エンド・オブ・オオアライのようです

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆vVnRDWXUNzh3 [saga]:2017/12/28(木) 23:21:33.56 ID:Pmfv7QUi0
前作
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512862935/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514470893
2 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:23:25.69 ID:Pmfv7QUi0



AM 4:20

《第8駐在所より艦橋保安室、応答願う》

《此方艦橋保安室、どうぞ》

《船舶科生徒より通報あり、緊急で設備点検の依頼が入った。整備班から出せる人員はあるか?》

《根賀班が夜勤で詰めてるからすぐにも回せるが………この時間に生徒から通報?》

《“ヨハネスブルク”からな。何でも、金属が擦れるような異音と人の………それも赤ん坊の笑い声のようなものが断続的に聞こえるらしい》

《金属音はともかく赤ん坊?幽霊にしちゃ季節外れだな、いたずらじゃないのか?》

《あくまで此方が聞いた限りだが、通報した生徒の声は真剣に不気味がってはいた。いたずらだとは思えない。

ヨハネスブルクの生徒はそもそも甲板上の人間と交流すること自体嫌がってるだろ》

《………確かにな。

それに、艦底で異音というのが機器の異常からくるものなら一大事だ。根賀班を急行させる》

《了解。通報があったのは第6層W-7区になる》

《確認した。通信を終了する》
3 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:24:30.85 ID:Pmfv7QUi0
AM 4:45

《第10駐在所より艦橋保安室、応答願う》

《此方艦橋保安室、どうぞ》

《当所駐在員の萩本巡査が警邏終了時刻になっても戻らない。其方に何か連絡は着ていないか?どうぞ》

《今交信記録を確認したが、連絡はきていない》

《確認を感謝する。………どこほっつき歩いてんだあの野郎》

《保安室より10駐、もしトラブルに巻き込まれている可能性があるなら応援を出すか?》

《………いや、必要ない。警邏先は第2商業区だ、“ヨハネスブルク”ならいざ知らず夜のあそこで何か起こるとは思えん》

《それもそうか》

《萩本はまだこの学園艦に赴任して間もないからな、大方道に迷ってるんだろう。

地理を覚えて貰うための警邏だったんだが、それで迷われたら世話無いな》
4 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:25:32.25 ID:Pmfv7QUi0
AM 5:18

《16駐の小沼巡査より艦橋保安室、聞こえますか?》

《此方艦橋保安室、どうぞ》

《居住区警邏中に、路上に倒れている女性を保護。身につけているものから水産科の生徒と思われ───きゃっ!?》

《小沼巡査、何かあったのか?》

《す、すみません!垣田さん、この娘抑えておいて下さい………っヶほ、申し訳ありません》

《保安室より小沼巡査、何が起きた?》

《保護した生徒が意識を取り戻したのですが、私の首を突然絞めようとして………今同行している垣田巡査が取り押さえました。

その、酷く身体が冷たかったのでもしかしたら何か病気のせいで倒れて錯乱しているのかも知れません》

《………人一人が錯乱するほどの病状となると危険なウィルスや伝染病の可能性もあり得る。

小沼巡査、垣田巡査と共にその生徒を最寄りの医療院まで移送し二人もそこで検査を受けるように。16駐には此方から連絡しておく》

《了解しました》
5 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:26:41.38 ID:Pmfv7QUi0
AM 6:30

《保安室より8駐、応答せよ》

《此方第8駐在所、どうぞ》

《整備科より、根賀班から点検作業開始の報告後定時連絡が無いと申告があった。其方に何か連絡はきていないか?》

《8駐より保安室、現状連絡はない。作業が難航しているのでは?》

《だとしても定時連絡もないのはおかしい。8駐、場合によっては捜索依頼を出すかも知れない、待機しておいてくれ》

《了解。………そうだ、第5駐在所の方で何かあったのか?》

《そのような報告は受けていない。何故だ?》

《あぁいや、すこし用事があって無線で呼びかけたんだが応答がなくてな。急ぎの用事じゃないし、後で改めて声をかけてみるよ》

《了解した。通信を終了する》
6 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:29:16.03 ID:Pmfv7QUi0
AM 8:00

《【Good Morning Japan】の時間がやって参りました、皆さんおはようございます!

まずは、今日のお天気ですが───》

《保安室より第19駐在所、第19駐在所、すまないが無線の調子が悪いようだ、もう少し大きな声で頼む》

「それじゃ、行ってきまーす!!」

「ちょっと優花里!お弁当忘れてるわよ!!」

《第2駐在所より医療院、居住区で急病人を1名保護したので其方に移送する。年齢は60代前半の男性、病状は体温の低下───》

「今日、仲子来てないの?」

「なんか具合悪そうでさぁ、朝から水産科寮の医務室で寝てるよ」

《為替と株の値動きです。ヨーロッパの危機的な状況にユーロの暴落が止まらない中、ドル・円はそれぞれ安定した値動きを見せ────》

《東欧連合軍司令部は、昨夜行われた深海棲艦への奇襲攻撃は成功したと発表。この戦闘の結果凡そ20kmに渡って戦線を押し上げた模様です》

「ええ、申し訳ありません。本日は体調が悪いため欠勤とさせていただければ………あれ?もしもし?部長、聞こえますか?」

《【艦娘自己自衛権】法案の設立に対する一部市民団体の抗議行動は激しさを増しており、国会だけでなく警察署前や鎮守府前でデモを行う人々も増えている現状が───》
7 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:30:13.32 ID:Pmfv7QUi0
AM 9:23
「んじゃ、次のページを………磯部さん、読んでくれおー」

「んえっ!?ね、寝てないです!!?」

「ぉK、寝てたんだな」

《此方第3駐在所、第1商業区で観光客同士の諍いが発生したと通報あり。これより確保に向かう》

《根賀班からの連絡はまだないのか?作業開始からもう四時間は経ってるんだぞ?》

《プロリーグ発足に伴う戦車道チームの選考は最終段階に入り、東京ウォーリアズ、茨城ボコクマーズなど候補30チームから12チームに絞られる見込みで───》

「ア゛ー……マジ社会人辛い。アンコウチーム見られると思ったのに………」

「美瀬君、口を動かす前に手を動かすべきだと思うがね私は」

《続いては北朝鮮の核実験問題に関するニュースです。先日核開発再開宣言とも取れる発表をした北朝鮮に対して日本政府とアメリカ合衆国政府、そしてロシア政府は圧力を強めていく方向性で意見を一致させています。しかしながらこれについて北朝鮮側の反発は極めて強いものになると予想され────》
8 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:31:16.46 ID:Pmfv7QUi0
AM 10:28
「第1商業区より通報あり。飲食店の従業員が酔った客に“噛まれた”らしい。取り押さえたので連行して欲しいとのことだ」

「か、噛まれた……ですか?」

「飲んだくれは何をしでかすか解らんな全く。二田巡査、すまんが学区警備の方には一人で向かってくれ。私は商業区の騒ぎを収めて後から行く」

「了解ですニダ!」

《此方は茨城県警察署前の様子です!えー、先日鎮守府への抗議行動中に逮捕されたデモメンバーの解放を求めているようで、数百人がシュプレヒコールを上げています!》

「………何よこの白い納豆って。安いし美味しいじゃない。司令官へのお土産はこれ一袋で十分ね」

《水産科寮医務室より医療院、生徒複数人の容態が悪化していて此方では対処しきれません!収容をお願いします!》

「No, No, No………Help, Help!!」

「あの外人さんどうしたんだろう、もの凄い形相で駆けていったけど……」

「えぇ、まるで出満部長が腹痛を我慢しているときのような酷い顔つきでした」

「失礼だな君……」
9 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:32:50.32 ID:Pmfv7QUi0
AM 11:48
《ムルマンスク襲撃事件から二週間が経ち、クレムリンはヨーロッパ戦線への本格的な介入を示唆する声明を発表。この件についてロシア連邦国内では賛否がくっきりと分かれている状況で───》

「アレ?ボンドと両面テープが切れてるだーよ。予備もない、困ったねー」

「あっ、じゃあ僕がお昼休みに買ってきますお白根先生」

「本当かい?助かるんだーよ」

《見てくださいこの新鮮なサンマ!実はこれ、艦娘の皆さんとヴァイキング水産高校が共同で漁を───》

《───wWwが──■■をけて──死──ww──》

《保安室より8駐、電波状況が悪すぎるぞ。聞こえない、繰り返せ》

「今日、普通科の子たちもお休み多いですね……」

「風邪でも流行ってるのかな?華も気をつけなよ、生徒会長ってなんだかんだ忙しいんだしさ」

《此方第17駐在所、駐在員が一人急病。医療院に向かわせるため1名欠員となる》

《保安室より17駐、確認した。待機人員から代替を1名送る》
10 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:33:42.98 ID:Pmfv7QUi0
PM 12:17
「ねぇ、そこの貴方?」

「おっおー、僕ですか─────お?」

「そうよ。他に、誰かいるかしら?」

《だから何度も言ってるだろう、突然女に噛みつかれたんだよ!しかも他にも何人も俺に飛びかかってきたんだ!警察は何をやってるんだよ!》

「ぶーんせ・ん・せぇ♪」

「これは拡散ですねぇ〜〜〜♪」

「」

《保安室より各駐在所に通達。どうも今日は観光客や住人同士のトラブルが頻発している。警邏を強化、諍いを発見したら治安維持の観点から積極的に介入するよう心がけてくれ》
11 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:37:41.44 ID:Pmfv7QUi0
PM 12:31
《電撃的に東欧連合軍への支援を表明したイギリスのショボン=ウィリアムズ首相は、本日レイクンヒース空軍基地を視察しました。

リスボン沖事変以来独自路線を歩んできたイギリスの孤立主義的な姿勢を覆す動きに、専門家の間では様々な意見が出ており───》

「諜報活動ご苦労様ですお、アリサさん」

「………ゲ」

《全国戦車道大会での優勝効果から、大洗町や大洗女子学園商業区への観光客は例年の2倍を超え───》

「いってぇ、いってぇ!?」

「このアマんなもん振り回すんじゃねーよ!」

《第4商業区にて新たに4件通報あり。付近駐在員は至急現場にむかえ》

《此方第2商業区、10人以上の集団が騒いでいる!第22駐在所で対応しているが人数が足りない、付近で手伝える奴はいるか?!》

《居住区の方でも幾つか通報がありました。第一、第二、第六で───》












《8駐より保安室、8駐より保安室!……何で繋がらないんだ畜生!》

《発砲を許可、全責任は俺が取る!!“彼女”らを甲板上に出すな、ここで食い止めろ!!》
12 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:38:20.93 ID:Pmfv7QUi0










PM 12:43
「…………ねぇ、なんか向こうで煙上がってない?」

「えー?梓の見間違いじゃない?学園艦内で火事とか起きたら放送出るでしょ」

「そう、だね……見間違いだよね、うん」
13 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:40:57.64 ID:Pmfv7QUi0





PM 1:31

《駐在所の半分以上から応答がない、何が起きている!》   《学園校舎とも連絡が付きません!携帯も無線も有線電話もダメです!》
「今なんか揺れなかった?」
「怖い怖い怖い」    「えっ、何?地震?海の上で?」
《保安室、保安室、応答を願う!第2商業区にて暴動が発生、被害拡大中!》 「逃げろ、殺される殺される!!」

「やだぁ、噛まないで、噛まないでぇ………」「来た来た来た逃げろ逃げろ!」
  《発砲許可も増援も無いのにどうやって食い止めればいいんだ!?》
  「なんだよあいつらヤバいって!!」
《未確認ですが、大洗女子学園甲板上で火災を確認したとの通報が複数警察に届いている模様です》
   「おい、なんかあいつらの頭から飛び出してきたぞ!」
「化け物いる化け物いる!向こうダメだ、逃げろ!」
《商業区の封鎖が困難!暴徒の人数が増える一方です!》

















『─────ァアアアア……………』






.
14 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:41:32.18 ID:Pmfv7QUi0
.





     PM 1:51





.
15 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:42:14.71 ID:Pmfv7QUi0
「……ああ、そっちには今叢雲が……警備府があったろ。そこの戦力だけじゃ対処できねえのか?

いや、動ける。大丈夫だ。直ぐに急行する。わかった、じゃあな」

「叢雲さんがどうかしたんですか?」

「……」

「司令官……司令官!!」

「青葉、今から言う連中に緊急招集をかけろ」

「先に事情を説明してよ。何を焦っているのさ?」

「学園艦だ……」

「え、待ってよ、まさか……」


「連中に目を付けられた。


大洗が……戦場になるぞ」
16 : ◆vVnRDWXUNzh3 [saga]:2017/12/28(木) 23:42:48.22 ID:Pmfv7QUi0




〜エンド・オブ・オオアライのようです〜



.
17 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/28(木) 23:44:15.05 ID:Pmfv7QUi0
本日分投下完了です。明日の同じくらいの時間帯で続き投下します。

マッ鎮コラボ第三段、ご静聴いただき、またお楽しみいただけるなら望外の喜びです
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 00:25:27.98 ID:kuVJJxxAo
乙であります!
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 02:21:29.98 ID:RBG/zpTA0
超待ってました!
てかバイオハザードヤバすぎる…
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 18:02:15.69 ID:Wes8Ik2Z0
おっ乙
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 01:09:34.16 ID:KMd4aD2h0
つまんね
22 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/30(土) 17:23:41.25 ID:/c6p2HyV0
仕事納め終わってるのに風邪っぴきワロス

申し訳ありません、大晦日より更新再開します
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 18:57:15.52 ID:pwUlzFCA0
あららドンマイです…体調には気をつけて
24 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/31(日) 23:22:45.42 ID:5+6NfdaHO






ふと、幼馴染みとの思い出が脳裏を過ぎる。

女の子でありながら大の怪獣好きというシュールな趣味を持っていたその幼馴染みに、視聴を半ば強要された某怪獣王映画のビデオシリーズ。ジャンプ漫画よりも司馬遼太郎作の【坂の上の雲】が好きといういけ好かないガキだった僕でも、日本映画界が世界に誇る特撮シリーズの出来の良さには目を奪われたのをよく覚えている。




『─────アァアアアアアアアアアアッ!!!!』


そして“それ”は、まさに映画の怪獣のように僕たちの前に現れた。
25 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2017/12/31(日) 23:52:56.59 ID:5+6NfdaHO
厚さ数メートルにも及ぶ、鋼鉄の甲板と、その上に敷かれたコンクリートの道路が捲れ上がる。居住区に立ち並ぶ家々が、土煙と轟音を伴って崩れ落ちていく。錆びた鉄の板を満身の力を込めて摺り合わせているような、おぞましい叫び声が防音ガラスを突き抜けて耳朶を震わす。

ヌラヌラとした光沢を放っていることが遠目にも解る青白い胴は、まるで樹齢数百年の大木のように太くたくましい。頭部は対比するかの如く深い黒色をきていて、位置的に眼と思われる亀裂の奥からは金色の光が覗く。

全長は大凡20Mといったところだろうか。怪獣王には初代にさえ遠く及ばないが、あまり高い建造物が多くない大洗女子学園の甲板上にあってそれは十分に異質な存在感を放っていた。

そして────何より異質なのは、左目に当たる箇所から生えた“砲門”と、頭頂に備わる4門の“魚雷発射管”だ。

(;゚ω゚)「……………」

「あれが、深海棲艦………なのか?」

『───キィアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!』

冷泉さんのか細い呟きに応えるように、“それ”はもう一度あの鳴き声を上げる。先程よりも僅かに音程が高く長い咆哮は、まるで歓喜の雄叫びのようにも感じられた。

《たった今入ったニュースです。大洗女子学園の甲板上に、深海棲艦と思われる全長20M程の巨大な生命体g─────》

「きゃあっ!?」

テレビから流れていたアナウンサーの声が不自然に途切れ、画面がブラックアウトする。直後、商業区と思われる方角で灰色の煙が爆発音とオレンジ色の炎を伴って吹き出す。

ここでようやく、指一本すら動かすことが出来なかった僕は恐怖による金縛りから解放された。
26 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/01(月) 00:58:33.76 ID:jDuEGwJ2O
(;゚ω゚)「外に出るんだ!早く!!」

「玄関、玄関に向かって!!すぐに河嶋達が放送を流すから外での避難先はソレに従うよ!」

「一つの出口に集まらないで!後ろ半分の席の人達は後ろから、前半分の席の人達は前から出て下さい!!」

僕の叫び声に、角谷さんと西住さんが的確な指示で続く。他の面々も弾かれたように動き出し、西住さんの指示通りに混乱を避けながら教室の外へと走り出て行く。

(;^ω^)「そうだ、アリサさん───」

簀巻きにされている彼女の拘束を解こうと振り向いた瞬間、斬鉄剣が抜き打たれた時のような金属音が鳴る。そこに居たのは生け花剪定用のハサミを振りきった体勢の五十鈴さんと、両断されたロープを見て呆然とした表情のアリサさん。

「こ、これがジャパニーズ・イアイ………」

(;^ω^)「多分違うかな!」

「先生、アリサさんの拘束は解きました!行きましょう!」

(;^ω^)「何で生け花用のハサミ持ち歩いて……ええいツッコミは後だ!!」

五十鈴さんを先に行かせ、アリサさんを助け起こして駆け出す。入り口で待っていた角谷さんが教室内を一瞥し、残っている者がいないことを確認して僕等のしんがりを勤める形で続く。

(;^ω^)「っおお!?」

「っととと!?」

「きゃああ?!」

ぐらり。

直後に足下を襲う、大きな揺れ。まるで大波を打ち付けられた船のようだが、僕等が乗っているのは全長7.6kmの【学園艦】だ。神話に出てくるクラスの大波でもなければここまで揺れるはずがないし、実際この艦内ではこれほどの揺れは経験したことがない。

………いや、これは正確な言い方じゃない。

“ついさっき”までは、一度も経験したことがなかったといった方が正しいか。

『『ギィアアアアアアアアアアアアッ!!!!』』

「ひぁっ!?」

二つに増えた咆哮。耳にした澤さんの肩がびくりと大きく震える。
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 18:47:45.30 ID:0HehjtpE0
投下乙
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/01(月) 19:58:22.05 ID:irmZtu4I0
は?つまんねーな
29 : ◆vVnRDWXUNzh3 [saga]:2018/01/05(金) 23:11:40.35 ID:dCQGlBda0
間髪を入れず、再び響く爆発音。廊下から窓の外を見れば、商業区の方でもう一つ大きな火柱が上がっていた。

西住さんたちが操る戦車のものに酷似した───だけど、より大きく重い「砲声」を直前に挟んだ上で。

「………何今の。ひ、火ィ噴いたよアイツ!!」

「向こうの方燃えてない?」

「じゃああれ……本当に深海棲艦なの……?」

「ねぇ、こっち見たよ!」

「逃げて、早く逃げてぇ!!!」

他の教室からぽつりぽつりと廊下に漏れる、授業中だった他の生徒達のざわめき。それらは瞬く間に校舎全体に波及し、やがて爆発的な悲鳴へと変わっていった。

「おわっ!?」

「Shit!!」

「っ、皆さん落ち着いて下さい!すぐに広報から指示があるので一度それを聞いてから避難を!」

(;^ω^)「闇雲に逃げるなお!かえって避難が遅くなる!」

この4階にも、他の教室から生徒達が溢れ出す。僕や生徒会長である五十鈴さんが呼びかけても、狂乱状態の生徒達は聞く耳を持たず僕たち戦車道履修者一行を飲み込みながら我先にと階段や非常口へ殺到する。

《放送室、生徒会広報より全生徒へ!さっきのJ-ALERTは訓練ではありません、速やかに指定避難場所まで移動して下さい!

避難経路は風紀委員や先生方の誘導に従って!冷静に対応するようにして!》

「早く行って早く!」

「ちょっ、押さないでよ!」

「落ち着いて!まずは外に、今の生徒会からの放送に従って避難を!」

「校舎の中に止まるな!正面玄関からの避難者と非常口からの避難者に別れろ、一つの入り口から出ようとすると混雑するぞ!!」

疾うの昔に止まっていたJ-ALERTに変わって武部さんの声が聞こえても、納まる気配は無い。他の教員や風紀委員も懸命に誘導しようとしているが、狂乱する群衆の濁流に組織的な活動を殆ど出来ないまま僕等同様押し流されていく。
30 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/05(金) 23:25:36.65 ID:dCQGlBda0
「痛っ、痛い!?やだ、押さないでよぉ!!」

「……“人海”とはよく言ったものだ、溺れそうになる……!」

「麻子さん、優花里さん、大丈夫ですか!?」

「ご心配なく、私達はなんとか!」

「こ、コミケ並みの人込みは筋力つけてもつらい……」

「バレー部、アリクイさんチームとウサギさんチームを守れ!!根性だ!!」

「「「了解!!」」」

西住さんたち戦車道履修組は、やはりこの中では一番組織的に「避難」ができている。だが、いかんせん校舎内が丸ごと狂乱状態という現状に翻弄されていて、ともすればバラバラになりかねない隊列をかろうじて維持している。

(;^ω^)「指定避難場所は第2グラウンドだお!皆、そっちに向かえお!!」

「……ダメだねブーン先生、これ、私ら意外で話聞ける余裕持ってる生徒いないや」

「桃ちゃん、放送はいいから早く武部さん連れて下に───もう、なんで通じてくれないの………!」

いつもの飄々とした様子は吹き飛び、険しい声色で呟く角谷さん。その横では、スマートフォンを操作していた小山さんが真っ青な表情で肩を落とす。

二度目の廃校宣告が突きつけられた時ですら、二人がこんな表情を見せたことはなかった。そしてそれは、きっと今の僕にも共通する表情の筈だ。

(;^ω^)(………学園艦に深海棲艦が現れたってのもマズいけど、それ以上に不安なのが「J-ALERT」は“別の個体”の出現に対するものだって事だお)

届かないと知りながらそれでも喉をからして叫びつつ、僕の脳裏に過ぎるのはJ-ALERT直後に流れていたニュース速報。

フィリピン海に現れたという新型の深海棲艦。航空戦力を保持するとはいえ、日本本州到達まであとほぼ一日分の猶予があるにも関わらず出された大々的な緊急避難勧告。それは当然、学園艦に対して極めて深刻な脅威になる。

混乱の渦中にある大洗女子学園は、尚更に。

(;^ω^)(蝶野教官が、それが無理でもせめて交代人員が居てくれれば……っ!)

無い物ねだりが無駄と解っていても、そう思わずにはいられない。

粗野な言動ながら自衛官として確かな規律と腕を持っていた蝶野一等陸尉は、インド派兵こそ部隊再編の流れで先送りとなったが原隊復帰に伴って退艦済。代わりの教官となる二等陸尉は、明後日の赴任予定はずだった。

現役の自衛官による避難誘導があれば、どれほど混乱を避けることが出来ただろうか。

教師として生徒を守らなければいけない立場にありながら、混乱を一向に収拾できず他人に頼るしかない自分の無力さがひどくもどかしい。
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 23:45:38.19 ID:lpmGg2Ck0
つまんないし読みにくい出直して
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/05(金) 23:55:36.08 ID:dCQGlBda0
《緊急車両が通ります!道を空けて、道を空けて下さい!!》

幾らかの時間を経て、僕の身体は校舎の正面玄関から西住さんたちや他の多くの生徒・教員と共に外へ転がり出る。同時に、正門から赤ランプを回転させけたたましくサイレンをかき鳴らしつつ数台の車両が飛び込んできた。

《一号車、二号車、もう少し車間詰めろ!しっかり入り口を塞げ!》

《車両はまだ来ます、進路に入らないで!》

学園艦の甲板上では、生徒・居住者の安全という観点から自動車の所持には厳しい制限が設けられている。陸付け時の遠出用に民間車両も詰まれてはいるが、大半は第三層の立体駐車場区画に収納されていて“上”を走ることがない。

ただし、それでも7.6kmという大きさを考慮すると徒歩のみでの移動は様々な事態に対応できなくなるため、例えば商業区を走るバスなど一部に例外が存在する。

今僕たちの目の前で次々と停車していくそれらも、“例外”の一角を担っている。

公共に属し、緊急時の機動力を必要とする組織。

《総員降車、総員降車!!展開、射線形成急げ!!》

「生徒の皆さんは早く指定避難場所に向かって!大丈夫、すぐに県警と自衛隊から救助が来ます!」

警察庁管轄下にあり、学園艦において唯一乗船が許可されている武装集団。

「我々保安隊も現在艦内各所で事態の収拾に動いています、どうか安心してください!!」

学園艦保安隊の、装甲車だ。
33 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/06(土) 00:25:38.82 ID:Gd5bPsEi0
ローカルバスほどもある大きな車体に赤い回転灯を光らせた装甲車が、合計6台正門をくぐって停車する。

学園の外に側面を向けてさながらバリケードのような陣形を組んだそれらから降りてきたのは、紺色の制服に身を包んだ70人前後の集団。全員が防弾仕様のヘルメットを被り、サブマシンガン───H&K MP5を構えている。

「………マジかよ」

彼らが展開を完了すると、様子を見ていた同僚の教員の一人が目を丸くした。

「艦橋保安室の直属部隊動かすって、相当ヤバいじゃねーか……」

各学園艦で編成されている保安隊は、大まかに2種類の保安官で構成されている。

一つは、陸でいうところの交番に相当する“駐在所”に赴任した保安官。これは働き場が学園艦の上というだけで内容も交番勤務とほぼ変わらず、装備もニューナンブM60と警棒という一般的なものだ。

もう一つが、司令部に当たる“艦橋保安室”直下の保安官部隊。此方は主に学園艦上でテロや重大犯罪が発生した場合の備えという立ち位置のため、国際条約で許されるギリギリのラインで────具体的にいえば、銃器対策部隊とほぼ同様の装備が支給される。

無論、このため直属部隊の運用には非常に多くの制限があるのだが、これほどの緊急事態となれば動くのは当然といえば当然だ。寧ろ、指揮系統も混乱しているであろうこの状況下でこれだけ素早く展開に踏み切れた艦橋保安室の判断はかなり迅速な方だと思う。

『ォオオアアアアアアアアアアアアッ!!!!』

………ただし、今回の場合あまりにも相手が悪い。

『キィアアアアアアアアアアッ!!!!』

声高に吠える2体の“生ける軍艦”の20m近い巨体に、たかが70挺のH&K MP5の火線が通用するとはとても思えない。
34 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/06(土) 01:00:29.26 ID:Gd5bPsEi0
生徒達の多くも、やはり保安隊と深海棲艦の間に横たわる力の差は解っているのだろう。幾らか恐慌は治まったように見えるが、それでも一刻も早くこの場から離れようと大半の生徒は第2グラウンドの方へ駆けていく。

だが、その行動を“全員”が取ったわけではなかった。

「………!お父さん、お母さんが!!」

「優花里さんダメ!!」

「こっちは通れない、戻りなさい!死にたいのか!」

「だって、だって妹が居住区に!」

「お願いです、おばあちゃんの無事を確認させて下さい!」

「通して、通してよぉ!ママ、ママぁ!!」

真っ青になって学園の外に向かって走り出した秋山さんを、背後から西住さんが抱き留める。他のあちこちでも、警官や教員に制止されながらも正門から出ようとする生徒が何人も居た。

深海棲艦の内1体が現れたのは“居住区のど真ん中”───相当数の生徒の家族が住まい、生活を送っている場所だ。秋山さんの両親が経営している理髪店もここにある。

街の惨状を、更にいえば深海棲艦の背後で燃え盛る商業区の有様を目にし、自分たちだけではなく“自分たちの家族”が置かれた危機に気づき、彼女達の理性は跡形も無く吹き飛ばされていた。

「西住殿、離して下さい!家に、私の家族のところに行かせて下さい!!!」

「お願い………落ち着いて優花里さん!」

(;^ω^)「秋山さん、気を確かに持てお!」

「グデーリアン、冷静になれ!頼むから行くな!!」

装填手としての怪力を遺憾なく発揮して今まさに西住さんの手を振り切ろうとしていた秋山さんを、僕と松本さんも加わって何とか押さえる。

「離して、離して……お父さん……お母さん………っ!やだっ、やだぁ!!」

3vs1、しかも内1名成人男性という状況でも、秋山さんは抜け出そうと更に激しくもがき続ける。

『オァアアアアアアアアアッ!!!!!』

潤む彼女の視線の先で、深海棲艦はみたび咆哮し────そして、家々を突き崩しつつゆっくりと此方へ進撃を開始した。
35 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/06(土) 01:01:44.59 ID:Gd5bPsEi0
短いのですが仕事の兼ね合いのため復活更新ここまでで一度切ります。明日(今日)から投稿ペース上げたいと思います、お待たせして申し訳ありませんでした。
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:25:06.84 ID:cCMQXamq0
きっついなぁ、つまんなくて
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:37:26.53 ID:NcVYYHZA0
おつおつ
目と鼻の先でこんな事態が起きれば、そりゃまともじゃいられないはな…
おまけにまだ開幕に過ぎないとか恐ろしい
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/06(土) 05:53:33.79 ID:bJZv84qhO
つまんないならわざわざ見に来なきゃ良いのに気持ち悪い暇人だね^^
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 10:50:03.25 ID:gheLiOvGO
この手の返しするやつって読む前から面白いつまらないの判断できるエスパーなのかなって思うよね。頭悪いんだろうな
読んだ上でつまらないってことでしょ
作者が悔しくて自演しちゃったなら、気持ちは分かるけど我慢しなよ
つまらないのは本当のことだし。勿論、面白いと思う人もいるかもだけどね
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 13:11:33.34 ID:5VHwcqyyO
今回も期待大です。楽しみに更新を待ってます。
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 15:13:10.95 ID:3lnPnLZ6o
暴言単発アンチが湧くのは人気の証拠
楽しみに待ってる
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 20:47:17.61 ID:cCMQXamq0
気持ち悪いは確かにひどいよな
43 : ◆vVnRDWXUNzh3 [saga]:2018/01/06(土) 23:05:01.77 ID:Gd5bPsEi0
「対象A、移動開始!接近してきます!!」

「前衛各班に通達!射撃開始、繰り返す、射撃開始!

住民の避難誘導と平行して対象Aを牽制しろ!!」

指揮官と思わしき保安官が手元の無線機に向かって叫び、居住区の方から響くは連続した銃声。躙り寄ってくる深海棲艦めがけて周囲から幾十本の火線が延び、銃弾が胴や頭部で次々と炸裂した。

『ォオオオォオオ………』

「………クソッ!!」

だが、その火花は相対する敵の巨躯に比してあまりにも小さく儚い。素人目に見ても、毛ほどのダメージにもなっていないのがよく解る。

「対象A、依然進行中!移動速度に変化無し!」

「前衛班より通達、付近市民の避難は区画の混乱と人員の不足により遅延!“暴徒”の鎮圧も難航中とのこと!」

「艦橋保安室に部隊の増強を要請!それと商業区との連絡回復も────うおっ!?」

『ギィアアアアアアアアアアッ!!!!』

深海棲艦が、その図太い胴で周囲を薙ぎ払った。

家屋や、電柱や───遠目故断定はできないが、“人の形”をした小さな点が勢いよく宙に舞う。

「おい、アレ……」

「退避、退避ィ!!」

(;゚ω゚)「伏せろ!!」

「きゃああっ!?」

長方形の巨大な何かが激しく回転しながら飛来し、突風を残して僕等の頭上を飛び過ぎた。

振り向けば、後方50M程の位置に酷く拉げた装甲車が転がっている。
44 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/06(土) 23:18:18.32 ID:Gd5bPsEi0
数秒の間を経て、爆発的な悲鳴が辺りを包み込んだ。

保安隊の到着によって一時沈静化していたパニックが、改めて目の前に突きつけられた“脅威”によって再び激しく燃え上がる。居住区に向かおうとまでは行かずとも、半ば興味本位、半ば楽観的に玄関や校門付近にたむろしていた多くの生徒達が再び津波のような勢いをもって第2グラウンドの方へ逃げ散っていく。

「あぁ……ああぁっ……!!」

ただし、これも“全員”に共通した動きではない。秋山さんを筆頭に、元々居住区の方面に行こうとしていた生徒達は寧ろますます激しく抑え付けようとする人間に対して抵抗を始める。

「行かせて、行かせて……行かせてよぉ!!私が行かなきゃ………お父さん、お母さぁん!!」

「優花里さんっ……!」

(# ω )「────秋山ァ!!!」

こめかみの辺りでプツリと音が鳴り、気がついたら僕は勢いよく平手を振りかぶっていた。

「ひぐっ………」

人を殴った感触がビニール袋を破裂させたような音と共に僕の掌に伝わり、秋山さんが後ろに蹈鞴を踏む。倒れかけたその身体を、両肩口を掴んで引き起こす。

PTAに見付かれば懲戒免職待ったなしだろうが、構うものか。今更自分の職歴に頓着していられるような状況じゃないのだから。

(# ω )「いい加減にしろよお前!!てめえは何だ!?ウルトラマンか?魔法少女か?それとも艦娘か!?

陸なら10式戦車数台束にして迎撃しなきゃいけない化け物に、素手で立ち向かえるようなスーパーパワーをいつの間に身につけたんだ!?」

「……内藤教諭、行かせてください、お願いです、教諭………

お父さんも、お母さんも、あそこに……あそこに……っ」

「っ、先生!」

「落ち着けブーン先生!」

もう一度、秋山さんの頬を打つ。先程まで彼女を押さえていた西住さんと松本さんの手が、今度は僕の腕や肩に添えられていた。

(#^ω^)「家族が心配なのはよく解る!特に君は人一倍両親想いなのを教師として知ってるからな!行かせられるならそうしてる!

でもお前さっきの保安隊の会話聞こえていたよな!?学園艦上の最重武装部隊が避難誘導に尽力してて、それでもなお進捗は芳しくないって!

ただでさえ混乱状態のところに、戦車から降りたら何の技能も持たない───せいぜいクラブ活動で使えるサバイバル技術程度しかない一般人が飛び込むことが………どれだけその避難誘導に対して“妨げ”になるかって考えてるか!?」

「────えっ」

a暴れなくなったものの虚ろな表情で解放を懇願していた秋山さんの目が、はっと見開かれた。

(#^ω^)「しっかりと思い出させてやるけどな、お前はなんら怪物を倒せる力を持ってないただの2年C組の秋山優花里なんだよ!僕がただの無力で無能な現国教師であることと同じで!!

その無力なお前があそこに飛び込んで、負担が増えた保安隊はどうなるだろうな!?それこそ、巡り巡ってお前の両親さえ危険に晒しかねないって事を理解しろよ!!!」
45 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/06(土) 23:54:19.53 ID:Gd5bPsEi0
学園艦保安隊の人数は、決して潤沢とは言い難い。この未曾有の大混乱の中にあっては、例え一人分であっても守らなければいけない対象が増えることは大きな負担だ。

ましてや居住区は、今まさに混乱の“元凶”が暴れくるっている場所なのだ。たった一人分でも負担が増せば、防衛線全体に影響する綻びになり得る。

そもそも本来なら、今この瞬間彼女の説得に割いている時間さえ生死を分けかねない程の異常事態なのだから。

(#^ω^)「………本気で両親の事が心配なら、それこそ学園艦の外に一刻も早く避難してやれお。せっかく保安隊に救助された君の両親が、避難生徒名簿の中に“秋山優花里”の名前がなかったらどれほど悲しむか解るかお?

両親だけじゃない。この状況でも先に逃げず、君が落ち着くのを待ってくれてる西住さんたちだって悲しむお」

「……アリサさんはどうか知らないが」

「強制徴用され巻き込まれた挙げ句この仕打ち、実にFuckね」

「………」

麻子さんが低い声で茶々を入れ、アリサさんがわざとらしく眉を顰めて肩を竦める。少しだけ周りの空気が弛緩したが、秋山さんは僕が手を離した後も俯いたままだ。

とはいえ、先程の狂気じみた雰囲気は消えたし居住区に向かおうとするような素振りも見せてはいない。ひとまずはこれでよしとする。

(#^ω^)「他の奴等、聞こえたか!?お前らがやろうとしてる事も同じだ!!

