【ダンガンロンパ】腐川「ペルソナ?なんなの、あんた……?」【あんこ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/06(月) 23:51:03.34 ID:SIsV7SeXo
元は、古典劇の仮面。

転じて、人格。
劇の登場人物。
心理の外的側面。
人の心の一片。

集合的な意識から切り離した、
その人がその人であるための、
個性化された人格。

心理学者、ユングはこう呼んだ。

『ペルソナ』と。


◆アテンションぷりーずクマ!
>ダンガンロンパのキャラでペルソナっぽいことをするスレです。完全にペルソナをするわけではなく、っぽいことをします。
>ダンガンロンパシリーズ、ペルソナシリーズのネタバレとか世界観クロスなどを含みます。
>戦闘システムなどは最新であるペルソナ5基準です。
>V3のネタバレもわりとしていってる。でも幸せならオッケーです。
>設定の捏造とか色々ありますが、そっとしておこう。
>安価とコンマと自由安価と勇気で進みます。
>やっぱりクマはまだ終わってないクマ!クマ使いは年々増えている。つまりクマこそP4U2にて最強。
>ブレイブルークロスタッグバトル、これ多分P4パーティキャラは内定してるクマ。あだっちー?どんまい(笑)


◆過去
>長くなってきたので、最初と最近だけリンク。
>はじめましての方は1スレ目からどうぞクマ。

最初 1スレ目
【ダンガンロンパ】左右田「ペルソナ」【あんこ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490623921/

直前 6スレ目
【ダンガンロンパ】不二咲「ペルソナ、お願い……!」【あんこ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505132219/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509979863
2 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/06(月) 23:53:37.35 ID:SIsV7SeXo
>ここまでのだいたいのあらすじ

閉鎖されたはずの北地区の旧校舎。
その中に現れた【サイノウラボ】と言う名の謎の空間。そこは【新たな才能を目覚めさせるための場所】だと言う噂が立っていた。

希望ヶ峰学園に招致された【左右田 和一】は、学園での2日目に突如起きた殺人事件をきっかけに、サイノウラボに踏み込んでいった。
そこで目覚めた才能。自らを肯定するために生まれる仮面、【ペルソナ】。
左右田はペルソナとともに謎の空間を突破すると同時に、空間に潜む人の心の陰【シャドウ】との戦いに身を投じることになる。

被害者の友人で、被害者の死に納得できずラボを探索していた【小泉 真昼】。
小泉を探しに行った時にラボに突然現れた、自分の過去を思い出せない青年【ゴン太】。
小泉がラボに閉じこめられた時にラボ内で見つけ、覚悟を共にした【茶柱 転子】。
普段はぽんこつ?と思いきや、何かを隠している訳ありの刑事【足立 透】。
才能のない己を否定していたが、やがて向き合うことを決意した、元予備学科【日向 創】。
大きな秘密を抱きながら生活していた、強く生まれ変わりたい【不二咲 千尋】。

そして、もうひとりの自分を否定していたが、それを受け入れる決意を固めた【腐川 冬子】が新たに仲間に加わる。

───の、だが。
物語はまだまだ終わる気配はない。
突然の手紙、そして誘拐された【七海 千秋】。
彼女を救うために彼らは───なぜかゲーセンにいた!!
3 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/06(月) 23:54:38.98 ID:SIsV7SeXo
現在のステータス
所持金 34300円

左右田 和一    レベル35
所持ペルソナ
ベルフェゴール   レベル37 塔(装備中)
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーー弱耐耐ーー耐ー反
能力 ブフーラ(単体に氷結属性の中ダメージ/まれに相手を凍結させる)
   ハマ(単体に祝福属性で低確率の即死効果)
   氷結ガードキル(全体の氷結耐性を打ち消し無効化する。防氷の壁は打ち消せない)
   火炎見切り(火炎属性の攻撃に対する回避率が2倍になる/自動)
   プリンパ(単体を高確率で混乱状態にする)

スザク       レベル27 太陽
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーー吸弱ーーー耐ーー
能力 サイオ(単体に念動属性の中ダメージ/精神系状態異常の敵に効果大)
   マハフレイ(全体に核熱属性の小ダメージ。炎上/凍結/感電状態の敵に効果大)
   タルンダ(単体の攻撃力を3ターン下げる)
   マハタルンダ(全体の攻撃力を3ターン下げる)
   マリンカリン(単体を高確率で洗脳状態にする)
   不吉な言葉(単体を高確率で絶望させる)
   氷結耐性(氷結属性による攻撃を半減する/自動)
   素早さの心得(戦闘開始時にスクカジャが発動する/自動)

トート       レベル36 皇帝
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーーーーーー弱無無ー
能力 フレイラ(単体に核熱属性の中ダメージ。炎上/凍結/感電状態の敵に効果大)
   マハスクンダ(全体の回避/命中率を3ターン下げる)
   挑発(単体を高確率で激怒状態にする)

デカラビア     レベル35 愚者
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 弱ー反ーーーー耐ー耐
能力 アギラオ(単体に火炎属性の中ダメージ/まれに炎上させる)
   マハラギオン(全体に火炎属性の中ダメージ/まれに炎上させる)
   メディア(味方全体の体力小回復)
   リカーム(戦闘不能になった味方単体の体力を半分回復して復帰させる)
   ドルミナー(単体を高確率で睡眠状態にする)
   不吉な言葉(単体を高確率で絶望状態にする)
   火炎ブースター(火炎属性の攻撃が威力上昇/自動)

ジコクテン     レベル28 節制
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 耐ーーーーーーー耐弱
能力 ガルーラ(単体に疾風属性の中ダメージ/炎上状態の敵に効果大)
   マハガルーラ(全体に疾風属性の中ダメージ/炎上状態の敵に効果大)
   忘殺ラッシュ(全体に物理属性の小ダメージ/まれに忘却状態にする)
   ラクンダ(単体の防御力を3ターン下げる)
   防御の心得(戦闘開始時にラクカジャが発動する/自動)

ピシャーチャ    レベル32 死神
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーー弱ー耐ーーー弱無
能力 マハジオ(全体に電撃属性の小ダメージ/まれに感電させる)
   マハムド(全体に呪怨属性で低確率の即死効果)
   夢見針(単体に物理属性の小ダメージ/ごくまれに眠らせる)
   暴れまくり(全体に2〜3回物理属性の小ダメージ)
   吸魔(単体の精神力を万能属性で吸い取る)
   奈落の波動(全体を中確率で絶望状態にする)
   淀んだ空気(戦闘中の敵味方の全員が状態異常にかかりやすくなる)

タモンボウ     レベル33 愚者
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ー無ーーー弱ーー吸吸
能力 マハジオ(全体に電撃属性の小ダメージ/まれに感電させる)
   マハコウガ(全体に祝福属性の中ダメージ)
   マハエイガ(全体に呪怨属性の中ダメージ)
   吸魔(単体の精神力を万能属性で吸い取る)
   目眩無効(目眩にならなくなる)
   祝福ブースター(祝福属性の技の威力が上がる/自動)
   呪怨ブースター(呪怨属性の技の威力が上がる/自動)

スイキ       レベル24 月
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーーー吸耐ーー弱ーー
能力 ブフーラ(単体に氷結属性の中ダメージ/まれに凍結させる)
   マハブフ(全体に氷結属性の小ダメージ/まれに凍結させる)
   ヘッドバッド(単体に物理属性の中ダメージ/まれに忘却状態にする)

スクーンの石
4 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/06(月) 23:55:34.91 ID:SIsV7SeXo
所持武器
ただの工具
スチールスパナ(攻撃判定+1)
マイクロスパナ(早+2)
メタリックレンチ(装備中/左右田専用/防+2/速+6)

所持アイテム
ばんそうこう×6(体力を微少回復)
傷薬(体力を微量回復)
ジュネス特製唐揚げ(体力を結構回復)
スメルグレイビー×3(味方単体の体力を多めに回復し命中と回避を上昇させるが、攻撃力が下がる/戦闘中専用)
オキールティー×5(味方単体の戦闘不能を体力半分で復帰させる)
ソウルドロップ(味方単体の精神力を微量回復)
チューインソウル(味方単体の精神力を中回復)×2
ルブラン特製コーヒー×3(精神力を少し回復)
浄化玉×4(味方単体の炎上を回復)
シャッキリタブレット×3(味方単体の目眩/忘却/睡眠を回復)
サイレントキャンディ(味方単体の戦闘不能以外の状態異常を回復)
ヒランヤキャベツ(味方単体の戦闘不能以外の状態異常を回復)
ぴかぴかライト(敵の攻撃を受けやすくなる)
カエレール(ラボから出る)
宝箱の鍵×5


男のロマン(中古)(読破)
愛の伝道師 マーサ・サミュエル(読破)
速読家のススメ(読破)
出来る!希望ヶ峰式勉強法(知識)
タイガーアンドブランコ(読破)
がんぷらのつくりかた(器用さ)
初めまして、天使ちゃん(優しさ)
マーサ・サミュエル〜その愛と奇跡の日々(読破)
希望ヶ峰大全(読破)

貴重品
すぱちゅんパスポート(お風呂が無料になる)
猫のキーホルダー(日向との思い出)

装備品
息吹のタスキ(茶柱/体力が微量に上がる)
完全神柱(敵からの攻撃が全て半減するが、回避が全く出来なくなる)×2
シルバードライバー(運+6)
召還銃・レプリカ(左右田/装備して戦闘に勝つと銃弾補充)
イケメンミラー(足立/たまに物理反射)


プレゼント(交流した相手に渡せる)
48手ドリル
ジャガチップ
ぱっ撮るンデス
ころころ
ありがたそうな数珠
JUJUTSUの本
ドクロスタンド
手品セット
シルクのスカーフ
ティッシュ
手癖占いの本
ヴォーカルの自伝
晩酌セット
マッサージ器
5 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/06(月) 23:56:31.78 ID:SIsV7SeXo
素材(組み合わせてアイテムを作れる)
白い糸×2
電子回路
アルミの板×2
厚手の羊皮紙
ブースター


スキルカード(スキルをペルソナに覚えさせられる)
真っ白なカード
ムド



※現在の左右田の人間的な素質
知識  希望  ☆
度胸  昇り竜 ☆
器用さ 業師
優しさ 花畑
魅力  カリスマ
6 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/06(月) 23:58:39.81 ID:SIsV7SeXo
▼コンパニオン(CMP)一覧
コンパニオン(略称CMP)は、左右田と仲間達との絆である。成長させることにより、さらなる力を手に入れることが出来る。

人物名    アルカナ ランク
美彩        愚者 ランク7
┗仮面強化(CMPランクが高いと合体時に経験値ボーナス)
┗仮面保持:序(ペルソナの最大ストックが+2される)
┗仮面保持:破(ペルソナの最大ストックがさらに+2される)
┗仮面強化:改(合体時の経験値ボーナスが増える)

黄桜 公一    魔術師 ランク6
┗スカウトの心得(パーティメンバーのCMPが若干上がりやすくなる)
┗軽やかトーク(各CMPが少しランクアップしやすくなる)
夜長 アンジー  女教皇 ランク6
┗シャドウおみとおし(落とすアイテム判明)
┗神さまの言うとおり(敵シャドウがどんな技を使う予定なのかがたまに分かる)

ソニア       女帝 ランク9 恋人♡
┗統率力(シャドウの説得が失敗した時、ごくごくまれに判定を覆す)
┗王女のオーラ(ピンチ状態をごくごくまれに覆す)
┗リーダーシップ(シャドウの説得時に、まれに全ての判定を無視してすぐに説得を成功させる)
┗王女の覇道(ごくごくまれに全ての判定を無視してチャンス状態から戦闘を始める)

石丸 清多夏    皇帝 ランク6
┗予習(敵ペルソナからもらえる経験値がわずかに上昇する)
┗抜き打ちテスト(控えのメンバーがもらえる経験値がわずかに上がる)
┗復習(戦闘でもらえる経験値がさらに上昇する)

不二咲 千尋    法王 ランク4
┗プログラミング(戦闘中、時々サポートオフェンス・サポートディフェンス・サポートリカバリのいずれかが発動する)
┗自己書き換えコード(戦闘中、左右田の行動ターン時にメインと控えのメンバーを入れ替えることが出来る。ただし入れ替えすると左右田の行動は終了してしまう)
┗サポートエレメント(サポート発動時、まれに各属性からのダメージを軽減するバリアを張ることがある)

小泉 真昼     恋愛 ランク8
┗バトンタッチ
┗追撃
┗トークリカバリー
┗論破
┗食いしばり
┗かばう

十六夜 惣之助   戦車 ランク7
┗武器製造:壱
┗武器製造:弐
┗武器改造:上弦
┗武器製造:参
┗武器改造:下弦

茶柱 転子     剛毅 ランク6
┗バトンタッチ
┗追撃
┗トークリカバリー
┗論破

腐川 冬子     隠者 ランク4
┗文学への誘い(本のステータス上昇値があがる)
┗バトンタッチ
┗追撃

葉隠 康比呂    運命 ランク7
┗開運指南(その日の人間ステータスが上がりやすくなる。1回3500円)
┗人生指南(CMP1名を指名して、好感度を上げられる。1回3500円)
┗お得意様:梅(占いがちょっとだけ安くなる)
┗直感的中(1フロアに1回、ラボ/オフィスでのバックアタック無効。1回3500円)
┗アイテム占い(占いをした日、戦闘中にアイテムを使うと50%の確率で再使用出来るようになる。1回3500円)
7 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/06(月) 23:59:25.92 ID:SIsV7SeXo
十神 白夜     正義 ランク5

星 竜馬     刑死者 ランク2
┗ドロップショット(戦闘を左右田の攻撃で終了させると、確定でアイテムを入手できる)

聖原 拓実     死神 ランク5
┗超首切り殺人(弱点を突いた時のダメージが上がる)
┗超強盗殺人(通常または物理攻撃をした時、まれにアイテムを入手)

弐大 猫丸     節制 ランク6
┗アイシング(ラボに入った夜、ごくごくまれにマッサージが発生)
┗アロマテラピー(マッサージ発動確率が上がる)
┗マネージメント(弐大と会話することで特別な回復アイテムがもらえるようになる)

セレス       悪魔 ランク5
┗レイズ(戦闘で手に入るお金が増える)
┗コール(ボコスカアタックで敵を全滅させた時に貰えるお金が増える)
┗リレイズ(戦闘で手に入るお金がさらに増える)

桑田 怜恩      塔 ランク9
┗全力ストレート(銃撃を全て使って敵を強制的に気絶させる)
┗ランダムナックル(戦闘開始時に時々、敵に対し全員で銃撃することが出来る。弾数は減らない)
┗ボールボーイ(射撃で使用できる弾数が増える/味方全員)
┗セーブ(全力ストレートに必要な弾数が半分に減る)
┗ツインナックル(ランダムナックルの威力と発生率が倍になる)

百田 解斗      星 ランク9
┗星を眺める者(シャドウがあと何体いるか分かるようになる)
┗星を目指す者(シャドウの弱点をごくまれに看破する)
┗星に降り立つ者(シャドウが持つ吸収/反射属性が、攻撃を当てる前に分かるようになる)

ゴン太        月 ランク7
┗バトンタッチ
┗追撃
┗トークリカバリー
┗虫さんの囁き(強いシャドウを見抜く)
┗論破

狛枝 凪斗     太陽 ランク6
┗超高校級の幸運:序(戦闘中一度だけ、ファンブル・特大ファンブルをクリティカルに変更する/自動発動)
┗超高校級の幸運:破(戦闘中に自分がファンブルを出した時、ごくまれに相手の判定もファンブルに変える)

松田 夜助     審判 ランク6
┗神経活性(たまにスキル発動に消費する精神力をわずかに減らす)
┗細胞活性(たまに攻撃系スキル発動に消費する体力をわずかに減らす)
┗回路強化(時々スキル発動にかかる精神力が半分になる)

日向 創      世界 ランク5
┗バトンタッチ
┗追撃
┗トークリカバリー

足立 透     道化師 ランク7
┗取り調べ(ボコスカチャンス時、敵からアイテムを奪い取る)
┗バトンタッチ
┗追撃
┗事情聴取(レアなアイテムを奪いやすくなる)
┗トークリカバリー
┗論破
┗食いしばり

祁答院 浩之    棍棒 ランク4
┗対決列島(パーティメンバー全員の攻撃力がわずかに上がる)
┗夏野菜スペシャル(パーティメンバー全員の回復力がわずかに上がる)

忌村 静子     聖杯 ランク5
┗薬品調合:初級
┗薬品調合:中級

入間 美兎     硬貨 ランク1

絶望の双子     絶望 ランク4
┗???(絶望は忍び寄っている)
┗???(絶望は足元に横たわっている)
8 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 00:00:04.30 ID:7WZ4b4YRo
パーティメンバー

ゴン太       レベル35 月

ファーブル     レベル35 月
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーー弱ーー耐ーーー弱
能力 ガル(単体に疾風属性の小ダメージ/炎上状態の敵に効果大)
   ガルーラ(単体に疾風属性の中ダメージ/炎上状態の敵に効果大)
   マハガル(全体に疾風属性の小ダメージ)
   ディアラマ(味方単体の体力中回復)
   メディラマ(味方全体の体力中回復)
   パトラ(味方単体の眩暈/忘却/睡眠/空腹を回復)
   リカーム(戦闘不能になった味方単体の体力を半分回復して復帰させる)
   ネガティブパイル(単体に物理属性の大ダメージ/時々絶望状態にする)

所持武器
げんこつ
ナックルパンチ(力+1)
ブロンズフィスト(装備中/力+3)
月下の籠手(専用/力+9/まれに敵を麻痺させる)

茶柱 転子       レベル35 剛毅

ギンチヨ      レベル35 剛毅
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ー耐耐弱ーー弱ーーー
能力 アギ(単体に火炎属性の小ダメージ/まれに炎上させる)
   アギラオ(単体に火炎属性の中ダメージ/まれに炎上させる)
   マハラギ(全体に火炎属性の小ダメージ/まれに炎上させる)
   タルカジャ(味方単体の攻撃力を3ターン上げる)
   アサルトダイブ(単体に物理属性の大ダメージ。体力消費はかなり高い)
   五月雨切り(単体に3〜5回物理属性の極小ダメージ)
   指弾(単体に銃撃属性の小ダメージ)
   トリプルダウン(全体に3回銃撃属性のダメージ)

所持武器
学園指定上履き
モーモーブーツ(力+3)
ハイヒール(装備中/クリティカル出やすい)

小泉 真昼      レベル35 恋愛

バークホワイト   レベル35 恋愛
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーーーー耐弱ーー弱ー
能力 ジオ(単体に電撃属性の小ダメージ/まれに感電させる)
   ジオンガ(単体に電撃属性の中ダメージ/まれに感電させる)
   マハジオ(全体に電撃属性の小ダメージ/まれに感電させる)
   スクカジャ(味方単体の命中/回避を3ターン上げる)
   メディラマ(味方全体の体力中回復)
   デクンダ(味方全員のステータス低下を打ち消す)
   夢見針(単体に物理属性の小ダメージ/ごくまれに眠らせる)
   目眩し(単体を高確率で目眩状態にする)

所持武器
ぴこはん
マジカルステッキ(装備中/耐−2 魔+5/毎ターン精神力をわずかに回復)
打出の小槌(魔+7)
9 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 00:00:32.71 ID:7WZ4b4YRo
足立 透       レベル33 道化師

チャールズ     レベル33 道化師
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ー耐ーー弱ーーー弱無
能力 エイハ(単体に呪怨属性の小ダメージ)
   エイガ(単体に呪怨属性の中ダメージ)
   マハエイハ(全体に呪怨属性の小ダメージ)
   ムド(単体に呪怨属性で低確率の即死効果)
   窮鼠の牙(単体に物理属性の中ダメージ/ピンチ状態時威力が上がる)
   テラークロウ(単体に物理属性の小ダメージ/まれに恐怖状態にする)
   デビルスマイル(全体を中確率で恐怖状態にする)
   デカジャ(敵全体のステータス上昇効果を全て打ち消す)

所持武器
空の警銃
メテオラ(装備中/魔+3)

日向 創       レベル35 世界

ウォルター      レベル35 世界
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーーー耐ーーー弱ーー
能力 ブフ(単体に氷結属性の小ダメージ/まれに凍結させる)
   ブフーラ(単体に氷結属性の中ダメージ/まれに凍結させる)
   マハブフ(全体に氷結属性の小ダメージ/まれに凍結させる)
   大切断(単体に物理属性の中ダメージ)
   レイズスラッシュ(単体に物理属性の大ダメージ/バトンタッチした時に出すとさらに威力が上がる)
   リベリオン(味方単体のクリティカル率を3ターン上げる)
   素早さの心得(戦闘開始時に自動でスクカジャが発動する)
   カウンタ(物理攻撃を受けた時、ごくまれに反射する/自動発動)

所持武器
竹刀
ねこのて(攻撃力は低いがクリティカルが出やすい)
風切(装備中/日向専用/力+7/風属性ダメージを軽減する)

腐川 冬子       レベル35 隠者

メイソン      レベル35 隠者
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーーーーーー耐ーー弱
能力 サイオ(単体に念動属性の中ダメージ/精神系状態異常の敵に効果大)
   マハサイオ(全体に念動属性の中ダメージ/精神系状態異常の敵に効果大)
   マインドスライス(全体に物理属性の中ダメージ/まれに混乱状態にする)
   マハタルンダ(全体の攻撃力を3ターン下げる)
   淀んだ空気(敵味方問わず、状態異常にかかりやすくなる)
   雨に歌えば(雨や注意報が出ている時、全ての回避率が2倍になる/自動)

所持武器
はさみ
   

※非戦闘メンバー
不二咲 千尋     レベル35 法王

マッカーシー    レベル35 法王
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 耐耐ーーーーーーーー
能力 サポートオフェンス(味方全体の攻撃、魔力が上がる)
   サポートディフェンス(味方全体の防御が上がる)
   サポートリカバリ(味方全体の体力、精神力を少し回復する)
   サポートエレメント(まれに各属性からのダメージを軽減するバリアを張ることがある)
10 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 00:01:53.22 ID:7WZ4b4YRo
▼安価/コンマ、ルールについて

1:日常、戦闘の共通ルール
安価で行動決定、コンマで正否判定。スレ内のコンマ判定は特記除いて二桁。
基本的には「安価を取っているレスのコンマ」を採用するが、その辺はケースバイケース。

特に特記が無い限り、日常/戦闘問わず
01-10 ファンブル(ミス、失敗)
90-99 クリティカル(chance)
ぞろ目は特大クリティカル
ただし44は特大ファンブル
そして66は今回から特殊(クリティカルとは違う特殊な挙動)
それ以外は普通進行
安価中の00はいついかなる時でもパルプンテ(次回何が起きるか分からない)
で判定。

2:日常の基本ルール
それぞれのコマンドから行動を選択して左右田を動かす。
出会っていない生徒、人物をその他の記述(コマンド5)で捜索禁止。

平日は「昼、放課後、夜」の3回行動。ただし放課後にサイノウラボに入り、かつマッサージが無かった日の夜は行動できない。
休日は「朝、昼、夕、夜」の4回行動。こちらもラボに入ると夜もしくは夕と夜に行動できなくなる。

3:戦闘の基本ルール
超簡易戦闘システムを搭載。行動をコマンド決定すると、正否に応じて行動する。詳細追記でその通りに行動。
仲間への指示は、レス内に詳細記述があれば行動する。
敵シャドウの行動正否は「安価出ししてるGMのレスコンマ」で判定。時にはメタも必要。

敵に設定されている弱点を突くと気絶させることが出来る。同時に【1 More chance】となり、さらに続けて行動できる。
この時仲間に【バトンタッチ】を覚えている人がいれば、バトンタッチで行動順を変わってもらうことも出来る。
全ての敵を気絶させると【ボコスカチャンス】に発展し、「説得」「強請り」「総攻撃」「見逃す」のコマンドが選択できる。
説得は、成功すればシャドウをペルソナとして保有出来る。強請りは、成功すれば敵からアイテムを奪える。
総攻撃は、全員で袋叩きにする。見逃すは、その通り敵を見逃してやる。
逆に味方が全員倒されたり、ファンブルなどがあると味方を人質に取られてしまうことがある。

敵、味方問わず、全ての行動に属性が決まっている。そして、各属性に対する得手、不得手が存在する。

属性は【物理・銃撃】の攻撃と【火炎・氷結・電撃・疾風・念動・核熱・祝福・呪怨・万能】の魔法に別れる。

なお、それぞれのステータスにおける優劣の見方は以下の通り。
弱(弱点。受けると気絶してしまう)
ー(得意でも苦手でもない、等倍)
耐(耐性を持っている。ダメージが下がる)
無(無効化する。ダメージは発生しない)
吸(吸収する。ダメージではなく回復)
反(反射する。相手がダメージを受ける)

例:火氷電風
  弱耐反ー
この場合は火炎弱点/氷結耐久/電撃反射。疾風には等倍。

なお、経験値は「バトル終了時に装備していたペルソナ」に入る。特にペルソナを付け替えられる左右田は注意。
11 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 00:04:52.58 ID:7WZ4b4YRo
▼そのほか

>>1はペルソナ4G・P4U2・5/ダンガンロンパ1・2・V3プレイ済み。霧切草はごめん!出来なかった!
曜日や天候、日程、ペルソナ合体の表などは5を採用している。
なお格ゲーの腕前はPSR(U2のポイント)で言うと400帯でしたがカードは引継出来なかったので再びゼロです。無念

基本的にいつでも質疑応答受付中。答えられる範囲で答えている。キリ番ルール的なものもたまに発動する。

仲間ペルソナは偉人縛りあり。
でも修造と大泉洋とB×Bハルクと平野レミとクワマンと鬼束ちひろはお蔵入り(理由:存命のため)。

シリーズキャラはダン十、ダン霧、害伝含めなるべく色々な場所から出す予定。セルフパロディはいまのところ未定。

戦闘中、左右田のペルソナを変更してから行動を起こすことが出来る。(ペルソナAからペルソナBに変えて通常攻撃、など)
相手に弱点を突かれる前に変えちゃえ。ただし、戦闘がその場で終わってしまうと装備中ペルソナに経験値が入る。注意やで
同じく味方に指示を出し、弱点を突かれそうなら防御させよう。防御中は弱点を突かれてもダウンしないぞ。

追記:パーティメンバー共通のCMPアビリティについて
○バトンタッチ
┗敵を気絶させた時に、バトンタッチを持っている者同士で順番を交代出来る。バトンタッチすると技の効果が上がる。
┗一度指名した者を同一バトンタッチ内で指名することは出来ないため、最大3回まで。
○追撃
┗左右田が敵を倒しきれなかった時に、追撃を持った仲間からランダムで敵に攻撃してくれる。
┗攻撃範囲や効果はひとそれぞれ。みんなの追撃を見てみよう!
○トークリカバリー
┗戦闘でファンブルや弱点を突かれ仲間が気絶した時、敵に人質に取られてしまうことがたまにある。
┗その時にパーティにこのアビリティを拾得した仲間がいると、敵からの要望のレベルが少し下がる。
○論破
┗それは違うよ!自分の行動順の前に、仲間の中に状態異常の人がいる時、無理矢理論破して回復させてくれることがある。

そのほか、必要事項あればどんどこじゃんじゃん追記。
12 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 00:05:31.52 ID:7WZ4b4YRo
だからなげぇよ……もう、もう諦めましょう、短くできないぞ!

つーわけで、ざっくりよいしょ。
13 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 00:07:39.77 ID:7WZ4b4YRo
>ここまでのだいたいの流れ
あだっちーがアクティビティに閉じこめられている


>前回までのレス


足立「こんなの箱の中身見てから撃ちゃあ……」

モスマン『そんなのダメだよー!ずるずるー!』

足立「……」いらっ

モスマン『撃って!撃って!!』

足立「……」


ぱぁんっ!!
しゅうううう……


モスマン『せいかーい!!』

足立「……」

モスマン『ちなみに赤い方もぼくだよ!』

足立「……」イラッ


>もう帰りたい……。
>帰りたいと言うか、こいつ撃ちたい。





すたすた


足立「あのさあ、もうこんなつまんないことやめない?分かる?もう飽きたよ俺……」


>壁に張り紙がある……。

赤い矢印【ここにぼくがいるよ!】

青の矢印【ここだよ!】

桃の矢印【じつはこっちだよ!】


足立「まだやる?」



1:赤
2:青
3:桃
4:もしかしてこれは罠なのでは……?
5:ゴールまでダッシュ
6:そのほかの行動を試してみる

>で、選択は6:もう全部撃つ
14 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 00:20:48.98 ID:7WZ4b4YRo
足立「はー………」


>なんだか分かってきた。
>そうだ、おそらくだが───

>この箱を撃つこと自体にはきっと、意味はないのではない。

>面倒だ、とてつもなく、途方もなく。

足立「……!」


ぱんぱんぱんぱんっ

しゅううう


モスマン『おみごとだよ!ぜんぶに ぼくが───』

足立「もうやめようか、こんなの」

すたすた

モスマン『………』

足立「終わらないんでしょ、本体を倒さないと」

モスマン『なんのはなしかな?ここはアトラクションで……』

足立「君のたくらみは何となく分かった。可愛い喋りと顔で騙されちゃったなぁ」

足立「───時間稼ぎ楽しい?モスマン君?」


モスマン『……あそんでくれないの?』

足立「ガキのお守りは嫌いでね」

モスマン『遊んで……くれないんだ……?』


>モスマンは殺意を滲ませている。
>だが、分かっている。
>リリムだモスマンだ、アトラクションだと言ったが、ここを支配しているコアのモスマンがいるはずなのだ。
>そしてそいつを倒せばすべて終わる。

>こんな茶番、もうやめよう。

>……それで、モスマンのコアはどこだろうか……?



1:怪しそうなところを撃ち抜く
2:目の前のモスマンを撃つ
3:ゴールまで走る
4:そのた

>>16

よろすく
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 00:30:39.67 ID:ctqOEMKy0
3
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 00:39:26.74 ID:3DwXZMxV0
うえ
スレ立て乙です
17 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 00:55:00.97 ID:7WZ4b4YRo
>>16
>>15


足立「じゃ、あとは頑張って」

すたすた

モスマン『……』

すたすた

モスマン『どこいくの……』

>……なんかヤバい!ダッシュ!!


たたたたたたた……


モスマン『遊んでくれなきゃ……やだよう』

モスマン『遊んでよ、あそんでよぅ……!』

>モスマンが邪魔をしてくる!


足立「ちぃ……邪魔すぎない、君!」


▼戦闘開始!

enemy
モスマン赤
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ?弱????????

モスマン青
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ?弱????????

モスマン黄
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ?銃????????


足立「だから邪魔だって言ってんだろ……!」

>ま、ジレて本体が出てきたことは僥倖、か?
>とりあえずぶっ倒すか。


▼コマンド?
1:銃撃(いっぱい撃てるよ)
2:ペルソナ
3:そのた

>>19
こんなに長くするつもりなかったのに、ごめんな足立……
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 01:25:56.43 ID:Jyhl1mvDO
面倒だ!
1
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 01:29:27.66 ID:bZBJrSQ10
1で殺っちゃいましょう
20 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 01:30:36.67 ID:7WZ4b4YRo
おやみ……
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 02:54:47.84 ID:r39pBZago
ちょ おま 66て・・・
おやみです
22 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 17:43:25.80 ID:7WZ4b4YRo
おはみ……(絶望)
23 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 17:51:14.25 ID:7WZ4b4YRo
>>19
66は特殊挙動です


足立「ああ、くそっ!ガキの面倒、見てらんねえって言ってんだろ……!」

モスマン『あそんでー!』

ゴォ、ッ!


がちゃ……

足立「……ッ」

>射撃には自信がある。警察学校でだって、一番だった。
>昔だって今だって、これからだって───

>邪魔するなら、撃ち抜くだけ。


>引き金を引く。

パアァンッ!!





ゥゥ……ヴ……


◆【同じ頃、アトラクションの外】


ぶつんっ


左右田「うおっ!?な、なんだ!?」

>シューティンスターの電飾が突然切れた!
>いや、むしろアトラクションそのものが壊れて動かなくなってしまったようにも見える。
>……中はどうなっているのだろうか……?


アナウンス『……』

アナウンス『……次のアトラクションを選んでね!』

小泉「……え? 次の?」

不二咲「こっちはまだクリアしてるかどうかも分からないのに……次?」

>訳が分からない……。

左右田「ええと、どうする?」


▼現在、アトラクション前に左右田達はいます。
残っているのは『ぼこぼこ☆パンチング』と『まっくら☆ナイトメア』。まっくらは腐川が行くことが決まっています。

1:パンチングに誰か行かせる
2:ナイトメアに腐川を行かせる
3:ちょっと待ってみる
4:そのた

>>25
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 18:24:17.33 ID:Jyhl1mvDO
3
ちょっと待つべ!
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 19:51:49.89 ID:mWHXPq96O
26 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 21:27:19.38 ID:7WZ4b4YRo
>>25
>>24
ナイスコンマ


左右田「……ちょっと、待とう。きっとここに来るはずだ」










……がちゃ

左右田「」!!


>音がした方をみると……


足立「……」ぶすーっ


左右田「おかえりなさい」

足立「……」

左右田「……足立さん?」

足立「……辛かったぁぁああ」どばー

左右田「」!?

小泉「泣いてる!?」


【Get!!】
モスマンぬい
モスマンを形どったぬいぐるみ。
かわいい。

大吟醸『道化師』
日本酒。足立が飲みたがっている。
装備させると……???



左右田「いや、泣かないでくださいって……つーか、アルコールのにおいすんだけど」



1:アトラクションに挑む
2:腐川に行ってもらう
3:足立の話を聞いてあげる(コンマでアレ)
4:そのた

>>28
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 21:36:06.05 ID:3DwXZMxV0
ksk
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 21:44:11.80 ID:mWHXPq96O
3
29 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 21:56:14.99 ID:7WZ4b4YRo
>>28
やさしい


左右田「聞くよ、話」

足立「ほんと?」

がしっっっ

足立「あいつらったらひどいんだ……」


モスマン『君、あれでしょー?』

モスマン『たよりにされてないんだー』

モスマン『おさいふかるそー』


足立「僕は辛くてつらくて……」だばー

左右田「ああそう……」

足立「僕……君の為にもっと頑張ることにさるよ」

足立「なんかあいつらに色々ぼろくそ言われて腹立ってきた」

>足立がやる気を出しているらしいが……。



1:アトラクションに挑む
2:ナイトメアに腐川を
3:アトラクション無視出来ないの?
4:そのた

足立への補正は後で
>>31
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 22:00:41.90 ID:mWHXPq96O
踏み台
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 22:13:18.98 ID:3DwXZMxV0
2
32 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 22:26:30.89 ID:7WZ4b4YRo
>>31
強い


足立「さーて、アトラクションはあとふたつか。と言ってもやる以外の選択肢はないんだろうけどさ」

左右田「頼んだ、腐川!」

腐川「……うう……」

小泉「それにしてもまっくら、ね。暗いところは大丈夫?」


◆【アトラクション内】


腐川「……」

>名前はまっくら……。
>そして、その名に恥じないほどまっくらだ……!

>暗いところはあまり好きではない。
>が、先のギラギラした照明よりはいくぶんかマシだ。

こつこつ……

腐川「……なんなのよ」

>足下もおぼつかないほどに真っ暗だが……

腐川「でも、【メイソン】」

ふぉぉぉぉ………

>……ペルソナがいてくれれば、なぜだか怖くはない。


ミトラス『ははは!!それではここでスカアハの弱点を探してもらおう!!』

ミトラス『このフロアのどこかに【スカアハが苦手なもの】が落ちているぞ!』


腐川「苦手な……もの?」



1:とにかく前に進む
2:ペルソナと力を合わせよう
3:何か明かりは……
4:外に連絡は……
5:そのた

>>34
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 22:38:26.89 ID:ctqOEMKy0
3
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 22:38:32.57 ID:3DwXZMxV0
ksk
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 22:39:08.02 ID:3DwXZMxV0
大丈夫なら上で
36 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 22:44:47.04 ID:7WZ4b4YRo
>>34
>>33


>何か明かりはないだろうか……。


腐川「うう……ッ、」

腐川「く、暗くて何も見えないじゃない……ッ!!」

>明かりを探すための明かりがない!
>本末転倒だし、そんなこと言いたくもないのだが……。

>何もない。


>あたし……本当に、何も出来ないのかしら……。


腐川「うう……」

>思わずうつむいてしまう。
>前に進むのすら恐ろしくて……ん?

腐川「……これ、は……?」

>通路らしきところに、何かぼんやりと光るマークがある、ような気がする。
>それがほんの小さな点として、いくつも続いているようだ。
>そしてそれらはいくつかの道で枝分かれしている。

>目を凝らさなければ見逃してしまいそうだ……!




1:一番近そうなところに行く
2:一通り回ってみる
3:ゴールらしいところを確認する
4:そのた

>>38

あとはコンマ次第
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 22:47:50.76 ID:Q6X4yoDe0
3
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 22:57:15.48 ID:mWHXPq96O
うえ
39 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 23:10:42.73 ID:7WZ4b4YRo
>>38
>>37


>とりあえず、ゴールらしきところを探そう。





>……。

>……!


腐川「点が見えなくなった?」

腐川「……!」


>わずかだが風を感じる。
>同時に低い笑い声も……もしかしたら、目の前に【スカアハ】がいるのかもしれない。

>ゴール付近もやはり暗く、壁があちこち並んでいるようだ。
>奥から風を感じる。ゴールはちゃんとあるらしい。

>……ゴール位置はなんとなくだが把握した。
>それと、このフロアには落とし穴のようなものはないようだ。
>しかし、しきり壁のようなものはたくさんある。


腐川「で、スカアハの弱点……ってことは、もしかしたらここにスカアハの本体、というか」

腐川「ダメージが通るようなものがあるかもしれないのよね」



1:カンで探し回ろう
2:メイソン!全部壊して!
3:ジェノサイダーモード?
4:そのた

>>41
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 23:18:39.65 ID:3DwXZMxV0
2
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 23:22:34.38 ID:ctqOEMKy0
よっしゃ! 上で
42 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 23:38:25.22 ID:7WZ4b4YRo
>>41
>>40


腐川「そ、それなら……」


ふおおおおっ……!


腐川「ぺ、ペルソナ、【メイソン】ッ!!」

『あーん?どうしたのよォ、アタシに何の用?』

腐川「全部……壊して、なにもかも!」

『いいじゃない。アンタがそんなこと言うなんて珍しいし……』

『面白い、わよん?』

腐川「オオオオオッ……!!」


……ゴオオオオオッッッ!!




ぱらら……ぱらぱらっ……


ミトラス『これは驚いたな……』


>壁と言う壁はすべて崩壊した。
>そしてそこに残ったのは───


『ほぉら、あったんじゃない?』

腐川「!」

『あれ、よね。きっと』


>スカアハの槍のようなものが鈍く輝いている!
>アレだ───!!





がこんっ


腐川「はぁ……はぁ……」


左右田「腐川!」

腐川「お、終わったわよ……」
43 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/07(火) 23:42:08.02 ID:7WZ4b4YRo
アナウンス『ふたつクリアできたね!』

がこんっ!!

>全ての扉が解放され、そして電気が灯った。
>もうアトラクションで遊ぶ必要はなさそうだ。


アナウンス『ここは安全なスペースとして解放されたよ!やったね!』

アナウンス『それから、あとはここで出来ることはないよ』

アナウンス『特に何もなければ先に進んでしまっていいと思うな!』


左右田「……」

>なんだか怪しいが、進んでもいいらしい。


足立「あんなつまんないゲームに連れて行かれて、結局得たものはなしっと。最悪だよ……」

腐川「そう、かしらね……」

腐川(ペルソナ……これ、いったいなんなの……?まだ分からないことが……)


足立「あ、そうだ。ついでだから今のうちに報告しとくか」

左右田「なんすか……」

小泉「どうせあれじゃないの?ペルソナ同士を経由して会話できるとか言うの、見つけたんじゃないの?」

足立「」!!

小泉「あ、そうなの?」

左右田「そうなの?」

不二咲「そんなこと出来るんですか!?」



1:さっさと先に進もう
2:一旦落ち着こう
3:そのた

>>45
アトラクション、どうだったかな?
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 23:43:51.05 ID:v+DqAEC90
2
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 00:03:26.13 ID:AT+nDlXDO
何か引っ掛かる
2
46 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/08(水) 00:26:44.60 ID:Lmbsq5lao
何かイベントを仕込んでいたような気がしますが脳から吹き飛んだのでお休みニャス
47 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/08(水) 23:22:37.59 ID:Lmbsq5lao
ニャスニャス
48 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/08(水) 23:46:53.90 ID:Lmbsq5lao
>>45


左右田「なんか引っかかるし、ちょっとだけここにいようぜ」

小泉「ん?何?」





左右田「んー……」

腐川「何が引っかかるのよ……?」

左右田「このアトラクション、そもそも何のために作られたんだろうな?」

日向「確かに……意味があるかどうかすら、よく分からないものだから……」

日向「どうしてこんなものがあるのか少し考えるか?」

茶柱「しかし考えたところで答えはでるのでしょうか?」


腐川「……時間稼ぎ、みたいだったわね」

左右田「」!

日向「時間稼ぎ?」

足立「ルールがあるんだか無いんだか意味も分からなかったしね。……裏がありそうだけど、調べるのも面倒そうだよ?」

ゴン太「ええと、パンチングも入ってみる!?」


>確かに……このフロアは何のためにあるのだろう……?



1:階段に向かう
2:あちこち探す
3:そのた

>>50
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 23:53:13.06 ID:wJAjjEbe0
1
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 00:01:01.99 ID:O9uE1re00
2
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 00:08:51.98 ID:2lydUJkDO
わぁ特大だぁ
52 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/09(木) 00:18:42.80 ID:/GqlN3cto
>>50
特大だー!!


左右田「とりあえずあちこち探してみるか……?」

茶柱「はい!」





茶柱「とは言ったものの、目星も何も合ったものではないですよ?」

不二咲「うーん……?……あ!」

ゴン太「? どうしたの?」

不二咲「これって……!」


>!
>アトラクションの照明で分かりにくかったが……
>壁の一つがモニターになっていたようだ。


左右田「っ、と!ここだけ違うのか!」

小泉「さっきまでの廊下みたいな液晶ね。壁に擬態させてたってわけ?」

腐川「それで、これを見つけてなんなのよ……」


ザザザザザ!!


腐川「! な、によ!」

>突然その液晶が砂嵐に変わる。
>数秒、映像が乱れたのち───


ぶぅーんっ


七海?『や、みんな元気?』


左右田「」!
53 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/09(木) 00:23:40.92 ID:/GqlN3cto
七海?『よくここまで来れたね』

七海?『さすがだなぁ、みんな……怪我してないかな』

左右田「……ぎりぎりしてねーよ」

七海?『そっか、それはよかったなぁ』

足立「なにこれ、こっちの映像も音声も、そっちに届いてるってわけ?」

七海?『うん、まあそういうこと、かな。アトラクションお疲れさまでした』

ゴン太「うん、ありがとう!」

左右田「お礼言ってる場合か!」

日向「お前は七海のシャドウだな?七海はどこだ」

七海?『うーん、その質問には答えられないな。今はね』

日向「七海ィ……!」

茶柱「どうどう、落ち着いてください!怒り散らしても今は無意味です……!」

七海?『ええとね、その先に進むと……』

七海?『特別な映像が見られるよ。なんて言うのかな、【特典映像】みたいな……?』 

小泉「? どういう意味かしら?」

不二咲「わ、分かりません……」

七海?『みんながハッピーで、幸せな』

七海?『ゲームのエンディングみたいな映像。それが見られるんだよ』

七海?『もしそれを見てもなお、ここまで来たかったら待ってるね』


左右田「……待てよ、そいつはどういう意味で……」


ぶつんっ


足立「あーりゃりゃ、切れちゃった」

腐川「な、な、な、なんなのよあいつ、意味が分からないし……!」

小泉「それにしても、特典映像?なにかしらね……」



1:とりあえず降りる?
2:そのた

>>55
速やかに就寝します、おや
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 00:30:49.08 ID:O9uE1re00
1
おつでした!
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 00:37:04.51 ID:vcIVb/vx0
1だ!
おやみ
56 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/09(木) 21:47:22.07 ID:/GqlN3cto
短いけどヤりますよ。まずは安価なし
57 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/09(木) 21:55:01.84 ID:/GqlN3cto
>>55


左右田「とりあえず、降りてみるか?」


◆【ゲーセン B5F】


こつこつこつ……


???『やっと来たんだね』


ばっ!

左右田「」!

シャドウ七海『……』

左右田「七海ィ……!」


足立「ずいぶん早い登場じゃない?」

茶柱「罠、ですね。分かります」

ゴン太「罠?」

茶柱「あの時の七海さんは『ここまで降りてこられたら』と言いました。そして、ここには特典映像とやらがある」

小泉「つまりこいつが、本物の千秋ちゃんシャドウな訳がないと言うか……ううん、ややこしいわね!」

シャドウ七海『それはわかんないよ?ほら、やってみないと!』

左右田「ナメられたもんだな……」

日向「気をつけろ、左右田!やつの狙いは何なのか、分からな───」


▼戦闘開始!
58 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/09(木) 21:57:52.52 ID:/GqlN3cto









▼戦闘終了!


がががっ!


左右田「? ずいぶん呆気ないな……」

日向「ああ、そうだな。だけど……」


ズズズズズ……


左右田「え?」

小泉「何よ、これ……ラボが崩れる!?」

茶柱「は、早く脱出しましょう!」

しゅわああああ

腐川「ちょ、っ!ぺ、ペルソナが消えていくわよ!?」

左右田「な、なに?つまり今ので、この異空間が維持できなくなったとでも……」

ゴン太「つまり、もう悪さする人はいなくなるんだね!」

不二咲「そ、そうですね!誘拐事件や、シャドウによる事件も……」

左右田「全部なくなる、のか……?」


59 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/09(木) 22:04:17.45 ID:/GqlN3cto
▼20xx ????


チッ……チッ……チッ……


左右田「……」


>時計の秒針が、煩い。
>こうして全て終わってしまった。

>意外なもので、事件が終わってしまってから全員とのコミュニケーションは取らなくなった。
>こううん荘も取り壊しが決まり、外に出されることが決まる。
>全て終わってしまった。

>今は───独りの夜が、恐ろしい。


すた……


「日向、一緒に行こうぜ!」

日向「ははっ、分かった。今行くよ」

「よーし!まずはランニングな!」
「そんな疲れることは勘弁だな!」

日向「おいおい、揉めるなよ?」

>日向はクラスの中心人物だ。
>もともと明るく前向きだから、そうなるのは自明の理だろう。

小泉「ったく。あんまり遅くなるんじゃないわよ?」

日向「ああ、分かってるよ」

七海「お熱いね。好きだよ、そういうのも」

>そしてそんな日向に小泉が惹かれるのも───


左右田(違う、これは現実じゃ……ない)
60 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/09(木) 22:11:21.29 ID:/GqlN3cto
すたすた


腐川「う、うう……」

不二咲「へへ……良かったね?」

腐川「べっ、べつによくなんて無いわよ!」

不二咲「そうかな?」

>腐川はクラスでサイン会を開いているようだ。
>不二咲が嬉しそうに眺めていた。

すたすた

茶柱「是非ともひとつ戴きましょう!転子も話を聞きたいんです!」

>そこに茶柱が現れる。
>やはり嬉しそうで、やはり楽しそうだ。


左右田(何が特典映像だ、こんなの……)



日向「……あ、」

足立「や。ま、最後くらいは挨拶してかないと」

日向「そうか……学園に滞在する必要がなくなったんでしたっけ?」

足立「そういうこと。この辺にはいるけどね」

>事件が終わった学園に警察は不要。
>足立もここを去るらしい。


こつ……


左右田(ん?ゴン太がいない?)

左右田(いや、それより、そんなことより、これは!)


61 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/09(木) 22:17:04.58 ID:/GqlN3cto
◆【ゲーセン B5F】


『どうだった?特典映像』


>!

>気付くと廊下に戻されていた。
>どうやら偽物の七海と戦った辺りから、全ては錯覚だったようだ。


左右田「悪趣味な映像だったぜ。どこが特典映像なんだよ」

『え?つまり、私を倒せばああなるってシミュレーションだよ?』

左右田「そんな訳ねぇだろ。オメーはこの事件の大本の犯人じゃない」

『どうしてそう言い切れるの?』

左右田「ッ、……」

ゴン太「いいよ、左右田君。あんまり気にしちゃダメだ」

左右田「! ゴン太?」

ゴン太「ゴン太はバカだから、なんであの映像にゴン太がいないか分からないけど……」

ゴン太「左右田君が笑ってない世界はハッピーエンドじゃないから、あれはにせものだよ」

左右田「……」


『どっちでもいいけどね?とにかく、君はエンディングを迎えるために私を倒しにくるんだよ』


左右田「……」

小泉「今の、どうやってやったのかしらね」

不二咲「不明です。けど……シャドウに理屈を求めるのが無理な話です」



1:階段を探す(コンマ20以下で強制戦闘)
2:敵と戦う
3:ステータス確認
4:アイテムを使う
5:メンバーチェンジ
6:そのほか

>>63
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 22:25:47.21 ID:O9uE1re00
ksk
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 22:49:24.87 ID:HkTrAoZDO
1
64 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/09(木) 23:01:52.48 ID:/GqlN3cto
>>63


左右田「もうさっさと行っちまおう!」


◆【ゲーセン B6F】


すたすたすた……


左右田「なんかサクサク来すぎか?」

不二咲「いいことじゃないですか?敵に会いすぎるのも問題です」

>このフロアにはシャドウは【7体】いるようだ……。

左右田「まあ確かに。けどあまりにあわないんで大丈夫かと思ってよ……」

足立「まあ、いいんじゃない?とにかくさくさく行っちゃおうよ」

腐川「そ、そうよ……いつ敵が来て……阻まれるとも分からないんだし………!」



1:階段を探す(コンマ20以下で強制戦闘)
2:敵と戦う
3:ステータス確認
4:アイテムを使う
5:メンバーチェンジ
6:そのほか

>>66
まだまだフロアはある……、のか?
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:06:43.53 ID:O9uE1re00
1
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:07:33.11 ID:vcIVb/vx0
67 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/09(木) 23:32:56.57 ID:/GqlN3cto
>>66
>>65
ぞろ目だ!けども!


左右田「階段」

シャドウ『には』

不二咲「いけませんね……」


▼戦闘開始!

enemy
破滅に誘う悪女    悪魔 ×3
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ?弱???????無

墓から目覚めた祖神  隠者
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 反反????????


───!!
>【ランダムナックル】!


小泉「さて、撃ち込むわよ?」

ゴン太「よーし、頑張るぞ!」

足立「撃ち方よーい、っと」

>ファイア!!

どどどどどどど


悪女『きゃあっ!?』

祖神『!!』

>体力の一部を削り取った!


すたっ!

小泉「さ、やっていくわよ!」

足立「で、どうしよっか?あっちのやつはなんて言うか……うん、ヤバそうだけど」


▼コマンド?
>攻撃
>銃撃
 あと24発
>ペルソナ(左右田の技は>>616 仲間は>>617-618)
 ベルフェゴール(装備中)/スザク/トート/デカラビア
 ジコクテン/ピシャーチャ/タモンボウ
>道具
>防御
>メンバーチェンジ
 控えとメイン1名を交代/左右田の行動を消費
>逃げる

>>69
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:37:08.03 ID:O9uE1re00
左右田スザクにチェンジして粗神にフレイラ
あとはお任せで
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:39:34.47 ID:9xiBSAUb0
↑に賛成だ!
70 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/10(金) 00:00:26.50 ID:fOMttLVSo
>>69
>>68
ごめん、フレイラはトートだった


左右田「おし!どうしよう!」

ゴン太「ええっと……ファーブル!」ひゅおおっ!

足立「おっ!」

ゴン太「───【マハガル】ッッ!」

ぎゅばっっ!!


悪女A『っ!』weak!!

悪女B『ぐあっ!?』weak!!

悪女C『きゃあっ!』weak!!

祖神『………』


不二咲「上手い!敵、3体沈黙!!」


▼ゴン太、1 More!!


ゴン太「よし、左右田君!」

>バトンタッチ!

左右田「ナイス、ゴン太!つーわけで、チェンジッ!【スザク】!!」ごぉっ

日向「弱点に心当たりがあるのか?」

左右田「分からん!!が───」


ぐっ!

左右田「【マハフレイ】!!」

『クエエエエ!!』


ひゅるる………ちゅどおおおおおんっ!!


祖神『く!?』weak!!


───!ボコスカチャンス!───


左右田「お、大成功!」

足立「全員伸びてるね。仕掛けるなら、今かな?」



>総攻撃
>説得する
>強請る
>見逃す

>>72

お・やーみ
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 00:02:24.08 ID:u/GKhLzg0
した
おつーみ
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 00:13:00.65 ID:bQZ0yvVi0
おつーみ
強請ろうぜ
73 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/12(日) 18:30:08.63 ID:oS29ak6zo
ガンバローヤ
74 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/12(日) 18:37:11.13 ID:oS29ak6zo
>>72


左右田「やっちゃえバーサーカー」

足立「誰がバーサーカーだよ」

>敵にアイテムを強請ることにした。


がしっ


足立「さて、どうしたらいいか分かってるよねぇ?」

悪女C『わ、私の体目当てなのね!?あ、悪魔……!』

足立「 は ぁ ? 」

>怪しく金色に目が輝く……。

足立「ふざけてるなら、怒るよ?僕も」

悪女A『ひぃっ!』

粗神『……』


>【ソウルドロップ】を手に入れた。

足立「終わりじゃないよね?」

悪女C『ぐ……!』

>さらにスキルカード【スリープソング】を手に入れた。


▼戦闘終了!
【Get!!】
money 2500
item  ソウルドロップ、スキルカード【スリープソング】

>左右田がレベル36になった。


75 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/12(日) 18:39:33.43 ID:oS29ak6zo



ゴン太「戦いはおしまいだよ!」


小泉「ったく、油断も隙もありはしない……!」

足立「君がぼーっとしてるからでしょ?しっかりしてよね、左右田君」

左右田「今のオレぇ?!」

不二咲「と、とにかく何もなくてよかったです」

左右田「だよな、ほんと……」

日向「敵が強くなってる感じがするな。どうする?」



1:階段を探す(コンマ20以下で強制戦闘)
2:敵と戦う
3:ステータス確認
4:アイテムを使う
5:メンバーチェンジ
6:そのほか

>>77
めでたいので
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 18:40:29.49 ID:F5h4LqIDO
さっさといこう
1
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 18:59:36.24 ID:nwE+SqWj0
うえ
78 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/12(日) 19:51:49.02 ID:oS29ak6zo
>>77
>>76


左右田「あぶね!ったく、さっさと行くぞ………」


◆【ゲーセン B8F】


こつこつこつ………


左右田「ってまたゲームコーナーみたいなとこに出たぞ……」

ゴン太「うーん、目がチカチカするなぁ……」

不二咲「めがね、かけてるからですか……ね……?」

ゴン太「あ!そうか!」

茶柱「恐らく違うと思いますが、まあいいでしょう!……で、」


ずずずずず……


足立「あー、質問。あれ何?」

>目の前に鬼のパネルがある。
>近くにボールがおいてあることから察するに……


左右田「まさかと思うけど的当てゲームやれって?」

日向「いい加減つきあってやれないな」

腐川「そそっ、それこそペルソナでこうちゃっちゃとやっちゃいなさいよ!」

左右田「そりゃいいな」

足立「ん?でも特にどこかが鍵かかってるって訳でもなさそうだし、ここってシャドウもいなくて安全みたいだけど」

左右田「へ?」

>……図らずも安全地帯に着いたらしい。

>そしてこのフロアを素通りも出来るようだ。
>あとどれだけ降りればいいんだ……?



1:的当てゲームに興じる
2:ちょっと休む
3:さっさと行く
4:そのた

>>80
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 19:56:02.56 ID:VSnpzYcZO
1
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 20:07:16.73 ID:F5h4LqIDO
やってみよう
1
81 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/12(日) 20:14:13.46 ID:oS29ak6zo
>>80


左右田「……やる?」

腐川「そうよ、さっさとやっちゃいなさい」





日向「……ふっ!」


ぱしーん


パネル『がおー!がおっ、がお、がおー!』

左右田「なんかうるせえなぁこのパネル?」

茶柱「品性に欠ける声をしていますね……」


ころんっ……


左右田「ん?」


【Get!!】
チューインソウル


左右田「お!精神回復アイテム!」

ゴン太「やったね、日向君!」

日向「ああ、なんか分からないが、いいものを手に入れられたなら幸いだ」



1:もう一回的当て
2:ちょっと休む
3:先に進む
4:そのた

>>83
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 20:18:53.88 ID:nwE+SqWj0
2
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 20:25:01.24 ID:F5h4LqIDO
2
84 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/12(日) 21:15:56.60 ID:oS29ak6zo
>>83


左右田「はー……いつまでも遊んでられないし、ちょっと休もうぜ」





>今回も大変な目に遭っている気がする……。


左右田「つか、ここでゆっくりしてていいんかなぁ」

日向「急いでもいいことはない。いいんじゃないか?」

左右田「けどよ、七海を……」

日向「俺達がヤられたら、それこそ七海を助ける奴がいなくなるだろ」

左右田「……そう、だけど……」

日向「だったら俺達は出来ることをやろうぜ、左右田」

左右田「……だな」

日向「ただ、お前の気持ちも分かるぞ」

左右田「……」

日向「俺の時もそんな風に思ってくれたのか?」

左右田「教えねーよ」

日向「」!?


左右田「……」

>気持ちだけど、全員が回復した気がする。ちょっとだけ、ちょっとだけね。



1:的当てゲーム
2:誰かと話してみる
3:下に進む
4:そのた

>>86
まったりタイム
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 21:59:35.85 ID:YdzgQcIO0
加速
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 22:03:51.18 ID:/5aWO0y40
2で不二咲ちゃむに話しかけてみませぬ?
87 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/12(日) 22:17:05.23 ID:oS29ak6zo
>>86


左右田「なあ、不二咲」

不二咲「はい?ど、どうしましたぁ……?」





左右田「この空間、どう思う?」

不二咲「どう、って……うーん……自分の時ともまた違います、ねえ」

左右田「やっぱり自分のラボと違うか?」

不二咲「ぜんぜん違います、ねえ」

不二咲「人が出ている、と言うか……個性が出るんですね、やっぱり」

左右田「オレ、自分のラボ入ったことねえから分かんねえんだよ」

不二咲「! そうなんですね!」

左右田「なあ、不二咲。この間オメーは何してたんだ?オレらが行く前」

不二咲「押し問答でしたよ……もうひとりの僕と、ずっと口げんか」

不二咲「彼は……僕のいやなことも、だめなところも理解しているから……」

左右田「………」

不二咲「ううん、でも彼は僕そのものだから、分かり合うべきなんです」

不二咲「それはきっと……七海さんも一緒ですから……」


>さて、そろそろ出発しようか?



1:と言いつつ的当て
2:下に行く
3:そのた

>>89
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 22:38:45.17 ID:Z8o8KLOk0
そんな書かれ方したら選ぶしかない、1
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 22:45:18.94 ID:6feToHJh0
2
90 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/12(日) 23:19:36.81 ID:oS29ak6zo
>>89


左右田「下だ!下に行くぞ!!」


◆【ゲーセン B9F】


こつこつこつ……


ビイイイイ

\ジャラジャラジャラ/

はやくけせはやくけせはやくけせ

ゥゥゥゥゥゥ

おきのどくですが ぼうけんのしょ1は きえてしまいました

\ドン/
0% 0% 0%



>壁全体の画面がおかしくなってしまっている。

左右田「バグっている……」

足立「辛いな、目にも心にも辛いなここは」

左右田「……」

足立「ぼうけんのしょが消えた日は寝込んだね、寝込んだ。学生だったから学校休んだもんね」

茶柱「何言ってるんですか?と言うか何の話ですか……」 

>ここにはあと【7体のシャドウ】がいる。

不二咲「実話ですもんね……」

茶柱「キエエエエイ!?誰のですか!?」



1:階段を探す(コンマ20以下で強制戦闘)
2:敵と戦う
3:ステータス確認
4:アイテムを使う
5:メンバーチェンジ
6:そのほか

>>92
おやみんみん
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 23:24:16.93 ID:VSnpzYcZO
乙乙
1
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 23:24:46.13 ID:6feToHJh0
した
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 23:31:38.66 ID:YdzgQcIO0
2
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 00:02:46.03 ID:sDimff7a0
66ェ、、
おつでした!
95 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/13(月) 17:34:37.35 ID:deZZ7H8Ao
早め集合
96 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/13(月) 17:40:20.55 ID:deZZ7H8Ao
>>92
>>93
66採用で


左右田「さっさと先に……ん?」


しゅうううう……


>何かが輝いている?いったいあれは……?

茶柱「どうしたんですか。また訳の分からないものを見つけたとか?」

ぼむん!

不二咲「……え?」


▼戦闘開始!

enemy
大粒のダイアモンド 女教皇
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ??????????


ふよふよ


宝魔『………』


左右田「ほ、宝魔!」

足立「売ったら高いんだっけ?」

ゴン太「違うよ!磨いたらきらきらするんだ!」

小泉「シャドウ磨いてどうすんのよ!」

日向「落ち着け小泉!なんかズレてる!」

腐川「………」じーっ


▼コマンド?
>攻撃
>銃撃
 あと24発
>ペルソナ(左右田の技は>>3 仲間は>>8-9)
 ベルフェゴール(装備中)/スザク/トート/デカラビア
 ジコクテン/ピシャーチャ/タモンボウ
>道具
>防御
>メンバーチェンジ
 控えとメイン1名を交代/左右田の行動を消費
>逃げる

>>98
また安価バグってたの直してないからダベミはお仕置き。あと>>100は可能な範囲で実行
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 18:08:06.06 ID:rkcCokIO0
試しに全員で1発ずつ銃撃
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 18:27:10.16 ID:BHPFMNp1O
うえ
99 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/13(月) 18:48:00.32 ID:deZZ7H8Ao
>>98
>>97


左右田「……射撃してみるか?ゴン太!」

ゴン太「うん!」

>飛び出せ!フェザーアロー!

がちゃっ!

小泉「アンタ何買ってんのよ!」

ゴン太「フェザーアローだよ!」

>シュート!


がつん

宝魔『……』耐久

左右田「よしストップ」


>【星を目指す者】!
>このシャドウには───
>!? 弱点が、ない!?


左右田「……マジか」


▼どうしよっか。
1:ここは全力ストレート射撃
2:誰かがクリティカルを出してくれるはず(ちらっちらっ
3:コンマ的に小泉の追撃が発動……(ちらっちらっ
4:そのた

>>101
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 18:52:29.98 ID:o+AZmE9DO
なつかしのカムクララーメン店が開店
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 19:12:20.79 ID:ZNl0BFWAO
1
102 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/13(月) 19:36:12.16 ID:deZZ7H8Ao
>>101


左右田「こういう時はこれよ、これ」


>【全力ストレート】!!


ぱぁー


宝魔『!!』強制critical!!


───!ボコスカチャンス!───


宝魔『認めざるを得ない!』

左右田「」!?

宝魔『はろはろ、我輩は【コ・イ・ヌール】なり。貴殿に気に入っていただけるなら幸いなのだが』

しゅううう


【Get!!】
ペルソナ【コ・イ・ヌール】

>宝魔は戦闘させることが出来ない!


▼戦闘終了!


103 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/13(月) 19:38:32.19 ID:deZZ7H8Ao



不二咲「えーと、戦闘終了……なのかな?」

左右田「なんじゃね?」

不二咲「きれいな宝石でしたね」

腐川「きらきらしてたわよ?なんなのよ、あれ」

足立「さぁね。多分ダイアモンドか何かだとは思うけど」

足立「……まあ、あれをアクセサリーに出来てたりなんかしたら大変なことになってたさ。」

>【コ・イ・ヌール】は男性に不幸をもたらす伝説を持つらしい。

>ちなみに【世界最大級のダイアモンド】だった宝石だ。



1:階段を探す(コンマ20以下で強制戦闘)
2:敵と戦う
3:ステータス確認
4:アイテムを使う
5:メンバーチェンジ
6:そのほか

>>105
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 20:13:02.86 ID:o+AZmE9DO
かそく
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 21:26:58.66 ID:sDimff7a0
1
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 21:35:44.25 ID:ZNl0BFWAO
66ですぎじゃないですかね?
107 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/13(月) 21:52:52.61 ID:deZZ7H8Ao
66出過ぎじゃないですか?どうします?(困)
108 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/13(月) 21:59:30.76 ID:deZZ7H8Ao
>>105

左右田「……ま、いっか。行くぞ……」


◆【ゲーセン B10F】


左右田「……」


中ボス『……』



左右田「……あの」

不二咲「中ボスですね」

足立「うわー、露骨に中ボスだ」

左右田「……」

小泉「めんどくさいわね」

茶柱「ですが、あれを倒せばもうすぐ最下層のはず!!」

腐川「で?どうすんの?」

左右田「い、いや、そりゃあ……」



1:まあ、たたかうけど……
2:様子見するけど……
3:なんとかインチキ出来んのか
4:そのた

>>110
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 22:12:04.35 ID:sDimff7a0
した
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 22:18:54.02 ID:CnGJGOPIo
111 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/13(月) 22:31:46.23 ID:deZZ7H8Ao
>>110
ダメみたいですね


左右田「いやぁ……なんとかインチキ出来んのか」


中ボス『……』

左右田「……」

中ボス『いやぁ……』

左右田「」!?

中ボス『インチキってのはよくないねぇ左右田くん。ねえそう思うでしょうあんたも』

中ボスの群みたいなやつ『ハーイ』

腐川「ヤバいじゃないの!!なにしてんのよあんた!?」


▼戦闘開始!

enemy
強そうな門番
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ??????????

部下A
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ??????????

部下B
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ??????????



左右田「ッ、と!」

不二咲「敵、3体。うーん……」

足立「先行して行くよ。君に作戦があるなら任せた」


▼コマンド?
>攻撃
>銃撃
 あと12発
>ペルソナ(左右田の技は>>3 仲間は>>8-9)
 ベルフェゴール(装備中)/スザク/トート/デカラビア
 ジコクテン/ピシャーチャ/タモンボウ
>道具
>防御
>メンバーチェンジ
 控えとメイン1名を交代/左右田の行動を消費
>逃げる

>>113
今日のところはここで勘弁してください
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 22:52:25.20 ID:ZNl0BFWAO
乙踏み台
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 14:15:33.92 ID:FiU7E19e0
とりあえず全体魔法打って弱点さがし(左右田はタモンボウでマハコウガ)
114 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/14(火) 21:26:42.76 ID:gyG4pIFyo
やるみ?
115 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/14(火) 21:31:23.19 ID:gyG4pIFyo
>>113
やるみ


左右田「まずは弱点探し!」

ゴン太「オッケー!【マハガル】!!」

びゅおっ!

部下A『がおー!』耐久

不二咲「敵、疾風耐性!?そんな……」

左右田「なら!チェンジ───【タモンボウ】ッ!!」

ぎゅんっ!!


左右田「行くぜェ、【マハコウガ】!!」


キイィィ……ンッ



部下A『ぎゃー!』weak!!
部下B『あーっ!』weak!!

門番『なにい!?』


▼左右田、1 More!!


日向「あいつら、祝福弱点だな」

茶柱「さあ左右田さん!やってしまいましょう!」


▼どうしよう?
1:続けて行動する
2:誰かにバトンタッチ
3:そのた

>>117
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:40:00.31 ID:b38XZ6lyO
踏み台
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:40:22.91 ID:927o61gn0
1で全力ストレート
118 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/14(火) 21:46:35.48 ID:gyG4pIFyo
>>117

左右田「そぉい!!」

がぢゃんっ!!

>決める───【全力ストレート】射撃!


ガウンッ!!


門番『!!』強制critical!!


───!ボコスカチャンス!───


左右田「せーのっ!」

ボコスカボコスカボコスカ……

ボコスカボコスカボコスカ

どごぉっ!


部下B『も、もう持たない……!』

>瀕死状態だ。


足立「おいおい、終わらせるわけないだろ?ね、チャールズ!!」

ごぉ、っ!

足立「行け───【マハエイハ】!!」

『足取りは軽やかに───』


ドドドドド!!


門番『ガッ!?』weak!!

部下A『ぐぉ!?』

部下B『ぎゃあああ!』ぼしゅっ


不二咲「敵一体の消滅を確認……チャンスです!」


▼足立、1 More!!


足立「おお……ついに呪怨弱点発見伝……!」

日向「感激してる場合じゃないですから」


▼どないしましょ?
1:引き続き攻撃
2:誰かにバトンタッチ
3:そのた

>>120
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:59:02.97 ID:927o61gn0
加速
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:01:59.05 ID:FiU7E19e0
とりま1
121 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/14(火) 23:29:54.24 ID:gyG4pIFyo
>>120
ワンモアクマァ〜(にっこり)


足立「んじゃ、ついでの【エイガ】ァァッ!!」

ガオンッ!!

門番『』weak!!


不二咲「ダメージ、かなり与えてます!」

左右田「へ、さすがだぜ……」


部下A『かくなる上は……!』


>部下Aは突撃した!

ゴン太「うわっ!?一体どうし───」

ちゅどおおおおん!!

ゴン太「うわああああ!?」

左右田「! ゴン太!」

不二咲「ッ……ダメージそれなり、みたいです……!」

小泉「だ、いじょうぶ……じゃなさそうね」


門番『あ、よいしょお!!』

>門番の【サモン】!
>部下Cと部下Dが現れた!


左右田「!!」

小泉「なんなのこいつらッ……! ゴン太、【スクカジャ】を!」

>【スクカジャ】!
>ゴン太の命中と回避が上がる!


足立「さて……敵はさっきと一緒みたいだね、つまり弱点も一緒か。どうする?」

左右田(タモンボウは呪怨と祝福、どっちも使える。一旦ボコスカしてなぎ払ってから、もっかい呪怨で弱点突ければ……)


▼コマンド?
>攻撃
>銃撃
 もうできない
>ペルソナ(左右田の技は>>3 仲間は>>8-9)
 ベルフェゴール/スザク/トート/デカラビア
 ジコクテン/ピシャーチャ/タモンボウ(装備中)
>道具
>防御
>メンバーチェンジ
 控えとメイン1名を交代/左右田の行動を消費
>逃げる

>>123
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:37:52.14 ID:FiU7E19e0
タモンボウでマハコウガ→マハエイガ→足立エイガ
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:38:38.46 ID:mlws0KDDO
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:38:47.91 ID:927o61gn0
うえ
125 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/14(火) 23:48:47.95 ID:gyG4pIFyo
>>123
>>122
シャドウよ、震えて眠れ


ゴン太「く……【ディアラマ】……」

>ゴン太の体力が回復した。


左右田「This is Persona」

左右田「いくぜタモンボウ、まずは【マハエイハ】!」

部下達『がはああっ!?』weak!!

▼1more!!

左右田「からの、【マハコウガ】!」

門番『ぐお!?』weak!!

左右田「……で!」


───!ボコスカチャンス!───


ボコスカボコスカボコスカ……

部下達『ぐわああああ!!』ちゅどおおおおん!!

不二咲「く、クリアー!」

足立「……【エイガ】!」

ごっ、ばああああんっ!!

門番『また!?』weak!!


───!ボコスカチャンス!───


門番『』!!


足立「いやー、ペルソナってほんとにいいものですね」

左右田「そんじゃまあ、さよならさよならさよなら……ってことで」

門番『待っ───』

小泉「問答無用!!」


ボコスカボコスカボコスカ……


どっがあああああん
126 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/14(火) 23:51:47.72 ID:gyG4pIFyo
左右田「やったか!?」

足立「それやってないやつでしょ、止めてよ」


もくもくもく……


門番『……』


左右田「うわ」

ゴン太「ほんとにやってない!?」


門番『……!』

>門番の攻撃!

ザオンッ!

小泉「ぐっ!?」がきぃん

>さらに攻撃!

ぐるっ

足立「え?こっちも?ちょっ……」

ザンッ

足立「っ、たたた!止めてよちょっとぉ!」


小泉「ここは【メディラマ】で!」

>全体の体力を回復する……!


不二咲「敵、再びのこり一体。そんなに体力はないはず、です。押し切りましょう」


▼コマンド?
>攻撃
>銃撃
 もうできない
>ペルソナ(左右田の技は>>3 仲間は>>8-9)
 ベルフェゴール/スザク/トート/デカラビア
 ジコクテン/ピシャーチャ/タモンボウ(装備中)
>道具
>防御
>メンバーチェンジ
 控えとメイン1名を交代/左右田の行動を消費
>逃げる


>>128
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:55:10.36 ID:FiU7E19e0
こうなりゃマハエイガ→足立エイガでごり押し
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:12:57.86 ID:AenRknOg0
うえ
129 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 00:31:57.31 ID:SSSZp0Cgo
>>128
>>127
いいですか?これがペルソナです(多分違う)


ゴン太「左右田君!」

左右田「はい【マハエイガ】」

門番『』weak!!

───!ボコスカチャンス!───

どごおおんっ

門番『ま、待て、お前らこんな戦い方で恥ずかしくないのか』

足立「え?全然?はい【エイガ】」

門番『』weak!!

───!ボコスカチャンス!───


茶柱「本当にいいんでしょうかね、これで……」

左右田「これがペルソナだ」


ボコスカボコスカボコスカ……


どがあああああんっ


門番『お前らインチキとかってレベルじゃ……ぐああああ!!』
ちゅどおおおんっ


▼戦闘終了!
money 8800


>左右田がレベル37になった!

>タモンボウがレベル35になった!
【New Skill Get!!】
ディアラハン(味方単体の体力を全回復する)
>タモンボウはこれ以上、レベルアップでスキルを覚えないようだ。

>ゴン太がレベル36になった!
【New Skill Get!!】
メパトラ(味方全体の眩暈/忘却/睡眠/空腹を回復)

>小泉がレベル36になった!
【New Skill Get!!】
マハジオンガ(全体に電撃属性の中ダメージ/まれに感電させる)

>足立のレベルが34になった!
【New Skill Get!!】
ヒートライザ(味方単体の攻撃/防御/命中/回避を3ターン上げる)


130 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 00:33:38.79 ID:SSSZp0Cgo
▼Skill Over!!

ペルソナは技を8つまでしか覚えられません。
それぞれゴン太、小泉、足立の技を8つに調整します。


それぞれ>>8-9あたり参考に、『忘れさせたい技』を
↓3くらいまで
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:47:43.59 ID:AenRknOg0
ゴン太はガル、小泉はジオ、足立はエイハ
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:51:40.70 ID:zs60H/zo0
↑に賛成だ!
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:56:34.79 ID:PRzencnDO
↑というかそれしかないべ
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 01:07:08.75 ID:+pfjfigmo
うん
弱点ついてボコスカは間違いなくペルソナだ
135 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 12:16:41.40 ID:SSSZp0Cgo
ステータス更新
左右田 和一    レベル37

所持ペルソナ
ベルフェゴール   レベル37 塔
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーー弱耐耐ーー耐ー反
能力 ブフーラ(単体に氷結属性の中ダメージ/まれに相手を凍結させる)
   ハマ(単体に祝福属性で低確率の即死効果)
   氷結ガードキル(全体の氷結耐性を打ち消し無効化する。防氷の壁は打ち消せない)
   火炎見切り(火炎属性の攻撃に対する回避率が2倍になる/自動)
   プリンパ(単体を高確率で混乱状態にする)

スザク       レベル27 太陽
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーー吸弱ーーー耐ーー
能力 サイオ(単体に念動属性の中ダメージ/精神系状態異常の敵に効果大)
   マハフレイ(全体に核熱属性の小ダメージ。炎上/凍結/感電状態の敵に効果大)
   タルンダ(単体の攻撃力を3ターン下げる)
   マハタルンダ(全体の攻撃力を3ターン下げる)
   マリンカリン(単体を高確率で洗脳状態にする)
   不吉な言葉(単体を高確率で絶望させる)
   氷結耐性(氷結属性による攻撃を半減する/自動)
   素早さの心得(戦闘開始時にスクカジャが発動する/自動)

トート       レベル36 皇帝
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーーーーーー弱無無ー
能力 フレイラ(単体に核熱属性の中ダメージ。炎上/凍結/感電状態の敵に効果大)
   マハスクンダ(全体の回避/命中率を3ターン下げる)
   挑発(単体を高確率で激怒状態にする)

デカラビア     レベル35 愚者
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 弱ー反ーーーー耐ー耐
能力 アギラオ(単体に火炎属性の中ダメージ/まれに炎上させる)
   マハラギオン(全体に火炎属性の中ダメージ/まれに炎上させる)
   メディア(味方全体の体力小回復)
   リカーム(戦闘不能になった味方単体の体力を半分回復して復帰させる)
   ドルミナー(単体を高確率で睡眠状態にする)
   不吉な言葉(単体を高確率で絶望状態にする)
   火炎ブースター(火炎属性の攻撃が威力上昇/自動)

ジコクテン     レベル28 節制
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 耐ーーーーーーー耐弱
能力 ガルーラ(単体に疾風属性の中ダメージ/炎上状態の敵に効果大)
   マハガルーラ(全体に疾風属性の中ダメージ/炎上状態の敵に効果大)
   忘殺ラッシュ(全体に物理属性の小ダメージ/まれに忘却状態にする)
   ラクンダ(単体の防御力を3ターン下げる)
   防御の心得(戦闘開始時にラクカジャが発動する/自動)

ピシャーチャ    レベル32 死神
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーー弱ー耐ーーー弱無
能力 マハジオ(全体に電撃属性の小ダメージ/まれに感電させる)
   マハムド(全体に呪怨属性で低確率の即死効果)
   夢見針(単体に物理属性の小ダメージ/ごくまれに眠らせる)
   暴れまくり(全体に2〜3回物理属性の小ダメージ)
   吸魔(単体の精神力を万能属性で吸い取る)
   奈落の波動(全体を中確率で絶望状態にする)
   淀んだ空気(戦闘中の敵味方の全員が状態異常にかかりやすくなる)

タモンボウ     レベル35 愚者
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ー無ーーー弱ーー吸吸
能力 マハジオ(全体に電撃属性の小ダメージ/まれに感電させる)
   マハコウガ(全体に祝福属性の中ダメージ)
   マハエイガ(全体に呪怨属性の中ダメージ)
   吸魔(単体の精神力を万能属性で吸い取る)
   ディアラハン(味方単体の体力を全回復する)
   目眩無効(目眩にならなくなる/自動)
   祝福ブースター(祝福属性の技の威力が上がる/自動)
   呪怨ブースター(呪怨属性の技の威力が上がる/自動)

スイキ       レベル24 月
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーーー吸耐ーー弱ーー
能力 ブフーラ(単体に氷結属性の中ダメージ/まれに凍結させる)
   マハブフ(全体に氷結属性の小ダメージ/まれに凍結させる)
   ヘッドバッド(単体に物理属性の中ダメージ/まれに忘却状態にする)

スクーンの石
コ・イ・ヌール
136 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 12:17:14.42 ID:SSSZp0Cgo
ゴン太       レベル36 月

ファーブル     レベル36 月
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーー弱ーー耐ーーー弱
能力 ガルーラ(単体に疾風属性の中ダメージ/炎上状態の敵に効果大)
   マハガル(全体に疾風属性の小ダメージ)
   ディアラマ(味方単体の体力中回復)
   メディラマ(味方全体の体力中回復)
   パトラ(味方単体の眩暈/忘却/睡眠/空腹を回復)
   メパトラ(味方全体の眩暈/忘却/睡眠/空腹を回復)
   リカーム(戦闘不能になった味方単体の体力を半分回復して復帰させる)
   ネガティブパイル(単体に物理属性の大ダメージ/時々絶望状態にする)

所持武器
げんこつ
ナックルパンチ(力+1)
ブロンズフィスト(装備中/力+3)
月下の籠手(専用/力+9/まれに敵を麻痺させる)

茶柱 転子       レベル35 剛毅

ギンチヨ      レベル35 剛毅
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ー耐耐弱ーー弱ーーー
能力 アギ(単体に火炎属性の小ダメージ/まれに炎上させる)
   アギラオ(単体に火炎属性の中ダメージ/まれに炎上させる)
   マハラギ(全体に火炎属性の小ダメージ/まれに炎上させる)
   タルカジャ(味方単体の攻撃力を3ターン上げる)
   アサルトダイブ(単体に物理属性の大ダメージ。体力消費はかなり高い)
   五月雨切り(単体に3〜5回物理属性の極小ダメージ)
   指弾(単体に銃撃属性の小ダメージ)
   トリプルダウン(全体に3回銃撃属性のダメージ)

所持武器
学園指定上履き
モーモーブーツ(力+3)
ハイヒール(装備中/クリティカル出やすい)

小泉 真昼      レベル36 恋愛

バークホワイト   レベル36 恋愛
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーーーー耐弱ーー弱ー
能力 ジオンガ(単体に電撃属性の中ダメージ/まれに感電させる)
   マハジオ(全体に電撃属性の小ダメージ/まれに感電させる)
   マハジオンガ(全体に電撃属性の中ダメージ/まれに感電させる)
   スクカジャ(味方単体の命中/回避を3ターン上げる)
   メディラマ(味方全体の体力中回復)
   デクンダ(味方全員のステータス低下を打ち消す)
   夢見針(単体に物理属性の小ダメージ/ごくまれに眠らせる)
   目眩し(単体を高確率で目眩状態にする)

所持武器
ぴこはん
マジカルステッキ(装備中/耐−2 魔+5/毎ターン精神力をわずかに回復)
打出の小槌(魔+7)
137 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 12:17:43.11 ID:SSSZp0Cgo
足立 透       レベル34 道化師

チャールズ     レベル34 道化師
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ー耐ーー弱ーーー弱無
能力 エイガ(単体に呪怨属性の中ダメージ)
   マハエイハ(全体に呪怨属性の小ダメージ)
   ムド(単体に呪怨属性で低確率の即死効果)
   窮鼠の牙(単体に物理属性の中ダメージ/ピンチ状態時威力が上がる)
   テラークロウ(単体に物理属性の小ダメージ/まれに恐怖状態にする)
   ヒートライザ(味方単体の攻撃/防御/命中/回避を3ターン上げる)
   デビルスマイル(全体を中確率で恐怖状態にする)
   デカジャ(敵全体のステータス上昇効果を全て打ち消す)

所持武器
空の警銃
メテオラ(装備中/魔+3)

日向 創       レベル35 世界

ウォルター      レベル35 世界
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーーー耐ーーー弱ーー
能力 ブフ(単体に氷結属性の小ダメージ/まれに凍結させる)
   ブフーラ(単体に氷結属性の中ダメージ/まれに凍結させる)
   マハブフ(全体に氷結属性の小ダメージ/まれに凍結させる)
   大切断(単体に物理属性の中ダメージ)
   レイズスラッシュ(単体に物理属性の大ダメージ/バトンタッチした時に出すとさらに威力が上がる)
   リベリオン(味方単体のクリティカル率を3ターン上げる)
   素早さの心得(戦闘開始時に自動でスクカジャが発動する)
   カウンタ(物理攻撃を受けた時、ごくまれに反射する/自動発動)

所持武器
竹刀
ねこのて(攻撃力は低いがクリティカルが出やすい)
風切(装備中/日向専用/力+7/風属性ダメージを軽減する)

腐川 冬子       レベル35 隠者

メイソン      レベル35 隠者
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ーーーーーー耐ーー弱
能力 サイオ(単体に念動属性の中ダメージ/精神系状態異常の敵に効果大)
   マハサイオ(全体に念動属性の中ダメージ/精神系状態異常の敵に効果大)
   マインドスライス(全体に物理属性の中ダメージ/まれに混乱状態にする)
   マハタルンダ(全体の攻撃力を3ターン下げる)
   淀んだ空気(敵味方問わず、状態異常にかかりやすくなる)
   雨に歌えば(雨や注意報が出ている時、全ての回避率が2倍になる/自動)

所持武器
はさみ
138 :寝落ちしてました ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 12:23:32.44 ID:SSSZp0Cgo



左右田「突破!!」


不二咲「うん、ここには敵の気配はありません。もうまもなく最下層です」

小泉「でも、この下がすぐにボスってのは考えにくいんじゃない?」

左右田「うーん、ゲーム脳七海のシャドウがいるようなラボだから、逆にいるんじゃねえの?」

小泉「どういうこと?」

茶柱「王道の逆を突いてくると言うことですか……?」

ゴン太「……??」

日向「なるほどな。シャドウは基本的に、その人物の闇の部分や反転した部分を持つ」

日向「だから七海とは逆転した発想を持ってるかもしれないってことだろ?」

左右田「そうそう!ゲームだったらどうかって考えるんだ。それなら……」

左右田「……ふつうの面を挟んでボス、ってのはありがち。むしろここをセーブポイントにして……」

日向「下で疲れ果てた俺達を一気に倒しにかかるってことか?」

腐川「さ、作戦としてはよく考えてる方じゃない……問題は、下の階が普通のフロアだった場合だと思うわよ……」



1:下に行く
2:ちょっと休憩
3:そのた

>>140
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 12:47:04.30 ID:zs60H/zo0
2
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 12:51:46.58 ID:PRzencnDO
2
141 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 13:16:41.55 ID:SSSZp0Cgo
>>140

左右田「休憩!」





茶柱「また休憩ですか!左右田さんは本当によく休む方ですね!」

左右田「悪かったって!でも戦いの後だから!な!」

茶柱「全く……」

足立「なんだろ、もう何日もここにいるような……そんな気がするんだけど、気のせい?」

左右田(あながち勘違いでもない気がした)

足立「何?なんか言いたいなら言ってよ」


腐川「そ、それにしても……」

ちかちか

腐川「すごくちかちかしてる場所よね……」

日向「そうか?」

足立「ゲームってまあこんなもんじゃない?」

腐川「これだからゲームばっかりやってるやつらは……紙の本を読みなさいよ!」

日向「そう怒るなよ!お前の作品は俺も好きだぞ。この間の……」

足立「あー、なんだっけ?『蹴りたいピアス』?」

腐川「何かと何かが混ざってるわよ」



1:進もう
2:もうちょっと!もうちょっとだけ!(指名でその人と会話)
3:そのた
>>143
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 14:28:54.56 ID:PRzencnDO
いこう1
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 14:29:08.93 ID:zs60H/zo0
1
144 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 16:30:22.05 ID:SSSZp0Cgo
>>143

左右田「……行くかー」


◆【ゲーセン 最下層】


七海「……」

シャドウ七海『……』


たったったったっ


左右田「───七海ぃ!!」


七海「! 左右田君……」

シャドウ七海『来てくれたんだね』

左右田「って、あり?」

>ふたりの七海がゲームをしている。

七海「この子……強いよ……!」

シャドウ七海『さすがだね、私』

七海「君もだよ、私」


ぴこぴこぴこ


腐川「……は、なんだ。心配して損したわね」

ゴン太「ふたりとも楽しそうにしててよかったよ」

七海「楽しく、はないよ」

ゴン太「え?」

シャドウ七海『戦って、そして勝つためだけのゲームだからね。楽しくはないよ』

日向「ゲームを十全に遊べる。それは楽しいことなんじゃないのか?」

シャドウ七海『ま、相手が私じゃなきゃね』

足立「なるほど。戦略も戦法も何もかもが……そのものだから」

七海「うん……裏を掻こうと思っても、自分が思いつくことだから……」

左右田「シャドウって手強いな」

小泉「今ここで言うこと!?」
145 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 16:33:08.97 ID:SSSZp0Cgo
七海「……えーっと、やるんだっけ?」

シャドウ七海『うん。貴方をここから返すわけには行かないからね』

七海「……」


左右田「つまりそう言うことだよな!」

ゴン太「うん、気を付けていこうね!」


▼戦闘開始!
enemy
シャドウ七海
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ??????????


