【艦これ】 カレーを食べさせたい比叡vs逃げる雪風

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

26 : ◆9l/Fpc6Qck [sage]:2019/04/21(日) 12:44:36.97 ID:SfFdQhKBO
>>20の訂正です、すみません!



グラーフ「……話題逸らしには丁度いい」

グラーフ「アトミラールも誘い、共に席につくべきか?」

グラーフ「ちょうど昼食の時間でもあるし」

グラーフ「アトミラールの味の好みを確かめることもできれば、いつかは私が……ハッ!」



グラーフ(わ、私は一体何を考えているのだ!)カァーッ


……
…………
………………


27 :ここからが続きです ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/21(日) 12:46:19.57 ID:SfFdQhKBO


――鎮守府場内 遊歩道


雪風「はぁっ、はぁっ」

雪風 「どうしましょう、どうすれば……!」

雪風「うぅ……こうなっては、仕方ありませんねっ」


ヨジヨジ……


比叡「!」

比叡「うっそぉ……あの子、とうとう木にまで登りはじめた……」

比叡「……長らく木登りなんてしてなかったけど! 」

比叡「こうなったら私も!いきますッ!」


ヨジ ヨジ


28 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/21(日) 12:54:41.09 ID:SfFdQhKBO


山城「……」スタ スタ

扶桑「……」スタ スタ



山城「……姉様」

扶桑「どうしたの、山城……?」



山城「桜並木……花びらも散って、すっかり緑を湛えていますね……」

扶桑「えぇ……そうね……」


29 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/21(日) 13:05:42.57 ID:SfFdQhKBO


山城「不幸だわ……」

山城「せっかくこうして、姉様と花見をする時間を作ったのに……」

山城「まさかその前夜に、記録的大雨が降ってくるなんて……」ガクッ



扶桑「あらあら……不幸だなんて」

扶桑「そんなことはないわ、山城……」フフッ

扶桑「たとえ桜の花は散っていたとしても」

扶桑「あなたとこうして無事に、穏やかなひとときを過ごすことができるだけで……私はとても幸せ」

山城「姉様……」


30 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/21(日) 13:16:33.60 ID:SfFdQhKBO


扶桑「……山城、あまり道の脇を歩かない方がいいわ」

扶桑「昨夜の雨で、とても滑りやすくなっているみたいだから……」

山城「は、はい……ありがとうございま」スッ


バキッ

「ひえぇ――――――――ッ」



扶桑・山城「!?」


31 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/21(日) 13:19:00.41 ID:SfFdQhKBO


ガシッ


山城「はぁ、はぁ……!」

比叡「山城さん!?」

比叡「……う、受け止めてくれて……」ドキドキ

比叡「ありがとう……ございます……!」ドキドキ

扶桑「あら……あなたは比叡……」


扶桑「桜の木の上で、一体何を……?」

比叡「それは……話せば長くなるというか、なんというか……あははっ」


山城「重いぃぃはやくおりてぇぇぇ!」


32 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/21(日) 13:20:27.34 ID:SfFdQhKBO


比叡「はぁ〜、助かりました!」

比叡「ところで雪風は……!?」キョロキョロ


比叡「あぁ、あんなところに!」

扶桑「まぁ……木から木へ、あんなに器用に」

扶桑「まるで、お猿さんね」フフッ

山城「……」


山城 (お猿さんというより……モモンガじゃ……)ボソッ




33 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/21(日) 13:21:58.66 ID:SfFdQhKBO


比叡「比叡は行きます!本当にありがとうございました!」

比叡「お礼といってはなんですが、食堂に私の作ったカレーがありますのでっ」

比叡「よかったら召し上がってください!それでは!」ダッ

扶桑「はい……お気をつけて」

山城「もう、転んで落ちないようにね」


タッタッタッ……


山城「……姉様」

山城「比叡のカレーって……たしか……」ゲッソリ

扶桑「山城……人の好意をそのように言っては……」チラッ

扶桑「あら?」


34 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/21(日) 13:23:19.99 ID:SfFdQhKBO


