【安価】今日は奴隷の18歳の誕生日

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 21:36:52.75 ID:Lkk1jasA0
男「やあ、奴隷」

奴隷「...主人。どうかしたのか」

男「今日はなんの日だか分かるかい?」

奴隷「さあ、知識にないな」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 21:44:10.07 ID:Lkk1jasA0
男「今日は君の誕生日。それも18歳の」

奴隷「はぁ」

男「今まで奴隷として君を育て、生きていくにあたって必要な知識や技能は与えたつもりだ」

男「今日を以て君は奴隷じゃあない」

男「もちろんいくらかの金とか...まぁ、色々工面してやれる」

男「君の人生を、君の幸せなよう歩むといい。またいつか会えるといいな」

奴隷「>>4

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 21:46:25.27 ID:biOUFnrjO
…貴方も私を捨てるのか?ハイライトオフ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 21:47:41.66 ID:ZjrSzn5Y0
まだここにいたい、何されても構わない
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 21:59:46.87 ID:Lkk1jasA0
奴隷「私は...」

奴隷「まだここにいたい、何されても構わない」

男「そうか」

男「だけどね、僕は君の幸せの為に言っているんだ」

奴隷「...」

男「君は長くここにいた。だからといってここにいるままでは君の幸せは成就しない」

男「確かに、いきなり外の世界に放り出すのはよくないだろう」

男「だから教えてくれ。君の幸せとはなんなんだい?」

奴隷「>>7
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/12/10(月) 22:21:29.65 ID:u63yb4gM0
貴方といることではダメですか
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 22:26:14.66 ID:biOUFnrjO
今まで通り貴方と普通に暮らすことだ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 22:36:48.01 ID:Lkk1jasA0
奴隷「今まで通り貴方と普通に暮らすことだ」

男「...それを言われちゃあ、僕にはどうする事もできない」

男「立派な子に育てたと思ったんだが...」

男「じゃあ気を取り直していこう」

男「奴隷。君は誕生日プレゼントに何が欲しい?」

男「できる範囲でだけど」

奴隷「>>9
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/12/10(月) 22:40:42.85 ID:u63yb4gM0
何は無くともまず服着せてください
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 22:44:34.47 ID:1yT2XvxiO
全裸かーい
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 23:01:18.81 ID:Lkk1jasA0
奴隷「何はなくともまず服着せてください」

男「...?」

奴隷「もしかして、奴隷とはいえ女性を裸のまま放置する気ですか」

男「いや、さっき暖房が効きすぎているとかなんとか言って全裸になったのは君だろう」

奴隷「...?何のことです?」

男「えぇ...」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 23:05:24.29 ID:Lkk1jasA0
奴隷「とにかく、服を着せてください」

男「そこにさっき君が脱ぎ散らかした服があるだろう」

奴隷「はい、そうですね」

男「あぁ、新しい服が良いのか。ごめんね、暖房効きすぎたから汗かいちゃったんだね」

奴隷「いえ、そうではなく、『着せてください』」

男「僕が?」

奴隷「はい」

男「君の服を?」

奴隷「はい」

男「君に?」

奴隷「はい」

男「着せる?」

奴隷「はい」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 23:10:16.86 ID:Lkk1jasA0
奴隷「嫌ですか?」

男「えっ」

奴隷「できない事ではありませんよね?」

男「う...分かった。着せてあげるよ」

奴隷「♪」

男「じゃあパンツからでいいかな?」

奴隷「大胆ですね」

男「そーいう事考えないよーにしてんの...」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 23:13:44.34 ID:Lkk1jasA0
男「...」

奴隷「そんなじろじろ見ないでください////」

男「気のせいだ」

男「ほら、パンツは穿かせてやったぞ」

奴隷「次はシャツですね」

男「そうだな...」

奴隷「どうです?私の体。貴方の目には、魅力的に映りますか?」

男「>>15
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 23:16:15.19 ID:ZjrSzn5Y0
とても魅力的だった
裸のまま生活してほしいくらいだ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 23:20:29.91 ID:ZjrSzn5Y0
まだパンツしか履いてないから過去形じゃなくて「魅力的だ」か
日本語下手ですまん
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 23:24:33.55 ID:Lkk1jasA0
男「とても魅力的だ」

奴隷「それは嬉しいね」

男「裸のまま生活してほしいくらいだ」

奴隷「...いい、けど」

男「ま、待て。いま僕は健全な飼い主として恥ずべき発言をした」

奴隷「そうやって貴方は、自分の本能を、本心を、いつも包み隠す。無かったことにする」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 23:28:51.38 ID:Lkk1jasA0
奴隷「それは決して悪い事じゃない」

奴隷「でもね、それじゃあ貴方は辛くて苦しいだけ」

奴隷「...私は、貴方の奴隷」

奴隷「奴隷に対してくらい、本能本心欲望さらけ出してくれてもいい」

奴隷「ねぇ、本当の気持ちを教えてくれるかい?」

男「...>>19
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/12/10(月) 23:57:40.21 ID:Xcu9moqJ0
好きだ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/11(火) 00:05:29.71 ID:5PZlflTv0
男「...好きだ」

奴隷「え」

男「俺は、君が好きだ」

男「ねえ、君は?」

奴隷「...好きじゃないわけないさ////」


このあとめちゃくちゃセッ○スした
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/12/11(火) 00:06:32.68 ID:5PZlflTv0
end
5.79 KB Speed:0.5   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)