【浮かれた】幼なじみのお部屋で寝落ち・・・13回目【大学生】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :いー :2014/05/01(木) 23:30:27.18 ID:4reAYqYgo
前スレ
【高校生活】幼なじみのお部屋で寝落ち・・・12回目【最後の夏】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1368109692/
2 :いー :2014/05/01(木) 23:32:11.01 ID:4reAYqYgo
さや「このスレで最後になります。時間が取れたら改めて顔出します。」
3 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) :2014/05/01(木) 23:36:39.21 ID:Pi2y1KOR0
>>1
じゃあ、ゆっくり行こうか
5年くらいかけよう
4 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2014/05/02(金) 00:13:18.03 ID:2uXPYY+P0
くっさ
5 :いー :2014/05/02(金) 00:40:59.49 ID:Tpd0NzC7o
>>3
それだと全然来ないじゃないww


埋めちゃってごめんねー

それじゃあまたねっ
6 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/05/02(金) 02:57:43.12 ID:YdNpfDGPo
>>1乙。スレもめでたく大学生にw

こんばんでめす、38にゃん、いー様。

38にゃん、しばらく見ない間に成長してるようだね。
もともと頑固なところがあったけど、それは意志の強さにも通じるわけで。
強い意志が自信になり余裕を生んでるのかな?
再会が楽しみだ。

さてさて、いー様。否定的な意見は出てこないと思うよ。
「今まで見守ってきたから」という馴れ馴れしさからではない。
ここにいる人たちはほぼ年上、親世代でしょう。
親目線で言うと心配はあるけど、微笑ましく見ている。
第一、しょう子ちゃんが歳の割に出来た子なんだからしょうがないよなぁ、とむしろ理解してたりw
だから今は思うがままに大学生活を過ごしてね。


ではまたノシ
7 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2014/05/02(金) 08:56:01.23 ID:dN2mTji/0
http://i.imgur.com/JCgZF.gif
8 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/05/05(月) 08:56:19.14 ID:FpIroM2P0
さやにゃんおはようございます

今日は立夏 八十八夜も過ぎこれから暑い夏の始まりですがお変わりありませんでしょうか
(暑がりのさやにゃんにはつらい季節の始まりかな?)
 

今スレが最終と言う事で寂しい思いがいっぱいではありますが終了時までお付き合いさせて下さいませ
(前スレで終了と思っていたので更新は大変嬉しく思います)
 
9 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/05/21(水) 22:10:56.28 ID:BhZI+oDH0
さやにゃんこんばんは

今日は小満 4月からの新生活も一月半を過ぎ一息ついている頃でしょうか


いろいろお忙しい事と思います お時間取れましたら皆様方の近況など聞かせて下さいませw
10 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/05/28(水) 21:32:29.13 ID:HSH8iUblo
こんばんは。

大変お久しぶりです。
中々来れないままずるずると、、すみません^^;
ほんとは前スレできっちり締めるつもりでしたが、こういう運びとなりました。

いーちゃんから大きな話がありましたね。
話し合ったわけではありませんが、私としては話さない方がいいかと思いまして、触れずにいました。
もちろん私にも思うところはあるわけですが、、それは後ほどお話しするとして。


さて、大学生になりました(今更)
とりあえずぼっちにならずに過ごしていますw
どうもまだ大学生のノリには乗り切れていませんが、、それなりに楽しんでます(^^;;
11 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/05/28(水) 21:56:31.53 ID:HSH8iUblo
>>6
ご無沙汰しております。

成長と言えますか?^^;
他の子なら気が気じゃありません。
でも、私が知る限り誰よりも魅力のある子ですけど、いーちゃんにだけはどうしてか負けない自信があります。
、、でも「私の虜だから」なんてことは言ってませんので(ー ー;)


>>8
今日は一段と暑い一日でした~_~;

きっちり終わらせられませんでした、、w
最後はいつになるかわかりませんが、どうぞお願いしますw

>>9
せっかく立ってしまったので近況等は書かせてもらいますね。
ですが、大学のことは今までのような報告はしないつもりです^^;(多分)

たまーに来るのでどうにも暇な時にでも見てやってくださいませm(_ _)m
12 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/05/28(水) 22:18:01.41 ID:rtKginki0
さやにゃんこんばんは

いーちゃんの独断でスレ続行となったのかもしれませんが私は嬉しく思います

のんびりゆっくり行きませう
13 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/05/28(水) 22:28:45.18 ID:jV3p5hWLo
さやちゃんこんばんは〜
待ってたよww

最近の近況kwask!
14 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) :2014/05/28(水) 22:52:15.05 ID:Op9LSzEu0
俺の知る限り大学生って人生で一番アホな時期だから、油断してるとパッパラパーになっちゃうよね。
さやちゃんは何らかの目標があるみたいだから大丈夫だろうけどさ。

しょうちゃんは忍耐を学ぶだろう。

15 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/05/28(水) 23:39:12.24 ID:HSH8iUblo
>>12
独断じゃないですよw
あのまま終わるのはさすがにすっきりしませんしね。
ゆっくりお願いしますw

>>13
こんばんはw
最近はせっせと自動車学校資金を貯めています^^;
なんとか夏から通いたいと思ってますw

>>14
パッパラパーww
だんだんそうなっていくかもしれませんねw
まだ専門的な勉強に入ってないのでとりあえず講義受けてる感じです(^^;;

忍耐ですか?w
16 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/05/29(木) 03:46:22.86 ID:2y8POHuoo
こんばんでめす、38にゃん。

ゆっくりでも大丈夫だよ。
完走する頃には大学卒業だったりしてw

後ほどの話が気になるなぁ。


ではまたノシ
17 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/06/20(金) 23:53:02.78 ID:EMyMTaILo
18 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/06/25(水) 10:10:27.16 ID:QZ7dfMB40
19 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(愛知県) [sage]:2014/06/25(水) 14:57:19.64 ID:CIeGtpU8o
20 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2014/06/25(水) 17:21:06.78 ID:bu0ZO4wvo
21 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2014/06/27(金) 07:26:06.87 ID:f77XQ/JCO
22 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/06/27(金) 10:21:04.89 ID:HBZk6o7s0
23 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2014/06/27(金) 14:42:23.85 ID:n7wSIks1O
にゃ
24 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2014/06/27(金) 21:36:40.77 ID:4MBMUfm9o
25 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/06/30(月) 10:55:17.00 ID:FYTytDAy0
さやにゃんおはようございます

芒種夏至が過ぎ6月も晦日となりました(早いもので今年も半年経ってしまいました)

授業や運転免許資金調達などでお忙しい事と思います のんびりまってるよ

 
26 : 【吉】 [sage]:2014/07/01(火) 04:59:21.44 ID:S8icjM6sO
えいっ
27 :!omikuji [sage]:2014/07/01(火) 06:57:41.09 ID:ehj1fi3lo
どうだ
28 : 【小吉】 [sage]:2014/07/01(火) 06:58:21.44 ID:ehj1fi3lo
失敗…

今度こそどうだ!
29 : 【中吉】 [sage]:2014/07/01(火) 18:04:44.38 ID:49KUB7lLo
よっ
30 : 【末吉】 [sage]:2014/07/01(火) 18:21:04.58 ID:kl5w4ZNKO
どうせなら願掛けしないか?
ってことで…
さやしゃんが教習所でウインカーとワイパーを間違えませんように
31 : 【大吉】 [sage]:2014/07/01(火) 18:23:36.77 ID:kl5w4ZNKO
違った
『大吉なら間違えない』の方がいいのかww
32 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2014/07/02(水) 10:31:53.98 ID:/d11djXaO
おれのサイドブレーキを、、、
33 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(千葉県) [sage]:2014/07/02(水) 22:03:46.85 ID:A9R434qgo
>>32
足踏み式だっけ?
34 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2014/07/03(木) 16:34:10.91 ID:2NZkZu9po
>>33

さやちゃんに踏まれるなら足踏みしきでも構わん!
35 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2014/07/21(月) 23:43:53.49 ID:aCSLedGw0
すっかり夏だね
大学生はもう夏休みに突入かな
36 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/23(水) 20:22:00.39 ID:q1DzqJCro
こんばんは。

お久しぶりでございますm(_ _)m
放ったらかしにしてしまってすみません(^^;;

つい先日から、自動車学校に通い始めました。
夏休み中に卒業するつもりでいましたが、夏休みは激戦区のため難しいそうで、、
こつこつ頑張ります。


まあその前に近々テストがあるわけですが、、~_~;

テスト勉強していたらなんだか高校時代を思い出したので、来てみました。
思えば受験じゃないテスト勉強も久しぶりな気がします。
37 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/23(水) 20:35:51.30 ID:q1DzqJCro
>>16
果たして在学中に終われるでしょうか?(^^;;
もう少し来ますすみません。
話さないまま随分空いてしまいましたね;

>>17-24
保健室ありがとうございました!

>>25
ほんと早いですね。早くも前期が終わってしまうんですよ、、!
全然顔出さなくてごめんなさいor2
臨時収入もあって、思ったより早く貯まりましたw

>>26-30
占いありがとうございました!

>>30-31
海外暮らし長いんで(震え)

>>32-34
足踏み式もあるんですね、勉強になります(とぼけ)

>>35
テストが終われば夏休みです。
8月も学校行かなきゃいけないとは思ってもなかった、、~_~;
38 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2014/07/23(水) 20:49:35.20 ID:RMDauInIO
さやちゃん久しぶりー!

相変わらずしょうちゃんとは仲良いのかい?
39 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(千葉県) [sage]:2014/07/23(水) 21:06:44.91 ID:O0QGeNUmo
さやちゃん待ってたよ〜

免許はAT限定かな?

久しぶりにイチャイチャ報告お願いしますwktk
40 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/23(水) 21:07:10.89 ID:q1DzqJCro
>>38
お久しぶりです!
仲いいですよー。
、、少し前にケンカしましたけど(ー ー;)
41 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/23(水) 21:12:14.77 ID:q1DzqJCro
>>39
ありがとうございますw

AT限定です。そっちの方が安いので、、w

いちゃいちゃですかw
善処します(^^;;



では、せっかく来たので何か書いていこうと思います。
このままじゃいつまでも終わりませんしね^^;
見て下さってる方もいましたら、協力していただけたら幸いです。
42 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/23(水) 21:47:21.43 ID:q1DzqJCro
時は遡り、、、卒業式。


遡り過ぎですみませんorz


卒業式自体はさっぱりしたもので、感傷にひたることもそんなにありませんでした。
他の子たちも普段通りで、実感がわかないまま、最後のホームルームを終えました。

とはいえさすがにそこで、はいさよならとなるわけはなく、しばし最後の教室で歓談。
ここでも普段通り、でもやっぱり卒業後の話など、内容はいつもと違う内容でした。

卒業式といえばの、あの言葉も聞こえてきます。

い「しょうちゃん、第二ボタンちょうだいw」
さ「こら!あげないから!」
し「受験あるからあげたら困るww」

この辺も、普段通り。


「Eちゃんになれますように。byいー」

、、、私の卒アルに書くことじゃないと思うの。

こうして寄せ書きしたり、写真撮ったりして、和やかなムードで解散しました。


そして、最後の帰り道。
43 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/23(水) 22:05:59.11 ID:q1DzqJCro
し「こうしてこの道を通るのも最後か、、、」

し「、、いろんなことがあったよね」

し「入学した頃は、さやとこうして2人で歩くなんて思ってもなかったな、、」


し「、、、、無視しないでくれませんか」
さ「聞いてる聞いてる。ムードメイクがんばってー」
し「冷たいなあ、、w」


さすがにこれだけ一緒にいれば、キメ顔を作っている顔ぐらいわかるようになるもの。

それでも、言ってることには同意見。
入学した頃は考えもしなかったことが、たくさんあった。
、、図らずも感慨深くなってしまった。

件の公園前を通りかかると、どちらからともなく寄り道して行く。

何度も並んで座った少し奥まったベンチ。
平日のお昼前で人もなく。
最後の学生服を身にまとって、、、。




、、あの頃は5ヶ月ほど若かったなあ、というお話でした。
44 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/07/23(水) 22:13:46.47 ID:fQvgznq60
ちゅっちゅしたんだ…(うらまやしくなんかないんだ!!!、って…あれ?)
45 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/23(水) 22:20:17.70 ID:q1DzqJCro
久しぶりだと難しいなー(^^;;
お粗末様でしたm(_ _)m

以前大学の友達とこんな話をした、、させられたので、書いてみました。

いやほんと若かったなー、、

さて、どんどん書いていきます!
決して恥ずかしいわけじゃないです。
46 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/23(水) 22:21:53.36 ID:q1DzqJCro
>>44
心の声もれてますよ!(若気の至りでした)
47 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2014/07/23(水) 22:22:29.86 ID:sf9KzSExO
あの頃はくんかくんかとか言ってたのにねーww

ケンカってどうしたの?
48 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/23(水) 22:57:53.91 ID:q1DzqJCro
卒業から時は進み、、、大学入学当初。


その日は、初めて1人で選択した講義がありました。

学科学部は違っても、一年の講義は教養科目ばかりなので、ほとんどはしょうちゃんたちの誰かと同じ科目を選択しています。
特に学部が同じりんちゃんとはほとんど同じです。

最初のオリエンテーションの時クラスで集められましたが、なんだかばたばたしていてすぐに解散となり、結局高校の友だち以外知り合いができないまま、、、

なので、知り合いのいない講義となります。

心細いなーとは思いつつも、「これが大学生だ」とかよくわからないことを考えながら、平静を装って端の席でキョロキョロして講義開始を待ちました。

何事もあるわけもなく無事講義を終えて、和気あいあいとする教室からそそくさと退出すると、

「さやちゃん待ってー」

聞き覚えのない声に名前を呼ばれ、ものすごい勢いで振り返りました。

振り返ってもこちらを見ている子はおらず、しばらくその場でキョロキョロしていると、今度は横から声をかけられました。

「さやちゃん?ww」
さ「え、あ、いえ、はい、そうです、、?」
「私もさやwww」
さ「、、?あ、え?いえあの、、私が、、?」
「「wwww」」


大爆笑されました、、、、。

要するに、同じ名前の子を呼んでいた声に、まぬけのごとく私が反応したということですorz


そんなきっかけで、友だちができました!
49 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/23(水) 23:06:02.21 ID:q1DzqJCro
大学デビュー(失態)の話でした。
この時のことは今だに笑われています、、、友達できてよかったんですけどね。。

余談ですが、厳密に言えば私が一文字多いので同じ名前ではありませんでした。


>>47
その当時はほんとに若かったと思います、、//
気づけば妹が同じ年ですね、早いw

では、ケンカの話も書きますね。
もともと書くつもりでしたけど(^^;;
50 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/24(木) 00:01:35.46 ID:FJd5p6d/o
6月半ば頃。

入学したてで大学生成り立ての気分もすっかりなくなった。(と自分では思っている)
そうなると、、、だれ始める。


その日の1コマ目、2コマ目は、しょうちゃんも一緒にとっている講義があった。
しかし、1コマ目の時間になってもしょうちゃんの姿はなく、、、そのまま講義は終わってしまった。

始まる直前に送ったメールの返事もない。

一緒にいたいーちゃんは「寝ぼうじゃない?」と言ってるし、私もそう思ったけど、
万が一の事もあるので心配になって電話すると、しばらくして繋がる。

、、完全に寝起きの声。

とりあえずほっとして、少し呆れた風に来るよう促すも、来る気配がない。

さ「もう2コマ目始まるよー」
し「んーおきてるー」
さ「、、、おやすみー」

、、、今度こそほんとに呆れて電話を終わらせた。

結局、その講義も来ることはなく、
午後からバイトだった私は、大学を後にする。
途中でメールが着ていたけど、返せるじかんもあまりなく、そのままにしていた。


帰宅すると、家の前でしょうちゃんが待っていて、軽く言い合い。
、、軽くじゃなかったかもしれません。
51 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(関西地方) [sage]:2014/07/24(木) 00:12:08.82 ID:2wwLNERpo
Oh…
52 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/24(木) 00:19:36.83 ID:FJd5p6d/o
私がぐちぐちぐたぐだ言ってると、

し「仕方ないだろ、昨日食事会で遅かったんだから」
さ「、、じゃあ行かなきゃいいのに」
し「断れないことだってあるよ」
さ「なら早めに帰ればいいでしょ?」
し「だから、そういうわけにもいかないって」
さ「なんで?」
し「、、、わかんないならいい」
さ「、、なんでそういう言い方するの」



まったく、理解のない彼女。

いや、ほんとはわかっているし、別に休んだことを怒っていたわけでもない。
私だってだれてきているから、寝ぼうしてしまう気持ちはわかる。

、、、ただ、みっともないことに、言いにくいことに、
最近一緒にいる時間が少なかったから、、、ただそれだけのことだった。

それなのに醜く責め立てて鬱陶しく説教じみたことをしてぐちぐちめんどくさいことをry


そうして反省しても、次の日も仲直りするつもりが言い合いになってしまった。
53 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/24(木) 00:32:49.03 ID:FJd5p6d/o
し「なんでそこまで言われなきゃいけないの」
さ「っ、、だから!」

さ「、、最近会えてなかったから、、だから、来て欲しかった、だけ、、」

し「、、、、なにそれ」

さ「、、ごめん、、、」

し「超かわいい」


ry



仲直りしましたー(。。


男の付き合いというものを理解しなきゃいけませんね。
理解するだけじゃなくて、こういうめんどくさい女はもうなくさなきゃいけませんね。
反省しました。

甘えてなどいません!
その直後以外は!
54 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(関西地方) [sage]:2014/07/24(木) 00:37:38.86 ID:2wwLNERpo
砂糖吐いたー
55 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/24(木) 00:39:42.73 ID:FJd5p6d/o
結局以前のように書いてしまったかな(^^;;

ケンカの話でした。
のろけじゃないですよ!

真面目な話、理解してるつもりだったのにこんなことになってしまって、その後結構落ち込みました。。。
しょうちゃんは笑ってましたけど、こういうの男の人からしたらうざいですよね;



さて、この流れじゃ終わりづらいので、真面目な話をして今日は最後にしようと思います。
56 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/24(木) 00:40:40.66 ID:FJd5p6d/o
>>54
のろけてませんよ!
けんかですよ!
57 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(千葉県) [sage]:2014/07/24(木) 00:43:15.51 ID:4YYsdzteo
夜なのに気温が上がったように感じるのは気のせいかな?
58 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/07/24(木) 00:56:26.84 ID:6pARHN0lo
もっと甘えていいと思うんだけどなぁ
59 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/24(木) 01:11:04.18 ID:FJd5p6d/o
いーちゃんとしょうちゃんに対して。


「信用している」と言ってしまえばそれまでなわけですが、思っていること、思っていたことを簡単に。

2人の間柄はいーちゃんが言っていた通りです。
何もないけれど、何かあってもおかしくない仲。
お互い好意のある男女ですから当然ですね。

いーちゃんの気持ちを知ってもあまり驚きませんでした。
どこかでわかっていたのかもしれません。
好意があったからこその関係だったのかなとむしろ納得しました。

以前私は、2人のやり取りを見るのが好きで、そのやり取りに憧れると言っていたと思います。
それは今でも変わりません。
ただ、今は私もそんなやり取りをしたいとはあまり思わなくなりました。

私がいればそれだけでいい、なんて聞こえのいいことは実際にはなりえません。
私だって、しょうちゃんさえいればというこのとはありません。

くさいことを言うようですが、いーちゃんさえよければ、私のためにそばにいてほしいと思っています。
許してくれたは私の台詞で、本来敵である私を許してくれました。
譲る気はないと言ってもなお、です。


、、、まあ私の立場で何を言っても結局嫌味にしかならないんですけどね、、。

非常に伝えづらい気持ちの話で、わかりにくくてすみませんが、一応書いておきます。
60 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/24(木) 01:14:27.04 ID:FJd5p6d/o
あぁ長くなってしまった、、すみません;
流し読みしといてください(^^;;


>>57
今年は暑いですね!

>>58
甘えてますよ//
いやほんとに、以前と比べるとかなり、、
弁えるところはちゃんとしないといけないなと思いました。
61 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2014/07/24(木) 01:16:08.94 ID:C0s0C/zJo
何と言う熱帯夜w

結局お互い素直に話し合うのが一番なんだよね
まあそれが一番難しいのだけれど
62 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/07/24(木) 01:18:11.53 ID:6pARHN0lo
きっと、いー様はさやしゃん抱きしめて
「かわいい」とかいいそうww

>>60
あれー?以前がちょっとわからないなー(棒)
今の甘えっぷりをもう少し聞けば思い出すかも
63 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/24(木) 01:58:20.96 ID:FJd5p6d/o
>>61
寝苦しいですねーまったく(ー ー;)

繰り返すほど難しくなっている気がしますね。
話してよかった時のこと(ご褒美)を忘れずにいられたらと思います。


>>62
この辺りの話では、「いーちゃんかわいい」でしたよww

以前は甘え方の勉強の頃ですよ、、(^^;;
懐かしいなー
最近はなんというか、、強引にいっております。
64 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/07/24(木) 02:04:18.48 ID:6pARHN0lo
>>63
ご、ごういんに…(ゴクリッ)
猫は虎へと進化したのですか?
65 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/24(木) 02:11:19.11 ID:FJd5p6d/o
結局あんまり近況書けませんでしたけど、サークルやバイトなど、交友関係も一応充実しております。

、、ただ贅沢な悩みだとは思いますが、どうも日々張り合いがないというか、、、
これが大学生というものなのか、だらけるのもわかるなと思いました。。

1年のうちだけですかね。
もっと追い込めることでも始めようかなとも考えてます。


それでは次回はみんなの近況でも書けたらと思います。
妹の話もしたいのでw
66 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/24(木) 02:13:43.59 ID:FJd5p6d/o
>>64
それはもう随分前からry
そうではなくてですね、「甘えさせろー!」な感じの強引な感じそんなあれです。
ご相談にお任せします!
67 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2014/07/24(木) 02:14:08.20 ID:FJd5p6d/o
ご想像にお任せします!
68 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/07/24(木) 02:18:46.99 ID:6pARHN0lo
>>66
相変わらずのドジっこに和んだ〜ww
相談ということは安価ということですね?わかりません
69 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(千葉県) [sage]:2014/07/24(木) 02:21:40.82 ID:4YYsdzteo
おっさんはスゴい想像しちゃうよ?
70 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/07/24(木) 11:18:59.46 ID:qhgI7OkA0
さやにゃんこんにちは

小暑が過ぎ昨日は大暑 暑い日が続きますがお元気そうでなによりです

あやちゃんやみんなの話 次回もたのしみにしているよ
71 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2014/07/25(金) 23:54:52.97 ID:oIry6a680
お、
ちょっと目を離した隙に来てたのね
元気そうで何よりだよ

大学生は一度ダレるとどこまでもダレて行くからねえ
例えば20万貯めてインド行くからバイト頑張るとか
10月に◯◯検定受けるぞ!とかさ
自分で目標設定しないとねー
72 : 【ピョン吉】 [sage]:2014/08/01(金) 22:34:16.89 ID:YwCFrHRRo
はっ!

S字クランクは上手くできたかな
73 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/08/07(木) 10:26:24.35 ID:PCTr8DOJ0
さやにゃんおはようございます

今日は立秋 暦の上では秋になりますが爽やかな気候になるのはもう少し先のようですね お変わりありませんでしょうか


そろそろしょうちゃんの誕生日では? 今年は元気にしてるかな?ww  
74 : 【吉】 [sage]:2014/09/01(月) 22:10:53.38 ID:YmO6diHDO
ほしゅ
75 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/09/03(水) 01:04:14.74 ID:x0lZc0ZVo
お久しぶりでめす、38にゃん。

この夏はとっても暑かったり、かと思えばものすごい豪雨だったりと忙しい天気でしたね。
体調は大丈夫でしたか?

自動車学校通い始めたんだね。
今頃はもう免許取得したかな?それともまだ仮免ぐらいだろうか?
無事取得できたら、多少意識して出来るだけ運転する時間を作った方がいいよ。
取り立てのうちに感覚を磨いておかないとペーパーになりがちだから。
今はもう持ってないけど俺がそうだった……。
直後以外は久しく乗ってなかったのに必要に迫られ運転したことがあったけど、恐々だったよ。

大学生は……だらけるだろうねぇ。
その辺はアメと鞭を使いこなす38にゃんが締めてくれるだろうと思ってたけどねw
まあ人脈作りだと大目に見つつ、単位を落とさないように励めばいいんじゃないかな?


ではまたノシ
76 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2014/09/09(火) 03:16:00.32 ID:9Gob8h1wO
もう夜は明けてしまいますが、、、
いー様 月が綺麗ですね
77 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/09/09(火) 10:09:53.03 ID:Tc7T1oXf0
さやにゃんおはようございます

昨日は白露 中秋の名月でしたが十五夜お月様は観られましたでしょうか


自動車学校では仮免取得して路上教習かな? のんびりまってるよ
78 : 【毎月1日限定ですよ。。】 [sage]:2014/09/09(火) 23:45:18.62 ID:xTv+lg24o
さやちゃん
月が綺麗ですね(^^;
79 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/09/24(水) 00:13:49.67 ID:qas7wxV5o
こんばんでめす、38にゃん。

暑さ寒さも彼岸まで……ってことで秋の彼岸ですね。
これから寒さすら覚えるぐらいの風が吹き、昼間の気温もみるみる下がっていくでしょうね。
風邪をひかないよう十分注意しましょう。


……当の俺はこの数週間ずっと体調不良だけどw


ではまたノシ
80 : 【吉】 [sage]:2014/10/01(水) 03:57:23.87 ID:BUIpw8/bo
こんばんでめす。

保守がてらお御籤をば。

10月といえばいー様の誕生日でしたね。
一足早く、いー様おめでめす。


ではではノシ
81 : 【末吉】 [sage]:2014/10/01(水) 07:27:52.39 ID:U2rFR9E3o
えいっ
82 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/10/18(土) 10:13:16.91 ID:GAPwLuW/0
さやにゃんおはようございます

秋分寒露が過ぎ北の地方では初霜の便りも聞かれます(富士のお山も雪化粧です)お変わりありませんでしょうか


今日はいーちゃんのお誕生会かな?報告楽しみにしているよw
83 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/10/23(木) 02:10:57.45 ID:X2+mkKhuO
さやちゃん学生生活満喫してそうだな〜
84 : 【吉】 [sage]:2014/11/01(土) 01:14:42.96 ID:uXOyIG/9o
おみくじ兼保守
85 : 【末吉】 [sage]:2014/11/01(土) 02:26:34.90 ID:BBmD5MEzo
こんばんでめす、38にゃん。

霜月、11月です。
さらには38にゃん一家の誕生月ですね。おめでめす!

