男A「3年ぐらい前のVチューバーだって?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2024/03/02(土) 10:44:00.92 ID:TZypCsrMo
男A「最近の事なら覚えちゃいるが、3年も前だと覚えてないな」

男A「たくさんのVチューバーがいたからさ」

男A「金髪の子?」

男A「そんなの大勢いたよ。名前もわからないんじゃ話にならない」

男A「悪いが、他をあたってくれ」

男A「ところで、あんた」

男A「今更、その子を調べてどうすんだ」

男A「もう消えてるVチューバーなんだろ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1709343840
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2024/03/02(土) 10:45:24.01 ID:TZypCsrMo
女A「どの切り抜き動画で見たのさ?」

女A「ああ、この子ね。何となくだけど覚えてるよ」

女A「私の推しじゃなかったけど、他のVとの絡みが面白くてね。結構、好きだったよ」

女A「声が可愛い子だったね」

女A「公式サイトじゃもう消えてるけど、非公式サイトなら残ってるんじゃない」

女A「調べてみたら名前はわかると思うよ」

女A「ところで、あんた」

女A「今更、その子を調べてどうすんの」

女A「もう終わった話だし、蒸し返すような事はしないでよ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2024/03/02(土) 10:46:26.12 ID:TZypCsrMo
男B「覚えてるよ。忘れる訳がない」

男B「いきなり契約解除の話を聞かされたからな」

男B「俺もあの時はずいぶんへこんだよ」

男B「仕方ないってわかってるけど、心はそんな風に割り切れなくて」

男B「アーカイブも保存して残してあったけど、迷った末に結局消した」

男B「見る度に辛くなったからさ。もういないんだなって実感させられて」

男B「ところで、あんた」

男B「今更、その子を調べてどうすんだ」

男B「いなくなった子の事はもういいだろ。別の人生を歩んでるんだから放っておいてくれないか」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2024/03/02(土) 10:47:44.75 ID:TZypCsrMo
女B「アーカイブを探してるんだって?」

女B「残念だけど、どこにもないと思うよ」

女B「まだ残ってるのは、誰かとのコラボ配信ぐらいじゃないかな」

女B「本人のチャンネルはとっくの昔に消されてるからさ」

女B「ただ、消される前に保存してた人は結構いたかもね」

女B「このサイトで聞いてみれば? 古参が多いはずだから」

女B「ところで、あんた」

女B「今更、その子のアーカイブ見てどうすんの」

女B「ずいぶん熱心に探してるみたいだけど」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2024/03/02(土) 10:48:43.86 ID:TZypCsrMo
名無し1『切り抜きならまだ保存してる奴は多いかもな』

名無し2『俺も切り抜きは残してある。これはずっと消せない』

名無し3『歌と歌枠は全部残ってる。好きだったから』

名無し4『ASMRなら何個かあるな。他にも晩酌配信と、最後の配信のやつ』

名無し5『だけど、流石にアーカイブ全部残してる奴はいないんじゃないか』

名無し6『お気に入りの分だけ残してる奴はまだ結構いるみたいだな』

名無し7『そいつらのを一つ一つ集めれば、全コンプ出来るかもしれないぞ』

名無し8『俺は協力してやってもいいけどな』

名無し9『だけど、その前に一つだけ聞かせてくれ。お前、本当にあの子のファンなのか』

名無し10『もうホロから消えて3年だぞ。なのに、新規がまだいるのか』
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2024/03/02(土) 10:49:36.34 ID:mwwGRcGQo
母「あんたさあ、いい加減にしてよ」

母「部屋で勉強するって言ったじゃない。確かにそうお母さんに言ったよね」

母「だから、夜食を持ってきてあげたのに、勉強もせずに隠れて動画なんか見て」

母「しかも、何これ? 昔のVチューバーの動画?」

母「こんなの見て、何の役に立つの。消しなさい」

母「わかってるの? あんたは今年受験なのよ。もし大学に受からなかったらどうするつもりなの」

母「昔は声優になるとか馬鹿な事言ってたし、それをようやく諦めたと思ったら、こんなVチューバーの動画なんか見てるし」

母「もっと現実を見なさい。大学行って、まともなところに就職して、きちんと自立して。これはあんたの為に言ってるのよ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2024/03/02(土) 10:50:28.59 ID:LNWqdjfeo
バイト仲間「やっほ。久しぶり」

バイト仲間「まだバイト続けてたんだね、あんた」

バイト仲間「で、書類選考は通ったの? まだ?」

バイト仲間「まあ、そんな甘いもんじゃないだろうね。倍率1000倍以上とかいう話なんでしょ」

バイト仲間「このままいくと大学卒業しちゃう方が先かもね」

バイト仲間「ん? ああ、そういう事。それで東京に引っ越す為のお金を貯めてるんだ。卒業したら向こうで一人暮らしするのね」

バイト仲間「ま、ほどほどに頑張りなよ。向こうに行っても応援だけはしてあげるからさ」

バイト仲間「ところで、あんた」

バイト仲間「何でそんなにVチューバーになりたがってんの? そういえば、理由を聞いた事なかったからさ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2024/03/02(土) 10:52:22.93 ID:LNWqdjfeo
女先輩「お疲れ様。今日の演技良かったよ」

女先輩「でも、初めての大役で緊張して疲れたみたいだね、その様子だと」

女先輩「うん、わかる。モブじゃなくてちゃんと名前のあるキャラだと、どうしても力が入っちゃうよね。セリフも結構あるし」

女先輩「でも、誉められてたよ。イメージ通りでピッタリだったって。そうそう、原作者の先生に」

女先輩「あなた、声がすごく可愛いし、感情の入れ方とか上手だからさ。この仕事、向いてると思うよ。You Tubeで見たけど、歌ってみたも再生回数かなり伸びてるんでしょ? そろそろ本格的にこっち系の仕事を考えてみたら?」

女先輩「そう? 今は別の夢があるんだ。それならしょうがないけど……。もったいないと思うんだよね、私は」

女先輩「あ、そうそう。そういえば一つ聞きたかった事があるんだけど」

女先輩「この前、最後の面接を受けに行くとかどうとか電話で言ってなかった? あれって何の面接なの?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2024/03/02(土) 10:53:23.49 ID:LNWqdjfeo
15期生の一人「あの人は、めちゃくちゃ憧れてた大先輩だったの」

15期生の一人「昔の切り抜き動画をたまたま見つけて、それを見た時から一瞬でファンになって」

15期生の一人「それからアーカイブを探しまくって、やっとの思いで全部集めて」

15期生の一人「何度も何度も見た」

15期生の一人「私もあの人みたいになりたかったの。天才過ぎて同じようには絶対無理だろうけど、それでも近付きたかった」

15期生の一人「それで私はホロライブに入ろうって思ったんだよ」

15期生の一人「だから、あの人がいなかったら、今の私はいないし、ここで配信してる事もないと思う」

15期生の一人「今の私がいるのは、あの人がここにいたからなの」





お疲れ様でした。ありがとうございました
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/02(土) 13:27:36.48 ID:ZbHHMC1Fo

存在した輝きは消えることは無い
6.72 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)