【安価でのわゆ】久遠陽乃は勇者である【3頁目】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

713 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/15(土) 21:50:20.61 ID:Eg1ftFkMO
2
714 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/15(土) 22:21:50.92 ID:KsGmZGnIo

陽乃「もう一つの方、行ってみましょ」

陽乃達がいるのは諏訪大社の中の一つ、諏訪大社本宮と呼ばれているところだ。

ほかに上社前宮、下社秋宮、下社春宮と呼ばれる境内がある。

すでに下社の方はバーテックスの襲撃に耐えられず崩壊し、

結界の外になってしまっているため、近づくことはできない

陽乃「……」

陽乃なら強行することも可能だが。

『神としての自覚でも芽生えたかや?』

陽乃は、揺れる自分の影を見つめて、ため息をつく

狐の形をしたその影は、

降り注ぐ陽の光など関係なく、動いている。

陽乃「まさか」

神様としての仕事なんて、結界の維持以外をする気は毛頭ない。

陽乃「でも、次に壊されるとしたら間違いなくそっちになるでしょ? 状態を見ておきたいわ」

『状態なら、外に出る方がよいと思うが』

陽乃「まぁ、そうなのだけど」

『心労はかけたくないと?』

陽乃「……後々、面倒なことになるのを避けたいだけ」
715 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/15(土) 22:44:57.66 ID:KsGmZGnIo

民家の立ち並ぶ県道をまっすぐ歩く

ここに来るまでは、諏訪は建物よりも畑が多い。なんて、

意味の解らない考えも片隅にあったが、見渡す限り家ばかり。

そのほとんどが、無人化している。

結界の外に家を置いてくることになった人々が、

家主を失った家を利用していることもあるらしいけれど、それでも、大部分がもぬけの殻だ。

陽乃「……」

『人間の気配が少ないのう』

陽乃「ええ」

諏訪の神々の代理となってからというもの、なぜだか、そういった感覚が強くなった。

気配というか、命というか

そこに存在している力を、感じる。

「おや、見ない子だねぇ」

陽乃「……ん」

ふと、声をかけられて顔を上げる

高齢の女性

腰もやや曲がった感じのおばあさんは、

陽乃のことをじぃっと見つめて「あぁ」と得心が言ったように声を漏らす。

「歌野ちゃんが言ってた、四国の方から来た勇者様」
716 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/15(土) 23:01:06.96 ID:KsGmZGnIo

「えぇっと……そうそう。久遠陽乃さん。だったかねぇ」

陽乃「名前、知ってるんですね」

「どんな子かって話は、聞いてたの」

杏と球子については、何度も外に出ているし

四国の状況などの話も担当していたから、容姿を知っているらしい。

名前も併せて知っているから、

まだ見たことのない少女、久遠陽乃というのが3人目だと考えたのだろう。

「本当に、きれいな桜色の髪をしているわねぇ……染めているの?」

陽乃「は、え、あ、いえ……これは、元からです」

おばあさんの、やせ細った手が陽乃の髪に触れる

嫌だと振り払うわけにもいかず、軽くうなずいて答える。

これは地毛だ。

どうあがいても変えられない、桜の髪

「ここにきてすぐ、入院したって聞いていたけど……もう、大丈夫なの? 休んでいなくて平気?」

陽乃「……大丈夫です」
717 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/15(土) 23:22:47.44 ID:KsGmZGnIo

「そう、よかったわ。元気になって」

嬉しそうに笑うおばあさんは、陽乃の髪から手を離す。

「一人?」

陽乃「ええ、少し散歩を」

陽乃は、少し困った笑みを浮かべて答える。

陽乃「上社前宮に……参拝をしに行こうかと」

「そう……大丈夫? 道分かるかしら」

陽乃「ありがとうございます。大丈夫ですよ」

敵意は感じられないし、ただの一般人

突っ撥ねる必要もないだろうと、

陽乃は、努めて柔らかく答える。

上社前宮に行ったことはないが、

感覚で、位置がなんとなくだがわかっている。

そう遠くはないし、道なりに行けば問題はなさそうだ。

陽乃「では失礼します」

「あぁ、はい。気を付けてね。無理は、しないでね」

陽乃「……大丈夫です」

陽乃は、どうにか笑みを浮かべた。
718 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/15(土) 23:45:49.23 ID:KsGmZGnIo

上社本宮を出てから、道なりに歩いて約30分程度

距離としては2キロくらいだろうか

民家に囲まれた道、

それなりに開けた道

ゆっくりと歩いてたどり着いた、諏訪大社の上社前宮

本宮に比べれば、やや控えめに見える社殿

参拝客は、今はいないようだ

陽乃「……」

『だいぶ、弱まっておるのう』

陽乃「そう、みたいね」

上社本宮と同じように、上社前宮にも御柱がある

だいぶ、力は弱まってしまっているようだが。

『参拝、するのじゃろう?』

陽乃「神様が、参拝するの?」


1、参拝
2、御柱へ
3、拝殿へ


↓2
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/15(土) 23:47:55.05 ID:eTMKo6760
1
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/15(土) 23:48:43.05 ID:YnAKmBn4O
1
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/15(土) 23:48:54.78 ID:83lKEGpDO
1
722 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/15(土) 23:55:06.46 ID:KsGmZGnIo

では本日はここまでとさせていただきます
明日も可能であればお昼ごろから
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 00:04:09.82 ID:pOTIqBaFO

おばあさんに見せた優しさを杏たちにも見せられたらいいのになぁ…
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 00:49:38.11 ID:ZkYemofQO

優しさは伝わってると思うけどな
725 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 17:07:41.66 ID:Nw76iqsHo
では少しずつ
726 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 17:08:13.56 ID:Nw76iqsHo

陽乃「まぁ、参拝するって言っちゃったものね」

陽乃はそういって、鳥居の前で立ち止まる

陽乃「私、一応神様の代理だし……手順を省いても怒られないかしら」

『妾が知るわけなかろう』

陽乃「冗談よ」

九尾の素っ気ない答えに陽乃は苦笑して、一度頭を下げる。

こんな世界になる以前から、陽乃は参拝に行くこともあれば、参拝に来る人を多く見かけてきた。

それでも、鳥居をくぐる前に一礼をする人はそう多くはなかった覚えがある。

絶対にしなければならないという、決まりがあるわけではない。

あくまで、そういった所作もある。といった程度のものだ。

陽乃「……神降ろしをしたからって、人が神様になれるわけではないもの。
    あくまで、私は神職を担う巫女として、一線の外側だって自覚を持っているべきだわ」

『面倒なものじゃな』

陽乃「でも、久遠という姓が代々受け継いできた巫女としての役割を担う人はもう、あとは私しかいないでしょ?
    その私が、いくら、不満があるからって捨てるわけにはいかないじゃない?」

陽乃はそう言って、困ったように笑う。

九尾はいるが、周りにだれもいないからか、

普段より一段と、声色は柔らかい。
727 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 18:02:04.88 ID:Nw76iqsHo

木々の多い境内、虫の声もせわしなく、

皮膚を焼くような木漏れ日を感じながら、

略式的なお清めの手水舎を過ぎて、内鳥居の方に近づく

陽乃「ねぇ、貴女ならミシャグジ様がどういうものなのか、知ってるんじゃない?」

『知らぬ』

陽乃「そう……」

諏訪の土着の神として、ミシャグジ様と呼ばれる存在がある。

神様とは言うが、本当に神様なのかどうかも不確かだというのは、

人を誑かす妖狐と、神獣としても考えられている九尾と、少し似ている。なんて、陽乃は小さく笑う

陽乃「石の神、木の神。九尾はどっちだと思う?」

『ふむ……木じゃな』

陽乃「どうして?」

『白蛇は屋根に住むといわれておるじゃろう? 石の屋根に取り込まれた蛇は死骸となるが、木ならば、死することも少なかろうて』

陽乃「なにそれ」

くつくつと、九尾はのどを鳴らして笑う。

『ご神体など、関係はなかろう。妾がそうであるように、宿れるものあればそれに宿る。それだけじゃ』
728 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 18:20:45.98 ID:Nw76iqsHo

