【艦これ】ヤり部屋のある鎮守府【R18】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

120 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 11:54:42.44 ID:HWLdboCm0
「安心しろ北上、後で俺が締め付けまんこにしてやる」

「大丈夫だ大井君、いつでも躾てあげるからね」

「それに、そのちんぽは旦那様だぞ? 俺と同じように愛してあげないとダメだろ?」

「我々のためにも、感じて乱れるのがお嫁さんの役目じゃないかな?」

「旦那様の……おちんぽっ……♥」

「お前が違うちんぽに狂っても、俺が連れ戻してやる」

「だから安心してセックスを楽しんでくれたまえ」

「旦那様と……セックスっ……♥」
121 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 11:55:13.02 ID:HWLdboCm0
二人の手が、俺たちの手を探し、そして恋人繋ぎする。

「ゴメンね……新しい旦那様……♥」

「あなたのこと……嫌なわけじゃない、から……」

「だからあたしのこと……束縛して……♥」

「おちんぽで……私を躾てください……♥」

蕩けた表情から見せる笑みに、俺たちの理性が崩壊するのも無理はなかった。
122 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 11:55:43.63 ID:HWLdboCm0
「大井!」

「北上君!」

ずにゅるるるる♥!!

ぐぽんっ♥!!

「ア゛ひぃっ♥!!」

「オ゛ぉんっ♥!!」

再開された挿入に、二人はアへ顔を晒す。

それでも、握るその手を離そうとはしない。

新しい旦那様の怒濤を受け入れたことを実感し、さらに腰の速度を上げた。
123 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 11:56:14.58 ID:HWLdboCm0
「あっ♥! あん゛っ♥! す、すごぃぃっ♥!」

「オ゛♥! おんっ♥! 壊れ、ちゃウ゛っ♥!」

ヤり部屋中に響き渡る、大井と北上の喘ぎ声。

顔に普段の表情を留めておく余裕は無いらしい。

涙も涎も垂れ流し、愛液に至っては栓が壊れたかのような勢いだ。

今までに比べて、快楽を貪っている証といえる。
124 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 11:56:45.14 ID:HWLdboCm0
「北上君! 君を私のモノにしてあげますよ!」

提督は両手を北上の腰に回し、外れないようホールドする。

「あっ……やあぁ……♥」

何をされるか気付いた時には、もう遅い。

北上の体は、提督の腕力により、完全に宙に浮いている。

抵抗しようにも、足が宙ぶらりんでは、なんの意味もない。
125 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 11:57:15.67 ID:HWLdboCm0
その状態で――

ずぷんっ♥! ぬぽっ♥!どちゅっ♥! ずにゅるっ♥! ぐぽんっ♥! にゅるん♥!

「お゛ぉォオ゛ォ゛ぉん♥!!」

足をピンと床に向けてひきつらせてながら、白目むいてアクメ顔を晒す北上。

突き上げられるたびに揺れるお下げが、彼女が弄ばれている証拠である。

彼女は艦娘ではない、ただの提督愛用の生きた肉オナホだ。
126 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 11:57:46.58 ID:HWLdboCm0
「よおし! 大井! お前を堕とすからな!」

俺は腰を下ろし、怒濤の角度を大井の子宮への潜入角度に合わせる。

「ゃ、やだ……狙われ……♥」

もちろん彼女に逃げ場はない。

両手を大井の両肩に置き、膣奥まで突き上げる準備を完了させた。

既に膣内をトロけさせられた彼女は、俺の動きのなすがままだ。
127 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 11:58:17.14 ID:HWLdboCm0
そして勢いよく――

ずにゅっ♥! ずるるるる……♥! どちゅっ♥! にゅるるるる……♥! ばちゅんっ♥! ぐぷぷぷぷ……♥!

「アァ゛あア゛ぁ゛ん♥!!」

顔中液体を垂れ流しながら、目を瞑って膣中の快楽に全身を震わせる大井。

ボインボインと揺れるおっぱいが、俺の欲望を再現なく駆り立てていく。

彼女は艦娘ではない、ただの俺専用の生きたちんぽケースだ。
128 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 11:58:47.64 ID:HWLdboCm0
「ア゛ぁあア゛ァ゛♥!! やばっ♥!! これっ♥!! やばい゛ひぃっ♥!!」

北上の開いた口からとくとくと垂れる、涎の滝。

「提督のおちんぽっ♥!! 抜き差しっ♥!! あ゛だじ♥!! バカになっぢゃっらあ゛ぁ゛ぁ〜〜♥!!」

手すりに必死に掴まりながら、提督のおちんぽを悦ばせ続ける北上。

まったく、なんてエロいんだ、俺のお嫁さんは。
129 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 11:59:18.17 ID:HWLdboCm0
一方大井はというと……。

「ゴメンな゛さい゛♥!! 提督゛っ♥!! ゴメンなさい゛ぃっ♥!!」

食い縛った歯の隙間からボタボタと、雨のように振り撒かれる涎と涙。

「あ゛なたのお゛まん゛こっ♥!! ぐぽぐぽっ♥!! 奥まで♥!! 躾られてましゅぅうぅ〜〜♥!!」

提督に謝罪しながら、新しい旦那様を全身で悦ばせる大井。

いやはや、愛情たっぷりじゃないか、提督のお嫁さんは。
130 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 11:59:48.69 ID:HWLdboCm0
獣のように性欲を貪り、理性を崩壊させる艦娘二つ。

痙攣し収縮する肉壺の口付けで、新しい肉棒に服従を誓う。

そう、彼女たちはお嫁さん……。

俺たちで共有する、最高のお嫁さんだ……!

「オ゛んっ♥!! お゛ふっ♥!! ひぎぃっ♥!!」

「あン゛っ♥!! イぐっ♥!! ア゛ぉんっ♥!!」
131 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:00:19.39 ID:HWLdboCm0
「イ゛くっ♥!! キテる゛っ♥!! オ゛ひっ♥!! イ゛っぢゃう゛ぅぅっ♥!!」

「私゛もっ♥!! 私も゛イぎまずっ♥!! お゛ちんぽでイキま゛すぅぅっ♥!!」

「大井っぢぃぃ♥!! イ゛こぉ♥!! 一緒にイ゛こぉよ゛ォ゛ぉっ♥!!」

「はい゛っ♥!! 北上ざんっ♥!! 私も゛♥!! 私もイキま゛しゅっ♥!!」

ふむ、お嫁さんたちは限界らしい。

俺たちは目で合図を送り、ラストスパートに突入する。
132 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:00:50.09 ID:HWLdboCm0
ぶちゅんっ♥!! ぬぼぉっ♥!! どぷんっ♥!! ずぼっ♥!!

「あ゛っ♥!! やばぃ♥!! これっ♥!! 逝゛かされる゛ゥゥ゛っ♥!!」

ずぼっっ♥!! ぬりゅるるる……♥!! ずんっっ♥!! ぬぷぷぷぷ……♥!!

「あああぁっ♥!! やあっ♥!! と、トドメーつ♥!! 刺されちゃ……♥!!」

高速で腰を動かしながら、俺たちは一気に射精感を高めていく。

「北上君! 全部受け止めたまえっ!」

「お、大井! イくぞっ! イけえっ!」
133 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:01:20.73 ID:HWLdboCm0
最高潮まで高めた雄の欲望。

すっかり解れた蜜壺がキュウウウウッと搾りにきたタイミングに合わせて――



どぷゅっ♥!! どくどくっ♥!! びゅるるるるーっ♥!!

「オ゛ォんっ♥♥♥!!」ビクビク...ビクンッ!!

びゅぐぐっ♥!! どぷどぷんっ♥!! ぴゅぴゅぴゅーっ♥!!

「あヒィ゛っ♥♥♥!!」ビクビク...ビクンッ!!



膣内をビクビク締め付けながら、ビンッと背中を仰け反らせ、絶頂に達する大井と北上。

奇しくも、イく瞬間の二人の動きは、まるで鏡に写したようにそっくりだった。
134 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:01:51.38 ID:HWLdboCm0
「よいしょっと」

ぬぼぉ……♥

「ふう……」

ぬぷんっ♥

「ア゛んっ♥」

「お゛ふっ♥」

全力の絶頂に、身体中の力が抜けてしまったのだろう。

二人は鏡にもたれ掛かったまま、ズルズルと崩れ落ち、床に倒れてしまった。
135 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:02:22.35 ID:HWLdboCm0
ぼぴゅっ♥! どぷんっ♥! だらぁぁ……♥

ごぽっ♥! びゅぐっ♥! ぼとぼとっ……♥

二つの雌穴から逆流する白濁液。

下品な音を立てて漏れでるそれは、彼女たちの下半身で池を作る。

よくぞこれだけ射精できたものだ。

やはり、他人の女を寝とる快楽は凄いな。
136 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:02:53.01 ID:HWLdboCm0
「はぁ〜……大井のなか……すっごい気持ちよかった……!」

「北上君の中も……射精し甲斐があったよ……!」

「こんな従順まんこを使い放題とか……提督、やりますね……」

「いやいや……君専用のまんこも……素晴らしいじゃないか……」

「……これからは、俺たち専用……かあ……」

「うむ……大事にコキ使おうではないか……」
137 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:03:23.67 ID:HWLdboCm0
「ぁ……う……♥」

「はっ……はひ……♥」

呻き声のような濡れた声が、足元から聞こえてきた。

体はピクリともしないが、意識を取り戻したようだ。

「北上、どうだった?」

「は……はあ……♥ しゅご、いぃ……♥」

「入り口ヌポヌポされるの大好きだもんな?」

「好き……しゅきぃ……♥」

「新しい旦那様と仲良くできそうか?」

「できりゅ……もっと……もっとぉ……♥」

頭のなかはぶっといちんぽで一杯らしい。

どうやら提督の男根は、お気に召したようだ。
138 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:03:54.22 ID:HWLdboCm0
「大井、どうだった?」

「はひ……♥ すごかった……れしゅ……♥」

「俺の息子、なかなか自信あるんだが……」

「ご立派な……ご子息……で……♥」

「俺たち、うまくやっていけそうだな」

「はぃ……お射精……ありがとう……ございらひた……♥」

意識が朦朧としていても、躾は健在らしい。

今後は上位にたって大井を犯せると思うと、胸が高ぶる。
139 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:04:24.91 ID:HWLdboCm0
「うぅむ……大井君たちは限界のようだ」

「新しい旦那様へのご奉仕で張り切ってましたからね」

「それでは、仕方ないなあ……」

提督が笑う。

「ええ、これで最後ですね……」

俺も笑った。
140 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:04:55.52 ID:HWLdboCm0
俺たちは、精液の海に沈むお嫁さんの腰を持ち上げ、うつ伏せでお尻を突き出す格好にする。

「あ……♥ くる……♥」

「大井の雌穴……ご賞味、くださぃ……♥」

二人の反応の違いを楽しみつつ、一気に深々と挿入した。
141 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:05:26.43 ID:HWLdboCm0
「オ゛ひいっ♥♥♥!!」ビクビクンッ!!

「ア゛あんっ♥♥♥!!」ビクビクンッ!!

本来のパートナーの穴へ。
142 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:05:57.09 ID:HWLdboCm0
「これっ♥! これえっ♥! キミのでしょっ♥! キミのおちんぽでしょオ゛ォん♥!」

「提督♥! 提督のおちんぽ♥! 嬉しいでしゅっ♥! あっ♥ あぁんっ♥!」

長年のパートナーの肉棒は、入れた瞬間に分かるらしい。

疲れ果てた膣肉をギュンギュン収縮させ、雄の欲望にご奉仕しようと必死になる二人。

気を抜くと押し出されそうなほどの締め付けだが、他人精液のおかげで、にゅるにゅると奥まで突くことができる。
143 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:06:27.64 ID:HWLdboCm0
「どうだ北上! 俺のちんぽが恋しかったのか!?」

ずにゅんっ♥!! ぬぶぶぶぶ……♥ ずちゅっ♥!! ぐぷぷぷぷ……♥

「うんっ♥! うん♥! キミのおちんぽっ♥! だいしゅきいぃぃ……♥!」

顔は見えないが、だらしないアクメ顔だってことは想像に難くない。

「ほおら大井君! お待ちかねのちんぽですよ!」

ぬぼっ♥! ぼひゅっ♥! ぼちゅっ♥! ぬぽっ♥! じゅぽっ♥! ぬぽっ♥!