シャドウ七海『我は汝、汝は我。……私と遊ぼっか』


足立「エネミー一体。取り巻きがいないってことは、まあそう言うことだよ」

左右田「……すね」

足立「なんか調子いいしね、僕に任せて」

小泉「久しぶりの出番で調子乗ってるわよ、殴っときなさい」

左右田「物騒だなあおい」

足立「それ君が言う?」


▼コマンド?
>攻撃
>銃撃
 もうできない
>ペルソナ(左右田の技は>>135 仲間は>>136-137)
 ベルフェゴール(装備中)/スザク/トート/デカラビア
 ジコクテン/ピシャーチャ/タモンボウ
>道具
>防御
>メンバーチェンジ
 控えとメイン1名を交代/左右田の行動を消費
>逃げる

>>147
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 16:35:05.19 ID:PRzencnDO
かそく
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 17:51:57.49 ID:zs60H/zo0
左右田ベルフェゴールブフーラ
小泉ジオンガ
ゴン太ガルーラ
足立エイガ
148 :次は平和なスレを建てたい ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 20:15:39.73 ID:SSSZp0Cgo
>>147


左右田「弱点割りだしさいゆうせーん!!」


ゴン太「分かった!ファーブル、【ガルーラ】だ!」

『リリリ……』

びゅおっ!!


シャドウ七海『うーん』がががが


左右田「ベルフェゴール!【ブフーラ】!!」

ががが

シャドウ七海『まだまだ』ぽちぽち


不二咲「敵、ダメージ微少……弱点でもないようです」


シャドウ七海『ぽちぽちーっとな』

>シャドウ七海はボタンを操作した!


ういーーーーん


ゴン太「?……何の音?」

がしっ

小泉「え?ちょっ……きゃああ!?」

左右田「!?」

>天井からアームのようなものが現れた!
>小泉がどこかに連れて行かれている。
>スカートの奥が、見え……み、見え……

左右田「ってこれ何だよ分解してもいいか!?」

シャドウ七海『ダメ……だと思うよ……?』
149 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 20:16:22.38 ID:SSSZp0Cgo
小泉「何なのこれ!下ろしなさいよ!」

シャドウ七海『さーせんふひひ。ジオンガ』

ぽちっ!

小泉「っちょ……きゃあ!?」ばばばば

左右田「テメー」

>どうやら七海のシャドウは色んなゲームを操作するようだ。
>やっかいだな……。

足立「止めよう、早急に!【エイガ】!」

ぎゅんっ!

シャドウ七海『うーん?』がきん

足立「えぇー!?い、今までの中に弱点が無いって言うのかよ、めんどくs」

小泉「【ジオンガ】!!」

バババババ!!

アーム『』ぼんっ

足立「……そういうの、あり?」

>電流に耐えきれずにアームが壊れたらしい……。

小泉「危ないわね!」すたっ!

ゴン太「わ、かっこいい!!」


七海『おっと。次の機械を用意しなきゃね』ぽちぽち


▼コマンド?
>攻撃
>銃撃
 もうできない
>ペルソナ(左右田の技は>>135 仲間は>>136-137)
 ベルフェゴール(装備中)/スザク/トート/デカラビア
 ジコクテン/ピシャーチャ/タモンボウ
>道具
>防御
>メンバーチェンジ
 控えとメイン1名を交代/左右田の行動を消費
>逃げる

>>150
第一形態なので苦戦はしないです(ネタバレ)
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 20:20:15.62 ID:AenRknOg0
左右田ジコクテンにチェンジでララクンダ
他は攻撃
151 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 21:08:14.05 ID:SSSZp0Cgo
>>150


ゴン太「……ッ、【ガルーラ】!」

びゅびゅっ!

シャドウ七海『だから効かないって……』びしびし

左右田「……チェンジ、【ジゴクテン】!」

ギィンッ!

日向「? なにするつもりだ、左右田」

左右田「え?んなもんあれだ、【ラクンダ】!!」

>シャドウ七海の防御力が下がった!

シャドウ七海『ん……?ま、いっか……』

ぽちぽち

>! 後ろから謎の機械がこちらを覗いている……

足立「おいおい、やめといてよ?あれは絶対痛いでしょ」

腐川「痛いじゃ済まないでしょ……」

足立「仕方ないよね、次で決めたいし───【ヒートライザ】!」

ゴォッ!

ゴン太「んっ!?なにこれ!」

>【ヒートライザ】!
>あらゆるステータスを上げる大業だ!
>すごい(棒読み)

足立「絶対思ってないだろ!」

左右田「そんなことないっすよ」

小泉「ゴン太!【スクカジャ】!」

ごおおっ!!


左右田「これなら……イケるだろ、ゴン太!」

ゴン太「うん!ファーブルッ!!」

ごおおっ

ゴン太「いっけぇぇええ!【ネガティヴパイル】!!」


どぎゅうううっ!!


シャドウ七海『きゃあああ!?』


ちゅどおおおおんっ!!


左右田「やったか!?」

足立「そうやってまたフラグ建てる!」
152 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 21:13:42.81 ID:SSSZp0Cgo
もくもくもく……

ずずずずず


左右田「……え?」


enemy
ギャラオメガ
属性 物銃火氷電風念核祝呪
耐性 ??????????



ギャラオメガ『我は汝……汝は我……』

テテン♪テテン♪テテン♪

ギャラオメガ『安心と安定の第二ラウンド、やっべっぞ?』

足立「あーあーあ……どっかで見たことある見た目のやつに……」

ゴン太「そうなの!?」

足立「僕はやってないぞ。昔あの聖原のやつがさ……」

左右田「その話後でいいっすかね!?」


不二咲「なんか……ビームとか撃ちそうな見た目してますね」

腐川「実際撃つんじゃないの?」

茶柱「気合いです!そうなったら気合いで回避してください!」

左右田「そんなまた無茶な!!」


▼コマンド?
>攻撃
>銃撃
 もうできない
>ペルソナ(左右田の技は>>135 仲間は>>136-137)
 ベルフェゴール/スザク/トート/デカラビア
 ジコクテン(装備中)/ピシャーチャ/タモンボウ
>道具
>防御
>メンバーチェンジ
 控えとメイン1名を交代/左右田の行動を消費
>逃げる

>>154
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 21:24:28.67 ID:zlsF7B/X0
踏み台
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 21:30:07.82 ID:AenRknOg0
とりあえずもっかい一通り魔法攻撃で
155 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 21:57:13.04 ID:SSSZp0Cgo
>>154


ギャラオメガ『……』

>ギャラオメガは様子を見ている。


左右田「じ、弱点!探せ!」


ゴン太「【ガルーラ】!」

左右田「えーと、【ラクンダ】?」

足立「【エイガ】」

小泉「【ジオンガ】!」


がががかが!!


ギャラオメガ『ざんねん!』耐性


不二咲「魔法に耐性!?」


左右田「いやいやそんなまさか、……なぁ……」

小泉「あー、もうどうすんのよ!」



直下
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 22:21:12.68 ID:AenRknOg0
じゃあゴン太ネガティヴバイルで攻撃試しで他はサポート
連取りなってダメなら安価した
157 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 22:32:39.88 ID:SSSZp0Cgo
>>156
コンマ68
ちょっとだけ自動進行


左右田「押してもダメなら……ゴン太!」

ゴン太「【ネガティブパイル】!!」

『り、リリリリ!!』


ごおおっ!


がっ……

ギャラオメガ『……く……』

不二咲「ダメージが通った!」

左右田「それならゴン太を支援してくれ、オレは……ジゴクテン!【忙殺ラッシュ】決めるぞ!」

『仕方がないのう』

がががががが

ギャラオメガ『ぐう……強いね、なかなか……!でも!』 

>ギャラオメガはビームを撃ちだした!

びしゅっ!

左右田「あだだだだ!!」

小泉「ちょっと何よ、こいつ全体に……きゃ!」

どぉぉぉおお……


足立「まさかと思うけど、シューティングだから射撃で倒せるとか……」

左右田「……いや、またまたそんな……」

足立「……」ぱん

ギャラオメガ『ぐああああ』weak!!

足立「……」

ゴン太「……そうなの!?」


───!ボコスカラッシュ!───


ボコスカボコスカボコスカ……

どがっ!


左右田「釈然としない!」

足立「うるさいな!」

小泉「とりあえず、全体回復!!」ぽわわ

左右田「……精神力、持つか!?」

小泉「あと何回か分はあるけど、余裕はないわね……」


▼コマンド?
>攻撃
>銃撃
 もう出来ない
>ペルソナ(左右田の技は>>135 仲間は>>136-137)
 ベルフェゴール(装備中)/スザク/トート/デカラビア
 ジコクテン/ピシャーチャ/タモンボウ
>道具
>防御
>メンバーチェンジ
 控えとメイン1名を交代/左右田の行動を消費
>逃げる

>>159
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 22:38:16.17 ID:AenRknOg0
ksk
159 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/15(水) 23:20:45.68 ID:SSSZp0Cgo
今日はこの辺で
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 01:58:27.37 ID:WrOgHlUY0
一旦戻って銃撃を回復しなかったのが痛いな…
左右田以外は銃撃、左右田はさっきと同じで
161 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/16(木) 21:13:12.34 ID:aLGr+UDXo
そろそろ
162 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/16(木) 21:16:47.04 ID:aLGr+UDXo
>>160


左右田「全員射撃い!!」

日向「やけになるな!!」


>ゴン太の銃撃!
>フェザーアロー!

どすんぬ

ギャラオメガ『ぐわああああ』weak!!

ボコスカボコスカ

左右田「ジゴクテン!【ラクンダ】!かけつづけろ!」

『おう!!』

しゅんしゅんしゅん


>ギャラオメガはオプションを呼びだした!


足立「……」ぱんぱん

ギャラオメガ『ぐわあああああ』weak!!

ボコスカボコスカ

小泉「……」びゅう

ギャラオメガ『ぐわあああああ』weak!!

左右田「緊張感ねえな!?」


ボコスカボコスカ……
163 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/16(木) 21:19:06.20 ID:aLGr+UDXo
どがあああああんっ!!


左右田「やったか!?」

足立「さすがに二度目はないだろ……」


もくもくもく……


すた……


左右田「」!?


すたすた……


シャドウ七海『そうはいかないよ。第三ラウンドと洒落込もうじゃない……』


小泉「もー、めんどくさい!」

左右田「くそっ、いつまでこんなことすりゃいいんだ……」


……ゥゥ……ッ


左右田「え?」




ビュゥンッ!!


>その時。
>───一陣の風が吹き。



シャドウ七海『……え……?』


>七海のシャドウの体が、断ち切られたのを、オレは見た。



どさっ



左右田「……? ……!?」
164 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/16(木) 21:26:56.10 ID:aLGr+UDXo
こつ……


不二咲「!? え、い、いきなり!?威力最大……へ、へんな空気が」

不二咲「シャドウ!?いや、なんだ、これは……」


こつ……


??「……やあ」


>七海を断ち切った本人が歩いてきた。

>オレ達はその顔をよく見慣れている。
>オレ達はそいつが誰かよく知っている。
>こいつは、いや、なぜここにいるんだ?


春川「……」


ゴン太「え、っと……春川さん!」

春川「獄原。……何か思い出したの?」

ゴン太「……ごめんね、何も」

春川「そっか。やっぱりそう、だよね」

左右田「あ?ちょっとまて、俺ら放置で話進めんな!どういう意味だ?」

春川「うるさい」

ぎろっ……!

左右田「う……!?」

>にらまれただけで、息が詰まる。
>動けなくなる……。


春川「……私のせいだ。ごめん、獄原」

ゴン太「どういうこと、なの?」

春川「アンタがそこにいるのは私のせい、ってこと」

日向「? ……意味が分からないぞ」



1:戦う
2:話す
3:推理する
4:七海は!?
5:そのた

>>166
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 21:29:54.04 ID:Ucza3AtQ0
踏み台
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 21:55:29.81 ID:J9udr04d0
4
167 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/16(木) 22:42:28.51 ID:aLGr+UDXo
>>166


左右田「! ……な、七海は!?」


不二咲「こっちです!」

左右田「」!

七海「……」

>七海は無事に避難していたらしい。
>しかし……。

左右田「オメー……」

七海「……なにが起きてるのか全然分からないよ……い、一体何なの?」

茶柱「それは転子達にもよく分かりません!」

七海「うーん……」

不二咲「それに、七海さんからは……ペルソナの力を感じません」

左右田「あ?なんでだよ、ラボが出来たら……あ」

>……覚醒するよりも先にシャドウが倒されたから?



春川「そろそろいいかな」

すっ……

小泉「なにがよ!や、やるならやるわよ、こっちだって!」

左右田「何をだ」

ゴン太「春川さん………教えて、どういう意味なの?ゴン太がなんでここにいるのか、知ってるの?」

春川「当然だよ。そして……私がアンタを殺さなきゃいけないんだ」

しゃきっ!

足立「大人しく聞いてればなんだか物騒な話だね。……引けよ、メリット無いだろ」

春川「そうはいかない。私はここで決着を付ける」



1:戦うしかないのか?
2:話し合いを持ってみよう
3:推理する
4:そのた

>>169
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 22:44:33.64 ID:xcrnUmpi0
3
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 22:46:17.65 ID:J9udr04d0
いいコンマこい!
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 22:46:44.10 ID:J9udr04d0
すみません、安価は↑の3で
171 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/16(木) 23:09:46.66 ID:aLGr+UDXo
>>169
3なのかー


左右田「……何でオメーが……ゴン太がここにいる原因になるんだ?」


春川「……」

左右田「オメーは答えるつもりない、と。じゃこっちで勝手に考えさせてもらうぞ」

小泉「って言っても、答え分かるの?」

左右田「全然わかんねえ」

ゴン太「ゴン太も何も覚えてないから分からないよ?」

足立「……孤児院……君と春川さんはそこで知り合っているはずなんだ」

ゴン太「それも覚えてないよ?」

茶柱「なんで覚えてないんでしょう?」

ゴン太「うーん……?」

春川「……」

左右田「いや、何か今までにヒントはあったはず……」

春川「……」


左右田(考えろ……!)

左右田(ゴン太が記憶を失っているのは……なぜかを……!)


腐川「……何か思いつきそうなの?」

左右田「さっぱり!」



推理タイムでーす。唯一のロンパ要素(大嘘)
推理とか、考えたいこととか、みなで話したいこと
↓3くらいまで
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:16:43.57 ID:4gIReWOh0
まさかゴン太がこの異世界出身とか…ないよなぁ
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:42:59.08 ID:J9udr04d0
春川は探偵同盟に依頼されてるんだっけ?
依頼主はその中でも誰だろう
あとは何故こちらに危害を加えようとしてるのか
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 02:13:22.05 ID:1e5z/DWD0
まさか春川が黒幕側の人間で記憶を操作できるとか?
そしてアダッチーお前警察だろ、殺人予告だぞなんとかしろ。
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 10:02:48.01 ID:c6GgwISro
本物のゴン太は死んでいてここにいるのは幽霊
だから記憶がないとか…
176 :寝落ちばかりですまなんだ ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/17(金) 19:46:15.49 ID:qyj1+soco
低速です。
177 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/17(金) 19:58:48.05 ID:qyj1+soco
>>172-175


左右田「殺害予告だぞ」

足立「分かってる。分かってるけど」

春川「……」


左右田(気圧されている。ここにいる誰もが)

左右田(……近付くことは容易ではない、ってことか)


腐川「か、考える時間くらいはもらえるのかしらね?」

春川「……あんまり、待てない」

ゴン太「待ってよ!そこはハッキリさせないと、ゴン太が納得行かないんだ!」

春川「うるさい……!」


左右田(考えろ)

左右田(最初に会った時、アイツはなんて言っていた)



>??「……獄原?」

>ゴン太「……え?」

>「ん?」

>??「なんでアンタ、こんなところにいるの?」

>茶柱「……知り合い、ですか?」

>ゴン太「そうなの?」

>「……オメー、誰だ?こいつと知り合いなのか?」

>??「獄原……何も覚えてないの?」

>ゴン太「う、うん。気付いたら廊下に立ってたんだ。何も思い出せなくて……」

>??「……」

>??「……そう。じゃあ、私とアンタは初めましてみたいなもんだ」



左右田(……そう、そうだ。『何でアンタがここにいるの?』と聞いてきた)

左右田(オレらのところにゴン太がいるのは、春川としては想定外だったはず)

左右田(じゃ、何で想定外なんだっつー話だよな)


小泉「まさかと思うけど、あなたが黒幕側の人間ってことはないわよね!」

春川「黒幕……?」

茶柱「はい!この一連の事件を起こしている犯人です!」
178 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/17(金) 20:11:55.49 ID:qyj1+soco
春川「それはないよ。私はその犯人を追うために呼ばれた存在だから」

左右田「あ?そりゃどういう……」

足立「君の雇い主の話かな?それって【探偵達の同盟】か、あるいは───【七村 彗星】なのかな?」

春川「その話は……!」

足立「おっと、怖いな。けど分かったぞ」

がちゃ

足立「ビンゴ、雇い主は七村だ。そして君と七村は、何かの目的のために共闘している。そうとしか思えない」


>不二咲「あ、それと……【探偵達の同盟】の話も聞きました」

>腐川「そんな奴らの話が……なんて?」

>不二咲「なんでも、すごく有名な探偵さんが動き出したって噂になってます。確か」

>足立「! 【七村 彗星】!まさか自分で動き始めたか!?」

>左右田「ななむら……?」


左右田(名前は何度も聞いたな。けど、秘密裏に動いてんだか知らんがまだ顔は見てない)

左右田(その七村が雇っているのが……春川?)

左右田(明智とかってやつも誰かに……たとえば七村に雇われてるかもしれないんだよな……あれ?)


左右田(七村が雇っている人間……全員【ペルソナが使える人物】なのか?)


春川「……しつこい。でも、あえて答えて上げるよ。さっきどうでもよくなったから」

小泉「……どういうこと?」

春川「私が七村と協力する必要が無くなったってこと」

不二咲「え……じ、じゃあやっぱり雇い主は」

春川「そうだよ。【七村 彗星】……探偵同盟の元締め、とか言っといて、その裏では独断でこの世界やペルソナについて調査してた」

左右田「またそいつの話か……つーか、七村とかオメーは何のためにここを調査してんだ?」

春川「それ、言うと思うの?」

左右田「ここまで言ったなら言えよ」

春川「それは出来ない。私も、命は惜しいし」

日向「命の安全を保障できないような話なのか」

春川「……」

足立「で、また謎が増えたんだけど?なんで君は七村と協力する必要が無くなったんだ?」

春川「答えたく、ない」

ゴン太「待って、それってゴン太に関わってることなんでしょ!?だったら……教えてよ……」

春川「……アンタには耐えきれない」

ゴン太「それでも!」

春川「……」

春川「……」

春川「……それを言えば、私に殺されてくれるの?」

ゴン太「え……?」

>春川の殺気は一段と増す。



1:何があっても殺させない
2:質問に答えろよ
3:それならお前を倒して吐かせる!
4:そのた

>>180
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 20:16:05.15 ID:b1s1i9dDO
2
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 20:40:26.26 ID:AbEcCJYu0
1
181 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/17(金) 21:34:40.82 ID:qyj1+soco
>>180


左右田「何言ってんだよ………」

春川「……」

左右田「何があっても殺させねえよ」

春川「……そう言うと思った。思ってた。少しだけ、だけど」

春川「だからこそ言いたくない、でも言わなきゃいけない」

ゴン太「春川、さん……?」

春川「獄原、アンタはね」


春川「そこにいる【獄原 ゴン太】は」

春川「【シャドウ】なんだよ」


ゴン太「……え?」

左右田「なに、言ってんだ?」

不二咲「そんなわけ……シャドウなら、僕のペルソナで見抜けますし……」

春川「……もっと正確に言うと、【本物の獄原を殺して自我を得たシャドウ】」

足立「今までのが成功したパターン……ってことか……?」

春川「つまり……もう、本物は死んでる」

小泉「うそでしょ?そんなのって」

春川「私だって信じたくなかった!!」

ゴン太「春川さん!!」

春川「信じたくないけど……見つけたんだよ……」

左右田「みつ、けたって……なに、を……」

春川「……それも言わせるの?」

左右田「───」


>春川が……泣いている?


春川「私は救えなかった。救えなかったことに、気付いてしまった」

春川「嘘だと思いたかった。けど、事実は覆らない!」

ごごご……!

左右田「………ッ!?」

春川「だからせめて……私の手で!」

>戦うしか……ないのか?



1:戦う
2:逃げる
3:問いかける
4:推理する
5:そのた

>>183
いずれもコンマで正否判定
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 21:48:00.36 ID:NLJFJCH6O
4
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 21:54:00.49 ID:1e5z/DWD0
3 でもこのゴン太いい奴っぽいじゃん?もしかしたら見つけたのがシャドウかもよ?
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 21:55:16.01 ID:AbEcCJYu0
どうなる
185 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/17(金) 22:13:52.42 ID:qyj1+soco
>>183
49んー!!


左右田「でも!」

春川「まだ何か言うつもり!?」

左右田「で、でもこのゴン太はいいやつっぽいぜ?」

ゴン太「う、うん……?」

小泉「そうよね!そう……うん」

左右田「オメーの見つけた方がシャドウってことはねーのか!?」

春川「……!」

左右田「ほら、な!だったら」

春川「いや、やっぱりないよ、ありえない」

左右田「確証はないんだろ!?」


春川「……いや、ないよ。ない」

春川「【シャドウの死体は残らない】」


左右田「だ、けど……」

春川「……」

左右田「なぁ、だって……なあ?」

左右田「そんなわけ……」



▼ラストチャンス
1:戦う
2:逃げる
3:問いかける
4:推理する
5:そのた

>>187
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 22:15:22.81 ID:AbEcCJYu0
3 おめーはほんとにそれでいいのか?
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 22:18:16.55 ID:NLJFJCH6O
↑で!
頼むコンマ!!
188 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/17(金) 22:34:36.86 ID:qyj1+soco
>>187
おっ?


左右田「いいのかよ」

春川「……」

左右田「オメーはそれでいいんか!!」

春川「う……」

ゴン太「春川さん」

春川「ッ……」

春川「……よく、ない」

左右田「それならオレらが戦う理由はねーだろ!!」

春川「だけど!だけど、だめなんだよ、そいつは人間じゃないんだ」

ゴン太「……」

春川「そこにいちゃ、だめなんだ」

不二咲「……」

茶柱「ゴン太さん……」

左右田「それでも、オメーは今まで手を出してこなかった。何でだ?」

春川「それは」

左右田「迷ってたんじゃないのか、どうすべきか考えてたんじゃねーんか!」

春川「……!」

足立「答え、出たんじゃない?」

腐川「みんな仲良く、だなんて無理かもしれないけど……あ、あんた落ち着きなさいよ」

春川「……」


189 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/17(金) 22:47:58.12 ID:qyj1+soco



>……数分して。
>殺意を失った春川が、とつとつと語り始める。
>もはや、戦うつもりはないようだ。


春川「私と獄原は、確かに孤児院の出身だよ」

春川「でもアレは孤児院であると同時に、『集団』で『施設』で『軍団』だった」

ゴン太「どういうこと?」

春川「私とあんたはね、獄原。【暗殺組織】の一員だった」

ゴン太「」!?

小泉「あ、暗殺組織!?そんなもの、この日本に……」

春川「存在するよ。って言っても、そんな派手な組織じゃない」

春川「……私達がいたのは【ペルソナを悪用した暗殺組織】だから」

左右田「ペルソナで、あ、暗殺?!」

足立「今までの前提が全部覆るような話だぞ、それ……!」

春川「この世界……【サイノウラボ】って呼ばれてる場所は、あらゆる場所から行けてあらゆる場所に繋がってる」

春川「アンタ達の学園じゃなんだっけ、きゅうこうしゃ?とか言うとこと繋がってるんでしょ」

春川「……偶然だし、必然。これはそう言う風になってるんだ」



久しぶりの自由安価。久しぶりでもなかった。
話したいこととか↓3くらいまでで
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 23:00:44.07 ID:AbEcCJYu0
コンマゾロ!やったーーー
質問はゴン太の死体とやらをいつどこで見た?
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 23:08:35.91 ID:dG99Hd/2O
ゴン太の死を確信するまでの経緯と、暗殺組織はペルソナの存在をいつ頃から認識して扱うようになったか、裏の世界ではどの程度ペルソナについて認知されてるか確認したい(暗殺組織と左右田達以外にどれくらい知ってて使える人間がいるか)

話が学園の規模に収まらなくなってきててやばない??
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 23:24:14.29 ID:DL5wjOQ50
学園で起きてる一連の事件に暗殺組織は何か関わってる?
シャドウが本物を殺して自我を得たパターンをゴン太以外にも知ってるか(佐東さんがダメだったのはペルソナに目覚めなかったから?ペルソナに目覚めてかつシャドウに殺されると成り代わられるで合ってる?)

あとはハルマキ自身が事件や犯人について何か知ってることがあれば言える範囲で教えて欲しい
193 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/17(金) 23:43:22.93 ID:qyj1+soco
>>190-193


左右田「まずひとついいか?」

春川「……何?」

左右田「そもそも、どうしてゴン太が死んだって確信したんだ?」

春川「そうだよね。まずはそこから説明すべきか」

春川「私と獄原はいつものように依頼を達成した。……だけど、その時に見たことがないシャドウに襲われた」

左右田「見たことがない?」

春川「よく……覚えてないんだけど。もしかしたらそれがアンタ達の言ってる黒幕、って奴なのかもしれない」

春川「その後……一度は倒したはずの自分のシャドウに襲われて、私と獄原は戦闘中に離ればなれになった」

春川「これが4月の頭」

ゴン太「! ゴン太が左右田君と出会った時だね!」

小泉「ああ、あの日……!」

春川「その後獄原は行方不明、私達のことなんか世間が知ってるはずがない。そして奴らにとって私達は使い捨て」

春川「獄原を探してもらえるはずがなかった。……だから、七村を利用したの」

足立「なるほどね。探偵同盟を含め、裏家業を知ってる人間には名の知れた連中ってわけだ」

春川「私は獄原の情報を。アイツはこの世界の情報を」

左右田「ちなみに、その暗殺組織っての?ペルソナを使い始めたのはいつ頃なんだ?」

春川「この一年二年そこらの話じゃない。ずっと昔からみたいだよ」

春川「だけど、ペルソナがこんな形に……なんて言うか、アンタ達が使うような形になるの?」

春川「普通の人間じゃ無理みたい。なんて言うのかな……」

足立「素質がない人間にペルソナは使えないのか」

七海「……」

>一方、救出された七海はずっと黙って何かを考えている。
194 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/17(金) 23:49:26.40 ID:qyj1+soco
左右田「つ、つーか、その話がほんとならその、学園程度の話じゃすまねーよな」

左右田「そもそもペルソナってのは、裏の世界じゃどんだけ認知されてるものなんだ?」

春川「……」いじいじ

左右田「……春川?」

春川「なんとも言えない。……他の人達のことなんてよく知らないし」

春川「けど、そうだね。ペルソナが公になると困る人がいるのは間違いない」

小泉「けど、そんな組織があるならペルソナ使いもたくさんいるのよね?」

春川「それがそんなに多くないんだ」

ゴン太「そうなの?!」

春川「さっきもそこの地味ーズが言ってたけど、素質がない人間にはこれは使えないみたい」

足立「……いやいいけどさ、気にしてないけどさ!」

春川「組織でもほんの数人。……私は獄原以外と一緒に仕事したことないから知らないけど」

春川「孤児院にいる人間は、それぞれ素質が合るかどうかを試される。そして、素質がある人間はこうして連れて行かれる」

腐川「聞きたくないけど念のため聞くわよ。素質がない人間は……どうなるの?」

春川「分からないけど、多分」

左右田「! まさか……自分のシャドウにそのまま殺されるとかか!?」

春川「……かも、知れない」
195 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/17(金) 23:56:35.40 ID:qyj1+soco
左右田「……」

小泉「愛は……」

左右田「……かも、知れない」

春川「それに、さっきアンタちょっと変なこと言ってたね」

左右田「は?いや、何が」

春川「ん?学園程度の話じゃどうこうって」

春川「私達がいたとこは【聖ホープ孤児院】って言ってさ」

春川「───【希望ヶ峰学園関係者が作った孤児院】なんだよね」

左右田「は?いや足立さん、あんたまたそう言うこと黙ってて」

足立「!!」

>何かに感づいたような顔をして、足立がさっと顔色を変える。

足立「まさか……いやいや、そんな……って言うか僕も知らなかったし!でも……」

左右田「や、なんすか。ひとりで絶望してねーで言えよ」

足立「……もしも、もしもだよ?」

足立「……もしも……【学園が孤児院を利用してペルソナを研究している】のだとしたらって……思って」

茶柱「キエエイ!?それって」

足立「いや、それだけじゃない。その話が事実なら……ないと思いたい、けど」

春川「待って。まさかアンタ、希望ヶ峰学園が暗殺組織を作ってるとか言いたいわけ?」

足立「可能性は零じゃないだろ!?」

春川「まさか。人類の希望を育成する、超高校級だかってのを作るための学園なんでしょ?それがどうして暗殺組織を作ることになるの?」

ゴン太「うーん?……ゴン太には難しくてよく分かんないよ……」
196 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 00:04:08.60 ID:zSr2R1vYo
左右田「その組織、今回の一件に関わってるのか?」

春川「……誘拐事件、だっけ?」

小泉「確かに、そうなってくると怪しくなってくるわね」

春川「残念だけど、その可能性はないよ。基本的に誘拐だけ、なんてあり得ないし」

春川「それにペルソナを使った暗殺、って言うのは割と難しいし」

ゴン太「そうなの?」

春川「大体どんなことをするかって言うとターゲットをこの異空間に迷い込ませてペルソナを用い精神肉体共に破壊する」

ゴン太「ゴン太、だいぶ恐ろしいことしてたんだね?!」

左右田「今驚くのそこか!?いや、まあそこか!?」

腐川「わ、わざわざ誘拐とかしないわけ?」

春川「まさか。そんなことしないでしょ」

春川「だってさらわれたってなると周りも騒いじゃうし」

茶柱「しかし……ペルソナによる殺人……ペルソナでそんなことが可能なんですか?」

足立「不可能ではないだろうさ。あれは確かシャドウだったけど、それでも」

小泉「! 愛の時、お腹に刺さってたのは謎の物質だって……」

日向「現代科学で解明出来ないような殺害方法で、ターゲットを消せるわけか」

腐川「まるで後付けね」

足立「そんなこと言うなよ。きっとずっと決められてたことなんじゃない?」

七海「……」

ゴン太「春川さん……ゴン太はシャドウ、なんだよね」

春川「間違いないよ。アンタは……偽物」

ゴン太「その……本物のゴン太、ってどこにいるの?」

春川「入り口から行ける部屋の一つ。……上に行く階段をずっとずっと上っていって、その先」

ゴン太「……」
197 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 00:11:43.50 ID:zSr2R1vYo
茶柱「本当に可能なんでしょうか」

左右田「……まだ言ってるのか?」

茶柱「いえ、今のは……【シャドウが本物の才能を食らい、自我をいること】についてです」

春川「私も信じられなかったけど、今回の件でそれがあるって知った」

左右田「他にはこんなやついなかったんだな?」

春川「……」こくん

足立「今まではシャドウにより本物が死亡している場合でも、こうして外に出たことがない、ってことかなぁ」

日向「そこが謎ですよね……もしかしたら他にも例があるのかもしれない」

不二咲「問題は本人がそれを覚えてるか、じゃないですか……?」

ゴン太「そうかもしれないね!」

左右田「なんでそんな笑顔なんだ!?」

足立「そうそう、このついでなら聞けるかな。君、他にも何か知らない?」

春川「他?……犯人が誰かなんて知らないよ」

足立「いや、知ってることだけでいいんだ!」

春川「……黒幕ってやつもきっとペルソナ使い」

春川「誰かは分からない。けど、今までの話を考えると……多分、学園のことを知ってる人、じゃないの?」

小泉「まあ、確かにそうなってくるか……」

腐川「学園関係者なら暗殺組織のこと知っててもおかしくないし?」

日向「それついでにペルソナのことを知っていてもおかしくない、と」

左右田「……冷静に考えたけどやっぱり話が大きすぎるって!なんでかっつーとひとつ」

左右田「そんな組織がいるんなら……やっぱり、学園どうこうで手を付けられるほどの小さい話じゃねえだろ」

左右田「死人が出てる……被害者がいるんだぞ?それが……」

足立「……希望ヶ峰学園が関わってるとするなら、まあ答えはひとつ。【情報規制】かな」

左右田「」!

茶柱「卑劣ですね。まさか事件になりそうなことが起きたとしても握りつぶしていると?」

足立「それしかないじゃない」
198 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 00:16:07.93 ID:zSr2R1vYo
ゴン太「あー、もう!ゴン太にはわかんない話ばっかりだよ!」

七海「……」


>ゴン太は頭を抱え、
>話を聞いている七海は考え事。

>残る全員が、この話の大事さに正直ため息が止まらない。



足立「まさかまさかと思ってたけど、まさかだったよ」

小泉「当たらないで欲しかった、ですね……」

春川「……」

ゴン太「でも……どうしよう……」

春川「……ま、ここまで来て、それでついでに思ったことなんだけどさ」

春川「なんか、犯行手口がだんだん派手になってきてるでしょ。それって」

春川「何かのアピールな気がしてならないんだよね、私」

ゴン太「……」

左右田「……犯人の、……黒幕のか?」

春川「アンタ達に計画邪魔されてんのかなんなのか。……分かんないけど、多分そう」

春川「私は別にもう話せることもないし、そもそも……もうやることない」

春川「獄原をやる気だったけど、それもおしまい」

茶柱「事態が複雑化してきましたね……」

不二咲「ううん……もう少し整理したいけど……」



1:一旦出よう
2:誰かと話す
3:考え事してみる
4:そのた

>>200
やっとここまで!折り返しです
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 00:17:17.28 ID:fuaWDazu0
2 七海
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 00:21:23.89 ID:pYDu4G460
とりあえず出よう
1
201 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 00:28:40.04 ID:zSr2R1vYo
>>200


七海「うーん……」

>七海はまだ考え事をしているようだ。

左右田「とりあえずここ出ようぜ」

春川「……賛成。ゆっくり話せないしね」

七海「……」


……どさ


不二咲「七海さん……?」

茶柱「ど、どうしたんですか!?」

七海「うう……」

春川「よく分かんないけど……ここの空気に当てられたとか?」

左右田「オレも分からねー!出るぞ!」


◆→【北地区 旧校舎前】


すたすたすた


七海「うう……」

足立「発熱してるな。ほんとに空気に当てられたのかも」

小泉「だったら保健室に連れて行きます、アタシが」

足立「着いていくよ。……さすがに君一人では行かせられないでしょ、このタイミングで」

小泉「そうですか?」

日向「話はまた後日、改めてでもいいか?」

春川「私もそう言おうとしてたとこ。……ねえ、アンタ」

左右田「オレ?」

春川「……連絡先。」

>春川が何かを差し出してきた。
>表向きにはただの名刺に見える。
>きっと他の人間にバレないようにカモフラージュ用で使っているのだろう。
>……【希望ヶ峰幼稚園】の保育士と言うことになっている。

春川「少なくとも、私はまだその獄原と話すこと、いっぱいあるし」

春川「……本当に獄原を……殺していいのか、まだ見極めてない」

春川「だから……また、今度」

左右田「……分かった」

日向「よし、外の見張りに見つからないように解散するか?」



1:かいさーん!(イベント進行)
2:誰かと話す
3:そのた

>>203
きょうはー、ここまでやでー!
お や み
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 00:34:52.11 ID:pYDu4G460
お や み
1
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 00:52:59.96 ID:fuaWDazu0
うえ
おつおつーだいぶ進んだね!
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 10:43:02.13 ID:eGDhtAiB0
衝撃の新事実が明らかになりすぎじゃないか(歓喜)
それに春川が残りの小アルカナ埋める可能性も出てきた?
乙です、続き楽しみだ
205 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 20:45:28.18 ID:zSr2R1vYo
 や る み ? 
206 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 20:51:16.85 ID:zSr2R1vYo
>>203
>>202


左右田「そうだな。一回解散しよう」

日向「分かった。みんな、気をつけて出よう」

小泉「りょーかい。アタシ達の方は気にしないで」

不二咲「と、とりあえずみなさんはまた明日。それと」

春川「もうアンタ達を狙ったりはしない……と思う。またね」





すたすた……


ゴン太「……ありがとう」

左右田「え?」

>ふたりで帰る、帰り道。
>ふとゴン太が、そんなことを言った。

ゴン太「今まで何も聞かずに仲良くしてくれて」

ゴン太「それと、ゴン太が何者なのか教えてくれて」

左右田「それはオレじゃなくて、春川に言えよ。アイツ、ずっと悲しそうだったから」

ゴン太「……うん、そうだね」

すたすた

ゴン太「……でも、ありがとう」

左右田「分かったよ」

すたすた

ゴン太「……」

左右田「……」

ゴン太「……あの」

左右田「殺させねーよ」

ゴン太「……!」

左右田「オメーに何があっても。オメーが何者だったとしても」

左右田「死なせない。殺させない」

ゴン太「……左右田君」
207 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 20:55:29.13 ID:zSr2R1vYo
左右田「だってよ、前も言ったけど、オメーはオメーだろ?」

左右田「どんな奴だったか覚えてねーんなら仕方がねーだろ」


>そういえば。
>記憶が正常に引き継がれていなかった理由が分からなかった。

>……いや、春川達と頭をつきあわせて考えても、答えは出ないだろう。

>なんせ例が余りに少なさすぎて、他と比べられない。
>でも、もしかしたら。いくつかの可能性が頭に浮かび……


左右田「ないんだったら今から作ろうぜ、ゴン太」

ゴン太「───!」

左右田「オメーはオメーだ。だから、オメーの思い出とか記憶とか、これから作っていこう。な?」

ゴン太「……うん、うん……!」

がしっ

ゴン太「……ありがとう、ほんとうにありがとう!」

左右田「どーってことねーよ」

>……それに。
>自分の記憶が失われていることも気になってきた。
>……いや、まさかな。


【CMP Rank Up!!】
ゴン太    月 ランク8
【CMP Ability Get!!】
食いしばり


ゴン太「狛枝君、きっと心配してるよね。帰ろうか?」

左右田「だな。疲れた……」


208 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 21:07:28.23 ID:zSr2R1vYo
▼20xx 9/20(thu) 昼:晴


◆【東地区 保健室】


すたすた……


罪木「あ、あのあの、まだ誰にも言っていないんですけど、あの……」

>ここは【保健室】。
>病院施設内に設けられている。
>【超高校級の保険委員】である【罪木 蜜柑】のための研究施設だ。

>実質、罪木の庭と言っても差し支えない。

>前回の腐川の時も一旦はここ預かりとなり、その後学園と相談の上個室移動だったようだ。

>……設定ミスとかフォローじゃないからな。違うからな。

こつこつこつ

>その保健室は、言ってしまえば罪木が自由に使える施設であり……。
>そして他の施設の者が勝手に入ることはない。
>つまり、だ。


がらっ


七海「……うう……」

>こうして七海を預かってもらうのにうってつけだった。


罪木「ど、どこにいたんですかぁ!?なんで見つけられたんですか……っ」

小泉「ごめん、言えない」

罪木「」!

小泉「でも、間違いなく……千秋ちゃんは助かった。そう言っていいと思うの」

罪木「う、うゆぅ……」

左右田「ほんと、悪い。けどちょっと考えがあるんだ」

罪木「考え?」

左右田「……うん。そのために、今は七海をここに置いて欲しい」

小泉「ほんとに……ごめんね!」

罪木「そ、そんな謝らないでくださぁい!わ、私は力になれるなら……」
209 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 21:12:35.22 ID:zSr2R1vYo
小泉「けど、こうやって迷惑かけちゃうの、事実だから」

罪木「……う、うゆぅ……」

罪木「でも……わ、分かりました。おふたりから連絡がくるまで、七海さんにここにいてもらえばいいんですねぇ?」

左右田「体調がよくなったっぽかったら連絡してくれるか?」

罪木「はい!もちろんですぅ!」

小泉「そんじゃ、任せた!」

罪木「えへへぇ……小泉さんに任せられましたぁ……」

小泉「……!」

左右田「……」


>春川は言っていた、
>犯人……黒幕の手口がだんだん派手になっている、と。 

>もしかしたら。
>これを逆手に取り、黒幕を動揺させられるかも知れない。

>ある意味賭だが、やる価値はある。


>……罪木に色々と任せ、保健室を出る。
>上手くやれそうな確信はないけど。


ヴーッ……ヴーッ……

左右田「……ん?」

>誰かからEDGEが届いた。


[ハルカワマキ]
私。
無線でも良かったけど、こっち使う。
【9月24日】に、【ファミレス】で会おう


左右田「……24日、か」


210 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 21:16:20.43 ID:zSr2R1vYo
▼20xx 9/21→9/24(sat) 昼:曇


◆【南地区 ファミレス】


からん


>それから数日。
>全員に左右田から連絡を送り、春川と落ち合うことにした。


すたすた


春川「……おまた、せ」

ゴン太「待ってたよぉ!さあ、座って!」

春川「う、うん……」

すと

春川「……ほんと、そう言うとこ、何も変わらない。……ほんとに」


左右田「さて。じゃ、本題に……」

腐川「あ、あんた何仕切ろうとしてんのよ」

春川「ほんとだよ。私と獄原の感動の再会みたいなのとかあるでしょ」

不二咲「左右田先輩、今のは先輩が悪いです」

左右田「えぇー……?」

足立「まあまずは好きにさせて上げたら?」

左右田「けど……」

春川「まあ、それならそれで後で喋るし、別にいいけど」

左右田「……」


>仕切り直しで春川との会談。
>気になることも、たくさんあるが……。



続けてで悪いね。自由安価なんだ。
話したいこととか、今後やりたいこととか。
ちなみにこのあとイベントで一旦10月まで飛びます。

↓3くらいまで
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 21:29:14.95 ID:fuaWDazu0
改めて自己紹介しあおう
ハルマキと仲良くなりたいな
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 21:29:31.57 ID:CkCngA670
度胸が足りないとかそういうことがなければ、いっそ自分も過去の記憶があんまりない事を言ってみる。
それが無理でもまた金色の目のこと
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 21:58:30.68 ID:WjxE93guO
命が惜しいから言えないと言っていたが、なんのためにあちらの世界を調査していたのかやはり気になる。言える範囲でかまわないから教えてくれないか?
214 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 21:58:41.60 ID:zSr2R1vYo
まったり
>>211-212


左右田「えー……改めて、こんにちは?」

春川「……こんにちは」ぺこ

日向「随分律儀だな。……ああ、こんにちは」ぺこ

左右田「つーか前回ぜんっぜん喋れてねえから、オレらのことも話しておかねーと」

春川「そうだね。無理じゃない範囲で教えてくれたらありがたいんだけど」

>それぞれの自己紹介と、今までのいきさつを簡単に話した……。

春川「なるほどね。大体理解した。希望ヶ峰ってほんと不思議なとこだね」

春川「ペルソナの適正がある人がこんなにたくさんいるなんて。それに」

足立「……なんだよ」

春川「大人の適正者って実はあんま見たことないんだ。へー」じろじろ

左右田「……やっぱ少ないのか?そう言うの」

春川「少ないっていうかなんて言うか。……学生が多いんだよね、大人は少ない」

不二咲「それも不思議な話ですよねぇ……」

春川「不思議ではないんじゃない?ほら、希望ヶ峰だって学生ばっかし集めてるでしょ」

小泉「うーん、そう言うものなのかしらね」

日向「言いたいことは分かる気がするけどな」

左右田「とりあえず……オレらはオメーと戦うつもりは今んとこねー。敵意も殺意も」

左右田「つーわけで、出来りゃあオメーとは仲良く、仲良くやっていきたいんだ」

春川「そりゃ私だって、多少のイレギュラーさえなかったら仲良くしたいとは思うよ」

ゴン太「もしかして、ゴン太がシャドウだから……」

腐川「けど、その辺りは前回解決したんじゃないの?こ、こいつのことは」

春川「まだ見極めている最中だよ。答えはまだ分かんない」

日向「その辺りは、お前が納得できるようにやってくれ。俺達も手伝うからな」

小泉「そう言うこと。どんな結果でも、みんな多分受け入れられるわよ。ゴン太も、ね?」

ゴン太「うん……?」
215 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 22:08:00.10 ID:zSr2R1vYo
>……今なら、言えそうな気がする。

左右田「そう言えば、」

小泉「今度は何よ」

左右田「今回の件と関係あるかどうか、分かんねーけど……」

左右田「実は……オレも昔の記憶、あんまねーんだ」

春川「え……?」

腐川「それあたし聞いてないわよ」

不二咲「多分僕も」

春川「え……?(別な意味で)」

左右田「これ、ゴン太のこととなんか関係あるのか?」

ゴン太「そう言えばそれ、解決してなかったね!」

左右田「はっはっはっ」

ゴン太「あははは!」

足立「危機感なさすぎない!?でも、君の場合はほら……黒幕が手を下したパターンとかじゃないの、分かんないけど!」

春川「それはどうかな」

足立「何が……」

春川「確かに、私も記憶が曖昧な部分は少しある。だけど、自分に関する過去までは消されたりしてない」

春川「獄原とアンタ、もしも同じような理由で記憶が消えてるなら……」

左右田「……いやいやいやいや」

ゴン太「左右田君もシャドウなのかな」

左右田「いやいやいやいやぁ!止めろゴン太!!」

茶柱「左右田さんがシャドウなら気にせず去勢出来ますね」

春川「いいねそれ、おもしろそう」

左右田「そっちは物騒な会話すんな!!」

ゴン太「あれ?それじゃあ金色の目の件って……」

左右田「ん?ああ……」


>足立「あー、そっか。目の色が金色になる条件、僕達はてっきり『自分のシャドウに会っていない』んだと思ってたんだ」

>足立「だとしたら条件が変わるな。『自分のシャドウを倒していない』ってことなのかもしれないね」

>左右田「俺もアンタもゴン太も、そして腐川も……倒してねーもんな……」

>茶柱「目の色が金になるのはどういう意味なんでしょう……」


ゴン太「って話だったよね!」
216 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 22:24:33.41 ID:zSr2R1vYo
足立「また前提条件が狂っちゃうのか」

左右田「ですね。シャドウを倒してないってのはおかしい……ゴン太がシャドウだから」

ゴン太「じゃあ、どうしてゴン太はペルソナを使うと目が金色になるの?」

春川「金色に……獄原、この獄原が?」

左右田「ん?ああ、そうだけど」

不二咲「シャドウがなぜペルソナを使えるのかも謎ですし……」

春川「……あのさ。シャドウの目って金色だと思うんだけど、もともと」

左右田「ん?……ん?」

小泉「そうだったかしら?」

日向「よし、落ち着いて考えよう」

茶柱「腐川さんは目の前でシャドウと和解して終わってます。でも腐川さんそのものはシャドウではない」

茶柱「ゴン太さんはシャドウそのもので、左右田さんは特に覚えてなくて、足立さんはそもそもシャドウと会った記憶とかもないんですよね」

茶柱「よし、腐川さんは本物で他はシャドウです。左右田さん、足立さん、遺言を残すなら今のうちですよ」

左右田「今殺そうとしてない!?」

足立「って言うか理不尽だよねぇそれ!?」

腐川「……ううん……分からないことばかりだけど……」

腐川「少なくともあたしは、あの時……アイツとは分かり合ったと思ってる。あたしとアイツがひとつになった、みたいな」

足立「ひとつになった、か。もしかしたら……」

左右田「つか、アンタは!絶対まだなんか隠してんだろ!」

足立「何がだよ!?」

左右田「……あの時、アンタは!」



>足立「ああ、なるほど、なるほどねぇ」

>足立「僕も分かっちゃったなぁ、この世界の仕組み」

>「……足立さん?」

>足立「……なに?」

>振り返る彼の目は、
>まるで別の生物のように、金色に輝いている。


(※だいたい1スレ目の話)
217 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 22:30:10.55 ID:zSr2R1vYo
左右田「何を隠してんすか」

足立「……隠してるだなんて。あの時僕は確かに、シャドウみたいなものを見ただけだって」

足立「誓って言うけど、自分のシャドウは見てない」

左右田「……」

足立「……これ以上君達になんの嘘をつくんだよ?」

左右田「……」

>……確かに。
>メリットがない。

左右田「……あそこで、」

春川「アンタ、個人行動しててペルソナに発現したんだ」

春川「ねえ、その時にその……黒幕?ってやつに襲われた可能性とかないの?」

足立「え?僕が黒幕に……って、それなんか黒幕側に有利なことなの?」

春川「それは考え中」

ゴン太「うーん……」

左右田「……」

>もしも……黒幕の狙いが『生徒達にペルソナを発現させること』なら。
>学園の暗部が、ペルソナを利用しているなら。
>希望ヶ峰に関わる孤児院がペルソナ発現を試しているなら。

>もしも……サイノウラボに【資質ある大人が入ることが想定されていなかったとしたら】?

左右田「……まさか、なあ。」

>まさか続きで頭がこんがらがりそうだ。
>でも、そうなったら、なんだ?
>そうだったとしたら何だと言うんだ?

>繋がらない。線が足りない。
218 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 22:38:57.33 ID:zSr2R1vYo
>>213


左右田「………どん詰まりだな」

小泉「色んなことが分かりすぎて……ああ、どうしたらいいのかしらね」

ゴン太「ちえねつ?って言うの出そうだね」


左右田「なあ、春川」

春川「……何」

左右田「やっぱり気になるから、教えてくれ」

左右田「何のためにあそこを調査してたんだ?」

春川「……」

左右田「命が惜しいから言えねー、ってのは分かるけど、それでも……」

春川「……もしも私に何かあっても、アンタ達は気にしないでね」

左右田「え?」

春川「私が信じられなかった獄原を……ゴン太を信じてくれたお礼みたいなもの、だから」

日向「おい、お前」

春川「七村は【アレを利用しようとしている】」

左右田「」!

足立「……それって、一体」

春川「それ以上は、こんなパブリックなとこじゃ言えない」

すくっ

春川「……ありがとう、色々と」

左右田「いや、なんでオメーが礼なんか!」

春川「別に。言いたかったから、言っただけだよ。……言いたくなっただけだから」

すたすた……

春川「なんかあったら、獄原経由で連絡するよ。それじゃ」

からん……


>そのまま出て行ってしまった。



1:とりあえず話す?
2:退店
3:そのた

>>220
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 22:52:15.69 ID:fuaWDazu0
加速
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 23:06:54.30 ID:pYDu4G460
1
221 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 23:20:45.86 ID:zSr2R1vYo
>>220


左右田「………あれ、どういう意味だろ」

ゴン太「利用しようとしている、って話?」

不二咲「うーん……言葉そのままで捉えるなら……そう言うこと、ですよね」

>七村は個人的に、あのラボ……異空間を調査していた。
>ペルソナや異空間が何かに使えないかと。

>だが、それは何のためだ?

>七村はペルソナを何に使おうとしているんだ……?

左右田「たとえばそれが……使い方が、正しければいい。でも」

ゴン太「春川さんにコンタクトを取るくらいだから」

小泉「間違った使い方のことも当然、知ってるわけでしょ?」

足立「問題はそこか。七村が使おうとしていた方法」

腐川「なによ、まさか【探偵が殺人事件を起こそうとしている】なんてあるの?」

足立「七村ならあながちなくはないかな。そう言う黒い噂の絶えない人物だし」

ゴン太「そうなの!?」

茶柱「もしくは、法で裁けない悪人や犯罪者を、そこで……」

日向「それもあり得るな。七村が正義感に溢れていればだけど」

左右田「……」

小泉「本人に会ってみないと分かんないわね、その辺は」

不二咲「でも、そんなこと出来るんですか?」

日向「それは……どうなんですか?」

足立「無理だね」

ゴン太「そうなの!?そんな簡単に言うの!?」

左右田「無理かー……まあそれはそれとして」

左右田「引き続き情報収集頼む。オレも出来ることはやる予定だから」

「了解!」「はい!」「うん!」

>……今日はここで解散することとなった。


222 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2017/11/18(土) 23:25:46.60 ID:zSr2R1vYo
▼20xx 9/25→10/1(sat) 朝:晴


◆【南地区 こううん荘】


[小泉 真昼]
千秋ちゃん、だいぶ回復してきたって。
まだいてもらう?

>……『そうしてもらおう』と返信した。


ぴっ


テレビ『店長こだわりのグラタン、今どの行程ですか!』

>どっかで見たことがある芸人がネタをしている。
>人気なのかな。

テレビ『ふふっwww』

>それを見て笑っているのは、【元超高校級のお笑い芸人】だ。
>……そんなのにも超高校級が存在するんだなぁ。


足立「って、何見てんの」

左右田「テレビっすけど」

足立「……ふーん」

>と言うかいつまでここにいるんだお前。
>いつの間にか馴染んでいて、もう誰も出て行けって言わないけど。


ゴン太「狛枝君はまだ寝てるってー!」

左右田「あ?そう……珍しいな……」


▼行動非消費安価
1:買い物をする
 ┗ジュネス、十六夜の武器屋など
 ┗本屋とか薬屋とかなんでもある
2:DVDを借りる
3:バイトを探してみる
4:ベルベットルームへ行く
5:占いをしてもらう
6:ナビカスタムをする
7:特にやることはない

>>224
今日はこの辺でーす!だいぶ謎解けた。(後付けじゃ)ないです
 お や み 
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 23:27:51.02 ID:pYDu4G460
お や み
6やろうぜ
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 23:29:06.40 ID:WjxE93guO
乙です
1 薬屋 
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 23:33:40.31 ID:fuaWDazu0
おつでしたーーー
145.18 KB Speed:18.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)