あかり、ちなつ、向日葵「シスコン?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:36:45.01 ID:UV6XGvRl0
櫻子「私さあ、ゆきちゃんに、シスコンなんじゃないのって言われたんだよねぇ」


あかり、ちなつ、向日葵「シスコン?」


櫻子「そうそう。昨日の掃除中に話してたんだけどね……」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:37:24.10 ID:UV6XGvRl0
_________________________


ゆき「はぁ〜…」


櫻子「どうしたの、ゆきちゃん?」


ゆき「最近、全然眠れなくって……」


櫻子「えぇっ!大丈夫!?」


ゆき「大丈夫ではない……。私冷え性でさあ、足先が冷えて眠れないんだよねえ」


櫻子「冷え性なんだ、そりゃあ大変だ」


ゆき「櫻子ちゃん、なんか寝る前あったまる方法とか知ってる?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:37:59.33 ID:UV6XGvRl0
櫻子「あったまる方法ねぇ……」


櫻子「あっ……そういえば私、昨日姉ちゃんと妹と一緒に寝たんだ!」


ゆき「一緒に?」


櫻子「そうそう!ヌクヌクで、あたたかかったよ!」


ゆき「ふ〜ん…」


櫻子「……?」


ゆき「櫻子ちゃん、いきなり話変わるけど、姉妹3人で、お風呂はいったりとかしたことある?」


櫻子「え?まあ、時々するかもね」


ゆき「じゃあ、よく抱きあったりとか、スキンシップとったりする?」


櫻子「う〜ん、するかも!」


ゆき「う〜ん…もしかして、櫻子ちゃんって…」


ゆき「シスコン?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:38:50.18 ID:UV6XGvRl0
櫻子「へ?」


_________________________


櫻子「……なぁ〜んてことがあってさあ。ねえねえ、ちなつちゃん!私ってシスコンだと思う?」


ちなつ「う〜ん……それくらいだったら、シスコンとは言わないんじゃない?」


櫻子「やっぱり?」


ちなつ「ていうか、私よりはいつも一緒にいる向日葵ちゃんに聞いた方が早いんじゃない?」


櫻子「それもそうか……向日葵!どう思う!」


向日葵「どう思うって言われましても……まあ、撫子さんも、花子ちゃんも、いつも櫻子を鬱陶しがってるようにも見えますが、なんだなんだ仲は良いと思いますわ。よく姉妹で出かけたりしているの、見ますし」


櫻子「いやいや、そういうことじゃなくて、シスコンかどうか聞いてるの!!」


向日葵「う〜ん…….そもそも、シスコンと言われても定義が曖昧だから、分かりかねますわ。まあゆきさんは、妹、もしくは姉のことが大好きで、仲良しって意味で、シスコンって言ったのだと思いますわ」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:41:16.47 ID:UV6XGvRl0
櫻子「そうかな?」


向日葵「ええ。ですから、別にシスコンと言われたって、気にする必要はないですわ」


ちなつ「そうだね、向日葵ちゃんのいう通りだよ」


櫻子「うんうん、言われてみればそうだ!シスコンで何が悪い!ハッハッハッ!私はシスコンだぞーーー!!」バ-ン


向日葵「また調子にのる!」バキッ


櫻子「ぐえっ」


ちなつ「あはは…」


あかり(シスコンってどういう意味なんだろう?聞き逃しちゃったよぉ…)
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:41:47.79 ID:UV6XGvRl0
古谷家


向日葵(シスコン……そういえば、私も妹がいるけど、シスコンなのかしら…)


向日葵(そ、そんな訳、ありませんわ。楓は私の大切な妹だと思ってますけど、さすがにシスコンとまでは…)


楓「おねえちゃん、お風呂入ろう!」


向日葵「あ、そういえばそういう時間でしたわね」クルッ


向日葵「入りましょう、入りましょう!」グィイ


楓「おねえちゃん、押さないで」アワワ


向日葵(一日の一番の楽しみは、なんといってもお風呂。宴の開幕ですわ!!)フンス
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:42:25.26 ID:UV6XGvRl0




風呂場


楓「うんしょ、うんしょ」ヌギヌギ


向日葵「……」ジ-


楓「うんしょ、うんしょ」ヌギヌギ


向日葵「……」ジ-


楓「……おねえちゃん、なんで楓のことじっと見るの?」


向日葵「……目の保養ですわ」


楓「めのほよう?」


向日葵(ハァァァン!楓の体は、いつ見ても愛らしいですわ……)
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:42:56.13 ID:UV6XGvRl0
カポ-ン


楓「ふぅ、きもちいいの」


向日葵「ハァァァ、いい湯ですわぁ」ホッコリ


楓「……あの、おねえちゃん」


向日葵「なんですの?」


楓「さっきから、なんで楓のうなじに顔近づけてるの?」


向日葵「え?そうだったかしら?」ス-ハ-ス-ハ-


楓「ちょっと、くすぐったいの」


向日葵「ご、ごめんなさい」サッ


向日葵(楓もちょっと敏感になってきましたわね…気をつけないと…)


向日葵「……そろそろ楓、体洗いましょうか」ザバッ


楓「はいなの!」ザバッ


向日葵「じゃあ、まず楓の体を洗ってあげますわ」


楓「…お姉ちゃん、やっぱり自分で洗うの!」


向日葵「えっ!?」


楓「楓もう6歳だし、自分で体洗えるの!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:43:24.85 ID:UV6XGvRl0
向日葵(やばい、やばいですわ!私の1日の楽しみが……)


向日葵「楓、遠慮しなくていいんですのよ」


楓「楓、遠慮なんか…」


向日葵「ほら、後ろ向いて、座って」


楓「……はい」


向日葵「はい、良い娘ねぇ」


向日葵「楓の体、ゴシゴシ洗いましょうねー」


楓「……」


向日葵「……」ゴシゴシ


楓「う、うぅ、くすぐったいの!」モジモジ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:43:57.23 ID:UV6XGvRl0
向日葵「楓、暴れないで。洗いにくいですわ」


向日葵(ふぅ、楓のスベスベの白い肌……!はぁっ!1日頑張ってきてよかった!!)


楓「うぅ…」モジモジ


向日葵(楓…!かえでっ……!)ゴシゴシ


楓「あ、あの、おねえちゃん!」


向日葵「なんですの?」


楓「んっ、なんで胸ばっかり洗うのっ!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:44:29.78 ID:UV6XGvRl0
向日葵「楓、胸は女の子にとって大事なところなのよ。だから、念入りに洗わないとっ!」クリクリ


楓「やっ、やだ!なんか、変な感じで気持ち悪いの!」


向日葵「グフフフ、我慢ですわ、が・ま・ん!」クリクリ







楓「はぁ、はぁ…」グッタリ


向日葵「さっぱりしましたわ」ツヤツヤ


楓「楓は、なんかぐったりしたの…」


向日葵「楓、頑張ったご褒美に、今日おねえちゃんが買ってきたプリン、食べていいですわよ」


楓「えっ、ほんとに!おねえちゃん大好き!!」


向日葵「うふふっ、楓ったら」


向日葵(こんなに妹想いな私が、シスコンな訳ないですわよね!)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:44:59.84 ID:UV6XGvRl0
吉川家
ちなつの部屋


ちなつ「シスコン、そういえば、私もお姉ちゃんがいるけど……私ってシスコンなのかな?」


ちなつ「そ、そんな訳、ないよね!私もお姉ちゃんと仲良いけど、シスコンまでは……あっ、だけど昨日……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:45:25.52 ID:UV6XGvRl0
_________________________


昨日
ちなつの部屋


ちなつ「……あっ!姉妹といえば、今日櫻子ちゃんが言ってたホラー漫画、見てみようかな。『ゾンビの3姉妹』って奴」


ちなつ「姉妹といえばって櫻子ちゃんが薦めてきたやつなんだけど……」


画面「」\ バ-----ン /


ちなつ「ひぃぃぃっ!」


ちなつ「やっぱり、櫻子ちゃんが言ってた通り、めっちゃ怖そう……やめようかな…」


ちなつ「だけど、気になるよのねぇ…」


ちなつ「えーいっ!女は度胸よ!!」ポチッ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:45:59.04 ID:UV6XGvRl0





ワ- ギャ-  キャ- ドド-ンッ グチャ-







『終』チャンチャン


ちなつ「……見、見なきゃよかった」ガタガタ


ちなつ「あわわわわわわわ……ともかく、明日も学校あるし、もう寝ないと…」


ちなつ「お、おやすみなさーい」ガクブル
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:46:24.50 ID:UV6XGvRl0
パチッ


ちなつ「……」


ちなつ「……」


ちなつ「……全然眠れんっ!!」


パチッ


ちなつ「うぅ、やっぱりあのシーンが頭の中から離れない…」


ガタッ


ちなつ「いやあああああああ!!」


ちなつ「……気のせいだったみたい…」


ちなつ「はぁ、怖くて、電気も消せないじゃない」グスッ


ちなつ「うぅ、グスッ…」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:47:25.79 ID:UV6XGvRl0
ともこの部屋


ともこ「zzz…」スヤスヤ


ちなつ「お姉ちゃん、お姉ちゃんっ!」


ともこ「う、うぅ〜ん?どうしたの、ちなつ」


ちなつ「怖い映画見ちゃって、眠れないの。一緒に寝ていい?」


ともこ「もうっ!あなた怖がりなのに、そんな映画見るんじゃないの!」


ちなつ「だって…」


ともこ「……いいわ。ちなつ、いらっしゃい」


ちなつ「ありがとう…」


パサッ


ともこ「うふふっ、いっしょに寝るのなんて、何ヶ月ぶりかしら」


ちなつ「わかんない…」


ともこ「ちなつ、これで大丈夫でしょ」


ちなつ「うん…」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:48:29.26 ID:UV6XGvRl0
ちなつ「うん…」


ともこ「おやすみなさい、ちなつ」


ちなつ「おやすみ…」


ともこ「……」


ちなつ「……」ダキッ


ともこ(あらっ…?もうちなつったら、甘えん坊さんね)


ちなつ「……///」


ちなつ「……zzz」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:49:13.47 ID:UV6XGvRl0





『待てえええっ!お前もゾンビにしてやるぞぉぉぉ!』


『いやああああ、こっち来ないで!!』


『逃がさんぞ!!』


『あっ!!』ドサッ


『つっかまえーた』


『あっ!!いやっ、離して!!』


『ギャハハ!!これでお前もゾンビの仲間入りだぁぁ』







ちなつ「いやあああああああああ」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:49:54.52 ID:UV6XGvRl0
ともこ「うぅ〜ん、どうしたの?」


ちなつ「ゾンビが襲ってきて、それでぇ」グスッ


ともこ「あらら、次は怖い夢を見たのね」


ちなつ「おねえちゃん、こわいよぉ…」


ともこ「大丈夫よ。お姉ちゃんはここにいるから、ね?」トントン


ちなつ「ううっ、グスッ…」


ともこ「大丈夫、大丈夫だからね」ナデナデ


ちなつ「……グスッ、お姉ちゃん、お願いが、あるの」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:50:29.66 ID:UV6XGvRl0
ともこ「何、ちなつ?」


ちなつ「……イ…」


ともこ「ごめんなさい、聞こえなかったわ」


ちなつ「オ…チョウダイ…」


ともこ「まだ聞こえないわ」


ちなつ「おっぱい、ちょうだい///////」


ともこ「……おっぱい?あれやるの!?もうあなた中学生じゃない」


ちなつ「うぅぅっ、ダメ?…///」グスッ


ともこ「まったく、しょうがないわね。ほら、どうぞ」ポロン


ちなつ「……」ダキッ


ちなつ「……///」チュパチュパ


ともこ(もう、ちなつったら、赤ちゃんみたい)


ともこ「おやすみ、ちなつ」


ちなつ「……」チュパチュパ


________________________
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:50:57.11 ID:UV6XGvRl0
ちなつ「………//////」


ちなつ「い、いやいや、これは怖かっただけだもん!ノーカンよねっ、ノーカン!」


ちなつ「私がシスコンってことはありえないっ、断じて!」


ちなつ「……お姉ちゃんのおっぱい、柔らかかったな」ボソッ
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:51:31.31 ID:UV6XGvRl0
数日後
あかりの家
リビング


櫻子「プハーーーッ!このホットミルクうまいっすね!」


あかね「うふふ、気に入ってもらえて嬉しいわ」


向日葵「コラ、櫻子!人様の家で、こんな横柄な態度で!!」


櫻子「いいじゃんいいじゃんっ!久しぶりの、4人でのお泊まり会なんだからさあ」


あかり「そうだよぉ〜、向日葵ちゃんも、そんなに畏まらなくてもいいからね」


向日葵「そ、そうですか?…」


あかね「はい、向日葵ちゃんもどうぞ」


向日葵「あ、ありがとうございます」


ちなつ「確かに、お泊まり会は久しぶりかもね」


あかり「ちなつちゃんは先週も来たけどね…」


ちなつ「そだっけ?」


あかり「うん。てか、忘れちゃったの?」


ちなつ「いやっ、しょっちゅう来てるから、記憶が曖昧なのよね……」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:52:07.07 ID:UV6XGvRl0
櫻子「あっ!そろそろあの番組が始まるよ!」


向日葵「番組?」


櫻子「『お悩みバスターズ』だよ!テレビを見てる人の悩みを解決するってやつ!」


ちなつ「ああっ、それって今日だっけ?」


あかり「あかりの家でも見てるよぉ」


あかね「私も、見ようかしら」


『さあ、今日も始まりました、視聴者の皆さんのお悩みをパパッと解決ッッ!!…….お悩みバスターズ!!』


『今日最初の依頼は、○○県在住、〆子さん(仮名)からのご依頼』


『私は3姉妹の末っ子なのですが、姉と妹のシスコンっぷりがヤバイのです。なんとかしてください!とのこと』


櫻子(シスコンかぁ……身近にもいるもんなのかなあ)


向日葵(姉と妹がシスコンだなんて、可哀想ですわ)


ちなつ(ストレスすごそう…)


あかり(シスコンって一体なんなんだろう…?)


あかね(し、シスコンッ!?)
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:52:47.48 ID:UV6XGvRl0
『〆子、一緒にお風呂に入りましょう』


『い、いいけど…』


『どうやら、お姉さんが〆子さんと一緒にお風呂に入るようだ。まあ、姉妹で一緒にお風呂に入るのは、よくある光景ですよね』


向日葵(よくある光景ですわ)


『お姉ちゃん、くすぐったいよ』


『スーハースーハー』


『おおっと!お姉さんな〆子さんのうなじを顔をうずめ始めたぞ!しかも、匂いを嗅いでいるようだ!これは危険な匂い……』


向日葵(えっ!?)ギクッ


『〆子、お姉ちゃんが体洗ってあげるからおいで』


『もう私8歳だよ!自分で洗えるよ!』


『まあ、そんなこと言わずに、ね?』


『は、はい…』


『〆子は、もうすぐ性徴期だから、胸は念入りに洗わないとね!』コリコリ


『お姉ちゃん、気持ち悪いからやめて!!』


『ダメよ、これは〆子のためなの!』コリコリ


『これはもう擁護できない!!変態、変態だぁぁ!!シスコンとかいうレベルじゃないだろう!!〆子さんは、こんな姉を持ってたいへんだねぇ』


向日葵「」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:53:25.15 ID:UV6XGvRl0
『場面は変わって夜中……おや、お姉さんの部屋に誰か入ってきたぞ!』


『うぅ〜ん、グスッ』


『おおっ、この娘は7歳の〆子さんの妹だ!!』


『#美お姉ちゃん、怖い夢みちゃったから、一緒に寝ていい?』


『あら、$香。いいわよ、こっちにいらっしゃい』


『うぅ〜ん、なんという姉妹愛。微笑ましい光景ですねぇ』


ちなつ(なんかはずい…)


『うぅ、グスッ…』


『あら、眠れないの?』


『うん…』


『お姉ちゃん、おっぱいちょうだい?』


ちなつ「ッッッッ!?/////」


あかり、櫻子、向日葵「!?!?」


『全く、しょうがないわねえ』ポロン


『おっぱいちょうだい!?一体どういうことなんだあ!?』


『……』チュパチュパ


『ふふっ、おやすみ』


『いやあ、まさかお姉さんのおっぱいを吸うなんて!!これは早く卒業して、姉離れしたほうがいいですねぇ。このまま中学生になってもおっぱい吸ってたら、ただの赤ちゃんプレイ!目も当てられませんよ!』


ちなつ「」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:53:53.26 ID:UV6XGvRl0
『最後は翌日の昼の場面、あれ、どうやらお姉さんが帰ってきたようですねぇ。午後休のようです』


『〜♪』


『おや、何かあさり始めましたよ!……おっ、見つけたようですね!そして…!」


『フヒヒ』


『おおっと、〆子さんのパンツを頭に被ったぞぉ!?』


あかね「!?!?」


『そして、妹向けの同人誌を読み始めた!これはヤバイ!真性のシスコンだ!!』


『おおっと、しかもよく見ると、抱き枕カバーに、〆子さんの写真がプリントされてるではないか!?一体どうやって作ったんだ!」


あかね「……」


『ちなみに、これは依頼内容には、書いてありませんでした!ということは……バレたら、どうなるんでしょうね……」


あかね「」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:54:22.77 ID:UV6XGvRl0
『このように、どうしようもない姉と妹のシスコンぶり、どのようにして解決していくのか……』


櫻子「うわぁ、こりゃ大変だ」


あかり「あはは……すごいね」


櫻子「これはやばいね、向日葵?」クルッ


あかり「いやぁ、言葉も出ないよぉ。ね、ちなつちゃん、お姉ちゃん?」クルッ
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:55:38.89 ID:UV6XGvRl0
『最後は翌日の昼の場面、あれ、どうやらお姉さんが帰ってきたようですねぇ。午後休のようです』


『〜♪』


『おや、何かあさり始めましたよ!……おっ、見つけたようですね!そして…!」


『フヒヒ』


『おおっと、〆子さんのパンツを頭に被ったぞぉ!?』


あかね「!?!?」


『そして、妹向けの同人誌を読み始めた!これはヤバイ!真性のシスコンだ!!』


『おおっと、しかもよく見ると、抱き枕カバーに、〆子さんの写真がプリントされてるではないか!?一体どうやって作ったんだ!」


あかね「……」


『ちなみに、これは依頼内容には、書いてありませんでした!ということは……バレたら、どうなるんでしょうね……」


あかね「」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:56:19.00 ID:UV6XGvRl0
向日葵「∵」


ちなつ「∵」


あかね「∵」


櫻子「あれ、どうしちゃったの!?おーい!!」フリフリ


あかり「顔がはにわみたいになって、固まってるよぉ!」


櫻子「しっかりしろぉぉ、向日葵ぃぃ!!」


あかり「しっかりしてぇぇ、ちなつちゃん、お姉ちゃん!!」


あかり、櫻子「おーーーい……」


終わり
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/16(火) 00:57:07.92 ID:UV6XGvRl0
これで終わりです。
修正
>>28は被りなので、いらないです。
ありがとうございました。
19.38 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)