小鳥「ふふふ、あずささん、可愛いですよ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 00:46:07.68 ID:x4A/0cRO0
あずさ「ふぐ!?んっ!?ふごぉぉぉお!?」ビクビク

小鳥「ふふふ、猿ぐつわかまされて…乳首いじめられて…お尻の穴ヒクヒクさせて…可愛い…」チクビコリコリ

あずさ「ふごぉぉぉお!?」ビクンッビクンッ
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 00:49:34.16 ID:x4A/0cRO0
小鳥「なんでお尻の穴がヒクヒクするか知ってますか?女の子は感じてしまうと、男の人を悦ばせるために膣内を締めるんです。そうすると、肛門は筋肉が繋がってるからヒクヒクしちゃうんですよ」コチョコチョ

あずさ「ふごっ!?おごっ!?ぉぉぉおん!?」ブンブン

小鳥「いくら首を振ってもダメですよ、身体は正直ですから…」アナルコチョコチョ

あずさ「くふぅぅぅぅぅうん!?」ビクビクビク
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 00:51:46.72 ID:x4A/0cRO0
小鳥「あははは、ほーんと、アナルが大好きなんですね。こちょこちょする度に腰が跳ね回ってるじゃないですか」ツツ-

あずさ「んっ…ふっ…あっ…」ビクンッ ビクンッ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 00:53:09.64 ID:x4A/0cRO0
小鳥「ピッチピチの競泳水着を着せられて…」ワキコチョコチョ

あずさ「はうっ!?」

小鳥「アナルの場所だけ穴を開けられて剥き出しにされて…」ニュウリンサワサワ

あずさ「んっ…くっ…ぁぁ…」ゾクゾク

小鳥「股割り万歳の姿勢で拘束されて…」アナルチロチロ

あずさ「!?ふごぉぉぉお!?」ビクビクビク
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 00:54:24.31 ID:x4A/0cRO0
小鳥「閉じたくても閉じられないものねぇ…それとも…閉じたくないのかしら?」ジュルルル

あずさ「ふぐぅぅ!?ふぐぅぅ!?」ブンブン

小鳥「まぁどっちでもいいんですけど…」スッ

あずさ「ふぁっ…!?ふぅぅ…ふぅぅ…ふぅぅ…」

小鳥「あれ?残念そうな目をしてどうしたんですか?」

あずさ「ふぅぅぅ…ふぅぅぅ…!?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 00:56:16.41 ID:x4A/0cRO0
小鳥「男の人って見る目ないですよね…ビキニなんかより、ぴちぴちの競泳水着の方がよっぽどいやらしいのに…」

あずさ「んっ…ふぅ…」モジモジ

小鳥「そろそろ猿轡は外してあげましょうか…」スッ

あずさ「…ぶっはぁ!?はぁ…はぁ…はぁ…」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 00:58:32.00 ID:x4A/0cRO0
小鳥「どうですか?気持ち良かったですか?」

あずさ「そ、そんなことは…はぁぅぅぅう!?」

小鳥「全く、素直じゃないんだから…」サワサワ

あずさ「お、おひり…りゃめぇ…」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 00:59:39.64 ID:x4A/0cRO0
小鳥「ふふふ、こうして締めつけられると敏感になっちゃって困りますよね…ところであずささん?大晦日は何を見る派ですか?」コチョコチョ

あずさ「あっ!?ひっ!?やっ!?あっ!?あぁぁぁぁぁあ!?」ガクッ

小鳥「あら?快感のあまり気絶しちゃいました?」

あずさ「んっ…ぁぁ…」

小鳥「私は断然…ガ○使派です」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:00:40.41 ID:x4A/0cRO0
数分後

あずさ「うぅ…は、恥ずかしい…」

小鳥「まあ全裸にはなりましたけど、さっきの穴開き競泳水着よりはマシだと思いますよ?」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:02:39.42 ID:x4A/0cRO0
あずさ「で、でも…何ですか…この箱…」

小鳥「あれ?あずささんってガ○使…あぁ、そうか去年は紅白に出てましたもんね、だから私も録画で見たんでした…」

あずさ「な、なんの話を…?」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:03:45.11 ID:x4A/0cRO0
小鳥「この箱から空気を抜くと…」ポチッ

キュゥゥウウ

あずさ「え?え?な、何これ…んっ!?」

ピチィィィイ

小鳥「さっきの水着よりもぴったりぴちぴちになりましたね?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:05:51.82 ID:x4A/0cRO0
あずさ「はぅぅ…こ、これは…一体…」

小鳥「見てなかったあずささんに説明しると…真空状態にすると、身体の感度が上がっちゃうんですって…だからほら、こんな風に…」フゥ

あずさ「はぁうっ!?」ビクンッ

小鳥「息を吹きかけられるだけでも、飛び跳ねるほどの快感を得ることができるんです…」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:06:59.78 ID:x4A/0cRO0
あずさ「こ、こんなの…いやぁ…」

小鳥「この状態で責められたら…どうなるんですかね?」ハァハァ

あずさ「い、いやぁぁぁぁぁあ!?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:08:02.01 ID:x4A/0cRO0
小鳥「私はアナルに専念します…だから他は…あの人にお願いしましょうか…」

あずさ「ま、まさか…」

小鳥「そのまさか…ですよ、こんな大掛かりな装置、用意できるのは…あの子しかいませんよね?」

あずさ「いや!だめ!あの子…あの人だけは!?」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:09:11.77 ID:x4A/0cRO0
伊織「どうしてダメなのかしら?」

あずさ「ひっ!?い、いおりちゃ…」

伊織「あら?ここでは何て言うんだっけ?」

あずさ「ご…ご主人…様…」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:10:07.92 ID:x4A/0cRO0
伊織「ふん、まぁいいわ、それで…私以外の女に、随分感じさせられてるじゃない?」ギロッ

あずさ「ひぃ!?こ、これは…ちがっ…ぁぁぁぁぁあ!?」

小鳥「何が違うんですか?あずささん?」ペロペロ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:11:22.28 ID:x4A/0cRO0
あずさ「あぁぁぁぁぁあ!?お、おひりへろへろやめへぇぇぇえ!?」

小鳥「お尻じゃなくて?なんて言うんですか?」ペロペロ

あずさ「い、言えないぃぃぃい!?しょれは言えにゃいぃぃぃい!?」

小鳥「だったらずぅっとこのままですよ?」ペロペロペロ

あずさ「ひぃやぁぁぁぁあ!?」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:12:36.32 ID:x4A/0cRO0
小鳥「シワを一本一本舐めたりぃ…」チロチロ

あずさ「おほぉぉぉぉお!?」

小鳥「尻たぶをこちょこちょしたりもしてー」コチョコチョ

あずさ「ふぉぉぉお!?い、言うぅぅう!?言いましゅぅぅう!?お、おひりりゃにゃくて…け、けちゅまん…えへぇぇぇえ!?」

伊織「あら?こっちも忘れてもらったら困るわよ?」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:13:45.71 ID:x4A/0cRO0
あずさ「しょ、こ…りゃめへぇ…」ガクガク

伊織「何よ?あんた好きでしょ?乳首いじめられるの?」

あずさ「しゅきりゃな…ひぃぃぃい!?」

伊織「ほーら、こうして指先で撫でられだけで…ビクビク…ビクビクって…悦んでるじゃない…」サワ...サワ....

あずさ「ひぃ…んっ…ぁ…」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:14:42.68 ID:x4A/0cRO0
伊織「ほぉら…乳輪の周りも…ツツーッて…」ツツ-ッ

あずさ「はぁうぁ!?」

伊織「にひひ、いっつも布ごしに責められるから…色は薄いままなのに…大きくなってない?」ツン....ツン...

あずさ「そ…んなこと…んっ!?な…いぃいん!?」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:15:50.85 ID:x4A/0cRO0
伊織「最近、プレイ以外でも立ちっぱなしよね?着替えの度に気持ちよくなってるんじゃないの?」クリクリクリクリ

あずさ「はぁん!?な、なんでそれ…をぉぉぉお!?」

伊織「にひひ、図星じゃない」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:18:19.52 ID:x4A/0cRO0
あずさ「あっ…んっ…くぅぅ…」

伊織「あら?どうして我慢しようとするの?」

あずさ「ま、負けな…いぃ…」

伊織「…こんなになって勝ちも負けもないと思うけど…」サワサワサワ

あずさ「おほぉぉぉぉお!?」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:19:08.77 ID:x4A/0cRO0
伊織「ほら、どうせあんたは淫乱なんだから、身体に正直になりなさい?」

あずさ「い、淫乱なんかじゃぁぁ…ぁぁ…」

伊織「ほぉら、ぴーんぴーん」ピンピン

あずさ「うっ!?あっ!?あっ!?」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:20:09.43 ID:x4A/0cRO0
伊織「ん?これはどう?」クニクニ

あずさ「はぁぁぁあ!?あう!?あう!?」

伊織「にひひ、胸の大きさと感度は反比例するって言うけど、流石は淫乱アイドル。敏感なのね」キュッキュッ

あずさ「くぁぁ…はぁぁ…」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:21:03.49 ID:x4A/0cRO0
伊織「あんまり大きい声を出すと…起きちゃうわよ?」

あずさ「だ…れが…?」

小鳥「あ、あそこで寝てるのって…?」

あずさ「!?あ、亜美ちゃん!?」

亜美「…すー…すー…」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:22:08.31 ID:x4A/0cRO0
伊織「ええ、レッスン終わりで昼寝してるところを連れてきたわ…」

あずさ「あぁ…そ、そんな…」

伊織「どう?亜美に見られながら犯されたら興奮する?」

あずさ「ひぃ!?」ビクンッ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:23:12.14 ID:x4A/0cRO0
小鳥「あら?想像しただけで感じてません?」

伊織「別に睡眠薬飲ませたわけじゃないからね、大きい音が出たら…起きちゃうかも」

あずさ「そ、そんな…」

伊織「ほらほら、乳首に熱が溜まってきたわよ?」コチョコチョ

あずさ「い…やぁ…んっ!?」

伊織「こっから…本気でいくわよ?」

あずさ「ひぃう!?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:25:38.97 ID:x4A/0cRO0
伊織「まずは両乳首を5本の指で…しっーかりさわさわ…」

あずさ「ほぉぉぉぉぉおおお!?」

伊織「先っぽはどう?」チョンチョン

あずさ「き、きもひぃぃぃい!?」

伊織「じゃあ、指の腹でさわさわは?」

あずさ「きもひぃぃぃい!?きもひぃぃぃいれすぅ!?」

伊織「ふーん、気持ちいいんだぁ。変態ね。じゃあ次は…つまんでコリコリは?」コリコリ

あずさ「あぁは!?はぁん!?」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:26:36.04 ID:x4A/0cRO0
伊織「気持ちいい?」

あずさ「はぁん!?はぁん!?」

小鳥「本当に気持ち良さそうな顔するんですね」

あずさ「み、にゃいれぇ…」

伊織「先っぽもつまんであげましょうか?」クイッ

あずさ「ひぃや!?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:27:24.03 ID:x4A/0cRO0
伊織「根元とはまた違うでしょ?先っぽだけキュキュって…」キュキュッ

あずさ「いやぁぁぁぁぁあ!?気持ちひぃぃぃい!?」

小鳥「あずささん、このまま乳首と声を大きくし続けてたら…亜美ちゃん…起きちゃいますよ?」

あずさ「はぁ…んぅぅ…あっ…」

伊織「大丈夫よ…乳首に身を任せて…」サワァ

あずさ「あぁ…ぁぁ…ら…めぇ…」トロンッ
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:28:05.46 ID:x4A/0cRO0
伊織「コリコリしてぇ…」コリコリ

あずさ「あっ…」

伊織「つまんでぇ…」キュキュッ

あずさ「はぁぁん…」

伊織「引っ張ってぇ…」クイクイ

あずさ「おほぉ…」

伊織「はなす!」パッ

あずさ「あはぁん!?」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:29:17.25 ID:x4A/0cRO0
亜美「んっ…」

あずさ「!?」

亜美「…ふぁぁ…んっ…」トロ-ン

伊織「ほら、亜美が見てるわよ?」

あずさ「み、見ないで…んっ!?亜美ちゃ…んっ!?」

亜美「んっふっふ〜…真美ぃ…」トロ-ン

あずさ「へ?」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:30:01.57 ID:x4A/0cRO0
小鳥「あらあら、寝ぼけてるのね」

亜美「んっふっふ〜真ぁ美ぃ…」トロン

あずさ「あ、亜美ちゃん?私は真美ちゃんじゃ…」

亜美 チクビペロンッ

あずさ「ひぃや!?な、なんで!?」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:34:27.53 ID:x4A/0cRO0
亜美「んっふっふ〜、真美ぃ…いつもの…しよ…?」トロンッ

伊織「え?」

小鳥「キマシタワ-」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:36:38.11 ID:x4A/0cRO0
亜美「ほらほら〜、好きっしょ〜?亜美におっぱいイジメられるの?」チロチロ

あずさ「ひぃ!?やっ、ちがっ!?」

亜美「ほら、真美の好きなやつ、左は指で高速クリクリしながらぁ…」クリクリ

あずさ「あっ…あっ…あっ…」

亜美「右の先っぽだけチロチロ舐められるやつ」チロチロ

あずさ「はぁ!?はぁん!?ぁぁぁあ!?」

亜美「おっぱいの周りをクニクニされるのが好きだよねぇ…」ニュウリンクニクニ

あずさ「はぁぁ…はぁぁ…」

小鳥(ま、真美ちゃんはいつもあんな責めを…)
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:37:35.99 ID:x4A/0cRO0
伊織「にひひ、あずさぁ、あんた乳首どんだけ大きくしてんのよ」

あずさ「らってぇ…らってぇぇぇぇ…」

伊織「間違いなく、うちで一番大きいわね」

あずさ「い、言わない…れ…あん!?」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:38:17.72 ID:x4A/0cRO0
伊織「さぁ、次は…こっちね」クチュッ

あずさ「はぁうう!?」

伊織「ほら、小鳥…って、鼻血出して倒れてるし…」

小鳥「あみまみ…わっ…ほい…」ガクッ

伊織「亜美…も、もう寝ちゃったか…」

亜美「すー…すー…」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:40:43.00 ID:x4A/0cRO0
伊織「じゃあ、アナルは…私が…じーっくり、開発してあげる?」

あずさ「い、いやぁぁぁぁぁあ!?」

伊織「辛かったでしょ?お尻じゃないとイケないものね…」クルクル

あずさ「ひっ!?あっ!?あっ!?」

伊織「まぁ私がそういう風にしたんだけ…ど!」ズブッ

あずさ「ひん!?」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:41:34.14 ID:x4A/0cRO0
伊織「ほらほら、ここでしょ?ここがいいんでしょ?」ヌチュヌチュ

あずさ「ひぃぃぃい!?よ、よくなひぃぃぃい!?」ビクビクビク

伊織「んー?ダメ?乳首ビンビンにしてるのに?」ズボズボ

あずさ「はぅっ!?」

伊織「装置越しでもわかるくらい、我慢汁でヌルヌルしてるのに?」ニュルニュル

あずさ「ぅぅ…や…らめぇ…」フルフル
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:42:29.17 ID:x4A/0cRO0
伊織「ほーら、ここが気持ちいいんでしょ?ちょうど子宮の裏側」ニュルッニュルッ

あずさ「はぁぁぁぁぁぁ???」

伊織「ほら、声が変わった」ニュルンッ

あずさ「あうん!?」

伊織「ほぉら、お尻の中トロトロの天国でしょ?」ニュルニュル

あずさ「ひぃ?あっ?ぁぁ…?」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:43:35.50 ID:x4A/0cRO0
伊織「でも絶〜対イカないようにゆっくりゆ〜っくり責めるからね」クチュゥクチュゥ

あずさ「あはぁぁぁ?はぁ?はぁひゅん?」

伊織「いい鳴き声よ、ピッチピチに拘束されてるからこうやっておねだりするみたいに鳴くか、我慢汁垂れ流すくらいしかできないものね…」グルンッ

あずさ「はぁぁぁん?」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:44:27.54 ID:x4A/0cRO0
伊織「にひひ、元々えっちなお尻だったけど、開発し始めてからどんどんいやらしくなるわね…ほら、ここも好きでしょ?いい子いい子してあげる」ナデナデ

あずさ「〜〜〜〜〜???????」

伊織「あらあら、ついに声も出なくなったの?こんなに気持ちよくなれるところが、こんなにいやらしいところにあるなんて…ほんとにえっちな身体ね…」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:45:13.09 ID:x4A/0cRO0
あずさ「わ、わらひは…えっ…ちじゃな…」

伊織「ふーん、こんなに大きくて敏感なお尻でも?」ペロペロ

あずさ「ひぃぃぃいん!?ペロペロりゃめぇぇ!?」

伊織「お尻の外も中も敏感…こうして入り口をこちょこちょするたびに、貴女の肛門がきゅんきゅん身悶えして…」ツツ-

あずさ「言わないれぇぇぇぇえ?いやぁぁぁぁぁあ?はぁん?」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:46:44.63 ID:x4A/0cRO0
伊織「ほぉら、腸汁が溢れてきたわ、あんたの身体がお尻の快楽を受け入れてる証拠よ!」クチュクチュ

あずさ「ぁぁぁぁぁあ?ゆ、指で入り口ぃ?こちょこちょやめぇえ?」

伊織「イキたいんでしょ?お尻がもじゅもじゅしてとろけそうなんだしょ?」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:48:22.24 ID:x4A/0cRO0
あずさ「…て…ぇ…」

伊織「ん?」

あずさ「…て…さい…」

伊織「何?聞こえないわ」

あずさ「い…イカせて…ください…」

伊織「聞こえない」ペロッ

あずさ「ひぃやぁぁぁぁあ!?い、イカせてくださぃぃぃい!?」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 01:50:34.78 ID:x4A/0cRO0
伊織「にひひ、上手におねだりできたわねぇ…でも…ダァメ」

あずさ「なんでぇぇぇえ!?なんでぇ…へぇぇぇえ!?」

伊織「小鳥にイカされかけたお仕置きよ。貴女のご主人様は誰なのか…きっちりそのお尻に刻み込んであげるわ」ジュルルル

あずさ「ひぃぃぃい?」

終わり
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/15(水) 11:33:15.05 ID:oVrcdSR1o
おつ
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 14:48:34.18 ID:Y0ZTLhyxO
この責め方ほんとすこ
次も期待!
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/15(水) 16:50:11.10 ID:airED6gV0
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/15(水) 18:37:10.18 ID:GsfgSmLx0
ええやないの…めっちゃええやないの…
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/15(水) 19:18:02.18 ID:uUbJPa8/O
昔見たぞ
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/19(日) 02:51:09.41 ID:93ZOQUIV0
あずささんいじめる創作はあんまりないから嬉しい

もっとお願いします
17.20 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)