カルネアデス・プリズム(名探偵コナン×竜とそばかすの姫)
1- 20
77:探竜唱 ◆2k5pFFm6nI[saga]
2021/12/09(木) 02:23:59.61 ID:4yq8c2840

「ないないないない」

顔を上げた瑠果は、ぱたぱたと右手を振って、
ちょっと顔をしかめながらくすくす笑っていた。

「ええ、学校でも面白がってそういう、
比較とか上か下かとか勝ったとか負けたとかギスギスとか
勝手に言う人はいますけどね。
敢えてそういう価値観で言うなら、
私は別にそんな世界的な野心とかはありませんし、
す、ベルは、うん、ちょっと自信ついたかなって思うけど
学校では相変わらずのんびり草食って人畜無害に大人しく生きてます、
って、ちょっとヒロちゃん伝染っちゃった。
だから、別にそんな、私がこんな自分で痛い思いするなんて
馬鹿馬鹿しいってだけで」

「確かに、彼女の言動から言っても、とてもそこまで愚かだとは思えない。
あらゆる意味でリスクが高過ぎる。やるとしたら余程の激情家じゃないかな」

同意を示したのは路留だった。

「そうね」

そこに、哀が続く。

「このやり方だと傷跡どころか下手すると失明ものよ、
彼女の聡明さから言っても割に合わな過ぎる」

「そうよねー」

哀の言葉に園子が続いた。

「正直流石にそんな事でってねー、ホント綺麗な顔してるんだし。
彼氏でも奪られたってんならまだ話も分かるけど」

「それもない。ちゃんと別々にいるから。
ん? でもあれってどっちなんだろう。
うん、取り敢えず私と別々なのは確かだから私がそんな事する理由無い」

園子が蘭と手に手を取ってキャーと声を上げる側で、
瑠果はちょっと考え込んでから必要な結論を出した。


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
103Res/111.27 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice