カルネアデス・プリズム(名探偵コナン×竜とそばかすの姫)
1- 20
75:探竜唱 ◆2k5pFFm6nI[saga]
2021/12/09(木) 02:14:43.37 ID:4yq8c2840

「渡辺瑠果さん」

「はい」

「ここではN、ですか。あなたとNさんは仲のいい友人だそうですな」

「はい」

「しかし、それはごく最近。
そう、ベルがアンベイルする前後の話だと言う事でよろしいですかな?」

「ええ、本当はちょっと違うんですけど周りにはそう見えたと思います。
私とベルは昔から友達でしたけど、色々あってごく最近まで
ベルの方から話をすると言う事はほとんどなかったですから」

「ふむ。こちらの情報では、
高校入学当初からベルのアンベイルの時期まで、
実際にベルと親しく関わっていた女子生徒は一人、そうですね?」

「ええ、大体それで合っています」

(それがベツヤクヒロカ、か………)

やり取りを聞きながら、コナンは心の中で呟く。

「そして、あなたとNは非常に対照的な存在だった」

そう言った小五郎を、瑠果は静かに見ていた。

「あなたはクラスでも部活動でも中心的な存在。
引いては、輝く存在として学校中から知られた、
言わば太陽の様な人気者。
対して、かつてのNさんは、言い方を選ばなければ
クラスの中でもいるのかいないか分からない、
むしろ彼女自身がそれを望んでいた。
全く孤立していたと言う訳ではなかった様ですが、
親しく接していたと言える友人は一人だけ。
丸で真昼の月の様な存在。それが実際だった」

「お答えは差し控えます」

瑠果は、静かに笑みを浮かべて言うと、すっと真顔で前を見た。


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
104Res/111.36 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice