【安価】「とある禁書目録で仮面ライダーのR18スレ」 2部

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :1 [saga]:2018/02/03(土) 00:27:45.09 ID:QiLG5UOv0
前スレ
【安価】「とある禁書目録で仮面ライダーのR18スレ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1505566271/

本スレ↓
現在スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517227450/

一番最初のスレ
香焼「上条さんの家で」レッサー「しばらく研修です!」上条「安価でか!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483196514

説明
○本スレで付き合ってるカップルのみ
※現在カップル

浜面×滝壺
トール×帆風
ランシス×誉望
海原×オリアナ
建宮×フロリス
フレンダ×神華
加群×鞠亜  (マリアンは妊娠中のため無理できない)
シルバークロース×去鳴
白垣根×心理定規
上里×府蘭
天井×オルソラ
テレスティーナ×絹旗
フィアンマ×サローニャ
2 :1 [saga]:2018/02/03(土) 00:33:42.99 ID:QiLG5UOv0

 上条「レッサー・・・!//」

 上条「また、出るっ・・・!///」

 レッサー「んん、ぅ・・・♥///こんろは、おくひに・・・♥///」

 上条「っ・・・!///」

 ―ガシッ グプッグポッ

 レッサー「んぶっ♥!///んぐっ、んむぉ・・・っ♥!///」

 上条「喉の奥に、出すぞっ・・・!///」

 ―グポッ、グプッ!グプッ!クプッ!

 レッサー「んっ♥!///んぁむっ♥///んっ、んぐぅっ♥///」

 レッサー「(当麻さ、ん、手で無理矢理顔を上下にっ・・・♥!///)」

 上条「ぐっ・・・!///」

 ―ビュルルルルッ!ビュプッ!ビュクッ、ドプッ・・・

 上条「っ、あっ、く・・・///」

 レッサー「んぐっ・・・んぇ、んうぅ・・・♥///」

 レッサー「(出てます・・・♥!///お口の中に、いっぱい精液が・・・♥///)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 06:52:48.36 ID:QTq++cqoo
吸い取って全て飲みきる
4 :1 [saga]:2018/02/03(土) 07:04:34.29 ID:QiLG5UOv0

 レッサー「んっぐ・・・んぶっ♥///」

 ―ちゅるるるるっ

 上条「うぉああっ・・・!///」

 上条「(残ったのまで、吸い取られっ・・・!//)」

 レッサー「んん〜・・・っ♥///」

 ―ちゅうぅうっ・・・ちゅぷっ・・・

 レッサー「んふっ・・・♥///」モグモグ

 レッサー「(あぁ・・・♥///さっきのよりも熱い・・・♥///)」

 レッサー「(苦いですけど、匂いが良くて美味しく感じます・・・♥///)」

 ―モグモグ・・・ゴクンッ

 レッサー「っはぁ・・・あは・・・♥///」

 上条「・・・レッサー///」ギュッ

 レッサー「>>5♥///」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 07:08:06.73 ID:QTq++cqoo
気持ちよかったですか?
6 :1 [saga]:2018/02/03(土) 07:30:03.58 ID:QiLG5UOv0

 レッサー「気持ちよかったですか♥?///」ハァ・・・ハァ

 上条「ああ・・・//」

 レッサー「よかったです・・・♥//」

 レッサー「・・・でも、私はまだ・・・足りないです♥///」コロン

 レッサー「もっと好きなだけ・・・シましょう♥///」

 ―クパァ・・・

 上条「・・・んっ///」

 レッサー「んぅ・・・♥///」

 ―ちゅっ・・・レロッ、ちゅるっ・・・ちゅうっ、ちゅっ

 上条「っ・・・っはぁ//」

 レッサー「ぷぁ・・・♥///」 

 レッサー「・・・愛してます♥当麻さん♥///」ニコリ
 
 上条「・・・俺もだ、レッサー//」ギュウッ


 -終-
7 :1 [sage]:2018/02/03(土) 13:08:42.04 ID:QiLG5UOv0
8 :1 [saga]:2018/02/12(月) 01:28:37.91 ID:rqcUuWGc0

 ―ちゅうっ、ちゅっ・・・ちゅぷっ、ちゅっ・・・

 シルビア「んっぅ・・・は、んんっ・・・///」
 
 オッレルス「・・・っ/」

 ―ちゅぱ・・・っ

 シルビア「はぁ・・・んっはぁ・・・//」

 オッレルス「・・・何だか色っぽいよ」クスッ

 シルビア「アンタの下手なキスのせいで体が火照ってきたわよ・・・///」

 シルビア「責任・・・取りなさいよ?///」ジッ

 オッレルス「・・・もちろんだとも」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 01:32:56.57 ID:zNsLe5aB0
愛撫。まずは胸
10 :1 [saga]:2018/02/12(月) 01:45:29.16 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「服・・・脱がすよ」

 シルビア「・・・ん//」コクリ


 ―スルッ・・・

 オッレルス「・・・」

 シルビア「・・・///」モジ・・・

 オッレルス「・・・綺麗だよ。とても・・・」スリ・・・

 シルビア「っ///・・・も、もう歳も歳だし、こんな体//」

 オッレルス「そんなことないさ。滑らかなラインの通ったくびれた体も、きめ細かい白い肌も・・・」

 オッレルス「君の青い瞳も・・・全てが美しいよ」

 シルビア「>>11///」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 01:55:07.17 ID:zNsLe5aB0
よくもまあ、そんな歯の浮くような台詞を言えるな
12 :1 [saga]:2018/02/12(月) 02:10:58.65 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「よ、よくもまぁ・・・///」

 シルビア「そんな歯の浮くような台詞を言えるな・・・///」

 シルビア「何度もキザったらしいのは・・・似合わないって言ってるのに・・・///」

 オッレルス「でも・・・今だけはいいだろう?」チュッ

 シルビア「・・・フ、フンッ//」

 オッレルス「・・・」

 ―フニュッ、ムニュッ

 シルビア「ひゃっ・・・///」ビクッ

 オッレルス「(着やせしやすいからわかりにくいけど・・・)」
 
 オッレルス「(結構立派なんだよね・・・)」

 ―ムニュムニュッ・・・

 シルビア「ぁっ、ん・・・っ///」

 オッレルス「>>13
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 02:18:32.40 ID:p922mYKEO
へぇ……シルビアがこんな色っぽい声出せるなんて初めて知ったよ。

触り方や強さを変えたらどんな声を出すのかな?←Sっ気が出て始めている
14 :1 [saga]:2018/02/12(月) 02:32:38.24 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「へぇ・・・」

 シルビア「っ///な、何・・・?///」

 オッレルス「・・・シルビアがこんな色っぽい声出せるなんて初めて知ったよ」

 シルビア「ばっ・・・!///」カァァア

 ―ムニュウッ、ムニュッ
 ―クリクリッ

 シルビア「んんっ・・・!///あっぁ・・・!///」

 オッレルス「触り方や強さを変えたら・・・他にどんな声を出すのかな?」

 シルビア「ちょっ、オッレルス・・・!///」

 オッレルス「」クスッ

 ―ムニュッ、ムニッ
 ―クリッ

 シルビア「あ、んっ・・・!///」



 どうする?orどうなる?
 ↓1
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 02:37:23.69 ID:Mx0OrPNMO
胸と尻触りながら、強引にキスするオッレルス
それにシルビアは自分がいつもオッレルスにサディス行為していた反動かと考えてしまう
16 :1 [saga]:2018/02/12(月) 02:45:07.78 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「ちょ、オッレルスっ//も、もう少しっ//」