石段を進んで、少しばかりの登り道を歩く。

上社前宮の拝殿と、

それを囲むように点在している御柱が見える

陽乃「……弱いわね」

『言うたであろう』

陽乃「でも、思った以上だわ」

力もそうだが、

見た目からして、今にも崩れてしまいそうなほどに、御柱は弱っている。

綺麗に整えられているはずの表面には苔が生え、一部が腐り、

前宮……の部分から先の文字はすでに消えてしまっている。

子供の力で押せば、へし折れてしまいそうな感じだ

陽乃「御柱が、その役目を担い切れてない」

『そのために、主様を頼ったのじゃろう』

陽乃「……」

本宮の方は、どちらかといえばまだ無事だった。

だが、前宮の方はもうすでに限界が来ていて、無理矢理に支えったされているような雰囲気さえある。

陽乃「……これ、私が維持しているってことでいいのかしら」

『触れてみればよかろう』

陽乃「どうせまた、崩れ落ちるんでしょう?」


1、御柱に触れる
2、拝殿の方へ
3、清流の方に向かう


↓2
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 18:22:14.53 ID:ZkYemofQO
1
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 18:22:55.27 ID:IamtyawgO
2
731 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 18:47:48.51 ID:Nw76iqsHo

陽乃「力の引継ぎはもう完了してるし、これまで崩しても面倒なことになるだけだわ」

『それもそうか』

御柱には触れずに、拝殿の方に向かう。

『主様、賽銭はあるのかや?』

陽乃「一文無しよ」

陽乃は意味もなくポケットをまさぐって、首を振る

拝殿にきて、お賽銭なしというのも変だが、

ないものはない。

ポケットを叩いても、増えたりしない。

『仕方があるまい』

九尾がそういうと、影が揺れて女性が現れる。

長い金色の髪に日が当たって……少しまぶしい。

九尾「ここは妾が貸してやろう」

陽乃「貴女、お金あるの?」

九尾「くふふっ、いくらでもあるぞ」

九尾はそういって、手のひらに一万円札を出す。

1枚、2枚、3枚……次から次へと、どこからともなく見せる。

陽乃「人は化かせても、神様は無理だと思うけど」
732 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 18:54:43.43 ID:Nw76iqsHo

払いのけると、

散らばっていく紙幣は、瞬く間に木の葉へと姿を変える

陽乃がお金を持っていないのだから

九尾だって、持っているわけがない。

素直に諦めて、鈴を鳴らして、基本のあいさつ

お賽銭がないことの謝罪をお祈りの代わりとした。

九尾「欲がないのう」

陽乃「無駄な希望を抱かないだけよ」

九尾「じゃから、小娘どももあしらうと?」

陽乃「理由の一つでは、あるわね」

陽乃は軽く答えて、九尾を置いて拝殿を離れる。
733 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 19:29:41.39 ID:Nw76iqsHo

拝殿の隣には、清流が流れているとされていた。

だが、今はもうその流れはほとんど感じられない。

晴れていてもしっかりと流れていたはずなのに、

干乾びてしまったかのように、ほとんどの土が乾いている。

本来流れている分の、半分程度だろうか。

陽乃「……流れが、止まりそうね」

九尾「主様がおれば、元に戻るじゃろうが、時間は少しかかるやもしれぬな」

陽乃「だから残る。なんて、私は言わないわよ」

九尾「妾も、残れとは言わぬ」

陽乃の少し冷めた声に、九尾は顔色一つ変えずに返す。

二人の空気にまわりが静まり返って

九尾「主様には残れぬ理由があるのじゃろう? ならば、思うがままに行動するがよい」

陽乃「言われなくても、そのつもりよ」

諏訪を出て行く。

誰がなんて言おうと、関係ない。

ここに残りたい人がいようと、置いてでも向こうに帰らなければならない。

そうしなければ、陽乃の母親が危ういからだ。

九尾「……」

九尾は、弱い流れのそばに腰を下ろしている陽乃を一瞥して、何も言わずに姿をまた影へと消した
734 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 19:30:48.65 ID:Nw76iqsHo

√ 2018年 9月1日目 夕:諏訪

01〜10 水都
34〜43 杏
67〜76 歌野
87〜98 球子

↓1のコンマ

※ それ以外通常
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 19:36:04.70 ID:VYeHfS11O
736 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 19:57:33.32 ID:Nw76iqsHo

√ 2018年 9月1日目 夕:諏訪


諏訪大社の、上社本宮

陽乃達が今住んでいる神社へと戻ると、

参集殿の近くにいた人影が、陽乃に気づいたのか駆け寄ってきた。

歌野「久遠さん!」

陽乃「……なに?」

歌野「どこに行ってたの? いつもの部屋にいないし、誰も何も聞いてないしで心配したのよ?」

陽乃「少し散歩をしていただけよ」

上社前宮に行った後に、

暫く、適当にふらついていただけだ。

自転車も車もなく、

徒歩だったから少し時間はかかったが、そのくらいでしかない。

陽乃「部屋に引きこもっていたって、暇だったんだから……結界の外に出なければ何していたっていいでしょう?」

歌野「それは違いないけど、久遠さんの場合結界の外にもいきそうだから」

陽乃「否定はできないわね」
737 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 20:16:14.80 ID:Nw76iqsHo

陽乃「まぁ、勝手に単身突撃する気はないわ。今のところはね」

この状況で、わざわざ禍根を残すようなことをする気はない。

何の知らせもなしに単身で周囲のバーテックスをせん滅しても、

次の動きが遅れることになる。

その遅れが、四国までの道のりを険しくさせる可能性があるのだ。

陽乃「その様子だと、それを疑って結界の外にまで見に行ったわけじゃないんでしょう?」

歌野「ええ」

歌野は頷いて、ほっと息を漏らす。

歌野「伊予島さんたちが、散歩を勧めたって言っていたから、そうだろうと思ってたし……」

歌野は、自分の胸のあたりに手を当てて、少し悩ましそうな顔をする。

ちらっと陽乃を見たかと思えば、胸元の手に、ぎゅっと力がこめられた。

歌野「なんとなく、久遠さんのことを感じられる……気がしたから」

陽乃「そう……力のつながりかしら」

歌野「みーちゃんも、同じような感覚があるって言ってたわ。久遠さんがどこにいるのかまでは解らないけど
    でも、少し遠くとか近いとか、そういうのは解るって、私と同じように」
738 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 20:59:41.20 ID:Nw76iqsHo

歌野「久遠さんのことを考えた時に、そういうのを感じるわ」

陽乃「……そう」

陽乃は特に意識しなくても、みんなのことを感じ取ることができる

みんなよりも、歌野や水都

もともと諏訪の神々とのつながりを持っていた二人は特に感じやすい

だが、それは神様の力を授かった恩恵で歌野や水都にはないと思っていたが、

そういうわけでもないらしい。

力の繋がりを逆探知している……といえばいいのか、

とにかく、その力の主である陽乃を意識していると、感じ取れるようだ。

歌野「それはそれとしても、心配したわ。無事……だろうとは感じていたけれど
    ほら、久遠さんんってば、何があるかわからないから」

陽乃「だから、もう体に問題はないって言ったじゃない」

歌野「でも、万が一があるわ」

陽乃「……」

もとはといえば、消えかけていた神様の力だ。

それが加わったからと言って、

もう全く心配いりません。というのは、歌野的には無理があるらしい


1、散歩くらい、一人でいいでしょう?
2、過保護ね
3、放っておいて
4、感じられるなら、それでいいじゃない。
5、はいはい。悪かったわね


↓2
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 21:06:51.69 ID:cO4PAH8l0
5
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 21:07:04.97 ID:VYeHfS11O
2
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 21:07:16.71 ID:ZkYemofQO
4
742 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 22:02:19.81 ID:Nw76iqsHo

陽乃「過保護ね」

歌野「久遠さんは私たちの全てだから」

結界を維持するための要であり、

歌野に力を与えている根源でもある。

陽乃が死ねば結界は一瞬で食い破られ、

歌野は諏訪を守る力を失い、ただの少女に戻ることになる。

歌野「万が一も何もないようにしたいの。過保護……だとは思うわ。でも、そうしなきゃ」

歌野は、少し申し訳なさそうにしながらも、笑みを浮かべる。

不安の色が、見え隠れしている。

歌野はポジティブな子だと聞いたが、

陽乃の前では、その印象はやや薄い。

歌野「久遠さんから感じる力は、何も問題ないわ。むしろ、強いくらい」

陽乃「なら心配しなくていいじゃない」

歌野「久遠さんってば、意地悪だわ」

歌野はそう言って、困ったような笑い声を漏らす。

歌野「その強い力も、久遠さんがいなければ消え失せちゃうでしょう?」
743 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 22:33:22.37 ID:Nw76iqsHo

歌野「だから、過保護でも許して欲しいわ」

お願い。と、続きそうな歌野の表情

それに対する陽乃の表情は、少し、申し訳なさそうで。

けれど、閉じた歌野の瞼の奥、瞳にその姿は映らない。

歌野達にとって、なくてはならないもの

神様によって、無理矢理に作り替えられたものだ。

陽乃「……そうね」

歌野「でも、安心して? 四国に行けば多少は緩くできると思うから」

諏訪の結界維持という、重大な要素が無くなれば、

健康になった陽のなら、そこまで過保護にならなくてもいいのではと、歌野は思う。

陽乃「諏訪を捨てること、恨まないの?」

歌野「今更だわ。久遠さんには久遠さんの目的と理由があるでしょう?」

歌野は優しく、応えて。

歌野「何より、それがあって、単独で突破できるだけの力があって、一人でさっさと出て行かずにいてくれてるだけ、感謝だわ」

歌野は、そう言った
744 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 22:35:41.60 ID:Nw76iqsHo

↓1コンマ判定 一桁

0,3,8 歌野「なんだかんだ言って、みんなのことを考えてくれてるのよね」

ぞろ目 特殊
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 22:39:20.13 ID:ZkYemofQO
746 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 23:10:22.45 ID:Nw76iqsHo

歌野「なんだかんだ言って、みんなのことを考えてくれてるのよね」

陽乃「別に、考えてるわけじゃないわ」

陽乃はその好意的な言葉に対して、首を横に振る

陽乃「ここには勇者が3人いる。それを捨てるわけにはいかないだけ」

歌野「3人じゃないわ。5人よ。久遠さんとみーちゃんがいるから」

陽乃「なら、4人ね。そこに私を数える必要はないもの」

陽乃は、笑みを浮かべる。

水都は巫女だが、

彼女を勇者と言いたいのなら、それで構わない。

だが、自分を加える必要はないと。

陽乃「いずれにしろ、それが理由よ。私が、理由なしに他人を助けるなんてないわ。一般の人は、あくまでついでよ」

歌野「……」

陽乃のそれは、謙遜ではない。

拒絶だ。

歌野「ついででも十分よ。おいて行けって、言わないんだから」
747 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 23:30:36.22 ID:Nw76iqsHo

歌野も、杏も球子も

みんなが諏訪の住民たちを一緒に連れ出そうとしているから、仕方がない

そう言われるかもしれないが、だとしてもだ。

歌野「そもそも、お母さんのために向こうに戻りたいって言うんだから、それ以外は必要ないわ」

陽乃「そう」

素っ気ない返し

でも、その口で母親がいるから戻らなければいけないと、言ったのだ。

少なくとも、大切な人がいて

何があっても、そのために行動できる心がある

なのに、今すぐに……とは言わないでいてくれている。

十分だ。

陽乃の態度がどうであれ、それだけで。

歌野「……」

歌野は、小さく笑う。

声に出さずに、口元だけ。

歌野「ねぇ、お夕飯は一緒におそばを食べに行くのはどうかしら。おすすめがあるの」


1、お断りよ
2、別に、いいけど
3、勝手にしたら?
4、何も言わない

↓2
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 23:30:51.24 ID:yiweYbBN0
2
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 23:36:26.18 ID:cO4PAH8l0
2
750 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/16(日) 23:43:36.84 ID:Nw76iqsHo

では本日はここまでとさせていただきます
明日も可能であれば通常時間から
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/16(日) 23:50:16.97 ID:VYeHfS11O

あれだけ突っぱねたり問題起こしたりしても信じてくれるうたのん優し過ぎる…
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/17(月) 01:13:46.71 ID:HDS9blGeO

みんなでお蕎麦イベントか
馴染んできたな
753 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/17(月) 22:33:10.37 ID:/RCL9s8jo
では少しだけ
754 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/17(月) 22:36:57.70 ID:/RCL9s8jo

陽乃「別に、いいけど」

歌野「えっ、いいの!?」

陽乃「冗談じゃないならね」

歌野の思ってもみなかった反応に、陽乃は顔を顰める。

歌野「冗談なんかじゃないわ! ただ、久遠さんのことだから断ると思ってただけで」

陽乃は、よくよく突っ撥ねる

水都には時々付き合っているのは見かけるが、

巫女として、必要だからという理由がある。

必然じゃない夕食の同伴なんて、9割断られてもおかしくはなかった。

歌野「だから……ふふっ、嬉しいわ」

陽乃「……そっ」

陽乃への弁明のような形になった、困り顔

けれど、そこには笑みもあった。

陽乃はいつも通り素っ気なく返して。

陽乃「で? ほかの人には言ってあるの?」

歌野「これから言うわ。でも、大丈夫よ」

絶対にみんな来てくれる。

歌野はその確信があった
755 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/17(月) 23:16:40.87 ID:/RCL9s8jo