「は、はい゛っ♥! おちんぽっ♥! お恵み頂き♥! ありがとう♥! ございまひゅっ♥!」

さすがは提督、そこまで大井を飼い殺しているとは。
144 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:06:58.10 ID:HWLdboCm0
「お゛ンっ♥! オ゛♥! お願いっ♥! 出してっ♥! ザーメン♥! ビュービューちょうだいっ♥!」

液体まみれのイキ顔で、俺の精液を懇願する北上。

今日はたくさんシたからな、これ以上はもう無理か。

俺は腰を大きくグラインドさせラストスパートをかける。

「イけ! イけ! イキ殺されろ!」

どちゃっ♥!! ずるるるる……♥ ぱちゅんっ♥!! ぬぷぷぷぷ……♥

「アぁ゛あア゛ァ〜〜♥!! イくイくイく〜〜♥!!」
145 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:07:28.88 ID:HWLdboCm0
「提督っ♥! あっ♥! ンっ♥! 私の中にっ♥! 熱々のお情けをっ♥! ぴゅっぴゅ♥! ぴゅっぴゅしてくださいぃっ♥!」

ロングヘアーを振り乱しながら大井は、提督の精液を懇願する。

こちらは二人とも体力の限界か。

提督は最後の力を振り絞り、射精感を最大にまで高めていく。

「イくよ大井君! すべて受け止めたまえ!」

ずぽっ♥! ぼちゅんっ♥! どぶんっ♥! ぬぽんっ♥! ぐぼっ♥! ぼひゅっ♥!

「イっ、イキますっ♥!! おちんぽっ♥!! おちんぽアクメしましゅっ♥!!」
146 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:07:59.43 ID:HWLdboCm0
二人仲良く精液おねだりとは、エロいお嫁さんだな。

そんな彼女たちに敬意を払い、射精は膣奥深くにしてあげよう。

俺たちは、パートナーの体を無理矢理抱き締め、蜜壺の最奥まで男根をねじ込み――



どぷっ♥!! びゅぐぐぐっ♥!! どびゅるるるっ♥!!

びゅびゅびゅっ♥!! ぶぴゅるるるっ♥!! どくどくどくっ♥!!

「イ゛ッッッ〜〜♥♥♥!!」ガクガク...ビクンッ!!

「オ゛ッッッ〜〜♥♥♥!!」ガクガク...ビクンッ!!

びゅるるるっ♥!!
147 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:08:29.98 ID:HWLdboCm0
イッた瞬間、ビグンと海老反り、そのまま硬直する大井と北上。

よく見ると、ピクンピクンと痙攣している。

よそには見せられない白目アクメ顔で涎を垂れ流す姿は、ちゃんとイってくれてるようで、男としてこんなに嬉しいことはない。
148 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:09:00.62 ID:HWLdboCm0
しかし、二人並ぶとその様子は、なんだか狛犬を思い出す。

忠犬と成り果てた二匹の膣に大量中出ししながら俺たちは、その愛らしい姿と肉体を楽しみながら、ほっこりとした笑顔を見せるのだった。



…………
……
149 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:09:31.45 ID:HWLdboCm0
後日、俺たちはケッコンを発表した。

とはいえ、いくら恋愛が自由になった海軍でも、妻を共有するジュウコンなど認められていない。

なので『同日にケッコン発表するほど仲の良い両組』という扱いで周囲には誤魔化した。
150 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:10:02.23 ID:HWLdboCm0
そして今日は俺たち夫婦のケッコン式の日だ。

