【ポケモン安価SS】淫夢を喰らうスリーパー

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/07(木) 21:06:53.34 ID:/+4NSMe+O
・遅筆&不定期更新

・ポケモン姦人間姦どちらも書く予定

・ポケモンの生殖についての独自解釈あり


以上のことをご了承下さい

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/07(木) 21:19:55.03 ID:/+4NSMe+O
スリーパー
「りぃぱぁ」

スリーパー
(俺は野生のスリーパー。人間の都市に近い森に住み処を構え、時々都市に足を運んで人やポケモンの夢を喰らって生きている)

スリーパー
(今日も夢を食べるため、適当な奴を探して街道沿いをぶらついていたが…)

スリーパー
「ムム…」

スリーパー
(最近はどうにも普通の夢ばかりでマンネリだったから、趣向を変えて淫夢を食べてみようと思う)

スリーパー
(ポケ生には程よい刺激が必要なのだ)

スリーパー
(おや、あそこにいるのは…↓1[ポケモン名]か)
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 21:35:17.94 ID:JD2+HnNRo
チラチーノ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/07(木) 22:28:23.20 ID:/+4NSMe+O
チラチーノ
「〜♪」テクテク

スリーパー
「り・り・り…」

スリーパー
(あのチラチーノ…良い夢を喰わせてくれそうだ。若い♂は精力が旺盛だからな…)ジッ

チラチーノ
「ミ?」

スリーパー
(よし、アイツを狙おう。どのように襲ってやろうかな…)ウーム

チラチーノ
「ミミ…ミュウッ!」ダッ

▼あっ! やせいの チラチーノが とびだしてきた!

スリーパー
「りっ!?」

スリーパー
(なんと、向こうから仕掛けてきやがった!)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/07(木) 22:40:50.77 ID:/+4NSMe+O
チラチーノ
「ミューッ!」

▼チラチーノの なきごえ!

スリーパー
(こりゃいいや、手間が省けたぜ)

▼チラチーノの スイープビンタ!

チラチーノ
「ミュッ!ミュッ!」ベシベシ

スリーパー
(効かんなあ…オラッ!)

▼スリーパーの はたきおとす!

チラチーノ
「ギャア!」ゴロゴロ

スリーパー
「リーパー!」

▼スリーパーの さいみんじゅつ! チラチーノは ねむってしまった!

チラチーノ
「みょ!?……zzZZ」

スリーパー
(一丁上がりだ…さて、お前の淫夢を俺に見せてもらうぞ…)

チラチーノ
「Zzz…」
6 :淫夢シーンは地の文ありで行きます [saga]:2017/12/07(木) 23:03:28.19 ID:/+4NSMe+O
薄暗い森の中、茂みに囲まれた狭い空き地。
若い♂のチラチーノの周りには3匹のチラーミィ、いずれも♀である。
「みゅ、みゅ、みゅ〜」
チラーミィたちは、競いあうようにしてチラチーノに身体を擦り付ける。他の2匹に先んじてチラチーノに選んで貰おうと誰も懸命だ。
そんな3匹を、チラチーノはいとおしそうに、白い毛束の内に抱き寄せる。
「ちゅ、ちゅ…」
チラチーノは、小柄なチラーミィの口元に、ついばむようにして繰り返しキスをする。右手では、並行しめもう1匹の身体を優しく撫でてやる。
「み、みぃ〜…」
あぶれた3匹目が、寂しげに鳴きかける。チラチーノはすかさず左手で彼女をしっかと抱き、白いもふもふを絡めた。
「ミィ///」
チラチーノのメロメロボディに密着したチラーミィは、すぐにぽうっと惚けたような表情になる。実にちょろいというか、単純である。
7 :スマホが逝ってました [saga]:2017/12/09(土) 21:49:26.20 ID:DXpfswfsO
「みゅう///」
恥じらうチラーミィに構わず、チラチーノは1対の白毛をチラーミィに絡み付かせる。こうして身体を支えてやることで、交尾をスムーズに行うことが出来るのだ。チラーミィも生娘ながら本能で察しているのか、腰を突き上げて挿入を受け入れる体勢をとる。
「ふーっ、ふーっ」
「みぃ?やっ?」
チラチーノが焦れったく陰茎を雌の部分に擦り付けると、チラーミィは切なげに小さく鳴く。
挿入口を定めるように何度か擦った後、チラチーノはついに…

ずぷり。

「み゛いぃぃっ???」

勢いよく処女の秘部を貫いた。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/12/09(土) 22:22:38.63 ID:DXpfswfsO
ぱちゅ、ぱちゅ、ぱちゅ。
「みっ、あっ、ああ〜っ」
森の中に水っぽい音が響く。そのたび、悦びの呻きが後に続く。雄と雌にとってはそれが聴覚の全てであり、意識は完全に結合行為に集中していた。
「ふん、ふんっ」
「みあ゛あ〜っ、オオッ、アッ!」
可愛らしさを微塵も感じさせないイヤらしい声を上げ、行為に耽る2匹。チラーミィを手持ちする純粋な女児トレーナーが見たら、大泣きするか、あるいはポケニーに目覚めてしまいそうだ。
「みああ〜ん??」
チラチーノのテクニシャンぶりにすっかり骨抜きのチラーミィ。残りの2匹もお預けをくらい、目の前で見せ付けられて堪らなそうだ。ぱたぱた汁をこぼしながら自らの陰部を擦り、チラチーノの与える快感の1割でも得ようと必死だ。繋がっている雄と雌の眼中には無いが。
…いつまでも続くようにも思える前後運動は、しかし終わりを迎えようとしていた。
「みっ!ふっ、ふおお〜!」
チラチーノの呼吸が激しくなり、ピストンのスピードが早まる。射精が近づいているのだ。
「やあぁん?」
イヤイヤとかぶりをふり、身をよじるチラーミィ。しかし、白毛に捕らわれて逃げられない。増し続ける快感を受け入れる他ない。そんなチラーミィの姿が、チラチーノを一層興奮させた。
「みぃっ、みぃ…おああーっ!!!」
「ああん、アっ?アぁ〜?」
一等深く陰茎を挿し込み、ついにチラチーノは射精した。彼の一物はどくどくと脈打ち、雌を完全に堕とすべく、液体を最奥に送り込み続ける。
「ぴぃやああぁ…?」
チラチーノは射精の間もぐりぐりと腰を動かし、愛しいチラーミィの中を隅々までマーキングした。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/12/09(土) 22:24:38.87 ID:DXpfswfsO
「フンッ…」
「アゥッ?」
チラチーノはゆっくりと腰を引く。引き抜いた怒張からたぱ、たぱと溢れる白濁が、快感の余韻に震えるチラーミィの内腿をまだらに白く染めた。
振り返れば、頬を朱に染めて雄を求める雌が2匹。チラチーノ達による愛の交歓はまだまだ始まったばかりである…
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/09(土) 22:36:37.60 ID:DXpfswfsO