扶桑「山城、見て……」ヒョイ

山城「姉様?」

扶桑「これ、比叡と一緒に落ちてきた桜の枝よ」

扶桑「残った桜の花が、一本の枝にこんなにも……」

山城「……」



山城「……えぇ、とても綺麗です!」ニコッ

扶桑「私たちだけの、満開の桜ね」ニコ


……
…………
………………

35 : ◆9l/Fpc6Qck [sage]:2019/04/21(日) 13:23:48.22 ID:SfFdQhKBO
一旦ここまでです
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 13:56:03.45 ID:AHn0oaPoo
おつお
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 14:07:30.65 ID:hOWDyGvHo
あれ?
比叡がちょっぴり幸せを振り撒いた?
38 : ◆9l/Fpc6Qck [sage]:2019/04/22(月) 21:16:14.15 ID:KTmYaS1nO
読み返してみると、>>18が結構日本語でおkだったので訂正版です
本当にすみません





グラーフ「ヒエイ、邪魔をしてしまったようだな」

グラーフ「この償いはいつか必ず」ペコ

比叡「つ、償いだなんてそんな!」


比叡「……そうだ!」

比叡「もしよかったらあなたも、食堂までカレーを食べに来てください!」

グラーフ「カレー?」

比叡「私が作ったカレーなんです!たくさんあるので遠慮はいりませんよ!」ニコ

比叡「それではっ!」


タッタッタッ……


グラーフ「……ふふっ」

グラーフ「まるで、嵐のように去っていったな」


39 :ここからが続きです ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/22(月) 21:23:43.41 ID:KTmYaS1nO



――鎮守府 埠頭


ザザーン…… ザザーン……



比叡「か、完全に見失っちゃった……」ガクッ


比叡「雪風、どこ行っちゃったのかなぁ〜」

比叡「……」

比叡「はぁ……」



比叡「私のカレーって、そんなに嫌なのかなぁ」グスッ


40 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/22(月) 21:38:20.19 ID:KTmYaS1nO


比叡「……はっ!」

比叡「だめだめ、こんなところで心折れてちゃ!」


比叡「間宮さんも、金剛お姉様も……」

比叡「あんなに褒めてくれたカレーですもの!」

比叡「絶対、美味しいに決まってますッ!」

比叡「もう……後には引きませんッ」グッ



41 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/22(月) 21:50:06.22 ID:KTmYaS1nO



――埠頭 廃灯台


ギィ……バタン


雪風「はぁ……」

雪風 (ここなら、しばらく見つかることはないと思います)


雪風「……」

雪風「……ぐすっ」



42 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/22(月) 22:14:02.18 ID:KTmYaS1nO





雪風「本当は……逃げたくなんか、ありません……」


雪風「比叡さんに……ちゃんと……」


雪風「謝りたい、のに……」ポロ…ポロ…




43 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/22(月) 22:18:32.88 ID:KTmYaS1nO



「……誰?」

雪風「ひゃっ……!?」



ギィ……バタン



島風「な〜んだ、雪風かぁ」ピョン

雪風「島風……さん?」

雪風「」ゴシゴシ



44 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/22(月) 22:26:22.03 ID:KTmYaS1nO



島風「むぅ〜」プク-

島風「この灯台はね、しまかぜの秘密の場所だったんだよー」

島風「それなのに、私より早くにここに来てる子がいるなんて……」

島風「ちょっとびっくりしちゃった!」

雪風「ご、ごめんなさいっ」

雪風「すぐにでていきますから!」

島風「あーううん、別にいいのっ」


島風「そんなことより、雪風も上に登ろうよ!」

雪風「上、ですか?」

島風「ほら、きてきて!はやくはーやーくー!」

雪風「??」



45 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/22(月) 22:53:45.43 ID:KTmYaS1nO



――廃灯台 頂部


ザザーン…… ザザーン……


雪風「わぁ……!」

島風「どう?ここ、海の眺めがとってもいいでしょ〜!」ピョン ピョン

雪風「はい!雪風、とても気に入りました!」

島風「でしょでしょー!」



46 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/22(月) 23:03:06.33 ID:KTmYaS1nO



島風「しまかぜはね、いつもは走ってばっかりだけどー!」

島風「たまに、じっとしながら考えごとをしたい時もあるの」



島風「そんな時……わたしはいつも一人でここに来るんだけど」

島風「もしかして、雪風もそんな気分?」

雪風「……」

雪風「じつは……」


……
…………
………………



島風「……そっかー、じゃあ」

島風「雪風も本で、自分の昔のことを知っちゃったんだ」

雪風「はい…」

島風「それで比叡から逃げてきちゃったんだね」



47 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/22(月) 23:22:50.48 ID:KTmYaS1nO



雪風「……昔の比叡さんを、最後に魚雷で沈めちゃったのは……」

雪風「実は、雪風だったかもしれないんです」

島風「……」

雪風「だから、ちゃんと比叡さんに謝らないといけないのに……雪風は……」


島風「……そっかー……」

島風「まぁ、あのできごとは事情も事情だし……」

島風「しまかぜは、雪風が悪いだなんて全然思わないよ!」


島風「……でも比叡に嫌われちゃったらって思うと、苦しくて仕方ないんだよね」

雪風「……」コク



48 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/22(月) 23:45:37.41 ID:KTmYaS1nO



雪風「……あのっ」

雪風「……島風さんは、どんな考えごとを?」

島風「わたしー?」

島風「わたしはー……うん、雪風とは真逆のパターンだね〜」


島風「本をいくら読んでも、活躍の話とか……ほとんどなかったの!」

島風「せっかく速く……とっても速く作ってもらったのに、戦争では全然役に立てなかったんだって!」


島風「だから、しまかぜは時々ね」

島風「こんなわたしが、過去にすごい戦いを経験してきた皆と一緒にいて、本当にいいの?」

島風「……って思っちゃうことがあるのっ」

雪風「……」



49 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/22(月) 23:55:25.10 ID:KTmYaS1nO



雪風「雪風は、島風さんがいなくなっちゃったら……とてもかなしいです!」

島風「!」


島風「……ほ、ほんと?」

雪風「はい!」

雪風「だって、島風さんは皆の前では明るくて、いつも元気をくれます!」

島風「……っ」テレテレ


雪風「それに、一緒に戦ってる時の島風さんは……」

雪風「装備も速さもすごくて、とっても頼りになりますから!」

島風「むぅ〜……それはこっちの台詞だよー!」



50 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 00:08:42.31 ID:FUyHuSngO



島風「しまかぜは知ってるよ!」

島風「雪風は皆と同じ機関で動いてるのに、わたしと同じくらい速い動きができるって!」


雪風「うぅ……でも、島風さんには最新の電探がありますよね!」

雪風「霧の中でも目が見えるなんて、尊敬しちゃいます!」


島風「そ、そんなこと言ったら、雪風にだって スゴい対空レーダーが備わってるもん!」

島風「対空機銃もたくさん持ってるし、なんだかずるーい!」


雪風「でもでも、島風さんには皆よりいい無線まわりが!」

雪風「遠くでもしれぇとお話できるなんて、うらやましいです!」


島風「それじゃあ、雪風には――――」

雪風「島風さんには――――」


……
…………
………………


51 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 00:21:03.98 ID:FUyHuSngO



島風「雪風には、すっご〜い幸運が!」

雪風「島風さんには、すごい速さがっ!」


島風「はぁ……はぁ……」

雪風「はぁ……はぁ……」

島風「…………ぷっ」


「「あははははっ!」」


島風「何この言い合い!意味わかんなーい!」クスクス

雪風「なんだかよくわかりませんけど、熱中しちゃいました!」


島風「ふふふ……あー、おかしい!」

島風「二人でいっぱい笑っちゃったぁ」

雪風「でも……なんだかとても、楽しかったです!」



52 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 00:25:47.02 ID:FUyHuSngO



島風「……」

雪風「……」

島風「……ねぇ、雪風」

雪風「はい、なんでしょう?」



島風「やっぱりね、比叡にちゃんと……謝ろ?」

雪風「!」



53 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 00:32:38.95 ID:FUyHuSngO



島風「たしかに、許してもらえるかは分からないよ」

島風「それが怖いのも、よーくわかるもん!」

雪風「……」コク


島風「でも……わたし達には、すごい所がこんなにたくさんある」

島風「雪風が昔、守れなかった比叡もね」

島風「今度は守れるように……なってるかもしれないじゃん!」

雪風「……!」



54 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 00:36:35.21 ID:FUyHuSngO



