ガヴリール「ヴィーネの匂い」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 07:57:23.99 ID:DqsaA1xF0

ヴィーネの匂いがする。

ふんわり甘い洗剤の匂いと、ほんのり灼けた日光の匂い。

ヴィーネの服と同じ匂い。

ヴィーネが洗った、私のTシャツ。

顔にTシャツを近づける。

私の感覚と、ヴィーネの匂いが、ぐるぐる巻きついて、一つになる。


こうすることでしか、もうヴィーネと触れ合えない。
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 07:59:09.07 ID:DqsaA1xF0

ヴィーネが病気になった。

「急性天使アレルギー」だそうだ。

ヴィーネの体は既に天使力に侵されていて、もう意識もない。

だからお見舞いに行こうとした。

でも、できなかった。

私が、天使だから。


ヴィーネは、突然、私の前から、いなくなった。

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 07:59:37.01 ID:DqsaA1xF0

ヴィーネが病気になった。

「急性天使アレルギー」だそうだ。

ヴィーネの体は既に天使力に侵されていて、もう意識もない。

だからお見舞いに行こうとした。

でも、できなかった。

私が、天使だから。


ヴィーネは、突然、私の前から、いなくなった。

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:00:35.39 ID:DqsaA1xF0

ヴィーネ、会いたいよ、ヴィーネ

もうネトゲもしない。

宿題も自分でやる。

なんなら、料理だって作りに行ってやる。

だからヴィーネ、お願い、戻ってきて

『いいのよ、ガヴは何も悪くないのよ』

違う、ヴィーネ、違う、私が悪いんだ


そう思っていないと、壊れてしまう。

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:01:29.52 ID:DqsaA1xF0

ヴィーネは病気と闘っている。

私には、ヴィーネの病気と闘える力はない。

せめて、そばにいて、手を握って、空間を共有していたい。

それさえも、できない。

ただ、ヴィーネの足跡に縋って、まるで死んだみたいに、虚像を作り上げることしかできない。

情けない、無力だ。


役立たずな涙が溢れた。

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:02:28.73 ID:DqsaA1xF0

『お前は、最後の日、ヴィーネになんて言った?』

私は、なんて言ったかな。

堅固に閉ざされた記憶の扉を開こうとする。

……

…………

………………!!!!!!

やめろ!やめろ!やめろ!

思い出すな!思い出すな!思い出すな!思い出すな!思い出すな!思い出すな!


「出てけよ!お節介悪魔!」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:03:32.13 ID:DqsaA1xF0

……

…………

………………ふざけるな

ふざけるな…………ふざけるな……ふざけるな、ふざけるな!ふざけるな!ふざけるな!

たかだかケーブル1本のために、お前は唯一無二の親友を言葉で傷つけた!

在りし日の最後の顔に、涙を浮かばせた!


挙句ちっぽけなプライドのために、最後まで謝らなかった!

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:04:33.76 ID:DqsaA1xF0

絶対に許さない、絶対に許さない…………

……○してやる。

そうだ。

この包丁を、自分の腹に突き刺すだけで、ヴィーネを苦しめた憎い自分への復讐を果たすことができる。

私は、きっと続く永遠の苦しみから逃れられる。

ヴィーネに許してもらえる。


「やめて!私はそんなこと望んでない!」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:05:29.21 ID:DqsaA1xF0

……

…………

………………

馬鹿だ、私は。

ヴィーネは、私が死んだなんて聞いたらどう思うか、少し考えればわかるはずだ。

ヴィーネは、きっと私なんかのために泣いてくれる。

ヴィーネは、きっと私を許さない。

……

……

……ヴィーネ。


私もう、何もわからないよ。

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:06:07.78 ID:DqsaA1xF0

……これで、何日目だろうか。

昨日も、「ヴィーネ」が感じられるTシャツを握りしめて、一晩中泣いていた。

最近はこの調子で、最近はほとんど寝ていないし、ヴィーネのこと以外は何も考えていない。

このTシャツを中心に、生活が回っている。


だけど、それさえも、神様はゆるしてくれなかった。

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:06:46.17 ID:DqsaA1xF0

今日も今日とて、Tシャツのヴィーネと混ざり合う。

しかし、Tシャツを顔に近づけたとき、違和感に気づいた。

洗剤の匂いが薄くなっている。

ヴィーネの匂いが消えかけている。


ヴィーネが、どこかへ行ってしまう。

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:07:28.90 ID:DqsaA1xF0

ねえ、待って、ヴィーネ、行かないで、私はヴィーネがいないとダメなんだ、お願い、行かないで、行かないで…………

私は、親に縋る赤ちゃんのように、一晩中、声をあげて泣いた。


明くる日の朝、Tシャツの「ヴィーネ」は、ほとんどさっぱりなくなってしまっていた。

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:08:47.71 ID:DqsaA1xF0

ヴィーネの番号に電話をかける。

トゥルルル、と、呼び出し音がなる。

ガチャ、と、通話に応答する音は永久に聞こえないことくらい、私もわかっている。


ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:09:42.17 ID:DqsaA1xF0

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい、


ごめんなさい、



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:10:58.13 ID:DqsaA1xF0

1日が終わった。

今日はずっとヴィーネと電話していた。

これで、「ヴィーネ」のいない夜を乗り切ることができる。


なんとか夜を乗り切った。ベッドの上でじっと座っていた。

涙は出なかった。Tシャツはゴミ箱に捨てた。眠くはない。


この日、先日ヴィーネが息を引き取ったと電話が来た。

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:11:49.01 ID:DqsaA1xF0

かれこれ一週間は同じ生活をしている。

寝なくても眠くないし、食べなくてもお腹は空かない。

ただ、ヴィーネのことを考えるだけ。幸せだ。

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:12:45.36 ID:DqsaA1xF0

「ガヴ」

今日もヴィーネと電話をしていると、目の前にヴィーネが現れた。

なんだ、やっぱりヴィーネは生きてたんだ。

私はしばしヴィーネと抱き合い、ひどいことを言ったことを何度も何度も謝った。

ヴィーネは照れくさそうに笑って許してくれた。


じゃあ、行こうか。


ヴィーネと2人でいられる場所へ。

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:13:51.11 ID:DqsaA1xF0


ヴィーネが私の手を引く。


私も遅れないようについていく。


もう、絶対に離さないから。



ヴィーネと私は、どこまでもどこまでも、高く高く、昇っていった。






19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/02(金) 08:17:10.19 ID:DqsaA1xF0

おわり

一か所重複してしまった、申し訳ないです
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/11/03(土) 02:11:13.16 ID:8POV69bL0
おつ
8.24 KB Speed:1.7   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)