チラチーノ
「みへ、みへへ…」スースー

スリーパー
「りぃぱー」モグモグ

スリーパー
(成る程、成る程…こいつ、最近チラチーノに進化して、心も身体もイケイケって訳だ。自らの力に対する自信に溢れているな。一丁前にハーレム願望なんか抱えていやがる)

スリーパー
(フレッシュな味わいの夢だ…青臭いとも言えるが。どうしてなかなかイケるもんだな。)

チラチーノ
「みゅー…」モゾモゾ

スリーパー
「りり。」

スリーパー
(スリーパーたるもの、夢を喰い終えたらエモノが目覚める前にさっさと退散だ。ごちそうさん。)

スリーパー
(ちなみにこのチラチーノの特性は、メロメロボディでもテクニシャンでもなくスキルリンクだった。)

11 :だいたいこんな感じでいきます。 :2017/12/09(土) 22:45:10.83 ID:DXpfswfsO
スリーパー
「とぅいんとぅんとぅん」ノシノシ

ワイワイガヤガヤ

スリーパー
(街に着いたぞ。流石にチラチーノ1匹じゃ満腹にはならないし、今度は飼いポケモンでも狙ってみるか?)

スリーパー
(野生じゃ経験できないようなこともトレーナーが一緒なら経験するから、夢もバリエーション豊富になるのだ)

スリーパー
「り、りーら」

スリーパー
(そうだなあ…そこにいる↓1[ポケモン名]なんかが良さそうだ)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/09(土) 22:46:16.14 ID:WGaJa7kwO
フーディン
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/10(日) 00:29:42.19 ID:o9LaBgcAO
スリーパー
「りりり…」

スリーパー
(あの少年が連れてる♀のフーディン…良い身体してんねえ!瑞々しくしなやか、実戦で鍛えられたボディだ)

フーディン
(連れ歩いてるのを見るに、あの少年とは固い信頼で結ばれてるのだろう…そんな彼女がいかな劣情を内に秘めているのか…気になるねえ!)

フーディン
(しかし…フーディンほどのエスパーとなると、かなり弱らせなければ心の内には入り込めない…それにここは街中、さらにトレーナー付き…かなりリスキーだが…)

フーディン
(いや、構わねえ!1度エモノと定めたからには必ず夢を喰う、それが俺の信条だ!)

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/10(日) 00:35:07.00 ID:o9LaBgcAO
スリーパー
(なるべく人通りの少ない路地で、逃げにくい一本道に入ったところを…)

スリーパー
(今だ!)

▼あっ! やせいの スリーパーが とびだしてきた!

スリーパー
「てぃうんとぅんとぅん!」

少年トレーナー
「!す、スリーパーだ!」

フーディン
「フー…!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 00:45:56.87 ID:uY3vWxMXO
スキルリンクならこう、絶倫的な。抜か八的な
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/10(日) 00:49:11.73 ID:o9LaBgcAO
スリーパー
「リーパー!!」

少年トレーナー
「こいつ、やる気か!フーディン、サイケ光s…」

スリーパー
(先手必勝っ!)

▼スリーパーの さいみんじゅつ! トレーナーは ねむってしまった!

少年トレーナー
「うっ!…zZZ」

フーディン
「フー!?」オロオロ

スリーパー
(トレーナーとの連携は厄介だ、司令塔はさっさと封じるのが一番!それにあくまで狙いはこのフーディン!交換なんぞされたら困るからな!)

フーディン
「…フオォ…!」ゴゴゴゴ

スリーパー
(むっ!こいつ、立ち直りが速い!俺を排除するのが最優先とすぐに気持ちを切り替えてきたな!)

スリーパー
(だが、トレーナーをやられたことに対するこの怒りよう…夢の方は期待できそうだ!)
17 :フーディンの夢は明日以降に書きます :2017/12/10(日) 01:27:48.19 ID:o9LaBgcAO
▼フーディンの サイケこうせん!

フーディン
「ふー!」ウミョミョミョ

スリーパー
「りっ!」ギギギ

スリーパー
(おー、これは強烈…だが俺は、とくぼうにはちょっとばかり自信があるぞ!)

スリーパー
「くく…」ズンズン

フーディン
「!?…ふー!!」ズミミミ

▼フーディンの サイケこうせん!

スリーパー
「む…」ノシ…ノシ…

▼フーディンの サイケこうせん!

▼フーディンの サイケこうせん!

フーディン
「くっ…」ズミミミ…

スリーパー
(フーディンはぼうぎょが低い…本来なら、テレポートなりで敵との距離を保ち遠くから念力を浴びせるのがフーディンの戦いかた)ズン…ズン…

フーディン
「フオォ…!」グォン!

スリーパー
(だが今のこいつは、動けないトレーナーを守らなければならない!近付いてくる俺に対し、トレーナーを置いて後退することは、恐らく性格的に出来ないだろう!)

スリーパー
(また、トレーナーに従って日々闘うポケモンなら、トレーナーごと野良ポケモンから尻尾巻いて逃げ出すよりは、近付かれる前に仕留めることを選ぶはず!)

フーディン
「ぐ、ぐ…」ウミョミョミョ
18 :>>13でスリーパーの台詞がフーディンになってるのを訂正します :2017/12/10(日) 01:44:14.16 ID:o9LaBgcAO
スリーパー
「…」

フーディン
「オォッ…!」ズミミミ

スリーパー
(ゆえに…アイツの攻撃がわずかでも緩んだ隙に…アイツがまだ安全だ、と思っている距離から…一気に…)

フーディン
「ぐっ…」ズミ…

スリーパー
(ここだっ!)ダッ

フーディン
「!?」

スリーパー
「ウオーッ!」ダダダ

▼スリーパーの はたきおとす! こうかは ばつぐんだ!

フーディン
「ウアーッ!」

▼スリーパーは フーディンのもっている オボンのみを はたきおとした! フーディンは たおれた!

スリーパー
(一丁上がり…相手がどうぐを持っていれば、はたきおとす攻撃の威力は高まる)

スリーパー
(では早速『ゆめくい』だ。さあ、このフーディンはどんな夢を見せてくれるのか…)

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 07:31:31.43 ID:FgDy9EZco
このスリーパー強いよお…
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 14:14:30.81 ID:uY3vWxMXO
スリーパーははたき覚えなくない?
21 :>>20それにはちゃんと意味があるのです そのうち書きます :2017/12/11(月) 00:34:49.70 ID:7XvhipguO
「フーディン、サイケ光線!」
「ふー!」
少年の指事する声に合わせ、彼女は渾身の念力を浴びせかける。
「びゅーえー!」
フーディンと対峙していた炎の猛禽は翼を強張らせ、たまらず墜落する。
「いけっ、 モンスターボール!」
少年の投げたモンスターボールから放たれた光が、ボールにポケモンを引き込む。
がた、がた、カチリ。
ボールが完全にロックされたことを示す小気味の良い音が鳴る。ファイアロー、捕獲成功だ。
「やったね、ケーコ!」
「ふぅ!」
フーディンと少年は向き合って笑う。彼女と少年とは幼い頃からの付き合いだ。ケーシィ時代から、こうして共に闘ってきた。
少年はファイアローの入ったボールに1度微笑みかけて挨拶をすると、フーディンの元へ駆け寄り、勢いよく抱き着いた。
「ふー?ふぅ!」
「あはは…ゴメンゴメン」
彼女はユンゲラーに進化してすぐフーディンになった。いきなり大きくなった身体に戸惑うこともあったが、こうして大好きな少年を包んであげられることはフーディンにとって幸せなことだった。
「ほら、フーディンも挨拶して?」
「ぴぃ」
少年の手で掲げられたボールの中で、ファイアローがフーディンを見つめていた。
「ふーでぃーに」
フーディンが腰を落とし、ファイアローに語りかけた。少年のすぐ前にフーディンの顔が近付く。
ちゅっ。
不意に少年はフーディンにキスをした。
少年のふいうちはこうかばつぐんだったようで、面食らった様子のフーディンは感触の残る頬に手を当てる。
「ふふ…大好きだよ、ケーコ!」
少年の言葉に、頬を染めるフーディン。ボールの中のファイアローは、「見せ付けてくれちゃって」というように顔を横に向けた…
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 01:05:30.71 ID:7XvhipguO


スリーパー
「フーム」

スリーパー
(成る程…やはりこのフーディン、ご主人さま大好きっ娘か)

スリーパー
(淫夢とは違うが、甘酸っぱくて美味しい夢だ)

スリーパー
(しかし夢の中でもご主人さまに求めるのはキスまでか、随分ひかえめなことだ)

スリーパー
(急激な身体の進化に性知識が追い付いてないだけかもしれないが)

スリーパー
(と、すればここは…うひひ)

▼ガーディの かみつく!

スリーパー
「ゲー!?」

トレーナーズスクールの先生
「こらー、そこのスリーパー!うちの生徒に何してくれてんのっ!ガーディ、そのまま続けて!」

▼ガーディの かみつく!

スリーパー
「ふぎっ…」

スリーパー
(いかん、ゆっくりしすぎた!退散、退散!)

▼スリーパーは にげだした!
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 15:10:28.31 ID:32aVMAqNO
ガーディ
「がるる…!」

トレーナーズスクールの先生
「逃げたか…うん、いいよガーディ、追わなくて。この子達が優先」

トレーナーズスクールの先生
「こっちはケガしてないみたいだけど…ケーコ、大丈夫?動ける?」

フーディン
「ふぐぅ…」ヨロヨロ

少年トレーナー
「うっ…スリーパーが…あっ、ケー…フーディン!大丈夫かっ!?」

トレーナーズスクールの先生
「ケーコが君を庇ってくれてたみたいだね…しかし、君たちが野良ポケモンにしてやられるとは…」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 15:11:26.85 ID:32aVMAqNO
少年トレーナー
「…あのスリーパー、真っ先にボクを狙ってきました」

少年トレーナー
「不意を突かれて、催眠術で眠らされて…フーディンはたったひとりで、動けないボクを守って戦ったんです。」

トレーナーズスクールの先生
「まあ…」

少年トレーナー
「それに、フーディンの守りを補うために持たせてたオボンの実もはたきおとされて奪われたみたいです。
…ボクがアイツにあっさりはめられたりしなければ、こういうことには…」

トレーナーズスクールの先生
「いや、それは仕方無いことよ。そこまで狡猾な野生ポケモンはそうそういないし…
オボンね…ああ、あったわ。あんなところまで転がって…うん?」

トレーナーズスクールの先生
(スリーパーがはたきおとす攻撃を?なんか引っ掛かるなあ…
いや、この子たちをポケモンセンターに送り届けるのが先ね)

トレーナーズスクールの先生
「さ、すぐセンターで回復してもらえるから少しだけガマンしてね?」

少年トレーナー
「はい…フーディン、ボールの中に…」

フーディン
「ふー…」ボムン
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 15:13:06.50 ID:32aVMAqNO


