ドフラミンゴ「幻想郷…フフフ!面白い場所だ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:36:14.12 ID:/Uw66X2T0
注意
ワンピースと東方のクロスSS
ドレスローザでの闘いで決着がついた直後

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534376173
2 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:38:01.53 ID:/Uw66X2T0
ドフラミンゴ「16発の聖なる凶弾…ゴッドスレッド!!」

ルフィ「ゴォォォォォン…!キングコングガン!!」



ロー(Dは神の天敵…)

サボ「鳥かごが解除されてく…終わったみたいだな」

〜〜〜〜〜

海兵「報告します!!」

おつる「……おお、ようやく見付かったんだね。ドフラミンゴが」

おつる「流石に意識は無いだろうけど、死んじゃいないだろうね」

藤虎「あんな凶悪な男の生死を心配するとは…なんと慈悲深い」

おつる「別に。ただ説教くらいしてやらないとね」

海兵「あの、それが」

おつる「?」

海兵「コ、コレしか…」

おつる「これは…ドフラミンゴのサングラス」
3 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:41:40.03 ID:/Uw66X2T0
海兵「その、信じられませんが」

海兵「ドフラミンゴが…見付かりません」

おつる「は?」

藤虎「つまり、麦わらのルフィに、その体を粉々にされてしまったと?」

おつる「藤虎、どんなフィニッシュだったんだい?」

藤虎「目が見えないあっしが言うのも難だが…たぶん、強力なパンチだったと」

おつる「……跡形も無く、粉々にできるタイプの攻撃手段ではない」

藤虎「そんな事が出来るとすれば、元帥のサカさんくらいでございやしょう」

おつる「仕方ない…巡回にでも行っておいで」

藤虎「……」ゴソッ

おつる「ん?サイコロなんて出してどうした?」

藤虎「賭けましょう。1ならドフラミンゴはもう、この世にいない」

コロロ…
4 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:42:37.47 ID:/Uw66X2T0
藤虎「ふむ、サイコロの目は1ときた」

藤虎「……という訳で、巡回は必要ない」

おつる「」

ビュウォォォ

藤虎「むっ!急な強風…」

コロロ…

藤虎「あ」

おつる「サイコロが動いて6になったよ」

藤虎「いやこれは不正」

おつる「いいから行っておいで!!」

藤虎「むむぅ、世知辛いな世の中だこと」

藤虎「あの悪童はいったい、どこへ行ってしまったのか」
5 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:43:21.31 ID:/Uw66X2T0
(幻想郷のとある森の中にて)

ルーミア(この間、運よくスキマ妖怪に出会って、食事の交渉をしてみた)

ルーミア(私も最近は丸くなって、人を襲うのを控えてたけど)

ルーミア「そうはいっても毎日、人肉以外の食べ物じゃいい加減あきちゃう」

ルーミア「たまに気まぐれで、死にかけの悪人をコッチに放り投げるって、スキマ妖怪は言ってたけど」

ルーミア「この間の変な奴は、デカかったけど、身が固くて食べれなかったしなぁ〜。今度こそまともな奴が欲しいな」

ルーミア「ん?」

ルーミア「わはー!デカくておいしそうなの発見!」
6 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:44:49.99 ID:/Uw66X2T0
ドフラミンゴ「……」

ドフラミンゴ「くっ…体が重い」

ガジガジ、ガジガジ

ドフラミンゴ「そろそろ、海軍の奴らが来る頃だろうな」

ドフラミンゴ「……何もやる気が起きねぇ」

ガジガジ、ガジガジ

ドフラミンゴ「もうどうでもいい」

ドフラミンゴ「しばらくは、傍観者ってのも悪くねぇ」

ガジガジ、ガジガジ

ドフラミンゴ「どのみち、ダメージがデカ過ぎて、体が動かないしな」

ドフラミンゴ「だが、海軍の奴らに捕まる前に」

ガジガジ、ガジガジ

ドフラミンゴ「さっきからオレの腕をかじっている、狂犬を駆除するか」

そういうと突如、数本の木が、ぶ厚く尖った糸へと姿を変える

ドフラミンゴ「死ね、家畜が」

ゴシュッ!
7 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:46:13.36 ID:/Uw66X2T0
ルーミア「ぎゃっ!痛い!なんだ急に」

ドフラミンゴ「……?野良犬じゃない?」

ドフラミンゴ「ガキ…女?」

ルーミア「貴様の仕業か!」

ドフラミンゴ「……」

ドフラミンゴ「ドレスローザに、こんな気狂いなガキがいたとはな」

ドフラミンゴ「親の顔が見てみたい」

ルーミア「おのれ…おまえ、どうせ悪人なんだろ」

ルーミア「食わせろ!!」

ドフラミンゴ「……」

ドフラミンゴ「もっと早く、お前と出会えてれば」

ドフラミンゴ「仲良く出来たんだがな…実に残念だ」

ギュゥゥゥ!!

ぶ厚く鋭利な糸と化した物体は、ルーミアの体を完全に拘束する

ルーミア「ギャー!はなせー!」ジタバタ

ドフラミンゴ「とりあえず、どこか静かな場所へ…」フラッ
8 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:47:10.56 ID:/Uw66X2T0
ドフラミンゴはひたすら歩いた
やがて湖の目の前に到着すると

ドフラミンゴ「……」

ドフラミンゴ(思考が上手く回らないせいで、気がつかなかったが…)

ドフラミンゴ「ここはドレスローザではないな」

ドフラミンゴ「どこなんだ、ここは」

ドフラミンゴ「不気味な森に、食人趣味の頑丈な少女…霧が掛かった湖…」

ドフラミンゴ「ここは…あの世?」

ドフラミンゴ「ぐっ…ガフッ!!!」

突如、ドバッと吐血するドフラミンゴ
四つん這いになって、痛みに耐える

ドフラミンゴ「おのれ…ロー…麦わら…!!!」

ドフラミンゴ「このオレにとんだ、キズを…ガフッ!!」
9 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:48:35.46 ID:/Uw66X2T0
ドフラミンゴ「痛みがある…と、いう事は」

ドフラミンゴ「まだいきている?」

そういうと、ドフラミンゴは立ち上がる

ドフラミンゴ「ひとまず…病院を探すか」

〜〜〜

ドフラミンゴ「なんだここは…骨董屋?」

霖之助「いらっしゃーい」

ドフラミンゴ「……」

霖之助「大丈夫君?ぼろぼろだけど」

ドフラミンゴ「この辺に病院は?」

霖之助「名医なら竹林の奥にいるけど、まずは人里で処置してからの方が良いかもね」

霖之助「ちなみに僕は素人だし、包帯と消毒、食事を提供する事しか出来ないけど」

ドフラミンゴ「そうか。素人の治療はいらねぇ」

ドフラミンゴ「そのかわり、このサングラスをくれないか?」

霖之助「え、いいけど」

霖之助(こんな悪趣味なサングラスをかけたがる人がいるなんて)
10 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:49:21.15 ID:/Uw66X2T0
ドフラミンゴ「……また湖の前に戻ってきちまった」

ドフラミンゴ「オレとした事が。いつもの調子なら、さっきの店で情報収集して当たり前だというのに」

ドフラミンゴ「ガフッ!!」ボタタ

ドフラミンゴ「ちくしょう…血が…止まら…ガフッ!!」ドバッ

チルノ「おい、大丈夫か!」

ドフラミンゴ「ガフッ…ゴホッ…ん?」

チルノ「お前つらそうだな!お困りなら助けてやっても良いぞ!」

チルノ「あたいの部下になるならな!!」どん!

ドフラミンゴ「……」

ドフラミンゴ「あ?」
11 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:51:09.40 ID:/Uw66X2T0
チルノ「うし!まずは人里にでも連れてってやる!こっちこい!あたいのしゃてー!」

ドフラミンゴ「ガキに用はねぇよ。失せろ」フラフラ

チルノ「強がってる場合じゃないだろ!あたいについてこい!グラサン野郎!」

シュルルルッ

チルノ「ッ!?」ギュゥゥゥゥ

チルノ「巨大な糸!?なんじゃこりゃ!!縛られて身動きとれない!!」

ドフラミンゴ「てめぇを殺すのに体力なんざいらねぇよ」

チルノ「お前の仕業か!おい離せ!!」

ドフラミンゴ「クソガキが。潰れろ」

チルノ「潰れない!!」

パキィィィン

ドフラミンゴ「!?糸が凍っただと」

チルノは凍らせた糸を破壊し、拘束から逃れる

チルノ「ひどい事しやがる。少し頭を冷やせ」

チルノの両手から冷気を纏ったビームがはなたれる

ドフラミンゴ(っ!!回避を)

ズキッ!!

ドフラミンゴ「ガフッ…!!体が…いう事を…」

ドフラミンゴ「まずい…直撃」

パキィィィン
12 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:52:35.19 ID:/Uw66X2T0
チルノ「ばーかばーか!少し頭を冷やせ!愚か者め!」

ドフラミンゴ「」

チルノ「でもちょっとやりすぎたかな?」

チルノ「ま、しばらく放置してれば解凍されるっしょ」

チルノ「しばらくしたら、また迎えにくるからな!それまで頭を冷やしとけよー」

ドフラミンゴ「」

ドフラミンゴ「」

パリィィィン!

ドフラミンゴ「チッ…なんだこのデジャブは」

ドフラミンゴ「元大将と似た能力をもった少女…」

ドフラミンゴ「何なんだここは」
13 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:54:42.44 ID:/Uw66X2T0
ドフラミンゴは更に歩いた
痛みと凍えを耐えながら

やがて紅い館を目の前にする

ドフラミンゴ「……」

ドフラミンゴ「良い館だ」

ドフラミンゴ「ぅ…ガフッ!!」

ドフラミンゴ(まずい…そろそろ、本気で意識が飛びそうだ)

美鈴「あの、サングラスのお兄さん…大丈夫ですか」

ドフラミンゴ「………」

美鈴「私がお嬢様にかけあって、介抱しましょうか?」

ドフラミンゴ「あ…がっ…ぁ…」

美鈴「え?」

ドフラミンゴ「」ドサッ

美鈴「!?」

美鈴「大変!これはもう、問答無用で館に…」

ドフラミンゴ「殺す」

美鈴「は?」

ドフラミンゴ「ロー…麦わら…」

ドフラミンゴ「殺す!!!」

ドフラミンゴ「」ガクッ

美鈴「」

美鈴(この人怖い…)ガクガク
14 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:55:53.73 ID:/Uw66X2T0
〜次の日〜

ドフラミンゴ「……ん。ここは」

咲夜「お目覚めのようですね、お客様」

ドフラミンゴ「……?」

咲夜「私はこの館のメイド長、十六夜咲夜です」

咲夜「ただいま、館の当主であるレミリアお嬢様をお呼びいたしますので、少々お待ちを」

そういうと、咲夜は一瞬で姿を消す

ドフラミンゴ「……」

〜〜〜〜

レミリア「ようこそ、我が紅魔館へ」

レミリア「当主のレミリア・スカーレットよ」どんっ!

ドフラミンゴ「……ドンキホーテ・ドフラミンゴだ。俺の事は知っているよな?」

レミリア「いいえ、知らないわ」

ドフラミンゴ(オレの事を知らない…やはりここは、グランドラインでも新世界でもない場所のようだな)

レミリア「……推察するに。あなた」

レミリア「八雲紫に連れてかれた様ね」

ドフラミンゴ「?」
15 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:57:21.91 ID:/Uw66X2T0
ドフラミンゴはレミリアから、幻想郷について色々と聞かされる

ドフラミンゴ「幻想郷という…隔離された別世界…」

レミリア「なぜアナタがここへ連れてかれたかは知らないけど」

レミリア「そのボロボロの状態を見ると、死にかけてたみたいね」

ドフラミンゴ「……」

ドフラミンゴ「……」ガタッ

レミリア「あら、どこへいくの」

ドフラミンゴ「介抱してくれたのは感謝する」

ドフラミンゴ「竹林の奥にいる名医とやらに会いに行く」

ドフラミンゴ「そのあと八雲紫を探し出し、オレを新世界へと連れ戻すように頼む」

レミリア「待ちなさい。食事位とったらどうなの」

ドフラミンゴ「……」

レミリア「それに…もっとあなたの事をしりたいの」

ドフラミンゴ「オレの事を知ってどうする?」

レミリア「別に。ただ毎日似たような生活してると飽き飽きするし」

レミリア「たまには変わった話でも聞きたいだけよ」
16 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:58:07.15 ID:/Uw66X2T0
咲夜「お料理をお持ちしました」

レミリア「さあ、どうぞ」

ドフラミンゴ「……」カチャッ

食事を始める二人
その中で色々な質問をされるドフラミンゴ

〜〜〜〜

レミリア「要する、悪人だったのね。ドフィは」

ドフラミンゴ「フフフ、言ってくれるじゃねぇか。レミィ」

ドフラミンゴ「オレは神に等しい男なだけだ」

レミリア「悪魔の私を目の前にして挑戦な発言ね」

ドフラミンゴ「……見た目に反して、どこか強そうな雰囲気はあったが。人間じゃなかったんだな」

レミリア「ええそうよ」

ドフラミンゴ「その割には悪魔染みていないが」

レミリア「そうかしら?」
17 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 08:59:13.51 ID:/Uw66X2T0
ドフラミンゴ「悪魔ってのはもっと野望を持たないとな」

レミリア「野望ね…そういわれると、月に行った時か、紅霧の異変位しか悪さらしい悪さしてないわね」

レミリア「たまには何かしようかしら…で、そういうあなたの野望は?」

ドフラミンゴ「世界の破壊だ」

レミリア「おーこわい。私よりよっぽど悪魔だわ」

ドフラミンゴ「だがこの世界を破壊しても意味が無い」

レミリア「天滝人とやらは、この世界にはいない物ね」

ドフラミンゴ「そうさ、奴らが牛耳る世界でないと意味が無い」
18 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 09:00:01.61 ID:/Uw66X2T0
ドフラミンゴ「その破壊の夢のために、オレはあらゆる策を講じてきたが」

ドフラミンゴ「いまはもう、無気力って所だ」

レミリア「……」

ドフミンゴ「オペオペの能力による、不老不死の夢も、今となってはもう、どうでも良い」

レミリア「……不老不死ね」フイッ

ドフラミンゴ「ん?」

レミリア「………………」

レミリア「いや、なんでもないわ」

ドフラミンゴ「何か知っt」

レミリア「まあ私でよければ、あなたに長寿と圧倒的な力を与えて上げても良いけど?」

言葉を遮るようにして提案するレミリア
そして軽く口を開けて八重歯を見せる

レミリア「どうかしら?」
19 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 09:01:25.84 ID:/Uw66X2T0
ドフラミンゴ「フフフ!実に興味深い話だぜ」

ドフラミンゴ「だがレミィ。日光が浴びれなくなるのは、流石に御免だ」

レミリア「そう?悪魔らしいドフィにはぴったりだと思うけど」

ドフラミンゴ「フフフ、言ってくれるじゃねぇかこの野郎」

レミリア「で、食事を終えたら永遠亭に行くの?」

ドフラミンゴ「ああ」

レミリア「そう…あとで案内人を手配しておくわね」

ドフラミンゴ「悪いな」

レミリア「通院なのか入院なのかはしらないけど」

レミリア「たまに顔出してね」

ドフラミンゴ「ああ」
20 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 09:02:18.13 ID:/Uw66X2T0
今日はここまで
21 : ◆.QpJYNy2Uw [saga]:2018/08/16(木) 09:05:37.49 ID:/Uw66X2T0
>>2(訂正・開幕から変な文章になってしまった)

ドフラミンゴ「16発の聖なる凶弾…ゴッドスレッド!!」

ルフィ「キングコングガン!!」

ゴォォォォォン!

ロー(Dは神の天敵…)

サボ「鳥かごが解除されてく…終わったみたいだな」

〜〜〜〜〜

海兵「報告します!!」

おつる「……おお、ようやく見付かったんだね。ドフラミンゴが」

おつる「流石に意識は無いだろうけど、死んじゃいないだろうね」

藤虎「あんな凶悪な男の生死を心配するとは…なんと慈悲深い」

おつる「別に。ただ説教くらいしてやらないとね」

海兵「あの、それが」

おつる「?」

海兵「コ、コレしか…」

おつる「これは…ドフラミンゴのサングラス」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/16(木) 11:08:36.71 ID:CodLmrkwO
これは期待
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/16(木) 19:56:11.60 ID:QcIdfZ4Ao
幻想入りネタ久々にみた
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/26(日) 21:51:05.05 ID:VzzUM5hP0
待ってます
14.91 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)