R-18 安価とコンマでダンジョンタワー攻略 Part3

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:09:53.94 ID:3mG/o5Qr0
エロスと陵辱と冒険の物語。

皆様のおかげで3スレ目に突入です。

最近更新の感覚がさらにゆったりとした感じになってますが…

楽しんで頂ければ幸いです。

Part1
安価とコンマでダンジョンタワー攻略 R-18
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1515246773/

Part2(前スレ)
R-18 安価とコンマでダンジョンタワー攻略 Part2
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1552912787/


序文

とあるファンタジー世界の港町

古くから街の名物として語り継がれ、役目を終えた今も観光名所として知られる『大灯台』

しかしある時『大灯台』は謎の魔力によりさまざまな魔物が溢れ出るタワーダンジョンと化してしまった!

このスレッドは主人公と仲間たちが力を合わせ

塔に潜む秘密を探り港町に平和を取り戻す物語を 安価とコンマで進めていきます

展開次第では女の子が凌辱されたりひどい目にあったりするかもですが、過度の流血やグロテスクな表現は抑える方向でいきたいと思います



これまでのあらすじ

金髪のレンジャー、ミルキィは『神のお告げ』によって集まった仲間たちと共にダンジョンタワーに挑むこととなった。

東方から来た女侍ツバキ、その従者であるシノビのギンガ、盗賊の少女アリス、そして元神官にして薬師クチナ。

彼女らはギルド『プリティーうさちゃんズ』を結成し、塔に巣くう魔物たちを打ち倒しながら塔の攻略を目指す。

タワー2階、幻霊都市ファンタズマを新たな拠点として

プリティーうさちゃんズはいよいよ塔の3階にまで到達する。

そこに待ち受けるのは強大なる力を秘めた5人の吸血鬼であった。

バロン・ミシェル、吸血商人セウェルス、べリオ、アルナ、オニキス。

彼らは吸血鬼たちの盟主「ダークロード」として君臨すべく、

互いの誇りと尊厳を掛けた戦いを繰り広げていた。

塔の攻略を目指す冒険者達をも巻き込み、彼らの戦いは更に烈しさを増していく。



吸血鬼は既に二人が脱落し、残るは三人。

鮮血蠱毒儀式『ブラッディカルナバル』

勝ち残るのは、誰?
2 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:12:55.30 ID:3mG/o5Qr0
主要キャラクター紹介

Part1スレ序盤で頂いた
キャラ安価内容を
引用・修正してます

【名前】ミルキィ
【性別】女性
【年齢】18
【職業】レンジャー
【装備】短剣(電神の刃)・ナイフ
【容姿】金髪ツインテール 勝ち気そうなつり気味の大きな瞳 ボンキュッボンなナイスバディ
【性格】享楽的でお金大好き ドカンと稼いでバーッと使うタイプ。
お金の為なら多少危険な冒険も恐れない。仲間の為にポンと大金を出す気前のいい一面もある。
【弱点】ナメクジや触手のようなヌメヌメしたもの

備考:いつも元気な主人公 でも意外とメンタル弱い?
ツバキの人柄に惹かれてプリティーうさちゃんズに入りました。
何か強力な潜在能力を秘めている…らしい。
陵辱シーンではなぜかアナルをガンガン開発されてます
彼女の前の処女を奪われる日はいつ?

―――――――――――
【名前】クチナ
【性別】女性
【年齢】29
【職業】薬師(元邪教神官)
【装備】ローブ 薬箱 メイス 目隠し
【容姿】黒髪ロング 盲目 スレンダーな長身 
【性格】ちょっと前までアレな感じだったが色々あって改心 (?)
    今は人の助けになろうとがんばっているが自罰的
【弱点】触覚や音に敏感で特に耳が弱い けっこうポンコツらしい

備考:この人がお告げを受け取ることで全ては始まりました。
前スレのエッチシーンにていくつかの真実が明らかに。
重い過去を背負いつつも頑張ってコメディリリーフやってます。

―――――――――――
【名前】アリス
【性別】女性
【年齢】14
【職業】盗賊
【装備】短剣・銀の鍵
【容姿】銀髪短髪 ツルペタ娘
【性格】冷静沈着で寡黙だが心は優しい
【弱点】胸とアナル(未開発なので潜在的に)

備考:2階の戦いではエッチシーンは無かったですね。
ところでPart1ではジェネラルオークに犯されてますが、オーク精液には強烈な媚薬作用があることが判明しております。
ラビットガールがオークラ氏にメロメロになってたようにアリスちゃんも…?

―――――――――――
【名前】ギンガ
【性別】女性
【年齢】21(仲間とは一年ズレました)
【職業】シノビ
【装備】クナイ、爆弾
【容姿】赤のショートカット、つり目で整った顔立ち、黒の忍び装束でナイスバディ
【性格】冷静。基本的に慌てることは少ないが犬や猫が大好き。経験はある程度はある
【弱点】胸と暑さ

備考:みんなだいすきおっぱいニンジャ。
なんと獣姦されて二児のママに。やっぱり女忍者ってそういう運命なんですかねぇ。
今後にも期待。おっぱい。

―――――――――――
【名前】ツバキ
【性別】女性
【年齢】18
【職業】侍
【装備】太刀(秘剣・血風丸)
【容姿】黒髪ロング 美乳美尻のモデル体型 切れ長の瞳
【性格】凛々しくクールで冷静、しかしド天然でたまに爆弾発言をする
【弱点】性に対する免疫が無さすぎる

備考:みんなのリーダー。プリうさの精神的支柱。
彼女の戦闘シーンはついついカッコよく書きたくなるので困る。
エッチシーンも久々に見たいですな。
3 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:18:49.30 ID:3mG/o5Qr0
通常モンスターたち

ダンジョンに現れてプリうさの女の子たちを
戦闘でもエッチでも翻弄しちゃうやつらです
募集時の安価を引用・修正してます

――――――――――
・フェルモン触手

スタンダードな触手系モンスター。
女性を発情させるフェロモンを分泌する。
また、自身に生殖機能が存在しない為、捕らえた女性をふたなり化する事で(魔力を還元した)精液を搾取、それを変換し女性器に挿入して射精することで個体を増やす。
その為、オナホ型の触手や生殖用の男性器型の触手が兼ね備えられている。

記念すべき凌辱モンスター第一号。
ツバキをぐちょぐちょにしました。

―――――――――――
・黒騎士

名はわからないが黒い鎧を着てるためそう呼ばれている生前は高名な騎士、戦うことが趣味でかなり腕がたつ
亡者となり自我を保つのに相手の生気が必要なため 自身の趣味もかねてよく冒険者に戦いを挑んでくる
亡者になった弊害で言語と常識が消し飛んだが 
キャッチアンドリリース(生かしとけば強くなって戻ってくる)が信条で死人はでてないが 
限界まで生気を吸うため 冒険者が動けなくなり他のモンスターに襲われることがある
ある程度戦って先が楽しみな冒険者にいいアイテムを落としてくれることがあるが 
低階層のレベルではないのに高低階層何処にでもさ迷ってるため危険度は低いが恐れられてる

―――――――――――
・産卵蟲

子宮または腸内に卵を産み付ける蟲型の生物
孵化した幼虫は生存に人間を含む動物の精液が必要なため脳に作用する物質を分泌する
そのため感染者は性欲が増大し本能的に寄生された場所へ精液を送り込むことを求めるようになる
虫下しは存在しないが一週間程度性欲を我慢することで死滅することが知られている

―――――――――――
・肉壁

そのまま肉の壁のモンスター
移動も可能で通路を塞ぐこともある
攻撃手段は触手と移動して壁で押し潰す。
壁に触れたものをそのまま飲み込み拘束し壁尻状態にし魔力を吸いほとんど吸いきると解放される
魔力を吸ってる間に性欲の強い他のモンスターや通りがかったギルドに犯されることがある

―――――――――
・デルタホース

いわゆる三角木馬
馬だが普段は地面に潜伏しておりターゲットの真下からとびでて自身の上にのせて拘束してくる
初撃さえよけれればそこまで強い相手ではない

―――――――――――
・オーク

とんでもない怪力を持つモンスター
豚面で巨体でありな精力絶倫で巨根の持ち主
鈍重だがタフで頑丈
殆どの物理・魔法攻撃を堅い皮膚と分厚い脂肪で通さない
その精液やカウパーには媚薬作用が存在
どのような女性でも嬌声を上げながら快楽で失神するという
酷い者は精液中毒となりオークを求めてダンジョンをさ迷う
その睾丸は高級精力剤や媚薬の材料の1つされ、高値で取引される

―――――――――
・スライム

ぷよぷよしたやつ。基本的に大勢で行動している。
半径20cmの球体だが、合体するといくらでもでかくなる。
相手より大きくなると、相手を飲み込み、イかせて、性力を吸収し、吐き出す。
いろんなカラーがある。基本的には赤、青、黄色で、合わさると色が混ざる。3種類まざると、黒になり、戦闘力が跳ね上がる。色ごとの強さは、
黒>紫>緑>橙>青>赤>黄色となる。

――――――――
・ゴブリン

性欲、金欲のままに行動する下級の妖魔
犯されなくともアイテムや装備品の追い剥ぎにあう可能性が高い
知能は低いが人の弱みにつけこむことに際して卓越した才能を持つ種族
一体は人間よりは弱いものの数十体で行動する
巣穴に監禁する習性があるが簡素な牢獄のため脱出は比較的容易

4 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:20:15.90 ID:3mG/o5Qr0
・デリバリーテーブル

日本語だと分娩台
機械の腕を伸ばして拘束してくる
拘束されると浣腸や搾乳器、クスコといった医療器具で陵辱されることになる

――――――――――
・強姦ゾンビ

無造作に人を襲う一般的なゾンビと違い、女性を強姦することに執着するゾンビ。
生前童貞だったものがこうなる。
人間のものとは思えないほどの巨根で、犯された女性はその虜になってしまう。
他のゾンビとは見分けがつかないため、注意が必要

――――――――――
・食道ゴキブリ

分泌する毒素で動けなくなった獲物の口から体内に侵入
産み落とした幼虫とともに消化物を餌としながら食道を進み肛門から体外へ出てくる

――――――――――
・イクボカズラ

ウツボカズラのような植物。動く。捕虫袋には消化液の代わりに媚薬が入っている。
食べられたら最後、媚薬まみれにされて吐き出される。吐き出された後は、性欲が5倍になる。
袋の中の媚薬と別に溶解液に変えて吐き出して攻撃することもあらが、この溶解液は特殊で、服のみを溶かす。
まれに実をつけ、その実は非常に美味で、高値で取引される。

――――――――――
・ショジョトリグサ

ハエトリグサに似た植物。口(?)の中に突起があり、食べた女性の処女を奪う。ちなみに女性への配慮かなんなのか分からないが、中はクッションみたいになってる。
性的興奮を高める匂いでおびき寄せてパクリ。
たべるのは 女 性 限 定 。←ココダイジ
蔓が丈夫で、繊維は服に使われたり、少し加工して鞭にしたりと、用途は様々

――――――――――
・パリピ

テンションの高い男性の姿をしたモンスター
ノリや勢い、お酒などを使って女性を犯すことしか頭にない厄介な存在
一度追い払っても大人数で再度現れる場合もある

――――――――
・コスプレさせイヤー

カメラをもった男性の姿の淫魔
倒した女性を自分の好きな衣装に着替えさせる
着替えさせられた女性はその衣装の役になりきってエッチをしてしまう
その後撮影した動画や写真をばらまくのでたちが悪い

ギンガさんのおっぱいをたっぷり楽しみまくった
とても羨ましいやつです。
―――――――――――
・ドラッグドライアド

捕らえた獲物の精を糧にいきるドライアドの亜種
ばら蒔く花粉には麻薬成分が含まれており、吸い込むと幻覚を見たり高翌揚効果をもたらす
また、強力な中毒性があるため救助されても再び自ら囚われにいく被害者が後を絶たない

―――――――――――
・キューピッド

天使の姿をしているが実は淫魔。魅力効果のある弓矢を乱射する。矢に射たれると次に見た相手(性別種族問わず)に惚れてしまう。

ツバキはこいつのせいで憎き敵ギルドにアレされてしまいました。

―――――――――――
・粘着ブロブ

粘着性の高い不定形の物体、パーティーの体に絡みつく
戦闘時間中継続して体を刺激し徐々に服を溶かしていく

―――――――――――
・オーガ

上級妖魔。赤銅色の肌をした身長2m以上の巨体で、頭部には角がある。
その肌は鉄のように固く、攻撃が効きづらい。怪力であり、大抵の冒険者は一撃で瀕死、あるいは即死する。
知能も高く、魔法を使うこともできる。
つまり単純にとにかく強いモンスター。

ミルキィの必殺技『デンジンブレイク』で倒されたようですが…?
5 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:21:19.93 ID:3mG/o5Qr0
・巨大ウサギ軍団

巨大なウサギの軍団、敵対する相手にうさ耳うさ尻尾を生やして同族にしようとしてくる
この軍団に倒された場合、うさ耳うさ尻尾がずっと生えてる状態(解除不可)になるので気を付けよう

――――――――
・海賊団船長

ボルギス海賊団船長、ボルギス。
(Part1スレにて命名)

別の冒険者で賞金首
何かを求めてダンジョンに潜入
ミルキィ達を見ると襲い掛かる
負けた彼女達のうちの一人をつかみ脱出アイテムを使う
移動先は街から離れた沖の彼の船、そこには沢山の彼の部下がいる
彼らは性欲を溜めており
次の朝、街の港には選ばれた娘が見るも無残な姿で発見される(生きているが身ぐるみはがされており武器等は売られる)

↑女の子エネミー、わがまま王女ちゃんはこの人のおかげで大変なことになりました。

――――――――――――
・エモーション・イーター

無数の触手が生えた目玉のようなモンスター
恐怖や快楽、怒りなど人の強い感情を食べる
感情を食べられるとフラットな精神状態になり、例えば絶頂寸前の昂ぶりを食べられるとイケない

――――――――――――
・トロル

岩のような肌を持つ怪物
非常に丈夫であり、また頭もかなり良く、ほぼ全ての個体が魔法を使える
但し、本当の恐ろしさはそれではなく、人の心臓を食らうことでその姿に化けられるという点である
その為、徒党を組んで他の冒険者に化けて不意打ちをする戦法を得意としている
また雄しかいない種族であり、繁殖には他の種族の雌(特に人間やエルフ、ドワーフ等の人型が好ましい)が必要
故に雌を食らうことはなく、また性行為の際は意外にも紳士的(一対一で行うことや怪物には珍しく一夫一妻の夫婦制度等)
中には魔法が使えない代わりに直接戦闘能力の高いバーサーカーと呼べる個体といるが、そちらは通常種と比べて暴力的(但し、雌は食わない)

――――――――――――
・キノコお化け

人の背丈程の大きなキノコに目と口と脚が付いたモンスター
ひたすらこちらに向かって突っ込んでくる
上から踏んだり簡単な攻撃をしたりすれば倒せるボーナスモンスター

――――――――――
・催眠術師ドロイス

ローブを纏った中年太りの醜悪な男
催眠術を悪用しタワー内の冒険者からアイテムや金品をプレゼントしてもらうよう暗示をかけ大儲けしている
女冒険者にはエロくなる暗示をかけて徹底的に犯してヤリ捨てる
自称戦いは好まない平和主義者

―――――
・生態調査マシーン『A-01』

生物の調査を目的としたAIユニット。この世界のものではなく異次元から転移してきたのではないかと言われている。
本体であるAIユニットの周りに夥しい数の機械の触腕を持っており、それで対象に触れ、必要とあらば拘束や処置を行いデータを収集する。
本来は多角的な調査が目的なのだが転移の影響で暴走状態にあり、その調査は全て『一定の知的レベルを持つ生物の牝の擬似生殖行為及びそれらによる反応の調査』が目的になっている。
触腕には様々な機能が搭載されており、それらによる責めで牝を『反応』させその様子を克明に記録する。基本的に機械責めやありとあらゆる改造(一過的なものから永続的なものまで)を行うことが出来る。
彼が出来ないことはただ一つ、対象を孕ませることのみである(一応調査用として生殖能力皆無の擬似精液を排出することは出来る)。
なおオペレートボイスとして複数のボイスパターンの機械音声が用いられているが、中でも的確に牝の羞恥を煽ると学習したためか基本的なボイスは男性のものを使用している。

――――――――
・タダノク・ズニンゲン

元・とある王国の騎士達の教官
アンニュイでヤレヤレ系の雰囲気を出している
教官だけあって実力はあり様々な騎士見習い達の相談に乗る立場だったが、女性には緩く相談に来た生徒達と会うのを重ねるうちに関係をいくつも持ち、最終的には自分では幸せに出来ないという理由でフって捨てる事を繰り返した。
何年も繰り返したがやがてばれてしまい、タワー攻略の名目で実質追放された(それでも待っている女性もいる)
本人も気付いていないが基本的に女性を見下している
↑なんとバロン・ミシェルの相方として登場。いい感じのクズっぷりを見せてくれました。
6 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:22:19.97 ID:3mG/o5Qr0
・養殖インセクト

虫の強力な力を持ったインセクト族を軍事利用する為に品種改良された種。
人間のような二足歩行だが、トンボ頭の広い視野やアリの怪力、カマキリの鎌やバッタの脚力など複数の虫の特性を持っている。
セミの求愛ボイスを模した魅了魔法やガの鱗粉を模した麻痺魔法といった魔術も可能。
迷宮内にも野生化した彼らが生息している。
最大の特徴は繁殖が容易な点。
人間だろうがエルフだろうがどんな種族も孕ませることが可能。
胎児の成長も早く、妊娠から30分ほどで出産出来るまで漕ぎ着ける。
ただし、産まれたてのインセクトは巨大な幼虫に母体の種族の特徴がついたおぞましい姿をしている。(例えば母体が人間なら幼虫に赤ん坊の頭と人間の手足が生えている。ダンジョン内のインセクトが二足歩行が多いのもそれが理由)
普通ならSAN値激減待った無しだが、認識阻害の魔術で理想の可愛い赤ん坊に見えてしまうため、救助されても赤ん坊を成虫になるまで育ててしまう母親が後を絶たない。

―――――――――
・くいたまくん

巨大な灰色の玉に口だけが付いている見た目
口を開けたり閉じたりしながら浮翌遊して、タワーを不規則に徘徊する
進路上にあるものをなんでも飲み込み、飲み込んだ生物は中で生かしたまま、魔翌力だかなんだか色々吸収され続け、女は吸収ついでに陵辱する
飲み込まれれば中から脱出する術は無いが、実は後ろの体の一部が開くようになっており、後ろから開けるだけで簡単に中から助けられる
外から口の中に攻撃すると簡単に動きを止める

――――――――――――
・ジェネラルオーク

オーク達のリーダー種
通常のオークより一回り二回り大きく、また人間並みに賢く魔法も使える
力押しばかりの他のオークとは違い、時には罠をかけ、魔法で惑わすこともする
また基本的に他のオークを連れていることが大半
王者(リーダー)としてのプライドがあるのか、他のオークと共にその場で陵辱するようなことはせず、気に入った冒険者(気に入ったのは他のオークに手を出させない)を自分達の巣に連れ込んで寝床で犯す

↑アリスと毒使いのウェルを同時に頂いたうらやましいやつです。

――――――――――――
・インキュバス

男性型の淫魔
人間(男女問わず)の精気を主な食料とする(普通の食事でも可能だがかなりの量が必要だが、生活可能)
人間にそっくりな見た目をしているが、伝説のように人が後天的に淫魔になることはなく、繁殖するには人間の女性が必要
人間の女性と子を成すことで誕生し、生まれた子が女なら人間として、男ならインキュバスとして産まれる。
生活に人間と言う種が根付いている為、敵対することはあっても殺そうとはせずにギリギリのところで生かす
またダンジョン内で死にかけている人間がいればダンジョンの外に連れ出してくれたりもする
また同じ淫魔であるサキュバスと性行為を行うと、互いの精気を吸い合い、最悪共に衰弱死する為、淫魔同士の性行為は禁忌となっている
あ、死ぬことは無いそうですが、死にかけている人間がいれば助けると言うのは、あくまで設定としてお願いします

↑という安価内容を頂いたのですが、死にかけている人間を助けるという要素が非常に便利そうなのでとても都合よく改変し使わせてもらっております。
塔の秘密も色々知っているようですが、本人いわく黒幕ではないとのこと。
7 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:23:47.11 ID:3mG/o5Qr0

ここからは
女の子エネミーの紹介です
彼女らもまたプリうさの前に立ちはだかる敵ですが、彼女らを倒すと…?

―――――――――
・サキュバス

美しい女性の姿をした魔物で
男女問わず淫らな行為で骨抜きにして生気を奪う。
通常はそのまま衰弱死させるが気に入った相手は性奴隷にしてまう。

―――――――――
・テイマー

鞭をもった女性モンスター
鞭による攻撃にはテイム効果があり受けすぎると彼女の奴隷と成り下がることになる

―――――――――
・マザーセイレーン

上半身は優しげな女性、下半身は魚の姿をしたモンスター
美しい歌声で冒険者を魅力し甘やかす事が好き
豊満な胸からだされる母乳には思考能力の低下やふたなり化作用などがあり、冒険者を快楽漬けにして自身に依存させようとする

―――――――――
・喪女霊

生前もてずに一人寂しく死んだ女の霊
美人や彼氏持ち、幸せな女を怨んでおり襲いかかってくる(同類の女は気配でわかり、その人に対しては無害)
倒した女に乗り移り生前の望みを叶えようと男を誘惑する
満足すれば成仏する

―――――――――
・ようじょ

見かけは幼女だが実際は妖女でありドs
その見た目を利用し冒険者を罠にはめる
また罠を回避したとしても本人の戦闘力が高いため突破は困難を極める

〇さいの身体のまま1000年以上生きる羽目になったせいで精神が壊れている。
ミルキィのトラウマ。

―――――――――
・アルラウネ

毒針型、搾乳器型の触手を持つ人型の植物
乳首、クリトリス、膣、尿道に向けて針を突き刺す
突き刺された部位によって母乳、愛液、尿が垂れ流しになる。刺された箇所がクリトリスの場合、ふたなり化し精液を垂れ流す
この体液を搾乳器型の触手と自身の口で啜って食料としている生物
脱出できなければ苗床化されるか、同化され冒険者自身もアルラウネ化する
刺された箇所はいずれも感度が上昇する
乳首を刺された場合のみ膨乳化する
改造は強力でダンジョンから帰還できても自然治癒しない

―――――――――――
・女王様

高貴なかたとかではなくボンテージを見にまとったプレイ的な女王様
どエスでレズ

―――――――――――
・女郎草

植物の女性型モンスター。
緑色の皮膚で頭にピンク色の花が乗っている以外は殆ど人間の女性と同じ。知能も人並みにある。
女性の尿・愛液を栄養に育つ植物であり、捕らえた女性を毒で発情させ、利尿剤作用付きの媚薬毒を塗りたくった細い植物触手を尿道に差し込んで開発・刺激する事で、放尿と絶頂を同時に起こして栄養補給する。
なお、彼女自身の尿と愛液は美容液として非常に価値が高いものである。

プリうさとアルストの戦闘のどさくさで様々な薬液を浴び、アルラウネから突然変異する。
アルストの魔力と知識を吸収し、今もダンジョンのどこかで力を蓄えている。

―――――――――――
・エルネシア

悪魔の少女(貴族) ゴシックロリータの服を着て手には鞭を携えている 巨乳 闇の魔法を使う
可愛くて強い女の子が大好きで、気に入った女の子を連れ去っては自分好みに調教している。
Sのように振る舞い周囲もそう思っているが、本人の潜在的には(本人も気づいてないし認めないが)Mであり責められるのに弱い。特に羽根と尻尾の付け根は非常に敏感である。また、女の子の処女を奪ってる割には自分は処女だったりする。
戦闘力は凄まじいが戦闘経験が少ないのが珠に傷。
なんだかんだでアルフェルクス大好き。

↑アルフェルクスとかべリオがこの子のせいで大変なことに。
アルフェルクスにペニスを生やしたけど、この子はまだ処女だと思います。
8 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:25:33.69 ID:3mG/o5Qr0
・ジャスティスナイトシルファ

正義を胸に戦う誇り高き魔法剣士。金髪ポニテで凛とした顔つき、ナイスバディを露出の多いビキニアーマーで包み炎の魔剣で悪と戦う。
正義感は強いが思い込みが激しく騙されやすい性格で、とある輩に「プリうさの連中は正義の味方ぶってるが実は悪党なんだ」と吹き込まれ勝負を挑んでくる。

――――――――
・女騎士リン

ダンジョンタワーに単身で挑む女騎士。
温和で礼儀正しく高潔な立ち振舞いをしている。一人称は『ボク』。
実はとある亡国の姫騎士であり、国を建て直す鍵がダンジョンタワーにあるというお告げを受け身分を隠しタワーに挑戦している。ちなみに名前の『リン』は本名の一部から取った偽名で本名は王族だけあってやたら長いらしい。
本人は悪人でもモンスターでもないのだが、高貴なる者の務めとして国と民のために自らの使命の遂行を最優先としているためにタワーで出会ったライバルとして衝突してしまうことに。
長身に白銀のショートヘアー、体型で分かりにくいが爆乳安産型のわがままボディ。
元王族の箱入り娘だけあって性知識も体験も全く無い。弱点はギンガに匹敵、もしくは凌駕しているほどのその胸(大きさ・感度どちらも)。
なおわがまま王女ことアイリーンとは会ったことがあるが、王族でありながら民を省みず我を通そうとする彼女のことはよく思ってはいなかった。
当然ながらそのアイリーンや配下の騎士団がボルギス海賊団のところで(飽きられていなければ)壊れた慰み者になっていることは知らない。

吸血鬼オニキスの企みによって配下として利用されています。ミルキィとともにアナルやおっぱいを調教されてしまいました。この娘もまだ処女…じゃないかな?

――――――――
・『ダンジョンマスター』オルティナ

ダンジョンタワー内に神出鬼没で現れる謎の淫魔。ピンクのウェーブがかったロングヘアーの爆乳美人。
性格は掴み所の無いあらあらうふふ系。
ダンジョン内で唐突に現れては老若男女問わず様々な責めで対象に快楽を刻んでいく。
責めるだけではなく責められるのも好きでSM両刀どころかありとあらゆる性癖を網羅している。
彼女のその行動原理は『性の快楽は最上の極楽。こんなものを知らないなんて勿体ない。だから多くの人に教えてあげよう』という至ってシンプルなもの。
故に彼女からすれば完全な善意で行っており、そこに『精力を吸い取る』『快楽に堕落させる姿を楽しむ』といった目的や打算は無い。ある意味最も淫魔らしいといえる存在。
その考えもあってか、戦いになっても『あんな気持ち良いことを知らないで死んじゃうなんてダメ!』と命までは奪わない。それどころか死にそうな冒険者を発見した時は治療を施した上でわざわざ安全圏まで運んでくれることも(ただし淫魔にとっての『治療』なので内容に関してはお察しである)。
淫魔だけあって性に関する耐久値・回復速度が段違いに高い。薬や人体改造などでいくら壊れてしまっても数日経てばケロリと治るレベル。そのためダンジョン内ではわざと罠にハマったりモンスターに犯されてることもしばしば。
最近は呼んでないのにおきつね堂で勝手に福娘をやっていくこともあるらしい(柚の記憶操作も効かないらしく、しっかりと記憶を保持している)。
ちなみに『ダンジョンマスター』という通り名は、あまりにダンジョン内で好き勝手している彼女の様子を見て周りが勝手に付けた異名であり、彼女自身は名乗っていない。
彼女がダンジョンタワーに関わりのある人物なのかは実のところ不明である。
また、お馴染みのインキュバスさんとは色々と似ているがどうやら既知の間柄らしい。

↑どうやらタワーについて色んなことを知ってるようです。
作者的には色々便利に使いたい。

――――――
・白き暗殺者 ヒイラギ
(のちに 淫魔見習い ヒイラギ

ダンジョンタワー内に潜伏している少女。16歳。巨大な鎌を得物としレザー系のピッチリとしたコスチュームを身に纏っている。
白のショートに紅目、肌も真っ白のアルビノ。中性的な顔立ちで身長はそれなりにあるが胸だけは絶壁。初見では男女の区別が付かないレベルだが胸の件は最大のコンプレックスなので刺激してはいけない。
飄々とした掴みどころの無い性格で一人称は『アタシ』。
元々はある暗殺者の一族の出身だが一族に嫌気が刺して脱走。以後逃走生活を続けており現在はダンジョンタワーに潜伏している。
彼女の一族は各方面から大きな恨みを買っており、それ故か彼女自身も賞金首として有名。普段はモンスターから得た素材や自分を狙った賞金稼ぎを返り討ちにした際に得た戦利品などを売却して生計を立てている。
遭遇時に(あくまで噂程度だが)そのことを口にしてしまったためか、プリうさは彼女から自分を狙う賞金首と勘違いされ戦う羽目に。
前述通り胸は全く無いが、そのぶん神経が密集しているのかと言わんばかりに胸が敏感。乳首責めどころか他者に胸を撫でられ続けただけでもイッてしまいそうになるほど。

プリうさと戦い、敗北するもオルティナに救われ、たっぷりと愛されたのちに彼女に惚れこみ淫魔見習いになりました。
今は肌色成分多めなミニスカメイド姿でオルティナにご奉仕してます。

―――――――――
・商人 柚(ユズ)

九尾の狐の血を引く女冒険者で、ダンジョンの行商人。19歳。
若干レズの気があるが男女隔てなく愛想が良い。
人目を惹きつける妖艶な美貌と蠱惑的なスタイル、それを台無しにする剽軽な性根を併せ持つ。

冒険に役立つ品々、呪われた装備品、催淫薬や豊乳薬まで各種取りそろえているが
一見しただけではどのような効能があるか良く分からない。
口八丁手八丁で可愛い女の子に淫らなアイテムを売りつけて、使わせる。

実は街にも妖しげな店を構えており、誑かして乱れた女の子の映像を売っているらしい。
正義のギルドが何度も踏み込んでいるが、化かされたように空振りして尻尾は未だ掴めていない。

妖術と狐火を主とした異国の呪い(まじない)に精通しており、単独での戦闘力はチートクラス。
ただし集中力が切れると術が解けてしまうため
大好物の油揚げを見せられたり、くすぐられたり、射乳僻のある巨乳を弄られると、途端に無力化する。

以前は敵の選択肢に含まれてましたが、街でお店を出している設定になったので出現しなくなりました。
オークラさんは果たして彼女をモノにできるのか…?
9 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:27:14.01 ID:3mG/o5Qr0
ここからは
『鮮血蟲毒儀式』に参加する
5人の吸血鬼たちの紹介です。

―――――――
・吸血鬼オニキス

一人称は「おーちゃん」だが誰もいないところでは「あたい」。
黒髪で黒目で無乳、外見だけ見れば露出度の高いゴスロリ服を着た10歳以下の幼女だが、実際の年齢は不詳である。
人間たちのギルドの一つを乗っ取りボスとして君臨しており、ギルドの全員と肉体関係にある…らしい?
肉体を霧化させてミルキィのデンジンブレイクを躱し、彼女を敗北においやった。
魔力の消費が激しく、回復のために突然眠りだすことがある。
狡猾で常に周囲の連中を馬鹿にするような発言をする。

―――――――
・吸血商人セウェルス

1000年以上生きている吸血鬼…なのだが、商売が生きがいの奇妙な奴
外見年齢30代前半で無精ひげを生やしている
雑に生きてそうな雰囲気をしているが、かなり面倒見がよく家庭的かつ紳士的
1000年以上生きているのに嫁がいないことが悩みであり、ダンジョンには商売と嫁探し目的で入っている
なお、なかなか見つからず、魅了を使うことも考えている模様
また、妙にこだわりがあり、処女以外は対象にはしていない
魅了に抗えないとキャラロスト
レアアイテムを販売しているが、初回は「吸血鬼である」ということだけが理由でプレイヤー側から戦闘を吹っ掛ける事になる
体型はやや筋肉質で、商品はすべて真っ当な品です
善人の類ですが、自分の店を襲った相手には容赦がありません
彼曰く「塔内では野菜がよく売れる(モンスターに)」

――――――
・吸血鬼アルナ&人狼ニニス
500年を生きるどこかの国の元王女(元人間)の吸血鬼とそれを退治するために戦って返り討ちにされたあげくに人狼にされてしまった元シスターのコンビ
アルナには同じく吸血鬼にされてしまった姉(とある戦いで死亡)がおり、それを生き返らせるためにダンジョンタワーを登っている。ニニスは人間だった頃の記憶はないがアルナによくなついており、アルナもそんなニニスを可愛がっている(殆ど覚えていないが人間の時に飼っていた子犬を思い出すため)。そのためニニスがピンチになると動揺してしまうことも。
女の血は不味い事が多いので滅多に吸わないが気分の発散には丁度いいと襲ってくる。
サディストなアルナと主人にはマゾなニニス。
なお、ニニスの人間だった頃の性格は真面目で友人思いのシスターだったらしい。

――――――――――――
・バロン・ミシェル(リタイア済み)

貴族風の美形。百年を生きる上級妖魔だが吸血鬼としてはまだまだ若輩者で、吸血鬼社会で舐められているレッサーヴァンパイア。
実際風体に中身が追い付いていない貴族気取りで、普段は気取っているが、動揺すると粗野で小心な本性が出る。
それでも戦闘力は強大で、高い魔翌力と再生能力、霧化、魅了の魔眼などなど、様々な特殊能力を持つ。ただし吸血鬼の常として弱点も非常に多い。
塔を拠点に街を支配し吸血鬼社会で名を上げようと企んでいる。
 
↑彼の宣言から鮮血蟲毒儀式は始まりました。でも一番に脱落。
オニキスいわく「マジダッッさ!!」

―――――――――――
・べリオ(リタイア済み)

マントで身を包んだ15歳くらいの少女
吸血鬼化の儀式で後天的に吸血鬼にされてしまう
後天的とは言え高い戦闘力をもち吸血行動で相手に快感を与える
奴隷として生き戯れで吸血鬼にされた、徹底的に調教されたため全身敏感にされそのため布が擦れるだけでイッてしまうため服が着れずマントだけきている
化物としての自分を誇りに思い人間を心底軽蔑してるが、調教の影響で男を見ただけで濡れてしまう
プリうさに敗北した後は人間牧場に囚われ雌牛を孕まされる日々を送ることに。
でも幸せ。たぶん。
10 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:28:37.80 ID:3mG/o5Qr0
おまけ。
既に敗北した強敵たちです。

――――――――――
・試作型キメラ(リタイア済み)

獅子の頭、山羊の角、鷹の翼、蛇が生えている尻尾を持つキメラ
試作型というネーミングなので弱いかというと、かなり強化が施されており魔法や魔眼を使いこなし牙や爪には様々な毒を持っていて状況に応じ毒の種類を使い分けることができる
しかし、コストが高すぎるのと強化の代償で寿命が短くなってしまったので作った何者かはデータを採取したらは破棄した(それで塔の中をさまよっている)
自分の寿命が少ないことには気づいており理性と本能で自分の血を引く子どもを作りたいと願っており、女冒険者を犯して孕ませようとする
自身の能力(魔法や毒)で確実に孕ませることができ、孕んだ場合遅くとも約1時間以内に胎児が急成長して出産をする
生まれてくる子どもは母親そっくりの容姿に試作型キメラの特徴(獅子の牙と爪、山羊の角、蛇の尻尾など)を備えた女の子が生まれる

↑ギンガを孕ませ、出産を見届けたあとお亡くなりに。彼の正体は永遠に不明…?

――――――――
・毒使いのウェル
(リタイア済み)

黒いのローヴを身に纏った10代後半ぐらいの見た目の少女、紫髪のロングで紅眼、可愛い系の顔立ちで背が低い、見た目はロリ巨乳
淫魔との混血であり、以前タワーに囚われた女性冒険者と男性型の淫魔との間に作られた子供
多彩な毒を操る事ができ、毒液や毒触手などを利用した戦闘や、毒を利用した調教を行い捕らえて調教した冒険者を奴隷として売りさばく
一番好きなのは『寸止め薬』を使った寸止め調教だが、気分によって変える

アリスと戦いの末、心を通わせる。
今はたぶん逃亡生活中。
一緒にいるだけが友情じゃないよね。

―――――――――――
・わがまま王女
(リタイア済み)

アイリーン=ジュエリアス=ディアマンテ。
(Part1スレにて命名)

興味本意でダンジョンにやって来たロリ王女
モンスターではないが自分以外にダンジョン踏破されたくないので敵対することになる
敗北すると反逆した罪として町で晒し台に拘束されて陵辱されることになる
お供の近衛兵は当然皆女

近衛兵ともども、ボルギス海賊団の皆様に可愛がってもらっているよ。
飽きられてなければ。
―――――――――――
・魔女 アルスト
(リタイア済み)

千年を生きた魔女で魔法薬専門の魔女
不遜で傲慢、自分以外はモルモットだと思っていて
塔に住み着き塔に来た冒険者相手に薬品の効能を試している
戦闘では薬品を投げつける
薬品は強力だが本人の戦闘能力は低い
最近のテーマは種の繁栄で薬品作りをしている
巨乳、巨尻の美人でせめられると弱い 
(というのはMッ気があるという意味
傲慢不遜なのはイジめてほしいという気持ちの裏返しで潜在的な物で自分の性癖に気づいていない

↑モルモットだと思っていた存在に取り込まれ、無様に生き恥を晒している。

―――――――――――
・人間牧場の主
(リタイア済み)
Part2スレにてアルフェルクスと命名。
(初登場後、しばらく間違えてアルフェクスと表記していたのは内緒)

人間を搾乳用家畜として多数飼育しており飼育数を増やすために女冒険者をさらっている。
母乳は美容用、飲用として女相手にのみ売られており男子禁制である。
最初は金髪のナイスバディ…だったのに親友であるエルネシアによって変態乳牛ボディにされました。
その後まさかの再登場を果たすが今度はなんとふたなりに。
でも幸せ。
(リタイア済みだけどエルネシアとセットで出てくるかも?)

―――――――――
・ラビットガール(リタイア済み)

兎の獣人
相手を兎っぽくしてしまう
具体的はうさみみうさしっぽ(アナルに装備、取れない)を装備させて発情状態にさせる

↑Part2スレにてオークラさんの肉奴隷に。うらやましい。
11 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:30:04.75 ID:3mG/o5Qr0
宝箱から登場する
トラップモンスターの紹介です

―――――
1・ミミック

人1人は入れるくらいの大きな宝箱
間違って開けてしまった場合なかに閉じ込められて陵辱されることになる
見抜いてしまえば触らなければいいのでなんてことはないが防御が固いため破壊は困難

トラップ内容

戦闘開始
ただし味方コンマ全て半減
(撃破時は魔力球ゲージにプラス)

―――――
2・邪妖精

黒い露出の高い衣装をしていること以外 一般的な妖精と同じ外見
ダンジョンの瘴気で性質が変化した妖精
眠らせて媚薬を飲ませる、
食べ物に利尿剤を混ぜる、
着ている下着を奪う、
持ち物に淫具を混ぜる、
などの何かしらのエロいイタズラをする

トラップ内容(以下コンマ判定:全員に同じ効果)
奇数ぞろ目 運よく全員の疲労度0になる
偶数ぞろ目 妖精のきまぐれ 魔力球ゲージにプラス
奇数  怪しい薬 探索中解除不可 次回戦闘時のみ 全員コンマ−20
偶数  次回戦闘時のみ アイテム・スキル使用不可 クリティカル無効

――――――
3・おしりかじり虫

地中に潜み人の臀部目掛け飛び出してくる肉食性の昆虫
鋭い歯の揃った大きな顎で獲物の肉を食いちぎる

トラップ内容(個人対象:↓1〜3の最低コンマの仲間)
負傷 仲間の一人が疲労度+20

――――――
4・羽根付き水晶玉

冒険者が大好きで近くに冒険者がいる事に気付くと勝手についていく
冒険者の活躍を人の集落の噴水等の水がたまっている所や空に映す
冒険者がどうなろうと映し続ける為困りものである
攻撃能力は皆無だがそれ以外の能力は高い為倒せると思わない方がよい
戦闘は倒すかどうかではなく走って振り切れるかどうかになる
自分の名を上げるチャンスと考えあえて連れて行くという選択をする冒険者もいる

トラップ内容
ただついてくるだけ エッチシーンに影響あり?

――――――――
5・振動虫
カナブンくらいの大きさの虫。蜂の巣みたいな感じの巣を作り、大軍で行動する。
性感帯にくっつき、ブルブル震える。塞いでも隙間を見つけ、そこから侵入する。
イったら離れる。

トラップ内容(個人対象:↓1〜3の最低コンマの仲間)
帰還するまで探索ターンごとに疲労度+10
疲労度回復を行なうと解除される

――――――――
6・淫欲虫

女のみに寄生し獲物の子宮に寄生する
食事が愛液と精液のため食事のさい雄が近づくと感度をあげ膣を疼かせて宿主に性交意外考えられないようにし雄と交尾させ食事をする

トラップ内容(個人対象:↓1〜3の最低コンマの仲間)
次の戦闘時コンマが強制的に 01 になる
疲労度回復を行なうと解除される
12 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:30:52.01 ID:3mG/o5Qr0
7・さまようビキニアーマー

主を探して動き回っている
自分を無理矢理装着させてきて装備してしまった場合外すことが出来なくなりほかの装備も出来なくなる
装備すると挿入や胸への責めを防ぐことができるが催淫効果もあるためイキたいのにイケないという状況に陥る

トラップ内容(個人対象:↓1〜3の最低コンマの仲間)
探索中解除不可 戦闘時コンマ−30
エッチシーン影響あり?

―――――――
8・催淫蝶

性欲を爆発させる鱗粉を散布する蝶
メンバーにふたなりがいなければ浴びると次のバトルで堕ちやすくなる、その場で自慰を始めてしまう程度
ただしふたなりのメンバーがいれば我慢しきれず他のメンバーを襲ってしまう

トラップ内容(個人対象:↓1〜3の最低コンマの仲間)
ふたなりのメンバーがいると…?
(この条件はなかなかそろわないかも)

いない場合 戦闘時コンマ半減
疲労度回復を行なうと解除される

―――――
9・尿道蛭

トイレのないダンジョンで絶対に回避できない野ションの瞬間を狙って尿道から膀胱に侵入する蛭
侵入されても人体に害はないが膀胱に居座り圧迫するため一生強い尿意に苛まされる
そのため膀胱にどのくらい尿が溜まっているかわからなくなり漏らしやすくなる

トラップ内容(個人対象:↓1〜3の最低コンマの仲間)
帰還するまで探索ターンごとに疲労度−10
疲労度回復を行なうと解除される

――――――
超レアトラップ:コンマ奇数ゾロでのみ出現

・スティッキーガスト

粘着性のある霊体ガスモンスター。
「人と人とのキズナ」を見守るのが大好き、ただそれだけ。
纏わり付かれるだけで何も起きないが、そこにもう一人触れると
その二人は目に見えないネバネバに絡め取られ、引っ付いてしまう
結果として、望まぬ組んず解れつを晒すことになる
暴れたり、離れようとするとモンスターの怒りを買って締め付けがきつくなり
逆に相手を受け入れると締め付けが緩くなる
「二人同時絶頂」すれば、モンスターは満足して離れていく
要注意:三人以上が引っ付くと、脱出はかなり困難になる

トラップ内容(全員対象:3人まとめてエッチシーン突入・強制帰還)

―――――
超レアトラップ:コンマ偶数ゾロでのみ出現

・童帝王・クロノス

時空操作の魔法を極めた童貞の中の童貞、キングオブ魔法使い。
その見た目は中性的な美少年であるが、実際には肉体の成長が止まっているだけである。
あらゆる物理法則を超越した御都合主義の時間停止から未来予知、過去透視、固有時制御まで、自分を成長させる事以外、何でもできる力を持ちながら
やることはダンジョンに来た女の子に悪戯したり、からかったり、しょーもない使い方しかしない。
ここ数百年の趣味はパンツ収集と、時を止めた少女にエッチな呪いの掛かった宝飾品や触手服を装備させること。
力の源は数千年単位で貯えた童貞力。
童貞を失った瞬間、殆どの魔力を喪失して凡人になってしまうが
そもそも永遠に精通前の子供なので、童貞を失えない、エッチできない悲しい運命を背負っている。
また、女性優位の状況に対して免疫は皆無。

トラップ内容(以下コンマ判定:全員に同じ効果)
01〜50 パンツ強奪 (探索中解除不可 スキル・アイテム使用不可)
51〜90 さまようビキニアーマー装着(探索中解除不可 戦闘時コンマ−30 エッチシーン影響あり?)
91〜00 触手服装着(探索中解除不可 戦闘時コンマ−50 エッチシーン影響あり?)
ゾロ目で全ての効果適用
―――――――――――――――
13 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/26(金) 23:32:32.21 ID:3mG/o5Qr0
敵&トラップの情報を紹介したところで今回はここまで。

ちょっとづつでも更新できるように頑張ります。

では、また次回…
14 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/28(日) 00:55:17.18 ID:nqPuvwBN0

幕間の話をちょっとだけ投稿します。


===


少し昔の話。



どこかの国、どこかの城で。

「あ…あ…あぁぁぁーーーーっっっ!!」

一人の少女の慟哭が曇天の夜空にこだまする。

彼女の足元には床に倒れ伏し、今にも灰化して崩れ去ろうとしていた吸血鬼の女の姿があった。



「アルナ! お願い落ち着いてアルナ!」

慟哭する少女を、戦いの中でボロボロになった僧衣をまとったシスターが必死に宥め続ける。

「よくも…よくも『姉さま』をッ…クァァァァァッッッ!!!」

ザシュッ…

怒りにかられた少女のツメが、姉の仇であるシスターの喉笛を切り裂き…鮮血が飛び散った。

「ある…な…」

ばたり。

僧衣を血に染めながらシスターは倒れた。



「はーっ、はーっ… はっ!?」

我に返った少女は鮮血の水たまりに倒れ伏すシスターの姿を見た。

「…」

自分と、そして姉にとってもかけがえのない友人であるシスター。

吸血鬼と化した自分と姉を救おうとしてくれていた彼女はぴくりとも動かない。

「あ…あぁっ…! わ、わたくしはなんてことをっ…あぁぁぁぁっ…」

「ワン! キャンキャン、ワワン!」

吠えながら近寄ってきたのは、いつもアルナに懐いていた子犬だった。

「ニニス…ニニス! ああ、貴方だけでも…」

ザシュッ!

「キャイン!」

小さな子犬が哀れな悲鳴を上げて倒れる。

「貴方に替わりの命を与えるわ…どうか蘇って、ニニス…!」
15 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/28(日) 00:56:22.18 ID:nqPuvwBN0




「アルナさま、アルナさまぁ」

「え…あ…」

うなされていたアルナを起こしたのは彼女の忠実なる配下…人狼ニニスであった。

「アルナさま。またこわい夢をみたですか?」

「え…あっ」

慌ててアルナは自分の目元をぬぐう。

どうやら悲しい夢を見たせいで涙がこぼれてしまったようだ。

「ふ、ふん。なんでもないわ…」

強がってみせるアルナに、ニニスはすっと顔を近づけて…

ぺろっ♥と涙のあとを舐めあげた。

「ひゃっ!」

「えへへ。どんなこわい夢をみてもへっちゃらなのです。ニニスはいつでもアルナさまのそばにいるのですから!」

ニニスはニコニコ笑いながら、子犬のようにアルナに身体をこすりつけた。

「きゃっ! も、もう、ニニスったら! 調子に乗らないの!」

ニニスをしかりながら、アルナはその犬耳の生えた頭をぎゅっと抱きしめる。

「えへへぇ…」

ニニスはアルナの胸の中で幸せそうに顔をほころばせた。

「ニニス…わたくしは」

「ん?なんですかアルナさま」

「…ううん。なんでもない。なんでもないわ」

アルナはニニスを抱きしめながら、そっと目を閉じた。

瞼の裏に浮かぶのは―

かつてただの人間だったころの自分、ニニス、そしてもう一人…

(姉さま…)

またアルナの目の端から一筋の涙が流れる。

(いつか…いつかまた、3人で幸せに暮らせたら)

抱きしめる腕に力が入ったせいか、ニニスがぱたぱたと腕を動かして呻いている。

それでもアルナはしばらくのあいだ、ニニスを抱きしめ続けていた。
16 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/28(日) 01:00:34.54 ID:nqPuvwBN0
「まいったねぇ…どうも」

ダンジョン内に構えた仮店舗の中で、紳士然とした吸血鬼が独りごちた。

「ミシェルくんに続いて、べリオお嬢さんまで脱落するとはなぁ。このままじゃ僕にお鉢が回ってきそうじゃないか」

面倒くさいことになった、とセウェルスは思う。

そもそもセウェルスはダークロードという立場にはそれほど関心がないのだ。

「お山のてっぺんでふんぞり返るより、商売と金勘定の方がよほど楽しいんだよなぁ。そういうと皆ヘンな顔するけどさ」

だから今も、人間を襲うような真似は殆どなく…いや店にイチャモンを付けてくるような無礼な客から少しばかり血を頂いたりはしているが、基本的にやっていることは商売だけである。

この鮮血蟲毒儀式もキリのいいタイミングで自ら脱落を表明するつもりだったのだが…

早々にミシェルとべリオが脱落したため、セウェルスは自分が抜けるタイミングを逃してしまっていた。

「そんな御大層な肩書よりも、ぼかぁやっぱり嫁さんが欲しいよなぁ」

正直1000年も生きていると、一人暮らしが寂しくて仕方がない。

だから彼はここ数百年、商売の傍ら嫁探しにもいそしんでいるし…

そもそもダンジョンタワーにやってきたのも商売と嫁探しが主目的だった。

それがまさか伝説の鮮血蟲毒儀式という全く想定外の出来事に巻き込まれるとは。

「もし嫁さんが見つかる前に3人目が脱落するようなら…」

セウェルスの目が少し真剣なものとなる。

「 僕も腹を括るしかない かもね 」

この塔に嫁探しにやってきたのが運命なら、儀式に巻き込まれたこともまた運命。

もしかしたら、ダークロードになることも…そんな想像もしていなかった未来が待ち受けているのかもしれないのだ。

「いつまでものうのうと商売やっていたかったなぁ…仕方ないか」

吸血商人は苦笑を浮かべつつ、椅子の背もたれに身体を預けて天井を仰ぐのだった。


===

幕間おわり。

そして今晩はこれだけです。

次回からまた行動コンマ開始します。

ではまた。
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 08:43:12.84 ID:3HGjRSI30
乙ー
試作型キメラさん、子どもまで作って今もそれなりの感情をギンガに持たれてる勝者では?
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 18:23:14.26 ID:41IhbSTn0
まだ続いていたのかこのスレ、よかった
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 19:44:14.85 ID:Ki0Cs36xO
倒しづらくなるでしょ!
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 20:11:42.10 ID:YMIF8A+UO
個人的にアルナニニスはえちぃ目に遭うから少し難しそうだけど、セウェルスは逃げ延びてほしいなぁ

あ、オニキスちゃんは(今のところは辛い過去とかは無いっぽいので)どちゃしこエロい目に遭って、どうぞ
21 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 09:22:42.90 ID:MlMpKjRk0

上の敵紹介まとめてたときに改めて思ったけど、
食道ゴキブリとか選ばれたら
マジで困りますな…

===

ギンガ「ツバキ様、先の戦いの場でこのようなモノを拾いました」

ツバキ「これは…魔力球か? もしやあの吸血鬼の…」

『 プリうさはべリオの魔力球を手に入れた! 』

クチナ「ええ〜…拾っちゃって大丈夫なんですかソレ…」



べリオ を倒したので
魔力球ゲージ+1

戦闘終了後なので
全員疲労度+10

アイテム使用したので
全員疲労度+20



3階
鮮血蟲毒神殿 を探索中

魔力球ゲージ 2/5

疲労回復 0個

ツバキ 
疲労度 30
スキル:気合注入(使用〇
スキル効果:攻撃コンマ+40
スキル使用後疲労度+10

ギンガ
疲労度 30
スキル:煙玉(使用〇
スキル効果:敵攻撃コンマ三分の一に減少
スキル使用後疲労度+10

クチナ
疲労度 30
スキル:特製ハーブ(使用×
スキル効果:全員の疲労回復

※戦闘用スキルは
自分のターンのみ
効果が発揮されます

01〜50 敵との遭遇
51〜98 宝箱発見 
奇数ぞろ目 敵ギルドとの戦闘
偶数ぞろ目 脱出ポータル発見(ダンジョンから脱出できます)

↓1コンマで判定
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 09:29:35.14 ID:8KuQ5KRr0
a
23 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 09:46:59.55 ID:MlMpKjRk0
コンマ14

01〜50 敵との遭遇

宝箱以外でもトラップ発動するように
しちゃおうかな…

――――――

※オニキスは選択できません
※べリオが消えました

吸血鬼たち

・吸血商人セウェルス
スキル:アイテムキャンセラー
プリうさ側アイテム使用不可

・吸血鬼アルナ&人狼ニニス
スキル:クリティカルキャンセラー
プリうさ側はゾロ目でもクリティカルが発生しない

※スキルは戦闘中に発動します

登場する吸血鬼名を書いてください。
↓1〜3コンマ最大を採用します
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 09:53:58.43 ID:VGIYDx7ZO
吸血鬼アルナ&人狼ニニス
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 10:06:18.65 ID:8KuQ5KRr0
吸血鬼アルナ&人狼ニニス
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 10:31:27.27 ID:TcN0EX9Z0
吸血鬼アルナ&人狼ニニス
27 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 10:44:22.22 ID:MlMpKjRk0

吸血鬼は
吸血鬼アルナ&人狼ニニス が登場


配下となるモンスターはこの中から選択してください

安価コンマで選択された敵が吸血鬼とチームを組んで襲ってきます。

※前回女の子エネミーが選択されたので今回は通常モンスターのみです
※女の子エネミー枠は次回戦闘で復活します

<モンスター>
フェルモン触手
黒騎士
産卵蟲
肉壁
デルタホース
オーク
スライム
ゴブリン
デリバリーテーブル
強姦ゾンビ
食道ゴキブリ
イクボカズラ
ショジョトリグサ
パリピ
コスプレさせイヤー
ドラッグドライアド
キューピッド
粘着ブロブ
巨大ウサギ軍団
海賊団船長
エモーション・イーター
トロル
キノコお化け
オーガ
催眠術師ドロイス
生態調査マシーン『A-01』
タダノク・ズニンゲン
養殖インセクト
くいたまくん

敵の能力の詳細は
>>3 〜 >>6 を参照

できれば敵名を書く際に配下になった経緯も一緒に書いてください
(面倒くさければ書かなくても大丈夫です)
※配下と言いましたが、別に対等の関係とかでもいいです。
魔力で操っているとか、お金で雇ったとか、洗脳したとか、昔馴染みだとか、騙して味方につけたとかそんな理由でもOK。


↓1〜3 登場させたい敵名一体 コンマ最大を採用します
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 10:48:13.09 ID:8KuQ5KRr0
なし
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 10:49:25.05 ID:/ajgcKE+O
無しの方が設定的にいいかな
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 10:50:32.41 ID:e6fmLpOuO
出来るなら無し
31 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 10:55:42.08 ID:MlMpKjRk0

コンマ41 
出来るなら無し

ほほう!
ではそういうことで
いきます。
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/29(月) 11:14:07.19 ID:hGUCafyYO
この娘達、設定と過去描写的に負けたらこの娘達にナニかされるってのが浮かびづらいんだけど、もし負けたらこの娘達以外の別の存在にヤられちゃうとかはあり?
(ツバキシャドーに負けた時のようじょみたいな感じ)
あと上で挙げられてる食堂ゴキブリみたいに>>1がどうしても無理な感じのは>>1の権限で無しにするとかもありだと思うよ
33 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 11:19:13.55 ID:MlMpKjRk0
>もし負けたらこの娘達以外の別の存在にヤられちゃうとかはあり?

ありです
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 11:34:52.08 ID:hGUCafyYO
>>33
返答ありがたい。
その場合一つ提案なんだけど、敗北したら敗北直後の描写(オニキス戦で例えると気絶したミルキィがツバキの目の前でオニキスに連れ去られたところ)はしないで安価募集した方がいいかも

アルナニニスにヤられるなら二人に連れ去られる、他にヤられるならワープホール的なのに吸い込まれるor戦闘のどさくさで何者かに連れ去られた、みたいに描写する形で
35 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 11:47:04.77 ID:MlMpKjRk0
迷宮を行くプリティーうさちゃんズの前に

二つの人影が立ちはだかっていた。

ツバキ「現れたな…貴様が4番目の吸血鬼か」

どこかの令嬢のようなドレスを纏う少女は

ツバキの言葉に応えるかわりに小さく会釈をする。

アルナ「…正直、あなたがたを侮っていましたわ。たかだか人間風情が、と」

アルナ「しかし…バロン・ミシェルに続いてべリオまで倒したというのであれば、もはや認めざるを得ない。

その実力に敬意を表しますわ、『プリティーうさちゃんズ』」

ツバキ(彼女の醸し出す品位…名のある家の令嬢か、もしくは王族のような佇まいだ。こんな吸血鬼もいるのか)

アルナ「しかし、あなた方の命運もここまで。あなた方の命はこの吸血鬼アルナと―」

ニニス「―わわん! この人狼ニニスがいただいてしまうのです!」

ツバキ「人狼…だと? あれが…」

ギンガ「狼というより犬の耳に見えますが」

ニニス「むむ! ヒトが気にしていることをわざわざツッコむのはきくばりが足りないのです!」

ギンガ(いぬみみ…かわいい)

ツバキ「む、そうか。それはすまない」

アルナ「おほん…ニニス、ステイ」

ニニス「わうっ」

アルナ「一つ聞かせて。あなたがたが、塔の頂点を目指すのは何が目的? 富?名誉? それとも冒険心というやつかしら」

ツバキ「人々の平和のためだ」(きっぱり)

アルナ「…なるほど。本気でそんな言葉を言える人間なのね。ある意味恐ろしい人よ…中途半端な悪党よりも、凶暴で知性のかけらのない魔物なんかよりも」

クチナ「…」

アルナ「失敬。貴方の信念を否定するつもりはありませんわ。でもわたくしにもゆずれないものがありますの。この儀式の勝者となって…わたくしは失ってしまったものを取り戻す」

ごうっ…

アルナの周囲から青白いオーラが吹き上がる。

アルナ「さぁ…いくわよニニス。彼女らに誇り高き死を!」

ニニス「あおぉぉん! りょうかいですアルナさま!」


吸血鬼アルナ&人狼ニニス

との戦闘に入ります!
36 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 12:05:34.33 ID:MlMpKjRk0

アルナ「いきますわ! 王宮護衛結界!」

アルナとニニスの周囲に
魔力の防護膜が展開される!

スキル:クリティカルキャンセラー
プリうさ側はゾロ目でも
クリティカルが発生しない
発動します!

ツバキ「これは…ある種の防御結界か!?」

アルナとニニスには
クリティカルが通用しない!

アルナ「油断などするつもりはありません…」


※戦闘判定は反転コンマで行ないます

※アイテムやスキルによるコンマ補正は
反転後の数値に対してかかるようにします

戦闘用アイテム所持数

『全員攻撃コンマ+20』0個
『全員攻撃コンマ+40』1個
『敵攻撃コンマ半減』  1個

攻撃順はコンマ高い順に決まります
(1〜3コンマで決定)
 ↓1ツバキ 疲労度 30
 ↓2ギンガ 疲労度 30
 ↓3クチナ 疲労度 30
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 12:13:04.12 ID:hGUCafyYO
てぇい
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 12:13:18.49 ID:/ajgcKE+O
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 12:18:00.20 ID:G6x867eRO
そろそろ負けてもいい頃です
40 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 12:21:26.25 ID:MlMpKjRk0
ギンガ > クチナ > ツバキ 
の順番で攻撃します!

アイテム仕様判定
一つだけ使えます

1『全員攻撃コンマ+40』1個
 勝利時疲労度+20(全員)
2『敵攻撃コンマ半減』  1個
 勝利時疲労度+10(全員)
3使わない
↓1
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 12:21:38.56 ID:TkwzA0sYO
3
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 12:28:44.42 ID:G6x867eRO
ギンガツバキはここで負けたらレベル3、クチナは負けたらレベル2かつタワー内初敗北か
43 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 12:30:05.64 ID:MlMpKjRk0
ギンガ > クチナ > ツバキ 
の順番で攻撃します!

アイテム使いません!

3本勝負1本目!

現在 0勝0敗

一番手
ギンガのターン!
スキル:煙玉(使用〇
スキル効果:敵攻撃コンマ三分の一に減少
スキル使用後疲労度+10

戦闘コンマ判定
(コンマ反転します)
↓1ギンガ 疲労度 30
↓2敵

※ギンガのスキル使用判定は
敵側のコンマが上回ったときのみ
発生します
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 12:30:26.09 ID:G6x867eRO
てい
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 12:31:06.18 ID:+U4QKC3zO
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 12:34:53.12 ID:LnNjewLsO
この数値だと負けてもギンガエロの線は薄めか
47 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 12:49:24.84 ID:MlMpKjRk0
コンマ反転
ギンガ→90
敵 →81

・ギンガのコンマ補正

疲労度30

90−30=
60


・敵のコンマ補正
(無し)


===
結果
ギンガ 60
敵  81
===


ギンガのスキル使用しますか?

多数決
使う
使わない

↓先に二票取った方を採用
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 12:50:45.93 ID:TkwzA0sYO
使わない
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/06/29(月) 12:51:08.73 ID:8KuQ5KRr0
使わない
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 12:51:30.74 ID:YbIa3V86O
使わない
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 12:52:30.35 ID:LnNjewLsO
使わない
クチナツバキがワンチャン91以上出すと信じて
52 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 13:01:23.28 ID:MlMpKjRk0

スキル
使いません!

===
結果
ギンガ 60
敵  81
===

ニニス「わぉおぉっ!」

ニニスのツメの一閃!

ザシュッ!

ギンガ「ぐっ…! 早い…これが人狼のスピードか!」

ニニス「おねえさん、おいしそうなおにくもってるのです! しんだらニニスがたべてあげるのです!」

ギンガ「可愛いなりをして物騒なことを…!」

ニニス「ひっさつ! るぱ…ルパイ…

『ルパなんとかアタック』なのです!」

超高速で動くニニスの軌道がギンガを中心にして円を描く!

ギンガ「こ、これは…分身の術!?」

なんとニニスは自身を高速移動させることで残像を作り出した!

今や何人ものニニスがギンガの周辺を取り囲んでいるように見える!

ニニス「いまです!」

分身したニニスが円の中心にいるギンガに一斉に飛び掛かる!

シュバババッ!! ズギャギャギャンッ!!

ギンガ「うぁぁぁぁーーーっっ!!」

装備をズタズタにされてギンガは悲鳴を上げた。

===

敵側に一本取られました!

3本勝負2本目!

現在 0勝 1敗

クチナのターン!

戦闘コンマ判定
(コンマ反転します)
↓1クチナ 疲労度 30
↓2敵
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:02:21.66 ID:KMU7KmOA0
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:05:07.99 ID:LnNjewLsO
ゾロ目無効さん大活躍
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:06:58.33 ID:DIR+5I5OO
アルナニニス、過去の悲惨さも相まって『ゾロ目を無効にしつつ自身はほぼ最高値のゾロ目で反撃する』という熱すぎる主役ムーブしてる
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:07:10.79 ID:8KuQ5KRr0
そして自分はぞろ目と言う
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:09:20.57 ID:sXntGCKwO
ハイパークリティカルってことでツバキも判定負けしたらいっそ三人エロ行きませんか……?(小声)
58 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 13:24:34.71 ID:MlMpKjRk0

おおっと!

コンマ反転
クチナ→66
敵 →99

・クチナのコンマ補正

ゾロ目!
しかし
クリティカル無効!

疲労度30

66−30=
36


・敵のコンマ補正
ゾロ目!
クリティカル
99×2=
198


===
結果
クチナ 36
敵 198

え、えげつねぇ…!
===

クチナ「くううっ! これを受けてみなさい!」

クチナが特大注射器を手にアルナに接近する!

クチナ「これが吸血鬼に通用することは実証済みですうっ!」

アルナ「ああ…確かミシェルはそれで倒されたのね。でも…」

ズギャン!

クチナ「え!?」

アルナを取り巻く輝く障壁が特大注射器の行く手を遮った!

アルナ「悪いわね…お薬ならまにあっているわ」

バキィッ!

アルナが手で払いのけると、注射器は砕け散った!

クチナ「ひぇぇぇっっ!!??」

アルナ「…お引き取り願うわ、お薬屋さん」

ザシュッ! ザシュウッッ!!

クチナ「あ…ぐっ…!」

鋭い爪の洗礼を受けたクチナはたちまち纏ったローブをズタズタにされ…

アルナ「―ふんっ」

ドガッ!

クチナ「あぁぁぁぁっ!!」

強烈な回し蹴りを喰らって吹っ飛び、壁に叩きつけられた…


===

敵側に二本取られました!

現在 0勝 2敗

勝敗は確定しましたが

ツバキのぶんのコンマ判定!
(コンマ反転します)

↓1ツバキ 疲労度 30
59 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 13:26:32.69 ID:MlMpKjRk0
あ、いやちょっとまった
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:31:42.83 ID:sXntGCKwO
ん?ここから何かあったっけ?
61 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 13:33:27.05 ID:MlMpKjRk0

あらためて…

敵側に二本取られました!

現在 0勝 2敗

勝敗は確定しましたが
3本勝負三本目!

スキル:気合注入(使用〇
スキル効果:攻撃コンマ+40
スキル使用後疲労度+10

戦闘コンマ判定
(コンマ反転します)
↓1ツバキ 疲労度 30
↓2敵

※もしこの三本目でツバキが負け、
三人とも敗北となれば全員エッチシーンに行きます!
流石に全員負けってのは珍しいパターンだしね
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:33:46.94 ID:x4eTAeDGO
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:35:17.99 ID:8KuQ5KRr0
a
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:35:52.47 ID:TJGYX3ovO
どうだ
65 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 13:36:40.23 ID:MlMpKjRk0
完 全 敗 北
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:37:35.67 ID:TJGYX3ovO
どっちが主人公だっけ……?
ところでエロシーンだけど、いつもの募集安価の文量考えると三人別々で募集した方がいいのかな?
統合出来そうなのはまとめる感じで
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:43:08.06 ID:KMU7KmOA0
アルナニニス強すぎる
3人敗北だと次の日はダンジョンには入れないの?
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:44:07.51 ID:mihpFUd3O
流石に三人別々は大変だし三人一緒のシチュでええやろ
アルナニニス相手かそれ以外かは別として
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 13:47:27.01 ID:sBlogJxdO
・おきつね堂確定にする
・最低値はより酷い責めを受けたということで探索不可(今回はツバキ)、他の二人も疲労度が残った状態という条件付きで探索可能にする
辺りが妥当?
70 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 14:15:53.53 ID:MlMpKjRk0
コンマ反転
ツバキ→49
敵 →99

・ツバキのコンマ補正

疲労度30

49−30=
19


・敵のコンマ補正
ゾロ目!
クリティカル
99×2=
198

===
結果
ツバキ 19
敵 198

あわわわわ
===
71 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 14:16:56.02 ID:MlMpKjRk0

ツバキ「ギンガ! クチナぁーっ!!」

ツバキの絶叫が周囲に轟いた。

アルナ「…あとはあなた一人よ、サムライ。まだ足掻くつもりなのかしら」

ツバキ「くっ…」

ツバキ(かつてない強敵だ…! しかし全滅だけはするわけにいかない!)

ツバキの血風丸の刀身が妖しく輝く。

ツバキ「血風丸!私に力を貸せ! うぉぉぉっ!」

紅く輝く刀身を振るい、ツバキがアルナに迫る!

ツバキ(もはや勝機はない…だがせめて、二人は救わなくては!)

アルナ「ミシェルを斬ったカタナね。なるほど、ソレは少しまずいわ。けど…」

ニニス「うがーーっ!!」

アルナ「わたくしには、ニニスがいる」

死角から俊足で飛び込んできたニニスが、ツバキの脇腹に痛烈な体当たりを食らわせた!

ツバキ「…がはっ!!」

そのダメージは大きく、ツバキの身体が揺らいだ。

アルナ「トドメをさすわ…いくわよ、ニニス」

ニニス「りょうかいですアルナさま!」

アルナとニニスはツバキを挟み込む形で立ち、同時に鋭い爪を伸ばして構えた。

アルナ「ツインネイル!!」

ニニス「デッドクロォォ―――ッッッ!!」

ツバキはそれぞれ逆方向からくる二人の鋭い爪の攻撃に対応することができず…

ズギャギャギャギャギャァァァァンッッッ!!!

ツバキ「−」

同時攻撃の衝撃がツバキの身体を吹き飛ばした。

アルナ「…終わったわね」

ニニス「! あ…アルナさま、気を付けて!」

アルナ「!?」

なんということか、必殺の一撃を受けたはずのツバキがゆらりと立ち上がっているではないか。

ニニス「ふええ…ニニスたちのひっさつわざをうけて生きてるなんてぇ…」

アルナ「いえ…よく見てみなさい、ニニス。彼女は気を失っているわ」

確かに、見開かれたツバキの目に既に光はない。

彼女は闘争心だけで肉体を立ち上がらせはしたものの…意識は既に消え失せていた。

アルナ「…本当に、恐ろしい人間がいたものね。わたくしに鳥肌を立たせるなんて」

ニニス「…アルナさま、この人たち、これからどうするのです?」

ニニスの言葉にアルナは思案顔になった。

この恐るべき信念と誇りを持った冒険者たちをここで糧にしてしまうのか、それとも…

――――

『プリティーうさちゃんズ』は敗北してしまった…
72 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 14:34:39.43 ID:MlMpKjRk0
プリティーうさちゃんズ、完全敗北です。

いや、プリうさの負けというより

アルナとニニスのコンビ愛の引き寄せた勝利だったのでしょうか?

それではツバキ、ギンガ、クチナ。

エッチシーンの内容安価を取ります。

個別だと書くのが大変なので三人まとめてのシチュエーションでやらせていただきます。

(それはそれで大変な気がしますが…)

恐るべき吸血鬼コンビの前に敗れ去ったツバキ、ギンガ、クチナがいったいどんな目にあってしまうのか…

今回は6/29(月)18:00〜19:00の間を募集時間とさせていただきます。

1>>が募集時間以降に判定レスを出してそのコンマに近いコンマのレスを採用します

※内容は作者が書きやすいよう改変する可能性がありますのでご了承ください。

上記時間帯にて皆様の投稿をお待ちしています
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 14:38:03.54 ID:sBlogJxdO
三人だけあって今回は猶予が長いね
とりあえずみんな夜に向けて性癖ブッパの準備だ
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 14:55:38.82 ID:8KuQ5KRr0

しかし、募集時間長いね今回
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/29(月) 16:31:54.59 ID:YbIa3V86O
質問
試作型キメラみたいに勝ったけど理由をつけて退場させるのはあり?死んだとかそういう事じゃなくて
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/29(月) 18:01:15.47 ID:sBlogJxdO
ツバキが目を覚ますと、三人はかつて敗北した相手"キューティクルオーちゃんズ"に捕らえられていた(オニキスが寝ている間に逃げたミルキィの代わりを調達しようとしていたらしい)。
クチナは台にM字開脚で固定され盲目を利用して言葉責めや耳への射精などの聴覚責め、ギンガは奇しくも牝牛ビキニを着せられ獣のように四つん這い拘束、アルラウネのローションを注入され膨乳・搾乳と徹底した乳責めをされながら両者共に犯されていた。
仰向けでX字に四肢を拘束されながらもオーちゃんズに対して気丈に叫ぶツバキだが、そこにかつて刃を交えたリンが現れる。
オーちゃんズによってふたなり薬を飲まされたリンは、ツバキの制止も聞かずツバキに覆い被さるように自身のモノを挿入。
リンの変貌ぶりに困惑しながらも眼前に晒されたリンのアヘ顔と堕ちるように誘うリンの言葉に次第に理性が砕かれ、子宮にたっぷりとリンの精液を注ぎ込まれ続けながら、ツバキを筆頭に四人は男達に代わる代わる輪姦されながら快楽の沼に沈んでいった。
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 18:07:00.36 ID:TcN0EX9Z0
「強いし精神から屈服させれば強い手駒になるはず」と考えたアルナは知り合いのコスプレさせレイヤーに頼んで撮影準備をする
題名は『マゾ犬三姉妹屈服絶頂録』
三人に犬耳・痛みを快楽に変換する力をつけた首輪・相手が『快楽』を感じるほど激しく稼働するオナルバイブ犬尻尾・しつけ用の電撃クリピアスを着用させる
アルナが命令した『芸』をしなかったり逆らったりする程にクリピアスからの電撃と鞭によるしつけを喰らい、次第に従順になっていく三人
気がつけば完全なマゾ犬となり、クリピアスからの電撃は「ご褒美」となって3人は全力稼働するアナルバイブ尻尾を振り乱し、最後にペニバンをつけたアルナ・ニニス、コスプレさせレイヤーにバッグで犯され、カメラにアヘ顔を晒しながら絶頂して気絶する
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 18:15:58.99 ID:38jSsn2lO
エルネシアの人間牧場に捕らえられた三人はそれぞれ番号ではなく『ツバキ号』『ギンガ号』『クチナ号』と名付けられ同じ牛舎に繋がれた
牝牛としての膨乳処理を施されツバキは美しさを保ったままミルキィを超える爆乳に、スレンダーだったクチナもミルキィクラスに、ギンガに至っては片方の乳房だけでも頭より大きな超乳にされる
「これじゃ『プリティーウサちゃんズ』じゃなくて『ミルキィーモーちゃんズ』ね」などと好き勝手罵倒されながらも搾乳快楽に抗うことは出来ず、人間の尊厳を完全に破壊された三頭の牝牛の、モーモーという歓喜の鳴き声が延々と牛舎に響き続けたのだった

後に救出された三人だったが、胸の大きさや感度こそ治らなかったものの噴乳体質は治まったツバキとクチナに対し、搾乳と出産経験があったギンガは後遺症が重く、床擦れだけで感じて母乳を噴き出す牝牛超乳おっぱいになってしまった
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 18:28:37.59 ID:C5iewlJjO
コスプレさせイヤーに回収され三人とも以前のギンガのように牝牛コスを着させられていた。
三人の目の前ではギンガの初主演作品『くの一爆乳一番搾り 大量噴乳絶頂地獄』が流される。ギンガは流される自らの痴態を『止めてくれ』と懇願しようとするが一度なりきりの魔翌力を受けたギンガは二人よりも進行が速く、口からは既に牛の鳴き声しか出なかった。
初代牝牛と新顔の牝牛の同時搾乳と銘打ち三人同時に搾乳交尾開始。ギンガもツバキもクチナも牝牛に完全になりきり連続絶頂。

後半パートではツバキとクチナに『雄の牧畜犬』のコスプレ(犬耳カチューシャ・犬を模した尻尾付きもふもふビキニ・犬の首輪)をさせ拘束を解除。
『脱走した牝牛を躾てやるのですぞ!』のセリフと共に、牝牛ギンガから香る牝と乳の臭いが鋭敏な嗅覚に反応し発情した二匹は、なりきりで生えたふたなりチンポでギンガを前後から串刺しにする。
ギンガは仕える主君を含めた信頼する仲間に種付けされる喜び、ツバキとクチナは仲間を性の捌け口に使う背徳感を覚えながら獣のアクメに溺れた。

なお後半パートでコスプレさせイヤーがフィーバーして魔翌力を込めまくった影響かコスを解除しても、計2パート搾られまくったギンガには母乳体質、常に視覚を他の感覚で補っているクチナには鋭敏な嗅覚、男性にも負けない凛とした佇まいを持つツバキにはふたなりチンポがしばらく(少なくともタワー攻略の旅の間は)残ったという。
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 18:33:05.36 ID:YbIa3V86O
この3人が配下にすれば自身の夢が叶うと確信したアルナは3人をニニスと同じ人狼化の術をかけて人狼にする。
数日後、3人はアルナの配下として従っていたギンガは皆に母乳を振る舞い、クチナは優れた嗅覚と聴覚を発揮し、ツバキはリーダーシップで人狼達をまとめあげていた。そんな3人にニニスも懐き、アルナも家族が増えた様な幸せを感じていた。
しかしある日、アルナは最悪の悪夢を見る。それは破滅の未来の予知夢だった。
意を決したアルナは自身を含むツバキ以外の4人に一時ふたなり化の術をかけて代わる代わるツバキに種付けする。全員の精液で子宮がパンパンになったツバキにアルナがある術を使うと精液が一つとなり、ツバキは5人の子を孕み、出産した。
5人の特長を持つ赤子を見たアルナは三人の人狼化の術を解いてプリうさの本拠地へ転送した。全ては最悪の未来を回避するために、一時とはいえ家族となった三人を守るために

赤子といっしょに本拠地に送り返されたギンガとクチナは記憶が無かったが、ツバキは全て覚えており赤子を自分の子と宣言した。

赤子・・・万が一のためのツバキとギンガとクチナのコピー。そこにアルナとニニスの遺伝子まで入れた理由はアルナのみ知る
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 18:42:38.68 ID:tKmxiOuF0
誇り高いツバキに自身の姉の姿を連想したアルナは3人を配下にならないか誘うが断れる。
仕方ない、と肩をすくめるアルナに苦笑したツバキは油断して何かのスイッチを押してしまい、クチナとギンガと3人同時にどこかへ飛ばされる。
そこは研究所だった。キメラを作るという研究所に捕まった3人は機械姦させられたり動物と交配させられたりと次々と実験の名目で凌辱されていく。
データがそろい、キメラにさせられそうになったそのとき、とあるキメラが暴走して3人を結果的に救う。ギンガにはそのキメラに見覚えがあった。自分の旦那である試作型キメラだった。それでギンガはここが過去であると確信する。
試作型キメラのおかげで難を逃れた3人は現在から魔術を使って3人を助けようとするアルナの導きによって現代へ帰還する。アルナに小言を言われた3人はポータルを使って本拠地へ戻り疲れをいやそうとする。
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 18:44:51.76 ID:sVvegLCeO
気が付くと三人は夥しい量のおぞましい触手の中に捕らえられていた
必死に抵抗するも四肢をガッチリと固定されており、多種多様な触手で全身を余すところなく、特に各々の弱点を的確に愛撫される
撫でられ、噛まれ、吸われ、揉まれ、突かれ、抉られ、ありとあらゆる責めと白濁した淫液を全身の外と中に受け、4桁にも届くほどの凄絶な人外アクメによる失神と覚醒を繰り返し三人はやがて意識を手放した……

実はこの触手はオルティナが次元の狭間で飼っているレスキュー用触手生物『ひーる君』である
アルナとニニスにトドメを刺されそうになったところで発生した次元の穴に落ち、そのまま次元の狭間を漂っていた三人を回収していたのだ
この『ひーる君』は救出対象を見つけると体内に確保して丹念に触診、異常が無いか確認し滋養強壮効果を持ち肌や体内から吸収される淫液(まんま精液だけど生殖能力無し)を注いでくれる優れものなのだ
(ただし淫魔基準の治療なので身体はガッツリ開発されちゃうし何よりめっちゃ疲労が残る)
気絶している三人をひーる君から回収したオルティナは三人を探していたインキュバス先輩といくらか会話した後で三人を引き渡した
その際に「もっと性の悦びを受け入れられるように」と三人には不可視の淫紋がプレゼントされた
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 18:46:21.92 ID:e6fmLpOuO
女の血はあまり好きでは無かったが体力回復の為にアルナは3人の血を飲んだ
特殊な上、非常に美味しかったアルナは発情して暴走してしまい3人をふたなりになって次々と犯してしまう

アルナに犯される3人に嫉妬した二ニスは自分もふたなりになって次々と3人を犯す。3人もまたアルナの吸血の快楽に堕ちてしまい、アルナと二ニスを受け入れる。
全員が正気に戻った時、気まずい空気が流れていた。アルナは謝罪をして3人を責任持って送り届けた。しかし、3人の誰かの胎の中にはアルナか二ニスの子が宿ってしまったことをその時は誰も知らなかった……
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 18:55:32.22 ID:d6W8GVkAO
3人を邪魔しない様にタワーの外へ転送させようとした時、キューピッドが3人に矢を放ち3人は目の前にいたアルナに惚れてしまう。
戸惑うアルナにインキュバスが現れ、3人といちゃラブセックスをすれば解除出来ると話をする。
仕方なくアルナはふたなりになり、狐化させたツバキと対面在位で、猫化クチナと種付けプレスで、牛化ギンガと後背位でセックスをする
キューピッドの矢が解除された後も3人にはアルナへの思慕とそれぞれの尻尾が名残として残った
85 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 19:08:21.80 ID:MlMpKjRk0

このレスを判定レスとし、

このレスのコンマに最も近いコンマを採用します。



それで今回ですね…ふたなりや超入化が残る、みたいな内容がありますが、



>ふたなりのような肉体変化的なステータス異常については前にも書いたように永続は無いです



…ということをPart1スレに書いてまして。

(だいぶ前なんで知らない人忘れてる人もいますよね…)

ですので今回そういう内容が含まれた安価が採用される場合、その要素については改変させていただきます。

ご了承ください。

86 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/06/29(月) 19:12:30.94 ID:MlMpKjRk0

コンマ80
一番近いのがこちらですね

―――

82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 18:44:51.76 ID:sVvegLCeO
気が付くと三人は夥しい量のおぞましい触手の中に捕らえられていた
必死に抵抗するも四肢をガッチリと固定されており、多種多様な触手で全身を余すところなく、特に各々の弱点を的確に愛撫される
撫でられ、噛まれ、吸われ、揉まれ、突かれ、抉られ、ありとあらゆる責めと白濁した淫液を全身の外と中に受け、4桁にも届くほどの凄絶な人外アクメによる失神と覚醒を繰り返し三人はやがて意識を手放した……

実はこの触手はオルティナが次元の狭間で飼っているレスキュー用触手生物『ひーる君』である
アルナとニニスにトドメを刺されそうになったところで発生した次元の穴に落ち、そのまま次元の狭間を漂っていた三人を回収していたのだ
この『ひーる君』は救出対象を見つけると体内に確保して丹念に触診、異常が無いか確認し滋養強壮効果を持ち肌や体内から吸収される淫液(まんま精液だけど生殖能力無し)を注いでくれる優れものなのだ
(ただし淫魔基準の治療なので身体はガッツリ開発されちゃうし何よりめっちゃ疲労が残る)
気絶している三人をひーる君から回収したオルティナは三人を探していたインキュバス先輩といくらか会話した後で三人を引き渡した
その際に「もっと性の悦びを受け入れられるように」と三人には不可視の淫紋がプレゼントされた

―――

では頑張って書いてみます!

それでは本日はここまで。

皆さまお付き合いありがとうございました!
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 19:40:38.49 ID:d6W8GVkAO
選ばれ無かったか・・・前回ズラされちゃったのがピークだったかな

それはそうとたまには>>1が好みで安価選んでもいいと思うよ
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 10:08:43.36 ID:ik6ZM93xO
やっぱ過去描写のせいか、アルナニニスに何かさせる、もしくはアルナニニスを悪役として扱う安価少なかったね
そしてオルティナとプリうさの初接触・淫魔二人の作中での初会話描写も来るから色々と伏線進みそう
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 11:44:05.56 ID:ADIibWd50
セウェルスとアルナ&ニニスは描写通りダークロードはどうでもよさそうだからなぁ
キャラ的には好きなんだけど安価が扱いにくいかもね オニキスはまあいいや
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 12:33:03.62 ID:5FHKs/V8O
バロン・ミシェル:発案者。でも最初に死んだ上に人を見る目も無かった。個人的に威張ってる描写とか最期とかが某黄金大使っぽかった
ベリオ:実験の被害者。だけど同じく殺しを生業にしてたヒイラギからも『イカレてる』と言われる殺し具合。エルネシア関連のエロイベでアルフェルクス共々再登場しそう。
アルナ&ニニス:重い過去と圧倒的ゾロ目力でプリうさ完封(相手のゾロ目封印スキル発動したけど、実は無くてもストレート勝ち)。主人公かな?姉含めた三人で幸せに暮らせればいいので儀式は多分どうでもいい。
セウェルス:嫁探しと金稼ぎに来たら巻き込まれた可哀想な人。儀式には興味ない。でも商人だから色々なエロアイテム持ってそうだし、プリうさ敗北時のエロイベでは光りそうだよね。
オニキス:どちゃくそエロい目に遭って、どうぞ。

ところで永続変化は無いとのことだけど、例えば『次の階層に到達するまでは○○化』みたいな時間制現付けた変化はありかな?
個人的にどこかでふたなり化させて催淫蝶のイベが見てみたい。
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 12:43:15.45 ID:xLXQksY1O
たぶんアルナはダークロードになって姉を復活させるつもりなんじゃないかな それなりに儀式には真剣だと思う
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 19:55:18.92 ID:06p8WMfAO
クチナは耳、ギンガはおっぱいだけどこの場合のツバキの弱点ってどこだろう
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/02(木) 00:25:08.45 ID:1xSnfUy7O
アルナとニニスは倒した後でも可能な限り救いのありそうな安価を用意してあげたい(わがまま王女みたいなヤバイのぶちこまれる可能性もあるけど)

個人的に容赦なくドギツいシチュをぶちこみたいのは既存のキャラだとエルネシア・オニキス・柚・リヴィオラ・ようじょ辺りかな
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/10(金) 16:16:52.58 ID:fG4w+xiNO
最近何故か牛柄ビキニイラストをよく見る(主に某ウザい後輩ちゃん関連)せいか、無性にコスプレさせイヤー先生にギンガを敗北させたい衝動に駆られている
95 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 22:33:12.08 ID:jAL+aTFh0

「…本当に、恐ろしい人間がいたものね。わたくしに鳥肌を立たせるなんて」

(人々の平和のため…か)

恐るべき気迫、恐るべき執念。

人は見知らぬ誰かのために、こうも強くなれるものだろうか。

目の前で立ったまま気絶する女侍を前に、アルナはただ脱帽するのみであった。

「…アルナさま、この人たち、これからどうするのです?」

アルナはニニスのそばで「おすわり」の姿勢で問いかける。

従者の言葉に、アルナはしばし思案顔になった。

(正直なところ…殺すには惜しいわ)

信念だけではない、その戦闘技術も吸血鬼たちを相手にしてきただけあって相当なものだ。

もし彼女らを洗脳し、手駒として扱うことができたなら…

来たるべきオニキスやセウェルスとの決戦にも大いに役立ってくれるだろう。

しかし…

「―殺すわ。残念だけど」

アルナは冷酷な口調で答えた。

「わたくしは彼女らの実力に敬意を表すると口にしました。今もそれを撤回するつもりはありません」

アルナは無言で突っ立ったままのツバキに一歩踏み出す。

「操り人形のような生き恥を晒させるよりは…今ここで死を与えることこそ敬意の証というもの」

シャッ…とアルナはナイフのような鋭い爪を伸ばした。

「さようなら、サムライ。貴女のような人間の血を頂けること、光栄に思うわ」

シュバァッ!

アルナのツメが、ツバキの喉笛を切り裂き、鮮血が飛び散った…という状況にはならなかった。

吸血鬼のツメはツバキの喉笛ではなく、何もない空間を切り裂いていた。

「―えっ」

一瞬、アルナは…

切り裂かれる直前でツバキが意識を取り戻し、ツメをかわしたのだと思った。

だが、ニニスの叫びによってそれが間違いであることを知る。

「あ、アルナさまぁ! こ、この人!床にめり込んでいきます!」

アルナは妙なことを言い出したと思ったが、ニニスは事実そのままを伝えていた。

気を失ったままのツバキが、足元に突如出現した黒い『穴』にズブズブと沈み込んでいくではないか。

まるで底なし沼にでも沈んでいくかのように―

「く…空間転移…? でも誰もそんな術を使った気配は…」

驚愕するアルナであったが床に消えゆくのはツバキだけではない。

傷つき倒れた彼女の仲間たちも同様に穴の中に沈み込んでいく。

「二、ニニス! 彼女たちを逃がさないで!」

「あおぉんっ!」

ニニスが小さく吠えながらギンガの身体に飛び掛かる…だがニニスのツメは空しく石床を傷つけただけ。

ギンガの姿も、クチナの姿も既に消えた。

そしてツバキも…やがて床の穴に飲まれて完全にこの場から消え去る。
96 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 22:36:12.06 ID:jAL+aTFh0


「あ、アルナさまぁ…いったいどうなってるんですかぁ」

よくわからない状況にニニスは目をぐるぐる回しながら頭を抱えていた。

「…わからないわ。わかっているのは、彼女らにトドメを刺し損ねたということだけ」

アルナはふーっ…とため息にも似た息を吐く。

そんな彼女の足元に、ころころ…と小さな紅い玉が転がっていた。

「これは…べリオの魔力球。彼女たちが回収していたのね」

アルナはツバキたちの置き土産を拾い上げるとスッと胸元にしまい込んだ。

―――

『べリオの 魔力球が アルナの手にわたった!』

―――

「いったん戻るわよ、ニニス。わたくしたちは次の戦いに備えないと」

「りょ、りょうかいです!」

去り行くアルナのあとを、慌てて追いかける人狼ニニス。

誰もいなくなった神殿の廊下を、ただ静寂だけが包んでいた。




暗い、暗い闇の中―

どこかで自分を呼ぶ声がする。

助けを求める、悲痛な声が―



ぬちゃっ、ぬじゅっ、ずるうっ…



「…っ …−っ…」



(聞こえる。だが、なんだ…私は今どうなっているんだ?)

ずるっ、じゅるうっ…ずぞぞっ…



(私は…そうだ、あの吸血鬼たちと戦って…負けたのだ。仲間たちを…救うことすらできずに)



「…! …きっ…!」



(ああ…探さなければ。ギンガとクチナを…二人とも、深手は負っていないだろうか…どうか、生きていてくれ…)



「…ばきっ…! たすけ、て、ツバキっ…!」



(! この…声はっ…!)

ぬちゃっ、ぬちょっ、ずにゅっ…



「いやっ…いやぁぁっ! たすけて、ツバキぃぃっ!」
97 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 22:38:54.93 ID:jAL+aTFh0


「はっ!?」

何者かの呼び声に応えるかのように、ようやくツバキの意識が覚醒した。

「ぐっ…! そ、そうだ、私は、意識を失って…」

まだ鉛のように重く感じる頭をグッと上げ、無理やりにキッ、と目を見開かせると。

「あぁっ!?」

ツバキは目の前の、予想だにしていない光景に思わず声をあげていた。



肉、肉、肉。

ツバキの眼前には まるで生肉でできた洞窟のような空間が拡がっていた。

時折ドクドクと脈動する、臓物の内側のような肉壁から、不気味なロープ状の器官が無数に伸び、蠢いている。

ぐちゅるっ、ぬじゅるるるっ、じゅるるるる。

ぬらぬらとした粘液にまみれた赤とピンクの異形。

それは触手の群れであった。

肉壁から伸びた無数の触手は蛇のように蠢き、ある一点に群がっている。

そしてその中心にあるものを、ツバキは見た。

先ほどから聞こえていた、助けを求める声の主の姿を。

「あ…ああ…!」

ツバキの喉から、驚愕の声が漏れた。



「ひあっ ああっ あひぃっ! やぁぁっ、そこダメッ、はいってきちゃダメぇぇっ!」

「うぁぁっ、こんな、こんなことでっ、屈してたまるかっ…!」



クチナが、そしてギンガが。

触手に犯されていた。



「ひぃぃっ! だれか、だれかなんとかしてぇぇっ!」

クチナはパニックに陥っていた。

彼女は無数の触手に絡みつかれ身体の自由を奪われたあげく、一糸まとわぬスレンダーな裸体を蹂躙されていた。

ずちゅ、ずちゅ、ずちゅ!

「あぁぁっ…やだ、やだぁぁ!」

四つん這い状態のクチナは犬が小便するときのような片足を上げた姿勢で固定され、あらわになった秘部に触手の侵入を許してしまっていた。



「くっそぉぉ! 殺せっ! こんな生き恥を晒すくらいならっ…ああぁっ!」

ギンガもまた触手によって捕縛され、大きく開脚された状態で宙づりにされていた。

無防備になった膣穴に触手がニュブニュブと粘着質な音を立てて出入りする。

「はぁっ、はぁっ、くそっ、バケモノめっ…手足さえ自由なら…あぁぁぁっ!」

肉のみっちり詰まった豊乳に触手が巻き付き、搾乳するかのように搾り上げる。

「胸は、胸はやめ、ろぉっ…♥ ちからが、ぬけちゃうっ…たえられなく、なるぅっ…♥」

ギンガの身体が弛緩した瞬間、再び触手が膣内で動き出し、責め始めた。

「うぁぁっ! もうっ、やめろっ、やめろぉぉ〜っ!!」
98 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 22:41:30.18 ID:jAL+aTFh0

「クチナぁっ!? ギンガぁっ!!」

仲間たちの惨状に、ツバキはたまらず絶叫してしまう。

「くそっ、二人とも待ってろ、すぐ助けにっ…あぁっ!?」

ツバキはそこでようやく自分の置かれた状況に気が付いた。

彼女自身もまた、クチナやギンガ同様に取り払われた全裸姿であり、肉の壁面から伸びた夥しい数の触手に四肢を絡めとられて動きを封じられていたことに。

「ぐっ…う、うごけん…!」

ツバキは触手を引きはがそうとともがいてみるも、束ねられた触手の力は尋常ではなく、振りほどくことができない。

「つ、ツバキっ! そこにいるの!?」

「ツバキさまっ! ご無事ですか、良かった…いえ、状況は全くよくありませんが」

「ギンガ、クチナっ…ここは一体どこなんだ。我々はあの戦いのあとどうなったんだ?」

ツバキは仲間を助けることができない歯がゆさを押し殺しつつ、仲間たちに状況の確認を求めた。

「うう、ごめんなさい…わからないの。体が沈んでいくような感覚があって、気がついたらこんな目にぃ…」

残念ながら目の不自由なクチナの説明は要領を得ない。

だが続くギンガの説明もそれほど明瞭なものではなかった。

「せ、拙者にもわかりませぬ。 しかし周囲の状況を見る限り、やはりここは何か巨大な化け物の腹の中であると考えるのが妥当かと…」

ツバキはあまりにも絶望的な状況に言葉を失った。

(つまり我々はこれから化け物の養分にされてしまうということか…?)

ダメだ、そんなことはあってはならない。

なんとしてでもこの悍ましい空間から脱出しなくては。

(諦めるな、奮い立て。考えろ、考えるんだ…!)

だが…ツバキが打開策を練ろうとする間も、触手たちはその動きを休めることは無かった。



ずるっ…ずるうっ!

「ひぃぃんっ!」

「ああっ!?」

クチナとギンガがまた艶めかしい悲鳴を上げる。

「い、いやぁ、またぁ!?」

触手たちはこれ以上の会話など無意味とばかりに、捕らえた女たちを更に激しく責め立てる!

ぬちゅっ、ぬじゅっ、ぬっちゅう!

「ひいいぃ、あぁっ!」

触手は弾性のある胴体をくねらせ、クチナの奥深くまで入り込もうと試みる。

「あぁぁっ、やだぁっ、激しくしないでぇっ! 私っ、『初めて』なのにぃぃ!」

モノ言わぬ触手たちはクチナの叫びに応えるはずもなく、ヌメヌメとした粘液を分泌しながらより深くへと侵入していく。
99 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 22:44:09.54 ID:jAL+aTFh0

さらに触手たちはつるし上げた爆乳シノビへの責めも忘れない。

ヂュッポ、ヂュッポ! ドチュン! ドチュン! 

勢いをつけたピストンが開脚されあらわになったギンガの膣穴を貫いた。

「んあぁっ! し、子宮にひびくぅっ…♥ 奥の奥までっ、こいつっ…」

触手は子宮を揺さぶるような激しいピストンを繰り返し、ギンガの膣内の弱い部分を責め立てる。

ぬじゅぷ、ぬじゅっぷ、ぬじゅっぷ!

「ううっ、ぐううっ…」

(つ、ツバキ様の見ている前で、感じたりするわけには…)

せめて主にこれ以上の無様を見せまいと、ギンガは歯を食いしばって快楽に耐えようとするが。

むにぃっ♥ ぎゅうううっ♥

「おぉぉぉぉぉおっ♥ し、搾るなぁっ♥ はなせっ、乳から離れろぉっ♥」

最大の弱点である豊乳を嬲られ、搾り上げられ、敢え無くメスの声をあげてしまう。

さらにその搾り上げられた乳房の頂点でビンビンと勃起する乳首に更なる脅威が忍び寄っていた。

先端が吸盤のような形状になった新たな触手。

それはかつてコスプレさせイヤーが使用した搾乳器の形状を思わせた。

それが粘液を滴らせながらギンガの乳首に迫りくる。

「ひっ…そ、その形はっ…」

イヤな予感しかしないその外見にギンガが顔を引きつらせる。

ぐじゅるるる…

触手は吸盤状の口?からダラダラと涎のように粘液を垂らしながら蛇のように鎌首をもたげ、ある一点に狙いを定め…

ぶちゅう!

ギンガの屹立した乳首に吸い付いた!

「あぁぁぁぁぁあっ!!」

明らかに冷徹なシノビではなく、女としての悲鳴を上げてしまうギンガ。

(す、吸い付かれるっ! 拙者の一番弱いところがっ…!)

ちゅるるっ! じゅるるるうううっ!!!

「ひあぁぁぁあ〜っ!!♥ ちっ、ちくびぃっ!」

ちゅっ、じゅるっ、じゅるじゅるじゅる!

吸盤はギンガの乳房に吸い付いたまま、その重たげな果実をひっぱり、持ち上げる。

「お、おぉぉっ♥ や、やめろっ、それいじょう、拙者の乳を弄ぶなぁぁっ!」

もにゅもにゅと揉まれ、ちゅうちゅうと吸い付かれながらたぽんたぽんと揺れ動くギンガの豊乳。

「お、おねがいだっ、やめ、やめてくれぇぇっ♥ イってしまうっ、乳房で、イってしまうぅっ」

とうとう異形の触手を相手に懇願を始めるも、触手は容赦なく動きを強めていく。

激しい乳愛撫と並行して、膣穴へのピストンもまた。

ズチュッズチュッズチュッ、ボチュッボチュッボチュッ!

「〜〜〜っっっ!!!♥♥♥ お、おくぅっ♥ おくまでおかされるっ♥ おのればけものぉっ、おぉぉぉお〜っ♥♥」

その豊乳を、豊尻を、くまなく愛撫されながら囚われのシノビは容赦なく犯され続ける。
100 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 22:46:43.17 ID:jAL+aTFh0

そしてクチナも。

ずぶっ、じゅぶっ、にゅぶっ、じゅぶう!

「あぁぁっ…わたしの、『初めて』がぁっ…こんなよくわからないものに奪われちゃってるよぉ…」

(『初めて』のわりにはあんまり痛くなかったけどっ…せめて人間が良かったよぉ!)

クチナはおきつね堂でのヒナトとの行為の記憶が封印されているため、性行為としては実質初体験である。

しかしそれは悍ましい触手が相手という、最悪極まりないものであった。

そんな最悪な相手にも関わらず―

ぬじゅっ、にゅじゅっ、にゅぶぶっ♥

「あ、あひっ! な、なんでぇっ…こんなことでわたしっ、身体が熱くなっちゃてるぅぅ…!」

クチナは未だ気づいていないが、彼女の下腹部にはヒナトの身体を借りた何者かによる『淫紋』を刻まれている。

それは性行為に反応してピンク色の淡い光を放ち、女性器の感度を数倍に高めているのだ。

「や、やだぁぁぁっ わたしっ、こんな状況でっ、なんで、き、きもちよくなってるのよぉっ…!」

ぐっちゅ、ぐっちゅ、ぐっちゅ…!

次第にペニスと膣壁の接触による水音は大きさを増していく。

(どうしようっ、きもちいいっ、きもちいいっ…♥)

ぬちゅぅっ、ずちゅっ、どちゅっ、どちゅっ!

「あぁっ♥!」

ついに抑えきれず甘い声をあげてしまうクチナ。

「や、やだっ…はずかしっ…ちょっ、まってぇっ…はぁぁっ!?♥」

ずりゅりゅっ! ごちゅっ!

「んひぃぃぃっ!? お、おくぅぅっ!!??」

ついにクチナの膣穴は奥深くまで触手の侵入を許してしまう。

(うっ…うそぉ…こんな奥まで、入っちゃうのぉ…!?)

女体の最奥まで侵略される未知の感覚にゾクゾクと震えあがるクチナの身体。

だが奥まで到達したからといって、触手の動きが止まるわけでもない。

ずりゅっ、ずちりゅっ、ずにゅりゅううっ!

「あぁぁぁぁぁっ! やぁぁっ、こ、こすらないでぇぇっ♥」

クチナの見せる反応に気を良くしたかのように、触手の動きはより激しさを増していく。

ズチュッ、ズチュッ! ブチュッ、ズチュウ ズチュッ!

「あぁあっ♥ やぁっ♥ うご、かないでっ♥ こえ、でちゃぅ、からぁっ♥」

さらに触手の動きは下半身への責めだけにはとどまらない。

しゅるるるる…

触手で全身を絡めとられているクチナに新たな触手が伸びようとしていた。

その触手の先端は赤ん坊の小指ほどの太さがあり、小さな裂け目のような口には細かい歯のようなものがびっしり並んでいる。

触手の先端はクチナの首筋あたりをつたって耳元へと辿り着き…

耳たぶをかぷり、かぷりと甘噛みする。

「ひっ! ひんっ♥!」

ゾクゾクゾクゥっ♥と新たな感覚がクチナの身体を震わせる。
101 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 22:49:47.46 ID:jAL+aTFh0
「ひいっ♥ み、みみぃっ♥ な、なにこれぇっ?」

クチナは目が見えないせいか、代わりに嗅覚や聴覚が他人よりも鋭敏なのだ。

そんな敏感な部分を、触手は小さな口から更に細い舌を伸ばし、ちろちろと嘗め回す。

「んにゃぁぁぁあっ♥ みみっ♥ みみだめぇっ、ゾクゾクくるぅっ!」

膣穴をズチュズチュと犯されると同時に耳まで犯されているような錯覚を覚えながらクチナは乱れ、喘ぐ。

(あぁぁっ♥ なにこれっ♥ みみがとけるっ♥ あそこきもちいいっ♥ からだじゅうがふわふわするうっ♥)

ドチュ♥ ドチュッ♥ ドチュンッ♥ 

(すごいっ♥ こんなのひとりでしてるだけじゃわかんないっ♥ きもちいいっ♥ セックスきもちいいよぉっ♥)

ジュプジュプと触手がクチナの淫穴をほじくるとピュッピュッと透明な飛沫が飛び散った。

セックス『初心者』であるはずのクチナは淫紋による感度増幅の作用もあいまって、すっかり快楽に染まってしまっていた。

「ふあぁぁあっ、ダメッ、もうっ♥ わ、わたし、どうにかなっちゃう〜っ♥」

たまらないといった様子でクチナは悶えていた。



「ああ…ギンガ…クチナ…!」

犯され蹂躙される仲間たちを見せつけられながら、ツバキは無力感に身を震わせていた。

(肝心な時に仲間を守ることもできない…なにがリーダーだ…なにが人々の平和のためだ…!)

悔しさのあまり噛み締めた奥歯がギリギリと軋む。

そんな彼女にも、いよいよ触手たちは陵辱の魔の手を伸ばそうとしていた。

しゅるしゅるしゅる…

彼女の逞しい太腿に巻き付いた触手の先端が、粘液を滴らせながらツバキの股間へと向かい這い上がっていく。

「っ! き、貴様らっ…ついに私まで辱めるつもりか…!」

太腿からだけではない。他にも何本もの触手たちが動けないツバキの裸体に巻き付き、纏わりついていく。

「う、ううっ…」

身体を這いずるヌメヌメした触手たちの感覚にツバキは慄いた。

単に不快だとか、気持ち悪いという理由ではない。

その感触は不快であったが、決して不快なだけではなかったからだ。

(この感覚…覚えがある。この塔での最初の冒険の時の、アレに似ている…)

ツバキの脳裏に蘇る忌まわしい記憶。

フェルモン触手たちに犯され、膣穴も尻穴も犯されぬいた忘れがたい出来事を。

(う、ううっ…それに、この形も…! 奴らの、男のモノと同じ…!)

触手たちの記憶だけではない。

心を操られ、下衆な男たちによって凌辱の憂き目にあったあの時。

サイズは違えど、あの男たちのいきり立つシンボルと同じような形状をしている。

女の穴に入るモノがこのような形状をしているのは自然の摂理なのだろうか。

(ま、まさか…私は期待しているのか。あの時の…触手たちに嬲られたときのように、下衆どもに弄ばれたときのように…)

自然と口内にあふれてきた生唾をごくりと飲み込むツバキ。

同時に下腹の奥がキュンキュンと疼きはじめるのを感じる。
102 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 22:52:00.33 ID:jAL+aTFh0

「あ…あ…!」

触手は自分の体の反応に戸惑うツバキの膣穴に狙いを定めると…

ずぶん!とその先端を秘裂にめり込ませた!

「う…あぁぁぁっ!!?」

普段とは違う、甲高い声でツバキは悲鳴を上げてしまう。

(あ、あぁぁあ…こ、これだ、この感覚ぅっ…)

ゾクゾクゾク、とツバキの身体が震える。

このタワーにやってくるまでは知らなかった性的な『気持ちいい』という感覚。

かつてフェルモン触手によって教え込まされたその感覚が、今彼女の体に蘇っていた。

ぬぶ、ぬぶと膣道の浅い部分を擦りあげてくるペニス触手。

じんわりと愛撫するかのような緩慢な動きが、ツバキの性感をより強く高めていく。

「あ、あぁぁぁぁっ…♥」

うっとりとするような声が、女侍の口から漏れる。

膣奥から熱い愛液がとくとくと分泌され、侵入した触手の先端を歓迎するかのように包み込んでいく。

(だ、ダメだっ…ギンガも見ているのだ、しっかりしなくてはっ…だ、だが…)

ぬぶっ♥ ぬぶっ♥ にゅるるんっ♥

「はぁぁぁぁっ♥♥」

にゅるにゅるした感触に敏感な膣壁を撫でさすられ、たまらず声をあげてしまう。

(ああ…ダメだ、力が抜けてしまうっ…どうしてこんなに、気持ちいいんだっ…♥)

にゅぶ、にゅぶ、にゅぶぶ…♥

優しさと無遠慮さを兼ね備えた膣内愛撫を止めないまま、触手はさらにツバキの奥へと突き進んでいく。

「ああっ♥ やめ、ろぉっ♥ きもちよく、なっちゃうっ♥ だめぇぇぇ♥♥」

凛とした侍としての仮面が剥がされ、ツバキの女としての顔があらわになっていく。

戦士としての誇りと信念がヌルヌルの粘液によって塗りつぶされていくようだった。

(あぁぁっ♥ ま、まずいっ、これではまた、前の様にっ…気持ちよさに、飲み込まれてしまうぅっ…私が、私でなくなってしまうっ♥)

ツバキは恐怖していた。

これまでの修行で培ってきた高潔な精神が一瞬にして崩壊し、快楽に染め上げられてしまうことに。

しかも今回は、ギンガやクチナが傍にいるのだ。

自分自身もついこの間まで知らなかった、知られざる自分の一面を見られてしまうことが恥ずかしくてたまらない。

(ああっ、見ないでくれ、ギンガ。私の無様な姿を。聞かないでくれ、クチナ。私の情けない声を―)

ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゅっ…

「あぁぁぁ〜っっっ♥♥ い、いいっ♥ しょくしゅ、きもちいいっ♥」

気持ちとは裏腹に、あられもない声をあげてしまうツバキ。

さらに触手たちは悶えるツバキに更なる凌辱を与えようというのか、膣穴の上でひくひく蠢く尻穴に狙いを定めようとしていた。

にゅる…ぐぐぐっ。

「ひっ!?」

新たな触手の先端が、すぼまったツバキの尻穴に入り込もうと力を込めてくる。

既に開通済みで、膣穴同様に快楽を教え込まれてしまったその部分に、再び侵入を許してしまったら―
103 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 22:54:21.58 ID:jAL+aTFh0
(だ、だめだぁっ♥ そこのあなをほじくられたらっ♥ きもちいいのがとまらなくなるっ♥)

「あぁぁあっ♥ やめてっ♥ やめてぇぇ♥ ギンガたちのまえでっ♥ おしりのあなっ、おかさないでぇっ♥」

だがツバキの懇願など無視するかのごとく―

ずぶうっ! めりめりぃっ!

「♥んぎっひぃぃぃーーー!!!♥♥♥」

触手は無慈悲にもツバキの菊門へと侵入を果たし、ズリズリと直腸内を擦り始めた。

「おっ♥ おぉぉぉっ♥♥ お、おしりぃぃっ♥ おまんこぉぉっ♥ りょ、りょうほうなんてぇっ…♥」

ぬじゅっ! ぬじゅっ! ぬじゅんっ!

ずりゅっ、ずりゅっ、ずりゅううっ…!

「あ、あひぃっ♥ こすられりゅっ♥ ゴリゴリけずられりゅうっ♥♥ わ、わたしのよわいところっ、せいばいされてしまうぅぅっっ♥♥」

女の穴をほじくられる快感にツバキの表情はすっかり蕩けていた。

「うぁぁっ♥ すまなぃっ、ギンガぁっ♥ こんな、情けない主でっ♥ でもダメなんだっ♥ こいつらに責められたら、わたしはっ…あぁぁ〜っ♥♥」



名を呼ばれたギンガは主が凌辱される様を見ながら、歯噛みをするとともに驚いていた。

(ツバキさまが…こんな、女としての声をあげているなんて…)

皆の前では凛とした態度をもってリーダーシップを発揮するあのツバキが。

触手に膣穴を、尻穴を犯されて艶めいた嬌声を上げている。



「あぁぁぁあっ♥ そ、そこいやぁっ♥♥ こすらないでっ♥ きもちよくなるっ♥ ヘンになっちゃうぅぅっ♥♥」

ぬじゅっぬじゅっぬじゅっ!! じゅぼ、じゅぼ、じゅぼっ!!

「うあぁっ、やめてぇっ♥ ギンガたちのまえで、おかしくさせないでぇっ♥♥ こんなところ、みせるわけにはぁっ♥♥」



(ああぁ…ツバキさまが、あんな…!)

幼少の頃より親しい間柄であった主君が、蕩け切った表情で触手凌辱に翻弄されている。

(拙者はっ…何をしているのだっ…主君の危機に、こんな化け物にされるがままなどとっ…)

「ああっ…ツバキさまっ…お、お助けせねばっ…く、あぁぁぁあっ♥」

ごちゅっ、ごちゅっ、じゅぼっ、じゅぼぉ!

「あひぃぃぃっ♥ く、くそぉぉっ♥ なんと、ふがいないっ…あ、あぁぁぁあ〜っっ♥♥」

子宮から、乳房から迸る甘い快楽電流がギンガの豊乳豊尻ボディを蕩けさせていく。



そして、クチナもまた。

「あぁぁっ♥ ごめんなしゃいっ、ツバキっ、ギンガぁ! わたしのせいでっ、わたしのせいでこんなことにまきこんでっ、ごめんなしゃいぃぃ!!」

包帯の下の、光を失った瞳からぽろぽろと涙を流して謝罪するクチナ。

(わたしが、わたしが悪いんだっ…結局わたしは、他の誰かを不幸にするだけで…)

しかしクチナが罪悪感と凌辱快楽によって混乱している間も触手たちはその動きは止めはしない。

ぬじゅる、ぬじゅる…

クチナのスレンダーボディを粘液まみれの触手が愛撫するように這いずりまわり、粘液を塗りたくっていく。

「ふあぁっ、あぁぁぁっ♥」

(ああっ、感じちゃうっ…こんな非常事態なのに、感じさせられちゃってるっ)

どちゅ、どちゅ、ごちゅっ、ごちゅんっ!

「ぐひぃっ、も、もう、ごちゅごちゅしないでぇっ♥♥ こわれちゃうっ、あかちゃんのへや、こわれちゃうぅ〜っっ♥♥」
104 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 22:57:52.32 ID:jAL+aTFh0
悲鳴を上げるクチナだったが―

にゅるうっ…ぐぼっ!

「もごぉ!?」

その彼女の口を新たな触手の先端が塞いでしまう!

(な、なに、なんなのぉ!? わ、私の口のなかにっ、何かがっ…)

口内に侵入した触手はクチナの喉奥を、イラマチオのような勢いで犯し始めた!

「んぐっ、ごえぇっ! おごっ、もごぉ〜〜っっ!?」

強力な弾性をもつ強靭かつ太い触手が、グボグボとクチナの喉奥を行来する。

「おッ おっ おぉぉぉ〜〜っっ!?」

(あ、あぁぁぁ、わたしっ、くちまでおかされてるっ…こわいっ…こわいよぉっ…!)

目の見えないクチナに取っては、自分を襲っているものの存在は未だ正体不明だ。

そんなわけのわからないモノに上の口と下の口を同時に犯され、クチナの身体は恐怖に震え上がる。

だが―

(あぁぁぁっ、なんで、なんでぇっ♥)

ぽわわわわ、と下腹の淫紋が光を放つたびに…

クチナに降りかかる苦悶と恐怖が、快感へと転化されていく。

ぐぼっ、ぐぼっ、ぐぼっ♥

「お、おごぅ♥ もごっ、おぉぉっ♥」

(あぁぁぁっ♥ ぐ、ぐるじいっ♥ ぐるじいのにぃっ、なんで、なんできもちいいのぉっ♥)

まるで自分の喉奥が性感帯に書き換えられていくようだった。

触手が口内の粘膜をズリズリと擦るたびにクチナの身体はゾクゾクと打ち震える。

「お、おぉっ♥ ほごぉぉっ♥ ぐるじっ…♥ や…め…っ♥♥」

(あぁ…い、いきがっ…♥ あ、あたまが、まっしろに、なりゅうっ…♥)

酸欠と快楽で意識が朦朧となるクチナの身体を、触手たちは追い打ちをかけるように責め立てる!

ぐぼっ、ぐぼぉっ!

じゅっぷ、じゅっぷ、じゅぶうっ!

口内と膣内のダブル凌辱によってクチナは絶頂に向けて高まっていく。

「お、おぉぉぉっ♥ ごぼぉぉっ、お、おごぉぉぉっ♥♥」

塞がれた口から快楽まじりの呻きを漏らしながら、クチナの身体はビクビクと痙攣を繰り返した。

(も…もうらめぇ…しぬっ、しんじゃうぅっ…!)




「ああっ、クチナぁ! しっかりしろ、クチ…なぁぁぁっ!♥」

失神寸前のクチナに向かって叫ぶツバキであったが、ついに子宮口までたどり着いた触手の蹂躙によって中断される。

ずごっ、ずごっ、ずごっ!

ずぶ、ぬぶっ、ぐぶうっ!

「お、おぉぉっ♥ ダメ、ダメだぁっ♥ おしりと、おまんこぉっ♥ 両方で、イクッ♥ いってしまうぅぅっ♥♥」

おほぉぉ、と吠えるような声をあげながらツバキは身を震わせる。
105 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 22:59:47.02 ID:jAL+aTFh0
そしてギンガも…

「あ、あひぃぃっ♥ あ、あかちゃんのへやっ♥ こじあけられるぅっ♥ しょくしゅが、はいってくるぅぅ♥」

めりめり、じゅぶぶ…!

「おぉ、おぉぉ〜〜っっ♥♥ し、しきゅう、うちがわからぐりぐりされりゅっ♥ なめまわされてりゅっ♥」

触手によるポルチオ性感への直接愛撫によってギンガの身体も絶頂へと追い詰められていく。

「あ、あひぃぃ♥ とけるっ♥ とろけるっ♥ おちちもっ、しきゅうもっ♥ ばけものにおとされちゃうっ♥ まけちゃうぅぅっ♥♥」

粘液まみれの豊乳をタプンタプンと躍らせながら悶え喘ぐギンガ。

全身を襲う触手快楽の前に、もはや主の目の前で耐えようという体裁さえ繕うことはできない。

「んおぉっ♥ つゆっ、きりぃっ… しょ、触手チンポなどに負けてしまう弱い母を赦してっ… ひぃっ、あぁぁ〜っ♥♥」



触手の檻に囚われた3人の女性たち。

彼女らは絶望と快楽の嵐の中、一気に絶頂へと押しやられていく。

そして彼女らを責め立てる触手たちもまた―

ビクッ、ビククッ…

「!?あ、あぁぁあ…ま、まさか…!」

触手の異変に気付いたのはギンガだった。

子宮内を責め立てる触手の先端がぶるぶると震え始め、膨れ上がっていくような感覚には覚えがある。

即ち…射精の兆候だ。

「ひぃぃぃ!♥ ま、まさかぁっ♥ やめろっ、やめてぇぇっ♥!! 今出されたらっ、本当に堕ちてしまうぅぅっっ♥♥!!」

(あぁぁっ、また堕とされるっ♥ 人外のチンポに堕とされてしまうっ♥ こんどは、触手なんかにぃっ♥)

「ああぁぁぁっ、やめろ、やめっ…」

だが、そこまでだった。

どくんっ―

「あ」

女たちの穴に収まった触手たちは、夥しい量の白濁液を一斉に解き放った。



ぼびゅるるっ、ぼびゅるるるるううううう!!!

ある触手は、クチナの口の中に。



ビュルルルルッ、ビュルルウーーーー!!!

ある触手は、ツバキの膣穴に、尻穴に。



ドビュッ、ドビュウウウウッッ!!!

そしてある触手は、ギンガの子宮内に―



そして彼女らの周囲を取り囲むすべての触手たちが―

猛烈な勢いで白い白濁汁を吐き出していく。



「もごっ…おぉおっ、んごぉおぉおーーー!!!♥♥♥」

「おほぉぉっ、お、おまんこぉっ、おしりぃっ、あ、あちゅいぃぃっ…あぁぁぁぁ〜っ♥♥♥!!!」

「おひぃぃぃぃっ♥♥ イックぅっ♥ イクぅ〜〜〜!!!♥♥♥」

106 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 23:02:18.45 ID:jAL+aTFh0

口内を、膣内を、尻穴を、子宮を、彼女らの身体のことごとくを白濁液が染め上げていく。

「「「あぁぁぁぁあぁぁっっっ!!!」」」

ピンク色の肉の洞窟内に、女たちの絶頂の悲鳴が轟いた―。







「「ふう…」」

次元の狭間に建てられた邸宅にて。

二人の男女が水晶玉の中の光景に見入っていた。

「いやぁ…さすがになかなかの見ものでした。三人まとめて、とは流石に壮観ですなぁ」

一人はフォーマルな衣装に身を包んだ小太りの男…淫魔インキュバス。

「『ひーるくん』も頑張ってたものねぇ。かわいい女の子がいっぱいで興奮しちゃってたみたい」

もう一人は白いワンピースを纏った桃色の髪の爆乳淑女…ダンジョンマスターオルティナ。

二人の淫魔はプリティーうさちゃんズの触手凌辱を見届けると、すっかり冷めてしまったハーブティーに口をつけた。

「いやぁ、それにしてもよくひーる君をよこしてくれましたね。おかげでプリうさの皆さんはまだまだ活動を続けられそうです」



『ひーる君』とはオルティナが飼っている触手型モンスターの一種である。

普段は次元の狭間を漂っているひーる君だが、オルティナの命を受けると直ちに救出対象を体内に確保して異常が無いかどうか丹念に触診し、

さらに滋養強壮効果を持ち肌や体内から吸収される淫液(まんま精液だけど生殖能力無し)を注いでくれる優秀な使い魔なのだ。

つまるところ、ツバキたち三人はバケモノの体内で凌辱されたのではなく、オルティナに救われ治療を施されていたのである。

107 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 23:05:00.30 ID:jAL+aTFh0

「特にツバキさん、即死でないのが不思議なくらいでしたからねぇ。ヒール君の到着がもう少し遅れてたら危なかったですよ。

しかし吸血鬼のコンビネーションを受けて生きながらえるとは、流石私が見込んだだけのことはあります、むふふ」

「…見込んだ、ねぇ」

なぜかドヤ顔のインキュバスをジト目で眺めるオルティナ。

「インキュバス先輩。やっぱりまだあの子たちの推しを続けるつもりなのかしら?」

「もっちろん」

インキュバスは当然とばかりに胸を張る。

「『神殺しの刃』であるツバキさん、銀の鍵の使い手であるアリスお嬢さん。十分に塔の最上階を狙える逸材です。もちろん、ミルキィお嬢さんやギンガさんもね」

「そうね。で、あとの一人は?」

「…」

インキュバスが言葉に詰まる。

オルティナは少し神妙な顔をして言葉を続けた。

「あのクチナちゃんって子、ある意味最大の危険人物よ。あの子のバックについてるモノ…先輩が気付かないわけないわよね?」

「…んー…」

どう答えたものかと思案しているのか、ぽりぽりと頬をかくインキュバス。

「あの子に刻まれてた『淫紋』の術式からして私も大体察しがつくけど…彼女らを最上階に行かせてホントにいいの? 

最上階の超巨大魔力球『ダークネス・ワン』。

彼女らがきちんと破壊か、もしくは封印してくれればいいけれど。

もし悪用でもされようものなら…」



―ダークネス・ワン。



それこそが膨大な量の魔力をまき散らし、塔を変質させた諸悪の根源である。

いや、それ自体は悪ではない。

超巨大魔力球ダークネス・ワンはその名の通り、無尽蔵の魔力を秘めた巨大な宝珠。

ソレは数千年もしくは数万年周期で異空間からこの世界に姿を現し、試練を乗り越えたものたちに莫大な魔力を譲渡するシステムである。

それが今、塔の最上階に顕現し、試練を乗り越える者たちを待ち受けているのだ。


108 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 23:07:30.49 ID:jAL+aTFh0


「心配はごもっとも。確かに、アレの関係者をダークネス・ワンに近づけるのは危険です。

しかし…」

インキュバスは難しい顔をして唸る。

「正直、このダンジョンは人間が攻略するには難度が高すぎます。それこそ『プリうさ』ほどの粒ぞろいでなければ勝ち進めないくらいにね」

(まぁ、ギルド『クリムゾン』も実力はあるのですが…あれはちょっと)

余計なことを言いかけて、インキュバスはごほんと咳払いを一つついて話を続ける。

「実際、三階においてかなりの数の冒険者たちが脱落しました。

彼女たちくらいしかいないのですよ、残った冒険者たちの中で塔の攻略ができそうな人材は。

それに…ダークネス・ワンを魔力駄々洩れのままに放置しておくわけにもいかないでしょう?」



魔族たちの伝承によれば、ダークネスワンは試練に打ち勝つものが現れるまで異界より様々な異物を呼び出し続けるのだという。

すなわち、ダークネスワンを放置すればこの世界のバランスが崩れ、存在そのものが危うくなる。

それは悪しき者たちが魔力を手に入れることと同じくらい危険なことなのだ。



「まあ、それはわかるのよ。わかるんだけどぉ…」

(というかその…

『そんな実力者たちが、同じギルドに集まった』

という時点で何らかの作為を感じるのよね…)

ふう、と疲れたようなため息をつくオルティナ。

インキュバスはそんなオルティナをたしなめるように言う。

「でもまぁ、クチナお嬢さんを警戒していないわけではありません。対策は考えてますので、ご心配なく」

「んん〜…いまいち納得できませんけどぉ。結局今はプリうさの女の子たちに頑張ってもらうしかないみたいねぇ」

不承不承といったふうにオルティナは頷いた。

「ははは…では私はそろそろおいとまするとしましょう。 で、プリうさの皆さんですが…」

「いいわ、今回は私が送り届けます。もうちょっとケアしてあげたいの」

「そうですか、ではお任せしましょう。では、お元気で…そのうちまた、ベッドの上でたっぷり肉体言語で語り合いたいものですな!むふふふ!」

そう言い残すとインキュバスはワープホールを開き、姿を消した。

「ふふっ、そうね…久しぶりに先輩の本気を味わうのもいいかも♥」

『昔』のことを思い出したのか、軽く身を震わせるオルティナ。

「それはそうと…プリうさの女の子たち」

オルティナは再び卓上の水晶玉に視線を戻した。

109 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 23:10:09.14 ID:jAL+aTFh0

肉の洞窟、すなわちひーる君の体内で…

彼女らは何十発、何百発もの射精をその身に受けてぐったりとしていた。



「お…おひぃぃぃっ…♥ りゃめ、りゃめぇぇ…」

「あひぇぇ…♥ きも、ち、い…♥」

「おか、ひてぇっ…♥ おっぱいも、おまんこぉ…もっとぉ…♥」



彼女らは膣穴や尻穴からぶぴゅぶぴゅと白濁液を逆流させながら、だらしないアへ顔を晒している。

「…ふふふっ♥ どうやら辛いことも悲しいことも全部吹っ飛んじゃったみたいねぇ。やっぱりセックスは癒しだわ♥」

ひとりうんうんと頷くオルティナ。

「でも、そうね…もっと性の悦びを受け入れられるように、プレゼントをあげちゃうわ」

そう言うとオルティナはヒール君の触手に念を送り込み、その先端でツバキの下腹をなぞり始めた。

「ふふふ、オルティナおねえさんから淫紋のプレゼントよ〜♥ これからはより深く、セックスの歓びを味わってね、ツバキちゃん♥」

やがてツバキの下腹にピンク色の淫紋が刻まれるのを確認すると、今度はギンガにも同じ術を刻み込んでいく。

「うん、ギンガちゃんもよく似合うわぁ… さて、あとは…」

オルティナの顔から笑みが消え、神妙な顔つきになる。

「クチナちゃん。あなたには…どうかしら?」

オルティナはツバキとギンガに施した淫紋の術式をクチナにも刻み込もうとした。

だが…

(…上書きできない。やっぱりね)

淫魔として最上位に位置するダンジョンマスターオルティナ。

しかしそんな彼女の力をもってしても、クチナの下腹部に刻まれた淫紋の効果を書き換えることはできなかった。

それは淫紋を刻んだ存在がそれほど強大な力を持っているという何よりの証拠であった。

「インキュバス先輩…やはりこの子は危険だわ」

もしかしたら。

人類の未来を考えるのなら…

「…」

オルティナは無言のまま、触手に念を送ると、しゅるる…とクチナの首筋に巻き付かせた。

(今この場でこの娘の息の根を止めておくべきなのかもしれない)

ほんの少し。

あとほんの少し触手に力を込めるよう念を送れば、クチナの首をへし折ることができる。

だが結局…触手はそれ以上動くことはなかった。

「…ふー…」

オルティナが息を吐くと、しゅるる、とクチナに巻き付いた触手が離れていく。

オルティナは椅子の背に身体を預けるとパチンと指をならし、ワープの術を起動させた。

ひーる君の体内からプリうさ一行の姿が消えるのを水晶玉で見届けると。



「お願いだから…あとで『殺さなくてよかった』って。

ちゃんと思わせてよね、クチナちゃん」



物憂げな表情で、そう小さく呟くのだった。
110 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/29(水) 23:17:09.34 ID:jAL+aTFh0

というわけで、初の全滅エッチイベント終了です。

今回はちょっとあっさりめだったかな…

わかりづらいところがあったらごめんなさい。

やはり複数はたいへん。

===
気が付くと三人は夥しい量のおぞましい触手の中に捕らえられていた
必死に抵抗するも四肢をガッチリと固定されており、多種多様な触手で全身を余すところなく、特に各々の弱点を的確に愛撫される
撫でられ、噛まれ、吸われ、揉まれ、突かれ、抉られ、ありとあらゆる責めと白濁した淫液を全身の外と中に受け、4桁にも届くほどの凄絶な人外アクメによる失神と覚醒を繰り返し三人はやがて意識を手放した……

実はこの触手はオルティナが次元の狭間で飼っているレスキュー用触手生物『ひーる君』である
アルナとニニスにトドメを刺されそうになったところで発生した次元の穴に落ち、そのまま次元の狭間を漂っていた三人を回収していたのだ
この『ひーる君』は救出対象を見つけると体内に確保して丹念に触診、異常が無いか確認し滋養強壮効果を持ち肌や体内から吸収される淫液(まんま精液だけど生殖能力無し)を注いでくれる優れものなのだ
(ただし淫魔基準の治療なので身体はガッツリ開発されちゃうし何よりめっちゃ疲労が残る)
気絶している三人をひーる君から回収したオルティナは三人を探していたインキュバス先輩といくらか会話した後で三人を引き渡した
その際に「もっと性の悦びを受け入れられるように」と三人には不可視の淫紋がプレゼントされた
===

ツバキがけっこうチョロく快感に墜ちた感じがしますが、彼女は初っ端のフェルモン触手の時も結構ちょろかったのでまあいいかな!

あとインキュバスとオルティナで塔の謎についてちょっぴり語らせてみました。

つじつまあわせとか考えるの結構たのしい。

とりあえず今回はここまで!
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 23:39:49.10 ID:4YVQA8qeO
おつおつ
伏線とか色々気になったけど個人的にはインキュバス先輩めっちゃプリうさに手を出してほしいって感じになった(オルティナが楽しみから身震いするレベルらしいし)

ところでベリオの魔翌力珠回収されたってことは、もしかして魔翌力珠レベル下がった?
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 09:26:49.06 ID:iE55HFNEO
次の行動におきつね堂来そうだから今のうちに一つ質問
おきつね堂だと福娘の記憶は残らないらしいけど、客として来た女性の記憶は残るって認識で大丈夫?
設定的にエルネシアやリヴィオラ、牝牛堕ち前のアルフェルクスは客として来てそうだし
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 09:27:44.87 ID:iE55HFNEO
あ、店じゃなくて福娘とのプレイ客としてってことね
114 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 13:20:42.48 ID:o+o8cwjp0

>>>111

あくまで吸血鬼べリオが持っていた魔力球がアルナの手に渡ったというだけであり、プリうさの魔力球に変化はありません。

吸血鬼たちのもつ魔力球はどうやら儀式において重要な意味をもつようです(たぶん)

そこまで細かいところまで書けるかはわかりませんが…

>>>112

>おきつね堂だと福娘の記憶は残らないらしいけど、客として来た女性の記憶は残るって認識で大丈夫?
>福娘とのプレイ客としてってことね

残ります

お客さんの楽しい記憶を奪うわけにはいかないでしょうね。
115 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 13:22:39.95 ID:o+o8cwjp0

というわけでちょっとだけ進めます

===

到達階層 3F 
現在の魔力球ゲージ 2/5

現在の所持アイテム
『全員攻撃コンマ+20』0個
『全員攻撃コンマ+40』1個
『敵攻撃コンマ半減』  1個
『疲労回復』      0個
『ガスト召喚シール』  0個
あぶらあげレシピ  1/3

吸血アルナ&ニニス に敗北

ツバキ ギンガ クチナ が 
触手輪姦凌辱(っぽい治療)など
エッチなことをされてしまいました



ツバキ他2名がエッチな目に会いました

淫乱度アップ! 

ツバキ淫乱LV2 →3
ギンガ淫乱LV2 →3
ミルキィ淫乱LV2
アリス淫乱LV1
クチナ淫乱LV1 →2


『プリティーうさちゃんズ』は
拠点に戻ります

===
116 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 13:26:52.71 ID:o+o8cwjp0
<<プチイベント ツバキ淫乱LV3到達>>

女侍ツバキ。

フェルモン触手、悪徳ギルド、ひーる君。

これまでの度重なる陵辱によって

彼女の心と体は徐々に淫らな色に染まりつつあった―



ツバキ「くっ…はぁっ、はぁっ、あぁぁっ…」

身体が燃えるように熱い。

深夜ベッドの上で鍛えられた身体をくねらせながら、ツバキは股間をまさぐっていた。

ツバキ「んん…あぁ…」

秘裂を指でなぞり、浅い部分を指の腹で撫でさするたびにくちゅくちゅと粘着質な水音が立つ。

ツバキ「く…そっ、なぜだっ…なぜ私のカラダは、こんな…くうっ」

熱く火照った身体をまさぐり、慰めながらツバキは表情を切なく歪めた。

ツバキ「ううっ…ゆ、ゆびじゃたりないっ…もっと、おおきなものっ…太いものが、いいっ…」

自分の穴を貫いてきた男たちのペニスや触手たちの感触が忘れられない。

ツバキ「はぁっ、はぁぁっ…あっ…」

身体をのけぞらせたツバキは、枕もとに置いていた自分の刀を見て…ごくりと生唾を飲み込んだ。

ツバキ(な…なにを考えているんだ、私はっ…)

いけないと思いつつ、それでもこの昂る衝動を抑えることができない。

ツバキは太刀を手にすると、その鞘の先端を自分の股間へと押し付けていく。

ツバキ「はぁっ、はぁっ…すこしだけ、すこしだけだからっ…♥」

ぬぶっ…ぬぶぶ…

ツバキ「あっ…あぁぁあっ…♥」

鞘の先端が、ツバキの割れ目に侵入していく。

ツバキ「お、おぉっ…♥ これ、いいっ…♥ きもちいいっ…♥」

やがて、ツバキは突き込んだ刀の鞘を、ゆっくりと上下させていく。

じゅぷ…じゅぷ…じゅぷっ…

ツバキ「あっ♥ あぁぁっ♥ こんな、こんなぁっ♥ ぶ、武士の魂でっ、なんてことをぉっ♥」

背徳感にかられながらもメスのような声をあげ、悶えるツバキ。

ツバキ「も、もっと奥っ…ああっ…ごりごり、くるっ…♥ あ、あっ、ダメっ…あっ…」

ビクンッ!

ツバキ「あぁぁぁぁっ!」

ぷしゃぁぁぁ…

ツバキの花弁から、絶頂をしめす愛液の飛沫がほとばしった。

ツバキ「あぁっ…はぁっ、はぁっ…く、くそっ…私は、私はぁっ…」

自分の愛液にまみれた愛刀を握りしめながら、ツバキは淫らに変わっていく自分の身体に慄いていた―。
117 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 13:29:56.95 ID:o+o8cwjp0
<<プチイベント ギンガ淫乱LV3到達>>


ツバキに仕えるシノビ、ギンガ。

コスプレさせイヤー、試作型キメラ、ひーる君。

これまでの度重なる陵辱によって

彼女の心と体は徐々に淫らな色に染まりつつあった―



深夜。

ギンガはつゆときりが安らかな寝息を立てていることを見届けると、寝室を出て宿のトイレへと向かった。

薄暗いトイレの一室で、ギンガは『ブルーレ石』と水晶パネルを取り出す。

便座に腰をかけ、石をパネルにセットし、石の中に記録されている動画を再生する。

ギンガ「…これが…拙者の動画…」

最近出回っているという自分の動画の内容が気になっていたギンガは、とある露店で売り出されていた中古品を見るなり即購入してしまったのだ。

ギンガはごくりと生唾を飲み込み、動画の再生が始まるのを待つ。

やがてパネルに現れたのは…



ギンガ『もぉぉぉっ♥ んもぉおぉ〜っ♥♥』

牛柄ビキニを着用し、大きな尻を振りながらカメラに向かって媚びたような視線を送る浅ましい自分の姿だった。

コスプレさせイヤー『んほほっ♥ どうしたのかな〜、またこの牛チンポが欲しいのかな〜、この欲しがりやさんめっ♥』

牛のコスプレにより自らもミノタウロスになりきった淫魔が嬉しそうにデカ尻を掴むと、その巨根をメス牛の肉ビラにずぶりと突き込んだ!

ギンガ『ぶもぉぉ〜っっ♥♥ おっ、んもっ、んモ〜っ♥♥』

ずぶずぶと牛チンポに貫かれ、画面の中のギンガは嬉しそうに嘶いた。

118 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 13:30:29.58 ID:o+o8cwjp0
ギンガ「あ…あぁ…せ、拙者が、こんな…ああ…」

淫らな牛柄ビキニで。牛のように鳴きながら。牛のように交尾している。

ギンガ(こんな…これではまるで、変質者だ…こ、この動画はどれだけ多くの男たちに観られているんだ…)

これを見た男たちは何を思うのだろうか。

淫らな乳や尻を揺らし、母乳をまきちらしながら交尾に励む変態女を見ながら、自分もこの女を犯してやりたいと思うのだろうか。

いつのまにかギンガは自分の動画に見入りながら、股間と乳房を慰めていた。

ギンガ「あぁっ…おかされているっ…せ、せっしゃがっ、あんな大きなモノに、犯されてっ…ああぁっ♥」

コスプレさせイヤー『ほれほれ〜!♥ もっともっとスパートかけていくよーん!』

ずっこずっこずっこずっこ!

ギンガ「ああっ♥ もっときてぇっ♥ 犯してぇっ♥ そのぶっといモノでっ♥ ギンガのおまんこゴリゴリしてぇっ♥」

自分の変態的な姿をネタにしながら自慰にのめり込むギンガ。

ギンガ(ああっ♥ すごいっ♥ もっと、もっと犯してっ♥ おっぱいいじめてっ♥ 淫乱牛マンコにっ♥ もっともっとブチこんでぇっ♥)

豊乳を揉みしだき、股間から愛液を滴らせながら、ギンガは絶頂へと向かっていく。

そして―

コスプレさせイヤー『うもぉぅ、ま、また出すッ、メス牛マンコに種付け射精、出しちゃうよぉん!』

どびゅううっ! どっびゅううぅ!!

動画の中の淫魔が射精すると同時に。

ギンガ『んもっ♥ ブモォォォぉぉぉ〜っっ!!♥♥♥』

ギンガ「んもぉぉぉぉ〜〜〜っっっ♥♥♥」

動画の中のギンガと、それを見ていたギンガが…同時に果てていた。



ギンガ「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」

トイレの一室で、ギンガが荒い息を立てている。

動画はとっくに再生が終わっていたが、ギンガはとろんとした瞳で便座に座ったまま動かない。

ギンガ(拙者は…どうなってしまうんだ。ツバキさま…つゆ、きり…)

墜ちていく自分の運命に慄くように、ギンガは一人身を震わせるのだった。
119 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 13:35:28.78 ID:o+o8cwjp0

というわけで、淫乱レベルが3に到達したキャラには

プチえっちイベントが発生することにしました。

レベル4になったときもたぶんやります。

これくらいの分量で。
120 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 13:40:00.30 ID:o+o8cwjp0


プリティーうさちゃんズが吸血鬼アルナによって手痛い敗北を味わった、その翌日の朝。

「全滅、か…」

ミルキィが陰鬱な表情でつぶやいた。

「でも みんなぶじで かえってきてよかったね」

確かに、アリスの言う通り。

吸血鬼と戦って命があったことはきっと不幸中の幸いと言っていいのだろう。

ただ全滅したというわりには出撃したメンバーに傷一つ残っていない、というのが妙に引っかかるのだが。

(やっぱり、あのインキュバス…が治療してくれたってことかな? いちおう感謝はするべきなのかなー…)

そこまで考えてみるも、いやいや、とミルキィは首をふる。

(いや、アイツただの変態覗き魔だし! 覗いているヒマがあったらその場で助けろって話だし!)

「ま、まぁとにかく! とりあえず今日は冒険は無し! ツバキたちにはゆっくり休んでもらおう!」

「うん、さんせい。 それでわたしたちは どうする? つゆちゃんきりちゃんと あそぶ?」

「うーん、それじゃあ…」
121 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 13:43:51.39 ID:o+o8cwjp0
【ツバキ、ギンガ、クチナは一日休みとなります 探索・買い物に出かけることはできません】

ミルキィ「買い物でもいこうか。もしかしたら、吸血鬼に有効なアイテムとかあるかも」

アリス「リーダーツバキたちの おせわもしないと ね」


到達階層 3F 
現在の魔力球ゲージ 2/5

現在の所持アイテム

『全員攻撃コンマ+20』0個
『全員攻撃コンマ+40』1個
『敵攻撃コンマ半減』  1個
『疲労回復』      0個
『ガスト召喚シール』  0個
あぶらあげレシピ  1/3

ツバキ淫乱LV3
ギンガ淫乱LV3
ミルキィ淫乱LV2
アリス淫乱LV1
クチナ淫乱LV2


【今日のプリティーうさちゃんズ方針】

12日目です
今日はどうする?

行動不能:ツバキ・ギンガ・クチナ

※行動不能が3人のため、探索に向かうことができない!
よって今回は

おきつね堂へ買い物 しか選択できません。

というわけでおきつね堂へ向かうキャラを指定(一人のみ)してください。

↓1〜2にてアリスかミルキィを指定、最大コンマ採用。
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/07/30(木) 13:44:52.33 ID:IIWxdnow0
ミルキィ
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 13:50:26.17 ID:W9wqw0DEO
ミルキィ
124 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 13:58:49.93 ID:o+o8cwjp0

コンマ33

まあどっちもミルキィですが

ミルキィが買い物に行きます

―――

アリス「じゃあ つゆちゃんきりちゃん いってらっしゃいしようね」

つゆ「ミルキィおねえちゃん きをつけてねー」

きり「おみやげ かってきてねー」

ミルキィ「おっけー! んじゃいってきまーっす!」



ミルキィお店に移動中…



敵ギルド遭遇コンマを取ります

コンマを2回取り、
片方でもゾロ目が出ると
敵ギルドと遭遇します

コンマ
↓1
↓2
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 14:00:31.28 ID:2UxqKvf9O
カモンクリムゾン
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 14:01:09.36 ID:B0HJuhT7O
そうそう出ないかな
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 14:11:06.81 ID:EWdmkkIvO
ミルキィの処女なら高く売れそうだし柚に目をつけられそうだな
128 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 14:18:55.57 ID:o+o8cwjp0

コンマ28
コンマ36

そうそう出ませんねぇ

さておきつね堂ではどうでしょうか?

――――

敵ギルドとは会わなかったようです

無事にお店に到着しました!

ミルキィ「んん? 『吸血鬼対策グッズ新入荷!』だって」

従業員A「らっしゃーせー! ひょっとして対吸血鬼アイテムをご所望ですかぁ?」

威勢のいい店員が商品の紹介を始めた!

従業員A「こちらオーソドックスな十字架のペンダント、吸血鬼除けのニンニクエキス、銀の弓矢、なんてのもありますよ!」

ミルキィ(う〜ん…実際奴らと戦った身としては、どれもちょっと頼りないかなぁ)

ミルキィ「ところでそっちにある袋は…」

従業員A「はいこちら、冒険者様向けのお役立ちアイテム3点セット入りの福袋っす! この中にも対吸血鬼アイテムが入っているハズですよ!」

ミルキィ「ほほう…福袋かぁ…」

ミルキィ(ふふん、こういうの結構好きなんだよね〜)


福袋を購入します。

中身はコンマで決まります

購入アイテム:

ゾロ目
対吸血鬼アイテム(戦闘用)
コンマ00〜20
全員攻撃コンマ+20(戦闘用)
コンマ21〜40
全員攻撃コンマ+40(勝利時疲労度が20増える)
コンマ41〜60
敵攻撃コンマ半減(戦闘用)
コンマ61〜80
疲労回復(全員の疲労度を0にする)
コンマ81〜99
ガスト召喚シール(自動:敗北時全員エッチシーン)

アイテムゲットは3個まで
↓1
↓2
↓3

以下3レスの合計コンマが150を超えるとエッチなことをされてしまいます
もちろん淫乱レベルは上がります
エッチなことをされた子は次回の探索に参加できません
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 14:20:29.96 ID:IIWxdnow0
ガスト
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 14:20:32.53 ID:EWdmkkIvO
ガストシールを寄越せ
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 14:21:18.27 ID:p+SU42TpO
シールとH確定やったぜ
132 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 14:46:15.93 ID:o+o8cwjp0

ミルキィ「ん? なんだろこれ、ステッカー…?」

従業員A「よく知らないけどお守りアイテムだったかな」

ミルキィ「いやそこは把握しておこうよ」

―――

コンマ96
ガスト召喚シールゲット!
コンマ53
敵攻撃コンマ半減ゲット!
コンマ27
全員攻撃コンマ+40ゲット!

現在の所持アイテム

『全員攻撃コンマ+20』0個
『全員攻撃コンマ+40』0個
『敵攻撃コンマ半減』  1個
『疲労回復』      3個
『ガスト召喚シール』  0個


コンマ判定

96+53+27
=176
合計コンマ176

―――

ミルキィ「あっでも、他のアイテムはなかなか…ん?」

どしゅんっ…

ミルキィ「ひゃああっ!?」

ミルキィが福袋に引きずり込まれた!


ミルキィがエッチな目にあいます
133 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 14:52:03.41 ID:o+o8cwjp0

(2回目なので、やりとりは簡潔に↓)

〜 おきつね堂(裏) ご奉仕の間にて 〜 

柚「んふふ…今日もずいぶんとべっぴんさんが釣れましたなぁ」

柚「こわがることはあらしまへん。あんたはんがきっちりとお仕事してくれはったら、ちゃあんと帰してあげる」

柚「そう、『福娘』として、お金もちのお客様あいてにた〜っぷりサービスを提供する、それが仕事や」

柚「ノルマは総額1000万。あんじょうよろしゅう♥」

柚(ふふっ、でもこれだけの上玉やったら、もうちょっとふっかけてもええかもねぇ…)

安価内容について
・ノルマとか言ってますがフレーバー的なものです
・複数のお客さんからお金を集めるのも、一人のお客さんからがっぽり全額頂くのでもどっちでもOK。
・仕事内容は女の子を辱めて眺めるも良し、お客さん自身が参加するも良し。

あと、呪いのVIPルームでは幻術によるシチュエーション変更をお楽しみいただけます。
海岸や風呂場、ラブホ、豪華な屋敷、学校の校舎、その他色々。
注:あくまで幻術によるものです。

皆様の想像力を広げて楽しいひと時をお過ごしください。

さて
おきつね堂の裏側にて
ミルキィに課せられるエッチなお仕事とは?

今回は 7/30 18:00〜19:00を募集時間とします
締め切り時間以降に>>1の出したレスのコンマにもっとも近い安価を採用させていただきます。
※内容は作者が書きやすいよう改変する可能性がありますのでご了承ください。
134 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 14:56:24.74 ID:o+o8cwjp0

おっと訂正!
所持アイテム数がコピペのままでした
>>132


コンマ96
ガスト召喚シールゲット!
コンマ53
敵攻撃コンマ半減ゲット!
コンマ27
全員攻撃コンマ+40ゲット!

現在の所持アイテム

『全員攻撃コンマ+20』0個
『全員攻撃コンマ+40』2個
『敵攻撃コンマ半減』  2個
『疲労回復』      0個
『ガスト召喚シール』  1個

↑修正しました
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 15:03:32.39 ID:NNV5PAk6O
処女を高く買わせるのも良いけど残して変態調教するもの捨てがたくて迷う
個人的に難点なのは記憶が消えるから処女喪失の瞬間を認識させてあげられないところか
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 16:07:21.24 ID:2Awu/Is2O
質問なんだけど、記憶消えるのを利用してブラッディカルナバルの残りのメンバーを客として登場させるのはありですか?
吸血鬼本人なりオーちゃんズなり
137 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 16:14:30.13 ID:o+o8cwjp0
>>136
ありです
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 16:57:17.36 ID:QXfBaQ5aO
永久的な変化は無しとのことだけど、剃毛でパイパンにするとかは大丈夫?
139 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 16:59:52.64 ID:o+o8cwjp0
>>138
それくらいならいいかな
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/07/30(木) 18:00:02.90 ID:QXfBaQ5aO
目を覚ましたミルキィは赤ちゃん服とおしゃぶり(コスプレさせイヤー先生からレンタルしたプレイ用のなりきり衣装)で子供部屋の赤ちゃんベッドに寝かされており、ミルキィをおもちゃにした繋がりで仲良しになったようじょとオニキスがベッドの両脇に立ちミルキィを見下ろしていた
コスの魔力で身動き出来ず赤ちゃん言葉しか喋れないミルキィは二人に
・胸を露にされるもコスの魔力で自身の爆乳がとても魅力的なものに見えて吸い付く。すると口の中に甘い味が広がる錯覚を覚えさらに強く吸い付く
・セルフ授乳の乳首アクメによる潮吹きと同時に『おもらし』。怒られながらおむつを変えられ指マンやお尻ぺんぺんによるお仕置き、『赤ちゃんにはこんなもの必要ない』とパイパンにされる
・よしよしされながら『お気に入りのおもちゃ』と称されたアナル・乳首責め用の淫具で責め抜かれ喜ぶ
といった『お世話』をされ記憶ではなく魂に『自分は幼子に勝てない』と刷り込まれた
余談だが今回のプレイの影響でミルキィはオナニーの時に無意識に自パイ舐めやセルフ授乳を行う癖が付いたようだ

淫具のところはバイブとかが無理であればブルーレ石みたいな世界観に合わせた代用品で大丈夫です
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:02:05.31 ID:W9wqw0DEO
柚とのお付き合いでアルナが来た
アルナ本人は乗り気では無かったので適当に話をして酒飲んで血を分けてもらって終わりにしようと思ったのだが、柚の幻術の副作用によってミルキィとアルナがお互いにメロメロになってしまう
魔法でふたなりになったアルナとミルキィがいちゃラブレズセックスをする

なお、柚は後でアルナにお仕置きされた
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:06:53.27 ID:6uiRkwHxO
学者風の白衣と眼鏡の不健康そうな男によって分娩台に固定される。
男は魔物研究者で今日はスライムの研究に来たらしく、大量のスライムがミルキィの全身にぶちまけられる。
全身をあらかたまさぐったスライムはミルキィの両穴と尿道、乳首に狙いを定めそこから体内に侵入し増殖。
腹と胸がいびつなほどに膨れ上がりスライムが入った穴から数多のスライムの幼体を産み落としながら出産アクメに沈む。

