【安価】ふたなり光線銃【コンマ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 21:20:50.92 ID:03tWxMDLO
「すごいの作ったぜ」

「まあその名の通り女性をふたなりにする銃!」

「こいつを使ってどうするかって?」

「いろんな美女美少女をふたなりにして、元に戻すことを条件にいろいろ楽しむっていう趣味の奴に拾わせるんだよ」

「のちに安価でキャラ募集する。その時、コンマの大きさでふたなり化した際のモノの大きさが変わる」

「ゾロ目で剥ける。90以上で服に収まらない超巨根になる。00は身の丈ほどの大きさになる」

「さて、人間界に銃を放ったぞ。最初に拾う人間は……?」


選択安価↓ 名前もここで募集

1.男
2.女(ドS)
3.女(レズ)

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 21:28:49.50 ID:b1ooD4o60

三田村 沙雪(みたむら さゆき)
3 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 21:34:55.12 ID:03tWxMDLO
沙雪「へえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

沙雪「面白いもん拾っちゃった。最初は子供のおもちゃと思ったけど、拾った瞬間使い方やらなんやらぜーんぶわかっちゃった」

沙雪「こいつを使えば、ふふ、あの女をひいひい言わせて這いつくばらせることが出来るし、あの子もいじめちゃえるし、うふっ、ふっふふっ」

沙雪「よーし、まず狙うのは〜〜〜〜……」



すぐまた安価でアレだけど被害者募集。
安価↓1〜3にて。まずはこちらで選ぶけど、選ばれなくてもこの後出るかも。


名前:
年齢:
容姿:
性格:
職業:
備考:
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/03/23(火) 21:41:16.80 ID:reG79bcxO
名前:小鳥遊 ひかげ
年齢:17
容姿:黒髪おかっぱのメカクレ 猫背で地味な容姿だが着痩せしており脱ぐと爆乳で髪を上げると可愛い、いわゆる化けるタイプ
性格:気弱でオドオドしており無口
職業:高校生
備考:登下校の電車でよく痴漢に遭っていたので最近は女性専用車両を使っているが、それが災いして最近沙雪に目をつけられている
面識は無い
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 21:51:59.83 ID:ddPT/2Bn0
名前:イリス・グレイシア
年齢:17
容姿:いかにもなお嬢様。金髪ロングで胸がでかい
性格:高飛車
職業:高校生
備考:スペックは高いが人間性に難がある為に孤立しているお嬢様。喘ぎ声がでかい。友達がいない分、仲良くしてくれる人にはすぐデレる。仮にギャルゲのヒロインだとしたら攻略難易度はかなり低めだろう。[田島「チ○コ破裂するっ!」] は結構する
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 21:53:13.36 ID:fw+YojDHo
名前:鳳雛院 サリア
年齢:15
容姿:北欧系のハーフで灰色の瞳、プラチナブロンドのロングの妖精のような少女。背丈はちっこい。
性格:好奇心旺盛で何にでも興味をもつ
職業:学生
備考:父親は良いところの家の御曹司で、旅行で来日した外国人に一目惚れして交際、両親の反対を受けても結婚して本家からは勘当状態になった経緯がある。
子供にはそのような束縛は受けさせまいとかなり自由に遊ばせている。
7 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 22:09:57.01 ID:03tWxMDLO
学校〜〜


沙雪「い〜〜〜り〜〜す〜〜ちゃあああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん」

イリス「あら、なんですの? 庶民さん」

沙雪「はっ、どうもどうも、庶民どえええええ〜〜〜〜〜〜す」ニヤニヤ

イリス「お下品ですこと。はあ、ため息が出ますわ」

沙雪(普段だったら腹立つ苛立つ、むかつくしかないその感じ!)

沙雪(今日だけは楽しい嬉しい面白い! 思いっきり屈辱を与えて恥かかせてやるんだからね!?)

フフフクックック……

イリス「……なんですの? お下品を通り越して、もはや不気味ですわ」

沙雪「っさい! ちょっと話があるから、トイレ……いや、屋上に来て」

イリス「はあ?」



モブ「あのグレイシアさんを呼び出すなんて……」

モブ「珍しいことするな」

モブ「レズい告白でもする気か?」

モブ「むしろ決闘だろ」

ワイワイワイ
8 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 22:13:00.66 ID:03tWxMDLO
屋上〜〜

沙雪「まだ少し寒いわね」

イリス「こんなところにわざわざ呼び出して、なんですの?(全く、庶民の考えることはわかりませんわ)」

沙雪「ま、こんなところだからこそ……人もいないし、やりやすいってもんよね。それに、寒い中でフルチンにする屈辱も味わわせられるし」ニヒッ

イリス「本当に、さっきからなんなんですの? 意味の解らないことをぶつぶつと!」

沙雪「っさいわね……めんどいから、えいっ! 光線銃発射〜!」ビビビビビ!

イリス「!?」


ムクムクムムム


9 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 22:17:08.46 ID:03tWxMDLO
イリス「い、今の光は何ですの!?」

沙雪「ふふっ、違和感に気づかない?」

イリス「は……?」ピクピクッ

沙雪(大きさレベルは80か……かなりのビッグマグナムになったから、気づかない筈はないわ)

イリス「何を、い、言って……? うっ?」ヘコヘコッ

沙雪「ふ、どーしたの? へこへこ腰動かしちゃって」

イリス「い、いや、これは、ち、ちが……な、なんでこんな……っ」ウググ

沙雪(パンツの中でアレだけむくむく大きくなろうものなら、そんな風にもなっちゃうわよね。くっくっく……)

イリス「はあ、はあ、はあ……ふっ、ふあっ、ああっ、あああんっ! あはっ、ひあっ!」

沙雪「おーおー敏感な……まだるっこしいわね。とっとと二なり姿、見せて見ろっつーの!」ダッ!!

イリス「!?」

10 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 22:22:58.48 ID:03tWxMDLO
沙雪「隙だらけぇ! スカート&パンツ脱がしいいい!」ズルルルル!!

イリス「ひいあああああああ! 冷たい風が当たりますわあああああーーーーーーーーー!」ヒホオオオオオオオオオ!!!

ギンギンギン!!

ダラダラダラ

沙雪「うっは! ぎんっぎん! しかも、マン汁もタラタラしちゃってうわー最低!」

イリス「あひっほっ! ひほほっ! おひっ! お、おほひっ!? こ、こここ、これは、なんですの!?」

沙雪「馬鹿すぎ」クククク

イリス「は、は、はあああああああ!? わ、わたくしの、わたくしの体に、こんなものがあああああ!?」ガガーーーン!

沙雪「今気づいたの!? バカ!?」

イリス「あ、あああああっ! ち、ちが、違いますの! わたくし、性別を偽っているわけでは! ち、違いますのよぉおおおお!」ヒギャアアアアアーーー!

沙雪「うっわ、先端と根本だけ掴んで隠そうとしてる! 糞馬鹿すぎ!」ギャハハハハハ!!

イリス「み、見ないでくださいましぃいい〜〜〜〜!」ヒイヒイヒイ!

沙雪「からかってやろ……>>12
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 22:24:18.44 ID:SLP2cRiFO
押し倒して足でグリグリしてやる
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 22:25:00.89 ID:2PLpD6JT0
フタナリに息を吹きかけビキビキになった股関を馬鹿にする
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 22:25:01.58 ID:wLaVEF46O
ちんこに優しく息をフーフー
14 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 22:28:05.39 ID:03tWxMDLO
沙雪「ふーーっ!」
15 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 22:30:47.82 ID:03tWxMDLO
イリス「はひ!?」ビクンビクンビクン!!

沙雪「変な声〜」プークスクス

イリス「お、おや、おやめにっ、おやめになって〜〜!」

ビキビキビキ

沙雪「おーおー、思い通りにビキビキになってくれちゃって。無様〜」

イリス「ぶ、ぶざ、ぶざっ!?」

沙雪「哀れなものねえ。人を寄せ付けないイリスお嬢様。その理由が、性別ごまかしによるものだったなんて」

イリス「ご、ごまかしてなんて……わたくしは、確かに女性ですわ!?」

沙雪「はあ? んなわけないじゃん、どーみたって、ヘンタイ勃起男でしょ? うわーやーだー」

イリス「ひいいいいっ! ち、ちがうんですのお! こ、これは、これは……今、今さっき生えてきてぇえ!」

沙雪「はあ? 何言ってんの?」

イリス「信じてくださいましぃいいいいい!」
16 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 22:32:51.92 ID:03tWxMDLO
沙雪「その血管浮き出た、今にもヤりたくてしかたありませーんって雰囲気……私を前にして、ヘンタイな欲望をむき出しにしてるんでしょ?」

イリス「違いますわあ! だれが、誰が貴女などに!」

沙雪「最低中の最低よ」

イリス「は!?」

沙雪「最低中の最低って言ったの。学校で。しかも屋上で。か弱い女の子を目の前にして、ビッキビキのギンギンにしてみせて。面白いの? ねえ」
17 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 22:38:11.02 ID:03tWxMDLO
イリス「違いますわああ〜〜〜〜〜〜!」ヒギャアアアアーーーン!

沙雪「ふっ」

イリス「違いますわ違いますわ! わたくしは女性ですわあ! グレイシア家のぉ、長女のイリスですわああああ! 男であるわけありませんわあ! うあああん! いやああああん!」ワーギャーヒエエエエエ!

沙雪「騒ぐなっつーの。人くるよ? そのフルチン姿、大勢に見られちゃうよ?」

イリス「ひっ!」ピタッ

沙雪「へえ、プライドで自制できるんだね。そのくせ、私一人しか見ていないと思うと、ぎゃーぎゃー赤ちゃんみたいに騒ぐんだ。誰も見てないところだったらどんなにぶっ飛んだことして見せるか……」

イリス「ひっ、ひっ! ひっ、ひっ!」

沙雪「考えただけでも、サイテー」

イリス「ひがああああああああああ!!!」グオギャアアアーーーー!!



沙雪(次はどうからかってやろっかな……ん−、選択安価↓)


1ふたなり光線銃の秘密をばらして脅迫
2映像を撮って脅す
3女の証拠を見せろと言う
4体をいじくってやる


その際の台詞 安価↓3

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 22:39:06.01 ID:ddPT/2Bn0
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 22:39:32.28 ID:bNEJRQljO
4
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 22:53:58.05 ID:2PLpD6JT0
4
本当に女なら射精なんてしないわよねえ?
21 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 23:00:11.25 ID:03tWxMDLO
イリス「ひ!? は!?」

沙雪「だーかーらー……」ニジリニジリ

イリス「こ、来ないで、来ないでーーー!」

沙雪「射精しないところをみせろっつーの!」バッ!

ナデナデナデナデナデリンチョ

イリス「おひひひひひいいいいーーーーーーーーーーーー!!」

沙雪(つか、フツーにマン汁タラタラで分かるんだけどね。ま、本人が気づいてないならいいや)サスサス

イリス「ぴーーーぽーーーーーー!」

沙雪「救急車かっつーの(お尻も」サワサワ

イリス「ひひひふひーーーーー!」

沙雪「バカみたいだね(マンコつついたるわ」ツンツン

イリス「ぴきょーーーーーーっ!」

沙雪「ガチ変態かっつの(次は太腿でも」スリスリ

イリス「はああっ、はあああっ」

沙雪「あ、一息つかせちゃった」テヘペロ

22 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 23:02:26.06 ID:03tWxMDLO
沙雪「ま、いいや。バックからしがみついて――」ガシッ

イリス「!?」

沙雪「チンコしごいたるわ」ガシガシガシ

イリス「おーーーーーーーー! おーーーーーーーーーーーーーーー!!」

沙雪「ほーれ、皮かむりデカチン、ぐっしぐっしぐっしぐっし」グッシグッシ

イリス「おーーーー! ほほーーーー!」
23 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/23(火) 23:06:51.28 ID:03tWxMDLO
沙雪「あらら……よがっちゃって。さっきからさ、普段からやらしーのかな?」スリスリ

イリス「うひほほほっ! おーひーほほっ!

沙雪「必殺玉つかみ!」フンワリ

イリス「おおおおあああああああ! びくんびくんしちゃいますわああああ! おおおー! おおおおーーーー!」

沙雪「あは、優しく掴んであげたのに効果絶大だねー」

イリス「はほおおおおっ、はほお、ほ、は、ほ……ほおおおおお!」ドッピュウウウウ!!

沙雪「おおー盛大」

イリス「はあ、はあ、ほあ、ほあ……は! は!? は!? はああああ!?

沙雪「あはははは! みっともなっ! どーれ、お顔を拝ませてもらおうかしらん」サッ

イリス「ほおおえええええ、ほおええええええ」ギフゴホホホオオオオ

沙雪「言葉にできないすっごい顔してるわ」ククククク

イリス「わ、わらひが、わらひが、がっこ、がっこの、おくじょで、は、はがっ、はがっ、はがっ、ほがあっ」

沙雪「ふふ、じゃ、一ついいこと教えたげる」

イリス「は……は!?」

沙雪「ふたなり光線銃で、かくかくしかじかしちゃったわけ!!」ジャーン

イリス「はああああああああああああ!? じゃ、じゃあ、全ては貴女の……私が女性だと知りながら?!」

沙雪「そっ」

イリス「ひ、こ、この……ゆ、ゆるしはせんわああああ!」ダッ!

沙雪「おっと、実力行使に出るの? ならば反撃……安価↓1か2! もしくはどっちも!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 23:08:02.57 ID:ddPT/2Bn0
ギャグSSだった……
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 23:08:28.87 ID:ddPT/2Bn0
ごめん安価下で
26 : ◆ebV7WZ4DUw [sage saga]:2021/03/23(火) 23:09:31.00 ID:03tWxMDLO
まあこっちも遊びでやってるんで……

再安価↓&↓↓
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 23:13:39.04 ID:wLaVEF46O
ちんこの根元を縛って射精出来ないようにしながらてこき
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/23(火) 23:49:26.90 ID:Zxj+NhVGO
亀頭を手のひらでぐりぐり
29 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/24(水) 00:33:46.73 ID:A1+l4icQO
ブラブラブラ

イリス「ひっ! ひふっ!」ガクガクッ

沙雪「無様にも、走るだけで揺れる勃起チンポの刺激を受けてしまったようね。目をまわしちゃってマヌケっ」

イリス「ぎ、ぎいっ」

沙雪「そもそも、あのお嬢様ともあろうお方が、下半身マッパのフルチンダッシュとかしていいと思ってんの?」プププー

イリス「ぎひいいいいっ!」

沙雪「まだ走った時の衝撃が残って腰が抜けてるようね。んじゃ、無抵抗なうちにー」グルグル

イリス「はひ!?」

沙雪「ちんこ根本縛り〜」ウヒヒヒ

イリス「はぎいいいい!」

沙雪「ほーれ、手コキしたろーじゃないの」シコシコ

イリス「ホホホホヒーーーーーーーーーーーーッ!!!」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/24(水) 00:36:34.07 ID:2W2iyyiYO
鳴き声なんなんだよw
31 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/24(水) 00:41:10.54 ID:A1+l4icQO
グビギギギギ!!

沙雪「あは、早くも金玉破裂しそう」プハハハ!

イリス「おーーー! おーーーー! おーーーーー! おーーーーーーー!」

沙雪「イきたい? イきたい? ねえイきたい? ”いぎだいっ!”てのは無しよー」

イリス「いぎだいっ!!」

沙雪「ばか」クックック

イリス「ひ……ひ……ひおおおおお! 私があああ! わたくしがあああ! こんなはずではああああ!」

沙雪「ふふっ、そうね。本当だったら、いつものようにお澄ましして、男子が近寄ってこようと女子が話しかけてこようと、冷たくあしらってお高く留まる日常が待っていた筈だものね」

イリス「ひうううっ」

沙雪「それが、今やチンポコ生やして勃起して、ひーほーひーほー叫んじゃって、顔もマヌケに緩んで……無様。無様。無様エロっ!」ギャハハハハハ!!

イリス「ひぎいいいいいいいいいいいいいい!!」

沙雪「あはははは! 悔しいね! 悔しいね! 羞恥心くすぐられまくり! 変態女の末路だわ! あははは! あはははは! ぎゃはっ! はははははははは! あー、おなか痛いっ!!」

イリス「も、もおおお……お、お許しををおお……お許しをおお……痛くて、辛い……」

沙雪「は?」

イリス「痛いですわ……お、お、おちんち……あ、あなたの生やしたこれが、痛くなってしまうのですわ……破裂してしまいそうに……!」

沙雪「あはは! あれだけで破裂とか、本来からいやらしーんだあ!」

イリス「い、いいから、は、早く、お、お、お助けをぉおおおおお!」

沙雪「おー懇願。いいね、いいね。よし、じゃ、元に戻してあげる」

イリス「っ!!」

沙雪「その代わり――――、安価↓1〜4やって! どれか一つもしくは複数個! 全部やる可能性もありっ!」

イリス「ひひひひひいいいいーーーーーーーーーーーっ!!!」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/24(水) 00:43:27.79 ID:/xl6Hee0o
まんぐり返しの体勢で自分に顔射
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/03/24(水) 01:06:20.65 ID:+f24b/up0
チンポに触れないギリギリで舌をレロレロ踊らせて射精欲を煽り懇願させてからフェラチオ
34 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2021/03/24(水) 03:21:56.97 ID:C8fuHvRc0
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/24(水) 09:43:15.43 ID:lHnJm/mgO
全裸土下座で奴隷宣言
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/24(水) 10:16:41.01 ID:2d3Bb+JKO
首輪をつけて犬のように足上げ放尿
37 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 10:04:12.86 ID:sILOFcpmO
沙雪「んー、おかしな考えが頭に浮かんだ気がするけど、>>35>>36を実行してもらおっかな」

イリス「っ! っ!」

沙雪「土下座してから犬になったら手間も省けるしねうんうん」

イリス「何を……何を言って……」

沙雪「うっさいわ、文句言える立場?」

イリス「……っ」ワナワナ

沙雪「さ! まずは全裸! すっぽんぽん! まっぱだかのフルマンぷるぽんぱーー!!」

イリス「ぜ、全っ、ぜん……すっぽ……ぷるぽん……へ、は!? へ?」

沙雪「早くしないと誰か呼ぶぞ〜」

イリス「ははひっ!」ヌギッ

沙雪「ふっ、すっかり従順だねえ。さあ脱げ脱げ〜負け犬〜」

イリス「こ、このわたくしがこのわたくしがああ……このわたくしがああああ……」ヌギヌギプルンッ

沙雪「あはっ、いい胸してんじゃん! 女の魅力抜群だねー」

イリス「くっ、くっ!」

沙雪「うらやましいなー、美人だし、スタイル良いし、金持ってるし、何にも不自由しないし」

イリス「うううう……っ! ううううう……っ!!」
38 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 10:09:46.88 ID:sILOFcpmO
沙雪「黙ってるだけでスクールカーストの上位にいけるもんね、すごいわね。ホント」

イリス「やめて……」

沙雪「表向きは反目してても、あらゆる女子が羨み、あらゆる男子が憧れを抱く、それがイリス・グレイシア〜〜〜!」

イリス「やめてぇ……」

沙雪「でもお、でもでも! その正体は!」

イリス「!?」

沙雪「チンポコギンギン! 変態勃起ふたなり怪人! 恥ずかしくっても、先端と根本をぎゅっと握って隠すしかできない珍獣さんでした〜〜〜〜! いよっ! やはは! ぱちぱちぱちぃい〜〜〜!」ギャハハハハハハハハ!!!

イリス「ひいいいいいいいいいいいいい! もお嫌ですわああ!!」

ガバッ!!!

イリス「わたくし奴隷! あなた様の奴隷! 一生仕えますから元に戻してくださいませええええええええええっ!!」ヒギャアアアアア!!

沙雪「あはっ、土下座奴隷宣言! いっただきました〜! 動画撮影もしました〜! おっと、まだ動かないでね、回りまわって、全方向撮影するから!」

イリス「ひいいっ! ひ、ひいいっ!」

沙雪「何? 嫌なの?」

イリス「はっ、はっ!? ち、ちがっ、ちがい……な、なんなりとおおお!」

沙雪「よろしい。では撮ります」ジー

イリス「ひぐっ、ひぐっ!」

39 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 10:19:34.36 ID:sILOFcpmO
沙雪「ふふ、地面にチンポコくっつけちゃって惨め〜。ではいよいよ背後から撮影します〜〜」

イリス「く、ううう、そんなにじっくり撮らなくても……っ」

沙雪「ケツ穴いただきました〜! マンコも撮れてます〜! そしてその下に鎮座するは、チン座するは、謎のふたなり金玉ぁ〜〜〜〜!」

イリス「ああああ……あああああ……お尻まで……そんな……!」

沙雪「ほんじゃ、首輪つけるよん」グイッ

イリス「うっ! こ、これから……おしっこを……!?」ビクッ

沙雪「ほれ、わんとお鳴き」

イリス「お、おしっこをすればいいのでは……」

沙雪「わんとお鳴き」

イリス「……わんっ」クウウウウ

沙雪「あはっ! あははははっ! いい気分〜!」

イリス「……くううううっ! 絶望感が……想像以上の絶望感が……押しつぶしてくる……!!」

沙雪「じゃ、おしっこして」

イリス「うああっ、あああっ」

沙雪「わんと鳴く前の従順な気持ちはどこへ行ったの? さあ、見せなさい。あなたの真の力。隠された奴隷としての才能を発揮するのよ!」ビシッ!!

イリス「ぎ、ぎいいいいいっ!! ぎいいいいっ!」ガバッ!!

沙雪「あははっ! やった! 片足上げ! やだー! ふたなり嫌だからって、ここまでする!? プライドの無さがはっきりわかるわ!」

40 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 10:26:53.74 ID:sILOFcpmO
イリス「な、何をっ!?」

沙雪「だって、100万人の女の人に、ふたなり化した時に元に戻る代わりに犬ションするかってアンケートとったら、100万人中100万人がしないって答えるのが普通だと思わない? それなのに、アンタはやろうとしてる」

イリス「そんな……はず……そんなはず!!」

沙雪「つまり、イリス。あんたの奴隷としての類まれな才能だってことよ。まさにこの世にあり得る筈のなかった超天才だってね! つまり、誉めてんの。嬉しいでしょ」

イリス「うれし……うれしくなんて……っ!」

沙雪「かる〜〜〜〜く金蹴り」ピシャンッ

イリス「ひぎゃああああああっ! ああああああーーーーーーっ!」ピョーーーン!!

沙雪「あははっ! 前にすっとんでっちゃった! 馬鹿すぎ!」

イリス「あああああああーーーっ! ああああああーーーーーーっ! ああああああああああーーーーーーーーーーっ!」ゼエゼエハアヘエ

沙雪「おやおや、金玉押さえて顔を地面に擦り付けて虫の息。真の奴隷ならば、たとえどれほどの痛みを味わおうと、命令を利けるはずよ」

イリス「ひいいい……ひいいいい……もう……ゆるして……」グズッジュルッ

沙雪「そう思うなら早くしろや、このハリボテお嬢様がっ!!」

イリス「お父様ぁあ……お母さまぁあああ!!」ウグッヒック!!

沙雪「やれこらっ! 早くしろっ! もういい! 誰か呼ぶ! 電話帳から……よし、高志呼ぶ!」ピッポッパ

イリス「ひっ!? あ、青山……青山君のこと!?」

沙雪「そーだよ」

イリス「そ、それだけはそれだけはそれだけはああああ!」ガバアアアッ!!

沙雪「わっ!? 縋り付いてくるなんて……もしかしてアンタ……」

41 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 10:31:04.44 ID:sILOFcpmO
イリス「おねがいしますうううううう!!」ダラダラグジュジュ

沙雪「うっわ、涙に鼻水涎ってすっご。めちゃくちゃな顔になってるわよ。まあそれで確信したわ。アンタ、高志のことを……へー」フフフフフ

イリス「あ、あああっ、ああああっ、あああああっ!」

沙雪「よーしこうしましょ。あと1分でおしっこ出し切らなかったら、高志をここに呼ぶわ。高志に超絶みっともない姿を見られたくなかったら、早くおしっこをしてふたなり解除してもらって服を着る。それしかないわ」

イリス「あああああ……青山君にだけは……嫌絶対に嫌!」ガバッ!

沙雪「よし、犬ションポーズ再び。では今から1分カウントしまーす」カチ

イリス「だ、出さないと早く出さないとーーーーっ!」



イリスの運命は?
安価投票1〜7

1出ない
2チンコから出る
3マンコから出る
4両方から出る
5尻から別のが出る
6 4と5

一番最後の人のコンマによって、いつ出るかも変化
コンマ1につき1秒経つ設定
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 10:48:49.73 ID:zbgSwSVjO
2
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 10:50:38.27 ID:5YpOMWmiO
6
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 11:40:28.83 ID:XJ66+uMno
4
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 11:51:52.78 ID:6dq7An2pO
6
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 11:57:34.50 ID:Ky6fvwlJO
2
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 11:58:23.50 ID:9Bnjv1htO
2
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 12:03:08.96 ID:cwJlEf+RO
6
49 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 16:31:40.79 ID:KEbQrN7zO
しまった同率になった時のこと考えてなかった(あほ

最後の一票安価↓
2か6で

コンマの数は>>48の「96」になります
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 16:36:25.24 ID:6PxXhVa0O
2
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 16:38:31.22 ID:/eQFtyZmO
同率の時は最大コンマ出した選択肢優先とか或いはコンマ合計値勝負とかやってるところはあるね
安価下
52 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 17:07:39.33 ID:KEbQrN7zO
↑なるほどどうもです!
53 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 17:13:49.19 ID:KEbQrN7zO
イリス「ひいっ! ひいっ!」ブラブランッ

沙雪「お、がんばってるねー、腰振っちゃって。エロいよっ」

イリス「ひいいっ! ひいいっ!」ブラブラランッ

沙雪「勃起ビッグマグナムが揺れておりますな〜」

イリス「きひっ! ひっ! からかわないで……くださいまし……」ブラーリブラブラ

沙雪「何を偉そうに注文付けてんのよ。腰の振り方調節して出そうと必死になってるくせに」ニヤニヤ

イリス「ぐ……は、早く……っ!」ブオンッ

沙雪「はい一分経過〜」

イリス「ひっ!? うそ……」ピタッ!

沙雪「うそー」キャハ!

イリス「ひあっ! ぐっ! こ、この……この……!」プルプルプル

沙雪「いいから早く」

イリス「うう……出ない……出ない出ないっ! 助けて……誰か助けて……!」
54 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 17:19:35.06 ID:KEbQrN7zO
沙雪「イリスは助けを呼んだ! 青山高志が現れた!」

イリス「からかうのはやめてくださいましいいいっ!」ヒイヒイヒイ

沙雪「あは、バレたー?」クックック

イリス「あああ、あああああ……あああああ……っ!」

沙雪「さあ、この今撮っている映像が本物になるか、合成扱いされるかの運命の瞬間が近づいておりますー」

イリス「あああ……やめてえええ……」

沙雪「やめてやめてと命令がウザいわね。奴隷の身分を忘れないこと。そして、たとえふたなりでなくなったとしても、いつでもまた戻される危険があるという事」

沙雪(一分たったわ、高志をLINEで……)ピッポッパー

イリス「ひ……が、頑張りますううう……」

沙雪「お、久々に出ました奴隷根性の服従セリフ! これぞイリス・グレイシアの本領発揮です〜〜!」パチパチパチ

イリス「ううううううううっ! ううううううううっ!!」
55 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 17:25:36.37 ID:KEbQrN7zO
高志「ボクの名前は青山高志。ただの普通の高校生だ」

高志「ただ、ちょっとみんなから近寄りがたいと言われているイリス・グレイシアさんと少し対等に話せていることで、周囲からは一目置かれている」

高志「まあそれだけで、普通の高校生なんですけどね……」

友「よし、カット」

高志「これでいいかな?」

友「ありがとよ」

高志「参考になれば幸いだよ」

友「俺の描く漫画の主人公の名乗りの参考に使わせてもらうよ」ンート

高志「面白いのを期待してるよ……ん? 沙雪からLINEだ」

友「あの裏表すごいのとよく付き合ってられるな」

高志「え? 裏表?」

友「しかも猫かぶりの天才と……」

高志「何の話だろ……え!?」



沙雪:大変、今すぐ屋上に来て!


高志「なんだ……!?」ダッ!!
56 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 17:43:09.90 ID:KEbQrN7zO
〜〜


イリス「出て! 出て! 早く出てぇええ〜〜〜!」ブンブンブン!

沙雪(ふふ……本当に約束通り、ちょうど1分で呼んでやったやさしさに感謝しなさい……)

イリス「早くぅうう! 早くぅううう! 見られちゃうううう! 見られちゃううう!!」

沙雪「見つかっちゃったら終わりだねー」

イリス「はううう、はあああっ!」

沙雪「おしっこが出しやすいやり方教えてあげよっか?」

イリス「お、教えてくださいお願いしますううう!」

沙雪「お、きちんと敬語。奴隷の身分が染みついてきたね! よしよし」

イリス「早くしてえええええ!」

沙雪「”おしっこじゃんじゃんじょっぱじょぱー”って叫ぶんだよ」

イリス「は!?」

沙雪「一見迷信に聞こえるけど、こうして体に言い聞かせることで、膀胱が緩みやすくなるわけよ」

イリス「は……ひ……は……っ!」

沙雪「どうすんの?」

イリス「ひぐっ!」

沙雪「さあどう」

イリス「おしっ……うっ!?」

沙雪「ん?」

イリス「で、でる……でるっ!!」

沙雪「なんだ惜しい」



ジョバアアアアアアアアアアアアアアッ!!!
57 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 17:50:54.97 ID:KEbQrN7zO
沙雪「あららら……すっごい勢い。ふたなり化のせいなのか、もとからめちゃくちゃたまってたのか」

イリス「でました……でましたわああああ! 出ましたわああああ!」ジョババババババ!!

沙雪「おーおー、にやにやうすら笑っちゃって。やーらしっ! ……おっ?」

ダッダッダッダッダ!

高志「沙雪、何があったの!?」バッ!

イリス「はあ、はあ、出た! 出たああ! 出ましたわ……やっと……やっと! ああん! あああああーーーーーん!」ジョバババババババ!!

高志「さゆ……え? いり……す……さん?」

イリス「出ましたわあああ! やっとのことで! やっと……やっと……!!!」ジョバババババババ!!

高志「うそ……あのイリスさんが……?」

沙雪「大変なのよ高志〜! イリスさんが、急に……こんなことを……」ビクビクビク


沙雪(おっと、ふたなりは解除してあげるわ。それでも十分な恥だもんね〜)ピッ


イリス「はあ、はあ、はあ……終わった……も、元に戻れましたわ……っ」ヘエヘエハアハア

高志(あれ、おちんちんが消えた……? い、いや、どっちにしても、イリスさんがこんな姿……あ、アソコも……お尻の穴も丸見えのすっぽんぽんで……)ギンギン


58 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 17:56:02.51 ID:KEbQrN7zO
イリス「はあああ……うっ」ジャバッ!

沙雪「だ、大丈夫……? (あらやだ、安心して力尽きて、ものすごい広がった尿だまりの中に倒れこんじゃったわ。きったなっ)」

高志「だ、大丈夫なの!? え、えっと、服はそっちか……とは言っても、着られるのかな……?」

イリス「……え?」

高志「ん? ど、どうしたの」

イリス「へ!? は……あ、青山君!?」ガーン!!

高志「え」

沙雪「今気づいたの?」

イリス「ひ、ひ、ど、どこから!? どこから!? ひいいいいっ!?」

沙雪「……おしっこでたーって喜んでたところから」

イリス「は……いひいいああああああ!? ああああああ!? あああああっ!? ああああっ!? ひあひゃああああああああああああああああ!?」ヒギャアアアアアアアアアアア!!

ダッパーン!!

沙雪「うわ、動揺して起き上がろうとして転んで、仰向け開脚で尿たまりダイブしちゃった……もろ見え」

高志「う……うわっ////」

沙雪「そして高志はガン見」

イリス「ひいやああ……ひいやあああ……助けて……助けて……たすけてええええええ!!!」


高志「え……えっと……ふ、拭く物を持ってくるね」タッ


タッタッタ……


59 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 18:06:10.30 ID:KEbQrN7zO
イリス「あああああ、あああああ……行かないでええ……行かないでええええ……」

沙雪「あーらら、行っちゃった(ちっ、優しいなあいつ。まあどうでもいいけど)」

イリス「こ、こんな姿見られちゃった……こんな姿見られちゃった……」

沙雪「うんそうだね。ま、ふたなり動画はコラ扱いされることになるだろうから、その点は助かったね」

イリス「あっ……ない……戻ってる……」

沙雪「よかったねーうんうん。わが奴隷よ」

イリス「う、ぐううっ!」

沙雪「高志君は確かに見たのよ。アンタの、チンポの生えない混じりっ気のないマンコをね。大股開きの……」

イリス「あああ……っ!」

沙雪「今更手で覆ったって無駄。ついでに言ったら、今のこの姿も撮影してるからね? これはコラとは言えないわねー」

イリス「ひ……ひっ! ああ……この……変態女……!」

沙雪「あん? なに、怒るの? ふたなりでなくなったから強気になったってわけ?」

イリス「う……っ」

沙雪「またいつでもふたなりにできるってこと、忘れないでよね」

60 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 18:08:13.79 ID:KEbQrN7zO
イリス「ううう……っ」

沙雪「全く。ついでに言ったら首輪つけてることも忘れてない? 奴隷犬ちゃん?」

イリス「あっ!」

沙雪「呆れたバカ犬ね。まったく……あ、そうだ。奴隷としての名前を付けてあげる。私だけといる時とか……あ、あだ名として通用する名前でも有りかも……」

イリス「な、名前!? ちょっと……名前を、わたくしに、変な名前を付けようと!?」

沙雪「そうだよ〜。その名前で自己紹介するんだよ。めっちゃへりくだった無様で変態な自己紹介をね」

イリス「そんなっ!」

沙雪「文句あるの? またふたなりにするから」ビビビ!

イリス「きゃあああああ!?」ボロン

沙雪「あはははは! 萎えチンだあ!」

イリス「ひいいい! ひいいい! 許してくださいご主人様ぁあああああ!」

沙雪「はい戻す」ピッ

イリス「は、はあ、はあっ」

沙雪「出したり消したり、アンタはおもちゃかっ!」

イリス「悔しいいい……っ」

沙雪「で、名前だけどー」

イリス「あああ……あまりに変な名前は……それだけは……」

沙雪「だーめ。アンタの名前は……うーん、安価↓1〜3……」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/03/25(木) 18:11:36.45 ID:ocwnIY3b0
フタナリス(ふたなり+イリス)
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 18:27:57.72 ID:KA87O3mHO
イーちゃん
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 18:41:51.73 ID:ZzHsKqiw0
ちん子
64 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 19:12:37.99 ID:KEbQrN7zO
沙雪「どれがいい?」

イリス「い……イーちゃん」

沙雪「そうよね。それ選ぶよね。ションベンまみれのくせに意地を張るとはね」

イリス「ううっ」

沙雪「でもま、いいわ。もうふたなりではないわけだし。ね、イーちゃん」

イリス「……はい」ホッ

沙雪「どうイーちゃん、ご飯は一緒に食べようかイーちゃん。今度おごってよイーちゃん。みんなで遊びに行くのもいいね、イーちゃん」

イリス「う、ううっ、動物みたいに……!」

65 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 19:15:09.02 ID:KEbQrN7zO
沙雪「あははははは! いいじゃん可愛くて! ちん子よかいーでしょ!? ねえ! あはははは!」

イリス「ぐう……ぐうううっ」

沙雪「あはは……ふっふっふ、ちん子ってみんなの前で呼んであげよっか? アンタが違和感なく返事をする姿をみんなが見たら……あはは!?」

イリス「く、く、く、く……っ!」

沙雪「あはははははははは! あーっはっはっはっはっは!! ああ、ああ、気持ちいいい〜〜〜!」ヒャッハー!!

イリス「ああああ……っ! あああああ……っ!」

タッタッタ……

沙雪「おっと、高志きたか」



66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/03/25(木) 19:19:14.39 ID:ocwnIY3b0
どっかで見たことあるやり取りだと思ったらあれだ、チウとヒムちゃん(ダイ大)だ
67 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 19:29:42.22 ID:KEbQrN7zO
高志「イリスさん! 濡れタオル持ってきたよ!」バッ!

沙雪「おーお優しいねえ」

イリス「青山……くん」ウルウル

沙雪「ふふふ。今いいこと思いついたわ。話、合わせなさい」

イリス「っ!? な、何をさせるつもり……」

沙雪「高志、ありがと。ほら、イリスさん、拭いて?」

イリス「……はい」フキフキ

沙雪「高志、一つ相談があるの」

高志「えっ?」

沙雪「実はね、イリスさんって、人に見られながら犬みたいに裸でないと、おしっこできないの」

高志「ええええっ!?」

イリス「!!!」

沙雪「今、それを打ち明けられたところ」

沙雪「昨日までは、別の子に見ていてもらったそうなんだけど、その子と喧嘩別れしてしまったらしいの」

沙雪「そんなだから、おしっこ我慢できなくなって、偶然見かけた私を捕まえてここに……ってわけ」

高志「え、ええっと……?」チラッ

イリス「う……う……そう、なんです……わ」ガックリ

高志「そ、そうだったんだ……でも、そ、そういう体質とかあるからね、しかたないよね……」

イリス(優しさが……痛いいいいいっ!!)

沙雪「でさ。これからは、高志に見る役をしてほしいのよね」

イリス「!!!!!!」

高志「えっ!? い、いや、それ、どうして!? ここは沙雪のほうが……」

沙雪「だってさ、高志は秘密を知っちゃったじゃん。これから先、普通に接しても、実は彼は私の恥ずかしい秘密を知っている……ってビクビクしながら生きてくよりも、秘密を共有して親密にやっていくほうがいいって思わない?」

高志「え、ええええ……いや、思わない……とも……いいきれない……本人はどうなの」

イリス「う……う……っ!」

沙雪「ね、さっき、あなたがそうしたいといったのでしょう?」ニヤリ

イリス「うううう……うううう……!」



イリス「おねがい……しますわ……青山君……私の……犬のような全裸のおしっこ……これからも、見てください……っ!!!」

高志「わ、わかったよ、うん……わかった」

イリス「ああああああああああああああああ……っ!!!」ガックリ



沙雪(ふふふ、恋のキューピッド役をしてくれる、なんて優しいご主人様! これからどうやって弄んでやろうか……楽しみすぎる!!)グフフフフフ!!
68 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/25(木) 19:32:00.73 ID:KEbQrN7zO
とりあえずイリス編終了!


次のターゲットは女教師にしよっと


安価↓1〜5でキャラ募集、その中からこちらで選ぶ。複数人の登場もあるかも
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/03/25(木) 19:42:26.13 ID:ocwnIY3b0
こう?

名前:小日向 桜華(こひなた おうか)
年齢:25歳
容姿:ギザギザの青い短髪。背は小さめだけどGカップの張りがある胸と引き締まったヒップが男の目を引き寄せる。赤ジャージで下着は薄ピンク色のアダルト下着
性格:男っぽく大雑把で割とむっつりスケベ。性欲が強く見られると興奮する性癖の持ち主
職業:女教師
備考:分野は体育教師。趣味はランニングと意外にも料理
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 20:00:21.16 ID:uRbqNquE0
名前:木之下 水香(きのした みずか)
年齢:24
容姿:青みがかった黒髪ロングで後ろ髪を縛ってる 背は平均的だが胸はかなり大きく眼鏡をかけている
性格:内向的で気弱な所があるが真面目で頑張り屋
職業:女教師
備考:国語教師 実は偽名で官能小説を書いている
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 20:38:05.54 ID:az3MVehJO
名前:土田夏織(つちだ かおり)
年齢:23
容姿:黒髪おかっぱ頭 和風美人 デカ乳 小柄 小動物オーラをまとっている
性格:おっとりお嬢様 一途 奴隷気質 ドM 
職業:女教師
備考:社会担当 実家はお金持ち いじめてくれるご主人様募集中
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/25(木) 20:54:41.04 ID:wMXicShZO
名前:小野寺 夏海(おのでら なつみ)
年齢:23
容姿:ショートカット、背が低く中性的な童顔で、美少年にも見える。Bカップ程度はあるが着痩せ気味。
性格:温厚で威厳がなく超お人好し
職業:女教師
備考:国語教師、特に古文が専門。生徒には好かれてもいるし舐められてもいる。かなり初心。
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/26(金) 04:13:22.25 ID:yzVkDqhe0
名前:要 今日子(かなめ きょうこ)
年齢:38
容姿:七三分けのショートボブ タイトスカートから伸びるストッキングに包まれたムチムチの脚が特徴
性格:校長にも生徒にも等しくキツイ完璧主義者
職業:教師
備考:数学教師 誰が相手でも効率を求める。無駄な話はぴしゃりと打ち切る冷酷な性格と思われがちだが、生徒の一人一人の進路相談には真摯
74 : ◆ebV7WZ4DUw [sage saga]:2021/03/28(日) 10:17:16.78 ID:XB5WBr5EO
待たせててすまん

今日再開できるかもしれない
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/28(日) 12:08:19.56 ID:ehL60461O
待ってる。それと予告なら別にsageなくていいよ
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/29(月) 20:18:59.01 ID:eE1AfGLnO
人は希望を与えられ、それを奪われる時、もっとも美しい顔をする…

それが>>1のファンサービスさぁ!
77 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 20:34:01.66 ID:zzRgXUGFO
今やっとできるところだったのにあーあーやる気なくしたー




>>71 >>73 登場決定


78 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 20:34:42.07 ID:zzRgXUGFO
キーンコーンカンコーン

A男「てめえ殺すぞ!」グオオ!

B男「お前こそ潰してやらあ!」ガアア!

夏織「もうすぐ授業ですよ〜」フワンホワン

A男「うっ/// は、はーい」

B男「お……先生/// 教室いきまーす……」

夏織「うん、頑張ってね」ホワン

AB「は〜〜い」ホワンホワンホワン



A男「可愛いよなあ夏織先生」

B男「なんたら沙雪とは大違いだ」


沙雪「……」
79 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 20:38:35.42 ID:zzRgXUGFO
AB「へへへへへ」ホワンホワン


今日子「貴方達、何をしているの?」ギロ

A男「ひえ」

B男「うっ、か、要先生……」

今日子「授業は始まっているわ。早く行きなさい」

A男「いや、夏織先生に言われて今」

今日子「土田先生、でしょう?」

A男「は、はいっ!」ビクッ!

B男「も、もう行きます、さよならー!」ピュー!

今日子「走らない!」


AB「恐いよなあ要先生。でも足がむっちりして女王様感が……へへ、なんたら沙雪とはえらい違いだ」

沙雪「……」
80 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 20:45:49.85 ID:zzRgXUGFO
夏織「あっ、要先生」

今日子「何か御用?」

夏織「い、今、A男君とB男君に……」

今日子「その話、今必要かしら?」

夏織「う」

今日子「定例会議の資料作成の時間が空いている筈よね。空き時間に取り掛かるべきではなくて?」

夏織「は、はい……すみません」ドキドキ

今日子「ああ、これ」ヒョイ

夏織「え……コーヒー?」

今日子「糖分を摂取して効率よく励みなさい」

夏織「は、はいっ! あ、ありが……」パアアアア

今日子「どういたしまして」クルッ

ツカツカツカ

夏織「……行っちゃった」



夏織(厳しいけど恐い……でも優しい……私のご主人様……)フフフフフフフフ

今日子(全く、後輩指導、生徒指導……悩みは尽きないわね。さて、教材の準備を手早く済ませなくては……)ツカツカツカ


沙雪「ぶりっこ教師とツンツン教師……別にそういう人種が嫌いってわけじゃないけど、すごくターゲットにしたくなったから、やる」
81 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 20:52:45.02 ID:zzRgXUGFO
教室〜〜

沙雪「ねえ、イーちゃん」

イリス「っ!」

沙雪「ねえ」

イリス「さ、沙雪……さん。どうかしまして?」

沙雪(ふふふふ、ちゃん付けとさん付け。些細で気にならない人はならないだろうけど、明確に差としてつけてみましたー)


モブ「最近あの二人仲いいよね」「イーちゃんだって」「どうやって手名付けたんだか……」


イリス(手名付け……!)ググッ

沙雪(ふふ、どーやってかって? ふふふ、くっくっく……)

イリス(いつかあの光線銃を奪って……そ、その前に、映像が残っていないか確かめる必要が……どうすれば……)

沙雪「ちょっと手伝ってよ。まずは人払いお願い」

イリス「……ちょっと、なんですの? 皆様揃ってわたくし達をじろじろと!」


モブ「おっと」「す、すみませーん」「わるいわるい」「しつれーしましたー」スゴスゴ


沙雪(ふふふ、こういう力も私の思うが儘!)

イリス(虎の威を借りる狐……っ!!)
82 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 21:00:54.28 ID:zzRgXUGFO
夜・視聴覚室〜〜〜〜


沙雪「ライトアップ!」パッ

イリス「……」

今日子「貴女達、一体何のつもり?」

夏織「先生達を縛っちゃだめだよ〜」

沙雪「意外と簡単だったわね、睡眠薬用意して縛るだけでOKなんだもの」

イリス(本当に簡単でしたわ……土田先生はあげると言って睡眠薬入りコーヒーを渡すだけ、要先生は作業に集中しているところでご自身のコーヒーに混ぜるだけ……あとは、スケートボードに乗せて運ぶ……誰にも見つからずにここまでできるなんて、どういう強運の持ち主ですの……?)

沙雪「んふふふ、夏織先生は、いつもぶりっこしてて男子をたぶらかす罪、今日子先生は」

今日子「要先生でしょう!?」

沙雪「きょ・う・こ・先生は! いつも冷たく偉そうにしてる罪により、粛清します!!」

今日子「なっ! 三田村さん、一体何をするつもりなの! 今なら罪を重ねる前に、やめておきなさい!」

沙雪「は? 今日子先生って……数学教師だからかな〜? ”今なら罪を重ねる前にやめておきなさい”だって! 国語がなってないわ〜」

今日子「なん……ですって!?」

沙雪「きゃははは〜〜! まあいいわ。今から、今日子せんせ……”きょーこちゃん”と”夏織ちゃん”には、想像もつかない罰を与えます」

イリス「っ」ブルブル

沙雪「光線銃、発射ぁ〜〜〜〜!」ビビビビビビ!!
83 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 21:06:50.50 ID:zzRgXUGFO
夏織「きゃああーーーっ!」

今日子「う……っ! 何、そのおもちゃは!」

沙雪「おもちゃ、ね」

夏織「眩しかった……こ、これが罰なの?」

イリス(まだ気づいていない……? でも、いずれはあの屈辱……あんな惨めな思いを……!)ワナワナ

沙雪「ほんじゃ、イーちゃん。きょーこちゃんのスカートとパンツ、脱がせて」

イリス「えっ? わ、わたくしですの?」

沙雪「そうそう」

イリス「だ、だって、連れてくるまで手伝うと……」

沙雪「言ってない。どこで勘違いしたかは知らないけど、そんな約束してないわ」

イリス「そ、そんな! せ、先生方……わ、わたくしも……ううっ」

沙雪「おだまんなさい! (だって本当にしてないもん)」

イリス「っ!!」ビクッ

今日子「グレイシアさん、貴女、脅されているのね? 負けてはいけないわ。たとえ、何らかの弱みを握られていたとしても、真に恥ずべきは脅迫をする人間よ。いつか……」

沙雪「あんたもおだまんなさいっ(急所蹴り!)」ベシッ!!



今日子「 ひ ぎ ゃ っ ! ? 」



夏織「え、い、今の声……?」
84 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 21:13:43.75 ID:zzRgXUGFO
今日子「は、はぐあ……ふ、ふあ、ふぐあああああ……!?」ピクピクピク

ドサッ

夏織「だ、大丈夫ですか今日子先生! (目も口も鼻の穴も膨らんだすごい顔でひっくり返っちゃった……わ、私のご主人様が……)」

今日子「な、何この痛み……この感触……え、え、今のは、一体……!?」

沙雪「気づかないかあ。予定変更。まずは、夏織ちゃんのを脱がせちゃって、イーちゃん」

イリス「は……?」

沙雪「ビッグマグナムになりたいの?」

イリス「……やります」

夏織「あ、あわわっ、ちょ、い、イリスさん、それはだめ!」ジタバタ

イリス「あ、あまり動かないでくださいまし……」

夏織「えっ? (あのイリスさんがこんなおずおずとした言い方を……ご主人様の言う通り、本当に大変な弱みを握られているのでは……?)」

ズルルルッ

夏織「あ」スポーン☆

沙雪「はい、お目見え〜」

夏織「ひやゃあああああああんっ!!」ビクビクビクウウッ!!


夏織(脱がされちゃった脱がされちゃったっ! ご主人様以外に脱がされちゃったっ! やだどーしよーーーー!
やだどーしよーーーーー……濡れちゃうっ!!)ドピュッ


夏織「……え? (なんか、変なの……出た?)」
85 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 21:24:23.82 ID:zzRgXUGFO
今日子「うう……えっ!? あ、あなた、それは……えっ!? えっ!?」

イリス「……見ていられませんわ……」

沙雪「えっへっへー、生えた生えた! 平均よりちょい大きめかなー?」クヒヒヒ!

夏織「え……どうして?」ブランッ



夏織「きゃあああああああああああああああああああああああ!!!!」ダララーン



夏織「何!? 何!? 何が!? へっ!? へっ!? 私、私なんで!? へーーーーーーーーー!?」ガガガガーーーーン!!

今日子「ま、まさかあなた……男性……!?」

夏織「ち、違います違います! 私は普通の女の子ですぅうううーーーーー!!」ギャアアアアアア!!!!

今日子「だ、だって、そんなものがついていて……生えていて……性別詐称をしていたなんて……!?」

夏織「違うんです違うんですってばー! 信じてくださいご主人様ーーー!」

今日子「だ、誰がご主人様よ!」

夏織「はう!」

今日子「ま、まさか三田村さん、これが狙いでこんなことを……?」

沙雪「その通り。私は、人を欺き美人教師として羨望のまなざしを受ける悪人を退治するために、あえてこの場を……ではなくてー、ふたなり光線銃を使ってお二人で遊んでいるだけでーーーす」キャハハハハ!

今日子「ふ、ふたっ!?」

夏織「ふたなり光線銃!? わ、私をふたなりにしたの!? お願い戻してー!」

沙雪「だーめ。まだまだ、もっと楽しんでからよ。だから、その前に……イーちゃん」

イリス「……はい」スッ

86 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 21:29:36.99 ID:zzRgXUGFO
ガシッ

今日子「うっ!? 私も脱がすつもり!? や、やめなさ……」

イリス「すみません先生、でも、元に戻るためには今こうするしか……!」ズルズルッ

今日子「う……っ(その目、怯え切った目……確かに彼女の言う通りにしておくのが、最善策だということのようね……仕方がないわ)」

今日子「わかったわ、脱がせてみなさい。好きなだけ楽しむといいわ」

沙雪「はいはーい」

今日子「一体……どうするつもりなの。私達をおもちゃにするつもりなの!?」

沙雪「はっ」

夏織(あん///)

今日子「えっ!?」

沙雪「そうに決まってんでしょ!!」

イリス「−−−−っ」スポーン!!

今日子「……くっ!」



……チョロン。
87 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 21:39:24.76 ID:zzRgXUGFO
今日子「……っ」

夏織「あ……ら?」

イリス「……えっ?」

今日子「何よ……」チョロロン♪

沙雪「ちっさ! マジちっさ!!」

今日子「!?」

沙雪「えーナニこれーー! 夏織ちゃんの半分くらいの大きさしかなくない!?」

今日子「それが、なんだというの! 貴女がしたことでしょう!」

沙雪「いや、でもそれは……」

今日子「なんだというの!!」

イリス「……かわいい」

今日子「は、はあああっ!?」ズギン!

夏織「ご、ご主人様のおちんちん……ちびっちゃい」

今日子「あ、貴女まで何を言っているの! こ、これは、私の体の成長とは何の関係もないでしょう!?」

沙雪「ぷっ、かわいい、とか、ちびっちゃい、とか! 確かに、あの厳しく凛々しい要今日子先生の男根様が、こんなチビチビだと様にならないわなー!」キャホホホホ!

今日子「な、ななっ、なっ!」

88 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 21:43:09.20 ID:zzRgXUGFO
沙雪「(あ、そうだ)一つ秘密を教えてあげる。ふたなり光線銃は、その人間の持つ精神的成長に応じたチンコを生やすことになっているの」

今日子「はあ!?」

沙雪「つまりー、きょーこちゃん。あなたの普段の厳しさ凛々しさは、他人に対して優位に立つために作られた仮初のものだということだと、今明らかにされたわけよ!」

今日子「そ、そんなっ! そんなわけがないでしょう!? でたらめを言わないで!」

沙雪「じゃあ証明しましょうか。イーちゃん、ちょっとだけやるわよ」チャキッ

イリス「えっ!?」

沙雪「ちょっと試すだけだから。今度、高志の好きな料理教えたげるから」

イリス「ぐ……っ(逆らっても無駄、今は応じるしか……)」

ビビビビビ!!

イリス「……」ボロン

夏織「きゃあああ! おっきいっ!」

今日子「 な 」

沙雪「イーちゃんは気高いお嬢様。このチンコはまさにその精神力の産物よ。夏織ちゃんは、普段のほわほわさからは意外に大きかったけど、やっぱりきょーこちゃんがなあ……」

今日子「ふ、ふざけないで! いい加減にしなさい! こんな、こんなの、あり得ないわ!」ガバッ!

沙雪「おっと、立ち上がったかー! じゃあ後ろに回ってケツ丸出しのところを撮影しまーす!」パシャッ!

今日子「なっ!」

沙雪「そこにローキック」ゲシッ

今日子「あっ!」ドテンバターン!!

夏織(ご主人様がこんなにやられちゃうなんて……)
89 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 21:48:06.05 ID:zzRgXUGFO
沙雪「んふふー、どーだどーだーざーこ(ミニチンふみふみ〜)」ギュッギュッギュ

今日子「はひっ!!」ビクン!

沙雪「かつてない刺激にびっくりしておりますな〜、さーて、どうしたろっか」

イリス「……あの」

沙雪「ん? ああ、イーちゃん、元にすぐ戻す約束だっけ。いったん、OFF」カチ

フッ

イリス「戻った……(下を早く穿きなおさないと!)」バサッ

沙雪「ん? あれ、2人も戻っちゃった!?」

夏織「え、あ、本当!」

今日子「……っ!」

沙雪「もう一回撃つ、と」ビイビビビ


夏織「ううっ」ブラン……

今日子「ぐっ」チョロン☆




沙雪「よーし、ではお仕置きと言うかなんというかいろいろやっちゃおっかな。安価↓1〜4を、一つずつか複数、やっちゃるか」
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/03/29(月) 21:55:23.33 ID:Oh1susrI0
夏織と今日子にお互いのブツをしごかせあう
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/29(月) 21:57:22.14 ID:pH6o0OH0O
お互いにブツを舐めさせる
92 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/03/29(月) 22:00:55.16 ID:js5+T5eUO
二人を肩幅に立たせて、イリスが夏織を、沙雪が今日子の股間を後ろから複数回蹴りあげ、先に膝を床についた方が負けゲーム。
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/29(月) 22:01:53.00 ID:PCND5eTTO
教師二人を四つん這いにさせてバックから牛の乳搾りの要領で精液搾り手コキ
先に射精した方にはペナルティー(安価募集かイッチが考えて決めるかはお任せします)
94 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 22:10:23.64 ID:zzRgXUGFO
沙雪「よーし>>92しよ」

イリス「な、なんというゲームを……!」

沙雪(どうせなら、イーちゃんには手加減させて私は思いっきり蹴って、一発できょーこちゃんを無様敗北させるって手もあるけど……んーまー、それはまた別の機会に)

今日子「どうしたらそんなことが思いつくの……勉強はしているの!?」チョロロン

夏織(ご主人様は取り繕っているだけで本当はビビりヘタレ女子……?)マジマジジロジロ

今日子「土田先生、ここは……耐えるしかないわよ」

夏織()
95 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 22:19:29.04 ID:zzRgXUGFO
沙雪「さー、立った立った。縛られてるけど立てるのは、きょーこちゃんがさっき証明したよねー」

今日子「……」スック

夏織「……」

今日子「あなたも」

夏織「え……はいっ」スッ

沙雪「おーやま。きょーこちゃんってば、ビクついちゃって」

今日子「なんですって!?」

沙雪「私に命令された瞬間即立ち上がるなんてさ。夏織ちゃんみたいに、余裕をもって立つことが出来ないのね」

沙雪「催促もされてないのに立つなんて、ビビり〜! しかも連帯責任が恐いからだろうけど、夏織ちゃんにも早く立つよう促したりして!」

沙雪「んなこと言われなくったって、夏織ちゃんも立てるっつーの!」ケラケラケラ

今日子「ち、違うわよ! これは、私のとるべき最善策……」

沙雪「脚を肩幅に開くっ!」

今日子「っ!」ガバッ!

沙雪「ほらー、即命令に従って! ビビりの証拠! 心弱い証拠! 器の小さい証拠! チンチンの小ささのおかげで、最初から分かり切ってたことだけどねー!」ギャハハハハハ!

今日子(違う、絶対に違う! 男性器の大きさが心根の強さだなんてあり得ない……! なにか、別の条件がある筈なのよ……!!)

夏織「あ、あの、私も、脚を開きました……」キュンキュン

96 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 22:27:53.54 ID:zzRgXUGFO
沙雪「んでは、金蹴り耐久ゲーム開催!」

イリス「……」

沙雪「盛り上げ」

イリス「ど、どんどんぱふぱふ〜〜〜!」

沙雪「ぱふぱふねえ、ついでだからおっぱい寄せたり開いたりして”ぱふぱふ”しなさい」

イリス「う……ど、どんどん、ぱふぱふ〜〜!」パフパフパフ

沙雪「ではルール説明」キリッ

イリス(悔しいっ! 道化役だなんて……!!)



”金玉ライフゲージ”をコンマで設定、その後蹴る度にコンマ1の位で蹴られた際のダメージを決定。
先に0以下になったほうの負け!


今日子の金玉ライフ 安価↓
夏織の金玉ライフ 安価↓↓
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/03/29(月) 22:28:51.75 ID:Oh1susrI0
安価というコンマでは?
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/29(月) 22:29:18.04 ID:fZ+El7KY0
はい
99 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 22:35:47.43 ID:zzRgXUGFO
ブラブラン……

沙雪「んははっ、美人女教師がダブルで下半身マッパのチンブラ状態! これは壮観ですな〜」

今日子「早く……蹴るなら蹴りなさい……」

沙雪「覚悟決めた風に見せなくていいですから。ミニチンきょーこちゃんの心の震えはしっかり感じ取っておりますから」

今日子「この……っ!」


イリス「せ、先生、耐えてくださいまし……」

夏織「う、うん、あなたのせいじゃないから……(金蹴り。金蹴り。どんな感じ……?」ドキドキ


沙雪「んじゃ、蹴るよーっ」ヒュン!

イリス「……っ!!」

沙雪「あ、ストップ」

イリス「!?」ピタッ

今日子「お、おちょくらないで!」シオシオ

沙雪「あ、萎えて縮んでる〜」

今日子「うるさいわあっ!! う、うるさいわあああっ!」

夏織(早く、なんで止めるの、焦らしプレイ!?)

100 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 22:37:25.07 ID:zzRgXUGFO
沙雪「せっかくだから、一旦ふたなりを解除して、ふつーにマンモロ状態の写真も撮っておくの」カチパシャ

今日子「な、ななななななっ!」

沙雪「なんとも情けない姿! おまけに出たり引っ込んだりの無様さですな〜」ビビビビ

夏織「あ、ああっ、弄ばれている……ああっ!」

イリス(ひどすぎますわ……っ)ゾクリ

沙雪「んじゃイーちゃん」

イリス「は、はい」

沙雪「蹴るよ」

イリス「はいっ!」

沙雪「いっせーの、せ!」ブンッ!!!!

イリス「すみませんっ!」ヒュン!



ガッキュワイイイイイイイイイインッ!!!



それぞれのダメージ 安価コンマ1の位のみで↓&↓↓
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/29(月) 22:38:05.61 ID:fZ+El7KY0
はい
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/29(月) 22:42:40.03 ID:EzuNObn/O
ンヒィ〜〜〜〜〜wwwwww
103 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 22:55:06.41 ID:zzRgXUGFO
沙雪「ライジングデスゴールデンクラーーーッシュ!」

今日子「あ                 あ               あ」

沙雪「おおー、これは?」

今日子「あ         あ        あ               あ」

沙雪「相当ね。でも」

今日子「                  あああああ」プルプルプル

沙雪「脚がくがくぷるぷる、生まれたての小鹿ね。おかげで金玉チンコもぷるぷるぷる〜」プハハハ!

今日子「           あ、はあ、はあ、はあっ」ブワッ


104 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 22:58:34.72 ID:zzRgXUGFO
イリス「……っ!」

夏織「ひあおあ……っ!!!」

イリス「だ、大丈夫ですの……?」

夏織「あああああああああおおおおおおおおお」ピクピクピク

イリス「う……痛そう。目が飛び出そうですわ……」

沙雪「あは、夏織ちゃんもかなりいったね。股間両手で押さえるとか情けないポーズ!」

夏織「あああああおおおおおおおお」パクパクパク

沙雪「おやおや? 口パクパクで金魚かあ〜?」

夏織(痛すぎる……死ぬ……!!!)


沙雪「んじゃ、次のキックいっくよん!」


安価コンマ1の位 ↓&↓↓
ついでに技名(ただの蹴り上げだけど)もあれば募集
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/29(月) 23:12:36.10 ID:pH6o0OH0O
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/03/29(月) 23:36:04.17 ID:Oh1susrI0
セレスキック
107 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 23:40:07.00 ID:zzRgXUGFO
沙雪「あ、イーちゃんも技名叫んでね」

イリス「えっ? は、はい」

今日子「いいから早く……終わらせて……」

夏織「   」パクパクパク



沙雪「フルパワーゴールデンクラーーーッシュ!!」ブンッ!!

今日子「う!」

ピシャッ!!

今日子「えっ?」

沙雪「あら? 失敗、空振りしてケツキックのカスったバージョンになっちゃった」テヘペロ

今日子「な、ま、またふざけて……」

沙雪「違う、ガチ外し! で……」


イリス「セレスキック!!!」ゴキン!!

夏織「みぎゃあああああああああああっ!」ドタアアアアッ!!


沙雪「こっちは本当に終わったっぽい」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/29(月) 23:41:40.87 ID:sq6qvX/BO
セレス?
109 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 23:49:12.58 ID:zzRgXUGFO
沙雪「うわー、みなよ。うつぶせになってばったんばったん下半身を振るってるよ」

イリス(太腿で床を叩くなんて……)

夏織「みぎゃああああ! ぴぎゃああああああああ! も、もー、がまん、できなああああああ……!」

ジョワワワワ……

今日子「し、失禁!?」ボーゼン

沙雪「うん、おもらししたね。23歳独身土田夏織さんが、本日未明おしっこ漏らしたね」

夏織「いああああ……あ、あああああ……あああああ……っ」

沙雪「ま、本人はそっちのけでチンコ押さえて悶えてるだけだけどね。も、すっごい顔」プハハ!

今日子「あ、あなたと言う人は……どこまで……どこまで性根が……!」

沙雪「なによ。本当は、自分より情けない姿を晒している土田先生に優越感を覚えているくせに、ヒーローぶっちゃってさ」

今日子「違うって言っているでしょう!?」

沙雪「ここで特性・鉄板仕込み上履きによるゴールデンクラッシュ」ブンッ

今日子「えっ」ドボッギャゴアアアッ!!!


イリス(この時のためにわたくしのポケットマネーで作らせていたんですの……!?)





今日子「                     」




沙雪「おおっと、今日子、超絶悶絶ぅうう〜! 痛みのあまり、本性が現れて超絶情けない……”安価↓1〜2 どっちかもしくは両方”をしてしまった〜〜〜!」
(動きに応じた台詞をつけたい……ちなみに行動と共に他者に何かするのはダメ)
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/03/29(月) 23:49:37.82 ID:Oh1susrI0
>>108
俺がさっきまでやってたゲームのヒロインの名前
なんか無意識のうちにつけてた
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/03/29(月) 23:50:58.36 ID:Oh1susrI0
面目ない…
安価↓1〜2でお願いします
112 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/29(月) 23:53:19.20 ID:zzRgXUGFO
(変なスイッチが入った)

いいや、>>110……セレスと言うヒロイン……ぐぐる……パンドラの塔……

これは採用する

>>111のみ再安価した
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/30(火) 00:00:13.28 ID:OaddDrcZO
しゃせー
114 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/30(火) 00:04:32.89 ID:cCYggNLLO
今日子「しゃごおおああああああああ!」グアアアアアアッ!!

イリス「!?」

今日子「がぐうら! がぐがおおおおらああっ! おごおおらああっ!」

115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/30(火) 00:07:01.44 ID:OUhbqdqv0
叫び声で笑う
116 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/30(火) 00:08:53.44 ID:cCYggNLLO
今日子「あぎゅううらあああ! ごあああああ! がおおおがあああ!」ダラダラダラ

イリス「これが……パンドラの塔……?」

沙雪「ある人がさっきまでやってた(かもしれない)ゲームを、今動きで再現している模様。人間が獣になるんだって」

イリス「え、ええ……では、要先生は獣に……?」

沙雪「と、言うより、あまりの痛さで獣のように動き回って叫んでしまうってーことだね」

今日子「ぎがぎゃああああああああああ! ぎゃおああああああああああ!」ダラダララ

沙雪「ほら、股を前後に開いて膝曲げて、空に向かって遠吠え始めた。涎流しながら」

今日子「あぎゅうがあっ! がぎゅうあああっ! うごぎゃっ! ごごぎゃっ!!」ガチッガチッ!

沙雪「今度は前かがみになって、歯茎むき出しにしてそこら中嚙み始めた」

今日子「がりゅうごりゃああっ! いぎゃのあああああっ! どじゃあああっ! おがはああああっ!」ゴロゴロゴロ

沙雪「うねりながら転がってる。目が血走って、鼻水も出して……これは獣化の苦しみを表現してるのかな」




ちなみに>>1はパンドラの塔を知らない
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/03/30(火) 00:09:51.05 ID:q6M4SF300
俺の安価ミスでえらいことになってしまった
118 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/30(火) 00:18:57.03 ID:cCYggNLLO
今日子「ごはーっ! ごはーっ! おおはーっ! おおはああーーーっ!」ヒーボーヒーボー!

沙雪「蟹股で立ち上がって、また前かがみ。痛むミニチンをなんとかさすりたいけど、縛られててできないから歯がゆい状態。チンポに向かって必死に息はいてるの、すごい迫力だね。美人女教師が台無し〜」

イリス「あら? じゃあさっき土田先生があれを手で覆っていたのは……?」

沙雪「う」ギク

イリス「ああ、土田先生は上腕だけ縛られているのですわね……」

沙雪「そ、そーゆーこと!」

今日子「ひがあああ、ひがおおああああ、ほがああああ、ほがあああああ」ドタンッ

沙雪「あ、尻もち着いたと思ったら蟹股で仰向けに倒れこんだ。ミニチン無防備〜」チョンチョン

今日子「ひひいいいいい! や、やめて……やめなさいいいい……!」

イリス「!!!」

沙雪「今の聴いた? やめて……って今言ったよね?」ニヤリ

イリス「……はい」コクリ

今日子「う、うあ、ひあ、ひいいっ!(しまった、私としたことが……私としたことが!!)」

沙雪「ふーむ、夏織ちゃんはぶっ倒れてるし、ここはきょーこちゃんに先にやってもらおうかな」

今日子「っ!?」

沙雪「あ、何をやるかっていうと、今回のコンセプトはね、ふたなりから元に戻してほしければ、いう事を聞いてもらおうってものなのよ」

今日子「も、もとに……戻れる!?」

沙雪「あ、ヘタレな精神性は直せないからお間違いなく」

今日子「ぐっ!」

119 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/30(火) 00:24:11.41 ID:cCYggNLLO
沙雪「んでは、なにさせよっか……そうだなあ、せっかく獣化したんだから、ここは、動物物真似でもしてもらおうかなあ」

今日子「ど、動物!?」

沙雪「うん。獣化したきょーこちゃんなら楽勝っしょ。それに、どう見ても……人間以下だし?」

今日子「ーーーーーーーーっ!」ジタバタジタバタ!

沙雪「はっ、言い返すの我慢してるんだ〜。でも、元に戻れる可能性が見えたから言うことを聞いておいたほうが得、だからじゃないでしょう? 私が恐いから、でしょ? ビビり屋さん」

今日子「う……うううっ」

沙雪「いいよ答えなくて。わかるから」ポンポン

今日子「くひっ!」ギンギン

沙雪「おお勃起した! ミニチンが必死に一生懸命勃起したー!」

今日子「ひいいいいいいあああああああああああ!」ガアアーーン!!


沙雪「さてさて、では、”○○の行動をする××の動物”シリーズ開始〜〜〜!」

イリス「え……っ?」

沙雪「例えば、反復横跳びをする犬、みたいにやってもらうわけ」

イリス(そんなことを……!? 場合によってはわたくしがやらされていた可能性も……恐ろしい!)

今日子「わ、私が、そんなみっともない真似を……!?」

沙雪「イーちゃん、縄を解いてあげて」

イリス「は、はい」ソラララ

今日子「う、うっ」
120 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/03/30(火) 00:28:04.39 ID:cCYggNLLO
沙雪「戒めが解けたねー。ミニチン晒しているけど、自由になったご感想は?」

今日子「……」

沙雪「一応わかってると思うけど、ふたなり光線銃も、アンタの、”他人に隠して見せてないけど実はいつでも前面に現れる超恥ずかしい本性の姿”の映像や画像もこっちの手の中だってことを忘れないでね?」

今日子「わ、わかっているわ……(何が、何が本性よ!)」

沙雪「じゃ、マッパになって」

今日子「うっ!?」

沙雪「当たり前でしょ。獣化したらどうなるか知らないけど、動物になるなら、服着ないもんね」

今日子「うううう……」バサバサッ

沙雪「あはははは美人女教師むっちむちのすっぽんぽーーん! 生徒の前で下品だねこりゃっ!」キャホホホホ!

今日子「くう、くう、くううっ! くううっ! (悔しすぎる!! どうして学校内で! 私が! こんな邪悪な少女の前で!!! 後輩の前で!!)」

夏織「    」ピクピク

沙雪「そんじゃ……さっき説明した通り、、”○○の行動をする××の動物”シリーズ、やって」

今日子「うっ」

沙雪「安価↓1〜4の間で、一つから複数、もしくは全部。場合によっては夏織ちゃんに回すかもだけど、とりあえずやって!」

今日子「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!」

沙雪「あ、その前に反復横跳びする犬やって」


今日子「わん! わんわん! わんわんわおーーーーんっ!」プルプルプルチンプリンプリン♪

沙雪「あはははは! 左右にびょんびょん跳んでるう! おっぱいもおしりもぷるんぷるん! どでか! 魅力あふれる太腿もむちゅむちゅ! でも一番目を引くのは、ブラブラ勃起ミニチン〜〜〜〜!」ギャハハハハハハハ!!
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/30(火) 08:00:07.97 ID:QosPVunfO
滑空するモモンガ
(木から木へ全裸で飛んでいく)
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/30(火) 08:24:18.50 ID:v+k43NCqO
電柱にマーキングする犬
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/30(火) 10:29:16.83 ID:DhHIcr/lO
全速力で狩りをするチーター
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/03/30(火) 10:30:23.58 ID:s1LtQoS6O
ドラミングするゴリラ
125 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/05(月) 20:42:27.32 ID:/GW1wD8vO
おまたせ
126 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/05(月) 20:48:36.67 ID:/GW1wD8vO
沙雪「全部でいいわね」

イリス「えっ」

沙雪「全部でいいわね」

イリス「そ……そうですわ……ね」


沙雪「んじゃまずドラミングするゴリラ!」

今日子「ぜ、ぜんぶって……ぜんぶって……っ!! よりによって全部!? 土田先生にやらせるとか言う話もなく……私に全部!?」

沙雪「あーりゃ? きょーこちゃんって、夏織ちゃんを犠牲にする考えの持ち主だったの? ひどっ」

今日子「う、そ、そんなことはっ」

沙雪「うだうだうっさい。元に戻れるチャンスを棒に振る気? それともその自分のふがいなさの象徴たるミニチンが性的に気に入ってしまったってこと?」

今日子「そんなことは……は!?」

沙雪「自分の惨めさ無様さの象徴……だけど、その男性にしかないエロティシズムポイントを我が身に備えてしまった性的興奮に負けて、私の命令を無視することによって永遠にその身に肉棒を備えようと、そういう考えなわけ?」

今日子「ちがうわよおおおおおおおおっ!」

沙雪「夏織ちゃんをダシにまで使って、最低……」

今日子「うーほうほうほうほうほうほうほおおおおーーーーーーーーーっ!」ドンパンドンパンドンパンドンパン!!

プルップルプルルッ!


沙雪「ぎゃはははははーーーーーーっ!!! なに会話切ってまで突然っ!!」イーヒャヒャヒャ!
127 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/05(月) 20:53:18.81 ID:/GW1wD8vO
イリス(胸を叩いて揺らして……それによって股間もぷるぷる揺れている……)

沙雪「おっぱいばんばん叩いちゃってゆれまくり! 振動が伝わってチンポコもぷらぷららーっ!」

イリス「う」

今日子「う、うほ! うほうほうほうほ! うほほほほーーーーっ!」パンパンドンパン!

沙雪「ふ、はははははは! はははははは! あん? 拳を握らず、掌で叩いてる? どういう事よ」ギロ

今日子「うほほ……ち、ちがうほっ!」

イリス(ちが……うほ?)

沙雪「なによ、インチキゴリラのきょーこちゃん。申し開きがあるってーの?」ニヤニヤ

今日子「ゴリラのドラミングは、掌で行うの! 拳でやるのは間違いよ! す、スマホで検索して調べて見なさい!」

沙雪「へー……? ”おっけーごりらぐる ドラミングは手のひら?”」

ピポーン

沙雪「……ほんとだ」

イリス(ごりらぐる?)

沙雪「ま、まーいーわ」

今日子「ほ、ほら……私は、命令に従ったわ!」

沙雪「ぐ、つ、次、電柱にマーキングする犬をやって!」

今日子「っ」
128 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/05(月) 20:56:24.76 ID:/GW1wD8vO
夏織「んー……うっ? ご、ご主人様……片足上げてる!?」


今日子「わ、わんわん! わん!」クンクン

沙雪「ふふふ、偉そうにしてたあの要先生様が、今や机の脚の臭いを嗅いでるなんてね」

今日子「わうう……ううっ」ガバッ

沙雪「あははははは足上げたーーーーーっ!」

イリス「う……っ」

沙雪「さあ、おしっこしてみなさいなあっ! おしっこしてみなさいなあっ!」

今日子「ぐ……ぐうっ!」


どこから出る?安価↓1

1チンコ
2マンコ
3両方


129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/05(月) 20:57:12.23 ID:KwM6iuovO
1
130 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/05(月) 21:02:54.09 ID:/GW1wD8vO
今日子「出る……ぐっ」チョピ……

今日子(私おかしくなっている……こんな状況で、ほぼ抵抗もなく……ちがう、違うわ! これは、元の姿に、元の生活に戻るための最善策なのよっ!!)

チョロロロ……


沙雪「待った!!」

今日子「!?」ビクッ!

チロロ

イリス(当然ながらまだ出ている……)

今日子「ど、どういう事よ……」

沙雪「その場所、本当にあなたの縄張りにできるの!? もっと強い犬が先にマーキングしていたら、できることではないわよ!?」

今日子「は、は!? は!? は!?」

沙雪「答えなさいよ! その電柱は、本当にあなたよりも強い犬がマーキングをしていないの!? ねえ!」

今日子「し、していないわ! していないからやるのよっ!」

沙雪「犬が日本語喋るなっ!」

今日子「はああああ!? り、理不尽すぎる……ゴリラの時だって喋ったのに……!」

沙雪「ゴリラがどうしたのよ! アンタ、ミニチン生やしの喜びに飽き足らず、ゴリラでいることに誇りを持ってしまったってーの!? バカだ馬鹿すぎる!」

今日子「め、めちゃくちゃよぉおおお……うっ、うっ! 中途半端に止められたから……まずい!」

沙雪「アンタ」

今日子「わんわんわおーん! ここは私の縄張りにするわん! おしっこするわん! マーキングぅうーーーーだわん!」ジョバアアアアアアアアア!!

沙雪「……へえ?」

イリス(何かが壊れた……)

沙雪「わんを語尾に付けることで犬役を……ま、イイでしょ。次、全速力で狩りをするチーターをしなさい」
131 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/05(月) 21:09:57.41 ID:/GW1wD8vO
今日子「チーター……ぐあるるるるる! ぐあおおおーーーーっ!!」ダッ!

夏織(ご主人様がおしっこしたあと躊躇なくヨツンヴァインダッシュ!?)

今日子「がるるるう! がおーるるるっ!」ガブッ!ガブガブ!ガチガチ!

イリス(噛みつく動作……歯を打ち鳴らして……)

沙雪(これって本当にチーターの動きなのかな? まあゴリラに詳しかったしいーや……それより、それ以上に)ニヤリ

今日子「がぐるううううっ!」ガブガブ!

沙雪「勇ましい! なんと勇ましい! 弱き小動物をそのスピードで追い詰め、殲滅し喰らう! しかしその股蔵では、おしっこ飛ばしたミニミニチンポがぶーらぶら!ぶーらぶら!」ギャハハッハ!

今日子「が、がうぐるるうううーーーっ! うっ!」ガシャーン!!

イリス(机にぶつかった! 危ないですわ……!)

今日子「う、うぐ、ぐぐ……い、いたた……」

沙雪「あーりゃりゃ、バカだね」

今日子「ぐ……ぐうっ」

沙雪「まーまー、その辺はその辺でオッケーとして」

今日子「……?」

沙雪「最後の行こうか、滑空するモモンガ。木から木へと、全裸で飛び移るのをやって」
132 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/05(月) 21:17:44.52 ID:/GW1wD8vO
今日子「モモンガ……ね」

沙雪「昔の漫画で知ってる? 金玉の皮をびろーんって広げて、空を滑空するやつ」

イリス「なんですのそれは」

夏織(す、すごい)

今日子(ターちゃん!? なんで知っているの……ま、まあ今どきは、昔の漫画やアニメがもっと若い世代に知られていて当然ね……でも、それまでやれと言わないわよね!?)

沙雪「なにしてるの? 早く始めてよ」

今日子「……わかりました」スゴッ

イリス(机に上った。木に見立てているのですわね)

今日子「びょーーーんっ!」タッ

スタッ

沙雪「ふーん、空を舞うポコチンかあ。体大の字開きかあ」

今日子(急にテンションが下がって、なにを……考えているの?)ピョンッ

スタッ

今日子「びょん!」ピョンッ

スタッ

今日子「んびょん!」タッ

スタッ

今日子「びょんっ!」タッ

沙雪「ふたなり女体の開きねえ。滑稽でみっともないねえ」

今日子「ぐっ!」スタッ


沙雪「でもさ私、木から木へって言ったよね? なんでこの場で、机なんかを飛んでるわけ?」

今日子「!?」
133 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/05(月) 21:28:22.78 ID:/GW1wD8vO
沙雪「どういうわけ? 命令無視するってわけ? ふたなりのままでいたいの? ねえ」

今日子「な、何をっ!? 何を!? さ、さっきの犬の電柱だって……別にあれでよかったじゃないの!」

沙雪「ああそうだったわ。電柱の時も命令無視したんだったっけ? うっわ、くそだ」

今日子「ど、どういう事よ……つまりあなたは……」

沙雪「あなた? 私のこと? 問題はきょーこ、アンタでしょ? 電柱や木って言ってるのに、机を代わりになんてして。非道すぎると思わないの?」

今日子「ひ、非道って」

沙雪「ああああああーーーーーーーーーしょんべんくさーーーーーーーーーーーー!」

今日子「ぎっ!」ビクッ

沙雪「外に出て自分で電柱にやんなきゃダメでしょ? 木が何本も生えてるところに行って、飛び移らなきゃダメでしょ? チーターになった時も、何も食べなかったし……ゴリラのドラミングだって……あれは別にいいけども、とにかく命令のうち半分を確実にしていないってことよね」

今日子「あ、あああっ、あなたは、あなたは……!」

イリス(残酷すぎる……でも、私を青山君の前に晒したときのように……それくらいのことは考えていて当然でしたわ……!)

沙雪「動物の真似するから全裸になるように言ったよね私。他に指定した物体も全部本当に使わなきゃダメじゃん。ねえ、どうしてくれるの? ねえ、私にどれだけ迷惑かければ気が済むの!? ねえ!」

今日子「違う……違う……違うのよおおおおおお!」ワアアアアアアアアアア!!!


夏織「あ、あああ……ご主人様があんな姿に……! わ、わたしもあんなふうになるの……!?」ドキドキドキハアハアハア


沙雪「おん? 夏織ちゃん、起きたんだ」

夏織「え」

沙雪「ふーむふむ……そっかそっか」

夏織「わ、私に何を……」ドキドキハアハア

沙雪(こいつ楽しみにしてるな? 自分への命令を待ちわびてるな? だーめ。楽しい思いなんてさせないわ)

沙雪「元に戻してほしければ……自分が一番されたいことを言いなさい」

夏織「安価↓1〜3!!」

沙雪「じゃ、それの中から一つ〜複数を、夏織ちゃんが味わうように命令しなさい」

夏織「へ!?」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/06(火) 01:10:32.60 ID:B3w8HUTlO
縛って拘束されたい
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/06(火) 05:24:00.58 ID:9QP8xY4/O
金玉を思いっきり虐められたい
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/13(火) 11:00:56.31 ID:8LZ5XEsBO
人として駄目になるまでおちんちんに溺れたい
137 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2021/04/13(火) 14:58:50.26 ID:dC9gmJE70
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
138 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/16(金) 00:17:10.52 ID:c1AcrxXSO
速報復活してたのかよかった

再開は明日の夜にできそう。

ついでにちょいと相談(投票)。
教師戦が終わったら、沙雪に別世界へ行ってもらって、
ファンタジーキャラか二次キャラに攻撃させたいと思うのだけどどうだろ?