歌野が思っていた通り、みんなは二つ返事で外食を決定した。

普段は、蕎麦よりもうどんだという球子も、さすがに文句ひとつ言わなかった。

陽乃「お蕎麦しかないって、話だけど」

球子「たまには、悪くない」

陽乃「そう」

杏「私、こんな時間に子供だけで外食するのって、初めてです」

水都「私は……うたのんとだったら、何回もあるよね」

歌野「ふふっ、そうね」

数えられないくらいあった。と、歌野が嬉しそうに言うと

水都も併せて、笑みを浮かべる

球子「タマもないな……普通に中学生だったら、部活に入ったりして、部の仲間と打ち上げみたいなのもあったかもしれないけど」

杏「四国だと……夕方以降は基本的に寄宿舎待機だったもんね」

指示が出ていたわけではない。

けれど、不思議とみんな、そうだった。

それと比べると、諏訪はあまりにも自由だ
756 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/17(月) 23:50:52.57 ID:/RCL9s8jo

球子「そうだなぁ……千景は、夜出歩くと久遠さんに何されるかわからないわって、言ってたな」

陽乃「へぇ」

球子「陽乃の噂は、結構……なんていうかな」

杏「声が、大きかったからね」

言葉に迷う球子の隣にいる杏が、代わりに言う。

千景は当然のように知っていたし、

球子や杏達だって、悪い話ばかり聞いていた。

もちろん、杏はそれを鵜呑みにはしなかったし、若葉や友奈は慎重だった。

歌野「でも、実際に生活してて久遠さんが残虐な人だって感じることはなかったでしょ?」

球子「残虐かはともかく、油断できないやつだとは思ってた」

水都「……積極的に声をかけたりとか」

球子「しなかったな。避けられてるなーって感じはあったし、タマも避けてた。若葉は、ちょくちょく絡んでたけど」

球子は、あの頃は悪かったなと、困り気味に笑って。

球子「陽乃の分は、タマがおごってやるぞ!」

陽乃「はぁ?」

杏「たまっち先輩……」

球子が奢らなくても、ここは奢りだ。

球子が奢る隙はない


1、向こうに戻ったら、そばは食べにくくなるわよ
2、白鳥さんたちは食べ納めしておくことね
3、別に気にしてないわ。事実、避けていたし
4、今はこうでも、貴女達も、向こうでの私の評判を聞いたら怖くなるわよ。


↓2
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/05/17(月) 23:51:25.96 ID:TtfSK4n00
踏み台
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/17(月) 23:53:10.85 ID:HDS9blGeO
4
759 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/18(火) 00:12:09.68 ID:OBe6ft3Go

陽乃「今はこうでも、貴女達も、向こうでの私の評判を聞いたら怖くなるわよ」

水都「久遠さん自身から、話を聞いてるのにですか?」

陽乃「私が本当のことを語ってるって?」

水都「うん、信じてる」

客観性がないと陽乃は言いたくなったが、

その部分はもう、杏達が埋め合わせしてしまっている。

それはきっと、じゃっかん陽乃寄りの話だろうけれど

でも、それでも水都の返事は変わらないだろう。

「みんな、おまたせ〜」

空気を割くように、お蕎麦が運ばれてくる。

歌野達行きつけのお蕎麦屋さんで

夏場には決まってこれ。となる、ざる蕎麦

天ぷらだったり、とろろだったり

付け合わせは様々だが、基本は一緒だ。

水都「わたし達は、向こうでのうわさがどうであれ……ここで見てきた久遠さんを信じる」

歌野「そうね。自分で見聞きしたものを信じる。それだけよ」
760 : ◆QhFDI08WfRWv [saga]:2021/05/18(火) 00:18:08.83 ID:OBe6ft3Go

では本日はここまでとさせていただきます
明日も可能であれば通常時間から
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/18(火) 00:23:18.74 ID:PRs0j5HnO

仲良しパートが続いててほっこりする
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/18(火) 00:26:35.19 ID:I1X/wmbNO

陽乃さん編になってからこういう日常シーンがすごく貴重に感じる
四国に戻っても平和な場面ができるようになるといいな
352.13 KB Speed:11.9   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)