神谷奈緒「ちょっ・・・!プロデューサー待っ・・・ぁ!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 06:25:22.73 ID:tuIupLS3O
モバマス エロ

神谷奈緒、渋谷凛、北条加蓮、千川ちひろ

プロデューサーはP表記

多少キャラ崩壊有り
2 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 06:28:57.17 ID:tuIupLS3O
P「俺は何もしてないぞ」モミモミ


奈緒「はぁ!?何もしてないって…ンンッ!」ビク


凛「奈緒うるさいよ」


奈緒「り、凛!見てないでプロデューサーを止めてくれよ!」アセアセ


凛「何言ってるの?プロデューサーは何もしてないじゃない」


P「全くだ」


スルッ


奈緒「ばっ、、!服の中に手が入っ・・・!んぁ!」ビクン


P「どうした奈緒、顔が赤いぞ」モミモミ


奈緒「だ、誰のせいだと・・・!ッ、、、!////」
3 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 07:34:10.96 ID:tuIupLS3O
凛「奈緒さっきからどうしたの?」


奈緒「見てわかんねーの、、かよ・・・んっ!!///」


凛「奈緒が一人で興奮して喘いでるようにしか見えない」


奈緒「そんな変態じゃ…!ちょ、、!ま、そこはマジでたんま!!」ビクン


凛「たんま?何たんまって?」


P「奈緒が壊れた」スッ


奈緒「下はダメ、、たんま!」


ナデリナデリ


奈緒「は・・・ぁ・・ん/// 」
4 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 07:35:55.30 ID:tuIupLS3O
凛「奈緒なんかやらしい」


奈緒「うるせーこっちみん・・・ぁッ!!!」ビクン


クリクリ


P「まったくこんな奈緒をみたら興奮してしまうだろ」クリクリ


凛「プロデューサー、セクハラだよ?」ジト


P「っと、すまん。口が滑った」


奈緒「口じゃなくて手!手をどかし・・・てェェエン///」ビクンビクン


凛「ェェン て」笑
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/28(土) 07:56:39.99 ID:ezaypiMSO
はよ
6 : ◆IM0fCt6Ojk [sage]:2018/04/28(土) 12:42:44.47 ID:tuIupLS3O
P「ェェン!」ビクン


凛「ブフォwww」


奈緒「クソ・・・っ、、、こいつら殴りてぇ・・・はぁっ、、はぁっ、///」グテ-


P「さてー」パッ


凛「ん?」


奈緒「やっと解放された・・・」


P「凛、ちょっと後ろ向いてみ」
7 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 12:44:29.75 ID:tuIupLS3O
凛「何?まぁいいけど」クルッ


P「ふむ」スッ


奈緒「な、なんだ?」


P「ハァァァァ!!!!」


シュパーン


凛「!?」


奈緒「!?」


P「ほぅ、これは・・・」ピラ
8 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 12:45:47.96 ID:tuIupLS3O
凛「ふ、ふーん///」モジモジ


奈緒「ちょ、、それ・・・」


P「まぁ、悪くないかな」クンカクンカ


凛「それ私のセリフ///」カァァ


奈緒「凛のパンt・・・エェ・・・」


P「なんてフローラルな香りなんだ」スゥゥゥゥ


凛「やめてよ恥ずかしい///」


奈緒「なんでそんな反応が薄いんだおかしいだろ!!」
9 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 12:47:07.20 ID:tuIupLS3O
P「奈緒どうしたまた興奮してんのか」


奈緒「誰のせいだ誰の!!!」


凛「ちょっと、奈緒。今は私のターンだから」


奈緒「何私のターンて?というかやっぱさっきわかってたろ!!」ウガー


P「言ってる意味がよくわからない」ハァァァァァ


凛「ん・・・っ///」モジ


P「さてー」ポイ


凛「えっ」


奈緒「えっ」
10 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 12:48:08.59 ID:tuIupLS3O
P「仕事しよ」スタスタ


ちひろ「書類たまってますよ」カタカタ


P「ゲッ」ボロン


ちひろ「ゲッってなんですかゲッて」スクッ


凛(プロデューサーがプロデューサーを出して)


奈緒(ちひろさんが椅子から立ち上がり)


P「はぁ、ちひろさん手伝ってくださいよ」スッ


凛(プロデューサーが椅子に座って)


ちひろ「嫌ですよ自業自得じゃないですか。。。。んっ///」ビク
11 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 12:49:19.69 ID:tuIupLS3O
奈緒(ちひろさんがその上に座った)


P「ちょっとちひろさん、いきなり座らないでくださいよ」


ちひろ「たまにはいいじゃないですか…ぁっん///」


奈緒(なんだ様子がおかしいぞ)


凛(これはもしかして…)


ちひろ「ぁ…///久しぶり…に、、おっき、///」


奈緒「ちょっと何してんだアンタら!?」


P「おぉぅ!?」ビク
12 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 12:52:09.23 ID:tuIupLS3O
ちひろ「ぁ!/// ちょっと!急に動かないでくださいよ!」


P「そんなこと言ったって奈緒がまた叫ぶから・・・」


奈緒「また叫ぶから・・・・じゃねーよ!!!」


P「おおおぅ!?」ビクゥ


ちひろ「ま、また//// 」ビク



奈緒「凛もなんとか言ってやr」チラ


凛「」チーン


奈緒「りーーーーーーーーん!?!?!?!?」
13 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 12:55:39.37 ID:tuIupLS3O
P「今日は騒がしいなぁ」ギシギシ


ちひろ「そう・・・んッ///ですか・・っぁ///」


P「ちひろさん前見えないですよ」


ちひろ「だって/// しょうがないじゃ・・・あっ・・///ないですっ・・・かぁ///」ビクンビクン


ちひろ「もぅ・・・/// いっつもこうなんだから・・・///私だって・・・!」腰クイ


P「ぅ・・・!」ビク


奈緒「う!じゃないが!!!」ウガー


P「じゃないがァ!!!」パンパンパン
14 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 12:57:32.51 ID:tuIupLS3O
ちひろ「ぁ!ダメッ・・・//// イク・・・ゥ////」ビクンビクン


P「締め付けすぎ・・・!くぅ!!!」ドピュルルルルルルルル


ちひろ「はぁ・・・はぁっ・・・ぁ////」クテ


P「さてー」


P「仕事仕事」クイ


ちひろ「えっ、ま、また・・?」コシカカエラレ


奈緒「・・・・はぁ」ジー


ちひろ「あっ!!イった後なの・・にぃ!」ビクンビクン


奈緒「・・・・・・・」ジー
15 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 13:01:00.70 ID:tuIupLS3O
ちひろ「プロデューサーさっ・・・////はげし・・っ!すご・・・・ぃぃ////」ビクビク


奈緒「・・・・ん」クチュ


ちひろ「し、仕事しなきゃ・・・ぁ!今日帰れないですよ・・・・ぉっ////」


奈緒「は・・・ぁっ・・///」クチュ


P「はっはっは、なんとかなりますってー」パンパンパンパン


ちひろ「ぁ/// 後ろから・・っ! す、好きぃ///」ビクン


奈緒「はぁっ、、、はぁっ、、///」クチュクチュ


P「ふむ、書類くらいならなんとか終わりそうですよちひろさん」パンパン
16 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 13:02:56.81 ID:tuIupLS3O
ちひろ「ほ、ほんとです・・・っ・・かぁ///」


P「これが終わったらどうです?今晩?」パンパン


ちひろ「っ〜〜!!!////」ビクンビクン


P「おーい、ちひろさん?」


ちひろ「はぁっ、、も、ぅ・・・だめ///」クテ


P「困ったな・・・。これじゃ定時に上がれないぞ」


ソデクィ


P「ん?」クルッ


奈緒「あ、あたしにできることがあれば手伝う・・・よ?///」


P「そうだな・・・」
17 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 13:04:28.17 ID:tuIupLS3O
奈緒「ん・・・///」ドキドキ


P「じゃぁこの書類とこの書類をこうして、こんな感じに振り分けてファイリングしてもらえるかな」お手本見せ


奈緒「えっ、、、わ、わかった」オズオズ


P「俺は打ち込み残ってるから、終わったら教えて」カタ


奈緒「・・・・・いぢわる」


P「んー、なんか言ったかー?」


奈緒「何もいってない。早く終わらせろばーか!」


P「お、おぅ」ビク
18 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 13:05:24.73 ID:tuIupLS3O
P「奈緒も終わったらなんか言うこと聞いてやるから頑張れよー」


奈緒「ほんとか?!」


P「お、おぅ」ビク


奈緒「なんでもだな!言ったな!」


P「いやなんでもとはいっt」


奈緒「よーし頑張るぞー!」
19 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 13:09:53.08 ID:tuIupLS3O
20分後


P「よーし、ひと段落」ッターン


凛「お疲れ様。はい、コーヒー」コト (復活)


P「お、ありがとう」ゴク


凛「ねぇ、ちひろさんとはいつもあんなことしてるの?」


P「ん?」


凛「ちひろさんとはいつもあんなことしてるの?」


P「ん?」


凛「・・・・ふーん」
20 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 13:10:50.70 ID:tuIupLS3O
P「そういえば奈緒はどのくらい仕事進んでるかな・・・っと」スクッ


凛「・・・」ウシロカラダキツキ


P「どうした?」


凛「・・・何もしてないよ?」


P「・・・」


凛「プロデューサーこそどうしたの?ほら、奈緒の様子を見に行くんでしょ?」


P「このままじゃ行けないだろ」


凛「そうかな?」カチャカチャジ-
21 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 13:18:51.04 ID:tuIupLS3O
P「お、おい」


ボロン


凛「っ/// これが、、プロデューサーの・・・///」マジマジ


P「今日はもう無理だ」


凛「何が無理なの?」サワサワ


ムクムク


P「くっ・・・!!」


凛「奈緒ー、プロデューサーが呼んでるよー」


P「ちょ」
22 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 13:19:51.10 ID:tuIupLS3O
奈緒「ったく、なんだ・・・よ」


P「・・・奈緒、見るな」


凛「ほら、奈緒見て。私の手でプロデューサーのアソコがこんなになってる。とっても気持ちよさそう」ナデリナデリ


P「っ、、!」ビク


奈緒「凛、何やってんだ?」


凛「何って、見たらわかるでしょ?」キュ


P「っ!」ビクン


凛「プロデューサーのプロデューサーをプロデュースしてるんだよ」ドヤァ


奈緒「ドヤ顔されても」
23 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 13:20:46.07 ID:tuIupLS3O
凛「そしてこれを」スッ


奈緒「これを・・・?」


凛「こうっ!!!!!」


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ


P「く、ぅ・・っ!あぁ!!」ビクンビクン


奈緒「やめろぉぉぉぉ!!」


P「り、凛!!!どこでこんな慣れた手つきを・・・!!!?」ビクンビクン


凛「毎日のイメージトレーニングの成果かな」
24 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 13:21:57.66 ID:tuIupLS3O
シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ


P「ぜ、絶妙に気持ちところだけ力を入れてやがる・・・! あぁ!、!!」ビクンビクン


奈緒「クソ!もう見てられねぇ・・・!」メソラシ


加蓮「目を逸らしちゃダメよ」


奈緒「加蓮!?いつから!?」


加蓮「そんなことはどうでもいいの。それより今はあの凛の手コキに耐えてるプロデューサーを見て」


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ


P「、、、っ!ぁ!奈緒、!」ビクン


奈緒「プロデューサー・・・」
25 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 13:23:06.63 ID:tuIupLS3O
加蓮「そう、プロデューサーは女の子が大好きで自分に好意のある人にはところ構わず手を出す人だけど奈緒だけには見せたくないって」


奈緒「いやいやいや、さっきちひろさんとヤってたじゃん」


加蓮「それを私としたときに言ってた」


奈緒「クズじゃねーか!」


P「な、奈緒!違う!俺は奈緒のことが好きだ!!」


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ


奈緒「ばっ、、、!!!//// 今このタイミングで言うことかよ!?///」


加蓮「いいなぁ、奈緒。嫉妬しちゃう」ニヤニヤ


凛「ふーーーーーーーーーん」ピタ
26 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 18:08:45.50 ID:O/cXr7TN0
P「はぁ、、、はぁっ、、!た、耐えた!」


凛「ねぇ、プロデューサー」


P「なんだ・・・?」


凛「私のことは?好き?」


P「アイドルとして好きだよ」


凛「違う」パクッ


P「あふん」ビク


凛「わふぁひのほほ、しゅひ?(私のこと、好き?)」クワエナガラ


P「アイドルとして、好きだって!」
27 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:22:11.21 ID:tuIupLS3O
奈緒「プロデューサー!!」


凛「・・・っ!っぷは!」ビク


奈緒「あ、あたしも・・・その・・、プロデューサーのこと、、、///」


P「奈緒・・・!」


奈緒「その、、えっと、ぁあ!恥ずかしいなぁ!!!////好きだよ!!!///」


加蓮「・・・私もプロデューサーのこと好き」ボソ


P「奈緒!!! 俺も好きだ!!愛しムグゥ!?」


加蓮「んっ、、ちゅっ・・・」
28 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:23:23.31 ID:tuIupLS3O
P「か、かれンンンン!?」


加蓮「んっ、、、っぁは///」トロン


奈緒「な・・・かれ、ん・・」


加蓮「ごめんね、奈緒。私もう我慢できないみたい///」ダキツキ


奈緒「プロデューサー、最低」


P「えっ!?俺!?」


凛「加蓮、邪魔しないでよ」


加蓮「凛もごめんね。でもおいしいとこは譲るから、どう?」
29 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:24:03.61 ID:tuIupLS3O
凛「信用できない」


加蓮「じゃぁ・・・」ゴニョゴニョ


凛「乗った」


加蓮「さすが凛!」


P「俺の意思は関係ないんですね」


凛「元々このプロデューサーが遊びすぎなの」ピシッ


P「イタッ」


加蓮「誰これ構わず勃っちゃってさ」ピシッ


P「イタッ」
30 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:24:51.84 ID:tuIupLS3O
奈緒「・・・・ほんとは誰でもいいんだよな」ピシッピシッ


P「イタッイタッ。奈緒だけ多くない?」


奈緒「うるさい。もう騙されないぞ」


P「騙したことなんて」


奈緒「は?」


P「ハイ」


加蓮「はーい、こっち向いて」グイッ


P「ううぇ!?んぐぅ!?」


加蓮「ちゅっ、、んっ、ぁっれろ///」
31 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:26:33.20 ID:tuIupLS3O
凛「加蓮はほんとキス好きだよね」


加蓮「っぷは/// だって気持ちいいんだもん///」


奈緒「プロデューサー、最低」(2回目


P「俺のせいじゃないって!」


凛「奈緒は?キスしないの?」


奈緒「キス・・・凛や加蓮に見られるのは・・・ちょっと・・・///」


加蓮「じゃぁプロデューサーの唇は私のものね」チュッ


P「ちょっ、加蓮!やりすぎだって!」グイ
32 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:27:46.53 ID:tuIupLS3O
加蓮「やんっ、、乱暴はだめだよプロデューサー///」アマエゴエ


凛「私はプロデューサーをもらおうかな」パクッ


P「おぉぅ!?」ビクン


凛「ぢゅるっ、、んっ、、、、れろっ・・・ぢゅるるるるる」


P「ぅあ!な、なんでこんな・・・!ぅ!」ビクン


奈緒「お、おい・・・///二人とも・・・///」


P「くそ!こうなったら・・・!」


ガシ


凛「っぷは!な、なに?」
33 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:28:44.99 ID:tuIupLS3O
P「まずは凛からだ!!!」凛の腰抱え


凛「えっ、、?えっ?」サレルガママ


ズプッ


凛「ちょっ、、、後ろからなんて・・・顔いきなり・・・ぁ!!」ビクン


P「さっきはいいようにしてくれたな」ズン


凛「ひぃん///」ビクゥ


P「今度は俺のターンだ。堪えられるかな?」


凛「ま、待って・・・っあ/// ダメ///」
34 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:31:57.90 ID:tuIupLS3O
P「これを・・・・」コシヲヒキーノ


凛「ぁ//// ん・・・ふ///」


P「こうっっっっっっ!!!!」ズン!!!!!!


凛「〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!!!」ビクンビクン


P「そしてこうっっっっ!!!!」パンパンパンパンパンパン


凛「ぁっっ/// すごっっっ///ま、まっっっ////あひぃ///」


加蓮「わぁー、さすがにあれは私もキツイかも・・・」


奈緒「・・・・////」


凛「ダメっっっ//// もうイク・・・・///〜〜〜〜〜っっっっっ/////」ビクンビクンビクンビクン


凛「はぁっ、、、、ぁ、、、はぁっ、、、ん////」グッタリ
35 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:35:42.84 ID:ANamzatK0
P「加蓮」


加蓮「っ!」ビク


P「おいで」ニコ


加蓮「えっと、、、きょ、今日はいいかなーなんて」クル


ガシ


加蓮「・・・」アセダラダラ


P「おっと、加蓮のここがとても濡れてるじゃないか。こんなに興奮してるなんてエッチだなぁ」クチュクチュ
36 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:36:38.26 ID:ANamzatK0
加蓮「あ、あんなの見せられたら誰だって・・・/// ぁ・・///」


P「キス、いっぱいしてやるからなっっと」加蓮の片足あげ


加蓮「ぁ・・・//// ゆ、ゆっくり・・・ね?」ドキドキ


P「まかせろ」


ヌプッ


加蓮「んっ/// はぁ・・・っ・・・////」


P「よし」


ヌチュッヌチュッヌチュッヌチュッ


加蓮「ぁ・・・////気持ち・・・ぃ///」
37 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:38:06.05 ID:ANamzatK0
P「・・・・」


ヌチュッヌチュッヌチュッヌチュッ


加蓮「あっ/// んっ、、、ぁ!・・・これなら大丈夫かも・・・ぁ///」ビクン


P「加蓮、俺の首に手をまわせ」


加蓮「えっっ、こ、こう・・・?」テヲマワシ


P「よいしょっと」エキベン


加蓮「きゃっ!?ぁ・・・!えっ、、?」


P「これで加蓮は抵抗できまい」ニヤリ


加蓮「えっっっっっと、、、、」
38 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 19:59:11.74 ID:qnCK81x00
加蓮「や、優しくしてね?」


P「りょーかい」ニコッ


パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン


???



加蓮「もぅ・・・むりぃ・・・///」コシクダケ


奈緒「すごい・・・」


P「奈緒!」


奈緒「ひぃ!?」ビク


P「そんなビビるなよ。傷つくだろ」
39 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 20:00:03.45 ID:qnCK81x00
奈緒「あ、あたしにも二人みたいにされるのか・・・?」ビクビク


P「しないよ。奈緒は特別だから」


奈緒「ほ、ほんとか・・・?」


P「ほんとだって」服着ながら


奈緒「なら、いいけど・・・」


P「それよりも」


奈緒「なんだ!?」ビク


P「いちいちビビるなって。アレだよ。頼んでおいたファイリングは?」


奈緒「あ、あぁ。終わったよ」


P「よし、じゃあそれを渡してもらって今日はお終いだ」
40 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 20:02:22.81 ID:qnCK81x00
奈緒「えっ、定時は・・・?ってもうこんな時間か」


P「さて、奈緒。約束だったな。俺にできることならなんでもするよ」


奈緒「ぁ・・・」


P「ん?」


奈緒「じゃ、じゃぁ・・・///」
41 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 20:03:22.95 ID:qnCK81x00


奈緒「その・・・今日はずっと一緒にいて、、、欲しい///」


42 : ◆IM0fCt6Ojk [saga]:2018/04/28(土) 20:04:05.21 ID:qnCK81x00


このあとめちゃめちゃセックスした



終わり
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/28(土) 22:42:27.22 ID:iq+5TJzoo
は?
19.12 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)