自分が死にたいだけじゃなくて、実は積極的に家族を殺したい生徒だけ居住区に行け!!それが嫌なら、速やかに第2グラウンドまで走れ!!」

暴れくるう深海棲艦の騒音に負けぬよう、精一杯声を張り上げる。秋山さん同様居住区を目指そうとしていた生徒達も、徐々に抵抗をやめて同級生や風紀委員、教員達に連れられて正門から離れていく。
46 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/07(日) 00:12:50.17 ID:dUa8vtWv0
( ^ω^)「小山さん、河嶋さんと武部さんは?!」

「それが、まだ連絡が……あっ、今二人とも玄関から出てきました!」

( ^ω^)「二人をこっちに誘導してくれお!西住さんと松本さん、秋山さんに肩を貸して!」

「じゃあ皆、駆け足で行くよーー!!戦車道でしっかり鍛えたんだ、たかが第2グラウンドまで走るのにばてちゃダメだからね!!」

『ギィアアアアアアアアアアッ!!!!』

角谷さんの号令に従って、僕等も校内生徒のしんがりを担う形で避難を再開した。背後からは相変わらず深海棲艦による暴虐の音が聞こえてくるが、幸いまた此方にモノがとんできたり進撃する速度が速まったりといった事態は起きていない。

「………ダメだ、ボクのスマホ、うんともすんとも言わない」

「猫田にゃーさんもか〜、実は私も、なんだよね。麻子は?」

「……お婆から着信が入っていたから折り返そうとしたが、繋がらない。何も起きずに切れる」

(;^ω^)「……避難中に私語はやめなさいお私語は」

怯えるときは怯えるが、彼女達は修羅場慣れしているせいかイヤに立ち直りが早い。まだ深海棲艦の鳴き声やら何やらが余裕で聞こえてきているというのに、小走りで避難場所へ向かいつつ早くも情報交換が始まっている。

「みぽりんのスマホはどう?」

「ごめん、私のも無理みたい。……あれ、でもメールは送れる」

「あ、本当だ。今隊長のメールが私の所に来ました」

「えっ!それ本当梓ちゃん!じゃあ私も家族に───送れなーーーい!!やだもーーーーー!!!!」

武部さんが、走りながら肩を落として落胆するというなかなか器用なアクションを見せた。ややオーバーな動きながら家族に連絡が出来なかったというのはわりかし本当にダメージを受ける内容だったらしく、眼にはうっすらと涙が浮かぶ。
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 00:13:43.38 ID:5MI42vUe0
何か読んでて恥ずかしくなった
48 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/07(日) 00:46:57.93 ID:dUa8vtWv0
「………余所者な上についさっきレイゼンにノって巫山戯たばっかりの私がいうのも何だけど、まだあの化け物からろくに距離を取ってすらいないのに大したリラックスぶりね」

( ^ω^)「HAHAHA」

漫画学科で使う教科書に載せてもいいレベルの典型的な「ジト眼」を見せるアリサさん。僕としても些か反論に困るため、乾いた笑いで誤魔化しておく。

( ^ω^)「ま、足でも止めるならともかく避難とに支障が出ないなら多少はね。

……それに、これは多分彼女達なりの思いやりでもあるんだお」

「………あぁ」

アリサさんはちらりと秋山さんの方に視線を向け、合点がいったとでも言いたげに頷く。

秋山さんの表情は相変わらず暗く、5歩10歩という短いスパンで頻繁に後ろを振り向いている。西住さんと松本さんが横で併走しつつ様子を窺っているが、仲のいいこの二人に対してもろくに反応を返していない。

秋山さんは本来、角谷さんから直々に副会長への立候補を依頼される程度には聡い生徒だ。自分が居住区に無理やり行くことの“愚”は、十分に理解していると思う。

ただし、それでも“家族があの災禍の只中にいる”という事実は変わらない。不安に思うな、心配するなと言う方が無理な話だろう。

「他にも居住区に家族がいる奴等もいるでしょうに、それでもオッドボールの事心配してやれるのね」

( ^ω^)「大洗女子学園の戦車道チームは、そういう子たちの集まりだお」

有事の中にあっても、他人を思いやる気持ちを忘れない────口で言うのは感嘆でも、それを自然に出来る人間は極稀だ。そして彼女達は、西住さんを筆頭に全員がそれを出来てしまう。

戦車道は座学部分にしか携わっていないただの現国教師が言うのも烏滸がましいが……本当に、彼女達は素晴らしい「チーム」だ。
49 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/07(日) 01:25:52.37 ID:dUa8vtWv0
(;^ω^)「しかし、真面目な話こんなことに巻き込んでしまって申し訳ないお。アリサさんはここの生徒じゃないわけだし」

「ええ全くね───と言いたいところだけど、私は私でオッドボールの真似事してなきゃ今更こんなことにはなってないしね。学区から追い出されたとしても幾らかは遊んでから退艦する予定でもあったし、どのみち巻き込まれてたわ」

そう言ってやれやれと肩を竦めるアリサさんのアクションは、非常に様になっていた。流石はサンダース大附属の生徒と言ったところか。

「で、そこの一年生がなんでこっちを睨んでるのかって貴方心当たりは?」

(;^ω^)「えーと、宇津木さん?何かあったかお?」

「…………いーえー?特には?」

意味ありげな視線に気づき問いかけるが、宇津木さんはぷいとそっぽを向く。

「ただ、生徒に私語を注意しておいて自分はアリサさんと喋りすぎなんじゃないかなーって、思っただけよ〜?」

(B´ω`)「…………言われてみればその通りだおね。気をつけるお」

おさない、かけない、しゃべらない。小学校の避難訓練でさえやるような初歩の初歩を教師が自ら破っていては世話がないし、ましてや秋山さんを怒る資格などない。自分の愚かさに、自己嫌悪が胸の内を満たし顔に縦線が降りる。

「ヘイ一年?boonの奴割と本気でヘコんでるわよ」

「えっ、へっ!?せ、先生〜?軽い冗談だからそこまで気にしなくてもいいんじゃない〜?」

「………あー、ブーン先生?第2グラウンドってそこまで遠くないし着くまでに気を確かに持って貰った方がいいんだけど」

「内藤教諭、私は気にしてませんし寧ろ感謝しておりますので元気をお出しください!!」

(B ω )「おぉーん………」

「ダメだこりゃ。皆ー、ブーン先生一時的に沈んじゃったけど第2グラウンドまであと少しだから頑張って────」
50 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/07(日) 01:44:11.42 ID:dUa8vtWv0
更新ペース上げる(+1P)
明日というか今日というかもまた同じ時間帯で投稿します。ご静聴ありがとうございました。
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 02:20:05.08 ID:+u1jOlRA0
おつおつ、先生よく頑張った…
ベルリンの時に比べれば今後対応できる戦力は桁違いでも、現場での対応力がなきゃ無理ゲーだしなあ
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 15:53:22.36 ID:iStEIucI0
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 16:00:36.50 ID:b2hh+Oh9O
これはひどい
54 : ◆vVnRDWXUNzh3 [saga]:2018/01/07(日) 23:17:08.00 ID:dUa8vtWv0
三度目の揺れ。角谷さんの言葉が、途切れる。

三度目の轟音。僕の意識が、現実に引き戻される。

僕も、角谷さんたちも、周りの生徒や教員も、誰もが足を止めて後ろを振り返る。それが“避難”として正しい行動ではないと知りつつも、足を止めずには居られない。

正門に展開する保安隊の眼前で道路が隆起する。砕けたコンクリートの下から、二本の腕を使って“それ”はゆっくりと這い出てきた。

『─────』

二本の腕に二本の足、股と腰、胸部の三つのパーツで構成された胴。オタマジャクシの出来損ないのような形状をした先の2体に比べると、それは───15m近い巨体と蝋のように白く血の気のない体色を除けば、幾らか僕たち「人間」に近い形をしているように見える。

故に、肩から上の異様さが尚のこと際立った。

「ひっ……………」

先の2体とはまた別種の“異形”を目の当たりにして、大野さんが微かに悲鳴を上げる。

胴に対して明らかに大きすぎる、楕円球形の頭部。「それ」の艤装と思われる砲塔や銃座が、実用的とは到底言えない無秩序さでそこかしこから伸びる。左目に当たる位置は無造作に刃物を入れられたような歪な“切れ目”となっているのに対し、右眼に当たる位置からは単装砲が生えている。

人を2、3人纏めて飲み込めそうな顎には唇がついておらず、剥き出しにされた白い歯が無機質な輝きを放っていた。

“人間を作ってごらん”と言われた年端もいかぬ子供が、無造作に粘土を捏ねくり回した挙げ句に出来たようなおぞましい姿。

パブロ=ピカソが描いた【ゲルニカ】の中にコイツの模写が混じっていたってきっと気づけやしない────そんな化け物が今、学園艦の甲板上に佇んでいる。
55 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/07(日) 23:29:15.20 ID:dUa8vtWv0

「…………何なの、あれ」

「……………決まっているだろ沙織、アレも深海棲艦だ」

「言われなくても解って───ぴぃっ!?」

『──────ゲア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛…………』

武部さんのヒステリックな叫びを遮る形で、“3体目”が唸る。

『グガア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛』

先の2体が上げる咆哮よりも遙かに低い響きの、例えるなら蒸気船の汽笛を幾つも重ねたような鳴き声。それを耳にして、全身の肌がブワリと泡立つ。

2匹のバカでかく不細工なオタマジャクシに関しては、僕は“深海棲艦”であることしか解らない。後は、見た限りの形状から駆逐艦種と推測できる程度だ。

だが3体目の個体については、僕は“別の呼び名”を知っている。

( ゚ω゚)「…………いしろ」

「……内藤教諭?今何と────」

(;゚ω゚)「皆、散開しろ!教員も生徒もとにかくばらけて、できることなら木の下や建物の影に逃げ込め!!」

2011年10月27日。同月に重巡リ級との交戦で確認された“ヒト型種出現”の衝撃から2週間と経たぬ内に発生した、タイ海軍と深海棲艦の海戦。

タイ王国が保有する唯一の空母【チャクリ・ナルエベト】が海の藻屑と化すことになるこの戦いで、人類は初めて“艦載機を運用”する個体と─────








「“空襲”が始まるお!!!」

─────“軽空母ヌ級”と、遭遇した。
56 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/07(日) 23:59:51.56 ID:dUa8vtWv0
唸り声はいつの間にか止まっている。にもかかわらず、ヌ級の顎は閉じられない。身体を折り曲げ、四つん這いになりながら奴は寧ろ口をますます大きく、普通の人間なら間違いなく顎関節が外れるほど目一杯に開けた。

「一体、」

何をするつもりなのか。言葉を発した女生徒の一人がその台詞を最期まで言い切る前に、その答えを示す形でヌ級の口から黒く小さな点が群れを成して飛び出した。

(;゚ω゚)「っ、もう一度言うけど皆急いでここから離れろ!とにかく頭上を遮れる場所に移動を急げ!!」

「皆さん、内藤教諭の指示に従って下さい!!お友達同士で固まってる方達はばらけて、開けた場所を避けるように!」

「幸い300M先に自然観察用の樹木園がある、そこまで遮蔽物になるべく身を隠しながら走れ!!」

「こっちの屋根の下に行こう!高さも広さもある!」

「ゴミ箱の影………き、汚いけど我慢!」

僕の剣幕に何かを感じ取ってくれたのか、秋山さんが続けて指示を飛ばしたのを皮切りに一斉に周囲の皆が動き出す。同僚達も避難誘導に加わってくれ、西住さんたち以外の生徒も多少の「慣れ」が出てきたのか素早く行動に移し始める。

だが、如何せんあまりにも時間が足りなさすぎた。

「────っ、───!!」

「────!!?」

「───っ、…………」

風に乗って聞こえてきた、入り乱れる銃声と叫び声。保安隊の人達が上げているものと思われるそれらは、十秒と経たぬ内により別の騒音に掻き消され、徐々に小さくなっていきやがて完全に聞こえなくなった。

そして、その代わりに僕等を背後から追いかけてくる「音」がある。
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 00:21:52.47 ID:oslAuK/oO
絶望的なのはつまらなさ
58 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/08(月) 00:29:41.21 ID:ZkbNveRG0
飛び回るハチドリの羽音のような、或いは獰猛な肉食獣の威嚇音のような、連続的な音色。風切り音を伴ったそれは、僕たちに近づくにつれて高く大きくなっていく。

「何、何?何この音ぉ!?」

「う、上から、何か近づいて来て………」

降ってくる音────最早現代の空からは駆逐されたはずの、レシプロエンジンの駆動音。何十機分もが重なって上空で鳴り響く中、突出してきたらしき一際大きな音の主が僕の頭上に差し掛かった。

(;^ω^)「────やっべぇっ!!!」

「きゃんっ!?」

「Ou!?」

背筋に走った、氷柱を直接突っ込まれたかのような強い悪寒。咄嗟の判断で、僕のすぐ前を走っていた宇津木さんの腕を掴み横に居たアリサさんを肩で突き飛ばす。

二人ごと宙を浮いた身体は、通路を飛び越えて道脇の自転車置き場の中に転がり込む。直後、僕等が居た位置をアスファルトを削り取り機銃掃射が駆け抜けた。

悲鳴があちらこちらで上がるけれど、他の誰かが犠牲になった様子もない。樹木園への避難を開始する前に予め全員を散開させたのは幸い功を奏してくれたようだ。

「いたたたた………や、やだもぅ〜、先生ったらだいたーん」

「Damn………Hey boon!!タカシに振り向いて貰う前に傷物になったらどうしてくれるのよ!!」

(;^ω^)「まだいつものノリを出せるのは賞賛に値するけど自重してくんねえかな!?」

まぁ元気そうなのは何よりと言えば何よりだが、この状況下で脱力させにかかるのはやめてほしい。
59 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/08(月) 01:03:51.06 ID:ZkbNveRG0
「っ、ブーン先生!宇津木さん、アリサさん、怪我は!?」

(;゚ω゚)「園さん、戻っちゃダメだお!!」

「そど子、上だ!!!」

「────へ?」

僕たちの安否を気遣い、逃避行を中断して踵を返す園さん。そこに、直上から急降下する“機影”が一つ。

「園さん、危ない!!」

「ひゃっ!?」

火線が放たれるのと園さんに西住さんが飛びついたのはほぼ同時だった。間一髪、弾丸は西住さんの靴底を掠めて地面に突き刺さり、敵機はそのままボールが跳ね返るような軌道を描いて空へと戻っていく。

「「きゃああああああっ!!!?」」

何十メートルか向こうでは、更に別の機影が生徒二人を追い回す。彼女達が鉄製ゴミ箱の影に飛び込むと、そのまま放たれた掃射が表面で火花を散らし無数の穴を開けた。

その様子に、ぞわりと全身の毛が逆立つ。あんなもの、一発食らっただけでも手足の一本や二本は確実に引き千切られる。

(;^ω^)「西住さん、園さん、怪我は無いかお!?」

「こっちは大丈夫です!」

「私も!西住さんのお陰で傷一つ無いわ!」

(;^ω^)「ゴミ箱の所の二人は!?」

「こっちも大丈夫です!」

「すぐに動けます!」

(;^ω^)「あいつらがまた来る前に避難再開!

とにかくエンジン音の接近に注意するお!!」
60 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/08(月) 01:21:29.02 ID:ZkbNveRG0
加速どころか寧ろ更新ページ数が減ってしまった……申し訳ございません。

明日は18:00以降フリーなので大盛り更新頑張らせていただきます
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 01:44:57.04 ID:LnUCpndSO
そど子・デア=フォーゲルヴァイデ
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 01:46:07.31 ID:MCfQLJAA0
おつおつ
まったりペースでも構わないのにw
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 09:18:11.21 ID:oslAuK/oO
更新ペースよりも内容と文章を読み返したら?きついわ
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 10:44:12.95 ID:MCfQLJAA0
年末年で熱心に始張り付くその姿勢は認めるけど、いい加減もう少しマシな事にその労力使えばいいのに…
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 11:32:05.00 ID:y/gB/ajD0
お、ブーメランかな?
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 21:16:08.52 ID:i+bVVDkMo
あまりボッチをいじめないでやってくれ
67 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/08(月) 22:00:14.89 ID:4Tt2hLBIO
単純に書きためが間に合わなかったので更新明日お昼にずらさせていただきます。申し訳ございません。
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 01:23:25.42 ID:2JzqNIWxo
>>67
気にすんな。頑張れ
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/09(火) 08:57:14.12 ID:+Jgp1YMPO
単発あらし君はいつも夜の12時くらいに書き込んでるけど底辺社畜かな
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 09:12:02.21 ID:8zXxVDGJ0
↑ここまで自演
↓ここからも自演
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 12:00:47.14 ID:ymQYnkowO
自演はみんなやってるから良いだろ
72 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/09(火) 20:08:35.36 ID:mMdsrWauO
新年の忙しさ嘗めてた……お昼どころか今日の更新自体が難しいです、お待たせしてすみません。
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 20:30:36.75 ID:87CCs8AA0
ドンマイですw
気長に待ちますよ〜
74 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/11(木) 23:04:11.47 ID:XQqGvl4N0
三人同時に路上に飛び出し、走る。視界の端に、他の四人も駆け出す様子がちらりと映った。

たちまち、十数機が奏でる独特の風切り音が頭上から僕等に迫る。

「やっ……」

(;^ω^)「止まるな!」

何条かの火線が上から降り注ぎ、僕等の周りで機銃弾がコンクリートを砕き白い煙を上げる。身を竦めかけた宇津木さんの腕を取って強引に併走させていると、すぐさま新手の編隊が追ってきた。

「Fuck、速いわね!」

(;^ω^)「そりゃ二次大戦時のとはいえ戦闘機の性能持ってるからな!!」

樹木園まではあと250m程だろうか。軽いランニングでも一分かからないような距離だが、何せ追いかけっこ相手の最高時速が600km/hだ。

今の僕たちにとって、この逃走距離は42.195kmのフルマラソンより険しく長い。

「敵機来ます、皆伏せて!!」

(;^ω^)「おぉおっ!?」

西住さんの叫び声に、全員が身体を投げ出すようにして地面に突っ伏す。

銃火が頭上を過ぎ去り、ほんの数メートル先のアスファルトが無数の弾痕に覆われた。
75 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/11(木) 23:21:44.84 ID:XQqGvl4N0
「内藤教諭、西住殿、皆さん此方へ!!」

「他の子たちはもうだいたい指定避難場所に向かってるよ、安心して!」

「後は西住隊長と先生達だけです、早く!!」

僕達七人が意図せずして囮のような役割を果たし深海棲艦機の攻撃が集中したことによって、他の生徒・教員の大半は既に空襲から退避した。樹木園の入り口には秋山さんと角谷さん、澤さんが待機しこっちに向かって必死に呼びかけている。

「其方の二人はまだ走れますか!?」

「は、はい!大丈夫です!」

「私も佳奈も走れる!西住さん、心配しないで!」

(;^ω^)「あと少しだお、次の空襲が来る前に辿り着ける!!」

「は、はぃ……」

「おぇっ……」

少々息が荒いアリサさんと宇津木さんを引き起こしながら励ましの言葉を掛けるが、あと150m程の距離を奴らが来るまでに0に出来るだろうかと僅かに不安が過ぎる。現に、もう次の“波”が突っ込んでくる音が────

( ^ω^)(…………あれ?)

ふと、違和感。奴等が奏でるエンジン音は確かに相変わらず頭上で鳴り響いていたが、それが徐々に遠ざかっているように感じられた。

だが、それが何故なのかを考察する必要性はすぐになくなる。








(;゚ω゚)「おっ─────」

オレンジ色の炎を吹き出し、此方へ向かって猛烈な速度で落下してくる“何か”を目にした瞬間に。
76 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/11(木) 23:58:05.43 ID:XQqGvl4N0
「─────西住ちゃん、先生、早く逃げて!!!」

「What, what, what!!!?」

「な、な、何よアレぇ!!?」

「とにかく今は前だけ見て!!走れ、走れェ!!」

「────痛っ!?」

未だかつて聞いたことがないほどの焦りを含んだ角谷さんの叫び声と、西住さんの鬼気迫る檄。全員が弾かれたようにその場から走り出すが………一秒と経たぬ内に、一人が小さく悲鳴を上げる。

「うっ……」

「優季ちゃん!!?」

(;^ω^)「っええい!!」

深海棲艦機の空襲によってひび割れたアスファルトに足を取られ、宇津木さんが転倒する。痛めたのか膝のあたりを押さえ蹲る彼女のもとへとって返すが、“落下物”はもう既にあと数秒と経たずに地面に到達するだろう。……しかもよりによって、落下地点は宇津木さんの直上ときている。

(;^ω^)「────宇津木さん、痛くなるけどすまんお!!!」

「えっ………ひゃああっ!!?」

考考えるより前に、身体が自然に動いた。宇津木さんを抱え上げると、反動をつけて後ろへと放り投げる。同時に、僕自身はその勢いを駆って物体の落下地点の向こう側へと身を躍らせる。

「…………ッ!!」

「きゃっ!?」

投擲先には、僕と同時に踵を返していた西住さんが居る。彼女は持ち前の身体能力で宇津木さんをお姫様抱っこの要領でキャッチしつつ、後ろに自分から倒れ込むことで衝撃を逃がしていた。

(;゚ω゚)「うぉうっ!?」

流石西住さんと感心する間もなく、目の前に火達磨になって拉げた“落下物”が眼前に突き刺さる。腹を下から突き上げるような、“ズンッ”という震動が視界を揺らす。
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/12(金) 00:15:34.33 ID:AqBPqhNZ0
どんな顔してこんなもの書いてんだ
78 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 00:34:18.90 ID:zkSUgY8K0
────落下物の側面、拉げ穴だらけになった扉に【日ノ出テレビ】の文字を見つけ、それが深海棲艦機に撃墜された報道ヘリだと気づいたときには、僕にはもう時間は残されていなかった。

(; ω )「うあっ………」

バチバチととんでいた火花が燃料にでも引火したのか、機体が一際大きなオレンジ色の炎を吹き出した後に爆散する。幸い3m程の距離があったため巻き込まれて木っ端微塵になることは避けられたが、爆風に吹き飛ばされた僕の身体は5メートルほど後ろで花壇に叩きつけられた。

(メ; ω )「ゲホッ………」

肺から酸素が逃げていき、体中を苛む激痛と併せて意識を朦朧とさせる。著しく機能低下した耳が、何かがひび割れていくような音が近づいてくるのを捉える。

「ブーン先生!!!」

音の正体が、ヘリが爆発炎上した場所から伸びるひび割れが僕のもとまで到達したのと、宇津木さんの叫び声が響いたのはほぼ同時。

アスファルトが砕け、甲板が崩落し、身体の下から地面が消失する。ぽっかりと口を開けた暗い裂け目に、為す術無く落ちていく。








(メメ ω )(………シュー)

死の間際の走馬燈の代わりに、脳裏に浮かんだのはシュールな幼馴染みと最後に飲んだときの光景。

それを噛みしめる間すらなく、僕は意識を手放した。
79 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 00:59:23.38 ID:zkSUgY8K0



《ご覧いただけますでしょうか!?これは【テレビ日ノ出】の独占スクープ映像です!大洗女子学園の至る所が炎上し、甲板上に………おい、なんか上がってくるぞ!回避しろ、回h》

《…………………え、えー、ただ今、映像に乱れがありましたことをお詫び申し上げます。テレビ日ノ出では、引き続き番組の予定を変更して深海棲艦関連ニュースを放送致します》

《現在大洗港近辺には陸上自衛隊が展開、交通を制限。また百里基地にも自衛隊車両が複数入ったとの情報が───》

《大洗女子学園上空を飛んでいたテレビ局の報道ヘリが、何らかの攻撃を受けて墜落し甲板上で爆発が起きたとのことです。繰り返します、現在真偽は確認中ですが、大洗女子学園上空で───》

《フィリピン沖から日本本州へ向けて北上中の“新型”に関する情報はまだ公開されていませんが、既に関東・中部・近畿沿岸部には緊急避難警報・空襲警報が発令され、付近警察・消防による避難誘導が───》

《大洗港に停泊中だった船舶はプラウダ学園を初め民間・公共問わず全隻が緊急出港。また、海上自衛隊の防空指揮艦【かが】並びに艦載機部隊も一時洋上退避し───》

《茂名官房長官は先程緊急記者会見を開き、大洗女子学園の混乱の収拾と新型深海棲艦の撃滅を両方約束すると宣言。国民に落ち着いた行動を取るよう呼びかけ───》

《たった今入ったニュースです。政府は先程、太平洋海上において新たに極めて大規模な深海棲艦艦隊の浮上を確認したと発表。この艦隊は戦力を二手に分け、ハワイ方面と………南鳥島方面へ向かっているとのことです》

《政府は自衛隊・艦娘による領海の死守を約束する一方、東北沿岸の一部にも空襲注意報を発令しました。

該当区域の皆様はテレビ・ラジオを注視し、避難指示があった場合すぐに動けるようにして下さい。

また、今後鳴らされるJ-ALERTは全て訓練ではありません。J-ALERTが鳴った場合、必ず内容を確認し、適切で冷静な行動を心がけて下さい》
80 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 01:02:58.61 ID:zkSUgY8K0
ここまで二日ぐらいで来たかったのに2週間って………明日から改めて加速できるようガンバリマス。
本日はひとまずここまでです
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/12(金) 10:44:34.08 ID:XjXQebbA0
おつおつ
主役補正(丸腰の一般男性・女子高生)じゃ為す術無いとは言え、先生も頑張ってたが…
82 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 15:01:53.39 ID:zkSUgY8K0







【学園艦棲姫】の出現と、フィリピン海防衛線における交戦開始───この報告が入った時点で、南は既に横須賀司令府の地下総司令室に近習数人と一部閣僚を伴って移動を完了していた。

別にこれは、自ら艦娘の主力や海上自衛隊を指揮しようという勇ましい意図の表れではない。【学園艦棲姫】が強力かつ膨大な航空戦力を持っている可能性が指摘された段階で、空襲のターゲットとなり得る永田町から退避し現状最も強固な防御力を持ち避難手段も豊富な横須賀司令府が移動先に相応しいという判断からのものだ。

見ようによっては“臆病風に吹かれた”と取れなくもないし、実際南自身自分を勇敢な人間だと思ったことは一度も無い。何より、この事が外に知れれば「国民が危機に晒されているときに安全圏に一人で逃げた首相」と見る人間は少なからず居るだろう。

そして、南は「そうなるならそれでしょうがない」と割り切っている。

彡(゚)(゚)(ワイが空襲やら何やらで死んで、有事のど真ん中でクソ無能が指揮取るハメになるより億倍マシや)
83 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 15:07:00.76 ID:zkSUgY8K0
南は自身の能力を過不足無くある程度正確に推し量った上で、今の情勢で日本をとりまとめられる人間は自分しかないと結論づける。

彡(゚)(゚)(強いて言うなら茂名の爺さんやが、あの人は貫禄が不足しとるから野党がうざったくなる。他の有象無象は概ね空中分解待ったなし)

南が深海棲艦の出現前より自衛隊関連法案の整備に取りかかっていたとき、彼の改革に反対する(自称)平和主義者からよくぶつけられた質問がある。

曰く、戦争になったとき、首相は前線に立って戦うのか。

彡(゚)(゚)(これ言い出したの、どこのバカやろなぁ)

どうも彼らは南に効果的な文句だと勘違いしている節があり、遊説中やら講演時やら記者会見やら、あらゆる場所でこの失笑モノの質問をぶつけてきた。政治討論系のテレビ番組で知識派で売っているはずのコメンテーターが口に出してきたときには、堪えきれず腹を抱えてたっぷり一分間は爆笑してしまったのを覚えている。

彼らの脳内では、何故か常に戦争は日本が起こす側であり外国から宣戦布告を受ける事は絶対に有り得ないと決め付けている節がある。すぐ近くにある半島の北側に、核ミサイルを研究し常に「日本列島を破壊し尽くしてやる」と脅しをかけてくる軍事独裁国家が現存するにもかかわらず、だ。
84 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 15:32:43.40 ID:zkSUgY8K0
彡(゚)(゚)(戦国時代とか中世ヨーロッパから脳の進化が止まったのかな?)

或いは映画【インディペンデンス・デイ】のトーマス=J=ホイットモア大統領でも意識したか。いずれにせよ、“日本側が宣戦布告する”と決め付け、“日本への宣戦布告は有り得ない”と思い込んでいる人間の的外れな指摘であることは変わらない。

日本が“有事”をふっかけられた際の備えには手を抜かない、一方で“有事”を着地させられる力がある人間は、出しゃばらずに安全な場所で自分の義務を着実に果たす────それが日本と、その国に住まう人々の生活を護るために最も適した形として現状南が辿り着いた考え方だ。

まぁ、打算が皆無かといえばそうではない。横須賀は避難警報が出されている区画の一つであり、これを母港とする学園艦【聖グロリアーナ】の乗員・居住者・生徒も保安隊の誘導で退艦を開始した。

仮に横須賀司令府に行ったことがリークされても、本州での陸戦が始まった場合の最前線となる場所に首相が自ら赴いているとなればマスコミや反政権側としては叩きにくい………そんな算盤も、胸の内では弾かれた。また実務的な面でも、本来秘匿されている“海軍”の投入や他国との連携、迎撃作戦が領海外に拡大した場合など政治的な判断を現場に即座に下ろすことが出来るという大きなメリットが存在する。

メリットとデメリット、理想と現実を正確に推し量り、有事でも果断に行動できる───南が“異生物による世界規模での侵略”という前代未聞の“有事”にあって日本をこれまで守り抜いてこられたのも、飄々とした言動の裏に隠されたこの柔軟な対応力があればこそだろう。
85 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 16:56:50.56 ID:86iPh8W7O
………だが今起きている事態は、南の、否、日本全体の対処能力をさえ既に超えつつある。

「大洗女子学園、甲板上に報道局の回転翼機が墜落!火災も発生!」

「何故飛行制限がかかって……っ!過ぎたことは仕方ない、報道各局に大洗港付近全域での飛行禁止令を通達しろ!許されるギリギリのラインまで締め上げて構わない!」

「ヌ級flagshipの動向には特に注意しろ、空母艦娘並びに各鎮守府・警備府の基地航空隊は厳戒態勢を維持!」

「ミャンマー、マレーシア、タイなどASEAN各国の空軍は学園艦棲姫への攻撃準備を完了、しかしながら自衛隊と艦娘の支援がなければ攻撃を掛けることは不可能と通知あり!」

「中部や沖縄から一部でいいから機体は上げられないのか、もたもたしていると棲姫の航空戦力の発艦を許すぞ!」

「各学園艦の状況確認が済まないと無理です、戦力を動かしてから大洗と同じことが起きれば被害は際限なく拡大します!」

「各警備府から艦娘を動員、それと陸自と警視庁にも要請を入れろ!最長一時間、できるならその半分で全艦の安全確認を終わらせるよう伝えるのも忘れずにな!」

「アメリカ国防省より情報共有あり、南鳥島に向かう深海棲艦は凡そ300隻超。艦種詳細不明も、少なくとも装甲空母姫4、戦艦棲姫2は確認されているとのことです」

「南鳥島鎮守府提督より迎撃部隊抜錨の報あり。時刻ヒトヨンニーイチ、全八個艦隊48隻による迎撃です」

「第5防空機動艦隊に艦載機全機発艦を指示。南鳥島の艦娘部隊を支援させろ」

彡;(-)(-)「………」

照明やディスプレイが放つ、人工の光のみに照らされた司令室の中。最上段の席に腰掛けながら、南は周囲の喧噪を耳にしつつ瞑目する。

即断即決を信条とし、国内外問わずその果敢迅速な行動力によって国内外問わず多くの政治屋を翻弄してきた男が、眉間に皺を寄せ心底から苦悶していた。
86 : ◆vVnRDWXUNzh3 [saga]:2018/01/12(金) 18:03:48.68 ID:86iPh8W7O
「首相……」

呼びかけらた声に反応し、眼を開き顔を上げる。すぐ横に、いつの間にか一人の男が直立不動で佇んでいた。

彡(゚)(゚)「………お前さんの接近に気づけんとはボケすぎやな、ワイも」

(☆...●)「…………どういう意味ですか、それは」

男はそう言って不満げな様子を見せるが、正直なところ南の指摘は的を射ている。

身長209cm、体重135kg。180cmで十分高身長と言われる日本の成人男性において、この体躯は時代が時代なら人外扱いの一つも受けていたであろう。体格は“あの提督”程ではないにしろ筋骨隆々と言って差し支えなく、身長に至っては向こうよりも10センチ以上高い。顔は右眼がざっくりと縦横に走る大きな傷で潰れ、左眼のギョロリと剥かれた眼孔の迫力を助長している。引き結ばれた口元にも無数の傷が走り、顔だけ切り取ってホーン●ッドマンション辺りで飾っておけばいい案配に迫力を増してくれることだろう。

そんな、巨漢の────海上自衛隊三将にして艦娘部隊【元帥】、王嶋清人(おうじま・きよひと)の接近に気づかない鈍感な人間が、この世にどれだけいるかは疑問符が付く。

彡(゚)(゚)「そのまんまの意味や。ジェイソンが白昼堂々街中練り歩いてて気にならん人間なんて滅多におらんやろ」

(;☆...●)「………少しは気を遣っていただいてもバチは当たらないと思いますが」

思ったままの事を言ってやると、王嶋は今度は酷く傷ついた表情で頭を掻く。

全くこの男は、図体はデカいくせに昔から繊細だ。

彡(゚)(゚)「ほんま、ナリはデカいのに神経ほっそいよなぁ」

(☆...●)「首相、貴方の言葉はとりわけ強烈な武器になることをもう少し自覚すべきです」
87 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 18:39:08.25 ID:fHC45+5tO
いよいよ声を荒げる王嶋だったが、南の顔つきを見て諦めたように一度ため息をついた。

(☆...●)「………まぁ、首相も連日連夜の外交や党内調整、【艦娘自己自衛権】関連の詰めで出突っ張りだったところにこの事態です。気を抜きたいのは解りますが、せめて“いじり”はもう少しマイルドにしていただけるとありがたい」

彡(゚)(゚)「善処するわ」

口ではそう軽く返しながら、南は視線で自身の意図を汲んでくれた王嶋に感謝の意を示す。

気心の知れた人間との口さがないやりとりは、疲弊した脳を休ませてくれる貴重な存在だ。思考の柔軟性を維持するにあたって、今のような会話も南にとっては仕事の一環に他ならない。

彡(゚)(゚)「さて、聞かせて貰おか。大洗女子学園艦内の状況はどうなっとる?」

(☆...●)「はっ。先ず商業区ですが────」

彡(゚)(゚)「待った。時間も短縮できるし、どうせここは勝手知ったる横鎮や。

“いつも通り”にいこうや、キヨやん」

(☆...●)「………OKだ、ヨシ」

南の提案に頷くと同時に、王嶋の口調と態度から堅さが消える。彼は横の椅子を引いて腰掛けると、手元の紙束をバサリと此方の前に放り出した。

(☆...●)「単刀直入に結論を言うが、状況は40分前と同じ。新しいことは何一つ解っていない。

真新しい報せと言えばお前も今聞いてただろうが、せいぜいスクープを焦ったテレビ局のバカがヘリで学園艦上空に差し掛かった瞬間【Helm】に撃墜されたってことだけだ」

彡(゚)(゚)「……因みに、その馬鹿テレビ局はどこや」

(☆...●)「各局報道番組の内容を見るに日ノ出テレビで間違いない」

彡(゚)(゚)「ほーん」

近々国会に提出する予定の新放送法案で真っ先に潰すべきテレビ局が決まったな………南は胸中で決意を固める。
88 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 18:56:05.92 ID:fHC45+5tO
王嶋は長い付き合いの中で南が何を考えているか察したが、特に何も言わず話を続ける。

話の脱線は望ましくなかったし、正直王嶋自身南の考えには諸手を挙げて賛成だったため口を挟む必要が無い。

(☆...●)「学園艦内は艦橋保安室から各駐在所まで悉く沈黙、あらゆる方面から様々な手段で通信を試みたがきこえてくるのは波の音だけ………ロマンチックだね、貝殻を耳に当てていた無邪気な子供時代を思い出すよ」

彡(゚)(゚)「お前に子供時代なんかあったんか………無論、“暴徒”に関する続報も無しって事やな?」

(☆...●)「あったに決まってるだろ俺はいったい何なんだよ……無しだ。学園艦後部の商業区4箇所で大火災が発生している点、最初の【駆逐ナ級】が出現する前から火災に関して陸の住民より通報が入っている点から考えてここら辺が中心地だとは思うが推測の域を出んな。

なお、商業区の火災は現在も延焼中………俺たちの方で確認できたのは以上だ」

王嶋の言葉を受け、南の眉間に再び皺が刻まれる。なるほど、“進捗無し”は比喩皆無の正直な報告か。

彡;(-)(-)「で、ナ級が出たということはかなり高い確率で【寄生体】が暴動に関わっている、と……頭痛いわ」

(☆...●)「………あのビデオ映像の光景が日本で、しかも学園艦の上で起きることになるとはね。夢のようだよ全く。勿論悪夢という意味でな」

元帥の王嶋を初め横須賀鎮守府の首脳部には“海軍”に関する情報は相当深いところまで共有されており、勿論【ムルマンスクの戦い】に関する真相も彼は知っている。

戦闘の記録映像を見せられた時のことを思い出し、王嶋の表情が露骨に歪んだ。
89 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 20:02:16.86 ID:fHC45+5tO
(☆...●)「クソッ、アレのせいで俺はしばらく肉も魚もダメになったんだ……。

とにかく情報が足りないが、それでも学園艦奪還作戦を強行するなら突入箇所はほぼ確実に艦橋になる。装備や部隊練度を鑑みて直属保安隊なら艦橋の陥落を防げている可能性が高い」

彡(゚)(゚)「艦橋保安室がぱっと見は“ただの生徒や住人”である存在に発砲を許可する勇気があれば、やがな」

(☆...●)「ああ、最大の問題はまさしくそこになる」

南の指摘に、王嶋が頷く。その口調の平坦さから、彼も自身の“希望的観測”が通るとは微塵も思っていないようだ。

(☆...●)「俺もこの鎮守府の全員も、市ヶ谷だってはっきり言って期待していない。“陥落を免れた可能性”についても、他の駐在所や区画が0%なのに対して艦橋なら5%ぐらいはありそうってだけの話だ。それでも“皆無”じゃないだけマシだし、奪還の優先度としても設備や貯蓄武装、指揮系統回復などの観点から艦橋が最も高くなる……そもそも、“突入できるなら”というのが前提条件だが」

彡(゚)(゚)「やっぱ、アカンか」

(☆...●)「どうやって沸いたのかはともかく、軽空母ヌ級flagshipの出現が痛すぎる。ただでさえナ級の対空火力が未知数の中で、艦載機っつー解りやすい脅威が加わったらおいそれとヘリ単体での空挺には踏み切れねえ。まずは制空権の確保、だがその制空権を確保できる戦闘機すら出せない有様だ」

彡(゚)(゚)「………確か、軽空母とはいえヌ級flagshipの艦載機数は90近くやっけ」

(☆...●)「あぁ、flagshipの名を冠するだけあって機動力も高い。数で圧せばそれでも十二分に航空優勢は取れるだろうが…………学園艦は大洗だけじゃない。

残り197隻で“同じことが起こる”可能性がある限り、どこの航空戦力も動かせんし消耗も許可できない」

彡(-)(-)「………」

王嶋の重苦しい宣告に、南は再び瞑目する。彼の右手は、懐から煙草を取り出そうとする衝動と激しく戦い痙攣していた。
90 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 21:58:35.96 ID:wr0KNd1a0
世界屈指の艦娘先進国であると同時に、世界有数の学園艦大国でもある日本。深海棲艦が大洗女子学園に侵入した経路が掴めない以上、原因究明までは日本の学園艦は全て潜在的な深海棲艦の拠点として見なければならない。

ここまででも十二分に厄介だが、フィリピン海に浮上した【学園艦棲姫】の存在それ自体が自衛隊の軍事行動に決定的な楔を打ち込んだ。

即ち、大洗女子学園を初めとする学園艦に“深海棲艦化”の心配は無いのかという懸念。

(☆...●)「下半身がバイクになった雷巡が時速百キロで欧州を駆け回り、生身の人間が深海棲艦に変態し、今また学園艦の中から駆逐艦と軽空母が生えて来やがった。そして極めつけが、“学園艦型の棲姫”だ。

最早何が起きてもおかしくない………まぁこの件について取れる効果的な対策なんざ、はっきり言って存在するなら俺が教えて欲しいぐらいだがな」

学園艦としては小さい方とされる大洗女子学園で7.6km、生徒3000人と最小クラスに位置するベルウォール学園でも4.8km。そんなものが200近くも一気に深海棲艦化した場合、王嶋の言うとおり例え自衛隊と艦娘部隊が文字通りの総力を注ぎ込んだとしても勝ち目はないだろう。

現にたった1隻を相手に、アメリカも含めて3カ国分の空海軍部隊と“海軍”所属の精鋭艦娘を20隻以上ぶつけてあの様だ。

それでも………自衛隊も艦娘も、日本に住まう国民を護るためにある。軽んずることも、特定の場所を取捨選択することも究極的な状況になるまでは許されない。

逆に言うとそれは、大洗女子学園に取り残されているであろう人々にも言える。彼女達の安全を優先するあまり、他の地域での“危機”に目をつむり戦力を摩耗することはできない。

(☆...●)「………横須賀司令府元帥として、提言できる策は二つだ。

先ず一つは、乗員の」

彡(゚)(゚)「却下や」

(;☆...●)「早いな」

彡(゚)(゚)「………無論ワイかて、“それ”を最終的には選択せなアカン可能性もあることは理解しとる。

せやけど、それは“まだ”や。手が残っている限り、ワイらはその選択だけはしたらアカン」
91 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 22:35:52.01 ID:G84HfYJhO
(;☆...●)「……まぁ、お前ならそう言うと思った。口に出しておいてなんだが、俺自身お前が犠牲ありきの“第一案”にあっさり乗ってきたらぶん殴っていたかも知れん。

しかし、だ」

王嶋は腕を組み、低く唸る。

(;☆...●)「第二案もまた、別ベクトルでリスキーだぞ。日本の国際的な信用、お前自身が積み上げてきた実績、そして何より、せっかく流れが変わり始めた艦娘の在り方。その全てを賭けのテーブルに乗せる事になる」

彡(゚)(゚)「まだ助けられるかも知れん国民吹っ飛ばすより万倍マシやボケ。

………それに、ワイも何の準備も無しに賭けのテーブルに着くわけやない」

南はそう言って、胸ポケットから取り出した自身のスマートフォンを掲げてみせる。

その口元には、不適な笑みが浮かんでいた。

彡(^)(^)「特に最後の奴はワイ自身も苦労したし何よりそこないがしろにしたらせっかく出来た筋肉モリモリマッチョマンのライン友がブチ切れてまうんでな。

ノーリスクハイリターンでギャンブルを………それが、南慈英のモットーや」






(☆...●)「笑顔キモッ」

彡(゚)(゚)「死ね」

(☆...●)「てめえが死ね」
92 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/12(金) 22:41:06.61 ID:G84HfYJhO
本日の更新ここまで。書きためてまた明日投稿します。
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/12(金) 23:10:38.92 ID:fokMncrCo
乙です
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/12(金) 23:27:06.40 ID:p96O65EJ0
乙っす
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/13(土) 00:10:10.90 ID:mrV0aZ2PO
そろそろ底辺社畜単発あらし君が沸く時間やな
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 00:20:17.10 ID:hzpzTMtG0
>>95
自演もここまでひどいと笑えないからやめたら?
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/13(土) 00:26:08.25 ID:KuyNGQyPO
逆に荒し認定されちゃうから触れない方がいいよ
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 00:49:05.91 ID:4xlW5HyA0
おつです
ここの首脳陣優秀過ぎるw
それと初手本土決戦はやっぱ無理ゲーだよなあ…
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 18:34:43.68 ID:VXDQCWjrO
叩かれるあまり悔しくて自演しちゃったかー
100 : ◆vVnRDWXUNzh3 [saga]:2018/01/13(土) 23:01:17.91 ID:Q+RJLMSmO





私が小学生の頃、「戦争」が始まった。深海棲艦と名付けられた世にもおぞましい怪物達によって世界中の国々が侵略され、多くの犠牲者が出た………らしい。

何故不確定的な語尾になるのかと言えば、私は実際にその光景を眼にしたわけではないからだ。テレビでは連日深刻な表情をしたアナウンサーが苦境に立たされる人類の有様を報じていたけれど、6年目も後半に差し掛かったとはいえまだ小学生だった私から見れば「テレビ画面の向こう側」は全く関係の無い隔絶された世界。幾ら数字や現状を並べ立てられたところで、実感も興味も持てやしなかった。

ゴジラやガメラ、或いは貞子やペニーワイズと同列の“テレビの中の出来事”───当時の私にとって、【深海棲艦】とはせいぜいその程度の認識。

他に覚えている印象を無理やり付け加えるなら、“お小遣い減額の元凶”だろうか。

深海棲艦の襲撃によりシーレーンが壊滅し、輸入大国である日本の物価は当時軒並み跳ね上がった。多くの一般家庭同様貧しくもないが決して裕福でもなかった私の両親は節制に迫られ、真っ先に削減対象となったのが私の小遣いというわけだ。

毎月の第一日曜日に手渡される一枚の1000円札が一枚の五百円硬貨に変わったときの絶望と悲哀は、今でも夢に見るほど克明に覚えている。
101 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/13(土) 23:05:34.14 ID:Q+RJLMSmO
ともあれ、あれから六年が経ち高校の卒業を間近に控えた今まで、幸運なことにその認識を変える必要はないまま過ごせた。

勿論深海棲艦がどれほど恐ろしい犠牲を出したのかはニュースや資料で知っているし、【学園艦】という洋上の教育施設で過ごす以上不安が皆無だったと言えば嘘になる。ニュースで度々流れる犠牲者数や深刻な影響の意味を読み取れるようになってからは、深海棲艦の恐ろしさというものも十分に理解できる。

だが一方で、日本は出現当初の攻勢を凌ぎきり【艦娘】の実装によってその脅威を近海からは完全に駆逐した。自衛隊は戦訓を積み、太平洋側の離島には強力な防護施設が幾つも建設され、何より二万人を越える艦娘が居る───そうした実情から、深海棲艦の恐ろしさ自体は理解しても私は相変わらずそれをどこか他人事のように捉えていた。

勿論、原隊復帰になった蝶野教官やヨーロッパで義勇軍に参加していた西住ちゃんの友達、或いは陸の大洗町の方で時折見かけるようになった反戦・反艦娘デモなど全く影響が皆無というわけではない。それでも、他の国のように街に爆弾が降ってくるわけでも海岸に駆逐艦の群れが上陸してくるわけでもない。

自分から海外に、それも艦娘の守りが手薄な場所にでも行かない限り、戦争も深海棲艦の侵略も相変わらずテレビの中の出来事。私がよく知るこの学校での日々は、この先もずっと続いていく。

そう、思っていた。









ずっとそうなるように、願っていた。
102 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/13(土) 23:10:36.68 ID:Q+RJLMSmO


だと言うのに、だ。

私がよく知る街並みが、燃えている。

私がよく知る青空を、爆弾を抱えた戦闘機が飛び回っている。

そして私がよく知る人は、たった今目の前で居なくなった。

嗚呼畜生、神様ってのが居たらきっと性根の腐りきったクソ野郎に違いない。いたいけな少女があれだけ必死に祈ったってのに、全く真逆の結果を鼻先に突きつけやがって。

「西住ちゃん!宇津木ちゃん!!」

いつか地獄に落ちた暁には、必ず神様のケツを渾身の力で蹴り飛ばしてやる───そう決意しつつ、私は樹木園から飛び出して我らが隊長の元へと駆け寄る。

秋山ちゃんも澤ちゃんも、樹に縋り付くようにして立つのがやっと。足が生まれたての子鹿のようにがくがく震えて動ける有様じゃない以上、私が行くしかない。

「二人とも大丈夫!?怪我は無い!?」

「私は大丈夫です、宇津木さんも見た限りでは……っ、宇津木さん、ダメッ!!」

「だって……せんせ、今落ちて……私のこと庇って……やだ、やだ……」

抱き留める西住ちゃんの腕の中で、宇津木ちゃんの視線はぽっかりと口を開け黒煙を吹き出す穴に固定されている。直下に浄水パイプでもあったのか、流れる水の音が轟々と聞こえてくる。

身を捩って西住ちゃんの拘束から逃れようとしつつ、宇津木ちゃんの両手は何かを掴もうとするように難度も空を掻いていた。

「っ、宇津木ちゃん落ち着いて!大丈夫、大丈夫だから!」

私自身眼にしているのが辛く、半ば私情混じりで強引にその動きを手首を掴んで終わらせる。何が大丈夫なのかなんて、言っている私にも解りゃしない。

ただ、今が大きなチャンスであることだけは間違いなかった。

吹き出す黒煙が煙幕の役割でもしてくれているのか、深海棲艦機は上空を飛び回りながらもまだ次の攻撃に移る様子は無い。今のうちに樹木園まで辿り着けば、後は指定避難場所まで突っ走るだけだ。
103 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/13(土) 23:15:39.56 ID:Q+RJLMSmO
脳裏を過ぎる「肝心の救助はくるのか」と言う疑問に背筋が冷えるが、頭を振って追い出す。

実際来なかったとしても、自分達だけでこの状況を打破できる代案を出せる程私は英知に優れちゃいない。出来るのは、ただ助けが来ることを祈るだけ。

……尤も、祈る先は神なんかじゃない。私が神に祈ることは金輪際ないだろう。

「宇津木ちゃん、いこっか!」

「でも……せんせ……ブーン先生が……」

「だから大丈夫だよ!!!

西住ちゃん、悪いけど宇津木ちゃん背負って!私が乗せるの手伝う!」

「はい!

そう言えば、他の人達は───」

「生徒会長の五十鈴ちゃんが先導して避難場所に向かった!私達も急ごう!!」

宇津木ちゃんの視線は相変わらず穴の方を見てはいたけれど、幸いもう暴れる気力すら無いのか大人しい。だらりと弛緩した彼女の身体を、西住ちゃんがしっかりと背負えるよう押し上げる。

本当なら上級生の私が背負う役をやるのが様になるのだろうけど、生憎映画館で中学生料金を取られそうになるこのちんちくりんな体格では荷が重い。ここはかっこつけるよりも効率重視、餅は餅屋だ。

「っし、固定も完了!西住ちゃん、走って!」

「了解です────あれ?」

「ん?」

駆け出しながら、西住ちゃんは正面の樹木園ではなく横を見ていた。

つられて、私も其方に視線を向ける。
104 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/13(土) 23:32:26.77 ID:Q+RJLMSmO

<ヽ;`∀´>

「………二田巡査?」

先ず、見覚えのある顔が此方に向かって駆けてくるのが見えた。野球のホームベースを思わせる角張った顔と、ピンセットでつり上げたみたいな両眉が特徴の大洗女子学園に在籍する保安官の一人………二田瓜生(にった・うりゅう)巡査だ。

彼に先導される形で、その直ぐ後ろにも同じく保安官の制服を着た幾つかの人影。そして更にその後ろからは何十………何百人という人の波が続く。多くが船舶科や水産科の制服を着ていたけれど、コック服や白衣、清掃業者の制服に身を包んだ人もおり統一感はあまりない。

普通に考えれば、二田さんたち保安隊が避難民を保護して引き連れてきたと考えるのが自然だ。学園内に続く正門こそ新手の───ブーン先生が【ヌ級】と呼んだ空母型深海棲艦に塞がれているけれど、大洗女子学園の全幅は1.1kmにも及ぶ。他にも学区や学園内に入れる入り口はあるので、其方から逃げてきたと思えばおかしな事ではない。服装・年齢層の多様さについても、居住区の人達も一緒に逃げてきたのだと考えれば辻褄が合う。

だけど私は、何故かその集団に奇妙な違和感を覚えた。
105 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/13(土) 23:57:16.15 ID:Q+RJLMSmO
「前会長、西住殿、ご無事で!」

「お陰様で!」

樹木園に飛び込むと、秋山ちゃんが出迎えてくれた。まだ顔面蒼白ながら、何とか最低限立ち直ってはくれたらしい(澤ちゃんの方は子鹿状態を継続していたけれど)。

「……前会長、二田巡査達は一体どうしたのですか?」

「私達と同じ方角に向かってますよね。深海棲艦から逃げるのなら当然なんだけど……」

流石と言うべきか、西住ちゃんと秋山ちゃんも二田さんたちの様子がおかしいことに気づいたようだ。本来なら私達も一目散に指定避難場所まで走るべきだけど、集団の異様さが一択である筈の選択肢を素直に選べなくしていた。

(………あれ?)

ふと、違和感の正体を理解する。

避難民と思われる集団が、二つの層に分かれていた。二田さんや他の保安官の人達に背中を押され、手を引かれ、転びそうになるところを支えられながら逃げてくる4、50人前後の集団と、その後ろを追う形で走る何百という群衆。前者の層が例えばお年寄りや子供の集団なのかとも思ったけれど、ざっと顔ぶれを見る限りそんな様子はない。

なにより────後方の“群衆”を構成する人々は、何故か手にバットや鉄の棒等を持っている比率が高いような気がした。

「………角谷さん?」

「なんか」

ヤバい気がする。そう口にする直前、保安官の一人が反転する。





「────え?」

乾いた銃声が、私達のところまで届いた。
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 00:01:20.12 ID:WO5MW5TL0
そろそろ底辺社畜単発あらし君が沸く時間やな
107 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/14(日) 00:20:53.95 ID:SlbyUNX4O
眼前で起きた信じがたい光景を脳が受け止める前に、その保安官は更に二度引き金を引いた。ニューナンブM60が弾丸を吐き出し、群衆の先頭を駆けていた中年の女の人の割烹着が真っ赤に染まる。

だけど、目の前で一人射殺されたというのに“群衆”は止まらない。前のめりに倒れ込んだ女の人の身体を踏み越えて、船舶科中等部のセーラー服に身を包んだ人影がその前に躍り出る。

「──────っ!!!』

彼女は、何事かを叫びながら思い切り振りかぶった鉄パイプを何の躊躇もなく保安官めがけて振り下ろした。

グシャリ。

反応が遅れた保安官の頭が、真っ赤な液を撒き散らしながら潰れた。膝から力が抜けて倒れ込んだ彼の周囲に、後続してきた人々が群れ集う。

グシャリ、グシャリ、グシャリ。

鉄パイプが、ゴルフクラブが、トンカチが、シャベルが、ポリバケツが。形も種類も雑多な獲物が、だけど同じ“殺意”を込めて振り下ろされていく。

何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も。

「ひぁっ………あぁ………」

遠目でもはっきりと解るほど大量の血が、人々の足の隙間から流れ出てアスファルトに赤い放射状の模様を描く。

間の抜けた悲鳴を上げて、澤ちゃんが今度こそ膝から崩れ落ちる。
108 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/14(日) 00:23:28.14 ID:SlbyUNX4O
時間的に寝ないとなので一旦切ります。明日も同時間帯に更新予定です
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 00:27:45.46 ID:ZzecuYKuO
そろそろ底辺社畜単発あらし君が沸く時間やな
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 08:06:59.03 ID:vZcPE8aA0
おつおつ
いよいよ狂乱化が止まらんが、介入はどうなるやら…
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 20:00:33.35 ID:N9uAqfBP0
112 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/14(日) 23:49:06.88 ID:/5QyWZpb0
本日更新厳しいので明日の昼と夜で2更新とします
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/15(月) 07:04:49.31 ID:qhkM5P7G0
しなくていいです
114 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/15(月) 14:40:11.46 ID:lwd7GqTtO
まんま、ゾンビ映画の一場面を切り取ったかのような光景だった。

燃え盛る街、逃げ惑う民間人、それを守る警官隊、おまけにここは【学園艦】という隔絶された空間。立ち向かおうとした警官の一人が数の暴力に呑み込まれるところまで、誰かが脚本でも書いたみたいにお誂え向きだ。二田さんたちを追う“暴徒”は走ってきてきているけど、【ワールドウォーZ】や【新感染】で走るゾンビもわりかし知名度を得つつある昨今ならそんなに大きな問題じゃない。

……ただ、映画のゾンビが多くの場合疫病やらウィルスやら呪いやらで理性を失った死者であるのに対し、

「待てオラァ!!』

『殺せ、殺セ!!」

「逃げないでよ、痛くしないカラさぁあああ!!』

保安官を一人殺し、なおも二田さんたちを追って樹木園に向かってくる“暴徒”は……言葉を発し、武器を構え、明確な意志を持っている。

抱く感情が一様に“殺意”であるという点を除けば、私には彼らが普通の人間にしか見えなかった。
115 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/15(月) 15:42:05.19 ID:lwd7GqTtO
いつの間にか、叫び声が意味を持つ「言葉」として耳に届くような近さまで距離が詰まっている。逃げなければいけないのに、私の足は地面に根でも生えたみたい動かせない。