なお男はミルキィの痴態には興味が無いらしく逐一データを収集しており、乳首・尿道・尻穴から産まれた個体がそれぞれ白・黄・茶色に変色していることに興味を示していた。
また軟体のスライムだったためかミルキィの処女膜は無事で膨らんだ胸や腹も全て戻ったが「処女のまま出産」という異常体験とスライム達の徹底した開発のせいか、今後処女を奪われたとしてもその時は一切の痛みを感じずむしろ破られただけでアクメ出来る体質に開発されたとか。
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:13:01.90 ID:y9+qYbQKO
オニキスとリンとオーちゃんズ&リンの騎士団の一部がやってきた。ミルキィがいなくなった事によって最下層の性奴隷となったリンの労いのためだという。オニキスによってふたなり薬を飲まされたリンは制止も聞かずミルキィに覆い被さるように自身のモノを挿入。
リンの変貌ぶりに困惑しながらも眼前に晒されたリンのアヘ顔と堕ちるように誘うリンの言葉に次第に理性が砕かれ、子宮にたっぷりとリンの精液を注ぎ込まれ続けながら、ミルキィとリンは獣の様に盛りあった。
その横でオニキスがその様子を嘲笑いながら男たちの精を搾り取り、リンの騎士団を身体と性技で寝取ってオーちゃんズへと鞍替えさせていた
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:25:04.85 ID:+o5q369x0
ミルキィを買ったのは姿が似た女2人組だった。
ただし一方はにやにやしているのに対して、もう一方は不満げな様子。
実は不満げな方の女はもとは男(双子の弟、以下文章では妹とする)であり、オルティナの呪いで女にさせられてしまったらしい。(もう片方は双子の姉で最初から女)
解除方は「処女の女のふたなりの精液を子宮に10人以上入れる」事で、呪いの解除のために処女のミルキィを高い金を払って買ったとの事だった。
姉がミルキィに術(この術が仕えるのが妹の知り合いでは姉しかいなかった)を使うとミルキィがふたなりになり、妹が騎乗位でミルキィとセックスする。
初めての快感に戸惑い流されるミルキィと段々と心が女になっていっている妹は、呪いの解除という事も忘れてセックスをしあう。
2人の体力が尽きかけたところで、姉がふたなりになって乱入、妹の子宮とミルキィのアナルを犯し尽くし、快楽の沼に沈めていく。
最後は姉のふたなりペニスを2人に舐めさせながら快楽堕ち宣言させる。
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:26:46.17 ID:0eKk3EbpO
ヒイラギ、淫魔修行の巻
オルティナにオススメの場所と紹介されたヒイラギが客側としてやってきた(記憶操作耐性を付加した上での福娘側も提案されたが全力で拒否した)
女に悦びを与える修行として、ベリオからラーニングしたエクスタシーミストや覚えたての魅了の魔眼を試すが未熟なので自分にもモロに効果が出てしまう
そのままどちらも体液でドロドロになりながらキスしたり敏感なおっぱいを擦り付け合ってお互いに手マンしたりの濃厚ぐちょぬるナメクジックス

実は隣の部屋からマジックミラー越しに百合を好む好事家の客達が満足そうに観賞していたことは、二人は知る由もない
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:36:39.02 ID:Vb56jBqJ0
気がつくと壁尻状態で拘束されていたミルキィ(マ○コはお札で塞がれている)
脱出しようともがくも突然後ろから突然アナルを犯されてしまう
だれのかもわからない男根をアナルに挿入され泣き喚くも次第に快感の方が強くなっていく
その後も何人もの男(オークラさん、アッシュもいたりする)にアナルを犯されて、次第に自分から求めるようなっていく
最後は処女をも奪われそうになるが、その前に時間切れとなり解放される
記憶はないがどこか名残惜しさとムラムラが残るミルキィはその夜にひたすら犯される淫夢を見て無意識に自慰をして果てる
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:36:53.07 ID:ohOhTOpRO
『気が変わった。可哀想だし別事業でやってる美容マッサージのモニターをしてくれれば無事に帰す。』と告げられ拍子抜けのミルキィ。マッサージ用の着衣がかなり際どかったりで気になったが、マッサージ師が女性ということで安心して問診と施術を受ける。
しかしこのマッサージ、実はコスプレさせイヤーと柚の協力による性感マッサージもののAV撮影だった。
媚薬ミストや媚薬オイルで正常な判断が出来ず身体も自由に動けない状態でベッドに四肢を拘束、『マッサージ』と称した手マンによるポルチオ責めアナル指責めで何度も潮を吹かされる。佳境に入ったらコスプレさせイヤーが『女性マッサージ師』のコスプレを解除、イラマチオやパイズリをしつつ寸止め責めで極限まで昂らせる。
焦らしに焦らされたミルキィに施術終了を告げるも火が着いてしまったミルキィは処女でありながらはしたなく延長の『スペシャルアクメコース(コスプレさせイヤーのちんぽによる処女喪失と連続中出し)』を求め、コスプレさせイヤーに処女を捧げながらアへ顔でイキまくった。

ちなみにコスプレさせイヤーは処女の代金として相当ふんだくられたものの、ギンガに匹敵する爆乳娘の処女を貰えたことと作品の売れ行きで大いに満足とのこと。
また映像には柚が『出演している福娘が映像を見ても「自分にそっくり」と感じるだけで自分本人だとは絶対に思わない』という認識阻害魔法をかけているのでバレる心配は無いらしい。
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:47:03.36 ID:uUZaS8IZO
全裸に手枷・足枷・目隠し・耳栓・ボールギャグ・前貼り(柚曰く『この娘の処女は貴重』とのこと)を付けられた状態でM字開脚で調教台に拘束されたミルキィ
そこにリヴィオラが現れ突然尻たぶや胸を何度も平手や鞭で打たれるが度重なるSM調教や開発の影響で何度もイカされてしまう
それが終わると目隠しと耳栓が外され、以前『クリムゾン』がプリうさの世話になったことを言われた後に蝋燭や鞭によるなどを用いた苛烈なSM調教が開始
痛みとそれを上回る快楽でマゾの才能を開花させられていき最後に締めとしてミルキィの得物である電神の刃を鞘ごと尻穴に突き入れられる
幾度も苦難を乗り越えてきた相棒を不浄の穴に入れられる屈辱に悦びを感じてしまったミルキィはマゾとして完全覚醒
服従の悦びを精神の奥底まで刻み込まれ、一切触れられなかったにも関わらず前貼りが剥がれ落ちるほどの潮と愛液を垂らしながらリヴィオラを『お姉様』と呼びながら無様にイキ狂った
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:48:47.71 ID:uUZaS8IZO
すいません3行目の『蝋燭や鞭によるなど』は『蝋燭など』の間違いです・・・
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:49:34.49 ID:z9uo3Es1O
以前、クチナが所属していた邪教の集団
彼らによって輪姦され、イラマチオ・アナルセックス・強制手コキ&パイずりで全身ぶっかけをさせられ前進が精液で染められる
集団がミルキィから離れ、終わったのかと思いきや、集団が祝詞を詠唱する。すると怖気の走る黒い影が召還され、怖がり逃げようとするミルキィの処女を奪う。
処女が奪われた瞬間、ミルキィは黒い影の圧力が増した様に感じ、自分の力が喰われる様な感覚と共に抗えない快感に堕ちていく。
全てが終わった時、ミルキィは何も覚えていなかったが、大事なものを失った喪失感とクチナに対する妙な感情を覚える様になった。

黒い影・・・邪教が崇める邪神の分霊。処女を奪う事で力を増し、処女の持っている力の一部を奪える。更に精神に微妙に影響が出る。クチナに対して妙な感情を覚えたのもこのため。
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:52:56.41 ID:DFCkvgRJO
ミルキィの処女争奪オークション開催
自らくぱぁさせられた体勢で壇上に固定されて衆目に処女膣を晒される
どんどん吊り上がっていく価格と落札しようという男達の欲望の視線を感じたミルキィは触れられてもいないのに愛液を垂らしてしまう
それを見た男達による言葉責めでマゾ性を刺激されてさらに濡らしていくうちに、1000万など遥かに超えた価格で落札確定
相手はなんと以前デンジンブレイクで倒したはずのオーガであり、ミルキィへの復讐をするために変身魔法で会場に潜り込み虎視眈々と狙っていたのだ
変身を解いたオーガの巨根を衆目に晒す形で一気に最奥まで突き入れられ処女膜を破られるが、それまでの羞恥で既に濡れそぼっていたそこに痛みは無かった
そのままオーガに幾度も中出しアクメを決められたミルキィはフリープレイとしてオークションの参加者全員と精液と快楽を求めて乱行、そこにいたのは元気なレンジャーではなくただ肉欲を満たそうとする堕ちた肉便器だった……
152 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 19:01:05.41 ID:o+o8cwjp0
しめきり!

このレスを判定レスとし、

このレスのコンマに最も近いコンマを採用します。
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 19:03:51.45 ID:DFCkvgRJO
まさかのピタリ賞出ちゃった
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 19:07:05.48 ID:+o5q369x0
え、前に倒されたキャラとか使って良かったの?
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 19:10:44.57 ID:DFCkvgRJO
過去スレ見たらオーガさん倒された少し後に復活してた(敵一覧でも再選択可能になってた)みたいなので入れてみたんだけど……
156 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 19:23:03.93 ID:o+o8cwjp0
コンマ41

はい、ピタリ賞きました!

===

151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:52:56.41 ID:DFCkvgRJO
ミルキィの処女争奪オークション開催
自らくぱぁさせられた体勢で壇上に固定されて衆目に処女膣を晒される
どんどん吊り上がっていく価格と落札しようという男達の欲望の視線を感じたミルキィは触れられてもいないのに愛液を垂らしてしまう
それを見た男達による言葉責めでマゾ性を刺激されてさらに濡らしていくうちに、1000万など遥かに超えた価格で落札確定
相手はなんと以前デンジンブレイクで倒したはずのオーガであり、ミルキィへの復讐をするために変身魔法で会場に潜り込み虎視眈々と狙っていたのだ
変身を解いたオーガの巨根を衆目に晒す形で一気に最奥まで突き入れられ処女膜を破られるが、それまでの羞恥で既に濡れそぼっていたそこに痛みは無かった
そのままオーガに幾度も中出しアクメを決められたミルキィはフリープレイとしてオークションの参加者全員と精液と快楽を求めて乱行、そこにいたのは元気なレンジャーではなくただ肉欲を満たそうとする堕ちた肉便器だった……

===

オーガ、復活!

ミルキィの処女を奪うにふさわしい相手かもしれませんね。

で、確かにオーガは一度倒されてますが。

実はいつか再登場させるつもりではいたのです。

(ミルキィに倒されたときも復活を匂わせるようなことを書いてたりします)

他のキャラでも>>1の改変と解釈、安価内容次第で再登場はできるかも…

いくらなんでも再登場は無理、ってのもあるかもしれませんけどね。

では、これで頑張って書いてみます。

それでは!
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 19:26:47.38 ID:DFCkvgRJO
おつです、改めて採用うれしい
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 19:28:13.24 ID:z9uo3Es1O

おめでとー
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 19:49:30.52 ID:+o5q369x0
安価どこまでやっていいのかわからなくなるのよね
オーガに伏線あったのは知ってるけど名言された訳じゃないし、ギルドと遭遇判定が少し前にあってミスったから出すのは不味いかな?とか、邪教とかインキュバスとか出していいのか?とか・・・
NGあるなら教えて欲しい
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/07/30(木) 20:23:56.60 ID:3oFj856IO
更新来てると思って来てみたらツバキは愛刀でオナってるしギンガは自分のAVでオナってるしミルキィはついに処女喪失が確定してた

てかギンガのこれって1スレ目の流れが
チャプター1:ギンガが目を覚まして状況に気付く→牝牛の気持ちをインタビュー→タイトルコール
チャプター2:アルラウネローション塗り塗りされておっぱい責め→おっぱい絶頂と同時に母乳噴出→そのまま乳搾り
チャプター3:コスプレさせイヤーの手が疲れて一瞬中断→搾乳器登場→搾乳責め→なりきり効果でギンガが牝牛化、牛のようにしか鳴けなくなる
チャプター4:コスプレさせイヤーがミノタウロスになりきり、ギンガの牝牛マンコにオス牛ちんぽを挿入→連続ピストンと搾乳でギンガ連続絶頂、コスプレさせイヤーが射精秒読み→大量中出しと同時にギンガが噴乳絶頂、搾乳カップを吹き飛ばすほどの大噴乳の後に一時的に人語を話してアへ顔絶頂→恐らく一度失神)
としてこのパートが
チャプター5:目を覚ますも牝牛として完全に発情していたギンガが人としての尊厳も忘れて牝牛交尾で何度も中出しされて終幕
って辺りかな
1スレ目で柚にAV卸してる時の
「ボクも撮影中に興奮しちゃいましてね、何回中出ししたか数えるのも忘れちゃうくらいで」
がようやく補完された あとめっちゃシコい
161 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/07/30(木) 20:32:18.72 ID:o+o8cwjp0
>>159

これすっごく悩ましいところで、安価内容を読んで、

自分なりに解釈して書いてみるまでNGかどうかわからないんです。



以前ギンガが試作型キメラに負けたとき、

採用になった安価内容読んで

「出産!? 一年経過させる!?

やっていいのかそんなこと!?」

って めっちゃビビったんですけど、

意外と書いてみたらいけたんですよ。

でもこれも、もし事前に

「ギンガに出産させる安価出していいですか?」って質問されてたら

「えっ、無理無理!」って返事してたと思います。

だからNGかどうかを聞くより、とりあえず書いてもらったほうがいいかもしれません。

むろん注意書きにあるとおり、

書きやすいように改変する可能性はありますが。
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 20:32:55.78 ID:/YK9T44KO
ギンガこれ4のミニイベントでは私物として牛柄ビキニ買ってオナってそう
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 21:01:52.62 ID:+o5q369x0
なるほど…
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 21:06:31.00 ID:/YK9T44KO
書き方次第ではインキュバス先輩がプリうさに手を出したりおきつね堂で柚にも少し被害が及ぶ内容も行けるかもってことね
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 23:54:11.51 ID:53rSjkt6O
淫乱LVの小イベントいいな
そういえば淫乱LV5になったら完堕ちイベントだけど
・ダンジョン敗北では負けた相手、おきつね堂では福娘としての相手に堕ちる
・今回の小イベントのように宿に戻ってから失踪、堕ちの流れ
のどっちなんだろ?
二番目だとしたらそれまでの相手で堕ちる相手が決まるのか安価で決めるのかも知りたい
(個人的にはある意味そのキャラ最大の見せ場だから安価で決めたいところはあるけど)
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 00:26:15.35 ID:/Yu/Ys8u0
解放後に自ら戻るのか
それともそのままになっちゃうのかが気になるところだね

複数人同時に侵されてた場合 そのうちの誰かがLv5到達したらその娘以外は逃げるのかどうなのかと言うのがちょっと
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 06:02:00.77 ID:dSkOM2yzO
前につゆときりをエロシーンに参加させていいかみたいな質問があったけどあれも質問せずにいたら採用の可能性があったってことか
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/01(土) 15:06:12.60 ID:m/m8X5INO
ミルキィはこれ終わっても精神的には処女の上に本人のドM気質が強いから後のエロイベントで
初めてなはずなのに全く痛くない=ドMの変態だから
みたいに指摘してさらに精神的に責めれそうなのがいいね
169 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/08/09(日) 16:05:37.98 ID:IHYApf+U0
あまりお待たせするのもあれなので

冒頭をちょっぴり

===

『福娘』。

それはおきつね堂で表側の店から女性客を連れ去り、裏のVIPルームにて『福娘』として風俗めいた奉仕をさせるという、知る人ぞ知る人気コンテンツ。

普段なら客がその日の『福娘』の目録に目を通し、そこから娘を選択しプレイについて注文を出すことになっているのだが―

連れてきた福娘が特に上玉であった場合もしくは『付加価値』があると判断された場合、裏のおきつね堂特設オークション会場にてVIP会員対象の福娘オークションが開催されるのだ。

会場にはすでに、ゆったりとしたVIP客専用座椅子に腰かけた人々が期待に胸を躍らせながら本日の『商品』の登場を待ちわびていた。



「いやぁ、今回は特に期待が止まりませんな」

「聞けば今回の『福娘』は最近名を馳せている『プリティーうさちゃんズ』のメンバーらしいじゃないですか」

「あそこは実力もさることながら、かなりの美人ぞろいだとか。グフッ、楽しみじゃわい」

集ったVIP客たちは高額な品を扱う商人や、お忍びでやってきた某国の政治家、とある宗教団体の幹部のような、いかにも裕福そうな顔ぶれが揃っている。

彼らが鼻の下を伸ばして雑談をしていると、やがて照明が徐々に暗くなり壇上の一部がスポットライトで照らされた。

「お集りのVIP会員の皆さま。 本日はおきつね堂オークション会場におこしいただき、誠にありがとうございます」

スポットライトを当てられたのは『主任』の札を付けたオーク。

「皆さま、おきつね堂福娘オークションにお越し下さり誠にありがとうございます。

本日の司会進行を務めさせていただきます、オークラです…よろしくお願いします」

パチパチとまばらな拍手がなる中、オークラ氏がぺこりと会釈する。

「えー、今回はですね、『福娘スペシャル』と題しまして…本日入荷した極上の『福娘』をこれより皆さまにご紹介させていただきます」

オークラ氏の言葉に「おおっ」「まってました」の声が飛ぶ。

「それではさっそく、ご覧ください。本日の福娘、ミルキィ嬢でございます!」

オークラ氏がその場を退くと壇上の照明が消え、会場が闇に閉ざされる。

ダララララ…♬ と期待感を煽る小刻みなドラムの連打音が続き、ジャアン、とシンバルの音が鳴ると。

壇上の中央に再びスポットライトが照らされた。

その瞬間―



「「「おぉぉ〜〜〜っっっ!!!」」」

客席から感嘆まじりのどよめきが巻き起こった。



見事な爆乳爆尻ボディをピンク色のリボンでラッピングされた、金髪の美少女が―

客席に向かって大きく股を開き、しかも自らの指先で股間の花びらを押し広げて見せつけるという恥辱的な姿で拘束されている!

「むぐーっ!んんーっ!」

金髪の少女―ミルキィはあられもない裸リボン姿で拘束台に固定され、身動きすることができない。

その上口元にもピンクのリボンが猿ぐつわのように噛まされており、まともに声を出すこともできない有様だ。

(ちくしょぉ! なんでこんなことに…!)

あまりの恥ずかしさに、燃え盛るように体が熱くなる。

くぱぁと開かれ、晒された綺麗な花びらは奥の奥まで丸見えで、手つかずの処女膜まで確認できそうだった。

悔し気な表情の金髪爆乳美少女のエロティックな姿を前に、たちまち客席は色めき立った。
170 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/08/09(日) 16:13:46.07 ID:IHYApf+U0
あ、ちょっとオークラさんのセリフおかしいとこあるな…

とりあえずこのままいきます

===

「こっ、これは! なんたるけしからん!けしからん乳かっ!」

「うひひ…お毛毛も少なくて随分可愛いマンコじゃないか」

「か、かわいい… しかもおっぱいでっか…めっちゃ好み…ゴクリ」

「ははっ、なかなか反抗的な目つきだ。そそるなぁ、こいつは…」

客たちはミルキィの魅惑的な極上ボディを食い入るように見つめている。

「う、ううぅっ…!」

好色な視線と数々の下品な言葉が無遠慮に自分の身体に突き刺さる。

(さ、最悪…こんな奴らに、買われるなんて!)

あまりの恥辱にカァッと身体が熱くなる。



あの柚とかいう女狐はこう言った。

「あんたほどのべっぴんさんの処女、ただの福娘として散らしてまうのはもったいないさかい。

今回は競りにかけさせてもらうことにするわ。

どれだけぎょうさんのお金がころがりこんでくるか、たのしみやわぁ…うふふ」



―当然ミルキィは抵抗したが、武器も没収された状態では彼女に太刀打ちすることもできず。

あえなく無力化されてこんな状況に甘んじている。

彼女ができることは、心の中で精一杯悪態をつくことくらいだ。

(冗談じゃないっ…娼婦の真似事なんかゴメンだっての!)

だが、それでも。

これまで幾度かの凌辱を受けていたミルキィの身体は…

きゅんっ…♥

「…っ」

下腹部を中心に、じわじわとした熱を帯び始めていた。

この視線を浴びているとどうしても思い出してしまうのだ。

オニキスに囚われた時、彼女の手下の男たちに嬲られたあの時の感覚を…

「おぉ…可愛い顔してなかなか色気があるなぁ」

「うーむ、それにしては色素の沈着が少ない…これはまさか…」

客の視線が自分の膣穴に集中していることをまざまさと感じながら、ミルキィは羞恥に身を震わせる。

曝け出した花弁の奥が視線で犯されているようだった。

(見られてる…わたしの、大事なところっ…)


171 :塔の主 ◆VfcsCSY7us [saga]:2020/08/09(日) 16:16:48.63 ID:IHYApf+U0


じゅわりっ…

「っ!?」



男達の視線に犯される膣穴の奥の奥から。

熱い何かがこんこんと湧き出してくるような、認めたくない感覚が生じていた。

(う、うそ…わたし、感じてる…こんなことで…!?)

自分の肉体の反応に戸惑うミルキィをしり目に、オークラ氏の司会進行は続く。

「おほん、すでに持ち前の慧眼で見抜いているお客様もおられるようですが」

オークラ氏は勿体付けたように軽く咳払いしてから説明を続ける。

「なんとこのミルキィ嬢、乳房やアナルの開発は進んでおりながら、未だ処女膜は健在であります!」

この発言に、またも客席が大きくどよめいた。

「馬鹿な、あのカラダで処女だと!」

「可愛い顔してアナル専門の変態というわけか」

「なるほど、柚さんが競りを始めるわけだ」



ますます色めき立つVIP会員たち。

その中で一人、赤黒い肌をした痩身の男が、無表情のまま壇上のミルキィを見つめていた。

服装こそぴったりしたビジネススーツを纏っているが、纏う空気感は堅気のものとは思えない迫力が籠っている。

男は椅子にどっしり腰をかけ、腕組みをした姿勢で無言を貫きながらただミルキィの姿だけを見据えていた。

===



とりあえずここまで

次はいよいよ落札、そして…
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 16:51:57.08 ID:VoLsPsiyO
こっから肉便器として(身体の方は)完堕ちしていくわけか、楽しみだ
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 12:20:15.21 ID:RIkHBWOOO
そういえばここまで多くの母乳シチュ出てるけど、何気にそのほとんどが女の子モンスター(アルスト・アルフェルクス・ベリオ)でプリうさ側はギンガだけなんよね
名は体を表すということでミルキィにもぶちこんであげてぇ
159.30 KB Speed:3.5   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)