依田芳乃(あの方のー、たくましいアレが私の中をー)

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 03:44:44.28 ID:199nlD3DO
芳乃(ふぅ……)

芳乃(昨日は私の生誕の祝事でしたー)

芳乃(その最中に私はー……)

芳乃(は、はじめてー……あの方のがわたしの中に入ってきてくださりー)

芳乃(その感触はー、今まで味わったことがなくー……ものすごくー、私の中が満たされた気持ちになりましてー)

芳乃(これがー、快楽を伴うというものでしょうかー……)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1720032284
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 05:53:29.02 ID:199nlD3DO
芳乃(私の一番深いところにあの方が触れー……私も知らなかった私を目覚めさせてくれましてー……思い出す度に恥ずかしながらもー……うれしくありましてー)

ブルルッ

芳乃「……」

芳乃「私……」

芳乃「我慢はー……できそうにないのでしてー」

ガチャ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 06:35:20.44 ID:199nlD3DO
ヴヴヴヴヴ

芳乃「ハァ……ハァ……」

クチュクチュ

芳乃「んっ……くぅ────っっ!」

芳乃(そなたと繋がっていたことが、一昨日までの私とは違い……なにも知らなかった私にはもう戻れないとー……)

芳乃「そなた……はぅぅッ!」

芳乃(思い出す度ー、身体中がじんじんして、そなたのアレが動く度に私の中に電気が走ったみたく痺れー、身体は疼き抑えられなくなり……こんなに熱くー)

チュブチュブ

芳乃「駄目ですのに……私の手は止まりませぬ……」ハァハァ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 06:47:52.51 ID:199nlD3DO
サクサク

芳乃「うっ、はぁ、っ──……んんっ!」

芳乃(頭が……どうにかなりそうなのに……もっとしてほしいような……そんな気分になり……)

パクパクッ

芳乃「……ぁ……っ────!」

芳乃「────っ……ぅ────────……」





芳乃「……やはり、一人では満足できないのでしてー」ポツリ

芳乃(またー、そなたに私の中へ……して貰いたいとー……)

芳乃(その時は……また……)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 06:49:19.26 ID:199nlD3DO






?「……」

?「……」

?「芳乃さん……夜中にあんなことを……」

?「芳乃ちゃんも女の子だから……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 06:51:34.82 ID:199nlD3DO
―朝

モバP(以下P)「おはようみんな」

みんな「おはようございます!」

ガヤガヤ



「あ、あの……」

P「ん?」





悠貴「よ、芳乃さんについて……(///)」

智絵里「そ、相談が……(///)」

P「ん?……じゃあ、会議室に来てくれ」

P(顔を真っ赤にして……何があったんだ?)
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 06:57:13.65 ID:199nlD3DO
―会議室

P「そうか……夜中に一人で……」

悠貴「は、はい……」

智絵里「おかげで眠れなくなって……」

P「それはいかんな。よし、芳乃の件は任せろ」

悠貴・智絵里『よろしくお願いします(っ)!』



P「……にしても、芳乃のそれを見て眠れなくなるとはな……」

悠貴「う、うぅ……(///)」

智絵里「せ、セクハラですっ!」エイ、チョップデス

ビシバシ

P「ははっ、痛い痛い」



P「そうか。なんなら二人にも誕生日に芳乃と同じことしてやろうか?」

悠貴・智絵里『ふぇっ?!』

悠貴「に、妊娠しちゃいますっ!」
智絵里「あ、赤ちゃんができちゃいます!」

P「んなわけあるか!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 07:55:46.93 ID:199nlD3DO
―二人と別れました

P「さてと……」





P「芳乃ー!」

芳乃「はいー、ご機嫌うるわしくー」

P「うるわしくじゃない!」ポカリ
芳乃「ひゃん!」

芳乃「ひどいのでしてー。乙女の頭を軽々しく叩くものではー」

P「それなら何故、今日の深夜のような真似をする?」

芳乃「深夜……?」

P「悠貴と智絵里が見ていたとさ……」ハァ

芳乃「な……」フルフル
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 08:03:03.26 ID:199nlD3DO






芳乃「昨日、生誕のお祝いとそなたにかふぇに連れられー、そなたの膝に抱えられたまま、ぱふぇを『あーん』して貰ったのを思いだし、寮でこっそりぱふぇを作り食べたことでしてー!?」

P「大きい声で言うんじゃありません!!」

P「まゆや響子だけならともかく、かな子や志保に聞かれたらどうせいと?」

芳乃「それはそれでしてー」スットボケ

P「いい度胸だ。インフェルノトレーナーさんに報告だな」

芳乃「私が悪くありましてー」ドゲザ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 08:07:43.04 ID:199nlD3DO
P「ともかく、パフェが食べたいなら連れて行ってやるから、深夜に作って食べるのは止めなさい」

芳乃「ぶーぶーでしてー」

P「そう言うのはこの口か」ムニー

芳乃「ひひゃいひひゃい!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 08:11:28.16 ID:199nlD3DO
芳乃「えっと……」

芳乃「膝乗りあーんのおぷしょんなどはー……?」

P「……」

P「……月に一度なら……な」

芳乃「パァァァァ!」

芳乃「そなたー」ギューッ

P「こらこら、女の子がそんなにたやすく男性に抱き付くんじゃありません」

芳乃「えへへー」ニコニコ

P「畜生、いつか結納してやる」

芳乃「そなたー?」

P「ん?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 08:14:23.52 ID:199nlD3DO








芳乃「今日は……いえ、これからはー、この芳乃もいつでも食べ時でしてー?」ニコニコ







おわり(続かない)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 08:14:55.85 ID:199nlD3DO
芳乃はかわいい



でもちいさい
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2024/07/04(木) 08:19:00.33 ID:199nlD3DO
一応補足

たくましいアレとは、指のこと(食べてるときにうっかり口の中に入りました)

私の中とは、当然お腹の中です
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/07/04(木) 09:44:39.82 ID:To0q0cu0o
おつおつ
そんなこったろうとおもったよ!!
6.41 KB Speed:0.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)