「会ち、角谷先輩、逃げましょう!ここに居ると危険です!!」

「あっ………」

西住ちゃんが私の腕を引くが、まるで筋肉が全部綿になっちゃったみたいに下半身に力が入らない。引かれるままに私の身体は腰から崩れ落ち、お尻が冷たい地面を踏みしめる。

「逃がすかクソがぁっ!!』

「早く回りこめ!!あいつら女子供も連れてるから逃げ足遅いぞ!!』

「このままだと追いつかれます!!」

「クソッ、機動保安隊は総員反転しろ!!」

互いに指示を出し合いながら、二田さんたちを囲い込もうと広がっていく“暴徒”たち。それに対して、今度は五、六人の保安官がいっせいに振り向いてその進路に立ち塞がる。

他の区画の担当だったのか正門での空襲から生き延びた部隊がいたのか、全員がH&K MP5を構えていた。

「撃ち方ぁ、始め!!」

放たれた弾雨が“暴徒”に殺到する。頭を、胸を、腹を鉄の弾丸が撃ち抜く湿った音が私達の下まで届く。

噎せ返るような血の臭いが、辺りに充満した。
116 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/15(月) 17:21:22.88 ID:lwd7GqTtO
「イギッ……』

『あぁあああああっ!!!?いでぇっ、いでぇええええっ!!!?」

「ぎぃっ、がっ………』

サブマシンガンが奏でる、リズミカルで軽快な音。そしてそれを塗りつぶすようにして、銃弾を受けた“暴徒”達が上げる断末魔の大合唱。

トラウマものの協奏曲に彩りを添えるのは、飛び散った臓物や脳漿、そして全身に鉄の弾丸を埋め込まれて転がる何十という屍体の山。

「ウブッ、おぼっ、うぉええええええええ………」

秋山ちゃんが近くの木に腕をつき、身体を折り曲げて吐瀉物を撒き散らす。私も、生まれて初めて嗅いだ“屍臭”という奴に喉元まで強い酸味を伴った何かがこみ上げてくる。

宇津木ちゃんと澤ちゃんが既に意識を手放していたのは、不幸中の幸いだった。

「先輩、優花里さん、大丈夫ですか!?二人とも気をしっかり持って、今のうちに避難場所まで向かわないと!」

西住ちゃんも顔面蒼白だったけれど、彼女はそれでも気丈に私と秋山ちゃんの安否を気遣ってくれた。私も何とか立ち上がろうとしてみるが、力が全く入らない。

「ごめん、西住ちゃん……私も、腰が……抜けて……」

「っ、優花里さん!澤さんをお願い!会……角谷先輩と宇津木さんはこのまま私が!」

「うえぇ……ふぐっ……り、了解です!」

「先輩、失礼します!!」

制服の肩口を掴み、西住ちゃんは私の身体を樹木園の奥へと運んでいく。

「────っ!───っ!!」

「────、────!!!」

<ヽ;`∀´>「……っ!」

引き摺られながら再び後方を見やれば、しんがりの機動保安隊は牽制射撃によって完全に暴徒の突出を抑え込んでいた。指揮官に何事か言われて頷いた二田さんが歩を早め、“暴徒”との距離を引き離し始める。

(………逃げられそう、かな)

私と宇津木ちゃん、小柄とはいえ女子校生二人を運んでいるため西住ちゃんと言えど歩みは遅い。けれど、しんがりの保安隊が“暴徒”を完全に足止めしてくれているお陰で、距離は開く一方だ。
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/16(火) 23:00:10.21 ID:BO37H/1UO
面白くないね
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 00:37:48.75 ID:5McSEgOe0
ダイジョブ?
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/17(水) 02:55:59.12 ID:6yauoJU/O
日本語が怪しいところそこそこあるけど、中学生?
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 06:47:36.10 ID:Ao4EQnwk0
留学生かもしれないからあんまりなこと言うもんじゃないよ
121 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/17(水) 23:03:25.41 ID:R09KI/sf0
ただでさえ銃の所持が厳しく規制される日本、そこに学園艦という条件も重なれば手に入る武器はたかが知れている。サブマシンガンとはいえ弾幕展開が可能な銃火器を装備した人員がある程度集えば、バールやらバット如きでは数を頼みにしても容易には突破できない。

『う……ぁ………」

「ひぃいいいいっ!?』

それに、“暴徒”の勢いそれ自体も明らかに鈍っている。仲間が目の前でバタバタ薙ぎ倒されりゃ当然の反応だし、武装の使用にかなりの制約が掛けられている日本の警察組織がシカゴ警察も真っ青な弾丸の大盤振る舞いで反撃してきたのは向こうとしてもアテが外れたに違いない。実際、私も保安隊の積極果敢な反撃には少し驚いている。

(……………)

そう、“少し”驚いただけだ。

挨拶すら交わしたこともない顔触れが殆どとはいえ、それでもこの学園艦に───西住ちゃん達と一緒に必死に守った大洗女子学園に住んでいた人達が、目の前でドンドン死んでいる。その異様な光景に相対しているのに、恐怖を多少抱いただけで悲しみも怒りも沸きやしない。

相変わらず腰が抜けた状態でトロイア戦争のヘクトールみたいに地面を引き摺られていきながら、頭の中の妙に冷めた部分が現状を呆れ返るほど冷静に受け止め、分析していた。

(こんな冷たい性根だったんだねぇ、角谷杏って人間は)

自嘲の笑みが、無意識に口元を歪ませる。山ほど人が死んでいく様子を目の前にして笑うとは、他人から見たらきっとサイコパスにしか見えないに違いない。
122 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/17(水) 23:22:18.46 ID:R09KI/sf0
(別に、自分が立派な人間だと思ったこともないけどね)

西住ちゃんを無理やり戦車道に引きずり込んだり、彼女を強引な勧誘から救うため生徒会室まで一緒に乗り込んできた武部ちゃんと五十鈴ちゃんを脅したり、どんな批難をされてもおかしくないことには何度も手を染めてきた。二度目の廃校の危機に際しては、正直法的にグレーゾーンで止まっているのかすら怪しい搦め手も幾つか使った。

どれも褒められた行為じゃないけれど、この学園艦を、そしてその上の人達を守るために必要なことだと信じてやったことだ。その想いは今でも変わってないし、後悔もしていない。

だというのに、そうまでして守ろうとしたものがこれだけ無惨に蹂躙されても、そうまでして守ろうとした人達が目の前で殺し合いをやっていても、私の眼からは涙一滴零れやしない。怒りのあまり歯が砕けるぐらい食いしばられてもいい口は、締まりのない苦笑いを浮かべたままだ。

(…………私自身だって助かったとまだ決まったわけでもないのに、暢気なもんだ)

だいたい私達や先に避難した学園内の人間が全員助かったとしても、それは艦内に居た人間の1/3にもなりはしない。残りの二万を越える人達は取り残されることになる。そしてその人達を見捨てて、私はこの艦から逃げようとしている。

「角谷先輩?」

「ははっ、うん、なんでもないよ西住ちゃん」

それこそ“今やるべき事ではない”と頭では解っていても、一度ハマった「ドツボ」からはなかなか抜け出せない。

気遣ってくれる西住ちゃんに生返事しながら、私は底なし沼に足を踏み入れたかのように物思いに沈んでいく。
123 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/17(水) 23:26:32.10 ID:R09KI/sf0












─────そして。

<ヽ;`∀´>「ニダ!?」

「ヒッ………」

樹木園の向こう側で……指定避難場所がある方向で沸き上がった爆発的な悲鳴によって、私は思考の坩堝から強制的に現実へと引き戻された。
124 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/18(木) 00:15:20.18 ID:pWIW7eUO0
何百という人間が全力で走る、地鳴りのような足音。統一感が皆無に等しいそれは、足音の主達が酷く錯乱している様子を私達に伝えながら猛烈な勢いで近づいてくる。

それに伴って叫び声の内容も当然聞き取れるようになっていくんだけど────その内容は、到底私には理解しかねるものだった。

「いや、いやぁあああああ!!!やだ、噛まないで、噛まないでよぉおお!!」

「いだぃ、いだぃいいいいいいっ!!?」

「足が、俺の足が食われ………いぎいっ!!?」

「逃げて逃げて逃げて!!無理、あんなの無理!!」

「食べないで、食べないで下さい!!助けて、誰か助けてぇ!!!」

耳を覆いたくなるような、甲高い悲鳴の数々。それこそ、まるでゾンビ映画やゾンビアニメ──昨今流行の萌え路線じゃなくて正統派の方──から切り取って大音声で流しているような有様に、じわりと全身から汗が噴き出す。

確かに樹木園の入り口の方でも現代日本とは到底思えない殺し合いの真っ最中だが、機動保安隊と交戦している“暴徒”の群れにカニバリズムのケがあったようには見えない。とはいえ、既に深海棲艦が学園艦で暴れ回っているという“現実”の前では人食い部族の襲撃やゾンビの出現は十分あり得てもおかしくない出来事の範疇だ。

生い茂る木々の向こう側でどんな惨状が起きているのか、ぞっとしない想像に背筋が震える。

そして、それに追い打ちを掛けるようにして。

『─────キャハハハハハハハハハハハハ!!!!!』

今度は、“笑い声”が辺りに響き渡る。
125 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/18(木) 00:42:52.03 ID:pWIW7eUO0
数百人が上げる悲鳴や断末魔の中にあって、それはまるで直接頭の中で響かせたみたいにはっきりとここまで届いた。

生後数カ月の赤ん坊が上げたような………それでいて、酷く嗄れて耳障りな笑い。声自体のおぞましさとそれがこの場で響くという不自然さが、私の身体を芯から冷やす。

「に、西住殿……今のは……」

「……五十鈴さんたちが心配だけど、今は一旦様子を見ます。秋山さんも動かないように。角谷先輩、動けますか?」

「あ、はは………少し力は入るようになったかな」

すっかり怯えきって縮こまった秋山ちゃんに的確な指示を出しながら、西住ちゃんが腰を屈めて私の顔色を覗き込んでくる。

……心底から私や秋山ちゃん、それに宇津木ちゃんや澤ちゃんを心配してくれている表情だ。この期に及んで自然とそういう態度が取れるこの子は天使か何かだろうか。

「とはいえ、まだ立てそうもないけど。西住ちゃん、最悪私は置いて逃げていいからね?」

「そんなことは絶対にしません。力がある程度入るなら、移動速度を上げるため私が肩を貸すので」

「────後ろです西住殿ォ!!!」

「西住ちゃん、危ない!!」

「──────!!!』

彼女の後ろで鉄パイプを振りかぶる人影。

私と秋山ちゃんが、同時に悲鳴に似た叫び声を上げる。




鈍い打撃音が、私の耳朶を打った。
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 01:19:39.57 ID:y4jvC6gb0
西住殿ォwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwし、し、し、し、死なないでぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 08:33:54.03 ID:adeupEY7O
クソワロwwwwwwwwwwww
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 10:10:48.76 ID:XbG8xJpA0
おつおつ
何が怖いってこんな惨状が、世界中同時多発的に起きれば人類の詰みっていう…
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/18(木) 16:17:50.53 ID:oqxyPqgN0
いつまで粘着荒らし君は居座るのかな?
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 17:09:46.81 ID:XbG8xJpA0
>>129
一番律儀で熱心なんだし、もう気にしなくていいのではw
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 17:13:41.81 ID:adeupEY7O
顔真っ赤だけどどうした?
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 21:40:36.34 ID:tLdLwgpSO
>>1、よくやったな。
それじゃ、リセットボタンを
押しながら電源を
OFFにしなさい。
わかったね。
ガチャン ツーツーツー
133 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/18(木) 23:04:08.54 ID:pWIW7eUO0
人体は、案外脆い。脳という極めて重要な器官を守るためにとりわけ丈夫に発達したのが頭蓋骨だが、それだってやろうと思えば人間の力でも簡単に破壊できる。ついさっき、保安官の頭が潰されたように。

男が西住ちゃんに向かって鉄パイプを振り下ろしたとき、同じ光景が繰り広げられると思った。だから、私は咄嗟に眼を瞑ってしまった。

(────あれ?)

でも、すぐに違和感に気づく。

打撃音は確かに響いたけれど、それは保安官が殺されたときとは似ても似つかない随分と乾いたもの。それに、西住ちゃんが倒れる音もしなければ私に対する追撃も一向にない。

「に、西住ちゃん……?」

震えそうになった声を辛うじて抑え、恐る恐る眼を開ける。

真っ先に眼に入ったのは、眼前で木の幹にめり込んだ鉄パイプ。相当な力で振りかぶられていたらしく、幹の陥没は軽く1cmに達するだろうか。

「…………Shit!!』

そして、そのパイプを必死に窪みから引き抜こうとする大男。おそらく、学園外どころか国外からの観光客なのだろう。顔つきも身長も横幅も何もかもが日本人離れしている。

「Damn……!』

───最後に、その外国人が巨体を揺すり、金髪を振り乱し、口髭を震わせて引き抜こうとしている鉄パイプは。

「……………」

“大洗の軍神”なんて大層な渾名で呼ばれる細身の高校二年生が、困ったような表情を浮かべながら右足一本で完全に抑え込んでいた。
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 23:11:28.66 ID:y4jvC6gb0
お、満喫行ってまで自演か。ご苦労!
135 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/18(木) 23:12:57.26 ID:pWIW7eUO0
「あの、ごめんなさい!!」

「わわっ!?」

「きゅうっ!?」

西住ちゃんが発した謝罪は、彼女が手を離したことで仰向けに倒れた私に対するものだろうか。地面に投げ出された宇津木ちゃんに対するものだろうか。

「────What!?』

或いは、眼前の外人に対するものだったのだろうか。

とにかく、彼女はその言葉と同時に、木の幹に置いた片足を起点に跳躍した。

「ガッ………!?』

空中で身を捩り、足を振り上げ、全体重を乗せて叩き込まれる踵落とし。幾ら華の女子校生の体重とはいえ、跳躍による勢いもある。

当たり所次第では簡単に人を殺せただろう威力だけど、それを肩口に落としたのは西住ちゃんの優しさだろう。

「Fuck!! Kill you!!』

だけど、その好意を目の前の外人は──“暴徒”の一人は理解しなかった。鉄パイプは手放してしまったけれど、今度は巨大な拳を西住ちゃんめがけて突き出す。

「っ」

「ゴァッ………!?』

早業。彼女のソレはまさに、この言葉がぴったりと当てはまる動きだった。

肘打ちで拳の軌道を反らし、ボディに掌底を打ち込んで身体を折らせ、返しの裏拳で顎を打ち脳を揺らす。私は別に格闘技に詳しくないし実技の喧嘩はからっきしだけど、それでも西住ちゃんの動きが格段に洗練されているものであることは解る。

「グゥッ………』

外人は最後の顎打ちで一瞬動きを止めた後、ぐるんと眼球を回転させて動きを止め前のめりに倒れ込んだ。死んでいる感じはしないけど起き上がる様子もない。

西住ちゃんの最後の一撃から予測するに、軽い脳しんとうによって意識を失ったのだろう。
136 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/18(木) 23:38:43.08 ID:pWIW7eUO0
ただ、襲来した新手の“暴徒”は外人だけではなかった。

『ひぃああっ!!!」

「おらぁっ!』

更に二人が、武器を構え向かってくる。ガリッガリの………肉体改造する前の猫田ちゃんみたいな体格の男がプラスチックのバットを、そしてランニングウエアを身につけた筋肉質な女の人が鉄製のスコップをそれぞれ西住ちゃんめがけて振りかぶった。

「ふっ!」

「イッテぇ……!?』

『ギュッフ」

西住ちゃんも、動く。鋭い呼気と共に上段蹴りを繰り出してスコップの方の軌道を反らすと、そのまま男の方に踏み込んで肘打ちを腹に。男は、まるで潰れた蛙のような声を上げて沈黙する。

「てめぇ……わぶっ!?』

「やっ!」

体勢を立て直したところに蹴り上げられる土。視界を奪われたスコップ女の懐に跳び込み、西住ちゃんが可愛らしいかけ声とは裏腹にエッグい勢いで膝を入れる。

「ゴボォエエエエエ……』

スコップ女はビシャビシャと吐瀉物を撒き散らしなが地面に横たわり、しばらく痙攣した後動かなくなる。

………あれ死んでないよね?大丈夫だよね?
137 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/19(金) 00:07:50.39 ID:QNL4JPRg0
「角谷先輩、宇津木さん、どちらか動けますか!?」

「ええと、ちょっと動けるようになってきた、かな?!」

「………あれ?私、なにがどうなってるの……?」

「でもまだ宇津木ちゃんはダメっぽいや!」

「では、申し訳ないですけど宇津木さんを連れてもう少し下がってくださ……いっ!」

「ぶぉっ……』

回し蹴りを顔面に浴びて、カッターナイフを振りかざして突進してきた男が薙ぎ倒される。

「優花里さんも先輩と一緒に退いて私の後ろに!向こうからも暴徒がドンドン来てる!」

「で、でも……」

「早く!!」

「ぎぁっ!?』

「ひぇっ!?わ、解りましたぁ!!」

西住ちゃんを置いて下がることを躊躇した秋山ちゃんも、直ぐ近くまで迫っていた暴徒が西住ちゃんの投げた鉄パイプで気絶する様を見て慌てて私と宇津木ちゃんの方へ駆けてくる。その間にも、まだ疎らながらそれでも着実に数を増やす“暴徒”を西住ちゃんは次々と地に沈めていった。

魔女っ子アニメのヒロインがプリントされたシャツを着た、でっぷりした体躯の男の人を掌底で顎に一撃加え眠らせる。

口元を×印が書かれたマスクで覆い竹刀を構えた、一昔前の不良みたいなファッションの船舶科生徒にボディーブローを打ち込む。

最初の外人より更にガタイがいいタンクトップを着た黒人の意識を、跳び蹴りで刈り取る。

明らかに、高校生の動きじゃない。さっきまでの光景がゾンビ映画なら、今度のこれはさながらジャッキー=チェンのカンフー映画だ。
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 00:42:32.04 ID:0F226JGJ0
そろそろ底辺社畜単発あらし君が沸く時間やな
そろそろ底辺社畜単発あらし君が沸く時間やな
そろそろ底辺社畜単発あらし君が沸く時間やな
そろそろ底辺社畜単発あらし君が沸く時間やな
そろそろ底辺社畜単発あらし君が沸く時間やな
そろそろ底辺社畜単発あらし君が沸く時間やな






  そ  ろ  そ  ろ  底  辺 社  畜  単  発  あ  ら  し  君  が  沸  く  時  間  や  な
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 01:44:20.95 ID:tFEjihQA0
おつおつ
ヒロインが自分で切り開くのか…w
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 13:04:07.16 ID:XTzI0O3n0
これが西住流…
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 21:15:57.28 ID:rCTPONzg0
オツ
142 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/19(金) 23:01:19.05 ID:waLrkwuYO
ふと、ブーン先生の授業を思い出した。“戦車道史”の一回目で習った、日本戦車道の礎となった人物の逸話が脳裏に蘇る。

「……女性の身たりと雖も、百発百中の芸殆ど父兄に越ゆるなり。人挙て奇特を謂う。この合戦の日殊に兵略を施す」

口を突いて自然に出てくる、『吾妻鏡』の一節。目の前には、懸命に、鮮やかに、そして雄々しく、私達を守るために技を振るう西住ちゃんの後ろ姿。

実物なんて知りもしないが、そこに思わず800年前の女傑の姿を幻視する。

「童形の如く上髪せしめ腹巻を着し矢倉の上に居て、襲い到るの輩を射る。 中たるの者死なずと云うこと莫し」

撃てば必中守りは固く、進む姿は乱れ無し。

鉄の掟、鋼の心。

「……これが、西住流」

彼女に面と向かってそれを言えば、きっと複雑な気持ちにさせてしまうだろう。困ったような笑みを浮かべるその裏で、彼女がとても傷つくことになってしまうかも知れない。

それでも、私には。

例え戦車に乗っていなくても、例え「勝利」のために振るわれるものでなくても。

今の西住ちゃんの姿はまさしく────“西住流”の体現であるような気がした。
143 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/19(金) 23:17:49.51 ID:waLrkwuYO
既に、西住ちゃんの周囲では優に10を越える“暴徒”が気を失った状態で転がっている。彼女の動きは洗練されていて、更に“暴徒”の殆どは武装しているにも関わらず踏み込みに微塵の躊躇も見せない。

結果、間合いを詰められて得物を思うように使えなくなった“暴徒”達は的確に急所を突く西住ちゃんの打撃であっという間に沈んでいく。

「はぁっ……はぁっ……!」

だからといって、西住ちゃんに消耗がないわけではない。攻撃を受けなければ体力を失わないのは一昔前の格闘ゲームでの話だ。

急所を狙ってくるのは向こうも同じ、それに次の暴徒が此方に辿り着く間隔がドンドン短くなっている。私達の方に一人たりともそいつらを向かわせないために、危険を顧みず懐に“跳び込みざるを得ない”面が西住ちゃんにはある。

「はぁっ、はぁっ……コホッ、コホッ……」

「に、西住殿……」

「隊長……」

14人目の暴徒を倒して素早く次に備えて構えを取ったけど、肩で息をしていて足下も少し揺らいでいる。一人から二人に増えるだけでも彼女の負担を大きく減らせるだろうけれど、気絶している澤ちゃんを含めて私達の中に格闘技経験者はいない。加勢したところで、逆に西住ちゃんの足手まといになっておしまい。

「…………ッ!」

噛みしめた歯からミシリと音が鳴る。太腿に右手の指が食い込み、皮膚を裂いて血を滲ませる。

この学園艦も、私達の“英雄”も、危機に陥っているのに何も出来ることがない。

私は、無力だ。
144 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/19(金) 23:47:15.71 ID:waLrkwuYO
15人目、チェーンバーガーショップの制服に身を包んだ男の人がフライパンを振りかざして突っ込んでくる。足払いを掛け、喉に肘打ちを入れて黙らせる。

16人目、灰色のスーツを着たサラリーマンが大きなコウモリ傘を顔に向かって突き出す。西住ちゃんは手刀で軌道を変えて、みぞおちと首に連続で拳を打ち込み眠らせた。

17人目、工業科のツナギを着た女生徒がスパナを投げつける。さっき倒したサラリーマンのコウモリ傘で西住ちゃんが打ち返すと、「カインッ」と音が鳴って額を抑えた彼女がそのままもんどり打って倒れる。

そして───18人目と19人目が同時に襲いかかってきたところで西住ちゃんに限界が訪れた。

「ヴぁああああああっ!!!!』

「っく……!」

暴徒達が口にする聞くに堪えない雄叫びや罵詈雑言とは一線を画した、正真正銘“咆哮”とでも言うべき大音声を上げながら現れた国技館に居ても違和感がない体格の大男。確実に体重0.1t越えのそいつの全力体当たりを受けて西住ちゃんの足が地面から浮き上がるけれど、それでも彼女はすぐに拘束を振り払って軌道上から飛び退いた。

「どらぁあっ!!』

「うぁっ……!?」

そこに態勢を立て直す間もなく伸びる追撃。建設現場の親方さんか何かだったのだろうか、頭にタオルを鉢巻きのように巻いて作業服を着込んだ男の振るった角材が西住ちゃんの胴を打ち据える。
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 23:59:02.28 ID:0F226JGJ0
原作愛のかけらもねぇな
146 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/20(土) 00:13:56.99 ID:zIm45igVO
「うっ………あうっ!?」

「逃げんなクソガキがぁっ!!』

そのまま地面を転がって逃れようとした西住ちゃんのお腹を踏みしめる足。土方風の“暴徒”は、雑巾でも扱うように彼女の身体を引き寄せ角材を振り上げる。

「西住どn「ウボォオオオオオオオオオッ!!!!』

最早耐えられず、澤ちゃんを地面に置いて──というより投げ捨てて──走り出そうとした秋山ちゃん。だけど、待ったを掛ける声を押し潰す咆哮と共に、さっきのデカ物が今度は私達めがけて突進してくる。

「…………グァ?』

だけどその足は、銃声と共に肩口に開いた風穴によって止まった。

<ヽ;`∀´>「────三人とも、伏せるニダ!!」

「秋山ちゃん!宇津木ちゃん!!」

「わわっ!?」

「ひゃっ」

二田さんの叫び声に従い、三人揃って地面に伏せる。彼が構えたニューナンブM60が二度火を噴き、私達の上を弾丸が駆け抜ける。

「ヴォッ』

一発目を眉間に食らい、デカ物が膝から崩れ落ちる。

『カッ」 

「きゃっ!?」

土方風暴徒は側頭部を二発目に貫かれ、殴り飛ばされたような勢いで地面に倒れる。

傷口から吹き出した脳漿と血液が、紅い放物線を空中に描いた。
147 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/20(土) 00:51:08.91 ID:zIm45igVO
「まだ“暴徒”が来るぞ!正面から三名、左手から二名!」

<ヽ;`∀´>「本官が正面をやるニダ、本多先輩は左手の奴等を!宮野巡査は本官の掩護と西住さんの救出、北方巡査はこの四人を保護するニダ!」

「「了解!」」

(*‘ω‘ *;)「任せるっぽ!!」

私達が足止めを受けている間に、後続集団が追いついたらしい。私達の周りに展開した保安官達が各々拳銃を構えて事態の対処に動き出し、10Mばかり後ろでは残りの保安隊に守られた何十人かの人々が疲れと不安をない交ぜにした表情で辺りを見回している。

(;*‘ω‘ *)「それにしても角谷ちゃん、よー生き残っとったっぽ」

その人達の顔ぶれをよく見ようと目を懲らしていると、近くに立つ知り合いの保安官───北方蜜柑(きたかた・みかん)巡査が私に声を掛けてきた。

彼女もまた後ろの避難民達に負けず劣らず疲れ切った顔色だけれど、口元には嬉しそうな笑みがこぼれている。

(*‘ω‘ *;)「正直、あの【空母型】が学園本校舎の方角に現れたとき申し訳ないけど半ば諦めてたっぽ」

「いやいや気にしないでよ。ここだけの話、私だってこの学園艦で生きてるの私達だけかも知れないなんて思ってたし」

それに、西住ちゃんやブーン先生が居なかったらどのみち私だって死んでいた。私と北方さんが生きて再会できたことが奇跡に等しいのは間違いないだろう。

「……あのさ、北方さん達はこの騒動について何か詳しい事知ってる?」
148 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/20(土) 00:54:18.98 ID:LOZkUa2G0
ちょっと中途半端ですが仕事の関係で寝ます。明日(本日)か明後日迄には学園艦棲姫の本格的な出現まで書ければと
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/20(土) 01:02:28.07 ID:GV/WQXVkO
おつおつ
楽しみ過ぎて筋トレ止められない
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 01:34:51.45 ID:AsbLqLgA0
おつです
土壇場で仲間のための殿を果たせるって強すぎるw
ただまだまだ前座で大ボスもいるからなあ…
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 03:18:38.04 ID:T5MewpKMO
他の学園艦の様子も気になるところだ
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 08:49:03.78 ID:Bm5L2tQ90
西住流≪自作自演≫
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 21:38:19.97 ID:4oFw+rx40
154 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/20(土) 23:00:50.82 ID:LOZkUa2G0
(*‘ω‘ *)「何一つ知らんっぽ」

即答。

少しだけ和らいでいた北方さんの表情が、再び固くなる。

(*‘ω‘ *)「情報を得ようにも艦外への通信が全く繋がらねえ。防衛省、警視庁、茨城県警、大洗鎮守府、どこに連絡飛ばしても砂嵐。艦内ですら艦橋保安室からの連絡が途絶えて久しいっぽ」

二田さんたちが正面から迫り来る“暴徒”達に対して発砲を開始する。其方に視線を向けながら、北方さんの眼はどこも見ていない。

(* ω  *)「駐在所も半分以上は無反応、辛うじて繋がったところも助けを叫ぶばかりで話が通じない、商業区は至る所で大火災が起きてオマケに学園艦の底からは深海棲艦。生存者を保護したくても、暴動の拡大が治まらずその生存者同士で殺し合いを始めてる………っ!」

語尾が震え、口調が捲し立てるような勢いに変わっていく。満身の力で握りしめられたニューナンブM60の銃床が、微かに軋む。

(#* ω *)「畜生が!!」

やり場のない怒りを、北方さんは近くの木にぶつける。蹴り飛ばされた衝撃でばさばさと枝が揺れ、宇津木ちゃんが怯えて首を竦める。

(#*゚ω゚ *)「何が起きてるかなんて私が知りてえっぽ!!つい2時間前までいつも通り平和だった学園艦が、何が何だか解らねえ間にこの有様だ!!

あの深海棲艦はどっから出てきたんだよ!なんで本土は誰も助けに来ねえんだよ!なんであちこちでこんな暴動が起きてんだよ!!」

「北方さん!やめて下さい!保安官としての矜持を……きゃっ!?」

(#*゚ω゚*)「うるせぇ!!」

西住ちゃんを抱えて連れてきてくれた、宮野巡査と呼ばれた女性の保安官が制止する。だけど、北方さんはそれを乱暴に撥ねのける。

(#*゚ω゚ *)「そうだっぽ、保安官だっぽ私は!ここの生徒や居住者を守るためにここに来てんだっぽ!!

なのになんで、なんでその居住者や生徒を撃ち殺すハメになってるのか教えろよ!!誰か教えろぉ!!」
155 : ◆vVnRDWXUNzh3 [saga]:2018/01/20(土) 23:13:17.04 ID:LOZkUa2G0
それは、私がよく知る北方蜜柑巡査の姿とはかけ離れたものだった。

少しぽっちゃりした体躯を揺すって学園艦内を一所懸命走り回り、生徒や居住者がトラブルに巻き込まれればどれだけ忙しくてもすぐに飛んでいく優しく頼もしい保安官。

まだ未婚で、歳も若いに「肝っ玉かーちゃん」なんて渾名を着けられて、それでもその名を呼ばれると楽しそうに笑う────そんな人が今眼を血走らせて、喚き、錯乱している。

彼女の姿こそが、大洗女子学園の“現状”の表れだ。

誰もが憔悴し、誰もが状況を理解できず、何をすればいいのか、どうすればいいのか解らずに惑い悶えている。

この学園艦に居る誰も彼もが、平凡な日常が突然粉々に砕け散ってしまったという現実を受け入れられずにいる。










そして、そんな私達の憔悴など知ったこっちゃないとせせら笑うようにして。

「前方、人影アリ!」

状況は、なおも刻々と悪い方へ変わり続ける。

「指定避難区域の方角から此方に向けて民間人多数が接近!後方に“暴徒”と思われる集団も確認!

避難民の大半は大洗女子学園の生徒・教員と思われます!」
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 21:57:07.10 ID:lQCst9200
157 : ◆vVnRDWXUNzh3 [saga]:2018/01/21(日) 23:12:04.56 ID:VyopJgoK0
それ自体は、容易く予想できた「展開」だった。

指定避難場所の方角で悲鳴が上がり、指定避難場所の方角から新手の“暴徒”は押し寄せてくる……そんな状況で“避難場所が襲撃を受けている”という事象が思い浮かばないほど、私の想像力は貧困では無い。

だから、その方向から必死の形相で逃げてくる人の群れを目にした時も、私はまだ動揺していない。寧ろ先生達や風紀委員メンバーと共に懸命に避難誘導に励む桃や柚子、五十鈴ちゃん達の姿を見つけて、他の戦車道履修者の皆もまだ無事だったことに一瞬安堵の息を漏らしたほどだ。

「────ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ッ!!!』

『ヴォオオオッ、グァアアアアアッ!!!」

<ヽ;`∀゚>「………なん、だ、アレ」

…問題は、その後ろから追ってくるもう一つの集団。“それら”を目にした二田さんが振り絞るような声で呻くけれど、その反応は無理もない。

さっき別の保安官の人は、アレを“暴徒”と表現した。だけどあんなものが“暴徒”なんていう生易しいものであるはずがない。

“人間”の枠組みに、入れていい存在であるはずがない。

「「ァアアアアアアッ!!』』

五十鈴ちゃん達を追い立てる【群れ】を構成する“それら”は、確かに一見すると人の形をしていた。四肢があるし、声を発しているし、二本足で立っているし。

だけど“それら”の、

ある個体は顎の下半分がなく、
ある個体はあらぬ方向に曲がった左足を引き摺りながら前進を続け、
ある個体は右腕が神経一本で繋がりぶら下がった状態で、
ある個体は頭の右半分が潰れて、
ある個体は腹のど真ん中に鉄骨のようなものが突き刺さり、
ある個体は頭の鼻から上がなくなっている。

“それら”がどうしてそんな有様になったのか、どうして殆どが致命的に損壊しているのにまだ動けるのか、何故“暴徒”たち同様五十鈴ちゃん達を追ってきたのか、幾つもの疑問に答える術を私は持たない。

『『オ゛オ゛、ウ゛ア゛ア゛!!」」

ただ、“それら”が既に人間ではないことだけは確実だ。
158 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/21(日) 23:20:43.82 ID:VyopJgoK0
【群れ】の速度は、“暴徒”と比較すると明らかに劣る。とはいえこれは、【群れ】の中に身体のパーツが欠損している個体が多い事が原因であり奴等が愚鈍というわけじゃない。

“劣る”というだけで、決して遅くない。五十鈴ちゃん達が少しでも気を抜けば瞬く間にその背を奴等の手が掴むことになる。

「やだ、来ないで!来ないでぇえええ!!」

「誰か助けて………きゃあっ!!」

「っ、大丈夫?!」

追い立てられ、互いに押し合い、恐慌状態になっている大人数が逃げ惑うには木々が生い茂る樹木園の足下はあまりにも悪い。生徒の一人が根にでも躓いたかすっ転び、それを見た磯部ちゃんが急停止から反転して彼女の下へ向かおうとした。

『『『ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ッ」」」

「やっ────」

だけど伸ばされた手を磯部ちゃんが掴む前に、追いついた何体もの“それら”が転んだ女生徒に覆い被さる。

「助け、あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!?」

「いっ……!? や、やめろぉ!!」

「キャプテンダメ!!」

生の肉が食いちぎられ、血が飛び散る湿った音がここまで届く。食われている生徒の助けを呼ぶ声は一瞬で断末魔に代わり、それもすぐに聞こえなった。

磯部ちゃんはそんな状況になってもなおその子に手を差し伸べようとしたけど、河西ちゃんが肩を掴んで無理やり押しとどめる。

「もうあの子は手遅れです!早く逃げないとキャプテンまで追いつかれます!」

「………っ、ごめん!」

「磯部さん、早く下がるモモぉーーー!!」

ももがーちゃんが、足下に落ちていた大きめの木片を………というよりは、朽ちて倒れたらしき細木の幹を持ち上げ放り投げる。

「ヴアッ!?』

磯部ちゃん達の直ぐ後ろまで迫っていた“奴等”の内の一体が、直撃を受けて後ろに吹っ飛んでいく。
159 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/21(日) 23:55:45.21 ID:VyopJgoK0
普通の人間なら、例え細いとはいえ木を丸まる一本あの勢いで投げつけられたら受けるダメージは尋常じゃない。死んだっておかしくないし、少なくともしばらくは動けなくて当然だ。

「………ヴォオオオオオッ!!!』

「……うっそー」

だけど、ももがーちゃんに吹っ飛ばされた個体はすぐに起き上がりこっちに向かってくる。

(;*‘ω‘ *)「瓜生、あたしらであの化け物共に射撃するっぽ!!」

<ヽ;`∀´>「バカな、生徒に当たるニダ!!」

(;*‘ω‘ *)「当てねえように撃つんだっぽ!このままだとあの子ら後ろの方はどんどん追いつかれて片っ端から餌にされるぞ!!」

<ヽ;`∀´>「……畜生!

各位撃ち方始め!!避難民を巻き添えにしないよう射撃は正確性を重視しろ!」

「んな無茶な……!」

(;*‘ω‘ *)「無茶でもやるんだよ!撃て、撃てェ!!」

「皆さん、保安官の方達から支援射撃が来ます!身を低くして、射線に入らないように!!」

北方さんたちがニューナンブを構えた瞬間、五十鈴ちゃんが日頃のお淑やかな言動からは考えられないような大音声で叫ぶ。全員ではないけれど、それでもその声に相当数の生徒が反応して腰を折り身を屈める。

「グァアッ!?』

『ギッ、ガッ……」

開いた射線を的確に縫って、二田さんたちの放った弾丸が飛ぶ。“暴徒”と違ってはっきり化け物と確定しているためか照準に容赦はなく、狙われた個体は悉く頭を弾丸で射抜かれた。

────だけど。

「ア゛ア゛ア゛……』

『オ゛オ゛ッ、オ゛オ゛オ゛!!!」

(;*‘ω‘ *)「マジかっぽ」

それでも、“奴等”は倒れない。
160 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/22(月) 00:21:33.84 ID:0WyQqsPm0
「た、た、対象の動きに変化ありません!なおも向かってきます!」

(;*‘ω‘ *)「んなもん目の前で同じ光景見てんだから言われねえでも解るっぽ!!」

「ガッ───グゥアアアッ!!』

「うわぁっ!!?」

宮野巡査が震える声で報告し、北方さんが彼女を怒鳴りつけながら更に一発別の個体の心臓付近に撃ち込む。食らった個体はもんどり打って倒れたが、すぐに起き上がって逃げようとしていた教師の一人に飛びかかる。

「やめろ離せ……いぎぃいいいいいいっ!!?」

腹に齧りつき、まるでスペアリブでも食べるみたいに柔らかい肉を歯で裂く。激痛のあまり海老反りになったところに更に何体かが押し寄せ、彼の身体はすぐにバラバラにされた。

『ヴァアアアッ!!!」

「ひっ……」

「……Shit!!」

見知った人が“食われる”という異様な光景を見てしまったことで、中等部の制服を着た子が悲鳴を上げて固まる。突進してきた何体かの“奴等”がその身体を掴む前に、アリサちゃんが横っ飛びで彼女のことをかっさらう。

「腹空かせた化け物にその身を捧げる博愛精神は評価するけどね!それアタシの前でやらないで頂戴!」

「す、すみません……」

「謝罪はノーサンキュー、後でバーベキュー奢りなさい!!」

『ヴァッ……」

別の方向から走ってきた個体は足払いを食らって転倒する。その間にアリサちゃんは、中等部の子をお姫様抱っこの要領で抱えて距離を取る。







『────オギィアアアアアアアアッ!!!!』

その後ろで、転倒した個体の頭部が唐突に“破裂”した。
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/22(月) 00:42:49.95 ID:rQqPPYkso
そろそろ話進んだかなと思ったら全然状況動いてないのね
160レス使ってこれだと終わるまでスレ跨ぎそう
162 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/22(月) 01:05:48.37 ID:0WyQqsPm0
二田さんや、北方さんの射撃によって破壊されたわけではない。元々上半分が空気が抜けたボールのようにヘコんでいたその個体の頭は、ぐしゃりと鈍く湿った音を立てて内側から砕け散る。

そして、“それ”は姿を現した。

『オギァアアアアアアアアッ!!!』

金切り声を上げるソレを“化け物”以外の何と呼べばいいのか、私の知識と語彙では解らない。ただ、ウミヘビとミミズを掛け合わせたような形状の、白くぶよぶよとした細長い胴に黒く固い光沢を放つ頭部を持ったそいつの姿は、一目見ただけで私達人間を害する存在だと本能的に理解できた。

『『『ギィアアアアアアアアッ!!!!』』』

その出現が皮切りとなったかのように、【群れ】が一斉に動きを止めて咆哮する。生々しい破裂音が幾つも幾つも重なり、胴から、頭部から、様々な箇所を食い破って同じ様な形状をした“化け物”達が這い出てくる。

(;*‘ω‘ *)「ほんっっとに冗談じゃねえっぽ…!」

群れを成し、胴をくねらせ、鎌首をもたげる怪物達の姿を前に、レボルバーに新たな弾薬を装填しながら北方さんが呻いた。

(;*‘ω‘ *)「ゾンビに怪獣、今度はエイリアン!大盤振る舞いにも程があるっぽ!」
163 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/22(月) 01:52:59.65 ID:0WyQqsPm0
『ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ッ!!!』

「来るぞ!撃t」

怪物の内一体が、予備動作も無しに首を伸ばしてくる。バグンッと音が鳴り、拳銃を構えようとした保安官の首が掻き消える。

この瞬間、狩りは機械的な殺戮に変わった。

「うわっ、うわっ、うぉあああああっ!!!?」

「ひっ……!?」

まるで、鳥が足下の虫を啄むみたいに。

化け物達は首を伸ばし、獲物を───つまり樹木園の中を逃げ惑う私達を、追い立て、絡め取り、食らって行く。二田さんたちが必死に射撃を加えようとするけど、凄まじい速度で自由自在に動き回る怪物に翻弄されて照準をろくに合わせることすらできない。

「く、くそ、当たらない────ぁあああああああっ!!!?」

化け物を捕捉しようとしていた保安官が、後ろから噛みつかれて高々と持ち上げられる。咀嚼音が頭上で聞こえると同時に断末魔はなくなり、ぼとりと彼の下半身が地面に落下してきた。

“暴徒”を殲滅したか撃退したらしい機動保安隊も追いついてきたけど、彼らも二田さんたち同様まともな迎撃はできていない。早々に一人が、牽制射撃を加えようとして襲撃してきた化け物に攫われた。

「正門だ、正門の方に向かえ!樹木園の中だとまともに逃げられない!」

「自殺行為です!正門にも深海棲艦がいるんですよ!」

「逃げ道がない……救助は……」

「どうしたらいいのよ……どうしたら……」

悲鳴と怒号が飛び交い、誰も彼もが逃げることも戦うことも許されずに理不尽に殺されていく。

私自身も、最早どうすればいいか解らない。目の前の惨状を、ただ呆然と眺めている。

(ああ、そっか)

ぐるぐると纏まらない思考の中で、混乱する脳の奥で、妙に冷静な部分がぽつりと呟く。

皆、ここで死ぬんだ。






「アリサさん!発煙筒を使って!!」
164 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/22(月) 02:19:40.53 ID:0WyQqsPm0
「Roger!!」

その声にすぐ反応できたのは、或いはアリサちゃんも生きることをまだ諦めていなかったのかも知れない。引き続き中等部の子を抱えながら“化け物”と追いかけっこをしていた彼女は、腰元から指示されたそれを───恐らくスパイ活動用の道具として用意していた発煙筒を抜き放ち点火する。

「私の方にも何本か寄越して下さい!とにかくありったけの本数に火をつけて!」

「OK!! ニシズミ、そっちに投げるわよ!!」

まるで手品のように、そこかしこから次々と取り出される発煙筒。どこにどうやってそれだけしまっていたのやら、西住ちゃんに投げ渡された分も含めて優に30本を越えるそれらが、点火されて色取り取りの煙を吐き出し樹木園をたちまち覆い尽くす。

『……ギ?』

『ア゛ア゛……』

そして………視界を奪われ獲物を見失った化け物達の動きが、止まった。

「はっ、諜報活動用に煙幕としても使える特注品よ!!ざまぁないわねファッキンモンスター!」

「煙幕は長く持ちません!保安官の人達も含めて、皆全速力で東へ向かってください!煙を吸い込まないよう姿勢は低くすることを忘れずに!」

煙る樹木園で、中指を突きたてた姿勢を取っていることが目に浮かぶようなアリサちゃんの台詞が響き渡る。そして、その後すぐに西住ちゃんの─────常に私達を導いてきた、“軍神”の声が続く。
165 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/22(月) 02:20:13.56 ID:0WyQqsPm0


「【真・モクモク作戦】を開始します!

目標は────戦車格納庫です!!」

.
166 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/22(月) 02:42:19.30 ID:mWaQtlnBO




秋山好子は、その光景を未だに現実のものとして受け入れることが出来ずにいた。

突如としてテレビで流れた、深海棲艦の襲来を報ずる緊急ニュースと街中に響き渡ったJ-ALERT。そして居住区の“下”から、甲板を突き破って現れた巨大な怪物───本物の深海棲艦。

既に、“信じがたい光景”については夫共々一生涯分見尽くした。ついさっきだって、“これ以上信じられないことは起きないだろう”と思った矢先にゾンビとエイリアンを掛け合わせたような怪物の群れに襲われたのだ。

今度こそもうこの先、何が起きても驚かない───そもそも“この先”とやらが存在しない可能性も大いにあったことはさておき、好子が抱いた確信は、たった五分でひっくり返された。







「………これが例の“寄生体”かしら。

確かに、司令官の言うとおりこいつらだけならものすごく弱いわね」

100体は優に超える化け物の群れをただ一人で殲滅した、目の前に立つ銀髪の美少女によって。
167 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/22(月) 03:26:42.28 ID:0WyQqsPm0
「とりあえず、このエリアは概ね殲滅した……とはいえ、問題はヌ級をどうするかよね。流石に艤装無しで軽空母と正面切って戦うのはキツいし……あ、ねぇちょっと」

「ふぁいっ!?」

「ひゃいっ!?」

大洗女子学園の方を睨みブツブツと一人呟いていた少女が、突然好子達の方を向き声を掛ける。夫婦揃ってびくりと身体を震わせ全く同時に奇声を発してしまったが、向こうはまるで気に掛ける素振りを見せない。

「貴方たち、さっきも言ったけどとっとと避難所に戻りなさい。第5指定避難所ならたまたま“寄り道”したからしばらくは安全よ。

子供が心配なら尚更、ね」

「はい……」

「本当にすみません……」

少しきつめの語尾で釘を刺され、今度は二人揃って悄気返る。

一人娘が危ない───その事を理解した瞬間、淳五郎も好子も他の事柄について冷静に考えることが出来なくなっていた。着の身着のまま店を飛び出し、避難民の流れに逆流して学園に向かい、そしてその途上さっきの化け物の群れに襲われた。

目の前の少女に諭されるまで、二人の頭からは様々なことが抜け落ちていた。自分たちだけで学園に向かったところで、それで何が出来るのか。自分たちが死んだら、それこそ娘はどうなるのか。どころか、自分たちのような素人が保安隊の避難誘導や遅滞戦を邪魔したせいで、娘の避難に影響が出たらどうするのか………

顔から火が出るどころではない。その指摘を化け物の殲滅を終えた直後の少女から受けたとき、二人の背筋は氷を直接突っ込まれたかのように冷たくなっていた。
168 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/22(月) 03:40:04.25 ID:0WyQqsPm0
「じゃあ私はこのまま学園に向かうから、ここでお別れね。

念を入れてもう一回言うけど、ちゃんと避難場所に向かうのよ」

「はい。このたびは本当にご迷惑を────」

「あの!」

「………なぁに?正直、ちょっと急いでるんだけど?」

深々と頭を下げる淳五郎の横で、好子は踵を返した少女の背に声を掛ける。冷たい眼で睨まれて少し怯んだが、それでも好子の矜持としてこれだけは聞かずにはいられない。

「貴女の名前を、教えてくれませんか?

言葉だけじゃなくて、いつかしっかりとした形のお礼をしたいんです」

「………お気持ちは嬉しいけれど、ごめんなさい。私、名乗れるような大層な者じゃないのよ」

少女は束の間眼を丸くした後、手元に拳を当ててクスクスと笑みを漏らした。






「ただの“追っかけ”だもの、大洗女子学園戦車道チームの、ね」
169 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/22(月) 03:44:36.57 ID:0WyQqsPm0
今更新ここまで。大変だ2時間しか寝られない。
>>160の点は私としても課題・反省点だと思っておりました。ご指摘いただきありがとうございます。

また23:00頃に再更新できればと思います。
170 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/22(月) 03:45:37.29 ID:0WyQqsPm0
返信先修正
>>160×→>>161
失礼致しました。
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/22(月) 06:01:04.78 ID:uBHoYMTF0
つまんね
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/22(月) 08:31:11.47 ID:vPFTGTXA0
おつです
叢雲は叢雲で対処しながらだったのか
…というか目の前の惨状に怯まないヒロインの方がやべえw

>169 これだけの密度と更新頻度で書いてくれる人の方が稀なので気にしなくても…そもそも書き手に注文付ける方がアレなんだし
てか数えたら40レス近く話の中身と関係無い無駄話が続いてるだけだから、そこまで気にしなくていいかと
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/22(月) 11:22:15.37 ID:AxRoM7fWo
お疲れ様です
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/22(月) 11:22:44.38 ID:AxRoM7fWo
お疲れ様です
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/22(月) 12:09:16.64 ID:J8WQk23q0

アリサの活躍が嬉しい
そして西住流が半端ない
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/22(月) 18:00:16.39 ID:bXVZMii5o
おつ
177 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/23(火) 23:23:04.56 ID:Ks7nPssD0


《番組の予定を変更して、引き続きニュースをお送りします。大洗女子学園甲板上に深海棲艦が出現してから1時間が経過しましたが事態収拾の目処は未だに立っておらず、生徒・教員・居住者の安否が気遣われます》

《大洗町は引き続き県警、自衛隊、艦娘による全住民の避難誘導が行われています!沖合いには激しく炎を噴き上げる大洗女子学園の艦影があり、町の人達が避難しながら心配そうに振り返る様子が見られます!》

《警視庁、並びに各県警はパニックの拡大を防ぐため主要地域に機動隊を配備。また、各学園艦における生徒・居住者の退艦誘導と学園艦保安隊による艦内の安全確認も急ピッチで進められていますが、進捗は芳しくありません》

《政府は先程、南鳥島方面から本土に接近する敵艦隊と自衛隊・艦娘部隊が 交戦状態に入ったと正式に発表しました。詳細な戦闘経過は開示されませんでしたが、戦況は優勢であるとのことです》

《在日米軍のポージー=ハメルス司令官は、全戦力を上げて自衛隊・艦娘部隊に協力する用意があると表明。既に三沢基地からは、南鳥島方面の深海棲艦攻撃に向けて第35航空団全機が離陸した事を明らかにしています》

《中華人民共和国の外交部は、“友好な隣国である日本の危機は、我々の危機も同然である”と声明を発表。

また、“軍事的な支援は惜しまない”と迎撃作戦への参加の意思があることを示唆しました》

《専門家、並びに各人権団体からは、深海棲艦に“意志”がある以上対話による解決を試みるべきではないのかという声が上がっています》

《マレーシア、インドネシア、タイ、台湾など東南アジア各国は既に日本・アメリカと全面的に連携する旨を発表》

《“新型”深海棲艦攻撃作戦に投入される戦力は、【第二次マレー沖海戦】に匹敵する史上最大規模のものになると予想されます》





《24x7より、衝撃のニュースをインド国民の皆様にお伝え致します。

政府は先程、アラビア海において深海棲艦の大規模な浮上を確認したという情報を開示。欧州派遣のため近隣海域に停泊していたインド・アメリカ・日本3ヵ国連合艦隊が襲撃を受け、現在交戦状態にある模様です》
178 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/24(水) 00:11:25.61 ID:tuxLkFI50





「────で、結局あれから状況はどうなってんだよクソ眼鏡」

「誰がクソ眼鏡だ。

……何一つとして変わっておらん。状況は常に、“最悪”を更新し続けているのである」

「大洗女子学園は全域で完全に通信が途絶、他の学園艦や沿岸部の避難は人員の不足から遅々として進まず混乱に対する備えから戦力抽出も滞っている。

防空機動艦隊も再編や洋上退避、“支援の用意”と表して領海沿いに武装漁船を並べ始めた中国に対する備えなどで対応に回せるのは【いせ】と【もがみ】だけだ。

第2防空機動艦隊の【かが】じゃあパイロットの一人が暴力沙汰を起こして営倉行きになった」

「第2っていったら、空自の最精鋭集めた花形ではありませんでしたか?」

「流石の取材力であるなパパラッチ重巡。何でも、大洗女子学園に深海棲艦が現れたと聞いた途端半狂乱で無断出撃しようとして取り押さえられたらしい」

「最精鋭がそれとは大分末期だな、名は変われど日本の軍人だというのに肝が据わっていないのはいただけん」

「ええ、【かが】の乗組員はダメダメね、【 か が 】の乗組員は……いだだだだだだっ!!?」

「頭にきました」

「いやマジで頭にキテるから!ちょっ、ツインテールの片方に全体重かけるのやめろ!!」

「たまご」

「いやどっから出したその卵焼き」

「如何なる時でも貴様ら変わらんな本当に」
179 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/24(水) 01:04:54.13 ID:tuxLkFI50
「まぁまぁイボ痔マン、いい加減慣れなよ。そして禿げろ」

「我が輩の遺伝子に賭けてぜってえ禿げねえ。あと後ろ手に隠し持ってる練り辛子しまえクソガキ。

……深海棲艦側の攻勢は、恐らく開戦最初期のものすら凌ぐ過去最大規模のものだ。今確認されているのは南鳥島、フィリピン海、そして今さっき情報が入ってきたアラビア海の3ヶ所だが、今後攻勢地点は加速度的に増えていくことになる」

「間違いなく、此方は手数が足りませんね」

「察しがいいな。他国や他地域の“海軍”からの増援は期待できん。否、来ないことが確定しているといって差し支えはないのである。

……特に、オーストラリアとニュージーランドは致命的な損害を受けておりそもそも増援を出せるような余力がない」

「……天下のアメリカ軍に“海軍”の艦娘部隊まで参加して、しかも指揮はてめえが取ったのに足止めすら出来なかった相手、か」

「いやぁ楽しみですね!!今からわくわくが止まりませんよ!!!」

「えっ、なんで満面の笑みなの怖い」
180 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/24(水) 01:53:27.08 ID:tuxLkFI50
「………頼もしい反応であるが、今回は少し本気で忠告させて欲しい。

奴は────【学園艦棲姫】は、今までの深海棲艦とは比べものにならん重大な脅威だ。“格”や“ケタ”ではなく、“次元”が違う。

それに大洗女子学園の件も、未だかつて前例がない事象だ。どのような事態が発生するのか、我が輩にも全く予想が付かない」

「……ロマさんでも、ですか」

「正直、貴様らを投入するかどうかも最後まで迷った。だが、3ヶ国分の戦力を叩き潰した化け物を倒せる可能性がある艦隊も、これほどの災禍を乗り切れる猛者も、我が輩には貴様らしか知らん」

「“最も強い駒を、最も厄介な場所に”ってか」

「下策中の下策だ。そして………我が輩には、その“下策”以上の策がどうしても思いつかなかった」

「あぁ確かにな。脳筋の俺でも解るクソ策だ」

「っ、すまn」

「───だが、俺は乗る」

「………」

「てめえはクソ眼鏡だし、ロリコンだし、キングダムの49巻俺より先に読んだ挙げ句その事をわざわざ電話で自慢してきたし、冷血非道のロマさんだが」

「お前それホントやめろ」

「テメェは少なくとも、思考停止して無謀な策に飛びつくようなオツムの人間じゃない。

杉浦六真がそれしかないと踏んだなら、策は本当に“それしかない”んだろうよ」

「……………」

「さぁ、准将殿。いつも通り、俺たちに命じろ。

とっとと俺たちを、解き放て」

「……………………全く、貴様と話していると頭痛が治まらんな」






( ФωФ)「“海軍”准将杉浦六真より、【地獄の血みどろマッスル鎮守府】全艦に命ずる。

いつもの如く、敵を殺し尽くせ」

( T)「承った、『准将』殿」
181 : ◆vVnRDWXUNzh3 [sage saga]:2018/01/24(水) 01:55:18.06 ID:tuxLkFI50
盛大な修正入れざるを得ずKONOZAMA.
明日(今日)からようやく学園艦棲姫と殴り合います
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/24(水) 03:39:31.56 ID:LNPzFPjEo
しょうがないことなんだろうけど、こういうのって主要な登場人物とかは結局死なないんだろうなぁってご都合主義に思えてしまう
133.60 KB Speed:6.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)