安価とコンマで異世界転生!その6
1- 20
761: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/03(日) 19:49:09.22 ID:7CDn0V79o
一行は仕方なくお金を受け取ってカジノを出た
というのもそれを受け取らないとさらに押し付けてきそうだったからだ
金を押し付けるというのもおかしな話である


以下略 AAS



762:名無しNIPPER[sage]
2022/07/03(日) 20:26:01.92 ID:tlvX3Oam0
ボロボロの恰好をした怯えていて明らかに気が弱そうな少女


763: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/03(日) 21:28:45.33 ID:7CDn0V79o
御者「なっ、なんだ!?」


彼は驚いて馬車を止めた
また何者かに襲われたのかと、
以下略 AAS



764: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/03(日) 22:13:44.37 ID:7CDn0V79o
ボロボロ少女「ひっ……」


そこにいた彼女は、確かにボロボロで、
そしてひどく怯えていた
以下略 AAS



765: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/04(月) 00:30:57.90 ID:BO1iIv73o
そのどもっている様子から、
精神的なショックを差し引いても、
元々内向的で気の弱いことが分かる


以下略 AAS



766:名無しNIPPER[sage]
2022/07/04(月) 00:33:05.38 ID:dzaC1pUco
誘拐されて何とか逃げてきた


767: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/04(月) 01:22:20.21 ID:BO1iIv73o
本日はここまでです
ありがとうございました


768: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/04(月) 19:26:31.37 ID:BO1iIv73o
・男
【筋力】121【HP】65【素早さ】200【MP】114【顔面】30(神の力)【歌唱力】74【料理】111【中華料理】97【画力】26【加護】13
【刀術】・閃火斬(火属性武器でのダメージに+6、それ以外の武器では+3)
『平凡人』(戦闘能力以外を最低保証50)
『魔法の才能』(魔法習得難易度易化)
以下略 AAS



769: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/04(月) 19:29:40.49 ID:BO1iIv73o
ボロボロ少女「誘拐されて何とか逃げてきた」

やる気「そりゃひどい話っすね。よし、そいつらをとっちめるっすよ」

ぶりっ子「そうですねぇ。他にも人は捕まってるんですかぁ?」
以下略 AAS



770:名無しNIPPER[sage]
2022/07/04(月) 19:33:55.65 ID:jDjkwqxe0
予言によると将来大きな災いを起こす悪女


771:名無しNIPPER[sage]
2022/07/04(月) 19:35:30.67 ID:g5FI3y4DO
詳しくはわからないけど何かの生贄


772: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/04(月) 19:51:11.17 ID:BO1iIv73o
ボロボロ少女「予言によると将来大きな災いを起こす悪女だからです」

男「なんだそりゃ」

ボロボロ少女「……とにかく……そうらしいです」
以下略 AAS



773: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/04(月) 20:54:40.54 ID:BO1iIv73o
氷魔「……それじゃあ……潰しに行きますか……?」

やる気「おう、ぶっとばしてやるっす!」

ぶりっ子「いやいやいや、この子をここに放置する訳にはいきませんよぉ!?」
以下略 AAS



774:名無しNIPPER[sage]
2022/07/04(月) 21:04:36.31 ID:g5FI3y4DO
街外れの孤児院兼教会です


775: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/04(月) 23:03:42.97 ID:BO1iIv73o
ボロボロ少女「街外れの孤児院兼教会です」

中華(孤児だったのか……)

氷魔「……では……この子を連れていきましょう……」
以下略 AAS



776: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/04(月) 23:07:28.35 ID:BO1iIv73o
夕方ごろ、孤児の少女を連れた一行は、
町外れにある教会までやってきた


怪盗「ここに来たことがあるんですか?」
以下略 AAS



777: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/05(火) 01:07:11.03 ID:1htoSY3Oo
本日はここまでです
ありがとうございました


778: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/05(火) 19:30:46.19 ID:1htoSY3Oo
・男
【筋力】121【HP】65【素早さ】200【MP】114【顔面】30(神の力)【歌唱力】74【料理】111【中華料理】97【画力】26【加護】13
【刀術】・閃火斬(火属性武器でのダメージに+6、それ以外の武器では+3)
『平凡人』(戦闘能力以外を最低保証50)
『魔法の才能』(魔法習得難易度易化)
以下略 AAS



779: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/05(火) 19:34:16.04 ID:1htoSY3Oo
彼女がそうつぶやく(本人は普通の声量だと思っている)と、近くにいたシスターは大きく反応した


シスター「あっ、あぁ……!」

以下略 AAS



780: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/05(火) 21:08:55.64 ID:1htoSY3Oo
やる気「いやーよかったっすね」

シスター「あなた方が助けてくれたのですか!?」

ぶりっ子「いや、この子が自力で逃げ出したんです。私たちは道端にいたこの子を拾っただけです」
以下略 AAS



781: ◆cUhskXlNTw[saga]
2022/07/05(火) 21:49:05.68 ID:1htoSY3Oo
中華「そういう訳で、まだ子供たちは表に出さないようにね」

シスター「分かりました。なんと感謝すればよいやら……」

氷魔「……分社を置かせてもらっているので……当然のことですよ……」
以下略 AAS



781Res/617.42 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice