過去ログ - 「喧々囂々、全てを呑み込むこの街で」
1- 20
15: ◆XkFHc6ejAk[saga ]
2016/08/12(金) 13:45:05.35 ID:Xo9GuVjR0
「ほう……ッ!?」

男がそれに合わせて膝蹴りをしようとすると、足元から二つの手が出現し、男の両脚を捉えました。

(こいつ……影に関しての能力を持ってやがる! 種族か、それとも魔法か……)

そのまま無駄の無い動きで、全体重をかけて男にナイフを突き刺します。

しかし、その刃が刺さる事はありませんでした。力んだ男の身体は、ナイフが貫くにはいささか固すぎたようです。

男の反撃を避けた少女は、身軽な動きで距離を取りました。ヒットアンドアウェイを徹底しています。

「さっきのウィルオウィスプを防いだのも、あの影の手だな」

(……「黒腕」がバレた。繋いだ「影沼」は使ったから、次は時間がかかる)

「しかし、こんなオモチャで俺を殺せると思ってんのかねぇ」

(……どうして喋れるの? あのナイフには)

「ナイフの先に、猛毒を仕込んでたな。悪いが、まだヒュドラの毒炎の方が効いたぞ」

(!? 毒の耐性を持ってた?)

「まァ、面白い能力だな。もっと見たいが……行く所があるんでね」

男はニヤリと笑いました。

男は次の瞬間、両足に馬鹿力を込め、思いっきり高く飛び上がりました。地面に巨大な亀裂が入ります。

「このまま火の海にしても良いんだが……試してみるか」

男は大剣を掲げ、火属性の魔力を宿しました。それに呼応し、大剣は炎を纏いながら、バチバチと爆ぜ始めます。

「――オラァ!」

ほほう、随分派手な一撃です!

それはまるで流星の落下――男が地面に叩きつけた大剣から、巨大な爆発が発生しました。

凄まじい轟音と共に、辺り一面が吹っ飛びます。

潜る場所も全部吹っ飛ばしちまえば、逃げ場はねえだろ――単純ですが、有効な対策です。

誰もがこの広範囲を吹き飛ばせるかは疑問ですが。

少女の姿は、原型を留めていませんでした。爆発の熱と衝撃波によって、即死したようです。

本来は炎熱を纏った斬撃が出る程度のものなのですが、男が握ればさながら流星のような威力に変わります。

ゼロ距離で爆発に巻き込まれた本人は、ぴんぴんしています。タフですねぇ。

「あーあ、こりゃ駄目だな。使えねえ」

しかしその大剣もまた、男の力を受け止めるには力不足だったようです。威力に耐えきれず、柄から先が無くなっていました。

やっぱり俺は武器を持つには向いてねえな。男は柄を投げ捨てます。

「あ、そう言えば……襲ってきた理由聞いて無かったか」

たった今、自分が殺したのを思い出したかのようにそう言うと、男は夜の街に消えていきました。



<<前のレス[*]次のレス[#]>>
41Res/40.24 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 板[3] 1-[1] l20
このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています。
もう書き込みできません。




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice