麻子「raison d'etre」【ガルパンSS】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:21:57.43 ID:lTGKWwCJ0



地の文などが入っているため、苦手な方はブラウザバック推奨です。



▲このお話の完結は、明日の夜を予定しています▲



前スレとは関係ありません。
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1472824915/


2 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:22:40.59 ID:lTGKWwCJ0



◆◆◆◆



彼女の声は、その言葉は私を煽るのに充分だった。

「い、痛っ……麻子、痛いよ」

憤る心は抑えられず、この精一杯の乱暴は、たまの情事での私のクセみたいなものだった。

その健康的な色合いの首筋から私の歯が離れることはない。
自分のモノだと証明するように。他のヤツのモノじゃないコトを確かめるように。
豊満な胸で盛り上がったセーターに手をいれ、フロントホックに手をかけたところで彼女は抵抗した。

「ね、やめてよ麻子……いっ、ぁ……ホントに! 痛いってば!」

どん、と私のカラダは後ろにあった二人用の小さなテーブルにぶつかる。
衝撃で上に載っていたモノはさまざまな音を立てて落ちていく。

こんなに声を荒げた彼女を間近にするのはいつぶりだろうか。少なくともこの三年聞いたことは無かった。
でも仕方ないじゃないか。ワルイコトをしていないか、確認しなくてはいけないのだから。



なぁ。なぜ私を拒絶するんだ。証明してくれ、沙織が私を裏切っていないということを。



約束したじゃないか。

沙織、お前は私が、私だけがまもるって、言ったのに―――。

沙織、お前は私を、私だけを見てるって、言ったのに―――。

だから違えるな、約束を。



3 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:23:44.20 ID:lTGKWwCJ0







私と彼女の関係が一変したのは、高校三年のクリスマス直前、男に騙されそうになった可哀想な女の子がいたことから始まる。
それを助けたというのは語弊があるが、ともかく彼女は事なきを得た。
まあ、私は揉み合いになって頭を打ち付けたし、彼女は路地裏で乱暴される寸前だったため、このまま帰すには可哀想だと思うくらいの服装だった。

「私、男運が無いのかな……」

乱れた服をなるべく直しつつ沙織は呟いた。

「どうして、こんなことになっちゃうのよ」

それから両手で顔を隠すように、さめざめと泣くその姿に、私は声をかけてやることはできなかった。

「……でも良かった。麻子が助けにきてくれて。ありがとう」

その精神的苦痛に、私は同情してやることしかできない。それに助けにきたというのも少々語弊があるかもしれない。
だって私はずっと心配で後を追っていたのだから。

「こんなことになるなら、もう私、恋なんて、愛なんて。ホント、バカみたいだよね」

自虐するように、悲しみを孕んだ笑い声が、力なく聞こえてくる。



4 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:24:10.27 ID:lTGKWwCJ0



「沙織……」

「ひっ……ぅ、ぁ……っく」

小さくしゃくりあげるその姿を、もう見ていられなかった私は駆け寄ると、彼女のカラダを優しく抱いた。
寒さと恐怖に震えていた沙織は、安心したのか人目も憚らずに泣いた。

「うぁぁぁぁぁっ! こ、怖かったよ、麻子、麻子ぉ……わた、しっ……うっ、うぅっ……」

「大丈夫……大丈夫だ」

それから頭を撫でてやると、五分ほどでそれは収まった。けれど沙織は一向に頭を上げようとせず、私の胸に頭をうずめたままだった。

私は沙織ではないのだからその辛さは全て理解することができない。
それでも、私はその心の傷を癒したかった。言葉ではなく行動で、少しでもいいから恐怖を和らげてあげたかった。
抱きしめたまま、頭と背中を空いた手でゆっくり優しく撫でていく。

「帰ろう。風邪をひくぞ……私が家まで送ろう。いや、今日は私の家に来い。一緒に寝よう」

「……うん。でもごめん、まだ歩けそうにない。ごめんね、ホント」

それほどまでに、傷ついた彼女を私はどうすればいいのだろうか。どうにかしたい一心で思考を巡らすが、肝心な時ほど頭が上手く回らない。



5 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:24:42.27 ID:lTGKWwCJ0



決めあぐね焦りを隠せなくなっていると、沙織がぽつりと呟いた。

「麻子みたいな人がずっと私を守ってくれるなら、それはどんなに……幸せなんだろう」

私に投げかけた言葉か、それともただの願望か。推し量ることは出来なかった。
それは今思えば希望では無く、呪いだったのだと思う。

「いいよ。私が沙織をずっと守ってやる」

きっと今までの人生で一番優しく答えたのだろう。こんな自分でも、これだけ人を想えるなんて、驚きだったが。

「ほん、と……?」

溢れんばかりの涙を目に溜めて、強く抱きついてくる。

「約束しよう。私が沙織を守る」

「いいの? 私、たぶん今より迷惑かけるかもしれないんだよ……?」

「沙織が私を頼ってくれるなら、見てくれるのなら、私はどれだけ辛くても構わない」

「だって、麻子が面倒だっていつか思っちゃうかもしれない……。それに、私たちは……」

「関係ない。私は沙織、お前を守る。沙織はただ私の傍にいてくれるだけでいい。それが私の幸せになる」

「麻子……」

「何があっても、私は沙織の味方だ。だから安心してくれ、沙織」

「ダメ……。分からないよ、本当に良いのか……わたし……麻子ぉっ」


6 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:25:09.46 ID:lTGKWwCJ0



自分で言い出したが、正直、これはいつもなら私が言う面倒、に当てはまることだろう。


でも今の私に、ソレに応える他に沙織を立ち直らせる言葉は見つからなかった。
むしろ私はそれを望んだのだろうか。その言葉をずっと待っていたのだろうか。
分からない。分からないが―――。

紛れも無く偽者の、偽善の恋人ごっこだ。それでも彼女のために、肯定しよう。
私は、自分にウソをついてでも、信念を曲げてでも。彼女を守ろう。
酷く傷つき、疲弊した親友を助けてあげられるのであれば、構わなかった。

あぁ、そうだ。私が、私が守ってやるんだ。私じゃなければこれはできない。

たとえ世の全てが沙織を否定しても、私が最後まで肯定しよう。



7 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:25:40.38 ID:lTGKWwCJ0



◆◆



それから三年が経った。お互い高校を卒業して進学し、小さな部屋だが二人でルームシェアを始めた。
沙織は、しばらく男性が苦手だったようだが、大学に入ってからはアルバイト先で少しずつ克服していた。
そうだ。私の親友はいつだって明るく、元気で、皆から愛される人間なのだ。私は、それが非常に嬉しかった。
それでもここ半年前までは、やはり当時の記憶がたまに蘇るのか、涙で枕を濡らす日々もあった。

私はというと、以前と変わらない生活スタイルで、変わったことといえばやはり一緒に住んでいることくらいであった。

1DKの部屋は家賃もそこそこ、立地諸々の住み心地は悪くない。
6帖のダイニングキッチンには小さなテーブルと椅子が二脚、それから一般的な家具のみ。
洋室は同じ広さで、こちらはただベットを二つ置いただけの部屋だ。

当初沙織はもう少し可愛らしい部屋にしたいと思っていただろうが、たぶん私にあわせたんだろうな。
沙織が昔、惚れた人には尽くすタイプだとかなんとか言っていたのが懐かしい。
傍にいてくれるだけでいいとは言ったが、それでも見返りはやはり嬉しいのだ。

もちろん、立ち直った後、この関係について考えることは度々あった。
しかし沙織は『ずっとって言ったじゃん!』なんて言って聞く耳を持たない。まあ沙織がそう言うなら、私はそれでいい。
互いに互いのことを理解しあえている、ということなのだろうと勝手に納得していた。

秋の終わり。私が気まぐれで、沙織の働いている姿が見たくてアルバイト先のカフェまで迎えに行く日までは。



彼女の再起は私にとって意図せぬ感情を気づかせた。



8 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:26:07.62 ID:lTGKWwCJ0



ガラス越しに見る店内は、お世辞にも埋まっているとは言いがたく、店員同士お喋りが盛んなようだった。
沙織はというと、楽しそうに話しをしていた。男と。

沙織から聞いていた、彼女を取り巻く男の話はどこか想像がつかなかったが。
今なら、はっきりと分かる。それは許容できないくらいに私にとっては衝撃的だった。
あぁ、私は立ち直って欲しかったんじゃない。沙織は、私にいつまでも依存してもらえると思っていたのだ。
沙織は、私の腕の中で、縮こまって世界に触れなければよかったんだ。稲妻のように、私のカラダを一瞬で巡る嫉妬。

見なければよかったのに、踏み込まなければよかったのに。彼女がアルバイトに行く日は必ず尾行するようになった。

二ヶ月の間彼女の働きぶりを観ていたが、やはりあの男は沙織のことが好きなのだろう。
同僚の中でも、話しかける回数、表情、あとは些細だがどれも証拠たりえるものばかり。



そうして今日、12月24日。私との記念日のはずなのに、沙織は今日もシフトを入れ、バイトに向かった。
いつものように尾けて、覗いていた私が帰ろうと決意したのは、沙織と同僚が店を出て、並んで仲睦まじく町に消えていくのを見届けた時だった。

そうか。沙織は、もう私を……もう?
私は、本当はどうしたかったのだろう。私は、沙織とどういう関係になりたかったのだろう。

忘れているのか、隠しているのか、家についても終ぞその答えは出なかった。



しかしこれだけは事実がはっきりとした。

沙織。お前は裏切ったんだ。私の全てを捧げて、守ると誓ったのに。傍にいると、約束したのに。

沙織。お前は、お前は―――。


9 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:26:38.07 ID:lTGKWwCJ0



◇◇◇



「やだもー……。こんなに寒くなるなんて聞いてないよぉ」

一人愚痴を零す。バイトが終わったら真っ先に帰ろうと思っていたのに、彼女想いの先輩にプレゼントで相談されてしまった。
私は何がもらえても嬉しいし、上手い助言は出来なかったから、悪いことをしてしまったかもしれない。
結局先輩は百貨店でネックレスを買って帰った。恋人の喜ぶ顔を想像し、自分も顔を綻ばせて。
上手くいくといいな……そういえばネックレスは首輪って意味があるんだっけ? なんて思ってから頭を切り替える。

私も帰ろう。麻子が待ってる。遅くなったからお腹を空かせて待っているだろう。
店内を出る時にはめた手袋に指をぎゅっと奥まで突っ込む。今日はシチューにしよう。そのために昨日買い込んだんだから。
クリスマス。七面鳥、は用意できなかったけど、似たものと温かいモノでひとまずは幸せな夕食になるかな。
そうだ、今年はあまり食べ過ぎないように気をつけないと。去年はちょっと、戻すまで大変だったから……。

「ふふっ」

思わず口角が上がる。先ほど洋菓子店で買った箱、見れば麻子が飛びついてくるのが容易に想像できる。
ご飯の前に食べたいと言い出すだろう。そしてそれを私がお玉で制止する。いつもの私たちだ。



学校はしばらく無い、明日からバイトも無い、麻子と寝正月……かな。ぐうたらするのにはちょっと早いけど。
まあ初詣くらいは一緒に付き合ってくれるかな? 無理にでも連れ出さないと、どこにも出掛けないだろうし。

じゃなかった。さすがに―――。

「寒い。帰ろ」

その呟きは、温かみ溢れるモノだったと思う。


10 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:27:23.69 ID:lTGKWwCJ0



◆◆◆◆◆



ガチャリ、ガチャリと二つの鍵を開ける音が、扉一枚隔てた奥で聞こえてくる。

「ただいまー」

続いて間の抜けた声が暗い部屋に、それから彼女は居間のドアを開けると、部屋の電気をつけた。

「なんだ、いるんじゃない。どうしたのこんなに暗くして」

沙織はビニール袋をテーブルに置くと、今度はマフラーを外す。

「ほら、麻子の好きな……どうしたの?」

私は無言で立ち上がり、近づく。

「ちょ、ちょっと怖いよ……麻子?」

両肩に手を置く。力を込めて。

「遅くまでどこに行ってたんだ……」

「バイトだったの、知ってるでしょ……?」

「あぁ知ってる。でも、男と遊んだのは聞いてないぞ」

「え? なに? どういうこと……? なにを言ってるの」

「こんな無防備な服で……」

茶色のコートの下には、豊満なカラダがくっきり出る白いセーターに、ホットパンツ。如何にも男受けが良い服だ。

「どこに行ってたんだ、アイツと。いいや、もう聞かなくても分かる」

「もしかして見てたの!? 違うよ、あの人はバイト先の先輩で……彼女さんのプレゼントを一緒に見てただけで」

「いいや、ウソだ。そんなはずはない。いつも楽しそうにバイト中も話していたじゃないか。二人っきりでな」

「いつも……? それ、どういう……」

「ここのところ、麻子のアルバイト先で見ていたぞ。なんだ、アイツは」

「なんでそんなことするの? もしかして私を信じてないの……?」

「信じていたさ。でも、さっきあの男と町に消えたところでもう信じられなくなった」

「そんな……私、麻子がイヤなこと絶対シてない」

「今日はクリスマスだ。男と二人っきりっていうは、そういうコトなんだろう? 沙織」

「決め付けないでよ! 麻子、どうして信じてくれないの……? じゃあどうしたら信じてくれるの……?」

「私が確かめてやる」


11 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:28:00.42 ID:lTGKWwCJ0



自分でも信じられないほどの力で強く抱くと、まずは大きく開いた肩、首を確かめる。

「沙織、お前は私のものだろう? そうだ、沙織は私のものなんだ」

自分に、沙織に言い聞かせるように呟く。私は彼女の首を躊躇無く噛んで、離してはまた噛んで。くっきりと歯型を残していく。

「い、痛っ……麻子、痛いよ」

そのまま手をセーターの中に潜り込ませて、ブラジャーのフロントホックに伸ばす。

「ね、やめてよ麻子……いっ、ぁ……ホントに! 痛いってば!」

彼女は思い切り私を突き飛ばした。テーブルにぶつかり、載っていたものが辺りに散らばっていく。

「こんな、乱暴、イヤだよ……怖いよ」

「私が確かめるのが怖いのか……? なぜだ沙織。お前は私のモノだろう」

瞬間、乾いた音が響き、頬に鋭い痛みと共に熱を感じた。

「モノって……だからって、あんまりだよ! 麻子、アンタ最低……」

私の中で、何かが音を立てて、崩れた。
ありったけの力を込めて彼女を押し倒すと、馬乗りになり、両足で挟んで抵抗できないようにした。

「いった、ぁ……麻子!」

「私は誓ったぞ沙織。私はお前を守ると。どうしてそんなことが出来るんだ、沙織。それは、裏切りだ……」

左手が、彼女の、喉に、震える手で、止めようと思った、でも、できない、私は悲しいのに。

「ま、こ……くる、しい……」

片手で首元を押さえたまま、沙織の服を乱暴に脱がしていく。しかし、カラダのどこにも何もマークは無い。
痛そうにする沙織を尻目にホットパンツを強引に脱がしてショーツもまさぐるが、そんな行為があったことは認められなかった。

その間にも半裸の彼女は両手で抵抗する。私の腕は猫に爪で掻かれたように、赤い線が幾重にも滲んでいる。
痛さは、感じなかった。痛みよりも、怒りが私を動かしていた。

でもどこにも、何も無かった。文字通り、彼女の身の潔白を証明しただけだった。
私は自分勝手な不安だけで、こんなことをしでかしてしまったのだとしたら。
今こうしてやっているのは、あの屑と同じように、沙織の信頼を裏切って、彼女を怯えさせている行為そのものだとしたら。

「ぁ、あ……嘘だ……嘘だ、嘘だ! 私は、沙織を……だって、沙織は私を! そんな、こんなの……」

彼女から降りて力なくうな垂れると、沙織はゆっくりとカラダを上げた。私の目は一点、彼女の首に釘付けになる。
赤く圧迫した跡、それから爪が食い込んで血の滲んだ白い首元。私は一体、なんてことをしてしまったのだろう。

「満足、した……? 私は、麻子を裏切ってなんか、無いよ……?」

暗く淀んだ、どこか力の感じられない表情に、私は戦慄する。取り返しのつかないことを、私は……。


12 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:28:26.43 ID:lTGKWwCJ0



そうして彼女は服を直すのもそこそこに、床に広がったコートとバッグを持って開けっ放しのドアへと歩いていく。
暗い廊下の奥、深い闇に飲まれるように、ゆっくりと、確実に。ブーツを履く音が聞こえ、玄関の扉が開かれる。
アパートの薄暗い電灯の明かりに照らされた彼女の顔には涙の跡が滲み、目はどこか虚ろ。

「……ごめんね、麻子」

そう言い残すと、彼女はスルリと隙間から出て行き、次には扉の閉まる音が部屋に響いた。


13 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:28:54.15 ID:lTGKWwCJ0



どれくらいの時間が経過したか分からない。ふと、視界の端に見えるビニール袋に入った箱が目に留まった。
立つのも面倒だったので、膝をついたまま歩き、中を開けるとケーキが、それもなぜか三つ。
あぁ、きっと私が二つ食べるからだろう。そうだ。そうだ……今日は三年目の記念日だった。

キレイだったであろうカタチは崩れ、およそ望んではいない箱の底にへばりついていた。

「面倒なのは……ずっと私のほうだったのか」

私が飼っていたと思っていた女の子に、本当は、私が飼われていただけのことだったのか。

安っぽい電球が、今は少し寂しい色合いを部屋に放っていた。



付属のプラスチックのスプーンで箱の底、手始めにショートケーキを掬い上げる。カタチは酷いが、それでもとても―――。

「美味しい……」

自分でもなぜこうしているのか分からない。ただ勝手に手が動いていた。
三年目の記念日はこうして、三年目の清算となった。


14 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:29:24.52 ID:lTGKWwCJ0



あの謝罪の意味は果たしてどういう意味だったのだろう。これが、沙織が最初に言った面倒になる、ということで。
それを、沙織が謝っているのなら……それは違う、私のせいだ、私のせいだ私のせいだ。

恐ろしい現実が思考を飲み込んでいく。

沙織が嫌な目にあわないように守ると誓ったのに……私は、自分のことばかりで、彼女を信じず、裏切り、あの時と同じ目にあわせてしまった。

しかし、今となってはどんな謝罪も無意味だろう。彼女をあんな酷い目にあわせて裏切ったのは、紛れも無く私なのだから。



気づけば暖房のきいていない部屋は酷く寒く。

歯はカチカチと鳴る、それは一瞬。次に声が漏れる。それは、しばらく。

手が悴んで、ショートケーキの味はしょっぱくなって、視界がぼやけてきて、嗚咽が響いて、カラダが寒さではない何かに震えていたとしても。

酷く歪なソレを残すことは、到底私には出来なかった。



15 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:29:52.40 ID:lTGKWwCJ0




 ◇

 

                 ◇



          ◇






    ◇

               ◇




           ◇


                 ◇

   ◇

        ◇



               

  ◇       ◇

              ◇

                      ◇




16 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:30:29.23 ID:lTGKWwCJ0





しんしんと雪は降る。



私も、埋め尽くすような白で、まっさらに消えてしまえばいいのに。



でもその前に、一つ。



たとえ、どんなに沙織から罵られようと。



たとえ、どんなに沙織から憎まれようと。



たとえ、どんなに沙織から拒絶されようと。



彼女が消えていいはずがない。いなくなるのは、私でなければいけないのだから。






だから……私の、最期の存在の証明を―――。






17 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/24(日) 23:30:56.07 ID:lTGKWwCJ0



  つづく



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 08:42:50.67 ID:hvIie1nSO
作品も違うのに前スレと違うって宣伝するのはどうかと思う
19 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/25(月) 23:44:14.70 ID:D9JpgHrr0
>>18さん
ご指摘ありがとうございます。そうですね、考えてみようと思います。
20 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/25(月) 23:45:02.73 ID:D9JpgHrr0



「沙織……」

返事はない。こちらを振り向こうともしない。だが、私には気づいているようだった。

「本当にすまなかった。沙織にあんなことをして、信頼まで裏切って」

これ以上近くに寄ってはいけないような気がした。彼女との距離は5mも無いはずなのに、心の距離はそれ以上に感じる。



時刻は4時、誰もいない深夜の町へ飛び出して1時間が経つ頃、歩道橋の上で立ち尽くしている彼女を見つけた。



「頼む、家に帰ってくれないか。私が出て行くから……」

たまに通る車は私たちのことなんてお構いなしに音が、ライトがとても煩わしかった。

「どれだけ謝っても許してもらえるとは思ってない。本当にすまなかった」

どれくらいの時間、頭を下げていただろう。しかし彼女からの返事は何も無かった。
これ以上は沙織も邪魔だと思うだろう。だから私はもう行くことに決めた。

「さようなら、沙織。本当にごめん。それじゃあ……」

重い足取りで来た道を戻っていく。それはたった5歩もなかっただろうが。


21 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/25(月) 23:45:34.09 ID:D9JpgHrr0



「待ってよ」

「沙織……」

その声のする方に、顔を向けることができない。足音がこちらに近づいてくる。

「あんなことされてね、さっきは怖かったよ。怒ったよ。悲しかったよ。でもね……。
麻子が不安に思っていたのに気づけなかった私も悪いんだよ。
全部麻子に背負わせて、私は何も考えずに過ごしてきちゃったから。だから、私のほうこそ、ごめん……。
あんなことをしちゃったのは、麻子が私を想っていてくれたからなんでしょ?」

「それじゃ、釣り合わない……。私は沙織の心まで踏みにじったんだぞ? 許されていいはずが、」

「許さないよ」

「え……?」

「だから償ってよ。私を想うなら、これからもずっと一緒にいて」

その言葉とともに、彼女は私の後ろから腕を回すと、優しく抱擁した。

「それで沙織はいいのか? 沙織は……」

「……いいよ。こんなに必死に探して、私を見つけてくれたんだもん」

「でも、でも私は……」

「それ以上言うと怒るよ? もういいから、ね? 私がいいって言ってるんだから。それとも麻子はイヤ?」

「イヤなワケ無い! 私は、もっと沙織といたい。一緒に生きたい。沙織、私とずっといてほしい」

「うん。これからは一緒に考えよう? 二人で上手に生きていける方法をさ」

私は今までの人生で初めて、人目も憚らず嬉しくて泣いた。


22 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/25(月) 23:46:13.59 ID:D9JpgHrr0


◆◇



家に着いたのはそれから1時間後の早朝5時過ぎ。お互い汚れていたので久しぶりに一緒にお風呂に入ることになった。

「起きたらもう一度、ケーキを買いに行こう。私が沙織のケーキを買うから」

「そうだね。それなら私は帰ったら美味しいご飯しっかり作ろうっと」

二人で対面に湯船に浸かるとちょっと狭い。私は、ぎこちなくだが後ろを向くと、沙織の胸に背中を預けた。
意図を汲んだのか、沙織は私の胸まで腕を回し、私の後頭部に額をコツンと近づけた。



「あったかいね」



「あぁ、温かい」



二人の声は、その言葉は―――互いへの福音だった。









                            おわり



23 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2017/12/25(月) 23:46:46.11 ID:D9JpgHrr0



テテテテンッ デデデンッ!          



オワリナンダナ
読んでくれた方、ありがとうございました。

某まとめサイト様、並びに各所でコメントくださる方、いつもありがとうございます。
それでは、また。

ストパンT.V.Aアルマデ戦線ヲ維持シツツ別命アルマデ書キ続ケルンダナ



22.95 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)