このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【安価】「とある禁書目録で仮面ライダーのR18スレ」 2部

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :1 [saga]:2018/02/03(土) 00:27:45.09 ID:QiLG5UOv0
前スレ
【安価】「とある禁書目録で仮面ライダーのR18スレ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1505566271/

本スレ↓
現在スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517227450/

一番最初のスレ
香焼「上条さんの家で」レッサー「しばらく研修です!」上条「安価でか!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483196514

説明
○本スレで付き合ってるカップルのみ
※現在カップル

浜面×滝壺
トール×帆風
ランシス×誉望
海原×オリアナ
建宮×フロリス
フレンダ×神華
加群×鞠亜  (マリアンは妊娠中のため無理できない)
シルバークロース×去鳴
白垣根×心理定規
上里×府蘭
天井×オルソラ
テレスティーナ×絹旗
フィアンマ×サローニャ
2 :1 [saga]:2018/02/03(土) 00:33:42.99 ID:QiLG5UOv0

 上条「レッサー・・・!//」

 上条「また、出るっ・・・!///」

 レッサー「んん、ぅ・・・♥///こんろは、おくひに・・・♥///」

 上条「っ・・・!///」

 ―ガシッ グプッグポッ

 レッサー「んぶっ♥!///んぐっ、んむぉ・・・っ♥!///」

 上条「喉の奥に、出すぞっ・・・!///」

 ―グポッ、グプッ!グプッ!クプッ!

 レッサー「んっ♥!///んぁむっ♥///んっ、んぐぅっ♥///」

 レッサー「(当麻さ、ん、手で無理矢理顔を上下にっ・・・♥!///)」

 上条「ぐっ・・・!///」

 ―ビュルルルルッ!ビュプッ!ビュクッ、ドプッ・・・

 上条「っ、あっ、く・・・///」

 レッサー「んぐっ・・・んぇ、んうぅ・・・♥///」

 レッサー「(出てます・・・♥!///お口の中に、いっぱい精液が・・・♥///)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 06:52:48.36 ID:QTq++cqoo
吸い取って全て飲みきる
4 :1 [saga]:2018/02/03(土) 07:04:34.29 ID:QiLG5UOv0

 レッサー「んっぐ・・・んぶっ♥///」

 ―ちゅるるるるっ

 上条「うぉああっ・・・!///」

 上条「(残ったのまで、吸い取られっ・・・!//)」

 レッサー「んん〜・・・っ♥///」

 ―ちゅうぅうっ・・・ちゅぷっ・・・

 レッサー「んふっ・・・♥///」モグモグ

 レッサー「(あぁ・・・♥///さっきのよりも熱い・・・♥///)」

 レッサー「(苦いですけど、匂いが良くて美味しく感じます・・・♥///)」

 ―モグモグ・・・ゴクンッ

 レッサー「っはぁ・・・あは・・・♥///」

 上条「・・・レッサー///」ギュッ

 レッサー「>>5♥///」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 07:08:06.73 ID:QTq++cqoo
気持ちよかったですか?
6 :1 [saga]:2018/02/03(土) 07:30:03.58 ID:QiLG5UOv0

 レッサー「気持ちよかったですか♥?///」ハァ・・・ハァ

 上条「ああ・・・//」

 レッサー「よかったです・・・♥//」

 レッサー「・・・でも、私はまだ・・・足りないです♥///」コロン

 レッサー「もっと好きなだけ・・・シましょう♥///」

 ―クパァ・・・

 上条「・・・んっ///」

 レッサー「んぅ・・・♥///」

 ―ちゅっ・・・レロッ、ちゅるっ・・・ちゅうっ、ちゅっ

 上条「っ・・・っはぁ//」

 レッサー「ぷぁ・・・♥///」 

 レッサー「・・・愛してます♥当麻さん♥///」ニコリ
 
 上条「・・・俺もだ、レッサー//」ギュウッ


 -終-
7 :1 [sage]:2018/02/03(土) 13:08:42.04 ID:QiLG5UOv0
8 :1 [saga]:2018/02/12(月) 01:28:37.91 ID:rqcUuWGc0

 ―ちゅうっ、ちゅっ・・・ちゅぷっ、ちゅっ・・・

 シルビア「んっぅ・・・は、んんっ・・・///」
 
 オッレルス「・・・っ/」

 ―ちゅぱ・・・っ

 シルビア「はぁ・・・んっはぁ・・・//」

 オッレルス「・・・何だか色っぽいよ」クスッ

 シルビア「アンタの下手なキスのせいで体が火照ってきたわよ・・・///」

 シルビア「責任・・・取りなさいよ?///」ジッ

 オッレルス「・・・もちろんだとも」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 01:32:56.57 ID:zNsLe5aB0
愛撫。まずは胸
10 :1 [saga]:2018/02/12(月) 01:45:29.16 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「服・・・脱がすよ」

 シルビア「・・・ん//」コクリ


 ―スルッ・・・

 オッレルス「・・・」

 シルビア「・・・///」モジ・・・

 オッレルス「・・・綺麗だよ。とても・・・」スリ・・・

 シルビア「っ///・・・も、もう歳も歳だし、こんな体//」

 オッレルス「そんなことないさ。滑らかなラインの通ったくびれた体も、きめ細かい白い肌も・・・」

 オッレルス「君の青い瞳も・・・全てが美しいよ」

 シルビア「>>11///」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 01:55:07.17 ID:zNsLe5aB0
よくもまあ、そんな歯の浮くような台詞を言えるな
12 :1 [saga]:2018/02/12(月) 02:10:58.65 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「よ、よくもまぁ・・・///」

 シルビア「そんな歯の浮くような台詞を言えるな・・・///」

 シルビア「何度もキザったらしいのは・・・似合わないって言ってるのに・・・///」

 オッレルス「でも・・・今だけはいいだろう?」チュッ

 シルビア「・・・フ、フンッ//」

 オッレルス「・・・」

 ―フニュッ、ムニュッ

 シルビア「ひゃっ・・・///」ビクッ

 オッレルス「(着やせしやすいからわかりにくいけど・・・)」
 
 オッレルス「(結構立派なんだよね・・・)」

 ―ムニュムニュッ・・・

 シルビア「ぁっ、ん・・・っ///」

 オッレルス「>>13
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 02:18:32.40 ID:p922mYKEO
へぇ……シルビアがこんな色っぽい声出せるなんて初めて知ったよ。

触り方や強さを変えたらどんな声を出すのかな?←Sっ気が出て始めている
14 :1 [saga]:2018/02/12(月) 02:32:38.24 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「へぇ・・・」

 シルビア「っ///な、何・・・?///」

 オッレルス「・・・シルビアがこんな色っぽい声出せるなんて初めて知ったよ」

 シルビア「ばっ・・・!///」カァァア

 ―ムニュウッ、ムニュッ
 ―クリクリッ

 シルビア「んんっ・・・!///あっぁ・・・!///」

 オッレルス「触り方や強さを変えたら・・・他にどんな声を出すのかな?」

 シルビア「ちょっ、オッレルス・・・!///」

 オッレルス「」クスッ

 ―ムニュッ、ムニッ
 ―クリッ

 シルビア「あ、んっ・・・!///」



 どうする?orどうなる?
 ↓1
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 02:37:23.69 ID:Mx0OrPNMO
胸と尻触りながら、強引にキスするオッレルス
それにシルビアは自分がいつもオッレルスにサディス行為していた反動かと考えてしまう
16 :1 [saga]:2018/02/12(月) 02:45:07.78 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「ちょ、オッレルスっ//も、もう少しっ//」

 オッレルス「何だい?」

 ―サワサワッ

 シルビア「ひあぁあっ・・・!///」

 オッレルス「へぇ・・・お尻でも触られるのも弱いんだ」

 シルビア「や、やめっ///」

 ―ちゅうっ

 シルビア「んうぅっ・・・!///」

 オッレルス「っ・・・」

 ―ちゅっ、レロォッ・・・
 
 シルビア「(し、舌が・・・っ///オッレルスの舌が口の中に・・・っ///)」

 シルビア「んっふぅ・・・!///んっぁ、んむぅっ・・・///」

 オッレルス「ん・・・」

 ―レロッ、ちゅぷっ、ちゅるるっ、レロッ・・・
 ―ムニュッ、ムニッ、フニュッ
 ―サワサワッ・・・

 シルビア「(オ、オッレルスがこんなにまで激しくしてくるなんて・・・っ///)」

 シルビア「(も、もしかして・・・いつもサディス行為してた反動が・・・っ///)」

 オッレルス「>>17
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 07:00:21.69 ID:wPZKS9lPO
いつもの強気な君じゃない今の君を知っているのは私だけかな? ムニュ

今の君を見ているとなぜか気分が高翌揚する。
もっと私に今の君を見せてくれ……んっ

18 :1 [saga]:2018/02/12(月) 09:07:32.98 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「・・・っはぁ」

 シルビア「っぷぁ・・・///」ハァハァッ

 オッレルス「・・・いつもの強気な君じゃない、今の君を知っているのは私だけかな?」

 ―ムニュッ

 シルビア「は、ぁっ・・・あ、んっ///」

 シルビア「(胸、そこまで揉まなくても・・・///)」

 オッレルス「今の君を見ていると、何故か気分が高翌揚する」

 シルビア「っ・・・///(や、やっぱり反動で・・・///)」
 
 オッレルス「もっと私に今の君を見せてくれ・・・」

 シルビア「オ、オッレルス・・・///」キュンキュンッ

 シルビア「(な、何で私、こんな胸が締め付けられて///)」

 オッレルス「んっ・・・」

 ―ちゅっ、ちゅうっ・・・ちゅぷっ

 シルビア「んんっ、んっ・・・///」 

 ―フニュッ、ムニュッ、ムニッ
 ―サワサワ、ムニュッ

 シルビア「んぁっ!///ん、ぅっ・・・ぁ、んっ!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 09:12:27.03 ID:zNsLe5aB0
「そろそろいい頃かな?」とシルビアのあそこが抜けているか手で確認するオッレルス
20 :1 [saga]:2018/02/12(月) 09:17:26.46 ID:rqcUuWGc0

 ―ムニュッ、ムニッ
 ―サワサワ、グニュッ

 シルビア「んぁぁっ///んっ、んんっ///」ビクビクッ

 シルビア「(やだ・・・っ///私、こんなに感じて///)」

 オッレルス「(そろそろ・・・いい頃かな)」スッ

 ―・・・クチュッ

 シルビア「んあっ!///」ビクンッ!ビクビクッ!

 オッレルス「っはぁ・・・こんなに濡れてる・・・」
  
 ―クチュッ、チュクッチュクッ

 シルビア「やっ、んんっ!///あっ、あぁっ・・・!///」

 オッレルス「>>21
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 09:22:30.99 ID:zNsLe5aB0
私に攻められてこんなに濡らしたのかい?

普段はドSなのに実はドMだったなんて、君はとんだ淫乱なメイドだよ チュクッチュクッ
22 :1 [saga]:2018/02/12(月) 09:35:28.19 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「私に攻められて・・・」

 ―クチュッ、チュクッチュクッ

 シルビア「あぁっ!///んっ!///んっ、ぁっあ!///」
 
 オッレルス「こんなに濡らしたのかい?」クスクス

 シルビア「オッ、レルスッ・・・!///」キッ

 シルビア「(しょ、正気を保ってないと・・・っ///)」

 ―クチュッ、チュクッチュクッ

 シルビア「っ、あっ・・・!///んんっ・・・!///」ビクビクッ

 オッレルス「普段はドSなのに実はドMだったなんて、君はとんだ淫乱なメイドだよ」

 ―クチュッ、チュクッチュクッ

 シルビア「んんっ!///ち、ちがっ・・・!///」ビクッ!

 オッレルス「何が違うと言うんだい」

 シルビア「ん・・・っ!>>23///」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 11:01:22.44 ID:17SGYW2To
あなただから
24 :1 [saga]:2018/02/12(月) 11:16:24.47 ID:rqcUuWGc0
 
 シルビア「・・・あ、貴方、だから・・・///」

 オッレルス「・・・」

 シルビア「んっぁ・・・///」フイッ

 オッレルス「・・・それは、嬉しいね」クスッ

 ―クチュクチュッ、チュクッ、クチュッ

 シルビア「やっぁ!///んあぁっ・・・!///」

 シルビア「ちょっ、いきな、りっ・・・んっ!///」ビクビクッ!

 オッレルス「僕にだけ・・・今の君をもっと見せてよ」

 ―クチュッ、グチュックチュッ、チュクチュクッ

 シルビア「んんっ!///あっぁ、ひっぁ・・・!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 11:17:46.80 ID:wPZKS9lPO
わざとイカさないでシルビアの口からおねだりさせるドSッスル
26 :1 [saga]:2018/02/12(月) 11:21:26.50 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「すごいよ。君の中が指を締め付けてきて・・・」

 シルビア「言わない、でっ・・・!///」

 シルビア「んんっ!///あぁっ・・・!///」

 ―ぐちゅっくちゅっ、ちゅくっぐちゅっ

 シルビア「あぁぁあぁっ!///」ビクビクッ!

 シルビア「(ダメッ、イっ・・・!///)」

 オッレルス「・・・おっと」

 ―ヌチュッ

 シルビア「っ!・・・ぇ、え・・・?///」ハァハァッ

 オッレルス「・・・」

 シルビア「な、何で・・・っ///」

 オッレルス「>>27
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 11:30:23.23 ID:17SGYW2To
こうしないと気持ちよくないから
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 11:31:11.69 ID:wPZKS9lPO
それにイカせるのは簡単だけどつまらないだろ?
29 :1 [saga]:2018/02/12(月) 11:49:29.92 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「こうしないと気持ちよくないじゃないのかな?」

 シルビア「は、はぁ・・・?///」

 オッレルス「それに・・・イカせるのは簡単だけど・・・」

 オッレルス「つまらないだろう?」クスッ

 シルビア「っ・・・!///」

 シルビア「ア、アンタねぇ・・・っ///」

 ―ヌプッ

 シルビア「んあっ・・・!///」

 ―くちゅくちゅっ、ぐちゅっぐちゅっ
 
 シルビア「あぁあっ・・・!///やっぁ、んぁっ!///」

 シルビア「あっ、ダ、ダメッ、イっ・・・!///」

 ―ヌチュッ・・・

 シルビア「あっぁ、ぁぁ・・・!///ぁ・・・///」

 シルビア「(これ、やばい・・・っ///)」

 オッレルス「・・・どうしてほしいから、言ってくれないとわからないよ?」ボソッ

 シルビア「・・・〜〜っ///」

 シルビア「>>30///」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 11:51:58.28 ID:17SGYW2To
挿入して、名まで!
31 :1 [saga]:2018/02/12(月) 11:58:08.36 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「・・・も、もうっ、イかせてっ・・・///」

 オッレルス「どうして?」

 シルビア「っ・・・が、我慢できないからっ・・・///」

 シルビア「体が熱くて、もうっ無理・・・っ///」

 オッレルス「・・・わかった」
 
 ―ヌプッ・・・

 シルビア「あっ・・・///・・・そのっ、指、じゃなくて・・・///」

 オッレルス「・・・いいのかい?」

 シルビア「・・・///」コクリ

 オッレルス「・・・わかった」コクリ


 
 オッレルス「・・・良いね?」

 シルビア「・・・うん///」

 オッレルス「・・・ちゃんと僕の遺伝子を受け止めてくれるかい?」

 シルビア「>>32///」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 12:02:51.89 ID:zNsLe5aB0
ええ。あなたのせーしが欲しい
33 :1 [saga]:2018/02/12(月) 12:12:45.72 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「ええ・・・///」コクリ

 シルビア「受け止めてあげる・・・///」

 シルビア「だから・・・ちょうだい?///」

 オッレルス「・・・、」

 ―ちゅっ
 
 シルビア「んっ・・・///ん、ふ・・・///」

 ―・・・クチュッ クプププッ・・・

 シルビア「んんんぅ・・・///」
 
 シルビア「(ぁ・・・入って、来てる・・・っ///)」

 ―グププッ、ヌプッ・・・

 シルビア「(オッレルスの、熱い、性器がっ・・・!///)」

 ―・・・コツンッ

 シルビア「んっぁああ・・・!///」ビクビクッ!

 オッレルス「んっ・・・すごいね、今回は奥まで入ったよ・・・?///」ニコリ

 シルビア「ぁっ、ぁ・・・///」

 シルビア「>>34///」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 12:19:05.06 ID:17SGYW2To
いつでも出していいから動きなさいよ
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 12:19:21.39 ID:wPZKS9lPO
オッレルスのおちんちん気持ちいい
36 :1 [saga]:2018/02/12(月) 12:25:38.11 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「っ、ぅんっ・・・///」コクリ

 シルビア「(子宮が、降りてきちゃってる・・・///)」

 オッレルス「大丈夫かい?」

 シルビア「え、えぇ・・っ///オッレルス、いつでも出して、いいから・・・///」

 シルビア「動いて・・・♥///」ニコリ

 オッレルス「・・・」ドキッ

 オッレルス「・・・ああ//」

 
 ―パンパンッ グチュッ!グチュッ!
 
 シルビア「あぁぁっ♥!///んっぁ、あぁ♥!///」

 オッレルス「シルビアの中、すごい熱くて濡れててっ・・・///」

 シルビア「>>37♥///」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 12:37:42.35 ID:17SGYW2To
誰が熱くしたと思って…
38 :1 [saga]:2018/02/12(月) 12:41:33.09 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「んっ・・・♥!///」ギュウッ

 シルビア「誰、が熱くしたとっあぁっ・・・♥!///」

 シルビア「思って・・・っ♥!///」
 
 オッレルス「僕のせいだよねっ・・・//」

 ―パンパンッ グチュックチュッ!

 シルビア「んっ、そ、うよっ・・・♥!///」
 
 オッレルス「・・・シルビア、愛してるっ・・・//」

 シルビア「ふあぁっ・・・♥!///ん、あぁっ・・・♥///」

 オッレルス「僕と君の子供をっ・・・身ごもってくれっ・・・!///」

 シルビア「>>39♥///」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 12:52:15.97 ID:gjvZpGiyO
早く出しなさい、いつでも作るわ
40 :1 [saga]:2018/02/12(月) 12:58:33.47 ID:rqcUuWGc0
 
 シルビア「んっ、うんっ・・・♥!///」ギュウッ

 シルビア「つく、るからっ・・・♥///」

 シルビア「早くちょうだいっ・・・♥?///オッレルスの・・・♥///」

 シルビア「熱い、精子っちょうだいっ・・・♥!///」

 オッレルス「っ!シルビアっ・・・!///」

 ―パンッパンッ!
 ―グチュッ!クチュッ!グチュグチュッ!

 シルビア「あっぁああっ♥!///イ、っくぅ・・・♥!」

 オッレルス「・・・っぐ!///」ギュウッ

 ―ドプッ!ゴブッ、ビュルルルッ!

 シルビア「あっ・・・♥!///」

 シルビア「(熱いっ・・・子宮に、満たされて・・・♥!///)」

 オッレルス「ぅぁ・・・っ!///」
 
 ―ビュルルルッ、ビュプッ・・・ドプッ・・・

 オッレルス「・・・っはぁ・・・はぁっ・・・///」

 シルビア「んっ、はぁ・・・♥///」

 シルビア「>>41♥///」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 13:25:28.18 ID:mb5vDGnkO
気持ちいい…
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 13:26:52.09 ID:zNsLe5aB0
これであなたとの子供ができるわね
43 :1 [saga]:2018/02/12(月) 13:33:21.85 ID:rqcUuWGc0
 
 シルビア「気持ちいい・・・♥///」

 シルビア「これで・・・貴方との子供・・・できるわね///」

 オッレルス「・・・ああ//」

 シルビア「・・・んっ♥///」

 ―ちゅっ・・・

 オッレルス「っ・・・」

 オッレルス「・・・シルビア//」

 シルビア「・・・愛してるよ、オッレルス♥///」

 オッレルス「・・・ああ///」

 オッレルス「僕もさ。シルビア//」ナデナデ

 シルビア「ん・・・♥///」


 -終-
44 :1 [saga]:2018/02/16(金) 20:39:37.71 ID:C/Mawrh20
SELECT

浜面×滝壺
トール×帆風
ランシス×誉望
海原×オリアナ
建宮×フロリス
フレンダ×神華
加群×鞠亜  (マリアンは妊娠中のため無理できない)
シルバークロース×去鳴
白垣根×心理定規
上里×府蘭
天井×オルソラ
テレスティーナ×絹旗
フィアンマ×サローニャ

↓1
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/16(金) 20:44:05.63 ID:BaaTh5zm0
建フロ
無理ならフィアサロ
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/16(金) 20:45:39.05 ID:BaaTh5zm0
海オリをいましたらコスプレエッチとかしたりします?
そうだったら、海オリで。無理なら忘れてください……
47 :1 [saga]:2018/02/16(金) 20:52:02.32 ID:C/Mawrh20
  
 海原「今日は楽しかったですね。オリアナさん」

 オリアナ「ええ。姫神と土御門のコスプレ、様になってたわね」クスッ

 海原「そうですね」クスッ

 オリアナ「・・・ね、光貴」スッ、キュッ

 海原「はい・・・?」

 オリアナ「・・・帰ってから教えて、あ・げ・る♥//」ニコリ

 海原「は、はぁ・・・?」

 オリアナ「///」クスッ


 
 海原「よし、着替え終わった。・・・やっぱりこのスーツは体のラインが出てくるから少し恥ずかしいですね・・・//」

 オリアナ<光貴ー

 海原「え?あ、はいっ」


 海原「オリアナさん、どうかしま・・・し、た・・・?」

 オリアナ「ふふ・・・///」


 オリアナさんどんなコスプレしてる?
 ↓1
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/16(金) 20:58:22.81 ID:WlkPBZwwO
エロいナース(露出多め)
49 :1 [saga]:2018/02/16(金) 21:27:24.03 ID:C/Mawrh20

 オリアナ@ナース「どうかしら?///」

 ―むちむちっ


 海原「・・・///」ボッ

 海原「・・・あ、え、えっと・・・///に、似合ってます・・・///」

 海原「(サ、サイズが合ってないような気もしますけど・・・///)」

 オリアナ「ふふ//ありがとう//」

 ―たゆん たゆん


 海原「(わわっ・・・///わ、笑っただけで谷間がすごい露出してる胸が・・・///)」

 オリアナ「・・・光貴?//どこ見てるのぉ?//」

 海原「あっ///ご、ごめんなさい・・・///」

 オリアナ「>>50♥///」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/16(金) 21:30:42.63 ID:WlkPBZwwO
もお、エッチなんだから
51 :1 [saga]:2018/02/16(金) 21:41:21.54 ID:C/Mawrh20

 オリアナ「もお、エッチなんだから♥///」クスッ

 海原「ぁぅ・・・///」

 オリアナ「・・・///」クスッ

 オリアナ「・・・ん〜//患者さんのエッチな原因は・・・ここかしらぁ///」

 ―ススッ スリスリ・・・

 海原「っ・・・///」

 オリアナ「(光貴のおち○ち○・・・少し大きくなってる・・・♥///)」

 ―スリスリッ

 海原「オリ、アナさ・・・っ///」ビクッ

 オリアナ「(可愛い・・・♥///)」

 オリアナ「>>52♥///」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/16(金) 23:54:59.45 ID:+ML2NtD6O
これはきちんと診査しなきゃダメですね〜
53 :1 [saga]:2018/02/17(土) 00:59:22.08 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「これはきちんと検査しなきゃダメですね〜♥///」

 オリアナ「と言う訳で・・・そこの椅子に座ってください//」

 海原「・・・は、はい///」


 海原「・・・///」モジ

 海原「(ズ、ズボンもパンツも脱がされた・・・///)」

 オリアナ「冷たくない?//」

 海原「だ、大丈夫です・・・//今の格好がとても恥ずかしい以外は・・・///」

 オリアナ「ふふ♥///こうしないと検査できないからですよ〜//」

 オリアナ「はい、足を広げて手を退かして?///」

 海原「・・・///」スッ・・・

 オリアナ「>>54///」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 01:10:32.45 ID:JaHfBsX80
こんなに大きくしちゃって…キチンと毒を抜かないとだめですからね❤
お口で抜いてあげますから
55 :1 [saga]:2018/02/17(土) 01:47:10.95 ID:NHoysVMI0
 
 オリアナ「こんなに大きくしちゃって・・・///」

 オリアナ「キチンと毒を抜かないとダメですからね❤///お口で抜いてあげますから・・・///」

 海原「・・・///」コクリ

 オリアナ「じゃあ・・・///」アーンッ

 ―パクッ クププッ・・・ちゅるっ

 オリアナ「んっふ・・・♥///んっく、んむ・・・♥///」

 ―ジュプッ、ちゅるるっ、レロッ・・・
 
 海原「んっ・・・!///」
 
 オリアナ「(光貴のおち○ち○、口の中でピクピクッてしてる・・・///)」

 オリアナ「(気持ちいいのね・・・♥///)」

 海原「は、っぁ・・・くっ・・・///」

 オリアナ「>>56♥///」 
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 08:31:14.37 ID:4LujQHmFO
我慢せず出しなさい、焦らすけど
57 :1 [saga]:2018/02/17(土) 08:35:44.75 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「我慢へふにらひへくらひゃいね♥///」

 海原「は、はぃっ・・・///」

 オリアナ「(まぁ、焦らしちゃうけど・・・///)」クスッ

 ―ジュプッ、レロレロッ、ちゅぱっ、ちゅるぅっ

 オリアナ「んっふ、んむ・・・っ♥///」

 オリアナ「(おち○ち○、すごく硬くなってきてる・・・♥///)」

 ―ちゅるっ、レロッ、ぬりゅっ、くぷぷっ、ちゅぅっ

 海原「うあぁっ・・・!///」

 海原「(小刻みに刺激されてっ・・・!///)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 08:48:54.24 ID:JaHfBsX80
イキそうなところで寸止め
どうしてほしいか海原の口から言わせる


オリアナさんはドSが似合うwwww
59 :1 [saga]:2018/02/17(土) 09:01:11.25 ID:NHoysVMI0

 海原「あっ、もうっ・・・!///」

 オリアナ「はーい♥///」

 ―ピタッ

 海原「ぅあっ・・・!///え、えっ・・・?///」ハァハァッ

 海原「(な、何で・・・///)」

 オリアナ「んふふ・・・♥///」

 オリアナ「我慢はしなくてもいいですけど・・・早めに出されちゃうと私が面白くないですからぁ///」

 オリアナ「焦らしちゃいんです♥///」

 海原「そ、そんな・・・っ///」

 オリアナ「んっ・・・///」

 ―レロレロッ、レロォッ、クルクルッ、ちゅっ、ちゅっ

 海原「ふ、ああっ・・・!?///」

 オリアナ「カリも張ってもう我慢できないんですねぇ・・・♥///」

 オリアナ「どうしてほしいですか?///光貴君の口から聞きたいです♥///」

 海原「っ・・・!///」

 海原「・・・>>60///」
 

 >>58 ですね。あと光貴くんも似合いそう。
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 09:15:49.68 ID:VzFZjIsUO
だしたいです
61 :1 [saga]:2018/02/17(土) 09:25:31.13 ID:NHoysVMI0

 海原「出し、たいですっ・・・///」

 オリアナ「どこにですか?///」

 ―ぬぷっ、ちゅぷっ、レロレロッ

 海原「は、くぅっ・・・!///」

 海原「オ、オリアナさん、の、口の中にっ・・・!///」

 オリアナ「はぁーい♥///よく言えましたぁ♥///」
 
 オリアナ「じゃあご褒美をあげないといけませんね・・・♥///」
 
 ―プツプツッ、スルッ・・・
 ―タプンッ・・・
 

 海原「わっ・・・///(ボタンを外して捲ったナース服の間から・・・///)」

 海原「(胸が飛び出して・・・///)」

 オリアナ「ふふ・・・♥///」

 ―ムニュウッ、タプッ

 海原「んっ・・・!///」

 オリアナ「おっぱいで光貴君のおち○ち○隠れちゃいましたぁ♥///」

 オリアナ「>>62♥///」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 09:34:04.28 ID:VzFZjIsUO
乳首で刺激します
63 :1 [saga]:2018/02/17(土) 09:44:37.44 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「胸で刺激してあげます♥///」

 ―ぬぽっ、ぬぷっ、パチュパチュッ
 ―ちゅるるっ、レロッ、くちゅっ、じゅるっ、ちゅうっ
 
 オリアナ「んぅっ♥///んっ、んっく・・・♥///」

 海原「うあぁぁっ・・・!///」

 オリアナ「ふぅ・・・っ♥///んんっ♥///」

 オリアナ「あっ・・・♥///んっはぁ・・・♥///」

 ―ちゅるるっ、ちゅぷっ、レロレロッ、くぽっ、ぐぷっ

 オリアナ「んふぅ・・・♥///」

 オリアナ「(光貴のおち○ち○、どんどん我慢汁溢れだしてきてる・・・♥///)」

 海原「オリ、アナさんっ・・・///」

 オリアナ「んぅ・・・きもひ、いいれふは♥?///」

 海原「は、いっ///腰が、抜けそうでっ・・・///」

 オリアナ「>>64♥///」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 10:04:08.79 ID:fmZ7m2GwO
もうちょっと頑張ってから抜けちゃいましょう
65 :1 [saga]:2018/02/17(土) 10:12:19.41 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「もうちょっと頑張ってから抜いてあげますね♥///」
 
 ―ぬぷっ、ムニュッ、タプタプッ、パチュパチュッ
 ―ジュポッ、ちゅるるっ、くぷぷっ、レロレロッ

 オリアナ「う、んんっ♥///はむっ♥///は、ぁ・・・んふっ♥///」

 海原「く、ぁっ・・・!///」

 海原「(もうっ、我慢がっ・・・!///)」

 オリアナ「(すごいすごい♥///おち○ち○、どんどんピクピクッして大きくなってきてる・・・♥///)」

 オリアナ「(いいわよ、光貴♥///出して♥いっぱい、お口の中に♥///)」

 ―ぬろっ、ジュルルルッ、ちゅうっ、ちゅるるっ

 海原「っ!で、出るっ・・・!///」

 ―ビュルルッ!ドプッ!ビュプッ!ビュルルッ!
 
 オリアナ「んむぅっ・・・♥!///」

 オリアナ「(精液来たぁ♥///お口の中に、ものすごく濃くて熱いのぉ・・・♥///)」

 オリアナ「んくっ・・・♥///んっ♥///んぐっ♥///」

 ―ゴクッ、ゴクッ・・・

 海原「っくはぁ・・・はぁ・・・///」

 オリアナ「ん〜〜〜っ・・・♥///」
 
 ―クプププッ、ちゅううぅっ

 海原「うあぁっ!?///ちょ、オリアナ、さっ・・・!///」

 ―ちゅうぅうっ・・・ちゅぽっ

 オリアナ「んふ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 10:16:11.44 ID:ZiUg91w00
まだ治らないみたいだから次はテコき開始(オナホールがあったらそれで)
67 :1 [saga]:2018/02/17(土) 10:35:36.79 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「(精液、少ないけどプリプリですごい匂い・・・♥///)」

 オリアナ「んっ・・・///」

 ―ゴクンッ

 オリアナ「あはぁ・・・♥///美味しい・・・♥///」

 海原「オリアナさん・・・///」ハァハァッ
 
 オリアナ「ふふ・・・あら?//」

 ―ギンギン

 オリアナ「・・・まだ治らないみたいですね///」ニギニギッ

 海原「っ・・・//」
 
 オリアナ「これは相当重傷みた・・・それなら♥///」

 海原「?///」

 オリアナ「これ、使ってみましょうか♥///」


 どんなオナホ?
 ↓1
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 11:06:06.90 ID:dlNQLtBCO
締りがガチガチのオナホ
69 :1 [saga]:2018/02/17(土) 11:33:22.35 ID:NHoysVMI0

 海原「そ、それ・・・何ですか・・・?///」

 オリアナ「あら?//光貴君・・・知らないの?//」

 海原「は、はい・・・//」

 オリアナ「そう・・・それなら教えてあげる♥///」

 オリアナ「まずは・・・んっ///」モゴモゴ・・・

 ―トロォ・・・くちゅ、トロォ・・・

 オリアナ「(ローション持ってくるの忘れちゃったから、唾液で・・・///)」

 海原「・・・///」ゴクリッ

 オリアナ「・・・はい//これでよし、っと・・・光貴君、少し我慢してね♥///」
 
 海原「え、あ、はい・・・//」

 ―くちゅっ、グプッ、グプププッ・・・

 海原「っ!?///」ビクッ!

 ―クプッ、グプププッ、ギチギチッ

 海原「〜〜〜っ!!///」

 オリアナ「(悶絶してるわねぇ・・・♥///)」

 ―クプッ・・・

 オリアナ「全部入りましたね♥///どうですか・・・?///」

 海原「>>70///」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 11:42:12.36 ID:dlNQLtBCO
な、なんですかこれ
ずごい気持ちがいい…
71 :1 [saga]:2018/02/17(土) 11:53:12.00 ID:NHoysVMI0

 海原「な、なんですか、これ・・・!///」

 海原「ずごい、気持ちよぐてっ・・・!///」

 ―くぷっ、くぷっ

 海原「ぅあっ・・・!///」

 オリアナ「へぇ、まだ入れただけなのに・・・///」クスッ

 オリアナ「・・・じゃあ動かしまーす♥///」

 ―ぐちゅっ、くちゅっ、くぽっくぽっ

 海原「は、っぁ・・・!///」

 ―くぽっくぽっくぽっ、ぐちゅっ、ちゅくっ、くちゅくちゅっ

 海原「つっ、っぁ!///んっ・・・!///」

 オリアナ「>>72♥///」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 12:02:42.67 ID:dlNQLtBCO
まだまだ我慢できますねー
73 :1 [saga]:2018/02/17(土) 12:09:38.27 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「まだまだ我慢できますねー♥///」

 海原「も、無理、ですっ・・・!///」

 オリアナ「えぇ〜///」

 ―ピタッ・・・

 海原「っ・・・///」

 オリアナ「・・・我慢、できますか♥?///」

 海原「・・・っ///」

 海原「は、はい・・・///」

 オリアナ「良い子ですね♥///」

 ―ぐぷっ!くぷっ!くぽくぽっ!

 海原「あ、っ、うぁっ・・・!///」

 オリアナ「・・・♥///」


 どうする?orどうなる? 
 ↓1
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 12:18:19.72 ID:uTe6O782O
ギリギリまでして言葉攻め(オナホをはらませるつもりとか)
75 :1 [saga]:2018/02/17(土) 12:31:32.64 ID:NHoysVMI0
 オリアナ「ほらほらぁ♥///」

 ―グッポグプッ!グプッ!クプッ!

 海原「んっぐ・・・!///」

 オリアナ「気持ちいい?///光貴君・・・///」

 海原「は、いっ・・・///」
 
 オリアナ「そう・・・///私のおま○こよりも・・・?///」

 海原「っ!?///そ、そんな、わけっ・・・!///」

 オリアナ「じゃあイっちゃて・・・いいのかしら?///」

 海原「ぁ、うっあ・・・///」

 オリアナ「・・・///」

 ―グプッ!クプクプッ!グプッ!

 オリアナ「・・・イっちゃうの?///」

 海原「〜〜〜・・・っ!!///」 

 海原「ごめ、んなさっ・・・!///」

 ―ビュルルルッ!ビュプッ!ビュルッ!ドプッ!

 海原「ぅ、ぁ・・・///」

 オリアナ「・・・ふふ♥///すごい出てるみたいね♥///」

 オリアナ「オナホ孕ませるつもり・・・?///」

 海原「・・・っ///」ポロポロ

 オリアナ「・・・え?」キョトン

 海原「ごめ、んなさい・・・///」ポロポロ

 オリアナ「光貴、どうしたの・・・?//」ナデナデ

 海原「オリアナさんじゃ、なく、て・・・これで、イってしまって・・・//」グスンッ

 オリアナ「・・・」キュンッ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 12:38:42.08 ID:CHRkFtZKO
目の前でスカートをたくし上げて中身を見せるオリアナ
触ってとせがむ
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 12:40:00.92 ID:JaHfBsX80
そんなに年齢離なぜかショタ感があるwwww
78 :1 [saga]:2018/02/17(土) 13:11:29.43 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「・・・光貴///」スクッ

 海原「・・・?///」

 オリアナ「・・・///

 ―スルッ・・・

 海原「っ・・・!?///」ドキッ

 オリアナ「私の・・・おま○こ、触って?///」

 海原「・・・///(ショ、ショーツにシミが・・・///)」ゴクリッ

 オリアナ「ね・・・?///」

 海原「・・・は、はい・・・///」


 オリアナ「今度は私が椅子なのね・・・///」

 海原「あ、そ、その・・・///立ってると辛くなりそうですから///」

 オリアナ「ふふ・・・♥///」クスッ

 オリアナ「それくらい・・・激しくしちゃうのね?///」

 海原「・・・>>79///」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 13:14:48.13 ID:CHRkFtZKO
頑張ります
80 :1 [saga]:2018/02/17(土) 13:26:09.67 ID:NHoysVMI0

 海原「が、頑張ります///」

 オリアナ「ふふ・・・♥///」ドキドキッ

 海原「・・・///」

 ―クチュッ・・・

 オリアナ「んっ・・・///」

 海原「触っただけで、シミが広がりましたよ・・・///」

 ―クチュックチッ・・・

 オリアナ「あ、ん・・・♥///」

 海原「・・・僕を攻めてた時からこうなってたんですか?///」

 オリアナ「・・・///」

 オリアナ「>>81♥///」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 13:27:26.62 ID:CHRkFtZKO
パイズリしたときからもうトロトロよ
82 :1 [saga]:2018/02/17(土) 13:46:16.65 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「パイズリした時から・・・もうトロトロだったのよ♥///」

 海原「そうでしたか・・・///」

 オリアナ「ええ・・・♥///」

 海原「それなら・・・///」

 ―クチュックチュッ・・・

 オリアナ「んんっ・・・♥///」

 海原「僕以上に我慢してたんですか・・・///」

 オリアナ「んっはぁ・・・あっ///」

 海原「それならそれだけのお返しをしないといけませんね///」ニコリ

 オリアナ「んっ・・・♥///」ドキドキッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 13:47:33.21 ID:JaHfBsX80
海原、仕返しという感じでワザとあそこに自分のイチモツを入れないで素股させる
焦らせてどうしてほしいかオリアナの口から言わせる
84 :1 [saga]:2018/02/17(土) 13:57:12.57 ID:NHoysVMI0

 海原「・・・オリアナさん///」

 オリアナ「ん、うん・・・?///」

 海原「・・・///」スッ・・・

 オリアナ「えっ、み、光貴っ?///」

 オリアナ「(も、もう入れちゃうの・・・?///)」

 海原「いつもの避妊術式・・・掛けてくださいね///」

 オリアナ「え、ええ・・・///」

 ―ぬりゅっ、ぬちゅっ・・・

 オリアナ「んんっ・・・!///」

 海原「は、んっ・・・///」

 ―ぬりゅっ、くちゅっ、ぬりゅぬるっ・・・

 オリアナ「み、光貴、これっ・・・///」

 海原「これでも、気持ちいいですからっ・・・///」

 オリアナ「んっぁ、あぁっ・・・♥///」

 海原「>>85///」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 14:01:44.49 ID:JaHfBsX80
感じてください。オリアナさん
86 :1 [saga]:2018/02/17(土) 14:09:40.02 ID:NHoysVMI0

 海原「感じてください、オリアナさんっ・・・///」
 
 海原「沢山っ///」

 オリアナ「んあっぁ、はぁ・・・♥///」

 ―ぬりゅっ、くちゅっ、ぬちゅっ・・・

 オリアナ「(これ、気持ちいいっ・・・♥///)」

 オリアナ「(おち○ち○がヒダとクリトリス擦って・・・っ♥///)」

 海原「はぁっ、はぁっ・・・///」

 ―くちゅっ、ぐちゅぐちゅっ、ぬぷっ、くちゅっ

 オリアナ「(光貴も、気持ちよさそう・・・♥///)」

 海原「っ・・・///」

 オリアナ「あんっ・・・♥///」



 海原「はぁっ、はぁっ、はぁっ・・・///」

 オリアナ「んあぁっ、あっはぁ・・・♥///ん、光貴っ・・・♥///」

 オリアナ「も、もう、二回くらい、イっちゃったからぁ・・・♥///」

 海原「はい・・・っ///」

 オリアナ「っ・・・>>87♥///」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 14:19:19.84 ID:uTe6O782O
もお、わかっているっているくせに
88 :1 [saga]:2018/02/17(土) 14:26:03.41 ID:NHoysVMI0

 海原「・・・何ですか?///」クスッ

 オリアナ「もお、わかっているくせにぃ・・・♥///」

 海原「言っていただけないとわからないですよ//」クスッ

 オリアナ「・・・っ///」

 海原「素直に言っていただけすと嬉しいんですが・・・//」

 オリアナ「・・・て///」

 海原「・・・もう一度。聞こえるくらいの声量で//」

 オリアナ「っ・・・み、光貴の、おち○ち○を私のトロトロになってる・・・///」

 オリアナ「おま○こに入れて・・・?♥///」

 海原「・・・はいっ///」

 ―ぐちゅっ・・・ぐぷぷっ、ぐぷっ、ぐちゅっ・・・

 オリアナ「あぁぁぁっ・・・♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 14:27:36.67 ID:JaHfBsX80
オリアナ、よく見たら海原が入れたのはバイブだった。
ドS原継続。
無理なら「キスしながらゆっくり動かす」
90 :1 [saga]:2018/02/17(土) 14:45:22.95 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「(す、すごっ、いつもより膣内広げられ・・・)・・・えっ・・・?///」

 ―ヴヴヴヴッ

 オリアナ「やっぁ!///こ、これっ、何っ・・・?///」

 海原「バイブです//」

 オリアナ「バ、バイブって・・・!?///」

 海原「オリアナさん・・・僕が居ない時、これ使ってたんですよね///」

 オリアナ「っ!?///」

 海原「この間、こっそり(能力で)見ちゃいましたから//」クスッ

 オリアナ「うっ・・・///と言うか、いつの間にそれ持ってきて・・・///」

 海原「そこに隠してあるのはわかってましたから///」

 海原「・・・まぁ、それよりも//」

 ―ヴヴヴヴッ
 ―ぐちゅっ、ぐぷっぐぷっ

 オリアナ「あぁっ!///」

 海原「>>91///」
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 14:52:06.80 ID:uTe6O782O
こんなでいっちゃうなんて淫乱なナースですね!
92 :1 [saga]:2018/02/17(土) 15:06:37.95 ID:NHoysVMI0

 海原「抜き挿しができるくらいこれは馴染んでいるんですか・・・///」

 オリアナ「やんっ♥!///あっぁ、んんあぁぁ・・・♥!///」

 海原「僕が学校に行っている間、これでずっと自分を慰めてたんですね・・・///」

 オリアナ「や、そ、それはっ・・・♥///」

 オリアナ「あっぁ!///イ、く、イっちゃ!///」

 ―カチッ
 ―ヴヴ・・・

 オリアナ「あ、っ、んっぁ・・・///」

 海原「これでイきそうになるなんて・・・」

 海原「淫乱な・・・ナースなんですね///」

 オリアナ「っ・・・///」ゾクゾクッ

 海原「・・・まぁ、僕は好きですけど///」

 ―ヴヴヴヴッ

 オリアナ「んんっ♥!///は、っぁ・・・♥!///」

 海原「・・・//」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 15:15:41.14 ID:JaHfBsX80
二本目をアナルに挿入しようとする海原
94 :1 [saga]:2018/02/17(土) 15:29:29.67 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「あぁぁっ♥!///ダメっ♥!///イ、イィ、イくぅ・・・っ♥!///」

 ―ビクッ!ビクンッ! 
 ―プシャァァアアアッ・・・

 オリアナ「は、はふ・・・ひ、ぁ・・・♥///」アヘェ

 海原「気持ちよかったですか?///」

 オリアナ「ふぅ・・・は、ふ・・・♥///」コクコクッ

 海原「すごく・・・淫らな表情になってますね///」

 海原「口の端から唾液を垂れて、頬が紅潮して・・・///」

 オリアナ「や、やぁん・・・♥///」

 海原「・・・オリアナさん//こちらも・・・//」

 ―クプッ・・・

 オリアナ「んんっ!?///」

 オリアナ「そ、そこ・・・お尻の穴・・・///」

 海原「前に一度使用として無理でしたが・・・今なら、どうですか?///」

 オリアナ「・・・///」

 オリアナ「>>95♥///」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 15:41:14.53 ID:JaHfBsX80
気持ちいいわ
96 :1 [saga]:2018/02/17(土) 15:51:38.70 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「・・・や、やって、みる・・・♥///」

 海原「わかりました///」

 オリアナ「(よかった、お手洗いに行っておいて・・・///)」

 海原「では・・・もう一本を//」

 オリアナ「・・・もう一本あるのも、バレちゃってたのね///」カァァァア

 海原「すみません///」クスッ



 オリアナ「ひあぁっ♥///んっぁ・・・♥///」

 海原「これくりあ、オリアナさんの愛液を塗りつけれれば・・・///」

 オリアナ「恥ずかしい・・・///」

 海原「入れますよ・・・///リラックスしてください・・・///」
 
 オリアナ「えぇ・・・///」

 ―つぷっ・・・

 海原「優しく、ゆっくり・・・///」

 オリアナ「ぅ、あぁ・・・っ///」

 ―ぐぷぷぷっ・・・ズプッ

 オリアナ「ん゙ん゙・・・っ!!///」

 海原「・・・全部、入りましたよ///」

 オリアナ「>>96///」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 16:03:07.89 ID:jCg1vUM5O
あぁんっ
98 :1 [saga]:2018/02/17(土) 16:30:52.12 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「あぁんっ///」

 オリアナ「ひゅ、ひゅご・・・♥///わらひの、おひりに・・・♥///」

 海原「はい//ズッポリ入っちゃってますよ・・・///」

 オリアナ「やぁん・・・♥///は、恥ずかし・・・♥///」

 海原「動かしますか?///」

 オリアナ「んっ、もうちょっと待って・・・♥///」

 海原「はい・・・//」

 オリアナ「はぁ・・・んっ///」

 海原「・・・///」
 
 海原「(おま○ことお尻の穴の両方にバイブが挿しこまれて・・・///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 16:33:46.32 ID:JaHfBsX80
バイブの強さを少しずつ強くしていく
最終的にはイッてしまうオリアナ
100 :1 [saga]:2018/02/17(土) 16:48:53.14 ID:NHoysVMI0

 海原「・・・オリアナさん、少し強くしてみますね///」

 オリアナ「えっ?あ、ちょっ///」

 ―ヴヴヴヴッ!ヴヴヴヴッ!

 オリアナ「んんぁあっ♥!///ふあぁっ♥!///や、んっぁ・・・♥!///」

 オリアナ「(う、うそ、これっ、やばいっ・・・♥!///)」

 オリアナ「(お尻の穴もおま○この膣内も、全部かき混ぜて・・・っ♥!///)」

 海原「オリアナさん、すごく感じていますね///」

 オリアナ「み、つきっ・・・♥!///」

 海原「>>101///」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 17:10:02.78 ID:4vbSltRQO
可愛いですよ、オリアナさん
102 :1 [saga]:2018/02/17(土) 17:32:29.96 ID:NHoysVMI0

 海原「可愛いですよ・・・オリアナさん///」

 オリアナ「んんっ♥!///ひあぁっ♥!んっふぅ・・・♥!///」

 オリアナ「んやぁっ・・・♥///」

 海原「もっと・・・淫らな姿、見せてください///」

 オリアナ「ふ、んんっ・・・♥///」

 オリアナ「(光貴、そんなっ///見ないで・・・♥///)」

 海原「・・・///」

 オリアナ「あぁっ♥///んっ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 19:10:40.86 ID:jCg1vUM5O
今度はおマンコへ総ニュう
104 :1 [saga]:2018/02/17(土) 19:47:02.13 ID:NHoysVMI0
 
 ―ヴヴヴヴッ ヴヴヴヴッ

 オリアナ「んっ、あぁぁっ・・・♥///」

 ―トロトロ・・・

 海原「すごいですね・・・//おま○こから愛液が溢れ出て・・・///」

 オリアナ「んんっ♥///」

 海原「・・・///」
 
 オリアナ「光貴っ・・・♥///」

 海原「はい・・・?///」

 オリアナ「>>105♥///」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/02/17(土) 19:49:48.69 ID:T3k6y7jO0
光貴のお○ん○ん……ちょうだい
106 :1 [saga]:2018/02/17(土) 22:41:24.24 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「光貴のおち○ち○・・・ちょうだい♥///」

 海原「・・・///」ガシッ

 オリアナ「んぁっ・・・!///」

 ―ぬぽぉっ・・・

 海原「すごいですね//バイブに愛液が・・・//」

 オリアナ「んん・・・///」

 海原「・・・オリアナさん///」

 オリアナ「光貴・・・♥///」

 海原「・・・ベッドに・・・///」
 
 オリアナ「ん・・・///」コクリ


 ―ぐぷぷっ・・・

 オリアナ「〜〜っ・・・はぁっ、ぁ・・・///」

 海原「っ・・・///どう、ですか・・・?//」

 オリアナ「>>107///」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/02/17(土) 22:42:38.09 ID:T3k6y7jO0
きもちいい…… トロガオ
108 :1 [saga]:2018/02/17(土) 22:59:13.11 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「気持ちいい・・・♥///」トロォン

 海原「バイブよりもですか?///」

 オリアナ「ん、もうっ・・・♥///イジワルねぇ・・・♥///」

 海原「ふふ・・・//」

 オリアナ「光貴・・・動いて・・・♥///」

 海原「はいっ//」

 オリアナ「ん・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/02/17(土) 23:05:40.19 ID:T3k6y7jO0
感じているオリアナ。オリアナを感じるところを攻める海原
だが、途中でオリアナに主導権を握られて……
110 :1 [saga]:2018/02/18(日) 00:19:19.48 ID:2DVJ8aT70
 
 ―パンパンッ!ぐちゅっぐぷっぐちゅっ!

 オリアナ「あぁっ♥!///んっぁ♥あぁっ♥!///」

 オリアナ「んぅっ♥///んんっ♥///は、ぁぁっ♥///」 

 海原「オリアナさん、すごい締め付けですよっ・・・///」

 オリアナ「ふあぁっ♥///んっ、やぁっ・・・♥///」

 オリアナ「だ、ってぇ♥///気持ちよくてぇっ、あぁぁっ♥///」

 海原「はぁっ///はぁっ・・・///」
 
 オリアナ「んんっ・・・♥!///」

 オリアナ「(光貴君・・・必死に腰、振って・・・♥///)」

 海原「っ・・・!///」

 オリアナ「・・・光貴っ///」

 オリアナ「っ///」グイッ

 海原「わっ・・・///」
 
 オリアナ「>>111♥///」
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 00:21:26.20 ID:GOr4kypm0
お姉さん、攻められるのも好きだけど、攻めるのも好きみたい
112 :1 [saga]:2018/02/18(日) 10:32:12.10 ID:2DVJ8aT70

 オリアナ「私、光貴になら攻められるのも好きだけど・・・♥///」

 オリアナ「攻めるのも、もちろん好きなのよねぇ・・・♥///」

 海原「オ、オリアナさっ///」

 オリアナ「だから今度は・・・♥///」

 海原「っ・・・///」トサッ

 オリアナ「私がっ・・・♥///」

 海原「・・・///」ドキドキッ

 オリアナ「んっ♥///」

 ―ちゅうっ、ちゅっ・・・ちゅるるっ、レロッ

 海原「んっむ・・・///」

 オリアナ「んふぅ・・・♥///んぅ、んむ・・・♥///」

 ―レロッ、ちゅるるっ、ちゅぷっ・・・レロッ、ちゅうっ

 オリアナ「(光貴ぃ・・・♥///)」

 海原「(オリアナさん・・・///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 10:42:08.82 ID:GOr4kypm0
オリアナが騎乗位
114 :1 [saga]:2018/02/18(日) 10:54:07.88 ID:2DVJ8aT70

 オリアナ「んふっ♥///んんっ♥///」

 ―ズッ ズッ ズッ
 
 海原「んくっ、んっ・・・///」

 オリアナ「んっ♥///は、んっふぅ・・・♥///はふ、んっ♥///」

 海原「っはぁ・・・///」

 ―じゅぶっ!ズッ、じゅぷっ!ズッ、ぐぷっ!ズッ、じゅぶっ!

 オリアナ「(光貴のおち○ち○膣内で暴れてるわぁ・・・♥///)」

 オリアナ「(子宮の入り口まで、届いてっ・・・♥///)」

 オリアナ「・・・っ///ぷあっ・・・♥///」

 海原「っ・・・///」

 オリアナ「んふふ・・・♥///」トロン・・・

 オリアナ「>>115♥///」
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 10:57:05.17 ID:GOr4kypm0
わしのために必死に腰を振ってかわいいわよ←ドSモード再び
116 :1 [saga]:2018/02/18(日) 11:04:59.50 ID:2DVJ8aT70

 オリアナ「私のために必死に腰を振って可愛かったわよ♥///」

 海原「う・・・///」

 オリアナ「光貴・・・♥///」チュッ

 海原「ん・・・///」

 ―タプン、タユン・・・

 海原「(オ、オリアナさんの胸が・・・///)」

 オリアナ「・・・おっぱい、揉んでも吸ってもいいわよ♥///」

 海原「あ・・・はい・・・///」

 オリアナ「>>117♥///」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 11:11:31.79 ID:ahOu9LswO
まるで赤ちゃんみたい

今なら母乳が出そう
118 :1 [saga]:2018/02/18(日) 11:21:03.81 ID:2DVJ8aT70

 海原「では・・・んっ///」

 ―ワシッ
 ―ムニュッ、ムニュッ

 オリアナ「あぁんっ♥///んっぁ♥///」

 海原「んっく・・・んっ///」

 ―じゅるっ、ちゅうっ、ちゅぷっ・・・レロレロッ

 オリアナ「あっぁ・・・♥///んっ、はぁっ・・・♥///」

 ―ちゅうっ、レロッ、ちゅるるっ、ちゅぷっ、レロッ

 海原「んっはぁ・・・///」

 オリアナ「んふ・・・♥///光貴・・・・///」

 オリアナ「まるで赤ちゃんみたい・・・♥///」

 海原「んっ・・・///」

 オリアナ「・・・今なら母乳が出そう♥///」

 海原「んぇ・・・?///」

 オリアナ「>>119♥///」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 11:37:47.71 ID:ahOu9LswO
それだけ気持ちが高まっているのよ

出たら飲ませてあげる🎵
(避妊魔術なんて今日は本当はしていないから近い内にできたりしてね)
120 :1 [saga]:2018/02/18(日) 11:42:44.37 ID:2DVJ8aT70
 オリアナ「ん、はぁ・・・♥///それだけ・・・んっ♥///」

 オリアナ「気持ちが高まっているのよ♥///」

 海原「ん、ほう、れふは・・・///」

 ―ちゅうっ、ちゅぷっ・・・ちゅるるるっ

 オリアナ「んっ・・・♥///そう言う術式、もし出来上がって・・・♥///」
 
 オリアナ「出たら、飲ませてあげる♥♪///」

 海原「・・・ふぁ、はい・・・///」ゴクリッ

 オリアナ「んふ・・・♥///」

 オリアナ「(避妊術式、今日は安全日だから本当はしてないけど・・・///)」

 オリアナ「(近い内にできたりしてね・・・♥///)」

 海原「んっく・・・///」

 ―ちゅるっ、レロッ、ちゅぷっ・・・ちゅうっ、じゅぷっ

 オリアナ「あんっ♥///・・・光貴、腰止まっちゃってるけど・・・///」

 海原「んっ・・・>>121///」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 11:49:29.57 ID:GOr4kypm0
すいません。気持ちよくって
122 :1 [saga]:2018/02/18(日) 12:05:55.68 ID:2DVJ8aT70

 海原「すみません///気持ちよくって・・・このままでも・・・///」

 オリアナ「ふふ・・・♥///そう・・・♥///」

 オリアナ「じゃあまだお姉さんが動いてあ・げ・る♥///」

 ―ズッズッ、ぐちゅっ、じゅぷっ、ぐぷっ、じゅぷっ、ぬぷっ
 
 海原「んっふぅ・・・!///」 

 オリアナ「光貴、はぁ♥///あぁっ♥んっ♥///そのまま、赤ちゃんみたいにぃ吸っててぇいいからぁっ♥///」

 オリアナ「イきたい時に、イってぇ♥///精液っ、私の・・・膣内に出してぇ♥///」

 海原「っ・・・///」

 ―ちゅう、ちゅるるっ、ちゅぷっ
 ―ムニュウッ、ムニムニッ

 オリアナ「あぁっ♥!///んあぁっ♥!///ひあぁっ♥んぅっ・・・♥!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 12:17:37.68 ID:fj6tDaLVO
海原気持ちよくオリアナの膣に出す
オリアナは1滴も海原の精子が漏れないように膣をキツくする
124 :1 [saga]:2018/02/18(日) 12:36:06.71 ID:2DVJ8aT70
 
 ―ズッ じゅぷっ!じゅぷっ! ズッズッ ぐぷっ!ぐちゅっ!
 
 オリアナ「はっ♥はぁっ♥///あんっ♥///あっ♥///」

 オリアナ「(奥に、ゴツゴツ当たってっ・・・♥!///)」

 海原「んぐっ、んぶっ・・・///」

 ―ちゅうっ、レロレロッ カリッ、クニュッ

 オリアナ「ひゃあぁぁっ♥!///乳首、らめぇっ・・・♥!///」

 海原「(こんなにまで勃たせて・・・ダメってことはないでしょう///)」クスッ

 ―ズッズッ ジュブッジュブッ!ぐちゅっ! ズッズッ ぐちゅっ!じゅぷっ!
 ―ちゅうっ、ちゅるるっ、レロレロッ、ちゅるっ

 オリアナ「ひんっ♥!///ああっぁ!♥あっ♥!///んあぁっ♥!///」

 海原「っぷあぁっ///オリアナさんっ、もうっ・・・!///」

 オリアナ「ひいよぉ、らひてぇっ♥///みつひの、せぇーえきっなかにっ♥///」

 オリアナ「あぁぁっ♥!///わらひ、もイくっ!イッちゃうっ!♥んあぁっ♥!///」

 海原「うっぐ・・・!///」

 ―ドプッ!ビュルルルッ!ドピュッ!ビュルッ!

 オリアナ「あぁぁっ♥!///膣内にぃ・・・っ♥!///」

 オリアナ「ふああぁぁぁっ♥!///」ビクビクッ!
 
 ―プシャアアアァァァ・・・

 オリアナ「ひあぁ・・・♥///ぁ、ぁふ・・・♥///」

 オリアナ「・・・んんっ///」
 
 ―キュウッ

 海原「うぁっ・・・!中が、締まって・・・!///」

 オリアナ「>>125♥///」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 12:38:26.67 ID:GOr4kypm0
あなのせーし、全て私の頂戴
126 :1 [saga]:2018/02/18(日) 12:46:09.10 ID:2DVJ8aT70

 オリアナ「みふひのぉ・・・せーし、全部・・・♥///」

 オリアナ「私に頂戴・・・♥///」

 海原「っ・・・///」

 ―ガシッ!ぐぷぷっ!ぐちゅっ!

 オリアナ「あぁんっ♥!おひんひん子宮の入り口、当たってぇ・・・♥!///」

 ―ビュルルルッ!ビュプッ!ドプッ!ビュウッ!

 オリアナ「んんんん〜〜〜っ♥!///」

 海原「〜〜っ・・・!///」

 ―ドピュッ!ブピュッ・・・ドプッ・・・

 海原「・・・っはぁ!はぁっ、はぁっ・・・///」

 オリアナ「ぁぁ・・・んっぁ・・・♥///」トロン・・・

 海原「オリアナさん・・・///」ギュウッ

 ―ちゅっ・・・ちゅるっ、レロッ、ちゅうっ・・・

 オリアナ「んむ・・・んふっ・・・♥///」

 海原「っはぁ・・・///」

 オリアナ「んぁ・・・♥///光貴の精液・・・私の、子宮にいっぱい溜まってるの・・・///」サスサス

 海原「・・・はぃ///」

 オリアナ「>>127♥///」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 12:51:36.73 ID:lwWAlnJOO
今度は上の口に唾液をちょうだい、キスして
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 12:56:50.47 ID:GOr4kypm0
そういえばこのシリーズのオリアナさんの年齢って何歳なの?
129 :1 [saga]:2018/02/18(日) 13:02:52.17 ID:2DVJ8aT70

 オリアナ「今度は唾液が欲しいわ・・・♥///キス、して・・・?♥///」

 海原「はい///」

 ―クイッ 

 オリアナ「ん・・・♥///(顎に手、添えられて///)」

 ―ちゅぷっ、ちゅくっ・・・ちゅるるっ、ちゅうっ

 オリアナ「んっふぅ♥///んっぐ・・・♥///」

 ―ちゅぷっ、レロレロッ、トロ・・・

 海原「っ・・・///」

 海原「(オリアナさん、舌をすごい吸って・・・///)」

 オリアナ「(光貴の唾液・・・♥///)」

 ―ちゅるるっ、ゴクンッ ちゅくちゅくっ、ちゅうっ
 
 海原「ふ、んっ・・・///」

 オリアナ「んっはぁ・・・♥///」

 オリアナ「んむっ♥///んくっ、ふぅ・・・♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 13:09:37.67 ID:GOr4kypm0
お互いに満足するまで繋がってまま抱き合いキスしあう
131 :1 [saga]:2018/02/18(日) 13:16:36.19 ID:2DVJ8aT70

 海原「っはぁ・・・///」

 オリアナ「は、はっ・・・はふ・・・はぁ♥///」

 海原「・・・っ///」

 ―ぬぷぷっ

 オリアナ「ぁ、ダーメっ・・・♥///」ギュウッ

 ―グププッ

 海原「んっく・・・!///オ、オリアナさん・・・?///」

 オリアン「まだ・・・このまま、ね・・・♥///」

 海原「・・・わかりました・・・///」ギュウッ

 ―ちゅっ・・・ちゅぷっ

 オリアナ「んん・・・♥///」

 海原「んっふぅ・・・んっ///」

 オリアナ「ん・・・んぅ・・・♥///」

 オリアナ「みふひ・・・♥///」

 海原「っ・・・///」チュパッ

 オリアナ「っはぁ・・・///・・・愛してる・・・♥///」ニコリ

 海原「僕もです・・・オリアナさん・・・///」ギュッ


 -終-

 ん〜・・・今度地の文でやってみようかなぁ・・・
 まぁ考えときます。乙でした
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/20(火) 00:02:55.23 ID:7W2K/e7VO
おつ
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 21:24:00.32 ID:DX+BdNQj0
フレンダ×神華クル━━━━(゚∀゚)━━━━⁉
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 22:53:12.68 ID:tEOedMWzO
まだかな
135 :1 [saga]:2018/03/01(木) 23:24:13.21 ID:89+6NWRM0
 あらすじ
 自分の誕生日パーティーを終えたフレンダは突然抱きしめられて、その後に謝ってきた神華にこう告げられた
 「人生最高の日に、すごい痛いことをしようとしたからさ」「初めてって痛い、んだよね・・・」
 「だから、僕の誕生日なのに痛がる姿なんて見たくないから・・・」「もっと良い日を見つけて、準備しよっ」
 その言葉を聞いてフレンダの心の底から溢れ出てきた神華への思い。そして・・・


 ―ちゅぷっ、ちゅうっ・・・ちゅっ・・・ちゅくっ、ちゅっ

 フレンダ「んぅ・・・んっむ///」

 神華「、はぁ・・・んっ///」

 フレンダ「んぁ、んくっ・・・///」

 フレンダ「(神華のキス・・・すごく温かいって訳よ・・・///)」

 神華「・・・っはぁ///」

 フレンダ「ん・・・///キス・・・いつもより少し激しいって訳よ///」クスッ

 神華「>>134///」
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 23:57:29.15 ID:DX+BdNQj0
初めてのエッチするからね
137 :1 [saga]:2018/03/02(金) 06:23:48.12 ID:sWrTzk65O

 神華「初めて、するからね///」

 神華「興奮してきたんだ・・・///」チュッ

 フレンダ「ん、ふふっ・・・///」

 フレンダ「(そう言って貰えて、すっごく嬉しいって訳よ///)」

 神華「フレンダ・・・///」ジッ

 フレンダ「神華・・・///」ニコリ


 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 06:58:26.98 ID:WOXoGk39O
きす
139 :1 [saga]:2018/03/02(金) 07:14:46.87 ID:XCQEDkimO

 フレンダ「んっ、んんっ///」

 ―レロッ、ちゅるるっ、ちゅうっ・・・

 神華「っ、ん・・・///」

 フレンダ「ん、はぁ・・・///んっ、っ///」

 ―ちゅっ、レロッ、ちゅぷっ、ちゅるるっ

 フレンダ「んっく、んっぅ・・・///」

 神華「ふ、んっ・・・///」

 ―ちゅぷっ、ちゅるるっ、レロッ、ちゅっ

 フレンダ「んぁぁ・・・///」

 フレンダ「(神華の、キス・・・///すごいっ、て訳よ・・・///>>

 神華「っはぁ・・・///」

 ―ちゅぱっ・・・トロッ

 フレンダ「はぁ・・・はぁ・・・///」

 神華「>>140///」
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 07:19:35.91 ID:WOXoGk39O
美味しい
141 :1 [saga]:2018/03/02(金) 07:26:44.48 ID:XCQEDkimO

 神華「美味しいよ・・・///」

 フレンダ「ふぇ・・・?///」

 神華「フレンダの味・・・///」ギュウッ

 フレンダ「んっ・・・///・・・ふふ///」

 フレンダ「・・・いっぱい味わってって訳よ///」ニコリ

 神華「うん・・・///」

 神華「もっと・・・味わいたい//」

 ―ちゅっ・・・

 フレンダ「ん・・・///」

 フレンダ「(こんな男っ気のある神華・・・初めて見た・・・///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 08:06:39.54 ID:rsSSfLleo
キスしながら服の上からもみもみ
143 :1 [saga]:2018/03/02(金) 08:21:03.63 ID:XCQEDkimO

 フレンダ「んっ、ふぁ・・・///」

 神華「んっ、・・・///」

 ―ちゅうっ、ちゅっ、レロッ、ちゅるるっ

 フレンダ「んぅ、んっ///」
 
 神華「(フレンダ・・・)」スッ

 ―モミッ ムニュッ、ムニッ

 フレンダ「んっぁぁ・・・///」ピクンッ

 フレンダ「(胸、揉まれてる・・・っ///)」

 神華「っ・・・///(柔らかい・・・///)」

 フレンダ「んんっ、んっぅ・・・///」 

 フレンダ「(>>144///)」


 ※このスレのフレンダは漫画基準でバストアップしてます。
  EとFの間くらい。
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 08:55:46.70 ID:tI/tQerRO
気持ちいい…すごい男の顔してるって訳よ…////
145 :1 [saga]:2018/03/02(金) 11:47:15.78 ID:XCQEDkimO

 神華「っ、ふ・・・んっ///」

 ―ムニッ、ムニュッ
 ―ちゅうっ、ちゅるるっ、レロッ 

 フレンダ「(気持ちいい・・・///)」

 神華「んっ・・・///」
 
 フレンダ「(神華・・・すごい、男の顔してるって訳よ・・・///)」

 神華「・・・っはぁ///」

 フレンダ「っぷあぁ・・・っ///」

 神華「フレンダの胸・・・大きくて、柔らかいよ・・・///」クスッ

 ―ムニュッ、フニッ、ムニュッ

 フレンダ「んぁっ・・・///」

 フレンダ「>>146///」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 11:54:26.63 ID:zOUsPeVj0
感じちゃう
147 :1 [saga]:2018/03/02(金) 12:07:26.12 ID:XCQEDkimO

 フレンダ「感じちゃう・・・っ///」

 神華「へぇ・・・//」

 神華「敏感なんだね・・・//」

 ―ムニュウッ、ムニッムニッ

 フレンダ「あっ//あぁっ///・・・んっぁ///」

 神華「・・・///」

 ―ムニッ、ムニュッ

 フレンダ「んっんんっ///は、ぁんっ///」

 神華「(フレンダの声・・・色っぽくて頭に響いてくる・・・///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 13:36:42.74 ID:tI/tQerRO
愛液で汚したくないので服を脱がせてとお願いするフレンダ
149 :1 [saga]:2018/03/02(金) 14:27:04.05 ID:XCQEDkimO

 ―フニュッ、ムニッ、ムニュッ

 フレンダ「あんっ///んんっ、ぁっ・・・///」

 フレンダ「(胸、揉まれる度に感じちゃうっ・・・///)」

 ―ジワッ

 フレンダ「あっ・・・///・・・し、神華ぁ・・・///」

 神華「ん?//」

 フレンダ「そ、その・・・///」モジモジッ

 ―・・・クチュリッ

 フレンダ「・・・ぬ、濡れてきちゃったから・・・///」

 フレンダ「愛液で下着汚したくないって、訳よ・・・///服・・・脱がせて?///」

 神華「>>150//」
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 18:26:10.55 ID:rsSSfLle0
わかった…ただ難しいのは教えてほしい
151 :1 [saga]:2018/03/02(金) 19:31:18.11 ID:gpKSKRW80

 神華「う、うん・・・///わかった・・・///」スッ
 
 フレンダ「・・・///」ドキドキッ

 ―キュッ 

 神華「・・・え、えっと、多分このままだと脱げないと思うから、腰上げて?//」

 フレンダ「あ//うん・・・///」

 ※イメージ図
 

 フレンダ「んっ・・・///」グイッ

 神華「ありがとう・・・//」

 ―スルルッ・・・スルッ

 フレンダ「っ・・・///」

 神華「・・・///(フ、フレンダの真っ白なお腹が・・・///)」ドキドキッ

 神華「・・・こ、今度は頭を・・・///」

 フレンダ「はい・・・///」グッ

 ―スルッ・・・パサッ
 ―プルンッ

 神華「・・・///」

 神華「(胸が、揺れて・・・///)」

 フレンダ「>>152///」
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 19:57:58.78 ID:rsSSfLle0
そ、そんなに見られたら照れるって訳よ…////
153 :1 [saga]:2018/03/02(金) 20:04:20.96 ID:gpKSKRW80

 フレンダ「そ、そんなに見られたら、照れるって訳よ・・・////」モジモジ

 フレンダ「(胸、大きくなったから嬉しく思ってたけど・・・///)」

 フレンダ「(い、いざこうなると、すっごい恥ずかしいって訳よ・・・///)」

 神華「・・・無理、かな///」

 フレンダ「え・・・?///」

 神華「だって・・・こんな綺麗なのに・・・見るなって言う方が無理な話だよ///」ツツーッ

 フレンダ「ふあぁぁっ///」ゾクゾクッ

 神華「//」クスッ

 フレンダ「んぐっ・・・///」

 フレンダ「(へ、変な声出ちゃった・・・っ///)」
 
 神華「・・・フレンダ///」

 フレンダ「・・・ん?///」

 神華「>>154///」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 20:09:18.90 ID:zOUsPeVj0
えっちいよ
155 :1 [saga]:2018/03/02(金) 20:14:53.95 ID:gpKSKRW80

 神華「・・・すごく可愛いよ///」ボソッ

 フレンダ「・・・っ〜〜〜っ///」ボボボッ

 神華「それに・・・えっちいかな///」クスッ

 フレンダ「し、神華っ・・・///」

 神華「んっ・・・//」チュッ

 フレンダ「、っ・・・///(お、おでこにキスしても誤魔化せないって訳よっ///)」

 神華「・・・フレンダ。どうして・・・ほしい?///」

 フレンダ「えっ・・・?///」

 神華「ほら・・・言ってごらん//」ジッ

 フレンダ「・・・>>156///」
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 20:22:35.41 ID:rsSSfLle0
胸だけじゃなくいろいろ弄ってほしい…///
157 :1 [saga]:2018/03/02(金) 20:30:00.69 ID:gpKSKRW80

 フレンダ「胸だけ、じゃなくて・・・いろいろ弄ってほしいって訳よ・・・///」

 神華「例えば?//」

 フレンダ「え、えとっ・・・///」

 フレンダ「・・・い、色々って言ったら色々って訳よっ!///」

 フレンダ「もう〜〜〜〜〜・・・///恥ずかし過ぎるわよぉ・・・///」フルフル

 神華「(手で顔を隠して首を振ってる・・・)」クスッ

 神華「ごめん、フレンダ//ちょっとイジワルしてみたかったからさ//」ナデナデ

 フレンダ「・・・フンッ///」

 神華「>>158///」
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 20:35:35.49 ID:rsSSfLle0
じゃあ…大事なところも触るね?////
159 :1 [saga]:2018/03/02(金) 20:54:16.39 ID:gpKSKRW80

 神華「じゃあ・・・//」スッ

 神華「フレンダの大事なところも触るよ?///」

 フレンダ「・・・うん///」コクリ

 神華「・・・ショーツ、脱がすね//」

 神華「腰、もう一回上げて?//」

 フレンダ「・・・ん//」ググッ

 神華「・・・//」
 
 ―スッ・・・スルルッ・・・
 ―ツー・・・

 フレンダ「ぁ・・・///」

 神華「・・・糸引いてる//」クスッ

 フレンダ「>>160///」
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 21:01:55.81 ID:zOUsPeVj0
それは
161 :1 [saga]:2018/03/02(金) 21:24:14.54 ID:gpKSKRW80

 フレンダ「そ、そそっ、それは・・・っ///」カァァア

 神華「・・・こんなになるくらい、感じてたんだね///」クスッ

 フレンダ「・・・///」

 神華「・・・嬉しいよ//僕は・・・///」ギュウッ

 フレンダ「んっ・・・///神華・・・///」

 神華「・・・もっとフレンダの事、気持ちよくしてあげるから・・・//」ボソッ

 フレンダ「っ・・・///」

 神華「>>162///」
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 21:26:57.33 ID:rsSSfLle0
だから可愛いところをたくさん見させてね?
163 :1 [saga]:2018/03/02(金) 22:09:31.42 ID:gpKSKRW80

 神華「だから・・・可愛いところをたくさん見させてね?///」
 
 フレンダ「・・・神華に、だけね・・・?///」

 神華「ありがとう・・・//」クスッ

 神華「・・・触るよ//」

 ―くちゅっ・・・くちゅくちゅっ

 フレンダ「あぁぁ・・・っ!///あっ、んっぁ///」

 フレンダ「(おま○こ、撫でられてるだけなのにっ・・・!///)」

 神華「すごいね・・・//どんどん濡れてきて・・・//」

 フレンダ「>>164///」
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 23:56:25.67 ID:zOUsPeVj0
それは感じているから
165 :1 [saga]:2018/03/03(土) 00:48:33.51 ID:1RJDefpC0

 フレンダ「そ、それはっ・・・あ、っんん///」

 フレンダ「っ、感じてる、から・・・っ///」

 ―くちゅくちゅっ、くちゅっ

 フレンダ「んぁあっ・・・!///」

 神華「どうして?//」

 フレンダ「っ・・・///し、神華が、んっぁ・・・っ///」
  
 神華「僕が?//」

 ―くちゅくちゅっ

 フレンダ「ひ、んっ・・・!///」

 フレンダ「触って・・・き、気持ちよくっ、ぁっ///して、くれてるから、って訳、よ・・・!///」

 神華「>>166///」
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 08:53:50.09 ID:KQh690qG0
うれしいな…ならもっと頑張るね?
167 :1 [saga]:2018/03/03(土) 11:01:50.49 ID:1RJDefpC0

 神華「・・・ふふ//嬉しいよ・・・//」

 ―くちゅくちゅっ くぷぷっ

 フレンダ「ひうぅ・・・///」

 フレンダ「(し、神華の指がおま○この膣内にぃ・・・!///)」

 神華「なら・・・もっと頑張るね//」

 ―くちゅくちゅっ、くちゅっくちゅっ
 
 フレンダ「ふあぁっ!///んっぁ//あ・・・っ//っやぁ・・・///」

 神華「フレンダのおま○この中、ビショビショに濡れてて熱い・・・///)」

 ―ぐちゅっ、くちゅっちゅくっ、ぐちゅっ

 フレンダ「そ、んんっ///なに、音立てない、でっ・・・!///」

 神華「(もう一本いけるかな・・・?//)」
 
 ―ぐぷっ、ぐちゅっぐちゅっ、くちゅっ

 フレンダ「あぁんっ!///あっぁ、ひっぁ・・・!///」

 フレンダ「(神華の指、膣内でバラバラに動かされて・・・っ!///)」

 
 どうする?orどうなる? 
 ↓1
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 14:20:57.83 ID:hKjE5EEUO
達するフレンダ
169 :1 [saga]:2018/03/03(土) 14:38:01.95 ID:1RJDefpC0

 フレンダ「あぁっ!///っ!///」

 フレンダ「(やば、これっ・・・!///自分でする、よりもっ・・・!///)」

 神華「どうかな・・・?///」

 ―ぐちゅっくちゅくちゅっ、ぐちゅっ

 フレンダ「んっはぁ///あっ、っ///気持ち、いいって訳、よぉっ・・・!///」

 神華「ふふ・・・//」

 ―ぐちゅぐちゅっ、くちゅくちゅっ
  
 フレンダ「あんんっ!///」

 神華「(感じてるフレンダの表情・・・すごく可愛くて美しいよ・・・///)」

 フレンダ「あっぁ、んん!///」

 フレンダ「ダ、メっ、もっイく・・・!///」

 神華「いいよ?///イって・・・っ///」

 ―ぐちゅっくちゅくちゅっ、ぐちゅっ
 
 フレンダ「んん!///あっあ、ぁぁっ!///んぁっぁあああっ・・・!!///」

 ―ビクビクッ!
 ―プシャァァアアアッ チョロッ

 フレンダ「や、らめぇっ・・・!///」

 ―チョロロロロォ・・・

 フレンダ「ひやぁぁぁ・・・///」

 フレンダ「(お漏らし、しちゃったって訳よぉ・・・///)」

 神華「>>170///」 
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 19:24:35.86 ID:hKjE5EEUO
フレンダ…イッちゃったんだね…もうこっちも我慢できない…////
171 :1 [saga]:2018/03/03(土) 20:01:16.39 ID:1RJDefpC0
 
 ―チョロロロォ・・・チョロッ・・・

 フレンダ「はぁ・・・はぁ・・・///」クテッ

 フレンダ「(もう、最悪って訳よ・・・///)」

 神華「フレンダ・・・///」 

 フレンダ「し、神華・・・ごめん、って訳よ・・・///」

 神華「ううん・・・///・・・イッちゃったんだね///」

 フレンダ「・・・うん・・・///」

 神華「・・・ごめん、もうこっちも我慢できないや・・・///」
 
 ―カチャカチャッ・・・
 ―スルッ・・・

 フレンダ「わ・・・///」

 フレンダ「(神華の、大きくなってるって訳よ・・・///)」ドキドキッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 20:14:26.25 ID:hKjE5EEUO
意を決して受け入れるポーズをとるフレンダ
173 :1 [saga]:2018/03/03(土) 20:47:49.08 ID:1RJDefpC0

 フレンダ「・・・い、意外と大きいの、ね・・・///」

 神華「そう、かな・・・///」クスッ

 フレンダ「(あ、あれを・・・私の膣内に突っ込まれるって訳よね・・・///)」

 ―キュンキュンッ、くちゅ・・・

 フレンダ「(やん・・・っ///そ、想像しただけで、おま○こ疼いてきちゃったっ・・・///)」

 神華「フレンダ・・・///」

 フレンダ「・・・うん・・・♥///」

 フレンダ「いいよ・・・///」コロンッ

 ―グイッ・・・

 フレンダ「神華の、お、おち、おち○ぽ・・・///」

 フレンダ「私の膣内に・・・入れて・・・?///」

 ―クパァ・・・トロォ

 神華「・・・///」ゴクリッ

 神華「(寝転んだままの足を大きく開けて・・・///)」

 神華「(おま○こを広げて中から愛液が溢れてる・・・///)」ハァハァッ

 フレンダ「>>174♥///」
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 21:54:55.10 ID:rI/teO8d0
もうトロトロっていうわけよ
175 :1 [saga]:2018/03/03(土) 22:00:12.10 ID:1RJDefpC0

 フレンダ「もうトロトロって訳よ・・・♥///」

 フレンダ「だから・・・入れて?///」

 神華「・・・わかった///」ズイッ

 神華「・・・(あ゙)」

 神華「(ひ、避妊具が・・・)」

 フレンダ「・・・はい///」スッ

 神華「え?・・・え?こ、これ、コンドーム・・・」

 フレンダ「その・・・実は前々から期待してて、準備してたって訳よ///」クスッ

 神華「フレンダ・・・//」

 フレンダ「>>176///」 
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 22:02:40.48 ID:QS5pJO0MO
私はなくても別に問題ないけど、神華が困るから……

口調の直しお願いしますm(__)m
177 :1 [saga]:2018/03/03(土) 22:07:43.56 ID:1RJDefpC0
 
 フレンダ「あ、でも・・・最初だけは、付けないでって訳よ//」

 神華「・・・?/。さ、最初だけって・・・?//」

 フレンダ「入れる時だけコンドームは付けずにって事//」

 フレンダ「初めてでコンドームを付けたままだと入れるの痛いって聞いた訳よ・・・//」

 神華「そ、そうなんだ・・・//」

 フレンダ「だから、私の初めてをあげてから、もう一回付けてね・・・?//」

 フレンダ「私は無くても全然問題ないって訳だけど・・・神華を困らせたくないから、ね//」

 神華「(フレンダ・・・)・・・ありがとう//」
 ―ちゅっ

 フレンダ「ん・・・♥//」

 
 神華「・・・いくよ//」

 フレンダ「うん・・・///きて・・・♥///」

 ―くちゅっ・・・くぷぷっ

 神華「っ・・・///」

 フレンダ「んっ・・・んん・・・♥///」

 ―くぷぷぷっ、ぐちゅっ・・・くぷっ、くちゅっ

 神華「う、ぐっ・・・///(フレンダのおま○こ、すごい熱くて締め付けてくる・・・!///)」

 フレンダ「>>178♥///」
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 22:09:25.20 ID:hKjE5EEUO
すごくあつくて………いっ!?……な、なんでもないってわけよ…
179 :1 [saga]:2018/03/03(土) 22:14:01.59 ID:1RJDefpC0

 フレンダ「すごく、熱いっ・・・///」

 ―ぐちゅっ、くぷぷっ・・・コツッ

 フレンダ「いっ!?」ズキッ!

 神華「っ・・・!//(い、今の・・・///)」

 フレンダ「・・・///」プルプルッ

 神華「フ、フレンダ・・・///」

 フレンダ「・・・。・・・な、なんでもない、って訳よ・・・///」ウルウル、フルフルッ

 神華「・・・//」

 神華「これが、フレンダの初めての証、なんだね・・・//」

 神華「・・・フレンダ。君は・・・おれのモノだから・・・///」

 神華「キチンと・・・責任取って、愛し続けるよ・・・///」

 フレンダ「・・・神華・・・♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 23:11:54.72 ID:u2RFI5g8O
キスをして落ち着いてきたフレンダ続きを頼む
181 :1 [saga]:2018/03/03(土) 23:29:49.24 ID:1RJDefpC0

 神華「んっ・・・///」
 
 フレンダ「んぅ・・・♥///」

 ―ちゅっ、レロッ、ちゅるるっ・・・ちゅうっ、ちゅぷっ

 フレンダ「んっぁ、んふぅ・・・♥///」
 
 フレンダ「んくっ・・・♥///」

 神華「っ・・・///」

 神華「(フレンダ・・・貰うよ//)
 
 ―ググッ・・・プツッ、ブチッ・・・

 フレンダ「んっぎ・・・!///んうぅ・・・!///」

 神華「ん、ん・・・///」ギュウッ、ナデナデ

 フレンダ「んっ、んふ、んぅぅ・・・///」ポロポロ

 フレンダ「(い、ったぁ・・・///)」ポロポロ

 神華「っ、んっ・・・//」ナデナデ

 フレンダ「んうぅ・・・んっ///んぐ、んんっ・・・///」ポロポロ



 フレンダ「んっ・・・んん・・・///」

 神華「・・・//(もう、大丈夫かな・・・?//)」

 ―ちゅぱぁっ

 神華「っはぁ・・・フレンダ・・・///」ナデナデ

 フレンダ「はぁ・・・んっ、はぁ・・・っ///」

 神華「ごめんね・・・//」ナデナデ

 フレンダ「>>182///」
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 23:39:22.64 ID:u2RFI5g8O
痛いのはつらかったけど…神華を受け入れられて本当に嬉しいって訳よ…好き…本当に大好き…愛してる/////
183 :1 [saga]:2018/03/03(土) 23:49:51.65 ID:1RJDefpC0

 フレンダ「ん・・・///ううん・・・///」ギュウッ

 神華「え・・・?//」

 フレンダ「っ、痛いのはつらかったって訳だけど・・・///」

 フレンダ「神華を・・・受け入れられたって事が、本当に嬉しいって訳よ・・・♥///」

 神華「フレンダ・・・///」キュンッ

 フレンダ「好き・・・♥///」

 フレンダ「神華のこと、本当に大好き・・・♥///愛してる♥////」トロォン

 神華「・・・おれも、だよっ///」ギュウッ

 フレンダ「んあぁっ・・・♥///」

 ―ズッ・・・ キュウゥゥッ
 
 神華「っ・・・!///(あ、危な、かったぁ・・・///)」ドキドキッ

 フレンダ「あっぁ・・・♥///神華の、ドクドクって脈打ってるって訳よ・・・♥///」ニヘラ

 神華「っ、い、一旦抜くよっ・・・///」

 ―ぬるるっ・・・ぬぽっ・・・ツーッ、タラァー・・・

 神華「・・・///」

 フレンダ「・・・もう・・・♥///そんなに見て・・・神華のエッチ・・・♥///」

 神華「>>184///」
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 07:57:57.95 ID:kh6VlPsWO
キレイだよもっとみたいな
185 :1 [saga]:2018/03/04(日) 08:13:04.44 ID:lvR2fQEj0

 神華「綺麗だよ・・・///」

 神華「もっと見ていたいな・・・///」

 フレンダ「や、やぁん・・・///」 

 神華「・・・でも、我慢出来そうにないから・・・//」

 神華「・・・//」

 ―ピリッ・・・ クルクルッ ピチッ

 フレンダ「・・・何か、手慣れてる様に見える訳よ//」

 神華「え?//い、いや、付け方は何となくだけど・・・///」

 フレンダ「そっか・・・//」

 フレンダ「・・・じゃあ・・・もう一回、入れて・・・♥?//」

 フレンダ「今度は・・・最後まで、シよ♥///」

 神華「うんっ・・・///」ズイッ

 ―くちゅっ、くぷぷぷっ・・・ぐぷっ、ぐちゅっ

 フレンダ「んん〜〜っ・・・♥///」

 神華「っ、熱いっ・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 08:21:17.69 ID:XvRRxlKf0
最初はゆっくり動き始めだんだんと早く動く
187 :1 [saga]:2018/03/04(日) 08:29:07.57 ID:lvR2fQEj0

 神華「はぁっ、はぁっ・・・////」

 ―ズッ、ズッ・・・ぐちゅっ、くちゅっ・・・ズッ、ズッ

 フレンダ「んっぁ、あっ・・・♥///は、んんっ・・・♥///」

 フレンダ「ん、んっ・・・♥///」

 フレンダ「(神華の、膣内でゆっくり抉ってるっ・・・♥///)」

 神華「は、んっ・・・///はぁっ///」

 ―ズッ、ズッ・・・ぐちゅっ、くちゅっ

 フレンダ「ん、ふ・・・♥///」

 神華「フレンダの中、おれのモノ締め付けてくるよっ・・・///」

 フレンダ「>>188♥///」
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 10:20:48.63 ID:oUwQ2W/8o
もっと締めてあげるってわけよ
189 :1 [saga]:2018/03/04(日) 10:23:49.74 ID:lvR2fQEj0

 フレンダ「んっ///ふふ♥///」

 ―キュウゥゥッ

 神華「ぅあ・・・!?///」

 フレンダ「もっとぉ♥///締めてあげる、って訳よぉ・・・♥///」

 神華「っ・・・!///」

 ―ズッズッズッ ぱちゅっ!ぐちゅっ!くちゅくちゅっ!

 フレンダ「あっぁぁ♥!///んっはぁ♥あぁ・・・♥!///」

 フレンダ「んんぅっ・・・♥!///」

 フレンダ「(激し・・・♥!///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 10:37:06.18 ID:oUwQ2W/8o
自分から更に腰を降るフレンダ
191 :1 [saga]:2018/03/04(日) 10:44:29.47 ID:lvR2fQEj0

 フレンダ「んっ・・・♥!///」

 ―クネッ、グリッ・・・
 
 神華「あっ・・・!?///フ、フレンダ・・・!?///」

 フレンダ「私も、動いてあげる、って訳・・・あっぁ♥んっぁ・・・♥!///」
 
 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ちゅくっ、ぐちゅっ! 
 ―グリッグリッ・・・

 神華「つっ・・・!///」

 フレンダ「あぁんっ♥!///あっ♥ひあぁっ♥!///」

 フレンダ「(膣内で、おち○ぽが暴れてるぅ・・・♥!///)」

 神華「フレンダ・・・フレンダ・・・!///」

 フレンダ「し、んかぁ・・・♥///ひ、んか、ぁ・・・♥///」トロン

 ―ちゅうっ、ちゅっ・・・レロッ、ちゅうっ、ちゅるっ、ちゅぅ

 フレンダ「んふぅっ♥///んく、んっ・・・♥!///」

 神華「んっ・・・!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 11:23:31.45 ID:8gk7i6pTO
駅弁でファッキン
193 :1 [saga]:2018/03/04(日) 11:30:34.25 ID:lvR2fQEj0

 神華「っはぁ・・・///」

 フレンダ「ぷぁ・・・♥///」
 
 神華「・・・フレンダっ//」

 ―ワシッ

 フレンダ「ひゃぁあんっ♥!///」ビク!

 フレンダ「お、おひり、しょんにゃ、鷲掴みにぃ・・・♥!///」

 神華「よ・・・っと//」グイーッ

 フレンダ「ぁぁ・・・っ♥///」

 ―ぐぷぷぷっ、コツンッ

 フレンダ「んんぁっ・・・♥!///」

 フレンダ「こ、れ、奥まで、んぁっ・・・♥!///子宮、当たってる・・・♥!///」

 神華「いくよっ・・・!///」

 ―ズッ ぱちゅっ!ぐちゅっ! ズッ くちゅっ!くちゅっ! ズッ ぐちゅっ!

 フレンダ「んはぁぁあっ♥!///あっひぁっ♥!あっぁぁ♥!///」

 フレンダ「ら、めぇっ♥!きもひ、よふひれ・・・♥!///」

 フレンダ「あたみゃ、まっひろにぃ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 11:34:37.23 ID:8wGuXCOIO
子宮の奥までドンドン当たることに気がつく神華
何度も刺激する
195 :1 [saga]:2018/03/04(日) 11:40:39.56 ID:lvR2fQEj0

 ―ズンッ!ズンッ! ばちゅっ!ぱちゅっ!くちゅっ! コツッ

 フレンダ「あぁっ♥///んっぁ♥///」

 フレンダ「ぁひっ♥///んぁぁ・・・♥!///」

 神華「(フレンダの顔、すごくエッチだ・・・///)」ハァハァッ

 ―ズンッ!ズンッ! ぐちゅっ!ぐちゅっ! コツッ

 フレンダ「ひぃんっ・・・♥!///」

 神華「くっ・・・!///」

 神華「(おま○この奥までいれる度に、コツコツって当たるっ・・・!///)」

 神華「(もっと・・・奥までっ・・・!///)」ググッ
 
 ―ズンッ!ズンッ!ズンッ! ぱちゅっ!くちゅっ!コツッ

 フレンダ「やっぁ♥!///はげ、ひ、んっぁあぁ♥!///は、ひぃぁ♥!ぁぁ・・・♥!///」

 ―ズンッ!ばちゅっ!ぱちゅっ! コツッ
 ―ぐぷんっ・・・! 

 フレンダ「か、はぁっ・・・!///」

 フレンダ「(う、そ・・・!?///子宮、の奥まで、入って・・・♥!///)」

 神華「は、っぐぅ・・・!///」

 フレンダ「あ♥ぇぁ・・・♥///ふ、ぐっ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 12:06:06.41 ID:8wGuXCOIO
フレンダ絶頂も腰振りをやめない神華
197 :1 [saga]:2018/03/04(日) 12:11:35.21 ID:lvR2fQEj0

 ―ズンズンッ!ぱちゅっ!ぐちゅっ!くちゅっ!

 フレンダ「あふっ♥・・・ん゙ぁ・・・っ♥!///」

 フレンダ「(おひ、んぽぉ・・・♥///ひきゅぅに出たりぃ、入ったりひてるぅ・・・♥///)」
 
 神華「はぁっはぁっはぁっ///」

 ―ズンズンッ!ぐちゅっ!ばちゅっ!

 フレンダ「やっぁ♥んあっ♥///あぁっ・・・♥///」

 フレンダ「ひゃ、めぇ・・・♥///イ、イくぅっ♥イクっ♥!///」

 フレンダ「イ、ちゃっぁ・・・あはぁっ♥!///」

 神華「フレンダっ・・・!///」

 ―ズンズンッ! コツッコツッ!

 フレンダ「あふっ・・・♥!///」

 フレンダ「んぁあぁぁああ・・・♥!///」

 ―ビクン!ビクン!
 ―プシャァアアァァアア・・・チョロロッ、チョロロロォ・・・

 フレンダ「ひぁ♥あ、ひぇ・・・♥///」トロン

 神華「っ!///」

 ―ズンズンッ! コツッ ばちゅっ!ぱちゅっ!くちゅっ!

 フレンダ「あぁっ♥///ぁあぁ・・・♥///」

 フレンダ「(イ、ったのにぃ・・・♥///神華、まらしちゃうのぉ・・・?♥///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 14:02:05.93 ID:oUwQ2W/8o
掘ってく中で手前にGスポットを見つけたので当ててさらに刺激を与える
すると一気に締め付けが厳しくなって来ると
199 :1 [saga]:2018/03/04(日) 14:11:26.04 ID:lvR2fQEj0
 
 神華「は、っぁ、はぁっ///」

 ―ズンズンッ ぱちゅっ!ぐちゅっ!

 フレンダ「あ♥///ふ、あぁぁ♥///っ♥///」

 フレンダ「(も、ひょん、かいも、イったの、にぃ・・・♥///ひっ、んかぁ・・・♥///)」

 フレンダ「ぉ、ぁっあ・・・♥///」ダラダラ

 神華「っ・・・!///」

 ―ズンッ! ゴリッ

 フレンダ「あぅんっ・・・♥!///」

 ―キュウゥッ・・・

 神華「んっ・・・///」
 
 神華「(締め付けがっ・・・///)」

 ―プシャァッ・・・チョロロッ・・・

 フレンダ「ひょ、こ、らめぇっ・・・♥!///」

 神華「・・・ここ?//」
 
 ―グリグリッ ゴリッコリッ

 フレンダ「ひあっぁ♥///ぁ、んん・・・♥///」

 神華「・・・(じゃあ重点的にっ・・・!///)」

 ―ズンッ!ズンッ! グリグリッ ゴリッグリッ

 フレンダ「ひぃぃんっ・・・♥!///ぁあっ♥///ふ、あぁっ・・・♥!///」

 神華「くっ・・・!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 15:00:01.65 ID:CJjDaO5KO
神華とフレンダ同時に達してやっと力尽きる神華
201 :1 [saga]:2018/03/04(日) 15:12:54.04 ID:lvR2fQEj0

 神華「うっぐ、ぁっ・・・!///」

 ―ズンッ!ズンッ! ゴリゴリッ

 フレンダ「あ゙ぁ゙ぁ゙っ♥!///ん゙や、っぁぁ・・・♥!///」

 フレンダ「ら、め、イ、く・・・♥!///も、無理ぃ・・・♥!///」

 神華「フレンダっ、おれもっ・・・!///」

 フレンダ「ん゙んっ♥!///いぃ、よ・・・♥///き、てぇ・・・♥///」

 フレンダ「いっぱぃ、神華のせーえき出してっ・・・♥!///」トロン

 神華「っ!くぅ・・・!///」

 ―ズンッ! ゴリッ! 

 フレンダ「ぁ・・・♥!///」

 フレンダ「っぁあぁああああ・・・♥!///」

 ―ビュルルルルッ!ビュルルッ!ビュプッ!ビュルッ!

 フレンダ「ふあぁあぁ・・・♥///ひひゅうの、奥でぇ・・・♥///」

 フレンダ「あひっ、ぁ・・・♥///おひんぽのゴムぅ・・・膨らんでるぅ・・・♥///」ハァハァッ

 神華「っ・・・はぁ〜・・・はぁ〜・・・///」

 神華「んっ・・・///」ゴロンッ

 フレンダ「ふあ・・・♥///」コテンッ

 神華「・・・フレンダ・・・///」チュッ、ナデナデ

 フレンダ「んん・・・神華ぁ・・・♥///」ギュウッ

 神華「すごく、気持ちよかった・・・///」

 フレンダ「わら、ひも・・・って、訳よぉ・・・♥///」ニヘラ

 神華「・・・っ///」

 フレンダ「ぁんっ・・・♥///・・・ぇ、ま、まだ、硬い・・・///」 

 神華「ごめん・・・///」

 神華「もうちょっと、付き合って、くれる・・・?///と言うか、付き合ってね///」ギラギラ

 フレンダ「し、神華、め、目が怖いって、訳、よ・・・?///や、まっ、少し、休け」

 フレンダ「んん〜〜っ・・・♥!///」


 -終-
202 :1 [saga]:2018/03/04(日) 19:19:33.01 ID:lvR2fQEj0

 あらすじ
 サンドリヨンと海へデートへ行っていた我らがハーレマー上条当麻さん。
 泳ぎを教えて飯食べ終えて色々話してキスの話題になってサンドリヨンが甘えてキスをせがむ。それを受け入れた上条さんはサンドリヨンのファーストキスを奪う。
 するとサンドリヨンの体が光り、麦のんに組み立てられる前の成長した姿に戻れた。それを喜ぶサンドリヨン。
 そして二人は宿泊先のホテルへINし、風呂へ入って・・・


 サンドリヨン【ふふ・・・♥///】

 サンドリヨン【硬くて、熱い・・・♥///】

 ―シュコシュコッ

 上条「おわっ!?///お、おいっ、いきなりっ・・・!///」
 
 サンドリヨン【あ、痛い・・・?///】

 上条「い、いや、痛くは・・・ない、けど・・・///」ドキドキッ
 
 サンドリヨン【じゃあ・・・続けて、いい♥?///】

 サンドリヨン【私は・・・当麻を、気持ちよくさせたいから・・・♥///】ハァ・・・ハァ・・・

 上条「・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 19:20:37.92 ID:PkykqeRO0
ぎこちないが一生懸命の手コキで感じる上条さん
204 :1 [saga]:2018/03/04(日) 19:26:51.29 ID:lvR2fQEj0

 サンドリヨン【・・・///】
 
 上条「・・・っ、た・・・頼む・・・///」コクリ

 サンドリヨン【!///】
 
 サンドリヨン【ええ・・・任せて♥///】ニコリ

 上条「・・・///」ゴクリッ

 サンドリヨン【じゃあ・・・♥///】

 ―シュコシュコッ
 
 上条「っ、ん・・・///」

 サンドリヨン【(えっと・・・///この膨らんでる赤黒い部分まで手を上下に動かして・・・///)】

 ―シュコシュコッ

 上条「、・・・ん・・・///」

 サンドリヨン【(少し唾液も垂らせば滑りがよくなるんだっけ・・・///)】

 サンドリヨン【んっ・・・】

 ―トロォ・・・ピチョッ

 サンドリヨン【(これで・・・♥///)】

 ―シュコシュコッ

 上条「っぁ・・・///」

 上条「(やべ///サンドリヨンの手、柔らかくて、ぎこちないけどっ・・・///)」

 上条「(気持ちよすぎるっ・・・///)」

 ―シュコシュコッ
 ―ビクッ、ビクッ・・・

 サンドリヨン【(あ、当麻・・・感じてくれてる・・・♥///)】 

 サンドリヨン【掌から、ビクビクってしてるの・・・伝わってくるわ・・・♥///】


 どうする?orどうなる?
 ↓1
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 19:39:32.17 ID:PkykqeRO0
サンドリヨンが上条さんの当麻を口に咥える(フェラ)

最期のサンドリヨンが文字化けしている
206 :1 [saga]:2018/03/04(日) 19:51:31.25 ID:lvR2fQEj0

 サンドリヨン【はぁ・・・♥///】

 ―シュコシュコッ

 上条「うっぐ・・・///」

 サンドリヨン【(感じて我慢してる当麻の顔・・・すごく可愛い・・・♥///)】

 サンドリヨン【(もっと見てみた・・・♥///)】

 上条「サン、ドリヨン・・・!///」 

 サンドリヨン【・・・んっ///】アーン

 ―パクリ
 ―ちゅるるっ、レロレロッ

 上条「っ!///」

 サンドリヨン【んっ・・・んっく、んうぅ♥///】

 ―じゅぷっ、レロッ、ちゅるるっ、ちゅうっ・・・

 上条「は、っぁ・・・!///」

 サンドリヨン【(当麻のおち○こ・・・すごい匂い・・・♥///)】

 サンドリヨン【(先端から溢れてくるのが、その匂いかしら・・・味も、何だか不思議な・・・♥///)】


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>205 あぇ?そうですか?
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 19:55:15.45 ID:XvRRxlKfo
だんだんと積極的な責めにかみやん我慢できなくなり放出してしまう

当方は普通にみえるが
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 19:56:53.19 ID:PkykqeRO0
あれ?今は正常だ…さっきは画面にごみでもついていたのかな……
安価下
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 20:00:21.93 ID:pz5oHoWeO
ここ運営に見捨てられてるらしいからバグがおきるのもしかたないかと
なぜ作ったし
210 :1 [saga]:2018/03/04(日) 20:04:36.21 ID:lvR2fQEj0

 ―ちろちろ、レロッ、ちゅっ・・・

 サンドリヨン【ん・・・はぁ・・・♥///】

 上条「っ・・・!///」
 
 上条「(舌先で、亀頭舐められるの気持いい・・・っ///)」

 サンドリヨン【ん・・・っ///】

 ―くぷ、ぷぷ・・・

 上条「〜っ・・・///」

 サンドリヨン【んぶっ♥///んっ♥んんっ♥///】
 
 サンドリヨン【ふっ、んっふ・・・♥///】

 ―ちゅるっ、レロレロッ、くぷっ、じゅぷっ

 上条「っ・・・!///」

 上条「(サンドリヨンの口の中、柔らかくて熱いっ・・・!///)」

 サンドリヨン【んぐっ♥///んぶ・・・っ♥///んっふ、んん・・・♥///】

 ―じゅるるっ、レロッ、ちゅるっ・・・くぷぷっ

 上条「っ!///サ、サンドリヨン、悪いっ・・・!///」

 サンドリヨン【(あ・・・っ♥///】

 上条「あ、ぐぅっ・・・!///」

 ―びゅぐっ!びゅるるっ!ドプッ、びゅるるっ!

 サンドリヨン【んぐ、ぶふっ・・・♥!///】

 サンドリヨン【(来たぁ・・・♥!///口の中に、ザーメンいっぱい・・・♥!///)」
 
 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 20:11:33.15 ID:5uLoAYIjO
サンドリヨンこの場で続きをしようとするが上条サンドリヨンのためにも上がってから続きをしようという
212 :1 [saga]:2018/03/04(日) 20:21:18.26 ID:lvR2fQEj0

 サンドリヨン【んぐっ・・・♥///】

 ―モグモグッ

 サンドリヨン【(当麻のザーメン・・・♥///)】

 サンドリヨン【(変な味・・・でも・・・すごく、熱くて美味しく感じちゃう・・・♥///)】

 ―ゴクッ・・・ゴクンッ

 サンドリヨン【っはぁ・・・♥///】
 
 上条「の、飲んだのか・・・?///」
 
 サンドリヨン【ん・・・♥///こうするもの、なんでしょ・・・♥?///】クスッ

 サンドリヨン【じゃあ・・・そろそろ///】スクッ、クラッ

 上条「うぉっと・・・!?//」ガシッ!
 
 サンドリヨン【あっ・・・///】

 上条「・・・上がろう、サンドリヨン//」

 サンドリヨン【で、でも・・・///】

 上条「な?//」ナデナデ

 サンドリヨン【・・・//】コクリ・・・
213 :1 [saga]:2018/03/04(日) 20:23:23.75 ID:lvR2fQEj0

 あらすじ2
 お風呂上がりで上条さんとサンドリヨンはベッドに乗り寄り添う。


 サンドリヨン【・・・当麻///】チラッ

 上条「・・・うん?//」
 
 サンドリヨン【・・・まだ、あれだけじゃ足りない・・・?///】

 上条「・・・!///」

 サンドリヨン【それなら・・・いいわよ///】

 サンドリヨン【私は当麻のためになら・・・///】スッ・・・

 上条「サンドリヨン・・・///」

 サンドリヨン【私の想い・・・///当麻に受け取ってほしい・・・///】クルッ

 サンドリヨン【お願い・・・///】ジッ

 上条「・・・ああっ///」ギュウッ

 上条「お前の想い、ちゃんと・・・受け止めてやるからな//」ニコリ

 サンドリヨン【当麻・・・♥///】

 サンドリヨン【・・・大好き♥///】

 上条「・・・ああ。・・・サンドリヨン///」
 
 サンドリヨン【・・・キて♥///】


 どうする?orどうなる?
 ↓1
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 20:24:31.30 ID:XvRRxlKfo
サンドリヨンさんにディープなキスをするかみやん
経験があるためかキスだけで感じてくサンドリヨンさん
215 :1 [saga]:2018/03/04(日) 20:34:46.79 ID:lvR2fQEj0

 上条「っ・・・///」

 サンドリヨン【んっふぅ・・・♥///んぅ・・・♥///】

 ―レロッ、ちゅるっ、ちゅうっ・・・

 上条「ん・・・///」 

 サンドリヨン【っ♥んん・・・♥///】

 サンドリヨン【(当麻のディープキス、私の舌に絡みついて・・・優しく撫でてきて、素敵・・・♥///)】

 上条「んっく・・・///」

 ―レロッ、ちゅるるっ、ちゅうっ、ちゅぷっ

 サンドリヨン【んんぁ・・・♥///んっく♥///んふ・・・♥///】

 ―・・・ジワッ

 サンドリヨン【(やだ・・・♥///キスだけで、感じてきちゃって・・・♥///)】

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 20:38:31.61 ID:THsZzVP8O
上条さんキスしながら押し倒し「本当にいいか」の最終確認をする
217 :1 [saga]:2018/03/04(日) 20:55:20.26 ID:lvR2fQEj0

 上条「んっ・・・///」

 ―ちゅるるっ、レロッ・・・

 サンドリヨン【んぁ・・・♥///】

 上条「・・・っ///」グイッ

 ―トサッ
 
 サンドリヨン【ん・・・///】

 上条「っはぁ・・・///」チュパ・・・

 サンドリヨン【は、はっ・・・はぁ・・・っ///】ポーッ

 サンドリヨン【(キスだけで・・・頭がフワって・・・♥///)】

 上条「・・・サンドリヨン///」

 サンドリヨン【うん・・・?///】
 
 上条「・・・本当に、いいか?///」ジッ

 サンドリヨン【・・・ええ///】

 サンドリヨン【さっきも言ったけど・・・///】

 サンドリヨン【私の想いを、当麻にキチンと受け取ってほしい・・・♥///】 

 上条「・・・ん、わかった///」ギュウッ

 サンドリヨン【・・・ありがとう、当麻♥///】ギュウッ


 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 20:56:50.63 ID:XvRRxlKfo
胸や胸の先端を弄ってみる
219 :1 [saga]:2018/03/04(日) 21:05:07.04 ID:lvR2fQEj0

 上条「・・・///」

 サンドリヨン【・・・///】モジモジ

 上条「(バスローブだからすぐに脱がせられるな・・・//)」

 ―スッ・・・ハラッ

 サンドリヨン【あ・・・///】

 ―パサッ

 上条「・・・(白くて綺麗な肌だな・・・///)」

 上条「(何かの芸術品みたいんだ・・・///)」

 サンドリヨン【当麻・・・///】

 上条「サンドリヨン・・・胸、触るぞ・・・///」

 サンドリヨン【ええ・・・///】コクリ

 ―・・・サワッ、フニュッ・・・

 サンドリヨン【んぁ・・・♥///】

 上条「・・・サンドリヨンの胸、体が細いからあんまり気づかなかったけど・・・///」

 上条「大きくて、柔らかいな・・・///」

 ―ムニュッ、ムニュッ

 サンドリヨン【ん、もうっ・・・♥///それが、体が、んっ・・・///小さかったから、でしょ・・・♥///】

 上条「それもそっか・・・//」クスッ

 ―ムニュッ、フニッ・・・クリッ

 サンドリヨン【ふあぁぁ・・・♥///】

 上条「乳首、もうこんなにピンッと勃ってるのな・・・///」

 サンドリヨン【や、やぁ・・・♥///】


 どうする?orどうなる?
 ↓1まで 
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 21:12:06.69 ID:XvRRxlKfo
胸を弄りつつ下着越しにアソコに手を向けるかみやん
221 :1 [saga]:2018/03/04(日) 21:18:16.46 ID:lvR2fQEj0

 上条「んっ・・・//」

 ―レロッ、レロッ、ちゅるるっ

 サンドリヨン【ぁあっ・・・♥!///】

 上条「っ///」

 ―ちゅぷっ、レロッ・・・ちゅぅぅっ

 サンドリヨン【乳首、そんな吸っちゃ・・・♥!///】

 サンドリヨン【んあぁっ・・・♥///っぁ♥んっ・・・♥!///】

 上条「んっく・・・///」

 上条「(・・・こっちは、どうなってるんだ・・・?///)」スッ

 ―スリッ くちゅっ・・・

 サンドリヨン【あっ・・・♥!///】

 上条「んっ・・・下着越しでもこんなに濡れてるぞ・・・?///」

 サンドリヨン【〜〜っ♥///】フルフルッ


 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 21:28:53.64 ID:XvRRxlKfo
はしたない女と思われてるかと思い言い訳しようとするがかみやんうけいれつつアソコを下着越しに弄りまくる
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 21:29:48.96 ID:z0lJipNuO
224 :1 [saga]:2018/03/04(日) 21:32:52.96 ID:lvR2fQEj0

 サンドリヨン【・・・は、はしたない女で、ごめんなさい・・・///】ウルウル

 上条「そんなこと思ってもないぞ//」チュッ

 上条「お前が感じてくれてたなら・・・俺は嬉しいよ//」ニコリ

 サンドリヨン【当麻・・・///】

 ―くちゅっくちゅっ・・・

 サンドリヨン【ぁんっ・・・♥///】

 上条「でも・・・こんなに濡れてるのは、すごいな//」クスッ

 ―くちゅくちゅっ
 
 サンドリヨン【あっ・・・♥///んっ、ぁあ・・・♥///】

 上条「・・・どうだ?//」

 サンドリヨン【っ・・・♥///気持ち、いいっ・・・♥///】

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 21:39:40.88 ID:z0lJipNuO
弄られつつ我慢できない入れてと半泣きで懇願するサンドリヨンさん
226 :1 [saga]:2018/03/04(日) 21:49:44.38 ID:lvR2fQEj0

 サンドリヨン【あんっ♥///んんっ♥///】

 サンドリヨン【(もうっ・・・我慢、できないっ・・・///)】

 サンドリヨン【と、当麻・・・っ///】スッ

 上条「ん・・・?//」

 サンドリヨン【我慢できないから・・・///】

 サンドリヨン【入れて・・・?///】

 上条「・・・でも、まだ慣らせれてないぞ?//」

 サンドリヨン【多分、大丈夫よ・・・///】

 サンドリヨン【これだけ濡れてれば・・・///】モジモジ

 ―くちゅ・・・くちゅっ・・・

 サンドリヨン【ね・・・?///】

 上条「・・・いいんだな?//」

 サンドリヨン【ええ・・・///】
 
 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 22:12:37.96 ID:XvRRxlKfo
かみやん挿入し痛みではなく受け入れられて喜び涙を流すサンドリヨンにあわてて弁解するかみやんに宥めるサンドリヨン
228 :1 [saga]:2018/03/04(日) 22:24:29.36 ID:lvR2fQEj0
 
 ―パサッ・・・

 上条「・・・//」

 サンドリヨン【(・・・二人とも、裸になっちゃったわね・・・///)】ドキドキッ

 上条「サンドリヨン・・・///」

 ―ギシッ・・・

 サンドリヨン【ん・・・///】

 サンドリヨン【(当麻が覆い被さって・・・///)】

 上条「・・・いくぞっ///」

 サンドリヨン【・・・キて・・・♥///】ニコリ

 上条「・・・少し、足を開けて・・・」

 サンドリヨン【こ、こう・・・?///】

 ―クパッ・・・

 上条「ああ。それでいいぞ・・・//」

 サンドリヨン【・・・(やっぱり、少し慣れてる、わね・・・//)】

 ―トロォ・・・

 上条「・・・(おま○この奥から、愛液が溢れてきてるな・・・///)」

 上条「(これなら・・・大丈夫そうだな・・・//・・・ゴムを・・・//)」

 ―クルクルッ・・・ピチッ

 サンドリヨン【当麻・・・///】

 上条「ああ・・・//・・・っ///」

 ―くちゅっ・・・くぷぷっ・・・

 サンドリヨン【んっ・・・!///】

 ―ぐぷぷぷっ・・・ぐぷっ、ぐぷぷっ・・・

 サンドリヨン【っ・・・んっぁ・・・あぁ・・・///】

 サンドリヨン【(当麻の、おち○こが膣内に入って、きてる・・・っ♥///)】

 ―ぐぷぷっ・・・コツッ

 サンドリヨン【っはぁっぁぁ・・・!///】

 上条「・・・これ、破ったら痛いと思うけど・・・//・・・覚悟して、くれよっ///」

 ―ぐぷっ、ブツッ、ブチッ・・・

 サンドリヨン「んんっ・・・!///】

 ―ツー・・・

 サンドリヨン【〜〜〜っ・・・ひ、はっぁ・・・///】

 サンドリヨン【・・・っ、ひっく・・・ぅ、ぁ・・・///】ポロポロ

 上条「っ・・・ごめん/痛かったな・・・//」ナデナデ、ギュウッ

 サンドリヨン【ち、違、うの・・・///これ、えぐっ、は嬉し、涙で・・・♥///】ポロポロ

 上条「・・・サンドリヨン//」ギュウッ

 サンドリヨン【んっ・・・ひっく、んぅ・・・♥///えぐっ、ひ、んっ・・・♥///】ギュウッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 23:09:35.18 ID:z0lJipNuO
なでながら本当に大丈夫か確認して動く上条さん
230 :1 [saga]:2018/03/04(日) 23:25:31.33 ID:lvR2fQEj0

 上条「・・・」ナデナデ
 
 サンドリヨン【っ・・・スンッ・・・ん、ぅ・・・♥///】フーフー

 上条「・・・」ナデナデ

 上条「大丈夫か?//」ナデナデ
 
 サンドリヨン【・・・うん///】コクリ
 
 上条「・・・無理だけはするなよ?//」

 サンドリヨン【うんっ・・・///】

 上条「・・・動くぞ、ゆっくりな・・・//」

 サンドリヨン【・・・いい、よ・・・♥///】

 上条「っ・・・///」
 
 ―ズッ・・・ズッ・・・

 サンドリヨン【ぁ・・・っ///ん・・・♥///】

 サンドリヨン【(おち○こ、少しずつ抜けたり入ったりして・・・♥///)】


 どうする?orどうなる?
 ↓1
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 23:36:48.11 ID:XvRRxlKfo
セガレを包みすごく気持ちいい膣内にかみやんはげしくなる
232 :1 [saga]:2018/03/05(月) 06:02:18.51 ID:8eMiIakGO

 上条「はっ、ぅっぐ・・・!///」

 サンドリヨン【んあぁっ♥///あっ、んんっ♥///】

 ―ズッ ズッ ズッ

 上条「(す、げ・・・!膣内がウネって俺のモノ包み込んでくる・・・っ!///)」

 上条「っ!///」ズッ ズッ ズッ ぐちゅっ!くちゅっ!

 サンドリヨン【(こ、れ、すご・・・♥!///)】

 サンドリヨン【(膣内、かき混ぜられる・・・っ♥!///)】

 上条「サンドリヨンっ・・・!///」

 サンドリヨン【当、麻ぁ・・・♥!///】


 どうする?orどうなる?
 ↓1
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 06:39:01.16 ID:JqHhP8hoo
動きながら胸を揉んだりしてさらに快感を与える
234 :1 [saga]:2018/03/05(月) 07:31:52.60 ID:t/53jZbxO

 上条「くっ・・・!///」

 ―パンッ!パンッ! ぐちゅっ!くちゅっ!

 サンドリヨン【あぁっ♥!///んっ♥!んっ♥!///】

 サンドリヨン【やっ、んぁっ・・・♥!///】

 上条「はぁっ、んっ・・・!///」

 ―パンッ!パンッ! ぱちゅっ!ぐちゅっ!くちゅっ!

 サンドリヨン【っ♥!///当麻っ、激しっ・・・♥!///】

 上条「悪いっ//でも、止まらねぇっ・・・!///」

 ―パンッ!パンッ! くちゅっ!ぱちゅっ!
 ―ムニュッ、フニッ、ムニュッ

 サンドリヨン【んあぁっ・・・♥!///胸、も一緒にっ・・・♥!///】

 上条「、っ・・・///」

 サンドリヨン【あぁっ♥!///】
 

 どうする?orどうなる?
 ↓1
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 10:52:46.23 ID:JqHhP8hoo
だんだんとお互いにたかまり達する二人
236 :1 [saga]:2018/03/05(月) 18:07:05.49 ID:t/53jZbxO

 サンドリヨン【っ当、麻ぁ・・・♥!///】

 ―パンッ!パンッ!ぐちゅっ!ぱちゅっ!
 ―ムニュッ、ムニュッ

 上条「はぁっ!//はぁっ!//」

 サンドリヨン【あっ♥//ぁっ♥//あ、んっ・・・♥!//】

 サンドリヨン【(や、らっ・・・そん、な、激しく・・・♥!//)】

 ―パンッ!パンッ!ぱちゅっ!くちゅっ!

 サンドリヨン【(頭の中、フワフワひて、もぅ・・・っ♥///)】トロン

 上条「サンドリヨン、俺っ、イく・・・///」

 サンドリヨン【ひい、よっ♥///いっぱい、わらひの膣内、ザーメン出ひて・・・♥!///】

 上条「っぐぅ・・・!///」

 ―ズンッ!

 サンドリヨン【ん、ぁっ・・・♥!///】

 ―ビュルルルッ!ドプッ!ビュルルッ!ビュクッ!
 
 サンドリヨン【あぁぁぁあああっ♥!///】

 ―ビクッ!ビクンッ!
 
 サンドリヨン【ぁ♥//ぁ・・・♥///】

 ―・・・プシッ プシャァァァァ・・・
 ―・・・チョロロロロロォッ
  
 サンドリヨン【や、やらぁ・・・♥///おも、らひ、やっ、やぁ・・・ん♥///】

 上条「っ、はぁ・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 19:11:00.87 ID:Ofu8j8g/O
上条さん冷静になり中出ししたことに気づく
238 :1 [saga]:2018/03/05(月) 19:19:41.35 ID:I/DSrRCe0

 上条「・・・サンドリヨン//」ギュウッ

 サンドリヨン【当麻ぁ・・・♥///】ニヘラ

 上条「気持ちよかったぞ・・・///」ナデナデ

 上条「サンドリヨンは・・・?//」

 サンドリヨン【わらひ、も・・・最高に、よかったぁ・・・♥///】

 サンドリヨン【・・・当麻、とっても情熱的で素敵だったわ♥//】ニコリ

 上条「ははは・・・そっか//」ナデナデ

 サンドリヨン【んっ・・・♥//】

 上条「・・・あ、抜くな//」ググッ

 サンドリヨン【うん・・・♥//】

 ―ヌポォ・・・

 上条「・・・(毎度思うが、何でこんなにも出るんだ・・・///)」

 サンドリヨン【(避妊具に・・・あんなにも白濁のザーメンが溜まってる・・・♥///)】ドキドキッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>237 >>228でゴム装着済みでせう
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/06(火) 07:20:30.98 ID:YghI/xxoO
ざーめんをのむ
240 :1 [saga]:2018/03/06(火) 07:34:21.91 ID:C2xaKc2gO

 サンドリヨン【・・・当麻、それよく見せて?//】

 上条「・・・あ、あぁ//」スッ

 サンドリヨン【・・・わぁ♥//こんなに・・・♥//】
 
 サンドリヨン【(それぐらい気持ちよかったって事なのかしら・・・//だったら、嬉しいわ・・・♥//)】

 上条「・・・//(そ、そんなにまで見られると恥ずかしいのでせうが//)」

 サンドリヨン【・・・んっ♥///】クイッ

 ―トロォー・・・

 サンドリヨン【んっ、んっく・・・♥///んっぅ♥///】

 ―ポタポタ・・・
 ―ゴクッ、ゴクンッ

 サンドリヨン【っはぁ・・・♥///・・・やっぱり不思議な味ね///】クスッ

 上条「そ、そうか・・・//」

 サンドリヨン【・・・///】ポスッ

 サンドリヨン【・・・当麻ぁ・・・//眠く、なってきたから・・・//】

 上条「・・・あぁ。一緒に寝るか・・・//」クスッ

 サンドリヨン【ん・・・♥//あり、がとう・・・♥//】

 サンドリヨン【・・・すぅ・・・】

 上条「・・・おやすみ。サンドリヨン/」ナデナデ


 ー終ー
241 :1 [saga]:2018/03/11(日) 11:44:02.36 ID:E4k3+4tV0
SELECT (後ろの回はヤった回数です)

浜面×滝壺                                      25回
トール×帆風                                     10回
ランシス×誉望                                    4回
海原×オリアナ                                    8回
建宮×フロリス                                    2回
フレンダ×神華                                    1回
加群×鞠亜  (マリアンは妊娠中のため無理できない。フェラとか足コキとかパイズリのみ) 4回
シルバークロース×去鳴                                5回 
白垣根×心理定規                                   11回
上里×府蘭                                      1回
天井×オルソラ(妊娠した為本番無し。フェラとか足コキとかパイズリのみ)         1回
テレスティーナ×絹旗                                 6回 
フィアンマ×サローニャ                                5回
オッレルス×シルビア                                 2回

↓1
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/11(日) 11:56:49.79 ID:zts0i1yC0
オッレルス×シルビア 
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/11(日) 12:32:14.54 ID:3RT9+MQDO
建フロだろ、そこは。jk
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/11(日) 13:05:33.64 ID:zts0i1yC0
……もしかして予想外の安価で遅れている?
だとしたらすいませんm(__)m
245 :1 [saga]:2018/03/11(日) 14:17:40.83 ID:E4k3+4tV0
 すみません。飯食ってました
 あと、さすがに連続ではですねー・・・うーん・・・

 これはコンマの神様に聞いてみましょ
 決めるのは>>1ですので書き込まなくて結構でせう
 
 オッレルス×シルビア 偶数
 建宮×フロリス    奇数
246 :1 [saga]:2018/03/11(日) 14:22:25.56 ID:E4k3+4tV0
 建宮♥フロリスで。


 じゃあ・・・シチュエーションを

 1ハジメテの青姦
 2ノーマル(安価の過程で決める)

 ↓1まで
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/11(日) 14:24:53.80 ID:zts0i1yC0
このスレのコンマが偶数なら1、奇数なら2
248 :1 [saga]:2018/03/11(日) 14:29:41.33 ID:E4k3+4tV0

 フロリス「はぁ〜、食べたね〜」トコトコ

 建宮「そうだな」クスッ

 フロリス「さてと・・・。・・・」

 建宮「・・・」

 フロリス「(・・・斎字さん、さっきまであんなに私の事求めてたけど・・・//)」

 フロリス「(そんなに欲求不満なのかな・・・?//)」ドキドキッ

 建宮「フロリス?」

 フロリス「ひゃはっ!?//」

 建宮「足が止まってるのよな。どうかしたのか?」

 フロリス「あ、う、ううん!//何でも・・・//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1  
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/11(日) 14:53:00.36 ID:zts0i1yC0
なんとなく最後にシタのはいつか聞いてしまうフロリス
250 :1 [saga]:2018/03/11(日) 14:58:13.18 ID:E4k3+4tV0

 フロリス「・・・ね、ねぇ。斎字さん・・・」

 建宮「うんー?」

 フロリス「・・・最後にH、したのいつだったかな・・・//」

 建宮「・・・そうだな」

 建宮「確か5月の・・・下旬、くらいか?」

 フロリス「あ、そんなに経ってたんだ・・・」

 建宮「ああ」

 フロリス「(・・・だから、かな//)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/03/11(日) 15:19:19.22 ID:FIj3VTWo0
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/03/11(日) 15:19:23.43 ID:RHPRC/LeO
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/11(日) 15:21:17.79 ID:3RT9+MQDO
自分も欲求不満に気がつく
254 :1 [saga]:2018/03/11(日) 16:59:19.83 ID:E4k3+4tV0

 フロリス「(私も、ちょっと内心シたいかなぁって思ってた事もあるし・・・//)」

 フロリス「(だったら・・・斎字さんに悪い事しちゃったな・・・)」

 フロリス「(でも・・・外では・・・うーん・・・//)」

 フロリス「・・・ね、ねぇ・・・斎字さん?//」

 建宮「ん?」

 フロリス「・・・そ、その、本当に・・・外でシたいの?」

 建宮「・・・まぁ、ちょっとしたスリルもあると、思ってな」クスッ

 建宮「けど・・・お前を無理には付き合わせたくないから忘れるのよな」

 フロリス「・・・//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/11(日) 18:00:14.54 ID:zts0i1yC0
やっぱり別に私はいいよ…?と誘うフロリス
256 :1 [saga]:2018/03/11(日) 18:35:32.33 ID:E4k3+4tV0

 建宮「さて・・・戻るとするのよな」

 フロリス「・・・//」ギュッ

 建宮「・・・?。フロリス・・・?」

 フロリス「・・・や、やっぱり・・・私も、シたくなっちゃったから・・・//」

 フロリス「いいよ・・・?//」ジッ

 建宮「・・・無理、しなくても」

 フロリス「・・・無理じゃないよっ//」ズイッ

 ―ちゅっ・・・

 建宮「、・・・っ」
 
 フロリス「んっ、んっふ・・・///」

 ―レロッ、ちゅるっ・・・ちゅぷっ、ちゅくっ

 フロリス「・・・っはぁ・・・//」

 建宮「・・・いいんだな?」

 フロリス「・・・うん///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 21:44:43.12 ID:m0dEwzM8o
いや取ったなら責任持って進めろよカス
取りたくても取れないのに尻拭いさせる気かよ

安価下
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 21:49:10.23 ID:m0dEwzM8o
適当にセックスしておしまい

流石にまる一日開けるって見る気ないってことだろ
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 21:59:38.45 ID:pyuR6bSaO
あまりにもこれはちょっと……
1日以上取らないって1に失礼すぎる
260 :1 [saga]:2018/03/12(月) 23:09:57.35 ID:XGSS/0p70
前まで良くあったので別に気にしてないでお。
↓1
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 23:40:49.91 ID:cy+hDU7/o
建宮さん首筋にキスマークつけてく

ごめんよこっち更新してたのしらなかったんだ
262 :1 [saga]:2018/03/13(火) 06:04:44.78 ID:lznQe8GCO

 建宮「・・・じゃあこっちに」クイッ

 フロリス「あっ//」ドキッ

 建宮「よしっ・・・人払いを施したのよな」

 フロリス「うん・・・//」

 建宮「これなら・・・」スッ

 フロリス「あっ・・・♥//」


 ―ちゅっ、ちゅぷっ・・・

 建宮「、ん・・・」

 フロリス「ふあぁぁぁ///」ゾクソクッ

 ―ちゅっ、ちゅっ・・・

 建宮「っ、ん・・・」

 フロリス「ふぁ、んん・・・//・・・く、首に痕と付いてない?//」

 建宮「いや?たっぷり付いてるのよな」クスッ

 フロリス「やぁん・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 07:20:08.69 ID:eykLnvbO0
フロリスの服を脱がす
264 :1 [saga]:2018/03/13(火) 07:37:33.89 ID:lexzk9iaO

 フロリス「斎字さん・・・♥///」ドキドキ

 建宮「服、脱がすのよな・・・」スッ

 フロリス「うん・・・//」コクリ

 ―スルッ パサッ 

 建宮「(まずは上着から。次は・・・)」

 フロリス「・・・//(一応、今日は可愛い(下着)のだから大丈夫だよね・・・///)」ドキドキ

 建宮「(スポーツ用のシャツだな)」

 建宮「フロリス、腕を上げてほしいのよな」

 フロリス「ん・・・っ//」スッ

 ―スルルッ、スルッ パサッ

 フロリス「///」

 建宮「・・・(水色に白のフリルを飾ったブラか・・・)」ジーッ

 建宮「・・・可愛いのよな」クスッ

 フロリス「っ///あ、ありがと・・・///」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 20:02:17.38 ID:r2IKp04oo
胸を揉む
266 :1 [saga]:2018/03/13(火) 20:26:10.18 ID:HUiRDe4X0
 
 建宮「・・・触るぞ」スッ

 フロリス「うん・・・♥///」ドキドキッ

 ―フニッ・・・ムニュッ

 フロリス「んっ・・・//んっ//ぁっ・・・ん、ふ・・・♥///」

 建宮「・・・」

 ―ムニュッ、ムニッ

 フロリス「あっ//んっ・・・//」

 建宮「(やっぱり見間違えじゃなかったのよな)」

 建宮「フロリス・・・胸、大きくなってるのよな?」

 フロリス「えぅっ!?///」

 ―ムニュウッ

 フロリス「んんっ・・・!//」

 建宮「これくらい持ち上げられるからわかるのよな」クスッ

 フロリス「・・・///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 20:55:34.12 ID:eykLnvbO0
フロリス、攻められっぱなしも嫌なのでおっぱい星人の建宮さんを攻める
268 :1 [saga]:2018/03/13(火) 21:27:46.00 ID:HUiRDe4X0

 ―ムニュッ、ムニッムニッ

 フロリス「んぁぁっ・・・♥///」

 建宮「大きくなっても感度は変わって無くて安心したのよな」クスッ

 フロリス「(もっ、もうっ//そんなに。後ろから攻めるなんてぇ・・・///)」

 ―ムニッ、ムニュムニュッ

 フロリス「ふあぁっ♥///んっ♥//んっぁ、ぁっ♥///」ビクッ

 フロリス「(わ、私だって・・・っ///)」

 ―サワサワッ

 建宮「っ・・・?/」

 フロリス「あっ・・・♥//斎字さんの、大っきくなってる・・・♥//」

 フロリス「(膨らんでるところが、硬い・・・///)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 19:21:45.12 ID:Gljep+kNo
互いに触り合う二人
270 :1 [saga]:2018/03/14(水) 19:49:23.84 ID:pP3mcORC0

 建宮「フロリス、こっち向いてくれ」

 フロリス「ん・・・//」クルッ

 ―ちゅっ・・・レロッ、ちゅぷっ

 フロリス「んっふぅ・・・♥///」

 ―ちゅるるっ、ちゅぷっ・・・ちゅうっ
 ―サワサワ

 フロリス「んん・・・っ///」

 フロリス「(さ、斎字さん、触り方なんかいやらしい・・・♥///)」

 建宮「っ・・・」

 フロリス「んっ、ひゃいひ、ひゃん・・・♥///」

 ―サワサワ

 建宮「ん・・・っ//」

 フロリス「っはぁ・・・///斎字さんも、脱いで・・・?//」

 建宮「ああ・・・っ//」

 ―スルルッ、パサッ・・・

 フロリス「・・・//」

 フロリス「(やっぱり鍛えてるんだなぁ・・・//)」ジーッ

  
 どうする?orどうなる?
 ↓1
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 20:03:32.67 ID:Gljep+kN0
建宮さんのモノをしごく

mateちゃんはもうss速報rを認知しないっぽいー




272 :1 [saga]:2018/03/14(水) 20:23:41.16 ID:pP3mcORC0

 ―パサッ・・・
 
 フロリス「あっ・・・///」

 フロリス「(斎字さんの大きくなってる・・・♥///)」ドキドキッ

 建宮「フロリス・・・/」

 フロリス「あ、う、うん・・・///」スッ
 
 フロリス「こう・・・だよね//」

 ―シュッシュッ、シュコシュコッ

 建宮「っ、ん・・・//」コクリ

 フロリス「(立ったままって結構難しい・・・//)」

 建宮「、///」

 フロリス「(あ、でも・・・//斎字さんの顔が、こんなに近くで見られるんだ・・・//)」

 ―シュコッシュコッ、シュッシュッ
 ―ムクムクッ

 フロリス「(わっ・・・//斎字さんのおち○ち○、もっと大きくなった・・・//)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/14(水) 20:49:48.30 ID:XOkrGjMEO
焦らす
274 :1 [saga]:2018/03/14(水) 21:26:28.62 ID:pP3mcORC0

 フロリス「・・・///」

 ―シュコシュコッ

 建宮「はぁ・・・っ//」

 建宮「(久方ぶりだから、相当クるのよなっ・・・//)」

 ―ビクビクッ

 フロリス「(すごい//斎字さんのおち○ち○脈をビクンビクンって・・・//)」

 建宮「っ//フロリス、もうっ・・・//」

 フロリス「え?も、もう・・・?//」ピタッ

 建宮「あぐっ・・・?//」

 フロリス「まだ早いよぉ・・・//」

 建宮「い、いや、でも//」

 フロリス「まだ・・・楽しも?//」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 04:57:06.93 ID:RsMXVFt40
ムスコを弄るフロリスを弄りかえす建宮さん
276 :1 [saga]:2018/03/16(金) 11:30:27.59 ID:kE2p4nNXO

 フロリス「ふぅ・・・はぁ・・・♥///」

 ―シュコシュコッ

 建宮「はぁっ、んっ・・・///」

 フロリス「斎字さん・・・♥///」モジッ
  
 ―スリッ、くちゅっ・・・

 フロリス「ぁ・・・♥(濡れてきちゃった・・・♥///)」

 建宮「っ・・・///」

 ―スリスリッ くちゅっ、ちゅくっ

 フロリス「ひぁっ!///さ、斎字さんっ・・・///」
  
 建宮「フロリスのここも、大分濡れてるのよな//」クスッ

 フロリス「んん・・・っ♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 12:58:13.19 ID:M7KAO+MZO
くんにしてあげる
278 :1 [saga]:2018/03/16(金) 22:24:49.99 ID:653GZwpp0

 フロリス「は、ぁ・・・っ♥///」

 建宮「・・・そのまま・・・//」スッ

 フロリス「ぇ・・・?///」

 ―スルルッ・・・パサッ
 
 建宮「・・・スカートは持っててほしいのよな//」

 フロリス「ぬ、脱がなくていい、の・・・?//」

 建宮「この方がいいからな・・・//」クスッ

 フロリス「え、えぇ・・・//」クスッ

 建宮「・・・んっ/」

 ―チロチロッ
 
 フロリス「んっぁ・・・///」

 建宮「っ・・・/」

 ―ちゅるるっ、レロレロッ、じゅぷっ、ちゅる・・・

 フロリス「あぁっ・・・♥///ん、あっぁ・・・♥///」

 フロリス「(斎字さんの舌、私のおま○こに入って・・・っ♥///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 23:27:52.48 ID:x8eYcl5hO
フロリスなんとか反撃しようとするもあまりの上手さになすがまま
280 :1 [saga]:2018/03/17(土) 00:04:30.70 ID:K3uPUJ4S0

 フロリス「あぁあっ♥///あっ♥//はっ♥///」

 建宮「っ、ん・・・//」
 
 ―レロレロッ ちゅぷ、くちゅっ

 フロリス「やっぁ♥///んっあぁ♥///」

 フロリス「(膣内、掻き舐めて・・・♥!///)」

 ―ちゅるるっ、レロッ・・・

 建宮「は、・・・///」

 フロリス「んんっ♥///あっぁ・・・♥///」

 建宮「(奥からどんどん愛液が溢れてくるのよな・・・//)」

 建宮「(・・・そろそろいいか・・・?///)」

 ―ちゅぱぁ・・・トロォ・・・

 フロリス「はぁっ・・・はぁっ・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/17(土) 01:12:53.69 ID:rwWyiv9PO
建宮さん挿れていいかムスコをすり付けながら聞く
282 :1 [saga]:2018/03/17(土) 01:33:37.19 ID:K3uPUJ4S0

 建宮「フロリス・・・挿れて、いいか?//」ジッ

 ―スリュックチュッ、スリッ

 フロリス「あぁっ・・・んっ♥//」

 フロリス「・・・うん//」

 建宮「・・・/」スッ

 ―ピリッ クルクルッ

 フロリス「さ、斎字さん・・・//ゴ、ゴムいつも持ち歩いてるの?///」

 建宮「この間くらいからなのよな/何となく・・・/」

 建宮「こうなるの期待してたって言うのか・・・/」

 フロリス「・・・そっか・・・//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/18(日) 17:21:23.98 ID:zFzhOBCDO
ゴムを手でつける風呂リス
284 :1 [saga]:2018/03/18(日) 17:59:33.45 ID:u+Pjvz0a0

 フロリス「こ、この体勢でいいの?//」

 建宮「ああ/壁に手を付いたままでなら、地面に寝転がらずに済むノよな//」

 フロリス「う、うん・・・///」

 フロリス「(でも・・・//上半身は裸、下はスカートだけで、靴履いてるって・・・//)」

 フロリス「(これとんでもなく恥ずかしい・・・///)」

 建宮「挿れるのよな・・・//」

 フロリス「ん・・・うん・・・///」ドキドキッ

 ―くちゅっ・・・くぷっ、くぷぷっ

 フロリス「はぁ・・・んっ///ぁっ・・・//」

 建宮「っ・・・//」

 ―ぐぷぷぷっ、ぐちゅっ・・・

 フロリス「っ・・・//入ったぁ・・・?//」

 建宮「あぁっ・・・//」コクリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/18(日) 18:13:27.43 ID:Xyfq+LqOo
腰を自分から降るふろりす
286 :1 [saga]:2018/03/18(日) 18:42:39.77 ID:u+Pjvz0a0

 建宮「、ふっ・・・//」
 
 ―ぱちゅっ!ぐちゅっ!ぱちゅっ!

 フロリス「ひあぁっ♥!///んっんっ♥!///あっぁ・・・♥!///」

 フロリス「そ、んなっ、いきなりっ・・・♥!///」

 建宮「フロリス、今日はいつになく締め付けがっ・・・//」

 ―ズンズンッ! ぐちゅっ!くちゅっ!ぐぷっ!

 フロリス「やっ、ぁ・・・♥!///」

 フロリス「(どうし、よ・・・っ♥//外だから、って意識したらすごくドキドキしてっ・・・♥!///)」

 フロリスんんっ・・・♥!///」

 ―クネ、クネッ

 建宮「ぅ、ぐっ・・・//」

 フロリス「んっぁ♥///あぁっ♥///ふ、んん・・・♥///」

 建宮「(自分から腰を振ってきたのよな・・・っ///)」

 フロリス「ひっぁ♥///んん・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/18(日) 18:51:02.05 ID:Xyfq+LqOo
奥に当てようとするも深くて驚くたてみや
抱きしめて子宮までナニを近づける
288 :1 [saga]:2018/03/18(日) 19:00:12.56 ID:u+Pjvz0a0

 建宮「(なら、俺もっ・・・///)」

 ―ズンズンッ! ぐちゅっ!くちゅっ!ぐちゅっ!ぐぷっ!

 フロリス「あぁあああっ♥!///ひあぁっ♥!///」

 フロリス「んっぁ♥!///ぉ、あぁっ・・・♥!///」
 
 建宮「(もっと奥に・・・っ!///)」

 ―ぐぷぷぷっ・・・

 フロリス「んぁ♥!///ひっぐぅ・・・♥!///」

 建宮「ぅ、おっ・・・?//」

 建宮「(な、中々深いのよなっ・・・///)」

 フロリス「ひゃぃ、い、ひゃんん・・・♥///」トロン

 建宮「フロリス、もっと奥まで入れるのよなっ・・・//」

 ―ギュウッ
 ―ぐぐぐ、ぐぷっ、ズリュッ!
 
 フロリス「ひぃ、ああぁああっ・・・♥!///」

 建宮「ぐっ・・・!///」

 フロリス「あ、ぁ♥///ひゃい、ひひゃん、のぉ・・・♥///(子宮の、中、入っちゃってるぅ・・・♥///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/18(日) 20:31:34.92 ID:Xyfq+LqOo
奥にゴツンゴツンあたりそのたびにあえぐふろりす
290 :1 [saga]:2018/03/18(日) 21:48:57.35 ID:u+Pjvz0a0

 ―ズンズンッ ゴツッゴツッ

 フロリス「あぐっ♥!///んんっ♥あぁっ♥!///」

 フロリス「ひぐぅっ・・・♥!///」

 建宮「はぁっ//くっ・・・!//」

 フロリス「ひあぁっ・・・♥!///んんっ♥!///」

 建宮「(これはっ、かなりマズイのよなっ・・・!//)」
 
 フロリス「ひきゅう、壊れひゃうぅ・・・♥!///」

 フロリス「あっぁ♥!///っ♥あぁ♥!///」

 建宮「フロリスっ・・・!///」

 フロリス「ひぐっ♥!///ダ、メェッ♥!んっぁぁ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/19(月) 09:15:15.00 ID:Asy/j7w6o
どんどん激しく動き達する二人
292 :1 [saga]:2018/03/19(月) 20:19:54.08 ID:mM+e6A63O

 建宮「っ!///」

 ーズンッ!ズンッ! ぐちゅっ!ゴツッ くちゅっ!ゴリッ

 フロリス「あぁあぁっ♥!///あっあぉ♥///」

 フロリス「(おち○ち○がぁっ♥///膣内を抉ってぇ♥///子宮の奥、入ってくるぅぅ・・・♥///)」

 フロリス「も、ら、めぇ・・・♥///」トロンッ

 ーガクガクッ

 建宮「フロリスっ、もう少し耐えてくれっ・・・!//」

 ーグイッ
 ーズンッ!ズンッ! ぐちゅっ!ゴリッゴリッ ぐちゅっ!

 フロリス「やっぁぁ♥!///しゅごぃぃ♥///膣内ぁ、擦ひゅれへぇ・・・♥///」

 建宮「っ!///」

 フロリス「あぁっ♥!///ぁっあっ♥!///」
  
 フロリス「イ、イくっ♥!///らめっ♥イッちゃぅ・・・♥!///」

 建宮「出るっ・・・!///」

 ービクッ!ビクビクンッ!
 ードプッ!ビュルルッ!ビュプッ!

 フロリス「んぁ、あぁぁあっ♥!///」

 ービクンッ!
 ープシャァァァアッ

 フロリス「ぁ、ぁ・・・ぁ♥///はひ、ひぁぁ・・・♥///」ブルルッ

 建宮「っ、は、ぐっ・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1 
293 :1 [saga]:2018/03/21(水) 20:41:57.96 ID:v1xfzMwU0
↓1
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/03/21(水) 21:08:00.02 ID:zkRqNcCC0
そのまま裸で抱き合う
295 :1 [saga]:2018/03/21(水) 21:17:17.16 ID:v1xfzMwU0
 
 フロリス「は、ぁ・・・♥///あぅ・・・♥///」

 ―カクンッ

 建宮「おっと・・・//」ギュウッ

 フロリス「はふ、はぁ・・・♥///はひ、はっ・・・♥///」フルフルッ

 建宮「・・・フロリス//」グイッ、ギュウッ

 フロリス「ん・・・ひゃい、ひしゃん・・・♥///」ギュウッ

 建宮「・・・良かったのよな//」ギュッ、ナデナデ

 フロリス「んっ♥//ぇへへ・・・わらひ、も・・・♥///」

 フロリス「しゅごく、きもひよひゃっらぁ・・・♥///」

 建宮「そうか・・・//」ギュッ

 フロリス「ん・・・//」

 フロリス「(青姦って、癖になりそう・・・♥///)」

 建宮「・・・//(また頼んでみるよな・・・//)」

 
 -終-
296 :1 [saga]:2018/03/31(土) 22:42:49.52 ID:s8AE/jwH0
 
 あらすじ
 熱海へ旅行へ来ていたオッレルスのおっさんとシルビアさん。
 温泉に入っていたがシルビアさんが発情(オッレルスのおっさんがドSスイッチ入っててからかったため)。それにオッレルスさん少し反省
 だが、シルビアさんのお誘いを受けてオッレルスのおっさんは・・・


 オッレルス「・・・よし、これで音漏れはしないよ」ペタッ
 
 シルビア「え、ええ・・・///」

 オッレルス「・・・じゃあ・・・」スッ、ギュウッ

 シルビア「っ・・・///(う、後ろから抱きしめられて・・・///)」ドキドキッ

 オッレルス「・・・今夜は寝かせないよ」ボソッ

 シルビア「・・・ん///」コクリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1まで
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 22:45:53.05 ID:27JgL3rq0
まずシルビアのあそこにローターを入れて動かす
入れたままエッチ継続(on、offは好きなように)
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 22:45:54.37 ID:2qLx+ZHEo
なんかオッレとシルビア多くない?
安価下
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 22:47:24.91 ID:MbddjOmvO
またか
300 :1 [saga]:2018/03/31(土) 22:53:00.22 ID:s8AE/jwH0

 オッレルス「・・・」ススッ

 ―ピラッ くちゅっ・・・

 シルビア「ふあぁぁ・・・っ///」

 オッレルス「・・・おやおや下着、着てないのかい?」クスッ

 ―くちゅくちゅっ・・・

 オッレルス「しかもこんなにまで濡らして・・・」

 シルビア「っ、んっ・・・///」

 オッレルス「・・・どんどんHな汁が溢れてくるから・・・」θ

 ―ぬぷぷっ くちゅぅっ・・・

 シルビア「んんっ!///ん・・・っ!///」

 オッレルス「>>301


 >>298 何か人気みたいなんでせうよね。
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 23:00:00.30 ID:2qLx+ZHEo
一人がとってるだけだろうな
安価下
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 23:00:00.60 ID:3vVaaUAdO
本当にスケベな女だね。君は

>>298
実はオレシルはこのスレだと二回目。
多いのはトール帆
錯覚したのは変な推しのせい
303 :1 [saga]:2018/03/31(土) 23:04:13.21 ID:s8AE/jwH0

 オッレルス「本当に淫乱な女だね、君は・・・」

 オッレルス「悪い子だ」ペロッ・・・

 シルビア「オッレ、ルス・・・っ♥///」ハァハァッ

 オッレルス「動かすよ」

 ―ヴヴヴヴ・・・

 シルビア「んぁぁっ・・・♥!///あっぁ、は、ん・・・♥///」

 オッレルス「・・・」クスッ

 シルビア「っ、んん・・・っ♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 23:06:10.82 ID:2qLx+ZHEo
>>302
この二人に全く興味ないから一人で進め終わらせてね
選んだくせに終わらせないの腹立つから

安価下

305 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 23:19:26.36 ID:27JgL3rq0
三角木馬がここにあったら君にやっているんだけどねと笑顔で言うオッレルス
奉仕としてフェラさせる
306 :1 [saga]:2018/03/31(土) 23:33:22.39 ID:s8AE/jwH0

 オッレルス「三角木馬がここにあったら君にやっているんだけどね」ニコリ

 シルビア「んん・・・っ♥///」ゾクゾクッ

 オッレルス「今はこれで我慢してもらうよ」

 ―ヴヴヴヴ・・・

 シルビア「んぁっ・・・♥!///」

 オッレルス「シルビア」

 シルビア「!・・・♥///」 

 オッレルス「頼むよ」ズイッ

 シルビア「んふっ・・・♥///」

 シルビア「・・・あむっ♥///んっふ、んむ・・・♥///」

 オッレルス「っ・・・」

 シルビア「んぉ、んむっ・・・♥///(オッレルスのおち○ち○、こんなに硬くて太く・・・♥///)」

 ―くちゅっ クリクリッ

 シルビア「んぐっ♥///んふぅ・・・♥///んっ、んん・・・っ♥///」

 オッレルス「(手は下の口を弄って、口だけで奉仕するのか・・・)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 23:39:51.11 ID:27JgL3rq0
オレッルスがイラマチオする
308 :1 [saga]:2018/03/31(土) 23:58:48.37 ID:s8AE/jwH0
 
 ―ぐぷっ、ぐぽっ、ジュルッ

 シルビア「んむっ♥//んっ♥///」

 オッレルス「・・・シルビアっ」グイッ

 シルビア「ぷあっ・・・♥///ぅ・・・?///」

 オッレルス「布団に寝転ぶから、上に乗ってくれるかい?」

 シルビア「ん・・・っ♥///」コクリ



 シルビア「んふっ♥///んっぁ♥///んうっぅっ・・・♥///」
 
 ―ちゅぷっ、レロレロッ、ちゅるるっ、ちゅうっ・・・

 オッレルス「っ、はぁ・・・」

 ―ぐぷっ、ぐぽっ、ぐぽっ

 シルビア「んぐっ・・・♥///」

 オッレルス「>>309
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 00:08:08.91 ID:12jlpySL0
普通なら嫌がるところなのに逆に喜ぶなんて本当にとんだマゾメイドだよ

そんな君には喉奥に一番濃いものをあげるよ
310 :1 [saga]:2018/04/01(日) 09:38:05.76 ID:NSRop23v0

 オッレルス「普通なら、嫌がるところなのにっ・・・」

 オッレルス「逆に喜ぶなんて・・・本当にとんだマゾヒストメイドだよ」クスッ

 シルビア「んんむぅっ・・・///」ジトー

 シルビア「(誰にせいでそうなったとっ///)」

 オッレルス「そんな君にはっ」ガシッ

 シルビア「んぐっ・・・!///」

 ―ぐぷっ!ぐぽっ!ジュプッ!

 シルビア「んぶっ!///んんっ!///んっ、んぅっ!///」

 シルビア「(ちょっ、そんな激しくっ・・・!///)」

 オッレルス「喉奥に、一番濃いのをあげるよっ・・・!」

 ―ビュルルルッ!ビュプッ!ビュウッ!

 シルビア「〜〜〜〜っ♥!///」

 シルビア「(熱っ・・・///喉の奥に、すごい出てっ・・・♥///)」

 ―ゴクッ、ゴクンッ・・・

 シルビア「んぐっ・・・んっく・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 10:41:23.81 ID:8lm61QfTO
お掃除フェらをさせる
312 :1 [saga]:2018/04/01(日) 11:02:03.44 ID:NSRop23v0

 シルビア「・・・ぷあっ///」トロォ
 
 シルビア「けふっ・・・//」

 オッレルス「・・・綺麗にしてもらえるかな?」ナデナデ

 シルビア「・・・え、ええ・・・//」

 シルビア「はむっ・・・//んっ、んむ・・・//」
 
 ―レロレロッ ちゅるるっ、ちゅっ・・・レロッ

 シルビア「・・・はい//」プハッ

 オッレルス「ありがとう」クスッ、ナデナデ

 シルビア「ん・・・♥///」ドキドキッ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 13:43:47.60 ID:8lm61QfTO
さらに奉仕でパイズリをしてもらう
314 :1 [saga]:2018/04/01(日) 14:32:16.50 ID:NSRop23v0

 シルビア「それで・・・次はこれって訳?///」

 ―タプンッ ムニュウッ

 オッレルス「うん。これ、やってみたかったんだ」ニコリ

 シルビア「・・・ヘンタイ///」

 オッレルス「それは・・・こっちの台詞でもあるんだけどなー」
 
 ―クリクリッ

 シルビア「ひゃんっ!///」ビクッ

 オッレルス「こんなに乳首を勃てらせてる、君が言える台詞かい?」

 シルビア「んっ・・・///」

 オッレルス「・・・まぁ、良いけど。・・・じゃあ頼むよ」

 シルビア「・・・んっ///」

 ―ムニュッ、ムニッ、スリスリッ・・・

 シルビア「っ・・・///」

 オッレルス「ん・・・」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 16:40:32.99 ID:8lm61QfTO
意外にもあるシルビアの胸にいかされそうになりながらも射精をとどまるオッレルス
316 :1 [saga]:2018/04/01(日) 20:16:10.19 ID:NSRop23v0

 オッレルス「・・・っ」

 シルビア「んっ・・・///」
 
 ―レロッ、ちゅるっ・・・
 ―ムニュッ、ムニムニッ、スリスリッ

 オッレルス「いいよ、その調子っ・・・」

 シルビア「んむ・・・♥///」

 シルビア「(オッレルスの、また硬くなって・・・♥///)」

 オッレルス「っ・・・」

 シルビア「・・・出そうなら、出していいわよ♥//」
 
 ―ムニュッ、ムニッ、スリスリッ

 オッレルス「ああっ・・・」

 オッレルス「(でも、せっかくだから・・・楽しまないと)」クスッ

 シルビア「んっ・・・///」

  
 どうする?orどうなる?
 ↓1
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 20:21:46.57 ID:12jlpySL0
パイズリ終了後にキスしてシルビアに耳元で「今日は君が孕むまで愛してあげるよ」と囁くオッレルス
ただし、自分が気に入るよなおねだりしないとアナル開発
318 :1 [saga]:2018/04/01(日) 20:37:49.11 ID:NSRop23v0

 オッレルス「っ、そろそろ・・・っ」

 シルビア「んむぅっ・・・♥///」

 ―ちゅうぅぅっ
 ―ムニュッ、ムニッ、スリスリッ・・・

 オッレルス「・・・くっ・・・!」

 ―ビュルルッ!ビュプッ!ビュウッ!

 シルビア「んん〜っ・・・んっ・・・んむ♥///」

 ―コプッ・・・ゴクッ、ゴクンッ

 シルビア「・・・ぷあっ♥///」

 シルビア「はぁ・・・はぁっ・・・///」

 オッレルス「はぁ・・・」

 シルビア「オッレルス・・・///そ、その・・・///」

 オッレルス「・・・わかってるよ」ギュウッ

 オッレルス「今日は君が孕んでくれるまで・・・愛してあげるから」チュッ

 シルビア「ん・・・///」

 オッレルス「その代わり・・・」

 シルビア「・・・え・・・?///」

 オッレルス「私が気に入るような・・・おねだりが出来たらね?」クスッ

 シルビア「・・・///わ、わかった・・・///」

 
 シルビア「・・・///」コロン

 シルビア「・・・オ、オッレルス・・・///」

 シルビア「>>319♥///」

 
 +で偶数で○即挿入、奇数で×アナル開発
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 20:40:24.30 ID:2A8hJUjvO
私をめちゃくちゃに犯してください
320 :1 [saga]:2018/04/01(日) 20:43:38.73 ID:NSRop23v0

 シルビア「私を・・・めちゃくちゃに、犯してください♥///」ウルウル

 オッレルス「・・・もちろんだ」

 ―ズププッ・・・ぐぷっ

 シルビア「あぁぁっ♥///」ビクンッ!

 オッレルス「んっ・・・挿れただけで、イったのかい?」クスッ

 シルビア「オッレルス・・・っ♥///」

 シルビア「キス、して・・・♥///」ハフッ・・・

 オッレルス「・・・っ」
 
 ―ちゅるるっ、レロッ、ちゅうっ・・・ちゅぷっ、ちゅくっ
 
 シルビア「んふぅっ♥///んむっ、んぅぅ・・・♥///」

 ―ヌプッぐぷっ ぐちゅっくちゅっ

 オッレルス「っ・・・」

 シルビア「んっぁ♥///はっ、んん・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 20:43:51.66 ID:2A8hJUjvO
出来たら「犯してぇ……」に変更で
322 :1 [saga]:2018/04/01(日) 20:52:58.65 ID:NSRop23v0

 シルビア「んっはぁ♥!///あっぁ♥///んんっ・・・♥!///」

 オッレルス「はぁっ、はっ・・・はぁっ」

 ―ズンズンッ! ぐちゅっ!ぬちゅっ!くちゅっ!

 シルビア「あんんっ!♥///オ、ッレルスゥ・・・♥!///」
 
 オッレルス「っ・・・?///」

 シルビア「もっとぉ・・・♥///犯してぇ・・・♥///」

 オッレルス「っ、ああっ・・・!」

 ―ズンズンッ! くちゅっ!ぐちゅっ!ぐぷっ!

 シルビア「んぁぁっ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 20:53:11.05 ID:12jlpySL0
オッレルスが必死に突くがシルビアの中が締め付ける
324 :1 [saga]:2018/04/01(日) 21:06:34.68 ID:NSRop23v0

 オッレルス「はっ、くっ・・・!」

 ―ズンズンッ! ぐちゅっ!ぐぷっ!ぬちゅっ!

 シルビア「んっんっ♥!///あぁっ!♥///」

 オッレルス「シルビア、そんなに締め付けたらっ・・・」

 シルビア「いいっ♥良いわよっ♥///」ギュウッ

 シルビア「いっぱい、出してっ・・・♥!///」 

 オッレルス「っ・・・!」

 ―ズンズンッ! くちゅっ!ぬちゅっ!ぐちゅっ!

 シルビア「あぁぁっ♥!///んんっ♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 21:31:07.63 ID:12jlpySL0
押され気味も男のプライドに関わるのでオッレルスが乳首攻め(展開的にありなら吸うも)
326 :1 [saga]:2018/04/01(日) 22:17:54.66 ID:NSRop23v0

 オッレルス「はぁっ、はぁっ・・・!」

 シルビア「あんっ♥!///あぁぁ♥!///んっ♥!///」

 シルビア「オ、ッレルス・・・♥!///」
 
 ―ズンズンッ! ぐちゅっ!ぐぷっ!

 オッレルス「・・・っ/」

 ―ムニュッ、ムニッ クリクリッ

 シルビア「んんっ・・・♥!///」ビクビクンッ!

 オッレルス「っ!//摘まんだだけで、イったのかいっ//」

 ―ズンズンッ! くちゅっ!ぐぷっ!

 シルビア「やっぁ♥!///んぁぁ・・・っ♥!///」 

 オッレルス「っ・・・!///」

 ―ちゅうぅっ

 シルビア「あっぁ♥!///そん、な、吸っちゃダメっ・・・♥!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/01(日) 22:59:02.45 ID:1TpVp4My0
激しくキスする
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 23:01:12.29 ID:2A8hJUjvO
まだ母乳はでないみたいだね。
出るようにしてあげるよとオッレルス
329 :1 [saga]:2018/04/01(日) 23:05:09.01 ID:NSRop23v0

 オッレルス「んっ・・・//」

 ―ちゅぅぅっ・・・

 オッレルス「・・・っはぁ//」

 シルビア「んんっ・・・♥///」

 オッレルス「まだ母乳は出ないみたいだね・・・//」

 ―ズッズッ! ぐちゅっ!ぬちゅっ!くちゅっ!

 シルビア「っ♥!///そ、それは、当たり前っ、よ・・・♥///」

 オッレルス「じゃ・・・出るようにしてあげるよっ///」

 ―ズンズンッ! ぐちゅ!ぐぷっ!ぬちゅっ!

 シルビア「ひあぁあっ♥!///」

 オッレルス「出すよっ・・・!///」

 シルビア「キひゅ、キス、しれぇ・・・♥///」

 オッレルス「っ・・・!///」

 ―ちゅっ、ちゅるるっ、レロッ、ちゅうっ
 
 シルビア「んふぅっ・・・♥!///」

 
 ―ビュルルルッ!ドプッ!ビュプッ!ビュクッ!

 シルビア「んむぅぅぅぅ・・・♥!///」

 オッレルス「ん、ぐっ・・・!///」

 ―ドプッ!ビュプッ!ビュルッ

 シルビア「んっ♥///んん・・・♥///ん、ふぅ・・・♥///」

 ―ちゅうっ、レロッ・・・ちゅっ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 23:13:20.25 ID:12jlpySL0
自分が求めていたとは言え、子宮への衝撃を受けて痙攣するシルビア
でも彼は「今日は孕ますって言っただろ?」と言って続ける
331 :1 [saga]:2018/04/01(日) 23:33:59.25 ID:NSRop23v0
 
 シルビア「んうっ・・・♥///ん・・・♥///」ビクビクッ!

 シルビア「(すごい・・・♥///子宮の中に、精子が入ってきて・・・♥///)」

 オッレルス「・・・ぷはっ//」

 シルビア「っはぁ・・・///」

 ―コポォ・・・ドロォ

 シルビア「んん・・・♥//(私のおま○こから、精液漏れちゃってる・・・///)」

 オッレルス「はぁ・・・っ///」

 シルビア「もう・・・出し過ぎ、よぉ・・・♥///」

 オッレルス「今日は孕ますって、言っただろう?//」クスッ

 ―ズッ・・・ズッ・・・
 ―ぐちゅっ、ぬちゅっ

 シルビア「あっぁん・・・♥///ちょ、ちょっと・・・///」

 オッレルス「まだまだ、夜はこれからだよっ・・・//」

 シルビア「んっ・・・♥///」
 
 シルビア「・・・臨むところ、よっ♥///」


 -終-
332 :1 [saga]:2018/04/03(火) 21:56:05.84 ID:I69hsTZ10
  
 あらすじ
 香焼君と天草式十字凄教(仮)本部へ付き添いでイギリスへ行ってきた上条さん。彼を愛しの人と定めている五和と再会して、甘い半日を過ごした。
 そして夜になって香焼君のお帰り祝いをしている最中に建宮に酒を飲まされて、上条さんは酔っ払い五和に絡む。色っぽくもなってた。
 んでもって五和にキスを迫り、部屋へ入ってベッドで寝転んで・・・

 上条「五和・・・//」

 五和「当麻さん・・・///」

 上条「・・・//」ズイッ

 五和「ぁ・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 21:56:44.46 ID:9RHyZuhvo
五和の唇を貪る
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 21:59:29.95 ID:ps+Pt+GI0
これって下手したら上条さん覚えていないんじゃないか?と思ってしまう
335 :1 [saga]:2018/04/03(火) 22:04:33.20 ID:I69hsTZ10
 
 上条「・・・んっ//」
 
 五和「ん、ふ・・・///」

 五和「んっ・・・ん♥///」

 ―ちゅうっ、ちゅっ・・・ちゅぷっ、ちゅるるっ

 上条「、はぁ・・・んっ//」

 ―くちゅっ、ちゅぷっ、レロッ、ちゅるっ、ちゅっ・・・

 五和「んむっ♥///んん・・・♥///ん♥///」

 五和「(当麻さんの、キス・・・激しい・・・///)」

 上条「っ・・・//」

 五和「んっぁ♥んっくぅ・・・♥///」

 ―ちゅるっ、レロッ、ちゅうっ・・・ちゅぷっ、レロッ、ちゅるるっ

 五和「んん・・・♥///んっ♥///」

 上条「ん・・・//」

 五和「ん♥///んむ・・・♥///っ、ふぅ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>334 あ、あっちの方でもう覚えてるってことにしちゃったでせう
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/03(火) 22:07:32.45 ID:uZUWhcIi0
服に手を入れて胸を揉みしだく
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 22:08:57.76 ID:ps+Pt+GI0
そこから服を脱がす
338 :1 [saga]:2018/04/03(火) 22:24:47.41 ID:I69hsTZ10

 上条「ん・・・//」

 五和「ひょう、まひゃん・・・♥///」

 上条「っ・・・//」

 ―スルッ

 五和「んんっ・・・♥!///」

 上条「っはぁ・・・///」

 五和「ぷはぁっ・・・♥///」

 ―むにゅぅっ、むに・・・むにゅッ

 五和「あぁんっ・・・♥!///」

 上条「やっぱ大きくて柔らかいな・・・///」

 五和「んっ♥!///は、ぁぁ・・・っ♥///」
 
 ―むにゅっ、ふにっ、むにっ

 五和「ふあぁっ♥///は、っぁ♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 22:31:04.78 ID:ps+Pt+GI0
服をとって胸を吸う上条
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 22:31:48.84 ID:ps+Pt+GI0
すいません。安価下で
341 :1 [saga]:2018/04/03(火) 22:35:53.73 ID:I69hsTZ10

 上条「五和、服・・・//」

 五和「は、ぃ・・・♥///」

 上条「脱がすよ・・・//」

 ―スルルッ・・・パサッ
 ―タプンッ・・・

 五和「んぁ・・・♥//」

 上条「・・・//」ペロリッ

 五和「当麻さ、んんっ・・・!///」

 ―ちゅぱっ、ちゅうっ・・・
 ―クリクリッ きゅっ、きゅむっ

 上条「は、ん・・・//」

 五和「あぁっ、乳首、そんなっ・・・♥!///」 

 上条「いはいか?//」

 五和「だ、大丈夫、です・・・♥//」

 上条「んっ・・・っ//」

 ―ちゅうぅっ、ちゅぱっ、レロッ・・・

 五和「あっ♥///ひぁぁ・・・♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 22:58:47.36 ID:9RHyZuhvo
胸をいじりながら胸房にキスマークをつけていく
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 23:00:16.40 ID:EU+CtUXyO
五和に自分のちんこをしごいてほしいという(自分は五和のおっぱいを吸いながら)
344 :1 [saga]:2018/04/03(火) 23:12:35.99 ID:I69hsTZ10

 上条「んむ・・・っ//」

 ―ちゅぱっ、ちゅうぅっ
 ―むにゅうっ、むにむにっ クリクリッ 

 五和「んっふぅ・・・♥///んっぁ♥!///」

 五和「んっ、あぁっ・・・♥!///」

 ―フニュッ むにゅっ

 上条「・・・んっ//」

 ―ちゅううぅうっ ちゅっ、ちゅうぅうっ、ちゅうぅっ

 五和「あぁっ・・・♥!///」

 上条「っはぁ・・・//」

 上条「はは・・・//キスマーク、付いちまったな//」クスッ

 五和「や、やぁ・・・っ♥///」

 上条「大丈夫だ//ちゃんと見えないくらいのところに・・・//あぁ、でも、あの服だと見えちまうな//」クスッ

 
 

 五和「も、もうっ//当麻さんっ・・・♥///」


  
 どうする?orどうなる?
 ↓1
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 23:40:25.36 ID:ps+Pt+GI0
このまま五和の胸をいじる&吸う
五和には自分の上条さんを触ってしごいてもらう
346 :1 [saga]:2018/04/03(火) 23:49:27.58 ID:I69hsTZ10

 上条「じゃ・・・続けんぞ//」
 
 五和「は、はい・・・♥///」

 ―ちゅうっ、レロッ、ちゅうぅっ
 ―フニュッ、フニフニッ

 五和「んっぁ・・・♥///は、んん・・・♥!///」

 上条「、ん・・・//」

 ―クリクリッ むにゅっ、むにっ
 ―ちゅるっ、レロレロッ、ちゅうっ 

 五和「あっぁ♥!///」

 五和「んんっ・・・♥!///」

 上条「ん・・・五和、俺ばっかり攻めるのもなんだし・・・//」クスッ

 上条「お前も・・・ここ//」ジジジーッ、スルッ

 五和「あ・・・っ♥///」

 五和「(こ、これが・・・当麻さんのおち○ち○・・・♥///)」

 五和「(き、聞いてた通り、大きい・・・♥///)」ドキドキッ

 ―スッ・・・ニギッ

 上条「んっ・・・好きに、していいから・・・//」

 ―ちゅうっ、レロレロッ
 ―むにゅっ、フニフニッ、むにっ

 五和「は、い・・・っ♥///」

 ―スリ、スリッ・・・シュコ、シュコ・・・

 五和「は、っぁ・・・♥///んっぁ、はぁ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 00:07:26.29 ID:47Gik027o
胸をいじり続けながら五和の下の服に手をかける上条さん
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 00:47:36.50 ID:mlrpxUXt0
念のために「五和の手コキで射精する上条。その精子に興味津々で匂いや味でさらに興奮する五和」で
体勢的に
349 :1 [saga]:2018/04/04(水) 06:44:46.65 ID:zGZQ0jof0

 五和「っ、んん・・・♥///」

 ―シュコシュコッ
 ―ビキビキッ

 五和「(当麻さんの、おち○ち○がどんどん固くなって・・・♥///)」

 上条「っ、っはぁ//その調子だ//」

 五和「は、はい♥//」コクリ

 ―シュコシュコッ

 上条「っ、ん・・・//」

 五和「(当麻さん、気持ち良さそう・・・♥//)」

 上条「・・・俺も・・・//」スッ

 ―ジジジッ・・・

 五和「あっ・・・♥!///」

 上条「五和のおま○こ触ってやらないとな//」

 五和「や、やぁっ・・・♥///」

 ―クチュッ・・・

 上条「・・・もうこんなに濡れてるでせうよ?//」クスッ

 五和「ん、うぅっ・・・♥///」

 五和「あれだけ、おっぱい揉まれたり吸われたりしたら、気持ちよくなっちゃいますよぉ・・・♥///」

 上条「そか・・・//」クスッ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 06:57:37.91 ID:jFw2Y9H/O
指を入れて五和の中をいじる上条さん
動かされるたびに甘い声が漏れる五和
351 :1 [saga]:2018/04/04(水) 07:15:03.91 ID:nBtJDfeWO

 上条「ちょっと入れてみるからな・・・?//」

 ―ぬぷぷっ、ぐちゅっ・・・

 五和「あぁぁっ♥///んっ、んんっ♥///」

 五和「(は、はいっ、入ってきたぁ・・・♥///)」

 上条「奥までぐちょくちょだな・・・//」クスッ

 上条「そんなに胸、気持ちよかったのか?//」

 ―くちゅっ、ぐちゅっ、くちゅっくちゅっ
 
 五和「っ♥!///っ、あっ、んんっ♥!///」コクコクッ

 上条「・・・//」クスッ

 ―ぐちゅっ、くちゅっ、ぬちゅっ

 五和「ふあぁあっ♥!///んっぁ♥//ひぁっ♥///」

 五和「(当麻さんの、指が私の、膣内をかき混ぜてっ・・・♥!///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 07:26:12.64 ID:jFw2Y9H/O
前後に動かして指を早める上条さん
声を抑えようとする五和を言葉攻め
353 :1 [saga]:2018/04/04(水) 07:36:41.49 ID:nBtJDfeWO

 ―くちゅっ、ぐちゅっ、くちゅっくちゅっ

 五和「んっふぅ♥///ふっ、んんっ♥///」

 上条「(口塞いで、声出さない気か・・・//)」

 上条「(それなら・・・//)」

 ―ぐちゅぐちゅっぐちゅっ・・・!

 五和「んんんんっ♥!///んっぁ♥///んんっ・・・♥!///」 

 五和「(やっぁ!//いきなり激しくっ・・・♥!///)」

 五和「(ダ、メぇっ//そんなっ、指で膣内激しく動かしたらっ声、出ちゃ・・・♥!///)」

 上条「五和・・・声、聞かしてくれよ//」ボソッ

 五和「んっんっ♥///んっ、ゃぁ・・・っ♥///」フルフルッ

 上条「上条さんは五和のエッチな声、聞きたいでせうよ//」

 ―ぐちゅぐちゅっぐちゅっ・・・!

 五和「んぁぁっ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる? 
 ↓1
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 08:08:16.07 ID:mlrpxUXt0
イッちゃって潮吹きする五和さん
355 :1 [saga]:2018/04/04(水) 10:58:28.94 ID:nBtJDfeWO

 五和「あっぁあっ♥!//あっ♥!//」

 五和「んんぁっ♥!///」

 ―ぐちゅぐちゅっぐちゅっ!

 五和「ダ、メッ、気持ち良、すぎてぇ・・・♥///」ゾクゾクッ

 上条「イくなら、我慢せずにイっちまえっ//」

 ―ぐちゅぐちゅっぐちゅっ!

 上条「んっ・・・//」
 ―ちゅうぅっ、ちゅぱっ、レロッ
 ―むにゅっ、むにっ クリクリッ

 五和「あっぁ♥!///イくっ♥イくイくっ・・・♥!///」

 五和「あっ♥//あぁぁあっ♥!///んぁぁあっ♥!///」

 ―プシッ、プシャァァッ
 ―ジワァァ・・・

 上条「あ、ズボンと下着脱がしてなかったな・・・//」

 五和「は、ひぁっ♥///あっ、ん・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 11:16:44.72 ID:mlrpxUXt0
濡れたパンツとズボンを脱がす


描写がないからてっきりズボンは脱がしたと……
357 :1 [saga]:2018/04/04(水) 12:04:27.93 ID:nBtJDfeWO

 五和「と、まさぁん・・・♥///」

 上条「ごめんな、五和//」ナデナデ

 五和「んぅ・・・♥//パンツが、濡れて・・・♥//」

 上条「脱がしてやるから//」

 五和「すみません・・・//」ハァハァッ

 ―スルルッ ビショビショ

 上条「・・・後で、水洗いしないとな?//」クスッ

 五和「・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 13:41:33.08 ID:tkk7gUQ5O
「ここも掃除しないとな」とアソコをクンニ

できたらそこから69の体制にしたい
359 :1 [saga]:2018/04/04(水) 15:02:02.79 ID:nBtJDfeWO

 ―カチャカチャッ スルルッ

 上条「(ズボンとパンツを脱いで・・・//)」

 上条「五和、ちょっと・・・//」ムクッ,ゴロン

 五和「えっ?//あ、はい・・・?//(何で、顔を私の足の方に・・・//)」

 上条「よっと・・・//」グイッ

 五和「ひゃっ・・・///」ヨツンバイ

 五和「っ!?///(と、当麻さんのおち○ち○が、顔にっ、唇に当たって・・・♥///)」

 上条「五和、続けて・・・くれるか?//」

 五和「は、はい・・・♥///」ドキドキッ

 上条「ん・・・んっ//っ//」

 ―レロォッ ちゅるるっ、ちゅっ、ちゅぷっ
 
 五和「んんっぁあっ♥!///」

 五和「ひやぁあっ♥!///んっは、はぁっ♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 19:21:10.01 ID:u4uI3I1BO
なんとか続けようとするも五和さん快感のあまりできなくなる
361 :1 [saga]:2018/04/04(水) 19:28:43.80 ID:zGZQ0jof0

 五和「んっふぅ・・・♥///」
 
 ―ちゅうぅっ・・・ちゅっ、ちゅうっ・・・

 五和「(当麻さんの、おち○ち○っ気持ちよく、してあげない、とぉ・・・♥///)」

 五和「んむぅっ♥!///んっ、んんっ♥!///」

 上条「っ・・・//」

 ―レロレロッ、ちゅうぅっ・・・ちゅっ、レロッ
 ―クリクリッ

 五和「んんっ♥!///んんぁぁああっ・・・♥!///」クテッ

 五和「あっぁ♥!///んんぁぁ・・・♥!///」

 上条「っ、どうした五和?//俺、まだ一回もイッてないぞ?//」

 五和「ごめん、なひゃぃぃっ・・・♥!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 19:42:24.95 ID:47Gik027o
かみやん五和の反応が可愛いためイク寸前で寸止めをする
363 :1 [saga]:2018/04/04(水) 20:59:57.33 ID:zGZQ0jof0

 五和「んんぁっ♥!///あぁっ・・・♥!///」

 五和「っ・・・♥!///」

 上条「っ、ん・・・//」

 ―レロッ、ちゅるるっ
 ―クリクリッ

 五和「やっぁ♥!///イくっ♥!///イっ・・・!♥///」

 上条「・・・//」クスッ、パッ

 五和「ふあぁ・・・っぁ・・・?///」

 上条「イきそうだったか?//」
 
 五和「ふぇ・・・?///」

 上条「・・・んっ//」

 ―クチュクチュッ!
 ―クリクリッ

 五和「あっ♥!///ぁぁ、ああっ♥!///」

 上条「おっと・・・//」

 五和「ふあぁあぁ・・・♥///」クテッ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 21:04:10.48 ID:jFw2Y9H/O
奥まで入れるとGスポっとだったらしくイッて跳ねる五和
365 :1 [saga]:2018/04/04(水) 21:09:20.95 ID:zGZQ0jof0

 五和「はぁっ、はぁ・・・♥///」

 上条「五和・・・イきたいか?//」

 五和「っ・・・♥//・・・は、ぃ・・・♥///」

 五和「イかせ、くらしゃい・・・♥///」トロン

 上条「わかった・・・//」

 ―ぐちゅぐちゅっ!くちゅっ! 
 ―コリコリッ

 五和「あっぁぁあっ♥!///」

 五和「あっぃ、んんっ♥!///んやぁあっ♥!///」

 上条「イっていいぞっ・・・//」

 五和「イっ、イ・・・くぅうっ・・・んんっ♥!///」

 ―ビクッ!ビクンッ!
 
 上条「・・・すごい指、締め付けてくるな//」

 五和「んぁぁ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 21:24:35.39 ID:jFw2Y9H/O
寸止めが可愛そうなのでそろそろ本気でイかせることに
五和さんついに絶頂
367 :1 [saga]:2018/04/04(水) 21:33:20.29 ID:zGZQ0jof0
あ、もうイったので・・・
↓1
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 22:00:45.56 ID:jFw2Y9H/O
そろそろ挿入しようとすると五和が起きて口でゴムをつけてくれる
369 :1 [saga]:2018/04/04(水) 22:07:35.29 ID:zGZQ0jof0

 五和「はぁ、はぁ・・・っ♥//」

 上条「五和・・・//」スッ、ギシッ・・・

 上条「・・・//」ナデ・・・

 五和「当麻、さん・・・♥//」

 上条「・・・そろそろ、俺も限界っぽいから・・・//」

 五和「・・・//」コクリ

 五和「あ、あの・・・//あそこにある箱を、取ってもらえますか・・・?//」

 上条「ん?//・・・あぁっ//」スッ

 上条「これか?//」

 五和「はい・・・//」パコッ、カサカサッ、スッ

 五和「・・・//」つ[◎]
 
 上条「・・・準備良いな//」クスッ

 五和「////」

 五和「・・・つ、付けます、ね?//」ピリッ

 上条「ああ・・・//」コクリ

 五和「・・・あむっ//」パクッ

 五和「んむっ・・・んうぅ・・・♥///」

 ―くちゅっ くぷぷっ、くぷぷぷっ・・・

 上条「っ・・・//」

 五和「〜〜っ・・・ん、ぷあぁ・・・っ♥///」

 上条「・・・それ、勉強したのか?//」

 五和「は、はい・・・♥//」

 上条「そか・・・//ありがとな//」ナデナデ

 五和「ん・・・♥//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 22:48:44.58 ID:47Gik027o
五和にムスコをあてがう
371 :1 [saga]:2018/04/04(水) 23:28:57.18 ID:zGZQ0jof0

 上条「じゃあ・・・//」

 五和「はい・・・♥///」コロン

 五和「ん・・・//」

 上条「足を曲げて、自分で膝の後ろを持ってくれないか//」

 五和「こ、こう、ですか・・・?♥//」ドキドキッ

 上条「ああ//・・・五和のエッチなおま○こがよく見えるな//」クスッ

 ―ヒクヒクッ トロォ・・・

 五和「やぁ・・・っ///」ドキドキッ

 上条「・・・いくぞ//」

 五和「・・・どうぞ、きて、ください・・・♥///」

 ―・・・くちゅっ、くちゅっ

 五和「んっ、んっ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 06:50:03.09 ID:aoD42XEqO
中に入れるもキツキツで少し痛そうにする五和
上条さん励ましながら貫通へ
373 :1 [saga]:2018/04/05(木) 07:24:22.25 ID:6f4kNtBbO

 ―くちゅっ・・・くぷっ、ぐぷぷっ

 五和「んっぁ・・・♥//んんっ♥//」

 五和「(熱いっ・・・♥//おち○ち○がおま○こに、当たって・・・♥///)」

 上条「・・・ゆっくり深呼吸してくれ//」

 五和「は、はい・・・♥//」

 五和「すぅ・・・はぁー・・・///」

 上条「・・・っ//」

 ―ぐぷぷぷっ プツッ

 五和「はぁ、っつ・・・!///」

 上条「っ、キツい・・・っ//」

 五和「ぃっ、んんっ・・・///」

 上条「痛いよな//ごめん、五和//」ナデナデ

 上条「もう少し、頑張れるか//」

 五和「っ・・・♥///」コクコクッ


 
 ―ぐぷぷぷっ・・・コツッ

 五和「っ♥!///っはぁ、はぁっ・・・♥///」

 上条「全部、入ったぞ//」ナデナデ
 
 五和「はい・・・♥///当麻さんの、おち○ち○、熱くて・・・♥///」

 五和「私の膣内に、ちゃんと入ってるのわかります・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 07:29:49.10 ID:aoD42XEqO
どの子よりもねっとり絡みついてくる中に驚く上条さん
痛くないように少しずつ腰を動かす
375 :1 [saga]:2018/04/05(木) 11:10:22.77 ID:6f4kNtBbO

 ―キュンキュンッ うねうね・・・

 上条「っ・・・!//」

 上条「(これ、すげぇっ・・・//ねっとり絡み付いて・・・っ//)」

 五和「は、ぁっ・・・♥///んぁ・・・♥///」

 上条「(慎重に動かないと、誤爆しちまうな・・・//)」

 ―ズッ・・・ズッ・・・

 五和「あっ♥//んっ♥んっく・・・♥///」

 上条「痛くないように、動くからな・・・//」

 五和「は、はい・・・♥///」ニコリ

 ―ズッ、ジュプッ、ズッ・・・ぐちゅっ

 五和「んっ、は、ぁ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 18:33:27.18 ID:6epUC7IW0
正直、ここまで名器だと思わなかったので素直に五和に気持ちいいことを伝える
同時にこのままで気持ちよくされているだけはプライドに関わるので五和の弱い所を探す
377 :1 [saga]:2018/04/05(木) 19:04:19.02 ID:Np6dgvBW0

 ―ズッズッズッズッ

 五和「ふああぁぁっ♥!///んっぁ♥!///あぁっ♥!///」

 五和「(当麻さん・・・♥!///激し・・・っ♥!///)」

 上条「くっ・・・!//」

 上条「(なんだ、これっ・・・!//)」

 ―ズッズッズッズッ
 ―にゅちゅっ!ぐちゅっ!くちゅっ!ぬちゅっ!

 上条「(抜く度に、絡んで離そうとしない・・・っ!//)」

 五和「あっぁ・・・♥!///あぁ♥!///」

 五和「んんっ♥!///」

 上条「五和っ、お前の膣内っすっげぇ気持ちいいぞっ・・・///」
 
 五和「ふえぇ・・・っ♥?///」

 上条「正直っ、すごいっ・・・!///」

 五和「んうぅっ♥!///っ、嬉しい、ですっ・・・♥///」ニヘラ

 上条「五和っ・・・//」

 ―ちゅっ、ちゅうっ・・・レロッ、ちゅるるっ、ちゅうっ

 五和「んむぅ♥///んふぅ・・・♥///」

 上条「っ・・・///」

 五和「んむ、ぁん・・・♥///むっぅ、んん・・・♥///」
378 :1 [saga]:2018/04/05(木) 19:04:55.94 ID:Np6dgvBW0

 ―ちゅるるっ、レロッ、ちゅっ

 上条「っはぁ・・・//」

 五和「ふあぁ・・・♥///はっぁ、んっぁ・・・♥///」

 ―ズッズッズッズッ
 ―ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぬちゅっ!ぷちゅっ!

 五和「あっ・・・♥!///ああぁっ♥!///んんっん・・・♥///!」

 ―ズッズッズッズッ
 ―グリグリッ

 五和「ひぅぅうっ・・・♥!///」

 上条「うぉっ・・・!?///」

 上条「(い、今の締め付けっ・・・///ここかっ・・・!//)」

 ―ズッズッズッズッ グリグリッ
 ―くちゅっ!ぬちゅっ!くちゅっ!

 五和「ひあぁっ♥!///あっぁっぁぁ♥!///んぃぃ・・・っ♥!///」

 上条「五和、気持ちいいかっ・・・?//」

 五和「ひゃ、いぃっ♥///きもひ、いいれすぅ・・・♥!///」トロン

 ―ズッズッズッズッ グリグリッ
 ―ぬちゅっ!ぱちゅっ!ぐちゅっ!くちゅっ!

 五和「ひんっ♥!///んあぁっ♥!///あぁ、んっ♥!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/05(木) 20:42:36.18 ID:R9i1ICw/o
クリをつまんで刺激すると更にキツく絡んでくる五和の中
五和はろれつが回らずあへる
380 :1 [saga]:2018/04/05(木) 23:05:35.96 ID:Np6dgvBW0

 上条「はぁっ///はぁっ・・・!///」

 ―ズッズッズッズッ! グリグリッ
 ―くちゅっ!ぷちゅっ!ぐちゅっ!

 五和「あっ♥!///あぁっ♥!///んっぁ♥!///」

 ―クリクリッ グリッ

 五和「んいぃぃっ・・・♥!///」

 上条「ぅ、おっ・・・!///」

 上条「(また締め付けてっ・・・!///)」

 ―ズッズッズッズッ! グリグリッ
 ―ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぬちゅっ!
 ―クリクリッ

 五和「あぁぁ♥///んあっぁ♥///ひあ、んっ・・・♥!///」

 五和「ひゃめぇ♥///ひょうみゃ、ひゃぁん・・・♥///」

 上条「五和っ・・・!///」

 五和「んぁぁ♥///あっぁっぁ♥///んん・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 01:33:22.04 ID:+zPiC8Z7o
いやらしくディープキスしつつ腰を降る上条さん
382 :1 [saga]:2018/04/06(金) 07:01:06.49 ID:10zLsv2l0

 上条「っ、んんっ・・・//」

 五和「んっ、ふぅ・・・♥///」

 ―ズッズッズッズッ!
 ―レロッ、ちゅるるるっ、ちゅうっ、ちゅぷっ

 上条「っ・・・//」

 五和「んっ、んんっ♥///んっく・・・♥///」

 五和「っ♥///んくっ・・・♥///んぅっ♥///」

 上条「、は・・・///」

 ―ズッズッズッズッ!
 ―ちゅうっ、ちゅぷっ、レロッ、ちゅるるっ

 五和「んぅぅぅ♥!///」

 五和「んっぁ♥!///んっくぅ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 07:49:52.44 ID:fuQ240FAO
中田氏
384 :1 [saga]:2018/04/06(金) 09:22:09.48 ID:jXMz52/RO

 五和「んむぅっ♥!///んっんっ♥!///」

 ーズッズッズッズッ! グリグリッ
 ーレロッ、ちゅうっ、ちゅぷっ

 五和「んっ、んっく♥!///」

 上条「っはぁ・・・!//」

 五和「あっ♥///ぁんっ♥ぁっ♥///」

 五和「イ、ひゃうっ・・・♥///イっひゃいまひゅ・・・♥!///」

 上条「五和っ、俺もっ・・・!///」

 ーズッズッズッズッ! グリグリッ

 五和「いっ、一緒にぃ・・・♥///」

 上条「うっ、ぁぁ・・・!///」

 ービュルルルッ! ビュプッ!ドプッ! ビュクッ!

 五和「ひぁぁあ・・・♥!///あぁっ、んんっ♥!///」

 ービュプッ!ドプッ! ビュルルルッ
 
 五和「あひっ♥ひぁ、ぁ・・・♥///

 五和「(出てる・・・♥///当麻さんの、おち○ち○から・・・♥///)」

 五和「(熱い精子、いっぱい・・・♥///)」ウットリ

 上条「・・・〜〜っ//はぁっ、はぁっ・・・///」

 五和「ん、ふぁぁ・・・♥///」クテッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 09:57:21.56 ID:vMAXw44vO
近藤さんを付け替えて二戦目開始
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 09:59:14.56 ID:wcwZtGVk0
そのまま二回戦へ
387 :1 [saga]:2018/04/06(金) 10:11:46.46 ID:jXMz52/RO

 五和「はふ・・・♥///」

 ーぬぽぉっ・・・
 
 五和「うぅんっ・・・♥///」

 上条「・・・五和、気持ちよかったぞ//」チュッ,ナデナデ

 五和「はぃ・・・♥///私も、です♥///」

 上条「・・・でも、な//」
 
 五和「ぇ・・・?//・・・あっ♥///」

 上条「まだ、あるのか?//」

 五和「・・・はい♥///まだ、沢山ありますよ♥///」

 五和「だから・・・当麻さんが満足するまで、お付き合いします♥///」

 上条「五和・・・///」ムラムラ

 五和「うふふ・・・♥///」ニコリ

 上条「五和っ・・・!///」ガバッ!

 五和「あぁんっ・・・♥///」


 ー終ー

 二回戦はお好きにご想像してくだちい。騎乗位してたぷんたぷん揺れるおっぱいを鷲掴みにして、屈んだら両胸の乳首を吸って三回戦はドアの前で立ちバックで誰にも聞こえないけど幻想殺しで人払いを消しちゃえば聞こえちゃうって言う恥じらいプレイとか。
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 20:54:30.32 ID:3fgT0JK60
旅掛×美鈴のr18は見たいけど需要がなく、スレが進まないのも嫌だなぁ……
自分以外見たい人がいるかどうか……
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/20(金) 12:51:18.18 ID:5R1AnUt0O
別に見たくない
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/22(日) 22:38:47.16 ID:73NlJgzP0
391 :1 [saga]:2018/04/23(月) 21:37:48.16 ID:UbXJ1C4P0

 あらすじ 
 
 蜜蟻とばったり会った上条さんは蜜蟻が居候として住んでいる吹寄の家へと招き入れられてマッサージをしてもらった。
 色々話してマッサージをしたお礼に所望されたハグをすると突然蜜蟻がフレンチキスしてきて上条さんは抵抗しようとキスで返す。
 長い口付けのあと、上条さんと蜜蟻はお互いに愛を確かめて・・・

  
 蜜蟻「・・・へぇ///ラブホテルって、本当にこんな感じなのねえ・・・///」
 
 上条「まぁ、そうだな・・・//」

 蜜蟻「当麻クンは何度目になるのかしらあ?//」

 上条「んっと・・・いや、これで2度目くらいだな//」
 
 蜜蟻「え?//・・・あぁ、野外プレイって言うの?//」

 上条「違うでせうよっ//ただ普通のホテルだとかで・・・//」

 蜜蟻「わかってるわよお//当麻クンがそんなことするわけないものねえ・・・//」クスッ

 上条「・・・どうもでせう//」ムスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 21:41:27.36 ID:zD85TS01o
先にシャワーを浴びに行く上条さんだったが髪を洗って身体を洗おうとすると入ってくる蜜蟻さん
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/23(月) 21:42:23.52 ID:0hIo2mSl0
吹寄が帰ってきたので3Pする
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 21:43:17.89 ID:oOU9AgAd0
>>393
よく読め。ラブホだぞ
395 :1 [saga]:2018/04/23(月) 21:48:24.64 ID:UbXJ1C4P0

 上条「シャワー、浴びるか?」

 蜜蟻「ん〜・・・もう少し、部屋の中を見たいから先にどうぞお」

 上条「そうか?じゃあ・・・お先に」
 
 蜜蟻「ええ。・・・」ニコリ


 ―シャァァアーーーッ
 
 上条「〜〜っ・・・はぁ・・・」

 上条「・・・」

 蜜蟻<当麻ク〜ン

 ―ガチャッ
 
 上条「ん?・・・んっ!?///」

 

 素っ裸
 スク水
 タオル巻き
 その他(どんな格好か書く) 

 ↓1 
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 21:50:24.99 ID:oOU9AgAd0
蜜蟻さんぐらいの積極的ならすっぽんぽんでも違和感無さそう
安価下
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 21:50:34.76 ID:zD85TS01o
灰村さんラフ画のボディスーツ
398 :1 [saga]:2018/04/23(月) 21:57:53.25 ID:UbXJ1C4P0
 
 蜜蟻「お背中お流しするわあ//」
 

 上条「お、お前っ・・・///つか、そんなもんどっから・・・//」

 蜜蟻「私、365日これ服の下に着てるわよお?」

 蜜蟻「ちなみに今日はバージョンAよお♪」

 上条「・・・は、はぁ・・//」

 蜜蟻「そう言うわけでえ・・・失礼しまあす♥//」イソイソ

 上条「あ、ああ・・・//(よかったぁ、万が一のためにタオル腰に巻いておいて・・・//)」ホッ

 蜜蟻「(むう・・・腰にタオルは巻いておく派なのねえ・・・)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 22:01:17.56 ID:40j/n3pSO
手で泡立てて背中を手で洗う蜜蟻さん
洗う中、指で少しずつ股間に近づいて撫ぞる
400 :1 [saga]:2018/04/23(月) 22:13:03.11 ID:UbXJ1C4P0

 ―ワシャワシャッ アワアワブクブク

 蜜蟻「洗うからあ、そのままでねえ//」

 上条「お、おう・・・//」

 上条「(こう、座って背中任せるのって・・・お決まり感があるにしろ少し緊張するよな・・・//)」

 ―ピトッ スリスリ

 蜜蟻「(・・・逞しい背中ねえ・・・//)」

 蜜蟻「(筋肉質でえ固い・・・♥///)」スリスリッ

 上条「み、蜜蟻・・・やっぱくすぐったいからボディタオルで・・・//」

 蜜蟻「いいじゃない//この方がよく洗えるんだからあ・・・//」

 上条「・・・そ、そうか//」

 蜜蟻「・・・//」スリスリッ



 ―シュリシュリッ 

 蜜蟻「・・・//」ツツーッ

 上条「っ・・・//」ビクッ

 ―ピトッ ツイーッ

 蜜蟻「・・・当麻クンの、ここ・・・おち○ぽ、固くなってる♥//」

 上条「・・・///」カァァア

 蜜蟻「うふふ・・・♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 22:14:21.26 ID:oOU9AgAd0
上条の背中に胸を当てながら手コキ
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 22:14:46.91 ID:nZBaEP9jO
言葉攻めしつつ上条さんを洗う蜜蟻
時々ナニをなぞるもののわざと焦らす
403 :1 [saga]:2018/04/23(月) 22:20:39.09 ID:UbXJ1C4P0

 蜜蟻「んっ・・・//」

 ―ピトッ フニュッ・・・

 上条「おぐっ・・・//」
 
 上条「(あ、愛愉の胸が、背中に・・・っ///)」

 蜜蟻「脚線美が自慢だけどお・・・//こっちも何気に自慢出来ちゃうくらいにはあるのよねえ♥//」

 ―ツツーッ

 上条「っ・・・///」

 蜜蟻「んふふっ♥///このおち○ぽは、どうして欲しいのかしらあ・・・♥//」

 蜜蟻「ゆっくり扱いてあげようかしらあ・・・♥//それともお、激しくしてほしい♥?//」

 上条「・・・///」

 蜜蟻「当麻クン・・・♥どっち♥?//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/23(月) 22:22:30.69 ID:0hIo2mSl0
上条の手を取って胸を触らせる
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 22:26:46.48 ID:zD85TS01o
ゆっくりてこき
406 :1 [saga]:2018/04/23(月) 22:33:12.17 ID:UbXJ1C4P0

 上条「・・・ゆ、ゆっくりで・・・///」

 蜜蟻「はあい♥///」
 
 ―くちゅくちゅっ シュコッシュコッ

 蜜蟻「たっぷり泡をつけてるからあ、滑りが良くなってるわねえ・・・///」

 蜜蟻「うふふ・・・♥///」

 ―くちゅっくちゅっ シュコッシュコッ
 ―クリクリッ

 上条「ぅ、あっ・・・!///」

 蜜蟻「へえ//先っぽ弱いのお・・・♥//」

 蜜蟻「ツルツルしてるところとお・・・♥//この裏筋を攻めるといいみたいねえ・・・♥//」

 上条「っ・・・!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 22:38:43.57 ID:It2fFYwIO
少しずつ手の動きを早くしていく蜜蟻 
上条の呼吸とナニの脈の動きで緩急をつけて焦らす
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/23(月) 22:39:08.93 ID:0hIo2mSl0
胸を露出させて当てる
409 :1 [saga]:2018/04/23(月) 22:44:05.56 ID:UbXJ1C4P0

 ―くちゅっくちゅっ シュコッシュコッ

 上条「はぁっ・・・んっく///」

 蜜蟻「・・・///」ハァハァ

 蜜蟻「(いけないわあ・・・♥///)」

 蜜蟻「(当麻クンが気持ちよさそうな顔が鏡に写ってるの見えて、私も感じてきちゃいそう・・・♥///)」

 ―くちゅっくちゅっ シュコッシュコッ

 蜜蟻「(もっとお、当麻クンを気持ちよくしてあげないとお・・・♥///)」

 上条「はぁっ、はぁっ///」

 ―シュコッ シュコッ

 蜜蟻「(呼吸に合わせて扱いてみましょう・・・♥///)」

 上条「っ、はっ///ん・・・っ///」

 ―シュコッシュコッ

 蜜蟻「(あ、おち○ぽがビクビクって脈打ってる・・・♥///)」

 蜜蟻「(じゃあ今度はゆっくり・・・♥///)」

 ―シュコッ・・・シュコッ・・・

 上条「っ・・・///」

 蜜蟻「(少し焦らした方があ、より一層気持ちよくなると思うからあ・・・このまま続けてみましょう♥///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 22:45:20.81 ID:zD85TS01o
もう我慢できなさそうな時を見計らってフェラへ移行
バキュームして腰を砕く
411 :1 [saga]:2018/04/23(月) 22:53:23.58 ID:UbXJ1C4P0
 
 上条「愛、愉っ・・・///」

 蜜蟻「なあに?//もう・・・我慢できなさそう?//」

 上条「っ・・・///」コクコクッ

 蜜蟻「わかったわあ・・・♥//」

 蜜蟻「じゃあ・・・泡を流しましょうねえ・・・//」

 ―シャァァァーーッ

 上条「っ!///(お、おいっ!///我慢できないっつてんのに直で掛けんなっ!///)」

 蜜蟻「これでいいわねえ・・・///」スッ、ペタン

 蜜蟻「次はあ・・・お口で、綺麗にしてあげる♥///」

 上条「だ、大丈夫か?//」

 蜜蟻「大丈夫よお♥//・・・んっ、はーむっ♥///」

 ―ぐぷぷっ、ジュルッ

 蜜蟻「んむっ♥///んふ・・・♥///」

 ―ぐぷっ、ジュプッ、ちゅぷっ・・・

 蜜蟻「(すごい・・・♥///先端から出てきてる、ヌルヌルしたので・・・♥///)」

 蜜蟻「(口内にいっぱいエッチな匂いでいっぱい・・・♥///)」

 蜜蟻「(もっと・・・いっぱい欲しい♥///)」トロン

 ―ちゅううぅうっ、ぐっぽ、ジュプッ、ちゅるるっ

 上条「うあっ!///お、おいっ、いきなり激しくっ・・・!///」

 蜜蟻「んふふ♥///んっぁ♥///あむっ♥///んぅ・・・♥///」

 ―ちゅるるっ、ちゅぷっ、ちゅうぅううっ

 上条「はっぁ、ぐっ・・・!///」

 蜜蟻「んく・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 23:00:33.12 ID:zD85TS01o
顔を近づけて咀嚼してから飲み込む
耳元で気持ちよかったか聞いてくる
413 :1 [saga]:2018/04/24(火) 06:30:22.20 ID:rVzgKHUzO

 蜜蟻「んっふ♥//んぐっ♥///」

 ―ぐぽっ ジュプッ ぐぽっ ちゅうっ ぐぽっ
 
 上条「はぁっ、くっ!///」

 蜜蟻「(さっきよりも激しく、脈打ってきて呼吸も荒くなってる・・・♥///)」

 上条「愛愉っ・・・!///俺、もうっ・・・///」

 蜜蟻「ひいわひょお♥らひて・・・♥?///いっぷぁいらひてっ♥///」

 ―ちゅるるるっ、ちゅぅううっ

 上条「っ!///」

 ―ビュルルルッ! ビュルッ! ビュプッ! ビュルルッ!

 蜜蟻「んぶっ・・・♥!///」

 蜜蟻「(きたあ・・・♥///熱くて、濃厚な精子・・・♥///)」コプッ

 上条「はっ、ぁ・・・!///」

 ―ビュルルッ! ビュクッ、ビュルルッ

 上条「〜〜っ・・・はぁ///はぁ・・・///」クタッ

 蜜蟻「んっ、んうぅ・・・♥///」

 ―ちゅうぅぅうっ

 上条「う、ぁっ!///(残ったのまで、吸われっ・・・!///)」

 蜜蟻「んぷっ・・・♥///」チュポッ

 蜜蟻「(すごいわあ・・・♥///口の中、全部当麻クンの精子でパンパン・・・♥///)」モグモグッ

 蜜蟻「んくっ・・・♥///んっふぅ・・・♥///」モグモグッ

 ―ゴクッ ゴクンッ

 蜜蟻「っ、ふああ・・・♥///」キュンキュンッ

 蜜蟻「(やだあ♥///飲んだ、だけなのに・・・♥///おま○こが疼いちゃう・・・♥///)」ドキドキッ

 上条「愛愉・・・///」

 蜜蟻「当麻クン・・・気持ちよかった♥?///」ボソッ

 上条「・・・ああ///すごく・・・///」ナデナデ

 蜜蟻「ふふ・・・♥///よかったわあ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 06:32:13.96 ID:G3YShj9Go
服越しに今度は胸をもんでくる上条さん
415 :1 [saga]:2018/04/24(火) 06:49:52.82 ID:ONrUbqfL0

 上条「・・・///」クルッ,スッ

 蜜蟻「あ・・・♥///」

 上条「胸、触るぞ・・・///」

 蜜蟻「ええ・・・♥///」コクリ

 ―フニュッ ムニッ

 蜜蟻「ん・・・♥///は、ん・・・♥///」

 上条「・・・///」

 上条「(服越しでも柔らかいな・・・///)」

 ―ムニュッ ムニッ フニュッ

 蜜蟻「っ、はあ・・・♥///」

 蜜蟻「(当麻クンの手つき・・・優しいわあ・・・♥///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 07:08:49.49 ID:HvXn/OEBO
乳首を摘まれると甘い声を上げてしまう蜜蟻さん
上条さんから集中的に責められる
417 :1 [saga]:2018/04/24(火) 07:25:33.17 ID:Q2e3toyjO

 蜜蟻「んんっ♥//っ、はぁ・・・♥//」

 ―ムニュッ ムニッ

 上条「・・・蜜蟻、どうだ?//」

 蜜蟻「っ、気持ちいわあ・・・♥///」

 蜜蟻「自分で揉んでるより、気持ちいいのお・・・♥///」ニヘラ

 上条「そうか・・・///」

 上条「じゃあ・・・ここは//」

 ―クリクリッ

 蜜蟻「んぁぁっ・・・♥///」

 蜜蟻「んっ、あっ♥///っ、はぁ・・・♥///」

 上条「(おっ、乳首の感度もいいんだな・・・//)」クスッ

 蜜蟻「っ♥///んっ、はぁ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 07:28:56.44 ID:a4/ibOZeO
服を脱がしてあげる
419 :1 [saga]:2018/04/24(火) 07:36:47.91 ID:Q2e3toyjO

 上条「愛愉・・・服、脱がしていいか?///」

 蜜蟻「ええ・・・♥///」

 ースルルッ ギチッ シュルッ

 ープルンッ

 上条「・・・結構、ホントに胸あるんだな///」

 蜜蟻「当麻クンのためにい、頑張って大きくしたのよお♥///」

 上条「さ、さいでせうか///」

 蜜蟻「んふふ・・・♥///」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 07:41:16.88 ID:a4/ibOZeO
わざと上条を胸に顔が当たるように抱く密蟻
上条はおっぱいをしゃぶる
421 :1 [saga]:2018/04/24(火) 07:53:56.18 ID:Q2e3toyjO

 蜜蟻「当麻クン・・・♥///」ギュウッ

 上条「んむっ・・・///」

 上条「(あ、愛愉の胸が顔面に・・・///)」

 蜜蟻「このままあ・・・しゃぶっていいわよお♥//」ドキドキッ

 上条「・・・りゃあ、遠慮なふ・・・///」

 ーレロレロッ ペロッ

 蜜蟻「あんっ♥///んっ、んん・・・♥///」

 上条「んっ、ん・・・///」

 ーレローッ ペロッペロッ

 蜜蟻「(当麻クンに、おっぱい舐められてるう・・・♥///)」

 上条「んっ・・・//(少し離れれた・・・なら、今度は///)」ハムッ

 ーちゅううっ、レロッ ちゅぱっ、ちゅうっ

 蜜蟻「あぁっ♥!///あっぁ、んんっ♥!///」
  
 蜜蟻「(乳首、やっあ♥///そんな、強く吸っちゃあ・・・♥///)」

 ーレロレロッ ちゅうぅぅ、ちゅぷっ

 上条「は、んっ・・・//」

 蜜蟻「んっ・・・ふふ♥///当麻クン、んっぁ、あ、赤ちゃんみたいよお・・・♥///」

 上条「んっ、男なら・・・誰だってこうなるだろ///」モミモミッ

 蜜蟻「そう、ぁっ、かしらあ・・・♥///」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 07:57:22.34 ID:HvXn/OEBO
バブ味を感じ甘えつつ胸をしゃぶる上条さんをなでる蜜蟻さん
423 :1 [saga]:2018/04/24(火) 08:03:36.27 ID:Q2e3toyjO

 上条「(けど・・・やっぱ母性感じてるせいか、止めりないな・・・///)」

 ーちゅぱっ、レロッ・・・ちゅるるっ、ちゅぅうっ

 蜜蟻「んんっ、はぁ・・・♥///」ナデナデ

 蜜蟻「当麻クン・・・おっぱい、美味しい?///」

 上条「んっ・・・///」コクリ

 蜜蟻「うふふ・・・♥///」ナデナデ

 蜜蟻「嬉しいわあ・・・♥///」ナデナデ

 上条「んっく・・・///」

 ーちゅううっ、レロッ ちゅぷっ ちゅうっ

 蜜蟻「あっ♥///んっあ・・・は、んん♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 08:04:22.24 ID:jssZk2dsO
手を下に伸ばすと蜜蟻が濡れてるので手マンする上条さん
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 08:06:41.10 ID:hlIr9Tio0
服の上からかな?
426 :1 [saga]:2018/04/24(火) 08:15:14.61 ID:Q2e3toyjO

 ―ちゅうっ、レロレロッ
 ―ムニュッ フニュッ

 蜜蟻「んっ、はあ・・・♥///」トロン

 上条「(顔が惚けてきたな・・・//)」

 上条「(そろそろ、こっちも・・・///)」ススッ

 ―クチュッ 

 蜜蟻「んあぁっ♥///」

 上条「んっ・・・もうこんなに濡れてるぞ///」

 ―ぐぷぷっ
 ―クチュックチュックチュッ

 蜜蟻「あっあ・・・♥///んんっ、ひあ・・・っ♥///」

 蜜蟻「(当麻クン、の指が膣内に入ってきて・・・♥///)」

 上条「・・・///」

 ―ぐちゅっぐちゅっぐちゅっ

 蜜蟻「んあっ!♥///あぁ、んっ・・・♥!///」

 蜜蟻「ふああぁ!♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1

 服は全部脱いでます
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 08:25:40.19 ID:hlIr9Tio0
上条さん、蜜蟻の弱い所を探して攻める
抵抗したいのに気持ちよすぎて感じるだけの蜜蟻さん
428 :1 [saga]:2018/04/24(火) 09:20:17.62 ID:Q2e3toyjO

 蜜蟻「あっ、んんっ♥///っ、ふあぁ♥///」

 上条「んっ・・・///」

 上条「(まずは・・・愛愉の気持ちいいところを探してやらないとな//)」

 蜜蟻「んっ♥//んんっ♥///」

 ―ぐちゅっぐちゅっぐちゅっ

 蜜蟻「ああっ♥!///んっあ・・・♥///」

 上条「(腹の内側のところから・・・)」

 ―ぐぷっ ぐちゅっぐちゅっぐちゅっ

 蜜蟻「んひあ♥!///ひぁっ、あ・・・♥!///」

 上条「(下の背中側も・・・///)」

 蜜蟻「やっ、ああっ♥!///んは、ああっ・・・!♥///」

  
 どうする?orどうなる?
 ↓1
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 12:40:12.57 ID:jssZk2dsO
一度イカせる上条さん
そしてすっかり力が抜けた蜜蟻の中へ少しずつ入れる
430 :1 [saga]:2018/04/24(火) 13:18:38.49 ID:Q2e3toyjO

 上条「愛愉・・・っ//」

 ―ぐぷっぐちゅっぐちゅっくちゅっ
 
 蜜蟻「あぁっ♥!//あっ♥//んあっ♥!///」

 蜜蟻「やっら、あっ♥!///イ、イくっ♥!//あぁぁ・・・っ♥!///」

 上条「いいぞ、思いっきり・・・っ!//」

 蜜蟻「はぅう、んんっ♥!///あぁっ♥//んはぁぁあっ♥!!///」

 ―プシャァアッ プシャッ
 ―ちょろろろろぉ・・・

 上条「(おぉ・・・出てきた//)」

 蜜蟻「あぁー・・・♥///あっ、んあ・・・♥///」

 上条「愛愉・・・気持ちよかったか?///」ナデナデ

 蜜蟻「は、ん・・・♥///ええ・・・♥///」ニヘラ

 蜜蟻「自分で、してるより・・・ん、はぁ・・・♥///気持ちよかったあ・・・♥///」トロン

 上条「・・・そろそろ、俺も我慢できないな//」

 蜜蟻「ん・・・いいわよお・・・♥///」コロン

 ーくちゃっ・・・クパァ

 蜜蟻「いれて・・・♥///」

 上条「ああ・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 13:25:02.28 ID:hlIr9Tio0
蜜蟻の中に入れるがやはり初めてだったためか痛みが来るが我慢する蜜蟻
そんな蜜リアに対して優しく抱いて優しい言葉をかける上条
432 :1 [saga]:2018/04/24(火) 14:02:52.78 ID:Q2e3toyjO
  
 ーくちゅっ くぷっ

 蜜蟻「んっ、ぁ・・・///」

 上条「いくぞ・・・//」

 ーぬぷぷぷふっ

 蜜蟻「ふぅぅ・・・っ、ふぅ、んんっ///」

 上条「っ・・・//」

 蜜蟻「ふ、あっんん・・・///」

 ーぐぷぷっ、コツ・・・ッ
   
 蜜蟻「つっ・・・///」

 上条「・・・お前の初めて・・・貰うぞ///」

 蜜蟻「・・・うん・・・♥///」ニコリ

 ー・・・ぐぷぷっ、プツッ

 蜜蟻「〜〜〜〜っ・・・///はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぅ・・・///」ウルウル

 上条「愛愉・・・よく頑張っな//偉いぞ・・・//」ナデナデ

 蜜蟻「っ、当麻クン・・・♥//」ウルウル,ポロッ

 上条「しばらく、このままでいるから・・・落ち着くまで深呼吸してな?//」ナデナデ

 蜜蟻「・・・はぁ、すぅー・・・はぁ・・・///」

 上条「その調子・・・//」ナデナデ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 17:36:57.43 ID:nBw1NRIIo
ゆっくりと動きだすかみやん
434 :1 [saga]:2018/04/24(火) 18:03:03.20 ID:Q2e3toyjO

 蜜蟻「はぁー・・・//」

 蜜蟻「ん・・・ん♥//当麻クンの、おち○ぽが私の膣内に入ってるのわかるわあ・・・♥///」

 上条「そか・・・///」クスッ

 蜜蟻「熱くて、奥まで入ってる・・・♥///」

 蜜蟻「ここらへん、かしらあ・・・♥///おへその、下くらい・・・♥///」ツツーッ,ナデナデ

 上条「・・・///」

 蜜蟻「あんっ・・・♥///ふふ♥大きくなったわよお・・・♥?///」

 上条「いや、今さっきの仕草がエロすぎて///」

 蜜蟻「もう・・・♥///」クスッ

 上条「はは・・・//・・・ゆっくり動くからな・・・//」

 蜜蟻「ん・・・//・・・あ・・・と、当麻クン・・・///」

 上条「え?//」

 蜜蟻「・・・ひ、避妊具・・・///」スッ

 上条「・・・」ダラー

 上条「いっ、今すぐ抜くからなっ///」

 ―ぬぽぉっ・・・ツーッ・・・

 蜜蟻「んん・・・抜けちゃったあ・・・///」

 上条「ホ、ホントに悪いっ//俺・・・///」

 蜜蟻「・・・大丈夫よお///だってえ・・・私を、求めてくれたんだからあ・・・♥///」

 蜜蟻「嬉しいわあ・・・♥///」ニコリ

 上条「愛愉・・・///」キュンッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/24(火) 18:07:41.79 ID:3LjRYo8f0
キスして胸を揉む
436 :1 [saga]:2018/04/24(火) 18:18:34.88 ID:Q2e3toyjO

 ―クルクルッ ピチッ

 上条「・・・今度は大丈夫だぞ//」

 蜜蟻「うん・・・//」

 上条「・・・愛愉///」

 ―ちゅっ、ちゅうっ・・・

 蜜蟻「ん、んふ・・・♥///」

 上条「、んっ・・・///」

 蜜蟻「(当麻クンのキス、頭がふわふわしてきて、気持ちいい・・・♥///)」

 ―レロッ、ちゅるっ、ちゅうっ・・・ちゅぷっ、レロッ、ちゅうっ

 蜜蟻「んん・・・♥///」

 ―ちゅうっ、ちゅるっ、レロッ、ちゅっ
 ―フニュッ フニッ・・・

 蜜蟻「んっあ、んん・・・っ♥///」

 蜜蟻「(おっぱい、揉まれながらキス、されてるう・・・♥///)」

 上条「んっ・・・///」

 蜜蟻「んっふう・・・♥///んぁ、んっむ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 19:10:41.90 ID:TftaYQG0O
息に合わせて腰を降っていく
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 19:11:08.64 ID:Dt1pocfLO
最初は痛がってたが徐々に慣れたのか甘い声を出す蜜蟻
そしてついに貫通
439 :1 [saga]:2018/04/24(火) 20:01:52.59 ID:ONrUbqfL0

 上条「っはぁ・・・じゃあ、動くぞっ//」

 蜜蟻「ええっ・・・♥///もう、痛くないからあ・・・♥///」

 蜜蟻「いっぱあい動いていいわよお・・・♥///」

 上条「ああっ・・・///」

 ―ぐちゅっ ぐぷっ ぐちゅっぐちゅっ

 蜜蟻「あっぁっぁ・・・♥!///」

 蜜蟻「っ、んん・・・っ♥///(ちょ、っと、まだ痛いわねえ・・・//)」

 上条「愛愉っ//」

 ―ずちゅっ ぐちゅっぐちゅっ ぐぷっぐぷっ
 
 蜜蟻「んっはあ・・・♥///あぁっ・・・♥///」

 上条「っ・・・!///」
 
 
 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 20:21:47.21 ID:UYS2eb02O
蜜蟻から腰を降ってサービス
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 20:22:12.31 ID:3algO1X4O
今までに一番の締付けに驚くかみやん
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 20:24:16.75 ID:hlIr9Tio0
>>441
エッチするたびに交信されて行きそうだな
最後はアリサあたりか?
443 :1 [saga]:2018/04/24(火) 20:34:45.30 ID:ONrUbqfL0

 蜜蟻「んっ・・・んふふ♥///」トロン

 蜜蟻「当麻クウン・・・♥///」
 
 ―クネクネッ

 上条「うっぁ・・・!?//あ、愛愉・・・っ!///」

 蜜蟻「サービスして、あ♥げ♥る♥///」ハァハァッ

 ―ぐちゅっくちゅっ ぐぷっくちゅっ
 ―クネクネッ

 上条「っ・・・!///」

 上条「(す、すっげぇ・・・!//)」

 上条「(絡みついて、上の部分がザラザラしてて先っぽ擦れるとやばいっ・・・!///)」

 上条「(五和には失礼かもしれねえけどっ、愛愉の膣内やばいかもしれねえっ・・・///)」

 蜜蟻「んっはあ♥///あっぁあ♥///んあぁ・・・♥!///」

 上条「くっはぁ・・・!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>442 名器ってすごいってことでせうかね。
     >>1の尊敬してる人が書いたSSではふっきーはミミズ千匹か数の子なんたらでしたね。
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/24(火) 20:37:17.69 ID:3LjRYo8f0
対面座位で抱きしめてディープキス
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 20:41:22.36 ID:bOKQA39eO
よーしその設定で行こう
ミミズ1000匹数の子天井ふっきー
446 :1 [saga]:2018/04/24(火) 20:51:28.49 ID:ONrUbqfL0

 蜜蟻「んんっ♥///あっぁぁ・・・♥///」

 ―クネクネッ
 
 上条「っ、愛愉っ・・・//今度は俺が・・・//」ギュウッ

 蜜蟻「んっ///わかったわあ・・・♥///」

 上条「ああ//じゃあ・・・しっかり掴まってくれ//」

 蜜蟻「はあい・・・♥//」ギュッ

 上条「せーのっ・・・//」グイッ
 
 ―ぐぷぷぷっ・・・ぐちゅっ

 蜜蟻「ああぁぁ・・・っ♥///」

 蜜蟻「(この体勢、奥までっ・・・♥///)」

 上条「愛愉・・・///」

 蜜蟻「んっふぅ・・・♥///

 ―ちゅうっ、ちゅぷっ・・・レロッ、ちゅるるっ、ちゅくっ
 
 蜜蟻「あむっ♥///んっはあ・・・♥///んんっ♥///」

 上条「っ・・・///」

 ―ぐちゅっ!くちゅっくちゅっ!ぐちゅっ!
 ―ちゅぷっ、レロッ、ちゅうっ・・・

 蜜蟻「んふう・・・♥///んあぁっ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>445 うい
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 20:52:50.59 ID:G3YShj9Go
腰降って付きあげる上条さん
置くまで当たって快感を感じる蜜蟻
448 :1 [saga]:2018/04/24(火) 21:03:56.64 ID:ONrUbqfL0

 蜜蟻「は、んんっ♥!///」

 ―ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!

 上条「はっ、はっ・・・!///」

 ―ぐぷぷっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!

 蜜蟻「ひああぁっ♥!///あっあっ♥!///」

 蜜蟻「奥、抉ってえ・・・♥!///」
 
 ―ぐちゅっくちゅっ!ぐちゅっ!

 蜜蟻「ああぁ♥!///あ、いいっ♥!///」

 上条「愛愉、どうだっ・・・//気持ちいいかっ・・・?//」
 
 蜜蟻「気持ち、いいっ・・・♥!///気持ちいい、わあ・・・♥!///」

 上条「っ・・・//」

 ―ぐちゅっ!くちゅっくちゅっ!

 蜜蟻「ふああっ♥!///んあぁっ♥!///」
 
 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 21:06:59.43 ID:G3YShj9Go
抱きついてくる蜜蟻に更に高まる上条さん
蜜蟻もアヘ理想になる
450 :1 [saga]:2018/04/24(火) 21:11:55.32 ID:ONrUbqfL0

 蜜蟻「当麻クンっ♥///当麻クン・・・♥!///」ギュウッ

 上条「愛愉っ・・・!///」

 ―ぐちゅっくちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!

 蜜蟻「ひあっあぁ・・・♥!///」

 蜜蟻「やっああ・・・っ♥!///」

 上条「っ・・・!///」

 ―ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!

 蜜蟻「ら、めえっ♥///ひああぁ・・・♥!///ん、ひんっ♥!///」

 上条「(やばいっ、もう・・・っ♥!///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 21:17:44.18 ID:G3YShj9Go
絶頂とともに締め付けてくる蜜蟻
上条さんもそれと同時になかだし
452 :1 [saga]:2018/04/24(火) 21:27:47.27 ID:ONrUbqfL0

 蜜蟻「イくっ♥!///イっちゃ、あああ・・・っ♥!///」

 ―ビクビクッ! キュンキュンッ

 上条「うっあ、出るっ・・・!///」

 ―ビュルルルルッ!ビュプッ!ビュルルッ!

 蜜蟻「ふあああぁ・・・♥!///」

 蜜蟻「出てるう・・・♥///膣内あ、ゴムいっぱい出てきてるの、わかっちゃう・・・♥///」

 上条「まだ・・・っ///」

 ―ビュルルッ!ビュクッ!ビュプッ・・・

 蜜蟻「はぁ・・・はぁ・・・っ♥///」

 上条「・・・っ、はぁ・・・///」
 
 ―ズルッ ぬぽぉ・・・

 上条「はぁ・・・///」

 蜜蟻「当麻クン・・・♥///」ギュウッ、スリスリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 21:34:33.93 ID:G3YShj9Go
ゴムを外して綺麗にナニを舐める蜜蟻
454 :1 [saga]:2018/04/24(火) 21:44:39.82 ID:ONrUbqfL0

 上条「蜜蟻・・・気持ちよかったぜ・・・///」ナデナデ

 蜜蟻「私もお・・・♥///」

 蜜蟻「ん・・・♥///」チュッ

 上条「っ・・・//」チュッ

 蜜蟻「・・・避妊具、外してあげるわあ・・・♥//」

 上条「あ、ああ・・・//」

 ―キュッ ギチギチッ キュポッ・・・

 蜜蟻「んふ・・・♥///こんなにいっぱあい・・・♥///」ハァハァ

 蜜蟻「・・・はむっ///」
 
 ―ちゅるるるっ ちゅうっ・・・ちゅううっ・・・

 蜜蟻「・・・っぷあぁ・・・♥///」

 蜜蟻「じゃあ、今度は綺麗にしてあげないとねえ・・・♥///」

 蜜蟻「あーんっ♥///」

 ―ぐぷっ、ぐぽっ、ちゅるるるっ

 蜜蟻「んっふう・・・♥///んふ、ふぇおっ・・・♥///」

 ―じゅぷっ、ちゅるるっ、ちゅうっ・・・

 上条「っ・・・///」

 蜜蟻「っはぁ・・・♥///美味しかったわあ・・・♥///」

 上条「そうか・・・///」

 蜜蟻「・・・当麻クン、まだしたいないのねえ・・・♥///ギンギンになってるままよお・・・♥///」

 上条「」ギクッ

 蜜蟻「・・・続きはあ、ベッドで・・・ね♥///」


 -終-  
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/28(土) 13:19:24.60 ID:uNrRfIHN0
おつ
456 :1 [saga]:2018/05/08(火) 09:36:47.15 ID:kgwNbxbyO
SELECT (後ろの回はヤった回数です)

浜面×滝壺                                      30回
トール×帆風                                     12回
ランシス×誉望                                    5回
海原×オリアナ                                    10回
建宮×フロリス                                    2回
フレンダ×神華                                    1回
加群×鞠亜  (マリアンは妊娠中のため無理できない。フェラとか足コキとかパイズリのみ) 4回
シルバークロース×去鳴                                6回 
白垣根×心理定規                                   13回
上里×府蘭                                      1回
天井×オルソラ(妊娠した為本番無し。フェラとか足コキとかパイズリのみ)         1回
テレスティーナ×絹旗                                 6回 
フィアンマ×サローニャ                                5回

↓1
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/08(火) 10:29:45.53 ID:kJSSx8K/0
フィアンマ×サローニャ
458 :1 [saga]:2018/05/08(火) 13:15:03.65 ID:kgwNbxbyO

 あらすじ
 学園都市の外へ出てボイジャーはライブツアーへ出発。日本全国を目指していた。
 8月2日から本日で8月14日ともうすぐ二週間が過ぎ、東京、神奈川、山梨、埼玉、長野、群馬と順調に進んでいっていた。
 そしてその夜・・・


 ーホテルー

 サーシャ「Zzz・・・」

 サローニャ「ふふっ・・・もう寝ちゃった」

 フィアンマ「疲れてたのだろう。今日で二週間を切るからな」

 サローニャ「そうだね・・・」

 フィアンマ「お前は大丈夫か?」

 サローニャ「うんっ」ニコリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/08(火) 13:28:28.35 ID:kJSSx8K/0
安価「一緒にお風呂に入るフィアサロ」

この前は不完全燃焼だったので
460 :1 [saga]:2018/05/08(火) 13:40:34.23 ID:kgwNbxbyO

 サローニャ「さってと・・・お風呂ちゃん、一緒に入る?」

 フィアンマ「ん?・・・あぁ、そうだな」

 フィアンマ「(時間の短縮になるだろうしな)」

 サローニャ「OKちゃん♪」


 
 ―シャァァァアーーーッ

 サローニャ「♪〜」ゴシゴシッ

 フィアンマ「・・・」チャプン

 サローニャ「んっ・・・」ゴシゴシッ

 フィアンマ「(・・・改めて見ても、見とれるほど綺麗な身体だな・・・)」

 フィアンマ「(夏だと言うのに全く日に焼けていない、白い肌・・・水が滴る金髪・・・)」

 フィアンマ「・・・」ムラッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/08(火) 14:32:34.15 ID:OoNDdlEQO
なんとか我慢するフィアンマ
それを知らずかフィアンマを洗おうとするサローニャ
462 :1 [saga]:2018/05/08(火) 16:41:36.60 ID:kgwNbxbyO

 フィアンマ「(いやいや今そんなことを考えてはダメだ)」

 フィアンマ「(健全にサローニャは俺様と一緒に風呂に入りたいから誘ってきたんだからな)」

 サローニャ「ふぅ・・・フィアンマちゃん、いいよ」
 
 フィアンマ「っ、あ、あぁ」コクリ

 サローニャ「今日はメインボーカルちゃんだったから疲れたでしょ?」

 フィアンマ「まぁ、そこそこな」

 サローニャ「私が洗ってあげるよ」ニコリ

 フィアンマ「・・・なっ」


 ―ゴシゴシッ

 サローニャ「♪〜」

 フィアンマ「(落ち着け・・・健全に俺様を洗ってくれてるだけだ)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/08(火) 17:09:11.07 ID:kJSSx8K/0
背中や胸のあたりまで洗うのは普通にするが、あそこを洗おうとするのでそれを阻止するフィアンマ
464 :1 [saga]:2018/05/08(火) 17:23:02.61 ID:kgwNbxbyO

 サローニャ「フィアンマちゃん」ゴシゴシッ

 フィアンマ「・・・」

 サローニャ「・・・?。フィアンマちゃん?

 フィアンマ「っ!ど、どうした?」

 サローニャ「えっと、痛くない?」ゴシゴシッ

 フィアンマ「あ、あぁ。大丈夫だ」

 サローニャ「そっか。じゃあ、今度はこっち向いて?」

 フィアンマ「は?い、いや前までは洗わなくても」

 サローニャ「はーい、つべこべちゃん言わない」スルッ

 サローニャ「後ろから洗ってあげるね♪」サワサワッ,クチュクチュッ
 
 フィアンマ「お、おいっ・・・!」



 サローニャ「♪〜」

 サローニャ「はい、胸とお腹は洗えたね」

 フィアンマ「じ、じゃあ流してくれるか」

 サローニャ「・・・」

 ―ニギッ

 フィアンマ「っ!?//」

 サローニャ「ここも、綺麗に洗ってあげないとね♥///」

 フィアンマ「まっ、待てサローニャっ///そこは手を出さなくてもいいっ・・・!///」

 サローニャ「どうして?///こんなに・・・苦しそうなのに、我慢してたら身体に毒ちゃんだよ///」

 ―ニギニギッ サワサワッ

 フィアンマ「っ・・・!///」

 

 どうする?orどうなる?
 ↓1
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/08(火) 18:11:08.09 ID:kJSSx8K/0
我慢しようとするがサローニャの手使いが上手くなっているのか射精してしまう
手についた精液を色っぽくなめるサローニャ
466 :1 [saga]:2018/05/08(火) 18:22:25.66 ID:kgwNbxbyO

 ―シュコッ シュコッ シュコッ
 ―ぬちゅっ くちゅっ ちゅくっ

 フィアンマ「は、ぁ、っぐ・・・///」

 サローニャ「んふふ・・・♥///」

 サローニャ「最近構ってもらってもなかったし、あげれなかったから相当溜まってそうだね♥///」

 ―シュコッシュコッシュコッ
 ―くちゅくちゅっ ぬちゅっ

 フィアンマ「っ!///」

 サローニャ「あははっ♥///おち○ち○、ビクビクってしてるよ♥?///」

 サローニャ「もう出ちゃいそうなんだ♥///」

 フィアンマ「っ、サロ、ッニャ・・・!///」

 サローニャ「・・・遠慮しないで、いっぱいびゅーって射精ちゃんして♥」

 フィアンマ「ぐっ!ぅ、ぁ・・・!///」

 ―ビュルルッ! ビュプッ! ビュルルッビュクッ!

 サローニャ「あっ♥出たぁ・・・♥///」
467 :1 [saga]:2018/05/08(火) 19:59:53.57 ID:kgwNbxbyO

 ―ドプッ ビュプッ!ビュクッ・・・

 サローニャ「ふふっ・・・♥///」

 サローニャ「精子ちゃんが手に付いちゃった・・・///」

 ―ペロッ ちゅるっレロッ・・・ ちゅぱっ

 サローニャ「ん・・・♥///(濃厚で、ぷるぷるってしてる・・・♥///)」
 
 フィアンマ「はぁーっ、はぁーっ・・・///」

 サローニャ「いっぱい射精ちゃんしたね♥///」ニコリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/08(火) 21:12:43.63 ID:OoNDdlEQO
今度は自分が洗ってもらうサローニャ
469 :1 [saga]:2018/05/08(火) 21:39:50.49 ID:6N1ME32C0
 
 サローニャ「・・・フィアンマちゃん//私を、洗ってくれるかな?//」

 フィアンマ「え?//・・・いや、さっき自分で//」
 
 サローニャ「今度はフィアンマちゃんに洗ってもらいたいの・・・//・・・ダメ?//」

 フィアンマ「・・・/」


 ―ゴシゴシッ

 フィアンマ「・・・どうだ?//」

 サローニャ「うん、良い感じちゃんだよ//」

 サローニャ「気持ちいい・・・//」

 フィアンマ「そうか・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/08(火) 22:07:11.58 ID:pwPqwu7VO
少し理性がとれて胸を嫌らしく洗う
471 :1 [saga]:2018/05/08(火) 22:14:38.22 ID:6N1ME32C0

 サローニャ「んっ・・・ふぅ・・・///」

 サローニャ「はぁ・・・///」

 フィアンマ「(・・・誘ってるな、なるほど)」

 ―スッ スルッ
 ―フニュッ フニッ ムニッ

 サローニャ「ひゃんっ!///」

 フィアンマ「サローニャ・・・」

 ―ムニュッ ムニッ フニュッ ムニッ

 サローニャ「やっ、んんっ!///フィ、フィアンマ、ちゃんっ・・・!///」

 サローニャ「いきなり、そんなっ・・・///」

 フィアンマ「お前が・・・悪い」

 サローニャ「んっぁ・・・!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/08(火) 22:24:38.41 ID:kJSSx8K/0
やり返しのつもりで胸をもみながらもう片方の手でサローニャのアソコを愛撫
473 :1 [saga]:2018/05/08(火) 23:02:41.05 ID:6N1ME32C0

 サローニャ「ふあぁっ!///はっぁ、んん・・・っ!///」

 ―ムニッ ムニュッ フニフニッ
 ―クリクリッ

 サローニャ「やっ、んっ!///胸、ちゃん、そんなに弄っちゃダメ・・・っ///」

 フィアンマ「その割には感じ過ぎじゃないか?/」

 サローニャ「んぅぅ・・・っ♥///」

 フィアンマ「こっちも、な・・・/」

 ―くちゅっ・・・くちゅっ

 サローニャ「あっ♥!///んっ、ふぁぁ・・・♥!///」

 フィアンマ「・・・おかしいな。もうこんなに濡らしてたのか?/」薬

 ―くちゅっぐちゅっちゅくっ

 サローニャ「ひあぁっ♥!///あっぁ・・・♥!///」

 サローニャ「っ、私もっ・・・///ずっと、我慢、んっ!///してたからぁ・・・っ♥///」

 フィアンマ「そうか・・・/」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/09(水) 08:12:39.23 ID:6FCLB/Iu0
フィアンマ、サローニャに耳元でイクか確認した後にイカせる
475 :1 [saga]:2018/05/09(水) 09:40:03.39 ID:17Pm/2VnO

 サローニャ「あっ♥!///ぁぁっ♥!///んっ、あぁっ・・・!♥///」

 ―ぐちゅっくちゅっぐちゅっぐちゅっ

 サローニャ「膣内ちゃ、んんっ♥///かき混ぜちゃ、んっやぁぁ・・・♥!///」

 フィアンマ「どんどん愛液が溢れてくるぞ//」

 フィアンマ「厭らしい音も響いて・・・外まで聞こえたら大変だな//」

 サローニャ「やっ、やぁんっ・・・!///」

 ―ぐちゅっぐちゅっくちゅっぐちゅっ
 ―キュンキュンッ

 フィアンマ「もうイきそうか?//イきたいか?//」ボソッ

 サローニャ「っ、んっ・・・♥!///イき、たいっ・・・♥!///」

 サローニャ「イかせてぇっ・・・♥///」

 フィアンマ「いいぞっ・・・//」

 ―ぐちゅっぐちゅっくちゅっぐちゅっぐちゅっくちゅっ!

 サローニャ「んぁぁあっ♥!///あっああっ♥!///」

 サローニャ「イ、イくっ♥!///イっ、あぁぁあっ♥!///」

 ―プシャァァッ プシュッ プシャァッ

 サローニャ「ぁ、んっ、は、ぁ・・・あふっ・・・♥///」

 フィアンマ「(イったか・・・//)」

 ―ぬちゅっ・・・

 サローニャ「あんっ・・・♥///」

 フィアンマ「・・・指にこんなに付いてるぞ?//」

 ―ヌラヌラ・・・

 サローニャ「やぁ・・・♥///見せなくて、いいよぉ♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/09(水) 13:47:52.07 ID:hvLleao0O
愛らしいサローニャにキスしていれていいか聞いてから挿入
477 :1 [saga]:2018/05/09(水) 14:45:06.54 ID:17Pm/2VnO

 フィアンマ「・・・サローニャ//」ズイッ

 ―ちゅっ

 サローニャ「んん・・・♥///」

 フィアンマ「っ・・・//」

 サローニャ「んぅ♥///んっ・・・♥///」

 ―レロッ ちゅうっ ちゅるるっ ちゅぷっ

 フィアンマ「っ、ん・・・///

 ―ちゅるっ ちゅぷっ レロッ ちゅるるっ

 サローニャ「んっ、んくっ・・・♥///」

 フィアンマ「っ、はぁ・・・///」

 サローニャ「ふあぁぁ・・・♥///」

 サローニャ「はぁ・・・はぁ、ん・・・っ♥///」ゴクンッ

 フィアンマ「・・・サローニャ//挿れて・・・いいか?//」

 サローニャ「うん・・・♥///」コロンッ
 
 ―くぱぁ・・・♥

 サローニャ「膣内ちゃんの奥まで・・・おち○ち○挿れて♥///」ニコリ

 フィアンマ「・・・っ///」

 ―ぐぷぷぷっ ぐちゅっ・・・

 サローニャ「あぁぁぁぁ・・・♥!///」

 ―プシャァッ

 フィアンマ「っ・・・(締め付けがっ///)」

 サローニャ「ぁ・・・っ♥///また、イっちゃたぁ・・・♥///」

 フィアンマ「サローニャ・・・//」クスッ

 サローニャ「ぇへへ・・・♥」ニヘラ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/11(金) 13:08:19.29 ID:namFVFcVo
そのまま動くフィアンマ
479 :1 [saga]:2018/05/11(金) 21:40:33.83 ID:IrrJs6B5O

 フィアンマ「んっ・・・動くぞっ//」

 サローニャ「んっ・・・♥///」コクコクッ


 ―パンッ!パンッ! パンッ!パンッ!
 ―ぐちゅっ!ずちゅっ!ぬぷっ!

 サローニャ「あっ♥!///はっ、んんっ♥!///」

 サローニャ「フィアンマ、ちゃんっ♥!///激し、っんぁあっ♥!///」

 フィアンマ「すまんっ//いつもより、快感がっ・・・//」

 ―パンッ!パンッ! パンッ!パンッ!
 ―じゅちゅっ!ぢゅくっ!ぐぷっ!

 サローニャ「んんっ♥!///あっ♥あぁっ♥///」

 サローニャ「(な、にこれぇ・・・♥///久しぶり、だから・・・?///)」

 サローニャ「(私も、気持ちいいの止まらないよぉ・・・♥!///)」

 フィアンマ「はっ、んっ・・・!///」

 サローニャ「んっ♥!///ひっ、あぁっ♥!///」

 サローニャ「ダ、メッ・・・♥///これ、すごひぃ・・・♥///」トローン


 どうする?orどうなる?
 ↓1
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/11(金) 21:57:01.84 ID:CIeNqft70
2人ともイって膣内射精
射精後も全く衰えないフィアンマのあれ
481 :1 [saga]:2018/05/11(金) 22:42:52.98 ID:BpxG94iB0

 フィアンマ「っ!サローニャ、もうっ・・・!//」

 サローニャ「ぃ、いっ、よ・・・♥///イッて、いっぱい・・・♥!///」

 フィアンマ「っ!///」

 サローニャ「んああぁっ♥!///」

 ―パンッ!パンッ! パンッ!パンッ!
 ―ずちゅっ!ぐちゅっ!ぱちゅっ!

 フィアンマ「ぐっぅ・・・!///」

 ―ビュルルルッ!ドプッ!ビュプッ!ビュルルッ!

 サローニャ「ふあぁぁっ♥!///あんん〜〜〜〜っ・・・♥!///」

 ―ビュルルッ!ビュプッ!ビュクッ・・・
 
 フィアンマ「は、ぐ・・・っ///」

 サローニャ「はぁ♥んっ、はぁ・・・♥///」

 フィアンマ「はぁ・・・はぁ・・・///」

 ―ぬぽぉっ・・・
 ―ドロォッ・・・コプッ

 サローニャ「すごい・・・私の膣内ちゃん・・・♥///」

 サローニャ「フィアンマちゃんの精子ちゃんで、いっぱい・・・♥///」

 サローニャ「(熱くて、膣内ちゃんの奥・・・子宮ちゃんまで流れてる・・・♥///)」

 フィアンマ「・・・///」
 
 ―ギンギンッ

 サローニャ「・・・ふふ♥///まだ、元気いっぱいちゃんだね・・・///」

 フィアンマ「ああ・・・。・・・」

 フィアンマ「・・・」サー・・・

 サローニャ「あれ・・・どうしたの?//」

 フィアンマ「・・・サ、サロ・・・サロー、ニャ・・・」

 フィアンマ「・・・避妊具・・・」

 サローニャ「・・・あぁー・・・///(どうりで、いつもより気持ちよかったのは・・・///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1 
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/11(金) 23:15:04.85 ID:CIeNqft70
サローニャ、別に気にしていない様子
寧ろ、更にバッチコーイな感じ
483 :1 [saga]:2018/05/11(金) 23:24:20.82 ID:BpxG94iB0

 フィアンマ「お、俺様は・・・何て事を・・・」

 サローニャ「・・・フィアンマちゃん//」ギュウッ

 サローニャ「・・・大丈夫だよ//」

 フィアンマ「な、何が・・・」

 サローニャ「私達・・・もう、結婚ちゃんするって決めたんだから・・・//」

 サローニャ「今から・・・赤ちゃん、つくってもいいと思うから・・・//」

 フィアンマ「い、今は全国ライブをしてるんだぞ?」

 フィアンマ「それなのに・・・俺様は・・・」

 サローニャ「・・・フィアンマちゃん。自分を責めないで・・・」ギュウッ、ナデナデ

 サローニャ「私は・・・望んでたことだから、嬉しいよ・・・//」

 フィアンマ「サローニャ・・・」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/12(土) 00:34:19.55 ID:Ef1zKrb7O
優しいキスをする二人

だれかブラックコーヒーちょうだい
485 :1 [saga]:2018/05/12(土) 00:43:47.42 ID:21qcGe1M0

 フィアンマ「・・・っ//」

 ―ちゅうっ、ちゅっ・・・

 サローニャ「ん、むっ・・・♥///」
 
 サローニャ「っ、ふぅ♥///んっぁ・・・♥///」

 フィアンマ「(サローニャ・・・っ///)」

 ―ちゅるるっ、レロッちゅるっ・・・ちゅぷっ
 
 フィアンマ「っ、・・・///」

 サローニャ「んっく♥///は、ん・・・♥///」

 ―ちゅっ、ちゅぷっ・・・

 フィアンマ「っ、ん・・・///」

 サローニャ「んっはぁ・・・♥///」

 サローニャ「・・・フィアンマちゃん♥///」ニコリ

 フィアンマ「サローニャ・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1まで

 >>484 つ旦
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/12(土) 00:45:47.50 ID:LLn+ULRm0
今日はこのままお互いが疲れるまでやり続ける

個人的には、子供ができたら面白い気がするけどファンがなー……
487 :1 [saga]:2018/05/12(土) 00:59:27.53 ID:21qcGe1M0

 サローニャ「・・・フィアンマちゃん//もう・・・このまましちゃう?//」

 サローニャ「そっちの方は・・・//」

 ―ギンギン

 サローニャ「・・・元気いっぱいちゃんだし♥//」 

 フィアンマ「・・・そうだな//」ギュウッ

 サローニャ「んん・・・♥///」
 
 ―くぷぷっ ずぷっ・・・
 ―コツンッ

 サローニャ「あぁっ・・・♥!///」

 フィアンマ「っ・・・//」

 サローニャ「ん、あぁっ・・・♥///これ、子宮、ちゃん・・・降りてきちゃってる・・・♥///」

 サローニャ「フィアンマちゃんの精液ちゃん・・・いっぱい欲しいんだぁ・・・♥///」

 フィアンマ「・・・っ!///」

 ―パンッ!パンッ! パンッ!パンッ
 ―ぐぷっ!ぬちゅっ!くちゅっ!ぐちゅっ!

 サローニャ「あっ♥///〜〜〜っ♥!///」

 フィアンマ「サローニャっ・・・!///」

 サローニャ「あんっ♥!///あぁっ♥!///んっ♥!///ひっぁぁ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>486 天井社長もまだ会見してないでせうからねー。
    グループ内でもスキャンダルって言うのでしょうかね
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/12(土) 02:08:25.86 ID:Ef1zKrb7O
またもや達するが夜はまだまだ長いので続ける
489 :1 [saga]:2018/05/12(土) 02:31:29.45 ID:21qcGe1M0

 サローニャ「んっあっ♥///ぁっ♥あぁ・・・♥!///」

 ―パンッ!パンッ! パンッ!パンッ
 ―ずちゅっ!ぬちゅっ!ぐちゅっ!

 フィアンマ「はっ!//っ!//」

 サローニャ「んっぁぁ♥!///膣内ちゃんでっ・・・♥///」

 サローニャ「フィアンマちゃんのおち○ち○、大っきく・・・♥!///)」

 フィアンマ「出るっ・・・!///」

 ―ドピュッ!ビュクッ!ビュルルルッ!

 サローニャ「ふあぁあぁぁぁ・・・♥///」

 フィアンマ「くっ、っはぁ・・・///」

 ―ドプッ ビュルルルッ、ビュプッ ビュクッ

 サローニャ「しゅごいぃ・・・♥///まら、出てる・・・♥///」
 
 フィアンマ「・・・まだ、夜はこれからだぞ//」

 サローニャ「・・・ん・・・いいよ・・・♥///」

 サローニャ「いっぱい・・・赤ちゃん、できるまで・・・えっちしよ♥///」チュッ



 -終-

 本スレの方で妊娠か否か決まります
490 :1 [saga]:2018/05/26(土) 20:26:13.84 ID:kbQ8vpkd0

 あらすじ
 トールと帆風は公園でトレーニングをしているとき、ふとトールは常盤台中学で新体操をしていたと帆風から聞かされる。
 それに共ってトールはレオタードを着ていたのか聞き、帆風はそれに頷いて持っている事を話す。
 トールはレオタードを選ばずに常盤台中学の体操着を選んで夜を楽しみにしていると話し終えて・・・


 トール「・・・おぉ」

 帆風@常盤台中学体操着「ど、どうでしょう・・・んっ//」ムチッ

 トール「めっちゃくちゃ可愛い。・・・けどさ」

 トール「・・・それ、サイズ合ってなくない?」

 帆風「そ、そうみたいです・・・んっ//」

 トール「あぁ・・・もしかして成長したから?色んなとこが」
 
 帆風「・・・///」モジモジ

 トール「・・・ふむ」

 トール「(上の服はもう胸のラインが浮き出ておへそは丸出し、そしてズボンもちょっと太ももに食い込む感じでムチッと・・・)」

 トール「・・・良いねぇ」

 帆風「あ、ありがとうございます・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 20:37:55.96 ID:+rJVRVZMO
上向きに寝そべるトールに跨ってくる帆風
その尻を掴んで揉むトールさん
492 :1 [saga]:2018/05/26(土) 20:44:06.13 ID:kbQ8vpkd0

 トール「じゃあ・・・ん〜」

 トール「・・・よっと」ゴロン

 帆風「?。トール様・・・?」

 トール「潤子ちゃん。・・・おいで」ニコリ

 帆風「・・・は、はい//」スッ

 ―のしっ・・・

 トール「(軽っ・・・ちゃんと食べてるのにな・・・)」

 帆風「え、えっと・・・これで、よろしいでしょうか//」

 トール「うん。で・・・」

 ―ワシッ ムニュッムニッ
 
 帆風「ふひゃぁああっ!?///」

 トール「ふふんっ」ニコリ

 帆風「やっん!///ト、トール、様っ・・・!///」
 
 
 

 どうする?orどうなる?
 ↓1
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 20:58:23.71 ID:+rJVRVZMO
胸に顔を埋めるトール
スタイルの良さを言葉責め
494 :1 [saga]:2018/05/26(土) 21:06:39.67 ID:kbQ8vpkd0

 ―ムニュッ ムニッ ムニュゥッ

 帆風「んっぁ・・・!///」

 トール「・・・潤子ちゃん、もう少し俺の腹辺りまで寄ってくれない?」

 帆風「ぇっ・・・//・・・こ、ここ、ですか?//」ズイッ

 トール「ん・・・俺に覆い被さるように凭れて?」

 ―ムニュッ ムニュッ

 帆風「っ、はぃ・・・っ///」

 ―ぱふっ フニュッ

 トール「ん・・・」

 トール「・・・(シャワー浴びた後の香りがする・・・)」

 トール「・・・」ツツーッ

 帆風「ひゃうっ・・・///」

 トール「ふふっ・・・おへそ弱いよね。ってか俺が触るとこ、全部弱くなるんだったか」クスッ

 帆風「・・・///」

 トール「潤子ちゃんの胸、大きくて柔らかいよ・・・お腹のラインも滑らかで・・・」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 21:28:06.03 ID:+3KRR6wHO
尻からアナルをくすぐると気持ちよさそうにする帆風
496 :1 [saga]:2018/05/26(土) 21:34:37.02 ID:kbQ8vpkd0

 トール「(お尻も良い具合に大きくなってきてるかな・・・)」

 ―スリスリッ

 帆風「あっぁぁっ・・・!///」

 帆風「んっは、ぁ・・・///っ・・・!///」

 トール「(撫でてるだけでもこうなるな・・・)」クスッ

 帆風「ト、ルさまっ・・・///」

 トール「・・・(じゃあ)」

 ―スルッ モゾモゾッ

 帆風「ふひゃっ!?///ト、トールさまっそ、そこはっ、えっ・・・!///」

 ―クリクリッ

 帆風「ひっぁぁあああ・・・!///」

 トール「(すごい声。・・・でも、痛がってそうではないか)」クスッ

 ―クリクリッ スリスリッ

 帆風「あっぃ!///んんっ!///っ!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 21:39:48.26 ID:CYWACH4Yo
倒れ込んできて無意識のうちに股をトールの太ももにこすりつけてくる帆風
498 :1 [saga]:2018/05/26(土) 21:47:15.17 ID:kbQ8vpkd0

 帆風「あ、ぅっ・・・///」

 ―ポスンッ

 トール「んぐっ・・・」

  帆風「トール、さまぁ・・・♥///」

 トール「(あ、この声のトーンは・・・)」

 ―スリスリッ

 帆風「んっ、ぁっ///・・・っ///」

 トール「・・・俺の太ももにおま○こ擦りつけてるけど・・・気持ちいいの?」クスッ

 帆風「ぁ、んん・・・っ///」コクコクッ

 トール「ふーん・・・」

 帆風「気持ち、いいんですっ・・・///」

 ―スリスリッ

 帆風「ふあぁ・・・っ///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 21:50:15.85 ID:CYWACH4Yo
手を尻から前に持ってやってパンツ越しにクリを撫でる
イキそうになるのを見てから止めたり焦らす
500 :1 [saga]:2018/05/26(土) 22:18:36.23 ID:kbQ8vpkd0

 トール「・・・じゃあ」

 ―スルッ ススッモゾモゾッ
 ―くちゅっ・・・
 
 帆風「ん・・・っ///」

 トール「わは・・・こんなに濡れちゃって・・・」

 ―スリスリッ くちゅっ、くちっ・・・

 トール「ここだけパンツがヌルヌルになっちゃうね・・・」

 帆風「あっぁ///んっ・・・っは、ぁ・・・///」

 トール「どう?」

 帆風「っ、気持ちいい、ですっ・・・///」コクリ

 トール「そか。じゃあ・・・もうちょい強めにっ」

 ―スリスリッ スリスリッ くちゅっくちっ、くちっ、くちゅっ

 帆風「んっぁぁ・・・!///あっ、ゃっ///イ、イっちゃ・・・!///」

 トール「えぇ、早いよ」ピタッ

 帆風「あっ、はっぁ・・・?///」

 トール「もうイっちゃいそうなの?」

 ―スリスリッ くちゅっ・・・

 帆風「んんっ!///イ、き、そうで、すっ・・・///」

 トール「はいはい」ピタッ

 帆風「んっ・・・!///」

 帆風「(ま、また、止められて・・・っ///)」フーッ、フーッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 05:28:56.00 ID:89NGQhLPO
焦らすも上目遣いで睨んできてディープなキスをしてくる帆風
イカせてほしいと懇願するのでクリを摘んでいかす
502 :1 [saga]:2018/05/27(日) 09:07:30.50 ID:4HhpewjT0

 帆風「あぁっ!///んっ!//ひっぁ、っ・・・!///」

 ―クリクリッ

 帆風「っ・・・!///」

 トール「おーっと」ピタッ

 帆風「ぁ・・・///」

 トール「へへっ・・・」クスッ

 帆風「・・・〜〜っ///」プクゥー

 帆風「トール様・・・っ///」ジッ
 
 トール「ん?・・・//(やば、上目遣いで睨んできてる・・・可愛い過ぎだろ//)」

 帆風「・・・っ///」

 ―ちゅうっ・・・ちゅっ、レロッ、ちゅぷっ

 トール「んっ・・・///」

 帆風「んぅ、んん・・・っ///」

 ―ちゅぷっ、ちゅるっ、レロッ、ちゅるっ、ちゅうっ

 帆風「んふぅっ・・・♥///はふ・・・んっく・・・♥///」

 トール「(お、ぉ、激しいフレンチキス、だな・・・//)」クスッ

 ―レロッ、ちゅるるっ、ちゅぷっ・・・ちゅっ

 帆風「っはぁ・・・///」

 帆風「・・・お願い、します・・・わ、私の、その・・・っ///」

 帆風「・・・ぉ、ぉ、ま、○・・・こ、でイカしてください・・・///」

 トール「・・・OK//」

 ―クリクリッ くちゅっちゅくっぐちゅっ
 
 帆風「あっ・・・♥!///んん〜〜〜っ♥!///」

 帆風「あぁっ♥!ああぁあっ・・・♥!///」

 ―ビクンッ ビクッ
 ―プシャッ チョロロッ

 トール「ははっ♪ほんのちょっとお漏らししちゃったか」

 帆風「は、ぁ・・・んっ、はぁ・・・っ♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 09:41:49.35 ID:89NGQhLPO
脱がして胸に吸い付くトール
504 :1 [saga]:2018/05/27(日) 10:17:54.40 ID:4HhpewjT0

 帆風「はぁ・・・はぁ・・・///」

 トール「・・・上の服、ズラすよ」

 ―グイッ たぷんっ

 帆風「ん・・・っ//」

 トール「ブラも、ね」クスッ

 ―プツッ スルッ・・・

 トール「んっ・・・」

 ―ちゅうっ ちゅっ・・・

 帆風「ふあっ♥//ぁぁぁっ・・・♥///」

 トール「っ、はぁ・・・っ」

 ―ちゅるっ ちゅうっ ちゅぷっ・・・

 トール「(乳首、ビンビンに固くなってる・・・)」

 帆風「トール、さま・・・っ///」

 トール「っ・・・//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 10:46:41.56 ID:89NGQhLPO
負けじとトールの股間擦る帆風ちゃん
驚きのトールを尻目に直に触れる
506 :1 [saga]:2018/05/27(日) 11:15:36.91 ID:4HhpewjT0

 トール「っはぁ・・・//」

 ―ちゅぱっ・・・ちゅるっ
 
 帆風「んんっ・・・///」

 帆風「(私も・・・//)」ススッ

 ―スリスリッ

 トール「んぐっ・・・//じゅ、潤子ちゃん・・・?//」

 帆風「あ・・・//トール様のおち○ち○、大きくなってます・・・///」

 トール「っ・・・//」

 帆風「・・・//」

 ―カチャカチャッ ジジジッ・・・ 
 ―ニギッ
 
 帆風「(ぁ、熱い・・・///)」

 トール「ん、・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 11:24:48.94 ID:89NGQhLPO
意地悪帆風さん手で擦るも寸止める
508 :1 [saga]:2018/05/27(日) 11:32:22.86 ID:4HhpewjT0
 
 帆風「・・・///」

 ―ニギニギッ スリスリッ

 トール「っ、ん・・・///」

 ―ニギニギッ スリスリッ
 
 帆風「トール様、気持ちいい、ですか・・・?///」

 トール「うんっ・・・///」

 帆風「ふふ・・・♥///」

 帆風「もっと気持ちよくなってください・・・//」

 ―ピタッ

 トール「・・・え?//あ、え・・・?//」

 帆風「・・・//」クスッ

 トール「・・・//(あぁ・・・なるほど//仕返しと・・・//)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 11:36:45.56 ID:89NGQhLPO
トールの悶絶する顔を見てほくそ笑む帆風
流石にたまらなさそうなので出してあげる
510 :1 [saga]:2018/05/27(日) 11:47:20.81 ID:4HhpewjT0

 トール「ん・・・//」

 帆風「・・・//」

 ―スリスリッ くちゅっ・・・
 
 帆風「(あ、先端からヌルヌルした液が・・・///)」

 トール「潤子ちゃん・・・っ//

 帆風「はい?//」ピタッ

 トール「んぐ・・・っ///」

 帆風「・・・//」クスッ

 トール「(も、もういいんじゃないかなぁ・・・//)」

 帆風「(頃合いですわね・・・//)」

 帆風「んっ・・・///」

 ―くぷぷぷぷっ ジュプッ・・・

 トール「う、ぁっ・・・!///」

 ―ジュプッ ジュポッ ジュルッ ぐぷっぐぷっ・・・

 帆風「ん、ふ・・・///」

 帆風「っ・・・♥///」

 トール「っ・・・悪いっ・・・!///」

 ―ドプッ ビュプッ ビュルルッ ビュクッ

 トール「ぅ、ぐっ・・・///」

 帆風「んむぅ・・・っ♥///んくっ・・・んっ♥///」

 トール「っはぁ・・・っ///」

 帆風「んむ・・・///」
 
 ―ちゅぽっ・・・ヌルッ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 12:09:30.71 ID:S8soeVzZO
トール、保風をハグ
お礼に行かせてあげると本気のあいぶ
512 :1 [saga]:2018/05/27(日) 12:27:02.78 ID:4HhpewjT0

 帆風「んっく・・・///」

 ―ゴクッ、ゴクンッ

 帆風「はぁっ、んっ・・・///」コクンッ

 帆風「・・・ごちそうさまでした♥///」

 トール「・・・//」クスッ

 帆風「ふふ・・・♥///」

 トール「潤子ちゃん・・・//」ギュウッ

 帆風「トール様・・・♥///」

 トール「・・・お礼、いなきゃね///」

 帆風「え・・・んんっ!?///」

 トール「んっ・・・///」

 ―ちゅっ、レロッ、ちゅるるっ、ちゅぷっ ちゅうっ
 ―くちゅくちゅくちゅっ 

 トール「んっ、ん・・・っ///」

 帆風「んぅうっ♥!///んっ♥んぁっ・・・んっ♥!///」

 トール「(キスしながら指で膣内かき混ぜられると絶対にだめなんだよな?//)」

 帆風「んふっ♥///ぁっ、んんっ♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 12:29:07.58 ID:S8soeVzZO
トールが何度も指でGスポットを触れてしまいそのたびに弓なりに身体を震わす帆風
514 :1 [saga]:2018/05/27(日) 12:46:01.74 ID:4HhpewjT0

 トール「(確か・・・//)」
 
 ―ぐちゅぐちゅぐちゅっ
 ―コリッコリッ

 帆風「んんうぅううっ・・・♥!///」

 ―ビクビクッ!
 
 トール「(お、ここだっ//)」クスッ

 ―ちゅうっ、レロッ、ちゅるるっ、レロッ、ちゅうっ
 ―ぐちゅぐちゅぐちゅっ コリッコリッ

 帆風「んっぁぁ♥!///んんっ♥///」

 帆風「ひ、あぁ・・・っ♥!///」

 ―ビクビクッ!

 トール「ぷあっ・・・///すごい弓なりになってるよ?//」

 ―ぐちゅぐちゅぐちゅっ コリッコリッ

 帆風「あっ♥!///ひぃ、んんっ・・・♥!///」

 ―ビクビクッ!
 ―プシャァァアァッ チョロロロォ・・・ッ
 
 トール「あー・・・完全にお漏らししちゃったな//」クスッ

 帆風「やぁ、ん・・・っ♥///」
 

 どうする?orどうなる?
 ↓1
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 13:03:22.99 ID:S8soeVzZO
舐めてきれいにするトール
そして我慢できず自分から開く帆風
516 :1 [saga]:2018/05/27(日) 13:20:25.94 ID:4HhpewjT0

 トール「綺麗にしなきゃな//」

 帆風「あっ、やぁっ・・・!///」

 ―レロッ ぴちゃっぴちゃっ レロッ ちゅるるっ レロッ

 帆風「あぁぁっ!♥///あんっ♥!///」
 
 帆風「そ、んなっ//激しく舐めちゃっ・・・♥!///」

 トール「っはぁ・・・//ん、これでいいかな//」クスッ

 帆風「ふぁ・・・♥///はぁっ。はぁっ・・・///」

 トール「・・・潤子ちゃん//」

 帆風「トール様・・・♥///」

 ―グイッ くぱぁ・・・

 帆風「私の・・・は、はし、はしたなぃ・・・///」

 帆風「おま○こに、いれてください・・・///」

 トール「・・・んっ//」クスッ、コクリ

 トール「(ゴムは・・・あった、と・・・//)」

 ―ピリッ スッ・・・
 ―ピトッ クルクルッ・・・ピチッ

 トール「・・・っ///」

 ―ぐぷっ ぐぷぷっ・・・

 帆風「ん、ぅ・・・っ♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 13:49:50.83 ID:S8soeVzZO
帆風から腰を降るが普段とは違い腰をひねったり激しく動いてしまう
奥に当たるたびに甘い声を上げる帆風と締付けの強さに声も出せず悶絶なトール
518 :1 [saga]:2018/05/27(日) 14:08:05.13 ID:4HhpewjT0

 帆風「トール、様・・・///」

 帆風「あの・・・///私が、動きますから・・・///」

 トール「ん・・・じゃあ、お願いねっ//」

 ―グイッ

 帆風「んぅっ・・・///はい・・・///」ニコリ


 
 帆風「あっぁあっ♥!///んあぁっ♥!///」

 ―ズンズンッ! 
 ―じゅぶっ!ぐぷっ!じゅぶっ!ぢゅぷっ!

 帆風「んはっ♥!///んっ♥!///」

 トール「じゅ、潤子ちゃんっ、いつもよりっ・・・!///」

 帆風「あぁっ♥!///ん、ひぁっ♥!///」

 帆風「んんっ・・・♥!///」

 ―ズンズンッ!
 ―グリグリッ ぐぷっ!じゅぶっ!ぐちゅっ!
 ―コツッ コツッ

 帆風「あぁっ!///奥に、当たっ・・・てぇ・・・っ♥!///」 

 トール「っ・・・!///」

 帆風「いいっ♥!///んっ♥!///あっぁ♥!///」

 トール「(やべっ、締め付けがっ・・・///)」

 帆風「ああっ♥!///んっ!ふあぁあっ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 14:09:38.24 ID:S8soeVzZO
早くイかないために帆風のムネを揉んだり乳首を弄るトールだったが余計に締め付けがキツくなる
520 :1 [saga]:2018/05/27(日) 14:18:33.66 ID:4HhpewjT0

 トール「(すぐにでもっ・・・///けど、そりゃ情けないかっ///)」

 ―ズンズンッ! 
 ―グリグリッ ぐちゅっ!ぐぷっ!じゅちゅっ!ぢゅぷっ!

 帆風「あぁぁっ♥!///んっはぁ・・・♥!///」

 トール「っ!///」

 ―ムニュッ、ムニッ
 ―クリクリッ

 帆風「は、あぁぁっんっ♥!///乳首、そんなにっ弄っては・・・っ♥!///」

 トール「悪いけどっ、俺はもっと気持ちよくなってほしいからっ・・・///」

 帆風「やっぁ・・・♥///んっ♥!///」

 ―キュンキュンッ

 トール「ぅあっ・・・!///」

 トール「(お、いおいっ///余計締め付けがっ・・・///)」
  
 帆風「はっぁぁ・・・♥!///んあっぁ♥!///


 どうする?orどうなる?
 ↓1
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 14:24:47.51 ID:S8soeVzZO
思いっきり体を震わせて声を上げる帆風
その絶頂と共にトールも射精してしまう
522 :1 [saga]:2018/05/27(日) 14:35:56.43 ID:4HhpewjT0
 
 ―ズンズンッ 
 ―グリグリッ ぢゅぷっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぐぷっ!

 帆風「んんっ!///」

 ―ビクビクッ
 
 帆風「あっあぁぁあっ♥!///」

 トール「っ、ぐっ・・・!///」

 ―ビュルルルッ!ドプッ!ドプッ!ビュルッ!ビュプッ!

 トール「は、ぐっ・・・//(出ちまった・・・///)」

 帆風「はっぁ・・・ん・・・♥///」
 
 帆風「トー、ル、様・・・イっちゃいまし、た・・・♥///」トロン

 トール「ん・・・俺も・・・//」クスッ
 
 帆風「ん、ふふ・・・♥///はぁ・・・//」クテッ

 トール「・・・//」ギュウッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 14:45:13.23 ID:S8soeVzZO
帆風トールの胸をなぞる
524 :1 [saga]:2018/05/27(日) 14:55:03.40 ID:4HhpewjT0

 トール「疲れた?//」

 帆風「はぃ・・・でも、大丈夫ですわ・・・//」ニコリ

 トール「そか・・・//」クスッ

 帆風「・・・//」

 帆風「(トール様の胸筋・・・とても逞しい・・・//)」

 ―ツツーッ

 トール「くふっ、ははっ・・・な、なに?」

 帆風「あ、その・・・逞しく鍛えられてると思って・・・//」

 トール「そう・・・//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 14:58:54.72 ID:mX3NUwAco
乳首を指でなぞると気持ちよくてまた大きくなってしまうトール
それを見て足で息子をなぞる帆風様
526 :1 [saga]:2018/05/27(日) 15:10:40.61 ID:4HhpewjT0

 帆風「はい・・・//」

 ―ツツーッ
 ―・・・ツンッ クリクリ

 トール「っ・・・///」

 帆風「(あら・・・?//)」

 ―クリクリッ

 トール「っ、ん・・・///」

 帆風「(・・・トール様、ここが気持ちいいのでしょうか・・・//)」

 トール「潤子ちゃん、ちょっと触りすぎ・・・//」

 帆風「・・・あっ//」

 ―ムクムクッ

 帆風「・・・また、大きくなっていますね//」

 ―スッ グリグリッ ぬちゅっ、くちゅっ

 帆風「(避妊具に、あんなに沢山精子が・・・///)」

 トール「(足で、俺の息子をなぞって・・・っ///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 15:13:38.34 ID:S8soeVzZO
ゴムをとってなかの精液を飲む帆風
そしてトールの息子を綺麗になめ取るッテから胸で挟む
528 :1 [saga]:2018/05/27(日) 15:21:00.04 ID:4HhpewjT0
 
 帆風「・・・//」ムクッ

 ―ぬちゅっ、キュプッ・・・
 
 トール「っ・・・ん・・・//」

 帆風「・・・」

 ―クイッ ドロッ
 ―トロォー・・・

 帆風「ん・・・っ♥///」

 ―コプッ コプッ コプッ・・・
 
 帆風「んむ・・・ん・・・///」

 帆風「(口の中に、いっぱい・・・♥//)」モグモグ

 ―モゴモゴ・・・
 ―ゴクンッ ゴクッ・・・

 帆風「、はぁ・・・///」ケフッ

 トール「大丈夫?//」

 帆風「はい・・・//・・・こちらも//」スッ

 帆風「はむっ・・・///」
  
 ―ちゅるるるっ レローッ レロッ ちゅるっ ちゅうっ

 トール「くっ・・・//」

 帆風「ん・・・//綺麗になりましたわ・・・//」

 ―ギンギンッ

 帆風「・・・まだまだ元気ですわね・・・//では//」

 ―ムニュッムニッ

 トール「んっ・・・//」

 帆風「お胸で、挟んでさしあげます・・・//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 15:25:22.56 ID:mX3NUwAco
舌でチロチロ先っぽをなめたり大きな胸で挟まれて醉がるトール
帆風のS心に火が灯る
530 :1 [saga]:2018/05/27(日) 15:34:39.16 ID:4HhpewjT0

 ―フニュッ フニッ

 トール「んっ・・・//」

 帆風「は、ん・・・♥///ん、ぁ・・・♥///」

 ―チロチロッ
 ―ぬちゅっ ぬぷっ ムニュッムニッ

 帆風「ふーっ//ん、ふ・・・♥///」

 ―ムニュッムニッ フニュッフニュッ
 ―チロチロッ
 
 トール「は、っ・・・///」

 帆風「(トール様のおち○ち○の先端を舐めると、腰がびくびくって跳ねますわね・・・//)」クスッ

 帆風「(もっと・・・見たいですわ♥//)」

 ―ムニュッムニッ フニュッフニッ
 ―チロチロッ

 トール「く、ぅっ・・・///」

 帆風「ん・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 15:43:06.97 ID:S8soeVzZO
スイッチが入ったのか言葉責め返しな帆風ちゃん
舌先で鈴口をなぞるなどトールがお願いするまで徹底して焦らす
532 :1 [saga]:2018/05/27(日) 16:31:56.18 ID:4HhpewjT0

 ―ちゅるっ チロチロッ
 ―ムニッムニッ フニュッ

 トール「はっ、っ・・・///」

 帆風「ん、はぁ・・・♥///」

 ―チロチロッ

 帆風「(鈴口を重点に・・・//)」
 
 トール「くっ、あっ・・・///」

 トール「じゅ、潤子ちゃんっ・・・///」

 帆風「トール様はいつも私をこんな風にイジメてくれますわよね・・・//」

 帆風「どうしてなのか・・・わかる様な気もします//」クスッ

 ―ムニュッムニュッ フニュッフニッ

 トール「っ・・・!//」

 帆風「ん、ふふ・・・♥//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 16:50:48.54 ID:CYP+ofLOO
トールが半ば降参の一言を言ってやめさせようとするも無言で舐める帆風
上半身にも指を這わせて刺激する
534 :1 [saga]:2018/05/27(日) 17:02:35.55 ID:4HhpewjT0

 トール「ご、ごめんっ//だから、もうっ・・・///」

 帆風「はい・・・//」

 帆風「・・・//」

 ―ムニュッムニュッ
 ―ちゅるるっ、レロッ、ちゅぷっ、ちゅうっ
 
 トール「ぅ、あ・・・っ!?///じゅ、潤子、ちゃっ・・・!///」

 帆風「んっ、んむぅ・・・♥///」

 ―レロォッ、ちゅるるっ、ちゅうっ、レロッ、ちゅぷっ

 トール「は、・・・くっ!///」

 帆風「・・・んっ///」

 ―ムニュッ、ムニッ
 ―ペロッ レロッ
 ―ツツーッ クリクリッ

 トール「っ!//は、ん・・・っ///」

 帆風「(トール様・・・気持ちよさそう・・・♥//)」ニコリ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 17:13:18.34 ID:mX3NUwAco
乳首で息子を刺激しつつ焦らす帆風
流石に我慢できず涙目でお願いするトールにときめいてバキュームフェラでイかせる
536 :1 [saga]:2018/05/27(日) 17:21:49.53 ID:4HhpewjT0

 ―ムニュッムニッ 
 ―クリッ クリュッ

 帆風「あっ、んっ・・・♥///(乳首で、刺激すると・・・私も感じて・・・///)」

 トール「はぁっ、んっ、はぁ・・・っ///」

 トール「・・・っ、潤子ちゃんっ//マジで、もうっ・・・//」ウルッ

 帆風「・・・//」キュンッ

 トール「頼む・・・から・・・//」ウルウル

 帆風「・・・ふふ♥//わかりましたわ・・・♥//」

 帆風「それでは・・・はむっ///」

 ―ちゅるるるっ、ちゅうっ、ちゅぷっ、ぴちゃっ

 帆風「ん♥//ん♥//んむ・・・っ♥//」
 
 ―じゅるるるるるっ

 トール「うっ、くぅっ・・・!///」

 帆風「(イッてください・・・♥///)」
 
 トール「出るっ・・・!///」

 ―ビュルルルッ! ビュプッ!ビュルルッ!

 帆風「ん、むっ・・・//ぅぅ・・・♥//」

 トール「は、ぅぐっ・・・///」

 帆風「ん、ふぅ・・・♥///」

 帆風「(お口の中に、精液が沢山・・・♥///)」

 ―ちゅるるっ・・・ヌプッ

 帆風「ん・・・っ♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 17:30:58.31 ID:mX3NUwAco
よく噛んで噛み締めてから飲み干す帆風
へたったまだ涙目なトールの頭を慈しむように撫でる
538 :1 [saga]:2018/05/27(日) 17:36:40.64 ID:4HhpewjT0

 帆風「ふー・・・んむっ//」

 ―モグモグッ くちゅっ モグモグッ
 ―ゴクッ ゴクンッ・・・

 帆風「っはぁ・・・//」

 帆風「はぁ・・・//」チラッ

 トール「はぁー・・・はぁー・・・///」

 帆風「・・・トール様//」ギュウッ

 トール「っ・・・潤子ちゃん・・・//」

 帆風「ごめんなさい・・・//少し、調子に乗ってしまいましたわ//」チュッ、ナデナデ

 トール「・・・いいよ//怒ってもないし・・・//」

 帆風「そうですか・・・//」

 帆風「・・・(これは、少しハマってしまいそうですわね・・・//)」クスッ

 トール「(やばい・・・クセになっちまうかも・・・//)」


 -終-
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 17:43:44.05 ID:qatVgpMFO
乙、最高だった…
毎回エロいよ
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 17:43:52.96 ID:mX3NUwAco
乙乙
541 :1 [saga]:2018/06/02(土) 16:03:31.70 ID:Uwfwbkli0

 あらすじ
 偶然出会った上条さんとアリサは昼食(アリサは二度目)を食べ終えて、上条さん宅へ向かった。
 行く前にアリサが上条さんがいかがわしい本を持っていないかと心配していたが上条さんはその誤解を解き、事なきを得た。
 そしてラッキースケベで二人は抱きしめ合い、お互いの気持ちを確かめて・・・


 アリサ「・・・」ポォー
 
 上条「アリサ・・・アリサ?おーい、大丈夫かー?」

 アリサ「あっ・・・ご、ごめんね!//つい、ボーッとしちゃって//」

 上条「あ、ああ・・・」

 上条「・・・先に、シャワー浴びてくるか?」

 アリサ「う、うん・・・そ、そうさせて、もらうね・・・//」
  
 上条「ん・・・」コクリ



 上条「・・・」ゴロン

 上条「・・・(今更何でせうが・・・別の女の子を連れて同じホテルに来るのってやばいよな・・・)」

 上条「(それも考えておく必要があるでせうよ・・・。・・・ん?)」

 上条「(なんだ?このボタン・・・)」カチッ

 ―ウィーーーン

 上条「・・・」


 アリサ「」


 上条「!!?」

 上条「(なんだこりゃぁぁあああぁぁあっ!?///)」

 上条「(んな、何だ!?//ホントに何だあの窓?!//何で風呂場が見えるようになってんだよ!?///)」

 上条「(あれか!?覗き魔みたいな事する性癖持った奴用の窓か!?///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 16:10:59.58 ID:TjpmCXLg0
上条さん、なんとかジェクチャーで伝えようとするが伝わらず、アリサは何を勘違いしたのか上条の視点を気にしながら体を洗い続ける
543 :1 [saga]:2018/06/02(土) 16:24:52.12 ID:Uwfwbkli0

 アリサ「」


 上条「(ア、アリサはまだ気付いてないっぽいか・・・)」

 上条「(それなら早くカーテンを閉めてっ)」


 アリサ「?」チラッ

 
 上条「(あ、バレた。終わった)」

 
 アリサ「・・・」


 上条「ち、違うんだアリサさん、これには訳があってでせうでして。決して疚しいことは」アワアワ

 

 上条「ーーー、ーー」


 アリサ「(当麻くん、何か言ってるけど・・・何て言ってるんだろ・・・)」 
 
 アリサ「・・・(もしかして、洗ってるところ・・・見たいの、かな・・・///)」

 アリサ「(は、恥ずかしいけど・・・この後も、当麻くんに見られるんだから、いっか・・・//)」

 ―シャァアーーーーッ
 
 アリサ「・・・///」ゴシゴシッ


  
 上条「・・・あれー?」

 上条「(な、何でアリサは冷静に体を洗ってるんだ?俺に見られてるって言うのに・・・)」

 上条「・・・えぇ・・・?」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 16:29:44.54 ID:TjpmCXLg0
>>541のアリサ「」でアリサも気が付いて絶句と思っていて>>542の安価したけど気が付いていなかったか
上条さんがばれずに除き続けるもよかったからもったいないことしたな(笑)
安価下
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 16:54:03.45 ID:jqfwBqjhO
上条によく見えるような角度で体を洗うアリサ
上条さんはアリサのきれいな裸体に見ぼれる
546 :1 [saga]:2018/06/02(土) 17:18:34.58 ID:Uwfwbkli0

 アリサ「///」

 アリサ「(当麻くん・・・私のこと、見てる・・・///)」

 アリサ「(・・・も、もう少し、このくらいの角度で・・・///)」ゴシゴシッ

 アリサ「・・・っ///」

 アリサ「(ひゃぁぁ・・・///)」

 アリサ「(お、お尻とかお、おお、お股が、よく見えちゃう・・・っ///)」ドキドキッ


 上条「(お、お、おいおいおいっ///そ、その角度だとっ///)」

 上条「・・・///」

 上条「(や、やばい・・・///アリサ、めちゃくちゃ綺麗で目が離せねえ・・・///)」ドキドキッ

 上条「(胸は少し大きめで、あれか、美乳ってやつで・・・お腹とお尻のラインも何て言うか滑らかで・・・///)」

 上条「(足も美脚、だな・・・///)」

 上条「(・・・これから、アリサの全部を・・・貰うのか・・・)」

 上条「・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 17:32:21.44 ID:T6vqRVmRO
アリサ、上条さんの勃起を見て自分に興奮してくれているのを知って、アソコを上条さんに見えるよ広げたあと洗う(公開[田島「チ○コ破裂するっ!」]のように)
548 :1 [saga]:2018/06/02(土) 17:58:27.41 ID:Uwfwbkli0

 アリサ「・・・あっ///」


 上条「///」

 ―ギンギン


 アリサ「(と、とと、当麻くんの、お股のところ・・・膨らんでる・・・?///)」

 アリサ「(わ、私を見て・・・喜んでくれてるのかな・・・///)」
 
 アリサ「・・・///」


 上条「・・・ん?//」

 上条「(ア、アリサ・・・動きが止まって・・・?/)」

 
 アリサ「・・・っ///」

 ―くぱぁ・・・♥
 

 上条「」ブフッ!

 上条「(ん、な・・・あ・・・っ!?////)」


 アリサ「(やぁっ・・・///こんな、恥ずかしい・・・///)」
 

 どうする?orどうなる?
 ↓1
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 18:41:51.73 ID:8UHyiNJvO
だんだん興奮していく二人
550 :1 [saga]:2018/06/02(土) 19:54:56.93 ID:Uwfwbkli0

 アリサ「(お、おま○こ、自分で広げて・・・当麻くんに見せて・・・///)」

 アリサ「(もう、死んじゃうくらい恥ずかしいよ・・・///)」


 上条「ーーー//」クイクイッ


 アリサ「(来て、って言ってるのかな・・・?//)」

 アリサ「・・・//」コクリ



 上条「・・・///」

 アリサ@バスタオル巻き「///」
 
 上条「・・・アリサ、俺も言っちゃなんだけど初めてじゃない。けど・・・//」

 上条「お前がやるととんでもなく理性が崩壊しかけた・・・///」

 アリサ「え、えっと・・・ごめん、ね//」

 上条「いや・・・謝ることはないぞ//」

 アリサ「・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 20:02:18.90 ID:TjpmCXLg0
上条さんも裸になる。まじまじと見るアリサ
552 :1 [saga]:2018/06/02(土) 20:56:08.19 ID:Uwfwbkli0

 上条「・・・(・・・アリサが裸なのに、俺だけ服着てるのはおかしいか・・・)」

 上条「・・・っ」
 
 ―スルッ パサッ

 アリサ「と、当麻くん・・・?//」

 上条「いや、ただ脱ぐだけだっ・・・/」

 ―ヌギヌギ

 上条「・・・ぷふっ」

 アリサ「・・・///」ゴクッ
 
 アリサ「(当麻くんの体・・・鍛えてるから結構筋肉ついてるんだね・・・//)」

 アリサ「(腹筋少し割れてて、胸筋もちょっと・・・///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 20:58:38.18 ID:tIc5MI/Oo
上条の体をなぞるアリサ
554 :1 [saga]:2018/06/02(土) 21:28:06.59 ID:Uwfwbkli0

 ―パサッ・・・

 上条「っと・・・」

 アリサ「わぁ・・・///」

 上条「・・・え、えっと、アリサさんそんなにまで見られると・・・//」

 アリサ「あ、ご、ごめんね・・・//」

 アリサ「・・・でも、当麻くんも見てたでしょっ//」プクーッ

 上条「うぐ・・・そ、そうだな・・・//」

 アリサ「だから・・・さ、触って、いい?//」

 上条「あ、ああ・・・//」

 アリサ「・・・//」スッ

 ―サワッ・・・

 アリサ「・・・///」ドキドキッ
  
 アリサ「(固いけど、少し柔らかい・・・///)」ドキドキッ

 ―サワサワッ スリスリ

 上条「くふっ・・・ア、アリサ、ちょっとくすぐったい・・・//」

 アリサ「あ、あはは・・・//」


 どうする?orどうなる? 
 ↓1
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/02(土) 21:28:51.24 ID:kpTbh2BX0
アリサの胸を触る
556 :1 [saga]:2018/06/02(土) 22:00:10.34 ID:Uwfwbkli0

 上条「・・・アリサ//」

 アリサ「あ、うん?//」

 上条「俺も・・・さ、触っても・・・///」

 アリサ「・・・うん//いいよ//」ニコリ

 上条「・・・//」スッ

 ―サワッ

 アリサ「・・・ん・・・///」

 上条「・・・優しくするから・・・//」

 アリサ「ぁ・・・ん・・・///」

 上条「(柔らかいな・・・//それにやっぱ綺麗だ・・・//)」

 上条「・・・アリサの胸、すごい綺麗だな・・・//」

 アリサ「えっ・・・?///」カァァア

 アリサ「あ、あり、がとう・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 22:02:10.96 ID:TjpmCXLg0
キスする上条さん
558 :1 [saga]:2018/06/02(土) 23:18:51.57 ID:Uwfwbkli0

 上条「アリサ・・・//」ズイッ

 アリサ「あっ・・・///」

 ―ちゅっ・・・

 上条「っ・・・///」

 アリサ「んぅ・・・///」
 
 ―ちゅうっ ちゅぷっ レロッ ちゅるるっ ちゅぷっ・・・
 
 上条「っはぁ・・・///」

 ―ちゅっ レロッ ちゅるるっ レロッ ちゅうっ・・・
 
 アリサ「ん、んうぅ・・・♥///」

 上条「、ん・・・っ///」

 ―レロッ ちゅるるっ ちゅぷっ レロッ ちゅっ

 上条「ん、は・・・///」

 アリサ「んふぅ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:43:31.77 ID:tIc5MI/Oo
キスしつつ胸や一番大事なとこに手をのばす
560 :1 [saga]:2018/06/03(日) 00:39:30.77 ID:IjGYPi/x0

 アリサ「ん、んっ・・・♥///」

 上条「っ・・・///」

 ―ちゅるっ レロッ ちゅるるるっ ちゅぷっ
 ―ムニュッ フニュッ

 アリサ「んんっ・・・♥!///」

 アリサ「(胸、揉まれて・・・っ///)」

 上条「(こっちも・・・あ、バスタオル取るか・・・//)」

 ―ハラリ・・・

 アリサ「んっぁ・・・///」

 上条「っはぁ・・・//悪い//着けてたままがよかったか?//」

 アリサ「ううん・・・//もう、大丈夫・・・//」ニコリ

 上条「・・・んっ//」

 アリサ「ん、んん・・・♥///」

 ―くちゅっ・・・

 アリサ「っ・・・!///」

 上条「(もう濡れてきてるか・・・?//よかった・・・//)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 02:41:10.81 ID:yj+jajiOo
濡れてるのに興奮しさらに弄る上条さん
562 :1 [saga]:2018/06/03(日) 08:09:40.95 ID:IjGYPi/x0

 上条「アリサ、このまま触るけど・・・大丈夫か?//」

 アリサ「う、ん・・・///」コクッ

 上条「・・・///」

 ―くちゅっ・・・くちゅっ・・・ちゅくっ

 アリサ「ん・・・んっ・・・ぁ・・・///」
 
 上条「アリサ、ゆっくり深呼吸して・・・//」

 アリサ「は、ん・・・///」

 アリサ「すぅー・・・はぁ・・・///」

 ―くちゅっ くちゅっ・・・ちゅくっ・・・ぐちゅっ

 上条「その調子だ・・・//・・・ちょっとだけ指、入れるぞ・・・//」

 アリサ「んっ・・・//」コクリ

 ―ぐちゅっ くぷぷっ・・・
 
 アリサ「んっぁ・・・///」

 上条「(・・・アリサの膣内、奥まで濡れてるな//・・・けど、狭いな・・・//)」

 上条「(すごい締め付けてくるぞ・・・//)」

 アリサ「すぅ、はぁ・・・・すぅ、はぁー・・・///」

 上条「よく我慢したな//抜くぞ//」

 ―ぬるるっ くちゅっ・・・

 アリサ「はぁ・・・っ、ん・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 10:48:20.31 ID:ex1gZHGko
映画見てないし取る気ないわ
早くとってやれよ
安価は下
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 12:04:20.04 ID:uIskGO350
挿入、最初から激しくつく
565 :1 [saga]:2018/06/03(日) 12:29:24.69 ID:IjGYPi/x0

 上条「痛くなかったか?//」

 アリサ「うん・・・//大丈夫・・・//」

 上条「・・・多分、指だからまだしもこれだと・・・//」

 ―ギンギンッ

 アリサ「・・・///」

 上条「・・・痛くないようにしないといけないから、上条さんに任せてくれるな?//」

 アリサ「うん・・・//」コクリ

 上条「・・・、っ//」

 ―ちゅっ レロッ ちゅるるっ ちゅぷっ レロッ ちゅうっ

 アリサ「ん、ぅっ・・・///」

 アリサ「(当麻くんのキス・・・すごく、気持ちよくて頭がふわぁってなっちゃいそう・・・///)」

 上条「っ・・・//」

 ―くちゅ くちゅっ くちっ ぐちゅっ くちゅっ
  
 アリサ「んんっ・・・♥///ん、ふぅっ・・・♥///」
 
 アリサ「(指が、おま○この中に入って・・・っ///出たり入ったり、してる・・・っ///)」

 上条「(出たり入ったりする感覚をちょっとだけでも覚えてもらわないとな・・・//)」

 アリサ「ひょ、うみゃ、くん・・・♥///」

 上条「っはぁ・・・//気持ちいいか?//」

 アリサ「ん、うんっ・・・♥///あっぁ、ん・・・♥///」


 http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima526033.png
 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
566 :1 [saga]:2018/06/03(日) 12:30:45.90 ID:IjGYPi/x0
http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima526041.jpg
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 13:58:46.95 ID:yj+jajiOo
指を激しくしていきGスポットをせめる
568 :1 [saga]:2018/06/03(日) 14:40:37.51 ID:IjGYPi/x0

 アリサ「あ、はぁ・・・っ♥///んんっ♥///」

 ―くちゅっ くちゅくちゅっ ちゅくっ ぐちゅっ

 アリサ「んあぁっ・・・♥!///」

 アリサ「(何、これ・・・っ///気持ちいいっ・・・♥///)」

 上条「(感度は良くなってきたな・・・//)」

 上条「アリサ、聞くのもなんだけど・・・//」

 アリサ「んっ、ぅん・・・っ?///」

 ―ぐちゅっ くちゅっ ちゅくっ ぐちゅ くちゅっ

 上条「自分で、シたことあるか?//」
  
 アリサ「やっぁ・・・♥///な、無い、よ・・・っ///」

 上条「そか・・・//」

 ―くちゅっ くちゅくちゅっ ちゅくっ ぐちゅっ

 アリサ「ひあぁっ・・・♥!///んっんっ・・・♥!///」

 アリサ「(指、おま○この中で広げてっ・・・///)」

 上条「(じゃあ、イったこともないよな・・・//)」

 上条「・・・一回、イってみるか//」

 アリサ「ふぇ・・・?///イ、イく、って、んんっ!?///」

 ―ぐちゅっくちゅっちゅくっ!ぐちゅっ!くちゅっ!

 アリサ「ふあぁぁあっ♥!///あっ♥///ぁぁっぁあ♥!///」

 アリサ「(な、に、これっ・・・♥!///コリコリって、してるところ、擦られてっ・・・!///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 15:04:33.70 ID:yjROPKYNO
アリサをイカせる
570 :1 [saga]:2018/06/03(日) 15:18:40.82 ID:IjGYPi/x0

 上条「アリサ、どんな感じだ?//」

 アリサ「しゅご、いぃっ♥///あっぁあっ♥!///おま、○この中ぁっ・・・♥!///」

 ―ぐちゅっくちゅっ!ちゅくぐちゅっ!くちゅっ!

 アリサ「んっ♥!///ぁっ・・・♥!///ひあ・・・っ♥!///」

 上条「膣内からHな液が溢れてきてるぞ・・・//」
 
 アリサ「やぁ、ぁぁっ♥///恥ずかし・・・っ♥///」

 ―くちゅっ!ぐちゅくちゅっ!ちゅくっ!ぐちゅっ!

 アリサ「ひんっ・・・♥!///」

 アリサ「当麻、くんっ・・・///なにか、キちゃっ・・・!///」

 上条「いいぞ、そのまま・・・っ///」

 ―くちゅっ!ちゅくぐちゅっ!くちゅっ!ぐちゅっ!

 アリサ「あぁぁっ♥!///んんっ♥!///あぁっ♥!///」

 ―ぐちゅっくちゅっ!ちゅくぐちゅっ!くちゅっ!

 上条「(膣内が締め付けて・・・っ//)」
 
 アリサ「〜〜〜〜〜〜〜〜っ!♥///」

 アリサ「あ、あぁぁあああ♥!///んんん〜〜〜〜っ♥!///」

 ―ビクビクッ!ビクンッ!ビクッ!
 ―プシャァァアアアアッ

 アリサ「あっぁ、ああぁっ♥//」

 ―プシャァァッ・・・チョロロッ、チョロロロォ・・・

 アリサ「や、やら、おひ、っこ、やぁぁ・・・っ♥///」

 アリサ「(当麻くんに、おしっこしてるとこ、見られちゃってる・・・///)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 15:38:54.03 ID:yj+jajiOo
謝るアリサに愛の言葉を囁く上条さん
572 :1 [saga]:2018/06/03(日) 16:01:03.29 ID:IjGYPi/x0

 ―チョロ・・・ジワァ・・・
 
 アリサ「はぁっ・・・はぁ・・・はぁっ・・・///」
 
 上条「・・・沢山出たな・・・//」クスッ

 アリサ「っ、ぅ・・・スン・・・っ///」ポロポロ

 上条「!?」

 アリサ「ご、ごめ、っ、えぐっ・・・///お漏らし、ひっぐっ・・・///」ポロポロ

 アリサ「汚してっ・・・ぇぐっ・・・//」ポロポロ

 上条「だ、大丈夫だぞ!気持ちよすぎて出ちゃうのが、普通・・・(だよな?)だから、さ」

 アリサ「ぇぅっ・・・//ひぐっ・・・///」ポロポロ

 上条「・・・俺は嬉しいぞ?アリサが気持ちよくなってくれて・・・//」チュッ

 アリサ「っ・・・//」

 上条「だから・・・謝らなくても、泣かなくてもいいんだぞ//」チュッ

 アリサ「当麻くん・・・///」ウルウル
 
 上条「な?/」ナデナデ

 アリサ「・・・//」コクリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 16:06:30.70 ID:yj+jajiOo
アリサに一つになっていいかと確認する上条
574 :1 [saga]:2018/06/03(日) 16:42:19.79 ID:IjGYPi/x0

 上条「・・・それで、だ・・・//」

 アリサ「ん・・・?//」

 ―ギンギンッ
 
 アリサ「ひゃ・・・っ//」

 上条「俺も、もう限界で・・・///」

 アリサ「・・・///」ドキドキッ

 アリサ「(すごく、大きくなってる・・・///あれが・・・入っちゃうんだ・・・///)」ドキドキッ

 上条「アリサ・・・一つになれる準備は、いいか?//」

 アリサ「・・・うん///・・・いいよ///」スッ

 アリサ「来て・・・当麻くん♥//」

 上条「アリサ・・・///」

 上条「(両腕を広げて、俺を迎えいれてくれてる・・・//)


 どうする?orどうなる?
 ↓1
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 16:53:46.95 ID:zLkVteoVO
ゆっくりとなるべく痛くないようにして挿入する
576 :1 [saga]:2018/06/03(日) 17:16:48.82 ID:IjGYPi/x0

 ―クルクルッ ピチッ
 
 上条「(しっかりゴム着けたと・・・//)」
 
 上条「・・・いくぞ//」

 アリサ「うん//」

 上条「(目閉じて、我慢するみたいだな・・・//)」

 アリサ「・・・///」ドキドキッ

 上条「・・・アリサ//緊張してたらダメだぞ//」ギュウッ、ナデナデ
 
 アリサ「ぁ、ご、ごめんね・・・//」

 上条「謝んなくていいぞ//俺に・・・任せろ//」ナデナデ

 アリサ「・・・うん//」

 ―ちゅっ

 アリサ「ん・・・っ///」

 上条「、っ・・・はぁ・・・//」

 ―レロッ ちゅるっ ちゅうっ ちゅぷっ レロッ ちゅるるっ ちゅぷっ・・・

 上条「っ・・・//」

 アリサ「んふ・・・♥///んうぅ♥んっ・・・♥///」

 ―ちゅるるっ レロッ ちゅぷっ ちゅるっ ちゅうっ・・・
 ―くちゅくちゅっ・・・
 
 アリサ「んうっぅ・・・♥///」

 上条「・・・っ///」

 ―ぐぷぷっ ぐぷぷぷっ ぐちゅっくちゅっちゅくっ
 
 アリサ「んっ!///んんっ・・・!///ん、ふっ・・・んんっ!///」

 上条「(落ち着け落ち着け・・・//)」ナデナデ

 アリサ「ん、ん・・・///」ウルウル


 どうする?orどうなる?
 ↓1
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 20:24:13.30 ID:Ivrc2PrjO
すごく痛いけどすごい幸せと涙目ながら笑顔になるアリサ
578 :1 [saga]:2018/06/03(日) 20:43:13.82 ID:IjGYPi/x0

 上条「んっ・・・///」
  
 ―ぐぷぷぷっ・・・コツッ

 アリサ「んあっ・・・!///」

 上条「っ・・・//痛かったな//悪い・・・//」ナデナデ

 アリサ「と、と、当麻くん・・・こ、怖いよぉ・・・//」ポロポロ

 上条「・・・」ナデナデ
  
 アリサ「っ、スンッ、ふぅ・・・っ///」ポロポロ

 上条「・・・どうする?」

 アリサ「スンッ・・・は、ぅ・・・///」ポロポロ

 上条「アリサ・・・」ナデナデ

 アリサ「・・・ぃ・・・ぃ、ょ・・・//」

 アリサ「当麻くんに・・・初めてあげる・・・///」ニコリ

 上条「・・・ごめんっ//」

 ―プツッ プチッ・・・
 
 アリサ「ひぐっ・・・!///あっぁ、ぃっ・・・///」ギュウッ

 上条「っ・・・///」

 アリサ「は、ひぁっ・・・ぁ、ふ・・・///」
 
 上条「深呼吸だ、深呼吸しろ・・・//」

 アリサ「は、はぁ・・・すぅ、はぁ・・・っ///」ポロポロ

 アリサ「すぅ、はぁ・・・すぅ、はぁー・・・///」



 上条「・・・落ち着いてきたか?」

 アリサ「・・・うん・・・///」

 アリサ「当麻くんと・・・繋がってるね・・・///」

 上条「ああ・・・//」
 
 アリサ「すごく・・・痛ぃ、けど、幸せ・・・///」ニコリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 20:52:28.92 ID:Ivrc2PrjO
慣れるまで撫でたりキスしたりする
580 :1 [saga]:2018/06/03(日) 22:20:09.79 ID:IjGYPi/x0

 アリサ「はぁ、ん・・・っ///」

 上条「落ち着かないか?//」

 アリサ「う、うん・・・///」

 アリサ「(当麻くんの、熱くて硬いの・・・//私のお腹のとこまで入ってきてる・・・///)」

 上条「慣れるまで・・・少し待とうか//」ナデナデ

 アリサ「ん・・・//」

 アリサ「・・・ありがとう、当麻くん//(やっぱり、優しい当麻くんが大好きだよ・・・♥//)」
 
 ―ちゅっ
  
 アリサ「ん、ふぅ・・・♥///」

 ―レロッ ちゅるるっ ちゅぷっ レロッ ちゅるるっ

 アリサ「ん、んっく・・・♥///んむ・・・♥///」

 上条「、ん・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 22:27:12.80 ID:Y5vODb8/O
少しずつ腰を降る上条さん
582 :1 [saga]:2018/06/04(月) 08:02:00.97 ID:hZURj2M9O

 アリサ「んっく・・・♥//んっぅ♥//」

 上条「んっ・・・//」

 上条「(キスに夢中になってる内に・・・//)」

 ―ヌルーッ・・・

 アリサ「んっ///」

 上条「っ、はぁ・・・//」

 アリサ「はぁっ♥//んっ、はぁ♥//」

 上条「ゆっくり、少しずつ動くからな//」

 アリサ「ん・・・♥//」コクコクッ

 ーぬぷっ ぬぷっ・・・ぬぷっ ぬぷっ・・・

 アリサ「ぁ♥//んっんっ♥//っ、んっ♥//」

 上条「っ、はぁ・・・っ///(すげぇ、締め付けっ・・・//)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 16:22:37.34 ID:xxUib3Nuo
腰を振り続けだんだん声が大きくなるアリサ
584 :1 [saga]:2018/06/04(月) 18:26:25.14 ID:hZURj2M9O

 ―ぬぷっぬぷぷっ ぬぷっぬぷっ

 上条「はぁっ、ふっん・・・///」

 アリサ「は、ぁ♥///んっ♥ん〜・・・っ♥///」

 上条「(段々声が大きくなって、気持ち良さそうになってきたな・・・//)」ホッ

 上条「ど、うだ?//」

 ―ぬぷっ ずちゅっ ぬぷぷっ ぬぷっ ちゅぷっ

 アリサ「んっ♥//ぁっあ♥//・・・え、とっ、まだジンジンするけど・・・//」

 アリサ「その、っ♥//あ、んっ♥//」

 上条「ん?//」

 ―ずちゅっ ぬちゅっ ぬぷっ くぷっ ぬぷぷっ

 アリサ「んんっ・・・♥//」

 アリサ「出たり入ったりときに、いっぱいお股の中、かき混ぜられて・・・♥//」

 アリサ「気持ちいいっ、の・・・♥//」

 アリサ「また、お漏らししちゃいそっ・・・♥///」

 上条「そか・・・っ//」クスッ

 アリサ「ん、ふふ・・・♥///」テレテレ

 上条「(恥じらいながら笑うなんて・・・可愛すぎるだろっ///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 無知な子におま○ことかおち○ぽって連呼させるのって可愛いかな?エロイかな?エロ可愛いかな?
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 19:43:43.39 ID:xxUib3Nuo
だんだん早く動く

幽白の樹のあの名言をおもいだすわ
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 20:05:08.24 ID:AdRCry8aO
>>585
あれは家畜過ぎるわwwww
587 :1 [saga]:2018/06/04(月) 21:27:14.93 ID:HX7ZI5xJ0

 上条「っ・・・!//」

 上条「アリサ、少し早くするぞっ//」

 ―ぬぷっぬぷっ ぱちゅっぬちゅっくぷっ

 アリサ「う、んっ・・・♥///」

 アリサ「あぁっ♥///あっ♥///んっ、あっぁ♥///」

 アリサ「は、ぁっ♥///ひぅっ・・・♥///」

 ―ぢゅぷっぬぷっぐっぷぷっ ちゅくっぬぷっぬぷっ
 ―キュンキュンッ

 上条「っ!///(締め付けっ、やべぇっ・・・!///)」
  
 アリサ「んあぁっ・・・♥!///」

 ぢゅちゅっぢゅぷっくちゅっ ぐぷっちゅくっぱちゅっ

 アリサ「ひあっぁ♥///んんっ♥ふああぁっ・・・♥!///」

 アリサ「しゅごっ♥///気持ひぃっ・・・♥///」トロン

 上条「っ、アリサ・・・っ///」

 ―ちゅっ レロッ ちゅるるっ ちゅぷっ レロッ ちゅるっ ちゅうっ
 ―ぬぢゅぬぷっ!ぐぷっ!ちゅくっ!

 アリサ「んっ♥!///んんっ♥!///んぅぅっ♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>585 あれはシャレになんないでせう
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 20:49:35.20 ID:h8IM2atKo
子宮の奥をナニでつく
589 :1 [saga]:2018/06/05(火) 23:05:18.60 ID:MHuRj46a0

 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 アリサ「あぁっ♥!///んっぁ♥!///ひ、あぁっ♥!///」

 上条「アリサっ・・・!///」

 アリサ「はぁっ・・・♥!///んんっ♥!///あっ♥!///」

 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 上条「っ・・・!///」

 ―コツコツッ

 アリサ「んあぁっ♥!あっぁ♥!///な、にこれっ・・・!?///」

 アリサ「(お、奥っ・・・!///お股の奥に、当たってる・・・!///)」

 上条「アリサっ//これ、子宮ってやつだっ・・・///」

 アリサ「し、きゅ・・・っ///んはっぁ♥///ひんっ♥!///」

 上条「ぐっ・・・!///(締め付けが、やばいっ・・・!///)」


 どうする?orどうなる
 ↓1
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/05(火) 23:10:39.83 ID:pip3xXpM0
いったん抜く
591 :1 [saga]:2018/06/06(水) 09:28:46.78 ID:a/V8i543O

 上条「っ・・・///」ブルルッ

 ーぱちゅっ・・・ぬぽぉっ

 アリサ「はぁ、はぁ・・・っ//」

 アリサ「当麻、くん・・・?///」

 上条「わ、悪い//締め付けがすご過ぎてあまりにも気持ちよかったから・・・///」

 アリサ「あ、ぅ・・・///」カァァア

 上条「少し、休憩な//」スッ,ギュッ

 アリサ「ん・・・うん♥///」クスッ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 10:25:42.64 ID:rc9rsuDuO
アリサの胸とかお尻とか弄る
593 :1 [saga]:2018/06/06(水) 10:33:11.10 ID:a/V8i543O

 アリサ「ん、ふぅ・・・♥///」

 上条「疲れたか?//」クスッ

 アリサ「少し、ね・・・//」クスッ,ギュッ

 上条「そうか・・・//」ナデナデ

 アリサ「ふふ・・・//」

 上条「・・・//」スッ

 ―フニュッ ムニッ

 アリサ「ん、ぁ・・・///」ピクッ

 上条「(やっぱ柔らかくて綺麗だな・・・///)」

 ―ムニュッ ムニッ フニュッ
 
 アリサ「あ、んっ///っ、ん・・・♥///」

 上条「・・・//(こっちは・・・//)」

 ―ワシッ

 アリサ「ひゃんっ・・・!///」

 ―ムニュムニュッ ムニッ
 
 上条「(お尻も、すげえ柔らかい・・・///)」

 アリサ「と、当麻、くんっ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/06(水) 12:47:12.25 ID:UWXZhesfO
徐々に激しくなってきて再開
595 :1 [saga]:2018/06/06(水) 19:05:40.87 ID:MuEJR7mG0

 上条「アリサっ・・・//」ギュウッ

 ―ゴロンッ

 アリサ「ふあぁ・・・///」

 上条「今度はアリサが上な//」

 アリサ「あ、う、うん・・・///」

 上条「ん・・・///」

 ―ムニュッムニュッ ムニッムニュッ

 アリサ「あっぁ、んんっ♥///」
 
 アリサ「当麻くん、お尻っ揉みしだき過ぎだよぉ・・・♥///」

 上条「悪い//手が勝手にな・・・//」クスッ

 アリサ「も、もうっ・・・♥///」

 上条「・・・アリサ//もっかい、挿れていいか?//」
 
 ―ギンギンッ

 アリサ「ふあ・・・///(と、当麻くんの、お股に当たって・・・///)」

 アリサ「・・・うん///いいよ・・・♥///」

 上条「んっ・・・///」
 
 ―ちゅっ

 アリサ「んむ・・・っ♥///」

 ―ぬぷぷぷっ ぬぷっ・・・
 
 アリサ「んんっ♥//んふぅ・・・っ♥///」

 ―ぱちゅぱちゅぱちゅっ

 アリサ「んっ♥///んっぁ♥///んっ・・・♥///」

 上条「っ、んっ・・・///」
 
 上条「っはぁ・・・///」

 アリサ「あっぁっぁ♥///んあっぁ♥///」トロン


 どうする?orどうなる
 ↓1
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 19:34:07.88 ID:O1vMb4fnO
腰を自分カラフルありさ
597 :1 [saga]:2018/06/06(水) 21:30:50.20 ID:MuEJR7mG0

 ―ぱちゅぱちゅぱちゅっ!

 アリサ「あふっ・・・♥///あっ、あぁっ・・・♥///」

 上条「っ・・・はぁっ///」

 上条「・・・アリサ//今度は・・・アリサが動いて見てくれないか?///」

 アリサ「え、えぇっ・・・///」

 アリサ「・・・ど、どうやって、すればいいの?///」ハァハァッ

 上条「俺の胸か顔の横に手を置いてみてくれ//」

 アリサ「こ、こう・・・?//」スッ

 上条「ああ//で、足をついて・・・そうだ//」

 ―ずちゅっ・・・
  
 アリサ「あっ・・・♥///」

 アリサ「(こ、これっ、奥に当たって・・・♥///)」

 上条「動けそうか?//」

 アリサ「う、うん・・・っ♥///頑張ってみる・・・♥///」

 ―ぬぷっ ずぷっ ぬぷっ ずぷっ ぬぷっ ぬぷっ
 
 アリサ「あ♥///あ♥///っ・・・♥///」
 
 アリサ「は・・・っ♥///っ♥あっ♥///」

 上条「くっ・・・!///」


 どうする?orどうなる
 ↓1
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:28:04.79 ID:Er/IYMjZo
かなり気持ち良さそうな上条にアリサさらに頑張る
599 :1 [saga]:2018/06/07(木) 00:11:41.78 ID:XhHuuFvU0

 上条「は、ぁっ・・・///」

 ―ぬぷっ ずちゅっ!ぐぷっ ずちゅっ ぬぷっ!

 アリサ「あっ、はぁっ♥///んはぁっ・・・♥!///」

 アリサ「と、うみゃ、く、きもひ、いいっ・・・♥?///」

 上条「、ああっ・・・///」

 アリサ「んあっぁっ♥///嬉し、ぃ・・・っ♥///」ニヘラ
 
 上条「っ・・・///」
 
 ―ぬちゅっ! ぐちゅっ! ぬぷっ! ぬぷっ!
 
 アリサ「ひあぁぁっ・・・♥!///」
   
 アリサ「なか、大きく・・・っ♥///」

 上条「アリサっ・・・///」
  
 アリサ「はぅ、んんっ♥///あぁっ♥!///んっあぁ・・・♥!///」

 
 どうする?orどうなる
 ↓1
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 13:56:46.72 ID:gB5SEd6sO
だんだんと早く動いていき二人同時に達する
601 :1 [saga]:2018/06/07(木) 19:26:36.40 ID:XhHuuFvU0

 アリサ「んんっ♥!///ぁ、あぁっ・・・♥!///」

 アリサ「はぁぁっ・・・♥!///」

 ―ぱちゅぱちゅぱちゅっ!ぱちゅぱちゅぱちゅっ!

 上条「っ・・・!///」

 アリサ「んうっ♥///ひぁっ・・・♥!///」

 上条「ぅ、ぁっ・・・!///(やべっ、出るっ・・・!///)」

 ―ぱちゅぱちゅぱちゅっ!ぱちゅぱちゅぱちゅっ

 アリサ「は、んんっ♥///とぉ、みゃくっ、んっ・・・♥///」

 アリサ「なかで、はふっ、大ひく、なってりゅ・・・♥///」

 上条「アリサっ、俺もうっ・・・!///」

 アリサ「いい、よっ♥///一緒に、気持ちよく、なろ・・・っ♥///」ニコリ

 上条「アリサっ・・・!///」
 
 アリサ「んんん〜〜〜っ・・・♥!!///」

 ―びゅるるっ!びゅっ!びゅくっ!びゅるるっ!
 ―ビクビクンッ!ビクッ!

 アリサ「んっ・・・♥///は、っ・・・♥///」

 アリサ「あ・・・っ・・・♥///」クテンッ

 上条「はぁ・・・っ///」


 どうする?orどうなる
 ↓1
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 21:06:41.45 ID:U4trmQiv0
上条さんまだギンギンなので敏感になっているアリサを激しく責め立てる
603 :1 [saga]:2018/06/07(木) 21:45:31.70 ID:XhHuuFvU0

 上条「はぁ・・・///アリサ・・・どうだった?//

 アリサ「ん、ぇへへ・・・♥///うん、気持ちよかったよぉ・・・♥///」チュッ

 上条「・・・そか//」チュッ

 アリサ「ん、ふふ・・・♥///」

 ―ぬぽぉっ・・・

 アリサ「あ・・・♥///(抜けちゃった・・・///)」

 上条「ん・・・//・・・あー・・・///」

 アリサ「え・・・?//」

 上条「いや・・・全然治まってなくて・・・///」

 ―ギンギンッ

 アリサ「あっ・・・///ホントだ・・・♥///」

 上条「・・・えと・・・その・・・///」

 アリサ「・・・いいよ♥///何回でも・・・///」

 アリサ「当麻くんが満足するまで・・・♥///」

 上条「・・・アリサっ・・・///」ガバッ

 アリサ「ひゃんっ・・・♥///」



 ―ぱんぱんっ!ぱんぱんっ!
 ―ぬちゅっ!ぬぷっ!ぐぷぷっ!ぬぷっ!
  
 アリサ「あぁああっ♥!///んんっ♥!///んっあ♥!あぁっ♥!///」

 アリサ「(こ、れ・・・♥///)」

 アリサ「(わんちゃん、みたいな体勢っ・・・♥///奥疲れてっ・・・♥!///)」

 上条「はっ、はっ!///」


 どうする?orどうなる
 ↓1
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 20:17:58.13 ID:MxUv8C/wO
かみやん突き続けるもアリサの当麻君の顔をみてイキたいと聞き正常位にする
605 :1 [saga]:2018/06/08(金) 23:47:10.48 ID:NvYwg9EI0
   
 ―ぱちゅぱちゅぱちゅっ!ぱちゅぱちゅぱちゅっ!

 アリサ「ひあぁっ♥!///あ、んっ・・・♥!///」

 アリサ「とぉ、まく、んんっ・・・♥!///」

 上条「んっ・・・?///」

 アリサ「私、またっ・・・♥///」

 上条「いいぞっ、好きなだけイっても・・・っ///」

 ―ぱちゅぱちゅぱちゅっ!ぱちゅぱちゅぱちゅっ!

 アリサ「や、やだぁっ・・・///」
 
 アリサ「怖い、のっ・・・♥///気持ちよくて、怖いのぉ・・・♥///」
  
 上条「あっ・・・//」

 アリサ「だから、んっ・・・///さっきと同じ、ように・・・♥///」

 上条「ああっ・・・///」

 ―ぬぽぉ・・・っ
 
 アリサ「ん・・・♥///」コロンッ

 上条「アリサ・・・//」

 アリサ「当麻くん・・・♥///」

 ―ぬぷぷぷっ ぐぷぷっ・・・

 アリサ「は、ぁぁ・・・っ♥///」

 
 どうする?orどうなる
 ↓1
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:29:07.99 ID:uPHqn/UTO
互いに愛の言葉を言いながらイクーーーー
607 :1 [saga]:2018/06/09(土) 01:04:21.59 ID:gRguDePf0

 上条「アリサっ///アリサっ・・・!///

 アリサ「あっあぁっ♥!///ぃ、んんっ・・・♥!///」

 アリサ「とうみゃ、く・・・っ♥!///当麻、くんん・・・っ♥!///」
 
 ―ぐぷっ!ぬぷっ!ぱんっ!ぱんっ!

 上条「アリサっ///遠くに居ても、お前のこと・・・っ///」

 上条「俺はずっと、想ってるからなっ・・・!///」

 ―ぐぽっ!ぐぷっ!ちゅくっ!ぐちゅっ!ぐぷっ!ぬぷっ!

 アリサ「っ・・・〜〜〜〜♥♥♥///」ゾクゾクッ

 上条「だから、お前もっ・・・///」

 アリサ「うんっ・・・♥///うん♥///私、も・・・っ♥///」ニコリ

 ―ちゅっ
 
 アリサ「んむぅっ・・・♥///」

 上条「っ・・・///」

 ―ちゅるるっ レロッ ちゅうぅっ レロッ ちゅっ

 アリサ「んっ♥///ふ、んんっ・・・♥///」

 アリサ「っ、ふあぁぁっ・・・♥///」

 上条「は、ぁ・・・っ///」

 アリサ「ずっと、あっん・・・っ♥///当麻くんのこと、想ってるからぁっ・・・♥///」

 上条「アリサっ・・・!///」

 アリサ「んっ・・・♥///」

 上条「っ!///ぐっぅあっ・・・!///」
 
 ―ビュクッ!ビュルルッ!ビュクッ!ビュルルッ!

 アリサ「あっ・・・♥!///」

 ―ビュルッ!ビュルルルッ!ビュウッ!ビュクッ!ビュッ・・・!
 
 上条「はっ、はっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・///」

 アリサ「はぁ・・・っ♥///はぁっ・・・♥///」トロン

 ―ぬぽぉー・・・

 アリサ「当麻く、ん・・・♥///」

 上条「アリサ・・・///」

 アリサ「・・・だいすき♥///」


 -終-
608 :1 [saga]:2018/06/23(土) 21:50:13.17 ID:Ud0AYU/70
 あらすじ
 雲川先輩とキャンプへ行って来た上条。
 誰も無い川で遊び、少し休憩を取って雲川先輩をタオルで拭いてあげる上条。
 不意に抱きしめられて上条さんの息子がチカパシしてしまい・・・


 雲川「・・・まさか、こう言う事をするのが野外でなんて・・・//」 

 上条「イ、イヤなら本当に」

 雲川「大丈夫なんだけどっ//何度も言わせないっ//」
 
 上条「は、はい・・・//」

 雲川「・・・じゃあ・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 21:52:45.33 ID:lK/FhgBXO
大人のキスをしてくるくもかーせんぱい
610 :1 [saga]:2018/06/23(土) 21:58:15.47 ID:Ud0AYU/70

 雲川「・・・んっ///」

 ―ちゅっ・・・

 上条「っ、ん・・・//」

 雲川「ん、ふ・・・っ///」

 ―ちゅっ、ちゅぷっ・・・レロッ ちゅるっ ちゅうっ・・・
 
 雲川「ん・・・///」

 上条「、ふ・・・//」
 
 ―ちゅるるっ レロッ ちゅぷっ ちゅるっ レロッ ちゅうっ

 上条「っ・・・//」

 雲川「ん、んぅ・・・♥///」

 ―レロッ ちゅうっ ちゅるるっ レロッ ちゅぷっ・・・

 雲川「は、ふ・・・んっ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 22:08:50.31 ID:Cv2epv19o
切なそうな息を上げる上条さんを見てズボンを脱がす雲川先輩
内心大きさに驚きつつパンツ越しにものに触れる
612 :1 [saga]:2018/06/23(土) 22:23:26.27 ID:Ud0AYU/70

 雲川「んっ・・・//」

 上条「っ、はぁ・・・//」

 雲川「・・・//」ゴクンッ

 上条「はぁ・・はぁ・・・//」

 雲川「(上条・・・切なそうなんだけど・・・//)」

 雲川「(私が・・・キチンとシてあげないとな//)」

 上条「先輩・・・//」

 雲川「あ、ああ・・・わかっているんだけど//」

 雲川「・・・///」

 ―ムクムク

 雲川「(海パン越しに、膨らんでるんだけど・・・//)」

 雲川「(・・・さ、触ってみる、か・・・//)」ドキドキ

 ―スリスリ
 
 上条「っ・・・//」

 雲川「(硬い・・・//しかも、熱く感じるんだけど・・・//)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 23:05:49.85 ID:NeUL8GtNo
そのままさわり続けるパイセンすると上条胸に手を伸ばす
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 23:15:41.89 ID:q1K7jp9P0
今回は普通に進みそうだな
615 :1 [saga]:2018/06/23(土) 23:34:22.18 ID:Ud0AYU/70

 雲川「・・・か、上条?//痛くないの?//」

 上条「あ、は、はい・・・//大丈夫でせう・・・//」

 雲川「そ、そう・・・//」
 
 ―スリスリッ

 雲川「(これだけで・・・気持ちいいのかな・・・//)」

 上条「・・・//」

 ―ユサユサ・・・

 上条「・・・//」スッ

 ―サワッ フニュッ

 雲川「んっ・・・!///」

 上条「あ、す、すんません・・・//」

 雲川「・・・触っても、いいけど・・・優しく、ね?//」

 上条「は、はい・・・//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 23:59:34.84 ID:wx3QtqEiO
雲川さん胸を優しく触られ続け感じ始めるも負けじと上条さんのムスコをいじり続ける
617 :1 [saga]:2018/06/24(日) 00:10:51.55 ID:Rgc67MXv0

 ―フニュッ フニッ フニュッ
 
 雲川「ん、ぁ・・・っ///」

 上条「・・・(すげぇ・・・重量感あるな・・・//)」

 ―ムニュッ フニッ
 
 上条「(やっぱGカップはすげぇ・・・//)」

 雲川「上条・・・っ//」

 ―ムニュッ ムニッ フニュッ

 上条「・・・//」
 
 雲川「・・・っ//(私も・・・っ//)」
 
 ―サワサワッ

 上条「んっ・・・//」

 雲川「はぁ・・・んっ・・・///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/24(日) 00:36:11.25 ID:a5EETTHv0
乳首を攻める
619 :1 [saga]:2018/06/24(日) 00:49:43.03 ID:Rgc67MXv0

 上条「・・・雲川先輩、先に俺が・・・//」
 
 雲川「・・・わ、わかったんだけど・・・//」


 上条「・・・じゃあ・・・//」

 雲川「・・・///」

 ―フニュッ ムニュッ ムニッ 
 ―クリクリッ

 雲川「んんっ・・・///」

 上条「・・・乳首、もうこんなになってますよ//」

 雲川「んっ・・・言わなくて、いいんだけど・・・///」

 上条「・・・//」クスッ
 
 ―クリュッ クリクリッ

 雲川「は、ぁっ・・・ん・・・♥//」

 上条「・・・どうでせうか?//」

 雲川「じ、自分で・・・するより、気持ちいいんだけど・・・///」

 上条「さいでせうか・・・//」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/24(日) 04:57:55.65 ID:a5EETTHv0
胸を吸う
621 :1 [saga]:2018/06/24(日) 08:20:15.46 ID:Rgc67MXv0

 上条「・・・ん、むっ・・・//」

 ―はむっ
 ―レロッ レロッ

 雲川「んあっ・・・!///」

 上条「ん・・・//」

 ―レロッ ちゅうっ
 ―ムニュッ ムニッ フニュッ
 
 雲川「あっ、ん・・・っ♥///」

 雲川「(上条に、胸、吸われて・・・っ//)」
 
 上条「っ、んん・・・//」

 ―ちゅうっ レロッ・・・

 雲川「んんっ・・・♥//は、ぁっ・・・♥//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 08:24:42.98 ID:Uo/FHaLyO
乳首を指で摘む
623 :1 [saga]:2018/06/24(日) 08:29:06.59 ID:Rgc67MXv0

 上条「っはぁ・・・//」
 
 雲川「んぅ・・・っ//」

 雲川「・・・も、もう、吸わないのか?//」

 上条「ん?//いえ・・・まぁ、別の楽しみ方もありますから//」

 ―クリクリッ

 雲川「あっ、んっぅ・・・///」

 上条「先輩、普段自分で弄ったりしてるんでせうね?//」

 ―クリクリッ

 雲川「んっ・・・ま、まぁ、時々っ・・・///」

 雲川「・・・上条と、シてるの想像しならが・・・っ♥///」

 上条「へー・・・//」クスッ

 ―クリクリッ

 雲川「んっぁ・・・♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 08:33:43.61 ID:bxA/Q8IhO
淫乱だと言いながら手マン
625 :1 [saga]:2018/06/24(日) 08:53:07.07 ID:Rgc67MXv0

 上条「・・・先輩、ここ外でせうよ?」

 雲川「え?う、うん・・・っ///」

 ―クリクリッ
 
 雲川「んっぁ・・・//っ//」

 上条「誰かに見られるかもしれないのに・・・」

 上条「よく感じれますね。淫乱なんでせうか?」クスッ

 雲川「っ・・・!///」

 上条「まぁ・・・俺もでせうけど・・・//」

 雲川「んっ・・・は、ぁ・・・//」

 上条「・・・こっちは

 ―くちゅっ
   
 上条「・・・川で遊んだから、こうなったんでせうか?//」

 雲川「っ、ち・・・違うんだけど・・・///」

 雲川「上条、に愛撫、してもら、って・・・っ///」

 上条「・・・」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 08:57:26.44 ID:HBg0iL3rO
そろそろ挿入して欲しいと口にゴムを咥える雲川パイセン
627 :1 [saga]:2018/06/24(日) 09:05:51.14 ID:Rgc67MXv0

 ―くちゅっ くちゅっ くちゅっ
 
 雲川「んっぁ♥!//あ、ぁ・・・♥///」
 
 雲川「はぁ、んっ・・・♥///」

 ―くちゅっ ちゅく くちゅっ
 
 上条「・・・気持ちいいでせうか?//」

 雲川「んっ、うん・・・っ♥///」

 上条「(・・・先輩のおま○こ、もう入れても大丈夫そう・・・だな・・・//)」
 
 雲川「っ、かみっ、上条・・・♥//」

 上条「はい?//」

 雲川「そろそろ、挿れて・・・欲しいんだけど・・・//」

 上条「あ、もう大丈夫でせうか?//」

 雲川「っ、うん・・・っ♥//」

 雲川「ゴムは・・・持って来てるんだけど・・・//」スッ

 上条「・・・流石でせうね//」クスッ

 雲川「ふふ・・・っ♥//」

 雲川「・・・じゃあ、付けてあげるんだけど//」ピリッ

 上条「は、はい・・・//」

 雲川「・・・あむっ//」
 
 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 09:23:57.89 ID:jJi2Q8A6O
口でゴムをはめてからくぱあと開く
629 :1 [saga]:2018/06/24(日) 09:40:22.19 ID:Rgc67MXv0

 上条「・・・またマニアックな//」

 雲川「ん、ふ・・・///」

 ―ピトッ
 
 雲川「・・・んむっ///」

 ―くぷぷぷぷっ・・・ 
 ―ぬるっ・・・

 上条「っ、ん・・・・///」
 
 雲川「んぶっ・・・っ!//こふっ・・・//」

 上条「だ、大丈夫でせうか?//」

 雲川「んぐっ・・・//」

 ―ぬるるっ・・・
 
 雲川「っ、けほっ、けふっ・・・//」

 雲川「んっ・・・当麻・・・♥//」

 ―くいっ・・・
 
 上条「・・・//」ドキッ

 ―くぱぁ・・・

 雲川「私の、秘部に・・・お、おま、○こに・・・挿れて・・・♥///」

 上条「・・・はいっ//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 09:45:06.98 ID:A2zxglTtO
そっと痛くないように入れるも顔をしかめる雲川さん
抱きしめてほしいとお願いされて抱きつく上条さん

そしてゆっくり入れると無事貫通
631 :1 [saga]:2018/06/24(日) 10:04:38.50 ID:Rgc67MXv0

 ―くちゅっ・・・
  
 雲川「はぁ・・・ふぅ・・・//」

 上条「力、抜いてください・・・//」

 雲川「ん・・・//」コクリ

 ―ぐちゅっ・・・
 ―ぐぷっ・・・ぐぷぷっ・・・

 雲川「痛っ・・・!//」
 
 上条「す、すみませんっ・・・//」

 雲川「はぁっはぁっ・・・//」

 上条「(・・・こんな苦しそうな雲川先輩、初めて見たな・・・/)」

 雲川「上条・・・っ、抱きしめて、ほしいんだけど・・・っ//」 

 上条「あ、はいっ・・・//」

 ―ギュウッ

 雲川「んっ・・・//」ギュウッ
 
 雲川「ふぅ・・・ん、そのまま・・・私の初めて、貰って・・・?//」
  
 上条「・・・//」コクッ

 ―ぐぷぷぷっ・・・ぬちゅっ

 雲川「あっぁ・・・ぁ・・・//」

 ―ぐちゅっ コツッ
 ―・・・ぐぷっ!プツッ・・・ 

 雲川「いっ・・・!///」ギュウッ

 上条「っ・・・//」

 雲川「はぁっ、はぁっ、は、ぁっ・・・//」フルフルッ、ウルウル

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 10:09:27.41 ID:XRB2s/0UO
血が出るも抱きしめて腰を降る雲川さん
痛みに慣れてきたと上条が喜ぶように必死
633 :1 [saga]:2018/06/24(日) 10:17:45.31 ID:Rgc67MXv0

 ―ツツーッ・・・

 上条「先輩・・・血が・・・//」

 上条「(結構、出てるな・・・/)」

 雲川「んっ・・・//」

 上条「痛みが引くまで・・・こうしてます・・・//」

 雲川「・・・あり、がと・・・//」ギュウッ

 
 雲川「・・・当麻・・・もう、いいんだけど//」

 上条「大丈夫でせうか?//」

 雲川「大丈夫・・・っ//」

 雲川「んんっ・・・!//」

 ―グイグイッ
 ―ぐちゅっ ぐぷっ ぐちゅっ・・・
 
 上条「うあっ・・・!//ちょ、せ、先輩っ・・・!//」

 雲川「はぁっ、んっ・・・!///」
 
 上条「くっ・・・!//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 10:30:21.83 ID:a+xCE9HCO
少しずつ奥に押していくと奥が数の子天井に気がつく上条さん
動かせば動かすほど刺激されて唸る

それを見て雲川さん先輩がリードし始める
635 :1 [saga]:2018/06/24(日) 10:48:52.88 ID:Rgc67MXv0

 上条「っ・・・//」

 上条「(俺もっ・・・//)」

 ―ぐぷぷぷっ!

 雲川「んあぁっ・・・!//」

 上条「せ、先輩、なるべく声はっ・・・//」

 雲川「ん、ふーっ・・・//」コクコクッ

 ―ぐぷっ ぐぷっ ぐちゅっ ぐぷっ

 雲川「んっぅ・・・♥//んうぅっ・・・♥//」

 ―ぐちゅっ ぐちゅっ ぐぷっ
 ―ぐぷぷっ ぐちゅぐちゅっ

 上条「う、っぁ・・・//」

 上条「(すげぇっ・・・//先輩の膣内、締め付けきてっ・・・//)」

 上条「(それに、何かっツプツプって亀頭が擦られてっ・・・!//)」 

 雲川「当麻っ・・・♥///」

 上条「せ、先輩、すみませんっ・・・//気持ちよすぎて、動いたらやばいでせう・・・っ//」

 雲川「ん・・・いい、んだけど・・・//」

 雲川「お前の・・・好きに動いて、ね♥?//」ニコリ

 上条「っ・・・!//」ギュウッ

 雲川「んあっぁ・・・♥//」



 どうする?orどうなる?
 ↓1

 ふっきーは両方ってことでいいのかな。ミミズと数の子
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 11:06:06.10 ID:CJmFmL2wO
身体を起こしてがむしゃらに腰を動かす上条を優しく撫でる雲川さん
637 :1 [saga]:2018/06/24(日) 11:19:19.65 ID:Rgc67MXv0

 上条「先輩っ・・・!//」ガバッ

 雲川「当麻・・・っ♥//」

 上条「っ・・・!//」

 ―パンパンッ!
 ―ぐちゅ! ぐちゅ! ぐちゅっ!

 雲川「あっぁ♥!///んっぁ、はぁっ・・・♥!///」

 雲川「んっ♥!///あぁっ・・・♥!///」

 上条「はぁっ、はぁっ・・・!///」

 雲川「んんっ・・・♥!///」

 上条「うっぐ・・・!//」
 
 ―パンパンッ!
 ―ぐちゅっ! ちゅくっ! 

 雲川「当麻・・・♥//」ニコリ、ナデナデ

 上条「はぁっ、はぁっ・・・!///」

 雲川「あ、んんっ・・・!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/24(日) 11:24:52.80 ID:a5EETTHv0
奥を攻める
639 :1 [saga]:2018/06/24(日) 11:35:51.98 ID:Rgc67MXv0

 雲川「はぁっ、あっ・・・♥!///んんっ・・・♥!///」

 上条「先輩っ・・・!//」

 ―パンパンッ 
 ぐちゅ! ぐちゅ! ちゅくっ!

 雲川「んあぁっ・・・♥!///」

 雲川「(すごいっ・・・♥!//当麻に、奥まで突かれてっ・・・♥///)」

 上条「っ・・・!//」

 雲川「当麻っ、気持ちいいっん、だけどっ・・・♥!///」
 
 上条「俺も、すっ・・・!//」

 雲川「んっ♥!///あっ♥!あっ・・・♥!///」

 上条「くっぅ・・・!//」

 雲川「〜〜っ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 11:55:24.79 ID:DjIYxhKjO
雲川先輩必死の言葉攻めで上条を先にイかせようとする
641 :1 [saga]:2018/06/24(日) 12:08:56.53 ID:Rgc67MXv0

 上条「は、はっ、はっぁ・・・!//」

 ―パンパンッ!
 ―ぐちゅ!ぐちゅ!ぐちゅっ!

 雲川「ひ、んっ・・・♥!///あっ、ひぁっ♥!///」

 雲川「当、麻っ・・・♥///私の膣内、気持ちいい・・・♥?///」

 上条「は、いっ・・・!///もう、我慢の限界でっ・・・!//」

 雲川「は、んふふっ・・・♥///」

 雲川「そんなに、必死に腰振って・・・っ♥///

 雲川「私の膣内、にっ・・・//いっぱい出したい♥?//」ナデナデ
 
 上条「っ・・・//」コクコクッ

 上条「せ、先輩っ・・・!・・]

 上条「出るっ・・・!///」

 雲川「いい、んだけど・・・っ♥!///出ひて、いっぱいぃ・・・♥!///」

 ―ビュプッ!ビュルルッ!

 雲川「あ・・・ぁっ、ぁ・・・♥///」

 上条「ぐ、ぉお・・・!///」
 
 ―ドクドク・・・ッ

 雲川「ひゅご、なか・・・いっぱひ、出てる・・・♥///」トロン

 雲川「(おち○ち○が、すごい脈打って・・・♥///)」 

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 12:14:57.63 ID:DjIYxhKjO
抜いてからゴムを外してあげる雲川先輩
口で舐めてモノをきれいにする
643 :1 [saga]:2018/06/24(日) 12:33:44.83 ID:Rgc67MXv0

 上条「はぁっ・・・はぁー・・・っ//」

 上条「あぁ・・・やばいっ・・・//」

 雲川「ど、どうしたの・・・?//」

 上条「疲れただけです・・・大丈夫・・・//」

 雲川「そう・・・//」

 ―ぬぷぷっ・・・
 ―ぬるっ・・・トロォ・・・

 雲川「ん、ぁ・・・♥//」
 
 上条「・・・(我ながらよくもこんなに出すもんだな・・・//)」

 雲川「・・・ゴム、外してあげるんだけど・・・//」

 上条「あ、はい・・・//」

 ―ギュプッ・・・ぬぽっ

 雲川「・・・こんなに、いっぱい出してくれたんだ・・・//」ドキドキ

 雲川「・・・///(これなら、危険日にやって一発で妊娠確定しそうなんだけど・・・///)」

 上条「・・・先輩?//」

 雲川「・・・あ//え、えっと・・・綺麗にしてあげるんだけど・・・//」

 ―ニギッ

 雲川「んむっ・・・んむぉ・・・///」
 
 ―ジュルルッ じゅぷっ レロッレルッ ちゅぷっ

 上条「っ・・・!//」

 雲川「んふ・・・っ♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 12:40:13.42 ID:VQihdkivo
萎えない上条さんの息子を見て嘲笑う雲川先輩
今度は生でと騎乗位にさせて乗ってくる
645 :1 [saga]:2018/06/24(日) 12:58:19.47 ID:Rgc67MXv0

 上条「くっ・・・!///」

 雲川「んぶっ♥//んっく・・・♥///」

 ―レロッ じゅぷっ ジュルッ ぢゅぷっ

 上条「っ・・・//」

 上条「先輩、出るっ・・・!///」

 ―ちゅるるっ レロッ じゅるっ ジュプッ

 雲川「んむっ・・・!///」

 ―ビュプッ!ドプッ!ビュクッ!

 雲川「・・・♥っ!///」

 雲川「(来、たぁ・・・♥///)」

 ―ゴクッ ゴクンッ

 雲川「んっ・・・!///」

 ―ちゅぱっ
 ―ビュルルッ!ビュプッ!

 雲川「ふわぁ・・・//」

 雲川「顔に・・・♥///温かい・・・♥///」トロン

 上条「先輩・・・///」ドキドキ

 ―ビキビキッ

 雲川「(まだ、全然萎えてないんだけど・・・///)」

 上条「・・・す、すみません//も、もう放っといたら治まるんで//」

 ―ギュウッ

 上条「っ・・・//せ、先輩・・・?//」

 雲川「・・・当麻、そこに寝転んで?//」

 上条「こ、ここで、せうか?//」ゴロン

 雲川「ん・・・//」

 ―ザパッ・・・

 雲川「・・・もう一回、シてあげるんだけど♥///今度は・・・私は上で・・・♥//」

 上条「・・・は、はい・・・//」

 雲川「ん・・・//」

 ―ノシッ
 ―くちゅっ くちっ・・・

 雲川「はぁ・・・ん・・・っ///」

 上条「・・・って、せ、先輩!?///ゴ、ゴムないとっ・・・!/」

 雲川「・・・生でも、大丈夫なんだけど//」

 上条「いやいやいや!ダ、ダメですってば!」ムクッ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 13:09:03.18 ID:VQihdkivo
問答無用で挿入させる雲川先輩
上条さんも外そうとするも天井が気持ちよくて腰を降るだけになる
647 :1 [saga]:2018/06/24(日) 13:24:36.43 ID:Rgc67MXv0

 雲川「大丈夫・・・なん、だけどっ!//」

 ―ぐぷぷっ!ぐちゅっ!ぐぷぷぷっ・・・

 上条「う、あぁあ・・・!///」

 雲川「んぁぁぁ・・・♥!///」

 雲川「(さっきより、形がわかっちゃうんだけど・・・っ♥!///)」

 上条「先輩、ダメですって・・・!///」

 雲川「もうっ・・・///大人しく気持ちよくなっててっ・・・♥///」

 ―ズッ ズッ ズッ ズッ ズッ
 ―ぐちゅっ!ぐぷっ!ぐぷっ!
 
 上条「っ・・・!///」

 雲川「あっぁ♥///んっぁ♥///あ、ぁ・・・♥///」

 上条「先輩・・・っ!///」

 雲川「んっぅ♥///あぁ・・・っ♥///」

 雲川「(こ、れ子宮の入り口、叩いてくるん、だけどっ・・・♥!///)」
648 :1 [saga]:2018/06/24(日) 13:25:03.24 ID:Rgc67MXv0
どうする?orどうなる?
↓1
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 13:31:55.41 ID:VQihdkivo
二人共腰を降るが上条さん余裕が出てきたのか身体を起こして胸に吸い付く
650 :1 [saga]:2018/06/24(日) 13:47:02.06 ID:Rgc67MXv0

 雲川「あっはぁ・・・♥!///」

 上条「っ・・・!///」

 雲川「ひあっ・・・♥!///っ、ふふっ♥///動く気になってくれて、嬉しいんだけど・・・♥///」ニコリ

 上条「先輩っ・・・!///」

 ―グイッ!
 ―ズッ ズッ ズッ

 雲川「んぁっ♥///あ♥///んんっ♥!///」

 雲川「〜〜っ♥!///
 
 雲川「(出たり入ったり、して、私の膣内拡げられるっ・・・♥!///)」

 雲川「(子宮口も、コツコツ当ててきて・・・♥!///)」

 上条「・・・っ!///」

 ―ズッ ズッ ズッ ズッ ズッ
 ―ぬぷっ!ぐぷっ!ずぷっ!

 雲川「あぁん・・・っ♥///」

 上条「んっ・・・//」ムクリ

 ―ちゅっ レロッ ちゅぷっ・・・

 雲川「は、っぁ・・・♥///」

 雲川「当麻・・・っ//私の胸、好きだな・・・♥?//」クスッ

 上条「・・・男、なら誰でも好き、だと思うでせうっ・・・//」

 ―ズッズッズッ
 ―ぐちゅっ!ぐぷっ!ぐぷっ!

 雲川「んぁぁっ・・・♥!///激し・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 14:02:37.84 ID:VQihdkivo
雲川先輩がいきそうになるまで腰を降る上条さん
奥にコツコツ当たる感じに頭が白くなる
652 :1 [saga]:2018/06/24(日) 14:43:52.56 ID:Rgc67MXv0

 上条「はぁっ!はぁっ・・・!///」

 ―ズッ ズッ ズッ ズッ ズッ
 ―ぬぷっ!ぐぷっ!ずぷっ!

 雲川「あンッ♥!//ひ、あぁっ♥!///」
 
 雲川「んぃぃっ・・・♥!///」

 上条「先輩っ、イきそうですかっ・・・?///」

 雲川「イ、イクっ♥!///イっちゃう、ん、だけどぉっ・・・♥!///」

 雲川「あぅっ♥!///あっ、んん・・・♥!///」

 ―ズッ ズッ ズッ ズッ ズッ
 ―ぬぷっ!ぐぷっ!ずぷっ!
 
 上条「(やばいっ・・・!///気持ちよすぎて、頭が白くな、る・・・!///)」

 雲川「あぁぁっ♥!///んあっぁ、あぁ♥!///ひ、んんっ・・・♥!///」

 上条「〜〜〜っ!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 14:50:19.51 ID:VQihdkivo
お互い同じタイミングでいってしまう
流石にヘトヘトの上条さんに感謝する雲川先輩
654 :1 [saga]:2018/06/24(日) 15:06:29.96 ID:Rgc67MXv0

 上条「出るっ・・・!出るっ!///」

 雲川「あ、んっ・・・♥!///」

 ―ぬぽっ!
 ―ビュルルルッ!ビュプッ!ビュクッ!

 雲川「は、ぁ・・・はぁ・・・♥///」

 雲川「(・・・ギリギリセーフだったんだけど・・・///)」

 雲川「(おま○この周りや、太ももが熱い・・・///)」

 上条「ぜー・・・ぜぇー・・・///」

 雲川「当麻・・・♥///」

 雲川「お疲れさまなんだけど・・・♥//」ナデナデ

 上条「は、はぃ・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 15:19:36.20 ID:v3xGsbowO
大人のキスをリードする雲川先輩
お礼を言う
656 :1 [saga]:2018/06/24(日) 15:25:12.65 ID:Rgc67MXv0

 雲川「んっ・・・///」

 上条「んむ・・・っ///」

 ―ちゅっ ちゅぷっ レロッ ちゅるるっ ちゅうっ

 雲川「ん、ふ・・・♥///んっ♥///」

 雲川「は、ふ・・・♥///んっく・・・♥///」
 
 上条「っ・・・///」

 ―ちゅるるっ ちゅうっ レロッ ちゅうっ

 雲川「っはぁ・・・///」チュパッ

 上条「、はぁ・・・っ///」

 雲川「・・・ありがとう//当麻・・・//」

 雲川「これで私も・・・立派なオトナのオンナになれたんだけど♥///」ニコリ

 上条「は、はぁ・・・//」

 雲川「また・・・シたくなったら、相手になってやるんだけど♥//」

 上条「(・・・やっぱ、雲川先輩には敵わないかぁ・・・//)」クテッ


 -終-
657 :1 [saga]:2018/07/02(月) 11:43:34.83 ID:+AjIszXFO

 あらすじ 
 吹寄と上条はデートへ出掛け、約束をついに果たす


 部屋に入って早々、吹寄はベッドの前に立っていた上条の手を握って自身の方へ向かせる。

 「・・・んっ///」

 爪先立ちで背伸びをしキスをする。

 上条はそれに一瞬だけ驚きの表情を見せる。

 だが、目を瞑って顔を上気させている吹寄を見るなり、すぐに落ち着きを取り戻すと両腕を吹寄の背中へ回した。

 「んっふ・・・んむ///ん、っんん・・・///」
 「んっ・・・ふ、ん・・・///」

 ―ちゅくっ、ちゅうっ・・・ちゅっ、くちゅっ

 少し粘性がある水気を帯びた音が部屋の中に響く。

 慣れていると言えば慣れている上条がリードする形で、吹寄はそれに任せるようにお互い口を大きく開けて舌を伸ばし、口内に入れながら絡ませ合う。
658 :1 [saga]:2018/07/02(月) 11:48:12.10 ID:wg8FhRI+O

 「んっぁ・・・んんっ///」

 上条の舌が吹寄の舌を優しく包み込むように絡んでその度に少しだけ吹寄の体を震わせる。

 「(もう少し、ペース落とすか・・・)」

 体を震わせている吹寄を気遣い、上条は舌を一度引いて改めて吹寄の舌に絡まりつく。

 吹寄は少しだけペースが落ちたのに気づき内心ホッとしつつ自らも上条の舌に絡めていった。


 しばらくディープキスを堪能して、吹寄から舌を引くと唾液で出来た銀色の糸を引きながら爪先立ちをやめる。

 息を荒っぽくさせて吹寄は上条の胸に手を置き、そのまま凭れ掛かるようにして顔を胸に埋めた。

 「はぁ・・・///」

 「・・・ちょっとこのままでいい?//」

 「ああ//」
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/07/02(月) 16:54:30.68 ID:ovx5vKjl0
きた
660 :1 [saga]:2018/07/06(金) 21:22:24.27 ID:K5trj6CA0

 どうする?orどうなる?
 ↓1
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 21:23:23.63 ID:B1rudZ890
>>1の好きなように
662 :1 [saga]:2018/07/06(金) 21:26:16.27 ID:K5trj6CA0
いやもうフルスロットルで走り過ぎてオーバーヒートしたでせうよ
↓1
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 22:28:25.73 ID:VAZDN6V1O
胸に顔を埋めさせるふっきー
664 :1 [saga]:2018/07/06(金) 22:54:40.17 ID:K5trj6CA0

 吹寄「はぁ・・・///」

 上条「・・・制理//」

 吹寄「ん・・・//」

 吹寄「当麻ぁ・・・♥///」

 ―ギュウッ 
 ―ムニュウッ

 上条「・・・っ///」

 吹寄「・・・ど、どう?//温かい?//柔らかい・・・?//」

 上条「ん、む・・・っ//りょ、両方でせう・・・///」

 吹寄「ふふ・・・♥///そう・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 07:15:24.19 ID:OR2uBP5Fo
頭をなでて甘えさせるふっきー
666 :1 [saga]:2018/07/07(土) 09:34:14.36 ID:SjK1Cpq/0
 
 吹寄「当麻・・・//」ナデナデ

 上条「うん?//」

 吹寄「今度は・・・当麻が甘えても、い、いいのよ//」ナデナデ

 上条「・・・じゃ、お言葉に甘えて・・・//」
 
 吹寄「・・・///」ドキドキ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 10:52:23.39 ID:EjgNGL9ZO
胸に吸い付く
668 :1 [saga]:2018/07/07(土) 12:18:47.42 ID:SjK1Cpq/0

 吹寄「当麻・・・好きにして、いいのよ?//」

 上条「んっ・・・//」

 ―ちゅうっ・・・ちゅぱっ

 吹寄「あんっ・・・♥!///」

 吹寄「い、いきなり、乳首吸っちゃ・・・っ♥///」

 上条「ん、はぁ・・・//悪い、ダメだったか?//」

 吹寄「や、優しくしてよね・・・//」

 上条「わかった・・・//」

 ―レロッ ちゅるっ・・・ちゅぷっ レロッ
 
 吹寄「ん、ぁ・・・//」  

 上条「っ・・・//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 18:17:39.49 ID:OR2uBP5Fo
舌と舌をくっつけて愛を確かめ合う二人
上条さん手を下におろしてまん
670 :1 [saga]:2018/07/07(土) 18:39:09.75 ID:SjK1Cpq/0

 上条「っはぁ・・・//」

 吹寄「ん・・・//・・・あっ//ちょ、ちょっと・・・//」

 吹寄「ここ、痕が・・・///」

 上条「・・・お前は俺のものって、証って思ってほしいでせうよ//」クスッ

 吹寄「・・・ばか//」

 ―ちゅっ レロッ ちゅぷっ ちゅっ・・・

 上条「ん、ぐ・・・//」

 吹寄「んふ・・・んっ・・・♥///」

 ―ちゅぷっ レロッ ちゅるっ レロッ・・・

 上条「、っ・・・//」ススッ

 ―ツツーッ・・・スリ スリ くちゅっ・・・

 吹寄「んあっ・・・♥!///」

 上条「(ショーツ越しでこんなに濡らしてたのか・・・//)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 18:49:31.62 ID:Lv901wMcO
ショーツの中に手を這わせる上条さん
クリをつまんで少しずつ刺激を与えてみると吹寄がより甘い声になる
672 :1 [saga]:2018/07/07(土) 20:47:16.95 ID:SjK1Cpq/0

 上条「ん・・・制理//」

 ―スルッ くちゅっくちゅっ

 吹寄「あっ、んん・・・!///」

 吹寄「(ショ、ショーツの中に手が・・・っ///)」

 上条「優しくしてやるから・・・な//」

 吹寄「んっぅ・・・♥///」コクリ

 ―くちゅっくちゅっ くちゅっくちゅっ
 
 吹寄「はっぁ、んん・・・♥///」

 吹寄「(おま○この周りを、指を少し入れてなぞられてる・・・っ///)」

 上条「こんなにビショビショにしてたんだな・・・//」

 吹寄「や、やぁ・・・///」

 上条「ここは・・・//」

 ―くちゅっくちゅっ
 ―クリクリッ

 吹寄「あっぁ♥!///んんっ・・・♥!///」
 
 吹寄「あぁっ♥///ぁ♥///んっ、あぁ・・・♥!///」

 上条「声、我慢しなくていいからな・・・//」

 吹寄「恥ずかしぃ・・・♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 21:22:40.29 ID:w3B7xabfO
手マンだけで潮を吹く吹寄
恥ずかしそうにする
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 21:22:44.01 ID:V9H5xTEKO
手マンだけで潮を吹く吹寄
恥ずかしそうにする
675 :1 [saga]:2018/07/07(土) 23:15:26.43 ID:SjK1Cpq/0
 
 ―くちゅっくちゅっくちゅっ!

 吹寄「やっんんっ♥!///だ、めっ・・・♥!///」
 
 上条「すごいな//こんなに制理の汁が溢れてくるぞ・・・//」

 吹寄「んっ・・・♥!///」

 ―クリクリッ
 ―くちゅっくちゅっくちゅっ!

 吹寄「あぁぁあっ・・・♥!///」

 吹寄「んやぁぁああっ♥!///」

 ―プシャァァアアア!

 上条「おっ・・・//」

 吹寄「あ、あぁ・・・♥////ん、ぁぁ・・・♥///」
 
 上条「・・・ショーツ、脱いだ方がいいな//」クスッ

 吹寄「やぁ・・・♥///」フルフル


 どうする?orどうなる?
 ↓1
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 11:22:02.19 ID:1NXfyIeDO
クンニする上条さん
頭がしびれそうに声を上げるふっきー
そして69へ
677 :1 [saga]:2018/07/08(日) 13:25:45.59 ID:/akps7TR0
 
 ―スルルッ・・・・
 
 上条「・・・下着も気合い入れてたんだな//」クスッ

 吹寄「うぅ・・・///」

 ―くちゅくちゅっ

 吹寄「あぁっ・・・♥!///んっ!///」

 上条「また溢れてきてるな・・・//」

 上条「今度は少し激しく・・・//」

 吹寄「あ、やっ、待っ・・・///」
 
 ―くちゅっくちゅっくちゅっ! 

 吹寄「んあぁぁっ・・・♥!///」

 吹寄「あぁっ、ん♥!//あっぁ♥//あぁっ・・・♥!///」
 
 上条「っ・・・!///」

 吹寄「(頭、痺れ・・・♥!///)」

 ―ビクッ!ビクンッ!

 吹寄「ひあぁぁっ♥!///んっぁ♥!///」

 上条「もうイったのか//」クスッ

 吹寄「当麻ぁ・・・♥///」トロン

 上条「・・・俺も・・・//」

 ―スルルッ

 吹寄「あ・・・///(あ、あれが・・・当麻の///)」

 吹寄「(大きい・・・///)」

 上条「よっと・・・//」グイッ

 吹寄「ひゃっ・・・///(め、目の前に・・・///)」ドキドキッ

 上条「吹寄・・・舐めたり、してくれるか?//」
 
 吹寄「・・・え、ええ///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 13:28:15.84 ID:eDnwgwdmO
ぎこちなく舐めてみる吹寄さん
舌を這わせて先っぽから刺激してくる
679 :1 [saga]:2018/07/08(日) 14:06:32.39 ID:/akps7TR0

 吹寄「あっ、んんっ・・・♥///」
 
 ―くちゅっ レロッ くちゅっ レロッ くちゅっ

 吹寄「そん、なとこ、舐めちゃっ・・・///」

 上条「は、んっ・・・///」
  
 ―レロレロッ ちゅるるっ ジュプッ レロッ

 吹寄「んっぁぁ・・・あぁ♥///」

 上条「ほら、制理も・・・///」
 
 吹寄「ん・・・♥///」

 吹寄「・・・//(これがおち○ち○・・・想像してたのより、大きくてすごい形・・・///)」ゴクッ

 吹寄「(あっ・・・ピクンッてしてる・・・///これを、舐めるの・・・?///)」

 吹寄「・・・んっ///」

 ―レローッ・・・ちゅぷっ レロッ ペロッ

 吹寄「は、ふ・・・//ん・・・///」

 上条「んっ・・・//」
 
 吹寄「(すごく熱い・・・///先っぽ、ツルツルしてる・・・///)」

 吹寄「んっむ///んぅ・・・♥///」
 
 ―レロレロッ ちゅぷっ レロッ ちゅるっ・・・

 吹寄「は、んっ///んぷっ・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 14:12:23.47 ID:h7zyWu80O
皮の隙間をチロチロ舐めて向いていくふっきー
気持ち良さそうにしてる声を聞いて嬉しく思う

そして手で優しく玉袋を揉む
681 :1 [saga]:2018/07/08(日) 15:29:40.43 ID:/akps7TR0

 吹寄「んむっ・・・///」

 ―チロチロッ ちゅぷっ レロッ・・・

 吹寄「(皮の間・・・少し、しょっぱいかも・・・///)」
  
 吹寄「んぅっ///んっ・・・んむっ・・・///」
 
 上条「んっ、ふぅ・・・//」

 吹寄「(当麻・・・気持ちいいのかしら・・・//)」
 
 吹寄「んむっ・・・んっく///」

 ―レロッ ちゅるっ レロッ レロッ
 ―フニュッムニュッ

 上条「ん、おっ・・・!///」

 吹寄「(へぇ・・・これってこんなに柔らかいのね・・・///)」

 吹寄「(・・・この中に、当麻の精子が・・・///)」ドキドキッ

  
 ↓1
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 15:31:51.43 ID:Hev+8UKQO
舐めながら加減良く揉むふっきー
上条さんが射精しない絶妙なタイミングでヤる
一方でバキュームフェラを披露
683 :1 [saga]:2018/07/08(日) 16:34:24.16 ID:/akps7TR0

 吹寄「んふっ、ん・・・///」

 ―レロレロッ ちゅぷっ レロッ ちゅる・・・
 ―フニュッムニッ
 
 上条「っ、はぁ・・・っ///」

 吹寄「んぅっ//んっく//っ、はぁ・・・♥///」

 吹寄「先からヌルヌルしたの出てきた・・・///」

 上条「っ、そろそろ出そうなんだ・・・っ///」

 吹寄「!//・・・そう・・・♥///」

 吹寄「(私で気持ちよくなってたのね・・・♥///)」

 吹寄「(それなら・・・///)」

 ―ぱくっ レロッ ちゅるるるっ ちゅぷっ ちゅううぅうぅ

 吹寄「〜〜〜っ・・・!///

 上条「ぅあ、っ・・・!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 16:58:44.11 ID:ENjE+Ck3O
辞めると見せかけて一気に吸うと射精する上条さんの息子
ふっきー飲み切るもまだ元気さうなので胸には覚ます
685 :1 [saga]:2018/07/08(日) 17:45:37.50 ID:/akps7TR0

 吹寄「ん・・・///」

 ―ちゅう・・・

 上条「はぁ・・・っ、ん・・・?//」

 吹寄「・・・//」

 上条「せ、制理・・・?//」

 ―ちゅるるるっ ちゅっぅううぅうっ

 吹寄「ん〜〜・・・っ///」

 上条「っ・・・!?///」

 ―ビュルルルルッ!ビュルッ!ビュプッ!ビュルル!

 吹寄「んぶっ・・・んぐっ・・・///」

 ―ゴクッ ゴクンッ・・・

 吹寄「んぅっ・・・///」

 上条「ぁ、くっ・・・・///」

 ―ゴクンッ

 吹寄「・・・っ///んっ、ぷあぁ・・・♥///」

 上条「はぁ・・・はぁっ・・・///」

 吹寄「・・・苦いわね・・・///」

 吹寄「・・・で、こっちは・・・///」
 
 ―ギンギンッ

 上条「・・・わ、悪い・・・///」

 吹寄「・・・ふふっ♥///それなら・・・♥///」

 吹寄「・・・んっ///」

 ―ぱふっ ムニュウッ・・・

 上条「んっ・・・!///」

 吹寄「胸に挟むの、好き?///」

 上条「・・・っ///」コクリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 18:16:09.70 ID:ZFcmZZ+AO
ものすごいハリと柔らかさに再び更にギンギンになる息子さん
乳首とか当てるように動かしてパイずりフェラするふっきー
687 :1 [saga]:2018/07/08(日) 18:40:57.10 ID:/akps7TR0

 吹寄「ふー、ふー・・・♥///」

 ―タプタプ ムニュッ ムニッ

 上条「く、ぅっ・・・///」

 上条「(すっげぇ・・・///ハリがあって柔らかい・・・っ///)」

 ―ギンギンッ

 吹寄「ん・・・//ふふ♥//また大きくなった・・・♥//」

 吹寄「あー・・・むっ///」パクリ

 上条「ん・・・!///」

 吹寄「んむっ♥//んっふ・・・♥///」

 ―タプン ムニュッ フニュッ ムニッ
 ―ちゅぱっ レロッ ちゅるるっ

 吹寄「んっく、んむ・・・♥///」

 上条「制理っ・・・!///」

 吹寄「んんぅ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 18:56:29.52 ID:FA7ajQiwO
射精しないギリギリを攻めるふっきー
上条さんが我慢できそうにないので口でゴムをつけていよいよくぱあ
689 :1 [saga]:2018/07/08(日) 19:30:39.80 ID:/akps7TR0

 吹寄「はぁ〜・・・♥///んっ♥///」
 
 ―レロッ チュルルッ
 
 吹寄「んっ・・・♥///」

 上条「くっぁ・・・!///」

 吹寄「んんっ・・・♥///」

 ―レロッ ちゅるるっ ちゅぷっ レロレロッ
 ―タプン ムニュッ ムニッ タプ

 上条「ふ、くっ・・・!///」

 吹寄「んっ・・・イきそう?//」

 上条「あ、ああっ・・・//」

 ―ピタッ

 吹寄「じゃあ・・・えっと・・・//」

 上条「・・・いいのか?///」

 吹寄「ん・・・//」コクリ

  
 
 ―クルクルッ ピチッ 

 上条「よし・・・//」

 上条「制理・・・//」

 吹寄「ええ・・・///」コロン

 ―くぱぁ
 
 吹寄「・・・挿入れて、当麻♥///」

 上条「ああ・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 19:39:54.78 ID:1OYZp9tIo
上条さん優しく入れるもいたがるふっきー
一度抜いてタイミングを見はからう
691 :1 [saga]:2018/07/08(日) 20:41:22.65 ID:/akps7TR0

 上条「・・・//」
 
 ―ぐちゅっ くぷぷっ ぐぷっ・・・

 吹寄「あっ・・・♥///」

 ―ぐちゅっ ずちゅっ ぐぷぷぷっ・・・
 ―ツキンッ

 吹寄「んんぃっ・・・!///」

 上条「痛かったな・・・//」ナデナデ

 吹寄「痛いっ//痛いぃ・・・///」ウルウル

 上条「・・・一旦、抜くぞ//」

 ―ズルルッ・・・ ぬぽっ

 吹寄「はぁっ、はぁー・・・っ・・・はぁ・・・///」

 上条「・・・悪い、初めてなのにな・・・//」ナデナデ
 
 吹寄「ん・・・//・・・大丈夫よ//これも・・・皆、越えていってるんなら・・・//」

 吹寄「私、耐えられるから・・・//」

 上条「制理・・・//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 20:52:30.01 ID:GMni/DCYO
一度抱きしめてもう一度大人のキスタイミングを見計らっていよいよ挿入
693 :1 [saga]:2018/07/08(日) 21:02:41.69 ID:/akps7TR0

 上条「・・・ありがとな//」ギュウッ

 吹寄「ん・・・♥//」ニコリ

 上条「・・・制理//」

 ―ちゅっ ちゅぷっ・・・レロッ ちゅる・・・

 吹寄「ん、ふぅ・・・♥///」

 ―レロッ ちゅるっ ちゅぷぷっ・・・

 吹寄「(当麻の口付け・・・すごく優しくて温かいわ・・・♥///)」

 吹寄「んん・・・♥///はむ・・・♥///」

 吹寄「ん〜・・・っ♥」
 
 ―ちゅむっ ちゅっ ちゅうっ・・・

 上条「っはぁ・・・///」
 
 吹寄「はぁー・・・はぁ・・・ふぁ・・・♥///」

 上条「・・・いくぞ//」

 ―ぬるっ ぬる・・・

 上条「制理の愛液をたっぷり塗りつければ・・・大丈夫か//」クスッ

 吹寄「ばっ・・・!///」カァァア

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/07/08(日) 21:17:41.06 ID:wyvR2KJv0
ゆっくり入れる
695 :1 [saga]:2018/07/08(日) 21:35:40.13 ID:/akps7TR0
 
 ―ちゅぷっ・・・

 吹寄「んぁっ・・・♥///」

 上条「多分、まだ処女膜は破れてないと思うから・・・また痛くするかもしれない・・・//」

 吹寄「・・・いいわよ//貴方からの痛みなら・・・//」

 吹寄「何でもないから・・・//」

 上条「・・・そうか//」

 ―むぷぷっ ぐぷぷぷっ・・・

 吹寄「あぁぁ・・・♥///ん、はぁ・・・♥///」
 
 上条「ゆっくり深呼吸しろ・・・//」

 吹寄「んっ・・・♥//ふぅ〜・・・はぁ〜・・・♥///」

 上条「その調子だ・・・//」

 ―ぐぷぷっ ずちゅっ ぬぷぷっ
 ―ぐぷんっ・・・
 
 吹寄「あぁっぁ・・・♥!///」

 上条「・・・お前の処女、貰うぞっ///」

 吹寄「っ、ぃ、ぃわよ・・・///当麻・・・♥///」

 ―ずちゅっ プツッ・・・ ツツー

 吹寄「痛いっ・・・!///はっぁ、はぁぁ、あっ・・・///」
 
 ―ウネウネ ぐちゅっぬちゅっ
 ―コリコリッ

 上条「うっぁ・・・!?///」

 吹寄「っ〜〜〜・・・・ぇ・・・え・・・?///」

 上条「・・・わ、悪い・・・あまりにも、気持ちよすぎて・・・///」

 上条「(な、なんだ、これっ・・・!///雲川先輩に、入れた時みたいな感じと、ウネウネって蠢いて・・・!///)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 21:49:08.11 ID:f3hAqUAbO
涙目で見てくるふっきーだったがつながってる姿を見てしみじみ喜ぶ
すると中の天井がより動く
697 :1 [saga]:2018/07/08(日) 21:58:58.29 ID:/akps7TR0

 吹寄「そう・・・///」

 吹寄「・・・あっ・・・///」

 上条「ん・・・?//」

 吹寄「・・・貴方と・・・繋がっているのね・・・♥//」クスッ

 上条「・・・そうだぞ//」
 
 吹寄「嬉しい・・・///ん・・・っ///」

 ―ウネウネ ぐちゅっぬちゅっ

 上条「ぐっ・・・!//(やべ、また出そうに・・・っ///)」

 ―ぬぽぉっ・・・

 吹寄「あ・・・抜けちゃった・・・///」

 上条「悪い・・・//また出そうになって・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 22:09:47.20 ID:iFVFGi0CO
騎乗位になるふっきー
上条を逃すまいと更に自分から腰を振り始めるとウネウネが活発化し始めて葉を食いしばる上条さん
699 :1 [saga]:2018/07/08(日) 22:21:42.78 ID:/akps7TR0

 上条「付け直すな・・・//」

 吹寄「わ、わかったわ・・・//」

 上条「・・・い、一応言っておくけど、気持ちよ過ぎて出ただけだからな?//決して上条さんは//」

 吹寄「わ、わかったわよ・・・//」
 
 
 ―クルクルッ ピチッ

 上条「よし・・・//」

 吹寄「いいかしら・・・?//」

 上条「ああ・・・//」
 
 吹寄「・・・じゃあ、当麻//今度は私が上になるから・・・//」
 
 上条「え?だ、大丈夫か・・・?//」

 吹寄「ええ・・・//」


 吹寄「ん・・・よいしょ//」ノシッ

 吹寄「・・・お、重くない?//」

 上条「大丈夫だぞ・・・//」

 吹寄「そう・・・//挿入れるわよ・・・//」

 ―ぐちゅっ
 ―ぐぷぷ、ずぷっ・・・

 上条「うっく・・・///」

 吹寄「あぁぁ・・・ふぅ・・・っ♥///」

 吹寄「(これっ、奥まで入ってきてる・・・っ♥///)」

 ―ウネウネ ぐちゅっ ぬちゅっ ぐちゅっ

 上条「(くっ・・・!//膣内がものすごいウネウネして・・・!///)」

 吹寄「いく、わよ・・・っ///

 上条「い、いや、ま、待」

 吹寄「んっ!///」
 
 ―ズンズンッ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!
 
 吹寄「んんっ♥!///あっぁ♥!///ひぁ、んっ♥!///」

 上条「〜〜〜っ!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/09(月) 05:11:01.94 ID:NarAerJYo
気持ちよすぎて腰が止まらず淫らな顔になってしまうふっきー
701 :1 [saga]:2018/07/09(月) 08:13:09.14 ID:6bLaKpKMO

 吹寄「あぁぁっ♥!//んっは、はぁ・・・♥!///」

 上条「くっ、ぁ・・・!//」

 ―ぱちゅっ! ズンズンッ! ぐちゅっ!ずちゅっ!ずちゅっ!

 吹寄「んんっ♥!//んっぁ♥!//」

 吹寄「(当麻の、おち○ち○膣内でぇ・・・♥!///)」トロン

 上条「っ・・・///(な、なんて淫らな顔してんだよ制理・・・っ///)」

 ―ずちゅっ!ぐちゅっ!ずちゅっ!ぱちゅっ! 
 ―タプン たゆんたゆん 

 上条「っ、すげ・・・//」

 吹寄「ふぇぇ・・・♥?///」ハァーハァー

 上条「制理の胸、腰振ってる度に暴れてるぞ//」

 吹寄「や、やらぁっ♥//見らいれぇ・・・♥///」

 どうする?orどうなる?
 ↓1
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/09(月) 13:41:24.63 ID:Xe8nwDD5o
互いの名を呼びながら達する
703 :1 [saga]:2018/07/09(月) 19:15:04.24 ID:TbdF10250

 上条「はぁっ!はぁっ・・・!///」

 ―ジュプッ!ジュプッ!ぐぷっ!ぐちゅっ!
 
 吹寄「やあっぁ♥!///あっぁ♥!///んあぁぁっ♥!///」
 
 吹寄「膣、内、あぅんっ♥!///溶けちゃぅ・・・♥!///」

 上条「制理、すげぇ仰け反って・・・///」

 吹寄「んんっ♥!///あ、あはぁ・・・♥!///」トロン

 吹寄「あぁんっ・・・♥!///あぁっ♥!///」

 上条「っ、俺そろそろっ・・・///」

 吹寄「私、も、イクッ♥!///イクイク、イックぅ・・・♥!///」

 上条「制理っ・・・!///」

 吹寄「当麻ぁ♥!///」

 ―ビュルルルルッ!ビュプッ!ビュクッ!ビュルルッ!
 ―ビク!ビクンッビクビクッ!

 吹寄「あぁぁあっ・・・♥!///」

 ―ガクガクッ

 吹寄「ふあぁぁ・・・♥!///ぁ・・・あ、ん・・・♥///」

 吹寄「んん・・・ぁ、ん・・・♥///」

 ―ビュルルッ!ビュクッ・・・

 上条「・・・〜〜っ・・・はぁー・・・はぁー・・・///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/07/09(月) 19:21:01.60 ID:844UnNvO0
二回戦突入
705 :1 [saga]:2018/07/09(月) 19:34:49.13 ID:TbdF10250

 上条「制理・・・//」ギュウッ

 吹寄「当麻ぁ・・・♥//当麻・・・♥//」ギュウッ

 吹寄「いっぱい、出したの・・・すごく、感じたわ・・・♥///」チュッ

 上条「は、はは・・・//」ナデナデ

 吹寄「んふふ・・・♥///」

 上条「・・・///」

 吹寄「ぁんっ・・・♥//・・・膣内で大きくなってるわよ・・・♥///」クスッ

 上条「・・・三回戦になるけど、いいか?///」

 吹寄「ええ♥//当麻と・・・ずっと繋がっていたいから♥///」

 上条「制理・・・っ///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/09(月) 19:43:48.07 ID:7h1iGZDIO
ふっきー加減を覚えたのか締付けに緩急をつける
それによりさらに動く天井のミミズ
707 :1 [saga]:2018/07/09(月) 20:07:23.58 ID:TbdF10250

 吹寄「こ、こんな格好・・・///」フリフリ

 上条「恥ずかしいとこも丸見えだな//」クスッ

 吹寄「や、やだっ///見ないでっ・・・!///」

 ―スリスリ

 吹寄「はぁぁ・・・♥!///」

 上条「制理のお尻、程よく大きくて柔らかいな・・・//」クスッ

 吹寄「や、だぁぁっ♥!///ホント、やめっ・・・♥!///」

 上条「悪い悪い//」クスッ

 吹寄「ふーっ//ふーっ・・・//」

 ―くちゅっ ちゅぷっ・・・

 吹寄「ふあぁっ・・・♥///」

 上条「一気に、奥まで入れるぞ・・・っ///」

 ―ずぷぷぷっ・・・ぐぷっ、ぬちゅっ・・・

 吹寄「あぁ・・・んっ・・・♥!///」

 吹寄「(かたくて、熱い・・・っ♥///)」

 ―ぐぷぷっ・・・コツッ
 
 上条「んっ・・・全部入ったぞ///」

 吹寄「ひあっ♥///あっ、ん・・・♥///」

 吹寄「当麻っ・・・♥//動いて、いいわよっ・・・♥!///」
708 :1 [saga]:2018/07/09(月) 20:15:11.05 ID:TbdF10250

 上条「あ、ああっ・・・!///」

 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 吹寄「んっ♥!///んっんっ♥!///」

 吹寄「んっぁ♥!///んあぁぁっ・・・♥!///・・・んっ♥!」

 ―ウネウネ ぐちゅっ!ぬちゅっ!ぷちゅっ!ぬちゅっ!

 上条「うっぁ・・・!///」

 上条「(すげっ・・・!///さっきよりも蠢きが・・・!///)」

 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!
 ―ウネウネ ぬちゅっ!ぐちゅっ!ちゅくっ!

 吹寄「あぁぁんっ♥!///あぁっ♥///」

 吹寄「そ、こ良いっ・・・♥!///」
 
 上条「制理っ・・・!///」

 吹寄「あんんっ♥!///んぁっぁ♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/07/09(月) 20:15:58.35 ID:844UnNvO0
揺れる胸を鷲掴みして揉みしだく
710 :1 [saga]:2018/07/09(月) 20:30:57.83 ID:TbdF10250

 ―タプタプ ユサッユサッ 

 吹寄「んぅぅっ♥!///」

 吹寄「(胸が、揺れてっ///顎に当たっちゃう・・・♥!///)」

 上条「はっ、はぁっ・・・///」

 吹寄「あっぁ♥!///んん・・・♥!///」

 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぐちゅっ!ぬちゅっ! 
 ―ワシッ ムニュムニッムニュッ

 吹寄「はぁ、んんっ♥!///」

 吹寄「胸、そんなっ・・・あんん・・・♥!///」

 上条「っ・・・!///」

 吹寄「んぃぃっ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/09(月) 20:33:51.64 ID:7h1iGZDIO
胸に吸い付くと乳首が固くなるのに気がつく上条さん
乳首攻め観光
712 :1 [saga]:2018/07/09(月) 20:43:35.08 ID:TbdF10250
 
 ―クリクリッ ムニュッムニュッ

 上条「乳首、こんなに硬くなってビンビンに勃ってるぞ//」

 吹寄「ひあぁぁぁ♥!///」

 ―クリクリッ フニュッムニッムニュッ
 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!
 
 吹寄「あぁぁっ♥!///あっぁぁ♥!///」

 吹寄「イく、っ♥!///また、イっちゃ・・・♥!///」

 上条「いいぞっ///イってくれ・・・!///」

 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 吹寄「あぁぁんんっ♥!///」

 ―ビュルッ!ビュプッ!ビュルルッ!

 上条「う、ぉぁぁ・・・!///」

 吹寄「ひ、ん・・・〜〜〜〜っ♥!///」

 ―ビュプッ!ビュルルルッ!ビュクッ!ビュルルッ!

 吹寄「んあぁ・・・♥!///」

 吹寄「いっぱひ・・・れてる・・・あぁ・・・♥///」

 ―クテン・・・

 吹寄「・・・はぁー・・・はぁー・・・♥///」
 
 上条「制理・・・大丈夫か?///」

 ―ぬぽっ、ぬる・・・

 吹寄「あん・・・♥///」

 上条「・・・気持ちよかったぞ///」

 吹寄「ん・・・私も・・・よ・・・♥///」ニコリ


 -終-
713 :1 [saga]:2018/08/05(日) 11:57:37.91 ID:oMy27ex/0

 あらすじ
 二日休みがあるので操祈と当麻は神奈川の鵠沼食蜂家へ里帰りした。
 ご両親と和気あいあいに話して夕食を楽しみ、お皿洗いを頑張った操祈を当麻は肩揉みをして労ってあげ、風呂か操祈を選ぶことになり・・・


 上条「っ、ん・・・///」

 ―ちゅうっ ちゅぷっ レロッ・・・ちゅるるっ
 
 食蜂「あふ・・・っ♥///んむっ♥///んっく・・・♥///」

 食蜂「ふ、んん・・・♥///」

 上条「、っ・・・///」

 食蜂「(当麻くんのキスぅ・・・とぉっても素敵でぇ、気持ちいい・・・♥///)」トロン

 上条「・・・ぷはっ///」

 食蜂「ふぁぁ・・・んぅ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 12:11:59.54 ID:klZfD00J0
服を脱がす
715 :1 [saga]:2018/08/05(日) 12:28:06.20 ID:oMy27ex/0

 上条「服、脱がすぞ・・・//」

 食蜂「ん・・・//背中のチャックを下ろしてからぁ、脱がしてねぇ・・・///」

 上条「ああ・・・//」コクリ

 ―ジジィィー・・・


 ―スルッ パサッ・・・

 食蜂@下着姿「・・・///」
 
 上条「・・・///(朝、ショーツは見たけど・・・やっぱエロいな・・・///)」ゴクリッ

 上条「操祈・・・//」チュッ

 ―ムニュッ ムニッ・・・フニュッ

 食蜂「んっぁ・・・♥///」

 食蜂「っ、んん・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 12:34:32.27 ID:klZfD00J0
下着の中に手を入れる
717 :1 [saga]:2018/08/05(日) 12:41:28.06 ID:oMy27ex/0

 上条「・・・気持ちいいか?//」

 食蜂「んっ、うん・・・っ♥///」

 上条「こっちも・・・//」

 食蜂「あっ・・・♥///」

 ―スルッ フニッ
 ―くちゅっ・・・

 食蜂「っ・・・♥///あっ♥///は、ぁっ・・・♥///」

 上条「こんなに濡れてるぞ?//キスしただけなのに・・・//」クスッ

 食蜂「キス、でもぉ・・・♥//気持ちよかったのぉ・・・♥///」ニコリ

 上条「ふふ・・・//」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 12:48:16.62 ID:/mk2fBXAO
てまん
719 :1 [saga]:2018/08/05(日) 13:03:39.74 ID:oMy27ex/0

 ―くちゅっくちゅっくちゅっ・・・

 食蜂「あっぁぁ・・・♥///んっあぁ♥///」

 上条「あ、あんまり声出すと聞こえちゃうぞ//」アセアセ
 
 食蜂「んっ・・・///」コクリッ

 食蜂「・・・んんっ♥///んっふぅ・・・♥///」

 上条「ん・・・///」

 ―ちゅくっ くちゅっくちゅっ・・・

 食蜂「あっん・・・♥///はぁ、んっ・・・♥///」
    
 食蜂「んぁぁっ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 13:28:10.78 ID:klZfD00J0
おっぱいで顔を挟む
721 :1 [saga]:2018/08/05(日) 13:40:53.49 ID:oMy27ex/0
 
 ―ムニュッ ムニッ ムニッ

 上条「・・・//(顔埋めたいな・・・//)」スッ

 ―パフッ ムニュウ・・・ 

 食蜂「ん・・・?//」

 上条「・・・//」スリスリ

 食蜂「当麻くん・・・///」

 上条「・・・〜〜っ//っはぁ・・・//」

 上条「悪い、何か急に・・・//」
 
 食蜂「・・・いいのよぉ//当麻くんの好きにして・・・♥///」

 上条「・・・んっ///」

 ―ムニュッ ムニッ

 食蜂「あんっ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 15:02:01.77 ID:14WpR33QO
乳首を甘く噛む
そして徐々に立ってくるみさきちの乳首
723 :1 [saga]:2018/08/05(日) 15:59:45.09 ID:oMy27ex/0

 上条「・・・んむっ///」アムッ

 食蜂「ひゃぅんっ・・・♥!///」
 
 ―ちゅううぅっ ちゅぷっ レロレロッ ちゅうっ
 
 食蜂「乳首ぃっ♥///そんな、強く吸っちゃダ、メェッ・・・♥!///」

 上条「ん・・・じゃあ//」

 ―ハムッ
 ―カリッ コリッ レロレロッ

 食蜂「んんっ♥!///」

 上条「っ、ん・・・///」
 
 ―カリッ コリッ レロレロッ

 上条「・・・っはぁ//」チュパッ

 ―ピンッ

 上条「すげぇビン勃ちになったな?//」クスッ

 食蜂「やぁ・・・♥///」フルフル


 どうする?orどうなる?
 ↓1
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 16:03:02.73 ID:UQqt7cDpO
立ったので胸に息子を挟むと提案するみさきち
そのまま胸でサンドイッチ
725 :1 [saga]:2018/08/05(日) 16:39:24.39 ID:oMy27ex/0

 食蜂「・・・んもぅっ///負けていられないんだゾっ☆///」ムクッ、ズイッ

 ―ドンッ
 
 上条「お、おい?操祈っ・・・?//」ポスンッ

 食蜂「ふふっ・・・♥///」パチンッ

 ―タユン タユ・・・

 食蜂「私のぉ・・・当麻さんだけのおっぱいを・・・こうしちゃうんだからぁ♥///」

 ―ぱふっ
 ―ムニュウッ ムニッ・・・

 上条「っ・・・///」

 食蜂「ふふっ♥///おち○ち○、先っぽだけ見えて隠れちゃったわぁ♥///」フーッ

 上条「ぅっ・・・///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1 
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 16:41:02.51 ID:CMA5cX0nO
先っぽをチロチロなめて刺激する
727 :1 [saga]:2018/08/05(日) 16:57:27.82 ID:oMy27ex/0

 ―ニュチュッ ニュプッ ニュプッ ヌプッ

 食蜂「どぉ?///気持ちいい?///」

 上条「あ、ああっ//すっげぇ気持ちいいっ・・・///」

 ―ヌプッ ヌプッ ニュプッ ニュチュッ

 食蜂「ふふっ・・・♥///」

 食蜂「あーんっ・・・んむっ♥///んぷっ♥///」

 ―ニュプッ ニュプッ ニュチュッ ニュプッ
 ―ちゅぶっ ちゅうっ レロッ

 上条「くっぁ・・・!///」

 食蜂「んん♥///んむ、ぉ・・・♥///あむっ♥///」

 上条「(やばいっ///操祈の胸と口の中、気持ちよ過ぎてっ・・・!///)」

 食蜂「(すごぉい♥///おち○ち○が激しく脈打ってぇ、先っぽからカウパー沢山出してるぅ・・・♥///)」

 ―ちゅるるっ レロッ ちゅぷっ

 食蜂「んぶっ♥///んん〜〜っ♥///」


 どうする?orどうなる? 
 ↓1
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 17:05:34.96 ID:CMA5cX0nO
胸を動かして乳首で横を刺激しながらしゃぶるみさきち
そのバキュームに腰が砕けて勢いよく出す上条さんと飲み干すみさきち
729 :1 [saga]:2018/08/05(日) 17:34:58.30 ID:oMy27ex/0

 ―ニュプッ ニュプッ ニュプッ 

 食蜂「んくっ♥///んぅっ・・・♥!///」 

 食蜂「んっふぅ・・・♥///んっぁ♥///」

 ―ヌプッ ニュプッ ヌプッ ヌプッ
 
 上条「っ、ぁくっ・・・///」

 食蜂「んっ・・・♥///(こう言うのもどうかしらぁ?///)」

 ―クリクリッ 
 ―ヌプッ ニュプッ ニュチュッ ニュプッ

 上条「うぐっ・・・!///」

 食蜂「んぁああぁっ♥///んむぅっ♥///んっ、んぉ・・・♥///」

 食蜂「(やぁぁっ♥///乳首、潰れちゃうからぁ感じちゃうぅ・・・♥///)」

 ―ちゅるるるっ ジュルッ ジュプッ

 上条「っ!///操祈、やばいっもうっ・・・!///」

 上条「出るっ・・・!///」
 
 ―ビュクッ!ビュルルッ!ビュッ!ビュッ!

 食蜂「んんぶっ♥!///おぉっ♥///ぁ、んぶっ・・・♥!///」
730 :1 [saga]:2018/08/05(日) 17:36:21.07 ID:oMy27ex/0

 ―ビュルルッ!ビュッ!ビュルルッ!

 食蜂「んぷっ・・・ん〜〜っ・・・♥///」

 ―ジュルルッ ジュルッ ぢゅうぅうっ・・・

 上条「うおっ・・・!?///(の、残ったのまで吸われて・・・っ!///)」

 食蜂「っ、んぷあぁ・・・♥///」チュポンッ

 食蜂「ん、んぅ・・・///」コプコプッ

 食蜂「(お口の中ぁ、全部当麻くんの精子でいっぱぁい・・・♥///)」

 食蜂「んっく・・・んぐっ・・・♥///んぁ・・・♥///」

 ―ゴクッ ゴキュッ
 
 食蜂「っはぁー・・・はぁ、はぁ・・・///」

 上条「操祈・・・///」

 食蜂「ふふ・・・♥///ごちそうさま☆///」ニコリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 17:44:02.32 ID:bXIv6ALTo
まだ収まらない息子を見てくぱあと開くみさきち
そして入れる
732 :1 [saga]:2018/08/05(日) 17:58:30.50 ID:oMy27ex/0

 上条「っ・・・///」

 ―ギンギンッ

 食蜂「あらぁ・・・(当麻くんのおち○ち○、まだすごく勃起してるわぁ・・・♥///)」

 食蜂「・・・じゃあ今度はぁ・・・///」コロン

 ―くぱぁ・・・♥

 食蜂「当麻くんのぉ、おち○ち○・・・膣内に挿れてぇ・・・♥///」

 上条「・・・ああっ///」ズイッ
 
 ―くちゅっ

 食蜂「んあっ・・・♥///」

 上条「・・・って、おぉ!?///」

 ―ぬちゅっ・・・

 食蜂「ぇ・・・?///」

 上条「・・・み、操祈///コ、コンドーム・・・///」ゴソゴソ

 食蜂「あ・・・そ、そうねぇ・・・///(いっけなぁい//気持ちよ過ぎてぇ、うっかり忘れてたわぁ・・・///)」

 ―クルクルッ ピチッ

 上条「よしっと・・・いくぞ//」

 食蜂「ん・・・早くきてぇ♥///」

 ―ちゅくっ ずぷぷぷっ・・・ずちゅっ

 食蜂「あっぁぁ・・・♥!///」

 上条」くっ・・・///(操祈の膣内、キツいっ・・・///)」

 食蜂「おち○ち○、奥まできたぁ・・・♥///」トロン

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/05(日) 18:02:07.28 ID:klZfD00J0
ゆっくり動きながらキスする
734 :1 [saga]:2018/08/05(日) 18:19:06.94 ID:oMy27ex/0

 ―ずちゅっ ジュプッ ぐぷぷっ

 食蜂「ひぁっ♥///んっはぁ・・・♥///」

 上条「ゆっくり・・・気持ちよくなろうぜ//」

 食蜂「んんっ・・・♥///」ニコリ

 食蜂「(当麻くんの腰使いぃ♥///優しくてぇ、気持ちいいぃのぉ・・・♥///)」 

 ―ずちゅっ ずちゅっ ジュプッ ぐちゅっ
 ―たぷっ たぷっ

 上条「操祈っ・・・///」

 食蜂「んぅ・・・♥///」

 ―ちゅうっ ちゅぷっ レロッ ちゅるるっ
 
 食蜂「んっぷぅ・・・♥///ん、ぅ♥///んくっ・・・♥///」

 上条「んっ・・・//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 18:24:43.78 ID:bXIv6ALTo
自分から腰を降るみさきち
上条さんがイキそうなタイミングに止めたり早めたりして焦らす
736 :1 [saga]:2018/08/05(日) 18:34:10.95 ID:oMy27ex/0

 上条「っ!///」

 ―ずちゅっ ぐちゅっ ぐぷっぐぷっ ヌプッ

 食蜂「あぁんっ♥!///あひっ・・・♥!///んんっ♥!///」
  
 食蜂「いい、のぉっ・・・♥!///」アヘェ

 上条「はっ//はぁっ//はぁっ・・・//」

 ―ずちゅっ!ずぶっ!ジュブッ!ジュプッ! 
 
 食蜂「んんっ・・・!///」

 ―クネッ クネッ  
 ―ズッ!ズッ! ずちゅっ!ぐぷっ!ずにゅっ!

 上条「み、操祈っ・・・!///」

 操祈「ひあぁぁっ♥!///あぅっ♥!///んっぁ♥!///」

 ―クネクネッ
 ―にゅぶっ!ずちゅっ!グプッ!ずちゅっ!

 上条「っ!///」

 食蜂「あっぃ♥!///んあぁっ♥!///あぁんっ♥!///」

 上条「っ!///やばいっ、出る・・・!///」

 食蜂「・・・っ!///」

 ―ピタッ キュンキュンッ

 上条「っ、ぇ・・・///」

 食蜂「ちょっとぉ・・・休憩ぇ・・・♥///」

 上条「あ・・・あぁ・・・///」

 食蜂「・・・♥///」クスッ
737 :1 [saga]:2018/08/05(日) 18:36:59.91 ID:oMy27ex/0

 ―ズッ!ズッ!ずちゅっ!ぐちゅっ!じゅぷっ!

 食蜂「あんっ♥!///んん♥!///」

 上条「くっ・・・!///」

 ―ずじゅっ!ずちゅっ!ぐぽっ!ぐぷっ!ジュプッ!

 上条「っ・・・!///」

 食蜂「(あぁっ♥///この感じぃ、出そうなのねぇ・・・♥///)」

 ―ピタッ
 ―キュンキュンッ

 食蜂「ひあっ・・・♥///あふ♥///んんぁ・・・♥///」

 上条「・・・操祈//もしかしてじゃないと思うけど・・・//」

 食蜂「んふふ・・・♥///バれちゃったぁ?///」

 上条「・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/05(日) 18:39:12.31 ID:klZfD00J0
胸とクリを攻めていかせる
739 :1 [saga]:2018/08/05(日) 18:48:55.91 ID:oMy27ex/0

 上条「・・・こんのっ!//」

 食蜂「えっ?//と、当麻く、うぅぅんんっ・・・♥!///」
 
 ―ムギュッ ムニュッ ムニッ 
 ―クリクリッ

 食蜂「ふあぁぁっ♥!///んっ♥!////」

 食蜂「胸と、クリ一緒なんて、ああぁぁっ♥!///」

 上条「仕返しだっ・・・!///」

 ―ワシッ ムニュムニュッ
 ―クリクリッ

 食蜂「いやぁんっ♥!///んひぃっ♥!///」

 食蜂「やっ!ダメぇっ・・・♥!///イくっ♥///」

 食蜂「イッちゃ、イ、イっくぅぅ・・・♥!///」

 ―ビクビクッ!ビクンッ! 
 ―プシャァァァァ!

 食蜂「あぁぁぁ・・・♥!///んあぁぁ・・・♥///」

 上条「はぁ・・・っ///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 19:17:07.39 ID:xfAGanvNO
アナルに手を伸ばす上条さん
愛撫するとより締まりがよくなる
741 :1 [saga]:2018/08/05(日) 19:35:47.80 ID:oMy27ex/0

 食蜂「ひょうま、くぅん・・・♥///はふ、あふ・・・♥///」

 上条「俺もっ・・・!///」グイッ

 食蜂「んん・・・っ♥///(四つん這いになればいいのぉ・・・?///)」グッ

 ―ずちゅっ!ぐちゅっ!じゅぷっ!

 食蜂「んあぁっ♥!///あっぁぁ、ああん♥!///」

 食蜂「そんな、激しぃっ・・・♥!///」

 ―ずぷっ!ずちゅっ!じゅぷっ!じゅぷっ!ぬちゅっ!
 
 食蜂「んはぁぁっ♥!////あんっ♥!///あっぁ♥!///」

 上条「こっち、使ってみるか?//」

 食蜂「ふえぇ・・・?///」トロン

 ―グイッ くぱぁ・・・

 食蜂「やぁあっ!///おひり、らめっ!///おひり恥ずかひぃのぉ・・・!///」

 ―グリグリッ 

 食蜂「ひぅんっ♥!///はっぁ、あぁ・・・♥!///」

 ―キュンキュンッ

 上条「ぐっ・・・!///締まりが強く・・・!///」

 食蜂「あぁぁんっ♥!///ひあっぁ♥!///あぁっ♥!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/05(日) 19:54:37.43 ID:klZfD00J0
揺れる胸を鷲掴みにする
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 19:55:33.61 ID:bXIv6ALTo
今までになくキュウキュウに締め付けてイクみさきちと上条さん
744 :1 [saga]:2018/08/05(日) 20:40:40.97 ID:oMy27ex/0

 上条「はっ//はっ//はっ//」

 ―パンッ!パンッ!パチュッ!
 ―ムニュッ ムニッ ムニュッ

 食蜂「あぁっ♥!///んあぁっ♥!///」

 上条「操祈っ・・・!///操祈っ!///」
 
 食蜂「はひぃっ♥!///あっぁ、んん♥!///」

 ―じゅぷっ!ぐちゅっ!じゅぷっ! 

 食蜂「らめっ♥!///イくっ・・・♥!///」

 上条「俺もっ、もうっ・・・!///」

 ―パンッ!パチュッ!
 ―じゅぷっ!ジュプッ!ぐちゅっ!ぐぷっ!ぬぷっ!
 
 食蜂「いひ、よぉっ♥!///らいひてぇっ・・・♥!///」

 上条「んっ!ぐぅっ・・・!///」

 ―ビュグッ!ビュクッ!ビュルルルッ!

 食蜂「あぁぁああっ♥!///」
745 :1 [saga]:2018/08/05(日) 20:44:26.11 ID:oMy27ex/0

 上条「はっ//はっ//はっ//」

 ―パンッ!パンッ!パチュッ!
 ―ムニュッ ムニッ ムニュッ

 食蜂「あぁっ♥!///んあぁっ♥!///」

 上条「操祈っ・・・!///操祈っ!///」
 
 食蜂「はひぃっ♥!///あっぁ、んん♥!///」

 ―じゅぷっ!ぐちゅっ!じゅぷっ! 

 食蜂「らめっ♥!///イくっ・・・♥!///」

 上条「俺もっ、もうっ・・・!///」

 ―パンッ!パチュッ!
 ―じゅぷっ!ジュプッ!ぐちゅっ!ぐぷっ!ぬぷっ!
 
 食蜂「いひ、よぉっ♥!///らいひてぇっ・・・♥!///」

 上条「んっ!ぐぅっ・・・!///」

 ―ビュグッ!ビュクッ!ビュルルルッ!

 食蜂「あぁぁああっ♥!///」
746 :1 [saga]:2018/08/05(日) 20:48:07.92 ID:oMy27ex/0

 ―ビュルルルッ!ビュクッ!ビュウゥッ・・・

 上条「っ・・・///」

 食蜂「はひっ♥///あ、はぁ・・・♥///」

 食蜂「あふ・・・♥///」トロン

 ―ヌルルッ ヌポッ
 ―トロォ・・・

 食蜂「あぁん・・・♥///おち○ち○、抜かれちゃったぁ♥///」フリフリッ

 上条「・・・っ///」

 ―ぐちゅっ ギュポッ

 食蜂「当麻くん・・・♥///」

 上条「操祈・・・//」

 ―クルクルッ ピチッ
 ―くちゅっ・・・

 食蜂「ぇっ・・・?///」

 ―ぐぷぷぷぷっ
 
 食蜂「んんっ・・・♥!///ま、まだ、するのぉ・・・♥?///」

 上条「悪い///まだ、全然治まんなくてっ///」

 ―ぐちゅっ ぐぷっ・・・

 食蜂「あんっ♥///・・・んふふ♥いいわよぉ・・・♥///」

 食蜂「もっとぉ、いっぱい気持ちよくして、ほしいんだゾ♥☆」ニコリ

 
 -終-
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/10/19(金) 02:01:01.55 ID:eO1SE5sX0
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/19(金) 08:44:40.94 ID:gteMMDEt0
落ち着いたらこっちもいつか更新して欲しい
749 :1 [saga]:2018/10/27(土) 00:31:53.43 ID:j4WMOU3S0
 ちょっと誉望君が可哀想なんで・・・慰めてあげましょう。うん

 誉望「・・・」ズーン・・・

 ランシス「万化・・・元気出して?ね?」

 誉望「・・・」フルフル
   
 誉望「無理ッス・・・」

 ランシス「万化ぁ・・・」

 誉望「・・・はぁ・・・」ズーン

 ランシス「・・・(ここは私が慰めてあげないとねっ。うん!)」
 

 どうする?orどうなる?
 ↓1
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/10/27(土) 00:42:50.72 ID:pXe0Iku/0
エッチなコスプレをして彼の気を引いてみよう

誉望どうした?
751 :1 [saga]:2018/10/27(土) 01:10:16.06 ID:j4WMOU3S0
 ランシス「・・・!(そうだ!こう言うときは・・・)」

 ランシス「」イソイソ



 誉望「」ズーン

 誉望「・・・はぁー・・・」

 ランシス「万〜化〜♪」

 誉望「・・・」チラッ

 ランシス「ふふっ♡」

  
 どんなHなコス?
 ↓1

 >>750 アニメでついに登場を果たしたにも関わらず・・・声が無いと言う非常に残念な・・・ね・・・
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 08:22:11.83 ID:SFIM6OREO
バニースーツって訳よ

手塩さんですら声ついたのに…
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 08:22:52.18 ID:SFIM6OREO
バニーよりラバースーツのがいいからそっちでお願いします
754 :1 [saga]:2018/10/27(土) 08:39:23.60 ID:j4WMOU3S0
 ランシス@ラバースーツ「どう?//」

 誉望「・・・良いッスね」

 ランシス「(うっ、明らかに興味が向いてきてない・・・)」

 ランシス「ば、万化〜。私が元気にしてあげるよ?」

 誉望「・・・そうッスか」

 ランシス「ど、どんな事してほしい?//」

 誉望「とりあえず・・・」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>754 でせうよね!予算の問題となれば、んー・・・。原作で喋ってたかどうか忘れたんでせうが、ショック。
     ランシスはギリ車内での会話がカットされなければセーフなんでせうけど
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 08:43:44.33 ID:gjR0uU1TO
ハグしてくほしいとお願いする彼にランシス
頭も撫でて癒す
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 08:44:52.03 ID:lou5cWFZO
↑+耳を甘く噛んでくるランシス

とある科学の超電磁砲で出番があるだろうしそこで声が付けば…いや声が付くと信じたい
757 :1 [saga]:2018/10/27(土) 08:53:00.49 ID:j4WMOU3S0
 誉望「癒やして欲しいッス」ダバー

 ランシス「よしよし・・・」ハグッ

 ランシス「何があったかわからないけど・・・元気出して?」ナデナデ

 誉望「ウッス・・・」シクシク

 ランシス「ん・・・」クスッ、ナデナデ

 ランシス「・・・はむっ」パクッ

 誉望「っ・・・ラ、ランシスさん・・・?/」

 ランシス「ん・・・んっ、ふぅ・・・//」ハムハムッ

 誉望「くすぐったい、ッスよ・・・//」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>756 >>1も思います
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 08:58:02.23 ID:lou5cWFZO
耳から攻めてくるランシス
甘くかんだり息を吹きかけたりして誉望を刺激する
759 :1 [saga]:2018/10/27(土) 09:11:58.56 ID:j4WMOU3S0
 ランシス「んふふっ・・・♥//」

 ―ちゅぱっ はむっ レロレロッ

 誉望「っ・・・///」

 ランシス「んっ・・・///っ、はぁ・・・///」

 ―はむはむっ ちゅぅぅ・・・ レロッ

 ランシス「ふぅー・・・//」

 誉望「おっ、く・・・///」ビクッ

 ランシス「・・・どうかな?//元気出た?//」ニコリ

 誉望「・・・///」

 ランシス「・・・こっちは・・・元気、出たみたいだよ♥?//」サスサスッ

 誉望「っ///」
 
 ランシス「万化・・・もっと元気出して、ね?//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 09:14:38.66 ID:lou5cWFZO
じんわり汗が滲んでるランシスのラバースーツを脱がすと白のスク水姿になる
誉望、ランシスを膝の上に乗せて仕返しとばかり乳首を摘む
761 :1 [saga]:2018/10/27(土) 09:23:58.95 ID:j4WMOU3S0
 誉望「・・・もう十分に出てるッスよっ//」ガバッ

 ランシス「あっ・・・♥//」

 ―トサッ

 ランシス「万化・・・♥///」ハァハァ・・・

 誉望「これ脱がすッスよ//」グイッ

 ランシス「ん・・・//」コクリ

 ―ジーッ・・・ ピラッ

 誉望「・・・ん?・・・(この白いスベスベな素材は・・・)」

 ―スルルッ パサ・・・

 ランシス@白スク水「えへへ・・・///」

 誉望「・・・ラバースーツの下にスク水とは予想外ッスね//」クスッ

 誉望「まぁ、良いッスけど//・・・ランシスさん、俺の膝の上に乗ってもらえるッスか?//」
 
 ランシス「うん・・・//」スクッ

 ―ポスン・・・

 ランシス「あ、これでよかった?//対面に、っ!///ひゃぅっ!?///」

 誉望「良いッスよ//やりやすいッスから//」

 ―クリクリッ キュッ
 
 ランシス「あ、んんっ・・・♥!//んっ♥!//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 09:28:10.99 ID:lou5cWFZO
水着越しの程よく膨らんだランシスの胸に夢中になり手が離せない誉望
よがりつつランシスから誉望へキス
軽いキスから少しずつ大人のキスへ
763 :1 [saga]:2018/10/27(土) 09:44:46.81 ID:j4WMOU3S0
 ―クリクリッ クリクリッ

 誉望「やっぱ水着ッスから摘まみやすいッスね//」クスッ

 ランシス「あぁっ・・・♥!///や、んっ♥///」

 ―フニュッ フニュッ ムニッ

 ランシス「んんっ♥!///あ、んっ♥!///」

 誉望「ランシスさんの胸、程よく膨らんでて最高ッスよ//」

 ランシス「で、もっ・・・んっ♥///大きい、方が、あっぁ♥///良くない・・・?///」

 誉望「そんな事ないッスよ//ランシスさんだから良いんッスから//」

 ―フニッ ムニュッ フニュッ
 ―クリクリッ キュッ クリクリッ
 
 ランシス「あぁぁっ♥///ん、はぁ・・・♥///」

 ランシス「万、化ぁ・・・♥///」
 
 ―ポスッ
 ―ちゅっ
 
 ランシス「ん、んん・・・♥///」

 ―ちゅっ ちゅぷっ・・・ ちゅぅっ・・・

 誉望「ん、ふ・・・///」

 ランシス「んぅっ♥は、ふ・・・♥///んっぁ、んくっ・・・♥///」

 ―ちゅっ ちゅうっ・・・
 ―レロッ ちゅぷっ ちゅくっ チュルルッ

 ランシス「(キスぅ気持ちいい・・・♥///大人のキス、してくれてる・・・♥///)」
 
 ランシス「んんっ♥///んふ・・・♥///んっ♥///」

 誉望「っ、んっく・・・///」


 どうする?orどうなる? 
 ↓1
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 09:45:51.49 ID:lou5cWFZO
ランシスの唾液を吸い尽くす誉望
口に貯めてから飲む

そして手を少しずつ水着の中へ忍ばせてくる
765 :1 [saga]:2018/10/27(土) 09:57:46.92 ID:j4WMOU3S0
 誉望「っ・・・//(あ、そうだ//)」

 ―チュルルッ レロッ ちゅううぅっ

 ランシス「ん〜〜〜・・・♥///」

 ランシス「んふふ♥んふっ・・・♥///

 ランシス「(万化ぁっ♥//私の舌、吸いすぎだよぉ・・・っ♥///)」

 ―ちゅぅ・・・ ちゅぱっ・・・

 誉望「んっ・・・//」モゴモゴ

 ランシス「ふあぁぁ・・・♥///あ、はぁ・・・♥///」クスッ

 誉望「ん、ん・・・//」

 ―ゴクンッ

 誉望「っはぁ・・・//ランシスさんの唾液、美味かったッスよ//」クスッ

 ランシス「汚くない?//」
 
 誉望「ランシスさんのッスから//・・・じゃあ//」

 ―スルッ くちゅっ

 ランシス「あんっ♥///」

 誉望「もう濡れてるッスよ?//」

 ランシス「万化のキス、すごく・・・んっ♥///気持ちよかったからぁ・・・♥///」ニヘラ

 誉望「嬉しいッスよ//」

 ―くちゅくちゅっ ちゅくっ・・・

 ランシス「あぁっ♥あ、っ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 10:01:23.80 ID:lou5cWFZO
レッツ手マン
767 :1 [saga]:2018/10/27(土) 10:11:12.01 ID:j4WMOU3S0
 ―くちゅくちゅっ くちゅっ

 ランシス「あぁぁっ♥!///んあっ♥あっぁ♥!///」

 ―くちゅっ くちゅくちゅくちゅっ
 ―ポタポタ・・・
 
 誉望「俺の手がもうヌルヌルッスよ?//」

 誉望「ランシスさんのおま○こもこんなに・・・//」

 ランシス「ん、ゃぁぁ・・・♥///」ハァハァッl

 誉望「もっと気持ちよくなってほしいッス//」

 ―くちゅくちゅっ ぐちゅっ くちゅくちゅっ

 ランシス「ふぁぁっ♥!///万化の、指ぃっ♥///膣内かき混ぜてるぅ・・・っ♥!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 10:16:20.35 ID:lou5cWFZO
誉望の手マン、そしてスク水の縁から行ったクンニで誉望の顔に思いっきり潮を吹くランシス
一段落したかと思ったら攻守逆転でランシスが指で息子をなぞってくる
769 :1 [saga]:2018/10/27(土) 10:31:49.67 ID:j4WMOU3S0
 誉望「ランシスさんのおま○こ、めちゃくちゃ熱いっすよ//」

 ランシス「ああっぁ♥!///んんっ♥!///」

 誉望「(そろそろイきそうッスね//)」

 ―ぬちゃぁ・・・

 ランシス「んあぁ・・・なん、で、抜いちゃうのぉ・・・?///」

 誉望「今度は・・・こうするッスよっ//」

 ―レロォッ ヂュルルルッ

 ランシス「ひぁぁああっ♥!///あぁあっ♥!///んあっ♥!あんん♥!///」

 誉望「んっ///んんっ・・・///」

 ランシス「あぁっ♥!///んうぅっ♥ん、くぅぅんっ・・・♥!///」

 誉望「はっ、んむっ///んっ///」

 ―チュルルッ レロレロッ ちゅぱっ ちゅぷっ レロッ

 ランシス「はぁっ♥!//んっ、はぁっ・・・♥!///」

 ランシス「も、ダ、メぇっ・・・♥!///イク、のっ♥!///イッちゃぅっ・・・♥!///」

 誉望「ひい、っふよっ///」

 ―チュルルルッ ヂュルルルッ レロレロッ

 ランシス「んうぅぅうっ♥!///〜〜〜〜っあっぁあああっ♥!///」

 ―ビクンッ!ビクンッ!ビクビクッ! 
 ―ぷしゃぁぁぁぁあっ

 誉望「んぷっ・・・///」 
770 :1 [saga]:2018/10/27(土) 10:35:33.83 ID:j4WMOU3S0
 ランシス「ふにゃぁぁ・・・♥///イ、っひゃたぁ・・・♥///」

 ―ぷしゃぁあぁぁぁ・・・ ちょろっ・・・
 ―ちょろろろろろぉぉ・・・

 誉望「・・・んっ//」 

 ―はぷっ ジュルルルッ ゴクゴクッ

 ランシス「やぁっ♥///ばん、か、だめっ♥///おし、っこ、飲んじゃぁ・・・♥///」

 誉望「っ・・・//」

 ―ちょろろろぉぉ・・・ちょろっ・・・
 ―ゴクッ ゴクンッ
 
 誉望「・・・っぷぁ///」

 ランシス「もぅ・・・♥///恥ずかしいから、ダメなのにぃ・・・♥///」

 誉望「あっはは・・・//」

 ランシス「・・・んっ//」ムクリッ
 
 ランシス「えいっ//」トンッ

 誉望「おっと・・・//」ヨロッ、トサッ

 ランシス「今度は・・・私が気持ちよくしてあげる♥///」ニコリ

 誉望「・・・はいッス//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 10:40:50.46 ID:lou5cWFZO
横になる誉望の息子をなぞるランシス
軽く握って手コキを始める
772 :1 [saga]:2018/10/27(土) 10:53:11.44 ID:j4WMOU3S0
 ランシス「チャック、下ろしまーす//」クスッ

 ―ジーッ モゾモゾッ ズルっ
 
 ランシス「あはっ♥///こんなに大きくなってる・・・♥//」

 ランシス「私で興奮してくれたんだね♥//」

 誉望「そうッスよ//」クスッ

 ランシス「じゃあ・・・私が気持ちよくしてあげないと♥//」

 ―ちゅっ

 誉望「っ・・・//」

 ランシス「んふふっ・・・♥///」

 ―ツツーッ スリスリッ
 ―シュコ シュコッ

 ランシス「熱くなって、硬くもなってる・・・♥///」

 ―シュコ シュコッ

 誉望「んっ・・・はぁっ・・・//」

 ランシス「どう?//気持ちいい・・・?//」

 誉望「はいっ・・・//」
773 :1 [saga]:2018/10/27(土) 10:53:40.17 ID:j4WMOU3S0
どうする?orどうなる?
↓1
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 10:57:00.85 ID:VEtz37zZo
ローションを塗って加速するランシスの手
寸止めを繰り返して焦らしてくる
775 :1 [saga]:2018/10/27(土) 11:38:19.47 ID:j4WMOU3S0
 ―シュコシュコッ シュコシュコッ
 ―クチュッ ぬちゅっ・・・

 誉望「はぁっ・・・っ、ぁ・・・///」

 ランシス「(段々先っぽからエッチな汁が出てきた・・・♥///)」

 ランシス「・・・あっ、そうだ//」ゴソゴソッ

 誉望「?//」

 ランシス「これ使ってみよ?//」

 誉望「・・・ど、どうしたんッスか?//それ・・・ローション、ッスよね?//ミニ袋タイプの//」

 ランシス「うん//友達から貰ったの//」

 ランシス「滑りがよくなるから、使い勝手が良いんだって//」ピリッ

 ―トロォォ・・・ ポタッ

 誉望「わっと・・・//冷たいッス・・・//」

 ランシス「ふふ・・・♥//」

 ―トロォ・・・ ポタッ ポタッ
 
 ランシス「これでよしっと・・・//これを//」

 ―ぬりゅっ ヌリヌリッ ぬりゅっヌリッ

 誉望「っ///」

 ランシス「ヌルヌル〜♪//」

 ―ぬちゅっ ヌリヌリッ ぬりゅ ぬちゅっ
776 :1 [saga]:2018/10/27(土) 11:43:24.94 ID:j4WMOU3S0
 誉望「うあっ・・・!///そ、それ、やばいッス・・・!///」

 ランシス「先っぽのツルツルしてるところ?//」

 誉望「は、はいっ・・・//」

 ランシス「・・・じゃあもーっとしてあげるね♥///」

 ―ぬりゅっヌリッ ヌリヌリッ ぬりゅっ
  
 誉望「くっぁ・・・!///」

 ―ヌリヌリッ ぬりゅっ

 ランシス「ナデナデ〜//」クスッ

 誉望「は、くっ・・・!///はっぁ、はぁっ・・・!///」

 ランシス「どうかな?//」

 誉望「やばい、ッスよっ//もうっ・・・!///」

 ランシス「・・・そっか//」パッ

 ―ぬちゃぁ・・・

 誉望「っ・・・///」

 ランシス「えへっ♥///手とおち○ち○、ヌルヌルになっちゃった♥//」ペロッ

 ランシス「(万化のおち○ち○のにおいが手に付いちゃった・・・♥///)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
777 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 11:58:09.31 ID:lou5cWFZO
意を決してフェラ
ただここでもイカさず焦らしまくるランシス
くまなく舐め尽くす

変態プレーが似合いすぎててすごく良いねこの二人…
778 :1 [saga]:2018/10/27(土) 12:13:21.53 ID:j4WMOU3S0
 ランシス「続けてあげるから、安心して♥//」チュッ

 誉望「は、はい・・・//」コクリ 

 ランシス「んっ・・・///」クスッ
 
 ランシス「あーん・・・♥///」

 ―パクリ ちゅる、ちゅぷぷっ

 誉望「んっ、っはぁ・・・///」

 ランシス「ん〜〜っ・・・♥///」

 ―ちゅぷっ レロレロッ チュルルッ ちゅうぅっ レロッ
 ―グポグポッ グプッ

 ランシス「んんぅっ♥///んふふっ・・・♥///んぶっ♥んうっ♥///」

 ランシス「まんふぁふぉ、んぐっ♥///おひんふぃ、くひふぉにゃはひっはひ・・・♥///」
 
 ―ぐぽっ ジュプッ ジュルルッ ちゅぷっ ぐぽっぐぽっ
 
 誉望「はぁっ//っはぁ・・・!///」

 ランシス「んくっ♥んん〜〜〜・・・♥///」



 >>777 ト帆はまぁ純愛的に書けてやりやすいでせうけど、この2人もなんか自然と、ね
779 :1 [saga]:2018/10/27(土) 12:19:00.01 ID:j4WMOU3S0
 ランシス「んっぉ・・・♥///んぷっ♥///」

 ―ぐぷっぐぽっ ジュルルッ ちゅぷっ ちゅぅぅっ

 誉望「すごぃっ・・・//そんなに、激しくっ・・・!///」

 ランシス「んふぅっ♥///んっ♥んんっ♥///んうっ♥///」

 ―ぐぽっぐぽっぐぽっ チュルルッ ちゅぷっ ジュプッ
 
 ランシス「(万化のおち○ち○、口の中でもっと大きくなってきた・・・///出そうなんだね・・・♥///)」

 誉望「っ・・・!///」

 ランシス「〜〜・・・っぷあぁ♥///」

 ―ちゅぱ・・・ ぬろぉぉ・・・

 誉望「っ。え・・・っ//」

 ランシス「はふ・・・ちょっと顎が・・・///」モゴモゴッ

 誉望「あっ。だ、大丈夫ッスか?//」

 ランシス「うん・・・//・・・ん・・・♥///」

 ―レロォッ ペロペロッ レロッ ちゅぱっ

 誉望「くっ、ぁ・・・!///」

 ランシス「口で出来ないけど、舌で舐めてあげるよ♥///」

 ランシス「んっ・・・♥///ん、ぅ・・・♥///」
 
 ―レロッ ぴちゃぴちゃ・・・ レロレロッ ちゅぷ・・・

 
 どうする?orどうなる? ↓1
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 12:22:58.45 ID:lou5cWFZO
ガマンできない誉望、フロリスの頭を抑えて射精してしまう
ザーメンを口で味わいながら飲み込んで感じるフロリス

そしてまだ収まらない息子を見ていよいよ本番へ
781 :1 [saga]:2018/10/27(土) 12:39:20.96 ID:j4WMOU3S0
 ランシス「ん〜っ♥///ん、ふ・・・♥///」

 ―レロレロッ ちゅぷっ ペロッ

 誉望「・・・〜〜〜っ///」

 ―ワシッ

 ランシス「んむっ・・・?///」

 誉望「ランシスさんっ//ご、ごめんなさいッス・・・!///」

 ―グイッ
 ―ぐぽっ!ぐぷぷっ・・・

 ランシス「んむぐっ・・・!///」

 ―ぐぷっ!ぐぷっ!ぐぽっ!ぐぷっ!

 誉望「はっぁ・・・!///はぁっ!はぁ・・・!///」

 ランシス「んむぅっ♥!むぁっ♥!///ばん、んぐっ♥!///」

 ランシス「(無理矢理、頭動かされてっ・・・!///目が、回っちゃう・・・!///)」

 誉望「っ!///出る、出るっ・・・!///」

 ―ビュルルルルッ! びゅぷっ!ビュクッ! ビュルルッ!

 ランシス「んむ、ぐ・・・♥!///ぉぶ・・・♥!///」

 ―ビュルルッ! ビュルッ! びゅぷっ!ビュクッ!
782 :1 [saga]:2018/10/27(土) 12:43:01.54 ID:j4WMOU3S0
 ―ゴプププッ! ドクドク・・・ 
 
 ランシス「こ、むぐっ・・・♥!///」

 ランシス「(も、口の中、入らな・・・///)」
 
 ―ビュルルッ・・・ドロォォ・・・

 ランシス「ぐ、むぐ・・・んっぐ・・・♥///」

 ランシス「(止ま、た・・・///)」フーッフーッ

 誉望「・・・っはぁ・・・///」スッ

 ランシス「・・・んっ♥///」

 ―ヌルルルロォ・・・
 ―ぬぽっ ちゅぽぉ・・・
 
 ランシス「ん、ふ・・・♥///」コプッコポ・・・

 ランシス「(すごく濃くて、いっぱい・・・♥///)」モグモグッ

 ―・・・ゴキュッ ゴクッ モグモグッ

 ランシス「ん・・・んん・・・♥///」

 ―ゴクンッ ゴクッ・・・

 ランシス「・・・っぷはぁ・・・♥///はぁ・・・♥///」

 誉望「す、すみませんッス//もう我慢できなくて・・・///」ギュウッ

 ランシス「だいひょうふ、らよ・・・♥///」ギュウッ

 ランシス「(ちょっと鼻の奥に、残ってるような感じだけど・・・///)」クスッ
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 12:48:22.94 ID:SkWXFo1vO
すごいエロいなあ…
これはいい
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 12:58:12.66 ID:n68jOq+UO
誉望はライオトルーパーでランシスはここだと珍しい普通の魔術師だっけ
1番平和なカップルかも
785 :1 [saga]:2018/10/27(土) 13:11:42.15 ID:j4WMOU3S0
 誉望「・・・じゃあ、もう・・・挿れていいッスか?」

 ランシス「うん・・・♥///」

 誉望「・・・//」コクリ

 ―ピリッ スッ・・・
 ―ピトッ クルクルッ・・・ ピチッ

 ランシス「・・・早く大人になって、結婚したいね・・・//」

 誉望「・・・まぁ、ゆっくり今を楽しみましょうよ//」チュッ

 ランシス「んふふ・・・うん♥//」ニコリ

 誉望「・・・いきますよ//」

 ―ピトッ ぐちゅっ くちゅくちゅっ

 ランシス「あ、んっ・・・♥///・・・来て♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 13:13:46.47 ID:n68jOq+UO
誉望の上にまたがって中にいれるランシス
入れるときに誉望が少し腰を動かしたためか思いかけず奥に当たりアヘる
787 :1 [saga]:2018/10/27(土) 13:30:29.69 ID:j4WMOU3S0
 ランシス「・・・あっ、や、やっぱり待って//」

 誉望「え・・・?//」

 ランシス「その・・・今日は私が動いてあげる//」

 ランシス「万化を癒やしてあげるよ♥//」ニコリ

 誉望「・・・そ、そうでしたッスね//じゃ・・・//」

 ―ゴロン

 誉望「・・・どうぞ//」

 ランシス「ん・・・っ//」

 ―ギンギン

 ランシス「ふふっ♥///万化のおち○ち○、さっき出したのに元気いっぱいだね♥///」チョンチョンッ

 誉望「ま、まぁ・・・///」

 ランシス「ん・・・っ♥///私が、万化の上で踊ってあげるね♥///」ズイッ

 ―くちゅっ・・・ くぷっ
 
 ランシス「んっぁ、あぁ・・・♥///先っぽ、入ったよぉ・・・♥///」

 ランシス「このまま・・・んん・・・っ♥///」

 ―ぐぷぷぷぷっ ぬぷぷっ
 
 ランシス「ああっぁん・・・♥!///太いぃっ・・・♥///先っぽが膣内引っかかっちゃう・・・♥!///」

 誉望「っ・・・///」

 誉望「(少し、腰の位置がっ・・・///)」グイッ
 
 ―ぐぷぷぷっ! コツッ
 
 ランシス「ああぁああ・・・っ♥!///」

 誉望「うぉ、あっ・・・!///締め付け、すごっ・・・!///」

 ランシス「あ、あはっ♥///ひぁ♥///コツ、ってぇ♥///おひん、ひん、しきゅうとキス、してちゅーしちゃってるぅ・・・♥///」トロン

 ランシス「ふあぁぁ♥///あ、ひぅ・・・♥///」

  
 どうする?orどうなる?
 ↓1
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 13:33:29.74 ID:VEtz37zZo
ヨガるランシスだが腰を絶妙に揺らしてきて誉望のポイントを抉ってくる
大きかった息子も更に大きくなり誉望も大興奮

そしてベロチュー
789 :1 [saga]:2018/10/27(土) 14:01:22.15 ID:j4WMOU3S0
 ランシス「はふっ♥///あぁ、んっ♥///」 
 
 ランシス「んうぅぅぅっ♥///あっぁ♥///」

 誉望「・・・踊れないッスか?//」クスッ
 
 ランシス「う、ん・・・あぁっ♥///力、入らにゃいぃ・・・♥///」
  
 誉望「・・・ならっ//」

 ―グリグリッ ぐちゅっ ちゅくっ
 
 ランシス「んあぁあぁぁっ♥!///ひあっ♥!///んんんっ♥!///」

 ランシス「そ、こっ♥やっ、んん・・・♥!///」

 誉望「はぁっ//はっぁ//はぁ・・・っ!///」
 
 ―ビキビキッ ムクムク・・・

 ランシス「ばん、かぁっ♥///膣内、でぇっおち○ち○、大きくなってるよぉ♥///」
  
 誉望「ランシスさんの、おかげッス・・・!///」
 
 ―グリグリッ ズンズンッ!
 
 ランシス「んにゃあっ♥!///あっぁぁ♥あっぁん♥!///」

 ランシス「ばん、かぁ・・・♥!///」ポスン

 誉望「ランシスさん・・・っ!//」ギュウッ

 ―ちゅっ ちゅぷっ ちゅうぅっ

 ランシス「んっ♥んんっ♥//んむぅ♥///」

 誉望「っ。ん・・・//」

 ―レロッ チュルルッ ちゅぷっ レロッ ちゅうっ

 ランシス「んっ、あふ♥///んん・・・♥///」

 誉望「ん・・・っ///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 14:08:19.66 ID:4l3CGB9eO
タイミングをみはからって胸に吸い付く誉望
乳首を座れてまたアヘるランシス

ランシスのイキそうなタイミングを探りそろそろ良いかと尋ねる
791 :1 [saga]:2018/10/27(土) 14:29:03.05 ID:j4WMOU3S0
 ランシス「ぷはっ♥///はぁぁ・・・♥///」

 誉望「っ・・・!///」
 
 ―ズンズンッ! ぐぷっ!ぐちゅっ!ちゅくっ!
 
 ランシス「あっはぁぁ・・・♥!///んあぁっ♥!///あ、ひっぁ♥!///」

 ランシス「んんっ♥!///んぃいいっ♥!///んっ♥!ああっぁぁ・・♥!///」
  
 誉望「んっ・・・///」

 ―はむっ ちゅうっ チュルッ レロレロッ
 
 ランシス「あっ、んっぃ・・・♥!///今、乳首吸っちゃぁ・・・♥!///」

 誉望「っ〜!///」
   
 ―ズンズンッ ぐちゅっ!ちゅくっ! ぱちゅっ!ぱちゅっ!
 ―ちゅうっ ちゅぷっ レロレロッ
 
 ランシス「ふあぁっひゅご、いぃっ♥!///んっあぁあ♥!///あ、ぉっ、んん♥!///」
792 :1 [saga]:2018/10/27(土) 14:34:51.62 ID:j4WMOU3S0

 誉望「ランシスさんっ!//そろそろ・・・っ!///」
 
 ランシス「にゃぁぁ・・・っ♥!///いっぱい、私の膣内っ・・・♥!///」

 ランシス「出、ひれぇっ・・・♥!///」
 
 誉望「っ!///」

 ―ズンズンッ! ぱちゅっ!ぱちゅっ! ぐちゅっ!ちゅくっ!くちゅくちゅっ!
 
 ランシス「あぁっイくっ♥!///イ、イくイくっ♥!///」

 ランシス「あぁあぁあっ♥!///んんんんーーーっ♥!///」

 ―ビクンッ!ビクビクッ! ビクンッ!
  
 誉望「出るっ!う、あっぁ・・・!///」

 ―ビュルルルッ! ビュルッ!ビュルッ! ビュクッ!
 
 ランシス「ふあぁあぁ♥///あぁぁっ・・・♥!///」

 ランシス「あは♥//ぁぁ・・・♥///ドクドクって、おち○ち○、脈打ってるぅ・・・♥///」

 ―ビュルルッ ドクドク・・・

 誉望「はーっ・・・はぁー・・・っ///」
 
 ランシス「はふ♥ひあぁぁ・・・♥///」
  
 誉望「・・・っ、抜く、ッスよ・・・//」
 
 ランシス「ん・・・♥//」

 
 ―ぬぷぷぷっ ぬるんっ ぬちゅっ
 ―トロォ・・・ 

 ランシス「やぁん・・・♥///私のえっちな汁が溢れちゃう・・・♥///」

 誉望「・・・エロ可愛いッスよ//」チュッ

 ランシス「えへへ・・・///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 14:36:33.65 ID:rLRvuoQiO
たっぷり大人のキス
さっきのお返しとばかりに誉望に吸い付いてくるフロリス
誉望の唾液を飲んで悦ぶ
794 :1 [saga]:2018/10/27(土) 14:59:24.82 ID:j4WMOU3S0
 ランシス「んっしょ・・・//」ムクリ

 ランシス「万化ぁ・・・♥///」ギュウッ

 誉望「ランシスさん・・・//」ギュウッ

 ランシス「・・・んむっ♥///」

 ―ちゅうっ ちゅぷっ レロッ チュルルルッ ちゅっ

 誉望「っ・・・//」

 ランシス「んん〜〜〜〜っ♥///」

 ―チュルルルッ ちゅぅうぅうぅっ

 誉望「んぐっ・・・!///」

 ランシス「んふふっ♥///」

 ―ちゅぱっ トロォ・・・

 誉望「ぷはっ・・・///」

 ランシス「ん・・・っ///」モゴモゴ

 ランシス「(美味しい・・・♥///精液と同じくらい、美味しい・・・♥///)」

 ―ゴクンッ ゴキュッ ゴクッ・・・

 ランシス「はぁ・・・んっ♥///ごちそうさまっ♥//」チュッ

 誉望「・・・はい//」クスッ

 ランシス「えへへ・・・♥///」ニコリ



 -終-

 はい。終わり
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 15:00:09.86 ID:VEtz37zZo
おつー
とてもねっとりしてて良かった
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 15:01:26.54 ID:GyNqEiRqO
アニメみたけど誉望君良く言えばミステリアス
悪く言えばかませ犬で麦野にやられた感があって可愛そうだったから名誉回復してくれてよかった
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 15:19:52.21 ID:CGVaGyPeO
乙です
ここの誉望君なら勝てると思ったけど麦野(G3-X)、滝壺(G4)、絹旗(ベルデ)、フレンダ(アクア)と1人か……
どうあがいても絶望すぎる
798 :1 [saga]:2018/10/27(土) 15:22:13.27 ID:j4WMOU3S0
>>795 あざます。慣れてる上に書きやすいとエロくなれるんでせうよね
>>796 まー確かに終始もう無言だったからミステリアス少年でよかったでせうね。ただやっぱ声はほしかったなー
>>797 フレンダはキュアマリンでせう。アクアは居ないんでせう
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/10/27(土) 15:27:45.44 ID:QRnykvcT0
半蔵×黄泉川はいつかしてくれると思っている
800 :1 [saga]:2018/11/27(火) 23:57:50.99 ID:7ECZ3se6O
 SELECT

シルバークロース×去鳴
上里×府蘭

↓1
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 00:37:29.29 ID:BVmGJhso0
シルバークロース×去鳴

なんでこの二組?出番が少なかったから?
802 :1 [saga]:2018/11/28(水) 15:12:37.11 ID:X4qa988HO
 上里「おやすみ、二人とも」

 府蘭「おやすみなさいです」

 シルバークロース「ああ。おやすみ」

 去鳴「おやすみー」


 去鳴「あーぁ、結局大覇星祭行けなかったっしょ」ションボリ

 シルバークロース「仕方ないさ。まだ6日間もあるんだ、明日は行こう」クスッ

 去鳴「・・・そうだね。うん」

 去鳴「・・・ところでー・・・シルバー」ゴロン

 シルバークロース「どうした?」

 去鳴「なんかネットでね?」



 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>801 >>1の気分で。
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 17:51:31.46 ID:24qTlQV1O
いろいろな媚薬のサイトを見てドキドキな去鳴
804 :1 [saga]:2018/11/28(水) 19:08:21.35 ID:GH9uznhe0
 去鳴「こう言うの見つけたんだけど・・・」タプタプ

 シルバークロース「?」

 去鳴「これっしょ」スッ

 シルバークロース「・・・び、媚薬・・・?」

 去鳴「そうそう。これ使うと・・・普段よりも気持ちよくえっち出来るようになれるんだよね?」

 去鳴「シルバーが・・・私のこと、泣いても止めないくらいにおま○こ舐めたりとかしてくるの?///」

 シルバークロース「い、いや・・・効力にもよるだろうな・・・」

 シルバークロース「・・・ん?・・・購買済みになってるが」

 去鳴「あ、間違えて全部押しちゃった//」

 シルバークロース「」
 
 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 19:23:14.72 ID:dMO9b6K1o
ピンポーンと呼び鈴がなる宅配業者のようだ…
806 :1 [saga]:2018/11/28(水) 19:54:02.76 ID:GH9uznhe0

 ―ピンポーン

 シルバークロース「・・・宅配業者のようだな・・・」スタスタ

 去鳴「」ワクワク


 シルバークロース「くっ・・・重いな・・・っ」

 シルバークロース「全部となればこれくらいの重さにはなるかっ・・・」

 去鳴「えへへ・・・//」

 シルバークロース「っと・・・」ドサッ

 去鳴「あ、開けてみてもいい?」

 シルバークロース「・・・」コクリ

 去鳴「♪〜」ベリベリッ



 どうする?orどうなる?
 ↓1
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 19:58:20.86 ID:mGmUrZuuO
見るからに謎の薬で説明書を読むシルクロ
どうやらマジの媚薬とか…
808 :1 [saga]:2018/11/29(木) 07:58:56.63 ID:kENhsceLO
 去鳴「おぉ〜〜♪どっさり入ってるっしょ♪」

 シルバークロース「・・・説明書、貸してくれないか」

 去鳴「はい」スッ

 シルバークロース「・・・」ペラ

 シルバークロース「・・・(本物の媚薬なのか・・・)」タラー

 去鳴「ねねっ、シルバー。どれから使ってみる?//」ワクワク

 シルバークロース「待て待て、今から・・・使うのか?」

 去鳴「ダメ・・・?//」

 シルバークロース「・・・もう少し詳しく読ませてくれ」ペラ

 シルバークロース「(使う際には必ずスポイトでメモリの量まで採取し、飲み物と混ぜ使用すること・・・か)」

 シルバークロース「(これか。随分小さめのスポイトだな・・・)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 08:12:17.49 ID:q6gse6lVO
去鳴、2杯の紅茶を用意するとをスポイトを片方のみに使ってシャッフル
どうなるか試そうと提案してくる

根負けしたシルクロ決意して飲むのよー
810 :1 [saga]:2018/11/29(木) 08:20:26.69 ID:kENhsceLO
 去鳴「ふむふむなるほどっしょ」スクッ

 シルバークロース「ああ。・・・の、飲むのか?」

 シルバークロース「(冷蔵庫からペットボトルの紅茶をコップに入れてるが)」

 去鳴「当然っしょ!ただし・・・」コポコポ

 ―キュッ チュー・・・  

 去鳴「これくらいかな」チョポッ

 シルバークロース「・・・?。もう片方には」

 去鳴「レッツ、ロシアン媚薬紅茶ゲームっしょ♪」

 シルバークロース「」

 去鳴「ではシャッフルシャッフル〜」カチャカチャッ

 シルバークロース「お、おい、去鳴」アセアセ

 去鳴「・・・はい。好きな方を選んでっしょ♪」

 シルバークロース「・・・。・・・はぁー」スッ

 去鳴「じゃあ、私はこっちだね。・・・いただきまーす」

 ―ゴクゴクッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 08:25:01.05 ID:q6gse6lVO
コンマ偶数ならシルクロ、奇数なら去鳴が引き当てる
相手が色っぽく見えてきてドキドキが高まる
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 08:28:53.90 ID:NmKhtKgMo
去鳴が媚薬を引いてしまいハァハァと興奮し出す
813 :1 [saga]:2018/11/29(木) 10:29:25.40 ID:kENhsceLO
 シルバークロース「・・・」ゴクンッ

 去鳴「・・・どう?」

 シルバークロース「私は・・・別に・・・」

 シルバークロース「(・・・やはり偽物だったのか・・・?)」

 去鳴「・・・//」ポー
 
 シルバークロース「・・・去鳴?どうした?」

 去鳴「はぁ・・・はぁ・・・///」ドキドキ

 去鳴「わ、私が引いちゃったみたいっしょ///」トロン

 シルバークロース「!。だ、大丈夫か?」アセアセ

 去鳴「な、なんかね・・・スッゴい身体が熱くなって心臓バクバクして・・・///」ドキドキ

 去鳴「シルバーを見てると・・・キュウってなっちゃうっしょ///」モジモジ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 10:35:25.21 ID:bt/dH2rTO
シルバードキドキしてると誘ってくる去鳴
815 :1 [saga]:2018/11/29(木) 11:31:35.93 ID:kENhsceLO
 シルバークロース「解毒剤は・・・」ゴソゴソ

 去鳴「ま、待って待って///」ヒシッ

 シルバークロース「え?」

 シルバークロース「し、しかし、もし体に不調が出てしまったら」

 去鳴「大丈夫っしょ・・・///ただ、ドキドキしてるだけだから///」

 シルバークロース「・・・本当にか?」

 去鳴「うん・・・///だから・・・シルバー、えっち・・・しよ♥?///」ハァハァ

 去鳴「もう、ね///お股のところ、垂れて私の汁でくちゅくちゅって鳴ってるの・・・♥///」ハァハァ

 ―くちゅくちゅっ

 去鳴「ね・・・?///」

 シルバークロース「・・・」ムラ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 13:05:46.32 ID:bt/dH2rTO
シルバーだきよせいいんだな?の最終確認
817 :1 [saga]:2018/11/29(木) 16:44:35.22 ID:kENhsceLO
 シルバークロース「・・・」スッ

 ―グイッ

 去鳴「ん・・・///」ドキドキ

 シルバークロース「いいんだな?」ジッ

 去鳴「いいよ♥///・・・いっぱいえっちしよ♥///」チュッ

 シルバークロース「・・・ああ。わかった」

 ―ちゅっ・・・ ちゅぷ

 去鳴「んんっ・・・♥///んっ、む・・・♥///」

 シルバークロース「っ・・・/」

 ―ちゅうっ、ちゅっ・・・レロッ、ちゅるるっ、ちゅぷっ・・・

 シルバークロース「っ・・・//(紅茶のせいか、いつもより甘く感じるな・・・//)」

 去鳴「んっ、んんぁ・・・♥///」

 去鳴「(な、なんだろ・・・///舌が触れ合う度にすごく、ぞくぞくってするっしょ♥///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1  
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 17:36:28.45 ID:NmKhtKgMo
キスをしながら手マンするシルバー
819 :1 [saga]:2018/11/29(木) 17:55:15.59 ID:dR3K+/HlO
 ―ちゅるるっ、レロッレロッ ちゅぷっ ちゅうっ ちゅるっ

 去鳴「んっぁ・・・♥///んむぅっ♥///」

 去鳴「んっ♥!///んっ、ふぁ・・・♥!///っ♥!///」

 去鳴「(や、やばっ♥//軽く、イぃっ・・・♥!///)」

 ―ビクンッ! ビクビクッ

 シルバークロース「ん・・・?//(身体が少し震えたな・・・?)」

 去鳴「んー・・・♥///んっ、ふぅ・・・♥///」

 シルバークロース「(キスだけで軽くイったのか・・・媚薬なだけはあるわけだ/)」

 シルバークロース「(・・・なら、こっちは・・・)」ススッ

 ―ピラッ くちゅっ・・・

 去鳴「んんっぅぅ・・・♥!///」

 ―トロトロ・・・ くちゅっ ちゅくっ・・・

 シルバークロース「(すごいな・・・/洪水になってるぞ・・・/)」

 ―くぷぷぷっ

 去鳴「んあぁっ♥!///んんっ♥!///」

 去鳴「(指っ♥///シルバーの、指が一気に入ってるぅ・・・♥!///)」

 ―ちゅっ ちゅるるっ、ちゅぷっ、レロッ
 ―ぐちゅっ くちゅくちゅっ

 シルバークロース「(膣内も既にヌルヌルになってるな/)」

 去鳴「ふぅーっ♥///んっ、ふぁぁ・・・♥///」



 どうする?orどうなる?
 ↓1
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 19:41:21.57 ID:NmKhtKgMo
さらに弄られる去鳴早くいれてと涙目で懇願する
821 :1 [saga]:2018/11/29(木) 20:08:55.78 ID:imxnSADS0
 ―くちゅっ ぐちゅっくちゅっ

 ―ちゅるるるっ、レロッレロッ、ちゅうっ

 去鳴「んぅっ♥//ふ、んんっ・・・♥///」

 シルバークロース「・・・っはぁ//」

 ―ぐちゅぐちゅっ ぐちゅぐちゅっ

 去鳴「あぁぁぁっ・・・♥!///」
 
 去鳴「んっぁ♥!///ぁっぁ、あぁぁ・・・♥!///」
  
 ―くちゅっ くちゅくちゅっ ぐちゅっ
 
 ―トロォ・・・
 
 シルバークロース「・・・私の手がこんなに濡れてしまっているな?//」クスッ

 去鳴「や、やぁ・・・ん・・・♥///」

 去鳴「シルバー・・・もう、入れてほしいっしょ・・・♥///」ハァハァ

 シルバークロース「まだ早くないか?//」チュッ、スリスリ

 去鳴「んん〜っ・・・♥///・・・我慢、できないからぁ・・・♥///」トロン



 どうする?orどうなる?
 ↓1
822 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 20:14:35.30 ID:NmKhtKgMo
シルバーあまりにも懇願されるのでムスコを出し挿入する

飲んでたビールが小麦のビールになったかってくらいあめぇ
823 :1 [saga]:2018/11/29(木) 20:57:42.89 ID:imxnSADS0
 シルバークロース「・・・ああ//」

 シルバークロース「・・・これ、飲むか?//」

 去鳴「?//」

 シルバークロース「即効性のピルだ//」

 去鳴「ゴム付けなくていいってこと?//」

 シルバークロース「学園都市製の絶対安心の避妊具だからな//」

 去鳴「・・・じゃあ//」

 ―ゴクゴク・・・ッ

 去鳴「っ、ん・・・//・・・うわ、苦ひ・・・///」

 シルバークロース「良薬は口に苦し、だぞ/」クスッ

 去鳴「ん〜〜〜・・・//」

 シルバークロース「・・・服、脱いでもらえるか?//」スルスルッ、パサッ

 去鳴「ん、うん・・・//」シュルッ、スルルーッ、パサッ

 去鳴「・・・んっ、しょ・・・//」コロン

 去鳴「シルバー・・・挿れて♥///」

 ―ぐいっ クパァ・・・
 
 シルバークロース「ああ・・・んっ・・・//」

 ―くちゅり・・・
 ―ぐぷっ ぐぷぷぷぷっ・・・

 去鳴「あ、んんっ〜〜〜〜っ♥!///」

 ―ぷしゃぁぁぁ・・・

 去鳴「っ・・・♥///っ♥///・・・イ、ちゃったぁ・・・♥///」トロン・・・

 シルバークロース「みたい、だなっ//締め付けがすごい、なっ・・・///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1  

 >>822 小麦のビールって甘いんでせうか?(飲めない人感)
824 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 21:06:09.27 ID:NmKhtKgMo
シルバー興奮し最初から激しく突く

甘いしおいしいですよ
銀河高原ビールとかドイツのヴァイスビアとかおすすめ
ただ軽く振らないとおいしいのが下に沈殿しちゃいますあと高いからたまにしか購入できないです
825 :1 [saga]:2018/11/29(木) 21:22:27.08 ID:imxnSADS0
 去鳴「はぁっ///はぁっ・・・♥///」

 去鳴「なんか、シルバーの・・・おち○ち○の感じ、すごく感じちゃうっしょ・・・♥///」

 シルバークロース「今回は・・・そのものだからな//」クスッ

 去鳴「んん・・・♥///そ、そっか・・・♥//」
 
 シルバークロース「・・・初めての時にも、付けずに挿れたっけかな・・・//」

 去鳴「うん・・・♥//」

 去鳴「・・・今、すっごく幸せな気分っしょ・・・♥///」

 シルバークロース「俺もだよ//去鳴・・・//」

 ―ギュッ
 ―ちゅっ、レロッ・・・ちゅるるっ、ちゅうっ

 去鳴「ん、ふ・・・♥///」

 ―ぬぷっ ぱんっ、ぱちゅっぐちゅっ

 去鳴「んっ♥///んんっ♥///んっぁ♥///んっ、ふ・・・♥///」

 シルバークロース「っ・・・///」

 シルバークロース「(膣内の締め付けもすごい、がっ・・・//膣壁の動きも・・・っ///)」
 
 ―ぐちゅっぐちゅっぐちゅっ
 ―ぱちゅっ、ぱちゅっ、パンパンッ 
 
 去鳴「ふあぁっ♥!///んあぁっ♥!///あっぁぁ・・・♥!///」

 去鳴「ひあっ♥!///あひ、んっ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>824 ほぉほぉ
     詳しいご説明誠にあざます。
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 21:38:37.80 ID:GovQ1cSdO
互いに愛を囁いたりキスをしたりしながらたかめていく
827 :1 [saga]:2018/11/29(木) 22:24:23.97 ID:imxnSADS0
 去鳴「シルバー、っ♥///あっ、んん・・・♥!///」

 シルバークロース「さろ、めっ・・・///」

 ―パンパンッ ぱちゅっ ぱちゅっ

 シルバークロース「いつもより、何倍も気持ちいいかっ・・・?///」

 去鳴「う、んっ・・・♥!///」

 去鳴「んっ・・・♥!///」

 ―ちゅっ レロッ ちゅるるっ レロッ ちゅっ・・・
 
 シルバークロース「んっ、んっく・・・//」

 去鳴「んぅっ♥///んむっ・・・♥///」

 シルバークロース「っ・・・//」

 去鳴「ぷはぁっ・・・♥///あむぅ・・・♥///」

 ―パンパンッ ぱちゅっぱちゅっ!

 シルバークロース「っ、そろそろ・・・っ///」

 去鳴「なか、に、出しちゃうの・・・っ?///」

 シルバークロース「ああっ・・・///」

 去鳴「んん・・・っ♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 22:26:23.89 ID:NmKhtKgMo
好きだ!去鳴!おまえだけを!と中に出す
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 23:15:12.47 ID:Q/Eq+FSN0
この大量の媚薬を他のカップルにおすそわけする展開に期待してもいいかい?

そういえば原作キャラ同士のカップリングでまだエロ書いてない組ってあったっけ
830 :1 [saga]:2018/11/30(金) 00:06:23.09 ID:6OV8CAuaO
 シルバークロース「去鳴っ・・・///」

 ―パンパンッ! ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぐちゅっ!

 去鳴「あっぁ♥!///んあっ、あっ♥!///」アヘェ

 去鳴「あひゃま、まっひろにぃ・・・♥///」

 シルバークロース「出すぞっ///・・・好きだ、っ、去鳴・・・!///」

 去鳴「っ///んんっ・・・♥///わら、ひも・・・っ、んぁっ♥///」

 去鳴「すきぃ・・・♥///」トロン

 シルバークロース「っ!///」

 ―ドピュッ!ビュルルッ!ビュクッ!ビュルッ!

 去鳴「ふあぁぁぁぁっ♥♥!///」

 ―ビクビクッ!ビクンッ!
 ―ぷしゃぁぁぁぁ・・・!

 去鳴「ぁ♥は、ぁん♥///ひゅご、おなか、奥・・・♥///」

 去鳴「熱ひぃ・・・♥///せーえき、流れ込んでくる・・・♥///」

 シルバークロース「っ・・・は、くっ・・・///」

 ―ビュルルッ!ビュッ!ビュクッ

 去鳴「ひあぁ・・・♥///ま、ら、れてる・・・♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>829 どうぞ。>>1も期待します
     土御門×姫神、上条×美琴、原谷×ヴェント、横須賀×キャーリサ、清ヶ×挟美、一方通行×円周
     写影×結標、マーク×シャットアウラ、香焼×インデックス、ステイル×パトリシアぐらいでせうかね。  
 
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 07:55:55.68 ID:sT7nU0CDO
みこっちんやってなかったんか…
番外個体も黄泉川もまだだしそうねえ……

粘膜から媚薬が移り、シルクロの息子が更に大きくなる
まだほとぼりが冷めず息子を舐めてくる去鳴
832 :1 [saga]:2018/11/30(金) 08:09:14.11 ID:hvxhSipLO
 シルバークロース「・・・っ、はぁ・・・///」

 ―ぬぽぉっ・・・
 ―コポォ・・・

 去鳴「あ、ぁっ・・・溢れひゃうっ、しょ・・・♥///」

 ―ツイ トロォ・・・

 去鳴「んっ、んりゅ・・・♥///んむっ・・・♥///」

 ―レロレロレロッ ちゅりゅ、ちゅぷ、くちゅ・・・

 シルバークロース「・・・!?//」

 ―ビキビキッ

 シルバークロース「(こ、これは・・・//)」

 去鳴「ん・・・あれ?///シ、シルバーのおち○ち○・・・もっと大きくなっちゃってるっしょ・・・♥//」ハァハァ

 シルバークロース「お、恐らく媚薬のせいで・・・//」

 去鳴「そっか・・・///・・・じゃあ♥///」

 ―ニギッ
 ―レロォーッ・・・

 シルバークロース「っ・・・!///」

 去鳴「んっ、んぷっ・・・♥///んくっ♥///」

 ―ちゅっ、ちゅる レロレロッ ちゅぷっ、レロッ
 ―くぷぷぷ・・・

 去鳴「(すご・・・っ♥///いつもより、大きくって口の中に入れづらいっしょ♥///)」

 ―ぐぷっ、くぷっ レロッちゅぷ くぷぷっ

 去鳴「ふぇぉ、んっぶ♥///んんっ♥///んーっ♥///」

 シルバークロース「っ//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 08:09:32.12 ID:pvsIXOO8o
青ピとメビオたん(ヤッたらしいが描写なし)、騎士団長とガリマさん赤影と婚后さんとか闇咲大先輩と女さんはだめでしょうか

安価なら下
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 08:11:22.92 ID:46lxPfM9O
口内に大量にでるも鎮まらずシルバーもう一度していいかと尋ね去鳴色っぽく倒れるまでしようと言う
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 08:12:26.79 ID:jLx9SnqbO
あわきんと写影君はオネショタになるのか…
836 :1 [saga]:2018/11/30(金) 08:29:34.36 ID:hvxhSipLO
 ―ぐぽっくぷっ ジュプッレロレロッ ぐぷっ

 去鳴「んっ♥/んぐっ♥///んっ♥///」

 シルバークロース「はぁっ//っ、くっ・・・///」

 去鳴「ひるふぁー・・・っ♥///んんっ・・・♥///」

 ―ちゅるるっ、ジュプッ レロォッ くぷっぐっぽぐぷっ

 去鳴「んぉ・・・っ♥///んっ♥んんっ♥///」

 シルバークロース「っ///」

 ―くぷぷぷっ、ぐぷっ、ちゅるるっ レロレロッ
 ―ビクンッ!

 去鳴「(ぁ・・・♥///すごい跳ねた・・・♥//射精するんだね・・・♥///)」

 去鳴「(良いっしょ♥///射精して・・・♥///)」

 ―ちゅぅぅぅうっ レロレロッ くぷっぐっぽぐぷっ

 シルバークロース「ぐぅ・・・!///」

 ―ドプッ!ビュルルルッ!ビュプッ!ビュクッ!ビュルッ!

 去鳴「んぐぅ・・・っ♥!///んお♥んぶっ♥!///」

 ―ビュルルルッ!ビュルルルッ!ビュクッ!ビュプッ・・・

 去鳴「んっ♥んんーー・・・♥///」フーフー

 去鳴「(口の中、頬っぺた膨らんじゃうくらい・・・♥///せーえき、いっぱいっしょ・・・♥///)」

 シルバークロース「はぁ・・・はぁ・・・///」

 ―ぬぷぷっ・・・ドロォ・・・

 去鳴「んんぅ・・・♥///」

 ―コプコプッ
 ―モグモグ・・・

 去鳴「んっ、んぐ・・・♥///んぅ♥///んっぐ・・・♥///」

 ―ゴクッ ゴキュッ ゴクンッ

 去鳴「ぷぁぁ・・・♥///はふ♥///は、ん・・・♥///」

 去鳴「すごい量だったっしょ・・・♥///」

 シルバークロース「・・・去鳴///」

 ―ビキビキッ

 去鳴「・・・ふふっ♥///まだまだ元気っしょ・・・♥///」コロン

 シルバークロース「あ、ああ・・・///・・・もう一度、していいか?///」

 去鳴「うん♥///いっぱい・・・気絶しちゃうまでしよ♥///」

 ―クパァ・・・トロォ

 シルバークロース「去鳴・・・っ///」

 去鳴「んぁ・・・♥///ぁんっ♥///」



 どうする?orどうなる?
 ↓1 


 >>833 OKでせう。ただ本編でその流れをつくらないと・・・
 >>835 はい。小四なんで精通は・・・まぁ、書く時が来た場合によります。
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 08:35:39.86 ID:pvsIXOO8o
去鳴の中に挿入しキスや愛撫しながら行為を続ける

わかりました!書いてないからダメかと思いました!了解っす
838 :1 [saga]:2018/11/30(金) 10:41:46.19 ID:hvxhSipLO
 ―パンパンッ! ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 去鳴「あんっ♥!///ああっ♥///ぁっ♥!///」

 ―パンパンッ! ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 シルバークロース「去鳴っ///」

 去鳴「はっ♥///はっ、ぁ♥///ぁんんっ♥///」

 ―ビクンッ!ビクビクッ!
 ―ぷしゃっ チョロロロォ・・・

 去鳴「んやぁっ♥///おち○ち○、出し入れされがらおしっこ、漏れちゃ、んあぅぅっ♥!///」

 シルバークロース「んっ・・・///

 ―むにゅっ、むにっ、ちゅっ、ちゅぱっ・・・

 去鳴「んんぁぁ♥!///おっぱぃ、今っダメ・・・♥!///」

 ―パンパンッ! ぱちゅっ!ぱちゅっ!
 ―ふにゅっ むにっ ちゅぷっ、レロレロッ

 去鳴「ひぁあっ♥!///んあっ♥!///あんっ♥!///」

 去鳴「あ♥//っ♥//んぃっ♥!///」

 シルバークロース「去鳴っ・・・!///」

 ―パンパンッ! ぱちゅっ!ぱちゅっ!
 ―レロレロッ ちゅぅぅっ、ちゅぱ、レロッ

 去鳴「ふぁっ♥//んっ・・・あはぁっ♥///」アヘェ


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 >>837 はい。
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 11:41:58.64 ID:iQq5IXMGO
中に出すシルバー流石に疲れたのか休憩を提案する
840 :1 [saga]:2018/11/30(金) 12:27:21.26 ID:hvxhSipLO
 去鳴「はっ♥//んあっ♥、//あ、ぅ♥!///」

 ―パンパンッ! ぱちゅっ!ぱちゅっ!
 
 シルバークロース「また、出るっ・・・!//」

 去鳴「ん、うんっ♥///らひて♥///おなか、奥、せーえきっ♥///んはぁっ♥///」

 去鳴「しるばー、の♥///せーえきいっぱい、あかひゃんのおへやにっ♥///」

 シルバークロース「っ・・・!///」

 ―パンパンッ! ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 去鳴「んぃぃっ♥!///あふっ♥!///あぁあぁっ♥!///」

 シルバークロース「くっ!///」

 ―ビュクッ!ビュルッ!ビュルルルッ!ドプッ!ドプッ!

 去鳴「はぅぅ・・・♥!///んぉ、あぁぁぁあっ♥!///」

 ―ビュプッ!ビュルルッ!ビュッ!ビュクッ・・・

 去鳴「っ♥///っ♥っ・・・!♥///ん、ん・・・♥///」

 去鳴「おなか、熱ぃ・・・♥///シルバーの、せーえき流れ込んでる・・・♥///」

 去鳴「あかひゃんの、おへや、いっぱぃ・・・あ、んっ♥///」

 ―ビクンッ!ビクンッ!
 ―チョロロロォ・・・チョロロォ・・・

 シルバークロース「はぁー・・・はぁー・・・///」

 ―ぬぽぉ・・・
 ―コプッ、コポォ・・・ドロォォ・・・

 去鳴「はー・・・♥///はー・・・♥///」

 シルバークロース「・・・っ、はぁ・・・///」

 シルバークロース「流石に疲れたな・・・//少し休憩を・・・//」ゴロン

 去鳴「んー・・・んっ♥///」チュッ

 シルバークロース「んっ・・・大丈夫か?//」

 ―サワサワ フニフニッ
 
 去鳴「んぅ・・・♥//うん・・・♥//おっぱい、触ってるけど・・・♥//」

 シルバークロース「後戯だ・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 12:58:10.61 ID:xMtdvUbtO
手で胸を刺激して乳首を立たせるシルバークロース
勉強したんだと恥ずかしそうにそっぽを向く
842 :1 [saga]:2018/11/30(金) 13:56:25.84 ID:hvxhSipLO
 ―サワサワ フニフニッ

 去鳴「ん、ん・・・♥///」

 去鳴「(シルバーの手・・・温かいっしょ♥//)」ドキドキ

 ―ムニッ フニュッ フニフニッ

 シルバークロース「・・・//」

 去鳴「あ、ん・・・♥//気持ちいいっしょ・・・♥//」クスッ

 シルバークロース「そうか・・・//」

 ―クリクリッ フニフニッ

 去鳴「ん・・・乳首、勃っちゃってるっしょ・・・♥///」

 シルバークロース「ああ・・・//」クスッ

 去鳴「シルバーの揉み方、優しくてえっちだったっしょ♥//」クスッ

 シルバークロース「じ、事前に学んでおいたからな//」フイッ

 去鳴「ふふっ・・・♥///」チュッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 14:16:39.98 ID:BIuAOMJeO
勃った乳首に吸い付くシルクロ
844 :1 [saga]:2018/11/30(金) 15:11:56.21 ID:hvxhSipLO
 シルバークロース「・・・まだ、続けても大丈夫か?//」

 去鳴「うん・・・♥//いいっしょ♥//」ニコリ

 シルバークロース「・・・んっ//」 
 
 ―ちゅっ、ちゅぅっ

 去鳴「あんんっ♥//ぁ、っはぁ・・・♥//」

 シルバークロース「っ//」

 ―ちゅぅ、ちゅっ、ちゅぷっ・・・ちゅうっ、レロッ

 去鳴「んっ、ふふっ・・・♥//シルバー、赤ちゃんみたいっしょ♥//」

 シルバークロース「・・・本能でこうなるんだ///」

 去鳴「そっか・・・♥//あんっ♥//」

 ―カリカリ ちゅっ、ちゅぷ・・・ クリクリッ

 去鳴「甘噛みしながら、吸われてクリクリされるの気持ちいいっしょ・・・♥///」

 去鳴「んっぅ・・・♥///あ、ふぅ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 15:26:29.85 ID:BIuAOMJeO
甘い声を挙げる去鳴だったが攻めがうまいのかチクニーと同じ感じになりイってしまう
846 :1 [saga]:2018/11/30(金) 23:27:14.28 ID:FdBqi5730
 ―ちゅるるるっ レロレロッ ちゅぷっ

 シルバークロース「(乳頭を舌でゆっくりと舐めると・・・//)」

 ―レロォ・・・ ちゅうっ

 去鳴「ふああぁぁ・・・♥///」

 シルバークロース「(間延びして気持ちよくなってるな・・・//)」

 去鳴「んんっ♥///ん・・・♥///」

 去鳴「ひあぁっ♥///っ・・・♥///

 ―ちゅっ ちゅっ ちゅぱ・・・
 
 シルバークロース「ふー・・・んっ・・・//」

 去鳴「あっ♥//あ・・・♥///んんっ♥!///」

 去鳴「シル、バーっ・・・♥//」

 シルバークロース「っ・・・//」

 ―カリカリッ ちゅるるるっ、レロッ、ちゅぷっ、ちゅうっ・・・

 去鳴「んっ♥!//あっ♥あぁぁぁ・・・っ♥!///」

 ―ビクンッ!ビクビクッ!

 去鳴「はぁー・・・ぁっ♥///」

 シルバークロース「ん・・・イったか?//」

 去鳴「うん・・・♥///乳首だけでイっちゃったぁ・・・♥///」トロン

 シルバークロース「・・・//」クスッ

 去鳴「んぅ・・・//」

 シルバークロース「・・・寝るか?//」

 去鳴「・・・そうするっしょ//」

 シルバークロース「布団はちゃんとかけないとな・・・//」

 去鳴「うん・・・ありがと♥//」

 シルバークロース「・・・おやすみ、去鳴//」チュッ

 去鳴「おやすみ・・・シル、バー・・・//」ウトウト

 シルバークロース「・・・私も寝るか・・・//」


 -終-

 お疲れ様でした
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 23:54:53.47 ID:pvsIXOO8o
おつおつー
次はめざせガリマさん!ここでくらい幸せになってほしい
848 :1 [saga]:2018/12/16(日) 00:25:07.12 ID:7zvwgPtW0
 サンドリヨンの提案により3Pをすることになった。
 酔っ払ったままサンドリヨンと上条さんと吹寄はラブホテルへINし、媚薬のオンパレードと100種類もの媚薬が置かれている
 部屋を(上条さんが間違えてパネルを押して)選んだ。
 媚薬は通常から母乳が出たり触手を使えるようになると絶対に科学力の無駄遣いな物があり、上条さんは呆れた。
 そしてシャワーを浴びようとしたサンドリヨンと吹寄に引かれ・・・


 -シャワールーム-

 サンドリヨン@タオル巻き【あら//ここにも媚薬が置かれてるわよ?//】クスッ
 
 吹寄@タオル巻き「ほ、ホントね・・・///」

 上条@腰タオル巻き「・・・//」

 サンドリヨン【さってと・・・//】


 どうする?orどうなる?
 ↓1
849 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/12/16(日) 00:32:48.07 ID:eGN8DsFv0
とりあえず、サンドリヨンはタオルを脱ぎ捨てる
「日本だとこういうの裸の付き合いというらしいじゃない?」と間違った知識を言いつつ、エッチした仲なのに今更隠す必要ある?という
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 00:33:00.85 ID:MnCCRPk/0
なんとシャワーにも媚薬が出てくるヘッドがあった
851 :1 [saga]:2018/12/16(日) 00:43:48.44 ID:7zvwgPtW0
 ―スルッ・・・ パサッ
 
 上条「って、おい!?//何自然に脱いでるんだよ!?//」

 サンドリヨン【あら、可笑しいこと言うわね//】クスッ

 サンドリヨン【日本だと、こう言うのは裸の付き合いって言うらしいじゃないの//・・・それに♥//】ズイッ

 ―ギュッ
 ―むにゅっ・・・

 上条「っ!//」ドキッ

 サンドリヨン【もうエッチなことした仲なんだし、今更隠す必要なんて・・・ある?//】クスッ

 上条「・・・///」

 吹寄「・・・///」

 ―スルッ パサッ
 ―たゆん・・・

 上条「!?//せ、制理・・・っ///」

 吹寄「サ、サンドリヨンの言う事も・・・間違っては、いないから・・・//」

 サンドリヨン【ふふっ♥//】

 上条「・・・と、とりあえず・・・シャワー・・・浴びててくれ//上条さんは・・・湯船に・・・//」ソソクサ
 
 サンドリヨン【はーい♥//】クスッ



 吹寄「・・・///」モジモジ

 サンドリヨン【・・・やっぱり制理の胸、大きいわよね//羨ましいわ//】

 吹寄「あ、あんまり見ないでほしいんだけど・・・///」モジモジ

 ―カチッ ピピピッ
 ―シャァァアアーーーーッ
 
 サンドリヨン【ん?・・・(さっき何か音が聞こえたけど・・・気のせいか)】

 吹寄「ん・・・//」



 ―シャァァアアーーーーッ 

 サンドリヨン【はぁ・・・んっ・・・///】ピクッ

 吹寄「んんっ//は、ぁ・・・///」モジモジッ

 吹寄「サ、サンドリヨンっ・・・//体、熱くてっ・・・///」ハァハァ

 サンドリヨン【っ//私も・・・//これ・・・もしかしてシャワーから媚薬が・・・?///】ハァハァ

 吹寄「え!?///」ハァハァ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 00:48:45.16 ID:MnCCRPk/0
体を小さくしたサンドリヨンが吹寄に母性を求める
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/12/16(日) 00:49:36.10 ID:eGN8DsFv0
そのまま押し倒して貝合わせ
854 :1 [saga]:2018/12/16(日) 01:02:22.30 ID:7zvwgPtW0
 ―チャプン

 上条「・・・ん?/(何か2人の様子が・・・変、か?)」


 サンドリヨン【はぁ、はぁっ・・・っ///】

 サンドリヨン【制理・・・っ♥//】ズイッ

 吹寄「サン、ドリヨン・・・//」ドキドキッ

 ―トサッ・・・


 上条「・・・れ?//」


 サンドリヨン【制理♥//制理ぃ・・・♥//】スリスリ

 ―ぬりゅっ ぬちゅっ ぬちゅ・・・
 
 吹寄「サ、サンドリヨン、落ち着いて?//私は逃げないから・・・//」

 サンドリヨン【ん・・・ごめんなさい//つい・・・//】

 サンドリヨン【・・・ちょっと待って//・・・ん・・・っ♥//】

 ―パァァァア・・・
 
 小サンドリヨン【これで重くない、かしら・・・♥//】

 吹寄「・・・ええ//と言うより、元の姿でも重くなかったわよ?//」ナデナデ

 小サンドリヨン【そう・・・♥//・・・制理♥//おっぱい・・・吸っていい?//】ハァハァ

 吹寄「・・・//」コクリ

 小サンドリヨン「ん・・・っ♥//」

 ―かぷっ
 ―ちゅるるっ、レロレロッ ちゅうっ、ちゅうっ・・・

 吹寄「んっ、ふ・・・///」

 小サンドリヨン【はむっ♥///んぷ♥///んぅ・・・♥///】


 どうする?orどうなる?
 ↓1
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/12/16(日) 01:03:16.66 ID:eGN8DsFv0
上条さん、詳しい事情を分からず混乱
ただ、二人の行為によって下条は大きくなっていく
856 :1 [saga]:2018/12/16(日) 01:11:01.88 ID:7zvwgPtW0
 サンドリヨン【ん〜〜っ・・・♥///】

 ―ちゅぱっ ちゅぷっ、ちゅうぅっ、ちゅるっ、レロレロッ

 吹寄「あ、んんっ・・・///サンドリヨンっ・・・///」

 サンドリヨン【んっふぅ・・・♥///】

  

 上条「(ただいまの状況を説明が・・・///)」

 上条「(何か突然2人が絡み合うように抱き合いながら・・・)」
 
 上条「(サンドリヨンが小さくなって、制理の・・・胸に吸い付いてるでせう・・・///)」
 
 ―ギンギン

 上条「・・・///」

 上条「(やばい・・・///2人のあの光景を見てたら、上条さんの息子が・・・///)」
 
 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 01:14:26.65 ID:VUySHjYL0
我慢できず乱入
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 01:15:01.31 ID:MnCCRPk/0
二人に気づかれる
859 :1 [saga]:2018/12/16(日) 01:39:47.05 ID:7zvwgPtW0
 小サンドリヨン【んっ♥//はぁ・・・♥///】

 吹寄「は、ん・・・はぁ・・・っ♥//」

 小サンドリヨン【制理のおっぱい、美味しいわね・・・♥//】クスッ

 吹寄「な、そ、そんな・・・///」

 小サンドリヨン【当麻がやみつきになるのも・・・無理ないわ//】チュッ

 吹寄「んっ・・・///


 ―ザパァァ・・・

 上条「・・・お二人とも//上条さんのこと・・・忘れてたんでせうか?//」

 小サンドリヨン【あら//そんなわけないでしょ?//】

 吹寄「え、ええ・・・///」

 上条「なら・・・混ぜさせてもらうでせうよ//」ズイッ

 ―ノシッ

 吹寄「と、当麻・・・///ドキドキ

 上条「俺も制理の胸・・・楽しませてもらうぜ//」

 ―ちゅぷっ ちゅぅぅっ ちゅうっ ちゅぱっ

 吹寄「あぁぁっ♥!///んっ、んぁぁっ♥!///」

 サンドリヨン【・・・じゃあ、私は反対側ね♥//】


 どうする?orどうなる?
 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 01:41:37.83 ID:MnCCRPk/0
吹寄、手マンでサンドリヨンに反撃
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 01:56:21.69 ID:VUySHjYL0
862 :1 [saga]:2018/12/16(日) 08:30:59.17 ID:7zvwgPtW0
 吹寄「あぁっ♥!//んんっ♥や、んっ・・・♥!//」

 小サンドリヨン【んっ、んむっ♥///】

 上条「っ・・・///」

 ―ぢゅるるっ ちゅぷっ レロレロッ ちゅうっ

 吹寄「んっ♥!//二人、ともっ//同時は、ダメぇっ・・・!///」

 小サンドリヨン【んっ・・・♥//ダメなの♥?//】

 吹寄「刺激が、んぁっ!♥//は、んんっ♥//強すぎ、る、からぁっ///」ハァハァッ

 上条「んっ、なら・・・//」ヒソヒソ

 小サンドリヨン【・・・あぁ♥//】ニコリ

 ―ちゅるるる!ちゅぷっ、レロレロッ ぢゅるっ ちゅぷっ
 ―ちゅぷっ、ちゅるる、レロッ ちゅうっ

 吹寄「ふあぁあっ♥!?///な、にしてっ・・・!///」

 小サンドリヨン【さひゅう、んぷっ、りょうひはらめなんれひょ♥?///】

 上条「同じとこなら・・・問題ないよな?//」クスッ

 ―ちゅぷっ、レロレロッ、ちゅるる、ちゅぷっ
 ―ちゅうっ、ちゅるるる、レロッ、ちゅぷっ

 吹寄「んんぁっ♥!///あ、んんっ♥!//んっ、んんっ♥!///」

 小サンドリヨン【んっ、当麻♥キスしながら、制理を気持ちよくしてあげましょ♥///】

 上条「ん、ああっ//」

 ―ちゅぷっ、レロレロッ、ちゅるるっ、ちゅぷっ、ちゅうっ・・・

 小サンドリヨン【ん、んふっ・・・♥///】

 上条「ん、っ・・・///」

 小サンドリヨン【んぅっ♥///んっ♥///】

 吹寄「んぁっ♥///っ・・・♥///」

 吹寄「(わ、私、の、乳首越しに、キスしてるなんてっ・・・///)」

 吹寄「・・・っ!///」グイッ

 ―くちゅ・・・

 小サンドリヨン【ひあっ♥///】

 吹寄「ずるい、わよ//一人だけ・・・っ///」ムスッ

 ―くちゅ くちゅ くちゅ

 小サンドリヨン【あっ、んんっ♥!///んあっ♥は、ぁぁっ♥!///】

 吹寄「・・・体は小さくなっても、ここは気持ちよくなれるのね・・・///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/12/16(日) 08:38:57.20 ID:eGN8DsFv0
上条さん、バキバキになった下条さんを二人に見せて奉仕させる(手コキやフェラなど)
864 :1 [saga]:2018/12/16(日) 09:33:22.60 ID:7zvwgPtW0
 小サンドリヨン【っ、んんっ♥!//】

 ―ちゅるるっ、ちゅぷっ、ちゅうっ、ちゅっ・・・

 吹寄「んっ♥!//んんっ・・・♥!///」

 上条「・・・//」

 ―くちゅくちゅくちゅっ

 吹寄「ふあぁっ・・・♥!///」

 小サンドリヨン【制理、もっ//ここが、んっ♥//もうこんなに・・・♥///】

 吹寄「んっぁ♥!///んんっ♥!///」

 ―くちゅくちゅっ くちゅくちゅっ
 
 小サンドリヨン【あっぁ♥///っ・・・♥!///】

 吹寄「サンドリ、ヨン・・・♥!///」
 
 小サンドリヨン【イ、く・・・♥!///】

 ―ビク!ビクンッ!
 
 小サンドリヨン「あぁぁっ・・・♥!///」

 吹寄「ん、んんん〜〜〜〜っ♥!///」

 ―ビクンッ!ビクビクッ!
 ―プシャァァァァ・・・

 吹寄「ん・・・はぁっ・・・ぁ・・・♥///」ポー・・・ 
 
 小サンドリヨン【ん・・・軽くイっちゃったわね//】チュッ

 吹寄「・・・ん、うん・・・♥///」チュッ
 
 小サンドリヨン【・・・制理、キスしましょ♥//】ズイッ

 ―ちゅっ ちゅうっ・・・レロッ ちゅぷっ ちゅうっ

 吹寄「んっく・・・///んふ・・・♥///」

 小サンドリヨン【んむ♥///ん、んん・・・♥///】


 上条「・・・///(やばいな・・・//)」ゴクリッ
865 :1 [saga]:2018/12/16(日) 09:36:32.59 ID:7zvwgPtW0
 ―ちゅぱぁ・・・

 小サンドリヨン【っ、はぁ・・・♥///】

 吹寄「は、ん・・・♥///・・・あっ、当麻・・・♥?//」

 上条「・・・///」

 ―バキバキ

 吹寄「わっ・・・///」

 小サンドリヨン【あら・・・//前に見た時より・・・♥///】ドキドキッ

 上条「た、多分、上条さんも媚薬のせいで・・・///」

 小サンドリヨン【・・・じゃあご奉仕しないと、ね♥///制理?//】

 吹寄「・・・///」コクリ



 ―レロッ ちゅるるっ ちゅっ レロッ
 
 小サンドリヨン【んっ♥//ん♥//んふぅ・・・♥///】

 吹寄「はむっ♥///んぷっ・・・♥///」

 上条「くっ、ぁ・・・///良い、ぞ、二人ともっ・・・///」

 小サンドリヨン【ん・・・♥//】ニコリ

 吹寄「んぅぅ・・・♥///」テレ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 09:41:54.74 ID:Tuxkwsc8O
ダブルフェラから上条さんの息子を胸に挟むふっきー
唾液を使って滑りやすくするパイ釣り
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 09:42:53.91 ID:MnCCRPk/0
顔にぶっかけるしかないでしょう
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 09:43:41.29 ID:Tuxkwsc8O
顔射は無しで
869 :1 [saga]:2018/12/16(日) 10:37:03.89 ID:7zvwgPtW0
 小サンドリヨン【んっはぁ・・・♥///んむっ♥///】

 ―レロッ ちゅるるっ、ちゅぷっ レロッ

 吹寄「んぐっ♥////んんっ♥///っ♥!///」

 ―ちゅるるっ、レロレロッ、ちゅぷっ・・・ちゅうっ

 上条「すげっ・・・!//同時に舐められてっ・・・!///」
 
 小サンドリヨン【んっ・・・♥///】
 
 ―ちゅぷっ ちゅるるっ レロッ ちゅぷっ

 小サンドリヨン【(制理の舌が時折当たってきて、さっきのキス思い出しちゃうわ・・・♥///)】
 
 吹寄「(サンドリヨンの舌使い、すごいわね・・・///)」ドキドキ

 ―ちゅぱっ・・・

 小サンドリヨン【んっ、ふぅ・・・♥///】

 小サンドリヨン【制理、横からおっぱいで挟んであげて♥?///私もこっち側からするから♥///】ハァハァ

 吹寄「んむぁ・・・♥///ん・・・♥///」コクッ

 ―むにゅうっ むにゅっ

 上条「っ!///」
 
 小サンドリヨン【ふふっ♥//当麻の凶悪おち○ぽ、隠れちゃったわね♥//】
 
 吹寄「んっ・・・♥///」ドキドキ

 小サンドリヨン【じゃあ・・・滑りを良くしてあげないと♥///・・・ん、む♥///】モゴモゴ

 ―トロォォ〜〜・・・

 上条「(サンドリヨンの唾液が・・・///)」

 小サンドリヨン【っ♥//ほら、制理もおち○ぽに唾液かけてあげて♥?///】

 吹寄「あっ//え、ええ・・・ん♥///」モゴモゴ

 ―トロォ・・・

 吹寄「これで、いい?//」ハァハァ

 小サンドリヨン【うん♥///んっ・・・♥///】

 ―レロレロッ ちゅっ ちゅぷっ

 吹寄「・・・///(私は、胸を動かせばいいのかしら・・・///)」

 ―にゅぷっ にゅぷっ ぬぷっ
 ―にゅちゅっ くちゅっ ちゅくっ にゅちゃっ

 上条「ぅあっ・・・!///」

 小サンドリヨン【んっ♥//私と制理の唾液が混じり合って、淫らに鳴ってるわね♥//】

 小サンドリヨン【んむっ♥///ひょうま、きもひいい♥?///】

 上条「ああっ//やばいくらいっ・・・!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 10:38:22.10 ID:MnCCRPk/0
寸止めっ
871 :1 [saga]:2018/12/16(日) 11:51:39.24 ID:7zvwgPtW0
 ―にゅぷっ にゅぷっ にゅぷっ 
 ―ちゅるっ ちゅくっ レロレロッ  

 小サンドリヨン【んっ♥///んんっ♥///んく♥///】

 上条「く、はぁっ・・・///」

 上条「(制理に胸で扱かれてっ、サンドリヨンが先っぽ舐めてっ・・・!///)」

 吹寄「・・・当麻♥//その・・・//」

 上条「っ、ど、どうした?//」

 吹寄「私、今胸使ってるから・・・その・・・//口が寂しいの・・・//」

 上条「・・・じゃあ//指、でいいか・・・?//」スッ

 吹寄「・・・うん♥///はむっ・・・♥///」

 ―ちゅぱっ、ちゅるるっ、レロッ・・・

 吹寄「んむっ・・・んふ・・・♥///」

 小サンドリヨン【んっく・・・♥///んむっ♥///】


 どうする?orどうなる?
 ↓1
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 11:55:09.56 ID:Jj8x81WeO
サンドリヨンが吹寄の下半身を空いてる手で責める
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 11:55:52.41 ID:wTyQzbjoO
パイズリ&ダブルフェラ寸止めさせようとするも無理なのを見越して絶妙なタイミングで咥えるサンドリヨン
口内射精されて味わうも嫉妬の様子の吹寄へディープキスして口へ精子をあげる
874 :1 [saga]:2018/12/16(日) 14:15:27.91 ID:7zvwgPtW0
 ―にゅぷっ にゅちゅっ にゅぷっ ぬぷっ ぬちゅっ

 小サンドリヨン【んっむぅ♥///んん〜〜♥///】

 ―ちゅるっ ちゅぷっ レロレロッ ちゅるるるっ

 吹寄「んぷっ♥///んく・・・♥///」

 上条「ぅ、っくっ・・・!///は、っぐっ・・・!///」

 小サンドリヨン【っはぁ・・・♥///そろそろ射精ちゃいそう♥?///】

 上条「あ、ああっ・・・!///」

 吹寄「ん、ぷあっ・・・♥///」ハァハァ

 ―ぬちゅっ にゅぷっ ぬぷっ にゅぷっ にゅちゅっ

 上条「うあっ!?///せ、制理・・・っ!///」

 吹寄「いいわよ、好きな時に・・・っ♥///」ニコリ

 ―ぬぷっ ぬぷっ にゅぷっ ぬぽっ ぬちゅっ

 小サンドリヨン【あ、ちょ・・・んもうっ///】

 小サンドリヨン【んむぅっ・・・♥///】

 ―かぷっ・・・

 上条「ぐっ!///射精るっ・・・!///」

 ―ビュルッ!ビュッ!ビュッ!ビュクッ!ビュルルッ!

 小サンドリヨン【ん゙ぐっ♥///ん゙・・・♥///】

 ―コプコプコプ・・・

 吹寄「はぁ・・・はぁ・・・♥///」

 上条「っくはぁ・・・///」ハァハァ

 小サンドリヨン【んぐ・・・っ♥///む、ぅ・・・♥///】

 ―コプン・・・

 小サンドリヨン【(こんなにいっぱい出しちゃって・・・♥///スゴく濃いわ・・・♥///)】

 小サンドリヨン【んむ♥///・・・んっ♥///】モグモグ

 ―ゴキュッ ゴク・・・

 吹寄「あ・・・///」
 
 吹寄「・・・むぅ・・・///」

 小サンドリヨン【・・・ん、んんん?///】ノム?
 
 吹寄「!・・・っ///」コクリ

 小サンドリヨン【ん・・・っ♥///】ズイッ

 ―ちゅっ ちゅぷっ・・・ レロォ ドロォ・・・
 ―トロトロ・・・ コプ・・・ トロォ・・

 吹寄「んう♥///んぐっ♥///」

 ―ゴクッ ゴクッ・・・
 
 小サンドリヨン【んっ♥///ん・・・♥///・・・ん♥///】

 ―ちゅぷっ レロレロッ ちゅるるっ レロッ ちゅうっ
 ―くちゅくちゅっ くちゅっ・・・

 吹寄「んんっ♥!///んっむ♥///ん、はぁ・・・♥!///」

 小サンドリヨン【っはぁ・・・♥///制理のおま○こ・・・トロトロになってるわ♥///】

 吹寄「あっ♥!///んんぁ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる? 
 ↓1
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/16(日) 15:29:35.37 ID:eGN8DsFv0
また自分をスルーして二人の世界に入っているのでサンドリヨンのあそこをいじる上条さん
もう片方の手で吹寄をあそこもいじる。二人ともいじって先にイカなかった方に挿入すると伝えて我慢比べさせる
876 :1 [saga]:2018/12/16(日) 17:53:21.93 ID:7zvwgPtW0
 サンドリヨン【制理・・・♥///】ハァハァ

 吹寄「やっ、ぁ・・・♥!///」

 ―ビクンッ!ビクビクッ!

 吹寄「〜〜〜っ♥!///んん〜〜・・・っ♥///」

 サンドリヨン【またイっちゃった♥?///】クスッ

 吹寄「ん、ん・・・♥///」コクリ

 サンドリヨン【ふふ・・・♥///】

 ―ちゅうっ ちゅぷっ・・・レロレロッ ちゅぷっ
 
 サンドリヨン【ん、んぅ・・・♥///】

 吹寄「んむっ・・・♥///」

 
 上条「・・・//(まーた上条さんをほったらかしにする気でせうか・・・//なら・・・//)」スッ
 
  
 ―ちゅるるっ ちゅぷっ レロッ ちゅうっ・・・

 サンドリヨン【っ♥///んん・・・♥///】

 吹寄「んぁ・・・♥///」

 ―くちゅっ・・・

 サンドリヨン【んあぅっ・・・♥!?///】

 ―くちゅっくちゅっ・・・

 上条「サンドリヨンもすごいな?ここ、大洪水だぞ//」クスッ

 サンドリヨン【は、ぁんっ♥////当麻ぁ・・・♥///】

 ―くちゅっ・・・ くちゅっくちゅっ
 
 吹寄「あぁぁ・・・っ♥!///」

 上条「制理にもしてやらないとな//」

 ―くちゅっくちゅっ くちゅっくちゅっ・・・
 ―くちゅっ くちゅっくちゅっ くちゅっ・・・

 サンドリヨン【あぁぁっ♥///当麻の、指がんんっ♥///膣内でっ・・・♥!///】

 吹寄「かき混ぜちゃ、やっぁ・・・♥!///んぁっ・・・♥!///」

 上条「先にイった方が負けで、イかなかった方に挿入れてやるからなー//」

 吹寄「んんんっ♥!///そ、そんな・・・っ♥!///」

 サンドリヨン【ん♥//ふあぁ・・・♥!///】

 
 どうする?orどうなる?
 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 17:55:32.21 ID:MnCCRPk/0
サンドリヨンと吹寄が互いにイかせようとする
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 17:56:53.40 ID:ddElPFIxO
↑+上条さん、媚薬追加して手マン続行
879 :1 [saga]:2018/12/16(日) 19:50:30.84 ID:7zvwgPtW0
 サンドリヨン【んっ・・・♥!///制理、先にっイってもいい、わよ・・・♥?///】

 吹寄「っ♥!///サ、サンドリ、ヨンこそっ・・・♥!///」

 サンドリヨン【ぃゃ、ょ・・・っ♥///】

 ―くちゅっくちゅっ・・・

 吹寄「あぁんっ♥!///あっぁぁ♥///」

 サンドリヨン【んんっ♥!///は、ん♥///んぁぁ・・・♥!///】

 上条「ほらほら二人とも頑張れよー//」

 ―くちゅっ・・・くちゅっくちゅっ・・・
 ―くちゅっくちゅっ・・・くちゅっ・・・

 上条「・・・(おっ、そうだ//えっと・・・//)」

 上条「一旦、ストップな//」ピタッ

 ―ぬちゅ・・・

 吹寄「っ、はぁ・・・はぁー・・・♥///」

 サンドリヨン【ん・・・♥///】

 上条「(媚薬を・・・これでいいか//)」


 
 選んだのは?
 
 母乳
 通常
 
 ↓1
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 19:51:22.42 ID:eGN8DsFv0
吹寄には母乳でサンドリヨンには通常
無理なら母乳
881 :1 [saga]:2018/12/16(日) 23:10:45.34 ID:7zvwgPtW0
 上条「(ん?・・・へぇー/塗るだけでも使用可能なのか・・・//)」

 上条「(じゃあ、手に垂らして・・・//)」

 ―トロォォーー・・・
 
 上条「(こっちは制理でこっちはサンドリヨンに・・・//)」

 ―トロォォーー・・・

 上条「よし・・・/」

 上条「お待たせでせうよっ//」

 ―くぷぷぷっ 
 
 ―くぷぷっ

 サンドリヨン【んんっ♥!///】

 吹寄「んあぁあっ♥!///い、いきなり、っ・・・♥///」

 上条「イったら後からになるぞー//」クスッ

 吹寄「あっぁ♥!///んん・・・♥!///」

 サンドリヨン【ん、はっぁ・・・♥///】


 どうする?orどうなる?
 ↓1
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 23:12:51.71 ID:MnCCRPk/0
同時に潮吹き
883 :1 [saga]:2018/12/17(月) 10:46:11.74 ID:FPeS4t0eO
 吹寄「んくっ♥!///ああっ♥!あっんんっ♥!///」

 サンドリヨン【あっ♥!//ぃ、んんっ♥!///】

 ―ぬちゅっ!ぐちゅぐちゅっ!ちゅくっ!ぐちゅっ!

 サンドリヨン【や、らぁっ♥//そん、な音、立てないで・・・っ♥!///】

 上条「上条さんは普通にしてるだけでせうよー//」クスッ

 ―ぐちゅぐちゅっ!ぬちゅっ!ちゅくっ!ちゅくっ!ぐちゅっ!

 吹寄「はっ♥///は、ぁ♥!///んんっ♥!///っ、ひあ♥!///」
 
 吹寄「とう、まっ♥!///何か、媚薬使った、わね・・・っ♥!?///

 上条「お、よくわかったな//」クスッ

 ―ぬちゅっ!ぬちゅっ!ぐちゅぐちゅっ!ぬちゅっ!

 吹寄「んんゃあっ♥!///はぁ、んん♥!///」

 吹寄「(な、なにっ、これ?///胸、熱くなって・・・!///)」

 ―ぢゅくっ!ぐちゅぐちゅっ!ぬちゅっ!ぬぷっ!

 サンドリヨン【あっ♥!///は、ぁ♥!///んんっ♥!///】

 サンドリヨン【や、らめっ♥!///らめっ、ぁ♥!///イ、ィく・・・♥!///】

 吹寄「っ♥!///あぁぁ♥!///っ私、も・・・♥!///」

 吹寄「あぁぁああ♥!///んんっ・・・♥!///」

 サンドリヨン【ふあぁぁあっ♥!///】

 ―ビクビクッ!ビクンッ! ビクンッ!ビクンッ!

 ―プシャァァァア・・・ プシャァァ・・・

 上条「二人同時だな//すげえ潮吹いてるぞ?//」

 吹寄「あ、ひぁ・・・♥///あ、ぁ・・・♥!///」

 サンドリヨン【あふ・・・♥///ん、ひぁ・・・♥///】

 吹寄「っ、な、にっ?///乳首、熱っ・・・♥!///」

 ―プシャァアアアッ

 吹寄「んあぁぁっ♥!///や、こ、れっおっぱい、母乳出てるぅ・・・♥!///」

 上条「すげ・・・//ホントに出るんだな//」

 サンドリヨン【ふぁぁ・・・♥///】ドキドキ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
884 :正義の味方続き!番外編のもサービスで入れといた [sage saga]:2018/12/17(月) 12:13:12.17 ID:nF/9sc570
さらにおねだりしてくる二人
885 :1 [saga]:2018/12/17(月) 16:45:20.40 ID:zkgu6zbvO
 吹寄「んぁっ♥!///あんん・・・♥!///」

 ―ぷしゃぁああっ ぷしゅっ ぷしっ・・・!

 吹寄「は、ぁ・・・♥///はぁ・・・♥///」

 ―ビクビクッ!ビクンッ!

 ―ぷしゃぁああ・・・

 吹寄「とぉ、まっ・・・♥!///出る、の止まらないっ、わよ・・・♥!///」

 上条「そうなのか?//なら//」チラッ

 サンドリヨン【・・・♥///】ウインク
  
 ―パァァァア・・・

 小サンドリヨン【ママ♥///】

 吹寄「ふぇ・・・?///」ハァハァッ

 ―ぢゅぅううっ ちうっちうっ ちゅるっ
 ―ゴクッ ゴクッ ゴクッ・・・

 吹寄「んぃぃいっ♥!///」

 小サンドリヨン【んぅっ♥///んっんっ♥///】

 吹寄「こ、こらっ、サンドリ、ヨンっ♥!///」

 小サンドリヨン【おいひいよ♥///ママ・・・♥///】

 吹寄「んんっ♥!///あぁっ♥!///んあっ♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1 
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/17(月) 16:58:43.06 ID:RIC7HwzpO
二人から母乳を飲まれて絶頂するふっきー
お返しとばかりに上条さんの乳首開発
刺激を受けてビンビンになる息子
887 :1 [saga]:2018/12/17(月) 18:59:17.08 ID:kgOcmsYVO
 小サンドリヨン【んつ♥///んんっ♥///】

 ―ちうっ ちうっ ちゅううっ ちゅるるる!ちゅぷっ

 吹寄「や、あぁっ♥!///両胸のっ、乳首同時に吸っちゃ・・・♥!///」

 上条「サンドリヨン、一旦ストップな//」ズイッ

 小サンドリヨン【んっ♥///ごめんなひゃい♥///】クスッ

 吹寄「はぁ♥///っ、当麻・・・っ♥///」

 上条「俺にも飲ませてくれよ//」

 ―かぷっ・・・
 ―ちゅるるるっ!ちゅうっ ちゅぷっ レロレロッ

 吹寄「んんんやぁあっ♥!///あぁんっ♥!///」

 吹寄「当麻っ・・・♥!///強く吸わ、ないでっ・・・♥!///」

 小サンドリヨン【もう一回ちょーだい♥///ママ♥///】

 ―はぷっ  
 ―ちうっ ちうっ ぢゅぅううっ

 吹寄「ひあっ♥!///んあっ♥!///あひっ♥!///」

 上条「んっく・・・//んっく//」

 上条「(ほんのり甘いんだな・・・//)」

 小サンドリヨン【んん〜〜・・・っ♥///】

 吹寄「んっ♥!///んんっ♥!///イ、くぅ・・・♥!///」

 ―ビクンッ!ビクンッ! ビクビクッ!
 ―ぷしゃぁああ!

 上条「ぐ、んんっ・・・!//」
 
 小サンドリヨン【んぶうっ・・・♥!///】

 上条「ぶあっ・・・!//(あぶねっ//危うく溺れそうになった・・・//)」ハァハァッ

 上条「けほっ//けほっ//」

 小サンドリヨン【んぉ・・・♥///んぶ・・・♥///】

 ―コプッ コプッ

 小サンドリヨン【・・・ん、むぉ・・・♥///】タプッ

 上条「サ、サンドリヨン・・・//口の中に全部溜めたのか?//」

 小サンドリヨン【んぅ・・・♥///】コクコクッ

 小サンドリヨン【んーん・・・♥///】セーリ

 吹寄「はぁ・・・サンドリヨン・・・♥?///」トロン

 ―ちゅっ ちゅうっ・・・

 吹寄「んむっ・・・♥///ん、んっく・・・♥///」

 ―コクッ ゴクッ・・・

 小サンドリヨン【んっ、んー・・・♥///】

 吹寄「ん・・・♥///(甘い・・・♥//口の中、私の母乳で・・・♥///)」

 小サンドリヨン【・・・ん、ぷぁ・・・♥///ふふっ♥///おいしかった♥?///】

 吹寄「・・・え、ええ♥///」ナデナデ

 小サンドリヨン【よかった♥///】ニコリ


 少女サンドリヨンのこの破壊力。
888 :1 [saga]:2018/12/17(月) 19:16:06.83 ID:vHGApOL7O
 上条「んー・・・なぁ、さっきのでドローになったけど」

 ―ドンッ!

 上条「おあ!?//」ドサッ

 吹寄「当麻・・・♥///さっきは・・・よくもやってくれたわね♥///」

 吹寄「今度は私が気持ちよくしてあげる番よ♥///」ペロリ

 上条「・・・で、できればお手柔らかに」タラー

 吹寄「んっ・・・♥///」

 ―ちゅる ちろっ ちろっ・・・

 上条「っ・・・///」

 吹寄「ん・・・♥///んぷっ、ん・・・♥///」

 吹寄「(男性の乳首って、小さいのね・・・♥///)」

 上条「制理・・・っ///」

 小サンドリヨン【(ママ・・・じゃなくて、せ、制理、当麻の乳首舐めてる・・・♥///)】

 小サンドリヨン【(・・・私もやりたいけど、当麻に反撃されるとき怖いし・・・♥///)】ドキドキ

 ―ビキビキッ 

 小サンドリヨン【!(と、当麻のおち○ぽ、大きくなってる・・・♥///)】ゴクリッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/17(月) 19:56:05.91 ID:nS6H8SMnO
乳首を弾いたり舐め回すふっきー
それにより情けない声を上げて恥ずかしそうにする上条さん
サンドリヨンも乗じて上条さんの耳攻め
890 :1 [saga]:2018/12/18(火) 05:59:36.19 ID:UUWLOQAZ0
 吹寄「ん♥///んっ・・・♥///」

 ―ちろっ ちろっ ちゅるる レロッ

 上条「は、くはぁっ・・・//」

 吹寄「ん・・・乳首で感じてるの♥?///気持ちいい♥?///」

 上条「っ・・・///」

 ―ちろっ ちろっ ちろっ レロッ ちゅうっ

 ―ピンッ

 上条「ぅ、あぁ・・・っ///」

 吹寄「ん・・・♥///」クスッ

 小サンドリヨン【・・・私もぉ・・・♥///】ハァハァッ

 ―レロォ〜ッ レロッ ちゅぷっ レロッ

 上条「ひっ、つっ!?///サ、サンドリヨン!?///」

 小サンドリヨン【耳、舐めてあげる♥///】

 ―レロッ レロッ レロッ

 ―ちゅっ ちうっ ちゅるる ちうっ

 吹寄「んっふ♥///んっ・・・♥///」

 小サンドリヨン【ん、ふ・・・♥///】

 上条「っ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/18(火) 06:06:10.89 ID:GDU60cTF0
下が苦しそうなので、サンドリヨンが足で擦り始める
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/18(火) 06:07:58.23 ID:Y/gnyZm2O
上条さんの下条さんがギンギンになったところで吹寄が上条さんの前立腺指で刺激し始める
それだけで勢いよく射精してしまいのけぞってしまう上条さん
893 :1 [saga]:2018/12/18(火) 07:23:04.04 ID:GG5iIgnPO
 上条「はぁっ///っ、はぁっ・・・///」

 小サンドリヨン【ん・・・あら・・・♥?///】

 ―ビキビキッ・・・

 小サンドリヨン【(当麻のおち○ぽ、苦しそう・・・♥///じゃあ・・・♥///)】スッ

 吹寄「っ、ふぅ♥///んぷ・・・♥///」

 ―ちろっ ちうっ ちゅるる ペロッ

 上条「っ、く・・・!///」

 ―ピトッ
 ―スリスリッ スリスリッ

 上条「ぅあっ!?///な、っん!?///(俺の息子を、何かで擦って・・・!?///)」

 上条「サ、サンドリヨン・・・!?///」

 小サンドリヨン【ふふっ♥///足で扱くのも中々のテクでしょ?♥///】

 吹寄「っはぁ・・・♥///」チュパッ

 小サンドリヨン【制理♥///こっち来て耳貸して♥?///】

 吹寄「?・・・♥///」ズイッ

 小サンドリヨン【・・・♥///】ヒソヒソ

 吹寄「・・・!?・・・♥///」コクリ

 上条「(お、お二人で一体何を話し合ってるんでせうかね・・・?///)」

 吹寄「・・・と、当麻・・・♥///」

 上条「な、なん・・・んぐぅっ!?///」

 ―ぐぷぷっ にゅぷぷぷぷっ・・・

 上条「か、はっ・・・!?///」

 ―ビクビクッ!ビクビクッ!

 小サンドリヨン【すごく脈打ってる♥///ア○ルに指入れただけなのに・・・♥///】

 ―ぐぷぷっ コリコリッ 

 上条「ぅぐっ!///っ、くふっ・・・!///」

 吹寄「・・・♥///(当麻、激しく腰仰け反らせてる・・・♥///)」

 吹寄「(そんなに・・・気持ちいい、のね・・・♥///)」

 ―ぐぷぷっ コリコリッ

 上条「はっ、はっぐ!///んっ、くあっ!///」

 小サンドリヨン【こっちも刺激してあげないと♥///んっ♥///】

 ―スリスリッ スリスリッ

 上条「〜〜〜〜っ!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
894 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/18(火) 07:26:45.21 ID:MbrFsbRko
上条さん胸にしゃぶりつくサンドリヨン
舌で念入りに上条さんの乳首を刺激
そして甘く噛むと同時に吹寄の前立腺刺激も絶頂を迎え上条さん勢いよく射精
へバッた上条さんに膝枕させつつ母乳を飲ませるふっきー
895 :1 [saga]:2018/12/18(火) 14:14:49.11 ID:GG5iIgnPO
 小サンドリヨン【・・・っ、はぁ♥///ちょっと疲れたわ・・・♥///】

 上条「っ・・・///」

 吹寄「けど、こっちは止めないから♥///」

 ―ぐぷぷっ コリコリッ

 上条「んぐぃっ・・・!///」

 小サンドリヨン【制理♥///私はこっち攻めるから♥///】

 吹寄「ええっ♥///」クスッ

 ―ちゅるる ちろっ ちゅうっ ちうっ

 小サンドリヨン【んっ、ふ・・・♥///っ、はふ♥///んっ♥///】

 上条「く、おぁっ・・・!///」

 小サンドリヨン【んむっ♥///んんっ・・・♥///】

 吹寄「当麻♥///いつでも、また・・・イっていいから♥///」

 上条「っ!///」

 小サンドリヨン【んっ♥///】

 吹寄「気持ちよくなって・・・♥///」ニコリ

 ―カリカリッ・・・

 ぐぷぷっ コリコリッ

 上条「っ!///くぅうう・・・っ!///」

 ―ビュルルッ!ビュプッ!ビュクッ!ビュルルッ!ドクドクッ

 上条「ぅ、ぁ・・・!///」

 ―ビュクッ!ビュプッ!ビュルルッ!ビュルルッ・・・

 小サンドリヨン【すごい量ね♥///さっきよりも多いわね♥?///】

 吹寄「ええ・・・♥///・・・当麻♥///」

 上条「はぁー・・・っ、はぁ・・・す、少し・・・きゅーけい、を///」

 小サンドリヨン【そうね♥///少し逆上せちゃったわ♥///】クス,ナデナデ

 吹寄「・・・じゃあ、少し頭を上げて?・・・そう♥///これで・・・いいわね♥///」

 上条「・・・///(ひ、膝枕でせうか・・・///)」

 ―たぷん たぷん・・・

 上条「・・・っ///」ゴクリッ

 吹寄「・・・おっぱい、飲んでいいわよ♥///」ナデナデ

 上条「・・・い、いただきます///」

 ―ちゅうっ ちゅぷっ レロレロッ ちゅうっ

 吹寄「はぁ、んっ♥///」

 上条「っ、んくっ・・・///」

 ―ちゅるる ちゅぷっ ちうっ ちろっ ちゅるる・・・

 吹寄「ん・・・♥///(何かしらこれ・・・♥///当麻に吸われて、気持ちよくもあるけど・・・♥///)」

 吹寄「(すごく安心する・・・♥///もしかして、母性本能なのかしら・・・♥///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/18(火) 16:05:34.32 ID:KoAhw5Z6O
サンドリヨンがいろいろ怪しい媚薬をいっぱい持ってくる
上条さんには精力がみなぎるやつ(飲むタイプと塗るタイプ)を
勝手にかけて勝手に飲ませる
897 :1 [saga]:2018/12/19(水) 07:42:40.73 ID:9N/BYFNDO
 上条「っはぁ・・・///制理//もういいぞ//」

 上条「あ、ありがとな・・・///」クスッ

 吹寄「ええ・・・♥///」ドキドキ
    
 小サンドリヨン【とりあえず、お風呂から出ましょう?】

 上条「そうだな・・・///」

 吹寄「・・・///」コクリ



 上条「はぁー・・・///」

 吹寄「ん・・・///」

 小サンドリヨン【はい♥//飲んで♥///】

 上条「あ、ああ//サンキュな//」

 小サンドリヨン【制理も♥///】

 吹寄「ありがとう・・・///」

 ―ゴクゴクッ

 上条「・・・っ!?///」ドクンッ!

 ―ビキビキッ

 小サンドリヨン【あ・・・♥///】

 吹寄「・・・と、当麻、まだそんなに元気なの?///」ドキドキ

 上条「ち、違っ・・・!?///サンドリヨン!何飲ませたんだよ!?///」

 小サンドリヨン【精力剤♥///】

 上条「お前なぁ!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/19(水) 07:46:19.68 ID:i6xYEXCUO
サンドリヨンに吹き込まれたのか口で上条さんの息子にゴムを付けてくれるふっきー
そしてその後仰向けに寝る吹寄の上に覆いかぶさるように乗ってきてディープキスするサンドリヨン
身体をずらして自分と吹寄の性器が重なるようにして誘惑してくる
899 :1 [saga]:2018/12/29(土) 10:36:26.20 ID:YaHFubX70
 小サンドリヨン【制理・・・♥///】ヒソヒソ

 吹寄「・・・♥///」コクリ

 小サンドリヨン【がんばって♥//】スッ

 吹寄「・・・//」

 上条「あのー・・・二人して何をヒソヒソ話して・・・//」

 吹寄「当麻・・・寝転んで?//」

 上条「え?//・・・あ、ああ・・・//」ゴロン

 吹寄「・・・♥//」ハァハァッ

 ―ピリッ 

 吹寄「・・・あむっ♥///」

 吹寄「ん・・・っ・・・♥///」ムグモゴ

 上条「制理・・・?//」

 ―くぷぷぷぷぷっ
 
 上条「う、あっ・・・!///」

 吹寄「・・・ん、ぷぁっ♥///はぁ・・・っ♥//」

 上条「お前・・・口でコンドーム付けるって・・・//」
  
 吹寄「サ、サンドリヨンがこうすれば当麻が興奮するって・・・♥///」モジモジ

 ―ギンギン・・・

 上条「・・・//」
 
 小サンドリヨン【さ、制理♥//仰向けに寝転んで♥?//】

 吹寄「ん・・・♥///」コロン
900 :1 [saga]:2019/01/01(火) 22:19:45.72 ID:MIbMJ7yY0
 吹寄「これで・・・っ!?//」

 小サンドリヨン【ふふっ♥///】

 吹寄「サ、サンドリヨ・・・んんっ・・・♥!///」

 ―ちゅるるっ、レロッ、ちゅぷっ・・・レロレロッ、ちゅるるっ

 小サンドリヨン【んっむ・・・♥//んっふ♥///】

 吹寄「ん、ふぅ・・・♥///」

 小サンドリヨン【んっく・・・♥///】

 上条「・・・//」ゴクリッ

 小サンドリヨン【っはぁ・・・♥///・・・ふふっ♥///】

 ―くちゅくちゅっ くちゅくちゅっ

 吹寄「んあぁぁっ・・・♥!///」

 小サンドリヨン【あんっ♥///制理のおま○こと、私のおま○こが重なって擦れるっ・・・♥///】

 ―クネクネッ

 ―くちゅくちゅっ くちゅくちゅっ

 小サンドリヨン【んんっ♥///・・・当麻♥///】

 上条「あ、ああ・・・?//」ドキッ

 小サンドリヨン【どちらからでも・・・いいわよ♥///】

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1  
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/01/01(火) 23:01:08.03 ID:0fbetDpMO
二人の性器に交互に挿入してって刺激する上条さん
サンドリヨンは吹寄に甘えつつキスして唾液交換
902 :1 [saga]:2019/01/02(水) 00:09:56.39 ID:w8/wEltu0
 上条「・・・わかった//」

 ―ピリッ

 小サンドリヨン【あ、付けなくても大丈夫よ♥///】

 上条「え・・・?//」

 吹寄「サ、サンドリヨン//わ、私、今日はちょっと・・・危ないんだけど・・・///」

 小サンドリヨン【だから、これをね♥//】チュッ

 小サンドリヨン【即効性のピル♥//絶対安心に避妊できるから♥//】
 
 吹寄「・・・ほ、ホントに?//」

 小サンドリヨン【テレス姉さんから聞いたけど、100%大丈夫って言ってたわ♥//】クスッ

 吹寄「・・・飲めば、大丈夫なの・・・?//」

 小サンドリヨン【ええっ♥//】ニコリ

 吹寄「・・・じゃあ・・・♥//」

 小サンドリヨン【ん・・・♥//】コクコクッ、コプッ

 ―ちゅっ
 
 吹寄「んぅぅ・・・♥//」

 ―ちゅるるっ、ゴクッ、ゴクンッ・・・

 吹寄「・・・っ♥//ぷあっ・・・♥//」

 小サンドリヨン【ふふっ♥//これで・・・膣内に沢山出しても、避妊できるから♥//】

 上条「ほ、ホントに大丈夫なのか・・・?//」
 
 小サンドリヨン【大丈夫っ♥//ほら・・・挿入れて♥//】フリフリ

 上条「っ・・・//」ゴクリッ

 上条「(サンドリヨンの小さくて真っ白いお尻が揺れて・・・//)」
903 :1 [saga]:2019/01/02(水) 00:15:46.88 ID:w8/wEltu0
 ―ワシッ

 小サンドリヨン【んぁっ・・・♥///】

 ―ぐぷぷぷっ、くぷぷっ・・・

 小サンドリヨン【あぁぁ・・・っ♥!///んあぁっ♥///】

 小サンドリヨン【っ、当麻の、おち○ぽっ♥///生で私の膣内に入ってる・・・♥///】トロン・・・

 吹寄「・・・♥///」ゴクッ

 小サンドリヨン【はふっ♥///んんっ♥///あ・・・♥///】

 吹寄「(サンドリヨン・・・すごく、惚けた顔してる・・・♥///)」ドキドキ
 
 ―ぱちゅっ、ぱちゅっ

 小サンドリヨン【あぁぁ〜〜っ♥!///んっぁ♥///っ♥!///】
 
 上条「っ!やばいっ、何だ、これっ・・・!///」

 上条「ゴム付けてる時と、全然違えっ・・・!///」
 
 小サンドリヨン【んっ♥//】
 
 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 小サンドリヨン【ん♥//っ♥!//は、ぁぁっ・・・♥!//】

 上条「はぁっ//はぁっ//はっ//はぁっ・・・!//」

 吹寄「(当麻、すごい息が荒くなって腰を動かしてる・・・♥//)」

 小サンドリヨン【制、理ぃ・・・♥//】

 ―ちゅっ、ちゅるっ、ちゅぷっ、にゅちゅっ・・・

 小サンドリヨン「んんっ♥//んっ♥//んぷっ・・・♥!//」
 
 吹寄「んふっ・・・♥//ん・・・♥//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/01/02(水) 00:21:29.25 ID:lMAta8/oO
乳に吸い付くサンドリヨンと上条がGスポットを刺激することで身体に刺激が走ってイク吹寄
それを無視して攻め続ける2人に体を委ねる
905 :1 [saga]:2019/01/02(水) 00:44:18.94 ID:w8/wEltu0
 ―ちゅるるっ、レロレロッ、ちゅぷっ・・・

 吹寄「んっ♥///んぅぅ・・・♥//」

 吹寄「(サンドリヨンの唾液・・・甘くて、美味しい・・・♥///)」

 小サンドリヨン【ん♥//んむっ♥//】 
 
 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 上条「っ〜〜〜!///」

 小サンドリヨン【んぁっ♥!//んんっ・・・♥!//】

 小サンドリヨン【ぷはっ♥//あぁんっ♥!//あっぁ♥!//あぁ・・・♥!//】

 吹寄「はぁ・・・んっ♥//」ゴクッ

 ―ちゅうぅぅぅ・・・っ
 
 吹寄「んん〜〜〜っ♥!?///」

 小サンドリヨン【んんっ♥///んぅっ♥///んっく・・・♥///】

 吹寄「サン、ドリヨっ、んんっ・・・♥!///強く、吸っちゃ、んっぁ・・・♥!///」

 上条「(俺も制理にしてやらないとな・・・っ//)」

 ―くぷぷぷっ
 
 吹寄「ひぁあっ・・・♥!?///」

 吹寄「んあぁ♥!///あっ、んん♥!///」

 ―くちゅぐちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅぐちゅっ!

 上条「制理の膣内、こんなに濡れてんのかっ・・・//」

 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!
 
 吹寄「あっ♥!///んあっ♥!///」
 
 小サンドリヨン【ふあぁっ♥!///あっん♥!///】
906 :1 [saga]:2019/01/02(水) 00:44:46.20 ID:w8/wEltu0

 上条「サンドリヨンの膣内も、やばいくらい熱くて濡れまくってっ・・・!//」

 上条「そろそろっ・・・!//」

 小サンドリヨン【いい、わっ♥///いっぱい・・・♥///】

 小サンドリヨン【当麻の、精液で真っ白に・・・♥///】トロン

 吹寄「んぃっ♥///!はっぁ♥//あっあぁっ・・・♥!//」

 上条「くっ・・・!///」

 ―ビュルルルッ!ビュプッ!ビュルルルゥッ!

 小サンドリヨン【っあぁぁあああ・・・♥!///】

 吹寄「ふっぁ♥//くぅんん・・・♥!///」

 ―ビクビクッ! ビクンッ!
 ―プシャァァァァア・・・

 ―ビュルルッ!ビュルッ!ビュウッ・・・

 上条「く、はぁ・・・!//」

 小サンドリヨン【あっぁ・・・♥///膣内に入ってきてる・・・♥///】

 ―トプトプ・・・

 小サンドリヨン【当麻の精液が・・・子宮にも入り込んで、染み渡ってる・・・♥///】

 吹寄「は、ぁ・・・♥//んぁ・・・♥///」

 ―ぷしゃっ・・・ チョロロロロロォ・・・


 どうする?orどうなる?
 ↓1
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/01/02(水) 00:46:08.21 ID:IGOo13l0o
すごい甘えてくる二人にかみやんなでなで
908 :1 [saga]:2019/01/02(水) 01:35:30.61 ID:w8/wEltu0
 ―ぬぷっ・・・

 小サンドリヨン【あん・・・♥///抜けちゃった・・・♥///】

 ―コプ・・・
 ―くちゅくちゅっ

 小サンドリヨン【ぁ・・・溢れちゃう・・・♥///】

 吹寄「はぁ・・・ん・・・♥///」

 上条「っ//制理もっ・・・//」
 
 吹寄「ふぇっ!?//ま、待っ・・・♥!///」

 ―ぐぷぷぷっ・・・!

 吹寄「んんぁぁ・・・♥!///あひっ♥!///」

 小サンドリヨン【ん・・・制理♥//力を抜いて・・・♥//】

 ―ちゅうっ、ちゅぷっ、レロレロッ、ちゅうっ・・・

 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!
 
 吹寄「んふ♥!///んっぁ♥!///んっく・・・♥!///」

 小サンドリヨン【んん♥///んっく♥///っ・・・♥///】

 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 上条「制理の膣内もっ//やばいくらい、気持ちいいぜっ・・・!//」

 吹寄「ん、ぷはぁっ♥!///あ、んっ♥!///んんっ・・・♥!///」

 吹寄「やっ、ああぁ♥!///んっ♥//んん♥!//」トロン

 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 上条「っ!///」

 ―ビュクッ!ビュルルルッ!ビュルルッ!ビュプッ!

 吹寄「んぁぁあ〜〜〜っ♥!///」

 上条「、っぁ・・・!//」

 ―ビュルルルッ!ビュプッ!ビュクッ!ビュルルッ!
 
 吹寄「ひ、ん・・・♥!///」

 ―プシャァァァァア・・・
 ―チョロロ、チョロロロロォー・・・


 上条「・・・っ、はぁ・・・///」

 ―ぬぽっ・・・

 吹寄「っ、はん・・・♥///」

 ―コポォ・・・トプ・・・

 小サンドリヨン【ん・・・♥//制理のおま○こから当麻の精液が溢れてるわよ・・・♥//】

 吹寄「やっ♥//見ちゃ、ダメ・・・♥//
 
 ―ちゅぱっ、ちゅるるる・・・

 吹寄「やぁんっ♥!///舐め取らないでぇっ・・・♥///」

 小サンドリヨン【もっひゃいないれひょ・・・♥///】

 小サンドリヨン「ん・・・綺麗になったわよ♥//」

 吹寄「ばかぁ・・・///」ウルウル
909 :1 [saga]:2019/01/02(水) 02:01:47.34 ID:w8/wEltu0
 上条「よっと・・・//」ゴロン

 上条「制理・・・大丈夫か?//」ナデナデ

 吹寄「ん・・・//」グシッ

 小サンドリヨン【ごめんなさい//そんなにまでショック受け取るとは・・・//】アセアセ
 
 吹寄「・・・ん、いいわよ//もう・・・大丈夫だから・・・//」

 上条「ホントか?//」

 吹寄「ええ・・・//」

 小サンドリヨン【隣、失礼♥//】ススッ

 上条「ああ・・・//」クスッ

 ―ナデナデ

 小サンドリヨン【ん・・・♥//】スリスリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
910 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/01/02(水) 10:07:15.41 ID:lMAta8/oO
吹寄、仕返しにサンドリヨンの性器をクンニ
上条に上半身を刺激させて潮を吹かせる
911 :1 [saga]:2019/01/02(水) 10:40:26.45 ID:w8/wEltu0
 小サンドリヨン【はぁ・・・♥//心地良いくらいに疲れたわね・・・♥//】クスッ

 吹寄「・・・♥//」

 上条「そうだな//」クスッ

 小サンドリヨン【ちょっと、シャワー浴びて】ムクリッ

 ―グイッ ドサッ

 小サンドリヨン【きゃっ・・・?//】

 吹寄「・・・♥///」

 上条「制理?//」

 小サンドリヨン【せ、制理・・・?//・・・目、怖いんだけど・・・?//】アセアセ

 吹寄「・・・さっきは私のおま○こ、綺麗にしてくれたから・・・♥///」スススッ

 吹寄「今度は私が綺麗にしてあげる・・・♥///」

 小サンドリヨン【えっ・・・!?//ちょ、ちょっと、待って//】
 
 ―ちゅるるるっ、レロレロッ、ちゅぱっ、ちゅるるっ

 小サンドリヨン【んあぁあっ♥!?///やっ、んんっ♥!///】
 
 吹寄「んんっ♥//んふっ♥//んぷっ♥//」

 小サンドリヨン【当、麻っ♥!//助け、てぇっ・・・んぁっ♥!///】

 上条「・・・じゃあ俺も//」クスッ

 ―ちゅぱっ、ちゅる
 ―クリクリッ クリクリッ

 小サンドリヨン【ふあぁっ・・・♥!?///】

 小サンドリヨン【ダ、メェッ・・・♥!///胸とおま○こ、同時にな、んて・・・♥!///】
912 :1 [saga]:2019/01/02(水) 10:44:15.22 ID:w8/wEltu0
 吹寄「んくっ♥///ん・・・♥///」

 上条「でも、かなり気持ちよさそうな顔だぞ?//」クスッ

 ―ちゅるるっ、レロッ、ちゅるるるっ、ちゅうっ、ちゅるっ

 ―ちゅううっ、レロレロッ
 ―クリクリッ

 小サンドリヨン【んやぁっ♥!///んぁっ♥!///ひあっ・・・♥!///】

 上条「制理//クリトリスを弄って舐めたりしてみたらどうだ?//」

 小サンドリヨン【やっ・・・♥!///そ、それは、らめっ♥!///】
 
 吹寄「んく・・・っ♥///」

 ―クリクリッ ピンッ
 ―ちゅるるっ、ちゅぷ、レロレロッ、ちゅるるっ

 小サンドリヨン【んんぁあぁあああ〜〜っ♥!///】 

 ―ビクンッ!ビクビクッ!

 ―プシャァァァァア・・・!
 
 吹寄「んぷっ・・・♥///」

 ―コプコプッ・・・ ゴクッ、ゴクンッ

 小サンドリヨン【あ♥///ぁふ・・・♥///ん、ふあぁ・・・♥///】アヘェ

 ―プシャッ・・・ チョロロ、チョロロロロォー・・・

 吹寄「あ・・・んぶっ♥///ん・・・♥///」

 ―ゴクッ ゴクンッ・・・ ゴクッ・・・

 小サンドリヨン【や、らぁ・・・♥///おしっこ、飲まなぃれぇ・・・♥///】フルフル

 吹寄「ん・・・っ♥//はぁ・・・♥//んっく・・・♥//」

 ―ゴクン・・・

 吹寄「・・・ふふ♥///」ペロリ

 小サンドリヨン【もぉ・・・♥//イジワルぅ・・・♥///】ウトウト

 上条「・・・疲れて眠くなったか//」ナデナデ
 
 小サンドリヨン【ん・・・♥//・・・ちょっと、寝させて・・・♥//】

 上条「ああ。・・・おやすみ/」クスッ、ナデナデ

 小サンドリヨン【・・・すぅ・・・すぅ・・・♥//】

 吹寄「・・・当麻♥//」

 上条「ん?//」

 吹寄「・・・ごめんなさい♥//私・・・その、まだ・・・♥//」ハァハァッ

 上条「・・・ああ、いいぜ//とことん付き合うぞ?//」クスッ

 吹寄「・・・♥///」


 -終-

 お疲れ様でした。
 今年からもよろしくお願いします
913 :1 [saga]:2019/02/26(火) 20:40:17.40 ID:SCA7fJiI0
 艦これの陽炎型駆逐艦 嵐のコスプレでデートをしていた五和と恋人の上条さん。  
 五和が上条さんと同じ学校の生徒と楽しそうにしていたのを上条さんが少しからかって不機嫌になってしまう五和。
 そのお詫びに五和が言ってきたのは・・・
914 :1 [saga]:2019/02/26(火) 20:47:13.76 ID:SCA7fJiI0
 -ラブホテル-

 五和「・・・///」モジモジ

 上条「五和」

 五和「ぅおっ!?///」

 五和「ど、どうした当麻!?//」アセアセ

 上条「先にシャワー浴びるか?」

 五和「・・・え、えっと・・・//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/26(火) 20:52:47.17 ID:QG2Bf61fO
大人しくシャワー浴びる五和
待ちぼうけでむらむらの上条
916 :1 [saga]:2019/02/26(火) 21:00:08.42 ID:SCA7fJiI0
 ―シャァァァ・・・

 五和「ん・・・///」

 五和「・・・はぁ・・・///」

 五和「(い、いざ誘ってみたものの・・・///すごく緊張します・・・///)」
 
 五和「(当麻さんは・・・多分、大丈夫なんでしょうけど・・・//)」

 五和「・・・///」



 上条「・・・」

 上条「最近そう言えば自分でシてなかったから・・・」

 上条「結構・・・準備段階が・・・//」モゾ・・・

 上条「・・・はぁー・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
917 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 12:05:33.37 ID:VHSPdLANO
五和との以前のまぐわいを思いだしながら悶々とすかみやん
918 :1 [saga]:2019/02/27(水) 14:35:53.11 ID:YOyMuY6Y0
 上条「初めて五和を抱いた時以来か・・・」

 上条「・・・そう考えたらまだ慣れてない、んだよな・・・」

 五和@嵐コスプレ「ま、まぁ、そうだぜ//」フキフキ

 上条「だな・・・って!?」

 上条「あ、上がってたのか?」アセアセ

 五和「ああ・・・//」

 五和「・・・えっと、当麻//」

 上条「あ、ああ?どうしたんでせうか?」

 五和「・・・それ・・・//」

 ―ビクンッ

 上条「あ・・・っ//」

 五和「ズボンの中でキツそうだな//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 15:02:35.99 ID:DxaTK8agO
ズボンの中の息子さんをズボン越しになぞる五和
少しずつ刺激しながら、社会の窓を開けてパンツ→直にと大きくなっていく息子さんを弄る
920 :1 [saga]:2019/02/27(水) 15:34:08.32 ID:ug8zpNbP0
 五和「俺のせいなんだよな?//」

 五和「こうなってるの・・・//」

 上条「ま、間違ってはないでせうが・・・//」

 五和「・・・なら・・・//」スッ

 ―ツツー・・・
 ―スリスリ

 上条「っ・・・//」

 五和「ズボン越しでも、こんなに硬く感じるぜ?//」

 五和「そんなに・・・興奮してきたのか//」

 上条「・・・っ//」

 五和「・・・嬉しいな//」

 ―スリスリ
 ―ツツー・・・


 上条「はぁ・・・//っ・・・//」

 五和「・・・次は・・・//」

 ―ジジジ ジジ ジー・・・
 ―ピトッ

 五和「わっ・・・//あ、熱く感じる・・・//」

 五和「手袋とパンツ越しでこれだと、直に触ったらどうなんだろ・・・//」

 ―ツツー・・・
 
 上条「五和・・・っ//」
 
 五和「焦るなって・・・//大丈夫、イジワルはしないからさ・・・//」クスッ

 五和「・・・じゃあ、直に・・・さ、触るな?//」

 ―ズルッ

 五和「・・・///」

 上条「・・・い、五和?//」

 五和「っ//い、いや、久しぶりに見るからやっぱ、その・・・///」

 五和「・・・へへっ//立派だなって・・・//」

 ―ツツーッ
 ―スリスリッ

 上条「ん、っ・・・//」

 五和「すごいな・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 18:11:46.61 ID:svAhSFIkO
マッサージのように玉を揉み解し更に息子を屹立させる五和
そして手コキを始めるもイカせまいと焦らす
922 :1 [saga]:2019/02/27(水) 23:48:45.81 ID:3og+pGS/0
 五和「んっと・・・///」

 五和「当麻、こう・・・ベッドの縁に腰かけて足を広げてもらえるか?//」

 上条「ああ・・・こ、こうか?//」 

 五和「うん//ありがと・・・//」ニコリ

 ―クニッ グニッ

 五和「んっ・・・ぁー・・・///」

 ―とろぉー・・・

 ―ポタポタ ポタタ・・・

 上条「・・・、//(五和の唾液が・・・//)」
 
 五和「ん・・・///」

 五和「これで・・・やりやすくなるな///」クスッ

 ―クニッ クニッ グニッ

 上条「んっ//っ・・・//」

 五和「あはっ//コリコリしてて面白い感触だな・・・///」

 五和「ここで、赤ちゃんの素ができてるんだよな・・・///」

 五和「・・・丹念にマッサージしてあげないとな//」クスッ

 ―クニッ グニッ クニッ スリスリッ

 上条「はぁっ//んっ、はぁ・・・っ//」

 五和「はぁ・・・//」ニコリ
923 :1 [saga]:2019/02/28(木) 08:24:28.16 ID:LmAFGY7jO
 五和「どうだ?//当麻//」

 上条「っああ//、気持ちいい、ぞ・・・っ//」

 五和「そっか//・・・つ、続けるぜ//」

 ―クニッ グニッ クニッ クニッ

 ―ビクンッ ビクッ

 五和「・・・//」

 五和「まだマッサージしてるだけなのに、すごい跳ねてる//」

 ―グニッ クニッ クニッ

 五和「はぁ・・・//はぁ・・・//」

 上条「(五和の、吐息が・・・っ//)」

 ―ビクンッ

 五和「わっ//ま、また跳ねた・・・//」

 五和「(・・・そろそろ、手でやってあげましょうか//)」

 ―ニギッ シュコ シュコ シュコ シュコ

 上条「う、っく・・・!///」

 五和「(この、段差があるところを重点的に・・・///)」

 五和「ふぅー・・・//」

 ―ビクンッ ビクンッ

 上条「っ、はぁ・・・///」

 五和「(当麻さん、気持ち良さそう・・・///)」ニコリ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
924 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 08:39:16.04 ID:65VcSb2tO
我慢できず五和の頭を持ってイラマに移行しちゃう上条さん
925 :1 [saga]:2019/02/28(木) 18:41:29.10 ID:LmAFGY7jO
 五和「んっ///」

 ―はぷっ ちゅっ レロレロッ ちゅぷっ ちゅっ

 上条「んっ・・・!///」

 五和「っ・・・///はぁ//」

 ―ちゅぱっ レロレロッ

 上条「はぁ・・・//」

 五和「当麻のおち○ち○・・・///」

 五和「もっと、硬くなったな♥///」トロン

 上条「五和・・・っ///」

 五和「ふふっ・・・♥///あー・・・♥///」

 ―くぷっ ぐぷっ くぷっくぷっ ちゅるるっ
   
 五和「んっふ・・・///んんっ♥///んっ♥///」

 五和「(上顎におち○ち○の先っぽが擦れて・・・♥///)」

 ―ぐぷっ ぐぷっ ぐぷっくぷっ

 上条「〜〜・・・っ///悪い、五和っ///」

 ―グイッ

 五和「んぐっ?///」

 ―ぐぷぷぷぷぷっ ぐちゅ

 五和「ぉ、んっぐ・・・!///」

 上条「はぁっ//・・・はぁ///」

 ―ぐぷっぐぷっぐぷっ! くぷっ!ぐちゅ!

 五和「んっぐふっ♥!///んむぅっ♥!///(と、当麻さんっ、激し・・・!///)」

 五和「んっんんっ・・・♥!///」

 ―ぐぽっ ぐぷっぐちゅ くぷっ ぐぷっ

 五和「(おち○ち○が、っ、喉の奥に・・・♥!///)」 


 どうする?orどうなる?
 ↓1
926 :1 [saga]:2019/02/28(木) 18:41:55.43 ID:LmAFGY7jO
↓1
927 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 19:06:13.27 ID:1euiNRCro
そのまま喉の奥にだしてしまう
928 :1 [saga]:2019/03/02(土) 10:28:30.31 ID:txSku4bUO
 ―グポッ、グプッ!グプッ!クプッ!

 五和「んっ♥!///んぁむっ♥!///んっ♥!んぐぅっ♥!///」

 上条「はぁっ!//はぁっ!//」

 五和「(頭、離さずに強引に動かして・・・っ//)」

 五和「んぶっ♥!//んっぉ♥//ぉぶっ♥!///」

 五和「(少し乱暴、に口でされてるのに・・・っ//私、どうして・・・っ//)」

 上条「五和っ・・・!///」

 ―グプッ!グプッ!グポッ!クププッ!

 五和「んん〜〜っ♥///」

 五和「(あっ♥//おち○ち○、口の中で大きく・・・っ!///)」

 ―ビュルルルッ!

 上条「出るっ・・・!///」

 ―ビュプッ!ドプッ、ビュルルッ!ビュルッ!

 五和「んぐっ♥!///んん、ぉ・・・♥///」
  
 ―ドロドロ・・・ ゴプッ
    
 五和「(喉、熱っ・・・♥!///直接、出されて・・・♥!///)」

 上条「っ〜〜・・・!///」
  
 五和「んーー・・・っ♥///っ、ん・・・♥///」

 五和「ん、ふー・・・♥///ふー♥///ふー・・・♥///」ビクビクッ



 どうする?orどうなる?
 ↓1 
929 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/02(土) 11:05:13.01 ID:x7LZQ4+T0
上条さんを寝かせる五和
濡れ濡れの股を上条さんの顔に押し付けつつ反撃フェラ
930 :1 [saga]:2019/03/02(土) 11:47:54.93 ID:6DvSVLo50
 五和「んっ、ぷぁ・・・♥///」

 五和「けほっ//けふっ・・・//」

 上条「わ、悪い!//つい、その・・・//」アセアセ

 五和「っ・・・//平気だから//」

 五和「・・・当麻//今度は、ベッドに寝転んでくれるか?//」

 上条「え?//あ、あぁ・・・//」コクリ

 ―ゴロンッ

 五和「んっしょ・・・//」

 上条「五和・・・?//」

 ―ポフッ

 上条「わぷっ・・・//」

 ―くちゅっ くちゅっ・・・

 五和「当麻のせいで無理矢理だったのに・・・//感じて、こんなになったんだぜ?//」ハァハァ

 上条「んっぐ・・・//」

 五和「俺も気持ちよく、してくれよ♥?//」ニッ
931 :1 [saga]:2019/03/02(土) 17:46:58.96 ID:6DvSVLo50



 五和「んんっ♥///んぐっ♥///んぅっ♥///」

 ―ジュプッ、グプッ グポッ グプッ グプッ

 上条「うっ、んん・・・っ///」

 五和「(当麻さん、気持ちよさそう・・・♥///)」
 
 五和「っ・・・♥///んっ♥///んむっ・・・♥///」

 ―ぢゅるっ ジュプッ グプッグプッ グポッ

 五和「ふぅっ♥///んぅ・・・♥///」

 上条「っ・・・!//」

 ―レロッ ジュルルッ チュルッ・・・

 五和「んあっぁぁ・・・♥!///」

 上条「んっく・・・っ//」

 五和「(当麻さんが、お、おま○こ舐めっ・・・!///)」

 ―ぢゅうっ ジュププッ レロレロッ グプッ

 五和「んふっ♥///んっん♥!///んっく・・・♥!///」

 ―レロッ ジュルルッ チュプッ グチュッ
 
 上条「は、んっ・・・//」

 五和「んぅ♥//あむっ・・・♥///んっうぅ・・・♥!///」

 五和「んんっ・・・♥!///んぶっ♥///」

 上条「っ!//また、出、るっ・・・!//」

 五和「(私も、イ、っちゃうぅ・・・♥!///)」

 ―ビュルルルッ!ブピュッ!ビュルルッ!

 上条「く、あっぁ・・・!//」

 五和「んっくぅぅ・・・♥!///」ビクンッ!ビクッ!

 ―プシャアアァァ・・・ッ!

 五和「ん♥//んむっ・・・♥///んあぁっ・・・♥///」

 ―プシャァァァ・・・
 
 ―・・・ショワアァァァ・・・

 五和「(や、やぁ・・・♥///お漏らし、しちゃってる・・・♥///)」

 上条「んっ・・・//」

 ―ジュルルルッ ちゅるるっ ちゅうぅっ

 五和「んっ!?//んっ、ぷぁっ!///」

 五和「と、当麻っ、汚っ・・・!//やめろ、ってぇ・・・!///」

 上条「、んっ・・・今更だろ?//」クスッ

 五和「っ・・・//・・・ばかぁ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
932 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/02(土) 18:33:38.50 ID:x7LZQ4+T0
本番(騎乗位から)
933 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/02(土) 20:11:18.80 ID:Z/Q0+5yYO
よくクンニされて自分から腰を降ってしまう五和、上条さんの顔に潮を吹くも上条さんの攻めは続行しよくほぐれてから↑
934 :1 [saga]:2019/03/03(日) 15:34:53.40 ID:uw1etv620
 上条「五和・・・そろそろ、いいか?//」

 五和「・・・おう//」コクリ

 五和「当麻・・・//俺が動くからさ//」

 上条「だ、大丈夫か?//」

 五和「大丈夫だって//」



 五和「ほら、挿入れるぜ・・・///」ハァハァッ

 上条「ゆっくりでいいからな?//」

 五和「んっ・・・//・・・っ//」

 ―くちゅっ・・・

 五和「はぁ・・・っ///」

 ―くぷっ ぐぷぷぷっ・・・

 ―ぐちゅっ ぐちゅっ・・・

 上条「くっ・・・!//」

 五和「〜〜〜・・・っ!///」
   
 五和「入っ、た・・・っ!///」

 上条「っ、はぁ・・・っ///」
935 :1 [saga]:2019/03/04(月) 00:36:19.13 ID:o9fw9xY60
 上条「・・・って、い、五和?///こ、これ・・・//」アセアセ

 五和「ん?///」ハァハァ

 上条「ひ、避妊してな」

 五和「即効性ピル、ちゃんと飲んであるぜ?//」クスッ

 五和「制理とサンドリヨンから聞いて、な//」

 上条「そ、そうでせうか///」ホッ

 五和「ああっ//・・・だから、動くぞっ///」

 ―ぬぷぷぷっ
 
 五和「ひあっ!///あ、んんっ///」

 五和「大きっ・・・///当麻、興奮してるん、だなっ///」

 上条「当たり前だろっ・・・!//」
936 :1 [saga]:2019/03/16(土) 21:18:08.21 ID:wxAe7Iyn0
 どうする?orどうなる?
 下1
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 22:11:51.96 ID:uh7aBG3/o
五和の声が徐々に気持ちよくなってきたのでキスしてみるとディープキスをせがんでくる
938 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 22:18:28.75 ID:O1uWf9v0O
五和の夢中で腰を降るので耳を甘く噛む上条さんだが五和は驚いて声が甘くなる
939 :1 [saga]:2019/03/16(土) 23:09:28.31 ID:wxAe7Iyn0

 ―ぱんっ ぱんっぱんっ ぱんっ

 五和「あっ♥//あ、くっ・・・♥!//」

 五和「はぁっ♥!//んんっ・・・♥!//」
 
 上条「五和っ・・・//」グイッ

 五和「ん、わっ・・・♥//」トロン

 上条「っ・・・//」

 ―ちゅうっ ちゅっ・・・

 五和「んっ♥//」

 上条「っ、ふ・・・//」

 ―ぱんっぱんっ ぱんっ

 ―ちゅっ ニュルッ ちゅるるっ レロッ ちゅうっ・・・

 五和「んふっ♥//んっく・・・♥//」

 上条「っ、ぷぁ・・・っ//」

 五和「はふ、んぁ・・・っ♥//」ニヘラ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
940 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 23:17:30.05 ID:uh7aBG3/o
上条さん、つながったまま五和の体をおこして座位の姿勢に
胸元に顔を埋めて胸にキスをしたりしていじるも乳首は責めずに焦らすと五和から攻めてほしいと頼まれて吸ってく
941 :1 [saga]:2019/03/16(土) 23:31:28.68 ID:wxAe7Iyn0
 上条「っ、はぁ・・・//五和、起きるぞっ//」ギュッ、ムクッ

 五和「ん・・・っ♥//あ、っぁ・・・♥///」

 ―ぐぷぷっ・・・ ぐちゅっ

 五和「ひあっ・・・♥///当麻の、おち○ち○が奥っ・・・当たって・・・♥//」

 上条「こうすれば抱きしめやすいだろ//」クス

 五和「ん、ああっ・・・♥//」トロン

 上条「・・・五和、顔が蕩けて可愛い//」チュッ

 五和「は、恥ずかしい事、言うなって・・・♥///」

 上条「ん・・・//」

 ―むにゅうっ・・・むにゅっ

 ―ちゅっ ちゅうっ・・・

 五和「ん、あぁっ・・・!♥//」

 上条「は、ん・・・//」

 ―ちゅうっ、ちゅぷっ・・・
 
 五和「と、当麻・・・♥//そんなに胸元にキス、したら、痕が・・・♥///」

 上条「っ・・・//」

 ―ちゅっ・・・レロッ、ちゅるっ・・・

 五和「ん、も、もぉ・・・っ//」クスッ

 五和「あ、ん・・・♥//」

 ―レロッ ちゅるるるっ ちゅぷっ・・・

 上条「んむ・・・っ//」

 五和「っ、はぁ・・・//当麻、乳首も・・・焦らすなよ・・・///」

 上条「っはぁ・・・//はいはい//」クスッ

 ―かりっ レロレロッ

 五和「あ、っ///んん・・・っ♥!//」

 上条「ん、ふ・・・//んっく・・・//」

 ―ちゅううっ ちゅるるっ レロッ・・・ ちゅぷっ

 五和「ん、ぁっ・・・♥//は、ぅん・・・っ♥//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
942 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 23:36:26.46 ID:Jr6+rB39O
乳首を甘く噛まれて少しずつ締め付けてくる五和の中に上条さんの息子も暴発寸前
何とか耐えようとするも五和がお返しに耳をなめて来て同時に達する
943 :1 [saga]:2019/03/17(日) 00:11:13.49 ID:up7UDqid0
 ―かりっ かりっ くちゅっ ちゅるるっ・・・

 五和「んっ♥//ふ、ぁ・・・♥//」

 上条「っ//」
 
 五和「乳首、甘噛みしすぎっ・・・♥!//」

 ―ちゅるるっ かりっ かりっ ちゅうっ・・・

 五和「ふああぁ・・・っ♥!//」

 上条「んくっ・・・//」

 ―レロッ かりっ ちゅっ・・・ かりっ ちゅるるっ

 五和「んっ・・・!//」
 
 ―キュンキュンッ

 上条「っ、五和っ//締め付けすぎっ・・・//」

 五和「当麻の、せいだからっ・・・!//」

 五和「んっ・・・♥!//」ハムッ 

 上条「うあっ・・・!//み、耳っ・・・!//」

 五和「んっ♥//あっ♥//は・・・♥//」

 ―はむっ レロレロッ

 上条「くっ・・・!//」ゾクゾクッ

 ―ビクビクッ・・・
  
 五和「あ、おっきく・・・っ♥!//イく?//」

 上条「っ、ああっ・・・!//」コクッ

 五和「イ、っちゃって、いいよっ・・・♥//」ニコ

 上条「く、ぁ・・・っ!///」

 ―ビュルルルッ!ドプッ!ドプドプッ・・・!

 五和「あっ・・・♥!///」

 上条「は、っく・・・!//」

 五和「すご・・・♥///ビクビク、して、出てる・・・♥//」

 五和「子宮の中に・・・いっぱい、タプタプって・・・♥//」トロン

 上条「五和・・・//」チュッ

 五和「ん・・・♥//・・・まだ、硬いし・・・♥//」

 上条「・・・も、もっかい、いいか?//」

 五和「・・・いっぱい、キスしてくれるなら♥//」ニッ

 上条「・・・ああ//」クスッ
 
 ―ちゅっ・・・



 -終- 
944 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 00:13:59.43 ID:rYDcgBlzo
おつ!
945 :1 [saga]:2019/04/15(月) 19:36:00.17 ID:tjeFmodf0
 沖縄へ新婚前旅行で来日していた神華とフレンダ。
 楽しい半日を過ごし、神華はフレンダにもう一度水着姿を見たいと言った。
 ホテルへ戻った2人。神華は言われた通りに水着を着たフレンダに魅了され・・・


 

 ―ちゅるるっ・・・ レロッ ちゅるっ ちゅぷっ・・・

 フレンダ「んふぅっ・・・♥//」
  
 神華「んっ・・・//」

 ―ちゅぱっ・・・

 フレンダ「ふあぁ・・・♥//」

 フレンダ「はぁ・・・♥//はぁ・・・っ♥//」トロン

 神華「・・・//」ゴクリッ

 フレンダ「しん、かぁ・・・♥//」ニヘラ

 神華「フレンダ・・・//」ギュッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
946 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 19:38:42.23 ID:3LaPzQ9RO
M字開脚させて手マンする神華
947 :1 [saga]:2019/04/15(月) 19:45:30.53 ID:tjeFmodf0
 神華「・・・足、開いて?//」

 フレンダ「ん・・・っ♥//」コクッ

 ―くぱっ・・・

 神華「(足、掴んで大丈夫だよね・・・?//)」クイッ

 フレンダ「やんっ・・・♥//」

 フレンダ「恥ずかしいところ、まる見えになっちゃうって訳よ・・・♥//」クスッ

 神華「そうしないと・・・できないよ?//」クスッ
 
 フレンダ「もう・・・♥//」

 神華「・・・灯りは消した方がいい?//」

 フレンダ「・・・いいよ♥//明るいままで・・・♥//」

 神華「わかった・・・//」クスッ

 神華「・・・//(じゃあ・・・//)」
  
 ―すりすりっ・・・

 フレンダ「んっ・・・♥//ぁ・・・っ♥//」ピクッ

 神華「(水着の生地が薄いから・・・//)」

 神華「(間近で見ると、ホントに全部見えちゃってる・・・//)」

 ― すりすりっ・・・ すりっ・・・ 

 フレンダ「は、ぁ・・・♥//」

 フレンダ「んっ♥//・・・もう少し、早めても大丈夫って、訳よ・・・♥//」

 神華「うん・・・//」
948 :1 [saga]:2019/04/15(月) 20:03:22.82 ID:tjeFmodf0
 ―すりすりっ・・・

 フレンダ「あっぁ・・・っ♥//んぁっ♥//」

 神華「フレンダのおま○こ、熱くなってきてるよ//」

 神華「興奮してきた?//」

 フレンダ「う、んんっ・・・♥//」コクコクッ

 神華「ぼくもだよ♥//」クスッ

 ―すりすりっ・・・

 フレンダ「はぁっ♥//あっ、んん・・・♥//」

 ―すりすりっ・・・
 ―ジワ・・・
 
 神華「(あっ・・・//濡れてきた・・・//)」ドキドキ

 フレンダ「んん〜っ・・・♥//んっ・・・♥//」

 フレンダ「あぁっ♥//」ハァハァッ

 神華「(少しズラして・・・//)」

 ―スルッ・・・ ツー・・・
 ―くちゅっ・・・

 フレンダ「ひあっ・・・!♥//」
 
 ―くちゅっ くちゅっ・・・ ぬちゅっ くちゅっ

 フレンダ「あんっ♥!//んんっ・・・♥!//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1  
949 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 20:08:03.15 ID:844n28HIo
直に触れてイキそうなタイミングを見計らう神華
緩急をつけた攻めにふれんだはなされるがまま
950 :1 [saga]:2019/04/15(月) 20:23:59.98 ID:tjeFmodf0

 神華「気持ちいい?//フレンダ//」
 
 ―くちゅっ くちゅっ くちゅっ・・・
 
 フレンダ「んぁっ・・・!♥//っ・・・//」コクリッ

 フレンダ「気持ちいい、っ・・・♥//」

 神華「ふふっ・・・//」

 ―くちゅっくちゅっ・・・
 
 フレンダ「あっ♥//んっぁ・・・♥//」

 神華「もっと激しくするよっ//」

 フレンダ「い、あんんっ!♥//いい、よぉ・・・♥//」ハァハァッ

 ―くちゅくちゅっ!くちゅっ!

 フレンダ「あぁぁっ♥!//あんんっ♥!//」

 フレンダ「んっ♥!//神華っ・・・♥!//やっぁぁ・・・♥//!」

 神華「(気持ちよさそう・・・//)」ドキドキ

 フレンダ「ひっぁ♥//んんっ・・・♥//!」
951 :1 [saga]:2019/04/15(月) 20:46:57.52 ID:tjeFmodf0

 フレンダ「んぅっ♥!//んんっ・・・♥!//」

 ―くちゅくちゅっ! くちゅくちゅっ!

 フレンダ「ん〜〜っ・・・♥!//」

 神華「我慢しなくていいよ//フレンダ・・・//」

 フレンダ「んっ・・・♥//はぁっ♥//」フルフル

 神華「(そろそろ限界かな・・・?//)」

 神華「じゃあ、もっと・・・っ//」

 ―くちゅくちゅっ!くちゅくちゅっ!

 フレンダ「あぁぁぁ♥!//やっ♥//待っ、んっんっ♥!//」

 フレンダ「神、華ぁっ♥!//ああぁ・・・♥!//」

 神華「はぁっ・・・っ//」

 ―くちゅくちゅっ!くちゅくちゅっ!

 フレンダ「やっ、んんっ♥!//」

 神華「イきそう?//」

 フレンダ「イきそうっ・・・♥//」

 ―くちゅ・・・くちゅっ くちゅくちゅっ

 フレンダ「あ♥//あぁ・・・っ♥//」

 フレンダ「んぁ・・・♥//ふぇ・・・♥//」ハァハァッ
 
 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 21:12:34.66 ID:844n28HIo
甘い言葉をかけて手マンで絶頂させると潮を拭くフレンダ
意識朦朧になりつつも塩で濡れた指を舐めてくる
953 :1 [saga]:2019/04/15(月) 21:46:23.29 ID:tjeFmodf0
 神華「ん?//」クスッ

 フレンダ「し、神華、」

 ―くちゅくちゅっ!

 フレンダ「んあぁあぁぁっ♥!//んんっ!♥//んっ♥!//」

 ―くちゅっ・・・

 フレンダ「ふあっ♥//ひ、あぁ・・・♥//」トロン

 神華「(顔が惚けて・・・すごくえっちになってるよ//)」クスッ

 フレンダ「はぁっ♥//はぁ・・・っ♥//」ビクビクッ

 フレンダ「も、もう、ひゃめぇ・・・♥//」

 神華「イきたい?//」ボソッ

 フレンダ「ん、ふぅぅ・・・♥//(耳に神華の息が・・・っ♥//)」

 フレンダ「イ、イきひゃ、い・・・♥//」

 神華「フレンダのイくところ、見せてくれる?//」ボソッ

 フレンダ「っ・・・♥//み、見せて、あげるぅ・・・♥//」

 神華「・・・いいよっ//」

 神華「イって//」

 ―くちゅくちゅっ!くちゅくちゅっ!

 フレンダ「あぁっ♥!//あんっ♥!//んんっ〜〜〜♥!//」

 フレンダ「イくっ♥!//イっ・・・♥!//イくぅっ♥!//」

 神華「っ・・・!//」

 ―くちゅくちゅっ!

 フレンダ「あぁっぁ♥!//あぁぁあああ〜〜っ♥!///」ビクビクンッ!

 ―プシャァァァァアッ・・・

 フレンダ「あんんっ♥!///ぁひっ♥!//んん〜〜っ・・・♥!///」
954 :1 [saga]:2019/04/15(月) 21:50:43.55 ID:tjeFmodf0
 ―プシャァァッ・・・

 フレンダ「ぁっぁ・・・♥//」

 ―・・・チョロロッ

 フレンダ「ふあぁぁぁ・・・♥//」ヒクッヒクッ

 ―チョロロロロロォ・・・

 ―ショワワワァ・・・

 神華「・・・漏らしちゃった?//」

 フレンダ「やぁっ・・・♥//」ビクッ

 フレンダ「恥ずかしぃ・・・♥//見ちゃ、ダメぇ・・・♥//」ピクッ

 神華「ほら・・・おれの手こんなに濡れちゃったよ?//」

 神華「フレンダが勢い良く出したから//」クスッ

 フレンダ「んやぁ・・・♥//」

 神華「・・・//」

 ―ツイー・・・

 フレンダ「んむぅ・・・♥//(唇、指でなぞられてるって訳よぉ・・・♥//)」

 フレンダ「・・・はむっ//」パクッ

 フレンダ「んむっ♥//あむ・・・っ♥//」

 ―ちゅぱっ、レロォーッ・・・ ちゅるるっ・・・

 フレンダ「あふっ・・・♥//んっ・・・♥//」

 フレンダ「んっく・・・♥//」

 ―ちゅぱっちゅぱっ・・・

 神華「・・・//」クスッ



 どうする?orどうなる?
 ↓1
955 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 21:53:30.83 ID:844n28HIo
フレンダ棟に寄りかかって神華の乳首に水付き反撃開始
956 :1 [saga]:2019/04/15(月) 22:01:08.17 ID:tjeFmodf0
 すみませんちょっとよくわかんないです
 ↓1
957 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 22:04:38.23 ID:844n28HIo
顎の下をくすぐったり思いっきり甘やかす神華
そして手を胸へ持っていき揉みしだく
958 :1 [saga]:2019/04/15(月) 22:20:44.11 ID:tjeFmodf0
 フレンダ「はぷっ・・・♥//」
 
 ―ちゅぱっ・・・レロッ・・・
 
 フレンダ「っ、ぷは・・・//」

 フレンダ「んっ♥//はふ・・・♥//」

 神華「全部舐めてくれてありがと//」クスッ

 ―ナデナデッ
 
 フレンダ「ん・・・♥//」

 神華「・・・//」クスッ

 ―スリスリ・・・

 フレンダ「にゃっ・・・♥//くすぐったいって訳よ・・・♥//」クスッ

 神華「こちょこちょ〜//」クスッ

 ―スリスリ・・・

 フレンダ「ん〜ふふっ・・・♥//」クスッ

 神華「・・・おいで//」コロン

 フレンダ「ん・・・♥//」ギュウッ

 神華「・・・//」

 ―むにゅっ むにっ・・・

 フレンダ「んっぁ・・・♥//また胸、触ってるって訳よ・・・♥//」

 神華「うん・・・//なんでだろうね//」クスッ

 フレンダ「もうっ・・・♥//んっ♥//」クスッ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 22:27:40.66 ID:Ay22ZjhtO
乳首の周りを刺激してからを美味いことつまみ立たせてから吸い付く
感じながらも子供みたいにナデナデして楽しむフレンダ
960 :1 [saga]:2019/04/15(月) 22:36:07.13 ID:tjeFmodf0
 フレンダ「ふあぁっ♥//ん、ぃっ・・・♥//」トロン・・・

 神華「・・・//」

 ―むにっむにっ・・・ むにゅっ

 フレンダ「はぁっ♥//んっ・・・♥//」

 ―くりくりっ・・・

 フレンダ「あっん・・・♥//」ピクッ

 神華「(優しく摘まんで、撫でたりして・・・//)」

 ―くりくり・・・  

 フレンダ「ふぅ、んんっ・・・♥//」

 神華「・・・勃ってきたよ?//」

 フレンダ「い、言わないで、いいって訳、んっ・・♥//」

 神華「ふふっ・・・//」

 神華「んっ・・・//」

 ―はむっ 

 ―ちゅるるっ ちゅうっ・・・ ちゅぱっ

 フレンダ「んんぁ・・・っ♥!//あっ、んっ♥!//」

 神華「ん、っ・・・//んっ//」

 ―ちゅううぅぅっ・・・

 フレンダ「あ、んん・・・♥!///」

 神華「ん、っく・・・//」

 ―ちゅるるっ レロッ・・・ちゅうっ・・・
 
 フレンダ「(神華っ・・・一生懸命に吸ってる・・・♥//)」クスッ

 フレンダ「(赤ちゃんみたい、って訳よ・・・♥//)」ナデナデ・・・

 神華「んぅっ・・・//」

 ―ちゅぱっ・・・ ちゅううぅうっ・・・ ちゅうっ

 フレンダ「んっぁ・・・♥//」

 神華「っ・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1

 今日はここまで。
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 06:07:35.97 ID:1AGA5p+DO
胸を楽しまれて神華の息子が大きくなってることに気がつくフレンダ
今度は一転攻勢ってわけよ
962 :1 [saga]:2019/04/16(火) 07:32:42.28 ID:0oYcEQqdO
 フレンダ「んっ♥//は、んっ♥//」

 神華「っ、はぁ//」

 ―ちゅぱっ レロッ ちゅるるっ

 フレンダ「んっんっ♥//んあっ♥//」

 フレンダ「・・・っ♥//(あっ・・・♥//神華の、おち○ち○・・・♥//)」ドキッ

 フレンダ「(大きくなってる、って訳よ//)」

 神華「んっ、ふぅ・・・//っ//」

 ―ちゅるるっ ちゅううぅっ・・・

 フレンダ「んぁっ♥//・・・神華っ♥//ズボン、っ脱がすわよ//」

 神華「っ、ん?//」

 ―グイッ スルルッ・・・ ズルッ

 フレンダ「こんなに、っぁ♥//大きくしてるんだもんっ♥//」

 フレンダ「今度、はぁっ・・・っ♥///私がしたげるって訳よ♥///」ハァハァ

 神華「っ・・・ん//」コクリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1まで
963 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 07:44:35.95 ID:l600OoelO
口でゴムをつけるフレンダ
練習したようですんなりはめることに成功
964 :1 [saga]:2019/04/16(火) 08:16:08.35 ID:0oYcEQqdO
 フレンダ「んっ、ちょっと離れるね♥?//」

 神華「んっ・・・//」チュパッ

 フレンダ「ぁんっ♥//」ピクッ

 神華「うんっ//」コクリ

 フレンダ「よいっしょ・・・♥//」スクッ

 フレンダ「(あっ//あ、足腰がカクカクしそう・・・//)」フラフラ 

 フレンダ「(えっと・・・//あ、あったあった//)」スッ,ピラッ



 フレンダ「お待たせ♥//」ギシッ

 フレンダ「神華は寝転んだままでいてね♥?//」ニコリ

 神華「・・・//」コクリ

 ―ピリッ・・・
 ―カサッ・・・
  
 フレンダ「んっ・・・♥//はむっ♥//」カプッ

 フレンダ「(歯を立てないように唇で支えて・・・//)」

 ―ピトッ ぬちゅっ・・・

 神華「っ・・・//」

 フレンダ「(フレンチキスをする要領で一気に・・・っ♥//)」

 ―くぷぷぷぷっ・・・

 神華「あぁぁっ・・・っ!//」

 フレンダ「〜〜〜っ♥///」フーッフーッ

 ―くぷぷ・・・っ 

 フレンダ「っ、ぷあっ♥//はぁ・・・♥//」トロン

 神華「はぁっ・・・//フレンダ・・・//」

 フレンダ「ふふっ♥//密かに調べて練習してたって訳よ♥//」クスッ

 フレンダ「神華が喜ぶかなって・・・♥//」

 神華「そ、そっか・・・//・・・うん、ありがと//」クスッ,ナデナデ

 フレンダ「んぅっ♥//」スリスリ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
965 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 12:47:30.38 ID:5CefvtuiO
ゴム越しにフェラするフレンダ
たまもみもうまく交えて思わず腰が動く神華
966 :1 [saga]:2019/04/16(火) 12:58:42.46 ID:Jz1cIReCO
 フレンダ「じゃあ、いくね♥///」

 神華「ん・・・//」コクリ

 フレンダ「んっ・・・んうっ♥//」

 ―はむっ・・・ レロッ ペロッ

 神華「っ、ぁ・・・//」

 フレンダ「んむぅ・・・♥//んんっ♥///」

 ―ちゅぱっ レロレロッ ちゅるっ・・・

 フレンダ「んっく・・・♥//(ゴムの臭いがしてすごく、エッチに感じるって訳よ♥//)」

 フレンダ「ん、はぁっ・・・♥//はぁぁ〜・・・♥///」

 神華「っん//」ゾクッ

 フレンダ「んっ♥//んっく・・・♥//」

 ―はぷっ くちゅっぬちゅっ・・・ くぷっ
 
 フレンダ「(こっちも・・・♥//)」

 ―フニッ フニッ

 神華「っ!//」ピクッ

 フレンダ「(あっ♥//口の中で跳ねた・・・♥//)」クスッ

 フレンダ「んっぅ♥//んっ♥//んんっ♥//」

 神華「はぁっ・・・//っ、はぁ//」ピクッピクッ

 フレンダ「んぅっ・・・♥//」

 ―ジュプッ くぷぷふっ・・・ ぐちゅっくちゅ・・・

 ―フニッ フニッ・・・

 神華「あっ、く・・・っ//」ビクッ

 フレンダ「(腰が動いちゃってるって訳よ♥//)」

 フレンダ「んっ♥//んっ♥//」

 ―ぐぶっくぷっ・・・ ジュルルッ ジュプッ ちゅっ・・・

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 17:54:05.23 ID:wEH/8ztiO
気づかれないよう、ゴムの先端を噛み切るフレンダ
968 :1 [saga]:2019/04/16(火) 19:27:37.69 ID:Jz1cIReCO
 神華「はぁっ//っ、んっ//」ビクッ

 神華「(フレンダの舌使い、すごく・・・っ、気持ちいいっ//)」ドキドキッ

 フレンダ「んぶっ♥//んっむぅ・・・♥//」

 ―ジュプッ ジュプッ ジュルルッ・・・ 

 フレンダ「んくっ♥//はむっ・・・♥//」

 神華「く、っん・・・//」

 フレンダ「(神華、気持ちよさそうね・・・♥//嬉しい・・・♥//)」

 フレンダ「(・・・神華、結婚するまで避妊するって約束したけど・・・//)

 フレンダ「・・・んっ♥//」

 ―ヌロロォー・・・ ペロッペロッ
 ―・・・カリッ カリッ プツ・・・

 フレンダ「(ごめんね・・・もう、我慢できないって訳よ♥//)」

 フレンダ「・・・んはぁっ♥///」プハッ

 フレンダ「はぁー・・・♥//はー♥///」

 神華「・・・顎が疲れた?//」クスッ,ナデナデ

 フレンダ「ん・・・♥//ふふっ♥///」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
969 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 19:47:00.41 ID:8Uo+9pGpO
綺麗に舌で息子を掃除してから足を大聞く開脚するフレンダ
準備完了の様子を見せつける
970 :1 [saga]:2019/04/16(火) 19:52:15.64 ID:3FJPO4aDO
 フレンダ「綺麗にしたげる♥///」

 フレンダ「あーん・・・♥//」ハムッ

 神華「んっ、・・・//」

 ―レロォー・・・ ペロッ レロッ

 フレンダ「ん〜っ・・・♥//」

 フレンダ「んっふ♥//んんっ・・・♥//」

 神華「、んっ//」ピクッ

 ―レロレロッ・・・

 フレンダ「・・・んっ♥//」チュパッ

 フレンダ「・・・神華♥//」コロン

 ―くぱぁ・・・

 フレンダ「・・・もう我慢できないって訳だから・・・♥//」

 神華「・・・っ///」ゴクッ

 フレンダ「ここに、神華のおち○ち○・・・入れてっ♥//」ニコリ

 神華「・・・うん//」コクリ



 どうする?orどうなる?
 ↓1
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 20:09:02.68 ID:8Uo+9pGpO
対面座位でキスしつつ結合
972 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 20:09:56.26 ID:wEH/8ztiO
挿入
絶え間なく体位を変え、フレンダに快感を与え続ける
973 :1 [saga]:2019/04/16(火) 20:56:46.07 ID:/4etdux50
 神華「いくよ・・・//」

 フレンダ「キて・・・♥//」

 ―くちゅっ・・・

 フレンダ「はぁ・・・っ♥//」ドキドキッ

 ―ぐぷぷぷっ・・・ ぐちゅっ ぐちゅっ・・・

 フレンダ「んっ♥//んん・・・♥//」

 フレンダ「んっぁぁ・・・♥//」トロン

 ―ぐちゅっ・・・ ぐぷぷっ・・・
 
 神華「はぁっ・・・//はっ//」

 フレンダ「入っ、んっ・・・たぁ♥//」

 神華「んっ//起き上がれる?//」

 フレンダ「うんっ♥//」コクリッ、ムクッ

 ―ギュウッ・・・

 神華「んっしょ・・・//・・・んっ//」
 
 ―ちゅっ・・・ ちゅぷっ・・・

 フレンダ「んふっ♥//んっく♥・・・んぅっ♥//」

 神華「んっ・・・//」

 ―ぐちゅっ ぐちゅっ・・・ ぐちゅっ・・・
 ―ちゅるるっ ちゅぷっ・・・ ちゅうっ・・・

 神華「っ・・・//」

 フレンダ「んうぅっ♥//んくっ・・・♥//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
974 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 21:01:39.66 ID:ywvHRMjiO
神華のペースに合わせようとしたが我慢できず自分のペースで腰を降ってしまうフレンダ
975 :1 [saga]:2019/04/16(火) 21:15:57.02 ID:/4etdux50
 ―ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!

 フレンダ「あんっ♥!//あぁっ♥!//」

 フレンダ「神華の、おち○ち○っ♥//奥、あふっ♥//ズンズンってぇ・・・♥!//」

 神華「フレンダっ//ペースが速いよっ・・・!//」

 フレンダ「だってぇっ♥//んあぁっ・・・♥!//」

 神華「くっ・・・!//」

 ―ぱちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぱんっ!

 フレンダ「ひあっぁ♥!//んっ♥//ん〜〜っ・・・♥//」

 フレンダ「(腰っ、止まんないぃっ♥!//感じ過ぎてっ、飛んじゃいそうって訳ぇっ♥//)」

 フレンダ「んぁっ♥!//あっあぁっ♥!//あっ♥!//」

 神華「はっぁ//んっ・・・くっ//」

 フレンダ「ゃ、んんっ・・・♥!//あぁ♥!//」

 フレンダ「(おち○ち○が、膣内かき混ぜてっ♥//)」

 フレンダ「(奥まで押し広げられちゃうぅっ・・・♥!//)」

 神華「っ!//」ビクッ

 フレンダ「んんっ♥!//あぁっ♥んっ♥!//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
976 :1 [saga]:2019/04/16(火) 21:16:27.27 ID:/4etdux50
どうする?orどうなる?
↓1
977 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 21:31:08.08 ID:Sh0OtAgro
フレンダのペースに合わせながらツボを探ってく神華
フレンダの反応を見つつ前後に動かしGスポットをはっけーん
978 :1 [saga]:2019/04/16(火) 21:44:57.84 ID:/4etdux50
 フレンダ「あぁっ♥!//んんぁぁあっ♥!//」

 ―キュンッ キュンッ

 神華「ぅっく・・・!//」

 フレンダ「あっ♥//は、ひぁ・・・♥//」ピクッピクンッ

 フレンダ「ん・・・っ♥//あ、ぁ・・・♥//」ガクッガクッ

 神華「・・・先にイっちゃうなんて、ひどいよっ//」

 ―ズッ ズッ ズッ・・・

 フレンダ「んっやぁ・・・♥//ま、だ、イってるからぁ・・・♥//」ハァハァッ

 神華「おれもイきそうになるまで我慢だよっ//」クスッ

 フレンダ「んんっ・・・♥//」

 ―ズッ ズッ ズッ・・・
 ―ぐちゅっ・・・ぐちゅっ・・・

 フレンダ「あっぁ♥//んっ・・・っ♥//」

 ―キュンキュンッ・・・
 
 神華「っ・・・//ここ、攻めるとすごく締め付けてくるよっ//」

 ―ズンッ! ぐちゅっ!
 
 フレンダ「あ、ひっ・・・♥!//」ビクビクッ

 ―ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぱちゅっ!
 
 フレンダ「やっぁら、らめっ♥!//そ、こっ♥//んあぁっ♥!//」

 神華「すごいっ、締め付けてくるっ・・・!//」

 ―ぐちゅっ!ぱちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!

 フレンダ「んあっ♥!//ひあぁっ♥!//あんんっ♥!//」

 神華「はっ//はっぁ・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
979 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 21:47:52.05 ID:QT+u/oj20
ゴムに穴が空いているのに気づくも、気づかないふりをして中だし
980 :1 [saga]:2019/04/16(火) 22:00:28.92 ID:/4etdux50
 神華「フレンダっ・・・!//」

 フレンダ「はぁっん・・・♥!//あっぁ♥//」

 フレンダ「神、華ぁ・・・っ♥//」ニコリ
 
 神華「っ・・・♥!//」

 ―ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぐちゅっ!
 
 フレンダ「んああぁっ♥!//ひあぁっ♥!//」

 フレンダ「奥、コツコツ、って当たってぇ・・・♥!//」
 
 神華「フレンダっ♥//フレンダ、もうっ・・・♥!//」

 フレンダ「いい、よっ♥//出してっ♥//いっぱい、私の膣内っ・・・♥!//」

 フレンダ「神華のでいっぱいに・・・♥!//」

 神華「くっぁ・・・!//」

 ―ビュルルッ!ビュプッ!ビュルルッ!ドプッ!

 フレンダ「あぁぁあっ♥!//ん・・・っ♥!//」

 フレンダ「ひあぁぁぁああっ・・・♥!//」

 ―プシャァァァァアッ・・・

 神華「あ、くっ・・・!//」

 ―ビュルルッ ビュクッ・・・

 フレンダ「あぁっ・・・♥//あふ・・・っ♥//」トロン

 フレンダ「(じんわり、温かい・・・♥//膣内に滲み出てるって訳よ・・・♥//)」

 フレンダ「(神華の精子が・・・♥//)」ハァハァッ

 神華「っ・・・//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
981 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 22:04:41.76 ID:Sh0OtAgro
まだ固さを保ったままなのでレッツに海鮮
余裕ができたのかフレンダが神華のペースに合わせてくる
982 :1 [saga]:2019/04/16(火) 22:10:57.95 ID:/4etdux50
 神華「はぁ・・・っ//」

 神華「・・・フレンダ//気持ち、よかった・・・//」

 フレンダ「うん・・・♥//」

 フレンダ「私も・・・♥//」チュッ

 神華「ん・・・//・・・抜くよ・・・//」

 フレンダ「あ・・・♥//・・・目、瞑りながら抜いて?//」

 神華「え?//」キョトン

 フレンダ「いいからいいから//ふふっ・・・♥//」

 神華「・・・う、うん//」パチ

 神華「・・・っ//」

 ―ぬるるるっ・・・ ぬぽっ・・・
 ―トロォ・・・

 フレンダ「(あぁ・・・♥//やっぱり滲み出してるって訳よ・・・♥//)」ゾクゾクッ

 フレンダ「・・・んしょっと//」

 ―キュポッ・・・

 神華「んっ//」ビクッ

 フレンダ「ん・・・♥//」ハムッ

 フレンダ「んくっ・・・♥//んっく・・・♥//」

 ―ちゅぱっ ちゅるるっ・・・ ちゅうぅっ・・・

 フレンダ「ん・・・んーん♥//」

 神華「?//」

 フレンダ「んあぁー・・・♥//」コプコプッ

 神華「っ・・・//」
983 :1 [saga]:2019/04/16(火) 22:22:16.16 ID:/4etdux50
 フレンダ「んふふっ・・・♥//」パクッ

 フレンダ「んっ・・・♥//んぐっ・・・♥//」

 ―ゴクンッ ゴクッ・・・

 フレンダ「・・・っ、はぁ・・・♥//」ゾクゾクッ

 神華「・・・フレンダ、エッチすぎだよ//」

 フレンダ「神華に言われたくないもーん♥//」クスッ

 神華「・・・ふふっ//」クスッ

 フレンダ「ね、まだまだこれあるからさ・・・//」カサッ

 フレンダ「いっぱい・・・しよ♥//」

 神華「・・・うん//」



 ―ぱちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぱちゅっ!

 フレンダ「あんっ♥!//ふあぁっ♥!//」

 神華「はぁっ♥//はぁっ♥//」

 フレンダ「んっぁ♥//んんっ・・・♥!//」

 神華「っ・・・!//」

 フレンダ「ん、ど、どうっ♥?//ペース、合わせてるって訳だけどっ♥//」

 神華「うんっ・・・♥//すごく、気持ちいいよっ♥//」

 フレンダ「んぁっ♥//あっ・・・♥//」

 フレンダ「私、もぉっ・・・♥//」ニヘラ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
984 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 22:29:54.19 ID:mAr0WQHSO
フレンダ尻の穴に指を入れて前立腺を刺激してみると神華のものが膨らむ
985 :1 [saga]:2019/04/16(火) 22:47:47.52 ID:/4etdux50
 フレンダ「んっぁぁ♥//・・・神華っ//もっとぉ//」

 神華「ちょ、ちょっと待って・・・//」

 神華「(流石に連続だと、キツい・・・//)」
 
 フレンダ「ん・・・♥//もう・・・//じゃあっ//」ググッ・・・

 ―ツプッ・・・ 

 神華「いっ・・・!?//フ、フレンダッ・・・!?//」

 フレンダ「ここ、刺激するとすごいらしいって訳よっ♥//」

 ―クリクリッ 

 神華「か、っぁ・・・//!はぐっ!//」

 ―ビキビキッ

 フレンダ「あぁっん♥//さっき、より、膨らんだって訳よぉ♥//」

 ―ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!

 フレンダ「あ、はんっ♥//んあぁっ♥//んん・・・♥//」

 神華「あ、ぐっ・・・!//」

 フレンダ「はっぁ♥//んん・・・っ♥!//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
986 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 23:26:33.52 ID:QT+u/oj20
神華、仕返しにフレンダの尻に指を突っ込み、乳首と同時に責める
987 :1 [saga]:2019/04/17(水) 06:17:43.08 ID:uvuC8Q0Y0
 フレンダ「んっ♥//ふふっ♥//」

 ―ぬぷっ・・・

 神華「はぁっ♥//っ、はが・・・っ♥//」

 フレンダ「どうだった♥?//」クスッ

 神華「かなり、すごかった・・・//」フーッ

 神華「・・・じゃあ、今度は//」

 フレンダ「ふえ?//」

 ―くりくりっ ぐりっ
 
 フレンダ「ひんっ!?///」ビクッ

 神華「おれも攻めるよ//」

 ―くぷぷっ ぬぷぷっ・・・

 フレンダ「やっ、こ、こっら//んあぁっ♥!//」

 ―ぐぷっぬぷっ ぐぷぷっぬぷっ
 
 フレンダ「んっあぉっ♥!///っ、あぁっ♥!//」

 神華「胸もちゃんとねっ//」

 ―むにゅっ クリクリッ

 フレンダ「ひあぁぁあっ♥!///んはぁっ・・・♥!//」

 フレンダ「そん、な、いっぺんにっ・・・♥!//」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
988 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 06:33:32.95 ID:bi+Vl3ZKO
フレンダの中が生き物のように動き始めイかないように耐えながら腰を降る神華
キスを求めてくるフレンだとディープなキスをして高める
989 :1 [saga]:2019/04/17(水) 07:19:58.54 ID:OpaBjQeWO
 フレンダ「ひぐっ♥!//あんっ♥!//あっあぁっ♥!///」

 神華「くっ、んんっ・・・♥//」

 ―ぱちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぱちゅっ!
 ―むにっ むにゅっ クリクリッ
 ―ぬぷっぐぷっ ぐぷっぐぷっ

 フレンダ「ら、めぇっ♥//あふっ♥//あぁっ♥!//んあぁぁっ♥!//」

 フレンダ「(おち○、ち○が膣内、かき混ぜてっ♥//)」

 フレンダ「(乳首敏感に、なって・・・♥//お尻っ、指出し入れ、されてるぅ・・・♥!//)」トロン

 神華「っ、ん!//」

 フレンダ「あっぁ♥んっ♥!//んは、ぁっ♥!///」

 ―ちゅうっ ちゅぷっ・・・

 神華「んっ//」

 フレンダ「んむっ♥//んっふぅ・・・♥//」

 ―レロッ ちゅるるっ ちゅうっ・・・ ちゅぷっ ちゅっ

 フレンダ「(キスぅ♥//気持ちいぃ・・・♥//神華の舌が私の、んっ♥//)」

 フレンダ「(口の中で絡み合ってる・・・♥//)」

 ―ちゅうっ レロッ ちゅるるっ ちゅぷっ・・・

 神華「んっ♥//んっ・・・♥//」

 フレンダ「んっ♥//んんー・・・♥//」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
990 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 07:21:23.33 ID:MK5IftUKO
キスしあってからいよいよ神華が我慢できなくなり腰を加速し、二人で同じタイミングでイく
991 :1 [saga]:2019/04/17(水) 07:30:53.22 ID:OpaBjQeWO
 フレンダ「んっく♥//んぁっ♥//んっぷ♥//」

 神華「んっ・・・♥//はぁっ♥//」チュパッ

 フレンダ「あぅっ♥//んっんっ♥//」

 神華「フレンダっ♥//おれ、またっ・・・♥!//」

 フレンダ「っ、キれぇ♥//いっひゃい、きもひよく・・・♥//」トロン

 ―どちゅっ!ぱちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!

 神華「フレンダっ♥//フレンダ・・・♥!//」

 フレンダ「あんっ♥!//っ♥!//」

 フレンダ「膣内、しゅごぃっ♥//かき混ぜ、られっ、てぇ・・・♥!//」

 ―ぱちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!どちゅっ!

 神華「出るっ・・・♥!//」

 ―ギュウッ

 フレンダ「ん♥!//んんっ・・・〜〜っ♥!//」

 ―ビュルルッ!ビュルッ!ドプッ・・・!

 フレンダ「あんんっ♥!//ん〜〜〜っ・・・♥!///」

 神華「く、ふっ・・・♥!//」ガクガクッ

 ―ビュルッ!ドプッ!ビュルルッ!ビュルッ・・・

 神華「っ、はぁっ・・・//ぁ・・・♥//」

 フレンダ「は、ぁん・・・♥//ん・・・ぁ♥//」

 神華「・・・フレンダ♥//」

 フレンダ「ん、ぅ・・・♥//」ニヘラ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
992 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 07:39:05.53 ID:MK5IftUKO
抜いてから抱きしめて二人でもっとキス
993 :1 [saga]:2019/04/17(水) 08:00:39.60 ID:OpaBjQeWO
 ―ヌポッ・・・

 フレンダ「ふぁっ・・・♥///」ピクッ

 ―タプタプッ・・・

 神華「(こんなに出したんだ//)」ドキドキッ

 フレンダ「(すごい、いっぱい出してるって訳よ・・・♥//)」ドキドキッ

 神華「フレンダ・・・//」

 フレンダ「神華・・・♥//」トロン

 ―ちゅっ ちゅぷっ・・・

 神華「んっふ・・・//」

 ―ギュウッ

 フレンダ「んっん・・・♥//んっぅ♥//」

 神華「っ♥//ん・・・♥//」

 ―レロッ ちゅるるっ ちゅぷっ・・・

 フレンダ「んっぷ・・・♥//んふっ♥//」

 神華「んむ・・・っ♥//」

 ―ちゅるるっ・・・ ちゅうっ ちゅぷっ

 ―ちゅぱっ・・・

 神華「はぁー・・・♥//」タラー

 フレンダ「ん、はぁ・・・♥//」

 フレンダ「・・・神華ぁ・・・♥//」ギュウッ

 神華「うん・・・?//」ナデナデ

 フレンダ「・・・愛してる♥//大好き・・・♥//」

 神華「・・・ぼくだよ♥//」ニコリ


 
 終
994 :1 [saga]:2019/04/17(水) 08:15:08.47 ID:OpaBjQeWO
次スレ建てときます。

3部
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1555456461/
995 :1 [sage]:2019/04/17(水) 12:14:07.49 ID:+J5ojOPpO
こちらのスレはもう書き込みませんので
996 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 20:10:24.87 ID:0ejn+256o
おつおつ梅
997 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 20:15:46.20 ID:ci3808VDO
おつでした
998 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 07:23:56.05 ID:fQokQYIEO
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 07:26:37.40 ID:fQokQYIEO
おつ
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 07:26:50.51 ID:veBtICDhO
>>1000なら久しぶりの上条さん×ハーレムの誰か

いつもありがとう
1001 :1001 :Over 1000 Thread
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | アパム!アパム!次スレ建てて来い!アパーーム!
       \_____  ________________
                ∨
                      / ̄ ̄ \
      /\     _. /  ̄ ̄\  |_____.|     / ̄\
     /| ̄ ̄|\/_ ヽ |____ |∩(・∀・;||┘  | ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|  (´д`; ||┘ _ユ_II___ | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|( ” つつ[三≡_[----─゚   ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
  / ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ⌒\⌒\  ||  / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|   SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
 / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄] \_)_)..||| | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|     http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/


1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
変態歌マクロスRPGツクールDeカルチャー @ 2019/04/17(水) 22:31:34.44 ID:tZk1tPyJO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1555507894/

READY X RACE @ 2019/04/17(水) 22:02:49.51 ID:vnQyU9rpo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1555506169/

【SP安価】上条「とある禁書と」響「戦姫絶唱シンフォギア!」【禁書×シンフォギア】 @ 2019/04/17(水) 20:24:39.88 ID:CIR1Yb670
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555500279/

(・ω・) @ 2019/04/17(水) 18:48:24.25 ID:fD3B1tHEO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/gomi/1555494504/

千歌「よーちゃーん♡ぎゅー♡」曜「ちょっと!?ち、千歌ちゃん...////」 @ 2019/04/17(水) 15:42:58.55 ID:xjm6G0yb0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555483377/

楓「沢田は触る」 @ 2019/04/17(水) 11:32:48.72 ID:SZco85P70
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555468367/

めざまし出えへん時ってどうすればええんや? @ 2019/04/16(火) 23:50:36.78 ID:XiYHaZAVO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1555426236/

【魔法少女まどかマギカ】俺「安価でワルプルギスの夜倒す」part12 @ 2019/04/16(火) 23:10:45.11 ID:mP1QgaixO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555423845/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

519.42 KB Speed:2   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)