【安価】ボクっ娘の後輩にイタズラする

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/12(火) 21:23:57.76 ID:2AjUZtzfO
唐突だが、君達は自分の事をボクと呼称する女の子についてどう思うだろうか?
俺は好きだ、大好きだ。
それが可愛い後輩ともなれば、たまらない。
君達にもその魅力を存分に伝えるために、後輩にイタズラしようと思う。
そのためにもまず、後輩ちゃんの見た目から説明しようか。

後輩の容姿、特徴、などなど
※あんまりなのは安価下取ります

下1-3
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:26:19.39 ID:tVOlk+2+O
おっぱいは小さい(これから大きくなると本人は主張)
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/12(火) 21:27:20.99 ID:F4JIu4enO
ボクっ娘は黒髪ロングストレートが一番だな
それにクーデレでパーカーを愛用してると尚良い
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:28:13.18 ID:NEpE0l0Z0
小学生低学年並みの身長
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:31:20.85 ID:2Jjr6Yws0
少し肩に掛かるくらいのセミロングで胸はBの上、背は標準だが主人公と目を合せる時に見上げなきゃならないのを気にしてる
性格はクーデレ、猫舌で大人ぶってブラックコーヒーを嗜もうとするたびに舌を火傷する
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:32:28.21 ID:2Jjr6Yws0
>>3
いいな、それ最高かよ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/12(火) 21:48:10.57 ID:2AjUZtzfO
胸は小さく背丈や口調も相まって、よく小学生に間違われている。
まあもちろんその小動物感も含めて可愛いところなのだが……

「なんですか、先輩。こっち見てニヤニヤして」

小動物から睨まれた。
可愛い。

※基本安価は自由形式
台詞や行動等々
 

下1-2
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:51:14.90 ID:2Jjr6Yws0
相変わらず撫でやすい位置に頭があるなって

からかい気味にポンポンと軽く頭を叩く
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:53:31.30 ID:40ydbAfc0
本当抱っこしたくなるサイズだな
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/12(火) 22:08:24.56 ID:2AjUZtzfO
しかし、相変わらず撫でやすい位置に頭があるな。
返答代わりに頭をポンポンと叩いてやる。

「……がるる」

腕を掴まれた。
痛い痛い、爪が痛い。
しかしこの感じ、あれだ。猫のそれだ。
抱っこしてやりたくなる。

「頭ポンポン嫌いって、昨日も言いましたよね……?」


下1-2
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/12(火) 22:10:50.68 ID:F4JIu4enO
じゃあ撫でる
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 22:11:38.41 ID:LpiIUOto0
またそーやって、からかうんですか

朱色の瞳でジト目気味に上目遣いしながら頬少しぷくっとさせて先輩の手をぺしぺしっと今度は痛くないよう叩いちゃう
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/12(火) 22:21:24.10 ID:2AjUZtzfO
嫌いと言われては仕方がない。
手の平を大きく広げ、わしゃわしゃと撫でてやる。

「……またそーやって、からかうんですか」

朱色の瞳を怪訝に歪め、後輩が頬を膨らませる。
しかし抗議の顔とは裏腹に、抵抗は先程よりもやんわりと、あなたの腕を叩くだけになった。
このままジト目を楽しむのも悪くないが……


下1-2
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 22:22:24.95 ID:KSNOgmito
わるいわるい(止める)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/12(火) 22:24:28.38 ID:QXqsrHYqO
悪かったよ、可愛くてつい
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/12(火) 22:50:19.96 ID:2AjUZtzfO
広げていた手の平をそのまま離し、ひらひらと横に振る。
わるいわるい、と言葉も添えて。

「本当に悪かったと思ってますか?」

ジト目のまま後輩がそんなことを言う。
そんな事を言うものだから、悪かったと思ってるよ、可愛くてついな。
と言葉を返してしまう。

「やっぱり反省していませんね。全く……いっつもボクのことバカにして……」

マズイな、お説教モードかもしれない。

下1-2
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 22:55:41.82 ID:y8QBRSkBo
抱っこする
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/12(火) 22:58:29.03 ID:8IoFKBhPo
ぎゅーっとする
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/12(火) 23:25:46.02 ID:2AjUZtzfO
しかし、座して死を待つ俺ではない。
後輩の視線が外れた一瞬の隙を付いて、後輩の脇下へと手を入れる。

「なっ……」

あまりに予想外の行動だったのか、後輩は怯んで動きが止まった。
そこを見逃す俺ではない。
そのまま高い高いの要領で後輩を抱き上げる。

「ちょっ、なっ……何してるんですかっ!」

狼狽えながらも、ぽかぽかとあなたの頭を殴りながら抵抗する後輩。
威力はお察し。
余裕を示すために、俺は後輩をぎゅーっとしてやる。

「はーなーせーっ」

やわこいし、いい匂い。
一家に一匹欲しくなる。
などとアホなことを言ってる場合ではなく……


下1-2
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 23:27:27.33 ID:0UzEdSqZ0
抱っこしたまま全力疾走
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 23:28:32.97 ID:LpiIUOto0
割りと真面目にいやがって下ろすように言い、下ろしてもらう。

先輩は絶対にそうしてくるんですから・・・呆れます。

先輩の前に躍り出て、つま先立ちに背伸びして再び上目遣い。
黒く艶やかで長い髪がふわっと甘い香りが先輩の鼻腔をくすぐらず宙へそよ風に流される。

そういう風にしてくるのは・・・ボクは先輩のペットじゃ、やなんですよっ

そのプルンッと潤った健気な唇を尖らせてみせる。
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/13(水) 00:54:48.32 ID:PwxWf9oyO
そしてそのまま俺は廊下へ走り出すと、一陣の風となった。
田舎のおっかさん、今俺は大好きな後輩を抱っこしながら、風になってるよ……!

「大人しく……大人しくします、からっ!降ろしてくださいっ!」

じたばたと暴れていた後輩が大人しくなると同時に、そんなことを言った。
割と本気で嫌がっているときの声のトーンだ。俺には分かる。
ゆっくりと速度を落としていくと、人目のあまり無い場所で立ち止まり、丁重に後輩を降ろす。
つい、テンションが上がりすぎてしまった。後輩の顔を見るのが怖い。

「……はぁ。いっつもこういうことしてくるんですから、先輩。呆れます」

屈んだ俺の頭に浴びせられるような位置から聞こえてくる後輩の声。
顔を上げると、上目遣いの後輩と目が合った。
眼下で爪先立ちをしていることは、今はからかわないでおこう。

「こういう扱いはヤです……ボクは先輩のペットじゃないんですからっ」

柔らかな唇を少し尖らせながら、後輩が前のめりに抗議する。
幼い容姿に唯一不相応な艶やかな黒髪がふわりと揺れて、甘い香りがそよ風に流れていった。

下1-2
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 00:56:46.17 ID:TO8aqVZc0
ペットというか妹の方が近いかもな。と言ってナデナデ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 00:58:46.85 ID:uHif5ehy0
ごめんねと言いながら自然な動作で身だしなみを整えてあげる
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 01:05:24.51 ID:PwxWf9oyO
今日はここまで

またボクっ娘の季節だよ、ゆっくり見てってね
あとクーデレパーカーのボクっ娘は他のスレの人のパクりになるからどうしようかね、、、
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 01:07:04.02 ID:uHif5ehy0
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 01:09:00.30 ID:TO8aqVZc0
いつもの人かな?
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 01:23:10.04 ID:BFOO71OK0

露骨なら兎も角ネタが被るのはしゃーないさ、それで気になるならまた考えれば良い
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 08:21:45.46 ID:FA3RiTnSO
ネタを被らせにいってたんですがそれは
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 18:16:35.62 ID:0ibITotDO
むしろクーデレパーカーボクっ娘スレは増えて欲しいので是非書いてほしいです
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/15(金) 18:30:06.83 ID:xFxs8YL7O
ペットじゃないんですから、と言われて一瞬頭の中で後輩が猫になっている姿が浮かぶ。
これはこれで可愛い。
のだが、しっくり来るかと言われればそうでもない。
どちらかと言うと妹のようなものかもしれないな。
そう言いながら、後輩の頭を撫でてやる。

「やっぱり、子供扱い」

そう言ってむくれる後輩。
どうやら返答が不服だったらしい。
抱えている時に乱れてしまった身だしなみを整えてやりながら、ごめんごめんと謝罪を重ねる。

「……別に謝って欲しいわけじゃないです」

おや、本格的にご機嫌ナナメだろうか。
これは困った。


下1-2
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 18:34:19.74 ID:E3+Ug9igO
購買で好きなもの買ってあげると提案してみる
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 18:36:56.78 ID:g968Bavd0
大げさに演技する感じで手の甲に口付けをするふりをして
これで許してもらえないでしょうかレディみたいな感じで慰める
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/15(金) 19:05:10.08 ID:xFxs8YL7O
購買で好きなものを買ってやるから、機嫌を直してくれ。
そう自分で提案した直後に、自分の愚策に気が付いた。

「……じとー」

これではまるで子供扱いを重ねる煽りではないか。
絵に描いたようなジト目が俺に突き刺さる。
拗ねた顔も相変わらず可愛いのだが、ご機嫌ナナメは本意ではない。
しかし子供扱いが嫌となると……
俺は後輩の手を取り、わざとらしく傅くと手の甲に軽く口づけをするフリをする。
これで許していただけないでしょうか、レディと言葉も添えて。
うーむ、我ながら完璧に決まった。

後輩ちゃんの反応
コンマ1ほど不評 9ほど好評

下1
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 19:09:01.93 ID:dFixoiMJO
はい
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 19:27:08.49 ID:WJ2nY+Nj0
手の甲の口付けの意味合い
1愛しさの表れ 2信頼 3独占欲 4誘惑 5関係の進展を望んでる 6所有感覚(俺様の物は俺様の物) 7敬愛
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/15(金) 20:01:38.99 ID:xFxs8YL7O
「……子供騙しですね」

ぐはっ。

「ボクは子供ではありませんので、騙されません」

ウーワウーワウーワ(エコー)