少年トレーナー
「…」テクテク

少年トレーナー
「…ゴメンよ、ケーコ。」

フーディン
「…」

少年トレーナー
「ケーコはボクを守ってくれたのに、ボクはケーコが倒れてもまだ寝こけていたんだ。足を引っ張ってしまった…」

少年トレーナー
「本当なら、強敵にはパートナーとして、助け合って戦うべきだったのに」

フーディン
「!ふー…(『パートナー』の単語に感無量)」

少年トレーナー
「思えば最近のボクは、自分だけの力で強くなったような気になってたのかもしれない…」

少年トレーナー
「ボク、ケーコのパートナーとしてもっと精進するよ。だからこれからも、一緒に来てくれるかい?」

フーディン
「ふー!(即答)」

少年トレーナー
「…ありがとう。ケーコ。」

トレーナーズスクールの先生
(…人前でフーディンをニックネームするのを恥ずかしがってた彼が自然に…指導者としては不謹慎だけど、今回のことでケーコと少年の距離が縮まったのはまあ、良かったかもね)
26 :>>21で少年→フーディンの呼称が安定してないのはミスです 気にしないでね :2017/12/11(月) 15:18:01.92 ID:32aVMAqNO


スリーパー
「りーぱー」ノシノシ

スリーパー
(…あのフーディンには、俺からちょっとしたプレゼントをしてあげた)

スリーパー
(『きちんとした』知識を彼女の深層意識に刷り込んでおいた)

スリーパー
「へへ…」

スリーパー
(今夜あたりどうなるか楽しみだ)
27 :下書きすると分量が多くなるね :2017/12/11(月) 15:19:36.38 ID:32aVMAqNO



ポケモンセンターのスタッフ
「あなたのポケモンはすっかり元気になりましたよ!」

少年トレーナー
「ありがとうございました。
…さあ帰ろう、ケーコ。」テクテク

フーディン
「ふぅ。
…ふー?」

少年トレーナー
「?どうしたの、ケーコ?」テクテク

フーディン
「ふー、ふぅ!」

少年トレーナー
「え?今日はケーシィの頃みたいに一緒のベッドで眠りたい?」

フーディン
「ふー」コクコク

少年トレーナー
「…うん、いいよ。それくらいはお安いご用さ!」

フーディン
「ふー!」ニコリ

少年トレーナー
(ケーコが進化した頃から、年上相手とか皆の前でバトルすることも多くなって…)

少年トレーナー
(それで、これまで通りじゃいけないって、背伸びしようとして、ケーコに対する接し方も変えてしまった…ケーコは身体が急に変わって、ボクよりずっと不安だったろうに)

少年トレーナー
(きっと寂しい思いをさせていたのかな…気付くのが遅かったかもしれないけど、これからはケーコとの絆をもっと深めていかないと、ね。)





フーディン
「フフ…(眼にあやしいひかり)」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 15:25:44.68 ID:32aVMAqNO


スリーパー
「フンフンフフーン」

スリーパー
(今日は質のいい夢を2つも喰えて良かったが、そろそろ帰らないと日が暮れちまう。)

スリーパー
(遅くなるとうるさいのがいるからなあ…おや、街道の上に誰かいるぞ?)

↓2ポケモンの登場人物 モブなら性別とか特徴とかも
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 15:34:34.06 ID:T7owXDY8o
フウロ
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 15:36:32.05 ID:ogWxLDFvo
モミ
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 17:19:33.69 ID:32aVMAqNO
モミ
「ふぅ…何とか暗くなる前に街に着けそうですね…」トコトコ

スリーパー
「じーっ」

スリーパー
(この夕暮れ時に若い女が一人で…このあたりに変な奴はいないけど、随分と無用心というか…)

スリーパー
「…」キョロキョロ

スリーパー
(あたりに人間はいない)

スリーパー
(あの女、いかにもおっとりしているし…手早くやれば短い時間で夢を喰えそうだな…)

スリーパー
(気力も充分…よし、やろう)


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 17:27:38.13 ID:32aVMAqNO
スリーパー
「リーパー!」

▼あっ! やせいの スリーパーが とびだしてきた!

モミ
「あら、スリーパー…この地域ではあまり見かけないポケモンですわね」

スリーパー
(先手必勝!くらえっ!)

▼スリーパーの さいみんじゅつ!

モミ
「!」サッ

▼しかし スリーパーの こうげきは あたらなかった!

スリーパー
「リッ!?」

スリーパー
(防がれた?完全に虚を突いたと思ったのに…!?)

モミ
「いきなり仕掛けてくるとは、随分ヤンチャなスリーパーですね。

…でも、ヤンチャさなら私のポケモンたちも負けていませんよ?
いきなさい、フワライド!」ポーン
33 :モミさん一人称『あたし』でしたね :2017/12/11(月) 17:45:46.75 ID:32aVMAqNO
スリーパー
「ゲホッ…ゴホッ…」ヨロヨロ

スリーパー
(くう〜…まずい。この女、見た目によらずめちゃくちゃバトル慣れしてやがる)

スリーパー
(ポケモンそのものもかなりのレベルだし、指示も的確…もう体力がきれそうだ…)

▼スリーパーの ゆめくい!

ハピナス
「…」ヘーゼン

スリーパー
(こいつ、攻撃のための『ゆめくい』で全然堪える気配がない…HPがあまり回復しないのも、俺とこいつ実力差の表れか)

モミ
「ハピナス、たまごうみ。」

▼ハピナスは めをさました! ハピナスの たまごうみ!

ハピナス
「ぴなぴっぴ〜」キュイーン

スリーパー
(一瞬で全快かぁ〜…)
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 18:39:06.80 ID:32aVMAqNO
モミ
「うーん、あのスリーパーもなかなかタフですわね」

モミ
(トレーナーの重要性を理解してすぐに除こうとしてきたり、こちらの戦法を読んで食い下がってくるあたり、戦い慣れしてるというか、強かですわ)

モミ
(まさか相性の有利なフワライドが落とされるとは思いませんでした)

モミ
(もう少し楽しみたいけれど、そろそろ決着を付けないと今晩の宿が無くなってしまいますね…)

モミ
「これで決めます。ハピナス!ちきゅうなげ!」

▼ハピナスの ちきゅうなげ! スリーパーは たおれた!

ハピナス
「ぴにゃあ!」ズドォン

スリーパー
「ウギャーッ!」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 19:02:31.30 ID:32aVMAqNO
スリーパー
「イツツ…」

スリーパー
(熱くなりすぎたなあ…勝ち目の薄い勝負にエネルギーを使っちゃ元も子もないぞ…)

スリーパー
(ちょっと休めば動けるが…あの女がとどめをさす主義じゃないことを切に願う)

モミ
「…」トコトコ

モミは いいきずぐすりを つかった! スリーパーの たいりょくが かいふくした!

スリーパー
「すりー?」

モミ
「楽しませてくれたお礼ですわ。これくらい回復すれば、あとは自分で何とかできるでしょう」

モミ
「これに懲りたら、もう通りすがった人に催眠術をかけたりしちゃダメよ?」ニコリ

スリーパー
「…」

スリーパー
(ハピナスを後ろに下げて、わざわざ俺に回復を…今なら催眠術にかけて夢を喰えそうだ…

1.このままじゃ終われない…やっちゃえ
2.いや…ここはこのまま引き下がろう)

ここから↓1〜3で多い方
どちらを選んでもエロはあります
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 19:06:19.92 ID:66Vlp8rHO
1
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 19:06:36.75 ID:+y3jaYRVO
1
38 :1でいきます :2017/12/11(月) 20:46:44.57 ID:32aVMAqNO
スリーパー
「リーパー!」

スリーパー
(このままじゃ終われない!カッコ悪いけど、ここは何としても夢を食べさせてもらう!)

▼スリーパーの さいみんじゅつ!

モミ
「あっ、あ、ら…くぅ」コテン

ハピナス
「ぴな〜!?」

スリーパー
(こっちも!)

▼スリーパーの さいみんじゅつ! ハピナスは ねむってしまった!

スリーパー
(ふー…では、いざ夢の中へ…)
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 20:57:08.50 ID:32aVMAqNO


モミは、木漏れ日の美しい森のなかを歩いていた。光が深緑の髪をきらきらと照らす。彼女が進むと、森の濃い空気が揺らめいて道を開ける。
モミはこのハクタイの森が好きだった。緑の匂い、ポケモンたちの囁き。草地はフカフカとしていて、歩くだけでも楽しい気持ちになる。
…その上、今日はこんなカワイイ男の子と巡り合わせてくれたのだ。モミは、隣を歩くまだ初々しさの残る若きトレーナーを横目で見て、いつにない昂りを感じていた。
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 21:13:10.44 ID:32aVMAqNO
「モウカザル、ひのこ!」
「ラッキー、タマゴばくだんでサポートして」
タッグを組んでの何回目かの戦闘。モミは、攻撃をほとんど少年に任せ、彼の補助に徹していた。
彼女はおっとりした風貌に見合わぬポケモンバトルのマニアだ。本来なら、ハクタイの森に居着いているレベルのトレーナーたちなど歯牙にもかけない強さであり、今だって育成中のラッキーではなく控えのハピナスやフワライドを出せばすぐに片がつくはずだが、モミはそうしなかった。
いい。この子、スゴくいい。
強敵と力を尽くして戦うのと同じぐらい、新人トレーナーの一所懸命な戦いを見るのが好きなのだ。彼女好みの男の子ならなおさら。
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 21:36:34.04 ID:32aVMAqNO
「勝ったぁ!」
「お疲れ様ですわ」
バトルを終え、自分のもとへ駆け寄るモウカザルを労う少年。尊い。実に尊い光景。モミは口の中より湧き出るものを素振りも見せず封じ込める。
「では、またモウカザルを回復してあげますね」
モミはそういって、ポーチからきずぐすりを取り出す。
「あっ、ありがとうございます…」
少年は、少しはっとしたような様子で、モミに向かって礼をし、モウカザルを委ねた。
「さあ、モウカザル。腕を見せて…」
彼女は膝立ちになってモウカザルにスプレーを吹き掛ける。モウカザルは無邪気にスプレーのくすぐったさを楽しんでいる。
だが、モミはモウカザルに集中してると見せかけて、実は獲物を見つけたムクホーク宜しく、少年がもぞもぞとした素振りをするのを見逃していない。
少年が見下ろす位置で、細い指でもって少年に見えるようにモウカザルの毛並みをさすり、ロングスカートの隙とブーツの間からストッキングをちらつかせ、極めつけに腕を前にやってごくさりげなく谷間を強調する。これは服の上からだが、それでも年頃の少年には刺激的だろう。
モミは、彼に彼女を意識させるべく、意図の気付かれないようこっそりと誘導を仕掛けていた。
42 :モミさんのキャラが違うかもしれませんが、それはこれがモミさんの夢だからです :2017/12/11(月) 21:58:59.83 ID:32aVMAqNO
彼女らが行動を共にしてからしばらくが経った。森の洋館が遠くに見える。そろそろ森が途切れるところに差し掛かり、モミは勝負のための下ごしらえをしていた。あくまでそうと気取られぬよう。バトルと同じ、あとはどこで仕掛けるかが肝要だ。
「あ、あの…」
「どうかしましたか?」
「いえ…距離、少し近くありませんか?」
しまった、期限が見えて焦ったか?
「そうでしょうか?」
「いや、ちょっとそう感じただけで…」
「この辺りには森の洋館というゴーストポケモンの住み着くホラースポットがありますから…そのせいかもしれません」
うろたえるな、あたし。あくまで自然に…
「あの…不愉快だったでしょうか?もしそう思われたのなら、あたし…」
「い、いえ!そうじゃないんです!ただっ、その、モミさんみたいなきれいな人がむやみに人に近付くと…はっ!あのっ、これは…」
「ふふ…ご心配ありがとうございます。」
いや、これはむしろ良い感じだぞ。モミは心の中でぐっとガッツポーズした。
「大丈夫ですよ、私の距離が近いように思えるなら、多分、それは…あたしがあなたのことを、信頼しているということですから」
よし、あともう一押し…
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/11(月) 22:29:40.73 ID:32aVMAqNO
モミと少年は、森の洋館の前にたどり着く。手入れのなされていない館は荒れ放題で、入口すらつたに塞がれてるような有り様だが、森に飲み込まれるというよりは、むしろ周りから際立った存在感を放っている。
「ここの探検とか…してみたいですか?」
「いやー、キツいです…」
少年は心の底からそう思っているようだ。カワイイですわ。いかくされたらすばやさあがりそうね。ふふふ…

ガターン!

「きゃあっ!」
自分の世界に入りかけていたところに洋館から大きな物音がして、モミは思わず少年に抱きついた。
「うわぁ!うぅ…
えっ」
少年も突然の音にびっくりして、しばらく固まっていたが…自分の腕に当たる柔らかな感覚を意識すると…
別の意味で固くなった。
「うぅ…あたしとしたことが…あっ」
「あの、モミさん…これは、その…」
モミの目線の先では、厚手のズボンの上からでも分かる、少年の猛るポケモンが確かに主張していた。
「うぅ…」
少年は泣き出してしまいそうだ。
一方でモミは、これを千載一遇のチャンスと捉えた。少年を人目のつかぬ物陰に引っ張っていく。
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/12/11(月) 22:49:13.68 ID:32aVMAqNO
「あ、あのっ!?モミさんっ…!」
モミは答えず、大木の幹に少年を寄り掛からせた。
「あなた…その、ズボンのそれは…」
「あ、あぁ…ごめんなさい!ごめんなさい!」
少年は既に半泣きだ。静まってくれない自分のコクーンを恨むかのように、股間を押さえつけている。
「いえ、良いの、良いんですわ…」
「え、いや、だって…」
モミはあくまで神妙な態度をとるが、これは勝利が確定しつつある悦びを必死に堪えているからだ。余裕の無い少年には、そのことは分かる絡も無いが。
「これは生理現象ですから」
「せいり、げんしょう」
「ええ、ええ、何も変ではありませんわ」
「グスッ…」
もうほとんどやぶれかぶれである。
「で す か ら」スッ
「…!」
「もしあなたが良ければ」
「…」
「私があなたの」
「う…」
「お て つ だ い
を…」サス

「あっ」

少年が突然呆けたような顔になる。ズボンには、膨らみの先端を中心にじわじわとシミが…
「…あなた、もしかして、少し触れただけで…」
「あぁ…」ブルリ
45 :ハートが文字化けするなあ [saga]:2017/12/11(月) 23:20:18.35 ID:32aVMAqNO

ぞくぞくぞくぞくぅ〜っ!

モミの背筋に甘くむずかゆい快感が走る。

…もう我慢できない!!!

目にハートを浮かべ、少年のズボンを下着ごと一気にずり下ろす。
「あひっ!あっモミさ…」
少年の声などもう気にしない。モミは、先に精液の付いたおちんちんを根本までくわえこむ。
「んんんんん〜〜〜???」
「あ゛あああん!」
森の香りも、ポケモンの声も、何も聞こえない。今は、少年のはだいろと、少年の声と、脈打つちんこの熱と、形と、蒸れた臭いと、しょっぱい味が全てだ。
「あ゛〜おいひっ゛?おいひっ゛?おいひっ゛???」
しぼりとることしか考えてないずぽずぽストロークに、少年はまたこみ上げるものを感じる。
「モミさん!ダメです!ああまたっ…!」
「うじゅるるるっ?いひでふわよ?だひて?あたひにだひてっ???んちゅうぅ…」
少年が両手でモミの頭をわしづかみにする。モミは決して離さない。下品極まるバキューム顔に、ついさっきまでの淑女さは欠片もない。
「あっ!あっ!あああああああ!!!!」
びゅっ、びゅっ、びゅるるるるる。
声に合わせてさっきの何倍もの量が放出される。モミは口のなかで全てを受け止めようとした。
「う゛っ!お゛ぅえっ!げぽおっ!」
しかし、思った以上の射精量にザーメンが口から溢れて止まらず、みっともなく吐き散らしてしまった。
「あっ…あひっ…あひっ」
「かひっ?ひゅー…ひゅー…?」
腰をがくがくさせて余韻に震える少年と、髪を振り乱してぺたんと座り込み、白濁まみれで呼吸困難に陥るモミ。勢いに任せた行為を終えた二人の間には、長い長い時間が流れた…
46 :続ける場合モミさんのイチャラブパイズリ編となります :2017/12/11(月) 23:46:21.50 ID:32aVMAqNO


モミ
「くぅ…くぅ…んっ」スヤスヤ

スリーパー
「りーぱー…」

スリーパー
(おおっ、これは濃厚…バトルの消耗も全て回復するほどだ…この女、つくづく見かけによらないなあ)

スリーパー
(ここまでの濃さとなると…恐らくこれは実体験に基づく夢だな。どこまでがそうかは分からないが)

スリーパー
「ウーム…」チラリ

ハピナス
「はぴぃ…はぴぃ…」スヤスヤ

スリーパー
(まだアイツは眠ってるな…もう少しこの女の夢を食べてみたいが…どうする?)

▼つづける
▼にげる
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 23:47:47.07 ID:b9XGr1cPO
逃げる
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/12(火) 11:10:28.32 ID:t4Gw/RZ+O
スリーパー
「りー」

スリーパー
(やっぱり逃げよう…これ以上粘って目を覚まされたら後が怖いからな…)

スリーパー
(ごちそうさん。名前も知れない女よ、俺は消えさせてもらうぞ…)

カタカタ…

スリーパー
(…ん?女が持ってるモンスターボールのひとつが…)

ポムン!

ソーナンス(とくせい:かげふみ)
「そぉーなんすっ」

スリーパー
「あっ」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/13(水) 00:49:54.34 ID:zo/dVXkUO


モミ
「ウーン…あら?」

ハピナス
「はぴっ!」

モミ
「ハピナス、ありがとう。起こしてくれたのね」

モミ
「…あのスリーパーは…」

ハピナス
「はっぴ」ユビサシ

ソーナンス
「ナンスナンス」

スリーパー
「キュ〜…(戦闘不能)」

モミ
「…」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/13(水) 01:11:38.28 ID:zo/dVXkUO


ハピナス
「はっぴ!はっぴ!」パンパン

ハピナス
(どうしたの〜?まだ挿れてから2回目でしょう?へばるには早いわよねえ〜?)

スリーパー
「オォン!アォン!」ビクビク

フワライド
「バルーン!」

フワライド
(ちょっと、姐さぁん。あんまりとばしすぎないでよぉ。私まだ1回しか吸精してないのよぉ?
この子にバトルでエネルギー吸いとられた分、10倍増しで吸い返ししてあげないと気がすまないわぁ)

ハピナス
(慌てなくても大丈夫よ、フワライド。もう少しで交代してあげるから〜
…ほら、3回目〜っ?)グリリィ

スリーパー
「グァッ…」ビュルリ

ハピナス
「ぴな〜」ズポン

ハピナス
(はい、どうぞ〜…って、あらら)

スリーパー
「」シナッ

フワライド
(もう限界かぁ、体力無いなあ)

ハピナス
(種族値の違いはどうにもならないわよ〜…それを加味しても早いけれど。ちょっと待っててね〜…うぅん!)

▼ハピナスの タマゴうみ!

スリーパー
「オォッ…!?」ビクン

フワライド
(よーし回復したぁ)パクリ

フワライド
「じゅるる、じゅぽっ、じゅぷぷ…」ムグムグ

スリーパー
「ウゥゥ…」ビキーン

フワライド
(すぐに勃ったね、偉いぞぉ。じゃあ、これから最低でも10回は出してもらうからねぇ?)

ハピナス
(うふふ、まだまだ夜ははじまったばっかりよぉ〜…)

フワライド
「バルフフフ…」

ハピナス
「ハププ…」

スリーパー
「ヒィ…」ガクガク
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/13(水) 01:14:31.13 ID:zo/dVXkUO


ハリテヤマ
「ハリィ…」

ハリテヤマ
(ハピナスの姉御はまたイキの良い野良を持ち帰って無理矢理に犯しちょるんか…姉御の数奇者っぷりは相変わらずじゃのう)

ソーナンス
「ソーッスネェ」

ハリテヤマ
(今日は珍しくフワライドの奴も積極的に絞り上げとんの)

ソーナンス
(なんか知りませんけど、えらく気に入ったみたいっス)

ハリテヤマ
(そうか…お前は交ざらんでもええのか?)

ソーナンス
(えー?やだなあ、アタシはハリテヤマさん一筋っスよ?知ってるでしょう?)

ハリテヤマ
(またそれかい…わしとお前とじゃタマゴグループが違うじゃろうが)

ソーナンス
(ンモー、つれないっスねえ…アタシは気にしませんよ?ソンナこと)

ハリテヤマ
(わしが気にするんじゃ)

ホエルオー
「ポエー…(どちらにも興味ナシ)」



ハピナス
「ピナッ!ピナッ!」パンパン

フワライド
「ずぞぞ…」ジュップジュップ

スリーパー
「アヒィ〜ッ!」

スリーパー
(ああ、欲をかいたりしなけりゃこんなことには…)


52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/13(水) 01:15:43.35 ID:zo/dVXkUO

モミ
「はぁ…」

モミ
(ハピナスとフワライドの要求で、宿に連れ込んだあのスリーパー…)

モミ
(『お仕置きは自分たちがやる』って言うから預けたけれど…ナニをやってるのかは大体察せられますわね)

モミ
(全く、あの子達の趣味には困ったものね…どこから影響を受けたのやら…)

モミ
「しかし、まあ」

モミ(男性経験ナシ)
「ポケモンたちの方があたしよりずっと進んでいるというのは…こう、思うところがありますわね…」

モミ
(…あのスリーパーは明日の朝に解放してあげましょう)

モミ
(生きていたら)
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/13(水) 01:16:54.43 ID:zo/dVXkUO



モミ
「それじゃあね。さようなら、スリーパー。大人しく山に帰るのよ?」

ハピナス
「は〜ぴ〜」ツヤツヤ

フワライド
「ばるるん!」ツヤツヤ


スリーパー
「りーぱー…」フラフラ

スリーパー
(…


…淫夢はもう懲り懲りだ…)
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/13(水) 01:23:30.18 ID:zo/dVXkUO
これで取り敢えず一区切りつきました。ですが、普通に続きます。ちょっとしたらまた書きます。スリーパーはまた懲りずにエッチな夢を狙うでしょう。
これからも基本安価進行ですが、それ以外でもこのポケモンや人を出して!とか、シチュの要望とかあったらリクエストください。書けそうなのは採用するかもしれません。
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/13(水) 01:55:19.02 ID:NPIMKtqWo
おつおつ
56 :再開します [saga]:2017/12/14(木) 21:08:08.80 ID:hxGHkJz7O
スリーパー
「りーぱー」

スリーパー
(こっぴどくヤられてしまったあの夜から5日が経った)

スリーパー
(解放された俺は山に帰り、1日と半分を費やして体を回復させた)

スリーパー
(母や仲間にはポケモントレーナーとの勝負に敗北したとだけ言っておいた…そこまでは野生ならよくあることなので、恥ずかしくはない)

スリーパー
(夢を食べることにこだわったせいで逆レイプされたと知られたら死ねるが…)

スリーパー
「ウゥ…」

スリーパー
(ダメだ、思い出すと今でもキンタマが縮み上がるような感じがする)

スリーパー
(ともかく、それからは木の実で腹を満たし、群れの仕事を手伝い、大人しく過ごしていたのだ)

57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/14(木) 21:22:34.48 ID:hxGHkJz7O
スリーパー
(さて、今日からは再び夢を食べようと思う。狙うのは…淫夢だ)

スリーパー
(あんなことがあったのにまたやるのか…と思われるかもしれないが、これには理由があるのだ)

スリーパー
(俺たちスリーパーという生き物は、夢を喰わずには生きていけない。木の実や葉や肉も喰えるけど、それだけでは超能力が落ちていってしまう。
実際俺もここ数日は木の実だけなので、まだ本調子でない…)

スリーパー
(それに、夢から得られるエネルギーも、エモノの心身の状態や内容によって大きく変わる。今の俺には、やはり淫夢の濃厚なエネルギーが必要なのだ。それも、自分の手で獲得したエネルギーが)

スリーパー
(…色んな奴の淫夢を喰って経験を付ければ、あの夜のことにも早く慣れられるかもしれないしね)
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/14(木) 21:44:11.16 ID:hxGHkJz7O
スリーパー
「スリー…」

スリーパー
(さて、エモノを探そう…喰らった夢の内容はエモノ自身に知覚されないとは言え、顔見知りの夢を奪うのは気が引ける…狙うなら、この山のコミュニティに属してないやつがいいかな…)

スリーパー
「りっ!」

スリーパー
(お、アイツなんかいいんじゃないか…?)

安価↓3 ポケモン名
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 21:59:13.40 ID:M6ziGmLP0
ミミロップ
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 22:00:10.02 ID:ZmOu1ck7o
かそく
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 22:00:29.78 ID:bjmxZQUJo
クチート
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 22:40:58.76 ID:bqJYhWoqo
そういえばなんだけど四足のガチケモ系ポケモンってあり?
レントラーとかウィンディとかそういうの
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 23:35:55.79 ID:qZtoHc95O
哺乳類系どころか鳥爬虫類両生類や、魚や虫や軟体動物っぽいポケモンもいるし、
性別なしのコイルやメタモンみたいなのも危険球かね
バイバニラやオニゴーリの生殖とかなんなのなのって感じだし

あと伝説系もどうなるよ
64 :>>62>>63基本的にNGはありません リクした人の想像通りのものが出せるとは限りませんが 見たいと思ったなら何でもどうぞ :2017/12/15(金) 00:43:03.11 ID:RdTKXbXoO
クチート
「がぶ、がぶ」テコテコ

スリーパー
「ホォ…」

スリーパー
(あのでかいアゴ…クチートって言うんだっけか?知識としては知っていたが、実物を見るのは初めてだ)

スリーパー
(ふもとの洞窟の奥にでも住んでたのか?そういう話を聞いたことはなかったが…
…まあいいか、とにかく夢を喰らってみよう。それで素性が分かるかもしらんし…クチートにも性欲はあるだろ…多分)

クチート
「クックッ」テコテコ

スリーパー
(おっ、あのクチート、ちょうど俺の隠れてる茂みの真っ正面に…向こうはまだこっちに気付いてないな…
…よっしゃ)

スリーパー
「リーパー!」ガサッ

▼あっ! やせいの スリーパーが とびだしてきた!

クチート
「クチッ!?」ワタワタ

スリーパー
(遅いっ!)

▼スリーパーの さいみんじゅつ! クチートは ねむってしまった!

クチート
「がぶ…!」カクン

スリーパー
(よーし、かかった…正面から挑めば鉄アゴも怖くないな)

スリーパー
(では、早速こいつの夢を…)
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/15(金) 01:06:58.02 ID:RdTKXbXoO

ガシャン!!

スリーパー
「ヒエッ…」

クチート
「…」ギリギリ…

クチート
「Zzz…」

スリーパー
(…あっぶねえ!
ビックリさせやがって…本体が寝てるのにアゴだけで噛みついてきやがった)

スリーパー
(食い付かれないように少し距離を開けて…
さ、改めてゆめくいだ…)
66 :場面切り替えを…から――に変えてみる :2017/12/16(土) 12:03:22.74 ID:VrM9cZsyO
―――――――――

クチートは一人薄暗い部屋の真ん中にいた。

部屋の中には、金属の枷やら妙にカラフルな薬やらの収まったガラス棚。物々しい装置や道具に囲まれた、それ自体は簡素なベッド。いくつかの透明な箱の中に整頓された、奇妙にくねった器具の数々。クチートの真上あたりでは、天井から鎖で吊り下がった、湿った革のバンドが静かに揺れていた。
かすかに生臭さをはらんだ重たい空気漂うこの部屋が、どのような用途で用いられるのか…よほど幼いのでもなければ、少なくともその不穏さは察せられるだろう。

クチートはそわそわしている。

クチートは親を知らない。生まれて間もない頃から
この施設でハピナスたちに世話をされ、彼女らに手解きを受けたり、名も知らない生き物を模した風船と取っ組み合ったりして、戦いの訓練を積んできた。
時々連れていかれる闘技場を除けば、半日とかからず探索しつくせてしまうこの施設がクチートの世界の全てだった。だが、クチートはそれを不満に思ったことはなかった。

だって、あたしには「御主人様」しか要らないもんね。

彼女がそわそわとしているのは、不安からではない。
期待からだ。
今日は「御主人様」がクチートに特別な「パルレ」をしてくれる日なのだ。

67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:47:17.33 ID:CNTa/bJGO
急で申し訳ありませんが、諸事情でまとまった時間がとれなくなるので書き込みを中断します。
都合が付けば再開しますが、多分このスレは流れてしまうでしょうから、そのときは別スレでやります。
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 23:57:50.23 ID:/lAVJz0yo
あいよありがとう
42.46 KB Speed:1.4   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)