 オッレルス「何だい?」

 ―サワサワッ

 シルビア「ひあぁあっ・・・!///」

 オッレルス「へぇ・・・お尻でも触られるのも弱いんだ」

 シルビア「や、やめっ///」

 ―ちゅうっ

 シルビア「んうぅっ・・・!///」

 オッレルス「っ・・・」

 ―ちゅっ、レロォッ・・・
 
 シルビア「(し、舌が・・・っ///オッレルスの舌が口の中に・・・っ///)」

 シルビア「んっふぅ・・・!///んっぁ、んむぅっ・・・///」

 オッレルス「ん・・・」

 ―レロッ、ちゅぷっ、ちゅるるっ、レロッ・・・
 ―ムニュッ、ムニッ、フニュッ
 ―サワサワッ・・・

 シルビア「(オ、オッレルスがこんなにまで激しくしてくるなんて・・・っ///)」

 シルビア「(も、もしかして・・・いつもサディス行為してた反動が・・・っ///)」

 オッレルス「>>17
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 07:00:21.69 ID:wPZKS9lPO
いつもの強気な君じゃない今の君を知っているのは私だけかな? ムニュ

今の君を見ているとなぜか気分が高翌揚する。
もっと私に今の君を見せてくれ……んっ

18 :1 [saga]:2018/02/12(月) 09:07:32.98 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「・・・っはぁ」

 シルビア「っぷぁ・・・///」ハァハァッ

 オッレルス「・・・いつもの強気な君じゃない、今の君を知っているのは私だけかな?」

 ―ムニュッ

 シルビア「は、ぁっ・・・あ、んっ///」

 シルビア「(胸、そこまで揉まなくても・・・///)」

 オッレルス「今の君を見ていると、何故か気分が高翌揚する」

 シルビア「っ・・・///(や、やっぱり反動で・・・///)」
 
 オッレルス「もっと私に今の君を見せてくれ・・・」

 シルビア「オ、オッレルス・・・///」キュンキュンッ

 シルビア「(な、何で私、こんな胸が締め付けられて///)」

 オッレルス「んっ・・・」

 ―ちゅっ、ちゅうっ・・・ちゅぷっ

 シルビア「んんっ、んっ・・・///」 

 ―フニュッ、ムニュッ、ムニッ
 ―サワサワ、ムニュッ

 シルビア「んぁっ!///ん、ぅっ・・・ぁ、んっ!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 09:12:27.03 ID:zNsLe5aB0
「そろそろいい頃かな?」とシルビアのあそこが抜けているか手で確認するオッレルス
20 :1 [saga]:2018/02/12(月) 09:17:26.46 ID:rqcUuWGc0

 ―ムニュッ、ムニッ
 ―サワサワ、グニュッ

 シルビア「んぁぁっ///んっ、んんっ///」ビクビクッ

 シルビア「(やだ・・・っ///私、こんなに感じて///)」

 オッレルス「(そろそろ・・・いい頃かな)」スッ

 ―・・・クチュッ

 シルビア「んあっ!///」ビクンッ!ビクビクッ!

 オッレルス「っはぁ・・・こんなに濡れてる・・・」
  
 ―クチュッ、チュクッチュクッ

 シルビア「やっ、んんっ!///あっ、あぁっ・・・!///」

 オッレルス「>>21
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 09:22:30.99 ID:zNsLe5aB0
私に攻められてこんなに濡らしたのかい?

普段はドSなのに実はドMだったなんて、君はとんだ淫乱なメイドだよ チュクッチュクッ
22 :1 [saga]:2018/02/12(月) 09:35:28.19 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「私に攻められて・・・」

 ―クチュッ、チュクッチュクッ

 シルビア「あぁっ!///んっ!///んっ、ぁっあ!///」
 
 オッレルス「こんなに濡らしたのかい?」クスクス

 シルビア「オッ、レルスッ・・・!///」キッ

 シルビア「(しょ、正気を保ってないと・・・っ///)」

 ―クチュッ、チュクッチュクッ

 シルビア「っ、あっ・・・!///んんっ・・・!///」ビクビクッ

 オッレルス「普段はドSなのに実はドMだったなんて、君はとんだ淫乱なメイドだよ」

 ―クチュッ、チュクッチュクッ

 シルビア「んんっ!///ち、ちがっ・・・!///」ビクッ!

 オッレルス「何が違うと言うんだい」

 シルビア「ん・・・っ!>>23///」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 11:01:22.44 ID:17SGYW2To
あなただから
24 :1 [saga]:2018/02/12(月) 11:16:24.47 ID:rqcUuWGc0
 
 シルビア「・・・あ、貴方、だから・・・///」

 オッレルス「・・・」

 シルビア「んっぁ・・・///」フイッ

 オッレルス「・・・それは、嬉しいね」クスッ

 ―クチュクチュッ、チュクッ、クチュッ

 シルビア「やっぁ!///んあぁっ・・・!///」

 シルビア「ちょっ、いきな、りっ・・・んっ!///」ビクビクッ!

 オッレルス「僕にだけ・・・今の君をもっと見せてよ」

 ―クチュッ、グチュックチュッ、チュクチュクッ

 シルビア「んんっ!///あっぁ、ひっぁ・・・!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 11:17:46.80 ID:wPZKS9lPO
わざとイカさないでシルビアの口からおねだりさせるドSッスル
26 :1 [saga]:2018/02/12(月) 11:21:26.50 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「すごいよ。君の中が指を締め付けてきて・・・」

 シルビア「言わない、でっ・・・!///」

 シルビア「んんっ!///あぁっ・・・!///」

 ―ぐちゅっくちゅっ、ちゅくっぐちゅっ

 シルビア「あぁぁあぁっ!///」ビクビクッ!

 シルビア「(ダメッ、イっ・・・!///)」

 オッレルス「・・・おっと」

 ―ヌチュッ

 シルビア「っ!・・・ぇ、え・・・?///」ハァハァッ

 オッレルス「・・・」

 シルビア「な、何で・・・っ///」

 オッレルス「>>27
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 11:30:23.23 ID:17SGYW2To
こうしないと気持ちよくないから
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 11:31:11.69 ID:wPZKS9lPO
それにイカせるのは簡単だけどつまらないだろ?
29 :1 [saga]:2018/02/12(月) 11:49:29.92 ID:rqcUuWGc0

 オッレルス「こうしないと気持ちよくないじゃないのかな?」

 シルビア「は、はぁ・・・?///」

 オッレルス「それに・・・イカせるのは簡単だけど・・・」

 オッレルス「つまらないだろう?」クスッ

 シルビア「っ・・・!///」

 シルビア「ア、アンタねぇ・・・っ///」

 ―ヌプッ

 シルビア「んあっ・・・!///」

 ―くちゅくちゅっ、ぐちゅっぐちゅっ
 
 シルビア「あぁあっ・・・!///やっぁ、んぁっ!///」

 シルビア「あっ、ダ、ダメッ、イっ・・・!///」

 ―ヌチュッ・・・

 シルビア「あっぁ、ぁぁ・・・!///ぁ・・・///」

 シルビア「(これ、やばい・・・っ///)」

 オッレルス「・・・どうしてほしいから、言ってくれないとわからないよ?」ボソッ

 シルビア「・・・〜〜っ///」

 シルビア「>>30///」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 11:51:58.28 ID:17SGYW2To
挿入して、名まで!
31 :1 [saga]:2018/02/12(月) 11:58:08.36 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「・・・も、もうっ、イかせてっ・・・///」

 オッレルス「どうして?」

 シルビア「っ・・・が、我慢できないからっ・・・///」

 シルビア「体が熱くて、もうっ無理・・・っ///」

 オッレルス「・・・わかった」
 
 ―ヌプッ・・・

 シルビア「あっ・・・///・・・そのっ、指、じゃなくて・・・///」

 オッレルス「・・・いいのかい?」

 シルビア「・・・///」コクリ

 オッレルス「・・・わかった」コクリ


 
 オッレルス「・・・良いね?」

 シルビア「・・・うん///」

 オッレルス「・・・ちゃんと僕の遺伝子を受け止めてくれるかい?」

 シルビア「>>32///」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 12:02:51.89 ID:zNsLe5aB0
ええ。あなたのせーしが欲しい
33 :1 [saga]:2018/02/12(月) 12:12:45.72 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「ええ・・・///」コクリ

 シルビア「受け止めてあげる・・・///」

 シルビア「だから・・・ちょうだい?///」

 オッレルス「・・・、」

 ―ちゅっ
 
 シルビア「んっ・・・///ん、ふ・・・///」

 ―・・・クチュッ クプププッ・・・

 シルビア「んんんぅ・・・///」
 
 シルビア「(ぁ・・・入って、来てる・・・っ///)」

 ―グププッ、ヌプッ・・・

 シルビア「(オッレルスの、熱い、性器がっ・・・!///)」

 ―・・・コツンッ

 シルビア「んっぁああ・・・!///」ビクビクッ!

 オッレルス「んっ・・・すごいね、今回は奥まで入ったよ・・・?///」ニコリ

 シルビア「ぁっ、ぁ・・・///」

 シルビア「>>34///」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 12:19:05.06 ID:17SGYW2To
いつでも出していいから動きなさいよ
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 12:19:21.39 ID:wPZKS9lPO
オッレルスのおちんちん気持ちいい
36 :1 [saga]:2018/02/12(月) 12:25:38.11 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「っ、ぅんっ・・・///」コクリ

 シルビア「(子宮が、降りてきちゃってる・・・///)」

 オッレルス「大丈夫かい?」

 シルビア「え、えぇ・・っ///オッレルス、いつでも出して、いいから・・・///」

 シルビア「動いて・・・♥///」ニコリ

 オッレルス「・・・」ドキッ

 オッレルス「・・・ああ//」

 
 ―パンパンッ グチュッ!グチュッ!
 
 シルビア「あぁぁっ♥!///んっぁ、あぁ♥!///」

 オッレルス「シルビアの中、すごい熱くて濡れててっ・・・///」

 シルビア「>>37♥///」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 12:37:42.35 ID:17SGYW2To
誰が熱くしたと思って…
38 :1 [saga]:2018/02/12(月) 12:41:33.09 ID:rqcUuWGc0

 シルビア「んっ・・・♥!///」ギュウッ

 シルビア「誰、が熱くしたとっあぁっ・・・♥!///」

 シルビア「思って・・・っ♥!///」
 
 オッレルス「僕のせいだよねっ・・・//」

 ―パンパンッ グチュックチュッ!

 シルビア「んっ、そ、うよっ・・・♥!///」
 
 オッレルス「・・・シルビア、愛してるっ・・・//」

 シルビア「ふあぁっ・・・♥!///ん、あぁっ・・・♥///」

 オッレルス「僕と君の子供をっ・・・身ごもってくれっ・・・!///」

 シルビア「>>39♥///」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 12:52:15.97 ID:gjvZpGiyO
早く出しなさい、いつでも作るわ
40 :1 [saga]:2018/02/12(月) 12:58:33.47 ID:rqcUuWGc0
 
 シルビア「んっ、うんっ・・・♥!///」ギュウッ

 シルビア「つく、るからっ・・・♥///」

 シルビア「早くちょうだいっ・・・♥?///オッレルスの・・・♥///」

 シルビア「熱い、精子っちょうだいっ・・・♥!///」

 オッレルス「っ!シルビアっ・・・!///」

 ―パンッパンッ!
 ―グチュッ!クチュッ!グチュグチュッ!

 シルビア「あっぁああっ♥!///イ、っくぅ・・・♥!」

 オッレルス「・・・っぐ!///」ギュウッ

 ―ドプッ!ゴブッ、ビュルルルッ!

 シルビア「あっ・・・♥!///」

 シルビア「(熱いっ・・・子宮に、満たされて・・・♥!///)」

 オッレルス「ぅぁ・・・っ!///」
 
 ―ビュルルルッ、ビュプッ・・・ドプッ・・・

 オッレルス「・・・っはぁ・・・はぁっ・・・///」

 シルビア「んっ、はぁ・・・♥///」

 シルビア「>>41♥///」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 13:25:28.18 ID:mb5vDGnkO
気持ちいい…
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/12(月) 13:26:52.09 ID:zNsLe5aB0
これであなたとの子供ができるわね
43 :1 [saga]:2018/02/12(月) 13:33:21.85 ID:rqcUuWGc0
 
 シルビア「気持ちいい・・・♥///」

 シルビア「これで・・・貴方との子供・・・できるわね///」

 オッレルス「・・・ああ//」

 シルビア「・・・んっ♥///」

 ―ちゅっ・・・

 オッレルス「っ・・・」

 オッレルス「・・・シルビア//」

 シルビア「・・・愛してるよ、オッレルス♥///」

 オッレルス「・・・ああ///」

 オッレルス「僕もさ。シルビア//」ナデナデ

 シルビア「ん・・・♥///」


 -終-
44 :1 [saga]:2018/02/16(金) 20:39:37.71 ID:C/Mawrh20
SELECT

浜面×滝壺
トール×帆風
ランシス×誉望
海原×オリアナ
建宮×フロリス
フレンダ×神華
加群×鞠亜  (マリアンは妊娠中のため無理できない)
シルバークロース×去鳴
白垣根×心理定規
上里×府蘭
天井×オルソラ
テレスティーナ×絹旗
フィアンマ×サローニャ

↓1
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/16(金) 20:44:05.63 ID:BaaTh5zm0
建フロ
無理ならフィアサロ
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/16(金) 20:45:39.05 ID:BaaTh5zm0
海オリをいましたらコスプレエッチとかしたりします?
そうだったら、海オリで。無理なら忘れてください……
47 :1 [saga]:2018/02/16(金) 20:52:02.32 ID:C/Mawrh20
  
 海原「今日は楽しかったですね。オリアナさん」

 オリアナ「ええ。姫神と土御門のコスプレ、様になってたわね」クスッ

 海原「そうですね」クスッ

 オリアナ「・・・ね、光貴」スッ、キュッ

 海原「はい・・・?」

 オリアナ「・・・帰ってから教えて、あ・げ・る♥//」ニコリ

 海原「は、はぁ・・・?」

 オリアナ「///」クスッ


 
 海原「よし、着替え終わった。・・・やっぱりこのスーツは体のラインが出てくるから少し恥ずかしいですね・・・//」

 オリアナ<光貴ー

 海原「え?あ、はいっ」


 海原「オリアナさん、どうかしま・・・し、た・・・?」

 オリアナ「ふふ・・・///」


 オリアナさんどんなコスプレしてる?
 ↓1
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/16(金) 20:58:22.81 ID:WlkPBZwwO
エロいナース(露出多め)
49 :1 [saga]:2018/02/16(金) 21:27:24.03 ID:C/Mawrh20

 オリアナ@ナース「どうかしら?///」

 ―むちむちっ


 海原「・・・///」ボッ

 海原「・・・あ、え、えっと・・・///に、似合ってます・・・///」

 海原「(サ、サイズが合ってないような気もしますけど・・・///)」

 オリアナ「ふふ//ありがとう//」

 ―たゆん たゆん


 海原「(わわっ・・・///わ、笑っただけで谷間がすごい露出してる胸が・・・///)」

 オリアナ「・・・光貴?//どこ見てるのぉ?//」

 海原「あっ///ご、ごめんなさい・・・///」

 オリアナ「>>50♥///」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/16(金) 21:30:42.63 ID:WlkPBZwwO
もお、エッチなんだから
51 :1 [saga]:2018/02/16(金) 21:41:21.54 ID:C/Mawrh20

 オリアナ「もお、エッチなんだから♥///」クスッ

 海原「ぁぅ・・・///」

 オリアナ「・・・///」クスッ

 オリアナ「・・・ん〜//患者さんのエッチな原因は・・・ここかしらぁ///」

 ―ススッ スリスリ・・・

 海原「っ・・・///」

 オリアナ「(光貴のおち○ち○・・・少し大きくなってる・・・♥///)」

 ―スリスリッ

 海原「オリ、アナさ・・・っ///」ビクッ

 オリアナ「(可愛い・・・♥///)」

 オリアナ「>>52♥///」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/16(金) 23:54:59.45 ID:+ML2NtD6O
これはきちんと診査しなきゃダメですね〜
53 :1 [saga]:2018/02/17(土) 00:59:22.08 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「これはきちんと検査しなきゃダメですね〜♥///」

 オリアナ「と言う訳で・・・そこの椅子に座ってください//」

 海原「・・・は、はい///」


 海原「・・・///」モジ

 海原「(ズ、ズボンもパンツも脱がされた・・・///)」

 オリアナ「冷たくない?//」

 海原「だ、大丈夫です・・・//今の格好がとても恥ずかしい以外は・・・///」

 オリアナ「ふふ♥///こうしないと検査できないからですよ〜//」

 オリアナ「はい、足を広げて手を退かして?///」

 海原「・・・///」スッ・・・

 オリアナ「>>54///」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 01:10:32.45 ID:JaHfBsX80
こんなに大きくしちゃって…キチンと毒を抜かないとだめですからね❤
お口で抜いてあげますから
55 :1 [saga]:2018/02/17(土) 01:47:10.95 ID:NHoysVMI0
 
 オリアナ「こんなに大きくしちゃって・・・///」

 オリアナ「キチンと毒を抜かないとダメですからね❤///お口で抜いてあげますから・・・///」

 海原「・・・///」コクリ

 オリアナ「じゃあ・・・///」アーンッ

 ―パクッ クププッ・・・ちゅるっ

 オリアナ「んっふ・・・♥///んっく、んむ・・・♥///」

 ―ジュプッ、ちゅるるっ、レロッ・・・
 
 海原「んっ・・・!///」
 
 オリアナ「(光貴のおち○ち○、口の中でピクピクッてしてる・・・///)」

 オリアナ「(気持ちいいのね・・・♥///)」

 海原「は、っぁ・・・くっ・・・///」

 オリアナ「>>56♥///」 
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 08:31:14.37 ID:4LujQHmFO
我慢せず出しなさい、焦らすけど
57 :1 [saga]:2018/02/17(土) 08:35:44.75 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「我慢へふにらひへくらひゃいね♥///」

 海原「は、はぃっ・・・///」

 オリアナ「(まぁ、焦らしちゃうけど・・・///)」クスッ

 ―ジュプッ、レロレロッ、ちゅぱっ、ちゅるぅっ

 オリアナ「んっふ、んむ・・・っ♥///」

 オリアナ「(おち○ち○、すごく硬くなってきてる・・・♥///)」

 ―ちゅるっ、レロッ、ぬりゅっ、くぷぷっ、ちゅぅっ

 海原「うあぁっ・・・!///」

 海原「(小刻みに刺激されてっ・・・!///)」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 08:48:54.24 ID:JaHfBsX80
イキそうなところで寸止め
どうしてほしいか海原の口から言わせる


オリアナさんはドSが似合うwwww
59 :1 [saga]:2018/02/17(土) 09:01:11.25 ID:NHoysVMI0

 海原「あっ、もうっ・・・!///」

 オリアナ「はーい♥///」

 ―ピタッ

 海原「ぅあっ・・・!///え、えっ・・・?///」ハァハァッ

 海原「(な、何で・・・///)」

 オリアナ「んふふ・・・♥///」

 オリアナ「我慢はしなくてもいいですけど・・・早めに出されちゃうと私が面白くないですからぁ///」

 オリアナ「焦らしちゃいんです♥///」

 海原「そ、そんな・・・っ///」

 オリアナ「んっ・・・///」

 ―レロレロッ、レロォッ、クルクルッ、ちゅっ、ちゅっ

 海原「ふ、ああっ・・・!?///」

 オリアナ「カリも張ってもう我慢できないんですねぇ・・・♥///」

 オリアナ「どうしてほしいですか?///光貴君の口から聞きたいです♥///」

 海原「っ・・・!///」

 海原「・・・>>60///」
 

 >>58 ですね。あと光貴くんも似合いそう。
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 09:15:49.68 ID:VzFZjIsUO
だしたいです
61 :1 [saga]:2018/02/17(土) 09:25:31.13 ID:NHoysVMI0

 海原「出し、たいですっ・・・///」

 オリアナ「どこにですか?///」

 ―ぬぷっ、ちゅぷっ、レロレロッ

 海原「は、くぅっ・・・!///」

 海原「オ、オリアナさん、の、口の中にっ・・・!///」

 オリアナ「はぁーい♥///よく言えましたぁ♥///」
 
 オリアナ「じゃあご褒美をあげないといけませんね・・・♥///」
 
 ―プツプツッ、スルッ・・・
 ―タプンッ・・・
 

 海原「わっ・・・///(ボタンを外して捲ったナース服の間から・・・///)」

 海原「(胸が飛び出して・・・///)」

 オリアナ「ふふ・・・♥///」

 ―ムニュウッ、タプッ

 海原「んっ・・・!///」

 オリアナ「おっぱいで光貴君のおち○ち○隠れちゃいましたぁ♥///」

 オリアナ「>>62♥///」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 09:34:04.28 ID:VzFZjIsUO
乳首で刺激します
63 :1 [saga]:2018/02/17(土) 09:44:37.44 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「胸で刺激してあげます♥///」

 ―ぬぽっ、ぬぷっ、パチュパチュッ
 ―ちゅるるっ、レロッ、くちゅっ、じゅるっ、ちゅうっ
 
 オリアナ「んぅっ♥///んっ、んっく・・・♥///」

 海原「うあぁぁっ・・・!///」

 オリアナ「ふぅ・・・っ♥///んんっ♥///」

 オリアナ「あっ・・・♥///んっはぁ・・・♥///」

 ―ちゅるるっ、ちゅぷっ、レロレロッ、くぽっ、ぐぷっ

 オリアナ「んふぅ・・・♥///」

 オリアナ「(光貴のおち○ち○、どんどん我慢汁溢れだしてきてる・・・♥///)」

 海原「オリ、アナさんっ・・・///」

 オリアナ「んぅ・・・きもひ、いいれふは♥?///」

 海原「は、いっ///腰が、抜けそうでっ・・・///」

 オリアナ「>>64♥///」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 10:04:08.79 ID:fmZ7m2GwO
もうちょっと頑張ってから抜けちゃいましょう
65 :1 [saga]:2018/02/17(土) 10:12:19.41 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「もうちょっと頑張ってから抜いてあげますね♥///」
 
 ―ぬぷっ、ムニュッ、タプタプッ、パチュパチュッ
 ―ジュポッ、ちゅるるっ、くぷぷっ、レロレロッ

 オリアナ「う、んんっ♥///はむっ♥///は、ぁ・・・んふっ♥///」

 海原「く、ぁっ・・・!///」

 海原「(もうっ、我慢がっ・・・!///)」

 オリアナ「(すごいすごい♥///おち○ち○、どんどんピクピクッして大きくなってきてる・・・♥///)」

 オリアナ「(いいわよ、光貴♥///出して♥いっぱい、お口の中に♥///)」

 ―ぬろっ、ジュルルルッ、ちゅうっ、ちゅるるっ

 海原「っ!で、出るっ・・・!///」

 ―ビュルルッ!ドプッ!ビュプッ!ビュルルッ!
 
 オリアナ「んむぅっ・・・♥!///」

 オリアナ「(精液来たぁ♥///お口の中に、ものすごく濃くて熱いのぉ・・・♥///)」

 オリアナ「んくっ・・・♥///んっ♥///んぐっ♥///」

 ―ゴクッ、ゴクッ・・・

 海原「っくはぁ・・・はぁ・・・///」

 オリアナ「ん〜〜〜っ・・・♥///」
 
 ―クプププッ、ちゅううぅっ

 海原「うあぁっ!?///ちょ、オリアナ、さっ・・・!///」

 ―ちゅうぅうっ・・・ちゅぽっ

 オリアナ「んふ・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 10:16:11.44 ID:ZiUg91w00
まだ治らないみたいだから次はテコき開始(オナホールがあったらそれで)
67 :1 [saga]:2018/02/17(土) 10:35:36.79 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「(精液、少ないけどプリプリですごい匂い・・・♥///)」

 オリアナ「んっ・・・///」

 ―ゴクンッ

 オリアナ「あはぁ・・・♥///美味しい・・・♥///」

 海原「オリアナさん・・・///」ハァハァッ
 
 オリアナ「ふふ・・・あら?//」

 ―ギンギン

 オリアナ「・・・まだ治らないみたいですね///」ニギニギッ

 海原「っ・・・//」
 
 オリアナ「これは相当重傷みた・・・それなら♥///」

 海原「?///」

 オリアナ「これ、使ってみましょうか♥///」


 どんなオナホ?
 ↓1
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 11:06:06.90 ID:dlNQLtBCO
締りがガチガチのオナホ
69 :1 [saga]:2018/02/17(土) 11:33:22.35 ID:NHoysVMI0

 海原「そ、それ・・・何ですか・・・?///」

 オリアナ「あら?//光貴君・・・知らないの?//」

 海原「は、はい・・・//」

 オリアナ「そう・・・それなら教えてあげる♥///」

 オリアナ「まずは・・・んっ///」モゴモゴ・・・

 ―トロォ・・・くちゅ、トロォ・・・

 オリアナ「(ローション持ってくるの忘れちゃったから、唾液で・・・///)」

 海原「・・・///」ゴクリッ

 オリアナ「・・・はい//これでよし、っと・・・光貴君、少し我慢してね♥///」
 
 海原「え、あ、はい・・・//」

 ―くちゅっ、グプッ、グプププッ・・・

 海原「っ!?///」ビクッ!