「まあでも、購買で好きなものを買ってくれるというのは悪くありませんね」

言いながら後輩がにひひと笑う。
そのタイプの笑みが見たかったわけではないのだが。
嫌な予感がしながらも、とりあえず後輩が笑顔になってくれたことを喜ぼう。

「ほらほら、早く行きますよ先輩」


購買にて
下1-2
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 20:04:55.07 ID:NTDRQ7oIo
人混みに流されもみくちゃにされるボクっ娘
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 20:12:00.88 ID:rLU8IqvoO
↑なんとかお目当ての面のは手に入れられたが涙目なのでハグして落ち着かせる
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/16(土) 00:08:29.54 ID:NCyxSpIrO
「購買のコロッケ焼きそばパンとやらが人気らしいですね。ボク、気になります」

そうか、後輩はいつも弁当だもんな。
購買に行くのは初めてだよな。

「……せん、ぱいっ……ちかくに、いますかぁ……っ!?」

大丈夫大丈夫、しっかり近くにいるから。
とはいえ、このままではお目当ての物が手に入らない。
少し強引に、押し入って……

「先輩っ、ボクを置いてどこにっ……!」

お前のためだ、許せ後輩よ。
1個、1個手に入ればいい……!

「あー……れぇー……」

後輩ーっ!!
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/16(土) 00:10:32.03 ID:NCyxSpIrO
「……ひどい目に合いました」

コロッケ焼きそばパンはなんとか死守したぞ。

「こうなると分かってたら言いませんでした」

おーおー、泣くな泣くな。

「泣いてません。泣いてませんってば」

よしよし、パン食べて落ち着け。

「……あむ」

こうしてると小動物感すごいな。
失礼な話かもしれないが、ペット扱いも否定できん。


下1-2
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 00:31:06.43 ID:TgesTlFqo
流された時に捲れたまま気付いていないスカートを直してやる
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 00:34:13.26 ID:RP6zYwCeO
↑意外と大人な下着に内心ドキッとする
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 07:12:32.32 ID:mohvgUeq0
ボクっ娘ってワードに吸い寄せられてしまった
封印した創作意欲が刺激される
支援
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/16(土) 21:36:16.09 ID:dhIfj1ebO
パンをもひもひと頬張る後輩に、俺は声をかける。
機嫌は直ったか?後輩

「……直りません、直るわけありません」

そっぽを向きながらぶっきらぼうに言い放たれた。
今回の件は購買を提案してしまった俺にも問題がある。
さて、どうしたものか。
とその前に。
スカート捲れてるぞ、後輩。

「──っ!」

伸ばした俺の手が、パチンと音を立てて後輩の手に阻まれる。
よっぽど焦ったのだろう、パンを頬張ったままだ。

「……見え、ましたか?」

パンを大急ぎで飲み込み、後輩が小さな声で一言。
いつぶりだろう、こんなに紅い後輩の顔を見るのは。
まあ、俺でもドキッとさせられる黒い大人下着だ、見られたら恥ずかしがる気持ちも分からんでもない。
ここの返答は慎重に……


下1―2
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 21:39:24.07 ID:TgesTlFqo
見てないぞ(でも写真は撮った)
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 21:40:47.12 ID:tSrI/AjCo
ドキッとした
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/16(土) 22:20:08.77 ID:dhIfj1ebO
ここは素直に答えるしかないだろう。
変に誤魔化せばどうなるか分からない。
正直、ドキッとした。
後輩を真っ直ぐ見ながらそう告げる。

「……見たん、ですねやっぱり」

更に濃い紅色へと変化する後輩。
子供っぽい柄物穿いてるかと思ったとか、そんなに恥ずかしがるならなぜ穿いてきたのか、なども思ったが、それらは素直に言わないでおく。

「……」

何か言いたげに、しかし沈黙を続ける後輩。
こちらから何か切り出すのがいいのか否か……

下1―2
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 22:31:41.00 ID:rWATyAi0o
不可抗力だとしても見ちゃって悪かった
俺ができることなら何でもするから許してほしい
(しかし何であんな勝負下着を…)
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 22:34:37.17 ID:5ZOkRtLfO
顔が赤いけど大丈夫か?と言ってオデコとオデコを当てて熱がないか調べる
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/17(日) 00:00:47.23 ID:lWuQd+FeO
その、なんだ……すまん
不可抗力とはいえ、見てしまったものは見てしまったのだ。
なぜあんな勝負下着を穿いていたのかは分からないが。
俺が出来ることなら何でもするから、許してもらえないだろうかと進言してみる。

「……今」

ん?

「……今、なんでもするって言いましたね?」


後輩ちゃんの要求
下1―3 おまかせ可
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 00:02:47.63 ID:WMHZB5kio
日曜にボクをエスコートしてください
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 00:04:20.68 ID:7lBniwMXo
合鍵を下さい
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 00:04:52.79 ID:okMVAz3oo
子供じゃない証明のために自分とSEXしてください
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 00:07:14.59 ID:YLa3EAQh0
>>54
ちょっと早すぎじゃない?
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/17(日) 00:42:53.50 ID:lWuQd+FeO
ずい、と後輩が俺の方へにじり寄ってきた。
そして目の前でぺろり、と指に付いたパンくずを舐めとる。

「子供じゃない証明のために……ボクとえっち、してください」

まだ少し、頬を朱に染めながら上目遣いにとんでもないことを言い出す後輩。
ふいにぽわわんと、黒の勝負下着が頭に浮かぶ。

返事

下1―3
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 00:46:56.82 ID:YLa3EAQh0
そんな理由で君とエッチなんてできない。そもそも僕と君は先輩と後輩の関係だよ?
そういうのは恋人とするべきだよ。子供じゃないの証明するというそんな理由で簡単に体を安売りしちゃだめだよ

こんなことを言って他の案を提案する(デートの約束や合鍵を渡すなど)
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 00:48:19.51 ID:7lBniwMXo
耳元にスケベと囁いてから顎クイしてキスをする
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 00:48:35.70 ID:zW6HSdkHo
そんな罰ゲーム的な感じじゃやりたくないな
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 01:59:01.66 ID:lWuQd+FeO
今日はここまで

早すぎとかは特にないですが
基本安価どおりにやりまする
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/21(木) 16:17:15.99 ID:nSp70lYyo
俺の中で理性と野生がせめぎ合う。
互いに土俵際まで詰め寄る接戦の末、俺は後輩の肩を掴むと、そんな理由で簡単に身体の関係を持つべきではないと説いた。
正直ぎりぎりの接戦ではあったが、やはり物事には順序というものがある。

「先輩と後輩の、関係……」

後輩は俺の提案を聞いて少し残念そうに、しかしホッとしたようにも聞こえる声を出した。
後輩なりにいろいろ考えた上での行動だったのだろう、ここは助け舟を出してやろうではないか。
今度の休み、空いてるか?なんて切り出し方はどうだろう。

「空いて、ます……けど?」

それは丁度いい。
下1―2へデートに行くなんてどうだろう
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 16:20:45.97 ID:n2EXB7JDo
遊園地
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 16:21:19.28 ID:Las5zRy90
近所に新しくできた巨大ショッピングモール
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/21(木) 16:51:46.16 ID:nSp70lYyo
「遊園地、ですか」

そ、遊園地。
って、提案しておいてなんだが、人混みはあまり好きじゃないか?

「人混みは好きじゃないですが……遊園地は嫌いじゃありません」

実に後輩らしい、回りくどい物言い。
こういうところがまた可愛いのだ。

「……どうしたんですか、またニヤニヤして」

おっと、また顔が緩んでいたか。
まあ後輩とのデートだ、顔が緩んでも仕方あるまい。
なんて口に出したら、どんな顔するかね。

「まあいいです……それで、何時頃に待ち合わせしますか」

そうだな……余裕を持っていきたいし、少し早い時間からにするか。

「分かりました。それじゃ、また当日に」

ああ、また当日。


そして当日
遅刻判定

あなた
偶数 遅刻
下1
後輩
奇数 遅刻
下2
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 16:54:33.88 ID:tfesaL2R0
ほい
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 16:57:30.38 ID:57d+ZwSfO
どうだ
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/21(木) 19:52:12.41 ID:hia9o2ihO
なんてことだろうか。
目覚し時計の電池切れと、スマホの充電器が壊れるのが同時にくるとは。
しかもこんな大事な日を狙ってである。
なんて日だ!ってやつだ。
こういう時、目覚しなしでも時間通り起きれるやつが羨ましい。
大幅に遅刻しながらもなんと待ち合わせ場所に辿り着くと、いつもの猫耳パーカーを羽織った後輩の姿がまだあった。

「……あ、先輩」

俺の姿を見て、スマホを操作していた後輩が顔を上げる。
顔色が少し不機嫌そうに見えるのは、地味な色のパーカーのせいと思いたい……


下1―2

68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 20:00:47.34 ID:YRL1kMrY0
真剣に謝る
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 20:02:50.51 ID:cHC2uBeXo
ジャンピング土下座で場を和ます
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 20:12:53.73 ID:TyuH9CxHO
おお、パーカーだ
しかも猫耳パーカーとは…ありがたやありがたや
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/21(木) 20:47:58.36 ID:AD+UohayO
この場を和ませるためにはあれしかない。
俺はこんな日のために鍛えておいたジャンピング土下座を繰り出した。

「え、な……」

地に頭を擦りつけているので見えないが、恐らく突然の俺の行動に狼狽えている後輩。
人通りの多い駅前だ、その反応は仕方ない。
だが、本当に謝罪する気があるのなら……っ!出来るはずだ、人通りの多い駅前でも……っ!

「……アホなことしてると、ほんとに置いてきますよ」

あ、はい。すいません。

「遅刻した分も楽しみにしておきますからね?先輩」

頭を上げると、指を口元で立てて小悪魔っぽく笑う後輩がいた。
これは頑張らないとな。

遊園地にて その1

下1―2
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 20:50:16.93 ID:hfxvNHS2O
ミニスカからパンツがチラチラ見えて集中できない
どうやらわざと見せてる様子
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 20:55:45.71 ID:E7/YxQTRo
胸をあてる様に抱きついてきた
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/22(金) 00:17:05.33 ID:0S6m/cDYO
「先輩、ほら。早く行きましょ?」

おいおい、そんなに急がなくてもアトラクションは逃げていかないぞ?

「時間は有限ですからっ」

いや、それだけじゃなくてな……

「……?」

後輩がくるりと、こちらを振り向く。
その動きに合わせて、際どいスカートもひらりと舞う。
見えてるのか、見せてるのか。
俺に見えるのはいいが他のやつにも見られるかもしれないと思うと気が気でない。

「ほら、先輩ってば」

後輩が俺の腕に、自分の腕を絡めてくる。
洗濯板、なんて言葉は嘘なのだな。
貧乳でもちゃんと柔らかい、胸の感触が走るではないか。

「ね、行きましょ?」

遊園地に来るのは初めてなのだろうか、今日の後輩は随分とテンションが高い。
連れてきた甲斐があるものだ、こちらまで高まってくる。

遊園地にて  その2

下1―2
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/06/22(金) 00:22:38.16 ID:daJvFh3W0
お化け屋敷に
自分もあまりこういうのは得意ではないが後輩はもっと得意ではないようで終始自分に抱き着いて震えていた
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/22(金) 00:30:33.42 ID:Aj16a5Ay0
途中、買ったクレープの食べさせあいをする
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/22(金) 00:53:50.74 ID:0bbFoerjO
猫耳パーカーにはチュッパチャップスが合う

では次回もまったりと
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/22(金) 01:11:21.01 ID:6u1iKcpDO
乙です
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga ]:2018/06/28(木) 12:49:08.99 ID:DMyxV3+go
こんな時間でも人いるかな……?
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 12:55:35.60 ID:ZJPowXVOO
いる
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga ]:2018/07/05(木) 18:27:07.28 ID:A142fyabO
どのアトラクションも人、人、人。
当たり前といえば当たり前の光景だが、よくもまあここまで密集出来たものだ。

「空いてるアトラクション、無いですかね……」

どうやら後輩も同じような考えらしい。
とりあえず、少しでも人混みを避けることぐらいは出来ないだろうか。

「先輩、あのアトラクション空いてるみたいですよ」

そう言って後輩が指差す先には【この夏、最凶の怖さがここに!】の文字。
ああいうの好きなのか?意外だな。

「好きってわけではないですけど……少なくとも人混みよりはマシかな、と」

言いながら周囲を見る後輩。
確かにそうだな、避暑地にももってこいだ。
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga ]:2018/07/05(木) 19:33:49.02 ID:A142fyabO
「せ、先輩……ちゃんとそこにいますか?」

いや、いますかも何もお前がずっと掴んでるだろ。

「そんな言って……気付いたら違うなにかになってるのがホラーの定番ですし……」

確かに怪談話では定番ではあるが、現実でそんなスペクタクル起こされては困る。
などと冷静なフリはしてみるものの、俺も心中穏やかではない。
音で驚かせる系なら平気なのだが、どうにも静かににじり寄るタイプの怖さらしく、常に背後が気になってしまう。
看板に偽りなし、と言ったところか。
正直、後輩が抱き着いてくれているから助かっている部分もある。

「ちゃんと先輩、ですよね……?」

とはいえ、後輩の方がいっぱいいっぱいのようだ。
少し、いたずら心が沸かなくもない……

↓いち―に
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 19:36:55.22 ID:sXhjNI2So
後ろから足音が段々と近づいてきて後輩の首筋に冷たい何かが
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 19:38:25.42 ID:zvwA8uhR0
ワザと何も答えないでいると後輩が段々不安になっていく
そしてお化け屋敷の仕掛けなどでびりびりだして、最終的には泣き出してしまう
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga ]:2018/07/05(木) 20:25:27.37 ID:A142fyabO
「先輩、なにか後ろに……」

後輩が小さく言うと、身をちぢこめた。
しかし俺は何も答えず、歩を進める。

「ひぅあっ!?」

その刹那、後輩が素っ頓狂な声を上げた。
原因は分かっている。
なぜなら俺も触られたからだ、後ろから付いてきてるやつに。
しかし俺はなんとか声を出さずに耐えた。
いたずらのためとはいえ、我ながらよく耐えた。

「せん、ぱい……?」

その効果は覿面だったらしく、後輩の声が弱く、細くなっている。
薄い明かりの中、ぷるぷると震える小動物の姿が印象的だ。
なんだか凄く、申し訳無い気持ちになってきた。
そろそろ種明かしでもするか、と思った矢先目の前に小さくも確かな光が見えた。
明らかに外界の光。

「先輩、出口が……!」

後輩の少し元気を取り戻した声をかき消すように、大きな叫びが聞こえたかと思うと。
目の前に青白い顔の女が立っていた。
迫真のメイク、とわかっていても身じろいでしまう迫力。
しかし今の俺はそれどころではなくなっていた。

「ひぐっ……ぐすっ……」

隣で俺にすがりつき身を震わす後輩。
やってしまった感の漂う空気。

「あの……出口、あちらです」

最終的に俺たちは、青白い顔の女に連れられてお化け屋敷を後にした。
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga ]:2018/07/05(木) 20:40:37.31 ID:A142fyabO
「……」

お化け屋敷から後にしてからというもの、後輩の機嫌は45度を保っていて、
パーカーを深く被り猫耳を立てて表情隠している。
自分で行くと言い出した手前、素直に怒ることもできないでいるのだろう。
だから俺も、上手く謝れずにいた。
せっかくの遊園地だ、なんとか仲直りのきっかけは……

「……あ」

後輩がふと、立ち止まる。
それから一瞬遅れて、俺も立ち止まった。
移動型のクレープ屋。今は天からの助けに思える。
どれが食べたい?後輩。
曖昧にかわされぬよう、買う前提でそう声をかけた。

後輩の買う味 コンマ大きいもの
あなたの買う味 コンマの小さいもの
↓1―3
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 20:42:56.21 ID:X/c9UymDO
チョコバナナ
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 20:46:58.80 ID:jXMcNhbVO
クレープ
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 20:49:23.64 ID:Owhrdn4x0
ストロベリー
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 20:52:38.84 ID:SYxq654bo
DXストロベリーパフェ
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 20:54:17.84 ID:jXMcNhbVO
勘違いしていた。>>88は除外してほしい
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga ]:2018/07/05(木) 21:57:48.55 ID:A142fyabO
「……何でもいいんですか?」

猫耳が俺に語りかけてきた。
相変わらず表情を見せる気はないらしい。
しかし、ご機嫌30度くらいにはなっただろうか。
お手柔らかに頼むぞ?
後ろ頭を掻きながら俺はそう答える。

「DXストロベリーパフェ、一つください」

後輩が指差した先に、デカデカと書かれた商品説明。
俺は知らなかったが、世の中にはクレープパフェなるものがあるらしい。
見た目はほぼパフェだが、クレープ生地が中に使われているからクレープパフェ。
グレープ味無果汁と似た感覚が……

「先輩は、頼まないんですか?」

パーカーのフードの端から、丸い目がこちらを覗いている。
ご機嫌は15度くらいには収まったか。
小腹も空いていたので、とりあえず適当にチョコバナナを頼んでおく。

「はむ、あむ、はぐ……」

休憩スペースもごった返したいたので、適当な木陰で後輩と並んで座る。
後輩に習って俺もクレープを一口。
うむ、甘い。

後輩と交流 ※食べさせ合いっこは確定事項

↓1―2

93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 22:02:14.77 ID:zvwA8uhR0
今のうちにどのアトラクションに行くか話し合う(出来たら観覧車は最後で)
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 22:18:50.65 ID:X/c9UymDO
服装を褒める
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 22:52:50.77 ID:A142fyabO
クーデレでもないしボクっ娘要素も少ないと聞こえてくる……

止めます
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 23:09:42.09 ID:SYxq654bo
たんおつ
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 23:33:34.49 ID:X/c9UymDO
やっぱりボクッ娘かわいい
ここからイタズラに移行していきたい所
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 21:18:18.40 ID:x7ip0ggXO
「チョコバナナ、美味しいですか?」

クレープを食べるのに邪魔だったのか、パーカーのフードを畳んだ後輩がこちらを見てそんな事を言うので。
俺は少し考えてから、一言甘いと答える。

「語彙力が足りませんね。それじゃ全然分かりませんよ」

それならば、後輩はさぞ上手くレビューできるのだろうな?

「そうですね……クリームにも贅沢に苺が使われていて、それにより芳醇な……」

後輩の言葉の途中で首を伸ばすと、パクリと一口。
恐ろしく早い一口、俺じゃなきゃできないね。
しかし……普通に甘いか凄く甘いかの違いでしかないな。

「もうっ、先輩から聞いておいて……」

まあまあ、これやるから落ち着け。

「あむ……こっちもおいひいじゃないですか」

はいかわいい。
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/06(金) 21:25:23.33 ID:x7ip0ggXO
小腹を満たしたところで、俺たちは次のアトラクションを決めることにした。
出来れば二人で楽しめる系がいいのだが。

「……ボクはさっき失敗したので、今度は先輩が決めてください」

なんて後輩が言い出すもので、優柔不断な俺としては決めかねる。
よし、ここは一つ天啓に任せて……

1 コーヒーカップ
2 メリーゴーランド
3 ゴーカート
4 ジェットコースター
5 その他 お化け屋敷以外の選択肢

↓1―2
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 21:27:07.97 ID:0ua6YEOKo
1 コーヒーカップ
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 21:27:36.22 ID:N1HVMKsrO
2
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 21:27:56.97 ID:qQ3ok+kPo
4
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 21:30:35.24 ID:B1rudZ890
急流すべりとかしたかった…水に濡れた後輩……
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/06(金) 23:25:03.13 ID:BWVDI+GGO
メリーゴーランドなんていいかもな。
ゆったり楽しむにはおあつらえ向けだ。

「メリーゴーランドなんて、いつぶりでしょうか……」

後輩がマップでメリーゴーランドの位置を探しながらそんなことをポツリと言った。
それを聞いて俺は一応、他のでもいいんだぞ?と聞いてみる。

「いやとかじゃなくて……ただ、ボクに合わせてくれたとかなら、申し訳無くて」

そこまで言ってから、なぜかそっぽを向く後輩。
動きに合わせて猫耳がピクリと揺れる。
まるで本当の猫みたいだ。
かわいいな。
俺は猫耳部分をつつきながらしみじみと言った。


後輩ちゃんの反応
偶数 ツン
奇数 デレ

↓1
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 23:26:58.55 ID:qQ3ok+kPo
そい
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 23:34:35.18 ID:B1rudZ890
ゾロ目でボーナスが欲しい
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/07(土) 02:18:16.24 ID:WHS408BcO
「可愛い、ですか?」

くるり、と後輩が振り向いた。
それと同時に猫耳が、指から逃げるように揺れる。

「ボクも掘り出し物だと思ったんです、これ!古着屋さんで見かけたんですがね……」

パーカーを褒められて嬉しいのか、くるりくるりと回りながら言葉を続ける後輩。
半分合ってるが、半分間違っている。
たがその注釈を入れるのは野暮ったい。そのまま微笑ましく見守る。

「わ、わわっ……」

と、そこで一陣の風。
ふわりと舞い上がったパーカーのフードが、そのまま後輩の頭をすっぽりと覆う。

「っとと……」

くるくる、というよりよろよろ、とした足取りになり始めた後輩。
咄嗟にその身体を優しく抱きとめ、猫耳を引っ張りフードを畳む。
大丈夫か?後輩
後輩の身体をまっすぐ立たせながら、そう尋ねる。

「は、はい……大丈夫、です」

返事が早いか、後輩の顔がばふりとフードに覆われた。
ほのかに朱に染まった頬をもう少し眺めておきたかったが、残念無念。




108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/10(火) 20:15:13.90 ID:4cwwWWnoO
メリーゴーランドの混雑はそこそこといった様子で、待ち時間を感じさせない程度の時間で俺たちの番が訪れた。
列の大半は家族連れで、他はカップルがちらほらといった感じ。
俺達もそんな風に見られているのだろうか?
……もしかしたら、仲睦まじい兄妹に思われているかもしれない。

「先輩、どうかしましたか?」

後輩に腕を引かれて、俺は正面を向き直す。
そしてそのまま係員に先導されて俺達は……

1 二人で乗るには少し狭い馬に乗った
2 二人乗りのラクダに乗った
3 外からは中が見えにくい馬車に乗った

↓1―2




109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/10(火) 20:17:29.75 ID:G74MwNXLO
3
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/10(火) 20:18:17.41 ID:ySOCGw35o
3
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/10(火) 21:37:14.42 ID:4cwwWWnoO
四人は乗れそうなごてごてしい馬車。
その中で俺と後輩は向かい合わせに座っている。
人数があまりいないからだろうか、二人乗りのラクダもあったように思えたが。

「この広い空間を二人じめって、なんだか贅沢ですね」

後輩も似たように感じたらしく、にひっと笑いながらそんなことを言う。
ああ、そうだな。
俺の言葉が合図になったかのように、馬車がゆっくりと動き始めた。
外の景色の流れを見れば、確かに動いてはいるのだが。
後輩と見つめ合うとまるで、時が止まっているかのようだ。

「……先輩」

ぷにぷにと柔らかそうな後輩の唇が小さく揺れた。
くりくりと丸い目が、じっと俺を見つめている。

自由な行動 又は 会話
行動者 どちらからでも可

↓1―3



112 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/10(火) 21:39:07.86 ID:G74MwNXLO
後輩 「キスしませんか?」と誘う
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/10(火) 21:44:57.27 ID:RlAw0Adxo
後輩が抱きついてくる
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/10(火) 21:59:15.90 ID:0YzfLIotO
理性をギリギリ取り戻し軽く押しのけようとした拍子に胸を揉んでしまう
変な声あげちゃうボクッ娘
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/10(火) 23:33:59.13 ID:4cwwWWnoO
「……キス、しませんか?」

突然、後輩がそんな事を言い出す。
がたり、と俺が身を揺らした振動は外から見たらどう見えただろうか。
その隙に後輩は俺の胸元へ、もたれ掛かるように抱きついてきた。

「……せん、ぱい」

密着状態の後輩から、甘い匂いが漂う。
さっき食べたストロベリークレープのような、甘い甘い苺の香り。
理性が一気に、はち切れんばかりに引き伸ばされる。
しかし、しかしだ。
イタズラするのは俺の方であるはず。
そう、神は言っている……気がした。
いかん、いかんぞっ。
俺は引き千切れかけの理性を何とかつなぎとめる、体を動かす。

「ひあ、ぁんっ……」

後輩を引き剥がそうとした手は、意図せず後輩の胸を掠めた。
初めて聞く後輩の声。
喉の奥がきゅっと音を立てる。

「……」

後輩は上目遣いのまま何も言わない。
それもまた戦略か。
ごくり、と生唾を飲み込む音が響いた。
そこでがたん、と小さな衝撃。
どうやらメリーゴーランドが止まったらしい。
係員に誘導されてメリーゴーランドから離れる間も、お互いに無言だった。


1 このまま観覧車へ
2 ワンクッション、なにか

↓1―2
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 00:03:43.51 ID:p5EQKqm0o
2 突然の土砂降りにずぶ濡れになって手近なミラーハウスに駆け込む
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 00:18:39.30 ID:EJG7h/aoO
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 02:03:56.31 ID:nMU4WZt5O
なんとも言えぬムードのまま園内を歩いていると、突然鼻先に水滴が当たった。
何事か、と空を見上げるよりも二発目、三発目が当たるのが早く。
後輩、急ぐぞ!
無言のままの後輩の手を掴むと、走ることを促す。

「は、はいっ」

さすが物分かりのいい後輩だ。
すぐにあなたの足並みに合わせて走り出す。
そんな間にも雨足はどんどん強くなり、手近な建物にたどり着く頃にはお互いずぶ濡れになってしまっていた。

「……はぁ……はぁ」

浅く、荒く呼吸をする俺と後輩。
水を吸ったパーカーが身体に張り付いて、呼吸する度に穏やかな丘陵を揺らす。

「係員の方はいない、みたいですね」

ずぶ濡れで重そうなフードを被ったまま、後輩が言う。
確かに受付のようなものも見当たらず、言ってしまえば【ご自由にお入りください】のような状態だ。

「入って雨宿り、しましょうか」

入り口付近はまだ跳ねた水が届く位置だからか、後輩がそんな提案をする。
確かに、少し奥に行ったほうがよさそうだ。

ミラーハウス内にて
※後輩とはぐれるイベント不可
イベント内容

↓1―2
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 03:03:16.35 ID:9mozGjznO
同じように入ってきた他の女の子をチラ見してたところを後輩に見られる
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 06:29:14.62 ID:DDKiuYXqO
突然の停電中に痴漢にあう後輩
明かりが戻った時犯人は逃げていて、後輩がへたり込んでいた
その時鏡越しに下着の大きな染みが見えてしまう
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/26(木) 17:39:46.71 ID:/XMSnGTfO
2週間か
まだかなまだかな
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/31(火) 20:19:17.81 ID:JxtPrxSSO
やはり予報に無い突然の通り雨だったのだろう。
ミラーハウスに俺たちと同じような客が数人入ってきた。
そのうちの一組、女子三人組。
その一人へと自然に俺の目が吸い寄せられる。
季節感のない地味な長袖。
その地味さに反比例するかのように、自己主張の激しい胸。
布が貼り付くことでサイズ感が当社比50%増量といったところか。
伏し目がちな表情がまた……

「……じとーり」

突然、眼前に後輩のジト目顔が広がった。
俺は驚きのあまり、後頭部を打ち付けてしまう。

「……先輩の、すけべ」

咎めるような後輩の視線。
いや、これはだな、生き物の本能的な部分であって……
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/31(火) 21:22:40.37 ID:eKqlIPaxO
「……っ!」

俺の返答をかき消すように、外で轟音が響いたかと思うと、ミラーハウス内が光を反射して一瞬明るくなる。

「わっ……」

閃光が去ったかと思うと、今度は闇とどよめきが広がった。
どうやら、今の雷で電気系統がやられたらしい。
ぎりぎり入り口の方向が分かるか分からないかといったレベルの深い闇。
もう少し入り口の近くにいればよかった。

「あの……せ、先輩……?」

隣で後輩が、こちらの服の裾を掴みながらくぐもった声を漏らす。
ん、どうした?

「どうした、じゃないですよ……こんな時に、変なところ……触らな……」

言っている途中で俺の反応に違和感を感じたのだろう、後輩の声と指先が硬直する。
それでなんとなく状況を察した俺は、自分の立つ位置から後輩を挟んでちょうど反対側へ手を伸ばした。
壁ではないなにかに手が当たる。
しかし掴むことは叶わず、何かの気配が逃げていく。
今追えば間に合うだろうか。
そんな俺の歩みが、袖を掴む指先に込められた力で止められる。

「行かないで、先輩……」

弱々しい後輩の声。
そうだ、犯人を追うより大事な事がある。
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/31(火) 22:01:15.05 ID:AdzQUcGwO
大丈夫か?後輩ちゃん

へたり込んでるらしい後輩の頭を探し出し、そのまま優しく撫でる。
手の平から震えが伝わってきた。
そのまましばらく、撫で続けてやる。
それからほどなくして、光が戻ってきた。
元々がそこまで明るくないので目がやられることもなく、鏡にたくさんの自分と後輩の姿が入り交じる。

「あ、ありがとうございます先輩」

明かりが戻るとほぼ同時に、後輩が立ち上がる。
もういいのか?と心配してみるも

「はい……なんとか」

と弱々しくもすぐに言葉が返ってきた。
はっきりと言葉を返している以上、余計な心配はおせっかいだ。
雨脚が止んだからかミラーハウスの外へと向かう人々について、俺たちも移動する。
しかし、さっき明かりが戻ったときに後輩の下着に染みができていたように見えたが……
床に水溜りでも出来てしまっていたのだろうか?
もしそうなら、着替えたい気分だろうが……男の方からは言い出せないことだな絶対。

観覧車へ 〜 観覧車にて

↓1―2
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/31(火) 22:09:20.16 ID:/d/9LSrpO
道中どことなく無口な後輩
足を擦り合わせてもじもじしている
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/31(火) 22:11:09.25 ID:A0dUbkv0o
観覧車で安堵したのか抱きついて泣きだす
41.13 KB Speed:1.9   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)