過去ログ - 白坂小梅「不思議なオマツリ」
1- 20
21: ◆8NuZPx1.tI3W[saga]
2015/10/31(土) 23:29:30.85 ID:4oBKFh3/O
 ・
 ・
 ・

輝子「あーん…………あ、あれ…………もう食べない……のか?」
以下略



22: ◆8NuZPx1.tI3W[saga]
2015/10/31(土) 23:30:08.88 ID:4oBKFh3/O
未央「うーん、どうしようかぁ…………さっちーと追いかけっこさせてみる?」

幸子「またですか!?ボクは絶対に嫌ですよ!」

ガチャッ
以下略



23: ◆8NuZPx1.tI3W[saga]
2015/10/31(土) 23:30:39.79 ID:4oBKFh3/O
凛「あー卯月、実はかくかくしかじかで…………」

卯月「そ、そうなんですか…………プロデューサーさんは大丈夫なんですか?」

小梅「うん……眠ってるみたい……」
以下略



24: ◆8NuZPx1.tI3W[saga]
2015/10/31(土) 23:31:14.28 ID:4oBKFh3/O
卯月「あっ!」

未央「お、しまむーも何か思いついた?」

卯月「要するに、プロデューサーさんを楽しませればいいんですよね?」
以下略



25: ◆8NuZPx1.tI3W[saga]
2015/10/31(土) 23:31:48.07 ID:4oBKFh3/O
凛「私たちだけ………………うん、そうだね、私たちなら楽しませられるかも」

未央「あー、なるほど!さっすがしまむーだね!」

小梅「わ、私たちも……やる……!」
以下略



26: ◆8NuZPx1.tI3W[saga]
2015/10/31(土) 23:32:28.99 ID:4oBKFh3/O
ーーーー
ーー


未央「いやー、レッスンルームが空いててよかったね」
以下略



27: ◆8NuZPx1.tI3W[saga]
2015/10/31(土) 23:33:16.46 ID:4oBKFh3/O
卯月「〜〜♪」

モバP「……………………」

凛「〜〜♪」
以下略



28: ◆8NuZPx1.tI3W[saga]
2015/10/31(土) 23:34:03.47 ID:4oBKFh3/O
幸子「いえ、少しですがリズムに乗ってます!」

凛「ふぅ、手応えはあるみたいだね…………それならバトンタッチ、次は幸子たちだね」

小梅「う、うん……頑張る……!」
以下略



29: ◆8NuZPx1.tI3W[saga]
2015/10/31(土) 23:34:40.57 ID:4oBKFh3/O




輝子「ご、ごめん……ダメだった」
以下略



30: ◆8NuZPx1.tI3W[saga]
2015/10/31(土) 23:36:00.52 ID:4oBKFh3/O
モバP「……………………」

輝子「……………………」

幸子「ん?どうかしたんですか、輝子さん」
以下略



31: ◆8NuZPx1.tI3W[saga]
2015/10/31(土) 23:37:18.45 ID:4oBKFh3/O


輝子「ヒャッハー!よく来たなお前ら、そのお前らのパンプキンヘッドも私の歌でキノコの苗床にしてやるよぉ!!」


以下略



37Res/14.88 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 板[3] 1-[1] l20
このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています。
もう書き込みできません。




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice