このスレッドはパー速VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

やる夫が光源氏になりたまふなり その5 - パー速VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :1 ◆eyRk5NDGtU :2009/07/08(水) 22:31:48.40 ID:jqiFuKIo
いずれの帝の御代であったか……。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。

 ___________  ____________   
 ‖               `Y´                   ‖  
 ‖                |:.                    ‖  
 ‖      __       |:.       い         ‖  
 ‖  n_ / - -\      |:.        づ          ‖  
 ‖  (_/ (● ●)\     |:.        れ        . ‖  
 ‖  ( :::: (_人_) ::: )    |:.       の      .   ‖  
 ‖  ヽ   ヽノ   ヽ    |:.       御       .  ‖  
 ‖   l         l、_つ  |:.       時       .  ‖  
 ‖   |   x   |     |:.        に        .  ‖  
 ‖                |:.        か          ‖  
 ‖                |:.                    ‖  
 ‖                |:.                    ‖  
 ‖____________ |:.._______________‖  
 └==========≡==========┘   

◆原作:『源氏物語』 「桐壷」−「雲隠」

◆過去スレ
・vip版「やる夫が光源氏になりたまふなり」(桐壷のみ)
 http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1222859837/

・長編版
 その1(第1話〜第7話前半)
 http://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1234/12343/1234332052.html

 その2(第7話後半〜第11話)
 http://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1237/12373/1237373819.html

 その3(第12話〜第15話)
 http://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1239/12395/1239594699.html

 その4(第16話〜第19話前半)
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1237373819/

やる夫ブログ様、あんそく様にまとめていただいております。
ありがとうございます。
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このパー速VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【ペルソナ5】屋根裏のゴミ「計画的に子作りしよう」 @ 2019/10/23(水) 21:31:08.59 ID:K1c66aO00
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571833868/

【安価】ナッパ「どうにかして」ベジータ「フリーザを倒すぞっ!」 @ 2019/10/23(水) 19:46:37.69 ID:OmD257NMO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571827597/

風影奪回編IF カカシVSサソリ  @ 2019/10/23(水) 16:06:31.69 ID:qN8/llvQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571814391/

死ねクズどもが @ 2019/10/23(水) 07:10:23.14 ID:F91YKGvUO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571782223/

I really don't care anymore About all the Jim-Jim's in this town @ 2019/10/23(水) 04:13:16.00 ID:CdkUX/AXo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1571771595/

四葉「私は如何にして心配するのをやめて水爆を愛するようになったのか」 @ 2019/10/23(水) 01:27:41.27 ID:CvbJzp7do
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571761661/

【アイマス 】真美「ゆきぴょんは犬が苦手なんだよね…」 @ 2019/10/23(水) 00:03:41.40 ID:N7eeavce0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571756621/

【ガルパン】みほ「ナオミさん!ボコになりましょう!!」 @ 2019/10/22(火) 23:00:11.29 ID:upyZKghI0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571752809/

2 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/07/08(水) 22:33:04.19 ID:jqiFuKIo
◆参考書籍
このスレは、参考書籍および>>1の創作も交えて構成しています。
原典にないエピソードや時間系列の前後があっても、落ち着いていてください。

・『新編日本古典文学全集 源氏物語』(小学館、メイン資料)
・『源氏物語』(与謝野晶子訳、青空文庫)

・『源氏物語を7日で制覇する』(板野博行、ダイヤモンド社)
・『カラーワイド新国語要覧』(大修館書店)
・『あさきゆめみし』(大和和紀)

そのほか、辞書、歌集、『源氏物語』関連のムック本などを参考にしています。


◆以下、ふたなり禁止
3 :1 ◆eyRk5NDGtU [sage]:2009/07/08(水) 22:34:23.38 ID:jqiFuKIo
 /       {f7:::::::::::::::::::::∠} ̄        \         \
         {f7::::::::::::::::::∠} ̄       |     \         \
      {f7:::::::::::::::: /」}        |       ヽ     ヽ  \ヽ
      {{|::::::::::::::: /」}            |            ヽ     lヽ
      {{|::::::::::::::/」} | l  l |     l| l        l     ' l   | l ll
        ⊥L.:::::∠}´  | |  | |     l|| |    | |    |l |   | | ||
     /イTT::\   | |  | |    l||  |    | |ヽ    |l || | | リ
    /::/ |::| |::|\\  ||  | |    l|∧  |     | |_ |-  |l || l
    |:::|  |::| |::|  |::::l   l |  | |\  l|  \l\   |´ |l|  |l |亅 /
    |:::|_|::| |::|  |::::|  l |  |  、 \ l|_ -― ヘ  |≫テトl  川ノ/
   \_.ノ |::Lノ:::/   ヽl、 | \> \≧、  | / トリ ノ/| |    あの頃の…
    // |   トr‐イ      l \ |/ \≫f卞ト   |/  ´ | l| |    燃えるような瞳のあなたは
    // |   |::|  |  l    | | \ ィ仆-し ノ           | || |     いったいどこに行ってしまったの?
   ':::|  |   |::|  |  |    | |    > '´           〉 l || |
  |::::| | ノ::|  |  |l   ヽ|                  /  ll |
  \| |/:::/   l  |ヘ     \            ィ /| 八| ̄ 丶
       |〈/   ヽ ヽ\   | \         ´ ' ∧―j/―― 、  \
    / |         l\\\  |            / 〈:::::::::::::::::::::::::\  \
 ̄ ̄ ̄ |       l::::::::::::::::\|\-  _    _ノ    ::::::::::::::::::::::::::::::\  \
 ―――|         l::::::::::::::::::::::\\__/ | ̄       l::::::::::::::::::::::::::::::::::\  `ー-、_
::::::::::::::::::::|          l:::::::::::::::::::::::::>r┬┬く\      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_   ヽ
::::::::::::::::::: |          、:::::::::::::://|:::| |::ト \\     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     |
:::::::::::::::::::: |  ヽ    \\::::::::/::/::::::|:::| |::|::::|::|:::ハ   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /| |
::::::::::::::::::::: |   \     \\::|:::|::::::::|:::| |::Lノ:ノ/  }    l:::::::::::::::::::::::::::::::::/   /::::::| /


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (─) (─) \   …………。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
4 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 22:35:17.97 ID:LGjgOOEo
スレ立て乙〜
5 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 22:37:16.64 ID:jqiFuKIo
                     _rvクヘy之―- _
                    , ...::.::.::.::>ー一<―- 、::.::.::. 、
              /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\::.::.::.\
             /::.::. -―……───- 、::.::.::.\::.::.::.:ヽ
               /    /           \::.::.::.ヽ:.::.::.::ト
           , '     /       |    |  l ヽ::.::.::.l::.::.:ハ
             /      ,′      /   /|   |   >斗-く  |
         .′ i  |  |       /   / ,′ | / イ仆{ヽ\l
          | | | |  |  l     //   , /  /く::<_/:/ハ\_〉〉   終わりにしましょう…
          | | | |、 |  |   //   / / / | \_/|:|   ト-' l
            |/ヘヽ !ヽl⊥lヘ// /-‐/_¬ リ   / |:|   |::|  l   わたくしたちのこと…
               | l\トーキ .ミ ∨/才弋_ツ/ ′ /  :|:|| |::|   l
               | |  ヽ _ゝ'       ̄ '" /  /  / | U|::|   l
              |゙、 ヘ  〈         / /   /ヽ|  lヾ|    l
             |  \丶    ,._      //′  /|   l       l
            |l//|   |\\  ー    /,./   ,イ   l   l      l
         ト、 ヘ∨ | | ` \    _ </ /::|   l   l  ノ|
.\   、  ∠\\ \ l  l     フ爪\/ /l::.::.:|    l  イ /::/  /.::
__\::\ \::::.::\\ ヽ  l二ニ イ/∧/ へ\l::.::.:ト、   /// :::厶/ /:::::
::::::::::::::::::::\ \::::::>''" ̄\ヽ_/////イヘ::.::.::)ノヾノ| へ ∠ -‐ _\:::/
二二>:::::::::> /.::.::.::.::.::.::.::.\ 彳V::| | |:|<二二 イ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\\
:::::::::::::::::::/ /::.::.::.::.::.::.::.::.:://:::|/レ ハ::ヽ=≠― /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽヽ
:::::::::::::/ ∠::.::.::.::.::.::.::.::.::/;:イ|:::/     l::::|    /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
/::::/| __\::.::.::.::.::/.:./{ノ レ′   |::/  /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
::::: イ::| l::.::.::.::` \::/.:.:.:/{ノ  __      /::.::./::.::.::.::.::.::.:/.::.::.::.::.::/ __
:::/ |:::| l::.::.::.::.::.::.Y:.:.:.:.::く Y⌒l´   「厂 ̄〉/::.::./::.::.::.::.::./イ.::.::.::.::.::/ /.::.::.::.::
6 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 22:38:26.95 ID:71c5aUso
乙で〜す
7 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 22:38:59.69 ID:HvCLhgA0
しばらくの間に朧月夜はしっとりしたいい女になってる
・・・
8 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 22:39:22.21 ID:jqiFuKIo
        / ,  /   / i   ィ  /!   // |::!\ /:/
      / 〃 l !|   / |  /_L_/ l <:::く__ l::トヾ::ノ`!
.      / i'  i 、| / /l‐イ レ__フ,.|   テー、;ィ::i \::、 \   父が亡くなり
     | ,!l  ト、ノ,x  // ,イ沙, //  /     !::!  `i:l     姉が倒れて…
     l ! 、 l ´ィ。N  '´ `  ´/ /j !    |::ト  l::i  
     ヽl  ヽト、ヽ` 、     // ´ l/   /|::| \ ヾ!     わたくしがすがれるものは…
        /:::,ヘ \  =- ∠/  /   /└く   \
         /::/ !  ̄ 、      / 〃  ∧   丶  \
      〈:_/ /,|   i! ー ,‐、 ´ __,〃  /  \
          、/ !  リ _ /;ィ::f::ヘ:V /ニi、
       /ヾメ、\ | l::f´/:/ !::!E〈/:;}三 \     ,-
 ー==;;=‐ゝ;;;;:\` ヾ゙'::/ l:::!三三三三三\  /三


         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \    やる夫…ではないお?
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \


 , =/      /==' ' : l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
|レ     ∠ノ: : : : : :..:.:l : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :
.イ    /l|.: : : : : : : : : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
V  /=='': : : : : : : : : : :.l: :l:.: : : : : : :..:. : | l : : : : : : : : : : :
ィ| /=イ: l : : │ : : : : !: : :l :.l..:: : : : : : : : : | |  : : : : : : : : :
,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l : :
::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /l
::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : ,
::|  / /\ゝ´ \: :l ー\    \ : :/     l :/|  /   …ええ
::|   /: :.|  \!  ゝ\   ヽ    ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /
:: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,        ` ̄´ /  ..イイ
::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´             //..: : :|
:: : : ゝ\:ゝ、. . :\              /   イ  ..: : : |
::ヽ: : : \\l `ー‐`          _     イ   .: : : : |
:: : \: : : \\            ̄     /│ : : : : : |
9 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 22:41:02.29 ID:jqiFuKIo
   |   |   |           ‖  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l 
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||  御上は…退位なさるお覚悟をされたわぁ
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧           /
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.:/
| l\\  \          〉    / イ   ',     /..:::/
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/  /
| |     \        -   /| |\   У /.:::厶イ
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐ ニ
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. -―
:::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::l |:l \|:|::::|:| |:|:::::}:}\:l / .:::::::::::::::::::::::::::.\\ー<二
::::::::::::::::::::::| |:|   ゞニイ ゞニ仆、/ ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::::::::
::::::::::::::::::::::| |:|     |:l      |//\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::
10 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 22:42:30.74 ID:jqiFuKIo
                        __,、
               , __-,=====〔{〈河
                /_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\
               / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
            / {i7:::::/  i            \:::::ヽ
            ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::   わたくしも、内裏を去るわぁ
 ト、           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
 |:::\      |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |   お優しい、あの方ご自身に…
\\:::\      |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||   心からお仕えしたいの
::::::\\:::\.    |    | |   | {  |  リ| /癶〈| |   ハ
::::::::::::\〉 ::::\  |   | | ヽ \ ̄       〈_,バレ | ,∧|
:::::::::::::::::::::::::::::::\|   || \ \      , ` /! |〃ハ_! -―
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l   |  ̄ ー=;-  "/|/″/::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::/ 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::::< ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::/ /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::::\
::::::::::::::::::::: | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \::::::::::::\
 ̄>::::::::::::| l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_   :::::::::::::::
::::::/ ̄ ̄j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉:::::::::::::
/    〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /\[\::::
         ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /
        | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈厭くl|  |〈 〈
        | i  \ヽ .::.::.::.::\:::|  |―-ゞーヘ/〉|  |ヽ:i ,
        | i   \\.::.::.::.:ヽ|  | ...::.::.::\/:| / /:l |


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   そうかお…
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
11 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 22:44:45.65 ID:jqiFuKIo
        ____
       /    \
.    /          \     やる夫は…止めないお
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |    でも、忘れないでほしいとは
.  \    (__人__)  /    思うお…
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


/ x‐^=^=^=^=^=^=^=^ーx \
〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l       
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶   
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |      忘れられないわぁ
  | 斗−┼ 、    |l   斗−/ } | ;  ||ヽ\    
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿      わたくしのせいで…
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ  /    須磨をさすらったあなただもの…
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \∨ 
\ l                   / / l | | /{ /  
  l\        '      //´ / ,   ^// _ 
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<  
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..` 、
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: .
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.::.::
::.::.ハ |》  〈 〈ノ /| `TT  | /《|::.::.::.::..\::.::.::.::.::.::.::
.::/.:: }ノ》   ー イ |  |弋 l/ 《|::.::.::.::.::.:..\::.::.::.::.::
/.::.::.::.:|》  _∠.ノ⌒Y⌒ヽr―‐v'゙´ ̄〉.::.::.::.ヽー―
::.::.::.::く ̄`〈  ヽ   |   l|  |  /.::.::.::.::.::.:.゙, ::.::
::.::.::.::.ト   ヽ         ___    ′ 〈::.::.::.::.::.::.::.:l::.::.
::.::.::.::.|         jイ仁ミ┐   |::.::.::.::.::.::.::.ト-:
::.::.::.::..\        <{弋ヾイノ>    〉::.::.::.::.::.::.:|::.::.
12 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 22:44:52.77 ID:Znktqx.o
朧のこの選択がとても好きだ……
13 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 22:47:41.39 ID:jqiFuKIo

          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \    …さようなら
     |  (ー)  ( ●)   |    朧月夜の姫君
.     \  (__人__)   /
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ


 , =/      /==' ' : l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
|レ     ∠ノ: : : : : :..:.:l : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :
.イ    /l|.: : : : : : : : : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
V  /=='': : : : : : : : : : :.l: :l:.: : : : : : :..:. : | l : : : : : : : : : : :
ィ| /=イ: l : : │ : : : : !: : :l :.l..:: : : : : : : : : | |  : : : : : : : : :
,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l : :
::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /l
::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : ,
::|  / /\ゝ´ \: :l ー\    \ : :/     l :/|  /
::|   /: :.|  \!  ゝ\   ヽ    ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /
:: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,        ` ̄´ /  ..イイ   さようなら
::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´             //..: : :|   わたくしの春の王様…
:: : : ゝ\:ゝ、. . :\              /   イ  ..: : : |
::ヽ: : : \\l `ー‐`          _     イ   .: : : : |
:: : \: : : \\            ̄     /│ : : : : : |
14 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 22:48:18.11 ID:LGjgOOEo
ああ…
15 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 22:49:23.25 ID:jqiFuKIo

              さようなら、わたくしの青春

            /           __                      /
      /   /    .   '__´____  `  、       /   /
     /   /    ∠ -.rf它_:: :: :: :: :`丶.   \     /    /
   /    /    /:: :: ::.代フフノ:: :: :: :: :: :: ::.\   ヽ /    /
  /   /     ':: ::_,  -=≡≡==  _:: :: :: :: :ヽ  ゙.   /
/         厶ィ´  /           `ヽ:: :: :: :'. i l  /
             / / 〃〃 !   i|   } } ヽ  \:: ::.} i|
         / / li |l l  l|   / /il  |i |  〉;〈  i|
           〈 , |i |i |ト_、_ il 、..__/__l_|i |/,小.ヘ. i |
           ∨ |i |l ̄l_\ !| / /_」__ |l「 l〈〈_八_〉〉 |
          ト、ll |lマ下rj刈八_/ 仆rj了ア!〈〈八〉〉i |
          | l\ ヽ ゞ=‐′    `¬'^リ ' //'^l|i |!         __
          | l |i\\    {      / / | l  | |!|l        '´-=ニ二
          N |i |l\\  _ _     イ // |_l / ' i |l     /:::;::::::::::::ー-
.       _     ヽ |l |l ト、  `      // / _ └'  i |l  /:::/:::::::::::::::::::::::
.   _ i^i | | r、   八 |l W /> 、__.   イ , / /「i | | l^!  i |l /:::/::::::::::::::::::::::-::::
  | | | | | | | | / ハ|l / /イ  j:\__/ 〃' / | | | | | | 「'. i|レ:::/::::::;::::::´::::::::::::::::::
  | | | | | | | |/ _/ _,../ /-┬'ィ 父ヽ::.::″r 、 | | | | | | | | il:::':::/:::::::::__::::::--─
  |U U レ ! l }/::.: ' /::.::/〈〈_,小、〉〉:li | {ノ レ U U├-.l::::':::::─:::::::::::::::::::::::::
  l       ノ '::.::.:{l i::.::/ |::7/l T´::.:|l  、ヽ       |::.::.::ヽ::::::::::::::::::--─=ミ、
  |    '  /::.::.::.|l |::.'   |// | |L/|l ハ、 `ヽ    ハ)_::.::.::.Y´ ̄  ̄ ̄  ̄ `
  ヽ   {  ∧::.::.::.|l !::ト、 〈/ L!   li 「しヘ     .イ_廴)::.::.:|i
   ∧ー‐ イ ハ::.::. |l !::l し'⌒r〜'⌒Yl | / し'⌒Y´ /::.::.::.:|}

              夏の嵐のような、激しい恋よ
16 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 22:50:27.03 ID:jqiFuKIo

              ―― いまはもう、冬 ――

                   c       :
   ゚   o                   ____zr〜ヽ、_          ○ .
           ○        ,. ‐_ニ´    c  ヽヘ:::::::ゝヘ、
       .            ゚ ,. '´ / ,.   ,. ‐   (ヘ   ゝヘ\  o
             .       / /  /  /    (ヘ:::::::::ゝヘ 丶
     C              l /i   /  _ノ 〃 / / (ヘ::::::::::i )   ヽ
             。      レ !l / _,t-‐_─-メ、 /  (ヘ::::::::::} )    `,
                     ヽ!ノ 'ツ5¬ッ之 ,丶r==ヾジく c   !
                    「 ̄   ゞ´‐ ´   / 〈〈: . : //| ト、ヽ  l l
         .            }         /  ノヽヽ//: l |__」 〉 !:. l
                    ゝ、  ー-=ニ´-‐ i´   :丁|: | |ー'   '、 '、
         .     O      h       . : : !   . :l :|: | |  : . C ヽ:.ヽ、
   C                   }     . : : : ,´ ○. :| :|: . |│ :..:.   ヽ
                    `丶、:_ : : : : /  . : /| :|:  l ゙、/:.:.,、 '´::
                  c       `ヽ c ./  . ;.:´ |_」: . :ヽ >/:: :: :: ::
       ○     ゚    .        ハ /  /:ヽc |: . /`〃´:: :: :: :: ::。
                         // ソ /:::::::::::ゝ┴く:: :: :: :_.:ハ/:: ::
                  。     /イ/,.イ::::::;、'´:: :: :: :: :: \::::::::_::Z:: ::
                    ー''"´,.ィ´'"__」ァ'´:: :: ゚:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ー
   .      。            ´   /r/:: :: ::::::::::::::::::::C::::::::::::ヽ:::::::::::○
                            /r/:: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::. '、::::::::::::
     O                 /〃:: :: ::::::::c::::::::::::::::::::::::::::。::. `、::::::::
                     ┌ハr/:: :: ::::::::::::::::::::゚::::::::::::o:::::::::::: ::. ヽ:::::
17 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 22:52:13.28 ID:jqiFuKIo
宮中の片隅で、人知れず恋が終わった。
雪が無音を運び、その切なさを絶えず覆い隠していった…。

        。 │||  /  │||┼─┼─┤ | ├─┼─┼─||│ O
   ○     │||//O │||┼─┼─┤ | ├─‐o─┼─||│   。
  。     o│||/    │||┼─○─┤ | ├─┼─┼ O│    /
          │|| 。  o│||┼ 。┼─┤ | ├─┼─┼─||│。 //
      O   │||      │||┴─┴―┘ | ○─┴─┴─||│//
        /│||○    │||────┐ | ┌─────|| o
。   //  │||      │|| O___| | l_______o||│  ○
  // o  .│||      │||____。__|__O_____||│ 。
          │||  ○  │||________________||│
     。  o│||      │||________________||│   O
─────┘||─‐o─┘||_____O______○____||└─o─
三○三三三三三三三三三三。三三三三三三三三三三三O 三三
三三三 。三三三三三三 O三三三三三三三o三三三三o三三三三
─────O ───── ノ⌒ヽノ⌒^⌒ヽ、─○─‐ ,. ─ノ⌒ヽ⌒
::::::o: ,,|;;;;i|,|:フi::::::::::::○::::::::::(   "⌒ 。 ⌒ ^ヽ:::::::::::(    ○^
:::::::f----イ/::::::O::::::::。::l`スヽ_,ノ、 ^  O    ノ:,:::::::/ヽ_,ノ、   "
::::::::ー─‐":::::::::::::::::::::::::_,ト'Tヽ_ノ、 メ、7イ-rヘいKス._ _,ト'Tヽ_ノ、`メ、oイ
.:::::::::○:::::::::::O::::::::。:::::ヽしvート、o7-、f`ナV-、ハノ、lヽィ ヽレv'ート、/7-、f`ナ
。         ⌒    ,レ'Tー!7´ト、_○´Yヽノ、j-イ゙Y、Oル'Tー!7´ト、_K´
   ⌒ o  ,、,.、 。 ,ゝiくヽレくY_。vヽい'ーくメゝト!、 ゝiくヽレくY_Ovヽ
18 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 22:52:46.46 ID:ArAWUH2o
銀さま・・・
19 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 22:53:02.45 ID:c3ua9XIo
なんか、お互いシチュエーションに酔っ払ってたみたいだし、これでいいんじゃない?
20 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 22:53:05.63 ID:/Fy9hsoo
女性は、やる夫のようなリア充を求めているのかな
21 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 22:56:48.27 ID:jqiFuKIo
年が明けて、源氏29歳の春が来た。
源氏は花散里の君などとも再会し、その無事を喜び合った。

            _,,,..-‐''""´⌒```''¬―-...,,,__
        ,,.-‐'"´                    `ヽ
      /                           ヽ
    ./        ー‐¬                   ヽ
   .ノ       ./                 、      ヽ
  .ノ       ./_,,...-‐¬''""´ ̄ ̄ ̄```'''¬‐-..,_ .\     ヽ
ヽ<      /.''´  _,,,...---‐‐‐‐---...,,,,_    `'‐ヽ     ヽ
  ヽ   .ノ _,..-‐'''´             ヽ``'ー-..,,_  ヽ      、
   ヽ  / /´ /                |     `、ヽ、     ヽ
    ヽ/   | ./            |  、 .|      、`ヽ     ヽ
    /{  .i  | .|   i   .i      |  | .| .|       |ヽヽ、_    ヽ
   ./.{ .i | .| |   .|  .i .|      .|ヽ | .| .|       |.i .| \    ヽ
   | ヽヽ.| λ.| .i i |   |.λ  i   |  | |.i |       |.| |   \  /
   {  ヽヽ.{.|.|.| .| | |   | ハ  |   ハ | |.|.|:|      .| |: |     .ノ
   .{  ヽヽ{.|.| .ハ  L、 | | | i .λ  .i H .} A| |:|      | .|: |   _.-'´
    ヽ  .ヽヽ{|l H | .ハ,、.i、ヽヽ、.ハ.i ハ| .|!i!iノ.|| |:|:     .λ.|:. |_,-''´
    ヽ  ヽ ヽ {、Wヽヽ!ヽ!  .w' |ハノ>!-____'^.|:|:     ハ |::. |
     ヽ/ .}.}、ヽ、_,.-==ミ     ´'´ ̄ ̄´"|:|::     Aヽ.{ヽ.{
   :.   〉  ヽ|ヽヽ ///        ///  |:|::     |::ヽ: ヽ、ヽ
  ..::   ::|   .i! ヽヽ     .j :         ||:::    |::::::ヽ、ヽー‐=.、
  .:::   ::|    _j .ヽヽ、    `         ||:::    .|::::::::::::::ー-‐¬'ヽ
  ::::   ::ヽ-‐'´    ヽ ヽ.  、―¬ワ   ./|::::    |::::::::::   ::::::::::::ヽ
  ::::   ::::::::::       .`..、 `ー_''´  ,.-''´ .||:::    |:::       :::::::ヽ
  :::::              ``-.,_,..-'´ノ  /||:::    |         :::::::}
  :::::::                >,-、/ /  ||::::   |          ::::::::|
  :::::::        .::  ...:,.-‐''.ノ.'´ /`〉ー--..,||::::   |          ::::::::λ
  :::::::      ..:::  .::/  /  ./ 〉``¬ー.||::::   .|          ::::::::::ハ
-、:::::::     ..:::::  .::,'´ _,,ノ     / 〉 \  ||::::   |          :::::::::{  ヽ
 .}:::::::..    ..::::: ..:::::/  .´      ./   ` ||:::   |          :::::::::::| .ヽヽ
  ヽ::::::::..  :::::::::::::::/         .ノ   .||:::   |          :::::::::::::{ 、ヽヽ

心通わせた者と、また会えること…。
そして、また彼女らを支援していけるという安心感…。

「帰ってこられて、本当に良かったお…」
やる夫はしみじみとそう感じた。
22 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 22:57:47.51 ID:c3ua9XIo
あれ、花散里のAAって誰だっけ?
23 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 22:59:31.19 ID:jqiFuKIo
◆某日、平安京

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    またこうやって
     レ!小l●    ● 从 |、i|    お出かけできるようになって
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   毎日楽しいにょろ!
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
   ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧|
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \     牛車に乗るのも久々だお
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |    ケツが痛くなりそーだお
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ
24 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:01:50.66 ID:jqiFuKIo
やる夫たちの一行が、花散里の屋敷に向かっている途中
一軒のボロ屋が見えてきた。

; ;  ;:、:. ..;'.. ゙;.,'_  .;.:::..  _ . ;:' :: . . :.    ;;,   l!l;,l  "" ''  、
;; : . ;.  :;': ;. ';'l」 |___| lェ|_____  ;、;;. :; "'' "  "  ,
: . .  ':、;:' : ; ,. ';、/ / / / / / / / / / / / /ヽ'''゙..   "  ::'':;,,  "
;: :. :  '、 :: : ;.  ;, / / / / / / / / / / / /三ヽ;::,、";   ;;  :;,    "
: ; ; . . .:;, : :... ...   ;,/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/l三.ヨヽ .;;、:: ; : ;; .:;,'''::: ..;;';、
"゙''::;'':;,,'  ;; :: : . . ;ニ∠ニニム三三三三|; l l;|:: .. .;;、: .. . :: :;., . ;. . ;,
; :. , : ; .."':,,;,,..;; ''' .;,三|田田| l三三三三;|; l l;|、 , . ;;、 :..::: .. ..:;, .;':: . .;,
; ; : ., .,  :.  :._  ';三|田田|_l三三三三;|エエエィ ,,,;;;;:::'''':::;;;;  ;, ,; : :. . .;,
;; :. .. .". ..  ゙ ,, " ;.;ェェェェェェェェェェェ,,,;;::::'''::;;'''::ll|;,;;;::.';.:: .  '':;; ,; :: . : . ;,
; ;:. .゙ ;: : : . .   . '';' ''::::;;;、、l;;'''"; . .:::; ..  "''::;'''": : ..: :   ゙;; ::: .. .  ;,
; ;; ;:.. ,,  "  ''  ;   :  ::::;;  :  ;;  "  ;; ::: : .. .  ;; :::: .   ;,


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    …ん?
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    あれれ?
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |
25 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:03:02.99 ID:jqiFuKIo
           ____
         /      \
        / ─    ─ \    ちゅるの君、どうかしたかお?
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    あそこのものすごーく
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    ボロっちいお屋敷…
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   誰のだったかにょろ?
    | /⌒l,、 __, イァト |/ |    見覚えはあるんだけど…
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |

          ____
        /      \
       ─   ─    \    どれどれ…?
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
26 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:03:50.40 ID:OeddcQI0
>>20
燃えるような恋も安心できるやさしさもどちらも女の求めるものさ。
男もそうだろ?
最高の女とベッドでドンペリもいいが肉じゃが作って家で待っててくれる女もいいだろ?


両方ゲットするのは至難でしかも手に入れたら入れたで厄介だという話だなこれは
27 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:04:49.36 ID:jqiFuKIo
; ;  ;:、:. ..;'.. ゙;.,'_  .;.:::..  _ . ;:' :: . . :.    ;;,   l!l;,l  "" ''  、
;; : . ;.  :;': ;. ';'l」 |___| lェ|_____  ;、;;. :; "'' "  "  ,
: . .  ':、;:' : ; ,. ';、/ / / / / / / / / / / / /ヽ'''゙..   "  ::'':;,,  "
;: :. :  '、 :: : ;.  ;, / / / / / / / / / / / /三ヽ;::,、";   ;;  :;,    "
: ; ; . . .:;, : :... ...   ;,/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/l三.ヨヽ .;;、:: ; : ;; .:;,'''::: ..;;';、
"゙''::;'':;,,'  ;; :: : . . ;ニ∠ニニム三三三三|; l l;|:: .. .;;、: .. . :: :;., . ;. . ;,
; :. , : ; .."':,,;,,..;; ''' .;,三|田田| l三三三三;|; l l;|、 , . ;;、 :..::: .. ..:;, .;':: . .;,
; ; : ., .,  :.  :._  ';三|田田|_l三三三三;|エエエィ ,,,;;;;:::'''':::;;;;  ;, ,; : :. . .;,
;; :. .. .". ..  ゙ ,, " ;.;ェェェェェェェェェェェ,,,;;::::'''::;;'''::ll|;,;;;::.';.:: .  '':;; ,; :: . : . ;,
; ;:. .゙ ;: : : . .   . '';' ''::::;;;、、l;;'''"; . .:::; ..  "''::;'''": : ..: :   ゙;; ::: .. .  ;,
; ;; ;:.. ,,  "  ''  ;   :  ::::;;  :  ;;  "  ;; ::: : .. .  ;; :::: .   ;,


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)     この…屋敷は…
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ
28 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:05:06.00 ID:4LTC6Eso
作画崩壊クルー?
29 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:05:58.78 ID:jqiFuKIo
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ
   .l゙ .,_l゙  `~''',i(,llr‐-"''''''',, "'i、 "i、_.:;彡´@`!》 ,|il゙
   |  ,l `"   ,,i´  ゙l   .__,|i、 │_"ミ彡::ヽ´ン:::ミ
___| .l゙゙l     |、 ,,i´   `'i、゙l '''l、     _,,/゙|:::ミ 
  .|  | l、 .,l" ./`'''~゙゙l、 .,,,,_.,l゙ |  |゙゙llニ'''''゙~゙` ,,,ノ:::ミ 
ー''"|  | "''l、 .,i"   .\,,_.゙,l゙ |,,,,,l゙  `゙゙゙゙゙゙゙゙゙,l゙:::ミ



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\     …思い出した!
  /    (__人__)   \    末摘花の君のお屋敷だお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /
30 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:06:24.47 ID:ArAWUH2o
例のアレかwwww
31 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:07:13.07 ID:jqiFuKIo

        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \  __
    //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
    〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \   い、言われてみれば!
    レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
     ヽ|l ○   ○u | .|ノ│      
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |      
     | /⌒l __, イァト |/ |      
     | /  /::|三/:://  ヽ |      
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)   すっかりボロ屋敷になって…
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |   ちゅるの君、一応様子を見てきてくれお
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿
32 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:08:41.17 ID:jqiFuKIo
◆平安京、故常陸宮の屋敷

                      ゞゞ;;ゞヽヾ※;;ゝヾ;;::゚;;\:ヾヾ※ゝ";;ゝ;;::ゞゞヾ;;:. ヾ::ヽ";;:゚;;.:
                         ゝ.;;:.:";;ソ;;ゞ;;;ヽヾヾ::ミミ;;ゞゝ;;゙ゝ;;ヾ'';;ヾ;;::ゞゝ::;ノ);;ゞン
                                ゞヾヽ;;ィソ;;::ヾヽ゚;;ヽ::ゞ;;ゝゝゝ;;;;゙ii:;:レ::;;/;;:
                                     ミ;;ソ::ゞヾ:::ゞ;;ゝノ:ヾヾソン;:::: fゝヘ
                                                 |::::;;:.;...;;.;;ii:i;;;:;i|ゞゞ;
                                                 |::;;:::::;..;;.;;ii:i;;;:;i|;;;ゞ:;
                       ,.::;ヾゝヽ;;:.:;;ヽ※⌒;;。.;;゚:ヾ         |::::;;:i::::.;;:::.;:;iii;i|::※:
                   ,..;((::;;. ; ;ゞゝ::;:ミ:;ヽ;;:;;ゝゞ;;ヾ::;;ゞ;:ヽ       |.;...:i:i;;::.:;;:.;:;iii;i|ゞ;ヾ
              ,.:ヽヾヾ; ; ;ヾ::;;"ゝ;;';ヾ;;ゞ::'ゞヾミミ;;:'ヽ;;゚ヾヾゝ;;ヾヽ二二二ゞヾ⌒ヾヾ ゝ;ヽ:
          ..:.;ツヾヽ※;;;ゝ; ;ヽ::.;ヽ;;ゝヾ⌒;;;ゞゞミヽ::ヽ※ヽ;::ヽ;;ヾヾ::;;⌒;;ゞ::ゞ:ゞ;;;ゝヾヾ※;ヾ;゚
           ッ;;ヽ::;";;ゞ::'ゞヾミゞゞ;;ゞヽヾ※;;ゝヾ丶(;; ※:ヽゝ;;';ゞ::'ヽ;;'"丶ミ;;:'ヽ;;゚ヾ⌒;;:ゞゝ
         ,,ィソ;;ゝ;;ヾ::ヽゝ;;';ヾ;;ゞ::'ゞヾミミ;;:'ヽ;;゚ヾ⌒;;:ゞヾゝヾヾ;;⌒゙ヾ:: "ヽミゞゞ;;:)::)ゞゝ;;ヽ::ヾ
       イ;;ゞ::ゝ::;"ヽ:::;ミ;;ゞゝ::ヾ "※ヽ; ; ;ヾ::;;"ゝ;;';ヾ;;ゞ::'ゞヾミミ;;:'ヽ;;゚ヾ⌒::\:ヾ⌒;;ヾヾゝ;;ヽ
        ,:.。ゞ;;ヾヽミ::; ヽ "ヽ⌒:: ; ;ゞ::;';ゞ\;;:(:.(;;;ゝ; ;ヽ::.;ヽ;;ゝヾ;;※ ;;ヽゝ;;ヽ::;ゝ::;;ゞヾ::ヽ;;ゝヾ
            ソ;; ::" "ゞ; ; ; ゞ゛;::ゞ:ゞ;;;ゝヾヾ※;;ヾ;゚::;;ゞヾ::";;;ゞ::ヽゞ;;\ ゝ; :゙ヽ:::;;※::゚;;ゝヽ;;
             ン;;ミヽ.;ヽ;;ゝヾ;;※ ;;ヽゝ;;ヽ::;ゝ::;;ゞヾ::ヽ;;ゝヾヽ::.;ヽ;;ゝヾ;;※ ;;ヽ..:::ii: ;; ;i|ゞ;ヾ
         ,.;く";; ゝヾ;;:※;;"へ;;;;⌒;;"ミ⌒::ヾゝゝ:; ; ;ヾヽ;;:;※;;ゞゝ; `;ゝ;;".:.:ゝヾ;; ; "):);;;.ii|;;V::;
       ,,.;,ゞゝソ;; ::" "ミ;;:'ヽ;;゚ヾ⌒::;; ::※ゞ; ; ; :;\;;:(:.(;;;ゝ; ;ヽ::.;ヽ;;ゝヾ;゚::;;ゞヾ::";;;ソ i;:. iii|ヾ;;))
     ゞ;;;゙。ゞヾゝヾ ; ; ヾ ;ゞ ゚ゞ;ゞ ※ヽゝ;;ヽ::;ゝ::;;ゞヾ::ヽ;;ゝヾヽ`;;;;ヾヽ:;※;;ゞゝ;;ヾヽツ::;ii ::;;ii|※;;:
  ,.;.(::"(ヽ;::ヽ;;※ヾ;;⌒:.\;;ゞ::ゞ:ゞ;;;ゝヾヾ;; ;ゞゝ; `;ゝ;;".:.:ゝヾ;; ゙;;"):)\;;:.ヾヽ::;:;ゝヾヾ;;)ヾ;;; i|;;ヾヽ
33 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:10:19.94 ID:jqiFuKIo
      |
      |
      |-‐ ̄ ̄`' ‐-,,
      |: /´ ゛ヽ::::::::::\
      |/      ヽ::: i:::ヽ
      | -ー     l::: }::::: l    中は完全に草むらになってるにょろ
      |●     ヽレルi:::: |     こんなところに人が住んでるのかい?
      |⊃    ●゛i(⌒\
      |  ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i
      h   `´ _、ゝ,、ス\  )
      ミ}ーT゛ i ::::l| \>'
      |):゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/
      |i:::∨ッ  l ::::l|::|
34 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:10:53.59 ID:/Fy9hsoo
森のようだww

>>26
なるほど。確かにそうかもしれない。
35 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:11:49.54 ID:jqiFuKIo
  .\____________/
   |╋╋╋||       ||╋╋╋|
   |╋╋╋||       ||╋╋╋|
   |╋╋╋||       ||╋╋╋|
   |╋╋╋||       ||╋╋╋|
   |╋╋╋||       ||╋╋╋|
   |i!ii!i!i ο|| ̄ ̄ ̄ ̄ . ||o i!i!i!i!i!|
   |!i!i!i!i!i.i!i||______.||i!i!i!i!i!i!ii|
  /≡≡≡≡//≡≡≡\≡≡≡\
/≡≡≡≡ //≡≡≡≡ \≡≡≡\


        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \  __
    //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
    〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
    レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
     ヽ|l ○   ○u | .|ノ│      明りがともってるにょろ!
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |      まだ誰か住んでるにょろ!
     | /⌒l __, イァト |/ |      
     | /  /::|三/:://  ヽ |      
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
36 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:14:14.39 ID:jqiFuKIo
ちゅるの君が驚いていると、老いた女房らが中から出てきた。

     _,,..,,,,_
    ./ ・ω・ヽ   こりゃ、狐!
    l      l    どこの貴公子に化けてきたんだい!
    `'ー---‐´


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    狐とはずいぶんにょろ
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
    ヽ|l ●   ● u| .|ノ│   私は源氏の君にお仕えする
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   ちゅるやという者にょろ
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    …もしかして
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
    ヽ|l ●   ● u| .|ノ│   常陸宮のお姫さまは
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   まだここに住んでるんですか?
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |
37 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:16:39.90 ID:jqiFuKIo
     _,,..,,,,_
    ./ ・ω・ヽ   源氏の君の…?
    l      l   
    `'ー---‐´

     _,,..,,,,_
    ./ ;ω;ヽ   まあ!まあまあまあまあ!
    l      l    ええ!ええ!姫さまはこちらにいらっしゃいます!
    `'ー---‐´

        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \  __
    //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
    〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
    レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
     ヽ|l ○   ○u | .|ノ│      ま、まさかずっとここで
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |      源氏の君のお越しを待って…?
     | /⌒l __, イァト |/ |      
     | /  /::|三/:://  ヽ |      
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


     _,,..,,,,_    ええ!ええ!
    ./ ;ω;ヽ   心変わりして引っ越されるような方なら
    l      l    私どももこんな苦労はいたしませんよ…!
    `'ー---‐´
38 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:17:48.85 ID:W1BVy2.o
苦労しすぎw
39 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:18:12.55 ID:jqiFuKIo
ちゅるやは早速、牛車に戻って報告した。

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    …ということにょろ
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
    ヽ|l ●   ● u| .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
40 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:18:46.11 ID:i1GzQ1so
おい、老婆の方が可愛いぞww
41 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:19:42.80 ID:jqiFuKIo
源氏は驚きながらも、末摘花の君の心にあわれを感じ
その様子を見に行くことにした。


  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \, 、/  \     末摘花の君!
  |┃ .      /  ( ●)  (● ) \
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |
  |┃       \    ` ⌒ ´    /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ
42 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:21:10.76 ID:jqiFuKIo
     レ-,、   .,r!i、 
      ゙i、.゙'r,---レ''!j,,,,,,,,,_.,―'|" 
  .,――'''''"  ~゙゙゙"` .ヘ、,,,,,, ̄./,,,,_ 
./ ,,-''"       、 .、  、  _.ヘ、 
l゙.,r!`     .l、.,!、,レ ./゙,i、  |i、 │ ゙li、 
/`| .,  .、  |l,,レノ,|,゙l .| ゙l゙l,ーレ゙l,、.|、.|ヽ 
  | .l  j|   | l __li、゙l,゙l、 "ヽ,゙l ゙l,'''!l, .| lレ 
  ゙l.|l, .l゙|   |'l゙',i´ ゙|‐.゙'レ  ,ji,゙‐'l|i、゙l | .|| 
  .゙l|.゙l |,゙l  | |゙l,,ri,i´     l,i´ .|゙゙l!|,,}.,l"   源氏の…君…?
  ` ゙||ヽ、 | ゙"ー"      |レl,," .,ll'|  
     | l.\l、    、      .l゙‐'|  
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ
   .l゙ .,_l゙  `~''',i(,llr‐-"''''''',, "'i、 "i、_.:;彡´@`!》 ,|il゙
   |  ,l `"   ,,i´  ゙l   .__,|i、 │_"ミ彡::ヽ´ン:::ミ
___| .l゙゙l     |、 ,,i´   `'i、゙l '''l、     _,,/゙|:::ミ 
  .|  | l、 .,l" ./`'''~゙゙l、 .,,,,_.,l゙ |  |゙゙llニ'''''゙~゙` ,,,ノ:::ミ 
ー''"|  | "''l、 .,i"   .\,,_.゙,l゙ |,,,,,l゙  `゙゙゙゙゙゙゙゙゙,l゙:::ミ


          ____
        / .u   \   (あいっかわらずインパクトのある顔だお…!)
        ((○)) ((○))
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /
43 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:21:28.49 ID:71c5aUso
お変わりないようでwwww
44 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:22:26.72 ID:i1GzQ1so
少しは垢抜けても良いと思うんだww
45 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:22:45.67 ID:ArAWUH2o
ちょっとは変わってほしかったwwww
46 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:23:17.58 ID:jqiFuKIo
        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)   そ、それよりこの屋敷の有様は
   /     (__人__) ヽ   どうしたことだお?
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿


     レ-,、   .,r!i、 
      ゙i、.゙'r,---レ''!j,,,,,,,,,_.,―'|" 
  .,――'''''"  ~゙゙゙"` .ヘ、,,,,,, ̄./,,,,_ 
./ ,,-''"       、 .、  、  _.ヘ、 
l゙.,r!`     .l、.,!、,レ ./゙,i、  |i、 │ ゙li、 
/`| .,  .、  |l,,レノ,|,゙l .| ゙l゙l,ーレ゙l,、.|、.|ヽ 
  | .l  j|   | l __li、゙l,゙l、 "ヽ,゙l ゙l,'''!l, .| lレ 
  ゙l.|l, .l゙|   |'l゙',i´ ゙|‐.゙'レ  ,ji,゙‐'l|i、゙l | .|| 
  .゙l|.゙l |,゙l  | |゙l,,ri,i´     l,i´ .|゙゙l!|,,}.,l"   えっと、えっと…
  ` ゙||ヽ、 | ゙"ー"      |レl,," .,ll'|  
     | l.\l、    、      .l゙‐'|  
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ


     _,,..,,,,_
    ./ ;ω;ヽ   源氏の君、実は…
    l      l   
    `'ー---‐´
47 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:24:10.89 ID:jqiFuKIo
老女房が語った内容を総合すると、こういうことだった。

     _,,.....,,_          _,,.....,,_
    i'´  !-`i         i'´  !-`i
    ゝ▽ ▽ ノ        ゝ▽ ▽ ノ
    i'( (・・) )i       i'( (・・) )i
   !_ `"'-'"´ !      !_ `"'-'"´ !
   ゝゝ i-i /~ノ       ゝゝ i-i /~ノ
     ̄(._.)          ̄(._.)

一時は源氏の支援を受けて、何とか生活していた末摘花たちでしたが
源氏が須磨に退去したのちは、また極貧になってしまいました。
48 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:26:08.15 ID:jqiFuKIo
このままではまずい…何とかして生活の糧を得なければ。
しかし、上手くいきませんでした。

末摘花には、亡き父親が遺してくれた家財がいくらかありましたが
彼女がそれを売ることを拒否してしまったのです。

     レ-,、   .,r!i、 
      ゙i、.゙'r,---レ''!j,,,,,,,,,_.,―'|" 
  .,――'''''"  ~゙゙゙"` .ヘ、,,,,,, ̄./,,,,_ 
./ ,,-''"       、 .、  、  _.ヘ、 
l゙.,r!`     .l、.,!、,レ ./゙,i、  |i、 │ ゙li、 
/`| .,  .、  |l,,レノ,|,゙l .| ゙l゙l,ーレ゙l,、.|、.|ヽ    このお道具は、亡き父が
  | .l  j|   | l __li、゙l,゙l、 "ヽ,゙l ゙l,'''!l, .| lレ   わたくしのためにお作らせになったもの…
  ゙l.|l, .l゙|   |'l゙',i´ ゙|‐.゙'レ  ,ji,゙‐'l|i、゙l | .|| 
  .゙l|.゙l |,゙l  | |゙l,,ri,i´     l,i´ .|゙゙l!|,,}.,l"   他の人に譲るなどそんな恐ろしいことできません…
  ` ゙||ヽ、 | ゙"ー"      |レl,," .,ll'|  
     | l.\l、    、      .l゙‐'|  
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ


高飛車、などという感覚は彼女にはありません。
純粋に、世間知らずな姫だったのです。
49 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:26:42.30 ID:71c5aUso
なるほどなー
50 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:27:07.84 ID:/Fy9hsoo
良い人だな…
51 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:28:02.00 ID:jqiFuKIo
貧乏な暮らしは日に日にひどくなり
使用人もひとり、またひとり去っていきます。

      xサ==- 、  _,z≠゙⌒ヾハ`ヽ
       非 ̄`ヾ、 Y7´ -‐   j }  ト、
      jヲ二厶小=ん^)z、  ≠   ナ 
      ≠´         `ヾく-‐ <   
    / ,   ,    、、 、 ヽハヽ 、{   っ 
     l{〃/〃 jl    } } } ! !l ! l `个=- 、  っ
     八{ {{{ 八  ハ ノノノ 川 斗==  -=} 
   / 人ゝ乂ゝ ヽ.{ノ≧、ノノム=、-‐   ミメ  お姫さま、元気出すアル
  {´/ノ f心 !jイ} ....... 乂ハ 辷彡f=ニ三ミイ
   \ん ハ{ミ込、(_人_) ゚人=彡}≦こメ
    ヽ._メる}=z≧=ァ 1W (≠くY三ミ}

けれども、姫君についてくる者もいました。
侍従の君、と呼ばれる若い女房です。

姫君と侍従は、はげましあって暮らしていました。
52 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:29:32.09 ID:jqiFuKIo
しかしそこへ、困窮している噂を聞きつけたのか…。
末摘花の君の、母方の叔母にあたる女性が訪ねてきました。

               ___      ______     ))
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ  あらあら、ひどい有様
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′ こんなところじゃ生活できませんわ
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!   姫さま、我が家にお越しくださいな
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イ   ノ`l ヽl  / /  //  
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      `冖'^ ∧ l  { /  / ′   宮家の姫さまに来ていただければ
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))          / }ハ ハ  ' |    我が家の格も上がるというものです
 ′ (     } / // ∧ ((   _,、_     イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  ` ´   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \

「一緒に暮らせば、心配ない」
叔母はそう言って、姫君に叔母の家に来るよう誘います。
53 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:32:06.66 ID:jqiFuKIo
一見いい申し出のようでしたが…。
叔母は大変にいじわるな人間でした。もちろん、本音は違います。

  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  | (このブサイクを下働きにして
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|      笑い者にしてやりますわ)
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'ト  ソ´ /! |  i |  ハ |
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
       /'    \ _ 、_,,_,    _, イ_  | !  | l |-─‐'
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
   ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
    /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ

彼女は昔、受領の妻になったことで常陸宮の不興を買いました。
「富に目がくらんで、卑しい者の妻になった女」だと…。
54 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:34:07.17 ID:jqiFuKIo
叔母はそれをずっと恨んでいて
今度は末摘花の君を笑い者にして、鬱憤を晴らそうとしていました。

しかし、末摘花は拒否しました。

     レ-,、   .,r!i、 
      ゙i、.゙'r,---レ''!j,,,,,,,,,_.,―'|" 
  .,――'''''"  ~゙゙゙"` .ヘ、,,,,,, ̄./,,,,_ 
./ ,,-''"       、 .、  、  _.ヘ、 
l゙.,r!`     .l、.,!、,レ ./゙,i、  |i、 │ ゙li、 
/`| .,  .、  |l,,レノ,|,゙l .| ゙l゙l,ーレ゙l,、.|、.|ヽ 
  | .l  j|   | l __li、゙l,゙l、 "ヽ,゙l ゙l,'''!l, .| lレ 
  ゙l.|l, .l゙|   |'l゙',i´ ゙|‐.゙'レ  ,ji,゙‐'l|i、゙l | .|| 
  .゙l|.゙l |,゙l  | |゙l,,ri,i´     l,i´ .|゙゙l!|,,}.,l"   この屋敷を離れるなんて…
  ` ゙||ヽ、 | ゙"ー"      |レl,," .,ll'|     怖い……
     | l.\l、    、      .l゙‐'|  
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ


               ___      ______     ))
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|  まぁ高飛車な…
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ  わたくしを嫌な者だと
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }  蔑んでいらっしゃるのね
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イ   ノ`l ヽl  / /  // 
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      `冖'^ ∧ l  { /  / ′
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))          / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((   _,、_     イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  ` ´   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \
55 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:35:31.10 ID:HvCLhgA0
この叔母さんになぶられたい
56 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:36:24.93 ID:jqiFuKIo
               ___      ______     ))
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i   いい加減、お目を覚ましなさい!
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,   あなたみたいなブサイク姫を
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ  どうして源氏の君が覚えていると!?
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′ 今、あの方はご正妻の方のみに
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!   心をお許しになっているとの噂
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イ   ノ`l ヽl  / /  // 
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      `冖'^ ∧ l  { /  / ′   もうこんなボロ屋敷には
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))          / }ハ ハ  ' |    お越しになりませんよ!
 ′ (     } / // ∧ ((   _,、_     イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  ` ´   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \


     レ-,、   .,r!i、 
      ゙i、.゙'r,---レ''!j,,,,,,,,,_.,―'|" 
  .,――'''''"  ~゙゙゙"` .ヘ、,,,,,, ̄./,,,,_ 
./ ,,-''"       、 .、  、  _.ヘ、 
l゙.,r!`     .l、.,!、,レ ./゙,i、  |i、 │ ゙li、 
/`| .,  .、  |l,,レノ,|,゙l .| ゙l゙l,ーレ゙l,、.|、.|ヽ 
  | .l  j|   | l __li、゙l,゙l、 "ヽ,゙l ゙l,'''!l, .| lレ 
  ゙l.|l, .l゙|   |'l゙',i´ ゙|‐.゙'レ  ,ji,゙‐'l|i、゙l | .|| 
  .゙l|.゙l |,゙l  | |゙l,,ri,i´     l,i´ .|゙゙l!|,,}.,l"   そんな…ひどい…
  ` ゙||ヽ、 | ゙"ー"      |レl,," .,ll'|  
     | l.\l、    、      .l゙‐'|  
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ
57 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:37:35.39 ID:jqiFuKIo
末摘花は強く反論することもできず、さめざめと泣きます。
しかし、叔母は無情でした。

            , ィヘ ̄>y‐ァ-─ -、 _
            |/ 〈(薔)Y⌒ヽ      ``丶、
           / /( >‐< , /   !         \
         / // こ) / /  ! !        ((_/⌒Y⌒ヽ
          /  l/ , / / /   ! !     |  |   i| /Y ニYi i
       /   / // l/i /  l ,! ,  |   !   ||.:i 人式i| |
        /   /   ,イ /   l  )/   l  /   / l|::|! /^Y^i |
      ,/  / 1 !(( /  ,rr=' l/  /l  /  / / l::|  _ノノi |   もう、知りませんわ
      /  /  | |:.:〉こ二仆 l /1 / l /  / / |.:|(( _ ノ  |   お好きになさいませ
    ,/ /   | |:〈{ (Y) ) )}l/ l / ─‐- 、./ / /^i^7     | 
    / /     〉トト、ト、こ ニソ    r==ミ、 ヽ| ,/ / |/     ,′  でも、侍従は連れて行きますね
   ,/ /     // V^l/ ー‐'′     {    〉i::/ / /   , /
  / /     //  l{ _)           ゞ‐‐ < :/ィイイ /   / / |
 ,/ /    //  |,.ヘ   、__;__,       /   / /   / / .!
 ′/   人//  /(⌒) 、          ,.ィ:/   / /   / /  .:|
  / /    >イ   入L1 >‐──一<⌒/   / //!// /  . :.|
 _/    (  〉二ニ   / ⌒Y⌒ Y /   ,/ /  |/ /  .:.:::::|
        Vr‐-,  , 人_人_人/   / / 〜〜\ .:.:.::::::|
         ).::<_ノ入 _ _ノ入_/   //´        ヽ:::::::::|
   ─ <⌒Y´.:.:/。゚ /´ ̄`7弐く7 /   //           `,::::::|
58 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:38:18.98 ID:71c5aUso
う〜わ〜・・・
59 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:38:35.51 ID:jqiFuKIo
侍従とは、末摘花の乳母子です。
姉妹同然の女房を連れていく、と言われて、末摘花の君は動揺します。

     レ-,、   .,r!i、 
      ゙i、.゙'r,---レ''!j,,,,,,,,,_.,―'|" 
  .,――'''''"  ~゙゙゙"` .ヘ、,,,,,, ̄./,,,,_ 
./ ,,-''"       、 .、  、  _.ヘ、 
l゙.,r!`     .l、.,!、,レ ./゙,i、  |i、 │ ゙li、 
/`| .,  .、  |l,,レノ,|,゙l .| ゙l゙l,ーレ゙l,、.|、.|ヽ 
  | .l  j|   | l __li、゙l,゙l、 "ヽ,゙l ゙l,'''!l, .| lレ 
  ゙l.|l, .l゙|   |'l゙',i´ ゙|‐.゙'レ  ,ji,゙‐'l|i、゙l | .|| 
  .゙l|.゙l |,゙l  | |゙l,,ri,i´     l,i´ .|゙゙l!|,,}.,l"   侍従…?
  ` ゙||ヽ、 | ゙"ー"      |レl,," .,ll'|      どうして、どうして…?
     | l.\l、    、      .l゙‐'|  
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ


  ___
  {l:.:.... : ̄:l}^^'ヽ、   ,ィ= 、_
.   {l:.:    :.:l}:.:、:.:.:.:.ヽ_〃 /.:`^冖=.、、
  〃   ..:〃-:-`‐:.:.:{|:.Y__:_:_:_:_:_:.:.:.:〃
,.ィl     :.l} , ィア´丁フヽしヽ丁ス:.:.:.:.l}
 ア  ̄``┴/          ヽヽj}
:,:フ:.:‐.、 :.〃/       /       ヽ>
    .:/ヽ'' /:      / /       ヽ     お姫さま、ごめんなさいアル
  ..:.:.l:l.:.: l:.:   :  / /:       i   ',
、:.:.:.:.:.:|:l:.:.:..!l.:  :.: !l l.|.:  :     l    |
:.:\:.:.:l:l:.:.:.:l !.:__:._:_l_l_l_レ .:|   / :/.:.!| 
:.:.:.:.:Y_ヽヽ、ヽヽト、N l:l l:.:.:/:/、〃:.:/:.:/リ
ニ._-}二二ア c==ュ` ∨_/∠7/イ、
‐-:.:.:_Y二ア、  " " "  .////ヽーァ:.:.\
三-_  て\_丶、   (人)_ヽ!」」ノ_ l、 ̄:.>′
'       ヽヽ/T二´:..`Y|ヽュ lヾく


侍従の君は、叔母の甥と結婚していました。

甥は、今度任国に下ることになっています。
それにともない、侍従も地方に下るというのです。
60 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:40:34.16 ID:jqiFuKIo
姫君はこの上なく悲しく思いましたがどうすることもできず…。
せめて形見にと、鬘(かつら)を侍従に与えました。

     レ-,、   .,r!i、 
      ゙i、.゙'r,---レ''!j,,,,,,,,,_.,―'|" 
  .,――'''''"  ~゙゙゙"` .ヘ、,,,,,, ̄./,,,,_ 
./ ,,-''"       、 .、  、  _.ヘ、 
l゙.,r!`     .l、.,!、,レ ./゙,i、  |i、 │ ゙li、 
/`| .,  .、  |l,,レノ,|,゙l .| ゙l゙l,ーレ゙l,、.|、.|ヽ    これ…わたくしの髪で作ったの
  | .l  j|   | l __li、゙l,゙l、 "ヽ,゙l ゙l,'''!l, .| lレ 
  ゙l.|l, .l゙|   |'l゙',i´ ゙|‐.゙'レ  ,ji,゙‐'l|i、゙l | .||   髪だけはきれいだって…
  .゙l|.゙l |,゙l  | |゙l,,ri,i´     l,i´ .|゙゙l!|,,}.,l"   昔から、言われてたから…
  ` ゙||ヽ、 | ゙"ー"      |レl,," .,ll'|     
     | l.\l、    、      .l゙‐'|      
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ


      xサ==- 、  _,z≠゙⌒ヾハ`ヽ
       非 ̄`ヾ、 Y7´ -‐   j }  ト、
      jヲ二厶小=ん^)z、  ≠   ナ 
      ≠´         `ヾく-‐ <   
    / ,   ,    、、 、 ヽハヽ 、{   っ 
     l{〃/〃 jl    } } } ! !l ! l `个=- 、   お姫さま…!
     八{ {{{ 八  ハ ノノノ 川 斗==  -=}
   / 人ゝ乂ゝ ヽ.{ノ≧、ノノム=、-‐   ミメ   大事に、大事にするアル…!
  {´/ノ f心 !jイ} ....... 乂ハ 辷彡f=ニ三ミイ
   \ん ハ{ミ込、(_人_) ゚人=彡}≦こメ
    ヽ._メる}=z≧=ァ 1W (≠くY三ミ}
61 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:40:44.69 ID:HvCLhgA0
これは侍従もつらいわ
62 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:41:41.14 ID:jqiFuKIo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   鬘(かつら)は"かもじ"などとも呼び
  ミ゙ ゚ -゚ノ    頭髪に添えて豊かさを出すためのものだ
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   芥川の『羅生門』にもあるように、当然ながらこの時代は
  /ヾノ==,)    人毛で作るのが普通だったようだな
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   鬘を旅のたむけとして送るのは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    道祖神信仰との関連性があるとも言われるらしいが
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   まあここは、適当な形見がそれしかなかったと
  /ヾノ==,)    したほうが雰囲気が出ていいだろう
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
63 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:43:19.27 ID:jqiFuKIo
            , ィヘ ̄>y‐ァ-─ -、 _
            |/ 〈(薔)Y⌒ヽ      ``丶、
           / /( >‐< , /   !         \
         / // こ) / /  ! !        ((_/⌒Y⌒ヽ
          /  l/ , / / /   ! !     |  |   i| /Y ニYi i
       /   / // l/i /  l ,! ,  |   !   ||.:i 人式i| |
        /   /   ,イ /   l  )/   l  /   / l|::|! /^Y^i |
      ,/  / 1 !(( /  ,rr=' l/  /l  /  / / l::|  _ノノi |
      /  /  | |:.:〉こ二仆 l /1 / l /  / / |.:|(( _ ノ  |  では御機嫌よう
    ,/ /   | |:〈{ (Y) ) )}l/ l / ─‐- 、./ / /^i^7     | 
    / /     〉トト、ト、こ ニソ    r==ミ、 ヽ| ,/ / |/     ,′ いつまでも来ない殿方を待って
   ,/ /     // V^l/ ー‐'′     {    〉i::/ / /   , /   そこで干からびてしまうといいと
  / /     //  l{ _)           ゞ‐‐ < :/ィイイ /   / / |   思いますわ♪
 ,/ /    //  |,.ヘ   、__;__,       /   / /   / / .!
 ′/   人//  /(⌒) 、          ,.ィ:/   / /   / /  .:|
  / /    >イ   入L1 >‐──一<⌒/   / //!// /  . :.|
 _/    (  〉二ニ   / ⌒Y⌒ Y /   ,/ /  |/ /  .:.:::::|
        Vr‐-,  , 人_人_人/   / / 〜〜\ .:.:.::::::|
         ).::<_ノ入 _ _ノ入_/   //´        ヽ:::::::::|
   ─ <⌒Y´.:.:/。゚ /´ ̄`7弐く7 /   //           `,::::::|

こうして、末摘花の君は、不気味な屋敷の中…
老いた女房たちとだけ、寂しく暮らすこととなったのです。
64 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:45:50.34 ID:jqiFuKIo
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     …ひどい話だお
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \     そんなになっても…
   /  /⌒)   ⌒゚o  \    やる夫を、待っていてくれたのかお…
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /
65 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:47:51.39 ID:jqiFuKIo
     レ-,、   .,r!i、 
      ゙i、.゙'r,---レ''!j,,,,,,,,,_.,―'|" 
  .,――'''''"  ~゙゙゙"` .ヘ、,,,,,, ̄./,,,,_ 
./ ,,-''"       、 .、  、  _.ヘ、 
l゙.,r!`     .l、.,!、,レ ./゙,i、  |i、 │ ゙li、 
/`| .,  .、  |l,,レノ,|,゙l .| ゙l゙l,ーレ゙l,、.|、.|ヽ 
  | .l  j|   | l __li、゙l,゙l、 "ヽ,゙l ゙l,'''!l, .| lレ 
  ゙l.|l, .l゙|   |'l゙',i´ ゙|‐.゙'レ  ,ji,゙‐'l|i、゙l | .|| 
  .゙l|.゙l |,゙l  | |゙l,,ri,i´     l,i´ .|゙゙l!|,,}.,l"   だって…源氏の君は
  ` ゙||ヽ、 | ゙"ー"      |レl,," .,ll'|      大切な、人だから…
     | l.\l、    、      .l゙‐'|  
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ
   .l゙ .,_l゙  `~''',i(,llr‐-"''''''',, "'i、 "i、_.:;彡´@`!》 ,|il゙


      ____
    /_ノ   ヽ_\      (不器量な姫だけど…
   /( ●) ( ●)\      心はまっすぐな人だお)
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /
66 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:48:31.84 ID:/Fy9hsoo
心が真っ直ぐだ…やる夫も見習えww
67 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:49:40.70 ID:i1GzQ1so
足して二で割ったらいいんじゃね
68 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:49:41.16 ID:mXhhueUo
器量悪しってやかましいわwwwwwwwwwwwwww
69 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:49:54.67 ID:B.COqlQo
やる夫が見習ったらここで物語終了ですよ
70 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:50:06.95 ID:jqiFuKIo
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    姫君、安心するといいお!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   これからは、やる夫がきちんと守ってあげるお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


     レ-,、   .,r!i、 
      ゙i、.゙'r,---レ''!j,,,,,,,,,_.,―'|" 
  .,――'''''"  ~゙゙゙"` .ヘ、,,,,,, ̄./,,,,_ 
./ ,,-''"       、 .、  、  _.ヘ、 
l゙.,r!`     .l、.,!、,レ ./゙,i、  |i、 │ ゙li、 
/`| .,  .、  |l,,レノ,|,゙l .| ゙l゙l,ーレ゙l,、.|、.|ヽ 
  | .l  j|   | l __li、゙l,゙l、 "ヽ,゙l ゙l,'''!l, .| lレ 
  ゙l.|l, .l゙|   |'l゙',i´ ゙|‐.゙'レ  ,ji,゙‐'l|i、゙l | .|| 
  .゙l|.゙l |,゙l  | |゙l,,ri,i´     l,i´ .|゙゙l!|,,}.,l"   源氏の君…
  ` ゙||ヽ、 | ゙"ー"      |レl,," .,ll'|  
     | l.\l、    、      .l゙‐'|      うれしい…
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ
   .l゙ .,_l゙  `~''',i(,llr‐-"''''''',, "'i、 "i、_.:;彡´@`!》 ,|il゙
   |  ,l `"   ,,i´  ゙l   .__,|i、 │_"ミ彡::ヽ´ン:::ミ
___| .l゙゙l     |、 ,,i´   `'i、゙l '''l、     _,,/゙|:::ミ 
  .|  | l、 .,l" ./`'''~゙゙l、 .,,,,_.,l゙ |  |゙゙llニ'''''゙~゙` ,,,ノ:::ミ 
ー''"|  | "''l、 .,i"   .\,,_.゙,l゙ |,,,,,l゙  `゙゙゙゙゙゙゙゙゙,l゙:::ミ
71 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:50:53.23 ID:HnfB4i2o
さらっと酷い事言いやがるぜこの種馬野郎が・・・
72 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:51:09.06 ID:71c5aUso
イイハナシダナー
73 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:51:28.63 ID:jqiFuKIo
                   /ヽ
                    〈< >〉        ,.ィ
                   }  {      //
           \ー-、        }/ヽ\__/{__) ,'
              ヽ く_ト--‐く_,,.斗-――-、」‐-、
              _〉、 _>''"´ ̄r、_     ―く \ \__
             / /ー- /  ,'           \ \  \
         _/--,イ    /   i         \  \ \  \
         /  //   / .,'   i | | i         \   \ \  ヽ
      / _,//   /  ,i|  ||ハ | i          ヽ.  ヽ  ヽ  ヘ
     / ./ .//  ,'  i|  ||ハ|∧   ヽ       ヽ  ヽ  ヽ. ∧
    / レ' //   i   ||  ||| i! ヘ   \  \  ヘ  ヘ  ハ ハ
  /  / ./ i   |   ||  |||  i!  ヽ    \  ヽ ハ  ハ   ', i
  ,'.   ,'  ,' i|    |   | ハ |||  ',.  \_>-――‐‐ト、  |   i |
  i  i!  i!  |    ト、 |_ハ,」,__i!   ヘ   \ \ \ |、   |   ト、|
  |  |:  |:  |    l>'"「',|ハ|  !`   ヽ.   _,>==トミ.」ハ | ,' ,リ
  |  iハ |  ハ.   i!{ハ:|∧! ハ ハ      \ <ハ{:::::::::::ハ .ゞ| イ ハ  ニコ…
  |  |∧ |!: ∧   ハ| ヽ,ィfア丁テy          ヒノ:::::::} | ´ ! /| /:.:∧
     | ∧|',  ト、   ∧./{ V-::::::ハ           乂_,ィレ。 |/ |ハ:.:.:∧
    | ∧ヘ  { ヽ  ∧   乂、_ノ }           Xxx 。 ハ: :ハ:.:.',:.:.:∧
        \ト、 \  ヘ 。 -‐''´     、       ゚/|∧: ∧:.',:.:.:∧
          ,' ! i \ ハ ゚。x.              ,イ:::|:.:∧: ∧ヘ:.:.:.:ヘ
            /  || ト、  \         ` ´     /:|:::::!:.:.:∧: ∧:ヽ: : ヘ
        ,.イ斗┴―-、', ハ::::> 、_        ,.イ::|::∧::::',:.:.:.∧: :ハ:.:.\: ヽ
       /        ∨ ハ::::::::r| ` - __,.イ  |!::|::::∧:::ヘ:.:.:.:ハ:. :|:.:.:. :\ \
      /             ∨ ハ-┤` ー-、____,. イ´|::|::::::∧::::ヽ:.:.:.|: :|:\:.:.:. :\ \
    /  __       ハ ハ 〉 ̄ ̄\ |i|  _」――ァ-―- 、! .,'ヽ:.:\:.:.: \ \
.  _/ ̄      ̄`>-、   ',  !/ヽ.    ヽ|l|_/    ∧_   |/:::::::\:.:\:.:.: \ \
  |  斗--――--、    \  ! |ヽ/\__r―《 ̄\\/ ̄〉、 ヽ / \::::::\:.:.\:.:  \ \
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ヽ | リ Y´} ̄ ̄\\__/ノ斗-┴、Vハ     ト、:::::::ヽ:.: :\:.:. :\ \
. / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_ ヽ.Vi/    ̄{   //\_/ ̄ ̄> / i |    /ハ::::::::::ヽ:.:.:.:.\:.:  \ \
く./                    ̄//      `ー┴〈\ ハ \ |-‐'  | | ./   ∧:::::::::::ヽ:.:.:.:. \:.:  \ \
74 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:51:46.95 ID:/Fy9hsoo
えええええええええええええ
75 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:52:12.24 ID:4LTC6Eso
ひめの ほうそくが みだれる!
76 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:54:05.48 ID:jqiFuKIo
          ____
        / .u   \    ……ええ!?
        ((○)) ((○))
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


     レ-,、   .,r!i、 
      ゙i、.゙'r,---レ''!j,,,,,,,,,_.,―'|" 
  .,――'''''"  ~゙゙゙"` .ヘ、,,,,,, ̄./,,,,_ 
./ ,,-''"       、 .、  、  _.ヘ、 
l゙.,r!`     .l、.,!、,レ ./゙,i、  |i、 │ ゙li、 
/`| .,  .、  |l,,レノ,|,゙l .| ゙l゙l,ーレ゙l,、.|、.|ヽ 
  | .l  j|   | l __li、゙l,゙l、 "ヽ,゙l ゙l,'''!l, .| lレ 
  ゙l.|l, .l゙|   |'l゙',i´ ゙|‐.゙'レ  ,ji,゙‐'l|i、゙l | .|| 
  .゙l|.゙l |,゙l  | |゙l,,ri,i´     l,i´ .|゙゙l!|,,}.,l"   どうか…なさいました?
  ` ゙||ヽ、 | ゙"ー"      |レl,," .,ll'|  
     | l.\l、    、      .l゙‐'|  
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ


       ___
    /     \
   / ヽ  /  丶   (あ、あれ、いま一瞬…)
  /  (●) (●) ヽ
  l::::⌒(__人__)⌒:::u:l
  \  |r┬-|   /
  /   `ー'´   ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l
77 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:54:16.30 ID:/Fy9hsoo
頭の上のトンガリは王冠だったのか。アホ毛だと思っていた。
78 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:55:37.76 ID:zUMMocY0
かなり本気でびっくりしたwwwwww
79 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:55:39.75 ID:71c5aUso
なん・・・だと・・・
80 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:55:26.73 ID:jqiFuKIo
源氏は末摘花を、昔と同じように支援するようになった。
そしてのちには、自分の手元に引き取って、お世話するのだった。

     レ-,、   .,r!i、 
      ゙i、.゙'r,---レ''!j,,,,,,,,,_.,―'|" 
  .,――'''''"  ~゙゙゙"` .ヘ、,,,,,, ̄./,,,,_ 
./ ,,-''"       、 .、  、  _.ヘ、 
l゙.,r!`     .l、.,!、,レ ./゙,i、  |i、 │ ゙li、 
/`| .,  .、  |l,,レノ,|,゙l .| ゙l゙l,ーレ゙l,、.|、.|ヽ 
  | .l  j|   | l __li、゙l,゙l、 "ヽ,゙l ゙l,'''!l, .| lレ 
  ゙l.|l, .l゙|   |'l゙',i´ ゙|‐.゙'レ  ,ji,゙‐'l|i、゙l | .|| 
  .゙l|.゙l |,゙l  | |゙l,,ri,i´     l,i´ .|゙゙l!|,,}.,l" 
  ` ゙||ヽ、 | ゙"ー"      |レl,," .,ll'|  
     | l.\l、    、      .l゙‐'|  
     |,│ ,i|、   _         ,i´|.,.|
     || .゙l,i´|i、   |,,,,|゙    _,/` |/|  
     |.゙l .゙l,/.゙'i、、    _,,rr'"  ,lト | 
    │ ゙l │  ゙|'i、,,-‐│ ,|  .,/,},-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
   .,i´ │.゙l、 .| .`  .|.| |  .,/ , ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
   .イ   .゙l,.` ,r'!l!-、、 'i゙|レ.|、'".,i´゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
''''''''ヽ,、.i、 _,_|,、 .|/  |   .:'" |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

不器用で不器量な人にも、こんな幸福があるというお話。
81 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:55:45.43 ID:giC8mmAo
やる夫は甲斐性はあるからな
そこは美点
82 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:56:11.55 ID:i1GzQ1so
あ、あれ・・・?一瞬とても可愛く
83 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:56:46.67 ID:B.COqlQo
単にいい女に言い寄って口説いて遊ぶだけの男じゃないんだよな
ヤンデレ以外は基本的にきっちり面倒見てるし。
84 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/08(水) 23:56:49.94 ID:ArG9Ymoo
おばさんはどうなったのやら
85 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:57:36.34 ID:jqiFuKIo
◆某日、平安京

       rー- 、
        \ヽ,ヽ
.        _」_|/ !
        ト、/!/ノ ,.-テ‐z
    _    y'、| !ィrーv'一}
   { ヽ.~ヽ } ミ|彡} ミ/ニ7
   ヽミl〃} { ミ|彡!V´/          、
.   〈 ミl<ミ 、,fb-‐<9=ニヲ       、,、  `)          ,,,_
     ヽミl〃`/ r,.-一`> ラ        (Vィソ ( 、 __⊆^'‘ゝミ-、
    _,ゝレ'/iWjィ   /ヽフ       `|´   ` ー '~´ ‘ー、゙゙''_;っイー、
.    )ミ|'l l>ノ    `y 〉‐;-、    {ヽ!(フ          /´ ヽ、 | /ト、
    ` ミ|_L_/   _Mィノノ‐.、ー_)__ `|/ n_C'´ o _  ,'  ,i{ lLl_'_,イ
     /(_ ,ゝ、   ̄~/´/、ノ  /| ウ ∠ィラヮー} ゙V  ,リ゙/_Ll_|\__,、
    / {_ (._.二ニ=ニ三彡,ノ   / .}!, 八. ̄ ̄/| ! トー''"「 |ニ-ー--|. ! ヽ  ̄ 7
. ∠__ゝ<__」__,L. ー'‐'"__∠__/(__) /__ }| | L_  ヽヽ  r'ニ! L.._\/
. 「/ ̄ ̄ ̄ヽ|./ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|{ .∠____/ ̄|,r'ニ(_! l- ニニゝ\//、_`ニ7´/
. |{. /   }|.{        }|  「/ ̄ ̄ヽ|{ ,// ̄ ノ人ヽ、._  \\__,//
ヾ/'_ノ'____ノ| '、____ノ|/| 、__,ノ|/L二フ´ "\\.二ニV-‐、<_
 ̄ 〔w/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄  ̄  ̄  ∠ -ー-ー '´∠ゝ-∠-、/ `

源氏の君は、桐壺院追善の御八講を行った。
須磨の浦で自分を助けてくれた、父親の宿業が少しでも軽くなるようにと…。

当日は東宮や藤壺中宮らも参列し、盛大な法要が行われた。
86 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/08(水) 23:58:29.89 ID:jqiFuKIo

       __     あ!お父様だ!
      /⌒ ⌒\
    / (● ●) \r´`i ミn '´)
    (   (_人_)   ノ ノ ノ .ノ
         `-'
       夕霧

        ___
      /      \
   /          \      おお、東宮さまに
  /   ⌒   ⌒   \     夕霧!
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ   源氏の君…
 .|    (__人__) |    また会えるようになって
 .|      `⌒´  |    本当に嬉しい!
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ
     東宮
87 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:00:11.01 ID:a8chZXwo
       ____
     /_ノ   ヽ_\   
   /( >)  (<)\    そうか、夕霧も童殿上する年かお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

        __
       /⌒ ⌒\   
     / (⌒ ⌒)\   はい!
     (  ///(_人_)// )  お行儀はたいへんだけど
     / ,○ `´ ○,i    がんばってます!
     丶__ノ     |ノ
88 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/07/09(木) 00:01:28.00 ID:F.dsteo0
秀忠?秀忠ではないか!
89 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:03:36.47 ID:a8chZXwo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   童殿上(わらわてんじょう)とは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    行儀見習いのために貴族の子供が
  √¨l-゚]、   宮中に上がって仕えたことをいう
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
90 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:05:07.24 ID:a8chZXwo

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\     夕霧といると兄弟みたいだと
  /   (●) (●)ヽ    皆に言われるよ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|
 .|      ( <   |    そんなに似てるかな?
  ヽ     `-'  /    
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


        / ̄ ̄ ̄\
      /        \    …畏れ多くも
     /  ―   ―   \  
     |   (_) (_)   |  東宮さまは、お嫌ですか?
     \   (__人__)   /
     /              \


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\     嫌なわけないよ
  /   (⌒) (⌒)ヽ 
 .|    (__人__) |    僕は末の弟だから
 .|      `⌒´  |    ホントの弟ができたみたいで嬉しいな
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ
91 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:08:34.40 ID:a8chZXwo
すっかり成長した東宮は、まだあどけないながら
帝王の才覚をあらわしはじめていた。

    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ     私ももう11歳
 .|    (__人__) |      御上も、もうすぐ元服だと
 .|      `⌒´  |      おっしゃってくれている
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ
   .|    ─  ─  |    …たぶん、元服したら
   |    (●) (●) |    すぐ即位なのでしょう?
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /
92 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:10:18.41 ID:a8chZXwo

     / ̄ ̄\
   / \  /\
  |  (●) (●) ヽ.    源氏の君…
  |   (__人__)  .|
  |     `⌒´   |     僕は頑張るよ
  /         /      だから、僕を支えてください
  /  ヽ∩__   .ノヽ
 /   (  )   |  |     それが、理ですから!
 (  / ノ    .|  |
 .\__/    _|  |
      .___ /


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    もちろんですお!東宮さま
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
93 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:12:11.94 ID:a8chZXwo
源氏の君は、中宮とも対面し挨拶をした。

           ヽ. |/ |::::.、     _    ,.::::} l:  /
             / l: \:>     `  <:/!:| l  /   …………。
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l


        / ̄ ̄ ̄\
      /        \    藤壺中宮さま
     /  ―   ―   \  
     |   (_) (_)   |  ご無沙汰いたしておりました
     \   (__人__)   /  
     /              \
94 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:13:11.52 ID:uRz8qhUo
パパンだもんなぁ
95 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:13:35.23 ID:a8chZXwo
           ヽ. |/ |::::.、     _    ,.::::} l:  /
             / l: \:>     `  <:/!:| l  /    源氏の君
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ    東宮さまに、お会いしましたか?
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l

       ____
    /     \       はい
   /  ─    ─\     東宮さまにおかれましても
 /    (●) (●) \    ご立派にご成長あそばされた様子
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /    不甲斐ない身ではありますが
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    精一杯、後見させていただきますお
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
96 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:15:37.58 ID:a8chZXwo
               _     ―  、
             /  .: : .        \
             /  . : : : : : .    /-、: \
            / :ス、 . : : : : : : : : /    \. \
         / /´  ` ー -- '´  ヽ  ヽ  ヽ ヽ
          / /    / .:       :.      ',  ヽ
         ./ /   /: /  :.    : |:.  l  :. l l   ',
       /  i:|    | |:.  l|:.   :| |::  |  :. l |  |   (この人は…大人になられた)
        !  |:l:. l _l|: l!:.. l|::.. :. .:lN::  j:._.: l  | l   l
        |  N、 l:.| ヽT:z.、N:..::..:/jイ:ィ/j/|.:/.: /イ   !   (穏やかな目が…
       ',   ::|\|!ィi´うハミ. ヽ' ,ィi´うハ「 jイレ::|  ,'     澄んでいらっしゃるわ…)
       ヽ  | l ハ ゞ- '      ゞ- '' ハ: |'´:j  ,'
           ヽ. |/ |::::.、     _    ,.::::} l:  /
             / l: \:>     `  <:/!:| l  /
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l
97 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:17:08.53 ID:a8chZXwo
           ヽ. |/ |::::.、     _    ,.::::} l:  /
             / l: \:>     `  <:/!:| l  /    (…もう、心配ありませんよね?)
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l

       ____
    /     \
   /  ─    ─\    …何か、おっしゃいましたかお?
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
98 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:18:39.86 ID:a8chZXwo
               _     ―  、
             /  .: : .        \
             /  . : : : : : .    /-、: \
            / :ス、 . : : : : : : : : /    \. \
         / /´  ` ー -- '´  ヽ  ヽ  ヽ ヽ
          / /    / .:       :.      ',  ヽ
         ./ /   /: /  :.    : |:.  l  :. l l   ',
       /  i:|    | |:.  l|:.   :| |::  |  :. l |  |
        !  |:l:. l _l|: l!:.. l|::.. :. .:lN::  j:._.: l  | l   l   いいえ…
        |  N、 l:.| ヽT:z.、N:..::..:/jイ:ィ/j/|.:/.: /イ   !
       ',   ::|\|!、. _____ ,    、. _____ , jイレ::|  ,'
       ヽ  | l ハ`  ̄ `    `  ̄ ` ハ: |'´:j  ,'
           ヽ. |/ |::::.、     '     ,.::::} l:  /
             / l: \:>  ー_一  <:/!:| l  /
         / l:|、  `ヽ、    _  '´ //l ヽ ヽ
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l
99 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:18:42.87 ID:B.Xw9Fko
血縁関係で言うなら、こんな感じだよね?

でっていう━┯━真紅━┯━やる夫
        │      │
       東宮    夕霧
100 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:20:09.38 ID:a8chZXwo

     / ̄ ̄\
   / ─  ─\  ほら、こうやって
  |   ⌒   ⌒ .ヽ. 手を当てて…
  |   (__人__)  .|
  |     `⌒´   |      __
  /         /    /― ―\
  /  ヽ      ノヽ   / (● ●)\ こうですか?
 /    ∩ノ ⊃  |  |  (   (_人_)  )
 (  / _ノ   .|  | ./  ∩ノ ⊃|  |
 .\__/    _|  |  \V _ノ_|  |
      .___ /   \/__/
101 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:21:46.36 ID:a8chZXwo
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
   \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ 
    /    r''ヽ、.|  
   |     `ー-ヽ|ヮ 
   |       `|     ーーー   
   |     `ー-ヽ|ヮ        ノ    
   |       `|        ノ       
   |.        |         
   ヽ、      |      ーーー ヽヽ   
     ヽ____ノ          ノ    
     /_ノ ' ヽ_\        ノ     
   /(≡)   (≡)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / 
  |     |r┬-|     |  (    
  \      `ー'´     /    \

第十九話「帰京、そして春」、おわり
第二十話「みをつくし」につづく
102 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:22:24.36 ID:fNN9gB60
>>99
激しく違う
103 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:22:27.15 ID:B.Xw9Fko


投下の邪魔をしたかもしれない。すまんかった。
104 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:22:29.38 ID:a8chZXwo
>>99
ちょww違いますww
ちょっと家系図作ってくるので待ってください
105 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/07/09(木) 00:23:31.15 ID:ZFXuF76o
>>99
夕霧は源氏と葵の上の息子
東宮は源氏?と藤壺の息子
106 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:24:15.13 ID:B.Xw9Fko
違ったか。すいませんww
107 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:24:41.39 ID:a8chZXwo

 桐壺院━━━藤壺中宮━┯━やる夫━┯━葵の上
                 │       │  (故人)
                 │       │
                東宮      夕霧

東宮は、藤壺(真紅)とやる夫の不実の子
夕霧は、死んだ葵の上との子です

東宮・夕霧は、実は異母兄弟ということになります
108 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:27:12.59 ID:B.Xw9Fko
>>107
葵の上はメガネの子か。なるほど。
とてもわかりやすい。ありがとう。
109 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:31:32.90 ID:jxfpxjgo
乙乙〜
110 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:31:34.65 ID:IhyOjYwo
乙でした!
111 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:32:44.27 ID:4JGMmxIo
乙でした〜

次回も楽しみにしてま
112 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:33:47.03 ID:ZrDhWcEo
乙です
113 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:33:51.62 ID:fNN9gB60
乙でした
114 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:35:26.39 ID:aAN7mlAo
乙ですた〜
115 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 00:38:02.91 ID:a8chZXwo
以上で第19話を終了します
お付き合いいただきありがとうございました!

次回は7/19(日)の21時ごろから投下したいと思います
よろしくお願いします
116 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:42:19.53 ID:yF.tHkYo
乙デス
117 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:44:32.89 ID:2.yizLAo
乙&了解〜
118 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:45:24.89 ID:dJ8VCwA0
乙!源氏物語は何度か読んだけど、これが一番分かりやすく入りやすい。
次回も待ってます。
119 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 00:47:09.86 ID:B.Xw9Fko
血縁はこれでおk?

  弘徽殿女御━┯━桐壺院━━━藤壺中宮━┯━やる夫━┯━葵の上←兄妹→やらない夫
.   ↑      │ (でっていう)   (真紅)  │    :   │ (故人)
   姉妹      |                   |    :    |
.    ↓        |                  .|    :    |
 朧月夜━━━朱雀帝(ヨッシー)         東宮   :  夕霧
 (水銀燈)                             :
   :                               :
   :                               :
    ……………………火遊び……………………………
120 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 06:24:30.26 ID:amy6wkgo
表向きは、朱雀帝、やる夫、東宮は、桐壺院を父とする異母兄弟になるわけだな
121 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 07:21:12.03 ID:Jp5DKS6o
やっと読めた乙。

>>26
亀だけど、ルイ14世の主だった女性遍歴によくそういうことが言われているね。

青年時代には可憐な乙女→ルイズ・ド・ラ・ヴァリエール(笑)
壮年時代には妖艶魔性の女→モンテスパン
そして老境を共にしたのは円熟した信仰篤い(篤過ぎる)女→マントノン。
122 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 14:26:03.08 ID:51H.xO.o
東宮は源氏が19歳の頃の子供
夕霧は源氏が21歳の頃の子供

明石から帰った源氏は28歳だから、
東宮は9歳、夕霧は7歳

当時は数え年だから、
計算が間違ってるのかな?
123 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/09(木) 19:40:59.29 ID:a8chZXwo
当時は数え年なので、
+1していただければ多分計算は合うと思います

…ということは14歳で結婚した紫の、実年齢は13歳ということに(ry
124 :122 [sage]:2009/07/09(木) 19:46:19.67 ID:51H.xO.0
>>123
1様、毎回楽しませていただいております。

当時は結婚するのが早いっていっても、
今の感覚からみると大変けしからん(羨ましい)
125 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 20:34:49.29 ID:PIwKk7wo
>>123
うん、やっぱりやる夫もげろ
126 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 20:47:47.77 ID:plQlTogo
児ポ法で源氏物語も絶版になってしまうのでしょうかww
127 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 21:28:51.64 ID:jxYAMq6o
数え年恐ろしいっすよね。
生まれたら1歳。
そして新年を迎えたら皆同時に歳をとる。
明治生まれの爺様婆様あたりまでこのシステムだった日本マジパネエ。

だから例えば11月に生まれると新年と同時に2歳な訳で。

わかむらさきちゃんじゅうにさいとか せんねんまえから にほんはじまりすぎ
128 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/09(木) 22:33:36.05 ID:2HfiKRIo
0という概念がなかったから仕方ない
129 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/10(金) 01:31:59.77 ID:r.fhl1c0
>>127
聞くところによると当時の結婚年齢は「赤飯炊いたらおk(婉曲表現)」
史実でも12歳で入内とかw


でも大丈夫!別に日本だけはじまってますってわけじゃないから!
たとえばヘンリー七世はママンが13歳で(ry
130 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/10(金) 23:52:07.22 ID:ZYA6rCwo
>>129
利家とまつ(NHK)

131 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/11(土) 23:29:17.85 ID:bdHusHEo
>>1に書いたスレその4のアドレスが間違ってましたorz
正しくは↓

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1243174337/
132 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/16(木) 00:59:44.70 ID:/Ub5uSwo
明日17日は、京都の祇園祭のハイライト、宵山です
熱さと人出と交通規制に十分お気をつけの上、お楽しみくださいー

ローマ法王から伊達政宗に贈られたタペストリーとかもあってとても興味深い
133 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/16(木) 01:06:50.58 ID:rFblgw2o
平日でもお祭りか…お祭りいきてええええ
134 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/07/16(木) 03:18:09.50 ID:IFEWWKw0
祇園祭は下京のお祭りなので、上京の人は案外関心なかったりするねえ
宵山・山鉾巡行合わせても、生まれて○十年で数回しか見物した記憶がない
だいたいテレビで見て、暑いのに大変やねえなんて言ってる
あ、観光客の皆さんは大歓迎です(祇園祭特別料金とかあるので、入るお店は選んでね)
135 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/16(木) 14:35:55.61 ID:Tl58B9oo
マジでボッタクリだもんなwwwwww
136 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/16(木) 23:32:32.23 ID:/Ub5uSwo
賀茂ナスバーガー500円!

買えば良かったとチョト後悔
137 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/17(金) 02:48:54.36 ID:69FDAYAo
買ったら買ったで後悔だろwwww
138 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/17(金) 05:45:50.11 ID:kLvLCGMo
>>136
美味いんだが微妙だか、良く分からないなぁ
139 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/17(金) 16:53:57.78 ID:AHGekU6o
賀茂ナスだけくれ
140 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 11:51:14.95 ID:4ffziIYo
やっと追いついた。
最近このスレ知って源氏物語に興味持って
とりあえず与謝野晶子版を読み始めました。
これからも頑張ってくださいね。
141 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 20:48:36.68 ID:Z8JMx4.o
>>1です
21時すぎから投下を始めたいと思います
いましばらくお待ちください

>>140
ありがとうございます
このスレで原作に興味を持って…というのは一番うれしいですね
142 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:02:39.47 ID:Z8JMx4.o
いずれの帝の御代であったか…。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。

            (::::::::::::   ヽ
    , ⌒ヽ    (::::::::::::::::::::::  )
   (:::::::::::: '   (:::::::::::::::::::::::::::  ヽ⌒ヽ 、
    ゝ:::::::::::: `ヽ(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    )       (⌒ 、
   (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  ::::::::::::::::  ヽ     (:::::::  ヽ
  (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::  )    (:::::::::::::::::
::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::::::::::::::::::::::     ┌┐  :::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /~'7;; |/~''7 ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (  ( ̄|  ( ::::::::::::::::::::::::
                     、___`t-'ーイゝ-i
                      ヽ] ̄二二二7
~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'"^~~^'""~^'"^~~~~~~~
 〜〜~ 〜〜   ~〜〜〜  〜~~ 〜〜  〜〜~  〜~~
 ~ 〜〜  ~~  〜〜   ~~ 〜〜~~~    ~~ 〜〜〜

            第二十話「みをつくし」
143 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:03:32.37 ID:uSKcc2go
キタキター
144 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:03:52.22 ID:Z8JMx4.o
◆源氏29歳の春、二月下旬


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|
 .|      ( <   |
  ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

東宮の元服とともに、朱雀帝は譲位なされ、新しい帝が即位した。
以後、冷泉帝と申し上げる。
145 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:04:19.56 ID:wv9j78Ao
久々のリアルタイム支援
146 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:04:22.70 ID:JXUWzKoo
まってました
147 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:05:20.64 ID:Z8JMx4.o
■人物:冷泉帝(れいぜいてい)

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|
 .|      ( <   |
  ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

表向きは桐壺帝の第10皇子。母は藤壺中宮。

実の父親は、源氏の君。
だが、世間はもちろんのこと、本人もそのことは知らない。

即位当時11歳ながら、聡明で大人びた雰囲気を持つ。
148 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/07/19(日) 21:06:00.39 ID:wv9j78Ao
ん?藤壺と源氏の間の子が
帝になったってことでOK?
149 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:07:06.82 ID:Z8JMx4.o
後見である源氏はそれにともない、内大臣の位を賜った。
そのまま、摂政として腕を振るうかと思われたが…。

       ____
    /     \
   /  ─    ─\     やる夫はまだまだ若輩者
 /    (●) (●) \    そのような重職には堪え切れません
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /    どうでしょう
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    先の左大臣殿にまかされてみては?
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


         , -──‐‐-、
        / ,-─==-‐‐、\
       / ,,---、  ,,,---、ヽ
       i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i      老いさらばえた身で
       | u '`ー゚ 」  L`゚‐'^U|       そのような位がつとまるかどうか
      __| ,,、--└Li┘---、 |___    少々不安ですが…
     { ti/   /\   \iァ }    
      Y    ./´ ̄`\   Y´     御上と世のため、いま一度
     ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ    つとめもうしあげましょう
    / /  /  i  ヽ ヽ   \
   i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
   | i   i     i    i  }    }
 ‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--
   ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /  
     \ \ ヽヽ  !  /    //   
     \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /    
      ヽ  `r-、,  _/ /   / 
150 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:09:09.74 ID:Z8JMx4.o
源氏のすすめで、前左大臣は復職。まもなく太政大臣となった。
宰相中将(もとの頭中将)も、権中納言へと昇進した。

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     義兄上、昇進おめでとうだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)   ありがとう、やる夫
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }    俺も、そろそろ本気を出す時が
           ヽ、      ソ     来たようだな…常識的に考えて
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}
151 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:11:32.11 ID:uSKcc2go
明日から本気だす
152 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:12:07.21 ID:Z8JMx4.o
       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\    おやおや
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   今まで本気じゃなかったのかお?
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /


              / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |  ま、簡単に言うとだな
            (__人__)      |
            l` ⌒´    |   俺もそろそろ貴族の常として
            {         |    後宮政治にも手を出そうと思うんだ
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     後宮政治?
   /  (●)  (●)  \   
   |    (__人__)    |   それはつまり…
   \    ` ⌒´    /
   /              \
153 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:13:00.95 ID:hXhjBTQo
ハレンチな妄想をかきたてられる…
154 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:13:42.49 ID:Z8JMx4.o
      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )   大切に育てた娘を入内させ
 |    ( >)(<)    御上のご寵愛を受けて立后する!
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ    これこそが栄達への必須条件さ!
.  |         }
.  ヽ        }     ウチの娘は今年12歳!
   ヽ     ノ      時期も時勢もちょうどいい!
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    なるほど、噂には聞いていたけど…
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  このまま、すぐ入内させるのかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
155 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:15:11.22 ID:uSKcc2go
ほほう…
156 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:15:22.56 ID:Z8JMx4.o

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   いや、俺は権中納言だからな
. |     (__人__)   このまま入内させたら身分が…
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }  
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   | U   (__人__)   あ…すまん
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   いや…わかるお
|       (__人__) l;;,´|    別に怒らないお
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
157 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:16:13.58 ID:Z8JMx4.o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   天皇には複数の妃がいて
  ミ゙ ゚ -゚ノ    その身分には上下があることは
  √¨l-゚]、   もうおわかりだろう
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)    では、どうやってその身分は決定されるのか?
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   妃の身分は、その父親の官職で決まる
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   大臣以上の娘が、「女御」
  (゙ /  |ゞ   それ以下は「更衣」だ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   一応、補足しておくと
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   皇后・中宮は、女御の中から
  (゙ /  |ゞ   選ばれて決まる
  /ヾノ==,)   
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   やらない夫は現在、
  ミ゙ ゚ -゚ノ    もちろん大臣ではない
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   そのまま入内させると娘は更衣となり
  /ヾノ==,)    皇后・中宮の地位は狙えなくなる
 ム-ノ__|_jゝ   ならばどうするか…

【引き続き、物語をお楽しみください】
158 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:18:06.15 ID:Z8JMx4.o
     ____
   /      \
  /─    ─  \     で、どうやって
/ (●)  (●)   \    女御の位になれるようにするんだお?
|    (__人__)      |   
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/


       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ         ああ、それはな…
     |     ( ●) (●)        
     |       (__人__) , -―ーっ  娘は、いったん俺の父上の養女にする
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄   そうすれば、太政大臣の娘ってことになる
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |      それで問題なしだ
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
159 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:19:08.43 ID:VN/VEcMo
身分ロンダリング
160 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:19:55.65 ID:Z8JMx4.o
         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)    親の俺が言うのもなんだが
        |     (__人__)     ウチの子はなかなか可愛いぞ?
          |     ` ⌒´ノ
        |         }      御上と歳も近いし
        ヽ     ヘミ|      これはいい線を狙えるんじゃないか?
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\    へえー…
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
161 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:21:16.55 ID:Z8JMx4.o
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   義兄上がちょっとうらやましいお
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|     やる夫には夕霧一人だし
./      ∩ ノ)━・'/     名乗り出てくれる子供もいないし…
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


      / ̄ ̄\
    /   _⌒  \
    |   (●)(ー)         何言ってるんだ
    |   ⌒(_,,人__) ホジホジ    
    |   ∩ノ |;;;| }          お前はまだ若い
    |  /_ノ"' }           これから生まれる子だってあるだろうさ
    /ヽ/  /    }
   (  ヽ  /_ ノ
   7.ヽ__/   \

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \     そう…かもしれないお
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ
162 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:22:57.98 ID:Z8JMx4.o
      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )   だが!
 |    ( >)(<)    冷泉帝の後宮には
. |  ///(__人__)    俺の娘が一番のり!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     そしてゆくゆくは中宮の位に…!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |


      ____
     /     \
   /        \     (すごい浮かれようだお…)
  / U         \
  |              |
  \              /
163 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:24:02.14 ID:Z8JMx4.o
娘を皇后に、そして孫を帝に――貴族なら一度は見る夢。
自らは帝になれぬやる夫は、秘かにその夢を見つめていた。

      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \    (すでに我が子が…帝になってるお…)
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |
  \::::::::::::::::        /
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/
   |  ::::::::::     /
  (__(__   ヽ
  /  ,_/  ___ノ
  `ー'  `ー'


「そして…明石の上が生む子供しだいで…」
やる夫は秘かに、密かに栄達への道を思い描いていた。
164 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:24:04.57 ID:MA6../so
皇子生まれなかったら意味ないじゃない
165 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:25:36.52 ID:Z8JMx4.o
さて、もう少し源氏の周辺の人々を見てみよう。
藤壺中宮は、冷泉帝の即位にともなって、上皇に准じる位を授けられた。

               _     ―  、
             /  .: : .        \
             /  . : : : : : .    /-、: \
            / :ス、 . : : : : : : : : /    \. \
         / /´  ` ー -- '´  ヽ  ヽ  ヽ ヽ
          / /    / .:       :.      ',  ヽ
         ./ /   /: /  :.    : |:.  l  :. l l   ',    
       /  i:|    | |:.  l|:.   :| |::  |  :. l |  |
        !  |:l:. l _l|: l!:.. l|::.. :. .:lN::  j:._.: l  | l   l     
        |  N、 l:.| ヽT:z.、N:..::..:/jイ:ィ/j/|.:/.: /イ   !     
       ',   ::|\|!ィi´うハミ. ヽ' ,ィi´うハ「 jイレ::|  ,'
       ヽ  | l ハ ゞ- '      ゞ- '' ハ: |'´:j  ,'
           ヽ. |/ |::::.、     _,    ,.::::} l:  /
             / l: \:>        <:/!:| l  /
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l  

以後、藤壺女院(ふじつぼのにょいん)と申し上げる。
彼女は、女性が得られる最高の地位についたと言ってよい。
166 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:26:34.65 ID:Z8JMx4.o
これもひとえに、源氏が中央に復帰したおかげ…。
あらゆる者がその恩恵を受け、あらゆる者が源氏を頼った。

そんな中……。

      ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
       ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
        ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
         ヽ (::___:;;) /
          _ ,'       ',. _    おお、源氏の君…
            フヽ ヽ /  /l
          ,' ヾゝ   ィフ ',
        | _    ' l    __L_
       ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
        '´   _ィl ー┴-'ヽ
       _, -':::/lレ'二ヽl:: !`. ‐‐-__
    ,-‐'´..::::::::/::| | .!| l .!::.|::::/:::::::: ',
  /|::::::::::::/:::::| ! !| ! l::: |::::::,-::::ヽ:: !


          ____
        /     \
       /  ─     \    ちゅるの君、
        ' (●)       \   次の人事のことだけど…
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \
167 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:28:07.92 ID:Z8JMx4.o
      ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
       ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
        ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
         ヽ (::___:;;) /
          _ ,'       ',. _    源氏の君
            フヽ ヽ /  /l
          ,' ヾゝ   ィフ ',     今日は少しお願いが…
        | _    ' l    __L_
       ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
        '´   _ィl ー┴-'ヽ
       _, -':::/lレ'二ヽl:: !`. ‐‐-__
    ,-‐'´..::::::::/::| | .!| l .!::.|::::/:::::::: ',
  /|::::::::::::/:::::| ! !| ! l::: |::::::,-::::ヽ:: !

          ____
        /     \
       /  ─     \    良清ー、あの儀式の資料は
        ' (●)       \   そろってるかお?
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \
168 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:28:47.08 ID:kLUnk9Ao
ガン無視ww
169 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:29:01.53 ID:Z8JMx4.o
      ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
       ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
        ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
         ヽ (::___:;;) /
          _ ,'       ',. _
            フヽ ヽ /  /l      源氏の君!
          ,' ヾゝ   ィフ ',
        | _u   ' l    __L_
       ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
        '´   _ィl ー┴-'ヽ
       _, -':::/lレ'二ヽl:: !`. ‐‐-__
    ,-‐'´..::::::::/::| | .!| l .!::.|::::/:::::::: ',
  /|::::::::::::/:::::| ! !| ! l::: |::::::,-::::ヽ:: !

          ____
        /      \
       ─   ─    \     ん……?(チッ)
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)        |   ああ申し訳ない、兵部卿宮さま
       \` ⌒´       /    何ぶん、仕事が忙しい時期でして
        / ー‐       ヽ    気づきませんでしたお
       / 
170 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:30:30.16 ID:Z8JMx4.o
      ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
       ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
        ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
         ヽ (::___:;;) /
          _ ,'       ',. _    源氏の君
            フヽ ヽ /  /l
          ,' ヾゝ   ィフ ',     少しお願いがありまして…
        | _    ' l    __L_
       ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
        '´   _ィl ー┴-'ヽ
       _, -':::/lレ'二ヽl:: !`. ‐‐-__
    ,-‐'´..::::::::/::| | .!| l .!::.|::::/:::::::: ',
  /|::::::::::::/:::::| ! !| ! l::: |::::::,-::::ヽ:: !

          ____
        /     \
       ‐   ─     \     朝廷への陳情は
       (  ( ●)     \    正式な手続きののち、行ってください
      (人__)         |
       `⌒´         /    では、やる夫は忙しいのでこれで
       `l          \
        l           \


      ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
       ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
        ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
         ヽ (::___:;;) /
          _ ,'       ',. _
            フヽ ヽ /  /l      ああっ、ちょ、源氏の君!
          ,' ヾゝ   ィフ ',
        | _u   ' l    __L_
       ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
        '´   _ィl ー┴-'ヽ
       _, -':::/lレ'二ヽl:: !`. ‐‐-__
    ,-‐'´..::::::::/::| | .!| l .!::.|::::/:::::::: ',
  /|::::::::::::/:::::| ! !| ! l::: |::::::,-::::ヽ:: !
171 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:31:34.48 ID:Z8JMx4.o
       ____
     /⌒     \
    (● )       \    おーい、今日は遊びに行くおー!
   (_)⌒::::::       \
    r|            |
    (,ー`          /



      ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
       ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
        ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
         ヽ (::___:;;) /
          _ ,'       ',. _
            フヽ ヽ /  /l      源氏の君…
          ,' ヾゝ   ィフ ',
        | _u   ' l    __L_
       ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
        '´   _ィl ー┴-'ヽ
       _, -':::/lレ'二ヽl:: !`. ‐‐-__
    ,-‐'´..::::::::/::| | .!| l .!::.|::::/:::::::: ',
  /|::::::::::::/:::::| ! !| ! l::: |::::::,-::::ヽ:: !
172 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:33:03.52 ID:Z8JMx4.o
広く公平な心で周囲と接する源氏…。
しかし、ただ一人、源氏から冷淡な態度を取られる者がいた。

      ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
       ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
        ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
         ヽ (::___:;;) /
          _ ,'       ',. _
            フヽ ヽ /  /l      
          ,' ヾゝ   ィフ ',
        | _u   ' l    __L_
       ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
        '´   _ィl ー┴-'ヽ
       _, -':::/lレ'二ヽl:: !`. ‐‐-__
    ,-‐'´..::::::::/::| | .!| l .!::.|::::/:::::::: ',
  /|::::::::::::/:::::| ! !| ! l::: |::::::,-::::ヽ:: !

紫の上の父、兵部卿宮である。
173 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:34:23.23 ID:Z8JMx4.o
彼は以前、世間の目を気にするあまり、
源氏や紫の上に対して、冷たいふるまいをしてしまった。

  \        //  ∨: : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : :\
     \___   { { ==/ : : : : : : : : : /:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : ヽ
     | : : : :|  { { // : : : : : : /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : |: : :| : : : : : : : : : : :ヽ
     |: : : :/:\//  /: : : : : : :/: : // : : : : : : : : /: : : : / : : : : / : : |: :ヽ !: : : : : : : :|
     |: : :/: : : { {   |: : : : : : /: : //: : : : : : : :/: : : : /: : :/: :/ : : :/.: : :|:l: : : : : : : : :|
     |: :/: : : : { {   |:|: : : : : |: : :| : : : : : : /: : : : :/: : :/: :/ : : :/: : : : !:!: : : : : : : :|
     |:/.: : : : :.// ヽ|:|: : : : : |: : :|: :__:/: : :_/: : :/: ://: : : /| : : : : |:l: : : : : : : : :|
      /: : : : : : { { =|:|: : : :∠二二: -― '  ̄/: : //: / / : : / | : : : : |:| : : : : : | |: |
     / : : : : : : : ハ V ∧: : : : : :| :l: |――‐-≦_'" ̄ // , / : /   ヽ : : : レ |: : : : :.| |: |
   /: :/⌒ヽ、: :{ {   ヽ: : : : : :l: l 气=zzz≧三≧ー='"/ /≧ニー-v\: :| / : : :ノ|:| |: |
  / : (  _ノ \ハ∨   ヽ.: : : :ト、\ ` 〃r:::yニバ`    ̄ 〃示テテ′: : V/ : / /// /
 /:r=ー' /ニ| ‐-ミハ∨    \ : ヽ\\どニつ′       ごつ', ' | | : : /: /  レ' レ′
/ :| //二=\r‐-、ハ∨  \|\: \ ̄             /  |/ : // }}
: : :.|/ニ/二二二二=ハ ∨、 ―‐ ―\: \         ,〉  /!| /: ://  }}
: : : |二|二二二ニニr‐' -ヽ  /|\ ト、 ̄   ⊂ー_ァ ´ , イ⌒「 レ′=  }}
: : : |二|二二二ニニ|   __ヘヽ      | > .   ' ,.  ≦  |Yニ{{ / || \  }}
: : : |二|二二二ニニ`ーく_入\     ト、   ` ー '"    / ̄/_={{      '/
: : : |二|二二二二二二二|  爪    | \ /       ト/ニニ{{      }}

源氏はそれを不快に思ったらしく、あからさまに兵部卿宮を避けていた。
174 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:35:02.68 ID:uSKcc2go
むぅ・・・
175 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:35:40.01 ID:RNxAQ/6o
>>165
藤壺の女陰とな?
なにやら卑猥な響きがするのう。
176 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:36:38.59 ID:dMFljpYo
自分に対する冷淡さは許せても、嫁を泣かせたのは許せないんだろうな
177 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:37:27.29 ID:5qoqkRco
自分の浮気は棚に上げおってからに・・・
178 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:38:11.52 ID:Z8JMx4.o
>>175
          ,___
        /゙      ` ̄ ̄`-,―ー,ハ、 _ ,--、 ,_
       l            |   ゙//:´::::|(二二,)
       ゙l \ヽ`ー―−- - |   ,iii,,ゝ:::::|(二二 )
         |    _`、_ 。 。 。.|。 。,ii,l iノ ̄ヽ(゙~l`)
        ゙l  i  ` ̄~`tーーl_,_:/:lヽ、___,/-´
         ゙|  i  ー´~l::::::::::::::::://::::_,(二)
         l  i       |::::○ ::::○::::: | ,ー´
           l, i   イ ゙l::::::::::::::::::::::::::|i:::|ヘー、_
         く  i   i   |:::(二)ヽ::::::::::|i:::|lノ ゙゙  `ヽ
           ゙ゝ`i ノ ,i⌒i⌒i⌒l~ヽ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー、
         <´ゝ- (二| ,i  l  i , |iiニ,__i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
゙\   ,_,ー´ ̄ー ,/ /:゙ヽ,_,_,_,,ノ゙> |i:::|y  _,ー´ ̄/
  ヽ ヽ,   _-ー´,,ノ:::::::。,>`-ーー、,ゝ.|i:::|    i  ゙̄/
   |ー,く (,_,ー゙ ̄´ :::::::。゚::: )/ゝ::/ ゙̄/゙|i:::|   ,i ヽ_」
   ゙| ヾ\ \:::::::::::::::。゚:::::::::i//   / , |i:::| \i  ,l/
    ヽイ-`ヽ ゙\;:::::::::゚。::::::::。\_,/゙。  |i:::|   ヽ, l゙
\    \ヽ \ ゙\ :::::::゚。_。゚:::::::`\ 。 |i:::| 丶  ,|ノ゙
ヽ,ヽ_   ` ̄´`ヽ ゙l ::::://:::::::::::::::: i\、|,ノ  丶/
 `ー-、` ̄`ー,_/ /:iニ, ,ニl::::::::::::::/ / ヽ   _,,ノ
_,-ー´ ̄`ー、_/::::://´::::::::::::://゙ー- ̄(       _,,-ー´ ̄
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::ヽ,ヽ  _,,ー`゙ヽ,_, /     ,__
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::ヽ,ヽ    ,,ノ/ /~ ̄:::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\  ソ/ /::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\_/ /::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,_,/´:::::::::::::::::::::::::::::::
179 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:39:02.50 ID:Z8JMx4.o
       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \    兵部卿宮は、二番目の娘を
   /  (ー) (ー) /^ヽ    冷泉帝に入内させるつもりらしいけど…
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ  
―――――――― \ _ _ _ )


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \     勝手にやってりゃいいお
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |    やる夫は絶対支援してやらんお
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \
180 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:39:05.56 ID:uSKcc2go
何やってんだwwww
181 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:40:04.31 ID:Z8JMx4.o
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   誰も彼も入内、入内、入内…
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    
/    (●)  (●) \   やる夫も、よく考えないといけないお…
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
182 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:41:38.32 ID:UjO3.Gwo
てか、このころ藤壺は何歳だよww
50近いんじゃないのか?
183 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:42:16.37 ID:jGVUvMso
おい1wwwwww
184 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:42:16.79 ID:Z8JMx4.o
◆三月中旬、二条院

       /:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:ヽ
     ./:.:.:.:.:/:.:l:.:.:/:.:l:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:',
     /:.:.:.:/:l:.:.::|:./l:./.l:.:./|:.:./ ',:.:.lヽ:.:.l:.:.:.:.:.::
      l:.:|:.:l:.:.|:.:.l リ l/ .レ .|/   ヽl ',:.l:.:.:.:. :|
     レ|:.:|:.:.l.V _ ,, - - ,,     _,, - ,,リ:.:.:. /リ
      レ|:.:.l:l  -rc.n- `  ./ -rcy、l:.:.:.: :.l
       |/l:.:l   ヒニノ      ヒタ レl:./.リ
       .l l:.ll.        |     .|:/リ   源氏の君
       \リ.l        〉     リ/
         `l'.,           /      明石から連絡が入りました
          !ハ\.   - ─   /
.           `| \      /|
           _/l   丶 _/  l`r、.
        / / \      /  ', \
    _  ,,./ : : |.   / l`ヽr 'lヽ   |: : ヽ- ,,
_ r '" r:`´:/: : : : l   /`、 lo|.‐レ'ヽ.  l: : : :ヽ: : " -
: :.l  .|: : /: : : : : :l  /\ ゝ- </ヽ .l、: : : :ヽ: : : /


        /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
        ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
       .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ
       i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶
       |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ
       .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶   安産にて姫君がお生まれになり
       .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i    母子ともに無事だそうです
        ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/
         リl: ::| |           ′  //         おめでとうございます
          l::|リ ヽ    ` ― - 、   //
          ,リ   `、    `"    /リ
      ,----亠--- 、_`.、      / 彡
      // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)     そうかお…!
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /
185 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:42:54.94 ID:hXhjBTQo
おめでとう〜
186 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:43:09.37 ID:Z8JMx4.o
           ____
         /       \
        /   ─     ―      …だけど
      /     ( ●)  (●)'     今はまだ他言無用だお
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '


       __. --─-- 、
     ∠        \
.   /,r / /  ヽ ヘヽ  \
   /// , | |    | | ヘ  ヽ
.  |/ l / | ∧ | | :| |、:||  ',
.  | l | 、ト、.|. |ハ ハ |ヽ!ヽ'V  |  わかりました
.  lイ lヽ| _ム-- ` レニニT | N   それでは…
    ∨| |´ 'モシ´   ゙ー' || |
    |ハ!            |//
      ヽト、    l    /
      ヽl\  -─  .イ
         l`  ._  / ノ、
        / |    ,rく. ヽ
.       / ,ヘ   / ∧|
       | ハ ', / / ∧!
187 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:43:55.58 ID:MA6../so
あんだけ権力闘争にまきこまれてしんどいめにあったのに、宮廷で出世したいと思うのか
人間の心って不思議だね
188 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:44:40.68 ID:Z8JMx4.o
..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)    明石の上…
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |  本当によかったお
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

        ___
      /      \
   /          \    きっとかわいい子に違いないお…!
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

        ____
       /    \
.    /          \      でも、こんなことなら…
.  /    ―   ー  \    無理にでも都に連れ帰って
  |    (●)  (●)  |    ここで出産させればよかったお…
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ
189 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:46:13.66 ID:Z8JMx4.o
やる夫は少し残念に思いつつも、あの予言のことを思い出していた。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::: : ::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::
    ,. ´  / ̄>t=ヘ_/ムイ-    ―- __  _
  /    /   イ{し}V≠  ̄     == ⌒しイ¬キ―‐、
/     ./ />┬そ__        __,.. {{ 乃ノ i ハ
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ‖   ゙,   ∨ /  j|   この夢はあなたさまのもとに
  /  / / , ,  ″: | |i  Y| |‖ ,  | i  ' /|   〃   お生まれになる御子の運命に
    / イ | | ‖||| || ,..⊥l | |‖ |! | |  /' |  ||    ございます
   /   | | | ‖|l| | {f'´|メ | |‖ |! l/  /  |  ||
 /   /| ‖ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||    御子は三人…
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|   
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|    お一人は帝王
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l .   いまお一人は国母
      //  | 下 乙  ,._    / /U |  |     |    一番劣った方も位人臣を極めましょう
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |  
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l 
    .′| ヽjし―<  ー┘ Y´  / //   | |  |    |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::: : ::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::
190 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:47:24.57 ID:Z8JMx4.o
         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \    やる夫の子供たちは
     /   (__人__)     \   予言の通りになりつつあるお
      |    ` ⌒´      |
      \           /    だから、この姫君は
        /         \    皇后になるというのかお
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

     ____  
   /      \
  /         \   しかし…このまま明石で
/           \  育つのは少々マズイお
|     \   ,_   | 
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
191 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:48:09.65 ID:5qoqkRco
>>182
33、4くらい
192 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:49:14.50 ID:Z8JMx4.o
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   「育ち」はそのあとの身分に
/    (─)  (─ /;;/     ものすごく響いてくるお…
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/     たとえやる夫の子であっても
(  \ / _ノ´.|  |       明石にいたままでは…
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

         ____
       /      \
      / ─    ─ \     …よし、姫が生まれたことは
    /   (●)  (●)  \   まだ世間に知らせないお
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/   出来るかぎり早く都に迎えて
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    しかるべきところで育てるお
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |    
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   となると…
|  U    (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
193 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:50:45.57 ID:Z8JMx4.o
やる夫はいろいろと思案しつつも
秘かに良い乳母を用意し、明石に下向させた。


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\    やる夫の子を、よろしく頼むお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


         ΛΛ 
        (*゚ー゚)   かしこまりました
       ⊂  ⊃
      〜(  ノ
       U"U
       乳母


いずれは都に迎えるつもりだが、その前から良い子に育ってもらわなくては。
都にいるやる夫ができる、精一杯の"父親のつとめ"だった。
194 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:52:29.81 ID:Z8JMx4.o
そして…。


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \     今まで黙っていたけど…
    /  _ ノ   ヽ、_   \   
   .|   (ー)  (ー) .  |   実は、明石の人に子供が生まれたお
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l  …………。
              |、ヽ.:.:ヽィi圷ミ    ィi圷ヾ.:.:.:|::.::l
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',  そう、ですか…
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
          /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ
.         /.:/: : : \: : }  |.  ̄/ \ヾ) \ |  L、 : : : : : :}.:.:.:.:.:\
         / .:.{ :\: : :.}: : ! ト、/   ヽ }〈//  ヾ一'|/:-ー' : : :/.:.:.:.:.:.::. ヽ
          / .:.:.:.ヽ: :ヽ,: : :r十く/ゝ ,.メノv ヽ入  <\_ : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',
         / .:.:.:f\_〉.: : : :/  ヽ/ ̄Zソ |人| ( >_「´ヽノ  } : :〈,.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
       / .:.:.:.:.:} |>二ニ/    ゝー厶 |∨| 〉 \一'   Y二、 ̄〉.:.:.:.:.:.: |
     / .:.:.:.:.:.ヾ/: : : イ      ノ_ノ |ハ| (__,、_}      |ヽ:ト\.:.:.:.:.:.:.:.:|
     ヽ, .:.:.:./: :/ |    /`ゝ-勹 /ヽ------\    |:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
195 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:54:02.02 ID:Z8JMx4.o
やる夫は、紫の上だけに、自分の子供のことを打ち明けた。
子ができる夫婦のえにしは、並々ならぬ絆ゆえ…紫の上は、さすがに嫉妬したようだった。

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \   …怒ったかお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                  ,.    ´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
        ____ ,.   ´      _, --一- 、_\
          l               ,. -‐ ´※    米 ` ヾ、
         \        / r ´  _,. -匕 ̄ ̄`ー 、 ※ヘ
          \   _/r‐┘r‐ ′         }丶、ハ 、
           \ />、 _ノ /  //   _ ノ     l   V∧\
                /`   {  /  X ∠ _  ´    /  /    |\}/
               ,′   f /  /  /   //  ∧ i  ハ ヘ
          /     _」 ,′ ! ∠ >--ィ_, イ / / ハ |  l   ト、
            /    {  l   l 卞テ=rミ / / / 、{  }\ /  } |
         / /  f  ハ  ∧ 弋tツ ノ /´  ミ二' 7 ァ 、 リ`|
         / /    }  ゞ、   ト、         下りアイ / ,イ/ |
          //     ( ※  ∧、 \_     ,!    ̄/ 〃 //
       /′      }   l l \ ̄   r=_,   // ̄7
        /        ,1  + }/、  \    _  ィ´  } 米 /   べ…別に…
      /       /{  ※ ! \   7  ̄/  /   !  {1
      /     f_rう 1 +  }   \__1 '、リ  /   } + f |
    , ′    rf´ ̄ ̄}、   )   x==0====x   Y 1ハ
  /     7:.:.:.:.:.:.:.:.:\米ヘ、{{  //{1ト、  }_) }}   ! {  ,
196 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:55:16.84 ID:q5RVx5Io
妬け、妬け、フリークス共。
修羅場を見せろ、この私に。
197 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:55:44.25 ID:Z8JMx4.o
紫の上は普段は鷹揚でかわいらしいが、それでも嫉妬心はある。
明石の上とその子の話を聞いて、深く心を乱されたようだ。


           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l
              |、ヽ.:.:ヽィi圷ミ    ィi圷ヾ.:.:.:|::.::l
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
          /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ
.         /.:/: : : \: : }  |.  ̄/ \ヾ) \ |  L、 : : : : : :}.:.:.:.:.:\
         / .:.{ :\: : :.}: : ! ト、/   ヽ }〈//  ヾ一'|/:-ー' : : :/.:.:.:.:.:.::. ヽ
          / .:.:.:.ヽ: :ヽ,: : :r十く/ゝ ,.メノv ヽ入  <\_ : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',
         / .:.:.:f\_〉.: : : :/  ヽ/ ̄Zソ |人| ( >_「´ヽノ  } : :〈,.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
       / .:.:.:.:.:} |>二ニ/    ゝー厶 |∨| 〉 \一'   Y二、 ̄〉.:.:.:.:.:.: |
     / .:.:.:.:.:.ヾ/: : : イ      ノ_ノ |ハ| (__,、_}      |ヽ:ト\.:.:.:.:.:.:.:.:|
     ヽ, .:.:.:./: :/ |    /`ゝ-勹 /ヽ------\    |:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

しかし、源氏を恨む様子がかえって源氏の君を惹きつけ、
「相手のしがいがある人だ」と思わせるのだった。
198 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:57:02.48 ID:hXhjBTQo
こちょばゆい愛らしさかのぅ
199 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:57:37.73 ID:Z8JMx4.o
源氏はそれでいいかもしれないが…紫の上本人の心は、複雑である。

             ,.'"´    ̄ ̄``ヽ、
              / ,. -‐ ーー --‐- 、 `丶、
          / /           `ヽ   \
           〈 ム. '"´ ⌒⌒ ``ヽ    \  \
          V/   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ヽ  \
          〃.::.::!.l::!.:..:.:.:.;.::/.://.::l:::::::::.`、   ヽ  ヘ
           〃.:::l:::l::|:|::l:::::/:/:://:::ハ.:;.:.:::::.`,   V.:l:l`
         ./:::;:::::l:::l::|:|::l::/:/ //::::/ l:|:l:::::!::!::{!   !:::l:|
        l::l::l:::::|:十ナl:< /::∠_ 」トト、:l::l:::{!   !:::l:|  殿のこと…
         |::l::l:::::|:|:|yテ〒ミ/::/´,t==ミ、:ト、::{!   !::::l:!  一番好きなのは紫ですぅ
         |::ト:ト、:|:|:| f辷ソ   _f辷シノl:l::l:::{!   !::::l:|
         ``Vハ1:ト、, , , 、    , , , , l::://{!   !:::l::!  でも、どうして…
           i `ヽ小、   _       ノ//.::{! i .j!:::l::|
           | ‐米 f{:.>.、  `   ,. イレハ.::::{! 米j!::::l::!
          ,/|    ,f{::l::l::>==<__ ノ⌒ヽ:::〉 !〈:::::l::|
        / .!   ! ,fレ'/``V,ィ介入      〈   〉:::l::|
          /  ! ‐米,f{ソ  //ノハ `ヽ     〉米〈フ⌒フ
       / ,.イ!   ! .{′ 〈_,イノ}  iト、__」   〈  !〈ノr'.::::.`ヽ
      ./ /.:::lL_ _」   / ,}  ji!      〉  !:::::::::::::::::ヽ
     / /.:.:::::) ,1 ソ   / ,}  jii!      L_」:::::::::::::::::::::
     ./ 〈.:.:.::::( ,1 ソ   /  ,}  jii!     { 1〈.::::::::/:::::::::::::::
    /  ハ.::::::),1 ソ  /   ,}  jii!     { ,1 〉.::::/::::::::::::::::::
200 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 21:59:11.74 ID:Z8JMx4.o
                 _, -――- 、_
           _, -'_, -'´ ̄´`ー-、`ー、
           /_r'´,r '´ ̄´' ̄´ ヽ¨ヽ \
          \//, / / l| ヽ \}/
            」/ / / /´ 」 l'、 ',  lヽ!
           /! / / ///|l| ヽ l|  ! |'、
          //| l| j__{_. ィ 〃ト、._、_|_|l ',  (どうして…紫には
       / / l l| Nl__,ヽ /' /__/ /l | ヘ   御子ができないですか?)
        / l ヽト、lし ̄:::::::;:::::: ̄ゝ)/ /}.  ヘ
     /      | 丶ト _ ‐_‐ _ イ|/ |   ヘ
      /    zヵ   }:ー≧≦ー―{.  lz、   ヘ
    /     l: : ヘ  |/ .八. \   { |: !   ヽ
  /      |: : : :l |_/!{i}ト _〉 l}|  !: :|     \
  /       l: : : :l\|  /'{i}|   l} |  ∨!     ヽ
 /       ト、:_:_ゞzzzz!z{i}|zzzzj}: {_」/         ',
 !          L:_:_:_;ォt':\、_{i}_//ーtj、_/           |
./        / /l' | \:',:::::::::://「l\〕           ',
i          ヽ/ |_」 l |ヽl/ヽ:{/ |ヽ/ト、        i
|            ,|: : ハ     |!: : |   ヽ: :ノ  \_      ヘ
',        /ヽ:.|: l    j lj: :/  r' |ヽ|:、   ハヾ、_   |
丶      / /: 'ーzトr¬r‐i: }r¬rソイ: : ヽ. l '、    ヾ、__ヘ、
  ヽ  _, -'´ /: : : : : :〔!二二ツ{二二」: l: : : : :ヾ:i         ´¨ヽ
  ,」-'´   /: : : : : : : : オ    i/   l|: : l : : : : : ヽ!_        、ヽ,
/  _, - z/: : : : : : : :/-l   、j!_   jヘ: : : : : : : : :ヽ   ̄≧z‐- 、¨ヽ
 ,r'´  ,/:\: : : : : : : !: :iーt;‐': :'t―イ: l}: : : : : : : : /ヘ<´    _, -'´
_'_,. -‐/: : : : \: : : : : \!: : : : : : : : j/: : : : : :_:/: : :ヘ  ̄¨'´ー-、
  ´_;/: : : : : : : : :ト:、:_: : : 丶、:_:_; -:': : : : : /:'; : : : : : :ヘ,      ヽ
_,//: : : : : : : : : :i : : : :丶、: : : : : : : : :_:/l: : : :l: : : : : : : ヘ>―- 、 _|
  /: : : : : : : : : : 丶: : : : : : :丶、:_:_:/: : : ;' : : : l: : : : : : : :ヘ  - '´ /
201 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 21:59:55.32 ID:dMFljpYo
予言にないから
202 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:00:21.25 ID:Z8JMx4.o
◆秋、摂津国、住吉大社

         、,,                           ,
        `、`゙'''ー=============================ー'''゙´ノ
         `ゝl!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!イ´
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
        ,.r''"=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=`゙'、,,
      ,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|ヽ=`''、,,
   __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=`゙''-、__.;i;';.
:、;;`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´.;i;';.
;i;';.:;;:、;<__人__>-------<=二二二二二二二二二=>-------<__人__>.;i;';.Y;:;;::
:;;::、;;:。; |□|田田田田田||.(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;) ||田田田田田|□|;:。;:;;::。;:;;::、
`;`;;i`.:;:i..''|| :田田田田癶||ロロ|    .§. .   .. . |ロロ||癶田田田田 .||'`,:'':'`:Y:'';;::,:'':';:
`;i`.;` ;;i`´.||〒〒〒〒(:::::)ロロ|   .,--§--.、   .|ロロ(:::::)〒〒〒〒';.,,;;`;;i':';:;..,,:'':';:;"
`;;ii|!:;. ,,;...;)}{{.|llll|llll|llll|llll|┃||ロロ|____.| ̄ ̄ ̄ ̄||___|ロロ||┃llll|llll|llll|llll|.}}ヾ':';:;..,"i|!i|!,:'':';:;..
─-==-_─三─≡-=─-==-.::::; ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、:::..─-==-_─三─≡-=─-==-_
二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-:::::/: : : : : : : : : : : ヽ::::.-==-_─-==-_─三─≡-==-_
,,,,_,,ー,,,- ,,,- ,,,, _,:,, ,,-  ,,,::::r'' : : : : : : : : : : : : : :゙''、::::..ー,,,, ,,,,,,ー ,,,,- ,,,,,, -,,,,,,,- ,,,,ー ,,,, ,,
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\:::::::::
_______________|____________________|__________________|________________|_____________________|______________|_______
::::/::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::
__|__________________|_____________________|_______________________|_____________________|___________________|______
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::
_____|____________________|__________________________|________________________|_______________________|______________
:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::
__________|__________________________|_______________________________|___________________________|_______________________
203 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:02:11.89 ID:Z8JMx4.o
                   _______
             _/:ヽ-‐':´: :: : : : : : : : ::`ヽ、
        -‐=ニ´: ::/:.:、: : : : : : ::、: : : : : : : : : : :ヘ、
          /: ::;イ:|: ::λ: : :i: : : :|:: ::/;;;`};;};`;ヽ::ハ
        /: ://: :j : :| ヘ‐、:|: : : :|::/;;;;;;;;;;/: : ~:|;;;〉:j
         l/ / ::::|: : :| ∨::|、: : :|::ヽ、;;;/: :: : : :|: ::リ
           j: ::::ヽ:: :| ___ヽ{ヘ: : :ト: : :|: : :::: : : :|::/
            |/ヘ:::',ヽ{ ャ;チヤ ヽ;: ::|ヘ: :|: : : : : : :|'   毎年ここに参るのが
           ヽ::〉  |j:;ソ,  V::.{´ヽ{: : ::|:: : :|i    我が家のしきたり…
            〈   ゛    ∨_ノ: : :/:::|::: : |:|
               \-'      /: : ::/:::::j::: : :|::|    でも、去年はさすがに来られなくて
               ` ‐-‐ァャ/: : ::/::::;人:::: :|:.:|    神様に怒られちゃうかも
                   /:::/: : :ノ,ィ´ ヽヘ:: |: :|
                     r'-/: ::;f´r===、  |::|: :|
                 i 〈: :;ノ〉´ ̄゛\ヽ |::!: :|
                  / /V /     | i |:: : :|
                   /イ  /       | | |:: : :|
       <.\__/.>   j } 〈        | | |:: : :|
         >==<   |_ソ  ,}      / ,| | |: : :|
       | i:: :: `| ,ィ'^}:|´⌒ノ     ///| L_|: : :|
       | i::.   | {  |:| 〃      /  /. ` ̄|: : :|
204 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:03:31.04 ID:Z8JMx4.o
例の明石の一行は、例年どおり、住吉大社に参詣していた。
しかし、その日はすこし様子が違っていた。

              ,
           , ィ//____
       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ
   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|   …あら?
    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l ></ ト、 |: :l.:|
    |: :.|: :|/ |/}::::{ヽ!l V: :イ.:|
    |: :.|: :| /| { .》::《 | |∧/ !:.|
    |: :.|: :|〉 l l .{:::::} l l | |:.:|
205 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:05:16.12 ID:Z8JMx4.o
その日は、物静かなはずの住吉が、大変なにぎわいを見せていた。
中には都風の牛車や、多くの舞人・楽人などが見える。

    ヽ |:======|::| |:|i、 l| |{| |二|| ::::::::::::::::: ||二l|}|ニ/ii|::! |   ||  / , -'" : ., -'": .: .: ._,,.-‐'
  : : ::..))     |::| |:|iiiヽl| ニニニニ二二二二二ニニニコiiii|::!├──‐/: . : ., -'": .: ._,,.-‐''": : : :
 : : :::ノノ-------|::| |:|/////|::|ニl|i|____ri    l|住|::| iiiiiiレ'i ̄ ̄ ̄ |, -'": ._,,.-‐''" |: : : : : : : :
 `゙''ー-、,_i      |::| |:|/////|::|=ii|i|{ニ}    r-|よ|::| /  !   ィ==二二二二| i:::|__,,.. -‐ '
 : .: .: .: .: .}ニニニニ:Li::: |ト、///|::|i__:|i|ェェェi   ゙ |し|::|},/|_|___/.._ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ| |:::|: : : : : : : :
 ------ '二二二コ:::::|:i|゙'ー、,|::|iii :|i|(;)_(;)_(;)_(;)└ii|::|':::::::::!ニ二二二二二| l二| |:::|: : : : : : : :
  , --ー -、=i=i=i|:::::::|:i| \ii|::|iii-|i|ォ|i: : : i|レ毳i|::| Eコ|l r----------i | |--| |:::|l=======
 / ,r    、 i.fififi|:::、,,,,,|iiiii |::|r-、,,, ィュ,-、,-、,-、,-、,:| l:i:i:i| l,-、王王王王|,イ;;;ヽii| |:::|l=======
::t,i,.-、_,=、l l rェェ、〈イ;;} Eユ r'ニミ  rー、 ぐリ r.^.i ,,,,,,, r'^;;)ハ} {゚_゚リ  r'、"`oノii| |:::|l=======
: :::i`~'!.`~´`リ' {-r リ イ/ }/ じノ--'ト、rー-'ヽ rノ}ハ-'ト、(-゚リ 〉-' ヒ'ヽ/Vヽ /  ヾ'   __ ‐-  .
::  ! fニフ.,イ' 冫^<}ヽ ┤L」l    }+i+i+lノ|__|ェoloノ 〉〉}| Lヒァ |ノ : ノ{ {⌒ヽト、/   ノ ''‐- 、
 _r'=、,.='-‐i__l  V/,イ ///|| Y   i'++i++|/∧{ Yノ∠/::||∧ |  | | : | | \__二二ソ)"rー-、
7゙l,.>‐`ーニフ ヾ`ー- 、ヽゝ   |    l----i'  ハヽ 〉 L::ノ|Eヨ |--' ケイ| |----|..==| |:::| {ヽ,;;;;} `
/  i i' 、 ─' .:.:.:.:.::ヽ . .: : ::トー-''|:::::::::〈   ゙' }_}  |::| |_____| lノ〈〈| | |::ヽ:::::|  | |:::| 〉ー {、

「都の貴族が参詣にでも来たのだろうか?」
明石の一行は、遠巻きに人だかりを見つめる。
206 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:05:59.52 ID:q5RVx5Io
ムスカwwww
207 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:06:35.76 ID:Z8JMx4.o
   ∧∧ 
  (*゚−゚)    すごく賑わってますね
  ⊂  ⊃    都風の方々ばかり…どうしたのでしょう?
 〜|  |
   し`J

          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ     そうね…少し訊いてきて
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´
208 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:07:44.54 ID:Z8JMx4.o
   ∧∧ 
  (*゚−゚)    あの…今日はどなたか
  ⊂  ⊃   貴い方でも参詣されているのですか?
 〜|  |
   し`J

         ∧ ∧
        (・∀ ・)     「どなたか貴い方が」やて
         ノ(  )ヽ    ハハッ、何にも知らんと来たんか?
         <  > 

         ∧ ∧      
       ヽ(・∀ ・)ノ    田舎モンはこれやから困るでー
       (( ノ(  )ヽ ))   今日は天下に名高き源氏の君が来られたんや!
         <  >
209 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:07:55.79 ID:1bZCZjko
またムスカがww
210 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:09:29.24 ID:Z8JMx4.o
住吉大社をなかば占拠するように、奉納の儀式を行っていたのは…
なんと源氏の君の一行だった。

              ,
           , ィ//____
       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ
   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|   源氏の君…が?
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|   
    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l ></ ト、 |: :l.:|
    |: :.|: :|/ |/}::::{ヽ!l V: :イ.:|
    |: :.|: :| /| { .》::《 | |∧/ !:.|
    |: :.|: :|〉 l l .{:::::} l l | |:.:|


   ∧∧ 
  (*゚−゚)   偶然とはいえ…
  ⊂  ⊃   ああもご立派では、お声さえかけられませんね…
 〜|  |
   し`J
211 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:11:08.00 ID:Z8JMx4.o
源氏の一行は、大勢の美しいお供を引き連れて
住吉の神に感謝の意を表する儀式を行っていた。

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
             /:::/ ̄`ヽ::::::::::::::\
         ////      ∨::、::::::::::::、
         ,'/:l、{\    / |::|:::::|:::::::::l
         レ|、l ●   ● ハl::::::|::::|::::|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃::|::::|::::|
        /⌒ヽ__|ヽ   ヽ._)  |:::::|::::|/⌒ヽ
      \ /:::::|::::l>,、___,. イ:::::|/   /
.        /:::::/|::::| 〈::l三/::::/ |::::::ト、_∠
       `ヽ{.|::| ヽ∨:/ .|::::::|::::::::::ノ

                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´: : : : : `´: : : : :ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : :i: : : : :.∧: : :il: : i: : :ヾ: :',
          ,': : : : : : : l: : :/:./ ∨:ハ: :i!: :l: :::::::i
            l: l: i: : l /!/∨   |/ ∨∨!: :::::::l
           レ!: !: :l i"⌒"'-、   ,、-'''⌒`l: :::::ヘ!
           ∨ヘ i | でラ`    ,  f∃ソ /::∧|
              !ヘ∨ゝ       i      ∧ソ
            レヽi l.       j    ∧ノ
               レヘ          /ノ
              ∨\  ´  ̄  / ′
             /i{  \.   /i
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i   l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l

明石の一行は、立派になった源氏やちゅるやたちの姿を遠目に見て
驚いたり得意になったりするとともに、自分たちのみすぼらしさをつくづくと感じた。
212 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:12:21.71 ID:Z8JMx4.o
そして源氏の君も…。
この上なく立派な姿で、長男・夕霧とともに儀式をご覧になっている。

          /⌒l
        :{.__, |
          {   |
         }.__, |
    __,/厂{  |、
  __ノ{  、   }ー ,八
  |! 、  |  {.イjj \
 | |  ヽ.___,フツ'´  )
  ヽ.__>ーく_(rへ__,/ハ
   ハ..__,.ィ"丁厂_,ノ ノ :〉              ____
   !ヽニニニニ-tijj":::i:{            /_ノ   ヽ_\
  |i ::::巛'::::::j;彡'::::;':/l         /( >)  (<)\
   :|!('.:::::::::jj彡'::::/人      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      __
   ヽ_'ー--一__''ニ´ くヽ \ー-、  |     |r┬-/      |  n_ / - -\
    /´「`广 ̄:::彡::  l }  j}ヽ、\\     ` ̄'´     /  (_/ (● ●)\
  /..:f}!!   :::三::  ! ' ,ハ  \,,> \      ,. -‐'"'´~''' ( :::: (_人_) ::: )
_/ .::;i}!}|!    ::三::.. :.  j:: ;    (⌒!ノ ミ.  ̄彡 !h´.,.,;.;';;'';:';'';;.ヽ   ヽノ   ヽ
{ .::;}}i}人`    :::三ッ川:..{:. ;    jlY^) ミ....::彡 rj^),;'';:;':;;';.:'':;':;'.;.l         l、_つ


明石:(あれが…源氏の君の御子、夕霧さま……)
213 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:13:49.15 ID:Z8JMx4.o
                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/   夕霧さまは世間からも
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i    大切にされているのに…
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ   我が子は、明石の浦で隠れるように…
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',
    / /   //i      } ljl[/: : i ,' /  /' ̄`l l ゙!ゝ》,.イ ̄ \ ヽ


               、___\、_,,.-:‐/:ヽ:-::‐-.、_
               `>-‐:´: ;: : ::|:: : : : : : : : :`ヽ、
               /:.;ィ´: :/: : : :|i: : :i:: : : : : : : :ハr=::、__
             //:: : : .:/: : : : :/||: :.:|:: : : : :ヽ、: :ハ:ノ:ヽ:}:\
             '" /: ::;': :/: :/,': :/ | |: ::|: : : :: : : :ヘ:::/:::::::.;〉::::;〉
               /: :/: :/: ;/-‐/ | ∨:|ヽ:ー-:: : : :ハヽ:/:|:/
             j:.:/|: ::j: :/__|:/_、 | ヽ:|,__∨: ::::ト、::|:: : |: :|   (こんなに近くにいるのに…)
             |:/ |:.:::|:;ハチ弐ャ、   ォ弍マァ::::/、:`:|::: :|: :|
             ´ |:::::i':::ハ、Vzリ   {ィzリ,' ∨ノ:::.: : ;ノ:: :|   (母親の身分ひとつで、
                |:/|: ::::::l、"   '     _゛r'jjjュ:|:: : :/:i:::.:|    子供にも明暗が出るのね…)
               ´ |: :i::::| ,>:.、`.-r'´ ,r‐'",ノ: ;/|:::|::::.:|
                   |: :|:::{´ |   r┴--‐{ /:.:/´}:!:::|::: :|
                 |: :|/ヽ、 ヽ./| o   ,{./:;/'  |:::::|::: :|
                  |::./"  ヽ、 }ー-‐''´゛〉,'   、{:::::|::: :|
                  |:/ ,.-r‐-、_{、    ゛ヽ、;  |:i:::|::: :|
                    l〈,ィ'´ /o r'ニユ、..... ...  ...,,ノ::!::|::::.:|
l三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
 |  | |       |  | |    |::::::::::j,' ..、__...,..-‐'´゛  、{::!:::|::::::::|      |  | |
 |  | |       |  | |    |;:_::_;ノー-、_,,.-─.、_    ハ::::::|:::::.:|      |  | |
214 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:15:59.21 ID:Z8JMx4.o
   ∧∧ 
  (*゚−゚)    御方さま
  ⊂  ⊃
 〜|  |     いかがいたしましょう?
   し`J


                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》    …今日は帰りましょう
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i      このままじゃ私たちのお供えに
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ      神様も気づいてくださらないわ…
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \   
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',
    / /   //i      } ljl[/: : i ,' /  /' ̄`l l ゙!ゝ》,.イ ̄ \ ヽ

明石の一行は、船のお祓いだけしてもらい、すごすごと帰っていった。
215 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:18:02.05 ID:Z8JMx4.o
一方……。

          /⌒l
        :{.__, |
          {   |
         }.__, |
    __,/厂{  |、
  __ノ{  、   }ー ,八
  |! 、  |  {.イjj \
 | |  ヽ.___,フツ'´  )
  ヽ.__>ーく_(rへ__,/ハ
   ハ..__,.ィ"丁厂_,ノ ノ :〉              ____
   !ヽニニニニ-tijj":::i:{            /_ノ   ヽ_\   よーし、次は舞を奉納するお!
  |i ::::巛'::::::j;彡'::::;':/l         /( >)  (<)\
   :|!('.:::::::::jj彡'::::/人      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      __
   ヽ_'ー--一__''ニ´ くヽ \ー-、  |     |r┬-/      |  n_ / - -\   
    /´「`广 ̄:::彡::  l }  j}ヽ、\\     ` ̄'´     /  (_/ (● ●)\  しましょう!
  /..:f}!!   :::三::  ! ' ,ハ  \,,> \      ,. -‐'"'´~''' ( :::: (_人_) ::: )
_/ .::;i}!}|!    ::三::.. :.  j:: ;    (⌒!ノ ミ.  ̄彡 !h´.,.,;.;';;'';:';'';;.ヽ   ヽノ   ヽ
{ .::;}}i}人`    :::三ッ川:..{:. ;    jlY^) ミ....::彡 rj^),;'';:;':;;';.:'':;':;'.;.l         l、_つ


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    やる夫君、ちょっといいかにょろ?
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |
216 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:18:41.58 ID:uSKcc2go
かがみん・・・
217 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:20:05.52 ID:q5RVx5Io
切ないな
218 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:20:08.81 ID:Z8JMx4.o
          ____
        /     \
       ‐   ─     \    ん、なんだお?
       (  ( ●)     \
      (人__)         |  …夕霧、すこしあちらに行ってなさい
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \


       __
      /⌒ ⌒\           はーい!
    / (● ●) \r´`i ミn '´)
    (   (_人_)   ノ ノ ノ .ノ
         `-'
219 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:21:53.87 ID:Z8JMx4.o

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     
   /  (●)  (●)  \    どうかしたのかお?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    実は…明石の方々が
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    来合せていたらしいにょろ
    ヽ|l ●   ● u| .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   でも、こちらに気圧されて
    | /⌒l,、 __, イァト |/ |    すぐ帰ってしまったらしいにょろ
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\    明石の…
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   そりゃ悪いことしてしまったお…
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /
220 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:23:43.64 ID:Z8JMx4.o
     / ̄ ̄ ̄\
   /       .\
  /   ─ヽ  .─   \    ちゅるの君
  |   (●)  (●)   .|    急いで追いかけて…
  \.   (__人__)    /
   ( ヽ  ___ ././     この文を渡してきてほしいお
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    わかったにょろー
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |
221 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:25:20.70 ID:Z8JMx4.o
源氏は、この偶然にやはり えにしを感じながら、明石の上と文を贈答した。

               ___
          /   ー \
         /    (● ) ヽ
         /       (⌒  l    『みをつくし恋ふるしるしにここまでも
      ,;:.''";'''"''";;"'';;;.,  _ ̄l__)       めぐり逢ひけるえには深しな』
 .   ,,::",.,..,:::;:,;;:::,,,::,,,;;..,,"':;,_` ノ
    |          _"':; ,.;."    (身を尽くして恋い慕ったかいあって
    |      _,'"    Y      澪標のあるここで巡り合ったのです
    \____,''" ̄  Y    ∨      あなたとのえにしは、本当に深い…)
     |       |    、|
      |       |    |
      |          |   \|
     |        |    |
       l        |    |

           ヽ、
           ,.j`ヽ.-;‐::‐:-:-.、.__
      -‐=ニ": : : ;|:`:ヽ; : : : : : :.:`:ヽ、
       ,ィ´: : : : ;ィ|: : ::、: : :ヽ、:: : : : : :ヽ、
      /;/:,ィ: :.;/||:.: : :;ハ;: :: ::ヽ、;: : : : : :ハ
      /.;/: ::/: :;斗、|∨: .:| ヽ、;__:: ::i: :: ::ヽ;: :}  『数ならで何はのことも かひなきに
    /|/|: :;/: :/ |リ ! ∨:.:|  ヽ;.:`: :i: :.:ト;:|::λ、     などみをつくし思ひ染めけむ』
    ヽ、|;ク: :,イ マテz  ∨:.| __ ∨; ::|、: :| リ:,fヽヽ、
       |;/: ::} 込リ  ヽ| 行テヤ∨、:;/: :{, __〉 _〉
       i: : :{    ,    込;リ ,,_ソ∨:;: .;{_,メ_,r'´
       |: : :iヽ、  ー‐   ,/ |: : :;ハ; : : :|   (数ならぬこの身で、何のかいもない
       |: : :|  `>ォ-‐π´、_  j: ::/  j;: : :|     私なのに…どうして身を尽くして
       j: : :|,.ィ´  |ー、 ,.-/ `/: :/.、  }: : :|      あなたを愛してしまったのでしょう)
       λ::ィミミヽ、. |ー-/  ,/: :/彡ミ:、 j: : :|
       j: :j:;| /{ `_|/,ィ彡"メ::/j" `ヽ} ト、: :|
       |: :i:| i `ー=ャ≦´__,/: :/./   j |:λ:|
       |::|:.:|λ  /´jiヾ  /: :/,/   ,/ |::| i:|
222 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:27:38.55 ID:Z8JMx4.o
源氏:(明石の上…逢いに行きたいお……!)
難波の海を見つめて、やる夫ははるか明石の土地に思いを馳せるのだった。


 [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]
  ||. .. . .. ... .. ..   . ...+ ...    .:   . .。. ... ゚ *..:: : :.. .. .:::::........ ::::::::::.... .... ..+ :.:::.. ::. .::.  .. .||
  ||. .:: ::. ,. - 、  ..:. :..    ゚ ..:: ::   .    ..   .. .  . ... ... .. .. .. ..   .. ... .. ..   . ...+ ...   .  ||
  || . .. .  {  ..:: } ....   .. .  . ... ... .. .. .. ..    ::::::... .... ..:::::::....::::::....゚.. . .::::::... ....::::::::::.......  .     ||
  || .. . ....` ‐ '゙    ...  . ... ...    +. ... ..   ...::..: : ..  :.. . ... :::....*::::....::......   ::...゚..:.: :: ..::...   ||
  ||:::....::    ::::........ . .::::::... .... ..:::::::....::::::....゚.. . .::::::... ....::::::::::.......   ........  .........   ....  ... .......  .....  .||
  || ..::   . .. . .. .. .゚... ..   . . . .. .  . ...  .. .. .. ..。   . . .. .  . .... ... .. ..   . ...+  .. ... ... .. .. .. .. ||
  ||                                                          ||
  ||    __ _                                                       ||
  ||   l;;;;;;;;;; |                                 ;; ;;;;、,.                  | ;; | .||
  ||   l;;;;;;;;;; |                                 l;;;;;;;;;;; ;;                 | ;; | .||
  ||   l;;;;;;;;;; |  __ _                         l;;;;;;;;;;;;;;;|              _     l;;;; Ll ||
  ||   l;;;;;;;;;; | l;;;;;;;;;;;;; |                       l;;;;;;;;;;;;;;;|          l ;;;;┐_ _|;;;;;;;;;;.!||
  ||   l;;;;;;;;;; | l;;;;;;;;;;;;; |     / ̄ ̄ ̄ \             l;;;;;;;;;;;;;;;|____.      l ;;;;;;;;;;;;l;;;;;l;;;;;;;;; ||
  ||   l;;;;;;;;;; | l;;;;;;;;;;;;; |   /::::::::::::::::    \        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|       l ;;;;;;;;;;;;l;;;;;l;;;;;;;;; ||
  ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l;;;;;;;;;;;;; | /::::::::::::::::      \.__ . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ┌;;;;; |; l ;;;;;;;;;;;l ;;;;;;;;;;;;;; ||
  ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;; ┌┐;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::        ||;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|=:┐ ;;;;;|; l ;;;;;;;;;;;l ;;;;;;;;;;;;;;..||
  ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;; |;;;;|;;;;;;;;;;;;;;\::::::::::::::::       /:|;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l ;;;;;;;;;;;;;; ||
  ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;; |;;;;|;;;;;;;;;;;;;;(⌒ ::::::::::::::::    ⌒ヽ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||
 [ニ二二二二二二二二二 |  ::::::::::::::     |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]
                 |  ::::::::::     |
223 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:28:19.48 ID:q5RVx5Io
死ぬまでに一回はこんな手紙を出してみたい
224 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:29:46.26 ID:Z8JMx4.o
さて、帝がお代わりになられて、世が一新された。
伊勢斎宮も、帝の譲位に従ってつとめを終えられ、帰京した。

          /,. ===== 、    `ヽ.
        //       \     \
       i    ,. -- ----ト、 \     ヽ
     ( __八_/    /`ヽjハヽ  `ヽ    ヽ
        /   / /. .トvへ ',   i`ヽ   }
     , '  , '  / / i  |  ___Vト  l   ト、ノ
    /  / ./ / i i l  | ´ __リハ i  / \
    ,'  ,' ,' / j__l ll  | ´「r'`ヾi i // i l| \
    l  ll ! ! /´,.イ 「\j  ヘdリ リ./  li l|   ヽ
.     li 、、 、K 〈r'ヘ    ´ ̄/ / i l ハ
     八 ヽヽ\ハ `イ ' r‐┐  -/ li ハノ´`
       / //i ト- _  `ー'  /i リ'
.      / // .l l  l  て「 / .レ' ヘ__ , 、
      / /i  i i  jハノ く´ __ _i{ /   /  \
   / / /∧ ハ / ,. -/ ̄{ j´_´ ̄`ヽi     \
  / /  .// 八 ノ / /   /i__j\   〈       \
  レ    V    /   \_/ /ハ  \ ノl        }
.          〈    く //  i.⊥ ハ  l      /\
           \  / ん' ⌒'〜'´    ゝ.___ /  ./、

母親である六条御息所とともに、もとの六条の屋敷に戻り
昔のように趣味の高い暮らしをしておられる。
225 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:31:22.58 ID:Z8JMx4.o
◆平安京、朱雀院の御座所

.     r'ニ;v'ニ;、
     _,!_(9i (9i:、     源氏の君
  /  `ヽ,. ┘ヽ     
. i ′′       }     元気にしてたかい?
  l、      、   ,!       
   ヽ.____,ノ` ,∠!
       `ーァ ヘ>
         i′  ヾZ

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     院もすっかりお元気になられたようで…
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    良かったですお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


.     r'ニ;v'ニ;、
     _,!_(9i (9i:、
  /  `ヽ,. ┘ヽ     そうだね
. i ′′       } 
  l、      、   ,!     妃たちと気楽に暮らして…
   ヽ.____,ノ` ,∠!     早く、こうすればよかったんだなぁ
       `ーァ ヘ>
         i′  ヾZ
226 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:32:52.74 ID:hXhjBTQo
眼が治ってはる
227 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:33:42.07 ID:Z8JMx4.o
.     r'ニ;v'ニ;、
     _,!_(9i (9i:、
  /  `ヽ,. ┘ヽ     ところで源氏の君…
. i ′′     // } 
  l、      、   ,!     六条のところには
   ヽ.____,ノ` ,∠!     まだ行ってるのかい?
       `ーァ ヘ>
         i′  ヾZ


          ____
       / ノ  \\               い、いえ
      / (●)  (●)\             もうあちらがやる夫には
    / ∪  (__人__)  \            興味がない様子で…
    |      ` ⌒´    |  
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)      やる夫も、ことさら出向いたりは
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /       してませんお
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
228 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:35:28.24 ID:Z8JMx4.o
      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶    何かマズイことでも
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ   あったんですかお?
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /


.     r'ニ;v'ニ;、
     _,!_(9i (9i:、
  /  `ヽ,. ┘ヽ     い、いや…
. i ′′     // } 
  l、      、   ,!     あの斎宮がね…
   ヽ.____,ノ` ,∠!     今はもうどんなに成人されているか
       `ーァ ヘ>    気になって……
         i′  ヾZ

       ____
     /      \
   / ─    ─ \    あー…そういうことですかお
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /
229 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:37:09.99 ID:Z8JMx4.o
朱雀院は、以前に斎宮と対面している。


     _  - ── - _
    /      、   `丶.
   /- 二二二二 -\     ヽ
  、_>─────=ヽ、   '.
  ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.V:.⌒Y- _ノ   
   l:.i:.:i:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:「┴マ:.:.}:.:.:.:|    『御上?
   l:.'.:.:'.:.:l!:.:.ト、:.:.:.| -- 、l:.j:.:.:.:l!     いかがされました?』
   ヘ:\:ト>o \{ イf'r、'イ:.:./イ
    ト、ト{{ 辷ソ    辷ソノイ/}
    l:.:.Tト、Xxx ___ xxX7:.:/:/
     \ヽハ> ─ </ |:/ィ ′
    / ̄ T>‐Y‐ ,'┴≠、}
     L廊j」\∧イ_ l l ハ
     /    ,i  ゝ≠'ー' {


.     r'ニ;v'ニ;、
     _,!_(9i (9i:、    『い、いや
  /  `ヽ,. ┘ヽ     あなたがあまりに綺麗なので…』
. i ′′    ///}     
  l、      、   ,!    『これなら、神もお喜びになられるでしょう』
   ヽ.____,ノ` ,∠!
       `ーァ ヘ>
         i′  ヾZ_


   /             ト、r、      ヽェー '"´
  /        !        ト、; ;:i       \
  l     l    |    メ,   !  |   l      ヽ
  |  |    !   ト、  / !  !   l  /   ヽ   !
  l  l   |   | |,.-‐l' |  | `'メ、 ,イ   |   |、  |
  ヽ  ヽ   ト、   lヘ   ! l / // !  /   ! |  !  『はうう〜
  ヽ  ヽ  ヽ\ ヽ,\! l/     | /|  / ! /    照れちゃいます』
   \  \  >t,≧彡     ミ三/,.イl |  /  /
     ヽ   `7l |ヽ〃       〃 } ||メ/
      } !  { l l !    _ ,.   /  ! `ヽ、
      从__ l|ヽ  ヽ  `ー ' _, イ   /、   ヽ
        `ト, \  `.!'ー-ァ' ´ {´  /-、_ヽ   ヽ
         __,. >、〉  iヽ ト'^ヽl  |--、``ヽ,  !
        /-‐- 、!  ! Y´:ヽ,.:ヽ, ヽ,/~ヽ、 ヽ |
       /     |  |  ト : : |: : :ヽ、 ヽ、 ヽ リ

あれから数年の月日が流れたが…。
その時の斎宮のかわいらしさを、いまだ忘れかねている様子だった。
230 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:38:38.87 ID:Z8JMx4.o
.     r'ニ;v'ニ;、
     _,!_(9i (9i:、       しかし、逢ってないのは当然だね
  /  `ヽ,. ┘ヽ       
. i ′′       }       だって、御息所はもう出家されたというし…
  l、      、   ,!       
   ヽ.____,ノ` ,∠!
       `ーァ ヘ>
         i′  ヾZ

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    ――ええっ!?
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /
231 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:40:05.73 ID:Z8JMx4.o
そう、帰京してから、御息所は体調を崩し、容態は芳しくなかった。
彼女は数々の罪を恐ろしく思い、あっさり出家してしまっていた。


        /                 _ ヽ
.        /         .:.  ハ -‐=ニ二  _、
        /         厶:V.:::::.          .
      ′         i  |     |    ,       '.
     i       :i  |  |     !   /   ,    i    
     | .      i  _ハ  l     l   /.l _ /     l
     | i     i、 l‐、- l、   ├ 7 卞 /_     i
     l :!  :.  く ハ 云ヽ ト   |,ィ云j.厶ォ  / / '
       ト. :::.、  {、又_ノ `     又_ノ/'  ,/ / }/
       l ヽ::::::\ ヽ ̄ ̄      ̄ ̄7 /.:: / ′
          、::::::::ヽ \   '_   /イ.:::::::/
          ト:::i.:::::::ト、`  ´ `   /l::::/l:/
              V::::、:|:::`i . __ . イ::| {:/ /′
              !::/ゝ、_  _ノV. /′
             ィノ   /,ムトv ヽ-、__
         _... : ! {{! //!:.:.:.!l{ /.ハ !: :ヽ、
       , -イ: : : : : :、 、ゝ' ハ_:._!、v' / ,: : : : : ゙ト-  、
      /   ヽ: : : : : : 、ヽ'  :!:.:.:! ヽ' ノ. : : : : : !    ハ
     ′    v . : : : : ヽ   l:.:.:.l  「: : : : : : :ノ/    !
232 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:41:07.56 ID:uSKcc2go
アリャマー
233 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:41:43.79 ID:Z8JMx4.o
たとえ憎んだ恋人でも、その人が世を捨ててしまうのはさすがに名残惜しい。
やる夫は見舞いもかねて、六条御息所邸を訪れた。

;;;;;;;::;;;::::::::::::::::::::: : :__、::::::: : : :     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    : :  : : : ::::::::::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
::. : : .: .: ...: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :,_,,,,、: : : : : : : : : :::::::::::::::::、-'く`、
i、、、::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:,_.、,、、:::::,、./'"``:`ヽ‐-、...、::::::::::::、、-‐´.、.,i、、
、:::`丶-、,、: : : : : : : :::: : ::::::::::.:、、、"゙"`;:::、`、、::、`:::`ヽ`.、:,.、`:`、'∴::.、-、、``'l゙;
、::;、:::::::;.:、`、:::: ::::::::: :::_.._:‐':`;;;;`丶;、:、…`:.,ヽ‐`ヽ.,::,:.ヽ"'''.…"`゙、`:゙丶:
234 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:42:55.70 ID:hXhjBTQo
あの日から随分と
235 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:43:40.06 ID:Z8JMx4.o
◆秋、平安京、六条御息所邸

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   御息所…
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


       /  /                 \
      /   /            ヽ       ヽヽ
      /  /        /     │∧     ヽヽ,
      │ /        /  / │││ /    │
      l /        /l  /─'l ノ l /  ノ│  l
     │       │l  l=、l / ノ=l, / /  /
      l  ハ      l< l l=└ ノ/ ノ/// //l /
       l ハ   ヽ ヽ │=ノ    l / //l /
       ハ    \ \─~    , l/ / ソ    あなた…
         \   │\、   ー ノ  /
         │ヽ  │        / , /
         │\  |─-、/>イ│//
         ハ │ノノ┌ 、l,   ソ
  .----¬~~~ヽ ヽ l 、 ハ ll l.ヽ 、____
  /     ヽ  ヽ ヽヽ/ ヽlノ ヽ ヽ  ヽ
 │      ヽ  ヽ     /l   l  l,   l
 │    ノ、 /   \   │ l  /  \ │
236 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:44:55.59 ID:Z8JMx4.o
尼姿となった御息所は、以前よりも痩せて、明らかに衰弱していた。
死にゆこうとしている者の風情である。


       /  /                 \
      /   /            ヽ       ヽヽ
      /  /        /     │∧     ヽヽ,
      │ /        /  / │││ /    │
      l /        /l  /─'l ノ l /  ノ│  l
     │       │l  l=、l / ノ=l, / /  /
      l  ハ      l< l l=└ ノ/ ノ/// //l /
       l ハ   ヽ ヽ │=ノ    l / //l /
       ハ    \ \─~    , l/ / ソ    
         \   │\、   ー ノ  /
         │ヽ  │        / , /
         │\  |─-、/>イ│//
         ハ │ノノ┌ 、l,   ソ
  .----¬~~~ヽ ヽ l 、 ハ ll l.ヽ 、____
  /     ヽ  ヽ ヽヽ/ ヽlノ ヽ ヽ  ヽ
 │      ヽ  ヽ     /l   l  l,   l
 │    ノ、 /   \   │ l  /  \ │
237 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:45:41.21 ID:q5RVx5Io
尼さんってのは、そそるものがあるらしい
238 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:46:15.60 ID:Z8JMx4.o
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    御息所、そんな…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。  う…うう……
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
239 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:48:35.37 ID:Z8JMx4.o

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。   ……で
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。   いかないで…
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜   いかないでほしいお!
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
240 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:50:41.10 ID:Z8JMx4.o
       /  /                 \
      /   /            ヽ       ヽヽ
      /  /        /     │∧     ヽヽ,
      │ /        /  / │││ /    │
      l /        /l  /─'l ノ l /  ノ│  l
     │       │l  l=、l / ノ=l, / /  /
      l  ハ      l< l l=└ ノ/ ノ/// //l /
       l ハ   ヽ ヽ │=ノ    l / //l /
       ハ    \ \─~    , l/ / ソ   …そのお言葉
         \   │\、   ー ノ  /      もっと早くに欲しかった…
         │ヽ  │        / , /
         │\  |─-、/>イ│//
         ハ │ノノ┌ 、l,   ソ
  .----¬~~~ヽ ヽ l 、 ハ ll l.ヽ 、____
  /     ヽ  ヽ ヽヽ/ ヽlノ ヽ ヽ  ヽ
 │      ヽ  ヽ     /l   l  l,   l
 │    ノ、 /   \   │ l  /  \ │

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    …………。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
241 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:51:01.51 ID:uSKcc2go
ああ…
242 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:51:13.81 ID:Z8JMx4.o
  |  ./      !     /   /"  ゛'!    !         ヽ
  | /      .i    .イ   .!    !   .!          Y
  .V       ,!   ./ .!  .!     !   /       .N   |
  ,i        .!!  / . ,,レ |   .ゝ., !  /.|       .| ヽ  |
  !        ム!-'./''" ヽ .|     ..!゛.=/.,,!   .i    .|  ヽ |
  .|  ./    '".! _ヽLニ-、 .ヽ .!    / /  .! ゛ ./    |   |
  .|  !  !   .,,;;i|!''ろ''."介ゝ、ヽ  /''らテ=ミi|i,、/      .!
  .| .∧ ゝ ゛'ヾ!.i".::::.n.リ       ん.:: リ レ"       ./
  ! ! ヽ  .ヽ、 ヘ.ゝ,, .ッ        .辷_ラ. メ      ./   あなた…
  .! ! .ヽ   ゝ、ヘ ////        //// ,,ィ     ./    わたくしを哀れと思ってくださるなら
   |   ゝ、   ト \       ゛   〆ィ '   .|  ./     斎宮のことを、頼みます…
        ヽ  ! ゝ,      ___   ,,.イ    ./|  /
        .!  .!r ''!゛,ゝ ,,      ,, -"  |   ./ .| /
         .! ||: : : :゛:'':- ニ.ー " i   .!   / /
          ヘ !ト、: : : : : : : : : : : :t 、 .!  /
      ,, - '"ヾ、ヽ ゝ、: : : : : : : : ,,ソ  ゛!' ! ./
  ,, - 'ヽ、   .ヽ   ゛ト ,:,: , - '"    !!/ ゛.Yー―- 、



       /  /                 \
      /   /            ヽ       ヽヽ
      /  /        /     │∧     ヽヽ,
      │ /        /  / │││ /    │
      l /        /l  /─'l ノ l /  ノ│  l
     │       │l  l=、l / ノ=l, / /  /
      l  ハ      l< l l=└ ノ/ ノ/// //l /
       l ハ   ヽ ヽ │=ノ    l / //l /   やんごとなき生まれながら
       ハ    \ \─~    , l/ / ソ    早くに父親と死に別れ…
         \   │\、   ー ノ  /       不幸な身の上の宮さまです
         │ヽ  │        / , /       
         │\  |─-、/>イ│//         もうすこしわたくしがお世話したかったのですが…
         ハ │ノノ┌ 、l,   ソ            でも、もはやこれまでです……
  .----¬~~~ヽ ヽ l 、 ハ ll l.ヽ 、____
  /     ヽ  ヽ ヽヽ/ ヽlノ ヽ ヽ  ヽ
 │      ヽ  ヽ     /l   l  l,   l
 │    ノ、 /   \   │ l  /  \ │
243 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:52:06.73 ID:Z8JMx4.o
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\    そんな心細い…
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


  | ./ l  |      lゝ |   、_l_,../-''"" '' /      |   
 l ./ !   l   l   l__ゞ+‐ '  ノ,.イ-=ミミヾ/l      |   
 !/  !   .l   l ''"l,r=ミ、  / ' p!:::`yミ>l  l     |   
 '  l    ハ    ! ,<'i:pi゙i      ll;:i_;j |,, /  /     |     ただし…
   l   /  ヽ  lゝl! |!::lj     ---¨,, / /  .l |   
   i  !i   ヽ ヽ\ー゛ ,      /,.ィ'       l  l.    条件があります
    l  ! ',   ヽ \         /'" l     l/    これは絶対に約束してください
    l l ゛、   `ー!`     --      ノ   l ./      
    ゝ'、  ゛、  l   ヽ、         !    レi       
          ゛、 lゝ  `i ・ .._ ,.ィ "____」  /  l       
            `Y  l  ケT烋''"    l /   
244 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:53:28.06 ID:Z8JMx4.o
     /         l   /    /ヽ /      |
    /          l    |    /_V__,r-l    |      |
  /   /       {    |   /´      l   |ヽ       |
  {    /       |    i!   l       |   |  ',    |
 |   /|          |   |',  l       |  l   ',   /
 |   /.|         ヘ   .| ',  |_  ノ ヽ、|__/,,,,=--キ--/      あの子には絶対に手を出さないで
 |  l |     |    ト''' ̄|~ キヨz,,´    `l / ,rz三=|、 / | /
 |   l {    | ヘ    |ヽ 彡"ヘ、|ヽヾ     レ 〃ひ::::ヽレ〈ミ、/
 ',  |  l    |  ヽ,   lく〈ヽ|{メ::::::::::}       {:::::::::::::} レ/  
  ', |   l    |   ヽ  ヽ 弋ーn ノ       -ゝ三 タ /  /
  ', .|   ',   ト   ヽ  ヽ、 ゝ‐'´~   i       /  ,/
   ', |  ',   |∨   ヽ、_ \     , -‐‐、   /, ・ '´/
   ',|   ',   | ∨    \ ̄     〈、____ }   ̄  /    
       ヽ ヘ ヽ     `ト、    ` ー ''´   /    
        ヽ ヘ  ヽ     |  ` ト 、     /〉     
         ヽヘ  ヽ    |  〈ヽ、 ` ・ ´ ノ .|-、 
245 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:54:04.02 ID:hXhjBTQo
苦笑いww
246 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:54:13.80 ID:q5RVx5Io
よくわからないけど、六条御息所を見ると性欲が湧き立つ
247 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:54:51.23 ID:UjO3.Gwo
ですよねーww
248 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:55:08.09 ID:Z8JMx4.o
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\     え……っ
    / ∪  (__人__)  \    それはまた、何故…?
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



       /  /                 \
      /   /            ヽ       ヽヽ
      /  /        /     │∧     ヽヽ,
      │ /        /  / │││ /    │
      l /        /l  /─'l ノ l /  ノ│  l
     │       │l  l=、l / ノ=l, / /  /
      l  ハ      l< l l=└ ノ/ ノ/// //l /
       l ハ   ヽ ヽ │=ノ    l / //l /   
       ハ    \ \─~    , l/ / ソ    恋の苦しさ、つらさ…
         \   │\、   ー ノ  /       わたくしにはよくわかる…
         │ヽ  │        / , /
         │\  |─-、/>イ│//         宮には、そんな想いをしてほしくない…
         ハ │ノノ┌ 、l,   ソ
  .----¬~~~ヽ ヽ l 、 ハ ll l.ヽ 、____         だから、絶対にあだめいた心を
  /     ヽ  ヽ ヽヽ/ ヽlノ ヽ ヽ  ヽ        持たないでほしいのです
 │      ヽ  ヽ     /l   l  l,   l
 │    ノ、 /   \   │ l  /  \ │
249 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:55:50.84 ID:UjO3.Gwo
何故じゃねーよww
出す気だったんかいww
250 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:56:02.62 ID:f0QAWVso
それは何故ってwwwwww
いっぺん氏ねwwwwwwww
251 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:56:21.61 ID:Z8JMx4.o
「娘を恋愛の対象にしないでほしい…」
御息所の遺言をどこか不都合な、と思いながら、源氏は承諾した。

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \     わかったお…
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |   桐壺院の御子のひとりとも思って
    \    (__人__) .  /   お世話もうしあげますお…!
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


   l           / l    /  l   l        ヽ
  l        /  / . |   ./   l   l          、
  l       !! '  ̄ -. |,,  /   l   ./!         |
  |       ! |_,,./,, ,,_.、|  Y   .l  / l .    /   .!
   !       .!ミ''/"ろミii,.!,.!/    /_ ,,/  l    /    !
   !.  |  i∧|/./"::::. .リii!|     // ''ト、l   ./     l
   .!  ヽ .| . i.n_.っ::ソ  !  . /_,, ,__.  /.く ./     ./
   !  .ヽ ! .ゝヽ - "      .てツミミミ/, .//    .i ./
 __,,,-!   ヽ !   ̄゛       ./ ::::::::リ'ミ,/    , | . /
  / ./ .! . |.\ゝ      ,    .弋゛っン_,,ミ     ,/.! ./    よかった…
  / !:!.!  | !ヽ丶   ト 、     ヽ二' /     ./ .!./
   ! !::! ! .| .!. ゝ     ヽ _ >      ∠''_,, -" ./  .!./    何だか、安心しました
 . | !::!  !.| .!   \           _ イ   .//  .!/
 ..| !::!  ! ,.ゝ   \_ ,, -  -t   /   ./    /
 ..| !::! .,..-:" '"ゝ./  ,:! .!:!.!   |ヽ./ / ./
 ..| .!:"- " ヘ>―<//!!:!.//.!  | Y /! y
 ..| _"- "  .|    Y .!!: ://  ./ // !./
  ゛ |    |   /  !.V/  / /  /.、
    |    .yーノ   V/   l     ヽ
    \  /   |   /     ヽ      ヽ
252 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:57:14.23 ID:uSKcc2go
自分の今までの行動を考えてみろwwwwww
253 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:57:43.76 ID:hXhjBTQo
苦労したもんなぁ…(肩をポン
254 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:57:51.41 ID:Z8JMx4.o
.      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
      /;    . . : : : :\       ┃|
    / ∪   . . : : : : : :\        ┃|   あまり長居しては
.   |         . : : : : : : : :| .       ┃|   負担になるお
    \_    . : :〃: : : :,/         ┃|
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|    今夜は、これで…
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |


       /  /                 \
      /   /            ヽ       ヽヽ
      /  /        /     │∧     ヽヽ,
      │ /        /  / │││ /    │
      l /        /l  /─'l ノ l /  ノ│  l
     │       │l  l=、l / ノ=l, / /  /
      l  ハ      l< l l=└ ノ/ ノ/// //l /
       l ハ   ヽ ヽ │=ノ    l / //l /
       ハ    \ \─~    , l/ / ソ    ありがとう…
         \   │\、   ー ノ  /
         │ヽ  │        / , /       源氏の君…
         │\  |─-、/>イ│//
         ハ │ノノ┌ 、l,   ソ
  .----¬~~~ヽ ヽ l 、 ハ ll l.ヽ 、____
  /     ヽ  ヽ ヽヽ/ ヽlノ ヽ ヽ  ヽ
 │      ヽ  ヽ     /l   l  l,   l
 │    ノ、 /   \   │ l  /  \ │
255 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 22:59:08.54 ID:Ysr94swo
不都合なってゴルァアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
256 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 22:59:28.82 ID:Z8JMx4.o
◆数日後、夜、二条院

          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (ー) (ー)  \       .| |
         /  (__人__)     ヽ      .| |  ぐー…ぐー…
       _rーー‐‐- 、_       / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ  /| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、. /  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                    /   |/
257 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 23:00:08.64 ID:dMFljpYo
しかしある意味、やる夫にとって最上級の褒め言葉かもな。
お前からつれなくされても忘れられないほどいい男なんだから手を出すな、というニュアンスもあるだろうし。
258 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:00:35.37 ID:Z8JMx4.o
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::

   ――なた

::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::

                                 あな、た


                   あなた……

::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::
259 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:01:30.94 ID:Z8JMx4.o
: : : : :.:.:.:.:i:.:.:.:.|:.:.:.:|     }:.ト、:.:.:.:.:: : : : : : : . :.:.:.:. : : : : . :
: : : :.:.:.:.:.:.ト、__:ト.:.:.:!     |:.「、 ̄「`:.:.:. : : :ハ: : ヽ\
: : : : :: : : : : : : . :.:.:.:. : : : : . :l   、:.:、:.:.i:.:.:i }:.:. : : :ヽ ヽ
: : : : : :.:{ \ ヽ \    リ   \ト、i:.: :ト、:.:.:. :、: :\、   さようなら…あなた…
 、: : : : :\_z=≠=-      ィ≠≦ミ、!:.: |:.:.:.:.:.:. :\: :、ヽ
: : : : : : : .ト、,.c⌒ハ      f^し'ヘ} j:.:.: l:.:.:.:.:.:.:. 、 .\ト、\
、: : : : : : ヽ\弋シ:}       弋zシ /.:/ハj:.:.:.:.: : : : : : : . :.:.:.:. : : : : . :
:. : \:. : :\ヽl^¨”    ,      彡' イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ト}!   ` 、 ゙ 、
:.:、: : ヽ:.:、:.:.トヽ:::::::::   __   ::::::: , '.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j l:.ハ     `、  ヽ、
:.:.:\: :、ヽ:.\ヽ\   「_ .丿   /:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:: : : : : : : . :.:.:.:. : : : : . :
:. : : : :、 :、\: ヽj ト .._    _ ィ´:.:.:.:.l:.、:.:.、\:.:.:.:ノイ:.:. : : : \     '. ,、  '.
:.:.: : ,、:.\\:.:.、:.:丶⊥ =≠┴---- 、 . :.:. : . .、´:.:.:. : : . :.:.:.:丶    l/  \j
:.:.:/ハ:.:.:.:ヽ:.\ヽ:.:.:.\、        ハ '、ハ '.:.:.、 :.:.:.:. : : : . :.:.: ヽ  ′
\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ム_`丶:.:.:\ :.:...__  L ィ_::.、:.:.:.:\:.:.:.: : : : . : :
>==、-く\: : : : : : : . :.:.:.:. : : : : . :     `7─ - 、:.:.:.、: :: : : : : : : . :.:.:.:. : : : : . :
      ヽ ヽ ゝ'   ̄ ̄ \:.\ {:.}    /     ヽ:.:.:.:. : : : : \:.:.
: : : : : : : . :.:.:.:. : : : : . :    ヽ:.:.'、     l       }:.:.:.:.:.:.:.:.、: : : : : : : : : . :.:.:.:. : : : : . :
       '.   ヽ、:.   {:.}  ヽ:.'.    :i j       l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: : : : : . : :
   : : : : : : : . :.:.:.:. : : : : . :^ / ハ:}    |/      ,.:.:.:.: : : : . :.:.:.:.:. : : : : . : : :
:.、     l       ヽ:.:.:'   |:l    j       ,.:.:.: : : : : : : : .:.:.:. : : : : : : : . :.:.:.:. : : : : . :
:.:.:、    { :.        :.:,.   }:!   ,'      /:.:.:.:. : : : : : : : : . :.:.:.:. : : : : . :
260 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 23:02:32.09 ID:hXhjBTQo
ああ…そうなんですね
261 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 23:03:18.47 ID:MA6../so
でもある意味、ここまで想ってもらえたら男冥利に尽きるよな >御息所
嫁さんにもらうなら、こういうタイプがいい
262 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:03:18.94 ID:Z8JMx4.o
          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (●) (●)  \       | |   ……ん?
         /  (__人__)     ヽ       | |
         |___ ` ⌒´      / ̄ヽ____| |
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ   /| |
   _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ     /  | |
  /    ヽ        `ヽ、}    ./  /| |
 ノ               ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/                   ノ |  /
                     /  |/

            ____
          /      \
         /─   ─   \   
       / (●) (●)     \   誰かに呼ばれたような…
       |   (__人__)      |
       \   ` ⌒´    _/    気のせい、かお?
        / l        ヽ
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l
     /ユ¨‐‐- 、_     l !
  _ /   ` ヽ__  `-   {し|
 /          `ヽ }/
            / //
  ,,, __ ___ _/ /_/
263 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:06:24.41 ID:Z8JMx4.o
六条御息所、死去――享年36歳。
                     __ .. ィ 、--  _
                   ,  7  ./.  ヽ   、: `丶.
                 /  , ,  ィ 、 \ : : \: : ヽ.
                イ  / : ハ .ハ  '.  ヽ\: .ヽ: : :ヽ
              /  / イ: l: :l |:ハ :i ヘ: .  ヽ :、: .ヘ: : : .
             / /  イ / |: |l: | |: ハ:i. : 、:   '. : 、: .ヘ: . '.
            〃イ/ :/: |' l: ハ: l    |:i 、: : ヽ  '. : ト、: \.}、
             /  l! :i : X |:|L:!: l   .||ヘヽ: _:ム:   '.: V>-:イ `ヽ.
          /  .|| : i: :i Wj工:l   ,lj' _≧\、ト、 }: : ト-イ: ト、_}ノ
             |l : |: :l ハ爪::::ト、  ノ ´ b:::::::ヾ、:、 l: :「V|:|: } 、
       ハ  iヽ.   ヘ |: :| ト、_辷.j      辷.-ッ |`} : :j/イ !: ヘ、` ー---- --   .、
      「 、 '. ', ',   \: ! i:}   、       ̄ ̄/ :j . /7:l: :l 、\ゝ───── ヘ
       ' ', '、 ', ', , -;  ヘ i ト、   __        /://:/イ :| l: l:  、: ヽ        } '.
    ,、  ヽ ヽヽ! ',{ |.   ヘ ト、、> ._ `     _ '― <_ | :| i: i   、: : ` __     / j
    ヽ、`丶} `  ヽ i    ヘ \、: :i 丶__ ィ7⌒ヽ   ハ | i: .    、: .、: : : ¨ ー = ′──
       `ヽ      `}    ト、  ト: l: : ://l/    ヽ j :! :! i: :\: . : ヽ:\ 、、 __ : : : . . . . .
//      '、     l     ./ \: : l :, ´ :ハ'     ヽ.! :! :'. : : :、: .  : \丶>、  ̄ ̄ ̄ ̄
. '′        ヽ  , ┴ 、 ./  /: :/ . : :´ :j        l | :| :'. : : : :、: .  ヽ\ 、: . 丶、
′          ゝ'´   } /  //イ / :/j      j l :|  '. : : : 、: 、  \ 、: : : . : :` −
           '、     \ :/ / :/ /′,′      / :l :ト、 : '. : 、 :\ヽ: . \ヽ、: . : : : : :
            ヽ  ,. --\ ,ィ /:/  ′     '  ハ l ヘ: : :'、:、\ : .\ヽ: . ヽ\丶>__
             l、_〈    \!: i: ハ.  /       .′/ l :l ヽ: . :\: .ヽ: . \、: : . : .`丶、  
              // 、     ヽ:{:∧ .′     ′/  l :l   \: : :ヽ: . 、: : : 、ヾ: .、: : . . : `:
、          /  / /:\     ` .V      / / 丶 、 \   \丶: 、: :丶、: :`ヽ\ミ、: : :
ヽ. 、_____ <_.  '′ /: |: | '、       i     ,タ′、 ヽ、ヘ ヽ   \ 、:\: : :`: : : 、: `ヽ、
  ` ー = ≠ ´     ./: :/: :! l\            /〆__ \   ヘ '、 >−…ト =: : ≧、: :丶: : :
  ____  ´      / /∧:|  ヽヽ       /    \ ヽ、 ヘ、ヘ_ >_j二二、__ヽ`_ 、: : : : _:
            { //  l:l    、:` 、    , ′    丶、 ゝ、 ヽ、>、>' ´: : : : : : `丶: : : :
             |/′  i:l   l、: 、\ヽ-'′       論_ノ/\、: : : : : : : : : : : : : \: :
               /.!   ヽ   | ト、:\ ヽ、       / __jノ´. : : : : ` :ー―: '´: : : : : : ヽ
            / :i     \、l l \:\、`===― ' /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i'
           ,′i        i ト一 丶、:\、__..f二:<_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
           l :|           { {    ` .>―- 、: : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

大臣家の姫に生まれ、東宮妃。しかし夫と死に別れ、娘とともに伊勢に…。
妃として、母として、女として……数奇な運命を噛みしめた女人が、静かに逝った。
264 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:08:07.99 ID:Z8JMx4.o
残された前斎宮は、ただ泣き暮らすばかり。
諸々の法要や手続きは、すべて源氏が取り行った。

: : : : : /: : : :i: : :.:.:.l  ゝ‐.:''.:.:.ヘ     `ート、/ i:.:.:.: : : : / : : : : : : : : : : :l
: : : : :.i:.: : : ハ _... -l'' ¨ _丶、:.:.ヘ    _ _l :/`ヽl:.:.:. : : :/ : .:.: : : : : : : : : l
: : : : :.l:.: : :i ヘ.:_.:-l 三=ミ、` 、:ヘ   z==l'- 、 l:.:.: : :./: .:.:.:. :ヘ : : : : : : i
: : : : :.:i:.: : l イ>、':´i        `      `ヾ )l:. : /:.:./:.:. : :.ハ: : : : : /
:. : : : :.ハ:.: l ⊂⊃丶、       ゝ      ~/:,:イ:.:.:.:/:.:.: : :/ i: : : : /
:.:.:. : : :.:ハ:.:i o    `     __ _       '  l:.:.:.:/i:.:.: : / i:. : : /
、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  o      /, -= _‐-ヽ    ゚  i:.://:.: : /  l : :/
ヾヽ、:.:.:.:.:.:.:.:\. 。     / ´    `ヽ i    o // /:. /  //
ヽ\:.` ー- ...__:.\.    {        l      イ: : メ:/
.i:.:.:.:.`: : : : : : :ヽー−  ヾ - ... __ .. ノ    /: : /ヘ
ヽ:.:.:.:.:.:. : : : : : : ヽO、   ` ー― ''    , ': : : : : : : :ハ
:.:ハ:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : ヽ゚` ー ... _     , . '.:.:.:.:.:.:. : : : : : : ハ
_..-ヘヽ:.:.:.:.:.:. : : : : : ヽ、    '' −-,' 〉:.:.:.:.:.:.:.゚o.:. : :. : : : ハ
  `ヘヘヽ:.:.:.:.:.:.:. : : : :.ヘ` ー--、-、' ./ヘ:.ト、:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:. : : :i
    ヾ \:.:.:.:.:.:.:. : : : ハ   / /  i lヽl \。.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :l
       \:.:.:.:.:.:.:. : : ハ.  / /  .l  l.    \:.:.:.:.:.:.:.:.:. : l
265 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 23:08:26.90 ID:hXhjBTQo
さようなら
266 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:10:33.06 ID:Z8JMx4.o
◆六条御息所邸

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    惜しい方を亡くしました…
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /

        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \     宮さま…やる夫は、御息所さまと
   /  /⌒)   ⌒゚o  \    お約束したのですお
   |  / /(__人__)      |    これからは、やる夫を親と思ってください
   \/ /   ` ⌒´     /


    //               厶∨;ム           ',
 _,.イ _/        '   /  .:/   "´|               l
 ̄  /         |   .:{   .:::l     l::.   /          |
   '   ,    l  .::l   .:::li  :::::|    ,' :::. , イ    j:   l |
.   l  ::l    | .::::ト :::::ハ .::ノ|  、 ,/:::./ i  .:,':::   ,' l
.   |  .:::| :    l.:::::::|_ヽ_;;! ィく.::::!  `/::メ、_  | .::/::::  / ,'
.   |  ::::! :::.  ハ::::::l ´丈≠ミ\{  /イ テ≠ミ!、:::/::::::  / /
    l  ::l| ::::::..  ヽ::レイ_j:::::::::}     !_j:::::::::>∨:::::  / /   源氏の君…
    ! :|ヘ :::\: .   ヽf代 ::::_rソ     { ::::_rソ jツ::: / /    でも……
    ヽ、i. ヽ:::::::\:..  \ゞ-‐′      `‐- '/.:::/ f /
.     `  \::::.::`ヽ、 __ \_    ,    ∠-ァ‐'´   ! {
         ヘ、\ :::::: ゝ ̄   tっ    ,.イ:::.   N
        /   .:::::`ゝ: / `ヽ ヘ     ィ<::::ヽ::..:  ハ
       ,'  .::::::.:/ l/   ,/ /´>< |   \:ヘ::::..  :',
        !  .::::ル'  ____ ィ/ '  / ,!、 |、_  `ヽ:::.   !
        !  ::/V丁 .:.:.:.:. !     ' ツ  ト、-,.:ヽー-ヽ::   |__
         |  / |│.:.:.:.:.:. |    f′   7 .:.:.:.:.:.:. ',:   !'.:.>、
       /゙l  ,'  l|│:.:.:.:.: |    /-―-、/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i: //  ヽ
      l. l  !   |│ .:.:.:.:. l   /二ニヽ/.:.:.:.:.:.:.:.:.: /| /'     l
      |  ヽ{   |│.:.:.:.:.:.j    {.:.:.:.:.:.Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ィl/        |
267 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:13:15.88 ID:Z8JMx4.o
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \    やる夫が不甲斐ないばかりに
 /  (●)  (●)  \   お母上には大変な苦労をかけましたお
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   だから…宮さまには
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  幸せになっていただきたいのですお
  |     (__人__)    |  それが、やる夫の償いなのですお…
  \     ` ⌒´     /


     / '               ,、 ,、           ヽ
    //               厶∨;ム           ',
 _,.イ _/        '   /  .:/   "´|               l
 ̄  /         |   .:{   .:::l     l::.   /          |
   '   ,    l  .::l   .:::li  :::::|    ,' :::. , イ    j:   l |
.   l  ::l    | .::::ト :::::ハ .::ノ|  、 ,/:::./ i  .:,':::   ,' l
.   |  .:::| :    l.:::::::|_ヽ_;;! ィく.::::!  `/::メ、_  | .::/::::  / ,'
.   |  ::::! :::.  ハ::::::l ´丈≠ミ\{  /イ テ≠ミ!、:::/::::::  / /
    l  ::l| ::::::..  ヽ::レイ_j:::::::::}     !_j:::::::::>∨:::::  / /   源氏の君…
    ! :|ヘ :::\: .   ヽf代 ::::_rソ     { ::::_rソ jツ::: / /
    ヽ、i. ヽ:::::::\:..  \ゞ-‐′      `‐- '/.:::/ f /
.     `  \::::.::`ヽ、 __ \_    ,    ∠-ァ‐'´   ! {
         ヘ、\ :::::: ゝ ̄   tっ    ,.イ:::.   N
        /   .:::::`ゝ: / `ヽ ヘ     ィ<::::ヽ::..:  ハ
       ,'  .::::::.:/ l/   ,/ /´>< |   \:ヘ::::..  :',
        !  .::::ル'  ____ ィ/ '  / ,!、 |、_  `ヽ:::.   !
        !  ::/V丁 .:.:.:.:. !     ' ツ  ト、-,.:ヽー-ヽ::   |__
         |  / |│.:.:.:.:.:. |    f′   7 .:.:.:.:.:.:. ',:   !'.:.>、
       /゙l  ,'  l|│:.:.:.:.: |    /-―-、/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i: //  ヽ
      l. l  !   |│ .:.:.:.:. l   /二ニヽ/.:.:.:.:.:.:.:.:.: /| /'     l
268 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:15:10.17 ID:Z8JMx4.o
源氏は、斎宮の今後を思案する。

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    このままだと
/    (●)  (●) \   適当な公達が求婚してきそうだけど…
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /    それは避けたいお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   となると…
/    (─)  (─ /;;/    
|       (__人__) l;;,´|     あとの道は、入内かお
./      ∩ ノ)━・'/     はからずも、やる夫にも機会が回ってきたお…!
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

     ____
   /(ー) (ー)
  /   (__人__)\    ただ…
/. U   ` ⌒´  \ 
|             |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
269 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:16:37.81 ID:Z8JMx4.o
前斎宮は、朱雀院がそれとなく所望している。

.     r'ニ;v'ニ;、
     _,!_(9i (9i:、
  /  `ヽ,. ┘ヽ     
. i ′′    ///}     
  l、      、   ,!       
   ヽ.____,ノ` ,∠!
       `ーァ ヘ>
         i′  ヾZ___/`i
         |  ,  ヾ;.、ヾ;、 !
         l、 |  |,.、ヾ二_)|
        l ヽ.ヽ、`,!   _,ノ
        `ーヘ,.二i、  〈

しかし、院にはすでに複数の妃がおり
また院自身は病気がちであるため、
入内してすぐ悲しい思いをしないとも限らない。
270 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:18:00.26 ID:Z8JMx4.o
        ____
       /    \
.    /          \    …となると、冷泉帝への入内になるけど
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |   そんな横取りみたいなことをしても
.  \    (__人__)  /   いいものかお…
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


           ____
         /   ∪  \       あー…頭が痛いお
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、   女の子の世話って
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )  こんなに大変なのかお…
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://
271 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:19:19.08 ID:Z8JMx4.o
困り果てた源氏は、冷泉帝の生母・藤壺女院に相談した。

       ____
    /     \
   /  ─    ─\    …というわけで
 /    (●) (●) \  どうしたものかと思っておりまして
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


         ____
       /      \
      / ─    ─ \     帝はご成人あそばされましたが
    /   (●)  (●)  \    いまだお若くていらっしゃいます
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    もう少し分別のある女人を
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     そばに置いても不都合はないと思いますが…
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
272 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:20:32.94 ID:Z8JMx4.o
               _     ―  、
             /  .: : .        \
             /  . : : : : : .    /-、: \
            / :ス、 . : : : : : : : : /    \. \
         / /´  ` ー -- '´  ヽ  ヽ  ヽ ヽ
          / /    / .:       :.      ',  ヽ
         ./ /   /: /  :.    : |:.  l  :. l l   ',    そうですね…
       /  i:|    | |:.  l|:.   :| |::  |  :. l |  |
        !  |:l:. l _l|: l!:.. l|::.. :. .:lN::  j:._.: l  | l   l    院のご所望は畏れ多いことですが
        |  N、 l:.| ヽT:z.、N:..::..:/jイ:ィ/j/|.:/.: /イ   !    そ知らぬふりをして、帝に入内おさせなさいませ
       ',   ::|\|!ィi´うハミ. ヽ' ,ィi´うハ「 jイレ::|  ,'
       ヽ  | l ハ ゞ- '      ゞ- '' ハ: |'´:j  ,'     御息所さまのご遺言、で通せば
           ヽ. |/ |::::.、     _,    ,.::::} l:  /      院もたいしてお咎めになりますまい
             / l: \:>        <:/!:| l  /
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l  


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    わかりました
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     では、帝がもう少し落ち着かれてから
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     そのように取り計らいましょう
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
273 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 23:21:51.57 ID:zYahtZI0
兄ちゃんかわいそうになあ……
274 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:22:17.88 ID:Z8JMx4.o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   ここで、物語は一気に2年後の話となる
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   源氏31歳からのエピソードだ
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
275 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:24:25.63 ID:Z8JMx4.o
◆源氏31歳、春、平安京、二条院

  _ ,,..._      x                、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'     ×       . . ゜ `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ              ×    ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙   .゜× _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::
276 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 23:25:37.81 ID:MA6../so
某へうげみたいに、みんな一気に老けるのかな?w
277 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:26:19.39 ID:Z8JMx4.o
         ____
       /      \
      / ─    ─ \     とゆーわけで
    /   (●)  (●)  \   
    |      (__人__)     |   我が家でお世話して
     \    ` ⌒´    ,/    宮さまを帝に差し上げることにしたお
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


                    ___
               , 二¨-―-- 、`丶、
               /_ ..-――-.. 、十ヽ\
            //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
               〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
           l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \
.           ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/   わかったですぅ!
           ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔
           /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i  じゃあ、紫がお母さまがわりですね?
            l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |
           // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |
             //  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、
.        //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉
     , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹
   /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人
   ヽ冫< /   {: : :Y〈__ //〃 ,' / 7ヽ ,仆、: : :|| : :`¨¨´: :冫、
    \/   rヘ :`ヾ//__/> //V/ /」 ハ: : l|: :丶: : : ,': ヽヽ
            /::/^ヽ_/厶>rく/ /l丶/ハ/;'/`ヽj| : : `、 /: : : :} ト、
        /::.:|/{/    Y^厶-z_ノ;';';';'∧::.::.:\: : : : : : : : j ハ:ヽ
        //:::,': :〃    {V  `ー<;';';';'/::.:ヽ::.::.:::ヽ、: : : : : {〈 `、ヽ
     〃:::,':::/: :/乃ヘ、 ({人 、`丶、)';'ヘ::.::.::.:、::.、.::.::\: : : rヘヽ l:::|
     /::.::.:':: l: :/r':〈;';';';'>ミV`丶>ー';';';'ハ::.::.::`.::ヽ::.::.::ヽ_/  l:「 |:::|
.     l::.::.::l::.::|: l_」 : :ハ;';';';';入;';';';';';';'_;'_;'_;'_;'_〉::.::.::.ヽ::`、::.::.:`、  l:|  }:::}
    |::.::.::l::. {: {{: : /∧;'/: : }>‐'´: : Vハ: : :ヽ::.::.::.:`、::丶::.::. ∨::l ,'::/
     |::.::.::l::.::∨/:// : : : : : : : : : : : : : : Vハ: : : :\::.::.::ヽ:::ヽ、::.:l:::レ'::/
.    j::.::.::l::.::/ //: : : : : : : : : : : : : : : : :Vハ: : : : :.\::.::.:\::.::.:/::/::/
278 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:28:56.63 ID:Z8JMx4.o
          ____
       / ノ  \\     い、いや、紫の上は今年で23歳だお?
      / (●)  (●)\   宮さまは今年22歳なんだお
    / ∪  (__人__)  \  たいして変わらないお…
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


            r ―――――-- 、
        ,ィ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽヽ、
       //__, ィ―――、――、   \ヽ、
     ∠_/´7 : : : : ィ´ : : : : : : :ハ`ヽ、  \ \
     / : : / : : / : : // : : /: :! :ヽ :\  ヽ \
      /: : //: : / : : /: :/: : : ノ: : |: : !ヽ: : ヽ ヽ  ヽ
    /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ
    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ!
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ!
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|    じゃー妹でもいいですぅ
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|    どーんと任せてくださいですぅ
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!
 /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|
/ : : /  /\  /==Y〈`-"⌒ヽ<  / : : : |: : : : :ヽ
279 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:30:46.60 ID:Z8JMx4.o
                 , .-==== - 、
                  ∠   `^`^~^`ヽ、 \
              ,∠ -‐……‐- 、    \ \
             / .::.::.::.::.:..;.:.:.:..:.:..`ト、    \ \
            / . .::/.:/::.::.:/.::.::.:://.:l.:|:ヽ     i  \
              / . ::./::/:.:::.:/.::.:::,.イ/.:::l.:|.::..ヽ    i    \
           i.:i.:.:l.l.::l「.`メ.:.:///∠ l.:|.::i.::.ヽ  i   , ィ´
           |::|.::|:l:::lレく:/ // /⌒i.:ト、l.::.:::.〉 i / /
           |::|.::|:l:::l1 トミ   ,ィr==ト、l:.::.:/  レ'´ .:/
          lハ:::ト、::l」_リ    i l.:.:.:. リ l/:/ ,f.: .: .:.:i   入内がお決まりになって
               l/ ヽ' ' ' '     ┴ー'//  ,f: : : : :.:|   色んな方からお祝いが届いているですぅ
           rソ   ハ、   「`7  ' '∠ イ  ,f: : : : : : :|    
           rソ  ノ.:i:.:.> ‐一 ´_⊥:{  {.: : : : : : .:|
            rソ  ノr'77´ 二`ニ´  ̄`{  { : : : : : : |
         rソ   ノr'77 /^フ介ト、     {  { : : : : : :.|
        ,f  ノ.:r'77\ //j,。l l〉〉   ,r.{  ト、 : : i : |
       ,f  ノ.:.:{ ,′ // j,。.l l/   ,rシハ  い: : :l: :.|
      {  ,f.:.:.:.{ .′ // j。 ト、  ,r シ( :.:.`ヽい: .:l : :i

        ____
       /    \
.    /          \     朱雀院からもお祝いのお道具が…
.  /    ―   ー  \   
  |    (●)  (●)  |   …悪い事してしまったお…
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ
280 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:32:39.40 ID:Z8JMx4.o
◆平安京、内裏、弘徽殿

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |   くっ、とうとうアイツも
       |  (__人__) |   後宮政治に乗り出してきたか…
          |   ` ⌒´  |
        |        }    弘徽殿女御、頑張りなさいっ!
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」


            /            丶
           /   /         ヽ    \
             /  /  / ./    }   } `、   \
          i /   /  / /  ,′ j  l    ヽ
          l/:l  ,' !  l /  /  / ! l | l  ハ. ',ハ
         / |  ! | /!/! /lノ :/ l、!_/| ! ! :| lハ
          !  |  | li┼リ七_k| / /'_jzk「:! l ! |ヽl
         ヽ ハ ヽ ヽlィ仍ヘ}`l(   'fitナ}l/ イ /! / リ
             lヽ∧ ヽ八ct::ソ      `‐'゚イ´/イ j/
             | ! `ト、 ム、 `.::.:     , .:::.:/ i'´|/   は…はいっ
           ,リノ___| ヽ!ヘ 、   (⌒フ , イ  | |l
            /「´|  !  !| ハ > 、_ ィヘヽ| :i| l八
        /' | l  |  リ | l>rー'´  / ノ :リ ト、 ヽ.
       / :l| l ,' / .ノ f=(ヽ _/  / 〃/ >、',
        〈  -ヘ V/‐ク^ヽ `Yヘ   / / // /ハ
     / ∨ ̄ j<_/ ヽ    / ヽ/ / / / ヽ ヽ
    / /  } V´〃     ム. /    |/'´ /     l  \
  ///   ヽ〈  \r―ぅ、_,>′  /l____/       j.    
            冷泉帝弘徽殿女御
281 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 23:34:19.65 ID:MA6../so
なぜだろう、冷泉帝が急に憎らしくなってきたw
282 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:34:25.10 ID:Z8JMx4.o
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   何かもう人間関係かわり過ぎで
  ミ゙ ゚ -゚ノ    混乱している者もいるだろうから
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   家系図を貼っておく
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


                  藤壺━┯━光源氏──────────────┐
                       │                           │
             (故人)   .  │                       .   │
             右大臣  .   │                       .   │
              │     .  │                        .  │
              │     .  │                        .  │
  やらない夫━┯━四の君  .   │   六条御息所━┯━前東宮(故人) . │
         . │           │    (故人)    │           . │
         . │           │           . │             │
        弘徽殿女御━━━ 冷泉帝 ━━━━━ 梅壺女御 ←┬─────┘
                                         └養女にする

  、-−7
  ミ_o_d,,,   ちなみにこの時の年齢は次の通りだ
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   ・冷泉帝13歳
  (゙ /  |ゞ   ・梅壺女御22歳
  /ヾノ==,)    ・弘徽殿女御14歳
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
283 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:35:49.86 ID:Z8JMx4.o
◆平安京、内裏、梅壺
                         _ -───- 、
                      /   __......_     `丶、
                        / _ ニ ─‐- _`丶、    \
                     /_∠...................._ `丶、ヽ、    ヽ.
                  _∠ィ - ´ ̄ . : : : - `丶、 \\     ヽ
                 //. : : , . /. ://: /.:/,`ム、 ヽヽ    `、
                〃,イ/. : : /. :/. /ィ: / /:.:/:ィ:.∠-L:\ヽヽ.   '.
                ////: :/: /: :/: /ハ:|: l: :l:.:////   ^7:∧'. '.   '.
                {{ l|: :/: :l! /: /7! |l!: |: :l:l' | 「` 丶、//: :∧V   }
                i! |l: :{: :|!: :イ:,ィ卞ト.ヽ: :ト! ,≠f- 、ノイ : /:, :∨   l
                _ムト、|! :l {{ bじ:} ヽ\!  p':::::::ハ/: :// : : l! : /
           ,  ‐= ´ .:./.:.:/.:.ヽハ ゝ-'     乂zd'ノ:/: : : : : |ノ
         /´  _ ィ/,イ:.://:.:.:.:./ハXxx  '_  __ xxイ//.:.:. : i: : :ト、
         /   /イ/ //{:.{/:.:.:.:./|/ヽ、       /.:./l:.:.i:. i ヽ.、ハ \
          // {{  {:{ l:l!:.:,:./.:.:ィ´.:.:.:>r- ‐ イ/:.:.:/ ハ:.ト、:l\ヽヾヽ ヽ
          |{  l!  ヾ ムノ/イ//.:.,≠イ「 ̄` 7ハ:.:i:.{ |{|:.ト、:.:ト、ヽヽ、\、\
           ヽ  `  /  |/リ -ハ|─ 7⌒r─ |:!_|:l:.:! l!}:.! ヽ:ハ \ヽヽ:ヽヽ`
                l!  /7: . : . : /イ: ./`ヽ: .|!: l!ヽト、 リハ  }!}|    ヘ| }|
                   ,′ l: . : . ://: 7f': . : . : . : ヽ: . 7-,ァ─┴‐ 、    i!
                /   _〉: . : . : . /|:|: . : . : . : . : : {/ィ       l
              _,ノ- / l、: . : . :/ l: l: . : . : . : . : .〃       l
             /   ;    /ヽ: ._イ .l : !: . : . : . : . //        l
            /    | __..ノ: . // .l : l: . : . :_ノ´ / ,          !
            '.   /. : . : /: /  |: .`─「: : \ノ/         ;
             ヽ /. : . : /: /    l l: . : .l: :/「:ヽ  __       {
            くl´ ̄ヽ:/ . :, ′    l: l: . : . { |/ヽ/  /∠  __   '.
              \_{__r‐,/       '. '. : . : 7    ィ´ ̄ ̄≦ヽ  ノ
             / ̄`ヽト─!       ゝヘ_/ ヽ、   |_............. |  ∠

前斎宮は、冷泉帝の妃として入内した。
梅壺と呼ばれる御殿を御座所としたので、以後、梅壺女御とお呼びもうしあげる。
284 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:37:24.27 ID:Z8JMx4.o
      」                 、
    / ̄¨\  \::\           \
   /..::.::::::::::::::::` ー-x:::\      _    \
   /.:.:::::,::::::,:::::/::::::::/  ̄>‐-、    ヽ_   ヽ、
  /:::/:::/:::::::{::::l:::::::/:::/::/`vV'´l:::::|\         |
  l::/:::,'::::, ::::l::::|::::::l:::「:::/      |:::::l::::::\     /
  l::|::::l:::::::::l::」斗v7::::|:::l  ,-‐- }:::::|::::::::.:.`ヽ__ノ
  |::|::::l::::::::|::::レハハヽ」::::|    _ |::::ハ:::::::::.::.::.:...:|
  i..:.:::{..:.::::l:::::|>=ミ ∨   x==Lノ .|::::::::::: :..::...l
   ヽ..::.:::::::|:::::}/L|       /::::Llヽ、/::::::::::::::.::.:.|
    ヽ{ ハj:::」|、:::i       }:i !:::| }:::/::/::::::::.:::..l  は、はうう…
     /ヽ/ `-  、   辷::/ /::/::/:::/::,:::::/i
      /:::/::八Xx    _    xxX{ノ::/::::/::/::/::j
    /::::/:::::/\   ´ `      /::::/::/::::/
   ,:::::/.::_,イ-‐′> _ -‐< //:::::.:::/
   // ̄, ‐  ,-‐「   / /´::::::::,イ´
     /  /:::,-‐ L」/::::::::\-‐´ ̄ ̄丶
   /    {:::::::レ'´::::/l::ヽ:::::::::::::::}       l
  /    /ヽ:::::{::::::ノ |:::::::〉::::::::::/_         |
  ′   く:::::/:::`-‐´/. l::::\::::ノ::::ゞ      L
 l     ハ::::ハ:::::::::{  |:::::::::::::::::/,        `ヽ
 ヽ、   {   L:::::::|  ヽ:::::::::::::{/          \
   }   \    ̄¨    ` ー‐ ´ ヽ          〉

       ____
    /     \
   /  ─    ─\     宮さま、入内は心配でしょうが
 /    (●) (●) \    そう案ずることでもありませんお
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /    帝はまだお若い…
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    遊び相手をおつとめになると思えば
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
285 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:38:32.80 ID:Z8JMx4.o
     / '               ,、 ,、           ヽ
    //               厶∨;ム           ',
 _,.イ _/        '   /  .:/   "´|               l
 ̄  /         |   .:{   .:::l     l::.   /          |
   '   ,    l  .::l   .:::li  :::::|    ,' :::. , イ    j:   l |
.   l  ::l    | .::::ト :::::ハ .::ノ|  、 ,/:::./ i  .:,':::   ,' l
.   |  .:::| :    l.:::::::|_ヽ_;;! ィく.::::!  `/::メ、_  | .::/::::  / ,'
.   |  ::::! :::.  ハ::::::l ´丈≠ミ\{  /イ テ≠ミ!、:::/::::::  / /
    l  ::l| ::::::..  ヽ::レイ_j:::::::::}     !_j:::::::::>∨:::::  / /
    ! :|ヘ :::\: .   ヽf代 ::::_rソ     { ::::_rソ jツ::: / /   は、はい…
    ヽ、i. ヽ:::::::\:..  \ゞ-‐′      `‐- '/.:::/ f /
.     `  \::::.::`ヽ、 __ \_    ,    ∠-ァ‐'´   ! {
         ヘ、\ :::::: ゝ ̄   tっ    ,.イ:::.   N
        /   .:::::`ゝ: / `ヽ ヘ     ィ<::::ヽ::..:  ハ
       ,'  .::::::.:/ l/   ,/ /´>< |   \:ヘ::::..  :',
        !  .::::ル'  ____ ィ/ '  / ,!、 |、_  `ヽ:::.   !
        !  ::/V丁 .:.:.:.:. !     ' ツ  ト、-,.:ヽー-ヽ::   |__
         |  / |│.:.:.:.:.:. |    f′   7 .:.:.:.:.:.:. ',:   !'.:.>、
       /゙l  ,'  l|│:.:.:.:.: |    /-―-、/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i: //  ヽ
      l. l  !   |│ .:.:.:.:. l   /二ニヽ/.:.:.:.:.:.:.:.:.: /| /'     l
      |  ヽ{   |│.:.:.:.:.:.j    {.:.:.:.:.:.Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ィl/        |


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   お、帝がお渡りになりますお
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
286 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:40:24.00 ID:Z8JMx4.o
    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ  
 .| U  (__人__) |   は、初めまして…!
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


          /,. ===== 、    `ヽ.
        //       \     \
       i    ,. -- ----ト、 \     ヽ
     ( __八_/    /`ヽjハヽ  `ヽ    ヽ
        /   / /. .トvへ ',   i`ヽ   }
     , '  , '  / / i  |  ___Vト  l   ト、ノ
    /  / ./ / i i l  | ´ __リハ i  / \
    ,'  ,' ,' / j__l ll  | ´「r'`ヾi i // i l| \   初めまして
    l  ll ! ! /´,.イ 「\j  ヘdリ リ./  li l|   ヽ
.     li 、、 、K 〈r'ヘ    ´ ̄/ / i l ハ      このたび梅壺に入内いたしました
     八 ヽヽ\ハ `イ ' r‐┐  -/ li ハノ´`
       / //i ト- _  `ー'  /i リ'
.      / // .l l  l  て「 / .レ' ヘ__ , 、
      / /i  i i  jハノ く´ __ _i{ /   /  \
   / / /∧ ハ / ,. -/ ̄{ j´_´ ̄`ヽi     \
  / /  .// 八 ノ / /   /i__j\   〈       \
  レ    V    /   \_/ /ハ  \ ノl        }
.          〈    く //  i.⊥ ハ  l      /\
           \  / ん' ⌒'〜'´    ゝ.___ /  ./、
287 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:41:55.16 ID:Z8JMx4.o
    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ   …………。
 .|    (__人__) |
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ   よかったぁ…
 .|    (__人__) |
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ
288 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:44:04.09 ID:Z8JMx4.o
    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ    大人のひとって聞いてたけど
 .|    (__人__) |
 .|      `⌒´  |     小柄で…なんだか私と
 ヽ         /     変わらないくらいに見えるね
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

           _..........__
       _ -‐'´    `丶、
      /           丶、__. ィ
     /     /  |  /}.ィ  __、−'′
    ,   i  |  ハ  ,ゝ'-l </   \
    |   | ./_l_ィ ', | 、 l / ` ー- ヘ
    | i  VVィ⌒ト、 ヽ.| ナ<! /  、 }
    l 、 l 《 {r-タ    イ才V_ノ ./  |l .′
   ノ/ \'、:::='  ,   ft' /7 /j  /j/
    ,   , l`  「 ̄ ーァ :::ィ.ヘ //
.  , ィ  /| /ゝ、 ヽ... /  _ノ  '.′   (帝…かぁいいです!)
  / | ∧/   '.` ー ォ ´ |ハ  }
 .′ |./ヽヽ`,∠>'}三/  //ハ l
 }  '、 トV  二Y V、ヘノ  V
/、    ゝ{ |  r,}V、ヽ   } / /
}、 二二_/ . '′ ノ{__7  /、__.ィ
ゝ___ >'  , '´/: : |'、  '、==ノ
 | /   / /: : : |.ハ  ヽ-r''′
 |   ./   ヽ_/´ '.   V
 〉-<_ - ' ´     ヽ  /
289 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:45:50.71 ID:Z8JMx4.o
    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ   何か好きなものはある?
 .|    (__人__) |
 .|      `⌒´  |    物語とか、和歌とか…
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


       /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : \: : : : : .: .: .:|
      ./: : : : : :/: : :|: : : : : : : : : : .: .: .: .:\: : : : : : :|
     /: : : /: :/: : : :|: : : : :/∨\: .: .: .: .: .:| : : : :| : |
    ./: : : /: :/: : : :/l: : : : :|    |.:ト、: : .: .:| : : : :| : |
   /:/: : :l: : |: : : : | l: : : : :|    |.:| \: : | : : : :| : |
 __ノ.:.l.: .:.:.|: : |: : : : |_,\: : :l  ー‐|ノ‐-、.|::.::|: : : :/ : j  そう…ですね
 ̄ ̄|.:|: : : |: : |: :/ |   \|.  r┬‐ォ、 `|: /: : .:/ : /
    |.:|: : : |: : ∨.: .:.|ィ'て丁    トイz}〉.|/: : .:/ : /   絵巻物とか…好きです
    |.:|: : : l: : : :\:〈弋zrリ    `ー‐'´ /: : .:/: .:/
    |.:|: : : |\: : : :\ ,,.,,.,   ,   """∠___/ ∠、
    |人:.:.:.| |\___,>   ヽフ  //: : : :/  \
      \| | :|: : /}/ `7⌒V´|‐'´ ./: : /       \
.        | :|: /   / /__} .|__/|: :/           |
.        | :|∧   l. / .ノ .l一'´レ'            |
          ∨  V二|  く /               |


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ    そうなんだ!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|    私も大好きなんだよ
 .|      ( <   |
  ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /
290 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:47:32.40 ID:Z8JMx4.o
絵が大好き――その共通点によって
梅壺女御と冷泉帝は、急速に仲良くなっていった。

.        >― ´ : : : : |: : : :|: : : : : : : : : ハ: ヽ        }
.       / : : : : : : : : : | : : ∧ : : ./l : : .'`¨}: : : \     /
     .' : : :l: : : : : : : :l: :.ム‐'.‐ l |: : |  | : : /: :`. .‐< _,
      |: : : :l: : : : : : : :|: : l .r=l: :l ヘ: :l  ´!ヽ/: : : : : < ̄
      | : : ∧ : : : : : : ヽ/ 仆 ヘ{   ヽ{ rヘ:イ: : : : : : : :ヽ
      |: : : : :ヽ : : : : : : { {:::::り     {::刋 : : /: : :! : : |   御上、ご覧になってください
     '.: : : : : :\:ヽ: : : ヽ弋タ      {り }:/ : : : | : : '
      ヘ : : : : : : ト、ヽ:_ヘつ      , ¨ィ: : : : : :/!: :/
       ヽ: : : : : : : : ¨\    r―ァ⊂/: / : :// '
        }人: : : : : : : : :ヽ   ヽノ . イ: :/.:/
            ヽト、: : : : : : :ハ    . <: : ∨イ
                \: : : : : ハ7¨ \: : : : : :,└‐/|/ヽ― 、
      /´ ̄`ー―/ \:ヽ: : :',!    >、:/  ィ   l   '.   '.
.     /           >: '.: : |ニニ´、 \ヽ/ |  |   |  |
.     .'           /::::V}从|::::}:::::::ヽ.// /   |!  |  !
    |          \{::::::::::::::::::::::ス:::::::// /    |!  | ヽヽ
    |         个 、:::::::::/  ∨/   /      |!  l   '.
    |           ヽハ:::::/   〃    /       |!   |   |


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ  わあ、『伊勢物語』の絵巻だね
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|
 .|      ( <   |   本当に風情があるなぁ…
  ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /
291 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/19(日) 23:48:11.79 ID:Ysr94swo
ああんもう冷泉帝MOGERO
292 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:48:21.52 ID:Z8JMx4.o
それを聞きつけた権中納言(やらない夫)、
当代の名人たちに秘かに絵を描かせ、弘徽殿女御に与えて
冷泉帝を釣る作戦を展開した。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     実は我が家にも
. |     (__人__)      秘蔵の絵がたくさんありまして…
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      弘徽殿に来ていただければ
.  ヽ        }      お目にかけましょう
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ  本当?
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|
 .|      ( <   |   ぜひ見に行くよ!
  ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /
293 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:49:53.84 ID:Z8JMx4.o
             ,.ィア丁ー' フ`フヽ._
            ィ:ノ { ,..-< ̄:..ー< {:ー-... 、    御上〜見てください!
            /: _ア{ .ノ : : : : :..:..:\:..:.\:..:\-\
           /: /_ /: : :l : l :. : :ヽ:..:..ヽ:.ヽ:..:..:、ヽーヽ_  
         i |: :ソV: : : ::ト斗、: :. :.l:..:.ヘ:.ト:.l:|:..:..l:.ト_:._:`:..ー-... 、
           l: l!く j: |: :/| ヽl.ヽ、:..}:l!:.:ムト:.:リ:イ:.ハド、:\ ̄ `ヽ: \
           | :.l L!ハ': :ト:|ィ=、ミ 从ハィ心Y':/リ/   \ヽ    ヽ、:ヽ
         l: :ヽハト :ヽ.Vトj:::::!    ヒz:jリヘ、^ヽ..___ }:}      l|ヽ}
         ヽ:、 ヽVヽトト辷ツ   丶 xx.|:.:ヽ、:.:.:... : : : : ̄:.:.:‐..、 j′|
            }/⌒トこ!..:ヽ.xx  r‐ァ  厶、:.:\ー―‐ァァ- 、: :.:.ト\
           ノ     { \!:. :.\._ ¨. イ  {\:.rュー_v7フ、  `ヽ:|:.}`ヽ
        _ヽ -、 入 >へ:..:ヽ「`V     }/´  .::. {//ノヽ    }:/
       /⌒'ー- ソ:. :. ̄`ヽjヽ:.、\}ー   j  ハ:_/ア7ァ}:.}- 、ノ′
    _.. -‐{    /:. :. :. :. :. :{ ! ト:.}`ヽ\  `ア ノ'//イ.:j/:..:..:ヽ
  /: :/:..:ヽ_  - }:. :、:.. :.. :.. :.ヽ}. V>'‐} :l、/´   '/ノ:..:..:..:..ヽ: l
./: :/: ..:..:/:..〉 /:. :..::j:. :. :. :. :.:{`ー' ヽ |/ノ{    /「.:`ト 、:..:..l:|:}
: :イ: :/:..:.イ:..:.|{. 〈:...:. :. :. :..::.:.:.:.:.:.ヽ r、ー‐ ′ヽ _イ  ヽ:}:..}  ヽ:.l!リ
/ |:..:ト:..:..トr^-`≧ーヽ._:ィ ̄:.ヽイノ } | ノ     /_r┬:7!:/   }/


    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /   (●) (●)ヽ   今風に仕上げた絵だね
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   これも好きだなあ
 .|      (_/´  .|
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /
294 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:51:12.76 ID:Z8JMx4.o
さらにそれを聞きつけた源氏は、笑いながら対抗心を燃やす。

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }   我が家には
     /⌒  ⌒\   |   |    いにしえの名人が描いたものが
   /( ●)  (●)\  !   !    ありますお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /   お見せいたしましょう!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


     / ̄ ̄\
   / ─  ─\
  |   ⌒   ⌒ .ヽ.   ホント!?
  |   (__人__)  .|   わぁ、楽しみだな!
  |     `⌒´   |
  /         /
  /  ヽ      ノヽ
 /    ∩ノ ⊃  |  |
 (  / _ノ   .|  |
 .\__/    _|  |
      .___ /
295 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:52:32.48 ID:Z8JMx4.o
この絵画合戦は、激化するばかり。
やがては女房や藤壺女院のところまで飛び火していく。

そこで、やる夫がポツリと漏らした。

     ____
   /      \
  /─    ─  \     もうこうなったらいっそのこと…
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/
296 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:53:46.54 ID:Z8JMx4.o
    , -──- 、
 /::::::::::::::    ::\
/:::::::::::        ::∨ト、
::::::::::          :: レ'ノ
::::::::::::::        ::: レ'⌒ヽ
ヽ-───i===i─-}ァ'  ノ
、` ー-===-゚---゚==‐' /
、`¨フ>;''ニニゞ,;アニニY´; )    帝の御前で絵合わせすりゃ
_、;;)¨´ ( ●) ( ●) {ッリ'    いーんじゃねーのーぉ!?
i1(リ     (__人__)  K
ヾ=、    l;;ω;;;;;;;;i .|; )
_,ノ| i.    {⌒゙'^ヽ.{ i;; ヽ
_,ノ!i ヽ、  ヾ二ニソ ,';;;  ;;冫=:、
_;(|.!.  \   ‐っ /!;;; ;;/ 、''"\__
'ト、\.   ,ゝ、.二..イリ\ / ー1\'ニゝヽ_
:ヽ  `ニア   ,. -┴‐‐'  ー-:l :=ゞ=ソ」=ヽ
:::::\ ニ=ト、.i___`ー-┴-、ノ .   l __l| ,ニト、くヽ
l::::::::::\ー:ト      __}/ト、゙ ー-‐| ,ニ|ゞ=ハ `¨´ー-
;ニ=ー:::::::ヾト、._    ̄ ノ|::ヽ ニ._‐-ゞ=' .ノ ::|:::::::::::
:\:::::::::::::::ヽ   ̄ ̄ !:|:::::    ̄ ̄  ::::|::::::::
297 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:55:16.60 ID:Z8JMx4.o
              /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\
             /.: : : :           \
           /: : : : :              '.,
              |: : : :                :|
            |: : : : : :.             :|   やる夫がそんなことを?
           | : : : : : : : : .,        :|
              |:: : : :´⌒\,,;、、,/⌒`  :|    わかった、受けて立つだろ
            |::::;;;( ● ) ノヽ ( ● );;:::|    貴族のプライド的に考えて…!
           |: : : ´"''",        "''"´ :l
            ',: : . . (    j    )  ./
           ー=≡二`ー-‐'´`ー-‐'二ニニニ==ー
          /:.:.:.:.ゝ: : : : : : : : : : : : : イ:.\:.:.\
      /´ ̄/:.:.:.:.:./;;;,,,,,``ー- -‐'"´,,,,;;;;|::.:.:.:\:.:.\
    /:.:.:.:/´ ̄ヽ:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:.:.:.:.::.:./\/ ̄`ヽ、
   /:.:.:.:.:.:.:.|i:!|i:!i:∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:.:.:.:/ヽヾ:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
   }:.:.:.:.:.:.:.:!;l!;l!∨/´ ̄ ̄""'''ー--、,,__/.____/:)):ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ∨/                  //:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨/                // .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:',
  ノ三三二ニ:.:/ ̄`ヽ               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.... . . .
 {彡三三二/ ̄ ̄`く            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...... . . . .
  )三三二/´ ̄ ̄\ー′           /:.:.:.:.:.:.:.:........ . . . . . .
298 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:57:18.08 ID:Z8JMx4.o
梅壺女御と、弘徽殿女御が、絵合わせを行う――!


                   _______               _______
                     /       ヽ,_           _,./       ヽ
               , ー-、/_   _,,、─  ヽ         /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
             (  ( _,)Y´       〈         〉       `Y(,_ )  )
              ヾヽ____入  _,,、─   `)       (´   ─、,,_  入_____ク / ̄ ̄ \
        ___  ヽ   ヽ_/         {        }         \_/   /./ \,  ,/ \
      /     \  !、   !   _,、─   }      {   ─、,_   !   、i |  (●) (●) |
     /\ , , /   \)\  \/      /         ヽ      ヽ/  /( |   (__人__)  |
   / ( ●) (●)   ノ  \  ゛ー-─¬ /          ヽ ¬─-ー"  /   ノ |    |r┬-|  |
    |    (__人__)    / ヘ   L_     _ク             ゝ、_     _L  / ヽ |    `ー'´   |
   \,  |r┬-|    /    \   >ー"´               `゛ー<  /    ヽ        /
  ,/二.'.、 `ー'´  /       ∨                       ∨       ヘ      ゝr'.二ヽ、
/ ─、 ゙Y^i            ∨                        ∨             i^Y゙ r─ ゝ、
| ,.ニ゙f ゙H_.ノ            /                         ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
!└ー7´/            /                           \             \`7ー┘!
ト  イ:「              /                                ヽ               「:ト  イ


表向きは雅やかな遊び――しかし裏を返せば、後宮の二大勢力となるであろう二者の激突。
都人たちの期待は、否応なしに高まっていく!
299 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/19(日) 23:58:54.99 ID:Z8JMx4.o
             果たしてどちらに勝利の女神はほほ笑むのか!?

        / ̄ ̄\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ          ____
    | ⌒(( ●)(●)        ヽ   ヽ从从/   /        \   /\
.    |     (__人__) /⌒l     \  \/  /て       (●)liil(●) ノ( \
     |     ` ⌒´ノ |`'''|    煤@ヽ/  /  そ     / (__人__)  ⌒   \
    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |   |!!il|!|!l|         |
   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽェェ|      /
 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /
300 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 00:00:10.11 ID:ku7cIlMo
    やる夫か!?                                     / ̄ ̄\
          ____                                 / _ノ     \
         /     \                               (○)(○ )    |
       /  ' "\ , 、/゙\                               (__人__)     |
     /   ( ◯)ヾ'(〇)ヽ          `     '              (`⌒ ´     |
     |     "⌒(__人__)⌒゙l            、   ノヾ     '          {           |
     \      `i ヾ/´ / ───=三───)ヽ/  ヽ、ノ|ノ´─三=ー‐──{         <
     /     ⌒´  ノ   _≡三____ `r      r'____三≡_   ゝ       \
    /           /´ ̄       =三 ̄`')     (三=        ̄`ヽ          \
  /            /             , '´⌒`Y´⌒` 、            ヽ            \
 (   ―─ '⌒")    /                      ,             ヽ (゛⌒' ─―  )
  ` 、___ ノ    /

                                       やらない夫か!?
301 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 00:01:16.73 ID:ku7cIlMo
                         ,.-‐ 、       / ̄ ̄\
                        /    \    / ノ" \ \
                        /      `ヘ、_ | (○)(○)  |
.                       /    ト、   ` | (_人_)  |
                      /     i \    |  {i   j},  }
                      /     |   ゝ,  ゝ `'⌒´   ト-― 、
                     ./      {  /    "      ,ノ     \
                   r 、,.-、,/'ヽ  _j/              r     ヽ、
   ,. -、            r‐f⌒i:|  |:}  〉,.ヘ )            / ソ ,ノ''"Y~ ト-、
  /    、          く, `!  {::', i:{. /( y'´           / , -ィ ̄Lノ( _/、 }
  {     i         / vノ`tノ ー' :`´ ´ \        /  `ー"~ t.___   (,,人_
 ノ     j        /          ;   \     /  r ― 、     `ー-'ーt_,i
 {;;;;    {      /      ,,,/⌒"∪\,,,   ヾ、, イ    |r -.,i  ,. ヘ,
 `ーi    ヽ    /     /´  `ヽ   /´  `ヽ  \`丶、,r 、 ハ`_ノ /ィ   i
/⌒ヽ、 ,.  ヽ  /      (   ○ liii||||iil  ○  )  \、 ): ソ   `"./   ,.ノ-、
i    i ',   \|       ヽ_   _彡   ヾ _  _ノ  ;   | /,.ノ ー -  { く` /v  ,〉
    .|: ゝ    |    ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪ r-‐"  、_ _ `ー ',ノ  ,ハ
−⌒ \´ ̄`)ー '、   ∪     `┬─'^ー┬'       .r、.ヽ      `,  (く.Y´ 〉
ヽ ー´ ー ´__ 人           |!il|!|!l!l!il|!|        /,.ノ,         ,`ー' /

            仁義なき戦いが、いま始まろうとしていた!
302 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 00:03:23.41 ID:ku7cIlMo
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
   \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ 
    /    r''ヽ、.|  
   |     `ー-ヽ|ヮ 
   |       `|     ーーー   
   |     `ー-ヽ|ヮ        ノ    
   |       `|        ノ       
   |.        |         
   ヽ、      |      ーーー ヽヽ   
     ヽ____ノ          ノ    
     /_ノ ' ヽ_\        ノ     
   /(≡)   (≡)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / 
  |     |r┬-|     |  (    
  \      `ー'´     /    \

第二十話「みをつくし」、おわり
第二十一話「母」につづく
303 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:04:22.12 ID:YKHKur6o

切ないやら、ほのぼのと殺伐としてたり面白いな 源氏物語って
304 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:04:54.94 ID:.4gjcboo
乙乙!

次回も楽しみにしてるぜ!
305 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 00:09:06.48 ID:ku7cIlMo
以上で第20話は終了です
長い時間お付き合いいただき、ありがとうございました

次回はちょっと予定があいまいなので
随時告知ということでお願いします

あとえっちなのはいけないと思います><
306 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:09:21.76 ID:m.Jhu1.o
乙乙!
急速に政治色を帯びてきたな
307 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:10:59.08 ID:k7RM9Dgo
308 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:11:31.24 ID:lPxUOEYo

冷泉帝的には歳の差は気にならないのかな
309 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:12:45.44 ID:RHcAZuQo
平安貴族のスイーツ(笑)が書いた作品にしては
なかなか政治的ですなw
310 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:14:31.51 ID:xDc6y1Io
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/?q=%C2%AD%CD%F8%B5%C1%C0%AF%A1%A2%C9%D4%BB%D7%B5%C4%A4%CA%CC%B4%A4%F2%B8%AB%A4%EB%A1%A6%A4%A4%A4%A4%CF%C3%A1%A9+

376 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/10(水) 23:54:03 ID:fHLG/uhQ
  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /  

ちなみに戦国一番の文化人武将、細川幽斎は
「おまえらは源氏や伊勢をエロだなんだいうけど間違っている…
あれは理想の政治論を説いているんだよ!」
「な、なんだってー」
という解釈を残した。
応仁の乱以降の乱世では、王朝文学は平和の象徴として尊ばれたという。
おまえらもエロだのハーレクインだの言わないで、幽斎先生を見習うんだww
311 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:14:37.36 ID:XK5xT5Eo
乙!
312 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 00:15:28.80 ID:ku7cIlMo
>>308
梅壺が入内してくる前に、冷泉帝は母親から
「今度の人は大人だよ。しっかりしないとダメ」みたいなことを言われて
少し緊張してます

でも、実際会ってみると小柄でおっとりした人だったので
「すばらしい人だなー」と思ったみたいです
313 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:19:19.96 ID:lPxUOEYo
>>312
なるほど、どもです

中学生の歳で二十歳すぎの女を相手にするとか
大変そうだけどなww
314 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:22:13.26 ID:vmZZ0QAo
おつー
今回もおもしろかったです
315 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:25:32.57 ID:Sb/2jxAo
乙〜
316 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 00:42:45.89 ID:S85mV4.o

母娘丼の誘惑に勝ったのか、やる夫
317 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 04:27:47.24 ID:3kSSSa60
六条御息所が36歳で死んで、娘が22歳か、
いま14歳の女の子を妊娠させたら社会的に死ぬというのに・・・・。


うらやますぃ
318 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 09:19:00.98 ID:WA8o8owo
おつ!
おもしろかった
319 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 11:01:51.51 ID:KJhZyNU0
>>316
この後の(禁則事項)にしても母娘丼は微妙な線で回避されてるのが面白いw
320 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/07/20(月) 12:40:58.00 ID:Yfmsohs0
乙!
次回も楽しみにしてます!
321 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 12:52:41.75 ID:OwPJZPUo
322 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 13:52:41.95 ID:EJ4hEvoo
>>319
母娘丼は古来よりの「国つ罪」の一つで実母や実子との近親相姦や獣姦と並べられる
ほど重い罪だからな。

…のくせに、兄妹(姉弟)相姦は別に罪でも何でもないんだよな。不思議だ。
323 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 14:02:31.82 ID:sqvBVHco
この頃はもう悪だよ
324 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 14:12:47.26 ID:O8Af0eoo
昔(平安以前。それこそ記紀神話の頃とか)の姉妹との近親相姦って異母姉妹はOKで実母姉妹はNGじゃなかったっけ?
325 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 14:53:55.90 ID:E2nZiUgo
義母孕ませるのに較べたら大したことないような気もするんだが、そんな重罪なのか>母娘丼
326 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 15:04:14.00 ID:PQglAFoo
とりあえず、光源氏にだけは異性関係のことで非難されたくない。
327 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 15:57:57.48 ID:v6WJi52o
>>187
やられたらやり返さないまでも、またやられないように備えるのはある意味普通では?
まだ隠居を考える歳でもないし。
328 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 17:37:52.16 ID:sH2bwkko
>>322
殺生関白が切腹させられた罪状のひとつに挙げられてるな。
329 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 22:23:40.71 ID:ku7cIlMo
母娘丼については、後の時代ですが、こんな話もあります。

あるところに歳を取った後家さんがいました。

               ,. - 、 ,. - - =、
           ,. '´    ´       `ヽ、
           /  /            \
.       /  / /              、 \
.       /  / , /              \ ヽ
.     /  ,〃/ ,'        ',         ヽ ',
.      !: ///  ,' l  i      i            '、:i
     |::/.//  i: |  l  i     !    !    ヽ    ',:!
     l/:,':,'  . l:Λ !  !   U ! .i:!U!  ',   : ij
.     ,' ,'.:i .:/ /!! ハ: ト、: ',:    l: i: :l:l: l i、:.  ',  i l!
    |i ::l ::/ /,⊥!⊥ゝLjヽ::.  !!: j /┼j┼ヽ::. !  !: |
     ヽ!.::|:/!,ハ. ミ'Tトイiヾヽヽ:: !j://トイア`>''∧!| : :|:::l
     |:::l':!|'、::ヽ、` ゚¨´  ` V '  `¨゚ ´ 〃::l:!:::!:|:/
.       ',:::!:', ::\::\_          _/ ::/:::!:::!:l'
      ヽヽヽ\\ヽ、__    '     //,':/:://
        \ \\:>    −‐  ‐='´イ :://〃´
          `  \ヾ\      ,.イイ/'/
            ` |` 、__ ,. ´ | ´
           __ ノ          ', __
           ,. '´ /            \ヽ.`ヽ、
.        / 〈 /             \〉  \
     /     \                /    \
    /       \          /         \
             年老いた後家さん
330 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 22:24:15.54 ID:2o7VugYo
なんかハジマタ
331 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 22:25:31.89 ID:ku7cIlMo
後家さんは前の夫とのあいだにできた娘をつれ、新しい夫と結婚しました。

                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
         __,,..--‐- 、._      /イハヽ::ヽNヾ、\:::::v、:::::::、::::::::ヽ.
      y!/    ---、`゙ヽ、 '7/レw::::::、::::、:::ヽ、ヾ:::ヽ'ヾ、ハ Y、 ゙l
    ,.‐'         ゙i、ヽ、 /::::!:::::ハヽ::ト、_ヾ\:、、::::::::::::v'::`':::レリ:|
   /   /    Vヽハノヽ. ゙ヽリ!:八::!   ヾ,.-‐゙二ヾ‐`ヽ:::::;:ー、::::::::::i
   /イノレ/| i ノVハ ! Wv'ヾ i 、ヽ|!::::;:i゙,.-、 ' ´rテミ>   ヽ:i f=)゙l:::::/
   !リ/レl!| 1 ,、 w'ヽ  ト、ヽ l、 }、ハ:、ヽィz、    ゝ‐'ハ/     ゙v'/:::::/
  |   i   | V l! i |\゙ヽヽi |ム j‐iVハハツ,    "      r-':::/
  |   l   l!    ハj ,.-ヽ!`iソ ',ィァ|| ゙i   !'、             / i:;イ
  ヽ、|! i |!  /,ハ ,,.ィt、  └'、lリ !|  ゙ 、ヽニフ       ' !イゝ
   ヽ|! l、 |! i,イ 八く ゙┘、  〉゙ ! ル'    \     ,    |
    ヾ、ヽ.∨ ゙ヽ.i ゝ、ヾ ___., /ィノ      `ー-‐ 'l´    !--,、←新しい夫
      \ヽ\ ヾ.ヽ   `ー' /レi/           l   _,.-‐'" |、
         ^vViヽ、!ヾ、 、..___/           _,.イ゙j-'´   _,.-,イ7
            |  `   !、           ,.r'´  l'´7    /,ィ'"  ヽ、
         r'くノ      |、ヾー‐-;、__       i ゙!  /i |   /  !     ヽ
         ,f´  \    !  |   }::::::゙ハ   ノ! f=ニソ ヽ、 /   ヽ、     ヽ
       /      ヽ、__ r'|   !::::::i !、 r'イ゙7|::::i' /  V     ヽ     i
     /'⌒゙‐-、__   `ヾ、 l  ,イ:::!:::| Z._| | `|:/         ,.-‐`'´ ̄`! |
    /::::::::::::::::::::::::゙‐‐-、____゙、iノ;;;j、:::V/^へ、_!  j        !  /´         |
    /r'´ ̄`゙ヽ、:::::::::::::::ヽ.ヾ=ハメ;ヽy' ィべつl  {       | /        リ
    {:i     ヽ、:::::!:::::::::ヽ ノ;;!ト、;゙r'",.ヘ.` ゙!  〉       |/  ノ       l
   ヾ、    \ ゙ヽ::|::::::::::::::ヽリ;!-゙i,r' ,ィー'  i /          ! /         /,イ
      ヽ     \ `i:::::::::::::::::::\ {_ィ" ゙!   |/        ゙y'         /  |
332 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 22:26:22.46 ID:ku7cIlMo
結婚して数年後、妻は夫にこう提案しました。

    /        /  ,' ,'/ /  ,   , l.|、  i i:..::',、:ヽ
   /      i   /   l ,'/ /   /  / i| |l  |. l:::i::';:';:',
  /   ,    | /     | i' /  / ィ. /|:| |  |i:: ::|::l::::';:i'!
  |  |. i   | i  |  | .,'  / /7 /‐!トi 〃l::::l::::|::::l:l
.  i  | |    | | i|:  | | /,イ /''゛、_;'__l/ 〉i::::'::::;'l:::i::l
  l,  | |    | ' |:|   | i l´ ',.!   l ̄,,、i〉゛l:::,:::/'|:/:l
  ',', | l  l  |  |::i  |:i l l ',i', ... ヽ.レ'゙ ,イイ:/ !' /
   ヽ i,|  |  i  |::::| |::',. l, |  l ', :::::::... 〈:: | '" '゛
   ヽ i 、 |i l、 i::::l |::::i |::|::.. |l:|   ::::.. ヽ:l      私ももう歳…
    ヽ', :〉 |:'.,l::ヽ|::::l |::::i |::|::::.| !       ..ゝ
     ヽ',ヽ::|\:|l|、:::',. l::::l:i::|i::::|    =:ィi´::|       出家して、後世のことを祈りたいの
      / ヽ ヽ ! ヽヾ:;l:|';::::||:::l   /´/イ::/       
     /        ヽ>ヽ.i:::l、!:l_,/::::i//:ll/
../` `<_          /   |:;' !|/|:::イ'゛ /
/    `ヽ.、   i  /    ゛    '゛  ´
        `ヽ、!  l
           ` '、
             \

               ,. - 、 ,. - - =、
           ,. '´    ´       `ヽ、
           /  /            \
.       /  / /              、 \
.       /  / , /              \ ヽ
.     /  ,〃/ ,'        ',         ヽ ',
.      !: ///  ,' l  i      i            '、:i
     |::/.//  i: |  l  i     !    !    ヽ    ',:!
     l/:,':,'  . l:Λ !  !   U ! .i:!U!  ',   : ij   出家すれば
.     ,' ,'.:i .:/ /!! ハ: ト、: ',:    l: i: :l:l: l i、:.  ',  i l!  あなたと私の関係は終わり
    |i ::l ::/ /,⊥!⊥ゝLjヽ::.  !!: j /┼j┼ヽ::. !  !: |
     ヽ!.::|:/!,ハ. ミ'Tトイiヾヽヽ:: !j://トイア`>''∧!| : :|:::l   でも、あなたはまだ若い
     |:::l':!|'、::ヽ、` ゚¨´  ` V '  `¨゚ ´ 〃::l:!:::!:|:/
.       ',:::!:', ::\::\_          _/ ::/:::!:::!:l'    だから私の娘と結婚して
      ヽヽヽ\\ヽ、__    '     //,':/:://     私の面倒を見てほしいの
        \ \\:>    −‐  ‐='´イ :://〃´
          `  \ヾ\      ,.イイ/'/
            ` |` 、__ ,. ´ | ´
           __ ノ          ', __
           ,. '´ /            \ヽ.`ヽ、
.        / 〈 /             \〉  \
     /     \                /    \
    /       \          /         \
333 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 22:26:58.92 ID:PQglAFoo
ごくり…
334 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 22:27:06.64 ID:ku7cIlMo
                ,r'_>、  _ _
          -‐ _- 、、!::lj_;/..:..:_;.、`:':_:`ヽ、
          , ='‐¬ッ|ノ:,:!.‐:.'´.: z;.`´、:\:.:ヽ┬.、
         ´ //'´.ィ{/.:,: .: .: .: .: .: .: .:ヽ.:\ハ:}!リ
          /イ´.::/:.:|/: :/.: .::/:/.:. .:l: : ヽ:トレ〈
         _〃!.:::/:/〈:.:r:.:l.:.; :/|/!.::: .:|.:.:.|.: i.:.ヽi:ヽ._
        / ,i{´|.:::!::l::::{!|i:.:l:.:仔末ト:!:: :l、:.:|.:.:}::i::.:}:リ ',    …ママはそれでいいの?
         / /  |.:::!::!::j:::ヽ,lヾ:{`'′|ハ:: 沃/:::/:ム/}/ヘ: ',
        ,' /- -|i.::l:::Y:::/::i:|i、`    i/`'´リ/l/::|::{'--ヘ ',
        し{ ̄/!::::|:::l.:::l::::!:j  、 ‐-´ , イ::|'::l::|:.:|:「ヾ7し′
        |:`/ /:::リ::::!.::l:/ノ  ` - '´{::::|::::!:::';:l:.:l:|ヾ :/
       |:!V::; -‐1:l:「l_ _    _`iヘ┴-' !、l/:!:|
          ! l//   |:i::l.|    ` ´   } l    ヾ/! !
         !/ !   ヾ::.ヽ、       j ,l  ,  l:|l |
        /:/l  ヽ、/,ク'、.:i、  :、   _/<lヽ./   !:l| |
       ,':/|:.',   {f'/i/:::`弋ラ´:::::\ヽ/   ,'|::|: !
        i:.L.';::',   {´:::::{:::::::::(`'´)::::::::::::::`}   小:'、」_,ノ
                連れ子の娘

                     、  _
                 _二二'l,/ン''ー-、、
            ,,-广   .,..ー'ー,,、''''  `'ー、、
           / ,..-ン./ l   \   、 、\
            / ,/ /    !   ',  lヘ 、 `ヽヽl
        /  /   l |   l   !  ! ヽ ヽ ヽ ゙i
        l / / /! | !  ! "、  !  l  l ヽ l l
        l / / ./ ',.| l', !、 ! 'i i  !│|   l   ! i!
        ll゙./ / ./,'',.l,リ !',..l .l..l、 .|/|/l l、 i  ll |!し
           l l  l.,//'',゙゙ニ|'゙゙!ヘ',',.l|,|.,「.ケ'リ''!∨l  l l l `    かまわない
         |.i ゙ソヽ トニジ  `l!ゞ`くニソ リ l.!.l゙
         l.il .! `'、ゝ、 ハヽ    ハヽ  /.,',.イ.l !
            l!゙!l、.、. l' ,ニゝ   i   __;;シ'〉.il//
          ゙ .l'L',ヾ'z   ー   ッ'゙ / バ
            ゙ヽヽ>、'`、、     ィ/Vl/ヾ
              ゛ ` !゛ `'ー─'゛l゙レ゙ゞ
             ン;;〜!      !ニ..
           / ∨゛       !ミi,ヘ、
         ,/″   \      /  j \
      , ‐'゙`' ,、      ヽ.    /      \
335 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 22:27:07.42 ID:2o7VugYo
なんかすげーことサラッっと言っちゃってないかww
336 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 22:28:06.98 ID:ku7cIlMo
こうして妻は出家して夫婦関係を終了させた。
夫と娘は結婚し、元妻は屋敷の奥で読経三昧の生活を送ることとなる。

       _,,--−-,,_
     ,,´       `ヽ               ィユ、ー,r―ュ, ___
    ./     ∧    ハ          rィヘ_ィ´^`ヽ、,__ヾ }
.    ,'    ,ハ /. VN  ルリ        ,イ´         `ヽイい、
.    !   ∧Lレ  リーサ5         /ィ   ,ィハ  丶     !   l
.     l. _r' (」!   (上{ノ         レィ fイWMゝヽ、 `ヽ }  |
     ヽ{.        `  j           ルクi,t_ヘ.__ `ヽ  ,ソ   |
     `¨    rっ /            / {.  r  ’ー'´ 乃ノ.   ',
      ,>ヘ`ュ -イレ^}.           i  ゝ Tて`ヽ .イf〔.      ヽ
      {ヘ  〉、rヘ, ,イ´ ̄`ヽ,        j__rーヽ二 ,イ トュ `ーュ,_ ハ
     イノ .| Lノ .く /      \   r=く  `i  ∧L  /  ./   〉 |
   f´    ハ <     i    ,斗ャセ’  \ .ゝ、 \__/_,,イ    '/ハリ
  /  i.   ,イ     __レ´  _イ\       |  >イ{´`}`卞,   〈   |
  ,'   .|   〈,   「 ̄´ } f´  ー-- ,.   ,ハ  {_rー-n∧ 〈     }  ヽ,
  ヽ, Y|   く   ノ    {  \     ` ・守イヽ_ソ 、`ヽ!,∧ V´:::/    \
  ./ 1    l  〈    ノ   `ヽ、____    `´  __》イ  ゝ´ ,イゝ ___ハ
 /  ヽ,   |  .`ーチ--―-、,  l    ` ̄`Tー--イ  !   |   .|    \  {
.〈   __,, ュ-┴−――┴-  /_>'       .L、 }   L_j__,ィ'´     .〉  }
イ´               ,'´          `ゝ{ニてo_orイヽ,
´ニフ ∠¨´ ̄ ̄`>--== _ イ            ./    i     ', ,ハ,
337 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 22:29:00.91 ID:ku7cIlMo
それがおぞましい事件と――
そして発心を導くことになろうとは、誰が想像したであろうか……。

                      \  人_x个v'  / /: : :/ ,.二.、\  /7′i:.    `〈_\
                       Y  } } /__| _/  / : :/ / fi  \  ル゙ リj|、{ iト|、    ',
                       {   {/ノ  / \ |_ :::| | E V A } j{ jf´rj ` fヵY ゙, }
\           、 ----------f゙′ 厂¨''ハ {...   |_,>ヘ._`ー----‐'  ハ从 ' _  ノノ   リ
\\           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽィノ ,.ィ' \|     !__,--|  ̄`ヽ:.. /  ヽ \  _彳 从{
  \\                  `Y´ |´ ̄|i|[] \     \::::: :| | {    `´ /≦ニ弌'´_..、
   \\                   ! !:::::: V/[]/     __ ⌒\:j_,〉|_     _」V `,ァ'^ヽ o ヽ
     \\                 j/|:::∧:|   ゞー::='ー厂::ヽ /   \.. -/   '´ <: : : :/l   {
      \\               ノ   !/ マハ   'ィ^'`nY : : :} {   ノ/┘      }} : :!::l   !
        \\             \___   ハ `ー:: jァ    Y)::/ /   /´ r 、    ハ} : l: ヽ「 j
         \\      ___         \/ l  /::八-'   ´Y /  八 /|o/>-=彡イ::ノ!: : :∨
           \\   (,ィハi大ヽ、    j|  j/: : : ::`T==ミ..\//  Ti j/ ,='ァ   l/ | : : ::| __
            \\ ノァ从人F弌 /]レ゙\/: : : :___ .ノ ‐'  厂≧x、jl ! └┘  / ̄ | : :ノヽ  /
              \ ト   ^)ノ厂ハ  {: : : : : : / /┘   〈 : :: 〉oYハ ′    ヽ   |: :{  }-‐'
               \`f-ー从i | il|   ヽ : : : : | /Y^Y   __}::,.ィ′ j }     ,. ‐- \ |: : 〉 「
                /ノ__公从| il| \イ `f‐| レ::::{ ゚/ ̄>' / :l / ハ !         |: / 1
             __r/ '´ / /jj l|   \┼ー j::::::{{ {二}リ / ::::{/ -‐j::j i    i     j/  !
             /7-ヘ_/ / 厶_.リ \ />'´ }:::::j| V // ::::::/ _ ,ル'       !    /j   '
            フヽニ=< _,.イx/\  \{......イ/ ::,ハ_//∠:://  / |   '、  |  /:r'== ┴i
            `ー{ ̄\_,ラ |:::::,\ヽ o  L. |::: /-<__.>' 〉 \/rュ l     l /::/7  ̄7T
               ! /ヽ `、 ヽ::::', } \   〉/ハ,〉‐'´: : :|::::::〈    〉 ,/      `|  ̄/   l |
              | |  \ヽ. \V   }_  V^Y:: : :i: :!::::::::l   / ,イ      !  / ハ  | }
              !!   ノ ィ   ヾ    \(ムノ: : :ヽ|: :ノ:::::::::! [ / _|      l  } j ノ//,」 !
              | | / 〃!   !      ̄|: : : : :|: {:::::::::::V/ /::/ |      |  Y〈//┘ |
              | |/ / }     |       |: : : : :|: :V:::::::::|{/{:::l |      l /::/     |
338 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 22:29:09.18 ID:PQglAFoo
ちんこもげろ
339 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 22:29:28.17 ID:ku7cIlMo
鎌倉時代前期、鴨長明が書いた
『発心集』巻四「母、娘を妬みて指が蛇になる事」には
こんな感じではからずも母娘丼になっちゃう話があります。

鎌倉時代の背景とか
そもそも説話ってどの程度本当かとか
いろいろ考えるべき点はいくつかありますが、
まあこういう話もあるということで。
340 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 22:31:22.90 ID:2o7VugYo
乙乙〜

続きが気になるぜwwww

341 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/20(月) 22:31:32.70 ID:ku7cIlMo
あ、話のオチはタイトルどおりです
15分くらいで書いたので、とりあえずここまでで終了です
342 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 22:35:31.90 ID:PQglAFoo


母ちゃんが嫉妬しちゃうのか。
343 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/20(月) 22:35:53.61 ID:.4gjcboo
おっつ〜
344 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/21(火) 01:58:33.77 ID:/PvrWVMo
乙です。
いきなり話が2年飛ぶあたりで、源氏物語部分散逸説を思いだす。
六条御息所と源氏の馴れ初めが、源氏物語中にないのも不思議だしね。
345 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/21(火) 03:45:17.40 ID:I4UNTHoo
とはずがたりでは、後深草院が異母妹に手を出してたな。
346 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/07/21(火) 14:16:41.92 ID:hZtFjjg0
>母娘丼禁忌他
多分母系社会の名残だと思うのね。
「母親とその子供たち」を家族の単位と考えてそこに外から男が通ってくるのがデフォとして、
家長扱いの母とその下に位置する娘が同じ男を争うと家庭内の縦の秩序が狂ってくるわけで。
だから母娘丼は禁忌。
「家族」の中での婚姻も禁忌と見るなら同母兄妹もNG。

で、「家族」の外から通う男の身元について実父を禁忌にする以外不問にすると、
「別の家族」に属する異母兄妹も「あり」になる、のではなかろうかと。
父子丼も誉められないけど父子は「別の家族」なので家庭内秩序は乱れないわけで
母娘丼より禁忌は軽くみられる、のかなぁ。

まあ平安時代まで来るとかなり意識は変わってくるんだろうけど。
347 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/22(水) 17:10:03.25 ID:LY8Ia3Io
昔はわざわざ危険をおかして須磨に会いに来た友人が
今は最大の政敵か
348 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/23(木) 03:31:29.12 ID:2HFRZeEo
>>347
親友がラスボスって展開を千年前に考えつく紫式部
さすがカリスマ腐女子。
349 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/23(木) 04:24:15.21 ID:RrpiF.Qo
御息所逝去か・・・
このあと死霊になったって聞いたけどマジ?
350 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/23(木) 05:24:48.93 ID:D8LxofUo
>>349
なってない
つうか、源氏との関係を絶つ前に生霊になって葵の上殺したじゃん
あと、六条御息所は17歳年上という説もある。
351 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/23(木) 05:51:27.12 ID:oz76ZRYo
なんか、いちいち腐女子だのスイーツだの煩いんだけど。
必ず出てくるな。
352 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/23(木) 06:31:55.57 ID:/r8pDFgo
>>351
そら恋愛物語だから。
353 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/23(木) 17:30:14.81 ID:iJSsPB.o
>>349
それっぽいのがある
354 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/23(木) 21:58:20.21 ID:1nM8W2Io
>>349
写本を重ねてゆく過程で、誰かがそういう2次創作をまぎりこませた可能性はある。
京での何度かの騒乱で、幸いにも紛失してしまい現代にまで残らなかった。
355 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/23(木) 22:36:23.03 ID:76hLYKYo
>>354
文字通り歴史的な騒乱が何度も何度も京を中心に行われたから仕方が無いんだろうけど、
そういった喪失って、ホント勿体ないよな〜。
実本は流石に無理が有るんだろうけど、初期の写本とか新たに見つかったら、それこそ
歴史的発見なんだろうな〜。
356 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/23(木) 22:54:57.17 ID:mstg4iQo
キッチリ保存してほしいよな。発行された時代では、そんなに価値がなくても。
357 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/23(木) 23:20:50.57 ID:v1mAqyMo
現存する最古の写本っていつ頃の?
358 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/24(金) 01:02:08.57 ID:FydIY9Io
>>357
藤原定家の青表紙本が、鎌倉初期のものでしょうから
写本の中でも古い部類に入るんじゃないでしょうか

>>355
延暦寺周辺も灰燼に帰してますしね
天災と戦災は、書誌学的に文学の敵だと思います

また焼失を逃れたとしても、後世の人の興味を失って
消えていった本もたくさんあるのでしょうね

でも、いまでもお公家さんの子孫の倉からひょっこり貴重書が出てきたり
普通の人の所蔵していたもののなかから貴重な資料が見つかったり
大学の図書館あさったら出てきたり、意外なところから新しい糸口が見つかったりします
今後もそういうのがあればいいですね

タイムマシンができたら、真っ先にあちこちの写本を回収に行きたい
359 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 01:11:18.29 ID:TgLMi8ko
>>357
鎌倉時代中期が現存最古級らしい。
ttp://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/0001545063.shtml

>>354
すさまじかったのは、青表紙本の系列に入ってた「雲隠」本文だよね。
六条御息所が惟光にとりついて、発狂した惟光が源氏を斬り[ピーーー]っていうトンでもストーリーww

散逸部分だって、じっくり探せばひょんなところから出てきたりする。
だから、図書館とか公会堂で古い本を棄てるって時は要注意だ。
上田秋成の散逸したと思われてた作品も、どっかの公民館かなんかから出てきたらしいし。
360 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 01:20:23.08 ID:9gJS7l6o
コレクターがあの手この手を使って何とか集めて、ただその後にポックリ死んでしまって、
価値がわからない残された家族が古新聞と一緒に処分……なんてのは現実に有りえそう
で怖い(汗)
361 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 01:24:26.36 ID:PHTAtxEo
いやブックオフでアレされる可能性も…
362 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 01:34:09.90 ID:uRX5Btco
テンプラの油切りにつかったりとかww
363 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 01:35:47.49 ID:TgLMi8ko
家からよくわかんない文献が出てきたら専門家へGO!
研究者は新資料が発見できるかもと思ったら、喜んでホイホイ出てきます。
364 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/24(金) 01:59:31.21 ID:FydIY9Io
見た目が汚らしい本は、フツーに焚火にしちゃったり
版木だって薪にしちゃったりしたそうですからね

>家からよくわかんない文献が出てきたら専門家へGO!
ただしきちんと調査してくれるところを探してもらいましょー

たまに鑑定を渋る人がいたり、つまらないものと判明しても
「良い物を見せていただきました。大切になさってください」と
ぼかされる場合もなくはないです
365 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 20:15:49.83 ID:2lq8FH2o
>>355
>初期の写本とか新たに見つかったら、それこそ歴史的発見なんだろうな〜。

死海写本(死海文書)並みの発見だよな。
366 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 20:56:49.07 ID:y.YOoDAo
>>364
「何をか奉らむ。まめまめしき物はまさなかりかむ。ゆかしくしたまふなる物を奉らむ」とて、
源氏の五十余巻、櫃(ひつ)に入りながら、在中将・とほぎみ・せり河・しらら・あさうづなどいふ
物語ども、ひと袋取り入れて、得て帰る心地のうれしさぞいみじきや。

なーんて、更級日記にもありますが、上記のうち伊勢物語以外は全部失われてますもんねぇ…
失われた物語、読んでみたいお・・・

もしタイムマシンが開発されたら、最優先でとりあえず、大化の改新の際に失われた、
天皇記・国記を救い出してください!(;><)
367 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 22:01:36.66 ID:2lq8FH2o
>>362
紙の量産・出版・流通が整った江戸中期以降では便所紙になったものも・・・・
368 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 22:07:02.43 ID:c1cgHdE0
天国にはそういうのも含めずらーっと本が並んでいるに違いないと思っていた頃が私にもありました(何をいきなり


まあそれはさておき、写本ばかりでなく和歌なんか考えてみたらどえらい数が失われてるんだろうなぁ……
恋文とかに書いて他人に読まれないまま焼かれてしまう歌とか読みたいような読むのが野暮なようなw
369 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 22:27:03.36 ID:uDwfS/Yo
正直な話、和歌なんて良く残ってるよなって思う

意味を知ってる歌は少ないけど、高校の授業でやった「ちはやふる〜」なんてよく残せたなあと
370 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 22:40:34.33 ID:2lq8FH2o
>>356
タロサがよくたたかれる「漫画の殿堂云々・・」ってのは
過去からの漫画のデータベースを国家主導で作ろうぜってのが本来の目的
正倉院とか万葉集みたいなものか・・・

コミケの主催しているところが、
コミケで販売された同人のデータベースを作ろうか?
とかいう話も聞いたことある。

>>368
和紙職人に聞いた話だと
失恋の恋文を、もう一回溶かし漉いて再生紙にしたりもしたそうだ。
次の恋愛の成就に詩を描いて願ったり、中には呪いの詞なんかも・・・・
(再生和紙の実物を見たことあるが、漂白技術が無いから当然薄墨色wwwwww)
371 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/24(金) 23:01:39.27 ID:y.YOoDAo
万葉集は、通して読むと本当に面白いよね。
1300年前に生きた人の生の感情とか、やりとりとかが、まんま保存されてる感じ。

特に好きなのは、旅人の歌だなぁ・・・
巻6の、水城で遊女とお別れをする場面とか、読んでると目の前に情景が浮かんでくる感じ。
幼い家持にも、強い印象残したんだろうなぁ。
372 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/24(金) 23:09:13.76 ID:FydIY9Io
>>369
和歌は文化人には必須教養でしたし
のちには連歌大流行、また和歌伝授の秘伝化もあって
継承者がしっかり存在していたというのも大きいのでしょうね

ちなみに現在は、『国歌大観』という書籍に、前近代の和歌がほぼすべて収められています。
ありとあらゆる和歌集・物語・注釈書から和歌をまとめてあるので、古典研究には必須

『万葉』研究者に至っては、『国歌大観』の歌および歌番号を丸暗記しているそうです

和歌については、近く「へいあんを知ろう!」で簡単に取り上げる所存です

>>370
同人のデータベース化は、
ジャンルによっては嫌がられる可能性もありますね
実現できるのかしらん
373 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/25(土) 11:22:00.49 ID:sIRIwZ.0
「うちの女御はんは古今集全部覚えてらっしゃいますえ」
 ↓
帝「ならば全部言えるかどうか試してみよう」
 ↓
「たいへんどすえー!お上が女御はんにかくかくしかじか」
大臣「な、なんやてー!女御さんが間違えたらえらいこっちゃー!
   お寺に使い出せ加持祈祷や精進潔斎やー!」

という話が大鏡にあってやねwww
374 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/25(土) 11:27:30.88 ID:yHMxYxQo
>>372
研究者すげえな
375 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/25(土) 13:04:04.54 ID:9LZTpZUo
>『国歌大観』は、戦前に刊行された本です。
>『新編国歌大観』は、戦後に刊行された本です。当初全5巻として刊行が予定され、
>内容見本には、「22万首で、旧版の約3倍」とある。
>ということは、『国歌大観』は、約7万首ということでしょうか。

>「新編国歌大観」全10巻1,162集の歌集本文(約45万首の和歌を収録

どういう記憶力だよ研究者ww
376 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/07/25(土) 16:29:41.66 ID:xuIj4vko
>>374-375
うおお、間違えてた。言葉が足りませんでした。

誤:『万葉』研究者に至っては、『国歌大観』の歌および歌番号を丸暗記しているそうです
正:『万葉』研究者は『国歌大観』に収録された、『万葉集』の歌と歌番号を丸暗記しているそうです

さすがに45万首は覚えていらっしゃらないでしょう
お詫びして訂正します

377 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/25(土) 16:34:33.92 ID:76WULhUo
古今伝授についてkwsk
378 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/25(土) 17:10:02.30 ID:3cyuvpoo
短歌は50音×31文字と考えると、数字にすると約53ケタ分
45万首ならば2400万ケタ

円周率を1億桁覚える事に比べれば、2400万程度は……いや無理か
379 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/25(土) 17:18:38.25 ID:G.RP9Iwo
暗記ってのは覚えれば覚えるほど、吸収しやすいって大学の恩師が言ってたけ。
なんでもいいから、本3冊丸暗記してからは苦労しなくなったらしい。
まあ英単語なんかでも、ある程度は実感できたかな・・・・。
380 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/28(火) 06:45:44.10 ID:gi81szMo
>>379
しかし人間は「忘れる」。

たとえば、四則演算以外の数学を日常生活ではあまりつかわない。
仕事で必要としない人は忘れてしまうことが多いだろう。
381 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/28(火) 08:32:22.68 ID:Jhq92fU0
研究者だから仕事でバリバリ使うデータなわけで>国歌大観

自分らは素人で覚える必要なんてないから「うわぁ覚えらんねー」と思うけど、
その研究者にとったら仕事で必要だし研究職選ぶくらいだから「大好き」なんだろうし。
好きで必要があるとなったらそりゃ覚えるだろう。
382 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/28(火) 10:47:09.20 ID:qRM2drUo
>>379
佐藤優かなんかが、中東の政治家や官僚が抜群に記憶力がいいのはコーラン暗記が利いてるとか言ってた。
個人的には関連付けすることで、グングン加速して記憶できるってのはよく経験ある。
一番それがわかるのは歴史かなあ、やっぱり。
383 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/28(火) 11:45:16.05 ID:Js8sv5oo
英単語は覚えられないのに大名や家臣の名前、武具や茶器の名前は覚えられる!不思議!
384 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/29(水) 06:39:44.41 ID:7FJQYdUo
ノブヤボをやれば、能力値と名前が関連づけられるしなww
385 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/29(水) 11:53:16.71 ID:ZGh/RBUo
地理の授業で都道府県を覚えられない俺が、
戦国時代の地名なら答えられます! と言って
実際に上から下まで答えた時の教師の呆れ顔が忘れられないww
386 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/29(水) 11:57:27.89 ID:KyNTcqMo
>>385
鎌倉時代には源氏物語オタ、
戦国時代には太平記オタが活躍していたんでしょうねw
387 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/30(木) 01:20:37.44 ID:cCGAmTMo
関連付けて記憶するのは大事よね
388 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/31(金) 11:01:36.19 ID:1OEOupco
関連付けつーか、ある事が起点になって雪だるま式に増えてくってのはあるなぁ。
まあこのスレでも多いみたいだけど先ず戦国から入ってww、その原因の応仁、そして南北朝、鎌倉、平安となったり
明治維新から江戸や明治、昭和の混乱そして法律と興味が推移してくうちに、色々覚えてたりね。
389 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/31(金) 20:32:28.06 ID:OtHUpE.o
>>386
書籍が貴重な時代は、琵琶法師が語り伝えるということも
390 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/01(土) 00:10:01.46 ID:7eI2S6go
以前ニュースで源氏物語の「大沢本」というのが再発見されたって聞いたけど、
どう凄いのかよく分かりません。

新しいエピソードとかが入っているということなんですか?
391 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/01(土) 03:06:38.38 ID:RhKUCYco
>>390
以前にもお話ししたと思いますが、『源氏物語』の写本たちは
その本文の差異によって3つの系統に分けられています
・青表紙本
・河内本
・別本
特に、別本は「青表紙・河内どちらにも属さない本文をもつもの」とされていますので
写本によってかなり内容は異なるようですね

で、この差異は帖ごとに適応されます

54帖ひとそろいの写本が見つかっても、
第1帖は河内本系で、第2帖は青表紙、第3帖と第4帖は別本…という風に
ごった煮になっていることもままあることです

で、大沢本は54帖ひとそろいで、うち28帖が別本に入るそうです
これはかなり数が多く、『源氏』を研究するには注目すべき資料だとか

新しいエピソードまであるかは知りませんが
今までの写本にはなかった和歌の一節が挿入されていたりして
『源氏』の古い姿、あるいは享受されてきた姿を見るために
心に留めておくべきものだと思います

わかりにくいかもしれませんが
古典研究は写本同士の校合が大変重要な作業なので
わずかな部分の違いが、後々でっかいテーマになってくることもあります
大沢本は、そのあたりを評価されたんだと思います
392 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/01(土) 03:30:34.49 ID:RhKUCYco
探したら資料あった!
例えば、夕霧の君はのちにたくさんの子供をもうけますが
この辺にも写本によって違いがあります

▽夕霧と雲居雁のあいだにできた女の子
【大島本=青】次女・四女・五女
【尾州本=河】長女・次女・四女・五女
【保坂本=別】長女・次女・四女・五女
【大沢本=別】次女・四女

ちなみに本格的に研究する場合は、写本同士の一字一句の違いも気にします
ホンットーにちまちました違いを気にするので「大沢本SUGEE!」になるわけです

あと、大沢本は明治初期ごろに存在が確認され
「こういう本があるよー」という記録だけが残されたまま
行方不明になっていたんだそうです
それが見つかった!というので大騒ぎになったというのもあるんでしょうね
393 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/02(日) 06:12:43.63 ID:Xu14Wi6o
>>390

>>1さんの説明に補足
このスレの上のレスでもありますが、

平安時代は出版制度、書籍の量産体制・技術が出来ていないので、
気に入った本を借りてきて(時には強奪して)自分で写本して手元に置いてました。そしてまた原本・写本を人に貸す
源氏物語は当時から人気があったため、写本を数十人、数百人単位で繰り返されていました。
その過程で写本した人の誤写、勝手な2次創作の挿話、文章省略などが起こり、
現在我々が読むことが出来る>>391各系統の源氏物語は(紫式部自身が書いた)原作から改変されたものとなっています。
最終的には大小の違いを含め十幾つ(何十?)もの源氏物語が作られたと考えられますが
戦災、天災等により現代では>>391各系統のものしか残っていません。

写本同士を一字一句まで比べることにより、原文に近づけるため研究が進むということがあります。
そのため、今までの系統とはちょっとちがう大沢本が出てきたことは大きな意義があります。

追加
数年前に奥の細道の草稿(松尾芭蕉本人による校正箇所あり)が見つかりました。
源氏物語の原本(紫式部直筆)が一帖でもでてくれば大発見ですが、可能性は・・・・・・
394 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/02(日) 12:06:06.52 ID:RGKeG8ko
原本なんかをオークションにかけたら凄いことになりそうだ
395 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/02(日) 12:58:48.87 ID:KHUN1k6o
>>394
億単位だね
396 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/02(日) 13:04:42.17 ID:IDIxO460
>>395
間違いないな。昔の5セント硬貨が今では1憶になったりするように、歴史的価値も考えたらもっとするかもね。

国宝クラスの重要文化財認定は間違いないだろうし、見つかったら7代遊んで暮らせるを地で行きそう。
397 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/02(日) 16:32:37.15 ID:Anu4GKso
国宝・重文クラスだと個人所蔵は逆に厳しいんじゃないかな。

取り扱いやら保管だけでもアレだが価値があるってことは

資産扱い

として税金が凄い気がするwwwwww
398 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/02(日) 16:36:58.81 ID:OpueIIUo
そんなんうちの蔵にあったりしたらすごく嬉しい。
田舎で結構長く続いてる家だからなんか面白いもんありそうだなあと幼少期に思ったりしたけど結局何もなかった。
貴重品って保存が難しいんだよね。
手元においておきたい気もするけど、盗難とか状態維持とか考えるとちゃんとしたところに預けるのがいちばんなんだよなあ
399 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/02(日) 16:59:16.36 ID:ys.B0QEo
色んな研究者からの問い合わせなんかにも対応しないといけませんしね

『源氏』大沢本は、とある方が所蔵していたらしいのですが
調査・発表した先生が窓口となって色々対応したみたいです
海外のプレスからも取材があって大変だったとか
400 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/02(日) 17:47:51.07 ID:qvL6Sz.o
>>397 むかし鑑定団で万国博覧会に出品された大壺(全長2メートル)に億単位の額がついたけど、
持ち主、「とても自分では守っていけないから寄付する」って言ってたよ
401 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/02(日) 19:27:47.51 ID:Xu14Wi6o
>>397
つ【犬山城】
402 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/02(日) 19:55:15.27 ID:uj7os4Ao
>400
七宝の壷だったかと。

天才の作品なので現在では再現不可能
403 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/02(日) 22:15:53.58 ID:RGKeG8ko
>>402
並河靖之か…。

並河靖之の有線七宝の黒色は、現在でも再現が不可能らしい。
404 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/02(日) 22:16:17.34 ID:KUe.Qwoo
>>401
何年か前に、成瀬家所有から財団管理に切り替わったはず
405 :390 [sage]:2009/08/02(日) 23:31:22.57 ID:Lho5qu.o
>>1様 >>393
解説ありがとうございます

今まで源氏物語の事を「平安時代の恋愛物語」ぐらいにしか思っていませんでした。
それがいつの間にかハマっております。

これからも暑い夏が続きますが、
お体に気をつけて頑張ってください。
406 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/03(月) 02:30:04.32 ID:Ji2NzIgo
別本系統について補足しておきますと

青表紙をA、河内をB、別本をCとすると
A・Bの系統に含まれない本文を持つものは、DでもEでもFでもGHIJK…でも
全部C系統として処理されているということです

別本同士を校合し、新しく系統を作るという作業はまだまだ進んでいないそうです
407 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/03(月) 13:02:30.52 ID:uWKZt3Y0
A・B・CというよりA・B・それ以外ってわけだな要するに。
408 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/06(木) 01:38:57.35 ID:fN6C/rUo
えーアナウンスです

>>1はただいま手放せない仕事や課題を抱えておりまして
書き溜めが中々進まない状況にあります
今週が終わればまた時間ができてくると思いますので
次回投下はお盆頃になるかもしれません

お待たせしてしまいますが、なにとぞご容赦を…
暑い日が続いておりますので、皆様もご自愛ください
409 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/06(木) 02:57:02.80 ID:8JnKtMUo
了解です
410 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/06(木) 04:55:28.96 ID:9G/OKoAo
わっふるわっふる
411 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/06(木) 08:38:36.87 ID:NtUh.bMo
のんびり待ってるよー
お仕事頑張ってね
412 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/06(木) 14:38:41.47 ID:sRpWSRYo
待ってます
413 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/07(金) 00:48:24.28 ID:VDFR7rso
>>408
仕事頑張れよ〜
414 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/14(金) 20:51:02.32 ID:sBFRMcUo
お盆休み入ったので期待カキコ

そろそろ野分の活発になる季節だな
415 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/19(水) 00:02:15.60 ID:p6qsO5ko
お盆も…終わった…!

さて、次の投下ですが…
8月21日(金)の21時から投下できるように
調整していきたいと思います

大変お待たせいたしました
前回からかなり開いてしまったので、まとめサイト様などで
復習していただけるとわかりやすくなるかと思います
416 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/19(水) 00:29:45.01 ID:VrRZqsYo

楽しみにしてる
417 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 12:41:46.48 ID:8QEu.Gso
ああああああああああああああたのしみだなあああああああああああああああああああああ
418 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 20:01:21.58 ID:1YiPaVw0
やったー!長かったー!
首を長くして待ってたよ
419 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 20:06:07.89 ID:bqy4P1go
女子バレー死姦しつつ全裸で待ってる
420 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 20:08:24.43 ID:bqy4P1go
死姦てどんな異常性癖だよ

視姦です
421 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 20:17:13.18 ID:.tDLBIwo
>>1です
改めまして、長い間お待たせいたしました
本日21時すぎから、投下できるよう全力で調整中です

いましばらくお待ちください


>>420
                  ,,..,、、、,,,
                ,ケ.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙ゞ、                 
              イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ト                   
            __ ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、_ _____ ___
_____,ィ ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:◯.:.:.:◯.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: -
'ー-、、、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ´ ̄
     ``''ー-、,!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:√
         ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:†.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
422 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 20:20:53.31 ID:7Cj5CNAo
わーい楽しみ
423 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 20:55:16.11 ID:0B6pxwc0
初リアルタイム参加です。ドキドキ。
424 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 21:01:05.72 ID:AselUAgo
一度「そろそろか?」って書いてみたかったww
425 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 21:03:12.23 ID:vxlZTuI0
ワクワクが止まらない
426 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:10:09.47 ID:.tDLBIwo
いずれの帝の御代であったか…。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。

                   __    , r〜=- 、
                  〆'.'.'.'.'.'.'ミぇ≦'.ュ,_;,,, .'.'.'.ヽ
                 イ.'.'.'.'.'.'.'.'.'> ' _〜t.'.'.'ミ;.、.'ヽ
                 《'.'.'.'.'.'./ /,   ' , :て'.'.ヾ、ヘ,
                 j'.'.'.'.'/ / /    ',  ', そ'.ヘヘぇぅ
                   ヾ、.'/ /  l!  l l |!  |! てれ父》
                   | l! |! l!   l! | l!l _j!_j  ∧乂j ヽ
                   | | | l| l ヽ. |! ! lli´ |!_l! / |ト、|! |
                   | | l! l l, ‐ ヽl! 从 イトリ  /.ノl! l!
                   Nヽヽヘ ィ弋Y    `'/ /イ. | |!
                   / /.乂ヘヾ '  '_   l/.∧.!  ! l!
                     / / / ,へ.     | イ=ヘ、 | |
                      / / / / く≧ ァ.彡! l!;;/'.'\ l!
                 / / / / /.{; ; ;ニ弋ソ|! |;;}'.'.'.'.'.'ヽ!
                   / / / / /'.',.'l!; /;/;/ 乂7'.'.'.'.'.'.'.'.ヘ
                    / /rっ777ヽ='レ; ; ;/;/;/ .7'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'ヘ
              __  /Y〈 -う///r―、/'.ヽ〜〆 乂'.'.'.'.'.'.'.'.'/'.'.'ヘ
         /'.'.'.'.'.'.'`.</ 辷jr―' 不シ\'.'.'.'乂/'.'.'.'.'.'.'.'.'.'./'.'.'.'.ハ
        /'.'.'.'.'.'.'/'. ̄'. `<ヽ~ヘj!'./'.'.'.'.'\ヽ/=、, '.'.'.'.'.'./'.'.'.'.'.l!'.'〉
      /'.'.'.'.'.'.'/'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.ミぇ'.~'\'.',',',', Y'.'.'.'.'"',、'.'.'ヽr〜z彡
       /'.'.'/'.'.'.'/'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.\ュソヽ.'.'.'.';'.'.'.'.'.'./'.7フ''| |!
      ./'.'.'/'.'.'.'/'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.ヘ、'.'.'.'.'.'.'.'.'ヽ,;_.ヽ.'.'.'.'.'.'.'./'.7'゙  | |
    /'.'.'.l!'.'.'.'.l!'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.ヘ,'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.` ー..イ=-〜、. | |
.   /'.'.'.'.'!'.'.'.'.'i'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'. ', .'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.ヘ,'.'.'.!'.'.i'.'.'.'ハ.| |
   /'.'.'.'.'.'.!'.'.'.'.'l'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'. ', .'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.ヽ'.'.'.'. iハ| |
.  /'.'.'.'.'.'.'.'!'.'.'.'.'!'.'.'.'.'.'ヽ、'.'.'.'.'.'.'.'.'. ', .'.'.'.'.'.'.'.ヽ、'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'/'. ! !
 /'.'.'.'.'.'.'.'.'.!'.'.'.'ハ'.'.'.'.'.'.'.'.'\'.'.'.'.'.'.'.'. ', ヽー―-、\'.'.'.'.'.'.'.'./'. : | |
.イ'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'l!'.'/'.'!'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.ヽ、'.'.'.'.' ', '.r.;、'.'.'.'.'fj'.'丶、./'.'.' ; | |
. k=- 、'.'.'.'.'.'!/'.'.'.!'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.丶、'.' ', i'.'.'/i'.'.'.|!}'.'.'./'.'.'.'.'.' . | |
 ん   `丶/'.'.'.'.i'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.\' ',j.'/.イ'.'rjソ./'.'.'.'.'.' . /| |

               第二十一話「母」
427 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 21:11:52.68 ID:9hQD9KQo
ktkr
428 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:13:22.49 ID:.tDLBIwo
【前回までのあらすじ】

       , ── 、
     /ノ( \ ノヽ                 __
     | ^ (( ● ●)   ,- 、从, -、       \  /\
.     |    (__人_)    (  ヽ/  )     ,(● ●)ノ(\
.      !     ⌒/ i⌒) \/  /て    ( (_人_)  ^  )
     /⌒\  ノ、_ノ .i  /  /.\そ    ヽ |i|i!|    く
   / /y    く_ノ /  / \  \   ('' \ ´  /  /
  (__,/  |     \/  ./ YY \  \,_/\ \/  /|、
       ヽ       /       \      \__/,/ )
         \     く          冫      /-´


冷泉帝後宮には、二大勢力が形成されていた。

藤原氏の中納言やらない夫の娘・弘徽殿女御方と
源氏の内大臣やる夫の義娘・梅壺女御方である。

それぞれのプライドを賭けて、御前にて絵合が行われることとなった。
429 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:16:31.26 ID:.tDLBIwo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   歌合、絵合、薫物合など…
  ミ゙ ゚ -゚ノ    同種の物を持ち寄り優劣を判ずる遊戯を
  √¨l-゚]、   「合せ物」という
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)    遊びとはいえ、面白みを出すために
 ム-ノ__|_jゝ    風流人たちは真剣だった

  、-−7
  ミ_o_d,,,   「絵合」は左右に組を分け
  ミ゙ ゚ -゚ノ    おのおの絵や絵に和歌を添えたものを
  √¨l-゚]、   出し合い、判者が優劣を判定する
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)   
 ム-ノ__|_jゝ
430 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 21:17:16.19 ID:djozoqc0
「桐壺」の時みたいに張り合うにしても、廊下に●を撒き散らすより平和な争いでいいですな。
431 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:18:00.84 ID:.tDLBIwo

  、-−7    なお「合せ物」には色々と種類がある
  ミ_o_d,,,   一部を紹介しよう
  ミ゙ ゚ -゚ノ     ・菊合(菊を持ち寄る)
  √¨l-゚]、    ・根合(菖蒲の根を持ち寄る)
  (゙ /  |ゞ    ・貝合(綺麗な貝を持ち寄る。現代の貝合せとは別)
  /ヾノ==,)     ・前栽合(庭やそれを詠んだ歌の優劣を競う)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   娯楽の少ない時代…
  ミ゙ ゚ -゚ノ    こういった勝負事を含めた遊戯は
  √¨l-゚]、   都人にとって大いなる刺激だったのだろう
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
432 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:19:37.55 ID:.tDLBIwo
源氏は「手持ちのものだけで勝負しましょう」と言ったのだが
対抗心メラメラの権中納言がそれを聞くはずもない。


               / ̄ ̄\         やる夫に負けるわけにはいかん!
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |       当代の名人を集めろ!
            (__人__)      | ../}     どこにも行かせず、絵を描かせるんだ!
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ


            _,,..,,,,_        _,,..,,,,_
            / ,' 3  `ヽーっ   / ,' 3  `ヽーっ    軟禁状態かよ…
            l   ⊃ ⌒_つ  l   ⊃ ⌒_つ    
          _,,..,, `'ー---‐'''''"    `'ー---‐'''''"
         / ,' 3  `ヽーっ         / ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ        l   ⊃ ⌒_つ  
          `'ー---‐'''''"       _,,..,,, `'ー---‐'''''"  
            / ,' 3  `ヽーっ   / ,' 3  `ヽーっ    
            l   ⊃ ⌒_つ  l   ⊃ ⌒_つ
             `'ー---‐'''''"    `'ー---‐'''''"
                 絵師の皆様


                  ,イ
                    / |
              ,r‐、,,ノ  ゙i、  __,、
                      ゙ー"  i、
    r──‐ロロ  lニニ7ロロ o o o     ヽ,,_ 人    しかし勝負となれば…
.     ̄フ /   /∧j            `´ {    負けられない……!
      //ヽ\.  ̄_,,r──''" ̄ ̄`゙''─-,,_   l
       ̄ _  ̄._,,r'" _,ノ .,>─---、.   ゙ヽ  ゙l、_.   _,ィ
      /~ ,-'"  ,r‐'' ̄`H"      .l ヾ、_  )    ゙ー'´  /
     v'  (  __,l =・= ノ゙i、 =・=,/  ト、 ̄         (
.     ゙l   ゙ー"/゙ト、_,/▼ ゙ー─'"   l  丶.         {
.       ゙j    |   ∵∴ | ∴∵∴   ノ.    ヽ      i、
     /    人  ∵∴ |  ∵∴_,,..-"      ゙i、      (
    ノ /"⌒゙ト、゙'ー─┬┼─┬'"             >   ,l~
   _}  l    ゙)゙l:..:.:.: : l ,!  ノ              / ゙l   {
    )   l,,   ,)-'::.:.:.: : :゙ー‐'"           . .::v"     ゙i  ,i
   ゙i  {  ,,ノl |:.:.:.:.: : : : . . .       . . .: .:.:.::l       |  i
             当代の絵画名人
433 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 21:21:01.27 ID:Q./ZKoIo
貝をくっつけて神経衰弱の如く遊ぶのは「貝覆い」と呼ばれていたそうな。
434 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:21:39.34 ID:.tDLBIwo
弘徽殿女御側は、朧月夜の君らの支援もあり
当代風(今風)の絵を揃えていった。

                        __,、
               , __-,=====〔{〈河
                /_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\
               / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
            / {i7:::::/  i            \:::::ヽ
            ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::     あの方との勝負…
 ト、           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|    ふふっ、何だかおかしいわねぇ
 |:::\      |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |     
\\:::\      |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||     でも、趣味は負けなくってよぉ
::::::\\:::\.    |    | |   | {  |  リ| /癶〈| |   ハ
::::::::::::\〉 ::::\  |   | | ヽ \ ̄       〈_,バレ | ,∧|
:::::::::::::::::::::::::::::::\|   || \ \      , ` /! |〃ハ_! -―
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l   |  ̄ ー=;-  "/|/″/::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::/ 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::::< ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::/ /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::::\
::::::::::::::::::::: | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \::::::::::::\
 ̄>::::::::::::| l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_   :::::::::::::::
::::::/ ̄ ̄j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉:::::::::::::
/    〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /\[\::::
         ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /
        | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈厭くl|  |〈 〈
        | i  \ヽ .::.::.::.::\:::|  |―-ゞーヘ/〉|  |ヽ:i ,
        | i   \\.::.::.::.:ヽ|  | ...::.::.::\/:| / /:l |
435 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:24:10.11 ID:.tDLBIwo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   冷泉帝御前での絵合せ…
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   事態は、朱雀院の人々までも
  (゙ /  |ゞ    巻き込んでいく
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   朱雀院の絵の多くは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    朱雀院の母・皇太后を通じて
  √¨l-゚]、   弘徽殿女御に渡ったとされる
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)    また、朧月夜の尚侍の君も協力したという
 ム-ノ__|_jゝ
436 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 21:24:17.14 ID:0yVH1co0
朧月夜というと右大臣家の人間だけど、やらない夫の奥さんは右大臣家の娘だっけ。
ひょっとしてやらない夫の奥さんと朧月夜って姉妹?
その関係で弘徽殿を応援してくれるのかな。
437 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:26:32.86 ID:.tDLBIwo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   それはなぜか?
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   次の系図を見てほしい
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


           右大臣(故人)
              ├────┬─────────┐
  (故人)     .   │     . │             │
 桐壺院━┯━弘徽殿皇太后   │           四の君━┯━やらない夫
       .│          .   │                . │
     朱雀院━━━━━━━朧月夜の君          弘徽殿女御


  、-−7
  ミ_o_d,,,   現弘徽殿女御の母は、右大臣の娘・四の君だ
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   つまり、皇太后や朧月夜は
  (゙ /  |ゞ   母方の伯(叔)母であり、縁がある
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   こうして着々と弘徽殿女御側は
  ミ゙ ゚ -゚ノ    準備を進めていった
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   さて、我らが源氏側というと…
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
438 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:29:03.89 ID:.tDLBIwo
源氏側には朱雀院自身から、梅壺に絵が贈られた。

.     r'ニ;v'ニ;、
     _,!_(9i (9i:、       源氏の君、
  /  `ヽ,. ┘ヽ       この絵を梅壺女御に…
. i ′′       } 
  l、      、   ,!       
   ヽ.____,ノ` ,∠!
       `ーァ ヘ>
         i′  ヾZ

         ___
       /      \        これは…
      /  ─   ─ \       古い絵と新しい絵がありますお?
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ
439 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 21:29:14.51 ID:Q./ZKoIo
>>436
弘徽殿女御(冷泉帝の后の方)は頭中将・やらない夫の娘。朧月夜はやらない夫の義妹(妻の妹)。
440 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:31:01.65 ID:.tDLBIwo

.     r'ニ;v'ニ;、
     _,!_(9i (9i:、       うん、女御が斎宮として発たれた時の
  /  `ヽ,. ┘ヽ       太極殿での儀式を描かせたんだ
. i ′′       }       
  l、      、   ,!       それから、こっちは昔の名人らの絵…
   ヽ.____,ノ` ,∠!       これらも役に立ててくれ
       `ーァ ヘ>
         i′  ヾZ

         ____
       /      \
      / ─    ─ \     …ありがとうございますお
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   女御様も、さぞお喜びになられるでしょう
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
441 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:33:17.59 ID:.tDLBIwo
いまだ梅壺女御に執心を垣間見せる朱雀院…。
女御も、さすがに畏れ多く感じられ、歌を詠んでさしあげるのだった。

             _,,..-―‐-、.._
          _,-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー、_
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       /:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ
      ./:.:.:/:,:.:.:.:.:.ト、:.:l、:ヽ:.:ヽ:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.l
      . /:.:./:.:./:.:,:i:.:.:l;;;;ヾ;;l:.:ll:.:.:l:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.l
     /:.:./:.:.:l:.:.:l:.l:.i:.:l   . l:.l l:.:.lヽ:.:.:.l:.:.:.:.:l
      /:.:,:.l:.i:.:l:.:.:l:.:l:.l:.:.l   l:l-l:.:l´ヽ:.:.l:.:.:.:.l    しめのうちは昔にあらぬ心地して
    . //l:.l:.l:.:.l:.:.:l:.:l、lヾ、  ll l/−、l:.:l:.:.:.:l     神代のことも今ぞ恋しき
    '  . l:l:.:l:.:.l:.:.:l:.:l-ヽ-ヽ /' /.{:{.};}l:./:.:.,:.l    
       ヽ:.l:.:ヾ:.:ヽヽ{:{.}.〉.'  ' .  ̄//:.:./l:l    (宮中のなかのことも、院がご在位の時とは
         l:.lヽ:.ヾ:.ヽ .`´ 丶   . /':.:.:./ .!'      変わってしまった心地がいたします
       ヾ.l:.ヽl:ヾ、ヽ   -‐,イ:.:./ヾ __      神に仕えた昔の事も、今は懐かしいものです)
          l:.:.:.〉i/  ̄` ‐ .、 . l:.:/ /   ヽ
         l:.:.:l .'  _,-、  ,! .l:.//     . l
         l:.:.l /"'l´ ` ヽ-,'´.l/ l ,    .l
         . l:.:l/  .l    ./  ' .i.l, '     l
         .',:.l_,-‐フ、  . 〈   . /       l
         /ヾ/:/ ',   ',  /      .l
          /./,:.':l   ',   ', <7 ̄`7、:.:l
        . /./: ': :/l   ',   . ヽ、/   /-‐
442 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 21:33:26.79 ID:bqy4P1go
>現代の貝合せとは別

現代の貝合せというと…
443 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 21:34:46.43 ID:Ykbg3ywo
貝覆いのことじゃね
444 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 21:36:57.13 ID:POamDF2o
なんかこういうやんわりとした好意ってうまく断るのが大変だね
キッパリ言っちゃって態度が豹変しちゃったらやっかいだし
445 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:37:12.57 ID:.tDLBIwo

.     r'ニ;v'ニ;、
     _,!_(9i (9i:、       斎宮の歌…
  /  `ヽ,. ┘ヽ       
. i ′′       }       ああ、私が在位のころに戻れたら
  l、      、   ,!       …いや、詮ないことか…
   ヽ.____,ノ` ,∠!
       `ーァ ヘ>
         i′  ヾZ


源氏のやり方を恨みつつも、強くは出られない朱雀院。
これも、先の頃の報いというのだろうか。
446 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 21:38:41.78 ID:sYdgG9s0
水銀燈がいるんだから贅沢いうな、朱雀院。
447 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:39:00.33 ID:.tDLBIwo
◆春、三月下旬、平安京、内裏

                 Д___________________Д
                 [[]!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!![]]
                  ノ-.=.--.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.ゝ.
              ノ=.-.=.-.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.ゝ、
            キIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIヤ.
           ノ_二三_-=─ ̄三─≡ ̄-三==_-二=三≡-_─_二三_-==ヽ、.
          /二=_-三 ̄=─≡_- ̄_=≡_二三二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=\,,
      ,,_,,,-''''=_-三 ̄≡_-=≡- ̄_=≡__二三二=_-三≡_-==─≡_- ̄=≡_二三''''-,,_,,.
_,_,,_,,,-'''__________________________________ "''-、,,,_,,_,_,,_
ヽ @==@==@==@==@==@==@=@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ ヤ
 `ヽ丶.}{ |艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸| }{  /
   \}{ |l|! ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄::┣━Д━┫:: ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄γ∴⌒∴⌒ .;}{./
     }{ |l|!: ::::::::|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|ir;(∵ ∴丿;∵;∴ヾ∴
  γ;;⌒ ノヽ;;);⌒ ヽ|:::::::::::| ::::| :: :::: :::::::||  |__||__||__|  .| :: :: :: :::::| :: :: : (:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵∴):∴:):
r;;ゞ(;:: 丿;:: ;;;;;ヾ;;),,):.__|.____||=.=.======= |____|____`(∵(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ":(∴∴;ヾ)
(:: ;;;;ソ;; ) ;::ソゝヾ) ;;):::)==ii==ii=ii==ii==|^|_________|^|==ii==ii==ii(ソ∴∵丿 ∴(;ゝ(:::∴ ソ):ソ"
(::: :(;;;;;(  ;::). (;ゝノ ::)Y...|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/l--------------------lヽ ̄ ̄ ̄|(∴ミ∵丿 ;`ベ∴;(∴ ∴(;::∴ 
((:::(::;〆;;;ゝ;:: ;::))( ;::),ブ__||____________/l----------------------lヽ____(∵ゝ丿;`ベ∴;(;ゝ(:::∴ ソ)(∴ :〆:ソ
`ベ(; ゛(;;; (:::: ソ)::〆:ソ|il!li!li|il!li!i|il!li/l------------------------|ヽ (;ゝノ∵∴;(∴)::(:;;ソ∴∵丿∴ゝ:;;∴
: : : : : : : : ゝ|;il|!|ソ´~: : : : ; : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : :ゞ|;il|!|;il|!|/: : : ; : :
: : : : : : : : ノ;ハノリヽ_ : : : : ; : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : :ノ;ハノリハノリヽ_ : ; :
: : : : : : : :^"''`"" ^: : : : ; : : : : : :: ; : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : ⌒^"''`"" ^ : : : : ;
448 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:40:00.71 ID:.tDLBIwo
いよいよ絵合の日となった。
関係者が次々と参内し、内裏中の女房たちも応援をしようと駆けつけた。


                         _ -───- 、
                      /   __......_     `丶、
                        / _ ニ ─‐- _`丶、    \
                     /_∠...................._ `丶、ヽ、    ヽ.
                  _∠ィ - ´ ̄ . : : : - `丶、 \\     ヽ
                 //. : : , . /. ://: /.:/,`ム、 ヽヽ    `、
                〃,イ/. : : /. :/. /ィ: / /:.:/:ィ:.∠-L:\ヽヽ.   '.
                ////: :/: /: :/: /ハ:|: l: :l:.:////   ^7:∧'. '.   '.
                {{ l|: :/: :l! /: /7! |l!: |: :l:l' | 「` 丶、//: :∧V   }
                i! |l: :{: :|!: :イ:,ィ卞ト.ヽ: :ト! ,≠f- 、ノイ : /:, :∨   l
                _ムト、|! :l {{ bじ:} ヽ\!  p':::::::ハ/: :// : : l! : /
           ,  ‐= ´ .:./.:.:/.:.ヽハ ゝ-'     乂zd'ノ:/: : : : : |ノ
         /´  _ ィ/,イ:.://:.:.:.:./ハXxx  '_  __ xxイ//.:.:. : i: : :ト、
         /   /イ/ //{:.{/:.:.:.:./|/ヽ、       /.:./l:.:.i:. i ヽ.、ハ \
          // {{  {:{ l:l!:.:,:./.:.:ィ´.:.:.:>r- ‐ イ/:.:.:/ ハ:.ト、:l\ヽヾヽ ヽ
          |{  l!  ヾ ムノ/イ//.:.,≠イ「 ̄` 7ハ:.:i:.{ |{|:.ト、:.:ト、ヽヽ、\、\
           ヽ  `  /  |/リ -ハ|─ 7⌒r─ |:!_|:l:.:! l!}:.! ヽ:ハ \ヽヽ:ヽヽ`
                l!  /7: . : . : /イ: ./`ヽ: .|!: l!ヽト、 リハ  }!}|    ヘ| }|
                   ,′ l: . : . ://: 7f': . : . : . : ヽ: . 7-,ァ─┴‐ 、    i!
                /   _〉: . : . : . /|:|: . : . : . : . : : {/ィ       l
              _,ノ- / l、: . : . :/ l: l: . : . : . : . : .〃       l
             /   ;    /ヽ: ._イ .l : !: . : . : . : . //        l    
                        梅壺女御
449 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:44:05.03 ID:.tDLBIwo
            _ _ _
         「 ̄    .:.:.:.:::::|
        |, -───‐-|
        __」.-──‐─┴‐‐-、
      く______ ____ _/
       / ─    ─ \ ) )
     /  (◎)~(◎) ̄ ̄( (   <ボンジュール
     | (___(__人__)____) '~ζ|
      \    ` ⌒´==□/
       ヽ、       /
        / `ー――‐''|ー-┐__
     //::[ ̄l丁 ̄/ /:: :: :: !:::: ::` ー 、 _
    /:::/::::/  ̄ ``′/:: :: :: ::!:: :: :: :: :: :::: `丶
    ./::::/:::/      /:: :: ::_ ∠:: :: :: :::: : :: :: /|
    l::::/:::/ .l .,! .|  /:: :: ::,イ∠ !:: :: :: ::: :: /:: :: |
   /::/:::/ | ! .|  /:: ._, -X_.入:: :: :: : :/:: :: :: ::|
   !/:::/  ! .| ! メ∠匸 !l/.ヽ.イ .入_:: : ,':: :: :: ::. :|
  レ':::l  l l l"/:: |.ヾ" へ〉 /ハ∨:: :/:: :: :: :: :: |
          内大臣・源氏の君

左方は梅壺女御ら、衣装は赤色・桜色・藤色で統一。
450 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 21:45:13.97 ID:vxlZTuI0
紳士wwwwww
451 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 21:45:22.13 ID:sYdgG9s0
何このウザい変態紳士。
452 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:45:59.62 ID:.tDLBIwo
                   _                  __
            r─'´7´ ̄`´ \─ 、         _/ :: : : : :\
          /´ |イ´`ゝー 、/ヘ`ー── ´ ̄: : .:.:.:.:.:, -─ 、ヽ
          〉、 /: :{: : l: : : : : : ヽ {: : :、: : : : : : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          ム/: : : : ',: ヘ: : _ :.:.::∨: : : :` ー 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: レ: :l : |,: :ト: :ヽー、`;:.:.:ハ! :. :.::.::.:f ! lヽ` ー 、/  ̄`\: |
         从 : : X´:トヘ! \ヽ坏卞、!:.|):.:.:.:.:.:.:| | | !_: : : : : : ̄ ̄` 、 ヽ!
          ヽ : : ヘィ少    ̄匕ソ!:.:.:| : _:.:.,、_!ヽ' i }): : : : : : : : :.\ \
          /:\: ハ弋ソ '_,、  ,':./:|´ ヽ\ー ,ィ--、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: : ハ
       , -‐'´: :/: >\  丶ノ イ:/:./ i_ノ  ヽ:Y     ヽ_ :..:.:.:.:.:|: /ヽ─ノ
     //: :: /: :r/ ヽ  .勹ァェ´/ィ:.// >、_ム  ,ヽ _ソ\:.:.:.:.レ、_/
   /:〃: : : / /(    V   ,イ {/l / }  /     〉_l´ `ヘ 〉:ヽ\ヽ\ヽ
   |/ | : : : V: : 厂  _∧ / l  入 〉    ,-弋_ |    〈: ヘ:ハv!:|  V
     ヽ://{: ト、/  ̄, ' ̄`ー'  〉    i    ̄!     Y ∨|::|
       ,' /   ^ /    ,        , / } _/\     ヽ   l   !|/
      V    /{     l      ノ/ {ハ: : : | ヽ`Tー、     /  レ
          V\   `       |/ノ┴‐┴ォ|: :!レ'   ̄`´
            ノヽ‐ー──--イ/_   //レ
              |  j        |/ / \〃ー──
                 弘徽殿女御
453 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:47:57.13 ID:.tDLBIwo

         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ
      権中納言・やらない夫

右方は弘徽殿女御ら、衣装は青色・柳色・山吹色で統一している。
454 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 21:48:15.56 ID:sYdgG9s0
朱雀院。贅沢言うななんて言ってすまなかった。冷泉帝の方がもっと贅沢だったよ…。
この二人以外にも兵部卿の宮の娘も入内しているんだっけ。
455 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:49:01.87 ID:.tDLBIwo
応援の者たちも、その色に合わせて衣装を整え、
御前は花の咲いたようである。


    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /   (●) (●)ヽ   今日の判者は
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   帥宮の兄上にお願いします
 .|      (_/´  .|
 ヽ         /    きっと皆が納得する判断をしてくれるでしょう
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


      ∩___∩
      | ノ  _,   ヽ
     /   ─   ─ |    大舞台なので緊張してるクマ
     | ////( _●_)//ミ    頼りない身ではあるけど
    彡、   |∪|  ノヽ    頑張るクマー
     /ヽ /⌒つ⊂⌒ヽ |
     |  /  / k  l  | l
     ヽ、_ノ    ヽ,,ノ
456 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:50:43.24 ID:.tDLBIwo
■人物:帥宮(そちのみや)

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

源氏の君、朱雀院らの異母弟。
のち、とあるエピソードから蛍兵部卿宮と呼ばれる。

絵や香など、多彩な趣味に通じた風流人。
457 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 21:51:04.83 ID:Ykbg3ywo
帥宮がクマーかよwwwwww
458 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 21:51:19.34 ID:Uc5.lr.o
クマーwwwwww
459 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:52:55.95 ID:.tDLBIwo
いよいよ、絵合が始まった。


    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /   (梅壺は古き時代の美
   |    ( _●_)  |ノ /     弘徽殿は今風のはなやかさに
  彡、   |∪|    /         重点を置いてるみたいクマ)
  /    ヽノ   /


左右一歩も譲らぬ見事なできばえである。
460 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 21:53:11.96 ID:sYdgG9s0
クマーであのエピソードやんのか。
461 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:55:22.30 ID:.tDLBIwo
今回の合には、藤壺女院も観覧に訪れており、
判断の難しいものについては、帥宮が助けを求める場面もあった。

   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ   うーん、これは判断が難しいクマ
   /  ●   ● |   …女院さま、どう思われますか?
   ミ   ( _●_) ミ
  -(___.)─(__)─


           ヽ. |/ |::::.、     _    ,.::::} l:  /
             / l: \:>     `  <:/!:| l  /
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ     …そうですね
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム    やはり業平のあはれは趣深いものです
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l


            ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |   よし、決まりクマ!
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /    左方、梅壺の勝ちクマ!
  |    ( _●_)  ミ/
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /
462 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 21:58:55.08 ID:.tDLBIwo
そうこうするうち、決着のつかないまま夜を迎えた。
おたがい、絵巻一巻を残しての最終ラウンドである。

   ∩___∩
  ノ       ヽ
 /  ●  ●  |   さあ盛り上がってきたクマ
 |   (_ ●_)  ミ   この勝負で優った方が勝利クマー
彡、   |∪|    ミ
/     ヽノ ..◯__\
( \ ミミミミE__)
\_)    ∪


         / ̄ ̄\
        / _ノ ヽ_ \
       |  (●) (●) |   まさかここまでもつれ込むとはな…
        |  (__人__)  |
        |    `⌒´  |    だが次の絵で負けることはないだろ
       |        }     常識的に考えて…!
       ヽ       .}
      __,_,,.ヽ_   ノー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    …………。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
463 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:01:31.40 ID:.tDLBIwo
    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /    そんじゃ早速いくクマ!
   |    ( _●_)  |ノ /     まずは左方、梅壺方お願いしますクマ
  彡、   |∪|    /
  /    ヽノ   /´


         ____
       /      \
      / ─    ─ \      
    /   (●)  (●)  \    …わかりました
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
464 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:03:13.67 ID:.tDLBIwo
やる夫側が持ち出してきたのは、ま新しい日記絵だった。

 ■
:lli|tlll――――――――――――――――――――――――――――――────―┐
||'゙l||〕l|─――――――――――――――――――――――─――――――――┐   |
|lIル゙゙ l|                                                    |   |
|!'''l川|                                                         |   |
||モコl|                                                    |   |
|lll仝 ||                                                    |   |
|| ユ ||                                                   |   |
|!l{什|〕                                                |   |
|圭)=||                                                   |   |
||)l]ll1l|                                                    |   |
||yi71l|                                                    |   |
|!エlr'||                                                    |   |
||ェと卅                                                |   |
|!エlr'||                                                    |   |
||ェと卅                                                |   |
|l!]i广l|                                               |   |
||'〒 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |
゙'ゞlF'‐'――――――――――――――――――――――――――――――――――┘
 ■
465 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:05:37.79 ID:.tDLBIwo

    / ̄ ̄\
  /  \.i||i./\
  /   (○) (○)ヽ   そ、その絵は!?
 .| U  (__人__) |
 .|     `|::::::|  .|
 ヽ     .l;;;;;;l  /
 / ヽ    .`ー' .ノヽ
/           .ヾ


   ∩___∩
   | ノ\    /ヽ
  /  ●   ● |    こ、これは…!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /


               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |   ま、まさかその風景は…!
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |
466 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:07:38.20 ID:.tDLBIwo
絵巻を広げ、皆が見た瞬間――どよめきが起こった。
浜辺を描いた、見事な、あまりに見事な絵に、誰も彼も心を奪われる。

┌────────────────────────────────────────┐
│                                                           .│
│  (⌒ヽ                                              (⌒ヽ     .│
│  (    ,⌒)                                   (⌒ヽ    (         .│
│ (    ⌒ヽ                                   (   ⌒)   ゝ      .│
│  ゝ      ⌒ヽ,,                               ,,.(     )、,,(      ....│
│ (          ⌒ヽ                                (          ゝ  ......│
│ (            )                               (   />  />      │
│ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄       │
│.....:::::::... .....:::::::....... .....:::::::...  .....:::::::...   ..:   ..::::.   ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....::::::::::::::::      ..│
│.....:::::::........:::::::........:::::::........::::::  :........:::::::...... ..::::::: .:::::.... .:::::  ....::::... ........  ::::::::....... ...::::::::. ......     │
│.....:::::::... .....:::::::... .....:::::::... .....:::::::...   .:::::...............::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::.....  .::::::::........ ...::::::::::.. ::...     .│
│。.... :::::.....:::::::... :::::::.....:::::::...::..:::::.....:::::....   。..::::...... 。...:: ......  .....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::    .....│
│〜〜 .....:::::::... .....:::::::... ::  .:::::.....:::::....  .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::     │
│   ~^^゚〜.。.... 。.... . ..:::::.....:::::.....:::::....。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..    .....│
│        ~^^゚〜〜~゚^〜〜〜〜〜〜・。,,,,:〜"~~。〜・" ゚''〜。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::    │
│: :. . . . .     ..: : :. . . . .     ..: : :. . . ..: : :. . . . . . .   ..: : :. . .~^^゚〜・,,。,, 。....゚......。..。....     .│
│      .. . ...        . . . .    ..: : :. . . . .  ..: : :. . . . .          ^~^:〜。,,,,・       │
│                                                           .│
└────────────────────────────────────────┘

――須磨の浦を描いた、絵であった。
467 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:09:26.19 ID:.tDLBIwo
    ∩___∩
    | ノ       ヽ      兄上、この絵はもしや…
   /  ●   ● |_
   |    ( _●_) ⊂ ` ̄\
  彡、   |∪|   ` ̄ ノ
  /__  ヽノ   / ̄ ̄
 (___)     /


       ____
    /     \
   /  ─    ─\     はい、やる夫が昔…
 /    (●) (●) \    須磨に隠棲した際に
 |       (__人__)    |    描いた絵でございます
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
468 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 22:10:26.01 ID:7Cj5CNAo
やる夫の才能に嫉妬
469 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:10:54.50 ID:.tDLBIwo
帝の後見として、栄華を極める源氏の君……。
しかし、その過去には苦難と絶望の日々もあった。

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ


その生の物語を思い、宮廷人たちは涙を流した。
470 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:13:19.86 ID:.tDLBIwo
やる夫の見事な絵は、圧倒的だった。

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ   これはもう、右方が絵を
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   出すまでもないね
 .|      ( <   |
  ヽ     `-'  /    中納言、どう?
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)  ああ…異論はありません…!
  |    ノi  !   | }
.  |   し' ` ⌒´ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)
471 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 22:13:49.40 ID:sYdgG9s0
ずっとやる夫のターン
472 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 22:15:20.91 ID:AselUAgo
乳首隠せぇぇwwwwww
473 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:15:40.98 ID:.tDLBIwo
満場一致で、梅壺女御方の勝利――。
その感動も冷めやらぬまま、打ち上げの宴が始まった。


                 Д___________________Д
                 [[]!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!![]]
                  ノ-.=.--.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.ゝ.
              ノ=.-.=.-.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.ゝ、
            キIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIヤ.
           ノ_二三_-=─ ̄三─≡ ̄-三==_-二=三≡-_─_二三_-==ヽ、.
          /二=_-三 ̄=─≡_- ̄_=≡_二三二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=\,,
      ,,_,,,-''''=_-三 ̄≡_-=≡- ̄_=≡__二三二=_-三≡_-==─≡_- ̄=≡_二三''''-,,_,,.
_,_,,_,,,-'''__________________________________ "''-、,,,_,,_,_,,_
ヽ @==@==@==@==@==@==@=@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ ヤ
 `ヽ丶.}{ |艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸| }{  /
   \}{ |l|! ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄::┣━Д━┫:: ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄γ∴⌒∴⌒ .;}{./
     }{ |l|!: ::::::::|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|ir;(∵ ∴丿;∵;∴ヾ∴
  γ;;⌒ ノヽ;;);⌒ ヽ|:::::::::::| ::::| :: :::: :::::::||  |__||__||__|  .| :: :: :: :::::| :: :: : (:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵∴):∴:):
r;;ゞ(;:: 丿;:: ;;;;;ヾ;;),,):.__|.____||=.=.======= |____|____`(∵(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ":(∴∴;ヾ)
(:: ;;;;ソ;; ) ;::ソゝヾ) ;;):::)==ii==ii=ii==ii==|^|_________|^|==ii==ii==ii(ソ∴∵丿 ∴(;ゝ(:::∴ ソ):ソ"
(::: :(;;;;;(  ;::). (;ゝノ ::)Y...|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/l--------------------lヽ ̄ ̄ ̄|(∴ミ∵丿 ;`ベ∴;(∴ ∴(;::∴ 
((:::(::;〆;;;ゝ;:: ;::))( ;::),ブ__||____________/l----------------------lヽ____(∵ゝ丿;`ベ∴;(;ゝ(:::∴ ソ)(∴ :〆:ソ
`ベ(; ゛(;;; (:::: ソ)::〆:ソ|il!li!li|il!li!i|il!li/l------------------------|ヽ (;ゝノ∵∴;(∴)::(:;;ソ∴∵丿∴ゝ:;;∴
: : : : : : : : ゝ|;il|!|ソ´~: : : : ; : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : :ゞ|;il|!|;il|!|/: : : ; : :
: : : : : : : : ノ;ハノリヽ_ : : : : ; : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : :ノ;ハノリハノリヽ_ : ; :
: : : : : : : :^"''`"" ^: : : : ; : : : : : :: ; : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : ⌒^"''`"" ^ : : : : ;

源氏らも楽器を演奏し、帝に代わって女院から賜り物がある。
判者をつとめた帥宮は、女院から御衣を賜った。
474 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:16:58.63 ID:.tDLBIwo
宴も終わるころ――。
藤壺女院のもとに、源氏の君が参内した。

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     今回の絵合に出しました
   /   ( ⌒)  (⌒)\    この日記絵…
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /     どうか、女院さまのお手元に
     /     ┌─┐     お納めくださいお
     i   丶 ヽ{ .湯 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ
475 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:18:17.77 ID:.tDLBIwo
           ヽ. |/ |::::.、     _    ,.::::} l:  /
             / l: \:>     `  <:/!:| l  /
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ     よろしいのですか?
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム    このように立派なものを…
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\      はい、ぜひに…!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
476 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:20:05.59 ID:.tDLBIwo
二人は穏やかに、言葉を交わす。

      ____
    /_ノ   ヽ_\   
   /( ●) ( ●)\     (やる夫が都を去る折…
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\     涙してくださったお礼ですお…)
 |        ̄      |
 \               /



           ヽ. |/ |::::.、     '     ,.::::} l:  /
             / l: \:>  ー_一  <:/!:| l  /
         / l:|、  `ヽ、    _  '´ //l ヽ ヽ      …ありがとうございます
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l


悲しみと苦しみを超えた先にある愛情を、二人は感じていたことだろう。
477 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:21:07.29 ID:.tDLBIwo
そして一方で――。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     はー…負けっちまった
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)    遊び事の負けとはいえ
  |     ` ⌒´ノ    悔しいだろ、男のプライド的に考えて…
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

                                         
                                       _, -‐
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二
             /         ヽ        ,〜'_, -‐  ̄`ー----
            /         丶    _,〜'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃
             |       (__人_) /〉      だが…まだまだこれからだろ
           /∧     ,.<))/´二//⊃      政治的に考えて…!
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|
478 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:23:16.25 ID:.tDLBIwo
            / ̄ ̄\
          / _ノ  ヽ、_\
          .|  (●)(●)  |   御上はまだお若くていらっしゃる
          |  (__人__)  |
          っ   `⌒´   |    歳の近い俺の娘のほうが
         / ミ)       /     御上のご寵愛を得やすいだろう
        / ノヽ      /
        | |/      ヽ     まだまだ、これからだ
        |  | /|     | |


.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ    天皇家にからむ藤の力…
    . |  (__人__)..|  /     これから見せてやるよ…!
      |   ` ⌒´ リ  ヒ
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|
479 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:24:54.77 ID:.tDLBIwo
キリがいいので、ちょっと休憩ください
晩御飯食べてきます

次は23時ごろから再開したいと思います
いましばらくご歓談ください
480 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 22:25:32.56 ID:Uc5.lr.o
了解〜
481 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 22:26:11.94 ID:sYdgG9s0
ごゆっくり〜。
482 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 22:26:58.75 ID:Q./ZKoIo
了解
残業とか遅番とかならともかく、余裕があるなら開始時間前に食った方がいいよ。

この時間に食うと体に悪いよw
483 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 22:34:46.46 ID:eqMHxs6o
いってらっしゃいー
よく噛んで食ってください、身体のためにも
484 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 22:43:24.77 ID:uUPIJDAo
お疲れさませす〜

須磨の絵はは右大臣側へのあてつけかと勘繰ってしまうww
485 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 22:58:05.62 ID:.tDLBIwo
お待たせしました
そろそろ再開します

>>484
その発想は無かったw
486 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 22:59:52.53 ID:Q./ZKoIo
>>485
了解。

老婆心ながらこの時間の食事を摂ってばかりだと、将来道長公みたいになるかもしれませんよww
487 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:01:22.34 ID:.tDLBIwo
◆秋、平安京、二条院周辺

  _ ,,..._      x                、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'     ×       . . ゜ `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ              ×    ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙   .゜× _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::
488 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 23:02:18.09 ID:jscgV1oo
>>486
一人暮らしになってから7ヶ月で6キロ痩せた俺がこの時間の食事なんだから大丈夫だ!
489 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:02:56.50 ID:.tDLBIwo
源氏の君は、二条院の東にある宮を、
桐壺院の遺産として配分されていた。

                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|κl| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|ξl|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|πl|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヽ.l|   l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿   .,.,:;;.,;

源氏はその東院を改築させており、このたび落成した。
ここに、自分の恋人たちを住まわせようというのである。
490 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:04:44.22 ID:.tDLBIwo
西の対には、花散里の君が入居した。

                   _        , -、- 、_--‐,_‐ 、
                   t`ー;-、_  _ノ:::::::::\ニ三ハ、:..:\
                       マr、: : :`>:'"´ ̄ ̄\/:、い\:..:.丶
                    ぃ >:'´: : : : : : : : : : /:,r^';:∨,ヘ:..:..:..`ヽ
                   //: : : : : : : : : : : : : `ヽ. i:: V/∧:..:..{::.}
                  __ ,ヘ/  , ': : !: : : : : :i : : : : : : ヽ.l:: :マv∧::.::V }_
                _/:.:.`//: :/ : , i i : : : !:!: : : :ト、: : : :i: : }:}//}/ ' L、
            ,__‐'´:.:.:.:.:.:,' ': :〃:.イ:;': ,l: : : .i |. . . '.i. i. . . . !. . {.ニ7___  '/
           //:.ヽ:.:.:.:.:::i i: ::!i|: ト/イハ: : リ!:!:.:;イ::川: : : :.:i: :::r'´:.:.:.:.ヽ./
         ,. .:'´:.:.:.:.:.::l.::::::;.イハ.:j从fトミ{ {、厶ム/-}::リ:ji: : : :::|: /:.:.:.:.:.:.:.:::}
        ,. .:'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:::;_j/ Y`ヽベ_マリ  リ ァ示=‐</」: : : !:r'; -― 、:.::;ハ
.     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::/     !::.|: :i ^¨ノ   、 マ沙'ノマ : : ,'::i〉:.:.:.:.:.:.:.:V:..:',
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::∠ー-<^ヽ-‐/::.:!: : 、 ヽ     ^ ̄´ /: :: /_/:.:.:.:.:.:.:.:/イ:..:..}
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::/:.、`ヽ三ヘ:.ヽ{:::.::.',: : :\ヽー-,   /: ;イ´/:.:.:.:.:.:.:.:.;':::::::_ノ
  ヽ、:.:.:.:.-:一:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:マ三∧:.i`ヽ、ヽ: ::::{::ヽご -‐/: :{/,.V:.:.:.:.:.:.:.:.:i{`¨「
    ` ‐ ::_:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.V_/_ハ !:..:..:..`ヾ、::V::r' } __厶-‐`:/;:.:.:.:.:.:.:.:.:.ji::..:.ヽ
        丁:ー- :__ヽV-/ハ:.、:..:..:,ヘ:_いv' /:;. -―‐7:i:::.:.:.:.:.:.:.:.ハ:..:..:.i
         l:::::::::|::::::::: ̄∨/ム:..:..:.{:/:〃_==く:_::..:..:i::::::::.:.:.:.:.:.:/v,'l:..:..:|
          !::::::::i|:::::::::i:::::::マニ7i\:¬_{辷':::.:::.:リ:::.::}:../i|:::::::::.:.::/:/}/l:..:..l
491 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:06:57.75 ID:.tDLBIwo
そして、東の対に明石の上を呼び寄せようとしたのだが――。

      _____     
    / ―   \   
  /ノ  ( ●)   \     明石の上は、来てくれないのかお?
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |


                 ___
               / : : : : : : :`¨ー-、
            ___/: : : : : : : : : : : : : : : ¨ー-、
          /: : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : :`¨ー、
         /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
        /: : : : : : : : : : : : :{: : : : : : ;イ : : : : : : : : : : :ヘ
       ./: : : : : : : : : : : : : :.',: : :ト、::/i: :/ヽ: : ト、: : : : :.ヘ
       i: : : : : : : : : : : : : : : ヘ:: :l !/ l/  ヽ::l i: :i: : |ヽ!
       l: : : : ヘ; : : : : : : : : : l-',:l──--、_,,!/ ヾ!l: :,' ヽ
       ノ: : : : : r、: : : : : : : : :l  ゞ-t‐jヾ   /'ー、l:i/
       !イ: : : :/ ヘ: ト; : : : ト; :l   ー¨-   〈ftヅ/|
          i: : : ,'  ',:l ',: : : l ',:l         ', ̄,'ハ!   何度も使者を送っているのですが…
        ',: : :ヽヽ-、!: ',: : :l '!          丶、l
        ',ト、: : :ヽ__,,i ヽ: :l          /j      どうも、変な遠慮があるようでして。
          :i: : : : : :i ', ヽ!       _  _ ,イ      また手紙を送ってみますが…
          ',!i: : : : l ヽ、 ヽ    r'"   ∨∧;!
           ',::ト;::ト!  ヽ、    ` ̄二¨/
              レi ヾ!:             /
          __f´¨ー--、_     ー,--"
        /: j       `¨ー-,、  ,'ー--、_
       /: : : : `ヽ、        f´ ゝ._i    L_
     /::`ヽ、: : : : : : `ヽ、   i: i  `¨1i:  ,'  `ヽ
 _,/-: : : : : ::ヽ: : : : : : : : ::ヽ、/ j ○ /'j / ー /`ー-、
'":丶、: : : : : : : : : : i: : : : : : : : r‐'ヽ,ヾ、  i、ノ,イ  /`i: : : : `',ヽ、
492 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:08:38.60 ID:.tDLBIwo
◆播磨国、明石

            )
         ..::::ノ
   .................:::::::::::)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
:::::::::::::::::)::::::): ┌‐‐┐____                ⌒  ⌒)                         
::::::)ー- ー"  |王ll王ll王|  ┌─┐___      ( ...:::    ヽ                        
--'          |圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|  ___ェェ__   ...::::::   )                       
         |圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|___,,|!!|!|!!|!!|___ェェ__ ...:::::::: )        ____,,,,,,,,,,____   __,,.‐''"'ヽ
     _______E|圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|------ ''二 ̄::"':':':";:::::;;:::::::;;:;;;:::::"':':':"::::;;;:::::::;;;;::
 _________|  i_||圭ll圭ll圭|___^| 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|:::::::l三三lェェ|---ェ ---┐::::::::::::;;:::::::::::::;::::::::::::;;;;;;;::
 i_ェェェェr-tェェェェェェェrtェェiェT:| 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|..___|三三| |!!!!!!!!!||l:|:|:|:| ┐r┐-'`',:r┐ri'':'`r┐rir
千ー| __,,-----,,____ ゙| |+ii++| | 圭|圭l+|TTTTTl-lTTl:::| |::|三三| |!!!!!!!!!||l:|:|:|:|  |'`',:'':'ri::;:;ri..,"ri'`',:r┐ri
ニニニフ:::ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++| | 圭|圭l+|:| | | | |:|::l:|:|:|:::| |::|三三|;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`_',:_'':'_`::_'`',:'_':'ニ"ニ:ニ"
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|/~/~ /~\",:;;::、;ヽ;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,;"'`';;,:''-":"":":":"": ̄. .. . . .. . . .. . ~""'''‐-
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|:~:~:~|:|,.;;::、;):、;)   ,.... '''". ::::.. . . ..:: . . ..:: . . ::::.. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|⌒ヽ'""'')_,..-'' ..., - " ". ;.. . . .. . . .. . . ..: . . .. . . .. 〜. . .. . . .. 〜. .  . . . .. . .
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|,.;i';.,,);';.,,) .: ; ".:: ..;:: ;. . .. 〜. . .. . . .. ..〜 . :. .. . . ..: . . 〜.. . . .. . . .. " ''.  .. . .
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| (,.;;';.,,)--'.。  ..: :,:". .. . ;. ;.. . . .. . . ..〜 . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .:.. . . .. . . .. . . .. . "".
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨレ(,.;;.,;';.,,) ! !..: : ,". .. .|ヽ . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .〜 .. . :. .. . . .. . . .. .〜 . :.. . . .. . . ..
壬i壬!゙/⌒ヽ_,..-'''" (,.;i;';.,,)。 : .", . .. .|__ヽ . .. . :. .. . . .. . . .. 〜. . :.. . . .. . .〜 .. . . :.. . . .. . . .. . . 〜.. . . .
====='  /⌒ヽ_,..-'''" 、、,.,. ト ::: : .",,..ヒニニァ .. . . 〜.. . . .. :. . .. . . .. . .〜 .. .:. .. . 〜. .. . . .. . .: .. . . .. . .〜 .
======='  lコ  i ノlヾ 〃lヾ 、、,.,。 :..:: .",,. .。. . . .. . . .. 〜:. . .. . . .. . . .. : . ..〜 . . .. . . .. . :. .. . . .. . . .. . . .. . . .
lコ lコ |:::|゙. lコ ノlヾ 〃lヾ | フノヾト::..: : : .",,. .. . . .. . . ..:. . .. . . .. . . .. :. . .. . . .. . . .. .:. .. . 〜. .. .:: . ::.. . . .. . . ..
lコ lコ |:::|゙. lコ 〃lヾ\}::::::|::::/  。 : :..: : : : : .",,. .. . . .. . 。. 〜:.. . . .. . . .. . . :.. . .〜 .. . . .. . . :.. . . .。. . . . . .. . .
ノlヾ 〃lヾ〃lヾ:゙|十-'''ノヽ | /  λ。  。..: : : : :。: :,,. .. . . .." .: 。.. 〜. . ..。 . . .. . .: .. . . 〜.. . . .. . . ..〜 .` . .. . .
:::|:::::::: : |:::::::::|::::::|::|:::::/  //〃lヾ 。λ ト。  。 : 1: 。: : ,,. .. . . .. `.: . .. . ." .. . . ..:. .。 . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .:: .
:::|::::::: : |:::::::::|::::::|::|:::/::.. // /   ト   λ ト..: : : 1: : : :": : ,, . .. . . .。. . .〜 .. . . `.. 〜. . .. . . .. . . .. . . .. . . ..
493 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:10:27.15 ID:.tDLBIwo
              _,____
ノ(          / ̄lllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lll(        ノ´llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lllllll)     ノ'lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
丗ヲ    /lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
llllノ    ノllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、ll|
llノ    ノlllllllllllllllllllllllllllll/´ ̄`ヽllllllllllllllllllllllllllノ `、ll|
/ ,   |llllllllllllllllll_,-'´ ̄  ヽ、 `ヽ、lllllllllllllノ .  Y
|l   ,'´l`、lllllllllllノ   _,-‐、 ヽヽ `l.`―‐'フ   ,、|
llll`ヽ|llllllllll`、llノ´   ‐―、ヽ、 ヽ、 |   | / ノ,→   源氏の君のお召し…
lllllllllllllllllllllllll`l     -、_ヽヽ、_`l 、 l  /ン_/    
‐ 、lllllllllllllllllllll`l     `、`三ン、、ニ、´ノヽノ/フノ/     娘よ、意地を張らず
     フlllllllll`l       _,-'´ `ヽ//-´   |      京に上りなさい
     /llllllllllll|`ヽ、   ,'´´     _  :   ) l      
     `|llllllllノ、  ヽ、,´     i´ `  `,  ノ´      やっとこの時が来たのだぞ
    人    \ i´ヽ、      `,ヽ、_ノ ,´/
    /::`、     `ン  ン  ,,-←三、-´ノ、'ノ
 _,-/:::::::ヽ、     ヽ、 `、 `,ニ,‐--‐ヲ //l
''´:::`、:::::::::::::::ヽ、    `i 、_ヽヽ二二二ノ/ /
:::::::::::`、:::::::::::::::::::`ヽ、  `l `、     / ノl
:::::::::::::::::`、:::::::::::::::::::::`ヽ、ヽ `ヽ、_,/ノノ`、__
:::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::`ヽ、――´ノ:::::::::ノ::::::::::::`‐ヽ、_


                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/    だって…
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i      私は身分があるわけじゃないし
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ    京に上ったあとに、もし殿のお心を
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \   失ってしまったら…
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',
    / /   //i      } ljl[/: : i ,' /  /' ̄`l l ゙!ゝ》,.イ ̄ \ ヽ
494 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 23:12:05.29 ID:HGaiRBEo
自分は田舎者だと思ってたら、自分の故郷の方が都より遥かに都会でしたっていうオチww
495 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:12:28.89 ID:.tDLBIwo
「身分の低い」という自覚のある明石の上は、
上京して物笑いの種になりはせぬかと思い悩む。

      、___\、_,,.-:‐/:ヽ:-::‐-.、_
      `>-‐:´: ;: : ::|:: : : : : : : : :`ヽ、
      /:.;ィ´: :/: : : :|i: : :i:: : : : : : : :ハr=::、__
    //:: : : .:/: : : : :/||: :.:|:: : : : :ヽ、: :ハ:ノ:ヽ:}:\
    '" /: ::;': :/: :/,': :/ | |: ::|: : : :: : : :ヘ:::/:::::::.;〉::::;〉
      /: :/: :/: ;/-‐/ | ∨:|ヽ:ー-:: : : :ハヽ:/:|:/
    j:.:/|: ::j: :/__|:/_、 | ヽ:|,__∨: ::::ト、::|:: : |: :|
    |:/ |:.:::|:;ハチ弐ャ、   ォ弍マァ::::/、:`:|::: :|: :|
    ´ |:::::i':::ハ、Vzリ   {ィzリ,' ∨ノ:::.: : ;ノ:: :|
       |:/|: ::::::l、"   '     _゛r'jjjュ:|:: : :/:i:::.:|
      ´ |: :i::::| ,>:.、`.-r'´ ,r‐'",ノ: ;/|:::|::::.:|
          |: :|:::{´ |   r┴--‐{ /:.:/´}:!:::|::: :|
        |: :|/ヽ、 ヽ./| o   ,{./:;/'  |:::::|::: :|
         |::./"  ヽ、 }ー-‐''´゛〉,'   、{:::::|::: :|
         |:/ ,.-r‐-、_{、    ゛ヽ、;  |:i:::|::: :|


かといって、このまま明石に留まれば
娘(明石の姫君)も人並みに扱われぬ身となってしまう。
496 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 23:14:34.77 ID:YAFlpjw0
血筋自体は悪くないのに身分が低いとは、父親が官職についてないせいなのか、それともこの時代は居住地によって大きな隔たりがあるのか…。
居住地のせいだとしたら確かに明石の姫君がこのまま育つのはまずいよなあ。
父方じゃ皇族の血を引くというのに。
497 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:15:00.21 ID:.tDLBIwo

    rツミ礼;;;;;礼ミツr  
   〃;;;;ミ;;;;;ヽr';;;;;ミ;;;;゙ッ    
  〃;;;;ミミミ;;;ミミミ;;;;::::';';rヾ;ヽ         我が娘ながら、遠慮深い
  /ミ;;;;;;;;:::ミ::: :;;;;;;;;;;ノ ヽ、|、        
  |彡/ ヽi;i;i;i;i;i;i;ン     ヾヽ        だが、もはや考える時間は無い
  i彡V.    \   | /√_ i !|       
.  iミシ   ヽ、 \ しイ'rッ'゙'゙ K         
  N  /====X、 | =、_  lヽ__ 
  liヽ  、='‐'゙"_、 ; : :    ヽ/ ノ入゙'
   ゞヽ   /  _ : ) _、Y|/ノ ヽ
    ゙|ヽ_  ,  ,  ゙'‐-'゙ _ ノ| |F'゙  
    | ヽ'( '(゙,___r==シノ/ .l'   ノ
    fゝ ヽ \` ヽ==ツ  /  / 
    |`'―‐--→、_    ノ /  
  /|       ゙'―‐'「||_/ 


    rツミ礼;;;;;礼ミツr  
   〃;;;;ミ;;;;;ヽr';;;;;ミ;;;;゙ッ    
  〃;;;;ミミミ;;;ミミミ;;;;::::';';rヾ;ヽ         娘よ、よく聞きなさい
  /ミ;;;;;;;;:::ミ::: :;;;;;;;;;;ノ ヽ、|、        
  |彡/ ヽi;i;i;i;i;i;i;ン     ヾヽ        都に直接行くのがいやなら
  i彡V.    \   | /√_ i !|         大堰(おおい)に移りなさい
.  iミシ   ヽ、 \ しイ'rッ'゙'゙ K         
  N  /====X、 | =、_  lヽ__      そこに、私が所有する別宅がある
  liヽ  、='‐'゙"_、 ; : :    ヽ/ ノ入゙'     修理させたから不自由することはないだろう
   ゞヽ   /  _ : ) _、Y|/ノ ヽ
    ゙|ヽ_  ,  ,  ゙'‐-'゙ _ ノ| |F'゙  
    | ヽ'( '(゙,___r==シノ/ .l'   ノ
    fゝ ヽ \` ヽ==ツ  /  / 
    |`'―‐--→、_    ノ /  
  /|       ゙'―‐'「||_/
498 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:17:27.68 ID:.tDLBIwo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   大堰(おおい)とは大堰川、
  ミ゙ ゚ -゚ノ    すなわち桂川流域のうち
  √¨l-゚]、   現在の京都・嵐山に近いあたりのことをいう
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)    
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
499 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:19:08.41 ID:.tDLBIwo
              ,
           , ィ//____
       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ
   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l    お父様…
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|
    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|     でも、お父様はどうするの?
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l ></ ト、 |: :l.:|

              _,____
ノ(          / ̄lllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lll(        ノ´llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lllllll)     ノ'lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
丗ヲ    /lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
llllノ    ノllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、ll|
llノ    ノlllllllllllllllllllllllllllll/´ ̄`ヽllllllllllllllllllllllllllノ `、ll|
/ ,   |llllllllllllllllll_,-'´ ̄  ヽ、 `ヽ、lllllllllllllノ .  Y   私はここに残る
|l   ,'´l`、lllllllllllノ   _,-‐、 ヽヽ `l.`―‐'フ   ,、|
llll`ヽ|llllllllll`、llノ´   ‐―、ヽ、 ヽ、 |   | / ノ,→   私とて、娘のお前と孫の姫君と
lllllllllllllllllllllllll`l     -、_ヽヽ、_`l 、 l  /ン_/    別れるのはつらい…
‐ 、lllllllllllllllllllll`l     `、`三ン、、ニ、´ノヽノ/フノ/    
     フlllllllll`l       _,-'´ `ヽ//-´   |     だが、私などよりも
     /llllllllllll|`ヽ、   ,'´´     _  :   ) l     源氏の君と、姫君のことだけを考えなさい
     `|llllllllノ、  ヽ、,´     i´ `  `,  ノ´
    人    \ i´ヽ、      `,ヽ、_ノ ,´/
    /::`、     `ン  ン  ,,-←三、-´ノ、'ノ
 _,-/:::::::ヽ、     ヽ、 `、 `,ニ,‐--‐ヲ //l
''´:::`、:::::::::::::::ヽ、    `i 、_ヽヽ二二二ノ/ /
:::::::::::`、:::::::::::::::::::`ヽ、  `l `、     / ノl
:::::::::::::::::`、:::::::::::::::::::::`ヽ、ヽ `ヽ、_,/ノノ`、__
:::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::`ヽ、――´ノ:::::::::ノ::::::::::::`‐ヽ、_


         ノ;;;ノ ゙'''‐- ;;;;;;;;;;;;;;;;;.. -''"ヽ;;;;i
         i;;;ノ     、     ,   ゝ;;l       私の夢ひとつで
        .|/ /ヽ、___i    ./_,..ノ\ i;|       お前と妻には苦労をかけてきた…
       ,'ヽ.´''こニ‐-、ヽ    /,-‐ニニ` |__     
       .|.ヽ| ゝ、 ○ ).`ヽ .ノ ( ○ .ノ  rヾi     だが、前世の深い縁で、姫君を得た
       (ゝ.|.   ゙''"´   { }  `゙'''"   |) ノ     これは運命なのだ
       ヽ \  ,.. - _ i i _  、_   ノ /      きっとお前は幸せになれる
        ト| :i´,..-‐'' ゝ(__)‐' 、..,、ヽ/|ノi      
        .i ゝ人ゝ   ,..、_,..、   _ノノ / i
        |   ヽ ヾ''‐--'''‐'''ー-''" 'ノ'   |
       _,.|    ゝ、 `''‐‐‐'´ ,.ノ´    .|_
.  ,ノシ''''´ ノ  i    \     ノ    i    |`iゝ=ヘ、 ,......
/ ./     '  ノ    ヽ`゙''''''''''´ノ    ヽ  .|`|`'''' `i`ヽヽと
500 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:21:16.76 ID:.tDLBIwo
こうして、説得された明石の上は
大堰川のほとりにある別宅へ移ることとなった。
源氏にもその旨を伝え、いよいよ明石を出発する。

壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|⌒ヽ'""'')_,..-'' ..., - " ". ;.. . . .. . . .. . . ..: . . .. . . .. 〜. . .. . . .. 〜. .  . . . .. . .
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|,.;i';.,,);';.,,) .: ; ".:: ..;:: ;. . .. 〜. . .. . . .. ..〜 . :. .. . . ..: . . 〜.. . . .. . . .. " ''.  .. . .
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| (,.;;';.,,)--'.。  ..: :,:". .. . ;. ;.. . . .. . . ..〜 . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .:.. . . .. . . .. . . .. . "".
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨレ(,.;;.,;';.,,) ! !..: : ,". .. .|ヽ . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .〜 .. . :. .. . . .. . . .. .〜 . :.. . . .. . . ..
壬i壬!゙/⌒ヽ_,..-'''" (,.;i;';.,,)。 : .", . .. .|__ヽ . .. . :. .. . . .. . . .. 〜. . :.. . . .. . .〜 .. . . :.. . . .. . . .. . . 〜.. . . .
====='  /⌒ヽ_,..-'''" 、、,.,. ト ::: : .",,..ヒニニァ .. . . 〜.. . . .. :. . .. . . .. . .〜 .. .:. .. . 〜. .. . . .. . .: .. . . .. . .〜 .
======='  lコ  i ノlヾ 〃lヾ 、、,.,。 :..:: .",,. .。. . . .. . . .. 〜:. . .. . . .. . . .. : . ..〜 . . .. . . .. . :. .. . . .. . . .. . . .. . . .
lコ lコ |:::|゙. lコ ノlヾ 〃lヾ | フノヾト::..: : : .",,. .. . . .. . . ..:. . .. . . .. . . .. :. . .. . . .. . . .. .:. .. . 〜. .. .:: . ::.. . . .. . . ..
lコ lコ |:::|゙. lコ 〃lヾ\}::::::|::::/  。 : :..: : : : : .",,. .. . . .. . 。. 〜:.. . . .. . . .. . . :.. . .〜 .. . . .. . . :.. . . .。. . . . . .. . .
ノlヾ 〃lヾ〃lヾ:゙|十-'''ノヽ | /  λ。  。..: : : : :。: :,,. .. . . .." .: 。.. 〜. . ..。 . . .. . .: .. . . 〜.. . . .. . . ..〜 .` . .. . .
:::|:::::::: : |:::::::::|::::::|::|:::::/  //〃lヾ 。λ ト。  。 : 1: 。: : ,,. .. . . .. `.: . .. . ." .. . . ..:. .。 . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .:: .
:::|::::::: : |:::::::::|::::::|::|:::/::.. // /   ト   λ ト..: : : 1: : : :": : ,, . .. . . .。. . .〜 .. . . `.. 〜. . .. . . .. . . .. . . .. . . ..
501 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:23:05.53 ID:.tDLBIwo
上京するのは、明石の上・姫君・明石の尼君。
そして女房たちが数人である。

                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》   お父さま、どうかお元気で…
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
502 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:24:58.71 ID:.tDLBIwo

    rツミ礼;;;;;礼ミツr  
   〃;;;;ミ;;;;;ヽr';;;;;ミ;;;;゙ッ    
  〃;;;;ミミミ;;;ミミミ;;;;::::';';rヾ;ヽ         私はもはや世を捨てた身だ
  /ミ;;;;;;;;:::ミ::: :;;;;;;;;;;ノ ヽ、|、        心配することはない
  |彡/ ヽi;i;i;i;i;i;i;ン     ヾヽ        
  i彡V.    \   | /√_ i !|         荼毘の煙となるまで
.  iミシ   ヽ、 \ しイ'rッ'゙'゙ K         ただお前たちの幸せを祈っていよう
  N  /====X、 | =、_  lヽ__ 
  liヽ  、='‐'゙"_、 ; : :    ヽ/ ノ入゙'
   ゞヽ   /  _ : ) _、Y|/ノ ヽ
    ゙|ヽ_  ,  ,  ゙'‐-'゙ _ ノ| |F'゙  
    | ヽ'( '(゙,___r==シノ/ .l'   ノ
    fゝ ヽ \` ヽ==ツ  /  / 
    |`'―‐--→、_    ノ /  
  /|       ゙'―‐'「||_/ 


             __,イ|__ ... .ィ  ヽソ
         , :<´ : : : |: : : : :ー<..
       /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
     __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
    f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
    ∨  ,イ: : :{ :/  j/     V | : : ∨   お父…さま…
     ヽ、{∧ 圷旡≧/ / /≦乏ア:| ト、:ハ
      |:ヽ}ヘ:/ |  |/ / / / | | W |:「ヽ}
      |: :|:`ー.、|  | , -- 、 | | {ム/:{
      |: :|: : :|:|> 、ー'⌒ー'_. イ: : |: :|
      |: :|: : :|:|  ,.≦厂 「x  |: : :|: :|
      | : ', : :',|/  {___7`ーl: : :|: :|
      |: : :', : :|   |  .′ |: : :|: :|
      | : : :',: :', 、  '. /   :| : :′:!
503 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 23:25:04.17 ID:Pik3Yz6o
初心者で悪いんだけど、パー速は支援しなくても大丈夫なん?
504 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:27:05.75 ID:.tDLBIwo

        ■■■■■■■■■■■
     ■■■    ■■    ■■■■
    ■                   ■      こらこら
     l                       ■      めでたい門出なのだぞ
    .|    ●                |      
     l  , U           ●     l       泣いてはいかぬぞ…
    ` 、      (_人__丿   U、、、   /●      
      `ー 、__               / ●
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´ ▼



       ,  --‐‐‐‐----|ヽ、__
.    ,_ .'"---: : :´: : : : : : : :!: : : : : `丶、
   ´ /: : : : : : |: : : : : : :/.|: |: : : :|: : : : :ヽ
   /: : :/: : : : |: : :/: : / |: |: : : :|: : :ヽ: : :ヽ
  /: ://: : :/: : : |: :/ レ:/  .!: !ヽ: ::|: : : ヽ: : : ',
. // / : : !: : : :/!‐'" !/  .|: |` 、__!: : : :ヽ: : : }
.   /: : : :|: : :/ .|/ . /   |: | .ヽ: |ヽ: : : |::|:: :|
   |: : : :/!: :/ ヤテニ_ .   ∨ ヽ| ヽ:: : !/: :,'    ふふ、一番悲しそうな顔して
   |: :: / .!:/: ',ヽl:::ヒl    ィfテミ_,'〉:: :!: :,.'
   |: :/<リ: : :', `'' ´     l:{:ヒ:}/ /::ヽ:|/:〈
.   リ  |:ヽ: ト'      '    `'' ´/: : :〉l ): ヽ
        |, -ヽゝ、  丶つ   //:/: ´:: !ヽ!
        l/'"lヘ> - -  ' " |/ヽ/ヽ|
          ___, --┘  └ /\/
        , '"  〈 / ``  - |`〉` - 、
      |   〈 |---------l 〉.    ',
       |  |l 〈 |    -‐ / 〉    .|
505 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:28:42.26 ID:.tDLBIwo
              _,____
ノ(          / ̄lllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lll(        ノ´llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lllllll)     ノ'lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
丗ヲ    /lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
llllノ    ノllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、ll|
llノ    ノlllllllllllllllllllllllllllll/´ ̄`ヽllllllllllllllllllllllllllノ `、ll|
/ ,   |llllllllllllllllll_,-'´ ̄  ヽ、 `ヽ、lllllllllllllノ .  Y
|l   ,'´l`、lllllllllllノ   _,-‐、 ヽヽ `l.`―‐'フ   ,、|
llll`ヽ|llllllllll`、llノ´   ‐―、ヽ、 ヽ、 |   | / ノ,→
lllllllllllllllllllllllll`l     -、_ヽヽ、_`l 、 l  /ン_/    行く先を遥かに祈るわかれ路に
‐ 、lllllllllllllllllllll`l     `、`三ン、、ニ、´ノヽノ/フノ/      たえぬは老いの涙なりけり
     フlllllllll`l       _,-'´ `ヽ//-´   |
     /llllllllllll|`ヽ、   ,'´´     _  :   ) l     (姫君の遠い行く末を祈る別れにあたり
     `|llllllllノ、  ヽ、,´     i´ `  `,  ノ´       堪え切れずに零れるのは我が老いの涙なのだ)
    人    \ i´ヽ、      `,ヽ、_ノ ,´/
    /::`、     `ン  ン  ,,-←三、-´ノ、'ノ
 _,-/:::::::ヽ、     ヽ、 `、 `,ニ,‐--‐ヲ //l
''´:::`、:::::::::::::::ヽ、    `i 、_ヽヽ二二二ノ/ /
:::::::::::`、:::::::::::::::::::`ヽ、  `l `、     / ノl
:::::::::::::::::`、:::::::::::::::::::::`ヽ、ヽ `ヽ、_,/ノノ`、__
:::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::`ヽ、――´ノ:::::::::ノ::::::::::::`‐ヽ、_


          -------|ヽ-- 、_
    _'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶、
 ―'" / : : : : : :|: : : : |: : :|: : : : |: : : : : ヽ
.   / : : : : : : :: :|: : : /|: : :|: : : : |: : : : |:|: :',
. /: : : : : : :: :: : : !: ::/ !  .!: : : : !: : : : :|:|:: :',
. /: /|: : : |: ---.|-/  |  .|ヽ------: : |:|: : ',
//  |: : : |: : / |/  .!  .! ヽ: :|ヽ: : : :|:|: : :|   もろともに都は出でき このたびや
    . |: : /|: /  .|   !  .!  ヽ::| ヽ: : :|:|: : |    ひとり野中の道にまどはん
    .!: /: !/不示テミ .!  .! ィチ示不: : :|:|:: :|
    .!/: : !:', マ;;{;;;;l;l      l;;ヒ;};;/ヽ: :|:: :: :!  (あなたと一緒に都を出てきたのに
   /!: :/ !: ', ` '' ´      ` '' ´ /ヽ::|)|ヽl    今度の旅はただ一人……
  //ヽヽ!ヽ',       '      //ノ: :!        きっと野中の道で途方に暮れるでしょう)
     |/ヽ: :丶、    ー'    ノ |∨ヽ/
          ヽ∧∧> 、l^l , </|/
       ____ノ. | .|_ !、____
     /;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ  | .| |  /  .|;;;;;;;;;;`ヽ
      |;;;;;;;;;;;;;;;;|‐-ヽ .ノ ' ̄l, --‐‐|;;;;;;;;;;;;;;;|
     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ|  、二l   /;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   | ┌‐`l . /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
506 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:30:28.20 ID:.tDLBIwo

                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》   いきてまた あひ見むことをいつとてか
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/    限りも知らぬ世をば頼まむ
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i  
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ    (お別れすればまた生きて会うのはいつのことか
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ     その定めもわからぬ世を頼りにするのでしょうか)
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ

こうして親子は別れ、明石の上は京へと上っていった。
507 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:31:26.96 ID:.tDLBIwo
◆山城国、大堰川のほとり

       ,";'.:.:;”:;,`:;,':,”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;
       .::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`:
       ..:;,`ヽ|/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";'/.:.:;”
       .:;.:'";|'ノ.:.:;”:;,`:;:i;|.':,”ソ::.:゙,:;、,". : .: . :.lニ|: . . : . : . :
      ,,`:;\i;|i;/:,:;.,:;.::i;i;/'.:.:;”:;,`:;,': :. . :. .[]n「「 .|ニ .:__... -
    "".:::;.:".:i;i|.:';'.:.:;”:|:i|.;,`:;,':,”:"゙:.:゙;'_   __.:.__,,,,-‐‐ ゛ .: :. .: . :.
     ".:;,`:;,i;;i|;'.:.:;”:;:i;i|.,/`:;,':,”;”:;,`:;,  -ニ二_ :.: .:. .:. :. : . .:
     ,,.:;'.:.:|iii|;”:;,`:;,'|i;i|.:,”//:;.:'"゙:.: "'‐..._―、_^ー-‐‐、___  ;::. :. : .
     .:; .:ヾ'|;|'ノ.:.:;”:i;i|i:;,/`:;,':,”::. ;:   -  _ヽ.   ̄^~^^ー―ニ___..._
     .::; .:".:i;i|.:';'.:.:;:i;i||”:;,`:;,':,”:"゙:::-_  =- -ヽ.  :::li::.:. .:l
      .:`:;,i;;i|;'.:.:;”|:i;i|.:;l:;.;"~‐     -  ̄,λ`ー-、..__  : .: . : .:
   "   ;'.:.:|iii|;”" :i;i|.|i;,`::;;"::::  =―  _,,-'″`ヽ...: .: .: "`ー、__
     " ;;:;i|,i;;ii:i;;i:i,`:;;,`:;,':,__      ,,‐'"~:..: .: .:.. ,;`-,:: ;: ;: : ; :; ::.:..:.: ̄
   ._,,,.,,,,-‐'"~ ―=−   .    ,,‐'"  :.:. :. :. :; :;::. :. `ー-,.__. :. :..: .: .
      ニ ―  =―  _  ,,'   "..: .: .:. :. :. : .. :.: .: . :. : : .:."`ー-, . :
   ―  --― _   ̄-  ;;"  .: .:. .: . :. .:.:. : .: . :. : .: . . . :. : .: .: .: .: .
508 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:32:58.33 ID:.tDLBIwo
明石の上らが大堰に移って数日…
源氏の大臣は、桂に用事があると口実を作り、大堰の別宅に赴いた。

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     明石の上!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


             ,..-──v'⌒ヽ
          _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
    .     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
        〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
        ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
.          〉-r(|:.:./ `ト{:r「  イテチ:.:|:.ト:.:|
         |:.:.:|:.|:/,  ´ ̄   ヒ!ノ∧,|'「リ   源氏の君…!
         |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
         |:.:.:ト、,.--、_ハ`‐r=ニ--、|:.:|
         |:.:.:!/  /-ョロ'ヲ´   i l |
         |:.:.〈   ,ハフ'兀「     ! }:|
         |:.:.:l.ヽ,   ト{‐lハ ヽ ' ノ l
         |:.:.:|:〈 ,  !{ソ  ヽl/|、:|           ,r-、
         |:.:.:|:.l`ヽ  V     j _ノ ,スヘ_ノ7--‐イ∧〈
         |:.:.:|:.l.:.: { /     ,ハ、  _//く 〈 ___ r'九〈ハ.}
.           |:.:.:l:.l.:.:.:レ'    ' ,ハヘニイヽ_厂 、ノソト}〈V´
           !:.: l:.l:ノ‐- 、'  {∧ トヘ_「    {Y: :仔 之_
           ゞ:.〈l ̄>-、_ 丶レ^ヽ厂`    上l_:/Z/ソ‐′
        r个y'⌒ll_,/‐、;_,、ト、__ト、  ` ー/「>,、 └トf‐′
      {_Y^lヽ、,ど , ,  〈__j,ハ、) 、_イソ´`ヽヘ、ノ、lフ
509 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 23:33:28.93 ID:B6XWM0Yo
>>503
問題ない。
ただ、wwktkすればよいのだよ。
510 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:34:24.26 ID:.tDLBIwo
      、___\、_,,.-:‐/:ヽ:-::‐-.、_
      `>-‐:´: ;: : ::|:: : : : : : : : :`ヽ、
      /:.;ィ´: :/: : : :|i: : :i:: : : : : : : :ハr=::、__
    //:: : : .:/: : : : :/||: :.:|:: : : : :ヽ、: :ハ:ノ:ヽ:}:\
    '" /: ::;': :/: :/,': :/ | |: ::|: : : :: : : :ヘ:::/:::::::.;〉::::;〉
      /: :/: :/: ;/-‐/ | ∨:|ヽ:ー-:: : : :ハヽ:/:|:/
    j:.:/|: ::j: :/__|:/_、 | ヽ:|,__∨: ::::ト、::|:: : |: :|
    |:/ |:.:::|:;ハチ弐ャ、   ォ弍マァ::::/、:`:|::: :|: :|    あんまり遅いから
    ´ |:::::i':::ハ、Vzリ   {ィzリ,' ∨ノ:::.: : ;ノ:: :|
       |:/|: ::::::l、"   '     _゛r'jjjュ:|:: : :/:i:::.:|    もう来てくれないのかと…
      ´ |: :i::::| ,>:.、`.-r'´ ,r‐'",ノ: ;/|:::|::::.:|
          |: :|:::{´ |   r┴--‐{ /:.:/´}:!:::|::: :|
        |: :|/ヽ、 ヽ./| o   ,{./:;/'  |:::::|::: :|
         |::./"  ヽ、 }ー-‐''´゛〉,'   、{:::::|::: :|
         |:/ ,.-r‐-、_{、    ゛ヽ、;  |:i:::|::: :|


          ____
       / ノ  \\     ごめんお、すぐにでも来たかったんだけど…
      / (●)  (●)\    色々あるから、遅くなってしまったお
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
511 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:36:11.28 ID:.tDLBIwo
             _____
           /         \
          /            \      でも…会えて嬉しいお
        /   -一'     ゙ー-   \
         /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \  
     /    (   ● l    l ●   )    \
     |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
     |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
      \       `ー ─'^ー 一'       /
       \        ー一        /
       /                 \
      /                     ヽ


        ,  ´      / ,」         \
      /     /   / / !         ヽ.   ___
      /. '´   // /  / / |',  八    l    V´::: :: :l|
    ////  /   厶ィ'/´/   ! V | 弌ト、_ l    }}ー:く ::リ
.   /´  /  , ,′ / /'|/   | Y  ヽ、 !   ∨::.::.:∨
     /  / i  / /  |,′  l  `{   \j   ∧::.::.:: |
     ,′/゙|/|  ,' ;f示テトy      ,r=ァラト、!   ,' |:.::.:;:ノ
     |/ l |  l ∧トr'「 j|       |トr'「 j} ∧ ,ハ |¨´|
     j/  l 从 |∧ Vトrノ}       以ィjソ  | /Y i:|:.,イ   うん…私も…
        l  ∧ト、」 ' ¨´  ,   `` ''   l / ,ノ リ/ l
        l  .:ヽ|.:八     、 ,      .イj√ : ::/: !
        |  :.:.:.:|.:l:.:.> 、     ,. < /  : ::/:.: |
        l :.:.:.:.:|:j|:.:.:.:.:.:|  }`¨ ´{    /  : .:/: :  |
        |  :.:.:.:|八:.:.:.:厶ィ'     ヽ、__ .′ : .:/l.:.:.  |
        l :.:.:.:.:l/ ̄//        l| /   : :/|:l:.:.:  |
        | : : :.:./  //>ー―‐<リ .′ .:.∧|:l:.:.:  |
        l : : ::,′ /厶,______//   / ∨:.:.:. |
         l : : .:i /        / /   /   }l:.:.:. j
512 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:37:34.36 ID:.tDLBIwo
               _, -‐─.-:r‐::-─:-.、_
            ,イ´: : : : : : :/:i、: : : : : : : :`ヽ、
           /: : : : : : : : :/|: ||∨::i: : : :、: :、::ヘ
             /: : /:/: :ィ'⌒ |:| | |: :|⌒ヽ:i:: :i:: :ハ
         /: : /: :/: : : :/  |:| | .|: |ヽ: : :|: : |: : : |
          |: :/: ::/: : : :/ ___ リ | |/ _\:|:: :|: : : :|   つもる話もあるでしょうが…
         |:/|:.:/: : : :マテ弐ォ  |  ァチ弍ヤ: |: : : :|
         '´|: ;|: : : :ハ 弋t:ク    弋t:ク ∨j:.: : :|    源氏の君、まずは姫君に
           |/::|: ::λ::ヽ__    ,     __ノ::;/ノ: :|    お会いください
            |: : :|:/:`:∧、'´   ー    フ:イ:: : : : :|
          ノ::ノ|:::::::/:::::::`> ┬ ォ‐<´:::::i:: : :/\|   もう3歳になります
           ̄  |/∨ヽ:/ヽ,:r‐ノ  ゝァ‐-、_ヽ::/       源氏の君がよい乳母を
              ,r-‐'´/ |一  ー|.  λ ̄`ヽ、    遣わしてくださったので
             /   ./  |      |   〉   ,  \   本当に良い子に育ちました
              / ヽ. > |>--<| <  /::::   \  
            j   }: \ |  {i|i} |  /  {ヽ、:::::    \
             }   |::  ヽ |  {i|i} | /  |   \:::.    \
              |   |::   `|  {i|i} |'    {    ヽ,.ィ'"    〉
              j   |:::    |  {i|i} {、   j    < r‐--、 ,/
               |    :|::::  /   {i|i}  ヽ   {     / /‐'´
                |    |:::  /   {i|i}   \ `ヽ.ノ ,ィ'´
               |    j:: ,,/~:: ̄ ~i:: ̄ ̄:λ`ヽ. \゛〉
               j___,} ̄ :::i   |::i    ハ::::::\  \
             ,ゝ  〉   ::::|   |:::|    ∧ ̄ `‐‐'´


::../.:::::::l.::::l::l:ll三三三三イ.::::::::::::::::::::/.:::::,イ.::::::l.::、:ヽ、
:/.:::::::::l.:::::l::l:ll三三エ//.::::::::::::::::::::ノ.:://!.:::::ハ.:::ヽ、ヽ
::::::::::::l.:::::::!:l::ヽ::>/.:::/.::::::::::::::::/-+ 、 j l.:::/:::l.:::::::::j 、ヽ
:::/.::::l.::::::::l::l::::::y.::::, .::::::::::::::,::イ.::/  Y、!:/.:::::!.:::::::::l ヽ l
/.::::::l.::::::::::y´7.:::::/,.::::::::::::://':/,、‐-、' j/.::::::::!ヽ::::::!  j|
:::::::::l.:::::::::f f.::::/l:l.::::::::/' /イ/ (`t=、 ノ.:::::::::::l1 ヽ::l   j
:::::::::l.:::::::::l、!.:,ヘ l.:::::/ / /  l /f:/ イl:l::l.::::::::!l  `j
:::::::::!l.:::::::、.::レ、_' .lイ:/     l/::/ /.:::/.l∧.::::::!l
::::::::l.:!.:::::::ヽ.:::!'  !レ.        ¨ /.:::/7 ! l.:::/ l   そうね…
:::::::l.::!.:::::::::ヽ.::ヽ    """     丶.// j l.:/ j    
::::::!.::::〉、::::::::ヽ.::ヽ、     rっ/l/    .レ ./    姫君、こちらにいらっしゃい
:::/.:::/.:::ヽ:::::::::::ヽ.ヽ` ー 、.__ / ./           
/.:::/.:::::::::::\:::::::::ヽヽ/::.l                
::::/,.. -――- 、、:::::::ヽヽ〃              
:/ y‐'´ ̄ ̄``‐、ゝ:::::::ヽ'、
:::/         ヽ::::::::f 1
513 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 23:38:44.36 ID:Pik3Yz6o
>>509
把握した。d
514 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:39:33.91 ID:.tDLBIwo
明石の上が呼ぶと、可愛らしい姫君がやってきた。

           r‐‐ 、  , ‐┐
              \  }_/ /
             , ´>ー<  `丶、
            /  / 小、 ヽ|  ヽ
           // / // | ト、  |   i
         ,′i / l/ ヽ   }Y   |   はーい、おかあさま!
           i /|,/●    ● |  l、. |
           |/| j⊃ 、_,、_, ⊂⊃/!ノ |
        /⌒ヽ l八   ゝ._)  ,j//⌒;
       \ /::::ヽV>,、 __, イァ/  /
          /:::::/   ヾ:::|三/::::{ヘ、__∧
          ` 'く     ヾ:∨::::/ヾ:::彡'


           _____
          /        \
        /           \       こ、この子が…
       /   ‐-、      ,.-‐   \    
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \    明石の姫君!
    /     ( (℃) l    l i℃) )    \
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |
.    \          ´ ̄ ̄`        /
      \                  /
       /                〈
515 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:41:05.66 ID:.tDLBIwo
      「`ヽ.__,/ ノ
   , -\__{__}__∠.
.   /     /ハ /  ヽ
  /  { /j// V ハ  ',   おじさま、だれ?
  | | ∨.ノ  `ヽ !i  ト、
  | l | ●   ● !i  !
  lハ Y⊃    ⊂从 ノ
    Yト--`^´ィ⌒Y
    ∧~\ー‐lノ  ノ

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     初めまして、姫君
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    あなたのお父様だお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
516 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 23:41:54.55 ID:jscgV1oo
かがみんだけでつかさが出てこないと思ったら、やっぱりここで出てきたかwwww
517 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/21(金) 23:42:31.12 ID:kwqIiBQo
明石と京都。今でこそ新快速一本で繋がるけど
平安時代では今生の別れと覚悟するのね。
それほどに遠いのかー
518 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:42:50.60 ID:.tDLBIwo
                  __
            < ̄ ヽ./ _`>
           , `¨¨´`¨´ `丶、
         /  / 小、 ヽl   ゛.
          // , // / | ト、  |    i   …おとうさま?
        ,′j /l/ ヽ   }Y  | |
         i /| ●   ● |  l、 |
         |/| j⊃ 、_,、_,⊂⊃イ ,' .′
            V/⌒l,、__,  イ j∧/
         /  / i.ミ/ / /ヽ
           {  !ヾ∨ / ヒ;__彡


           r‐‐ 、  , ‐┐
              \  }_/ /
             , ´>ー<  `丶、
            /  / 小、 ヽ|  ヽ
           // / // | ト、  |   i   !!
         ,′i / l/ ヽ   }Y   |
           i /|,/●    ● |  l、. |   おとうさま!
           |/| j⊃ 、_,、_, ⊂⊃/!ノ |
        /⌒ヽ l八   ゝ._)  ,j//⌒;
       \ /::::ヽV>,、 __, イァ/  /
          /:::::/   ヾ:::|三/::::{ヘ、__∧
          ` 'く     ヾ:∨::::/ヾ:::彡'

        ___
      /      \
   /          \    なんて可愛い子だお…!
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ
519 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:44:32.63 ID:.tDLBIwo
こうして、源氏らは再会を喜び合い、数日を過ごした。
形見の琴を鳴らし、あまりに名残惜しく、時間が経っていった。

                    ___                   ___
                 //⌒ヾ.、   ,ヘ_____    //⌒ヾ.、
                   //   , >`´ |: : `ヽ: : : : : : `ヽ、.//    ゞ,
                     // /,: : :. :.:. :.|: : : : : : :.:. :. ̄`ヽ《〈/`ヽ,//
                〈《//:. :.: : : : :.ト、:. :. :.: :. :.:.:. :.\: \ヽ: : : く
                //: : : : : : : : i:.| \: : : :\: : :. :.\:.:\i: : : ヽ
                  //: : : : : :i:.: : :.∧{   \___\:. : : :.\: :\: : : ',
              /'i : : : : : : | : r十、i!    '´`ヽ、`'.\:.: : : :\i`ヽ: : i
               |: : : : :| : |: : : l          . ィ=≠ァト、: : : : \j:. :.|
               |:.:.ト、:∧ハ: : {气テ、    f'´V爪__/∧jiFト、 : : }: : |
               |:.:.| ヘト、ヽハ: ハ、 Vi'}    ヽ 辷ッ/ {::(i_l::|_ノ\j:.:.:.|
               |:.:.|  ヾ、: jハiハ`‐´ ,    ̄;;;;; 〉-イ¨:/: : : :|:.:|
               |:.:.|   `i\ヾ人'''   _    . イ  /::,イ:. :. ::.:|:.:|
                   Y     l: : : :》vっ≧‐ ┐'´_ノ}, /: / |: : : :.:.|::.|
                          |: : : i|ヽ, -‐/ ハ ̄   i/: / .i:.: :. :. |:.:|
                          |:.|: :.i|/  ./,イ__入  .〃 /`ヽ.!:.:. :. :.|.:.|
       ____             |:.|: :.ll /ij/´/  \,イ' :/   ',.: : : : |:..|
     ,. ´:::::::::::::::`ヽ           |:.|: /''´ /: :/___ /.:./   01 l: : : : |:.:|
    /7i、:::::::::::::::::::::::::\       |:.i/{  /: : :/ `ー´ i : :i     |: :. :.:.|.:.|
     i::{」 V´:::::::::::::::::::::::::\     〉':7-/:.:.:./     |.:.:.| il     |:. :.:. :|:.:|
     |::::| ト》、::::::::::::::::::::::::::::',    /::::/ /: : :/ `ー-''’{: : |ノレ'⌒ロ,ト:.: :.:.il.:.|
     |::::| |i::::}:::::::::::::::::::::::: :: ト、 /::::/ /: : :/       |:il:.| |::::: :¨:::::|: : :.|l: |
    ヽ.| |::::il::::::::::::::::/ ::::: | ::Yヽ/ /: :.:./       /lハ:.| | :::::::::::: |.: : :|l :|
       | l___|_ , <:::::::::::::::::::::/ /:. :.:/    _, イ | || | :::::::::::: | : : l }:.l


                    _____
                  /         \
                 /            \
               /   -一'     ゙ー-   \
                  /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
            /    (   ● l    l ●   )    \
            |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
            |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
             \       `ー ─'^ー 一'       /
              \        ー一        /
              /                 \
             /                     ヽ
              |                         |
             |    i                   i    |
520 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:45:51.00 ID:.tDLBIwo
◆数日後、平安京、二条院

  _ ,,..._      x                、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'     ×       . . ゜ `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ              ×    ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙   .゜× _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::
521 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:47:56.11 ID:.tDLBIwo
           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|   お帰りなさいですぅ
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l   …ずいぶん、ゆっくり
              |、ヽ.:.:ヽィi圷ミ    ィi圷ヾ.:.:.:|::.::l   なさってたですね
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
          /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ
.         /.:/: : : \: : }  |.  ̄/ \ヾ) \ |  L、 : : : : : :}.:.:.:.:.:\
         / .:.{ :\: : :.}: : ! ト、/   ヽ }〈//  ヾ一'|/:-ー' : : :/.:.:.:.:.:.::. ヽ
          / .:.:.:.ヽ: :ヽ,: : :r十く/ゝ ,.メノv ヽ入  <\_ : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',
         / .:.:.:f\_〉.: : : :/  ヽ/ ̄Zソ |人| ( >_「´ヽノ  } : :〈,.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
       / .:.:.:.:.:} |>二ニ/    ゝー厶 |∨| 〉 \一'   Y二、 ̄〉.:.:.:.:.:.: |
     / .:.:.:.:.:.ヾ/: : : イ      ノ_ノ |ハ| (__,、_}      |ヽ:ト\.:.:.:.:.:.:.:.:|
     ヽ, .:.:.:./: :/ |    /`ゝ-勹 /ヽ------\    |:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    あー…
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |  急に友達がたくさん訪ねてきて
     \ u.` ⌒´       /   引きとめられてしまったんだお
    ノ            \
  /´               ヽ
522 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:49:22.25 ID:.tDLBIwo
             ,.'"´    ̄ ̄``ヽ、
              / ,. -‐ ーー --‐- 、 `丶、
          / /           `ヽ   \
           〈 ム. '"´ ⌒⌒ ``ヽ    \  \
          V/   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ヽ  \
          〃.::.::!.l::!.:..:.:.:.;.::/.://.::l:::::::::.`、   ヽ  ヘ
           〃.:::l:::l::|:|::l:::::/:/:://:::ハ.:;.:.:::::.`,   V.:l:l`
         ./:::;:::::l:::l::|:|::l::/:/ //::::/ l:|:l:::::!::!::{!   !:::l:|
        l::l::l:::::|:十ナl:< /::∠_ 」トト、:l::l:::{!   !:::l:|
         |::l::l:::::|:|:|yテ〒ミ/::/´,t==ミ、:ト、::{!   !::::l:!  (本当に…お友達だったですか?)
         |::ト:ト、:|:|:| f辷ソ   _f辷シノl:l::l:::{!   !::::l:|
         ``Vハ1:ト、, , , 、    , , , , l::://{!   !:::l::!
           i `ヽ小、   _       ノ//.::{! i .j!:::l::|
           | ‐米 f{:.>.、  `   ,. イレハ.::::{! 米j!::::l::!
          ,/|    ,f{::l::l::>==<__ ノ⌒ヽ:::〉 !〈:::::l::|
        / .!   ! ,fレ'/``V,ィ介入      〈   〉:::l::|
          /  ! ‐米,f{ソ  //ノハ `ヽ     〉米〈フ⌒フ
       / ,.イ!   ! .{′ 〈_,イノ}  iト、__」   〈  !〈ノr'.::::.`ヽ
      ./ /.:::lL_ _」   / ,}  ji!      〉  !:::::::::::::::::ヽ
     / /.:.:::::) ,1 ソ   / ,}  jii!      L_」:::::::::::::::::::::
     ./ 〈.:.:.::::( ,1 ソ   /  ,}  jii!     { 1〈.::::::::/:::::::::::::::


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \   …………。
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ
523 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:50:42.47 ID:.tDLBIwo
         ____
       /      \
      / ─    ─ \     …紫の上
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   相談…というか
     \    ` ⌒´    ,/    お願いがあるんだお
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


        ,    _.. -‐…‐-   _
.       (  , '´ , -―     、`ヽ、
         × _∠ニ -―‐  、 \  \
        く /. : : : : :; : : : ; : : : :\   ヽ、 \
       /: : : :// : : :;イ: : : : : : :丶  \ \
.     ,: : /: ::, '::;イ /: / /:::/ハ : : : : : ヽ  {   \
    /: :/: ::////  /: /  !|: : : : : : :.  ヽ   \
     {: /: : ,'´//  / , ′ !| i: : : : : :} ┼ } j _,ノ
     j/{: : :l://  ̄  /  ヽ、|l ト、 : : : ハ   | 厂
      八: : {/ x‐‐ 、     」≧ーi: ::,′{  レ{
        〉. :ヽ/{:::::リ      ´{::::::jヽj::/:} {十{ : !   …?
      ハヽ: {xx~´   .     ー' ノイ:/( }  } : l
.         从八             Xx //: : ){]ノl : l
        / /{ヽ \   っ     //: : /f′ j l :‖
.       / /ハ Xヽ > .. __   イ: メ、: {{ j×ノ l : l !
     / // ハ /   ,ィ个x、      \}j {: l : l :!
.    / //ノ /   〃 ∧  \     ヽ+} l : l :l
524 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:51:52.56 ID:.tDLBIwo
         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \     明石の御方に
     /   (__人__)     \    やる夫の姫が生まれたのは
      |    ` ⌒´      |    もう知ってるお?
      \           /
        /         \     だけど、母親の身分のこともあって
       |   ・    ・     )    このままでは哀れな境遇になってしまうお
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

           ____
         /      \
        /  ─    ─\     だから…紫の上に
      /    (●)  (●) \    育ててもらいたいんだお
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


                 /   rク      , --=====ミ \
                /    ィ7     ≠″        `¬\
            ,. '     〃   /   /           \
         ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
         \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛
          \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
           \/  V{{  |   −/―--<.  / イ / /       |
               /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |
           /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//
           , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/
         /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′
       /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /    ……!
      /       // {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//
    /        //   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}
   /     r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽh__   |   |{{     ヾ!
 /       |_し-.\〔_r┐ ∧∨_/介ー、\ r┐ヘ |{{   __}}__
'       / / _仁\〔__ |  ヽ / 乃ヘ \\弋!ィ  ̄ ̄  ____ヽ
      /|    ヽーミ `ヽ〔_ ヾ  ∨ | | )ハ ヽ/      /      \
     / |    / ̄> 、 `ー- ⊥ | |(   / /⌒ヽ /         \
525 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:53:40.19 ID:.tDLBIwo
子供の養育を任されることは、妻として大きく信頼されているあかし。
紫の上は、嫉妬と母性本能、そして喜びの混ざった心持ちであった。

        /    rー‐く ̄ ̄ ̄ゝ-、
      /    ノ  ― ヽ ̄___ヽ\_
    /    /ヽ / _ァー'  ̄/   ⌒\_ヽ
  / ::: :  r'  〆 ソ    /        i \
/  ::: : .::::/   /    /      /     i  ヽ
ー=ニニ>:::/ v/, /::    /      ./   / / i.   `,
    |V "ァ‐/:::    /:     .:/ .:/イ ./:  i::   i l
    .l ::) i |::::   i /::......:::::::/ ::/ / /: //:i:: i i: l
    l :(   |:::: :i :i L フニニ=ー‐‐''フ// / ハ:i: :i i i|
   l :ノ 、i , l::::: i | :| ヽーr‐‐=マ ´ / / >く. |: i: i リ
   .l i:)ト‐ ‐ ヽ::::. i l :l   にんソ  ///ハュ、_> / ノ
   l i i(  小  ヽ:::::i l ヽ ハヾ.ー' / " ノ,にア/:/:/
  l i i )     へ::ヘ    〃      i.  ̄{//|
  l :i i.(     ハ \.__         "  イi  l   まったく…あなたって人は…
 l :i i .).ヽi ィ )::| \      =‐'  // i:  l
. l :i .:i .:( 小  (::」   ` ‐ 、_   _, イ  イ::  i:  l
.l i ::i ::::}    ハ|   _. - 亠 く / ハ .ノ::i:::.  i:. l
l:i :::i .::::/    }へ>く _     /  ./::::::::i::  i: l
i .::::レイ  /  /  /〉‐〈  \  .{ ノ `ヽへ _ i:. l
 广| V ‐ ‐ } / /U.ハ   \/ }  [ ^ /  J ハ: l
::ノュ | (  小 } / /人 | い   ./ ハ  r┘.l  |  l:. i |
:L | .{    } ./ | ( | (| ヽ、/ノ ハ  ] l く  .|: i l
..r レ  i  .} /  | ..)| r|   |ハ  i〈  l ノ   |: i |
526 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:55:06.06 ID:.tDLBIwo
         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l    そんな大事なことを考えてたなら
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!    どーしてもっと早くに相談しないですか!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l


                    ___
               , 二¨-―-- 、`丶、
               /_ ..-――-.. 、十ヽ\
            //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
               〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
           l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \   まかせてくださると言うなら…
.           ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /    紫はちゃんとお世話するですぅ!
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/
           ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔       だって、ずーっと子供が欲しかったんですぅ!
           /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i
            l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |    どーんとまかせやがれですぅ!
           // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |
             //  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、
.        //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉
     , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹
   /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人
   ヽ冫< /   {: : :Y〈__ //〃 ,' / 7ヽ ,仆、: : :|| : :`¨¨´: :冫、
    \/   rヘ :`ヾ//__/> //V/ /」 ハ: : l|: :丶: : : ,': ヽヽ
            /::/^ヽ_/厶>rく/ /l丶/ハ/;'/`ヽj| : : `、 /: : : :} ト、
        /::.:|/{/    Y^厶-z_ノ;';';';'∧::.::.:\: : : : : : : : j ハ:ヽ
        //:::,': :〃    {V  `ー<;';';';'/::.:ヽ::.::.:::ヽ、: : : : : {〈 `、ヽ
     〃:::,':::/: :/乃ヘ、 ({人 、`丶、)';'ヘ::.::.::.:、::.、.::.::\: : : rヘヽ l:::|
527 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/21(金) 23:55:37.39 ID:JeHCW1M0
普通は拒否されるけどそういう考えもあるか
528 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:56:45.64 ID:.tDLBIwo
            _____
          / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
         /        ∪     \      ||  ||
       / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
      /  (   ● l    l ●   )  \
    /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \
    |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |   ほ、本当かお!?
    |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |   いいのかお?
     \          |/⌒i⌒、|         /
      \       !、__,!    U  /
      /       、____,,      \
     /                        ヽ
      |  、                 ,   |


            r ―――――-- 、
        ,ィ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽヽ、
       //__, ィ―――、――、   \ヽ、
     ∠_/´7 : : : : ィ´ : : : : : : :ハ`ヽ、  \ \
     / : : / : : / : : // : : /: :! :ヽ :\  ヽ \
      /: : //: : / : : /: :/: : : ノ: : |: : !ヽ: : ヽ ヽ  ヽ
    /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ
    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ!
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ!
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!   まっかせろですぅ!
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|   
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !   いまはどれ位なんでしょーね?
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|   きっとお可愛らしい姫君ですぅ
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!
 /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|
/ : : /  /\  /==Y〈`-"⌒ヽ<  / : : : |: : : : :ヽ
529 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:58:14.76 ID:.tDLBIwo
紫の上の了承を得た源氏の君は、さっそく大堰へと向かった。

       ,";'.:.:;”:;,`:;,':,”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;
       .::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`:
       ..:;,`ヽ|/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";'/.:.:;”
       .:;.:'";|'ノ.:.:;”:;,`:;:i;|.':,”ソ::.:゙,:;、,". : .: . :.lニ|: . . : . : . :
      ,,`:;\i;|i;/:,:;.,:;.::i;i;/'.:.:;”:;,`:;,': :. . :. .[]n「「 .|ニ .:__... -
    "".:::;.:".:i;i|.:';'.:.:;”:|:i|.;,`:;,':,”:"゙:.:゙;'_   __.:.__,,,,-‐‐ ゛ .: :. .: . :.
     ".:;,`:;,i;;i|;'.:.:;”:;:i;i|.,/`:;,':,”;”:;,`:;,  -ニ二_ :.: .:. .:. :. : . .:
     ,,.:;'.:.:|iii|;”:;,`:;,'|i;i|.:,”//:;.:'"゙:.: "'‐..._―、_^ー-‐‐、___  ;::. :. : .
     .:; .:ヾ'|;|'ノ.:.:;”:i;i|i:;,/`:;,':,”::. ;:   -  _ヽ.   ̄^~^^ー―ニ___..._
     .::; .:".:i;i|.:';'.:.:;:i;i||”:;,`:;,':,”:"゙:::-_  =- -ヽ.  :::li::.:. .:l
      .:`:;,i;;i|;'.:.:;”|:i;i|.:;l:;.;"~‐     -  ̄,λ`ー-、..__  : .: . : .:
   "   ;'.:.:|iii|;”" :i;i|.|i;,`::;;"::::  =―  _,,-'″`ヽ...: .: .: "`ー、__
     " ;;:;i|,i;;ii:i;;i:i,`:;;,`:;,':,__      ,,‐'"~:..: .: .:.. ,;`-,:: ;: ;: : ; :; ::.:..:.: ̄
   ._,,,.,,,,-‐'"~ ―=−   .    ,,‐'"  :.:. :. :. :; :;::. :. `ー-,.__. :. :..: .: .
      ニ ―  =―  _  ,,'   "..: .: .:. :. :. : .. :.: .: . :. : : .:."`ー-, . :
   ―  --― _   ̄-  ;;"  .: .:. .: . :. .:.:. : .: . :. : .: . . . :. : .: .: .: .: .
530 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/21(金) 23:59:26.58 ID:.tDLBIwo
       ____
    /     \
   /  ─    ─\     
 /    (●) (●) \    せめて、二条の東院にでも
 |       (__人__)    |    移ってはくれないかお?
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


      、___\、_,,.-:‐/:ヽ:-::‐-.、_
      `>-‐:´: ;: : ::|:: : : : : : : : :`ヽ、
      /:.;ィ´: :/: : : :|i: : :i:: : : : : : : :ハr=::、__
    //:: : : .:/: : : : :/||: :.:|:: : : : :ヽ、: :ハ:ノ:ヽ:}:\
    '" /: ::;': :/: :/,': :/ | |: ::|: : : :: : : :ヘ:::/:::::::.;〉::::;〉
      /: :/: :/: ;/-‐/ | ∨:|ヽ:ー-:: : : :ハヽ:/:|:/
    j:.:/|: ::j: :/__|:/_、 | ヽ:|,__∨: ::::ト、::|:: : |: :|
    |:/ |:.:::|:;ハチ弐ャ、   ォ弍マァ::::/、:`:|::: :|: :|
    ´ |:::::i':::ハ、Vzリ   {ィzリ,' ∨ノ:::.: : ;ノ:: :|    それは…
       |:/|: ::::::l、"   '     _゛r'jjjュ:|:: : :/:i:::.:|
      ´ |: :i::::| ,>:.、`.-r'´ ,r‐'",ノ: ;/|:::|::::.:|
          |: :|:::{´ |   r┴--‐{ /:.:/´}:!:::|::: :|
        |: :|/ヽ、 ヽ./| o   ,{./:;/'  |:::::|::: :|
         |::./"  ヽ、 }ー-‐''´゛〉,'   、{:::::|::: :|
         |:/ ,.-r‐-、_{、    ゛ヽ、;  |:i:::|::: :|
531 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:00:56.84 ID:33wiKmIo
        ____
       /    \
.    /          \    移ってくれないのなら…
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |   姫君だけでも、
.  \    (__人__)  /   二条院へ移さないかお?
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


           _ ーーー
        ,>'´,: : ,: : : : : : : : :~> 、-'7     __
   _, -'_>'ヾ,,;;'~,/ ., : : : : : : ,: : : :.,: : /~`''''二-_<~
-''~:::,/ ::::::::::::〉'~: / : : : : : :/. . /M '' :': : : : : :~><
::,/:::::::::::::''/: :/.: : : : : ::/: : .イ: /|.i ,    '' ''大ー .`_.、
.゙!,:::::::::::::::,.': :/: : : : : ::/' : /./:/:;:;l | :|: : : . . .   `.、  `ヽ
, '、::::::::,',ン'/ : : : :::/:;/: /:;.//;:;:;:;|.:;:| |i : : : : .|: . .   V
Vレ〉.::::/ヘ;/: : : ;/:;:;:;/イ:;:;/';:;:;::;;:;:;|;:;:;| .|::|: : : : : |: ハ、 .|
 ./ .'、::::,/: : .,イ:;:;:;:;':;:;:;:;:;':;:;:;:;:;::;;:;:;,/::;:;:| .|;:;|: : : : .|: : : |.V: :|
../ : :::`'/: 、イ ''':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|/:;:;:| : : : |: : : :| |: :|
/: : ::::::;|:/.ソ' ,,  '''''''''''''''''''''''''':;:;:;:;:;:;:/;:;:;:.|: : : /: : : .|  |: |  え…ええっ!?
: : ::::::/,|'^`.-,、''.         ` ::;:;:;:;:;:;:;:;.|: : /./ : : |  |,'
: .:::::/|: ::::::::|::,乂    ,,,,,,_       ''':;:;:;./|: //;|: : /   '
.::::,//|:.: ::::::|.i/ \.  'ー- .,,_` 丶,   , ./ |/イ;;;|: :/
::::// |:.: ::::::|:i    ` ,、    ~`〜    ン'ノ,'- ~.|:./
::/  .|: : : :::||_,,,,/乙i  `ミ, ,,,,,,,., ,- イ~ i:~:.|   |/
'   .|: : : ::::|、;;;;;;;;;;|~   (\ // ,::::: :i i: i   .'
 ,/.|: : : : :|、.、;;;;;;;| ̄⌒\|;;;;x.'/./::::: :| | :|
/  |: : : : .|、ヽ 、;;;|    /;;;;;;;,゙|/::::: : :| |:.|
   |: : : : |;;ヽ.ヽ.、.|   /;;;;/イ :::: : / |:|
532 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 00:01:58.96 ID:nMdaGs.o
複雑よのう
533 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:02:35.90 ID:33wiKmIo
         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \    二条院の人が子供を見たがっているお
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |   袴着の儀式のことも考えないと
      \           /    いけないし…よく考えてほしいお
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ  ※袴着(はかまぎ)…幼児に初めて袴を着せる儀式


                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Y::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/   そ、それって姫君を
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '   紫の上さまにお渡しするということ!?
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |     
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │    
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│     
         {ヽ.__ム: : : {-ヘ ー ' {.:.:.:.:.:.>、   {       ',ヽ: : : : : |
        ヽ.ー―ヘ: : :|-/ヽ   〉ーく /ヽ  ヽ/⌒    | ',: : : : |
         }ー―ヘ : |/ ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :}  {        }ヽ.} : : : |
534 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/22(土) 00:04:10.89 ID:Yzdhpak0
のちの七五三である
535 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:04:16.01 ID:33wiKmIo
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (─)  (─)  \   …そうなるお
    |  U   (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


                           . へ
            /⌒`v-─ ¨ ̄ ̄ ̄  ‐-v'     \
      _____|_ .>ヘ            |      }  . -‐┐
      ` ─ァ     \           U    {. /   |
         /        l. \  \      !    V
.        / / |  ||\.\  \  , /    ヘ「}-1  |
       / l |  |! l   \ \-─く  \___ノ「ヽ.   /
.      / /| ハ.  ‐|-‐!'   \|\__\__ | |  l |__/
          / :! | |   || V__    =キ¨厂丁メ、 |、 l  | !
        l /  | ! |   リく丁`}.     ∨、__..| |∧ | }   l |
        /  ヘ | .   |} 弋ソ     `ー ' ' j/// .′!
           ヽ |\ハ、 """      """/` 7´/ / |  そんな…!
            |  |` t-  ≦` ´ |__. / / /   |
             |    !、  \. イノ  // / /|.  |   そんな、こと…
             |    | > ´ ∠、 //   /、|    |
             |.   ,!´   /  / /イ   /____\ |
             l  イj_   / / _  |  / . -‐ 丁  !
             |/ /  \.{/ /  }´|. /´      l   |
             / /   ヘ/7´1   / j/      l.  |
            ヘ〈    _.ゝ{`    }  /         〉 !
.             [_`7>′| | \__/  \,. -──-く|  |
536 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:06:20.38 ID:33wiKmIo
煩悶する明石の上。
そこに、彼女の母である明石の尼君が助言する。

          -------|ヽ-- 、_
    _'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶、
 ―'" / : : : : : :|: : : : |: : :|: : : : |: : : : : ヽ
.   / : : : : : : :: :|: : : /|: : :|: : : : |: : : : |:|: :',
. /: : : : : : :: :: : : !: ::/ !  .!: : : : !: : : : :|:|:: :',
. /: /|: : : |: ---.|-/  |  .|ヽ------: : |:|: : ',
//  |: : : |: : / |/  .!  .! ヽ: :|ヽ: : : :|:|: : :|   紫の上さまはお優しい御方と
    . |: : /|: /  .|   !  .!  ヽ::| ヽ: : :|:|: : |   聞いています
    .!: /: !/不示テミ .!  .! ィチ示不: : :|:|:: :|
    .!/: : !:', マ;;{;;;;l;l      l;;ヒ;};;/ヽ: :|:: :: :!   姫君のためにも
   /!: :/ !: ', ` '' ´      ` '' ´ /ヽ::|)|ヽl   ここは紫の上さまにおまかせなさい
  //ヽヽ!ヽ',       '      //ノ: :!
     |/ヽ: :丶、    ー'    ノ |∨ヽ/
          ヽ∧∧> 、l^l , </|/
       ____ノ. | .|_ !、____
     /;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ  | .| |  /  .|;;;;;;;;;;`ヽ
      |;;;;;;;;;;;;;;;;|‐-ヽ .ノ ' ̄l, --‐‐|;;;;;;;;;;;;;;;|
     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ|  、二l   /;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   | ┌‐`l . /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|


                   ヽ、
                 __\ヽr 、
                /: : ,: : : ̄: :|: :  ̄`  、
              /-‐7´: : : :/: イ!: l: :、: : : :、ヽ
                /. . /: :ィ_./ ! !、!、:ヘ. . . Y\_
                  / !: /: 7 l/ | ヽ|`ヾ-!: : l: i:::::〉`┐
                  /〈!:.:l: イコヤ!   卞弌ヶ: :ト |::人:::::l
               /イ ハ.:レi 辷ソ ,   せシ l: :l:.ト!':|!iヽノ
                 / l:/`l    _       r!/Y:::::|!:|
                  `ーi: ,'::\_   ` _ ..イー':〈_」!_」   お母様…
                    |l:!: : l/!イj ̄/ハ// : /:::::::|
               |l:!: : l「l l::〉'/  ,/: :./||:::::::|
                    lll:: :〃l. ∨ /! : .i ヽ!::::::|
               |l: :./ l / / .,' : :,'  l:::l:|
                |!: :.!   y /  ,': : ,'  / !::|:|
                  |': : }_/ ,'  i /i. / l:::|:|
              /|: : l::::::::{ ̄i ̄`!:,'::! /  !::|:|
537 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 00:08:12.84 ID:Jjbl16Qo
妾の子は、公的には正室の子供として扱うのが普通なんだっけ?
養育も、実母は関わらずに、正室が面倒見るのが当たり前とか。
538 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:08:31.84 ID:33wiKmIo
       ,  --‐‐‐‐----|ヽ、__
.    ,_ .'"---: : :´: : : : : : : :!: : : : : `丶、
   ´ /: : : : : : |: : : : : : :/.|: |: : : :|: : : : :ヽ
   /: : :/: : : : |: : :/: : / |: |: : : :|: : :ヽ: : :ヽ
  /: ://: : :/: : : |: :/ レ:/  .!: !ヽ: ::|: : : ヽ: : : ',
. // / : : !: : : :/!‐'" !/  .|: |` 、__!: : : :ヽ: : : }   母親の身分で子の行く末が決まる…
.   /: : : :|: : :/ .|/ . /   |: | .ヽ: |ヽ: : : |::|:: :|   それは、どうしようもないことです
   |: : : :/!: :/ ヤテニ_ .   ∨ ヽ| ヽ:: : !/: :,'
   |: :: / .!:/: ',ヽl:::ヒl    ィfテミ_,'〉:: :!: :,.'     源氏の君をご覧なさい
   |: :/<リ: : :', `'' ´     l:{:ヒ:}/ /::ヽ:|/:〈     人柄優れ帝の覚えめでたくとも
.   リ  |:ヽ: ト'      '    `'' ´/: : :〉l ): ヽ    お母上が更衣であったゆえ
        |, -ヽゝ、  丶つ   //:/: ´:: !ヽ!     源氏に降られたのです
        l/'"lヘ> - -  ' " |/ヽ/ヽ|
          ___, --┘  └ /\/           帝の皇子でもそうなのです
        , '"  〈 / ``  - |`〉` - 、         ましてあなたの子となれば…
      |   〈 |---------l 〉.    ',
       |  |l 〈 |    -‐ / 〉    .|
    | ̄ ̄ ̄` ` v ' ´ ̄ ̄ ̄`` 、/   |
    . |       l.l         | /  .|


                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i     …………。
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',
539 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 00:09:41.92 ID:J6Yml9oo
おれも紫の上のこどもになりたい…
540 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:10:53.73 ID:33wiKmIo

                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/   …殿のお言葉に従います
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ    どうか…紫の上さまに
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ    よろしくお伝えください
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> '


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \     ありがとう…
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |   よく、決断してくれたお…!
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ
541 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 00:11:44.70 ID:p3sjpoAo
かわいそうすぐる
542 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:13:14.54 ID:33wiKmIo
明石の上は、源氏と紫の上を信じ、姫君を手放すことを決意した。
そうと決まれば、双方で準備が始まった。

○‐-=、,,_         |                                  |
 |:.i:.i:.i:| ``''ーr=‐;、|                   __________________l_
 |:.i:.i:i |   l |i:i:|′|                    |lア⌒ヽl「 ̄ ̄`ll ̄丁 ̄ll ̄ ̄「||
 |:.!:i:.!:|  l   ! !i:|  |                    || ゞ.__ソ||‐┐fて||}三三{、||「「「「l ||
 |:.!:i:i:.|  l   |:.ii:|  |                    |l.∠__」L.⊥廴」l二二二l||」」」」」|
 | !:i:i| |  l:.ii|  |                    |「「「仄T|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
 | !:!i:.l   !  l:.ii|  |                    ||」」辷j」||        _   |
 |:i:ii:.l   l   l:.!|  l芹>             ||「「「「「「||         [__,ノ\ |
 |:i:ii:.l    !   l:i|  ドレ'   _____________ ||l」」」」」,||_________ |__j
 j:ij:.:l   l   jフト、 |Π_____ |,.----、,.----、 | |l'TTTTl|_____ , ''⌒ヽ_┻__`、
ィ个i〈     !   l:i:|,/凵   ,.{____{_______,ノァ| ||⊥l⊥l,|| ̄ ̄|「 ̄{.     }| ̄ ̄||
 j:i:i:l`  |  |:i:l¨¨¨¨フ'ー―――――‐ァ' l| |l'ニニニニl|__|| r‐)  (|| ̄ ̄||
 |:i:i:l     !   |:l:|「, '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:|/j|_|| ⊂⊃ || ̄ ̄|| 「|l ̄丁l|| ̄ ̄||
 |:i:i |   l   |::ll ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:/ / :|l____l|__||.  ||    |||__||
 |:l l:.|    ! /¨゙|___________|' /    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   `   `  ̄ ̄´\
 |:|:.! l  ,. ''´    | | ⊂⊃ l:l ⊂⊃ ||/                           \
 |:|:.l:.|''´       |_|____j,|____________|_j                          \
,. '^''"´                                                ` 、


紫の上は二条院に姫君の部屋をしつらえ
明石の上は姫君や乳母に持たせるものを準備する。
そして……。
543 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 00:13:21.49 ID:J38ElBMo
確か明石入道って桐壺の更衣の父方の親戚筋なんだっけ?
そりゃ源氏の君の不遇もよく解ってるよな
544 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:15:23.09 ID:33wiKmIo
◆冬、山城国、大堰川のほとり


       ,";'.:.:;”:;,`:;,':,”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;
       .::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`:
       ..:;,`ヽ|/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";'/.:.:;”
       .:;.:'";|'ノ.:.:;”:;,`:;:i;|.':,”ソ::.:゙,:;、,". : .: . :.lニ|: . . : . : . :
      ,,`:;\i;|i;/:,:;.,:;.::i;i;/'.:.:;”:;,`:;,': :. . :. .[]n「「 .|ニ .:__... -
    "".:::;.:".:i;i|.:';'.:.:;”:|:i|.;,`:;,':,”:"゙:.:゙;'_   __.:.__,,,,-‐‐ ゛ .: :. .: . :.
     ".:;,`:;,i;;i|;'.:.:;”:;:i;i|.,/`:;,':,”;”:;,`:;,  -ニ二_ :.: .:. .:. :. : . .:
     ,,.:;'.:.:|iii|;”:;,`:;,'|i;i|.:,”//:;.:'"゙:.: "'‐..._―、_^ー-‐‐、___  ;::. :. : .
     .:; .:ヾ'|;|'ノ.:.:;”:i;i|i:;,/`:;,':,”::. ;:   -  _ヽ.   ̄^~^^ー―ニ___..._
     .::; .:".:i;i|.:';'.:.:;:i;i||”:;,`:;,':,”:"゙:::-_  =- -ヽ.  :::li::.:. .:l
      .:`:;,i;;i|;'.:.:;”|:i;i|.:;l:;.;"~‐     -  ̄,λ`ー-、..__  : .: . : .:
   "   ;'.:.:|iii|;”" :i;i|.|i;,`::;;"::::  =―  _,,-'″`ヽ...: .: .: "`ー、__
     " ;;:;i|,i;;ii:i;;i:i,`:;;,`:;,':,__      ,,‐'"~:..: .: .:.. ,;`-,:: ;: ;: : ; :; ::.:..:.: ̄
   ._,,,.,,,,-‐'"~ ―=−   .    ,,‐'"  :.:. :. :. :; :;::. :. `ー-,.__. :. :..: .: .
      ニ ―  =―  _  ,,'   "..: .: .:. :. :. : .. :.: .: . :. : : .:."`ー-, . :
   ―  --― _   ̄-  ;;"  .: .:. .: . :. .:.:. : .: . :. : .: . . . :. : .: .: .: .: .

その日は、寒い雪の日であった。
545 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:16:55.42 ID:33wiKmIo
                   _______
             _/:ヽ-‐':´: :: : : : : : : : ::`ヽ、
        -‐=ニ´: ::/:.:、: : : : : : ::、: : : : : : : : : : :ヘ、
          /: ::;イ:|: ::λ: : :i: : : :|:: ::/;;;`};;};`;ヽ::ハ
        /: ://: :j : :| ヘ‐、:|: : : :|::/;;;;;;;;;;/: : ~:|;;;〉:j
         l/ / ::::|: : :| ∨::|、: : :|::ヽ、;;;/: :: : : :|: ::リ
           j: ::::ヽ:: :| ___ヽ{ヘ: : :ト: : :|: : :::: : : :|::/
            |/ヘ:::',ヽ{ ャ;チヤ ヽ;: ::|ヘ: :|: : : : : : :|'   乳母、いままでありがとう
           ヽ::〉  |j:;ソ,  V::.{´ヽ{: : ::|:: : :|i
            〈   ゛    ∨_ノ: : :/:::|::: : |:|    姫をよろしくね…
               \-'      /: : ::/:::::j::: : :|::|
               ` ‐-‐ァャ/: : ::/::::;人:::: :|:.:|
                   /:::/: : :ノ,ィ´ ヽヘ:: |: :|
                     r'-/: ::;f´r===、  |::|: :|
                 i 〈: :;ノ〉´ ̄゛\ヽ |::!: :|
                  / /V /     | i |:: : :|
                   /イ  /       | | |:: : :|
       <.\__/.>   j } 〈        | | |:: : :|
         >==<   |_ソ  ,}      / ,| | |: : :|
       | i:: :: `| ,ィ'^}:|´⌒ノ     ///| L_|: : :|
       | i::.   | {  |:| 〃      /  /. ` ̄|: : :|


         ΛΛ 
        (*゚ー゚)   御方さま…
       ⊂  ⊃   どうかお元気で…
      〜(  ノ
       U"U
       乳母
546 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:18:23.03 ID:33wiKmIo
       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    明石の上…
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     車の準備ができたお
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

                      _______      _
                    /ヽ'´: : : : : : : : : : : : : `ヽ、/::\
      _  -―   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : ∧):::::::::\
       ̄ ̄ ̄ >― .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\彡/::::::く⌒ヽ::::\
       / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\!:::::::::::\.:.:ヽ:::::\
        / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:|.:.: ∧.:.:.: |、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::::::::::\.:`、::/
     / .:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:./.:.:.:.:./│.: | ヘー┼\-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::::::::}.:.:∨
  ∠.. ___/ .:.:.:.:.|.:.: ーl- | .:│ハ :.:|  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.: `、::_ノ.:.:.:.l
           / .:.:l:.:.: |.:.:.:.:.:.! ∧ .:| ! '..:.j  __,\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:. |
        / .:.:.:|.:.:. |.:.:.: /ト、__\!  ∨イうヘ ̄}i\.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.| .:.:.:.:.:.│
         / .:.:.:. |.:.:. |.:.: 小゙てヘ       ∨iハ    \.:.:.:.:|\.: |.:.:.:.:.:.:. |  (殿のお出で…
      / .:.:.:/|.:.:. |.:.∧!∧Vリ /// 弋::ソ      ヽ.:.:!イ ヽ|.:.:.:.:.:.:. |    いつもなら嬉しいのに…)
       厶:. '´ │.:.:.∨.: |.:ハ´  '          ∠⌒∨│.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
             | :/.:.:/:.:.∨:个  ,   `⌒     イ ノ こ-‐く .:.:.:.:.:. |.:.:.:.|
             |/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/.:.:./x-≧ ーr<}  /      ヽ .:.:.:│.:.:.|
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒Y^)  {_/ /        |:.:.:.:│.:.:.|
            /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/r⌒)) {_  /  ヽ/         │.:.:.: |.:.:.:.|
         /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/{ ⌒)'⌒ヽヾ   /      / ̄ ̄`Y7 :.:.: |.:.:.:.|
         /.:/.:.:.:.:.:.:.:/厶ヽフ    } /    /      V.:.:.:.:.│.:.:.|
       /.://.:.:.:.:.:.:. / {八 ヽ、  / ̄}  //      /.:.:.:.:.:.│.:.:.|
547 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:20:32.92 ID:33wiKmIo
牛車が整った。
車には、姫君と乳母、しかるべき女房だけが乗る。

           r‐‐ 、  , ‐┐
              \  }_/ /
             , ´>ー<  `丶、
            /  / 小、 ヽ|  ヽ
           // / // | ト、  |   i  おかあさま、早くー
         ,′i / l/ ヽ   }Y   |
           i /|,/●    ● |  l、. |
           |/| j⊃ 、_,、_, ⊂⊃/!ノ |
        /⌒ヽ l八   ゝ._)  ,j//⌒;
       \ /::::ヽV>,、 __, イァ/  /
          /:::::/   ヾ:::|三/::::{ヘ、__∧
          ` 'く     ヾ:∨::::/ヾ:::彡'


              \  r:、_
             -‐ : : ̄{ : : : : \_
        _r≦ァ'´: :/: : / ;'い: : : : : ヽ≧、_
        〈 ∨: :/: /: _/| :ハ : _\ : : :', / 〉
        ∨ ;イ: :│/ l/  ヽ:{\ヽ: :.l_/ ノ
.          |:/ | : 小テぇ.   ィテハl: : |oく   うん…行くわ
            / | : ∧ V:リ    V:リ ∧Nヽ│
.           |__/∨ト人.:::: t ┐ ::.:人イ_」」   あとからすぐ行くわ…!
           |: : :l: : :|ニ=ァrーr< /)|: :|: |    だから…いい子にしててね…
           |: : :|: : :|イ ヘ∨/(Y7'ヽ/: :|
           |: : :|: : :|ハ. ∨ ∧`^ 人:.ノ
           |: : :|: : :|  '、/ ′|\}}`ヽ
           | : ∧ : |  / /  | //   }
           l :/  : :|  / /  |V/  /
           |│ ヽ:|⌒{⌒}⌒八`\ 人
548 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/22(土) 00:21:22.95 ID:zWdnn1Y0
明石の姫君は…何も知らないんだね…
549 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 00:22:59.86 ID:vxbcL3A0
つ・・・つらい別れだね
550 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:23:02.71 ID:33wiKmIo
      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)     お母様とはまた会えるお
 /  U:::⌒(_人__)⌒ヽ   さあ、二条院へ行きましょう
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /


           r‐‐ 、  , ‐┐
              \  }_/ /
             , ´>ー<  `丶、
            /  / 小、 ヽ|  ヽ
           // / // | ト、  |   i
         ,′i / l/ ヽ   }Y   |   うん!
           i /|,/●    ● |  l、. |
           |/| j⊃ 、_,、_, ⊂⊃/!ノ |
        /⌒ヽ l八   ゝ._)  ,j//⌒;
       \ /::::ヽV>,、 __, イァ/  /
          /:::::/   ヾ:::|三/::::{ヘ、__∧
          ` 'く     ヾ:∨::::/ヾ:::彡'
551 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:24:22.07 ID:33wiKmIo
雪の中を、姫君を乗せた牛車が遠ざかっていく。

 。     | ; ;: o| 〇      。  (ヾ ミ   〃  ゚  ヾ)
      | : :: |     ゚    。  (ヾ  ヾ o  ミ乂)
  。   | ; ;; |  o           ヽ、从人从|
   ゚  .|o :l ll l     o     ゚     !    ;; |
 ,,。,,.,,,.  i  !! ,,| 。           。 | l   ; |
  o  . |  !  l       ゚          | ! o .;; |
     ,,,ノ ノ  ゚ ヽ、,,,゚''"''' ,,,.,.,_., ,     。   | !  ;;;|
 ,,。,,.,,,  ''"' "'' '' . .  . .  o"'''`,,,. ,,.,   | l  ;; |
     '。' ''"'.,,..,,..,, . . ゚ .  . .  .  .  ''",,,! l。 ;; |
  ゚        。  '"'' ', .,.,.,,,.,,  '。 .  . ,,,ノ,, 人  ヽ,,,
                   `''"' ',. , ,.,,,  〃''  " ''''




             __,イ|__ ... .ィ  ヽソ
         , :<´ : : : |: : : : :ー<..
       /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
     __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
    f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく     姫君…姫君…!
    ∨  ,イ: : :{ :/  j/     V | : : ∨    
     ヽ、{∧ 圷旡≧/ / /≦乏ア:| ト、:ハ    
      |:ヽ}ヘ:/ |  |/ / / / | | W |:「ヽ}    
      |: :|:`ー.、|  | , -- 、 | | {ム/:{
      |: :|: : :|:|> 、ー'⌒ー'_. イ: : |: :|
      |: :|: : :|:|  ,.≦厂 「x  |: : :|: :|
      | : ', : :',|/  {___7`ーl: : :|: :|
      |: : :', : :|   |  .′ |: : :|: :|
552 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 00:25:02.86 ID:WGlngxIo
わしが育てる
553 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:26:09.65 ID:33wiKmIo
                  _, -――- 、_/^\
           ー=こ⌒\: : : : : : : :\厂^\\
            / : : : :| |\ \:__: : : :\   |∨
            / : / : : : |_|  \ \: : : : : \_|ハ
.           ´ ̄了: : : :∧|   ,ィ≦沂: ,: ト、:\ :'
              |:|: : : f才汽  ∨り ∨: |、:厂 : :'.    紫の上さま…
              |:ト: : 入∨り// /`´  |: ムイ: : : : :',
              |八: |: :n‐ァ、 r‐ 、  j/|: : : : : : :│   どうか、どうか姫君を…!
                  〉{: ハ{ ' L ー'_// │: : : :│ :|
              | : {⌒ヽ  }了\∧-ヘ: │: :| :│
              |/´   | | ト、_∧ノv }ハ∧: :| :│
             〈  /^7 |ノ/ {o「 V /  ∨ :│
              |ヽ __/  ,}  }o}  }ハ   | : : |
              }ー{_{〈  /  / /  ノ _ノ.  | : : |
              厶 _ト、__/  / / /ー{   | : : |
                <___/  \厶ム/r―イ    | : : |
               // ヽ、_     /; |  │  │.:.:.|
           / /     . : :  _:_:/ |│ │   | : : |
              | |        ハ, |,ハ  l    |:.|: :|
.           ∧ |      ヽ: .   }| ∧  l  ノ∧│
554 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:27:49.79 ID:33wiKmIo
◆平安京、二条院

  _ ,,..._      x                、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'     ×       . . ゜ `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ              ×    ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙   .゜× _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::
555 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:29:05.32 ID:33wiKmIo
明石の姫君は紫の上と対面した。

           r‐‐ 、  , ‐┐
              \  }_/ /
             , ´>ー<  `丶、
            /  / 小、 ヽ|  ヽ
           // / // | ト、  |   i
         ,′i / l/ ヽ   }Y   |
           i /|,/●    ● |  l、. |
           |/| j⊃ 、_,、_, ⊂⊃/!ノ |
        /⌒ヽ l八   ゝ._)  ,j//⌒;
       \ /::::ヽV>,、 __, イァ/  /
          /:::::/   ヾ:::|三/::::{ヘ、__∧
          ` 'く     ヾ:∨::::/ヾ:::彡'


  /  .//: : : : ̄r " : : : : : : : ヽ、::::::     \
  \ / ト: : : :_ ,,=-ェ 、 : : : : : : : ィヽ:::  、   \
    〉 ^", ‐⌒ ̄   `T" ヽ、_ ソ - ヽ   ヽ::::::..  >
   {{ /  /     i i | \  "ヽ: : : ヽ.   i:::::/
.   レ'´  /     ,イ .l l   ヽ   ヽ: : :ヽ  レ´
  /   /     / | l i    }    ヽ  }レ∧
  / .i  i    / / i ハ_   i    ', ソイ  l
  |  i.  i __/_  / /__ヽ__ i.     ト-|  l
  |  i  i" /、_/ /  __  \ヽ    i }.  l   本当にお可愛らしい…
  ヽ i  KT7ハヽ     T7ハ;フト    / :}.   l
   \.、い. ヒ;ゾ       ヒニソ./.i   イ  .:}   l   仲良くできそうですぅ
    |ヽ\ヽ .::::.  ;     .:::::./ノイ/ .} L .}    l
    li  `i\   ー‐'    /イ i .} 「 .{    l
    ∧i レ_ | i. `: .、 _ _,  '´ ト、. i i {i  } i.    l
   / .{i v` { i  i__/ }  ./  \ {i  } i.    l
.  /  {   レ '´ , - 、.v"r‐- 、   .{{  L i.    l
  /  }i   } r '´   >く   ` ヽ.{   イ⊥.i     l
. /   }i   .} |   , イL|| \   .{ト じvK  ヽ    l
/   }i i _ |. レ'´ .>|( .|| ) ` ‐v'}  " }r'::::::  i.    l
.    }トヘ` .|    〈 | |>|K    .}i   }ハ::::::::  i    l
556 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:30:42.29 ID:33wiKmIo
ところが、最初は機嫌の良かった姫君だったが…
実母のいないことに気づき、徐々に不安げにあたりを見回すようになる。

      「`ヽ.__,/ ノ
   , -\__{__}__∠.
.   /     /ハ /  ヽ
  /  { /j// V ハ  ',   おかあさまは?
  | | ∨.ノ  `ヽ !i  ト、
  | l | ●   ● !i  !    なんで、おかあさま、いないの?
  lハ Y⊃    ⊂从 ノ
    Yト--`^´ィ⌒Y
    ∧~\ー‐lノ  ノ


                __,. -――- 、、_
               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、
              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、
             /{ノ         ) ヽ、ぃ
            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、
            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >   姫さま、今日から紫が
             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ    お母さまですよ♪
             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、
             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、  仲良くするですぅ
             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、
          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\
       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\
      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\
    ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ
   / /,r'  ノ /   ,ト/      /三、    ヽーt、 ヽ  ヽ ヽ ヽ
  / / /  ノイ   / ノ      / | | 、    ヽ  l   ヽ  ヽ ヽ ヽ
 l l {   }/   l        / | | | ヽ      ヽ .l   {   〉 ヽ l
557 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:32:04.16 ID:33wiKmIo
: : : : : : : : :i    _,.-:─': ̄:.:/ |ヘ:: :`ー-、-、__ヽ、: :.. .\
: : : : : : : : :| /::. : : : : : : :/  | ∨: : . . .i. . . . .`ヽ... . .\
: : : : . . . . .|/ . . . . : :/: : :/   | ∨:: : : :|,: : : : : : :ヘ: : . ..\
: : . . . . . . .|::: . . . . /.. . ./   |  ∨:: ;/|::: : : : :、: :、:\:__:.::\
:. : : : : : : : :|:: : \/:: : :/    |    }/:/∨::: : : :|:: : :|: :ヘ  ̄`\
: : : : : : : : : |:: : :/'|\:/     |  ,/}:.:/ ,∨ : : : |:: : :|:: : ハ
: : : : : : : : : |:: :/ |: :/\,〃 ノ   ,レ'/" ∨: : : ト、: :j: : : :|
:: : :o: : : : : :|;/__j:/___       _,/ ___∨: : |:::}:/:: : : :|   やだ――――!!
:::: : : : : : : : :|'   ´ /"        ̄ ̄ Ο,ハ: : :|:::´:: : : : :|
:::: : : : : :o: : |   /                〈 }\|:O:|\: : :|    おかあさま―――!!
::::: : : : : : : : |  ○ ,.-─-、__  __      },ノ:::::::: : :|  \:|
:::::::::、: : : : : :|    /       ̄´ `ヽ、 ノ:::::o::: : : |    `
::::::::::.\::0:: :|   {             },.イ::::::::|::: : : :| ○
\:::::::: : ト::::: :|、   \.            ,.ィ'::∧:::::::|\: : :|
  \:: : :|‐\:|:::`ー-->‐=ニニ=-‐<::/|:/  \::|  \:|
.  /\:|   `    ,r'"⌒Y´`l   j^Y´ ̄`ヽ、 `    `
  /    \   i 〈    ̄`Y   ヽ〈´  ̄   ,}`ヽ、
 /       \ | {  ~ ̄ ,}     `廴 ̄ ,ィ' 〃 ハ


        ,    _.. -‐…‐-   _
.       (  , '´ , -―     、`ヽ、
         × _∠ニ -―‐  、 \  \
        く /. : : : : :; : : : ; : : : :\   ヽ、 \
       /: : : :// : : :;イ: : : : : : :丶  \ \
.     ,: : /: ::, '::;イ /: / /:::/ハ : : : : : ヽ  {   \
    /: :/: ::////  /: /  !|: : : : : : :.  ヽ   \
     {: /: : ,'´//  / , ′ !| i: : : : : :} ┼ } j _,ノ
     j/{: : :l://  ̄  /  ヽ、|l ト、 : : : ハ   | 厂
      八: : {/ x‐‐ 、     」≧ーi: ::,′{  レ{
        〉. :ヽ/{:::::リ      ´{::::::jヽj::/:} {十{ : !    姫君…
      ハヽ: {xx~´   .     ー' ノイ:/( }  } : l
.         从八             Xx //: : ){]ノl : l
        / /{ヽ \   っ     //: : /f′ j l :‖
.       / /ハ Xヽ > .. __   イ: メ、: {{ j×ノ l : l !
     / // ハ /   ,ィ个x、      \}j {: l : l :!
.    / //ノ /   〃 ∧  \     ヽ+} l : l :l
558 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 00:32:48.58 ID:gqNqXH.o
これはしょうがない……
559 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:33:07.54 ID:33wiKmIo
母を求めて、泣く姫君。
紫の上は、ハッと気づくのだった。


             ,.'"´    ̄ ̄``ヽ、
              / ,. -‐ ーー --‐- 、 `丶、
          / /           `ヽ   \
           〈 ム. '"´ ⌒⌒ ``ヽ    \  \
          V/   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ヽ  \
          〃.::.::!.l::!.:..:.:.:.;.::/.://.::l:::::::::.`、   ヽ  ヘ
           〃.:::l:::l::|:|::l:::::/:/:://:::ハ.:;.:.:::::.`,   V.:l:l` 紫は…バカですぅ
         ./:::;:::::l:::l::|:|::l::/:/ //::::/ l:|:l:::::!::!::{!   !:::l:|  
        l::l::l:::::|:十ナl:< /::∠_ 」トト、:l::l:::{!   !:::l:|  自分と姫君のことばっかり考えて…
         |::l::l:::::|:|:|yテ〒ミ/::/´,t==ミ、:ト、::{!   !::::l:!  
         |::ト:ト、:|:|:| f辷ソ   _f辷シノl:l::l:::{!   !::::l:|  明石の御方のこと、
         ``Vハ1:ト、, , , 、    , , , , l::://{!   !:::l::!  全然考えてなかったですぅ…
           i `ヽ小、   _       ノ//.::{! i .j!:::l::|
           | ‐米 f{:.>.、  `   ,. イレハ.::::{! 米j!::::l::!
          ,/|    ,f{::l::l::>==<__ ノ⌒ヽ:::〉 !〈:::::l::|
        / .!   ! ,fレ'/``V,ィ介入      〈   〉:::l::|
          /  ! ‐米,f{ソ  //ノハ `ヽ     〉米〈フ⌒フ
       / ,.イ!   ! .{′ 〈_,イノ}  iト、__」   〈  !〈ノr'.::::.`ヽ
      ./ /.:::lL_ _」   / ,}  ji!      〉  !:::::::::::::::::ヽ
     / /.:.:::::) ,1 ソ   / ,}  jii!      L_」:::::::::::::::::::::
     ./ 〈.:.:.::::( ,1 ソ   /  ,}  jii!     { 1〈.::::::::/:::::::::::::::
    /  ハ.::::::),1 ソ  /   ,}  jii!     { ,1 〉.::::/::::::::::::::::::
560 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 00:34:13.42 ID:J38ElBMo
子供には大人の理屈なんて通用しないよね…
561 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:34:16.51 ID:33wiKmIo
                 _, -――- 、_
           _, -'_, -'´ ̄´`ー-、`ー、
           /_r'´,r '´ ̄´' ̄´ ヽ¨ヽ \
          \//, / / l| ヽ \}/
            」/ / / /´ 」 l'、 ',  lヽ!
           /! / / ///|l| ヽ l|  ! |'、    紫も、継子として
          //| l| j__{_. ィ 〃ト、._、_|_|l ',    苦労するかもしれなかったのに…
       / / l l| Nl__,ヽ /' /__/ /l | ヘ
        / l ヽト、lし ̄:::::::;:::::: ̄ゝ)/ /}.  ヘ  お祖母様と、殿がお守りくださったから…
     /      | 丶ト _ ‐_‐ _ イ|/ |   ヘ  今まで苦労も知らずに…
      /    zヵ   }:ー≧≦ー―{.  lz、   ヘ
    /     l: : ヘ  |/ .八. \   { |: !   ヽ
  /      |: : : :l |_/!{i}ト _〉 l}|  !: :|     \
  /       l: : : :l\|  /'{i}|   l} |  ∨!     ヽ
 /       ト、:_:_ゞzzzz!z{i}|zzzzj}: {_」/         ',
 !          L:_:_:_;ォt':\、_{i}_//ーtj、_/           |
./        / /l' | \:',:::::::::://「l\〕           ',
i          ヽ/ |_」 l |ヽl/ヽ:{/ |ヽ/ト、        i
|            ,|: : ハ     |!: : |   ヽ: :ノ  \_      ヘ
',        /ヽ:.|: l    j lj: :/  r' |ヽ|:、   ハヾ、_   |


             ,.'"´    ̄ ̄``ヽ、
              / ,. -‐ ーー --‐- 、 `丶、
          / /           `ヽ   \
           〈 ム. '"´ ⌒⌒ ``ヽ    \  \
          V/   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ヽ  \
          〃.::.::!.l::!.:..:.:.:.;.::/.://.::l:::::::::.`、   ヽ  ヘ
           〃.:::l:::l::|:|::l:::::/:/:://:::ハ.:;.:.:::::.`,   V.:l:l`
         ./:::;:::::l:::l::|:|::l::/:/ //::::/ l:|:l:::::!::!::{!   !:::l:|   それなのに…紫は姫君を
        l::l::l:::::|:十ナl:< /::∠_ 」トト、:l::l:::{!   !:::l:|    明石の御方から取り上げてしまったですぅ
         |::l::l:::::|:|:|yテ〒ミ/::/´,t==ミ、:ト、::{!   !::::l:!
         |::ト:ト、:|:|:| f辷ソ   _f辷シノl:l::l:::{!   !::::l:|   いったい、どれだけ心配しておられるか…
         ``Vハ1:ト、, , , 、    , , , , l::://{!   !:::l::!
           i `ヽ小、   _       ノ//.::{! i .j!:::l::|
           | ‐米 f{:.>.、  `   ,. イレハ.::::{! 米j!::::l::!
          ,/|    ,f{::l::l::>==<__ ノ⌒ヽ:::〉 !〈:::::l::|
        / .!   ! ,fレ'/``V,ィ介入      〈   〉:::l::|
          /  ! ‐米,f{ソ  //ノハ `ヽ     〉米〈フ⌒フ
       / ,.イ!   ! .{′ 〈_,イノ}  iト、__」   〈  !〈ノr'.::::.`ヽ
      ./ /.:::lL_ _」   / ,}  ji!      〉  !:::::::::::::::::ヽ
     / /.:.:::::) ,1 ソ   / ,}  jii!      L_」:::::::::::::::::::::
562 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:35:50.28 ID:33wiKmIo
         _,,r―:;;;;;;;:::====- 、...__
      _,r'''"; ; ; ,r''" /        ゙``ヽ., - ―‐- 、
 .   ,;;'´: : : : : :.:/ /    ./   ヽ.   ゙ヽ    ヽ
 . ,/ /: ; ; : : : ;;| ../ /   /     i ト ヽ  ヽ    |
 .く; ;;/; ; : ; ; ; : ;:|/ ./ /./ ,: /  ./,| ji | ゙、 l.!    l
  ヽ/; ; ; ; ; ; : : :| .;' / / / /   ,/ //:| | ゙i゙i |   /
  /,!'; ; ; |; ; ; ; : :| .;' ./ / ;' /______,, !_| | | | || |/
 / ;!; ; ; |; ; ; ;; :||i.| / .;' l .;'/...::/、.゙`/ ,r‐''!| || '   明石の御方…
  /|; ; ; ; |; ; ; ; ;;||./| | ;' / r''´i|!^ii-/  ,;ニ.,!/ i|
  / | ; ; ; |; ; ; ;;; ;;||  | ;!.//  ヽ.ゝノ    iij.| ;' .|    必ず…必ずこの姫を
   |;; ; ; ;|; ; ; ;;; ;;|| ゙i|//`  ゙゙゙゙      ゙i | | :|    立派な女人に育ててみせるですぅ…!
   |;; ; ; |: : : :: :: :|\ \_         ´.| |  |
   .|; ; ; ;|; ; ; ; : ::||ヽ  ̄        ー‐.  ハ  ||
  /|;; ;; ;|; ; ; ; ; ; ;|.| ゙ 、            /i_l」:゙V,!
 / |; ; ; |; ; ;; ; ; ;|ノ  ゙iヽ、._     / i |iヽi::゙、
   | ;; ; ;|; ; ; ;; ; ;|\ .゙i;;;;;;;;;;|` ー', , {{〈、r┘::::::::\、
  /| ; ; ;;|; ; ;; ; ;; ;{  \  ゙;;;;;;|ヽ/ //  }}/、フ:::::::::ヾ、
 / /| ; ; ;;|; ; ; ; ; ;!フ   \、ノ;;゙、/,nヽ、    !V|∧: : :ヾ、
  .、| ; ; ;;|: ; ;; ; ; ;;|ト  /\ヽ ,.ィ`不ヽ、ノノノ {{/_l」:::::::::::ヽ
 ,.‐:::| ; ; ;;|: ; ;; ; ; ;;|}    // //'{l:l  ヾ、  nニト:::l::\::::::::ヽ
  ::::| ; ; ;;|: ; ;; ; ; ;;|:::\::ヽヽ//l>ィll:l__,ノ,、 )},.イ::l::::::::ヽ:::::::|
  ::::| ; ; ; |: ; ;; ; ; ;;|::::::::,、::::`イl:l. {.l:「´   〃!V:::l::::::::::::::::|
563 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:37:07.64 ID:33wiKmIo
◆翌年、新春

         , -──‐‐-、
        / ,-─==-‐‐、\
       / ,,---、  ,,,---、ヽ
       i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i
       |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |     
      __| ,,、--└Li┘---、 |___   
     { ti/   /\   \iァ }
      Y    ./´ ̄`\   Y´
     ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
    / /  /  i  ヽ ヽ   \
   i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
   | i   i     i    i  }    }
 ‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--
   ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /  
     \ \ ヽヽ  !  /    //   
     \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /    
      ヽ  `r-、,  _/ /   / 

新年のめでたさも薄れぬうちに、
摂政太政大臣が死去した。享年六十六歳。
564 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:38:22.83 ID:33wiKmIo
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  義父上…
/    (─)  (─ /;;/   長い間、ありがとうございましたお
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/    …いよいよ、やる夫が
(  \ / _ノ´.|  |     朝廷を動かしていかないと
.\  "  /__|  |     いけないんだお
  \ /___ /

      ___
    /     \   
   /  _ノ '' 'ー \     義兄上とも対立せねば
 /  (●)  (●)  \    ならんようになるお…
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /
565 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:39:14.88 ID:33wiKmIo
太政大臣の死とともに、都では天変地異が頻発するようになる。

; ;/, ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ",:/ /,./', / /, ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ",:/ /,./',
/, // /, ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ",:/ /,./',
/ /, ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ",:/ /,./',/ /, '
//,:/ /,.',/ /, ' / /,./',:/ /,.',/_人__人__人__人__人__人__人__人__人__, ' / ",:/ /
, / /, ' / ''',:/ /,./',|/",:/,/,,_)     豪雨モナ!!      (_, ' / ",:,./',/
/, ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ,`//⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒, ' / ",:/ /,.',/
/, ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ,,,:/ /,./'/,/;/;;//,;,/; ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ",./',//,./',/ /, '
/, ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ,,,:/ /,./'/,/;/;;//,;,/ /\ 从 ' / ",:/ /,./',/ /, ' / ",./',/
/, ' / ",:/ /,./',,;/;//,./',,;/,./'/,/.,/,从   /    \ ,从' / ",:/ /,.',/ /, ' / /,./'
/,./',/ /, ' / ,----+---、/;;/ ;/,./',/ /  //  ヾ ヽ \ ;;, ' / ",:/ /,./'/, ' ",:/ /
/,./',/ /, '//  ヾ ヽ \/"/)/, '/   ⌒⌒⌒|⌒⌒⌒, ' / ",:/ /,./', '/ ",:/ /
/,./',/  ./,⌒⌒⌒|⌒⌒⌒, ' "/)/, '/  ∧_∧ |     / ",:/ /,./', ' / /, '",://
/, ' / ",:/ /,.∧_∧ ' / ,,:/ /,./'/,/;  (  `Д) |   , ' / ",:/ /,.// /, ':, / ",:/
/, ' / ",:/ /,    X' / ,,,:/ /,./'/,/; (~~.ノ ,つJ  , ' / ",:/ /,./',/ /, ' / , ' / / /
/, ' / ",:/乂i--、 .ソ).,./',,;/,./'/,/.,/, ( ̄ ,⌒)  , ' / ",:/ /,./',/ /, ",:/ , ' / ",:
/,./',/ /o9ロ ロ)つ,/ /; ;/ ;/,./',/ (__/ ̄(_/  从, ' /从"/'从/, ''从/从,,从, '/;.从
566 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:40:06.11 ID:33wiKmIo
 (  ⌒:::)⌒ ̄ ̄⌒ヽノ_、( :::  )           --====三三    )   :::ノノ
 ノ  ノ             --ニニニ   ⌒`)  :::`)     ノ  ::)  (  ::: ))  )
  ---ニニ               `ヽ( _ ) _)) :::::::  (  ⌒)  )⌒`:::)   )
    ---ニニ三三(:::  )   )) :::::::               ヽ  ---====ニニニ
             ヽ _ _ノ         ニニ三三三ニニ   ⌒ヽ   ::::)  )
                     (   )
  ---====  三三        ノ  (( ⌒`)     ___       `ヽ((   )
            ̄ ̄ ノ  (::  ::: ) ::ノ:::: ⌒::ヽ   ニニニ---     ___    )
    ノ    :::)          )  三三  ---ニニニニ            ---====
   (  ⌒) ----ニニニ    (::::        ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ               (:: )
 γ  ノ::: ヾ            (  ⌒)  )⌒`:::)   )γ⌒   三三三ニニニ    ノ
 (::::  )   )) :::::::      --ニ三ニニヽ _ _ _----           ::) ::(
  )  ----ニニニニニヽ_       ̄ ̄                    /   ノ( ::ヾ
    ̄ ̄ ̄ ̄   ---  )    ---===ニニ_              ノ::: (  ))
 (   )   ))     ノ   ⌒ヽノ  ( :::  )   ノ ⌒`)  :::`)   (  ⌒`)   ノ
        (  :::)   (   ノ   ----ニニ   (:::   (   ) ::::)  ノ γ⌒


        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{    雲が妙な動きをしているな…
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.    陰陽寮の連中がかしましいわけだ
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
567 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:43:16.59 ID:33wiKmIo
◆春、平安京

               _     ―  、
             /  .: : .        \
             /  . : : : : : .    /-、: \
            / :ス、 . : : : : : : : : /    \. \
         / /´  ` ー -- '´  ヽ  ヽ  ヽ ヽ
          / /    / .:       :.      ',  ヽ
         ./ /   /: /  :.    : |:.  l  :. l l   ',
       /  i:|    | |:.  l|:.   :| |::  |  :. l |  |
        !  |:l:. l _l|: l!:.. l|::.. :. .:lN::  j:._.: l  | l   l
        |  N、 l:.| ヽT:z.、N:..::..:/jイ:ィ/j/|.:/.: /イ   !
       ',   ::|\|!、            jイレ::|  ,'
       ヽ  | l ハ`ヾニテ    `ヾニテハ: |'´:j  ,'
           ヽ. |/ |::::.、  u  '     ,.::::} l:  /
             / l: \:>   _    <:/!:| l  /
         / l:|、  `ヽ、    _  '´ //l ヽ ヽ
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l

世の中の不安が増大する中、藤壺女院が病に伏せった。
病状は日に日に重くなっていく。

冷泉帝も見舞いに行幸され、さまざまに加持祈祷が行われた。
568 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:44:19.96 ID:33wiKmIo
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::::::::: :::::::::::::::::::: 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: 



                  藤壺さま…愛しております



::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::::::::: :::::::::::::::::::: 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: 
569 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:45:29.15 ID:33wiKmIo
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::::::::: :::::::::::::::::::: 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: 



                      これは夢なのね

                  うつつのうちに見る、夢なのね



::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::::::::: :::::::::::::::::::: 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::
570 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:47:13.06 ID:33wiKmIo
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::::::::: :::::::::::::::::::: 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: 
                _____
              .ィ´:::>''´:::::::::::廴
             _.r‐'::::::/::::::::::::::::::::::::::} _
          :′:::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::し'::)
          {::::::::::厶≠ー…ー-<::::::::::::L
           r:J:::::::::f''´        \::::::::::)
.        r┘::::::::::/           ヽ:::く
       rく: :f::!::::::/ /  /  、     Y:::)
       ) て:::| :::{ /  / / ∧ヽ. !l }   ト〈
        `寸 i::} ::::)l ! |l l | {l  ! 7|メ! }丿 \
          Y :人从  レ'"{( ヽ |/'__,ムノi ヽ   ヽ
        /i ' | ヽ{、 ト __,ン   ;  ィリ  }   }
        /│ |   ヽ{ュ、ー   -.' ∠ '   j   |
.       / i| |  /ヾ\` ー--r 'ア''"´ ̄ ̄ ̄` 丶、
      /   l |,./=-、、   〈/,'/           \__
      /   l く/. : : : : .ヾ、、 / /        ,.  ' "¨¨  ‐-`、ー‐- 、
      / :/ │ {l、: : : : : : : .ヾ、イ     . '"             \: : . \
     ,′ ′ |   |ヘ.: : : : : : : : :.}    /              /: : : : . \
     ,′/  │  ! }: : : : : : : : 从 ./       /       ヽ: : :/: : : .}
    {/ |   リ   |;ノ!`ー-x: : : : .ヘ./__    __,∠. -ヘ、      ノ⌒ヽ.」!
     {  、   V!_,ムノ: : : 〃ハ: : : : : : : .  ̄ ̄. . : ヽ: : :-‐:} ̄三テ.: {ノ!   , } \
    ヽ  )  { {: . \ |l/ルヘ: : : : : : : : : : : : : : :丿: : : :ノ ,.=冫   /ィリ//    \
    r:彡′  ゙、 {: : : : :||/ / ̄ ̄ ̄` ー…冖´ ̄ ̄`ー‐'´.      `'´      }
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::::::::: :::::::::::::::::::: 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: 
571 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:48:52.14 ID:33wiKmIo
             ,、,vjrュ、rュ、     rェュvュ、,、
                ヽ ̄    ヾィ⌒トv'′    ̄}
              〉  __ ェ、ヽ|二jr' _    /
                 {ァ‐'ー^^´くブー<{^^'ー`=ェ、_{
              、ァ^'´`}!_ィァ'^´´/   `^'=ュ、_rェ'^'>
              } ,_ィj^´/   l    ヽ  ^ヽュノ{
.              /7^ :/  :/ l!    l! l   ヽl
             /イ  :| l:.ハ:.|{: :..  ::}|:./!:    i\
           / { l l |__l!{-士くト、.:`ァェ-}、 イ: }:.}  \
          _/ {. ハト{>イろ::ヽ  ´ `ァぅ< メノj/:./   `,
        {   ヽ|‐<__l_ ゞ―゚'    ヾ::_:ソ^ハ_/__/    女院様…
        ト´  ̄ `_ア==くl′    ''''     Y二Z´_ ̄`,
         ヽ -ニ┴三ァト=く  r―-- ‐ 、 Vァブ-┴-、 `,
           \`フ'マ{ {/ぅ > 、 ̄ ー '_イ、{ヽ弋ー、--,'
           ー{::. 1. V/ニ、つ_二ラ〒ニr、jト,ヽ,}    ヽ
           >:/r| fT<   /イトヽr-ヽ` !、ヽj ノ
           ノ ,.イ |jヘィ,ノ ヽ.Z イ/! !| トラ{`_rイ!|ヽ ヽ
         ,// | ! !}  j}    | !l || | 7{  } !| ハ  \
        { ´  l ヽl{く 〈    ! !| || | } `Y j l l ^ヽ- i


               _     ―  、
             /  .: : .        \
             /  . : : : : : .    /-、: \
            / :ス、 . : : : : : : : : /    \. \
         / /´  ` ー -- '´  ヽ  ヽ  ヽ ヽ
          / /    / .:       :.      ',  ヽ
         ./ /   /: /  :.    : |:.  l  :. l l   ',
       /  i:|    | |:.  l|:.   :| |::  |  :. l |  |
        !  |:l:. l _l|: l!:.. l|::.. :. .:lN::  j:._.: l  | l   l
        |  N、 l:.| ヽT:z.、N:..::..:/jイ:ィ/j/|.:/.: /イ   !    命婦…?
       ',   ::|\|!ィi´うハミ. ヽ' ,ィi´うハ「 jイレ::|  ,'
       ヽ  | l ハ ゞ- '      ゞ- '' ハ: |'´:j  ,'     わたくしは、夢を…
           ヽ. |/ |::::.、     _    ,.::::} l:  /      見ていたの?
             / l: \:>     `  <:/!:| l  /
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l
572 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:50:11.07 ID:33wiKmIo
         ,/ /          、  'l       .'iゝ.!  ヽ
        .//           /   |       L ヽ  .ヽ
       ,l/ /     ノ   .!    .|   ヽ    .! .!  .!
       / : /    /   .,イ    .!   .|     .|  l   |
       ! ./     /    ! ! |    |、  :! .!  │ |   .!
      l./ .,!    .! l   | .| |    .|.!  | .!  r !  !   .|    わたくしの本当の幸せは…
      .l/ /    l  |  .! .! !   .! ! .l .! |  /│ |ヽ  |
      l.! .|    .! i:l ! .|  .! |   | .| .l.l~ニlニニナ'│ | │  !    夢の中にしか…ないのだわ…
     | ! .|  l、  | l_ノrl'=ト、 .ー.! / ,|/─ニニ- 、 ! ,! .!ヽ.! │
     .l ! ! .!  . |´| __ニ二、  ∨ .l′ '´i-、j~l ゝ ! | .| ヽ !
, -─‐、.! / │ !ゝ .! ./i -_j .!        ゝ--‐/ /  |ノ  .ヽ.!
    | / /'-|.!\ l、` ゝ_--            ! .!!  ! l、  .! !
, -'ニニl/ ./   .l ! ! `|          i      / /.|  !.i | 、  l!
., -/ / ノ   ' ! .|  ト、       _     / ,=_! .l .!ヽ\ L
  /ヽ/ .|'ヽ、 | !  !.|7‐ヽr、     ` _‐'    //  ! .!、 .! \\\
‐',r !.!  !:!  .! ! /.!.| _〉 !.!- 、        //  l  l `ヽゝヽ │ !
 ! !.!  .| !  .!:! / .| ! ゝ/.! l  ` ー- 、 _,. ィ´〃  l /   , ‐' 、ヽ| l、
/  :!.|__-=--=ー-=_lコ !  l、 ゝ  , _   /´  .! ./  / / `ヽニ〈.
| /´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'l l   ゝl/、ヽ/l、‐' 〃  / 冫 ヽ  .!/
| .|                  | .!    〜´ ヽ\ '´  | /   `  /
. !ヽ  _________,__- /  ゝ     !ゞ二, -‐''゙/./     ノ
 ヽ-、           /ヘヽ   '二ゝ.ー--__-,.-''゙j´ ,| /  /,!
. / ( \_____________/ │ヾヽ   `゙´  , ‐'´ _,ノ i'´ /  //
573 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:52:05.20 ID:33wiKmIo
                 . ____          
          ,. -── ''_´           ̄ ` 、      
        /       \          \     
       ' / ,         \.  、          \   
     / / /,i    .    !  ヽ \.          \  
     ' / / / !   |   !     V  ''          \     
    ! イ / ::/'!/l   l    ヽ    ヽ  ヽ          ヽ      入れるわ…
     l !l!イ:::::ハ_|! ゝ  ゞ::..   \.::::ハト:            ∨ 
     ハ!{ ::| j!|!`メ!、 ::::ト、::::    V::|!\::           │     もうすぐ、その夢に…
      ゝ::|ィ_ヾ  \:::::V ゞ\.::::\V  \        │     誰も邪魔できない…
      ノヽ トj ヾ、.  \:V::::::ヽ\:::!::メゝ          │     罪も怖れもない…夢の中に…
     「     `   ´    `''!::: | ! Vレ'            │
      i             |:!: トゝ\ ::::..           │     幸せな夢の中を…
        ゝ 、         ' | !ノ ト.. \::..            │    あの方と一緒にたゆたうの…
      ヽ.         イ !    ヽハ::ヽ:   ヽ\     ヽ /
        ヽ      / / イ    /ハ :-: :   /-`I-   //
        /`r r ---./ /, ' l /   /  l!:::::::   / ::::::Ij   / :::
        / ィ /   j/|  !|__ // _j|、:::: // ::::::: //:::::   
      // l j,. ‐''" r--―j/__jノ ,. ::::_:::::::jノ ,.:::::::::::jノ ,.:::::  
      jノ ,.イ !´   |::::::: / ':::::::::::::::L_::::::::: :::::::::::::::::`
     ノ (. | :!  rテ/:::/,. -──-- ヽ :::::::::: :::::::::::::::::
   ∠ヽ  !\ :!  Y // ィ::: ̄:7 `ヽ| :::::::::::::::::::::::


             ,、,vjrュ、rュ、     rェュvュ、,、
                ヽ ̄    ヾィ⌒トv'′    ̄}
              〉  __ ェ、ヽ|二jr' _    /
                 {ァ‐'ー^^´くブー<{^^'ー`=ェ、_{
              、ァ^'´`}!_ィァ'^´´/   `^'=ュ、_rェ'^'>
              } ,_ィj^´/   l    ヽ  ^ヽュノ{
.              /7^ :/  :/ l!    l! l   ヽl
             /イ  :| l:.ハ:.|{: :..  ::}|:./!:    i\      女院様!
           / { l l |__l!{-士くト、.:`ァェ-}、 イ: }:.}  \
          _/ {. ハト{>イろ::ヽ  ´ `ァぅ< メノj/:./   `,   どうかお気を確かに持ってほしいの
        {   ヽ|‐<__l_ ゞ―゚'    ヾ::_:ソ^ハ_/__/    源氏の君がもうすぐ
        ト´  ̄ `_ア==くl′    ''''     Y二Z´_ ̄`,    お見舞いに来てくださるの…
         ヽ -ニ┴三ァト=く  r―-- ‐ 、 Vァブ-┴-、 `,
           \`フ'マ{ {/ぅ > 、 ̄ ー '_イ、{ヽ弋ー、--,'
           ー{::. 1. V/ニ、つ_二ラ〒ニr、jト,ヽ,}    ヽ
           >:/r| fT<   /イトヽr-ヽ` !、ヽj ノ
           ノ ,.イ |jヘィ,ノ ヽ.Z イ/! !| トラ{`_rイ!|ヽ ヽ
         ,// | ! !}  j}    | !l || | 7{  } !| ハ  \
        { ´  l ヽl{く 〈    ! !| || | } `Y j l l ^ヽ- i
       l   ..:ヽ::l Y r'   l | | || | ヽ j ///:.    |
574 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:53:04.08 ID:33wiKmIo
源氏は藤壺の重態を聞き、あらゆる手を尽くして
平癒のご祈祷などをおさせになる。

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ    あの方だけは…
      / _ノ (>)三(<) \ `、   あの方だけは…!
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

胸の内にある、あまりに悲しい想いとともに…。
575 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:54:13.34 ID:33wiKmIo
そして、藤壺を見舞った源氏の君だったが…。

        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \     女院様…
   /  /⌒)   ⌒゚o  \    どうして、このようなことに…!
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /


           ヽ. |/ |::::.、     _    ,.::::} l:  /      
             / l: \:>     `  <:/!:| l  /      もう長くは生きられないだろうと
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ      格別な祈祷もさせませんでしたので…
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l
576 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:57:24.58 ID:33wiKmIo
           ヽ. |/ |::::.、     _    ,.::::} l:  /      
             / l: \:>     `  <:/!:| l  /      大臣、桐壺院のご遺言従い
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ      今日まで帝のご後見をつとめてくださった志…
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス    身にしみて、ありがたく思っております
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l


           ヽ. |/ |::::.、     _    ,.::::} l:  /      
             / l: \:>     `  <:/!:| l  /      どのような時に、この格別な感謝の気持ち…
         / l:|、  `ヽ、   ̄ _  '´ //l ヽ ヽ      お汲み取りいただこうかと考えておりましたが…
      _ / /|:l: : : .   `ヽ./   .:// :ヽ ヽム
      \  ̄¨ー、! : : : :;=、  |!  ,=、://_, -‐' 二ス    もはや、できそうもありません
       / ̄.>_ 、 〕  :Lノ=====L.ィ'´ , ィ´/  ',   それだけが…残念…
      / ヽ、 ̄>        / l ヽ    ̄ ∠ニZフ   \
    /    〔「 ̄  、    /  }  ',      厶′     ヽ
   /     \、_ノ}   {、 |_l|′  /´          ',
  /          ̄ ´   /` ̄´  lゝ='´             l


           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ    ……!
        l       ( ●ノ::::::::::ヽ●.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o
577 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 00:59:18.10 ID:33wiKmIo
           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \    太政大臣が亡くなられたばかりで…
      /::::::::::         \   世の無常が心に染みております
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;


       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \     不甲斐ない身ではありますが
  /::::::::::         \    心の及ぶ限り、帝をお支え申します
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ   ですから…どうか女院様も
   /:::::::::        くゝ  )  お元気になって…!
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;
578 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:01:09.74 ID:33wiKmIo
         ,/ /          、  'l       .'iゝ.!  ヽ
        .//           /   |       L ヽ  .ヽ
       ,l/ /     ノ   .!    .|   ヽ    .! .!  .!
       / : /    /   .,イ    .!   .|     .|  l   |
       ! ./     /    ! ! |    |、  :! .!  │ |   .!
      l./ .,!    .! l   | .| |    .|.!  | .!  r !  !   .|    
      .l/ /    l  |  .! .! !   .! ! .l .! |  /│ |ヽ  |
      l.! .|    .! i:l ! .|  .! |   | .| .l.l~ニlニニナ'│ | │  !   
     | ! .|  l、  | l_ノrl'=ト、 .ー.! / ,|/─ニニ- 、 ! ,! .!ヽ.! │   …………。
     .l ! ! .!  . |´| __ニ二、  ∨ .l′ '´i-、j~l ゝ ! | .| ヽ !
, -─‐、.! / │ !ゝ .! ./i -_j .!        ゝ--‐/ /  |ノ  .ヽ.!
    | / /'-|.!\ l、` ゝ_--            ! .!!  ! l、  .! !
, -'ニニl/ ./   .l ! ! `|          i      / /.|  !.i | 、  l!
., -/ / ノ   ' ! .|  ト、       _     / ,=_! .l .!ヽ\ L
  /ヽ/ .|'ヽ、 | !  !.|7‐ヽr、     ` _‐'    //  ! .!、 .! \\\
‐',r !.!  !:!  .! ! /.!.| _〉 !.!- 、        //  l  l `ヽゝヽ │ !
 ! !.!  .| !  .!:! / .| ! ゝ/.! l  ` ー- 、 _,. ィ´〃  l /   , ‐' 、ヽ| l、
/  :!.|__-=--=ー-=_lコ !  l、 ゝ  , _   /´  .! ./  / / `ヽニ〈.
| /´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'l l   ゝl/、ヽ/l、‐' 〃  / 冫 ヽ  .!/
| .|                  | .!    〜´ ヽ\ '´  | /   `  /
. !ヽ  _________,__- /  ゝ     !ゞ二, -‐''゙/./     ノ
 ヽ-、           /ヘヽ   '二ゝ.ー--__-,.-''゙j´ ,| /  /,!
. / ( \_____________/ │ヾヽ   `゙´  , ‐'´ _,ノ i'´ /  //
579 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:03:58.30 ID:33wiKmIo



                    ありがとう




                    さようなら



.
580 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:06:35.56 ID:33wiKmIo
                                         r i_ri_ ru_ r u r 、 _
                                      r v'´            r'_
                                      f               r'
                                     _j               ヽ
                                    r_            ヽ      j |!
                                         r、!     ,. / - ─ - 、.l   ゞ「 │
                                         j   ,.. ´           ヽ.  _)  |
                                      ___{___イ , ´          ヽ(   |
                                  |!_ノl::::/ //  /'// /, .   丶、ァ │
                                  イハんリヽ/ ////////,! ! ミ r┘  |
                                    /イ/@!ハ! l !ヽ,''/ /// i,レリト r┘ .,イ'
                                // / Y 'ヽ、 ハ !// ' 、'' / /! _ j 〆三j|_ _
                                  // /イ_     "j//,.メイリ(_,. ' 三/ _ノ
                               レノ ヘ: : : ヽ 、    ヽ、ィ,彡,.イ{三ノ __ノiト 、
                               ノ /: : ヽ.: :|_      イ,〃ァ_r フ!´ルノ`´
                              jトー<、_: : : : {@}ト-─≦ー|ハ|¨´  !.l::!| `
                              ≧ー- 、`ヽイ: :ヽ: : : : : : ノ ,'    ! Vl!
                          _     /^ { _..─r::‐ ' :/|: : : \: : : / /     |  |
                       ゝ! ヽ'´   >--``l:/ ' :./r- ─ ' / l     |  |
                         <!__     ノ ∠:::丁´/ /:.:! !:ゞーヽ´   ヽ.   |  |
                       フ    `ー¨1:::|ノ ! !:":l r二 _ ゝ   \ |  l
                       ゞノう    _   ヾ!  | l: : |: : :`ーォ )    ヽ!. |
                            ゞ__ イ フ     ,.ノ |: : ト、: : |く「¨   Y  ノ) ll
                       r ⌒  ゞノゝ三ノヽ   ̄ノヽ`′ ヽ     | /)  ll
                  ノ ⌒ \ノ   __ ヽ  L__ 「ヾ ハ__ ノっ-、ノ ヽノ|  l!
        ,. -- ―── 〆      く"´       ` ー 、  从リ√ (_ __ハハレト  |!
       iメ      ー            ⌒ ヽ          \  ヽ\   __ノ  | ,ノ!
     iメ´                               \  ゞ     ト、 ゝ ヘ!
     iメ           rrf`´¨ゞゝ          _              │   │ \ゞl ! \
     ゞつrヽ ` ー__ lメ´⌒)  ノィ     __,、 γ ヽ  ノ   \,    |    │  ヽノ !ヽ \
581 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:08:03.16 ID:33wiKmIo

                 わたくしは永遠に――。

                     / ,二、ヽ.
                    r'     }  `  、
                     ,ノ    `'<ヽ  \
           。 ゚゜ ゜゚  。  /          } \  \
         。゚ rx   , ┐  。{          し┐     \
          。  ,.|{ nY ,ニ}   。、       .二ニ{        ヽ
           。 { Y/r仁{     (_    ´     └;       . }
      _」_ 。‘⌒k辷)=く    。゜ }/       ,)      ∨\, -┐
      `Y⌒)}'^Y´ノ}ハlミメ、ノ  。 /,  〃  〃  /        |   | -┴-、
    、_」{  ' ,」,rく。  }.ハ〉  ゜。.{ {  l{  ″  八_n、    |   |   〈,二.ヽ
    >'⌒ヽ=ミ、|{   ゜ ゚ ゜。  。゜ 丶.从__」{ ニメ、!(  \     厂    }-‐く
   7, r=ミ、   \く,.     ゜゚    / ,リ  拜ミ, | ト、    /  /`   rく ̄) }
  .]{ └' ,}j  、___){ィ       。゚゜,ノ/Y{   └' '^} 厂  _」.ム/    _,ノ|ー--‐'
   ^'宀'^^   `ニ![,斗宀=ミx゚  { { __丶   ゛゙ //{,`Yr勹,}}、_」. イ   ト、ヽ
         r宀ァ'^く    r_}l ゜゚ Y´ 人    /7/ `7t辷彡' ,ノ| | | l|
     ,  r┘Y´{り人_    _]ヽ ,人 {ft `フ7,ノイ ,  {辷ァ‐-rく. | |  | ||
.    {ー-ヽ, `ニ´イ }  ,ノ   Y⌒辷少'^{(,_| {  マフフ´| | | |   | ||
     `フ7⌒>、__,r宀'^ `^!   人 `7´ャ==ミx〉 川`゚{  |__」 | |   | ||
     `′_{(二ニミメ、 r宀ァ'^⌒′ }Y^ー辷≦三≧ァ'  \|   厂|  |||
      ,ノrtnrヘ ハ Y,r'{  ,>   ⌒ヽ___辷彡'´       \_//,リ  ,ノ L」
.      { 〉 ┘ jノ ,}__}[, `ニ{      }二.´            //∨  {
      〉'⌒'ーく_r仁フ/{ _,人        `ヽ)      .  //    ',
      `¨フ,冖i{`フrく ヽ`ニT\      \__     `7/  」  ト |
.        {( _」L{ノY´\,  〉‐ `フT'   ‐-r<└-、   7/   _」  l l|
         {   }-ヘ{  ト、/ /} ' ,=、  } }   ,ノ`フ7/{_,ノ|  l l|
        r'⌒Yrtn{ }- 、 { { く,_ l{    // //`7メ、  |  l l|
          ,} r‐}辷^}′ {  〉'   丶主彡′ /  〃  \__」   U|,斗宀‐
        `Y^ `ニフ___,ノ ,{_       /   l{       八  /  -‐十
      _,. ⊥  ヽ-‐'  /r‐-、}_ _, -┐      、ー‐=_彡'/`フ⌒⌒ヽ_」_
      `ヽ  ヽ-‐ァ==_彡r勹丿 }勹 辷´ノ       ト>-‐=_彡‐'r‐'⌒'¬-、_
           `¨フ /    └、`ニ′,ノ .]r'⌒)       ャ宀'乙_」{ 〈 r' r宀,  {
         ^¨´ r-ヘ._r,=`T爪  |[ノ^7⌒ヽ  ,= }T  ‐r' ,}  ト、} 辷'厂く
             〉‐- l辷_」{___,>テ{ r宀ミv Vム_]'ー‐くノ廴r' 廴.   _,ノ
             `7⌒^'宀'^^¨´  〉 辷'ハ{  ,}宀‐十'⌒)〉   廴_    _,ノ┘
                       人 〉-r' `7メ、            ̄
                         -'-‐'^冖-‐′

                あの夜見た、夢の中に――。
582 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 01:08:08.24 ID:iYzdrKko
個人的にはこの時の藤壺と源氏のやり取りが物語のピークなんじゃないかな〜と思っています。
紫の時には違う意味でもうドロドロ……
583 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:09:25.28 ID:33wiKmIo
イィ-' /   / /     l ヽ  ヽ ヽjヽ
    l   j ,イ|     || ヽ!   |   |\
    ! l  ハ| {l.ノ   ヽリ| ノl|   l    !ヽ
ト、  {弋ト_エj≦トヽ  /ノ ノ7ナ十‐イ'  //
\ヽ、ヽ 7,<:ヽヽ `´ /,<:ヽjく ノ_ イ'′     女院様!?
_ ソ T l::T:}.:|     {::T:}.:} ノ'7ヽ/ _ -
- {二ヽl、 ゞ--'   、  ー‐'- /‐_ 二{ _    女院様!!
二}ニー<〈 '''''  / ー ヘ  ''''' /r‐_'_-j‐--'
./>>`ノヽ、  {    }  , く'-ァ>r_ーニ=
  ̄     ,.>‐`_ー_´<、   ̄   `} ̄
、 、   //ィ  ̄/ Hヽ ̄ヽ\ ,


            ________
          /            \
         /               \
       ´ ̄`    ´ ̄`           u   \
      /_        __               \    藤壺…さま…?
     / /::::ヽヽ  //::::ヽ  ヽ           ヽ
     ゝ ー ' 丿  ゝー '   ノ     U      |
     |  /  人  ヽ                      |
     |  ゝノ  ゝ _ノ     U              |
     \  `´ ̄` ´                    /
      \                     /
.         ヽ _____  イ        く
          ,'                 ヽ
584 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:11:09.63 ID:33wiKmIo
藤壺女院、崩御――享年三十七歳。
美しく優しい后として尊崇を集め栄華を極めた女が
ひそやかな悲しみを負って、亡くなった。


       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /    藤壺…さま…!
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"

人々が女院の死を悲しみ、立ち騒ぐ中――。
源氏はひとり、涙を押し殺していた。
585 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:12:40.05 ID:33wiKmIo
この深い悲しみは、誰にも悟られるわけには…。
庭の片隅に出ると、桜の花は美しく咲いていた。

   _,,; -、
   ヽ-''-`ヽ、   /)
     ,-、   \(
   ( (ヽc==( )`)i iヽ
   (::彡`(    ̄`ヽ ヽ)
    ヽ( ヽ     \|i
       ̄     ,,--、`ヽ、
            `ー' ̄`\ ,、     /_)
               , -、,、 ( )     〉ノ
            /⌒'i  _)-、\    /
            <  ::))),'   ) iヽ|)/
            (___、ノ;' '-'"ヽ '\Vヽl)
          ,-、,-、ノ (  ,ノ===;;ヘヽ*))
       ,-'~`ヽ....  )"~) ヽ~   /``\\
       ヽ,   )))/⌒`,ー'ヽ)⌒,,,^-, ,ー` ヽ,,__
         ニ= ''''iヽ_ノ!!!ヽ_)ー;;;;;ヽ__)``ー-、,, "'--
       (   ノ  )               "''ー
        '-''' `ー'



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\     …………。
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \      …………!
  /::::::::::         \    
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;
586 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:14:08.97 ID:33wiKmIo

         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜
       i::: |::::      |::|:
      :|::: |::::.      :|::|:
      :_|::: |::::.      :|.´:
      :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。   どうして…どうして…!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
587 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:15:25.27 ID:33wiKmIo
                -─‐──‐-、
             /             \     やる夫だけをこの世に置いて…
            / ;              ヽ.    一体、どこへ行かれたんだお……!
           l  U                l
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/
588 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:16:49.69 ID:33wiKmIo
                           () ,-、   , 、
                             |i トノ  (`ノ
                          'イ) /,、_,,,/
                           〉イ レ'  )
                          /  〉.i彡:>、
                     /;⌒')/;;ー''__ヽ、ヽ__)
                ,-、__   (-、ミ::⌒>ヽ、 __   ̄/ノ,,
            ,、,、  ;(`  )--;ア`ヽ)_つ'   ヽヽニノ ノ
          ,,,(  )__,- ヽ ノ    )ニ<     ,〉-i lミ::
          〉 ヽ,ノ' 〉 ::彡`-''' )        l ノ )
          `ー':彡;'-`ー'/ )、_)        '-lノ
          ,,=( ノ( ,_,)`ヘ' ヽ⌒;
      /~~  `'  ~      ヽ(_)
   =='''"

             深草の野辺の桜し
        心あらば今年ばかりは墨染に咲け

      (野辺に咲く桜よ、もし心があるならば…
        今年ばかりは、この喪服の墨色に咲いてくれ)
589 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:18:09.85 ID:33wiKmIo
        ____
      /      \       
    /  _ノ  ヽ、_  \     今年ばかりは…!
   /  /⌒)   ⌒゚o  \
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /

『古今集』の哀傷歌を口ずさみ、悲しみを抑えきれない源氏。
590 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:19:33.13 ID:33wiKmIo
このままでは人にも怪しまれよう…。
やる夫は、二条院の念誦堂にただ一人ひきこもり、一日中泣き暮らした。

  _ ,,..._                      、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'                 `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ                   ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙      _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::
591 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:21:04.66 ID:33wiKmIo
夕暮れ時――やる夫は空を見上げた。
山の端に鮮やかに夕陽が射し、雲は鈍色(にびいろ)を帯びて薄くたなびく。
                                                  
                                              __,,-''''--
                                            (~ _,,,,_
                                             ~~~  ~'''''
     _,,_                                       ______,/~
(~~ヽ (___~)          __                         (~~     
..~~~      ⊂~~~~ヽ---''''~ ヽ-,                       _,フ     
         ~~~'''''''(______ ヽ'--'                 (~~~'''''~~''~_,,,_,,,,,-'''''''''~
                ヽ----' ⊂⊃ O        ,,,,。。 ~''''''''''''''~
                 (~~~~~\  _,,,,,_  O          o⊂⊃       
    __,,,,__   (~ヽ,,,,,,,__ o  ~~~~~~ (~~   ~~'''''----,,,,,___  。o           
⊃⊂____,,,,==-- ~~'''''--'         ~~~~~~~~~~~~~~'A                 ,
         _,,,,---,,-'''''~~~~~\_,,--,,,__,,,,--'''''-'~~'~/ ヽ,,_
       __ /;;;;;;;;::::::;;:;;;;;;;;;;::::::/;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ-,,_
   _,,,-(~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::;;;;;;:::::::::;;;;;;;:::::::::::::::::.....ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::\~~~~''''ヽ
 _/;;;;;;;;;;::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (::::::::::;;;;;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;::::::::::::::::;;;;;;::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;:;:;:;:;:;:;:\
 l;;;;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶 ___::::::::::::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;:::::::::::'---;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ..:;:;:;:;:;:;ヽ、
(_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__i_i_i_i___,[]n「「「「[][]nnnn_ nn[][]nnnnn_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,-------''''''''''''''''''''~~~~~~~~~~~~~
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~''-,,,_~'''''--,,_〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \       入日さす峰にたなびく薄雲は
    /  _ ノ   ヽ、_   \     もの思ふ袖に色や紛(まが)へる
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /    (夕日の射す峰にたなびく薄雲は
     /    `⌒´    ヽ      悲嘆に暮れる我が喪服の袖の色に似せているのか…)
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ
592 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:22:42.16 ID:33wiKmIo
◆夏、平安京、内裏


                 Д___________________Д
                 [[]!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!![]]
                  ノ-.=.--.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.ゝ.
              ノ=.-.=.-.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.ゝ、
            キIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIヤ.
           ノ_二三_-=─ ̄三─≡ ̄-三==_-二=三≡-_─_二三_-==ヽ、.
          /二=_-三 ̄=─≡_- ̄_=≡_二三二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=\,,
      ,,_,,,-''''=_-三 ̄≡_-=≡- ̄_=≡__二三二=_-三≡_-==─≡_- ̄=≡_二三''''-,,_,,.
_,_,,_,,,-'''__________________________________ "''-、,,,_,,_,_,,_
ヽ @==@==@==@==@==@==@=@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ ヤ
 `ヽ丶.}{ |艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸| }{  /
   \}{ |l|! ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄::┣━Д━┫:: ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄γ∴⌒∴⌒ .;}{./
     }{ |l|!: ::::::::|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|ir;(∵ ∴丿;∵;∴ヾ∴
  γ;;⌒ ノヽ;;);⌒ ヽ|:::::::::::| ::::| :: :::: :::::::||  |__||__||__|  .| :: :: :: :::::| :: :: : (:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵∴):∴:):
r;;ゞ(;:: 丿;:: ;;;;;ヾ;;),,):.__|.____||=.=.======= |____|____`(∵(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ":(∴∴;ヾ)
(:: ;;;;ソ;; ) ;::ソゝヾ) ;;):::)==ii==ii=ii==ii==|^|_________|^|==ii==ii==ii(ソ∴∵丿 ∴(;ゝ(:::∴ ソ):ソ"
(::: :(;;;;;(  ;::). (;ゝノ ::)Y...|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/l--------------------lヽ ̄ ̄ ̄|(∴ミ∵丿 ;`ベ∴;(∴ ∴(;::∴ 
((:::(::;〆;;;ゝ;:: ;::))( ;::),ブ__||____________/l----------------------lヽ____(∵ゝ丿;`ベ∴;(;ゝ(:::∴ ソ)(∴ :〆:ソ
`ベ(; ゛(;;; (:::: ソ)::〆:ソ|il!li!li|il!li!i|il!li/l------------------------|ヽ (;ゝノ∵∴;(∴)::(:;;ソ∴∵丿∴ゝ:;;∴
: : : : : : : : ゝ|;il|!|ソ´~: : : : ; : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : :ゞ|;il|!|;il|!|/: : : ; : :
: : : : : : : : ノ;ハノリヽ_ : : : : ; : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : :ノ;ハノリハノリヽ_ : ; :
: : : : : : : :^"''`"" ^: : : : ; : : : : : :: ; : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : ⌒^"''`"" ^ : : : : ;
593 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:23:35.15 ID:33wiKmIo
    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ    母上の四十九日も終わった…
 .|    (__人__) |
 .|      `⌒´  |     だが…
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


      / ̄ ̄\
    /       \     太政大臣、母上も亡くなり…
    /          ヽ    おまけにこの天変地異…
   .|    ─  ─  |
   |  U (●) (●) |    僕が良い帝ではないという
   ヽ    (__人__) /     天のお示しだろうか…
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /
594 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:24:35.76 ID:33wiKmIo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   「王」というものは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    世の中に責任を持たなくてはいけない
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   資格なき者が王になるならば
  /ヾノ==,)    天が怒ってそれを天変地異で示すと
 ム-ノ__|_jゝ   考えられていた

  、-−7
  ミ_o_d,,,   近年、重職の者や貴人が相次いで亡くなり
  ミ゙ ゚ -゚ノ    星の運行や雲にも不審なものがあるといって
  √¨l-゚]、   世の中に不安が広がっていた
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)    冷泉帝はそれを聞いて、悩んでいた
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
595 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:25:39.31 ID:33wiKmIo
冷泉帝の悩みを知ってか、ある日の暁のこと――。

        ______
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
     /     , ┤ /・|・\ |、 \
    /   /   ` ー ● ー ′\ヽ   御上、浮かない顔を
   l    /  ──  |  ──  ヽ   しておいでですね…
   |  /    ──  |  ──  |
   l  |    ──  |  ー─  l
    l   |        |        /
    ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /
     >━━━━━O━━━く
    /    /      ヽ  ヽ


    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ   僧都…
 .|    (__人__) |
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ
596 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:27:27.25 ID:33wiKmIo
この僧都は、歳は七十ばかり。
故藤壺中宮の母の代から祈祷僧として信頼されており
藤壺中宮も、冷泉帝も非常に尊信なされていた。

        ,  -───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

そしていまは、冷泉帝の夜居の僧として宮中に侍っている。
597 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/22(土) 01:27:51.27 ID:zWdnn1Y0
ドラちゃんwwwwww確かに頭は丸いので僧侶っぽくはあるが
598 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:28:35.13 ID:33wiKmIo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   夜居の僧、とは天皇護持のために
  ミ゙ ゚ -゚ノ    清涼殿の夜御殿(よるのおとど)に控えていた
  √¨l-゚]、   僧侶のことをいう
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   僧は祈祷をして、貴人の平穏を保つのだが…
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   その職務上、かなりプライベートなことまで
  (゙ /  |ゞ   知ってしまうこともあったようだ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
599 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:29:26.42 ID:33wiKmIo
      _____
    /   − 、−、 \
   /   , -| /・|・\|- 、ヽ   近頃の異変のことですね
  /   / U ` −●- ′ ヽi.
  |  /  二   |  二   |   …ぼくに、心当たりがあるんです
  |  |   ─   |__ ─  !
  ヽ ヽ       __)   /
   \ ヽ     _)   /
    l━━6━━━━┥
    | /    \   |


    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ    ほ、本当かい!?
 .| U  (__人__) |
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           


  ――--、..,
  :::::::,-‐、,‐、ヽ.
  :::::_|/ 。|。ヽ|-i、     ぼくの胸ひとつに隠しておこうと
  /. ` ' ● ' ニ 、     思っていたことなんです
  ニ __l___ノ
  / ̄ _  | i      でも、申し上げないのは不正直だと
  |( ̄`'  )/ / ,..    御仏もお思いになるかもしれません…
  `ー---―' / '(__ )
  ====( i)==::::/
  :/     ヽ:::i
600 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/22(土) 01:29:55.49 ID:g66qJL2o
「プライベートなこと」

それが問題、大問題だなww
601 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:30:49.40 ID:33wiKmIo
           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ    実は、御上が藤壺女院さまのお腹に
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ   いらっしゃったときから…
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l
 .     |  l   ─   |   ─    l  |   女院さまはひどくお嘆きで
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !   ぼくに祈祷をお命じになりました
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
     ヽ   ヽ━━━,−、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ


          ____
         /−、 −、   `\
      / |  ・|・  |- 、   ヽ     そして、源氏の大臣が
     // `ー●ー ′ \   ヽ     いわれなき罪を負われた時も…
     l  三  |   三     ヽ   l
    (___|___    |   l    女院さまはいよいよ恐ろしくおぼされて
     ヽ l    __ `ヽ  !   /     ぼくに数々のご祈祷をお命じになりました
     _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
   ( __)ー━━O━━━━━く
     \ |/ ____ ヽ /⌒i )


     / ̄ ̄\
   /       \
   /   ─  ─ ヽ    源氏の君…?
  .|    (●) (●) |
  |    (__人__) .|    どうして、源氏の君がそこで出るの?
  ヽ     ` ⌒´  /
  /   ヽ     ノヽ
 ./ /   ∩ノ ⊃|  |
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
  . \ /___ /
602 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:32:01.42 ID:33wiKmIo
          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \    
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ    …女院さまのお嘆きの原因は
.   /    /       ̄ ●   ヽl    源氏の大臣にあったということです
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ


      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ
   .|    ─  ─  |    ……?
   |  U (●) (●) |
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /
603 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:33:29.28 ID:33wiKmIo
         _____
     /,´- 、 − 、    \
    /,-|./・|・\ |− 、   ヽ    女院さまの依頼をお知りになった
    |  ` -● −′  \  i    源氏の大臣は…
    |  ─ |  ─     i  |
    |  二  |  二     |  !    それに加えて行うように、と、またぼくに
    ヽ  / ̄ ̄ ̄ \   |  /    祈祷を依頼されたのです
.     \ヽ____)  / /
     ○ ━━6━◯━━ヽ
      \|/ _____\   ヽ


        ,  ────- 、
      /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
     /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ    まるでおたがいがおたがいを
    /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ    かばい合われるように…
   l    /  ──   |   ─  |
   |  /   ──   |   ─  |    女院さまと源氏の大臣は…
   |  l    ──   |   ─   l    ぼくに祈祷を依頼されたのです
    l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /
    ヽ ヽ   (_____ノ /     ……どういうことか、おわかりですか?
      >━━━━━ O━━─( _ )
     /   /       ヽ  /


     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)   …………。
  .|:::::::::::::   |r┬| |
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)
604 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:34:27.53 ID:33wiKmIo

     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)   僕は…僕は…
  .|:::::::::::::   |r┬| |
  ヽ::::u:::::::   `ー'./    母上と源氏の君の、子…なのかい
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)


      _____
    /   − 、−、 \
   /   , -| /・|・\|- 、ヽ
  /   / U ` −●- ′ ヽi.
  |  /  二   |  二   |   …………。
  |  |   ─   |__ ─  !
  ヽ ヽ       __)   /
   \ ヽ     _)   /
    l━━6━━━━┥
    | /    \   |
605 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 01:35:20.17 ID:EcM5jBQo
ちょwwwwww聞かれもしないのにベラベラ喋るなよww
606 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:35:55.59 ID:33wiKmIo
冷泉帝はさすがにショックを受けた様子だった。
僧都は、気まずく思って退出しようとする。

      ,  ───  、
    /          \  っ
   / ヽ            ヽ っ
   l’\|─‐ U 、         ヽ     …大変なことを申し上げました
   l  ノ     \         l
  ●´ ──      ヽ         |     もう夜が明けます
  ノ  ──      ヽ      l      ぼくはこれで…
. (   ──        l    /
  ` ー、── 、     |     /
     ` ー,-、━━━━━━ヽ
        .ヽフ `ヽ


    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ    ま、待って!
 .| U  (__人__) |    
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ
607 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:37:25.52 ID:33wiKmIo
      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ    …ほかに、このことを知っているのは?
   .|    ─  ─  |
   |  U (●) (●) |    
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /


        ,  ────- 、
      /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
     /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ     おそらく、ぼくと王命婦だけでしょう
    /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ
   l    /  ──   |   ─  |     命婦はきっと、女院様の意をくんで
   |  /   ──   |   ─  |     御上にもこの事は申し上げないでしょう
   |  l    ──   |   ─   l    
    l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /
    ヽ ヽ   (_____ノ /
      >━━━━━ O━━─( _ )
     /   /       ヽ  /
608 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 01:38:07.05 ID:iYzdrKko
ジャパネスクとか読んだらピンと来るんだけど、コレって立派な皇位簒奪なんだよな〜。
609 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:39:50.83 ID:33wiKmIo
      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ
   .|    ─  ─  |      母上の意、かい?
   |    (●) (●) |
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

      _____
    /   − 、−、 \
   /   , -| /・|・\|- 、ヽ    ええ、女院様は誰かに知られることだけは
  /   / U ` −●- ′ ヽi.    恐れておいでのようでしたから
  |  /  二   |  二   |
  |  |   ─   |__ ─  !
  ヽ ヽ       __)   /
   \ ヽ     _)   /
    l━━6━━━━┥
    | /    \   |
610 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:42:01.49 ID:33wiKmIo
         _____
     /,´- 、 − 、    \
    /,-|./・|・\ |− 、   ヽ    けど、このまま御上が真相を知らずにいらっしゃったら…
    |  ` -● −′  \  i    天のお咎めは、まだまだ続くと思いました
    |  ─ |  ─     i  |   
    |  二  |  二     |  !    だから僕は真実を知る者の責任として…
    ヽ  / ̄ ̄ ̄ \   |  /    畏れ多いことですが、奏上することにしたのです
.     \ヽ____)  / /
     ○ ━━6━◯━━ヽ
      \|/ _____\   ヽ


     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ
   /:::::::::  (○)(○)     そうか…
  .|::::::u:::   (__人__)
  .|:::::::::::::   |r┬| |      
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)
611 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:44:37.89 ID:33wiKmIo
      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ     ありがとう、僧都
   .|    ─  ─  |     
   |  U (●) (●) |     まだ頭の中グチャグチャだけど…
   ヽ    (__人__) /      このまま知らずにいたら
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ      僕は父を臣下として罪を重ねるところだった…
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /


        ______
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
     /     , ┤ /・|・\ |、 \
    /   /   ` ー ● ー ′\ヽ
   l    /  ──  |  ──  ヽ    御上…
   |  /    ──  |  ──  |
   l  |    ──  |  ー─  l
    l   |        |        /
    ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /
     >━━━━━O━━━く
    /    /      ヽ  ヽ
612 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:46:34.99 ID:33wiKmIo
ほどなく、朝顔の斎院の父・式部卿宮が亡くなったとの知らせがあった。

   :::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::ハ
   /   ::/:::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::::::ヘ::::::::::::::ハ
:::::::::/........  /    / ::::::::i::::::::::::::::l::::::::::::::::l::::::::::::::::ヘ::::::::::::::ハ
::::::::i:::::::::::::::i::::::::::::::/::::::::::::l:::::::::::::::::l:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::i::::::::::::::::i
:::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::::::l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l:::::::::::::::l
┬:L:::::::::::::l:::::::::::::il::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::;;;;」
. l::::::¨iー-:L__l|::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::l_;;;;;;:::--ー'''7
 i::::::::l:::::::::::::::::::l、`ー―┴―――'ー――i'':::::l:::::::::::ll::::::::i
. l::::::::l:::::::::::::::::::lヽ、      ,      ノ:::::/::::::::::l:l:::::::l
  l:::::::::l:::::::::::::::::l:l::::`:;::...、..  ー‐ ,,.....,:::'::l:l::::/::::::::::::l:l:::::::l
.  l:::::::::ヘ:::::::::::::::ll:::::::l:l:::::,ノ` ー ' ´l、:::ll:::::l:l:::/:::::::::::::l::l::::::l
.  l:::::::::::ヘ::::::::::::::l -Tl ¨        ` -リ:/:::::::::::::::l::::l::::.l
613 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:49:08.04 ID:33wiKmIo
天変地異や、世に重んじられる人々の死が重なり…
冷泉帝は、それも自分の負う業ゆえかと戦慄した。

     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ    許されぬ関係の子に生まれ
   /:::::::::  (○)(○)  実の父親を臣下とする…
  .|::::::u:::   (__人__) 
  .|:::::::::::::   |r┬| |   なんて罪深いことなんだろう…
  ヽ::::u:::::::   `ー'./   このままじゃこの国も…
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)
614 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:51:30.94 ID:33wiKmIo
煩悶し、寝所から出られない冷泉帝。
やがてそれを聞きつけた源氏が参上した。

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\     帝、いかがなされました?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    朝になっても寝所に籠られたままと
/     ∩ノ ⊃  /     女房どもが心配しておりましたので
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ
   /:::::::::  (○)(○)  あ、いや…
  .|::::::u:::   (__人__)
  .|:::::::::::::   |r┬| |   何でもないんだ
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)
615 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:52:54.16 ID:33wiKmIo
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\     お母上が亡くなられたばかりで
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    心細くいらっしゃるとは思いますが…
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    
  . \ ヽ           /


          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\       この源氏がおります
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \      どうかご心配なく
    |      `-=ニ=-      |
    \      `ー'´     / +
616 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:53:47.34 ID:33wiKmIo
                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \   さっ、お悩みはやる夫に
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \  お話しくださいお!
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ


      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ
   .|    ─  ─  |   ……いいの?
   |  U (●) (●) |
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /


                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /   もちろん!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /     解決に向けてお手伝いしますお!
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ
617 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:55:29.55 ID:33wiKmIo
    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ  僕は…
 .| U  (__人__) |   僕はあなたに譲位したい!
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
618 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:56:39.38 ID:33wiKmIo
         ___
        / .u   \     い…いきなり何を仰るんですお!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ
   /:::::::::  (○)(○)    近年の異変は…
  .|::::::u:::   (__人__)     帝の僕に、深い業があるからなんだ
  .|:::::::::::::   |r┬| |
  ヽ::::u:::::::   `ー'./     だから…だからあなたに位を譲ればきっと…!
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)
619 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:57:30.78 ID:33wiKmIo

    / ̄ ̄\
  /  \.i||i./\
  /   (○) (○)ヽ   だって、あなたは…
 .| U  (__人__) |    あなたは、僕の…!
 .|     `|::::::|  .|
 ヽ     .l;;;;;;l  /
 / ヽ    .`ー' .ノヽ
/           .ヾ


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\       御上、いったいどうされたのですかお!
     / U  (__人__)   \      いい加減になさってくださいお!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl
620 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:58:32.21 ID:33wiKmIo
       ___
    /     \
   / ヽ  /  丶      やる夫が臣下に降ったのは
  /  (●) (●) ヽ     我らが父上…桐壺帝が
  l::::⌒(__人__)⌒:::u:l     やる夫に帝の才覚がないと考えられたからですお
  \  |r┬-|   /
  /   `ー'´   ヽ      やる夫もそれで良かったと思ってますお
  し、       ト、ノ      今更、覆りはしないのですお!
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l


      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ    "我らが"父…そう
   .|    ─  ─  |
   |  U (●) (●) |    あなたはそう言うんだね…
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

           ____
         /      \
        /  ─    ─\     (…御上?)
      /    (●)  (●) \
      |  U  (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \
621 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 01:59:47.63 ID:33wiKmIo
            ____
          /      \
        /         \    …どうも、御上はお疲れのご様子
      /   _ノ   ヽ、_   \  
      |   ( ●)  (● )  |  本日のご政務は結構ですお
      \    (__人__)    /  ゆっくりお休みくださいお
       γ⌒  ` ⌒´   ⌒\
622 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:00:59.06 ID:33wiKmIo
冷泉帝の要望を断った源氏だったが
それからのちも、たびたび皇族復帰への打診があった。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     御上の態度…
 /  (●)  (●)  \
 |  U   (__人__)    |   まさか…いや、考えすぎかお?
 \      ` ⌒´   /
623 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:01:51.39 ID:33wiKmIo
「冷泉帝は、出生の秘密に気付いたのでは…」
不安に思ったやる夫は、王命婦のもとを訪れた。


              , :':´ ̄`ヽ
    , . :-:―:-v七く : : : : : : : 廴_
    く: : ; =イひrくノ^V^丶、_:」へ `丶、
    ∨:_:ノ7/丁  、  ヽ ヽ: : : : :> )
     /.7/ / l |   l  |l \:ハ ∠=┐
   /.:.:l ' ,′| l   | l   ! | !   〉彡く、
   しーJ| l|  l  、  | L - ‐ |  〃 〉  ))
  <丶/ l八 _>‐ヽ l ,ィf=ミ ノ|∠三ミ}
   ∨_ヽ、ヽrfうY ノ  ゞッ{彡厂 ̄´
    }ミ≧} Yヘ ゞ′ _ " .イ^フ
.    〉-=ミ 八 > '⌒丶_ /じヘ、
    /    !ヽ/_ |   トr彡勹7丶
.  〈    |、  `l   |个x,.:'´: : : ヽ
   '.    | ヽ  \ 丿||:/: : : : : : :!|
    |ヽ  ′ o、  Y _|l」 : : : : : : ハ
   ! V    ` riノ」: : : : : : r‐'′/__
   r'⌒Y⌒丶、/: : : : : : : :/: : ∠_ ̄ ̄))
   〈 _`ンヘ   ヽ : : : : : : : 厶-<て(  ̄ ̄
         、   i: : : : : ; '´    } ))
         ヽ  |.: : : :/     / 《
          ` ー' : : : {   /
624 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:03:08.03 ID:33wiKmIo
      ___
    /     \      …ということがあったんだお
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \  命婦、もしかして秘密を申し上げたのかお?
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


イィ-' /   / /     l ヽ  ヽ ヽjヽ
    l   j ,イ|     || ヽ!   |   |\
    ! l  ハ| {l.ノ   ヽリ| ノl|   l    !ヽ    …!?
ト、  {弋ト_エj≦トヽ  /ノ ノ7ナ十‐イ'  //
\ヽ、ヽ 7,<:ヽヽ `´ /,<:ヽjく ノ_ イ'′     そ、そんなこと恐ろしくてできないの!
_ ソ T l::T:}.:|     {::T:}.:} ノ'7ヽ/ _ -    命婦じゃないの、信じて!
- {二ヽl、 ゞ--'   、  ー‐'- /‐_ 二{ _
二}ニー<〈 '''''  / ー ヘ  ''''' /r‐_'_-j‐--'
./>>`ノヽ、  {    }  , く'-ァ>r_ーニ=
  ̄     ,.>‐`_ー_´<、   ̄   `} ̄
、 、   //ィ  ̄/ Hヽ ̄ヽ\ ,


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ     そう…だおね
   / _ノ ノ    \  \ `、   
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /
625 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:04:12.54 ID:33wiKmIo
.   __      ,._,r..rァ、
,r>'-ー`、ー- 、,r,ィ'´:.:.:.:{l  ``tj
<:.:.:.:.:.:.:.:rヽ_r/:.:.:.:.:.:.ト|.:.:..  イ
.ゝr f_Tニヘ__ヘ>r、 ト|   k
. 7'´  /      、くー -、<
//   /      l ゙ゝ,r ト-゙     桐壺院様をあざむき
/  ,'       l:.  ヽ:.|       御上にすべてを隠す…
'´ .:l..:,:      . :.|.:.  ヾ、
...:.:.ノ'      :.:.:.|:.:.:..   ヽ     女院様は、いつも悩んでた
:/         :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:  _,>、
_ ........ _   :.:.:.|:.:.:.:._:.ィ" ノ   でも…真実を話すことだけは
 __ ....... _ ̄:.`:.:.:|:.:.´:._.. _='"' フ  どうしてもできなかったの
>=r¬'"´ ̄``:._:.イ、:":´_:_;. - '´
,ィ `ヽ=三≧_Tニ,´ ¬<       そして…そうするわけにはいかないの…
   :.:.`¬'"       \
.、,       l/   ..    ヽ
:/      /.   .:.:.:.:..;.: /
'      ..:.;.\:.:.:.:.:ト:.': へ、
-:ヽ_:.:._:.:<:.:.:./:.:.    ィ.. /
7¬'::ト、-‐ヽ:::\、:.:.:.ヽ:/.:.:〈
./:/7'ト::!  〉::::l:.:了:.:.:   ハ
':/:/ |::ヽ /::::/  |:.:.:.    ヘ

       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \      …そう、だお
  /::::::::::         \     その通りだお…!
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;
626 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:05:03.05 ID:33wiKmIo

       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:     やる夫のせいで
     ;: |          :::::::| :     藤壺様をお苦しめしてきたんだお
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。       そして、いま御上をも…
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:        いったい、やる夫の恋は何なんだお?
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"


  ___
  {l:.:.... : ̄:l}^^'ヽ、   ,ィ= 、_
.   {l:.:    :.:l}:.:、:.:.:.:.ヽ_〃 /.:`^冖=.、、
  〃   ..:〃-:-`‐:.:.:{|:.Y__:_:_:_:_:_:.:.:.:〃
,.ィl     :.l} , ィア´丁フヽしヽ丁ス:.:.:.:.l}
 ア  ̄``┴/          ヽヽj}
:,:フ:.:‐.、 :.〃/       /       ヽ>
    .:/ヽ'' /:      / /       ヽ
  ..:.:.l:l.:.: l:.:   :  / /:       i   ',
、:.:.:.:.:.:|:l:.:.:..!l.:  :.: !l l.|.:  :     l    |
:.:\:.:.:l:l:.:.:.:l !.:__:._:_l_l_l_レ .:|   / :/.:.!|    源氏の君…
:.:.:.:.:Y_ヽヽ、ヽヽト、N l:l l:.:.:/:/、〃:.:/:.:/リ
ニ._-}二二ア c==ュ` ∨_/∠7/イ、
‐-:.:.:_Y二ア、  " " "  '////ヽーァ:.:.\
三-_  て\_丶、   ‐-_ヽ!」」ノ_ l、 ̄:.>′
'       ヽヽ/T二´:..`Y|ヽュ lヾく
:.:... :. l.;.:.. ./ /Llノフ´ヽ,く |ヽ ヾュ!. ヾュ
へ/:.:`   </_/|ノュ   } ,l :.:ヽ、:ヾュl}
、/:.    .: /`ヽヽヽノ l l :.:.:.:.:.:ヽ/
,:ヽ、:.:.......;.-/    .ヽヽト:.:.l   .:.:.:/
:.:.:.:.:ヽ:.://   ..:.:.:.:.:.|::|:l}、:.:.:.:.:.:.:/
  :.:.:.〈:.:     ..:.:.:.:.:|::|:|}、`` ー′
627 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:06:26.99 ID:33wiKmIo
                    f´   `Y´`ヽ
                    |     リ    ハ
                     |    /     l
              ィチ ┴─‐ r< i i |
           ,. ´´フ´ 〉_/   `  、つ'´/`ヽ
        ,   ´  / / /    ,/  /  \/     〉
    ,.   ´    /   l i   //   /    ヽ  /
   /        /     | | l 〃i  /l      ∨
  /       /      l | トLL_',  !_l |      lヘ{
  ∨    / _ === Y彡ノ 斗Tヽヽ| |∨   /  l `
   ミミhYて´  ____ ミミh、 hソ     ヽlノ/  ノl    でも…
   | ̄ ̄> ´     (にニ   `       r、/彡´/     全部が、不幸せなわけじゃないの
   \-─ヽ  _____ノ<´        , /ソ '´
     ` ─=-==ィノノヘ.       c   ∧)        宮様は、仰ってた…
          / /´    ヽヽ  __  <辷)
            / /       )   ミ辷≧ソ
         / ` 、    < ll\、
        /    /      〉=〃
       ',    (_     〈 l!
628 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:07:00.61 ID:r0Kf4dIo
こんな秘密、胸じゃなくてポケットに隠しとけ、ドラちゃんwwwwww
629 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:07:30.27 ID:33wiKmIo
                      ,,,,,,,,.
                    ,,,,,l./ \
                      ,,,,j/    `i、
                 _,,,ll/     ,,,,Δ
                ,,i,,ll/    ,,,,,/lll,,,|ll| ,,,_
              ,.. llll/   ,,,,/l||l゙゙゙   |!lll,゙゙゙llll,
              、,'"`、l∠/,,/lllll゙゚゙”     l ̄~゙'゙l|l゙l゙゛lll|゛"|l:.
        , il|||l,i,,,,,,,,'` 、/lllll゙``_____|     ` ̄''./  _
      .,rl,/ ̄: .,,,,,,`、,' l||||l l||||l l||||l l||||l l||||l       ./〜−´ `、
     ,,yj/ /lll゙/lll,-、,!,!/ //  | | | |\,       |〜´〜 /(
    ril/   /lll /lll\ ( ./// | | | | | '''''l.`、,,,,,,,,,,,,,,,,,,|   ./ /
   ,ll/   /lll /lll |  |  |  | | | | | | | | '''''l||l l||l l||l/  ./ /
   .'リ|  | /lll /lll |  |  | | | | | |`‐|┼!┼|‐| |  |  / / / ̄`/
   .:l|\| |lll /lll |   | | | | | | | || |_|// |  | // /  /
  .:l||/ | |lll |lll| | |  | | | ,| | | |. | ,イ::::::ヾ'| |  | / /  /   今度は幸せな夢を見るって…
  l|/  | |lll |llll | |  |  |/| | | ′ 弋:::ン//  |//  /.,,
  `ヽ,、., \|lll |llll || |  |/ |_ _| |        \ /,,,,,_. | /l    幸せなだけの夢の中で
      `゙| `゚'゙/llll゙|/| '| /:::::ヽ      """ / /__ /\|,,//    永遠にたゆたうんだって…
      ゚!、 /llll゙,ン  \゙x 弋:::ン  `  _     |∠'' ((,,(..,,,. '''''
       \|llレ'/== ゙'\       丶 )   | _ ∨''        藤壺様は亡くなられる間際に
        /  (__ ,,,,/ ゙'フ"       ,/  `、ヽ. . : '´` 、    仰ってたの
          (⌒ 、)/./ ,, ̄/``:゙゚'ヶv ,, -‐'''ソ     `|/_    ` 、
         ̄)) \ ''''',' ,/ /-== - 〜l´       l// ̄`、  .`、
          ̄     ̄/ ヽ、,′   | `、 __,-‐.,´´``、/ ̄`、||l l||l |l:
              /、      |  .|  \/ '      `/ ̄ `、 ̄``|||
             /:: ::\ \/  |  | /|||l l|||l l|l:.   `/ ̄ `、.:ll l||!
             \:: ::\  、  |   | ̄ ̄ ̄ ̄` .lll:. /   /!||i'//
             /            | `、     ` .|||l:.  /|lll/ /\
630 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:09:03.55 ID:33wiKmIo
         ___,.. --───-、      ,.-───-- ..__
          ヽ          \(こ)/         /
           ヽ         \_  _/         /
           |     _,. -─ ァ'  ̄ヽー--  ..._     !
          /|_,. -‐ '´    /-──- \    `  、|
        /  ヽ.     /         \    /\
         \   \ ,.イ  /         ヾ、./  ___ヽ
          / __,rッ'´   /  /      i    i ゙ヾ   |
         厶r'゙7      /   i      l     l   ト、 |
       /   !/    /   !        l     !   l `\         その夢はね
      /    |! l    |   i| l     j |   l   !    \
    /     l |  i _,|rt─┼{i.   ‐/‐/- 、 /!   j     \      きっと源氏の君との夢なの…
   /__ ___      \!、 \_ij,.==ニ  \_//ム.._/メ  /         ヽ
    {-─ ‐- =- 、.__,.ト ソミ〈 { .ィr }       ´{ .ィr Yz_,イ           i
   \_,.=ニー- 、.._く ` くi.__ ゞ-'′   ,    ヾ..ン ' ハシr=_,ニ二二ニ  j
      r─二ニー-干ーzく       .____.     fニ_ -┘   _   /
     ヽ=ヘ三ニ-\___/\           ,.ヘニ-‐=ニZ_  ̄`
         ` ー-ュ-─<ニ>_、._   _,.. <ァ'了--= _    `ヽ
          /      >トr| `¨ ´ト‐<r'´ ̄ \こ>‐ー '"
          ヽ.        \__  __,/      \
         ,. ィ⌒ヽr=、_ _,. -─-ユ.fニ─-、.     /_,ノ
         {       // ̄`7トlく⌒ヽ、.\  // `ヽ、
        ヽ、_ハ l // /   / / !ハ    \\     _ノ
        /    Nヽ   / /| i| !    〉 }_,L_,. く
       /      |ヽ.\/,.イ | | ト、\ /,.イ     \
      /       j  `ー-' / | | | \ / |       ヽ
631 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:10:27.63 ID:33wiKmIo
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    …藤壺様
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \    藤壺様は、夢の中…
  /:::⌒(__人__)⌒゚:::: \  
  |  l^l^lnー'´       |   やる夫には決して行けぬ
  \ヽ   L        /   まことの夢の中へ赴かれたんだお…
     ゝ  ノ
   /   /


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \     やる夫は…
    /  _ ノ   ヽ、_   \   やる夫にできるのは…
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /   うつつの形見を、守ることだお
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ
632 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:12:03.86 ID:33wiKmIo
        ____
      /      \
     /  ─    ─\    …ありがとう、王命婦
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |  道が、見えてきたお
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ
633 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:13:14.89 ID:33wiKmIo
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
   \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ 
    /    r''ヽ、.|  
   |     `ー-ヽ|ヮ 
   |       `|     ーーー   
   |     `ー-ヽ|ヮ        ノ    
   |       `|        ノ       
   |.        |         
   ヽ、      |      ーーー ヽヽ   
     ヽ____ノ          ノ    
     /_ノ ' ヽ_\        ノ     
   /(≡)   (≡)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / 
  |     |r┬-|     |  (    
  \      `ー'´     /    \

第二十一話「母」、おわり
第二十二話「昔の恋、いまの想い」につづく
634 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:15:09.53 ID:BhaHof6o
635 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:15:48.81 ID:t7kSE1Uo
乙でした。

それにしても、若いころはともかく、成長した源氏と藤壺とのやり取りは
趣深いものがありますね、酸いも甘いも噛み分けた大人の男女という感じで。
藤壺の死に、不覚にも涙しました
636 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:15:55.19 ID:cmljcw2o
乙乙
源氏知らないからこれからどうなるか楽しみだぜwwwwwwwwww
637 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:17:00.33 ID:j45/LuM0
乙!!
今回は切ない話だったな。
638 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:18:53.19 ID:lg.Du4Mo
乙です
遅くまでお疲れさまです
今日は盛りだくさんでしたね
明石親子の別れ  かがみとつかさの別れ
葵の上のおとんとの死別
そして運命の人藤壷との永遠の別れ…
やっぱり源氏物語は面白い
千年読み続けられただけある
そして1さんの演出力もすごい
639 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:19:31.71 ID:bNbvcVco
乙でした
夢の中か…
640 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/22(土) 02:19:39.93 ID:33wiKmIo
いやー…1カ月ぶりの投下、遅くなりまして申し訳ありません
遅い時間までお付き合いいただき、ありがとうございました

次回は8月29日(土)21時から投下したいと思います
よろしくお願いします
641 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:20:38.28 ID:r0Kf4dIo
俺の中ではやる夫スレのつかさはもはや死亡フラグ
642 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:21:08.99 ID:mi7mxmIo

次回も楽しみにしてる
643 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:36:33.13 ID:J38ElBMo
乙でした
今回は色々な別れが詰まってて切ないお話でしたね
源氏の君ももう若者じゃなくて貴族社会を支える屋台骨世代だってしんみり。

…でも相変わらずアレな人だとは思いますがwwwwwwww
644 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:40:45.47 ID:iYzdrKko
乙です♪

藤壺と源氏の間柄が、日本での忍ぶ恋の原型みたいな物なのでしょうかね。
645 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 02:44:41.63 ID:EcM5jBQo
乙>1氏
宇治十帖の横川の僧都もだが、どうも源氏に出てくる坊主って下世話な俗物な希ガス。
当時もそういう生臭坊主多かったんだろうな。
646 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 05:44:48.38 ID:KyIXToco
しかし洋の東西を問わず、聖職者ってのは秘密を知りやすいよなぁ。
647 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 07:54:53.65 ID:JiwveIAo
おつおつ!
648 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 09:53:07.54 ID:nMdaGs.o
乙です

冷泉帝も気の毒だなー
649 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 12:14:33.17 ID:awlkoM.o
明石の尼君のAAって誰だっけ
650 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 18:22:31.37 ID:aTBhaTso
柊いのり(らき☆すた) かがみ・つかさの一番上の姉
651 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/22(土) 22:35:15.43 ID:awlkoM.o
ありがとう
652 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/28(金) 16:08:01.20 ID:Lqlkocco
予定変更のお知らせです

次回は8月30日(日)22時ごろからの投下に
変更したいと思います

申し訳ありませんが、ご了承ください
653 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/28(金) 16:14:03.06 ID:RXIaTqEo
把握した
654 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/28(金) 16:41:27.27 ID:2cK3Xugo
把握
655 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/28(金) 17:38:12.83 ID:gs7qOmwo
了解
656 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/28(金) 18:13:39.24 ID:F8/M4Uso
ゆっくり書き溜めてね!
657 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/28(金) 20:19:58.51 ID:qafQSV6o
選挙の結果が出始める頃っすねw
658 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 20:34:50.69 ID:8nxutAco
改めまして、アナウンスです

本日22時から、予定通り投下したいと思います
今日は本編+おまけつきです

では今しばらくご歓談ください
659 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 20:36:57.17 ID:r3rN.EYo
りょかーい
660 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 21:09:58.38 ID:WGUfmUAo
待ってるよ〜
661 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:00:49.77 ID:8nxutAco
いずれの帝の御代であったか…。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。

         ハ ぃ//  レイ `ヽ`Y´
 __       {二} /,ハ\ |jヽ'⌒|´|     ト〈〉イ
´ `ヽ ,. - 、 ヽ.V/ | \`ー┴-\j_」    VV
⌒7ヽレjヽ  レ'ニニ.ヽ| | `二ニ=-、 ,二ニ=-、| |
\i//,ハ/\「   レ′ |// ,二ニV 八  ヽV
_/ヽ/  \__〉    | |!_,.ィ\/ j _,ソ   i i
_/           | |    |`7,>'´.| \  | |
 「 ̄ ̄`ヽ、      | |   レ' \/ |\| //
 ヽ  ̄`ヽ、i,. - 、  | |       `ー--' // ,. -=フ7
   >---K=- 、 i  | |         /厶{ { { |
 / \/,| \_ソ | |,. -─¬─-、∠二==ニ}=- 、 ヽ
./ \,ハ !  Fミ、  /::::::::| \::::::::::> 、  / / ! i i
  \ハ |/  ト=-| /::::::::::::::|   ヽ:::/ /:::ヽ{ !  | | j
\_/ ,レ'   ト、二ソj::::,. -─'    V /::::::::::::i \ ヽ ∨
_}/`ヽ、 ,ハ   ハ_,. --- .      二ニ=-|   ` →′
  \\/∨  \/ \::::::::::::ヽ  /´::::::::::::::/
    >≧!ー-厶  |//`ヽ::::::::} !:::::,. <´
  /  `ヽ/| X∨/ |   `T T´ /Τ>- 、
 /  ̄`ヽ/ヽ,ハ/}(}′|     トハハイ {__,厶-─¬>
./  ̄`ヽ,ハ/  |/| |    ><_}∠  <´
´ ̄`ヽ//     | |   /\,. -=ヲt二ニ=-,ハ
二ニ=-'´        | |ヽ. |`フヽ/ / \ / ̄|
               | | 〉〉 |个/\ !  /ヽ/ |
               | //  レ'   `ヽ、!  \ |
               |,//           ̄`ヽ_j

   第二十二話「昔の恋、いまの想い」
662 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:03:38.37 ID:8nxutAco
源氏は今年でもう32歳。
若く青く輝いた少年の頃は、すでに昔の話である。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |   
  \      `ー'´     /
   /` ‐- __ - ‐‐ ´ \
  / .l        _,,ヽ ___ 〉、
  | l (´・д・`) / ,' 3 `ヽーっ
  ヒト- _    l   ⊃ ⌒_つ
.   !__   ̄, ̄ `'ー-┬‐'''''"
   L  ̄7┘l-─┬┘
    ノ  ̄/  .! ̄ ヽ
  └‐ '´   ` -┘
      Before


            _ _ _
         「 ̄    .:.:.:.:::::|
        |, -───‐-|
        __」.-──‐─┴‐‐-、
      く______ ____ _/
       / ─    ─ \ ) )
     /  (◎)~(◎) ̄ ̄( (   
     | (___(__人__)____) '~ζ|
      \    ` ⌒´==□/
       ヽ、       /
        / `ー――‐''|ー-┐__
     //::[ ̄l丁 ̄/ /:: :: :: !:::: ::` ー 、 _
    /:::/::::/  ̄ ``′/:: :: :: ::!:: :: :: :: :: :::: `丶
    ./::::/:::/      /:: :: ::_ ∠:: :: :: :::: : :: :: /|
    l::::/:::/ .l .,! .|  /:: :: ::,イ∠ !:: :: :: ::: :: /:: :: |
   /::/:::/ | ! .|  /:: ._, -X_.入:: :: :: : :/:: :: :: ::|
   !/:::/  ! .| ! メ∠匸 !l/.ヽ.イ .入_:: : ,':: :: :: ::. :|
  レ':::l  l l l"/:: |.ヾ" へ〉 /ハ∨:: :/:: :: :: :: :: |
            After
663 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/30(日) 22:05:29.61 ID:wBM5.X60
待ってました!
664 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:06:05.63 ID:8nxutAco
朝廷の中心人物として栄華を極める源氏であったが、
近頃はその繁栄を冷静に見つめることも多くなっていた。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     …一見ずっと昇り調子かと思ったら
/    (●)  (●) \    ふとしたことで落ちることもあるお
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   出世して世間にも重く扱われて…
/    (─)  (─ /;;/    でも、それで調子に乗ってはいけないんだお
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
665 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:08:37.54 ID:8nxutAco

       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\       もしも…後の心配がなくなったあと
    /    (ー)  (ー) \      仏の道に入ったなら…
    |       (__人__)   |
    \      ` ⌒´   /     それはそれで、きっと安らかに
      / ヽノ   ⌒\__     過ごすことができそうだお
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \     そう…あとの心配がなくなったら…
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


やる夫は、心のスミで出家を思うことさえあった。
666 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:10:37.85 ID:8nxutAco
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   この時代、年をとってから出家し
  ミ゙ ゚ -゚ノ    (これを入道という)
  √¨l-゚]、   仏道修行に励むことは普通だった
  (゙ /  |ゞ   
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   藤原道長も入道しているし
  ミ゙ ゚ -゚ノ    長生きした女房らも
  √¨l-゚]、   晩年は出家入道したという話が
  (゙ /  |ゞ   いくつか残っている
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   出家して仏道修行することは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    死んで生まれ変わる来世のための
  √¨l-゚]、   功徳になるとされた
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)    より良い未来のため、人々は髪を切り落とし
 ム-ノ__|_jゝ    進んで僧になっていったわけだ

【引き続き、物語をお楽しみください】
667 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:12:46.92 ID:8nxutAco
心安らかな未来への希望…それを思い描きながら。
それと同時に、若い頃の輝きがふと懐かしくなることもある。

         ____
       /      \      あの頃のやる夫…
      /  ⌒  ⌒ \     馬鹿だったけど、心惹かれる恋もしたお…
    /    (●)  (●) \
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /
    (⌒\     /     /    /
    i\  \  ,(つ    /   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)
668 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:14:22.80 ID:8nxutAco
特に……藤壺女院と六条御息所との恋は
源氏が懐古してやまないものとなっていた。

 !:::::::::::::::::::::/::::/   l l    ,l   | |  l   ! !   l      l l::
 !:::::::::::::::/!:::/ |    ! ! |  / !    !_!-‐ァ l | |    |      ! !:
 !:::::::::/,-、∨ _!__, --、|  ! |   | !   |`r'´!  l ! |    |     <
 |::://:::::::!:! | {   }`゙`ト!、 ! |    | !/  ! ハ |     !      !:
-、!'/:::::::::::ノノ! !ヽ!`T´!   !| !`ト、 !    ! !  // ! !    !         |:
ヽヽ:::,、:::/ィ ト、|_ァ=ァ==ミ、トl !  l   ,イヽ!,イ/  l ハ   |       !
 〉!:/::ヽ/|  | ヾ  {っr⊂かミヽ|  ! // /メ  _// !  | !     | |::
_/∧::::::::) l!  !  `┴-ニ、ノ     V //〃 ヽ/'``ト、 l l    l | l::
-'  ヽ:/l  |ヽ !      `       '´ /' _   /イ メイ    ! l /::
-ヽ  ヽl  | l |                7っ`ヽ'´ l// j  / / /レイ::
  ヽ l   ! | |                _{ r⊂∧  ,.イ  / ,イ /-イ !::
\  ヽ!   |  ! !            /    `ヽン ノ// , イ/彳  ! l:::
_`ニ=|  |  l |        、   '´          ,イ l イl l  |:::!   ! !:::
::::::::::::::!  |\ ! l      ` -       /イ /  l !|  !::l   l l:::/
⌒l:::::::|   !--ヽ! |                /´ !/!  ! ||  !::|   ! レ
、 ヽ´|   !  | ! |           _, '´  〃 l  l  || l:::l!  |
 `´ |    ! l  | !` ト __ .. -‐=ニ´、   // ! l  || !::||  !
    ',    ', ! | !  Y´`ヽ‐、    \> //|   l   || ,ヽ! !  l
    ヽ   ヽヽl l   Yrゝ〉ヽ}   / \l l !  |    ||' / l   ',


        _ --、__V: : : : :、:< : : . _
      ,  >=く} l, ヘ: :\:`: 、: 、: :`丶、  , .>、
     / / , - / }:iハ: :ヽ: : ヽ: :ヽ: \: \\ /  `、
.   / ., '. / : /: :ハl:, 、: : : :、: : ヘ: : \: ヽ: :\ヽ_ - ¨¨ 丶.
 /  ./: /: : : /:!: |:|{ |小: : l: : 、: : l、: :、: : : 、: :ヽ: 弋' ´ノj¨¨ヽヽ_.. --- 、
    /: /: /: /: :!: |:|ハ|:|:ハ: : l: 、: 、: :l、: :、: : 、:\: \:に∠. -ノ!─…¬ 、 \
.   /: /: /: /:i: :|: :!: :ムjj<l: |、: l、:、: :|、: :、: :l: '、:\_ヾ}二二_ノ      ヽ  ヽ
  /: /: /: /: :l: :l: :|: :|   |_| l:_Ll:ム:|、:_:_:、 l: :ト==イー-- 二 、     ゝ'"′
  j ./i: :i: : i: : |: :|: ハ: |    |l:斤:j≠=爪:、_ }:l: :ト、_:_ィ:ハ     \\
  |/ .i: :i: : i: : i: イ_:ム|、  | | ム7f'⌒ヽ\:}┤Y丁:|l: : ハ       ヽ >
  |  |: :!: : l: : i:V/7≠〈`  j   V_:::::ハ} 1 l: :|: lソj: :、: : ハ
  |  l: :|: : l: : |: :弋 V_:ハ  /     ゝ='-' |: ': l: |ノ:l: : :、: : '、
    |: :l: : :{: :ト、: ヘ 、弋j    ィ7W   , | : |: |: :l: :、: : 、: : 、
    ヘ: |!: : l: :、: : :トNv   、        //: .イ: |: :l: : :、: :ヘ: : ヽ
     ヘ 、: ト、: :'、: : ヘ、_   ‐,     , :イ: :j: :ハ{: :ヘ: : :\: \: :\、
      ヽヽ、\: ト、: ト、: >. .、 __  /  j/|/:/ハ: : ` ー_>ー 、: :\: .、
        \ \ヽ、:ト、\、>_71:7⌒{:::::::://  ` -‐ ´.ハ   \: :`: :、> 、,、
         ,_>vハ\: >'"  ||::{  }、、://    | 、 | V、__   ヽ⌒v‐、⊥ } ,
      、トvヘ, 、 |、.V__     |'7ゝ.ノ ヘ /       ト、ヽ '. V⌒! |   , - v /|__
       ド、    V ヾ、、l、    ^     ′     l \ヽヽ _ ノ-v⌒' .//} l>′
       '、 \、  |  \>′    ,  ,、        l  ヽヽ '、 V   // 〃ハ:\
669 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:16:03.38 ID:8nxutAco
◆秋、二条院
  _ ,,..._      x                、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'     ×       . . ゜ `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ              ×    ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙   .゜× _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::
670 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 22:16:37.84 ID:o5MYmKUo
>>668
過去は美化されるからな…
671 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:18:02.88 ID:8nxutAco
二条院に、梅壺女御が里下がりなされた。
源氏は中央の寝殿を豪華に飾り、女御を迎えた。

               /   ヽ /ヽ                          l
.     /        .├ - 、  l  ヽ      l                   .l
     i          l   `ヽ/ ',      l                   ./
  /  l          l        ,     .l                  ./
  l  l    ヽ.    l        .l     /                  /
  l  .l     ト、   l        l    .ハ         |         /
  l.  ヽ    .lヽ   l        l   / l   /     l         l
.  !   ヽ    l ヽ __ l   -――‐i―‐,ナー+ 、__ /i     l         l
   l    > ‐ ''"l ̄ヽ  l     =―-,l__,/   .l.  /`/    ./       .ハ l
   ト、    X '⌒キ=ュ\ヽ    /"//==- /_ / ノ     /        /ヽ
   l ヽ   `-i\ ヽ::::ヾ、\、     .l::::::::::::::ノ/>'ノ    ノ     〃  ノ
   l \   丶 ヽゝ::::)       弋;;;;;;;;;ツ /"ノ    /     ./ l /
    l  \  \ ` -''       ` ー--- ' /    _/      / 〃
\  ヽ  /` 、 \    i       -=ニ_-‐ '''´       ./
  \. ヽ/     ヾ`   ヽ         /         ./
   \ ヽ       ` 、  − -‐''  ,, ''          , '
    / ` \        `丶、   /         , ' |
.   /         / , '  `ー フ         ∠ -−――丶
.  /        .// /     /         /        ヽ、
 /       / //      /         /           ` 、
672 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:20:20.60 ID:8nxutAco
源氏は女御と対面した。
養父であるので、几帳を隔てただけの近い距離でお話しなさる。
                 ※几帳(きちょう)…移動式カーテン


       ____
    /     \
   /  ─    ─\      女御さまにおかれましては
 /    (●) (●) \     御上のご寵愛あつく…喜ばしいことですお
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     女御さまを二条院にお迎えできたのは
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     この上ない栄誉でございますお
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


   /: . : . : . : . : . : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.
  /: : : : : : : : : : : : : : / : : : : /: : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.
  /: : : : : : : : : ./ : : : :i : : : : :/: : : : : ,、: : , : .:.:.:.:.:.:.:.
 i: : : :/: : .i: : : i : : : : l: : : : : i : : : : ム:V:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.
 l: : ,ィ: : .:.l: : : l : : : : ;l: : : : :il: : : : /  `- ‐l:.:.:.:.:.:.:.:.:   ありがとうございます…
 l :/ l: : .:.:l:. : :l : : -/-l-=='l l: : : /     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.   
 V  l : :.:ハ:. : :l : : i  ヽ: : :l : : :i`ヽ、   ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ': :.:.i ';. : ヽ: :lz=-、ヽ:l ヽ l   ヽ /:.:.:.:.:/:.:.:.:
    ヽ:l/:ヽ: : ヽl   ヽ`  ヾ__   ./:.:.:.:/:.:.:.:.:.
    /`: .:.:.:.`丶ゝ   ,   ´ ヾ、∠-, ':.:.:.:.:.:.:.:.:
.   /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   r- 、   、-'_二... -:.'':.:.:.:.:.:
   / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., ィ/丶、 ` ‐'   _ /.:.:.:.:.:.:.:.〃/
.  / .:.:., イ/ / '_ ........Y`、-‐ '' ¨./.:.:.:.:.:.:.:./
  i: :/ 〈 i ' /i¨    ヽ,¨ニニ/.:.:.:.:.:.:., ' ト、
  l/    V / .l    .-'',し'、 /:.:.:.:, <    \
673 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:22:32.86 ID:8nxutAco
几帳の端からチラリと、女御の姿が見える。
やる夫は六条御息所を思い出し、心がざわつくのを感じた。

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      やる夫の人生の中で…
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     後悔している恋が二つありますお
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \     その一つが、女御さまのお母上…
    /  _ ノ   ヽ、_   \   六条御息所さまとの恋でしたお
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /   
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ
674 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 22:23:41.18 ID:mWQ6YFoo
恋多き人生すぎるww
675 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:24:21.24 ID:8nxutAco
       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \    だからやる夫は
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   あなたへの想いを抑えて
  |  l^l^lnー'´       |   ご後見もうしあげているのですお
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

     ____
    / ⌒  ⌒  \       
  ./( ―) ( ●)  \      ちょっとはご同情いただけますかお?
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ   
  |    ー       .|
  \          /



  \ _ .. -:.':. ¨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ¨ '' ‐ 、                     }
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : :.:.:.:.>:.、.._                /
  .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.: : :.:.: : : : : :/:.:.ヘ:.:.:¨:.ー- .... ___ ... - '
  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.: :.,l:.:.:. : : : : /、:.:.:.:'.:.:.:.: : l:. : : : : :.:.:.:.:.:.:.:ヘ
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:. :ハ:.:.: : : : / `'⌒i:.:.:. : .':. : : : : : : : : : : 、:\
  .i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l i:.:.:.:.: :.' '.:.:. : : :.'    l:.:. : /:.:. : : : : : : : : : : ハー‐`
   '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:._l__l_:.:.:. .'  '.:.: : :.'     l_,イ:.:. : : /: : : : : i: : : :'.
   '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.l ,ゝ≧エ=.ーヽ:. : i  ー,=ニ/:/i`:.: : :/: : : : : : i: : : :i
.   '.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:,ィ//、:.lC ` ヽ: i   イ:::/cヾ:、l:.:. : /: :. : : : : :l: : : :l
.    '.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.`//ヘ. {::::ヾ:::!   ヽ'. .l::::':::::} ヽメ: /: :l:.:. : : : /l: : :/
    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.ヘ`ヾ弋)_:ノ      弋)-ノ //: : : イ:.: : : :/ i : /
    l:|:.:l:.:.:.:.:.:.:.:. :丶、\ー-- ‐ '      -ニ.../:.:.:,:.<´.':.:.: : :/ .//
    /イ:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:. :ヽ `ヾ、 u     __'     -'ィ:.'' ´: : :V:.:.:./  '
   '  i:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :ハ丶、          ./:.:.:. : : :/:./     (……お返事しにくい…)
     ハ:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : Vヽ 丶、     ,,.:.:'':.:.:.:.:.:.:.:.:. ' ´:ハ
      ヽ:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :ハ. :`丶、 ` ー_イ:/ヽ:.:ト、:.:.:.:.:.:.:. : : : i
  , --―‐ヽl:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : i. : . : . :  ̄: . : /  V ヽ:.:.:.:.:.:.:. : : l

まるで恋人に誠意を訴えるかのように、話をする源氏。
梅壺女御は困ってしまって、返事もできない。
676 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:26:05.13 ID:8nxutAco
さすがに気まずい空気になったのを読んで、
源氏は別の話題をふってごまかした。

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\     あ、いや深い意味はありませんお
    / ∪  (__人__)  \    嫌われてしまったらつらいですお
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶     そ、そうだお
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l    今は秋のさかり…
  \   `ー'´   /     中国では春を誉め、日本では秋を誉めます
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l
677 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 22:27:52.93 ID:QyyiT7Uo
何言い出しやがるww
678 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:28:11.19 ID:8nxutAco
       ____
     /_ノ   ヽ_\        やる夫もいつか四季の草木を
   /( ●)( ●)\       取り混ぜて植えた庭を作ってみたいものですお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 
  |     (  (      |     女御さまは、春と秋、どちらがお好みですかお?
  \     `ー'      /


       /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : \: : : : : .: .: .:|
      ./: : : : : :/: : :|: : : : : : : : : : .: .: .: .:\: : : : : : :|
     /: : : /: :/: : : :|: : : : :/∨\: .: .: .: .: .:| : : : :| : |
    ./: : : /: :/: : : :/l: : : : :|    |.:ト、: : .: .:| : : : :| : |   そうですね…
   /:/: : :l: : |: : : : | l: : : : :|    |.:| \: : | : : : :| : |   どちらも素敵ですけれど
 __ノ.:.l.: .:.:.|: : |: : : : |_,\: : :l  ー‐|ノ‐-、.|::.::|: : : :/ : j   
 ̄ ̄|.:|: : : |: : |: :/ |   \|.  r┬‐ォ、 `|: /: : .:/ : /    やはり、母の亡くなった秋が
    |.:|: : : |: : ∨.: .:.|ィ'て丁    トイz}〉.|/: : .:/ : /     ひときわ"あはれ"に感じることがあります
    |.:|: : : l: : : :\:〈弋zrリ    `ー‐'´ /: : .:/: .:/
    |.:|: : : |\: : : :\ ,,.,,.,   ,   """∠___/ ∠、
    |人:.:.:.| |\___,>   ヽフ  //: : : :/  \
      \| | :|: : /}/ `7⌒V´|‐'´ ./: : /       \
.        | :|: /   / /__} .|__/|: :/           |
.        | :|∧   l. / .ノ .l一'´レ'            |
          ∨  V二|  く /               |


         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \        秋を好まれますか
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l    やる夫も…
     |      (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /
679 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:30:25.68 ID:8nxutAco
         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /      君もさは哀れをかはせ
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、     人知れずわが身にしむる秋の夕風
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,   (あなたも私と心を交わしてください
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t    人知れず我が身に秋風がしみるのです)
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !  恋しく思うときもありますお
          .-'     `7'/ヽY´   |


   /            /   _,,   (、,,,_,ノ/
  , ´            :/ , - ''´       、 ノ
  /            .:::/::::::::          ` 、
. /            .:::/:::::::      、       ヽ
/             .::::/:::lヽ       ',  ,   、 `、
l           ..::::; 'l:、::l::::ヽ       ',  `,   ',  '、
l          ...::::/:::l::::`/ヽ',:.  ',:.  l:::.  i   `,  ',
l::       .....::::::/:::  l.     ',:.  l:::.  l、:. l:.   `,、. l
`'- 、:::::::::::::::::::, /:::    l.     l:::. /l:::,, - '' ./:.    l ', l
   `l::::: ''''´~     `,  l ,, -─l-:/ l:::./ ,,、:/:::: /:  l '´
    ',::::.       ',、  ',   _,,,,l/ //,::l''//::::. /l:::. /
     `,::::.  . `、  ``、,-',''~:l  ` ´ l:::ノ l/:::::/ l:::/
      ',:::::. :::.. ` 、<`、、:::ノ    、 `´ l:/ /::/
      l::,、:::.:::::',:.  `  、' ,      ,   ./  `、/    (ダメだわ、この人…)
.      l/`、,_::::::',:::..   ` 、      /:::...  `、
       '   ~`''''`'l-、,...   ` 、__,/-、:::::::::.. `、
            r::´:::::::::: 、   `、    ` 、` 、:.. ',
           l::::::::::::::::::::::::l`ヽ、'、     ` 、'、::. ',
           ノ::::::::::::::::::::::::ヽ ,`ヽ- 、     `、 ',
         /~`'''''─''''''' ̄/´     \
680 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 22:32:22.91 ID:mWQ6YFoo
モジモジすんなwwww
681 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:32:39.12 ID:8nxutAco
恋の歌を詠みかけられた女御は呆れ果ててしまい
少しずつ いざって、奥へと引っ込んでしまわれた

             |i!|i|
             |i!|i|
             |i!|i|             ,. - ─   、
             |i!|i|             /:::::: ':::::::::::::::::::\
             |i!|i|          ,′::::::/::::::::::::::::::::: ヽゝ
             |i!|i|          . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ
             |i!|i|          i :::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::  !
             |i!|i|          | :::i :::::|::::::::::::::::::::::::::::: lリ
             |i!|i|          | :::l :::::|:::::::::::::::V::::::::: リ
             |i!|i|          | :::l :::::i :::::::::::::::!:::::::V
             |i!|i|          |/:::i::::::::∧::::!:::!::::::::〈
             |i!|i|           ′::i::::::/ ハ::::ヾ:ヽ:::: '.
_ _ .. ___ _.._ __ _|l!||!__.._ __.. __l .::, ::::/==ヽヽ:::ヾ:::ヾリ
ー…::   -::≡≡≡ |i!|!!三三_:;:三三三 从j/_/-‐…−`'' ,.- 、i 三三三三
             |i!|i|          レ'´:::::::::::::::::::::::::/:::::::: ヽ ̄ ̄ ̄
             |l!|i|:;:        ' ::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::  !
      ,..    ,..   |i!|i|:;::;   ::;:;::;:;:: / :::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::: | :;:; :;;:;::;:;:;::;:;:; |
,,.,,   ;::;:;::;:;::;:;:;::;:;::..: |i!|i|:;:;:;:;:  :.::;:;: ′:::::::::: . ::::::::::: /::::::::::::::ヽ l :;:;:;:;::;:;:;::;:; ;:; |
;:;::;:;:;::;,.:;:;::;:;::;::;:;:::;:;:: |i!i!|:;:;::;:.,..,..:;:;:;: | ' ::::::::::: i::::::::ヽ i::::::/ :::::::: ヽ! :::;:;: ;:;: :;:;:;::; |
:;:;:;::;:;:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;::;:;:: |i!|i|:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:: ハ :::::::::::: l::::::::::::\/::::::::::::::::: l : :;:;:;:;:;:;::;:;: ; |
:;:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:;:;::;:;:;:;::; |i!|i| :;:;:;:;:;:: ;:;:;:;:: | l ::::::::::::: , :::::::::::::|::::::::::::::::::: | :;:;::;:;:;:;:;:;::;:;: |
:-_―_-_…─── ┘──.. ─. ─-| |___::::::::__:: __ ::::: l::::::::::::::::::: | __ __ |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ...´-― …―-`! |::: | ::::::::::::::::: |- ── …
:::::T::::::::::::::::::::T::::::::::::::::T :::::::::: 「            │|::: | ::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::T:::::::
::::::|:::::::::::::::::::: | ::::::::::::::│ ::::::::: ||    「 」      |│:::| ::::::::::::::::: | ::::::::::::::::::|::::::::::
682 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 22:33:00.71 ID:C3NJeCwo
呼吸するように口説きやがって……
683 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:34:32.24 ID:8nxutAco
         ____
       /       \
      /  u   ノ  \     ありゃりゃ、嫌われてしまいましたお
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|    冗談なんですから
     \    u   .` ⌒/    そうお嫌いにならなくてもいいと思います
    ノ           \
  /´               ヽ


.      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
      /;    . . : : : :\       ┃|
    / ∪   . . : : : : : :\        ┃|   だけどまぁ…
.   |         . : : : : : : : :| .       ┃|
    \_    . : :〃: : : :,/         ┃|   今日は失礼いたしますお
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |
684 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:36:03.99 ID:8nxutAco
二条院の西の対(紫の上の住居)へ戻った源氏は
紫の上と季節について語り合った。

                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ    紫はやっぱり春が好きですぅ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',   
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|   梅も桜も素晴らしいし
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′   いろんなものが始まるって感じですぅ
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }          ,、
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }           //
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }        //
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   }       //
.      , ':.:.:.:/:.:.:.:{ /:|:.: : : : : :ヾ,ヽ='ィ、ニ. r.イYヽ   }      _..rY、
    , ':.:.:./:.:.:.:.,イ/:.:.|:.:.',: : /: : : \/ !  / /{:ハ.  }.   /,_ィ_〉 〉
.  , ':.:.:/:.:.:.:.:./ /:.:.:.:!:.:.:.∨: :_:_: : / l   ' .,'イ: : :!  }. ,イ    'ー- ._
 , ':.:./:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.!:.:.:/: :/r =7     ,'.フ: :ヽl   }Y フ '´ ̄`二- '-'
,.':.:/:.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:/ハ:/:.:.:.イ7/〈:、     !'.):.:. : : `ヽ/'、ヽ二-フ´
/:.:.:.:.:.:.:., '  /:.:./:./:./:.:.:.:/://:.:.:ヽ:\   |ヘ:r,.-.、、/  ゙ーァ'´


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\     紫の上は春がお好みかお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |    それはそれでいい感じだお
  \              /
685 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:38:21.46 ID:8nxutAco
     ____
   /      \
  /  ─    ─\    (いつか…この人たちのために
/    (●)  (●) \    素敵な庭を作ってやりたいもんだお)
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    だけど今は忙しすぎるお…
|       (__人__) l;;,´|     これだから重職はいやなんだお
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
686 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:40:28.09 ID:8nxutAco
                 /   rク      , --=====ミ \
                /    ィ7     ≠″        `¬\
            ,. '     〃   /   /           \
         ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
         \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛
          \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
           \/  V{{  |   −/―--<.  / イ / /       |
               /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |
           /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//
           , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/
         /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′
       /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /    あなた…
      /       // {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//    どうか、したですか?
    /        //   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}
   /     r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽh__   |   |{{     ヾ!
 /       |_し-.\〔_r┐ ∧∨_/介ー、\ r┐ヘ |{{   __}}__
'       / / _仁\〔__ |  ヽ / 乃ヘ \\弋!ィ  ̄ ̄  ____ヽ
      /|    ヽーミ `ヽ〔_ ヾ  ∨ | | )ハ ヽ/      /      \


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\    ああ、いや
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  忙しくてあなたへのプレゼントも
  |     |r┬-/ '    |   ままならないことを考えてたお
  \      `ー'´     /


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     いっそ出家して引退したら
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   用意できるかもしれないお
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄
687 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:42:30.54 ID:8nxutAco
              _  -‐    ̄ ̄ ̄ `丶
             / ̄* ̄⌒ … 、       \
         / ∠_ __ __   * ` ー 、_    ヽ
           | /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ー 、    ヽ    ヽ
            ∨:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  * \   \
         /.....:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     \   \
.        /......./............/../...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     ヽ    \
        ':.:.:.:.':.:.:./:.:./:./....:.:.:.:.;. イ:.:.:.:.:/|:.:.:i:.:.:ヽ * }    ヽ
       l:.:.:.:.|i:.:.:l:.:./_/:.:.:.:.//:.:.:.x'  |.....|....:.{    {      〉
       |:.:.:.:.|:l:.iハ/__」:.:.//:.:.:/_ \ |:.:..|........}   }    /
       |i:.:.:.:|:.l:|ィ≠tド∠ - ´、__ `  'ト、:.!:.:.:.{ * {   /
        .、:.:|:.:l|1::::dj     不ミ=z、 j:.:.:,:.:.:.:.:.}   }┬‐'
           ヽ{ヽl!  ̄´      |i:::::::dハ/:.:/:.:.:./:{   {:.:.|
             }.ハ."" '      ` ーイフ:.:/:.:.:./:.ノ *}:.|   出家…?
         {  ヽ⌒ヽっ    """∠:.:イ:.:/:.:.{   {:.:.|
          ! 〈 ̄∠^Y⌒ヽ   .ィ:.:_/:|:.:.:.ノ   }:.:|   そんなの寂しいですぅ
          .ノ*/ 「/:::厂}1\ ̄   |_:.:.:.:.:.|:.:{    {:.:.:.|
         イ    〉「{:::/:::/┐  ヽ___ V丶、l:.:.:} *{:.:.:.:|
       |::}   く 「∨イ   r‐┘ ├'    ー{    }:.:.:.:l
       |{ * } `ヽ、 __r‐┘  /l      丿   {:.:.:.:.:l


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\     わかってるお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   あなたを残しては
  |     |r┬-/      |    出家なんてできないお
  \     ` ̄'´     /
688 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:44:05.90 ID:8nxutAco
          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、     さあ、そんなに悲しそうな顔をしないで
    /::::::::⌒(__人__)⌒\    やる夫だけの春の姫君…
    |      |r┬-|    |    
    \       `ー'´  /     あなたは特別だお
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


        /    rー‐く ̄ ̄ ̄ゝ-、
      /    ノ  ― ヽ ̄___ヽ\_
    /    /ヽ / _ァー'  ̄/   ⌒\_ヽ
  / ::: :  r'  〆 ソ    /        i \
/  ::: : .::::/   /    /      /     i  ヽ
ー=ニニ>:::/ v/, /::    /      ./   / / i.   `,
    |V "ァ‐/:::    /:     .:/ .:/イ ./:  i::   i l
    .l ::) i |::::   i /::......:::::::/ ::/ / /: //:i:: i i: l
    l :(   |:::: :i :i L フニニ=ー‐‐''フ// / ハ:i: :i i i|
   l :ノ 、i , l::::: i | :| ヽーr‐‐=マ ´ / / >く. |: i: i リ
   .l i:)ト‐ ‐ ヽ::::. i l :l   にんソ  ///ハュ、_> / ノ
   l i i(  小  ヽ:::::i l ヽ ハヾ.ー' / " ノ,にア/:/:/
  l i i )     へ::ヘ    〃      i.  ̄{//|
  l :i i.(     ハ \.__         "  イi  l    んもう、心配がいのねー人ですぅ
 l :i i .).ヽi ィ )::| \      =‐'  // i:  l
. l :i .:i .:( 小  (::」   ` ‐ 、_   _, イ  イ::  i:  l
.l i ::i ::::}    ハ|   _. - 亠 く / ハ .ノ::i:::.  i:. l
l:i :::i .::::/    }へ>く _     /  ./::::::::i::  i: l
i .::::レイ  /  /  /〉‐〈  \  .{ ノ `ヽへ _ i:. l
 广| V ‐ ‐ } / /U.ハ   \/ }  [ ^ /  J ハ: l
::ノュ | (  小 } / /人 | い   ./ ハ  r┘.l  |  l:. i |
:L | .{    } ./ | ( | (| ヽ、/ノ ハ  ] l く  .|: i l
..r レ  i  .} /  | ..)| r|   |ハ  i〈  l ノ   |: i |
689 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/30(日) 22:46:08.96 ID:AR5F9IDO
VIPの未来のために清き一票を!

くそコテ罷免投票受け付け中!
http://sentaku.org/internet/1000011889/
690 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:46:42.82 ID:8nxutAco
                                  /        /
                                  /        /
                                  /        /
        \_                         /        /
          \_                    /         /
            \                   /        /
             \               /         /
                \_               /        /
   \_             \___        _/        /
     \_               `ー- 、/          /
       \_                /          /
         \              ヽ    /    |
           `ヽ              \_ /       /
             \                 ヽ_      /
              `v-、            /    /
              〈  〉__          /ヽ  /
               ̄〈   `ヽ       |   ,イ
                 `ー--く      ゝ一' ノ
                  (   ヽ---――ー'´
                   ヽ-'
691 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 22:47:15.83 ID:mWQ6YFoo
お前にとっちゃ女はみんな特別だろww
692 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:48:35.74 ID:8nxutAco
..;;;;;;;;;;;;;;;;;.   ..;;;;;;;;;;;;;;;;;.   ..;;;;;;;;;;;;;;;;;.    .;;;;;;;;;;;;;;;;;.    ..;;;;;;;;;;;;;;;;;.    ..;;;;;;;;;;;;;;;;;
゙''ー---‐'"   ゙''ー---‐'"   ゙''ー---‐'"    ゙''ー---‐'"    ゙''ー---‐'"    ゙''ー---‐'
;;;;;;;..   ;;;;;;;;;;;;;;;;;   ;;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;
-‐'"   ゙''ー--‐'"   ゙''ー--‐'"   ゙''ー--‐'"    ゙''ー--‐'"    ゙''ー--‐'"    ゙''ー--‐'
 .;;;;;;;;;;;;;;.    .;;;;;;;;;;;;;;.   .;;;;;;;;;;;;;;.     .;;;;;;;;;;;;;;.    .;;;;;;;;;;;;;;.    .;;;;;;;;;;    .;;;;;;;;;
   .;;;;;;;;.     .;;;;;;;;.     .;;;;;;;;.       .;;;;;;;;.      .;;;;;;;;
.;;;;;.   .;;;;;.      .;;;;;.       .;;;;;.       .;;;;;.      .;;;;;      .;;;;;.    .;;;;;
..,,,_     .;;;;;.       .;;;;;.       .;;;;;.      .;;;;;       .;;;;;.       .;;;;;
 : ゙゙"'ー-、,,、   .;;;;;.       .;;;;;.       .;;;;;.     .;;;;;       .;;;;;.       .;;;;;
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、  ... .::::.. . . ;;;;..:: : :.. .  ..;;;;.. ::: :::: ;;;;. :.  ... .::::;;;;.. . . .:: : :.. . ..
: : : : : : : :       `゙'-、、 ... .::::.. . . .:: : :.. . ... : ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::: :: :. :: ::
 : : : : : : : :        `ー--,. ... .::::.. . . .:: : :.. . ... :::     :::: :: :.  ... .::::.. . . .:: : :.
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、. . .:: : :.. . ... :::     :::: :: :.  ... .::::.. . . .:: : :.. . ..
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,__ ... .::::.. . . .::   :: :: :.  ...,,,,-‐'゛~゙"'ー- .:
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙ ''ー-       _,,.--ー''''''"゙゙::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―--::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
693 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 22:50:21.05 ID:Yqufj5.o
やる夫中年の危機ってやつなんじゃね?
694 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:51:41.91 ID:8nxutAco
さて、また別の方の話をしよう。
賀茂斎院(朝顔の姫君)は、
お父上である桃園式部卿宮が亡くなられたため、斎院の位を退かれた。

             _..................._
          _.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
        /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ,.::/.::_ 、 .:::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
      /.://.:::::\/::::`─== '"´\|:::ハ
      /.:::´::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
     |::::::::::::::::::::::|l::::::::|l:::::::::|::、::::::::::::::::::::::l:〉
     ゝ、:::::_::::::川::::::|:ト.\::::l_lム__:::::::::::::ノ{
      j::::::::::丁イr:::T ` \ ̄}f.。::マ:::::丁:::l
      ,::::::::::::::|代t_:ハ      辷x7イ::::::!:::::!
      l:::i::::::::::|ヽ. ¨,,,   ,   ,,,¨ /!::::::|::::::!
      |::|l::::::::::!:::l`:. _   -   /.::l:::::::!:::::::.
      |::||:::::::::|::::i::::::::> -- イ 、::::イ:::::::|:::::::::.
      |::lイ::::::::|_:>'′ヘ.'.  //  \:::::::|:::::::::::.
      〉::::::l::::::l l、   ヘ .//   .イ:::::::l::::::::::::::.、
     ,:::::::::|l::::::l   '.   V    / l::::::|:!、:::::::::::::::.、
     l:::ハ:f|::::::l   '.  /    / l:::::::|:|. '.::::::::::::::、\
     l:/ .ハ! 、:::::l   ∨   /  l::::::::j:| l::::::::::::::::\ヽ
     |' /   ト、::'、 /   /  l:::::::/リ  l:::::::::::::、:::::ヽヽ
      /!   .j ヾ、'′  ./   j::::イ   |:::::::::::::::ト.::.. 、:.

現在はおばに当たる女五の宮(桐壺院の妹)とともに
桃園の屋敷で暮らしておられる。
695 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:52:58.92 ID:8nxutAco
【解説】

    ┌────┬─────┬─────┐
    │      │       │        │
  桐壺院    大宮    式部卿宮   女五の宮
  (故人)     │     (故人)
    │      │       │
   やる夫━━葵の上   朝顔の斎院
          (故人)

  、-−7
  ミ_o_d,,,   系図は上を見てくれ
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   源氏と朝顔の姫君はいとこ同士にあたる
  (゙ /  |ゞ   朝顔の姫君は皇族の血を引き
  /ヾノ==,)    斎院もつとめたことで身分もそれなりにある
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   なお、賀茂神社に奉仕する斎院は
  ミ゙ ゚ -゚ノ    ・天皇が代がわりする
  √¨l-゚]、   ・近親者が死亡する
  (゙ /  |ゞ   のどちらかで退くことになっていた
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
696 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 22:53:45.95 ID:aKGInC.0
親御さんが亡くなったからじゃなくて、御代が変わったからじゃないの?<斎院代替わり
697 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:54:40.18 ID:8nxutAco
源氏はそれを聞き、昔の恋を思い出していた。

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \     あれからずっと
     /   (__人__)     \    色よい返事はなかったけど…
      |    ` ⌒´      |
      \           /    今でもまだ憧れる人だお
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ
698 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 22:56:29.74 ID:8nxutAco
◆平安京、故桃園式部卿宮の屋敷
                            ((_),_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_
                           /   丶;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;
   ,i'二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,((_)    /      \;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`
  ,、_、_,、_,、_,、_,、_,、_,、/ ヽ  /         \;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
  7|L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|i'二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,'二,_,二,_,二,_,二,
    |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|\;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|\;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|   ̄" ̄" ̄' ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄"
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:| .;.;.
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|:.:;:.  ;..;.;. | ̄ ̄ ̄ ̄|:    .:;:.    ;
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|`、|,      .|____|:;..   ;.;..   :;:.
  / ̄`yー';:/ .~"''ヽ(:.:....'i,"'"'`yー'; ;:;i.;.;.
 .:.i ;:;:; :.:'i ;:;;/ヽ ;:.:.:ノヽ;:;:;ヽ__,,/,,., /:.:.ヽl.;.;.
  /ヽ,,_/ヽ /.:.:`ー'j::...:. .:. :..:i, ;:.:. .:.ヽ/ヽ
  i::.:... .:; :.:.Y::....:.. /ヽ:...,.,./:.:. .:. .:.:..j::.::../i'=;:;===,=、============
====================='  ______,.______,.______,.____
___________,._____,._______,.______,./
699 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:00:42.26 ID:8nxutAco
想い出したら行動が早い源氏。
女五の宮への見舞いにかこつけて、桃園邸を訪れていた。

       ____
    /     \
   /  ─    ─\     五の宮さま
 /    (●) (●) \    お体の調子がよろしくないと
 |       (__人__)    |    うかがいましたが…
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    いかがですかお?
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |   ゴホゴホ…
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/      式部卿の兄上が亡くなられて
     ヽ、_  ―  _,.ィT/       もう生きるかいもない身ですが
       l 7Eニ::ィ1│ 
       'イ/ヽ::::`l┘        源氏の君が来てくださって
        i´ ̄ `|::::|         少しは楽になった気がしますよ
       j|     |::::|
       女五の宮
700 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/30(日) 23:01:00.02 ID:T3aKjpY0
なんで乳首出してんの?
701 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:02:24.28 ID:8nxutAco
女五の宮はもう出家しており、ずいぶんと年老いて見えた。
話す内容も、おばあちゃんそのものである。

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>   `r‐   ≧__
     >イ    `     <
    / >             >   昔、宮中で初めて
.   / <   ,'          リ    あなたを見たときはねぇ…
   l ,ィ  ヽ ,/        } ノ
   |ハ | |<ヘ,Y´入ノ リノ ,/レ′   こんなに綺麗な人がいるのかと
     `| ノ     ...::/|/       驚いたものですよ
     ヽ、ゝ /  j.:./|/
        ,l:/ノルリハ:ソ
      ィ':::::::::::::::::`.:
      |::||::::::::::::::: ||
      |::||' ̄ ̄`j:|j


         ____
       /      \
      / ─    ─ \     
    /   (─)  (─)  \   面と向かって誉められると
    |      (__人__)  // |   何だか照れますお
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
702 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 23:02:59.46 ID:mWQ6YFoo
行動早すぎwwww
703 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 23:03:07.62 ID:aKGInC.0
開発中のものです。実在のものとは異なります(嘘)
704 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:04:03.31 ID:8nxutAco
        、-ー'`Y <,___
    __≦ー`___ _二z<_
     > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<     今でもその美しさはお変わりなく…
   <之′Y´ ,r'        \    拝見すると寿命が延びるようです
     >{ ,r'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
     | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l     いまの帝もお美しい方とうかがってますが
     ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|     さすがにあなたには敵わないでしょう?
      i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)
.       ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/
       ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ

       ____
    /     \
   /  ─    ─\     いえいえ
 /    (⌒) (⌒) \   やる夫も田舎をさすらい
 |       (__人__)    |   歳もとりまして…
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    昔よりかは衰えてしまったと
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i    思っておりますお
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
705 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:06:46.01 ID:8nxutAco
       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     むしろ御上の美貌こそ
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    天下に並びなきものですお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<     そうですか?
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
    (( ,ヘ, |(○) (○) / / ,/ /     ならば、御上にも
      '、 `|'''' r-‐‐┐''''.「)'/|/ /     お会いしてみたいものです
         \ヽ、ヽ、__,ノ _,.ィT/=/
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
706 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/30(日) 23:08:12.33 ID:NMQ1F1I0
この女五ノ宮のAA始めてみたな
元ネタはなに?
707 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:16:42.34 ID:8nxutAco
        ,_   _
      、-ー'`Y <,___
   __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<       それにしても…
  <之′Y´ ,r'        \ ミ   大宮のお姉さまがうらやましい
   >{ ,r'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  |. l/ナ弋  |.lナナ| ィ, l    源氏の君を婿君にして
   ′J゙i, ゙i ゙i 弋歹 レ 代歹)ハ|    可愛らしいお孫まで授かったというのですから
      ゙i|゙i'(1       |
      ゙iTィ.,_    ^  ノ
―――(  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ) ̄ ̄ ̄) ―――――
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`¨´¨´ ̄ ̄  旦

        ,_   _
      、-ー'`Y <,___
   __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<      亡くなった式部卿の兄上も
  <之′Y´ ,r'        \     あなたを婿君にできなかったのだけは
   >{ ,r'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i    悔いていらっしゃいましたわ…
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
   ′J゙i, ゙i ゙i( ー)  (ー)|ハ|  
      ゙i|゙i'(1   Д  ノ川
―――(  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ) ̄ ̄ ̄) ―――――
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`¨´¨´ ̄ ̄  旦


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    …もしそうであれば
|       (__人__) l;;,´|     やる夫はこの上ない幸せ者でしたお
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |       ですが…
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
708 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:18:47.76 ID:8nxutAco
やる夫は、朝顔の姫君が暮らす棟の方をながめた。

                            ((_),_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_
                           /   丶;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;
   ,i'二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,((_)    /      \;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`
  ,、_、_,、_,、_,、_,、_,、_,、/ ヽ  /         \;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
  7|L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|i'二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,'二,_,二,_,二,_,二,
    |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|\;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|\;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|   ̄" ̄" ̄' ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄" ̄"
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:| .;.;.
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/| :.:|:.:;:.  ;..;.;. | ̄ ̄ ̄ ̄|:    .:;:.    ;
   |L;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;jL;j/|`、|,      .|____|:;..   ;.;..   :;:.
  / ̄`yー';:/ .~"''ヽ(:.:....'i,"'"'`yー'; ;:;i.;.;.
 .:.i ;:;:; :.:'i ;:;;/ヽ ;:.:.:ノヽ;:;:;ヽ__,,/,,., /:.:.ヽl.;.;.
  /ヽ,,_/ヽ /.:.:`ー'j::...:. .:. :..:i, ;:.:. .:.ヽ/ヽ
  i::.:... .:; :.:.Y::....:.. /ヽ:...,.,./:.:. .:. .:.:..j::.::../i'=;:;===,=、============
====================='  ______,.______,.______,.____
___________,._____,._______,.______,./
709 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 23:19:47.66 ID:QbUK7KMo
>>706
できない子
710 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:21:38.65 ID:8nxutAco
        ____
       /    \
.    /          \    (昔からあの方は…
.  /    ―   ー  \    友情以外の感情はお見せにならなかったお…)
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ
711 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:28:11.21 ID:8nxutAco
朝顔の姫君は、昔からかたくなに源氏の求婚を拒んでいた。
そうこうするうち、斎院の地位を得、婚姻の話はうやむやになった。

    , -‐―‐-、__
   /       、 `ヽ、
  /  / / / ヽ丶 \/
  l  / _j___{___ム_>=イ   『お父さまのお勧めでも
  | |'´! -‐‐  ‐- { ! !    わたくしは結婚しないのですよ☆』
  | l |    r┐  ル| |  
  | l |トィ⌒v⌒1′| |
  | l | ∧. ∧. f ハ. l |
  | | l:ハ| |/_| レ' j│!
  | l /  V〈_/ ,イ.j八


::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::ヾ 、::::::::::::::::::::::::ヽ X:::::::::::::〉::::::::::::::;::イ
::::i:::::::::::::::::i:::::::::::::::::::ヽヽ:::::::::::::::::::::::'´> ヽ ' ´ ヽ;::イ:´:::::::l
:::l::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::>=ヾ:::::::::;  ' ´        .l::::::::::::l
:::l::::::::::::::ヽ:::ヽ::::::::::/::ヽ ヽ/      /, -ニ=、{::::::::::::l
:::l:::::::::::::::::ヽ:::ヽ::::::::::::::::::〉         7 '´   ヽ:::::::::l   『そうこうしてたら
:::l:::::::::::::::::::丶::ヽ::::; ' ´   _-ニ           l::::::::::l    斎院になっちゃったのです』
:::ヽ::::::::::::::::::::\::<     /, '`'''     、     ./:::::::::::l
:::::ヽ::::::::;:::-―''ヽ:ゝ  / /         ノi    /::::::::::::::l   『これで恋愛はご法度なのですよ』
-―ゝk'::::::::::::::::::::ヽ  /|/        ー´- '   ,<:::::::::::::::::l
::::::::::::::lヽ:::::::::::::::::::ヽ  ′ i`ヽ        , く-、`l:::::::::::::l
:::::::::::::::l:::ヽ::::::::::::::::_:ヽ 、 _ヽ ヽ_____ ,,, ノヽ ヘ ヽi:::::::::::::l
::::::::::::::::l::::::\::::::::::ヽ`丶、  '、 丶  l'      ヘ ヘ l:::::::::::::l
、::::::::::::::l::::::::l\::::::::`丶 ヽ、. ',  '.,   ./     i l l:::::::::::::l
ヽ:::::::::::::::l::::::::l::::\::::::::::ヽ、丶、〉.___',, 、      il l l:::::::::::::l
::::ヽ::::::::::::l::::::::l::::::::\::::::; くヽ、.ゝ、   i       ll l l::::::::::::::l
712 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:32:49.32 ID:8nxutAco
    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   だけど…
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\     そんなことで諦めはしない!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   源氏のパターン入ったお!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /
713 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:34:20.99 ID:8nxutAco
源氏はいつもの調子で、朝顔の姫君の部屋を訪れた。

しかし姫君は、源氏の席を部屋の外に設けさせ、やんわり距離を置く。
しかも女房を使って自分の言葉を取り継がせ
直接話しかけることもなさらない。

く:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.l!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.l
. \:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.: 〃:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l:.:.:.V:.:.:.:.:.:.l
   L:.:.:.:.:.:::/:.:.:.:.:.:.:.〃::.:.:.:_:〃:.:.:.:.:.:.:.l !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:l:.:.:.:V:.:.:.:.:.:l
    ` - _l:.:.:.:.:.:.:.:l 「:._二_:.:.「l:.:.:.:.:.:.:.:.l L:.__:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l!:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l
        T¨¨ < `>r;=ト!ゝ- __l l:.:.:__:.:.-:、⊥:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.|!:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.!
        |:.:.:.:.:.l ,〃戈::::::l `     `>≠ミ、:.l!`:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:j
        |:.:.:.:.:.l L! l:::::::::::!      ' r._)::::::::`ムL_:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l::l_ノ:.:.:.:./
        |:.:.:.:.:.l  トイrv,′      /:::::::::::::lヽト:.:`:.-:.」:.:.:.:.:l::.:.:.:.:.:.:.:./
        |:.:.:.:.:.l  `¨¨¨´         l:,ィ_r;::::;′ハ!:.:.:.:.:.:.T>'::.:.:.:.:.:.:.:.'
        |:.:.:.:.:.ハ      '      `弋ム∨ ,イ:.:.:.:.:.:.:.:::::/::/:.:.:.:.:.:.:.:.'
        |:.:.:.:.:.:.::\    ` ー       ̄´ l:.:.:.:.:.:.:.:.:::/::/::.:.:.:.:.:.:.:,′
        |:.:.:.:.:.:.:::::::l ヽ           _. ィ:.:.:.:.:.:/:.:/:.:イ::.:.:.:.:.:.:.:,′
        |:.:.:.:.:.:.::::::l::::::::::` 、____  -  7::::/.:.:.:.:./:.:::::::::l!:::.:.:.:.:.:.:.:'
        |:.:.:.:.:.:.:::::l::::::::::::::::::::::l      !:::/.:.:.:.:./:.:.:.:::::/l:::.:.:.:.:.:.:.:l
        |:.:.:.:.:.:.::::l:::::::__,rvィ´ j     ∨.:.:.:.:./:.:.::::::/:::l:::.:.:.:.:.:.:.:!
        |:.:.:.:.:.:.:::l/ //  '       ./:.:.:.:.:/:.:.::::::/:::::l:::.:.:.:.:.:.:.l
        |:.:.:.:.:.:::::l ./ /           /:.:.:.:.:/:.:.::::::入:::::l:::.:.:.:.:.:.:l
        |:.:.:.:.:.:::::l / /  `  ,__ /:.:.:.:.:/:.:.:::::::/  ヽl::::.:.:.:.:.i:l
714 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 23:34:24.81 ID:J0KbeEco
……なんか中学のころは、やる夫の晩年見て気の毒だと思ったけど、
今は自業自得、という気がする
715 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:36:57.52 ID:8nxutAco
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   やれやれ、これでは
|       (__人__) l;;,´|    やる夫自身がみじめになりますお
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |     もう少し、お優しい言葉がいただきたいですお
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



      |:.:.:.;小  :.:.:.  _ _   :.:.: 小.:.:.|:.|:..:l
      i .:.:.:.:i:i:`: .        イ:..|:.:.:.:|:.|:.:.|
      i:.:.i:.:.:i:|:.:..l.:.:.т ‐ т:.:.i.|:.:.|:.:.:.:|:.l:. :i   …………。
       |:i::l:.:.:l:|:.:.:l:.:.:.ノ   、:.:.l:|:.:.|.:.:.:.|.:|:.:.:i
.     |:i:.| :.:リ ィ ´      ` iト.:|:.:.:.:|.:| :.:.!
     l |:.l:.:.:l:.l l          |:.:.|`ヽ::.:l:.:.:.i
     | |:.| :.:l:.| i           |:.:.|   '.:.l:.:.:.i
     |:.|:.| i:.l:.| | ──--── |:.:.|  i:.:i:.:.::i
716 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:38:27.12 ID:8nxutAco
そうこうするうち、朝顔の姫君は奥へ入ってしまわれた。
源氏も諦めて、恨み言を冗談のように言いながら退出した。

        ____
       /    \
.    /          \     はー…また
.  /    ―   ー  \   収穫なしかお
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


        ____
     /     \
    /  ─    ─\       会いに行けば席を用意してくれる
  /    (●) (●) \     手紙を出せば返事をくれる…
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|   それだけで良かったんじゃないかお?
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |
717 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:40:06.39 ID:8nxutAco

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \    でも…何だか
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


    .:.:...        :.:.:                    :: :.:.:.:..     :::.:.
    :.:.       .:.:.:..                    ..::.:     .::.:.   ::.:.
     : ..: ::.. :. :::: :.::.         -──―-、        :.::    ::.::.:.:
: :.                   /                     .:.::    .:.:.::::.
  :.:       胸が…    /、_ ー'    、、_,        .:.:.: ::.:    .::.:.  :.:.
  ::.:               //(_,|'      /´)`ヽ、   .|          :.:.:.:.:
  .::.                 l  ー' / / / /lー cノ    l   熱くなるお…
::.:                >-─-、人__)  ̄ '"'   /
      .:.:.::::.        /     .lー'        /      .:.::.:.:...
      ::.:.  :.:..      / `''    /          く      .::::   ::.:
.       :.:.:.::     /      /
718 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 23:41:22.25 ID:crL0/EMo
氏ねwwwwwwwwww
719 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 23:41:39.74 ID:MoCA25o0
少しは懲りろ
720 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:42:15.45 ID:8nxutAco
源氏が、朝顔の姫君に夢中であることは、すぐ人の噂となった。

.|;:;:_:;:_;:;;:;::l:;_;:;:;;:|      || 
|_____|__|      ||
|三!  =' lll '=|=l      ||   近頃話題になっている、
トニl <でiン ,ィでi>l     /¶   源氏の大臣の新恋人のウワサ…
lヒヾ ` -'7' l、ー'lイ    ●ォ´  
.ヾソ   l,、 ,、〉 lノ         真相をお聞きしたいでおじゃ!
  |.  ,ィ=t、 l
.  ヽ、 `='"ノ
   人":慈:"7、


                         |  で  恐  |
       エ              |   ぇ 縮.  |
        ッ           |   |      |
        ヘ              |   |      |
         ン       _,,,,、 、、|  す      |
            ,、- ''"´;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、 ゚       /
          ,,、 '´;;;;;;;;;;;;;;、、 -彡;;;;;;;;`''ァ―― '
         ィ';;;r''ー ''"´ ,,、-ー,, タ;;;;;;;;ノノノ;;;;ツ
        ノ;;;l -― ''彡ィ'_,、- 、゙'z;;;;;;ノノノ;;;;;;{
       ィ;;;;;;ノ二` ̄ ,、'彡- 、;;;) ミ-、;;;;;;;;;;;;;イ そりゃお二人は昔から
       ヽ;;;jレーミ;;.....'"彡_,,,、 .:::   {;;;;;;;, 、;|  ウワサがありましたからね
         ';t..;ィ;ヶ、)''ィ、::イ予''゙''' "  |;r'""::゙l
            l゙、::⌒イ. } `゙'''''' ""´   `"l):://  いつ結婚してもおかしくない
         |  ::(ノ  ,,ィ、)、     ::  )ノ/    そんな仲なんですよ!
         ヽ、 /,:`イ_"  \    ::::、_ノ
           ゙l {、イミ;;ヲ-、,,,、ノ}. l  ::::::l|}`゙'ーー、-- 、、
           ト、゙::゙'-ー<、,,  },_ }  :::: リl|  `゙l
      _,,、- ''"/\゙Y" "´´  Y  ,,::'/ |   l
   ,,、- '',r '":::゙ヽ/ :::::\;;,,,,,ッッッノ、,,、 ':/  |.     l
  ,イ   ,'::::...   l ::::::: |゙'' 、;:::::::::::::::,、 '´ イ |     l
 ,'|   l:::::..   ,' ::::::: |:ヽ、 `Y''''"´  /  |     l
  |:.    i、--、ノ :::  |   `゙〉-- ー'" ,/|      l
  |::.   /::: /    | ゙'ー 、 |O |l|,,,、-'´ ,,|     ,,、-''"
 l ',..   /::. / ヽ   |  ,,, ー{  |彡"" ,ノ|    ''´
 l| l:__,,ィ、-、'       |""  l|  |,、 '"   |
           宮廷リポーター梨壺氏
721 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 23:43:20.40 ID:J0KbeEco
スイーツ(笑)どもはこんなダホがいいのか?
722 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 23:43:51.19 ID:H71jYA2o
うさんくせえwwww
723 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:44:45.20 ID:8nxutAco
そんな噂が、紫の上に聞こえないはずはない。

            _,. -ァ――‐-- 、_
           / ノ* , - '^⌒"´`丶、
         / ノ  r'´         ヽ
        /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
         /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
       /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
        ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
        ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
        l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
         l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
       l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´   そーいえば最近ソワソワして…。
        l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l    聞いたら「何でもないお」って
       ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l    言ってくるですけど…
      ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l
      ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l    そんなわけないですぅ…
     / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l
     / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy
     / / l / くー- 、 、__,j、_V!l |  {l (ヘ
    / / / /7、 / ,rへ!ノ  j} {l__,、j トl
724 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:46:14.73 ID:8nxutAco
朝顔の姫君は、斎院もつとめられた、皇族に連なる方である。
しかも世間から重んじられていることは、紫の上とは比較にならない。

          ___,
         /ヽ、     ̄ ̄ >
       /-  X `ー、   ノく/、j
      /.⌒Tー、 Xヽ. ソ'.:.:.:|ソ´
     /.:.:.i:.:.:.:|.:.:.:.:.\, ∨.:.:|.:.:| \   もしお二人がご結婚なさったら…
 .   {.:.:.:.:V: ノ ,.、.:.:.:.:.V.{.:.:.l.:.::!   !   紫は正妻ではいられなくなるですぅ…
     ヽ:.:.:ハ/x'リ ∨:.:.:.} {.:.:.l.:.:.、   ヽ
      Y:.} ^′ リ:.:/ト.{:.:.:!:.:.:'ー‐、ノ
      ./-‐ニー< ィく7  {、:.:.:.:.:.:',
     /+ ,イ 〉‐ ニ -{ ,ト { `ー-、L
    ./イノ} ′ }< ,!  {ヽ  / ノ
   ./ /: . { i  く V {  {ソノ ./,-ヘ:.ヽ
  /+ /: . : } l.   Yメ } +{′/ソ . : V:.:.`ー--- - 、
 -‐‐' : . : . } l_ //X }  } //|: . : . ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 : . : . : . : .ハ-イニ{ V リ -、_レ/ リ: . : . : ヽ:.:.:ー-.:.、.:.::.:.:.',
 こ!: . : . /.:.:.:ノ::r-‐'  _}   ノ>、 . : ノ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
 :|ヘ-ノ彡<:::::::} //イソ、 く::「. : . : . :}:.:.:ー-:.:、.:.:.:.:.:.:!
 ;|. レ'. /:/ヽ:::ソ´´::::::::_」 ̄|::V. : . r':.:.:.:_.:.ー:.:、....:.:ト、
 ': .レ':::/.: . : . l::::/::::/: .|: . :!:::|: . :/ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー:.:、.:ヽ
725 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 23:47:24.43 ID:Yqufj5.o
紫の上も苦労が絶えないなあ
726 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:49:02.60 ID:8nxutAco
                 _, -――- 、_
           _, -'_, -'´ ̄´`ー-、`ー、
           /_r'´,r '´ ̄´' ̄´ ヽ¨ヽ \
          \//, / / l| ヽ \}/
            」/ / / /´ 」 l'、 ',  lヽ!
           /! / / ///|l| ヽ l|  ! |'、   誰かの下になるなんて…
          //| l| j__{_. ィ 〃ト、._、_|_|l ',   そんなの嫌ですぅ
       / / l l| Nl__,ヽ /' /__/ /l | ヘ
        / l ヽト、lし ̄:::::::;:::::: ̄ゝ)/ /}.  ヘ  でも…殿は何も言ってくれない…
     /      | 丶ト _ ‐_‐ _ イ|/ |   ヘ
      /    zヵ   }:ー≧≦ー―{.  lz、   ヘ
    /     l: : ヘ  |/ .八. \   { |: !   ヽ
  /      |: : : :l |_/!{i}ト _〉 l}|  !: :|     \
  /       l: : : :l\|  /'{i}|   l} |  ∨!     ヽ
 /       ト、:_:_ゞzzzz!z{i}|zzzzj}: {_」/         ',
 !          L:_:_:_;ォt':\、_{i}_//ーtj、_/           |
./        / /l' | \:',:::::::::://「l\〕           ',
i          ヽ/ |_」 l |ヽl/ヽ:{/ |ヽ/ト、        i
|            ,|: : ハ     |!: : |   ヽ: :ノ  \_      ヘ
',        /ヽ:.|: l    j lj: :/  r' |ヽ|:、   ハヾ、_   |
丶      / /: 'ーzトr¬r‐i: }r¬rソイ: : ヽ. l '、    ヾ、__ヘ、
  ヽ  _, -'´ /: : : : : :〔!二二ツ{二二」: l: : : : :ヾ:i         ´¨ヽ
  ,」-'´   /: : : : : : : : オ    i/   l|: : l : : : : : ヽ!_        、ヽ,
/  _, - z/: : : : : : : :/-l   、j!_   jヘ: : : : : : : : :ヽ   ̄≧z‐- 、¨ヽ
 ,r'´  ,/:\: : : : : : : !: :iーt;‐': :'t―イ: l}: : : : : : : : /ヘ<´    _, -'´
727 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:50:56.56 ID:8nxutAco
紫の上は煩悶する。
しかしそれを逆なでするように、源氏は出かけていく。

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \    五の宮さまのところに
   .|   (ー)  (ー) .  |    お見舞いに行ってくるお
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


       ', /  /,          `ヽ  \   \
       i/ //                \   i:.:.:}イ´
      ::.{,// / /   l    \     ',  {:/ l     (お見舞いなのに
      ::l / :/ / :l::.l  ト、    ::.'、:    V }  ト     念入りにオシャレするですか?)
       l/ .:/ .:/  :::!.:.l ::i \::. _  -:',::.   ハ }:  l ',
:        /! .:i .::l:.  .::j ::l| ::l >'´ト、::.. }:.:   l| }:.  i \
!:..    /i | l ::l::   /! :|l ::|  / ヽ ,不}:.|:  .:i:{  }',  l   \
:l::.   / :l | :l :l.: /:イ::!:! i:l   /,ィし'ツj:イ:  .:l{ f:. i: ', 、丶` ー- 、_
::l::.   l :l :! :.、:l:.イi ノ'_!:l|      ̄ /}  .:イj、 {: l:  i i:.  丶    −
、:i::   ヽ | :ト  ヽ :{犬ヘしツ{'       ' /イ厶' \i  l:: l l ヽ   `  、
:ヽ!::.     l :i \ ヽ:.、_´ _   、    / / {    V l::  l l  \
 :.l:.:.    ヽ:l  |::`ト、二 ィ´   − ´  / /'、     \:  | l    ヽ::.
. :::!::.     \ ヽ:. ヽ ト  ̄ 下 ー -- イy' ,  l     ヽ-|:.|     ',:::.
. :l:.:',:.:        \::. ー 、  \:.:.:.:l/l{   f/\     ヽ!: |::.    ',:.:.:..
:/: : :}::.   /  / 寸:.…、ヽ   }:.:/, /lハ 〈/   \     l: |i:.:.    ',:.:.:..
/: : :.:!::  /  /  , r=>、:.ヽ V 」//」 {ヘ.i 「{       \   :|: !}:.:.:...   l:.:.:.:.
': : : :.}:/  /    !〈::.   \:.| ハ{ノj {// ヽ}       か :l: |:l¨ヽ:.:..  |:.:.:.:.
: : : /´   /      : :\:::.    V:.:.:.T|{._/ イ」     ::}{  {: | l イ}:.:.:.. l:.:.:.:.
: : : \. /         : : ヽ::.   Vォ:.|:!T゙  スj l     |:.:} :|: ! l└i:.:.:  l:.:.:.:
 : : : :/: .        : : : :ト、   ハイ|l |  {イ: |      |:.{ :|: ', ! ヽ}:.:.: |:.:.:.:
728 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:52:23.01 ID:8nxutAco
紫の上の不快は、明らかだった。
従者たちもそれを察知し、源氏におうかがいを立てる。

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    源氏の君…
    ヽ|l ●   ● u| .|ノ│   おでかけなさるにょろ?
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ |    だってあれじゃ…
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  しょうがないんだお
/    (─)  (─ /;;/
|  U    (__人__) l;;,´|   五の宮さまは
./      ∩ ノ)━・'/   やる夫だけが頼りだと
(  \ / _ノ´.|  |     おっしゃってくださるし…
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    はいはい
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    そうですねー(棒読み)
    ヽ|l ―   ―  | .|ノ│  
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |
729 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:55:35.34 ID:8nxutAco
       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    やれやれ…
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    いつまでたっても
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│    色恋沙汰からは卒業されないにょろ
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.   
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,. |
730 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:56:43.39 ID:8nxutAco
◆冬、平安京

   。 o     ゜      .  。    ゚        o    。
 ○     ゚  。  ゜     o              o       o
            o          ○      。   .    ゜      ゚
 o   ゚   。                       o   。       。
             o     o     .   ゜    ゜       ○
  。             ゚     o      ○     o  ゚   o
    ゜    o   ゜            。                ○
゜    ○             o      o      o   ゜    。
 o ゜      .   ○    ゜          ゜             o
_\  _   ゜         。    。   ゜      o    _  ○ ̄ ̄
  ○ \    o    ゜               。       / /
 ̄ ̄|__ \\ 、     。     ゜     ゚     ○//。__| ̄ ̄ ̄ ̄
∃  |   |  | l l ゜           ゜    。 l l |  |   |○田 田
    |田 | 。| | l      ゜     ゜    。  ゜   l | |  | 田|    o
∃○|   |  | |。  ゜ . .. ... .. ... . ... ...゜ . .. .. ..    l |。|  |   | 田 田
    |田 |  | l‐    .....   ....     .....     -| |  | 田|
∃  |   |○― ....    o      ....   ○ ..... ―  |   | 田 田
   o.... 一      ....     ○    ...  o   ....  ー- | 。
―  ̄   o   ⌒                          ̄ ― -
  ....               ....        ⌒   o  ....      ...

源氏は、折を見て桃園邸を訪ねるようになっていた。
731 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 23:57:06.19 ID:o5MYmKUo
ちんこもげろ
732 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/30(日) 23:58:08.39 ID:8nxutAco
その日は夜遅くなったため、女五の宮はすでに就寝していた。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\   
/    (●)  (●) \   …………。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\    ラッキー…
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  もとい、なんて残念だお!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

       _____
     / ノ ' ヽ_\
   / .( ●) ( ●)\    五の宮さまはお寝みのご様子…
  /  ::::::⌒(__人__)⌒ \  仕方ありませんからー
  |      |r┬-|    |   朝顔の君にご挨拶をー(棒読み)
  \       `ー'´ __/
  /        (
  |     \/⌒) /⌒)
  |    \   /|,,.__ノ
  |    ( \/
  /   /⌒\
 |        \
 \___ノ\  l
  ノ  ノ   ) ノ    .
  レ´ ^    レ´
733 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/30(日) 23:58:24.03 ID:gS.aR6oo
こwwwwいwwwwつwwwwはwwww
734 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/30(日) 23:59:32.96 ID:NMQ1F1I0
この男wwwwww
735 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:00:02.28 ID:WXX5lZAo
あんたって人は……wwww
736 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:00:06.14 ID:qs03Ow2o
喜び勇んで朝顔の居室に向かおうとする源氏だったが…


    } <{ ヾ」ヾ  ヽ_y    /} 〈{ )} {( {
   } ヾ}〉ヽ) ヽ ー、_,.-‐'   l ({ 〈} {{ }      あーゴホンゴホン
   / }ゝ} ヽ} } ヽ`ー‐‐'´  /| ({ (〈 ({      源氏の君…すこしお待ちあそばせ
  /《 ハヽ}  〉}ヽ \iii{__,.-'"シ | 〈{ り }ゝ-''"">、
  { ハ} ヽ ヽ} `ー-、____〃___{ <{}〃丿 /  ̄  ̄\
 /ヾ〃丿   ヾ}   `ー----‐} (} 〃 /       ヽ
 {                { 〈{/ l  l l         }


            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \    ……お?
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /    急に寒気が…
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
737 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:01:15.07 ID:qs03Ow2o
                ____,,,,,____
             _,.-‐',ニ=-‐-、 `ヽ、
            / (ノ/ ,.==、 ヽ、  `ヽ,
          _,.='"  /  ,_,._ ゙'  }!ir‐- 、ヽ,
       _,.-''" /,,/,,)/ ,,==≡ト  ji} ,.=、ヽ,}i_     ん〜もうっ!
   _,.-‐''"   /,,/,,//,,     ゙´_,,    ヾ {( ) 
. _,-" _,.-j   /,,/,,//   、_  / `〉 ,,=≡ } `}     相変わらずつれないお・か・た♥
ヾ_,.-' _,.-'  /  //   / `゛ー、'"    " / /} 〉   
 _,.-''"_,.j  l   ヾ  /      `ゝ   ゙/ /〉/    
{___,.-'/ _/ | i   }  {i       /   / /ノ丿
  ///  ハ j  }  ゞ、   /   / 〃 ソ
  {__/  {__/ 〉  丿  〃="   / 〈ソ /
       (\___/ \〃    / /〃/'"{__
       /\____丿__`ー-‐‐'" /〈ソ/ / ゝ-''"">、
   _,.-'"/   /ヽ  `ー--- / ヾ// / /  ̄  ̄\
  /  /   /  `ー----‐/ ({/ / / /       ヽ
  { /    /         { 〈{/ l  l l         }


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
738 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/31(月) 00:02:17.22 ID:UcYrk0Yo
キターwwwwww
739 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:04:19.57 ID:qs03Ow2o
なんと現われたのは、好色の老女・源典侍であった。
もうすでに70歳にはなっているはずである。

         ___
        / .u   \     まま、まだ生きてたのかお…!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


       _,. --‐_-、、
     ,.ィ:::}'´ ̄ ___)::>,、
   _/::::二>'´ ̄___):::::{ 入
 . /じ、::::::::`¨:´:::::::::::::::::Y_,ハ
  l:}:ト-i‐-<::::::::::::::>'"`l::{::ト、   
  l{::}::}::! ノ  `゙''i;!´   〕:{:i::l    うふ、元気いっぱい
  ll::{::{:::ト、._   l!  ,,.イ}:::}:i:l    尼になって五の宮さまのお弟子に
.   !i::}::}:::i.,ィ心、  ,.ィfチン !::{::!:!    していただきましたの
.  ll::{:::!:::i ` ¨  `,、  ̄  }::}:j、:   
   !!::}::}::::}    、 } _   i::j::{ ゙
..  ll:::i::{::::i   F=-i:l  i:::}:j!
.   li:::}::}:::ト、  l!、 ,ト! /:::j::ij
    N:{:::i:::lヽヽ.ヽ辷ノイi::::f::;リ、
 /ヽヾ-l:::} ` `ニ´┬l:::jハ  〉
    ヽ l::::!      l::::jノ\/
  ̄`ヽ  }:::l` ー- --‐i::::}  ハ
     \.!:::{      }:::i   i
740 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:06:19.42 ID:qs03Ow2o
源氏は驚きつつも、昔を語り合える人に出会えて懐かしく思った。
       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\    し、しかしまあ
   /   ( ⌒)  (⌒)\  父上の時代を知る人も
   i  U::⌒ (__人__) ⌒:: i  少なくなってしまったもんだお
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐    おばあさま、どうかお慈しみくださいお
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ


                ____,,,,,____
             _,.-‐',ニ=-‐-、 `ヽ、
            / (ノ/ ,.==、 ヽ、  `ヽ,
          _,.='"  /  ,_,._ ゙'  }!ir‐- 、ヽ,
       _,.-''" /,,/,,)/ ,,==≡ト  ji} ,.=、ヽ,}i_     あら!
   _,.-‐''"   /,,/,,//,,     ゙´_,,    ヾ {( )    嬉しいことをおっしゃいますわね
. _,-" _,.-j   /,,/,,//   、_  / `〉 ,,=≡ } `}    
ヾ_,.-' _,.-'  /  //   / `゛ー、'"    " / /} 〉   
 _,.-''"_,.j  l   ヾ  /      `ゝ   ゙/ /〉/    
{___,.-'/ _/ | i   }  {i       /   / /ノ丿
  ///  ハ j  }  ゞ、   /   / 〃 ソ
  {__/  {__/ 〉  丿  〃="   / 〈ソ /
       (\___/ \〃    / /〃/'"{__
       /\____丿__`ー-‐‐'" /〈ソ/ / ゝ-''"">、
   _,.-'"/   /ヽ  `ー--- / ヾ// / /  ̄  ̄\
  /  /   /  `ー----‐/ ({/ / / /       ヽ
  { /    /         { 〈{/ l  l l         }
741 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:08:04.54 ID:qs03Ow2o
        ___,.-‐(二ニ)`ー-、__,.、
       /{/  <二> `ー、 ヽ>、
      /ヾ//i <ニ二ニ) ー-'" (丿ヽ
     ヽ/〈 丶\______,.  _,.ソノ  }、
     /{ ヽゝ-、ゝ_______/ _,.ヽノ } { }ヾ} 
     { } { }  ヽ___,. -''"  { 〈} {} {i 〉    でももうダメですわ…
    ハ {} }} ト、,  }||i    _,.'"} (}  }   } 
    {  }) } }、ヾ、,,_`"  ,.'ニ-=} 〈{ ({ ({ }    こんなに年を取ってしまいましたもの…
    {  }〉({ }゙で゚>ヽ '"ゞ゚ズ》_} 〉{ (( )} {    あなたと恋をしていたあの紅葉の頃なら…
    }  ヽハ {~`゙"´/,,、 `ヾ ̄`} }( ({  }
    } <{ ヾ」ヾ  ヽ_y    /} 〈{ )} {( {
   } ヾ}〉ヽ) ヽ ー、_,.-‐'   l ({ 〈} {{ }
   / }ゝ} ヽ} } ヽ`ー‐‐'´  /| ({ (〈 ({
  /《 ハヽ}  〉}ヽ \iii{__,.-'"シ | 〈{ り }ゝ-''"">、
  { ハ} ヽ ヽ} `ー-、____〃___{ <{}〃丿 /  ̄  ̄\
 /ヾ〃丿   ヾ}   `ー----‐} (} 〃 /       ヽ
 {                { 〈{/ l  l l         }

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\     (今はじめて
   /   ( ○)  (○)\     年を取ったような口ぶりだお…)
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。
742 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:09:59.62 ID:2lO2Zwso
源典侍ktkr
あのエピソード好きだったんだ
743 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:10:24.14 ID:qs03Ow2o

.      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
      /;    . . : : : :\       ┃|
    / ∪   . . : : : : : :\        ┃|   いやはや頼もしいことですお
.   |         . : : : : : : : :| .       ┃|   では、また今度…
    \_    . : :〃: : : :,/         ┃|
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |


                ____,,,,,____
             _,.-‐',ニ=-‐-、 `ヽ、
            / (ノ/ ,.==、 ヽ、  `ヽ,
          _,.='"  /  ,_,._ ゙'  }!ir‐- 、ヽ,
       _,.-''" /,,/,,)/ ,,==≡ト  ji} ,.=、ヽ,}i_     
   _,.-‐''"   /,,/,,//,,     ゙´_,,    ヾ {( )    またお逢いしましょうね〜♥
. _,-" _,.-j   /,,/,,//   、_  / `〉 ,,=≡ } `}    
ヾ_,.-' _,.-'  /  //   / `゛ー、'"    " / /} 〉   
 _,.-''"_,.j  l   ヾ  /      `ゝ   ゙/ /〉/    
{___,.-'/ _/ | i   }  {i       /   / /ノ丿
  ///  ハ j  }  ゞ、   /   / 〃 ソ
  {__/  {__/ 〉  丿  〃="   / 〈ソ /
       (\___/ \〃    / /〃/'"{__
       /\____丿__`ー-‐‐'" /〈ソ/ / ゝ-''"">、
   _,.-'"/   /ヽ  `ー--- / ヾ// / /  ̄  ̄\
  /  /   /  `ー----‐/ ({/ / / /       ヽ
  { /    /         { 〈{/ l  l l         }
744 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:12:03.34 ID:qs03Ow2o
源氏は気を取り直し、朝顔の居室前に向かった。
いつもよりも真剣に、恋心を訴える様子である。

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     今宵はせめて…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    「憎い」とだけでも
  |     (__人__)    |    仰ってほしいのですお
  \     ` ⌒´     /

        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \     そうでなければ
   /  /⌒)   ⌒゚o  \    どうか打ち解けてほしいのですお…
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /


   i:::::::ヘ:::::::::l、   、____,    イ:::::/::::l:l::l
   l:::l:::::ヘ::::::::lヽ   ヽ、 ノ   /l::::/:::::l::l::l  いったん決めたことなのです
.   l:::l::::::::ヘ:::::::l::`i 、 .   ̄ ,, ::'l:::::l:::::/::::::l::l::l  許して欲しいのです…
   l:::il:::::::::ヘ:::::::l:/::::rーL` ''' ´jヽ::::l:::/:::/:::::::l:::l::l
.  l:::ll::::::::;::-l:::::::V¨, --三Mニ--=-/:::::/、:::_l:::l:::l
  l:::ll:::::/  .l:::::::l { ー┤|=   }/:::::/   ヽl:::l
745 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:14:38.44 ID:UcYrk0Yo
うぜえなこのおっさんww
746 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:14:43.94 ID:qs03Ow2o
朝顔の姫君の、かたくなな態度に…
源氏は、ようやく心が落ち着いていくのを感じた。


               ___
          /   ー \
         /    (● ) ヽ
         /       (⌒  l    …今夜は、もうおいとまいたします
      ,;:.''";'''"''";;"'';;;.,  _ ̄l__)   
 .   ,,::",.,..,:::;:,;;:::,,,::,,,;;..,,"':;,_` ノ    でも…今までのように
    |          _"':; ,.;."     友情だけでもお持ちください
    |      _,'"    Y
    \____,''" ̄  Y    ∨
     |       |    、|
      |       |    |
      |          |   \|
     |        |    |
       l        |    |
747 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:16:18.23 ID:qs03Ow2o
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::..    :::::::::::::     ::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::  :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::::    :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
  ... ........../::::::::::::    `゚ o:。.. .... .. ..... .... .......... .. . ........ ......
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ........ ......
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... ............. .
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ........ .....
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ........ ......
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . ........ ......
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ........ ......
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ........ ......
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
748 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:18:36.99 ID:qs03Ow2o
朝顔の姫君は、直接的な関係を拒否した。
しかし実は……心の中では、深く源氏を愛していた。

      , '  /      /    /   il   ハ    ヽ      \
     /  / , ' / /   /    /     !l     ハ    ',   ヽ    ヽ
    /  , ' , ' / /   ./    〃    il !    i    ,   ',    ヘ
    `ヽ/  /  ,' ,'   /     //    〃l     l    l   ', ヽ /
     /  /  .,' ,'  / _-_‐_≠z... ___// L_-_‐_‐.l‐- 、  .!     i  >
     ``i  ,' .i   ̄ ,' z=、=ミ、       z==、ミ、ー- 、」     .l '´
        └‐ '、__ ' ̄ノ¨7/ト-イ::ハ          ト-イ:::ハヽ l L - ┬ '' l
         //    .ハ ! {:::ソ }          ! {::::リ`} .〉l    l  l
         //    '   ゝニノ        ゝニノ  .!     !   ',  (行っちゃった…ですね)
         //    /`、        '         /l    !.  ',
        〃'    イ`ーヽ        ―         /‐1    l   ヘ  (これで良かったのです…)
      〃'     //   ヽ、           , ィ´  ‖   .l   .ヘ
.     〃'     〃'      `` ー ... _  ,, イ   !l   l l.   ‖   ヘ
     〃,'     〃'   l l   l  l   `´   l   ',ヽ リ l   l.l    ヘ
.   〃 '     〃'    l !  l  ノ        l   ヽ` ./ l   l l     ヘ
   〃 ,'    /,','    _  ,  '         `丶、  ,' !    l l     ヘ
.  〃 '    /,',' _ .. ィ'r '`´ー―‐- 、   ' `ー――`,'  !   l l.     ヘ
749 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:19:31.12 ID:BobDbf.0
しかし、これが理想の男ってことは、当時の貴族ってこれよりヒドイのばっかだったのかww
750 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:19:32.60 ID:4DTe7JQo
なんでこんな男が・・・
751 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:20:44.74 ID:RvvnG0oo
この時代も結局※なのか〜
752 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:20:45.40 ID:qs03Ow2o
何故拒否しつづけたのか…。
それは、彼女なりの愛の理想があったからだ。

::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::ヾ 、::::::::::::::::::::::::ヽ X:::::::::::::〉::::::::::::::;::イ
::::i:::::::::::::::::i:::::::::::::::::::ヽヽ:::::::::::::::::::::::'´> ヽ ' ´ ヽ;::イ:´:::::::l
:::l::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::>=ヾ:::::::::;  ' ´        .l::::::::::::l
:::l::::::::::::::ヽ:::ヽ::::::::::/::ヽ ヽ/      /, -ニ=、{::::::::::::l
:::l:::::::::::::::::ヽ:::ヽ::::::::::::::::::〉         7 '´   ヽ:::::::::l
:::l:::::::::::::::::::丶::ヽ::::; ' ´   _-ニ           l::::::::::l   源氏の君のお顔だけを
:::ヽ::::::::::::::::::::\::<     /, '`'''     、     ./:::::::::::l   愛するような人たちと
:::::ヽ::::::::;:::-―''ヽ:ゝ  / /         ノi    /::::::::::::::l   一緒にはなりたくないのですよ☆
-―ゝk'::::::::::::::::::::ヽ  /|/        ー´- '   ,<:::::::::::::::::l
::::::::::::::lヽ:::::::::::::::::::ヽ  ′ i`ヽ        , く-、`l:::::::::::::l
:::::::::::::::l:::ヽ::::::::::::::::_:ヽ 、 _ヽ ヽ_____ ,,, ノヽ ヘ ヽi:::::::::::::l
::::::::::::::::l::::::\::::::::::ヽ`丶、  '、 丶  l'      ヘ ヘ l:::::::::::::l
、::::::::::::::l::::::::l\::::::::`丶 ヽ、. ',  '.,   ./     i l l:::::::::::::l
ヽ:::::::::::::::l::::::::l::::\::::::::::ヽ、丶、〉.___',, 、      il l l:::::::::::::l
::::ヽ::::::::::::l::::::::l::::::::\::::::; くヽ、.ゝ、   i       ll l l::::::::::::::l
753 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:21:10.00 ID:WXX5lZAo
秘する…
754 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:22:37.38 ID:qs03Ow2o
    |   /     /       /::::::::/    /       /   /
    ゝ/     .:::/       /::___:/    /    _ _ _,/   /
     ´\    ::::く .    ,. --‐ナ/ニ/ `  く   ´二二 /ニ,``/
        \:::::::,. ∧` ー─-/ゝ':::::::ヽヾ   ` 、._.,イr≡/、ヽ. /     それにわたくしも
         '/ /^ヽ   /,イノ :::::::::::|        r-':::::::::::ヽ\---   もう30歳超えてるのです
          / /  へ  // | ::::::::::::: |         |::::::::::::::::::| ヾヽ,/
        /       ::::::〉 ヾ  |:_ ::::::::::_j        | ィ:::::::::::::,  l/    恋愛も結婚も
      /       :::::,.へ   ゝ`ー'_ノ       ゝ `ーヘノ /      するような歳じゃ
    ,.'′    .:::::::/:::ゝ_j      ̄            ̄ィ´        ないのですよ…
 /       ::::::::/ ::::::::::: ∧           ′   ,. ´//
'        .:::::::::./ :::::::::::::: /::: ゝ..           '‐` ///
    :::::::::::::/::::::::::::::::::,.イ :::::::::: > ...       ///      .:/::::
    ::::::::::イ::::::::::::::::: / /:::::::::::/ :::::::::::_> .. _///      .:::/:::::::
   :::::/ /:::::::::::::::: / /::::::::::::/::::::::: /  ̄i///        :::/:::::::::::
755 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:24:24.11 ID:qs03Ow2o
                  , : ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                , ' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : \
               /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : ヽ: : : :  \    \
             /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :\:. : : : : ヽ: : : : : ヽ
            /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:. ヽ:. : : : : ヽ: : : : : :ヽ
.           /: .:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.:. :ハ.:. : :、: : i:. : : ; '
           /: .:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:. li:.:.:.:.:.: : i:.:. : ハ:. :l '
          /: :.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:. :l,l-:.‐¨: :ll:.:.: : :.l: l
          / .:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:l_i_:.:.:.:.:. :l' ,lニ=ヽ、:.-:┤'
.         / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:/l_l_:.:.:.:.:.:」 ひ:::l l'i:.: : :l
.        / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:/::ヽ`    弋::::ソ l:.: : /
        i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/ひ:::::::i      ー' /: : ;イ
       /l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ム弋 ニ ソ    `  /:.:. //
     /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ` ー'     '´ /:.: ://  本当は出家もして
    /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ `ー 7    、__ ノ:.: ://   後世のことを祈りたいのですけれど…
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:,./    /、ヽ、/:.:. : //
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:./:.:.:.:./     i ヾ、/:.: : //    今そうすると、また余計な噂が立つですね…
,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.: : : /:.:.:.:/ _      /:.:.:.: : //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :/:.:.:r ', - 、ヽ、  /:.:.:.:.:.:.:.//


     /´               \
.    /         、 ヽ. ヽ \  ヘ
   /       |   !  |  |  |  ヘ
.   ′.|   |  l   |! ー|ヒ.斗L..」 ̄   ハ
  | |   |  l//  ̄ ィfチハミ! !       i   だから源氏の君があきらめて…
  └‐:L..斗く´ィチハ   弋り | |     |   世間の噂もなくなるまで
         ヽ.ヘ弋り '     / /       |
        ヽハ、 ri⌒h .イ / !       |   わたくしはこの想いを
            ∨`{__/´ ̄ ト.|      |   外に出すわけにはいかないのです
            | /::::/     |:.:l ./   |
            |イfニ7    |:.:| /      l
            ト〈::/   //.:.:j.′    l
            |::::マ´|__/_:.:.:.:./        ハ
            /:::::::::: ̄/.:.:/ /       ハ
         /::::::::::::/.:.:.:.:/ /       ハ
756 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:26:17.20 ID:qs03Ow2o
成就せぬ片恋のようでいて…その実、肉体を超えた愛がある。
朝顔の恋とは、そういうものだった。

::::::::::│                                             :::::::i  |:::::::::::::::::::::::::::
::::::::::│                                         .. ...... : :::::: l  |: : ::::::::::::::::::::
::::::::::│                                  .. . .. . .. .. . : ::::   : : ::::l  ! .: :: ::::::::: |::::
::::::::::│................................ ..........................  ................................. :::::::::::: ,.  -─……… -   i  ! ::::::::::::::::::|::::
::::::::::│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :: ::: : / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ! ::::::::::::::::::|::::
::::::::::│:::::::::::::::::::::::::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::: ::::::: ::::::: : : :::::::::::::: / :::/:/ ' : | :::::\:::::::::::::::::::::: ヽ : ::::::::: |::::
::::::::::│ ::: : :::: : :: :: : :: :: :: :: :: :: : : : ::: : : :: : : :: :::: : : :: ::: :./::/::::/:::| : :| ::::ヾ::::ヽ:::::::::::::::::::::::V::::::::: |::::
::::::::::│:;:;: : : : : : : : : : : : : : : : ノ:;:; : : : : : : : : : : : : : : : : l:/ :::::: ' : :| : :|::::::::::|_ノ ::::::::::::::::::::::::|:::::::::::|::::::
::::::::::│;::::.,.,..,., :::::::::.,.   ;::;;:':;:;:;::;:;::;ヽ :: : : :: ,., __ ,..,... :;:;\ / :::::j ::::|__::::イ:::::::::::::::::: l::::::::::|:::::::::::|:::::::
::::::::::│人;::;:;:;:;:"' ノ:;:;:;:;::;:;f:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:;:::;:`Y"´:;;::;:;:;:;:;::;:; ;:;:;:;:;::;:;丁::::`ー|::::::::::::ヽ :::::::::::: | ::::::::| ::::::::::::::::
::::::::::│:;:;:;: . :;:;:;:;:;:;::;:;:., ':;:;:;:;:;:;::::::::::::::::;::;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;: Y : :;:;:;::;:;:;::;│:::::::::|!:::::::::::::: ' , ::::::::::',::::/::! ::::::::::::::::
::::::::::│;:;:;::;:;:);::;:;:;:;:;:ノ;;;;::;:;:;:;:;:;;::::::::::::::: ノヾ:;:;:;:;:;::;:;: /:;:;:;:;:;::;:;:;:;:: │:::::::ハヽ.::::::::::::::\::::::::V:::::! ::::::::::::::::
::::::::::│:;:;:ノ ⌒ v':;:;:;:;:;::;:;:;::::::::::::::::::::j;::;:;:;:;::;ヽ ;:;:;:;::;:;::::::;:;:;::;:;:;:;::;│::::/`ー |! ` ー- 、:::ヽ:::::|::::| ::::::::::::::::
::::::::::│´":;:;::;:;:/:;:;:;:;:;:;::;:;:;:::::::::::::::::::; '":;:;:;:;:;:;:;::ヾ:;:;:;:;:;:;:;::;:;::;:;:;:;::; |:::::l :;:;:;:/ゝ) --ァ⌒:ヾ ::: |::::| ::::::::::::::::
::::::::::│::;:;: :::::::::::::>:;;:;::::;:;:;::;:;:;:;: /:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:::::;i;:;:;:;:;::;:;:;ヾ:;:;:;:;: |:::::| ;: /:::::/ / /  ::::::V::|::::| ::::::::::::::::
::::::::::│:;:;:;::v '":;:;:;:;;::;:;:,,,. ::;:;:;:;:;:/;::;:;:;:;:;::;:;:::::;:;::;:;:;i;::;:;:;:;:;:;::;:;:ゞ:::;:│:::| :::l:: ノノ /   ::::::: |::::::::', :::::::::::::::
::::::::::│:;:;:;::;;ヾ.:;:;:;:;:;レ ':;::;:;:V:;:;:;ゞ:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:::;:;:ノ ::;:;:;:;:;::;:;:;::;:;:; │:::|;:: レ′  | Y ::::::: | :::::::ハ ::::::::::::
::::::::::│:;:;:;:;::;:;:;:V`:;:;:;:;:;:;:;:;:::::;::;:;:;:;::;:;:;::;:;:;:;: ,.  ⌒  、 :; :;:;:;:;::;:; │:│:│   :|  ! :::::::::/ :::::: |: ', ::::::::::::
::::::::::│,.;;.:;::;::;::;:;i ';::;:;:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:;:;:;::;:;:;: /   l  \:;:;::;:;:;:;:;:│:/ ハ    `ー| :::: ハ ::::::: |::::V :::::::::
::::::::::│;:;:;:;:;::;:;:;: v ;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:; /  :::::::::::: |::::::::. \ : : :::::;::;:;::: } i      | :::::| j::::::::: ! :::| ::::::::::
::::::::::│ ; : : : :: :::: ヽ :;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;::;:;ハ .::::::::::::::::|:::::::::::   \_ :;:;::; _ 人 i      | :::::|ノ ::::|::::! :::| ::::::::::
::::::::::│"ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;::;:\ :;:;::::;::;:;:;::;:;:;: Y ` 、:::::::::::|::::::::::::::::::::  √::「      . ::::::: | :::::| ::::: |::::| :::| ::::::::::
::::::::::│:;:;:;:;):;:;:;:;:;::;:;:;:;:: ):;:;:;:;:;:;::;:;::;:;::; |  :::::\:::: |:::::::::::::::::::::::::::! :::|::::........... :::::::::: | :::::| ::::: |::::|:::ノ :::::::::::
757 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:27:55.63 ID:M1IxY.Mo
朝顔さんのこの姿勢が好きだ
758 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:29:04.49 ID:qs03Ow2o
やる夫はそれからも慕情は持ち続けたが
朝顔の姫君から色よい返事は来なかった。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   今のやる夫の力なら
|       (__人__) l;;,´|    強引に結婚してしまうことも
./      ∩ ノ)━・'/    できるお…
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


            __
         /      \
        /─  ─    \      だけど…
      / (●)  (●)    \    そんな不誠実なことしないお
      |   (__人__)       |
      \  .` ⌒´      /_   それがフラれた男の
     //              ヽ /\  誠実というもんだお…
    / /        _     /  /
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
    |              | /
    |__________|/
759 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:30:30.38 ID:qs03Ow2o
       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \   …………。
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /   帰るお、二条院に…
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ
760 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:32:28.54 ID:qs03Ow2o
◆平安京、二条院

  _ ,,..._      x                、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>'     ×       . . ゜ `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ              ×    ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙   .゜× _,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;   lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::
761 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:34:03.53 ID:qs03Ow2o
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\    ただいま帰ったおー
 |:::::::::::::::||●) (●) \
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||
762 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:35:04.14 ID:qs03Ow2o
  \        //  ∨: : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : :\
     \___   { { ==/ : : : : : : : : : /:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : ヽ
     | : : : :|  { { // : : : : : : /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : |: : :| : : : : : : : : : : :ヽ
     |: : : :/:\//  /: : : : : : :/: : // : : : : : : : : /: : : : / : : : : / : : |: :ヽ !: : : : : : : :|
     |: : :/: : : { {   |: : : : : : /: : //: : : : : : : :/: : : : /: : :/: :/ : : :/.: : :|:l: : : : : : : : :|
     |: :/: : : : { {   |:|: : : : : |: : :| : : : : : : /: : : : :/: : :/: :/ : : :/: : : : !:!: : : : : : : :|
     |:/.: : : : :.// ヽ|:|: : : : : |: : :|: :__:/: : :_/: : :/: ://: : : /| : : : : |:l: : : : : : : : :|
      /: : : : : : { { =|:|: : : :∠二二: -― '  ̄/: : //: / / : : / | : : : : |:| : : : : : | |: |
     / : : : : : : : ハ V ∧: : : : : :| :l: |――‐-≦_'" ̄ // , / : /   ヽ : : : レ |: : : : :.| |: |
   /: :/⌒ヽ、: :{ {   ヽ: : : : : :l: l 气=zzz≧三≧ー='"/ /≧ニー-v\: :| / : : :ノ|:| |: |
  / : (  _ノ \ハ∨   ヽ.: : : :ト、\ ` 〃r:::yニバ`    ̄ 〃示テテ′: : V/ : / /// /
 /:r=ー' /ニ| ‐-ミハ∨    \ : ヽ\\どニつ′       ごつ', ' | | : : /: /  レ' レ′
/ :| //二=\r‐-、ハ∨  \|\: \ ̄             /  |/ : // }}
: : :.|/ニ/二二二二=ハ ∨、 ―‐ ―\: \         ,〉  /!| /: ://  }}  …………。
: : : |二|二二二ニニr‐' -ヽ  /|\ ト、 ̄   ⊂ー_ァ ´ , イ⌒「 レ′=  }}
: : : |二|二二二ニニ|   __ヘヽ      | > .   ' ,.  ≦  |Yニ{{ / || \  }}
: : : |二|二二二ニニ`ーく_入\     ト、   ` ー '"    / ̄/_={{      '/
: : : |二|二二二二二二二|  爪    | \ /       ト/ニニ{{      }}
763 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:36:14.52 ID:qs03Ow2o
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \   …紫の上?
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

             、__ー────t-_- 、__
           , ':.:.:.:.:.:\    ´ li ヽ  f 「`ー、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\        ヾヽ  \
      , イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       l }   \
      ./.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ _ヽl!/_  l }     \
      /:.,ィ :..|:.:.|:.|:.://ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:\. l!ヽ  l }   ゝ  \
    '::// :.:.|::.:|:.レ:/__  ヽl:.:.:.:.: .:.:.::.: l     l }    __    \
     l:.| {:.:.:.:|、:.l/ィ´ ̄ ´  lト,:.:./ :.:.:.:..:.!,    l }    _     \
    丶! ヽ :.|乂./ __    ヽV:.:.:.:.:.:.::/i    l }   √ .:.: ̄ ̄ ` ヽヽ
       へ!i.ソ ,,== ゝ   /:.:.:.:.:.::./ f! /   l }__ノ : .:.:.:.:|  ___\!
         r           /イ:.:.:.:.:./ = .=  l }ハ:.:.:.:.:.:.:.:.|!/
        丶  _      '/:.:.:. _イ / i! ヽ /ノ:.::.:.:.:.::.:.:.:|
          \``   _,ノ-‐ ' ノ /      / ).: .l:.:.:.:.:.:.:.:|  …何でもねーです!
           ヽ.       /       / ):.:.:.: |:.:.:.:.:.:.: |
           / ` ー─┐  '!l!/_   / フ:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:|
            /i!ヽ ノ  rー イ/ ヾ  / 7:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:ヽ
         /    ___,イr==、/   /フ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ
         '   /r‐ノヽ  ,/    7、_rーz_、__:.:.:.:.:.:.:7:.:.:.:.:.::ヽ
         / -   l::レ,ノ|::l .ノl/_  /ア  ヽ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ
         f! ヽ  r 7/{ /|::|//l丶 /_)    l  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\
         |!   r//}{/ | |/    /j      |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:\
764 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:38:28.62 ID:qs03Ow2o
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (─)  (●)  \   …目が赤いお?
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


             ,.'"´    ̄ ̄``ヽ、
              / ,. -‐ ーー --‐- 、 `丶、
          / /           `ヽ   \
           〈 ム. '"´ ⌒⌒ ``ヽ    \  \
          V/   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ヽ  \
          〃.::.::!.l::!.:..:.:.:.;.::/.://.::l:::::::::.`、   ヽ  ヘ
           〃.:::l:::l::|:|::l:::::/:/:://:::ハ.:;.:.:::::.`,   V.:l:l`
         ./:::;:::::l:::l::|:|::l::/:/ //::::/ l:|:l:::::!::!::{!   !:::l:|
        l::l::l:::::|:十ナl:< /::∠_ 」トト、:l::l:::{!   !:::l:|
         |::l::l:::::|:|:|yテ〒ミ/::/´,t==ミ、:ト、::{!   !::::l:!
         |::ト:ト、:|:|:| f辷ソ   _f辷シノl:l::l:::{!   !::::l:|  …ばか
         ``Vハ1:ト、, , , 、    , , , , l::://{!   !:::l::!
           i `ヽ小、   _       ノ//.::{! i .j!:::l::|
           | ‐米 f{:.>.、  `   ,. イレハ.::::{! 米j!::::l::!
          ,/|    ,f{::l::l::>==<__ ノ⌒ヽ:::〉 !〈:::::l::|
        / .!   ! ,fレ'/``V,ィ介入      〈   〉:::l::|
          /  ! ‐米,f{ソ  //ノハ `ヽ     〉米〈フ⌒フ
       / ,.イ!   ! .{′ 〈_,イノ}  iト、__」   〈  !〈ノr'.::::.`ヽ
      ./ /.:::lL_ _」   / ,}  ji!      〉  !:::::::::::::::::ヽ
     / /.:.:::::) ,1 ソ   / ,}  jii!      L_」:::::::::::::::::::::
     ./ 〈.:.:.::::( ,1 ソ   /  ,}  jii!     { 1〈.::::::::/:::::::::::::::
765 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:40:09.73 ID:qs03Ow2o

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \     紫の上、聞いてくれお
    /  _ ノ   ヽ、_   \   あちらは…まったく
   .|   (ー)  (ー) .  |   やる夫には興味が無いんだお
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\     だから結婚はないんだお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   もしそんなことがあったら…
/     ∩ノ ⊃  /    真っ先に、あなたに言ってるお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
766 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:41:03.62 ID:WXX5lZAo
結婚がどうのの前に、あなたの心がそっちへ動いたということが問題なのでは
767 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:42:11.40 ID:qs03Ow2o
  ゝ _{  《 ー/: : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :',
    ' ∧ 《  /: : : : : : /': : : : /: : : : : :/: :/: : |: : : : : : ',
   / /: :ゝ《   ,: : : : : : /: : : :/: : : : : /: /: /: : /: :l: : : : : ',
   / /: : : : 《  l: : : : : : l: : /: : : : : /: /:/: : /: : l|: : : : : :l
  l: /: : : : : :》ー:!: : : :-‐1:´: :_; :-‐≠: ///: : :∧: : l|: : : :l : |
  l/: : : : : : :《 ∧: : : : : |三ー-/、/´  〃::/ ハ: :l|: : : :l : |
  /: r ⌒)\: 《 ハ.: : : : :!ヘヤテ云圷ミー /イ示テイ: :∨: : :/: :/
 'r=',イ {  ヘ《  \: : |\とう斗′   辷ぅ イ:l: :/: :/l/:/
/f´/ l  レ⌒ヌ《   ーi\\ 丶      ,!   /、l:/://》 /'´
: }/  l     r' ヘ》   |トヽ  c- ァ    ィ》 /イ ー《    本当…ですか…?
: :|   |     {   《     | > 、 _,. <´j_ 《      》
: :|   |    レ⌒l《   |\ /      ( / 》    《

       ____
    /     \
   /  ─    ─\     本当だお
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |   紫は特別な人なんだから…
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
768 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/31(月) 00:42:12.99 ID:rdxkpqs0
>>766
全くだ
769 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:43:13.73 ID:qs03Ow2o
        /    rー‐く ̄ ̄ ̄ゝ-、
      /    ノ  ― ヽ ̄___ヽ\_
    /    /ヽ / _ァー'  ̄/   ⌒\_ヽ
  / ::: :  r'  〆 ソ    /        i \
/  ::: : .::::/   /    /      /     i  ヽ
ー=ニニ>:::/ v/, /::    /      ./   / / i.   `,
    |V "ァ‐/:::    /:     .:/ .:/イ ./:  i::   i l
    .l ::) i |::::   i /::......:::::::/ ::/ / /: //:i:: i i: l
    l :(   |:::: :i :i L フニニ=ー‐‐''フ// / ハ:i: :i i i|
   l :ノ 、i , l::::: i | :| ヽーr‐‐=マ ´ / / >く. |: i: i リ
   .l i:)ト‐ ‐ ヽ::::. i l :l   にんソ  ///ハュ、_> / ノ
   l i i(  小  ヽ:::::i l ヽ ハヾ.ー' / " ノ,にア/:/:/
  l i i )     へ::ヘ    〃      i.  ̄{//|
  l :i i.(     ハ \.__         "  イi  l   またそんな言葉で…
 l :i i .).ヽi ィ )::| \      =‐'  // i:  l   ごまかそうとする…
. l :i .:i .:( 小  (::」   ` ‐ 、_   _, イ  イ::  i:  l
.l i ::i ::::}    ハ|   _. - 亠 く / ハ .ノ::i:::.  i:. l
l:i :::i .::::/    }へ>く _     /  ./::::::::i::  i: l
i .::::レイ  /  /  /〉‐〈  \  .{ ノ `ヽへ _ i:. l
 广| V ‐ ‐ } / /U.ハ   \/ }  [ ^ /  J ハ: l
::ノュ | (  小 } / /人 | い   ./ ハ  r┘.l  |  l:. i |
:L | .{    } ./ | ( | (| ヽ、/ノ ハ  ] l く  .|: i l
..r レ  i  .} /  | ..)| r|   |ハ  i〈  l ノ   |: i |
770 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:44:52.96 ID:qs03Ow2o
..l .:.:.:.l.:.:.:.:.:l:::::::::::l   .:.:.:.:.::::::::/  .:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:::::::/  /.:.:.:.:.:.::::::::/.:.:.:.:.l::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:i::::.:.:.:.:.:.:.:
l .:.:.:.:l.:.:.:.:.:l:::::::::::l   .:.:.:.::::::::/  .:.:.:.:.:.:.:::::::::::::_,..:.:.:.:.:.:.:.::::::::::/   /.:.:.:.:.:::::::::/.:.:.:.:./:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::.:.:.:.:.:.:.:
 .:.:.:::l.:.:.:.:.:|:::::::::::|  .:.:.::::::::/  .:.:.:.::::::::::_,-:':´.:.:.:.:.:.:.::::::::::/    /.:.:.:.:.::::::::/l.:.:.:.:.∧:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:::|.:.:.:.:.:|:::::::::::|   .:.:.::::::/ .:.:.:::::::::/:::.:.:.:.:.:.::::::::::::::/     /.:.:.:.:.::::::/ l.:.:.:./  ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::::.:.:.:.:.:
:.:.:.:::::|.:.:.:.:.:|:::::::::::|  .:.:::::::/  .:.:.::::::/::.:.:.:.::::::::::::::_,.-'´       /.:.:.:.::::::::/  l.:.:.:/   ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::.:.:.:.:
:.:.:.:::::l.:.:.:.:.:.l:::::::::::l   .:.::::::l,. .:-‐フ ̄ ̄::::::ー_,.-'´-―'′   /.:.:.:.::::::::/ 、」.:.:/     ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l::::::::::.:.:
:.:.:.:::::l.:.:.:.::.:.:l::::::::::l  .:.:::::l .:.::::/.:.::::::::_,. - '´         /.:.:.:.::::::::/   /.:.メ .,_   ヽ::::::.:.:.:.:.:.:.:.:l:::::::::::::
:.:.:.::::::l.:.:.:.:::.:.:!:::::::::l .:.::::l .:/:::_;: - '´--―― ''こ.,_   ./.:.:.:.:::::/  /.:/   `' - .,_ \::::.:.:.:.:.:.:.:l::::::::::::
.:.:.:.::::::l.:.:.:.:::::::::::::::::l .:.::::レ´∠_,.. --―――--、    /.:.::::::/    /./        ` ' ‐ t:::.,_.:.:.:.:.l::::::::::
.l:.:.:.::::::l.:.:.:::::::::::::::::::://い /ニ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:「´ \  /.:.:::/    .// こ' ‐- .,_         \`:.:''.:t-:::::
..l::.:.::::::::l.:.:.:.:::::::::::〃l .:::l  \j丶ー′ノ○:;:;:}      /.:./     //  >二‐- .,_' - .,_      \:::::::::::::
 .l:..:.:::::::l.:.:.:.:::::::::::::::::l .:l  ,.-ヽヒ:;:;`´:;:〃ノノ     //      /´    7__.:.:.:.:.:.:.:`.:'-.,_       ヽ:::::::::
  l.:.:::::八:.:.:.:::::::::::::::::!.:l (    `ー''""゙゙ ''― 、     ′           {(  ヽ.:.:.:.:.:.:.:.「`'-_     |:::::::
   l.:.:{ {\.:.:::::::::::::::::::l .`ー~`´     `ー'´                   l.:.`~´ヽ.:.:.:.○.:}   >>   |:::::::
   l.:.:ヽ  \.::人:::::::::ヽ ////〃 ハ ヽ丶             ,'⌒ゝ‐-=こ.:〃_.:丿 //   ./.:.::::
    l.:.:l l (二\.:::\::::::::\      〃ハヽ丶             `''´   `( ""゙゙''='⌒ヽ   ./.:.:.::::
    l.:ヽ ヽ  / \.:\:::::::::\           〈       ////〃ヽ  ヽ       ) /.:.:.:::::::::
     l.:.〉   /   l lヘ ` ' - ,\                       // ハヽ` ' -‐'´,-'´.::::::::::::::::
      { l       ヽ′ヽ                                 _ - '´::::::::::::::::::::::::::
      ヽ ヽ       |\            __             _  -.:':´::::::::::_::_- ' ´ ̄`'-、
       〉        l:;:; \             ヽ        ー----―_,..,_フ,´{
       { l         l:;:;:;:;:\                        _-'´   Y   ヽ
 __    ヽ ヽ       _ .\:;:;:;:;\                  _,,..-‐y′     `-‐´,. --‐亠
´:;:;: \   .〉       ヽヽ \:;:;:;:;\             _,,, _//~/ 〈   ,.  /,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:    \ { l   \   } }  / , :;:;`'‐、,_           /,. ,. ‐-、 /   )/-‐'´,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

              「でも…ごまかされてやっていいです…」

                     「…ごめん、だお」
771 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:46:01.60 ID:3C4IwfIo
かわええのぅ・・・
772 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:46:04.20 ID:qs03Ow2o
      ____   ,
    /     \  -    おや…もう夜なのに
  ../ ―   ― \`    外が明るいお?
 /   (● ) (● )  \
 |     (__人__)      |
 \     `⌒´     /


        /   ,イ^ヽ _米ソ_ _ \  \
          〈   /´.:,.:. :.:..:::::::/!:!:::::.:.:.\jkヽ  \
         `y' .:.::::/::,.:::::::::::/::lノ::::::、::ヽ::ヽ. t、__j
         / .:.:::::/::/.:::::::::/::/:ト、:::::`,:::!::::| !:ト、 /
          |.:/.:.:/、/.:.::::,イ:://ハ::ヽ:;;:ヽ|:::::!/::::.:イ
          l/トト,!::::仁ニヽ'´ , -‐<:::::::!::::|{::::::.:.|   ホントですぅ
          〉V::i:|ヾトッソ  ´トッツ7::/::::/ !:::.:.::|   なんだかお庭が
           /,.ィ´ ト、' ' ' 、  ' ' ' /::,::イ /:::::::.:.|   ぼんやり明るいです
            ,イ: :|  |/ >、 _ 0_, .イ´7  /: :  ̄`ヽ
         _ノ: : :j  j!   \ フ/  !  |: : : : : : : :.\
     ,r‐'´/: : :{ 米|   ,ィ介   | 米|: : : : : : : : : : ゝ、_
    ./ :./: : : : :.i   |   //小   !   |: : : : : : : : : : : \:`ヽ
   〈: .: :ー‐-: 、:i   |   // }。j 〉  !   |.: 、: : : : : : : : : : : ヽ: |
     \: : : :``ヽ| 米| // f。,リ」  /,米|:.:〈ト、: : : : : : : : : : : i:.|
773 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:46:10.22 ID:WXX5lZAo
もげやがれ〜ww
774 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:47:16.32 ID:qs03Ow2o
源氏が御簾を上げさせると、庭は一面銀世界となっていた。
白く積もった雪に、月光が反射して明るく見えるのである。

        。 │||  /  │||┼─┼─┤ | ├─┼─┼─||│ O
   ○     │||//O │||┼─┼─┤ | ├─‐o─┼─||│   。
  。     o│||/    │||┼─○─┤ | ├─┼─┼ O│    /
          │|| 。  o│||┼ 。┼─┤ | ├─┼─┼─||│。 //
      O   │||      │||┴─┴―┘ | ○─┴─┴─||│//
        /│||○    │||────┐ | ┌─────|| o
。   //  │||      │|| O___| | l_______o||│  ○
  // o  .│||      │||____。__|__O_____||│ 。
          │||  ○  │||________________||│
     。  o│||      │||________________||│   O
─────┘||─‐o─┘||_____O______○____||└─o─
三○三三三三三三三三三三。三三三三三三三三三三三O 三三
三三三 。三三三三三三 O三三三三三三三o三三三三o三三三三
─────O ───── ノ⌒ヽノ⌒^⌒ヽ、─○─‐ ,. ─ノ⌒ヽ⌒
::::::o: ,,|;;;;i|,|:フi::::::::::::○::::::::::(   "⌒ 。 ⌒ ^ヽ:::::::::::(    ○^
:::::::f----イ/::::::O::::::::。::l`スヽ_,ノ、 ^  O    ノ:,:::::::/ヽ_,ノ、   "
::::::::ー─‐":::::::::::::::::::::::::_,ト'Tヽ_ノ、 メ、7イ-rヘいKス._ _,ト'Tヽ_ノ、`メ、oイ
.:::::::::○:::::::::::O::::::::。:::::ヽしvート、o7-、f`ナV-、ハノ、lヽィ ヽレv'ート、/7-、f`ナ
。         ⌒    ,レ'Tー!7´ト、_○´Yヽノ、j-イ゙Y、Oル'Tー!7´ト、_K´
   ⌒ o  ,、,.、 。 ,ゝiくヽレくY_。vヽい'ーくメゝト!、 ゝiくヽレくY_Ovヽ
775 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:48:16.62 ID:qs03Ow2o
.   / * /:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
_、 /  /:_:_:_:/:.ィ:.;:.:イ:.:.i:.:ヽ
/:Vi * !:.:.:.7≧メ-‐/ィ/:.:.:.:.',
:.:.:.{   {.:.:.:i:! f:t7 ´ノハ:.:i:.i:.:l   きれい…ですぅ
:.:.:.i * ト、:.:.、 xx`  fヌ〉:!:ル'   
:.:.:.ヽ  {: .\ゝ 、 _ ' x'.:/
ィTえ! * '; : : .__ .ィ´} '
::::::::::::{  トv':.:.:.:.:.:l { !   __ _.ィ´`ヽ
::::::::::::::{ * }/!`T!、:.!ハ { /   `ヾ!  j
:::::::::::::::}  { {i}ノ!{ ヽ 'ィ'´      r''


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\    本当だお…
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   真っ白で清らかで…
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
776 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:50:35.27 ID:qs03Ow2o
興に乗ったやる夫は、童女たちを庭に下ろし、雪遊びをさせた。
色彩豊かな衣を着た、愛らしい童女たちの姿は
眺めているだけで心をなごませる何かがある。

_____  _____ _____    (....     ヾ ,,... -- ヾ ,,... --
 ̄|| ̄ ̄|| || ̄ ̄|| ̄ ̄|| | ≡≡≡||     iiiillll||||lllii、 (...,,,,,  、 (...,,,,, 
  ||........ .|i....||......... ||....,,,,, || |................_|| .D "⌒ヽ-、_  ヽ// ゙゙゙iiii ヽ// ゙゙゙iiii
______________゙゙-..ヽ(゚∀゚ ) .)ヽ |// ..-''" |// ..-''"
                  ∧_∧ ̄ ̄ ̄く ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  (´Д` )               
      ┌―┐        /L/⌒ヾヽ、             
       L__」-、      / / /  |\ >、            
    \.(・ _ ・ .)'/   _///  .|  ))))             
      Y    .Y   .. ―⊂ヽ' .L___」                
      i   ..::::i /      ヽ V /            __..
_____.ヽ、...::::::ノ .i      .::::!/ ./ヽ.___,,,,.... -- ''''"" ...... ''' - ..,,_ _
---''''""   .....:::::::::::::i     ...:::::::i| i \ >、     ,.:-一;:、  ....:::::::::::::::::::::.......
    ....::::::::::::::::::::::::ヽ ......:::::::::/L_|   )  )    ミ;;:;,. _,.;:゙ミ  .....:::::::::::::::::::::::::::
......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ ---- "(__ノ  ー'     ,r( ´・ω・)  .........:::::::::::::::::::::::
..........::::::::::::::::::::::::::::...............             ツィー=ニ彡'
                            〜'l  つとノ
                                u‐―u'
777 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:51:35.29 ID:UcYrk0Yo
童……女?
778 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:52:06.97 ID:qs03Ow2o
                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|  やーん、可愛いですぅ
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′ 
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }          ,、
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }           //
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }        //
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   }       //
.      , ':.:.:.:/:.:.:.:{ /:|:.: : : : : :ヾ,ヽ='ィ、ニ. r.イYヽ   }      _..rY、
    , ':.:.:./:.:.:.:.,イ/:.:.|:.:.',: : /: : : \/ !  / /{:ハ.  }.   /,_ィ_〉 〉
.  , ':.:.:/:.:.:.:.:./ /:.:.:.:!:.:.:.∨: :_:_: : / l   ' .,'イ: : :!  }. ,イ    'ー- ._
 , ':.:./:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.!:.:.:/: :/r =7     ,'.フ: :ヽl   }Y フ '´ ̄`二- '-'
,.':.:/:.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:/ハ:/:.:.:.イ7/〈:、     !'.):.:. : : `ヽ/'、ヽ二-フ´
/:.:.:.:.:.:.:., '  /:.:./:./:./:.:.:.:/://:.:.:ヽ:\   |ヘ:r,.-.、、/  ゙ーァ'´
:.:.:.:.:.:.:./  ./://:.\:.:.:.:/:.V:.:.:.:. : :〉:/  l:.\ニ/Yl   /
:.:.:.:.:.:.:.{  /:':/_.. -‐'::::`7:.:.:.:.:.:.:.:.:./:/   /:.:.:.::|': :.ヽヽ/ヽ、


       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     …そう言えば昔、
   /   ( ⌒)  (⌒)\   宮中でも似たようなことをしたお
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /    藤壺さまという方が
     /     ┌─┐     思いつかれたんだっけ…
     i   丶 ヽ{ .湯 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ
779 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:52:27.72 ID:62KZKjco
童女…だと…
780 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 00:53:53.04 ID:N6Z/gmAo
この糞寒いのに・・・・とか思っていたんだろうか
781 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:54:04.44 ID:qs03Ow2o
特別に派手なことをされる方ではなかったけど
なさる事全てに、見識のよさがにじみ出ておられたお。

       , ′       .:: /::.    / /  /  l   `、 `、
.      /    , '    .:: /::.    / /  ,'l:.::  ト、   l  ハ
     /    /      .:: /:.:.  ,.::〃 l|   / |:. .: |l::  | / ハ
.    /  ..:/     .:: /:.:.   |:.:丱_|:l | |:.:.. j l|::.:  |:.     l
   /  ..:/    ..:.; /::.:..   |/l | } l≧x 」:.. / |::.:. ハ  、 |
.  /  ..:/     . : ://::.::.  |斗与=ミ`ヽ|:: /  ,':.: /リ::.:l:.. l| |
  /,   ..:/    . .:://7::.:.  l l ヽ {斥ぅ癶 l|/  /::.:// }:: |::. l| |
. //  .:; ′  .: ..:/人!:.:..  l| | `ヾン′    厶メヽ ハ::.j::.:/リ l
´/ /  ..: .::.:.//ヽl::..  ハ l             fi仇イ/リ: / ,' /
 /  . .: .:.:/ ,'::.::}|:.:.. | | |           〉V /N厶イ 彡′
  .: .:.:.:.:::/ .:/ ::;イ|:.:.  l| | |     _ __ ´  ,小
. ..:.:.::.::.:/ ::/ .:.::川:.:.  | | |     `_┘  / ,' |
_: _: .:; ′, '´ .:.::/_/_|:.:  l   ヽ \      , ィ /l| |
..:.::.::.::/ .:.:.::∠_//:.:.:|:.  ト、   ハ ヽ  , '´/ l / ! |
.:.:.;イ二ニ≦_/ ^ヽ、|:.. |::.:.:`ヽ、|  l ̄   ,イ // ||
//: .: .::.:.::.:.:.:`ヾミト、::|:. {::.::.:.:.:. ∧ !  /} l l   | ト、
/: .:.::.::.:;': :.:.:.:.::.::.::V!:|:. |::.::.:.:.r衣} 厂 //| |   | l |
: : ::.::.:::./: .:.:.:.:.::.:::.::.:}ヘ!:.. |: .:.:.:.:゙='^仁彡'´| |   |川

お言いになることには深みがあって、
柔らかく弱々しいようでいて、気高くていらっしゃって…。

あの方以上の貴婦人はもう現われないだろうお。
782 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:56:05.03 ID:qs03Ow2o
       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\     紫の上は、そのお血筋だけあって
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    似てるところもあるけれど…
  |     |r┬-/ '    |    ちょっと気が強すぎだお
  \      `ー'´     /


         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l   んもう、失礼な人ですぅ!
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!   どさくさ紛れに何言ってるですか!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l
783 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 00:58:36.16 ID:qs03Ow2o
       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:     怒らない怒らないw
   :/( ●) (●)。 \:
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:  でも、隔てを置かれた方だったから
  :|    { l/⌒ヽ    |:   詳しくはよく知らないんだお…
  :\   /   /    /:


                 /   rク      , --=====ミ \
                /    ィ7     ≠″        `¬\
            ,. '     〃   /   /           \
         ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
         \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛
          \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
           \/  V{{  |   −/―--<.  / イ / /       |
               /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |
           /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//  でも、宮中には
           , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/  そんな方がいらしたんですね
         /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′  
       /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /    だとすると、例えば尚侍さまは
      /       // {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//     どんな方ですか?
    /        //   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}     嗜み深い方とうかがってるですぅ
   /     r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽh__   |   |{{     ヾ!
 /       |_し-.\〔_r┐ ∧∨_/介ー、\ r┐ヘ |{{   __}}__
'       / / _仁\〔__ |  ヽ / 乃ヘ \\弋!ィ  ̄ ̄  ____ヽ
      /|    ヽーミ `ヽ〔_ ヾ  ∨ | | )ハ ヽ/      /      \
     / |    / ̄> 、 `ー- ⊥ | |(   / /⌒ヽ /         \
784 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:00:10.12 ID:qs03Ow2o
尚侍の君(朧月夜の君)かお……。

                            _
                       _r=ト、 -――´-< ̄     、
                   〈{泳 }〉:::::::::::::::::::::::::::`::.... 、  \
                       /.:::>K彡ヘ./\―-   ::::::::..\  \  __
                 ┌l/ | \  \  \ 丶 \:::::..\  ∨/|
                 / / | 、 \  \\\ \  r 、::.ヽ /:/|:|
                ,, " ll |||ヘ、\ \  \\\ l  |:::.\:∨:∧l:|
               〃 イ || |||、 \ > ‐\ ¬ ヽ ∧ |::|\::「}l  l:|
             ‖ | | || ||ト \ ヘ\_,,.≧ミxll| l| | |::| /::小、」:|
             ‖ | | || |+乂\ ,ィ笊f千}广刈| l| | |::.V::/l |\\
                   ヽ 从∧キ≧ \   ゞ'イ   | | l| | |∨:/  | lヽ::l
                / /l l イヘリ        ノ 川| |/:/| | | | |:|
                  / //| |  r'           / /| l/ イ | | | | |:| 、
                 //-┴ 、 lヽ _     彡イ// ||‖l | |:|.  \
            //   r‐┐ ト ヽ `ご´       //:/  ' ||‖l | |:| \  \
    (⌒f´ ̄> //´   /^くイしク 〉 \       イ |::{ / ∧| 八丶l_/厶 ― 、\
   _|_)├┐| 〈(    ノ -‐= 'ーく \ `丶 _ く |ハ:∨ ∧_j___>':/.::::::::::::::::..\
 , ´   r┴┤| ーヾ―'´   _x┬―'  |>−、r―ヘ | | ヘ:.\'.::::::)::::_:::イ:::::::::::::::::::::::::::
〈_ ―ト- ⌒ヽ  >−―< l |┌ヘ  l::::::::::: |:::::::::∧| | \(:: /| ̄:::::::|::::::::::::::::::::::::::::
 }  _丿 _,.イ  ト----く廴」ノ|::..\ヽ:::::::::|::::: /.:::l| | l::::::/ |/.::::::: |::::::::::::::::::::::::::::
 ル'´   | (_, ┴┐| /こフ⌒ヽ__〕|::::::::::..\:::::::|::::〈 ::::∧ | |:::/  /.::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::
〈〈___ノ⌒ヽ    /| |′  ̄}/<f::::::::::::::::::::::::/.:::::l>イ |:| | |/  〈::::::::::::::::::..\:::::::::::::::::::
∧ ̄) __ノ   卜⊥L. r<厂ヽ_人::::::::::::::::::r〜/ィ┐|:l人{   |\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 |/ (´_ノ⌒>|    ノ′/⌒V( 〈:::::::::::::::/l/::/=ミメハ:.マ⌒>┐:..\:::::::::::::::::::::::::::::::::
     \  / |   ├<_ト-<ハ__〉::::::::::/..:::/ftゾ}ハ }:::|  くf::::::::::::〉::::「 二二ニニニ
      \弋_」ノ⌒l、  入_廴丿.:::::::::::'⌒V ゞニ´イノ.:ノ  ノ.:::::::::く::::::| |:::::::::::::::::::::
        ヽ    ヽー1 //..::::::::::::::::::::〉        ̄   /..:::::::::::::..\| |:::::::::::::::::::::

艶めかしく美しい女人と言えば、あの人を言うお。
若い頃の――やる夫とのことを、これから後悔なさるかと思うと…
気の毒なことをしてしまったと、今でも思うお。
785 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:02:17.50 ID:qs03Ow2o
明石の御方は……

            _ _iヽ ― ―- _    __
         _,. -‐ |  |        >'::´::::::/
       /    | ∧ヽ.\    ヘ:::::::::::<´
      / /   :| |  \ヽ.___ \ \::::::ヽ
     / /   / _ -| !   \ヽ\    ヘ/\
.    / / /  |'´ / |l.     ヽ!_斗≦ |  ',<
   //| |   | ≠=-、、    个/:::ハ |\ ', `ヽ.
   "  | |   | ハ∨::::l     ト リ ! ハ \!ヽ  ヽ
.     | ト.   l∧ ヽ _!/// ー′" ,ノ / |  \ ',
.     \|: \ ヽ〉、        , イ7  /.  |   ', !
      / / ,'\ | |ヽ  _` <:〉 !/  /:l  |    | |
.     / /  ;  |ヾ ',  , イ |:| 〃 /  ∧||  ',    ',ヽ.
     / /  l  ヽ. V  | |:|〃 /  ./  ',   ハ    ヽ\
    ,' ;   l    ∨  | l/  ,'  /  ハ   ヘ     \
    〃l |  |   /    l /  /l /  /  l    ヽ
   〃 | |  |  / ヽ,. --_、,.∠ j_/_/_  .|     \.
   〃 | |  | _」_/   |::|       \ ̄ヽ.     ヽ.
   |!  ! l  l/       l::|        \ 〈       ',
   |!  | |  l        l::|           \      i
   |!  ', ', /        〉:l            \    |
   |!   ヽV        /:/i:l             \   |

あの人は身分以上に、高貴に見える人だお。
似たような身分の者をほかに知っているわけではないけれど
あのような人は、稀だと言えるだろうね。
786 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 01:02:32.11 ID:8UTI5/oP
>>777>>779
多分この場合の童女というのは侍女の見習いの子供達のことだな。
別に囲っているとかではなかろうww
787 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:03:07.75 ID:qs03Ow2o
他の女人の話は、気にしつつも受け流せる紫の上。
しかし、明石の人の話になると、どうにも心がざわめくのだった。

           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l  …………。
              |、ヽ.:.:ヽィi圷ミ    ィi圷ヾ.:.:.:|::.::l
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',  (何か…落ち着かないです)
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
          /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ
.         /.:/: : : \: : }  |.  ̄/ \ヾ) \ |  L、 : : : : : :}.:.:.:.:.:\
         / .:.{ :\: : :.}: : ! ト、/   ヽ }〈//  ヾ一'|/:-ー' : : :/.:.:.:.:.:.::. ヽ
          / .:.:.:.ヽ: :ヽ,: : :r十く/ゝ ,.メノv ヽ入  <\_ : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',
         / .:.:.:f\_〉.: : : :/  ヽ/ ̄Zソ |人| ( >_「´ヽノ  } : :〈,.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
       / .:.:.:.:.:} |>二ニ/    ゝー厶 |∨| 〉 \一'   Y二、 ̄〉.:.:.:.:.:.: |
     / .:.:.:.:.:.ヾ/: : : イ      ノ_ノ |ハ| (__,、_}      |ヽ:ト\.:.:.:.:.:.:.:.:|
     ヽ, .:.:.:./: :/ |    /`ゝ-勹 /ヽ------\    |:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

          ____
       / ノ  \\     あ…
      / (●)  (●)\   あなたと比べれば取るに足らない人だお
    / ∪  (__人__)  \  あんまり気にしないでくれお
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
788 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:04:46.51 ID:qs03Ow2o
花散里の君は……

            /     /  /  ,. -──‐- . 、`ヽ   \
           /     /  / , ィ´. : : : : : : : : : : : ``ヽ\   l
        /     /  / /.:.l l:.l:l: l:.!:l:.l:.l:l : :ハ: :.l: : \\ l
         /     / / /. : : :l l:.l:l: l:.!:l:.l.:l:l l::l. ',.:.l: : : : .\V
       ./      // / . : : : : 从从 N l:.l.:l:l l.:l  i:.:l:::::::V:.:.:.ハ
      /      / ,.イ. : : : : : : l ´ ̄``VNN从|  i::.l.:.:.:/::::::/::::',
     ./      //.:.:l: : : : : : : :l     ..__    リ  リ l:_./l.:::://::/:!
     /    /.:.:.:.:.:l.:l: : : : : : : :l, -===ミヽ    /リ「:メ:://:://:!
   /  ,. ィ´.:.:.:.:.:.:.: l.:l: : : : : : :i.:|          r==ミl// l//:/
  /  /  l.:.:.:.:.:.:.:: : l:.l: : : : : : :l.:|          ヽ ``1:l   //
  \      l.::.:.:.:.:.:. :. l.:|: : : : : : :l.:|          /   ,:.l  〃
   \    /.:.:.:.:.:.:./ .:l.:|: : : : : : :l.:|   rー ‐ ─ァ   ./:.:l  ′
     \_./.:.:.:.:.:.:./ .:. l.:|: : : : : : :l.:|.   ヽ    /   /: : :|
      /.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.l.:|: : : : : : :l.:|     `¨¨   / : i: :|
      /.::.:.:.:..:./ : :/. l.:|: : : : : : :l.:|. 丶、     /.:.i: : :.l: :|
      /. :.:.:.:.:.::.:.:.:/ .:.l. !: : : : : : :l.:|    i` ー'´.::.:.:.l: : :.l: :|
      / .:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄|: : : : : : :l.:|    |.:.:.:.:.:l.::::::: l: : :.l: :|
    ./.:.:.:.:.:.:.:/.:.:::::::::::: |: : : : : : :l.:|   .ハヘ : :|.::: : .|: : :.!:.:|
   /, -一 ´ヽ\:::::::: : |: : : : : : :l.:ト、 //.:: \|.::::::.:|: : :.!:.:|
 '"´.::::::::::::::::::::::::\\.:.:. |: : : : : : :l.:|:::V/.:::::::::::::l:::::::::|: : :.!:.:!
 .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\|: : : : : : :l.:|:://.:::::::::::: :l:::::::::|: : :.l:.:|

優しくて正直で…それは若い頃から変わってないお。
二人でつつましい恋をしてきたけれど、それで良かったと思ってるお。
789 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 01:05:45.70 ID:.jgLWkso
>>786
そういう意味じゃねえwwwwww
790 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:06:23.68 ID:qs03Ow2o
              _____
            /         \
           /            \
         /   -一'     ゙ー-   \    こんな話ができるのも…
         /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \   あなただけ、なんだお
      /    (   ● l    l ●   )    \
      |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
      |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
       \       `ー ─'^ー 一'       /
        \        ー一        /
        /                 \
       /                     ヽ
        |                         |
       |    i                   i    |


<    /  /,ィ‐ "`T ⌒`ヽ- 、_:::::::::::    \
  /  .//: : : : ̄r " : : : : : : : ヽ、::::::     \
  \ / ト: : : :_ ,,=-ェ 、 : : : : : : : ィヽ:::  、   \
    〉 ^", ‐⌒ ̄   `T" ヽ、_ ソ - ヽ   ヽ::::::..  >
   {{ /  /     i i | \  "ヽ: : : ヽ.   i:::::/
.   レ'´  /     ,イ .l l   ヽ   ヽ: : :ヽ  レ´
  /   /     / | l i    }    ヽ  }レ∧
  / .i  i    / / i ハ_   i    ', ソイ  l
  |  i.  i __/_  / /__ヽ__ i.     ト-|  l
  |  i  i" /、_/ /  __  \ヽ    i }.  l
  ヽ i  KT7ハヽ     T7ハ;フト    / :}.   l
   \.、い. ヒ;ゾ       ヒニソ./.i   イ  .:}   l
    |ヽ\ヽ .::::.  ;     .:::::./ノイ/ .} L .}    l
    li  `i\   ー‐'    /イ i .} 「 .{    l
    ∧i レ_ | i. `: .、 _ _,  '´ ト、. i i {i  } i.    l
   / .{i v` { i  i__/ }  ./  \ {i  } i.    l
.  /  {   レ '´ , - 、.v"r‐- 、   .{{  L i.    l
  /  }i   } r '´   >く   ` ヽ.{   イ⊥.i     l
. /   }i   .} |   , イL|| \   .{ト じvK  ヽ    l
/   }i i _ |. レ'´ .>|( .|| ) ` ‐v'}  " }r'::::::  i.    l
791 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:07:22.36 ID:qs03Ow2o
紫の上のご機嫌をうかがいつつ
やる夫は、床についた。

          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (ー) (ー)  \       .| |
         /  (__人__)     ヽ      .| |
       _rーー‐‐- 、_       / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ  /| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、. /  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                    /   |/
792 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 01:08:30.06 ID:WXX5lZAo
甘えられるのはこの人だけか
793 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:08:32.68 ID:qs03Ow2o
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::

                   あなた……

::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::
794 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:10:24.11 ID:qs03Ow2o
        ___
      /        \       ん…誰か…呼んでるお…?
      ´         ヽ,-、, ‐ 、
      l           !ー   \
     !  ―  ―   ___ __\,‐‐-、
     > (=) (=)  ヽ       ヾzソ  )
     ( _ (__人_) _ノ
795 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:12:08.57 ID:qs03Ow2o
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::
    ゞ/:::: /  /        ,                       /
    /::: ィ  /   ,   /  /             ヽヽ ヽ      /::/
   /::/ /,/ /  /   /  /      !          ! | ! !    /:/
  /::/ ,/ / ,. ,'    '  ,/!        i!  !       / l! ! ト ,  /::/
  /::/ /' / / ,'   ,' /  !        i /!     /! | | l !  /::::|
 /::/ / / '  /' !   / /  | !     / /' |   / 〃 l /,' | '  ! |:::: !
/::/ /,ィ  i /'|i |   i! |  │ l    / /  !  ,./_/;-//ナ' !/ ! Y!::.: |   わたくしたちの過ち…
ヾ / /!  .i l l  | l | i.   | |   /! / / ィ'//.=j/=.、 ノ'/ /! ヾ::::::|
  i /!|  l ! ∧ !/! | .j___ l |   / j/  j/ ",ィっ::::::: ! 〉 / / l  |/\!!   もう隠れなく
  .V ゝ | 乂 ヽjヽ.ィf ! ,,.==.ゞ! ヽ'´          、`ーいノ / /  |. │ i l    知られてしまった…
  /  /\!|   \ハ!ヽハっ:::r!             ` ̄ , / /   .| .| ,/
  /  / /: !   / ∧  o- '               O,. '' /     |/
 /  / /::::l!  ./  !ヘi 。                o /    /,! |
. /  / /レ ´  /   /  ゝ.       ` ―- 、  / /       ,   ,
/  ,//    , '  , '     \      (  丿 / ,´   / /  ノ
 ,./    /, イ/_    __..ゝ、       ̄  / /  ./  /  ∧
/    ,/ ' //::::::::\_ ノ::::: /:::::,.> 、._   / /_  ' _,-―'/  /::::::\
ヽ  ,/   /:! !:::::::::::::::::ヾ/:::::::/::::::::::::::`ーi / /´::::::::::::/  /::::::::::::::\
ゞ\ヽ   /::::l |::::::::::::::::/:::::::/:::::::/:::::::::::::://::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::: /
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::
796 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:13:10.19 ID:qs03Ow2o
                   _____
                 / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
                /        ∪     \      ||  ||
              / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
             /  (   ● l    l ●   )  \
           /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \   ふ、藤壺さま!?
           |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
           |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
            \          |/⌒i⌒、|         /
             \       !、__,!    U  /
             /       、____,,      \
            /                        ヽ
             |  、                 ,   |
797 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:14:04.46 ID:qs03Ow2o
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::
       l   |        |:ヌ ゝ'     ´ ソヽ \_, ---、 l| l|
    i´`!   /´゙i        // |ト、  r 、  ∠ ィ \     、 ,イ l |
   | :l   / / -‐'´ ̄ ̄ ̄Y/|::::::....二...:::::::::::} ̄ ¨ヽ ̄`ヽ/ /    ああ苦しい…
    :! :lー/ /、Z}/    //_.}::::::;:::::薔 、::::::/   |  /_,'=‐┐   恥ずかしい…
  , -r‐i └' ,'「 ̄      \_」´/::::/c ',\::` ー、_ \ {_, =ニ,
  | | ト、   !、Z}/   「 ̄,厶  i::::::| c ::.. }::::::::/    Ti r‐'´、   夢が見れない…
  └'┬'゙   ` ー-、  l _ 「二 -' /{;-、| c  :: j´ ̄ヽ l  {ソ'  ` −」
     `ー<二 ー'  「ハ! > ̄}/ ヘ  c : /へ、__zイ  |}   'ーァ}
           └=' └〔_/ l   \_/  .::}´ 廴ノ'    └‐'
                 └ '  ト、      .::/´\
                   /ヽ       ' .:::: }┐
                     /:::::..',      .:/  |
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::
798 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:16:11.52 ID:qs03Ow2o
             ______
            :/ '⌒ヽ  ; '⌒゙\ :
          : /        ∪     \ :
       / /´  `ヽ   /´  `ヽ \       ま…待ってください!
      : /  (   ◎ l  ιl ◎   )∪\ :    待ってくださいお…!!
    : /  ιヽ_  ∪ノ   ヽ∪ _ノ  ;  \
    |   ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪   | :
    : |  ∪      `┬─'^ー┬'′       | :
     :\    ι    |/⌒i⌒、|  ι     /
      \/⌒⌒ヽ !、__,!    U  / :
      : /      〉、____,,       \
      : /      /             ヽ :
      : |         |             ,     | :
799 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:17:37.18 ID:qs03Ow2o
             ______
            :/ '⌒ヽ  ; '⌒゙\ :
          : /        ∪     \ :
       / /´  `ヽ   /´  `ヽ \       ま…待ってください!
      : /  (   ◎ l  ιl ◎   )∪\ :    待ってくださいお…!!
    : /  ιヽ_  ∪ノ   ヽ∪ _ノ  ;  \
    |   ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪   | :
    : |  ∪      `┬─'^ー┬'′       | :
     :\    ι    |/⌒i⌒、|  ι     /
      \/⌒⌒ヽ !、__,!    U  / :
      : /      〉、____,,       \
      : /      /             ヽ :
      : |         |             ,     | :
800 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:18:51.18 ID:qs03Ow2o
  ガバッ ! !  ______
        /:υ::─ニjjニ─ヾ
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\     待ってくださいおー!!
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/     
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ     
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\     
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
      ヽ               \


        /   ,イ^ヽ _米ソ_ _ \  \
          〈   /´.:,.:. :.:..:::::::/!:!:::::.:.:.\jkヽ  \
         `y' .:.::::/::,.:::::::::::/::lノ::::::、::ヽ::ヽ. t、__j
         / .:.:::::/::/.:::::::::/::/:ト、:::::`,:::!::::| !:ト、 /
          |.:/.:.:/、/.:.::::,イ:://ハ::ヽ:;;:ヽ|:::::!/::::.:イ
          l/トト,!::::仁ニヽ'´ , -‐<:::::::!::::|{::::::.:.|      あなた?
          〉V::i:|ヾトッソ  ´トッツ7::/::::/ !:::.:.::|      どーされたですか?
           /,.ィ´ ト、' ' ' 、  ' ' ' /::,::イ /:::::::.:.| 
            ,イ: :|  |/ >、 _ 0_, .イ´7  /: :  ̄`ヽ      びっくりしてこっちまで
         _ノ: : :j  j!   \ フ/  !  |: : : : : : : :.\    起きちまったですぅ
     ,r‐'´/: : :{ 米|   ,ィ介   | 米|: : : : : : : : : : ゝ、_
    ./ :./: : : : :.i   |   //小   !   |: : : : : : : : : : : \:`ヽ
   〈: .: :ー‐-: 、:i   |   // }。j 〉  !   |.: 、: : : : : : : : : : : ヽ: |
     \: : : :``ヽ| 米| // f。,リ」  /,米|:.:〈ト、: : : : : : : : : : : i:.|
      ,ゝュ_: : : j  ト、    }。j  /   |こ〈::.\: : : : : : : : ,イ/
 .    / 厂`ヾji|  |7こf乙f。|乙j{    |乃 !:::.:.:〉-r‐rュ_ ノ:/\
    / /     `! 米|二乃Y7;;;;;;乃〉 米厂:.`i.::::厂``爪ト、:/: : :.|
801 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:20:00.41 ID:qs03Ow2o
            ________
          /            \
         /               \
       ´ ̄`    ´ ̄`              \
      /_        __          u     \   ゆ…夢、かお…
     / /::::ヽヽ  //::::ヽ  ヽ           ヽ
     ゝ ー ' 丿  ゝー '   ノ   U        |
     |  /  人  ヽ                      |
     |  ゝノ  ゝ _ノ      U             |
     \  `´ ̄` ´                    /
      \                     /
.         ヽ _____  イ        く
          ,'                 ヽ
802 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:22:14.14 ID:qs03Ow2o
           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \
   /  /⌒)   ⌒゚o  \
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
803 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:24:14.08 ID:qs03Ow2o
        ,    _.. -‐…‐-   _
.       (  , '´ , -―     、`ヽ、
         × _∠ニ -―‐  、 \  \
        く /. : : : : :; : : : ; : : : :\   ヽ、 \
       /: : : :// : : :;イ: : : : : : :丶  \ \
.     ,: : /: ::, '::;イ /: / /:::/ハ : : : : : ヽ  {   \
    /: :/: ::////  /: /  !|: : : : : : :.  ヽ   \
     {: /: : ,'´//  / , ′ !| i: : : : : :} ┼ } j _,ノ
     j/{: : :l://  ̄  /  ヽ、|l ト、 : : : ハ   | 厂
      八: : {/ x‐‐ 、     」≧ーi: ::,′{  レ{
        〉. :ヽ/{:::::リ      ´{::::::jヽj::/:} {十{ : !  ど、どうしたですか?
      ハヽ: {xx~´   .     ー' ノイ:/( }  } : l  大丈夫ですか?
.         从八             Xx //: : ){]ノl : l
        / /{ヽ \   っ     //: : /f′ j l :‖
.       / /ハ Xヽ > .. __   イ: メ、: {{ j×ノ l : l !
     / // ハ /   ,ィ个x、      \}j {: l : l :!
.    / //ノ /   〃 ∧  \     ヽ+} l : l :l

       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \     大丈夫だお…
  /::::::::::         \    ちょっと悲しい夢を見ただけだお…
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ   すぐ落ち着くから…
   /:::::::::        くゝ  )  気にせず寝ててくれお…
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;
804 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 01:24:47.81 ID:WXX5lZAo
罪悪感はモテなくなってきたってのと関係してるかしら?
805 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:26:01.91 ID:qs03Ow2o
             ,.'"´    ̄ ̄``ヽ、
              / ,. -‐ ーー --‐- 、 `丶、
          / /           `ヽ   \
           〈 ム. '"´ ⌒⌒ ``ヽ    \  \
          V/   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ヽ  \
          〃.::.::!.l::!.:..:.:.:.;.::/.://.::l:::::::::.`、   ヽ  ヘ
           〃.:::l:::l::|:|::l:::::/:/:://:::ハ.:;.:.:::::.`,   V.:l:l`
         ./:::;:::::l:::l::|:|::l::/:/ //::::/ l:|:l:::::!::!::{!   !:::l:|
        l::l::l:::::|:十ナl:< /::∠_ 」トト、:l::l:::{!   !:::l:|  …無理、すんじゃねーですよ?
         |::l::l:::::|:|:|yテ〒ミ/::/´,t==ミ、:ト、::{!   !::::l:!
         |::ト:ト、:|:|:| f辷ソ   _f辷シノl:l::l:::{!   !::::l:|  おやすみなさいですぅ…
         ``Vハ1:ト、, , , 、    , , , , l::://{!   !:::l::!
           i `ヽ小、   _       ノ//.::{! i .j!:::l::|
           | ‐米 f{:.>.、  `   ,. イレハ.::::{! 米j!::::l::!
          ,/|    ,f{::l::l::>==<__ ノ⌒ヽ:::〉 !〈:::::l::|
        / .!   ! ,fレ'/``V,ィ介入      〈   〉:::l::|
          /  ! ‐米,f{ソ  //ノハ `ヽ     〉米〈フ⌒フ
       / ,.イ!   ! .{′ 〈_,イノ}  iト、__」   〈  !〈ノr'.::::.`ヽ
      ./ /.:::lL_ _」   / ,}  ji!      〉  !:::::::::::::::::ヽ
     / /.:.:::::) ,1 ソ   / ,}  jii!      L_」:::::::::::::::::::::
     ./ 〈.:.:.::::( ,1 ソ   /  ,}  jii!     { 1〈.::::::::/:::::::::::::::
    /  ハ.::::::),1 ソ  /   ,}  jii!     { ,1 〉.::::/::::::::::::::::::
806 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:27:28.20 ID:qs03Ow2o
夢の中で、恨みを訴えた藤壺の姿…。
それを癒す方法も、今のやる夫にはできない。

       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :  (南無阿弥陀仏…
      \.....:::::::::    ::::, /     南無阿弥陀仏…)
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"

やる夫は泣きながら、心の中で念仏するしかなかった。
807 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:28:56.88 ID:qs03Ow2o
自分は、いまだにあの人を求めている…それを悟り、源氏は愁う。

                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \    やる夫は…取り戻したいのかお?
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |  力及ばず失ったものを…
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |   力ある今こそ…
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄


                        ____
                      /;;;::::::::::::::::  ̄ ヽ
                     /::::   ,,ノ:..:ヾ、   \
                        /;;;;;ー'"´   ,,、  ー‐‐,,   \    それができるなら…
  _______ +      /;;;;;( (;;;;;) );;;;;;;;;;;((;;;;;) )    ヽ   もしそれで償えるなら…
  |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::               |
  |i: /ヘ:\     :i|     _ |;;;;;;;;;;::::::: (___人___,)       |   そうなりたいもんだお…
  .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、⌒ij~"       /`、
   |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:";;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;         。;: /::::: ヽ
   |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、;;;;;;;;;;:::::::;;;;;"⌒;;::/::|:::::〆::\
   |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ;;;;;::::;;;;;;;_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
 ─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
808 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:29:59.94 ID:qs03Ow2o
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
   \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ 
    /    r''ヽ、.|  
   |     `ー-ヽ|ヮ 
   |       `|     ーーー   
   |     `ー-ヽ|ヮ        ノ    
   |       `|        ノ       
   |.        |         
   ヽ、      |      ーーー ヽヽ   
     ヽ____ノ          ノ    
     /_ノ ' ヽ_\        ノ     
   /(≡)   (≡)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / 
  |     |r┬-|     |  (    
  \      `ー'´     /    \

第二十二話「昔の恋、いまの想い」、おわり
第二十三話「夕霧」につづく
809 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 01:33:25.77 ID:WXX5lZAo
乙です
朝顔の姫君の清浄さ 素敵じゃのぉ
810 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:35:29.68 ID:qs03Ow2o
以上で第22話は終了です。
重いなか、遅い時間までおつきあいいただき
ありがとうございました

よーし、サクサクおまけに行きまーす
811 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:36:48.20 ID:qs03Ow2o
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  -┼─       ̄フ   |_l__  -┼ー   /   . ヽ、_.
     レ!小l●    < 从 |、i|    レ--、   ∠ニ、. ̄|   )   ヽ、  / ,-,    /  
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   _ノ. ゆ.   o,ノ   .|     ヽ_  ι'  し'  (____.
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


       r`"⌒`ー=v ‐-、
        1:::::.....................  }
       |:::::::::::::::::::::::___::リ,    
       r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ    
      /``======_‐ラ(6,′
     ,>‐'つ__... =-〒rtッテ|h′    空条承太郎の
   /.ノ (:{,|| i   i l゙`~.jl|リ      
   ! }/゙ヽl.l ',  ヾツ  |l!|) _
   { (´/ヽ.):ヽ  r=- l/l:}/,r=,ヽ.._
    ヽ( イ- ) ̄l|、|!゙¨´ / l:八.>=iこ⊂⊃
     \ `ヽ:::::lドミ==‐' レ____l[二´__
 ̄:¨"7゙<〉   )::¨o7 /  ̄ フ 7ー-、:_:: ̄
::::::::::/:::::::\ ノノ:::/  '  '"´ /  / `ヽ
812 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:38:27.96 ID:qs03Ow2o

          __,,.. -‐:::::¨::::::::::::::::::::::;.イ     ヘ.   .i   、  -┼-.    /   . -┼-.        
    / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::ィ   /  \ |   ヽ . ,-┼/-、 / ,-,    メ,ー         
 .   i\ :::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ:"::::::::::::〉       ヽヽ/   ' .ヽ__レ ノ ι'  し'  (_`__         
     ヽ:::`:゙::'':…ー‐::''''゙゙":´:::フ-‐ァ:::::::レ                                     
     V::::::::::::::::::::::::__::.. -ュ:j::::ル;:::::::::::l,.                 ノ_ .┌┐  ̄フ.  ヽ    |   
 .      V:::::::::::;.- 、::i ,.m i !ノノ:ヶ‐、:::::::i                  _|_││ ∠--、 ̄ ̄`i. |   
 .       V::::::::i ⌒i.}:!l  _L⊥彡ト、ノ:::;.-!、                /\.└┘  _ノ  _/  ・  
      {`ー--ヽ-'イニ¨-‐ ブ,.ィヲ::::::i /i l \、                                 
      /`¨:::::¨´:::::::::::::>ニ"彡'^l:::j iク l::ヽ ',:!                 -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、         
   /::::::::::::::::::::::>'i"´rブ‐rテト` ` レノ::::::Lj:l                 / /" `ヽ ヽ  \       
   {-‐ ニ¨-‐i r‐tヲン!   ー宀''´   i¨ レ'´  ヽ::\  や       //, '/    ヽハ  、 ヽ        
 / ̄::::::::::::::::ハ.  ̄/l,、      i    l i iフ¨ヽ !、:::  れ       〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|      
 ::::::/:::::::/:::/'、 i__ ..      !   j  Y/:i (ノ、i::  や  に    レ!小l>    < 从 |、i|      
 :::/::::::/:::/.  ',  ヽ '"     ./ //:::l l::_i l::  れ  ょ     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│      
 :::::::::〈:::::< i ,.イハ  -‐…‐  ./ //:::::ハ. ',_`ヽ  だ  ろ /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !      
 ::::::::::::';::::i / /   ', ` 丁´  ,.'  l i::::::::::i l`¨ i |  ぜ  | \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     
 ::::::::::::::}::y" /`丶 ヽ__/   i. i:::::::::::', V^i ノ     ん   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |     
 :::::::::< <  /i\   \ \     l l::::::::::::`i {:::::         `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' | 
813 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 01:39:34.83 ID:feFEBqIo
うお、なんか久々な感じ
814 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:39:47.94 ID:qs03Ow2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    というわけで
  √¨l-゚]、   ここからは平安王朝文化の解説だ
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ 


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ
   〃 {_{        リ| l.│ i|   
   レ!小l\    `ヽ 从 |、i|    やる夫源氏を読むときに知っておくと
    ヽ|l >   ●  | .|ノ│    オトクな情報を紹介するよ!
    |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
    | /⌒l __, イァト |/ |
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
815 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:41:42.63 ID:qs03Ow2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   第4回目の今日は
  ミ゙ ゚ -゚ノ    「和歌」について
  √¨l-゚]、   少しだけ学んでみようと思う
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   本編中にもすでにいくつか
     レ!小l●    ● 从 |、i|    登場してるやつにょろね
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   ぜひ教えてほしいにょろ!
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
816 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:44:17.38 ID:qs03Ow2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   「和歌」は「漢詩」に対する定型詩として
  ミ゙ ゚ -゚ノ    日本で創作されるようになった
  √¨l-゚]、   
  (゙ /  |ゞ   「和歌」とは和語を使った定型詩の総称であり
  /ヾノ==,)    広義には長歌・短歌・旋頭歌・片歌などを指す
 ム-ノ__|_jゝ


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   長歌と短歌はなんとなくわかるけど…
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| 
     レ!小l●    ● 从 |、i|    片歌、旋頭歌って何にょろ?
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   まず漢字が読めないにょろ!
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
817 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:46:11.84 ID:qs03Ow2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   片歌(かたうた)とは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    5・7・7または5・7・5の3句で1首とする歌だ
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   旋頭歌(せどうか)とは5・7・7・5・7・7の6句で
  /ヾノ==,)    構成する歌のことを言う
 ム-ノ__|_jゝ


  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    今日はもっと狭い意味での
  √¨l-゚]、   和歌を解説するので
  (゙ /  |ゞ   片歌・旋頭歌については
  /ヾノ==,)    これくらいにしておこう
 ム-ノ__|_jゝ
818 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:47:43.07 ID:qs03Ow2o
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| 
     レ!小l●    ● 从 |、i|   狭い意味での和歌…?
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


  、-−7
  ミ_o_d,,,   そうだ
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   平安時代以降、
  (゙ /  |ゞ   いわゆる国風文化が盛んになると
  /ヾノ==,)    5・7・5・7・7の短歌が盛んに作られるようになる
 ム-ノ__|_jゝ


  、-−7
  ミ_o_d,,,   その結果、「和歌」と言えば
  ミ゙ ゚ -゚ノ    短歌を示すようになった
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   だから、ここからは「和歌」というと
  /ヾノ==,)    短歌のことだと思って欲しい
 ム-ノ__|_jゝ
819 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:49:12.76 ID:qs03Ow2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   和歌にはいくつか修辞法があるが…
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   ちゅるやは何か知ってるか?
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   え〜と、たしか…
     レ!小l●    ● 从 |、i|   
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   掛詞(かけことば)とか枕詞(まくらことば)とか
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   まぁそんな感じのことをやるんだにょろね?
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


  、-−7
  ミ_o_d,,,   そうだ
  ミ゙ ゚ -゚ノ    他にも縁語・序詞(じょことば)・本歌取りなど
  √¨l-゚]、   和歌にはさまざまな技法がある
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
820 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:50:33.15 ID:qs03Ow2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    だがそういった修辞法を押さえる前に
  √¨l-゚]、   絶対に外してはいけない点があった
  (゙ /  |ゞ   
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
821 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:52:42.12 ID:qs03Ow2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    それは
  √¨l-゚]、   「共通認識を詠む」
  (゙ /  |ゞ    ということだ
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \  __
    //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
    〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
    レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
     ヽ|l ○   ○u | .|ノ│     共通認識…?
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |     な、何だか難しい言葉が
     | /⌒l __, イァト |/ |      出てきたにょろ!
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

  、-−7
  ミ_o_d,,,   なに、そんなに難しいことじゃない
  ミ゙ ゚ -゚ノ    単純に言えば
  √¨l-゚]、   「皆が想像することを詠む」
  (゙ /  |ゞ   「皆が知っていることを詠む」
  /ヾノ==,)    ということだ
 ム-ノ__|_jゝ
822 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:54:41.15 ID:qs03Ow2o
                  ,;;;;
                  iii
           _,、 -‐''''""~|||~""''''‐-、_
             ,,-====ニニ;;;;;;   ;;;;;;彡ミミニ=、
        ,/    ,;;;゙゙゙''''''ミ''''''ミミニニ=、  `'、
       ,;´    ,r'"`  ミ''         .`i、
       /   ,,'´      ミ''              .`i,
      .|   ."                   . ゙l
      |         `‐、    ,i´            |
      .|             ′         ,,l゙
       ゙l,                      ,ノ
       \                    ,;'´
        `'i、                    ,,‐'´
          `''-,,_            _,,,‐'´
            `゙''ー-,,,,,,,,,,,,,,,,,,―

承:「例えば、トマトと言えば何色を思い浮かべる?」
ち:「それは、赤に決まってるにょろ!」
823 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:56:19.37 ID:qs03Ow2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   そうだ。「トマトは赤色」
  ミ゙ ゚ -゚ノ    こう思い浮かべる人間は多いだろう
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   緑・黄色と答える人間は少ないだろうし
  /ヾノ==,)    黒や白なんて答える人間はほとんどいない
 ム-ノ__|_jゝ


  、-−7
  ミ_o_d,,,   この「トマトは赤色」というのが
  ミ゙ ゚ -゚ノ    万人に共通したトマトに対する意識だろう
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   これがすなわち、「共通認識」と言える
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   うーん、つまり
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   ある物事に対して
     レ!小l●    ● 从 |、i|    皆が思い浮かべる同じイメージ、ということにょろね
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   何となくわかってきた気がするにょろ
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
824 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:58:01.75 ID:qs03Ow2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   そうだ
  ミ゙ ゚ -゚ノ    和歌ではこの「同じイメージ」を
  √¨l-゚]、   詠むことが重要視され
  (゙ /  |ゞ   詠み手の独創的な比喩などは
  /ヾノ==,)    あまり歓迎されなかった
 ム-ノ__|_jゝ


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   
   〃 {_{       リ| l.│ i|    けど…独創的なものを否定したら
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    似たり寄ったりのものばかりに
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│    なってしまうんじゃないかい?
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |  
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


  、-−7
  ミ_o_d,,,   うむ、鋭い指摘だ
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   実際、平安後期ぐらいには
  (゙ /  |ゞ   和歌のネタが尽きてしまったようだな
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
825 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 01:59:07.78 ID:qs03Ow2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   この行き詰まり感が
  ミ゙ ゚ -゚ノ    和歌の世界に新しいムーブメントを
  √¨l-゚]、   起こしたらしいが…
  (゙ /  |ゞ   
  /ヾノ==,)    それも虚しく、時代が下ると
 ム-ノ__|_jゝ    和歌の世界も形骸化が激しくなったようだ


         ,. -─--─-、
       /;;;;;;;;;;;;;.::;;;;;;;;;:..:. .\
      /;;;;;;;;;  ;;,:.:.:;;;;;;;;;;;''''''"ヽ
     /;;;;;;;''' ,ヾ ゙゙゙゙゙       i
    /;;;'''' ,;'ミ              |
    〈;;||llliiiミ゙             |    しかし、明治時代になると
    }; `ij_ゝ       __     /    和歌の世界はまた新しい転換期を迎える。
   / '';;,,::.       "rミji   /
   >,,,ゝ;;'         ゞン  /      正岡子規らによる短歌革新だ。
  !ll|||j          -'" /i       子規は、歌人には必須の書である『古今和歌集』を否定し
   ゙ト_ゞj          //  l       『万葉集』を高く評価した
   イj 、         /ニ /   |        
    'シリjy_j _;;j_...- 7三/ニ   {ll>、    彼の活動は、のちのアララギ派へとつながっていく。
       ゙ ¨ \ ..,;;''/三三三ニ _ニ_ \
          |\/三三三二=   ニ  l
         |;;||/三三三ニ    ニ
         |ニy'三三三=    ニニ
826 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 02:00:37.77 ID:qs03Ow2o
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   おおっ、ついに和歌の世界に
     レ!小l●    ● 从 |、i|    新しい考え方が入ってきたにょろね!
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   さすがは正岡子規にょろ!
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


  、-−7
  ミ_o_d,,,   
  ミ゙ ゚ -゚ノ    しかし、前時代のもの否定して
  √¨l-゚]、   自分たちの意見を肯定する…というやり方は、
  (゙ /  |ゞ   『古今和歌集』の仮名序と同じなんだがな
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \  __
    //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
    〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \
    レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
     ヽ|l ○   ○u | .|ノ│
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |     な、なんだってー!!
     | /⌒l __, イァト |/ |
     | /  /::|三/:://  ヽ |
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
827 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 02:02:06.16 ID:qs03Ow2o
  、-−7
  ミ_o_d,,,   それはさておき、
  ミ゙ ゚ -゚ノ    平安人が和歌の世界で
  √¨l-゚]、   共通認識として持っていたイメージを
  (゙ /  |ゞ   いくつか紹介しよう
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
828 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 02:03:50.07 ID:qs03Ow2o
          (`'ヽ,  _
       ,⌒ヽ..iiii ⌒ノ            【桜】
       ヽ__,,-'''、__ン    , '~) ,、
        `ー'( )      /''~  ノ )   「都を彩る花」というイメージを持つ
            |   ,,-/__,--("> )ミ;     
      ,、 _,, --(ヽ,()/'ー'   ̄ ''ヽノ'   また、花が散りやすく見た目の様子が次々と変わることから
  ,,-,-,-(__ノ~ , -、,'⌒') ゚/)---=(>⌒>    「移ろいやすい」ものに繋げられる。
  `-'~ __, -'''ヽ__ ヽ,ノ ⌒ヽ\_,,- ,~     (例えば、「時代の変動」や「女性の容姿」など)
    /~ ノ~ /~  !!!!!ヽ--'ソ (⌒)'⌒)
    `- (_ノ_ヽ、__.〉、__,,,)( し' ミ';';'; く    花びらが一斉に散る様子は、「白波」に例えられる。
   //(~ )、)ノ/ノi') ( `、 )人_ノ
  /,,ノ  `-' ,-''て入,,_ ~ ~ ~
//     <ノ( , ノ、 )
          ~ `'`' ~ ~
829 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 02:05:10.78 ID:qs03Ow2o
             ,.   ―   .,
          , . ´ lヽヘュ  :  .  ` .      【橘(たちばな)】
        /  .  /ゞ:;'ゝ.  : :  . . ヽ 
       , '.  . : . . ` . . :  : .  . . '、    初夏に咲く白い花と匂いがメイン。
       / .  .  .   :  .    .  .  ',    また、『古今和歌集』の
.      ;     :    .  .  .       :::i 
.       i .   .   :     .  . .  ..::::::!    さつき待つ花橘の香をかげば
       ',  .    :    :  .   ......:::::::/           昔の人の袖の香ぞする
       ' 、.  :.  .  :   .  . . ....::::::; ' 
        ヽ.   .   .     ...:.:.::::/      という和歌が最も有名であり、
          ` .、    .    ....:::;:''''´        そこから「過去の追憶」「回想」の象徴とされる。
              `    ー
830 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 02:06:06.16 ID:qs03Ow2o
   _
    ヾ.ー`ヽ、                        【ホトトギス】
.     ヾ.ニ -`ヽ、                      
      ヾ.ニ ‐ ._`ヽ、            _       夏に南方から渡ってくるため
       ヾ.二 - _ `''''ー―----―:''",, ・゙i-_、   夏の鳥というイメージが強い。
        ,,二ニ=-―''''" ̄ ̄ `ヽ.""  /´      イメージされるものは
.          `''ー-、 ..,,,,,____,,,,,ノ, ' , /        ・人恋しさ・恋心をかきたてる鳥
          ―.>.、.' , ' , ' , ' , ' , '/          ・吐血しながら鳴く(口内が赤いため)
           ̄ `''ー> ' , '__',,,'.ィ'"           ・浮気な男(あちこち飛び回るため)
                 `'ー'''" \\          などがある。

また、「シデノタオサ(死出の田長)」という異名から
死出の山(死後の世界)と現世を行き来する鳥とも考えられている
831 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 02:07:36.27 ID:qs03Ow2o
 l ! ! l ! ! l !   l ! !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! !
l !  ! ! l l ! ll !! l !   ! l l  l ! ! ! ! l   !l  l l  l ! !!   l ! !   ! l l ! ! l !
 l l ! ! l !   l┃  ┃ l〓 l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l   ! l  l !   ! l  l !
  !l  l l  ll  ╋━╋l ! ! !l ! ! l !  ! ! l l ! ll !  ! l l ! l  l ! ! l !   ! l l ! ! l !
 ! ! l  l ! l l ! ll !l┃ ! !━┳┓l !━━━━━━━━   !! ! l ! l  l l ! ! l !
 l ! ! ! l !   ! i━┛l i ! l┃┛   ! l  l ! ! l ! ! l !   ! l  l !   ! l l ! ! l !
l ! ! l !   ! l l ! ! l   ! !┛ l l ! ll ! ! !  ! l  l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !
  !l  l l  l ! !l ! ! l !   !   l  l ! l ! ! l l !   !l  l l  l ! !! l !  !l  l l  l ! !
l !  l ! ! ! l !   ! l l ! ! l !  ! ! l ! l ! l l ! ! l !   ! l l !l  l ! ! l !   ! l
l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !   !l  l !  l l ! ! l !   ! l
ll !l ! ! l ll !l ! ! l   、∧_∧' ,  !l  l l  l !! ! l ! l !  !l ! ! l ! l  l l  l ! !  !l  l
 ll !l ! ! l l l ! ! l ! (-Д; ) ! ! l ! l !! ! l l  l ! ! l l  l l  ! ! l ! l l ! !  !l
 l l ! ! l ! l  l l ! ! し し  )  !l  l l  l ! !  !l  l l  l ! !  !l  l l  l ! !l  l !   !
ll !l ! ! l ll !l ! ! l    (; ( ;(  !l  l l! ! l ! l  l ! !l  l !   !l  l l  l ! !  !l  l l
 l l ! 、!,! l !、!, l 、!,!l (;__(;,__,)  !l  、!,l l  l ! !  !l、!,  l l  、!,l ! ! 、!, ! l  l !、!,

【雨(あめ)】
恋人同士の行き来を邪魔するもの。

また、袖を濡らすものとしてのイメージから
「涙」に繋がっていくことも多い。
恋して流す涙を「身を知る雨」と言うこともある。
832 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 02:09:56.83 ID:qs03Ow2o
   _____
  ||// ∧_∧|∧_∧
  ||/  ( ´・ω・)(    ) クマが迫っている気がする
  ||   (    )|(    )
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ u―u'

   _____
  ||// ∧_∧|∧_∧
  ||/  (n´・ω・)n   )  見られてる気がする
  ||   (ソ  丿|ヽ   )
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ u―u'

   _____
  || ●   ●|∧_∧
  ||   ( _●_)(n´・ω・n) クマなんて居ないのに迫っている気がする
  ||、   |∪| |(     .)
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ u―u'

【鏡】
「水」や「月」を鏡に例える例が多く
「曇りのないもの」というイメージがある

また、鏡に映る自分の顔に老いを悟るという
シチュエーションも散見される。
833 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 02:11:24.27 ID:qs03Ow2o
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    色々あるにょろね〜
     レ!小l●    ● 从 |、i|   
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   今とはちょっと違うイメージもあって
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    面白いにょろ!
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
   ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧|
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

  、-−7
  ミ_o_d,,,   今回紹介したようなイメージは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    すでに辞典類にまとめられている。
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   今回は角川書店の『歌ことば歌枕大辞典』と
  ミ゙ ゚ -゚ノ    笠間書院『歌枕歌ことば辞典』を参考にした
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   他にも似たような辞書は出ているので
  /ヾノ==,)    ぜひ一度チェックしてみてくれ
 ム-ノ__|_jゝ
834 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 02:12:49.40 ID:qs03Ow2o
       r`"⌒`ー=v ‐-、
        1:::::.....................  }
       |:::::::::::::::::::::::___::リ,    日本語の世界とは
       r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ    思ったよりも深く、そして興味深い
      /``======_‐ラ(6,′    
     ,>‐'つ__... =-〒rtッテ|h′    興味を持ってもらえれば幸いだ
   /.ノ (:{,|| i   i l゙`~.jl|リ      
   ! }/゙ヽl.l ',  ヾツ  |l!|) _    さて、今日はこのぐらいにしておこう
   { (´/ヽ.):ヽ  r=- l/l:}/,r=,ヽ.._
    ヽ( イ- ) ̄l|、|!゙¨´ / l:八.>=iこ⊂⊃
     \ `ヽ:::::lドミ==‐' レ____l[二´__
 ̄:¨"7゙<〉   )::¨o7 /  ̄ フ 7ー-、:_:: ̄
::::::::::/:::::::\ ノノ:::/  '  '"´ /  / `ヽ


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   それじゃぁ、また会う日まで…
     レ!小l●    ● 从 |、i|  
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   いまこんよ!(またすぐ来るよ!)
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
835 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 02:12:53.44 ID:rNAiFOUo
平安時代にも種本みたいのはあったんだろうね
836 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 02:14:25.44 ID:qs03Ow2o
       Y
     ,-y"
     ヾ|っ   ,,. 
      |´  (_ `y'っ
      (    `Y"
      ヽ__ノ
      /_ノ ヽ_\
    / (≡ ≡) \ 
    ( ::::: (_人_) ;:::: )
     >   `‐'   <
    ( .i       i .)
     .゙ヽ   ω   ノ"
      \/ /
      / ./ヽ,
    ⊂~_)_`__)     ぉ ゎ 'ノ
837 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 02:15:45.60 ID:feFEBqIo
乙でした!
838 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 02:16:03.88 ID:.wtBOKYo
839 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/08/31(月) 02:17:58.99 ID:rdxkpqs0
乙!
840 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 02:18:18.93 ID:T30GDuMo
乙ですよ
841 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/08/31(月) 02:18:28.38 ID:qs03Ow2o
これで本日の投下分はすべて終了です
お付き合いいただき、ありがとうございました!

次回は9月12日(土)21時から予定しています
よろしくお願いします
842 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 02:26:22.27 ID:mdrfIOMo
乙です
843 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 02:33:29.38 ID:YBQkDDIo
>>841
乙カレー

選挙の開票見ててリアルタイムで参加し損ねた…orz
朝顔の斎院は好きなキャラだったのになぁ。
源氏があの手この手で迫っても相手の面子を潰さないようにやんわりとかわす賢さがいい。
844 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 03:04:01.26 ID:CjrDvhUo
乙でした!
845 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 08:13:57.73 ID:RvvnG0oo
乙でした
しかし
>あなたと比べれば取るに足らない人だお
とかぬけぬけと言っちゃうか
やっぱこいつ嫌いだわww
846 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/31(月) 08:38:16.84 ID:TYsxUOko
乙でした
847 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/02(水) 01:01:29.53 ID:CHDmrvY0
乙!
848 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/02(水) 19:12:47.88 ID:VGiy6k.o
乙!
849 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 14:10:02.15 ID:Zik1EfYo
次回は明日だな。
いつも楽しみしておりやす。
850 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 20:46:54.30 ID:d136feAo
本日は予定通り、21時ごろから投下を始めたいと思います。
よろしくお願いします。
851 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 20:50:57.93 ID:TShQJ4.o
覚悟完了
852 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 20:52:07.46 ID:Apohpqgo
全裸待機
853 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:00:02.78 ID:d136feAo
いずれの帝の御代であったか…。
これは、恋と愛の中に生き、輝き続けた、とある男の物語。

 r' | : : : : : : : : : ///: : : :`///,.イ           │ r'
 r' | : : :|// : //,.イ : : : イ´/////ー-z           │ r'
 r' | : : :∨//: ://: : : : f//。ノ//////7ァ. 。 , _      │ r'
 r' | : : : :∨// : : : : : ノ / //ソ////: : : : : : : ̄: :¨¨│ r'
 r' | : : : : :ヽ///: : : : ‐',ィf⌒Y///Z : : : : : : : : : : : │ r'
 r' | : : : : : : :\/////// //.' ////Z_ : : : : : : : : : :│ r'
 r' | : : : : : : : : :∨,'/// //,.'/ / / /リノ : : : : : : : : : :│ r'
 r' | : : : : : : : : : :`:く/ / / / / / rく/::.:..: : : : : : : : : :│ r'
 r' | : : : : : : : : : : : :..::ヽ/ / / /ノ´::..:. : : : : : : : : : : /│ r'
 r' | : : : : : : : ..::.::..::.::::: }////ノ::::.:. : : : : : : : : : : : (: . .│ r'
 r' | : : ::.::..::..::::::::::::::::_ノ///::::::.::..::,.ィ'⌒ ヽ : : : : : ). │ r'
 r' | : .::..:::::::::::::::,:ィ´///ノ:::::::::::::::: j : : : : : : :` ー-‐´ . │ r'
 r' | :::::::::::::::::::(//。ノ´:::::::::::::::::::: { : : : : : : : : : .  .  │ r'
 r' |)::::::::::::::::::: ト/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ._:_: : : : : .  . . .│ r'
 r' |`ヽ. ::::::::::::::|j::::::::::::::::::::::::::; ----、ノ :__ .  _ . .│ r'
 r' | : : . ̄``ー 、:::::::::::::::::::::::: {             │ r'

          第二十三話「夕霧」
854 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:01:03.35 ID:d136feAo
    おとなになっても、ずーっといっしょ。

                   , - 、 __,- 、
              , ー 、 /、 丁  ,.ノ_
            , ー、f   `l l  |_,ィ'´  ノ
           |ヽ `〈l   ド、 l  _/_
       , -、  / ` 、 ゝ   ! `´rゥ- '´ j
     __/ `ュ >_/    1_,/`‐'  ''"   _.../
        |            r' ´
          l      _, -‐ '´厶_
         ト-‐ゥ-‐' \   ィ´  `t┼
         `ゝ_| !   」   ヽ   / 1
         ___」   |∧    / 勺
        "      !ヽヘ  _/ ゙;`

       やくそくだからね、ゆうぎり。

      やぶったら、しけいなんだから。
855 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:02:00.89 ID:d136feAo
源氏の亡き正妻・葵上が生んだ若君は
「夕霧」と名付けられ、祖母である大宮のもとで養育されていた。


        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (ー), 、(ー)  |      ご安心ください
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |  
     |    -==-    .:::|      万事ダイナマイトな公達になれるよう
     \   `--'   .::/      お世話申し上げますわ…!
        i‐--‐―´ i´
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ


        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \      ありがとうございます
   /  /⌒)   ⌒゚o  \     これからもよろしくお願いしますお…!
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /
856 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:05:03.51 ID:d136feAo
その夕霧も、今年で12歳。
そろそろ元服するべき年齢である。

       __
     /― ―\
    / (● ●)\
   (   (_人_)  )
   ./  ∩ノ ⊃|  |
   \V _ノ_|  |
     \/__/
     Before

        ↓
       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\
   |       ___´___   |
   ヽ、    `ー '´  /
        After
857 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:05:09.33 ID:g5vyMXko
雲居雁ルートか
858 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:06:08.87 ID:d136feAo
■人物:夕霧(ゆうぎり)

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
     /   (●)  (●)  \
    |      __´___     |
    \      `ー'´    /


源氏と葵上のあいだに生まれた男子。
葵上死去に際し、祖母である大宮に預けられた。

幼馴染である雲居雁を一途に思い続けるなど、
父親と違って、公私ともに真面目な性格。
859 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:07:11.95 ID:d136feAo
◆春、平安京、三条邸

          ____
        /     \
      /        \     ぼくもそろそろ元服ですね…
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


            ___
         ,_ '´      _`ヽ
       /´,r'-―…―-ヽ `ヽヘ
    r -/  /, - ―−- 、 l  Vム ┐
    |_,'  /\ /  l   l/ |   ',-、 ノ
  < イ  ,' /l大  l イj丶| l t.ノ  ̄フ  どうしたの、夕霧!
   ∠」  l YT::ヾハ. |丶Y:::::ヌ! | | \イ   辛気臭い顔しちゃって!
    l |  ハ} {!り:|    {iい::|  j! lヽイ
    l /! l乂 ゞ-' 、__,.ゞ- イ ム l ト l
    |' l |:::::ト、  l   |  ノi /:l::イ::/ |
     丶|ヽ:jヽ::>r- イ ソイ゙ レ'ノ'´
        ,r'´ \ | ̄/ / `ヽ、
       〈   / ヽ./イ K  /
       └く_)-く小ゝ-く.ノイ
        く  /   l   /
         ヽイ`丶 ィ´ Y´
           |_|  l_|
           }_j   !___!
          └‐┘ └‐┘

       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\    あ…雲居雁!
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \
860 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:07:45.37 ID:g5vyMXko
まともに育ってよかった
861 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:08:08.06 ID:d136feAo
■人物:雲居雁(くもいのかり)

              _ -‐' ´ ̄`` ‐ 、
             /  _∠二二ヽ 、\\
           _// /l  ト、  \l l ', ヽ
          ////  /トl、 l ヽ_斗‐l !  l   !
          / // l ,/l_L_!\! ゝ_Lェ!| r===ニニニユ
        /  /イ ,ヘ l"r':心   '´f;:::心l 」「ヽT′ .___
          //ヒ/7 .ト弋ソ ,   辷リ//ソ`'リ /∠_
        /イ//´   ハ.   r‐ァ  ///´|_レ/∠、_X;ヘ_
        </ l/∧ lヽ ヽ > ._`_´, イ/l/L// /ヽ/  ゙ヘィl┐
.          〈/、ヽ! ``フニ// /´7 イ{ 〉 /\.     └+、
             /i r亠-、_/´ |_,、Eノ  `7ヽ     `′
           、_ _/〃ヾr,=、_./   l´ l |.    ¬'、_
         .〉_l   >゙/ ヾ、Y   | l |     く/
          ` \ '/  //ーヘ.    l | l、     /ヽ
           //   //   ヽ    !/ / \     ̄
          __/′   //!    ヽ   l /    〉
         _,く_     `|     \ l   /
       マ=ー`ー――一L_      `、_/
                 ` ー-、__r-冫
                      トソ

大納言(やらない夫)の娘。
冷泉帝弘徽殿女御は、異母姉に当たる。

夕霧より2歳年上の14歳。
母は王族だが、やらない夫とは離婚している。
やらない夫は彼女を引き取り、大宮に養育を任せている。
862 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:09:38.81 ID:d136feAo
【解説】
  、-−7
  ミ_o_d,,,   雲居雁と、夕霧の関係…
  ミ゙ ゚ -゚ノ    
  √¨l-゚]、   詳しくは、下の系図を参考にしてくれ
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ


                      ┌───────┐
             左大臣━┯━大宮         桐壺院(故人)
             (故人) │               │
           ┌────┴─────┐      │
           │               │      │
   女━┯━やらない夫━┯━正妻   葵上━┯━ やる夫
      │          │       (故人) │
      │          │        .    │
    雲居雁      弘徽殿女御        夕霧


  、-−7
  ミ_o_d,,,   雲居雁は血筋で言えば
  ミ゙ ゚ -゚ノ    弘徽殿女御に劣らぬが…
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   両親が離婚しており
  /ヾノ==,)    養育は祖母である大宮に一任されていた
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   夕霧もまた、大宮のもとで養育され
  ミ゙ ゚ -゚ノ    二人は従姉弟どうしで幼馴染と
  √¨l-゚]、   いうわけだな
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
863 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:11:02.40 ID:d136feAo
                           __
             __,,..-:‐::─::─:‐:‐:-<´__  ̄`ヽ、
          ,.ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
        /: : : : : .:/-‐‐'" ̄ ̄ ̄ ̄゛`ーi:: : :`ヽ、___
          /: : : : : : ::/__,.:-‐:─:─:‐:-:─:─|: :ヘ'" ̄  /
       /: : ;/: : : :/"::{::、:.: : : : :\:: : : : : : :|:.: :ハ. 、-:ヘ.、
        /: :;ィ'|: : : : {:: :λ::\:.: : : : :\:.: : : : :|:.: : :|  \:.:ハ
      j;/ .|: : : : |:.:/ ∨: :|\:: : : : :|\:;ィヘ|: : : |    ,>:.:}  「継父のもとで苦労させたくない」
     く.    |: : : : |::|  ∨::|  \:: : :|,/\:|: : :/:ヘ,/λ::|  って言って、あたしを引き取ったらしいけど…
      〉   |: : : : |::|/´`ヽ:|   \:|,____ }:.:/:: :|:.: : :|'|:.:|
      /____,|:: :|:: :|:j __,, `ー'"   オ弐テ7j;/::.: :|:.: : :j |::j  結局、おばあさまに預けられちゃったの
      |:.|:: ::ハ:: :|:: :|マ弐チテ"     V:ィ:;リ,,' ハ::.: :j: : :/ レ'   お父様は、あたしの顔なんか見に来ないわ
      |::|: ::{ ∨:.: :|、込ィ:;リ_,'     、  ̄"´ 〈:: : :/:: :/
      |:j|: ::ゝ、{: : :∧" ̄              〉::/:: :/
      |' |: : : : :ヽ、: : :ヽ、 ,ヘ、        ,.ィ::/|;/
          ∨: : : :: : :;r'^ヘ:>‐-`-、-‐r<´_:|;/
         ヽ、:ト、:.:.:_}  r,〉  \____,}   /∧
           ` `{二二ニl、   \ニニ| //、 ヘ、
              |" ̄ ̄~}、_   \j // ヽ、ハ
              |      j / `ー-、_//、  ,r‐┴-、
              |     ,     /:::j::::;> |`ー-‐'´|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ、_,ノ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄
                            |    j
                           `=='´

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     う、うん…そうだね
   /   ( ー)  (ー) ヽ   まあ、ぼくも似たようなものだけど
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /
864 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/09/12(土) 21:11:25.16 ID:AJbWu6Uo
楽しく読ませてもらってます、期待アゲ
865 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:12:55.49 ID:d136feAo
         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \     でも、だからこそ…
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |
   \      `ー'´    /
    ノ           \


       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     ぼくは、きみが好きになったんです
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i    きみと、ここで出会って
   ヽ、    `ー'´  /    ずっと一緒だったから…
   /         \


            /::::::/:/::. /;ァ‐ 7 ¨丁 \ \ `<\ \ l  ヽ
           /―=テ^/::. /::/:::::{  {:   \ \. 丶.ヘ  Vー― ┐
             /≦≠ア/::. / ..{.......|::.  |:::.     ヽ  ヽ ハ ',  V≧、___>
         /:/ / ,'. :: l::::::l::::::::|::.  |::::::...     l:. l:.: l: l:  ∨\:ハ
         〆 /\ l::::: |::::厶:::::/_,:  i\:::::..::. _l::.. |::j;ィ|' |:.  l  > \
       / /:::::::/7|::::: l::/,,.‐‐T i 丶: ! \::.::. Tー|-、.l |::.  |メ´ l \\
       ∨:::::::::: //|:l :::: l:{ ,.ィ=ミk  \ヽ  \´;ィ≠=く リ :  |\\ .:\!
        l::l:::::|: //_j:ハ::::::l代〃 :ハヾ ` \、  "f〃下:ハ>|:::::  |、 \\:l   ……!
        |::l:::::| { {/│:ヽ:: ', Vヘ:::j.|         |rヘ::j.リ '゙ |:::::  l、}  lヽ/!
        |::l:::::|::V !^|::::: \ヽゝ-‐'    ,     ゝ‐-'   |::::  l_ノ::.|: |: l: |   も、もう…
        |::l:::::l::::::: `l:::::: .::::f`///          ///  .,'::::  ハ:::. l:: |: l: |   不意打ちすぎよ…
        l::ハ::: !:::::::::::l:::::::: ::ヘ .      _       / :::: /::  /::: l: l: |
        ヽ! ヽ::ヽ:::::::::ヽ::::: .l.\.           ,. ィ/:::: /::  /:::: /:/l:リ
            \ \ゝ :::::: ヽ ::ハ  fヽ、       イ |: /::: イ::  /\/ノ リ
             X ヾ:::::::::lヘ::.ヽ l   >ー<   〃:/ l:: /  /\
          <  \\::::j リ \V l_`ヽ     x‐/イ   |〃 / /\
          { \   \V /゙\フ⌒!==、,ィ=≠/( `>ーヽ{/ /  ス′
          l  \   /  / `〈. ー-v-一/ /⌒ヽ  ∨   / }
            !:   >/ _,/   /¨ヽー-v-‐/〃 \  \_ ヽ <_ /
             |  ̄  {   _ イ  / ヽ  /⌒ヽ  `ー    }    /
866 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:14:31.88 ID:d136feAo
       ____
     /      \       雲居雁…
    /  _,ノ   \ \     さっき、ぼくのことを
  /    (●)  (●) \   「辛気臭い顔」と言いましたね?
  |        '      |
  \      ⌒   /

         ____
       /     \
      / _,ノ    \ \     元服したら、ぼくは父上に引き取られます
    /  (●)   (●) \    この三条のお屋敷には、いつ来られるか…
    |      ´       |
    \      ⌒     /

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     きみと離れるのは…
   /   ( ー)  (ー) ヽ    つらいんです
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /
867 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:15:11.61 ID:TShQJ4.o
遺伝だな、これは
868 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:16:02.12 ID:d136feAo
           ,.. -───‐- 、
         ,/:.:.:.:.:.:_,,. -─- 、:.:.:.`ヽ、
        /:.:.:.:.:.:/ ___  \:.:.:、\_
     r‐く、:/:.:.://´:|:.:.:.:、:.:.:.:`\|:.:.:.lく__{_
     く二ニ/:.:.:./:.:|:.:.:.:!:.:.:.:.ヽ:.:ヽ\:.l:.:.ヾ`くニヽ、
  r─‐ァ'´ /:.:.:.:.|:_/!|:.:.l|:.:.:.:.l:.:|、:.:.|:.:l:.|:.:.:.:|l∠   lヽ
  l/´!|>'|l:.:.:.:.l!:|`!|ヽ|ヽ:.:.:ト、!, く|l:.|:l:.:.:.:.ト、_`ヽ、Ll
.    / /|l:.:.:l:|,rf⌒ヽ! \l´ ィ⌒'ミ |:.:.i:.|:.:l|人  〉
   | ,イ:.:.l:.ハ、:ヽ仆、:::リ      ト、:::リ l:.:.|ノ:/)っ ∨
   ∨|ハ:.|:.:.:.:|Tr‐っ'    ,   ー' /:.:.//'´      な〜んだ
     l! ヽrーュi ⌒!、 t-r‐!  ,.ノ:.//         そんなことで元服を
       / 〈l|L__人`ヽ`ー'イ |lィー'´          嫌がってたの!?
       `ー-=‐'`ヾ\_弋_フ/く


              _ -‐' ´ ̄`` ‐ 、
             /  _∠二二ヽ 、\\
           _// /l  ト、  \l l ', ヽ       元服したら今までできなかった
          ////  /トl、 l ヽ_斗‐l !  l   !       ことだってできるようになるわ!
          / // l ,/l_L_!\! ゝ_Lェ!| r===ニニニユ
        /  /イ ,ヘ l"r':心   '´f;:::心l 」「ヽT′ .___   あたし、信じてるから
          //ヒ/7 .ト弋ソ ,   辷リ//ソ`'リ /∠_
        /イ//´   ハ.   r‐ァ  ///´|_レ/∠、_X;ヘ_
        </ l/∧ lヽ ヽ > ._`_´, イ/l/L// /ヽ/  ゙ヘィl┐
.          〈/、ヽ! ``フニ// /´7 イ{ 〉 /\.     └+、
             /i r亠-、_/´ |_,、Eノ  `7ヽ     `′
           、_ _/〃ヾr,=、_./   l´ l |.    ¬'、_
         .〉_l   >゙/ ヾ、Y   | l |     く/
869 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:16:56.74 ID:009w726o
雲居雁はハルヒちゃんか
870 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:17:00.73 ID:22rRzUAo
たった…フラグがたった
871 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:18:00.84 ID:d136feAo
          ____
        /     \
      /        \    今までできなかったこと…
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


            ___
         ,_ '´      _`ヽ
       /´,r'-―…―-ヽ `ヽヘ
    r -/  /, - ―−- 、 l  Vム ┐
    |_,'  /\ /  l   l/ |   ',-、 ノ    そう!
  < イ  ,' /l大  l イj丶| l t.ノ  ̄フ
   ∠」  l YT::ヾハ. |丶Y:::::ヌ! | | \イ   今までできなかったけど
    l |  ハ} {!り:|    {iい::|  j! lヽイ    あたしと夕霧が一緒にいる方法よ!
    l /! l乂 ゞ-' 、__,.ゞ- イ ム l ト l
    |' l |:::::ト、  l   |  ノi /:l::イ::/ |
     丶|ヽ:jヽ::>r- イ ソイ゙ レ'ノ'´
        ,r'´ \ | ̄/ / `ヽ、
       〈   / ヽ./イ K  /
       └く_)-く小ゝ-く.ノイ
872 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:19:07.28 ID:d136feAo
          ____
        /     \
      /  \   / \     ……!
     /   (●)  (●)  \
    |      __´___     |   そう、ですね
    \      `ー'´    /


         ____
       /     \
      /  \   / \     元服したら、すぐ伯父上に
    /   (●)  (●) \   お話しします
    |       __´___    |
     \     `ー'´  ,/
873 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:20:12.59 ID:d136feAo
       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\   「お嬢さんと結婚したい」…と
   i   ::::::*  __´___ *  .i
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \

             ___
          ,.. ‐ : : : : : : : : : `丶、
    r‐ 、 /: : :/-――――‐-\:\ _ィァ┐
    } - 7:/: :.:/ _.. -――、┬--ヽ: ∨  }
    フ¨ヒl.:l: : :/7´ .:{: : : : : : :.:!:}:.ヽ:.:ヽ :|‐<
   〈 / ,イ:{: : :!.:|: :.:∧: : : : : .:,|∧: :}: : ! ト、  〉
    V>ー|:.ヽ: |:A .:L_ ヽ: : : :/リ.斗:什:リ ト、}/
    く  ハ: : ト{ ,z≧ミヽ\/イz≦、ノイ: :ト、 >  …待ってるわよ!
     「: : l: : l 《 トィ::.:}`    ´トィ::.:} 》l: : |:.:「|  必ず、しなさいよ!
    | :l:ヽ:ハ  辷.ソ   、   辷:ソ .リ: : ! !: !
      ! .:|「`i:.ヽ    r --┐    /:/ /:ハリ
      ヽrヘ jー、:\.. _ `ー‐ '_ _..ィ7イイ/ ′
        ドニ{_フ iドヽ: : ト ̄ イ: :ト、_  ′
      `弋__ム__j|: : :l´ ̄| : |_ j
874 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:21:03.38 ID:d136feAo
    おとなになっても、ずーっといっしょ。

                   , - 、 __,- 、
              , ー 、 /、 丁  ,.ノ_
            , ー、f   `l l  |_,ィ'´  ノ
           |ヽ `〈l   ド、 l  _/_
       , -、  / ` 、 ゝ   ! `´rゥ- '´ j
     __/ `ュ >_/    1_,/`‐'  ''"   _.../
        |            r' ´
          l      _, -‐ '´厶_
         ト-‐ゥ-‐' \   ィ´  `t┼
         `ゝ_| !   」   ヽ   / 1
         ___」   |∧    / 勺
        "      !ヽヘ  _/ ゙;`

       やくそくだからね、ゆうぎり。

      やぶったら、しけいなんだから。
875 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:22:01.01 ID:d136feAo
◆春、三条邸

;|;:..|:/::ゞ
ii;;:../       /\                    /\
i::./.      / ロ ロ \=======皿===========皿 / ロ ロ \
:/     /VVVV\        合        /       \
    / ========= \_________/          \
     | |目 目 目| | [田]   [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |目 目 目| | .(;;.).  [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |        | |(;;:;;:;;:)VVVVVV|              |
  (;;:::;;:;;.) |目 目 目| |;:;;:;:;;::;) l''"^"''l l''"^"''l|.   [田] [田]  .|
:::;;;:;:::::):;;;::;;);;;:;;) 目(;;:;;;:) |(;;.;;;.;);| |;;;;;;;;;;;| |;;;;;;(;::;;:;;;(;;:;;:(;;::;;:;;:)田](;;;:;:;;;:::;;::
;;;:;::):;;;:;::;;:);;::;);;;;):;);;;::;:;;:;;);;:;;);;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;| |;;(;;::;;:;:(;:::;;:;;;:;(;;::(;;;:::;;(:;:;;;:;:;:::;;;;;

夕霧の元服式が行われた。
祖母の大宮も、夕霧の成人姿が見たいだろうと三条邸での開催となった。
876 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:22:59.82 ID:d136feAo
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  <夕霧の君は何位になるんだろうね?
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) <源氏なら従四位下は固いでしょ
| U (  ´・) (・`  ) と ノ <いいねー親の七光は
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (ー) (ー) \    …………。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
877 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:24:01.52 ID:d136feAo
         ____
       /      \
      / ─    ─ \    では…夕霧
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |  この衣を身に着けるお
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


       / ̄ ̄ ̄\
     / ―   ― \     
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\   こ、この緑色は…!?
  |      __´___    |    
  \     `ー'´   /


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧  <あの浅葱色は…
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´) <なんと、六位の袍ではないか!
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'
878 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:25:00.18 ID:d136feAo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   朝廷に出仕するときに着る服は
  ミ゙ ゚ -゚ノ    「朝服(ちょうふく)」といい、
  √¨l-゚]、   身分によって着用する色が決められていた
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)    
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   臣下で言うなら
  ミ゙ ゚ -゚ノ    ・四位以上=黒色
  √¨l-゚]、   ・五位=緋色
  (゙ /  |ゞ   ・六位=浅葱色(=白っぽい青緑色)
  /ヾノ==,)    というように、かなりきっちり決まっていた
 ム-ノ__|_jゝ
879 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:25:07.66 ID:TShQJ4.o
あえて試練を課す、のかな?
880 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:26:00.43 ID:d136feAo

  、-−7
  ミ_o_d,,,   なお、青色や黄丹色などは
  ミ゙ ゚ -゚ノ    天皇・上皇の着る服に使用されたため
  √¨l-゚]、   臣下がみだりに身につけることが禁じられていた。
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)    これを「禁色(きんじき)」という
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   「禁色」は、天皇の許しがあれば
  ミ゙ ゚ -゚ノ    臣下でも着用を許可される
  √¨l-゚]、   
  (゙ /  |ゞ   「禁色」を身に着けている臣下は
  /ヾノ==,)    かなり重要な位置にある者だといっていいな
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
881 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:26:27.20 ID:CkUPC/oo
六位って殿上もできなくなかったっけ?
882 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:27:06.15 ID:d136feAo

        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (●), 、(●)  |      源氏の君、どういうことですか?
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |  
     |    -==-    .:::|      夕霧を六位にするとは…
     \   `--'   .::/      本人も残念がっていますよ
        i‐--‐―´ i´
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\      ハハハッ
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    位が低くて不満ですか
  |     |r┬-/      |     可愛らしい不平を言いますね
  \     ` ̄'´     /
883 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:27:49.78 ID:TND/gsI0
色がパステルカラーほど身分的に軽かったんだっけ?
884 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:28:05.91 ID:d136feAo
       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    実は…
 |       (__人__)    |    夕霧は、大学に入れようと
 \     ` ⌒´   /     思うのですお
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (●), 、(●)  |      大学…?
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |  
     |    -==-    .:::|      つまり学問をおさせになると?
     \   `--'   .::/      
        i‐--‐―´ i´
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ
885 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:29:01.62 ID:d136feAo
         ____
       /      \
      / ─    ─ \      はい
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    やる夫は宮中の奥で育ち
     \    ` ⌒´    ,/     世間も知らずに重職につきました
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   遊んでばかりでも官位が意のままになると
/    (─)  (─ /;;/    偉そうに見えますが…それは虚勢ですお
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/     時勢が変われば、敬ってくれた人たちも
(  \ / _ノ´.|  |       掌を返して…蔑まれることになりますお
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
886 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:29:54.76 ID:g5vyMXko
夕霧がやる夫のせいで大学にいくようです
887 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:30:07.75 ID:d136feAo
     ____
   /      \
  /  ─    ─\      だから夕霧には学問をさせ
/    (●)  (●) \    人間としての土台をきっちり作らせますお
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     なーに、学問をしているうちに
(  \ / _ノ |  |       官位への不平などなくなりますお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


  _∩
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____
  |   |    /⌒  ⌒ \       二、三年ははかばかしくなくとも
  |   |  /(●)  (● ) \      いずれ学問を土台にして
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \    公のお役に立つ日が来ますお
  ヽ   |     |,┬‐ |       |
   \.\   `ー ´     /     それに、学友の中から
     \       __ ヽ     頼りになる親友を見つけてもくれるでしょう
      ヽ      (____/


        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (○), 、(○)  |      お父上としてそこまでお考えなら…
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,, U |  
     |    -==-    .:::|      でも、すこし可哀想ね…
     \   `--'   .::/      
        i‐--‐―´ i´
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ
888 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:31:00.68 ID:d136feAo
「源氏の大臣は、学問を大事になさる方だ」
その評判は、瞬く間に都に衝撃を与えた。


         ト、;;;;;;;;;;;;;;;` ` '' ー -- ‐ '' ";;;;;;;;;,:ィ;:;!
        ,';:``' ‐ョ 、 ,_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , - '"l;:;:;:;:l
        l;:;:;:;:;:;:;ミ   ` ` '' ー -‐ '"    ,リ;:;:;:l
        l;:;:;:;:;:;:;:ゝ   く三)   (三シ  `ヾ;:t、
       fミ{;:;:;:;:f'´   __ ,,.ノィリ!iヾ、.,,__  };f }  貴い方は努力なさることを
       l トl;:;:;:;:l  、,ィ或tュ、゙ミ:::::{,'ィt或アチ l:l,   中々ないというのに…
       ゙i,tヾ:;:;:!  `ヽ 二ノ :::::::::ト ` ‐t"i´  l:l:f
        ヽ`ー};:l    ) ) ,r':::::::::ヽ  ) )  リ_)   御子息を大学に入れなさると!
         `"^l:l   ( ( ,/゙ー、::::::;r'ヽ( (  l     麻呂は感動したでおじゃ!
           ゙i     )ノ    `'"   丶 )  ,'
             ゙l、  ( (,ィ─==─ヽ ( ,}/
            ',ヽ, ) )ヾ┼┼┼,シ' ) )ヽ
             } 丶( `゙==='′ /ノ:.:.:ヽ
            /l   丶、      ,.イ:.:.:.:.:.:.:.:丶、、
          ,r'"^l !    ` ー‐;オ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ノ  ,}、
     ,. -ァ=く(:.:.:.l  l      //:.:.:.:.:.:., - '"  ,/ ヽ
889 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:32:04.56 ID:d136feAo
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }   麻呂殿!
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   やる夫の子だからと
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   遠慮することはありませんお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //     ビシバシ鍛えてやってほしいですお!
  / __        /
  (___)      /


     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
      .|_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:i;:_;:_;:_;:_;:_;:|
      |_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:;i;:_;:_;:_;:_;:_;:;|
     |=ニニミ     , 一,   、ー、 ヾミi
    /ニ三彡ゞ,. .. `""´    `"  ,iミi
    ,i三ニ彡ラ".:   , -‐‐-'.   .: ー- 、.ヾi
    ゞ彡彡'. .:  ,ィ'で入 . '. ,ィ'で)'、 ‖   なんというありがたいお言葉…!
   ,r=ミニ彡 ::    `゙゙゙"´ノ.::  ',`゙゙゙"´ .|  
    ii ノ,,ゞ彡 : ::.      ' ,:::   ',     .:|    もうずっと麻呂感動のターンでおじゃ!
   ヽ.( 〉ヾリ : : ::...   /ゝ =、_,,r`、   ::l
    ヽ "ヾリ : : : :::.. ,'   : :   i .::l
     `卅ヾi : : : .::: :  _,ィェェェュ、 :i ::i
     ' 'ヾ| ', : : .::: i 〈-‐‐rー, i i .:/
       ヽヽ: : ::: i ヽzェェェュリ :! /
       ,、.|: :ヽ: ::.. ヽ ヽニ二ノ  /
      /i |ノ: : : ヽ: :.        /
      /:ヽ\: : : : .`゙ー- 、..,,,,,,...ノ |\,,_
   _,,/::::::::ヽ \: : :. :.  ::   / ./:::::ヾヽ、_
 ノ´\::::::::::::::ヽ \: :. :  ::.  / /::::::::::::ヽ i `` ー- 、,,
"´、  `ー-::、::::::ヽ \: : .: ./ /::::::::::::::ノ |
890 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:33:00.61 ID:d136feAo
こうして、都には学問ブームおよび大学入学ブームが巻き起こった。

          __
  __    /  ../)         .__
/  ../)   三三)/)        /  ../)
三三)/)   ∧,,∧   ∧,,∧   三三)/)
三三)/   (´;ω;)   (;ω;`)  三三)/
   ∧∧  と  φ)  .( つφノ  ∧,,∧    __
  ( ´;ω)/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄(ω;` )  /  ../)
  / _∧,,∧口  ∧,,∧ ⌒   □と_ ヽ  三三)/)
  (/(  ´;)η口(;`  )/⌒/  /_ノ  三三)/)
 ‖ ̄(l    ノ  ̄(   ノ ̄ ̄ ̄||       三三)/
  __`ー‐'    `ー‐'
/  ../)      __
三三)/)     /  ../)
三三)/)     三三)/)
三三)/      三三)/
891 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:33:41.96 ID:22rRzUAo
泣いてるww
892 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:34:01.02 ID:d136feAo
しかし…そのブームの火付け人のひとりは
何やら浮かない顔である。
          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒::::\    なぜ?どうして
     /   (●)}ili{(●)::::::\  ぼくが六位なのですか?
    |       __´___   :::::::|
    \      `ー'´  ...:::::/

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒::::\     求婚?
     /   (●)}ili{(●)::::::\   できませんよ、こんな身分じゃ
    |       __´___   :::::::|
    \      `ー'´  ...:::::/

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒::::\     勉強しなきゃ偉くなれない?
     /   (●)}ili{(●)::::::\   そんなことしなくても
    |       __´___   :::::::|   出世した人はたくさんいます
    \      `ー'´  ...:::::/


       / ̄ ̄ ̄\
     / ―   ― \      ああもう
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\    いっそグレてやろうか…
  |      __´___    |
  \     `ー'´   /
893 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:35:01.88 ID:d136feAo
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : :
              , ー 、 /、 丁  ,.ノ_
            , ー、f   `l l  |_,ィ'´  ノ
           |ヽ `〈l   ド、 l  _/_
       , -、  / ` 、 ゝ   ! `´rゥ- '´ j
     __/ `ュ >_/    1_,/`‐'  ''"   _.../
        |            r' ´
          l      _, -‐ '´厶_
         ト-‐ゥ-‐' \   ィ´  `t┼
         `ゝ_| !   」   ヽ   / 1
         ___」   |∧    / 勺
        "      !ヽヘ  _/ ゙;`

       やくそくだからね、ゆうぎり。
::::::: :::::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : :
894 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/09/12(土) 21:35:23.41 ID:Qg4gKNY0
この頃は、学問の地位は低かったのか…
895 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:36:04.67 ID:d136feAo
           ____
         /     \
       /        \
      /  \    /  \  ……!
     |    (●)   (●)   |
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \

           ____
         /     \
       / \   / \     そんなことじゃ、ダメです!
      /  (●)  (●)  \    勉強して…偉くなって
     |        ´      |    誰もが認める人間になるんです!
     \      ⌒     /

         ____
       /     \
      /  \  /  \    そしたら…雲居雁を
    /  (●)  (●)  \   胸を張って迎えに行けます!
     |      __´___     |
    \     'ー一`    /
      /             \
896 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:36:16.96 ID:7gQq90ko
今ざっと調べてみたけど、四位は平忠盛(清盛の父)や源頼光、
六位は中国や下国の守クラスみたいね そりゃ夕霧もショックだわなw
897 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:36:16.96 ID:VbxXfCAo
親の心子知らずか・・・
898 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:37:59.34 ID:d136feAo
◆平安京、二条東院

                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|κl| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|ξl|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|πl|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヽ.l|   l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿   .,.,:;;.,;

「三条邸の祖母のもとでは、静かに勉強もできまい」
源氏はそう考え、二条東院(二条院別宅)に夕霧の部屋を用意した。
899 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:39:09.62 ID:d136feAo
以後、夕霧はここでひたすら勉学に打ち込む。
祖母の家には、月三度ほどしか訪問を許されなかった。

     ____
   /     \
  /::::::::::..   \ \     子曰学而時習之不亦説乎
/:::::::::::::::::::..  (●) \    有朋自遠方来不亦楽乎…
|:::::::::::::::::::::::::::..    、__|
\:::::::::::::::::::::::::::..   /


           |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
        |______|_____|
        | 三|  _     _   |三 !
        | 三|  三シ   ヾ三  |三 |   ほんに夕霧殿は熱心でおじゃ
        | 三′  .._     _,,..  i三 |
        ト、ニ| <でiンヽ  ;'i"ィでiン |三.|   『論語』ももうすぐ終えられるから
        ', iヽ!  、 ‐' /  !、 ーシ |シ,イ   今度は『孟子』か『詩経』でも
         i,ヽリ    ,' :  !.     |f ノ    やるでおじゃるよー
         ヾ!    i ,、 ,..、ヽ   lノ
          |      _ _    イ l
            l    ,ィチ‐-‐ヽ  i /、
             ゙i、   ゝ、二フ′ ノ/'"\
              | \  ー一 / /   _,ン'゙\
          ,ィ|、  \     /_,、-'" _,.-''´ `丶、__
       _, イ  | ヽ_ 二=''" _,. -''´  """""´´  ``ー
900 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:39:23.86 ID:4GC2vJUo
>>894
陰陽師のように、位的には二線級の人材には博識な人も多かったみたいだけどね。
一線級だと政治的な付き合いや人脈作りや、宴の時に披露する歌や音楽や舞を磨くので結構忙しかったとか。
若い内は宮殿内警備を任されることもあっただろうし。
901 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:40:35.35 ID:pyWBjP.o
>>894
血筋>>>>>学問
学問に限らず手に職系は、昔から洋の東西を問わず身分は低めだよ
902 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:40:46.36 ID:d136feAo
【解説】

  、-−7
  ミ_o_d,,,   男子が使う文章は、基本的に漢文だ
  ミ゙ ゚ -゚ノ    公文書や、男子の日記も
  √¨l-゚]、   すべて漢文で書かれている
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)    また、漢詩を自作することを
 ム-ノ__|_jゝ    求められることもあった


  、-−7
  ミ_o_d,,,   そのため、学問と言えば
  ミ゙ ゚ -゚ノ    四書五経(論語・孟子・詩経など)…
  √¨l-゚]、   つまり、中国の書物を勉強することが多かった
  (゙ /  |ゞ   
  /ヾノ==,)
 ム-ノ__|_jゝ
903 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:41:51.48 ID:d136feAo
  、-−7
  ミ_o_d,,,   なお、そこまで漢文を勉強したのだから…
  ミ゙ ゚ -゚ノ    貴族日記は"中国語で"書かれているか?
  √¨l-゚]、   というと全然違う
  (゙ /  |ゞ    
  /ヾノ==,)    
 ム-ノ__|_jゝ

  、-−7
  ミ_o_d,,,   日本の貴族が書くのは、一部、漢文法を無視した
  ミ゙ ゚ -゚ノ    "日本漢文"とも言える変則的なものであった
  √¨l-゚]、  
  (゙ /  |ゞ   漢文が必須の割には
  /ヾノ==,)    テキトーなことをしていたようだ
 ム-ノ__|_jゝ

【引き続き、物語をお楽しみください】
904 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:43:00.60 ID:d136feAo

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   おーい、麻呂殿
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   夕霧の出来栄えはどうだお?
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一'

      /"'-..,;;;;;;;;;;;;;`''-..,,_;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;..|
       ト:::::::::`''- ..,, ;;;;;;;;;;;;`'' -...., . .- ''´|
      i:::::::::::::::::::三  `'' - ..,,;;;;;/;;;,,..-'イ;,
     /ニ、::::::::::::::::三    、;;;;;; `"´ ,,,,, i;;;i
    { ( _',::::::::::/          "" |/   夕霧殿の才能・努力は
    ', '<i ヾ:::::::i  、、,,三、     ,,.-、 i    素晴らしいものでおじゃる!
     ',、ヾヽi:::::i   '-ヽソヾ   /,'ッフ、i 
     ヽ__.. i::::i    、  ̄ノ  | ;ニ ノ.i     進級試験も一発合格で
     ノ,.-| i::i          |   i      あったでおじゃるよ!
.       i,ィ''"',    /、_  ::::   /
       /',',',  ',  /   ヽ_ノ  /
.      イ',',',',', ', ', ( ,.---::;;;;、_,. } /
     / '',',',',',', ', ',- 、 ,.__`ー´ノノ
   ,.-イ  ''',',',.',', ',:',    ,ノ /、,,、
  (  {´    ',',',',', :',.','---─ '´リ  ', ヽ
''´´ヽ((''- ..,  ',',',',', .',.',ソ  ./ /   ',) }ー..,,,

             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。     さすが!よくやってるお!
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ
905 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:43:09.81 ID:TShQJ4.o
ふむふむ
906 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:44:19.05 ID:d136feAo
◆秋、平安京、内裏

                 Д___________________Д
                 [[]!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!![]]
                  ノ-.=.--.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.ゝ.
              ノ=.-.=.-.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.ゝ、
            キIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIヤ.
           ノ_二三_-=─ ̄三─≡ ̄-三==_-二=三≡-_─_二三_-==ヽ、.
          /二=_-三 ̄=─≡_- ̄_=≡_二三二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=\,,
      ,,_,,,-''''=_-三 ̄≡_-=≡- ̄_=≡__二三二=_-三≡_-==─≡_- ̄=≡_二三''''-,,_,,.
_,_,,_,,,-'''__________________________________ "''-、,,,_,,_,_,,_
ヽ @==@==@==@==@==@==@=@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ ヤ
 `ヽ丶.}{ |艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸| }{  /
   \}{ |l|! ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄::┣━Д━┫:: ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄γ∴⌒∴⌒ .;}{./
     }{ |l|!: ::::::::|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|ir;(∵ ∴丿;∵;∴ヾ∴
  γ;;⌒ ノヽ;;);⌒ ヽ|:::::::::::| ::::| :: :::: :::::::||  |__||__||__|  .| :: :: :: :::::| :: :: : (:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵∴):∴:):
r;;ゞ(;:: 丿;:: ;;;;;ヾ;;),,):.__|.____||=.=.======= |____|____`(∵(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ":(∴∴;ヾ)
(:: ;;;;ソ;; ) ;::ソゝヾ) ;;):::)==ii==ii=ii==ii==|^|_________|^|==ii==ii==ii(ソ∴∵丿 ∴(;ゝ(:::∴ ソ):ソ"
(::: :(;;;;;(  ;::). (;ゝノ ::)Y...|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/l--------------------lヽ ̄ ̄ ̄|(∴ミ∵丿 ;`ベ∴;(∴ ∴(;::∴ 
((:::(::;〆;;;ゝ;:: ;::))( ;::),ブ__||____________/l----------------------lヽ____(∵ゝ丿;`ベ∴;(;ゝ(:::∴ ソ)(∴ :〆:ソ
`ベ(; ゛(;;; (:::: ソ)::〆:ソ|il!li!li|il!li!i|il!li/l------------------------|ヽ (;ゝノ∵∴;(∴)::(:;;ソ∴∵丿∴ゝ:;;∴
: : : : : : : : ゝ|;il|!|ソ´~: : : : ; : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : :ゞ|;il|!|;il|!|/: : : ; : :
: : : : : : : : ノ;ハノリヽ_ : : : : ; : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : :ノ;ハノリハノリヽ_ : ; :
: : : : : : : :^"''`"" ^: : : : ; : : : : : :: ; : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : ⌒^"''`"" ^ : : : : ;

冷泉帝は15歳。後宮も充実してきたので、
そろそろ立后の儀が行われてもよい頃である。
907 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:45:26.99 ID:CkUPC/oo
光源氏の正妻の息子なわけだし
このクラスになると通常仕事が出来るできないよりも
子供が何人出来たか出来ないか
が有能無能の判断基準になりそうなイマゲ

だから官位が低くていいとこの娘(雲居の雁)に求婚できない状態なのは痛いんじゃないか
908 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:46:00.16 ID:d136feAo

      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ
   .|    ─  ─  |    どの女御も
   |    (●) (●) |    私にとって大切な人だけど…
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ   こうすることで…
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   母上も喜んでくださるでしょう
 .|      ( <   |
  ヽ     `-'  /    我が"父上"の御恩にも
 /   ヽ     ノヽ    応えられるというもの
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /
909 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:47:24.90 ID:d136feAo



                 「梅壺女御を、中宮に叙する!」


.
910 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:48:58.38 ID:d136feAo
              /: /.: : : : : |: : :/_|:__:| |: : /  _/: : : /:\::::::..    |
             /: :/|: : : :/: :|:/「 _|: :|`|:.:/  ´ /:\:/|: : : |\::::::   |
             |: / |: : : :|: : :|: : レ ニミ V   ァ/=く. ∨.: :/: : :.ヽ::::::.  |
             |/  |: : : |: : : V| ん:::}ト    イイハ∨: :/: : : : : .}::::::/
  ┏┓  ┏━━┓    ヽ: : ト、: : |ヽトヘrソ     { {::::ト}/∨.:: : : : :/ ̄        ┏┓┏┓
┏┛┗┓ ┃┏┓┃     \:|/\:\" ̄  、  ヾこソ// : :/: :/.           ┃┃┃┃
┗┓┏┛ ┃┗┛┃┏━━/: :\:.:.:.ト--  ャー‐-y  /:_/./.:/━━━━━┓ ┃┃┃┃
┏┛┗┓ ┃┏┓┃┃  /: :/:.::.::.:.:.:.ヽ.   Y  /  ̄ フ:.::/:i: /         ┃ ┃┃┃┃
┗┓┏┛ ┗┛┃┃┗━/: :/:.:.:.:.::.:.::rくnヽ、 `゙´_ r '´|/ : : :|/━━━━━━┛ ┗┛┗┛
  ┃┃      ┃┃  /: :/:.:.:/:./_| /∧く「二 -┴i |: : : : :/リ              ┏┓┏┓
  ┗┛     ┗┛  /: /:.:./:/ ̄ | / ∧  ノ'⌒Vヘ|: : : :/ー―‐ 、           ┗┛┗┛
              |: /::./レ'    >  ィJ-∧| ヽト、.|: : :|/     |
              |/::/    |く  \  ∨   / |: : /      |
              |:/     | \ |`ー|  /  |: .:|       |
             /リ     /  /^|  | ̄ |\./|: /       |


 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
911 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:51:28.88 ID:d136feAo
梅壺女御、中宮に――!
選ばれなかった女御の親たちが失望したのは言うまでもない。

      ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
       ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
        ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
         ヽ (::___:;;) /      何ということだ…
          _ ,'       ',. _
            フヽ ヽ /  /l     我が家の姫は
          ,' ヾゝ   ィフ ',      御上のお従妹に当たられるのに…
        | _ u  ' l    __L_
       ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
        '´   _ィl ー┴-'ヽ
       _, -':::/lレ'二ヽl:: !`. ‐‐-__
    ,-‐'´..::::::::/::| | .!| l .!::.|::::/:::::::: ',
  /|::::::::::::/:::::| ! !| ! l::: |::::::,-::::ヽ:: !
      式部卿宮(元兵部卿宮)
912 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:52:20.68 ID:d136feAo

             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):    くそぉッ!やられた!
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:    またしても皇族にやられた!
          |  u;     ゙⌒}:     弘徽殿女御を差し置いて!
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |   
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \


                     ____ }
               _, -‐ 二 -―‐- 、`ヽ、_
             ィ=ー-、/        ヽ  `ヽ、
          , '´               \  \
         /       /       `ヽ   丶  ヽ
      , '⌒ /  /:  /   /! l       丶   ヽ   ',
      /  /// / /  / /  l  ヽ \     ハ    l
       〃 / l l  | l   ∨' ヽ ヽー-、   lヽ  l   l    ふ、ふええ…
.        !l l  | |   j_{ _,ノ \  l\`ー弋ニ T l  j |   |
.        !{ |  l l  l 乏≠ミ  \l  >fテ示ヾjl | ./ l  i l、   御上…どうして…
        ヽ ヽ .N ヽ l{i |ヘiii::l      lヘiii:::} i}| j∧リ.   i lヘ
             \ヽ j小 と)_;ソ      r'_;;(つ/ イノ    ヽjハ
              `ト ハ ゚:::::::.  '   .:::::゚ __/‐<ヘ     ヽ ヽ
             l: 八   (⌒¨¨⌒ヽ 〃´ ̄`ヽ、ム      \ヽ
             ノ  l> 、 ´ ̄ `´ /      `ヘ       ヾ',
               /    l    {>ー <{        ∧  i     \
            l   /l    l    / l          / ∧ l        \
            |    l∧ ` ヽ _ /  l       // ヽ |ヽ、
913 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:53:55.43 ID:d136feAo
弘徽殿女御は、誰よりも早く入内し、寵愛も篤かった。
しかし、それを押さえて、梅壺女御が中宮になったのである。

              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |   くそぉぉ…
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ    やる夫め…!
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ
914 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:53:59.41 ID:z8T7ugw0
ああ。先代の中宮も藤壺様で皇族出身でしたね。
915 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:55:03.20 ID:d136feAo
この決定の後、やる夫は太政大臣に、
そしてやらない夫は内大臣に出世した。

    __
   /  . \      内大臣になれたからと言って…
 /._ノ三ニヽ、\     中宮を出さずして何の栄華か!
 |  (J)(J) .|
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/
916 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:55:41.50 ID:pyWBjP.o
もともと皇后には皇族がなるってのが慣例だったからな
藤原氏のせいで破られちゃったけど
917 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:56:08.79 ID:d136feAo
藤壺女院、梅壺中宮は、どちらも王族に連なる后である。
藤原氏たる内大臣にとって、これは屈辱的なことであった。

       , -――-、
     /      \
    /::::::::::::::     ヽ   くそ…
   /::::::::::::::::::     ヽ  
   |::::::::::::::::::::::    /   こうなったら次の中宮を狙うしか…
   .|          /    今の東宮に入内させて…
    \        /



        / ̄ ̄\
      /       \      …待てよ
      |::::::        |     ウチにそれに相応しい姫って
     . |:::::::::::     |     いたっけか?
       |::::::::::::::    | 
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
918 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:56:38.42 ID:TShQJ4.o
ますます嫁にくださいと言い出せなくなったんじゃぁ
919 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:57:13.20 ID:22rRzUAo
不穏な気配が
920 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:57:20.05 ID:d136feAo

                     / ̄ ̄\
                   /   _ノ  \
                   |    ( ー)(ー)
                   .|     (__人__)    うーん…
                   /     ` ⌒´ノ
                 /  ヽ ⊂二二 ̄\   何せ俺は
               /     \  ⊂、'    ヽ  子供多いからな…
              /        \_, `7  /
             /    へ     \ !/  /
             |      \    Υ  /
             |        \     /\
             |        / \__/.,,_r ヽ、
             /      _,,__|'"´      レi  }
            |   `'"´   `¨ー、     /ノノ
            |            }ィ    ´/
           /\___,,.._7    /::/   , '
          /::::::::::::::/::::::::::::::::{    /::/  /:
          |:::::::::::::::|::::::::::::::::::!   /:::/  f::::::
          |:::::::::::::::|::::::::::::::::/   /:::(    ヽ、
          |:::::::::::::/::::::::::::::/   {,_:::::::`ヽ、__,,ゝ
         /:::::::::::::|:::::::::::::(_    `¨つ:::::::::::::::
         |::::::::::::::::\:::::::::::::::::`¨ー-'"::::::::
             ::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::
921 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:57:38.67 ID:BimILeco
夕霧はホント親のせいでいらん苦労するよね
922 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:58:05.77 ID:d136feAo

    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)   ――いた!いたぞ!
   |::::::::::::::   ⌒ノ    あの姫を…!
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |
923 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 21:59:10.86 ID:rNQ0Zi2o
仕方ないな…
924 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 21:59:26.48 ID:d136feAo
◆平安京、三条邸

;|;:..|:/::ゞ
ii;;:../       /\                    /\
i::./.      / ロ ロ \=======皿===========皿 / ロ ロ \
:/     /VVVV\        合        /       \
    / ========= \_________/          \
     | |目 目 目| | [田]   [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |目 目 目| | .(;;.).  [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |        | |(;;:;;:;;:)VVVVVV|              |
  (;;:::;;:;;.) |目 目 目| |;:;;:;:;;::;) l''"^"''l l''"^"''l|.   [田] [田]  .|
:::;;;:;:::::):;;;::;;);;;:;;) 目(;;:;;;:) |(;;.;;;.;);| |;;;;;;;;;;;| |;;;;;;(;::;;:;;;(;;:;;:(;;::;;:;;:)田](;;;:;:;;;:::;;::
;;;:;::):;;;:;::;;:);;::;);;;;):;);;;::;:;;:;;);;:;;);;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;| |;;(;;::;;:;:(;:::;;:;;;:;(;;::(;;;:::;;(:;:;;;:;:;:::;;;;;
925 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:00:35.04 ID:jELKK6I0
>916
今なんか平民ですよ。先祖をたどれば皆さん士族階級なので、大昔だったら嬪クラス止まりでしょうか。良いとか悪いとか言う気はないけど、隔世の感がありますな。
926 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:00:50.84 ID:d136feAo
             ,−−―――  、
           /_,-―― ―- 、:. 、.\
           //, -――‐―、 ヽ:. ヽ::. 、
           // ~、:...::.::.:::::..、:::...ヽ:.!::、!jy,-‐,
         //:./:.:|.:.: .|:..:.:.:|:ヽ:.ヽ:.トNk=フ:|
          く ハ: : l レ=、l:.:.:./ ル=ミ<ソ:L.ヽヽ、|
         └ノイ l l |f:ハヽ/  l_::::Y/:.:小 .:ト.ソ
          , ヘヾ!l ゝ!:r'j   辷_ノ/:/ /:ハリ   え…えーと…
          { } }`┴┴'^ー<)    イ/!7イ/
          ヽ'_/-圧冊≧}_トーr≦シ7,′
             ̄て了/ ̄ 、 `l'
              >'ォ=≦二入
              ,/ , ´   `丶、
             く 、 ハ  i  ヽ ヽ
               `,ー ,- : ー-,‐ ´
               |  /  !  |
               ト-j   ヒ ,'ノ
                ̄


         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |  どうした?
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|  もう少し吹いてごらん?
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
927 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:01:38.86 ID:yxXmMf.o
>>920
何か「椅子」に見え(ry
928 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:01:59.83 ID:d136feAo

        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (⌒), 、(⌒)  |     まあまあ珍しいこと
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |  
     |    -==-    .:::|     ウチの姫にお声をかけるなんて
     \   `--'   .::/      
        i‐--‐―´ i´
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)    母上がご教育くださったお陰で
          |     (__人__)    どんな楽器も危なげなく
        |      ` ⌒´ノ     できる娘になりましたね
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
929 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:03:41.32 ID:d136feAo

             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)   良い機会です
           l     (__人__)
          l     ` ⌒´ノ    母上の琵琶も
            |           |     お合わせください
          ヽ       l
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||


        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (⌒), 、(⌒)  |      あら、わたくしの琵琶なんて
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |      もう柱を押さえるのがおっくうで
     |    -==-    .:::|      
     \   `--'   .::/      
        i‐--‐―´ i´
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ    ※柱(じゅう)…琵琶の弦を支える具。

そう言いながらも、大宮は見事な腕前を披露した。
930 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:05:02.47 ID:d136feAo

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)     まこと、音楽の名手は
  |     (__人__)      少なくなってしまいました
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃    その琵琶も、当代の名人は
   ヽ / /  '‐、ニ⊃     いったい何人いるでしょうか?
   ヽ、l    ´ヽ〉      たとえば、源氏の君はそうですが…
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|


             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\    そうそう
            ( ●)( ●)  |    その源氏の君…
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |    彼が大堰に囲っている女人は
           {         |     たいそうな琵琶の名手だそうですな
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬-−―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
931 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:06:33.92 ID:d136feAo
        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (●), 、(●)  |    お人柄も優れた方なのでしょうね
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |  
     |    -==-    .:::|    何でも、源氏の君の姫君を生み
     \   `--'   .::/    その姫君の身分のために
        i‐--‐―´ i´      ご正妻さまにお預けになったとか
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ


        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (ー), 、(ー)  |      お腹を痛めた我が子を
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |      別の女人に預けるなど
     |    -==-    .:::|      中々できることではありません
     \   `--'   .::/      
        i‐--‐―´ i´        ほんとうに出来た方でいらっしゃる
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ
932 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:07:43.72 ID:d136feAo

         / ̄ ̄\
        / _ノ ヽ_ \
       |  (●) (●) |   そう――
        |  (__人__)  |
        |    `⌒´  |    女とは心がけひとつで
       |        }     世の中にも尊重されるもの
       ヽ       .}
      __,_,,.ヽ_   ノー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'


                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l  この姫――雲居雁だけでも
          l  ´ イl   (___人___)  l  我が願いどおりにしたいものです
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,−´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !
933 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:08:35.98 ID:d136feAo
        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (●), 、(●)  |    願い…?
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |  
     |    -==-    .:::|    それはつまり…
     \   `--'   .::/      
        i‐--‐―´ i´
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ


.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i     はい
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /      姫を今の東宮様に
      |   ` ⌒´ リ  ヒ       差し上げたく存じます
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l  そしてゆくゆくは中宮に…!
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|
934 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:08:46.53 ID:CkUPC/oo
やばすぎるフラグktkr
935 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:09:34.58 ID:d136feAo
        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \   まあ、何と嬉しいお話
     | (⌒), 、(⌒)  |      
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |    我が家から中宮が出ないのは
     |    -==-    .:::|    ダイナマイトおかしいと思っていましたの
     \   `--'   .::/   
        i‐--‐―´ i´      
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ


         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)    決まりですな!
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ     源氏の姫もじき大きくなります
      .  |         }      ですが、今度こそは…!
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ
936 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:10:26.79 ID:d136feAo
雲居雁を、東宮妃に。
内大臣はそう決めて、三条邸から退出しようとした。

                                            _, -‐
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,〜'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,〜'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃
             |       (__人_) /〉    ふう…
           /∧     ,.<))/´二//⊃    次のメドもついたことだし
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|


      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|
     |    (__人__) |    退出前に
    |     ` ⌒´ |     ちょっとここの女房の顔でも
     |       |      見ていくか
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ
      |   |.   |
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ
      l   | /
      |,_、|,/
       (゙  ))
937 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:11:19.00 ID:d136feAo
<ヒソヒソ…
<ヒソヒソ…


        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |  (ん…?噂話か?)
     (`⌒ ´     |
.     {           |
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |
938 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:12:09.98 ID:d136feAo
内大臣が気配を殺して立ち聞きすると
古株の女房たちが陰口を叩き合っていた。

      _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
   _,,..,,,_/ ・ω・ヽ/・ω・ ヽ,..,,,,_  <じゃ、雲居雁さまを東宮さまに?
  ./ ・ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω・ ヽ <とーんでもない話っぽ!
 |   /   ・ヽ /・   ヽ    l
  `'ー--l      ll      l---‐´
     `'ー---‐´`'ー---‐´

      _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
   _,,..,,,_/ ・ω・ヽ/・ω・ ヽ,..,,,,_  <だって姫さまは夕霧さまと恋仲だっぽ
  ./ ・ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω・ ヽ <内大臣さまも大宮さまも呑気というか…
 |   /   ・ヽ /・   ヽ    l <知らぬは親ばかりっぽねー
  `'ー--l      ll      l---‐´
     `'ー---‐´`'ー---‐´
939 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:13:02.07 ID:d136feAo
                        ヽ
               ,,  、       l
         ゝ_    _/  .. >..、     l
          `''''''‐"  _ __ ニ:_丶     1
       / 、      ^''''ー 、__ ゝ   │
    / . l 丿  l'"! 、 、 '''-ー-、 ´ ^ー-..、 .
    | 」 |  | || !  ! l │ '   ,r _..,, f.
    `、  '、 ゝ ノ / l ..′ ,´  | l│l .i
       `- − ゙‐'′  --"  ,ヘ ∪ ノ l.
                        ´ /
           /            `)   (何だとォォォッ!?)
           f        丿   ヽ/
          入 ___ -'     ,′
         ( V v      "‐_ -'′
          ''-二ニ -=  `'`ソ /
            ´ ‐‐;ュ `' 、ノ  /...
              ニ   ′ 丿
                     !.
                     !.
     丶.._              /
       `゙ ‐--- ____-''
                 \
                   \
                     \
940 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:13:18.95 ID:A.yPBqYo
やらない夫の立場からしたらそう考えるのは当然だが・・・

史実の藤原頼通とかの心情もこんなのかねぇ。
941 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:13:36.18 ID:jELKK6I0
既成事実がなければ知らぬ顔で入内させればいいじゃんとか思うのだが…。
942 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:14:00.80 ID:d136feAo
夕霧と、雲居雁が想い合っている。
まったく知らなかった事実に、内大臣は驚愕した。

      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |   あの源氏の小セガレが…!
  l レ ./..ノ .,''´} i
  l   ' ´ .〃 / |   何ということを…!
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |
943 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:14:02.61 ID:22rRzUAo
「あぁ、ロミオ…あなたはどうしてロミオなの」
944 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:14:49.98 ID:Apohpqgo
ロミジュリか
945 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:15:01.52 ID:d136feAo

        / ̄ ̄\
       ノ  `ヽ   \
     ( ●)( ●) u |   (こうしちゃおれん!)
      (__人__)     |
      (`⌒ ´ U  .|
       {       |
       {       .ノ/⌒ ̄ ̄' ̄ ̄) 三 二
      ヽ          / ̄¨ ̄ ̄
 (⌒ヽ、 / ヽ        く
  \  ヽ  /\      \
   \__/     \        \
            /    ノ   \三 二
          /    /\    \
         {  ────ヘ    \
          \____ソ ヽ   \ 三 二
                  ヽ、_ソ \    \
                       )   __〉 三 二
                      (___ノ
946 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:16:07.04 ID:d136feAo
<タッタッタ…
      _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
   _,,..,,,_/ ・ω・ヽ/・ω・ ヽ,..,,,,_  <あれ?何か物音が…
  ./ ・ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω・ ヽ
 |   /   ・ヽ /・   ヽ    l
  `'ー--l      ll      l---‐´
     `'ー---‐´`'ー---‐´


      _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
   _,,..,,,_/ ・ω・ヽ/・ω・ ヽ,..,,,,_ <ちょっと!今の内大臣さまじゃない!?
  ./ ・ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω・ ヽ <やばいっぽ!今の話聞かれたっぽ!
 |   /   ・ヽ /・   ヽ    l  <うわーどうするっぽ…
  `'ー--l      ll      l---‐´
     `'ー---‐´`'ー---‐´
947 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:17:00.27 ID:d136feAo
◆二日後、平安京、三条邸

;|;:..|:/::ゞ
ii;;:../       /\                    /\
i::./.      / ロ ロ \=======皿===========皿 / ロ ロ \
:/     /VVVV\        合        /       \
    / ========= \_________/          \
     | |目 目 目| | [田]   [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |目 目 目| | .(;;.).  [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |        | |(;;:;;:;;:)VVVVVV|              |
  (;;:::;;:;;.) |目 目 目| |;:;;:;:;;::;) l''"^"''l l''"^"''l|.   [田] [田]  .|
:::;;;:;:::::):;;;::;;);;;:;;) 目(;;:;;;:) |(;;.;;;.;);| |;;;;;;;;;;;| |;;;;;;(;::;;:;;;(;;:;;:(;;::;;:;;:)田](;;;:;:;;;:::;;::
;;;:;::):;;;:;::;;:);;::;);;;;):;);;;::;:;;:;;);;:;;);;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;| |;;(;;::;;:;:(;:::;;:;;;:;(;;::(;;;:::;;(:;:;;;:;:;:::;;;;;
948 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:18:06.30 ID:d136feAo
     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)    母上!
.   | ノ(  (__人__)    これはどういうことですかな!
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \


        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (○), 、(○)  |     何です?
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,, U |     藪から棒に…
     |    -==-    .:::|      
     \   `--'   .::/      
        i‐--‐―´ i´
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ
949 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:19:27.11 ID:d136feAo

             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)   とぼけますか!
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:     雲居雁と夕霧のことです!
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \


        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (●), 、(●)  |    姫と夕霧と…?
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |  
     |    -==-    .:::|    まさか、あの二人…
     \   `--'   .::/      
        i‐--‐―´ i´
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \        そのまさかですよ
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)      幼馴染同士
           |,      ` ⌒´ノ      馴れ合って結婚するのは
          │         }       あまりに外聞きの悪いことです!
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;         一言そうと言ってくだされば
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、     そのつもりで取り計らうこともできましたが
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_   子供たちのするままにして
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ  なし崩し的に…というのは感心できませんな!
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}
950 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/09/12(土) 22:20:06.31 ID:009w726o
(ノ∀`)アチャー
951 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:20:26.48 ID:d136feAo
        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (○), 、(○)  |    そんなダイナマイトな話…
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,, U |  
     |    -==-    .:::|    わたくしも今まで知らなかったのですよ!
     \   `--'   .::/    
        i‐--‐―´ i´
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ

     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)    「知らない」で済む話ではありませんぞ!
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ    世間の噂になったら
.    |         }      東宮妃にすることもままなりません!
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \
952 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:21:39.29 ID:CkUPC/oo
筒井筒が恥ずかしいこと、って概念なんだっけこの時代
古文教師に聞いたとき目ポーンしたわ
953 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:21:41.26 ID:LVTCUu.o
それって外聞の悪いことなんだ
筒井筒みたいでいいじゃないか…
954 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:21:41.77 ID:d136feAo
        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (○), 、(○)  |      そんなに怒らなくても…
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,, U |  
     |    -==-    .:::|      第一、あなただって
     \   `--'   .::/      今まで姫をほったらかしに
        i‐--‐―´ i´        していたではありませんか!
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ


         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \    母上にお任せすれば
       |  (●)(●) |    立派に育ててくださるだろうと
       |  (__人__) |    思ったからこそ…
          |   ` ⌒´  |
        |        }     私は弘徽殿女御のお世話に
        ヽ       }      かかりっきりになっていただけです!
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」
955 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:23:16.22 ID:d136feAo
     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)    ええいもう…
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ    姫を!雲居雁を
.    |         }     こちらにお呼びなさい!
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \


    __
  , ´,r== 、ヽ
  !くl人ノ从)ト、   お呼びですか?
  Wリ゚ ヮ^ノiノ    お父様…
   ( つ旦O
   と_)_)
956 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:23:18.64 ID:smz.64go
ハルヒ!釘バット持ち出していいぞ!
957 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:24:05.88 ID:009w726o
>>954
ものは言い様だな
958 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:24:23.30 ID:d136feAo
    __ 
   /  . \     あなたと夕霧の仲は…
 /._ノ三ニヽ、\    すべて嘘だったのです
 |  (J)(J) .|   いいえ、嘘でなくてはいけません!
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/


  , ´,r== 、ヽ
  !くl人ノ从)ト、
  Wリ ゚д゚ノiノ
   ( つ O. __
   と_)_) (__()、;.o:。
           ゜*・:.。
959 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:25:54.47 ID:d136feAo
      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |   ああもう、こんなところには
  l レ ./..ノ .,''´} i   置いておけません
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ    数日中に、我が家に引き取りましょう
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |


     _
   .,'´r==ミ、
   i 《リノハ从)〉   お父様…
  从(l|゚д゚ノリ    何をおっしゃってるの…?
    ⊂lj京iつ
     ぐ/_l〉
     し'ノ
960 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:27:09.51 ID:d136feAo
内大臣は、姫の乳母たちにきつく言いつけ
雲居雁を東宮妃にするべく、彼女の部屋に鍵をかけた。
夕霧が通ってくるのを、食い止めるためである。


              _,...-:::¬ー-、.... -....、.
            ,..::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
             /::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ: 、
.         ,.:':::::::::;: -_..二....--......、.._` ヽ 、::::::::::::::::::::ヽ`ヽ    夕霧…
       ,.:':::::::::/:::´::l:::::::、:::::::::::::l::::::`::ト...、 `ヽ::::::::::::::::', ',ト、  あたしたち…もう会えないの…?
.      /:;::::::::/:::::ヽj_:::::;.ヘ::l、:::::::ト.:::::::::l、::::ヽ |:::::::::::::::::l. l l `i、
      /;ィ:::::::::l:;::::::/'l.`ソ、 1ヽ:::::| ヽ::_;:」ィ‐:::::|::::::::::::;:::::l  | l、 `l__
      〃|::::::::::'::|::/ ,r  ̄`ヽ ヽ:::|-ァ^¬ヘ.ヽ:::|::::::::::::!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.     ′|::ハ::::::::|::l l     l   l′    l. V::::::::::/、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イr'ス::::::l/ ヽ、  ノ     、    ノ /::::::::/ .l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:ヽ:::l、' '   ̄      ` ー ´ /::::::;/::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘ::「` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィ::::;.く::::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´ /r ´  `ヽ、:ト、|
                          ´  
961 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:28:48.30 ID:d136feAo
しかし、そんな騒ぎも知らぬまま…
夕霧は大宮のもとにやってきた。

       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     こんにちは、おばあさま
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i   今日は、雲居雁は?
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \


        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (●), 、(●)  |      夕霧や…
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |  
     |    -==-    .:::|      そこにお座りなさい
     \   `--'   .::/      
        i‐--‐―´ i´
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ
962 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:30:01.41 ID:d136feAo
        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (ー), 、(ー)  |    実はね…内大臣が
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,,   |    わたくしに対して
     |    -==-    .:::|    ひどく怒ることがあったのです
     \   `--'   .::/      
        i‐--‐―´ i´      …何のことか、おわかりになりますね?
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ

         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\   ……!
    /     _´_    \ 
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /


夕霧は、すぐに雲居雁のことだと思い当たった。
963 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:31:25.86 ID:A.yPBqYo
全部、やらない夫の都合じゃないか。
ほんと、ロミジュリだな。

出世する前はあんなに仲良かった二人なのに
964 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:31:46.31 ID:TShQJ4.o
どうするできる夫
965 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:32:03.62 ID:d136feAo
        /\___/\
     / ,,,,,    ,,,,,  : \
     | (○), 、(○)  |     これからは、
     |  ,,ノ(,_.)ヽ、,, U |     身を慎んでくださいね
     |    -==-    .:::|      
     \   `--'   .::/     あなたが内大臣の恨みを買うのは
        i‐--‐―´ i´       本当に良くないことですから
  /~"''7 ̄〈'      ノ | .i  、
  ,'  ノ    `ー--‐''゛  |~"''ヽ

       ____
     /⌒  ⌒\
   /(○) (○ ) \     ……はい
  /    __´__      \
 |      −      |
 \            /
966 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:33:21.26 ID:d136feAo
夕霧はたまらず、雲居雁の部屋に向かった。

                     _____
           r⌒ヽ、   .  /     \
          / \  \. /   \  / \
         _/ / ヽ   /   ( ●) (● )    雲居雁!
        〈__/  . |  |  U    _ __´__   |
             /  .\     i `ー'´´ /
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./
         .ヽ、_./ ./  /
             ./ /
           .ノ.^/   ダッ
           |_/
967 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:36:11.70 ID:d136feAo
しかし、雲居雁の部屋にはしっかりと鍵がかかっている。

                   | |  ______
                   | | /       \
                   | |_  (● ) (● )\  雲居雁…
                   | |_)  U __´___U  |
                   | |(⌒ヽ   `ー'´  ノ
                   | |:::ヽ  、::::    ::::<
                   | |:::  ヽ __    ノ
                   | |




              _,...-:::¬ー-、.... -....、.
            ,..::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、      夕霧…
             /::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ: 、   ごめんね…開けられないの…
.         ,.:':::::::::;: -_..二....--......、.._` ヽ 、::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
       ,.:':::::::::/:::´::l:::::::、:::::::::::::l::::::`::ト...、 `ヽ::::::::::::::::', ',ト、
.      /:;::::::::/:::::ヽj_:::::;.ヘ::l、:::::::ト.:::::::::l、::::ヽ |:::::::::::::::::l. l l `i、
      /;ィ:::::::::l:;::::::/'l.`ソ、 1ヽ:::::| ヽ::_;:」ィ‐:::::|::::::::::::;:::::l  | l、 `l__
      〃|::::::::::'::|::/ ,r  ̄`ヽ ヽ:::|-ァ^¬ヘ.ヽ:::|::::::::::::!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.     ′|::ハ::::::::|::l l     l   l′    l. V::::::::::/、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イr'ス::::::l/ ヽ、  ノ     、    ノ /::::::::/ .l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:ヽ:::l、' '   ̄      ` ー ´ /::::::;/::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘ::「` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィ::::;.く::::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´ /r ´  `ヽ、:ト、|
                          ´       `
968 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:37:14.67 ID:4QoYB4go
切ないのぅ・・・
969 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:37:57.45 ID:d136feAo
雲居雁は、内大臣に引き取られてしまう。
夕霧はこの上なく悲しく思うが――それは雲居雁も同じである。


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。   そんな…
     |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j
     \、   ゜   ̄ ,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
970 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:39:22.84 ID:d136feAo
                .             クワー
                        ⌒⌒
             _,,,...:-‐‐=-.'.:,丶        ⌒⌒ クワー…
 .           ,r'";; ;;      ;;\,,.....,
          ,,r'";; ;; ;,,,     ;;; , ;;; ;;;,`'::,、           .................
        ,:r';;; ;; ,;;; ;;      ;;    ;; ;;; ,;; `':,、    ........::::::;;;;;;;;;;;;;;;:::::::.........
      ,r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,      ;  ;;  ;; ,, ;;, ;;`';;、_:::::::::::::::;;:''      ''';;;:::::::::::::::
    ,r'";;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''';‐-,, ,,      ;;, ;;`';;、_:::;;;''        '';;- ''""
  ,r'",,,;;;;,, ,,,,,,;;;;;               " ''''‐- ,..,,,...  ′,, -‐- ,... ...--‐‐''''"
 ,r'  ,,,,;;;;;       " ''''‐   ...:;;;             /'       ̄
   "'' -‐‐‐-,..,,.,,,,;;;;;  ;"'.,      , ;,        ノ''         .,,._.




                 __ __
               /:::::::::::::::ヽ
                _/       ヘ-、
             〈/:::::::::::::::::::::::::::::V/  空を渡る一人ぼっちの雁…
               /l::::/:::::,'::::::::i:::::l::!:ハ
               ~|::::l:::::/:::::::::l:::::l::i:!」   それが…あたし…
             ヽ:{::::{:::::::::/:::/:::リ
             , ィ ト{八::::/リj/V-、
             {{ | |  `''   | l }}
             {:',|└─‐‐─┘|//
971 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:40:30.96 ID:d136feAo
そろそろキリがいいので、次スレを立ててきます
いましばらくお待ちください
972 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:43:19.94 ID:d136feAo
次スレです
移動をお願いします

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1252762911/
973 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:43:34.57 ID:TShQJ4.o
は〜い
974 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:43:37.16 ID:5fsEeQI0
了解しました。
975 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:45:29.98 ID:oZ0lLUYo
本当気の毒だよなあこの二人…
976 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:45:43.43 ID:4QoYB4go
夕霧はやる夫の子でもあるけど自分の妹の子供でもあるのになぁ
977 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:48:08.70 ID:A.yPBqYo
娘いっぱいいるなら他の娘でもいいじゃん。
978 :1 ◆eyRk5NDGtU [saga]:2009/09/12(土) 22:50:19.30 ID:d136feAo
正確には、息子はいっぱいいるけど
娘は少なかったみたいです
979 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:50:20.77 ID:0y.CUEoo
やらない夫も欲望に忠実になったな〜
980 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:52:07.59 ID:TShQJ4.o
なんなら男の娘でも…
981 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:55:16.99 ID:4GC2vJUo
欲望に忠実というより、公家最高の家柄の当主として、中宮と世継ぎで天皇と繋がりを持たせるのは半ば義務だからな。
982 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:55:56.11 ID:0BLJKC.o
うめ
983 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:57:05.27 ID:0BLJKC.o
うめ
984 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:57:58.74 ID:0BLJKC.o
うめ
985 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:58:31.53 ID:xsuiKdQo
中世貴族の権力基盤って「天皇と縁戚である」ってことが唯一絶対だからな
986 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:58:51.96 ID:AJbWu6Uo
産め
987 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 22:59:50.04 ID:0BLJKC.o
うめ
988 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:00:23.24 ID:0y.CUEoo
熟めましょう!
989 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:00:48.04 ID:0BLJKC.o
うめ
990 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:02:13.21 ID:0BLJKC.o
うめ
991 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:02:28.17 ID:Apohpqgo
992 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:02:35.85 ID:AJbWu6Uo
うめ
993 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:02:49.06 ID:JItF/VYo
うめ
994 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:02:52.91 ID:0BLJKC.o
うめ
995 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:03:30.47 ID:JItF/VYo
うめ
996 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:03:34.42 ID:0BLJKC.o
うめ
997 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:04:18.80 ID:ruxNANAo
いつもありがとうめ
998 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:04:23.87 ID:0BLJKC.o
うめ
999 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:05:14.73 ID:0BLJKC.o
うめ
1000 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 23:06:08.42 ID:0BLJKC.o
1000
1001 :1001 :Over 1000 Thread

 ,.――――-、
 ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、   【呪いのパーマン Ver2.0】
  | |  (・)。(・);    このスレッドは1000を超えました。|
  | |@_,.--、_,>    このレスを見たら10秒以内に次スレを建てないと死にます。
  ヽヽ___ノ    次スレを10秒以内に建てても死にます。

パー速@VIPService
http://ex14.vip2ch.com/part4vip/

1000超えたのでHTML化の依頼をするでござるの巻
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1195554932/

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
鋼鉄のやる夫の咆哮 −WARSHIP GUNNER−Part14 @ 2009/09/13(日) 04:46:48.24 ID:uJc9G9Ao
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1252784808/

ヤンデレに愛されてどうしようもない @ 2009/09/13(日) 01:10:46.98 ID:EJQugRQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1252771846/

ここだけ男子高校ただしPCは男装少女 Part33 @ 2009/09/13(日) 00:35:53.99 ID:H4S4aX.o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1252769753/

【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.40 【練習用】 @ 2009/09/13(日) 00:25:58.23 ID:eLO5teAo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1252769158/

【妹はちょっと】俺と妹は恋してる 八升目【(´艸`)なツンデレラ】 @ 2009/09/13(日) 00:16:38.05 ID:.m7wbEQo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1252768598/


Powered By VIPService http://vip2ch.com/

867.29 KB   

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)