安価↓〜再開までの間で投票ヨロ 複数回答可

1このままの世界観で続ける
2ファンタジー(オリジナルの女騎士とか女魔王とか……)
3コナンの蘭か哀
4こち亀の麗子
5ドラゴンボールのブルマか18号
6ドラクエ、マーニャかマルティナか3の女戦士か女魔法使いか女賢者
7ハルヒのハルヒみくる長門(知識あんまないけど)

2だけは投票負けても今後やるかも……
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/16(金) 03:18:42.20 ID:GPNyJ2L1O
2か6だな
140 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2021/04/16(金) 07:03:18.78 ID:Mx/MRXvF0
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
141 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/16(金) 21:06:16.37 ID:BFUQCTcUO
夏織「は!? へあ!? は、は!? どうして!?」

沙雪「アンタを悦ばしてもしょーがないっつの。早く、命令しなっさい」

夏織「そんな……そんな」

イリス「ど、どういうことですの」

今日子「何を言っているの……?」

夏織「ご主人様を私が攻めるとかイミフすぎる……イミフすぎ……」

沙雪「早く」

夏織「待って? 私、このままなにも楽しめないってわかってるなら、従う意味がないわよね」

今日子「な、何を言っているの!? ねえ! こ、このままじゃ私もあなたも、こんな姿のままなのに!?」

沙雪「るっさいなあ。仕方ない……夏織ちゃん」

夏織「……」

沙雪「あとできょーこちゃんとSMプレイさせてあげっから、従って」

夏織「縛られて拘束して金玉いじめを受けなさい!!」

沙雪「早っ」

今日子「  」

イリス「? ? ?」
142 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/16(金) 21:10:11.77 ID:BFUQCTcUO
今日子「どういうこと……本当にどういう事」

沙雪「亀甲縛りからの〜、同じ綱で玉一個ずつ巻いて〜、棒もぎゅっ!」グルグルガシガシ

今日子「ひぎいいいーーーーーーーーーーっ!!」ビクンビクン!

沙雪「はい、きょーこちゃんは何もできません。せーぜー、転がって移動するくらいです」

イリス(ひどい姿……)

沙雪「そんで金玉掴み一個ずつ」ガシッ

今日子「はぎいっ!!」

沙雪「右は時計回り〜。左は逆回り〜。ぐりぐりぐりぐり回します〜」

今日子「ひぎゃ! ほぎゃ! あ、あわ……だめっ! それは……だめでしょお!?」

グニグニグングニグリグリグングニ

今日子「おぼぼおおおおお! おおおおおおおお! おおおおおお! ああああおおおおおおおお!」

沙雪「あははすごい顔」

今日子「ふ、ふ、ひっ、ひっ!」

沙雪「デコピン攻撃1,2,1,2!」ペシペシ

今日子「う、うっ!」ビンビンビクビク

沙雪「からのニーキック」ズド!

今日子「           」

143 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/16(金) 21:15:21.83 ID:BFUQCTcUO
沙雪「根本鷲掴みからの一気に引っ張り〜!」ググギッ!

今日子「ほおおおああああああああっ!」ビゴーン!!

イリス(目玉が飛び出した!?)

夏織「あ、ああっ、ああっ」ジュリッ

沙雪「机でつぶしまーす」グイッ

今日子「ひ、は!? そ、それはやりすぎ! やりすぎいいいい!」

沙雪「いっきまーす」グオッ

今日子「ひ!?」

グッシャアアアアンッ!

今日子「ひいいいいあああああああああ!」ジョボボボボボボ

144 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/16(金) 21:17:59.78 ID:BFUQCTcUO
沙雪「嘘でしたー、寸止めっつか、なんか知らんけど転がってたゴミ(校長のカツラ)を潰しただけでーす。おんや?」

今日子「ひいい、いいいい、いいいいい」

沙雪「ちょ! さっき犬ションしたくせにまだ出たの!? あははは! やーだー、きょーこちゃんってばおしっこタンク〜〜!」

今日子「いいいい……ひいいいいい……」

沙雪「つか、ふつーにおもらし? 女教師のくせに」

今日子「ひいいいいいいいいいいいいいいっ!!!」

沙雪「大人失格、社会抹殺! あーあー、かわいちょーでちゅねー」キャハハハハハハ

今日子「わ、私が、私が、私が私がぁあああ……」

沙雪「なーにが”私が”だか。おもらしちゃんのくせに」

今日子「ひいいいああああ……ひいいいいああああああ……っ!!」

沙雪「おらおらあ! ぎっちぎちに縛ってる綱を一部引っ張っただけでも〜〜〜!?」

今日子「ふがああああああああ!」グバアアッ!

沙雪「あはははは! 金玉やられて変な顔になっちゃった〜〜〜!」ゲラゲラゲラ

夏織「ああ、はああ……」ジュリジュリジュリ

沙雪「ん? あ、角オナしてる……」

イリス「え///」

夏織「ひい、はああ、ほおおお……お、おおおっ、おおおお……っ!」ビンビンドピュドピュ!

沙雪「なんだこの異様な珍獣……」

夏織「ほおおおおお! ほおおおおおおお!」ジュリジュリジュリジュルジュリャリョリャリョオオオオオッ!
145 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/16(金) 21:38:09.20 ID:BFUQCTcUO
夏織「       」パタリ

沙雪「あ、テクノブレイクした」

夏織「、、、」ビクビクピュッピュ

イリス「い、生きてますわ。震えてますわ……特に……あれが」

沙雪「チンポでしょーが。イーちゃんも同類なんだし、恥ずかしがらずにまんま言いなよね」

イリス「っ」

沙雪「いいなよね」

イリス「チンポ!」

沙雪「単語だけいうなや」

イリス「う。ううっ、恥ずかしい……」


今日子「ああああ……ああああああ……」ヘロヘロ

沙雪「さあて、こっちどーすっか」

今日子「ひい、うう……ひい、うう……」ウウウウ

沙雪「ふたなりおもらし女教師になってしまったきょーこちゃん、どうしようかな」

今日子「く、くううっ」

沙雪「ふたなり解除したところで、おもらし女教師になってしまうわけかあ……んー、んー……よし、いっそここはふたなり女教師のままでいたほうが幸せだね! 戻さないでおこう」

今日子「はああああああああああっ!?」

沙雪「私のやさしさに感謝しなさい」

今日子「そんな、そんな、そんな、そんな!」

146 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/16(金) 21:39:51.14 ID:BFUQCTcUO
沙雪「あ、それなら従う意味ないとか思わないでね? 映像画像もういっぱいあるからね? 世間に晒されたくないよね? 従ってさえいれば、せいぜい、結婚相手とかにふたなりの秘密を共有するくらいの恥で終わるだけだからね? 反抗とかしないよね?」

今日子「ううううう! うううううう! ううううううううう!」ギリギリガチガチ

沙雪「じょーだん。ちゃーんと元に戻しますよ。おもらし女教師・要今日子さん!」ポチ

今日子「ははあっ!?」パッ

イリス(戻った……あれがなくなった……)

今日子「はああああーーーーーーっ! はあああーーーーーーーーーっ! うあはあああーーーーーっ! うあはあああーーーーーーーーーっ!」ゼエゼエハアハア

沙雪「あははは、自分の股間に縋り付いちゃって無様っ。おもらし赤ちゃん女教師のきょ・う・こ・ちゃあ〜〜〜ん!」ギャハハハハ!

今日子「ぎいいいいいっ! ぎいいいいいっ!」

沙雪「さあて、あとは夏織ちゃんだけど……どーしよっかな」

イリス「も、もう終わりにするのですの?」

沙雪「悦ばれたところで面白くないしなあ。それなら、もうどうでもいいかも。んー……」


沙雪「どーしよっか(なにさせよっか)? 安価↓1〜3から一個か複数」
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/16(金) 23:03:28.97 ID:J/XEZaEKO
兜合わせ
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/17(土) 02:10:45.95 ID:yPTnbiggO
夏織は手は後ろに組んでがに股でチンポをフリフリしながら無様腰フリ服従ダンス
今日子は手を腰に回して乳を床に押し付ける乳土下座、しかも夏織のチンポを尻コキしながら
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/17(土) 08:26:06.64 ID:bx9zDwJuO
イリスにも再度生やして今日子を夏織に夏織をイリスに犯させて中だし射精の快楽を教え込む
今日子は沙雪によるテコき&罵倒
150 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 09:08:47.68 ID:pU8XsqnTO
沙雪「おっしゃ、>>148。おもらしきょーこちゃん、用意して」

今日子「……っ」ズチャ……

イリス(なんて姿……おしっこまみれの床に……)

夏織「」

沙雪「夏織ちゃん起きて起きて」ユサユサ

夏織「」ピクピク

沙雪「早く起きて起きて起きて」ユサユサユサ

夏織「」ピクピクピク

沙雪「はーやーくー、おーきーろ!」ユッサユッサ

夏織「」ピクピクッ

沙雪「起きなさい遅刻よ〜」ピシピシ

夏織「」ピクピク……ピュッ

沙雪「おいおい夢精しちゃったよこいつ」

今日子「あ、あの、私はいつまでこのポーズ……?」

沙雪「あん?」

今日子「土田先生が起きてからでも……よかったのではないかしら……?」
151 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 09:11:34.53 ID:pU8XsqnTO
沙雪「そーかもしれないね。でも、そーじゃないかもしれないね」

今日子「ぐっ!」

沙雪「でも、いつまでもそのポーズじゃいられないなら、夏織ちゃんに起きてもらえるよう、お願いするといいわ。おっきな声でね。一生懸命、お願いするのよ」

今日子「そ、それはつまり……(無様に懇願させるつもり……?)」

沙雪「なに? なんだか偉そうね? バカみたい。ふたなりミニチンポがなくなった瞬間調子に乗るなんて」

今日子「ううっ」

沙雪「おしおきカンチョーキック(尻の割れ目にゆっくり足刀蹴り)」ムギュ

今日子「はひっ!」

152 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 09:15:07.50 ID:pU8XsqnTO
夏織「はっ」パチッ

イリス(要先生の声で起きた……?)

沙雪「お、なんだ。お願いの前に起きちゃったか〜。ま、いいわ夏織ちゃん。>>148してもらうから」

夏織「えっ!? ご、ご主人様とそんなことを!? マジで!? キョアアアアアーーーーーーーーーッ!!」ガバッ!

イリス「即起きて指定のポーズを!?」

沙雪「まったく、すぐやってくれちゃって……男子が見たら垂涎の的ですわねえ」

夏織「フアハッ! フアハッ! ヒーホーーーーーー!!」ブルンブルンブルン!!

イリス「か、簡単に腰を振り始めましたわ……」

今日子「ど、どういうことなの土田先生……!」ワナワナ

夏織「ご主人様のお尻でしてもらえる……ウアハヒハヒヒハハヒヒヒハ!!」
153 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 09:20:30.46 ID:pU8XsqnTO
夏織「あは……あはっ」ヌラヌラテラテラ

今日子「う、うっ」

イリス「め、目が恐いですわ……」

夏織「うひ……ひひっ」ヒタ……ヒタ……

今日子「あ、ああっ」ビクビクッ

夏織「ご主人様……」

今日子「ひいっ!」ズザッ

沙雪「おっと、逃げたら一生ふたなりだよ〜」

今日子「う、ひ、へ、へ!」ピタッ

夏織「ご主人様……私の……わたくしめの汚れたひもじい男根を……お慰めくださいいいいいい!」

ズチュッズムニュ!

今日子「近寄らないでひいいいいああああああっ!!」

夏織「ウヘハホヘハヘホハアアアアア!!!!」ズリズリズリズリイイイ!!!

今日子「ひいいいいいいっ!」ギャアアアアアアアア!!

沙雪「これこれ、おもらしきょーこちゃん。お尻を振ってコいてやんなきゃあかんでしょーに」


154 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 09:24:18.23 ID:pU8XsqnTO
今日子「あひあひひひひいいいーーーーーー! あひあひひひひいいいーーーーーー!」ズリズリズリズリズリズリズリズリ!

夏織「ウほはウホは! うほはははははあああーーーーーーーーーーっ!」ヌッチュヌッチュギンギンドピュッピュプーーーー!!

今日子「ひ、ひいい!? あ、熱い熱くなっているぅうう!?」ドヒャーー!!

夏織「柔らかいですむっちりですご主人様ぁあああああ! 身に余る光栄でごじゃいますうう!!」ドキューーー!!

ムッチュミチュビチュグチュチュチュチュ……

今日子「あ、ああああっ! ああああやめてええ! お願いやめて! お尻が擦れる……お尻に擦れる……あぎいいいいい!」ウギャギャオギャアアアアア!

夏織「ひんぐうううう!!」

ズボッ!!

今日子「は!?」

イリス「入った!?」

沙雪「およ!? 命令外のスカルファック……じゃなくてアナルファック!?」

夏織「>>155〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 09:30:29.64 ID:hWcq4dqMO
しゅごい!腸壁うねって絡みついてすぐイっちゃう!
156 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 09:41:04.65 ID:pU8XsqnTO
今日子「へ、変な解説をしないで……や、やめ、だめ、だ、め、だ……」

夏織「んひいいいいいいいいいいいいい!!!」グドッビュウウウウーーーーーーーーー!!!

今日子「だあぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!」ベギャアアアアアアアアアア!!!

沙雪「中で出した!」

夏織「ひひひひひははははははははは」ピクピクピク……バタッ

沙雪「あ、またひっくり返っちゃった」

今日子「あはあああ……あへえええ……た、たすけ……たすけ……」ピクピクピク……バタッ

沙雪「あーあ、お尻からだらだら垂れ流しながらこっちも気絶かー。実に無様!」

イリス「ど、どうしますの? 汚れを取って服を着せるんですの?」

沙雪「うん? どしよっか……このままほったらかしたら明日大変なことになるだろうしね……そうなったらそれはそれで面白いけど、恨みを買うとねえ」

イリス「……」

沙雪「イーちゃんの言った通りにしよっかな。手伝ってねー」

イリス「……っ」
157 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 09:48:31.47 ID:pU8XsqnTO
翌日〜〜

今日子「……ここは?」ムクリ

夏織「……視聴覚室……ですね」

今日子「はっ! あっ! 土田先生!?」ビクッブルブルブル!

夏織「そ、そんなに逃げないでください……き、昨日は変になって……」

今日子「み、三田村さんは……!?」キョロキョロ

夏織「も、もういませんね。それに、もう朝になったみたいですね」

今日子「っ」ゴソゴソ

夏織(やだ、アソコまさぐってる///)

今日子「も、元に戻っている……よかった」ホッ

夏織「私は……」

今日子「い、いいえ、違うわ。昨日の夜のことは、夢よ。夢だったんだわ」

夏織「え?」

今日子「貴女も忘れなさい。何もなかった。昨日は何もなかったのよ……」スック

夏織「あ、あの、でも」

今日子「今、何時なの? 早く……授業の準備を……その前に職員室へ……うっ」ズキズキ

夏織「ごしゅじ……先生」

今日子(お尻が痛い……な、何かの気のせいよ……きっと)ガラララバタン!

夏織「行っちゃった……」


158 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 09:51:34.99 ID:pU8XsqnTO
夏織「ご主人様は夢か何かだとか言った」

夏織「私自身、ぼうっとしてなんだか……それにあまりにも突拍子もない出来事だったから」

夏織「だからわかりません。あれが現実だったかどうか」

夏織「でも……股間を見ると、触ると」

夏織「確かに、チンポがそのまま残っているのです……」




沙雪「あ、やべ、解くの忘れてた」テヘ☆
159 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 09:57:39.55 ID:pU8XsqnTO
教師篇終わり くぅーつか

人がいないからか人気がないのか投票ほぼ来なかったなあ無念
本日中にもう一回再開(早ければ昼、遅ければ夜に)するから、もう一度投票やります(前回のは票に含めます)、
でもあんまり票が入らなかったらとりまこのまんまやるかな


次の沙雪のターゲットのいる世界観を安価↓から再開までの時間で投票!

1このまま
2ファンタジー世界
3二次世界
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 10:17:31.98 ID:hWcq4dqMO
2
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 10:53:39.15 ID:GT5Ctak1O
2
イーちゃんは連れてきたいところ
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 11:12:22.43 ID:wwKbIp9qO
2
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 12:38:40.42 ID:+5Uo3sB0O
2 ふたモン期待
164 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 20:14:12.93 ID:pU8XsqnTO
イリス「何とか私の元の生活を取り戻せないか……」ジョロロロロロ

イリス「沙雪からあの光線銃を取り上げたり、壊すことが出来れば」ジョロロロロ

イリス「その前に、わたくしの画像や動画を完全消去しておかなければ、それをやっても大きな痛みが残ることに……」ジョロロロロ

イリス「命令に従えばふた……あの姿を解いてくれたり、律儀なところに付け入る隙があると思われるのですが……」ジョロロ……チョピッ

高志「お……終わったみたいだね、今日の朝のおしっこ」

イリス「っ! わ、わざわざ言わないでくださいましっ!」

高志「ご、ごめんつい///」

イリス「うう……っ(あれから毎日、学校の隅で隠れて全裸で犬のおしっこを披露し続けて……惨めすぎますわ……)」

高志「じゃ、じゃあ服を着て、教室に行こうか」

イリス「ええ……はああ……」

高志「そういえば、今日は三田村さんお休みみたいだね。病気とかなの?」

イリス「えっ!? さ、沙雪……さんが!?」


イリス(どうして急に……何の連絡もなく……?)
165 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 20:28:26.73 ID:pU8XsqnTO
ファンタジー世界の花畑〜〜


沙雪「どうやら夢じゃないみたいだねえ」

沙雪「寝てたら急に変な声がして、この世界の扉が開かれたので来てみました〜」フフフ

沙雪「ファンタジー世界。魔王が人間世界を破滅に導こうとしていて、勇者様やら騎士様やらが、魔法とか剣とかで戦ってるありがちな世界観……」

沙雪「ここで誰かをふたなりにして遊んじゃおうなんて、楽しみで仕方ないわ」

ウォンウォンウォン

沙雪「ん? 光線銃が光り出した!?」


??「変な声とは失礼だな」

沙雪「あ、さっきの声の奴」

??「お前の最高のパートナー、ふたなり光線銃の製作者様だよ?」

沙雪「あ、あーそうなの。それはどうもありがとうよろしく。ところで声が素敵ですね。人間界で声優やったら?」

??「ふん……まあいいや、お前のおかげでこちらも楽しんでいるからな」

沙雪「で、何の用? わざわざ声を掛けてきたってことは……」

??「うむ、ふたなり光線銃を異世界用にバージョンアップしたことを、直々に教えてやろうと思ってな」

沙雪「バージョンアップ?」

??「そうだ。銃撃機能、バリア機能、特殊攻撃機能がつく。特殊攻撃というのは、このファンタジー世界でふたなり化したものの能力を一つ奪うことが出来る」

沙雪「ふたなり化した上に、能力まで奪われる……おもしろっ!」クヒヒ

166 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 20:31:55.63 ID:pU8XsqnTO
??「だろう? さらに、さらに、ふたなり化した相手の強さの増減が自由になる」

沙雪「糞雑魚化までさせられるってこと!?」

??「その通り。場合によっては用心棒にもできる」

沙雪「ふふふ、これは誇り高き最強の女騎士様とかに使いたいわ」

??「だろ?」

沙雪「そう思うと……ふふふ、ふふふふ、では、まずは王国を目指すとしましょうか」

??「その必要はない。騎士団が今から馬に乗ってやってくる。魔物にでも襲われた一般人の振りをして、潜り込むといい」


ここからちょっと長めの安価キャラ募集

女騎士を安価↓1〜5で、全員採用します。
ここではコンマの大きな順に階級が決定する。
最も大きなものは全体のリーダー、あとはコンマの大きさが騎士団内での階級となる。


この後サブとなる男騎士の募集もかけますが、それと今回のとの連投はありです。
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/04/19(月) 20:45:00.06 ID:cNksFOiTO
名前:リィン
年齢:21
容姿:白の長髪、長身わがままボディ
性格:穏やかで心優しいが悪は許さない清廉潔白 ただし少々騙されやすい
職業:女騎士
備考:一人称は『ボク』でどちらかというと女性人気の方が高い
性的な知識がとにかく疎く未だにコウノトリレベル
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 20:47:51.79 ID:WyAWAgPzO
名前: モニカ
年齢:16
容姿: 金髪碧眼。背は低めだが胸は大きめ
性格: 温厚で真面目だが箱入りで世間知らずなところもある
職業:細剣騎士
備考: 騎士団の一員。貴族の娘だが民の為に騎士となった。勉学と武術に心血を注いだ結果、性知識は致命的に欠落している
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/04/19(月) 20:48:26.61 ID:u5c9kCtl0
名前:オリヴィア・フェルナンドス
年齢:19
容姿:アホ毛のある黒髪ロングで童顔
ふとした時に発情したトロ顔をしている
どこか儚げな雰囲気を纏う身長が高いムチムチ巨乳体型
性格:主に従う一途で従順な性格
敬語で話し基本的に他人は「〜様」呼び
職業:女騎士(重装騎士)
備考:「蒸れるから」という理由で急所のみを覆う軽量の鎧とスカート
大きな槍と半身を隠せる盾が武器
胸が重いのを逆手に取った突き系の槍術が得意
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 20:51:19.46 ID:L5fAA04Q0
名前:セリカ
年齢:14
容姿:銀髪のほわほわヘアーをもこもこ系ツインテにしている、ちんちくりんのぺったんこ、法衣と、身長より長い絢爛豪華な杖を装備している。パイパン
性格:小動物系のロリ
職業:賢者
備考:幼いながらに卓越した魔翌力と魔法のセンスで、騎士団の一員となる。ちんちくりん
子ども扱いされるのを嫌がり、大人顔負けの魔術で認められたがるが、そうやって認められようと足掻くところが何より子供っぽい
あと、体型以上に、食の好みとかが子供。
階級が高い場合、指揮官としてもそこそこ有能。階級が低い場合、見習い扱い。どっちにしろ皆の妹・娘扱いされている。
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 20:54:37.38 ID:lK/qqcPHO
名前:シャム
年齢:15
容姿:蒼い髪を短めにまとめたショートポニーテール
バストサイズは小さめなBカップな代わりに背が175cmある
性格:女好きで女性を見るやいなや口説かずにはいられないキザな性格
ただし芯は強く諦めることを知らない
性欲はかなり強めの思春期
職業:女騎士
備考:おちんちんがあったらもっとモテるとからかわれて以来ふたなり化の魔法を練習中
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 20:57:34.58 ID:Yqdax7R4O
名前:アリシア
年齢:28
容姿:赤いストレートの長髪、高身長のモデル系ナイスバデー
性格:豪放磊落、苦境もカカッと笑い飛ばす豪傑系レディ
職業:女騎士
備考:ベテラン女騎士、だいたいの武器を使いこなすが、得意なのはハルバードと投石機
熟練の技能や恵まれた体格から、高火力高技量の攻撃を繰り出す
恋愛には疎く、大雑把
173 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 21:00:05.69 ID:pU8XsqnTO
ありがとうございます。
騎士団リーダーは、79で>>168に決定。階級は99であるとする。

続いて、男騎士を安価↓1〜3で。さっき言った通り女騎士達との連投OK。
こちらもコンマの大きさが階級になる。
ただし79を超えている場合は>>168とツートップという扱いにする……かも?
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 21:09:27.67 ID:Yqdax7R4O
名前:ハンス
年齢:24
容姿:グレーの髪を短く刈り込んだ、やや強面の精悍な男。体格もよい。
性格:実直であるが、年下の女性は甘やかしがち
職業:騎士
備考:真面目な騎士であり、民を守ることを誓い騎士に就任。
妹がおり、妹を溺愛していて、同様に年下の女性は大切にする。
ただし、妹で女性に変に慣れているため、年下の女性にいやらしい気持ちを抱くことはなく、それが逆にデリカシー不足になることもある。
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 21:11:10.17 ID:lK/qqcPHO
名前:グラサ
年齢:25
容姿:茶色の散切り頭に細身の長身、ヒョロそうに見えて力はかなり強い
性格:飄々としてて面倒見はよく部下思い
職業:騎士
備考:騎士ではあるが弓や探検が得意なスピードタイプ
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 22:08:18.84 ID:fQUvZsal0
名前:ジェス
年齢:21
容姿:中肉中背、黒に近い灰の短髪、年よりやや童顔。
性格:物腰は低く丁寧だが、卑屈とも取られかねない。
職業:騎士
備考:昔は自分の地位に物を言わせて、能力を弁えずオラオラやっていたが、当時の上司にさんざん叩きのめされて、態度を改めた。
実際は腕は悪くないしむしろ中々なのだが、叩きのめされたことがトラウマになり、「調子に乗るとろくな目に会わない」と自分の腕を信用していない。その代わり、攻め時、撤退時を見極める目が鍛わった。因みに戦闘スタイルは格闘と剣の合わせ技。剣は主に相手の攻撃を受け止めるのに使い、あまり攻撃に使わない。矢を見極め避けられる目と体捌きの持ち主。
自己評価が低いため「こんな奴に惹かれる女なんてあり得ない」と思っていたが、姉御系に見初められ、トントン拍子に結婚し、尻に敷かれつつ相思相愛である。
177 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 23:05:11.35 ID:pU8XsqnTO
??「じゃあ、服を変えるぞ」

パッ

沙雪「お、この世界観に合う感じのローブ……それも、ちょいとボロい感じにすることで襲われた感も出るわねえ」

??「じゃ、がんばってな」

沙雪「おっけー」クックック



パカラッパカラッパカラッパカラ

ハンス「リーダー、誰か人影が見えますぜ!」

グラサ「本当ですねえ、魔物ではなさそうですねえ……」

モニカ「全員、止まってください。オリヴィア、様子を見に行ってください」

ピタッピタタッ

オリヴィア「承知いたしました、モニカ様」タッタッタッ


178 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 23:10:09.55 ID:pU8XsqnTO
〜〜

オリヴィア「一緒に来てくれてありがとうございます」ザッザッ

ハンス「なあに、念のためだ」ザッザッ

沙雪「来たわね……」フラフラ

オリヴィア「……こんなところで何をしているのですか? ここは、それほどの強さではないとはいえ、怪物の出現率は高い場所ですよ」

沙雪「あ、あの、えっと……ちょっと……もっと町に近いところでお花を摘んでいたんですが、モンスターっつか怪物にさらわれてしまって、なんとか逃げてきたところなんです」

ハンス「お花摘みをしてる間に!? 大変だったな、そんなお花摘みをしている無防備な女の子を狙うとは卑怯なモンスターだぜ!」

オリヴィア「しっ!」

沙雪(野ション女みたいに言われたのが屈辱的ね……イーちゃんじゃないっつの。ちっ、こいつが女だったらふたなり化第一号は決まりだったわね)

オリヴィア「ごめんなさい、しかし、よくそんな状態で逃げられたものですね」

沙雪「え、ええ、えっと……私も、魔法が使えるので、リーダー格の目を撃って驚かせて、なんとか」

オリヴィア「それは勇敢ですね。私達と一緒に、城下町へ帰りましょう」

沙雪「ありがとうございます! (よっしゃ)」ニヤリ
179 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 23:19:15.37 ID:pU8XsqnTO
沙雪(それにしても、激エロな鎧ね……この状態でふたなりになったりでもしようものなら……くくく)



〜〜

モニカ「そういうわけだったのですね。では、私の馬に乗って一緒に行きましょう」

沙雪(年上や、男の騎士がいるにもかかわらずこいつがリーダーか……なんかすごく偉そうでいけ好かないわ)

シャム「あ、それならこの私の馬に乗せてあげますよ!」

沙雪(こっちはけっこう背が高いわね……)

モニカ「だめです」

シャム「な、なんで!」

ハンス「そりゃ、お前さんがすぐ女をナンパするからだろうが、自分も女のくせに」

シャム「うー、うるさい〜! 男は黙ってろ〜!」

セリカ「静かにしてよね、みっともない」

沙雪(こっちは……騎士? という割に魔法系っぽいような?)

シャム「るっさいわ」ワシャワシャワシャ

セリカ「あ、あ! 上官相手になんて態度を〜〜!」

リィン「皆さん、本当に楽しそうですね……あはは」

沙雪(あいつも背高くてエロボディしてやがんのなあ……)

ジェス「あの子を安心させることが出来ることは良いことだよ……」


180 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/19(月) 23:23:51.60 ID:pU8XsqnTO
沙雪「こうして、私は彼女らの国、ファンタジー王国へと入り込むことが出来た。だけど、単にこの国の町娘であることになったら町に返されて終わり……と、いうわけで」

沙雪「別の国から連れ去られてきたことにして、騎士宿舎のお世話になることにした」

沙雪「あっちの方の国、と適当な方向を指さしたら、”ミタムーラ王国か!”と言われたのでそのまんま採用したった。ちょろくてラッキーだねえ」

沙雪「さあーて、どうやって楽しんでやろうかな。まず、誰をターゲットにするかが重要か……」

沙雪「やっぱし、あの激エロ装備の奴、オリヴィアだね」

沙雪「どうしようかな。せっかくの異世界だし、羽を伸ばすつもりで、人前でふたなり化させてやるって手もあるよね……」


コンコンコン


沙雪「ん? 誰か来たようだ。どうぞー」



ガチャ……


来たのはだれか?>>167から>>176の間で安価↓、もちろん>>173は除く

用件 安価↓3 キャラに合っているもののみ採用
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 23:29:43.96 ID:yXX6QivGO
リィン
心配そうに様子を訪ねに来た
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 23:29:47.33 ID:/CErjc5bO
範囲外だった172は含むの???
167のリィンちゃん
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 23:40:36.36 ID:L5fAA04Q0
戦果と災害とくそつよ邪龍の襲撃でボドボドだというミタームラ王国の近況について教えてほしい、と尋ねにきた
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/19(月) 23:41:18.45 ID:fQUvZsal0
ジェス

機密上入ってはいけないところを教えるため間取り図(一部が黒く塗りつぶされている)を渡しに来た&嫁の差し入れをみんなに配りに来た
185 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 00:05:38.55 ID:nKPB3mxmO
>>182 含む。裏技的に入れてみたら面白いかなと思って……


リィン「やあ」

沙雪「あ……リィン……さんだっけ」

リィン「すぐに覚えてくれているなんて嬉しいな、そう、騎士団所属・リィンだよ。見習いだけどね」

沙雪「見習い? 割とあの中じゃ年いってると思ったけど」

リィン「あはは、この国では、騎士になるのに年齢は関係ないよ。子供のころから目指す者も居れば、一通りの学業をこなしたりって者も居る」

沙雪「ああ……」

リィン「現に、リーダーのモニカさんも、16歳でリーダーになっているからね。貴族の出で、小さなころから世のため人のためにって騎士を目指したらしいよ」

沙雪「へえ〜(あほか)」

リィン「まあ、それでもその才能は素晴らしいと思うけどね」

沙雪「そうなんですね……」

リィン「ところで、聞きたいことがあるんだ」

沙雪「?」

リィン「戦果と災害とくそつよ邪龍の襲撃でボドボドだという、ミタームラ王国の近況について教えてほしい」

沙雪「へ!?」
186 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 00:09:17.03 ID:nKPB3mxmO
沙雪「え、えっと、えっと……(やばい)」

リィン「どうなっているのかな。場合によっては、我々の騎士団から派遣するよう進言するつもりなんだけれど」

沙雪「うー、と、えーっと、やばい……」

リィン「えっ? や、やばいのかい!? ミタームラ王国は!?」

沙雪「う、うん、そうそうやばいの! ミタームラ……は!」

リィン「そ、そうかそうなんだね。そうかあ……じゃあ、君も戦火の中で? でもお花を摘んでいたって……」

沙雪「あ、え、そうじゃなくて、私のいたのはみたむーた、じゃない、ミタムーラだから! リィンさんが言ってたのは、ミタームラ王国でしょ!? 私も噂とかで聞いただけだから、ははは!?」

リィン「あ……そうか。すまない、勘違いをしていたよ。こんな時に申し訳ない」

沙雪(両方ともある国なのかよ……つか、どういう偶然だよ三田村にミタムーラにミタームラ……ミータムラとかもあるんか?)
187 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 00:15:56.12 ID:nKPB3mxmO
シャム「おーいリィンちゃん、さぼってないで掃除しなよ〜」スッ

リィン「あ、シャム先輩。すみません、つい」

沙雪(さっきの……)

シャム「ふふん。ま、いいけどね。君のことだから、大方彼女が心配になってついってとこなんだろ?」

リィン「え、えっと、それもありますが、ミタームラ王国のことが気になって」

シャム「ああ、あの。でも、彼女のいるところはミタムーラ……」

沙雪「同じこと繰り返さんでええねん」

シャム「あは、なにそれその喋り方、面白いね」ススススス

沙雪(一気に横についてきた!?)

スッ

沙雪(肩に手を回された!?)

シャム「んふふふ……なかなか……いい匂いがするね、君」

沙雪「は!?」

シャム「ねえ、この辺を案内してあげよっか? ミタムーラ王国じゃちょっと離れてるし、我々も忙しいからすぐには帰れない……だから、ここは、しばらくこの国で楽しく暮らすことも考えに入れてさ……?」

沙雪(やべー百合豚だこいつ! どうしようか……)


選択安価↓
1 ふたなり光線銃発射! 以前のやり方でコンマで大きさなどが決まる
2 リィンに助けを求める 
3 乗ったふりをして今後利用する
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 00:18:40.11 ID:PoeiArjYO
2
189 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 01:57:57.84 ID:nKPB3mxmO
沙雪「り、リィンさん、ちょっとこの人苦手かも……です」

リィン「そ、そうだよね! シャム先輩、あんまりくっついたら失礼ですよ!」

シャム「ん? なに、もー。このくらいいいでしょーが」

沙雪「いや、私……」

リィン「ほ、ほら。嫌がっているじゃないですか。騎士たるもの、民衆の模範となり彼等を守る立場にあるわけですから……」

シャム「じゃあ、君が、代わりになってくれるのかい?」スッ

リィン「あっ!?」

沙雪(蛇が絡むようにするりと腕を絡ませた……)

シャム「ふふふ、リィンさ、初めて会ったときに一緒に食事をしてくれたよね?」

リィン「そ、それは先輩に誘われたから……」

シャム「だろだろ? 私だからだろ?」

リィン「そ、そういう意味じゃないですよ!」///

シャム「顔が赤いよ……?」

リィン「ちょ、ちょっと、人が見てます! 沙雪さんが!」

シャム「いいじゃないか……」ジットリ

沙雪(リィンを犠牲にすることに成功した……かな?)
190 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 02:00:28.70 ID:nKPB3mxmO
沙雪「リィンさんありがとうございます! 後はお任せしますー!」ピュー!

リィン「あっ!? 待って……」

シャム「ふふふ、彼女も気を使ってくれているみたいだね」

リィン「や、やめてください! ボク、掃除があるからっ!」クリン

シャム「へ!? わ!」ドテン!!

リィン「あ、お、思わず投げちゃった……それに言葉遣いも……失礼しました先輩! で、ではボクはこの辺でー!」ピューーー!

シャム「あ、あ……あーあ、ちえ」
191 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 02:04:58.64 ID:nKPB3mxmO
屋上〜〜

沙雪「夢中で走ったら屋上に来ちゃったか……」

沙雪「あのシャムってのをふたなりにしたら私が犯されそうだわ、危ない危ない……」

沙雪「でもあの時、リィンをふたなりにしていたら……ふ、まあいいわ。タラレバってもしゃーなし」

沙雪「それにしても、屋上か。イーちゃんを思い出すね。ふふふふ……」

沙雪「どうせなら、一緒に連れてくればよかったかな? いい具合に使えるかもしれないしね」


「イーちゃんってのは、故郷のお友達の名前?」

沙雪「え!? あ……」



来たのは誰? 安価↓1 (口調はキャラに応じて直します)


それに対する沙雪の行動かセリフ 安価↓3〜4、そのうち一つかどっちもやる



今回ここまでお付き合いありがとうございます。
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 02:06:49.18 ID:icnK4JQsO
>>172さん
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 02:07:23.93 ID:Ha3EMXljO
オリビア
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 04:19:05.00 ID:dFVZ5WDEO
(強そう…是非とも手駒に加えたいわね)
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/04/20(火) 15:09:34.54 ID:ZjBHRK3t0
イーちゃんは故郷で仲良しだった親友と説明
196 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 22:01:42.54 ID:XeHx3i6OO
アリシア「イーちゃん? 故郷の友達の名前かい?」ドン!!

沙雪(強そう…是非とも手駒に加えたいわね)

アリシア「おっと、あたしはアリシア。ここの騎士さ。強いよ〜?」ニカッ

沙雪(眩しい笑顔……エロマッチョ……こんなのがヘロヘロになったりしたら……オリヴィアの前に、こいつを……よし)

アリシア「んん?」

沙雪「そうなんです、イーちゃん……イリスと言って、私の親友でした」

アリシア「そうかいそうかい……ま、いずれあたしらが故郷に送り届けてやるから、安心しな」バン!!

沙雪「あだああああーーーーーーーっ!!(背中バーンされた背中バーン!)」

アリシア「おお、済まないねえ。つい力が」

沙雪「ぐぬぬぬう……ま、まあ……ううう……ち、力強くて頼りになります……」

アリシア「カカッ! 意外と根性あるねえアンタ!」

沙雪「ぐう〜〜……あの、一つ……ゲームをしませんか」

アリシア「ん? ああ、いいよぉ」


沙雪(よし)
197 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 22:09:49.04 ID:XeHx3i6OO
沙雪「じゃんけんって、知ってますか?」

アリシア「ああ? じゃん……け?」

沙雪「はい」

アリシア「そ、そんなこと急に女の子が言うもんじゃないよ////」

沙雪(この世界の放送禁止用語!? つかウブいんかい!)

アリシア「そういうゲームは……あは、シャムとかと一緒にやったほうが……さ////」

沙雪「あいつはやだ。つか、ジャンケンというのは、これこれこういう、私の故郷に伝わるゲームです」

アリシア「え、そうだったのかい、悪いね……でも、面白いゲームじゃないかい」

沙雪「で、勝ったほうは、負けたほうに、何でも命令をしてもいいんです」

アリシア「なんでも? 例えば、ビアンコの谷へ行ってホウレンノーの肉を取ってこさせて料理させるとかでもいいのかい?」

沙雪「なんか過酷そう……んー、まあ、良いっちゃいいですけど、何度も繰り返して行うこともありますから、その場で出来ることとかにする場合が多いですかね(でまかせ」

アリシア「どっちにしても、面白そうじゃないかい!」

沙雪「じゃ、やりましょっか」
198 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 22:13:57.44 ID:XeHx3i6OO
沙雪「じゃーんけーん、」

アリシア「……その掛け声、ちょっと勘弁してくれないかい? 流石のあたしと言えど……」////

沙雪「え、あ、ああはい。確かにこの国では変態扱いですしね。では、三つの手があるという事で、サンケンとしましょう」

アリシア「なら、大丈夫だ」

沙雪「では改めまして、サンケーン、」

アリシア「ほいっ!」

沙雪「パー!」

アリシア「グー……!」

沙雪「私の勝ちです。では今すぐここで、蟹股になってばんざーいってしてください」

アリシア「え? お、おお。そういうことさせるのかい……見た目に寄らずサドっ気あるねえ」

沙雪「私とイーちゃんの二人だけの、思い出のお笑いポーズなんです……この国ではそんなに変なんですね……」ウルル

アリシア「う。や、やるよ、ゲームだからね! ばんざーい!」ババッ!!

沙雪(ちょろっ)ニヤリ

アリシア「い、いつまでやってりゃいいのかな?」///

沙雪「あ、もういいですよ。次のゲームに移りましょっか」
199 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 22:17:42.44 ID:XeHx3i6OO
沙雪「サンケン、」

アリシア「ほい!」

沙雪「チョキ!」

アリシア「グーだ!」

沙雪「おっと、また私の勝ち」

アリシア「え、そうだったっけかい?」

沙雪「言いませんでしたっけ? 前に負けた手は、勝敗が逆転するんです」

アリシア「む、難しいゲームだね……次はどうすりゃいいんだい」

沙雪「さんべんまわってワン、とか」

アリシア「な……そ、それもイーちゃんと?」

沙雪「子供のころは二人で笑いあったものです」ウルウル

アリシア「お、おお……よし!」

クルクルクル

アリシア「わん!」

沙雪(無様っ! 実はスマホで撮ってるとも知らずに……)

アリシア(い、意外と、つか、想像以上にきっついねえ……このあたしが犬みたいに……)
200 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 22:20:58.94 ID:XeHx3i6OO
沙雪「では次です! サンケン、」

アリシア「ほ、ほいっ!」


沙雪「パー!」

アリシア「チョキだ! 今度はどうなんだい!?」

沙雪「……これも私の勝ちです」

アリシア「今度は、どうしてだい?」

沙雪「さっき、私が勝った手をアリシアさんが使ったので、ダメージが残っており、あいこにならない限りは私の勝ちになります」

アリシア「複雑すぎて頭が……」

沙雪(ちょろすぎ馬鹿すぎ! このままいけば……ふたなり光線銃を使うまでもなく……ま、使うけどね)フフフフフ


沙雪「では、次は、まず安価↓1〜2のどっちかをしてください」
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 22:22:55.50 ID:JmvxTf/IO
さらしと女性用ふんどしのみ装備
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 22:23:23.08 ID:gqCQoyFSO
着衣のまましーしー
203 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 22:26:59.40 ID:XeHx3i6OO
沙雪「では>>202で」

アリシア「そ、そんなことまで!? させる気かい!?」

沙雪「もちろんです。さっきアリシアさんこそ、過酷そうなことを思いついていたではありませんか」

アリシア「う、うーん……ちなみに、拒否は」

沙雪「……えっ?」ウルウルウル

アリシア「……これも、イーちゃんとの思い出なのかい?」

沙雪「はい、イーちゃんがおねしょを毎日していて……そのたびに私に見せつけてきたりして、あはは、あの頃は面白かったなーって(遠い目」

アリシア「うう……鎧を汚してまで……みっともないけど……わかったよっ!」グッ

沙雪(うんこすわりした!? いつもそうやっておしっこしてるってことね……うわー、仕方までバらしちゃって無様〜)ニヤリ

アリシア(ん? 今、笑顔が……? うっ、出る)

ジョワワワワワア……

204 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 22:40:31.09 ID:XeHx3i6OO
アリシア「ぐ、ぐう〜〜〜……」ポタポタ……

沙雪「う、鎧に伝って雫がポタポタ……(くひゃははははは!! 布のところが染みになってる! 尿だまりやっば! ついでだから誰か来ないかしらひゃはははははは!!!!」

アリシア「い、いちいち言わなくっていいんだよっ! うー!」ポタポタ

沙雪「匂いも結構……な……」

アリシア「うるさいってのっ!」

沙雪「ああ、イーちゃんと全く一緒」ウルウル

アリシア「ぐうううう……っ」

沙雪「では、次のジャンケン……サンケンを」

アリシア「……サンケン、」

沙雪「ぽい!」

アリシア「グーだっ!!」

沙雪「こっちもグーです」

アリシア「この場合は……?」

沙雪「私が連勝した後のあいこですから、私の勝ちです」

アリシア「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」ググッ

沙雪(思いっきり前かがみになった! 短い時間だけど笑いを堪えなくてもいいタイム突入!)ニヤリニヤニヤ

アリシア「……」チラッ

沙雪「では、次は、お猿さんになって駆け回りながらキーキー騒いでください」

アリシア「……わかったよ」

沙雪「これもイーちゃんの得意技で……ん?」

アリシア「きーきーうっきっきー! うっきーきーきー!」ドタバタドタバタ!!

205 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 22:41:57.70 ID:XeHx3i6OO
沙雪「わあ、アリシアさんもお上手ですね!(何、急に躊躇なく……この世界では猿が神聖な動物だとか?」

アリシア「うっきーきーきー! うききききーーー! うっきゃー! わっきゃー!! わきょきゃきゃきゃーーーーーっ!」ダダダダダドタドタドタ!!

沙雪「す、すごいです! お見事ー!」パチパチ

アリシア「……そろそろいいかい?」ギロ

沙雪「え」ゾク

アリシア「そろそろ時間がない。着替えもしなくちゃいけないからね。次を最後にして、ゲームにいこうかい」

沙雪「は、はい」

アリシア「なあ……次は、あたしが何をすれば勝ちになるんだい?」

沙雪「えっ」

アリシア「先に教えておいておくれよ。ぬか喜びはごめんだね」

沙雪(急に怖くなって……えっと……んー……めんどいから……)

沙雪「えっと、私が4連勝したから、リセットで、普通に戻ります」

アリシア「へえ……じゃあ、前もって言っておくけど、あたしが勝ったら、安価↓してもらうよ」

沙雪「え!? あ、はい……じゃ、じゃあ、私も。安価↓2と先に言っておきます」


アリシア「さーんけーん、」

沙雪「ほい!」


安価↓1と2は、それぞれ出す手もコンマで決定。コンマ1桁目が1〜3ならグー、4〜6はチョキ、7〜9はパー。0は無条件勝利(むろん両方0ならあいこ)


沙雪(しまった、あいこでも私の勝ちにすればよかったか!?)
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 22:44:45.74 ID:wDpQmfii0
こいつ(いま漏らさせられた小便)をすすってもらう
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 22:45:17.65 ID:uDTNXcnHO
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 22:46:31.80 ID:uDTNXcnHO
ごめん行動書いてなかった
今度は犬、ということでパンツ丸見えで地面に寝転がって服従のポーズ
209 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 22:48:17.65 ID:XeHx3i6OO
あいこ!

沙雪「サンケン、(ションベンすすりとかありえない!)」

アリシア「ほい!(ん、ってなんだ!? なにをするんだい!?)」


勝敗をコンマ↓ 40以下なら沙雪勝ち、60以上はアリシア勝ち  残りはあいこで安価投票
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 22:50:47.68 ID:JmvxTf/IO
地獄に落ちるがいい
211 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 22:57:46.51 ID:XeHx3i6OO
アリシア「おっし!!」

沙雪「あーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」

アリシア「さあ、やりな。約束だよ」

沙雪「あ、あのお……そろそろお時間なのでは」

アリシア「まだ大丈夫さ。でなきゃ、最後のゲームをやる前にここを離れてる」ギッ

沙雪「ひっ(殺気籠ってるよこの人! バレたかもしれないわ、私の考えが)」

沙雪(あーあ、でも”ん”というのは私の国のなんたらかんたらです〜って、めちゃくちゃなこと言ってやりたかったなあ)

沙雪「わかりました、では……」レロ

アリシア「ふん、物分かりがいいんだね」

沙雪「ちっ、うるさい……」ジュジュッ

ジュジュジュ……ズリュ……

アリシア「……」

212 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 23:01:19.70 ID:XeHx3i6OO
アリシア(別にあたしの趣味じゃないんだよね……早く終わらせてもいいか……でもなあ……ちょっとは懲らしめてやらないと……)

沙雪(股蔵が無防備になっているところに、ふたなり光線銃発射!)ビカッ!

アリシア「!?」

沙雪「……うえええええ! 気持ち悪っ! こんなの吸わせるとか、最低のド変態じゃんこの糞女騎士ぃい〜〜〜!」

アリシア「本性現したね!?(今の光は何だい……う!?)」グムムムムグムグ

沙雪「ざけんなっつーの! なにが本性か……ションベン吸わせるとか変態な本性現したのは、そっちでしょーが!」

アリシア「は……この、本当は、アンタ……相当の腹黒……いいや、むしろ、魔物!?(それにしても、なんだかおかしい……))」

沙雪「んなわけあるかっつーの! アンタがキモキモ女騎士だってだけのことよ!」

アリシア「なっ! 人にあんなにいろいろさせておいて……何てこと言うんだい!(う、ぐむ……変だ……変な感じが……)」

沙雪「むかつくから、ぶっ飛ばしてやるわ!」ボカッ!!

アリシア「がふっ! つ、強い……!?」

沙雪(糞雑魚化の効果てきめんすぎぃいいっ!)バキボカボコドカッ!バシッ!
213 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 23:05:40.29 ID:XeHx3i6OO
沙雪「とららららっ! そらーーっ!」ビシバシボカボカ!

アリシア「く、くうっ! ああっ!」ビタンビシャン!

沙雪「ほおーれ強制まんぐり返し!」ゴロン

アリシア「わ!!」///

沙雪「鎧ひっぺがしい〜!」ガバッ!

アリシア「や、やめっ!」

沙雪「あは、白パンかあ素朴ですなあ〜これも脱がす」ズルル

アリシア「や、やめ……あ、あああああああ!?」ボロン

沙雪「うわーお、アリシアさんチンポついてるう〜、男?」

アリシア「ち、違う違う違う違う! なんだこれなんだこれなんだこれなんだこれ〜〜〜〜〜〜!」

沙雪「いや、割れ目もあるから……ふたなり!!」

アリシア「は!? は!? な、ななな……は!? そ、そんな、なんで急に……あ、アンタが何かしたってのか……!?」

沙雪「お、鋭い(金玉デコピン)」ピシッ

アリシア「ほぎゃああああああああああああああ!」

沙雪「ふふふ」

アリシア(嘘だあたしがふたなりなんて……嘘だろう……!?)



この世界でのふたなりという存在の扱いを安価↓(プラスすぎるものはダメ)
コンマでアリシアのモノの大きさも決定、ゾロ目は剥ける
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 23:08:00.51 ID:fRi3eRpZo
奴隷市場では高額で取引されるためバレたら拉致される可能性大
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 23:10:35.65 ID:gqCQoyFSO
淫魔の血混じりとして、淫売の子くらいの蔑視対象になる。
ただし、普通に暮らすものもいたり、娼館にはふたなり愛好家もいるなど、完全な迫害対象でもない
216 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 23:11:31.78 ID:XeHx3i6OO
アリシア「あああ、あああああ、あたしがふたなり、ふたなり、嘘だ、嘘だああ!」

沙雪「それにしてもまあまあ大きい……夏織ちゃんくらいかなあ?」

アリシア「嘘だ嘘だあ、嘘だああ……うう、奴隷商なんか殺してやるう……殺してやるぅうううう!」

沙雪「ん? 奴隷商?」

アリシア「うううう! うああああ!」

沙雪「どういうことか説明してみ(金玉がしっ」ガシッ

アリシア「ふあっ!!」

沙雪「説明してみ」ググググ

アリシア「……ミタムーラでは……ないのかい……それともアンタが知らないだけか……」

沙雪「いいから」グリグリ

アリシア「あーーーーーーーーーーーーー!!」
217 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 23:16:54.01 ID:XeHx3i6OO
アリシア「>>214……なんだよぉおお……」

沙雪「ほほー。そんなに奴隷商が恐いの。騎士様の強さがありながら?」グイグイ

アリシア「ひぃひい!」ギンギンピュッ

沙雪「うわ早漏っ」ククク

アリシア「うううう……ううう……ど、奴隷商なんか……奴隷商なんか怖くない……恐くないんだああああ!」

沙雪「顔に自分のかかってるよ。間抜け〜」

アリシア「うあああ……うあああ!」

沙雪「体の弱体化が心にも表れてしまっているようね……まあやりやすいわ。元に戻してほしい?」

アリシア「!?」

沙雪「さっきアンタが言った通り、私がアンタをふたなりにしたのよ。元に戻してほしければ、私の奴隷になりなさいよ」

アリシア「な……なっ」

沙雪「アンタみたいなパワフルなのは、手駒にちょうどいいと思ったわけ……ふふふっ」

アリシア「うあ……うあああ……っ! 嵌められたああ……こんな悪女が……みんなをだまして……」

沙雪「先っぽ剥いて息吹っ掛け」フー

アリシア「ほひいいいいいい!!!」ヘロヘロヘロ
218 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/20(火) 23:21:17.06 ID:XeHx3i6OO
沙雪「脳筋。大女、総身に知恵が回りかね。えーっと、ただのバカ。体だけでかくて頭は空っぽ」

アリシア「ひい、うう、ぐぐう……」

沙雪「ついでに言うとね? 私の力でふたなりになった者は、超弱くなるの」

アリシア「!?」

沙雪「表向きだけでも元に戻りたければ、裏の顔を持つしかない。わかるわね? そうでないと、アンタは戦場でボコボコの真っ裸にされて、味方の騎士たちの前で怪物達の笑い者になるわけよ」

アリシア「ひいいいいいいいいいい!! ううああああ! ううううああああ!」ジタバタ

沙雪「カンチョー」ブス

アリシア「おあっ!」ブーーッ!!

沙雪「あらオナラ。きたないわー」

アリシア「    」

沙雪「私の奴隷になるわね?」

アリシア「……はい」

沙雪「ちょろっ」ニターリ

アリシア「ああああ……あああっ」

沙雪「ではさっそく。安価↓1〜3、一つか複数やってもらおっかな」
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 23:25:11.52 ID:UXVT5aTHO
服従の足舐め
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 23:28:24.25 ID:HoC1f0ob0
部下を一人レイプさせる(共犯にしてふたなりの快楽を植え付ける目的)
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 23:49:53.66 ID:nq9j8Sit0
とりあえず尻叩き
222 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/21(水) 00:05:19.52 ID:6vqo0G51O
沙雪「とりあえず尻叩き……おっと、やってもらおっかな、と言ったらアリシアに尻叩きをやってもらおっかな、という事になってしまう」

アリシア「?」

沙雪「日本語は大事。では服従の足舐めからしてもらいましょう」

アリシア「あ、足舐め……うう」

沙雪「”服従の足舐め”とは」

アリシア「!?」

沙雪「精神的周囲にいるすべての人間の足を懇願して舐めることにより、主人へ服従の意思を表すことである!」

アリシア「ひああああああああ!?」ガーーン!

沙雪「じょーだん。私の足舐めればいいわ。靴ね」

アリシア「う、うううっ、ううううう……」

沙雪「なによ、さっきはくさいしっこを吸わせたくせに」

アリシア「そ、それは懲らしめ……のために……」

沙雪「どーでもいーからやれ」クイ

アリシア「……」


レロ……レロ……
223 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/21(水) 00:08:30.14 ID:6vqo0G51O
沙雪「改めて言うけど、下半身素っ裸尻丸出し強制ふたなり足舐めをしてるのよ、女騎士さん」

アリシア「ううう……」レロレロ

沙雪「ふたなりという自分の抱く恐怖と、雑魚カスからの脱却を求めて、それをしてる」

アリシア「ううう!」ペロペロ

沙雪「地面にマンコと金玉とあとチンコぺっとりくっつけて、精液まみれの顔でしている。これを、忘れないこと」

アリシア「うううううーーーーーーーっ!」ベロベロベロベロ!!

沙雪「あの、いつまでも舐めてなくていいんですけど?」

アリシア「−−−−−−−−−−−−−−−っ!!!」

沙雪「んでは、次」

アリシア「!?」

沙雪「元に戻してほしくば、部下を一人レイプすること」

アリシア「   は   」
224 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/21(水) 00:15:38.23 ID:6vqo0G51O
沙雪「ふたなりの快楽を植え付ける。ふふふ、どう?」

アリシア「一生このままでいいよ」

沙雪「えっ?」

アリシア「部下を傷つけるくらいなら……あたしは一生このままでいい。一人で恥を掻いても、このまま死んでもいい」

沙雪「う」

沙雪(おっと……地雷踏んだか……まずいなあ)

アリシア「好きにしな。他の誰かを巻き込むくらいなら、あたしは……」

沙雪(やばっ、マジで開き直った! どーしよ……)



どーしよ? 今回ここまで。
 安価投票↓1〜5


1 レイプ命令を実行させる
2 とりあえず手駒にはなったから命令取り消しでおわり
3 他の命令(その内容も、一つから複数実行させる)


票数同じだったらコンマ合計数の上のが採用。お付き合いに感謝。
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/21(水) 00:21:22.77 ID:3EHgQolh0
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/21(水) 00:22:09.77 ID:/f+dHetfO
3
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/21(水) 00:25:05.75 ID:dyyNmyA1O
3
部下への下着ドロ&下着使って[田島「チ○コ破裂するっ!」]くらいで
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/21(水) 00:25:27.87 ID:wzlhaZUN0
2
かわいそうすぎると抜けない
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/21(水) 00:46:28.83 ID:3EHgQolh0
ドア・イン・ザ・フェイスと呼ばれる手法である
230 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/04/21(水) 00:47:32.70 ID:6vqo0G51O
ちょっとみたら3で決まったけど、
一応別の命令をしてもいいのでもう一個募集安価↓ なければないで>>227だけ実行するから(その場合の連とりはOK
ついでに、今後の展開やアリシアに限らずキャラへの命令やしてほしいことなどに何か希望があれば安価↓2から自由に募集
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/21(水) 00:49:38.24 ID:8V9hAGMA0
逆に考えると部下を傷つけなければオッケーと
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/21(水) 01:09:45.84 ID:/f+dHetfO
どうせ9人(女6人、男3人)もいるのなら、その中でカップルとか作ってみて欲しい(性別問わず、男×男、女×女でもいいから)
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/21(水) 01:17:30.31 ID:3EHgQolh0
ファンタジー世界ならエロに都合のいい魔法やマジックアイテム欲しいなぁ
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/04/21(水) 09:13:34.37 ID:xNogC62WO
折角男もいるし展開次第だけどふたなりチンポで堕とすからの男騎士のチンポもぶちこまれて、最終的にどっちに敗北するかとか見てみたいかも
235 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 15:49:01.23 ID:0JWjvTk2O
また復活したか速報 ホントならもちっと進めてたのになあ ともあれ再開
236 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 15:53:25.94 ID:0JWjvTk2O
アリシア「そんなことを……この……悪党が……!」

沙雪「まずこれをやらなきゃ戻さないけど?」

アリシア「……でも、さっきのよりはマシか……」

沙雪(ふ、ヘタレたか? それとも、賢くなったか。まーどーでもいいわ)

アリシア「……やる。やるしかない……よ」

沙雪「ドア・イン・ザ・フェイス……」ニヤリ

アリシア「?」

沙雪「なんでもないなんでもない。つか気にするなら金玉蹴るよ」

アリシア「ぐっ!!」ビクビクッ

沙雪「ふふふ、ビビっちゃって情けない……たとえ、自分よりも圧倒的に強い相手でも立ち向かうべきなのが、騎士という存在なのではないの?」

アリシア「ぐうううううっ!」
237 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 16:00:28.15 ID:0JWjvTk2O
リィンの部屋〜〜


アリシア「リィン、いるかい?」

リィン「あ、はい……アリシアさん、どうぞ」

アリシア「……アンタが騎士団に入って、しばらく経ったけどどうだい?」

リィン「あ、ありがとうございます! わざわざそのために来てくれたのですか!?」

アリシア「あ、ああ、まあね。ん……あの」

リィン「は、はい」

アリシア「(沙雪に言われたやり方で……)アンタの部屋の、家具の置き方とかが気になってね。単なる占いじゃないよ。心理的な……なんたらから、今後どうやっていったらいいかアドバイスする」

リィン「あ、あああ、有りがたき幸せ!」

アリシア「んーと……剣の手入れもいいね……絵を飾ってるのかい、きれいな山の風景だ」コソコソ

リィン「ど、どうも、ありがとうございます!」

アリシア「タンスはこれかい、良い趣味だ……」コソコソコソ

リィン「は、はい、どうも……」
238 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 16:03:05.44 ID:0JWjvTk2O
アリシア「あっと! 開けちまった!」ガララ!

リィン「あっ、だ、大丈夫ですか?!」

アリシア「う、手をぶつけた! い、いてえ……(こんな程度で痛いなんて、本当に弱くなってる!)」ズキズキ

リィン「お、お怪我はありませんか!?」

アリシア「あ、ああ済まないね……でも、まあ、この分なら大丈夫だ。他の奴らのいう事をよく聞いて、このまま励むといいよ。じゃ、じゃあ!」スタコラサー

リィン「本当に……ありがとうございます!!」



アリシアの部屋〜〜

アリシア「す、済まないリィン……下着を盗むなんて最低の上司だ……」パサ

沙雪「ふふふ、上手くやったようね。騎士よりコソ泥のほうが向いてるんじゃない?」

アリシア「くそっ!」

沙雪「まあまあ。それよりも……リィンの下着って、>>239かあ」
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/01(土) 16:05:25.25 ID:K849o7tNO
無垢な純白パンツ
240 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 16:11:44.32 ID:0JWjvTk2O
アリシア「あいつは清廉潔白な女だよ……そんなリィンのパンツを……あたしは……」ウウウウ

沙雪「自分自身の名誉のためだけに、盗んだ!」

アリシア「誰がやらせたんだいっ!」ダッ!

沙雪「おっと」

アリシア「この! このこのこのーーー!」シュバババババ!!

沙雪「強烈! 連続パンチが私を襲う〜〜! っと」

アリシア「!」

沙雪「これを私は、右ひじから指先だけの動きで弾きます」パチパチパシパシパシパシパッ

アリシア「う、う!」

沙雪「はい、後ろに回って下ずり下げ〜〜〜!」ズルルン!

アリシア「あ、ああーーーーっ!」ポロン

沙雪「下半身マッパふたなり騎士様の、おな〜り〜〜!」キャハハハハハハ!

アリシア「ぐ、ぐあああっ、この、このっ!」

沙雪「金玉握り」ガシ!

アリシア「ぎゃうっ!!」
241 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 16:15:36.59 ID:0JWjvTk2O
沙雪「指三本同時デコピン!」ベチン!

アリシア「ほぎゃうっ!!」

沙雪「後ろから棒を掴んで〜」ガシッ

アリシア「お、おま、おま!」

沙雪「ぐりぐり強引ねじまわしいい〜〜!」グリグリグリグリ!

アリシア「おぎゃわああああああああ!!」ヒギャアアアアア!!

沙雪「ん−ふふふ、美少女JKに掴んでもらえて感謝しなさい」グリグリグリ! ムンググリグリ!

アリシア「ひぎゃひぎゃほおお! ひぎゃひぎゃほおーーーー!」ビンビンビン!

