おそ松「ボンバー星?」【おそ松さん×スーパーボンバーマンR】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:24:23.36 ID:QnA0QHXcO
デカパン「そうダス!! ボンバー星ダス!!」

おそ松「何それ。 お前ら知ってる?」

カラ松「フッ……知らんな」

チョロ松「なんで知らないのにかっこつけてるの」

トド松「そのボンバー星がどうしたの?」

デカパン「君達に……そのボンバー星に行って欲しいんダス!!!」

十四松「えーーーーーーーー!!?」

一松「なんで急に」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530624263
2 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:25:14.89 ID:QnA0QHXcO
デカパン「実はそのボンバー星で……」

デカパン「大量のダヨーンが暴れ回ってるダス!!」

十四松「えーーーーーーーーー!!?」

チョロ松「十四松うるさい」

デカパン「やつを止められるのは君達しか……頼れるのは君達しかいないダス!!」

カラ松「その判断……間違っちゃいないぜ。 確かに止められるのは俺達しかいないだろうからな」

トド松「あのさ……唐突すぎてよく分からないんだけど」

トド松「一から説明してもらえない?」

デカパン「そ、そうダスね……」
3 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:25:51.33 ID:QnA0QHXcO
デカパン「事の始まりは……」
















デカパン『できたダス!! 転送装置!!』

デカパン『これがあればどんな星へも瞬間移動できるダス!!』

ガチャッ

ダヨーン『……』

デカパン『!! 丁度良かったダス。 どこか行きたい星はないダスか?』

ダヨーン『……』ガチャガチャ

デカパン『!! ど、どこに行くダスか?』

ポチッ

ダヨーン『ダヨーーーーーーーーーン!!!』

デカパン『ホエエエエエエエエ!!』

シュウウウウウウン……
4 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:26:31.42 ID:QnA0QHXcO
ここはボンバー星。

かつて宇宙の危機を救ったボンバーマン8人兄弟はいつ来るか分からない脅威に備えて今日も訓練に励んで……

白ボン『お前らーーーー!! 今日の訓練は全員参加だっていっただろーーーー!!!』

白ボン『なんで誰も来ないんだよーーー!!!』

黒ボン『なんで来ないかって? パーフェクトな俺には必要ないからさ』

青ボン『zzz……』

ピンクボン『みーちゃん、この服どう!?』

水ボン『すごい似合ってます!!』

黄ボン『あははあはは!!』ピョーンピョーン

緑ボン『白兄さん、やっぱりボクスタミナが……』

白ボン『何回も同じ手に引っかかると思うな!!』

緑ボン『……チッ』

……はいなかった。
5 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:26:59.30 ID:QnA0QHXcO
白ボン『全く……こんな纏まりのない兄弟なんて宇宙中どこを探してもいないぞ』

白ボン『唯一やる気のある赤ボンは話を聞かないでどこかに行っちゃうし……』

赤ボン『大変だあああああああ!!!』

白ボン『うわあ!!? 帰ってきた!!?』

水ボン『な、何かあったんですか?』

赤ボン『変な奴らがやってきたああああああああ!!!』

赤ボン『そんな奴らは爆発させるしかねえええええええええええ!!!』

白ボン『お、落ち着け赤ボン!! 大体そいつらはどんな……』

ピンクボン『あ!! 外見て!!』

黒ボン『外……?』

白ボン『……なっ!!!?』
6 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:27:28.41 ID:QnA0QHXcO
デカパン『ホエ〜……着陸に失敗して気絶してたダス』

デカパン『ここは一体……』

デカパン『……成る程、機械によるとボンバー星という星に来たみたいダスね』

デカパン『……ん?』

デカパン『ダヨーンがいないダス!!』

『ダヨーーーーーーーーーン!!!』

デカパン『ホエ!!? 外から聞こえるダス』

デカパン『……!!』





ダヨーン『ダヨーン!』

ダヨーン『ダヨーーーーン!!』

ダヨーン『ダヨーーーーーーーーーン!!!』

ダヨーン『『『ダーーーーーーーーーーヨーーーーーーーーーン!!!!!』』』

デカパン『ホエエエエエエエエエエエエエ!!!!』
7 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:28:18.45 ID:QnA0QHXcO
デカパン『こ、これはワシ一人じゃ手に追えないダス!!!』

デカパン『!!!! そうダス、六つ子達ならこの危機を……』

デカパン『すぐに地球に帰って助けを求めるダス!!!』
















デカパン「……というわけダス」

おそ松「……あのさデカパン」

デカパン「協力してくれるダスか!!?」

おそ松「それほっといてよくない?」

デカパン「……ホエ?」
8 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:28:50.06 ID:QnA0QHXcO
おそ松「だってさ、俺ら関係なくない?」

おそ松「ダヨーンがどっかの星で暴れようがどうでもよくない?」

おそ松「何? 俺らに止める義務あんの? 俺らに影響あんの?」

カラ松「ふっ……ないな」

チョロ松「さぁハロワハロワ」

トド松「僕も囲碁クラブ行こーっと」

十四松「野球野球!!!」ブンブン

一松「デカパンもあんなのほっときなよ」

デカパン「……」

デカパン「それもそうダスね!!!」ケロッ
9 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:29:17.79 ID:QnA0QHXcO
ダヨン

一松「何十四松」

十四松「へ? 何が?」

一松「いや、今喋ったじゃん」

十四松「うん!! 野球って言ったよ!!」

一松「いや、その後」

十四松「???」

カラ松「なんだ一松、幻聴か?」

ダヨン

カラ松「なんだおそ松」

おそ松「は?」

カラ松「今何か言っただろ」

おそ松「いや何も?」
10 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:29:44.48 ID:QnA0QHXcO
トド松「うわあああああああ!!!」

チョロ松「大変だああああああああ!!!」

おそ松「あれ、もう帰ってきたの?」

チョロ松「そ、外!! 外に!!!」

トド松「ダヨーンがいっぱい!!!」

おそ松「は!!?」

十四松「あれ!? なんかいるよ!!」

ダヨーン「ダヨーン!!」

チョロ松「うわああああああ!!! いつのまにいいいいいいいいい!!!」

デカパン「大変ダス!!! きっとボンバー星で分身したダヨーンが……」

デカパン「地球にもやってきたんダスウウウウウウウ!!!!」

おそ松「はああああああああああ!!!?」
11 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:31:05.00 ID:QnA0QHXcO
デカパン「本体を倒せば分身も消えるダス……」

デカパン「こうしちゃいられないダス!! 本体を倒す為にも早くボンバー星へ……」

おそ松「よしお前ら!! 家は兄ちゃんが守るからお前らだけで行け!!」

カラ松「いや、おそ松だけじゃ心配だ。 俺も残るぜ」

トド松「あー!! そうやってサボろうとしてるー!!」

十四松「一松兄さん!! ボール!! ダヨーンにぶつける!!」

一松「あいよ」ブン

十四松「ふんぬ!!」ブン!!

ガン!!

おそ松「いた!!」

十四松「ごめん!!!」

チョロ松「あのさデカパン、本当に本体はボンバー星にいるの?」

デカパン「そうダス、その証拠に……」

『ボンバー星に本体いるよ』

デカパン「みんなプラカード持ってるダス」

チョロ松「何こいつら自白してんの!!?」

おそ松「釈ないからね、しょうがない」

チョロ松「釈とか言うな!!」
12 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:31:33.40 ID:QnA0QHXcO
チョロ松「……まぁいいや、早くなんとかしないと僕達もダヨーンになっちゃう!!」

カラ松「!! それはごめんだな……」

おそ松「しょうがねえ、じゃあ……」

デカパン「ボンバー星へ行ってくれるダスか!!?」

おそ松「ここで活躍すればカリスマレジェンドへの道に一歩近づくからな!!」

一松「まだ目指してたんだそれ」

十四松「ハッスルハッスル!!」

トド松「向こうの星に可愛い子がいたら連絡先ゲットしようかなー」

おそ松「じゃあお前ら!! 行くぞーー!!」

「「「「「「おーーーーーーー!!!!」」」」」」
13 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:32:03.77 ID:QnA0QHXcO
おそ松「じゃあ行ってくるなデカパン!!」

デカパン「頼んダスよーーーー!!!」

シューーン……















チョロ松「なんでダヨーンはこんな事……」

カラ松「考えても無駄だろうな」

ガシャン!!

十四松「着いた!!」

ダヨーーーーーーーーーン!!!

トド松「ダヨーンの声!!」

おそ松「んじゃ、外に出るか!!」
14 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:32:32.07 ID:QnA0QHXcO
ダヨーン「ダヨーン!!」

白ボン「くそー!! なんなんだこいつら!!! どこから湧いてるんだ!!」ドカンドカン!!

赤ボン「うおおおおお!!! 爆破あるのみいいいいいいい!!!」ドカンドカン!!

青ボン「もー……うるさいなぁ……zzz……」ドカンドカン!!

水ボン「あ、あの……話し合いでなんとかならないでしょうか……」オロオロ

ピンクボン「さっきからダヨンダヨンばっか言っててまともに話してくれないよ!!」ドカンドカン!!

ダヨーン「ダヨーーーーン!!!」

黄ボン「あははは!! 面白いなーー!!」ドカンドカン!!
15 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:33:07.74 ID:QnA0QHXcO
おそ松「すっげー!! ボンバー星って名前だけあって爆弾だらけだ!!」

白ボン「!! あんた達は……」

チョロ松「いや、その……そこにいる変な奴らの知り合いというか……」

赤ボン「敵かあああああ!!!?」

黒ボン「落ち着け赤ボン。 ここはクールに対応するんだ」

カラ松「んー? なんだ、俺と同じ雰囲気を醸してるやつがいるな」

黒ボン「ほう……随分とクールそうなやつがいるな……さては俺のファンか?」

カラ松「さてはお前……カラ松ボーイだな?」

一松「その爆弾であいつ殺していい?」

白ボン「仲間じゃないの!!?」
16 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:33:37.34 ID:QnA0QHXcO
おそ松「へー8人兄弟か!! そっちの方が多いな!!」

白ボン「六つ子なんて初めて見た……」

おそ松「……!!」

トド松「おそ松兄さんどうしたの?」

おそ松「……こいつらいれば俺ら必要なくない?」

トド松「……あっ!!」

ガブッ

カラ松「ア"ア"ア"ア"ア"!!!」

ダヨーン「ダヨーーーン!!」

チョロ松「いやそんなの言ってる暇ないから!! これだけ沢山いるんだから僕らも協力しないと!!」

おそ松「ちぇー……」
17 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:34:06.93 ID:QnA0QHXcO
一松「あれ、十四松は?」

おそ松「あれ、いない!!」

ピンクボン「白兄さん!! きーくんがいない!!」

白ボン「なんだって!!?」

緑ボン「あ!! あそこに!!」

水ボン「!!! あれは……」












十四松「ハッスルハッスルーーーー!!!」ブンブンブンブン!!

黄ボン「マッスルマッスルーーーーー!!!!」ドカンドカン!!!

一松「すげえ、もう仲良くなってる」

トド松「何気に沢山倒してるし……」

おそ松「二人とも馬鹿っぽいから相性いいのかもなー!!」

白ボン「さりげなくうちの弟をディスるな!!」
18 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:34:33.82 ID:QnA0QHXcO
白ボン「よし、みんな手分けしてこいつらを倒すぞ!!」

「「「おーーー!!」」」










黒ボン「ふっ……俺は見学させてもらうぜ」

カラ松「ブラザー……お前もか」

黒ボン「勘違いするなよ? 俺はサボってる訳じゃない。 体力を温存しているんだ」

カラ松「ああ、分かってるさ。 俺もそのつもりだ」

黒ボン「そうだな。 何せ俺達が活躍したら……」

カラ松「ああ、あいつらが霞んで見えてしまうからな。 兄としてここはあいつらにも活躍の場を与えないとな」

ガブッ

カラ松・黒ボン「ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"!!!」

ダヨーン「ダヨーーン!!」
19 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:34:59.49 ID:QnA0QHXcO
一松「……」

青ボン「zzz……」

一松「よく寝れるねお前」

青ボン「んー……」ゴロン

一松「……」

青ボン「ムニャムニャ……」ゴロンゴロン

一松「猫かよ」

ダヨーン「ダヨーン!!」

一松「うわっ、怖っ」

青ボン「寝かせてよー……」ドカン!!

ダヨーン「ダヨーン!!!」バタッ

一松「寝ながら戦うとか器用だなお前」
20 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:35:34.39 ID:QnA0QHXcO
青ボン「運んでー……」

一松「は?」

青ボン「眠いー……」

一松「いや、自分で動けよ」

青ボン「zzz……」ガシッ

一松「は!!?」

青ボン「お願いー……」

一松「……ちっ」

青ボン「……ニャー……」

一松「おーよしよし……」

一松「……はっ!!!」
21 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:36:05.64 ID:QnA0QHXcO
緑ボン「ねーえートド松お兄さん」

トド松「なんだい緑ボンくん?」

緑ボン「ボクねぇ……トド松お兄さんみたいな強そうなお兄さんになりたいなー!!」

トド松「!!!」

緑ボン「でもボク……お兄さんみたいに強くないんだ」

緑ボン「ボク……お兄さんに守ってもらいたい」キラキラ

トド松「……」

緑ボン「いいかなぁ?」キラキラ

トド松「(●皿●)」

緑ボン「!!!?」
22 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:36:40.59 ID:QnA0QHXcO
トド松「調子に乗るなよ末っ子」

トド松「こちとら何年末っ子やってると思ってんだゴラ。 そんなんで騙せると思ってんのかゴラァ!!!」

緑ボン「う……」

緑ボン「うわあああああああああん!!!」

ピンクボン「みーくんどうしたの!!?」

水ボン「敵にやられたんですか!!?」

緑ボン「トド松お兄さんが……ボクにいじわるしたああああ!!!」

ピンクボン「な、何をしたの!!?」

トド松「いやーごめんね。 僕、よく顔が怖いって言われるんだよ。 それで泣いちゃって……」

水ボン「そうだったんですか……?」

緑ボン「ち、ちが……」

ピンクボン「あーそっか!! みーくんまたそうやってワタシ達を騙そうとしたんだね!!」

緑ボン「!!!?」

ピンクボン「そんな事やってる暇があったらさっさと敵を倒す!!」ドカン!!

ダヨーン「ダヨーン!!」

トド松「……」

トド松(自惚れるなよガキ)

緑ボン(こいつ……本物だ!!!)
23 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:37:07.59 ID:QnA0QHXcO
赤ボン「撃破撃破撃破あああああ!!!」ドカンドカン!!

おそ松「うるさい!! 暑苦しい!!!」

赤ボン「お前も四男だったら積極的に攻撃しろ!!」

おそ松「いや俺長男だから!! 服の色だけで決めないで!!!」

赤ボン「何!!? じゃあ白ボン兄貴と同じか!!!」

赤ボン「だったら何故白ボン兄貴と行動しない!!?」

おそ松「いやだってさ、あいつチョロ松みたいに口うるさそうなんだもん」

おそ松「チョロ松とあいつが相性いいんじゃない?」
24 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:37:34.23 ID:QnA0QHXcO
白ボン「それ!!」ドカン!!

白ボン「……中々減らないな」

白ボン「……!! コラ黒ボン!! サボろうとするな!!」

白ボン「全く……なんでツッコミしながら戦わなきゃいけないんだ」

ポン

白ボン「ん?」

チョロ松「分かる……その気持ち分かるよ」

白ボン「へ?」
25 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:38:15.16 ID:QnA0QHXcO
チョロ松「こちとら好きでツッコミたい訳じゃないのに……あいつら好き勝手ボケやがって……」

チョロ松「こっちの気持ちも考えろって話だよね!!」

白ボン「ま、まぁね……」

白ボン「……あれ、でも長男って確か……」

チョロ松「そうなんだよ!! うちの長男は君と違ってクズなんだよ!! それに加えてうちの次男も!! だから三男の僕がこうしてしっかりしないといけないの!!! 普通長男がしっかりしないといけないよね!!? なのにあいつ、僕の事も知らないで好き勝手やりやがって!! ほんとふざけんなよあのクソが!! ケツ毛燃えろ!!! そうだ白ボン君!! 君でよければ是非松野家の長男にならない!? うちのおそ松とトレードで!! 君だったら歓迎するよ!!! 所でこの星ではニャーちゃんの知名度はどのくら……」

白ボン「うるさい」ドカン!!

チョロ松「ぐへええええ!!?」
26 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:38:46.43 ID:QnA0QHXcO
ダヨーン「ダーーーーーーーーヨーーーーーーン!!!」

黄ボン「見て見て!! でっかいやつがいるよ!!!」

十四松「すっげーーーー!!! 巨大ダヨーンだーーー!!!」

おそ松「あ!! あれが本体じゃね!!?」

赤ボン「よーし!! ぶっ飛ばしてやる!!!」

白ボン「みんな!! 一斉攻撃だ!!!」

ドカンドカンドカンドカン!!!

ダヨーン「ダーーーーヨーーーーーーン!!!」

黒ボン「全く効いてないだと!!?」

ドゴォ!!

カラ松「グヘェ!!!」

黒ボン「ブラザー!!!」

ピンクボン「そんな……どうすればいいの!!?」

プリティーボンバー「諦めちゃダメよ!!!」

ピンクボン「プリティーお姉ちゃん!!」

おそ松「誰!!!?」
27 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:39:15.52 ID:QnA0QHXcO
プリティーボンバー「買い物してる間にこんな大惨事になってるなんて……」

チョロ松「ダヨーン沢山いたのによく買い物できたね!!?」

プリティボンバー「でももう安心よ!! この爆弾でイチコロだわ!!!」

トド松「何その爆弾!!?」

プリティーボンバー「通りすがりのおじさんにもらった……」

デカパン「対ダヨーン用爆弾ダス!!」

おそ松「デカパン!!! こっちに来てたのか!!」

デカパン「さぁ、この爆弾を投げるダスよ!!」
28 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:39:41.33 ID:QnA0QHXcO
おそ松「よし!! いいとこ見せてやれ長男!!!」

白ボン「え、僕!!?」

黒ボン「白ボン兄貴!!」

ピンクボン「白兄さん!!」

赤ボン「白ボン兄貴!!」

青ボン「白兄さん……ムニャムニャ……」

黄ボン「白兄さん!!」

水ボン「白兄さん!!」

緑ボン「白兄さん!!」

白ボン「……よし!!」

白ボン「うおおおおおおお!!!」ブン!!!

ドカーン!!!

ダヨーン「ダーーーーヨーーーーン!!!」
29 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:40:34.70 ID:QnA0QHXcO
黄ボン「あははーーー!!! 倒した倒したーーーー!!!」

十四松「やったーーーーーーー!!!」

一松「あー疲れた……」

カラ松「ふっ……ご苦労だったなみんな」

一松「いや、お前何もしてないじゃん」

白ボン「ふぅ……これでまた平和が戻った……」

おそ松「ナイス長男!!」
30 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:41:19.55 ID:QnA0QHXcO
ヒラヒラヒラヒラ……

トド松「あ!! ちょっと!! 見て!!!」

赤ボン「何か降ってるぞ!!」

おそ松「さ……さ……」

おそ松「札束だあああああああああああ!!!」

デカパン「倒したダヨーンが全部札束になったダス!!」

トド松「どういう原理!!?」

おそ松「俺のもんだあああああ!!!」

白ボン「あ、待って!! うちもそろそろお金が底をつきそうで……」
31 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:41:51.34 ID:QnA0QHXcO
白ボン「手柄は僕なんだから僕の物だろ!!」

おそ松「いいや!! ここは年功序列で俺だね!!」

おそ松「それにさっき手柄譲ったんだから今度はお前がお金譲れよ!!!」

白ボン「はぁ!!?」

水ボン「あ、あの……」オロオロ

チョロ松「ニャーちゃんとトト子ちゃんの為に貢ぐんだあああああ!!!」

一松「猫のエサ代……」

ピンクボン「そのお金で旅行行くんだから!!」

青ボン「安眠枕……」

カラ松「譲ってくれたらこのサングラスやるぜ?」

赤ボン「そんなダサいのいらねえ!!!」

カラ松「なっ!!?」

おそ松「俺の!!」

白ボン「僕の!!」

水ボン「ケ、ケンカは……」オロオロ
32 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:42:28.18 ID:QnA0QHXcO
緑ボン「お金欲しいなぁ……譲ってくれないかなぁ……」モジモジ

トド松「(●皿●)」

緑ボン「ひいっ!!」ビクッ

黄ボン「見て!! チョウチョ!!!」

十四松「うわー!! オカズだーー!!!」

おそ松「こうなったら殴り合いだあああああ!!!」

白ボン「上等だああああああ!!!」

水ボン「ケンカはダメって……」

黒ボン「……!!」

水ボン「言ってるでしょうがああああああああああああああ!!!!」

------------------------------------------------------------------------
:::::::::::::::::::::::::::ゞ (.   (::.! l,;::) .ノ ノ ./::::::::::::::.......:::::
        ._ゝ,,. .-ー;''""~ ';;; − .._´,
       ._-" ,.-:''ー''l"~:|'''ーヾ  ヾ
      ::( ( .     |:  !     )  )
        ヾ、 ⌒〜'"|   |'⌒〜'"´ ノ
          ""'''ー-┤. :|--〜''""
              :|   |
              j   i
            ノ ,. , 、:, i,-、 ,..、
      _,,  ,. -/:ヽ::::::::ノ::::Λ::::ヽ::::-- 、ト、
,,/^ヽ,-''"::::\::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ:::::::::ヽ,_Λ
------------------------------------------------------------------------
33 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:42:56.30 ID:QnA0QHXcO











水ボン「ごめんなさい!! わたしの所為でお金がチリに……」

ピンクボン「ううん!! みーちゃんは悪くないよ!!」

一松「……女ってこええ」

白ボン「あー……お金が……」

おそ松「……ま、いっか。 いつかお金持ちになるっしょ」ケロッ

白ボン「切り替えはやっ!!?」

おそ松「そんなに深く考えなくてもよくね? 気楽に考えようぜ」

おそ松「以上、人生の先輩からのアドバイス!!」

白ボン「……」

おそ松「じゃあ俺達帰るから!! じゃーねー!!」

白ボン「……」

白ボン(僕らより間抜けな兄弟っていたんだなぁ)
34 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/07/03(火) 22:43:34.87 ID:QnA0QHXcO
数日後

おそ松「お、白ボンからメール」

カラ松「何? いつのまに連絡先を交換していたのか」

一松「そういえばトッティ、ピンクボンの連絡先とかゲットできたの?」

トド松「え? 交換してないよ? だってあの子達人じゃないもん」

チョロ松「ひどっ!!!」

おそ松「……ふーん、最近みんな特訓に付き合ってくれるようになったらしいよ」

十四松「マジで!!?」
















白ボン「みんな!! 特訓だ!!!」

ワーワーギャーギャー……

白ボン(誰も話を聞いてない……)

白ボン「……特訓しないとあの六つ子みたいなクズになっちゃうぞ!!!」

黒ボン「そいつはゴメンだ!!」ビシッ

赤ボン「さぁやろうぜ!!」ビシッ

ピンクボン「行こうみーちゃん!!」ビシッ

水ボン「はい!! クズには多少の暴力は構いません!!」ビシッ

青ボン「眠気覚めた……」ビシッ

黄ボン「ハッスルハッスルーー!!」ビシッ

緑ボン「あの野郎ぶっ殺してやる!!(●皿●)」クワッ

ボンバーマン8人兄弟の中で六つ子は反面教師となっていた。

終わり
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/03(火) 23:02:42.10 ID:LwaXRo0SO
乙。やっぱり六つ子は相変わらずだった。
その六つ子とタメ張れるレベルのボンバー達って……
23.25 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)