【安価とコンマ】或る無名のウマ娘 5

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/11(日) 23:27:45.67 ID:1cRmwVwI0
前スレ


【安価とコンマ】或る無名のウマ娘 4
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1700981106/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1707661665
2 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/11(日) 23:34:32.94 ID:1cRmwVwI0
ブルー「ディープには高松宮記念を見に来て欲しい」




突然ブルーからレースを見に来て欲しいと言われたディープ。その理由を聞くより前にまずは報告だと話し出す




ディープ「クソアマにも確認したが俺はもう中央に来ていいんだとよ」




準備が整えば明日からでもトレーニングに参加するということを聞いたブルーは嬉しそうにディープに抱き着く




ブルー「ディープが側に居てくれたら嬉しい…」




ディープ(相当弱ってんなこりゃ)




ブルーに乱暴に抱かれたディープは彼女の心が弱っていることを身体で感じた




トレーナーに依存するだけでは足りず自分にも心の安らぎを求めているのだろうとディープは推測する
3 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/11(日) 23:46:20.44 ID:1cRmwVwI0
自分はそれで構わないがチームの他のメンバーには頼らないのかと思っているとブルーはポツリポツリとちょうどそのことを話し出す




ブルー「プルメリアをモフったりしても全然ダメなの……」




ウィズはトレーナーのことがあるので気まずくブレーザーは逃げシスのレッスンで忙しい




ネイチャは最近ターボのチームに頻繁に顔を出していてタンホイザはむんむんしている




せめてウララが居ればよかったのだが彼女はいつものように遠征に行っておりチームに癒しがないと半泣きで訴える




ディープ「俺に何をして欲しいんだよ」




ブルー「抱きしめて…キスして……私のことを許して…」




そう簡単に乗り越えられるような過去ではないがブルーをこのまま放置するわけにもいかない




きっかけがあれば以前の調子を取り戻すはずだと考えディープは行動を起こす



ディープは…
1 ブルーをトレーナーの元に
2 ブルーにキス
3 今度はディープがブルーを抱く
4 ブルーを野良レースに連れ出す
5 イダテンと呼びかける
6 自由安価


下3
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/11(日) 23:49:49.16 ID:pSqEANaD0
1
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/11(日) 23:53:08.04 ID:EG/moG680
1
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/11(日) 23:55:49.94 ID:MrPCWgzf0
5+1
7 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/12(月) 00:35:45.04 ID:hoX9blhL0
ディープ「おいイダテン」



突然本名を呼ばれビクっと反応するブルー。ブルーという仮面でなんとか平然を保てていた彼女はその仮面が外れると当時に涙を流す




イダテン「ブルーって呼んでよぉ…」




ディープ「メソメソしてる奴が偉そうに言ってんじゃねえ」




いつまでもウジウジするなとイダテンを蹴り飛ばすがその力はいつもよりかなり弱い




イダテン「なにするのぉ……」




ディープ「お前がそうなったのは俺達の責任だがよ、したことが許されるわけないだろ?」




間接的に人を殺していた罪は簡単に許されず消えることもないとディープはイダテンを責める
8 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/12(月) 00:41:59.81 ID:hoX9blhL0
イダテン「嫌だぁ!そのことは言わないでぇ!」




ディープ「俺が言わなくても一緒だろうが。俺達は身体を売って人を殺して生きてきたんだ」




真っ黒な金で食べ物を食べ服を買っていたあの頃を正当化できるはずもないとディープは続ける




ディープ「甘えたことを言うんじゃねえ。お前を殺……」




殺してやろうかとまで言いかけたところでディープは思い留まる。現実にはならなかったが彼女はディープに自分を殺して欲しいと言ってきたことがある




どうしようもなくなった仲間を殺したことは一度や二度とではないが気持ちのいいものではなかった




もし自分がここで殺すと言ってしまえばイダテンは喜んでそれを受け入れてしまうことに気が付いた
9 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/12(月) 00:50:04.30 ID:hoX9blhL0
ディープ「お前は今更狂えねえ。自分でなんとかしろ」




イダテン「いやだ見捨てないでえ!!」




涙を流しながらディープの脚にしがみつくイダテン。もう見ていられないと振り払おうとしたがあることを思い付く




バキッ



トレーナー「なっ!?え!?」




ディープ「こんなことで慌ててんじゃねえよ」




扉を乱暴に蹴りながらトレーナー室に入ってきたディープ。彼女はイダテンを連れトレーナーの元へとやってきた




ディープ「俺が見てる目の前でイダテンとヤれ」




突然のことで事情を一切理解できていないトレーナー。ウィズの許可がなければそういうことはできないと説明しようにもディープはそれを許そうとしない
10 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/12(月) 00:56:42.78 ID:hoX9blhL0
ブルーのことをイダテンと呼んでいることが関係するのではと考えたところでディープの蹴りがトレーナーを襲う




ディープ「いいからさっさとしろ」




せめて理由をと言いたいがディープが会話を許すはずもなくトレーナーは大人しく従うしかない




イダテン「トレーナーとは…この前……」




ブルーではなくイダテンと名前を呼ばれながらトレーナーに抱かれ罪を背負っていくと決めた




ボソボソそのことを説明するイダテンをディープはトレーナーの方に蹴り飛ばす




ディープ「自分だけ都合良く許されようとしてんじゃねえ」




自分達の犯した罪はとても背負えるものではない。一つでもバレたら終わるのだと怯えながら一生を過ごすのだとディープは二人に話す



このあと…
下2
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/12(月) 14:18:37.28 ID:5ajhGmMqO
kskst
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/12(月) 15:47:10.58 ID:ynq7NwlT0
望み通りブルーを目の前で抱く、そのブルーが成すすべ無く
犯される姿とトレーナーの性欲に若干ビビるディープ
13 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/13(火) 00:08:50.80 ID:HOC5sSDL0
イダテン「オオオォォッ!」




ディープ(マジかよコイツ…)




トレーナーの激しい動きにイダテンは弓なりになり絶頂を繰り返す。その光景を目の前で見ているディープは冷や汗をかく




これまで相手にした男の数は四桁に迫るディープでもこんなに性欲の強い人間は見たことがない




クスリを吸っている関係で避妊薬が飲めず子宮に避妊リングを入れているディープでも孕まされるのではないかと不安になるようなトレーナーの行為





トレーナー「ふう……」




三回目が終わりイダテンから引き抜かれたトレーナーのモノ。当然避妊具はつけているが出ている量がとても三回目とは思えない




イダテン「ひい、ひ、ひ……はひい…」




トレーナー「イダテンがもう辛そうだからこれでいいかな?」




ディープ「ああ……」




トレーナーの行為はもはやイダテンを犯しているとしか思えなかったディープ。三回目が終わっても余裕の表情をしているトレーナーに恐怖すら覚え始める
14 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/13(火) 00:21:21.42 ID:HOC5sSDL0
ディープ(ばんえいウマ娘をいいようにしてるってのは本当みたいだな)




イダテンから例の褐色ウマ娘がトレーナーと主従関係になったと聞いていたがディープは信じていなかった




褐色ウマ娘には何か企みがあって偽の主従関係を結んでいるとディープは考えていたがそれは違った




ディープ(こんなのに犯されたら誰でもメス堕ちすんだろ)




男は自分より下の生物だと考え今まで生き抜くことができたディープでもトレーナーは規格外過ぎた




もし自分がトレーナーに犯されたとしたらきっと自分も褐色ウマ娘と同じことになるとディープは確信する




ディープ(ブルーが依存するのも納得だなこりゃ)




トレーナーの異常な性欲にディープは数年ぶりに怯えるという感情を得ていた



このあと…
下2
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/13(火) 00:46:21.19 ID:mmNpKIK10
kskst
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/13(火) 15:10:52.51 ID:Rp3nSbP70
ブルーにディープの薬はもう吸わないよう注意、凱旋門は薬物検査が厳重で
見つかったら処分を食らうと説明
17 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/13(火) 17:12:38.79 ID:9MTjYvMtO
ブルーはクスリを吸ってなかったはずなので再安価下1
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/13(火) 17:56:26.39 ID:3Yso1HoXo
淫気に当てられないようそそくさと部屋を出ようとして、後ろからの視線を感じ動けなくなるディープ
19 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/13(火) 19:13:37.86 ID:rHFStI170
ディープ(同じ空間に居るだけでヤバいなこりゃ)




淫気に当てられないようそそくさと部屋を出ようとしたディープだったが後ろから猛烈な視線を感じる




これまで命のやり取りをしたことは一度や二度ではないディープ。そんな彼女が動けなくなるほどのプレッシャー




ディープ(誰がいるってんだよ!?)




ディープの後ろはトレーナー室の扉でありこの扉の外に誰かがいるとディープは感じている




ディープ(俺の直感は外れたことがねぇ!いま外に出るのはマズイ!)




すぐにでもトレーナー室から出たかったディープだがそれが叶わずその場から動くことができない
20 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/13(火) 19:24:36.70 ID:rHFStI170
トレーナー「どうしたの?」




ディープ「なんでもねぇよ!」




ブルーをこれからも責任を持って預かるという意思を形にするために彼女を抱いたトレーナー




もう目的は達成されたのでトレーナー室には用はないはずなのにとトレーナーは不思議がる




ブルー「ひょっとしてディープも抱けってこと?」




ディープ「ふざけー」




ふざけるなと机を蹴り上げ抗議したかったが再び後ろからの視線がディープに刺さる




ディープ(なんだってんだよ!?)




力や喧嘩の強さは並のウマ娘よりあり負けたことが殆どないディープ。しかしそれは彼女が臆病だからであり決して勝てない相手には勝負を挑まなかった




この場でのディープは狩られる獲物であり自由に動きがとれない




このあと…

1 トレーナーにわからされるディープ
2 扉の外にはウィズ
3 扉の外にはウィズ(刃物装備)
4 正面(壁)を蹴り破って逃げるディープ
5 扉を蹴り飛ばすもののウィズに(浅く)刺される
6 自由安価


下3
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/13(火) 19:30:32.60 ID:Kajtlipi0
3
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/13(火) 19:44:04.87 ID:4CemwIeF0
2
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/13(火) 19:47:02.02 ID:X4DNLQWO0
3+1
24 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/13(火) 20:32:36.54 ID:rHFStI170
ブルー「ディープはゴム着けなくていいから」




トレーナー「本当にいいの?」




ブルー「私と同じことをして責任持つって証明して」




扉の向こうから聞こえてくるのはトレーナー達の会話とナニかをしている物音




ブルーの喘ぎ声に気付いたウィズは完全にキレてしまい刃物を持ち扉の前で二人が出てくるのを待っていた




しかし中にはもう一人ディープというウマ娘がいることを知ったウィズ。ここで彼女は一旦冷静になる




ウィズ(トレーナーならなんとかしてくれるかもしれない)




ディープの素行はブルーから話しを聞くだけでもとんでもないものだと想像できる。そんな彼女をトレーナーなら大人しくできるかもしれない




褐色ウマ娘を手懐けたトレーナーならきっとディープでも可能だと考えを改めた
25 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/13(火) 20:47:58.16 ID:rHFStI170
ディープ「ふーーーふーーーーーっ!」




四回目が終わるも未だに衰えないトレーナー。こんな経験はしたことがないとディープは堕ちる寸前になっている





このままではトレーナーに負けるとディープは何度も逃げようとしたが扉の向こうからの重圧がそれを許さない





ディープ(そこに誰がいやがるんだよぉ!)





ブルー「あと何回くらいできそう?」




トレーナー「三回くらいかな…」




ディープ「な!?」




あと三回など耐えられるはずないが逃げることもできない。ディープは生まれて初めて人間の男にいいようにされるという屈辱を味わってしまった




このあと…

1 大人しくなるディープ
2 トレーナーを見逃すウィズ
3 少し元気になるブルー
4 一部始終を見ていたキタルファ
5 自由安価


下3
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/13(火) 21:28:14.24 ID:P0hwC5hBo
1
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/13(火) 21:40:59.45 ID:4CemwIeF0
1
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/13(火) 21:41:34.37 ID:5HGvR9g+0
1+2+3
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/13(火) 21:41:42.25 ID:7tSoJg69O
後1回の所でディープがヘバッてどうしようかと考えているところにウィズも混ざりに来る
30 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/13(火) 23:14:11.17 ID:HOC5sSDL0
ディープ「も…もう無理です……ごめんなさい……」




ブルー「もう限界みたい」




トレーナー「そうみたいだからこれまでにしておくよ」




相手の男に合わせ絶頂する演技を使い分けていたディープ。そんな彼女がトレーナーの精液を垂らしながら涙目になっている




トレーナーにその気はなくともこれでディープは彼に逆らえずそれをウィズも扉の外から確認した




ウィズ(大人しくなるならそれでいいってことにしておいてあげる)




手に持っていた包丁は鞄の中にしまい今回だけはトレーナーを見逃すとウィズはそっとその場から去る
31 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/13(火) 23:19:59.68 ID:HOC5sSDL0
トレーナー「そういえばディープ、タバコを吸うのはまだいいけど携帯灰皿は持っておいてね」




ディープ「……わかったよ」




後片付けをしている最中にトレーナーはディープにクスリのことで注意をする




吸うなとは言わないのがトレーナーの優しさだが今のディープになら吸うなと命令してもそれに従っていた




ディープ(だぁ〜〜クソが!!この俺がいいようにされるとか一生の恥でしかねぇ!!)




今すぐにでも暴れ出したいがそうするとトレーナーに怒られる。行き場のない怒りでディープは震える




ブルー(こんなディープ初めて見た、流石はトレーナー)




ばんえいウマ娘だけでなくあのディープを手懐けるとはとトレーナーのことを改めて尊敬するブルー




そのことが良い方向に影響しブルーの心は少しずつ安定を取り戻していく




このあと…
下2
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/14(水) 00:15:02.39 ID:ivqkdxIw0
kskst
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/14(水) 11:22:45.14 ID:FHVmDdf/0
その後ウィズの許可なしにまたヤッてしまったと反省するトレーナー
34 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/14(水) 18:49:08.49 ID:YIvLxrc80
トレーナー(またやっちゃった……)




その日の夜、またしてもウィズの許可なく二人と身体を重ねてしまったとトレーナーは反省していた




あの場でディープの言いたいことはわかったのだがせめてウィズに許可を取らせてくれと言えなかったのは自分の弱さである




そのことを自覚していたトレーナーはこのままでは絶対にダメだと心を入れ替える




トレーナー(これからは何があってもウィズの許可をとる)




たとえ相手に暴力を振るわれたとしてもそこは絶対に守ると決意し明日ウィズに謝ることも決めた





まさかブルーとディープとの行為をウィズに聞かれていたとは知らないトレーナー




ウィズは見逃すつもりだったので謝る必要はなかったが二人で決めたルールを破った謝罪は必要だとトレーナーは決心した
35 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/14(水) 18:53:08.41 ID:YIvLxrc80
翌日、早朝トレーニングの際にトレーナーはウィズをトレーナー室へと呼び出した




トレーナー「本当にごめん。あの状況でもちゃんと君に連絡するべきだった」




トレーナーは昨日のディープとブルーの二人と行為に至った経緯を全てウィズに話した




途中からウィズも聞いていたのでトレーナーの説明に嘘がないことは彼女も理解できた





ウィズ「ふーん」




昨日は刃物を持ち出したが最終的には見逃すつもりだったウィズ。彼女の中で許していた昨日のことがまた蒸し返される




ここでヒステリックにならず受け入れること
36 :途中送信 [sage]:2024/02/14(水) 18:57:06.21 ID:YIvLxrc80
翌日、早朝トレーニングの際にトレーナーはウィズをトレーナー室へと呼び出した




トレーナー「本当にごめん。あの状況でもちゃんと君に連絡するべきだった」




トレーナーは昨日のディープとブルーの二人と行為に至った経緯を全てウィズに話した




途中からウィズも聞いていたのでトレーナーの説明に嘘がないことは彼女も理解できた





ウィズ「ふーん」




昨日は刃物を持ち出したが最終的には見逃すつもりだったウィズ。彼女の中で許していた昨日のことがまた蒸し返される




ここでヒステリックにならず謝罪を受け入れることができる彼女なのは知っている




浮気を許せない気持ちとトレーナーを独占することは不可能という現実。その二つの間にウィズは挟まれる




ウィズは…

1 許す
2 許さない
3 ちょっと刺す
4 ヒスる
5 次はないと警告
6 自由安価


下3
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/14(水) 19:10:20.89 ID:ivqkdxIw0
1
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/14(水) 19:25:58.41 ID:rapfMZ65o
トレーナーの考えるあの二人以上の何かをしてくれたら許す
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2024/02/14(水) 19:28:47.60 ID:JNHkEl0C0
>>38
40 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/14(水) 19:36:14.36 ID:YIvLxrc80
ウィズ「ブルーとディープにしたこと以上の何かをしてくれたら許してあげる」





ウィズからこうして欲しいというのではなくトレーナーが自分で考えて行動してほしい




その出来によってトレーナーを許すか許さないかを決めるとウィズは言い放つ





トレーナー(単純な話しじゃない。ちゃんと考えないと)





ただ単にウィズを抱けばいいということではないのだと受け取ったトレーナー




自分にできることは何なのかじっくり考えるとトレーナーはウィズの提案を受け入れた
41 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/14(水) 19:45:26.32 ID:YIvLxrc80
トレーナー「ブルーから名前は何度も聞いてると思うけど改めて紹介するね。今日からトレーニングに参加するディープだよ」




まだ内定の状態なので学園の授業は受けられないトレーニングには今日から参加するとディープが紹介される




ルドルフ「よく来てくれた歓迎するぞディープインパクト」




ディープ「脚引っ張るんじゃねぇぞクソアマ」




エアグルーヴ「会長に対してなんだ口の利き方は!」




ディープ「黙れ腰巾着。お前に興味なんかねぇんだよ」





ディープのいつも通りの振る舞いにプルメリアは若干怯えエアトレは彼女は大丈夫なウマ娘なのかと怪しむ





トレーナー「同じチームなんだから仲良くねディープ」




ディープ「!!」




しかしトレーナーの言葉を聞いたとたんビクンと身体を緊張させわかりやすく反応する




それを見たキタルファのメンバーは既にディープもヤられてしまったのだと理解した
42 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/14(水) 19:53:04.63 ID:YIvLxrc80
ネイチャ(トレーナーさん手を出すの早すぎ〜〜)




タンホイザ(トレーナーさんには誰も勝てない!)




ブレーザー(わっかりやす。完堕ちしてんじゃん)




プルメリア(あのディープさんまでトレーナーさんの下僕になるだなんて)




もちろんルドルフもそのことに気付くがこれでディープの手綱が握れたと安心する




ルドルフ「よろしくディープ」




ディープ「ぐ、ぎ」




トレーナーが見ているため握手を求めてきたルドルフの手を振り払うことができずディープは仕方なく握手に応じた




このあと…
1 ディープの才能に驚くメンバー
2 ブルーと併走するディープ
3 ディープの走りを見るためにタキオン起きてくる
4 早朝トレーニングが終わると帰るディープ
5 グランドライブ関係
6 プロジェクトL'Arc関係
7 自由安価


下3
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/14(水) 20:03:19.29 ID:dNgtn2gI0
5
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/14(水) 20:13:33.05 ID:PauZ+fDW0
1
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/14(水) 20:17:34.28 ID:rW50Bd2l0
3+タキオンだけではなく他チームのカフェ、スズカ、スペ、ネオユニヴァースといったサンデーサイレンス産駒達がディープの走りを見に来る
46 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/14(水) 20:34:17.33 ID:YIvLxrc80
タキオン「彼女が噂のディープ君か。やはり持っているものが違うねぇ」




キタルファの中で早朝トレーニングにはあまり参加していないタキオンでもこの日は違った




ディープのトレーニングを生で見たいと彼女にしては珍しく早朝に起きじっと様子を見ている




タキオン「彼女が気になっているのは私だけではなさそうだ」




ディープの様子を見ていたのはキタルファのタキオンだけでなく他チームのカフェ、スズカ、スペ、ネオユニヴァース




その他にも遠くから数人がディープの走りを見ておりその才能が間違いないことを確認していた




タキオン「彼女は全てのウマ娘の頂点に立てる」




その見立てはタキオンだけでなく見学していたウマ娘も同様のことを感じていた
47 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/14(水) 20:42:32.17 ID:YIvLxrc80
カフェ「彼女から勝てるイメージができません…」




スズカ「私も同じことを考えていたわ」




たとえどれだけ逃げてもあの脚で追い込まれれば勝つことはできず、まして差すことなど不可能





ネオ「happen…レースは何が起こるかわからない…」




スペ「そうです!重バ場だっり前が完全に塞がることだってあります!」





どれだけ才能があっても本番のレースでは何が起こるかわからない。勝負は時の運ともいえる




しかしタキオンはそんなものは圧倒的な実力の前では関係ないと一蹴する




タキオン「彼女に勝てるのは私くらいかもしれないねぇ」




今年からタキオンが走るということは噂で聞いていたがやはり本当なのだとスズカ達は彼女を意識する




ディープはすぐにG1には来ないがそれまでにタキオンが最大のライバルとなるだろう




このあと…
下2
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/14(水) 20:50:24.62 ID:z3mbmYG50
kskst
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/14(水) 21:28:17.61 ID:ivqkdxIw0
グランドライブの話し合いでライトハロー、ファルトレ、アイネストレ、ブルボントレが集まる
50 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/14(水) 21:49:07.57 ID:YIvLxrc80
某所にてグランドライブの話し合いをするとのことでライトハロー、ファルトレ、アイネストレ、ブルボントレが集まった




ライトハロー「トレーナーさんは遅れて参加するそうです」




ブルボントレ「その間に例のことを話し合っておくということですね」




トレーナーはライブの有料化を考えているということをライトハローを通じてファルトレ達は知った




ウマ娘で金儲けなど論外だとなりかけたが学園の経営が危ういと知って彼らの意見は揺れる




ファルトレ「中央が無くなれば本末転倒でしかない」




ブルボントレ「でも彼女達でお金を稼ぐというのは簡単には受け入れられません」




グランドライブの有料化で様子を見てゆくゆくはウイニングライブも有料化するのなら今から始めるしかない





学園に残された時間までに果たしてどこまで進められるのかも問題となってくる
51 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/14(水) 21:53:47.34 ID:YIvLxrc80
アイネストレ「これは噂で聞いたんだけど主任はレースでも収入を得ようとしているって」




ブルボントレ「レースだなんて一体どうやって?」




アイネストレ「そこまでは知らないけど主任のことだから多分本気だと思う」




ファルトレ「確かに否定はできない」




トレーナーは学園の為にキタルファの運営だけでなくグランドライブやプロジェクトL'Arcに参加している




そのことを彼らは間近で見てきているのでトレーナーが本気なのも充分知っている




ライトハロー「わかっているのは現状維持ではダメということですね」




ライブの有料化が許せないのならトレーナーはグランドライブから外れてもらう




学園のことを思えば有料化は仕方ないと認めるのかという二択しかないと彼らは悩んでいる




このあと…
下2
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/14(水) 22:09:56.99 ID:9fRMYa5D0
kskst
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/15(木) 11:37:07.30 ID:ZrfUpO/o0
トレーナーが来て、レースやライブの有料はきっと批判はあるだろうが
すぐに受け入れらる筈だと言う、ウマ娘のファンは金銭を払ってでも彼女達を見に来たい筈だと話す
54 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/15(木) 17:02:44.93 ID:t9pT1MfI0
ライトハローらの話し合いでは結局答えは出ず、そうこうしているうちにトレーナーが会議に合流する




ライトハロー「皆さんとライブの有料化について話し合っていました」




アイネストレ「それとレースの有料化の噂も聞いたんですけど本当のところはどうなんですか?」




トレーナー「僕の考えをここにいる人達になら教えられる。ちゃんと丁寧に説明するから聞いて欲しい」




まずレースとライブの有料化は本当で早ければ今年中にも始めたいとトレーナーは話し出す




ブルボントレ「批判されて終わりですよそんなの」




トレーナー「きっと批判はあるけどすぐに受け入れられる」




ウマ娘のファンは金銭を払ってでも彼女達を見に来たい筈でありライブのDVDも積極的に売るとも話す
55 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/15(木) 17:07:45.83 ID:t9pT1MfI0
アイネストレ「レースは観戦料を取るんですか?」




トレーナー「それも考えてるけどそれより先にバ券を導入したい」




ブルボントレ「バ券?」




ファルトレ「ウマ娘でギャンブルだとお!?」




ばんえい競バのシステムを知っていたファルトレとライトハローはトレーナーの提案にかなり驚く




彼女達を賭博の対象にするなどあり得ないと反発するがこれしか道がないとトレーナーは言う




トレーナー「中央が消えるかどうかまで来ているんだ。節約どうこうじゃなくて今のトレセンには稼ぐ力がない」




秋川理事長のやり方は間違っていたがその黒い金で経営が成り立っていたのも事実。巨額の寄付が無くなったトレセンは自力で運営費を稼がなくてはいけない
56 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/15(木) 17:15:58.52 ID:t9pT1MfI0
ライトハロー「スポンサーを探すのはダメなんですか?」




トレーナー「今からじゃ間に合わない。それに大金が動く話を短期間で決めるべきじゃない」




一度に賭けられる金額と個人で賭けられる上限を決めておけば合法な賭博としてすぐに認可が降りる




ばんえい競バが既に合法として認められているので国はこちらの認可も通すしかない




既にここまで考えていたのかとファルトレ達は驚くと共に中央がそこまで追い詰められていることにショックを受ける




ファルトレ「スポンサーを探す時間が無いとは思わなかった…」




トレーナー「このことを知っているのは樫本理事長と自分くらいです」




中央に所属するトレーナー達を不安にさせたくないからと樫本理事長が気を使ってくれたのだと聞き彼らはため息をつく




ライトハロー達は…

1 トレーナーに協力
2 トレーナーに協力できない
3 ライトハローのみ賛成
4 秋川理事長が居ればと考える
5 自由安価


下3
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/15(木) 17:21:02.89 ID:mxEV1gJA0
3
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/15(木) 17:50:35.60 ID:S9V9lHXQO
4
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/15(木) 18:12:44.38 ID:ZrfUpO/o0
1
60 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/15(木) 18:30:19.39 ID:t9pT1MfI0
ライトハロー「私はトレーナーさんを応援します!」




アイネストレ「それしか無いのなら仕方ないですね」




ファルトレ「中央を残すことが最優先ということになる」




ブルボントレ「私腹を肥やすという訳では無さそうですし協力します」




トレーナー「ありがとう……本当に感謝するよ」




トレーナーの想いが伝わったことと学園の危機を知ったライトハローらは協力することを決める




具体的にどうするかはトレーナーに考えがあるというのでそれを軸に考えていこうということになる
61 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/15(木) 18:37:00.15 ID:t9pT1MfI0
ファルトレ「今度の逃げシスのライブでグランドライブの復活を告知する」




ライトハロー「そして有料ライブのことも説明するんですね」




キタルファからはブレーザーが参加している逃げシスのライブで有料化などを告知する




ライブの有料化は樫本理事長から正式な許可は出ていないがライトハローらの協力があればすぐにでも許可するという




トレーナー「ライブの有料化に慣れてもらったところでバ券の話をするんだ」




バ券のことは時期を見ることになるが遅くとも今年の有マでバ券を実施しなければ間に合わない





ライブの有料化については逃げシスの出来によるとファルトレ達に重圧がかかるが協力すると決めてしまった




ファルトレ「ライブに手を抜くことはない!」




どんな重圧がかかろうともライブには関係ないとファルトレらは張り切っている




このあと…
下2
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/15(木) 18:41:04.51 ID:mxEV1gJA0
MCの練習に励む
逃げシスだった
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/15(木) 21:25:12.43 ID:J40MjCDN0
ファルトレは逃げシスメンバーに今後のライブの打ち合わせと有料化についての話をする、ファル子は理由が理由だから仕方ないと納得、アイネスは有料になれば今よりギャラは上がるのか?と質問する
64 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/16(金) 20:24:16.46 ID:fmJ6hEjR0
ファルトレ「今日はレッスンの前に大事な話がある心して聞いてもらおう!」




ファルトレは逃げシスメンバーにライブの有料化についての話をする。有料化のことを聞いたメンバーの反応はそれぞれ違った





ファル子「理由が理由だから仕方ないかな」




アイネス「有料になれば今よりお金がもらえるの?」




ブレーザー「それは多分無理」




ファルトレ「その通りだ、むしろギャラは下がると思って欲しいと主任は言っていた」




ライブの収益は全額学園の為に使われるのでメンバーの還元には回すことができない




グッズなどの物販で得た収入も運営費に回したいので今までのような収入は期待できないのだという
65 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/16(金) 20:52:42.77 ID:fmJ6hEjR0
マルゼン「それじゃあアイネスちゃんが参加する理由が無くなっちゃうわね」




アイネスはライブの度に支払われる金が目的で逃げシスに参加しているのでその理由がなくなってしまう





ブレーザー「どうしてもって言うならトレーナーがお金は出すと思うけど」





ブルボン「自腹を切るということですか」




スズカ「そんなことして大丈夫なの?」




ブレーザー「大丈夫なわけないじゃん」




自分が止めた所でトレーナーは借金をしてでもアイネスにギャラを支払うだろうと呆れながら言う




このあと…
下2
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/16(金) 21:03:58.22 ID:yEL/3/In0
kskst
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/16(金) 21:26:25.14 ID:E8iy2Mfc0
アイネスはそれは主任に申し訳ないと遠慮する、ギャラが下がるなら抜けるしかないかも知れないと言う丁度ブレーザーも入ったし人数は変わらないし問題ないはないと言うが。ファルトレはアイネスはファンが多いし困ると説得
68 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/16(金) 23:44:07.17 ID:zof4VrS/0
アイネス「それは主任に申し訳ないと遠慮しとくなの」




ギャラが下がるなら抜けるしかないかも知れないというアイネスに対して自分が入ったから人数は変わらないとブレーザーは言う




ファルトレ「人数の問題じゃないアイネスはファンが多いんだ!」




ファンの姉的な存在になっているアイネスが抜けることは絶対に認められないとファルトレは必死に説得する




ブルボン「アイネスさんはお金が出るから逃げシスをやっているんですよね」




マルゼン「こっちとしては無理に引き留められないわね」




メンバーはアイネスの意思を優先すべきという意見になるがファルトレは絶対に認められないと意見を曲げない
69 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/16(金) 23:49:36.28 ID:zof4VrS/0
ブレーザー「ごめん。今の話聞かなかったことにできない?」




ファル子「どういうこと?」




ブレーザー「トレーナーならうまくやるから」




言い訳のうまいトレーナーなら自分が金を出したと言わずにアイネスにお金を渡すはず




真実を知らなければアイネスもお金を受け取ったはずだとブレーザーは彼女に提案する




アイネス「そんなこと言われても無理なの〜!」




すでに真実を知ってしまったとアイネスは言うがファルトレはそれも有りではないかとブレーザーの意見に乗る
70 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/16(金) 23:55:00.19 ID:zof4VrS/0
ファル子「それはどうかと思うけどな〜」




ブルボン「嘘に乗っかるのも場合によってはいいかと思います」




スズカ「アイネスはどうなの?」




アイネス「そんなこと言われても困るの!」




トレーナーに借金はさせたくないが逃げシスのファンが減ることはライブの有料化の妨げとなる




どちらを取るかと天秤にかけたときトレーナーなら絶対に自腹を切るとブレーザーは知っている




ブレーザー(ウィズもごめんだけどこれしかないって)




トレーナーにアイネスが脱退を考えているとそれとなく伝えておけば全て解決できるとブレーザーは考えている




このあと…
下2




71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/17(土) 09:28:36.40 ID:iuUJ66H70
kskst
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/17(土) 16:11:25.88 ID:9ZuDs0xR0
アイネスは自分の為に借金されても困ると案を却下する、スズカ、ブルボンがなら自分達のギャラをアイネスに回すのはどうだと提案
73 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/17(土) 22:02:56.01 ID:Orz0r9hU0
アイネス「自分の為に借金されても困るから却下なの!」




スズカとブルボンが自分達のギャラを彼女に回すのはどうだと提案しそれならまだマシだとアイネスは悩む




ブレーザー(失敗した)




トレーナーが金を出すことを黙っていれば丸く収まったのにと顔には出さないがブレーザーは後悔していた




トレーナーに借金させることより想定通りに事が進まない方が彼にとって大きな打撃となる




そのことを理解しているブレーザーだったが後悔しても遅くなんとかアイネスに残ってもらう方法を考えるしかない
74 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/17(土) 22:10:23.46 ID:Orz0r9hU0
ファル子「お金のことで揉めるなんてウマドルらしくない!」




マルゼン「アイネスも生活がかかってるから仕方ないわ」




ブルボン「そもそも主任の考えがおかしいのかもしれません」




アイドルとしてステージに立つのなら報酬はあって当然でありそれが本物のアイドルではないか




ブルボンの意見にファルトレは思う所があったようで彼女の意見に傾き始める




ファルトレ「学園の事情はわかるがアイドルは慈善じゃない!」




ファル子「アイドルじゃなくてウマドル!!」




スズカ「チャリティーライブと思うのはどうかしら?」




ブルボン「ずっとチャリティーを続けることはあり得ません」




ブルボンの中には明確なアイドル像がありそれに近付くことが本物のアイドルだと考えている




報酬が欲しいのではなくライブには対価があって当たり前だという意見に対しブレーザーは反論できない




このあと…
下2
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/17(土) 22:23:06.87 ID:JDkf73zg0
ksk
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/17(土) 22:46:52.79 ID:ISp0q8y60
ブレーザーがトレーナーにアイネスの件を伝える、トレーナーはどうするべきか悩む
ブルーがアイネスがトレーナーに身体で礼をすれば良いのではと伝える。
77 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/18(日) 21:34:56.75 ID:s9HMN9AbO
ブレーザー「ライブの有料化はいいけどアイネスがダメだって」




アイネスの話を聞いたトレーナーはどうするべきか悩む。彼女らにギャラを渡す余裕はとてもないのが事実




しかしライブという労働には対価があって然りという意見はもっともであり反論の余地がない




アイネスのように生活に余裕のないウマ娘もいるがそもそも学園が無くなってしまう可能性もある




どうするのが最善かと悩んでいると話を聞いていたブルーが良い考えがあると言い出す




ブルー「アイネスがトレーナーに身体で礼をすれば良い」




トレーナー「なにを言ってるの?」




またいつものかとブレーザーはため息をつくがどうやら今回はそうではないらしい
78 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/18(日) 21:38:50.86 ID:Rt/9SskOO
ブルー「トレーナーが褐色ウマ娘を買ってるのと同じことをすればいい」




ブレーザー「トレーナーがアイネスとヤれって?」




ブルー「アイネスも相手がトレーナーなら安心」




場合によっては借金をしなければいけないがライブの度にアイネスに金を渡してホテルに行けばいいとのブルーの提案




なにも本番をしなくとも口や手でという方法もあるので無くはないのかとトレーナーは考える




ブルー「アイネスは私達と同じ。施しは受けないけど対価があればなんでもする」




きっとアイネスも自分達と同じことをしているはずだからとブルーが彼女と話をつけるとトレーナー室を飛び出していった




このあと…
下2
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/18(日) 21:59:21.65 ID:Gsfi3Dih0
kskst
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/18(日) 22:37:05.89 ID:7gX6Gfw10
ブルーがアイネスに先程の提案を話す、トレーナーが急いでブルーを回収する
今の話は忘れてとアイネスに言う
81 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/19(月) 17:35:28.81 ID:CEbx+WTGO
ブルー「居た居た」




アイネス「なにか用なの?」




逃げシスのミーティングならさっき終わりブレーザーとトレーナーはそっちに向かったはずだと言うアイネス




しかしブルーはアイネスに話があるのだと他に誰も居ないことを確認し彼女に話しかける




ブルー「トレーナーなら高値で買ってくれる」




アイネス「なにを?」




ブルー「絶倫だから気持ちいい」




他の客とは違ってトレーナーとなら愉しめる上に金までもらえるのでオススメだとブルーは話す
82 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/19(月) 17:40:31.03 ID:MQd1uRnhO
トレーナー「ブルーーー!!」




具体的な値段のことを話し出したタイミングでトレーナーが追いつきブルーの口を手で覆う




ブルー「もがっ」




アイネス「一体なんなの!?」




トレーナー「ごめん気にしないで!!」




今の話は忘れてとアイネスに言い残しトレーナーはブルーを回収する。アイネスは何が起こったのかとキョトンとしていた




トレーナー「お願いだからやめてよブルー!」




ブルー「別に嘘は言ってないから」




彼女の善意からくる行動であることは分かっているが言いふらすことは止めさせなければならない




このあと…
下2
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/19(月) 17:44:10.07 ID:a/PD8ZMt0
kskst
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/19(月) 17:58:52.44 ID:g3xHeEsj0
まだアイネスがブルー達と同じな事をしているとは決まってないし、それに自分がアイネスを抱くなんて知れたらアイネストレに殺されると言う
先走らないでくれと注意するトレーナー
85 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/19(月) 19:44:13.97 ID:cV5V/FSG0
まだアイネスがブルー達と同じな事をしているとは決まってない上に自分がアイネスを抱くなんて知れたらアイネストレに殺される




トレーナーは必死にブルーに説明しくれぐれも先走らないようにと厳重に注意をする




ブルー「ユルそうだから絶対やってるのに」




トレーナー「ばっ!!そんなこと人前で言わない!!」




そういうウマ娘ばかり見てきたブルーによればアイネスは間違いなく自分と同じことをやっているという




もしそうだったとしても知られたくはないだろうという必死の説明にブルーはなんとなく理解した
86 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/19(月) 20:21:07.71 ID:cV5V/FSG0
トレーナー「こんな話ウィズに知られたらどうなると思う?」




ブルー「刺す」




トレーナー「わかってるならやめて……」




自分のせいでウィズは何度も情緒不安定になっており次になにかあった時は刺されても文句は言えない





全て自分のせいではあるが少しでも地雷から遠ざからなければいけない。トレーナーにミスはもう許されない




ブルー「でもディープみたいに変装して別人を装うなら別でしょ?」




トレーナー「それは……」




あくまで「アイネスフウジン」を買うことがまずいのであって学園の外に偽名で出てしまえば彼女もアイネストレも関係ない




明日を生き延びる為にできることは何でもしてきたブルー。きっとアイネスも同じだと彼女は考えていた




このあと…
下2
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/19(月) 20:32:37.08 ID:E5LYsNBA0
kskst
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/19(月) 20:54:51.45 ID:UaWkxzC/0
アイネスフウジンは同室のメジロライアンにギャラが減る逃げシスを辞めてバイトを増やすかそれとも逃げシスを続けて主任に抱かれるか悩んでるのを話す
89 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/19(月) 21:33:59.81 ID:mfec92f3O
ライアン「ギャラが減るなら逃げシスは辞めるの?」




アイネス「バイトを増やすかどうか悩みどころなの〜〜」




アイネスは同室のメジロライアンにギャラが減る逃げシスを辞めてバイトを増やすかどうかを相談していた




逃げシスに愛着があり自分を楽しみにしているファンが多いことは理解していた




だからといって金にならない逃げシスを続けていいものかと中々答えは出せないでいた




アイネス「いっそのこと主任に抱かれるのも有りかも」




ライアン「簡単に同意はできないけどお金をちゃんと払ってくれるなら選択肢には入るよね」




ブルーからトレーナーは金払いは良いと聞きアイネスは反応した。どんなバイトより時給が良いことは容易に想像できる
90 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/19(月) 21:41:19.41 ID:ltzzFr7zO
ライアン「けど主任さんがそんなことやってたなんて意外だなあ」




アイネス「主任は優しいって聞くのはそういうことだと思うの」




学園内でウマ娘と関係を持つことは犯罪だが学園の外に出てしまえばそれはもう関係がない




ブレーザーから聞いたトレーナーの自腹の話とブルーの話を聞く限り彼は金銭的に余裕のないウマ娘を買っていると考えた




やっていることは最低かもしれないが施しを受けることを嫌う生徒も多いはずなのでトレーナーのやっていることは理にかなっている




ライアン「そっか…そうだよね皆んなが皆んな裕福じゃないもんね」




アイネス「ライアンちゃんみたいな子の方が多いのは事実かも」




自分のように生活が苦しいウマ娘の方が少数派なのだとアイネスはため息をつきながらどうするかを考えていた



このあと…
下2
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/19(月) 21:56:10.04 ID:tveSvZak0
kskst
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/19(月) 22:54:14.34 ID:uEp/NGBN0
ライアンは自分もアイネスにしてやれる事はないか考える、そこに筋肉ムキムキのライアントレが来て何を悩んでるか効いてくる
93 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/19(月) 23:08:13.80 ID:3Ep8h10j0
ライアン(あたしにもできることはないかな〜)




ライアンは筋トレをしながらなにかアイネスにしてやれる事はないか考えていた




ライアントレ「今日もやってるなライアン筋肉が喜んでいるぞ!」





ライアン「トレーナーさ〜ん」




ライアントレ「おや?その表情筋が動いてるということはライアンには悩みがあるんだな」




筋トレをしている彼女の側にまるで筋肉の要塞を纏っているようなライアントレがやってくる




友人のことで悩んでいると聞いたライアントレはそれは真面目に考えなければと考え込む
94 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/19(月) 23:14:08.38 ID:3Ep8h10j0
ライアントレ「自分のことなら筋肉に聞けばいい。筋肉はいつだって答えてくれるからな」




ライアントレ「だが友人のこととなると相手のことを考えた上で答えを出さなければならない」




ライアントレはほぼ全てのことが筋肉で解決すると考えているが人付き合いは別とこれまでの経験から学んだ




ライアンが友人の名前を出さなかったことから軽々しく口にできる悩みでないことに気付く




ライアントレ「ライアンはアドバイスが欲しいのなら伝授しよう」




ライアン「ほんとに?」




ライアントレのアドバイス

1 あまり触れない方がいい
2 適度に見守る
3 助けを求められたら全力で助ける
4 一緒に立ち向かうべき
5 全力でお節介する
6 自由安価


下3
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/19(月) 23:55:52.89 ID:uxI0WuyPo
3
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/20(火) 00:24:11.64 ID:O+AtYtBb0
2
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/20(火) 00:30:11.23 ID:uQQbH8Mn0
3
98 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/20(火) 15:58:39.59 ID:i5OWMph80
ライアントレ「助けを求められたらその時は全力で助けてやるんだ。もちろん筋肉を使ってな!」




ライアン「お節介はやめた方がいいってことかあ」




ライアントレのアドバイスは相手の相談にはきちんと乗るべきだがそれ以上は待った方がいいというもの




下手に動いてしまうと相手のプライドを傷付けてしまうかもしれないという助言にライアンは納得する




ライアントレ「どうしても力になりたければちゃんと話した上で手伝えることがないかと聞くのがベストだ」




ライアン「ありがとうトレーナーさん!」




ライアントレ「よおしいい筋肉だあ!!」




二人は会話が終わるとすぐに筋トレに戻りライアン達の筋肉は輝いていった
99 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/20(火) 16:06:27.47 ID:i5OWMph80
そこそこのトレーニングと素晴らしい筋トレを終えたライアンはすぐに部屋へと戻る




ライアントレのアドバイス通りまずはアイネスの話を聞いてあげようとライアンは考えた




ライアン「逃げシスのことはまだ悩んでる?」




アイネス「悩みに悩んでるの〜〜」




ライアン「あたしも考えるから一緒に考えよう!」




逃げシスを辞めバイトを増やすかトレーナーに買ってもらうかは本当に五分五分だとアイネスは悩んでいる




ライアンはアイネスの意見を否定することなくどちらが彼女にとってベストなのか答えを出そうとする




アイネスは…

1 逃げシス辞める
2 逃げシス続ける
3 裏バイトに興味を持つ
4 ライアンも一緒ならと誘う
5 自由安価


下3
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/20(火) 16:46:38.98 ID:ELB6cGR20
1
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/20(火) 17:03:14.24 ID:LCafgZQ20
2
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/20(火) 17:08:55.18 ID:w+v9D7oh0
2
103 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/20(火) 17:41:47.38 ID:i5OWMph80
アイネス「やっぱり逃げシスは続けてみようと思うの」




逃げシスへの愛着は自分が思っているよりあったようでアイネスは脱退することは考えられなかった




ライアンは答えが出てよかったと喜ぶがその選択肢をとったということはトレーナーに買われるということになる




ライアン「主任さんは絶倫らしいけど大丈夫そう?」




アイネス「めっちゃくちゃ心配なの」




ウマ娘と人間の行為は基本ウマ娘が優位で満足することは少なくこれが原因で恋人が別れることもある




人間はウマ娘に行為でも勝てないというのが常識の世界でトレーナーは絶倫であるという
104 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/20(火) 17:56:19.09 ID:i5OWMph80
学生相手に本気にならないと思いたいがトレーナーとは「アイネスフウジン」としては会わない





金を払ってくれる相手に手加減してくれというのもおかしな話であるので好き放題されるしかない




ライアン「アイネスが心配だけど仕方ないんだよね」




アイネス「痛くされるよりマシだと思うからいっそのこと楽しんでみるなの!」





乱暴な相手に屈辱的な行為をされるより遥かにマシだとアイネスはトレーナーとの行為を前向きに捉えていた




このあと…
下2
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/20(火) 18:26:41.84 ID:0TrZbrELO
kskst
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/20(火) 19:35:35.28 ID:lqo4/AxT0
トレーナーの元に来るアイネスだが、トレーナーは自分はそのアイデア採用してないからと断る
107 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/20(火) 20:18:33.52 ID:Ccj64kS80
アイネス「と、いうわけで主任さんお願いしますなの!」




トレーナー「ちょっと待って……」




トレーナー室にやって来たアイネスだが自分はそのアイデアは採用してないからと断りを入れようとする




しかしここで彼女の提案を断ってしまえばアイネスは逃げシスから脱退してしまうかもしれない





どうしていいか答えを出せないでいると外で様子を伺っていたブルーが助け舟に入ってくる




ブルー「後は任せて」




トレーナー「任せられないからちょっと待って!」




アイネスを連れて行こうとしたブルーを止め一旦は三人で話し合おうとトレーナーは答える
108 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/20(火) 20:23:20.02 ID:Ccj64kS80
ブルーは褐色ウマ娘を買っているのだから何も問題はなくアイネスも偽名を使えばいいだけだと自分の考えを話す




アイネスも彼女の意見を受け入れたので主任に自分を買ってもらう覚悟をしてきたのだという




ブルー「好きな時に呼び出すんじゃなくてライブの度にでいいはず」




アイネス「もちろんそのつもりなの!」




アイネスは都合良く買われるつもりもなく、あくまでライブの収入を補う為に買われることを了承した




ブルーとアイネスはこれが一番いい方法なのにとトレーナーの返事を待っているがそう簡単には答えが出せない




ウィズのことを思えば絶対に買うべきではないが学園と逃げシスのこともあるのでトレーナーは即答することができなかった



このあと…
下2
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/20(火) 20:41:16.32 ID:Eso9CE+W0
kskst
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/21(水) 01:44:10.80 ID:/lr5zR5L0
ライブ後にアイネスに多く渡すから抱くといった話は無しだとトレーナーは言う
111 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/21(水) 16:42:03.08 ID:+EjErQGj0
ライアン「主任さんと話はついた?」




アイネス「結局ギャラが出ることになったの〜」




追い詰められたトレーナーは逃げシスのギャラはこれまで通り払うことを決めアイネスにそう伝えた





既にこの話はファルトレを通じて逃げシス全員にも伝えられたようで一応解決したことになる




ライアン「とりあえず良かったってとこ?」




アイネス「損はしないことになったからそういうことなの」




アイネスにとってみればこれからもライブの度にギャラが出る環境を保つことができたのは大きい
112 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/21(水) 16:51:28.23 ID:+EjErQGj0
ライアン「でもそれで良かったよお〜!アイネスが主任とえ、えっちするだなんてさあ!」




アイネス「ライアンちゃんは純情過ぎなの!」





もしアイネスが主任とヤってしまっていたらアイネスとトレーナーをどんな目で見たらいいかわからなかったとライアンは赤面する




自分の身体が売れることを知っているアイネスはそんなライアンをからかい笑っていた




アイネス「メジロではそういう話しないの?」




ライアン「す、するけどさあ!皆んな経験豊富っていうか…」




アイネス「ライアンちゃんはそのままでいいと思うの!」




ライアンには下手に染まって欲しくないので純情を大切にすればいいとアイネスはアドバイスを送った




このあと…
下2
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/21(水) 17:04:15.08 ID:/HsPMgca0
自分のマッチョボディなんて、トレーナーの
リビドーの対象にならぬのかと嘆くライアン
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/21(水) 17:55:26.12 ID:+XDvEMZ50
トレーナーはブルーにこれで良かった抱く事になったら面倒な事になっていたと話す
115 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/21(水) 18:56:00.26 ID:kDgOno4t0
ライブのギャラをこれまで通り払うことになったのだがそれで良かったのかとブルーは心配そうにしている




トレーナー「これで良かったんだよ彼女を抱く事になったら面倒な事にしかならないんだから」





アイネスが偽名を使い自分がそれを買ってしまえば今よりも複雑なことになってしまう




彼女達に支払うギャラが学園に入ってこないのは痛いがこれしかなかったのだとトレーナーは言う




ブルー「私のせい?」




また自分のせいでトレーナーが苦しんでいるのかとブルーは不安になるもののそれは違うと否定する




トレーナー(確かにブルーのせいなのかもしれないけど彼女は責められない)




最近は元気になっているが彼女の心は不安定のまま。そんなブルーを責めることをトレーナーはできなかった
116 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/21(水) 19:01:28.39 ID:kDgOno4t0
ディープ「なにコソコソ話してやがんだ?」




そこにディープがやってくるがトレーナーは何も無いからと話を終わらせトレーニングに行こうと立ち上がる




ディープ「本当になにも無いのかブルー?」




ブルー「うん」




自分のせいではないというトレーナーの言葉を信じたブルー。後は学園の問題となるので主任であるトレーナーが解決しなければいけない




トレーナー(予定より早めないといけないかもしれない)




ライブの有料化から時間を置いてバ券を導入する流れだったがそんな時間は無さそうだと危機感を覚えていた




このあと…
下2
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/21(水) 19:14:11.00 ID:fSk5UNxX0
kskst
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/21(水) 21:19:18.36 ID:w1VuwBjE0
悩むトレーナーを見て、ブルー、プルメリア、ウィズがストリップダンスを披露し元気を出したてもらおうとする
119 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/21(水) 21:48:47.74 ID:5NriZiCVO
再安価下1
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/22(木) 17:14:31.51 ID:1WM6P2EI0
話は纏まったがしかし本当にこれで良かったのか考えるアイネス
結局トレーナーは借金する事になるだろうし、解決したと言えるのか考えてしまう
121 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/22(木) 17:54:28.81 ID:HIszAH/L0
アイネス(これでよかったのかちょっと疑問は残るかも)




話は無事にまとまったのだが本当にこれで良かったのかアイネスは考えていた




トレーナーは学園より彼女らを優先しギャラをこれまで通り払うと決めたがアイネスはそこまで知らない




アイネス(結局主任は借金する事になっちゃうから解決したとはいえないの)




トレーナーが自分を買うことを固辞した原因に問題があるのかもしれないという考えに至ったアイネス




彼女は主任であるトレーナーは話題になっているキタルファの代表ということくらいしか知らなかった




そこで友人達にキタルファのこととトレーナーのことを教えて欲しいとメールを送った
122 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/22(木) 18:05:16.32 ID:HIszAH/L0
アイネス「貴女にちょっとお話しがあるの!」




ウィズ「アイネスフウジン……?」




ウィズとアイネスは適正で被っている所はあるがこれまで対戦したことはなくほぼ初対面だった




そんな彼女がどうして自分に話しかけてきたのかとウィズは困惑するがアイネスは話を続ける




アイネス「主任と付き合ってるっていうのは本当なの?」




ウィズ「うんそうだけど」




まさか恋愛相談かと思ったが、それでだったのかとアイネスは納得したようなリアクションをとる
123 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/22(木) 18:06:40.46 ID:HIszAH/L0
アイネス「主任は彼女思いのトレーナーってことがわかったの!」




ウィズ「はあ…?」




トレーナーはウィズと付き合ったのでウマ娘を買うことをやめたのだとアイネスは解釈した




例え学園の外に出たとしてもそれは浮気に変わらないのでトレーナーは自分を買わなかった




自分で導いた答えに納得したが次はトレーナーの借金を止めさせたい。彼女として止めてくれないかとアイネスはウィズに相談する




このあと…
下2
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/22(木) 18:18:45.90 ID:hx+iVLNf0
kskst
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/22(木) 18:46:41.10 ID:vaQkq3ma0
ウィズはアイネスがウマドルを引退すれば借金などせずに済むだろうと話す
126 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/23(金) 16:37:48.52 ID:i3zocd20O
ウィズ「貴女が逃げシスを辞めれば済む話でしょ?」




事情を聞いたウィズはアイネスが逃げシスを引退すればトレーナーは借金などしなくていいのにと話す




自分はそれでも良かったがライブの有料化の為にできれば残って欲しいと言われたのだと詳しく説明する




ウィズ「だから?」




トレーナーは主任として学園の為に尽くしているのだと更に付け加えてもウィズの態度は変わらない




アイネス「どうしてそんな反応なの?」




ウィズ「私はトレーナーさえ居ればそれでいいの」




そもそも自分は主任として無理をしているトレーナーを辞めさせたいとまで思っているとアイネスに話す
127 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/23(金) 16:44:40.53 ID:QBGWogacO
ウィズ「目の前の彼女より学園が大事なトレーナーなんか……」




アイネス(なんか地雷踏んじゃったかも)




浮気を認めたとはいえ他の女を抱いているトレーナーを心から良く思えるはずもないウィズ




彼は間違いなくウィズのことが好きなのは知っていてとても独占できるような人物ではないこともわかっている




それでも不満は溜まりに溜まる一方でウィズのは風船のように大きく膨らんでしまっていた




ウィズ「こうなったらもう私が「キッカケ」でも作ろうかな」




何のことを言っているかとアイネスは思うがすぐにその意味を理解した。彼女はカバンに右手を入れているが明らかに何かを握っている




アイネス(ヤバい……!!)




それが凶器であることは明白でこれ以上彼女を刺激してしまうとその凶器が自分に向けられる




普通では考えられないがトレーナーを辞めさせたいとまで発言した彼女ならあり得るとアイネスは冷や汗をかく




このあと…
下2
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/23(金) 16:52:24.86 ID:XdRnZUme0
「ウィズには心の余裕がない」と
トレーナーを泣き落とすアイネス
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/23(金) 17:34:13.52 ID:QOyOJgGc0
様子を見に来たライアンがウィズを取り押さえる
130 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/23(金) 19:29:39.10 ID:NegCp+NS0
ライアン「なに話してるの?あたしも仲間に入れてよ!」




ウィズの後ろからライアンが現れ彼女の肩に手を置いている。ウィズはライアンに構わず凶器を出そうとするも腕が全く動かない




ウィズ(重……)




鍛え上げられたライアンの筋肉は彼女を押さえつけるには十分でありウィズは全く動けない




周りからはライアンがウィズに戯れているようにしか見えず不自然な所もない




ライアン「手、離そっか」




ウィズ「……」




腕は動かせないものの握っているものを離すことはできる。ウィズはライアンの言う通り凶器から手を離しカバンから右手を出す
131 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/23(金) 19:33:07.78 ID:NegCp+NS0
ライアン「アイネスごめん実は全部聞いててさ」




アイネス「も〜……」




アイネスは気付いていなかったがウィズの後ろでライアンは二人の話を詳しく聞いていた




そしてウィズの「キッカケ」という言葉の意味に気付き彼女が何かを持っていると知るとすぐに行動に移した




ライアン「いっとくけどあたしは友達を放っておくことなんてしないよ!」




カバンの中身を問い詰めればウィズは終わってしまうが自分はそんなことはしない




ウィズがこうなった原因であるトレーナーも交えて話をするべきだとライアン主導で三人はトレーナー室に向かう




このあと…
下2
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/23(金) 19:45:14.93 ID:Hwx3QJfV0
kskst
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/23(金) 19:55:34.28 ID:2IVjU8ec0
トレーナー、ウィズ、アイネス、ライアンそして何故かライアントレと話し合いをする事に、ライアントレは全ては筋トレ筋肉が解決する、筋トレをすれば性欲もなくなると話す
134 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/23(金) 20:30:15.13 ID:GLTZTuPX0
トレーナー室に向かったのは三人だけかと思いきやなぜかライアントレも合流し四人となった




最初は話をぼかしていたトレーナーだったがウィズの様子がおかしいと知りアイネス達に包み隠さず話す




ライアントレ「そんなのは簡単だ筋肉は全てを解決する!筋トレ!筋トレ!筋トレだあ!」




筋肉に頼れば性欲もなくなると話すライアントレは一旦無視しアイネスはトレーナーの性欲に驚くばかりだった




アイネス「薬を飲んで一日十回は異常としかいえない…」




トレーナー「僕の場合は人並みになるまで数年以上はかかってしまうんだ」




これで薬が効いている状態だと話すトレーナーを信じられないといった表情でアイネスは見ている
135 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/23(金) 20:35:18.24 ID:GLTZTuPX0
ライアン(会話についていけないよお〜〜!!)




この中で唯一純情であるライアンはトレーナーの話にただただ赤面することしかできない




もしウィズが暴れ出しでもしたら自分の出番なのだが彼女は大人しくしておりその気配はない




アイネス「ウィズと毎日スるのはダメなの?」




トレーナー「彼女に負担をかけたくないんだ」




アイネス「確かに毎日十回もシてたら死んじゃうかも」




ライアン(平然と話さないで〜!)




恥ずかしがっているライアンをよそにどうするのがいいのかをトレーナー達は話している




このあと…
下2
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/23(金) 20:39:56.55 ID:kDER6kHt0
kskst
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/23(金) 21:16:08.19 ID:d7zkXJM60
ライアントレはだから筋トレだと言ってるじゃないかと主張するが、流され、ライアンもライアントレに今はそんな話ではないと注意する。

ライアントレは自分は至って真面目だと言う、人生の99%の問題は、筋トレで解決できると更に主張、主任は最近仕事ばかりで自分自身はトレーニングしているのか聞く、一度何もかも忘れ体を動かしたら汗を流してみたらどうだ筋トレ後は脳の働きが活性化され、集中力と閃き力が高まりより良い答えが出ると話す
138 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/24(土) 00:47:29.16 ID:ipdz4hEw0
ライアントレ「だから筋トレだって言ってるだろう?」




自慢の胸筋をピクピクさせながらそういうライアントレだったがやはり彼の意見は無視される




更にライアンに今はふざけている場合じゃないと注意までされるがライアントレは真面目に考えていると冷静に答える




ライアントレ「人生における問題の99%は筋トレで解決できる。筋肉は全てを解決くれるからな!」




ライアントレ「主任は最近仕事ばかりで自分自身はトレーニングできていないんじゃないか?んん?」




ボディービルダーのようにポーズを決めながらトレーナー(の筋肉)に語りかけるライアントレ




一度何もかも忘れ体を動かし汗を流してみたらどうだというライアントレから説得力を感じていた
139 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/24(土) 00:59:45.34 ID:ipdz4hEw0
ライアントレ「主任は体力もあるし筋肉も喜ぶだろう!」




ウィズと一晩中行為をできるくらい体力があることはわかっているので後は鍛え上げればいい




ボディービルダーのような肉体を目指さなくとも鍛えることは悪くないと筋肉がそう語っている




ライアントレ「筋トレのあとは脳の働きが活性化され集中力が高まってより良い答えが出る、早速いくぞお!」




トレーナー「え、ちょっと!?」




この問題の答えを出すにはまず筋トレだとライアントレはトレーナーをトレーニングルームへと連行する




このあと…
下2
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/24(土) 01:22:56.27 ID:vKU1zXeL0
kskst
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/24(土) 12:44:35.97 ID:PZnHMYE10
ライアントレと筋トレを始めるトレーナー、ライアントレはやはり彼は筋が良い、力も結構強いみたいだしウマ娘のハーフというだけはあると感心する。

トレーナーとライアントレはそれから数時間筋トレをし、ライアントレはトレーナーにこんだけ筋トレをしても我々は決してウマ娘に力で勝つ事はないこの世界は男には肩身が狭いですなとトレーナーに寂しそうに話す
142 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/24(土) 21:18:49.27 ID:Z4x00xlWO
ライアントレ「思っていた通り筋がいい流石は主任だ!」




ライアントレと共に筋トレを始めたトレーナー。ウマ娘のハーフだけあって持っているものが違うと感心している





ライアントレ「この調子でやっていくぞお!」




トレーナー「トレーニングなんて久しぶりだな…」




トレーナーとライアントレはそれから数時間筋トレに熱中し続け気付けば夕方になっていた




トレーナー(あれこれ考える余裕はなかったか)




トレーニングに集中してしまい結局答えは出なかったとトレーナーはため息をつく




ライアントレにはいい気分転換にはなったと伝えようとしていると彼は真剣な表情でバーベルを見つめていた
143 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/24(土) 21:29:45.80 ID:a5HjRqItO
ライアントレ「これだけ筋トレをしても人間はウマ娘に力で勝つ事はできない。わかってはいても納得できるものではありません」




ウマ娘は幼少期にまず力の制御を学ぶ。なぜ幼少期からかというとその時点で成人男性より力が上回っているからである




トレセンに通うウマ娘は中、高等部で人間の男が束になっても勝てる存在ではない




ライアントレ「主任はおかしいと思ったことはありませんか」




彼の表情は真剣そのものでライアントレは本気でウマ娘の存在を認められないと考えている




トレーナー「誰もが一度は思う疑問だけど僕はそう思わないよ」




ライアントレ「ウマ娘に殺されかけた主任でもですか」




ウマ娘は人間と違うからこそ「トレーナー」という仕事があり社会が成り立っている




おかしいと思うことは別に悪いことではないとトレーナーはライアントレの意見を否定しなかった




このあと…
下2
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/24(土) 21:32:47.61 ID:vKU1zXeL0
kskst
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/24(土) 22:21:40.94 ID:UJ/e468S0
ライアントレの意見も最もだろうどれだけ鍛えても自分達より小柄で可愛らしい女の子達に勝てないのは悔しいだろう
でも、ジェンティルドンナが鉄球を握り潰したという話を聞いて改めて次元が違う比べるなんておこがましい行為だとも考える。

廊下ではモブウマ達が「『英雄』ディープインパクトに勝てる奴なんかいない」と話しているのが聞こえた、ディープは巷では『英雄』と二つ名を付けられていた。
「トレセンにはアグネスタキオンにドゥラメンテ…『暴君』オルフェーヴルがいるからまだ分からない」という声も聞こえる。
146 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/26(月) 18:17:08.89 ID:60g3p2lJO
トレーナー「どれだけ鍛えてもあんなに可愛らしい女の子達に勝てないのは悔しいと思う」




トレーナー「けれど彼女達と僕達を比べること自体がそもそも間違っているのかもしれないね」




ジェンティルドンナが容易く鉄球を握り潰したという話もあるようにウマ娘と人間とでは次元が違い過ぎる





ライアントレのような鋼の筋肉を持っていても人間は百獣の王には勝てるはずもなくウマ娘はそれと同じなのだとトレーナーは話す





トレーナー「彼女達のことは見た目が可愛いだけの猛獣と思えば諦めはつくんじゃないかな」




トレーナーの話に思うところがあったようでライアントレは少し頷くもまだ納得はしていない様子だった
147 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/26(月) 18:23:52.76 ID:PCX5dKI5O
モブ「例の「英雄」の走り見た?」




モブ「あれに勝てるウマ娘なんか居ないって」




トレーニングルームの外の廊下から生徒達の話が聞こえてくる。その内容はどうやらディープについてのもの




どうやらディープは巷では「英雄」と呼ばれているらしくデビュー前にも関わらずその強さも知られている




モブ「噂だとアグネスタキオンも今年からレースに出るって」




モブ「ドゥラメンテとオルフェーヴルもいるからディープインパクトが最強とは言えないんじゃない?」




実際にレースをしてみなければ分からないが一体誰が速いのかはしょっちゅう話題となる




今までは割と意見が分かれていたがディープが来るとなり彼女が強いという意見が多くなった
148 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/26(月) 18:29:50.45 ID:2mxznS/7O
トレーナー(普通ならデビュー戦まで隠しておくけど彼女は関係ないんだよね)




デビュー戦を控えたウマ娘は人前でトレーニングをせずどんな走りをするのかを隠す傾向にある




才能がありふれていたとしても対策されてしまえばそう簡単には勝てなくなってしまう




しかしディープの追込みはどれだけ前が詰まっていても関係なく対策をとっても無意味に近い




内側が完全に詰まっていても外から余裕で追い抜いていき、もし内側が空いていれば彼女に敵は無い




そのためディープの走りをどれだけ研究されても関係ないのでトレーナーは彼女を隠すことは考えていない




このあと…
下2
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/26(月) 18:55:01.47 ID:M575Rs630
ディープを内へ包み込もうと
サトトレがもう必死に研究中
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/26(月) 19:15:34.98 ID:MSPM8Hz10
kskst
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/26(月) 20:17:28.47 ID:77jq2/BV0
筋トレはいい気分転換になったが解決策は出ず悩む
152 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/27(火) 17:37:55.85 ID:7Vfmws2j0
トレーナー「筋トレは気分転換にはなったけど……」




自宅へと帰ってきたトレーナーは筋トレは良かったものの結局どうすればいいのか答えは出せなかったと悩んでいた





自分が我慢すればいいだけという単純な話では無くなってしまっているので簡単に答えが出せなくなっている





どうやってもウィズが傷付くというのなら別れるという選択肢も有力となってくる




トレーナー「そうなったらエアトレさんになるのかな…」




エアトレは浮気を容認するどころかむしろその方がいいとまで発言しており必然的に彼女を選ぶことになる




エアトレは悪くない人物であることは知っているが一番好きなのはウィズであり彼女と別れることは最後の手段にしたい
153 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/27(火) 17:49:36.46 ID:7Vfmws2j0
身体のことは仕方ないがが不甲斐ないせいでウィズの精神が歪んでしまったのはトレーナーの落ち度




誰と関係を持とうが一番はウィズであるとどんな時も言えていれば彼女も安心しただろう




トレーナー「態度に出ちゃったんだろうな……はああ…」




キタルファメンバーがレースで勝った際のご褒美としてウィズと一緒に何度も行為をしてきた




トレーナーは気付かれないように振る舞ったつもりでもウィズは自分より「良かった」メンバーがいたことに気付いた




もちろん回数などを含めるとトレーナーについていけているウィズが一番になるがそれとこれとは別




それもあってウィズはどんどん不安定になっていき彼女は凶器を携帯するまで歪んでしまった




トレーナー「あ、電話……」




なんとかならないかと考えているとトレーナーのスマホに着信がくる




電話相手…

1 ウィズ
2 ブルー
3 ブレーザー
4 プルメリア
5 ディープ
6 メイ
7 自由安価


下3
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/27(火) 17:54:22.84 ID:I5Jefs0LO
6
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/27(火) 18:11:29.95 ID:nafTfZDT0
2
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/27(火) 18:20:38.12 ID:WyB5MKOQ0
1
157 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/27(火) 19:14:00.79 ID:2Qdfalxe0
ウィズ「いまって時間大丈夫?」




トレーナー「大丈夫だよウィズ」




電話をかけてきたのはウィズでトレーナーと話がしたいとのこと。断る理由はなくトレーナーはウィズと話を始める





他愛のない話が続いたあとウィズはこれからのことについて話し合おうと切り出した




ウィズ「トレーナーは私のことは好き?」




トレーナー「一番好きだよ」





ウィズ「ごめん信じられない」




これまでトレーナーがしでかしてきたことを考えればウィズの言葉は当然でありトレーナーは反論できない
158 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/27(火) 19:22:43.39 ID:2Qdfalxe0
ウィズ「トレーナーは私だけが独占できるような人じゃないってことはよーくわかってる」




ウィズ「私と別れてもすぐに彼女はできるだろうしトレーナーは困らないよね」




トレーナー「それでも僕はウィズが一番なんだ」




ウィズと別れてしまえば心の支えが無くなるとトレーナーはそれだけは回避しようとする




ウィズ「一応いい言い訳は考えたから聞いてくれる?」




ウィズは今年凱旋門賞に挑戦し日本のウマ娘として初めて栄冠を掴もうとしている




そんな凱旋門賞に集中するためにトレーナーとは一旦距離を置くのはどうだとウィズは提案する




ウィズ「私の中ではもう彼氏じゃないけどトレーナーはまだ付き合ってると思っててもいいよ」




ウィズ「この状態ならブルーとコソコソしなくてもいいし、キタルファの勝ったご褒美も私抜きでシていいよ」





チームと自分、そしてトレーナーのことを考えるとこれがベストだとウィズは話す




このあと…
下2
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/27(火) 19:26:35.28 ID:Fi/n4gYq0
kskst
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/27(火) 19:53:28.31 ID:T2fFUAQQ0
その提案は何とかならないかと言おうとしたが自分の今までしたことを考えれば飲むしかなかった
161 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/27(火) 21:00:44.37 ID:2Qdfalxe0
それだけは何とかならないかと口から出かけたものの今までしたことを考えればウィズの条件を飲むしかなかった





トレーナー「でも、僕は……」




ウィズ「皆んなにも報告しておくから、じゃあね」





話が終わったのなら次にやることがあるとウィズはさっさと電話を切ってしまう





そしてキタルファのグループ会話にウィズはトレーナーと距離を置くことをすぐに報告した




ウィズ[私はトレーナーと別れたつもりだから]