沙雪「ほれほれ、勃ったねえ。これでオナニーができるよお? さあ、さあやりなさいな!」

アリシア「は、はうぐっ! く、くそおおおっ! くそおおお!」

沙雪「くそくそうるさい。カンチョーでおならしたくせに。それともそれこそ”くそ”がしたいの?」

アリシア「ひ! あ、あたしが……あたしが……そんなことを……できるわけない!!」ガシッ

沙雪「お、ついに自分から棒を持ったね! 男の人がどうやってオナるかわかってるって―ことだあ!」

アリシア「違っ! ああ、違、あああっ!」グッ



242 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 16:17:11.55 ID:0JWjvTk2O
アリシア「ひぐう! ひぐう!」グチュグチュ!

沙雪「ほら、パンツを使わないとだめでしょ。顔にひっかけてあげる」

アリシア「くあああっ! なんて姿にするんだいっ!」
243 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 16:24:55.10 ID:0JWjvTk2O
沙雪「なんて姿か? こんな姿だ(鏡見せる)」サッ

アリシア「あああああ! あああああーーーーーーー!」ガーーン!

沙雪「自分の超無様な真の姿を見せられてショックを受けたのね〜。可哀そうだわ、騎士の幻想を見てこれまで生きていたなんて」

アリシア「違う……違ううううう!」

沙雪「そんなことよりも、リィンのパンツでオナるなら、リィンの名前を呼びながらオナりなさいよ」

アリシア「……ぎいっ! ぎいっ! り、リィン……リィン、リィン、リィンんんんん〜〜〜〜!」シコシコシコシコシコシコシコシコ!!

沙雪「あはははははは! 無様無様ー! 部下をひそかに思って、変態な欲望を今満たすとか!」ゲラゲラゲラ

アリシア「悪党……悪人……くそおおお! ああああ! り、リィン〜〜〜〜〜!」シコシコシコシコシコシコシコシコ!!



セリカ「えっと……なんだかすごい声が聞こえる……何を言っているのかはわからないけど……アリシアさん、大丈夫かしら」

コンコンコン

セリカ「あの、入ります」

アリシア「りぃ……いいいいいいいいいーーーーーー!」

セリカ「いい? いいんですね、解りました!」ガチャガチャ、ガチャ!

沙雪「おっと、鍵を開けてあげなくっちゃね」ニヤリ




扉が開くとき……どうなる?
選択安価↓

1 セリカがアリシアのふたなり射精姿を見る
2 セリカがアリシアのふたなりオナニー〜射精を見る
3 セリカがアリシアの射精後半裸姿を見る。モノはなんとか手で覆い隠す


その時のセリカの反応・セリフ 安価↓3
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/01(土) 16:28:21.89 ID:Iq4T3WHlo
1
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/01(土) 16:45:52.30 ID:M5Q2JOwhO
kskst
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/01(土) 17:03:05.59 ID:K+s/8VtqO
驚きながらもドキドキが止まらず興味津々
アシリアから一時も目が離せない様子
「アシリアさん、男の人だったんですか?…それ、私も触ってみていいですか?」
247 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 17:13:30.80 ID:0JWjvTk2O
アリシア「あああああーーーーーっ!」ドッピュウウウウ!!

セリカ「すごい声、だいじょ……え」

ドッピュウ!ドッピュウ!ドッピュウウウ!!

セリカ「えええええええっ!」ドッキーン!

沙雪(ふふ、どうなるか……ま、場合によってはこいつもふたなりにすればオッケーよ)ニヤリ

セリカ「あ、あああ……あああ……」ガクガク

アリシア「うあ……ああああ……あ、せ、せせ、せ、セリカ!?」

セリカ「わあ……あ……」フラフラヨロヨロ

アリシア「ひ、ひえ、み、見られた!? せ、セリカ、こ、これは、これは、これは!!」

セリカ「アシリアさん、男の人だったんですか?…それ、私も触ってみていいですか?」ガシッ

沙雪「ふふふ……ん?」

アリシア「え?」



248 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 17:18:23.65 ID:0JWjvTk2O
セリカ「ファンタジーフィギュアシリーズNo5、”アシリア”限定薄着ver……女の子かと思ったら男の人だったなんて……」フムフム

アリシア「え、え?」

沙雪「は? ちょ、ちょっと? 何そのフィギュア」

アリシア「え、えっと……前に宴会の景品で当てて……飾っといたんだけど……」ハアハア

セリカ「筋肉の付き具合や体格などで初めてわかりました……ファンとして不覚ですね……」ブツブツブツ

アリシア「お、お人形が好きだったのかい」

セリカ「こ、子どもみたいに言わないでください!」

沙雪「ちょっと……こいつ、ヲタ!? なによ、ふたなり射精まで目の当たりにしておきながら、フィギュアを見て?! 女だと思ってたキャラを男だと知ってそっちに夢中!?  馬鹿じゃない!?」チイイイイイッ!!

セリカ「これは欲しい……ぜひ欲しい……」ブツブツブツ

アリシア「や、やるから部屋をでてってくれないかい……? ここで見たことはすべて忘れて、さ」

セリカ「はい! わかりました!」ダーーーーッ!!バタン!

アリシア「た……たすかった……」

沙雪「なんという結果」
249 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 17:27:03.05 ID:0JWjvTk2O
〜〜

沙雪「あーあ、精子のつーんとした匂いがくるわ〜。ちゃんと掃除してよね。下半身マッパ顔面パンツ乗せ女騎士さん!」

アリシア「う、うう……」ゴシゴシ

沙雪「ふ、そんな恰好で土下座みたいに這いつくばって床を拭く……自分の股間から発した汚い液体を拭いて後始末……」ククク

アリシア「ぐうっ! ぐうっ!」ゴシゴシゴシ!

沙雪「ところで、なに。この騎士団内では宴会とかもするわけ?」

アリシア「あ……ああ」ハアハアハア

沙雪「ふうむ……次の宴会はいつだとかわかる?」

アリシア「え? ああ、まあ……3か月後に定例の大宴会があるけど」

沙雪「3か月? うーん。それじゃあなあ。定例ってことは、不定期に小宴会とかもあるわけ?」

アリシア「……他のみんなを巻き込むつもりかい」

沙雪「え? ああ、ちゃうちゃう。みんなの前で、ふたなりチンポ芸をしてもらおうと思ってねー」ケケケケケ

アリシア「……くっ! うっ! な、なんてこと……そんな!」

沙雪「安心しなさいな。アンタが酔っぱらって、テキトーに魔法でチンポ生やしちゃった〜みたいにすれば、本物のふたなりという扱いにはならんでしょ」

アリシア「な……ううっ、うううっ、この……この!」

沙雪「だから、セッティング宜しくねん♪ 早ければ早いほどいいから……さ」

アリシア「この、悪鬼めええええええ!」
250 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 17:32:27.91 ID:0JWjvTk2O
〜〜〜〜


沙雪「酔っぱらったふりをすればなんでもできる! させられる!」

沙雪「早くも、この夜に>>167-172のメンバー+私で宴会をすることになったわ!」

沙雪「全員に恥ずかしい罰ゲームや宴会芸させてやるわ……!」

沙雪「場合によってはそれぞれがふたなり宴会芸を披露することになるかも……当初のターゲットであるオリヴィアは確実ね」



クククク……ハハハハハハ!!
251 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 17:42:59.99 ID:0JWjvTk2O
シャム「いや〜美味しいお酒〜」グビグビグビ

オリヴィア「あんまり飲みすぎると明日に差し支えますよ」

シャム「いーじゃんいーじゃんか〜」ウヘヘヘヘ

オリヴィア「きゃ! 変なところを触らないでください!」

シャム「いーじゃんか〜〜……エロい装備してるくせに〜」

オリヴィア「だ、だって、蒸れるから……」

シャム「エロっ!」キャハハハハハ!

オリヴィア「うう……んっ」トローン

リィン「あはは……それにしても、あんなご指導をしてくださった後に、宴会に招待してくれるとは有り難い」モグモグ

セリカ(それにしても、か……んー、アシリアさんに気を取られて、アリシアさんのすごい秘密を知ってしまった……でも、忘れる約束をしたしどうしたら……)

モニカ「みんな、楽しめているようね。アリシア、ありがとう」

アリシア「……ん?」

モニカ「最近も大変だったものね。それに、沙雪さんを歓迎するという意味でも、いい機会を作ってくれたわ」

アリシア「あ、ああ……(うう、そんな風に褒められている裏で、実は未だにこんなのが生えているなんて言えないよ……)」

252 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/01(土) 17:48:02.64 ID:0JWjvTk2O
沙雪「さてさて、私を歓迎してくださる皆様のために、ゲームを用意してまいりましたー!」

モニカ「あら、何かしら」

沙雪「その名を、サンケン(じゃんけん)!」

アリシア「!」

沙雪「全員いっぺんにやると”あいこ”の可能性が高いので」

沙雪「まずはグーチョキパーの中から出された中から、その手が一番少ない人達が負けになって(例:パー3人 チョキ3人 グー1人ならグーの負け)」

沙雪「負けた人が複数の場合も最後に勝負をして、負けた人がものすっごい罰ゲームを受けるのでーす!」

シャム「面白そう!」

アリシア「そ……そうだね」ハハハ

セリカ「ば、罰ゲームだなんて……どんなことを」

モニカ「ふうん、他国のゲームか。まあ、羽目を外しすぎない程度にやってみようか」

オリヴィア「確かに、、気になりますね」

リィン「や、やってみましょう!」



安価コンマ↓1の1桁目 リィン 2桁目 モニカ
↓2 1桁目 オリヴィア 2桁目 セリカ
↓3 1桁目 シャム 2桁目 アリシア
↓4 1桁目 沙雪

1〜3はグー、4〜6はチョキ、7〜9がパー、0は本来存在しない手を出してしまい、自動で負け抜け(沙雪は勝ち抜け)

253 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/01(土) 18:08:08.26 ID:K849o7tNO
ほい
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/01(土) 18:14:01.85 ID:M5Q2JOwhO
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/01(土) 19:15:07.37 ID:0c890nMU0
よいしょのしょ
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/01(土) 19:49:41.94 ID:8Dtb7/cdO
踊れェ!死のダンスを!
257 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/02(日) 00:03:54.84 ID:u/LJaap5O
リィン 6でチョキ
モニカ 2でグー
オリヴィア 5でチョキ
セリカ 8でパー
シャム 7でパー
アリシア 3でグー
沙雪 4でチョキ

2・3・2でチョキの勝ち!


沙雪「おっ、私は勝ち抜け!(まあ口八丁で逃げるつもりだったけどね〜)」

リィン「私も勝ち……ですよね?」

オリヴィア「チョキが一番多いから、勝ちになりますね」

沙雪「残りの4人で、またジャンケ……サンケンだよ! ただし、その前に、負けた人にどんな罰ゲームをさせたいか、宣言してもらいまーす!」


モニカ「成程、なかなか恐いゲームね。負けた場合は、そのすべてをする、という事になる、と?」

沙雪「その通り……まあ、1個から複数、場合によっては全部ってことで。その時の時間とか状況によって変わるんですよ〜」

モニカ「なるほどなるほど、奥が深いのね」

沙雪「じゃ、それぞれ、何を人にさせたいか、パーっと言ってみよう!」



安価でそれぞれの考える罰ゲーム及び、コンマ1桁で出す手を決定


モニカ「では……負けた人は、>>559をするということで」

セリカ「>>560してもらいます……」

シャム「>>561なんてさせちゃおっかな〜!」

アリシア「沙雪の手前……>>562だ! >>562をしてもらうよ!! ういーひっく!(くそーっ!)」
258 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/02(日) 00:04:45.65 ID:u/LJaap5O
あ、思いっきり間違えた
それぞれ安価の数300ずつ減らしてくださいませ……
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/02(日) 00:13:01.86 ID:1001eANoO
明日の鍛錬の量を倍に
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/02(日) 00:22:55.77 ID:BZa7MVkTO
股間をまさぐらせてもらう
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/02(日) 00:27:37.71 ID:78TaobjDO
私とちゅー
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/02(日) 00:47:41.62 ID:84WmfrgzO
一緒のベッドで寝る
263 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/02(日) 08:13:30.13 ID:u/LJaap5O
モニカ 6でチョキ
セリカ 7でパー
シャム 1でグー
アリシア 2でグー


沙雪「この場合は……あいこも面倒だし、ここも多数決パターンで! モニカ団長とセリカさんが、負けー!」

モニカ「参ったわね」フフフ

リィン「そもそも団長の鍛錬量は他人の数倍ですからね!」

セリカ「シャムさんや、アリシアさんとそんなことを……うっ」

アリシア「……っ」

セリカ(ふたなり……のアリシアさんと一緒に寝る!? う、うっ、ちょっと……いやでも忘れると約束したし……!)アワワワ

シャム「なーに〜やーだーアリシアさんエロすぎ〜」ニヤニヤ

アリシア「ちょ、ちょっと酔ってるからテキトーなこと言っちまっただけだよ! そ、それにアンタこそ何言ってんだい!」
264 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/02(日) 08:16:25.55 ID:u/LJaap5O
モニカ「で、ここで最終戦をやるという事かしら?」

沙雪「あ、えーと、めんどいから2人が負けってことで罰ゲームします」

セリカ「めんどいから!?」

沙雪「う……あ、違います、ミタムーラ国の”めんどい”は”盛り上げるため”の意味です」

リィン「そうでしたっけ?」

オリヴィア「聞いたことも……ないですね」

沙雪()
265 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/02(日) 08:20:58.67 ID:u/LJaap5O
沙雪「……」チラッ

アリシア「う」ゾクッ

リィン「?」

アリシア「えっと……いやー、細かいことよりノリでパーっとやっちまおうぜ! あははははは!」

シャム「さんせーさんせー! モニカ団長にセリカちゅわんとちゅっちゅっちゅ〜〜!」ヒヒヒヒヒ!

リィン「シャムさんやっぱり危ないです……」

オリヴィア「アリシアさんまでそんなキャラだったとは……」

アリシア「よ、酔ってるだけだって! ははははは!」


沙雪「てなわけで、モニカ団長とセリカちゃんには罰ゲームとして、アリシアさんと同じベッドで寝てもらいながらシャムさんにちゅーされて、お互いの股間をまさぐる、をしてもらいまーす!」


モニカ「な……そんなことを……ミタムーラの宴会の罰ゲームは恐ろしいわね」ヒクヒク

セリカ(ふたなりのアリシアさんに、モニカ団長と一緒に寝る……なんという体験)
266 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/02(日) 08:34:59.50 ID:u/LJaap5O
セリカ「物質的魔法〜ベッドよこい〜」ボワン

オリヴィア「さすがですね……小さいのに」

リィン「可愛いのに魔法も得意ですごいですね!」

セリカ「子ども扱いはいりません! ……ベッドに入りましょう」スス

シャム「ああ、自分から入ってくれちゃって。そんなに私とちゅーがしたいのかしら」

セリカ「い、いや私はそんな///」

アリシア「私も……入るよ」ドサッ

セリカ「ひえ」

アリシア(悪いけど、耐えてくれよ……それよりも、この子あたしの……本当のじゃないけど、秘密を見たんだよね……)

セリカ「ひえ……ひえ……」ブルブル

アリシア「そ、そんなに怯えるんじゃないよ……」

モニカ「それでは、私も入ります」スッ

シャム「おお、団長、アリシアさん、セリカちゃんの順に3人並んじゃって……ちょっとした桃源郷、加わりたいわね」

オリヴィア「へ、変なことを言っていないで早く罰ゲームを始めてください」

シャム「おっけー!」

267 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/02(日) 08:39:44.27 ID:u/LJaap5O
リィン「すごい光景……」

オリヴィア「私は助かったのね……」



シャム「ん〜ん〜」チュッチュチュッチュチュッチュ!

セリカ「あうっ! あ、ああっ!」モミモミグリグリ

モニカ「ちょ、ちょっと何度もキスする必要はないでしょう……」モミモミモミ

アリシア(あたしの体の上で団長とセリカの腕が交差して互いをまさぐりあっている……そして頭の上をシャムが何度も移動して2人にキスしまくっている……なんて状況だい……うっ!?)

ギンギンビキビキ

アリシア(う、勃ってる!? な、なんでだっ!?)

沙雪「ぷぷっ、なんだかアリシアさんだけ仲間外れみたい! 中心に寝ているのに寂し〜」クスクス

アリシア「え、あ!? 何言ってんだいもお!」

モニカ「そんな言い方は良くないわよ沙雪さん! あっ!」モミュクチャ

セリカ「ああ、団長の手が柔らかい……ひうっ!」ヌチュ



シャム「さあて、私とちゅーするってことになってるから……やっぱし、口と口でしなくっちゃね〜」

ムチュウウウウウッ!!

チュウウウウウッ!!

モニカ「>>268

セリカ「>>270
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/02(日) 10:22:42.45 ID:CT29fB47O
(初めてでしたのに…)
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/02(日) 10:24:09.49 ID:XsRAfhFkO
踏み台
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/02(日) 10:37:36.42 ID:pmDjIkO7O
(もっと……)
271 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/02(日) 11:35:49.97 ID:u/LJaap5O
〜〜〜〜

沙雪「おしまい?」

モニカ「へ、へえ、はああ……あああ、私の私の……」ヘロヘロ

セリカ(もうちょっと……もっと……)

シャム「ふっふん、どーよどーよ、私の甘くとろける唇は?」ニヤリ

モニカ「こ、こちらを見ないで、その目で見ないで」

セリカ(もう一度、と言ったらしてくれるの……?)

シャム「んふふ……んっ? あ、団長、イってるじゃん!」

モニカ「!?」ダラダラ

オリヴィア「う……」

セリカ「や、やだ……団長」

モニカ「きゃあああっ!」

272 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/02(日) 11:38:39.58 ID:u/LJaap5O
モニカ「恥ずかしい! 恥ずかしい! わ、私としたことが!!」ガバッ!

ガクッ

沙雪「マン汁だらだら股間押さえ膝突きの姿、騎士として……(おっと、言いすぎないようにしなきゃ)」モゴモゴ

シャム「あはー! 団長、やーだー変態〜! セリカさんにマンコやられてぐっちゅぐちゅ〜!」

オリヴィア「……」トローン

リィン「ま、マン……////」

アリシア「しゃ、シャムやめな!」

セリカ「団長が……マン汁ぐちゅぐちゅ……私の手によって……?」ドキドキドキ



モニカ「嫌……恥ずかしい……騎士団長で貴族の娘である私が……私が……」


モニカ「……みんなの前で、おもらしだなんて」
273 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/02(日) 11:41:45.23 ID:u/LJaap5O
沙雪「へ?」

シャム「は?」

アリシア「……ん?」

オリヴィア「……」トローン

セリカ「え、え、え?」

リィン「あ、あの、団長、負けないでください、こ、こういう席ですし、無礼講で皆も忘れてくれますよ! お、おしっこ……の匂いもなんか違うし! 大丈夫です!」アセアセ

沙雪「リィンまで……あちゃ、性知識0女が2人いるってことかいな」

シャム「……くくっ、かーわいっ!」アハハハハハハハハ!

オリヴィア「……確かに」トローン

アリシア「あ、あのねえアンタ達、団長が普段からどんなに努力してるかわかるかい!? そ、そういう間違いくらいどうってことないだろ!?」

モニカ「? ? ? 皆さんが何を言っているのか、全然わからない……私のおもらしを笑っているのでは……ないの?」

274 : ◆ebV7WZ4DUw [saga]:2021/05/02(日) 11:46:51.33 ID:u/LJaap5O
〜〜

沙雪「なーんか変な方向に行っちゃったけども」

アリシア「ん?」

沙雪「なんでいつまでもベッドから出ないわけ?」

アリシア「う」

沙雪「もしかして……勃起した?」

アリシア「う!」ギンギンギン

沙雪「図星ね」ククク

アリシア「くっそ……うう、早く鎮まれよぉおお……」ビキビキビキ

沙雪「気づかれないうちに、またオナって射精したら? くくくくっ」

アリシア「う、うるさいようるさいよお……そ、そのうち萎えるから大丈夫だよぉおお……」

沙雪「そうもいかないでしょ。今から……」

アリシア「!?」

沙雪「ふふふ……ねー皆さん、ミタムーラ国の伝統宴会芸をやってみませんか!? 面白いですよー、教えてあげます!」

シャム「なにそれ」

沙雪「エロいですよ」ボソ

シャム「おもしろそ! それはぜひみんなで教わりたいわ!」

沙雪「ではまずオリヴィアさんに教えてあげます!」

オリヴィア「……えっ?」


ついにターゲット・オリヴィアが射程圏内!
芸をしている最中にふたなり化させます。

やらせる芸の内容安価↓

いつのタイミングでふたなり化する? 安価↓↓ この時のコンマで大きさも決定
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/02(日) 12:22:34.52 ID:DvlT8yd4O
MMDでよくある腰振りエロダンス
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/05/02(日) 12:29:57.85 ID:FomSymxwO
ダンスが最も盛り上がるタイミング
164.20 KB Speed:4.9   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)