もちろん式は二組同時に行われる。

色々言われもしたが『大井の希望』と言えばみんな納得した。

事実なので嘘ではない。

当の本人は『北上さんとケッコンする妄想が、こんな形で実現するなんて……』と喜んでいた。

それは事実でないのだが、野暮は言わないのが夫というものだ。
151 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:10:32.91 ID:HWLdboCm0
新婦控え室――



「もうすぐ式が始まるね」

「ええ、楽しみだわ」

「……あたし、やり過ぎちゃったかな?」

「なにを?」

「こうしてあたしたちが合同ケッコン式することになったのは、あたしが夫婦を共有とか言い出したからだし……」

「……北上さんに不満は何もないわ」

「本当?」
152 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:11:03.57 ID:HWLdboCm0
「提督とケッコンできて、北上さんと深い仲になれて、あの人ともケッコンできて……」

「……」

「こんなに幸せなのに、嫌がることなんてないわ」

「大井っち……」

「北上さんだって、幸せで一杯のはずでしょう?」

「うん……あたしも同じ……大好きなみんなと一緒になれて……嬉しい」

「愛の形なんて人それぞれよ……私たちは私たちの愛を育みましょう?」

「……そだね。愛する人とたくさん愛するのは、普通だもんね」

「うふふ……♪」
153 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:11:34.08 ID:HWLdboCm0
「だから……」

「ええ……」



パンッ♥!! パンッ♥!! パンッ♥!! パンッ♥!!

「入゛り口っ♥!! おまんこの゛入り口っ♥!! ガバガバになるまで犯゛してえ゛っ♥!!」

パンッ♥!! パンッ♥!! パンッ♥!! パンッ♥!!

「大井おまんこっ♥!! 奥の奥までっ♥!! 美゛味しくお召し上がりくだしゃいぃぃっ♥!!」

パンッ♥!! パンッ♥!! パンッ♥!! パンッ♥!!
154 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:12:04.66 ID:HWLdboCm0
あまり肌を見せない、清楚なウェディングドレスに身を包んだ大井と北上。

そんな二人が幸せそうに微笑んだら、どうする?

……そうだよな。

鍵を閉め、カーテンを閉め、相手のお嫁さんにガンハメするよな。

当然だよな。
155 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:12:35.28 ID:HWLdboCm0
ドレスの長い裾をめくり、いきり立った肉棒を無理矢理捩じ込み、乱暴に抜き差しする。

それだけで大井は甘い声をあげた。

隣で提督に犯されてる北上も、トロけた表情で男根を味わっている。

夫婦を共有しようと決めたあの日からずっと、お嫁さん二人を躾続けてきたからな。

北上も大井も、すっかり俺と提督の肉棒の虜だ。
156 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:13:05.83 ID:HWLdboCm0
床に敷かれた高そうな絨毯に膝をつけ、ワンワンのポーズで犯されるがままのお嫁さんたち。

共有すると約束したとはいえ、大井は提督の女だ、俺のものじゃない。

しかし目の前には、雌の悦びに震える大井が、俺と男根で繋がっている。

この『人の女を寝取っている』という事実が、俺の肉欲を昂らせていく。

なお、この格好では大井のアヘ顔を楽しめないが、提督に寝取られている北上のアヘ顔を堪能出来るので問題ない。
157 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:13:36.40 ID:HWLdboCm0
部屋中に響き渡る水音、肉と肉がぶつかり合う破裂音、ヒラヒラと揺れる清楚な白の衣装、そこから見える紅潮した柔肌……。

これほど扇情的な光景を見て、雄を奮わせない男はいない。

「ぐっ……イくよ北上君……!」



びゅぐっ♥!! どぴゅぴゅぴゅっ♥!! びゅるるるるーっ♥!!



「オ゛んっ……♥♥♥!!」ガクガクビクンッ!!

唸り声をあげて絶頂する北上。

「ぉふっ……♥ んあっ……♥ ひぅ゛……♥」

射精の脈動にあわせて体をヒクつかせる。

「北上さん……気持ち良さそう……んっ……♥」

それにあわせて思わず膣を締め付けてしまう大井。
158 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:14:07.29 ID:HWLdboCm0
「ぐっ……こっちもイくぞ……!」

その搾り上げるような膣の刺激に、俺の息子も限界を迎えた。



どぷっ♥!! どびゅびゅりゅるるっ♥!! びゅびゅびゅっ♥!!



「キ、キちゃッッッ〜〜♥♥♥!!」ブルッ! ブルルッ! ビクンッ!!

肉棒全体を締め上げる膣の動きが、一滴残らず吸い出そうとしてくる。

ぴゅるんっ♥! ぐぴゅっ♥! ぴゅるるっ♥!

「あっ……♥ はっ……♥ はぅっ……♥!」ゾクゾク♥

長い長い射精のすべてを、女の秘所で受け止める大井。

その姿に、吐き出された男の欲望を飲み込む便女、という言葉が脳裏をよぎった。
159 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:14:37.96 ID:HWLdboCm0
「ハッ……ハアッ……♥ 提督の、おちんぽ……♥ 反則だよ……んっ……♥」ヒクヒク...♥

息切れしながらも、別の男の象徴を誉める北上。

「ふう……はあ……♥ お射精……ありがろぅ……ごらいまひゅ……ぁんっ……♥」プルプル...♥

大井もまた、別の男の白濁液に感謝する。

素晴らしい。

二人は素敵なお嫁さんだ。
160 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:15:08.45 ID:HWLdboCm0
「いやあ〜まさか式の直前に、取り替えっこ交尾が出来るとは!」

朝から提督はご機嫌だ。

念願の大井との挙式なのだから、当たり前だが。

「提督、今日はまだまだお楽しみがたくさんありますよ」

「おお、そうだった!」
161 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:15:39.39 ID:HWLdboCm0
「二人とも、これをつけなさい」

そう言って彼が取り出したのは、二本のディルドだ。

「それって……」

「私たちよりも一回り小さいサイズのものだ。今日はこれでまんこに栓をしてもらいますよ」

「そ、そんなの着けてたら……私たち……」

表情を変える大井に、俺はハッキリと告げた。

「そうだな。刺激が足りずに、発情し続けるな」

「……!」ゾクゾク♥

「あぁぁ……!」キュンキュン♥
162 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:16:09.97 ID:HWLdboCm0
「式だからって、いつもより甘くなるとは思うなよ? 俺たちが求めたら、必ず応じること。もちろん、みんなにバレないようにな」

「その代わり君たちも、欲しいと思ったら遠慮なく言ってくれたまえ。必ず応じてあげよう」

新郎たちの邪な提案に花嫁たちは、顔を赤らめ、期待に満ちた目でこちらを見つめる。

式場で行われる秘密の淫行に、体が熱くなっているのだろう。

「では、式の前に宣誓してもらおう」

「はい……」
163 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:16:40.54 ID:HWLdboCm0
愛液まみれの肉棒丸出しの俺たちの前に、跪き三つ指をつく花嫁二人。



「あたしたちは旦那様たちのために、心身ともに捧げることを誓います♥」

「お側に置いて可愛がってくださいませ♥」



可愛らしい花嫁たちの誓いのちんぽキス。

二つの筋は宙で交わり、ポタリと堕ちた。





おわり
164 : ◆ag9TZfREZs [saga]:2019/03/17(日) 12:17:10.97 ID:HWLdboCm0
以上です、ありがとうございました
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 12:26:38.58 ID:co1x4i4KO
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 13:16:57.90 ID:vA9UHnyro
おつおつ
するする読みやすい上手い話
ちょうど北上様で抜きたかったんだ助かる
できたらまた何か頼むよ
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 18:22:17.10 ID:6KBb5TdZO

これは良い
エロさもさることながらストレスなく目が進んでいく良策
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 19:18:54.93 ID:yoF/kf3fo
これ駆逐艦でやってください
なんでもしまかぜ
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/18(月) 00:37:45.05 ID:JZ/FLElqO
乙でした
74.66 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)