 ―クプッ、グプププッ、ギチギチッ

 海原「〜〜〜っ!!///」

 オリアナ「(悶絶してるわねぇ・・・♥///)」

 ―クプッ・・・

 オリアナ「全部入りましたね♥///どうですか・・・?///」

 海原「>>70///」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 11:42:12.36 ID:dlNQLtBCO
な、なんですかこれ
ずごい気持ちがいい…
71 :1 [saga]:2018/02/17(土) 11:53:12.00 ID:NHoysVMI0

 海原「な、なんですか、これ・・・!///」

 海原「ずごい、気持ちよぐてっ・・・!///」

 ―くぷっ、くぷっ

 海原「ぅあっ・・・!///」

 オリアナ「へぇ、まだ入れただけなのに・・・///」クスッ

 オリアナ「・・・じゃあ動かしまーす♥///」

 ―ぐちゅっ、くちゅっ、くぽっくぽっ

 海原「は、っぁ・・・!///」

 ―くぽっくぽっくぽっ、ぐちゅっ、ちゅくっ、くちゅくちゅっ

 海原「つっ、っぁ!///んっ・・・!///」

 オリアナ「>>72♥///」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 12:02:42.67 ID:dlNQLtBCO
まだまだ我慢できますねー
73 :1 [saga]:2018/02/17(土) 12:09:38.27 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「まだまだ我慢できますねー♥///」

 海原「も、無理、ですっ・・・!///」

 オリアナ「えぇ〜///」

 ―ピタッ・・・

 海原「っ・・・///」

 オリアナ「・・・我慢、できますか♥?///」

 海原「・・・っ///」

 海原「は、はい・・・///」

 オリアナ「良い子ですね♥///」

 ―ぐぷっ!くぷっ!くぽくぽっ!

 海原「あ、っ、うぁっ・・・!///」

 オリアナ「・・・♥///」


 どうする?orどうなる? 
 ↓1
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 12:18:19.72 ID:uTe6O782O
ギリギリまでして言葉攻め(オナホをはらませるつもりとか)
75 :1 [saga]:2018/02/17(土) 12:31:32.64 ID:NHoysVMI0
 オリアナ「ほらほらぁ♥///」

 ―グッポグプッ!グプッ!クプッ!

 海原「んっぐ・・・!///」

 オリアナ「気持ちいい?///光貴君・・・///」

 海原「は、いっ・・・///」
 
 オリアナ「そう・・・///私のおま○こよりも・・・?///」

 海原「っ!?///そ、そんな、わけっ・・・!///」

 オリアナ「じゃあイっちゃて・・・いいのかしら?///」

 海原「ぁ、うっあ・・・///」

 オリアナ「・・・///」

 ―グプッ!クプクプッ!グプッ!

 オリアナ「・・・イっちゃうの?///」

 海原「〜〜〜・・・っ!!///」 

 海原「ごめ、んなさっ・・・!///」

 ―ビュルルルッ!ビュプッ!ビュルッ!ドプッ!

 海原「ぅ、ぁ・・・///」

 オリアナ「・・・ふふ♥///すごい出てるみたいね♥///」

 オリアナ「オナホ孕ませるつもり・・・?///」

 海原「・・・っ///」ポロポロ

 オリアナ「・・・え?」キョトン

 海原「ごめ、んなさい・・・///」ポロポロ

 オリアナ「光貴、どうしたの・・・?//」ナデナデ

 海原「オリアナさんじゃ、なく、て・・・これで、イってしまって・・・//」グスンッ

 オリアナ「・・・」キュンッ

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 12:38:42.08 ID:CHRkFtZKO
目の前でスカートをたくし上げて中身を見せるオリアナ
触ってとせがむ
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 12:40:00.92 ID:JaHfBsX80
そんなに年齢離なぜかショタ感があるwwww
78 :1 [saga]:2018/02/17(土) 13:11:29.43 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「・・・光貴///」スクッ

 海原「・・・?///」

 オリアナ「・・・///

 ―スルッ・・・

 海原「っ・・・!?///」ドキッ

 オリアナ「私の・・・おま○こ、触って?///」

 海原「・・・///(ショ、ショーツにシミが・・・///)」ゴクリッ

 オリアナ「ね・・・?///」

 海原「・・・は、はい・・・///」


 オリアナ「今度は私が椅子なのね・・・///」

 海原「あ、そ、その・・・///立ってると辛くなりそうですから///」

 オリアナ「ふふ・・・♥///」クスッ

 オリアナ「それくらい・・・激しくしちゃうのね?///」

 海原「・・・>>79///」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 13:14:48.13 ID:CHRkFtZKO
頑張ります
80 :1 [saga]:2018/02/17(土) 13:26:09.67 ID:NHoysVMI0

 海原「が、頑張ります///」

 オリアナ「ふふ・・・♥///」ドキドキッ

 海原「・・・///」

 ―クチュッ・・・

 オリアナ「んっ・・・///」

 海原「触っただけで、シミが広がりましたよ・・・///」

 ―クチュックチッ・・・

 オリアナ「あ、ん・・・♥///」

 海原「・・・僕を攻めてた時からこうなってたんですか?///」

 オリアナ「・・・///」

 オリアナ「>>81♥///」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 13:27:26.62 ID:CHRkFtZKO
パイズリしたときからもうトロトロよ
82 :1 [saga]:2018/02/17(土) 13:46:16.65 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「パイズリした時から・・・もうトロトロだったのよ♥///」

 海原「そうでしたか・・・///」

 オリアナ「ええ・・・♥///」

 海原「それなら・・・///」

 ―クチュックチュッ・・・

 オリアナ「んんっ・・・♥///」

 海原「僕以上に我慢してたんですか・・・///」

 オリアナ「んっはぁ・・・あっ///」

 海原「それならそれだけのお返しをしないといけませんね///」ニコリ

 オリアナ「んっ・・・♥///」ドキドキッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 13:47:33.21 ID:JaHfBsX80
海原、仕返しという感じでワザとあそこに自分のイチモツを入れないで素股させる
焦らせてどうしてほしいかオリアナの口から言わせる
84 :1 [saga]:2018/02/17(土) 13:57:12.57 ID:NHoysVMI0

 海原「・・・オリアナさん///」

 オリアナ「ん、うん・・・?///」

 海原「・・・///」スッ・・・

 オリアナ「えっ、み、光貴っ?///」

 オリアナ「(も、もう入れちゃうの・・・?///)」

 海原「いつもの避妊術式・・・掛けてくださいね///」

 オリアナ「え、ええ・・・///」

 ―ぬりゅっ、ぬちゅっ・・・

 オリアナ「んんっ・・・!///」

 海原「は、んっ・・・///」

 ―ぬりゅっ、くちゅっ、ぬりゅぬるっ・・・

 オリアナ「み、光貴、これっ・・・///」

 海原「これでも、気持ちいいですからっ・・・///」

 オリアナ「んっぁ、あぁっ・・・♥///」

 海原「>>85///」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 14:01:44.49 ID:JaHfBsX80
感じてください。オリアナさん
86 :1 [saga]:2018/02/17(土) 14:09:40.02 ID:NHoysVMI0

 海原「感じてください、オリアナさんっ・・・///」
 
 海原「沢山っ///」

 オリアナ「んあっぁ、はぁ・・・♥///」

 ―ぬりゅっ、くちゅっ、ぬちゅっ・・・

 オリアナ「(これ、気持ちいいっ・・・♥///)」

 オリアナ「(おち○ち○がヒダとクリトリス擦って・・・っ♥///)」

 海原「はぁっ、はぁっ・・・///」

 ―くちゅっ、ぐちゅぐちゅっ、ぬぷっ、くちゅっ

 オリアナ「(光貴も、気持ちよさそう・・・♥///)」

 海原「っ・・・///」

 オリアナ「あんっ・・・♥///」



 海原「はぁっ、はぁっ、はぁっ・・・///」

 オリアナ「んあぁっ、あっはぁ・・・♥///ん、光貴っ・・・♥///」

 オリアナ「も、もう、二回くらい、イっちゃったからぁ・・・♥///」

 海原「はい・・・っ///」

 オリアナ「っ・・・>>87♥///」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 14:19:19.84 ID:uTe6O782O
もお、わかっているっているくせに
88 :1 [saga]:2018/02/17(土) 14:26:03.41 ID:NHoysVMI0

 海原「・・・何ですか?///」クスッ

 オリアナ「もお、わかっているくせにぃ・・・♥///」

 海原「言っていただけないとわからないですよ//」クスッ

 オリアナ「・・・っ///」

 海原「素直に言っていただけすと嬉しいんですが・・・//」

 オリアナ「・・・て///」

 海原「・・・もう一度。聞こえるくらいの声量で//」

 オリアナ「っ・・・み、光貴の、おち○ち○を私のトロトロになってる・・・///」

 オリアナ「おま○こに入れて・・・?♥///」

 海原「・・・はいっ///」

 ―ぐちゅっ・・・ぐぷぷっ、ぐぷっ、ぐちゅっ・・・

 オリアナ「あぁぁぁっ・・・♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 14:27:36.67 ID:JaHfBsX80
オリアナ、よく見たら海原が入れたのはバイブだった。
ドS原継続。
無理なら「キスしながらゆっくり動かす」
90 :1 [saga]:2018/02/17(土) 14:45:22.95 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「(す、すごっ、いつもより膣内広げられ・・・)・・・えっ・・・?///」

 ―ヴヴヴヴッ

 オリアナ「やっぁ!///こ、これっ、何っ・・・?///」

 海原「バイブです//」

 オリアナ「バ、バイブって・・・!?///」

 海原「オリアナさん・・・僕が居ない時、これ使ってたんですよね///」

 オリアナ「っ!?///」

 海原「この間、こっそり(能力で)見ちゃいましたから//」クスッ

 オリアナ「うっ・・・///と言うか、いつの間にそれ持ってきて・・・///」

 海原「そこに隠してあるのはわかってましたから///」

 海原「・・・まぁ、それよりも//」

 ―ヴヴヴヴッ
 ―ぐちゅっ、ぐぷっぐぷっ

 オリアナ「あぁっ!///」

 海原「>>91///」
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 14:52:06.80 ID:uTe6O782O
こんなでいっちゃうなんて淫乱なナースですね!
92 :1 [saga]:2018/02/17(土) 15:06:37.95 ID:NHoysVMI0

 海原「抜き挿しができるくらいこれは馴染んでいるんですか・・・///」

 オリアナ「やんっ♥!///あっぁ、んんあぁぁ・・・♥!///」

 海原「僕が学校に行っている間、これでずっと自分を慰めてたんですね・・・///」

 オリアナ「や、そ、それはっ・・・♥///」

 オリアナ「あっぁ!///イ、く、イっちゃ!///」

 ―カチッ
 ―ヴヴ・・・

 オリアナ「あ、っ、んっぁ・・・///」

 海原「これでイきそうになるなんて・・・」

 海原「淫乱な・・・ナースなんですね///」

 オリアナ「っ・・・///」ゾクゾクッ

 海原「・・・まぁ、僕は好きですけど///」

 ―ヴヴヴヴッ

 オリアナ「んんっ♥!///は、っぁ・・・♥!///」

 海原「・・・//」クスッ


 どうする?orどうなる?
 ↓1
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 15:15:41.14 ID:JaHfBsX80
二本目をアナルに挿入しようとする海原
94 :1 [saga]:2018/02/17(土) 15:29:29.67 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「あぁぁっ♥!///ダメっ♥!///イ、イィ、イくぅ・・・っ♥!///」

 ―ビクッ!ビクンッ! 
 ―プシャァァアアアッ・・・

 オリアナ「は、はふ・・・ひ、ぁ・・・♥///」アヘェ

 海原「気持ちよかったですか?///」

 オリアナ「ふぅ・・・は、ふ・・・♥///」コクコクッ

 海原「すごく・・・淫らな表情になってますね///」

 海原「口の端から唾液を垂れて、頬が紅潮して・・・///」

 オリアナ「や、やぁん・・・♥///」

 海原「・・・オリアナさん//こちらも・・・//」

 ―クプッ・・・

 オリアナ「んんっ!?///」

 オリアナ「そ、そこ・・・お尻の穴・・・///」

 海原「前に一度使用として無理でしたが・・・今なら、どうですか?///」

 オリアナ「・・・///」

 オリアナ「>>95♥///」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 15:41:14.53 ID:JaHfBsX80
気持ちいいわ
96 :1 [saga]:2018/02/17(土) 15:51:38.70 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「・・・や、やって、みる・・・♥///」

 海原「わかりました///」

 オリアナ「(よかった、お手洗いに行っておいて・・・///)」

 海原「では・・・もう一本を//」

 オリアナ「・・・もう一本あるのも、バレちゃってたのね///」カァァァア

 海原「すみません///」クスッ



 オリアナ「ひあぁっ♥///んっぁ・・・♥///」

 海原「これくりあ、オリアナさんの愛液を塗りつけれれば・・・///」

 オリアナ「恥ずかしい・・・///」

 海原「入れますよ・・・///リラックスしてください・・・///」
 
 オリアナ「えぇ・・・///」

 ―つぷっ・・・

 海原「優しく、ゆっくり・・・///」

 オリアナ「ぅ、あぁ・・・っ///」

 ―ぐぷぷぷっ・・・ズプッ

 オリアナ「ん゙ん゙・・・っ!!///」

 海原「・・・全部、入りましたよ///」

 オリアナ「>>96///」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 16:03:07.89 ID:jCg1vUM5O
あぁんっ
98 :1 [saga]:2018/02/17(土) 16:30:52.12 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「あぁんっ///」

 オリアナ「ひゅ、ひゅご・・・♥///わらひの、おひりに・・・♥///」

 海原「はい//ズッポリ入っちゃってますよ・・・///」

 オリアナ「やぁん・・・♥///は、恥ずかし・・・♥///」

 海原「動かしますか?///」

 オリアナ「んっ、もうちょっと待って・・・♥///」

 海原「はい・・・//」

 オリアナ「はぁ・・・んっ///」

 海原「・・・///」
 
 海原「(おま○ことお尻の穴の両方にバイブが挿しこまれて・・・///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 16:33:46.32 ID:JaHfBsX80
バイブの強さを少しずつ強くしていく
最終的にはイッてしまうオリアナ
100 :1 [saga]:2018/02/17(土) 16:48:53.14 ID:NHoysVMI0

 海原「・・・オリアナさん、少し強くしてみますね///」

 オリアナ「えっ?あ、ちょっ///」

 ―ヴヴヴヴッ!ヴヴヴヴッ!

 オリアナ「んんぁあっ♥!///ふあぁっ♥!///や、んっぁ・・・♥!///」

 オリアナ「(う、うそ、これっ、やばいっ・・・♥!///)」

 オリアナ「(お尻の穴もおま○この膣内も、全部かき混ぜて・・・っ♥!///)」

 海原「オリアナさん、すごく感じていますね///」

 オリアナ「み、つきっ・・・♥!///」

 海原「>>101///」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 17:10:02.78 ID:4vbSltRQO
可愛いですよ、オリアナさん
102 :1 [saga]:2018/02/17(土) 17:32:29.96 ID:NHoysVMI0

 海原「可愛いですよ・・・オリアナさん///」

 オリアナ「んんっ♥!///ひあぁっ♥!んっふぅ・・・♥!///」

 オリアナ「んやぁっ・・・♥///」

 海原「もっと・・・淫らな姿、見せてください///」

 オリアナ「ふ、んんっ・・・♥///」

 オリアナ「(光貴、そんなっ///見ないで・・・♥///)」

 海原「・・・///」

 オリアナ「あぁっ♥///んっ・・・♥!///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/17(土) 19:10:40.86 ID:jCg1vUM5O
今度はおマンコへ総ニュう
104 :1 [saga]:2018/02/17(土) 19:47:02.13 ID:NHoysVMI0
 
 ―ヴヴヴヴッ ヴヴヴヴッ

 オリアナ「んっ、あぁぁっ・・・♥///」

 ―トロトロ・・・

 海原「すごいですね・・・//おま○こから愛液が溢れ出て・・・///」

 オリアナ「んんっ♥///」

 海原「・・・///」
 
 オリアナ「光貴っ・・・♥///」

 海原「はい・・・?///」

 オリアナ「>>105♥///」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/02/17(土) 19:49:48.69 ID:T3k6y7jO0
光貴のお○ん○ん……ちょうだい
106 :1 [saga]:2018/02/17(土) 22:41:24.24 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「光貴のおち○ち○・・・ちょうだい♥///」

 海原「・・・///」ガシッ

 オリアナ「んぁっ・・・!///」

 ―ぬぽぉっ・・・

 海原「すごいですね//バイブに愛液が・・・//」

 オリアナ「んん・・・///」

 海原「・・・オリアナさん///」

 オリアナ「光貴・・・♥///」

 海原「・・・ベッドに・・・///」
 
 オリアナ「ん・・・///」コクリ


 ―ぐぷぷっ・・・

 オリアナ「〜〜っ・・・はぁっ、ぁ・・・///」

 海原「っ・・・///どう、ですか・・・?//」

 オリアナ「>>107///」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/02/17(土) 22:42:38.09 ID:T3k6y7jO0
きもちいい…… トロガオ
108 :1 [saga]:2018/02/17(土) 22:59:13.11 ID:NHoysVMI0

 オリアナ「気持ちいい・・・♥///」トロォン

 海原「バイブよりもですか?///」

 オリアナ「ん、もうっ・・・♥///イジワルねぇ・・・♥///」

 海原「ふふ・・・//」

 オリアナ「光貴・・・動いて・・・♥///」

 海原「はいっ//」

 オリアナ「ん・・・♥///」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/02/17(土) 23:05:40.19 ID:T3k6y7jO0
感じているオリアナ。オリアナを感じるところを攻める海原
だが、途中でオリアナに主導権を握られて……
110 :1 [saga]:2018/02/18(日) 00:19:19.48 ID:2DVJ8aT70
 
 ―パンパンッ!ぐちゅっぐぷっぐちゅっ!

 オリアナ「あぁっ♥!///んっぁ♥あぁっ♥!///」

 オリアナ「んぅっ♥///んんっ♥///は、ぁぁっ♥///」 

 海原「オリアナさん、すごい締め付けですよっ・・・///」

 オリアナ「ふあぁっ♥///んっ、やぁっ・・・♥///」

 オリアナ「だ、ってぇ♥///気持ちよくてぇっ、あぁぁっ♥///」

 海原「はぁっ///はぁっ・・・///」
 
 オリアナ「んんっ・・・♥!///」

 オリアナ「(光貴君・・・必死に腰、振って・・・♥///)」

 海原「っ・・・!///」

 オリアナ「・・・光貴っ///」

 オリアナ「っ///」グイッ

 海原「わっ・・・///」
 
 オリアナ「>>111♥///」
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 00:21:26.20 ID:GOr4kypm0
お姉さん、攻められるのも好きだけど、攻めるのも好きみたい
112 :1 [saga]:2018/02/18(日) 10:32:12.10 ID:2DVJ8aT70

 オリアナ「私、光貴になら攻められるのも好きだけど・・・♥///」

 オリアナ「攻めるのも、もちろん好きなのよねぇ・・・♥///」

 海原「オ、オリアナさっ///」

 オリアナ「だから今度は・・・♥///」

 海原「っ・・・///」トサッ

 オリアナ「私がっ・・・♥///」

 海原「・・・///」ドキドキッ

 オリアナ「んっ♥///」

 ―ちゅうっ、ちゅっ・・・ちゅるるっ、レロッ

 海原「んっむ・・・///」

 オリアナ「んふぅ・・・♥///んぅ、んむ・・・♥///」

 ―レロッ、ちゅるるっ、ちゅぷっ・・・レロッ、ちゅうっ

 オリアナ「(光貴ぃ・・・♥///)」

 海原「(オリアナさん・・・///)」


 どうする?orどうなる?
 ↓1
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 10:42:08.82 ID:GOr4kypm0
オリアナが騎乗位
114 :1 [saga]:2018/02/18(日) 10:54:07.88 ID:2DVJ8aT70

 オリアナ「んふっ♥///んんっ♥///」

 ―ズッ ズッ ズッ
 
 海原「んくっ、んっ・・・///」

 オリアナ「んっ♥///は、んっふぅ・・・♥///はふ、んっ♥///」

 海原「っはぁ・・・///」

 ―じゅぶっ!ズッ、じゅぷっ!ズッ、ぐぷっ!ズッ、じゅぶっ!

 オリアナ「(光貴のおち○ち○膣内で暴れてるわぁ・・・♥///)」

 オリアナ「(子宮の入り口まで、届いてっ・・・♥///)」

 オリアナ「・・・っ///ぷあっ・・・♥///」

 海原「っ・・・///」

 オリアナ「んふふ・・・♥///」トロン・・・

 オリアナ「>>115♥///」
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 10:57:05.17 ID:GOr4kypm0
わしのために必死に腰を振ってかわいいわよ←ドSモード再び
116 :1 [saga]:2018/02/18(日) 11:04:59.50 ID:2DVJ8aT70

 オリアナ「私のために必死に腰を振って可愛かったわよ♥///」

 海原「う・・・///」

 オリアナ「光貴・・・♥///」チュッ

 海原「ん・・・///」

 ―タプン、タユン・・・

 海原「(オ、オリアナさんの胸が・・・///)」

 オリアナ「・・・おっぱい、揉んでも吸ってもいいわよ♥///」

 海原「あ・・・はい・・・///」

 オリアナ「>>117♥///」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 11:11:31.79 ID:ahOu9LswO
まるで赤ちゃんみたい

今なら母乳が出そう
118 :1 [saga]:2018/02/18(日) 11:21:03.81 ID:2DVJ8aT70

 海原「では・・・んっ///」

 ―ワシッ
 ―ムニュッ、ムニュッ

 オリアナ「あぁんっ♥///んっぁ♥///」

 海原「んっく・・・んっ///」

 ―じゅるっ、ちゅうっ、ちゅぷっ・・・レロレロッ

 オリアナ「あっぁ・・・♥///んっ、はぁっ・・・♥///」

 ―ちゅうっ、レロッ、ちゅるるっ、ちゅぷっ、レロッ

 海原「んっはぁ・・・///」

 オリアナ「んふ・・・♥///光貴・・・・///」

 オリアナ「まるで赤ちゃんみたい・・・♥///」

 海原「んっ・・・///」

 オリアナ「・・・今なら母乳が出そう♥///」

 海原「んぇ・・・?///」

 オリアナ「>>119♥///」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 11:37:47.71 ID:ahOu9LswO
それだけ気持ちが高まっているのよ

出たら飲ませてあげる🎵
(避妊魔術なんて今日は本当はしていないから近い内にできたりしてね)
120 :1 [saga]:2018/02/18(日) 11:42:44.37 ID:2DVJ8aT70
 オリアナ「ん、はぁ・・・♥///それだけ・・・んっ♥///」

 オリアナ「気持ちが高まっているのよ♥///」

 海原「ん、ほう、れふは・・・///」

 ―ちゅうっ、ちゅぷっ・・・ちゅるるるっ

 オリアナ「んっ・・・♥///そう言う術式、もし出来上がって・・・♥///」
 
 オリアナ「出たら、飲ませてあげる♥♪///」

 海原「・・・ふぁ、はい・・・///」ゴクリッ

 オリアナ「んふ・・・♥///」

 オリアナ「(避妊術式、今日は安全日だから本当はしてないけど・・・///)」

 オリアナ「(近い内にできたりしてね・・・♥///)」

 海原「んっく・・・///」

 ―ちゅるっ、レロッ、ちゅぷっ・・・ちゅうっ、じゅぷっ

 オリアナ「あんっ♥///・・・光貴、腰止まっちゃってるけど・・・///」

 海原「んっ・・・>>121///」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 11:49:29.57 ID:GOr4kypm0
すいません。気持ちよくって
122 :1 [saga]:2018/02/18(日) 12:05:55.68 ID:2DVJ8aT70

 海原「すみません///気持ちよくって・・・このままでも・・・///」

 オリアナ「ふふ・・・♥///そう・・・♥///」

 オリアナ「じゃあまだお姉さんが動いてあ・げ・る♥///」

 ―ズッズッ、ぐちゅっ、じゅぷっ、ぐぷっ、じゅぷっ、ぬぷっ
 
 海原「んっふぅ・・・!///」 

 オリアナ「光貴、はぁ♥///あぁっ♥んっ♥///そのまま、赤ちゃんみたいにぃ吸っててぇいいからぁっ♥///」

 オリアナ「イきたい時に、イってぇ♥///精液っ、私の・・・膣内に出してぇ♥///」

 海原「っ・・・///」

 ―ちゅう、ちゅるるっ、ちゅぷっ
 ―ムニュウッ、ムニムニッ

 オリアナ「あぁっ♥!///んあぁっ♥!///ひあぁっ♥んぅっ・・・♥!///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 12:17:37.68 ID:fj6tDaLVO
海原気持ちよくオリアナの膣に出す
オリアナは1滴も海原の精子が漏れないように膣をキツくする
124 :1 [saga]:2018/02/18(日) 12:36:06.71 ID:2DVJ8aT70
 
 ―ズッ じゅぷっ!じゅぷっ! ズッズッ ぐぷっ!ぐちゅっ!
 
 オリアナ「はっ♥はぁっ♥///あんっ♥///あっ♥///」

 オリアナ「(奥に、ゴツゴツ当たってっ・・・♥!///)」

 海原「んぐっ、んぶっ・・・///」

 ―ちゅうっ、レロレロッ カリッ、クニュッ

 オリアナ「ひゃあぁぁっ♥!///乳首、らめぇっ・・・♥!///」

 海原「(こんなにまで勃たせて・・・ダメってことはないでしょう///)」クスッ

 ―ズッズッ ジュブッジュブッ!ぐちゅっ! ズッズッ ぐちゅっ!じゅぷっ!
 ―ちゅうっ、ちゅるるっ、レロレロッ、ちゅるっ

 オリアナ「ひんっ♥!///ああっぁ!♥あっ♥!///んあぁっ♥!///」

 海原「っぷあぁっ///オリアナさんっ、もうっ・・・!///」

 オリアナ「ひいよぉ、らひてぇっ♥///みつひの、せぇーえきっなかにっ♥///」

 オリアナ「あぁぁっ♥!///わらひ、もイくっ!イッちゃうっ!♥んあぁっ♥!///」

 海原「うっぐ・・・!///」

 ―ドプッ!ビュルルルッ!ドピュッ!ビュルッ!

 オリアナ「あぁぁっ♥!///膣内にぃ・・・っ♥!///」

 オリアナ「ふああぁぁぁっ♥!///」ビクビクッ!
 
 ―プシャアアアァァァ・・・

 オリアナ「ひあぁ・・・♥///ぁ、ぁふ・・・♥///」

 オリアナ「・・・んんっ///」
 
 ―キュウッ

 海原「うぁっ・・・!中が、締まって・・・!///」

 オリアナ「>>125♥///」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 12:38:26.67 ID:GOr4kypm0
あなのせーし、全て私の頂戴
126 :1 [saga]:2018/02/18(日) 12:46:09.10 ID:2DVJ8aT70

 オリアナ「みふひのぉ・・・せーし、全部・・・♥///」

 オリアナ「私に頂戴・・・♥///」

 海原「っ・・・///」

 ―ガシッ!ぐぷぷっ!ぐちゅっ!

 オリアナ「あぁんっ♥!おひんひん子宮の入り口、当たってぇ・・・♥!///」

 ―ビュルルルッ!ビュプッ!ドプッ!ビュウッ!

 オリアナ「んんんん〜〜〜っ♥!///」

 海原「〜〜っ・・・!///」

 ―ドピュッ!ブピュッ・・・ドプッ・・・

 海原「・・・っはぁ!はぁっ、はぁっ・・・///」

 オリアナ「ぁぁ・・・んっぁ・・・♥///」トロン・・・

 海原「オリアナさん・・・///」ギュウッ

 ―ちゅっ・・・ちゅるっ、レロッ、ちゅうっ・・・

 オリアナ「んむ・・・んふっ・・・♥///」

 海原「っはぁ・・・///」

 オリアナ「んぁ・・・♥///光貴の精液・・・私の、子宮にいっぱい溜まってるの・・・///」サスサス

 海原「・・・はぃ///」

 オリアナ「>>127♥///」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 12:51:36.73 ID:lwWAlnJOO
今度は上の口に唾液をちょうだい、キスして
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 12:56:50.47 ID:GOr4kypm0
そういえばこのシリーズのオリアナさんの年齢って何歳なの?
129 :1 [saga]:2018/02/18(日) 13:02:52.17 ID:2DVJ8aT70

 オリアナ「今度は唾液が欲しいわ・・・♥///キス、して・・・?♥///」

 海原「はい///」

 ―クイッ 

 オリアナ「ん・・・♥///(顎に手、添えられて///)」

 ―ちゅぷっ、ちゅくっ・・・ちゅるるっ、ちゅうっ

 オリアナ「んっふぅ♥///んっぐ・・・♥///」

 ―ちゅぷっ、レロレロッ、トロ・・・

 海原「っ・・・///」

 海原「(オリアナさん、舌をすごい吸って・・・///)」

 オリアナ「(光貴の唾液・・・♥///)」

 ―ちゅるるっ、ゴクンッ ちゅくちゅくっ、ちゅうっ
 
 海原「ふ、んっ・・・///」

 オリアナ「んっはぁ・・・♥///」

 オリアナ「んむっ♥///んくっ、ふぅ・・・♥///」

 
 どうする?orどうなる?
 ↓1
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 13:09:37.67 ID:GOr4kypm0
お互いに満足するまで繋がってまま抱き合いキスしあう
131 :1 [saga]:2018/02/18(日) 13:16:36.19 ID:2DVJ8aT70

 海原「っはぁ・・・///」

 オリアナ「は、はっ・・・はふ・・・はぁ♥///」

 海原「・・・っ///」

 ―ぬぷぷっ

 オリアナ「ぁ、ダーメっ・・・♥///」ギュウッ

 ―グププッ

 海原「んっく・・・!///オ、オリアナさん・・・?///」

 オリアン「まだ・・・このまま、ね・・・♥///」

 海原「・・・わかりました・・・///」ギュウッ

 ―ちゅっ・・・ちゅぷっ

 オリアナ「んん・・・♥///」

 海原「んっふぅ・・・んっ///」

 オリアナ「ん・・・んぅ・・・♥///」

 オリアナ「みふひ・・・♥///」

 海原「っ・・・///」チュパッ

 オリアナ「っはぁ・・・///・・・愛してる・・・♥///」ニコリ

 海原「僕もです・・・オリアナさん・・・///」ギュッ


 -終-

 ん〜・・・今度地の文でやってみようかなぁ・・・
 まぁ考えときます。乙でした
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/20(火) 00:02:55.23 ID:7W2K/e7VO
おつ
59.13 KB Speed:7.4   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)