ダヴィンチ「出来たぞ!霊基改竄装置だ!」【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 00:15:11.71 ID:m3EtP1Ss0
ぐだ男「また良からぬものを作ったんですか?」

ダヴィンチ「何を言う、とっても便利なものだよ」

自信満々にその大きな胸を張る。

ダヴィンチ「極一部のサーヴァントが自分のクラスを変えていたが、それをもっと派手に、そして手軽に出来るわけだ」

やれ召喚式の不安定さを利用だの、やれ戦力が上がるだのと説明がされる。

ぐだ男「……これはどう使うんですか?」

ダヴィンチ「ん?そのアンテナを対象に向けて、端末に書き換え内容を入力して送信するんだ」

なるほどと呟き彼は送信する。



ダヴィンチちゃんの改竄内容、下
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:19:13.43 ID:MBDPQC4K0
ジャックザリッパーをセイバーのクラスに変更、大人の姿のジャックになり、白い髪は伸ばしている
武器は大剣、絶対零度の冷気を放出するEXランクの対城宝具を所持
3 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 00:21:53.52 ID:m3EtP1Ss0
ごめん、脱字だ

ダヴィンチちゃんへの改竄内容、下
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:25:41.30 ID:3590/JENo
クラスをライダーに変更
衣装がスチュワーデスっぽくなる
5 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 00:40:26.53 ID:m3EtP1Ss0
『ライダークラスに変更、衣装はスチュワーデス風』と書き込み送信する。

ぐだ男「違和感とかは感じる?」

ダヴィンチ「程度やそのサーヴァントによるね、戦闘中に支障はきたさないようにはしているけれど」

そう言いながら、肉付きのいい足を組み直す。

ダヴィンチ「それに違和感どころか、戦意が高揚する、などの精神的なものも送信すれば決められる」

ぐだ男「へえ、そうなんだ」

ダヴィンチ「あとはスキルも付加することができるよ、必要に迫られたら追加してあげると良い……流石に格の高いサーヴァント相手では決定打にはならないかもしれないけどね」

ぐだ男「ありがとうダヴィンチちゃん!」

そう言いながらもう一度ダヴィンチへアンテナを向ける。



追加の改竄内容、下
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:41:55.71 ID:MBDPQC4K0
パションリップクラスの巨乳も追加、
7 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 00:52:41.21 ID:m3EtP1Ss0
『乳房の超巨大化』……変化は火を見るより明らかだった。

上半身が隠れるほど巨大になり、制服の上からでも乳首が分かる。

ダヴィンチ「良いかい?悪用は禁物だよ?」

たった今自分の体で悪用されているにも気付かず、彼にそう注意する。

……彼はすでに悪用する方法を思いついた。

服装、クラス、思考、スキル、肉体……霊基情報を全て改竄できるということだ。

カルデアの召喚が不安定とはよく聞いていたがここまでとは、と思いながら改竄したダヴィンチの部屋から出ていく。



どのサーヴァントを狙うか、下
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:56:39.94 ID:U42pfNBz0
マシュ・キリエライト
9 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 01:00:56.95 ID:m3EtP1Ss0
マシュ「珍しいですね、先輩が足を運んでくるのは」

ぐだ男「忙しかったからね」

そうでしたね、と優しい声音で今しがた淹れた紅茶をテーブルの上に置く。

それを手に取り、一口飲む。

マシュ「出来るだけ疲れを癒してください、私もお手伝いするので」

ぐだ男「……ありがとう、マシュ」

そう言いながら、背後の装置がマシュにアンテナを向けていた。



マシュへの改竄内容、下
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 01:11:03.31 ID:MBDPQC4K0
マシュの憑依英霊がギャラハドではなく、殺生院キアラに変更する
そして憑依の変更でマシュがエロくなる
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 11:05:58.32 ID:tW9+2Whg0
エロマシュならぬエゴマシュ爆誕である
12 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 12:39:02.98 ID:m3EtP1Ss0
『憑依英霊をキアラに変更』……様子を確認すれば、一目瞭然だった。

マシュ「……先輩……」

しな垂れ、熱い吐息を首筋にあててくる。

手は彼の太ももを指で弄び、さらに彼の方の手を自分の太ももの上に乗せる。

ぐだ男(これは後で戻しておかないとなぁ……)

どことなく全身の肉付きも変わった気がする。

だが臆することなく、追加の改竄を送信する。



追加の改竄内容、下
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 12:45:40.57 ID:ZpTwIqP9O
ドMメイド属性を追加
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 12:46:11.57 ID:40ydbAfc0
クラスをバーサーカーに本能に忠実になる
15 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 13:14:20.75 ID:m3EtP1Ss0
『ドMメイド属性追加』……その入力と共に、マシュの服装が露出の多いメイド服に変わる。

いつもよりも肉付きの良い身体も相まって、全体的に扇情的だ。

マシュ「ご主人様……私にできる事があれば、なんでも申し付けてくださいね?」

言動もどうやら改竄に準じているようだ。

更にマシュは彼に身体を密着させ始める。

ぐだ男「……それじゃあ……」



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 13:16:05.76 ID:qKGnT4GiO
カルデア職員も呼んで輪姦プレイ
17 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 13:51:42.46 ID:m3EtP1Ss0
マシュ「ひあっ、はっ、んへぇぇっ!?」

愛する主人に跨りながら、両手の肉棒を扱く。

マシュ「あっ、はへぇーっ、んひゃあああ!?」

ぐだ男「ほらほら、腰もっと動かして、手もちゃんとやらないと」

マシュ「はっ、はひ!わかり、んひぃ!?」

左右の肉棒から精液を顔面に受け止める。

更に、子宮の一番奥を押し潰されるように挿入され絶頂する。

マシュ「はへっ、へっ……ほ、お゛お゛お゛!?」

ぐだ男「気を抜いちゃだめだよっ、と!」

ドクドクと精液を注がれ、背を弓の様に仰け反らせ失神する様に絶頂する。

ゆっくりと肉棒を抜き、ベッドにマシュは倒れる。

マシュ「中、出し……ありがひょ、ございましゅ……っ」

ぐだ男「うん、それじゃあ頑張ってねマシュ」

まだ数人いる職員に後を任せ、次のサーヴァントの元へ向かう。



どのサーヴァントを狙うか、下
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 13:55:56.61 ID:tW9+2Whg0
セミラミス
19 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 14:01:29.00 ID:m3EtP1Ss0
セミラミス「……何の用だ」

ぐだ男「用ってほどじゃないんだけど、会いたくなってさ」

自然に、備え付けの椅子に座る。

……若干の警戒は解かれ、少しのため息とともにセミラミスはベッドに腰かける。

セミラミス「なら我の暇つぶしに付き合え、退屈しているところだった」

ぐだ男「分かったよ、じゃあ……お喋りでもしようか」



セミラミスへの改竄内容、下
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 14:03:36.07 ID:ihn7wuZro
全身の感度を何倍にも引き上げる
21 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 14:24:12.80 ID:m3EtP1Ss0
セミラミス「…………っ」

ぐだ男「どうかした?」

薄く笑みを浮かべながらセミラミスに言葉を投げかける。

……ジットリと出ている額の汗と、黒いドレス越しからでもわかる乳首の突起。

恐らく衣擦れをする度に絶頂寸前までに感じているのだろう。

セミラミス「別に、なんでも」

ぐだ男「どっか痛いのかな?」

そっと背中を摩る。

セミラミス「ひああっ!?」



追加の改竄内容、下
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 14:26:09.61 ID:cZjauamiO
スキル、女帝の淫毒
膣から出る愛液に精力増強効果を付与
絶頂するたび量は増え、反動として分泌する度好感度が上がる

衣装を丈の小さいチア服に改竄
23 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 14:45:24.77 ID:m3EtP1Ss0
セミラミス「……さ、触るな……問題はないっ」

自分の黒いドレスが意匠はそのままに過激な露出のチアリーダー風の衣装になっていることに気付かず威厳を保とうとする。

セミラミス「ふ、んぁ……ひうっ」

薄く小さい布は豊満な胸や白い太ももを隠し切れず、逆に扇情的に性を煽っていた。

ぐだ男「体調、悪いのかな?」

セミラミス「放って、おけと……くふぅっ」

太ももを伝って、シーツに染みを作っていく。



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 15:03:27.13 ID:bQL0OjDfo
スキル 絶頂排泄
絶頂する度に大小どちらかを漏らしてしまう様になる

試しに動けなくなるまでイカし続ける
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 15:06:04.86 ID:IIVkp4bBO
乳首とクリトリスにピアス&淫紋を追加
効果 マスターに服従する雌奴隷になる
26 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 15:41:23.84 ID:m3EtP1Ss0
セミラミス「あ、んへぇっ!?んひょぉぉ!?」

騎乗位でセミラミスを犯すと、腕のポンポンや豊満な胸を揺らす。

愛液からの精力増強の毒でたとえ何発射精しても男根は萎えない。

セミラミス「ひああああっ!?」

絶頂は分かりやすく失禁するため、彼の優越感を刺激した。

丈の短いスカートと黒く扇情的な下着は尿や愛液でぐっしょりと濡れていた。

セミラミス「はへぇ〜っ……はひ、ふへぇ〜っ……」

だらしなく舌を垂らしながら、背中からベッドに倒れる。

大きな胸は左右に垂れ、顔は快楽に蕩けていた。

彼は繋がったまま体位を変え、騎乗位から正常位に……そしてまんぐり返しの体勢に変える。

セミラミス「はや、く……早くぅっ!」

淫毒の効果か、甘い声で肉棒を求める。

……そこから容赦なく奥まで抉る。

セミラミス「おっ、んへっ、ふぎっ、ぃっ!?」

まず子宮を押し潰されると同時に、尿がセミラミスの胸や髪に放たれる。

体重をかけてピストンする度、潮と尿を断続的にまき散らす。

セミラミス「んほおお゛お゛おぉぉお!?」

ドクドクと精液が子宮や膣を満たしていく。

セミラミス「ほへっ、へっ、あはぁぁ……」

肉棒の栓が抜け、溢れ出した精液が顔を白く染めていく。

ぐだ男「ふうー……淫毒のせいで結構まだムラムラするなぁ……」



どのサーヴァントを狙うか、下
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 15:44:58.04 ID:0UzEdSqZ0
メルトリリス
28 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 16:37:34.55 ID:m3EtP1Ss0
メルトリリス「……別に居てもいいけれど……もてなしてなんかあげないわよ?」

そう言いながら、ベッドに腰かける。

ぐだ男「まあまあ、遊びに来ただけだから」

メルトリリス「ふぅん……まあ、適当にしてなさいな」

そう言いながら、ベッドに寝転がる。

ぐだ男「……じゃあ、俺も適当にくつろごうかな……」



メルトリリスへの改竄内容、下
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 16:46:21.21 ID:EJzG6h7X0
精神をロリ化 ぐだ男をお兄ちゃんと呼ぶように
30 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/12(火) 20:08:15.89 ID:m3EtP1Ss0
メルトリリス「………………」

ぐだ男「…………」

いつのまにか、メルトリリスがそばまでやって来ていた。

恐る恐る、彼女の方へ顔を向ける。

ぐだ男「えっと、どうかした?」

メルトリリス「っ!別に、ちょとお兄ちゃんを見てただけだもん……」

改竄が成功しているのを確認する。



追加の改竄内容、下
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 20:12:34.77 ID:qKGnT4GiO
脚を普通の脚に
32 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/13(水) 08:21:41.27 ID:yUw3IaMy0
メルトリリス「…………」

精神が幼くなった為か、メルトリリスの距離はいつもより近い。

そしてなにより、足の剣を普通の足に変換した為いつもより自由だ。

ぐだ男「えっと、なんかする?」

パアッと笑顔を浮かべ、またいつもの突き放したような表情を取り繕う。

メルトリリス「な、何をするっていうのよ……」

ぐだ男「あー……そうだなぁ」



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 08:26:11.31 ID:FA3RiTnSO
頭を撫でられると絶頂する
34 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/14(木) 00:57:03.55 ID:ziC8nTe80
悪いんだけど行動の方優先して書いて欲しい
改竄はなくても書けるんだけど行動ないとちょっと描きにくい


再安価
ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 01:12:28.85 ID:v5Wk2KdI0
言葉攻めしてもらいながら足コキしてもらい絶頂

お返しに改竄で感度をあげて寝バック中出しでイカせまくる
36 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/14(木) 21:55:41.99 ID:ziC8nTe80
メルトリリス「こんなのがいいの……お兄ちゃん、変態だったのね」

改竄で生やした足を、彼女は不器用に動かす。

たっぷりと肉茎にはメルトリリスの唾液が練りこまれており、足裏からは不器用が故にやや力強い刺激を感じる。

メルトリリス「……くすっ……へんたーい、ピューピュー出してバカみたーい」

幼い言動で、自慢の加虐体質を発揮する。

グリグリと陰嚢を潰されて、更に射精を促進させる。

ぐだ男「……ありがと、お疲れ様」

3発目の射精を終え、満足気に彼女の頭を撫でる。

メルトリリス「も、もう……やめてよお……くすぐったい……」

自身の神経障害が改竄で高感度の身体にされているとも知らず初めての感触に笑みをこぼす。
37 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/14(木) 23:55:59.86 ID:ziC8nTe80
腰を掴み、念入りに腰を打ち付ける。

まさしく動物の様な行動に、道具の様な扱い。

メルトリリス「〜〜ッッ、ッ、んへぇ〜っ!?」

壊れた蛇口の様に尿と愛液わ吹き出しながら、2人は重なる様な体位でお互いを感じ合う。

メルトリリス「おにっ、おにいちゃっ、しゅきっ、しゅひぃぃっ!?んひあああっ!?」

シーツから顔を離したメルトリリスは、大好きな自分の兄を身体全てで感じる。

メルトリリス「っ、あっ、へひっ、でてりゅっ、出てるぅっ」

小さな子袋が満杯になっていくのを感じながら、喜びの方尿をする。



どのサーヴァントを狙うか、下
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 23:56:39.47 ID:tMXiReii0
スカサハ
39 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/15(金) 00:07:10.52 ID:RMFPBcnf0
スカサハ「なんだ、抱きに来たか?」

からかう様にスカサハは彼を部屋に向かい入れながら笑う。

……間違いなく好意は向けられているのだろうが、しかしなんの準備もなく安易に頷けばどうなるかは自明の理だ。

ぐだ男「回復用のルーンをください、できるだけ多めに。

改竄で間を弱くすることはできても、彼自身の強さは変わらない。

そこを、精力回復し補おうと画策する。

スカサハ「……ふむ、待っておけ」

……普段のタイツではなく、大胆に生足を見せる部屋着に興奮しながら装置に改竄内容を書き込む。



スカサハへの改竄内容、下
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 00:08:39.02 ID:Sp4nIYLn0
パッションリップ級の爆乳化
41 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/15(金) 00:17:09.21 ID:RMFPBcnf0
書く僕としては結構邪魔なので悪いんだけど彭乳とかは頼光くらいで勘弁してほしい

お詫びにもう一つ追加、下
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 00:17:31.17 ID:3qAa6138O
クラスをバーサーカーへ変更しスキルに被虐体質EXを追加
43 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/15(金) 00:35:49.12 ID:RMFPBcnf0
スカサハ「ひぃっ、ひぐっ、くぅぅんっ!?」

服越しに、大きくなった乳房を鷲掴む。

……かなりの痛みを伴っているはずだが、逆にピンと乳首が主張し始め太腿から濃いメスの匂いが立ち込める。

スカサハ「もっ、もっとっ、もっひょぉ……」

……バーサーカーの狂化のスキル、それに被虐体質を組み合わせた。

しかもランクは規格外のEX……『加虐者の望む通りに肉体を被虐専用に変えていく』という物。

乳首を虐めれば簡単に絶頂する胸が、言葉攻めすれば興奮する様に脳がすぐ様調教を受け入れる。

スカサハ「頼むっ、痛くしてっ、くれっ」

ベッドでもないのに、バーサーカースカサハはご主人様の寵愛を求める。



追加の改竄内容、下
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 00:41:47.83 ID:fKEdcm000
スキル マゾ雌奴隷の譲渡
マスターに中だし射精されるたびにスカサハのスキルやステータス、宝具をマスターに少しづつ譲渡する(マスターがサーヴァントと戦えるように)
そして自身はどうしようもないマゾ雌奴隷サーヴァントとして堕落していく
45 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/15(金) 01:06:07.24 ID:RMFPBcnf0
スカサハ「んむっ、ちゅうっ、れろっ、んぽっ、じゅぽ、む、んむ」

ねっとりとスカサハの長い舌に口の中で奉仕させながら抱きしめ、その肉感を存分に楽しんでいた。

スカサハ「後生だっ、嬲って、犯してくれっ!発情マンコが切ないんだっ!」

そう言いながらも、今度はキス奉仕から全身リップに移行する。

スカサハ「れろっ、んっ、じゅるっ、えろぉっ」

……部屋着の下着は洪水を受け止めるのに用を成さなかったため脱がせ、足首にわざと残させている。

彼は満足そうに、必死に媚を売り奉仕を続けているスカサハの頭を撫でる。



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/06/15(金) 01:11:43.55 ID:oUxIvDCyO
罵ったりスパンキングしたりしながら1日中セックスして力を奪う
47 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/15(金) 01:35:23.46 ID:RMFPBcnf0
……者の数十分でスカサハひ二千年の成果全てをマスターに献上した。

残ったのは改竄の際に植え付けられた三つのスキルのみ。

スカサハ「ふぎっ、おお゛っ!?ひぎゅぅぅっ!?」

軽々と持ち上げられ、全体重を陰茎によって支えられる。

鍛えられていた腹筋から凶悪な肉棒のシルエットが浮かび上がる。

ぐだ男「ほらぁっ!中出しするよ!?」

スカサハ「愛してますっ!ご主人様にスカサハ全てを捧げますっ!ですのでご主人様の女殺しオチンポ様のザーメンくださいっ!」

尻を上にあげながら少年に犯されているスカサハは、嬉しそうに口上を述べる。

ぐだ男「ほらっ、受け止めろ!」

スカサハ「んへぇぇっ!?へっ、ひぉっ、おほぉお゛お゛ぉ゛お……っ!?」

念入りに奥に射精し、気を失ったスカサハの尻を思い切り叩く。

スカサハ「ふぎぃぃっ!?」

ぐだ男「ほら、お礼もしっかり」

スカサハ「雑魚卵子を輪姦するほどの特濃ザーメンっ、ありがとうございますっ……飽きるまで、スカサハを、愛してください……」

ぐだ男「飽きるわけ無いだろ雌奴隷が!」

また尻を叩き乳首をつねりあげる。

スカサハ「おっ、おごっ、んひっ、ひあっ!?ありがとうございますっ!一生ご主人様の、んへっ、雌奴隷にひぃぃっ!?」

……こうしてスカサハを根本から調教した彼は、一晩かけてスカサハの体を堪能する事にした。



どのサーヴァントを狙うか、下
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 03:11:14.40 ID:DPiXHJ4p0
ブーディカ
49 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/15(金) 09:06:34.81 ID:RMFPBcnf0
ブーディカ「こんなのしか無いけど……口に合うかな?」

そう言って出されたクッキーを頬張り、満面の笑みを浮かべる。

ブーディカ「ふふ、聞かなくても分かっちゃった」

嬉しそうに笑みをこぼし、隣に座る。

ブーディカ「大丈夫マスター……疲れてない?いつもと雰囲気が違うけど」

ぐだ男「いやあ、逆に力が漲ってるよ!」

そう言いながらブーディカの体を抱きかかえる。

ブーディカ「ひやぁ!?わ、わっ、降ろしてっ、恥ずかしいっ」

お姫様抱っこのような体勢になり、いつもの姉の様な余裕さはどこかに言ってしまった。



ブーディカへの改竄内容、下
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 09:53:50.43 ID:8NgM9hyVO
母乳体質にしよう
51 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/15(金) 11:58:37.67 ID:RMFPBcnf0
ジワリと、胸の辺りが湿り始める。

ブーディカ「ん、んんっ」

ぐだ男「おー、ずっしりしてきたね」

ブーディカ「もう、触っちゃダメだってぇ……」

染みはどんどん大きく、広くなっていきはじめる。

いつにもまして大きく重くなった胸を持ち上げながら、次の操作を行う。



追加の改竄内容、下
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:04:40.26 ID:9yKdcCVmO
一週まわってローマにヤンデレでローマの事を考えただけで発情する様に改竄
53 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/15(金) 15:06:12.33 ID:RMFPBcnf0
ブーディカ「は、うぅ……重……」

張っている乳房を持ち上げると、またジワジワと母乳が漏れ始める。

認識をずらしているため、そのような痴態を彼の目の前で晒しても平然としている。

ぐだ男「……ねえ、ローマのことどう思ってる?」

ブーディカ「……はっ、はぁっ、はひっ、ひああっ」

突如として、彼女のスカートを濡らす程の愛液が噴き出される。

上下ともに濃い雌の臭いを放ち、熱い吐息と蕩けた瞳に変わる。

ぐだ男「スイッチには十分かな……」

面白そうに笑いながら、ブーディカの肩を抱く。



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 15:28:09.14 ID:T5Yosq+g0
搾乳機を取り付けてバックで犯す
ついでに毎日1リットルは母乳を搾乳するよう行動を改ざん
55 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 11:58:48.60 ID:Hf5LZEnr0
ブーディカ「はへっ、へひ、んひゃぁぁっ!?」

ぐだ男「ほらほら、腰下がってきてるよ!」

下から突き上げ、子宮を押し潰す。

ブーディカ「おほおぉ゛お゛おおっ!?」

爪先を立て、絶頂に意識を失いかける。

だが、胸の搾乳機がその意識を戻させる。

……無造作に、愛もなくブーディカから搾乳する機械は魔力由来の母乳を搾り取る。

ぐだ男「甘くて温かいなぁ……毎日1リットルは搾り取ろうか」

ブーディカ「んひっ、はいっ!絞りまひゅっ、おっぱいっ、ピューピューしますっ!」

逞しい男根に貫かれ、蕩けたメスの表情で何度も絶頂する。

ブーディカ「んぅっ、ほおっ、ひぃっ!?」

ぐだ男「スパートかけるよっ」

その言葉とともに、腰を持ち上げられ爪先が地面から離れる。

全体重が腰を持つ手と子宮口を突く肉棒によって持ち上げられている。

ブーディカ「お゛おっ!?へっ、ほぉぉっ!?イぐっ、イぐイぐイぐぅぅ!?んほぉおおおおっ!?」

容赦のない彼のピストンになすすべなくイかされ、尿と母乳を吹き出して絶頂する。

ぐだ男「ん、んっと」

尿道の精子まで子宮に注ぎ、使い終わった道具の様にブーディカをベッドに投げる。


どのサーヴァントを狙うか、下
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 12:01:43.16 ID:L7tzLIAH0
アーチャーインフェルノ
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 12:01:48.74 ID:nyEfEH0C0
ネロ(水着)
58 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 12:15:55.06 ID:Hf5LZEnr0
アーチャーインフェルノだと長いので真名で行きます
ので安価でも真名丸わかりでも大丈夫です
ネタバレ嫌いな人はしばらく見ない様お願いします
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 13:19:06.65 ID:v5djKy0FO
3
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 13:19:50.82 ID:v5djKy0FO
誤爆失礼しました
61 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 14:56:05.03 ID:Hf5LZEnr0
巴御前「マスターとボードゲームをするなんて久しぶりですね」

ぐだ男「ボドゲみんなが使ってるしね、だから持ってきちゃったけど……皆には内緒だよ?」

巴御前「……はい」

少しだけ嬉しそうに駒を並べていく。

ぐだ男「じゃあ先手はもらうよ、っと」

巴御前「ふふ、巴は強いですよ?」

不敵に笑ながら、彼を迎え撃つ。

ぐだ男「勝ったらどうしようかな、背中でも洗ってもらおうかな?」

巴御前「ふふふ、面白い提案ですね……巴も考えておきます」



巴御前への改竄内容、下
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 14:59:13.00 ID:nyEfEH0C0
性格を酒呑童子に近くする&鬼種の魔をEXに変更
63 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 16:25:25.95 ID:Hf5LZEnr0
巴御前「……ふふ、前よりも強くなっていますね……」

……少し妖艶に笑いながら、彼の隣に座る。

巴御前「負けました……お見事です」

そういいながら、着物を緩める。

するすると脱ぎ……上はインナーだけになる。

巴御前「……ふぅ、熱くなってしまいました……」

熱い視線を向けながら、胸を腕に押し付ける。

巴御前「いかがします……?お背中、流しましょうか……?」



追加の改竄内容、下
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 16:36:51.20 ID:2gNVHzX7O
一緒に風呂に入る

全身で洗ってもらいパイズリで綺麗に洗ってもらいぶっかけ

御礼にマラで膣内清掃、奥とGスポットをカリで抉るように洗いにくい場所を重点的に擦り中だし
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 16:38:05.27 ID:2gNVHzX7O
改竄内容だったダメなら安価下
66 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 16:41:11.79 ID:Hf5LZEnr0
駄目ではないがせっかくなので追加安価

改竄内容、下
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 16:42:40.60 ID:d5gBd0iqO
精液を飲んだり浴びたりする度にに淫乱度が増していく
68 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 17:47:50.17 ID:Hf5LZEnr0
巴御前「ふふ……逞しい身体ですね……えいっ」

泡立てた女体を、マスターの背にこすり付ける。

自由な腕は胸板や男根を愛おしそうに愛撫する。

巴御前「ふぅ、準備万端……いえ、お背中はこのくらいにいたしましょう」

そう言いながら、椅子に座った彼の膝に腰を下ろす。

胸板に豊満な胸を押し付けながら、唇を重ね肉棒を扱く。

巴御前「んっ、んむっ、んんんっ!」

上下に動かし疑似的な性行為を終えた後、満足気に唇を離す。

巴御前「ではこちらは丁寧に、丹念に磨き上げましょうね……?」

そう言い、彼女は胸を腕で圧をかけながら上下に動く。

胸が動く度に浴室には水音が響き、時折飛び出す亀頭に口づけする。

巴御前「んひゃぁ!?」

勢いよく飛び出た精液を胸で受け止めるが、それでも抑えきれず彼女の顔にぶちまけられる。

巴御前「っふぅ……綺麗になりましたね」

満足気な彼女は、手桶で顔と胸の谷間を水で落とす。

ぐだ男「よっと」

巴御前「んひゃぁぁぁ!?」

油断しきり背後を向けた彼女を持ち上げ、遠慮なく膣を楽しむ。

巴御前「おっ、んへぇっ!?イぐっ、んひッ、お゛ぉ!?」

鏡にその痴態を映し、絶頂しながら潮を吹く。

そのまましばらく、念入りに子宮を刺激し躾ける。

ぐだ男「……ふぅ……このくらいすれば淫乱ビッチくらいにはなったかな?」



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 17:51:42.52 ID:TgesTlFqo
精液を子宮に流し込まれるたびに疑似妊娠で腹が膨らんでいくようにする
臨月ぐらいに膨らむまで中出しを続ける
70 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 18:22:06.81 ID:Hf5LZEnr0
ベッドまで移動し、今度は互いに求め合うように体を重ねる。

巴御前「好きっ、好きですっ!マスター、もっと……」

正常位で、密着するような体位で時折唇を重ねる。

キュウ、キュウと彼の肉棒を締め付ける。

巴御前「来るの、ですね?お精子、巴の、子袋にくださいッ!」

媚びるように腰を動かし、そして彼は奥まで精子を注ぎ込む。

……既に数度の射精を受け止め、引き締まった腹部は緩やかな円を描いていた。

巴御前「は、はへ……幸せです、巴は……一時の間とは言えマスターの子を、身籠れるなんて……」

ぐだ男「俺も、喜んでもらえたなら嬉しいよ」

甘い言葉を投げかけながら、一度引き抜き、後背位で続きを行う。

犬の様に四つん這いにさせ、じっくりと開発した膣を楽しむ。

巴御前「マラッ、ひっかかっへ、イぐッ、イぐぅ!?んへぇぇ!?」

より深くに侵入する肉棒によがり、深い絶頂を繰り返す。

シーツには染みができ、より楽しみために角を掴み乱暴に子宮を抉る。

……その後、胎がベッドに到達するまで射精を繰り返す。

巴「ぉッ……ほぉ……んへぇ……」

枕に顔を埋めながら、無様に失禁する。

ぐだ男「ふぅ……起きるころには収まってるかな」



どのサーヴァントを狙うか、下
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 18:25:32.73 ID:utNkNUycO
>>57
72 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 18:33:57.70 ID:Hf5LZEnr0
ネロ「ふふ……テルマエも良いが、やはり開放的な海は良い!」

レイシフトし、人気のないビーチに二人でやってくる。

ぐだ男「じゃあパラソルでも刺してるから、先に遊んでて」

ネロ「む……仕方ないな、早くするのだぞ!」

そう言いながら、シートに座り込む。

ぐだ男「先に遊んでていいんだよ?」

ネロ「ふん、奏者を待つくらい余も出来る!」

霊基を水着使用にしたネロは開放的でこちらにデレデレになっている。

改竄するまでも無くここまで自分でしてくれるのだから、愛されていると言う事なのだろう。

ぐだ男「よし、っと……待たせたお詫びにオイルでも塗ろうか?」

ネロ「うむ、許すぞ奏者よ!」



ネロへの改竄内容、下
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 18:35:34.28 ID:d5gBd0iqO
ふたなり化
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 18:38:33.98 ID:abVS8pQSO
加虐体質EXを付与して
75 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 18:40:07.74 ID:Hf5LZEnr0
……オイルを塗り終わると、ビキニからわずかにはみ出る肉棒が主張し始める。

ネロ「奏者っ、じゃあ海に行くぞ!」

それを自然に受け入れているネロは、意に介さず抱き着いてくる。

ぐだ男「そうだね、行こうか」

二人だけのビーチをネロの手を引きながら海に向かう。



追加の改竄内容、下
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 18:41:26.01 ID:abVS8pQSO
>>74&ブーティカとレズセックスさせる
駄目なら安価↓
77 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 18:44:01.27 ID:Hf5LZEnr0
他のサーヴァントと絡める系は書きにくかったら却下します
今回は採用します
78 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 18:58:44.50 ID:Hf5LZEnr0
ネロ「はははっ!見ろ奏者よ!余の皇帝おチンポで蛮族退治だっ!」

楽しそうに嗤いながら、バックで突きまくる。

ブーディカ「んへっ、おっ、んひゃぁぁぁああ!?」

マスターほどではない肉棒でも、ブーディカはローマに犯されている状況によってダラダラと母乳と愛液を垂らしていた。

加虐体質EX……『加虐すればするほど自身の被虐耐性をさげる』これによってドSとドMを手軽に作っていく。

ネロ「鳴けっ!牛乳を揺らして鳴いてみよ!」

ブーディカ「んもっ、もぉぉぉ!?ぶもおお!」

両手をひき、無様な絶頂顔を自分のマスターに見せつけさせる。



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 19:10:13.97 ID:LRhU1VhwO
スキル
絶頂共有
子宮の上に対象と絶頂を共有する淫紋を浮かび上がらせる
対象はブーディカとネロ両方

ネロを犯しながらブーディカに肛門舐め
十分奉仕させたのちネロのチンコをフェラさせる
80 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 19:26:08.91 ID:Hf5LZEnr0
ネロ「んひょっ、あっ、あ゛う!?んほぉ!?」

ブーディカ「れろっ!んぽ!ちゅうっ、ちゅ!れろ!」

犬の様な体勢にさせたネロを後ろから犯しながら、ブーディカに自分の肛門を舐めさせる。

ハートをあしらった紋様が二人のヘソの下あたりに浮かび上がり、互いに互いの快感を感じる。

ネロ「んにゃぁあああ!?」

背を仰け反らせながら、ビニールシートに射精しながらマスターの射精を受け止める。

ネロ「は、はぁ……はぁ……流石だ奏者っ、そなたのおチンポにもうメロメロだぞっ!余の皇帝おチンポは降伏射精じょうた……ひぃぃぃ!?」

ブーディカ「んぽっ、じゅぽ!じゅるっ、んぽぉっ!」

ネロ「おっほぉぉぉ!?ダメっ!フェラでイくとっ、快感の無限ループにっ、んひぃぃ!?」

膣と肉棒、二か所で絶頂しながらブーディカの口内に尿を注ぐ。

ブーディカ「んっ、ごきゅっ!んきゅ、んんっ!」

ぐだ男「ほら、ネロも頑張ろうね」

そう言いながら、ブーディカの秘所にネロの顔を近づけさせる。

69の体勢で互いに奉仕し絶頂を繰り返し、彼は二人の痴態を楽しみながら子宮に精液を流し込む。

ぐだ男「ふぅ……じゃあ俺は戻るから、二人はゆっくり楽しんでね」

そう言い残し、カルデアに戻る。



どのサーヴァントを狙うか、下
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 19:26:36.58 ID:V2xKCitDO
ランサーアルトリア
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/06/16(土) 19:27:12.36 ID:d5gBd0iqO
ジャック・ザ・リッパー
83 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 19:38:03.68 ID:Hf5LZEnr0
アルトリア「……マスター、失礼します」

そう言いながら、彼の部屋にアルトリアは入室する。

ぐだ男(ランサーじゃ一番……ああ、スカサハに追い抜かれたんだっけ)

主張してくる胸を見ながら、歓迎する様に立ち上がる。

ぐだ男「待ってたよ、色々戦闘について話したくてさ」

アルトリア「なるほど、求められるならば答えましょう」

そういい、サーヴァントとエネミーに見立てた駒の前に座る。




ランサーアルトリアへのへの改竄内容、下
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 19:38:22.05 ID:TgesTlFqo
被虐性愛と隷属願望をEXで付与
85 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 19:52:08.59 ID:Hf5LZEnr0
一通り戦術や戦闘についての指導は終え、彼はアルトリアにお茶を淹れる。

アルトリア「……気にせずとも良いのですよ、私は貴方のサーヴァント……お茶の一つだって……」

隷属願望で奉仕精神と被虐欲を植え付けられた彼女は、不満そうな視線を向ける。

……さらにそのスキルには対象への好意が奉仕や被虐の度に跳ね上がる、今の態度も少し奉仕させれば風格は無くなるだろう。

アルトリア「…………あ、あの……マスター?」

ぐだ男「おっと、ごめん」

見つめられていた彼女は、少しだけ恥ずかしそうに尋ねてくる。

追加で被虐性愛も規格外のランクで付与している。

ただ視姦しているだけでも蜜を漏らすが……自分では絶頂出来ない様になっている。

メス奴隷の素質は今まででも最上級のモノになっていっている。



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
86 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 19:55:01.07 ID:Hf5LZEnr0
ミス、追加の改竄内容、下
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/06/16(土) 20:07:55.01 ID:48K15MjR0
性依存症にする
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 20:11:04.04 ID:2gNVHzX7O
フェラテクEX
89 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 23:22:08.09 ID:Hf5LZEnr0
……ソッと、彼女は彼の手をとる。

アルトリア「……すみません……あの、マスターは……性行為に、抵抗はありますか?」

彼女らしい、少しずれた問いが投げかけられる。

ぐだ男「……なんで?」

アルトリア「その……して、欲しいのですが……あなたが、よければ」

求めるなど初めての経験だろう。

ぎこちなく求める様子に、彼は思わず頷いてしまいそうになる。

ぐだ男(せっかく雌奴隷の才能を植え付けたんだし、それを活かさないと勿体無いよね)



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 23:22:55.96 ID:TgesTlFqo
妊娠願望と可能なら孕む様に改竄
円卓組宛にマスター専用孕み性隷になる宣言付のハメ撮り動画を撮影
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 23:23:51.83 ID:nyEfEH0C0
絶頂寸止めプレイ
アルトリアが誇りも何も全てを投げ出して絶頂させてくださいと無様に懇願するまで焦らし続ける
92 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/16(土) 23:30:42.65 ID:Hf5LZEnr0
膨乳の時もそうだけどやり過ぎな寝取られってちょっと心苦しいから書けません、妊娠とかもギリギリ擬似くらいまでしかうまく書けません

撮影+αで許してください、後出しでごめんなさい、今後もちょいちょいあるかも


追加安価、下
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 23:32:08.87 ID:nyEfEH0C0
>>91
94 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 00:25:05.79 ID:cv1op0Iq0
undefined
95 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 00:47:25.86 ID:cv1op0Iq0
アルトリア「ん、んんっ、ひぁ」

プルプルと尻肉を震わせながら、絶頂出来ず小さく悶え続ける。

……被虐性愛でマスターの許可なく絶頂出来ず、隷属願望で焦らされれば焦らされるほどマスターの好意が膨らんでいく。

アルトリア「お願いしますっ……マスター……ッ……後生ですっ、からぁ」

懇願も意に介さず、指を動かし膣への刺激を続ける。

……土下座の姿勢で懇願を続け、大きな胸は潰れたままもどかしい快感に悶える。

アルトリア「ッ、マスターの奴隷になりますっ、させてくださいっ……やれと言うなら愛馬とも交尾します、しろと言うなら他の私も犯します」

ふと、彼女は媚びた声で話し始める。

アルトリア「騎士も王も捨てますっ、ハメ乞いだって丹念にします……聖槍ちんぽ様に子宮キスで忠誠を誓いますっ、淫乱アルトリアをイかせて下さい!」

ぐだ男「おっけー」

その言葉とともに、未使用肉壺に女殺しの陰茎が穿たれる。

予想以上の締め付けは魔法の鞘であり、宣言通り子宮口はご主人様の来訪を濃厚なキスで迎え入れる。

アルトリア「あああ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁぁぁ!?ありがとうございますっ、ありがとうございます!」

ガチガチと歯を鳴らし、組んでいた足は絶頂にピンと伸ばされ、白く長い背筋は快感の電流によって弓のように反る。

アルトリア「くださいっ、ご主人様の子種っ、雌奴隷アルトリアにっ、投錨しながら精子で奥まで犯してくださいっ!」

その言葉に沿うよう、濃厚な精子を満杯になるまで注ぐ。

アルトリア「はあ゛ーっ……はぁぁ゛ーっ……ご使用ありがとうございます……またっ、アルトリアを愛してください……」

丁寧に感謝を伝えられたアルトリアの褒美に、丹念に肉棒を掃除させる。



狙うサーヴァント、下
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 00:47:49.69 ID:svVtOs3G0
モードレッド
97 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 00:56:28.48 ID:cv1op0Iq0
モードレッド「なんか臭うぞこの部屋」

ぐだ男「ああ、筋トレしたからかな?」

換気のスイッチを入れながら、アルトリアの雌臭を消していく。

……モードレッドは何も疑いはせず、マスターのベッドに座る。

モードレッド「暇だ、なんかねぇのかよ……あの部屋から分捕ってこい」

ぐだ男「ははは、お菓子貰い物だけどあるよ?」

そう言いながら、カメラをしまう。



モードレッドへの改竄内容、下
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 00:58:46.86 ID:wJw26kZMO
ティアマトの泥による黒化状態&個体増殖のスキルを付与
99 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 01:04:40.98 ID:cv1op0Iq0
モードレッド「はぁ……はぁ……んああっ!?」

悶えるモードレッドの肌は黒く染まり、赤い葉脈のようなものが所々に浮き上がっていた。

この黒化はティアマトの泥を被った時のような効果があり、主導権はマスターにはあり限度もあるが個体増殖も使える。

彼女の霊基の消耗を考えなければあの時のように無数のモードレッドを生み出せる、そうでなくとも三、四人は作れる。

ぐだ男「さてと、気分はどうかな?」

モードレッド「はぁっ……はぁっ……最悪の気分だ……」



追加の改竄内容、下
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 01:06:57.42 ID:yU81gbvDO
女扱いされればされるほど発情
101 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 01:12:55.00 ID:cv1op0Iq0
安定してきたモードレッドを座らせ、彼はふと呟く。

ぐだ男「ちょっと可愛いね、今日のモードレッドは」

その言葉に反応し、ゾクッと身を震わせる。

モードレッド「てめえっ、気色悪いこと言うな!悪寒がしたぞ!」

本来の状況も分からぬまま、モードレッドはマスターに抗議する。

ぐだ男「分かったよ、気をつける」



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 01:14:07.86 ID:1eT6fE4UO
三人に増殖したモードレッドに全身を奉仕させた後、一人一人犯していく
103 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 01:27:47.07 ID:cv1op0Iq0
3人のモードレッドは丹念にマスターな全身リップを行う。

元々いたモードレッドは胸板から上を……今はマスターから甘い囁きを聞き発情しながらキスを繰り返す。

残りの2人は肛門と陰茎それぞれを丁寧に舌で奉仕する。

ぐだ男「ふぅ……んじゃ、そこにケツ向けて並んでよ」

その言葉とともに、モードレッドたちは奉仕を切り上げ犬のような体勢でマスターを迎える。

ぐだ男「よ、っと!」

真ん中のモードレッドを犯しながら、指で左右のモードレッドを絶頂させる。

モードレッド「まひぇっ、待っ、叛逆マンコ従順に躾けられるっ!?処女簒奪されてイぐぅぅ!?」

モードレッド「ケ、ケツアナてイく!?おほぉ!?やめっ、やっ、やべっ!?ほ、ほぉぉっ!?」

モードレッド「ん、ひあ……やめっ、ひう……優しく、するなぁ!女、あちゅかい……ひゃめぇぇ!?」

3人はそれぞれ無様にイき狂いながら、3人とも代わる代わる犯して楽しんでいく。



狙うサーヴァント、下
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 01:28:44.64 ID:7lBniwMXo
アスタナシア
105 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 01:32:09.06 ID:cv1op0Iq0
アナスタシア「…………あら、珍しいお客さんね」

ぐだ男「確かに、呼ばれることなんてないしね」

そう言いながら、持ってきたお菓子をテーブルに置く。

アナスタシア「マスター、私は子供じゃ……」

ぐだ男「食べようよ、アナスタシアが喜ぶんしゃないかなって思って持ってきたんだ」

……少し強引なマスターにほんの少し呆れながら、静かに持ってきたクッキーを食べる。



アナスタシアへの改竄内容、下
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 01:33:57.89 ID:1eT6fE4UO
クラスをフォーリナーへ変更
衣装はアビゲイルの最終降臨と同じになる
107 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 01:39:32.15 ID:cv1op0Iq0
クラスをフォーリナーに変更し、ゆったりとした服装をアビゲイルの紐のような服と糸のようなパンツに変更する。

アナスタシア「……少し、涼しい……?」

着膨れする服装だったため今の今まで目立たなかったアナスタシアの身体が露わになる。

生白い肌と豊かな胸……マントすら奪われほぼ裸の状態になる。



追加の改竄内容、下
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 01:43:43.48 ID:vwpUKuPeO
ランダムで触手に身体を勝手に弄ばれる状態に改竄
109 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 01:52:22.98 ID:cv1op0Iq0
アナスタシア「……ひゃっ」

背筋を粘性の液体と軟体がなぞり、変な声が出てくる。

アナスタシア「な、なん……?」

ぐだ男「どうかした?」

勿論彼からは紫色の触手が彼女の背中を這ったのは確認している。

アビゲイルのものと似ているようだが、問題なく改竄内容を受け入れているようだ。

ぐだ男「大丈夫?具合悪そうだけど」

そう言いながら、アナスタシアをベッドに寝かせる。



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 01:54:05.03 ID:svVtOs3G0
触手をぐだ男が操作できるように改ざんして触手でアナスタシアを調教する
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 01:55:12.69 ID:7lBniwMXo
精液渇望と中毒を付加
自分から子宮・アナル・口の全てに精液を流しこむように懇願させる
112 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 02:09:23.12 ID:cv1op0Iq0
寝かせると同時に、体の自由がベッドから生えた触手に縛られる。

アナスタシア「な、え、ひあっ!?」

パンツはたやすく触手が千切り、M字開脚の体勢で拘束される。

ぐだ男「フォーリナーアナスタシアは、しっかりと堕とさないとね」

アナスタシア「ひ、あぁぁっ!?」

細い触手達が蠢きながら肛門へと侵入する。

まるで巨大な一本の肉棒を飲み込んだように押し広げられ、臓器を押し潰される様な感覚に陥る。

タコの吸盤が至る所を刺激し、アナスタシアを開発していく。

アナスタシア「あっ、ひゃっ、んひっ!?んんんっ!?」

ぐだ男「負けてられないねぇ」

そう言いながら、アナスタシアの蜜壺に彼の男根がねじ込まれる。

未使用のそれは少しだけ裂けながら全て咥え込み、ガクガクと拘束されながらも身を震わせる。

アナスタシア「だめっ、堕ちるっ!?んひっ、触手とっ、マスターにっ、ダメに、させらる!?」

ぐだ男「ほらっ、子宮も堕とすからね!」

その言葉とともに子宮内に触手が現れ、乱暴に激しい愛撫を始める。

ついでに尿道にも現れ、下半身の穴という穴は全て触手と男根で埋め尽くされる。

アナスタシア「あ゛ーっ!?あ゛ぁ゛ぁ゛ーっ!?んへぇああっ!?」

触手を引っ込めた後も、ガクガクと腰を宙で振るう。

ぐだ男「はぁい、どうかな皇女様」

アナスタシア「……はっ……はぁっ……ま、マスター……こ、今度は……お尻も、堕として……っ」

そのままアナスタシアが気絶するまでの数時間、触手とコンビでアナスタシアの身体を開発しながら愉しんだ。



狙うサーヴァント、下
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 02:10:28.14 ID:1eT6fE4UO
ジャック・ザ・リッパー
114 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 02:14:16.85 ID:cv1op0Iq0
ジャック「おかあさん、あーそぼー」

無邪気な声が部屋に響く。

ぐだ男「ん、良いよー」

ジャック「わぁいっ!」

その言葉とともに自分のマスターに飛び込む。

……どうやらいつもの小さいサーヴァントはいないようだ。

ジャック「おかあさん、何で遊ぶ?」

ぐだ男「んー……そうだね」



ジャック・ザ・リッパーへの改竄内容、下
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 02:15:27.98 ID:0w7ykkiwO
セイバーのクラスに変更、大人の姿のジャックになり、白い髪は伸ばしている、胸も巨乳
武器は大剣、絶対零度の冷気を放出するEXランクの対城宝具を所持
116 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 02:19:51.73 ID:cv1op0Iq0
僕が活かせる設定が一個もないので今回は無しということで
すんません

再安価、下
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 02:21:56.31 ID:qkGU8gszO
>>25
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 13:09:30.61 ID:S/KHXkf90
常に排卵している危険日状態
精液を求めて妊娠を頭がおかしいほどに渇望するが深層意識では妊娠の恐怖で壊れかける
119 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 13:49:20.44 ID:cv1op0Iq0
ジャック「……おかあさん……なんだか、わたしたち変……」

そう言いながら、黒いマントを脱ぎ捨てる。

乳首やクリトリスの部分にはハートのピアスが、ヘソの下には子宮とハートを模した紋様が浮かんでいた。

ジャック「なんだろう、おかあさん……」

ぐだ男「……大丈夫、何ともないよ……ちょっと疲れたのかな?」

違和感は感じても異変を認知できない。

今までの改竄でそれらは熟知している、故に彼はジャックを優しくベッドに寝かせる。



追加の改竄内容、下
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 14:15:32.46 ID:k0s0OKDvO
(エロマゾ)女神の神核を追加&身体を大人に
121 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 14:55:09.57 ID:cv1op0Iq0
ジャック「う、んん……」

埋め込んだ女神の神格によって、その身体はみるみるうちに女性の肉体へと変わっていく。

髪は伸び、また神格の質によってその性格も変わっていく。

ジャック「……すぅ……すぅ……」

寝息を立てている少女は、寝ている間に身体が女性へと変わっていく。



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 15:00:40.34 ID:1eT6fE4UO
スカサハから奪った神殺しの力を使いつつ鞭打ちマゾ奴隷調教を行う
123 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 16:02:32.47 ID:cv1op0Iq0
ジャック「お、おかあさ……ひゃっ!?」

鞭で叩かれ、白い背中に赤い腫れが浮かぶ。

ぐだ男「おかあさんじゃないよね?ジャック」

本来ジャック・ザ・リッパーへの虐待などは後を考えれば恐ろしい行為だ。

だが、その鞭にさえジャックは霊基から屈服し肉厚の尻から愛液が垂れる。

ジャック「はっへ……ご主人、ひゃまぁ……もっと、わたしたちを……イジメて、ください……」

自分でいやらしく実った尻肉を掴んで広げ、奥の割れ目を見せつける。

ぐだ男「はい、合格っ!」

ジャック「んひゃぁぁぁっ!?」

被虐性愛の神格を植え付けたジャックの膣肉は男のそれを愉しませる形に変わり、また主人の肉棒によって激しく絶頂する。

腰を掴み、ジャックの神格子宮を神殺し肉棒で抉り穿っていく。

ジャック「はへぇーっ……はへぇーっ……イぐっ、イっ、んへぇぇ……」

初めて味わう絶頂に身を震わせながら、大量に失禁する。

ぐだ男「女神の神格を植え付けるのはいいかもなぁ、後でスカサハにご褒美あげなきゃ」



狙うサーヴァント、下
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 16:09:38.51 ID:eKG8GjZQO
BBちゃん
125 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 16:20:25.97 ID:cv1op0Iq0
BB「はぁいセンパイ、メルトちゃんと兄妹プレイしているそうですねぇ」

ニヤニヤと笑みをこぼしながらBBが廊下で話しかけてくる。

BB「あのツンデレメルトちゃんをメロメロにしちゃうなんて、どういう手管でやったんやですかぁ?」

ぐだ男「……ははは、ヒミツ」

その言葉に、少しだけ目を細める。

BB「センパイがこのBBちゃんに隠し事ですかぁ?生意気ですねぇ……その気になればメルトちゃんだって寝取っちゃっても良いんですよぉ?」

喉を鳴らしながら、彼女は鞭を手に取る。

ぐだ男「……分かったよ、部屋にビデオがあるから見る?」

そう言い、部屋に連れ込む。



BBへの改竄内容、下
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 16:54:22.09 ID:tNr+Arqg0
ラジコンのようにリモコンで自由に操作できるようになる
127 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 17:32:17.99 ID:BhVwb1ajO
BB「ぁ、う」

一瞬の不意をつき、霊基改竄を施す。

ぐだ男「自由にさせるのが一番怖いからね」

別途に作っていたリモコンを手に取り、まずは鞭を取り上げベッドに座らせふ。

……その間、BBはボーッと虚空を見つめる。

ぐだ男「さてと、どうしてあげようかな」



追加の改竄内容、下
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 17:49:43.05 ID:7lBniwMXo
被虐体質を付与と本音以外喋れない様にする
129 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 18:05:17.81 ID:BhVwb1ajO
BB「…………」

彼が隣で太腿や胸を揉んで楽しんでいる間、BBはボーッとしている。

ぐだ男「……さてと、そろそろ仕上げかな」

被虐体質に加え、本音だかしか喋れない機能を付ける。

どんなに取り繕っていても、自分の本音を突きつけられるという算段だ。

ぐだ男「そろそろ意識は戻してあげようかな」


ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 18:30:58.50 ID:tNr+Arqg0
BBをリモコンで操作して黒髭を逆レする

131 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/17(日) 19:13:49.06 ID:BhVwb1ajO
ごめん、ぐだ男メインでやってください


再安価、下
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 19:15:23.34 ID:KZjJ1UXxO
処女を奪わずにアナルセックス
133 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 00:19:39.27 ID:URohgJSK0
BB「セっ、センパイ!謝ります!BBちゃんが悪かったですっ!センパイが好きだからイジワルしただけで……め、メルトちゃんにちょっかいなんてかける気もっ」

壁に手をつき尻を突き出した体勢のBBは、白いレオタードとソックス以外を脱がされた状態で許しを乞う。

……レオタードの尻の部分には、ハート形に穴が空いておりひくつく肛門を晒していた。

ぐだ男「別に怒ってないよ……まあでも、面白い本音が聞けて良かったよ」

そう言いながら、振りかぶった手を尻に叩きつける。

獣のような喘ぎ声をあげ、足をガクガクと震わせる。

BB「はっ、はへっ、センパイ……も、もっと……BBちゃんの、お尻虐めてください……生意気マゾメス後輩ケツマンコッ、ぶっ壊れるまでぶち犯して……ひょぉぉお!?」

生白い肉厚尻肉を掻き分け、女殺しの肉棒が直腸一杯に詰まっていく。

リモコンで操作済みのチョロ肛門に、感度百倍の膣以上の腸は一発で屈服する。

バックの為たやすく子宮の裏側まで到達し、躾けるように刺激しながら奪った鞭で尻を打つ。

BB「お゛ぉっ!?堕ちるっ!? ガニ股アヘ顔でケツイきっ!終わるっ、女の子として終わっちゃうぅっ!?」

ぐだ男「ほらっ、子宮イきバレてるんだぞっ!宣言してみろ!」

BB「はへぇぇっ!?はいっ、即堕ちザコデビル後輩っ、BBちゃんはっ、ガチ太グロチンポにオシオキされるためっ、これからもウザ後輩としてムラムラしながらイジワルしまひゅぅっ!?」

その言葉とともに、腸内を埋め尽くす精液が注がれる。

BB「ほぉ゛お゛……お゛っ、おほぉっ」

下品な音ともに精液を放り出しながら壁にもたれかかる。

スイッチを手に取り、命令を実行させる。

BB「は、はひ……ぶちまけ、まひゅ……」

そのままそこに座り込み、精液をブリブリと排泄する。



狙うサーヴァント、下
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 00:22:00.17 ID:c9Q+TwSK0
アルトリア
ランサーオルタ
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 00:22:02.41 ID:I3XsFd8HO
青セイバー
136 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 00:24:32.40 ID:URohgJSK0
2人ってことですか?
3Pはやろうとは思っていますが今回はちょっと……
普通にオルタってことなら訂正してください
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 00:32:20.98 ID:c9Q+TwSK0
ランサーアルトリアオルタね
138 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 00:56:55.87 ID:URohgJSK0
アルトリアオルタ「……戦術についてだと?」

ぐだ男「うん、前にランサーアルトリアには聞いたからさ、オルタにも手伝って欲しいなって」

そう言いながら、卓上には敵や味方に見立てた駒が置いていく。

アルトリアオルタ「ふん……わかった、ではまずは見せてみるがいい……稚拙なようなら砕く」

ぐだ男「うわ、急に緊張してきた……じゃあ、ちょっと見ててね……まずはこっちが先に見つけた場合なんだけど……」



ランサーアルトリアオルタへの改竄内容、下
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 01:01:41.01 ID:riOgRqgYO
スキルにフェロモンAを追加&宝具のチャリオットマイラブに変更&衣装をジャックの第2降臨に
140 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 01:23:26.85 ID:URohgJSK0
アルトリアオルタ「ふん、まあ必要最低限はあるようだ」

そう言いながら、もはや下品とも言えるほどに露出した身体をマスターに寄せる。

アルトリアオルタ「貸せ、私が見せてやろう」

ぐだ男「お、じゃあ敵側をやるよ」

強烈な雌臭を嗅ぎながら、彼は密かに肉棒を屹立させる。

ぐだ男「じゃあ、ご教授お願いします」



追加の改竄内容、下
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 02:36:34.14 ID:6E8VviNf0
羞恥心を残したまま全裸にする
142 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 08:12:40.79 ID:URohgJSK0
紐のような下着も、巨大な胸を満足に隠せない上着も彼女は脱ぎ捨てる。

アルトリアオルタ「……く、う……」

小さく羞恥で震える度、その胸や尻が淫らに揺れる。

……義務感によって自身は脱いだのだが、羞恥を感じるようにさせた為複雑な感情に襲われマスターの様子などは全く頭の中に入らない。

ぐだ男「絶景かな、絶景かな」

肉体面の改竄はこれで打ち止めだろうか……のこるは、精神。



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 08:20:01.91 ID:V86QbzRw0
騎乗(位)EXに改竄 精神を娼婦に
チャリオット・マイ・ラブを食らって騎乗位を楽しむ
144 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 09:15:46.94 ID:URohgJSK0
アルトリアオルタ「ん、んん゛っ、ああぅっ!?ふと、太、い……ひぃ……っ」

天蓋付きの戦車の中、アルトリアオルタは肉厚の膣をうねらせながら最上級の騎乗位を振る舞う。

精神性は王や騎士から離れ、ただ快楽を貪る娼婦に堕ちた。

アルトリアオルタ「マスター、マスタァ……キス、キスぅ……」

まるで発情した雌猫のように、少年にキスを迫る。

それに応え頭をしっかりと掴み舌を絡ませ、お互いの腰は自分の欲求を満たす為に動く。

アルトリアオルタ「はっ、はうっ、んんんっ、どうだ?嵐の王の騎乗位はっ、マスターの聖槍もっ、もう降伏射精するかっ!?」

腰を巧みに振り、淫らな尻肉を打ちつけながら笑う。

……だが、彼の手が逃さぬようにオルタの腰を掴む。

ちょうど腰を打ち付けるタイミングで、肉棒が下から子宮を抉る。

アルトリアオルタ「ん゛、お、っほぉ……!?」

攻守交代、その後は道具のように自由を奪われ下から突き上げてくる。

一度のピストンごとにその胸は揺れ、尻は震える。

娼婦そのものの顔で媚びながら、マスターの寵愛を受ける。

アルトリアオルタ「あ、あ゛ぁっ、好きっ、これぇっ、ゴリゴリ削られてっ、イくぅぅんっ!?」

威厳も何もない甘えた声で、マスターの子種を幸せそうに受け止める。

アルトリアオルタ「はっ、はぁ……はへ……ま、マスター……まだ、行けるな……?」

……その後、アルトリアオルタと彼が満足するまで戦車の天蓋は開くことはなかった。



狙うサーヴァント、下
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 09:19:59.14 ID:c9Q+TwSK0
狂 らいこう
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:57:26.88 ID:NRxx3rHRO
玉藻
147 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 12:28:03.53 ID:URohgJSK0
頼光「あらあら、母の部屋に来てくれるなんて……」

ぐだ男「ちょくちょく来ている気がするけどなぁ……」

そんな言葉に耳を貸さず、嬉しそうに彼に抱き着く。

豊満な胸が顔に押し付けられる。

頼光「お菓子がありますよ、一緒に食べましょう」

ぐだ男「わふぁっはからむふぇどけて」

胸の中でもごもごと話す。



頼光への改竄内容、下
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:34:47.66 ID:6E8VviNf0
乳首と陰唇の部分だけ衣装に穴が開く
149 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 12:43:51.07 ID:URohgJSK0
頼光「はい、あーん」

猫なで声で彼にスプーンを差し出す。

それを食べつつ、視線を少し落とす。

……どうやら衣装の異変に気付いていない様だ。

ぐだ男「……うん、美味しいよ」

頼光「ふふふ……最近覚えたお菓子なんです……」

嬉しそうに笑いながら、またプリンを掬い口に運ぶ。



追加の改竄内容、下
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:45:50.89 ID:FLKSm4deO
肉体も精神もロリ化してぐだ男のことを父と呼ぶように
151 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 13:20:50.98 ID:URohgJSK0
頼光「お父様っ、まだありますよ」

ぐだ男「ははは……頼光は料理が上手だね」

頭を優しくなでると、嬉しそうに目を細める。

……頼光の女性的な肉体は、小さく薄い少女の体に変わっていた。

頼光「うふふ……お父様ぁ、大好きです」

喉を鳴らし笑いながら、彼の体に抱き着く。



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/06/18(月) 13:26:22.30 ID:NUBWfnsoO
猫耳と猫尻尾を生やして猫可愛がりしながらいちゃラブ疑似近親相姦セックス
153 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 14:07:17.99 ID:URohgJSK0
頼光「やぁっ、ひう、んひゅっ!?」

幼い頼光の秘所に舌が侵入し、小さな背中に電流が走る。

ぐだ男「ほら、こっちも」

頼光「は、はひ……ん、れろ……ちゅっ、ちゅむ……」

小さい舌で拙い奉仕をし、丹念に舌を這わせる。

可愛らしい猫の尻尾は感じるたびに震える。

頼光「にゃ、らめっ、おとうしゃま……ひゃうぅう!?」

ぐだ男「ん……んん」

溢れ出してきた尿を飲みながら、しっかりと絶頂を覚えさせる。

ぐだ男「よくできたね……ほら、挨拶しようか?」

顔の前にそそり立っている肉棒を見せつけると、頼光は幼い顔に雌猫の様な妖艶さを浮かべる。

柔らかい頬に肉棒をこすり付け、そしてピースサインを作る。

頼光「お父様おチンポで頼光を可愛がってください……いっぱいいっぱい、子作りしてください」

その宣言を聞いた彼は、満足そうに頼光を押し倒し挿入する。

タイツを引き裂くより容易く膜は肉棒を受け入れ、その小さな体で受け止めきれないほどの絶頂を味わう。

頼光「はひゃっ、にゃああっ、おとうしゃまおちんぽっ、らいこぉのっ、奥まできへるぅ!?」

ぐだ男「ちっちゃい上にきっついなぁ、っと」

小さな胸に吸い付きながら、削る様に子宮を抉る。

腹部には巨大な肉棒を咥え込んだ為に膨らみができ、外からでもどこまで届いているか分かった。

既に出したにもかかわらず、壊れた様に失禁する。

頼光「はっ、はひゃっ、にゃぁぁぁ!?しゅきっ、おとうひゃまっ、しゅき好き好きぃっ!」

脳が焼けるほどの快楽の火花をちらつかせながら、短い手足で覆い被さってきている彼の身体に抱き着く。

……そして、一番濃い精液が小さな子宮を膨らませるほど注がれる。

頼光「はっ、はあっ……はひぃ……おとう、様ぁ……ありがとぅ、ございます……らいこうは、幸せ者です……」

音をたてて膣から精液を排泄しながら、幸せそうに感謝を述べる。



狙うサーヴァント、下
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 14:23:33.21 ID:6I4JSOGZ0
浅上 藤乃
155 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 14:33:01.34 ID:URohgJSK0
藤乃「失礼します」

控えめなノックの後、藤乃が入室する。

ぐだ男「やあ、お菓子食堂でもらった奴あるから、持ってくるよ」

藤乃「ああいえ、お構いなく……」

……藤乃との関係はそこまで深くない。

仲のいい威勢のサーヴァントとなれば大抵は肉体関係を持つことがある、歴史や価値観が違うのだからそう言う事も理解している。

それで言えば藤乃とは価値観も同じなため、男女の仲、と言うのは全くない。

ぐだ男(乱暴に行くのは無しにして、ラブラブで行こうかな)

ある程度は彼女の事は分かっている、どんな過去があったか程度は。

藤乃「……美味しそうですね」

ぐだ男「どうせまたもらえるし、遠慮なく食べちゃって」



藤乃への改竄内容、下
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 14:37:43.77 ID:8hhnBs5w0
童貞並の性耐性と性欲になる
157 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 14:47:06.12 ID:URohgJSK0
ぐだ男「でさ、この前教わったんだけど……」

藤乃「へぇ……そうなんですか」

下らない雑談をしながら、藤乃の様子を確認する。

……なるほど、余裕のない童貞は笑いものにされると言うが、こういう事なのか。

手を伸ばすかどうかを思案する様や、時折近づいてきた時に紅潮させる顔。

ぐだ男「……はは」

思わず声が漏れる。

ぐだ男「藤乃さんと話してるのは楽しいな」

藤乃「え、えっ……そ、そうですか……?」



追加の改竄内容、下
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 14:53:45.69 ID:NUBWfnsoO
露出多めの服装にする
159 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 15:04:32.92 ID:URohgJSK0
藤乃「はあ……んん」

熱そうにしながら、襟を引っ張る。

……熱いはずはない、袖の無いブラウスは谷間まで開かれスカートは大胆に太ももを露出している。

そう改竄したのは服装だけ、いやらしく誘っているのは彼女の意思と言う事だ。

藤乃「あの、隣に……座っても良いですか……?」

下心丸見えの表情でそう尋ね、彼は快く受け入れる。



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 15:10:26.21 ID:scXCR/3Ao
痛覚残留を快楽残留に改竄
自分から口・アナル・膣全てを差し出してくるように誘導する
161 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 20:07:48.31 ID:URohgJSK0
藤乃「……ん、んむ……んんぅ」

機を見計らい、彼女の唇を奪う。

抵抗は無い、何せ向こうが望んでいた展開だ。

……彼が植え付けたのは性耐性と性欲のみ……初めから好意を向けられていなければここまでにはたどり着けない。

藤乃「ぷは……はぁ……はぁ……マスター……」

ブラウスのボタンを外す彼女を、優しく押し倒す。

……覆い被さるような体勢になり、顔は再び急接近する。

藤乃「お願い、します……私の身体を捧げます……全てあなたのものです……だから、だから」

物欲しそうな彼女に、もう一度キスをする。

ぐだ男「力、脱いてね」

藤乃「ん、は……あ、ぁっ……入って、きて……っ」

侵入してきた男根を、彼女の膣はネットリと絡みつきながら受け入れる。

容易く子宮まで到達すると、確認するかのように子宮口を突く。

藤乃「あ……んん、っ……ひあ……」

ぐだ男「動くよ?」

藤乃「はっ、い……来て、くださ……んんんっ!」

ゆっくりと力強く腰を動かし、何度も何度も絶頂させる。

この感覚を身体が、子宮が覚えるまで絶頂を繰り返させる。

藤乃「はあっ、あっ、んひゃぁぁっ!?」

間隔は短くなり、足は絡みつくように彼の身体を挟む。

藤乃「あっ……あ……ぁあ……出て、ます……あなたの、濃いのが……」

ぐだ男「とても良かったよ……ありがとうね、藤乃さん」

最後にもう一度舌を絡め、その身体にしっかりと快楽を刻み込めたのを確認する。

次までに何度あの大人しい彼女か自慰をし、そして何日持つか楽しみに笑う。



狙うサーヴァント、下
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 20:12:29.36 ID:HRE+Mk3dO
ルーラーのジャンヌ
163 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 22:16:27.80 ID:URohgJSK0
ジャンヌ「こんにちは、マスター」

ぐだ男「呼ばれるなんて珍しいね」

呑気にそう言いながら、適当に椅子に座る。

ジャンヌ「最近皆さんおかしいんです」

ぐだ男「そうかな?」

改竄した人数も多い、気がつくサーヴァントもいるだろう。

大きく変化したサーヴァントにはアフターケアとして全員の改竄をこまめにして来たのだが……。

ジャンヌ「……気のせい、かもしれません……ですから、まずはマスターからと」

ぐだ男「ん、オッケー」



ジャンヌへの改竄内容、下
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 22:17:54.40 ID:G0W2hITp0
スキル 搾精の性女EX
つま先から髪の毛の一本まで、全身が男を悦ばせ精を搾り取るためにある身体
このスキルが高いほど淫乱であり絶倫である
165 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 23:22:55.19 ID:URohgJSK0
ジャンヌ「ですので、まずは一発セックスしましょう!」

貞淑な聖女からは考えられない言葉が飛び出す。

ジャンヌ「捜査の為にまずはセックス、仲を深めましょう!」

口の前で指で輪を作り、舌を出しながら前後に振る。

……体臭から表情、思考までもどうやら改竄できたらしい。

ジャンヌ「どうしました?おっぱい揉みますか?」



追加の改竄内容、下
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 23:25:59.31 ID:vtKvOISo0
セックスする前は深々と土下座するのが当たり前の行動。
167 : ◆CeMVjjl6wa5V [saga]:2018/06/18(月) 23:33:41.30 ID:URohgJSK0
ジャンヌ「あ、私ったら不躾でしたね」

そう言いながら、床に正座で座り込む。

三つ指をつき、そしてしっかりと彼を見つめる。

ジャンヌ「どうぞ聖処女の膜散らしてガチ交尾セックスしてくださいっ」

そうして、頭を床に擦り付ける。

令呪が刻まれている背中は白く汗ばみ、媚びるようにはみ出さんばかりの尻を左右に振るう。

ジャンヌ「もう捜査とかどうでもいいですっ、セックス!セックスしてくださいっ!」



ぐだ男の行動、追加改竄もOK、下
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 23:35:05.87 ID:TPCPITtzO
ジャンヌの好きなように搾りとらせてみる
65.62 KB Speed:24   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)