このスレッドはパー速VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

やる夫が光源氏になりたまふなり - パー速VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :1 :2009/02/11(水) 15:00:52.84 ID:LfqGNu2o
いずれの帝の御代であったか……。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。

  .. . .. .:::::      :: :.         ... .::::: :... . .:::: .. . .
... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. . .. ..   .  ... ...      .. ..::   . .. . ..
 . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. ...     ::  ◯    :   . .. .
. .:: : :.. . ... ::: :::..   §. .. . .. .. .. ..     ... ... ...   .... ..::   .
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  §  . ... ...      . .. .
 .. . .. .:::: ::     -‐'" ゙''‐-  . ... ...     . ... ...    ..::   .
  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . .. .
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...

 _,,__
 `ー'-`==、、,,
         `''=-;,,,;=;,,,       ,--、 , -、
    , -, --、,,=''"  〉ハヽ=-___   (  Y  ノ
    `ー(i--;ヽ__) /(⌒ Y~  )=,(⌒ヽ>=ヽノ
     '''''ン)、) /(   ノ!!! ⌒)、,,, -=--,,,,-、ヽ ,__
        ,ノー,(、`ヽノ''''' )、_ノ    /ヽ/ー、(⌒ヽ、,-'⌒)
        (~ !!!!`ヽ^ヽ,、ノ   (⌒i/)  (__,,ノ!!!`ー,-',, __ノ⌒)-、
        `-' `ー'      (⌒''ー'、/-,,  (  ;'' `-/  )ミ::<'''__,)
                  `ー::彡) ヽ\ `ー'() `'`~(  )、)ニヽ__
                    `ー'ー'`ー'        `'`'    ~ー`==ニ


        『やる夫が光源氏になりたまふなり』
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このパー速VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

酒飲みJJIやBBA クラーケンってイカだよね! @ 2019/11/22(金) 21:55:01.22 ID:jpnQwLLl0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1574427300/

【デレマス】三村かな子「バケツ杏仁豆腐?」【三者三葉】 @ 2019/11/22(金) 20:47:05.96 ID:nX93JeFC0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574423225/

白雪千夜「足りすぎている」 @ 2019/11/22(金) 20:44:38.25 ID:QXbKSZYO0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574423077/

【劇場版安価】帆風「Astral*Buddy」【超電磁砲】 *2* @ 2019/11/22(金) 20:13:48.07 ID:euwtgsvy0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574421227/

【モバマス】P「従妹が可愛くなってた」凛「恋敵の予感」 @ 2019/11/22(金) 18:42:49.74 ID:HGalRKc70
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574415769/

【咲】京太郎「素晴らしき学園生活を目指して」【安価】 @ 2019/11/22(金) 15:29:46.65 ID:JiBNBE7u0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574404186/

父「父さんな、ヒップホップで食ってく」息子「ならば勝負だ」 @ 2019/11/22(金) 05:51:35.06 ID:GRKytV4s0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574369494/

障害者ってなんで生きてるの? @ 2019/11/21(木) 23:45:07.09 ID:pwSfizlH0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574347506/

2 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/11(水) 15:02:11.90 ID:KIGRTMko
前やってた人?
3 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:03:07.81 ID:LfqGNu2o
このスレは、昨年10月にvipで立てた同名スレの長編版です。
過去スレからやや修正した第1話から始めたいと思います。


      _ __    
   ,r' ̄   `ヽ, 
  ,r'-一、 ` ―‐、ヽ,
,r' T辷iフ    f'辷jァ ヽ,   よろしくだお
i    (_;;人_;;)    :::;!  
`ヽ__  `'二'´  ___;;;;r'
,r´   ̄  ̄ ̄  ̄  `ヽ,


◆原作:『源氏物語』
◆過去スレ
 http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1222859837/
4 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:05:09.69 ID:LfqGNu2o
              。rtr。
              __。'llp
      。,。        "。'´|i弋ソ
     tjll^''      kクゞ、|トyぐ゚   ,,  、jyt。
       q|p     _ ヾ'^||y'kシ^ft 。jゞ、ソゞ。
     ゙tュ|tアrァ '"kクj゙Zハ||'ム r‐K゚。 Yy'^ヵ゚
      _||_,ヘゞ ∠二ヽ、_,||_∠二ニュスftスY7ス
     ∠ゝ、`Yこ/´⌒ y' ハ´─-< _'l、゚´ニ二.j
   〈‐ '' フ/ l、 `Y'_/ /'  ト 、  ヽ.l ハ、__r-ュ!


       第一話「薄紫色の桐の花」
5 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/11(水) 15:05:37.38 ID:KIGRTMko
いえっさー
6 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:07:00.57 ID:LfqGNu2o
平安京は二条の、とある貴族の邸宅で
ひとつの生命が誕生した。


  _ ,,..._                      、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'  オギャア オギャア      `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ                   ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙      _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::  

この赤子は、いかなる運命のもと生まれたのか…
まずは、それを追っていこう。
7 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:09:36.27 ID:LfqGNu2o
◆晩春の平安京、内裏

   / ̄`Y  ̄ヽ、
   / / / / l | | lヽヽ
  / / // ⌒  ⌒ヽ
  | | |/  (●) (●)   桜は散ったけど
 (S|| |   ⌒ ・ィ  ヽ    花はまだあるわね
  | || |   ト-=-ァ ノ   ちょっと庭に出てみようかしら
  | || |   |-r 、/ /|
  | || | \_`ニ'_/ |
8 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:11:41.15 ID:LfqGNu2o
■人物:桐壷更衣(きりつぼのこうい)

   / ̄`Y  ̄ヽ、
   / / / / l | | lヽヽ
  / / // ⌒  ⌒ヽ
  | | |/  (●) (●)
 (S|| |   ⌒ ・ィ  ヽ
  | || |   ト-=-ァ ノ
  | || |   |-r 、/ /|
  | || | \_`ニ'_/ |

のちの光源氏の母。
淑景舎(しげいしゃ、別名:桐壷)に暮らしていたことからこう呼ばれる。

父親は大納言であったがすでに亡くなっており、
強い政治的後ろ盾を持たない妃である。
9 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:14:40.69 ID:LfqGNu2o
              。rtr。
              __。'llp
      。,。        "。'´|i弋ソ
     tjll^''      kクゞ、|トyぐ゚   ,,  、jyt。
       q|p     _ ヾ'^||y'kシ^ft 。jゞ、ソゞ。
     ゙tュ|tアrァ '"kクj゙Zハ||'ム r‐K゚。 Yy'^ヵ゚
      _||_,ヘゞ ∠二ヽ、_,||_∠二ニュスftスY7ス
     ∠ゝ、`Yこ/´⌒ y' ハ´─-< _'l、゚´ニ二.j
   〈‐ '' フ/ l、 `Y'_/ /'  ト 、  ヽ.l ハ、__r-ュ!

更衣:「桐の花が、もう咲き始めてる…」

     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\   桜とはまた違う情緒があっていいっていうwww
  | ,-)___(-、|  
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /
10 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:16:29.99 ID:LfqGNu2o
    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |  きゃっ!
  | || i/  ノ ヽ、 | |   ど、どうして後宮に男の人が!?
  (S|| |  (●) (●) |
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\   お前、帝の顔も知らんのかっていうwww
  | ,-)___(-、|   地味に傷つくっていうwwww
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /
11 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:18:10.06 ID:LfqGNu2o
■人物:帝(御上)

     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\ 
  | ,-)___(-、| 
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /

のち桐壷帝(きりつぼのみかど)と呼ばれる。
多くの妃を抱え、朱雀帝・光源氏らの父となる。
12 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:21:00.14 ID:LfqGNu2o
    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ  (こ…この方が帝!?)
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |   も、申し訳ありません
  (S|| |  o゚⌒  ⌒゚o |   とんだご無礼を…お許しください!
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


        ./ \Yノヽ
       / (0)(―)ヽ
     /  ⌒`´⌒ \   ま、いいっていう
     | , -)    (-、.|  いつも御簾のうちじゃ、無理ないっていうw
     l   ヽ__ ノ  l |
     \         /

※御簾(みす)……スダレのこと。
13 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:23:51.58 ID:LfqGNu2o
更衣:「それで…どうして、このようなところへ?」
帝:「ちょっと弘徽殿(こきでん)の奴らから逃げてきたっていうwwwww」
更衣:「ええっ!?」


       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))   野心バリバリの右大臣や女御にはさまれちゃ
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \   さすがの俺も疲れるっていうwwww
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /
14 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:28:57.57 ID:LfqGNu2o
■人物:弘徽殿女御(こきでんのにょうご)

          _,、‐==- 、
       , -'´:::::::ヘ:::``ヽ、
      /:::::::::::r'´‐l::::::::::::/
       l::::::::::::::l  ヽ;::::::::ヽ、
      ,:::::::::::::::::゙,  ,ィ_、:::::::ヽ
     /:::::::::::::/ノ  ´“‐' )リ:ノ
    /::::::::::::({  、  _,/::::l
    /:::::::::::::::::::::ヽ -‐ ,ィ:::::::゙、
    ヽ:::::,:'´ `ヽ、{`'‐'´ !--、:::)
     l::/     ヽ、-、゙、  Yノ
   /::l   _r   ノヘァ ゝl
 /::::::::::r ヘ/:::::::l,、-‐‐‐‐、ヽr‐ヽ、
 {:::::::::::::::l::rへ:::::l:::::::::::::::::::ヽl):::::::',
 ヽ:::::::::::::'、::‐'::::::゙,::::::::::::::::::::::::::::::::ノ

赤丸急上昇中の、右大臣の娘。
後宮のうち、弘徽殿を住まいとしていたことからこう呼ばれる。

実家の強い後ろ盾もあり、すでに第一皇子を出産している。
現在、皇后の座に最も近い女。
15 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:30:29.68 ID:LfqGNu2o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,  ここで解説だ
  ミ゙ ゚ -゚ノ   『源氏物語』などの平安王朝文学は、
  √¨l-゚]、  当時の宮廷文化の知識がなければ理解しがたい
  (゙ /  |ゞ
  /ヾノ==,)   それを>>1は俺にアナウンスさせようってんだ…
 ム-ノ__|_jゝ   やれやれだぜ
16 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:32:54.20 ID:LfqGNu2o
  、-−7   
  ミ_o_d,,,  当時が一夫多妻制だったのは常識だ
  ミ゙ ゚ -゚ノ   特に天皇は、政治的配慮により多くの妃を抱えていた
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ  後継ぎが生まれなければ、国家が維持できないからな
  /ヾノ==,)   
 ム-ノ__|_jゝ


  、-−7    
  ミ_o_d,,,   貴族たちは娘たちを競って後宮に入れ、
  ミ゙ ゚ -゚ノ    妃たちは寵を争い、子供を生むことをその存在意義とする
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   上手くいけば、次の天皇の母親になれる
  /ヾノ==,)    そうなれば、妃の実家も栄えるってもんだ
 ム-ノ__|_jゝ


  、-−7
  ミ_o_d,,,    そしてその妃たちには身分制があった
  ミ゙ ゚ -゚ノ     父親の官職で、ランク付けされるんだな
  √¨l-゚]、
  (゙ /  |ゞ    詳細は次の通りだ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
17 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:34:50.06 ID:LfqGNu2o
【妃の身分制】
・第一位:皇后
・第二位:中宮(ちゅうぐう)
・第三位:女御(にょうご)
・第四位:更衣(こうい)

  、-−7
  ミ_o_d,,,  皇后・中宮はほぼ同格だと考えてくれ
  ミ゙ ゚ -゚ノ   この二つは、女御の中から選ばれて決まる
  √¨l-゚]、  これを「立后(りつごう)」といい、貴族の娘はこれを目指した
  (゙ /  |ゞ
  /ヾノ==,)   ちなみに、子供を産んだ妃は、
 ム-ノ__|_jゝ  「御息所(みやすどころ)」と呼ぶこともある


  、-−7
  ミ_o_d,,,  桐壷更衣は、一番格下…実家の後ろ盾もない
  ミ゙ ゚ -゚ノ 
  √¨l-゚]、  しかもこの女が住んでる淑景舎ってのは
  (゙ /  |ゞ  後宮の北東、いちばん端の御殿だ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ  本来なら帝に無視されても文句は言えない立場だ
18 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:36:33.74 ID:LfqGNu2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,  なおこの解説は
  ミ゙ ゚ -゚ノ   古典に馴染みのない人間にもわかりやすいよう
  √¨l-゚]、  かなり噛み砕いてある
  (゙ /  |ゞ  この中に知識人がいたら、>>1の代わりに解説してやってほしい
  /ヾノ==,)   
 ム-ノ__|_jゝ   一応、お願いしとくぜ


【では、引き続き物語をお楽しみください】
19 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:39:45.92 ID:LfqGNu2o
        ./ \Yノヽ
       / (0)(―)ヽ
     /  ⌒`´⌒ \   ところで、お前はどこの女房だ?
     | , -)    (-、.|   それにしちゃ気品があるっていうw
     l   ヽ__ ノ  l |
     \         /   ※女房……貴人づきの侍女。


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ 
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |  あの…私はこの桐壷に住まいます、更衣です
  (S|| |  o゚⌒  ⌒゚o |  
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))   うはwww俺の嫁かっていうwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \   嫁の顔も知らないようじゃ、
( ___、  |-┬-|    ,__ )  俺も人のこと言えないっていうwww
    |    `ー'´   /´
    |         /
20 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:41:34.78 ID:LfqGNu2o
従者:「御上ー!」
従者:「御上はいずこー!」

     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\  邪魔な奴らが来たっていうwww
  | ,-)___(-、|  ごめんな更衣。これで失礼するっていうwww
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ 
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |  い、いえ……
  (S|| |  o゚⌒  ⌒゚o |  
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |
21 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:44:59.08 ID:LfqGNu2o
    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |   ずいぶん開けっぴろげな方だったわ…
  | || i/  ノ ヽ、 | |   でも、親しみやすいお人柄でいらっしゃる
  (S|| |  (●) (●) |   ああ、もう一度だけお会いできたら…
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


女房:「ちゃーっす、お届け物でーす」
更衣:「あら、どなたから?」
女房:「見ればわかるそーでーす。あ、ここにサインお願いします」
更衣:「これでいい?」
女房:「はーい結構でーす。あざーっす」
22 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:47:55.98 ID:LfqGNu2o
    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |   
  | || i/  ノ ヽ、 | |   お手紙だわ
  (S|| |  (●) (●) |   とても良い香……
  | || |     .ノ  )|   なになに…『昼間はスマンかったっていうw』
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |

手紙:『でもいい息抜きになったっていうw これもなんかの縁じゃね?っていう』

        ./ \Yノヽ
       / (0)(―)ヽ   
     /  ⌒`´⌒ \   『不覚にも手折りたきかな桐の花
     | , -)    (-、.|   そのむらさきに惚れたっていう』
     l   ヽ__ ノ  l |
     \         /


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |   
  | || i/  ノ ヽ、 | |   こ、この御歌は……!
  (S|| |  (●) (●) |   
  | || | ///  .ノ //|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


その手紙は、清涼殿へのお召しであった。
清涼殿は、帝の居所。すべて妃たちは、この御殿へのお召しを今か今かと待ち望んでいる。
それに今日、桐壷更衣が選ばれたのである。
23 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:50:40.69 ID:LfqGNu2o
◆夜、清涼殿

        ./ \Yノヽ
       / (0)(―)ヽ
     /  ⌒`´⌒ \   
     | , -)    (-、.|   よく来たっていうww
     l   ヽ__ ノ  l |   遠くて大変だったろ?
     \         /


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ 
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |  あちこちの御殿から
  (S|| |  o゚⌒  ⌒゚o |  すごく視線を感じました…
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |
24 :1 [sage]:2009/02/11(水) 15:54:03.69 ID:LfqGNu2o
        ./ \Yノヽ
       / (0)(―)ヽ
     /  ⌒`´⌒ \   
     | , -)    (-、.|   妃はみんな通る道っていうw
     l   ヽ__ ノ  l |   ま、そのうち慣れるっていうwww
     \         /


        ./ \Yノヽ
       / (0)(―)ヽ
     /// ⌒`´⌒//\   
     | , -)    (-、.|   そんなことより…な?
     l   ヽ__ ノ  l | 
     \         /


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |   
  | || i/  ノ ヽ、 | |   は、はい……!
  (S|| |  (●) (●) |   
  | || | ///  .ノ //|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |
25 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:00:36.44 ID:LfqGNu2o
臣下:「ゆうべは おたのしみ でしたね」

こうして、時の帝と卑しき身分の妃は、
一時も離れられぬほどに愛を深めていった…。


        ./ \Yノヽ
       / (0)(―)ヽ
     /  ⌒`´⌒ \   昼間は桐壷に入り浸り
     | , -)    (-、.|   夜も更衣を清涼殿に呼ぶっていう
     l   ヽ__ ノ  l |
     \         /


     . … .
     :/ノYニヽ :
    :/ (0)(0)。ヽ :   あんまりラブラブなんで
   :/::::⌒`´⌒::::\ :  国が滅ぶんじゃないの?って声もあるくらいっていうw
  :| ,-)    (-、.|:  
  :| l rヽ/⌒ヽノ .| :  ひがむんじゃねーよ、童貞どもww
   :\{/   //:
26 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:04:10.02 ID:LfqGNu2o
しかし、このまぶしいほどの御寵愛を
こころよく思わない者も当然いた。

 ヽ::',丶}::::;;;;;| l jへ       //:::;;;;;;/、
  ヽ::l |!:::;;;;;| | |  ヽ r== /::::;;;;;;;;/;;;;;;ヽ丶、              ,-'´
   }:;l |!::::;;;;:! | l!  } ||;;;/:::;;;;;;;;;;/;;;| ;;;;ヽ;;`ヽ;;;ヽ           ,-'´.、- '
   |:::l|'::::;;;/ / |l  レ´::;;;;;;;;;;ィ  |;;;;\|\|ヽ;;;;;;;;;|:|         // -‐
   |:::l|:::;;;;/ / /; ,-'´;;;;;;;;;;イ/__  |;|;;::ト、;;;;;ヽ;リ;;;;;;;l:|       //'´;;;;;;;;;;;;;
   l::::|::;;;;/ |/,/;;;;;;;;;;/;;|!;|‐fj\|| |ーf'n\;;;;;;;;;;;;;l|      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  {::/;;;;;;レ' ´;;;;;;;;//;;;|「!;ハ;ー‐‖ lーヾ'-ヘ;;;;;h;;;;;'、   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   Y::;;/´;;;;;;;;;;// 〉;;;|!ヽ! \ / | \ \ :};;;;\;;;ヽー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ヽ::;;;;;;;;;;/ i' ´ヽ /';`ヽ;;'、  ノ     \_ノ;;;;;;;;>;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   } ;;;;,; ,-―――' ``丶、;ゝ、_-‐‐-__>----‐‐‐‐―'"`,- ' ´____,―
   {、::'´::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 、-‐ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
    ',|:;:;;;;;;;;;rー‐' Tトー―‐-r−―‐‐‐'''Tー‐‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    }::;;;;;;;;〈    |;;;ヽ  /lトヽ、_   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    〉:;;;;;;;;;ヽ、_/;;;;;;|  ヽ===、=、   >------、_;;;;;;__-ニニ―‐-、;;;
,、-‐'"´;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ     ゝ _〉_,        ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``丶、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l       ミ rY^」          `ーゝ‐‐‐、-ヽ、;;;\
:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/-― ‐.、  r f'「 } |: }      .l::.    /.::::::::ゞヽ、_ヽ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,、-r'´:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;\f      |  _  ::|:::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      / /;:::::`ヽ、ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;/    {::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ     |/;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

弘徽殿女御:「このわたくしを差し置いて、あのような卑しい女と昼夜親しまれるなんて……!」
27 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:05:56.58 ID:LfqGNu2o
    ノ:::::::::::::::::::::::::;::::::;::::::::::::::::::::::`ヽ:ヽ:::::::::l
  /:/::/::::::::::l'´ |:|`´|::::::l`ヽ:ヽ::: ::::::::::::::ヽ,.._
. _/::::/::::/::::::::::;||i |  ||  |:::::::l:. ::::. :::..  :::::l:::::::::ヽヽ_
';;l::::::l:::::n!::::/:;/!| l   |  |::::::|::::::::::::::::::::::::::fヽ:::::l::|
;;|:(ヽ,::::ヾ|::::l:;:ノ | |   l  l::::::ト、::::l::::::::::::::::l /::::ノ::l
. l:::ヽ>:::ノ::::::::l‐キr+、 l  l:!::::l 〉>_;:::::::::::::::レ:::::::::::::ヽ  許さない…絶対に許さないわ!
∧:ト_ ,、ィ、:::::::::l` 「T ``!  l l::::lヘーヘ;::::::',:::::',::::::::::::::::  
 ゞニイ/:::::::::::::::レ´     l 'ト;ヽ,ゝ,」:::::::::::::',::::::::::::::    女房たち!
  ''´//::::::::::::::::ノ       ヽヾ_::::ヽ:::ノ:::::::/:::::::::    毎日わが御殿の前を通る更衣さまを
}  ヽl:::::::::::::::/ヽ,  、__!___.,、 ̄,>:::::/::::::/::::::::::://   丁寧に歓迎してさしあげなさい
;}  ヽ';::::::::::/ {:.:..ヽ、くiヾ= '´ i/./::::/:::::/::::::::://
;;;ゝ  ヽ}::::::{  {:.:.:.:.ヽ`ー一'´/:/::::/:::::/::::::::/.//
;;;;;;;ゞ //::::}::',、 }:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:..:./:::::i:::::::|::::::://::l 


          ,..r、「ヽヘヘ`ヾミ、
         // /| |ヾ/ゝ::'、ヽヾゝ
        /// /kl:ゝ---ゝ::lヾ、ヾゝ、        はいよ、そういうの大好きv
       ///i /≦弌 气ア、ゞ ;;;;;ヽ\
      / / l /|ゝ''ヘ:ヽ   ヾミ ',;;;;;ヽヾミ
      / //::l |::(!  ,.ゝ匕ノ ,i|'´;', l;;;;;;ヽヽ \
     / / /:::l l:::イヽ `´\ ノ.:|;:|;;;', ';;;;;;ヽヽ \
    / / /:::::| |:l |::i`:ト--‐ゝ:┘|;;;;;;l l:;;;;;;:ヽヽ ヽ.
   / /〃:::/| |:|/::l「::::::;;;;:::__:-::ゝ‐-i ゝ;;;;;;ヽトミ \
  / i イ//::::N;l |:!/イ::::::::::::::::::::::/ヾ ゞi ヽ;;;ヽ',ヾ  ':,
  / //|//::::l l;ノ! /::::::::: /:::::::::::::l   ヾ  i;;;;ヽ',ヾ  ヾ,
28 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:07:56.11 ID:LfqGNu2o
こうして、桐壷更衣に対して熾烈なイヤガラセが始まった。
ある時は……

    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |   
  | || i/  ノ ヽ、 | |  あら? 廊下の様子が……
  (S|| |  (●) (●) |   
  | || |     .ノ  )|   ……ウッ!
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


      人
    (__)                       ∬ ∬    ∬ ∬    ∬ ∬  +
  \(__)/ ウンコー!            +     人      人      人     +
   ( ・∀・ )                      (__)    (__)    (__)
     ̄ ̄ ̄                  +    (__)   (__)   (__)     +
    / ̄| .  人           .   +   ( __ )  ( __ )  ( __ )  +
    |  |. (__) イェ〜ィ!          ( ´∀`∩ (´∀`∩) ( ´∀`)
    |  |. (__) ウンコッコー! +  (( (つ   ノ (つ  丿 (つ  つ ))  +
  ,―    \( ・∀・)                ヽ  ( ノ  ( ヽノ   ) ) )
 | ___)   |  ノ                  (_)し'  し(_)  (_)_)
 | ___)   |)_)
 | ___)   |
 ヽ__)_/


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ 
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |  ろ、廊下がウンコだらけで
  (S|| |  o゚⌒  ⌒゚o |  進めないわ…
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |
29 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:12:49.19 ID:LfqGNu2o
またある時は……

    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |  廊下を歩いてると、
  | || i/  ノ ヽ、 | |  なんだか不穏な空気を感じるわ…
  (S|| |  (●) (●) |   
  | || |     .ノ  )|   ……あっ!
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!閉じ込めろ!
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ 
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |  前後の扉を塞がれたわ!
  (S|| |  o゚⌒  ⌒゚o |  どなたか!どなたかー!!
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |
30 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:14:35.07 ID:LfqGNu2o
     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \   
  | ,-)___(-、|   ほかの妃からのイヤガラセで
  | l    `⌒´  l |    桐壷は病気がちになってしまったっていう…
   \       /     あまりにあわれっていう…


           / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ      だから俺が守ってやるっていう!
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)     (-|    後涼殿にいる更衣を追い出して
        | l   ヽ__ ノl |    そこを桐壷更衣の控え室とする
         \  ` ⌒´  /    
        /、.         ヽ   淑景舎もそのまま桐壷更衣の部屋とさせよ
       /            |   
       |           | /
       ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |


      /ニYニヽ
     / (/)(0) ヽ
    /::::⌒`´⌒::::\
   | ,-)    (-、.|    これで更衣と俺の間は近くなるっていうwww
   | l  ヽ/⌒ヽノ .|     万事解決っていうwwwwwww
   .\ /   //
31 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:16:46.56 ID:LfqGNu2o
    ノ:::::::::::::::::::::::::;::::::;::::::::::::::::::::::`ヽ:ヽ:::::::::l
  /:/::/::::::::::l'´ |:|`´|::::::l`ヽ:ヽ::: ::::::::::::::ヽ,.._
. _/::::/::::/::::::::::;||i |  ||  |:::::::l:. ::::. :::..  :::::l:::::::::ヽヽ_
';;l::::::l:::::n!::::/:;/!| l   |  |::::::|::::::::::::::::::::::::::fヽ:::::l::|
;;|:(ヽ,::::ヾ|::::l:;:ノ | |   l  l::::::ト、::::l::::::::::::::::l /::::ノ::l    なんですって!?
. l:::ヽ>:::ノ::::::::l‐キr+、 l  l:!::::l 〉>_;:::::::::::::::レ:::::::::::::ヽ  後涼殿までも桐壷更衣に与えると!?
∧:ト_ ,、ィ、:::::::::l` 「T ``!  l l::::lヘーヘ;::::::',:::::',::::::::::::::::  
 ゞニイ/:::::::::::::::レ´     l 'ト;ヽ,ゝ,」:::::::::::::',::::::::::::::    御上…そこまであの女のことを…!
  ''´//::::::::::::::::ノ       ヽヾ_::::ヽ:::ノ:::::::/:::::::::    くくうう……!
}  ヽl:::::::::::::::/ヽ,  、__!___.,、 ̄,>:::::/::::::/::::::::::://   
;}  ヽ';::::::::::/ {:.:..ヽ、くiヾ= '´ i/./::::/:::::/::::::::://
;;;ゝ  ヽ}::::::{  {:.:.:.:.ヽ`ー一'´/:/::::/:::::/::::::::/.//
;;;;;;;ゞ //::::}::',、 }:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:..:./:::::i:::::::|::::::://::l 

こうして桐壷更衣は、帝の寵愛を一身に受けるかたわら、
後宮中の妃たちを敵に回していった……。
32 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:20:26.07 ID:LfqGNu2o
そんな中……
桐壷更衣のお腹に、新たな生命が宿った。

    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ 
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |  なんだか気持ち悪い…
  (S|| |  o゚⌒  ⌒゚o |  
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))   かかか懐妊したって聞いたっていう!
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \   超めでてーっていうwwwwwwwwww
( ___、  |-┬-|    ,__ )  
    |    `ー'´   /´        桐壷、愛してるっていうwwwww
    |         /


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |   
  | || i/  ノ ヽ、 | |   嬉しゅうございます…
  (S|| |  (●) (●) |   
  | || | ///  .ノ //|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |
33 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:30:34.04 ID:LfqGNu2o
桐壷更衣、懐妊――!
このニュースは、瞬く間に宮中に広がった。

      /::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(ヽ;::::::::/  `ヽ、:::ー-
     ノ::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ::/      ',:::::::::::
    /:_!_::::::::::::::::::::::::::;ィ‐‐r、:::::::}::l     -、',゙,:::::::
    く/;rイ::::/ヽ、:−---rゞソ ノ 。 ):::::ハ  へ /::::::ヽ、;:::
    ヽ|:::/::::ト、 ,>、` ー ‐'´ (_ノ:::ィ:::::::r'´;;;><:::::ノゝ::
     ヽl、__!::::ヾrゞ'ー-、‐'´ _`'' l/::::::::ヽ::::::-,r'゙::::::{:::::l::
         ヽ::::::ヽ、  ヽ-r'"  ノイ::::::::::::l::::::::||::::::::::',::ヽ
         l :::::::::::::`::ー-:r'ニニ-、>‐、::::l:::::::::l!::::::::::l::::::
          l:::::::::::::::::::::::::ノ!  て{rソ::::::::l::::::::r{::::::、 l::::
           '、::::::::::::::::::/::ノ、   /:::::::::::ノ):::::::l!:::::::::\

弘徽殿女御:「あの女に…子供が……」

妃たち、また臣下たちが心配したのは、生まれてくる子供のことだった。
もし男が生まれれば、帝はその子を次の天皇にするかもしれない。
すでにいる第一皇子(一の宮)を差し置いて…愛する女との子供を……。

一の宮の母である弘徽殿女御、また右大臣一派の心中は
穏やかなものでは無かった。
34 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:32:19.34 ID:LfqGNu2o
月日は満ちて――。

     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \     出産のために里下がりさせたけど
  | ,-)___(-、|    心配で心配でたまらんっていう…
  | l    `⌒´  l |
   \       /     ちゃんと加持祈祷してるんかっていう…


使者:「今宵、お生まれになったそうでございます!」
帝:「マジかっていう! 更衣は無事かっていう!」
使者:「母子ともにお健やかにて…! 玉のような、男御子だそうです」

     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \     よかった…よかった…!
  | ,-)___(-、|    早く更衣に会いたいっていう
  | l    `⌒´  l |     その旨、伝えてくれっていう…!
   \       /  
35 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:36:12.57 ID:LfqGNu2o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,  当時の妃のお産は
  ミ゙ ゚ -゚ノ   妃が実家に帰ってそこで生むのが普通だった
  √¨l-゚]、
  (゙ /  |ゞ   おそらく血の穢れを忌んでのことだろうな
  /ヾノ==,)    宮中には、血と死の穢れを運びこんじゃいけなかったんだ。
 ム-ノ__|_jゝ


【引き続き物語をお楽しみください】
36 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:39:03.54 ID:LfqGNu2o
◆平安京、桐壷更衣の実家

  _ ,,..._                      、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'  オギャア オギャア      `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ                   ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙      _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::  


                ____
              /       \  
   オギャアア!   / ─      ─ \   
           ./  (●)  (●)  \  
           |     ,,(__人__)     | 
         .  |      `○))(      | 
            \___`ニニ´___/  
            /           /
           /            /
         /              /
        |              /   オギャアアア!
         \            ノ
           \______/


「先の世にも御契りや深かりけん、
 世に無く清らなる、玉の男御子さへ生まれたまひぬ」

桐壷帝の第二皇子として、またとない美しい男児が誕生した。
これがのちの光源氏、恋と栄華の人生を歩む男・やる夫である…。
37 :1 [sage]:2009/02/11(水) 16:45:46.28 ID:LfqGNu2o
ちょっと休憩します。
30分ほどしたら、再開したいと思います。
38 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 16:46:30.08 ID:YBiX6R6o
了解
39 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:20:00.21 ID:LfqGNu2o
再開します。
ついでなのでトリつけました。
40 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:20:33.36 ID:LfqGNu2o
◆3年後の夏、内裏

            .__
        n_ / - -\
       (_/ (● ●)\  <オカアタマ、アソビマショー オキテオキテー
       ( :::: (_人_) ::: )   
       ヽ   ヽノ   ヽ
        l         l、_つ


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |  ごめんなさい、やる夫…
  | || i/  ノ ヽ、 | |  あちらで…乳母たちと、ね…
  (S|| ||| (●) (●) |   
  | || |     .ノ  )|   
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


        __
       /ノ ヽ\
     / (● ●)\         イヤダオ! オカアタマトアソブオ!!
     (  o゚(_人_)゚o )
     ノ/) )) lr-l  /) )) バン!!    
    (_つ ))`-' _ つ ))  バン!!
41 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:21:09.47 ID:LfqGNu2o
乳母:「さぁ、二の宮さま、こちらへ…」
やる夫:「エーン、オカアタマー!!」

    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |  ごめんなさい…弱い母で…
  | || i/  ノ ヽ、 | |  
  (S|| ||| (●) (●) |   ……ゴホッ、ゴホッ
  | || |     .ノ  )|   
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


心労が重なっていた桐壷更衣は、
夏の暑さもあって体調をひどく崩していた。

本来ならば実家に帰って療養するべきであるが
帝は、それをお許しにはならなかった。
42 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 17:21:53.27 ID:YBiX6R6o
オカエリー
43 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 17:23:38.70 ID:SZ3jVYDO
おかえり

このやる夫は可愛い
44 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:23:50.37 ID:LfqGNu2o
    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |  (ああ…また意識が遠く……)
  | || i/  ノ ヽ、 | |  
  (S|| ||| (ー) (ー) |   
  | || |     .ノ  )|   
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |



     /⌒\     /\
    /'⌒'ヽ \  /\  |
    (●.●) )/   |: | 
     >冊/  ./     |: /
   /⌒   ミミ \   〆
   /   / |::|λ|   



    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |  ……ハッ!
  | || i/  ノ ヽ、 | |  
  (S|| ||| (●) (●) |   い、いまのは……!?
  | || |     .ノ  )|   
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


更衣は自分の死期を悟った。
45 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:25:16.87 ID:LfqGNu2o
死の穢れを、宮中で犯すわけにはいかない。
更衣は、里下がりを懇願した。
帝もとうとう、更衣を実家に帰す決意をなされた。

     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \     本当はお前も帰したくないっていう…
  | ,-)___(-、|    せめて二の宮は、置いて行ってくれっていう…
  | l    `⌒´  l |     
   \       /


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ  (本当はそれもいけないのだけれど…)
  |  // / l | | | | ト、 |  
  | || i/  ノ ヽ、 | |   わかりました…
  (S|| ||| (●) (●) |   御上…どうか……
  | || |     .ノ  )|   
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |
46 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:29:53.56 ID:LfqGNu2o
     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \     何だ?何を言いたいっていう?
  | ,-)___(-、|    
  | l    `⌒´  l |     
   \       /


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |  
  | || i/  ノ ヽ、 | |  
  (S|| ||| (ー) (ー) |   ……うう……
  | || |     .ノ  )|   
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |
47 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:33:18.34 ID:LfqGNu2o
◆その日の夜

     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \     物が言えないくらい衰弱してしまって…
  | ,-)___(-、|    うう……更衣……
  | l    `⌒´  l |     どうか命長らえてくれっていう……
   \       /


使者:「……桐壷更衣さま、お亡くなりになりましてございます」


     /ニYニヽ
    /(○)(○)ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\  
  | ,-)___(-、|  
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /
48 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:35:19.51 ID:LfqGNu2o
「かぎりとて別るる道の悲しきに いかまほしきは命なりけり」


    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ 
  |  // / l | | | | ト、 |  これを限りとて別れる道が悲しい
  | || i/  ノ ヽ、 | |  行きたいのは、生きたいのは命の道なのです…
  (S|| |  o゚⌒  ⌒゚o |  
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |


更衣が最後に残した和歌には、そうつづられていた。

「生きたい」
「あなたともっと生きたい」

その切なる願いもむなしく、まるで白雪のように、
女は夏の熱さにはかなく消えた。
49 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:36:30.26 ID:LfqGNu2o
     /ニYニヽ
    /(○)(○)ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\   更衣…なんで死んじゃったっていう…
  | ,-)___(-、|  
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /


           .__
        n_ / - -\
       (_/ (● ●)\  <オトウタマ、オカアタマ ハー?
       ( :::: (_人_) ::: )   
       ヽ   ヽノ   ヽ
        l         l、_つ
50 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:37:01.15 ID:LfqGNu2o
     /ニYニヽ
    /(○)(○)ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\ 
  | ,-)___(-、| 
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /


     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \  
  | ,-)___(-、| 
  | l    `⌒´  l |  
   \       /
51 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:38:43.76 ID:LfqGNu2o
     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \    ううっ、ううっ、更衣、更衣――!!
  | ,-)___(-、| 
  | l    `⌒´  l |  
   \       /


        __
       /ノ ヽ\
     / (● ●)\         オトウタマ、ナンデ ナクオ?
     (  o゚(_人_)゚o )
     ノ/) )) lr-l  /) )) バン!!    
    (_つ ))`-' _ つ ))  バン!!


帝の悲しみは、ひととおりではなかった。
そして、母の死もわからぬ二の宮の様子も
人々の涙を誘ったのだった…
52 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 17:41:55.97 ID:LfqGNu2o
そろそろ晩御飯どきなので休憩します。
今度は1時間後くらいに、再開したいと思います。

しばし御歓談ください。
53 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 17:44:04.59 ID:YBiX6R6o
了解了解
54 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 18:57:07.37 ID:LfqGNu2o
そろそろ再開します。
55 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 18:58:25.30 ID:LfqGNu2o
◆6年後、内裏

     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \    桐壷…桐壷更衣……
  | ,-)___(-、| 
  | l    `⌒´  l |  
   \       /


帝は、いまだに桐壷更衣の死から立ち直れないでいた。
56 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 18:59:47.15 ID:LfqGNu2o
■人物:やる夫

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    まだ母上の思い出を引きずっておられるのかお…
   /  (●)  (●)  \.  父上にも困ったものだお
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \


桐壷帝の第二皇子(二の宮)。
母の死後、母の実家で育てられていたが
再び宮中へと上がった。

現在は9歳になっている。
57 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:02:20.55 ID:LfqGNu2o
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  そこまで母上を愛してくださったのはありがたいけど
/    (─)  (─ /;;/   政務をほっぽりだしてるのは感心しないお
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/    …おかげで、弘徽殿あたりからの風が強いお
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___


帝は最愛の妻の死を悲しむあまり、
皇太子を一の宮とするのか二の宮とするのか
その判断さえなされていなかった。

一の宮の外戚である右大臣一派のやきもきは
推して知るべきである。
58 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:05:07.73 ID:LfqGNu2o
     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \      
  / /  ハ/     \ハヘ      
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.    あっ、二の宮さま
  |i | 从 ●     ●l小N      ここにいたにょろ?
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ  
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´ 


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    
   /  (●)  (●)  \.  おや、ちゅるの君
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \
59 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 19:08:01.63 ID:9hEREPUo
期待
60 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:08:31.68 ID:LfqGNu2o
■人物:ちゅるの君(きみ)

     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \      
  / /  ハ/     \ハヘ      
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.    
  |i | 从 ●     ●l小N      
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ  
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´ 

やる夫の乳母の子。
やる夫の遊び相手として仕えている。
61 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:08:56.98 ID:LfqGNu2o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,  やる夫クラスの子供になると
  ミ゙ ゚ -゚ノ   乳母(めのと)は数人つけられる
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ  乳母の子供を、「乳兄弟(ちきょうだい)」といい
  /ヾノ==,)   主人の子供とかなり強い絆で結ばれていたらしい
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,  光源氏にも数人の乳母がつけられたらしく
  ミ゙ ゚ -゚ノ   その乳母たちの子供である「惟光(これみつ)」や
  √¨l-゚]、  「大輔の命婦(たゆうのみょうぶ)」といった者たちが
  (゙ /  |ゞ  源氏の側近として仕えている
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
62 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:09:10.59 ID:LfqGNu2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,  ちゅるの君にはこれから、
  ミ゙ ゚ -゚ノ   源氏の乳兄弟たちの役どころを
  √¨l-゚]、  一手に引き受けてもらうつもりだ
  (゙ /  |ゞ  
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


【引き続き、物語をお楽しみください】
63 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:11:04.14 ID:LfqGNu2o
      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    
   /  (●)  (●)  \.  二の宮なんてガラじゃないお
   |    (__人__)    |   やる夫って呼べっていっつも言ってるお
   \    ` ⌒´    /
   /              \


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|  あっ、ごめんなさい二の…
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  ううん、やる夫君(ぎみ)
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
64 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:13:46.79 ID:LfqGNu2o
     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \      
  / /  ハ/     \ハヘ      
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.    そんなことよりニュースだにょろ!
  |i | 从 ●     ●l小N      
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      帝は、新しいお妃さまをお迎えするそうだにょろ!
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ  
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´ 


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    
   /  (●)  (●)  \.  ふーん……
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \
65 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:14:23.89 ID:LfqGNu2o
       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|   なんか反応が薄いにょろね…
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  やる夫君のそこんところだけが
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  心配にょろ…
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    
   /  (●)  (●)  \.  新しい妃なんて関係ないお
   |    (__人__)    |   興味出たときに見に行けばいいだけだお
   \    ` ⌒´    /
   /              \
66 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:16:52.71 ID:LfqGNu2o
     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \      
  / /  ハ/     \ハヘ      
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.    それが、今度の方は違うにょろ!
  |i | 从 ●     ●l小N      
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      やる夫君のお母様、
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)   桐壷更衣さまにソックリだそうだにょろ!
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ  
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    
   /  (●)  (●)  \.  ……え?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \
67 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:21:44.87 ID:LfqGNu2o
やる夫:「母上……母上に、ソックリ……?」


           .__
        n_ / - -\
       (_/ (● ●)\  <オトウタマ、オカアタマ ハー?
       ( :::: (_人_) ::: )   
       ヽ   ヽノ   ヽ
        l         l、_つ

        __
       /ノ ヽ\
     / (● ●)\         オトウタマ、ナンデ ナクオ?
     (  o゚(_人_)゚o )
     ノ/) )) lr-l  /) )) バン!!    
    (_つ ))`-' _ つ ))  バン!!


     //            //  
.    / / __,‐⌒ヽ、       //  
   / / /   '─ \    / /   
  //ノ ノ-、 (○ \  / /   オカアタマ、オカアタマー
//  | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ l l   オカアタマ、ドコー?
/   ヽ  ヽ__,,,トー'i   )| | 
      ノ    ` ⌒''  ノ | |  
    (           } ノ ノ  
     ヽ         // 
      ヽ      // 
68 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:23:16.75 ID:LfqGNu2o
       ____
     /⌒  ⌒\
   /        \
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  やる夫君、やる夫君ー?
   〃 {_{       リ| l.│ i|  
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  だめにょろ、完全に自分の世界にょろ…
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  無理ないにょろ…
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  お母様のいないお寂しさが
    | /⌒l,、 __, イァト |/ |   いまのKOOLなやる夫君を形成してるからね…
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
69 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:25:41.14 ID:LfqGNu2o
              __
           .-´    ``ヽ
          /  ヽー     `ヽ
         / ノ    (O )ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ            起きるにょろ! >
        / (●) __)⌒/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
 ふげっ! | ::⌒(__ノ/  ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄
       。ヽ 。   )(  }.  ...|  /!    
          ヽo (__ン  }、ー‐し'ゝL _  
         人  ー   jr--‐‐'´}    ;ーー------
        /        ヾ---‐'ーr‐'"==
                    |

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   いってーお!
  /    (__人__)   \  何するんだお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /
70 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:27:20.13 ID:LfqGNu2o
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/  しかし呆けてる場合じゃないお
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/   母上にソックリ?
(  \ / _ノ´.|  |    …と言われても、母上の顔はぶっちゃけ覚えてないお
.\  "  /__|  |
  \ /___


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|  私も覚えてないにょろ…
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  お美しい方だったとは
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  聞いてるけどね…
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
71 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:29:42.49 ID:LfqGNu2o
      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    とりあえず…どこの人か
   /  (●)  (●)  \.  聞いてるかお?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \


     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \      ほいきた!そういう情報収集は
  / /  ハ/     \ハヘ      めがっさ得意にょろ!
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.    
  |i | 从 ●     ●l小N      今度の女御さまは先帝の第四皇女で
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      藤壺に入られるそうだにょろ
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)   
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ   
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''
72 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:33:13.99 ID:LfqGNu2o
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   皇女で女御か…
|       (__人__) l;;,´     弘徽殿の一派も、手出しはできなさそうだお
/      ∩ ノ)━・'/   
(  \ / _ノ´.|  |    で、いつ入内されるんだお?
.\  "  /__|  |
  \ /___

※入内(じゅだい)…妃として正式に内裏に上がること。

     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \      
  / /  ハ/     \ハヘ      
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.    それが……今日にょろ!
  |i | 从 ●     ●l小N      
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)   
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ   
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   そういうことは早く言えお!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /
73 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:36:57.37 ID:LfqGNu2o
       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|   
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  だって…興味ない、にょろ?
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |. 
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   母上にクリソツなら興味わいたお!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  うあー父上のお召しなんて待ってられんお!
  \    |ェェェェ|     /
74 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:37:20.23 ID:LfqGNu2o
                     _____  
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)  
         _/ / ヽ   /     (__人__) \  だから物陰でこっそり見てやるお!
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   | 
             /  .\     i⌒\   / 
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \ 
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./   
         .ヽ、_./ ./  /    
             ./ /      
           .ノ.^/   ダッ
           |_/ 
75 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:40:46.50 ID:LfqGNu2o
◆内裏、藤壺前

やる夫:(このへんの茂みなら見つからないお)
ちゅる:(やる夫君の行くところ、どこでもついていくにょろ)

女房:「女四の宮さま、ご到着されましてございます」

ちゅる:(あっ、来たみたいにょろ!)
やる夫:(頭を低くするお!)
76 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:41:58.48 ID:LfqGNu2o
                       __
                 イ孑< ̄ヽ   入
                _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
               {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
                /丶 、ゝ'        圦ミく   人
              7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ
             /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、
             ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /
                 ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、
                 |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',
             . へ、 ヾ. ', ィ代_ ,   ::::::: イ |  l  ',  ',
            /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
          /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',
         /  ,,∠ __z</ :/  _ ミY⌒Yミ:.| | ヽト、  ',  ',
       /  〆ヽ     ,/ /〉=-    ト=イミ;! !  | :ヽ.__ ',
      /   , ' ノ ハ z=/ / |!    /イ¬\| |  l! 乂   ゝ,
     ,.'    /  j 彡,ゝ、 / / ヽ _ イ:  |  | ハミぇ' \ ヽ 〆ソ ',
     /    /  て/  Y /z=ぇ   /|  |  | >ミミ〉 ,、,fゝ ' /  ',
.   /    /   /     !仆ヽ气〆  :!  !≠! レく<  !|j /;  .',
.   /    ,'   / z=ー‐.レ'7彡z=ミ〜|! ノ {! \__》ノ   :|/  ;:   ',
   , f ´ ̄ \ イ //    /_ミイ く=ー<、 丶 、 /|!    |   ;   ',
   |て,__  \,         《  { .,r‐.、ヽ∨ヽ _ ,.》|   ヽ,!   ,'    ;
 く  ̄    丶 、ミ =ー―--ヘ,_.T´   :り'J、   :ヽ|!   ヽ!  ;    ;
 そ               / /     i  \  ハ    ヘ ,'     ,
  ゝ ____ _ , , .    _/ /  ,  ;   l \ ヽ  ハ     ヘ    ,
  《  ヘ r===、   ̄   /   ,  i   l  \ 丶 ヘ.    ト、  , '
  ヽ' ,.ヘヽ    冫==--、, .'    ,.   !   ;    ヽ   》  〆 ソ\'
   \ュヘヘ   |!´    {!    ,    l   ;     丶 l!乂ソ~ \ヽ 
       l! l!  /    l     ,    !   :     ' ,   | r‐.、 'J
.       l! l! / , -==-|     ,     !    .       ,. ヽJ  り~ミ
      ヾ,V_ノ    ヽ、 y-===,! ;   . ',       ,   ∧ ./
                  ̄!    {!. ;    .  '   ' ,    ' l!_ソ
                 !    /. ,    .   '    ,  , /
                     l  / ,    .    '     '/
                  l く.  ,     .      /
77 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:45:35.03 ID:LfqGNu2o
       ____
     /⌒  ⌒\
   /        \ 
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


       ____
     /⌒  ⌒\
   /        \    あれが…やる夫の母上……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /
78 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:46:29.02 ID:LfqGNu2o
       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|  
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  ど、どうしたにょろ…?
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

        ___
      /      \
   /          \     桐壷に戻るお
  /   ⌒   ⌒   \    そのうち、父上のお召しがあるお
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /
79 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:47:43.10 ID:LfqGNu2o
     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \     本当に桐壷が生き返ったかと思うほど
  | ,-)___(-、|    似てるっていう
  | l    `⌒´  l |    生きる気力がわいてきたっていう…!
   \       /


           / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ     誰か、やる夫を呼んでこいっていう
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)     (-|    いつもKOOLな奴だが
        | l   ヽ__ ノl |    母親がいれば年相応になろうっていう
         \  ` ⌒´  /    
        /、.         ヽ  
       /            |   
       |           | /
       ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |
80 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:52:04.46 ID:LfqGNu2o
          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   お呼びですか、父上
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))   新しい妃を紹介するっていうwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
( ___、  |-┬-|    ,__ )  母とも姉とも思って
    |    `ー'´   /´       仲良くするっていうwwwwwwww
    |         /
81 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:54:46.65 ID:LfqGNu2o
       ______
      /  \    /\
    /  し (>)  (<)\  は、はい
    | ∪    (__人__)  J |  (なんか急に緊張してきたお…)
    \  u   `⌒´   / 
    ノ           \ 


         ____
      /  \    ─\   チラッ
    /  し (>)  (●)\
    | ∪    (__人__)  J | 
    \  u   `⌒´   / 
    ノ           \ 


      /        /:   / /  ;:  l  ヽ  \
    /       : ./:   :/ /  /::  l、  ',   ',
.   /  .:/     : /::  .;イ イ: / !::: l ',   |    l
   /  .:/     .: ,::::  /l l:/_|:l , |:::: l l:  l:    l
.  /′ .:/    .::: l:::   ! l |  l`ヽ.l::::: / |::: ,:::  l |
 〃 .:/    .::://l:::  l l 、=ァュ、|` !`/  /::://l::l :. l. |
.// :/    .::::::// l:::  l|: l  、トう/` j/  イ/く/ l:::l ::/! !  初めまして
:/ .:/   .:::::::://ヽ!::  l l: l   `^     ,、ヽ >!::.l:/ .l/   
 /   .::::::::::/ /::| l::: .l: l: l         、lン'//// /
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′    
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l
82 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:55:13.06 ID:LfqGNu2o
■人物:藤壺女御(ふじつぼのにょうご)

      /        /:   / /  ;:  l  ヽ  \
    /       : ./:   :/ /  /::  l、  ',   ',
.   /  .:/     : /::  .;イ イ: / !::: l ',   |    l
   /  .:/     .: ,::::  /l l:/_|:l , |:::: l l:  l:    l
.  /′ .:/    .::: l:::   ! l |  l`ヽ.l::::: / |::: ,:::  l |
 〃 .:/    .::://l:::  l l 、=ァュ、|` !`/  /::://l::l :. l. |
.// :/    .::::::// l:::  l|: l  、トう/` j/  イ/く/ l:::l ::/! !  
:/ .:/   .:::::::://ヽ!::  l l: l   `^     ,、ヽ >!::.l:/ .l/   
 /   .::::::::::/ /::| l::: .l: l: l         、lン'//// /
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′    
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l

先帝の第四皇女。
やる夫より5歳年上で、ときに14歳。

「とこしへにあらまほしき人(永遠に理想の人)」と言われ
やる夫が生涯を通して憧れ続ける人となる。
83 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:57:54.54 ID:LfqGNu2o
      /        /:   / /  ;:  l  ヽ  \
    /       : ./:   :/ /  /::  l、  ',   ',
.   /  .:/     : /::  .;イ イ: / !::: l ',   |    l
   /  .:/     .: ,::::  /l l:/_|:l , |:::: l l:  l:    l
.  /′ .:/    .::: l:::   ! l |  l`ヽ.l::::: / |::: ,:::  l |
 〃 .:/    .::://l:::  l l 、=ァュ、|` !`/  /::://l::l :. l. |
.// :/    .::::::// l:::  l|: l  、トう/` j/  イ/く/ l:::l ::/! !  あなたが、二の宮さま?
:/ .:/   .:::::::://ヽ!::  l l: l   `^     ,、ヽ >!::.l:/ .l/   本当にお美しくていらっしゃる…
 /   .::::::::::/ /::| l::: .l: l: l         、lン'//// /
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′       仲良くしてくださいね
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \    よよよよろしくだお!
    /   ///(__人__)/// \  
     |   u.   `Y⌒y'´    |   (近くで見るとさらに綺麗な人だお!)
      \       ゙ー ′  ,/   (それにすごく優しそうだお!)
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |
84 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 19:58:24.37 ID:LfqGNu2o
          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ       }_}ハ
        |i | 从 ノ    \l小N  やる夫君が笑ってる…
       |i (|  i ●    ● li|ノ
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    よかった、よかったにょろ…
       |  l  x>、 __, イl |
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ ) 


藤壺女御に目通りのかなったやる夫は、
本来の明るさ、能天気さを取り戻していった。

母の面影を藤壺に見たからか
それとも別の思慕だったのか……。

それは、本人たちもいまだ知らぬ感情である…。
85 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:01:24.88 ID:LfqGNu2o
こうして、月日は流れていった…。

       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\      藤壺さま
   /   ( ⌒)  (⌒)\     これ、桐壷のお庭で
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i     咲いた花だお
   ヽ、    `ー '   /
     /      ∧;"∧      藤壺にも飾ってほしいお
     i   丶 <>”´>ヽ
     r     ヽ、. (/ヽ)(_丿
     ヽ


 !:::::::::::::::::::::/::::/   l l    ,l   | |  l   ! !   l      l l::
 !:::::::::::::::/!:::/ |    ! ! |  / !    !_!-‐ァ l | |    |      ! !:
 !:::::::::/,-、∨ _!__, --、|  ! |   | !   |`r'´!  l ! |    |     <
 |::://:::::::!:! | {   }`゙`ト!、 ! |    | !/  ! ハ |     !      !:
-、!'/:::::::::::ノノ! !ヽ!`T´!   !| !`ト、 !    ! !  // ! !    !         |:  
ヽヽ:::,、:::/ィ ト、|_ァ=ァ==ミ、トl !  l   ,イヽ!,イ/  l ハ   |       !
 〉!:/::ヽ/|  | ヾ  {っr⊂かミヽ|  ! // /メ  _// !  | !     | |::
_/∧::::::::) l!  !  `┴-ニ、ノ     V //〃 ヽ/'``ト、 l l    l | l::   まぁ、綺麗な花なのだわ
-'  ヽ:/l  |ヽ !      `       '´ /' _   /イ メイ    ! l /::    ありがとう、二の宮さま
-ヽ  ヽl  | l |                7っ`ヽ'´ l// j  / / /レイ::
  ヽ l   ! | |                _{ r⊂∧  ,.イ  / ,イ /-イ !::
\  ヽ!   |  ! !            /    `ヽン ノ// , イ/彳  ! l:::
_`ニ=|  |  l |        、   '´          ,イ l イl l  |:::!   ! !:::
::::::::::::::!  |\ ! l      ` -       /イ /  l !|  !::l   l l:::/
⌒l:::::::|   !--ヽ! |                /´ !/!  ! ||  !::|   ! レ
、 ヽ´|   !  | ! |           _, '´  〃 l  l  || l:::l!  | 
 `´ |    ! l  | !` ト __ .. -‐=ニ´、   // ! l  || !::||  !
    ',    ', ! | !  Y´`ヽ‐、    \> //|   l   || ,ヽ! !  l
    ヽ   ヽヽl l   Yrゝ〉ヽ}   / \l l !  |    ||' / l   ',
86 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:02:59.08 ID:LfqGNu2o
四季折々のことにつけ、何か面白いことにつけ…
やる夫は自然と藤壺女御を慕い、その御殿に足しげく通うようになる。

          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \    そしたらそいつはこう言ったお
    |      |r┬-|    |    「見てあなた、これポップコーン食べてるわ」
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ    
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)   だっておwwww
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/     「ポップコーン食べてるわ」だっておwwww
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
87 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:03:56.74 ID:LfqGNu2o
        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ   クスクス……
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |  
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |    二の宮さまの話は
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !    本当におもしろいのだわ
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !


やる夫と藤壺女御は、まるで姉弟のように仲が良かった。

二人が並んだ時の美しさは例えようもなく、
宮中の人はやる夫君を「光る君」、
藤壺女御を「輝く日の宮」と呼ぶことさえあった。
88 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:07:25.79 ID:LfqGNu2o
そして、帝自身も変化する。

           / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ     いろいろ、吹っ切れたっていう
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)     (-|    これからのことをマジで考えるっていう
        | l   ヽ__ ノl |    
         \  ` ⌒´  /    
        /、.         ヽ  
       /            |   
       |           | /
       ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |

帝は、後継者を一の宮するか二の宮にするか、迷っていた。
一の宮は血筋や後ろ盾は申し分ないが、凡庸な子供だった。
二の宮は後ろ盾がないとはいえ、利発さ、美しさで他人に勝っていた。
89 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:10:17.49 ID:LfqGNu2o
           / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ    いまちょうど、高翌麗人の占い師が来てるっていう
         /  ⌒`´⌒\   ちょうどいい、二の宮のことを占わせるっていう
        | ,-)     (-|   
        | l   ヽ__ ノl |   誰か、占い師と二の宮を呼んでこいっていう
         \  ` ⌒´  / 


     _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
     /   ,′  ´ ̄、`Y  l
   /    /   、    l くハ |
   ,′ , l !   , |  、 |  l l|  わたくしは人相見…
.   l  | | | /| ∧__ハ| | | |   どのような人の運命も
  | |  l | Ul7/斗‐r、 | | | |   顔にあらわれているものです
  |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|
  ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \
   / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
.  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    父上、お呼びですかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


           / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ    
         /  ⌒`´⌒\   ま、そこに座るっていう
        | ,-)     (-|   
        | l   ヽ__ ノl |   占い師よ、よろしく頼むっていう
         \  ` ⌒´  /
90 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:11:54.31 ID:LfqGNu2o
     _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
     /   ,′  ´ ̄、`Y  l
   /    /   、    l くハ |
   ,′ , l !   , |  、 |  l l| 
.   l  | | | /| ∧__ハ| | | |  
  | |  l | Ul7/斗‐r、 | | | |  (ジー……)
  |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|
  ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \
   / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
.  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、


         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   な、なんかめっちゃ見られてるお…
    |         (__人__)|   いったい、何なんだお…
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


     _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
     /   ,′  ´ ̄、`Y  l
   /    /   、    l くハ |
   ,′ , l !   , |  、 |  l l| 
.   l  | | | /| ∧__ハ| | | |  
  | |  l | Ul7/斗‐r、 | | | |  ……わかりました
  |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|
  ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \
   / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
.  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
91 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:15:50.26 ID:LfqGNu2o
      __     _
    ,. ´  / ̄>t=ヘ_/ムイ-    ―- __  _
  /    /   イ{し}V≠  ̄     == ⌒しイ¬キ―‐、
/     ./ />┬そ__        __,.. {{ 乃ノ i ハ
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ‖   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  Y| |‖ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ‖||| || ,..⊥l | |‖ |! | |  /' |  ||  この方は、奇妙な相をしています
   /   | | | ‖|l| | {f'´|メ | |‖ |! l/  /  |  ||
 /   /| ‖ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||  白饅頭…いえ、帝王になられるお顔ですが
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|   そうなると国は滅びるでしょう
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l   かといって、白ま…いえ、臣下として王を支える相…
      //  | 下 乙  ,._    / /U |  |     |   というわけでもないようです
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l   このようなお顔は、見たことがありません
    .′| ヽjし―<  ー┘ Y´  / //   | |  |    |
92 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:19:39.40 ID:LfqGNu2o
      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o    人の顔をジロジロ見て
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\  何わけわかんないこと言ってるんだお!
  |       |r┬-|     |   父上も何とか言ってくださいお!
  \     `ー'´     /


           / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ   
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)     (-|    ……そうか
        | l   ヽ__ ノl |    
         \  ` ⌒´  /    
        /、.         ヽ  
       /            |   
       |           | /
       ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |


         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   な、納得するのかお!?
    |         (__人__)| 
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
93 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:20:04.95 ID:LfqGNu2o
           / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ   
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)     (-|   占い師よ、大儀であった
        | l   ヽ__ ノl |   下がるがよい
         \  ` ⌒´  /    
        /、.         ヽ  
       /            |   
       |           | /
       ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |


     _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
     /   ,′  ´ ̄、`Y  l
   /    /   、    l くハ |
   ,′ , l !   , |  、 |  l l| 
.   l  | | | /| ∧__ハ| | | |  
  | |  l | Ul7/斗‐r、 | | | |   ……失礼いたします
  |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|
  ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \
   / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
.  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
94 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:21:10.96 ID:LfqGNu2o
           / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ   
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)     (-|   …………。
        | l   ヽ__ ノl |   
         \  ` ⌒´  / 


         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   あ、あの父上…
    |         (__人__)| 
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


           / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ   
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)     (-|   …大臣らを集めろっていう
        | l   ヽ__ ノl |   
         \  ` ⌒´  /
95 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:23:56.36 ID:LfqGNu2o
ザワザワ…
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   <なんか急に集められたけど
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  <いよいよ後継を決められるんじゃね?
| U (  ´・) (・`  ) と ノ  <結局誰が次の天皇になるのよ?
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'


           / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ     皆の者、よく聞け
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)     (-|    一の宮を、東宮とする
        | l   ヽ__ ノl |   
         \  ` ⌒´  /   二の宮は臣籍に降下し、
        /、.         ヽ   以後、源氏の姓を名乗るがよい
       /            |   
       |           | /
       ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |

※東宮(とうぐう)……皇太子のこと。
96 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:25:58.59 ID:LfqGNu2o
姓を頂いて、臣籍に降る…。
すなわち、やる夫は只の臣下となり、
皇族ではなくなったということだ。

後ろ盾のないまま皇子として不安定に過ごすよりも
臣下としてのびのび生きろ……そういう帝の親心であった。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  なんかやる夫もスッキリしたお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


「源氏の君」の誕生である。
97 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:27:08.51 ID:LfqGNu2o
また、一の宮が正式に東宮に決まったことで
その外戚である右大臣一派も安心したのだった。

            __ _
     __,-'::::´::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   r':´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト;:ヽ
  rへ:::::::::::::::::::::ヾゝ、 _ ,-―'ヾ ト:::',
  '、:;;;;\:::::::::::::::::\へト、r−−'´^::ヽ::'、
   \:;;;;;;ト、::::::::::::::::::}、:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;ヽ,       これで我が一族の将来は安泰…
    ヽ:;;;l ,-_、::::::::::\へ::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;`;‐、
   r':´:::;;;} ヾ! ' \::::::::::「 } ):::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|\   耐え忍んだ甲斐があったというもの
   ヽ;;;;;;;/     l::::::::::::V::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ト、
    `'ノ     /:::::::::::\;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :| V
     `ヽ、,、-  \:::::::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::l: :|: :
       ノ:\   イ、:::::::::::::ノ;;-'´`ヽ-、;;;;;;::::::::', ',: :
       {::::;;;ト、-‐'´>:::::::::;;;;\:-ー--ヽ;;;;;;;;;::ヽ|
       ヽノ   (::::::::::::::::::::::;;ノ‐‐-、_: :: :`ヽ、;;;'、!
             \:::::r-' ´      `丶、: : L::ヽ
            r' }:::::)-' ´ ̄`ヽ、_     l: :`ヽ
            r'-_:ノ       `ヽ、 
98 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:31:04.07 ID:LfqGNu2o
◆3年後、内裏

       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))   源氏の君、ちょっと来るっていうwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \   
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     父上、なんですお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |   
  \      `ー'´     /
   /` ‐- __ - ‐‐ ´ \
  / .l        _,,ヽ ___ 〉、
  | l (´・д・`) / ,' 3 `ヽーっ
  ヒト- _    l   ⊃ ⌒_つ
.   !__   ̄, ̄ `'ー-┬‐'''''"
   L  ̄7┘l-─┬┘
    ノ  ̄/  .! ̄ ヽ
  └‐ '´   ` -┘
99 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:34:25.17 ID:LfqGNu2o
     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\   お前ももう12歳っていうww
  | ,-)___(-、|  元服の式をするっていうwwwwww
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    お、大人になれるんですかお!?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |   
  \      `ー'´     /
100 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:37:35.53 ID:LfqGNu2o
     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ    父の面目にかけて立派な式をしてやるっていうww
   /::::⌒`´⌒::::\   
  | ,-)___(-、|  それから、左大臣の姫を嫁にしろっていうwww
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /

       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \   ……嫁?
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
101 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:38:20.70 ID:LfqGNu2o
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l


        嫁……妻……
        伴侶とする、理想の――


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (○)  (○)   \   …………。
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
102 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:39:41.23 ID:LfqGNu2o
     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ    
   /::::⌒`´⌒::::\    ん?
  | ,-)___(-、|   どうかしたかっていうwwww
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    な、なんでもありませんお!
  /::::::⌒(__人__)⌒U:: \  (今のはなんだお…?)
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
103 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:41:11.00 ID:LfqGNu2o
◆内裏、元服の式当日

帝:「では儀式をとりおこなうっていうwwww」

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\  
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |   
  \      `ー'´     /
   /` ‐- __ - ‐‐ ´ \
  / .l        _,,ヽ ___ 〉、
  | l (´・д・`) / ,' 3 `ヽーっ
  ヒト- _    l   ⊃ ⌒_つ
.   !__   ̄, ̄ `'ー-┬‐'''''"
   L  ̄7┘l-─┬┘
    ノ  ̄/  .! ̄ ヽ
  └‐ '´   ` -┘


       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \  
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
104 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:43:23.07 ID:LfqGNu2o
       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   これが大人かお…
 |       (__人__)    |   ぶっちゃけ、格好が変わっただけだお
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
105 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:45:21.96 ID:LfqGNu2o
その日は盛大な宴会となった。

わずか12歳ながら、大人顔負けの凛々しさを放つやる夫の姿に
思わず涙する公卿もいたという。

             ∧..∧
           . (´・ω・`)
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
          彡※※※※ミ 旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \ どっ!!  /   \ ワハハ! /
     \     /      \    ∞
 l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )
106 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:47:32.80 ID:LfqGNu2o
宴もたけなわ…やる夫は宴会場を抜け出し、
藤壺を訪れていた。

女房:「まあ、源氏の君。どうなさいました?」

       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   あの…藤壺さまに、お目通りを…
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


女房:「源氏の君は、もう大人におなりあそばしましたので」
女房:「女御さまと直接お会いすることは許されませぬ」

       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (○) (○) \   ……え?
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
107 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:48:22.71 ID:LfqGNu2o
【解説】

  、-−7   この時代の上流階級は
  ミ_o_d,,,  大人の男女が直接顔を合わせる機会は少なかった
  ミ゙ ゚ -゚ノ   
  √¨l-゚]、  女性は基本的に、御簾のうちから出なかったしな
  (゙ /  |ゞ  
  /ヾノ==,)   
 ム-ノ__|_jゝ  

  、-−7   もちろん、御簾ごしに会うことはあった
  ミ_o_d,,,  
  ミ゙ ゚ -゚ノ   だが貴人の女性となると、直接相手と会話することはしない
  √¨l-゚]、  女房に自分の言葉を言い、それを相手に伝えさせていたんだ
  (゙ /  |ゞ  ちょっとした伝言ゲームだな
  /ヾノ==,)  
 ム-ノ__|_jゝ
108 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:50:43.72 ID:LfqGNu2o
  、-−7   
  ミ_o_d,,,  やる夫は元服して大人になった
  ミ゙ ゚ -゚ノ   だからもう、藤壺女御と直接顔を合わせることや
  √¨l-゚]、  会話することもできなくなってしまったんだ
  (゙ /  |ゞ  
  /ヾノ==,)   
 ム-ノ__|_jゝ 


【引き続き、物語をお楽しみください】
109 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:52:43.61 ID:LfqGNu2o
◆内裏、藤壺

                /`ヽ、
                  /_    \
              、-‐'´/ ``丶、 ヽ_r┐
        ノ^ー<〉  L____`ヽ))ー'-、
        ヽ\ ∠__/ // ,``ハヽ  \
        ハ ヽハ// // //////ハ ヽ   \  ねー藤壺さまー
       く \、 } |{ l|l,{∠メL//' 〃/ハ. ! }/
       人ヽ 〉' 亡>j〈;;'ソ〉/ /'ノ//// } } ハ   会わなくても
        \)八),ト、〉 ´   ´ノ_ノ乂〃ハノ' r-ゝ  よかったのー?
           、ノ({ノ   c ' 〈;;ソルノ ノ、 L,/
        r ''',ニ=、'′ヽ、__  _,.rく{ _∠__ } }
      .r┴/ ヽ>'⌒ヽノ/  ̄ヽN}入ニ<(乙、
        ト、_{ `'{ ,. -┴v {    ヽて`ヽ}  ̄
     〈ヽ >'"  l  | ノ  / .〉
      V〈     l   !    く


        r_ 、 , - ─- 、   __ _... -‐ ' ´ _ノ  /::::|  ノ:::::::::::::l!
        lj ノ      フ ':::::::/    ' "´    ヽ:::::ヽ ' ::::::::::::ノ_
       ,. ィ´⌒ヽ     /:::::::::::/         /ヽ )::::::::::::::::::::::::::::1
     j/ (__      /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ
     ヾ r ' ¨     /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、
       |...:::::::::::/  ':::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ
       r-─ "    |:::::::::::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ
       ゝ_      _ |:::::::::::::: |    フ_j ノ     ,.      レ′
      l /ゝ :::: ∠_.|:::::::::::::: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l
      | l:::;/` て_  |:::__ :::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,
      | Lj! |  '' 丁γr、ヽ::::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/
      |   l  ヾ ゝメjク:::::|ノlハ!j_ゝ! ゝヽノjムrjイ/ l/ j/     どうして?
      |  .    | \`ー".::::| ヽハ::ィノ`     ヒケ j ハ       王命婦(おうのみょうぶ)
      |  /   |  ヽ \::::! ハ` ´     ,  / | |
      | ,     |   |` ーゝ ヽヽ    _ _   イ .ハ.|
     ノ /     | !  ヽノ^゙ | |ト \    / _j | !|
    ./,.j/       | |ヽ /ゝ.  |  ヽ.\ ヽーく  ̄"| l!ヾ.、
  /   /       ヽヽノ     L   \ヽ ヽ:.:゙!:.:. l ,,リ  !l
/  ., '        / イ   ハ ヽ.  \\\:.:.:| ノ、._ l|
  /        '  :::/   /:::::  `ー、 `ー 、ヽ( `-── ァ
,/     - 、 _ノ ::::::/   {::::::::::     >- ─ `フく"<
110 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:53:08.23 ID:LfqGNu2o
■人物:王命婦(おうのみょうぶ)

                /`ヽ、
                  /_    \
              、-‐'´/ ``丶、 ヽ_r┐
        ノ^ー<〉  L____`ヽ))ー'-、
        ヽ\ ∠__/ // ,``ハヽ  \
        ハ ヽハ// // //////ハ ヽ   \  
       く \、 } |{ l|l,{∠メL//' 〃/ハ. ! }/
       人ヽ 〉' 亡>j〈;;'ソ〉/ /'ノ//// } } ハ  
        \)八),ト、〉 ´   ´ノ_ノ乂〃ハノ' r-ゝ 
           、ノ({ノ   c ' 〈;;ソルノ ノ、 L,/
        r ''',ニ=、'′ヽ、__  _,.rく{ _∠__ } }
      .r┴/ ヽ>'⌒ヽノ/  ̄ヽN}入ニ<(乙、
        ト、_{ `'{ ,. -┴v {    ヽて`ヽ}  ̄
     〈ヽ >'"  l  | ノ  / .〉
      V〈     l   !    く

後宮の中級女房。
王族の出であったらしく、こう呼ばれる。

光源氏と藤壺女御の密会を手助けするなど
『源氏物語』の重要人物と言える。
111 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:54:56.25 ID:LfqGNu2o
                /`ヽ、
                  /_    \
              、-‐'´/ ``丶、 ヽ_r┐
        ノ^ー<〉  L____`ヽ))ー'-、
        ヽ\ ∠__/ // ,``ハヽ  \
        ハ ヽハ// // //////ハ ヽ   \  だって……
       く \、 } |{ l|l,{∠メL//' 〃/ハ. ! }/
       人ヽ 〉' 亡>j〈;;'ソ〉/ /'ノ//// } } ハ   藤壺さま、とってもお寂しそうなの
        \)八),ト、〉 ´   ´ノ_ノ乂〃ハノ' r-ゝ  やる夫君も、寂しそうだったのー
           、ノ({ノ   c ' 〈;;ソルノ ノ、 L,/
        r ''',ニ=、'′ヽ、__  _,.rく{ _∠__ } }     ずっと一緒におられたのに、もう会わないなんて…
      .r┴/ ヽ>'⌒ヽノ/  ̄ヽN}入ニ<(乙、     あんなに仲がよかったのにー
        ト、_{ `'{ ,. -┴v {    ヽて`ヽ}  ̄
     〈ヽ >'"  l  | ノ  / .〉
      V〈     l   !    く


      /        /:   / /  ;:  l  ヽ  \
    /       : ./:   :/ /  /::  l、  ',   ',
.   /  .:/     : /::  .;イ イ: / !::: l ',   |    l
   /  .:/     .: ,::::  /l l:/_|:l , |:::: l l:  l:    l
.  /′ .:/    .::: l:::   ! l |  l`ヽ.l::::: / |::: ,:::  l |
 〃 .:/    .::://l:::  l l 、=ァュ、|` !`/  /::://l::l :. l. |
.// :/    .::::::// l:::  l|: l  、トう/` j/  イ/く/ l:::l ::/! !  そう、ね
:/ .:/   .:::::::://ヽ!::  l l: l   `^     ,、ヽ >!::.l:/ .l/   
 /   .::::::::::/ /::| l::: .l: l: l         、lン'//// /    ……わたくしも
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′      あの子が好きだったわ
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l
112 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:55:44.92 ID:LfqGNu2o
    __  _ r- 、    __ イ  |/         ヽ, _      _ノ
    f::::|_::: V    ̄  `ー'::::::::/   ー、 ,    /   '    `   ー┤
   |::::| _ヽj_     /::::::::/   __ ノ/   /    !    ヽ  \  L__
  γ´:::::_,.ィ   ヽ    '::::::::/  ´ (._ /  ,イ          \  ヽ   }
  | /::::::::,ィ       i:::::::::'     ノ'  '/ |!   '        ヽ  ヽ ノ
  L__::_.イ !|      |::::::::|    rV |! |:| ',  l! | | |::      i! | | |
      ' ゝ,. -    !:::::::|  '´ ヽ  |! _'_|_|.__|! |ハ,.:|::     ハ. |: | レ  だからこそ……
     /!  | ̄j    !::::::l/    ,ノj ,|! |N   | l| `|ト |! |::  |  / |,.'  |!. |   いまが、わたくしから飛び立つ時なの
     ,イ   | ス   !::::::|   (/  |V   _ ヽヽ|ヽ.ヽ!:  i イ /   ハ |
     |::|  ,      !:::::|    / |! |   ヾ===ゝ   ヽノヽlノ   ,'! l |   あの子はまだ12歳
    ,/!::|  | |::|`ーヽ ., =,、 /  /ヽ.ヽ           、 /,  // j/   大人として、男として、まだまだ長い時間がある…
   ,' !::|  .., |::|  ヽ. {fゞjト}'   /  \ ヽ           ヽY-イ   /
   /  ~'  /! ゝ    ` ー !  /     ヽ. !         / l:: |
  i     /, !          V /ヽ. ___  | |      - 、 .ィ::ィ |
  ,'     // ノ        r'⌒': |: ̄ : : : .\j |      - / ,// r、
  !    // ,'        _.ゝ |:: |.: : : : : : :. :| |_  _ _∠. //
  |   i// /       _ノ   |:: |: : : : : : : ,ノノーV : : : : : .V/ /
  |  // /      /      ゝ _\: : : :/: : : :|t! : : : :.:.|'!/
  |// /    /     r'  ̄   ̄ `ー 、: :ノj }___: : :,ノ/ /
113 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:57:24.95 ID:LfqGNu2o
         l. l  l   ,.!       }   !  !   l   l.l:.lj::lj::::} ヽ
          | /l. i |   l|     ,'  ,! ,'}   ! l | 7trイ_i. !
           l/::,! | |   |! l   /  ,' / ! , / .| !´ ,|:l ,! ! !
           /:::;ハl、', ⊥ L l_ i /  /l_/ ⊥//! / ,/,ノ i::ヽ ! l  もう会えなくていいの
        /.:::/ l ゝ i、lヽ! ‐`/ li /´/−l/ ' ,l/`イ-、 ,!::..l ! .!  直接、言葉を交わすこともなくていいの
         ''T"  l l X `弋,刃``ヾl/ /'弋_刃ヽ l/ l'ノ,!/└ ' !  l  
        l   l l l l ハ     ,       /,イ l_ノ      !
         l   l / / l /`'ゝ、   _ _     //1 l ri.      |  i  これでいいのだわ…
          l  ,/ /,' ,'/ <ヽ r` 、 ‐    ,. //' ! ト リ />   |  l   これで……
        l.  /,イ ,' ,'ム '´ ! |   ` t ´ /./  ! |'/ `ヽr 、|
        ,' , '/ ! ! !' (、 | |   ヽ   , l. l.- ‐ l. l'  ,.  ' ヽ!
       ,'〈〈 l l l l   ` '‐'、       l. |  _,,.l. l ''"   , -〉
       / ヾ ,| ,/| | `ヽ、   `' 、_,. -l. |´  ノノ_,. - '" /
114 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 20:59:46.04 ID:LfqGNu2o
◆内裏、弘徽殿

  ____iヽヽ!`''、=‐- ..,,_
''"´,.,/i ,.ヾ,=,ァ、ヽr、ー..,,,_ヽ、     弘徽殿女御さま、
,-ニ//i i,、'ヾ、_..,ヾソヽ、: :"''-、=、    元服の式の様子を探ってきたぜ
'´//: :! iヾ'/X_  i、ヽヽ: : : : :ヽヾ 、. 
./!': :/ヽヽヽ'  `/-,:'ヽ"~"ヽ: : :ヽヽヽ   
' ,!:/, : ;X ヽ.....、,-":/  ヽ: : :__ヽ、: ヽヽヽ、    
/:";' :/ iヽ : :i : :ヽ:i . :,:-ヽ  :`: :ヽ::ヽヽ ヽ


          _,、‐==- 、
       , -'´:::::::ヘ:::``ヽ、
      /:::::::::::r'´‐l::::::::::::/
       l::::::::::::::l  ヽ;::::::::ヽ、    ご苦労、どうであった?
      ,:::::::::::::::::゙,  ,ィ_、:::::::ヽ
     /:::::::::::::/ノ  ´“‐' )リ:ノ
    /::::::::::::({  、  _,/::::l
    /:::::::::::::::::::::ヽ -‐ ,ィ:::::::゙、
    ヽ:::::,:'´ `ヽ、{`'‐'´ !--、:::)
     l::/     ヽ、-、゙、  Yノ
   /::l   _r   ノヘァ ゝl
 /::::::::::r ヘ/:::::::l,、-‐‐‐‐、ヽr‐ヽ


, ',´‐'´  /:::/::/´;;;/:::/;;;ヽソ''‐;;:r
'´   /:::/:::::/;;;;;;;;;/:::/;;;;;;;;;;〉-、/;
   /.:://:::::/;;;;;;、-/ム::::::_;;ゝ-';;;;;   東宮さまにも劣らぬ格式の儀式…
  /::/ /:::::/;:‐''i 、//-、ヽ  ``''‐、;;   二の宮…いや、源氏の君の美しさに
 /:/ /:::::// -! /勺`' ヾ     ,.-    涙する連中も多かったぜ
//  /:::::〃:', ヽ!〃   ̄     '´‐-
/   /:::://:::::ヽ」 |         `ー-
   /::::/ /:::::::::::l      ,         ああ、それから、源氏の君の妻には
  /:::/ !:::::;:::::::ヽ `‐、._            左大臣家の姫君をあてがうとか
  ,'::::/ l::::/|:::::::::::\   `''' ‐ ..,,
 ,':::/  l:::::l |:::l::::::/;rヘ、
 ;::/  l::::l |::|l::::l;;;ヽ :::`'‐ ---- r'"´
. l::/   l:::| l::|」-';;;;;;;`ヽ、...__,ィ /
115 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:00:16.64 ID:LfqGNu2o
    ノ:::::::::::::::::::::::::;::::::;::::::::::::::::::::::`ヽ:ヽ:::::::::l
  /:/::/::::::::::l'´ |:|`´|::::::l`ヽ:ヽ::: ::::::::::::::ヽ,.._
. _/::::/::::/::::::::::;||i |  ||  |:::::::l:. ::::. :::..  :::::l:::::::::ヽヽ_
';;l::::::l:::::n!::::/:;/!| l   |  |::::::|::::::::::::::::::::::::::fヽ:::::l::|      何ですって!?
;;|:(ヽ,::::ヾ|::::l:;:ノ | |   l  l::::::ト、::::l::::::::::::::::l /::::ノ::l       左大臣家の姫は、東宮の妃にと
. l:::ヽ>:::ノ::::::::l‐キr+、 l  l:!::::l 〉>_;:::::::::::::::レ:::::::::::::ヽ     前々から約束していたはず…
∧:ト_ ,、ィ、:::::::::l` 「T ``!  l l::::lヘーヘ;::::::',:::::',::::::::::::::::     それを、あの卑しい女の息子に!?
 ゞニイ/:::::::::::::::レ´     l 'ト;ヽ,ゝ,」:::::::::::::',::::::::::::::  
  ''´//::::::::::::::::ノ       ヽヾ_::::ヽ:::ノ:::::::/:::::::::      おのれ左大臣家、
}  ヽl:::::::::::::::/ヽ,  、__!___.,、 ̄,>:::::/::::::/::::::::::://     おのれ源氏の君!
;}  ヽ';::::::::::/ {:.:..ヽ、くiヾ= '´ i/./::::/:::::/::::::::://
;;;ゝ  ヽ}::::::{  {:.:.:.:.ヽ`ー一'´/:/::::/:::::/::::::::/.//
;;;;;;;ゞ //::::}::',、 }:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:..:./:::::i:::::::|::::::://::l
116 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:00:40.76 ID:LfqGNu2o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,  左大臣家と右大臣家はともに藤原氏だが
  ミ゙ ゚ -゚ノ   政治上のライバルでもあった
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ  
  /ヾノ==,)   
 ム-ノ__|_jゝ  

  、-−7
  ミ_o_d,,,  優勢なのは今のところ右大臣家だ
  ミ゙ ゚ -゚ノ   なにせ弘徽殿女御の生んだ皇子が、東宮になったからな
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ  右大臣はさらに、左大臣家の姫を東宮に嫁がせることで
  /ヾノ==,)   政治的優位と両家の結束を強めようとしたのだろうな
 ム-ノ__|_jゝ
117 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:01:51.53 ID:LfqGNu2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,  左大臣も、最初はそのつもりで姫を育てていたらしい
  ミ゙ ゚ -゚ノ   
  √¨l-゚]、  だが、東宮は凡庸な人間。しかもライバル家の血を引いている
  (゙ /  |ゞ  娘を嫁がせても、うま味は少なそうだ
  /ヾノ==,)   ならば、臣下として将来有望なやる夫に縁付かせた方がいい
 ム-ノ__|_jゝ  左大臣は、そう考えたようだな

  、-−7
  ミ_o_d,,,  娘を大事に思う親心さ…たとえ、政略結婚であってもな
  ミ゙ ゚ -゚ノ   
  √¨l-゚]、  右大臣一派からすれば、
  (゙ /  |ゞ  裏切られた思いだろうがな
  /ヾノ==,)   
 ム-ノ__|_jゝ


【引き続き、物語をお楽しみください】
118 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:04:36.21 ID:LfqGNu2o
◆夜、左大臣邸
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \    ここが左大臣邸かお
    /   ///(__人__)/// \  
     |   u.   `Y⌒y'´    |   ここの姫君は美人だって噂だお
      \       ゙ー ′  ,/   藤壺さまみたいな方だといいお!
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    wktkしてきたお!
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     おっ、来られたか
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   源氏の君、初めてお目にかかる
  |     ` ⌒´ノ    これからは万事、この左大臣家がお世話申し上げる
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
119 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:05:03.46 ID:LfqGNu2o
           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・
       /   (⌒  (●) /    あんた誰だお?
       /      ̄ヽ__) /
.    /´     ___/      …まさか、やる夫の嫁って……
    |        \
    |        |


      / ̄ ̄\    
    /ノ( _ノ  \        そんな訳ねーだろ
    | ⌒(( ●)(●)       常識的に考えて!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |              
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’    あなやっ!
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'"
         \       , '´        し/     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J
120 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:05:36.27 ID:LfqGNu2o
      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o    何するんだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\   皇子を蹴っ飛ばして
  |       |r┬-|     |   ただで済むと思ってんのかお!
  \     `ー'´     /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     もう源氏だろ。ってことは同じ臣下だ
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    俺は頭中将
  |     ` ⌒´ノ     今夜から、お前の義兄だ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
121 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 21:06:14.59 ID:9hEREPUo
葵上は誰だろう
122 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:06:24.52 ID:LfqGNu2o
■人物:頭中将(とうのちゅうじょう)

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

左大臣家の長男。葵上の兄。
光源氏よりも6歳年上。

生涯にわたって光源氏のよき友となり、恋や政治のライバルとなる人物。

すでに右大臣家の娘(四の君)を正妻としているが、
「今めかしく好きがまし人(今風で色好みする人)」と言われるように
それなりに遊んでもいるようだ。
123 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:07:36.44 ID:LfqGNu2o
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   俺の嫁に会いに来たのに
  /    (__人__)   \  お兄ちゃんが手に入っちまったお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /  男はいらねぇおー!


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     …………。
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   『医心法』第28巻が絵入りで、
  |     ` ⌒´ノ    しかも格安で手に入る店、興味ないか?
.  |         }
.  ヽ        }     一緒に偃息図絵(おそくずのえ)も売ってるぞ
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \    よろしくお願いします、お兄様!
    /   ///(__人__)/// \  
     |   u.   `Y⌒y'´    |   あ、僕のことは「やる夫」と
      \       ゙ー ′  ,/   呼んでくだされば結構ですお!
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |
124 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:09:49.93 ID:LfqGNu2o
【解説】

  、-−7   『医心法』とは日本最古の医学書だ
  ミ_o_d,,,  その第28巻は「房内」、つまり
  ミ゙ ゚ -゚ノ   男女の性交について記した部分になる
  √¨l-゚]、  貴族の子女は、それで房中術を学んだらしいな
  (゙ /  |ゞ  
  /ヾノ==,)   『医心法』第28巻は、現代でも絵入りで出版されてるから
 ム-ノ__|_jゝ   興味のある奴は調べてみてくれ

  、-−7   
  ミ_o_d,,,  偃息図絵(おそくずのえ)はいわゆる春画のことだ
  ミ゙ ゚ -゚ノ   
  √¨l-゚]、  「春画」という単語は明治以降から使われたらしい
  (゙ /  |ゞ  余談だが、江戸時代には「枕絵」などと言ったようだな
  /ヾノ==,)   
 ム-ノ__|_jゝ   まぁトリビアとして聞いといてくれ


【引き続き、物語をお楽しみください】
125 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:10:16.92 ID:LfqGNu2o
中将:「偃息図で懐くとは、まだまだガキだな」
やる夫:「子供じゃねーお! 今日大人になったんだお!」
中将:「どうだかw おっ、葵上の準備が整ったらしいな。エロ本の話はまた後日だ」

女房:「さあ姫さま、こちらへ……」

          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /       ……あなたが、源氏の君?
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',
126 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:11:11.93 ID:LfqGNu2o
■人物:葵上(あおいのうえ)

          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /      
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',

左大臣の娘。
頭中将の妹で、やる夫より4歳年上。

天皇の妃になるための教育を受けてきたため、
臣下であるやる夫に嫁いだのが納得できていない。
127 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:12:38.73 ID:LfqGNu2o
        ___
      /      \
   /          \    そ、そうだお
  /   ⌒   ⌒   \   今夜からやる夫たちは夫婦だお
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /


 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_      プイッ
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


       ____
     /⌒  ⌒\
   /        \    あ、あの……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |  
  \      `ー'´     /
128 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:15:15.05 ID:LfqGNu2o
    / ̄ ̄\
  / ノ  ⌒ \
  |  (●)(●) |    おいおい、葵
.  |  (__人__)  |    それはないだろ常識的に考えて
   |   ` ⌒´  ノ
.   |         }    ……ま、照れてるんだろ
.   ヽ        }      気を悪くしないでくれ、やる夫
    ヽ     ノ     
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \


     / ̄ ̄\
   /      \
   |  ⌒  ⌒   |   お邪魔虫はここで退場だ
.   |  (__人__)  |
    |ヽ |!il|!|!| / .|   仲良くしろよ、お二人さん
.    |  |ェェェ|   }
.    ヽ       }
     ヽ     ノ         
     /    く  \       
     |     \   \         
      |    |ヽ、二⌒)、
129 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:16:11.84 ID:LfqGNu2o
       ____
     /⌒  ⌒\
   /        \    (気まずいまま二人きりにさせられたお…)
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |  あ、あの……葵上?
  \      `ー'´     /


 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_      …………。
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、
130 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:18:44.85 ID:LfqGNu2o
            ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄く
        / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.      /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
 、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
   ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.    l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
   l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄   ……寝る
   l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
    ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′
.      ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/
.       j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/
         V: :lヽ、   _     /j/!/
          ヽ: ! >   __.. ィ
       rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
      ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
    /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
    ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
131 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:21:49.44 ID:LfqGNu2o
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    シャイガールかと思ったら
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  意外に積極的だお!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /   よーし、一緒に寝るお!


     ,. - 、
    イ,i  , ',
    ハリ, i, ,i.リ   来ないで
    ,ィ-"`''、'    あなたの寝る場所は、
  .ノ::::|i__ iハ    女房たちに用意させてる
  r'::::ノ:::::::::V::::',
  '-ク::::::::::::'iヽ;::ヽ 

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o    ちょwww 夫を置いてきぼりかお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\  待つお!葵上ー!葵ちゃーん!
  |       |r┬-|     |
  \     `ー'´     /
132 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:23:21.79 ID:LfqGNu2o
      / ̄ ̄ ̄ \              結局、別々の部屋で寝ることになったお…
    /   ―   ―\    __,〜 -,_   仕方ないお…
__ /   ( ー)  (ー) \   |\`ー〜' \  ひとり寂しく寝るお…
 ( |      (__人__)    |   \| ̄ ̄ ̄|
\ヽ\__  `ー ´__/ \    ̄ ̄ ̄
  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
   ヽ               \
    \               \


      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ―   ―\    __,〜 -,_    ……藤壺さま……
__ / o゚( ー)  (ー) \   |\`ー〜' \
 ( |      (__人__)    |   \| ̄ ̄ ̄|
\ヽ\__      __/ \@   ̄ ̄ ̄
  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
   ヽ               \
    \               \
133 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:28:45.02 ID:LfqGNu2o
◆数週間後、内裏、桐壷

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
           / /" `ヽ ヽ  \
       //, '/     ヽハ  、 ヽ  やる夫君……
       〃 {_{       リ| l.│ i|   
       レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  左大臣邸へ行かなくていいにょろ?
        ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  婿君が来ないようじゃ、左大臣さまも
         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  お立場がないにょろ…
        | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
.        | /  /::|三/:://  ヽ |
        | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

       ____
     /      \     確かにそうだお…
   /  _ノ  ヽ、_  \   いまや左大臣家は、やる夫の後ろ盾なんだお…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  おろそかにしてはいけないのは分かってるお
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /  でも、聞いてくれお
134 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:31:31.80 ID:LfqGNu2o
やる夫:「頭中将はいい人だお。いろんな遊びを教えてくれるお」

  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)     ____
     | |.|  (__人__)  |         | |.    /⌒  ⌒\
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'  /( ●) (● ) \
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \


やる夫:「でも肝心の葵上がサッパリだお…」


     ,. - 、
    イ,i  , ',
    ハリ, i, ,i.リ   (ツーン)
    ,ィ-"`''、'   
  .ノ::::|i__ iハ   
  r'::::ノ:::::::::V::::',
  '-ク::::::::::::'iヽ;::ヽ
135 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:33:18.49 ID:LfqGNu2o
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   …手も握らせてくれない
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  会話もない女の子のところへ行っても
  |     (__人__)    |  息が詰まるだけだお……
  \     ` ⌒´     /


           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
           / /" `ヽ ヽ  \
       //, '/     ヽハ  、 ヽ  …確かに、奥方様の態度はひどいにょろ
       〃 {_{       リ| l.│ i|   
       レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  いくら望まぬ結婚とはいえ
        ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  「光る君」を婿にして何が不満にょろ?
         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |. 
        | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
.        | /  /::|三/:://  ヽ |
        | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \     まぁいつかは人並みの夫婦になれるにょろ!
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \    時々はご機嫌をうかがいにいけばいいにょろ
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、      ヽ
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=_____
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l    //- .,
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'ヽ
136 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:35:03.32 ID:LfqGNu2o
           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
           / /" `ヽ ヽ  \
       //, '/     ヽハ  、 ヽ  …と言っても、それだと左大臣邸には
       〃 {_{       リ| l.│ i|   気軽に行けそうもないにょろね…
       レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
        ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  いつも過ごす場所はあるかい?
         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  このまま桐壷のお部屋で過ごすのも悪くないけど
        | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
.        | /  /::|三/:://  ヽ |
        | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   それなら心配ないお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
137 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:36:55.84 ID:LfqGNu2o
やる夫:「母上の実家がいま空いてるお」
ちゅる:「ああ、あの二条のお屋敷かい?」

  _ ,,..._                      、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'                 `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ                   ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙      _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     あそこを今、リフォームさせてるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   これからはそこで過ごすお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
138 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:39:17.56 ID:LfqGNu2o
◆平安京、二条院

  _ ,,..._      x                、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'     ×       . . ゜ `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ              ×    ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙   .゜× _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     やる夫だけの家が手に入ったお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   これから楽しく暮らしてやるお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
139 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:40:40.25 ID:LfqGNu2o
|┃               「光る君」やる夫の人生は、これからだお!
|┃三..                             
|┃                        X   .. __ ___          X
|┃                     /}  /. \     /,ヽ
|┃                 ×   / / /    __\   /  .ヽ、 . . ゜
|┃   ノ//               _ノ_,ム′   <(:::::) > <─‐ > ヽ、        ,
|┃三              _/ /,. -‐〉:::::::::´ ̄`/   i  ヽ´ ̄:::ヽ     ;
|┃        ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ ヽ__人_ノ   :::::ヽ
|┃            ×x .   ぃ     .ノ                 .|     
|┃       . '´     ,. 介iー-、 {        ー─        |
|┃  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y                  / ′ ; ☆
|┃   x /      / /⌒ヽ  込J        ,.‐ヽ      /    / ゛ガラッ☆
|┃   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 `'i¬  ヘ.__{:::::::}.    /   ゜ .
|┃三  ー 、 --−'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´        ゜ ×.
|┃三    `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  x
|┃        ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
|┃      x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X
140 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:42:18.13 ID:LfqGNu2o
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
   \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ 
    /    r''ヽ、.|  
   |     `ー-ヽ|ヮ 
   |       `|     ーーー   
   |     `ー-ヽ|ヮ        ノ    
   |       `|        ノ       
   |.        |         
   ヽ、      |      ーーー ヽヽ   
     ヽ____ノ          ノ    
     /_ノ ' ヽ_\        ノ     
   /(≡)   (≡)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / 
  |     |r┬-|     |  (    
  \      `ー'´     /    \  


第一話「薄紫色の桐の花」、おわり
第二話「雨夜の品定め」へつづく
141 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:44:03.07 ID:LfqGNu2o
■おまけ:本日の人物関係図

                  ┌────────────────────┐
                  │                             │
  大納言━┯━女君    │                             │  
 (故人)   │ (故人)   │    藤原右大臣               .   │
        │        │       │                   .  │  
        │        │       ├──────┐           │ 
      桐壷更衣━┯━桐壷帝━┯━弘徽殿女御    │           大宮━┯━藤原左大臣
      (故人)   │       │           . │               │
             │        │           . │         ┌───┴──┐
             │        │          .  │         │      .   │
             │      一の宮         四の君━━━ やらない夫     .  │
             │                                          │
            やる夫━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━葵上


           __
         n_ / - -\    太線(━)は婚姻関係
       (_/ (● ●)\   細線(─、│)は兄弟・親子関係を
       ( :::: (_人_) ::: )   あらわしているお!
       ヽ   ヽノ   ヽ
        l         l、_つ
        |   x   |
142 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 21:44:14.51 ID:7wiKh6wo
乙乙ー
143 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 21:45:43.65 ID:9hEREPUo
乙乙
葵上はちょっとイメージ違ったけど、面白い
これからも期待してるぜ
144 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:45:58.93 ID:LfqGNu2o
以上で、第1話は終わりです。
長い時間、お付き合いいただきありがとうございました。

       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \     なお、この物語は
.  N. {               ヽ    『源氏物語』&関連書籍をもとに
.  N.ヽ`               〉   >>1の創作も交えて書いている
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく    だから原典にない話や
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !    エピソードの時間軸入れ替えなんかが
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ     あっても落ち着いていてほしい
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |
145 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 21:46:17.17 ID:7wiKh6wo
乙乙ー

頑張って下しあ
146 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:46:16.81 ID:LfqGNu2o
     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_  __ ,. _彡'ノリ _,.ゝ、  |         ∧
   `ゝf‐ゞ゙ujヾ二r^ァuj< y=レヽ.     l\ /
.    |fjl、  ̄.リj^ヾ.)  ̄  ノ レ リ   __|  `
    ヾl.`ー- べ!゙‐ ` ー-‐'  ,ン   \  そしてわかりにくい所があったら随時、遠慮なく言ってくれ!
      l    f,.ニニニヽ u /:|   _∠,  わかる範囲で>>1が答えたいそうだ!
       ト、  ヽ.__.丿  ,イ |     /  古典はただでさえわかりにくいからな
     _亅::ヽ、 ー   / i :ト、    ´ ̄| ビシバシ聞いてやってくれ!
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、   l/、  ,ヘ
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l       ∨
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /
147 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/11(水) 21:49:19.36 ID:LfqGNu2o
次回は、14日(土)の17時ごろから
投下したいと思います。
148 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 21:51:08.43 ID:7wiKh6wo
了解了解
149 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 21:52:32.40 ID:9hEREPUo
把握
スパン短いなww
こっちからすると嬉しいことだが
150 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 21:57:06.17 ID:OIojs8.o
乙。やっぱりこの時代にもエロ本はあったんだな
151 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/11(水) 21:58:16.74 ID:sp0N0Pco
乙でしたー
短編のほう見てたけど、分かりやすくて面白かった
楽しみにしてます
152 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/12(木) 02:45:06.45 ID:RLtc7h2o
乙! 短編で終わらせるにはおしい話と思っていたのでうれしいです。
153 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/12(木) 13:51:45.25 ID:CeaS2u6o
おつです! まってました 楽しみにしてます
154 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/02/14(土) 16:25:38.98 ID:esX06GIo
            ヾヽ'::::::::::::::::::::::::::'',    / 時 .あ ま ヽ
             ヾゝ:::::::::::::::::::::::::::::{     |  間 .わ だ  |
             ヽ::r----―‐;:::::|    | じ て    |
             ィ:f_、 、_,..,ヽrリ    .|  ゃ る     |
              L|` "'  ' " ´bノ     |  な よ     |
              ',  、,..   ,イ    ヽ い う    /
             _ト, ‐;:-  / トr-、_   \  な   /
       ,  __. ィイ´ |:|: ヽ-- '.: 〃   `i,r-- 、_  ̄ ̄
      〃/ '" !:!  |:| :、 . .: 〃  i // `   ヽヾ
     / /     |:|  ヾ,、`  ´// ヽ !:!     '、`
      !      |:| // ヾ==' '  i  i' |:|        ',      予定通り、17時ごろから投下を開始します
     |   ...://   l      / __ ,   |:|::..       |      お楽しみに!
  とニとヾ_-‐'  ∨ i l  '     l |< 天  ヾ,-、_: : : .ヽ
 と二ヽ`  ヽ、_::{:! l l         ! |' 夂__ -'_,ド ヽ、_}-、_:ヽ
155 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 16:26:59.13 ID:.ysSgHUo
了解
156 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 16:59:57.52 ID:esX06GIo
          ___
        / ⌒  ⌒\
       / (⌒)  (⌒)\
     /   ///(__.,- ̄"'V'" ̄-,.    今日はなんだかチョコが
     |  u.    `Y|  (二m/l二ヽ |    安かったお!
      \,,     : |\//|/)\ /|
       /⌒ヽ(^う\||\  /||/    みんなにもお裾分けだお!
        `ァー─イ.  \ ヽ' /  
       /      /⌒\|/
        /      /
      /      ⌒ヽ
  ___/  / ̄ ̄`)  ノ
 (__r___ノ     (.__つ
157 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:00:31.37 ID:esX06GIo
               / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |  なんだ、やる夫
            (__人__)      |    今日が何の日か知らないのか?
            l` ⌒´    |
            {         |    寂しい奴だな
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\      余計なお世話だお!
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |    そういうやらない夫は
     \       l;;;;;;l    /l!| !   何の日か知ってるのかお!?
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl


               / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ─)( ─)  |  知ってるに決まってるだろ…
            (__人__)      |    常識的に考えて…
            l` ⌒´    |  
            {         |
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i
158 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:00:54.25 ID:esX06GIo
         |
    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \.                |`ゝ
   |    ( >)(<)      ドッキング    _//´
.   |  ::::::⌒(__人__)            / :;/'
   |     ` ⌒´ノ         _/@,;)ゞ
.   |         }.    。   _/;@/ ̄
.   ヽ        }    /   /",:;ン   にぼし
    ヽ     ノ   ./  __/,/
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)   `V     2月14日は「にぼしの日」!
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \ 
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
159 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:01:14.16 ID:esX06GIo
   ´___
  :/   u\;      ____
 ;/   ノル(<)\;   / ;u  ノ し ヾ
 ;|  (>)  _)  \;./      ⌒  \     って、ネタがベタすぎるお!
 ;|::: ⌒(__ノェソ   /              ヽ
 .;\ u ´   ソ /        ^     │   な、何を言う…!
  ` ;\     ,  |              │   日本人なら煮干しを食うべきだろ
   ,ヾ \_ n^^- \           , _/    常識的に考えて…!
  ;/ ∠_;i  ̄丶/ ̄        \
  ;(    ⌒)  ´   ノ         \
160 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:01:56.67 ID:esX06GIo
           __
         n_ / - -\
       (_/ (● ●)\   やる夫の『源氏物語』
       ( :::: (_人_) ::: )   はじまるおー!
       ヽ   ヽノ   ヽ
        l         l、_つ
        |   x   |
161 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 17:03:09.87 ID:.ysSgHUo
キタキター
162 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:05:06.89 ID:esX06GIo
いずれの帝の御代であったか……。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。

  ..::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:::::::::..........................  |   .......:::::::::::::::|::::::::::::::................
     ......:::::::i::::::::l:::::::::................          l          ...........................
        ..:::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::.......................!..|......::::::...... ..
     ......ザ ア ア ア ァ ァ ァ ァ .....l................::::.....     |   .................:::::::::::::::...
              .....................|...........::::::|::::::::::::::::: l::::::..........................:::......  ....:::::|::
   ..:::::...l.....      |     !...::::........ |...      !      .....:::l::::::::::::::::::::::::::...
         ................|....::::::::::::::::::::::::::: !::::::::|::::::::::::::::::... i.........................................:::...
:::::::::::::|:::::::::::::.................... |......................l...................|........    |   .......::::..
 ...::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:..................................  l    .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
            .::::゚:::::::::::::::::::::::......................:::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::.............
   .:::::::::::::::::::..................::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::....................      |
          |                     ...............................:::i::::::::::::::::::

               第二話 「雨夜の品定め」
163 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:08:01.28 ID:esX06GIo
◆梅雨時の平安京、内裏、宿直所(とのいどころ)

___________________
へへへへへへへへへへへへへへヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ   |
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| | ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|| ̄|   |
| |  !l |! !  l | ! | |i   | !l | | l l !i| |  l i ||/.:.:.:.:.:\
| || !    |  ! l  | |  |   ! l | ||  !  l | |!  /   :.:.:.:.:.:\
| |  !l  !   !  | | | !  | ! l | | |l il |!| |/    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |  | ! l i |  !| |l  |! | !il| | |! i /! !     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!    !  | | !   | | | ! l | | |l |!/        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!l |! !   | !   | | |! l | ! l l| |/        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| | | ! l  |  |   | |l i  |!|i/|_|       .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| | ! l  |! | !l l | | |!  /          :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!l |! !    | ! !l |!| | /              .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | ! l |   ! ! | ! || |                  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  ! | | !| ! /ー               .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | | | ! | ! /                       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | ! |    /                             .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  | |!/                              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  /                            :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |/                        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |        :.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
164 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:10:08.28 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    やれやれ、こんな日に宿直(とのい)とはな
. |     (__人__)     御上の御物忌みとはいえ、退屈なものだ
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         } 
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く   _______
   |     \  ‖\  \@  \
    |    |ヽ、二⌒) \  \@@ \


※物忌み(ものいみ)……陰陽道や夢見などの都合で、謹慎すること
165 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:14:22.76 ID:esX06GIo
     ____
   /      \
  /  ─    ─\    ところで頭中将殿こと義兄上(あにうえ)、
/    (●)  (●) \   退屈なのはわかるけど
|       (__人__)    |   なんでやる夫の文箱をあさってるお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /      ※文箱(ふばこ)……手紙などを入れる箱


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    ん?ああ、退屈しのぎに
. |     (__人__)     お前宛の面白い手紙でもないかと思ってな
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         } 
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く   _______
   |     \  ‖\  \@  \
    |    |ヽ、二⌒) \  \@@ \
166 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:18:03.03 ID:esX06GIo
      / ̄ ̄\                           
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ          ___
    | ⌒(( ●)(●)        ヽ   ヽ从从/   /        \   /\
.    |     (__人__) /⌒l     \  \/  /て       (●)liil(●) ノ( \
     |     ` ⌒´ノ |`'''|    煤@ヽ/  /  そ     / (__人__)  ⌒   \
    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |   |!!il|!|!l|         |
   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽェェ|      /
 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /

やる夫:「人のプライバシーを長雨の眠気覚ましに使うんじゃねーお!」
頭中将:「地味な恋しかしてない奴は、話の小ネタになるしかないだろ常考!」
167 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:22:24.63 ID:esX06GIo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,  物語は、前回から5年後
  ミ゙ ゚ -゚ノ   源氏17歳の、五月雨の頃から始まる
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   ちなみに、季節は夏だ
  /ヾノ==,)   これは、この話が終わった後にでも解説しよう
 ム-ノ__|_jゝ


【引き続き、物語をお楽しみください】
168 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:26:32.40 ID:esX06GIo
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\      地味な恋って…
     /    (__人__)   \     余計なお世話だお!
     |       |::::::|     |     やる夫は、理想のひとが現れるのを待ってるんだお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    はは、そう思うのはやる夫が本当の女、
. |     (__人__)     本当の恋について知らないからさ
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }    
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    本当の女?
/    (●)  (●) \   本当の恋?
|       (__人__)    |   いったいどういうことだお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
169 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:30:17.74 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    俺もずいぶん遊んだが
. |     (__人__)     最近になってようやく
  |     ` ⌒´ノ     完全な女なんていないってことがわかった
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   ほほー…ずいぶん悟ってるお
|       (__人__)    |   そこんとこ、よく聞かせてほしいお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
170 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:34:28.38 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    そうだな、例えば……
. |     (__人__)     手紙なんかでちょいと利口な応えを返す女もいるが
  |     ` ⌒´ノ     そういう女は、少し物知りというだけで
.  |         }      得意になってるだけだったりする
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (─)  (─) \   (…なんか、中の人がどこかの誰かさんを意識してるみたいだお)
|       (__人__)    |   
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
171 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:38:50.07 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    それから深窓の令嬢ってのも考え物だ
. |     (__人__)     噂だけで相手を想像するしかないからな
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }      
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
172 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:42:47.85 ID:esX06GIo
          〜〜 イメージ 〜〜

【我らの】vip大寺大臣の姫様ハァハァ第三巻【姫君】(10)

1 :名にし負はぬ御方 :901/10/21(火) 21:03:25 ID:kannKE2
   大臣の姫様美人すぎだろ…

3 :名にし負はぬ御方 :901/10/21(火) 21:04:07 ID:MI2ne92
  和歌の才もあって、性格も愛され系らしいからな
------------------------------------------------

         ___
       / ⌒  ⌒\        すばらしい人らしいお!
      / (⌒)  (⌒) \       この胸が高鳴るお!
    /   ///(__人__)/// \      さっそく文でも贈るお!
     |      `Y⌒y'´    |  ________
      \      ゙ー ′  ,/  | |          |
    ノ           \  | |          |
  /´                  | |    噂    |
 |    l                 | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    | |________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ-   ̄  | |  |
173 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:44:20.47 ID:esX06GIo
4 :名にし負はぬ御方 :901/10/21(火) 21:09:01 ID:htyoka2mi
  >>1
  おとどの工作員乙
  姫様売れ残って必死だなwwww

5 :名にし負はぬ御方 :901/10/21(火) 21:13:47 ID:KA3korin
  まーたやってんのか
  ホレ姫様の画像
  ttp://3ww.atsufuloudaa.kyo/123456789.jpg

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃              _/´       ` ヽ、_        _人_    ┃
┃            /   /         \    `Y´    ┃
┃           /   /  i  /    |  ヽ  ',       .  ┃
┃           ,'  !  !ヤT Tト   /」_ !  ! !|       * .┃
┃           !  |  |V/リ V/リ __ `ト、 ! リ          ┃
┃       人  !  ハ  |《(・))ヾ| ==i《((・)ゞムイ           ┃
┃       `Y´ /  ∧ ヾ ̄/ ▼ \"|\          . ┃
┃  . * *   /  / ハ  ヽ | |r=-、rヽi   \       .   ┃
┃    , -‐ ' ´   /r―‐!  ヽ/ニニッ、ノ   \       .   ┃
┃_!_ /      r―ヘ:.:.:.:.|   |7 「\|`::个‐ュヽ  )        ┃
┃.i /  /    /:.:._:>'’   |く女}|:./ ̄ ̄ _,          ┃
┃ / ./     /:.f´     __人:.:X!:|    〈     *    . ┃
┃./ /     /〉:∧    /―――⇒リ人    \         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

8 :名にし負はぬ御方 :901/10/21(火) 21:29:01 ID:mUr0sak
  >>5
  あなやぁぁぁぁぁああああああ

10:名にし負はぬ御方 :901/10/21(火) 21:45:45 ID:warEkara
  >>5
  げにお前は鬼なり!

  てかどうしよう
  もう手紙送っちまった…orz
------------------------------------------------
            ____    
          /      \      とんでもねぇブッサイクだお――――!!!!!
         /  _ w _\ __________ 。
       /    _____| |  ヘ__  ヘ__|
   /⌒|     ((_____| | Σ __(○)_(○)
  /   |. ι   (__人__)   | |  '' ,         | 
 |    l \      |   |    | |    △   現実   |   。
 ヽ     -一ー_~、⌒)^),-、|    | |________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ~    | |  |
174 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:47:43.97 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    つまり、相手のことをよく知らないうちに
. |     (__人__)     脳内補完で勝手に相手の性格を想像して
  |     ` ⌒´ノ     その想像に恋をしちまう
.  |         }
.  ヽ        }      それでうっかり、出来の悪いお嬢様と結婚したりしてしまうものだ
   ヽ     ノ        
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
175 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:51:00.68 ID:esX06GIo
       ____
     /      \
   / ─    ─ \     深窓のお嬢様と結婚で失敗かお…
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |   やる夫も義兄上も、心当たりありまくりな感じだお
  \     ` ⌒´     /


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |     まぁ、な……
     . |:::::::::::     |     
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'
176 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:53:57.59 ID:esX06GIo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,  やる夫はご存知のとおり、
  ミ゙ ゚ -゚ノ   葵上とは仮面夫婦状態だ
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ  やらない夫は、右大臣家の姫を正妻にしているが
  /ヾノ==,)   その仲はあまり良くないらしい
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,  いきおい、やる夫は宮中ばかりで過ごし
  ミ゙ ゚ -゚ノ   頭中将も実家である左大臣家に立派な自室をかまえ
  √¨l-゚]、   そこで過ごしていたらしい
  (゙ /  |ゞ  
  /ヾノ==,)    似た者同士だな、この二人は
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
177 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 17:57:00.15 ID:esX06GIo
        / ̄ ̄\
      /       \       だけどやる夫
      |::::::        |      俺の嫁はともかく
     . |:::::::::::     |      葵のことは見捨てないでやってくれ
       |::::::::::::::    | 
     .  |::::::::::::::    }       女ってのは、変なことで意固地になるからな…
     .  ヽ::::::::::::::    }  
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'


       ____
     /⌒  ⌒\     …わかってるお
   /( ―)  (―)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  左大臣殿にはお世話になってるし
  |              |   葵上のことも、気長に付き合うことにするお
  \               /
178 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 17:58:11.62 ID:w1UGqzo0
昔だからその辺は素朴でほのぼのしてるのかと思ってたが、
仮面とか別居とか貴族とかの富裕層に限ってだろうけど、かなーり現代風なのね……
179 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:00:01.05 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    そうは言ってもな、
. |     (__人__)     お前があんまりこっちに来ないから
  |     ` ⌒´ノ     女房どもがお前の浮気を疑ってるぞ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\      だーもう、その話は無限ループするからやめるお!
     /    (__人__)   \     やる夫はその辺の女なんぞに
     |       |::::::|     |     心を奪われたりしないお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i 
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    意外にお堅いんだな
. |     (__人__)     お前なら、ちょっと色気のある言葉で
  |     ` ⌒´ノ     女を口説けるだろうに
.  |         }    
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
180 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:03:00.21 ID:esX06GIo
     ____
   /      \
  /  ─    ─\     あー…何回か、やったことあるお
/    (─)  (─) \    そこそこかわいい女房どもに
|       (__人__)    |   本で読んだ口説き文句を囁いてみたんだお
/     ∩ノ ⊃  / 
(  \ / _ノ |  |     別に恋とかじゃなかったお
.\ “  /__|  |     どうなるか試してみたかったんだお
  \ /___ /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    …どうなった?
. |     (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
181 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:06:05.71 ID:esX06GIo
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   どうもこうも…
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´     どいつもこいつもさっさと御簾の内に入れてくれたお
/      ∩ ノ)━・'/     駆け引きもクソもなかったお
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   その時からやる夫は決めたんだお
|       (__人__) l;;,´     理想の人が現れるまで
/      ∩ ノ)━・'/     あだやおろそかに恋なんてしないと…
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    お前の恋愛遍歴が地味なのは
. |     (__人__)     その辺から来てたのか…
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         } 
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
182 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 18:08:39.57 ID:w1UGqzo0
むー、入れ食いっすかぁ……
183 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:09:13.26 ID:esX06GIo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   信じられないことだが
  ミ゙ ゚ -゚ノ    この頃のやる夫は、恋の噂がほとんどない男として
  √¨l-゚]、   評判だったと書かれている
  (゙ /  |ゞ   
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   もちろん、やることはやっていたらしい
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   それが噂にならなかったのは
  (゙ /  |ゞ   源氏の秘密主義と、当時の恋愛観がある
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
184 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:09:32.06 ID:esX06GIo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   当時は、最高クラスの貴人が
  ミ゙ ゚ -゚ノ    女房(お付きの侍女)クラスに手を出しても
  √¨l-゚]、   恋人にはカウントされなかった
  (゙ /  |ゞ   
  /ヾノ==,)    恋人だと周囲に認識されるには、
 ム-ノ__|_jゝ    それなりに身分の釣り合いが必要だったってわけだ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   やる夫は女房にばかり手を出していたので
  ミ゙ ゚ -゚ノ    「噂になるほどの恋はしていない」
  √¨l-゚]、   という評判だった…と解釈してくれ
  (゙ /  |ゞ   
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
185 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:13:18.26 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    いっそ、お前が女だったらよかったな
. |     (__人__)     お堅いお前を、俺が口説いてやるのに
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }    
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \         ちょ…さすがのやる夫でも
    |      ` ⌒´    |          女体化はご遠慮したいお
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    腐女房どもの日記に書かれちまうお
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
186 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:16:24.14 ID:esX06GIo
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |      おや、何かおもしろい話を
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|      しておいでのようですね
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!


 +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ      +
+   ,l;;;;;;;,r"__〜_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l
  + ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/               僕らもまぜてくださいよぉ
     ヽ;;;iヽ、 ~`'''''" /;;ヾ    
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''     
+   / \ `ー- '"ヽ`ヽ、    +
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
187 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 18:17:55.96 ID:w1UGqzo0
鉄也!!?ww
188 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:19:44.60 ID:esX06GIo
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     おお、左馬頭(さまのかみ)に
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   式部丞(しきぶのじょう)じゃないかお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    これこれしかじかで
. |     (__人__)     理想の女について話してたんだ
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }      左馬頭、お前にも何かあるだろう?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
189 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:22:45.39 ID:esX06GIo
          _,,,...----..,_
          ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
         /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
      /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
     <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!  そうですね…
     Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l  上流の方々のことはよくわかりませんが
       `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′  
         !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/     女はやっぱ、中流階級の中に
      _r<   ヽ    - / '′     ハッとするようなのがいると思いますね
      /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/   
    f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、   
    /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i
190 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:25:54.72 ID:esX06GIo
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',     そう…そして妻にするなら、それに向く女を探すべきです
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|    だいたい、妻の役目は
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V     気の利いた問答をしたり
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |       綺麗な文字の手紙を書くことではないと思うんです
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|      
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V       仕事で面白いことがあったら
      \_!      _ '     !           「帰ったらあいつに話してやろう」…なんて
        ヽ    /   `t   /           楽しみにできるような
      ___,r| \  {    / /             そんな信頼できる妻を得たいものですね
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!
191 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:28:56.68 ID:esX06GIo
         ____
       /      \
      /  ─    ─\ 
    /    (●)  (●) \    言ってることはマトモなのに
    |       (__人__)    |    すげームカツクお
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
192 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 18:29:28.04 ID:mUUV9p.o
もっとスピード上げてもいいのでは?
パー速は投下間隔にほぼ制限はないはずだが
193 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:33:19.41 ID:esX06GIo
>>192
4〜3分ごと投下でしたが遅かったですかね
じゃぁ2分間隔くらいでやってみます
194 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:33:25.85 ID:esX06GIo
左馬頭:「昔、妻とした女は……ちょっとネクラで地味な子でした。
      本人もそれは自覚していて、欠点を補おうと努力していましたし
      私への世話も申し分なかった。
      だから、顔が悪くても大事にしていこうと思っていたんです」

                 __,,.、 -- 、、_
              _,.ィ'"´        `'ト、
.            /              \
.           /     ..:    ..::  ..i   ..:.\
          /    ..:.:.:   ..:.:.:  .:.|   .::.:.:∧
.          j    ..:.:  .: ../::  .:.::ト、  .:.:.:.:.:.:ヘ
..         |    / .:.:.:.:/ .:,イ.:./!:..| i  :.:.:.:.:.:.: i,
          |  .:.:./.:.:. // .://.:./ |:./ } :.:.:.:.:.:.:.:.::|
          | .:.:.:/.: /--─‐‐ ''/" l/\ | :.:.:.:.|.:.:.:.:: |
           | :.:./:.:/ ,ィ==rァ / /_,_ `ト、:.:.|::.:.::.|::|
.         | :.:.:j:.:.:.:.l'"トz::゚リ      ィテラト| .:.:. |:.:.:.:.|.:|
.          | ..:.:|:.:.:.:.{ `-‐'     ヒ::,゚ソ /}:.:.: l\:.// 
         | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \
           | :.:.:| :.:.:.::}へ、    __ '  _ イ : /二二^  \
.         | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_  _,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ 
        / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |
.       / :.:/|:.:.:.:.:.:|ヘ  rー--ヘ、 \:.:.:.::.:..|  ト---‐┴、
       /../::::::|:.:.:.:.:.:| \{ ー-<⌒)'二\::.| {::::::::::::::::::::::}
.      /../:::::::::: |:.:.:.:.:.:|\ \ __,, ィ`-K-- .__).! |::::::::::::::::::::::|
     /..:{::::::::::::::|.:.:.:.:.:.|:.:.:\/___ノ ノ \-- >.|::::::::::::::::::::
195 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:35:27.05 ID:esX06GIo
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |         でも当時の私は、
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|         女一人では満足できないタチでしてね…
   厶ヘ ハ          、     {ハ   /⌒ヽ_ノ)
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´     妻一人に縛られるなど、
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|          愚かなことだと思っていました
      ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!  
    /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧\.、_>'´ ノ'´  
/:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´
196 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 18:35:58.12 ID:w1UGqzo0
えぇぇーこれで顔が悪いと申すか!?
197 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 18:35:58.90 ID:mUUV9p.o
>>193
ていうか10秒もあける必要なかったと思うぜ
がんばれ
198 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:37:35.90 ID:esX06GIo
左馬頭:「まぁそんなわけで、別の所に愛人もいたわけなんです」

            /    /: : : : : : : : : :丶
           |   / ̄: : : : : : : : : : : : : : :\
        _ --/\── 、: : : : :丶、::::::::::::: : : \
      /: :/': : :.:: : ::. : : : :\:::: : :_\::::::::::::::::::::≧
     /: : :/:/: : : ::::l、:::::::::: : ::: l:、::::::\- iT:-::::::::::::/'´
.    /: : : :/:::|: : : l :::| .Xゝ::::::l:A| ヽ \::\::::::::::::::::/
    l:: : : ::|::/|: :、::l 、:|'´ >=ヾレl     |\:::::::::::::/
    |===V-、::::l、ヽヽ ",, ,,  {    /  ヽ--〈
    |:::: :::::::l::::l、::| \、     <     ___∠二\__
    |:::::::::::::|::::::ゝ-、      |ヽ__ ./: : :ヽ: \\: : : : ヽ
    |/::::::::::|::::::::::|     , - '   /: : : : : : ヽ: \\: : : :ゝ-、
   /::::::::::::::::|::/:::l    /     |: : : : : :::: : l : : :、 \ //_ヽl 
    |::::::::::::::::::|:|:; ┴.、、 人     | : :::::/: : : l : ::::ヽ  //:: ̄\__
    |::::::::l::::::::r: : : : : ::\ヽ、\  /|::::/:: : : : : ::、:::::/ヽ/: : : : : : :イ: :ヽ
   レ、|l:|、:::::|: :r---、: : ヽ ヽ l:ヽ( ): : : : : : : : :::::l:::/:::::|: : : : : : : lヽ: : :i
     lヽ \|::/    丶-i >-/)|: : : : : /: :::::/:/:::::::|: : : : : : :/: :i : : :、
        |:|       |_/L:::::>:|: : : :::/: : ::::l::::::::::::::|: : : : : : |: : : l_/:、
        、、       l  ̄ |: : ::::/: : : ::/::::::::::::::|: : : : : : l: : : |: : : : \
         ヽ\      \  | :::/: : :::::::|:::\:::::::|二二二|: : : :ヽ: : : : :\
199 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:39:34.09 ID:esX06GIo
         ____
       /      \
      /  ─    ─\ 
    /    (●)  (●) \     うん、とりあえず 誠 死 ね お
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \


 +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ      +
+   ,l;;;;;;;,r"__〜_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l
  + ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/         まるで腐ったミカンですな
     ヽ;;;iヽ、 ~`'''''" /;;ヾ    
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''     
+   / \ `ー- '"ヽ`ヽ、    +
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
200 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:41:37.83 ID:esX06GIo
左馬頭:「でも、妻は嫉妬深い女でしてね…会うたびに喧嘩ですよ」

    /: : :/ : : : : : : : /: : : : :| : : i : :/.::     ! :| |: :|::       |: : :| : : : : : : : : l
.    /: : ,イ : : : : : : : / : : :/: :| :._⊥/-─‐   ! :l .|: :| ──- ..   |:|: :l!: : :l : : : : : |
   /: :/ │: : : : l : : !: : : :|:,.イ´.: l/.::::::::::  /:/  |: :|:::::::::::::... `メ |: :|!: : :l : : : : : |
  ,' : ,′ | : : : : l : : |: : :.イ:/|: : :/-─<  /:/  |: :| >─‐--、`下y'| : : l: : : : : :|
  │: |  | : : : : | : : |: : : :|:.:_,.ィ≠≦三ミ /'"   |: :l  彡三≧ェx |/ ヽ: : :l : : : : :|!
  │: |  | : : : : | : :│: : :l,イィ'::l|li|l|li|!:|      | /   |::l|il||i|li:ヾ;、 | : : :| : : : : i:!
  │: l  l: :/: : :| : : l : : 〃 {:::::l|l|l|l|l|::|        j,′   |::l|l|l|l|l|::::}ヽゝ : : :l : : : :,ハ
  |: :,′ ∨: : : :l : : l : : : l: .∨:!!|l|ll!!::|             |:::!l!|l|l!!::/ /} : : /: : : :/ : :l
  |: ′  ∧ : : : |∨ l: : : :|: :',∨:::::::::::j_           {::::::::::::::/ // : :/| : : :/ :| : l
  i,′  / ヽ : : | ∨ : : : |!.:ハ>=≦三三       三≧==<. //: : /: | : :/ : :| : |
    /   | \| : ∨ : : ハ : :{三三三三    三:.  三三三三ムイ: : :| :/ : : :| : |
         | : |: : : :|\: {\乂三三三    i!三三三三三三三/ :| : : :|/ : : : :| : |
         | : |: : : :| : :ヽ\  ̄        _Ξ三三三三三,/| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :|` |lヽ、        ´ ̄` 三三三三:,イ: :| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :| : |l |: |li:..、      三三三三才il| :l : :| : |: : : : | : : : :| : |
201 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 18:42:35.24 ID:mUUV9p.o
喧嘩の前に命が危ないww
202 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 18:42:41.31 ID:w1UGqzo0
嫁さんの目がヤバイ、ヤバイよww
203 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:43:42.69 ID:esX06GIo
左馬頭:「指に噛みつかれた時は、さすがに驚きましたが」

: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : |-|l―|-ヽ-: : : ヽ: : : : : : :\: :.\
: : : : : : : : : :/\: : : : : : : : :.:|: ハ :|  \: : : :ヽ: : : : : : :.ヽヽ:.\
: :|: : : : : : :/ /l: : : : : : : : ハ:l  |:|二二、ヽ: : : l: : : : : : : : ヽ\: \
: :|: : : : : ://   |: :|: : : : : :j |:l  |:| {::::`ヽ\: : :ト、: :\: : : : :l  \|
: :|: : : : : :|' |   .|: :!: : : : :./ .リ  レ ヽ::::::::} 〉:.:.| ヽ: :ヽ: : : :|
: :|: : : : : :| .| /´l: :|: : : : /     ヽ `ー' ハ:.:j  ト|: :|ヽ:.:.:|
: :|: : : : : :|/-、ヽ|ll:: : : :/    三 ." ̄  V   l ヽ| ヽ :j
: :|: : : : : :|{:::::::::ヽlハ: :./;;    \ ゛'         l }|  V
: :ヽ: : : : :| \::::::ノ/V       ヽ         |_/j
: :: ::ヽ :: : lr‐、_,/ "        . j         |_ノ
: :: :: ::ヽト lT~ "  ,   ,                  j
: :: :: :: : | \l     ;;;      ,==ヾ、       /
: :: :: :: : | | |  ;;;          /_,-‐"^ヾ     /
r―― | | |  ″        | |       `ー-/
ヽ  ̄ヽ l | |            | |        /
204 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:45:42.78 ID:esX06GIo
         ____
       /      \
      /  ─    ─\ 
    /    (●)  (●) \     指どころか
    |       (__人__)    |     いろんなところを噛まれてる
     \      ` ⌒´   /      気がするお
    ノ           \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       nice boat
. |     (__人__)      三 船 の 才 だな
  |     ` ⌒´ノ      
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く 

         ____
       /      \
      /  ─    ─\ 
    /    (●)  (●) \     義兄上、誤用はやめるお
    |       (__人__)    |     承りの仕事が増えるお
     \      ` ⌒´   /     
    ノ           \
205 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:45:59.58 ID:esX06GIo
【解説】

  、-−7    その通りだ、やれやれ…
  ミ_o_d,,,   
  ミ; ゚ -゚ノ    「三船の才(さんせんのさい)」とは
  √¨l-゚]、   簡単に言うと、漢詩・和歌・管弦すべてに優れていることを言う
  (゙ /  |ゞ 
  /ヾノ==,)    もちろん、あの今世紀最強の伏線のことではないぜ
 ム-ノ__|_jゝ


【引き続き、物語をお楽しみください】
206 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:47:47.81 ID:esX06GIo
左馬頭:「私の世話はしてくれます。
      私がいつ家に来てもいいよう、準備もしています」

左馬頭:「でも、仲は冷え切ってしまって…」

   /:::::::::::::::::::::::::::::::ト、::ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::/::::::::::::::::: /::: ∧:! ヾ:::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::
  |:::i:::::::::::::::: / ::::::| |::!   \::\::::::::: !::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::
  |:::|:::::::::::::: ':::::::::::| j_| .. -─十::|:` 、 :| ::: ::::::::::::::|:::::::::::::::::::i::::::::::::
  |:∧::::| ::::::|:::::::::√i::l _ __  |::::|::::::| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::i:::::::::::  左馬頭さまがあの女と
  |:| |:::| ::::::|:::::::ハ j/ィ≡tiミ |::,イ!:::i| :::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::i::::::::::   別れてくれないかぎり
  |:| |:人 ::::|::::: |:::::/  l   | i/ |:::::i| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::   お会いしたくありません
  |:| i::::| \l:::::::|:::::i   、 ノ /  |:::从 :::::::| ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::i::::::::
  ヾ.、 ヾ:\ \乂:,    ´,,,,   |/;;/:! : :::|:: ::::::::::|::::::::::::::::::::::::i:::::::
   \ ーゝ ゞ:/\ ´       ;/ ;|::::::::|:: ::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i:::::
          く           /;;;;;| ::/ :::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::i::::
            \  __      ;;;;;|:::/ :: ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::i::::
               \      ,;;; j/ :::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::i:::
                >,. ─…;イ  ::::::::::::::::::|::::::::::::::::l::::::::::::i::
            /√      |  :::::::::::::::::∧::::::::::::::l::::::::::::i:::
207 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:49:49.86 ID:esX06GIo
.     / : : : : : : : : : : :/: : : :| : : l : : :/.::  │:| |: :|::        |: : :| : : : : : : : : l 別れて別れて別れて別れて
    /: : :/ : : : : : : : /: : : : :| : : i : :/.::     ! :| |: :|::       |: : :| : : : : : : : : l  だいたいあんな女がいるから
.    /: : ,イ : : : : : : : / : : :/: :| :._⊥/-─‐   ! :l .|: :| ──- ..   |:|: :l!: : :l : : : : : | 左馬頭さまが左馬頭さまが
   /: :/ │: : : : l : : !: : : :|:,.イ´.: l/.::::::::::  /:/  |: :|:::::::::::::... `メ |: :|!: : :l : : : : : | 左馬頭さまが左馬頭さまが
  ,' : ,′ | : : : : l : : |: : :.イ:/|: : :/-─<  /:/  |: :| >─‐--、`下y'| : : l: : : : : :| よくもよくもよくもよくもよくも
  │: |  | : : : : | : : |: : : :|:.:_,.ィ≠≦三ミ /'"   |: :l  彡三≧ェx |/ ヽ: : :l : : : : :|! 左馬頭さまを左馬頭さまを
  │: |  | : : : : | : :│: : :l,イィ'::l|li|l|li|!:|      | /   |::l|il||i|li:ヾ;、 | : : :| : : : : i:! 妻はわたくしなのに
  │: l  l: :/: : :| : : l : : 〃 {:::::l|l|l|l|l|::|        j,′   |::l|l|l|l|l|::::}ヽゝ : : :l : : : :,ハ 妻はわたくしなのに
  |: :,′ ∨: : : :l : : l : : : l: .∨:!!|l|ll!!::|             |:::!l!|l|l!!::/ /} : : /: : : :/ : :l 妻はわたくしなのに
  |: ′  ∧ : : : |∨ l: : : :|: :',∨:::::::::::j_           {::::::::::::::/ // : :/| : : :/ :| : l 妻はわたくしなのに
  i,′  / ヽ : : | ∨ : : : |!.:ハ>=≦三三       三≧==<. //: : /: | : :/ : :| : | 左馬頭さま左馬頭さま
    /   | \| : ∨ : : ハ : :{三三三三    三:.  三三三三ムイ: : :| :/ : : :| : | 左馬頭さま左馬頭さま
         | : |: : : :|\: {\乂三三三    i!三三三三三三三/ :| : : :|/ : : : :| : | 左馬頭さま左馬頭さま
         | : |: : : :| : :ヽ\  ̄        _Ξ三三三三三,/| : |: : : : | : : : :| : |  左馬頭さま左馬頭さま
          | : | : : : |: : : :|` |lヽ、        ´ ̄` 三三三三:,イ: :| : |: : : : | : : : :| : | 左馬頭さま左馬頭さま
          | : | : : : |: : : :| : |l |: |li:..、      三三三三才il| :l : :| : |: : : : | : : : :| : | 左馬頭さま左馬頭さま
208 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:51:47.31 ID:esX06GIo
左馬頭:「そのうちに彼女は…心を病んで、亡くなってしまいました」

  |.:.:.i.:.::.:i  /i.:.i  i.:.:.:.:.:.:/ .//:    |:|.|.:.:.:.:.:i.:.:.:.:|
  .|.:.:.:i.:..:.:i.:.:._i_i:ir'~^.i~:.::/ .//: '''''''ーェ/. |.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.|
  |ヽ,:.i:.i:.:.ir'´i:::||::::ー::ォト  /'´: :r:=‐-;/ `.|..:.:.:.://.:.i.:::|
 |.:.:.:ヽト,i.:.:|.:.:|r=(.f"::"j'ト /::  ´ r'f"ヲ:ォ;;j|.:.://.:.:..i.:.::|
/.:i.:.:i.:.ヽ,ト:.:.ヾ:i::::`''"~´:::   .: ''"`''-''::xリ,ィ:.:/.::i.:.::i.::.:.:ト,     さよなら…左馬頭さま……
.:.:i.:.:i.:.:.::トi`'ト、:.ミ、_     .:i     .r''´;::'.|/:.:.i..:.:i.:.:.:.:i.:|
:.|.:.:i.:.:.:.:i.:.::\ト'ト=,,__          ::" :,'.:.:.:.:/.::.:i.:.i:.:.:.ト,|
.|.:.:i.:.::.:.:i.:.:.::i.:.:´.ト、::::   ''' ‐.''    /.:.:.::/..:.:.:.i.:.:i.:.:.:.:iヾ、
.:.::.i.:.::..:.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.`::::,_       , r'´::i/.:.:./.:.::.:.:.i.:.:.:i.:.:.:.:i ヾ、
.:.:.:.i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:/ー|`‐ 、__ r ´.|^`.V.:.:.:/.:.:.:.::..:i.:.:.:.:i.:.:.:.:i ヾ,
.:.:.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:,,r'´ .r'´.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:´'ソ/.:./.:.:.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i  ヾ、
.:.:.:.i:i.:.:.::.:.:i.::.:<´   .i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: _ /.:.:/.:.:.:.:.:.:.::.i.:.:.:.:.:..::i.:.:.:.:i  ヾ、
.:.:.:.i.:ri:.:.:.:.:.:i.:.:i    i´~'    /´.:.:/.:.::/.:..:.:.:.:.:.:.:i`'-,.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i  ヾ、
.i/i:.:.::i:.:.:.:.:.:i.:.i   ヽ、      /i.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  ト、:.::..:.i.:.:.:.:i  ヾ、
209 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 18:53:45.07 ID:w1UGqzo0
ぅゎぁぁぁ
210 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:53:51.93 ID:esX06GIo
          _,,,...----..,_
          ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
         /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
      /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
     <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!  思えば…家事も不足なくでき
     Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l   それでいて、所帯じみてもいない…
       `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′  
         !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/     ……いい、女でした
      _r<   ヽ    - / '′     
      /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/   
    f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、   
    /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i 


            / ̄ ̄\
          / ─  ─\
          |   (●)(●)|  そうだな…
     ____. .|   (__人__) |
   /      \   ` ⌒´  ノ
  /  ─    ─\       .}
/    (●)  (●) \ ありゃ、しんみりした話になったお
|   U   (__人__)    |    ノ.ヽ
/     ∩ノ ⊃  /∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |/ _ノ |  |
.\ “  /__|  | /__|  |
  \ /___ //___ /
211 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:56:00.63 ID:esX06GIo
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    それで、今はもう一人の愛人と
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   よろしくやってるのかお?
  |     (  (      |  
  \     `ー'     /


          _,,,...----..,_
          ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
         /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
      /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
     <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!  
     Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l  
       `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′  …………
         !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/    
      _r<   ヽ    - / '′     
      /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/   
    f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、   
    /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i 

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     
/    (●)  (●) \   聞いちゃいけなかったかお?
|  U    (__人__)    |   
/     ∩ノ ⊃  /    まさか、その愛人も……
(  \ / _ノ |  |    
.\ “  /__|  |    
  \ /___ /
212 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:58:00.74 ID:esX06GIo
          _,,,...----..,_
          ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
         /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
      /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
     <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!  
     Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l   
       `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′  ……浮気、されました
         !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/     
      _r<   ヽ    - / '′     
      /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/   
    f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、   
    /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i 

        ____
       /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
      o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
    /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
   |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
   \   。≧       三 ==-
       -ァ,        ≧=- 。
        イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
       ≦`Vヾ       ヾ ≧
       。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・
213 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 18:59:59.66 ID:esX06GIo
左馬頭:「私の同僚とね…いつの間にか……」

      _,. -ー- 、、
    /       \
   /          _>、_,ィー-- 、,_
    |      _,.-‐'"/    ヽ   `ト、
       _イ´/        \     \   
      /  /       :    \:.     ヘ  
     /      |   :.:|  :| |\:..  ヽ、  :.:∧
    /  /  / :|   :.:| -┼--<_   |:.    i,
    l .:/ :.:| :..|/ :.:| :.:./-ェ,_  '|:.:.:.|:.:.:|:.、 ヽ       別にあなたのことが嫌いに
    | ./! :.:.|:.::./\ :.:.|:../ イi爪心、|::.:.:|:.:.:|:.}\::.\      なったわけじゃないの
    || |  :.:| :.:.:|r'示Y:.!/  {l:.O:リ //|:.:/V  \_)
    |{ l   :.| :.:.:l{ ヤo:}\   `-‐' /   jレ' 人..    `、     ただちょっと寂しかったの
    ヽ \ V :.ヘ Vノ      U   x_/:.:..\:..  )       それで、カレ、優しかったから…
            \\∧  '           /.\:.:.:.:.:.:.:.\:.      つい……
         / l/:.:.ヘ、  ⌒     イヽ.:.:..\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\
          | /|:.:.:..:.:.> 、    _.    ∨:._\:.::.   \ \
         | ヽ:.:.:.:.:.:.:.\>'"i    / ̄   \\  ) )  )
        |  \ \:.:. \ /〉 /   ___,,.イ:\. /./ /
          |    \  >'/ <     /:::::::::::::::::::ヘ / 〆
         \ v-、, /_イ、     /::::::::::::_>‐--ヘ


.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|      いやいやいやいや
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V       他の男に股を開くとか
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |         ありえないだろ
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V  
      \_!  U   _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!
214 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:01:59.09 ID:esX06GIo
          _,,,...----..,_
          ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
         /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
      /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i   それが原因で、彼女とは別れました
     <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!  
     Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l   …優しすぎる女、というのは
       `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′  情に流されて浮気するという例ですよ
         !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/     
      _r<   ヽ    - / '′     
      /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/   
    f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、   
    /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i 


           ,, -──- 、._
        .-"´         \.
        :/   _ノ    ヽ、_ ヽ.:
        :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:   もう笑ったらいいのか
      :|       (__人__)    |:    泣いたらいいのか
      :l        )  (      l:    わからんお!
      :` 、       `ー'     /:
       :, -‐ (_).        /
       :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´
          :ヽ   :i |:
             :/  :⊂ノ|:
215 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 19:02:32.21 ID:w1UGqzo0
昇殿を許された者とは思えない、
なんという情けなさ……
216 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:04:10.78 ID:esX06GIo
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|      ハハ…もう、昔の話です
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V      今となっては何もかもが悔やまれ…
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |        
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|        …何もかもが懐かしい……
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((
      \_!         '    ! ( ( ヽ) ホワ〜ッ  
        ヽ   'ー―--   /  ヽノζ     
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)    
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    浮気する女はともかく…
. |     (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ     家庭的で、所帯じみてもない女か
.  |         }      妻にするには理想かもしれないな
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
217 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:05:57.69 ID:esX06GIo
     ____
   /      \      んー…
  /  ─    ─\     
/    (●)  (●) \   (左馬頭は、どうやら死んだ妻のことを
|  U    (__人__)    |     ちゃんと愛してたみたいだお)
\      ` ⌒´   ,/'     

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     (指に噛みつく女、なんてやる夫は遠慮したいお…
/    (─)  (─) \     だのに、左馬頭を惹きつけているのは
|  U    (__人__)    |     いったい何なんだお…?
/     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |       …それが、本当の恋ってことなのかお?)
.\ “  /__|  |    
  \ /___ /

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     
/    (─)  (─) \   (でも、やっぱやる夫は…)
|  U    (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |    
  \ /___ /
218 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:08:02.28 ID:esX06GIo
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l


        理想の人を――


     ____
   /      \
  /  ─    ─\  て
/    (○)  (○) \ そ
|  U    (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /      …って、何を考えたお!?
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |    
  \ /___ /
219 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:10:16.45 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) 
. |     (__人__)    ん? やる夫、どうした?
  |     ` ⌒´ノ      
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     いや、何でもないお
/    (○)  (○) \  
|  U    (__人__)    |   (今のは…今のは……)
\      ` ⌒´   ,/'
220 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:12:09.01 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    さてさて、次は式部丞の番だぞ
. |     (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }      
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


 +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ      +
+   ,l;;;;;;;,r"__〜_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l          うーん、僕のようなオヤジの話が
  + ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/          参考になるかはわかりませんが…
     ヽ;;;iヽ、 ~`'''''" /;;ヾ    
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''     
+   / \ `ー- '"ヽ`ヽ、    +
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
221 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:14:15.54 ID:esX06GIo
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     まーたまた…ちゃっちゃと聞かせるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'     /



 +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ      +
+   ,l;;;;;;;,r"__〜_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +      可愛いだけで愚かな女も困りますが…
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l          
  + ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/          賢すぎる女、というのも困り者ですよぉ
     ヽ;;;iヽ、 ~`'''''" /;;ヾ    
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''     
+   / \ `ー- '"ヽ`ヽ、    +
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
222 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:14:41.59 ID:esX06GIo
式部丞:「私の妻は、賢女といわれた人でしてね…
      まぁ仕事の話をしても楽しいし、処世術も教えてくれる人でした。
      ところが、ある夜……」


 +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ      +
+   ,l;;;;;;;,r"__〜_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l          さーぁお待ちかねの夜だ
  + ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/          愛する妻よ、準備はできてるかい?
     ヽ;;;iヽ、 ~`'''''" /;;ヾ    
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''     
+   / \ `ー- '"ヽ`ヽ、    +
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
223 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:16:18.88 ID:esX06GIo
           / ⌒ヽ
           /      \
         ,.-‐''⌒ヽ   ,.=、  ヽー、
       ,〃/∠彡ニ\ (.fゃ)  |  j
      /       ミ彡三ヘ`=´   | |
    /       ミ彡三∧    j ./    
    ト ャ''"    ミ彡三∧.   //     七月七日長生殿
   」i _;''_,    ミ彡'ニミヘ、 〃       夜半無人私語時……
    リ ´ ̄     リ´ f'`ij }/「i|  
    ヽ-         '´/ソ'川||
    ヽ一       「彡'川ll.|||
     T   _   / ´ j||.川||
      ` ̄了、     i! 川.川|
         _」. \    | j| 川|ト、
   _/ ̄  \  \   '_/./川 `


 +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ      +
+   ,l;;;;;;;,r"__〜_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l           ……どこを縦読み?
  + ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/          
     ヽ;;;iヽ、 ~`'''''" /;;ヾ    
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''     
+   / \ `ー- '"ヽ`ヽ、    +
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
224 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 19:18:19.20 ID:d8abxqko
ネゴトワネテイェさんだっけ?
元々のネタは何か知らんけど
225 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:18:42.03 ID:esX06GIo
           / ⌒ヽ
           /      \
         ,.-‐''⌒ヽ   ,.=、  ヽー、
       ,〃/∠彡ニ\ (.fゃ)  |  j    縦読みではありません
      /       ミ彡三ヘ`=´   | |   愛するあなたに、贈る言葉ですわ
    /       ミ彡三∧    j ./    こんな簡単な問題にも答えられませんの?
    ト ャ''"    ミ彡三∧.   //    
   」i _;''_,    ミ彡'ニミヘ、 〃      ……ハア、今夜はお預けです
    リ ´ ̄     リ´ f'`ij }/「i|      まずは『白氏文集』から復習ですわよ
    ヽ-         '´/ソ'川||
    ヽ一       「彡'川ll.|||
     T   _   / ´ j||.川||
      ` ̄了、     i! 川.川|
         _」. \    | j| 川|ト、
   _/ ̄  \  \   '_/./川 `


 +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ      +
+   ,l;;;;;;;,r"__〜_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l           え、ちょ、勘弁してほしいなぁ
  + ゞ;;;,,U r `__"_ヽ ,|;/           今日は疲れて、いや、明日も早い……
     ヽ;;;iヽ、 ~`'''''" /;;ヾ    
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''     
+   / \ `ー- '"ヽ`ヽ、    +
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
   ̄       `    ̄  ´
226 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 19:19:12.11 ID:w1UGqzo0
式部省の仕事の話できるなんて、
凄いインテリの悪寒。
227 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:20:47.89 ID:esX06GIo
 +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ      +
+   ,l;;;;;;;,r"__〜_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +       …というわけでぇ
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l           一晩中漢詩の講義を受けましたよ
  + ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/   
     ヽ;;;iヽ、 ~`'''''" /;;ヾ   
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''     
+   / \ `ー- '"ヽ`ヽ、    +
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::


      ク    ク || プ  //
      ス  ク ス  | | │ //
       / ス    | | ッ //   ク   ク  ||. プ  //
       /         //   ス ク ス _ | | │ //
         / ̄ ̄\     /  ス   ─ | | ッ //
       /  _ノ  .\     /         //
       |  ( >)(<)       ____
.        |  ⌒(__人__)     ./ ⌒  ⌒\
        |    ` Y⌒l    /  (>) (<)\
.         |    . 人__ ヽ /  ::::::⌒(__人__)⌒ \
        ヽ         }| | |        ` Y⌒ l__   |
         ヽ    ノ、| | \       人_ ヽ /
.         /^l       / /   ,─l       ヽ \
228 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:22:46.68 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\            ___
 /   _ノ  \         /⌒  ⌒\
 |    ( ●)(●)  プニ  /(● ) (● ) \    さぁ次は義兄上の番だお!
. |     (__人_(ニ~`ヽ、 /:::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |     ` ⌒´(((_⊂>ヽ|     |r┬-|      |   あれだけ遊んでる噂があるんだお
.  |         }    \ \   `ー'´      /    何か面白い話があるお?
.  ヽ        }      ゝ-|          ヽ
   ヽ     ノ        \        ヽ   \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    そうだな…
. |     (__人__)     じゃ、俺の昔話をしてやろう
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }      
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
229 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 19:24:54.27 ID:w1UGqzo0
>愛するあなたに、贈る言葉ですわ
なんか、今になって後からじわじわ来た
230 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:24:54.70 ID:esX06GIo
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)   俺も昔、中流階級の女と 好い仲になったことがある
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ    もう父親がいなくて、
   .l^l^ln      }     俺に頼るしかないような様子でな…
.   ヽ   L     }      それで、ずっと恋人でありたいと思うような人だった
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ
231 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:26:57.99 ID:esX06GIo
中将:「可憐で、ひかえめで、優しくて……」

       ヽ{ \{ .iヽ、{:::::{::} /// ノ", ハ^i ,、//ノ|:::ヽ、 j:::::|:: |:: {
            j | :::::::`j ‐-,ヘ´ハ,、 _l | | | |‐,、´ ,j:::  ∨::::::|:: |  |
           ノ .ヽ、 :::::ヽ、| .|/ ノ |:} r、~ ̄ ̄`l'´:::  j:::::::ヘ::: ヽl、
            /  :::f`ヽ、:l" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛l:===={:::::   /`ヽ、:::ヘ:::: `ヽ、
           /  :::::}   }============{:===={、::: /    .}::::::ヽ:::: `ヽ、
        / :::;/ :::::::〉   }============{:~ ̄~ 〉ノ  /`l'::::::::::::ヽ、::: ヘ
        ノ :::::/| ::::::/  〈´" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛〉::   | /   |:::::::::::::::::::i:::::: ハ
         〈 :::〈 | :::::〈   |            |::    |'´     |::::::::::::::::::::|::::::: ノ

中将:「そう…まるで、ナデシコの花のような女だったよ」

     ../`:、    .,,,,、
      ヽ: : :\ ,/: : ゙>
     : : ゙ヽ.,-:ー゙、,,/‐ー;
    : /‘゙```ヽ.._,.‐: -―ー'
    `.,.,.,.,..,.,/:.. .|、: : `ヽ
       : 冫: : │ヽ、,,,/ //
: ,-‐− :   : ゙l,,,,,,、′ : |: : | /
: ゙l : .",."\" : / ,,---、; ;/ヽ//
.。゙i、,/"..,,""  .. .i,.,.,...(:_,,)`'''''、
: ゙''''|ー'" ," : : : . `" /../、: ヽ'ー"‐. //
  │ : ":ヾ゛ 、-": l,,,,,:".'、._,l: .、,:''/
232 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:29:04.32 ID:esX06GIo
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)   通っているうちに女の子も生まれた
.   |     (__人__)    
    |     ` ⌒´ノ     その子のことは瑠璃(るり)と名付けたな…
   .l^l^ln      }      七宝のように大事に思って
.   ヽ   L     }       女も子供も守っていこうと思っていた
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

       ____
     /      \
   / ─    ─ \     義兄上に子供がいたのかお
  /   (●)  (●)   \   初耳だお…
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
233 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:31:00.32 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    それはそうだ
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ     女も子供も、今は行方知れずだからな
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く 

         ____
       /      \  !?
      /  u   ノ  \      ど、どういうことだお?
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|     ずっと恋人で…
     \    u   .` ⌒/      守っていくんじゃなかったかお?
    ノ           \
  /´               ヽ
234 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:33:00.92 ID:esX06GIo
        / ̄ ̄\
      /       \     …正妻が、嫉妬深い女でな
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |    俺の知らないところで
       |::::::::::::::    |     ナデシコの女を脅迫していたらしい
     .  |::::::::::::::    }   
     .  ヽ::::::::::::::    }  
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
235 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 19:34:30.44 ID:w1UGqzo0
こゎぃょぅ……
236 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:35:09.65 ID:esX06GIo
中将:「俺がすべてを知ったとき、女はもう行方をくらましていた」


           ', : : : :.|ヘ: : : :|. ////////     |: : :.: |∨ :│
            ヽ: : : |:∧: : :}      ^^         ,': : : : | : : :│
             \:|:l ヽ:.:ゝ                  /: : : : :,': : : 八
   O  。           ヾ{ ∧|: : :>          イ-/: : : : :/: : : : : :.ヽ
                  l: :|: : : : : : |> ー=r<   W: : : : :∧: : : : ヽ : 丶
                  l: :|: : : : : : |\:_/ }     //: : : : :/<\ : : : \: :\    O
                  |: :|: : : : : : |/  _/__//: : : : :/ // \ : : : \: :\
                  |: :|: : : : : :/  l'´   //: : : : :/´//,二-ヘ: : : : :\: :ヽ
                 ∨ : : : : ∧  |:   //: : : : :////    ヽ: : : : : \: ',
                  /: : : : : ∧ヽ  |   //: : : : :/´//        ',: : : : : : ヽ}


中将:「俺が愚かだったから、失ってしまったんだ」
237 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:37:09.73 ID:esX06GIo
      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (●)   守ってやれなかった俺が言うのも何だが…
.    |       (___ノ)
     |        ´ノ    もしまだ生きているなら
.     |         }     逢って詫びたいと思うよ
.     ヽ        }
      ヽ     ノ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     もっとも、逢えたとしてもきっと
. |     (__人__)      あの人は恨み事ひとつ言わないだろうな
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       そういう女だったよ…
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
238 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:39:01.54 ID:esX06GIo
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    か、哀しいお…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    女がどんな気持ちで
  |     (__人__)    |     行方をくらませたかと思うと…
  \     ` ⌒´     /


 +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ      +
+   ,l;;;;;;;,r"__〜_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +       涙を禁じえませんなぁ
    i;;;;;;l ゚ ̄ノ ヽ  ゞ;l           
  + ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/   
     ヽ;;;iヽ、 ~`'''''" /;;ヾ   
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''     
+   / \ `ー- '"ヽ`ヽ、    +
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
239 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:41:05.54 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    ま、哀しい話はこれでおしまいだ
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ    夜はまだまだ長い
.  |         }     今度は楽しい話でもしようぜ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
240 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:43:08.06 ID:esX06GIo
そうこうするうちに、時は過ぎゆき…


    ;;;;;;;;;ヽ.     ,、,、、、
  //;;;;;;;;;;ヽヽ    >-,〉
 ///;;;;;;;;;;==ヽヽ,,,,,-,',,,,,,,,了  コケコッコー!
 |l!゙   ''!illllli゙/  ノノノノノl
 |l    ゙!il!゙/    ./ノノノ
      ヽヽ,,,,,,,,/ノノノ
       ヽllノノノノノ
         |/.|/
          ´k´k
241 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:45:12.76 ID:esX06GIo
<宿直、おつかれさまでーす!

      / ̄ ̄\
    / `ー、   \  おお、夜が明けた
   (●)(● )    |  おつかれっしたー
    (__人__)       |                / ̄ ̄ ̄\
    l`⌒´     | ) )             /  ─    ─\   なかなか楽しかったおー
     {        |            /   ( ●)  (●) \  
     {       /          ( (   |       (__人__)   |
プシュー  ヽ  /::: ::: ::: :: ::          \        ̄   /  フキ
.   ,-‐-、/::: ::: ::: ::: ::: ::: ::          /    ` ー─ 'ノ⌒⌒ヾ  フキ
  ノ .「トィ__::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::        /        γ      )
 ( ̄ ̄ヽ-( )::: ::: ::: ::: ::: ::: ::         /   \   /ヽ      ((
. /(  ̄ヽ ) | \::: ::: ::: ::          |   、  \/ /)      ヽ
/ ( ̄ヽ ) |                     \    /


.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |      あれ、俺らの出番これだけっすか?
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|      
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!


 +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ      +
+   ,l;;;;;;;,r"__〜_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l
  + ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/           三流貴族の悲哀ですなぁ
     ヽ;;;iヽ、 ~`'''''" /;;ヾ    
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''     
+   / \ `ー- '"ヽ`ヽ、    +
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
242 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:47:15.24 ID:esX06GIo
                              |
                           \     /
                   ,.-'⌒ヽ,      /⌒\
   ,.‐、,ノ⌒ヽ_        ノ     ヽ、 ― ( ゚ ∀ ゚ ) ―
  ,ノ   ノ   ヽ__   (´  ,ノヽ    )    \_/
 (´ (⌒´ _,.-――'  ,.-' (´     `)`ー-、/  ノ⌒ヽ、
  `ー-―'´       (´   ,ヽ、 (⌒     ヽ、(    ,;ヽ
              `ー-'´ ⌒'ー、,,,,,,,,..,,.-' ̄ ̄  `ー'´ ´


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \ 
    /   ///(__人__)/// \   朝日が出てるお
     |   u.   `Y⌒y'´    |    久々にいい天気だお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ 
243 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:49:13.28 ID:esX06GIo
   / ̄ ̄\            ___
 /   _ノ  \         /⌒  ⌒\
 |    ( ●)(●)  プニ  /(● ) (● ) \
. |     (__人_(ニ~`ヽ、 /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     ` ⌒´(((_⊂>ヽ|     |r┬-|      |
.  |         }    \ \   `ー'´      /
.  ヽ        }      ゝ-|          ヽ
   ヽ     ノ        \        ヽ   \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

やる夫:「今日は気分がいいお!久々に左大臣の家に行くお!」
中将:「そうしてくれるとありがたいだろ、常識的に考えて…」
244 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 19:49:22.12 ID:w1UGqzo0
徹夜明けと言うのに、鉄也は登場してからキラキラしっぱなしだったなww
245 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:51:14.09 ID:esX06GIo
◆その日の夜、左大臣邸

;|;:..|:/::ゞ
ii;;:../       /\                    /\
i::./.      / ロ ロ \=======皿===========皿 / ロ ロ \
:/     /VVVV\        合        /       \
    / ========= \_________/          \
     | |目 目 目| | [田]   [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |目 目 目| | .(;;.).  [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |        | |(;;:;;:;;:)VVVVVV|              |
  (;;:::;;:;;.) |目 目 目| |;:;;:;:;;::;) l''"^"''l l''"^"''l|.   [田] [田]  .|
:::;;;:;:::::):;;;::;;);;;:;;) 目(;;:;;;:) |(;;.;;;.;);| |;;;;;;;;;;;| |;;;;;;(;::;;:;;;(;;:;;:(;;::;;:;;:)田](;;;:;:;;;:::;;::
;;;:;::):;;;:;::;;:);;::;);;;;):;);;;::;:;;:;;);;:;;);;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;| |;;(;;::;;:;:(;:::;;:;;;:;(;;::(;;;:::;;(:;:;;;:;:;:::;;;;;
246 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 19:52:32.88 ID:TP/c2Pco
>>244
徹夜と鉄也をかけてるんですね
247 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:53:21.61 ID:esX06GIo
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     葵上、いるかお?
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


     ,. - 、
    イ,i  , ',
    ハリ, i, ,i.リ   (ツーン)
    ,ィ-"`''、'   
  .ノ::::|i__ iハ   
  r'::::ノ:::::::::V::::',
  '-ク::::::::::::'iヽ;::ヽ

       ____
     /      \
   / ─    ─ \     (相変わらずかお…
  / -=・=-   -=・=- \     でももう慣れたお…)
  |      (__人__)  U |
  \     ` ⌒´     /
248 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:55:22.24 ID:esX06GIo
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \ つ
     //, '/     ヽハ  、 ヽ  っ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
     レ!小l●    ● 从 |、i|    源氏の君、源氏の君はこちらかにょろ?
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


      / ̄ ̄ ̄\    ,  
    / ─    ─ \  -   おや、ちゅるの君
   /  (●)  (●)  \ `   なにかあったかお?
   |    (__人__)    |  
   \    ` ⌒´    /
   /              \
249 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 19:56:02.26 ID:d8abxqko
まったくのド素人の質問なんだが、五年間葵タソには手も触れてないの?
250 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 19:59:36.57 ID:esX06GIo
>>249
直接的な描写がないので何とも言えませんが
かなり冷え切った仲だったらしいです

源氏の方からはアプローチしていたようですが
葵が拒んでうやむやになることが多かったようです
251 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:00:00.97 ID:esX06GIo
        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ  
    〃 {_{       リ| l.│ i|   
    レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   ちょっと困ったことになったにょろ
     ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  このままじゃよくないにょろ
     | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
252 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:00:22.36 ID:esX06GIo
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
   \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ 
    /    r''ヽ、.|  
   |     `ー-ヽ|ヮ 
   |       `|     ーーー   
   |     `ー-ヽ|ヮ        ノ    
   |       `|        ノ       
   |.        |         
   ヽ、      |      ーーー ヽヽ   
     ヽ____ノ          ノ    
     /_ノ ' ヽ_\        ノ     
   /(≡)   (≡)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / 
  |     |r┬-|     |  (    
  \      `ー'´     /    \


第二話「雨夜の品定め」、おわり
第三話「恋のうつせみ」へつづく
253 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:00:49.18 ID:.ysSgHUo
乙乙ー
254 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:01:32.90 ID:hJYfFR20
255 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:01:55.72 ID:w1UGqzo0
お疲れさまでした〜
256 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:02:13.80 ID:TP/c2Pco
乙でした
257 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:02:27.58 ID:esX06GIo
以上で、第二話は終わりです。
最初あたり、投下速度が遅くなって申し訳ない。

パー速に規制がほとんどないことは知ってましたが、

      /\___/ヽ
     /       :::::::\
    .|          .::::|
    |  ''''''   ''''''   .:::|
    .|(●),   、(●)、::::|
     \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.:::::/
     /``ーニ=-'"一´\
   _/((┃))_____i |_ キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       /\___/ヽ
     /''''''   '''''':::::::\
    . |(●),   、(●)、.:| +
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
     \  `ニニ´  .:::::/     +
     /ヽ、ニ__ ーーノ゙\_
    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
   _(,,)    随時     (,,)_
.. /. |..  ツッコミほしい  |  \
/   .|_________|   \

というわけで、次回もまったり2、3分間隔でやっていきます。
258 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:05:22.98 ID:esX06GIo
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  -┼─       ̄フ   |_l__  -┼ー   /   . ヽ、_.
     レ!小l●    < 从 |、i|    レ--、   ∠ニ、. ̄|   )   ヽ、  / ,-,    /  
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   _ノ. ゆ.   o,ノ   .|     ヽ_  ι'  し'  (____.
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


       r`"⌒`ー=v ‐-、
        1:::::.....................  }
       |:::::::::::::::::::::::___::リ,    
       r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ    
      /``======_‐ラ(6,′
     ,>‐'つ__... =-〒rtッテ|h′    空条承太郎の
   /.ノ (:{,|| i   i l゙`~.jl|リ      
   ! }/゙ヽl.l ',  ヾツ  |l!|) _
   { (´/ヽ.):ヽ  r=- l/l:}/,r=,ヽ.._
    ヽ( イ- ) ̄l|、|!゙¨´ / l:八.>=iこ⊂⊃
     \ `ヽ:::::lドミ==‐' レ____l[二´__
 ̄:¨"7゙<〉   )::¨o7 /  ̄ フ 7ー-、:_:: ̄
::::::::::/:::::::\ ノノ:::/  '  '"´ /  / `ヽ
259 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:05:59.61 ID:esX06GIo

          __,,.. -‐:::::¨::::::::::::::::::::::;.イ     ヘ.   .i   、  -┼-.    /   . -┼-.        
    / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::ィ   /  \ |   ヽ . ,-┼/-、 / ,-,    メ,ー         
 .   i\ :::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ:"::::::::::::〉       ヽヽ/   ' .ヽ__レ ノ ι'  し'  (_`__         
     ヽ:::`:゙::'':…ー‐::''''゙゙":´:::フ-‐ァ:::::::レ                                     
     V::::::::::::::::::::::::__::.. -ュ:j::::ル;:::::::::::l,.                 ノ_ .┌┐  ̄フ.  ヽ    |   
 .      V:::::::::::;.- 、::i ,.m i !ノノ:ヶ‐、:::::::i                  _|_││ ∠--、 ̄ ̄`i. |   
 .       V::::::::i ⌒i.}:!l  _L⊥彡ト、ノ:::;.-!、                /\.└┘  _ノ  _/  ・  
      {`ー--ヽ-'イニ¨-‐ ブ,.ィヲ::::::i /i l \、                                 
      /`¨:::::¨´:::::::::::::>ニ"彡'^l:::j iク l::ヽ ',:!                 -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、         
   /::::::::::::::::::::::>'i"´rブ‐rテト` ` レノ::::::Lj:l                 / /" `ヽ ヽ  \       
   {-‐ ニ¨-‐i r‐tヲン!   ー宀''´   i¨ レ'´  ヽ::\  や       //, '/    ヽハ  、 ヽ        
 / ̄::::::::::::::::ハ.  ̄/l,、      i    l i iフ¨ヽ !、:::  れ       〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|      
 ::::::/:::::::/:::/'、 i__ ..      !   j  Y/:i (ノ、i::  や  に    レ!小l>    < 从 |、i|      
 :::/::::::/:::/.  ',  ヽ '"     ./ //:::l l::_i l::  れ  ょ     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│      
 :::::::::〈:::::< i ,.イハ  -‐…‐  ./ //:::::ハ. ',_`ヽ  だ  ろ /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !      
 ::::::::::::';::::i / /   ', ` 丁´  ,.'  l i::::::::::i l`¨ i |  ぜ  | \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     
 ::::::::::::::}::y" /`丶 ヽ__/   i. i:::::::::::', V^i ノ     ん   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |     
 :::::::::< <  /i\   \ \     l l::::::::::::`i {:::::        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
260 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:06:45.71 ID:esX06GIo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    というわけで
  √¨l-゚]、   ここからは平安王朝文化の解説だ
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ 


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ
   〃 {_{        リ| l.│ i|   
   レ!小l\    `ヽ 从 |、i|    やる夫源氏を読むときに知っておくと
    ヽ|l >   ●  | .|ノ│    オトクな情報を紹介するよ!
    |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
    | /⌒l __, イァト |/ |
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
261 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:08:30.52 ID:esX06GIo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   第1回目の今日は
  ミ゙ ゚ -゚ノ    「旧暦(太陰暦)の季節感」についてだ
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| 
     レ!小l●    ● 从 |、i|   「五月雨は夏」とか言ってたのを
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  解説するにょろ〜
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
262 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:10:10.96 ID:esX06GIo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   ちゅるやは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    春といえば
  √¨l-゚]、    何月から何月ごろをイメージする?
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   う〜ん
     レ!小l●    ● 从 |、i|    だいたい3月〜5月くらいじゃないかにょろ?
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    あったかくなって過ごしやすいにょろ
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
263 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:15:49.72 ID:.ysSgHUo
なんかハジマタww
264 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:16:19.50 ID:TP/c2Pco
ほう、何で五月なのに夏なんだろう
265 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:16:41.82 ID:esX06GIo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   まぁだいたいそうだろうな
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   ところが旧暦の春というと
  (゙ /  |ゞ    1月〜3月を指す
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \  __
    //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
    〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
    レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
     ヽ|l ○   ○u | .|ノ│
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |     え…っ、寒くないかにょろ?
     | /⌒l __, イァト |/ |
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    暑さ寒さが基準じゃなかったようだな
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
266 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:17:43.39 ID:esX06GIo
  、-−7    それを踏まえてまとめると
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    春:1〜3月
  √¨l-゚]、   夏:4〜6月
  (゙ /  |ゞ   秋:7〜9月
  /ヾノ==,)    冬:10〜12月 ということになる
 ム-ノ__|_jゝ


  、-−7
  ミ_o_d,,,   はじめと終わりの月には
  ミ゙ ゚ -゚ノ    「初」「晩」をつけることもある
  √¨l-゚]、   
  (゙ /  |ゞ   1月を初春、3月を晩春
  /ヾノ==,)    4月は初夏、6月は晩夏…というようにな
 ム-ノ__|_jゝ
267 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:18:20.55 ID:esX06GIo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   また1つの季節にある3つの月を
  ミ゙ ゚ -゚ノ    「孟」「仲」「季」で分けることもある
  √¨l-゚]、   
  (゙ /  |ゞ   1月は孟春、2月は仲春、3月は季春だな
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   漢語的な読みを嫌う場合は
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   「はじめのはる」「さかりのはる」「おわりのはる」などと
  (゙ /  |ゞ    言うこともあったようだ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
268 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:21:15.99 ID:esX06GIo
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   「はじめのはる」が1月で
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   「さかりのはる」が2月、
     レ!小l●    ● 从 |、i|   「おわりのはる」が3月に当たるにょろね?
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   いちいち訓読みにするなんて
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   手間がかかってるにょろ
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    そうだ
  √¨l-゚]、   まぁこれが日本語の楽しさだと
  (゙ /  |ゞ   >>1は思っているようだがな
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
269 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:25:22.66 ID:esX06GIo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    ちなみに、太陽暦と太陰暦を同時間に並べると
  √¨l-゚]、   一月ほどズレが生じる
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \    あっ、それはどこかで聞いたにょろ
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   陰暦1月は、今の2月ごろになるそうだにょろ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| 
     レ!小l●    ● 从 |、i|    だから「五月雨」というと……
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   今の6月ごろの雨になるにょろ!
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    そうだ
  √¨l-゚]、   つまりは梅雨時の長雨、ということになるな
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
270 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:26:36.73 ID:esX06GIo
     ゞ-、_: : : /ニミ_ー、  ,.-ニ-ヽ
      ゞミミミi'´弋弋ラy‐'  !くゞク |_  
      l,.ミミミ   ,. ̄:ヽ  ゞ∨:   | i     さらにここから…
      | ヘ`'゙  i    ヽ<、/   || |     もう一つトリビアを紹介しておこう
        !ヾ|''ヽ  i    _,.、_,. 、  レノ
       'ヽヽ-i     -‐=ニ=ラ  !゙|   ,.-―-、
       リ`i''ーi     "'''''T""  レヽ,-<__/`ヽヽ
       ゞ川 :ゝ、       _/i  |: : : `''‐| |__
 ____レ川  : :`'-、_  ,. -,.ヘ ゝ、> ノ: :,.-‐ニノ ,ノ: :`7
 |: rー-----〉川    : : :`´/ヽ  r''´`'ー<-イヽ: : :|____
 |: |= o  ヾ川      ∠  _∠-‐''´ヽ,,..!-ノ ノ/´: : :: :,.-‐''´ ̄`'''‐-、
 |: |  |   . :`'|     (   _       ),l、 〉ィ゙: : : : ,.-'´: : : : :::::::::::::::::::::::\
 |: |= 9  : : : : | |i‐、__|  (  _,.-‐'"´ ヽ〉ノ: : :/: : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,. -‐┘ ||: : : : :|  !       /゙く: /: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ,.-''´     || : : : : | ,/   r  /  ,/: : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
271 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:27:28.27 ID:esX06GIo
         i            / Y´ジ
         i           丿。彡今、
       __,ト          〆Y。ヘ)イ〉
      イ´(   ! `ヽ、..,,    ,,,./ イ。゚}イ´      ,. -‐''´二ニ=-
      ヽ ヽ  `ヽ、..,  ̄ ̄  ,人ン゚ノ 丿    ,./´ー-メ´
       `'メ、`ヽ 、   ̄ ̄ ̄ ゚゚, ‐'´イ´   /  ,,フ´
      /イ;;;;;;;;;{ヾ〉ヽ、._,...ィ}リヾ;;;;;;;i`¨´ /  _/, -‐''ヾニニ==-、
     '´  ノ∧;;;{ニ!トヽ、  ,,リ-≠iハ;;;;;;ノ、__/ ー// ニ='´
        ´/i、!゙亡フヾ,  イ亡フソi/丿;;;/  シ´ 三フ´
       /;;;;ノ∧ニニノ┼[二ニノ'レイ;;;;/ /  /;;;;}
    , -'";;;;;;;;;;;;いュヽ  ., '' ,.   イ彳;;;;, / =ソ´二-‐'''' ‐- 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)},\.  ̄ ,..<メノイ;;;;{/ /´ヾ、 >ゞ´フ ̄¨ヽ、 
 イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>>`ュニン''"¨´´ーレ´,メヾ¨ ̄ヽ;;;;;;;;;;;〉
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;O;;;<´ _,,.-┴',ニ,ヽニヽ/レ´ur'O"´¨ヽ);;;;;;;;;;\

ジョジョ:「四月一日と書いて『ワタヌキ』と読むのを知っているか?」
ちゅる:「知ってるにょろ!難読漢字クイズに出てきそうにょろ」
272 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:27:50.41 ID:TP/c2Pco
五月雨って現代でも、5月の雨って意味だと思ってました
273 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:28:35.78 ID:esX06GIo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   冬には、裏地のついた衣にワタをつめて
  ミ゙ ゚ -゚ノ    防寒着とすることがある
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   こうした衣を、「綿入れ」と呼ぶ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   4月1日は、そうした衣からワタを抜いて
  ミ゙ ゚ -゚ノ    衣替えをする習慣があった
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   だから4月1日は「綿抜きのついたち」と呼んだ
  /ヾノ==,)    「四月一日=ワタヌキ」というのはそこから来たんだろう
 ム-ノ__|_jゝ


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ
   〃 {_{        リ| l.│ i|   ちなみに、ここで言うワタとは「真綿」
   レ!小l\    `ヽ 从 |、i|    つまりカイコの繭を引き延ばして
    ヽ|l >   ●  | .|ノ│    作ったもののことを言うにょろ
    |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |    
    | /⌒l __, イァト |/ |    平安時代に、木綿はなかったにょろ
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
274 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:29:34.61 ID:esX06GIo
       r`"⌒`ー=v ‐-、
        1:::::.....................  }
       |:::::::::::::::::::::::___::リ,    平安時代の季節…
       r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ    わかってもらえたか?
      /``======_‐ラ(6,′    
     ,>‐'つ__... =-〒rtッテ|h′    今日はこのぐらいにしておこう
   /.ノ (:{,|| i   i l゙`~.jl|リ      
   ! }/゙ヽl.l ',  ヾツ  |l!|) _
   { (´/ヽ.):ヽ  r=- l/l:}/,r=,ヽ.._
    ヽ( イ- ) ̄l|、|!゙¨´ / l:八.>=iこ⊂⊃
     \ `ヽ:::::lドミ==‐' レ____l[二´__
 ̄:¨"7゙<〉   )::¨o7 /  ̄ フ 7ー-、:_:: ̄
::::::::::/:::::::\ ノノ:::/  '  '"´ /  / `ヽ


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   それじゃぁ、また会う日まで…
     レ!小l●    ● 从 |、i|  
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   いまこんよ!(またすぐ来るよ!)
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
275 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:29:46.42 ID:esX06GIo
       Y
     ,-y"
     ヾ|っ   ,,. 
      |´  (_ `y'っ
      (    `Y"
      ヽ__ノ
      /_ノ ヽ_\
    / (≡ ≡) \ 
    ( ::::: (_人_) ;:::: )
     >   `‐'   <
    ( .i       i .)
     .゙ヽ   ω   ノ"
      \/ /
      / ./ヽ,
    ⊂~_)_`__)     ぉ ゎ 'ノ
276 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:31:12.31 ID:TP/c2Pco
ほんとに乙!
277 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:31:49.32 ID:w1UGqzo0
乙乙です

>ここで言うワタとは「真綿」
>つまりカイコの繭を引き延ばして
>作ったもののことを言うにょろ
な、なんちゅう豪華な……
278 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:35:22.25 ID:esX06GIo
これで本日の投下分は終了です。
長い時間おつきあいいただき、ありがとうございました。

次回は、22日(日)の19時ごろから投下したいと思います。
279 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:36:01.45 ID:mUUV9p.o

どこまでやるつもり?
280 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:37:31.12 ID:hJYfFR20
乙乙
281 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/14(土) 20:38:20.89 ID:esX06GIo
>>279
           __
         .-´   ``ヽ
        /        `ヽ        このスレは、「やる夫が光源氏になりたまふなり」…
      /  \         ヽ
     / ( ●)    ̄ ̄    ヽ     つまり、やる夫の一生分を
     |::⌒(__   ( ●)     |      やり切るつもりでいるそうだお!
     ヽ    (__ノ ⌒::::      | 
       ヽ             |
      人           /  | |
     /          _ノ  ノノ 
                 |
282 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:39:53.35 ID:8Wy4KuIo
構ってちゃんと受け答えのウザさ以外は面白いよ[ピーーー]
283 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 20:42:32.45 ID:e.pnqa6o
>>257みたいなのはもっと読者が増えてからでもいいと思うが
まあがんばれ、先は長い
284 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 21:27:26.61 ID:gENwuo2o
とっても面白いなあ
やる夫でやるとわかり易くなるなあ
285 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/14(土) 23:14:41.66 ID:TcUYpUYo
変に取り決めするより楽しければそれでよし
次回にwwktk
286 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/15(日) 03:45:26.16 ID:2rsOzuEo
綿入れって、真綿でも木綿でも高価だからなー
昔の人はほんと、大変だったと思う
毛皮が重要だったと思う
287 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/16(月) 01:43:45.73 ID:Iwgr5RUo
乙でした! 次も楽しみにしてます
288 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/16(月) 20:07:39.13 ID:x1nzsF2o
ブログからきますた
面白かったよー、次回wwktkしながら待ってます
289 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/17(火) 21:57:46.66 ID:0DMyeuEo
面白かったので期待
290 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/18(水) 13:50:56.10 ID:xiNuo36o
ぶっちゃけもう待ちきれんwwktk
291 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/18(水) 13:51:34.38 ID:xiNuo36o
ぶっちゃけもう待ちきれんwwktkww
292 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 16:47:32.37 ID:xkrBQroo
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、     >>1です
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/    
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /  
   / _勺 イ   r;==、      シ    〃 /      本日は予定通り、19時ごろから投下します
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/      よろしくお願いします
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
293 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 16:52:54.48 ID:lnsKxZYo
期待
294 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 17:31:37.40 ID:00bUIuEo
wktk
295 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 17:51:18.59 ID:PveIWFgo
期待してます
296 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:00:00.29 ID:xkrBQroo
いずれの帝の御代であったか……。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。

;;;;;;;::;;;::::::::::::::::::::: : :__、::::::: : : :     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    : :  : : : ::::::::::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
::. : : .: .: ...: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :,_,,,,、: : : : : : : : : :::::::::::::::::、-'く`、
i、、、::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:,_.、,、、:::::,、./'"``:`ヽ‐-、...、::::::::::::、、-‐´.、.,i、、
、:::`丶-、,、: : : : : : : :::: : ::::::::::.:、、、"゙"`;:::、`、、::、`:::`ヽ`.、:,.、`:`、'∴::.、-、、``'l゙;
、::;、:::::::;.:、`、:::: ::::::::: :::_.._:‐':`;;;;`丶;、:、…`:.,ヽ‐`ヽ.,::,:.ヽ"'''.…"`゙、`:゙丶:

               第三話「恋のうつせみ」
297 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:02:18.58 ID:xkrBQroo
◆平安京、夜、左大臣邸

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \ つ
     //, '/     ヽハ  、 ヽ  っ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
     レ!小l●    ● 从 |、i|    源氏の君、源氏の君はこちらかにょろ?
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


      / ̄ ̄ ̄\    ,  
    / ─    ─ \  -   おや、ちゅるの君
   /  (●)  (●)  \ `   なにかあったかお?
   |    (__人__)    |  
   \    ` ⌒´    /
   /              \


        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ  
    〃 {_{       リ| l.│ i|   
    レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   ちょっと困ったことになったにょろ
     ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  このままじゃよくないにょろ
     | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
298 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 19:02:30.27 ID:lnsKxZYo
キタキタ
299 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 19:02:36.40 ID:7Oa6mxAo
よしきた
300 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:03:59.45 ID:xkrBQroo
        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ  
    〃 {_{       リ| l.│ i|   御所から左大臣様のお屋敷への方角…
    レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   今日は天一神(なかがみ)のお通り路になってるにょろ
     ヽ|l ●   ●  | .|ノ│   
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  今夜ここでお休みになられるのは
     | /⌒l,、 __, イァト |/ |   避けるべきにょろ
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
301 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:06:16.72 ID:xkrBQroo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   天一神(なかがみ)とは、諸説あるが方角神の一柱で
  ミ゙ ゚ -゚ノ    地上をブラブラ歩きまわっている神様だ
  √¨l-゚]、   
  (゙ /  |ゞ   この神に出くわすと祟られると言われ
  /ヾノ==,)    平安時代は特に避けるべきとされていたようだ
 ム-ノ__|_jゝ


  、-−7
  ミ_o_d,,,   陰陽道ではこの神の下りる方角を占い
  ミ゙ ゚ -゚ノ    その方角を避けるように喚起していた
  √¨l-゚]、   
  (゙ /  |ゞ   ちなみに、神のいる方角を「ふたがり」という
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   そして、「ふたがり」の方角に
  ミ゙ ゚ -゚ノ    どうしても用事のあるときは……
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
302 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:08:13.81 ID:xkrBQroo
        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ  
    〃 {_{       リ| l.│ i|   もうお疲れだろうけど…
    レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   
     ヽ|l ●   ●  | .|ノ│   「方違え(かたたがえ)」をしたほうがいいにょろ
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  
     | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   うーん…疲れてはいるけど
|       (__人__) l;;,´     二条院の方角も「ふたがり」だから
/      ∩ ノ)━・'/     仕方ないお…
(  \ / _ノ´.|  | 
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
303 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:10:18.79 ID:xkrBQroo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   そう、「方違え」をする
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   この風習について知ってる奴は多いと思うが
  (゙ /  |ゞ    いま一度、説明しよう
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
304 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:12:23.14 ID:xkrBQroo
例えば、●A地点から、☆B地点に行きたかったとする。

     ●A \(^o^)/ イクヨー
     ↓      
     ↓      
     ↓      
     ☆B     
            

ところが、北から南へ行くルートが「ふたがり」になっていた。

     ●A     
     ↓      
     ×  /(^o^)\イケナイ!
     ↓      
     ☆B   
            

そういう時は、まず▼C地点に移動し、一泊する。

     ●A     
       \   三┏( ^o^)┛ ウゴクヨー
         ▼C    
           
     ☆B     
            

そして翌日、改めて☆B地点を目指す。
              
     ●A        
               
         ▼C    
       /       
     ☆B  ┗(^o^ )┓三 キタヨー

こうすることで「北→南」ルートが、
「北→南東→南西」ルートに変更され、
天一神を避けることができるとされた。
305 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:14:28.51 ID:xkrBQroo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   ちなみに、方違えをしに客が来た時は
  ミ゙ ゚ -゚ノ    それなりに歓待しないといけなかったらしいな
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   「方違えのお客をもてなさないなんてサイテー」
  /ヾノ==,)    と、清少納言は書き残している
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
306 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:16:29.96 ID:xkrBQroo
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    で、どこか良いところはあるのかお?
|       (__人__) l;;,´     
/      ∩ ノ)━・'/     最近 寝苦しい夜が続いたから
(  \ / _ノ´.|  |      それなりのところがいいお
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \     それは大丈夫にょろ!
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \    
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \   紀伊守(きいのかみ)という人の家が
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、      ヽ   水なんかを引き込んで涼しげにしてるって話にょろ
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=_____
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l    //- .,   もう手配してあるから早速行くにょろ!
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'ヽ


こうしてやる夫たちは、左大臣邸には泊まらず、
紀伊守の屋敷へ向かうこととなった。
307 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:18:12.66 ID:xkrBQroo
◆平安京、紀伊守邸

        :ll----------------------ll             :;;ゞ;:;:ゞ.
       ,,r'゙:;;:; ;::; :;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :;:; ; :;:;゙゚'i、       彡ミ、r~:: : ;;ゞ(;;;:;:ゞ゚'゙
     ,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :゙゚'i、     ミ彡i゚゙(;;  :.';:;:.:ゞ ;;ゞ:;:ゞ
   .,,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:;,,,ソ “゙゚''''' ''゚゙゙゚  彡ミ;ヾ:::;;ゞ :;:ゞ.:ゞ
  ,,r゙‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰  (彡ミ彡ミ彡ミ彡゙》ミ彡ノ''゙(   ;;: .';:;:.: ゞ;゙゚ヾ;:;::ゞ;:;
《《,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  (彡:;:彡ミ; ;:;; :ミ;;:;:;彡`゚“':;;ゞ;:;:ゞゞ.:; ;ゞ :;:ゞ.:.
 ,r'~二二二二二二二二二二二二二 ヽミゞ ゞ::;ゞ; :;:ミ;:;:彡ミ彡゙゚'''):  ; :ゞ.:;;ゞ;:;:ゞ.:;;
 ゙~l~~~~~~~~~~~~~~~~ニニニwニニニ~~~~~ (彡  彡;:;:;ミ 彡ミ: ;;丿:;;ゞ :;:ゞ.:  ;;ゞ; :;:ゞ.:;;ゞ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ‖   |目   .(ゞ;:ゞ;:,vr━i、
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ‖   |    l'''''''"'''''''''゚゜~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄llllllllllllllllllllllllll    │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~'ヘ、;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :.、、;: ...:,:.:.、 ,:.:.、、; .:,:.、  :.、、;:.. .:,:.:.、.:.、 ~'ヘ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     なかなか風情のある家だお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   遣り水も涼しげで爽やかだお
  |     |r┬-|     | 
  \      `ー'´     /     


※遣り水(やりみず)…庭園に水を引き込んで、流れるようにしたもの
308 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:20:19.14 ID:xkrBQroo
                      | ミ|彡 |
           ,..、r‐':':´\ー-:、、 | ミ!彡 !
        ,..r:''´    ::::::::゙、:::::::`ヽ! ミ|彡 |
       /    _,,,,....=-‐゙―--=,\!;/,ノ
        /:  ,.r:''''´           ~`゙ヾ、
     ;':;:r':'´  .::::::::::::::_;;;;;;;;;;;、;;;;;;_:::::::::..゙ヽ,
    /   .::::::;;r‐'''''´:::::::::::::::::゙i:: :::::::`ヾ、::::. l     いやーようこそようこそ
   /:   .::::;:r''´::    _,,...;;_:::::|::;;;;;;;;;;_:::::::゙i:: ;'     天下に名高き光る君を拙宅にお迎えできるとは
    l:: ..:::;r:'´::   ,.r:'',ニ-―-;ォ.` ´r‐‐-:、`!:::|ノ      この紀伊守、感に堪えませぬ
    ! ::::r':::::  fr'´:  ゙''゙'´ ̄´ ,: :  ̄`゙゙'~.!:::|
   ヾ、:!::::::  :!|::::  .<´○゙>/ :l、 <.○ゝ:|::::!
     l::::::  :||::::     ̄ .  ::!',  ゙  |゙、:',
       !:::::  :||::::     r'_rュ :rュ゙;   :|:::゙、',
      |:::::  ||::::   :  /´,r_'ニニ=:、゙i  l:::::::',',
       |:::::  :||::::   : :r'r',r:'二ニ:、゙!、 .,'::::::::゙'>
     |:::::: _,;l|゙、    ´i'゙:: :: ::::|.:゙'' ./、::/
      k:'''´:::::::ノ!:::\    ヽ;:___;:;' ; /::::::`'-=、..,,_
       `ー-r': l、::  `ゝ、  `゙'''''''''´ ,/:::::::: ::: ::   \
      /´::   ヽ    ::`''ー---‐'/´::::::::: ::::::     
    /:::   ::::::  ゙、   :::::::::::::::::/ ::::::: ::::   :::::
309 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:22:09.48 ID:xkrBQroo
            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\       いやいや、急なお願いで申し訳ないお
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \      
      |      `-=ニ=-      |  
      \      `ー'´     / +


         ,, ,、 _  !;!;;!
      , r''´   ヽ `ヽ!;!;;!
    /,.r:''''´    ̄二 ~`ヾ
  ,r'  .::;;r‐''' 二;;;;;;、;;;__ . ヽ    
  | ::;r'´ .,r-;三:-;i;r='、:;`i l    さささ、こちらへ
  ヾ;!:: fj´ ,. 。、 ; : ,,,。、'!:レ′   粗酒粗肴ではございますが
   |::: il:::  `"´, ':i、`´ :l;!     お楽しみいただければ幸いでございまする
   |::: il::: .: ,. '7='''、゙; ::ト'、    
   |::: il、: :  {"´~`!; ./  〉
   K二j!`ヽ ヾ三ソ /::`'-、..,,_
    ,r': !、::: ` ー '/´::: :: :  `ー-:、._
310 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 19:22:11.58 ID:lnsKxZYo
二階堂のパチモンみたいな奴だなwwww
311 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/22(日) 19:23:51.93 ID:1weCqHw0
このAA誰?モンゴル人に見えるwwwwww
312 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:24:49.77 ID:xkrBQroo
やる夫たちは、紀伊守の歓待を受けた。
中流階級ながら、紀伊守の屋敷は居心地がよく
近くの部屋で家人たちが話す様子も、なかなかに興味深いものだった。

<ヒソヒソ…
<ヒソヒソ…
         ____   ,
       /     \  -
     / ―   ― \`   (おや…隣から声がするお)
    /   (● ) (● )  \
    |     (__人__)      |
    \     `⌒´     /


 男女の仲      物語       絵巻にもいそうな感じ        ザワザワ…
        輝ける方     ご出世も一番    帝の御寵愛    一目見たい
  光る君        本当にお美しい    愛       ザワ・・・       奥様とは不仲
     ヒソヒソ…     「なんか芳しくない?」  / ̄ ̄ ̄\   恋   ヒソヒソ…
貴族が友達   浮いた噂ひとつない      / ─    ─ \  し         せめて一度
                           /  <○>  <○>  \ た
   一夜   過ごす   カコイイ…      |    (__人__)    |  い  文だけでも
ザワザワ・・・・     ガヤガヤ・・・        \    ` ⌒´    /   もと皇族
         アドレス知りたい  嫉妬   /             \        顔面偏差値100
313 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:26:05.68 ID:xkrBQroo
            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\       ここには誰かほかに
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \      泊まっている方でもいるのかお?
      |      `-=ニ=-      |
      \      `ー'´     / +


         ,, ,、 _  !;!;;!
      , r''´   ヽ `ヽ!;!;;!
    /,.r:''''´    ̄二 ~`ヾ
  ,r'  .::;;r‐''' 二;;;;;;、;;;__ . ヽ    
  | ::;r'´ .,r-;三:-;i;r='、:;`i l    ああ、声が聞こえましたか
  ヾ;!:: fj´ ,. 。、 ; : ,,,。、'!:レ′   おおかた、母の侍女たちでしょう
   |::: il:::  `"´, ':i、`´ :l;!     
   |::: il::: .: ,. '7='''、゙; ::ト'、   
   |::: il、: :  {"´~`!; ./  〉
   K二j!`ヽ ヾ三ソ /::`'-、..,,_
    ,r': !、::: ` ー '/´::: :: :  `ー-:、._
314 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 19:26:27.92 ID:PveIWFgo
なんで鬱ってるんだwww
315 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:28:24.57 ID:xkrBQroo
         ,, ,、 _  !;!;;!
      , r''´   ヽ `ヽ!;!;;!
    /,.r:''''´    ̄二 ~`ヾ
  ,r'  .::;;r‐''' 二;;;;;;、;;;__ . ヽ    実は父である伊予介(いよのすけ)の家で
  | ::;r'´ .,r-;三:-;i;r='、:;`i l    ちょっとした障りがありまして
  ヾ;!:: fj´ ,. 。、 ; : ,,,。、'!:レ′   それで女どもが移ってきているのです
   |::: il:::  `"´, ':i、`´ :l;!     
   |::: il::: .: ,. '7='''、゙; ::ト'、    何せ手狭な家ですので…
   |::: il、: :  {"´~`!; ./  〉     かしましくて申し訳ない
   K二j!`ヽ ヾ三ソ /::`'-、..,,_
    ,r': !、::: ` ー '/´::: :: :  `ー-:、._

            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\       いやいや気にしなくていいお
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \     にぎやかな方が楽しいお
      |      `-=ニ=-      |
      \      `ー'´     / +
316 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:30:28.75 ID:xkrBQroo
.    _   
   , '´ィ´ `ヽ
  卯ミノ从从リ〕      おさけをどうぞー
  ルトd ゚ ヮ゚ノリ ([_]
.  ⊂[l.i卯i.l]つ ̄ ̄
   くノ_l_l_〉
    し'し'

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     おっ、可愛らしい男童だお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   紀伊守の弟かお?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


         ,, ,、 _  !;!;;!
      , r''´   ヽ `ヽ!;!;;!
    /,.r:''''´    ̄二 ~`ヾ
  ,r'  .::;;r‐''' 二;;;;;;、;;;__ . ヽ   
  | ::;r'´ .,r-;三:-;i;r='、:;`i l    ああ、あれは小君と言います
  ヾ;!:: fj´ ,. 。、 ; : ,,,。、'!:レ′   我が叔父です
   |::: il:::  `"´, ':i、`´ :l;!
   |::: il::: .: ,. '7='''、゙; ::ト'、
   |::: il、: :  {"´~`!; ./  〉
   K二j!`ヽ ヾ三ソ /::`'-、..,,_
    ,r': !、::: ` ー '/´::: :: :  `ー-:、._
317 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:32:31.54 ID:xkrBQroo
         ____
        /     \
      /  u   ノ  \    お、叔父さんかお!?
    /       (●)  \
    |         (__人__)|   えらく若いお!
     \        .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

         ,, ,、 _  !;!;;!
      , r''´   ヽ `ヽ!;!;;!
    /,.r:''''´    ̄二 ~`ヾ
  ,r'  .::;;r‐''' 二;;;;;;、;;;__ . ヽ   まぁ簡単に言いますと
  | ::;r'´ .,r-;三:-;i;r='、:;`i l    今の母は、父の後妻で…
  ヾ;!:: fj´ ,. 。、 ; : ,,,。、'!:レ′   彼はその弟なのです
   |::: il:::  `"´, ':i、`´ :l;!     
   |::: il::: .: ,. '7='''、゙; ::ト'、     義母にはもう身寄りがないとかで…
   |::: il、: :  {"´~`!; ./  〉     弟君も父が引き取ったのですよ
   K二j!`ヽ ヾ三ソ /::`'-、..,,_
    ,r': !、::: ` ー '/´::: :: :  `ー-:、._
318 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:34:57.57 ID:xkrBQroo
      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \    義母…というと、どこの女人だお?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \

         ,, ,、 _  !;!;;!
      , r''´   ヽ `ヽ!;!;;!
    /,.r:''''´    ̄二 ~`ヾ
  ,r'  .::;;r‐''' 二;;;;;;、;;;__ . ヽ   
  | ::;r'´ .,r-;三:-;i;r='、:;`i l    確か…亡くなった衛門督(えもんのかみ)の
  ヾ;!:: fj´ ,. 。、 ; : ,,,。、'!:レ′   娘だったと聞いておりますが
   |::: il:::  `"´, ':i、`´ :l;!
   |::: il::: .: ,. '7='''、゙; ::ト'、    
   |::: il、: :  {"´~`!; ./  〉
   K二j!`ヽ ヾ三ソ /::`'-、..,,_
    ,r': !、::: ` ー '/´::: :: :  `ー-:、._
319 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:36:24.39 ID:xkrBQroo
      ____
    /_ノ   ヽ_\  
   /( ●) ( ●)\     ああ…、衛門督の娘かお
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\   いろいろな縁があるもんだお…
 |        ̄      |
 \              /


やる夫は、以前聞いた話を思い出した。

衛門督は生前、その娘を桐壷帝の妃にしたいと言っていたという。
しかしそれを叶えずに他界してしまったため、娘の消息はよくわからなくなっていた。

それが、歳老いた受領の後妻となっていたのである。
帝の妃と望まれ、まだ歳も若いであろうに…いまは、中流階級の女人になったということだ。
320 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:38:33.99 ID:xkrBQroo
人の運命の不思議さと皮肉を、やる夫はうっすらと感じた。
そして、以前聞いた「中流の女」に、強い関心を覚えていた……。

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     しかし、衛門督の娘というと
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    紀伊守とたいして歳が違わないんじゃないかお?
  |     (  (      |     仲良くできるのかお?
  \     `ー'     /


         ,, ,、 _  !;!;;!
      , r''´   ヽ `ヽ!;!;;!
    /,.r:''''´    ̄二 ~`ヾ     ……まぁ、歳の近い継母と子は
  ,r'  .::;;r‐''' 二;;;;;;、;;;__ . ヽ    親しくせぬもの、と言いますし
  | ::;r'´ .,r-;三:-;i;r='、:;`i l  
  ヾ;!:: fj´ ,. 。、 ; : ,,,。、'!:レ′   たまたま今日は義母もここにおりますが
   |::: il:::  `"´, ':i、`´ :l;!     普段は疎遠でございますよ
   |::: il::: .: ,. '7='''、゙; ::ト'、 
   |::: il、: :  {"´~`!; ./  〉    ですから、顔などもよくは知りません
   K二j!`ヽ ヾ三ソ /::`'-、..,,_
    ,r': !、::: ` ー '/´::: :: :  `ー-:、._
321 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:42:18.33 ID:xkrBQroo
そうこうするうちに夜も更け、やる夫は休むことにした。

        / ̄ ̄ ̄ \
      /   ―   ―\      さ、今夜はもう寝るお…
  __ /   ( ー)  (ー) \     
   ( |      (__人__)    |    
  \ヽ\__  `ー ´__/ \   
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \


        / ̄ ̄ ̄ \ パチッ
      /   ―   ―\
  __ /   ( ●)  (●) \     …眠れないお
   ( |      (__人__)    |    
  \ヽ\__  `⌒ ´__/ \    けど、従者はみんな寝てしまったお…
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ   どうやってこの退屈を過ごそうかお?
     ヽ               \
      \               \
322 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:44:24.79 ID:xkrBQroo
<ヒソヒソ…
<ヒソヒソ…
         ____   ,
       /     \  -
     / ―   ― \`   (おや…また声がするお
    /   (● ) (● )  \       女の人の声だお)
    |     (__人__)      |
    \     `⌒´     /

     ____
    / ⌒  ⌒  \        
  ./( ―) ( ●)  \         このあたりからのぞけそうだお
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ    どれどれ…?
  |    ー       .|
  \          /
323 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:46:28.70 ID:xkrBQroo
やる夫がスキマからのぞくと、
ひとりの女君が、女房を呼んでいるところだった。

              _,, -''  ̄ ̄ ̄ `''ー 、
           , -'"              ヽ、
          /                  \
         /                     ヽ
       /        ,  }             ヽ 
       /    /   ,イ ,イi ヽ、             i
      / i  / / / // /,ハヽヾ、            l
      /イl  i/,イ ,イ /// ノ  ゙、ヽ ヾ、          l     中将、中将はいますか?
      ll {ト. ll/ {〃/ノ_,,.--‐‐弋ヽ、ヽ ミヽ_       |
      l| ゙、ヽ{ハー、/ ,ィェ=ァ=彡 \、ヾミ /,-ヽ     l |     今夜は紀伊守殿のお客様もいらしてるので
      l| ヾ 、 ゙t;.}    ゞン-'     \ }ハ { } ヾ    l |     そばに人がいないと心細いわ
        l|  ` ゙ l/               ノ  ンノ、 ヽヽ i l |
      ll   ノ             ( ィ' l ハ ヽヽ l |
        ll   `ヽ             ノ/i l i  ゙、ヽl l
        li   | ヽー‐         /,イi  l ヽ ヽ ヽヽ
        l   | .ハ          ll { l  l  ヽ ヽヾ ヽ
        i  |  i`ー----ィ'"     l | i  l i  ゙、 ゙、 ヾ \
        ヽ | i i i ヽヽ l      l ゙、i i l i  ヽ  ヽ \ \
         ヽ| i ト、ヽ ヽヽl     ` ゙、i |、i   ヽ  \ `ー、゙ ー 、
          | ゙、 ゙、ヽヽ ヽヽ|        ヽ| 、i    ヽ  \ヽ ゙ -、 ヽ
           | i ヽヽ\_,,ノ^}       /|\i    ヽ   \\  ヽ ゙、
          |_ト,.-‐''"  /      /  l  ヽヽ   ヽ   ヽ ヽ ヽ i


女房:「中将さんなら、いまお風呂ですよ。すぐ戻るそうです」
女君:「そう、ならいいですけれど」
324 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 19:47:39.02 ID:Fj5LPO2o
土器土器
325 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:48:30.16 ID:xkrBQroo
■人物:空蝉の君(うつせみのきみ)

              _,, -''  ̄ ̄ ̄ `''ー 、
           , -'"              ヽ、
          /                  \
         /                     ヽ
       /        ,  }             ヽ 
       /    /   ,イ ,イi ヽ、             i
      / i  / / / // /,ハヽヾ、            l
      /イl  i/,イ ,イ /// ノ  ゙、ヽ ヾ、          l
      ll {ト. ll/ {〃/ノ_,,.--‐‐弋ヽ、ヽ ミヽ_       |
      l| ゙、ヽ{ハー、/ ,ィェ=ァ=彡 \、ヾミ /,-ヽ     l |
      l| ヾ 、 ゙t;.}    ゞン-'     \ }ハ { } ヾ    l |
        l|  ` ゙ l/               ノ  ンノ、 ヽヽ i l |
      ll   ノ             ( ィ' l ハ ヽヽ l |
        ll   `ヽ             ノ/i l i  ゙、ヽl l
        li   | ヽー‐         /,イi  l ヽ ヽ ヽヽ
        l   | .ハ          ll { l  l  ヽ ヽヾ ヽ
        i  |  i`ー----ィ'"     l | i  l i  ゙、 ゙、 ヾ \
        ヽ | i i i ヽヽ l      l ゙、i i l i  ヽ  ヽ \ \
         ヽ| i ト、ヽ ヽヽl     ` ゙、i |、i   ヽ  \ `ー、゙ ー 、
          | ゙、 ゙、ヽヽ ヽヽ|        ヽ| 、i    ヽ  \ヽ ゙ -、 ヽ


伊予介の後妻。故衛門督の娘。
紀伊守らの義母だが、歳はいくつも離れていない。

「たをやぎて、なよ竹ならむ人(柔和で、なよ竹のような人)」と評される。
なよ竹とは、細くともしなやかな竹を指す。つまり、「芯の強い人」ということである。
326 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:50:34.74 ID:xkrBQroo
やる夫:「きっとあの人が、伊予介の後妻だお」

やる夫:「どんな人か…話してみたいお!」

そう思ったやる夫は、女房たちも寝静まったころに、
女君の部屋に忍び込んだ。

     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  \   / \
     |┃     /  (●)  (●)  \
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


            , - '' '"´, ̄、`_- 、
          /   , '´,  , 'ヽ  \
          ,ィ゙  / //'´ 丶 ヽ 丶
        〃 / /  /  / /  i l  ヾ l    
        /i / / / / /  , 〃イ'l ! i ヽ│
       /| / ' ' / ', // !\ !  | ..    ……!?
       l l゙ /  ,l !/_/、//_____ヽヾi !  | ..  
      ,l | ! /リ'f rテ' /''~-t rァ`lヾ) |     誰か、誰か、
      |  | ′!| ` ̄´  l   ~`'''´ lレ"`|     知らない人が…!
      |  |i  ヽ     !      /'〃!|   
      |  |i  i \  / ̄l   / 〃! |  .
      |  |  i   lヽ ゝ-' ,イ ! 〃 |  .
       l |  !   l  ヽ‐ '  l、 〃 ! |
      │ l ! i  /l     l/`〃 ! |
       ヽ l l  / l~l     / 〃\  |
327 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:52:40.63 ID:xkrBQroo
       ____
     /_ノ   ヽ_\      さっき中将を呼んでたお?
   /( >)  (<)\  
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   やる夫は宰相中将だお!
  |     |r┬-/      |    これも何かの縁だお!
  \     ` ̄'´     /


女君:「もしや…源氏の君……!?」

女君が絶句していると、やる夫は女君を抱き上げ
自分の部屋へとお持ち帰りした。

その途中、起きてきた女房とすれ違ったが
「朝になったら、女君を迎えに来い」と言い捨てて
そのまま平然と部屋に入ったというのだから、大した度胸である。
328 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:54:47.17 ID:xkrBQroo
            , - '' '"´, ̄、`_- 、
          /   , '´,  , 'ヽ  \
          ,ィ゙  / //'´ 丶 ヽ 丶
        〃 / /  /  / /  i l  ヾ l    
        /i / / / / /  , 〃イ'l ! i ヽ│
       /| / ' ' / ', // !\ !  | ..   このようなこと…!
       l l゙ /  ,l !/_/、//_____ヽヾi !  | ..   
      ,l | ! /リ'f rテ' /''~-t rァ`lヾ) |    いけません、源氏の君
      |  | ′!| ` ̄´  l   ~`'''´ lレ"`|    いますぐ、わたくしをお放しになって!
      |  |i  ヽ     !      /'〃!|   
      |  |i  i \  / ̄l   / 〃! |  .
      |  |  i   lヽ ゝ-' ,イ ! 〃 |  .
       l |  !   l  ヽ‐ '  l、 〃 ! |
      │ l ! i  /l     l/`〃 ! |
       ヽ l l  / l~l     / 〃\  |

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ●)三(●)\     やる夫を誰だと思ってるお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   こうなるのは喜ばしいことじゃないのかお…?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
329 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:56:46.78 ID:xkrBQroo
            , - '' '"´, ̄、`_- 、
          /   , '´,  , 'ヽ  \
          ,ィ゙  / //'´ 丶 ヽ 丶
        〃 / /  /  / /  i l  ヾ l    何をおっしゃいますの!
        /i / / / / /  , 〃イ'l ! i ヽ│
       /| / ' ' / ', // !\ !  | ..   卑しい者にならば何をしても許されると
       l l゙ /  ,l !/_/、//_____ヽヾi !  | ..   お思いですか!
      ,l | ! /リ'f rテ' /''~-t rァ`lヾ) |
      |  | ′!| ` ̄´  l   ~`'''´ lレ"`|    そのように侮られるのは
      |  |i  ヽ     !      /'〃!|     恨めしゅうございます…!
      |  |i  i \  / ̄l   / 〃! |  .
      |  |  i   lヽ ゝ-' ,イ ! 〃 |  .
       l |  !   l  ヽ‐ '  l、 〃 ! |
      │ l ! i  /l     l/`〃 ! |
       ヽ l l  / l~l     / 〃\  |
330 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:58:44.09 ID:xkrBQroo
       ____
     /      \        ご、ごめんお
   /  _ノ  ヽ、_  \      そんなつもりじゃなかったお…
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)'    |    ただ、初めて…胸がときめく人に出会えたと思ったんだお
  \     `⌒´     /


       ____
     /      \       あなたを卑しい者だなんて思ってないお
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    これはきっと、前世からの運命なんだお
  |     (__人__)    |    受け入れてくれないと悲しいお…
  \     ` ⌒´     /


       ,. -''",.==`ヽ、
      ,.'::..//ハi l || i L!l,,ゝ___,,,,,_
     /::::://;.-‐ニヾヽヽヾヽヽ ヾヽ         
     {::/:::`ヾ:::::::::il |l || i | l|ト、 ヾヽ        …うっ、うっ……
    ハト、:::::::::::ヾ:::::ll || || | | || i|  ヾ `、
   〃i|:::::`ヽ::::::::ヾ:|| |l ||l il| |i リ   ヾ ヽ      捨ておいてくださいませ…
   /  |::::::::::::`ヽノ::::ヾ. リ lリ     ,,,.ゞ=j      
  i  li|::::::::::::::::::`i::::::::ヾ__,,.-===''''"  i::`、    帰してくださいませ…
  l   il i::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::i |    ',::`、
    ll |i;;;;;;;;;;;;==j;:::::::::::::::::::::       ',::`,
    リ ll ̄i';::::::::::::',`ゝ;::::::::::::::.       `i }
331 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 19:59:57.71 ID:xkrBQroo
こうしてまったくうち解けぬまま、曇った朝がやってきたのだった…。

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..‐:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.ノ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..‐´:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;...‐′.;.;.;.;.;.;|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..r‐'´:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;...‐'´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..-―‐''''ゝ、、:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.__,,,,......--'".;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
`゙''‐--............-‐'''´ ...:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.: ̄ ゙̄^''''''|−――‐''"``''‐‐---......,,___.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : ''‐......__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_....----'` ̄''ー 、,,i_.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_..
- 、,,_: : : : : : : : : : : : : : i: : .. `"''''ー-|-......,,_|_____,,.i.|..-‐'' ̄" i        |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   `iー-i---―――‐''"                    |       i
                |    l   |       |                     i
                                            l
   i        |    i                    i
        l                 |   l                       l
                     |            l            |
        、、     l       i                    |
  |  ┼┼   ──┐  ─┐          ─┐      l               |
      │    │    │    ─┐    │      ─┐
            │          │             │      l
    i             l            i                      i
                                   |
         |           i            |              |
             i                       i           i
                          i      |          l
332 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:02:03.12 ID:xkrBQroo
       ____
     /      \       
   /  _ノ  ヽ、_  \     あなたみたいに冷たい人は初めてだお
  / o゚((●)) ((●))゚o \   
  |     (__人__)'    |   でも、必ず文を書くお。あきらめないお!
  \     `⌒´     /


       ,. -''",.==`ヽ、
      ,.'::..//ハi l || i L!l,,ゝ___,,,,,_
     /::::://;.-‐ニヾヽヽヾヽヽ ヾヽ         
     {::/:::`ヾ:::::::::il |l || i | l|ト、 ヾヽ      
    ハト、:::::::::::ヾ:::::ll || || | | || i|  ヾ `、      …………。
   〃i|:::::`ヽ::::::::ヾ:|| |l ||l il| |i リ   ヾ ヽ    
   /  |::::::::::::`ヽノ::::ヾ. リ lリ     ,,,.ゞ=j      
  i  li|::::::::::::::::::`i::::::::ヾ__,,.-===''''"  i::`、   
  l   il i::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::i |    ',::`、
    ll |i;;;;;;;;;;;;==j;:::::::::::::::::::::       ',::`,
    リ ll ̄i';::::::::::::',`ゝ;::::::::::::::.       `i }


一晩中口説いても、女君はやる夫になびかなかった。

けれども…「また文を送る」と。
やる夫はそう誓って、女君と別れた。
333 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:04:10.05 ID:xkrBQroo
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     紀伊守、世話になったお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |   …ところで、相談したいことがあるんだお
  \      `ー'´     /

       ____
     /⌒  ー、\       あの小君とかいう男童
   /( ●)  (●)\     やる夫のもとで仕えさせないかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    
  |     |r┬-/ '    |    やる夫は宮中に出入りすることも多いお
  \      `ー'´     /    行儀見習いのつもりでどうだお?


         ,, ,、 _  !;!;;!
      , r''´   ヽ `ヽ!;!;;!
    /,.r:''''´    ̄二 ~`ヾ
  ,r'  .::;;r‐''' 二;;;;;;、;;;__ . ヽ    おお!本当ですか
  | ::;r'´ .,r-;三:-;i;r='、:;`i l    
  ヾ;!:: fj´ ,. 。、 ; : ,,,。、'!:レ′   名高き光る君にお仕えできるならば
   |::: il:::  `"´, ':i、`´ :l;!     義母上も反対はいたしませんでしょう
   |::: il::: .: ,. '7='''、゙; ::ト'、   
   |::: il、: :  {"´~`!; ./  〉
   K二j!`ヽ ヾ三ソ /::`'-、..,,_
    ,r': !、::: ` ー '/´::: :: :  `ー-:、._
334 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:05:11.40 ID:Fj5LPO2o
将を射んとすれば先ずは馬からですね わかります
335 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:05:57.98 ID:xkrBQroo
やる夫は、女君の弟である小君を、召し使うことにした。
もちろん、女君との橋渡しをしてもらうためである…。

.    _   
   , '´ィ´ `ヽ
  卯ミノ从从リ〕     え、恋文を? でも…
  ルトd ゚ ヮ゚ノリ      姉上はもう結婚してますよ?
.  ⊂[l.i卯i.l]つ
   くノ_l_l_〉
    し'し'

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     実は…君の姉君とやる夫は
  / o゚((●)) ((●))゚o \   ずっと前に恋人同士だったお
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /
336 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:06:55.84 ID:q23G7d.o
いつの間にか誠みたいな奴になってないかww
337 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:08:08.02 ID:xkrBQroo
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     でもやる夫が若すぎたせいで
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    姉君に飽きられてしまったんだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     しかも姉君は、当てつけのように
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    年老いた伊予介と結婚してしまったんだお…
  |     (__人__)    |    あんまりなんだお…
  \     ` ⌒´     /
338 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:10:03.57 ID:xkrBQroo
.    _   
   , '´ィ´ `ヽ
  卯ミノ从从リ〕     そ、そうだったのですか…
  ルトd ゚ ヮ゚ノリ 
.  ⊂[l.i卯i.l]つ
   くノ_l_l_〉
    し'し'

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     だから文を送りたいお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   仲立ちをしてくれお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
339 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:12:12.70 ID:xkrBQroo
やる夫はさっそく、小君に文を託した。
ところが…。

            , - '' '"´, ̄、`_- 、
          /   , '´,  , 'ヽ  \
          ,ィ゙  / //'´ 丶 ヽ 丶
        〃 / /  /  / /  i l  ヾ l    
        /i / / / / /  , 〃イ'l ! i ヽ│
       /| / ' ' / ', // !\ !  | ..   そのような文…
       l l゙ /  ,l !/_/、//_____ヽヾi !  | ..   いただくいわれがございません!
      ,l | ! /リ'f rテ' /''~-t rァ`lヾ) |
      |  | ′!| ` ̄´  l   ~`'''´ lレ"`|    そのままお返し申し上げなさい!
      |  |i  ヽ     !      /'〃!|   
      |  |i  i \  / ̄l   / 〃! |  .
      |  |  i   lヽ ゝ-' ,イ ! 〃 |  .
       l |  !   l  ヽ‐ '  l、 〃 ! |
      │ l ! i  /l     l/`〃 ! |
       ヽ l l  / l~l     / 〃\  |

.    _   
   , '´ィ´ `ヽ
  卯ミノ从从リ〕     え?
  ルトd ゚ ヮ゚ノリ □   でも…
.  ⊂[l.i卯i.l]つ
   くノ_l_l_〉
    し'し'
340 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:14:13.83 ID:xkrBQroo
            , - '' '"´, ̄、`_- 、
          /   , '´,  , 'ヽ  \
          ,ィ゙  / //'´ 丶 ヽ 丶
        〃 / /  /  / /  i l  ヾ l    
        /i / / / / /  , 〃イ'l ! i ヽ│
       /| / ' ' / ', // !\ !  | ..    聞こえませんでしたか?
       l l゙ /  ,l !/_/、//_____ヽヾi !  | ..    お返事はいたしません!
      ,l | ! /リ'f rテ' /''~-t rァ`lヾ) |
      |  | ′!| ` ̄´  l   ~`'''´ lレ"`|     それ以上、困ったお文をいただくなら
      |  |i  ヽ     !      /'〃!|      もう源氏の君のところへ参上してはなりません!
      |  |i  i \  / ̄l   / 〃! |  .
      |  |  i   lヽ ゝ-' ,イ ! 〃 |  .
       l |  !   l  ヽ‐ '  l、 〃 ! |
      │ l ! i  /l     l/`〃 ! |
       ヽ l l  / l~l     / 〃\  |


.    _ 
   , '´ィ´ `ヽ
  卯ミノ从从リ〕     
  ルトd ゚ ペ ノリ □   ……わかりました
.  ⊂[l.i卯i.l]つ     返しに行ってきます…
   くノ_l_l_〉
    し'し'
341 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:16:15.20 ID:xkrBQroo
       ,. -''",.==`ヽ、
      ,.'::..//ハi l || i L!l,,ゝ___,,,,,_
     /::::://;.-‐ニヾヽヽヾヽヽ ヾヽ         
     {::/:::`ヾ:::::::::il |l || i | l|ト、 ヾヽ        
    ハト、:::::::::::ヾ:::::ll || || | | || i|  ヾ `、      源氏の君……
   〃i|:::::`ヽ::::::::ヾ:|| |l ||l il| |i リ   ヾ ヽ      
   /  |::::::::::::`ヽノ::::ヾ. リ lリ     ,,,.ゞ=j      お許しになって…
  i  li|::::::::::::::::::`i::::::::ヾ__,,.-===''''"  i::`、    
  l   il i::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::i |    ',::`、
    ll |i;;;;;;;;;;;;==j;:::::::::::::::::::::       ',::`,
    リ ll ̄i';::::::::::::',`ゝ;::::::::::::::.       `i }


       ,. -''",.==`ヽ、
      ,.'::..//ハi l || i L!l,,ゝ___,,,,,_
     /::::://;.-‐ニヾヽヽヾヽヽ ヾヽ          ただの娘であったとき、
     {::/:::`ヾ:::::::::il |l || i | l|ト、 ヾヽ        あなたに会えていたら……
    ハト、:::::::::::ヾ:::::ll || || | | || i|  ヾ `、
   〃i|:::::`ヽ::::::::ヾ:|| |l ||l il| |i リ   ヾ ヽ      なにもかも捨てて
   /  |::::::::::::`ヽノ::::ヾ. リ lリ     ,,,.ゞ=j      あなたを好きになったでしょう…
  i  li|::::::::::::::::::`i::::::::ヾ__,,.-===''''"  i::`、
  l   il i::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::i |    ',::`、  でも、わたくしはもう…
    ll |i;;;;;;;;;;;;==j;:::::::::::::::::::::       ',::`,    人の妻ですから…
    リ ll ̄i';::::::::::::',`ゝ;::::::::::::::.       `i }
    l リ lll';:::::::: ', li li`ヽ:::::::::.       ヾ
     '  リl';:::::.  ',ll ,リ  ヾ;:::::...    ...  `ヽ
         }:::..  }   ,.-、i::::::::::::::::::.--‐'   `、
        _,i::::   i-'''""__j-j:::::;;;;;;;;;;;;;;,,.-‐    ,.ゝ


女君は悩みつつも、やる夫の手紙を何度も拒絶した。
342 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:19:20.96 ID:xkrBQroo
何度文を送っても、返事のひとつもない…。

業を煮やしたやる夫は、ふたたび紀伊守邸に行くことにする。
小君を使って、忍び込もうと言うのである。

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ●)三(●)\     (いくらつれない人とは言え…
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     もう一度会えば、流石に拒めないだろうお)
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
343 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:20:04.82 ID:Fj5LPO2o
ええええええええええええええええ惚れてんのかよwwww
何というフラグ製造器
344 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:21:44.00 ID:xkrBQroo
◆某日、紀伊守邸

        :ll----------------------ll             :;;ゞ;:;:ゞ.
       ,,r'゙:;;:; ;::; :;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :;:; ; :;:;゙゚'i、       彡ミ、r~:: : ;;ゞ(;;;:;:ゞ゚'゙
     ,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :゙゚'i、     ミ彡i゚゙(;;  :.';:;:.:ゞ ;;ゞ:;:ゞ
   .,,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:;,,,ソ “゙゚''''' ''゚゙゙゚  彡ミ;ヾ:::;;ゞ :;:ゞ.:ゞ
  ,,r゙‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰  (彡ミ彡ミ彡ミ彡゙》ミ彡ノ''゙(   ;;: .';:;:.: ゞ;゙゚ヾ;:;::ゞ;:;
《《,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  (彡:;:彡ミ; ;:;; :ミ;;:;:;彡`゚“':;;ゞ;:;:ゞゞ.:; ;ゞ :;:ゞ.:.
 ,r'~二二二二二二二二二二二二二 ヽミゞ ゞ::;ゞ; :;:ミ;:;:彡ミ彡゙゚'''):  ; :ゞ.:;;ゞ;:;:ゞ.:;;
 ゙~l~~~~~~~~~~~~~~~~ニニニwニニニ~~~~~ (彡  彡;:;:;ミ 彡ミ: ;;丿:;;ゞ :;:ゞ.:  ;;ゞ; :;:ゞ.:;;ゞ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ‖   |目   .(ゞ;:ゞ;:,vr━i、
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ‖   |    l'''''''"'''''''''゚゜~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄llllllllllllllllllllllllll    │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~'ヘ、;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :.、、;: ...:,:.:.、 ,:.:.、、; .:,:.、  :.、、;:.. .:,:.:.、.:.、 ~'ヘ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

           ______
          /       \
         /           l       天下の光源氏が、人妻相手に忍び歩きとは…
        /∠_______ヽ.      我ながら、誰かに見つかったらどうしようかと
        l、ニニニ〔〔;;;;;l〕ニ〔〔;;;;l〕ニl      思ってしまうお
        | |  u.   (__人__)  ||
        ノ_三ニ‐'-`^'゛‐''"´'゛\_,,.、,,ノハ ,,/
       シ´ ̄    _,,、=''"フ/ハツ、_ ,、   ⌒゙゙゙'''"
       ノ,,、_,,.、-‐''"´  ,,/// /´ 〃こ)   '' ~''ー`
       \ー -   ,/´ // イ ー-イニノ   ,,...,.-''"
        ゛‐、     / / / |‐'"!      -=`-''
          {´   /  /  / |" /      -''"゛/
         ),./ / /  /、 ) 〈   ヾ`'''ー"
        ノッハヾ∧/ヘ/: \_)ノ ノッハヾ
345 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:22:32.18 ID:lnsKxZYo
すげーなこいつwwww
346 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:22:41.18 ID:xkrBQroo
.    _ 
   , '´ィ´ `ヽ
  卯ミノ从从リ〕     源氏の君…
  ルトd ゚ ペ ノリ      
.  ⊂[l.i卯i.l]つ     今日はやめておいた方が
   くノ_l_l_〉       いいかもしれません
    し'し'

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     ど、どうしてだお?
  / o゚((●)) ((●))゚o \   誰かにバレたかお?
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /
347 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:23:57.83 ID:xkrBQroo
.    _ 
   , '´ィ´ `ヽ
  卯ミノ从从リ〕     伊予介さまの御娘…
  ルトd ゚ ペ ノリ      つまり、紀伊守の妹君が
.  ⊂[l.i卯i.l]つ     遊びにこられたんです
   くノ_l_l_〉
    し'し'

       ____
     /      \       そ、そんなことでは引き下がらないお
   /  _ノ  ヽ、_  \     
  / o゚((●)) ((●))゚o \   せめて垣間見(かいまみ)だけでも
  |     (__人__)'    |   させてくれお
  \     `⌒´     /    

.    _   
   , '´ィ´ `ヽ
  卯ミノ从从リ〕     わかりました!
  ルトd ゚ ヮ゚ノリ      こちらのスキマからなら
.  ⊂[l.i卯i.l]つ     見えると思います
   くノ_l_l_〉
    し'し'
348 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:26:00.28 ID:xkrBQroo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  .       / \   / \   どれどれ…
___∧,、 /  (●)  (●)  \____
 ̄ ̄ ̄`'` |    (__人__)    | ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やる夫がのぞき見ると、二人の女人が碁を打っているのが見えた。

こちらに背を向けているのが、愛しいあの人、
こちらを向いて笑っているのが伊予介の娘であろう。

やる夫は、そう見当をつけた。
349 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:28:03.62 ID:xkrBQroo
やる夫:(あれが、伊予介の娘かお)

   |                    ヽ- 、
   |    /       ヽ   ヽ  ヽ   ヽ  \
   |   /    } }    }    i:   }:  i i   \
   |   ::|     | |:   |::   |::  |::  }: |   人
   |   :||    }} }:    }}:::  }::  }::  } }   /  ヽ
   |   :||   ハリ:   ハ;;_ハ;;_ノ};;___ノレ'  / ::/ }
   | ̄ ̄  ̄ ̄   ̄ ̄   _,.--‐‐、./::ノハノ / ノ    
   | ̄ ̄ ̄`゙ ー- 、    / _,,,,ィ /;;//  i   ノ
   |_ニェ=--、ー-、  `    rシ;イヾ彡ノレ;;;:____} ;乂
   |ィ{:;;(フ;;:::}``ーミヽ    r'イ;ノ,_, /::::   ,;:-''::::;ハ
   |\;;;;;;;;厶-‐         ̄ ̄ /i:;;;;;;, -'":::::::/  }
  / ノ          ヽ、   ./ ノ;;;;;;;;;::, -'"   _/
  (_/ )          / / };;:::::::::......  _,,; イ
  / ,.-〈    ヒー---ァ'  /、  ゙入ェ;-;-;''==ソ
 (/ __)\    ̄ ̄   /   フ>、{::::::..      {
 (_,ィ'" )  > 、_   /    // /\;;;;;;;;;____,,,ィ'
  / ,ィ'  / }   ̄     // ノ   Y:;  ノ
 'ー'イ    /        // ./    };;;;'' イ
   |\  /        //  /    /ヽ;: {

やる夫:(派手でかわいい顔つきだけど、ちょっと慎みが足りないお)
350 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:28:59.08 ID:8pf4jf2o
今北追いついた
351 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:30:03.82 ID:xkrBQroo
やる夫:(そこへ行くと、あの人は……)


              _,, -''  ̄ ̄ ̄ `''ー 、
           , -'"              ヽ、
          /                  \
         /                     ヽ
       /        ,  }             ヽ 
       /    /   ,イ ,イi ヽ、             i
      / i  / / / // /,ハヽヾ、            l
      /イl  i/,イ ,イ /// ノ  ゙、ヽ ヾ、          l
      ll {ト. ll/ {〃/ノ_,,.--‐‐弋ヽ、ヽ ミヽ_       |
      l| ゙、ヽ{ハー、/ ,ィェ=ァ=彡 \、ヾミ /,-ヽ     l |
      l| ヾ 、 ゙t;.}    ゞン-'     \ }ハ { } ヾ    l |
        l|  ` ゙ l/               ノ  ンノ、 ヽヽ i l |
      ll   ノ             ( ィ' l ハ ヽヽ l |
        ll   `ヽ             ノ/i l i  ゙、ヽl l
        li   | ヽー‐         /,イi  l ヽ ヽ ヽヽ
        l   | .ハ          ll { l  l  ヽ ヽヾ ヽ
        i  |  i`ー----ィ'"     l | i  l i  ゙、 ゙、 ヾ \
        ヽ | i i i ヽヽ l      l ゙、i i l i  ヽ  ヽ \ \
         ヽ| i ト、ヽ ヽヽl     ` ゙、i |、i   ヽ  \ `ー、゙ ー 、
          | ゙、 ゙、ヽヽ ヽヽ|        ヽ| 、i    ヽ  \ヽ ゙ -、 ヽ
           | i ヽヽ\_,,ノ^}       /|\i    ヽ   \\  ヽ ゙、
          |_ト,.-‐''"  /      /  l  ヽヽ   ヽ   ヽ ヽ ヽ i
        ,ィ'イ /     /      /   ヽ、  \ヽ   \   ヽ ゙、 i l
       /l / /     /`  ´ ̄/      `ー--ヽ、_ヾ  ヽ  ヽ

やる夫:(顔は地味でも、仕草に品があって、むしろ心惹かれるお)
352 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:32:11.24 ID:xkrBQroo
      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\     今夜こそ…今夜こそ
  / /// (__人__) ///\    口説いてみせるお!
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /


              /::::::::   __ -::::::::::::::
          〃:::::::::∠-‐:::::::::::::::::::::::::::
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   バサッ   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        _,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  行ってやるお!
      /,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     l /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ∨:::::::::::::::::_,,-─"<ー-、::::::::::::::::
      〉-‐"" ̄      `ヽ   ̄''ヽ:::::::
     /          }  \   丶:::
     〈  /ヽ       }`ヽ ヽ  丶:
      ̄   〉        i (ゞ j    ヽ
          /  ,-‐"ヽ  ヽ  ̄   
        〈  〈     \ \      
         フ__j     /__j

やる夫は夜が更けるのを待って、女君の寝室に忍び込んだ。
353 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:33:19.05 ID:Fj5LPO2o
こ、この感覚は…
354 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:34:14.42 ID:xkrBQroo
ところが、やる夫が廊下を歩く音に、女君は目を覚ましてしまった。

            , - '' '"´, ̄、`_- 、
          /   , '´,  , 'ヽ  \
          ,ィ゙  / //'´ 丶 ヽ 丶    この香り…あの方だわ!
        〃 / /  /  / /  i l  ヾ l    
        /i / / / / /  , 〃イ'l ! i ヽ│   そこまでして、わたくしを…
       /| / ' ' / ', // !\ !  | ..   いえ、今は逃げなければ…
       l l゙ /  ,l !/_/、//_____ヽヾi !  | ..   
      ,l | ! /リ'f rテ' /''~-t rァ`lヾ) |     もう二度と逢わないと…
      |  | ′!| ` ̄´  l   ~`'''´ lレ"`|     示さなければ…
      |  |i  ヽ     !      /'〃!|   
      |  |i  i \  / ̄l   / 〃! |  .
      |  |  i   lヽ ゝ-' ,イ ! 〃 |  .
       l |  !   l  ヽ‐ '  l、 〃 ! |
      │ l ! i  /l     l/`〃 ! |
       ヽ l l  / l~l     / 〃\  |
355 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:35:59.25 ID:xkrBQroo
             _,, -―ー- ..,,、
        ,/´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`' ,、
       / ;;;./;;,ン''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`x      さようなら、源氏の君……
      / ;;./ ;,r'";;;;;;;;;;;;,i;',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,               ,-.、
     ./;;;,i";,イ;;;;;;;;;;;;/;;;.!;.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!             , / 、`l
     .i'、.,';;;〃;;;;;;;;;;;/;;./ ,'L、;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;.!              / .!,ノ゙./.゙l_,,
     l;|;;;!;;;;ll゙;;,,ッ;;,〃r' / ',リ、;;;;;;,,,,;.!;;;;;;;|         /  .〔''ン‐'7゙l
    .li;|;;|;;;;||;,'/-少 / '''''''.゙ゝ`'シ`ll;;;;;;;|        ,y′   .l  .ト''',、
    :!',|,;.!;;"lて''" '" .`'゙丁cjフ\〉 ./};;;;;l        ,r'/      ゛  `'i',.l
    :!;《;`、;;;, '゙'″〉       ,ィ゙|;;|;;;;|;;|     / . ゙      .',    | }、
    .l;;;l, ';`',.ヽ /       ./ /;.!;;|;;;;',;;!    /            !  .t .! .l',
     l;;;;.l.;;;;/';;\  --   / l !;;;!;;;;.!;',    !      、   .,!  .',l゙ .l',
     .',;;;;ヽ;||;;;.!;;;ヽ、  . /   !;;.!;;;l;;;;;;.l;',    ' ,.    │   !  !..l .|.!
     .l.;;;;;;]l;;;.!;;;;;;;li`''l゙´    .|;;;.!;;.!;;;;;;;;.l.l_.   `'-、  ',   .|  .! .', |゙l
      .ヽ;;||;i;.!;;;;;;;;',.l;;.!    .l;;;;|.l;!...-'"゛  `゙''-、  l   ' ,   .l .,'  ', .l│
       `,'|/.!;;;;;;;;;;,,r‐!     l;;;;゙‐'゛        `''-',  ,   ! `,'   .', ! ト,
       /;l;l;;|;;;;;;./   ゛  ./_,,l;,;;;!               l  !  │ .|    !l :!..l
     ,/゙.||;;|' ,ノ゙--、   '" l;};l゙            l  l   !  .!    .|││
    /  .|,!;}         !;|;;;!              |  l   /.ヽ .|    .| l │
   !    .l,!;;!         l゙;!;;;!   -''7 ̄ ̄T''''─`、  !  / l゛.' ,|    l゙.!  .l
   l   ',l;|;;.!         _,,、l゙;|;;;}    ノ゛  ./    \ l./ .l゙  .`   .l゙.!ー'"
   |  .、,!l;;;|     r'.., ' `l,'|;;;;!.ー、     .,l!      `, '  .l         ! !
   |  .,,'',.!|;;;|、   /f   .|',|;;|.!  ゙7    ,' l      │  | .、  、 ...,|'.!'、
   ! /  {;!;;:!.゙l .,.. lフ     !.||;}.!.l , '   ,i";|.!       |  | .\  ´  .! .`、
   /,r'  .l',', .く,',        | |',', ',` `' ,..,i, ';;,!,!     ./ !  |   .`''ー- ,li │


女君は布団代わりにかぶっていた衣を脱ぎ捨てると、
単衣(ひとえ)一枚で寝室から逃げ出した。
356 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:36:48.70 ID:P91SQUso
空蝉の君すげえww
357 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:38:12.42 ID:xkrBQroo
入れ違いに入ってきたやる夫は、
そこで眠っていた女人と、無理矢理に契ったのだが…。

            __   __
          , '´    `´    ``ヽ
          //        ヽ丶、 \
       / /   ,.,         `、 ヽ 、ヽ
       /  , //i l    、  ヽ  ヽヾミ!
    __< ̄{  l | l l !、  l l l l l  トヽrへ、        こんなことをするのは、いったい誰…あら?
   ∧ 只 i´「仄廾ァ ト、 ト l_L」__l   } 只´ ̄入     
  〈 ヽ/ ハ. VィTァ‐r、 ヽ! ヘヽ、N``! ル’,イ‐ノ   〉
   ,>┴r`1ヘヽ Y:::ノ      イフ:::厂ゞノ儿_U'´ ,ィく     あっ、あなた、もしかして
   !`<´L.」_ヽ!`` ̄   ,    └- ' 'イノ,.イ |‐<ノ }    ……源氏の君!
   `>,、___} ヽ     `       /ー' ,.二、/ 丿
   トく_,.-─-ッ \ ヾ´ ̄>   /  (_/ /、
   ヽ,、_` ̄´/    \    , イ     ヽ_/ヽノ}
    ((__二 ̄     l` ‐ '′ l      r‐¬ァ'´丿
      `ァr┘     /l     l\     {二´、-<
      `'  __//ノ     ヽ i \_    〆´
   fT´ ̄ ̄    {´       ソ       ̄ ̄`力

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\     !?
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    (あの人じゃないお!?)
  \    |ェェェェ|     /
358 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/22(日) 20:39:27.84 ID:NnEUv9g0
wwktkwwktk
359 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:39:47.86 ID:lnsKxZYo
やっちまったなwwww
360 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:40:10.73 ID:8pf4jf2o
抜け殻だけ残していったから空蝉なのか?
361 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:40:19.45 ID:xkrBQroo
            __   __
          , '´    `´    ``ヽ
          //        ヽ丶、 \
       / /   ,.,         `、 ヽ 、ヽ
       /  , //i l    、  ヽ  ヽヾミ!
    __< ̄{  l | l l !、  l l l l l  トヽrへ、
   ∧ 只 i´「仄廾ァ ト、 ト l_L」__l   } 只´ ̄入     信じられない…
  〈 ヽ/ ハ. VィTァ‐r、 ヽ! ヘヽ、N``! ル’,イ‐ノ   〉
   ,>┴r`1ヘヽ Y:::ノ      イフ:::厂ゞノ儿_U'´ ,ィく     源氏の君さまが
   !`<´L.」_ヽ!`` ̄   ,    └- ' 'イノ,.イ |‐<ノ }    わたくしの寝所にいらっしゃるなんて…(ポッ)
   `>,、___} ヽ //  `    //  /ー' ,.二、/ 丿
   トく_,.-─-ッ \ ヾ´ ̄>   /  (_/ /、
   ヽ,、_` ̄´/    \    , イ     ヽ_/ヽノ}
    ((__二 ̄     l` ‐ '′ l      r‐¬ァ'´丿
      `ァr┘     /l     l\     {二´、-<
      `'  __//ノ     ヽ i \_    〆´
   fT´ ̄ ̄    {´       ソ       ̄ ̄`力


       ____
     /⌒三 ⌒\     (こうなりゃ、ヤケだお!)
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  お静かに……
  |     |r┬-|     |   あなたを慕って、ここまで来たのです
  \      `ー'´     /
362 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:41:07.26 ID:P91SQUso
腹を据えたwwww
363 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:42:10.49 ID:xkrBQroo
          .i。゚;i;,.
        ,:'i:゚。',゚'::,:'
       ::,i;゚。i.;:''"´
   ::  :: i;゚;i::
    ゞ  /_,..-''"´`'
 (`:、:::::::ヾ/−''"´
  ヽ:::、 /
   ヾ;;;/_,,.;:''"i:           ※しばらくお待ちください…。
364 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:42:37.36 ID:8pf4jf2o
最後まで責任を持つところがただのヤリチンとは違うよなwwwwww
365 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:43:20.69 ID:P91SQUso
わっふるわっふる
366 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:44:25.76 ID:xkrBQroo
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      本当はもっとちゃんとした形で
  / o゚((●)) ((●))゚o \     話したかったお
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /

       ____
     /      \    
   /  _ノ  ヽ、_  \      でも、世間の目もあるお…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \     君に迷惑をかけることはできないお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\       だから一夜の秘密としてやる夫たちの
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     胸に秘めておくお!
  |     |r┬-|     |     文も送らないお!
  \      `ー'´     /


やる夫は言葉巧みに、紀伊守の妹君に言い含めた。

妹君は若いせいもあったのだろう、
こんな都合のいい言葉を信じたのが、あはれであった。
367 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:46:30.70 ID:xkrBQroo
◆平安京、二条院

       ____
     /      \   
   /  _ノ  ヽ、_  \    あの女君に逢いたかったのに
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   別の女の子を食っちゃったお…
  |     (__人__)    | 
  \     ` ⌒´     /
368 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:46:52.01 ID:lnsKxZYo
よく言うわwwww
369 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:48:32.80 ID:xkrBQroo
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     結局手に入ったのは…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    あの人が来ていた衣だけだお…
  |     (__人__)    |    まるで蝉のぬけがらだお…
  \     ` ⌒´     /

                     ノ────-、
                   /~/       ゝ´.ヽ、
              ,,、-ー'''´  /      /      ヽ、,
           ,、l⌒l      |      /         丶、,,
          /l:::l ;;;      .|     /         ,,;;;;;;;: >、,,
         ./:::l:::l ,;;;      l   ./        ;;;;;;::'' ./::::::::::::;;ヽ
        /:::::l:::::l .';;;,       l   /        ,;;;;;'' ./:::::::::::::;イ::::::l
        /:::::::l:::::;〉, '';;;;,    l  /      ,,;;;;''' /:::::::::::::::/::::::::::::l
       /:::::l::::::l;;/::::::'ヽ、''';;;;;;,,| /,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;''''' ,、ー'´ l::::::::::::/:::::::::::::::::l
     /::::::::l:::::::〉::::::::::::;;、==_∨'''''''_,,,,、...-ー''´:::::::::::l::::::::/:::::::::::::::::::::::l
    /:::::::::::::;;l:::;;l::::::::::/  / / ̄ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::l:::::/:::::::::::::::::::::::::::;:l
   /:::::::::::::::::::;;;;l;;;l::::::/   ./ヽ,ノ、    ヾ、:::::::::::::::::::::l:::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
 /::::::::::::::::::::::;;;;''l::::/     ノ /::l ヽ、    ヽ::::::::::::::::::;;l::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
/::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;l::l     /  l::::l  ヽ    ヾ、::::::::::::;;;l::l:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;l
370 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:49:07.42 ID:4oT2slYo
衣というより制服wwwwww
371 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:50:20.97 ID:xkrBQroo
         / ̄ ̄\
        /      \      あんな強情な女は初めてだお…
       /::::::::::::::     ヽ     
       |::::::::::::::       |     だんだん恨めしくなってきたお
        ヽ::::::::::    /      もういっそ憎んでやるお…
        /::::::::::::   く        
-―――――|::::::::::::::::   \ -―,――――  
         |:::::::::::::::  |ヽ ⌒)

       ____
     /      \
   / ─    ─ \     憎んで…憎んで……
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |   そして忘れてしまうお…
  \     ` ⌒´     /
372 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 20:51:02.89 ID:Fj5LPO2o
俺、光源氏に生まれ変わるわ
373 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:52:02.45 ID:xkrBQroo
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \  
  / o゚((●)) ((●))゚o \   …………。
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /
374 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:54:06.48 ID:xkrBQroo
      ,, -──- 、._ 
    -"´         \ 
   /              ヽ     憎めない…憎めないお!
   /             ヽ
  |      _ノ    ヽ、_  .|    恋しくて恋しくてたまらないお!
  l     o゚⌒   ⌒゚o  l 
  ` 、      (__人__)   /    どうしてだお?
    `ー 、_.   ` ⌒´   /     あんな冷たい人にどうして惹かれるお?
       /`''ー─‐┬''´
       /  丶. i  |
      ./ 丶、_)|_ノ|_
      .|  ̄ヽ._  ´  ヽ  
      ヽ、 _/´`ヽ   /
375 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:56:03.86 ID:xkrBQroo
                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \        頭じゃわかってるはずなのに…
                       /:::::             \      ダメなんだお…心が動くんだお…
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |     ああ、はれ……
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |      これが「恋」ということなのかお…
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄
376 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:58:00.16 ID:xkrBQroo
     / ̄ ̄ ̄\
   /       .\
  /   ─ヽ  .─   \     空蝉の身をかへてける木のもとに
  |   (●)  (●)   .|       なほ人がらの懐かしきかな
  \.   (__人__)    /
   ( ヽ  ___ ././      ……と
   .\ \|  .,レ゛/       我ながら未練がましい歌だお
     .\旨 爻ン


蝉のぬけがらのように、衣だけ残していったあの人を
まだ懐かしく思うことだ…。

やる夫はそんな和歌を、チラシの裏に書き散らした。
377 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 20:59:58.96 ID:xkrBQroo
◆数日後、平安京、内裏

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   お、どうしたんだ? やる夫
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)、

       ____
     /      \
   / ─    ─ \     なんだお?
  /   (●)  (●)   \   やる夫はどうもしてないお?
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
378 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:02:18.34 ID:xkrBQroo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    そうか?
. |     (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ     失恋でもしたような
.  |         }      顔をしてたからな
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)、 


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     そ、そうかお?
      /( ●)  (●)\ )
    ./:U: ⌒(__人__)⌒::::\     やる夫はこの通り
    |    (⌒)|r┬-|     |     元気いっぱいだお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄
379 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:04:15.05 ID:xkrBQroo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    そうか、ならいいんだが
. |     (__人__)    
  |      |r┬|}     それはそうと、今夜は藤壺女御さまが
  |      | | |}     管弦の遊びをされるそうだ
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ      やる夫も行くだろう?
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     もちろんだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   やる夫の素晴らしい演奏を聞かせてやるお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
380 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:06:20.76 ID:xkrBQroo
◆その夜、内裏、藤壺

         ____
       /⌒  ⌒\         /へ
      /( ●)  (●)\      <´ ゞ /
    / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  /〆<ソ
    |     |r┬-|     |///
   ∧      | |  |    ///        浅緑 濃いはなだ
   (  \    /⌒`ヽ///ミヽ        染め掛けたりとも 見るまでに
   \  \<    ///\/ }     
    ,ヘ  \_∩ノ^) /  }__./        玉光る 下光る
    {  \__,,__ノ    ノ            新京朱雀のしだり柳〜♪
    ヘ      ヾゝ  /´
     \  :゚¨゚:  /ヽ  ジャカジャン
       `ー--‐一


        ___
       /     ヽ
      ./ _ノ ヽ、    ヽ        またはた、井となる 前栽秋萩
      .| (ー) (ー)  |
  .    | (__人__)   .|        なでしこ唐葵 しだり柳〜♪
      |  |r┬-|    |
      |   `ー'´   /
       ヽ  ヾ    /
       ゝ     (
     /       ヽ   ジャンジャカ  ジャカジャン
    (   /        ヽ
   /\ \ ̄・ ̄ヽ、|_|_______ノφφφ~ヽ
  (  ( ヨ||=||=||=||=(゚∀゚)=||=ηη=||=━━━━!!!!!
   ヽ◎。_。_ノ ̄ ̄ ̄\_ノ ̄ ̄ ̄ヽφφφ__ノ
381 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:07:57.65 ID:xkrBQroo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   やる夫たちが歌っているのは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    「催馬楽(さいばら)」と呼ばれる歌謡のひとつだ
  √¨l-゚]、   
  (゙ /  |ゞ    もとは民衆のあいだで歌われてたものが
  /ヾノ==,)    宮廷に取り入れられたらしい
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
382 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:10:05.06 ID:xkrBQroo
そして夜も更けた頃……。

にわかに強い風が吹き込み、
藤壺の灯りをすべて消してしまった。

::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::: ::::: :: :::::: : ::
::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : : : ::::::::::::::: : :::::::::: : : : :::::::::::::::::::: ::::: : : : : :
: : : : : : : : : ::::: : : : : :::: : : : ::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : ::::: : : : : :::: : : : ::::::: : : : : : : : :
:::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : ::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
::::::::::::::::::: ::::::: : : : : : : : ::::::::: :::::::::::::::                       : :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::: :::::::: : : : : : ::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: :::::::: : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::: ::::::::::::::         :::::::::::: : : ::: ::::::::::::::::::::::::::フッ…::::::::         ::::::::::::
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::::: :::::::::::: 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::: ::::::: : : : : : : : ::::::::: :::::::::::::::                       : :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::: :::::::: : : : : : ::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: :::::::: : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::: ::::::::::::::         :::::::::::: : : ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::::::
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::::: :::::::::::: 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

やる夫:「うわっ、真っ暗だお!」
頭中将:「落ち着け。また火をともせばいいことだろ、常識的に考えて」
383 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:12:05.15 ID:xkrBQroo
女房:「いま火をお持ちいたします…」

::::: : : : : : ::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::: ::::: :: :::::: : ::
::::::: ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::: : : : : : : ::::::::::::::::: : : : : ::::::::::::::: : :::::::::: : : : :::::::::::::::::::: ::::: : : :
: : : : : : : : : ::::: : : : : :::: : : : ::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : :::::::::::::::::::::::::: : : : ::::::: : : : : : : : :
:::::::::: : : : :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : :::::::::::::: : : :::::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::::::::: : : :::::::::::::::::
::::::::::::::::::: ::::::: : : : : : : : ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ,;';  ポゥ…:::::::::::::::::::: : :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::: :::::::: : : : : : ::::::::::: : : : : : :  :::::::::::::::::::::::   it;'     : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::: ::::::::::::::   ::::::::::::::: :::: :::::::::::: : : ::: :::::::::::::::::   ii f;'   :::::::::::::::::::::::   ::::::::::::
::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: ::::::::::::::   シ,.,.ツ  :::::::: :::::: : :::::::: :::::::::::: 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::   /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::: ::::::: : : : : : : : ::::::::: :::::::::::::::   :::::::::::::::      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::: :::::::: : : : : : ::::::::::: : : : : : : : ::::::::::::::::::::::: : : : : :::: :::::::: : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::: :::::::::::::: ::::::::::::::::::::::  :::::::::::: : : ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::::: :::::::::::: 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
384 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:14:07.89 ID:xkrBQroo
御簾の向こうで、まず灯りがついた。
一瞬――、簾の内にいらっしゃる方のお顔が、ほのかに見えた。

 !:::::::::::::::::::::/::::/   l l    ,l   | |  l   ! !   l      l l::
 !:::::::::::::::/!:::/ |    ! ! |  / !    !_!-‐ァ l | |    |      ! !:
 !:::::::::/,-、∨ _!__, --、|  ! |   | !   |`r'´!  l ! |    |     <
 |::://:::::::!:! | {   }`゙`ト!、 ! |    | !/  ! ハ |     !      !:
-、!'/:::::::::::ノノ! !ヽ!`T´!   !| !`ト、 !    ! !  // ! !    !         |:
ヽヽ:::,、:::/ィ ト、|_ァ=ァ==ミ、トl !  l   ,イヽ!,イ/  l ハ   |       !
 〉!:/::ヽ/|  | ヾ  {っr⊂かミヽ|  ! // /メ  _// !  | !     | |::
_/∧::::::::) l!  !  `┴-ニ、ノ     V //〃 ヽ/'``ト、 l l    l | l::
-'  ヽ:/l  |ヽ !      `       '´ /' _   /イ メイ    ! l /::
-ヽ  ヽl  | l |                7っ`ヽ'´ l// j  / / /レイ::
  ヽ l   ! | |                _{ r⊂∧  ,.イ  / ,イ /-イ !::
\  ヽ!   |  ! !            /    `ヽン ノ// , イ/彳  ! l:::
_`ニ=|  |  l |        、   '´          ,イ l イl l  |:::!   ! !:::
::::::::::::::!  |\ ! l      ` -       /イ /  l !|  !::l   l l:::/
⌒l:::::::|   !--ヽ! |                /´ !/!  ! ||  !::|   ! レ
、 ヽ´|   !  | ! |           _, '´  〃 l  l  || l:::l!  | 
 `´ |    ! l  | !` ト __ .. -‐=ニ´、   // ! l  || !::||  !
    ',    ', ! | !  Y´`ヽ‐、    \> //|   l   || ,ヽ! !  l
    ヽ   ヽヽl l   Yrゝ〉ヽ}   / \l l !  |    ||' / l   ',
385 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:16:07.01 ID:xkrBQroo
          _____
        / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
       /        ∪     \      ||  ||
     / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
    /  (   ● l    l ●   )  \
  /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \
  |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |    
  |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
   \          |/⌒i⌒、|         /
    \       !、__,!    U  /
    /       、____,,      \
   /                        ヽ
   |  、                 ,   |

元服して五年。
見たいと願っても見れなかった、あの方の顔…。

それが、今も変わらず美しく優しい表情をしていたのを
やる夫ははっきりと見てしまった。
386 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/22(日) 21:18:15.16 ID:NnEUv9g0
ふつくしい…
387 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:18:15.42 ID:xkrBQroo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \                         パッ
 |    ( ●)(●)   おお、明るくなった
. |     (__人__) 
  |     ` ⌒´ノ   気を取り直して
.  |         }    もう一曲行こうぜ、やる夫
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

       ____
     /   u \
    /  \    /\      わ、わかったお…
  /  し (>)  (<) \
  | ∪    (__人__)  J |    (なんだお、胸がドキドキするお…
  \  u   `⌒´   /       ええい、落ち付くお!やる夫!)
  ノ           \
388 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:20:18.74 ID:xkrBQroo
         ____
       /⌒  ⌒\         /へ
      /( ●)  (●)\      <´ ゞ /  
    / U:⌒(__人__)⌒:::::\  /〆<ソ
    |     |r┬-|     |///       夏引きの白糸 七はかりあり
   ∧      | |  |    ///         さ衣に 織りても着せむ 
   (  \    /⌒`ヽ///ミヽ        
   \  \<    ///\/ }        まし、めはなれよ〜♪
    ,ヘ  \_∩ノ^) /  }__./       
    {  \__,,__ノ    ノ           
    ヘ      ヾゝ  /´
     \  :゚¨゚:  /ヽ  ジャカジャン
       `ー--‐一

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      (汝、妻離れよ…
. |     (__人__)        って離婚を迫る歌じゃないか)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)、

        ___
       /     ヽ         頑なに物言ふ女かな〜
      ./ _ノ ヽ、    ヽ
      .| (ー) (ー)  |        ナ♪ まし麻衣も我が妻のごとく
  .    | (__人__)   .|        たもと良く、着良く肩良く、小首安らに
      |  |r┬-|    |         まし着せめかも 縫ひ着せぬかも〜♪
      |   `ー'´   /
       ヽ  ヾ    /          (ま、他意はないだろ、常識的に考えて)
       ゝ     (
     /       ヽ   ジャンジャカ  ジャカジャン
    (   /        ヽ
   /\ \ ̄・ ̄ヽ、|_|_______ノφφφ~ヽ
  (  ( ヨ||=||=||=||=(゚∀゚)=||=ηη=||=━━━━!!!!!
   ヽ◎。_。_ノ ̄ ̄ ̄\_ノ ̄ ̄ ̄ヽφφφ__ノ
389 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 21:21:02.22 ID:4O6Fc5Uo
おいおいww
390 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:22:23.70 ID:xkrBQroo
管弦の遊びが終わると、やる夫は話もそこそこに退出した。
雨上がりの美しい月が、すべてを照らしだしていた。

                        ,.' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::;;;,;,..''""゙
                           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:;;:'""''''''''
\                   ,. ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,,,......,,,,,;:;''"     .. .:.. .    
::: : ' ,              , '゙ ::::::::::::::::::::::,,_,,,..;''""''''"      .  .. .. .      .. 
,.,;:;:;:;:; ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''" .,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""    :.:.. ..     .. . .         
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..   . :.  .. . :.:.. ..         ,,...;:;:;;:''""'''""
          . .:.  . . .   . .. ..   . . :.     ......,,,,__...,,;:;'''""'''';;;.......,,,,...;: """'
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .  ;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""            ""''''''''':
 .. . .   .  . :.  .. . :..       "';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''       .,.,;:
               :.:.. ..  . .     """"'''''':::::::::;;;;,,,,,....._        ""'"  
:.:.. ..  . . .. .. .. . .                           ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;
                     ..  ... .  .. .                          '
                                   . . . . .    .: ..  . .
     .:....   :. :. .... ..      



       /  ̄ ̄ ̄ \
       /        ::::\
       |          :::::::|     …………。
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /  
     .|::|     ::::| :::i   
     .|::|:     .::::| :::|
     .`.|:     .::::| :::|_
      ,':     .::(  :::}
     .i      `.-‐"
391 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:24:42.41 ID:xkrBQroo
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l


             理想の人……

             本当の恋……

       押し殺せない、切ない想い……



         / ̄ ̄ ̄\  
        /(●)  (●) \ 
      / (__人__)   U  \   やる夫は…
      |   ` ⌒´         |    やる夫は……
      \      `     ,/
      /          \
     |           |  |
     |          |  |
392 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:26:05.59 ID:xkrBQroo
      /        /:   / /  ;:  l  ヽ  \
    /       : ./:   :/ /  /::  l、  ',   ',
.   /  .:/     : /::  .;イ イ: / !::: l ',   |    l
   /  .:/     .: ,::::  /l l:/_|:l , |:::: l l:  l:    l
.  /′ .:/    .::: l:::   ! l |  l`ヽ.l::::: / |::: ,:::  l |
 〃 .:/    .::://l:::  l l 、=ァュ、|` !`/  /::://l::l :. l. |
.// :/    .::::::// l:::  l|: l  、トう/` j/  イ/く/ l:::l ::/! !  
:/ .:/   .:::::::://ヽ!::  l l: l   `^     ,、ヽ >!::.l:/ .l/   
 /   .::::::::::/ /::| l::: .l: l: l         、lン'//// /    
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′     
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l


      あの方を…愛しているんだお!
.
393 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:28:10.98 ID:xkrBQroo
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
   \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ 
    /    r''ヽ、.|  
   |     `ー-ヽ|ヮ 
   |       `|     ーーー   
   |     `ー-ヽ|ヮ        ノ    
   |       `|        ノ       
   |.        |         
   ヽ、      |      ーーー ヽヽ   
     ヽ____ノ          ノ    
     /_ノ ' ヽ_\        ノ     
   /(≡)   (≡)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / 
  |     |r┬-|     |  (    
  \      `ー'´     /    \


第三話「恋のうつせみ」、おわり
第四話「やすめぬところ」へつづく
394 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/22(日) 21:28:51.20 ID:NnEUv9g0
おっつやで
すっごくおっつやでぇ
395 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 21:29:11.42 ID:4O6Fc5Uo
乙、このやる夫は最低なのに憎めない
396 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/22(日) 21:29:17.11 ID:1weCqHw0
お疲れ様でしたーーー
397 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 21:29:19.82 ID:lnsKxZYo
乙乙ー
398 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/22(日) 21:30:08.99 ID:xkrBQroo
以上で、第3話は終了です。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

次回は、25日の19時ごろから投下したいと思います。
399 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 21:32:10.75 ID:lnsKxZYo
了解ー

楽しみにしてま〜
400 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/22(日) 21:48:35.53 ID:QIEyitAo
お疲れ様でしたw
401 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/22(日) 21:52:37.20 ID:r0AgWws0
乙です。
源氏、いややる夫なんというリア充…
402 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 17:26:03.47 ID:cYXYRb6o
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/    
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /  
   / _勺 イ   r;==、      シ    〃 /      本日も予定通り、19時ごろから投下したいと思います
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/       よろしくお願いします
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
403 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 17:28:24.60 ID:sRLlI9oo
了解ー
404 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 17:30:17.83 ID:BGR8Bi6o
了解
405 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:02:32.12 ID:cYXYRb6o
いずれの帝の御代であったか……。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。


   ,        ,..__,..-、__,,..,,_
   |`:、      ゝ:: ::: ::..`:、_,,.へ`ヽ.
   };; ヽ  ,..,_/.:.にニ=-─ー;:-'`Y' `:、__,/~~)
   l;;;,  `:、 y`ー--'`ー-=-'~:::.ヽ.::::;/`' /`'  __,.,
   ヽ.;;,,  `';;;, `ー'"`-'" ,,,,.....  >'`-'─'''~  ト
    `;;;;,,  ;;;;;;,,    ;;;;;;;r-,,..--'"~,,;;;,,, /.:::  ∫ _,,..
     l;;;;,__  ;;;;;;,,   ;;;;;;/      ''''';;/.::::   l r',/
   ∧(,..-ニヽ.''';;;;,,  ;;;;/        ;;;;|::::::  ///
   ヽヽ.`:、 ゝヘ'';;;;, ;;;;/        ;;;;;|:::: ,//
    \,..ヘ `ゝ ヽ;;: ;;/        '';;l-'",/
      \ゝ ヘ__  } ;く      ,;;;;;, /''/
       `ヽゝ< レ ヽ    ,,;;;;;;;/'〆
         `ゝ_ `ヽ`ー-`,.,___,,-''_,ゝ
           `ー-,,.._../ `y.  ..:::`ー--..,,_
              ヘ.:  / `ー‐-‐''~ ̄~ ̄
               /.: /
              /.: /

        第四話「やすめぬところ」
406 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:04:30.07 ID:cYXYRb6o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   今回の話は、原作では欠落しているエピソードだ
  ミ゙ ゚ -゚ノ    関連書籍と>>1の創作が入り混じった感じになる
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   それを踏まえておいてくれ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
407 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:04:36.20 ID:sRLlI9oo
キタキタ
408 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:05:22.04 ID:L1CzhtEo
創作?何やらおもしろそう
409 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:06:03.81 ID:cYXYRb6o
                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \     はー……
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄
410 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:06:05.96 ID:gxLrxxko
パチパチパチ
411 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/25(水) 19:07:22.62 ID:.B0kC/oo
ハジマタ
412 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:07:56.43 ID:cYXYRb6o

                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \      (藤壺さま…)
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |    (ダメだお…どれだけ想っても…
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |      叶うはずない恋なんだお……)
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄


                        ____
                      /;;;::::::::::::::::  ̄ ヽ
                     /::::   ,,ノ:..:ヾ、   \        …そうだお
                        /;;;;;ー'"´   ,,、  ー‐‐,,   \
  _______ +      /;;;;;( (;;;;;) );;;;;;;;;;;((;;;;;) )    ヽ    普段やらないことをやって
  |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::               |    気でも紛らわすお
  |i: /ヘ:\     :i|     _ |;;;;;;;;;;::::::: (___人___,)       |
  .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、⌒ij~"       /`、
   |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:";;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;         。;: /::::: ヽ
   |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、;;;;;;;;;;:::::::;;;;;"⌒;;::/::|:::::〆::\
   |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ;;;;;::::;;;;;;;_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
 ─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
413 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:10:00.20 ID:cYXYRb6o
◆大内裏、某所

        ヽヽ:ヽ彡            ____
         ヽヾ:;ヽ          ./⌒三 ⌒\_
\        彡ヽヾ::ヽ彡      /( ○)三(○)\
\\彡      彡ヽヾ::ヽ彡   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     うおおおおおおッ!
  \\       彡ヽヾ::ヽ   |     |r┬-|     |
  彡\\彡       ヽヾ::ヽ   \      `ー'´     /,
   彡\\彡    彡ヽヾ::ヽ彡  /:ヽ-__〈`l7´::::::ヽ ///
     彡\\彡    彡ヽヾ:ヽ ノ::::::::::::  V::/:::::::::::〉//彡
      彡\\彡 ブ  彡ヽヾ く;;;;;;;|:    /;;;;;;;;;;;;;;ゝ/
        彡\\彡ン      / ::/:::::  ./::::::::://  //
`丶、.彡        \\       / :::/    ./:::::::::/::l //彡
`丶、`丶、 彡   ∠二フ   /:::::/{   /:::::::::/::::! /
 彡`丶、`丶彡  ヽ,'~つニ〉ヾ::::::::/ ヽ /:::::::::/::::::::j _,. - ' ´
    彡`丶、`丶彡 ゙へノ7  ヽノ  /::::::::::/ー--¬_,- ' ´
       彡`丶、`丶、彡くヲ``` ̄___ノヘ</^ヾフ=/{
           彡 _,. -ヾソ  ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
           r ' ´:::::::::::::`ー‐'\\,,,,,,,,,,,,,,,,,:::::::::::::::``丶
              l:::::::::::::::r -- ' ´ \\   ``'ー、::::::::::::::l7
           /::::::::::::::l       \\     l::::::::::::〈
           〈::::::::::::::/         `´     l:::::::::::::〉
414 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:10:31.22 ID:L1CzhtEo
何をやってるんだwwwww
415 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:10:52.81 ID:sRLlI9oo
剣の練習・・・かな?
416 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:12:23.19 ID:gxLrxxko
この頃は、訓練を積んだ貴族の子弟が天皇の警備をするんだっけ。
417 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:12:49.19 ID:cYXYRb6o

             , '
             〆
           //                       _,,,....-::::,,..-;:'
           ノ /                  _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
          /  i                   _,.-'^ "              ̄=.、".
          ,i  |i                  -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
         ,'  |i                 >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
         i|   |i                :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
        i|   .|i               /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
        |    .i、              /〆"           \       `i       丶
        ゝ     i、                            丶      |i     +   +
     '   i|      ゝ                             ミ     .ミ
         .i|      丶                            |     |l    /  +
         .i|       \                            .i|    |i      ´
          .i|        丶   .                      .i|    |i  ゞ
          .i|        丶丶、、,,                   i|    |i  ´`  +
           i|         \ゞ`                   j|    ,/  '  /
            i|、       `\ 、、,                 .i|   ,/;:";:|;,/×
             ゝ       `丶`\ゞ                i|   ,/";:`, 、 丶
               \  ,.   ミ\丶 `           \  i|  ,/`,;:ノ`,
                 `;丶\丶  、`丶              .j|  /;`,;:+
                       \ 丶              / ./+``
                           \            ././  ,'
                                       /"`;丶
                                     / `,
                                     '  
                                  /    ゞ
418 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:13:57.89 ID:cYXYRb6o
      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
       \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          〜               /M/
419 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:14:36.69 ID:sRLlI9oo
吹っ飛んだwwww
420 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:16:05.00 ID:cYXYRb6o
        / ̄ ̄ ̄\_
       /:::/:::::::::::\( ;:;:;)
      /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<−> \
    (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)    やられたお…
    ./ ||    ` ⌒|||    ,/
   / / |\/ /  /l |  ̄       さすがは侍(さぶらひ)だお
   / /__|  \/ / | |         太刀筋が実戦的だお
  ヽ、//////) /  | |
   /  ̄ ̄ /   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ
421 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:17:52.25 ID:L1CzhtEo
車にでもはねられたかのような吹き飛び方でしたが
422 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:17:58.96 ID:cYXYRb6o

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |       そういう源氏の君も
      | │                   〈   !       貴族の細腕にしちゃ
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ     けっこうやるじゃないの
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_
423 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:20:02.60 ID:cYXYRb6o

    〃                 i,   
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈   
    !  :l      ,リ|}    |. }    やらないか
.   {.   |          ′    | }    
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    …と言いたいところだが
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    やめておこう
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|  
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ    
.    }.iーi       ^ r'    ,'   
     !| ヽ.   ー===-   /   
.   /}   \    ー‐   ,イ    
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\

         ____
       /   u \       あ、ありゃ?いいのかお?
      /  /    \\ 
    /  し (○)  (○) \    やる夫としてはありがたいけど
    | ∪    (__人__)  J |    そうあっさり言われるとかえって警戒するお
     \  u   `⌒´   /    


   _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
  {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    
   ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l      女だったら絶世の美人に見えるであろう貴方は
   ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}      俺の好みじゃないってことさ
    ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ   
    ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、     俺はノンケだって食っちまう男だが
     ヽ ゙こ´  /     ヽ、     これでも選り好みはする方なんだぜ?
      ヽ、  /__,∠、    `'-、
       `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
        /           〉 ヽヽ
      ィ               ヽヽ
   _,,-'´:::                 ゙i
424 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:20:21.20 ID:L1CzhtEo
え…今日はそっちの世界にいくのか?
425 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:22:03.11 ID:cYXYRb6o

  l |.          .|
.  l |. - ‐‐- ,. ‐''´ .| l
━ 〃         .| l    ま、それはさておき…
━ ┃      i'     .| l    
 ━┛|.        .| l     やる夫殿の噂は聞いている
 ━ 〃 ,. - ‐- ‐- | l     いろいろと、な
 ━ ┃|.  /´フ`:, | l     
  ━┛ |. し'、,.、j | l     剣の腕は俺たち侍にかなわないとしても
`ー-、_ ', |. |!': .;;| .| l     夜歩きをするなら、真剣を持ち歩いたほうがいい
   ┃ヽ、l.| :  ;;| | l  ,,
   ┃、 ヽ!   ;!l l
   ┃ ヽ  ゙、  .| l/ /
    ・  \ i;;;.| / /
ヽ  、 \  ヾi/ /  /
 `ー-、\ ,ゝ-'! //´
    `´`′  } ,.. j
     ヾ、   ! .:.:ノ
       ,.ゝ.:i:.:.:'.:.
   ,. ' ,. ':,.;;;i;;;;;_:.:..、ヽ
     / ̄     ̄\
   /          \

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\          ちょ…そっちの真剣は
    / ∪  (__人__)  \         出さないでほしいお
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   アオウトオブ眼中と言われても
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    ケツがムズムズするお
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
426 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:24:02.71 ID:cYXYRb6o
      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛  
  /ノ  (●)\  ・    それに、夜歩きと言っても
. | (●)   ⌒)\     従者は連れていくお
. |   (__ノ ̄  |
  \        /     盗賊に襲われても
    \     _ノ      やる夫がすることはないんじゃないかお?
    /´     `\
     |       |
     |       |


        , '´  ̄ ̄ ` 、
       i r-ー-┬-‐、i   相手が人ならそうかもしれないな
       | |,,_   _,{|
       N| "゚'` {"゚`lリ   だが、夜は人じゃないモノも
          ト.i   ,__''_  !    歩いてるんだぜ?
       /i/ l\ ー .イ|、
 ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
427 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:24:37.72 ID:sRLlI9oo
なん・・・だと・・・
428 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:29:23.28 ID:cYXYRb6o
                            
         ,、-'" ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄'-、,      
      ,、-'"             \    
    ,、-'"                 ヽ  
  /                    ヽ   
  /                      |   
. i            /       /  ノ  __l
 i           /        /  (_) /  !
  i          /       /    ) l   ヽ
  iヽ      ,、-'" ヽ     _/ /\_< ヾ  ヽ
   Y'⌒゙'-、 / __     ̄ \;//ll    ノ __  )  ヽ
  /,,、-'-、,  i´  ̄ ゙'、ヽ  ∧_!l  /゙'-、ノ ∨7,、、, ヽ
 ( (   ̄ヽY |     d i  !.   へ-┴、、、、゙' - //^\
 ヾヽ   '7 l ヽ<   ノ.ノ (<   (  ヽ ヽ ヽヽヽヽ
  ( L_/.∧ヽ ゙'='"'"   f ヾ  ンノ__ノ__ノ__ノ_ノ_ノ_ノ
   ゙'-、,__" リ レ   _/ ̄  i  /7゙┬-、,゙'--'"(_\
      ⌒> ! ヽヽ ,ヘ_Y^Yフ / //  l l 、゙'--'" /\
       ト、-、ヘ,イ  、ブ彡'" / |   ヽ ヽ |_,、-'"(_/ \
       L,!__|,、!,、-'"ノ  //  |    l゙、__,、-'"ゝ//ヽ/
        \---'"^    |   |    ゙'、,_ ,、-'"-'" /
          ) ハ、    /    |     |゙'-、,__,、--'"/
         f、_,、-'-、,_/      |    l   / -'" /
                      |    |   ゝ ,、-'"

京の夜には、百鬼夜行が跋扈する…。

鬼や怨霊たちの大パレードだな。
これに出会うと、祟られるなんてもんじゃすまないぜ。
429 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:30:02.95 ID:cYXYRb6o
    〃                 i,   
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈    だから陰陽博士たちが夜行のある日を占って
    !  :l      ,リ|}    |. }    外に出るなと言ってくるんだ
.   {.   |          ′    | }    外に出ないのが一番だからな
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    だが、万一出会っちまった時のために
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|    身を守ってくれるものを近くに置いておくと
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ      いいのさ
.    }.iーi       ^ r'    ,'   
     !| ヽ.   ー===-   /   
.   /}   \    ー‐   ,イ    
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\

     ____
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \    …それが、真剣なのかお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


        , '´  ̄ ̄ ` 、
       i r-ー-┬-‐、i   そうだ
       | |,,_   _,{|
       N| "゚'` {"゚`lリ   昔から、刀剣には不思議な力があって
          ト.i   ,__''_  !    魔を祓うというぜ
       /i/ l\ ー .イ|、
 ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
430 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:32:16.13 ID:cYXYRb6o
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }      ああ、それから…
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }      尊勝陀羅尼を唱えたり
  ヾ|!   ┴'  }|トi  }      その護符を持っているといいと言うな
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、    弓の弦を鳴らすのも魔除けになる
    ヽ ‐'  /   "'ヽ    覚えておくといい
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \     ※尊勝陀羅尼(そんしょうだらに)…呪文の一種
   ,'              }  i  ヽ


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\           ありがとうだお
    / ∪  (__人__)  \          覚えておくようにするお…
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    しかし阿部殿、えらい詳しいお
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    承りの仕事が無くなりそうだお
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
431 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:33:35.66 ID:L1CzhtEo
うけたまわりwwwメタ発言するなwwww
432 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:36:00.34 ID:cYXYRb6o
          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ     って、よく考えたら
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)    阿部殿は安倍氏の出じゃないかお!
| / / /      |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/      安倍晴明の一族だお!
|     ノ     | |  |   \  /  )  /       詳しくて当然だお!
ヽ    /      `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ
 ヽ    -一''''''"〜〜``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン

        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ    
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j    まぁそっちの方面は
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{     一族の職掌だからな…
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.     一応、勉強したんだ
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\       やっぱりそうなのかお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     すごいおー
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
433 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:36:38.26 ID:eFC.Kiko
ああ やっぱりそう言うw
434 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:38:32.57 ID:cYXYRb6o
                           ヤルオギミー ヤルオギミ ハ ドコ ニョロー?>

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))      あ!ウチの従者が呼んでるお
        /⌒  ⌒\ \     
      /( ●)  (●)\ )    阿部殿、やる夫のわがままに
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    つきあってくれてありがとうだお
    |    (⌒)|r┬-|     |    
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/     やる夫はそろそろ失礼するお
    | | | |  __ヽ、   /       忠告も覚えておくお!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  | 
    `ー---‐一'
435 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:40:07.42 ID:cYXYRb6o
                                    コンド オレイ ヲ オクルオー>
                                          タッタッタッタ…>

        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ   
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j    
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{     …………。
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.     …すごい、か
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、

        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ    藤原氏でない俺たちは
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j     一族古来の職掌を守り
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{      そうすることでしか生きていけない…
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.     血の呪縛は、怨霊よりも怖ろしい
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ
436 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:42:23.01 ID:cYXYRb6o
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ    だが、源氏の君
  (i'"((´  __ 〈    }    貴方はどう生きるんだい?
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  } 
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }    皇族でもない
    |! ,,_      {'  }    藤原氏でもない、貴方は…
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
437 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:44:20.62 ID:cYXYRb6o
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ     …しまった
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
438 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:44:58.03 ID:TlwJ2dMo
どした?
439 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:46:00.77 ID:cYXYRb6o
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、      つきあったお礼に
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!     頭中将殿でも紹介してもらおうと
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|     思ってたが…
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ     言うのを忘れたな
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
440 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:46:31.39 ID:eFC.Kiko
やらない夫の貞操が守られたわけだなw
441 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:48:54.35 ID:cYXYRb6o
◆大内裏、某所

      /"'-..,;;;;;;;;;;;;;`''-..,,_;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;..|
       ト:::::::::`''- ..,, ;;;;;;;;;;;;`'' -...., . .- ''´|
      i:::::::::::::::::::三  `'' - ..,,;;;;;/;;;,,..-'イ;,
     /ニ、::::::::::::::::三    、;;;;;; `"´ ,,,,, i;;;i
    { ( _',::::::::::/          "" |/     おやおや、源氏の君ではおじゃらぬか
    ', '<i ヾ:::::::i  、、,,三、     ,,.-、 i
     ',、ヾヽi:::::i   '-ヽソヾ   /,'ッフ、i      やんごとなき方が
     ヽ__.. i::::i    、  ̄ノ  | ;ニ ノ.i       麻呂のような学者風情のところに
     ノ,.-| i::i          |   i        何の用でおじゃ?
.       i,ィ''"',    /、_  ::::   /
       /',',',  ',  /   ヽ_ノ  /
.      イ',',',',', ', ', ( ,.---::;;;;、_,. } /
     / '',',',',',', ', ',- 、 ,.__`ー´ノノ
   ,.-イ  ''',',',.',', ',:',    ,ノ /、,,、
  (  {´    ',',',',', :',.','---─ '´リ  ', ヽ
''´´ヽ((''- ..,  ',',',',', .',.',ソ  ./ /   ',) }ー..,,,
442 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:50:03.59 ID:sRLlI9oo
時代的にピッタリだな麻呂wwww
443 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:50:07.64 ID:L1CzhtEo
世界観に合いすぎwwwww
444 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:50:23.08 ID:cYXYRb6o
         ____
       /      \       特にどうって用事はないんだお
      /  ⌒  ⌒ \      久々に色んな本を読みたくなったんだお
    /    (●)  (●) \
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /
    (⌒\     / おちく /    /
    i\  \  ,(つぼ物語/   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)


       /_ /      |
      ,ィl__ナー--、___|
      ソ c゙~ニー-、__|       それは良い心がけでおじゃ
     /lェィ ゙~  ノ::::::::ノ
     ;'. ゙ラ 、云ァ ヾ::::::ノ;、      身分の高い方は学問もおろそかに
      |、イ__;、. ̄` ;':::i゙i,ィ′     なりがちでおじゃるからな
  __,,,,ィ|.llミェュァ〉.;' ルiフ:::7'rー、_
 /´;r'´ |!`;、"~ '_ムイ/::::://  ヾ;:
ィ'::::ヽ  `ヾミ三ェュムェェ'ァ"   j::
445 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:52:45.78 ID:cYXYRb6o
    _,,.-''-、
 ,.-''"  ',' ヽ
..|;:;_:;:_;:;;:;::l:;_;;:;;:|
.|;:;:_:;:_;:;;:;::l:;_;:;:;;:|    本だけではなく
|_____|__|     宮中に保存してある
|三!  =' lll '=|=l     手紙や懐紙(かいし)などもご覧になるかや?
トニl <でiン ,ィでi>l     
lヒヾ ` -'7' l、ー'lイ     古今の名筆と呼ばれる方々の
.ヾソ   l,、 ,、〉 lノ     お手を見るのも楽しいでおじゃ
  |.  ,ィ=t、 l
.  ヽ、 `='"ノ
   人":慈:"7、
  ヽ_〉-;-;-〈イ
   ./|.__|;;;|__.|iニ二)
    ヾ_,、___/       ※手…ここでは筆跡のこと
     ̄  ̄

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     そんなのもあるのかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ぜひ見せてほしいお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
446 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:54:09.13 ID:cYXYRb6o
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<).\      おっおっ、この懐紙なんか
  / /// (__人__) /// \    すごく綺麗な字だお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´ _   /     どこの方の書かれたものかお?
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン

       /_ /      |
      ,ィl__ナー--、___|       それは先年亡くなられた東宮さまの
      ソ c゙~ニー-、__|        お妃であられた方のものでおじゃ
     /lェィ ゙~  ノ::::::::ノ
     ;'. ゙ラ 、云ァ ヾ::::::ノ;、        かな文字の雅さは
      |、イ__;、. ̄` ;':::i゙i,ィ′       当代一だと思うでおじゃるよ
  __,,,,ィ|.llミェュァ〉.;' ルiフ:::7'rー、_
 /´;r'´ |!`;、"~ '_ムイ/::::://  ヾ;:
ィ'::::ヽ  `ヾミ三ェュムェェ'ァ"   j::
::::::::::゙`ァ一'゙::::::|:::::::::::::::`ー--一"::
447 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:56:35.19 ID:cYXYRb6o
     ____
   /      \
  /  ─    ─\     先の東宮妃さまかお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   たしか…六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)と
/     ∩ノ ⊃  /    呼ばれていた方かお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


    _,,.-''-、
 ,.-''"  ',' ヽ
..|;:;_:;:_;:;;:;::l:;_;;:;;:|
.|;:;:_:;:_;:;;:;::l:;_;:;:;;:|     そうでおじゃ
|_____|__|
|三!  =' lll '=|=l     東宮さまが亡くなられてからは
トニl <でiン ,ィでi>l     六条のお屋敷で、姫さま…
lヒヾ ` -'7' l、ー'lイ     東宮さまの忘れ形見でおじゃるな
.ヾソ   l,、 ,、〉 lノ     その方をお育てしながら過ごされているでおじゃ
  |.  ,ィ=t、 l
.  ヽ、 `='"ノ
   人":慈:"7、
448 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:57:41.38 ID:TlwJ2dMo
ついに来るか・・・
449 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 19:57:59.45 ID:eFC.Kiko
東宮と源氏はどういう親戚関係なんでしょうか?
450 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 19:59:02.65 ID:cYXYRb6o
【解説】
  、-−7
  ミ_o_d,,,   ここで言う東宮(皇太子)とは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    桐壷帝の第一皇子(やる夫の兄)のことではない
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   下の系図を参考にしてくれ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

          
               ┌────────┐ 
               │           . │ 
   桐壷更衣━┯━桐壷帝         前東宮━┯━六条御息所 
   (故人)   │    │          (故人). │  
       .   │    │              .  │  
         やる夫   │               姫君
                │        
              現東宮(一の宮) 

  、-−7
  ミ_o_d,,,   やる夫の兄が東宮に決まる以前
  ミ゙ ゚ -゚ノ    桐壷帝の兄弟に当たる皇族が、東宮になっていたらしく
  √¨l-゚]、   その人のことを指すらしいな
  (゙ /  |ゞ  
  /ヾノ==,)    六条御息所は、その妃として入内したことがある女だ
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
451 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:00:02.70 ID:cYXYRb6o

       /_ /      |
      ,ィl__ナー--、___|      お暮らしぶりはかなり裕福そうでおじゃ
      ソ c゙~ニー-、__|       
     /lェィ ゙~  ノ::::::::ノ       身分・教養も申し分ない方でおじゃるから
     ;'. ゙ラ 、云ァ ヾ::::::ノ;、      都中の風流人がお屋敷に集合して
      |、イ__;、. ̄` ;':::i゙i,ィ′     アカデミックなサロンができているでおじゃ
  __,,,,ィ|.llミェュァ〉.;' ルiフ:::7'rー、_  
 /´;r'´ |!`;、"~ '_ムイ/::::://  ヾ;:
ィ'::::ヽ  `ヾミ三ェュムェェ'ァ"   j::

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     そんな方なら…
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ぜひやる夫にも紹介してほしいお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
452 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:01:42.32 ID:L1CzhtEo
アカデミックなサロンって何か近代的な響きだ…
453 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:02:27.88 ID:cYXYRb6o
◆平安京、六条御息所の邸宅

        ト、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -‐ '":;:;:;:;:;:;:;_,.ノミ'、
        |:;:;:;:``'ー:;:;:;:''"´:;:;:;:;:;:;:_,. -‐='二三シハ    
        ト、_:;:;:;;l:;:;:;:;:;__,. - '"´ 三三三三彡ノ!
        l:::l  二、― 'r―-,_   _三三三彡彡ニヽ    …と言うわけで
         ヾi  `ー′:. `""´   ` ̄'三三彡片ヽl|    今度は源氏の君をお連れ申し上げたいでおじゃ
         '、 , - 、、   __,.. .. ,、_,  '三彡'^> ノリ
         l イで>、ヽ  ':,ィ'で'>'"   三シ' f ノ /    御息所さまはどうお考えでおじゃ?
         l ヾ二フ ,!  ヽ二彡'´   }ツリ ,、_ノ
         '、    l    ,.、      i 川 ├ミ'、
          ヽ   ,'   '__)ヽ、    /``7>、
             ヽ /`ー'i´   \   /  ///>、
           ヽ'、 、_,==ァ=-、_,} / /./////ト、
            \ヾ二"´_,. ‐-.:.:/ /.//////:.:ヽ
           ,. -/ゝ、':、_:' :、_ _:/ / //////:.:.:.:.ヽ‐- 、
          / /:.:.'、 ヾ"゙´ ̄ / / /////'′:.:.:.:.:.ソ ノ )


  \: ! i:}   、       ̄ ̄/ :j . /7:l: :l 、\ゝ
    ヘ i ト、   __        /://:/イ :| l: l:  、: ヽ          お連れなさるのならご自由に
      ヘ ト、、> ._ `     _ '― <_ | :| i: i   、: : ` __    
      ヘ \、: :i 丶__ ィ7⌒ヽ   ハ | i: .    、: .、: : : ¨     わたくしの屋敷が…
       ト、  ト: l: : ://l/    ヽ j :! :! i: :\: . : ヽ:\ 、、     若い方が楽しめるかどうかは
       ./ \: : l :, ´ :ハ'     ヽ.! :! :'. : : :、: .  : \丶>、    わかりませんが
    、 ./  /: :/ . : :´ :j        l | :| :'. : : : :、: .  ヽ\ 、: .
     /  //イ / :/j      j l :|  '. : : : 、: 、  \ 、: :
     \ :/ / :/ /′,′      / :l :ト、 : '. : 、 :\ヽ: . \ヽ
454 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:04:23.29 ID:cYXYRb6o
    /、;:;:;:;:;:;:;:;:;ー-:;、_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
   ./ミミミミミ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ー-;:;、;:_;:;_:;::-‐'"´i
   lミミミミミミミミミー-::、;;;;_;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:i
  ,!ミミミミミミミミミ   _;`-、;;;!:-‐'''´|ミi
 //`,ヾミミミミシ‐'″  'ー‐'  :  'ニフ' i;/   (相変わらず、集まる者は拒まぬお方でおじゃ)
 l l ,rヾミミミ      _,,,,,   ノ  _,,_ l
 ',ヽヾ、ヾミミ     ィで)ヽ、   r';ィび、.ノ    (その割にガードが堅いから
  ヽ、__,, ミミ      `゙゙'''"フ`  | `゙'''フ'i     浮ついた仲になった者はいないそうでおじゃるが…)
  〃 i l ミミ      /´    | `ー'´l    
  /ヾ.l ミミ       /'    |  /     (まぁ、御息所の話についていけず
. /:::::',ヽヽ`       / ` `゙ー-' /      プライドを折られて脱落する者の方が多いでおじゃるからな)
r/::::::::::',ヽヽ           i:i ', /
/::::::::::::::ヽヽ\    '"ー===-'/
ヽ:::::::::::::::::ヾ、 ` 、   ゙'一''ー'ノ′
、 \:::::::::::::::ヽ  ` ー‐-t't::i´゙ー-、
.`-、 `ー-:、::::::ヾ'、     //:::l ヽ `゙ー- 、
455 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:05:05.35 ID:gxLrxxko
麻呂が生き生きしてるな
456 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:06:03.33 ID:cYXYRb6o
        ト、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -‐ '":;:;:;:;:;:;:;_,.ノミ'、
        |:;:;:;:``'ー:;:;:;:''"´:;:;:;:;:;:;:_,. -‐='二三シハ    
        ト、_:;:;:;;l:;:;:;:;:;__,. - '"´ 三三三三彡ノ!
        l:::l  二、― 'r―-,_   _三三三彡彡ニヽ    では、そのようにするでおじゃ
         ヾi  `ー′:. `""´   ` ̄'三三彡片ヽl|    
         '、 , - 、、   __,.. .. ,、_,  '三彡'^> ノリ    源氏の君は、我ら学者も舌を巻くほどの
         l イで>、ヽ  ':,ィ'で'>'"   三シ' f ノ /    秀才でもおじゃる
         l ヾ二フ ,!  ヽ二彡'´   }ツリ ,、_ノ
         '、    l    ,.、      i 川 ├ミ'、     きっと、御息所さまのお話にも
          ヽ   ,'   '__)ヽ、    /``7>、       ついていけるでおじゃるよ
             ヽ /`ー'i´   \   /  ///>、
           ヽ'、 、_,==ァ=-、_,} / /./////ト、
            \ヾ二"´_,. ‐-.:.:/ /.//////:.:ヽ
           ,. -/ゝ、':、_:' :、_ _:/ / //////:.:.:.:.ヽ‐- 、
          / /:.:.'、 ヾ"゙´ ̄ / / /////'′:.:.:.:.:.ソ ノ )
457 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:08:06.37 ID:cYXYRb6o
麻呂:「では、失礼するでおじゃるよ」


  \: ! i:}   、       ̄ ̄/ :j . /7:l: :l 、\ゝ
    ヘ i ト、   __        /://:/イ :| l: l:  、: ヽ          
      ヘ ト、、> ._ `     _ '― <_ | :| i: i   、: : ` __       …源氏の君、ですか
      ヘ \、: :i 丶__ ィ7⌒ヽ   ハ | i: .    、: .、: : : ¨     
       ト、  ト: l: : ://l/    ヽ j :! :! i: :\: . : ヽ:\ 、、     
       ./ \: : l :, ´ :ハ'     ヽ.! :! :'. : : :、: .  : \丶>、    
    、 ./  /: :/ . : :´ :j        l | :| :'. : : : :、: .  ヽ\ 、: .
     /  //イ / :/j      j l :|  '. : : : 、: 、  \ 、: :
     \ :/ / :/ /′,′      / :l :ト、 : '. : 、 :\ヽ: . \ヽ
458 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:10:01.37 ID:cYXYRb6o
■人物:六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)

         __ .. ィ 、--  _
       ,  7  ./.  ヽ   、: `丶.
     /  , ,  ィ 、 \ : : \: : ヽ.
    イ  / : ハ .ハ  '.  ヽ\: .ヽ: : :ヽ
  /  / イ: l: :l |:ハ :i ヘ: .  ヽ :、: .ヘ: : : .
./ /  イ / |: |l: | |: ハ:i. : 、:   '. : 、: .ヘ: . '.
〃イ/ :/: |' l: ハ: l    |:i 、: : ヽ  '. : ト、: \.}、
  l! :i : X |:|L:!: l   .||ヘヽ: _:ム:   '.: V>-:イ `ヽ.
 .|| : i: :i Wj工:l   ,lj' _≧\、ト、 }: : ト-イ: ト、_}ノ
 |l : |: :l ハ爪::::ト、  ノ ´ b:::::::ヾ、:、 l: :「V|:|: } 、
  ヘ |: :| ト、_辷.j      辷.-ッ |`} : :j/イ !: ヘ、`
  \: ! i:}   、       ̄ ̄/ :j . /7:l: :l 、\ゝ
    ヘ i ト、   __        /://:/イ :| l: l:  、: ヽ       
      ヘ ト、、> ._ `     _ '― <_ | :| i: i   、: : ` __    
      ヘ \、: :i 丶__ ィ7⌒ヽ   ハ | i: .    、: .、: : : ¨
       ト、  ト: l: : ://l/    ヽ j :! :! i: :\: . : ヽ:\ 、、
       ./ \: : l :, ´ :ハ'     ヽ.! :! :'. : : :、: .  : \丶>、 
    、 ./  /: :/ . : :´ :j        l | :| :'. : : : :、: .  ヽ\ 、: .
     /  //イ / :/j      j l :|  '. : : : 、: 、  \ 、: :
     \ :/ / :/ /′,′      / :l :ト、 : '. : 、 :\ヽ: . \ヽ

前東宮(故人)の妃。光源氏より7歳年上。

東宮が亡くなったため御所を退出し、
現在は平安京六条の邸宅で、裕福な生活をしている。

都中の風流人が憧れる貴婦人中の貴婦人。
「みやびやかなれど、愛執深き人(上品で優雅だが、愛欲の強い人)」と評される。
459 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:11:49.85 ID:gxLrxxko
>上品で優雅だが、愛欲の強い人
ヤンデレの素養を持った貴婦人か・・・・・・。
460 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:12:03.81 ID:cYXYRb6o
   /   .:{ `ヽ.    / /     /   ./  .:/    /レ1        ヽ
  r'´     ィヽ   ー- / /     /   ..:/l  .:./!   /^く_j          ',
  |   /::l  ヾ.:.:.:.:.:/ ,′   ,′ .: / | .:./ |:.  /    |         l
  \_/ .::|   \:.V       | ! .:./ l ..:./ |:.  ,′   |  j :.:.  ヽ:.:. l
   /  ::l  :. |:ヽ!  l     | l_:.:/--|=/、___!;ノ:.l    |  / j:.:.:.  N:.:.:.|    源氏の君……
.  /   l  :.: |:.:.:| ム :.:.:  __|ァ七示テjト、  l:.:.::.| `ヘ._j..:/ /.:.:.:.  | l :.:.|
  /    l  :.:. |:i:.:| / | :.:.  :  |{{孑ァf゚:::}`ヾ ヽ:.:.| x=ミ ソ: /.:.:.:.:.  |│:.:|    昔、御所でお見かけしただけですけれど
 ゝ、   l   :.:. |:.l:.| { | :.:.  :. |i Vヘ_r、/    \!,代:/}イ}:. /.:.:.:.:.:.  l l:.:リ     あの時から光るようなお方でしたね…
   \_j   :.:! :.:|:.l:.|人_l :.:.{:. ヽ:八 `== '‐        {_r'´/:./;.イ:.:.:.:  l  !:,'
     |   :!.::.:|:.l:.:.:.:.ハ:.:リ:.:.. ヽ\ ::::::         ニン'"/.:/!.:.:.:  /  リ      いまは、どんなに御立派になられているか…
.     |    :!.i .:l:.|:.:.:./:.:.∨ヽ:.: .. |` 丶        、::::'ァ'´:.: / |.:.:  /
     |    :!:.|:.:l:.|: >‐┴-、ヘ:.:.:.ト、      rャ_   ,厶.l:.:.:/ /.:.: /
     |  .:.:! :| .:.:.|´     ヽ:.:.:ト、\    /^_ Y:.|:.:.:.l:.ノ /:./
     | .:.:.:.:.i :.|:..:.:.|       ∨ f゙〈`心ーィ/‐-、`V|:.:. l  '´
     | .:.:.: .! :.|:. :.:.|        l  |iii|⌒V:.:〈, -‐、 {!:.:.,′
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|        |  |iii|ひ}:.:.ソ,r‐、  |:./
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|        |`ヾiii|、_ノてノU ト  j/
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|ニヽ,;';"ヾ,,,,、,;tミ 、iij  `{ /    /
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|  Y  /;.;. ヽ }ヘ`   f′  ,/`ー‐-、


  | ./ l  |      lゝ |   、_l_,../-''"" '' /      |   \
 l ./ !   l   l   l__ゞ+‐ '  ノ,.イ-=ミミヾ/l      |    |
 !/  !   .l   l ''"l,r=ミ、  / ' p!:::`yミ>l   l   |    |  …ハッ、いけない
 '  l    ハ    ! ,<'i:pi゙i     ll;:i_;j |,, /   /  |     |
   l   /  ヽ  lゝl! |!::lj     ---¨,,/  /  l |     |  殿方のことを考えるなど…
   i  !i   ヽ ヽ\ー゛ ,      /,.ィ'     l  l     |   はしたないこと…
    l  ! ',   ヽ \         /'" l     l/      |
    l l ゛、   `ー!`     --      ノ   l ./       |
    ゝ'、  ゛、  l   ヽ、         !    レi       |
          ゛、 lゝ  `i ・ .._ ,.ィ "____」  /  l        |
            `Y  l  ケT烋''"    l /        |
461 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/25(水) 20:13:27.06 ID:.B0kC/oo
誰のAAだろう
462 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:13:55.30 ID:eFC.Kiko
愛欲が強いけど身持ちが堅い…か
463 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:14:08.87 ID:cYXYRb6o
          ,. --- _
      ,. 、,ィ´      `ヽ、
     /             \_
    /   //        ヽ ハ`ヽ.
   / /     /  iV1      V/i /
   ' /i !   i i i l   i li i    V/!
  l ! | !   l l,ハ|  |.ハハjノ   l. |〉    …………。
  li l ! ヽ l 斗<  リ7エトl、. j  l
    N { ヽV.トッj   ´トッ'Y i 〃l |
    乂l  N ¨´  ,  `¨// // l |
      N  l >、  -  ,ィj l / l l |
      | lハl l /`テェチ V/l l l |
     ,⊥L..ム〈ヽ/l()lヽ/〉メiLレ┴ト、
    /     `‐'’¨ `‐'´      '.
    {   j,. ‐    _ ,.       ,   }
    ! ,ィ'⌒ヽ.   , '  , ‐ニヽ /   ,i
  ,.-ir1 i    \{. /   l V   /ハ.
  {、/ i '.     i/    //ヽ⌒>イihぃ.
  ヽ 八 ヽ    、      {  レ'  jj_}.i
464 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:14:31.12 ID:TG2nWvU0
詩音か?
465 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/25(水) 20:15:22.88 ID:.B0kC/oo
園崎姉妹のどっちかか
466 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:15:47.24 ID:TlwJ2dMo
後世の作品で悪女の代表例みたいにいわれてるけど
別にそんなことは無いのにね
467 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:16:33.61 ID:cYXYRb6o
◆数日後、六条御息所邸

       /_ /      |
      ,ィl__ナー--、___|
      ソ c゙~ニー-、__|       源氏の君、ここが御息所さまの
     /lェィ ゙~  ノ::::::::ノ        お屋敷でおじゃ
     ;'. ゙ラ 、云ァ ヾ::::::ノ;、      
      |、イ__;、. ̄` ;':::i゙i,ィ′     
  __,,,,ィ|.llミェュァ〉.;' ルiフ:::7'rー、_
 /´;r'´ |!`;、"~ '_ムイ/::::://  ヾ;:
ィ'::::ヽ  `ヾミ三ェュムェェ'ァ"   j::


             _,,..,,,,_
      ガシャン   / 。 ∪`ヽーっ   ザワザワ…
        __   l 。3   ⌒_つ       _,,..,,,,_
    ・。;o()_)  ⊂ ,,. --‐'''''"        / ,' 3 ヽ
   o:.。*’       _,,..,,,,彡           l   U  j!
              / ,   `ヽーっ))  ⊂'"j     ノ
       _,,..,,  l ,3   ⌒_つ    と_,,.,,,,_-‐´
      / ;' 3 `ヽ`'((し'--''''"     ./ 。 U `ヽーっ
      l   ∽j!  ``   _,,,,..,,_  l o 3、. ⌒_つ
      `、  ) ノ    ⊂ン´     ヽ `'ー--ヽ,)'''"
        ∪∪    ⊂_  ⊂   l
                      "''''‐--ー ′

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\     す、すごいお…
/ U  (●)  (●) \
|       (__人__)    |    少しは名がある歌人や
/     ∩ノ ⊃  /     学者・風流人が
(  \ / _ノ |  |      ひしめいてるお…
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
468 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:16:38.72 ID:/tAPXbM0
だがしかしヤンデレなのは確か
469 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:18:20.08 ID:zQ0f2CAo
しかしあらためて光源氏の守備範囲の広さは異常だよなとおもう
470 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:18:51.92 ID:cYXYRb6o
       /_ /      |
      ,ィl__ナー--、___|
      ソ c゙~ニー-、__|       ご機嫌うるわしゅう、御息所さま
     /lェィ ゙~  ノ::::::::ノ
     ;'. ゙ラ 、云ァ ヾ::::::ノ;、       こちらが光源氏の君でおじゃる
      |、イ__;、. ̄` ;':::i゙i,ィ′
  __,,,,ィ|.llミェュァ〉.;' ルiフ:::7'rー、_
 /´;r'´ |!`;、"~ '_ムイ/::::://  ヾ;:
ィ'::::ヽ  `ヾミ三ェュムェェ'ァ"   j::

          ____
+        ./ \  /\ キリッ    お導きありがとうだお
      / (●)  (●)\
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \    御息所さま…あのようなお美しい手を
    |      `-=ニ=-      |    される方にお目通りかない、光栄ですお
    \      `ー'´     / +

          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\       御息所さまのお噂は聞いておりましたお
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \      やる夫も都人のはしくれでございますゆえ
    |      `-=ニ=-      |      いろいろとお教えいただきたいですお
    \      `ー'´     / +
471 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:19:06.77 ID:gxLrxxko
年上でお勉強して幼女を自分好みに調教しようとしたかった光くん
プライドと教養が高くて自分が本命だと信じながら尽くした六条さん

そりゃ遊ばれた末に捨てられれば、呪いたくもなるわなw
472 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:20:11.83 ID:cYXYRb6o
         __ .. ィ 、--  _
       ,  7  ./.  ヽ   、: `丶.
     /  , ,  ィ 、 \ : : \: : ヽ.
    イ  / : ハ .ハ  '.  ヽ\: .ヽ: : :ヽ
  /  / イ: l: :l |:ハ :i ヘ: .  ヽ :、: .ヘ: : : .          教えるなどと…
./ /  イ / |: |l: | |: ハ:i. : 、:   '. : 、: .ヘ: . '.
〃イ/ :/: |' l: ハ: l    |:i 、: : ヽ  '. : ト、: \.}、        東宮妃でありました昔のことで
  l! :i : X |:|L:!: l   .||ヘヽ: _:ム:   '.: V>-:イ `ヽ.       少しばかりお話ができるだけです
 .|| : i: :i Wj工:l   ,lj' _≧\、ト、 }: : ト-イ: ト、_}ノ
 |l : |: :l ハ爪::::ト、  ノ ´ b:::::::ヾ、:、 l: :「V|:|: } 、        いまは…世捨て人と
  ヘ |: :| ト、_辷.j      辷.-ッ |`} : :j/イ !: ヘ、`        同じようなものでございます
  \: ! i:}   、       ̄ ̄/ :j . /7:l: :l 、\ゝ
    ヘ i ト、   __        /://:/イ :| l: l:  、: ヽ       
      ヘ ト、、> ._ `     _ '― <_ | :| i: i   、: : ` __    
      ヘ \、: :i 丶__ ィ7⌒ヽ   ハ | i: .    、: .、: : : ¨
       ト、  ト: l: : ://l/    ヽ j :! :! i: :\: . : ヽ:\ 、、
       ./ \: : l :, ´ :ハ'     ヽ.! :! :'. : : :、: .  : \丶>、 
    、 ./  /: :/ . : :´ :j        l | :| :'. : : : :、: .  ヽ\ 、: .
     /  //イ / :/j      j l :|  '. : : : 、: 、  \ 、: :
     \ :/ / :/ /′,′      / :l :ト、 : '. : 、 :\ヽ: . \ヽ

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)     (…綺麗なお声だお)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |    (それにこの屋敷の雰囲気…
.  \           /      噂以上に、雅なお方なんだお…)
.   ノ         \
 /´            ヽ
473 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:22:02.61 ID:cYXYRb6o
         ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      世捨て人とは意外なことを
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |     ほととぎすも、この庭ならば
     \     `ー'´   /      宮中とも勘違いいたしましょう
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"〜〜``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


  / /i   : : : : : :i: : l   l: : : ハ::: : ::;: : : : : : : :ヽ::::l::: : : : : l
  // l: : : : : : : :l: : ト、: :l   l: : / ';:::::::::ハ:: : : : : : : :i:::l::: : : : : l
 〃 l: : : : : : : : '; : :l i :l   l: ナニl ̄/`l::::: : : :::::: : lノ:: : : : : l
 / l: : : : : : : : : ヽ:キ三:| _   |/ ,r"|フ`o l::i:::: :::::::::: : l:::: : : : : :l    いいえ…
   l: : : : : : : : : :ヾ<./''ハ9      lノ、;;ツレ::::::::::::::::: : l:::: : : : : :l
   l: : ハ::: :: ::\::::ヽ`弋。j     -`=/:::/::::::::/l l::::: : : : : :l     その面影もないのに
    '; l i:: ::::::::::::\ヽ`:::´ ,    :::::::://l:::::::::::/:::::l:::::: : : : : l     やってきては鳴く……
    ';l ヽ::::lヽ::::::::`ミ`    ー‐   〃 イ::::::://::::::::::::: : : : : :l      そんなところでございましょう
     l  ヽ:l. ヽ、:::::::l` - 、     , / l:::::::://:::::::::::::: : : : : :l
        ヽ  !:::::::l   ` ー ヽ   l:::::〃`ヽ::::::::::: : : : : l
            l:::::l     / ̄)   l::::/   ヽ::::::: : : : : :|
474 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:24:02.07 ID:cYXYRb6o
       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


   /   .:{ `ヽ.    / /     /   ./  .:/    /レ1        ヽ
  r'´     ィヽ   ー- / /     /   ..:/l  .:./!   /^く_j          ',
  |   /::l  ヾ.:.:.:.:.:/ ,′   ,′ .: / | .:./ |:.  /    |         l
  \_/ .::|   \:.V       | ! .:./ l ..:./ |:.  ,′   |  j :.:.  ヽ:.:. l
   /  ::l  :. |:ヽ!  l     | l_:.:/--|=/、___!;ノ:.l    |  / j:.:.:.  N:.:.:.|    
.  /   l  :.: |:.:.:| ム :.:.:  __|ァ七示テjト、  l:.:.::.| `ヘ._j..:/ /.:.:.:.  | l :.:.|
  /    l  :.:. |:i:.:| / | :.:.  :  |{{孑ァf゚:::}`ヾ ヽ:.:.| x=ミ ソ: /.:.:.:.:.  |│:.:|    
 ゝ、   l   :.:. |:.l:.| { | :.:.  :. |i Vヘ_r、/    \!,代:/}イ}:. /.:.:.:.:.:.  l l:.:リ     
   \_j   :.:! :.:|:.l:.|人_l :.:.{:. ヽ:八 `== '‐        {_r'´/:./;.イ:.:.:.:  l  !:,'
     |   :!.::.:|:.l:.:.:.:.ハ:.:リ:.:.. ヽ\ ::::::         ニン'"/.:/!.:.:.:  /  リ      
.     |    :!.i .:l:.|:.:.:./:.:.∨ヽ:.: .. |` 丶        、::::'ァ'´:.: / |.:.:  /
     |    :!:.|:.:l:.|: >‐┴-、ヘ:.:.:.ト、      rャ_   ,厶.l:.:.:/ /.:.: /
     |  .:.:! :| .:.:.|´     ヽ:.:.:ト、\    /^_ Y:.|:.:.:.l:.ノ /:./
     | .:.:.:.:.i :.|:..:.:.|       ∨ f゙〈`心ーィ/‐-、`V|:.:. l  '´
     | .:.:.: .! :.|:. :.:.|        l  |iii|⌒V:.:〈, -‐、 {!:.:.,′
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|        |  |iii|ひ}:.:.ソ,r‐、  |:./
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|        |`ヾiii|、_ノてノU ト  j/
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|ニヽ,;';"ヾ,,,,、,;tミ 、iij  `{ /    /
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|  Y  /;.;. ヽ }ヘ`   f′  ,/`ー‐-、


その日は、夜の更けるまで話をした。

御息所は、予想以上の源氏の立派さに心揺れ
源氏もまた、高貴で風雅な六条御息所に惹かれていった…。
475 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:26:45.95 ID:cYXYRb6o
そうして、数回の交流を経たある日のこと……。

         __ .. ィ 、--  _
       ,  7  ./.  ヽ   、: `丶.
     /  , ,  ィ 、 \ : : \: : ヽ.
    イ  / : ハ .ハ  '.  ヽ\: .ヽ: : :ヽ
  /  / イ: l: :l |:ハ :i ヘ: .  ヽ :、: .ヘ: : : .          女房たち、よくお聞き
./ /  イ / |: |l: | |: ハ:i. : 、:   '. : 、: .ヘ: . '.
〃イ/ :/: |' l: ハ: l    |:i 、: : ヽ  '. : ト、: \.}、        今夜は、お越しになる方々全員を
  l! :i : X |:|L:!: l   .||ヘヽ: _:ム:   '.: V>-:イ `ヽ.       お断りしなさい
 .|| : i: :i Wj工:l   ,lj' _≧\、ト、 }: : ト-イ: ト、_}ノ
 |l : |: :l ハ爪::::ト、  ノ ´ b:::::::ヾ、:、 l: :「V|:|: } 、        そう…源氏の君以外の方は
  ヘ |: :| ト、_辷.j      辷.-ッ |`} : :j/イ !: ヘ、`        全員お帰りいただくのよ。お文も返しておしまい。
  \: ! i:}   、       ̄ ̄/ :j . /7:l: :l 、\ゝ
    ヘ i ト、   __        /://:/イ :| l: l:  、: ヽ        そして…お前たちも
      ヘ ト、、> ._ `     _ '― <_ | :| i: i   、: : ` __     別の対に行くか、宿下がりをなさい
      ヘ \、: :i 丶__ ィ7⌒ヽ   ハ | i: .    、: .、: : : ¨    
       ト、  ト: l: : ://l/    ヽ j :! :! i: :\: . : ヽ:\ 、、
       ./ \: : l :, ´ :ハ'     ヽ.! :! :'. : : :、: .  : \丶>、 
    、 ./  /: :/ . : :´ :j        l | :| :'. : : : :、: .  ヽ\ 、: .
     /  //イ / :/j      j l :|  '. : : : 、: 、  \ 、: :    ※対(たい)…屋敷の棟
     \ :/ / :/ /′,′      / :l :ト、 : '. : 、 :\ヽ: . \ヽ  ※宿下がり…実家に帰ること
476 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:27:59.03 ID:EdZPZf.o
名がある歌人や学者のだらしなさはいったいwwww
477 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:28:00.28 ID:cYXYRb6o
◆その夜…

          ,. --- _
      ,. 、,ィ´      `ヽ、
     /             \_
    /   //        ヽ ハ`ヽ.
   / /     /  iV1      V/i /
   ' /i !   i i i l   i li i    V/!
  l ! | !   l l,ハ|  |.ハハjノ   l. |〉    …………。
  li l ! ヽ l 斗<  リ7エトl、. j  l
    N { ヽV.トッj   ´トッ'Y i 〃l |
    乂l  N ¨´  ,  `¨// // l |
      N  l >、  -  ,ィj l / l l |
      | lハl l /`テェチ V/l l l |
     ,⊥L..ム〈ヽ/l()lヽ/〉メiLレ┴ト、
    /     `‐'’¨ `‐'´      '.
    {   j,. ‐    _ ,.       ,   }
    ! ,ィ'⌒ヽ.   , '  , ‐ニヽ /   ,i
  ,.-ir1 i    \{. /   l V   /ハ.
  {、/ i '.     i/    //ヽ⌒>イihぃ.
  ヽ 八 ヽ    、      {  レ'  jj_}.i

       ___
     /   ヽ、_ \      
    /(● ) (● ) \     き、今日は人が少ないお…
  /:::⌒(__人__)⌒:U: \   珍しいこともあるもんだお、ハハ…
  |  l^l^lnー'´       |    
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /
478 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:28:30.05 ID:eFC.Kiko
なんという据え膳w
479 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:30:01.43 ID:cYXYRb6o
            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\     …いつか、二人きりでお話したいと
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \    思っていたところですお
      |      `-=ニ=-      |
      \      `ー'´     / +


  / /i   : : : : : :i: : l   l: : : ハ::: : ::;: : : : : : : :ヽ::::l::: : : : : l
  // l: : : : : : : :l: : ト、: :l   l: : / ';:::::::::ハ:: : : : : : : :i:::l::: : : : : l
 〃 l: : : : : : : : '; : :l i :l   l: ナニl ̄/`l::::: : : :::::: : lノ:: : : : : l
 / l: : : : : : : : : ヽ:キ三:| _   |/ ,r"|フ`o l::i:::: :::::::::: : l:::: : : : : :l    ……!
   l: : : : : : : : : :ヾ<./''ハ9      lノ、;;ツレ::::::::::::::::: : l:::: : : : : :l
   l: : ハ::: :: ::\::::ヽ`弋。j     -`=/:::/::::::::/l l::::: : : : : :l
    '; l i:: ::::::::::::\ヽ`:::´ ,    :::::::://l:::::::::::/:::::l:::::: : : : : l
    ';l ヽ::::lヽ::::::::`ミ`    ー‐   〃 イ::::::://::::::::::::: : : : : :l
     l  ヽ:l. ヽ、:::::::l` - 、     , / l:::::::://:::::::::::::: : : : : :l
        ヽ  !:::::::l   ` ー ヽ   l:::::〃`ヽ::::::::::: : : : : l
            l:::::l     / ̄)   l::::/   ヽ::::::: : : : : :|
480 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:32:02.17 ID:cYXYRb6o
  / /i   : : : : : :i: : l   l: : : ハ::: : ::;: : : : : : : :ヽ::::l::: : : : : l
  // l: : : : : : : :l: : ト、: :l   l: : / ';:::::::::ハ:: : : : : : : :i:::l::: : : : : l
 〃 l: : : : : : : : '; : :l i :l   l: ナニl ̄/`l::::: : : :::::: : lノ:: : : : : l
 / l: : : : : : : : : ヽ:キ三:| _   |/ ,r"|フ`o l::i:::: :::::::::: : l:::: : : : : :l    わたくしも…
   l: : : : : : : : : :ヾ<./''ハ9      lノ、;;ツレ::::::::::::::::: : l:::: : : : : :l     二人きりで、と
   l: : ハ::: :: ::\::::ヽ`弋。j     -`=/:::/::::::::/l l::::: : : : : :l      思っておりました
    '; l i:: ::::::::::::\ヽ`:::´ ,    :::::::://l:::::::::::/:::::l:::::: : : : : l
    ';l ヽ::::lヽ::::::::`ミ`    ー‐   〃 イ::::::://::::::::::::: : : : : :l
     l  ヽ:l. ヽ、:::::::l` - 、     , / l:::::::://:::::::::::::: : : : : :l
        ヽ  !:::::::l   ` ー ヽ   l:::::〃`ヽ::::::::::: : : : : l
            l:::::l     / ̄)   l::::/   ヽ::::::: : : : : :|

       ___
     /   ヽ、_ \      
    /(● ) (● ) \     それは…どうして?
  /:::⌒(__人__)⌒:U: \   
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /
481 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:33:55.62 ID:gxLrxxko
露骨に誘ってるなww
482 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:34:16.98 ID:cYXYRb6o
   /   .:{ `ヽ.    / /     /   ./  .:/    /レ1        ヽ
  r'´     ィヽ   ー- / /     /   ..:/l  .:./!   /^く_j          ',
  |   /::l  ヾ.:.:.:.:.:/ ,′   ,′ .: / | .:./ |:.  /    |         l
  \_/ .::|   \:.V       | ! .:./ l ..:./ |:.  ,′   |  j :.:.  ヽ:.:. l
   /  ::l  :. |:ヽ!  l     | l_:.:/--|=/、___!;ノ:.l    |  / j:.:.:.  N:.:.:.|    
.  /   l  :.: |:.:.:| ム :.:.:  __|ァ七示テjト、  l:.:.::.| `ヘ._j..:/ /.:.:.:.  | l :.:.|     わたくしに、言わせなさる?
  /    l  :.:. |:i:.:| / | :.:.  :  |{{孑ァf゚:::}`ヾ ヽ:.:.| x=ミ ソ: /.:.:.:.:.  |│:.:|    
 ゝ、   l   :.:. |:.l:.| { | :.:.  :. |i Vヘ_r、/    \!,代:/}イ}:. /.:.:.:.:.:.  l l:.:リ     そのようなことを…
   \_j   :.:! :.:|:.l:.|人_l :.:.{:. ヽ:八 `== '‐        {_r'´/:./;.イ:.:.:.:  l  !:,'     女人のわたくしから…
     |   :!.::.:|:.l:.:.:.:.ハ:.:リ:.:.. ヽ\ ::::::         ニン'"/.:/!.:.:.:  /  リ      
.     |    :!.i .:l:.|:.:.:./:.:.∨ヽ:.: .. |` 丶        、::::'ァ'´:.: / |.:.:  /
     |    :!:.|:.:l:.|: >‐┴-、ヘ:.:.:.ト、      rャ_   ,厶.l:.:.:/ /.:.: /
     |  .:.:! :| .:.:.|´     ヽ:.:.:ト、\    /^_ Y:.|:.:.:.l:.ノ /:./
     | .:.:.:.:.i :.|:..:.:.|       ∨ f゙〈`心ーィ/‐-、`V|:.:. l  '´
     | .:.:.: .! :.|:. :.:.|        l  |iii|⌒V:.:〈, -‐、 {!:.:.,′
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|        |  |iii|ひ}:.:.ソ,r‐、  |:./
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|        |`ヾiii|、_ノてノU ト  j/
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|ニヽ,;';"ヾ,,,,、,;tミ 、iij  `{ /    /
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|  Y  /;.;. ヽ }ヘ`   f′  ,/`ー‐-、


                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト−┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |       据    膳         │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ
483 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:34:31.21 ID:sRLlI9oo
ですよね〜wwwwww
484 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/25(水) 20:34:52.36 ID:.B0kC/oo
ktkrwwwwwwwwwwww
485 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:35:24.17 ID:CD7FViQo
エロゲーやっている気分です
486 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/25(水) 20:35:41.91 ID:GDcDR3E0
源氏にとって食わない理由は無いかww
487 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:36:02.13 ID:cYXYRb6o
              /!       ,. -‐--,
          r'^! 」_i _     /    ノi
  ○ ゜ 。   /::;::;Y::;`´::`ヽ、/   /  |
       ,. -'-_‐-- 、_::;::;::;::`ヽ   /    !
     /:;:;::/::;::r-_‐-、:`ヽ::;::;::;::ヽ/    i
    /::;::;::;::!::;:/i:/rミ、:;:i、::;:〉::;::;::;::;:i:`ー、ノ
   _」::;::;::;::;::!:::{i;!i、ン:;ノi;;!:;!::;::;::;::;:/::;::;::;|
 ,r'´ (::;::;::;:!::;:i::;::ト-=-‐イノ:i、::;::;ノ::;::;::;::;! 。     
〈    !::;::;::l::;::ヽ:;:Yt、:;_/::;/,. ='、::;::;::;::;〈   ○    
 ヽ、.__ヽ::;::;::!::;::;:ヽ、!ィ'_ノ,r'´::;::;::;::;〉::;::;:_ノ     ゜  
     `!::;::ヽ、:;__ノ-イ::;::;::;::;::;::;ノ::;::;::;}       ゜ 
      /`ー‐ァ、__ノ `ヽ.,_,. -':;r-、,.ノ  
     ノ ,.r'´    ノ`ヽ、`>' 
     ノr_´__   _,.r'´   `´
          ̄  
※ただいま情熱と情熱がぶつかりあい大変なことになっています。しばらくお待ちください。
488 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:37:32.66 ID:RcgTQRMo
昔の人は娯楽が少ないんだなーとか思ったり
489 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:38:11.19 ID:cYXYRb6o
こうして、やる夫と六条御息所は、深い関係となった。
噂は静かに都に広がり、二人は「風流人同士のカップル」として
周囲の耳を賑わせることとなった。

評判の高い恋人に、やる夫も満足感を味わうのだった。

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\     予想以上に美しい人だったお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   しかも高貴でそれでいて情熱的で…
  |     |r┬-/      |    素晴らしい恋人ゲットだお!
  \     ` ̄'´     /

            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\     さ、今夜も通うお
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
      |      `-=ニ=-      |   若輩者と侮られないよう頑張るお
      \      `ー'´     / +
490 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/25(水) 20:39:44.21 ID:.B0kC/oo
嫁は大丈夫なのか・・・?
491 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:40:40.87 ID:cYXYRb6o


;;;;;;;::;;;::::::::::::::::::::: : :__、::::::: : : :     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    : :  : : : ::::::::::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
::. : : .: .: ...: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :,_,,,,、: : : : : : : : : :::::::::::::::::、-'く`、
i、、、::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:,_.、,、、:::::,、./'"``:`ヽ‐-、...、::::::::::::、、-‐´.、.,i、、
、:::`丶-、,、: : : : : : : :::: : ::::::::::.:、、、"゙"`;:::、`、、::、`:::`ヽ`.、:,.、`:`、'∴::.、-、、``'l゙;
、::;、:::::::;.:、`、:::: ::::::::: :::_.._:‐':`;;;;`丶;、:、…`:.,ヽ‐`ヽ.,::,:.ヽ"'''.…"`゙、`:゙丶:
492 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:42:49.78 ID:cYXYRb6o

        _ --、__V: : : : :、:< : : . _
      ,  >=く} l, ヘ: :\:`: 、: 、: :`丶、  , .>、
     / / , - / }:iハ: :ヽ: : ヽ: :ヽ: \: \\ /  `、
.   / ., '. / : /: :ハl:, 、: : : :、: : ヘ: : \: ヽ: :\ヽ_ - ¨¨ 丶.
 /  ./: /: : : /:!: |:|{ |小: : l: : 、: : l、: :、: : : 、: :ヽ: 弋' ´ノj¨¨ヽヽ、
    /: /: /: /: :!: |:|ハ|:|:ハ: : l: 、: 、: :l、: :、: : 、:\: \:に∠. -ノ!
.   /: /: /: /:i: :|: :!: :ムjj<l: |、: l、:、: :|、: :、: :l: '、:\_ヾ}二二_ノ      源氏の君、源氏の君
  /: /: /: /: :l: :l: :|: :|   |_| l:_Ll:ム:|、:_:_:、 l: :ト==イ          お起きになって
  j ./i: :i: : i: : |: :|: ハ: |    |l:斤:j≠=爪:、_ }:l: :ト、_:_ィ:ハ    
  |/ .i: :i: : i: : i: イ_:ム|、  | | ム7f'⌒ヽ\:}┤Y丁:|l: : ハ          「ほととぎす鳴くひと声に」…
  |  |: :!: : l: : i:V/7≠〈`  j   V_:::::ハ} 1 l: :|: lソj: :、: : ハ         と言うように、夜はもう明けますよ
  |  l: :|: : l: : |: :弋 V_:ハ  /     ゝ='-' |: ': l: |ノ:l: : :、: : '、
    |: :l: : :{: :ト、: ヘ 、弋j    ィ7W   , | : |: |: :l: :、: : 、: : 、
    ヘ: |!: : l: :、: : :トNv   、        //: .イ: |: :l: : :、: :ヘ: : ヽ
     ヘ 、: ト、: :'、: : ヘ、_   ‐,     , :イ: :j: :ハ{: :ヘ: : :\: \: :\、
      ヽヽ、\: ト、: ト、: >. .、 __  /  j/|/:/ハ: : ` ー_>ー 、: :\: .、
        \ \ヽ、:ト、\、>_71:7⌒{:::::::://  ` -‐ ´.ハ   \: :`: :、> 、,、
         ,_>vハ\: >'"  ||::{  }、、://    | 、 | V、__   ヽ⌒v‐、⊥ } ,
      、トvヘ, 、 |、.V__     |'7ゝ.ノ ヘ /       ト、ヽ '. V⌒! |   , - v /|_

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\    うーん…
  / /// (__人__) ///\   まだ眠いお…
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /
493 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:44:22.75 ID:cYXYRb6o
             /  ./     ./   /  .ハ         \
            l |ヽ/     ./|  /|  .ヘ,Y´l         ヽ
           /l ./ /  ,  / l  / | /  ーナ  ./       ヽ
 -、        / / / /   l-‐/=十、l | l    l  ./        l   駄目ですわよ
 ヽ,ヽ      < ./ / /   l,-+z=z.l゙''ナ .|   / イ   /      .l   さぁ、お起きになって
  .ヽ,ヽ     〉  l イ ,   lヽ,fノ~ヽl` .l |  /./ l  /      | .|
   ヽ.ヽ    ./  .l l | ヽ、 l { .し丿  ヽl ./ ´゙''.x、./      ハ.|   恋人のわたくしの評判を
    l ゙yヘ ./   l l/i  ヽ l.ゝ-=    `    /.イ     /  / リ   落とさないでくださいまし、ね
    〉ンヘ .l-、   リ l   ヽゝ       ''=ミ、´/     /  ./
    「ンヘ'y" |_  /  l .i  .|   .、__ ゙     /  ,./ イ  ./
.   〔   .とノ |ヽ ゙''― A lV  .ト   `ー´    /_.. - ´  / l  /
   /l 尺 ハ | .゙、    l lヘ  Lヽ、__.... -‐"T ̄    / / /
.  / .l   ヽ  |  ト----ヘl 〉 | ゙ー-‐f.〕| |_|     ,ィ´ //
 /   l   l ノ  }     /ヽ.| /  l l_ ̄'ヽ | ./ ././ | 〃
./    〉   /  /    / .リ / .〈  ゙ー l.l/l //ヽ |
    /   /  /   /○⌒Y⌒y-<~)   | l./ノ  l |
.   /   /  /  /  乂.人 .人 ノ´   / l/ .|  .| |

       ____
     /      \      わかったお…起きるお…
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   でも、起きたら帰らなきゃいけないお
  |     (__人__)    |   …あなたと、離れて…
  \     ` ⌒´     /
494 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:46:00.21 ID:cYXYRb6o
  / /i   : : : : : :i: : l   l: : : ハ::: : ::;: : : : : : : :ヽ::::l::: : : : : l
  // l: : : : : : : :l: : ト、: :l   l: : / ';:::::::::ハ:: : : : : : : :i:::l::: : : : : l
 〃 l: : : : : : : : '; : :l i :l   l: ナニl ̄/`l::::: : : :::::: : lノ:: : : : : l
 / l: : : : : : : : : ヽ:キ三:| _   |/ ,r"|フ`o l::i:::: :::::::::: : l:::: : : : : :l    ……!
   l: : : : : : : : : :ヾ<./''ハ9      lノ、;;ツレ::::::::::::::::: : l:::: : : : : :l
   l: : ハ::: :: ::\::::ヽ`弋。j     -`=/:::/::::::::/l l::::: : : : : :l     ふふっ、源氏の君ったら
    '; l i:: ::::::::::::\ヽ`:::´ ,    :::::::://l:::::::::::/:::::l:::::: : : : : l     またお戯れを…
    ';l ヽ::::lヽ::::::::`ミ`    ー‐   〃 イ::::::://::::::::::::: : : : : :l
     l  ヽ:l. ヽ、:::::::l` - 、     , / l:::::::://:::::::::::::: : : : : :l
        ヽ  !:::::::l   ` ー ヽ   l:::::〃`ヽ::::::::::: : : : : l
            l:::::l     / ̄)   l::::/   ヽ::::::: : : : : :|

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     そう…思うかお?
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
495 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:48:02.34 ID:cYXYRb6o
   /   .:{ `ヽ.    / /     /   ./  .:/    /レ1        ヽ
  r'´     ィヽ   ー- / /     /   ..:/l  .:./!   /^く_j          ',
  |   /::l  ヾ.:.:.:.:.:/ ,′   ,′ .: / | .:./ |:.  /    |         l
  \_/ .::|   \:.V       | ! .:./ l ..:./ |:.  ,′   |  j :.:.  ヽ:.:. l
   /  ::l  :. |:ヽ!  l     | l_:.:/--|=/、___!;ノ:.l    |  / j:.:.:.  N:.:.:.|    
.  /   l  :.: |:.:.:| ム :.:.:  __|ァ七示テjト、  l:.:.::.| `ヘ._j..:/ /.:.:.:.  | l :.:.|     
  /    l  :.:. |:i:.:| / | :.:.  :  |{{孑ァf゚:::}`ヾ ヽ:.:.| x=ミ ソ: /.:.:.:.:.  |│:.:|   ……いいえ
 ゝ、   l   :.:. |:.l:.| { | :.:.  :. |i Vヘ_r、/    \!,代:/}イ}:. /.:.:.:.:.:.  l l:.:リ     
   \_j   :.:! :.:|:.l:.|人_l :.:.{:. ヽ:八 `== '‐        {_r'´/:./;.イ:.:.:.:  l  !:,'   わたくしも、あなたと離れるのはつらい…
     |   :!.::.:|:.l:.:.:.:.ハ:.:リ:.:.. ヽ\ ::::::         ニン'"/.:/!.:.:.:  /  リ      
.     |    :!.i .:l:.|:.:.:./:.:.∨ヽ:.: .. |` 丶        、::::'ァ'´:.: / |.:.:  /       だって、あなたには三条の奥様も…
     |    :!:.|:.:l:.|: >‐┴-、ヘ:.:.:.ト、      rャ_   ,厶.l:.:.:/ /.:.: /        それに…ほかにも噂が…
     |  .:.:! :| .:.:.|´     ヽ:.:.:ト、\    /^_ Y:.|:.:.:.l:.ノ /:./
     | .:.:.:.:.i :.|:..:.:.|       ∨ f゙〈`心ーィ/‐-、`V|:.:. l  '´
     | .:.:.: .! :.|:. :.:.|        l  |iii|⌒V:.:〈, -‐、 {!:.:.,′
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|        |  |iii|ひ}:.:.ソ,r‐、  |:./
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|        |`ヾiii|、_ノてノU ト  j/
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|ニヽ,;';"ヾ,,,,、,;tミ 、iij  `{ /    /
     |:..:.:.::.!:.:.|:.:.:.:.|  Y  /;.;. ヽ }ヘ`   f′  ,/`ー‐-、

     ____
    / ⌒  ⌒  \          何を言うんだお
  ./( ―) ( ●)  \         やる夫はあなたのものだお
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|         妻もほかの女も冷たくて退屈で…
  \          /          やる夫にはあなたが必要なんだお
496 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:50:05.33 ID:cYXYRb6o

            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\     ああ…長話をしてしまったお
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
      |      `-=ニ=-      |    それじゃ…また今宵
      \      `ー'´     / +


    /    l           / l    /  l   l        ヽ
   /     l        /  / . |   ./   l   l          、
  /      l       !! '  ̄ -. |,,  /   l   ./!         |
  /      |       ! |_,,./,, ,,_.、|  Y   .l  / l .    /   .!
          !       .!ミ''/"ろミii,.!,.!/    /_ ,,/  l    /    !
          !.  |  i∧|/./"::::. .リii!|     // ''ト、l   ./     l    ええ、また…
          .!  ヽ .| . i.n_.っ::ソ  !  . /_,, ,__.  /.く ./     ./
          !  .ヽ ! .ゝヽ - "      .てツミミミ/, .//    .i ./
        __,,,-!   ヽ !   ̄゛       ./ ::::::::リ'ミ,/    , | . /
   /  ̄  / ./ .! . |.\ゝ      ,    .弋゛っン_,,ミ     ,/.! ./      
        / !:!.!  | !ヽ丶   ト 、     ヽ二' /     ./ .!./      
        ! !::! ! .| .!. ゝ     ヽ _ >      ∠''_,, -" ./  .!./
       . | !::!  !.| .!   \           _ イ   .//  .!/
       ..| !::!  ! ,.ゝ   \_ ,, -  -t   /   ./    /
       ..| !::! .,..-:" '"ゝ./  ,:! .!:!.!   |ヽ./ / ./
       ..| .!:"- " ヘ>―<//!!:!.//.!  | Y /! y
497 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:51:35.93 ID:uEg1lKIo
このやる夫が、上はババアに下は幼女、ブサイクまで食っちまうわけか。
498 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:51:48.79 ID:Ap33izIo
詩音とかやる夫スレで初めて見たよ
499 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:51:59.93 ID:cYXYRb6o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   男女の逢瀬は短い
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   男は夜、女のもとに行き
  (゙ /  |ゞ   朝の暗いうちに帰るのが良いとされた
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   もちろん朝方に女のもとに行く
  ミ゙ ゚ -゚ノ    阿呆も実際はいたようだが…
  √¨l-゚]、   
  (゙ /  |ゞ   そんなことをすると「女を軽んじている」と
  /ヾノ==,)    とられる可能性のほうがあった
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
500 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:52:28.32 ID:gxLrxxko
ストライクゾーンが広くて打率も高い。
驚異のスラッガーだな。
501 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:55:16.76 ID:cYXYRb6o
朝まだき、源氏の君を見送る…。
彼の牛車の音が遠のくと、御息所の心には熱いほてりが残るのだった。


  /    /   /               ∧ ∧     \ュ
  /    l  /   l    l      l  lミ.V〃ヘ     ヽ
. l     l  l   l     ゙    l .l~"''v''"~l  .l  l l ヽ
 l    l  l   l     l ` \  l  l.  √丁  ll  l lヘ l
 l    l  l   l.     下 マ下 ヘ ヘ  _l.l.  l.l l l ヘl   
 l.    l  l  ヘ     l_ ヽ ヤ l \ ` T::::l.l l  l l∧/
. l.    l _,,l   `      l T:::::::l.l \ N. l`‐'l.l l l ´ ヘ      …源氏の君……
  l     l/へl   ヽ    l lん/l.l  `l  ̄ l l/ l   l
  l.    l " l   ヽ \ l~ ̄ ̄     〉 l   ト   l
   l.     ゙ ヽ_ l    \べ         /.   l l   l
   ヘ     \ ゙\    \      っ /    .l
.   ヘ   ヽ  ~"ヘ\   \~"_-__ /     /
    ヘ    ヽ   ヽ .\   \` T "  _,, - "
     ゙  \ ヽ   ヽ ~ - _  ~ - 二=、ー―−- ,,_
      `   ヽ \  \  ゙ベ ̄ l    \  ヾ\   ̄`'' - _
       ヽ  l  .|入   \ ̄~"'' - ,,_   \  ヾ\   \ ~ - _
        ヽ l  .l  \  \_ _ _ .   ̄~"'' -\  ヾ ヽ   ̄~ - _ \
          ` .l /-−―\  \,,_  ̄ ~ " - _  ヘ  ヾ ヽ     \ \
          ツ      \  \ ̄~"'' - ,,_ ̄~ l   ヾ ヘ.      \ \
502 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:56:03.28 ID:cYXYRb6o
                       _............._
                   , - ヘ! ,、 ヽ\ `丶、 、 , -- 、
                  // / /ハ l 「ハ ト、\ヽ ヽ、ヽ‐- 、 \
                , 'f-ィ 7'`Y.:::::} l:::ハ! '. ヽ ヽヽ ∨ヽヽ\ ヽ
               ノ l_/_/rf'^ll::::::| l/::j l l  、 ヽ   ∨ト、   V
               /`´__ ' j ljゝ'"  | l! ハ ト \ '. ヽ Vlハ i   '.
              '    __ノ| |    | |! 「リ_ム_l_ヽハ '. } } .|  l!    源氏の君…愛しています
            , ´   _ ィl  | l!ト‐    j/l:/f,ィ:::::::ハミ_ } l l | .l!  ハ
          /   , イ .| |.l イ.l|リィ≠ト / /' 弋ーィj_,,l l l Y |! l! .l l    ずっと、ずっとわたくしを好きでいて…
         /   ,イ l l .! l.l! |rハ。::::ハ      ¨¨^” j l j |! j l  l. l    毎晩、毎晩、通ってくださいませ…
        /     / | l .l .! l l ト、` 戈シ′ 、::::.    /イ ./ リイ l  l !
      , '     , '  l l! l! ! | l ト\、     r_ヵ    /| /! ./ l l  l、'.
     , ′     '   .l.ト トト. ト.ヽ \ヽ` ー    ^   /l/' |/ /j l! .l 、ヽ
.    /     ;    ヽ リハ l \ヽヽノ`>‐  .__/  l}\/ // .ハ|  '. 、 `、
   /     /   __//ム∨ムヽヽ/∠__ノ \   /_ }ト// / l!  ハ  ヽ `、
   ,'     / ̄ ̄ヽヽヽ ̄ヘヽ、 . | ,\  /ヽヽ77「¨^ト、V|l\ー _ヽ ヽ、  \丶、
   '、          '.'. '.    '. \l l/   |__∨ム〉-イ ハj l  ヽ ヽ\ ヾ、  ` 、丶、
   ` ─-  .__     '.'. '.      V_ -‐ ´:.:.:.__:.:.:.:.:.ノl/ ヽ! -ニト、 '. ト、 \   ` 、 、
        //  ̄, マ:\ヽ\__../:.:.:.:.,ィ´ ̄   ̄´ \ヽ  ` ̄ - 、 `.| } \ ヽ、    ` ヽ、
       //   / /__>- '´/.:.:.:.:/ ´         ヽ.ヽ     ヽlj7  ヽ ヽ       \
     ' イ  ,  ´  //:.:.:.:_,.:.:.´:.:.:.:.:./ ,'         . : : : :j: :j: : : . .    ` .   `、  、 


六条御息所の心は、完全にやる夫の虜となっていた。
年下の、若すぎる恋人との愛は、御息所を悦ばせ……
また、苦しめるのだった。
503 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 20:56:25.75 ID:TlwJ2dMo
>>500
当たりも大きいしな
504 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 20:58:37.41 ID:cYXYRb6o
◆某日、平安京、二条院


        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ    おーい、ちゅるの君ー
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | キュッキュッ キュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \ 
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \      
  / /  ハ/     \ハヘ      
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.     やる夫君、お呼びかにょろ?
  |i | 从 ●     ●l小N      
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)   
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ  
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''
505 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:00:09.64 ID:cYXYRb6o
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<).\   
  / /// (__人__) /// \    この文を、六条のお屋敷に
  |     |r┬-|     |    届けてほしいお!
  \      `ー'´ _   /
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン 


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|    …わかったにょろ
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│    
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
506 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:02:19.29 ID:cYXYRb6o
       ____
     /      \
   / ─    ─ \     なんだお?
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |   ちゅるの君、どうかしたかお?
  \     ` ⌒´     /


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|    最近、毎晩お出ましだけど…
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│    正直なとこ、お疲れじゃないかい?
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

       ____
     /      \
   / ─    ─ \    …余計なお世話だお
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U |  
  \     ` ⌒´     /
507 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/25(水) 21:02:24.59 ID:qbRnMtQ0
ブストス以上だな
2打席に1回ヒットを打ち、その2本のヒットのうち1本がホームランのブストス以上
508 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:04:51.81 ID:cYXYRb6o
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    腎虚の心配はいらないお
|       (__人__) l;;,´      これでも精力には自信が――
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \      
  / /  ハ/     \ハヘ      
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.     そ、そういうことじゃないにょろ!
  |i | 从 ●     ●l小N      
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      ただ…いつも退屈そうなお顔を
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)   してないかな…って思っただけにょろ
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ  
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''
509 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:06:31.69 ID:cYXYRb6o
       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|    お手紙ひとつ書くにしても
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    薄様や焚きしめるお香にまで
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│    気を配って……
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.
    | /⌒l,、 __, イァト |/ |    上流の方々の恋って
    | /  /::|三/:://  ヽ |     そこまでしないといけないのかな?
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
510 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:08:01.56 ID:cYXYRb6o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   恋愛ひとつするにしても
  ミ゙ ゚ -゚ノ    手紙でやりとりしていた時代…
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   風流人は、その紙などにも
  /ヾノ==,)    心を砕いた
 ム-ノ__|_jゝ
511 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:09:02.99 ID:cYXYRb6o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   薄様(うすよう)とは紙の一種だ
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   雁皮(がんぴ)という植物の繊維を薄く漉いたもので
  (゙ /  |ゞ   爪先で弾くと高い音を出す
  /ヾノ==,)    この紙はツヤがあって、保存性も高い
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   ちなみに、同じ雁皮紙でも
  ミ゙ ゚ -゚ノ    厚く漉いたものは「鳥の子紙」という
  √¨l-゚]、   
  (゙ /  |ゞ   「鳥の子」とは卵のことだ
  /ヾノ==,)    卵色をしているからこの名がある
 ム-ノ__|_jゝ
512 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:10:02.69 ID:cYXYRb6o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   こうした美しい紙に和歌などを書くのだが
  ミ゙ ゚ -゚ノ    それだけでは風流とはいえない
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   香の煙にかざして匂いを移らせたり
  /ヾノ==,)    季節の花に結んだり、細工物を添えたりていた
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    そのチョイスにセンスを問われるわけだから
  √¨l-゚]、   やる夫も力を入れざるを得なかっただろうな
  (゙ /  |ゞ   
  /ヾノ==,)   
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
513 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:12:02.87 ID:cYXYRb6o
       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    上流の人はホントに大変にょろ
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│    恋人って、もっと心和めるものじゃ
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   ないのかな?
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |  
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    それで、やる夫はいつもつまらなさそうな
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   顔をしてるって言うのかお?
  |     (  (      |
  \     `ー'     /
514 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:12:32.94 ID:TlwJ2dMo
今はボタン1つで手紙送れてしまうからな・・・
515 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:14:02.06 ID:cYXYRb6o
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\      心配するなお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    やる夫だってセレブの一員なんだお
  |    /| | | | |     |     これぐらい何でもないお!
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\      さ、余計なおしゃべりはこれぐらいにして
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    この文を六条に届けてくれお
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /


     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \      
  / /  ハ/     \ハヘ      
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.     うん、わかったにょろ!
  |i | 从 ●     ●l小N      
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      行ってくるにょろー
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)  
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ  
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''
516 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:15:08.44 ID:cYXYRb6o
         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)    \     そうだお
      |    ` ⌒´      |     やる夫は疲れてなんかいないお
      \           /
        /         \     やる夫の心が落ち着くのは…
       |   ・    ・     )     あの人のもとだけなんだお…
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ
517 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:16:22.92 ID:cYXYRb6o
      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |     疲れてなんか…いないお…
  \::::::::::::::::        /
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/
   |  ::::::::::     /
  (__(__   ヽ
  /  ,_/  ___ノ
  `ー'  `ー'
518 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:16:23.17 ID:rYvEWvgo
ちゅるやの君と付き合えばいいと思うのは俺だけか
519 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:18:01.89 ID:cYXYRb6o
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
   \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ 
    /    r''ヽ、.|  
   |     `ー-ヽ|ヮ 
   |       `|     ーーー   
   |     `ー-ヽ|ヮ        ノ    
   |       `|        ノ       
   |.        |         
   ヽ、      |      ーーー ヽヽ   
     ヽ____ノ          ノ    
     /_ノ ' ヽ_\        ノ     
   /(≡)   (≡)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / 
  |     |r┬-|     |  (    
  \      `ー'´     /    \


第四話「やすめぬところ」、おわり
第五話「光そへたる」につづく
520 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:18:06.11 ID:7zRM5hco
>>518
ちゅるやの君男だよな?
521 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:18:11.67 ID:L1CzhtEo
>>518
男だろ?
522 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:19:21.34 ID:rYvEWvgo


>>520-521
知らんかった、すまん
523 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:19:28.87 ID:TlwJ2dMo
>>518
AAでちゅるやになってるだけで男だぞ
524 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:20:26.56 ID:L1CzhtEo
1乙、風流だね
525 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:21:19.60 ID:sRLlI9oo
乙乙ー

面白かったッス
526 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:22:08.67 ID:cYXYRb6o
>>461
六条御息所のAAは、園崎詩音です
たまに魅音のAAが混じってしまいますが、ご容赦を

>>518
惟光のポジションなので基本は男ですが
初登場時に「娘」と紹介してしまったので…

まぁ性別を超越した存在だと思ってください
527 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/25(水) 21:22:59.49 ID:gxLrxxko
乙です。
最後は、>>190 >>210で誠が言ってる事と絡んでるような展開だな。
528 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:24:44.93 ID:8nbUgjIo
乙です
こういう原作補完はいいね
529 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:25:32.62 ID:rYvEWvgo
>>526
あ、やっぱそうだったよね>初登場時
承知しました
530 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:29:05.58 ID:.B0kC/oo
>>1
次は夕顔か
531 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/02/25(水) 21:30:50.77 ID:cYXYRb6o
以上で第4話は終了です
お付き合いいただき、ありがとうございました

次回は、3月4日の19時ごろから
投下したいと思います
よろしくお願いします
532 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:31:18.91 ID:AHASejQo
乙でした。
533 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/25(水) 21:31:27.10 ID:GDcDR3E0
乙でした。
次回はちょっとホラー気味?
534 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:48:04.10 ID:eFC.Kiko
お疲れ様でしたw
535 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:56:39.47 ID:fvNgTTMo
平安美人とか源氏物語絵巻の人物があんな絵で表現されてるくらいだから、
「白饅頭」と表現されるやる夫って結構いい線いってる気がする…のは俺だけ?
目がパッチリなのがマイナス点か。
536 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 21:58:01.66 ID:274uuc2o
しもぶくれがかっこいいんだっけ
537 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/02/25(水) 22:28:59.92 ID:.B0kC/oo
女はしもぶくれが美人だって言われてたらしいけど、男はどうだったんだろうか
538 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/25(水) 22:34:34.46 ID:snJePa.o
あれはただの絵の技法の一種だと思うがねえ
今の二次絵みたいに
539 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/26(木) 08:31:26.69 ID:aVG.F9Uo
今の萌え絵が目がでかいみたいなもんか。
540 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/26(木) 13:10:54.98 ID:RDBPRAgo
六条は詩音か〜言葉様だと信じて疑わなかったww
>>529
てか、平安時代の美女ってのは現代ほど顔の美醜は問われなかった……はず
切れ長の、目の大きな美人もいたらしいし(でも、二重瞼は嫌われた)
美女ポイントは額(富士額がベスト)髪(黒く直毛で、長ければおk)
肌(白いほどいい)の三つだったから。まあ、末摘花は例外としてもww
541 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/26(木) 13:16:35.14 ID:aVG.F9Uo
源氏物語は女性が、それぞれ性格だったり身分だったりが自分に近い女性キャラクターに自分を写して、
家柄も容姿も教養も完璧な男が、ロマンスを求めてきたらどうするかを妄想するのが正しい読み方、

と言う話を聞いた事がある。
542 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/02/26(木) 19:42:51.30 ID:uZV3s8Yo
>>535
あれは、当時の「裕福な人の記号」としての絵
実際には源氏物語の描写で、すらっとした貴公子って書かれているらしい。
543 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/01(日) 01:17:45.92 ID:Rr.HzhU0
>>541 つまり・・・昔のエロ本(官能小説)?
544 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/02(月) 15:31:44.18 ID:u15p4Z6o
>>543
むしろ恋愛シュミレーション
545 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/02(月) 18:41:42.17 ID:DTBaVKYo
現在の萌え属性で源氏物語にないものは殆どない。
萌えは平安時代に完成されて日本人にDNAレベルで染み付いてる。
546 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/02(月) 18:48:51.62 ID:tAfZUwYo
中国が金瓶梅を基にしたギャルゲつくってるんだから
日本も対抗して源氏物語を基にしたエロゲ作ればいいのに
547 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/02(月) 18:54:14.95 ID:u15p4Z6o
>>546
日本なめるな

「夢の浮橋 〜新釈源氏物語〜 一巻」
http://www.4gamer.net/games/040/G004096/20090107028/
548 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/02(月) 18:56:14.90 ID:dyNFgF6o
>>546
全員の髪色を黒〜焦茶色系統にしてくれれば買います
549 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/02(月) 19:08:04.71 ID:0MpBu92o
>>547
ワロタww普通に欲しい
550 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/02(月) 20:20:20.31 ID:qSVn3N6o
>>547
これはちょっとやってみたいww
551 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/02(月) 20:40:56.05 ID:nb.mrQYo
>>547
普通に欲しいわwwwwww
552 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/02(月) 20:42:22.58 ID:QCn10h.o
そう言えば赤塚不二夫先生がマンガの日本古典入門で源氏物語描いた時は、
光の君はおフランス帰りのミーだったな。
553 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/02(月) 22:22:44.51 ID:SP.cHLY0
やめてくれ、思い出しちゃったよw
うちの中学に全部あったんだそのシリーズ。
吉田兼好がデカパンのやつもw
554 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/02(月) 22:42:20.34 ID:hnJGZ6Io
>>552
あったあったw
末積花だっけ?あれがひどすぎだったw
555 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/03(火) 00:41:44.80 ID:zKDSk9Yo
>>554
末摘花
556 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/03(火) 09:16:58.78 ID:.KC13UMo
このスレ本当に面白い。>>1にはこれからも頑張ってほしい。
やっぱ源氏物語は日本人の基礎的な教養として読んでおくべきだな
おれは断片的にしか読んだこと無いので、だれかお勧めの書籍を紹介してくれないか
銀河英雄伝説よりも長いかな?
557 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/03(火) 09:24:18.05 ID:AgaypG2o
銀英伝を比較に出すようじゃ原作はおろか現代語訳も無理だろ
素直にあさきゆめみし読んどけww
558 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/03(火) 10:18:45.66 ID:Av.Gv3wo
個人的な好みを前面に押し出すなら谷崎源氏
読みやすさならあさきゆめみし
文字で読みたいならジャクチョウ版とか読みやすいんじゃないか?
559 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/03(火) 10:45:55.18 ID:yNXlUDUo
高校の時古典で源氏物語やってた頃教師があさきゆめみし持ち込んで教室で回し読みしてた。





男子校で。
560 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/03(火) 12:45:15.00 ID:.KC13UMo
銀英伝を出したのは購入費用がどのくらいかなと思って。
大学時代は歴史学やってたからくずし字も読めるよ
ただ古典文学にはほとんど触れてこなかったんだ
寂聴さんのを買ってみるか
561 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/03(火) 15:44:31.29 ID:07xNVzYo
廃品回収の日に田辺聖子の新潮文庫3冊を拾った俺は勝ち組だな
562 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/03(火) 16:43:30.95 ID:fL6A13so
・青空文庫所収の与謝野晶子訳『源氏物語』
 ↑無料で読めます
 ブラウザで長文を読むのに慣れてる人におススメ

・『新編日本古典文学全集 源氏物語』全6冊
 ↑1冊あたりのお値段が高いので、図書館等で読む人向け
 本文・注釈・現代語訳・解説・系譜・イラストが詰まっていますので
 かなり詳しく読み込みたい人にお勧め

とりあえず概要が知りたいときは、
・高校国語の資料集(便覧)
・『源氏物語を7日で制覇する』
などがおススメです。
後者は受験対策用ですが、文章+マンガで
わかりやすく説明してくれています

お手軽に読むなら、やっぱり『あさきゆめみし』でしょうね
単行本は全13巻ですので、すぐ揃えられるかと思います
でもたまに、「顔の見分けがつかない…」と言ってる人がいるので
人によって合う合わないがあるようです
563 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/03(火) 16:54:57.59 ID:m.HZqgwo
便乗してついでに、この源氏物語の時代の背景や全体像を知りたい人に

日本の歴史 06  道長と宮廷社会  講談社学術文庫
http://www.bk1.jp/product/03088037

↑最近文庫になって入手しやすくなったのでお勧め。
564 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/03(火) 16:56:08.52 ID:.KC13UMo
>>562
詳しく教えてもらってありがたい
参考にします
565 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/03(火) 16:58:26.57 ID:.KC13UMo
>>563
チェックしてみるよ
566 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/03(火) 19:13:06.43 ID:zKDSk9Yo
>>559
源氏物語とか関係なく教師が教室にあさきゆめみし持ち込んでた
分かりやすいとかで。男子校ではなかったけど
567 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 18:28:20.77 ID:.VbLtGQo
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/    
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /     >>1です
   / _勺 イ   r;==、      シ    〃 /      本日も19時ごろ投下の予定ですが
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/       少し用事があるため、10分ほど遅れるかもしれません
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ     今日は本編+おまけでお送りします
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃        いましばらくお待ちください
568 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 18:32:32.49 ID:.VbLtGQo
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/    
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'U  リ,イ}    〃 /  
   / _勺 イ   r;==、      シ    〃 /      すみません、訂正です
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/      諸事情により、開始を1時間遅らせます
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     投下は20時より開始したいと思います
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ     申し訳ありません
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
569 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 18:39:42.46 ID:F60btDAo
570 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 18:40:58.81 ID:396sHs.o
源氏物語は夜読むイメージだぬ
571 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 18:44:26.27 ID:MAIMuTso
>>570見て、なんか更級日記の一節思い出した
572 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 18:45:12.01 ID:mMabo96o
待ってますよ!
573 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:00:01.70 ID:.VbLtGQo
いずれの帝の御代であったか……。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。

               ,......,,、
            li:.`i  ´ /´`i
             i ヽ.  /   `ヽ.
              ) . `i: i :::.    !、
             |   .l .,ノヽ:::-‐‐''´i
             .入/ ヾ'´.:::   /
            ,/  `ヽ  `¨゙ヽ、  (
.==、 、 .    ノノ ノi / `¨゙ヽ、__ ヽr''´
   ヾ 、    /// ノ´       ̄
    ヾ 、__,/__ノ_/
     `ーr'´、 ̄
       l:::ヾ\
     /ヽ.:::ヾl
    /:::/:::l `ヽl
    /:::/:::::l
    l:::/.:/
   . l./          第五話「光そへたる」
574 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 20:01:13.33 ID:F60btDAo
キタキター
575 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:02:00.75 ID:.VbLtGQo
◆平安京、二条院


        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | キュッキュッ キュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   \   ヽ
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/________i | ケシケシ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /__凵_______ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ    
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/     
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | キュッキュッ
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
576 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 20:03:16.68 ID:pyuFqcko
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
577 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:04:00.58 ID:.VbLtGQo

     / ̄ ̄ ̄\
   /       .\      んー…
  /   ─ヽ  .─   \
  |   (●)  (●)   .|    今ひとつ決まらないお…
  \.   (__人__)    /    疲れてるのかお?
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   今日もまた
|       (__人__) l;;,´     六条に文を出す作業が始まってるお
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |     でも中々いい文面が出てこないお…
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
578 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:06:13.84 ID:.VbLtGQo
     ____
   /      \
  /  ─    ─\    こういう時は気分転換だお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  おーい、ちゅるの君ー
/     ∩ノ ⊃  /   白湯でも持ってきてくれおー
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \     わかったにょろー
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \    
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \   すぐに持っていくにょろ!
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、      ヽ
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=_____
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l    //- .,
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'ヽ
579 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:08:00.30 ID:.VbLtGQo
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  ふー…ひと心地ついたお
/    (─)  (─ /;;/   
|       (__人__) l;;,´    それはそうと…ちゅるの君
/      ∩ ノ)━・'/    お母君の様子はどうだお?
(  \ / _ノ´.|  |     
.\  "  /__|  |     病気して尼になったと聞いたけど
  \ /___ /      その後、持ち直したのかお?


     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \      
  / /  ハ/     \ハヘ       やる夫君が薬師(くすし)や
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.     お坊さまを遣してくださったから
  |i | 从 ●     ●l小N       なんとかもう少し長生きできそうにょろ
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)   お心遣い、本当にありがとうにょろ
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ  
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''

       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\      そうかお、よかったおー
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i    お母君…乳母は、やる夫にとっては
   ヽ、    `ー '   /     大事な親がわりだお
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .湯 }ヽ     これぐらい、何でもないお
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ
580 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:09:59.83 ID:.VbLtGQo
     ____
    / ⌒  ⌒  \     ちゅるの君の家は
  ./( ―) ( ●)  \    たしか五条にあったお?
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | 
  |    ー       .|   まだ六条に行くには早い時間だし…
  \          /   乳母を見舞ってやりたいお


     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \     本当かにょろ!?
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \    
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \   そうしていただけると
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、      ヽ  きっと母も大喜びにょろ!
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=_____
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l    //- .,
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'ヽ
581 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:12:00.64 ID:.VbLtGQo
◆平安京、五条

_____________|i____________|::.|_____|i_____________
二[二二]二二二二二二二二二[二二]二二二二二二二二二[ニ |:::..| 二二二二二二二二二二[二二]二二二二二
/  / : : :: : : : : : : : : : : : :/  / : : :: : : : : : : : : : : : : / :;;;;|::...| : : : : : : : : : : : : : : : : : : /  / : : : : : : : : : : :
   /i================i /   /i================i /    /.|:::..|=================i/   /i============
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄|:::..| | ̄ ̄| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒,|  ̄|
 .(二二().きの好い擬古屋 |  |    | {MOSHIHO}  | (二二() |::::.| |    | (二二()&ギコのなれすし(゚Д゚,)】_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|  |    |_______..|         |:::::| |    | ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:|::.::|
         ∩_∩     |  |    || _____,..| |      .|::...| |    | ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:.|
'~⊃。Д。)⊃ 魚__|    |  |    || |ロ_ロ_ロ_ロ_ロ| | |         |:::..| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ====== ̄:| ̄ ̄:| ̄:|
|____|_, ( ・∀・)∩ .  |  |    || |o o o o o | | |         |::.:.| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::::::: //:|.. ̄ ̄:| ̄ ̄:|
 <・二<  \ ||_||`ノ ∧∧ .|    || |ロ_ロ_ロ_ロ_ロ| | |         |:::..| |    |⌒j⌒j⌒j⌒j⌒||:[open]|/ ̄ ̄ ̄ ̄`|
<・二____ \_(. .(*  ,):|    || |o o o o o | | |         |:::..| |    | //      .||:: //..::::||手作り鮨 ||
 .  '|  |     |  ̄|_) ,U-、|).|    || |: ̄ ̄:Θ-'| | |         |::...| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||://:: ..:||&干物ノ店 ||
_____. |三| . 〒 .|  _|______|XXX|'〜______|| {二二二} | | |,___________|:::..|_,,|___,,|__________________,,||_________|_~ ̄|冂| ̄`||
   |_|___|     . じ'`J    .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        |:::::|  iニニニi二二二二二二二i    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_____| |_____________________|:::::|__|  | i____|:::::::| i _______
582 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:14:01.08 ID:.VbLtGQo
     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \       やる夫君、申し訳ないけど…
  / /  ハ/     \ハヘ       どうもウチの門の鍵がどこ行ったか
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.     わからなくなってるみたいにょろ
  |i | 从 ●     ●l小N      
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ       でも、すぐに開けさせるから
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)    しばらく牛車の中で
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/    待っていてほしいにょろ
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ  
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     わかったお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   気長に待つお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
583 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:16:16.37 ID:.VbLtGQo
         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \    それにしても…
     /   (__人__)    \   京でも、こんなところに来たのは
      |    ` ⌒´      |   初めてだお
      \           /
        /         \    子供の声、物売りの声…
       |   ・    ・     )    庶民はこんな風な生活をしているのかお…
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \      他に何か、面白そうなものは
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ   あるかお…?
  |    ー       .|
  \          /
584 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:18:07.69 ID:.VbLtGQo
               ,......,,、
            li:.`i  ´ /´`i
             i ヽ.  /   `ヽ.
              ) . `i: i :::.    !、
             |   .l .,ノヽ:::-‐‐''´i
             .入/ ヾ'´.:::   /
            ,/  `ヽ  `¨゙ヽ、  (
.==、 、 .    ノノ ノi / `¨゙ヽ、__ ヽr''´
   ヾ 、    /// ノ´       ̄
    ヾ 、__,/__ノ_/
     `ーr'´、 ̄
       l:::ヾ\
     /ヽ.:::ヾl
    /:::/:::l `ヽl
    /:::/:::::l
    l:::/.:/
   . l./

やる夫:(あの白い花は何だお? あんまり見たことない花だお)

ちゅるの君の実家、その隣家の垣根に
白い大輪の花が咲いていた。
585 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:21:01.55 ID:.VbLtGQo
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     おっ、おーい ちゅるの君
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   あの垣根に咲いている花は何だお?
  |     |r┬-|     |    
  \      `ー'´     /


     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \      ああ、あれは夕顔にょろ
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \    
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \    ここらへんみたいな
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、      ヽ    雑多なところにはよく咲いてるにょろ
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=_____
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l    //- .,
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'ヽ
586 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:22:11.03 ID:.VbLtGQo
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     夕顔…綺麗な名前だお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |    一輪、もらってきてくれるかお?
  \      `ー'´     /


     , '´ ̄ ̄` ー-、        
   /   〃" `ヽ、 \      
  / /  ハ/     \ハヘ      
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ.     わかったにょろ
  |i | 从 ●     ●l小N      
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ  
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''
587 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:24:12.84 ID:.VbLtGQo
ちゅるの君は、垣根に咲く夕顔をもらおうと
隣家の者に呼びかけた。


     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \      すみません
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \    
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \    ここの垣根の花を一輪
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、      ヽ    いただいてもいいですか?
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=_____
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l    //- .,
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'ヽ


すると、家の中から扇を持った女房が出てきて応対した。

         __ _
        /      \
      /      |   ヽ    
      // /´_`ヽl/_、  l    
      // /f r 。ミ. /r.。,.! | |     どうぞお取りください
     /ヽムハ `  } ` .ノ l | |   
     / / l i ヽ ーァ ムj_」 |      …と主人が申しております
    { { l l ,.イ` ーK/ / .j|
     ゝ/´ ̄ ハ、// l |` ー- 、
     /.|   トヽ/ | |  / ヽ
588 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 20:25:12.98 ID:vhI.36Eo
おお!夕顔キタコレ
源氏の中では一番好きなんだ、夕顔
589 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:26:02.48 ID:.VbLtGQo
         __ _
        /      \
      /      |   ヽ    そこの牛車の方にお花をさしあげるなら…
      // /´_`ヽl/_、  l    この扇にお乗せになって
      // /f r 。ミ. /r.。,.! | |
     /ヽムハ `  } ` .ノ l | |   なよなよした花ですので
     / / l i ヽ ーァ ムj_」 |    手で提げては、見栄えがいたしませんでしょう
    { { l l ,.イ` ーK/ / .j|
     ゝ/´ ̄ ハ、// l |` ー- 、
     /.|   トヽ/ | |  / ヽ


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|    おお、これはこれはわざわざ…
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    お気遣い、ありがとうございます
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
590 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:28:01.20 ID:.VbLtGQo
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     扇に花…かお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   こんなところに、意外な風流人も
  |     |r┬-|     |    いたもんだお
  \      `ー'´     /


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   
     〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|   なかなか気のきいた
     レ!小l●    ● 从 |、i|    女あるじ殿がいるみたいだにょろ
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   見た目は普通の家なのにね
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ 
  .  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
591 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:30:31.66 ID:.VbLtGQo

     / ̄ ̄ ̄\   ,
   /       .\  - 
  /   ─    .─   \ `   …おや?
  |   (●)  (●)   .|
  \.   (__人__)    /    扇に何か書いてあるお?
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン
592 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:32:24.34 ID:.VbLtGQo

               ,......,,、
            li:.`i  ´ /´`i
             i ヽ.  /   `ヽ.
              ) . `i: i :::.    !、
             |   .l .,ノヽ:::-‐‐''´i
             .入/ ヾ'´.:::   /      
            ,/  `ヽ  `¨゙ヽ、  (
.==、 、 .    ノノ ノi / `¨゙ヽ、__ ヽr''´
   ヾ 、    /// ノ´       ̄
    ヾ 、__,/__ノ_/
     `ーr'´、 ̄
       l:::ヾ\             心あてにそれかとぞ見る白露の
     /ヽ.:::ヾl                       光添へたる夕顔の花
    /:::/:::l `ヽl
    /:::/:::::l  
    l:::/.:/                (当てずっぽうですが、思うのです。
   . l./                    あなた様があの、光る君なのではないのかと)

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\      ほほー…
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |     こりゃまた書かれたもんだお
  \     `ー'     /
593 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:34:17.88 ID:.VbLtGQo
            ____
  +        ./ \  /\ キリッ   女の方からこういうことを書かれたら
        / (●)  (●)\     黙っているわけにはいかないお
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
      |      `-=ニ=-      |   返歌を書いて…と
      \      `ー'´     / +

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<).\      ちゅるの君、この手紙を届けてほしいお
  / /// (__人__) /// \    
  |     |r┬-|     |     そのついでと言っては何だけど
  \      `ー'´ _   /      あの家のことを探ってきてほしいお!
   ( ヽ  ___ ././  
   .\ \|  .,レ゛/        
     .\旨 爻ン  
594 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:36:00.90 ID:.VbLtGQo

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|   はいはい、わかったにょろ
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   
    ヽ|l ─   ─  | .|ノ│   でもできればお見舞いを
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   先にしてほしいにょろ
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |   門の鍵もやっと開いたことだし…
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\     ハハ、わかってるお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   でもあとでよろしく頼むおー
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /


こうしてやる夫は、女に返歌を贈るとともに
その女の家の様子を探らせた。

六条の恋人もすこし重荷になりつつあった今、
新たな出会いの可能性に、やる夫は胸を弾ませるのだった。
595 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:38:31.44 ID:.VbLtGQo
◆平安京、二条院

     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \     母があんなに喜ぶのを見たのは
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \    久々だったにょろ!
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \  
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、      ヽ  やる夫君、本当にありがとうにょろ!
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=_____
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l    //- .,
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'ヽ

        ___
      /      \
   /          \     礼には及ばないお
  /   ⌒   ⌒   \    
  |  /// (__人__) ///  |   あれで長生きしてくれると
. (⌒)              (⌒)   やる夫も嬉しいお
./ i\            /i ヽ
596 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:40:02.60 ID:.VbLtGQo
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    …ところでちゅるの君
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |  例の、隣家の女君のことだけど…
  \     ` ̄'´     /


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   はいはい、わかってるにょろ
   〃 {_{       リ| l.│ i|   
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   文を届けに行ったら結構驚いてたにょろ
    ヽ|l ─   ─  | .|ノ│   まさか返事が来るとは
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   思ってなかったみたいにょろ
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
597 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:40:57.45 ID:.VbLtGQo

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   女主人の素性はわからなかったにょろ
   〃 {_{       リ| l.│ i|    
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    でも、どうやらワケがあって…
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│    あの家に住んでいるみたいにょろ
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.    
    | /⌒l,、 __, イァト |/ |    あの家はもともと使用人の家らしいにょろ
    | /  /::|三/:://  ヽ |    主人なのに居候ってことにょろね
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |    

      ____
    /_ノ   ヽ_\       隠れ住まいの女人かお…
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\    あの扇のことといい…
 |        ̄      |    中々にゆかしい感じがするお
 \              /

※ゆかしい…何となく知りたい
598 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:42:03.41 ID:.VbLtGQo
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     おーし、興味わいたお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |   ちゅるの君、逢う手引きをしてくれお!
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|    でも、小路に住んでるような女にょろ
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    身分は…あんまり期待できないにょろ
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     そんなの気にしないお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   身分は低くても
  |     |r┬-|     |    いい女の1人くらいいるお!
  \      `ー'´     /
599 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 20:43:18.02 ID:vhI.36Eo
これがいい女なんだよねー
気取らなくていいし、まあまあ風流持ってるし
中流のいい女
600 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:44:03.19 ID:.VbLtGQo
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     それに、やる夫だと大っぴらに言わなくてもいいお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    どこかの受領の息子が懸想した風に
  |     |r┬-|     |    とり計らってくれればいいお!
  \      `ー'´     /


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|   うーん…そこまで言うなら…
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   
    ヽ|l ─   ─  | .|ノ│   わかったにょろ
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   やってみるにょろ
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \    
    /   ///(__人__)/// \   ちゅるの君、ありがとうだお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |   
      \       ゙ー ′  ,/   
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |
601 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:47:01.78 ID:.VbLtGQo

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|   
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   (こうやって…ついやる夫君に
    ヽ|l ─   ─  | .|ノ│        協力してしまうのは…)
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |. 
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ
   〃 {_{        リ| l.│ i|   やる夫君の幸せと
   レ!小l\    `ヽ 从 |、i|    
    ヽ|l >   ●  | .|ノ│    面白い恋物語を
    |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |    期待しているからっさ!
    | /⌒l __, イァト |/ |
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


こうして、やる夫は五条の女君と関係を持つようになった。

名前や身分を隠し、牛車にも乗らず馬に乗って、
五条の雑踏の中を、やる夫は女の元に通うようになる。

「今度の女君、ずいぶんとお気に入りになったにょろね…」
徒歩(かち)でつき従うちゅるの君は、そう思わずにはいられなかった。
602 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:48:16.32 ID:.VbLtGQo
◆某日、平安京、五条

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     私とあなたの仲なのですから
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    そろそろ…名前を聞いてもいいですかお?
  |     (  (      |    
  \     `ー'     /


         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',      そう…申されましても
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',
603 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:50:02.76 ID:.VbLtGQo

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|     名も家も…
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!      わたしにはございませんもの
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',
604 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:52:02.17 ID:.VbLtGQo
■人物:夕顔の君

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |

「らうたげにて、あえかなる人(可愛らしく、きゃしゃな人)」

何やら事情のありそうな女人。
平安京は五条の、小路に隠れ住んでいる。

源氏とは、おたがいの名前や身分を伏せて付き合うが
それでも源氏は彼女を深く愛したという。
605 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:54:40.78 ID:.VbLtGQo
              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !   そう仰るあなた様も
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |   どこの方か…わたくしは知りません
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !    みんなは、あなた様が三輪の神様ではないかと
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!    疑っているみたいですけれど
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
            /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|


     ____
    / ⌒  ⌒  \     三輪の神様かお
  ./( ―) ( ●)  \    たしかにそうかもしれないお…
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | 
  |    ー       .|  
  \          /
606 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:55:06.35 ID:.VbLtGQo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   「三輪の神」とは、奈良県の三輪山に
  ミ゙ ゚ -゚ノ    祀られている神のことを指す
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   この神については、こんな伝説がある
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
607 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:55:44.38 ID:.VbLtGQo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   ある時、若い娘のもとに
  ミ゙ ゚ -゚ノ    夜な夜な通ってくる男がいた
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   しかし、その男の正体は知れず
  /ヾノ==,)    どこに住んでいるのかさえわからない
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   娘の両親は、男の正体を探るため
  ミ゙ ゚ -゚ノ    娘に長〜い糸を通した針を渡した
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   この針を男の衣にこっそり着けて
  /ヾノ==,)    あとを追おうというのだ
 ム-ノ__|_jゝ
608 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:56:23.11 ID:.VbLtGQo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   果たして、娘は針を男の衣に挿したのだが…
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   なんと男は鍵穴から外へ抜け出ており
  (゙ /  |ゞ   また糸を辿っていくと三輪山へと
  /ヾノ==,)    たどりついた
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   これにより
  ミ゙ ゚ -゚ノ    男が三輪山の神であることを
  √¨l-゚]、   人々は知ったのであった…
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
609 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:56:57.61 ID:.VbLtGQo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   人と人に有らざるモノが結婚する…
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   いわゆる「異類婚姻譚」「神婚説話」と
  (゙ /  |ゞ   呼ばれるタイプの伝承のひとつだ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   やる夫は、本名も身分も隠して
  ミ゙ ゚ -゚ノ    女の元に通っていた
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   周囲の者が、やる夫を三輪の神と
  /ヾノ==,)    思うのも無理からぬことだったんだ
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
610 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 20:58:13.15 ID:.VbLtGQo
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     しかし、神なんかじゃなくて…
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    もしかしたら、狐かもしれないお?
  |     (  (      |    それでも…このまま、騙されていてくれるかお?
  \     `ー'     /

.               「 ̄    −- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、U
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│    ……ふふっ
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
   /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
. /   /     \:/} ,/:::::::::::::::::::-‐'´     | l
611 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:00:33.46 ID:.VbLtGQo

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |  
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !    
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
            /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\     (この人といると…
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    すごく、すごく癒されるお)
  |              |
  \               /


やる夫は、心の安らぎを得ていた。

名前も、身分も、駆け引きもいらない、ただひたすらに愛し合う仲…
それは、今まで感じたことのない心地よさだった。
612 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:02:19.76 ID:.VbLtGQo
やる夫は、他の女には目もくれず、五条に足しげく通った。

       ____
     /_ノ   ヽ_\    
   /( >)  (<)\    六条?三条?何の話だお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  やる夫は今、五条に夢中なんだお!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /
613 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:04:04.82 ID:.VbLtGQo
五条のあたりは、庶民の町。
やんごとなき生まれのやる夫にとって、その様子は珍しいものばかりだった。

         
    ∧_∧         トントン
  .( ・∀・)   . ___ トントン 
  (   つ-O――|::::|  
   )  )) ).  /=|_.|=== 、   
  (__)_) |;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;; |
         ゙=====" 

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     お? あれは何を
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   しているんだお?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
614 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:06:02.42 ID:.VbLtGQo

                       ヘ
               /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                  /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
              /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
             / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
             / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
            /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i    あれは砧(きぬた)で布を打っているんです
         /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
          // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨    ああやって布を叩くことで
              | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う_ハ: : : : : :l     柔らかさやツヤを出しているんですよ
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
      |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
      |  倭名類聚鈔  |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
   .  /^) 〜〜∴〜〜 |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
   {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
    {/ _ノ           |: :.|少'   r|   W\ /: : : :l: :.│
    ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
    V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
      ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
      {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    へぇー
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  話には聞いてたけど
  |     |r┬-|     |   あんな風にするのかお…
  \      `ー'´     /
615 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:08:03.28 ID:.VbLtGQo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   砧(きぬた)とは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    布を槌(つち)で打つための台のことだ
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   和歌でもよく題材にされたので
  /ヾノ==,)    やる夫は「知識として」だけ知っていたようだ
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
616 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:10:31.64 ID:.VbLtGQo
◆その夜

       ____
     /_ノ   ヽ_\      
   /( >)  (<)\     さ、もう今日はいい時間だお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   一緒にいい夢を見るお
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /


.               「 ̄    −- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、U
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│    …はい
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
617 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:12:08.78 ID:.VbLtGQo
''''''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....................         .......................................::::::::::::::::::::::::::::::::::''''''''
::::::::::::::::::::::::::::........................................                   .............................................:::::::::::::::
...........................................                  r´`;                ...................
                               `゙´γ   クワー
................................                   γ     
                   γ            クワー
                          γ
................................                                    ...............................





        / ̄ ̄ ̄ \
      /   ―   ―\
  __ /   ( ー)  (ー) \    (雁の声が…あんなに近く聞こえるお…)
   ( |      (__人__)    |      
  \ヽ\__  `ー ´__/ \     
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \    ※雁(かり)…水鳥のガンのこと
618 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:14:02.63 ID:.VbLtGQo
そして夜が明けると…、
町の朝が、にぎやかに始まる。

 、    
  `)         ,,,_
  ( 、 __⊆^'‘ゝミ-、
  ` ー '~´ ‘ー、゙゙''_;っイー、    南無当来導師
         /´ ヽ、 | /ト、     弥勒菩薩摩訶薩…
 n_C'´ o _  ,'  ,i{ lLl_'_,イ
∠ィラヮー} ゙V  ,リ゙/_Ll_|\__,、
     | ! トー''"「 |ニ-ー--|. ! ヽ
     | | L_  ヽヽ  r'ニ! L.._\
     (_! l- ニニゝ\//、_`ニ7´/
619 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:16:23.57 ID:.VbLtGQo
          i、        i、        ザワザワ
          |   .l  .__.,. ly .、゙l  i、 ,,._,,,,,
     ,   .____,|,__ニン'''゙`| r゙i、〉._ ノ\
     .゙l  ガヤガヤ  .,ン>,i´.リ }|~~>'^.| |\
     ゙l     |rsii二, .| `-广    | |  |\  チュンチュン
     .|    .,ン''゙,,!  l/  λλ_,| | .|| \
      | ._/" _ノ'゙l  /   (´∀`) レ| \|.| .| |
      l.`_,._-''^ ∧∧      U U ̄ f゙'-,"  \|
      ′ ,コ ⊂(Д゚ )           レ `-.,   〉
 ザワザワ  ,x!" |l と´ |          l゙゙''i、, ュ,ン´
    ._.ッ!'~ -''|  |  〜      ∧∧|  `| .\
   /  /゛  l ./U U       (.*゚ー) ロ  i\ \
  " _, r'"    l゙          (i  〉つ  l  \ `ヽ,、  /
   ´ _,__、  /         〜|  |i、  .|    \ \,ノ
  、 l″ ヽ f            UU ヽ、 |  r'"| .|\  i
  ヽ |     }.l゙   ガヤガヤ          ゙l  | f十| |  ̄i
    |    ト'       ∧_∧        ヽ| Lソ |   .l
    |   /     ⊂( ´∀`) ワーイ     .'-、'″ |   .|
     ヽ-, ,!       ヽ   ⊂_)         \ .   |
       |        (⌒) ノ            \   .l゙
                  (__ノ             ''-.″
                                  ゙'-
620 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:18:03.32 ID:.VbLtGQo

        / ̄ ̄ ̄ \ パチッ
      /   ―   ―\
  __ /   ( ●)  (●) \     (朝から騒がしいお…)
   ( |      (__人__)    |    
  \ヽ\__  `⌒ ´__/ \    
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ  
     ヽ               \
      \               \


隣家の老人がする読経の声、物売りの声…
最初は新鮮味のあった音も、しばらくすれば飽きてくる。

「ここは人目につくお…二人きりになりたいお…」
やる夫は、徐々にそう思うようになっていた。
621 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:20:20.51 ID:.VbLtGQo
◆早朝、平安京、五条

      |
      |
      |-‐ ̄ ̄`' ‐-,,
      |: /´ ゛ヽ::::::::::\
      |/      ヽ::: i:::ヽ     やれやれ
      | -ー     l::: }::::: l     やる夫君を迎えに行くのも
      |●     ヽレルi:::: |      なかなか大変にょろ
      |⊃    ●゛i(⌒\
      |  ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i    …おや?
      h   `´ _、ゝ,、ス\  )   あれは確か、あの家の女たちにょろ
      ミ}ーT゛ i ::::l| \>'     外に出て、何を見てるにょろ?
      |):゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/
      |i:::∨ッ  l ::::l|::|
622 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:22:02.86 ID:.VbLtGQo
女房:「右近さん、右近さん!お殿さまがお通りになられますよ」

ちゅるの君が様子をうかがっていると、
女房たちが家の表に集まってきた。
彼女たちは、ちょうどそこを通りかかった牛車を見ているようである。

         __ _
        /      \
      /      |   ヽ    
      // /´_`ヽl/_、  l    ああ…あれは間違いなく
      // /f r 。ミ. /r.。,.! | |    中将さまの…
     /ヽムハ `  } ` .ノ l | |   
     / / l i ヽ ーァ ムj_」 |     たいへんご立派になられたのですね…
    { { l l ,.イ` ーK/ / .j|
     ゝ/´ ̄ ハ、// l |` ー- 、
     /.|   トヽ/ | |  / ヽ


         __ _
        /      \
      /      |   ヽ     あんなことが無ければ…
      // /´_`ヽl/_、  l    
      // /f r 。ミ. /r.。,.! | |    御方さまも今頃は
     /ヽムハ `  } ` .ノ l | |    あの方の奥様として
     / / l i ヽ ーァ ムj_」 |     何不自由なく過ごせたでしょうに…
    { { l l ,.イ` ーK/ / .j|
     ゝ/´ ̄ ハ、// l |` ー- 、    おいたわしや…
     /.|   トヽ/ | |  / ヽ
623 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:24:26.39 ID:.VbLtGQo
      |
      |
      |-‐ ̄ ̄`' ‐-,,
      |: /´ ゛ヽ::::::::::\
      |/      ヽ::: i:::ヽ
      | -ー     l::: }::::: l   (あの車は…
      |●     ヽレルi:::: |    頭中将さまのものにょろ!)
      |⊃    ●゛i(⌒\
      |  ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i
      h   `´ _、ゝ,、ス\  )  (あの方の奥様って…?)
      ミ}ーT゛ i ::::l| \>'
      |):゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/
      |i:::∨ッ  l ::::l|::|
624 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:26:28.23 ID:.VbLtGQo
◆平安京、二条院

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|    
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    …ということがあったにょろ
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \    夕顔の君は
   |    (__人__)    |    頭中将ゆかりの人…かお
   \    ` ⌒´    /
   /              \
625 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:28:48.34 ID:.VbLtGQo

     『そう…まるで、ナデシコの花のような女だったよ』

             ../`:、    .,,,,、
              ヽ: : :\ ,/: : ゙>
             : : ゙ヽ.,-:ー゙、,,/‐ー;
            : /‘゙```ヽ.._,.‐: -―ー'
            `.,.,.,.,..,.,/:.. .|、: : `ヽ
               : 冫: : │ヽ、,,,/ //
        : ,-‐− :   : ゙l,,,,,,、′ : |: : | /
        : ゙l : .",."\" : / ,,---、; ;/ヽ//
        .。゙i、,/"..,,""  .. .i,.,.,...(:_,,)`'''''、
        : ゙''''|ー'" ," : : : . `" /../、: ヽ'ー"‐. //
          │ : ":ヾ゛ 、-": l,,,,,:".'、._,l: .、,:''/
626 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:30:14.78 ID:.VbLtGQo
  ..::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:::::::::..........................  |   .......:::::::::::::::|::::::::::::::................
     ......:::::::i::::::::l:::::::::................          l          ...........................
        ..:::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::.......................!..|......::::::...... ..
     ......ザ ア ア ア ァ ァ ァ ァ .....l................::::.....     |   .................:::::::::::::::...
              .....................|...........::::::|::::::::::::::::: l::::::..........................:::......  ....:::::|::
   ..:::::...l.....      |     !...::::........ |...      !      .....:::l::::::::::::::::::::::::::...
         ................|....::::::::::::::::::::::::::: !::::::::|::::::::::::::::::... i.........................................:::...
:::::::::::::|:::::::::::::.................... |......................l...................|........    |   .......::::..
 ...::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:..................................  l    .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
            .::::゚:::::::::::::::::::::::......................:::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::.............
   .:::::::::::::::::::..................::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::....................      |
          |                     ...............................:::i::::::::::::::::::


         『守ってやれなかった俺が言うのも何だが…』


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


      『もしまだ生きているなら、逢って詫びたいと思うよ…』
627 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:32:02.17 ID:.VbLtGQo
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´    …………。
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
628 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 21:32:20.40 ID:vhI.36Eo
風情があるんだよなあここ
629 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:34:02.97 ID:.VbLtGQo

                      / ̄`丶、
                 ___/: : : : : : :  ̄  ‐- _
     ◯            /´: : : : : :.|: : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶          °
         o        /: : : ´: : : :.| : : : :ヽ: : : : : : : : : :\: : : : \
                //: : : / : : | : : : : : \: : : : : : : : : :\: : : : ヽ
               /: : : : :/ : : : |:.l: : : : ハ \: : : : : : : : : :\: : : :ヽ
                /: : : : : /: : : / |:.l: : : : | ヽ \: : : : : : : : : :\: : : ',
          /:/ : : : : /:|: : :/ |:.l: : : : |ー-\<\: : : : : : : : : ヽ: : i
          /: /: : : : : :./ ┼: /-‐レヘ: : : :|  x行代心\ : : : : : : : : \!
            /: /l : : : : : ,': :/|:./x行外ヘ.: : :l   {ハト イlj゙ヾ\: : : : :\ : : ヽ
            ∨ .| : : : : : : /: lYハノトイ| ヽ : |   V込:: リ   |\: : : : 厂lヽ|      O
           | : : : : i / : : :l V少  ,\| ///`    |: : ヽ: : :| : |
           ', : : : :.|ヘ: : : :|. ////////     |: : :.: |∨ :│
            ヽ: : : |:∧: : :}      ^^         ,': : : : | : : :│
             \:|:l ヽ:.:ゝ                  /: : : : :,': : : 八
   O  。           ヾ{ ∧|: : :>          イ-/: : : : :/: : : : : :.ヽ
                  l: :|: : : : : : |> ー=r<   W: : : : :∧: : : : ヽ : 丶
                  l: :|: : : : : : |\:_/ }     //: : : : :/<\ : : : \: :\
                  |: :|: : : : : : |/  _/__//: : : : :/ // \ : : : \: :\
                  |: :|: : : : : :/  l'´   //: : : : :/´//,二-ヘ: : : : :\: :ヽ
                 ∨ : : : : ∧  |:   //: : : : :////    ヽ: : : : : \: ',
                  /: : : : : ∧ヽ  |   //: : : : :/´//        ',: : : : : : ヽ}

             あの人も……つらい恋を、したのかお?
630 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:36:22.07 ID:.VbLtGQo
◆平安京、五条

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |   …どうかなさいました?
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !    
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
            /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\      夕顔の君…
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    今度は、私が幸せにするお
  |              |     ずっとずっと、一緒だお
  \               /


.               「 ̄    −- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、U
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│    ……はい
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
   /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
. /   /     \:/} ,/:::::::::::::::::::-‐'´     | l
631 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:38:02.68 ID:.VbLtGQo
                        ナモ タウライダウシ ミロクボサツ…>

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \   おっ、また隣の家から
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |   読経の声がするお
  |    ー       .|
  \          /
632 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:40:02.55 ID:.VbLtGQo
        ___(⌒ヽ
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ       
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ      優婆塞(うばそく)が行ふ道をしるべにて
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、            来む世も深き契り たがふな
  \ \    )┬-|   / /> ) ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /     (隣家の勤行…その仏の道を導きとして
  \ \ /          /          来世にもこの深い契りをたがえないでくれ)
    ヽ_ ノ       │


          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !  先の世の契り知らるる身の憂さに
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!        行く末かねて頼みがたさよ
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!   (私の前世が思い知らされるこの身の辛さに
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l    これから行く先のことは、どうなるかわかりません)
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',


やる夫:「何を言うんだお!必ず幸せになるお!」

やる夫は何度も何度も、ずっと一緒にいることを約束した。
夕顔の君は嬉しそうではあったが、意味ありげなほほえみを返すのだった。
633 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 21:41:02.69 ID:zeA/I1Ao
あぁ・・・
634 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:42:06.45 ID:.VbLtGQo
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\     …そうだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   夕顔の君、今日はちょっと
  |     |r┬-/      |    気分を変えてみないかお?
  \     ` ̄'´     /


          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|     と…言いますと?
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!   
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \    二人きりになれる場所に
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |    行くんだお
  |    ー       .|
  \          /
635 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:44:20.87 ID:.VbLtGQo
やる夫は、夕顔の君とその侍女である右近だけを
五条の家から連れ出した。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    (いずれは二条院に迎えたいお)
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  (でも…今夜はもっと静かに
/     ∩ノ ⊃  /       過ごせる場所がいいお)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

「二人きりになりたい」
ただ、それだけを叶えるために。
636 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:46:30.82 ID:.VbLtGQo
◆平安京、某院(なにがしのいん)

:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
               _,_,_,_,_,_,_:.::.::.::.::.::.::.::.::.
  iv'ヘ         /;.;.;./;.;.;./;.;.;./;.;.;./`ヽ:.::.::.::.::.::.:
  | ;`;|         ;.;.;./;.;.;./;.;.;./;.;.;./ニニニニ\:.::.::.::.
  | ;'l:|           i'./;.;.;./;.;.;./;.;.;./ー―― ┬'丶:.::.::
  !:`l'|  ζ\     |; ̄`  ̄` ̄` ̄`  |: : : : : : : :!:.::.::.::.::.:
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.|: : :i ̄`! :|:.::.::.::.::.
ー|_}:;|    \';、.\|;'.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.|: : :'ー‐: :.!:.::.::.::.::.
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、 ;.;.;./;.;.;./;.;.;./;.;.;./~`ヽ  !:.::.::.::.::.:
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\/;.;.;./;.;.;./;.;.;./ ,ニニニニ \:.::.::.::.::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬/;.;.;.//;.;.;./ー――― ┬'丶:.::.::
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!_
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!_
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__
             ,                 ~゛ ┴
                     ,,       


      ____
    /_ノ   ヽ_\      長い間使ってなかったから
   /( ●) ( ●)\     結構ボロいお…
 / U::⌒(__人__)⌒:::::\   
 |        ̄      |    ま、これも風情だと思えばいいお
 \              / 
637 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:48:03.04 ID:.VbLtGQo
             /              :::.     |ィ'"´`ヽ、
            /           /::   i::::i     |::::   ∧
           /   /  /      /::   ,|::: |     |::::::..    ∧
        /   ,/ /  ::     /:::   / |:::::    | :::: ヽ.   ヘ
          |   j/   ::   /:::  /  |::::i    |ヽ、 :::  :::..  ヘ
          |  / /   :::      、__,/,ノ |:::|    |ヽ、i__,  :::::..  λ    なんだか…
          | /  /    :::   / ,/_~__、   |::j    j.___ ∨ ヽ:::::::.  ヘ
         | 〈 /ヽ、   :::  /j/,.ィfチ弐、  j/   ,リ弐心∨ ハ::::::::.  ヘ   ちょっと…怖い…
        | ヽ{ (ヽ、;:::  /:;イ,.f´ んィ::;ハ /_,ノリノんィ:ハ i' ハ λ::::::: ハ
        j  /  `,‐i:ヽ/::メ|:|` 弋::rz:;リ ´}⌒{´ ヒ:rz::;j ,ハ:::|  〉:::::.   }
         |/    j:::|:: ::::| |:| 、 ゛-‐"//,ノ/ゝ `/‐/ 〈:ノ::j  /:::::::::ィ /
        /    .::|:::|::: :::{. |:|  ` ─‐ ''   ` ` ー‐ 'j::::/,ノ:::::::::;/j/
       /  ...:::::::::::::|::::| :: 、:ヽj:j、       _,       ,イ:::::'´:;ィ'::;/
     //j ::::::::::::::::::|:::::{ :::: \  `ヽ>‐-     __ ,.イ::: i ::::/´ |/
   // /::::::::::::::::::::::|::::::::ヽ、 \   `ヽj   /ヤ、`ヽ:j ::: :/{、
  〈. 〈   {:::::::::::::::::::::::|::::::,.ィ´`ヽ、 `ヽ   \ `  | / :: メ、:::ヽ、
   \\ |:::::::::::::::::::::ノ:::/´`ヽ、   \ ヽ、   〉-‐-| j  : /  ハ::::::ヘ

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     大丈夫だお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   警護の者たちが寝ずの番をしてくれるお
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
638 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:50:02.06 ID:.VbLtGQo
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     それに…あなたには
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    私がついてるお
  |     (  (      |     安心してほしいお
  \     `ー'     /


              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |   …そう、ですね
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !    
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
            /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
639 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:52:05.60 ID:.VbLtGQo
       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\    それに、こんな屋敷なんかよりも――
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /
640 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:54:03.61 ID:.VbLtGQo

       /´ ̄`7       `丶、
.        j/  /{             ヽ\
       /     /j   :i |、_ ヽ  、:  ,. ヽ
.      /    ィ´ |  : !.「ヽ:\i.  ';  ':.: .',
      ′' .i :! __ !:.{ :.|:.lァ=ミ: :|   }:  i: : i  え……きゃっ!?
    |hi ! :i{「i} い:.lV i´心:! :  ;:. : !: :|
.   __ | {.!.:ト:Y じ \j  L_ン }:.!. /!:: : !: l
.  { {.ト、い、:( :{ ,ィ⌒(_ _ノ  ,ルj/: :} ; : :|: !
 {゙リ  Yヘ{:i:.爪  r 、 ,. '" ̄ ヽ、: :/ ハ!:|
 ヽ   }/^ト:从::\ ` /       ` くY:.八
  丶. / /: :.,イ::.リ:: ̄{       ,. -- \ 丶
    レ′/:./ j:.//::八   __∠  、    ヽ . \
  /. /イ: : ::/: :::/  〉´     \  /  :、 ` ー‐‐−==ニ二._ ‐- 、
. / :,イ/リ:./:..:./´ . /       、 `く:: : .   丶 .._  : : : . : : : . .`丶`\
 ; 〃小:/ . : ィ′   〉   、丶   \. \::.、、  : :_二ニフミー- 、: . ヽ
.h/′レ':/:ィ/ {    /     . 、 \、  ヽ. Yヘ`:ー- .._` ー‐z: : \  \: .i
 ぃ{. / /´/{: . .ヘ.__,.=/  ゝヘ  〈´\  \、 マ`ヽ:_:: : : :  ̄´:`丶: : :ヽ  V|
  ヽ { ::{:/:八: : :/ /}  /  ヽ  `、 \  \__}  ヽ }.ー- 、::.::.: : : :.\: : ', リ
    Vヘ '/`Y、_/ /_,ノ     \ ヽ.  ` ーへ:  i !: .  \::.::.::. : : ヽ: i
    /:`7: ::.:/ ::/         \__)     ';. .|:. :   , '^ヽ:\: : :i |
.    ′:, : ::/i :::′                     i: : !:,  /    丶:ヽ:.:|リ

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     私のほうが
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   怖いかもしれないお?
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄
641 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:55:06.17 ID:.VbLtGQo

                  _,,.. -ッッ7
                ,..:':":::::::/ミミ/
                 〈.:.:.:.:.:.:.:.lミミ〈
                }.:.:.:.:.:.:.:lミミ}
      ,..:―::...、    ノ.:.:.:.:.:.:.:.lミミl
   ∠l:.’.:.:.:.:.:.:`::-:".: ' '   lミミノ,,_
       ̄ `ヾ.;.:.:.:.:.:   '' ' '_,ミジ  "''ー ..、
           ヽ:;.:. , ,, ,      、-―''i
           /:::":'':::┬;;-;:;ァ--―=ニ二}
            〈.::::::::::::::|ミミ/
             ヽ:.:.:.:.:.lミミ/
           ヽ:.:.:.lミミ}
              ヽ:/ミミ| 
                 ヽミミl    
              ヽミ/     ※本編に代わりまして、雲居を行く雁の姿をお楽しみください
642 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 21:55:36.65 ID:F60btDAo
またかよwwww
643 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 21:56:18.36 ID:C6EcLZ6o
読んだのかなり前だから忘れてるが
確か夕顔は六条御息所に・・・
644 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 21:57:48.02 ID:zeA/I1Ao
雲居の雁か・・・
645 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 21:58:05.54 ID:.VbLtGQo
こうして、その夜は更けていった。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ....:::.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;:;;;;:;;;;:;:;;;:;::;:;::;::;;:;:;;;;;:;;;;:;;;;:;:;;;:;::;        |;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;:;;;;:;;;;:;:;;;:;::;
:::;::;::;:::;:::;::;:::;:::;::;::;:;::;::;::;:::;::;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;:::;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ...;::;::;:::;::;:;::;::;::;:::;::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;;:;:;;;:;::;:;::  /
:;:;;;;;:;;;;:;;;;:;:;;;:;::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;:;;;;:;;;;:;:;;;:;::;:;::;::;::;:::;::;::;::;::;:::/
::;:;::;::;::;:::;::;::;::;::;::;:::;:::;::;:::;:::;::;::;:;::;::;::;:::;::;::;::;::;:::`   ー ─ '



  ,,,,__.、--─--、_____  ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__.、--─--,,,
 ̄______...,,-‐‐''~       ~` -、....__ ,,,,, ,..............................,,,,-‐‐''~       ~` -、.._
 ̄   ̄~^‐-‐''''"~~~`‐-‐''~^ヘ.-‐‐~`‐‐‐-、__.....--‐‐""~ ̄ ゙̄w"" ,,,,,,:::::::::::::::::::::::
;;;;;,,,;;;.,,,,,,,,,,..;;;;;;;;;;;;;;;;;..,,;;;;,,,,,;;;;;::;;;:::,,,,,;;;;,,,;;,,,,,,;;;:::::::::;;;;,,,,r-、,.,..,,.,,::;;--゙゙
iiiiiiiiiiliiiiiiiiliiii!!!;;;,,,,,;;;!!!iillllllliiiiii!!;;;,,,,,;;;!!!iillllll!!!iiiiiiiiiiii!!!lll;;;;;;;;;::::::: :::: ;;;;;;iiiiii!!!;;;;;;;;;iillllllliii


八月の十五夜も過ぎた夜は、月の光を雲で覆い隠し始めていた。
646 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:00:02.72 ID:.VbLtGQo
そして宵(午後十時ごろ)を過ぎたころ……


        / ̄ ̄ ̄ \    _
      /   ―   ―\   / Z z …
  __ /   ( ー)  (ー) \   ̄  
   ( |      (__人__)    |      
  \ヽ\__  `ー ´__/ \   
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \
647 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:02:20.28 ID:.VbLtGQo


             ……な、た



           ……あな、た……

.
648 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:04:11.32 ID:.VbLtGQo

        / ̄ ̄ ̄ \    
      /   ―   ―\     ん……
  __ / U ( ー)  (ー) \   
   ( |      (__人__)    |    夕顔の…君、かお……?
  \ヽ\__       _/ \   
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \
649 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:07:04.74 ID:.VbLtGQo
「あなた…わたくしを捨て置いて……こんな卑しい女なんかと……」


: : .:.:.:/  l:.:.: : : : :l:.:. : : : : : : : : : : : : : :     ハ: : : :
: : .:.:.:イ   l:.:.: : : : :.ト、. : : : : :         、.   :ハ_ ..
: :.:.:.:/l    l:.:. : : : :ハ:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : ハ:. : : ハ: :
: :.:.:.i:.l    l:.:.: : : : .l i:.:.:.: : : : :.: : : : : : : : : : : ハ.:. : : :i:.:
:.:.:.:.l:.:l   l:.:.: : : .i  l:.:.:.:. : : :__: : : : : : : : : : ハ.:. : : l/
.:.:.:.:l:.:.l.  、l:.:_ : .:.l__...L:.-:.': ´i:.:. : : : : : : :. : : : :ハ.:. : : l:.     お恨み…いたします……
:.:.:.:l:.:.:.:.ヽ、ーl:.:. ̄l   l:.:.:.:.: .:.l:.:. : : : : : : :. : : : : ハ.: : : l:
ヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.z i:.:.:.:l _  l:.:.:._:./l--: : : : : : .:.: : : : :ハ.:. : l:.:
:.ヽ:.:i:.:.:.:.:.:.:.l l:.:.:l ー二lニナ'l´:.: : : : : : :.:.: : : : / l:.: :l:
:.:.::ヽl:.:.:.::.:.:/ ∨    l:.:.:/ l:.:.:. : : : : : .:.:. : : / イ:l:.: l:.
.:.:.:.:.:\:.:.ノ       l:.:/  l:.:.:. : : : : : .:l:. : :/´ .i:.:.l:.:l:. : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、      '   .l:.:.: : : : : : .:.l:. : /  l:.:.:l:.l:. : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶  、_..-、  l:.:.: : : : : :.:.; l:. /  l:.:.:.l:.:. : : : : : : : .:.:
ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.: ̄ヽ ̄   l:.:.: : : : :.:./、l:./ /l:.:.:.:.:.: : : : : : : : .:.: : : :
ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ  l:.:. : : : :.:/ /l://  .l:.:.:.:.:.: : : : : : : : .:.: : : : : : : .:.:
650 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:07:59.31 ID:F60btDAo
うわぁぁぁぁぁぁ
651 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:08:02.43 ID:.VbLtGQo


               l| l|
               |l| i|li     フッ…
             l|!    l|!
             l|  l|i  l|




       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\     ……!?
  /    (__人__)   \   
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   き…消えた!?
  \    |ェェェェ|     /
652 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:10:02.37 ID:.VbLtGQo

                           ______
                    __,..-‐'" ̄       ̄~`ヽ、
                  /`ヽィ'´          :.     `ヽ、
             /ヽ/   / : :     λ、 ヽ、::        ハ
           ,ノ ./   i .' : : :.     ヘ、 ハ ::  i       }
          ,イ´ ::/   {  : : : : .       `-、 |:::  l        |
            /〃 : /    j、ー--: : : : :      `ヽ、./   i.  |    う…
          /// : : j     |{ `ヽ、   、: : :.、   `ヽ、\   |:   |
       /'´/ : : : | ,   |:', __ \.__ ヽ : :ヽ、   }\_〉  |:  {     うう……
        / :∧: ::| .|∨ |:::', ,戎Z彡∨iヽ、:.:`ヽ. /,ノ: i   |i ∧
        { :{  `ー| {-V ト:::}、_,ノ    |  `ー:-∨: : : : |   |:i  ハ
        ヽ|    ヽ|  ヽ|.〈       |   ::   | \: : : |   |:i.  ∧
                     ヽ、rっ   | ;  ::  j ,ィ'´\::|   |:i    ヘ、
                     `ーァ-‐‐jノ    ノr==、. `|  : :      \
                      /: : ::/´ ,/'"    ∨|/ : : : i      \
                    /: ::// /        |/ : : : | : :   {`\\
                   j:;/ ,/ /{         〈 : : : :: | : ::  ハ  〉 〉
                    {´  / /  }        |ヽ、: : :  } : i:   ヘ//
                   ∨ | ,{  |      | , ̄ }: ::_;ノ ::λ:    /
                   /ヽ/V  ノ      |/  /´" : : : :::}  .: :〈
                   {     /       j'  /  : : : : ::.ノ  : : :`ヽ

         ____
       /   u \
      /  \    /\     夕顔の君!? 夕顔の君!
    /  し (○)  (○) \    気をたしかに!
    | ∪    (__人__)  J |     しっかりするお!
     \  u   `⌒´   /
653 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:11:43.00 ID:mLqV5Q2o
俺がまんが百人一首のひみつで読んだのはこの件か
654 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:12:02.51 ID:.VbLtGQo





                 ザワ…



.
655 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:12:40.16 ID:.VbLtGQo



    ザワ

                        ザワ



             ザワ


.
656 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:13:03.74 ID:.VbLtGQo

     /!              / ヽ !::.       ::::::::!   /|         ! :::::::ヘ        
    /: !            /   ヘ !:::.        ::::::!   /:::|         .! :::::::::ヘ       
.   /::: !  /         /      ヽ,:::.       ::::::!  /:::::|        .!  :::::::::ヘ      
  /:::: ! .ハ         /        ヽ:.      ::::::!  / ::::!        .!  ,。 :::::::::ヘ      
. /:::::: ! !::::|        /          :.      :::::!   / .:::::!      ./ッ'"  ::::_::;;ヘ     
 /≡≡ .トェ|       ./,                 .::!   / .::::::!      ./" ,, ィキ''" ::::::ヘ     
../   | ハ〒      /\ゝ 、             :!  / .::::::!      ム=''" .:|!:::   :::::}ハ    
/    | |. {!::.|.     !ミュ,_,\ .ゝ 、      ヽ  i:.,::! /  .:::::!     ./::  ..::;|!:::   :::::}!:::!    
.    |.|. {!::|      !: ::'テミェ,ゝ 、ヘ 、 _  ノ:..i.:ト:;! ./  .:::::::!     イ::::  :::::|!:::  .::::リ  .!   
     |!.  {!::!    .!;; :::.}!  ゛”_,, -- '" ノ:::::::::ノ ハ、_ ,ム!     / {!::::  ::::|!:::  -=ニ   !   
.     |.   =.!     |  ::::}!      ゛ミx、:::::::::::  //、:::::::::::/.!     /  {!::::  :::|':::  .::::/    !   
        \,   .|  ::::リ        ヽ:::.. ´  /':::::::::::: '/,    /   乂::..  :::  .:.ン    !   
_、       ヘ   |  .ン       ..:::::.    .:      /ィ   /     ゝ::__;; '"      !   
  _、      ヘ  |''"   ,,。 -==ヽ::::..          /   /‐-  ,,_             !   
   _,,、    ヘ  L - '' "   ..................ン      ....../  ./     ゛ '' ト 、,, __ ,,。r ''":!   
!     ゛'===''"ヘ .|   .....::::::::::::::::::::::::  ィ       ./  /::::::::.....        ゜'' ''"   ::!   /
ヽ           \              ......::::::... / /   :::::::::::.........          ::!   / 
                                〆                     ::!   /
657 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:13:26.26 ID:3z31g8.o
ざわ… ざわ…
658 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:14:06.03 ID:F60btDAo
ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
659 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:14:56.06 ID:p4bOoLso
(((( ;゚д゚)))アワワワワ
660 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:16:15.35 ID:.VbLtGQo
                              /|
                             / //
                               / //
                            / //
                             / //
                             / //
        ___             / //
      /     \             / //     物の怪!
     /\ , , /   \       r~ ̄`ヽ'      寄るんじゃないお!
   /(●)  (●)  U  \  ,. -'     }
   |   (__人__)      |_,..- '"  ,-、  /
   \   ` ⌒ ´     ,/'     _/::/-'"
     \  ァ-―''7"(     _,. -'' `"
      )|::|  {::::::ヽ__,,..- '"


凄まじい気配が、やる夫たちを襲った。

やる夫はとっさに剣を抜き放ち、物の怪に向かって振りかざした。
それに恐れをなしたか、怪しげな気配はフッと消えてしまった。
661 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/04(水) 22:16:27.69 ID:e82i9qI0
怖すぎる…
662 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:18:04.03 ID:.VbLtGQo
         ____
       /   u \
      /  \    /\     夕顔の君、もう大丈夫だお!
    /  し (>)  (<) \    さあ、目を開けるお!
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /


 ー| {-V ト:::}、_,ノ ::::::::::::|  `ー:-∨: : : : |   |:i  ハ
  ヽ|  ヽ|.〈  :::::::::::::::::|   ::   | \: : : |   |:i.  ∧
          ヽ、:::::::::::::::| ;  ::  j ,ィ'´\::|   |:i    ヘ、
          `ーァ-‐‐jノ    ノr==、. `|  : :      \
           /: : ::/´ ,/'"    ∨|/ : : : i      \
         /: ::// /        |/ : : : | : :   {`\\
        j:;/ ,/ /{         〈 : : : :: | : ::  ハ  〉 〉
         {´  / /  }        |ヽ、: : :  } : i:   ヘ//
        ∨ | ,{  |      | , ̄ }: ::_;ノ ::λ:    /
        /ヽ/V  ノ      |/  /´" : : : :::}  .: :〈
        {     /       j'  /  : : : : ::.ノ  : : :`ヽ


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\     ……!
  /    (__人__)   \   
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    い、息をしてないお…!
  \    |ェェェェ|     /
663 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:18:09.58 ID:zeA/I1Ao
阿部氏直伝の真剣は・・・

さっき使ったばかりで使い物にならんか・・・
664 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:19:36.41 ID:F60btDAo
なん・・・だと・・・
665 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:20:03.20 ID:.VbLtGQo
       ____
     /ノ   ヽ、_\       だ、誰か!誰かある!
   /( ○)}liil{(○)\     
  /    (__人__)   \    明かりを持ってくるお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    魔除けの弦打ちをするお!
  \    |ェェェェ|     /    


        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \  
    //, '/     ヽハ  、 ヽ  
    〃 {_{    U  リ| l.│ i|  
    レ!小l\    / 从 |、i|     やる夫君、何があったにょろ!
     ヽ|l ○   ○u | .|ノ│     警備の者も、全員眠ってたにょろ!
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |     いま明かりを持ってこさせるにょろ!
     | /⌒l __, イァト |/ |
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


眠っていた人々も目を覚まし、あたりに明かりがともった。
しかし……。
666 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:22:07.72 ID:.VbLtGQo
         ____
        /       \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   ゆ、夕顔の君が…
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ    …………。
   〃 {_{       リ| l.│ i|   
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    だめにょろ…
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│   もう、事切れられてるにょろ…
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


         __ _
        /      \
      /      |   ヽ    
      // /´_`ヽl/_、  l    お、御方さま!
      // /f r 。ミ. /r.。,.! | |    
     /ヽムハ `  } ` .ノ l | |    ああ……!
     / / l i ヽ ーァ ムj_」 |     なんということ…!
    { { l l ,.イ` ーK/ / .j|
     ゝ/´ ̄ ハ、// l |` ー- 、
     /.|   トヽ/ | |  / ヽ
667 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:24:16.07 ID:F60btDAo
うわぁ・・・
668 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:24:28.63 ID:.VbLtGQo
          .. .. .. ..
         ::/ ⌒`"⌒`ヽ、::
       ::/,, / ̄ ̄ ̄ ̄\::        ゆ……夕顔……
       ::/,//::         \::
      ;/⌒'":::..            |⌒ヽ
     /  /、:::::...           /ヽ_ \
     (  ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )_バタッ
    l ̄`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─" 


        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \  __
    //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
    〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
    レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
     ヽ|l ○   ○u | .|ノ│      や、やる夫君!やる夫君!
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |      しっかりするにょろ!
     | /⌒l __, イァト |/ |
     | /  /::|三/:://  ヽ |      誰ぞ、手を貸すにょろー!
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
669 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:26:03.24 ID:.VbLtGQo
◆平安京、二条院

  ガバッ ! !  ______
        /:υ::─ニjjニ─ヾ
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\      夕顔の君ー!!
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/     
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ     
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\    
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
      ヽ               \


        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    やる夫君!
     レ!小l●    ● 从 |、i|    よかった、気がついたにょろ!
      ヽ|l ||、_,、_ ||⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !   物の怪にやられちゃったかと
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   思ったにょろー!!
  .  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
670 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:28:11.54 ID:.VbLtGQo
         ____
        /       \
      /  u   ノ  \     こ、ここは二条院かお…
    /      u (●)  \  
    |         (__人__)|    夕顔の君は…
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   …………。
   〃 {_{       リ| l.│ i|   
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   亡骸は、東山の…
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│   私の知り合いの家に
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   移したにょろ…
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |    ※東山…京都市鴨川の東にある丘陵地帯

       ___
     /     \
    / ::::(  )::::(  )
  /  ⌒(_人__) \    …………。
  |      ` ⌒´   |
  \          /
  /          \
671 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:30:09.16 ID:.VbLtGQo

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (○)  (○)  \   こうなったのは…やる夫のせいだお
   |    (__人__)    |   せめて…きちんと葬式をして…
   \    ` ⌒´    /   ああ…五条の家にも知らせないと…
   /              \


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ    やる夫君…
     〃 {_{/    \リ| l │ i|    それはダメにょろ
     レ!小l○    ○ 从 |、i|    
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    いま五条の家に知らせたら大騒ぎになって…
  /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !    やる夫君のスキャンダルになってしまうにょろ
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
  .  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    やる夫君は、ここでじっとしていてほしいにょろ
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
672 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:32:19.59 ID:.VbLtGQo
       ____
     /ノ   ヽ、_\      葬式どころか、家人に知らせるのも
   /( ○)}liil{(○)\    ダメなのかお!?
  /    (__人__)   \   
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   そんな話があるかお!?
  \    |ェェェェ|     / 


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|   
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   …………。
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│   
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

         ____
       /       \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \  ちゅ…ちゅるの君
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
673 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:34:02.35 ID:.VbLtGQo

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  …お辛いだろうけど
   〃 {_{       リ| l.│ i|   
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   騒ぎになるのだけは…
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│   ゼッタイにダメにょろ
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ |   …おわかりかい?
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \    ……!
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /
674 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:36:02.34 ID:.VbLtGQo
         ____
       /       \
      /  u   ノ  \    で、でも右近がいるお!
    /      u (●)  \  
    |         (__人__)|  夕顔が亡くなったことは
     \    u   .` ⌒/   自然と知れてしまうお…
    ノ           \
  /´               ヽ

         __ _
        /      \
      /      |   ヽ    
      // /´_`ヽl/_、  l     ずっとお仕えしていた御方さまに
      // /f r 。ミ. /r.。,.! | |     こんなことで後(おく)れたのです…
     /ヽムハ `  } ` .ノ l | |    
     / / l i ヽ ーァ ムj_」 |     どんな顔をして五条の家に
    { { l l ,.イ` ーK/ / .j|     戻ればいいのか…
     ゝ/´ ̄ ハ、// l |` ー- 、
     /.|   トヽ/ | |  / ヽ             ※後れる…先立たれる
675 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:39:04.72 ID:.VbLtGQo
         __ _
        /      \
      /      |   ヽ    それに…あなた様が
      // /´_`ヽl/_、  l    源氏の君さまであられた以上
      // /f r 。ミ. /r.。,.! | |    御方さまのことでご迷惑をおかけするのは…
     /ヽムハ `  } ` .ノ l | |    
     / / l i ヽ ーァ ムj_」 |     御方さまもお望みではないでしょう…
    { { l l ,.イ` ーK/ / .j|
     ゝ/´ ̄ ハ、// l |` ー- 、    ですから…皆様の良きように…
     /.|   トヽ/ | |  / ヽ


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   右近の君…ありがとうにょろ
   〃 {_{       リ| l.│ i|   
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   右近の君には、このまま二条院に
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│   いてもらうにょろ
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ |   間違っても、今は五条と連絡を
    | /  /::|三/:://  ヽ |    取らないでほしいにょろ
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  
676 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:39:23.44 ID:vhI.36Eo
当時とはいえ、
スキャンダルになるからなあ
内々に処理すんだよな
677 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:42:04.85 ID:.VbLtGQo
  ::::::::  ::    ::     :::::  ::  :::
  ::::::  ::   ____   :::::  ::::  :::
  ::::::  :::: /  :::  \ :::   :::   ::
  ::::  ::::/   ::     \::  :::  ::    大切にしようと思っていたのに…
 ::::  /:::    ─    ─ \ ::  ::
 :::  |  ::   .(_)  (_)  | :  ::::    名前も告げず…
  :::   \     (__人__)  ,/ :  :::     あの人は逝ってしまったお…
  ::  ノ      ` ⌒´   \ :   :::
  /´               ヽ  :::
 |    l              \:::
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
678 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:44:03.16 ID:.VbLtGQo
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      右近の君、あの人のことを
  / o゚((●)) ((●))゚o \    教えてほしいお!
  |     (__人__)'    |     やっぱり、頭中将ゆかりの人だったのかお!?
  \     `⌒´     /

         __ _
        /      \
      /      |   ヽ     なぜそれをご存じで…
      // /´_`ヽl/_、  l     
      // /f r 。ミ. /r.。,.! | |     仰るとおり、御方さまには
     /ヽムハ `  } ` .ノ l | |     頭中将さまがお通いでした
     / / l i ヽ ーァ ムj_」 |     
    { { l l ,.イ` ーK/ / .j|     可愛らしい姫さまも生まれました
     ゝ/´ ̄ ハ、// l |` ー- 、    姫さまは…今年で3歳におなりです
     /.|   トヽ/ | |  / ヽ

         __ _
        /      \
      /      |   ヽ    
      // /´_`ヽl/_、  l     ですが、中将さまのご正室さまが
      // /f r 。ミ. /r.。,.! | |     怖ろしい方で…
     /ヽムハ `  } ` .ノ l | |    
     / / l i ヽ ーァ ムj_」 |     それで、御方さまはご実家にいられず
    { { l l ,.イ` ーK/ / .j|     姫さまとともに、使用人である我が家に
     ゝ/´ ̄ ハ、// l |` ー- 、    隠れ住んでおられたのです
     /.|   トヽ/ | |  / ヽ
679 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:44:47.11 ID:vhI.36Eo
イマサラだが右近のAA怖い
680 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:46:20.84 ID:.VbLtGQo
         ____
       /       \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   ちゅるの君…
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|   やる夫君の言いたいことはわかるにょろ
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│   その姫さまを引き取りたいにょろね?
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
681 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:48:02.61 ID:.VbLtGQo

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \    とにかく…女君のことも、
   //, '/     ヽハ  、 ヽ    その残された姫さまのことも
   〃 {_{       リ| l.│ i|    私どもがちゃんとしておくにょろ
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i| 
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│   とにかく、今は時間が必要にょろ
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ |    辛抱してほしいにょろ…
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。   夕顔の君…
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜    ごめん、ごめんお…
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
682 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:50:28.07 ID:.VbLtGQo

             _________
           /´               `\
         ヾ、     _, -‐'"´´      \
        / 、\ノヽ/´   、           \
      。oj``ヽ)   ( ,-‐ '"´ )o          \
    °/⌒`゙      ヽ"⌒``じ o °     \     夕顔、夕顔の君――!
    /   (        )     °             \
  /ヾ、_ノヽ、___,,ノ⌒ヽ    o°           \   うわああああっ!!
  l     ト、ノ),、        ノ                  l
  |      |          /                      |  
  l      ゚|       /⌒´/                       l  
   \    l   /   /                       /  
     ヽ、  |  /    /                 /
     ヾ\ `ー┴--一´                 /
       :ヽ ゝ、__,,,,, ,,             ___ -<
      }  __,..\               /´ ̄     ̄`ヽ
683 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:50:49.66 ID:vhI.36Eo
特に何も求めず、男にいい思い出だけ残して死んじゃった女って、
永遠に残るんだよね。
これも俺が夕顔が一番印象に残りなおかつ好きな理由だ。
684 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:52:48.37 ID:.VbLtGQo

               ,......,,、
            li:.`i  ´ /´`i
             i ヽ.  /   `ヽ.
              ) . `i: i :::.    !、
             |   .l .,ノヽ:::-‐‐''´i
             .入/ ヾ'´.:::   /
            ,/  `ヽ  `¨゙ヽ、  (
.==、 、 .    ノノ ノi / `¨゙ヽ、__ ヽr''´
   ヾ 、    /// ノ´       ̄
    ヾ 、__,/__ノ_/
     `ーr'´、 ̄
       l:::ヾ\         寄りてこそ それかとも見め
     /ヽ.:::ヾl             たそかれに ほのぼの見つる花の夕顔
    /:::/:::l `ヽl
    /:::/:::::l           (あなたがそう思うなら、もっと近くで見てみませんか?
    l:::/.:/                黄昏の薄闇の中で、光る君のような夕顔の花を…)
   . l./
685 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:53:27.34 ID:.VbLtGQo
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
   \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ 
    /    r''ヽ、.|  
   |     `ー-ヽ|ヮ 
   |       `|     ーーー   
   |     `ー-ヽ|ヮ        ノ    
   |       `|        ノ       
   |.        |         
   ヽ、      |      ーーー ヽヽ   
     ヽ____ノ          ノ    
     /     \        ノ     
   /   :::::\:::/\    
 /    。<一>:::::<ー>。    / 
 |    .:::。゚~(__人__)~゚j   (    
 \、   ゜ ` ⌒´,;/゜    \


第五話「光そへたる」、おわり
第六話「藤の花の色」へつづく
686 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:54:50.66 ID:F60btDAo
乙乙ー
687 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:55:01.76 ID:rSofBdoo
1乙〜〜〜
688 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 22:56:03.27 ID:.VbLtGQo
本日は開始時間が遅れて申し訳ありません

少し休憩してから、
今日のおまけを投下したいと思います
689 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:58:06.74 ID:zeA/I1Ao
おまけktkr
690 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 22:58:09.40 ID:vhI.36Eo
乙っす

江川源氏くらいとは言わんが、情事エロ描写も希望する!
691 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:02:21.03 ID:.VbLtGQo

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  -┼─       ̄フ   |_l__  -┼ー   /   . ヽ、_.
     レ!小l●    < 从 |、i|    レ--、   ∠ニ、. ̄|   )   ヽ、  / ,-,    /  
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   _ノ. ゆ.   o,ノ   .|     ヽ_  ι'  し'  (____.
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


       r`"⌒`ー=v ‐-、
        1:::::.....................  }
       |:::::::::::::::::::::::___::リ,    
       r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ    
      /``======_‐ラ(6,′
     ,>‐'つ__... =-〒rtッテ|h′    空条承太郎の
   /.ノ (:{,|| i   i l゙`~.jl|リ      
   ! }/゙ヽl.l ',  ヾツ  |l!|) _
   { (´/ヽ.):ヽ  r=- l/l:}/,r=,ヽ.._
    ヽ( イ- ) ̄l|、|!゙¨´ / l:八.>=iこ⊂⊃
     \ `ヽ:::::lドミ==‐' レ____l[二´__
 ̄:¨"7゙<〉   )::¨o7 /  ̄ フ 7ー-、:_:: ̄
::::::::::/:::::::\ ノノ:::/  '  '"´ /  / `ヽ
692 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:03:02.15 ID:.VbLtGQo

          __,,.. -‐:::::¨::::::::::::::::::::::;.イ     ヘ.   .i   、  -┼-.    /   . -┼-.        
    / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::ィ   /  \ |   ヽ . ,-┼/-、 / ,-,    メ,ー         
 .   i\ :::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ:"::::::::::::〉       ヽヽ/   ' .ヽ__レ ノ ι'  し'  (_`__         
     ヽ:::`:゙::'':…ー‐::''''゙゙":´:::フ-‐ァ:::::::レ                                     
     V::::::::::::::::::::::::__::.. -ュ:j::::ル;:::::::::::l,.                 ノ_ .┌┐  ̄フ.  ヽ    |   
 .      V:::::::::::;.- 、::i ,.m i !ノノ:ヶ‐、:::::::i                  _|_││ ∠--、 ̄ ̄`i. |   
 .       V::::::::i ⌒i.}:!l  _L⊥彡ト、ノ:::;.-!、                /\.└┘  _ノ  _/  ・  
      {`ー--ヽ-'イニ¨-‐ ブ,.ィヲ::::::i /i l \、                                 
      /`¨:::::¨´:::::::::::::>ニ"彡'^l:::j iク l::ヽ ',:!                 -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、         
   /::::::::::::::::::::::>'i"´rブ‐rテト` ` レノ::::::Lj:l                 / /" `ヽ ヽ  \       
   {-‐ ニ¨-‐i r‐tヲン!   ー宀''´   i¨ レ'´  ヽ::\  や       //, '/    ヽハ  、 ヽ        
 / ̄::::::::::::::::ハ.  ̄/l,、      i    l i iフ¨ヽ !、:::  れ       〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|      
 ::::::/:::::::/:::/'、 i__ ..      !   j  Y/:i (ノ、i::  や  に    レ!小l>    < 从 |、i|      
 :::/::::::/:::/.  ',  ヽ '"     ./ //:::l l::_i l::  れ  ょ     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│      
 :::::::::〈:::::< i ,.イハ  -‐…‐  ./ //:::::ハ. ',_`ヽ  だ  ろ /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !      
 ::::::::::::';::::i / /   ', ` 丁´  ,.'  l i::::::::::i l`¨ i |  ぜ  | \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     
 ::::::::::::::}::y" /`丶 ヽ__/   i. i:::::::::::', V^i ノ     ん   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |     
 :::::::::< <  /i\   \ \     l l::::::::::::`i {:::::         `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' | 
693 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/04(水) 23:03:11.71 ID:e82i9qI0
乙でした。

やる夫君、充実の一方で切ない展開が続くなぁ…
694 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:03:38.12 ID:.VbLtGQo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    というわけで
  √¨l-゚]、   ここからは平安王朝文化の解説だ
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ 


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ
   〃 {_{        リ| l.│ i|   
   レ!小l\    `ヽ 从 |、i|    やる夫源氏を読むときに知っておくと
    ヽ|l >   ●  | .|ノ│    オトクな情報を紹介するよ!
    |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
    | /⌒l __, イァト |/ |
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
695 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:04:33.55 ID:.VbLtGQo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   第2回目の今日は
  ミ゙ ゚ -゚ノ    「某院のモデル」について
  √¨l-゚]、   解説しよう
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   あんな悪霊が出るなんてビックリにょろ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   
     レ!小l●    ● 从 |、i|    でも…あんな気味の悪いところに
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   モデルなんてあったのかにょろ?
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
696 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:06:08.21 ID:.VbLtGQo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   ああ
  ミ゙ ゚ -゚ノ    平安人なら、あのシーンを読んで
  √¨l-゚]、   「ああ、きっとあそこがモデルなんだな」と
  (゙ /  |ゞ   思うくらいの心霊スポットが実際にあったんだ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   その場所とは…
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   六条にあった河原院(かわらのいん)
  (゙ /  |ゞ   と呼ばれる邸宅だ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
697 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:08:03.19 ID:.VbLtGQo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   この屋敷は平安前期の貴族、
  ミ゙ ゚ -゚ノ    源融(みなもとのとおる)という
  √¨l-゚]、   人物が構えた邸宅だ
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   かなり贅を尽くした邸宅だったらしいな
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   なにせ、海辺に似せた庭を作り
  (゙ /  |ゞ   そこに毎日海水を運び込ませて
  /ヾノ==,)    塩作りの真似事をさせていたらしい
 ム-ノ__|_jゝ

        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \  __
    //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
    〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
    レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄   内陸の都に毎日海水を…!?
     ヽ|l ○   ○u | .|ノ│      それはすごい贅沢にょろ!
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |     
     | /⌒l __, イァト |/ |
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
698 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:10:08.55 ID:.VbLtGQo

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   でも…どうして
     レ!小l●    ● 从 |、i|    そんな豪邸が心霊スポットに
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   なっちゃったにょろ?
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    それはな…
  √¨l-゚]、   源融の死後、こんなことが起こったからだ
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
699 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 23:11:33.55 ID:vhI.36Eo
平安の昔から時事をまぜるのは変わらないんだな
700 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:12:38.87 ID:.VbLtGQo
源融(822-895年)の死後、
河原院は宇多法皇(867-931年)に寄進された。

           / ̄\
           |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \   私が法皇だ
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l
701 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:14:07.07 ID:.VbLtGQo
            / ̄\||i
            |    |
            \_/
              | |ii
         i||/  ̄  ̄ \||i
         /  ::\:::/::  \||i     ここが噂の河原院…
      i||/  .<●>::::::<●>  \i
       |    (__人__)     |     本当に立派な屋敷だ
       \    ` ⌒´    /     ここでオプーナを買う権利を配ることにしよう
      i||/,,― -ー  、 , -‐ 、|i
       (   , -‐ '"      )
        `;ー" ` ー-ー -ー'|i
       そi|l           l て  カシーンッ!!
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |   河     原      院   |
702 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 23:15:36.36 ID:pyuFqcko
>>699
むしろ源氏物語はあえてドキュメント性を持たせたらしい。
703 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:16:14.50 ID:.VbLtGQo
そんなある夜、法皇が眠っていると…
ひとりの見慣れぬ老人が、ゆっくりと近づいてきた。

                     __  _
                    .:::::::::ア::::::::丶
          , .:::::-─-、   /:::/::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::\/::://r-u ヾiヽ::::::::/
        {:::::::::::::::::::::::::::::::レヾ/    ソ uY∨
        ',::::::::::::::::::::::::::::::{ {:::::::.. −- 、 /    あの…法皇さま……
         >⌒ミ:::::::::::::::::::::::>:ゝ::::::     /
        /:::: ヽ::::::::::::::::::::::/::::::::`丶  ィ´
      _.{::::-/ ̄ ̄ ̄ ̄に`丶 、   {
     /::::::::::::/         ` 丶 、 _ヾ、
    /::::::::::::::/                  ̄ヽ、
  /:::::::::::::::i                     ヽ
 /::::::::::::::::  l                      |
 |:::::::::::::: \l       ::::::::::::::::   ...::::...     |


         / ̄\
          |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\
    /U  <●>::::::<●> \   何者かッ!?
    |     (__人__)    |   
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │
704 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:18:38.43 ID:.VbLtGQo
老人:「私は、この屋敷の主人でございます」
法皇:「この屋敷の…? まさか、融の大臣か!?」

なんと、融の幽霊が出たのだ。
幽霊は、法皇に向かってこう言った。

                     __  _
                    .:::::::::ア::::::::丶
          , .:::::-─-、   /:::/::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::\/::://r-u ヾiヽ::::::::/   
        {:::::::::::::::::::::::::::::::レヾ/    ソ uY∨    むさくるしき我が家…
        ',::::::::::::::::::::::::::::::{ {:::::::.. −- 、 /    
         >⌒ミ:::::::::::::::::::::::>:ゝ::::::     /     法皇さまにお越しいただくとは光栄ですが
        /:::: ヽ::::::::::::::::::::::/::::::::`丶  ィ´      そう長居されましては
      _.{::::-/ ̄ ̄ ̄ ̄に`丶 、   {         こちらも窮屈でございます
     /::::::::::::/         ` 丶 、 _ヾ、
    /::::::::::::::/                  ̄ヽ、    いつ、ここからお出でいただけるのでしょう?
  /:::::::::::::::i                     ヽ
 /::::::::::::::::  l                      |
 |:::::::::::::: \l       ::::::::::::::::   ...::::...     |
705 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:20:37.50 ID:.VbLtGQo
普通の人間ならば、ビビって逃げ出すところだろう。
しかし、宇多法皇は毅然として言い放った。


           / ̄\
            |    |
            \_/
         ノ L__|__
         ⌒:::\:::::/::\      何をたわけたことを言っている!
        / <●>::::<●>\
       /    (__人__)   \    この屋敷は、朕が正当な手続きに則って
       |       |::::::|     |    手に入れたものである!
       \       l;;;;;;l    /l!|
       /     `ー'    \ |i    文句を言われる筋合いはない!
     /          ヽ !l ヽi    むしろ貴様のほうが出ていくがいい!
     (   丶- 、       しE |
      `ー、_ノ       煤@l、E ノ
                 レY^V^ヽ ワゴンッ!


法皇の言い分に納得したのか、畏れをなしたか…。
融の霊は、すっと消えてしまった。
706 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:22:20.49 ID:.VbLtGQo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   妖異は王法には敵わない…
  ミ゙ ゚ -゚ノ    というタイプの説話だ
  √¨l-゚]、   
  (゙ /  |ゞ   『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』に
  /ヾノ==,)    この話は載っているぜ
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   ちなみにこれは作り話ではない
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   融の幽霊かどうかはわからないが
  (゙ /  |ゞ   「何か」が出たのは歴史的事実としてガチらしい
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
707 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:24:24.22 ID:.VbLtGQo

        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \  __
    //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
    〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
    レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄   
     ヽ|l ○   ○u | .|ノ│      ど、どういうことにょろ!?
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |     
     | /⌒l __, イァト |/ |
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

  、-−7
  ミ_o_d,,,   種々の記録からこのエピソードは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    延長4年(926)6月25日にあったそうだ
  √¨l-゚]、   慰霊のための法会も実際に行われたらしいな
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)     幽霊の存在がどうたら、というのは
 ム-ノ__|_jゝ    この際、無粋なので置いといてくれ
708 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:26:37.28 ID:.VbLtGQo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   しかし…宇多法皇の時はそれで済んだのだが
  ミ゙ ゚ -゚ノ    法皇の死後、河原院はどんどん荒廃し
  √¨l-゚]、   得体の知れない化物が出る場所として
  (゙ /  |ゞ   知られるようになったらしい
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \    ちなみに、この化物って…
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    「人の血肉を吸って皮だけにする妖怪」
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    とか割とエグい話が残ってるにょろ
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   詳しくは『今昔物語集』巻第27の17話目に
    | /⌒l,、 __, イァト |/ |    載っているにょろ
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
709 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 23:27:59.92 ID:ZRrMvPso
ついでに陰陽師(夢枕 獏著)の漫画でもこの話はでてくるぜ
710 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:28:26.72 ID:.VbLtGQo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   『源氏物語』に登場する「某院」は
  ミ゙ ゚ -゚ノ    この荒廃した河原院に
  √¨l-゚]、   イメージが重なるという
  (゙ /  |ゞ   
  /ヾノ==,)    平安人は「もしかしてあそこかな?」と
 ム-ノ__|_jゝ    想像しながら『源氏』を読んだことだろう
711 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:30:12.69 ID:.VbLtGQo

     ゞ-、_: : : /ニミ_ー、  ,.-ニ-ヽ
      ゞミミミi'´弋弋ラy‐'  !くゞク |_      と、まぁこれだけならただの怪談だが…
      l,.ミミミ   ,. ̄:ヽ  ゞ∨:   | i      歴史を少し知っている者にとっては
      | ヘ`'゙  i    ヽ<、/   || |      宇多法皇と源融の話はさらに面白いものとなる
        !ヾ|''ヽ  i    _,.、_,. 、  レノ
       'ヽヽ-i     -‐=ニ=ラ  !゙|   ,.-―-、
       リ`i''ーi     "'''''T""  レヽ,-<__/`ヽヽ
       ゞ川 :ゝ、       _/i  |: : : `''‐| |__
 ____レ川  : :`'-、_  ,. -,.ヘ ゝ、> ノ: :,.-‐ニノ ,ノ: :`7
 |: rー-----〉川    : : :`´/ヽ  r''´`'ー<-イヽ: : :|____
 |: |= o  ヾ川      ∠  _∠-‐''´ヽ,,..!-ノ ノ/´: : :: :,.-‐''´ ̄`'''‐-、
 |: |  |   . :`'|     (   _       ),l、 〉ィ゙: : : : ,.-'´: : : : :::::::::::::::::::::::\
 |: |= 9  : : : : | |i‐、__|  (  _,.-‐'"´ ヽ〉ノ: : :/: : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,. -‐┘ ||: : : : :|  !       /゙く: /: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ,.-''´     || : : : : | ,/   r  /  ,/: : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
712 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:32:20.27 ID:.VbLtGQo
                     __  _
                    .:::::::::ア::::::::丶
          , .:::::-─-、   /:::/::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::\/::://r-u ヾiヽ::::::::/
        {:::::::::::::::::::::::::::::::レヾ/    ソ uY∨
        ',::::::::::::::::::::::::::::::{ {:::::::.. −- 、 /    嵯峨天皇の第12皇子です
         >⌒ミ:::::::::::::::::::::::>:ゝ::::::     /
        /:::: ヽ::::::::::::::::::::::/::::::::`丶  ィ´
      _.{::::-/ ̄ ̄ ̄ ̄に`丶 、   {
     /::::::::::::/         ` 丶 、 _ヾ、
    /::::::::::::::/                  ̄ヽ、
  /:::::::::::::::i                     ヽ
 /::::::::::::::::  l                      |
 |:::::::::::::: \l       ::::::::::::::::   ...::::...     |

史実の源融は、やる夫と同じように
「源」の姓を頂いて、臣下に下った元皇族だ。

彼の存命中、暗君である陽成天皇が廃されるという事が起こった。
次の天皇には、時康(ときやす)親王という55歳の皇族が内定したのだが
これに融は異議を唱えて

「いかがは。近き皇胤をたづねば、融らもはべるは」
(どうでしょう、天皇家に近い血筋といいますと、わたくし融などもございます)

つまり、「次の天皇に俺ではどうだ?」と言ったとされる。(出典『大鏡』)
713 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:34:08.47 ID:.VbLtGQo
ところが、この意見は時の実力者・藤原基経(ふじわらのもとつね)の反対にあい、
融は天皇どころか皇族に復帰することもできなかった。

           _,. - ―― - . .、
         /´..... : : :___ : :\
          /::.::.::.::./ ´ ___ `ヽ: :ヽ
        /::.::.:/::./ イ´: :: : : : : : `ヽ|:ヽ: !
      /::.::ィ/、:_!: :/:./: |::_::_-‐_ヘノ:l:l     ハァ? アンタそれ本気で言ってんの?
       !::./ ,ト..十:T:ハ: |: : : l::..:.. l: : :|: :ト〉
     |::`メ|::.::.|:..,|:|  l lヽ: : ト、:: |: :|:レ|     アンタは源氏、あたしと同じ臣下じゃない
      |::.:/| |::.:..|:廾ト、 ヽ \:| ,.斗l-:l:.,1:!     臣下が天皇になろうだなんて
      l.::.L|{1::.:.l:.ト十::テ ー ' イォ:卞l/イ |:|     正気の沙汰とは思えないわね
     |:.|:l:Lト!:.:.ト{  ̄    ,   ̄`|:.|:Lj:l
       !:|:l::.::.:l::..ト、    , -、   イ::l:..:イ:!
      lム|:.|::.:ト:..l |\   ´ ̄` /7:/、/ノ′
     /|: 「lト::.:|.ヽ:!  ` ーァ ´}: : j/ : |「ト.
      ハl: l:::l ヽ!: : :ト_- ― <|: :/: : : !!| l
    i  ヽ:.l:::l : : : : l _, ----l: : : : : :l:||  |
     |   ト:ヾヽ : : : l_ノ  ̄ `| :基経 :l:l:l   !
714 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:36:13.97 ID:.VbLtGQo
そして時代は下って…。

再び、天皇家に後継ぎがいなくなる事態が起こった。
その時、白羽の矢が立ったのが……

           / ̄\
           |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \       私が光孝天皇第7皇子にして
        /  ::\:::/::  \      源氏の姓を賜った源定省(みなもとのさだみ)である!
      /  .<●>::::::<●>  \   
      |    (__人__)     |    …とはいえ、国家の一大事であるゆえに
      \    ` ⌒´    /    皇族に復帰して天皇になることになってしまったが
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      ) 
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

そう、のちの宇多天皇である。
715 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:38:20.49 ID:.VbLtGQo
彼の皇族復帰には、先には融の皇族復帰に反対した藤原基経らの
プッシュがあったと言われる。

          /    //  /‐───- 、   \
         /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ
          / ∨三/'¨7   /   / /      \厶 ハ ',
       .  /  \/__,/基経/  ,イ l  |       il V∧ハ
       /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',  彼なら藤原氏との縁もあるし
        ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l  ピッタリよね!
       / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |
       l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |
      | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|  …源融? 誰それ?
       | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!  そんな何年も前のこと
       | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |  覚えてるわけないじゃない
     j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│   
    ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ W  / | jlリ   とにかく、定省さまには
   /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /   帝位についていただくわよ!
    // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /'
 . 〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /
 〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ
 ∧/       ∨   `三彡' \    __ ∨´  |│ l
 l |        \==彳│  \/  ` |   |│ l
 l |          `ー‐ ´ |    \    l|   |│ l
716 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:40:33.74 ID:.VbLtGQo
源融と源定省……。
同じ源氏でありながら、
一方は臣下のまま、一方は天子に。

                     __  _
                    .:::::::::ア::::::::丶
          , .:::::-─-、   /:::/::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::\/::://r-u ヾiヽ::::::::/
        {:::::::::::::::::::::::::::::::レヾ/    ソ uY∨
        ',::::::::::::::::::::::::::::::{ {:::::::.. −- 、 /  
         >⌒ミ:::::::::::::::::::::::>:ゝ::::::     /
        /:::: ヽ::::::::::::::::::::::/::::::::`丶  ィ´
      _.{::::-/ ̄ ̄ ̄ ̄に`丶 、   {
     /::::::::::::/         ` 丶 、 _ヾ、
    /::::::::::::::/                  ̄ヽ、
  /:::::::::::::::i                     ヽ
 /::::::::::::::::  l                      |
 |:::::::::::::: \l       ::::::::::::::::   ...::::...     |


           / ̄\
           |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \   
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

源融の幽霊と、宇多法皇の対峙には
そうした歴史と政治の因縁を感じずにはいられない。
717 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:42:19.94 ID:.VbLtGQo

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ    なるほどー…
   〃 {_{        リ| l.│ i|    
   レ!小l\    `ヽ 从 |、i|    ただの怪談話が、裏話を知っていると
    ヽ|l >   ●  | .|ノ│    もっと面白くなることもあるんにょろね
    |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
    | /⌒l __, イァト |/ |
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

  、-−7
  ミ_o_d,,,   そうだな
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   おとぎ話じみた伝説も
  (゙ /  |ゞ   その裏には何が隠されているのか…
  /ヾノ==,)    それを調べてみるのも面白いだろう
 ム-ノ__|_jゝ
718 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:44:11.92 ID:.VbLtGQo

       r`"⌒`ー=v ‐-、
        1:::::.....................  }
       |:::::::::::::::::::::::___::リ,    「某院」のモデル「河原院」…
       r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ    なかなか面白い場所だろう?
      /``======_‐ラ(6,′    
     ,>‐'つ__... =-〒rtッテ|h′    さて、今日はこのぐらいにしておこう
   /.ノ (:{,|| i   i l゙`~.jl|リ      
   ! }/゙ヽl.l ',  ヾツ  |l!|) _
   { (´/ヽ.):ヽ  r=- l/l:}/,r=,ヽ.._
    ヽ( イ- ) ̄l|、|!゙¨´ / l:八.>=iこ⊂⊃
     \ `ヽ:::::lドミ==‐' レ____l[二´__
 ̄:¨"7゙<〉   )::¨o7 /  ̄ フ 7ー-、:_:: ̄
::::::::::/:::::::\ ノノ:::/  '  '"´ /  / `ヽ


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   それじゃぁ、また会う日まで…
     レ!小l●    ● 从 |、i|  
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   いまこんよ!(またすぐ来るよ!)
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
719 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:44:43.34 ID:.VbLtGQo
       Y
     ,-y"
     ヾ|っ   ,,. 
      |´  (_ `y'っ
      (    `Y"
      ヽ__ノ
      /_ノ ヽ_\
    / (≡ ≡) \ 
    ( ::::: (_人_) ;:::: )
     >   `‐'   <
    ( .i       i .)
     .゙ヽ   ω   ノ"
      \/ /
      / ./ヽ,
    ⊂~_)_`__)     ぉ ゎ 'ノ
720 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 23:45:52.96 ID:MAIMuTso
721 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 23:46:40.48 ID:mLqV5Q2o
              __
             '´   ヽ
   < ̄ ̄ ̄ >。(_ )}ィ(ハリ)))
      ̄> /。゚oゝミil゚ ヮ゚ノリ。 これは乙じゃなくてこういう体型なんだからね!
     / /    とi) 'y)つ
    /  <__ ノ⌒ / i_,ゝ
    ゝ______入_ ノ
722 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 23:47:17.48 ID:F60btDAo
乙でした!

面白かったッス
723 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/04(水) 23:51:48.14 ID:.VbLtGQo
以上で、本日の投下分はすべて終了です。
長い時間お付き合いいただき、ありがとうございました!

次回は、11日(水)の19時ごろから投下したいと思います。
724 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/04(水) 23:56:27.95 ID:HfqBPXco
>>723
乙!おもしろかったよん!
725 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/05(木) 00:03:51.24 ID:T6UCtMQ0
乙でございますですよ!
726 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/05(木) 00:04:11.36 ID:U7vQEoYo
宇多天皇は基経の親戚だったっけ。
強引にでも身内を即位させたかったんだろうな。
道長もそうだが。
727 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/05(木) 00:10:21.02 ID:EZyim2oo
おっつっつ〜〜〜

そうか、政局を反映してるのは何となく知ってたが、その周辺とか世相とか細かいとこまで
リンクさせてるとはよくわからんかった

こんなにいろいろ詰め込んでいたから、時の天皇に天才だって評されたんだな式部
728 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/05(木) 00:40:58.72 ID:oneahfUo
1じゃないけど補足

源融についてもうちょい知るなら長坂秀佳著「彼岸花」を読んでみるのさ

えー?本?てな御仁にはPS2版かGBA版もあるお
729 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 17:13:05.99 ID:6m.lOO2o
             _,,,
           _/::o・ァ  チュン!
        ,..ー∈ミ;;;ノ,ノ ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/     >>1です
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /  
   / _勺 イ   r;==、      シ    〃 /      本日は予定通り、19時から
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/       投下したいと思います
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ    よろしくお願いします
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
730 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 17:15:06.89 ID:Pqh9QeMo
了解ー
731 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 18:37:15.05 ID:C/.ZRWoo
はーく
732 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:01:01.42 ID:6m.lOO2o
いずれの帝の御代であったか…。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。


                           () ,-、   , 、
                             |i トノ  (`ノ
                          'イ) /,、_,,,/
                           〉イ レ'  )
                          /  〉.i彡:<、
                     /;⌒')/;;ー''__ヽ、ヽ__)
                ,-、__   (-、ミ::⌒<ヽ、 __   ̄/ノ,,
            ,、,、  ;(`  )--;ア`ヽ)_つ'   ヽヽニノ ノ
          ,,,(  )__,- ヽ ノ    )ニ>     ,〉-i lミ::
          〉 ヽ,ノ' 〉 ::彡`-''' )        l ノ )
          `ー':彡;'-`ー'/ )、_)        '-lノ
          ,,=( ノ( ,_,)`ヘ' ヽ⌒;
      /~~  `'  ~      ヽ(_)
   =='''"


           第六話「藤の花の色」
733 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:04:09.66 ID:6m.lOO2o
◆平安京、三条、左大臣邸

    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\     義兄上!
    |┃  |r┬-|     |⌒)    遊びに来たお!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)


    |┃
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃ (―)  (―)\
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃           |
    |┃          /
    |┃ヽ・    ・ ̄ )
    |┃ \   / /
    |┃ヽ_)つ_ノ
    |┃  (::)(::)  ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)
734 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:06:00.56 ID:6m.lOO2o
    |┃
    |┃  ____
    |┃:/⌒ .J⌒\:
    |┃il(―)il|!(―)\:
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒ U\:
    |┃  u    il|l   |:
    |┃ι        /:
    |┃ヽ・    u ̄ ):
    |┃ \u   / /.:
    |┃ヽ_)つ_ノ.:
    |┃  (::)(::)  ヽ:.
    |┃/    >U )
    |┃     (__)


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |     …やる夫?
       |::::::::::::::  U |     どうした?
     .  |::::::::::::::    }         
     .  ヽ::::::::::::::    }      早くしてくれないと俺のツッコミが――
        ヽ::::::::::  ノ       
        /:::::::::::: く        
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
735 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:08:04.19 ID:6m.lOO2o
               〃        〃
         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \      バタン
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;(-‐)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)    やる夫!?
. |  U  (__人__)     やる夫、しっかりしろ!
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}      誰か!薬師を呼ぶべきだろ
.  ヽ     u  }      常識的に考えて!!
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、
736 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:12:00.47 ID:6m.lOO2o
悪霊と出会った余波が残っていたか
精神的な疲労が祟ったのか…。

やる夫は、20日ばかり重篤な状態に陥った。


        / ̄ ̄ ̄ \
      /u ノ   \ \
  __ / ;;; ( ー)  (ー) \   う…
   ( |;;;;;;;;;;   (__人__)  U |    うーんうーん…
  \ヽ\__  `ー ´__/ \   
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \
737 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:14:06.96 ID:6m.lOO2o
それでも、周囲の懸命な看病により
やる夫はなんとか持ち直したのだった。


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     とはいえ…
   /  (●)  (●)  \
   | \  (__人__)  / |    あんまりスッキリしないお…
   \ |   `⌒´  | /
   /              \
738 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:16:12.02 ID:6m.lOO2o
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    おお、やる夫
. |     (__人__)     少しは落ち着いたようだな
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }    
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \      義兄上、心配かけて
   /  (⌒)  (⌒)  \     ごめんだお
   | \  (__人__)  / |    
   \ |   `⌒´  | /
   /              \
739 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:18:06.27 ID:6m.lOO2o
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   それにしても
. |     (__人__)    どうして体調を崩したんだ?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }    噂ではどこかで穢(けが)れに
.  ヽ        }    遭ったせいだとか言ってるが…
   ヽ     ノ    
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     
   /  (●)  (●)  \    穢れ…かお
   | \  (__人__)  / |   
   \ |   `⌒´  | /
   /              \
740 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:20:00.80 ID:6m.lOO2o
五条の女が死んだことを、公にするわけにはいかない。
やる夫は、適当に誤魔化すことにした。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   実はやる夫の乳母を見舞ったとき
/    (─)  (─ /;;/    その家の下人に、病人がいたんだお
|  \   (__人__) l;;,´
/   |  ∩ ノ)━・'/     やる夫が訪ねたちょうどその時に
(  \ / _ノ´.|  |      その病人が死んだらしいんだお
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    家人たちはやる夫に遠慮して
|  \   (__人__) l;;,´      その死体を夕方になってから
/   |  ∩ ノ)━・'/      運びだしたらしいお
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |      穢れというのは、多分そのことだお
  \ /___ /
741 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:22:00.73 ID:6m.lOO2o
      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     そのあと屋敷に帰ってきたら
   /  (●)  (●)  \    なんとなく風邪っぽくなって…
   | \  (__人__)  / |   
   \ |   `⌒´  | /    たいしたことないと油断してたら
   /              \    こうなってしまったんだお


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \      
   /  (⌒)  (⌒)  \     油断は禁物ってことだお…
   | \  (__人__)  / |    
   \ |   `⌒´  | /     
   /              \
742 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:24:15.73 ID:6m.lOO2o
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    嘘だな
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


         ____
       /       \
      /  u   ノ  \    
    /      u (●)  \   う…嘘じゃないお
    |      \  (__人__)|  
     \    u |   .` ⌒/   
    ノ           \
  /´               ヽ
743 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:27:06.61 ID:6m.lOO2o
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)    ま、お前にも事情があるんだろ
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ    御上(おかみ)や父上にはそのように
   .l^l^ln      }     申し上げておこう
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ      でも、もう無茶はするなよ
   /  /    \      心配するだろ…友情的に考えて…
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     
   /  (●)  (●)  \    義兄上…
   | \  (__人__)  / |   
   \ |   `⌒´  | /
   /              \


頭中将を見ていると、あの薄幸な夕顔の君のことが思い出された。
やる夫の心には、複雑な感情が渦巻くのだった。
744 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:30:24.26 ID:6m.lOO2o
そんなこともありつつ、その年は暮れ…。
正月も過ぎて、春の終わり頃になった。

               〃        〃
         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \      バタン
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;(-‐)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜


        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \  __
    //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
    〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
    レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
     ヽ|l ○   ○u | .|ノ│      や、やる夫君!やる夫君ー!
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |      大変にょろ!
     | /⌒l __, イァト |/ |      またやる夫君が倒れられたにょろー!!
     | /  /::|三/:://  ヽ |      
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
745 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:32:01.13 ID:6m.lOO2o
18歳の春、やる夫は瘧(おこり)の病にかかった。
一定時間ごとに発熱の発作が起きる病である。


        / ̄ ̄ ̄ \
      /u ノ   \ \
  __ / ;;; ( ー)  (ー) \   うう…
   ( |;;;;;;;;;;   (__人__)  U |   熱いお…苦しいお…
  \ヽ\__  `ー ´__/ \   
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \
746 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:33:03.05 ID:6m.lOO2o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   瘧は「わらわやみ」ともいい
  ミ゙ ゚ -゚ノ    間欠熱の一種とされる
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   おそらくはマラリアのことを
  /ヾノ==,)    指しているんだろう
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
747 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:34:24.28 ID:6m.lOO2o
◆平安京、二条院

        / ̄ ̄ ̄ \
      /u ノ   \ \
  __ / ;;; ( ー)  (ー) \   う…
   ( |;;;;;;;;;;   (__人__)  U |   うう…
  \ヽ\__  `ー ´__/ \   
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   にょろーん…
   〃 {_{       リ| l.│ i|    なかなか病状が良くなられないにょろ
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
    ヽ|l ●   ● u| .|ノ│   いろんなところに祈祷をさせてるけど
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   一向に効き目が見えないにょろ…
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |
748 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:35:07.70 ID:6m.lOO2o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    この時代、病気は
  √¨l-゚]、   悪霊や疫鬼(疫病神)のしわざと
  (゙ /  |ゞ    考えられていた
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   それを追い出し退治するために
  ミ゙ ゚ -゚ノ    僧侶や修験者に依頼し
  √¨l-゚]、   祈祷をしてもらうことが
  (゙ /  |ゞ   重要視されていた
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
749 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:36:21.64 ID:6m.lOO2o
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj 
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ  u.     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/       ちゅるや殿、ちょっといいか?
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ -−‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    やあ!そういう君は
     レ!小l●    ● 从 |、i|    播磨守の息子で
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    今年めでたく五位になった
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    良清(よしきよ)殿じゃないかにょろ!
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧|
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
750 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:38:32.06 ID:6m.lOO2o
■人物:源良清(みなもとのよしきよ)

                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ  u.     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ -−‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |


播磨守(はりまのかみ)の息子。
六位の蔵人(くろうど)を6年つとめ、今年から従五位下の位を与えられた。

ちゅるの君とともに、源氏の腹心として活躍することとなる。
751 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:39:28.10 ID:6m.lOO2o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   朝廷の官人には「位階」という制度で
  ミ゙ ゚ -゚ノ    地位・序列が示された
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   臣下には30階の位があり
  /ヾノ==,)    個人の功労によって昇進し、
 ム-ノ__|_jゝ    その位階に相当する官職が与えられる

  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    そのうちでも「貴族」と呼ばれるのは
  √¨l-゚]、   五位以上の位を持った者たちだけだった
  (゙ /  |ゞ   
  /ヾノ==,)    職にもよるが、六位から下はチョイ役ということだな
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   平安時代以降は
  ミ゙ ゚ -゚ノ    六位の蔵人を6年務めると
  √¨l-゚]、   五位に昇進することができるようになっていた
  (゙ /  |ゞ 
  /ヾノ==,)    「今年から五位」というのはそういうことだ
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
752 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:42:22.60 ID:6m.lOO2o
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!    説明セリフありがとう
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ    …それはともかく
              !Tヾ  u.     j       //ノ        源氏の君の祈祷のことで
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/         提案があるんだが
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ -−‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   おお!
     レ!小l●    ● 从 |、i|   
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   どこかに徳の高い修行者でも
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   いるのかい?
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧|
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
753 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:44:33.73 ID:6m.lOO2o
        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l    ああ
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l   
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/    北山に優れたお坊さまが
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i     いらっしゃるという話だ
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ       もうだいぶお歳なので
     ,小. - 、   .| .l/././、        祈祷してもらうには
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、    こちらから出向く必要があるが…
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |   ※北山…京都北方の山々


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    うーん…
     レ!小l●    ● 从 |、i|    確かに、移動は大変にょろ
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    でも、この際だから
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    やる夫君にはちょっと無理をしてもらうにょろ!
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧|
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
754 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:46:01.60 ID:6m.lOO2o
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   というわけで、やる夫君!
     レ!小l●    ● 从 |、i|   
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   ちょっとしんどいけど
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   お体を治すためにょろ
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧|   転地療養するにょろー
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     転地療養?
   /  (●)  (●)  \    
   | \  (__人__)  / |   北山に直接…出向くのかお?
   \ |   `⌒´  | /
   /              \
755 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:48:01.54 ID:6m.lOO2o
話はトントン拍子に進み、
源氏の一行は早朝、都を出発した。


. .:: :    ... ::: :::..   §
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  §  . ... ...      . .. .
 .. . .. .:::: ::     -‐'" ゙''‐-  . ... 
  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . .. .
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...

「大げさに行っても仕方がないから」と
質素な身なりと少ないお供で、京の北にある山寺を目指す。

都育ちのやる夫にとっては、初めての旅行であった。
756 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:50:01.55 ID:6m.lOO2o
◆北山、鞍馬寺

.:/...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:., ヘ;:.:.:.:..:.: ヘ ̄
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.;イ:i:i:i:ii.:.:.:.:.:i.:.:.i.:ヘ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i!!~ヽi:i:i:i:.:.:.:.:i:.:..i:.:.ヘ
/;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:_, .-‐'_,,.-イ.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.i:..:.:.l   li:i:i:ii.:.:.:.:i:.:.:i\:.:\
:.:._, -,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:並羽:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.∧:.::|   li:i:i:ii:.:.:.:.|i:i:.ヘ   ̄
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/<凡 |:./ミ|:.:.:.:.:.:.:..l 入+===.}i:i:i:ii.:.:.. |i:i:i:.:ヘ
:i:i:i:i:i:i:i:i:‐i:i:i:i:i{ ト、_,ィレ 彡!:.:.:.:.:.:.:.|_,,,,送二_}i:i:i:ii:i:.:.: |\i.::.:ヘ
/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽヾ;;(   |:.ト.:.:.:.:.:|`、.|i!}Y {}y'^ヽi::.:/   ヽ、ゝ
-- 、i:i:i:i:/  : :\__.   V ヽ.:.:.:|::::゙ヾ'l 人  レ'
 /〃〃     : : : :',     \:!.   し'  ,>
 r┴┴ 、      : ::',          / ̄      名高き源氏の君に
/     \_    : : :ヽ        ー‐ァ'         お越しいただくとは恐縮です
...       ヽ、  : : ,: \      r'
          `\_:./`゙ ーゝ、__,ノ           僕は修法も忘れかけた老僧ではありますが
             \_                いっそう心を籠めてお祈り申し上げましょう
_>ァ 、__           i|ト、
;i;i;i;`ーkrミヽ、          il|__)_
;i;i;i;i;i;i;i;i;iヾミ入       il|__{;l、)
 ̄ ̄ヽ ̄\i;i;ヾ\     il|__〉l、)


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \      
   /  (⌒)  (⌒)  \     よろしく頼みますお
   | \  (__人__)  / |    
   \ |   `⌒´  | /     
   /              \
757 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 19:51:38.87 ID:C/.ZRWoo
天狗じゃー
Mrカラテじゃあああ
758 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:52:13.65 ID:6m.lOO2o
       rー- 、
        \ヽ,ヽ
.        _」_|/ !
        ト、/!/ノ ,.-テ‐z
    _    y'、| !ィrーv'一}
   { ヽ.~ヽ } ミ|彡} ミ/ニ7
   ヽミl〃} { ミ|彡!V´/          、
.   〈 ミl<ミ 、,fb-‐<9=ニヲ       、,、  `)          ,,,_
     ヽミl〃`/ r,.-一`> ラ        (Vィソ ( 、 __⊆^'‘ゝミ-、
    _,ゝレ'/iWjィ   /ヽフ       `|´   ` ー '~´ ‘ー、゙゙''_;っイー、
.    )ミ|'l l>ノ    `y 〉‐;-、    {ヽ!(フ          /´ ヽ、 | /ト、
    ` ミ|_L_/   _Mィノノ‐.、ー_)__ `|/ n_C'´ o _  ,'  ,i{ lLl_'_,イ
     /(_ ,ゝ、   ̄~/´/、ノ  /| ウ ∠ィラヮー} ゙V  ,リ゙/_Ll_|\__,、
    / {_ (._.二ニ=ニ三彡,ノ   / .}!, 八. ̄ ̄/| ! トー''"「 |ニ-ー--|. ! ヽ  ̄ 7
. ∠__ゝ<__」__,L. ー'‐'"__∠__/(__) /__ }| | L_  ヽヽ  r'ニ! L.._\/
. 「/ ̄ ̄ ̄ヽ|./ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|{ .∠____/ ̄|,r'ニ(_! l- ニニゝ\//、_`ニ7´/
. |{. /   }|.{        }|  「/ ̄ ̄ヽ|{ ,// ̄ ノ人ヽ、._  \\__,//
ヾ/'_ノ'____ノ| '、____ノ|/| 、__,ノ|/L二フ´ "\\.二ニV-‐、<_
 ̄ 〔w/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄  ̄  ̄  ∠ -ー-ー '´∠ゝ-∠-、/ `ー-'

北山僧都(きたやまのそうず)らは、
お忍びでやってきた源氏たちを手厚くもてなした。

病気のやる夫には、祈祷のほかに
悪鬼に効くという護符や薬なども出された。

そのかいあってか、やる夫は徐々に回復していった。
759 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:54:25.17 ID:6m.lOO2o
 /'´ ̄ )/ヽ
./  Y/´ /,へ、
く、 {./  // ├(⌒ヽ
 \ ヽ ヾ」  | ./  /
  ヽ ヽ !! /Y  {
   `ヽヽノヽ( ( )ヽ
     \       i ____
.      i      }  \ / \
      |     :{ (●)三(●)\      うおおおおおッ!
.     |:      :|   (__人__)   \     全☆回☆復だお!
     |: :     :|    |::::::|     |
     i.| ::     |__   l;;;;;;l    /     これが加持祈祷の本気かおッ!?
.    |  :      |  \´ ̄`/ ´ .ヽ
    /        .|::... ヾ  ゙ヾ;;::;" ..::\
    /       ヽ...}゙l:::::::::::...   : :;"  :::: 、
   {  . ノ      ヽノ :、:::::::::・;: ;;;;''、,::::・ ;:ノ.. ヽ
   ヽ::/:  ヽ.........::ソ "゙''ー--'''''" ゛::; "゛'...}、:::: |
    ヽ:::...:::::::::::::_/::゛'ー_  ,,;;;!、  ,,;;;  ,、:::ノ
      ̄ー─'i::::::: .゙゙,,、  ;::''"`;:::;'''゛゛` /'
760 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 19:54:53.83 ID:Pqh9QeMo
回復どころかパワーアップしとるwwww
761 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 19:55:39.02 ID:C/.ZRWoo
いまなら烈風拳できるww
762 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:56:01.73 ID:6m.lOO2o
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\     落ちついて見ると…
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   北山は風情のあるところだお
  |              |    世の中にはこんな場所もあるのかお
  \               /


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \    桜がまだ残ってて綺麗にょろ
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   都からちょっと離れただけなのに…
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   
     レ!小l●    ● 从 |、i|   こういう場所もあるなら
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   いつの日か、色んな国を
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   旅してみたいものにょろ〜
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧|
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
763 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 19:58:03.99 ID:6m.lOO2o
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     おっ、確か良清は
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    都以外を見たことがあるはずだお
  |     (  (      |    どこかいいところを知ってるかお?
  \     `ー'     /

        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l    そうですね
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l    ここも結構な場所ですが…
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/    
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i     俺のいた播磨国の
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ      明石というところも
     ハ   `    | .| l .| |ノ        中々面白い場所でしたよ
     ,小. - 、   .| .l/././、       
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、    海を見渡した眺めが最高でしてね
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     へぇー…
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   やる夫はまだ「海」を見たことがないお
  |     |r┬-|     |    いつか見てみたいものだお…
  \      `ー'´     /
764 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:00:00.77 ID:6m.lOO2o

ヾ;;ヽ;;;;ゝヾ''          ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝ
:::ゞヾヽ;;;;ゝ;;,,. ,.,.. ... .,,. ..;ヾ;;ヽ;;ヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ヾ:;;
ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾヽ;;.rヽ.  ;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ:;;;:
;;ゝヾ;ゞ:::          :;;;;ゝヾ;;;;;;ゝヾ;ヽ::..\`;::;
ヾヽ;;::  /k==ー---r           "":::|i}}i!il::...
   _A:.:.:.:.:...   ゙̄ヽ、            l!i!ili!| il|""''i;::;; , ,..
   /,ヘ_ー-- -'``ー---`ー----ァ       ii!{ili|l l!l.   |!
 _ノ/彡;;:7;;:___};:ミi;:*@+:;:''了ミ/      ...:;.,::|i!i!ili| |i!::..,,.ji;;...
 `ー--、,イ.!r_tt-tt!i-tr-!|l'゙゙゙´       .,,;;ヽ;;ヾ;ヽ;;;;"":..,;,;:.:,,,,.....
:..il.ll::..  _ll|.|.||:;ii;:;ii:;!|;;:;:;;:;!|l        :;:;;ゞ::::ゞ   ;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ;ヽ
 ;:;:.._,.ィ}三三三三!l乍≡|l三三{  :;;:  ;;ゝヾ
  `i}}}l|.:|i.:_l | ._jr-!|≡≡il==-i| :;::;,;:.: ヽ;;;;ゝ
,.....,ィ/:〉:;、_rヒj:_tァに=j-一''""´ -ー---,,  """ヾ:;:: ,,.. .., ..,., ,
Zr、           _,..ィr'二ニ'==--'"
`i、j_;:{_-;'=:-ニ==-'



      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    ありゃ、フラフラしてたら
   /  (●)  (●)  \   変なところに出てしまったお
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /  この庵は…
   /              \
765 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:02:08.76 ID:6m.lOO2o
       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   …何か、不都合なことでも?
    ヽ|l ●   ● u| .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     女の声がするお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
766 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 20:02:35.18 ID:DSACIO6o
とうとう来るか若紫・・・
767 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 20:02:39.10 ID:Pqh9QeMo
さすがッスねwwwwww
768 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 20:03:06.84 ID:grLEiOEo
ま〜た女かwwwwww
769 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:04:01.06 ID:6m.lOO2o
<チョット ノゾイテクルオー!

        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l    
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l    
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/    …元気になられたみたいだな
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i     
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ     
     ハ   `    | .| l .| |ノ       
     ,小. - 、   .| .l/././、       
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、   
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \    
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    …わかりやすくて
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    助かるにょろ
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ |    
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
770 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:06:01.14 ID:6m.lOO2o

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  .       / \   / \   どれどれ…
___∧,、 /  (●)  (●)  \____
 ̄ ̄ ̄`'` |    (__人__)    | ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

源氏が垣根からのぞき見ると、
40歳過ぎくらいの上品な尼が経を読んでいた。

その周囲には、俗形(ぞくぎょう)の女房たちが控え、
子供たちの声がする。

ただの尼の庵とも思えない雰囲気であった。
771 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:08:02.02 ID:6m.lOO2o

        「  ̄ ̄ 二二二ニ ニ丶、   `ヽ、    /
        ! !             `丶、   \  /
        ', L__ __ ___ _       `丶、 V
           〉.:::::::::::::小:、: : : : ``丶、      `ヽ、
        /;.:.::.l.l.:::/i::l.:.:.ト、:.:.:.:.:.:. : : : :.`丶、     〉
          //.:.:l.:l:レ' i.:ト、;ト、:ヽ、:.:.:.:.ヽ: : : :: : : `ヽ、 /
       l/ i.:.:l::|´ ̄l.:l  ヽ仁lニミヽ.:.!::::::::::::::::.:.:.:.:.:「
            VN:!行F::l   〒テテミヽ.::!.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.!   南無阿弥陀仏…
           l:1 少'リ  弋辷ソ l:.:.:!.:.:.:.:;.::::!.:.:::l::::!
           l:.l         /.:/.::::::/:::/:::/:l::;′  ……コホッ、コホッ
           l:.ト、          /,:イ.:.:.:./.:./.:./://
           l.:l:.:ヽ  `       ,'.:.:././.:./://
          l.:.:.:/ \_ _   イ.:.:/l´.:./l/
          l.:.:/     i   l.:./ 」.:/  ′
          |:/     _,ム _」/ ̄`L_
              ′ _,. イィ介:、       >ュ、
           ノ「フ7 l//iト、 ヽ     /_ノ.:.:.:.ヽ
          /7´ l L_//} ト、ヽノ    /_ノ.::::::::: ゙、
772 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 20:09:26.05 ID:jKulylko
ここで幼女、投入です。
明石には美女も控えていますから、磐石の態勢ですねえ
773 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:10:02.33 ID:6m.lOO2o

                        うわーん! おばあちゃまー!!>

 .:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:::::::::::::::::.:.ヽ::i:::i::::::', |:|
 i.:::::::::/::::ハ:::::::!::::::::::::::::',:i:::i:::::::l.|:|
 i.::::::/.::::〃ハ:::|:::::::::::, _::」|::|:::::::l l:!
 l.:::/.:::::〃 ',:::ト、::::く::::::::||::|:::::/ リ
 l::/.:::;ィ:/=-ヽ\ヽ,.ィイ1!::!::/ ′
 l/:/ /-‐      〈tfシノ::!::!′    また泣いてる…
 K ,.ィテテ'ヽ    `´1://
 ::::', V弋ソノ    、  l::::|      どうしたの、姫
 ::::::', ¨¨´       / /::::|      また子供たちと喧嘩でもしたのかい?
 ::::ト、ヽ、     _  ,.イ::::ハ!
 ::::i        `'/l:::::/
 :::::i  ``ー┬一'´  |::/
 :::::L _ __/     |/
 \|__ _ ユ_==ァァ
         \//
          \
            \__
      . .: .: :/ ̄,.-、入
    .: .:. :. :./ ヽ_ソ.::::::::::.`、
774 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:12:01.56 ID:6m.lOO2o

     _,-'⌒´`ヽ-、
  , - ソ, ‐- 、, - 、 ヽ
 く / .:  .:::l:..    ヽ|\     ひどいですー!
  y .::/ .::::人::.. ヽ:: ',  >
  { ::::i ___ノ 、__`ー}:: }/    犬君(いぬき)がスズメを
 /i :::i`=ュ , z=ァ i: ノi',      逃がしちゃったですぅー!
/ : .ヽヽ  r‐、   //-、}' ,
ヽ : /`rt`_`ー'_イ.::::::::::/ } ヽ
ヽ/::::::rt/イr/.:::::::::::::::/ i}: : .\


    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ  
      リ::::::( ( ●) (●::(      まあまあ、またですか?
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     いたずら者が仕方のないこと…
       ) ) )、    ̄ノくハ(  
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))  
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、  
       ,'   ノ    Y    Y
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ
775 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:14:01.91 ID:6m.lOO2o

    (´ ̄                       \
    \   , ィ´  ̄ ̄ ̄ ̄``ー-.. 、 _  _/
     `y'´ /  /.ハ、.: .:.、  . :.:.::::ヽ::ヽ::::<
     /  /  /:/;ハト,ヽ:、\ . :.:.:::::::|::::|::::::|
      i   ! /.:// \ト、ト、:.\:.:.:.::::!::::|::::::!
     |  l/::// __, ヾ! ‐ゝ-ト、:_:_|::::|::::::|   姫…またカゴの中に
     | / .,:ィ厂_ _     `二ニ!::::!::::::!   スズメを閉じ込めていたの?
     ト、 ̄.::/:!ヾテ。::.フ   ヽ辷フ 7:::,'::::/
     l/|.:.:::/:::|              /::/:::/    そういうことをするのは
      |.::/.:.:::ト、         /::/:::/     良くないっていつも言ってるのに…
      l/ヽ.::::l/ト 、  (⌒ヽ , ..イ::/l::/
         \N  `コ ー-‐<l:::/l/ |/       少納言も…乳母なんだから
        _ _/  ̄`フ杯ト、 _        姫がそういうことをしたら
       _「ハ_     ,イ  j1ト、 \ ト、      止めてくれなきゃ
      l/.:.:.:.::::)ト、  //  //j。jト、//.:.:!
     /.:.:::::::::::::Yト、l ト、 // j。 i|V/.::::::|


    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ    ですが…
      リ::::::( ( ●) (●::(   
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )       カラスに見つかったら可愛そうだと
       ) ) )、    ̄ノくハ(       姫さまが仰るので…
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))       
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
       ,'   ノ    Y    Y
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ
776 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:16:19.56 ID:6m.lOO2o

            ,. -── -
            , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
       /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
        , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ
      /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i   本当にしょうがないなぁ…
    〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   姫、こっちにおいで
    || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|    せっかくの綺麗な髪も
    ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l     ボサボサじゃないか
      ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′
          ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′
           ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W
          |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、
          ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__
           n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
          / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉


              , -── ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//
             / _二二二_  ̄ ` - 、   / /
           /,ィ::::::!ヽ::::::::::ヽ:_;ゝ__ノ ヽ   /
          /ィ'´::|:::::::|  `'ー--=-''丶  ヾ /
         /'::!::::::|::::::ノ  ー-,- '.   !  l/:l     …はい…ですぅ
        ゝj:::/::::::j:/    (o_゚ノ   !  l: ヽ
         j/:::_/..、       / ! ヽ !  l ; ; ヽ
        ∠,;;/ (o:゚ノ          /  /\: :\
         ハ / l ヽ   ,、     .. へ /;;;;;;;ヽ: : :\
        / ∧.      | _.ゝ ,,ィ'´ : : : :\;;;;;;;;;ヽ: : : \
.      / /:::::へ      , -,./: : : : : : : ,: \;;;;;;;;|!: : : : \
     / /::::::/;;;;;: `:;> '" /: : : : : : /;;/: : : \;;;i! : : : : : :\
777 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:18:02.43 ID:6m.lOO2o

             ,、 -──‐ ─- 、
            ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|   姫…よく聞いて
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!   あなたのお母様が子供のころは
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/    もっと大人びて何もかもわきまえていたのに…
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!      あなたはまだまだ子供っぽくて
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \     僕は本当に心配だよ
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|


        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´, '/--─ ''、l   ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ーイ      ヽ.\   \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:|  、. _____ ,      ´ /::j: i/ノ  
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|   `  ̄ `      '=jィ/´    生い立たむ ありかも知らぬ若草を
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!`ヽ  ゚        / 。i:ハ            おくらす露ぞ消えん空なき
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!   。゚      -- イリ l!     
           V ヾ!::::::| l'           .イ::: ' '      (これからどう育つかわからない姫を残して
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/         死んでゆくこの身は消えようにも消える空がない)
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ
778 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:20:01.09 ID:6m.lOO2o

    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ー) (ー::(      本当にそうですね…
.      ハ::::ハ o'゚~ r‐ァ ~) )   
       ) ) )゚    ̄ノくハ(      初草の生ひゆく末も知らぬ間に
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))        いかでか露の消えんとすらむ
      ノ/)` 。 ヾ ソ ̄。( 、    
       ,'   ノ゜   Y  ゜ Y      (姫さまの育ってゆく先もわからぬうちに
       l: ( ゚.....    .゚..  i        どうして尼君さまが先に消えようとするのでしょう)
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ


              , -── ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//
             / _二二二_  ̄ ` - 、   / /
           /,ィ::::::!ヽ::::::::::ヽ:_;ゝ__ノ ヽ   /
          /ィ'´::|:::::::|  `'ー--=-''丶  ヾ /
         /'::!::::::|::::::ノ  ー-,- '.   !  l/:l    おばあちゃま……
        ゝj:::/::::::j:/    (o_゚ノ   !  l: ヽ
         j/:::_/..、       / ! ヽ !  l ; ; ヽ
        ∠,;;/ (o:゚ノ          /  /\: :\
         ハ / l ヽ   ,、     .. へ /;;;;;;;ヽ: : :\
        / ∧.      | _.ゝ ,,ィ'´ : : : :\;;;;;;;;;ヽ: : : \
.      / /:::::へ      , -,./: : : : : : : ,: \;;;;;;;;|!: : : : \
     / /::::::/;;;;;: `:;> '" /: : : : : : /;;/: : : \;;;i! : : : : : :\
779 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:21:03.62 ID:6m.lOO2o
          (`'ヽ,  _
       ,⌒ヽ..iiii ⌒ノ
       ヽ__,,-'''、__ン    , '~) ,、
        `ー'( )      /''~  ノ )
            |   ,,-/__,--("> )ミ;
      ,、 _,, --(ヽ,()/'ー'   ̄ ''ヽノ'
  ,,-,-,-(__ノ~ , -、,'⌒') ゚/)---=(>⌒>
  `-'~ __, -'''ヽ__ ヽ,ノ ⌒ヽ\_,,- ,~
    /~ ノ~ /~  !!!!!ヽ--'ソ (⌒)'⌒)
    `- (_ノ_ヽ、__.〉、__,,,)( し' ミ';';'; く
   //(~ )、)ノ/ノi') ( `、 )人_ノ
  /,,ノ  `-' ,-''て入,,_ ~ ~ ~
//     <ノ( , ノ、 )
780 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:22:51.45 ID:6m.lOO2o

        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ    
    〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    なかなか面白いものが見れたにょろ
    レ!小l●    ● 从 |、i|
     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    どういう素性の方々にょろね?
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    普通の人とも見えなかったけど
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\     またあとで僧都さまに
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   訊いてみるお
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /
781 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 20:25:14.97 ID:Q1xCcjgo
>なかなか面白いものが見れたにょろ
盗み見は貴族の嗜みなのかww
782 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:26:00.30 ID:6m.lOO2o
       ____
     /⌒  ⌒\       あーそれにしても…
   /( ―)  (―)\      本当に気分がいいお…
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    正月に新品のパンツを履いたくらい
  |              |    いい気分だお
  \               /


                     _____
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)
         _/ / ヽ   /     (__人__) \
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |  だからちょっくら
             /  .\     i⌒\   /   走ってくるお!
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./
         .ヽ、_./ ./  /
             ./ /
           .ノ.^/   ダッ
           |_/
783 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:28:00.81 ID:6m.lOO2o
        _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
    ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
    r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
  ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
    !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
  |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ     あっ、源氏の君!
  ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./
    k.l,`-ァi           '´  /∨      ちゅるや殿
     k_N.l     r'´ ̄`ア  /         追わなくていいのか?
    _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
  /´r'´\   \.    `´ /
=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \
/;:;:;:;:;:;:;:;:!    /トュ  ヤ Zト、


        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ    まぁせっかくお元気になられたし
    〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    水をさすこともないにょろ
    レ!小l●    ● 从 |、i|
     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    30分ほどしたら
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    きっと戻ってこられるにょろ
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
784 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:30:01.29 ID:6m.lOO2o
                           () ,-、   , 、
                             |i トノ  (`ノ
                          'イ) /,、_,,,/
                           〉イ レ'  )
                          /  〉.i彡:<、
                     /;⌒')/;;ー''__ヽ、ヽ__)
                ,-、__   (-、ミ::⌒<ヽ、 __   ̄/ノ,,
            ,、,、  ;(`  )--;ア`ヽ)_つ'   ヽヽニノ ノ
          ,,,(  )__,- ヽ ノ    )ニ>     ,〉-i lミ::
          〉 ヽ,ノ' 〉 ::彡`-''' )        l ノ )
          `ー':彡;'-`ー'/ )、_)        '-lノ
          ,,=( ノ( ,_,)`ヘ' ヽ⌒;
      /~~  `'  ~      ヽ(_)
   =='''"

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    ありゃ、桜に誘われるまま走ったけど…
   /  (●)  (●)  \   また変なところに出てしまったお
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    / 
   /              \
785 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:32:34.97 ID:6m.lOO2o

      _,,,
     _/::o・ァ   チュンチュン
   ∈ミ;;;ノ,ノ
     ヽヽ


         _.. -― 、
     /,,ィ===、、 \
     メ、-'_ノヽ二>「  _     あっ!
   _  `丁'〇   ● ! lハ,/ノ     姫のスズメ!
  ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ    
  i ! \.l !> --<l_,l 「 ヽニ⊃   待ちやがれですぅ!
  l i l´l Hヽイハヽヘ Ll、|ヽ' '
  ⊂ニ!.ト┘!_'! l__〉
786 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:34:47.97 ID:6m.lOO2o
<チュン!?
<パタパタパタ…

     _,-'⌒´`ヽ-、
  , - ソ, ‐- 、, - 、 ヽ
 く / .:  .:::l:..    ヽ|\     あー!
  y .::/ .::::人::.. ヽ:: ',  >
  { ::::i ___ノ 、__`ー}:: }/    何で逃げちゃうですかー!
 /i :::i`=ュ , z=ァ i: ノi', 
/ : .ヽヽ  r‐、   //-、}' ,
ヽ : /`rt`_`ー'_イ.::::::::::/ } ヽ
ヽ/::::::rt/イr/.:::::::::::::::/ i}: : .\

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\      アハハハハ…
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /
787 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:36:30.23 ID:6m.lOO2o

              ,  -‐―‐ 、       
             /,  -―‐-、\      
           // ,.  -――‐\\    
      .  // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>     笑いやがるのは誰ですぅ?
     / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,    
   . ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !     …見かけない顔ですね
       / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i      まるで白玉みたいで綺麗ですけど
       / ::: | |lト、         ̄Z /l|   
     /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|   
     / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|   
   / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|   
   / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
  ' /    | |l| | l|  丶

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\      おっと失礼、お姫さま
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    私はやる夫という者だお
  |    /| | | | |     | 
  \  (、`ー―'´,    /
788 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:38:01.19 ID:6m.lOO2o

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)     姫さまはスズメにご執心だけど
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))    それじゃ逃げちゃうお
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\   
  (___     `ー'´   ____ )   こういう時は…
       |        /           「ねず鳴き」をするんだお
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


              ,  -‐―‐ 、       
             /,  -―‐-、\      
           // ,.  -――‐\\    
      .  // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>     
     / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,  
   . ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !     「ねず鳴き」…って何ですか?
       / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i     
       / ::: | |lト、         ̄Z /l|   
     /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|   
     / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|   
   / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|   
   / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
  ' /    | |l| | l|  丶
789 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:40:01.17 ID:6m.lOO2o

       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\    いいから見てるお…
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i  チュッチュッ、チュッチュッ
   ヽ、    `ー '   /


      _,,,
     _/::o・ァ   チュン…
   ∈ミ;;;ノ,ノ
     ヽヽ
790 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:42:01.10 ID:6m.lOO2o
         _,,,
       _/::o・ァ   チュン!
       ∈ミ;;;ノ,ノ
      /      \
   /          \      ほーら
  /   ⌒   ⌒   \     ざっとこんなもんだお!
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ


         _.. -― 、
     /,,ィ===、、 \
     メ、-'_ノヽ二>「  _     すごいですぅ
   _  `丁'〇   ● ! lハ,/ノ     すごいですぅ!
  ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ
  i ! \.l !> --<l_,l 「 ヽニ⊃   ネズミの鳴き真似で
  l i l´l Hヽイハヽヘ Ll、|ヽ' '    スズメが寄ってきたですぅ!
  ⊂ニ!.ト┘!_'! l__〉  ` ヽ
791 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 20:42:11.83 ID:CwKC5Zwo
牙をむいてきそうだなww
792 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:44:13.27 ID:6m.lOO2o
<チュン!
<パタパタパタ…

              , -── ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//
             / _二二二_  ̄ ` - 、   / /
           /,ィ::::::!ヽ::::::::::ヽ:_;ゝ__ノ ヽ   /
          /ィ'´::|:::::::|  `'ー--=-''丶  ヾ /
         /'::!::::::|::::::ノ  ー-,- '.   !  l/:l    あ…また逃げちゃったですぅ
        ゝj:::/::::::j:/    (o_゚ノ   !  l: ヽ
         j/:::_/..、       / ! ヽ !  l ; ; ヽ
        ∠,;;/ (o:゚ノ          /  /\: :\
         ハ / l ヽ   ,、     .. へ /;;;;;;;ヽ: : :\
        / ∧.      | _.ゝ ,,ィ'´ : : : :\;;;;;;;;;ヽ: : : \
.      / /:::::へ      , -,./: : : : : : : ,: \;;;;;;;;|!: : : : \
     / /::::::/;;;;;: `:;> '" /: : : : : : /;;/: : : \;;;i! : : : : : :\


       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     しょうがないお
   /   ( ⌒)  (⌒)\   鳥は羽があるから
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i   どこへでもいってしまうんだお
   ヽ、    `ー '   /
793 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:46:00.33 ID:6m.lOO2o
<チュン!

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   あっ、あっちにいたお
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   よーしもう一度
    |    (⌒)|r┬-|     |   やってみるお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\ 
   /   ( ⌒)  (⌒)\   チュッチュッ、チュッチュッ
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i 
   ヽ、    `ー '   /
794 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:47:59.58 ID:6m.lOO2o

 ヾヽヽ      _ _    、、
 (,, ・∀・)  1  丶|丶|  ー-,  -千- __   ヽ     |
  ミ_ノ   ┴ ./、|/、|   (    ノ  ___|__ __ノ   o
  ″″
795 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:48:41.93 ID:6m.lOO2o

 ヾヽヽ    ヾヽヽ       _ _    、、
 (,, ・∀・) (,, ・∀・)  ⌒,  丶| 丶|  ー-,  -千- __   -千- __   ヽ     |  |
  ミ_ノ    ミ_ノ  /    /、| /、|   (    ノ  ___|__  ノ  ___|__ __ノ   o o
  ″″    ″″   ̄ ̄

 ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ     _ _
 (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)  ⌒, 丶| 丶|  ソ フ_ ニ .| 十``
  ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ   ̄). /、| /、|  て ´__) ん しα
  ″″    ″″   ″″   ̄
796 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:49:26.99 ID:6m.lOO2o
 ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ    ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ    ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ   
 (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)   (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)   (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)  
  ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ    ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ    ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ  
  ″″    ″″   ″″    ″″    ″″   ″″    ″″    ″″   ″″  
 ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ    ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ    ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ   
 (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)   (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)   (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)  
  ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ    ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ    ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ  
  ″″    ″″   ″″    ″″    ″″   ″″    ″″    ″″   ″″  
 ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ    ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ    ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ   
 (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)   (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)   (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)  
  ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ    ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ    ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ  
  ″″    ″″   ″″    ″″    ″″   ″″    ″″    ″″   ″″  
 ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ    ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ    ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ   
 (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)   (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)   (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)  
  ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ    ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ    ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ  
  ″″    ″″   ″″    ″″    ″″   ″″    ″″    ″″   ″″ 

                .,,_  _,,=-、
                '、  ̄_  _.,! __       .r-,.  _   r −、
               _/  _!」 .└ 、( `┐   .,,=! └, !、 .ヽ ヽ  丿
              .(.     ┌-'( ヽ~ ,.-┐ `┐ .r'  r.、''" r' ./
               ゛,フ .,.  |   `j .`" .,/ .r'" ヽ  | .l  '、ヽ、
              ,,-.'  , 〈.|  |  i' .__i'"  .( .、i .{,_ノ ヽ  ヽ \
           、_ニ-一''~ ヽ   |  \_`i   丶,,,,、     }  ヽ_丿
                  ヽ__,/            ~''''''''''''″


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /
797 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 20:49:55.11 ID:Pqh9QeMo
雀の逆襲wwwwww
798 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:50:08.50 ID:6m.lOO2o
<チューン! チュチュチュンチューン!! チュンチュンチュンチュン!
<アッ! チョッ、ヤメ、イタイオー!!!


              , -── ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//
             / _二二二_  ̄ ` - 、   / /
           /,ィ::::::!ヽ::::::::::ヽ:_;ゝ__ノ ヽ   /
          /ィ'´::|:::::::|  `'ー--=-''丶  ヾ /
         /'::!::::::|::::::ノ  ー-,- '.   !  l/:l      スズメ…
        ゝj:::/::::::j:/    (o_゚ノ   !  l: ヽ      もう閉じ込めたりしないですぅ…
         j/:::_/..、       / ! ヽ !  l ; ; ヽ
        ∠,;;/ (o:゚ノ          /  /\: :\
         ハ / l ヽ   ,、     .. へ /;;;;;;;ヽ: : :\
        / ∧.      | _.ゝ ,,ィ'´ : : : :\;;;;;;;;;ヽ: : : \
.      / /:::::へ      , -,./: : : : : : : ,: \;;;;;;;;|!: : : : \
     / /::::::/;;;;;: `:;> '" /: : : : : : /;;/: : : \;;;i! : : : : : :\
799 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:52:27.52 ID:6m.lOO2o

        / ̄ ̄ ̄\_
       /:::/:::::::::::\( ;:;:;)   
      /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<−> \   スズメよ…
    (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)  あんだけ強けりゃ
    ./ ||    ` ⌒|||    ,/   カラスなんて目じゃないお
   / / |\/ /  /l |  ̄     
   / /__|  \/ / | |
  ヽ、//////) /  | |
   /  ̄ ̄ /   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ


              ,  -‐―‐ 、       
             /,  -―‐-、\      
           // ,.  -――‐\\    
      .  // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>    そうですね…
     / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,  
   . ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !    まだちょっとだけ
       / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i     心配ですけど…
       / ::: | |lト、         ̄Z /l|   
     /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|    
     / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|   
   / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|   
   / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
  ' /    | |l| | l|  丶
800 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 20:52:43.47 ID:hyQB7.Eo
多すぎるwwwwww
801 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:54:02.82 ID:6m.lOO2o
     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \   そうだ! どうしても心配なら
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |   スズメがカラスに見つからないよう
  |    ー       .|   仏様にお祈りしてはどうだお?
  \          /


              , -── ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//
             / _二二二_  ̄ ` - 、   / /
           /,ィ::::::!ヽ::::::::::ヽ:_;ゝ__ノ ヽ   /  
          /ィ'´::|:::::::|  `'ー--=-''丶  ヾ /   
         /'::!::::::|::::::ノ  ー-,- '.   !  l/:l    うー…そうするですぅ…
        ゝj:::/::::::j:/    (o_゚ノ   !  l: ヽ
         j/:::_/..、       / ! ヽ !  l ; ; ヽ   おばあちゃまの病気のことと
        ∠,;;/ (o:゚ノ          /  /\: :\  一緒にお祈りするですぅ…
         ハ / l ヽ   ,、     .. へ /;;;;;;;ヽ: : :\
        / ∧.      | _.ゝ ,,ィ'´ : : : :\;;;;;;;;;ヽ: : : \
.      / /:::::へ      , -,./: : : : : : : ,: \;;;;;;;;|!: : : : \
     / /::::::/;;;;;: `:;> '" /: : : : : : /;;/: : : \;;;i! : : : : : :\
802 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:56:04.32 ID:6m.lOO2o

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \   おばあさまが病気なのかお?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \

              ,  -‐―‐ 、       
             /,  -―‐-、\      
           // ,.  -――‐\\    
      .  // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>    そうですぅ…
     / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,  
   . ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !    ここにはおばあちゃまの病気を
       / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i     治してもらいに来たですぅ
       / ::: | |lト、         ̄Z /l|   
     /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|    
     / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|   
   / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|   
   / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
  ' /    | |l| | l|  丶
803 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 20:58:55.23 ID:6m.lOO2o
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\      それなら心配ないお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ここの僧都さまは本物だお
  |     |r┬-|     |     きっとおばあさまも良くなるお
  \      `ー'´     /


         _.. -― 、
     /,,ィ===、、 \        そ、そうですぅ!
     メ、-'_ノヽ二>「  _     心配はしてねーです!
   _  `丁'〇   ● ! lハ,/ノ     
  ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ    でも…早く治ってほしいですぅ
  i ! \.l !> --<l_,l 「 ヽニ⊃   
  l i l´l Hヽイハヽヘ Ll、|ヽ' '
  ⊂ニ!.ト┘!_'! l__〉
804 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:00:35.05 ID:6m.lOO2o
      ゝ=ニ −-- 、、  `ヽ、丶、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、、 ヽ、 `丶、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'i,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ヽ.   \    
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:ヽ、:.:、:.:.:.:.:.゙i   l    ,>   
   ,':.:.:.:.:.:.::i|:.:.:.:./ !:ト、>、ヽ:.:.:.:.:l   } ,.ィ"    だって…
   l:.:.:.r:.:.:.:ll:.:,i:./  Yノヽ丶!:.:.:.:.:l  l/:.:l     
   l:.:.:.l:.:.:,!ll:./l/   イァt戈ヾl:/:.:i:.l   l,:.:.:.:.l     大好きな…
   l:.:.:.l:.:Zアニリ、    ゞ-'' ケ:.:.リj  〉:.:.:.:.l      おばあちゃまですから…
   N、:.トX´そソ    〃〃 /:,ィ{!   !:.:.:.:.:.:l    
   ヾト、ミゞ゙〃〃  '    ,ィ゙クリイ   l,:.:.:.:.:.:l
     丶、ミ≧、  (ヽ   /X,_/   l:.:.:.:.:.:.:l  
       |``T'^`i:‐-,ュェ彡‐--i{   入:.:.:.:.:.:l
      l:.:.:.:l  ,ィシ'イ升トヾニ};;!〉  ヾ::丶、:.:l   
       l:.:.:.:>ィくヽ.ノイ<};;i`ヾ:;j{   ノ::::::::\丶
      f:.:ィ}7f  ヾシ'Fハl;;l    〉  ヽ::::::::::::ヾヽ 

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   …………。
 |       (__人__)    | 
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (○) (○) \
 |       (__人__)    |    ――!?
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
805 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:02:02.30 ID:6m.lOO2o


         あの方に――


/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l



       似てる…気が、した?


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (○) (○) \
 |       (__人__)    |  (…なんで、だお?)
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
806 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 21:02:02.86 ID:qgr8tpUo
おっとやる夫の様子が・・・ww
807 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:04:01.18 ID:6m.lOO2o
                                   ヒメサマー!>
                        ヒメサマ、ドコニ イラッシャイマスー?>

         _.. -― 、
     /,,ィ===、、 \        あ、乳母が呼んでるですぅ
     メ、-'_ノヽ二>「  _     もう行かなきゃですぅ!
   _  `丁'〇   ● ! lハ,/ノ     
  ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ    やる夫、また会いたいですぅ!
  i ! \.l !> --<l_,l 「 ヽニ⊃   
  l i l´l Hヽイハヽヘ Ll、|ヽ' '
  ⊂ニ!.ト┘!_'! l__〉


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (○) (○) \    …………。
 |       (__人__)    |    
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
808 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:06:00.42 ID:6m.lOO2o

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/0°   ヽハ  、 ヽ   あっ、やる夫君
     〃 {_{\    /リ| l │ i|   やっと見つけたにょろ!
     レ!小l●    ● 从 |、i|
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   なかなか戻ってこられないから
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    心配してたにょろ〜
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
  .  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|    …あれ、どうしたにょろ?
     レ!小l●    ● 从 |、i|     誰かと一緒にいたのかい?
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
   . /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     い、いや何でもないお
  /U:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |   あんまり桜が綺麗なんで
  \      `ー'´     /   見とれてたんだお
809 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:08:18.87 ID:6m.lOO2o
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::| 
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ   源氏の君…
              !Tヾ  u.     j       //ノ       今夜、僧都さまが
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/        源氏の君をお招きしたいそうです
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /            まぁ話といっても
           _/     `'-、. `'ー-r<´              説法とかその辺でしょうが
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、          どうします?
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ -−‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     ぜひ行かせていただくお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
810 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:10:01.19 ID:6m.lOO2o
◆北山、夜、僧都の坊(住居)

   >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
 /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
  〉   h    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`
|   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:   
/ .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    …というわけで
/ :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./    鹿とカラスは仲良く暮らしました
:/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   
゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´     この鹿というのが
  レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>        実は仏陀の前世の姿でウンヌンカンヌン
       ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´         
         ̄ヽ       ー‐      /           
           \           _, ィ´
            `¨ニt-  -‐' ト-┐
        _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
      /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、


                すぴー…
            ___     ________
     ____,../     \   | |          |
    ノ   /          \ | |          |
  /   /               | |          |
 |     |::..           ...::::| |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、;;;;;:::/| |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |
811 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 21:10:41.84 ID:Pqh9QeMo
爆睡wwww
812 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 21:11:51.13 ID:WRHztXUo
深く眠れるのも元気になった証拠だ
813 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:12:03.78 ID:6m.lOO2o

    ,lヽヘ/ヽ
  <     へ
  / ノlノ^^ノノリ>、   …聞いてます?
  ヾcリ口 _ 口ゝ
     (ll^Y^l)

          ____
+        ./ \  /\ キリッ    いやぁありがたくて
      / (●)  (●)\      思わず頭を垂れてしまいましたお
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
    |      `-=ニ=-      |    前世の宿縁というのは凄いものですお
    \      `ー'´     / +
814 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 21:13:04.89 ID:Pqh9QeMo
よく口の回る奴だなww
815 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 21:14:33.76 ID:WRHztXUo
僧都のありがたい説法に心が浮世を離れて御仏の境地に解脱していたんだな
816 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:14:46.79 ID:6m.lOO2o
     ____
    / ⌒  ⌒  \      ところで、僧都さまにお訊きたいのですが…
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |    ここにいる女人たちは
  |    ー       .|     いったいどういう素性の方たちですお?
  \          /


.:/...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:., ヘ;:.:.:.:..:.: ヘ ̄
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.;イ:i:i:i:ii.:.:.:.:.:i.:.:.i.:ヘ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i!!~ヽi:i:i:i:.:.:.:.:i:.:..i:.:.ヘ
/;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:_, .-‐'_,,.-イ.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.i:..:.:.l   li:i:i:ii.:.:.:.:i:.:.:i\:.:\
:.:._, -,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:並羽:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.∧:.::|   li:i:i:ii:.:.:.:.|i:i:.ヘ   ̄
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/<凡 |:./ミ|:.:.:.:.:.:.:..l 入+===.}i:i:i:ii.:.:.. |i:i:i:.:ヘ
:i:i:i:i:i:i:i:i:‐i:i:i:i:i{ ト、_,ィレ 彡!:.:.:.:.:.:.:.|_,,,,送二_}i:i:i:ii:i:.:.: |\i.::.:ヘ
/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽヾ;;(   |:.ト.:.:.:.:.:|`、.|i!}Y {}y'^ヽi::.:/   ヽ、ゝ
-- 、i:i:i:i:/  : :\__.   V ヽ.:.:.:|::::゙ヾ'l 人  レ'
 /〃〃     : : : :',     \:!.   し'  ,>
 r┴┴ 、      : ::',          / ̄       さすが源氏の君
/     \_    : : :ヽ        ー‐ァ'         もうご存知でしたか
...       ヽ、  : : ,: \      r'
          `\_:./`゙ ーゝ、__,ノ           実は、私の妹で按察大納言(あぜちのだいなごん)の
             \_                正妻でありました者が、尼になっておりまして…
_>ァ 、__           i|ト、              ご覧になったのは、その尼たちでありましょう
;i;i;i;`ーkrミヽ、          il|__)_
;i;i;i;i;i;i;i;i;iヾミ入       il|__{;l、)
 ̄ ̄ヽ ̄\i;i;ヾ\     il|__〉l、)


     ____
   /      \       僧都さまの妹君が
  /  ─    ─\     故按察大納言の北の方かお…
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   たしか、按察大納言には
/     ∩ノ ⊃  /    娘がいると聞いていますお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
817 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:17:14.70 ID:6m.lOO2o
   >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
 /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
  〉   h    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`
|   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:   ええ、ですがその娘も
/ .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   もう亡くなっております
/ :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
:/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   兵部卿宮(ひょうぶきょうのみや)さまがお通いになって
゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´    姫まで生まれましたが…
  レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
       ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´         宮さまのご正室さまがやかましい方で
         ̄ヽ       ー‐      /            気苦労などもあったのでしょうね
           \           _, ィ´
            `¨ニt-  -‐' ト-┐
        _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
      /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、


          _____
        / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
       /        ∪     \      ||  ||
     / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
    /  (   ● l    l ●   )  \
  /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \
  |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |     ひ、兵部卿宮さまかお!?
  |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
   \          |/⌒i⌒、|         /
    \       !、__,!    U  /
    /       、____,,      \
   /                        ヽ
   |  、                 ,   |
818 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:18:43.21 ID:6m.lOO2o

       あの姫は――


   ヾト、ミゞ゙〃〃  '    ,ィ゙クリイ   l,:.:.:.:.:.:l
     丶、ミ≧、  (ヽ   /X,_/   l:.:.:.:.:.:.:l  
       |``T'^`i:‐-,ュェ彡‐--i{   入:.:.:.:.:.:l
      l:.:.:.:l  ,ィシ'イ升トヾニ};;!〉  ヾ::丶、:.:l   
       l:.:.:.:>ィくヽ.ノイ<};;i`ヾ:;j{   ノ::::::::\丶
      f:.:ィ}7f  ヾシ'Fハl;;l    〉  ヽ::::::::::::ヾヽ 


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   (あの姫は…
|       (__人__) l;;,´      兵部卿宮さまの娘…!)
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |     (つまり…藤壺さまの姪だお!)
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
819 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:19:24.57 ID:6m.lOO2o
【解説】


                                   ┌─────┐    
                       按察大納言━┯━尼君    北山僧都  
                        (故人)   │                
                              . │        
                 先帝          . │        
                  │           . │        
                  │           . │        
                  │           . │        
             ┌──┴──┐        │        
  桐壷帝━━━藤壺女御    兵部卿宮━┯━娘(故人)   
                           . │    
                           . │    
                           . │    
                           姫君(のちの紫上)   


  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    詳しくは上の系図を参考にしてくれ
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   紫上は、兵部卿宮の側室の子供で
  /ヾノ==,)    藤壺女御の姪にあたる姫君だ
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
820 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:20:10.84 ID:6m.lOO2o
       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   僧都さま…
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /    唐突で申し訳ないけど
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    その姫君のことを…
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i    やる夫にまかせてくれませんかお?
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


                   ィ 
                   | {._ 
        、/ル'二≧、  , - イ / 
       イ 、 ィ  、:._Y / /´  
       イ _ハ「¨lイヤ::. ゝ /    え…ええっ!?
     _f二ヽイ{_H__}ソ /      
     「.:y'  ̄ ヽl ̄lノ ´       そ、それはどうしてまた?
     {/   / l|_!           
    /  └t:-  \        
   /i \ _/\:.  \_    
   ヽ:.. ._ _ ヽ \:.    }、  
   / ̄¨ ーイ´   ヽ._{/ ̄フ
   {l   , ィ \      ヽ  ヽ
  /'   /´\  \       l_ト、/
821 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 21:23:35.68 ID:cI4JOfgo
ろりこんめ
822 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:23:59.51 ID:6m.lOO2o
       ____
     /⌒  ⌒\       やる夫もまた
   /( ―)  (―)\      早くに母に死なれ
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    頼りにしていた祖母も
  |              |    まもなく、亡くなりましたお
  \               /

     ____
   /      \
  /  ─    ─\      それでもやる夫は
/    (●)  (●) \    どうにかやってこれましたが…
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /     女の子ともなると
(  \ / _ノ |  |      そうはいきませんでしょう
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
823 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:26:19.75 ID:6m.lOO2o
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   女の子は育った環境も
/    (─)  (─ /;;/    身分の貴賤に大きく関わりますお
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/     豊かな養い親や、多くの女房に囲まれてこそ
(  \ / _ノ´.|  |       やんごとなき御身も引き立ちますお
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

       ____
    /     \
   /  ─    ─\     やる夫には妻はおりますが
 /    (●) (●) \    もう独り暮らしみたいなものでして…
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     どうでしょう
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     やる夫の家でならば
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i    姫君を立派にお育てできますお
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
824 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:28:26.77 ID:6m.lOO2o
                   ィ 
                   | {._ 
        、/ル'二≧、  , - イ /  お申し出は大変ありがたいのですが…
       イ 、 ィ  、:._Y / /´  
       イ _ハ「¨lイヤ::. ゝ /     姫と言っても
     _f二ヽイ{_H__}ソ /       まだ10歳ばかりですよ
     「.:y'  ̄ ヽl ̄lノ ´   
     {/   / l|_!             お話し相手も勤まりますまい
    /  └t:-  \        
   /i \ _/\:.  \_  


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     だ、大丈夫ですお!
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)'    |   そこをなんとか頼みますお!
  \     `⌒´     /
825 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:30:40.25 ID:6m.lOO2o
◆北山、尼たちの庵

.:/...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:., ヘ;:.:.:.:..:.: ヘ ̄
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.;イ:i:i:i:ii.:.:.:.:.:i.:.:.i.:ヘ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i!!~ヽi:i:i:i:.:.:.:.:i:.:..i:.:.ヘ
/;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:_, .-‐'_,,.-イ.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.i:..:.:.l   li:i:i:ii.:.:.:.:i:.:.:i\:.:\
:.:._, -,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:並羽:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.∧:.::|   li:i:i:ii:.:.:.:.|i:i:.ヘ   ̄
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/<凡 |:./ミ|:.:.:.:.:.:.:..l 入+===.}i:i:i:ii.:.:.. |i:i:i:.:ヘ
:i:i:i:i:i:i:i:i:‐i:i:i:i:i{ ト、_,ィレ 彡!:.:.:.:.:.:.:.|_,,,,送二_}i:i:i:ii:i:.:.: |\i.::.:ヘ
/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽヾ;;(   |:.ト.:.:.:.:.:|`、.|i!}Y {}y'^ヽi::.:/   ヽ、ゝ
-- 、i:i:i:i:/  : :\__.   V ヽ.:.:.:|::::゙ヾ'l 人  レ'
 /〃〃     : : : :',     \:!.   し'  ,>
 r┴┴ 、      : ::',          / ̄       …というわけだ
/     \_    : : :ヽ        ー‐ァ'         
...       ヽ、  : : ,: \      r'           どうしても、と仰られて
          `\_:./`゙ ーゝ、__,ノ           むげに断るわけにもいかなくてね
             \_                
_>ァ 、__           i|ト、              どう思う?
;i;i;i;`ーkrミヽ、          il|__)_
;i;i;i;i;i;i;i;i;iヾミ入       il|__{;l、)
 ̄ ̄ヽ ̄\i;i;ヾ\     il|__〉l、)
826 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:32:00.70 ID:6m.lOO2o

            ,. -── -
            , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
       /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
        , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ
      /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i   それはありがたいお心ですが
    〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   でも、引き取られるとなると…
    || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|
    ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l  
      ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′   
          ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′
           ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W
          |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、
          ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__
           n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
          / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉


    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i    …というよりも
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ 
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ     源氏の君は
      リ::::::( ( ●) (●::(         姫さまのお歳を
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )        勘違いなさっているのでは?
       ) ) )、    ̄ノくハ(  
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))        今回はお断り申し上げましょう
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、  
       ,'   ノ    Y    Y
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ
827 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:34:35.60 ID:6m.lOO2o
◆北山、源氏の宿坊

     / ̄ ̄ ̄\
   /       .\    
  /   ─ヽ  .─   \   むー…
  |   (●)  (●)   .|  やっぱり断られたかお…
  \.   (__人__)    /
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)    できれば向こうが折れるまで
/    (─)  (─ /;;/     説得したかったけど…
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/      体調がよくなったから
(  \ / _ノ´.|  |       もう都に帰らなくちゃ
.\  "  /__|  |        いけないお…
  \ /___ /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     だけど、あきらめないお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   連絡先は聞いてあるから
  |     |r┬-|     |    粘り強くいくおー!
  \      `ー'´     /
828 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:36:17.20 ID:6m.lOO2o

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|    やる夫君!
     レ!小l●    ● 从 |、i|     都からお使者がいらっしゃったにょろ
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
   . /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \      使者?
   /  (●)  (●)  \    まぁ、どうせ帰京の催促だろうけど…
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /    お通ししておー
   /              \
829 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 21:37:43.86 ID:cI4JOfgo
貴族とはいえ気軽に旅行にはいけなかったんだな
830 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 21:37:51.91 ID:wM.VuKoo
普通ならそう思うよなあ
831 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:38:03.36 ID:6m.lOO2o

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    よう、迎えにきたぜ
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ    畏れ多くも帝から
.  |         }     お迎えにあがれと仰せつかったからな
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \      
   |     \   \      
    |    |ヽ、二⌒)、 

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     おお!義兄上!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   わざわざ来てくれたのかお?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
832 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:40:01.21 ID:6m.lOO2o

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \    まったく、「お忍び」なんてつれないな
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)   都から出てゆっくり療養する…
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ    こういう時こそお供したいだろ
.  |         }     常識的に考えて!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |


         / ̄ ̄\    北山にはまだ桜が残ってる
       /  ヽ_  .\   すぐ帰るのは惜しすぎるだろ、風流的に考えて
       ( ●)( ●)  |     ____
       (__人__)      |     /      \
       l` ⌒´    |  / ─    ─  \     よーし、じゃあ
      . {         |/  (●)  ( ●)   \    全快祝いの宴でもしてから
        {       / |      (__人__)      |    帰ることにするお!
   ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/_
  / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ヽ,
 /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
    _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
    >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'
 __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
             l                   i   ヽl
833 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 21:40:13.32 ID:Sr.50pQo
帝もやる夫の病気のこと気に掛けてたんか
良い人だわ
834 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:42:13.48 ID:6m.lOO2o

            / ̄ ̄\
          /    _ノ' ,,\
         |     ( -‐)(‐)    葛城の寺の前なるや
.          |    ::~(__人__)    豊浦の寺の西なるや〜♪
          |     'ヽ ヾリ     
        |      ゙ー'ノ      
         ヽ       ソ}
           ヽ      ノ     ●ォ、_
          /⌒Y◆・◆、        ”¶ト.
         /  y   |。=, \.      ||
         ノ  ,/___,ン)_|,、 ソ'〜,‐っっ||
        (_"___リ_ソ `ー─iソ´~ ||


         ____
       /⌒  ⌒\         /へ
      /( ●)  (●)\      <´ ゞ /  
    / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  /〆<ソ
    |     |r┬-|     |///       えの葉井に白玉沈(しず)くや
   ∧      | |  |    ///         真白玉沈くや♪ 
   (  \    /⌒`ヽ///ミヽ        
   \  \<    ///\/ }        おしとと とおしとと
    ,ヘ  \_∩ノ^) /  }__./        しかしてば国ぞ栄えむや〜♪
    {  \__,,__ノ    ノ           
    ヘ      ヾゝ  /´
     \  :゚¨゚:  /ヽ  ジャカジャン
       `ー--‐一
835 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:44:00.85 ID:6m.lOO2o

               我家らぞ富せむや♪
               おおしとと としとんと


  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)     ____
     | |.|  (__人__)  |         | |.    /⌒  ⌒\       
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'  /( ●) (● ) \
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |      j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」     くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒ノ

               おおしとんと としとんと♪
836 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:46:16.85 ID:6m.lOO2o


. .:: :    ... ::: :::..   §
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  §  . ... ...      . .. .
 .. . .. .:::: ::     -‐'" ゙''‐-  . ... 
  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . .. .
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"        トシトントー♪
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-          ワハハハハ…
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...

桜残る北山に、若者たちの笑う声が溶けていった。

今をときめく公達の中でも、やる夫の姿はひときわ素晴らしく、
世を捨てた僧たちからも絶賛されたという。

※公達(きんだち)…貴族の子息
837 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:49:01.56 ID:6m.lOO2o
◆平安京、夜、左大臣邸

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)    葵上、ただいまだお!
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\  この通り、元気になったお!
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......
838 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:50:21.77 ID:6m.lOO2o

               _. -−- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|     そう
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
839 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:52:27.78 ID:6m.lOO2o
         ____
       /   u \      あ、あのですね…
      /  /    \\    
    /  し (○)  (○) \   仮にも夫が病気して
    | ∪    (__人__)  J |   療養して帰ってきたんだお?
     \  u   `⌒´   /


 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_      プイッ
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、
840 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 21:52:38.03 ID:Sr.50pQo
いまだに冷たい・・・
841 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 21:53:56.73 ID:cI4JOfgo
ツンデレなんてもんじゃない
842 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:54:15.36 ID:6m.lOO2o
         ____
       /   u \       …わかったお
      /  /    \\ 
    /  し (○)  (○) \    もう…いいお
    | ∪    (__人__)  J |    寝るお…
     \  u   `⌒´   /


     ,. - 、
    イ,i  , ',
    ハリ, i, ,i.リ   好きにして
    ,ィ-"`''、'    
  .ノ::::|i__ iハ    
  r'::::ノ:::::::::V::::',
  '-ク::::::::::::'iヽ;::ヽ
843 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:56:01.02 ID:6m.lOO2o

        / ̄ ̄ ̄ \
      /   ―   ―\     (葵上…相変わらずだお…)
  __ /   ( ー)  (ー) \   
   ( |      (__人__)    |    
  \ヽ\__  `ー ´__/ \   
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \


        / ̄ ̄ ̄ \ パチッ
      /   ―   ―\
  __ /   ( ●)  (●) \     …………。
   ( |      (__人__)    |    
  \ヽ\__  `⌒ ´__/ \   
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ 
     ヽ               \
      \               \
844 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 21:58:08.33 ID:6m.lOO2o
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´    …………。
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |  (誰も彼も…やる夫を
  \::::::::::::::::        /    受け止めてはくれないお)
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/
   |  ::::::::::     /
  (__(__   ヽ
  /  ,_/  ___ノ
  `ー'  `ー'
845 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 22:00:08.83 ID:6m.lOO2o
           _,.--- .
          ,.'´: : : : : : : : : :`ヽ、
    ___,ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \
    `ーァ: : : : : : /: : : : : /: : : : : : : \._
     /:/: : : : :.リ: : : : :|/: : :/:イ: : : |ー'´
      l/{: : : : :.ム|:.l: : :斤ァ</|/:./:}:.|
      い: : { 6|:.l: :.|テfミ  /:_/:/,ィ|
        V: :.>リ:.l: :.| ヒソ /ィf':/:/ リ
.          |人{ |:.l: :.|   rタイ:人
       ,f¨¨ヽ Y:.リ  ‐ イ|: :「
       ノ     \|:[_¨´ ||.:/  ,z-.、
      /===ヽ  辷ト、_/リ´  イt:::ノ
      //´⌒ヽ\ Y| 寸  r'T[_7

    世間にも許された妻は冷たく
846 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 22:02:01.37 ID:6m.lOO2o
         __ .. ィ 、--  _
       ,  7  ./.  ヽ   、: `丶.
     /  , ,  ィ 、 \ : : \: : ヽ.
    イ  / : ハ .ハ  '.  ヽ\: .ヽ: : :ヽ
  /  / イ: l: :l |:ハ :i ヘ: .  ヽ :、: .ヘ: : : .
./ /  イ / |: |l: | |: ハ:i. : 、:   '. : 、: .ヘ: . '.
〃イ/ :/: |' l: ハ: l    |:i 、: : ヽ  '. : ト、: \.}、
  l! :i : X |:|L:!: l   .||ヘヽ: _:ム:   '.: V>-:イ `ヽ.
 .|| : i: :i Wj工:l   ,lj' _≧\、ト、 }: : ト-イ: ト、_}ノ
 |l : |: :l ハ爪::::ト、  ノ ´ b:::::::ヾ、:、 l: :「V|:|: } 、
  ヘ |: :| ト、_辷.j      辷.-ッ |`} : :j/イ !: ヘ、`
  \: ! i:}   、       ̄ ̄/ :j . /7:l: :l 、\ゝ
    ヘ i ト、   __        /://:/イ :| l: l:  、: ヽ       
      ヘ ト、、> ._ `     _ '― <_ | :| i: i   、: : ` __    
      ヘ \、: :i 丶__ ィ7⌒ヽ   ハ | i: .    、: .、: : : ¨
       ト、  ト: l: : ://l/    ヽ j :! :! i: :\: . : ヽ:\ 、、
       ./ \: : l :, ´ :ハ'     ヽ.! :! :'. : : :、: .  : \丶>、 
    、 ./  /: :/ . : :´ :j        l | :| :'. : : : :、: .  ヽ\ 、: .
     /  //イ / :/j      j l :|  '. : : : 、: 、  \ 、: :
     \ :/ / :/ /′,′      / :l :ト、 : '. : 、 :\ヽ: . \ヽ

          恋人は安らぎをくれなくて
847 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 22:04:11.92 ID:6m.lOO2o

          心ときめく人には拒まれ

       ,. -''",.==`ヽ、
      ,.'::..//ハi l || i L!l,,ゝ___,,,,,_
     /::::://;.-‐ニヾヽヽヾヽヽ ヾヽ         
     {::/:::`ヾ:::::::::il |l || i | l|ト、 ヾヽ      
    ハト、:::::::::::ヾ:::::ll || || | | || i|  ヾ `、   
   〃i|:::::`ヽ::::::::ヾ:|| |l ||l il| |i リ   ヾ ヽ    
   /  |::::::::::::`ヽノ::::ヾ. リ lリ     ,,,.ゞ=j      
  i  li|::::::::::::::::::`i::::::::ヾ__,,.-===''''"  i::`、   
  l   il i::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::i |    ',::`、
    ll |i;;;;;;;;;;;;==j;:::::::::::::::::::::       ',::`,
    リ ll ̄i';::::::::::::',`ゝ;::::::::::::::.       `i }
848 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:06:01.06 ID:Sr.50pQo
こういう時に男が出て来ないあたりに
イケメン氏ねと思ってしまう狭量な俺

ぎ、義兄とかちゅるやの君とかの優しさを思い出して!!
849 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 22:06:01.19 ID:6m.lOO2o

.               「 ̄    −- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、U
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
   /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
. /   /     \:/} ,/:::::::::::::::::::-‐'´     | l
./    ,イ          }:| /:::::::::::::/::/        | |
    / l       ∧レ'-‐=='´:/ /         | |
.   /         /::::| ̄:ヽー‐'´ ,/         L.ノ
  /       /}::::::|::::::::::l    /  /       / |
  〈         /:::::/::::::::::|   ,/  /       / , |
  ∧       ,/::/\::::::::|  / , '      / / !
  l  \__/::/   ヽ::::l   {/      /}    |
  |     / レ'′     ∨ /          /     |

       本当に好きだった人は……失った。
850 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 22:08:00.81 ID:6m.lOO2o

              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             /                     \
           /                        \
          /      ―――            ――― \
        /          _                _   \
       /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \
     /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \
    /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \
  /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \
  |            (;;;;;;;;;;)) ̄ /       |     \   ̄          |
  |            /'       /        ∧      ',               |
  |          {{        {        / ヽ     }               |
  |           ヽ       ヽ___/ __ \___ノ            |
    \           ( し.)                                 /  
     \       `¨                           /   
      /                                     \    
     /                                          \
851 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:08:37.89 ID:Pqh9QeMo
やる夫……
852 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:09:53.94 ID:WRHztXUo
やる夫の現時点での一番の想い人は……そうだったのか
853 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 22:10:01.72 ID:6m.lOO2o

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j    胸が…痛い…お…
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
854 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 22:12:02.99 ID:6m.lOO2o

   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
   \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ 
    /    r''ヽ、.|  
   |     `ー-ヽ|ヮ 
   |       `|     ーーー   
   |     `ー-ヽ|ヮ        ノ    
   |       `|        ノ       
   |.        |         
   ヽ、      |      ーーー ヽヽ   
     ヽ____ノ          ノ    
     /_ノ ' ヽ_\        ノ     
   /(≡)   (≡)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / 
  |     |r┬-|     |  (    
  \      `ー'´     /    \


第六話「藤の花の色」、おわり
第七話「あやまち」へつづく
855 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:12:32.03 ID:Pqh9QeMo
乙乙!
856 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:13:23.64 ID:hyQB7.Eo
乙でした〜
857 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:14:00.49 ID:cI4JOfgo
乙であります
858 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:14:44.76 ID:KGM.Fjg0
夕顔なあ……
誰でもなびく源氏の顔を見て「光君だと思ったけど人違いだった☆」
って歌を詠んでるんだよね。
顔や身分じゃないところを見てくれる人だったのに。
859 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/11(水) 22:15:26.61 ID:uqDtsmk0
乙でした。 運命の相手は翠の子か〜
860 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:15:33.10 ID:WRHztXUo
ここで続くか……乙!
861 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:15:46.06 ID:jKulylko
まあ、ここらへんはモテル男の贅沢な悩みではあるんだよな。
美人の妻に風流な恋人に、懸想する相手に親友に。
どこが恵まれてへんねんと思ったりww

まあ、これが道長が読むと共感されるんだろうなあ。
862 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 22:17:38.41 ID:6m.lOO2o
         _,,,           以上で第6話は終了です
       _/::o・ァ  チュン!    お付き合いいただき、ありがとうございました
    ,..ー∈ミ;;;ノ,ノ ー-、
   ,ノ         \       次回は18日(水)の19時から投下したいと思います
   / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
863 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:18:14.01 ID:Sr.50pQo
※ただしイケメンに限る
ですな

乙ですー
やらない夫義兄上出ると嬉しいなあ
864 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:18:45.03 ID:LBVdPd.o
乙カレー

そっちが本体だったのかよwwww

865 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/11(水) 22:24:22.20 ID:eTdCM7Mo

しかし、何で源氏物語が時代を差し引いても文学としてあんなに評価されてるのか理解できない
866 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:36:54.41 ID:6HCKxwgo
>865
世界初の長編小説
867 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 22:42:43.49 ID:6m.lOO2o
>>865

         _,,,           『源氏物語』が評価される理由としては、
       _/::o・ァ  チュン!    以下の点が考えられています
    ,..ー∈ミ;;;ノ,ノ ー-、       ・物語としての虚構の秀逸
   ,ノ         \       ・心理描写の巧みさ
   / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ    ・筋立ての巧みさ
                    ・文章の美と美意識の鋭さ
868 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 22:46:26.34 ID:6m.lOO2o
例えば冒頭の「いずれの御時にか」という書き出しも
他の物語類とは異なっていて>>1は好きですね

平安時代以降、物語の書き出しは
・「いまはむかし」
・「○○天皇の御代に〜」
などといった感じのものが多いような気がします

そうした中で「いつのことだったかわからないけど〜」と書き始めた
原作者のセンスを評価したいです
869 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 22:59:40.58 ID:eTdCM7Mo
>>868
確かに、「雲隠れ」とかは上手いなーとは思ったけど
例えば、源氏物語が江戸時代に書かれてたらあそこまで評価は高かったのかと
870 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 23:02:24.65 ID:C/.ZRWoo
江戸文学・・・やるおの東海道五十三次・・・とかみたいねぇ
871 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 23:09:17.55 ID:pp8uqFQo
お疲れ様でしたw
872 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 23:16:40.48 ID:grLEiOEo
>>869
その例えが意味ワカラン。
歴史上の人物を今の政治体系に当てはめて評価してるのと変わらないだろ・・・
873 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 23:18:23.63 ID:6m.lOO2o
>>869
『源氏』は「王朝文学」と呼ばれるように
平安の宮廷文化が盛んであった時代に生まれたからこそ
宮廷に関わる官僚・歌人・女房たちの高い評価を得られたという部分もあると思います

それと、読まれてきた時間が長い、という点も大きいかと
なにせ、1000年間人々に読まれて評価されてきたわけですから

その物語が、もし江戸時代に書かれたとしたら…
たしかにいまのような評価を得るのは難しいかもしれません
まず間違いなく発禁になるかと

しかし、現代まで伝わっていれば
「再評価」という形で、現在と同じ評価を得ることができるかもしれません
874 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/11(水) 23:19:22.95 ID:K9vBCpwo
発禁wwwwwwwwwwwwwwwwww
そういえばそんな内容だったな
875 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/11(水) 23:20:39.01 ID:6m.lOO2o
古典文学作品というのは
その作品が書かれた時代・文化を
少なからず反映していると思います

「もし○時代に書かれていたら?」
というIFを想像するのは楽しいですが
それを以って作品を評価するのは難しいです…
876 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 23:36:38.31 ID:eTdCM7Mo
>>872
いや史料としての価値は認めるとして、純粋に文学としてはどうかって意味よ
877 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 23:41:07.55 ID:IzcNZXYo
面白いかどうかってのは主観評価するしかないからな
そりゃ何とも言えないが
純粋に文学として源氏大好きって人は
国内外問わず多いのは確か
878 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 23:42:02.21 ID:wM.VuKoo
文学としての価値って歴史とも密接な関係があると思うんだが
879 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/11(水) 23:51:30.13 ID:wFr1W6DO
文学に純粋とか無いだろ
好きか嫌いかは別として、判断する俺らだって源氏以降の思考なんだしな 結局
880 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/12(木) 00:01:09.17 ID:lNpWo2Ao
このスレを書くために『源氏』を何度か下読みするのですが
写実的な描写のうまさには頭が下がります

「うわぁ…千年前でこんだけ書けるのか…」
と思うことは多々あります
881 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/12(木) 00:35:16.29 ID:WA4fOfko
今より少ないツールで描写を極めるってのはすごいよね
例えるならホームページをタグで作るようなもんかな
いまならソフトでちゃっちゃとつくっちゃうからな
でも、才能ってなら1万年前でも同じ才能を持ってる人はいたと思うよ
ツールがなかっただけだよな
岩壁画や土器なんかかなり芸術性があるし
人間として種が出来た時点からそこまで代わり映えはないと思う
本質は同じだよなと思う
882 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/12(木) 00:39:40.86 ID:YbXnZ3oo
逆を言うと、人間って進化してねーな
883 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/12(木) 00:42:54.20 ID:WA4fOfko
>>882
と、いうか、哺乳類は大体同じだと思う
本質は変わらん。
差別もするし、突然切れたりするし、意地悪もする
どの動物も基本は似たり寄ったりな感じ
習慣とか表層思考は違うけど、本質は同じ感じ
884 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/12(木) 01:06:31.10 ID:Q9VVc8I0
源氏は若菜からの流れが神がかってる。
あの時代、よくあのプロットを立てたなと関心する。
台詞回しも、時々ぞくっとするものがあるよ。

ここで「源氏にそんな価値が」という人は、恋愛小説自体嫌いな方が多いのかな。
時代と関係ない心理小説の傑作だと思うけど。
885 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/03/12(木) 01:06:48.41 ID:/204lmIo
登場人物をまとめてみたんだけど、分からないのが多くて空欄になってるから
どなたか補完・修正をお願いします。やる夫を除いて登場順になっています。

光源氏:やる夫
桐壺更衣:中川翔子
桐壺帝:でっていう
弘徽殿女御:ラスト
弘徽殿女御の側近:エンヴィ
惟光:ちゅるや
藤壺女御:真紅
占い師:雪華綺晶
王命婦:雛苺
頭中将:やらない夫
葵上:長門有希
左馬頭:伊藤誠
左馬頭の妻:桂言葉
左馬頭の愛人:西園寺世界
式部丞:
式部丞の妻:ネゴトワ=ネティエ
頭中将の愛人:???
紀伊守:
小君:
空蝉の君:
伊予介の娘:
侍:阿部高和
学者:麻呂
六条御息所:園崎詩音(魅音)
夕顔の女房:
夕顔の君:高良みゆき
源良清:キョン
北山僧都:桜田ジュン
尼君:蒼星石
尼君の付き人?:
紫の上(若紫):翠星石

解説:空条承太郎
886 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/12(木) 01:18:33.74 ID:lNpWo2Ao
>>885
おお、まとめサンクスです!
とりあえず、キャストは下記のようになっています

光源氏:やる夫

桐壺更衣:中川翔子
桐壺帝:でっていう

弘徽殿女御:ラスト
弘徽殿女御の側近:エンヴィ

惟光:ちゅるや

藤壺女御:真紅
占い師:雪華綺晶
王命婦:雛苺
頭中将:やらない夫

葵上:長門有希

左馬頭:伊藤誠
左馬頭の妻:桂言葉
左馬頭の愛人:西園寺世界
式部丞:武田鉄也
式部丞の妻:ネゴトワ=ネティエ

頭中将の愛人=夕顔

紀伊守:糞藝爪覧
小君:福沢祐巳ミニAA
空蝉の君:小笠原祥子
伊予介の娘:松平瞳子

侍:阿部高和
学者:麻呂

六条御息所:園崎詩音

夕顔の女房:カグヤ
夕顔の君:高良みゆき

源良清:キョン

北山僧都:桜田ジュン
尼君:蒼星石
尼君の付き人:やらない子
紫の上(若紫):翠星石

解説:空条承太郎
887 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/12(木) 09:30:54.85 ID:joRpURAo
若紫が翠か・・・
14歳になったら喰っちまう鬼畜やる夫が早く見たいのうww
888 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/12(木) 09:55:42.07 ID:lNpWo2Ao
光源氏:やる夫

桐壺更衣:中川翔子
桐壺帝:でっていう

弘徽殿女御:ラスト
弘徽殿女御の女房:エンヴィー

藤壺女御:真紅
王命婦:雛苺

頭中将:やらない夫
葵上:長門有希

六条御息所:園崎詩音

夕顔の君:高良みゆき(=頭中将の元愛人)
右近:カグヤ(夕顔の女房)

紀伊守:糞藝爪覧
空蝉の君:小笠原祥子
小君:福沢祐巳ミニAA
軒端荻:松平瞳子(伊予介の娘)

北山僧都:桜田ジュン
尼君:蒼星石
紫の上(若紫):翠星石
少納言の君:やらない子(紫上の乳母)

藤原惟光:ちゅるや
源良清:キョン

占い師:雪華綺晶
侍:阿部高和
学者:麻呂

左馬頭:伊藤誠
左馬頭の妻:桂言葉
左馬頭の愛人:西園寺世界

式部丞:武田鉄也
式部丞の妻:ネゴトワ=ネティエ

解説:空条承太郎

できるだけ役名表記で整理してみました
889 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 20:12:10.46 ID:TvjBSi6o
このスレ面白いな
ただ俺は紫式部より清少納言の方が好きだったな、古文の試験問題的に考えて
890 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/13(金) 20:34:05.39 ID:tCTOf.ko
       ,. ィ´⌒ヽ     /:::::::::::/         /ヽ )::::::::::::::::::::::::::::1
     j/ (__      /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ
     ヾ r ' ¨     /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、
       |...:::::::::::/  ':::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ
       r-─ "    |:::::::::::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ
       ゝ_      _ |:::::::::::::: |    フ_j ノ     ,.      レ′
      l /ゝ :::: ∠_.|:::::::::::::: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l
      | l:::;/` て_  |:::__ :::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,
      | Lj! |  '' 丁γr、ヽ::::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/
      |   l  ヾ ゝメjク:::::|ノlハ!j_ゝ! ゝヽノjムrjイ/ l/ j/
      |  .    | \`ー".::::| ヽハ::ィノ`     ヒケ j ハ     お兄様から
      |  /   |  ヽ \::::! ハ` ´     ,  / | |     上質の料紙をいただいたのだわ
      | ,     |   |` ーゝ ヽヽ    _ _   イ .ハ.|
     ノ /     | !  ヽノ^゙ | |ト \    / _j | !|     少納言、これはどうしたらいいかしら?
    ./,.j/       | |ヽ /ゝ.  |  ヽ.\ ヽーく  ̄"| l!ヾ.、
  /   /       ヽヽノ     L   \ヽ ヽ:.:゙!:.:. l ,,リ  !l
/  ., '        / イ   ハ ヽ.  \\\:.:.:| ノ、._ l|
  /        '  :::/   /:::::  `ー、 `ー 、ヽ( `-── ァ
,/     - 、 _ノ ::::::/   {::::::::::     >- ─ `フく"<


         ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   そりゃ決まってますお
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"〜〜``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
891 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/13(金) 20:34:50.08 ID:Zkm8nWko
きたあああああ!!!
892 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/13(金) 20:35:14.29 ID:tCTOf.ko
       ____
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o      それは…「枕」にするべきですお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |    (⌒)
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、
  |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
  \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ
                  ̄`ー‐---‐‐´


        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !   では、あなたにこの紙をあげるのだわ
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |   好きなことをお書きなさい
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
893 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/13(金) 20:35:33.75 ID:tCTOf.ko
          ____
        / .u   \         …マジっすか!?
        ((○)) ((○)) 
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


     『やる夫が草子を枕にするやうなり』
             続かない
894 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/13(金) 20:36:33.91 ID:tCTOf.ko
             _,,,
           _/::o・ァ        ついムラムラして書いた
        ,..ー∈ミ;;;ノ,ノ ー-、      今は反省している
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
895 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 20:36:46.74 ID:IMYYfnUo
これだけじゃ意味わかんねーぞww
896 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/13(金) 20:37:09.85 ID:Zkm8nWko
ここのスレの真紅はどこか可愛い
897 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 20:51:11.51 ID:UIrkLz.o
うんうんこうやって布で袋を作って蕎麦殼や籾殻を入れてだね
こうして草子で巻いて……
寝る
898 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/13(金) 20:53:31.42 ID:tCTOf.ko
        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'    ゲリラ投下、失礼したでおじゃ
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'     この一条三位麻呂が>>1に代わり
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /      深くお詫び申し上げるでおじゃ
     /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |    ___,. -、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |    ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |    `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./   ,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
          `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ   / _,. く  / ゝ_/ ̄|
               ̄`ー─--─‐''" ̄      / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
                              /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
                              /  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
                             /      /    ゝニ--‐、‐   |
                            /           /‐<_   ヽ  |ヽ
899 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 20:54:08.33 ID:NRSZe1Mo
お疲れ様でしたw
900 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/13(金) 20:54:15.77 ID:tCTOf.ko
       /_ /      |
      ,ィl__ナー--、___|
      ソ c゙~ニー-、__|      先の投下は
     /lェィ ゙~  ノ::::::::ノ       『枕草子』の書名の由来を語る
     ;'. ゙ラ 、云ァ ヾ::::::ノ;、      一段からとったでおじゃ
      |、イ__;、. ̄` ;':::i゙i,ィ′     
  __,,,,ィ|.llミェュァ〉.;' ルiフ:::7'rー、_
 /´;r'´ |!`;、"~ '_ムイ/::::://  ヾ;:
ィ'::::ヽ  `ヾミ三ェュムェェ'ァ"   j::

     l;:;:;:;:l:;:;:;:;:;:;:、;:;l
     /;:;___l____:;:;:;:;.ヽ!     清少納言は、中宮・藤原定子から
.    'y'‐_ _ィ‐ヾ=ミ、_〉     紙(当時は高級品)を賜り
.    lfィ。ッ rf。ッ〈:::::ミ|      それをきっかけに『枕草子』を書いたと言われるでおじゃ
      l! ´7_,! ´ ,.;!:::ミ,!      
     | ィrュ,ヽ ' {::7〃      『枕草子』の中での少納言の楽しげな様子を読むと
     ヽ  ̄ _,..ノソv′      やる夫は清少納言の役どころも向いてる気がするでおじゃるよ
      ,ハ三 =彡'く
    ,∠ニ ⊥ ニニム、_      誰かにやってほしいものでおじゃる
. ,. -‐'7   /     / ̄`ヽ
901 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 21:45:18.92 ID:A/O6lBwo
>>889
そういえば源氏物語は敬語の方向が難しいって昔聞いた
敬語を使うべき登場人物が多すぎて
902 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 21:48:14.86 ID:muC2Bsgo
>>901
使わないですむ人間のほうが少ないような気がするもんな
903 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 22:01:21.38 ID:TvjBSi6o
>>901
そういえば、枕草子は本来敬語を使うべき場面でも使ってない時があるって昔、古典の
教師が言ってたわ。そこを批判してる人もいるとかなんとか
904 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 22:15:18.63 ID:5n43T420
紫式部も清少納言のことを知識をひけらかすけど、間違いが多いって批判してたからな
905 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 22:15:25.72 ID:BigWpkA0
ああ思い出す・・・「自分に敬語ってなんだよ!」と思ったあの日・・・
906 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 23:17:48.42 ID:swhGQ1oo
>>905
自尊敬語…だったっけ?
907 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 23:19:39.68 ID:muC2Bsgo
一応天皇とかかなり高位じゃないと出てこなかった気がするが
源氏物語だからな・・・
908 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 23:22:45.02 ID:cPe83a.o
>>904
紫式部って性格悪いよなwwwwww
909 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/13(金) 23:31:35.53 ID:tCTOf.ko
>>905
             _,,,
           _/::o・ァ        自分に敬語を使うことは「自尊敬語」といい
        ,..ー∈ミ;;;ノ,ノ ー-、      自分の行為を「尊敬語」にしたり
       ,ノ         \     自分に対する相手の行動を「謙譲語」にしたり
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ   することを指しました

天皇、上皇など極めて身分の高い人間が使用します
910 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/13(金) 23:32:16.91 ID:Zkm8nWko
>>909
じゃあ「朕」は自尊敬語に入るのか?
911 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 23:33:21.63 ID:UIrkLz.o
鰯食べると性格悪くなるんだよ
912 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/13(金) 23:41:18.61 ID:tCTOf.ko
>>909
             _,,,
           _/::o・ァ        「朕」はどちらかと言うと
        ,..ー∈ミ;;;ノ,ノ ー-、      中国の自称事情が絡んでくるみたいです
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ

中国では自分の身分・性別に基づき
自称を変えるということが行われていました。
『三国志演義』では、王侯の自称として「孤」が使われています

「朕」はもともと身分の差なく「われ」を示すものでしたが
秦の始皇帝に至って、天子のみが使える自称として定着したようです
913 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/13(金) 23:58:56.18 ID:CiUxvo6o
流れ切ったてごめん、前の投下で疑問に思ったんだけど
身分を表す五位とか六位って、位階は三十もあるのにそれが上から5・6番目なの?
下のほうの位は使用人に与えられるもんなんだろうか
914 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 00:34:35.08 ID:WmymROUo
五位といってもこの場合は従五位下をさす。
上から14番目、貴族社会のふりだし地点。
915 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 01:33:57.85 ID:Zj.oGJ.0
位階は30だが、数え方が一から三十って訳じゃない
順番は
正一位、従一位、正二位、従二位、正三位、従三位、正四位上、正四位下、従四位上、従四位下、以下、正○位上、正○位下、従○位上、従○位下という具合にいって
従八位下、大初位上、大初位下、少初位上、少初位下で終わり
916 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/14(土) 17:02:39.97 ID:WT1NhX2o
>>913
位については、皆さんが説明してくれた通りです
説明不足でごめんなさい

で、位に相当する官職が与えられるわけですが
官職には定員があるので、そうポコポコ位を授けていたわけではないと思います
ちなみに、位だけがあって官職についていない人を「散位(さんに)」といいます

いちばん下の少初位下で与えられる官職は
・采女司(うねめのつかさ)
・隼人司(はやひとのつかさ)
・水取司(もいとりのつかさ)
などの令史(さかん=四等官)などですね。

采女は各国から召し上げた女性の給仕係、
隼人は大和朝廷に服属した異民族に由来する、舞や宮門警護の者
水取は氷室(ひむろ)などの管理をする役職です

このほかにも医者は正六位より下の位
陰陽師は従七位上……というふうに
どちらかというと、技術的・専門的な職の人々に
低い位が与えられていたようです
917 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 19:23:47.92 ID:pMCPaLko
古典読んでるとよく出てくる「方違え」ってあるじゃん
あれ聞くと、いずれ武家に権力握られるのも当然だろって思うんだけど
結構厳格に守られてたもんなの?
918 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/14(土) 21:52:46.23 ID:WT1NhX2o
>>917
おそらくは守っていたんじゃないでしょうか

けれども平安中期〜後期には簡略化…というか
方違えのスキをついた方式が考え出されました

「自宅」の場所を偽って方位神に宣言することで
神様のたたりを避けようというものです
このとき、仮の「自宅」として使用されたのが京の寺院らしいです

ちなみにこれは節分(立春の前夜)に行われました
節分には貴族が民族大移動状態だったらしいです

『枕草子』では、清少納言が
「節分の時期って方違え多いってわかってるじゃん
 何でもてなしの準備できてないわけー?」
というようなことを書いています

ちなみに>>1も昔
引っ越しをしたときに方違えをしたことがあります
919 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 22:07:48.35 ID:WmymROUo
>>917
方違えに限らず、物事の吉凶を占うのは陰陽師の役割だったけれど、
摂関家など最高レベルの貴族たちから見れば、彼らはあくまで専門技能者。
日常的な範疇ならば占いに従っていたと思うが、
事が国家行事や兵乱などの重大事に関わるとなれば、
当然政治優位の立場から判断が下されている。
一事が万事占いに左右されていたというわけではないようだ。
920 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 22:17:22.22 ID:urI0cbMo
カレンダー作家が面白半分に書いた『トイレに行ってはいけない日』を律儀に守って大変な事になった貴族もいたそうだ。
921 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/17(火) 01:11:53.94 ID:1s4eB360
紫式部が書いた源氏物語ってどっかに展示されてたりするんかのぉ
底本やら写本はあるみたいだけどさ
1000年前に書かれたって断定してるのがすごいなぁと思った。
どんな字を書いてたのか見てみたいなぁ
写本と訳本の区別もついてて、現代まで語り継がれてるんかのぉ
922 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/17(火) 01:16:22.02 ID:oc9T01Yo
原本は今のところ見つかってない
923 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/17(火) 01:23:41.76 ID:1s4eB360
ttp://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200903050081.html

この記事見ててさ、書いた物がないのに特定ってどうやるんだと不思議に思ってさ。
924 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/17(火) 01:26:13.60 ID:UDRjjzMo
>>923
実は鎌倉時代くらいの知識人による壮大な釣りだったりしてなww
925 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/17(火) 02:07:48.22 ID:psbk/zoo
>>923
原本はいまのところ発見されていません

写本については、鎌倉〜室町末に成立した伝本およそ120部を
下の3つの系統に分けて研究しているようです
・青表紙本
・河内本
・別本

このうち最も信頼されているのが青表紙本です
これは鎌倉期の歌人・藤原定家が
書写・校訂したと伝えられる本から続く系統です
その中でも
・伝定家筆本
・伝明融筆臨摸本
・飛鳥井雅康筆本(大島本)
などの複数の本を、現代の学者が比較校訂して
『源氏物語』として出版しています


『源氏』の成立が1000年前と断定されているのは
周辺資料の記事に寄っているせいです

『源氏物語』の文献初出は
『紫式部日記』の寛弘5年(西暦1008年)の記事とされています

また『更級日記』には、西暦1008年生まれである菅原孝標女が
少女時代に『源氏物語』に傾倒していたことが書かれていますので
少なくとも平安の中頃には『源氏物語』が完成されていたと思われます

もちろん、『紫式部日記』も『更級日記』も
原本が残っているわけではないと思います
すべては後世の写本・版本・資料を信用するしかありません
926 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/17(火) 02:12:04.56 ID:psbk/zoo
あと年代測定で出た数値を
そのまま成立年だと考えるのは早計だと思います

例えば、100年前に作られた紙に、いま文字を書いたら?
それこそ釣神様的な何かができると思いますw

科学的検証だけ、文献学的検証だけ信用するといったことはせず
いろんな視点から見る必要があると思います
927 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/17(火) 02:15:44.28 ID:NRailJAo
もし見つかったら現在でどれくらいの価値になるんだろうか?
つけられないか・・・
928 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/17(火) 02:37:38.75 ID:psbk/zoo
とりあえず、『源氏』研究者の何人かがショック死する気がします

…と冗談は置いといても、国宝指定は確実かと

去年、『源氏』の新しい写本(大沢本)が発見されましたが
その報告を行った先生はかなりたくさんの取材を受けたようですね
原本となると、またすごいことになるでしょう
929 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/17(火) 03:03:37.17 ID:NRailJAo
>>928
こんな時間にレスthx
応援してます
930 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/17(火) 21:52:48.68 ID:MnqMOfk0
紫式部の書いた原本が出てきたら
恩師が墓から蘇るわww
平安時代の写本でも大発見だなあ
931 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 00:18:29.10 ID:W.Eg1rUo
そもそも原本が存在した記録ってのはいつ頃まで残ってるんだろうか?
932 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 02:48:19.32 ID:9dOLAzko
いつ成立(完成)したのかが諸説色々有るから、原本うんぬんを決める事そのものが難しい
んじゃないかな?
それとこの当時は印刷技術が無いわけだから、基本手書き。
写本だと思っていた物が実はオリジナルだった…なんて可能性も無いわけではないんじゃ
ないかな?

有る可能性としたら、藤原家ゆかりの血縁か、宮家か、天皇家の家宝の中かな〜(汗)
933 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 14:16:09.90 ID:2TW2lxMo
原本は、やる兼とちゅるプナ範とやらない夫の子孫がやらかした応仁の乱で
全部燃えちゃったんだろうね、多分。
934 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 17:15:30.81 ID:v8F/Ymco
>>931-932
『紫式部日記』には、式部が『源氏』と思われる写本を複数所持し
そのうちの草稿本が道長にパクられた、という記事があります

おそらく所持していたのは、藤原家でしょう
935 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 17:18:51.95 ID:3VFmtlg0
>>931
紫式部が書いた日記が最初の記述だと思う。
当時の文化人が酒の席で「すいませーんこの辺りに若紫さんいますか」と尋ねた。
1008年のこと。それまでにはかなり認知されていた模様。

>>932
写本にはいろんな種類があるんだけど、大まかに分けて
源光行さん親子が校訂した河内本と
有名な藤原定家さんの青表紙本、どちらにも属さない別本がある。
残念ながらどれも鎌倉時代以降のもの。字の書き方や紙で時代がわかるらしい。

宮内庁書陵部には何か埋まってそうな気はする。
あの「とはずがたり」がひっそりと眠っていたところだ。
天皇が童貞捧げた乳母の娘を食った挙げ句、自分の弟とセックスさせたりやりたい放題。
異母妹も食った。まさにエロゲ。ただし主人公は女の陵辱ゲー。結構面白いぞ。

>>933
べちょっと墨で汚してダメになったから焼いちゃった、とか。
綺麗なところを切り取って掛け軸にした……なんてないかと思うけどね。
936 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 18:09:09.64 ID:v8F/Ymco
             _,,,
           _/::o・ァ
        ,..ー∈ミ;;;ノ,ノ ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/     >>1です
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /  
   / _勺 イ   r;==、      シ    〃 /      本日も予定通り、19時から
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/       投下を開始したいと思います
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ     よろしくお願いします
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
937 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 18:16:41.97 ID:/5Utla.o
wwktk
938 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:00:04.04 ID:v8F/Ymco
いずれの帝の御代であったか…。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。


        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\
       /: : :             \
      /: : : :            \
    /: : : : : :               \
  / : : : : : : :.._        _      .\
 |:::: : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
 |:: : : : : : ::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |
 |:: : :: : : : : : ´"''",       "''"´      l
 \ :.: : : : : : . . (    j    )      /
   \:::: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
   /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \


        第七話「あやまち」
939 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 19:00:33.90 ID:6RTsES6o
キタキター
940 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:02:03.74 ID:v8F/Ymco
◆平安京、二条院
___________________
へへへへへへへへへへへへへへヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ   |
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| | ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|| ̄|   |
| |  !l |! !  l | ! | |i   | !l | | l l !i| |  l i ||/.:.:.:.:.:\
| || !    |  ! l  | |  |   ! l | ||  !  l | |!  /   :.:.:.:.:.:\
| |  !l  !   !  | | | !  | ! l | | |l il |!| |/    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |  | ! l i |  !| |l  |! | !il| | |! i /! !     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!    !  | | !   | | | ! l | | |l |!/        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!l |! !   | !   | | |! l | ! l l| |/        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| | | ! l  |  |   | |l i  |!|i/|_|       .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| | ! l  |! | !l l | | |!  /          :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!l |! !    | ! !l |!| | /              .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | ! l |   ! ! | ! || |                  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  ! | | !| ! /ー               .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | | | ! | ! /                       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | ! |    /                             .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  | |!/                              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  /                            :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |/                        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |        :.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
941 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:04:05.68 ID:v8F/Ymco

      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   / /" `ヽ ヽ  \
  //, '/     ヽハ  、 ヽ
  〃 {_{       リ| l.│ i|   やる夫君…
  レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
  ヽ|l ●   ●  | .|ノ│   内密の話があるにょろ…
   |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
   | /⌒l,、 __, イァト |/ |
  .| /  /::|三/:://  ヽ |
   | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \   ん?
   |    (__人__)    |   なにかあったお?
   \    ` ⌒´    /
   /              \
942 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:06:07.60 ID:v8F/Ymco

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|    
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    あの…夕顔の
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│   姫さまのことにょろ
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|    このあいだ訪ねてみたら
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    五条の家が…
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│   からっぽになってたにょろ
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
943 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:08:21.36 ID:v8F/Ymco
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\     ど、どういうことだお!?
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   / /" `ヽ ヽ  \
  //, '/     ヽハ  、 ヽ   どうやら、あそこで
  〃 {_{       リ| l.│ i|   女主人の世話をしてた一家が
  レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    何か事情があって引っ越したみたいにょろ
  ヽ|l ●   ●  | .|ノ│   
   |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   ほとんど近所づきあいもなくて…
   | /⌒l,、 __, イァト |/ |   どこへ行ったのか、全然わからなかったにょろ…
  .| /  /::|三/:://  ヽ |
   | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
944 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 19:08:54.47 ID:6RTsES6o
アリャマ
945 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:10:19.12 ID:v8F/Ymco
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     そんな…ちゅるの君…
  / o゚((●)) ((●))゚o \   「ちゃんとしておく」って…
  |     (__人__)'    |   言ってたのに…!
  \     `⌒´     /


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|   …申し訳ないにょろ
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│  どんなお叱りでも
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  受けるにょろ…
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
946 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:12:13.38 ID:v8F/Ymco

        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \
    / ( ○)}liil{(○)  \.     う、うおおおおおッ!
    |    (__人__)    |
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ ''"ヽi、  をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)  ダッ
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/


        _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
    ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
    r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
  ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
    !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
  |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ     源氏の君、お待ちを!
  ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./      外は雨ですよ!
    k.l,`-ァi           '´  /∨      
     k_N.l     r'´ ̄`ア  /        
    _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
  /´r'´\   \.    `´ /
=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \
/;:;:;:;:;:;:;:;:!    /トュ  ヤ Zト、
947 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:14:03.66 ID:v8F/Ymco

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|    
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    …良清殿
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


        _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
    ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
    r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
  ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
    !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
  |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ     
  ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./      ちゅるや殿…!
    k.l,`-ァi           '´  /∨      
     k_N.l     r'´ ̄`ア  /        
    _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
  /´r'´\   \.    `´ /
=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \
/;:;:;:;:;:;:;:;:!    /トュ  ヤ Zト、


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ  
   〃 {_{       リ| l.│ i|    
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    …………。
    ヽ|l ─   ─ u| .|ノ│
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
948 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:16:03.77 ID:v8F/Ymco
 \  丶 丶ヾ丶 \ヾ丶 丶 丶 丶\ 丶 丶 \丶 丶 \ 丶ヽ
\vヽ丶 \ 丶 \ヽ  ヽ 丶\ ヽ 丶 \ヾ 丶ヽゝヾ 、丶 、
ヽ 丶 ヽ ヾ丶ヽ  ヾヽ、丶\ 、 丶、 \.、ヾ ヽ゚ ゞ ヽ\ \ ヽ
 _/__/_ //   ヽ\、ヽ 丶ヾ\ ヽ ゝ 丶丶 ヽ ヾゝ ゞヾ ヽ丶
  / /     ーーーーーーーーーーーーーー  \ 、ヽ 丶ヾ\ ヽ
   /           ヽ\、ヽ 丶ヾ\ ヽ ゝ 丶丶 ヽ ヾゝ ゞヾ \
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \丶丶、 丶\ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \. 丶
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \ \ ヾ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ ヽ丶丶 \、\
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ \ 丶 \ 丶 ヾ丶\ \ヽ ゝヽ丶\丶
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶 ヾ丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶 ヽ ヾ ゞ 丶
\丶 丶\ \.ヽ,丶\丶ヽ\ \丶ヽヾ \ 丶 ヽヾ\ \丶\ \ヾ  ゝ
\、ヽ 丶ヾ\ ヽ ゝ 丶丶 ヽ ヾゝ ゞヾ 、丶 \  \ ヾ 丶 v \
丶丶、 丶\ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \.  、丶、v ヾ、 ゝ ヽ、 v丶ヾ 丶、
 \ ヾ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ ヽ丶丶 \\ヽ 、丶\ \ \ ヾ 丶 ヽ丶 \
\ \ 丶 \ 丶 ヾ丶\ \ヽ ゝヽ丶、\ヽ 、丶\ \ \ ヾ 丶 ヽ \
ヾ丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶 ヽ ヾ ゞ、\ヽ 、丶\ \ \ ヾ 丶 ヽ 丶 \
ヽ\ \丶ヽヾ \ 丶 ヽヾ\ \丶\ \ヾ 丶 丶 \  丶 丶ヾ丶 \ヾ丶 丶
949 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:18:21.22 ID:v8F/Ymco

。   ゚         | i    ゜     。i    。    ゚l  。    i    ┼┼``
     。  ゜i   ゚    i      !    |    ゜   i          /  ア ア ア ア ア ア ア ア ア ───‐─ ─
                  i     l       i     ! ゚            ゚          。    ゜
  i    ゜  i           |    ゜ i       |       ゜ i   l
             ゜   i         。   i          l        i   l
  |         l    ゚    ;゜   ゜   : ; ; i        l       l           !
:  ゜   i   ゚          i             、i;,| i, ゚,゜   ゜ i      l ゚;   l     。i
   |         。i     l   l   ゜;/ ̄u ̄;j\。´    i    ゚ |         !
゜  。       .|   i      i     :。/ :j :::::\:::/\;゚  !゜   ゜ i        l      | ゜
 l ゜  ゚           。゜    i / u  。<一>:::::<ー>。 ! ゚夕顔の君…ごめんお…ごめんお…
    i   ゜     |           |:j ° .:::。゚~(__人__)~゚j       ゜  ゚ l        。i
  |。     !          i    !  \、 u ;゜.` ⌒´,;/゜   ゜ i     l    ゜ i     l
    !            l       。i      /゚:j⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。     !   ゜    。i
       。  ゚:     ! ゚    l   / ,_ \ \/\ \゜      !        ゜ i  ゚
  、i;,  、|;      、i;, 。  ゜ ;゚ 、i;,と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._ 。  l  。i ゜    ;゚ 、i;,   ゜ ;゚ 、i;,
´´ ゙ ´ ゙ ´ ``" ´ ´ ` ~ " ゙ ゙" ゙ ´ `"  ゙ ´´ " ´ ' ´ ´ ´ ' " " ゙ ゙ ´ ゙ ´ `" ´ ゙ "´´ ゙ ゙` ´ '  ´ " ´ ´
950 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:20:03.57 ID:v8F/Ymco
        _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
    ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
    r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
  ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
    !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ   源氏の君
  |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ     どうかお気を鎮めて
  ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./      中へお入りください
    k.l,`-ァi           '´  /∨      
     k_N.l     r'´ ̄`ア  /         このままでは
    _,イj  ヽ     ヽ-―┘./          また病気になってしまいます!
  /´r'´\   \.    `´ /
=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \
/;:;:;:;:;:;:;:;:!    /トュ  ヤ Zト、

       ____
  ゜  /     \
   /  ─    ─\。゜
 /    (─) (─) \    …ありがとう
 |       (__人__)    |    もう、大丈夫だお
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.。    頭、冷えたお…
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i゜   取り乱してごめんお…
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
951 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:22:07.02 ID:v8F/Ymco

.      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
      /;    . . : : : :\       ┃|
    / ∪   . . : : : : : :\        ┃|  でも……
.   |         . : : : : : : : :| .       ┃|  少しだけ、一人にしてくれお
    \_    . : :〃: : : :,/         ┃|
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |
952 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 19:23:47.71 ID:QaRAT4Yo
まってたよ
953 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:24:12.71 ID:v8F/Ymco

                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \    …………。
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄
954 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:26:29.25 ID:v8F/Ymco
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     夕顔の君…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    あなたに代わってあなたの娘を
  |     (__人__)    |    幸せにしてやりたかったお…
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     でも、いつか見つけてみせるお
  / o゚((●)) ((●))゚o \   神仏に祈ってでも…
  |     (__人__)'    |    探し出してみせるお…!
  \     `⌒´     /

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     うう……
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
955 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:28:11.29 ID:v8F/Ymco
  _ ,,..._                      、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'                 `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ                   ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙      _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::

やる夫はほかの恋人のもとにも行かず、
二条院に引き籠って鬱々とした毎日を過ごした。

満たされない思いが、やる夫の胸中に
穴を空けていくような気分であった。
956 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:30:09.39 ID:v8F/Ymco

      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |   (この胸の痛み…
  \::::::::::::::::        /     空洞のような、胸の痛み…)
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/
   |  ::::::::::     /
  (__(__   ヽ
  /  ,_/  ___ノ
  `ー'  `ー'
957 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:32:05.62 ID:v8F/Ymco

          癒す方法は


/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l


       たったひとつだけ――。


         / ̄ ̄ ̄\  
        /(●)  (●) \ 
      / (__人__)   U  \   …………。
      |   ` ⌒´         |    
      \      `     ,/
      /          \
     |           |  |
     |          |  |
958 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 19:35:01.80 ID:mLTdjAYo
>957
顔が…
959 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:35:20.08 ID:v8F/Ymco

        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\
       /: : :             \
      /: : : :            \
    /: : : : : :               \
  / : : : : : : :.._        _      .\
 |:::: : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
 |:: : : : : : ::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |
 |:: : :: : : : : : ´"''",       "''"´      l
 \ :.: : : : : : . . (    j    )      /
   \:::: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
   /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
960 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:36:18.87 ID:v8F/Ymco
◆平安京、内裏某所

              rー-  .._          __
              |     `丶、‐┐ ,. ‐''"´   !
                ,ノ      `ヽ.「`Y /        ',
            /   ,. ‐''ニニ''‐、_} } | _,.. -──-、_」
           /ヽ 〈    ̄  /l ̄`ヽ、       /
        ,. -、__rく   ハ 〉   _/、__八フ ヘフヽ    {
       / /    `>、 V_,. ‐''/      ̄、 ⌒ \__ノ
     { {{    / |___,.イ /   /     |   、 ヽゝ
    ↓ ,ゞ-‐¬′  /   l l   |      |   l |  l
    !Y!         |  l | | | _|     i |   | | |ト、
   ヾ、{ ',      ! レH|T「 ||`l|   | ナlヽ/ ! l/ ヽ、
   r彡ヘ ヽ        ト、 トN>}キヽハ、 _ノ{≠リ/ / /  //
   |!   L\\_  _ノ 个 { iひ。1     な`! 〉ク/-‐'" /   やる夫君、ありがとうなのー
   lし   ヒ_二ニ い'ー┴ァヽ.'ソ     ヽ'ソ /ご===ニ´
        ,ニ=フ''⌒ヽちフズ """ _、   ' ""ノ_二く-‐'''´     うにゅーがいっぱい食べれて
       /≧>    乙.\ヽ/´ `ニ´`ヾ〔=ニ之≫        嬉しいの!
       { 〈〈__,ノ   ≪_,ノ/n、/  ヽ ,..」((´〈〈__))
         ヽ.  ̄       )‐、/゙r''づ、ヽ__/(^ヽ∨   ̄
    _,.. -─〈/ 丶、 /} _l  '"r'う___ (^i〉 !
  /, -‐''ア /      フ_{イ|′  _/ / {´ `_ノ
 ヽ〈 ///´ヽ、 ─/´ |{   /| } !   / i
  } l/ .//    ヽ     Nヽ′ ! T| _,ノ j

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   そうかお
/    (─)  (─ /;;/    良かったお…
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
961 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:38:03.58 ID:v8F/Ymco
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \ 
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   実は…王命婦にお願いがあるんだお
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


                       r‐、_,x竺i竺i竺i竺k
           ri竺i竺i竺i竺k仝ナノ/沙″      /
              Y      __Y' ̄}'―- 、     /
            |     '´   _/|___/ヽ    i    /|守k,
            __,ト、       ,ィ沙'守k,      '| 守k,    なあに?
        _,zf斗'|       ,ィ沙    守k,     |   守
       {く   |      ,ィ沙|i | i |  i |守迂迂iシTフ丁 ̄ヽ  なんだか深刻そうなの
       / `ー、 迂i迂i迂沙l |i | l |  i ||i守k, ∧ノ´ ̄_ノ  できるかぎりやってみるから
      /    / ヘ _,xf沙| | i |i | l |  l ||i||守' }{  /   言ってほしいのー
    ⌒ヽ // ___}沙|「 | | |_L |i | l | 7 |十i┼|∧ノ人_廴__
        }}// //|  |j斗1.|,ハ|i | l | 'ィ≡=kノ人_{/_ ニ二}
      ___,ノ{ {// 八  Vノィf千气      |{  r}  }小{二二ヽY´
    )〉  Y{ //,へ∧ 弋__り       `¨¨{二二. 辷_  〉ノ
   ー'  _ノ Y//{/ノ∧ ,,,,         '''' `>‐-{__ソ
            `Y´ ̄Y´乙__,\    ‘’ ____/⌒乙¨ ̄)
          匸jノ}-、/__,厶≧=ーァ'´ o \ ̄)ノ
               /    \ /  ー{  o Y⌒
              /         `{         }  }
962 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:40:04.47 ID:v8F/Ymco
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     …藤壺さまと二人っきりで
  / o゚((●)) ((●))゚o \   お会いしたいんだお
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /

               ,‐-lゝ'ヘ
             ,,/''´   ヽ
          ,、、=/  , ‐=ゝ、-,
         ,=//- ,-'llll|/ ̄` ヘ ゝlll:.::l:.
      ..,,、/llゝ@<〆l/`´     |  、< -―-、
     ,:ll;/  〆'´ゝノlll/llll/;;;/;;;;=  ヽ'´'´ /(
  ,..,:ll/  /ノ)‐-'´/ヽヽ ヽ `='ゝ=‐-ゝ/ /
  :ll/   /ノ'/ノヽヽ lヽ丶 丶ヽヽ ヽヽ`'´`l / ./┐    ……え?
  \  /丿/ノ`´l ヽl ヽ ヽ _〆l l l l / // //>
   .:ll>、/:ノ /:)l l l l l  l-' ,==t l / l /l` // //
  ,:l|/ l |ノ l||)| l l l l ll ´(:::::ノ`/l'´( `┤/'/ __
  |/_ l ll) /ll) l | l l〆l l    ` ´ >/<=/|_//
     ヽヽ‐ゝ' l l '´ ,r=t、 、     |,ヘ=/'´`- '´
      ヽ/ノl/ヾl l ll '(:::::)   r ,  , U,ー/
      /'´l  \ヽゝ,-´     ノ  ヽ=ー'´` 、
     (ー‐)===///ゝ‐- =ソ  _,-ゞ`'``ゝ,`ヽ
       ̄),='´=l/、/'´ ̄  ヽヽ/' 、 ̄`ヽ'  lー-`l
        ̄   (( / `'´ ヽ  ヽ'´`-l、lll:. )'´/、-、/

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    やる夫の気持ちを…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   知っていただきたいんだお
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
963 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:42:04.94 ID:v8F/Ymco
イィ-' /   / /     l ヽ  ヽ ヽjヽ
    l   j ,イ|     || ヽ!   |   |\
    ! l  ハ| {l.ノ   ヽリ| ノl|   l    !ヽ    やる夫君の気持ち…!?
ト、  {弋ト_エj≦トヽ  /ノ ノ7ナ十‐イ'  //
\ヽ、ヽ 7,<:ヽヽ `´ /,<:ヽjく ノ_ イ'′     だ、ダメなの!
_ ソ T l::T:}.:|     {::T:}.:} ノ'7ヽ/ _ -   そんなことできっこないの!
- {二ヽl、 ゞ--'   、  ー‐'- /‐_ 二{ _
二}ニー<〈 '''''  / ー ヘ  ''''' /r‐_'_-j‐--'
./>>`ノヽ、  {    }  , く'-ァ>r_ーニ=
  ̄     ,.>‐`_ー_´<、   ̄   `} ̄
、 、   //ィ  ̄/ Hヽ ̄ヽ\ ,


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。   頼むお!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j    この通りだお!
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


         .. .. .. ..
        ::/ ⌒`"⌒`ヽ、::         大それたことを
      ::/,, / ̄ ̄ ̄ ̄\::        するつもりは毛頭ないお!
     ::/,//::         \::
     ;/⌒'":::..            |⌒ヽ    ただ…ただこの想いを
    /  /、:::::...           /ヽ_ \   藤壺さまに知ってほしいだけなんだお!
    (  ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )_
  .  ̄`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─" 
964 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:44:50.32 ID:v8F/Ymco

                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.           じゃないと…やる夫は…
           l  U                l
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、    もうおかしくなりそうなんだお…
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´   |.    |    ,   !
            /   ∪    |∪`-,,,|"   |___,ノ   |
           /   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_ /∪    l     ,|    |   ,/ )   )
       く / / ァ- ,ノ _    \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/
965 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:46:16.42 ID:v8F/Ymco
            ____
      __..ィ=''´ 〃´ ̄`ヽ.     __..ィ== 、__
     ff´       {!: : : : : : : `ヽ、__/_∠´: : : : : : :`i7
      ヾ、    . : }}: : : : : : : ;.ィュユ=V=- 、: : : :〃
        }}  . : : : {i: : : :,:ィ7/ ,   /   、  ` く
       {i . : : : : : {{_: :イ7イ  /   l    ヽ  、ヽ
       , -ァ'´  ̄ ̄  /, /   '    .l .:.     ! :. ! ',
      / 厂 ̄ `ヽ _/    .:l 、 __:ハ:.:.i:.:.  ,l_j:.: l:. !.!
  . /V! { ! ,.ィ´      i:! i .:.:ト、イ、_{_、ヽト、:.:./_!`i:/:.ノノ
   {ハ  :、 レ' !      !:ヾ!ト、:.{ ,.イ_j:.:.!  ` i_i:!K´
   ヾ! 、 {  !、    ヽ_:.ヾヘ_  辷リ     ヒハ_ヽ.    う、うゆ……
     `T¨ヽ ヽ\ . : :.:「__ : : :7  、、、    ’' '!__/
    _f´ ヽ.:\ :\:`: :、: : :「 ̄.:7         cァ ,イ_7
     { 、 !、 ヽ:.:ヽ,. - 、-ァ‐'  ̄ Z       /} j7
   __ヽ  `>‐'    ト、     ,オ ―‐ ´-r'
  /  _`ヽr'´         V≧、   / ノ ,. -、\フ
  / /  ` l : : : :i: : : .   ヾ―-ヽrェ'-―'1 l: : } 
966 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 19:46:42.04 ID:6RTsES6o
ついに幼女が・・・
967 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:48:44.47 ID:v8F/Ymco
.   __      ,._,r..rァ、
,r>'-ー`、ー- 、,r,ィ'´:.:.:.:{l  ``tj
<:.:.:.:.:.:.:.:rヽ_r/:.:.:.:.:.:.ト|.:.:..  イ
.ゝr f_Tニヘ__ヘ>r、 ト|   k
. 7'´  /      、くー -、<
//   /      l ゙ゝ,r ト-゙
/  ,'       l:.  ヽ:.|       実は…藤壺さまのご体調が
'´ .:l..:,:      . :.|.:.  ヾ、     あまり良くなくて……
...:.:.ノ'      :.:.:.|:.:.:..   ヽ
:/         :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:  _,>、   ようやく宿下がりの
_ ........ _   :.:.:.|:.:.:.:._:.ィ" ノ    お許しが出そうなの
 __ ....... _ ̄:.`:.:.:|:.:.´:._.. _='"' フ
>=r¬'"´ ̄``:._:.イ、:":´_:_;. - '´    そのとき…なら……
,ィ `ヽ=三≧_Tニ,´ ¬<
   :.:.`¬'"       \
.、,       l/   ..    ヽ

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (○) (○) \    ……!
 |       (__人__)    |    
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
968 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 19:49:20.35 ID:QaRAT4Yo
うにゅーで買収されたか
969 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:50:56.47 ID:v8F/Ymco
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   逢うのが困難な相手と
  ミ゙ ゚ -゚ノ    どうしても逢いたいとき…
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   平安人は、相手に仕える女房たちを説得し
  /ヾノ==,)    相手との仲立ちを頼んでいた
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   この頃の源氏は
  ミ゙ ゚ -゚ノ    藤壺女御に逢いたいがため
  √¨l-゚]、   夜ごと王命婦を追いかけまわしては
  (゙ /  |ゞ    説得していた、と書かれている
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
970 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 19:52:00.57 ID:6RTsES6o
夜ごととかwwww
971 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:52:27.84 ID:v8F/Ymco
王命婦の言葉どおり、藤壺女御は体調不良を理由に
三条の実家へと宿下がりをした。

            キIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIヤ.
           ノ_二三_-==-_二三_-==ヽ、.
          /二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=\,,
      ,,_,,,-''''=_-三 ̄≡_-==─_- ̄=≡_二三''''-,,_,,.
_,_,,_,,,-'''___________________ "''-、,,,_,,_,_,,_
ヽ @==@==@==@==@==@==@==@==@@==@==@==@==@==@==@==@ ヤ
 `ヽ丶.}{ |艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸| }{  /
   \}{ |l|! ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|||| ̄ ̄ ̄|| ̄γ∴⌒∴⌒ .;}{./
     }{ |l|!: ::::::::|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiii|iii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|ir;(∵ ∴丿;∵;∴ヾ∴ヽ
  γ;;⌒ ノヽ;;);⌒ ヽ|:::::::::::::::::| :::: :: ::::::|::::| :: :: : (:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵∴):∴::∴):
r;;ゞ(;:: 丿;:: ;;;;;ヾ;;),,):.__|.___|..|____`(∵(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ":(∴;(∴;ヾ)
(:: ;;;;ソ;; ) ;::ソゝヾ) ;;):::)==ii==ii==ii====ii(ソ∴∵丿 ∴(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ" |;`ベ
(::: :(;;;;;(  ;::). (;ゝノ ::)Y...|| ̄ ̄`゙r| ̄|(∴ミ∵丿 ;`ベ∴;(∴ ∴(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:
((:::(::;〆;;;ゝ;:: ;::))( ;::),ブ__||_________||___∵ゝ丿;`ベ∴;(;ゝ(:::∴ ソ)(∴ ∴::〆:ソ"ヘ∴;
`ベ(; ゛(;;; (:::: ソ)::〆:ソ|il!li!li|il!li!li|il!li!li|ノ∵∴;(∴)::(:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵:(:;;∴∵丿∴;


逢うならいま――。

しかし、やる夫は未だためらいがあったか、
ことを為さないままずるずると夜を過ごした。
972 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:54:38.82 ID:v8F/Ymco
話のキリがいいので
ちょっと早いですが次スレ立ててきます

しばらくご歓談ください
973 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 19:55:13.53 ID:6RTsES6o
了解ー
974 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/03/18(水) 19:59:01.21 ID:v8F/Ymco
立てました
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1237373819/

続きはあちらに投下したいと思います
975 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:07.69 ID:6RTsES6o
  
976 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:16.86 ID:6RTsES6o
 
977 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:19.49 ID:6RTsES6o
  
978 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:21.83 ID:6RTsES6o
 
979 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:24.34 ID:6RTsES6o
  
980 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:26.45 ID:6RTsES6o
 
981 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:28.80 ID:6RTsES6o
  
982 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:31.67 ID:6RTsES6o
 
983 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:33.76 ID:6RTsES6o
  
984 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:35.74 ID:6RTsES6o
 
985 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:37.96 ID:6RTsES6o
  
986 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:40.02 ID:6RTsES6o
 
987 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:41.89 ID:6RTsES6o
  
988 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:43.47 ID:6RTsES6o
 
989 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:45.72 ID:6RTsES6o
  
990 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:00:52.18 ID:6RTsES6o
 
991 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:01:19.69 ID:6RTsES6o
  
992 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:01:39.87 ID:6RTsES6o
 
993 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:01:42.24 ID:6RTsES6o
  
994 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:01:47.24 ID:6RTsES6o
 
995 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:01:49.20 ID:6RTsES6o
  
996 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:01:51.27 ID:6RTsES6o
 
997 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:01:53.46 ID:6RTsES6o
  
998 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:01:55.70 ID:6RTsES6o
 
999 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:01:57.84 ID:6RTsES6o
  
1000 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/18(水) 20:01:59.68 ID:6RTsES6o
 
1001 :1001 :Over 1000 Thread

 ,.――――-、
 ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、   【呪いのパーマン Ver2.0】
  | |  (・)。(・);    このスレッドは1000を超えました。|
  | |@_,.--、_,>    このレスを見たら10秒以内に次スレを建てないと死にます。
  ヽヽ___ノ    次スレを10秒以内に建てても死にます。

パー速@VIPService
http://ex14.vip2ch.com/part4vip/

1000超えたのでHTML化の依頼をするでござるの巻
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1195554932/

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
やる夫が光源氏になりたまふなり その2 @ 2009/03/18(水) 19:56:59.71 ID:v8F/Ymco
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1237373819/

【ぱすもは】なんかエロゲみたいな出会いがあった19【俺のもの】 @ 2009/03/18(水) 19:46:41.49 ID:NmILWLA0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1237373201/

ピザ @ 2009/03/18(水) 19:25:20.19 ID:jkVWdxUP
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1237371920/

ドラクエみたいなゲームやろうずwww @ 2009/03/18(水) 19:19:59.16 ID:dxlqut.o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1237371599/

眼鏡うpペポ @ 2009/03/18(水) 18:38:12.53 ID:rTW1u6DO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1237369092/


Powered By VIPService http://vip2ch.com/

757.42 KB   

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)