天気のいい日の昼夜の気温差がずいぶん大きくなり、最低気温もところによっては1桁台ですね。
猫のためとはいえ夜中も窓を少し開け放ってる身としては風の冷たさに沁みる今日この頃です。
暑がり38にゃんには、ようやく過ごしやすい季節かな?

世間はハロウィーンで仮装の話題で盛り上がってますが、38にゃんの方はいかがですか?
ハロウィーン使用のネコ装備でハロニャーンパーティーと洒落込んでたりするのかなw
お祝いごとの続く月、良いひと月を過ごしてね。


ではまたノシ
86 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/11/04(火) 15:45:37.46 ID:iY4wRqZk0
さやにゃん・・・

なにかあったのかな・・・・・・
87 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/16(日) 23:06:08.72 ID:dNuNwsOEo
拝啓

晩秋の候、皆様はいかがお過ごしでしょうか。


大変ご無沙汰しておりますm(_ _)m
来る来る詐欺で誠に申し訳ありません。。
もう来ないと思われていたかもしれませんが、この面下げて来ましたすみません。

夏頃から、新しい仕事で各地を飛び回ったりしておりました(^^;;
先日ようやく落ち着いた次第であります。
中々忙しいながらも、充実感のある毎日になりました。
時間のある大学生のうちにと、日々邁進しておりますゞ

当の大学ではぼっち気味だったりするわけですが…。


なにはともあれ、元気にやってます!


敬具
88 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/16(日) 23:22:46.23 ID:mOxqdtYIo
さやしゃん、こんばんは〜
元気そうでなによりですww
寒くなってきたし、体調に気をつけてね

しょうちゃんにいー様、さやしゃんの周りの人達も変わらず元気にしてるの?
89 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/16(日) 23:37:47.17 ID:dNuNwsOEo
以前は7月末でしたね。
4ヶ月近く前、、、ほんとにすいません(。_。;)

過ぎるのはあっという間でしたが、この間にいろいろありました。

3人の誕生日もありましたねー
私は19歳成り立てですがw

以前は自動車免許の話してましたね。
無事取得しましたよw
取得早々、長距離を運転することになるとは、この時は露ほども思っていませんでしたが、、(^^;;

それと、大学祭もありました。
その時の話も機会があればぜひ。


>>70
その他の話もぜひ、、、ちゃんと来ます(2回目)
今度こそはほんとに!

>>71
ほんとにそうですよねー
ぐだぐだしていた矢先、いい話に恵まれて救われました。

>>72
ノーミスでしたよ!、、たぶん!

>>73
今年は元気でしたよw
いろいろもらってましたねー私も一応あげました。

>>75
おかげさまで、忘れる暇もなく運転することになってしまいました(^^;;
職場の人にも同じような事を言われましたw

大学生活楽しんでるのは私としてもうれしいですよw
あの時はちょっと拗ねてただけなんです、、;

>>77
8月中には卒業しましたよw
性分なんですw

>>79
寒くなって暑くなって、、という日が続いてましたよね;
この頃も一段と冷え込んできていますので、お身体ご自愛下さい。

>>80
覚えてもらえていて嬉しいですw
90 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/16(日) 23:44:07.34 ID:dNuNwsOEo
>>88
こんばんは、お久しぶりですm(_ _)m
お早い御返事ありがとうございますw

急に寒くなりましたね(^^;;
貴方様もご自愛下さいませ。

元気ですよー
2人とも大学生を楽しんでる感じで、その成分を分けてもらってますw
91 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/16(日) 23:54:23.95 ID:mOxqdtYIo
>>90
ありがとうww

仕事で運転してるみたいだけど、しょうちゃんとドライブとかはした?
長距離の運転は必要以上に気をつけてね
92 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/16(日) 23:56:44.14 ID:dNuNwsOEo
>>82
誕生日当日は、私とは別のサークルでお祝いしていましたので、
私は後日お祝いさせてもらいましたw

>>83
学生生活とは若干違う気もしますが(^^;;
充実はしてますw

>>84
ありがとうございます!

>>85
覚えていただいて恐縮ですm(_ _)m
ありがとうございますw

猫ちゃんは元気ですねー
私は去年より寒さに弱くなったのか、もうしっかり暖をとっています(^^;;

ハロウィンの時は、仕事で前泊してました(~_~;)
みんなは街で楽しんでたみたいですw

>>86
ご心配おかけしましてすみませんm(_ _)m
93 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 00:03:32.27 ID:+aHwiXXzo
>>91
ドライブというか、仕事先に一緒に行って、帰りに送ってもらうというのはありました。
仕事終わりに現地で遊んだりと、楽しんでますw

自称中級者が一番危険ですしね、、十分気をつけます。
94 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/17(月) 00:23:26.14 ID:zlxrNQVzo
>>93
忙しいばかりじゃなくちゃんと息抜きも出来てるみたいだね、安心安心www

ところで…猫装備はお蔵入り?ww
95 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 00:51:24.16 ID:+aHwiXXzo
>>94
楽しみながらやってますw

そんなこともないですよー、、増えてますし(。_。;)
今は猫脚ソックス装備してますww
96 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/17(月) 00:51:42.87 ID:pD6vVJsto
さやちゃん お久しぶり〜
元気そうで何よりです
どじっ子さやにゃんは返上ですか?
運転はくれぐれも気を付けてね

イチャイチャ報告をこのスレでの正装で待ってますw
97 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/17(月) 01:12:53.32 ID:zlxrNQVzo
ね…猫脚ソックス(ゴクリ
フル装備でしょうちゃんの膝の上で丸くなるんですね?ww

忙しい中ありがとう〜、またねー
おやすみなさいノシ
98 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 01:38:02.73 ID:+aHwiXXzo
>>96
お久しぶりですー
喧騒にも負けずにがんばっております!
もともとどじじゃないですしっかりものです(動揺)
ありがとうございますw

女装でしたっけ?(惚)

>>97
以前もらったやつですよw
そんなこともあったようななかったような、、(あった)


おやすみなさい。


では、私も失礼します。
また明日、時間とれると思いますので来ます。

今日のところはご挨拶まで。
99 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/11/17(月) 11:11:43.79 ID:nJI17nRu0
さやにゃんこんにちは

学業と新しいお仕事 充実した日々を送れているようでなによりです
(前回より間が空きましたので少々心配になりましたw)

今晩も来てくれるみたいですので眠気と戦いながらまってるよ
100 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 19:58:28.69 ID:OLjyN2x5o
こんばんは。


>>99
充実してましたー今は小休止という感じですw
ご心配おかけしてすみません(^^;;

私も早めに寝ますので大丈夫だと思いますw
101 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2014/11/17(月) 20:01:16.85 ID:yb4gw+Q7O
さやちゃん
こんばんは〜

今日はお早い登場ですね
102 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 20:06:24.94 ID:OLjyN2x5o
さて、さっそくですが何か書いていこうと思います。

気になる話などありましたら、お気軽におっしゃって下さいませm(_ _)m
103 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 20:09:28.58 ID:OLjyN2x5o
>>101
こんばんは。
お早い反応ありがとうございますw
104 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/17(月) 20:29:44.99 ID:PeSOGVIHo
しょうちゃんの誕生日w
105 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/17(月) 20:40:26.55 ID:pD6vVJsto
さやちゃんこんばんは
今日は早いねぇ
このスレの正装は裸にネクタイですよ
あれ?違った?

いや、ごめんなさい | 柱 |ヽ(-´ω`-。)反省...
報告楽しみに待ってます

あ、いーちゃんがEちゃんになれたか気になります
106 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 21:07:50.07 ID:OLjyN2x5o
とりあえず私自身の近況でも。

新しく仕事を始めたことは書きましたが、それ以外にも変わりました。

夏から、元々興味のあった研究室に顔を出すようになりまして、いろいろ学ばせてもらっています。
まだまだ知識不足で出来ることは少ないですが、快く受け入れてもらえました。
お茶汲みしながら勉強させてもらっていますw

仕事もここの人から紹介してもらって、大変実になっています。
最初扉を叩く時は勇気いりましたけど、おかげで充実した生活を送れるようになりました。
何事も挑戦してみるもんですね!

ただ、視野が広がった分進路も少し悩み始めました…。
前までは、この分野はこういう道しかないと思い込んでいましたが、いろんな進み方があるんだなーと、、、それはゆっくり考えていこうと思います。

まあ今は、新しいことを身につけるのが楽しいという感じですw
107 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/17(月) 21:10:30.27 ID:zlxrNQVzo
大いに悩め!若人よ!

あっ、さやしゃんこんばんは〜
108 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 21:13:30.45 ID:OLjyN2x5o
>>104
では誕生日の話書きますねw

>>105
こんばんは。
猫耳じゃなかったですか?(^。^)

そこですかー(¬_¬)
…私の知る限りではなってないはずです。
109 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 21:15:02.73 ID:OLjyN2x5o
>>107
こんばんはー
悩んで考え続けたいと思いますw
110 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 21:49:04.06 ID:OLjyN2x5o
では、しょうちゃんの誕生日の話。


せっかく大学生になったので、高校生の時よりは少し大人っぽいことをしたいなーと漠然に考えていました。
とはいえお金に余裕があるわけでもなく、、ちょっといいところで外食するぐらいしかできませんでした(。_。;)

その後は、、、ちょっといいところに行き

書けないことはさておきまして、プレゼントは眼鏡をあげました。
なぜそんなものをと言われそうですが、、(実際に言われた)

7月ぐらいから、目が痛くてコンタクトつけれない日がちょくちょくあるみたいで、、、
外で眼鏡をすることが増えました。
今までは、部屋用だったため適当な眼鏡(十分可愛い)しかなかったけど、いいのほしいなーと言っていたので、じゃあ買ってあげる、となりました。

自分から言ったものの、プレゼントぽくないなーと思っていたのですが、、、

し「さやが選んでくれたら毎日眼鏡にしようかなーwwメガネ男子ww」

とか言ってるのでよかったと思うことにしました(^^;;
実際は3:7ぐらいで眼鏡ですw
ちょっと増えましたww


つ「いいわー。初めてかっこいいって思った」

つぐみさんにご好評いただいて、感無量ですm(_ _)m
111 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/17(月) 22:04:27.77 ID:SivsrRfDo
勤勉ドジッ娘さやにゃん、お久しぶりw

さて誘い受けのさやにゃんに
>>110
>その後は、、、ちょっといいところに行き
>書けないことはさておきまして

ここら辺のことをkwskお伺い致しましょうかww
112 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/11/17(月) 22:09:56.05 ID:Yy04P+mv0
さやにゃんこんばんは

ちょっといいところに行き ちょっといいところに行き ちょっといいところに行き

どんないいところかな?
113 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/11/17(月) 22:23:25.92 ID:Yy04P+mv0
ちょっと舞い上がってしまい…

書けないところでしたねwwww
114 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 22:47:14.74 ID:OLjyN2x5o
以前書くと言っていた、妹の話も。


高校生となった妹のあやは、少し大人っぽくなりました。

つ「一段と色っぽくなったわねー」

とかいうお姉さんの感想は置いておくにしても、
ほんとに大人びたと思います。

家ではさほど変わらないのですが、外での態度や評判を聞くと、結構変わったようです。

前からしっかり応対出来る子でしたが、(姉目線)
それは愛嬌のある行儀良さというか、いい意味で子供らしいそれでした。
しかし、最近は大人のそれになってきているように思います。

成長したなー
…と、私は素直に思えませんでした。
妹が再三言っていた「さやちゃんみたいになりたい」が引っかかったからです。

私が高校生に成り立ての時、早く大人にならなきゃという焦りがありました。
無理して取り繕って、形だけはそういう態度でいようと背伸びしていました。

それを真似しているのでは、、、と思えてならなかったです。
いいことなんか一つもないのに。

ある時聞いて見ると、

あ「まだ全然真似できてないよー」
あ「あ、この前⚪︎⚪︎先生にそっくりって言われたよw」
あ「次のテストでは追いつくからね!」

という始末です。

何度か真似しなくていいと言ってはいるのですが、変わりなく…
どうしたものかなーと悩み中です…。

そういう懸念がなかればただただ可愛い妹なんですけどね(~_~;)
115 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 22:52:20.69 ID:OLjyN2x5o
>>111
わーお久しぶりです!
見てもらえていてうれしいですw

そこはお察し下さい(^^;;
、、楽しかったです、とだけ。

>>112>>113
協定があったと記憶していますので…w
まあわかっちゃうとは思いますが(ーー;)


誕生日のこといざ書き出してから、しまったと思ったんですよーーorz
116 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/11/17(月) 23:09:46.98 ID:Yy04P+mv0
>>114
心配することないよ お手本が良いからねw
117 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/17(月) 23:25:26.90 ID:QzqGbAkmo
>>114
取り越し苦労ですよ
118 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 23:27:38.88 ID:OLjyN2x5o
>>116
たとえよかったとしても、真似の程度によるのでは…
見て学ぶくらいならいいんですけど(~_~;)
119 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/17(月) 23:30:05.17 ID:OLjyN2x5o
>>117
そうですかね…
どんどん強くなっている気がします;
120 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) :2014/11/17(月) 23:43:14.32 ID:Yy04P+mv0
それじゃお姉ちゃんはたいへんだw
迂闊な事はできないよねww


大人ぶりたいお年頃 だれでも通る道なのでは
121 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/17(月) 23:48:15.69 ID:QzqGbAkmo
>>119
誰かの様に見るからに無理してて辛そうなら心配ですが
そうでなければ大丈夫だと思います
兄弟姉妹なんてそんなものです
122 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/18(火) 00:11:52.94 ID:e78jJR08o
>>120
と言っても前のことはもう取り返せませんから…w

そういうものですかねー、確かに私のように歪んではないです。
それならいいのかな(^^;;

>>121
辛そうではないですね、むしろ嬉しそうです…w
そんなものですか、、悪いことじゃないように思えてきました(°_°)
ただ、私を目標にしないでもっと羽ばたいてほしいなーとは思います(シスコン)
123 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2014/11/18(火) 00:40:52.41 ID:zozZg7dT0
久々だけど、変わってないなーと思うところと大人になったなーと思うところと両方あっていいね
文字だけでもなんとなく分かるんだよ
124 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/18(火) 00:47:07.05 ID:8PWKqVjJO
進路の選択肢が広がっての悩みなら、嬉しい悩みだね。
まるで受験の前のしょうちゃんみたい。
どれが正解かは難しいけど、さやちゃんが選んだなら
どれも間違いではないはずだから、しっかり考えれば
良いと思うよ!

本当に悩んだら、その時はしょうちゃんを頼ってあげてね。
男としては、そういうのが嬉しいから。
125 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/18(火) 00:48:57.35 ID:e78jJR08o
皆の近況も簡単に書いていきますねー。


まずはしょうちゃん。

何事にも柔軟なしょうちゃんは、すぐに新しい環境にも馴染めたようで、学校行事やサークル活動など、積極的に参加しています。
私の周りでは一番大学生活を楽しんでいるかもしれませんw

ちなみにサークルは、運動系のと、文化系のと、よくわからないの(失礼)に入っています。
そのよくわからないサークルが一番いごこちがいいらしく、メインで参加しているみたいですw
運動系のは私も一緒で、よくわからないのはいーちゃんと同じです。
私もしょうちゃんも運動系のはあんまり参加してませんが(^^;;

学科とメインのサークルが一緒ということもあり、大体いーちゃんと一緒にいます。
……怒ってなんかないですよ!
実際そっちの方が何かと安心ですしね(ーー;)
まあ最近はそうでもないみたいですw

し「も、もう俺は用済みかな(涙目)」

もらってあげましょう。
126 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/18(火) 00:54:13.29 ID:e78jJR08o
>>123
何度かこんな話してますもんね(^^;;
お、大人になりましたか!うれしいw
いろいろ経験できてるとは思いますw

>>124
そうですねー今は切羽詰まってもいないので、考えるのも楽しいと思えますw
本当にやりたいこと、向いてることを見つけられたらなーと思います。

今でも話したりしてますよ。
では、多いに頼らせてもらいますw
127 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2014/11/18(火) 00:58:25.06 ID:zozZg7dT0
しかし元気そうで安心したよ
またこんなふうに突然現れておくれ
128 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2014/11/18(火) 01:01:52.06 ID:nTKMb9FJo
さやちゃんは自己評価が低すぎるからなー

お姉ちゃん見たくなりたかったら猫の格好すれば良いんだよ!って言えばおk
129 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/18(火) 01:03:33.26 ID:e78jJR08o
続いていーちゃん。

同じく柔軟ないーちゃんですが、そこは私と似て新しい環境は苦手で最初は戸惑っていたみたいです。
それもあってしょうちゃんに依存気味でした…w
段々慣れてきて、気が緩んでつい言い過ぎて、、、みたいなこともあったらしいですが、
その時もしょうちゃんが丸く収めてくれて、更に依存して、、なんてこともありました(^^;;

い「私のダーリン素敵でしょw」
私「こら、盗るな」

ただの予定調和ですw
それも最近は落ち着いてきた、というところですね。

私は絶対離れませんけど!
130 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/18(火) 01:08:37.48 ID:e78jJR08o
>>127
ありがとうございますw
まだこんなに見てもらえていてうれしいです!
また突然来ますねww

>>128
最近はそうでもないと思いますよ(^^;;
仕事を通じて自信もてることもありましたw
ただただ妹は世界一だと思っているシスコンなんです(真面目)
、、それももうしちゃってますからねー(ーー;)
131 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/18(火) 01:19:37.55 ID:e78jJR08o
最後につぐみさん。


実は、大学ではつぐみさんと一緒にいることが一番多かったりしますw

新しい環境もなんのその、あっさり馴染んで当時も今も結構友達多いみたいですが、それでもよく私のところに来てくれてました。

つ「いーはしょうちゃんがいるとして、さやちゃんは寂しいでしょ」
つ「…なんてうそ。私が会いたいから来るの」

、、そんなたらしセリフ言わないでよ誰にでも言ってるんじゃないのやだもうつぐみ様大好き。

こんな好待遇な私が惚れるのは当然として、ほんとに誰にでも言ってはいないだろうけど、
はっきり言ってつぐみさんはモテます。
女の子ではなくて、男の子からですよw

しかし当のつぐみさんは可愛い女の子に夢中で見向きもしないのでした…。
同人サークルでさらに女の子好きに拍車が、、と本人談。

ちょっと繊細な話しますと、、ビアンではないけど今は男の子にはあまり興味ないとか。

つぐみさん自身は楽しそうなのでいいかなと思っていますw
132 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2014/11/18(火) 01:25:52.83 ID:e78jJR08o
結構長くなってしまいましたが、、この通りみんな楽しく大学生しております。

そして私はぼっち気味、、、他が充実してるのでいいですけどねw


それではまた、時間がある時に来ますね。
何か聞きたい話など書いていただければ、一筆せていただきますm(_ _)m
書ける範囲で!

おやすみなさい。
133 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/11/29(土) 03:02:14.41 ID:GVQsnYu4O
完全に乗り遅れた(´・ω・`)
元気そうでなによりです

しょうちゃんとのイチャラブが聞きたいw
できればkwsk聞きたいw

2828したいんだよ(´・ω・`)
134 : 【中吉】 [sage]:2014/12/01(月) 15:58:37.00 ID:Qxxq1GzV0
さやにゃんこんにちは

過去スレに晩くまで遊んでいてしょうちゃんが叱られたとの話が有ったのを記憶しているのですが
ほっこりするようなエピソード聞きたいな(「しょうちゃんのお嫁さんになる〜」の詳細でも可)
135 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2014/12/01(月) 18:58:03.60 ID:VhJ8IFTYo
しょうちゃんがお嫁さんになる〜の妄想でも可
136 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) :2014/12/13(土) 02:10:43.53 ID:xfCUwNwo0
しょうちゃんが進学に悩んでいたころ何度か書き込みさせてもらった自営業のおっさんです。

お久しぶりです。(2年ぶり以上か??)
先日たまたま気になって検索したら、本スレにて終了のようなので、ご挨拶しておこうかと...

しょうちゃんへ
 がんばれよ。
 一生をかけて、ちゃんとさやちゃんを幸せにするんだぞ。
 そのためにはいつも自分を成長させなきゃね。

さやちゃんへ
 しょうちゃんや仲間みんなと一緒に、幸せが続くことを祈ってる。

137 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/12/19(金) 10:42:10.56 ID:Z11Vj98c0
さやにゃんおはようございます

昨日の記念日 クリスマス お正月とイベントが続きますね
あっまぁーい報告まってるよw
138 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) [sage]:2014/12/24(水) 23:51:47.32 ID:8T+a2LaKo
3周年おめでめす&メリークリスマス、38にゃん!

お久しぶりです。クリスマスですね。今夜はいかがお過ごしでしょうか……まあ聞くだけ無粋でしょうがw

大学生活、各々実にリア充ですねぇ。今のところ心配する要素皆無の模様。
物事は決して一面的ではないですから様々なことを見聞きしてトライして、道を絞っていけばいいと思います。

あやにゃんにとっての憧れの存在が現在はさやにゃんってこと。
大学生になった38にゃんに興味や関心の変化をもたらしたように、あやにゃんも次第に変化していくだろうから今は見守って行くということでいいと思うよ。


ではではよきクリスマスと年末年始をノシ
139 : 【末吉】 [sage]:2015/01/01(木) 08:33:30.91 ID:M1yUjFOXo
Happy new year!
140 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/01/02(金) 00:51:56.44 ID:znHealnqo
あけましておめでめす、38にゃん、いー様、しょう子ちゃん。

みんながさらに飛躍できる年になることを願います。
今年もよろしくね。


ではまたノシ
141 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(香川県) [sage]:2015/01/13(火) 09:11:05.95 ID:lWi3ccxL0
あけましておめでとうございます。初回から見てますが初の書き込みです。
みなさんの成長を見ると自分も頑張ろうと思えます。
いーちゃんは俺がもらう!
142 : 【吉】 [sage]:2015/02/01(日) 02:13:19.46 ID:0agq+c19o
こんばんでめす、38にゃん。

恒例のおみくじの日がやってきました。どうかな?

今年は閏年ではありませんが閏秒が7月1日の朝8:59:59〜9:00:00の間に入るそうです。
1日24時間じゃ短いという人がいたりしますが、この日は1秒だけ長く過ごすことになります。

およそ多くの人にとって取り留めて何かが起きるわけではない1秒。
されど金融、鉄道、ITなどセンシティブな業界では注視する日だとのこと。
過去障害が発生したこともあるそうなので今回は防いでほしいですね。

さてさて、38にゃんならばこの1秒をどう過ごすかな?


ではまたノシ
143 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/01(日) 07:24:09.02 ID:1ozCPGFIo
 
144 : 【だん吉】 [sage]:2015/02/01(日) 17:15:26.07 ID:0/UNgCqmo
えいっ
145 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/17(火) 16:11:05.64 ID:UYjPsWDso
 
146 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/19(木) 07:16:57.36 ID:HzmSKvQ9o
 
147 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/22(日) 21:03:30.52 ID:7i+MFzDMO
こんばんは。

ご無沙汰ばかりしておりまして、申し訳ありません…。
まだまだ寒さが身に沁みる季節ですが、日中は温かい日も増えましたね。
いかがお過ごしでしょうか。


まだしていない挨拶ですので、一応…。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2015年も早2ヶ月近く経ちました。
更なる躍進はもちろんのこと、これまでの自分と周囲を省みて見つめ直す1年にしたいと思っております。

その一端と言ってはなんですが、此度ご挨拶に参った次第でありますm(_ _)m


ともあれ、元気に過ごしております!
148 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/22(日) 21:47:09.39 ID:7i+MFzDMO
来ると言って結局3ヶ月も…ほんとすみません(ー ー;)
多忙と言う程ではありませんでしたが、いろいろとありまして…。
一先ずお返しさせていただきます。

>>133
唐突ですみませんでした(^^;;
そちらもお変わりなく幸せに過ごされていましたら、なによりですw

>>134
ほっこりする話ですね、その辺りも意識してみますw
当時のこととなるとあまり覚えていなくて…難しいです^^;

>>135
妄想なら如何様にも…いえ、事実で書かせていただきます!

>>136
お久しぶりです。覚えていますよw
その節はお世話になりました。

どちらのお言葉も、深く受け止めます。ほんとに…。
ご挨拶ありがとうございます。

>>137
確かにイベント続きではありましたが…
ご期待に添えられないかもしれません(ー ー;)

>>138
この日は実は……また報告で!

各々リア充…ではあったのだと思います。
その後に続くお言葉も実に的確で…痛み入ります(^^;;

憧れとは往々にして手が届かないものではないでしょうか。…と、思っていました。
いつの間にか強くなっていくものですねw

>>139
末広がり!

>>140
ありがとうございます。
振り返りながら進んでいきます!

>>141
長くお付き合いいただいて、ありがとうございますw
私にはもったいないお言葉で…(/ _ ; )
それはできませんっ!

>>142
閏秒というのもあるんですねー勉強になりましたw
なるほど、そういった業界では貴重な1秒なのですね。
その1秒で劇的に変わるような生活ではありませんが…
1秒でも長く続いてほしいと、そう思えるような時間を過ごしていきたいです。
149 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(岡山県) [sage]:2015/02/22(日) 22:00:41.69 ID:yWJxmYjJo
おかえりなさい(о´∀`о)

元気そうでなによりだよー
便りがないのも元気な証拠だとうけとめとるよ
150 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/22(日) 22:01:27.73 ID:Smvzy2kd0
さやにゃんこんばんは まってたよ

本日最後の確認で寝入る寸前なのでレスできなかったらごめんなさいwwwwww
151 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/22(日) 22:04:13.17 ID:BE6Aaca4o
生存確認できただけでおじさんは嬉しいよ
がんばってください
152 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/22(日) 22:05:08.34 ID:WVf4TKRLo
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
153 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/22(日) 22:08:45.62 ID:7i+MFzDMO
さて、本題を記述します。
今日は予告と宣言をしに来ました。

これから先、長い話を書こうと考えています。
以前のような報告…とは異なるかもしれませんが、その時のようにしっかり書きます。

前回から間3ヶ月にあったことと、少し遡りつつ他の話も織り交ぜて、なるべくいろいろな話もしたいと思っています。
ご期待して下さっているような内容とは違うかもしれません…
なるべくその辺りも応えるつもりで書いてみますが(^^;;

上で少し述べたように、自分を省みるために、折角のこの場を活用させていただきます。

この話が完結したら……というのはスレの残り次第で考えますねw

とにかく、今度こそ必ず最後まで続けますので、どうか見守っていただけましたら幸いです。
虫のいい話なのは重々承知しておりますが、よろしくお願いします。
154 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/22(日) 22:13:18.11 ID:Smvzy2kd0
さやにゃん なにがあったの?…
155 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/22(日) 22:16:16.98 ID:7i+MFzDMO
わ、こんなにもありがとうございます!


>>149
ただいまです!
今度こそほんとに、ただいまです(^^;;
いえ、図らずも怠慢だったのだと実感しています…。

>>150
こんばんは!
お気になさらずw
近々必ず来ますので!必ず!

>>151
ありがとうございます!
今後も見てもらえたらなによりです。

>>152
キマシタワー(百合脳増大中)
156 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/22(日) 22:19:07.67 ID:7i+MFzDMO
>>154
その辺は話の中で…w
一言で言えるようで言えないことです(焦らし)
今は元気ですよ!w
157 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2015/02/22(日) 23:11:19.26 ID:RorskVwxO
さやにゃんあけおめ!
得意の焦らしからの寝子にゃんだったりしてww
158 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/22(日) 23:55:57.52 ID:d2ydR+7po
初リアル遭遇…
パンツ脱いで正座で待ってます
159 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/23(月) 00:18:52.41 ID:3PTJRGV7O
>>157
あけおめです!
そそんなことはないのでありますですよ
もうちょっとだけ、中身のあることですw

>>158
そうでしたか!はじめましてw
でも今日はご挨拶だけでして…すみません(ー ー;)
今後ともよろしくお願いします!



それでは、今日の所は失礼させていただきます。
とりあえず1つまとめ中ですので、早ければ明日また来ます。
遅くても2、3日以内には必ず…!

随分久しぶりでしたのに、多くの方が見てくれていたことに驚きましたw
うれしいです、ありがとうございます。

改めてこれからよろしくお願いします。

では、おやすみなさい。
160 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/23(月) 04:14:13.05 ID:dyZez76to
こんばんでめす、38にゃん。

うむむ、気になる。
この3カ月の間に何が起こったのか。


ではまたノシ
161 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/02/23(月) 20:49:59.01 ID:jMUYMxANo
こんばんは。
昨夜はありがとうございましたm(_ _)m

とりあえず1つ目の話がもう少しでまとまりそうですので、今日中には貼っていきます。


>>160
いつもありがとうございますw
見返す大きく出てしまっていましたが…一大学生の些細な心情とでも思ってください(^^;;
今後ともよろしくです!
162 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/02/23(月) 22:14:08.46 ID:jMUYMxANo

ーーーーーーーーーー

11月某日


改札を抜けて、駅の構内から外に出る。
防風壁を失った横風に一気に吹き付けられて、思わず身震いした。
秋も一層深まり、風の冷たさが身に沁みる季節となった。
コートなしでは少し肌寒い。

その寒さに堪える間もなく見慣れた車を見つけ、急く気持ちをそのままに早足で駆け寄った。
車中の彼はこちらに気がつき、小さく手を挙げて笑顔を向けてくれる。

「お疲れさま」
「ありがとう」

差し出された手に鞄を手渡し、助手席に座る。エアコンで暖められていた車は、1人で乗る時よりもずっと温かかった。

鞄を後部座席に置き、シートベルト、シフトレバー、サイドブレーキと次々に発進の準備をする。
最後に私の頭をぽんぽんと軽く叩いてにこっと笑う。
言うまでもなく、最後の動作は車の発進とは関係がない。
やはり彼が運転席に座る車は温かい。

周囲を確認しながら丁寧に車を発進させる。
その所作に危ぶむ所はなく、すっかり手慣れたものだ。
ぐるりと半周ロータリーを周って、通行車に阻まれることなく公道へと抜ける。

少し進んで一本道に入ると、視線はそのままに尋ねられた。

「どう、うまくいった?」
「うん。つつがなく」
「そっか。よかった」

実に端的な私の返答に、彼は普段と変わらない笑顔でそう返してくれる。

我ながら、今日はよくできたと思う。
大一番とも言えるこの日を乗り越えられたことは、素直にうれしく、自信にもなった。
そんな意を込めながら、内容を簡単に伝える。

「運が良かったのもあるけど…」
「いや、すごいよ。さすがさやさん」

そう言ってくれる表情もまた、変わらない笑顔だった。
163 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/02/23(月) 22:17:00.56 ID:jMUYMxANo


仕事終わりの帰り道。
私が電車で仕事先に行った時は、たまにこうして迎えに来てくれている。

この日の仕事は、これまでの仕事振りを評価されるような、そんな内容だった。
そのため、出発前も仕事中も普段よりずっと気を張っていたのだろう。
無事に終わっても、どこか落ち着かなかった。

落ち着かないまま歩いたら転ぶかもしれないしどじな私なら電柱にぶつかるのも余裕だ。いやどじではないけど。
犬も歩けば棒に当たるとも言う。いやこれは意味が違う。それに他にはあれとかあれだし。

…だからまあ、なんていうか、その。

この日は特別一刻も早く、彼ーーしょうちゃんに会いたかった。



赤信号で停車して、運転手の彼は一息つく。
私もほっと一息。
肩の凝りをほぐそうと、後部座席の方まで腕を投げ出して大きく伸びをする。

「んーーっ」
「………」

…運転席から視線を感じた。
ちらっと横目で見ると、わざとらしくいやらしい目でこちらを見ている。
………まあ、意味するところはわかっている。

こちらもわざとらしく、睨んでやった。

「……前見て運転してなさい」
「いや、見てほしそうに強調し」
「へんたい!」

ただの予定調和である。

信号が青に変わり、ゆるりと車が進み出す。
前方に向き直る彼の横顔は、先ほどより表情が和らいでいた。ゆるゆるだ。

まったく、どうしようもないなぁ…
などと思っている私の表情も、緩んでいるのだろう。
まったくどうしようもない。
164 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/02/23(月) 22:19:47.78 ID:fs97F+kQ0
さやちゃんこんばんは
ごゆっくりどうぞ〜
165 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/02/23(月) 22:22:11.59 ID:jMUYMxANo



夕陽を背負いながら、決められた速度で一本道を進んでいく。
進む先に広がる景色は、後方からの光に照らされて常よりも美しい。
その実無機質な風景であっても、この時間だけは橙色に輝いていた。
暮れ始めた陽は直に沈み、今見えているこの景色も変わってしまうのだろう。



会話もなくなり、外の景色をぼーっと眺めていた。
何もしていないこんな時間さえも、幸福に感じられる。

「……ありがと」

小声でぼそっとお礼を言った。

そんな唐突な言葉に少し思案して、軽い口調で返してくれる。

「…これぐらいしかできないけどね」

迎えのお礼ととったのか、そう答える彼を見てつい顔が綻ぶ。
なんでもないかのような、彼らしいその言い方が堪らなく愛おしい。
そっと彼の膝に手を置いて、実感しなが言い添えた。

「そばにいてくれるだけでいいよ」

ただそれだけで、見える景色が変わる。
穏やかに明るむ日常は、時折目が眩むくらいに目映い。
隣にいるだけという幸福な時間が確かにあるのだ。

166 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/02/23(月) 22:25:51.82 ID:jMUYMxANo



果たしてその言葉は、彼にはどう伝わっていたのだろうか。
かけがえのない彼自身はどう受け取ったのだろうか。
そばにいる、だけ。

「…そう」

すっかり盲目な私は、短く答えた彼の言葉の意味も見えず、添えた手だけで軽く返事をした。




分岐のない道を進んだ先、三叉路に突き当たった。
右折した先は入り組んだ路地を進んでいくことになる。
薄暗い夜道には、点滅するウィンカーの灯りが瞬いていた。


ーーーーーーーーーー
167 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/02/23(月) 22:28:24.92 ID:jMUYMxANo

とりあえずここまでです。

こんな感じで進めていきますので、よろしくお願いします。


>>164
こんばんはー
ありがとうございます!
168 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/02/23(月) 22:31:31.53 ID:fs97F+kQ0
大作の予感だね
伏線っぽい個所がチラチラあって気になるぜ

人生それは死ぬまでのY字路〜
169 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/02/23(月) 23:29:37.97 ID:jMUYMxANo
>>168
まだまだ続きますw
だいたい伝わったでしょうか(^^;;

きっと分かれ道ばかりですよね。
170 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/02/24(火) 00:23:44.41 ID:Kt+6EBa7o
今日は以上になります。
次の話がまとまったらまた来ますね。

それでは、失礼します。
171 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(岡山県) [sage]:2015/02/24(火) 05:17:31.90 ID:PDmYixgSo
さやにゃんのまたの登場を楽しみに待ってるね〜
172 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/24(火) 09:26:59.27 ID:Y5qYT1uGo
なるほど…
つまりいーにゃんがえふにゃんになったわけですね!
173 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/25(水) 05:55:59.28 ID:fUlGavmro
おはようでめす、38にゃん。

こういう文章、懐かしい感じ……。
お待ちしております。


ではノシ

>>172
それはステキだね!
174 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/26(木) 21:26:14.31 ID:4QONYRmuo
こんばんは。

温かくなってきて徐々に花粉が…
花粉症の皆様、今年もなんとか乗り切りましょう。


次の話ももう少しですので、少々お待ちください。


>>171
ご清覧ありがとうございますw

>>172
いえ、それはちがいます(真顔)

>>173
懐かしいですかねw
今後ともお願いします。
175 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/26(木) 21:38:43.64 ID:GgQJNybu0
さやにゃんこんばんは まってたよ
176 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/26(木) 22:07:46.39 ID:4QONYRmuo
>>175
こんばんは。
お待ち下さってありがとうございますw


それでは、投稿していきますね。
177 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/26(木) 22:10:28.16 ID:4QONYRmuo

ーーーーーーーーーー


12月某日

休日の昼下がり。
とはいえ、私は大学で用事があったので登校していた。
その帰り道、自宅の斜向かいにある家の前で見慣れた姿を見つけた。

「あれ、いーちゃん」
「あ、おかえりー」

スマホを片手に振り向き、手を振って笑顔で挨拶してくれる。
うん、今日もがんばれる。

「どうしたの?」
「しょうちゃんと一緒に課題する約束してたんだけど、まだ帰ってきてないみたい。バイト終わってないのかなー」

しょうちゃんのバイトは通例のシフト制勤務だが、休日だとたまに延長することがある。
彼女もそれを知っているからか、特別気にしていない様子だ。

「そっか…。それなら…」

先に上がらせてもらえば、と言いかけて庭先の方に目線を移すと、普段停まっている車がない。
きっとご両親も外出中なのだろう。

「……うちで待ってる?」

変に間が空いた誘い方になってしまい、まるで誘っているようだ。いや何を。

「…?うん、そうする」

一瞬首を傾げるも、にこっと笑顔で首肯する。
これで明日もがんばれる。

助かったー寒かったよーきゃっきゃ、ひゃっ冷たーやめてよーうふふ、など言いながら、直ぐにうちの前に到着した。
これは一週間分くらいかもしれない。

178 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/26(木) 22:12:02.14 ID:4QONYRmuo

我が家も全員外出していたため、リビングに上がってもらった。
そちらの方が私の部屋より暖まるだろう。

エアコンと炬燵の電源を付け、電気ケトルに水を入れてスイッチをONにする。
彼女はうちの犬をわしわし撫でまわしながら、んーあったかーいと御満悦な様子だ。
こちらとしては、そちらの大きなわんちゃんをわしわししたい。

とか、益体のない願望に思いを巡らせていると、炬燵卓に置かれた彼女のスマホが振動した。

「おつかれー。ううん。いいよー。さやちゃん帰ってきたから入れてもらった。うんーーー」

しょうちゃんからの電話らしく、どうやらバイトが終わったようだ。

電話する彼女を横目に洗面所に行く。
冷たい水で手を洗っている間に、お湯は沸いているだろう。
179 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/26(木) 22:18:39.29 ID:4QONYRmuo



「何の課題?」

炬燵で暖をとる彼女に、簡素なコーヒーを差し出しながら尋ねた。

「ありがとー。○○学の。苦手なやつー…」
「あー、言ってたね」
「うん。その課題がさー、ーーー」

講義の内容に対して考察するという課題が、毎週出るらしい。確かに中々大変だ…。
前に聞いたことがあった。
彼女は苦手だというが、しょうちゃんはそうでもないらしい。
だからきっと、頼りにしているのだろう。

同じ大学に進学した私たちだが、学部が違えばこうしたことはほとんどない。
専門科目が増えるこの先は、もっとなくなるのだろう。

羨ましいと、そう思った時もあった。
自分で選択した道に決して後悔はないけれど、少しばかりは考えてしまった。
尤も、新たな事に充実している今となっては思わなくなった。
そもそもこういう考えは、進路に悩んでいた2人に、それ以外の人たちにも失礼だ。


「…羨ましい?」

私の顔を覗き込みながら、からかうような表情で聞いてくる。

相変わらず鋭いなぁ…。
当たってはいないけど、どんなことを考えているかはわかるらしい。
まあ、当たってないのもわかっていながら言っているのだろうけど。

「……別に」
「えー?今から2人っきりで、ぴったりくっついて課題するんだよ?」

何を今更…そちらのことに関しては羨ましく思ったりしたことはない。

「そんなこと…。私なんて、昨日は…」
「……え、なに?」
「い、いや、べつに…」
「なに?何したの?」

両手で顔を挟んで、じーっと目を見て「教えろー」と問い詰めてくる。
や、やめてーどきどきしちゃうからやめてー

目を逸らしつつ、やっぱり勿体無くて見つつしながらやり過ごした。

ただの予定調和である。
そして、これが彼女なりの優しさであり気配りであることを、私はよく知っている。

180 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/26(木) 22:21:14.42 ID:4QONYRmuo

そんな他愛ない会話をしていると、漸くにインターホンがなった。
彼女も一緒に炬燵から立ち上がり、玄関に出迎えに行く。

「おつかれさま」
「おつかれー」
「ありがと。ほんとごめん…。さやがいてよかったよ」
「そうだよー寒かったしー」

申し訳なさそうに謝る彼に、彼女が憎まれ口を叩く。
まあバイトで仕方ないのはわかっているから、もちろん冗談だ。

「いいよ。……さやちゃんと、あっためてあってたから…」

ちろっと上目遣いで、意味あり気につぶやく彼女。
ひゃあああ。

「…ほう。くわしく」
「えー?ひみつ」
「そこをなんとか!」

まあ実際は、彼女は炬燵とかコーヒーで温まったくらいだし、私としては彼女の可愛い仕草一つ一つに心温まっただけだ。
あれ、あっためあってる。

「…ないしょ」
「なに!?マジだったのかよ…」
「ふひひ」

でれっとだらしなく笑うと美人が台無しである。
いやそんな顔も可愛いけど。

以前から変わらない予定調和だ。

181 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/26(木) 22:27:00.97 ID:4QONYRmuo


玄関から出ると、振り返りながら私に声をかける。

「さやちゃんも一緒に来る?」

さっきは2人きりなんて言っておきながらも、誘ってくれる。
まあ冗談で言っていたのだから普通の流れだけど。

「んー…私も仕事でやることあるから」
「そっかー」
「ごめんね」

遠慮したわけではなく、本当にやらないといけないことがあった。
これも今更、遠慮することもないし。

「じゃあ2人っきりだー」とか言う彼女をあしらいながら、庭先から2人を見送った。


もしも、私と彼が同じ学部で、同じ課題が出されたとしたら。
あんな風に2人で課題に取り組むということがあったのだろうか。
きっとそうはなっていないのだろう。

それは私の問題で、真面目で堅いと言われる変わらない性根の所為だ。
自分の考えを述べるような課題なら、自分で、1人で向き合って考えたいと思っているし、実際そうしている。
私と彼女で考えてみても、変わらないと思えるし、他の子でもそうだ。

だからこれは、彼と恋人同士であるからというわけではない。
たとえ、彼と恋人同士でなく、仲のいい友達であったとしても、この関係は変わらないのだろう。

そんな益体もないもしもの話を考えてみたりした。


リビングのエアコンと炬燵の電源を切り、二階に上がる。
迎え入れる人のいない自室は、いつも通り寒々としていた。


ーーーーーーーーーー

182 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/26(木) 22:29:23.54 ID:4QONYRmuo
以上になります。

たとえ天地がひっくり返っても、いーちゃんは可愛い。
183 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/02/26(木) 22:37:53.90 ID:t6W86DSI0
むむむ

じらすなあwwww
184 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/02/26(木) 22:47:56.73 ID:3QUXsGUNo
さやしゃん、こんばんは〜

いやあ、相変わらず両手に花で羨ましい!
ん?間違っている?いない?よね?

…さやしゃんの両手には花を?その花の両手は…いーおっp(ゲフンゲフン
185 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/26(木) 23:08:42.81 ID:4QONYRmuo
>>183
焦らしますw
私も振り返り中ですので、お付き合いいただければと思います。

>>184
こんばんはー
間違ってないですよww
もちろん私も両手に花です。華ですよ!
186 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/27(金) 02:34:26.96 ID:EAFDiDJmo
もう一つできたので、投稿しておきますね。
187 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/27(金) 02:36:26.01 ID:EAFDiDJmo

ーーーーーーーーーー

12月某日


パソコンを起ち上げてからどれくらい経っただろうか。
数行しか埋まっていないワードを見て、思わずため息をつく。
時計を見ると、とっくに日付けが変わった時間だ。

最近仕事で任されるようになった報告書と悪戦苦闘していた。
いや、闘いにもなってないけど。

明日、というか今日も朝早いし寝ようかと考えていると、隣の部屋のドアが開く音が聞こえた。
それに続いて階段を降りて行く足音がする。

隣には妹の部屋がある。
高校では、今はテスト期間中だと言っていた。勉強していたのだろう。
こんな時間まで…今日は休みとはいえ、さすがに心配だ。
部屋から出て、追うように私も一階へ降りた。
いつものやかましいお小言である。


188 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/27(金) 02:37:48.18 ID:EAFDiDJmo


妹はキッチンで飲み物を注いでいた。

「あ、さやちゃん」
「まだ起きてたの?」
「うん…。勉強してた」

答える表情は、少し暗い。
まあこの時間だからというのあるだろうし、不安もあるのかもしれない。

「そう。でもこんな時間までやらなくても…」
「さやちゃんも起きてるじゃん」
「…私は、仕事で」
「……すごいなぁ」
「なんで。別にすごくないよ」

実際ほとんど進んでなかったし…。
妹にそう言われてしまうと、後ろめたい。

「…ううん、すごい。大学行って、勉強して、仕事もしてる」
「…」

彼女はそう呟くように言って、僅かに憂いを帯びて微笑んだ。

「私なんか学校のテストぐらいでも全然ダメだよ……」

その微笑みを嘲笑に変えて、弱音を吐く。
…お小言言ってる場合じゃないなぁ。

189 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/27(金) 02:40:59.05 ID:EAFDiDJmo


深夜だからか、勉強で疲れているからか、いつも以上に弱気になっている。
10月の実力テストの結果も関係しているのだろう。
決して悪い成績ではなかった。ただ、僅かだけど1学期のテストより順位が下がっていた。
中間の前にあった実力テストで下がって、中間でさらに…だった。
だから次こそは…という重圧もあるのかもしれない。

……加えて、私の成績と比べているというのもあるのだろう。
というか、妹にとってはそれが主なのだ。
いくら気にしなくていいと言っても、中々に譲れない所があるらしい。
それが良いことか悪いことかは一先ず置いておくとしても、最愛の妹が苦しんでいるのを良しとすることはできない。
伊達にシスコンをやっていない。

過去の私の結果はどうすることもできない。
だから、今の、今後の私自身がどうにかしなければいけないのだ。いや、どうにかしてあげたい。

とりあえずは、その落ち込んだ表情を見ていられないのでなんとかしよう。

190 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/27(金) 02:42:50.36 ID:EAFDiDJmo



そっと妹の頭に手を伸ばす。
子供を寝かしつけるように、努めて優しく撫でながら伝えた。

「大丈夫。…テストの一回ぐらい、どうってことないよ」
「……でも、一回でも悪かったら、成績下がるし…」

いつか言われたお兄ちゃんの言葉でも、あまり効果がない。

「…で、でも、まだ一年生なんだから、そんなに頑張らなくたって…」
「…一年生で、もう置いてかれてたら追いつけないよ…」

考えつくのは、こんな当たり障りないことばかり。
語彙力の無さが歯痒い。
励まそうとしている私の方が狼狽える始末…。
困った。困るのが早すぎて困った。

伝える言葉もないまま、偉大な母にあやかる。
撫でていた手を背中にまわしてそっと抱き寄せた。

「う…?」
「わ、私は…あやに、苦しい思いしてほしくないよ」
「…うん」
「勉強なんかできなくても、…元気でいてくれれば、それでいい」

過保護と言われるものかもしれないけど、実際そう思うのだから仕方がない。
私の本心からの、唯一の願いだ。
あとは可愛い笑顔を見せてくれるだけでいいし、それと「さやちゃん大好き」とか言ってくれたらうれしいし、
たまにこうして抱かせてくれたらこんなにうれしいことはない。
唯一で唯一に唯一な願いだ。
まあ要するに元気でいてほしい。


191 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/27(金) 02:44:26.70 ID:EAFDiDJmo


私の腰に回された手に、きゅっと軽く力が入る。
そして、疼くまっていた顔を上げて、にこっと笑った。

「……勉強もできるし」
「あ…う、うん、ごめん」
「へへ。ありがと!」

元気よく言って、もう一度ぎゅーっと抱きついてくる。
痛い……でも痛くない…きっと目に入れても。

…これでよかったのか。
答えはわからないけど、今見ている笑顔は唯一の願いの一つに違いない。

「じゃあ、今日はもう寝ようね」
「うん。そうする」

最後にもう一度頭を撫でて、2人で二階へと上がった。

私も寝よう。
いや、でも全然できてないしなぁ…せめて取っ掛かりだけでも掴んでから…。

「おやすみー。さやちゃんも寝てよ?」
「…うん、寝るよ。おやすみ」

見事に筒抜けである。
最愛の妹に言われては仕方ない。
パソコンを落として、消灯した。

192 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/27(金) 02:47:53.07 ID:EAFDiDJmo


寝るとは言ったものの、さっきのあれでいきなり就寝とはいかない。興奮冷めやらぬ。
恥ずかしかったという意味で。深夜のテンションだったのだ。
眠りにつくまで、少し考える。


妹から、私はどう見えているのだろうか。
いい姉。とは思ってくれているのだろう。…そうであってほしい。
尊敬できる姉。とも見てくれているのだと思う。自惚れでもなく。
目標。これも大体あっているのだろう。
理想。真似しようとしたり、そう思っている節がある。
ライバル。時にそう考えていることもあるのがわかる。

周りの人達のお陰で、今は私自身、自分をそれなりに評価している。
だから、これらもそこまで悪いことだとは思わない。
そうして比較して成長できるなら、結果としていいことだと思う。

けれど最も身近な所にそうした存在がいるというのは、どんな気持ちなのだろうか。
…知っている。何度も苦しむ姿を見ているのだ。

往々にして兄弟姉妹とは、比較されて育つものなのだろう。
けれど私たちにはそうしたことがあまりなかった。
だから慣れを知らずに、今こうして苦しんでいるのかもしれない。


そばにいるだけで、苦しめてしまうのなら。ならば私は甘々でいよう。
一方的な押し付けであっても、唯一の願いを叶えるためにそうありたい。


考えた末に至った思いは、結局先ほど抱き合った時の気持ちと同じだった。
寝る前なんてこんなものかな…。

寝てよ?という彼女の言葉を思い出し、寝付く感覚に包まれていく。
あ、寝れる…と感じながら、頭の中の誰かに向けておやすみと挨拶した。


最も身近な存在として、私から見て、或いは彼から見て、お互いがある。
ふと過ぎったこの事について、その時は深く考えはしなかった。


ーーーーーーーーーー

193 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/02/27(金) 02:52:05.02 ID:EAFDiDJmo
以上です。


「姉や妹を溺愛しているなら、性別問わずシスコンと言うでしょ」
つぐみさんのお言葉により、私は姉バカからシスコンとなりました。
194 : 【大吉】 [sage]:2015/03/01(日) 00:10:48.71 ID:gYgag33DO
シスコンの二人に幸あれ
(もう一人のシスコンは前々スレを見r(ry
195 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/03/01(日) 20:41:31.39 ID:e7L90X+Ao
どじっ娘寝子にゃん、おつかれさま〜〜
前と文体が少し変わったよねw

読んでる本の影響かな?
最近の愛読書はなんだろww


意味深な終わり方で続きが気になるw
愛すべき姉妹に幸あれ〜!
196 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/07(土) 22:15:54.33 ID:8bo9HzHDo
時間が空いてしまってすみません…。
只今次の話を書いていますので、今日か明日には再開できると思います。



>>194
私達だけでなくシスコンばかりな私の周り…
いーちゃんのお兄さん然り、私の妹然り(願望)。

>>195
お久しぶりです!

実は結構前につぐみさんからの依頼で、同人誌で数ページほど小説を書きました。
「次もお願い」とお褒めの言葉をいただきまして…その練習も兼ねて、少し意識して書いていますw
愛読書というとそう変わってないですけど、参考になるような本は色々読みました。

まだまだ続きまして…恐縮ですが気長にお待ち下さいませm(_ _)m
197 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(千葉県) [sage]:2015/03/07(土) 22:29:07.12 ID:W4Iq+ulDo
さやちゃん こんばんは

その小説ってエロいの?
是非ここでさわりだけでも(*'∀'人)
198 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/03/07(土) 23:15:30.21 ID:ADyQ3ayJo
紳士協定違反です
199 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/07(土) 23:40:54.45 ID:8bo9HzHDo
>>197
こんばんは。

全年齢対象です!
私だけの作品ではないのでそれは…すみません。
つぐみさん所属のサークルということで、内容はお察しです(^^;;


>>198
協定に則り、無事故無違反ですよw
200 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/03/08(日) 10:47:25.48 ID:lxqCSMm1O
だからあれほど何か始める前に呼べとだな(´・ω・`)
久しぶりにリアルタイムで見れそうですww
ゆっくりまったり、いつものペースで待ってます。

あ、女の子産まれたよww
三姉妹の誕生だよww
201 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/08(日) 22:05:26.77 ID:7epQtOWCo
>>200
わあ、お久しぶりです!
唐突ですみません(^^;;

なんと!おめでとうございます!
当時を思い出すと、生意気にも感慨深い気持ちになります。
お幸せにw
三姉妹とは、益々パパ大変…w
202 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/08(日) 22:51:56.58 ID:7epQtOWCo
ようやく書き終わりましたので、投稿していきます。
203 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/08(日) 22:57:39.27 ID:7epQtOWCo

--------------------

11月某日


方々から人が流れ込み、吹き溜まりのように喧騒が広がっている。
一斉に昼休みとなるこの時間、学内で最も人が多いであろうこの場所は、食堂である。

私は基本弁当を持参しているので、あまりこの食堂を利用しない。
大体自分の教室で食べている。
今日も弁当はあるが、一緒に食べようと約束があった。

その約束の相手を探していると、後ろから軽く肩を叩かれた。
突然の衝撃に勢いよく振り返ると、淑やかに微笑む、慣れ親しんだ表情が眼に映る。
約束相手の、つぐみさんである。

いやあまり淑やかとは言えない…何が可笑しいのか、少し口を歪ませて微笑んでいた。

「ふふ、ごめん。待った?」
「あ…ううん。今来たとこ」

実際に来たばかりだったのでそう答える。
図らずも、今では聞くこともないような定番の返しをしてしまった。

「ふふふ、100点の答え」
「いや、本当に今来たところだったから…」

ぐっと顔を寄せ、両手で頭を撫で回してくる。

やめてー心地いいけど恥ずかしいし直視できないから今度人がいないとこでして。

その両手から抜け出そうしていると、すぐ近くから熱い視線を感じる。

「ふひひ、いいっすなー」

だらしなく眉を下げて笑う彼女。これも見慣れた光景だ。

彼女はつぐみさんと同じ学科で、且つサークル仲間でもある。
今では私もよく知る仲となった。
サークル仲間ということで、名前はさくらさんとしよう。

「さくら。はしたない」
「つぐみさんもでしょ…」
「むふふ、ごちそうさま」

特徴として、笑い方が結構はしたない。いやいい意味でだけど。

そして、つぐさや推しだそうだ。つぐいーも好きらしい。つぐりんもいいとか。
要するに、つぐみさんが好きなのだ。
204 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/08(日) 22:59:38.98 ID:7epQtOWCo


きゃっきゃうふふぐふふ言いながら、3人で座れる席を探す。
こうして誘われた時くらいしか来ないので、この喧騒にも慣れておらずどうも居心地が悪い。

漸く空いている4人席を見つけ、ほっと一息つく思いで椅子に座る。

「つぐちゃん、何にする?買ってくるよ」
「……じゃあ、◯◯で」

つぐみさんは逡巡して、さくらさんにメニューを伝えた。
今考えたのは、メニューのことだけではないのだろう。

「はいよー」
「…ごめんね。ありがとう」
「いいっていいってー。じゃあ行ってくる」

笑いながら軽く言って、財布を手に喧騒の中をすいすいと進んでいった。

謝ってお礼を言ったのは私だ。


以前3人で食堂に来た時のこと。
その時も私は弁当を持ってきていたので、2人が食事を運んでくるのを席で待っていた。
慣れない騒がしさで居心地の悪さを感じつつも、きょろきょろそわそわしながらぼーっと待っていた。
全然ぼーっとできていない。

戻ってきたさくらさんに、「ごめんね、心細かった?超落ち着きなかったよ。次からはつぐちゃんに付いててもらおうね」
なんて言われてしまったのである。

別に大丈夫なんだけど…きょろきょろは元々だし。というかはたから見てそんなにあれだったのかな…。

まあそんな気遣いに加えて、彼女の「つぐみ様のお食事ならよろこんで用意するよ!」という言葉で、今回のような運びとなったのである。

205 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/08(日) 23:03:17.50 ID:7epQtOWCo


気さくであっけらかんとした性格の彼女は、人見知りな私でも話しやすい。
その性格とは対照的というか、時折見える繊細な女性らしさもあり、こうしてなんでもないかのように気遣いをしてくれる。
普段のはしたない笑顔に隠された本音のように。
まあ、その本音はないのかもしれないけど。


そんな彼女がつぐみさんに付いていてくれることを、嬉しく思う。
友だちの多いつぐみさんだが、不思議と彼女に対してはそう思うのだ。
いーちゃんと似ているようで、また違った何か。
206 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/08(日) 23:06:10.60 ID:7epQtOWCo


人混みに消えていく彼女を目で追っていると、向かいに座るつぐみさんが口を開く。

「花開いたの?」
「ちがうから…」

何の花も開いてはいない。
まあ、そんな表情に見えたのかもしれないけど…。

「いい子でしょ」
「うん」
「ふふ」

少し誇らしげに微笑むつぐみさん。
その表情に私も嬉しくなる。

「…それに、つぐみさんすごい好かれてるね」

つぐみさんを慕うさくらさんと、それを誇らしく思っているつぐみさん。
これには花が開かないとも言えない。

「まあね。ほら、私オタサーの姫だから」
「全然違うでしょ…」

軽い冗談が返っきてしまった。

自分で言うのはどうなんだろう…。
でも、全然違うとも言えないのかな…サークルの皆(ほぼ同性)にちやほやされてるし。
決定的に違う所と言えば…。

「つぐみさんは本当に可愛いから!」
「あら、ありがとう。サークルの皆もそう言ってくれるわ」
「…姫じゃん」

そんなやり取りをしていると、さくらさんがトレーを持って戻ってきた。

「おまたせー」
「ありがとう。大好き」
「ええっ?ううん…いいよ…うへへ」
「やっぱり姫だ…」

つぐみさんに頭を撫でられ、はしたなく笑うさくらさん。
立派なお姫様の振る舞いであった。
きっと、私も家来の1人。


とまあ、昔から変わらない彼女の軽い悪ノリである。
実際は傲慢な態度もとらないし、もちろんサークルクラッシュもない。

207 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/08(日) 23:09:49.40 ID:7epQtOWCo


全員食事が揃ったところで、一様に食べはじめる。
主にサークルの話で盛り上がる2人の会話を、相槌を打ちながら聞いていた。
私も所属はしていないけど、何度か参加したことがあるので、少しは話がわかる。


大学生となった彼女の世界は大幅に広がった。
学内のサークルや同人サークルなど、積極的に活動している。
共通の趣味を持つ仲間に囲まれ、生き生きしているのがわかる。
またその趣味以外のこともよく知っているため、色々なところからお声がかかるらしい。
学科内での信頼も厚い。
ひとえに、彼女の人徳のなせる業だ。

対して私は。
方向性は違えど、私の世界も広がった。
研究室で知識を深め、仕事で様々な経験を積ませてもらっている。
私にとってはどれも充実したものだ。
しかしそれは、私一人の世界に過ぎないのかもしれない。

自身の向上だけを目指して進んだ先に、広がる世界。
そこには、住み慣れた町は残っているのだろうか。

208 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/08(日) 23:12:39.88 ID:7epQtOWCo


「さやちゃん、今日サークル来れる?」
「んー……うん。いいよ」
「そ。よかった」

特別予定もなかったので、承諾した。
笑顔で喜んでくれるつぐみさんを見て、つい私も顔が綻ぶ。
隣のさくらさんもはしたなく。



彼女はこんな私にも目を向けて、こうして誘ってくれる。
決定的な何かが違う彼女と私の世界は、彼女の差し伸べる手だけで繋がっていたのかもしれない。

欲しいものがあるのなら、形はどうあれ手を伸ばす。
でなければなくしてしまう。離れていってしまう。
たとえどこかの世界の姫であろうとも、それは変わらない。


--------------------
209 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/08(日) 23:21:10.65 ID:7epQtOWCo
以上になります。

共有できるキャンパスライフの1つの形です。
210 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/03/09(月) 00:16:46.80 ID:yW+21/gnO
乙でした。
とうとう百合の花が開く時が…(`・ω・´)

充実した大学生活を遅れてるのかな?
昔より重い文に感じるのは、さやちゃんが大人の女に成長してドジっ娘成分が薄れたからなのかな?ww

色々あるだろうけど、息抜くときはしっかり抜こうねノシ
211 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/03/09(月) 00:22:19.91 ID:MaV7XOMM0
幕が上がるか、上がらないのか…
ふひひ
212 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/09(月) 00:56:04.07 ID:8jfliGUIo
>>210
ありがとうございますw
練習として、百合増しで書いています(^^;;

すべて順調とはいきませんが、充実してますよw
実際重く考えているからですかね…。
もちろんそれもありますよ!元々どじじゃなかったですけど!

幸せな報告が聞けて息抜きになりましたww
ありがとうございました。

>>211
そんな舞台もありえたのかもしれません。
そろそろ花咲く季節の幕開けですね(意味深)。
213 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/26(木) 18:59:26.97 ID:69z9u1eTo
こんばんは。

遅くなりましたが、続きを投稿していきます。
次からは短めにします…。
214 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/26(木) 19:02:58.61 ID:69z9u1eTo
--------------------


10月某日


講師の先生が講義の終わりを告げると、先刻までの沈黙を破ってあちらこちらから話し声があがる。
その声は次第に大きくなり、たちまち喧騒へと変わっていった。
いつもの授業終わりの光景である。

板書したルーズリーフをぱらぱらめくり、見返して頭の中で整理する。
まだまだ基礎の段階ではあるけど、専門科目の講義は面白いと感じられる。
特にこの先生の講義はわかりやすい。
今日の内容も満足できるものだった。

そんな感想を胸に、荷物をまとめる。
次の時間はこことは別の広い教室で行われる講義がある。
選択科目なので、クラスの全員が移動するわけではない。
というかこのクラスで選択している生徒はほとんどいない。
そのためか、毎週この時間はいつもの休憩時間よりも騒がしくなるのだ。

移動しようと立ち上がると、隣の子と談笑していた前席の男子が、こちらを見上げて声をかけてきた。

「もう移動すんの?俺も一緒に行くわ」

彼も次の講義を選択している。

「あ、ううん、えっと…ちょっと寄るとこあるから」

逡巡しながらそう返すと、「そっかー」と特に気にする風でもなく彼は答える。
その彼と隣の子にも簡単に挨拶して、席を離れた。
まあこの短い休み時間で立ち寄るようなところもないけど…トイレくらいは寄るかもしれないし。
215 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/26(木) 19:10:02.95 ID:69z9u1eTo


喧騒をすり抜けるて教室を出ると、廊下もまたそこそこに賑わっていた。
歩き出して程なく、進行方向から私を呼ぶ声が聞こえてくる。

「さやちゃーん」

その声がする先には、見慣れた彼女の姿があった。
笑顔で大きく手を振る彼女は、モデルのように背が高く華やかで、大勢の中でも一際目立っている。
高校からの友人、りんちゃんだ。
今日も見目麗しい。

周囲の子達に一言二言挨拶してから、こちらに駆け寄ってくる。
ひらひら踊るスカートに目が奪われる私は、きっと正常。

「おはよー」
「おはよ」

笑顔で挨拶して、雑談しながら講義室へと向かう。
彼女もこれから同じ講義を受けるのだ。

同じ学部の彼女とは、いくつか同じ講義がある。
それも前期は結構あったが、後期では随分少なくなってしまった。
今日のこの講義は、彼女と一緒に受けられる貴重な時間だ。
216 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/26(木) 19:13:32.34 ID:69z9u1eTo

こころぴょんぴょん移動中の一時の会話を楽しんでいると、そのままの流れでトイレに入っていくので私もそれに続いた。
彼女は奥の個室へ進んでいく。
手持ち無沙汰で鏡を見ながら前髪を弄っていると、後から入ってきた子の内の1人と鏡越しに目が合った。
同じクラスの子だ。

ばっちり目が合い、そしてややわざとらしく、ふいっと逸らされる。
彼女達はそのまま奥に進んでいった。

うーん…まあ、私も大体同じ気持ちだけど…。
先日の事を考えれば、これも致し方ない。

そんな憂いもわずか、入れ違いで出てきたりんちゃんを見て、すぐに心が弾んだ。
ああ^〜ぴょんぴょんする。

相当はしたない顔をしていたのか、はたまた複雑な顔をしていたのか、「ん?」と訝しむ顔を向けられる。
なんでもないとかぶりを振って、誤魔化した。

手を洗う彼女にならい、私も目に見えない何かを冷水で洗い流した。

217 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/26(木) 19:14:40.51 ID:69z9u1eTo

教室で講義の始まりを待つ間、側を通る子の何人かがりんちゃんに声をかけていく。
男女問わず、みんな弾んだ声だ。

屈託のない素敵な笑顔で話す彼女といると、自然とこちらも笑顔になる。
きっと誰もが同じ気持ちになるのだろう。
華やかな彼女の周りには笑顔が絶えない。


「---って言われてー」
「あーね」
「あるわーそれ」

近くの席の子達とは、楽しい会話が広がっている。私も何度か話したことのある子だ。
相槌を打ちながら、なんとなく混ざっていた。

その談笑中、ふと脈絡もなく、りんちゃんに両手で手を握られた。
当の本人はそれについて触れず、会話を続けている。

なんのことはない、いつもの癖である。
218 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/26(木) 19:16:43.54 ID:69z9u1eTo


高校の頃から、彼女のこうしたスキンシップはよくあった。
無意識に触ってしまうらしい。
最初の頃はおどおどきょどきょどしていたけど、今となっては慣れたものだ。
動揺したりしない。もちろん高翌揚はする。

「……仲良いねー」
「んー?うん、まあねー。ねー?」
「う、うん」
「微笑ましい」
「あはは」
「ちょ、ちょっと…近いって」

煽られて更に、ぐーっと顔を寄せて頭を撫でてくる。
慣れた慣れた…ふひひ。
はしたない笑いは心の中だけで。

決して誰にでもするわけではない。
特別仲のいい子だけである。
私の知るところ、いーちゃんとつぐみさん、それに大学でよく一緒にいる子くらいだろうか。
…しょうちゃんにもしていたが、一度怒ってからは止めた。
ちなみに怒ったのはいーちゃんで、怒られたのはでれでれしたしょうちゃんである。

それだけ気を許してくれているのは、心から嬉しい。
ますます素敵になる彼女が変わらず近付いてきてくれることを、誇らしく思う。
それに甘えている。

それは純粋な気持ちのようで、たちの悪い自尊心なのかもしれない。


程なくして講義が始まった。

離された手には、ほのかな温もりと一抹の寂しさがわだかまっていた。
219 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/26(木) 19:21:58.32 ID:69z9u1eTo



「それじゃ、先戻るね」
「うん、じゃあねー」
「またね」

彼女と一緒の講義はあっという間に終わりを迎える。
別の友達と会話に花を咲かせている彼女に別れを告げ、その場を後にした。
離れても、明るい空気は伝わってくる。少し名残惜しい。

扉近く。元いた席の方を振り向くと、偶然なのかこちらに視線を向けた彼女と目が合った。
期待通りの笑顔で大きく手を振ってくれる。
小さく手を振り返して、満ち足りた気持ちで退室した。

弾んだ気持ちも周囲の賑わいに高まることはなく、教室に向かううちに平静に戻っていく。
教室内での視線にもその平静を乱されることはなかった。
220 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/26(木) 19:23:58.83 ID:69z9u1eTo
--------------------



以上です。

これも1つのキャンパスライフの形。
221 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/03/26(木) 19:57:48.86 ID:iOb/k8LNo
こんばんは〜

…って…ん?
222 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/26(木) 22:05:19.53 ID:69z9u1eTo
>>221
こんばんは。
要するに、素敵な友達の話です。
223 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/03/26(木) 22:20:25.57 ID:IBbSqADUo
どじっ娘寝子にゃん、こんばんはw

微妙に張られた伏線が気になる〜〜〜
次回にも期待w
224 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/03/26(木) 22:52:18.98 ID:IvBXMgfW0
さやにゃんこんばんは

最近はレスを控えておりますが毎日見ているよ
(これからの展開がどうなるのか期待半分不安半分ではありますが)
225 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/03/26(木) 23:02:29.72 ID:f1jbuYRY0
こんばんは
来月からもう2年生か
早いね〜
226 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/27(金) 00:10:06.92 ID:xHxBzXEoo
>>223
こんばんは。
この先紐解かれていく…はずです。
ありがとうございますw

>>224
こんばんは。
ありがとうございますw中々書けなくてすみません…。
今後もよろしくお願いしますm(_ _)m

>>225
こんばんは。
はやいものですねw
今年で成人なんですよ!
227 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/03/27(金) 07:50:50.57 ID:OygxH8/uo
ネコ耳ミステリ作家誕生?
228 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/28(土) 00:42:03.45 ID:duORX07Qo
>>227
ジャンルは百合で、プロットは人任せですが…w
構成力の無さを痛感しております…。



短い話を1つ、投稿します。
229 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/03/28(土) 00:45:18.40 ID:a9gDVHdKO
あら、今日はゆっくりやな
夜更かしは美容の敵やで〜
230 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/28(土) 00:46:02.58 ID:duORX07Qo
--------------------


11月某日


研究室から続く廊下は、日中の賑わいもなく静まり返っていた。

立ち止まって窓の外を見る。
外はすっかり暗くなり、夕方降り出したにわか雨は未だ降り続いていた。
小さくため息を吐いて、再び歩き出す。

静かな廊下には自分の足音だけが響く。
湿ったリノリウムの床と擦れる足音は、どこか間が抜けたように聞こえる。


行き着いた先、ベンチが立ち並ぶ自販機前。
人の気配に顔を上げると、さも当然のような顔で「おつかれー」と労いの言葉をかけてくる。

「…メールしてよ」
「先に言ったらおもしろくないでしょ?」
「ばか…。もし帰ってたらどうするの」
「本当は今メールするところだったけどね」

なんて憎まれ口を叩きつつ、内心の嬉しさを隠しはしない。
「ありがと」と言って、彼の側に並ぶ。

相変わらず、こういうサプライズを仕掛けるのが好きなしょうちゃんだ。
こうして待ってくれているのはこれで2回目。

響く足音は2つ。
やはり間が抜けて聞こえる。


ぐるるる

「…腹減ったな」
「……聞き流してよ…」

ついでに気も抜ける。

231 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/28(土) 00:48:36.54 ID:duORX07Qo


降り出した時の勢いも弱まり、今はしとしと雨に変わっていた。
か細い雨音は、不思議と無音よりも静けさを感じる。
これくらいの雨は嫌いじゃない。
…出歩かなければ、だけど。

鞄から折りたたみ傘を取り出すと…それを取り上げられてしまった。

「これはいらないねー」
「……そうですね」

彼が差す傘に入る。
必然、身体が寄り添う形になる。
それよりも気持ち近づいて、傘を持つ腕に手を添えた。

傘を叩く音が絶え間なく耳に届く。
心地よい静かな雨音。
雨の中を歩くのも、嫌いじゃないかもしれない。

「さむいな」
「うん…」

冷たい風が通り過ぎ、彼がぶるっと身を震わせる。
むき出しの手は、さぞかし冷たいのだろう。
傘を持つ手を囲うように両手で握る。

「…こうすれば、少しはあったかいよ」
「……あざといなー」
「それはお互い様」

なんと言われようと、握った手は離したりしない。
たとえこの先どんなことがあっても、私からは決して離さない。



「おつかれー」
「あ、おつかれっす」





「…今さら離してもばれてるから」
「…はずかし…」


--------------------
232 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/28(土) 00:54:58.62 ID:duORX07Qo
以上です。

いつかはこんな雨路もありました。




>>229
こんばんは。
思いついたうちにと…つい遅くなりました(^^;;
もうすぐ寝ますね。
233 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/03/28(土) 00:58:05.19 ID:a9gDVHdKO
やっぱり、ほっこりするなぁ〜

お疲れさま!
234 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/03/28(土) 17:58:41.93 ID:duORX07Qo
>>233
それは何よりですw
こういう話も入れつつ進めるつもりです。
一応つもり…w
235 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/03/29(日) 01:20:34.20 ID:my8UxMQho
さやちゃんこんばんは!

心配症のおっさんはこの先の展開が不安で仕方無いわ
236 : 【大吉】 [sage]:2015/04/01(水) 04:58:44.26 ID:PsMZmZ+DO
エッセイストとしての才能が徐々に開花?
237 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/04/02(木) 20:45:19.50 ID:P0ewGAKAO
これはほっこりする2828(・∀・)
238 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/04/02(木) 20:47:31.50 ID:wprqfkNUo
さやちゃん小説家でも目指してんの?
239 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/05(日) 15:01:26.85 ID:6cn57jgso
>>235
仰々しく言っておいて、実際は大したことないかもしれません…(^^;;

>>236
リアルに少しスパイスを加えたリアリティという…つもりで書いていますw
エッセイになるのでしょうか…?

>>237
ありがとうございますw

>>238
目指してないですよw
飽く迄趣味の範囲で楽しむつもりです。




ちょうど今、執筆時の一幕を書いているところでしたw
今日中には投稿できるかと思いますので。
240 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/04/05(日) 16:41:14.62 ID:DCrk0oG00
さやにゃんこんにちは  
 
眠気と戦いながらまってるよww

241 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/05(日) 19:21:32.93 ID:fH0yPlZMo
>>240
こんばんは。
ありがとうございますw

それほど遅くなりませんよー。



というわけで、出来ましたので投稿していきます。
242 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/05(日) 19:25:36.18 ID:fH0yPlZMo
--------------------


12月某日


淡い暖色系を基調とした、温かみのある落ち着いた部屋。
初めて来た時は少し意外に思った。
当時は彼女のことを、ちゃんとわかっていなかったということなのだろう。
それも懐かしく感じるほど、今では慣れ親しんだ場所となった。

そんなくつろげるつぐみさんの部屋で、私は落ち着きのない時間を過ごしていた。

淹れてくれた紅茶に口を付けつつ、真剣な表情でパソコンに向かっている彼女を窺う。
つぐみさんには、書きかけの小説を読んでもらっていた。
正確に言えば、行き詰まった小説…。


程なくして彼女はほっと一息吐き、真っ直ぐにこちらを見据える。
私と目が合うと、しかして少し視線を逸らし、ゆっくりと口を開いた。

「……よく、書けてると思う」

熱のこもった声で丁寧に告げられる。
想像していなかった反応に、戸惑いながらなんとか返事をした。

「え、あ…ほんとに…?」
「…うん…」

それほど多くない言葉。
でも、その口調と声色にただならぬものを感じた。

「…な、なら、よかった…けど…」
「…」

伝染するように、私にも言いようのない緊張が走る。

「…えっと…」
「…ふふ」

それも束の間、彼女の柔らかい笑い声で、空気が弛緩した。

「さやちゃんに頼んでよかった」

つぐみさんはいつもの笑顔で、そっと私の頭を撫でてくる。

「う……そ、そんな…自信なくなってきてたんだけど…」
「大丈夫。ちゃんとおもしろいから」

そこには普段通りの光景が広がる。
何の違いもない、はずの。


243 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/05(日) 19:27:06.13 ID:fH0yPlZMo


つぐみさんに意見をもらいながら、続きを書き進める。
考え考えしながらも、それなりに手は進んでいた。

元々漫画で掲載する予定だったこの話。
都合で書けなくなって急遽今回のような運びとなった。
その為、プロットもストーリーもある程度は出来上がっている。
行き詰っていたのは、要するに自信がなくなっていたのだ。
「よく書けてる」と言ってくれたことが、何より心強いアドバイスであった。



そうして私がパソコンに向かう最中、つぐみさんはというと、私の髪で遊んでいた。

無邪気に戯れるように、毛先で自分の顔をくすぐったりしている。
彼女らしからぬ行動である。

「さやの髪は、女の子の匂いがするな」

そして、明らかにいつもとは違う口調。
まるで今書いている物語の主人公のような言い方と、書き覚えのあるシーンのようだ。

まあ、このヒロインのように「だ、だって女の子だし!」なんて殊勝なことは、私には言えないけど。

…ていうか実際言われてみるとすごい恥ずかしいなこれ…。

弄んでいる彼女の手から離れようとすると、すんすんと嗅いで言葉を続けた。

「むらむらする」
「…台無しだよ!」

…一言足しただけで残念なシーンの出来上がりである。


244 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/05(日) 19:28:53.29 ID:fH0yPlZMo


別のシーンへと移る。


机の上に投げ出した左手が、彼女の手に包まれる。
ひんやりして気持ちいい。
ゆっくりとした手つきで次第に指を絡ませ、ぎゅっと握られた。

「……手枷の代わりに?」
「……うん」

目を合わせると、つぐみさんは優しく微笑んだ。

「簡単にほどけてしまうのにね」

言いながら緩める手を、私から軽く握り返した。

「…すぐ繋ぎ直せばいいよ」

そう答えると、つぐみさんは破顔して声を上げて笑い出す。

「ふふ、イタすぎ」
「い、今のはボツ案にしたから…」

ボツにしてよかった…。
思いつく時点でイタいのだろうけど。
重々承知している。



幾年もかけて募った重たい感情。
そう表現した主人公の心情は、果たして正しいのだろうか。
この行動に込めた思いとは。

彼女の表情を思い返して、そのシーンに一文付け加えた。


書き連ねた物語も佳境。
夜が明ける頃には、彼女と彼女は結末を迎える。


--------------------
245 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/05(日) 19:31:20.30 ID:fH0yPlZMo
以上になります。

とある物語の話。
246 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/04/05(日) 19:40:17.23 ID:1nWLGvSR0
さやにゃん       


つぐみさんと……(……)
247 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/05(日) 21:58:49.97 ID:fH0yPlZMo
>>246
つぐみさんとは良き仲でありますw
今も昔も、これからも。
248 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/04/06(月) 01:27:31.26 ID:9bENHk1co
さやちゃんこんばんは

「ムラムラする」
「…台無しだよ」→「…わたしも」

これで完璧なシーンですねわかります
249 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/12(日) 04:47:52.14 ID:IK87kB+Ro
おはようございます。(早起き)


>>248
そういうことです(涎)
いや、ほんとは純粋でもどかしいシーンなんですよ。




続き投稿します。
思いの外長くなってしまったので、一旦区切りました。
この先はまた今日中にでも。
250 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/12(日) 04:49:46.66 ID:IK87kB+Ro
--------------------


大学にも席替えというものがあることを知った。

通常の講義は基本的に自由席なので、先生から席を決められているわけでもない。
しかし、ほぼ毎日講義を受ける自分の教室であれば、わざわざ毎朝席を探すこともなく、自ずと座る席も決まってくる。
図鑑みたいな教科書とか、そりゃあ置いて帰りたいし、自分の席がないと困る。

