【安価コンマ】オリウマ娘と共に

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2024/06/04(火) 21:06:01.18 ID:sZJfuGsJO
まあこのスレのレスみんな似たキモさだから3人くらいで自演しながら回してんだろうな
他のウマ娘スレは普通なのにここはどうしてキモいんだ?
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/04(火) 21:10:49.88 ID:1l0KTCoDO
飛行機でIDコロコロ変えないと荒らすことすらできないヘタレな荒らしが読んでるゴミ作品なんて読みたくないわ
どうせID変えまくって安価コンマ独占して私物化してるだろうし
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/04(火) 21:46:56.82 ID:u9QA7pm60
同類になっちゃってるじゃん
やっぱIDがOで終わってる人たちは駄目だわ喧嘩は他所でやってどうぞ

話題変えるためにパピヨンの可愛い所について語れよボクはまだ【貴方】のことが好きになってないとまだギリギr思って良そうなところが好きです
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/04(火) 21:55:28.77 ID:3tpiqqfso
同期とは普通に交流できるくらいの分かりやすい虚勢メスガキムーブですね
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/04(火) 23:04:46.41 ID:Pupwt0pfO
荒らしてた奴大人しくて草
おっぱいでっかくてちゃんとそれが武器になることが分かってるところ!
それでそれがあんま通用してないところ!
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2024/06/05(水) 21:49:46.96 ID:GdnsVZaOo
くっそ誘い受けしてきて一瞬でふにゃふにゃのとろとろになりそうなところ
お兄さんになにされても頭の中が好きで埋め尽くされてそうな癖に口では好きじゃなさそうなこと言ってるところが好きです
624 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/10(月) 02:07:52.25 ID:oJ/bhrfl0
パピヨン「――お兄さん、もしかして寝不足?」

ミーティングの最中、【貴方】の担当ウマ娘シルヴァーパピヨンが突然そんなことを訊ねられ、心の中で「しまった」と呟いてしまう。

別にそんなことはない、と返すも彼女の眼はジトーっと疑いの視線を向けている。こういう時の彼女は勘が鋭いし、頑固だった。おそらく誤魔化すことはできないだろう。

パピヨン「目の下のくま、隠せてないよ〜?それになんか最近ウトウトしてる気がするし〜……ぷぷ、夜遅くまで熱心に何をやってるのかなぁ。アタシに言えないようなことですか〜?」

――事実、最近は夜更かしが、徹夜が多くなっている。パピヨンの為の新しいトレーニングメニューを考えたり、今後のレースで戦うことになるだろう相手のレースを研究したり、その他大量の書類作業。それらを全てこなそうとすると自然とこのような生活になってしまった。

トレーナー寮にはここ一週間帰れていない、もっぱらソファで横になって仮眠をとるくらいで。それも最近はしていない。若いうちからこんな生活はよろしくないと分かっていても、担当ウマ娘を思うとこれでも足りないくらいだと【貴方】は思う。

パピヨン「お兄さんいけないんだ〜。眠い時は寝ないといけないし、疲れたときは休まないといけないんだよ?お兄さん、アタシには自己の管理が〜とか言っておいて、自分の事全然出来てないじゃーん」

ニヤニヤニマニマぷぷぷと笑われながら、眉間のところを人差し指でグリグリ通される。止めなさい、と一言言うと彼女はや〜ん怒った、なんて言いながらその人差し指を引っ込めた。

パピヨン「ほらほら、今日のミーティングは終わり終わり。お兄さんは寮に帰って、あったか〜いお風呂に入って体ポカポカにしてぐっすり寝な〜?」

お兄さんはもーっとアタシに尽くさないといけないんだから、寝不足で倒れられても困るんですけど〜?と、【貴方】を心配するような言葉。彼女は我が儘で自分大好きで周りを誤解させるような言葉を沢山言うが――こういうところは、とても優しい子なのだ。

『――ああ、そうだな。今日は久しぶりに戻ってぐっすり寝ることにするよ。パピヨンもごめんな、心配させてしまって』

パピヨン「んも〜、お兄さんったらアタシに言われないと睡眠も取れないの〜?ぷぷぷ、ほんっとダメダメだねお兄さん!これからはアタシが命令してあげないといけないかな〜?」

それじゃ、また明日お兄さん!アタシからの命令、ちゃんと守るんだよ〜?【貴方】に釘を刺すようにそう言い残して、、彼女は勢いよくトレーナー室から出て行った。まだミーティングの途中だったんだが……まあ、明日話せばいいか。

……さて。

『ちゃっちゃと終わらせるか』

…………まだ仕事は終わっていない。今ある仕事を終わらせて、彼女の命令通り早く眠ることにしよう。

パピヨン「…………」
625 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/10(月) 02:08:23.57 ID:oJ/bhrfl0
パピヨン「ね〜お兄さん?ちょっとお耳貸してくれない?」

『……は?』

命令を聞いてから数日後、パピヨンから急にそんなお願いをされた。耳を貸してほしい?なにかこっそり話したいことでもあるのかと考えるが、どうもそんな雰囲気ではない。

パピヨン「実は最近、ヒト向けのお耳マッサージの道具を貰っちゃったんだ〜。折角貰ったんなら誰かに使ってみたいし、それならお兄さんが実験……じゃない、やらせてくれるかな〜って」

とても聞き慣れたおねだりをするときの声色で上目遣いで、パピヨンがその道具を見せてくる。

……耳かきに、綿棒。あと……白いふわふわ。それに何やらオイル?随分と沢山貰ったものだなと驚くが……まあ、大体何をするかは察しが付く。

『パピヨンのお願いなら聞いてあげたいが……悪い、今は少し忙しいんだ。また今度、時間に余裕があるときに――』

パピヨン「え〜!?ダメダメ!今、アタシがやりたいの!ねーねー!ちょっとだけちょっとだけだから〜!おーにーいーさーん−!」

両手をぎゅうっと握りしめられ、そのままゆさゆさと揺さぶられる。参ったな、これはいけない。パピヨンのお願いならできるだけ聞いてあげたいが……仕方がない。

『……ちょっとだけだぞ。それで、自分はどうすれば?』

パピヨン「!!!さっすがお兄さんやっさし〜!それじゃあ、そこのソファにアタシが座って……はい、どーぞお兄さん?」

嬉しそうに小走りでソファに向かって、彼女はぽんぽんとそのよく鍛えられた脚を、太腿を叩いた。ぺちぺちと肌を叩く音が聞こえてきて、なんだかそれも耳に心地よかった。

じーっと、綺麗な目がこちらを見ている。

『……いや、それは駄目だ。他の方法で頼む』

パピヨン「え〜?でもアタシ、この方法しか知らないんだけど?」

そんな目で見られても駄目なものは駄目だ。年頃の女の子がそうやすやすと大人の自分に肌の触れ合いを許すものじゃない。例えば自分がパピヨンの隣に座って耳をマッサージして貰うとか、せめてタオルを挟むとか――うわぁ!?

パピヨン「はいはい、お兄さんは女の子の生太腿の膝枕とか体験した事無いからドキドキしちゃったんだよね〜。はーい、もう逃げられませ〜ん。お兄さんはアタシの膝枕の虜で〜す」

……体を引っ張られて無理やり膝枕させられてしまった。日々のトレーニングでしっかりと鍛えられた脚。しかし硬いわけではなく、しっかりとした柔らかさも感じる。上からパピヨンに押さえつけられていて、自分の頬っぺたがむにゅうと押し付けられて……なんだか、より一層太腿の触感を感じてしまっている。

『分かった、分かったから。はぁ……すぐに終わらせてくれよ。こんなところ誰かに見られたら……』

パピヨン「他の色んな人にお兄さんが変態のロリコン脚フェチトレーナーってことがバレちゃうね〜?ぷぷ、じゃあ観念してアタシのお耳マッサージにお耳かきかきの実験台になってね〜?」

……もう隠さなくなったな。この子は。
626 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/10(月) 02:09:03.73 ID:oJ/bhrfl0
パピヨン「――それじゃあ、まずはお耳にオイルを塗り塗りしちゃうね〜」

なんでもヒトのお耳専用のオイルなんだって〜、ちょっとお高い奴だぞ?なんて呟きながらパピヨンは手の平にそのオイルを垂らし、にゅるにゅると馴染ませる。自分の耳の近くでそれをされると、なんだか音が気持ちいい。

……なんだか良い匂いもしてきた。これはなんだろうか……よく分からないけど、安心する良い匂いだ。

パピヨン「それじゃ、次はこのオイルたっぷりのお手々でお兄さんのお耳をぎゅううう〜……♪」

耳がパピヨンの手の平に覆い尽くされる。オイルの感触が耳全体にじんわりを広がっていき、それがなんだかとても心地いい。次第に耳が温かくなっていき、耳の色んなところが敏感になっていくようだった。

パピヨン「耳には色んなツボがあるんだって。だからこうやって適当にギュ〜ってしたり、もみもみするだけでとっても気持ちいんだよ?お兄さんのお目目もトロトロ、なっさけなーい顔担当ウマ娘に晒しちゃってはっずかし〜」

こんな顔、アタシ以外に晒したきも〜!って目で見られちゃうから止めといた方が良いよ〜。

……耳をマッサージする手は止まらない。耳の外側から、耳たぶまでを親指と人差し指で挟むように揉まれぎゅっぎゅっぎゅ〜と指圧される。

ひとしきり揉んだかと思えば次は耳を畳むように全体を押しつぶす。普段なら少し痛いかもしれない動きだが、ポカポカになって柔らかくなった耳と、オイルの効果で全く痛くない。むしろ気持ちが良い。

『うぁ……』

パピヨン「……!あ〜!お兄さんキモい声漏れた!ぷぷ、うぁ〜だって。うぁ〜……!」

『ちょっと、止めてくれよ……恥ずかしいから』

ぎゅ、ぎゅ、ぎゅ、ぎゅ。ぎゅぅぅぅぅ……。

もみ、もみ。もみもみもみ……たぱたぱたぱ、たぱたぱたぱ。

パピヨンの笑い声を聞きながら、耳を触る手はどんどん勢いに乗っていく。揉んで、潰して、揉んで、軽く指で叩かれて。

しかし、どれも痛くない。気持ちよくて仕方がない。普段の疲れと睡眠不足も相まって、すぐに眠ってしまいそうになってしまう。

パピヨン「……は〜い。じゃあ次は耳かきでお兄さんのお耳の中をきれいきれしちゃうよ〜」
627 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/10(月) 02:10:23.09 ID:oJ/bhrfl0
これも竹で出来た良いやつ?らしいよ。と半分閉じかけていた自分の視界にパピヨンはその耳かき棒を見せた。

……立派な耳かきだと思った。なんだか、耳かきと想像して最初に思い浮かべたら出てくる理想の耳かき。そんな感じだった。

パピヨン「じゃ、これからは敏感な部分をカリカリしちゃうからジッとしててね。ぷぷ、気持ちよくて気持ちよくてもぞもぞ〜って動いちゃうのも、必死に我慢だよ?」

『あ、ああ……』

……あのちょっと曲がった先端が、耳の中に入ってくる。別に信用していないわけじゃない、ただ……最後に他の人にやって貰ったのは、幼い頃母にやって貰ったっきり。

正直少し怖い。さっきまでのオイルマッサージの安心感が少し引いてくる、そう思うと体に力が入って、先ほどまでどうやってリラックスしていたか――。

パピヨン「……はい。いいこいいこ〜。よしよ〜し」

――するといきなり、パピヨンの手が自分の頭を撫でた。

『ぱぴ、よん?』

パピヨン「あ、ちゃんと手は拭いたよ?ほらほら、お兄さん落ち着いて落ち着いて、まずは深呼吸だよ……ぷぷ。手先の器用さなら誰にも負けない自信があるアタシを信じて〜、痛くしないから、落ち着いて……お兄さん、いいこいいこ〜」

……優しくパピヨンが自分の頭を撫でる。傍から見ればなんてみっともない姿、しかし。どうしようもなく安心してしまう。体の力がふんにゃりと抜けていく。

パピヨン「……♪はい、じゃあお耳かきかきスタート〜、ゆっくり入れるから安心してねお兄さん?」

……かさ。かさり。

パピヨンの優しい声と共に、耳かき棒の先が、耳の入り口に触れる。入り口部分をゆっくりとゆっくりと、くるくる円を描くようになぞりながら、中に入っていく。

パピヨン「くる、くる、くるくる〜♪」

『っ』

思わず声が出てしまいそうになる、マッサージで血流が良くなったんだろう。そのせいか一層敏感になった耳の中に耳かき棒が入ってきて……ぞわり、と。体も震えそうになる。

かさ、かさ……がさっ。かさ……かさり。

パピヨン「うわ、あんま確認してなかったけど結構汚いねお兄さん。んも〜、お兄さんは自分の身だしなみも整えられないんだから〜」

……その分、担当ウマ娘のアタシがお世話してあげないといけないんだから。困っちゃうよね〜。と、嬉しそうな声色で担当ウマ娘は耳かき棒を優しく動かしていく。
628 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/10(月) 02:11:51.99 ID:oJ/bhrfl0
がさ、がさっ……すっ、すーっ……。

かり、かり。がさり……すーっ。すっ、すー……。

耳の中でがさがさと音が鳴り、耳の中に溜まっている汚れが掻き出されていく。たまに酷くこびり付いたものもあるようで、そういったものを剥がすとき耳かき棒の先端に力が入るのを感じると、少し気持ちが良い。

パピヨン「かり、かり……かりかり。かりかりかり……」

……無意識だろうか。パピヨンの口からオノマトペが漏れている。実際にされている耳かきと連動するように聞こえるその優しいオノマトペが、どんどん自分を眠気に誘ってくる。

耳の中に溜まっている汚れを、引っ掻いては取る。削っては取る。ゆっくりゆっくり周りを削り、落とさないように慎重に取る。

パピヨン「お兄さん本当に汚いね〜……でも、まあ。こういうの楽しいかも」

かり、かり、かり……かりかりかり、かりかりかり……がさっ。がさ、ごぞ。

ごぞ、ごぞ……がさっ。すっ……すーっ、すーっ。

パピヨン「…………♪すり、すり。かりかりかり〜……かり、かり。ごそごそごそ〜」

――――まずい、寝てしまう。先ほど耳にはツボが沢山あって、それが刺激されて気持ちがいいとは言われたが……これは、想像以上だ。

汚れの下に隠れていた肌が空気に触れて、少し痒くなってきたところを見逃さないとばかりにかりかりと掻いてくれる。溜まっていた汚れが一気に外に出て行くのが、気持ち良い。

うとうとと、瞼が重い。眠くて眠くて、仕方がない。

パピヨン「……ぷぷ、お兄さんだらしないお顔してるね?そんなに気持ちが良いんだ、アタシの耳かき」

『…………あぁ。気持ち良い、とても』

パピヨン「…………じゃ、もーっと気持ちよくしてあげるね。梵天を用意しまーす」

はーい、ふわふわふわ〜……ふわっ、ふわっ、ふわふわわ〜。

――ああ、あの白いふわふわ。あれを梵天というのか。

ふわふわが耳の中全体を一気に撫でる。ずぽずぽと耳の中を出たり入ったりして、次に中でくるくると回転しだす。

くるくる、ふわふわ。くるくる、ふわふわ……耳の中をこんなに甘やかされて良いものなのかと、思わず思ってしまう。

パピヨン「……ふ〜」

『……うぁあ!?』

すると突然、梵天が抜かれたと思うと――ふーっと、息を吹きかけられる。

パピヨン「サプライズプレゼントで〜す。お兄さん?ほらほら反対側にごろーんして、ごろーん」
629 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/10(月) 02:12:38.49 ID:oJ/bhrfl0
……そうか、まだ片方しか終わってないなら反対側があるのか。ならお願いをするしかない。トロトロの脳みそでそう考えて、言われるがままにごろんと顔の向きを変える。

パピヨン「……!は、はーい。じゃあまずは、マッサージからね……ねえ、お兄さん」

『……ん』

パピヨン「眠かったらもう寝ちゃっていいからね。お兄さんなら特別に……アタシのむちむち膝枕で寝る権利をあげちゃいまーす」

――確かに、ここで眠れたらどれだけ幸せだろうか。しかし、それはいけない。

『いや、それは……遠慮しておくよ。担当ウマ娘の膝で眠ってしまうなんて良くないし。キミも嫌だろう――』

ぎゅぅううううう……。

『ぅぁあぁ』

パピヨン「…………じゃあ、カウントダウンしちゃうから。0になったらお兄さんは眠っちゃってね」

オイルに馴染んだ手で耳を潰されて、言葉を最後まで言わせてもらえなかった。しかし、なんだ。カウントダウン……?

パピヨン「10から数えて、0になったら……夢の中。ほらほら、お耳マッサージに、お耳かき。ちゃちゃっといくよ〜」
630 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/10(月) 02:13:28.40 ID:oJ/bhrfl0
――――10。

ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっ……ぎゅぅぅう……。

パピヨン「ほら、お耳を沢山揉みくちゃにして〜……耳たぶふにふに。お耳ぎゅっぎゅ」

もみ、もみ、もみ……ぎゅっ。ぎゅぅうううううう……。

……9。

パピヨン「寝ちゃえ寝ちゃえ、アタシのお手々に負けちゃえ〜……♪」

むぎゅっ、ぎゅむっ……ぎゅっ。ぎゅう。たぱ、たぱたぱたぱたぱ〜……。

……8。

パピヨン「はーい、じゃあ耳かきいきま〜す」

……がさっ。さすっ、すり……すり、すり。

パピヨン「すり、すり……ゆっくりお耳の中に入っていくよ……すり、すり」

……7、6、5。

パピヨン「ぷぷ、一気にカウントダウン進んじゃったね。ほらほら、夢の国はすぐそこだよ〜」

かり、かり、かり……がさっ。かり、ごそ……。

かりかりかり、かり……すっ、すーっ……すっ。すっ。

パピヨン「かりかりかり、かりかりかり……すり、すり、すり……かきかき〜……」

……4。

パピヨン「ぷぷ、涎垂れちゃってるよお兄さん。ほんと、いい大人なのに赤ちゃんみたい……」

パピヨン「……どうちまちたか〜?お目目がうとうとで、ねむいねむいでちゅか〜……ぷぷ、かわい〜……」

がさっ……がり、がり、かり、かり……ごそっ。

すっ、すーっ……すり、すり、すり。

……3。

パピヨン「ほら、あと少し。赤ちゃんは眠いの我慢なんてしなくていいの」

パピヨン「ほらほら、負けろ負けろ。担当ウマ娘の大事な脚の上で眠っちゃえ〜」

……2。

パピヨン「…………あ、おっきいのある。取っちゃえ取っちゃえ」

かき、かき、かき。かり、かり、かり。

…………がさっ。がり、がり、かり、かり。ごそっ……ごそごそ、ずずっ……。

パピヨン「……ふふっ」

……1

パピヨン「……やっぱりもう駄目みたいだね、お兄さん。今日はぐっすり眠って、明日たーっくさんアタシのために頑張ってね?」

パピヨン「…………それに。お兄さんに倒れられたりしたら、アタシ……泣いちゃうからね?」

パピヨン「……かり、かり。かき、かき。ごそ、ごそごそごそ……かきかきかき〜…………」

――――0。


パピヨン「――――は〜い。おやすみなさい、お兄さん?」

631 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/10(月) 02:14:04.48 ID:oJ/bhrfl0
――――膝の上ですーすーと気持ちよさそうに眠っているお兄さんを見て、ほっと一息。あー疲れた、思ったより神経使ったな、耳かき。

パピヨン「……まあ、でも、ちょっと楽しかったけど」

切っ掛けはお兄さんをちょっと癒してあげたかったこと。尻尾の手入れで培われた手先の器用さで、何かできないか探していたところ――この耳かきを見つけた。

――効果はてきめんだった。あのお兄さんが、アタシの膝の上でこんなだらしない姿を見せるなんて……ちょっと、ゾクゾクする。

これは、ちょっとお高い道具を買って正解だったなと心の中でガッツポーズ。

パピヨン「おっとそうだそうだ。写真写真」

近くに置いていたスマホを取って、ぱしゃりと寝ているお兄さんの顔を撮る。

……ぷぷっ。ほんっと、なっさけな…………。

パピヨン「……♪」

尻尾の手入れの次は、こっちもちょっと極めてみようかな。なんて考えたりして。

アタシはお兄さんが目を覚ますその時まで。ニヤニヤと寝顔を見つめていることにした。

…………後でからかってやろ〜っと……ぷぷっ。
632 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/10(月) 02:15:13.48 ID:oJ/bhrfl0
これだけです。とても耳かき楽しかったです。

おやすみなさい。
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/10(月) 12:24:21.12 ID:kW1mSFlzO
いきなり超上質耳かきASMRが飛んできてうっとりしている
いや最高かよ
ありがとう…ありがとう…!
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2024/06/10(月) 18:09:20.55 ID:YxtqkZMcO
ちょっとおっきした
ウマシコ許可?
635 : ◆OX0aJKbZO.0H [sage]:2024/06/10(月) 20:45:41.62 ID:oJ/bhrflo
喜んでくれた人がいたみたいで嬉しいです。書きたいもの良い感じに書けたので。

本編もそろそろ再開します。よろしくお願いします。
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/10(月) 20:54:40.84 ID:84aKOJujo
まじで感謝しかない
637 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/11(火) 23:53:19.81 ID:bydBv2aR0
『あの、すみません。知り合ったばかりでいきなりこんな質問をするのも失礼かもしれませんが……』

マントレ「ええ、はい。全然気にしませんよ?」

こちらから気兼ねなく何でも、と話したのですから。貴方も遠慮しないでください。なんてマンティのトレーナーさんは言ってくれるが……ええい、ままよ!

『…………失礼ですが、おいくつなんですか?』

マントレ「……」

にこりと笑ったまま表情が何も変わらない。しまった、やはり年齢の話題はアウトだった――。

マントレ「いくつに見えますか?」

『!?』

――思わずぎょっとしてしまう。自分から訊いておいてこの反応は本当に失礼だが、これは流石に驚く。

まさかこんな合コンみたいな……いや、この人こういう訊き返しをしてくる人なのか――少し、意外だ。

『そう……ですね……ええっと』

……暫くどうしたものかと考えに考えて、絞り出すように、言った。

『……とてもお若いですから、20代……後半とか……』

マントレ「ほぉ、ほぉほぉ……成程」

うんうんと頷いて、にこにこと笑顔を止めない。ま、まずい。どうしよう、謝った方が良いか?いやしかし、年老いてるようにも見えないし――けど雰囲気は。

マントレ「ふふっ……すみません、少し意地悪をしたくなっただけです。すみませんね、こちらも困らせるようなことを言ってしまって」

『……へ?』

やはり私は少し幼いといいますか、童顔といいますか。そういう風に年齢を聞かれる機会も多いので……少しだけ恥ずかしそうにしながら言うマンティのトレーナーさん。

マントレ「年齢を聞かれたら誰にでもこういう話を振るんですよ、貴方の知っている方だと……ステラライムさんの
トレーナーさんや、グリーンシルフィーさんのトレーナーさんが新人の頃にも話して困らせた記憶がありますから」

『そ、そうだったんですか……』

――あれ、じゃあ。やっぱりこの人の年齢は……え?
638 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/11(火) 23:54:55.24 ID:bydBv2aR0
『あの、すみません。知り合ったばかりでいきなりこんな質問をするのも失礼かもしれませんが……』

マントレ「ええ、はい。全然気にしませんよ?」

こちらから気兼ねなく何でも、と話したのですから。貴方も遠慮しないでください。なんてマンティのトレーナーさんは言ってくれるが……ええい、ままよ!

『…………失礼ですが、おいくつなんですか?』

マントレ「……」

にこりと笑ったまま表情が何も変わらない。しまった、やはり年齢の話題はアウトだった――。

マントレ「いくつに見えますか?」

『!?』

――思わずぎょっとしてしまう。自分から訊いておいてこの反応は本当に失礼だが、これは流石に驚く。

まさかこんな合コンみたいな……いや、この人こういう訊き返しをしてくる人なのか――少し、意外だ。

『そう……ですね……ええっと』

……暫くどうしたものかと考えに考えて、絞り出すように、言った。

『……とてもお若いですから、20代……後半とか……』

マントレ「ほぉ、ほぉほぉ……成程」

うんうんと頷いて、にこにこと笑顔を止めない。ま、まずい。どうしよう、謝った方が良いか?いやしかし、年老いてるようにも見えないし――けど雰囲気は。

マントレ「ふふっ……すみません、少し意地悪をしたくなっただけです。すみませんね、こちらも困らせるようなことを言ってしまって」

『……へ?』

やはり私は少し幼いといいますか、童顔といいますか。そういう風に年齢を聞かれる機会も多いので……少しだけ恥ずかしそうにしながら言うマンティのトレーナーさん。

マントレ「年齢を聞かれたら誰にでもこういう話を振るんですよ、貴方の知っている方だと……ステラライムさんの
トレーナーさんや、グリーンシルフィーさんのトレーナーさんが新人の頃にも話して困らせた記憶がありますから」

『そ、そうだったんですか……』

――あれ、じゃあ。やっぱりこの人の年齢は……え?
639 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/11(火) 23:56:31.07 ID:bydBv2aR0
間違えて同じの2回貼っちゃいました。



マントレ「しかし暑いですねぇ。最近は五月六月の時期からも暑いですから、この夏のシーズンはより一層暑くなりますね」

『そうですね。蒸し暑くて蒸し暑くて、冷房無しではもう体調を崩してしまいそうですよね』

扇子をパタパタしながら暑い暑いと枝豆をぽりぽり食べているマンティのトレーナーさん。夏の暑さは過酷で、今の時期のトレーニングは肉体以上に精神の成長に繋がるだろう。

もっとも、やり過ぎはいけないが。熱中症なんてされては元も子もない。

『……あの、トレーニングについてお聞きしたいのですがよろしいでしょうか』

マントレ「はい?」

――効率の良いトレーニング方法とは、なんでしょうか。そう訊ねると、なんだか困ったような顔をされてしまう。

マントレ「……効率はとても大事ですよね。時間は有限で、期限は刻一刻と近づいてきますから。少ない時間でより最大のトレーニング効果を求めたいものです、勿論私もそうです」

しかし、だからと言って担当ウマ娘の意見を尊重しないトレーニングというのもかえって効率が悪くなるものです。

『……と、言いますと?』

マントレ「担当しているウマ娘によって効率のいいトレーニングは変わる、ということですよ。勿論、だからと言って本や資料のトレーニングが悪いという訳ではありませんが」

――パピヨンさんに合ったトレーニングをぜひ、ご自身の手で見つけてあげてください。それは担当トレーナーの貴方にしか出来ないことですから。

『……ありがとうございます。すみません、参考にさせてもらいます』

マントレ「ええ。お互い頑張りましょうね。こちらもこんなことを言っていますが、まだまだ勉強中ですので」

にこりと笑いながらそう言うが、あまりにもそんな風には思えなかった。

……本当に何歳なんだろうこの人。
640 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/12(水) 00:27:18.00 ID:q8ximHrP0
マンティ「あ、ぱ、パピヨンさん……」

ライム「パピヨンさーん!こっちですよこっち!」

四人で集まって花火をしよう!ということになり、夜の砂浜に集まるアタシたち。どうやらアタシが一番最後に来たみたい。

パピヨン「んー、ごめんごめん。それで、花火は用意できたの?」

シルフィー「はい。宿舎に余っている花火が沢山あるみたいで、お願いしたらいくつか貰えました!」

嬉しそうに耳をぴょこぴょこさせているシルフィーの手には大きなビニール袋。その中に沢山の花火。

えーっとなになに?線香花火に、火花みたいな花火が真上にブシャーって出る奴、手に持つ花火……あ、打ち上げ花火もあるじゃん!

ライム「ふふ、パピヨンさんはこちらが夏祭りの時北海道ですから。ここで私たちだけで夏祭りの花火を先取りしちゃいましょう!」

パピヨン「え、なになに。もしかしてあのいきなりの花火発言ってアタシのこと考えてしてくれたの?え〜やっさし〜!」

もしかして、皆アタシのこと大好きなの〜?

マンティ「あ、えっと、わたっ。わたしは……!パピヨンさんが……一人だけ遠征なので」

ライム「そうですよ、一人だけ夏祭り楽しめないなんて寂しいじゃないですか!」

シルフィー「はい、パピヨンさんの事を思って計画したんですよ?」

パピヨン「…………え、待って待って。思ってた反応とちょっと違う」

……うわ、ちょっと恥ずかしい。別に遠征なんて大したことじゃないのに……。
641 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/12(水) 00:54:17.55 ID:q8ximHrP0
――と、いう訳で早速四人の花火大会がスタートした!

