チト「ビッグマム海賊団?」ユーリ「ケーキうめぇ〜」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/15(日) 08:13:53.19 ID:PoFs/KhA0
少女終末旅行と、ワンピースのクロスです
いくつか注意点

・終末の時系列はアニメ終了でなく原作6巻(最終巻)後の話。
 原作最終話のネタバレあり

・ ヌコとは別れず、そのまま一緒に旅を続けていた設定

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523747632
2 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/15(日) 08:14:16.83 ID:PoFs/KhA0
ヌコを忘れてしまった人のために画像を。
真ん中の白い生物です
(アニメ最終話で別れを告げたが、このSSでは最後まで一緒いる設定)

http://imgur.com/gJaMHyb
3 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/15(日) 08:15:15.20 ID:PoFs/KhA0
チト「……」

ユーリ「……」

チト(どれくらい時間がたったんだろう)

チト(ケッテンクラートが壊れて、食糧も尽きて)

チト(ユーリと最後のご飯食べて……)

チト(途方もない時間を過ごした気がするけど…あれからどれくらいの日数がたったんだ?)

チト「……」

ユーリ「……ちーちゃん、生きてる?」

チト「……うん」

ユーリ「そっか」

チト「ユー…お前、しぶといな」

ユーリ「ちーちゃんもね」

ヌコ「ヌイ〜」

ユーリ「……ヌコもいきてたか」

チト「なあヌコ、お前本当に、私たちに付いてきてよかったのか?仲間について行った方が良かったんじゃ」

ヌコ「ワガショウガイニ、イッペンノクイナシ」

チト「……」

ユーリ「…」
4 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/15(日) 08:16:14.58 ID:PoFs/KhA0
チト「……どうする?爆薬を起動して一気に終わるか」

チト「それとも穏やかに、眠りつつ餓死を選ぶか」

ユーリ「まあ最上階についてからの流れは、眠って餓死だよね」

チト「やっぱ私もお前も、無意識にそれを望んでたんだな」

ユーリ「……でも、まだ気になることがあるんだよね」

チト「ん?」

ユーリ「ついさっき、気がついたんだけど」

ユーリ「後ろのある、小さな謎の建物さ」

チト「ああ、すぐ背後にある」

ユーリ「……よく見たら、扉がついてた」

チト「え、うそ」

ユーリ「ほら、薄っすらとドアのような、切れ目が」

チト「わかりづらいな…まあ、私達も弱ってるし、認識力が鈍ってたんだな」

ユーリ「なかに入る?」

チト「……」
5 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/15(日) 08:17:40.36 ID:PoFs/KhA0
(??の内部)

チト「あのまま、穏やかに餓死しても良かったんだがな」

ユーリ「まあ、暇だし。最後の思い出にでも…」

ユーリ「うっ…」ドサッ

チト「お前…もうすでに限界じゃないか」フラフラ

ユーリ「ちーちゃんも、フラフラじゃん」

チト「ほら、手を貸すから立て。最後の思いで作り、するんだろ」

ユーリ「……」ムクッ

ユーリ「よく見ると、ラジオが落ちてる」

チト「だからヌコの声が聞けたのか。一応、拾っておくか。もうすぐ死ぬけど」

ユーリ「……」

ユーリ「ん?なんかボタンがある」

ユーリ「えい」ポチッ

チト「……」

ユーリ「珍しく取り乱さないんだね。ちーちゃん。いつもなら、もっと慎重にって言うのに」

チト「どうせ死ぬし」

ゴゴゴゴゴゴゴ!!!!

チト「ひゃっ…」

ユーリ「え、え、なに」
6 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/15(日) 08:18:17.16 ID:PoFs/KhA0
『異世界移転の準備、完了しました。この部屋にあるもの、その全てが異世界に転送されます』

『行き先は不明。行き先は不明』

チト「は?」

ユーリ「い、いせかい?」

バチバチ!ゴゴゴゴゴゴゴ!!

『転送開始』

チト「」

ユーリ「」

ヌコ「ぬいー」

ボォォォォォン…

『転送完了』
7 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/15(日) 08:19:16.96 ID:PoFs/KhA0
(ホールケーキアイランド・お茶会の数日前にて)

シュトロイゼン「よし、今回もすばらしいケーキが出来上がった!」

カタクリ「順調のようだな、総料理長」

シュトロイゼン「む、四将星のカタクリ。どうした」

カタクリ「ちょうどさっき、トラブルがあってな…いま、スナックが対応している」

カタクリ「相手は、最悪世代のウルージだ」

シュトロイゼン「ふむ、スナックもまた将星の1人」

シュトロイゼン「問題なかろう。まさか負けるハズがない」

カタクリ「……それにしても、早くケーキを作りすぎてないか?」

シュトロイゼン「なにが起きるかわからない。それが人生」

シュトロイゼン「二つほど、ケーキのストックを作っておこうかと」

カタクリ「片方は冷やして保存。もう片方は当日ギリギリまで、作り続けると」

シュトロイゼン「出来立てのホヤホヤをいつでも、食べさせてやれりゃ、苦労はしないがな」

カタクリ「万が一に備えるのは良い事だ」
8 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/15(日) 08:20:06.45 ID:PoFs/KhA0
カタクリ「では、総料理長。オレは三時のおやつを…」

シュトロイゼン「ああ、ちゃんと用意してある。待っててくれ」

カタクリ「ん!?何者だ!!」

シュトロイゼン「どうした!」

カタクリ「すまない、オレの見聞色をもっても、既に手遅れだ」

ボフッ

シュトロイゼン「ん、いまケーキの上に何かが落ちた…」

巨大なケーキのなかに、二人の人間と一匹の生物が、放り込まれる

ユーリ「はわわわ」

チト「ぎゃっ」
9 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/15(日) 08:21:17.04 ID:PoFs/KhA0
すいません、急用ができたので一旦ストップします
夜ごろにまた更新します
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 08:23:25.93 ID:atd+BmLSO
FFCCじゃなかった
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 10:48:46.67 ID:reOfhP6A0
期待
ウルージさん襲撃時とかこの>>1は有能だな
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/15(日) 11:02:49.69 ID:6CPGgLuk0
オーオー好き勝手に投稿しなさる……
13 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:46:37.07 ID:A1umTM/u0
チト「どこ、ここ…真っ白だ」

ユーリ「ぱくっ…」

ユーリ「んまい!なにこれ!超旨いよ、ちーちゃん!」

チト「パクッ、……」

チト「……」ポタポタ

チトはそのクリームの味の旨さに、思わず涙をこぼしてしまった

チト「いままで色々あったけど…こんなにも、死後の世界が素晴らしいだなんて」

ユーリ「うん、頑張っていきてきてよかった」

ユーリ「あれ?私たち、なにか忘れてるような…」

チト「どうでもいいだろ。私たちは死んだんだ」

ユーリ「死んだ?本当に?」

チト「ほら食えよ、この茶色のフワフワもおいしいぞ」

ユーリ「本当だ!うめーー!」

チト「フフフ、ハハハハ…」

ユーリ「アハ、アハハハハハ…」

ヌコ「モガモガ、モガモガ」

チト・ユーリ「アハハハハハハハハハハ」

シュトロイゼン「」

カタクリ「……とりあえず脚立で、ケーキ最上部まで様子を見に行ってくれないか?」

シュトロイゼン「あ、ああ!」
14 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:47:48.19 ID:A1umTM/u0
シュトロイゼン「おいお嬢さんら、なにやっとるんだ」

ユーリ「え?じいちゃんも召されたの?アハハ…」

チト「死後の世界って素晴らしいね。フフフ…」

シュトロイゼン「違うわ!まだ生きとる!」

チト「え」

ユーリ「ふえ、ここ、あの世じゃないの?」

シュトロイゼン「違う!ここはトットランドのホールケーキアイランド!そしてシャトー(城)だ!!」

ユーリ「……」

チト「……」

チト「あ、そういえば私たち、異世界に飛ばされたんだっけ」

ユーリ「あ、そうだ想い出した」

シュトロイゼン「なにをいっとる、おまえさんら」

カタクリ(なにやら話がかみ合ってないな…)
15 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:49:26.35 ID:A1umTM/u0
その後、巨大ケーキから下りて、軽く情報を交換し合う

シュトロイゼン「異世界からきただと?信じられん」

カタクリ「別な国から来た…という意味なら、あるいは『異世界』という表現も可能だ」

カタクリ「こんな事できるとすれば、バーソロミューくまの能力位しか、検討がつかんが…」

カタクリ(外壁が壊れてる訳でもないし…)

ユーリ「ねえ、四皇ってなに、ち−ちゃん」

チト「しらん。でも大きな海賊団らしい」

ユーリ「海賊ってなに?」

チト「盗みを働く悪人の事だよ」

ユーリ「そうなの?でもカタクリもシュトロイゼンも、悪い人には見えないけど」

チト「うん」

ユーリ「それにこんなにも美味しい食べ物を作ってくれたし」

チト「少なくとも私たちのために用意した物じゃないけどな」

ユーリ「それにしても…」チラッ

チト「……うん」チラッ

カタクリ「……」ドンッ!!←身長5m以上

チト「で、でかい…」

ユーリ「……っていうか、人なの?」

カタクリ「人だ」
16 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:50:30.01 ID:A1umTM/u0
シュトロイゼン「……まあ、色々と疑問におもう事はあるが」

シュトロイゼン「オレのケーキを食し、涙したことには感謝している…料理人として冥利に尽きる」グスッ

シュトロイゼン「人生、つれぇ事ばかりだが、お前さんらは特に過酷な生き方をしてきたみてぇだな」

ユーリ「え、わかるー?」

シュトロイゼン「そんだけ痩せ細ってりゃな。もう何日も飯が食えなくて、飢えに苦しんでたのが、丸わかりだ」

ユーリ「もう覚悟してたんだけど、こんな美味しいもの食べさせてくれて、ありがとう」

シュトロイゼン「やめろい!泣かすんじゃねぇ!こっちまで貰い泣きしちまう」ボロボロ

チト「シュトロイゼンは良い人なんだね」

シュトロイゼン「……さあ、そいつはどうだろうか」フイッ

ヌコ「ヌイ〜」パクッ

シュトロイゼン「おい不思議生物!勝手にガスボンベくってんじゃんぇ!」

カタクリ「総料理長、二人と一匹の処遇だが…」

シュトロイゼン「あ!?ああ…そこらへんはお前さんに任せる」

シュトロイゼン「まあオレなら引き取ってやってもいいが…」

カタクリ「……」

カタクリ「おれも」

カタクリ「っ!!」びくっ

シュトロイゼン「どうした」

カタクリ「まずい!!」

ボゴォォォン!!!
ギャーギャー!!ワーワー!!

全員「っ!?」

カタクリ「まただ」

シュトロイゼン「リンリンか!!」
17 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:51:04.37 ID:A1umTM/u0
チト「え、え?」

ユーリ「どうしたの?」

カタクリ「オレたちのママが暴れてる」

チト「は!?」

カタクリ「持病でな。特定のおいしい物を食べないと、おさまらん」

ガチャッ!!

部下1「総料理長!」

シュトロイゼン「今回のお題は!」

部下1「ケーキです!」

シュトロイゼン「前もって作っておいて良かった」

シュトロイゼン「丁度、出来立てホヤホヤがあるぞ!!」

部下1「ママ!こっちです!!」

ビッグマム「ホールケーキィィ!!!」

チト「!?」

ユーリ「デカ!!なにあのオバさん!」

ビッグマム「あーー……ん!!!」バグッ
18 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:51:48.46 ID:A1umTM/u0
ビッグマム「ん〜〜ごちそうさま、あー幸せ…」

ビッグマム「おんや〜シュトロイゼン、茶会の用意してる物は順調にできてるかい?」

シュトロイゼン「ええ、順調ですとも。たったいまメインの物が無くなってしまいましたが、時間はまだありますので」

ビッグマム「そうかい、そうかい!ハーッハハハハ!ママママママ!」

ビッグマム「それよりも、そんな堅苦しい話方はやめとくれ、お前とオレの付き合いだ。もう長いだろ?」

シュトロイゼン「……私は、いまや忠実なる僕」

ビッグマム「おいおい…まあいい」

ビッグマム「それよりも、その小娘二人はなんだい」

チト「え、あの…」

ビッグマム「……侵入者かい?」ギロッ

チト・ユーリ「ひっ…」ドサッ

二人はビッグマムから、ほんのわずかに発した、覇王色に圧倒され腰が抜ける

ビッグマム「そういえば、最悪世代の1人が、うちを襲撃に来たって話があったな」

ビッグマム「……怪しいな、お前ら」

チト・ユーリ「ひっ…」ガクガク
19 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:52:19.64 ID:A1umTM/u0
カタクリ「コイツらは、バーソロミューくまに襲われた」

ビッグマム「なに?」

チト・ユーリ「え」

カタクリ(合わせろ)ギロッ

チト・ユーリ「……」コクコク

カタクリ「経緯は不明だが、軽い記憶喪失でもあるようだ」

カタクリ「自分たちの置かれた立場を理解していない」

カタクリ「オレが責任もって預かろうとおもうが…どうだろうか、ママ」

ビッグマム「……ふむ、軽い記憶喪失…お前ら」

ビッグマム「覚えてる事だけでも、オレに話な」

チト・ユーリ「は、はい」ガクガク
20 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:53:28.42 ID:A1umTM/u0
ビッグマム「……そうかお前ら、親に捨てられたのか」

チト「いや、捨てられたってより、おじいさんが私たちを思って…心配してからこそ…」

ユーリ「でもあながち、間違いじゃないかも。私たち、本当の親の顔しらないし」

チト「いや、そもそも私たちの国では戦争が…」

ビッグマム「……戦争?どこの国だい」

チト「あ、えと…それは…」

チト「……」

ビッグマム「フン、まあいい」

ビッグマム「オレもお前らの気持ちはわかる」

ビッグマム「良いだろう。ウチに入れてやる」

チト・ユーリ「え?」

ビッグマム「そのかわり…」チラッ

ヌコ「ヌイ?」

ビッグマム「そいつを私に預からせろ」

チト「え、ヌコのこと?…」

ビッグマム「ああ!」

ユーリ「大丈夫ヌコ?」

ヌコ「ウン、ダイジョウブ」
21 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:54:06.21 ID:A1umTM/u0
ビッグマム「おお…おお!な〜んて、可愛い生き物なんだ!!」ギュッ

ヌコ「ヌ、ヌイィィ…」

ビッグマム「あぁぁ…癒される…ああ…ぁぁ…」スリスリ

ビッグマム「よし、カタクリ。あとはお前に任せた」

カタクリ「ああ」

ビッグマム「シュトロイゼンも頼んだよ!マママママ!ハハハハハ!」

シュトロイゼン「ははぁ!!」ペコッ

チト・ユーリ「……」

ユーリ「ちーちゃん、私たち、まだ生きられるんだって」

チト「うん」

ユーリ「ヌコも、デカイおばさんに預けちゃったね」

チト「うん。巨大なおば…じゃなくて、ビッグマムに預けちゃったね」

ユーリ「どうする?」

チト「生きるしか、ないだろ」

ユーリ「だよね。美味しいものもいっぱい食べれるし」
22 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:55:09.60 ID:A1umTM/u0
それから二人は、カタクリ連れられて、シャトーの1階の隅っこに案内される

カタクリ「ここがお前らの部屋だ」

ユーリ「広――い!」

チト「ありがとう、何から何まで」

ユーリ「どうしてそこまで、私達に良くしてくれるの?」

カタクリ「ただのきまぐれだ」

カタクリ「……それと、お前たちが涙を流しながらケーキを食べてる姿が、忘れられなくてな」

チト・ユーリ「……」

カタクリ「ともあれ、お前たちも海賊団の一員だ」

チト「え」

ユーリ「え」

カタクリ「お前たちの運動能力、学問…あらゆる適正をしりたい」

カタクリ「明日は早く起きてもらう。それじゃ」

ガチャンッ

チト・ユーリ「……」

ユーリ「私たち、海賊になったんだね」

チト「らしいな」

ユーリ「じゃあ、私たち悪人だね」

チト「……うん」
23 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:56:12.98 ID:A1umTM/u0
(次の日)

カタクリ「今日は運動のテストがしたい」

カタクリ「紹介しよう、兄弟のシャーロット・ダイフクだ」

ダイフク「……」ドンッ!!←身長4m以上

ユーリ「でか!!」

チト「なんか怖そう…」

ダイフク「おいカタクリ兄ィ、なんだこの…まんじゅうみたいな顔した小娘共は」

ユーリ「まんじゅう?なにそれ美味しいの?」

ダイフク「ああ。まあオレは大福のほうがすきだけどな」

ユーリ「ふーん」

カタクリ「いまから二人で、兄弟と喧嘩をしてもらう」

チト・ユーリ「は?喧嘩?」

カタクリ「銃と刀をお前らに授ける」

カタクリ「さあ、ダイフクを倒してみろ」

チト「え、でも、刀って…危ないし…下手したら死ぬし…」

ユーリ「私、射撃は得意だよ。死んだら大変だし、やめたほうが」

ダイフク「フン、まずは自分の心配しろ」スッ

魔人『お呼びですか!ご主人さま!!』

チト「な、なんだあれは!?」

ユーリ「でっけぇぇー!!!」
24 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:56:41.59 ID:A1umTM/u0
10分後

ダイフク「フンッ、まるで話にならねぇ。10分猶予を与えたが…1秒で片付いた」

チト・ユーリ「」

カタクリ「運動神経は壊滅的なものだったが…」

カタクリ「ユーリの射撃能力は目を見張る。見聞色の可能性も見える」

ダイフク「金色まんじゅうは、スナイパーにさせる気か?」

カタクリ「ああ」

ダイフク「なら、黒まんじゅうはどうする」

カタクリ「書司のモンドールの元で、いろいろ勉強させて見ようと思う」

カタクリ「もしかしたら、頭は良いのかも知れないしな」
25 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:57:43.32 ID:A1umTM/u0
モンドール「よう、お前がチトか。オレはシャーロット・モンドール」

モンドール「それにしてもマジかよ!噂では聞いてたが、本当にまんじゅうみたいだな!」

チト「なんか良くわからないけど、馬鹿にしてる?」ムッ

モンドール「おいおいそー怒るなって」

モンドール「お前たちは、軽い記憶喪失の状態だ。色々と常識も忘れてる」

チト「海賊に常識って言葉がでるとはね…」

モンドール「それを言われたらおしまいだが…まあまて」

モンドール「とりあえず簡単な読み書きでも教えてやる」

チト「それはありがたいけど」

チト「……この世界の文字が読めるようになったら、この部屋の本、読んでもいい?」

モンドール「え?ああ、かまわねぇが」

チト「そういえば、ユーは?」

モンドール「お前の相棒は、カタクリの兄貴から直々に修行をうけてる。学問の方は後回しだ」

チト「……」

モンドール「なんだ、寂しいのか」

チト「ずっと一緒だったし」

モンドール「おいおいマジかよ!まあ、そのうちこの部屋にも来るから、ちっとばかし我慢してくれ」
26 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 14:58:52.67 ID:A1umTM/u0
それからチトとユーリは、美味しいお菓子を食べながら、日々、それぞれの修行に励む
そして数ヶ月が立った

(誘惑の森付近)

カタクリに肩車されながら、ユーリはスナイパーライフルを構える

ユーリ「えい」

パァァン

カタクリ「……合格だ」

ユーリ「やった、これで記録更新。また遠いところまで狙撃できるようになったぞ」

カタクリ「だいぶ覇気と狙撃の腕が成長したな」

ユーリ「えへへへ〜まあ、見聞色しか覚えてないけど」

カタクリ「そろそろ、実戦に移ってみるか?」

ユーリ「え」

カタクリ「船に乗り、実際に戦闘をしてみろ」

ユーリ「……」

ユーリ「でもそれって、人を傷つけるって事だよね」

カタクリ「生きる為だ。そして、我らビッグマム海賊団の力を誇示する為」

ユーリ「……」

ユーリ「ねえ、ちーちゃんもつれてっちゃ駄目?」

カタクリ「あいつは戦闘に向いてない」

ユーリ「私とちーちゃんはいつも一緒だった。運命共同体だった」

ユーリ「ちーちゃんと一緒がいい」

カタクリ「ワガママいうな」

ユーリ「でも…」

カタクリ「……はぁ。わかった。少し時間をくれ。考えておく」

ユーリ「それと、もうひとつ」

カタクリ「ん?」

ユーリ「もっと、ちーちゃんと一緒に居る時間を増やして欲しい。あとヌコも」

カタクリ「朝と夕方以降は合っているだろ」

ユーリ「それだけじゃヤダ」

カタクリ「ワガママ言うな」
27 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 15:00:04.52 ID:A1umTM/u0
(ホールケーキシャトーのとある一室)

モンドール「おいおいマジかよ!ユーリの奴、すげぇぜ!」

チト「リンゴが粉々に…」

モンドール「ユーリのやつ、遠い場所から、この部屋のリンゴを狙撃したんだぜ!?」

チト「凄いなアイツ。ちゃんと力を身につけたんだな」

モンドール「凄いっていやぁ、お前の学習能力のたいしたもんだ」

モンドール「あらゆる知識を、貪欲なまでに吸収していく。その姿は目を見張るぜ」

モンドール「お前ならいつか、ポーネグリフの解読もできるかもな」

チト「え、ポーネグリフ?」

モンドール「おっと、まだ知らなかったか?まあそのウチ教えるぜ」

チト「…?うん」

チト「……」

チト「ねぇ、モンドール」

モンドール「あ?」

チト「ユーはこの部屋で勉強しないの?」
28 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 15:00:47.25 ID:A1umTM/u0
モンドール「当初はあいつにも、読み書き教える予定だったんだがな」

モンドール「多分あいつ、近いうちに実戦投入されるぜ」

チト「え」

モンドール「身体能力は、お前同様に虚弱だが、見聞色と狙撃能力は凄いからな」

チト「……」

チト「ねえ、私もユーと一緒に…」

モンドール「あ?バカいってんじゃねぇよ。死ぬぞ」

チト「……」

チト「私も闘えるように」

モンドール「だからお前は、救いようのないほど、戦闘センスゼロなんだよ!諦めろ!」

チト「悪魔の実」

モンドール「あ?」

チト「悪魔の実、食べれば私も」
29 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 15:01:27.30 ID:A1umTM/u0
モンドール「まあ確かに悪魔の実を食えば、すこしは闘えるが…」

モンドール「お前、闘いたいんじゃなくて、ただユーリの側にいたいだけだろ」

チト「悪い?」

モンドール「……ふん、態度だけは一丁前だな」

モンドール「わかった。なら今度見つけてきた悪魔の実を、お前に食わせてやる」

チト「できれば、モンドールと同じ能力が良いな」

チト「本の世界を具現化できる能力」

モンドール「悪いが、悪魔の実は同じものは存在しない。オレが死なない限り、この能力はオレの物だ」

モンドール「似た様な能力なら存在するが…まあオレのような能力者もそうそういまい」

モンドール「お前、本を読む以外で何か、特技はあるか」

チト「えっと…機械整備とか」

モンドール「初耳だな。今後、その力を見せてもらおうか」

モンドール「……で、どんな乗り物に乗ってたんだ」

チト「ケッテンクラート」
30 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 15:02:09.21 ID:A1umTM/u0
モンドール「ケッテンクラート?ああ、あの戦車みたいなのか」

チト「戦車とは違うけど」

モンドール「まあいい、今度、船員にでも頼んでおく」

モンドール「ただ泳げなくなるからきをつけろ?」

コンコン

モンドール「おう、いいぜ。入ってくれ」

ガチャッ

ジンベイ「久しぶりじゃな」

モンドール「おお。ジンベエ、久しいな」

ジンベイ「茶会も近いからな、挨拶に来た」

モンドール「そうかそうか、で?その手に持たれた宝箱はママへの献上品か」

ジンベイ「いや、これは敵と闘ったとき、たまたま手に入れたものでな」

ジンベイ「不味い食べ物ゆえ、とてもママには献上できん」

モンドール「まさか…悪魔の実か!?」

ジンベイ「そうじゃ」

モンドール「おいおいマジかよ!それを是非くれ!チトに食わせてやりてぇ!」
31 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 15:03:04.41 ID:A1umTM/u0
ジンベイ「ん、チト?」

モンドール「おっと初対面だったな。この可愛らしい饅頭はチトだ。他にも相棒のユーリってのもいてな…」

チト「まんじゅう言うな、バカ」

チト「はじめまして」ペコッ

チト(この世界は本当にでかいやつが多いな)

ジンベイ「……ああ、よろしく」

ジンベイ(とても海賊団の一員には見えんほど、人畜無害そうじゃな)

ジンベイ「で、この悪魔の実を彼女に食べさせたいんじゃな」

モンドール「良かったなチト!コレでお前も強くなれるかもな!」

ジンベイ「ほれ」

ガチャッ

チト「これが…悪魔の実…」

チト(カナヅチになるのは嫌だけど…でも、これもユーと一緒に居る時間を増やすため)

チト「……」ゴクッ

ガブッ
32 : ◆jfVTcvaoK. [saga]:2018/04/16(月) 15:03:36.49 ID:A1umTM/u0
今日はここまで
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/17(火) 00:46:46.40 ID:YWBgzOGA0

優しい世界で癒される
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/18(水) 15:52:14.45 ID:0KHY8McY0
ジンベエ
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/23(月) 20:14:02.12 ID:OQqMXKXG0
ジンベイではなくジンベエでは?
23.69 KB Speed:3.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)