好きに座っていいとなれば、大体の子は仲のいい子同士で集まる。
私も例に漏れず、入学オリエンテーションの時になんとなく話した子たちと、そのままなんとなく集まって座っていた。

即ち、大学での席は友達関係を表しているとも言える。
所謂友達グループというものだ。

では、そこにおける席替えとは。

251 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/12(日) 04:53:12.40 ID:IK87kB+Ro



新学期初日。

始業時間よりそこそこ早めに登校すると、教室にいる生徒はまだ数人だった。
目が合った子に軽く挨拶して、前期と同じ席に着く。
周りの席の子は誰も来ていなかった。

持ってきた教科書を鞄から机の中へと移す。
夏季休暇中は教科書等私物を持ち帰るようにとのお達しがあったため、机の中は空っぽだった。
なので、取手が千切れそうなくらい何冊もの重い教科書を持ってきていた。
いやほんとに重かった。ついでに値段も重い。
これから後期に使う教科書も買わないといけないかと思うと、一層気分も重い。

そうこうしてずしーんと過ごしていると、徐々に登校した生徒が集まりだす。
久々の再会か或いはそうでもないのか、各々集まって会話が広がっており、忽ち教室内は賑やかになった。

奥の方の席から教室内を眺めていると、どうも様子が違うのに気づく。
ちらほら席に着き出している子もいるが、その席が前期の時と若干変わっている。

様子が違うとは言ったものの、別に不自然なわけではない。
仲のいい子同士でお喋りして、そのままの流れで「ここにしよっかー」と言った感じで席に着いていく。
最初の席が決まった時のような、言わば自然な流れである。

入学してから半年もすれば、気の合う子も変わってくるだろうし、本当の所合わなかったというのもわかってくるものだろう。
サークル関係やバイト関係その他諸々、夏季休暇中の行事で、などなど交友関係に変化があってもなんら不思議なこともない。
机の中が空の今は、席替えにうってつけの機会であった。

こうして、教室内では席替えという体の友達替えが行われた。
まあこの席替えはただの結果にすぎない。


かく言う私の周りはと言うと、絶賛空席である。

前期で一緒にいた子たちは、別のグループの近くに着席していた。
あ…。(察し)
間違いなくクラスで1番賑やかなグループの出来上がりだ。

何の間違いか、私は当初、クラスでも1、2の派手目な子たちのグループに属していた。
属していたというのも違うかもしれないけど。

最初に声を掛けてくれた子たちが偶々そういう子だった。
決して苦手でも嫌いなわけでもないし、むしろ感謝している。
教室ではそれなりに仲良くしていたけど、それでもまあこんな私では反りが合わないわけで…。

この席替えを機に敢え無くグループ解消いや、私のグループ脱退が決定した。
そ、ソロデビューだし…!
私のことは嫌いになってもうんちゃらかんちゃら。(古い)

飽く迄自然の流れ、である。

252 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/12(日) 04:54:52.45 ID:IK87kB+Ro


講義の開始時間が迫り、会話に花を咲かせていた子たちも漸くに着席する。
そうなればさすがに私の周りの席も埋まっていった。

「おー、いちさんじゃん!よろしくー」
「よろしくねー!」
「あ…はい、うん。よろしく…」

いぇーいとでも言わんばかりの快活なご挨拶。
前の席は、彼ら賑やかな男子グループの席となったようだ。
うーん…。いや、何も言う資格はないんだけど…。

「ここ、空いてる?」
「あ…はい、うん。空いてる、けど…」
「そう」

隣の席に着たのは、独特の雰囲気を放つ女の子だった。
孤高というかなんというか。
こう言っちゃなんだし、私が言えたことでもないけど、この子もあまりクラスに馴染んではいなかった。
暗いわけではなく、学校とは別の生業に重きを置いているような印象。
一方の私は根暗である。

まだ話したこともないけど…そういう子との方が合いそうな気はする。

「…よ、よろしく」
「ん。よろしく」

その素っ気ない挨拶になんだか安心感を覚えた。
さっきとのギャップかな。

まあおそらく半年間は隣の席で過ごすのだ。
これから知っていくこともあるだろう。


かくして、前途多難かはたまた洋々なのか、新学期の始まりを迎えた。




--------------------
253 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/12(日) 05:00:07.15 ID:IK87kB+Ro
以上です。

ある意味では椅子取りゲームもあります。
254 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2015/04/12(日) 05:09:02.43 ID:OdTZD6Hro
さやにゃんおはようございます。

なんだか、つぐみさんタイプが増える予感o(*゚∀゚*)o
255 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/13(月) 23:10:55.80 ID:Y1Znytilo
>>254
んー…1番近いのは、昔のいーちゃんですかね。
と、いーちゃんの本人談です(^^;;
256 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/04/16(木) 14:10:26.97 ID:mc8xzaGCO
昔が思い出されるな〜(´ω`)
ほとんど行ってなかったけどww

次は孤高の美少女をたぶらかすんですね(願望)
257 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/20(月) 23:12:51.96 ID:IQDytp/Ko
>>256
あまりいい大学生活とは言えないかもしれませんが…w

行ってなかったんですか(^^;;
巷で言う代返とかできる環境ではないので、私は行かざるを得ないですw

誘い受けの名にかけて(切望)
まあ先に言ってしまいますと、まだそんなに仲良くなれてないです…。
258 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/04/20(月) 23:41:47.72 ID:yJvwZL1+0
おやこんばんは
東京は暴風が吹き荒れてるよ
春の嵐だわ
259 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/21(火) 00:24:28.88 ID:3OCLgxcJo
>>258
こんばんは。
そうみたいですね…お気をつけてください(ー ー;)
こちらも中々の強風でむしむしじめじめ嫌な天気でした…。
気象が荒い()
260 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/21(火) 00:25:51.10 ID:3OCLgxcJo
最近全然書けないので、途中で申し訳ないですが投稿していきます…。
261 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/21(火) 00:29:53.55 ID:3OCLgxcJo

--------------------


結論から言えば、この席替えは私にとって良いものではなかった。


新学期が始まってから2週間ほど。
新しい席でソロデビューとなった私は、静かに学校生活を送っていた。
というわけでもなかった。

前席の男子グループがよく話しかけてくれるのだ。
隣の彼女も巻き込んで、話しかけられている。
まあ彼女はあまり話さないけど…。かくいう私も似たようなものかもしれない。

「ねね、これ知ってる?おもしろくね?」
「んー…ごめんわかんない…」
「知らない」
「まじかー」

こんな感じである。

まあこんなでも一応会話はしているわけで、1人寂しく教室にいるということはなかった。
はたから見ても、それなりに仲良くしているように見えていたらしい。


グループとは言っても全員で一斉に話してくるわけはなく、実際に声をかけてくるのは、必然すぐ前の席に座る彼になる。

前の席の彼、前野くんとでもしておこう。
その前野くんは、明るく陽気で誰にでも別け隔てなく接する、言わばクラスの人気者のような存在である。
背が高く、容姿もいい、らしい。
おそらく学内で見ても目立つのだろう。私はよく知らないけど。

そういう性格の彼だから、私のようなものにも、例えおもしろくもない返答ばかりでも、話しかけてグループの輪に入れてくれるのだ。
そこに他意はない。


これは飽く迄私の主観に過ぎず、客観では他意が見えていたことをすぐに知ることになる。
いや、重々承知していたはずであるのに。


--------------------
262 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/21(火) 00:32:42.42 ID:3OCLgxcJo
以上、書き溜め終了です。

次にはこの話をまとめるつもりですので…。
263 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/04/21(火) 20:43:47.43 ID:Gwi7E7ZMo
ドジッ娘、さやにゃん今晩はw

何だかこの前の伏線が生きそうな、、、そして
春らしい楽しい多角形が描かれそうな展開だww

次回作に期待w
264 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/23(木) 23:00:16.02 ID:YhfBPA0To
>>263
その辺りの話になりますw
決して楽しい話ではありませんが…(^^;;
直に冬を迎える夜長の季節。

ありがとうございますw
265 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 20:01:42.59 ID:uBJVzt6Ro
こんばんは。

粗方続き出来ましたので、ぼちぼち投稿していきます。
はっきり楽しくない話です…w
266 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 20:05:46.94 ID:uBJVzt6Ro
--------------------

10月某日


昼休みが終わる15分前。
前席では、今日も変わらず賑やかな会話が広がっている。

前野くんを始め彼ら男子グループに加えて、最も賑やかな女子グループの何人かも混ざり、一層盛り上がっていた。
彼女らは前野くんと仲がよく、休み時間にこうして話に来るのも珍しいことではない。
ていうかしょっちゅう来ている。
ちなみに前期で私と同じグループだった子たちは、たまに来る程度。今は来ていない。

大勢の男女で仲良く語らう様は、実に充実した大学生らしい光景である。
うむ。


とか頷いて傍観者を気取ってみたりしているけど、私自身もその中に含まれていたりするのだ。

267 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 20:09:34.76 ID:uBJVzt6Ro

「つーか、◯◯のレポートだるくない?」

言葉通り気怠そうに毛先を弄りながら、彼女は前野くんに話題を投げかける。
派手目な彼女、とりあえず明るいし明野さんとでもしておこう。

「それなー。いちさんは終わった?」
「え…うん、一応…お」

振り向いて問いかけられた言葉に逡巡しながら返事をする。
「終わってるけど…」と続ける途中で、言葉を遮られた。

「そりゃあ、いちさんは終わってんでしょー」
「だよねー」
「ねー」

どうやら決定事項だったらしい。いや実際終わってるけどさ…。

明野さんは、先ほどの気怠そうな顔とは打って変わって、にーっと口角を上げて明るい声で周囲に笑いかけている。
そして、よく似た笑顔で同意する取り巻きのような彼女たち。
いやはや、仲良きことは美しきかな。

「そうなんだ。偉いね」

振り向いて私に笑いかけてくる彼の笑顔は、彼女たちのそれとは種類が違う。

「い、いや…別に…そん」
「つーかさー、レポートの話とかやめようよー」
「だねー」

またも私の言葉は続かなかった。
明野さんが出した話題は、彼女自身のお気に召さなかったようだ。
話しかけられてしまって申し訳ない。

「ねーねー、それよりさー」

まだこちらに振り向いたままだった前野くんは、軽いボディタッチを伴った明野さんの呼びかけで前に向き直った。

切り出された別の話題で、彼女らは盛り上がっている。
先ほどの笑顔とは別のきらきらした笑顔だ。


実に大学生らしい光景である。
268 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 20:13:20.83 ID:uBJVzt6Ro

とまあ、こうしてキャンパスライフを送っていた。

もちろん何も気づいてないわけではない。
これでも3年間、高度な空中戦を間近で見てきているのだ。
これくらいの真意ならわかる。…誰にでもわかるのかな。


単純な話、明野さんは私が気に入らないのだ。

彼に話しかけられておきながら、好意的に返したりもしない、適当に誤魔化したり、困ったような態度をとるだけ。
何様のつもりだ、と。
「男の人とか苦手だし…」なんて、彼氏がいては通用しないし、通用したとしても、それはそれでかまととぶってるとか思われるまでだ。
詰んでいる。

別に彼に対して特別な好意があるというわけでもないとは思う。
でも、仲がいいお気に入りの男子が、私のような女子に話しかけているということが気に食わないのだろう。

端的に言えば嫉妬だ。

私の身近にいる素敵な彼女たち。
彼女たちと一緒にいれば当然目立つ。
だからこう言った注目を集めることも珍しくない。
けれどこのクラスに彼女たちはいない。
もう自覚している。私もそれなりに目立つのだろう。
あれだけ「世界一…」とか言われたらさすがに自覚する。…これはまた違うか。

それゆえの嫉妬。
女の嫉妬は複雑で簡潔なのである。

それだけわかっていても、私はどうこうするつもりはなかった。
絶対に仲良くしたくないなんてことはないけど、大変だろうし私に上手くできるとも思えない。
これから4年同じクラスだ。
何もしなければその内収まって、表面上はなんとなく付き合っていける。
それが女世界というものだ。…たぶん。


高校の頃は恵まれていたなぁ…。
と、自分のコミュ症を痛感するばかり。



--------------------
269 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 20:16:54.33 ID:uBJVzt6Ro
一旦区切ります。

暗いですね…性格が(ーー;)
270 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/04/25(土) 21:43:11.35 ID:Ot47CJ43o
さやちゃんこんばんは

まあみんな仲良くとは行かないからね
おっさんの様に年をとってくると色々と割り切れるんだろうけど
271 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 23:06:32.71 ID:uBJVzt6Ro
>>270
こんばんは。

みんな仲良くなんてできませんよね。
陰口叩きながら表面上で付き合っていくのでしょう…。
272 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 23:14:07.95 ID:uBJVzt6Ro
続き投稿しますね。
273 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 23:15:23.92 ID:uBJVzt6Ro
--------------------


10月某日


日付変わって、今日は前から決まっていたクラス会の日。
後期が始まってすぐに予定されたこの会に、その時は誘われるがままとりあえず出席すると返事していた。
別に私はアンチクラスではない。
そう答えた以上、参加しないわけにもいかない。
正直気乗りしないけど….。


「夜までどうする?」
「地味に時間あるしねー」

前野くんとその隣の彼が、こちらに尋ねてくる。
飽く迄尋ねてきているのであって、誘いではない。

「えと……研究室行こうかなと…」
「そうかー。がんばって」
「うん。また後で」

いつも通り答えて、隣の彼女にも軽く挨拶して席を立った。
ちなみに彼女はクラス会には参加しない。

ドア付近の席で賑わう明野さんたちを横目に、教室を後にした。
274 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 23:17:31.93 ID:uBJVzt6Ro




某居酒屋にて絶賛クラス会中である。
とりあえず私は参加している。

クラスの大半は、頬を赤らめて普段よりも幾らか気分がよさそうだ。
楽しい空気に酔っているのかな?(すっとぼけ)

会話は嗜む程度におつまみを堪能していると、どうやら話題の矛先を向けられたらしいことに気づく。

「いちさんって、研究室通ってるんでしょ?」
「すごいよなー。テスト以外勉強したくねーわ」

隣の彼が出した話題に、近くの前野くんが便乗する形で会話を広げた。

「い、いやいや…」

私なんて滅相もないです、とまた食事に戻る。
この和え物おいしいな。


「うんうん!まじすごいよねー!」

どうやらまだ続くらしい。
続きを拾ったのは、明野さんだった。普段より一層声が明るい。

「うちらにはできないわー!」
「ねー!」
「い、いや…」

随分と好意的に言ってくれることに驚く。
実はツンデレで、これが素直な感想なのかしら?

しかしその表情はにやついていた。
275 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 23:21:37.23 ID:uBJVzt6Ro


「あとー、なんか企業のバイト?とかもしてるよね」
「違うってー、仕事だよ仕事!大学生だけど」
「仕事かー!えらいよねー。なんつーの?意識高い系みたいな」
「それなー!」

あはは…褒めてないよね、それ。最初からそうか。
語尾に(笑)が見える。

そこも目についてたんだ…。いや鼻についていたのか。
別にアピールしていたわけじゃないんだけどな…「仕事」も他のバイトと区別して言ってただけだし。
ていうか貴女たちには言ってないけど…ああ、前のグループの子たちか。
あっ…(察し)

でもまあ、その辺りのことはそう思われても仕方ないのかもしれない。
こうして私のように活動している子はそういない。普通はしないのだ。
人と違うことをしていれば目立つし、そこに嫉妬が加われば尚のこと。
普通の人と違うとか、まるで中二病。

いいじゃないの…意識高い系上等。
やりたいからやっているのだ。
何を言われても気にしない。

「でもさー、研究室行くとか、あからさまじゃない?」
「1年から教授に媚びるとか、ねー?」
「就職意識高い」

…どうやら普段より素直なのは間違ってなかったらしい。ストレートだ。
それとその意識高いの使い方はたぶん違うよ。

なるほど、そう思われていたのね…。まあ気にしない。

「でもそういうの、彼氏がかわいそー」
「あー、かも。男は嫌だよねー?」
「いや…俺は…」

話を振られた前野くんは、困ったように誤魔化している。

「あれじゃない?最近流行ってるあれ」
「…寝取られ?」
「それそれ!」


…ちりっと、空気が擦れるような音が聞こえた気がした。
主に私の中で。
276 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 23:24:59.72 ID:uBJVzt6Ro


さすがにしょうちゃんのことを言われては黙っていられない。

そう思ったが、やめた。
前野くんが苦笑いで彼女らを諌めている。
流石に巻き込むのはかわいそうだ。
もう遅いか…申し訳ない。

ヒートアップした彼女らの言葉には、さすがに何人かは引き気味だ。
対して私は飽く迄クールに繕う。
周囲の視線にも応えずぐっと堪えて、静かに急ぎめでグラスとお皿を片付けた。


「先に帰るね。…こういうの、彼がいい顔しないから」


そう告げて、彼女たちを見下ろしながら店を後にした。



277 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 23:33:46.57 ID:uBJVzt6Ro


店を出てしばらく歩いていると、胸中のわだかまりも薄れていく。
それと同時に罪悪感が湧いてくる。

当然、彼女らにではない。
しょうちゃんに対してだ。

最後の言い方はよくなかった…しょうちゃんの心象を悪くしてしまっただろう。
それ以上に酷いことを思われていたわけだけど、私が言っていいことにはならない。
結局訂正もできてないし…。
全然クールじゃない。


罪悪感とその他の色々な感情を混ぜながら、しょうちゃんに電話する。

今はしょうちゃんも飲み会のはずだ。
それなのにかけてしまった。
かけらもクールじゃない。

そりゃ出ないよね…と、5コール目くらいで切ろうとすると、繋がった。

「あ、もしも」
「愛してるよー!」
「…」

………。
色々と吹き飛ばされてしまった。


電話の奥で色めき立つ声が聞こえてくる。
ああ、言わされたのね…。

そちらは楽しそうで何よりだ。


ごめんごめんと言いながら、静かなところに移動してくれたらしい。
電話口からは、落ち着いた彼の声だけが響いて聞こえる。

「それで、どうし」
「愛してるよ」


お返しに、私は小声でそう言った。


--------------------
278 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/25(土) 23:37:22.55 ID:uBJVzt6Ro
以上になります。

まあ今はほとぼりも冷めて、上手くやっております。
上辺だけですが。
279 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/04/25(土) 23:57:41.37 ID:Ot47CJ43o
女同士って怖いな、、、w
負けず嫌いか変な方向に向いているというか

とりあえずしょうちゃんです仲良さそうで安心したわw
280 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/04/26(日) 00:20:42.61 ID:3/OCbir4O
やぁさやちゃん元気そうだね
くだらない人と付き合うと自分もくだらない人になるから適当に距離を置くのがいいね
対立する価値もないからなあ

281 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/26(日) 00:21:09.30 ID:oVmusKtqo
>>279
人を蹴落としてでも1番でいたい乙女心()ですね(ーー;)
中学の時も女世界ではいろいろありましたけど、ここまでは…。
本当に高校は恵まれてましたねw

こういう時のしょうちゃんの癒し効果と言ったらもう。
282 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/04/26(日) 00:26:32.49 ID:oVmusKtqo
>>280
こんばんは。
まあ実習班とかもあるので、ただのクラスメイトという形で適当にやっております(^^;;
仰る通り、対立してもね…。
私も非がありますし、お互い様ということで。
283 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/04/29(水) 00:51:14.18 ID:aQXChhRYO
アルバイトも立派な仕事だよね。
どんな仕事や立場でも、真剣に本気で取り組んでる人はそれだけで尊敬できるよ。
仕事に優劣を付ける人は信用ならねえww

しかし、しょうちゃんww
流石だねww
もうそれしか言えないww
2828できました(・∀・)
284 : 【ピョン吉】 [sage]:2015/05/01(金) 11:17:55.10 ID:eL2GAeNDO
しょうちゃんのイケメンぶりに寸分のブレなし
285 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/04(月) 21:19:46.78 ID:vJPGWFgmo
>>283
働いてる私偉いアピール、みたいに見えたんですかね…もう開き直ってます(^^;;
好きでやっていますが、それなりに責任は持っているつもりですw
意識高いんで…!

まあ、よっぱ…気分よくなった勢いで言っただけでしょうけどねー(¬_¬)
全部持っていかれました。
タイミングよすぎですよ…まったくもう…w


>>284
無意識にこういことしちゃう辺りがですね…w
286 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/05/05(火) 20:55:34.17 ID:k6NXyxhcO
大学なんて、いろんな人がいて当然なんだけどね〜

自分の同期生には実家に仕送りしている人もいたし、
一度就職してお金をためてから入学した人もいたし
寮生では仕送りが無くて自分で生計をたてている
なんて珍しくもないし
地方大学で車の所有率は高かったけど、自分を含め
仲間の半分以上はバイト代で買ってた

中にはお嬢様でバイトや労働に嫌悪している人も
いたけど、あまり好かれて無かったよ…
287 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/05/05(火) 20:56:40.68 ID:k6NXyxhcO
それにしても、しょうちゃんカッケーよ!
288 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/05/05(火) 21:07:36.10 ID:D31RkFyeo
しょうちゃんかっこいいな〜〜
男だけど抱かれても良い、、、、けどその役はさやにゃんに任せようw
289 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/06(水) 21:08:08.26 ID:2RFUlAsWo
こんばんは。


>>286
いろんな人がいますよね。
年の違う人ももちろんいますし、そもそも大学とは広く自由なところじゃないのかと…まあ実際そうではあるのですが。

彼女たちは、バイトについては悪く思ってないですよ。
大学生にとってアルバイトは、ある意味ステータスとも言えますしね。
私がしているちょっと違う「仕事」に対して…というか単に私が気に食わなかったのでしょう(^^;;


>>287>>288
なんだかしょうちゃんが意外と高評価…
飲みの場でたまたま言わされただけですよ!
私は救われましたけど!嬉しかったですけど!
290 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/08(金) 02:45:48.06 ID:/ps8wCLXo
深夜の投稿です。
時間空いてすみません…。

それでは、少し長いですがお願いします。
291 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/08(金) 02:48:46.13 ID:/ps8wCLXo
--------------------


10月某日


「おかえりなさいませ、お嬢様」

いつも通りの熱いおもてなしを受けて、店内へと入る。
普通の喫茶店である。メイドはいないし、一緒に写真を撮ったりもできない。

「ただいま、ごきげんよう」
「…こんにちは」
「ご主人様もいるんだけど?」

いや、しょうちゃん突っ込むところはそこじゃないから。
まあ今更誰も突っ込みはしない。
いーちゃんなんてノリノリ。

「つーちゃん今日も可愛い」
「いえいえ、私なんて滅相もありません」

奥ゆかしく否定するけど、制服姿のつぐみさんはいつ見ても可愛い。

この喫茶店は、つぐみさんの勤め先である。
つぐみさんが働き始めて、最初に遊びに来てからみんな気に入り、よく集まるようになった。

私たちにだけは、こうして特別メイド待遇をしてくれる。
もちろん彼女の趣味だ。

落ち着いた雰囲気のこのお店につぐみさんがいるこの世の中は、きっと正しい。

292 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/08(金) 02:50:28.38 ID:/ps8wCLXo


席についた私たち3人は、会話に花を咲かせていた。
実際は花が咲くなんて表現できるような内容ではなかったわけだけど…。

「うーん…まあ、そういうのはしょうがないよねー」

少しうんざりした表情で、けれどなんでもないことのようにいーちゃんはそう言った。
私としても同じ気持ち。さすがよくわかってくれている。


私はいーちゃんとしょうちゃんに、先日のクラス会の話をした。
相談だとか愚痴というわけではなく、…いや愚痴る気持ちはあったけど、まあ話題の1つとして、といったところ。
あれから数日経って落ち着いてもいたので、「こんなことがあってさー」くらいに軽く伝えた。

そんな私の様子もあってだろうか、いーちゃんは軽く答えてくれた。
そのたった一言に救われる。
話題とは裏腹に、こうしてわかってくれる彼女が居てくれることを嬉しく思う。

さらに言えば、窓際の席で紅茶を嗜む彼女を間近で見られる私は世界一の幸せ者である。(眼福)

293 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/08(金) 02:52:21.06 ID:/ps8wCLXo


彼女とは対照的に、隣で話を聞いていたしょうちゃんはといえば、苦虫を噛み潰したような顔をしていた。
当然と言えば当然かもしれない。

「そっか…それは嫌だね」
「え…うん、まあ…」

嫌なことではあったけど、私はそれほど深刻に考えていなかった。
彼の表情のように。
それでも、私にも心残りはある。

「…ごめんね。しょうちゃんのこと、言い返せなくて…」
「いや、それは言わなくてよかったと思うけど」

…確かに、言い返していたら口論になって、もっと面倒くさいことになっていたかもしれない。
そもそも訂正したところで、聞いてもらえる気もしない。

「…ちゃんと話して、さやのことわかってもらえたらいいね」

弱々しくも励ますように、私に笑いかけてくれる。
その笑顔に、私はどう答えていいかわからなかった。
「いやー、うーん…」と困っていると、代わりにいーちゃんが、横からため息混じりで答えた。

「なんでそういうこと言っちゃうかなー。わかってないなー」

やれやれと、大袈裟に手振りを加える。
その言い方が癇に障ったのか、しょうちゃんは低い声で短く返した。
それでもいーちゃんは態度を変えない。

「…なにが」
「女心。ていうかさやちゃんのこと」
「なんで」
「なんでって。さっきの言葉がわかってない証拠でしょ」
「ちょ、ちょっと、いーちゃん…」

私の止める声も聞いてはもらえなかった。
294 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/08(金) 02:54:31.36 ID:/ps8wCLXo


「嫌われてる相手にわかってもらいたいなんて、思うわけないじゃん」
「いやでも、嫌われたままでいいことはないだろ」
「だからー、しょうがないんだって。嫉妬っていうのはそうなくならないよ」
「…さやが嫌われててもいいって言うの?」
「それより大事なことがあると思うけど?」

「やめてー!私のために争わないでー!」なんて言えるヒロイン力でもあればよかったのかな…。
いや、それはなくていい。
いやいや、どうしてこうなっちゃうの…この2人はもう…。
もう一度私が止めに入ろうとすると、横から救いの手が差し伸べられる。

「お嬢様。他のお客様のご迷惑になりますので、口を塞がせていただきますね」

唐突にそう告げたメイドことウェイトレスの彼女は、彼女の頬に手を添えて顔を近づけていき…。

「…ごめん」
「止めちゃいや」

いーちゃんの手で制止されたつぐみさんは、残念そうに顔を離していく。
休憩をもらったらしく、着ていたエプロンを脱いで、4人席の空いている席に腰を掛けた。
救いの女神(仮)。
295 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/08(金) 02:55:25.60 ID:/ps8wCLXo


つぐみさんが止めてくれたことで、その場は一先ず静まった。
…止め方はさて置くとして。

私からつぐみさんに「ありがと」と言うと、いーちゃんから「ごめんね」と謝られてしまった。
首を横に振って答える。

「怒り顏のいーも、慌て顔のさやちゃんもとっても魅力的」

そんな発言はスルーして、考えを巡らせる。

いーちゃんも、きっとこうした嫉妬を孕んだ敵意を向けられることはよくあったのだろう。
昔の彼女なら尚更…というのも知っている。今でも少なからずはあるのかもしれない。
だからよくわかっている。わかってくれる。
それらを踏まえて、「しょうがない」と言ったのだ。


ちなみにつぐみさんには、前にこの話をしていた。

「怒ったさやちゃんもいいのはわかるけど、もっといい表情があるのに…自ら離れるなんて愚かだわ」

…ちょっと何言ってるかわからなかった。
斜め上な考え方である。
まあそれが彼女の、何があっても揺るがない包容力なのはよく知っている。


対してしょうちゃんはと言うと、やはりまだ納得いかない顔をしていた。

296 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/08(金) 02:57:51.32 ID:/ps8wCLXo


しっかり顔を上げて、宣言する。

「彼氏として、さやがよく思われてないのを良しとするわけにはいかないよ」

…い、いきなりなんてことを…。
もちろんその気持ちはとんでもなく嬉しい。

たじろぐ私を他所に、はぁーと深くため息を吐いていーちゃんが答えた。

「あのねー、そういうとこ惚れちゃうくらい大好きだけどね。そういう話してるんじゃないの」
「いや、でも…」

いーちゃんに言ってもらってばかりじゃいけない。
自分のことは自分で言わないと。
…別に対抗して言うわけじゃないんだからね。

「…私も大好きだけど。…でも、ほんとに大丈夫だから。ありがとね」
「…そう」
「その…こうしてみんながいるし、それに……しょうちゃんがいてくれるから…」

こんな言い方しかできないけど、上手く伝わったかな。

わかってくれる貴女たちと、貴方がいるから。
誰にどう思われても構わない。
だから、自信を持って自分の道を進める。

297 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/08(金) 02:59:14.80 ID:/ps8wCLXo


「…そういうのは家で言ってくれない?ちょっとどう抑えていいかわかんないんだけど」

…たぶん伝わったのだろう。
真顔でも、少しだけ口角が上がった、いつもからかってくる時の顔をしている。

「えっ?ごめんね…」
「頭撫でていい?とまらなくなるかもだけど」
「や、やめて…」

よかったけど…自分で言っといてなんだけど、めちゃくちゃ恥ずかしい。

ちょっと店員さん、このお店暖房効きすぎじゃないですかね。
そう訴えかけた店員さんはと言うと、しらーっと冷ややかな目をこちらに向けていた。

「私は大っ嫌いだけどね。大体独り占めしないでよ。2人ともちょうだい」

その隣の彼女も先ほどとは違う冷めた目をしている。

「なにこれー。私ただの当て馬じゃん。しっかり発情してるし」
「仕方ないよ、優秀なのだから。ほら、私だってこんな風に」

明るいうちからやめてください。
と、人の事は言えない私たちだった。


居心地のいい彼と彼女たちとの時間に、私はただただ浮かれるばかり。

ずっと続いていくこの時間を、今までと変わらず、手放しで楽しんでいた。
298 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/08(金) 03:01:50.85 ID:/ps8wCLXo



つぐみさんの休憩は終わり、3人だけの席となった。
改めて、私は2人に謝った。

「…変な話してごめんね」

本当はこんなつもりじゃなかった。
と、自分の中だけで言い訳をする。

「ううん。変な空気にしたのはしょうちゃんだし」
「いーちゃんもだろ」
「まあそういうことにしといてあげる」
「…腹立つ言い方だな」

これくらいならただの予定調和。
先ほどの言い争いとは違う。
にやにやと、挑発するようにキャッチボールをしているだけである。

だけどいーちゃんの言葉に含みがあるように思えたのは、私がどこか違和感を感じていたからかもしれない。
彼女も同じものを感じていたのではないだろうか。
そう思えたからだ。

そもそも、なぜ言い争いになったのか。
普段のしょうちゃんなら、こうはならなかったように思える。

そこには、彼が言ったように彼氏として譲れない気持ちがあったのかもしれないし、別の気持ちもあったのかもしれない。

詰まる所、私は男心も彼の事もわかっていなかった。


--------------------
299 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/08(金) 03:04:53.95 ID:/ps8wCLXo
以上です。

制服姿のつぐみさんに会えるのは◯◯だけ!


深夜に失礼いたしましたm(_ _)m
300 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/05/08(金) 08:04:54.70 ID:hamXW3/PO
おはよう
つい宵っ張りになるのが大学生っぽいや

「うーん、まあ…いーちゃんはしょうがないよねー」
という展開を予測してたんだけど
ちょっと違う気もしてきたなー

301 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/05/08(金) 09:10:00.66 ID:Aayhvbg3O
いー様とつぐみさんとしょうちゃんになら抱かれてもいい(真顔)
大切な人が貶されて平気な人はいないよね。
しょうちゃんの気持ちもわかるな(´ω`)
302 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/13(水) 20:35:17.74 ID:NQ6tM4gHo
こんばんは。

>>300
連休明けはどうも崩れてしまいますね…(^^;;

「いーちゃんになら…」という思いは、きっぱり否定しておきますw
別の意味での熱い思いならいつでも…!(爛々)


>>301
いーちゃんとつぐみさんはだめです(ジト目)
もちろんそうですよね。
その気持ちはすごく嬉しくて、なのにいつも一緒ないーちゃんの意見と違ったのは、
男心でしょうか。
303 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/13(水) 20:53:22.40 ID:NQ6tM4gHo
短めなのを1つ投稿します。

出来ればもう1個したいところ…。
304 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/13(水) 20:55:31.84 ID:NQ6tM4gHo

--------------------

11月某日


吹き荒ぶ木枯らしが窓を叩き、がたがたと揺れていた。
やがて揺れは治まり、代わりに風音だけが聞こえてくる。
晩秋の夜は身に染みるように寒いのだろう。


その寒さを嘲笑うかのように、この部屋はいつも暖かい。
仄かな香りが微睡みを誘い、何度誘惑に負けたか数え切れない。
きっと魔法がかかっているんだ。
一生かかっていたい幸せな魔法か。


「大好き」

聞こえるか聞こえないかくらいの小声で囁いた。
たぶん聞こえていない。
こんなに近くにいるのに。

静かに身体を動かして、そっと彼に重ね合わせる。
触れ合う肌は体温以上の温もりを感じ、首すじにかかる吐息が少しくすぐったい。
深く息を吸い込めば、彼の香りに身体中が満たされていく。
どれもが心地よくて、このままいつまでも溺れていたいなんて、つい自堕落に考えてしまう。

だけど、もうすぐ終わりが来る。

305 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/13(水) 20:57:26.60 ID:NQ6tM4gHo


最後に思いっきり吸い込んで、彼でいっぱいにする。

「んっ…」

静かな寝息のリズムを乱してやった。
いつもの仕返しだから、いいよね。

「んむ……」

寝ぼけ眼で口を開けた間抜け顏。
そんな顔されたら我慢できないから….。

「ん…んぷ……んー!」

溺れてしまえ!
なんて、仕返しのつもりじゃないけど。

「んー……むふ」
「…おはよ」

お返しにはなったのかなー…。
名残惜しそうな彼に、私もまた名残惜しそうに告げる。

「…そろそろ帰らないと…」

起き上がろうとすると、ぐっと抱き寄せられた。
やっとの思いで決意したのに…寝起きのくせに生意気だ。

彼の大きな器は、私が溺れるには十分すぎる。

「……もうちょっと」

思い違いなんかじゃないから。
不安な顔をしないでほしい。


「もう…しょうがないなー」

お返しに溺れさせてあげる。


--------------------
306 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/13(水) 20:59:07.45 ID:NQ6tM4gHo
以上です。

だいぶあれです。攻めました。
307 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/05/13(水) 21:19:27.84 ID:2q+ZrMe/o

何かがヤバイんですがww
308 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/13(水) 22:54:24.49 ID:NQ6tM4gHo
>>307
ありがとうございますw
私も何かとやばいです…。
ようやく本題に入ろうかというところでして。
309 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) :2015/05/16(土) 19:27:08.34 ID:uYfvjSZs0
おまんこしたのけ?
310 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(三重県) [sage]:2015/05/16(土) 21:11:04.75 ID:gXR6Lx2No
>>309
清々しいほどスケベおじさん臭剥き出しだなぁ。
311 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/16(土) 22:36:50.40 ID:Sbw0rAVBo
こんばんは。


こういう言葉は変換されたりしないんですねー…。
まあ内容もわりとあれでしたし、致し方ないですね…。


>>310
お気遣いありがとうございますm(_ _)m
312 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2015/05/16(土) 23:34:41.06 ID:4H+RJGEGO
さやちゃんこんばんは

あれ、さやちゃんって料理は得意なんだっけ?
313 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/16(土) 23:45:25.54 ID:Sbw0rAVBo
>>312
こんばんは。
人並み程度には…一応今でもしてますのでw
314 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/16(土) 23:55:16.75 ID:Sbw0rAVBo
続きできましたので、投稿していきます。
315 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/16(土) 23:57:19.23 ID:Sbw0rAVBo

--------------------


言うまでもなく、彼は私にとって特別な存在である。
それは、彼が彼であることは元より、共に過ごしてきた時間があるから。
特別長い時間を、色々な時間を過ごしてきた。
そうして積み重ねてきた時間が、お互いを特別な存在にしたのだろう。

出会ったことは偶然かもしれない。
一緒に過ごせたことは偶然かもしれない。

だけど、その偶然が彼でよかったと思う。
彼の近くで、出会える場所で生まれたことをこの上なく幸せに感じる。
彼だったから、過ごした時間が特別になったのだ。

もし、他の人だったら、なんてことは関係ない。
他の人を知らないし、そもそももっといい人がいるかも、なんて考えすら及ばない。
だから、そう思わせてくれた彼はやっぱり特別で、私にとって彼以外にいない。

時間を積み重ねたから、彼を知っている。
私を知ってもらえている。
そうして至ったこの気持ちは、きっと、間違ってなどいない。


--------------------
316 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/16(土) 23:59:26.64 ID:Sbw0rAVBo

--------------------


12月某日


遅めに学校を終えた私は、まっすぐしょうちゃんの家へと向かっていた。
気分は憂鬱だ。

言いづらいことがある。
それでも言わないわけにはいかない。

思わず吐いたため息は一層白く、より寒さを感じさせる。
こんな寒い夜ほど、彼の温もりが恋しい。
だけど今夜ばかりは縋れない。
そのことが何より、私の心を寒くさせていた。


口元をマフラーで覆い隠し、俯きながらもゆっくり一歩ずつ、彼の家へと足を運んだ。

317 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/17(日) 00:02:05.14 ID:mGDpkORTo


どうしてこの部屋はこんなに暖かいのだろう。

あるのはこたつだけでエアコンも付いていないのに、この部屋に入ると身体の芯から温まっていく。

「つめたっ。早くあっためないと…」
「っ…。だ、大丈夫…」

かかる吐息は温かいのに、ぞくっと鳥肌が立つのは一体どういう仕組みなのか…。

「んむ…」
「ひゃっ…ちょっ、やめて!」

耳元から彼を引き離して、こたつに座らせる。
今日は微睡んでいる場合じゃないのだ。
…許されるのなら、また後でにしてほしい。


「それで、どうしたの?」

しょうちゃんから切り出してくれた。
ただ「今日行くね」とだけ言っていたけど、何か話があるのはわかっていたのだろう。

不安など微塵もない彼の表情から、私は思わず顔をそらしてしまう。
自分の手元に視線を向け、言い淀みながらもなんとか私は告げた。



「あの…クリスマス、なんだけどね……24と25、仕事が入っちゃって…」

…この言い方はずるい。自分でもわかっている。
それに、嘘もついているのだから尚更悪い。

「…そっか。残念だけど…まあ、しょうがないよね」

ほら。
こういう言い方をすれば、こう言うしかないのだ。

「ごめんね…。約束してたのに、ほんとに…ごめんね」
「ううん。まだちゃんと決めてなかったし。仕事頑張ってね」

優しい言葉をかけてくれる彼に、私はただ謝るしか出来なかった。
目も合わせられない。
見れないけど、きっと優しく微笑みかけてくれているのだろう。

私の大好きで愛おしくてたまらない笑顔がすぐ近くにあるのに、
私は後ろめたさから見ることが出来なかった。

暖かい彼の部屋なら、どんな事でも溶かしてくれる気がしていた。


318 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/17(日) 00:04:57.29 ID:mGDpkORTo


優しく撫でられると、つい縋り付きたくなってしまう。
だから、自分からその手を止めた。

「ごめん……本当のこと言うね」

掴む力が強張っていく私の手を、彼が優しく包んでくれる。
その手で続きを促されて、ゆっくり言葉にした。


「本当は、…私から、言い出したの…。私が、自分で…どうしても、やりたかったから…」

急遽入った仕事なのは本当だ。
でも、まるで仕方なく入れられたかのように言った言い方は、嘘だった。
卑怯で打算的な言い方を、思わずではあるけど、意図的にした。

彼から言葉を待たずに、私は話を続けていた。
何の言い訳か、何を言いたいのか、その仕事についての話をまくし立てるようにしている。
彼はそんな話が聞きたいわけじゃないなんてこと、わかっているのに…。

「わかった。わかってるから…気にしなくていいって」
「……ごめん」

宥めるように止めてくれて、またさっきみたいに優しく撫でてくれる。

「…はは。かわいいなー。言ってくれてありがとね」
「……うん」

ほんとにもう…。
言って欲しい言葉を、きっちり言ってくれる。
優しい声音で笑いかてくれる彼の表情は、きっといつもの温かい笑顔なのだろう。

そう信じて顔を上げると、彼は力ない笑顔をしていた。

319 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/17(日) 00:08:26.84 ID:mGDpkORTo

ただ繰り返し謝る私に、宥め続ける彼。
きっと彼はもう謝ってほしくないのだろう、というのはわかっていた。
それでも私には、それしかできることが思い浮かばなかった。

弱々しい笑顔を、彼自身は見つけてほしくなかったのかもしれない。
見てないふりをしてほしかったのかもしれない。
それでも見てしまったから。
何かをせずにはいられない。
そんな、自己満足な謝罪。

それを彼の言葉が止めてくれた。


「…頑張ってるさやを、俺がとめられるわけないだろ」


ゆっくり、諭すように告げられた言葉は、私の中にすっと入っていく。
そして、それはすぐに消えず、火が燻るようにいつまでも微かに残っていた。

彼の本心であり、本意ではない言葉。
きっとそれは、私にとっても…

「…じゃあ、譲歩案」

彼の言葉が考えを遮った。
黙っていた私の顎を持ち上げ、しかめた顔をぐっと寄せてくる。

そして、しょうちゃんは耳打ちで素敵な提案をしてきたのだった。

「…………」
「なっ…!?」

………ど変態か!
もちろん、それをするであろう私がである。

いや、いやいや、いやいやいや。
いやいや、悪いのは私だけど…でもさすがに…でもそれで許してくれるのなら……。

数度の押し問答の末。

「できない?」
「…………わ、わかった」

こうしてサンタクロースは、クリスマスの幾日か前にやってくる約束をした。
…不本意ながら。



結果から言えば、その日が訪れることはなかった。

320 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/17(日) 00:11:56.51 ID:mGDpkORTo


彼の部屋は暖かい。

その部屋に向かう途中、私は何に対して憂鬱を覚えていたのだろう。
その気持ちはきっと受け入れるべきもので、
これから先いくらでもあることなのかもしれない。

それでも、私自身はそれが許せなかった。


--------------------
321 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/17(日) 00:13:45.51 ID:mGDpkORTo
以上です。

昨年のクリスマスは寒い日でしたね。(時期外れ)
322 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2015/05/17(日) 01:00:00.39 ID:T9l0H4n8O
うええ、、、
何とも不安になるじゃないの、、、
323 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/05/17(日) 01:32:46.13 ID:QIfRP30J0
だいぶ前の伏線がどう効いてくるかね〜
予想してた展開と違うからどうなっても受け入れるぞ
324 :さや ◆0j8YIq7DEniB :2015/05/17(日) 01:47:09.20 ID:mGDpkORTo
>>322
もうあまり隠さず書いてますからね…(^^;;
ようやく本題というか、主軸の話です。


>>323
気づけばずいぶん経ってしまいましたね…欲張って中々進まずすみませんm(_ _)m
受け入れて下さいましたら幸いです。
…あんまり上手くまとまらないかもしれませんが…。
325 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) :2015/05/17(日) 02:25:28.44 ID:gw8JCx6i0
週何回くらいやってるの?
326 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/05/17(日) 02:53:45.67 ID:lSuiVQUDO
sageないと、やっぱり変なのが紛れ込んでくるな…
327 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/05/19(火) 20:59:47.34 ID:Raa7XZbDO
>>315
これはリアルに今の心境を綴ったもの?
一見冷静なように見えるが、内容はかなり胸熱w
328 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/05/22(金) 09:21:25.07 ID:+FaFG6AfO
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"\
          /  ノ^ヽノノノノ^ヽ、 ヽ
          | / へ    へ  ヽ |
          (|─[ ‐ ]ー[ ‐ ]─|ノ 
          |    (、_, )、   |  >>1 で、ヤったの?
          |   ,r=ニ=、ヽ   |  
          \    ー   /
      ../⌒\〆⌒ヽ"ーー" ⌒ヽ/⌒ヽ
     ../  ノつ\ ・     ・ /_人. ヽ
  o0○/  /( 3  \  ∩  / `-と ) ○0o
  (  ` /、_ノヽ     (:::)(:::)    /_ノ' '!   )゜
   \_)    |   : : : *   : : :|   (_ノ
           ヽ___ノ、__.ノ
      |                        i    !
                l      
        i       |!. .  _       |   ,|
       ,i -─ '''"" /\`""'''ー- i,、   !
     |/____/ δ \____\ ,|  フォン
    /.  \  ξ/  ̄   ̄ ̄\ σ /  ヘ!
    |  |  \/   ;゙ ,.'"゙':     \/     |
    ヘ  i  ,/\    、`,. '゙    /\  !  /
     \|/ ο \i____/ α \i!/
         ̄ ̄ ̄ ̄\i η / ̄ ̄ ̄ ̄
        `"'' ‐- ..,_|\/,,.. -‐ ''"´
329 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/05/23(土) 17:14:29.76 ID:sT0rmoqvO
さやにゃんこんにちは

エッチ覚えたての頃はやりたくてやりたくて仕方ないでしょうけど
避妊はしっかりしてくださいませ

フェラやクンニなどは危険が伴いますので
おやめくださいませ
https://doctors-me.com/doctor/infection/11/column/563
330 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/05/24(日) 18:11:00.37 ID:9nAoSYBDO
>>328
いー様になんてことを
331 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/05/24(日) 19:21:08.81 ID:yawhz8DHo
すっかりsageるの忘れておりました…。
すみません。


>>327
今も昔も、ずっと思っていますよw
本気でこんなことを考えているわけです。
332 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/05/24(日) 20:13:01.98 ID:uKq16n1g0
お、さやにゃんこんばんは
大学2年時は取得しなくちゃいけない単位数が大学4年間のうちで一番多かった記憶があるので(自分が行ってた大学だからかもしれないけど)、勉学は今が踏ん張りどころかな?
333 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/05/25(月) 01:20:45.37 ID:3SpdXUmGo
>>332
1年の頃よりは増えましたけど、そこまで多くはないですね。
私の学科は3年が一番多いみたいです。
余裕がある今のうちに、色々頑張ろうと思っています!
334 : 【吉】 [sage]:2015/06/01(月) 00:58:46.75 ID:iyg1HutDO
>>331
>>315 を見て既視感を覚えたので、似たのを探してみた(懐かしい)
http://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1326/13260/1326039704.html#a240
335 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/01(月) 03:14:55.33 ID:gbHW/BTSo
そういや女装デートとかしてたなあ

いやー懐かしいわ
336 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/04(木) 20:57:48.10 ID:AB67JJRqo
こんばんは。

>>334
ほんと懐かしいですw
こう、込み上げてくるものがあります。…恥ずかしさとか(。_。;

いろいろ変化していく中でも、変わらない気持ちもあるんですよね。


>>335
それも懐かしい…w
いやあの時は考えなしでしたねぇ…それもいい思い出になってよかったです(^^;;
337 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/06/05(金) 01:35:30.78 ID:8MXb0Pmy0
ところで浮気されたらどうする?
やっぱすぐ許す?
338 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/05(金) 09:13:32.47 ID:ZIbh50oDO
そういえばさやちゃん、父親の浮気で両親が離婚した後は中卒で働くことも当時は想定していたんだっけ。
その頃と今の状況とは雲泥の差かと思われ(誰のおかげですかね〜)
339 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/05(金) 18:31:33.52 ID:m1P9ebN2o
>>337
しょうちゃんは浮気なんかしません。
と言うだけでは答えにならないので、一応お答えしますけど…許さないです。
でも、嫌いにはなれないんだろうなぁと思います。


>>338
そうですね、色んな人の助けがあってこそだと思っていますw
大学まで行かせてもらえてるなんて、当時は考えられません。
だから無駄にしないようにと意固地になっていたんだなぁ、と今では考えたり。
340 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/05(金) 20:48:03.24 ID:m1P9ebN2o
長らく空いてしまいましたが…続きです。
投稿していきますね。
341 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/05(金) 20:51:44.67 ID:m1P9ebN2o
--------------------


12月某日


ブラインドの隙間から外を覗くと、既に陽が落ちて辺りは薄暗くなっていた。
一方ブラインドで隠された室内では、華やかな光景が広がっている。
清楚系の淑女な方々が、可憐なティーカップを傾けながら会話に花を咲かせ、時折顔を綻ばせている。

「今週の◯◯、神回だったわー」
「ねー!超捗るし」
「わかります!今期豊作ですよねー」

…その微笑みはどれも、少々はしたないものだった。


講義を終えて特に予定のなかった私は、つぐみさんとさくらさんに誘われて彼女の所属するサークルに参加していた。
彼女言うところの、オタサーである。

本来は文学系とか芸術系とかのサークルで、実際にその活動もしている。
名称も至って普通…とは言えないけど、いわゆる現代視覚なんちゃらとかではない。
オタサーの部分は、飽く迄集まった人達の趣味なのである。
明らかにメインはそっちみたいだけど…。
まあ、サークルとは本来そういうものなのかもしれない。

だから、所属していない私がこうして顔を出しても、歓迎してくれる。
余所者の私が言えたことではないけど、私は結構この空間を気に入っていた。

「さやちゃんは◯◯見てるんだっけ?」
「うん。あ、でも新しいのはまだ…」
「じゃあネタバレ禁止ねー」

ここの方々は、同じ趣味を持つ人に等しく優しい。もちろん、元々優しいのだけれど。
つぐみさんやしょうちゃんの影響で、今では私も(いーちゃんも)そちらの趣味を持つようになった。
それでも当然、彼女たちに比べればまだまだである。そもそも嗜む程度でしかない。
そんな私でも、同士として受け入れてくれるのだ。

「ネタバレじゃないけどー、最近◯◯×△△でこういうのがあって…」
「っ、い、いえ、私はそちらの方面は…」

…こうした布(腐)教には困るけど…。
ホ◯が嫌いな女子もいるのである。
嫌悪感を感じるほどじゃないけど。


まあ、そんなことがあろうとも、とにかくここは居心地がいい。
それはきっと、下の立場や部外者であるからこその気楽さも合間っている。

どこかの教室とは違って、しがらみも、妬み嫉みもない。


「だめですよ。さやちゃんは、女の子同士で仲良くしてるのが好きなんですから。ね?」

そして何より、絶対的に味方で居てくれるつぐみさんがここにはいる。
たとえ世間では少数派であっても、彼女が味方でいてくれるなら、私は迷わず進んでいけるのだ。

「え、あ、うん…まあその、はい…」
「仲良く、よろしくしてるのが好きなんだよね?」
「その言い方、意味変わってきてるよね…」


…いや、貴女の影響でこうなったんですけどね。

342 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/05(金) 20:58:29.22 ID:m1P9ebN2o


しばしの間、きゃっきゃぐふ腐と談笑を楽しんでいた。
いや、はしたない話ばかりではなく、何気ない世間話もあったし、忘年会の日取りも話し合っていた。
私も是非にと誘っていただき、お言葉に甘えて参加することにした。

そんな話をしていると、コンコンとドアをノックする音が鳴る。
先輩の「どうぞー」という声に招かれて入ってきたのは、1人の男の子だった。

彼は眼鏡が似合った私のよく知る男の娘で…勿体つけなくてもいいや。しょうちゃんである。
少し前に連絡を取り合い、待ち合わせをしていた。

しょうちゃんもサークルメンバーではないけど、この部屋には何度か来たことがあり、皆さんとも顔見知りだ。私との関係も知っている。

「どうもー」など挨拶を交わしながらこちらに歩いてくるしょうちゃんに、さくらさんが席を立ちたたっと近寄っていく。
しかし目的は彼ではないのか、その後ろをきょろきょろ眺めていた。

「うーす。…え、なに」
「いーちゃんは?」
「いないけど…」
「えー!そっかぁ…」
「…なんかすんません」

どうやらいーちゃんが目的だったらしいさくらさんは、がっかりしながら戻ってくる。いつも一緒に来てたもんね。
本当に、心底がっかりしている。いーちゃん好きすぎでしょ。気持ちはわかるけど。

複雑な表情をしていたしょうちゃんもぱっと笑顔になり、こちらに向かってきた。

「お待たせ」
「ううん。お疲れ様」

軽く言葉を交わしながら、しょうちゃんは近くの空いていた椅子に座る。
待ち合わせていたとはいえ、すぐに帰ることもない。
それに、皆さんに許してもらえないし。

「先輩方、燃料が来ましたよ。どうぞ」
「…あの、別に俺燃えないんだけど」

つぐみさんが先輩方にしょうちゃんを献上する。
「超燃えるよ!燃え上がるよー!」などと、先輩方は正に燃え上がっていた。
萌えではないのがポイントである。

年下で童顔なしょうちゃんは、腐女子な方々には滅法人気なのであった…。

「ねえ、こういうの着てみない?」
「絶対似合うよ!」
「いや、カップリングの画像で言われても困るんですけど…」

辟易しながらも、いつも一緒の誰かさんの影響でしょうちゃんは割と耐性がある。
オープンに弄られても平気な顔をして、ネタで返したりもしていた。
…私の前でも容赦ないですね…。