パピヨン「すっご!今の市販の花火ってこんなカラフルなんだ、結構やるじゃーん」

市販で買える花火なんて久しぶりで、幼い頃にやったそれの記憶と比べるとだいぶ進化しているなぁ。やっぱ成長してるね〜どこも。

シルフィー「パピヨンさんパピヨンさん、そろそろ打ち上げ花火やっちゃいませんか?」

パピヨン「おっ、いいねいいね〜。じゃあどんどん火を付けちゃおう!」

付属のチャッカマンで打ち上げ花火に火をつけると、暫くしてから大きな音と共に花火が打ちあがり、パーンパーンと夏の夜空に綺麗な円を描いた。

マンティ「わっ……!び、びっくりしたぁ……け、結構凄いですねぇ」

シルフィー「ほんと、凄いですね……」

連続で花火が打ちあがる。ほんと、全然夏祭りで打ち上げられるようなものと比べても……いや、流石にそれは嘘かも。ちゃんとした奴の方が大きいし、綺麗だし、音もデカいし……。

……でも、こういうのも良いな。雰囲気あって。皆で見れるし。

ライム「パピヨンさん」

パピヨン「ん?」

打ち上げ花火がまだ続いている中、隣で座っているライムが話しかけてくる。

ライム「エルムステークス、応援していますよ。私応援していますから、テレビでもちゃんと観させて貰いますね!」

パピヨン「うげっ……別にいいでしょ、そんな応援とか。そっちはそっちで練習しなって」

ライム「いえいえ、ライバルの試合を確認するのも立派な練習ですよ。貴方ほどのウマ娘をマークしないなんて、怠慢ですよ怠慢」

……相変わらずこの子はアタシに対してこんなことばかり。そんな期待、アタシには荷が重いし背負いきれないんだけど……。

……でも。

ライム「じゃ、そんな期待に応えないとね。どう?優しいでしょアタシ」
642 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/12(水) 00:56:46.16 ID:q8ximHrP0
んもー間違えです。




――と、いう訳で早速四人の花火大会がスタートした!

パピヨン「すっご!今の市販の花火ってこんなカラフルなんだ、結構やるじゃーん」

市販で買える花火なんて久しぶりで、幼い頃にやったそれの記憶と比べるとだいぶ進化しているなぁ。やっぱ成長してるね〜どこも。

シルフィー「パピヨンさんパピヨンさん、そろそろ打ち上げ花火やっちゃいませんか?」

パピヨン「おっ、いいねいいね〜。じゃあどんどん火を付けちゃおう!」

付属のチャッカマンで打ち上げ花火に火をつけると、暫くしてから大きな音と共に花火が打ちあがり、パーンパーンと夏の夜空に綺麗な円を描いた。

マンティ「わっ……!び、びっくりしたぁ……け、結構凄いですねぇ」

シルフィー「ほんと、凄いですね……」

連続で花火が打ちあがる。ほんと、全然夏祭りで打ち上げられるようなものと比べても……いや、流石にそれは嘘かも。ちゃんとした奴の方が大きいし、綺麗だし、音もデカいし……。

……でも、こういうのも良いな。雰囲気あって。皆で見れるし。

ライム「パピヨンさん」

パピヨン「ん?」

打ち上げ花火がまだ続いている中、隣で座っているライムが話しかけてくる。

ライム「エルムステークス、応援していますよ。私応援していますから、テレビでもちゃんと観させて貰いますね!」

パピヨン「うげっ……別にいいでしょ、そんな応援とか。そっちはそっちで練習しなって」

ライム「いえいえ、ライバルの試合を確認するのも立派な練習ですよ。貴女ほどのウマ娘をマークしないなんて、怠慢ですよ怠慢」

……相変わらずこの子はアタシに対してこんなことばかり。そんな期待、アタシには荷が重いし背負いきれないんだけど……。

……でも。

パピヨン「じゃ、そんな期待に応えないとね。どう?優しいでしょアタシ」
643 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/12(水) 01:09:18.48 ID:q8ximHrP0
――アタシには夢がない。走りに対する思いとか、願いとか。そんな大層なものは存在しなかった。

けど、今のアタシには……それっぽいのがある。ステラライムのライバルになって――期待に応えて、そして。

…………勝つ。全員の期待に応えて、しっかり全部背負って、堂々の一着で。勝つ。

パピヨン「まずはエルムステークス。そこで勝って――ライムの場所まですぐに戻るよ」

ちょっと最近負け続きだったから、同世代最強さんの近くに早く戻ってこないと。

ライム「ふふっ、なんですかそれ。パピヨンさんはずっと、アタシと近いところに居たじゃないですか」

パピヨン「アタシにはアタシなりに思うところがあるの!はー、そんなんじゃ彼氏くんとの関係長続きしないんじゃないの?」

ライム「あっ!あ!あー!!!それはもうやらない約束じゃないですか!あー!しかも……は、はぁ!?彼氏じゃないですし、長続きしない……!?」

パピヨン「ぷははははは!」

――――こんなことを言っておいて負けるかもしれない。けど、もうアタシは――折れないよ。

未来がどうなるかなんて分からない、けど――だからと言って全部ダメにしちゃうのは良くないことだって。お兄さんに言われたから。

まだまだアタシは走り続ける。たとえどうなろうと――アタシは、応え続ける。

――もう二度と背負ったものを放り出したりしないから。

パピヨン「あーおもしろ〜……って、へ?な、なに?その怖い顔……あー!デコピンしようとしてる!ちょっとシルフィーにマンティ!この人暴力!暴力振ろうとして――あ"ー!」

アタシの叫びは丁度一番大きな花火の音と重なって、聞こえなかったみたいだった。

644 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/12(水) 01:14:58.49 ID:q8ximHrP0
それじゃあ今日はこれで、おやすみなさい。



コンマも安価もしないの申し訳ないので、適当になにかやります。こんな時間ですけど。

パピヨン→ライム感情:コンマ直下

コンマが高いほど激重、低いほどカラっとしてる。
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/12(水) 01:41:56.88 ID:2FsfIWYfo
おつおつー
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/12(水) 01:42:29.23 ID:2FsfIWYfo
(おっとこれは意外と……?)
647 : ◆OX0aJKbZO.0H [sage]:2024/06/12(水) 16:47:36.58 ID:q8ximHrP0
軽い気持ちでコンマしたらなんか凄いことになっちゃった
パピヨンが色々シットリしてきた
648 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/12(水) 22:37:15.05 ID:q8ximHrP0
――――夏合宿を途中で抜け、飛行機に乗り北海道へ。そしてレース場。

今日はエルムステークス当日。担当ウマ娘シルヴァーパピヨンの様子はというと……。

パピヨン「ねえねえ、今日のレースが終わったら何か美味しいご飯ご馳走してね〜お兄さん?」

――上目遣いでご飯をねだっていた。まあ、それくらいなら全然良いんだが――。

パピヨン「あとあと、北海道観光もしたいし夏祭りも行きたいし……あ!お土産も買わないとじゃん!」

『……キミ、レース前だけど随分と余裕だな』

パピヨン「やだなぁお兄さん、ガッチガチになって本調子出せないより全然良いでしょ?だからお兄さんが出来ることは、可愛い担当ウマ娘のアタシのおねだりをきちんと叶えてあげること!」

はー楽しみだなぁ北海道ご飯!と、わざとらしい大きな声。

『……ま、それもそうか。それじゃあ飛び切り美味しいお店探しておくから、キミは早く行ってこい」

パピヨン「お兄さんわかってる〜!んじゃ、行ってくるね〜!」

――そして、パピヨンはルンルン気分で控室から出ていった。

距離も場所も初めてのこのエルムステークス。短距離適正であるのにマイル距離に挑み続けるその姿、これまでのレース結果も踏まえると、パピヨンの人気は今までで一番低い。

『……でも、そのための練習を行って来たじゃないか』

自分に出来ることは、もう信じて待つだけだ。そう思いながら、【貴方】は観客席に向かって行く。
649 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/12(水) 22:41:36.13 ID:q8ximHrP0
エルムステークス、結果は:コンマ直下
1-2 余裕の勝利勝利
3-7 何とか勝利!
8 2着!
9 3着!
0 おおっと
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/12(水) 22:51:11.13 ID:XAdrcKZK0
651 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/12(水) 23:10:53.85 ID:q8ximHrP0
――さあ最終コーナー!4番シルヴァーパピヨン逃げる逃げる!外から7番!そして内から1番のウマ娘が追うも差が縮まらない!

パピヨン「っ……!やぁあああああああああ!!!!」

――シルヴァーパピヨン先頭シルヴァーパピヨン先頭!しかし最後の直線厳しいか!段々と後方との差が縮まっていく!7番が迫る!

――おおっと10番のウマ娘が後方から追い上げる!4番手、3番手!そして7番のウマ娘と並び先頭を狙う!

パピヨン「――ああああああああああああああああっっっ!!!!」

――――先頭は4番シルヴァーパピヨン!今一着でゴールイン!重賞初制覇!見事な逃げ切り勝ち!

――そして二着は10番、三着に7番――。
652 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/12(水) 23:24:00.91 ID:q8ximHrP0
パピヨン「はぁ、はぁ、はぁ……はぁ……?」

――レース版を駆け抜けて、ゆっくりと速度を落としていきながら止まる。夏の蒸し暑さでビショビショの汗で手の甲で拭い、観客席を見る。

わぁあああああ……!と、歓声。暫くアタシが浴びれてなかった、歓声。

――――あんなに、アタシには走り切れない見たいな雰囲気だったのに。勝ったら勝ったでこんな歓声。いや、ほんっと、ほんとー……に。

パピヨン「…………っぷ」

――さいっこー……!

パピヨン「ぷふ、ぷはははははははは!!!アタシには走り切れないとか、全然ダメ見たいなことばっかり言ってたくせに何この歓声!手の平クルクルでなっさけな!」

パピヨン「アタシが勝つのは当然なんだけど!なんで理解できてないのこの人たち!ぷぷぷぷぷ!」

――あ、お兄さんの悲鳴みたいな声が聞こえてきた。ぷぷっ……!きっも……!

パピヨン「はー……!」

久しぶりに、なんだかスッキリ走れた!気持ちよかったー!
653 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/12(水) 23:37:24.09 ID:q8ximHrP0
すみませんこれだけです。おやすみなさい。

北海道でちょっとご飯食べて夏祭りできそうならやって、次のレース安価いきます。
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/12(水) 23:55:32.47 ID:2FsfIWYfo
すーぐ調子に乗りやがってコイツ……
ライムにボコられてまたしっとり分からせられてくれーでもそのためにももっともっと勝て

あと北海道で美味しいもの食べてお土産も買っていってあげれ
おつ
655 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/13(木) 12:05:53.32 ID:+m04VO4cO
ライムが出会った当初からグイグイ来る光属性過ぎてパピヨンの脳が焼かれちまってるんだ。

日常生活でもやられてるしレースではもっと脳焼かれてるし、表には出してないし本人も自覚してないけどお兄さんと同じくらい大好きなのがライム。

だからもしライムが曇ったりしたら凄いことなる。凄い。
656 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/13(木) 22:10:20.86 ID:+m04VO4cO
『正座』

パピヨン「はーい、反省してまーす」

――レースが終わってすぐ控室に戻ってきた担当ウマ娘。褒めるでもなく、脚のチェックをするでもなく、最初にしたことはこれだった。

『……はぁ、キミなぁ。前にも言ったと思うが、そういう態度はだなぁ』

パピヨン「え〜?いやいやお兄さん、だって本当のことじゃん?」

――彼女のこういう言動を、自分は嫌われるためにわざとやっている物だと思っていた。が……初めてであった時とは良い意味でも悪い意味でも吹っ切れた彼女が、何故またあんなことを。

パピヨン「楽しかった楽しかった〜。ふんふーん」

……まあ、それはとりあえず後ででいいか。

『はぁ、重賞を勝って調子に乗るのは良いが、あまり乗りすぎると――いや、悪い』

あの態度は問題だが、それとこれは別問題。重賞初勝利、それで調子に乗らなければいつ乗るのか。今パピヨンはウッキウキの笑顔で、尻尾がフリフリ揺れていて。とにかくとてもとても嬉しそうで。

……それに水を差すのは。ダメだろう。

『こほん。パピヨン――重賞初勝利おめでとう。自分も、このレースを見ていてずっと興奮しっぱなしで、なんだか目頭が熱くなってきて――』

パピヨン「うわ、きも〜い!お兄さんなに?そんな自分の事みたいに喜んじゃって、泣きそうになっちゃったの〜?」

『そりゃあ自分の事みたいに喜ぶし感動もするだろ!キミは自分の担当ウマ娘なんだぞ!?』

パピヨン「……!」

ああ、パピヨンはそうやってすぐに茶化してくる。担当ウマ娘の勝利を自分のことのように喜べない奴なんてトレーナー失格だ。当然に決まっているだろう。

『――けどこれはまだ始まりだパピヨン!今後もっともっとレースに出て、勝って、そして――ステラライムに勝つ』

それが目標だもんな、と。パピヨンの両手をぎゅうっと握りしめて、言う。
657 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/13(木) 22:11:11.20 ID:+m04VO4cO
パピヨン「……ぷっ。ぷははは!ほんっとお兄さんって……ヤバいよね。キモすぎて」

全然嫌そうな顔をせず、パピヨンは笑う。握りしめた両手をほどいてパピヨンはまた部屋から出て行こうとする。

パピヨン「でも……うん、そのキモさが今は一番嬉しいかな。お兄さんキモくてさいこ〜!」

『う、うん?』

褒められているのか貶されているのか分からない一言に、どう反応したらいいのか分からない。

パピヨン「んじゃ、アタシはちょっと真ん中で踊ってくるから――応援しててね、特等席で」

『……ああ、踊ってこい。そして見せつけてこい』

勝者はアタシだと。精一杯アピールしてこい。その言葉を聞いて、パピヨンは当たり前じゃーん。と言って控室を後にした。

――ああ、その笑顔が見れただけで。自分がどれだけ嬉しいか……キミは分かっているのだろうか。

658 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/13(木) 22:19:36.49 ID:+m04VO4cO


ここで謝りたいことがあります。

すみません、>>519でライムの次走がジャパンダートダービーって書いてあるんですけどすっかり忘れていました。ジャパンダートダービーは7月の前半で夏合宿が始まってすぐなのでライムがその時期に楽しそうに恋バナしてることになっちゃいました。

なのでちょっと安価します。こういうスレやっていてこういうミスはほんと申し訳ないです。


1 描写してないだけでちゃんと出てたよ。(レース結果は後でコンマ)
2 なんか色々あってレース時期がずれてるよ(上と同文)
3 >>519をなかったことにして違うレースを次走にする。

安価下2まで
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/13(木) 22:22:01.32 ID:HGOVvORDO
2
660 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/13(木) 22:33:45.12 ID:+m04VO4cO
40分になったら締め切ります

ほんとすみません
661 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/13(木) 22:54:34.28 ID:+m04VO4cO
それでは、ちょっと時期をずらして9月の初めにずらします。

ほんと気を付けます。申し訳ないです。
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/13(木) 23:09:33.00 ID:x0c/yB6lo
あまり気にしすぎなくていいのよ
とても楽しんでます
663 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/13(木) 23:24:23.42 ID:+m04VO4cO
――――ウイニングライブは無事に終わった。センターで踊る我が担当ウマ娘の姿をこの目とカメラにしっかりと収め、とても満足することが出来た。

レース観戦中に熱くなった目頭が崩壊し、ちょっと溢れ出たが視線とカメラだけはブレさせなかった。

……そして、その次の日。

パピヨン「よーし!じゃあお兄さん!ゴチになりま〜す!」

『……行っておくが食べ放題じゃないからな、申し訳ないけどこっちにも財布の事情があってな』

経費でなんでもかんでも降りるわけじゃない、ここはしっかり自腹だ。その旨はきちんとパピヨンにも説明しているんだが……まあ関係ないか、ああ。

パピヨン「ま、そこは安心してよお兄さん?アタシ、あんまり食べない方だし」

『……いや食べろ。キミはもっと沢山食べて身体を付けるべきだ』

パピヨン「言ってることが全く逆になってる気がするんですけどお兄さん」

それはそれとしてまだまだ食べ盛りだろう彼女には沢山食べてもらいたい。

『……なんでも塩ラーメンが美味しいらしいぞ。この前とある芦毛のウマ娘がそう言っていて』

パピヨン「それ滅茶苦茶有名な人じゃない?とあるって誤魔化す必要ある?」

まあしかし勝手に名前を出すのもあれだ、自分も殆ど名前が分かるがあちら側としては名前を出したくない理由とかもあるのかもしれないし。

『まあ適当にぶらつきながら美味しそうなお店に入ってみるのも良いな』

パピヨン「えーもしかしてノープラン?お兄さん、デートはちゃんと女の子をリードするものだよ〜?」

ま、彼女いない歴が年齢のお兄さんにはわからなかったか〜ぷぷぷ。と、にやにや笑うパピヨン。
664 : ◆OX0aJKbZO.0H [saga]:2024/06/13(木) 23:25:41.80 ID:+m04VO4cO
『キミ、いい加減起こるからな』

パピヨン「や〜んこわ〜い!お兄さんに乱暴されちゃ〜う!」

『……』

……デコピンしてやろうかと思った。


パピヨンと札幌デートだ:安価下2まで。

何かイベントとか、食べた食べ物とか。お好きなイチャつきを。



今日はこれでおしまいです。ありがとうございました。おやすみなさい
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/13(木) 23:58:05.59 ID:x0c/yB6lo
水族館でペンギンの散歩見よう
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/06/14(金) 08:03:06.13 ID:H9xbNrHUo
塩ラーメン食っとくか
そのあとラーメン屋はしごしようとか言い出すパピヨンにやっぱりウマ娘なんだなぁとしみじみ思うトレーナー(結構お腹いっぱい) 
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2024/06/15(土) 01:44:09.00 ID:pfLSbGEuO
そういやゾロ目ボーナスもうやんないの?
直近だと>>645がゾロ目だけど
365.78 KB Speed:6.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)