善子「ずら丸、頭が痛いわ……」 花丸「大丈夫? 善子ちゃん……」ナデナデ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆6sysT0v2o77I :2017/07/28(金) 22:30:52.60 ID:4HsiaUuro
〜昼休み、部室〜

花丸「……」ナデナデ

善子「……///」ナデラレ

善子(花丸は昔っから、私がどこか具合が悪いと、その部分を撫でてくれた)

善子(堕天使であるヨハネに対して、この娘は天使みたいな存在だ)

善子「本来、天使という存在はこのヨハネにとって天敵なのだけれど……」ブツブツ
2 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 22:36:20.50 ID:4HsiaUuro
花丸「……」ナデナデ 

善子「アンタだけは、特別……。ああ、なんたる癒し……」ブツブツ

花丸「えっと……頭痛のせいで頭がおかしくなっちゃったのかな……///」ナデナデ

善子(!? しまった……! 声に出てた……!?)

花丸「それとも、もう治ったからこそ、いつも通りのおかしな言動が……///」ナデナデ

善子(訂正。天使ならこんなこと言わない)
3 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 22:45:50.58 ID:4HsiaUuro
善子「えっと、こほん……! そうね、治ったわ……頭は」ナデラレ

花丸「そっか……よかった」パッ

善子「でも今度はその……む、胸が苦しくて……」

花丸「ええっ!? や、やっぱり保健室に行こうよっ!」アセアセ

善子「いいの! あなたが撫でてくれたら良くなりそうなの……っ!」ウググ...
4 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 22:51:20.07 ID:4HsiaUuro
花丸「ええっと……そ、そこが痛いの……?」

善子「そう……! この、左胸が……!」

花丸「……っ」

花丸「手っ! 手を握っててあげる!」ギュッ

善子「……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/28(金) 22:53:49.54 ID:S8jwMPpSO
はよ
6 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:01:13.08 ID:4HsiaUuro
花丸「これだけでもね、愛情ホルモンであるオキシトシンが痛みを……」

善子「痛たたたた……っ」

花丸「善子ちゃん!?」

善子「あ、愛情……ね……。は、花丸は……わ……私を、愛してくれているの……?」

花丸「ええっ!?///」
7 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:06:35.23 ID:4HsiaUuro
善子「ああ痛い……! 痛くて死にそう……!」

花丸「ああっ!? ……っ!」ガバッ ギュウッ

花丸「そ、そうだよ……!/// ま、マルは善子ちゃんのことを愛してるよ……!///」ナデナデ

善子「そ……そう……///」

花丸「だから早く良くなって……善子ちゃん……」ナデナデ
8 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:09:46.23 ID:4HsiaUuro
善子「こうして花丸に抱きしめられて、頭を撫でられてると……痛みが少し、和らいできたかも……///」ポーッ

花丸「よかった……っ」ナデナデ

善子(ああ、心地いい……。で、でも……! これじゃ、当初の目的が……!)ナデラレ

善子「う……はぅっ!」

花丸「どうしたの……!?」
9 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:13:18.22 ID:4HsiaUuro
善子「や、やっぱり左胸が……っ!」

善子「ちょ、直接……! 直接撫でて……っ!」

花丸「ええっと……! ええっとぉ……!」オロオロ

善子「ごめん、アンタの右手借りる」スッ

花丸「へ?」グイッ
10 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:15:44.27 ID:4HsiaUuro
善子「……っ///」ムギュウッ

花丸「ひゃ……ひゃああっ!?///」ムニュッ...

善子「ほ、ほら……! え、遠慮はいらないから、撫でて……!///」

花丸「で、でも……!///」

善子「お、女同士だから気にしないで……! い、痛いのっ、すごくっ!///」
11 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:18:34.66 ID:4HsiaUuro
花丸「!」

善子「た、助けると思って……! あ、アンタの愛情を……ちょうだい……っ!」

花丸「……!」

花丸「わ、分かったずら……!///」サス...サス...

善子「あ……♡ ん……♡」ピクッ
12 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:22:21.04 ID:4HsiaUuro
花丸「……あ、あの……///」サス...サス...

善子「ぅふっ……♡ はぅ……♡」

善子(ああ……♡ 花丸に優しく胸を撫でられてる……♡)ゾクゾクッ

花丸「こ、これで……い、痛み……和らいでる……?///」サス...サス...

善子「も、もうちょっと……!♡ もうちょっと強めに、早く、撫でて……っ♡」
13 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:26:05.48 ID:4HsiaUuro
花丸「ええっと……!/// こ、こう……?///」ムニュ...ムニュ...

善子「ふぅ……っ♡ もっと……!♡ もっと早く……!♡」

花丸「ええ……!?/// こんな感じ……?///」ムニュムニュ モニュモニュ

善子「はぁっ……♡ い、いいわ……♡ ぁんっ……♡」ビクビクッ

花丸(よ、善子ちゃんの吐息が……/// な、なんだかマル……おかしくなっちゃいそう……///)ドキドキ
14 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:31:45.46 ID:4HsiaUuro

善子「ああ……っ♡ 右胸も痛くなってきた……!♡」

花丸「ええっ!?///」ムニムニ フニュフニュ

善子「つ、辛い……!♡ 左胸と一緒に右胸も、揉んで……!♡」

花丸「も、揉むうっ!?///」ビクッ

善子「花丸の両手で、ヨハネの両胸を……揉んでぇ……っ♡」フルフル
15 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:36:26.56 ID:4HsiaUuro
花丸「う……ぅ、うう……っ!///」

花丸(これも善子ちゃんのため……! 善子ちゃんのため、善子ちゃんのため、善子ちゃんのため、)

花丸(善子ちゃんのためっ!!///)ワシィッ

善子「あうっ……♡///」ビクッ

花丸「……っ///」モミモミ ムニュモニュ
16 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:40:29.01 ID:4HsiaUuro
善子「ふぅ……ふぅ……♡ はぅ……♡」

花丸「……っ♡///」ムギュムギュ モミュモミュ

善子「ん……ぁん……っ♡ アンタの手つき、やらし……っ♡」ハァハァ

花丸「よ、善子ちゃんがやれって言ったんでしょ……!♡」ムニムニ ムギュムギュ

善子「ああ……♡ なんだか唇が恋しいわ……♡」ハァハァ

花丸「はぁ、はぁ、はぁ……っ♡ い、いきなり何を……!♡」モニュモニュ モミュモミュ
17 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:53:33.87 ID:4HsiaUuro
善子「キス、して……♡ はぁっ……♡ そうすれば……、んぅ……っ♡」ハァハァ

花丸「ごくっ……、はぁ……はぁ……♡」ムニュムニュ モニュモニュ...ムラッ

花丸(もう……!♡ 我慢、できない……っ!♡)ムラムラムラ

善子「痛み……っ♡ 無くなりそうなの……!♡ おねが……んっ♡ ふっ♡」チュ...チュ...♡

善子(花丸……♡ ついにあなたと、キス……♡)チュッチュッ...チュ♡

花丸「ちゅ……ん……ちゅぱっ♡ 治るまでしてあげるね……!♡ んむっ♡」チュパ...チュ...♡

善子「ん……っ♡ ちゅぷ……ちゅ……♡ んふ……んちゅ……♡」チュ♡ チュッチュッチュ♡

善子(ああ……♡ 堕天しちゃう……♡ 花丸と……2人で……♡)チュプチュプ♡ ヂュルル...チュウウッ♡
18 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:56:18.43 ID:4HsiaUuro
〜その後〜

善子「花丸ぅ……♡ 体調悪いの……♡」

花丸「どこが悪いの?」

善子「全身……♡ とりあえず抱きしめて、チューして♡」

花丸「いいよ……早く良くなってね……」ギュッ
19 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:57:43.05 ID:4HsiaUuro
花丸「ん……♡」チュッ♡

善子「んっ♡ ちゅっ♡」チュッチュッ♡

花丸「全身具合悪いなんて大変だね……今すぐ服脱いで、裸になって♡」

花丸「大至急善子ちゃんの全身にキスしなきゃいけないから♡」

善子「そうね……♡」ヌギヌギ パサッ
20 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/07/28(金) 23:59:10.41 ID:4HsiaUuro
善子「あと、お股のところがジンジンして、特に辛いの……♡」ヌギヌギ パサッパサッ

花丸「大変……♡ 頑張って善子ちゃんのオキシトシン、活性化させるね♡」チュッ♡ チュパッ♡ チュ...♡

善子「ぁ……んっ♡ おっ、お願い、ねっ♡ あっ、そこ……っ♡ は……あぅ……♡」ビクッビクッ


チュ...チュ...♡ クチュクチュ♡ チュッチュッ♡ クチュックチュッ...♡ チュ...チュパッ...♡


――2人は体調不良を口実に、お互いの愛情ホルモンを高め合う行為を習慣化させ、愛し合うようになりましたとさ♪


おしまい
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/29(土) 00:42:08.80 ID:xFRWq2tSO

オキシトシン万能薬説
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/29(土) 02:15:59.01 ID:k7WJGm8SO
医療に詳しくなった
8.11 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)