文末に添えられたその文字にトレーナーは深く傷付くが自分が蒔いた種だと受け入れるしかなかった
162 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/27(火) 21:21:57.66 ID:2Qdfalxe0
ウィズのメッセージを見て一番に電話をかけてきたのはブレーザー。トレーナーと別れたのなら自分がとすぐに連絡をしてきた





ブレーザー「三角関係がごめんってだけでトレーナーのことは好きだから」





勝てなかった自分をここまで育てあげてくれたことや勝てない時にでも優しかったこと




好きになる理由はいくらでもあるとブレーザーは話しトレーナーと付き合いたいと告白する





トレーナー「僕はまだウィズと付き合ってるつもりなんだ」




メッセージにも距離を置くとだけ書いてあったはずとトレーナーが言ってもウィズは別れたと言っているとブレーザーは引かない




ブレーザー「エアトレに取られるのだけは絶対嫌なんだけど!」




ブレーザーが危機感を覚えているのは正しくこうして電話をしている最中にエアトレからトレーナーに向けてメッセージが送られていた




このあと…
下2
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/27(火) 21:24:24.16 ID:ruQZR6VTo
kskst
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/27(火) 21:58:35.08 ID:XjOrrekH0
彼女となにかあったのだろ、私で良ければ私を聞く会わないかというメッセージがエアトレから来る
165 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/27(火) 23:23:37.17 ID:Ha1aMbfV0
エアトレ[彼女となにかあったのだろう私で良ければ話を聞くぞ]




今から会わないかというメッセージがエアトレから来ており彼女もまたトレーナーを狙っている




ブレーザー「私じゃダメなの!?」




トレーナー「そうじゃない僕はまだウィズと別れてないんだ」




そう言ってやや強引に電話を切るとすぐに別の人物から電話がかかってきてしまう




しかしトレーナーは電話に出る気になれず着信を無視しスマホを放置する




トレーナー「ウィズ……」




自分のせいでこうなってしまったので誰も責めることができずトレーナーは一人落ち込む
166 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/27(火) 23:29:57.13 ID:Ha1aMbfV0
そのまま寝床で寝転がりなにをするわけでもなく時間が過ぎていき寝る気にもなれずただウィズのことを考える





トレーナー「彼女はもっと辛い思いをしたんだ」




距離を置くと言われたった数時間しか経っておらずそれに比べてウィズはずっとこの気持ちを抱えていた





このままウジウジすることが一番ダメなことだと自覚するものの身体は動いてくれない




更にそのまま暫く時間が経ちいい加減寝なくてはと考え出したとき部屋のチャイムが鳴った




訪ねてきた人物…
下2
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/27(火) 23:51:17.74 ID:TxCyKt180
kskst
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/27(火) 23:54:07.99 ID:uMCqyDZu0
まさかのプルメリア
169 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 16:27:55.46 ID:1C4+mLHcO
プルメリア「こんばんは…」




チャイムを押したのはまさかのプルメリアでトレーナーは慌てて彼女を部屋へと入れる




プルメリア「ウィズさんのメッセージを見て寮を抜け出してきました」




彼女にそんな行動力があったとはと驚きつつ早く帰るようにとトレーナーは説得する




プルメリア「ウィズさんのこと…私のせいでごめんなさい」




トレーナー「君はなにも悪くないよ」




自分とウィズのことにプルメリアはなにも関係ないからとトレーナーは言うが彼女は分かっているのだと下を向く




プルメリア「私とのえっち凄く気持ち良かったですよね?」




トレーナーはいきなり核心を突かれてしまい動揺する。口に出したことは無いはずなのにと目も泳いでいる
170 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 16:34:39.18 ID:1C4+mLHcO
プルメリア「ごめんなさい……こういうことも初めてじゃないんです」




ウマ娘として一級品の可愛さを持っているわけではなくどこにでもいそうな顔に眼鏡をかけている




身体も全身がムチムチしておりアイドル体型とはいえないがプルメリアはモテまくっていた




彼氏が居ることは当たり前で二番目三番目でもいいからと男は絶えずその分経験も豊富だった




昨年末のカラオケでプルメリアにキスされた時も彼女だけが慣れた様子だったのはそれかとトレーナーは知る




プルメリア「私の身体って男の人を虜にしちゃうみたいなんです」




搾取してくるウララや自分の理想である褐色ウマ娘、ブルーやウィズともプルメリアは違った




身体だけでなくまるで心まで蕩けるようなプルメリアとの行為をトレーナーは今でも覚えている




プルメリアによれば自分のせいで男女の仲が拗れトラブルになったことはこれまで何度もあるのだという
171 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 16:41:47.92 ID:1C4+mLHcO
プルメリア「眠れないんですよね?ちょっと待っててください」




プルメリアはトレーナーが止める暇もなく冷蔵庫を開けるといくつか食材を取り出しあっという間につまみを作ってしまった




プルメリア「お酒もどうぞ」




缶チューハイを注ぎつまみと共にトレーナーの前に置く。その慣れた手つきにトレーナーは驚くしかなかった




プルメリア「私も飲んでいいですか?」




トレーナー「え、でも……」




プルメリア「ごめんなさい……実は昔から飲んでるんです」




男に合わせる為に少しだけ飲んでいたというプルメリア。カラオケでの飲酒騒ぎの時も彼女だけが冷静だったのは酒に慣れていたからのようだ




プルメリア「私でよければ朝まで付き合います」




トレーナーの横に座りプルメリアは身体を密着させている




このあと…
下2
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/28(水) 16:51:09.44 ID:FBK6E10J0
朝になり、タキオンの隠しカメラで
盗撮されていたと知って驚いた両名
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/28(水) 17:44:53.51 ID:8JB0p+850
プルメリアがトレーナーの周りには必ずブルーやウィズがいたからあまり直接言えてなかったがとても感謝していると言う
174 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 18:56:57.76 ID:stMN1v/G0
プルメリア「トレーナーさんの周りには必ずブルーさんやウィズさんがいたから直接言えてなかったですけど凄く感謝してます」





新入生でデビュー戦をたった一回で勝った上に重賞まで勝てたのはトレーナーのお陰でしかない





今こそその礼をしたいというプルメリアにトレーナーは待ったをかける





トレーナー「僕はそんなつもりで君のトレーナーをしていない」





担当がレースで勝つことが自分の喜びなのだと話すがプルメリアはトレーナーを手を握る




プルメリア「トレーナーさんを癒せるのは私だけです」




ブルーや他のメンバーと身体を重ねても心は満たされない。ウィズと寝ても身体が癒されない




いまのトレーナーに必要なのは身体と心の癒しでありそれを満たせるのは自分だとプルメリアは言う
175 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 19:18:10.29 ID:stMN1v/G0
プルメリア「私とえっちしたら皆んな凄く元気になってくれるんです」




自分を取り合って揉めることはあってもそれは全て解決した。それは何故かというと相手の男が全員立ち直ったからである




はじめは週に一度以上プルメリアを求めるが次第に間隔が開いていき最終的には頼らなくてもよくなる




今までの男は全員そうでトレーナーも彼らと同じ顔をしているとプルメリアはいう





プルメリア「トレーナーさんどうぞ」




そう言うとプルメリアはトレーナーを抱き寄せる。胸はウィズよりも控えめだが全身がウィズの胸のように柔らかい




そして柔らかいだけでなくありのままの自分全てを受け入れてくれるような優しさもトレーナーは感じていた




プルメリア「私の中でお眠りなさい」




トレーナーは彼女の海へと帰っていく




このあと…
下2
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/28(水) 19:22:09.60 ID:yHHKFM1C0
kskst
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/28(水) 20:26:17.20 ID:Ol1qLKCG0
トレーナーに朝までヤられ体力の限界が来るプルメリア、トレーナーの相手は一人でする物ではない必ず複数人で相手にしなければ体力が持たないと実感する
178 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 20:51:43.13 ID:stMN1v/G0
プルメリア「トレーナーさん満足しましたか…?」





トレーナー「ごめん……もう朝だね」





プルメリア「かなり遅い時間から始めたので仕方ないですよ」




寮に帰らなければいけないからとプルメリアは行為を切り上げたが実は彼女は限界だった




プルメリア(こんなの初めて。トレーナーさんは今まで出会ってきた男の人とは全然違います)




トレーナーの相手は一人でする物ではなく複数人でしなければ身体が持たない




しかしそれではトレーナーの心が休まらないのではとプルメリアはシャワーを浴びながら考えていた
179 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 20:58:17.94 ID:stMN1v/G0
トレーナーを心から癒やせれば自分の出番は無くなりウィズとまた良い関係に戻れるはず




その考えがあってプルメリアはトレーナーと行為をしたのだが彼はまだ癒された様子がない




プルメリア(トレーナーさんの抱えているものは私一人じゃ重すぎる)




こういう時に頼るべきは誰なのかを考えた時、やはりチームの誰かしかないとプルメリアは結論付ける




褐色ウマ娘のことは知っているが筋肉に抱かれてもトレーナーは癒やせないと候補から外した




喜んで協力してくれるだろうブルーなのかそれとも別のメンバーかはたまたチームに関係のない人物なのか





プルメリアの相談相手…
下2
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/28(水) 21:04:36.36 ID:KlTZvthT0
kskst
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/28(水) 21:06:55.57 ID:yHHKFM1C0
ブルー
182 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 21:40:32.43 ID:stMN1v/G0
同日昼休み、眠そうなプルメリアから相談があると言われたブルーはすぐにトレーナーのことだと理解する




しかし彼女から聞かされた話はブルーの想像を超える話であり彼女は珍しく動揺する




ブルー「ま、全く気付かなかった……」




プルメリアはモフるのに最適な同級生としか思ってなかったブルーは彼女の過去を聞き唖然とする




プルメリア「別に騙すつもりはなかったんです」




ブルー「わかってる……けど凄く衝撃だった」




取り乱すのはここまででブルーはプルメリアの相談内容を聞き自分なら喜んで協力すると伝える
183 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 21:46:07.52 ID:stMN1v/G0
ブルー「親とうまくいかなかったのがトレーナーの抱えているものだと思う」




プルメリア「親の愛情に飢えてるってことですか」




トレーナーの過去を詳しく聞いたプルメリアは自分だけで抱えられないことを再確認する




ブルーがいればなんとかなると話すプルメリアだがそれはどうかとブルーは首を捻る




ブルー「私じゃトレーナーを癒せない」




親の愛情を知らない自分がトレーナーに愛を与えられないと話すブルーだがプルメリアは大丈夫だと彼女の手を握る





プルメリア「愛は与えるものなんです。自分が過去に愛されていたかどうかなんて関係ありません」




愛を与えることが癒しであると考えるプルメリアは行為の最中も相手を愛することしか考えていない。なので極上の癒しと気持ち良さを相手の男は感じている
184 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 21:52:00.22 ID:stMN1v/G0
ブルー「私はトレーナーが好きだけどそうじゃない?」




プルメリア「ブルーさんのは一方的に感情を向けているだけで愛ではありません」




奉仕なら分かると話すブルーだがそれも違うとプルメリアは否定する。何が愛なのかブルーにはわからない





プルメリア「たぶん奉仕とは真逆です。相手に捧げるのではなく受け入れる感じが近いのかもしれません」




トレーナーの過去を聞いたプルメリアは次はもっと上手くできると意気込む一方でブルーの表情は暗い





ブルー(愛なんか見たことない)




掃き溜めで育ち金の為ならなんでもしてきたブルーにとって一番遠い存在なのは愛といえる




このあと…
下2
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/28(水) 22:08:30.29 ID:6O2vyf3p0
kskst
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/28(水) 22:39:41.16 ID:jgEPxppk0
愛とはなんなのか考えるブルー、何を悩んでるんだい?とヒシアマゾンに声を掛けられる。
ヒシアマは寮長として主任のトレーナーと話す機会が多い。面倒見が良く母性が強い彼女なら愛がなんなのか分かるかもと聞く
187 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 23:20:56.27 ID:fs37NmNC0
ブルー「愛ってなんなんだろう」




ヒシアマゾン「おや何を悩んでるんだい?」




悩むブルーを見たヒシアマゾンは思わず声をかける。彼女は寮長として主任のトレーナーと話す機会が多い




ヒシアマゾンは面倒見が良く母性も強いとよく聞くので彼女なら愛がなんなのかわかるかもしれない




答えをくれることを期待して彼女に話してみるとヒシアマゾンらしい答えが返ってくる




ヒシアマゾン「アタシは思いやりが大切だと思うね!」




相手を思いやることイコール愛ではないが自分はそうやって寮のウマ娘と接していると話す




ヒシアマゾン「愛ってのはこれって正解がないからね。結局は自分で見つけるしかないよ」




見つける為の手伝いはするが最終的に見つけるのは自分であるとヒシアマゾンはいう
188 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 23:34:38.77 ID:fs37NmNC0
ディープ「愛だあ〜?そんなもん俺らとは縁もカケラも無いもんだろ」




次に相談したのはディープであり自分と同じ環境で育った彼女から得られるものはないかと考えた




しかし彼女は愛こそ最も不要なものであるとブルーの悩みを笑い飛ばしてしまった




ブルー「愛はなくても生活できることは知ってる。けどそれじゃトレーナーは癒せない」





そこまでする必要がないとディープは言うがブルーは自分がそうしたいのだと譲らない




ブルー「私はトレーナーのお陰で今日を生きてるからその感謝をしたい」




ディープ「感謝なんていらねぇだろ〜」




どうしてもトレーナーを助けたいというブルーにディープは仕方ないとため息をつきながらアドバイスをする
189 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/28(水) 23:40:18.46 ID:fs37NmNC0
ディープ「俺が相手の好みの格好をするのも愛だろうが偽物の愛だな」




相手の好みのウマ娘を演じることは偽物ではあるが愛であるというディープの意見




演じるという部分がブルーの中で引っ掛かり更に詳しくと続きを迫る




ディープ「ギャルが好きな奴ならそうしてやるし清楚が好きならそれを演じてやる」




ディープ「俺たちに本物の愛なんかできるわけねぇだろ」




相手が望むことを形に変えるのが愛だというディープの話しを聞きブルーは何か掴む




それと同時に自分には本物の愛を与えることはできないと知り寂しさも覚える




このあと…
下2
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/29(木) 09:32:07.70 ID:4wggcv2m0
kskst
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/29(木) 11:12:20.05 ID:1LVA737s0
トレーナーが望む形は何かを考えるブルー
192 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/29(木) 16:52:28.61 ID:/hMzdrzX0
ヒントは得たもののトレーナーが望むものが何かという答えをブルーは出せていない




確実にわかっていることは愛が足りず癒しを求めていることだがこれはプルメリアがいればなんとかなる




それだけではトレーナーの癒しには足りないのだが具体的な答えが出せずブルーは悩む




ブルー(トレーナーには何が必要なの)




彼には何が足りずどうすれば心から癒せるのか繰り返し考えてもこれという結論が出ない




頼れる人物には既に頼ってしまったのであとはブルーが答えを見つけるしかなかった
193 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/29(木) 16:59:45.56 ID:/hMzdrzX0
ブルー(一方的と言われても関係ない。私はトレーナーに自分の全てをぶつける)




プルメリアからその行動は愛ではないと指摘されたがブルーは自分の知る行動しかできない




ブルー(私はトレーナーが好きだからこの気持ちをぶつける)





トレーナーが求めている癒しでなくとも精一杯彼に尽くすしかないとブルーは決める





ブルー(私とプルメリアでトレーナーを癒すから待ってて)




ブルーはプルメリアに準備はできたとメッセージを送り二人はトレーナーの部屋へとそれぞれ向かう




このあと…
下2
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/29(木) 17:13:49.50 ID:mJW86rmY0
kskst
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/29(木) 17:45:39.16 ID:vNfr2OxE0
トレーナーは高松宮でバクシンオーが出走すると聞き対策を考えていた。
そういえばバクシンオーは委員長として中距離、長距離にも出走したいと言っているが
自身のトレーナーに1200mを三回走れば3600m走った事になるなどいい感じに言い包められていると噂で聞いた事がある。
196 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/29(木) 19:34:19.55 ID:XRdSpEkmO
この時点ではまだプルメリア達が来ることを知らないトレーナーは自宅でブルーのことを考えていた




トレーナー(まさかバクシンオーが出てくるとは思わなかった)




高松宮記念にサクラバクシンオーが出走すると聞きトレーナーはその対策を練る




彼女は短距離の絶対王者であり勝つことは容易ではない。そのことはバクシンオーの成績からもわかる




トレーナー(そういえば彼女は中距離、長距離にも出たいとかって言ってたらしい)




バクシンオーの適正は短距離とマイルであり中距離以上の距離は本来の力を発揮できない




しかし彼女のトレーナーに1200mを三回走れば3600mを走った事になるのだと言い包めたと噂で聞いた事がある




にわかには信じがたいがあのバクシンオーならあり得ると思ってしまうのは失礼になるだろうか
197 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/29(木) 19:38:48.32 ID:XRdSpEkmO
バクシンオーは短距離では敵なしとなっている現状を快くは思っていない。直接聞いたわけではないがトレーナーはそう直感した




トレーナー(自分のせいで新たなスターが生まれないと思ってるんだ)




強力なスプリンターとして名前が挙がっていたウマ娘は何人も存在したが全員バクシンオーの前に散っていった




もし短距離の世界レースがあれば間違いなくバクシンオーが勝つ。それくらいに彼女は強かった




短距離で勝ちすぎた彼女は新たな場を求めて中距離を走りたいと言い出したのだろう




だが今回高松宮に出てくるということはバクシンオーはブルーをライバルとして認めたということ




トレーナーとしてバクシンオーに勝たせることが自分の仕事だといつも以上に気合いが入っている




このあと…
下2
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/29(木) 19:53:10.00 ID:97mwVqMX0
kskst
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/29(木) 20:28:28.94 ID:CGbFUAiG0
息抜きに成人ビデオでも見ようとしたトレーナー、そこに丁度良くブルーがやって来る
200 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/29(木) 21:45:37.23 ID:k3lqYGqbO
トレーナー「ちょっと息抜きに……」




休憩として大人向けのビデオでも見ようとしたトレーナーであったがそのタイミングでチャイムが鳴る




ブルー「もうプルメリアは来てる?」




なにを言っているのかと狼狽えるがバクシンオーの対策を考えている間トレーナーはスマホを全く見ていなかった




その為プルメリアからブルーと共に向かうというメッセージに気付かなかったうえにブルーだけが先に着いてしまった




そういう気分ではないと帰ってもらおうとしたがたった今ビデオを見ようとしていたトレーナー




断ることができなかったのといつまでも玄関先にブルーを置いておけないということで彼女には部屋に入ってもらう
201 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/29(木) 21:56:48.02 ID:B8tBL817O
ブルー「トレーナーは愛してもらいたいの?」




いきなり行為を迫られるかと思っていたトレーナーはブルーがそんなことを話し始めたので驚く




ブルーは自分の気持ちを押し付ける前にまずトレーナーに確認するべきだと思い直した




ブルー「私は愛は知らないけどトレーナーに気持ちは伝えられる」




ブルー「けどトレーナーがして欲しいこととか望む形があったら私に話して欲しい」




プルメリアだけでは受け止めきれないトレーナーが抱えているものを教えて欲しいとブルーは迫る




このあと…
下2
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/29(木) 22:06:24.48 ID:97mwVqMX0
kskst
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/29(木) 22:49:15.50 ID:hvtPqUZK0
トレーナーは本当にいいのかと尋ねる、それなら甘えさせてくれとブルーに抱き着き顔を胸に埋める
トレーナーが見ようとしていたビデオは赤ちゃんプレイモノであった
204 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/29(木) 23:35:43.74 ID:YY3ZQisF0
トレーナー「本当にいいの?」




いつもとは違う反応を見せたトレーナーにブルーは即座に反応する。ウィズから距離を置かれたことが相当効いているようだった




トレーナー「なら甘えさせてくれないかな……」




トレーナーはブルーに抱き着き顔を胸に埋める。胸が好きなことを知っているブルーはいつものトレーナーだと不思議に思う





トレーナー「ママ……」





ブルー(ひい)




トレーナーが見ようとしていたビデオは赤ちゃんプレイもの。トレーナーはブルーに赤ん坊のように甘えはじめる




見たことのないトレーナーの姿にブルーは怯える。これまでの客で赤ちゃんプレイを要求されたことはあった




しかしトレーナーのは赤ちゃんそのものでありプレイの範疇を超えていた
205 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/02/29(木) 23:46:10.72 ID:YY3ZQisF0
快楽を求めるのではなくただ安心を得るためにブルーの胸に吸い付くトレーナー。そんな彼をどうしたらいいか分からずブルーは狼狽える





ブルー(なにが正解なの)




母親に甘えた記憶のないブルーはトレーナーにどう接すればいいか回答を出せない




プルメリア「こんばん……わ…?」




そんな状況でプルメリアが到着し部屋に入ってくるが目の前に広がっている光景が理解できない




彼女もまたプレイの一環ではなくトレーナーが本気でブルーに甘えていると知る




ブルー(助けて!)




プルメリア(専門外です!!)




プルメリアが男に与えるのは愛であり癒し。母親から子供に向けた無償の愛は与えられない







このあと…

1 二人で最後まで頑張る
2 行為はせずひたすら甘えさせる
3 褐色ウマ娘を呼ぶ
4 クリークに相談
5 クリークが駆けつける
6 自由安価


下3
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/01(金) 00:29:34.80 ID:8/iXLTKoo
3
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/01(金) 00:34:50.61 ID:uyTl3TRto
5
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/01(金) 01:47:07.52 ID:P6KvwLNl0
4
209 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/03/01(金) 20:21:22.45 ID:B2J/3+0lO
ママといえばクリーク。同級生を問答無用で赤ちゃんにしているクリークに頼るしかない




プルメリアは彼女の連絡先を知らなかったがブルーは知っていた。なのでプルメリアがブルーのスマホを借りて連絡をとる




クリーク「ママを求めているんですか!?」




電話越しからでもクリークが興奮していることを知るブルー。プルメリアにどうすればいいかアドバイスを聞いてくれと急かす




クリーク「まず確認ですがブルーさんは母乳は出ますか?」




プルメリア「えっとブルーさん…」




ブルー「出るわけないでしょ!?」




スマホから漏れ聞こえる声に思わず突っ込みを入れてしまうほどブルーは焦っている
210 : ◆B8D2U7ksoo [saga]:2024/03/01(金) 20:31:40.53 ID:HWB92NG2O
クリーク「私も出ませんが本当に出なくてもいいんです」




大事なのはママになりきることであり本当に母乳が出る必要はない。トレーナーを本当の子供だと思うのだと助言される




親を知らないブルーはそんなことは無理だと否定するがクリークは自分の親は関係ないと話す




クリーク「目の前にいる男性を自分の子供だと思って接するんです」




親から受けた愛を与えるのではなく自分の気持ち、すなわち愛をトレーナーに与えるべきだという




クリーク「相手が自分の子宮に居たと想像してください」




無償の愛を与えることがママになるコツなのだと聞きブルーは早速実行してみる



このあと…
下2
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/01(金) 20:38:18.52 ID:P6KvwLNl0
ksk
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/01(金) 21:06:23.49 ID:1yfE0XLI0
最初こそはいつもと違うトレーナーの姿に怯えたが、一生懸命ブルーの胸に吸い付き甘えるトレーナーが徐々に可愛らしく愛らしく思えてくるようになって来たブルー
プルメリアもだんだん彼はタダ愛が癒やしが欲しいのだなと思うようになってくる、そう思わせるのはトレーナーのプレイヤーの力なんだろうとも気付く
104.55 KB Speed:10.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)