお休みになったけど、その間シキは何度も見たのです」

シキ「気を失った桜野の口から黄色い液体が溢れるのを何度も、何度も何度も、何度も何度も何度も何度も」

シキ「そこに赤色が混じり始めた時は本当にもうダメかと思ったのです」

シキ「怖くて、なにかしなきゃって思って。とにかくなにか食べさせなきゃって、無くなっても気づかれないようなものを持ってきて桜野の口にねじ込んで、でもすぐにもどしちゃって……」

シキ「水だけでもって思って、台所を往復して水を運んで飲ませて……」

シキ「不安で不安でたまらなかったのです。もうダメだって何度も思ったのです。なにをしていいか、なにをしちゃいけないか分からなかったのです。あの時ほど、人間に生まれなかったことを呪ったことはないのです」

シキ「それでも、いつか目を覚ますって信じたのです。そうするしかなかったのです」

シキ「それで、それでね、桜野、目を覚ましたのです。完全に気を失ってから、まる1週間経ってたのです」
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/03(金) 23:22:37.49 ID:Lkkf6SKMo
そら雪菜ちゃんも一目見ただけで今までで一番怖かったと感じるわ
921 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/03(金) 23:26:53.00 ID:HsgaOwuKo
>>918
一応そのルートは考えたんですけど、それができる子ならこんなにこじれてない気がして
いざやっちまったとしたら闇落ち直行しちゃうし

余談ですが、お泊まりイベの募集で透ちゃんが日常的にプリキュアの力使ってるみたいなのを採用しなかったのは、それ許容すると桜野さんがやっちまう可能性が出てきちゃって闇落ち直行どころか闇落ち済みになりそうだったので
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/03(金) 23:29:17.20 ID:gtqTi8TZ0
敵勢力についてないとはいえこれでまだ闇じゃないんだ…
923 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/03(金) 23:41:27.52 ID:HsgaOwuKo
シキ「桜野の目がふらふらって泳いで、シキを見つけて。そしたら桜野、なにか言おうとして、でも声が枯れてなにもしゃべれなくて」

シキ「何も言わなくていいのですって言ったけど、それでも何かしゃべろうとして。桜野が伝えたがってること、聞き逃しちゃダメだと思って」

シキ「それで桜野、なんて言ったと思う?」

シキ「桜野ね……」

『………………ごめんね』

シキ「桜野が一番辛いはずなのです。苦しいはずなのです。なのにごめんねごめんねって何度も……」

シキ「なんで桜野が謝らなきゃいけないのです……桜野はいったいなにを謝っているのです……」

シキ「シキにはもう、何も分からなかったのです。だからその時は、とにかく桜野が起きてくれたことを喜ぼうと思ったのです」

シキ「シキね、できるだけ楽しい話をすることにしたのです。その方が桜野も元気になってくれると思ったのです」

シキ「みんながお見舞いに来てくれた話をしたらね、すっごい動揺してたのです。でも結果的に門前払いになっちゃったことを話したら少し落ち着いたのです」

シキ「持ってきてくれたゼリーの話もしたのです。桜野が起きた時にはもう食べられちゃった後だったけど、気持ちは本物だって話したのです」

シキ「シキの話を聞くあいだ、桜野はうんうんって相槌を打っていたのです。でもその声も、だんだん小さくなっていったのです」

シキ「また眠るのかなって思ったのです。休めるなら休んだ方がいいのです。でももしかしたら、次眠ったら今度はほんとに目を覚まさないんじゃないかって思っちゃって……」

シキ「桜野の声が聞きたくて、相槌を打ってほしくて、くだらない話をいつまでも続けていたのです。いつまでもいつまでも……」

シキ「…………気づいた時には、1人でしゃべってたのです」
924 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/03(金) 23:54:24.25 ID:HsgaOwuKo
シキ「不安だったけど、少し眠ったらちゃんと起きてくれたのです。ひとまずほっとしたのです」

シキ「それから桜野は短い睡眠を何度も繰り返すようになったのです」

シキ「いくらか落ち着いたけど、それでも元気とは程遠かったのです」

シキ「それでも叔母さんたちはお構い無しで、週明けには学校に行けって言うのです。そろそろ友だちに会いたいだろって……」

シキ「そんなの無理に決まってるって思ったのです。休めてもせいぜいあと1日だけ。それだけで回復するわけないのです」

シキ「それどころか、シキが話しかけても返事すらままならない状態なのです。シキはもう少し休んでいてほしかったのです」

シキ「でもね、桜野ね、叔母さんの言葉に『はい』って返事したのです。短いけど、確かにはっきり」

シキ「悔しいのか、悲しいのか、腹が立つのか、もうなんだかぐちゃぐちゃだったのです」

シキ「だって死んでしまうところだったのです。もしかしたら本当にダメだったかもしれないのです」

シキ「それなのに、それだけのことがあったのに、桜野はなにも……変わらなかった……」
925 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/04(土) 00:04:33.80 ID:rVbSwJEoo
透「……」

朱「……」

雪菜「ひくっ……ひぅ……!」ポロポロ

朱「じゃああたしたちがお見舞いに行った時に会ったのが……」

シキ「うん……叔母さんなのです……」

朱「もしあの時、雪菜ちゃんが止めてくれなかったら……」

シキ「きっと……酷いことになってたのです……」

雪菜「うぐっ……ぅぅ……!」

朱「休み明け、桜野ちゃんが透ちゃんにたくさん謝ってたのは……」

シキ「ぬいぐるみのことなのです……」

透「……」

朱「あの日の桜野ちゃん……いつも通りとはいかないけど、明らかにおかしいとまでは思えなかった……」

シキ「すごく無理してたのです。本当は立つのもやっとだったのです……」

朱「そんな状態だったのに気づけなかったなんて……」

シキ「無理もないのです……桜野は強い。強すぎるのです。だから大丈夫なフリして、ボロボロの体でもまっすぐ歩いて……」

雪菜「ひぐ……」

シキ「それでもごはんはもう、まともに食べれなくなってるのです……」

朱「ごはん……? でも……」

シキ「食べたあとこっそり吐いてるのです……」

朱「え……」

シキ「学校でも、この前の遊園地でも、昨日みんなで食べたお夕飯だって……」

朱「そん、な……」

シキ「桜野はもう限界なのです。それは桜野自身も気づいてる……それにあれ以来、叔母さんたちがピリピリしてていつまた……」

雪菜「うぅぅ……」

シキ「桜野にはもう選択肢がない。だからひとりで……」

透「……」
926 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/04(土) 00:09:42.51 ID:XaT4znkeo
詰んだ…
927 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/04(土) 00:14:33.11 ID:rVbSwJEoo
透「……」

シキ「……」

朱「……っ」

雪菜「うっ……ぅ……」

透「……シキ」

シキ「……うん」

透「……それでぜんぶ?」

シキ「……シキの知ってることは」

透「……なんで」

シキ「……」

透「なんで今まで黙ってたの……!!!」

シキ「それは……」

透「ずっと一緒にいたんでしょ……! ずっと見てきたんでしょ……!」

シキ「で、でも……!」

透「なんでなにも言ってくれなかったの……! 教えてくれたらできることがあったかもしれないのに……! こうなる前になにかできたかもしれないのに……!!」

シキ「だって……だって!」

透「なのになんでっ……!!!」

シキ「約束なのですっ……!!!」

透「!」

シキ「……っ」
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/04(土) 00:17:04.73 ID:KX3uZJ9X0
桜野さん殺しかけてるの敵勢力じゃなくてただの人間って
929 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/04(土) 00:28:11.36 ID:rVbSwJEoo
透「……やく、そく?」

シキ「……桜野はシキの、いろんなお願いを聞いてくれたのです」

シキ「プリキュアになって戦うこと、透を助けること、シーズンランドを元通りにすること、他にもいろんなわがままを言ったのです。桜野はそれぜんぶ、嫌な顔ひとつしないで『まかせて』って言ってくれた」

シキ「そんな桜野が、シキにお願いした唯一のことなのです……!」

『あのねシキ、ひとつだけ約束してほしいことがあるの』

シキ「絶対に守ってほしい約束だって!」

『うちでのこと、絶対誰にも言わないでね』

シキ「言えなかった……! 言ったら桜野を裏切ることになるんじゃないかって……!」

透「で、でも! そんな領域とっくに超えてる! だったら……」

シキ「誰かに話して、それを桜野や叔母さんたちに気づかれたらどうなってたです!!?」

透「!」

シキ「ねえ透! 透ならどうしてた!? 桜野のこと知ったらなにしてた!? 何もしないでいられた!?」

透「そ、そんなこと……」

シキ「できるわけないのです! ほっとくなんてありえないのです! でもそれじゃ誰かが気づくに決まってるのです!!」

透「き、気づいたなら……!」

シキ「もしそうなったら桜野どうなると思う!?」

透「それは……」

シキ「叔母さんたちに殺されるか、ひとりで無茶な戦いをして死ぬか!! どっちにしても桜野はいなくなってた!!!」

透「っ!!!」

シキ「はぁっはぁっ……ひくっ、うぅ……!」

シキ「だからっ……だか、らっ……ずっと……話せなかったのです……!」ポロポロ

シキ「ごめん……ごめんなさいなのです……ごめんなさい……!」ボロボロ

透「……! で、でも、でもっ……!」

シア「透、シキを責めるのは筋違いですわよ」

透「分かってるけど!! でもっ、だったら……! どう、すればっ……私っ、どうすればいいのっ……!!」カタカタ

シア「……」ギュ
930 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/04(土) 00:28:42.27 ID:rVbSwJEoo
ここまで
ムズカシイヨ-
931 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/04(土) 00:30:04.76 ID:7+1uNKdMo

もうだめだぁ…おしまいだぁ…
932 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/04(土) 01:19:00.33 ID:TpE5+5Ez0
戦いの結末関係なく主人公どのみち死ぬ…
933 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/04(土) 20:56:23.23 ID:BNUhmMq90
前世で悪行重ねたってこんな詰み人生にはならんぞ…
934 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/04(土) 23:09:47.79 ID:DAlMZf6go
プリキュアSSの姿か、これが…?
子供泣くでこんなん

まぁ桜野はスピリットピース取り上げて病院送りなりで緊急避難が妥当かな?
全身の傷や跡を見れば誰でも保護が必要とわかるだろうから、叔母と引き離すのは難しくなさそう
935 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/09(木) 23:50:25.45 ID:SFx0dI1Po
まだまだ忙しい?
936 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/09(木) 23:52:21.67 ID:YZkuxC4Vo
町はずれの森

桜野「ふぅ、着いたけど……」

桜野「んー……」キョロキョロ

桜野「とりあえず歩いてみるか……」

ザワザワザワッ

桜野「っ!!!」ゾクッ

桜野「コスモスっ!?」バッ

桜野「っ……!」

桜野「……」

桜野「………………じゃない」

桜野「一瞬似てる気がしたけど全然違う……」

桜野「これがサイカか……」

桜野「……」

桜野「…………ムカつくなぁ」ザッ
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/09(木) 23:53:19.13 ID:SFx0dI1Po
きたか
938 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/10(金) 00:10:30.21 ID:N3BJJsRVo
雪菜「……っ」

透「はーっ……うぅぅ……!」カタカタ

シア「透……」

雪菜「透さん……シアさん……」

シキ「ひっ、うっ……ひぐ……!」ポロポロ

朱「シキちゃんも辛かったわよね……」ギュ

シキ「あがね゛ぇ……!」

朱「気づいてあげられなくてごめんね……シキちゃんにばかり背負わせちゃってごめんね……」ナデナデ

シキ「う゛んっ……」

雪菜「朱さん……シキちゃん……」

雪菜「………………」

雪菜「…………これからどうしたらいいんでしょう」

朱「…………そうね。シキちゃんの話で桜野ちゃんの状況は分かったけど……」

雪菜「桜野さんを追いかけて、追いついたとして、なんて声をかければいいんでしょう……なんて言えば連れ戻せるんでしょう……」

透「さくのぉ……」

シキ「すん、ぅ……今の、桜野は……自分ひとりの犠牲で戦いが終わるなら、それが一番だって考えてるのです……それが桜野が考えた、一番誰かの役に立てること……」

透「なんでそんなっ……」

雪菜「『なんの役にも立たないわたしに生きてる価値なんてないもん』」

透「え……」

雪菜「ですね……」

シキ「うん……」

透「なに、それ……!」

雪菜「……前に私、桜野さんの本心が知りたくて強引に聞き出そうとしたんです……その時に桜野さんが……」

透「そんなことを……」

朱「それが、いつ壊れてもおかしくない環境で桜野ちゃんの支えになっていたものなのね……」

雪菜「歪んだ環境に歪んだ希望……桜野さんを取り巻くすべてが桜野さんを歪曲させている……」

シキ「誰かの役に立つことが桜野の生きる意味になってるのです……」

透「そんな……そんなの……!」

雪菜「そして、それを見出すきっかけになったのが……」

透「え……」

朱「10さいごろって言ってたわね……」

透「……!」
939 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/10(金) 00:12:39.91 ID:fiY5DLHT0
心から何とかしないとどのみち自殺か
940 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/10(金) 00:27:10.52 ID:N3BJJsRVo
町はずれの森

桜野「……っ」ザッザッ

桜野(叔母さんたちに引き取られてすぐの頃のわたしは、自分がなぜ生きているのか分からずにいた)

桜野(目が覚めるたび、ここは天国かな地獄かなって考えた。どれだけ考えても答えは出なかった)

桜野(生きていることと死んでいること、どちらが天国でどちらが地獄か分からなかった)

桜野(分からないままにわたしは生きた。図々しくも生き続けた)

桜野(どうしても生きていたかったわけじゃない。死にたいと思ったことは何度もある)

桜野(今日も思った。昨日も思った。きっと明日も思うだろう。そんな毎日だった)

桜野(でもわたしは、生と死の境界に立ちながら自分の足元すらままならないわたしには、どちらに転べば死ねるかなんて分かりようもなかった)

桜野(逃げ出すこともできず、踏み切ることもできず、醜く生き続けるしかなかった)

桜野(生きる意味も、生きてる価値も、存在理由すらない)

桜野(ママもいない。パパもいない。からっぽ。わたしはなんのために生きているんだろう)

桜野(ずっと答えを探していた。あの子に出会ったのはそんな時だった)

桜野(まいごのおんなのこ。あの日のコスモスに)
941 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/10(金) 00:29:24.17 ID:33TJgxFMo
コスモスとのエピソードはちゃんと真実だったのね
妄想か記憶違いの類いかと
942 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/10(金) 00:37:06.95 ID:N3BJJsRVo
桜野(コスモスにあげたいちごみるくの飴は、あの日のわたしが口にできる唯一の食べ物だった)

桜野(それを手放したとき、わたしは生きる意味を見つけた)

桜野(コスモスが喜んでくれた。コスモスのお母さんも、たくさんのありがとうをくれた。それだけで十分だった)

桜野(わたしにもできることがあった。こんなわたしでも誰かの力になれた。生きてていいんだって言われた気がした)

桜野(その瞬間から、コスモスはわたしの生きる意味そのものになった)

桜野(誰かの役に立つ。それだけがわたしの存在理由だった)

桜野(求められるままに応えた。なんでもやった。本当に、なんでもやった)
943 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/10(金) 00:37:45.55 ID:fiY5DLHT0
アンパンマン?
944 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/10(金) 00:52:35.49 ID:N3BJJsRVo
雪菜「それが……桜井コスモスさんが生きる意味そのものの理由……」

シキ「そしてあの子は、今も桜野の中で生きてるのです……」

透「そんなのっ……どうしようも……!」

透「どうしようも、ない……」

透「っ……」ギュ

シア「……」

朱「……」

雪菜「……」

シキ「……」

朱「………………本当はどう思ってるのかしらね」

透「……!」

シキ「……どうって?」

朱「桜野ちゃん、自分ひとりで戦いを終わらせられるならそれでいいって、自分はどうなってもいいって、本気で思ってるのかな……」

透「……っ」

雪菜「それは……」

朱「誰かの役に立つってだけならそう考えちゃうかもしれないけど……それって桜野ちゃんの本心なのかしら……」

雪菜「それ、は……」

シキ「……」

透「わかんないよっ……!」

朱「……」

透「だってずっとなにも言ってくれなかったんだよ!? ずっと隠してたんだよ!? そんな酷い状況なんてぜんぜんわかんなくてっ、だっていっつものん気でおめでたい顔して笑ってて! 私っ、ずっと気づかなくて! 急にいなくなっちゃって……! 本当の気持ちなんてわかんないよっ! 朱だってそうでしょ!? みんなそう! 桜野の本心なんてっ、そんなの誰にもわかるわけないっ!!」

朱「……うん」
945 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/10(金) 01:05:36.20 ID:N3BJJsRVo
朱「……」

透「はぁっはぁっ……うぅぅ……!」

シア「透……」

朱「…………そうよね……うん、やっぱりそうよね」スクッ

シキ「朱……?」

朱「桜野ちゃんの気持ちだものね……桜野ちゃん以外に分かるわけないわよね……」

雪菜「朱さん……? なにを……」

朱「だったらここで話してたって仕方ないわよね」

シキ「そ、それは……そうかもですけど……」

朱「分かんないなら直接聞くしかないわよね」

シキ「!」

雪菜「直接って……!」

朱「大丈夫、この時のためにいっぱい準備してきたんだもの。シミュレーションはバッチリよ」

雪菜「し、シミュレーション……」

シキ「なにする気なのです……?」

朱「なにって、決まってるでしょ?」クルッ

透「!」

朱「誘拐っ」ニコッ
946 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/10(金) 01:06:18.47 ID:N3BJJsRVo
ここまで
おてんばなお姫様を攫いに行こう
947 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/10(金) 01:07:49.07 ID:HBRZKZ16o

ずっと言い続けてきたことを遂に…
948 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/10(金) 01:10:46.15 ID:fiY5DLHT0

台詞だけだと犯罪者だ
949 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/10(金) 11:26:57.55 ID:eFEAcg4i0

いやそれより叔母という脅威の排除の方が確じ(ry
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/10(金) 11:52:39.16 ID:14JchaDco
上手くやって環境変えるルートは強制バッドエンドと言ってたが桜野自身の問題は解決できるのか
951 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/10(金) 15:52:10.25 ID:dYblx+xpo
お姫様(戦闘ではゴリラ)
952 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/11(土) 00:19:33.57 ID:KlTU4nzSo
シキ「え……」

雪菜「あ……」

シキ「こ、こんな時になに言ってるのです……」

朱「あら、あたしは本気よ?」

シキ「本気って……」

朱「だってここでどれだけ考えても、結局なにも分からないでしょ? 本人がいないんだもの」

シキ「そ、そうだけど……!」

朱「だから聞きに行くの」

シキ「でも……」

朱「シキちゃんは反対?」

シキ「そうじゃ……ないけど……」

朱「うん」

シキ「でも……でもね、話聞いてくれるか分かんないのです……」

朱「分かってる。素直に聞いてくれるなら、こんなことになってないもんね」

シキ「……シキはね、桜野が泣いているところ、見たことないのです」

シキ「少しくらい弱さを見せてほしかったのです。でもいつだって、大丈夫って言われるのです。たまには泣いてもいいのですって言っても、実はこっそり泣いてるんだって笑ってごまかされたのです」

シキ「あんな環境にいても桜野はずっと強かった。不安すら通り越して、もしかしたら本当に大丈夫なんじゃないかって思っちゃうくらい……」

シキ「だからシキは分からなくなった」

シキ「何をしたらいいか、桜野が本心でなにを望んでるのか、本当に助けを必要としてるのか……シキにはもうなにも分からないのです」

シキ「もしかしたら、もしかしたらだよ? 桜野に追いついたとしても、助けなんかいらないって拒まれるかもしれないのです」

朱「……そうね」

シキ「それでも行くの?」
953 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/11(土) 00:34:40.71 ID:KlTU4nzSo
朱「……」

シキ「……」

朱「それだって聞いてみなきゃ分からない」

シキ「……!」

朱「なんて言われるかは分からないけど、それは言われてから考える。今はとにかく近くにいなきゃ」

シキ「……」

朱「もし本当に助けを必要としているなら、いつでも助けられるくらい近くに。本当は何か話したいことがあるなら、声が聞こえるように近くに」

シキ「……」

朱「もし何も聞いてもらえなかったらその時は、こっちだって何も聞いてあげない。無理やりにでも一旦こっち側に連れ戻す。だって誘拐だもの」

シキ「うん……」

朱「桜野ちゃんは今、とっても暗くて息苦しい場所にいる。そんなところじゃ、まともな話なんてできないもの」

シキ「うん……」

朱「だから攫いに行くの。攫って、桜野ちゃんの顔がよく見えるくらい明るいところまで連れ出す」

シキ「うん……」

朱「おはなしはそれから。いっぱいいっぱいおはなしするわ。聞きたいことが山ほどあるもの」

シキ「うん……!」

朱「シキちゃんもあるんじゃない? 聞きたいこと」

シキ「うんっ……!!」

朱「桜野ちゃんを追いかけるのに、あなたの力は必要不可欠なの」

シキ「うん!」

朱「だからお願いシキちゃん、共犯になって?」

シキ「きょう、はん……ふふっ、ふふふっ……いどい誘い方なのですっ」

朱「でも魅力的でしょ?」

シキ「報酬は山分けなのです」ニコッ

朱「うん」ニコッ
954 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/11(土) 00:35:49.16 ID:G+cFlIbKo
お姫様をさらいにいく王子様か怪盗か
955 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/11(土) 00:54:57.82 ID:KlTU4nzSo
雪菜「あのっ……私も……!」

シキ「雪菜……!」

朱「共犯志望ね。歓迎よ!」

雪菜「いやあの、言い方がちょっとアレですけど……」

朱「そうかしら」

シキ「弁解の余地は無いのです」

雪菜「でも、でも……私、ずっと後悔してるんです。あの時、遊園地でのこと……」

シキ「雪菜……」

雪菜「私は桜野さんに救われました。怖がりで泣き虫な私の初めての勇気は、桜野さんがいたからです。今の私があるのは桜野さんのおかげです」

雪菜「だからあの時、今度は私が桜野さんの力になろうって焦ってしまいました……」

雪菜「ずっと何かあるとは思っていました。それがどんなものだったとしても、受け止めるつもりでいました……」

雪菜「でも桜野さんの言葉を聞くたび、真っ暗で、ぜんぜん底が見えなくて……どうしようもないくらい怖くなっちゃって……」

シキ「うん……」

雪菜「今でも思うんです。あの時、桜野さんの背中を追いかけられていたら、何か変わったのかなって」

雪菜「私、もう後悔したくありません。桜野さんがいなくなるなんて嫌です。その想いは、初めて変身した時から変わりません」

雪菜「今度こそ追いかけて、追いついて、桜野さんの手を取ります。そしたらきっと怖いものなんてありません」

シキ「うん……!」

雪菜「だから私も……!」

朱「共犯ね!」

雪菜「あー……もうそれでいいです」

シキ「朱ぇ……」

雪菜「大丈夫! 報酬は山分けよ!」

雪菜「報酬ってなんなんです……」

朱「えーっと……何が欲しい?」

雪菜「なにって……あ、じゃあじゃあ私、桜野さんの笑顔が見たいです。本当の、心の底からの笑顔」

朱「あ、いいわね!」

シキ「シキも見たいのです!」

朱「あたしたちでめいっぱい笑わせちゃいましょ!」

シキ「うん!」

雪菜「はい!」ニコッ
956 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/11(土) 01:01:43.50 ID:cIxbY25x0
どんな犯行の手口か
957 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/11(土) 01:04:11.07 ID:KlTU4nzSo
雪菜「そうと決まれば、どうやったら笑ってくれるか考えなきゃです」

シキ「シキも考えるのです!」

朱「2人は大丈夫そうね……」

雪菜「どういうのがいいでしょう……」

シキ「桜野は手強いのです。シキ渾身の一発ギャグはことごとく愛想笑いされたのです」

雪菜「え、一発ギャグ……?」

シキ「しかも愛想笑いが完璧すぎて、ほんとに笑ってるみたいなのです。しばらくは、少しでも笑顔にできたってぬか喜びしてたのです」

雪菜「う、うん……」

シキ「愛想笑いだって気づいた時はおなか痛くなって寝込んだのです……そのせいで心配かけちゃって罪悪感でまたおなかが……」

雪菜「えーっと、ずっと気づけなくてごめんね……いやあの本当にごめんなさい……」

シキ「過ぎたことなのです……桜野が喜んでくれること、一緒に考えるのです」

雪菜「はい……」

朱「大丈夫……よね?」
958 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/11(土) 01:14:20.80 ID:KlTU4nzSo
朱「と、とにかく大丈夫ってことにして。あとは……」チラッ

透「!」ビクッ

透「……っ……!」

透「……っ」フイッ

朱「……透ちゃん」

透「……!」

朱「あたしたちは桜野ちゃんを追いかける」

透「……っ」

朱「透ちゃんも一緒に行こ?」

透「……っ!」

透「……っ……ぁ、わた、し……!」

透「わたしっ……! 私、は……!」カタカタ

朱「うん……」

透「……ぅ……!」ギュ

透「………………っ」

透「……」

透「…………」

透「………………無理だよ」
959 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/11(土) 01:15:09.88 ID:KlTU4nzSo
ここまで
お姫様の前にへなちょこメン弱王子様なんとかせにゃならんかった
960 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/11(土) 01:17:55.78 ID:cIxbY25x0

誰だよこんなか弱き生き物プリキュアにドラフト指名したの
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/11(土) 01:21:41.95 ID:iE1+UXaH0
962 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/11(土) 22:16:31.67 ID:mEjWzNS3o

覚醒とか成長イベント的なのあんまなかったなこの子
963 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 00:17:38.02 ID:7yOM5Tlto
透「……っ」

朱「透ちゃん……」

透「だ、って……桜野がいないんだよ……?」

透「私が今まで頑張ってこれたのは桜野のおかげ……桜野がいたから進んでこれた……!」

透「でもっ……いないんだよ……! いなくなっちゃったんだよ……!!」

朱「だから追いかけるの。透ちゃんだって桜野ちゃんに会いたいでしょ……?」

透「会いたいよっ!! 会いたいに決まってるっ……!!!」

透「でも……無理なの……!」

透「もうずっと……震えが止まらないの……!」カタカタ

シア「透……」ギュ

透「こんなんじゃ無理だよ……私じゃ無理だよ……桜野がいなきゃ戦えないよ……!!!」
964 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 00:29:18.39 ID:7yOM5Tlto
朱「……」

シキ「透……」

透「ふーっ……ふーっ……」カタカタ

雪菜「……」スクッ

シキ「雪菜……?」

雪菜「……透さん」

透「ゆ、きな……」

雪菜「……怖いですか?」

透「っ……!」

透「怖いよ……!」

透「怖いよ! 怖いに決まってる!! だってずっと一緒だって思ってたのに……なのに……!!」

雪菜「……私も前に戦えなくなったことがありました」

透「!」

雪菜「怖くなってしまったんです。失うことが怖くて、傷つくことが怖くて、初めて変身したときの気持ちも忘れて、戦う理由も分からなくなって……」

透「……」

雪菜「でも霰が思い出させてくれました。私には、守りたい人がいたんです」

透「守りたい……」

雪菜「みんなです。本当にみんな。桜野さんのことも、もちろん透さんも。欲張りですけど、守りたいんです。その気持ちが勇気になったんです」

透「でも……私は……っ」

朱「あたしは初めて変身したときね」

透「朱……」

朱「あの時は覚悟が足りなくて、そのせいで透ちゃんに怪我させちゃって……あたしには戦う資格なんて無いって思った」

透「……」

朱「でも桜野ちゃんと透ちゃんのおかげで覚悟が決まった。戦う覚悟と、守る覚悟」

透「守る……」

朱「あたしの大切なものを守ろうとしてくれた桜野ちゃんを守りたかった。それにあなたのことも放っておけなかったもの」

透「私……私は……」
965 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 00:37:49.55 ID:7yOM5Tlto
透「……」

シア「……透」

透「……」

シア「透にもあるでしょう? 戦う理由が」

透「……違うよ……私は……違う……!」

シア「そんなことありませんわ。透だって……!」

透「ぜんぜん違うよ! だって私は! 私はただシーズンランドのみんなにまた会いたかっただけだもん! 守りたかったのに守れなかったから! ぜんぶ取り戻したかっただけだもん!!」

シア「それだけじゃありませんわ。確かに過去のあなたは本当にそれだけで、失うことを恐れて孤独に戦っていました。でも今は違うじゃありませんか!」

透「……そう、だけど……桜野に出会ったから変われたんだよ……! 失うのが怖かった……! あんな思い、もう二度としたくなかったし、誰にもさせたくなかったから……!」

シア「そうですわよね。もうなにも失わないことも、あなたの戦う理由だったはずでしょ? 今まさに桜野がいなくなろうとしているんですのよ? だったら追いかけなきゃ……!」

透「そんなこと分かってるよ……!! でも私は朱とは違う! 雪菜とも違う! だって私は! 私は……! 桜野がいないと頑張れないもん……! 桜野がいなきゃダメなんだもん……!!」ウルッ

シア「それはみんな同じですわ! だから助けに行くんですのよ!! みんなで桜野を迎えに行くんですのよ!!」

透「分かってるけど……でも……!!」ポロポロ

シア「ここで泣いてたって桜野は帰ってこないんですのよ!? もしかしたらもう二度と会えなくなってしまうかもしれないんですのよ!? それでも……」

透「でも、だって……桜野は……」

シア「……!」
966 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 00:38:53.93 ID:3fyAs5+eo
これは弱くなったと言われても
967 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 00:46:10.24 ID:7yOM5Tlto
シア「透!」ガシッ

透「っ……!」

雪菜「シアさ……!」

朱「雪菜ちゃん……」ソッ

雪菜「っ……」

シア「透……あなた……!」

透「……!」

シア「この期に及んでまだ! 桜野なら大丈夫かもしれないなんて思っているんじゃありませんわよね!?」

透「!!!」

シア「心のどこかで! 桜野だったらひょっこり帰ってくるって! それでいつもみたいに笑っていられるなんて! そんなこと考えてるんじゃありませんわよね!?」

透「ち、ちが……!」

シア「あなただって分かっているはずでしょ!? 本当に大丈夫ならこんなことになっていないんですのよ!?」

透「わか、ってるよ……! けど……!!」

シア「ずっと大丈夫そうに見えていたのは、桜野がそれだけ無理をしてきたからなんですのよ!?」

透「分かってるけど分かんないっ!! だって私知らないもんっ!! 強い桜野しか見たことないもんっ!!」

透「朱や雪菜みたいに桜野を守るために変身したわけじゃないもん!! そんな必要無かったもんっ!!」

透「私は今まで! たったの一度だって! 桜野のために戦ったことないもんっ!!!」

シア「!」

透「はあっはあっ……! うっ、ぅぅぅ……!!」

シア「透……」
968 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 00:48:25.54 ID:ZZL6rsvb0
確かに…
969 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 00:54:15.98 ID:7yOM5Tlto
シア「……」

透「うっ……うぅ……!」

シア「確かにそうかもしれません……あなたはいつも桜野に頼って、縋って、支えてもらってきました。自分の足では立てなくなってしまうくらい、寄りかかっていました」

透「……っ」

シア「でも、だったらこれから変わればいいじゃありませんか。今から桜野のために戦えばいいじゃありませんか」

透「これ、から……っ」

シア「ええ」

透「…………っ」

透「……やっぱり……無理だよ……っ!」

透「だって……強い桜野しか知らないもん……急に言われたって分かんないもん……桜野を守ろうと思ったことなんて……一度も……ないもん……!」

シア「あら、それは違いますわ」

透「え……」

シア「あの頃は確かに、桜野のために戦っていたとは違うかもしれません。でもあなたは確かに、桜野のことを守ろうとしていたじゃありませんか」

透「あの頃って……」

シア「ワタクシ、散々愚痴を聞かされましたわよ?」

透「!」

シキ「あー……そういえばシキもよく怒られてたのです……」ポリポリ

透「ぇ……あ……」

朱「あたしも結構キツイこと言われたわね……」

透「いや、あの……」

雪菜「私泣かされました!」ハイ

透「うっ……」
970 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 01:02:56.18 ID:7yOM5Tlto
シア「ふふっ、桜野だけじゃありませんでしたわね」

透「あ、あの頃は余裕なくて……」

シア「でもそれはみんなを危険なことに巻き込まないためでしょう? 少し乱暴だったかもしれませんが、みんなを守るためにやったことですわ」

透「……んぅ」

シア「桜野のことも、そうやって守ろうとしていたでしょう?」

透「……!」

シア「ね?」

透「……そうだ……そうだった……私いつの間にか、桜野は強くて傷つかなくて負けなくて、絶対大丈夫だって思い込んでた……」

シア「あなたの中で桜野の存在が大きくなりすぎてしまったんですのね」

透「でも違ったんだよね。本当は桜野が誰より苦しんでた」

シア「はい。しかもそれをずっと隠していた。それは今も同じ」

透「うん」

シア「桜野は出会った頃からちっとも変わっていません。いい意味でも、悪い意味でも」

透「放っておいたらすぐに危ないことするよね」

シア「はい」

透「誰かが助けてあげなきゃだよね」

シア「はい」

透「すぐに無茶するから、誰かが止めてあげなきゃだよね」

シア「はい」

透「行き過ぎたら誰かが手を引いてあげなきゃだよね」

シア「はい」

透「ずっと隣にいて支え合う誰かが必要だよね」

シア「はい」

透「……その誰かが……私だったらいいな」

シア「はい」ニコッ
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 01:06:23.91 ID:1g9Jr9I5o
守るために戦えてた「出会った頃の眼ぇ」してた頃の方が本当にまだ強かったのか
972 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 01:08:01.64 ID:7yOM5Tlto
シア「思い出しました? 桜野に出会った頃、どんなことを思っていたか」

透「うん。毎日気が気じゃなかった」

シア「あの子のこと、どんな風に思ってました?」

透「え……えっと……」

透「なんにも出来ないくせになんにでも首突っ込んでくるし危ないって忠告も全く聞かないしわざわざ変身できないようにしたのにそれでも平然と敵に立ち向かっていこうとする無茶で無謀で無鉄砲な…………」

透「ばか」

シア「……」

朱「……」

雪菜「……」

シキ「……ぷふっ」

朱「ふふふっ……あははっ……!」

雪菜「ちょ、ちょっと朱さっ、ふふっ……笑っちゃダメですっ……!」

シキ「雪菜もっ……笑ってるのですっ……!」

雪菜「だってその通りなんですもんっ……!」

朱「ふふっ、そうよねっ……桜野ちゃん、ほんとに大ばかだわっ……!」

シア「そうなってしまうだけの環境ではあったと思いますけれど……」

透「でもなにも話してくれなかったのは、やっぱりちょっとショック。秘密が多すぎる。1人で抱え込みすぎ」

シア「ですわね」
973 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 01:16:52.80 ID:7yOM5Tlto
透「思い出したら腹立ってきた。最近の桜野、危ないことしすぎ」

雪菜「確かにそうです。ちょっとは相談してほしいです」

シア「では、どうします?」

透「文句言いに行く」

朱「文句……! ふふふっ、そうよね。聞きたいことだけじゃなくて、言いたいことも山ほどあるわよね!」

透「うん。お家のこともそうだし、ひとりで戦いに行ったこともそう。あ、それにあの約束のこと」

雪菜「約束?」

シキ「あ、桜野が初めてプリキュアになった時のやつです?」

透「うん。桜野ね、約束してくれたの。死なないよって、突然いなくなったりしないって、ずっとそばにいるって……」

雪菜「な、なんかプロポーズみたいですね……」

シア「あら? でもいなくなっちゃってますわよね?」

シキ「約束破ってるのです」

透「怒ってもいいかな?」

シキ「もちろんなのです!」

透「私、桜野とちゃんと話したい。私の気持ちぜんぶ聞いてほしいし、桜野の気持ちもぜんぶ聞きたい」

シキ「うん」

透「もしかしたら気持ちがぶつかって、ケンカになっちゃうかもしれない。でもそれでいいの。ちゃんとケンカして、ちゃんと仲直りするの」

シキ「うんっ!」
974 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 01:26:18.92 ID:7yOM5Tlto
朱「ケンカか……」

雪菜「そういえばしたことなかったですね」

朱「ただ仲が良かったからってだけじゃないわよね」

朱「あたしたちは桜野ちゃんがいたから友だちになれた。この絆は桜野ちゃんが繋いだ絆」

朱「なのに肝心の桜野ちゃんが全然心を開いてくれてなかったんだもの。まともなケンカなんてできないわよね」

透「うん。だから本当の桜野に会いに行く。でも私ひとりじゃ辿り着けない」

シキ「じゃあ……!」

透「私も共犯」

雪菜「透さん!」

朱「歓迎よ!」

シア「決心がついたみたいですわね」

透「うん。ありがと、シア。もう迷わないよ」

シア「ええ」ニコッ

シキ「そうと決まればすぐに出発なのです!」

「「「おー!!!」」」

透「……」グッ

透(ねぇ桜野……私ね、あなたの笑顔を見る度、ほんの少し不思議に思ってたよ)

透(ほんとはもっと、はやく聞いてあげられればよかった)

透(どうしていつも笑顔なの? なんでそんなに笑っていられるの?)

透(あなたの心はどこにあるの?)

透(ちゃんと見つけるから……)

透「……待ってて、桜野」
975 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 01:36:04.58 ID:7yOM5Tlto
町はずれの森

ザッザッ

桜野「……ん? なにあれ……」

桜野「空間に……裂け目? あれか……」ザッ

桜野「……」

桜野(わたしはなんのために、この瞬間を生きているのだろう)

桜野(答えは明白。シキやみんなの願いを叶えるためだ)

桜野(そのためだけに生きている。もしシキに出会っていなければ、わたしはとっくに死んでいる)

桜野(だったらやることはひとつだ。それがわたしの存在理由)

桜野(それにわたしにはもう時間が無い)

桜野(叔母さんに反抗したことで、ただでさえ短いわたしの寿命はさらに縮まった)

桜野(あれ以来、暴力がさらに酷くなった。わたしがまだ生きているのは、無抵抗にぶたれ続けているからだろう)

桜野(多分、あと一回だ。あと一回でもシキが叔母さんの視界に入れば、その時はいよいよ殺されてしまう)

桜野(いやもしかしたら、わたしが話しかけるだけで、目が合うだけで、ほんの些細なきっかけでそれは起こるかもしれない。だからもう、あの家には戻れない)

桜野(そもそもこのお泊まりだって無断外泊だ。ただじゃすまないのは間違いない。今この瞬間も、わたしのことを血眼で探しているかもしれない)

桜野(でも透ちゃんの誘いに頷いた時点で覚悟はできている)

桜野(どうせ死ぬんだ。それならせめて約束だけは果たしたい。誰の役にも立てずに死ぬくらいなら、せめて世界くらいは救いたい)

桜野(きっとこの先には敵が待ち構えている)

桜野(罠なのは間違いない。苦しい戦いになるだろう。もしかしたら約束を果たせず殺されてしまうかもしれない。一寸先は闇だ)

桜野(それでも、もしそうだったとしても、振り返ればそこにある帰り道に比べれば、ずっと明るく輝いて見える)

桜野(この道程はわたしにとって)

桜野「……」ザッ

桜野(希望そのものだ)
976 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 01:38:51.26 ID:c5PH0plN0
もう死んでるはずなのに精神が肉体を凌駕しておる
977 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 01:41:11.11 ID:7yOM5Tlto
透母「ごめんね、残り物で」

透父「いや……」モグモグ

透母「あ、それおいしいでしょ? 朱ちゃんが作ってくれたのよ」

透父「おお……」モグモグ

透母「ねえ」

透父「ん……?」モグモグ

透母「透のお友だち、やっぱり気になる?」

透父「……」

透母「……」

透父「別に……」モグモグ

透母「またそんなこと言って」ニコニコ

透父「……」モグモグ

透母「桜野ちゃんも来てるわよ?」

透父「そうか……」モグモグ

透母「桜野ちゃんと話す時は、ちょっとでも愛想良くしてよね?」

透父「むぅ……」

透母「おかわりいる?」

透父「ん……」コク

ガタガタッ

透父「……?」

透母「なにかしら……」
978 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 01:43:21.91 ID:CWk7UVZgo
あぁ…お父さん似か…
979 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 01:49:39.45 ID:7yOM5Tlto
ドタドタッ

雪菜「も、もうちょっと静かに……!」

朱「あ、お義母さま……お義父さまっ!?」

雪菜「え!? あ、えと! 初めまして! あのそのいまそのあのあれで!!?」ワタワタ

朱「ご、ご挨拶はまたのちほどっ……!」ワタワタ

透母「どうしたの? こんな朝はやくに……」

朱「え、えっとこれには退っ引きならねえ事情ってもんが……!」

雪菜「テンパりすぎて江戸っ子みたいになっです!」

透「2人ともなにしてるの! はやく……!」トタタッ

透母「あ、透! なんの騒ぎ……ってあれ? 桜野ちゃんは……?」

透「ごめん! 詳しく話してる時間ない! 行くよ!」

朱「う、うん!」

雪菜「はい!」

透母「え、ちょ……! 透、待ちなさ……! 待って、お願い待って! 透!!」

透「ごめん……後でちゃんと話すから……!」

透母「と、透……!」

透「……っ、はやく……!」

透父「透」

透「ああもうなに! お父さんと話してる時間は……!」

透父「桜野ちゃん来てるんだろ?」

透「だから今……!」

透父「俺にも挨拶させてくれ」

透「!!!」

透父「頼むよ」ニコッ

透「…………うん」コク

透「絶対連れてくる!」タタッ

朱「あ……し、失礼します!」タタッ

雪菜「しますっ!」タタッ

透母「あ……き、気をつけ、て…………行っちゃった……」
980 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 01:55:06.67 ID:7yOM5Tlto
透父「……」モグモグ

透母「だ、大丈夫かしらあの子たち……」

透父「なあ……」

透母「……ん?」

透父「おかわり」

透母「……うん」

透父「……」

透母「……」ヨソイヨソイ

透父「なあ……」

透母「……」

透父「大丈夫だよ」

透母「!」

透父「……」モグモグ

透母「うん……!」
981 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 01:59:39.59 ID:7yOM5Tlto
勝ったッ!第3部完!(勝ってない)
長くなりましたが、以上で第3部おしまいです 次が最終章になると思います
このスレちょっとだけ残ってますが、キリがいいので続きは次スレ行こうかなと思います このスレの残りは本編中に書けなかったことの補完とかできたらいいかな?

ともあれ2スレ目終了ありがとうございました
埋めもかねてご質問等あればお気軽にどうぞ

それと次の更新は最速でも水曜日だ思います ご容赦

お疲れ様でした
982 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 02:00:44.23 ID:3+RiDRhho
983 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 02:03:10.36 ID:ZZL6rsvb0

もうすぐ終わりか
次回作でも新しいプリキュアssやる?
984 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 02:08:29.06 ID:7yOM5Tlto
次スレたてました
スレタイは、プリキュア作るぞ オールスターズF……



冗談です

プリキュア作るぞ part3【安価有】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1699808651/
985 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 08:21:51.90 ID:PJdb44qjo
20:30投下開始出来なくなったのはなんか仕事内容変わったからとか?
986 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 10:02:39.39 ID:gQj4gIwHo
おつおつたておつ
987 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 11:09:40.46 ID:9g/XTziV0

あまり人のプライベートを詮索しすぎないようにしような
仕事じゃないんだから投稿時間くらいズレても何もおかしくないんだし
988 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 12:15:21.13 ID:1A/fYVWK0
今更だけどシキは誰かをプリキュアにする力あるのにシアは何が出来るの?
989 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 19:57:34.28 ID:7yOM5Tlto
>>983
一応もう1個やろうと思ってたプリキュアあるんですがどうなるかは分からん
安価出すのが下手くそだったからリベンジするか、いっそ非安価で書きたいように書くか、そこも分からん
ただプリキュアでもそれ以外でも、次やるならどこも痛くならないやつがいいなぁ
なんにしてももうちょっと落ち着いてからになりますね
あと今使ってる酉はこのスレでしか使わないので、次会うときは初めましてからになると思います
なんなら息抜きに別酉でこっそり単発超短編書いてたり

>>985 ごめんねっ!!!
>>987 ありがとっ!!!
まあ環境がいろいろ変わったりはありますが、一番の原因は単純な息切れですね 3スレまたがるほどの長編は初めてなので
終盤になるにつれキャラが固まってきて、下手なことできないアドリブ効かないみたいなことが増えました そして安価の出し方が分かんなくなると
他のスレはどうしてるんだろ 終盤までちゃんと安価出せるのバケモンすぎるだろ……
990 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/13(月) 20:02:29.31 ID:iW1Lq2xmo
ほとんどをライブ感に任せるのでもしっかり構成していくのでもとりあえず楽なやり方してけばいいさ
安価出しまくって無理な安価は全部不採用でもいいんだし
991 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/13(月) 20:21:10.75 ID:7yOM5Tlto
>>988
良いところに気がつくなぁ……

実はシアさんは立ち位置がちょっと特殊で、本来いなくてもいいキャラなんです
じゃあなんでいんのかというと、初期の透ちゃんがあまりにも会話できなかったため、ちゃんと事情を知っていて説明ができるキャラが透ちゃんサイドに必要だったんです そこで透ちゃんの冷静な部分とか大人な部分を分離してキャラクターにしたのがシアさんです
作中の設定上は妖精で、最低限の役割としてレーダー機能はついてますが、それはオマケみたいなもんです
シアさんは言わば、他者からも見える透ちゃんのイマジナリーフレンドです なので透ちゃんを大きく逸脱することはできませんし、透ちゃんとシアさんの会話は自問自答です

……というつもりで作ったキャラなんですが、ここまで書いてみた感じ、どうやら透ちゃんをプリキュアたらしめているのはシアさんで間違いないっぽいので
「シアさんって何ができるの?」
の答えは
「透ちゃんをプリキュアにできる」
になります
1スレ目で聞かれてたら「なーんもできんよ」って答えてたと思います
992 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/14(火) 00:36:23.70 ID:XsTaNVdE0
「もう1個やろうと思ってたプリキュア」って設定とか構想とかある程度決まってるの?
993 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/14(火) 15:42:47.24 ID:TkHWL1qPO
>>992
大きな枠とか目的みたいな部分はざっくり でも今はまだ妄想の域を出ませんね そもそも本当にやるかどうかも分からんのでなんとも
でもやるとしたら安価盛り盛りでやりたいかなあ あとはこのスレがシリアスとギャグどっちの方が人気だったかでもバランス変わるかなあ
994 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/14(火) 16:55:18.57 ID:hRTm7RaUo
もうちょっぴり重い成分をギャグか王道に割り振って良いかも
誘拐された挙げ句友達皆殺しにされた透ちゃんや生まれた瞬間人生詰んでる桜野さんクラスのクソ重設定が連続したら親御さん困惑どころか泣いちゃうよ
995 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/15(水) 19:47:18.79 ID:iUvZpIm7o
戦闘描写の時1、2行程度でも良いから軽い地の文欲しいかも
掛け声と擬音だけだと何やってるのかちょっと分かりにくい
996 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/15(水) 22:15:15.37 ID:G9yJgd7Wo
>>994
正直ここの年齢層なら大丈夫でしょみたいなのはある でもやっぱりこっちとしても書いててしんどくなるので、次はもっと緩めなのがいいなって思ってます でも親御さんが安心してお子様に見せられるレベルだと悲しいかな本家が一番おもしれーんだ 今回はやりすぎたかもしれないけど

>>995
これ実は2回目の戦闘描写くらいから思ってました……最悪どっちが勝ったかだけ分かればいいでしょ!みたいな感じで書いてましたすいません 1回挫折したのでこのスレはこのままで行かせてください 次やる時はなんか考えます……
997 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/15(水) 22:57:26.69 ID:IoSr2mhno
何で霰ちゃんはプリキュアの素質なかったんだろう?
998 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/15(水) 23:20:44.64 ID:G9yJgd7Wo
>>997
めちゃくちゃメタい理由になってしまいますが、あの子はすでに完成しちゃってるんですよね。そもそもキャラ安価の時点で出来上がってる子を選びましたし。
もし霰ちゃんがプリキュアになるといよいよゆきにゃが戦う理由を見つけられずプリキュアやめちゃいますので、メンタル最強は伊達じゃないってことでひとつ。
次やるならこういうのをくどくど考えなくていいくらい緩いのの方がいいんだろうなあ
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2023/11/16(木) 00:48:20.07 ID:fl5CNHGx0
次あるとしたらプリキュア何人くらいを想定してる?
1000 : ◆15vHdNAAAEr/ [sage saga]:2023/11/16(木) 23:06:50.30 ID:F7xH++mro
>>999
まっっっっったく決めてない!今見えてるキャラがメインプリキュアの子1人と妖精一匹だけなんで!
なんならそこも安価でいいかなって思ってます。とはいえ多くても5人くらいかなと。





おかげさまで2スレ目埋まりました。ありがとうございました。質問、ご意見等は常時受け付けておりますので、3スレ目もよろしくお願いいたします。
1001 :1001 :Over 1000 Thread
              /\
            /:::::/
     ,. - 、 /:::::/     . 、
   〃´⌒>':::::::/   ,. <::::::::〉
   {{. /:::::/ヾ>:'´::::::;>'"´
  く^>':::x=fム<´::::::>'"
 /:::::厶イ:::::::,.>'´}}
く::;.:ィ´::::::::x<乂_/ノ       SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
 ヽ:>'"´ヽ.> ` ¬'´       http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
日向「安価とコンマで依頼を解決する」澪田「その6! RPG編っす!!」 @ 2023/11/15(水) 20:34:51.22 ID:8a3OBOGo0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1700048091/

【初心者必読!!】猿でもわかるvipクラシック板の使い方 @ 2023/11/15(水) 18:43:22.10
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/vip4classic/1700041401/

安価・コンマダンジョンでモンスターバトル? @ 2023/11/14(火) 14:16:27.12 ID:dN7ZApmn0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1699938986/

プリキュア作るぞ part3【安価有】 @ 2023/11/13(月) 02:04:12.05 ID:7yOM5Tlto
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1699808651/

無 @ 2023/11/12(日) 20:29:22.62 ID:vIFXOuOTO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1699788562/

【宣伝】新しいSS掲示板ができました @ 2023/11/12(日) 14:03:08.14 ID:i3kbUvZHo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1699765387/

暇人の集い @ 2023/11/12(日) 11:20:10.04 ID:fZgR6F/I0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1699755609/

It's PIKACHU!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! @ 2023/11/11(土) 21:21:55.98 ID:eYHoGpRfo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1699705315/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

513.57 KB Speed:5.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)