まあ、かくいう私も同じ誰かさんのせいで慣れているわけですが。

343 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/05(金) 21:10:23.86 ID:m1P9ebN2o


そんな談笑にもきりがついた所で、私たちは先にお暇することにした。
燃え上がっていた室内とは違い、外は一段と冷え込んでいる。
これは早く手を温めないと…なんて、あざといと言われそうな考えを思案していると、話題を振られた。

「忘年会行くんだってね」
「あ、うん。誘ってもらえて」

ぱぁっと晴れやかな笑顔になり、実感のこもった声で彼は言う。

「そっか。安心した」
「…?」

何に対して安心なのかわからなかったけど、私の事で笑顔になる彼を見ると、気恥ずかしくなって顔を背けた。

そんな温かい気持ちもすぐに冷めてしまう。

「クラスの方は?」
「…あー、うん、あるみたいだけど…」
「…行かないの?」
「行かないよ…」

一応誘われはしたけど、断っていた。
もうああいうのは懲り懲りだし…。

答えると、先ほどのいい笑顔は消えてしまった。
安心とは反対の、心配した表情をしている。
やはり、しょうちゃんはまだ納得できていなかったらしい。
そんなに心配することなんかないのに。

「あの…別に、心配いらないからね」
「けど…」
「サークルの人みたいによくしてくれる人もいるし、仕事も楽しいし、それに…。だから、十分だよ」

クラス1つなんて些細な事で、恵まれすぎなくらいに多くのものを私は持っている。
すべてをうまくやる器用さもない私には、多すぎるほどだ。

「…でも、さやには普通にしててほしいんだよ」
「普通って言われても…」

そう答えながらも、先日感じた違和感が少しわかった気がした。
人間関係について、しょうちゃんは結構弁えた考え方をしている。達観しているとも言える。
そのしょうちゃんが、みんな仲良くなんて言ったのは、そういうことだったのだ。
普通に仲良く、浮かないように、人と違わないように。

普通でいて欲しいと言うのなら、私にとっての普通とは。

「……じゃあ、ずっと一緒にいるのが普通って言うのは、だめ?」

そっと手を握り、そんなことを代わりに言ってみせる。
これこそあざといのだろう。
意識して、わざと話をすり替えている。

「…恥ずかしい事言うなぁ」

そうして手を握り返してくる彼の表情は、顔を背けていて私からは見えなかった。



普通にしてほしいという願いは、私の事を考えてくれた彼の気持ち。
それは、ともすれば彼自身の切実な願いでもあり、2人にとって目を逸らしてはいけないことだった。


--------------------
344 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/05(金) 21:12:42.85 ID:m1P9ebN2o
以上です。

1つ話を挟みました。
でも関係ない話ではありませんので…。
345 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/06/05(金) 22:14:36.18 ID:WGP05xWC0
いよいよ次回、核心に? なんだか週刊誌を読んでいるような感覚(゜_゜)
346 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/05(金) 22:49:07.78 ID:m1P9ebN2o
>>345
その予定です。
週一くらいですもんね…そう思っていただけると気楽です(^^;;
なるべく早く書きたいんですけどなかなか…お待たせしてすみません。
347 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/05(金) 23:45:02.24 ID:KVgCLiNSO
続きはよ、続きはよ、


うわぁ〜早く来週になんないかなっ!
348 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/06/06(土) 05:49:23.18 ID:MpS7C/nh0
>>339
過去ログ探したら、こんなくだりを発見
http://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1328/13284/1328451567.html#a929

当時「ぞっこん」だと言っていたご本人の、今の気持ちもあらためて拝聴したいところですがw
349 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/09(火) 21:00:32.03 ID:wz63sM+Uo
こんばんは。

>>347
ありがとうございます。
いえ、絶対週に1回ということはないんですよ(^^;;
早めにできるかもしれないし、その逆も…その時はすみません。。
絶賛執筆中ですので!


>>348
これもまた懐かしいですねw
ところで、この自分に酔ってる痛いやつは誰でしょうか(すっとぼけ)
いやいや見返すとかなり痛々しい…今もでしたね(。_。;
350 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(岡山県) [sage]:2015/06/09(火) 21:17:11.13 ID:Fv5Dyjr9o
>>348
懐かしいなー
>>349
痛々しくないぞ!むしろキュンキュンするwwwwwwww
351 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/09(火) 22:37:27.47 ID:wz63sM+Uo
>>350
それは何よりで…ま、まあ全然恥ずかしくはないですけどね!
ベッドにダイブしてうあああってなる程度です(黒歴史)
ともかく、後悔はしてないです。
352 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/09(火) 23:00:16.67 ID:BZXZUbGLO
長い
3行で頼むわ
353 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/10(水) 00:10:00.79 ID:D3odXBMDO
>>352
ドジっ子寝子にゃん
大学生生活にも慣れ
少し前の事を振り返る(多少盛りつつw)
354 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/06/10(水) 00:31:00.48 ID:2yqCQ6i60
>>351
この時しょうちゃんいなかったら、さやちゃんダークサイドに堕ちてたかもしれないし
355 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/14(日) 23:10:47.05 ID:f1pvqKEMo
こんばんは。

>>354
そうですね、この時だけじゃなく高校で出会ってなかったら…と考えると怖くなります。
中学の時にもう堕ちてたと言えますので(^^;;
356 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:51:29.64 ID:v4MReWXUO
>>355
ダークさやちゃんと、黒いーちゃん…
なかなかそそるコンビと思っちゃうのは
Mの素質ありかな…
357 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/15(月) 00:26:25.30 ID:XRWaCHFco
>>356
いえ、そんないいものじゃないですよたぶん(^^;;
まあいーちゃんはともかく、私は根本は変わってないんですけどね…。
それは置いておくとしても、私は実はSな所もいえなんでもないです。
358 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/15(月) 00:31:17.75 ID:XRWaCHFco
さて、懲りずに無駄に長くなってしまいましたが…
続き投稿します。

読んで頂けましたら恐悦至極でございます。
359 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/15(月) 00:32:31.19 ID:XRWaCHFco

--------------------


きっかけは些細なことだった。
或いは、きっかけすらなかったのかもしれない。

その日その時に大きな意味はなくて、けれど起きるべくして起きたこと。
偶然なんかどこにもなく、すべては必然だった。

1つ偶然があるとすれば。
だけどそれをなかったことにしてしまえば、今までのどれもがなくなってしまう。
だから、そこには偶然も間違いもない。
正しい道順を辿ったが故の末路だったのだろう。

どんなに大きな器でも、水を注ぎ続ければやがて一杯になって溢れ出る。

3年かけて、或いはもっと前、物心ついた頃から積もった溢れんばかりの想いは、今にも限界に達そうとしていた。


--------------------
360 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/15(月) 00:33:54.54 ID:XRWaCHFco

--------------------

12月17日


世間一般では、ただの平日である。

それでも、クリスマス一週間前という見方をすれば、よいこのみんなはサンタさんからのプレゼントを心待ちにし、
お父様方はおもちゃ屋にゲーム屋にと慌ただしいアフター5を過ごす日になるのだろう。
受験生にとっては、もう何日しかないと焦り出し、妖怪アレモコレモヤッテナイがそろそろ出てくる頃だ。
年の瀬の繁忙期とするなら、妖怪がよう出る職場から出られんけんな社員様にとって、正念場と言えるのかもしれない。
大学生はきっと忘年会とか飲み会とか打上げとかあちこちでしているし、
あるいは、有明海に臨むための綿密な予定を立てる夢見心地な日だったり…

つまりはありふれた1日でも見方によっては意味を持ち、過ごす人それぞれでまったく違った日にもなる。
人によっては特別な日であったりもするのだ。

などと年端もいかない私がご高説()を垂れたい訳ではなくて…。
要するに、この日は私にとっては特別な日だということを言いたかっただけである。
正確には次の日になる。


あの日彼との交際が始まってから、早3年が経とうとしていた。

361 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/15(月) 00:37:20.12 ID:XRWaCHFco


私事の特別な日を控えた私は、それを除けば、クリスマスの一週間前という日を過ごしていることになる。

正確には、クリスマスの日にある仕事の準備である。
そこで使う資料を大急ぎで仕上げにかかっていた。
今日に限っては急がなければいけない理由があるのだ。
まあ普通に時間の猶予もないんだけど…。

そんなこんなで集中して取り組み、なんとか21時前には完了した。
為せば成る。手も抜いてない…はず。
再度チェックして、職場の方に添付メールを送信、今度こそ完了である。

ほんの一息ついて、スマホから別の相手に一言メールを送信する。

返事も待たず、はやる気持ちをそのままに立ち上がった。
鏡の前で軽く髪を整え、用意した小袋を手に家を後にした。


緩んだ頬に冷たい風が吹き付ける。
こんな寒さを感じるのも、ほんのわずかな間だけ。
身体が冷える前には、格別に温かい部屋にたどり着く。
それに、今夜は冷める気がしない。


そんなことを考えている間に早くも扉の前にいる。
浮ついた気持ちのまま、その扉に手をかけた。


362 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/15(月) 00:39:03.00 ID:XRWaCHFco


慣れ親しんだというのも憚れる程に、当たり前に過ごした部屋。
今年もとっくに冬仕様になっている。
多少の模様替えはあれど、落ち着く雰囲気は昔と少しも変わらない。

幾度の四季を過ごしてきたけれど、冬のこの部屋は一段と落ち着く。
その温かさのためなのか、私たちにとっての始まりの季節だからなのか。
思い出の場所と言えば、1番はこの部屋になるだろう。
それくらい思い出で溢れている。
きっと今日だって、その思い出の1つになるのだ。


「おつかれさま」

定位置に座り、身体を少しこちらに向けて迎え入れてくれる。

「ありがと。ごめんね、遅くなって…」

言いながら、私も自分の定位置に着く。

「言ってたより早かったじゃん」
「うん。…がんばった」

隠さず正直に伝えると、柔らかく笑いかけてくれた。

「はは、よかった。疲れてない?」
「大丈夫。……楽しみにしてたから…」

座っていた場所から少しずれて、彼に寄り添っていく。
胸の奥から湧き上がる気持ちと、触れ合って落ち着く気持ちが共存する、例えようのない幸福感に包まれる。

「…ん、そう」
「うん…」

子供を寝かしつけるような優しい手つきで、頭を撫でてくれる。
蕩けそうな心地良さに包まれ、促されるままに私はゆっくり目を閉じた。



特別な日を迎えようとしている今日、特に何かをする約束はしていない。

何もしなくたっていい。
ただ一番近くでその時を迎えたい。
こうして寄り添っているだけでいいのだ。
それだけという幸福な時間が確かにある。
側にいるだけでいい。

363 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/15(月) 00:41:10.09 ID:XRWaCHFco


会話も少なめに、テレビを眺めながら穏やかな時間を過ごしていた。
時折手を握ったり、くすぐったりしてじゃれ合い、2人でくすくす笑う。
まるで初々しいこんな触れ合いがいつまでも楽しい。

側にいる彼だってきっと同じ。
体温を通して伝わってくる、なんて幻覚にも似た共感を、私は妄信している。
肌で感じるこの想いは、間違ってなんかいない。



ふとスマホに目をやると、メールの受信を知らせていた。
仕事の連絡だったので、一言謝って確認させてもらう。
内容は、件の資料を受領したという旨と、お褒めの言葉まで書き添えられていた。

「仕事?」
「うん。資料、ばっちりだって」

簡単に返信して、すぐにスマホを手放した。
代わりに彼の手を握る。

「そっかー。えらいえらい」
「へへ…」

まるで子供を褒めるように、いい子いい子と撫でてくれる。
こんな時には、私はあざとく幼稚に笑ってみせるのだ。
彼の他には誰にも見せない。…恥ずかしいし。


一連のおままごとを楽しんで、今度は真面目にお礼を言う。

「…ありがとう」

こうして頑張れるのも、貴方がいてくれるからなんだよ。
いつも通り、そんな気持ちを込めて伝えた言葉。
これまで何度もこうして伝えてきた。
言葉にして伝えることはきっと大切だ。


そうして、私は最後の一滴を注いだ。

364 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/15(月) 00:43:46.57 ID:XRWaCHFco


「…さやはすごいな」

少しの間が合った後に返ってくる。
落ち着いた声音でつぶやかれたその言葉は、先ほどの賛辞の言葉とはまるで違って聞こえた。
さながら懺悔のように。

「え…そんなことないよ」

その雰囲気に、私は思わず否定の言葉を返す。
頭に置かれた手は、いつの間にか降ろされていた。

「ううん。すごいよ」
「……」

言葉の上では褒められていても、嬉しい気持ちにはなれない。
代わりに心がざわついて、どう答えていいのかがわからなかった。

じっと彼を見つめても、こちらと目が合わない。
俯いたまま、彼は続きの言葉をこぼした。

「…俺はだめだな」

彼の表情は、悲痛というよりどこか諦観しているようだった。

突然のことに頭がついていかない。
どうしてそんな顔をするの。

そんな顔を向けられると、どうしようもなく寂しくなる。


「な、なんで…だめじゃないよ…?」


私の言葉に、彼は目を瞑ってゆっくりかぶりを振る。
添えた手はそっと降ろされてしまった。

幾らか間が合った後、彼は口を開く。


「………さやといると、自分がだめなやつに思えてくるんだよ」



その言葉は、胸の奥に溜まったものすべてが吐き出されたかのように、ゆっくりと重々しく告げられたのだった。

365 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/15(月) 00:46:26.20 ID:XRWaCHFco


どれだけ否定の言葉を尽くしても、彼の諦めた顔が戻ることはなかった。
きっとそこに至るまでに、ずっと苦しんできたのだ。

私が何か言ってもその気持ちは簡単には変わらない。
そもそもその苦しみを与えていたのは私なのだ。

だから、言うべきことはそういうことじゃない。

「…私は、どんなしょうちゃんでも、好きだよ」
「……」

答えは返ってこなかった。
それでも私は伝え続ける。
これだけはわかっていて欲しいから。

「どんなことがあっても…大好き。愛してる」

だから悩まないでほしい、苦しまないでほしいと、そんな気持ちを込めて伝えた。
絶対の自信がある揺るがない気持ち。

そんな私の言葉に、彼は初めて表情を変える。


ぎりっと奥歯を噛み締めて、悲痛な表情を浮かべながら、吐き捨てるように言った。


「…そういうのも、きつい」


震えた声で、彼はその先の言葉を続ける。


「おかしいだろ、なんでだよ。なんでそんなに……」

「…ハイスペックで幼なじみで、俺のことが大好きとか……ありえないんだよ、普通。おかしいよ」

「…さやには、……きっと、俺より相応しい人がいるよ…」



私は返す言葉を失い、代わりに唇を重ね合わせた。

366 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/15(月) 00:50:25.87 ID:XRWaCHFco


息苦しくても離れない。
みっともなくすがり付いて、絶え間なく何度も繰り返した。

そのうちに彼がそっと優しく撫でてくれる。
受け入れてくれた彼に甘えて、さらに醜い欲望が溢れ出す。

段々と乱暴になる手つきが、堪らなく愛おしい。
掻き乱れた心が表れているかのように感じられる。
もっとめちゃくちゃにしてしまいたい。

いつまでもこのまま…なんて浅はかな気持ちは、終ぞ突き放されてしまった。



「……ごめん、ごめんね…」


潤んだ目で苦しそうに訴える彼を見て、漸く私はその場から離れた。

罪悪感に苛まれた悲痛の顔を浮かべている。

最後まで彼は優しくて、私は最後でもこんなに苦しめた。


「…帰るね。…ちゃんと、真っ直ぐ帰るから…」


そんな彼にせめて心配はかけないよう、それだけ伝えて立ち上がる。


その日を迎える前に、私は温かい部屋を後にした。


--------------------
367 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/15(月) 00:51:26.61 ID:XRWaCHFco
以上です。
368 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2015/06/15(月) 04:53:43.62 ID:78/KDrIb0
しょうちゃんならそういう風に考えちゃうだろうなあ・・・
思うところはいろいろあるけどこれから出てきそうな話もあるので静かに続きを待ってます
369 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/15(月) 07:42:44.84 ID:DmdzSMyDO
今のさやちゃんを形作ったのはまぎれもなくしょうちゃんなのに、いずれは自分のもとから飛び立ってしまうかもしれないという不安に苛まれていたのかな
370 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2015/06/15(月) 09:12:16.65 ID:kf90JFC3O
もうこれが半年前のことなのか、、、
371 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:54:05.77 ID:CK//9temO
こんなところで自分語りをしている人間がハイスペックwwwwww
372 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/06/15(月) 22:35:46.14 ID:+R5q8Z0u0
今回の伏線が、すでに>>319に… 約3か月間の沈黙の理由はそこだったか。

しょうちゃんダークサイドに堕ちたか…前回の時より症状がひどそう
http://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako//1368/13681/1368109692.html#a75
373 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/06/16(火) 00:26:59.82 ID:N/igL8lD0
きついと言いつつしっかりおまんこします(´・ω・`)
374 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/16(火) 06:31:33.70 ID:O8TWc0LDO
>>309 >>325 >>337 >>373
このおっさんいつまで居座るつもりなのかな
375 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/16(火) 09:31:01.20 ID:02bwBeEDo
>>374
さわるな
376 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/16(火) 10:41:20.10 ID:VDCsgmkTO
                  ヽ人人人人人人人人人人人人人人人ノ
         / ̄(S)~\  <                      >
       / / ∧ ∧\ \<  嫌なら見るな! 嫌なら見るな!  >
       \ \( ゚Д,゚ ) / /<                      >
         \⌒  ⌒ /  ノ Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Yヽ
          )_人_ ノ  
          /    /
      ∧_∧ ■□ (    ))
     (   ; )■□  ̄ ̄ヽ
   γ⌒   ⌒ヽ  ̄ ̄ノ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                            ∧_∧    <  嫌なら見るな!
                          , -(´Д`# )- 、 、 <  嫌なら見るな!
                          /          )  YYYYYYYYYYYYYYYY
                        ./ λ     / /
                         .〈  〈 〉   / / "
                       .゛ ヽ ヽ∧∧/ /〃        ______
                X⌒X⌒X⌒ ./\ つと ノ \ X⌒X⌒X⌒|| 二二 | 二二 |||
                i二二i二二i/  / し J  \ \二i二二i /__/__/||
                      〈  〈(( .〜 | )) 〉  〉    ||,== ||, ==||,"||
                       \ \ し^J  / /
                       ヾ \ \  / /
                         (⌒  ) ( ⌒)
377 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/17(水) 01:40:34.39 ID:f4muyUVDO
>>369
二人のイベントより仕事を優先しだしたあたりから、その不安を感じだしたんじゃないかな?
数ヵ月の経過期間を経た今がどうなっているのかも気になるが、まずは次回の展開を待つかな
378 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/06/17(水) 06:43:16.80 ID:RdEPUE8d0
さやちゃんが今志望している業種って休みは不規則なの?
379 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/17(水) 22:40:42.84 ID:Fo437wx6o
こんばんは。


もっと面白いスレがあると思うんですけど…
まあ意外にちゃんと読んでくれてるみたいですし、よしとしましょう!


>>368
そんな気はなくても、ずっと追い詰めていたんですよね。
無意識だから、尚タチが悪いという…。

>>369
いっそ巣立って欲しかったのかもしれません。
もちろんそんなつもりじゃなかったのは承知していますけど、私が置き去りにしてしまっていた結果ですかね…。

>>370
そんなになるんですよねぇ…早いものです。
…中々進まないのはすみません(ーー;)

>>371
いやもう、ほんとそれです。
パソコンじゃないんだから、能力だけがスペックとは言えないんですよね。

>>372
一応今までの話すべてが繋がっている…つもりです(^^;;
前回の時と根本は同じなんですよね。
確かに、前とは比にならないです。


>>377
書いていない些細な出来事の中にも、こういうことはありました。
それらも決して小さいことではなくて、だんだん積もらせていたんでしょうね…。

>>378
業種で言うと土日休みが多いですけど、結局は就職先によると思います。
私は仕事にのめり込みそうですが…(意識高い系)
380 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/06/17(水) 22:44:05.96 ID:4UWXlQuy0
面白くなってきたと思いつつも
これ半年前の出来事だもんね。
これを冷静に振り返れるということは…
どっちだろうねえ!
381 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/17(水) 23:39:10.30 ID:Fo437wx6o
>>380
半年間だからこそ、という…(どっちにもとれる感)
まあ実はあんまり冷静でもないんですけどね…w
382 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/18(木) 03:54:20.55 ID:BMWx8alDO
なるほど、さやちゃんの元からしょうちゃんがいなくなっても支障がないように、普段の付き合いでさやちゃんの孤立化を防ごうとする発言を繰り返していたのか…
結局は仕事を取るか恋人(家庭)を取るかというシンプルな問題に行き着くけど、そこのバランス感覚が両者でギャップがあると、結婚しても比較的すぐに破綻してしまうだろうから、そこは時間をかけてでもどちらかが歩み寄らない限りは解決しない問題かも
383 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/19(金) 01:40:08.41 ID:3eKYt9BDO
>>379
社会人になって仕事重視になったら、確実に疎遠になる典型的なタイプに見えた。
>>365のようなセリフを吐かれても無理はないか…
384 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/19(金) 23:10:38.26 ID:bGQnLxAz0
進みたい方向が決まっていて進学を選んださやちゃん
進みたい方向を探すために進学を選んだしょうちゃん
元々2人の間には温度差がありましたよね
受験という共通の目標を乗り越えて次の段階に進んだ時
しょうちゃんは自分だけが取り残されてしまったように感じたのかなと思います
将来について色々考える時期だと思いますし、止まっている訳では無いのですけれど
比べてしまう気持ちも理解できます

もう結論の出ている事かと思いますが…心配しつつ見ています
385 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/06/19(金) 23:28:20.94 ID:dU8xY87Q0
さやちゃんが仕事で都合のつかないことも多々あったことから「大学生同士の付き合い」というよりも「大学生と社会人の付き合い」さながらの様相を呈していたみたいですね。
>>384でもちょっと書かれてますが、立場上の格差が生じていた面は否めないですね。
386 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/20(土) 18:48:58.19 ID:36+7l5gDO
さやちゃんは今までしょうちゃんから多くのものを与えてもらってきたように見えましたけど、それに対するお返しはしてきたのでしょうか?
今まで、さやちゃんのおかげでしょうちゃんが助かった的なエピソードがあまり出てきてなかったように見えたので、気になってしまいました。
387 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/06/21(日) 18:56:10.27 ID:6bh4+l7W0
>>386
何言ってるんだ?
童貞捨てられただけで充分助かってるだろ
388 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/06/23(火) 07:55:12.52 ID:jWNKCgpDO
ここまでで、話全体の何割くらい?
389 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/06/24(水) 00:19:39.43 ID:2eOWUZuyo
こんばんは。

ちょっと立て込んでおりまして、全然続き書けてません…。
微妙な所で止めてしまって申し訳ないです。

まだこれだけの方に見てもらえてる事に驚いてます…!
ありがとうございます。


>>382
そういう意味もあったと思いますし、周囲から外れるということは、イコールでしょうちゃんの枠からも外れるということだったのだと思っています。
仰るとおり、この時だけで済む問題じゃないんですよね…。
ずっと先で起きたかもしれないし、もっと前に起きていてもおかしくなかった事だと思います。


>>383
絶対ならないとは言い切れません…。
まあ、まだまともに社会に出ていない学生の戯言ですので(^^;;


>>384
思えば当初からそういう差はあったんですよね。
結局誰とでも差はあるわけで、そこの折り合いの付け方が大事なんだと今では思っています。
わかっていても簡単にできることではないですけど…。


>>385
あるいは実際にその関係であったのなら、仕方ないと割り切れたのかもしれません。
そうではないのにそれに似た関係になっていたことが、しょうちゃんを苦しめていたんでしょうね…。


>>386
「居てくれてよかった」と言ってくれたことはありますけど、実際に私自身が何かできたと思える明確なものはないです。
もちろんいつでも助けになりたい気持ちはありましたけど…。
それは、お返しできてなかったからこうなったという意味でしょうか…?


>>388
8割…いや、7割くらいでしょうか。
…すみません、なんとなくで進めているのではっきりお答えできません…(ーー;)
390 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(三重県) [sage]:2015/06/24(水) 03:21:47.27 ID:0aDKUySno
将来に何も希望がない人間が、なんだかんだそれなりの大学まで行ったのは偉業だよ。
それだけでも釣り合う条件足りうると思うんだがなあ。

大体さやちゃんがハイスペックでいるのは、さやちゃんの能力だけじゃあるまいに。
周りの人間も寄与してるだろうし、その中でしょうちゃんの割合はいかほどのものか。
本人は理解していないだろう。自分がどんな存在か見失っている。
そして今、その自分の立ち位置を放棄しようとしているようにすら見える。

どれだけ大事な存在なのか、分かってもらえるまで時間がかかりそう。
でも時間の問題のような気もする。
391 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2015/06/24(水) 13:01:01.41 ID:WFm2g3TvO
>>386
>>389
おそらく「持ちつ持たれつ」の関係がちゃんと維持できているかどうかを聞きたかったのでは。
確かにこのバランスが崩れたままだと、お互いの関係も崩れてしまいかねない危険もはらんでいたりするので。
でもしょうちゃんの「さやちゃんコンプレックス」は彼の心の闇に関することなので、また別次元の問題のような気がする。
392 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/07/08(水) 23:27:36.66 ID:PPpMaJBZ0




 よっこらしょ。
    ∧_∧  ミ _ ドスッ
    (    )┌─┴┴─┐
    /    つ. 終  了 |
   :/o   /´ .└─┬┬─┘
  (_(_) ;;、`;。;`| |
  このスレは無事に終了しました
  ありがとうございました
  もう書き込まないでください

ってAAです
393 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/07/09(木) 03:50:42.48 ID:DbIfRaGDO
過去ログ化依頼スレッド
http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/part4vip/1384354951/
394 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/07/10(金) 23:02:51.41 ID:dKa7KMEfo
終わってませんよー…。


こんばんは。

随分遅くなってしまってすみません…。
ようやくひと段落つきまして、これから書いていきます。
今週中には投稿できるかと思いますので…。



>>390
釣り合えてないって、思えばずっと私も考えていたんですよね。
そのうちそんな考えもなくなりましたけど、だから、そんなの関係ないってただ否定することはできませんでした。
しょうちゃんがしてくれたように、そんな考えを自然に忘れさせてあげたいと、私は思っていました。

仰る通りです…。
大事だから、必要だからと縛りつけていたのだとこの時思い知らされました。


>>391
ありがとうございます。
なるほどそういう意味で…確かにそれは大切なことなのかもしれません。
それに関して言うなら、一生をかけてでもなんて重たいことを口にしたことはありましたね…(ーー;)


>>392
お待ち下さいましてありがとうございます!
395 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/07/11(土) 01:41:58.10 ID:ARgyeKVFo
さやちゃんお疲れ様!
のんびり待ってるよー
396 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/07/11(土) 17:22:32.48 ID:FedCm/DlO
とあるマンガの続巻発売をもう15年以上待ってる
俺にとって、数週間なんてあっという間さ!

さやちゃんの都合に合わせりゃ良いよ。
スレよりリアル(特にしょうちゃん)優先で〜
397 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/07/12(日) 23:54:21.84 ID:7951P5hdo
ぎりぎり今週中…。

こんばんは。

遅くなりましてすみません。
なんとか書き終わりました…。

はっきり申しまして、非常に書きづらい部分でして…
まだ納得いってないのが正直なところですが、とりあえずまとまりましたので、投稿します。



>>395
お待たせしてすみません…。
そのお言葉でがんばれます!
ありがとうございます!


>>396
そ、それはほんとにまだ続いてるのでしょうか…(^^;;
ともかく心強いですw
ありがとうございます。
398 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/07/12(日) 23:56:05.82 ID:7951P5hdo

--------------------


そばにいてくれるだけでいいと思っていた。
何もしてくれなくても、何もしていなくてもいい。
どんな貴方でも愛しているから。

その気持ちがあればいいと思っていた。

そんな気持ちまで否定されてしまったら。
どこに理由を求めればいいのかわからない。


そばにいるだけで、私は苦しめた。

すべてを投げ出して彼のためだけに生きれば、そばにいさせてくれるのだろうか。
私が私じゃなくなれば、そばにいても苦しめることはなくなるだろう。

だとしたら、今までの幸せな時間はなんだったのだろうか。


--------------------

399 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/07/12(日) 23:57:39.93 ID:7951P5hdo

--------------------


前触れもなく鳴り出したスマホに驚き、慌てて操作して音を止めた。
時計はいつも起きる時間を示していて、ただ目覚ましのアラームが鳴っただけだった。

いつもと変わらず、当たり前のように設定した時間を知らせてくる。
理不尽にも煩わしく思いながら、大きく伸びをして布団から這い出た。

冷え切った部屋の寒さが身体に突き刺さり、気怠い身体も引き締められる。
この部屋には微睡む隙もない。
もう一度伸びをして、自室を後にした。

いつもと変わりなく、今日も1日が始まる。


***


静かに講義を受けながら、いつもの大学での時間を過ごしていった。
一度だけ「お疲れだね」なんて掛けてくれて言葉に「ちょっと寝不足で」と簡潔に答えた程度で、他には特に何も変らなかった。

きっといつも通り振舞えているのだろうし、この教室ではそもそも悟られるような心配もいらない。

そのことが案外、今は気楽に感じられた。


400 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/07/12(日) 23:59:33.42 ID:7951P5hdo


1日の講義を終え、私は図書室に立ち寄った。
ぽっかり予定が空いてしまったため、仕事の調べ物をしていくことにした。

能率も上々、それなりに捗っている。
まるで何の影響も感じられないかのようだった。

そんな自分を誇らしく思うと同時に、どうしようもなく嫌いになる。


きりのついたところで急激な睡魔に襲われる。
さすがに身体は言うことを聞いてくれないらしい。
結構いい時間になっていたこともあり、切り上げることにした。

今日の成果に満足し、図書室を後にする。
出口近くのカウンターに置かれたサイコロカレンダーが示す今日の日付が目に入り、心の中で一つため息を吐いた。



寒空の下、日が暮れ始めても辺りには賑やかな話し声が広がっている。
今年の登校も残すところ後数日。
惜しむ気持ちか休暇に馳せる気持ちか、人それぞれに思いがあるのだろう。

広場で反響するその声は、私には随分遠くに感じられた。

吹き付ける風に身震いしつつ、少し早足で帰途についた。



--------------------
401 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/07/13(月) 00:01:54.42 ID:bZFnouTTo

--------------------

12月19日


大学から帰宅すると、リビングには妹の姿があった。
何をするでもなく、こたつでただ頬杖をついている。
テレビは付いているが、視線はあさっての方向で明らかに見ていない。

「…ただいま」
「………あ、おかえりー」

声をかけてようやく、随分間が空いて返事が返ってきた。
見るからに心ここにあらず。

「…どうしたの?」

深く考えず、とりあえずそう聞いてみる。

「ん、…別に」

「ふーん」で済ませればよかったのだろうけど、あいにく私はシスコンであり、放って置くことはできなかった。
自分のことすらままならないのに。

「別にって…何かあったんじゃないの?」
「はぁ…だから、何でもないって」

煩わしそうに大きくため息をついて、あしらう様に応えられた。

「何かあったなら言って…」
「はぁぁ…」

かけようとした言葉はさらに大きなため息で遮られ、あやはちらっと横目で私を捉えながら、吐き捨てるように言った。

「さやちゃんにはわかんないよ」

その言葉が、胸の奥深くを抉るように突き刺さる。
ごちゃごちゃにしまい込んでいたあれこれを掻き出されたかのようだった。

「…な、何が…なんで…」
「…うるさいなぁ」

立ち上がろうとするあやの手を掴み、震える声を絞り出す。

「なんで、そんなこと…!」

自分でも驚くくらいに荒い声が出ていた。
そんな私の様子をあやは驚くように見て、キッとこちらを睨みつけてくる。

「…ほっといてよ!」

掴んだ手は払われ、静止する声も聞かずにあやは自室に戻ってしまった。


402 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/07/13(月) 00:04:31.38 ID:bZFnouTTo


1人取り残され、そのまましばらく項垂れでいた。

激しく自己嫌悪する。
八つ当たりしてしまったことは元より、わからないと言われた自分が不甲斐なかった。

そして、こんな考えをしてしまう自分が何より嫌になる。

あやは、ただそっとしておいてほしかっただけなのかもしれない。
今はまだ話したくないだけだったのかもしれない。


「私が悪い」「私の所為だ」「私がどうにかすればきっと…」

何かあればこう考えてしまう。
そんな考えは結局、自分本位の考えでしかないのだと思い知る。

反省することは大事でも、そればかりじゃいけないのだ。
何もが私の所為なんてことはなく、相手の問題の場合だってきっとある。

相手が悩んで出した結論を、私がどうにかできるなんて思い上がりでしかない。



「さやに俺の気持ちはわかんないよ…」


以前、彼に言われた言葉が蘇る。

受験の時だったか。
着実に成果が出ている私には、伸び悩む気持ちはわからないと、そう言われた。

できる私が悪いから、そんな私がそばにいるのが悪いから。
それでもそばにいたいから、私にできることをしたいと思った。

それが決して間違いじゃなかったことは、あれから過ごした時間でわかっている。
けれど、そうじゃない結論もあったのだろう。


私本位じゃない結論も、必要な時はきっとある。
何よりこれは、私と彼の話だ。

だから、たとえ本意じゃない結論だとしてとも、受け入れなければいけないこともある。


--------------------
403 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/07/13(月) 00:08:18.15 ID:bZFnouTTo
以上です。

星の巡り合わせが悪い時なんてことはありますよね。
それとも今までがよかっただけなのかもしれません。
404 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/07/14(火) 00:48:47.90 ID:0AjkdnySo
さやちゃんこんばんは
なるほどねー
おっさんの歳になってくると他人の考えなんか他人だからわからんで割り切ってしまうものなんだけどね
その上で付き合わないと自分が疲れてしまうし
405 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/07/14(火) 06:26:30.32 ID:GPT3SlkDO
今回遅くなったのは忙しかっただけじゃなくて、筆が進みづらい場面だったからというのもあるのかな?
そろそろ期末試験の時期だろうし、思い出すことで心を痛める場面が続くのなら、試験が終わった後に再開したほうが良いかも
406 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2015/07/14(火) 22:57:46.98 ID:keis7l+F0
誕生日にメールでも送れば、それがキッカケになって直ぐによりが戻るよ
俺が悪かったとか謝ってきそう
しょうちゃんはモテないから欲求不満が続いているだろうし
やっぱり身体は正直だよ
407 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/07/14(火) 23:56:13.16 ID:Zt6sufp30
うぁちょっと目を話した隙に進んだね。
現状に至るまでにあとふた山くらいあると思ってるんだけどな〜。
408 : 【中吉】 [sage]:2015/08/01(土) 18:46:48.49 ID:/+bDBlm1o
えいっ
409 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/08/03(月) 21:56:14.89 ID:pbHu3X2do
こんばんは。

またも随分空いてしまってすみません…。

ようやく続きを書ける目処が立ちましたので、一先ずご挨拶させていただきます。
8月中に最後まで書けるといいな…と思ってはいます。
一応…。

それにしても嫌になる程暑いですね…むしろ熱いと言ってもいいぐらい(ー ー;)

熱中症などお気をつけくださいませ。
410 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/08/03(月) 22:06:22.80 ID:K2GWesYJ0
さやにゃんこんばんは まってたよw
411 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/08/03(月) 22:08:51.62 ID:pbHu3X2do
>>404
分かりたいと思うのに、分からない理由を自分に求めるのはどこか間違っていますよね。
そんなだから、わからないと言われてしまったのだと思います…。

>>405
お気遣いありがとうございます。
書きづらいと言ったのは、心情としてという意味も少しありますけど、ただ表現しづらいという…。
当時の自分の気持ちを書くのは中々に難しいものです(ー ー;)

>>406
やっぱり貴方は、実はいい人ですね!
まあそういうのもあるとは思いますけどー…でも、しょうちゃんはもてますよ。

>>407
進んでますかね(^^;;
大まかに言えば確かにふた山です。
と言いますか、その2つの話に至るために書いてきたのがこの話となっています。
412 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/08/03(月) 22:12:27.28 ID:pbHu3X2do
>>410
こんばんは!
お待ち下さいましてありがとうございますm(_ _)m

続きは明日…か明後日には必ず(^^;;
413 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/08/06(木) 01:11:34.00 ID:aL+eRbKwO
ベッドシーン

すれ違い

ハッピーエンド

だったら恋愛映画の黄金パターン
釣りだと疑わざるを得ないし悲しい
414 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/08/06(木) 07:00:13.69 ID:r2A0os/DO
でもお互いの心理状態が去年のクリスマス以降どう変化していったのかは気になる
415 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/08/06(木) 23:54:28.99 ID:LceC3Rc8o
こんばんは。

昨日は間に合わなくてすみません…。
こんなに筆が進まないものとは…言い訳です、はい;

もう間もなく、日付け変わる頃ぐらいには書き終わるかと思いますので、一先ず今夜には投稿していきます。



>>413
いや、疑わざるを得ないと言われましても…というか今さら釣りって(^^;;
そもそもベッドシーンなんてありませんけどね。


>>414
その辺りをこれから先長々とお話ししていくことになります。
そしてそれが中々難しい…(ー ー;)
416 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/08/07(金) 00:45:29.86 ID:Fwa9N1rHo
それでは、3週間ぶりの続きになります。

拙い表現力でもどかしいですが…少しでも伝われば幸いです。
よろしくお願いします。
417 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/08/07(金) 00:48:46.24 ID:Fwa9N1rHo

--------------------


教室内は、いつにも増して賑やかな声が飛び交っていた。
先日開かれた忘年会の話や、冬季休暇の予定、来る聖夜に馳せる思いなど、明るい話題で笑いあっている。
どの話題も持ち合わせていない私はといえば、静かなものだった。
まあいつも通りとも言える。

そんな教室内も居心地の悪いものではなかった。
蚊帳の外の賑やかさが、不思議と心を落ち着かせてくれる。
静かすぎた休日の反動かもしれない。

妹に八つ当たってしまった日から、土日を挟んで2日が経った。
あれからまともに話ができていないままである。

他の誰とも、まともな会話をしていない。
お母さんとも生活がすれ違って、挨拶程度だ。

休日は日がな一日自宅で仕事して過ごし、気づけば今日大学にいるという有様だった。
とはいえ仕事の進み具合も順調だったし、今日もこうしてしっかり登校している。
普通が何とは言えないけど、有体に言えば普通に生活できているのだろう。
もちろん、私にとっての普通であるが。


「おつかれー」
「…あ、うん。おつかれ」

今や貴重な会話である挨拶を交わし、一人賑やかな教室を後にした。


418 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/08/07(金) 00:53:25.26 ID:Fwa9N1rHo


校内を歩いていると、離れた所にしょうちゃんの姿を見かけた。
女の子と連れ添って歩いている。おそらく私の知らない子だ。

その姿が見えたのも束の間、すぐに建物で遮られてこちらからは見えなくなってしまった。

元気そうでよかった、なんてどの立場から思っているのか、ともかく数日振りに彼の姿を見れたことが少し嬉しかった。

それと同時に、沸沸と心の内から感情が込み上げてくる。


きっと、ああして彼の隣を歩ける人は他にもいる。
特別な誰かでなければいけないなんてことはないのだ。

別にさっきの子に嫉妬しているわけじゃない。
ただ一緒に歩いていただけだ。

だけど、私じゃなくてもいいと思えてしまった。
認めたくはなかったのに、何度も否定したその考えをこんなにも簡単に受け入れてしまった。

そばにいて傷つける私が、傷つけないようにするには、なんて考えていた。
簡単に出てくる答え以外の方法を考えていたのに。
その答えがこうも噛み合ってしまうと、それ以上はもう考えられなくなってしまった。

…何を今さら、直接言われたことなのに、ただ目を背けていたに過ぎないのだ。

私じゃなくてもいいんじゃない。
私がいてはだめなんだ。


特別な誰かでなくてもいいのは、彼だけではなくて私もそうなのだろう。

私にはもっとふさわしい人がいる、と彼は言った。
そんな言葉を受け入れたわけじゃない。
彼以上の人がいるなんて到底思えない。

けれど、それなりの人はいるのかもしれない。
例えば、私が隣にいても傷つかない人だろうか。
はるか上のハイスペック超人だろうか。

なんだっていい。
いなくたっていい。

ふさわしいとか、釣り合いとか、そんなことを求めていたわけじゃない。

ただ、お互いを特別に思って、そのことに幸せを感じていたかった。

何よりも特別な彼がそう思えないのなら、私はいなくてもいい。


込み上げてきた思いは吐き出す行き場もないまま、どす黒い胸の奥へと消えていった。


419 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/08/07(金) 00:56:17.57 ID:Fwa9N1rHo


誰もいない我が家で1人、黙々と夕食の支度を進めていく。

間もなく妹が帰って来る時間だ。
その頃にはちょうど出来上がるだろう。
すぐに夕食にするような時間でもないけど、なんとなくこうして迎えたかった。
ただの気紛れ、気晴らしだ。


妹とのことについては、私はそれほど思い詰めてはいなかった。
気まずさは感じても、どうにかしなければという焦燥感はない。

家族だから何があっても縁は切れない、なんて思っているわけじゃない。
そうじゃないのは、私がよく知っている。

それでも家族だから、唯一の妹だからという理由だけで、苦しめても嫌われても迷わず気持ちをぶつけられる。
たとえ一方的であっても押し付けられる。

甘えて甘えさせて、そんな甘々の対等な関係でいい。


「おかえりー」
「……ただいま」

素っ気ない返事に満足し、私は笑顔を返した。

「ご飯できてるけど、お母さん帰ってきてからでもいい?」
「…うん。……ありがと」

私の妹はしっかりお礼を言える子だ。

お母さんもそろそろ帰って来るだろう。


家族3人揃って食卓を囲める幸せ。
そこに理由はいらない。

家族という特別な関係さえあればいい。



--------------------
420 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/08/07(金) 01:03:11.05 ID:Fwa9N1rHo
以上です。


あんまり進んでない拍子抜け…。

とはいえあと4、5話ぐらいで終わるかと思いますので。おそらく…。

最後までどうか何卒、よろしくお願いします。
421 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/08/07(金) 23:03:11.03 ID:OHlmwNlpo
さやちゃんお疲れ!
さやちゃんも忙しいだろうから無理に期限とか決めずにのんびりで構わんよ

のんびり待ってるし、
何の義務もないのだからー
422 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/08/17(月) 23:10:33.32 ID:1EPJk+gQ0
まあゆっくりしていってよ
続編や新章だってあるかもしれないし
423 :さや ◆0j8YIq7DEniB [sage]:2015/08/31(月) 22:02:07.18 ID:CE4NNyupo
大変ご無沙汰しております。

気づけば8月も終わりですね…。

8月中には完結とか嘘でした…すいません…。
夏休みの方が忙しいなぜだ(白目)

ぼちぼち書き始めようかと思いますので、気長にお待ちくださいませ。。


>>421
ありがとうございます。
こんなはずでは…(言い訳)
恐縮ですが、引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m


>>422
ありがとうございます。
続きはどうしようかなぁと…こんな感じであまり時間とれないので(ー ー;)
とりあえず区切りがついた所で、近況などは簡単にお伝えするつもりです。
424 : 【末吉】 [sage]:2015/09/01(火) 13:33:09.43 ID:vIcWRck8o
気長に待ってますので、手が空いた時によろ!


ついでにおみくじ(笑)
425 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2015/09/01(火) 16:16:32.65 ID:Xp0dxLZRO
区切り…
【意味】
子供が産まれた時、もしくはもげた時
426 : 【末吉】 [sage]:2015/10/01(木) 09:13:57.69 ID:ORw1zVxv0
さやにゃんおはようございます

最近は書き込みを控えておりましたがいつもみているよ
427 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(愛知県) :2015/10/09(金) 23:32:41.97 ID:6O4Q3/oH0
まだ追いついていないのだが....
本読んでたらいーちゃんで再生されたwww


もうすぐ二十歳だね。誕生日おめでとう。



高二の夏より
428 :名無しのパー速民 [sage]:2015/10/15(木) 12:54:59.77 ID:JRo0V5UAO
ついに別れたか
429 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/11/07(土) 03:40:33.40 ID:lgEWtESCo
お久しぶりでめす、こんばんは38にゃん

>>173以来ずいぶん時間が経ったけどようやく読みました
なんとなく予感めいていたので正直怖くてスレを開けませんでした
そして予想通りでしたね、はい

さて感想は一言でいえば

うまく行くようで行かない、それが現実ケセラセラ


ではまたノシ

少し早いけど誕生日おめでめす
430 : 【末吉】 [sage]:2015/12/01(火) 23:37:20.79 ID:8szoMeXWo
。。。。続き待ってる
431 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage ]:2015/12/09(水) 22:21:22.89 ID:PrCcMw600
もう終物語。。。撫子が懐かしい
432 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/12/10(木) 01:26:08.74 ID:lDnMY7XiO
クリスマス前はソワソワしたもんよ
433 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2015/12/31(木) 10:03:40.76 ID:T6jhhe9rO
よいお年を〜 ノシ
434 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2015/12/31(木) 13:56:51.84 ID:i4kUqtDc0
さやにゃん… 年越しちゃうよ…
435 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2016/01/01(金) 14:41:04.60 ID:wnU0OP9go
38にゃん、あけましておめでめす

本年もよろしくねノシ
436 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします [sage]:2016/01/02(土) 22:35:06.36 ID:eOsyoyPw0
あけおめ
もう20歳か?21歳だっけ?
437 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2016/01/30(土) 05:23:32.73 ID:5bkoPogtO
まだかな
438 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2016/02/04(木) 16:11:24.92 ID:g+ZDW/aZ0
さやにゃん  春になったよ…
439 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2016/02/04(木) 20:55:37.86 ID:qP89jLumO
よっこらしょ。
    ∧_∧  ミ _ ドスッ
    (    )┌─┴┴─┐
    /    つ. 終  了 |
   :/o   /´ .└─┬┬─┘
  (_(_) ;;、`;。;`| |
  このスレは無事に終了しました
  ありがとうございました
  もう書き込まないでください
440 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(新潟県) [sage]:2016/02/04(木) 23:32:27.83 ID:PU3xN88D0
さやにゃん待ってるよ
441 : 【末吉】 [sage]:2016/03/01(火) 04:39:10.95 ID:5ghwB1JZo
3月だよ、38にゃん
442 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2016/03/29(火) 21:46:43.41 ID:A6Jm0wsxO
いつまで待てばいいのか。。。
443 : 【凶】 [sage]:2016/04/01(金) 20:10:56.80 ID:ZxNQgCiko
今日から四月じゃないよ、38にゃん
444 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(不明なsoftbank) :2016/04/01(金) 20:15:12.50 ID:oSm7x/ut0
もう待たなくてもええんやで
445 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2016/04/12(火) 01:07:14.87 ID:xwRpI/R40
もう3年生?
446 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2016/05/02(月) 05:26:21.50 ID:BNc0fihpo
38にゃんGWのお休みの予定はあるのかしら
447 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2016/05/05(木) 10:13:36.04 ID:x/2sqovT0
さやにゃん    夏になったよ…
448 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2016/06/05(日) 11:05:10.77 ID:LTw6oNJwO
もう見ていない気がしますが保守しておきます
449 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2016/06/05(日) 21:35:17.61 ID:XGHY6fhg0
さやにゃん        このままおわっちゃうの……
450 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(香川県) :2016/06/14(火) 17:56:14.10 ID:LugFcv+L0
放り出す子だとは思わなかったけど、なんか事故でもあったのかな
451 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2016/06/18(土) 02:47:55.96 ID:QcytweKU0
大人になったということだろう
452 : 【吉】 [sage]:2016/07/01(金) 02:59:15.42 ID:iaspycRio
2016年も後半突入ですにゃぁ
453 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2016/07/26(火) 15:42:22.66 ID:VU+CGOjHo
こんにちは、38にゃん

暑い日が続くねぇ、夏バテしてないかな?
まあ猫は涼しい場所探すのは得意だから大丈夫かな
ちなみに今日はうちの猫×2の誕生日だよ

ではまたノシ
454 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2016/08/23(火) 23:22:51.51 ID:PqyrNlROO
ちゃんと書いてくれる子だと思ってたんだけどな
455 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2016/08/31(水) 17:02:03.04 ID:cK85k/r40
さやにゃん…     8月もおわっちゃうよ…
456 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2016/09/30(金) 17:13:48.83 ID:FMCsPn1uO
ほしゅ
457 : 【吉】 [sage]:2016/10/01(土) 23:00:12.55 ID:rM9P7oYTo
10月といえばいー様の誕生日
一足早くおめでとう
458 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2016/10/18(火) 00:48:13.84 ID:Ij6GIaJF0
さやにゃんこんばんは

いまもおげんきにしているでしょうか
ほんのすこしのことでもまっているよ
459 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(不明なsoftbank) :2016/10/18(火) 20:30:09.80 ID:xCQoxEBp0
おまんこしてるのけ?
460 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2016/11/03(木) 01:52:06.45 ID:Jla9jsh/0
また年末だね
あれから何年経っただろうか
461 : 【小吉】 [sage]:2016/12/01(木) 03:24:31.09 ID:+oGTdLZno
師走ですね、38にゃん

38にゃんも忙しく走り回るのかな?
462 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2016/12/14(水) 19:04:59.66 ID:wuvpFTtmO
もう1年以上来てないか…

報告とか無くてもいいから顔だけでも見せて欲しいんだぜ
おっさんは寂しい限りです(´・ω・`)
463 : 【大凶】 [sage]:2017/01/01(日) 01:18:55.14 ID:oQsZwgkko
あけましておめでとう、38にゃん

2017年が38にゃんにとって良い年でありますように
464 : 【大凶】 [sage]:2017/01/01(日) 01:20:12.82 ID:oQsZwgkko
う、引きなおし……
465 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) [sage]:2017/01/01(日) 19:35:49.15 ID:zg/aH9e30
あけおめ〜
466 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2017/01/08(日) 19:31:37.64 ID:EyEp/AfCo
ここが吐き出せる場所ではなくなったかな?元気でやってることを願うよ。
467 : 【末吉】 [sage]:2017/02/01(水) 11:33:05.56 ID:it6gtTlIo
こんにちは、38にゃん

2月に入りました
現在は旧正月の期間中で、ECサイトによってはセールも模様されてるようですね
爆買いツアーが鳴りを潜めた今、今後はこの期間を狙ってセールが増えていくのかもしれませんね
それはともかく……恒例のお御籤
468 : 【末吉】 [sage]:2017/03/01(水) 05:44:36.52 ID:YczBbAsKo
おはよう38にゃん

弥生3月、少しづつ暖かくなってきましたがまだまだ油断できない季節の変わり目
体調崩さないよう気をつけて!

ではまたノシ
469 : 【吉】 [sage]:2017/04/01(土) 14:46:17.61 ID:ScyRoWl60
ほッ!
470 : 【吉】 [sage]:2017/05/01(月) 05:33:51.93 ID:bvWlvOTXo
おはよう、38にゃん

ゴールデンウィークですね
ぽかぽか陽気どころか暑かったり荒れた天気で風が冷たかったり変な日々が続いてます
お体にお気をつけて

ではではノシ
471 : 【ピョン吉】 [sage]:2017/06/01(木) 11:03:07.48 ID:hpGFzydU0
今スレも3年以上経ってしまいましたね



さーやーにゃーーーんーーーーーカームーバックーーーーー
472 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2017/06/02(金) 01:16:47.29 ID:saBg+6oQO
もう大学卒業してるのかな?
473 : 【末吉】 [sage]:2017/07/01(土) 05:47:32.18 ID:IDGaE3+yo
おはようございます38にゃん

文月、今年も半分過ぎたねぇ
月日が早い早い
空梅雨かと思ったらようやく雨日が続くようで
少しばかり過ごしやすくなるかなぁ

ではノシ
474 : 【末吉】 [sage]:2017/08/01(火) 00:19:24.39 ID:3w8GmvXxo
こんばんは、38にゃん

とっても暑い日が続いてますねぇ、今年は結構きつい気がします
注意をしてても軽い熱中症のような感じになってしまいます
38にゃんはどんな対策してるかな?
出来れば聞きたいところです


ではではノシ
475 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2017/09/01(金) 01:26:01.79 ID:6M1hdUrwO
208.45 KB Speed:0.3   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)