少年「俺のクラスは亜人だらけ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

309 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/01/31(金) 22:02:55.82 ID:BsYvCTOE0
ガタンゴトンと電車に揺られるIと少年さん。

少年さんは電車の中でも会話をリードしてくれます。

ときおり何かしら見てる………?

その視線の先を追うと

シュッ

………何もありません。

Iの気のせいでしょうか。

少年「どど、どうかされました?」

R「いえ、少年さんにはIをもっと見ていてほしいなって思っただけです」

少年「っ そんな、いいんですか。その、見ちゃって」

R「はい。あなたのために着飾ったのですから」

少年「!」

真っ赤になる少年さん。

少年さんをからかうのは楽しいです。

でも………

Iもちょっとうかれてしまいます。お互い様ですね。

少年「アダダダダダ」

R「!?」

いきなり少年さんがもだえ苦しみ始めました。頭を押さえています。もしかしてさっき打った時に。

R「大丈夫ですか少年さん。無理そうだったら今日は中止でも構いませんよ」

少年「大丈夫です。気のせいでした」

なにが気のせいなのかわかりませんがこめかみを押さえていた手をのける少年さん。

本当に大丈夫なのでしょうか。









「駄目ですよバレちゃいます」

「でもなんかムカつくヨー」

「あんまりバレるようなことはやめてください。あくまで僕たちはサポートなんですから」

「フハハハ、陰ながら助けるぞ少年っ!」

「声が大きいですわ。小さくしなさいな」

「………」ピクッ ピクッ
310 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/01/31(金) 22:08:46.07 ID:BsYvCTOE0
今日はここまで

おやすみなさい。
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 22:15:07.21 ID:MfqX4Dtdo
連日更新乙
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 22:25:19.23 ID:oGdPpTIK0
313 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/02/27(木) 16:54:24.56 ID:lDAoMiaC0
遊園地までは汽車で揺られて1時間ほど。

ゼンマイ仕掛けの遊び場。カップルたちの定番のデートスポットです。

観覧車のてっぺんで告白をしたカップルは幸せになれると本には書いてありました。

少年さんは道中退屈させないためにかいろいろな話をしてくれます。

でも申し訳ないNOですがIの気分は上の空。

会話を楽しむ余裕なんてIにはないNOでした。

デートなんて初体験。そもそも対人関係に乏しいIは精一杯。

回路が熱暴走しないように冷却に努めるだけで精いっぱいなのです。

COOLなIだって乙女です。

か弱い、乙女なのです。
314 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/02/27(木) 17:04:23.20 ID:lDAoMiaC0
汽笛と蒸気を挙げながら電車が止まります。揺れる車内でふらついた私を少年さんが支えてくれます。

見た目よりも力持ちみたいです。

このまま少年さんの胸の中に甘えていたいNOですが、今日の目的は遊園地でデート。

Iはバケットを握り直し足早に汽車からでるNOでした。

駅へ降り立つと周りも同じようなカップル、もしくは家族連れ。

今までのIでは到底関係がないであろう光景。

でも、lolololo、Iはカップルですから

少年「はぐれたらいけませんから手を繋ぎましょうか」

R「はいっ」
315 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/02/27(木) 17:19:03.46 ID:lDAoMiaC0
手を繋いだまま遊園地への道を歩きます。

「うぅ、少年君ったら立派になってお姉さん嬉しいわ」

「エスコートは男の力量が試されるからな」

? Iの手を握る手に力が籠められます。

クスッ、少年さんも緊張してるんですね。

Iだけかと思っていましたが、同じ気持ちを抱えているみたいでうれしくなります。

Iのために一杯考えてくれてるのでしょう。その姿がいとおしくて

好き、という気持ちがIの中に積もっていきます。

これは“感情”です。

その事実だけは、もう譲れないです。
316 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/02/27(木) 17:25:10.47 ID:lDAoMiaC0
少年「さて、どれから楽しみましょうか。好きな乗り物はありますか?」

R「こういうところに来るのは初めてで、わからないのです。エスコートしていただけますか?」

少年「えっ、あっ」

「お化け屋敷。カップルの定番よねぇ」コソコソ

「コーヒーカップが“カップ”ルにはいいと思います」コソコソ

「ジェットコースターだろう。迫力がある」コソコソ

「鏡の迷宮がいいと思うヨー」

少年「それじゃあ」

少年「>>317に行きましょうか」
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/27(木) 17:49:18.43 ID:9Hzodxb70
コーヒーカップ
318 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/02/27(木) 20:51:37.03 ID:lDAoMiaC0
R「これがコーヒーカップですか」

私は名前そのままの機械を撫でました。噂は聞いたことありますが最初に思い付いた人は一体どういう感性をしていたのでしょうか。

少年「乗りましょうか」

R「これを回せばいいんですね」

カップの真ん中にあるハンドル。これを回せばカップも回るそうです。

一体どういう仕組みで………ほうほう、なるほどなるほど。

少年「回さないんですか?」

R「仕組みをスキャンしてました」

少年「さすが機械天使ですね。そんなこともできるんだ」

R「Iがそういう風に作られているだけです。それじゃあ回します」

ぐるんぐるん

向かい合って見つめあうIと少年さん。目まぐるしく回る景色はまるで私たちを包み込むようで。

「これ押せばいいんだね? 押っ忍」ポチ

ん?

少年「へ?」

なにかおかしいです。もう一度カップにスキャンを走らせると、駆動がハンドルから分離してます。

つまりこのハンドルはなにも意味なkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

グルグルグルグル

加速。加速。

生じる遠心力。

放り出されそうなほどのパワー。しがみつくIたち

暴れ牛のような軌道を描くコーヒーカップに振り回されいつの間にかIたちは互いに抱き合っていました。

R「少年さnnnn、だいJブですかААААА」

少年「Rさんもぉぉぉぉ。大丈夫ですかぁぁぁあぁあ」

なんというハプニング。というか明らかに人為的な事件。

でもこうやって少年さんと抱き合えてるのだから、いいのかもしれません。


319 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/02/27(木) 21:14:05.56 ID:lDAoMiaC0
少年「うぅ、うぇぇぇ」

よくありませんでした。

人間である少年さんの三半規管は振り回されてボロボロになったようです。

真っ青な顔でへたり込んでいます。

………自然に私の太ももを貸していますが硬くないでしょうか

少年「すいません。格好悪いところさらしてしまって」

R「幸せですよ?」

少年「………俺も、幸せです。本当に」

沈黙が空間を満たします。

恥ずかしくて、照れくさくて。

耐えきれなくなってIはバスケットを開けました。

R「その、お昼ご飯作ったNOですがお昼にしませんか?」

少年「そうですね。時間もお昼ですし」

近くにあった原っぱにシートを引いて二人座ります。

周りも同じようなカップルだらけですがどのカップルもIたちなど眼中にない模様。

レベルの高いカップルは自分だけの空間を作り出すNOですね。
320 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/02/27(木) 21:26:41.11 ID:lDAoMiaC0
お弁当箱の中身はコロッケやから揚げなど男の人が好きそうなものだらけ。

健康を考えるとあまりよくないのでしょうけれど今日は特別な日。

R「あーん」

少年「あ、あーん」

少年さんの食べたいものを聞いて口に運びます。

楽しい。

彼女ムーブを見せびらかすの楽しいです。

R「気分は落ち着きましたか?」

少年「R-10さんの料理がおいしくてすっかり落ち着きました」

R「手間をかけた甲斐がありました」

少年「本当においしいです」

料理はデータと科学ですから。機械天使にはお手の物です。

少年「その、俺もR-10さんに、食べさせてあげたいなって思うんですけど」

R「! ぜひっ、ぜひぜひっ」

風邪をひいてるわけではないですよ。食い気味に是非といってるだけです。機械天使風邪ひかない。

少年「それじゃあ、あーん」

R「あーん」

魔力がこもった樹液が結晶化した琥珀晶を一口にしたものを口に運んでもらいます。

一人で食べるのとは全然味が違う。機械天使なんで味とか気にしないですけど気分的に最高級のものを食べてるかのよう。

幸せです。
321 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/02/27(木) 21:27:17.72 ID:lDAoMiaC0
今日はここまで

おやすみなさい
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/27(木) 21:32:38.71 ID:+yi87Fe4o
乙乙これはもうR-10エンド
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/27(木) 21:36:21.10 ID:hw72V+Kn0
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/27(木) 21:41:39.13 ID:HzP3j0k9O
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/28(金) 00:41:11.50 ID:IB9M/RcJo
おちゅ
326 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/03/02(月) 20:16:27.67 ID:Vr5GI9Ka0
そんな幸せは有限。私が最後の琥珀を口にで転がしているときのことでした。

少年「! すいません。ちょっと……トイレに行ってきます」

R「わかりました。ではここでお待ちしておりますNE」

離れ離れになるのはちょっとだけ寂しい、ですが生理現象は仕方がありません。

R「………」

Iはなにも考えず、ただ空を見上げてたそがれていました。

すると

「よお姉ちゃん、綺麗な羽してんじゃねぇか」

「うん。肌の材質もつやつやして美しいな」

二人の男性がIに声をかけてきました。

R「Iになにか御用でしょうか」

「暇してるなら俺らと一緒に回らねぇかぁ?」

「楽しいことうけあいだぞ。ふははっ」

これがぞくにいうナンパというものでしょうか。

目の前にいる二人(サングラスをした白色の羽とサングラスをした黒スーツ)はどうやらIと一緒に観覧したいようです。

昔のIなら頼まれればついて行ったことでしょう。しかし今のIは明確に少年さんと一緒にデートをするという意思があるのです。

R「+チーチェ お断りします」

「そんな連れないこと言わずにさぁ。ほら」

「俺たちと遊ぶほうが楽しいはずだ」

楽しいはずだ?

No あり得ません。この方たちがどんなに優れたパフォーマーであっても断言できます。

「警告します。その手をお放しください」

「いいからいいから」

好きな人と一緒にいることがこの世で最も楽しいことだと

「警告無視を確認。では」

だからIはこの人たちと過ごす時間などありません。一刻も早く

というか別の男性と一緒にいるところを少年さんに見られたくないから

R「戦闘モード発動。使用許可レベル2申請………認証。無限絡繰機構起動。火器インストール」

「………ん?」

「これは………」

R「VWスカート展開。変形。出力を非殺傷レベルまで増加。準備完了」

さっさと片付けてしまいましょう。

R「オールレディ・レディ・オールレディ」

R「さようなら」

「ちょっとま―――」

「………ふむ」

少年「な、なにやってるんだ!!」

「! ナンダコノヤロウヤロウッテノカウワァヤラレタ」バタン

「ウワナンテツヨインダヤラレテシマッタ」バタン

R「………」キュィィィィン

二人は少年さんに殴りかかったかと思うとばたんと倒れました。

少年「えーとその、大丈夫? R−10さん」

………守ってくれたなんて、素敵。
327 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/03/02(月) 20:24:40.40 ID:Vr5GI9Ka0
R「守ってくれたのですね。少年さん」

少年「う、うん。R-10さん、困ってるみたいだったから」

二人の悪漢に対し、一人なのに倒すなんてすごい男らしいです。

見た目によらず、強いのですね。

少年「それじゃあ、行きましょうか」

R「はい」





「俺ら必要だったか?」

「いや無駄だったと思うヨー」
328 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/03/02(月) 21:08:16.33 ID:Vr5GI9Ka0
それから少年さんと何種類もアトラクションを体験しました。

お化け屋敷やスイングマシン。ジェットコースターなど。

楽しい時間はやはり有限で、太陽はどんどんと沈んでいきます。

学生には夜まで遊ぶ余裕なんてありません。

少年さんにはお家がありますし、私も寮の門限があります。

だから最後に観覧車に乗って終わりにしようとしていたときでした。

「ねぇ、君。お姉さんと一緒に遊んで“プレイ”?」

「こんな小娘より私たちと遊んだほうがいいんじゃないかしら?」

「………だヨー」

またもや乱入者が現れました。妙齢の女性達です。

黒い羽根、黒い羽根、黒いフード。危なそうな人たちですが、出るとこは出てますし引っ込むとこは引っ込んでます(一名スタイル不明ですが)

やっぱりこういう女性のほうが男性は好きなのでしょうか。Iは柔らかくないですし。

所詮機械仕掛けの体。生身の少年さんとは何もかもが違う。

「ねぇ、ほら、行きましょうよ」

だから

「観覧車の中でどんなことしますか? キャーッ」

Iは

「………ヨー」

欠陥品

少年「お断りします」

R「………少年さん?」

少年「俺は恋人とデート中です。ほかの人と遊ぶつもりはありません」

「そんな子より私たちのほうが」

少年「R-10さんは素敵な女性です。俺に」

少年「こんな俺にやさしくしてくれる。素敵な女性です。たとえ種族が違ったとしても」

少年「俺はこの人を愛してます」
329 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/03/02(月) 21:16:19.07 ID:Vr5GI9Ka0
そういって少年さんはIを抱き寄せました。

その光景を見るとつまらなそうな顔をして去っていく三人。

それを見送った後、Iは恥ずかしくて顔から蒸気を吹き出しました。

少年「わっ。大丈夫ですか?」

R「こんな公衆の面前でIの告白なんて」

R「恥ずかしすぎます」

少年「ごめんなさい。つい」

R「でもそれ以上にうれしかったです」

R「………順番が来ましたよ。乗りましょうか」

少年「はい。一緒に」
330 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/03/02(月) 21:38:52.07 ID:Vr5GI9Ka0
二人だけの空間がどんどんと空へ上がっていきます。

R「少年さん。今日はとても楽しかったです」

ゆっくりとゆっくりと。

少年「いえ、僕もとても楽しかったです」

Iは思い出を振り返りながら少年さんに向き合いました。

少年「こんな風に遊ぶことなくて」

R「Iも初めてです」

初めて会った日、Iを不良品じゃないと言ってくれたこと。

少年「また、一緒に遊びに行きたいです」

作ったお弁当をおいしそうに食べてくれたこと。

少年「R-10さんがよければですけど」

湖の底からIを救い上げてくれたこと。

R「………遠くまで見えますね。Iたちの街は見えるでしょうか」

コーヒーカップで抱き着いてしまったこと。

少年「えっ、そうですね。多分ここからじゃ見えないかと」

ナンパから助けてくれたこと

R「ここは学園から遠いのですね」

ナンパを断ったこと

少年「まぁ、列車で来るぐらいには遠いですから、もうすぐ頂上ですよ」

そしてIを愛してくれると言ってくれたこと。

少年「知ってますか? この観覧車の頂上で―――」

だからこそ、Iは、Iが思うままにこの言葉を少年さんに言わなければいけません。

感情的に。

きっとこれはIからくる、愛から来る、I絡繰ること。

少年「告白したカップルは「少年さん」はい?」

もうすぐ頂上。

ゆっくりと

ゆっくりと

やはり楽しい時間は有限であり、

R「契約、終了です。ありがとうございました」

その責任は果たさなければならないということ。
331 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/03/02(月) 21:46:31.42 ID:Vr5GI9Ka0
少年「え、あっ」

この感情を汚したくないという乙女心。

でも負った責任は痛い。とても痛い。

エラーが起きそうです。

今にも自身を終了させたくなります。

でも本当に、本当に少年さんを愛してしまったから、Iは頑張らなければいけません

R「今まで、本当に」

言いたくない。

言いたくない。

でも言わなければいけない。

R「アりがとう、ごザいました」

言えた。感情のエラーを潜り抜けて本当の想いを。

頭を下げます。

もし涙腺が私にあったら今とても無様なことになっていたことでしょう。

でもIにはないから、笑えます。

R「とテモ、たノシカッタでス」

Iは笑えます。
332 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/03/02(月) 21:59:44.36 ID:Vr5GI9Ka0
べリア「………初めての依頼、お疲れ様だったな」

少年「…俺………依頼だったけど」

べリア「わかる。わかるけど。でもな、結局お前と彼女は依頼なんだよ」

べリア「依頼の関係だったんだよ」

少年「そうですよね。結局依頼でしかないん、ですよね。R-10さんに感情を自覚させるためだけの」

オルカ「少年。今は青春だ。わからないことばっかりだ。だけど青春の先輩としていえることがある」

オルカ「今回の経験は何も無駄にはならなかったぞ。少年にも、彼女にも」

少年「まだ経験不足でわからないことばっかだ。先輩たちならわかるのか? なにが正しいのか」

ヤツカ「わかりませんよ。君よりもせいぜい数歳年上程度ですから。こなした依頼の数は多いかもしれませんが、毎回完全な正解を選べているとは到底いえません」

ヤツカ「ですけど、君は立派に生徒会の一員として依頼を完了させました。それだけは確かですよ」

べリア「あぁ、合格だ。大合格だよ、少年」

少年「………俺ってバカだ。先輩にここまで言われておきながら、慰めの言葉なんて欲しくないなんて思ってる」

少年「本当に、ごめんなさい」

オルカ「青春だな、少年」

少年「…はい」

オルカ「本当に青春だ」
333 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/03/02(月) 22:00:51.07 ID:Vr5GI9Ka0
第3話【Iあるいは愛絡繰ること】

おわり
334 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/03/02(月) 22:08:17.29 ID:Vr5GI9Ka0
【幕間】

バジロウ「で、俺が夜道を急いで帰っていたんだ」

ノヘジ「それは怖い話か? 怖い話なのだろう?」

少年「なんだ、怖い話苦手なのか?」

バジロウ「向こうから水の入った赤い洗面器を乗せた男が歩いてきたんだ」

少年「へぇ、それで?」

バジロウ「急いでいた俺もさすがに不思議に思って、なぜ洗面器を頭に乗せているのかと聞いたんだ」

バジロウ「すると」

少年「あれ。下駄箱に手紙が入ってる」

バジロウ「なんだ。ラブレターか?」

ノヘジ「すると、するとなんなのだ? 続きは?」

少年「ラブレターじゃないと思うけど」

バジロウ「でも案外少年モテるからなぁ」

少年「そんなことないって、あ、>>336からだ」

ノヘジ「赤い洗面器の男は? 男は何を言っていたのだ!?」
335 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2020/03/02(月) 22:08:43.42 ID:Vr5GI9Ka0
今日はここまで

おやすみなさい
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 22:10:50.73 ID:uI1DjuaNO
ヴェルフェリア
337 :亜人好き ◆HQmKQahCZs :2020/03/02(月) 22:12:04.00 ID:Vr5GI9Kao
すいません。少年と会ったことがあるキャラクターでお願いします。
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 22:12:38.53 ID:ZqS/nmiq0
リンネ
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 22:13:20.49 ID:L/tYWGEP0

安価ならエンプーサ
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 22:24:10.18 ID:EtFR4/qZo
乙乙
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 22:25:16.96 ID:ZqS/nmiq0
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/03(火) 00:13:15.73 ID:VWevFoe7O
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/03(火) 09:32:06.15 ID:pqvHbf5Ho
これR−10ちゃん正ヒロインだろ
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 23:33:37.17 ID:gny4jwvB0
こっちも待ってるぞい
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/11(日) 20:25:11.40 ID:3BnmIf8v0
待ってる
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 02:03:07.88 ID:WgE8f/7L0
舞ってる
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/24(日) 13:56:45.96 ID:/YjJZl7V0
マッテルスブルク
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/06/15(火) 16:46:24.71 ID:V0tyA66eO
待ってる
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/08/18(水) 07:26:22.81 ID:dhwIS+rJ0
舞ってる
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/09/30(木) 23:04:00.92 ID:IW+GnaaP0
マッテルスブルク
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/11/20(土) 18:24:31.18 ID:IcIHqWWuO
待ってる
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/01/01(土) 20:58:07.25 ID:N9qwsZr/O
舞ってる
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/03/08(火) 21:01:59.52 ID:brktR0v40
マッテルスブルク
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/04/12(火) 21:08:26.33 ID:kGDnFbytO
待ってる
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/05/30(月) 10:15:06.69 ID:3mEuSRsaO
舞ってる
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/07/23(土) 21:29:31.29 ID:h8Fd/cyI0
まだだ、まだ終わらんよ
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/09/20(火) 23:50:26.77 ID:RwLu7j6P0
保守
358 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2022/09/21(水) 02:28:18.23 ID:uq1k+PIY0
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
264.89 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)