島風「しまかぜはね、雪風のおかげで……」

島風「ダメダメだった過去は、これから取り返せる気がしたの!」


島風「だから、雪風も昔のことを乗り越えて、次に進まなきゃ」

島風「そうじゃないと、その“今度”すらやってこなくなっちゃうよっ!」


雪風「島風……さん……」


……
…………
………………


55 : ◆9l/Fpc6Qck [sage]:2019/04/23(火) 00:37:44.42 ID:FUyHuSngO
今夜はここまでです
次の更新で締められるとおもいます
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/23(火) 00:40:53.47 ID:HiWuCWN7o
おつつ
なぜ雪風は葛藤が似合ってしまうのか
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/23(火) 05:24:54.19 ID:YbNJSN/to
乙ー
期待
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/23(火) 06:42:20.42 ID:MGwCZAImO
キスカ島撤退作戦ひ島風なくしては成功しなかった
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/23(火) 16:54:07.08 ID:j3Z/pYVhO
乙!
60 : ◆9l/Fpc6Qck [sage]:2019/04/23(火) 19:09:38.75 ID:s7fI1ZsrO
書いてる時はそんなつもりはなかったのですが、>>54の一部文章が先人に対する配慮に欠けていると感じたので、三度目の訂正です
許してください!ナン






島風「しまかぜはね、雪風のおかげで……」

島風「悔しい思いをした過去のことは、これから取り返せる気がしたの!」


島風「だから、雪風も昔のことを乗り越えて、次に進まなきゃ」

島風「そうじゃないと、その“今度”すらやってこなくなっちゃうよっ!」


雪風「島風……さん……」


……
…………
………………


61 :ここからが続きです ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:10:48.55 ID:s7fI1ZsrO



――食堂


わいわい ガヤガヤ


山城「あぁ……本当に比叡のカレーを食べにやってきてしまったわ……」

山城「姉様と綺麗な桜が見られて、せっかく幸せな気持ちだったのに……」

扶桑「もう……山城ったら、頂く前からそんな失礼なことを言うなんて」

扶桑「せっかくお誘い頂いたのに……めっ」

山城「!」


山城 (姉様の“めっ”が聞けるなんて……なんて幸せ!)キラキラ



62 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:29:15.90 ID:s7fI1ZsrO



天津風「雪風、おっそいじゃない……もう夕食時よ?」

時津風「あぅ〜お腹すいた〜……」

時津風「あ、でもでも……はうぅ……」

天津風「……まぁ、言いたいことはなんとなく分かるけど……」


天津風「ま、案外悪いようにはならないんじゃない?」

天津風「だって、雪風が来るんだし」

時津風「……そかそか、それもそうだね〜」



63 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:35:04.40 ID:s7fI1ZsrO



暁「こ、こんなのレディーの扱いじゃないわ!」

暁「たまたま執務室の近くにいたってだけで、連れてくるなんて……」

響「響は知ってるよ」

響「司令官は道連れがほしかったのさ」

暁「うぅ……電と雷はあの場にいなくてラッキーね」


ガチャ


電「あ、二人とも見つけたのですっ」

雷「あら、カレーのにおい!誰が作ったの?」

暁・響「あっ」



64 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:38:56.30 ID:s7fI1ZsrO



グラーフ「重ねて言うがアトミラール、私は決して……」

グラーフ「貴官のカレーに対する嗜好を知りたくて、此度の哨戒(食事)に誘ったのではない」

提督「ワタシハ カゴノナカノトリ…」ガタガタ

グラーフ「だが、貴官がどうしてもと申すのであれば、此方も要望を聞き入れる用意はできている」

提督「ハハヨ ワガスクイヲモトメル コエヲ…」ガタガタ

グラーフ「私はビスマルクとは違い、料理の心得もあるのだからな」フフン

提督「アァ…ウチュウガ ウチュウガワタシノナカニ…!」ガタガタ

グラーフ「ふふっ……アトミラールともあろう者が、いったい何に怯えているのだ?」



65 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:47:03.79 ID:s7fI1ZsrO



グツグツ


金剛「シィット!お邪魔虫のドイツ艦が、提督の隣にィ!」ギリギリ

金剛「あぅ……鍋の火から離れられないのが悔しすぎるネー……」


金剛「それにしても……何故かは知りまセンが、とても大所帯になってきてるデース!」

金剛「比叡も雪風、いったい何処へ行ってしまったんデショ?」

金剛「雪風が落としたブックを見るに、今ごろは……」

金剛「……」

金剛「……デモ」クスッ



金剛「あの二人ならきっと、大丈夫デース!」ニコ


……
…………
………………


66 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:48:44.41 ID:s7fI1ZsrO



――鎮守府 埠頭


比叡「はぁ……はぁ……!」

比叡「大変、もうすぐ夜になっちゃう!」

比叡「雪風〜!どこに隠れてるの〜っ!?」



「おーい!こっちこっち〜!」



比叡「!」

比叡「この声……島風がいるの!?」



67 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:50:10.25 ID:s7fI1ZsrO




島風「もぉ〜!見つけるのおっそ〜い!」プンプン

雪風「……っ」モジモジ



比叡「雪風!」

比叡「よかったぁ……やっと見つけられた……!」


……
…………
………………


68 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:51:07.43 ID:s7fI1ZsrO



雪風「雪風は……本当は、謝らなきゃいけなかったんです」

雪風「でも、いざ比叡さんを前にしたら、怖くなっちゃって……」

雪風「……」グッ

雪風「比叡さん、本当に……ごめんなさい!」



比叡「……そっか」

比叡「そうだったんだね」


比叡 (雪風、カレーのことで逃げてたんじゃなかったんだ)

比叡 (私の最期のことを……気にしてくれてたんだ……) ニコ


69 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:52:19.14 ID:s7fI1ZsrO



島風「……ねぇ比叡、雪風もこうして謝ってるしさー!」

島風「ね、許してあげて?しまかぜからもお願いだよー!」

雪風「……」フルフル

比叡「えぇ!?も、もちろん!」

比叡「そんなの、許すに決まって……はっ」ピコーン



比叡「……うぅん、比叡はちょっぴり怒っちゃったぞぉ〜(棒)」

島風「そんなぁ〜!」

雪風「うぅ…… 」シュン



70 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:55:34.27 ID:s7fI1ZsrO



比叡「ふふん、ただし……」

比叡「今から言うお願いを、二人がちゃんと聞いてくれたら許してあげます!」

雪風「!」

雪風「そ、それはなんでしょう?」

雪風「雪風、なんでもします!」

島風「わたしもするの?」

島風「いいよ、なんでも言って!」



71 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:57:40.14 ID:s7fI1ZsrO




比叡「それは……」

比叡「私の作ったカレーを食べて、感想を聞かせてくれること!」

比叡「笑顔でッ!!」ニコ



島風「!」ガーン

雪風「ふぇ?」




72 : ◆9l/Fpc6Qck [saga]:2019/04/23(火) 19:58:52.52 ID:s7fI1ZsrO



こうして……比叡のカレーは無事、皆に振る舞われることとなった。


「ちゃんとS&○のカレーの味がします!」

「ご飯はべちゃべちゃだけど、思ってたよりカレーは普通ー!」


――等といった高い評価の数々は、食堂に居合わせた大勢のギャラリーの知るところとなり

比叡は御召艦としての誇りを取り戻す……大いなる一歩を踏み出したのであったとさ


―――――完



73 : ◆9l/Fpc6Qck [sage]:2019/04/23(火) 20:00:06.33 ID:s7fI1ZsrO
艦これ六周年、おめでとう!

ここまで楽しく書かせて頂き、ありがとうございました。
74 : ◆9l/Fpc6Qck [sage]:2019/04/23(火) 20:01:00.10 ID:s7fI1ZsrO
途中、訂正を差し込んで読みにくくしてしまい、本当に申し訳ありませんでした……
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/24(水) 12:29:57.18 ID:rNaFLZX7o
おつおつ!
(終盤でかっすr、畜生さを感じてしまったのは内緒)
31.58 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)